研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

益田 美津美マスダ ミツミ

所属部署看護学研究科クリティカルケア看護学
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.ncu-criticalcare.jp/
生年月日
Last Updated :2019/09/20

研究者基本情報

学歴

  • 2009年04月 - 2012年03月, 東京医科歯科大学大学院, 保健衛生学研究科, 先端侵襲緩和ケア看護学分野・博士後期課程
  • 2007年04月 - 2009年03月, 東京医科歯科大学大学院, 保健衛生学研究科, 先端侵襲緩和ケア看護学分野・博士前期課程
  • 1996年04月 - 2000年03月, 熊本大学, 教育学部, 特別教科(看護)教員養成課程

学位

  • 博士(看護学), 東京医科歯科大学

所属学協会

  • International Nursing Association for Clinical Simulation and Learning
  • なごや看護学会
  • 日本看護診断学会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本医療教授システム学会
  • 日本脳神経看護研究学会
  • 日本クリティカルケア看護学会
  • 日本看護研究学会
  • 日本看護科学学会

委員歴

  •   2019年06月 - 現在, 日本クリティカルケア看護学会, 教育委員会委員長
  •   2018年11月 - 現在, なごや看護学会, 査読委員
  •   2018年10月 - 現在, 日本看護シミュレーションラーニング学会, 研究推進委員
  •   2018年10月 - 現在, 日本看護シミュレーションラーニング学会, 理事
  •   2017年10月 - 現在, 日本看護シミュレーションラーニング学会, 発起人

経歴

  •   2016年06月 - 現在, 名古屋市立大学, 大学院看護学研究科, 准教授
  •   2014年04月 - 2016年03月, 北里大学, 看護学部, 臨床看護学・講師
  •   2012年04月 - 2014年03月, 東京女子医科大学, 看護学部, 成人看護学・講師
  •   2004年04月 - 2007年03月, 順天堂大学, 看護学部, 成人看護学・助手
  •   2000年04月 - 2004年03月, 順天堂大学医学部附属病院, ・看護師

研究活動情報

研究分野

  • 教育学, 教育学, シミュレーション教育
  • 看護学, 臨床看護学, クリティカルケア看護学

研究キーワード

    急性期看護, シミュレーション教育, 脳神経看護, クリティカルケア看護

論文

  • The Difficulty of Selecting the NANDA-I Nursing Diagnosis (2015–2017) of “Death Anxiety” in Japan, Kimiyo Shimomai, Hidetoshi Furukawa, Yuko Kuroda, Kazuaki Fukuda, Mitsumi Masuda, Junko Koizumi, International Journal of Nursing Knowledge, 29, 4 - 10,   2018年01月
  • コンサルテーション事例から検討した急性・重症患者看護専門看護師の看護の質評価の構成要素, 大野美香, 丸谷幸子, 舘昌美, 伊藤美和, 益田美津美, 嶌田理佳, 明石恵子, 日本クリティカルケア看護学会誌, 14, 99 - 102,   2018年, 査読有り
  • Fact-finding survey on the operational status of electronic medical record systems in Japan, Yuko Kuroda, Mitsumi Masuda, Kazuaki Fukuda, Hiroaki Yamase, Ryoma Seto, Misae Ito, Kimiyo Shimomai, Hidetoshi Furukawa, Junko Tatsuno, Asami Tado, Online Journal of Nursing Informatics, 21,   2017年12月
  • NANDA-I看護診断"死の不安"の診断指標の妥当性に関する研究, 古川 秀敏, 下舞 紀美代, 小泉 純子, 福田 和明, 益田 美津美, 黒田 裕子, 看護診断, 21, (1) 6 - 15,   2016年03月
  • Uncertainty in patients with unruptured intracranial aneurysms undergoing endovascular surgery: A qualitative and inductive study, Mitsumi Masuda, Hidenori Oishi, Munetaka Yamamoto, Nursing Research, 63, 366 - 374,   2014年01月
  • 血管内手術を選択した未破裂脳動脈瘤患者が抱く不確かさの構造と経時的変化に基づく看護支援の検討, 益田 美津美, 日本クリティカルケア看護学会誌, 8, (3) 1 - 14,   2012年09月
  • 未破裂脳動脈瘤により血管内手術を受けた患者の不確かさの体験と看護支援に関する研究, 益田 美津美, 井上 智子, 日本クリティカルケア看護学会誌, 6, (3) 16 - 25,   2010年10月
  • 臨床看護師の看護研究に関する学習ニーズ 成人看護学関連領域に焦点をあてて, 高谷 真由美, 益田 美津美, 青木 きよ子, 吉田 澄恵, 桑子 嘉美, 鈴木 美智子, 岡田 綾, 医療看護研究, 4, (1) 108 - 109,   2008年03月
  • 看護実践能力を育むために体験型実習を取り入れた成人看護実習の取り組み, 青木 きよ子, 吉田 澄恵, 高谷 真由美, 桑子 嘉美, 野田 里美, 益田 美津美, 岡田 綾, 山本 育子, 医療看護研究, 3, (1) 75 - 81,   2007年03月
  • 卒業生によるカリキュラム改変に伴う成人看護学の教育評価, 青木 きよ子, 吉田 澄恵, 高谷 真由美, 浅野 美知恵, 桑子 嘉美, 野田 里美, 益田 美津美, 医療看護研究, 2, (1) 102 - 109,   2006年03月
  • セルフケアを主軸にした成人看護学の科目内容と展開方法, 青木 きよ子, 吉田 澄恵, 高谷 真由美, 浅野 美智恵, 桑子 嘉美, 小出 里美, 益田 美津美, 医療看護研究, 1, (1) 29 - 36,   2005年03月

MISC

  • 看護実践と研究をつなぐ―大学教員の立場から―, 益田美津美, なごや看護学会, 1, (1) 1 - 10,   2019年, 査読有り, 招待有り
  • 知るとケアがもっとよくなる! どうなっている?患者さんのこころの中(第5回)未破裂脳動脈瘤により血管内手術を受けた患者さんを支えるケア, 益田 美津美, Expert nurse, 32, (9) 87 - 93,   2016年08月
  • わが国の看護支援システムの評価尺度の作成;ヒアリング調査の分析結果からの試案, 黒田裕子, 山勢博彰, 瀬戸僚馬, 伊東美佐江, 福田和明, 益田美津美, 上澤悦子, 下舞紀美代, 古川秀敏, 田戸朝美, 看護診断, 21, (2) 91 - 92,   2016年07月
  • 平成28年度 国際交流委員会 ハルリム大学医学部看護学科短期留学プログラムの実施, 金子 典代, 嶌田 理佳, 山口 知香枝, 益田 美津美, 樋口 倫代, 名古屋市立大学看護学部紀要, 16,   2016年
  • 平成28年度 国際交流委員会活動報告(2)外国人研究員招へい事業, 樋口 倫代, 金子 典代, 嶌田 理佳, 山口 知香枝, 益田 美津美, 名古屋市立大学看護学部紀要, 16,   2016年
  • 成人看護関連領域における臨床看護師の看護研究に関する学習ニーズ, 高谷真由美、益田美津美、青木きよ子、吉田澄恵、桒子嘉美、鈴木美智子、岡田綾, 日本看護学会論文集:看護教育, 38,   2008年03月
  • 治療・療育過程での課題の可視化と看護の取り組み 第4回 先端医療への期待と現実の狭間で―未破裂脳動脈瘤により血管内手術を受ける患者が抱く不確かさ, 益田美津美, 看護実践の科学, 36, (4) 42 - 47,   2011年04月01日

書籍等出版物

  • ACECガイドブック2019, 益田美津美, 分担執筆, Ⅲ意識障害総論 2.急性意識障害の診断と初期対応(看護の視点), へるす出版,   2019年05月
  • ナーシング・グラフィカ 疾患と看護シリーズ 3.消化器疾患と看護, 益田美津美, 分担執筆, 4章3節、4節、10章1節‐4節、11章1節、2節, メディカ出版,   2019年
  • 系統看護学講座クリティカルケア看護学第2版, 益田美津美, 分担執筆, 第3章クリティカルな患者の病態の理解と看護 D脳・神経機能障害, 医学書院,   2019年
  • アセスメントに強くなる看護診断, 益田美津美, 分担執筆, 第2章1.急性期の事例―早期退院を希望する急性心不全で入院した女性―, 医歯薬出版社,   2018年10月
  • 経過別成人看護学①クリティカルケア看護, 明石恵子, 益田美津美, 編者, メヂカルフレンド社,   2017年12月
  • 経過別成人看護学②周手術期看護, 益田美津美, 分担執筆, 第2編第1章 脳・神経系の手術を受ける患者・家族の看護 Ⅰ脳血管疾患, メヂカルフレンド社,   2017年12月
  • 経過別成人看護学①急性期看護:クリティカルケア, 益田美津美, 分担執筆, 序章、第1編第1章Ⅰ、Ⅱ、ⅣA、I, メヂカルフレンド社,   2017年12月
  • 緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図第2版, 益田美津美, 分担執筆, 第2章脳神経系 18.頭痛, 医学書院,   2014年10月
  • ナース専科BOOK 看護に役立つ病態生理, 益田美津美, 分担執筆, 第12章感覚器系疾患, エス・エム・エス東京,   2013年12月
  • 緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図, 益田美津美, 分担執筆, 第2章脳神経系 18.頭痛, 医学書院,   2011年11月
  • レプリカ看護師国家試験対策‘06, 益田美津美, 分担執筆, 成人看護学, 医学評論社,   2006年05月
  • レプリカ看護師国家試験対策’05, 益田美津美, 分担執筆, 成人看護学, 医学評論社,   2005年05月
  • クリニカルケアスタディ10月臨時増刊号国試に出る疾患57完全対策, 益田美津美, 分担執筆, 第2章肺炎, メヂカルフレンド社,   2005年05月
  • 緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図改定第3版, 益田美津美, 分担執筆, 第2章脳神経系 18.頭痛, 医学書院,   2019年09月

講演・口頭発表等

  • 日本における看護診断”死の不安”の活用状況, 下舞紀美代,古川秀敏,福田和明,益田美津美,小泉純子, 第25回日本看護診断学会学術大会,   2019年07月07日, 招待あり
  • 死の不安, 下舞紀美代,古川秀敏,福田和明,益田美津美,小泉純子,   2019年07月06日, 招待あり
  • NANDA-I看護診断、NIC及びNOCを用いた電子看護記録の質評価に関する研究, 福田和明、古川秀敏、山田綾子、益田美津美、中野由美子、宮城智賀子、古澤圭一、黒田裕子, 第25回日本看護診断学会学術大会,   2019年07月06日
  • 看護実践と研究をつなぐ―大学教員の立場から―, 益田美津美, なごや看護学会第1回学術集会設立記念シンポジウム,   2018年11月17日, 招待あり
  • 未破裂脳動脈瘤患者が求めるサポートニーズ, 益田美津美, 大石英則, 山本宗孝, 杉山文乃, 野中宣秀, 第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会,   2018年11月
  • 未破裂脳動脈瘤患者へのQOL改善のためのANSHINサポートプログラムの開発, 益田美津美, 大石英則, 杉山文乃, 山本宗孝, 野中宣秀, 第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会,   2018年11月
  • 日本看護診断学会将来構想プロジェクト:全国医療施設と教育機関における看護診断・成果・介入の使用実態, 黒田裕子、福田和明、古川秀敏、益田美津美、宮城千賀子、菊池麻由美、三上れつ, 第24回日本看護診断学会学術大会,   2018年07月20日
  • 交流集会7 看護支援システムに標準化された看護用語を使おう!―NANDA-I看護診断、看護介入分類(Nursing Interventions Classification)を用いた電子看護記録の実際―, 福田和明、中野由美子、宮城智賀子、海津真里子、下舞紀美代、古川秀敏、益田美津美、黒田裕子, 第43回日本看護研究学会学術集会,   2017年08月
  • 急性・重症患者看護専門看護師が行うコンサルテーションにおける看護の質評価指標, 大野美香,丸谷幸子,舘昌美,川村知子,伊藤美和,宮崎直美,上野沙織,益田美津美,嶌田理佳,明石惠子, 第13回日本クリティカルケア看護学会学術集会,   2017年06月
  • Real world task about practice of new graduate nurse, Sugiyama F, Masuda M, 17th International Meeting on Simulation in Healthcare,   2017年01月
  • Development of a scenario- based neurological simulation program for mid- level nurses, Masuda M, Fumino Sugiyama, Junko S, Kyoko M, Munetaka Y, Machiko S.Y, Misako M, 17th International Meeting on Simulation in Healthcare,   2017年01月
  • Interview report about respiratory nursing practice of new graduate nurse, Sugiyama F, Masuda M, Tsukahara D, Myojin T, Utsunomiya A, 3rd Asia-Pacific Meeting on Simulation in Healthcare,   2016年11月
  • Development of a scenario-based neurological simulation program for mid-level nurses, Masuda M, Matsumoto K, Sakurai F, Shogaki J, Yamamoto M, Yagi M.S, 3rd Asia-Pacific Meeting on Simulation in Healthcare,   2016年11月
  • Development of e-learning material for sophomore nursing students to simulate clinical practice, Yagi M.S, Kumagai N, Funakoshi C, Masuda M:, The Association for Medical Education in Europe,   2016年08月
  • わが国の看護支援システムの評価尺度の作成;ヒアリング調査の分析結果からの試案, 黒田裕子,山勢博彰,瀬戸僚馬,伊東美佐江,福田和明,益田美津美,上澤悦子,下舞紀美代,古川秀敏,田戸朝美, 第22回日本看護診断学会学術大会,   2016年07月
  • 看護支援システムの評価尺度の開発, 福田 和明, 山勢 博彰, 黒田 裕子[佐藤], 上澤 悦子, 伊東 美佐江, 益田 美津美, 柏木 公一, 下舞 紀美代, 古川 秀敏, 日本看護研究学会雑誌,   2016年07月
  • わが国の電子カルテシステムの一部分である看護支援システムの稼働状況と機能の実態, 黒田裕子, 山勢博彰, 柏木公一, 瀬戸僚馬, 小田正枝, 伊東美佐江, 上澤悦子, 中木高夫, 林みよ子, 下舞紀美代, 古川秀敏, 福田和明, 中山栄純, 益田美津美, 田戸朝美, 日本看護科学学会学術集会講演集,   2015年11月
  • The application of NANDA-I “Death Anxiety” in Japanese clinical context., Shimomai K, Hurukawa H, Kuroda Y, Fukuda K, Masuda M, Koizumi J, 10th International Nursing Conference,   2015年10月23日
  • 未破裂脳動脈瘤により血管内手術を受ける患者のQOL, 益田 美津美, 大石 英則, 山本 宗孝, 日本脳神経看護研究学会会誌,   2014年10月
  • The preparatory study for development of an uncertainty illness scale in patients opting for endo- vascular coiling to treat unruptured intracranial aneurysms., Masuda M, Yamamoto M, Terunuma N, Tojima I, Oishi H, UK Stroke Forum,   2013年12月03日
  • Structure of Uncertainty in Patients who Opted for Endovascular Coiling to Treat Unruptured Intracranial Aneurysms, Masuda M, Oishi H, Yamamoto M, International Journal of Art & Science Conferences,   2013年05月15日
  • 未破裂脳動脈瘤により血管内手術を受ける患者が抱く不確かさの測定用具の開発, 益田美津美, 井上智子, 日本クリティカルケア看護学会誌,   2011年05月
  • 未破裂脳動脈瘤により血管内手術を受ける患者の不確かさ評価尺度の開発, 益田 美津美, 井上 智子, 吉田 賢作, 山本 宗孝, 大石 英則, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy,   2010年11月
  • 未破裂脳動脈瘤により血管内手術を受けた患者の不確かさの体験と看護支援に関する研究, 益田 美津美, 井上 智子, 日本クリティカルケア看護学会誌,   2009年06月
  • 臨床看護師の看護研究に関する学習ニーズ : 成人看護学関連領域に焦点をあてて(共同研究,第3回医療看護研究会), 高谷 真由美, 益田 美津美, 青木 きよ子, 吉田 澄恵, 桑子 嘉美, 鈴木 美智子, 岡田 綾, 医療看護研究,   2008年03月
  • 術後深部静脈血栓症予防と患者の苦痛緩和への看護介入に関する研究(第1報), 益田 美津美, 日本看護科学学会学術集会講演集,   2006年11月
  • 術後深部静脈血栓症予防と患者の苦痛緩和への看護介入に関する予備的研究, 益田 美津美, 日本看護研究学会雑誌,   2006年07月
  • セルフケアを焦点に構築した成人看護学の教育評価, 青木 きよ子, 吉田 澄恵, 高谷 真由美, 浅野 美知恵, 桑子 嘉美, 小出 里美, 益田 美津美, 医療看護研究,   2006年03月
  • セルフケアを焦点に構築した成人看護学の教育評価(共同研究発表,第1回医療看護研究会), 青木 きよ子, 吉田 澄恵, 高谷 真由美, 浅野 美知恵, 桑子 嘉美, 小出 里美, 益田 美津美, 医療看護研究,   2006年03月
  • 卒業生による成人看護学の教育内容に関する評価, 青木 きよ子, 吉田 澄恵, 高谷 真由美, 浅野 美知恵, 桑子 嘉美, 野田 里美, 益田 美津美, 日本看護科学学会学術集会講演集,   2005年11月
  • セルフケアを焦点に構築した成人看護学の卒業生による評価, 青木 きよ子, 吉田 澄恵, 高谷 真由美, 浅野 美知恵, 桑子 嘉美, 小出 里美, 益田 美津美, 日本看護研究学会雑誌,   2005年06月

受賞

  •   2018年07月, The International Nursing Knowledge Association, The International Nursing Knowledge Association Editor's Award, The difficulty of selecting the NANDA‐I nursing diagnosis (2015–2017) of “death anxiety” in Japan was selected as the winning article for 2017-2018.
  •   2015年08月, 日本私立看護系大学協会, 日本私立看護系大学協会研究助成事業看護学研究奨励賞, Uncertainty in Patients with Unruptured Intracranial Aneurysms Undergoing Endovascular Surgery: A Qualitative and Inductive Study.
  •   2010年11月, 日本脳神経血管内治療学会, 第26回日本脳神経血管内治療学会学術総会ポスター賞銀賞(看護部門), 未破裂脳動脈瘤により血管内手術を受ける患者の不確かさ評価尺度の開発

競争的資金

  • 質保証と安全性を重視した看護学生の臨床実習前から新人までの看護実践教育の在り方 , 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究C,   2018年04月 - 2022年03月, 杉山文乃
  • わが国の看護基礎教育課程におけるシミュレーション教育に関する実態調査, 村田学術振興財団, 研究助成,   2019年06月 - 2020年03月, 益田美津美
  • 事前学習用eラーニングを活用した脳神経科シミュレーションプログラムの有効性の検証, 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究C,   2017年04月 - 2020年03月, 益田美津美
  • ANSHINサポートプログラムによる未破裂脳動脈瘤患者の不安払拭とQOL改善検証, 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究C,   2015年04月 - 2019年03月, 大石英則
  • 未破裂脳動脈瘤患者の不安払拭とQOL改善のためのシリアスゲームを用いたANSHINサポートプログラムの開発, 公益財団法人科学技術融合振興財団, 公益財団法人科学技術融合振興財団研究助成,   2016年04月 - 2018年03月, 益田美津美
  • 標準化された看護実践用語分類を用いた電子看護記録の質評価に関する研究, 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究B,   2016年04月 - 2018年03月, 黒田裕子
  • e-ラーニングとシミュレーションを組み合わせた呼吸器看護アクティブラーニング開発, 文部科学省, 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究,   2015年04月 - 2018年03月, 杉山文乃
  • チーム基盤型学習による脳神経科シミュレーション教育プログラムの開発, 文部科学省, 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究,   2014年04月 - 2017年03月, 益田美津美
  • 脳神経科シミュレーション教育プログラムの開発, 北里大学, 北里大学看護学部主題研究,   2014年04月 - 2016年05月, 益田美津美
  • 脳ドックの実態と患者の認識, 北里大学, 北里大学看護学部主題研究,   2014年04月 - 2016年05月, 益田美津美
  • Development and evaluation of a scenario-based neurological simulation program for mid-level nurses, 公益財団法人豊秋奨学会, 公益財団法人豊秋奨学会海外渡航旅費助成,   2016年, 益田美津美
  • 未破裂脳動脈瘤による血管内手術患者の不確かさ評価尺度の開発と信頼性・妥当性の検討, 文部科学省, 科学研究費補助金    研究活動スタート支  援,   2012年04月 - 2014年03月, 益田美津美
  • 未破裂脳動脈瘤により血管内手術を受ける患者が抱く不確かさの構造化と評価に関する研究, 公益信託山路ふみ子専門看護教育研究助成基金, 公益信託山路ふみ子専門看護教育研究助成基金研究助成,   2010年04月 - 2011年03月, 益田美津美
  • 未破裂脳動脈瘤により血管内手術を受ける患者への看護支援プログラムの開発, 日本クリティカルケア看護学会, 日本クリティカルケア看護学会奨学金助成,   2009年04月 - 2010年03月, 益田美津美
  • 術後深部静脈血栓症予防と患者への苦痛緩和への看護介入に関する研究, 文部科学省, 科学研究費補助金 若手研究B,   2005年04月 - 2007年03月, 益田美津美

教育活動情報

担当経験のある科目

  • クリティカルケア看護学特別研究, 名古屋市立大学大学院看護学研究科
  • フィジカルアセスメント, 名古屋市立大学大学院看護学研究科
  • 看護技術リファレンス, 名古屋市立大学看護学部
  • 理論看護学, 名古屋市立大学大学院看護学研究科
  • 臨床薬理学, 名古屋市立大学大学院看護学研究科
  • クリティカルケア看護援助特論Ⅲ, 名古屋市立大学大学院看護学研究科
  • クリティカルケア看護実習Ⅰ, 名古屋市立大学大学院看護学研究科
  • クリティカルケア看護対象特論Ⅱ, 名古屋市立大学大学院看護学研究科
  • クリティカルケア看護演習, 名古屋市立大学大学院看護学研究科
  • クリティカルケア看護援助特論Ⅱ, 名古屋市立大学大学院看護学研究科
  • クリティカルケア看護援助特論Ⅰ, 名古屋市立大学大学院看護学研究科
  • 緩和ケア看護論, 名古屋市立大学大学院看護学研究科
  • 病態生理学, 名古屋市立大学大学院看護学研究科
  • 臨地実習J, 名古屋市立大学看護学部
  • 看護援助論ⅠC, 名古屋市立大学看護学部
  • 生涯発達看護論Ⅲ, 名古屋市立大学看護学部
  • 生涯発達看護援助論Ⅲ, 名古屋市立大学看護学部
  • 臨地実習F(緩和・終末期系), 名古屋市立大学看護学部
  • 臨地実習D(クリティカルケア系), 名古屋市立大学看護学部
  • クリティカルケア看護援助論, 名古屋市立大学看護学部
  • リハビリテーション看護論, 名古屋市立大学看護学部
  • 緩和ケア看護論, 名古屋市立大学看護学部
  • 看護演習, 名古屋市立大学看護学部
  • クリティカルケア看護学演習Ⅱ, 北里大学看護学研究科
  • クリティカルケア看護学特論Ⅰ, 北里大学看護学研究科
  • 成人看護学実習Ⅱ, 北里大学看護学部
  • 看護基礎実習Ⅰ, 順天堂大学医療看護学部
  • 看護基礎実習Ⅱ, 順天堂大学医療看護学部
  • 成人看護学実習Ⅰ, 順天堂大学医療看護学部
  • 回復期看護学演習, 北里大学看護学部
  • 急性期看護学演習, 北里大学看護学部
  • 成人看護学各論Ⅱ, 東京女子医科大学看護学部
  • フィジカルアセスメント, 東京女子医科大学看護学部
  • 成人看護学Ⅰ, 順天堂大学医療看護学部
  • 慢性期看護学実習, 北里大学看護学部
  • 成人看護学各論Ⅰ, 東京女子医科大学看護学部
  • 成人看護学Ⅱ, 順天堂大学医療看護学部
  • 養護実習, 北里大学看護学部
  • 統合実習, 北里大学看護学部
  • 急性期看護学実習, 北里大学看護学部
  • 教職実践演習, 北里大学看護学部
  • 看護研究論演習, 北里大学看護学部
  • チーム医療論演習Ⅱ, 北里大学看護学部
  • 急性期看護学, 北里大学看護学部
  • 回復期看護学, 北里大学看護学部
  • 看護研究論演習, 北里大学看護学研究科
  • クリティカルケア看護学Ⅴ, 北里大学看護学研究科
  • クリティカルケア看護学演習Ⅰ, 北里大学看護学研究科
  • クリティカルケア看護学Ⅳ, 北里大学看護学研究科
  • 専門看護師コース クリティカルケア看護学実習Ⅲ, 北里大学看護学研究科、名古屋市立大学大学院看護学研究科
  • 専門看護師コース クリティカルケア看護学実習Ⅱ, 北里大学看護学研究科、名古屋市立大学大学院看護学研究科
  • クリティカルケア看護学演習Ⅰ, 東京女子医科大学看護学研究科
  • クリティカルケア看護学演習Ⅱ, 東京女子医科大学看護学研究科
  • クリティカルケア看護学特論Ⅴ, 東京女子医科大学看護学研究科
  • フィジカルアセスメント演習, 東京女子医科大学看護学研究科
  • フィジカルアセスメント概論, 東京女子医科大学看護学研究科
  • クリティカルケア看護学特論Ⅰ, 東京女子医科大学看護学研究科
  • クリティカルケア看護学課題研究, 東京女子医科大学看護学研究科、北里大学看護学研究科、名古屋市立大学大学院看護学研究科

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 看護研究サポート, 助言・指導, 名古屋市立大学看護実践研究センター,   2019年06月01日 - 2020年03月31日
  • 愛知県専任教員養成講習会, 講師, 愛知県看護研修センター,   2019年05月09日 - 2020年03月06日
  • 丁寧なアセスメントをケアプランにつなげよう!, 講師, 看護診断研究会,   2019年10月26日
  • 看護研究サポート, 助言・指導, 名古屋市立大学看護学部看護実践研究センター,   2018年10月01日 - 2019年09月31日
  • 第25回日本看護診断学会学術大会, 運営参加・支援, 日本看護診断学会,   2019年07月07日
  • シンポジウム3 多彩なキャリアデザインを描く, 司会, 日本クリティカルケア看護学会,   2019年06月16日
  • 看護本来の専門性を発揮するために―キャリアデザインを見据えて―, 企画, 名古屋市立大学看護学部看護実践研究センター,   2019年02月25日
  • 医学教育, その他, 日本医学教育学会,   2018年11月07日 - 2019年03月25日
  • 看護研究と実践をつなぐ―大学教員の立場から―, パネリスト, なごや看護学会,   2018年11月17日
  • 日本シミュレーションラーニング学会設立総会・記念講演会, 企画, 日本看護シミュレーションラーニング学会,   2018年11月03日
  • 看護研究いろはの「は」, 講師, 名古屋市立大学看護学部看護実践研究センター,   2018年10月15日 - 2018年10月22日
  • NANDA-I(2018-2020)を使って事例をアセスメントする018-2020)を使って事例をアセスメントする, 講師, 看護診断研究会,   2018年10月13日
  • 医学教育, その他, 日本医学教育学会,   2018年09月11日 - 2019年03月25日
  • 第19回次世代医療教育研究会, 司会, 次世代医療教育研究会,   2018年07月21日 - 2018年07月22日
  • 日本看護シミュレーションラーニング学会キックオフシンポジウム, 司会, 日本看護シミュレーションラーニング学会,   2018年05月26日
  • エンド・オブ・ライフケア -病院・在宅でいかに生きるかを支える看護-, 企画, 名古屋市立大学看護学部看護実践研究センター,   2017年04月01日 - 2018年03月31日
  • 看護研究サポート, 助言・指導, 名古屋市立大学看護学部看護実践研究センター,   2016年06月 - 2019年09月31日
  • NANDA-I・NIC・NOCを使って事例を検討する, 講師, 看護診断研究会,   2017年10月14日
  • 名古屋市立大学看護学部紀要, その他, 名古屋市立大学看護学部看護実践研究センター,   2017年10月
  • 事例セッション1 NANDA-I、NIC、NOCを看護計画に使ってみよう!―事例の看護計画の立案―, 講師, 日本看護診断学会,   2017年07月15日 - 2017年07月16日
  • 医療事故調査制度を知ろう~運用開始から1年を振り返って~, 運営参加・支援, 日本看護系学会協議会,   2016年12月11日
  • 名古屋市立大学看護学部紀要, その他, 名古屋市立大学看護学部看護実践研究センター,   2016年10月
  • 交流セッション3 終末期事例の看護計画にNANDA-I看護診断、NIC(看護介入分類)、NOC(看護成果分類)を使う―看護アセスメントプロセスを経て―, 講師, 日本看護診断学会,   2016年07月02日 - 2016年07月03日
  • 19th EAFONS, その他, East Asian Forum of Nursing Scholars,   2016年03月14日 - 2016年03月15日
  • 急性期看護学の講義・演習・実習, 講師, 次世代医療教育研究会,   2016年02月20日
  • 指導者実習, 講師, 神奈川県実習指導者育成事業,   2015年11月10日 - 2015年12月11日
  • フィジカルアセスメント, 講師, 北里大学キャリア開発研究センター,   2015年12月09日
  • 看護研究研修プログラム, 講師, 北里大学キャリア開発研究センター,   2015年11月13日
  • NNNを実践で活用しよう, 講師, 看護診断研究会,   2015年10月17日
  • 1事例に対し、NANDA-I看護診断、NIC, NOCを選定するプロセスを体験しよう!, 講師, 日本看護診断学会,   2015年07月19日
  • 指導者実習, 助言・指導, 神奈川県実習指導者育成事業,   2014年11月 - 2014年12月
  • 看護系学会の看護ケアガイドライン開発の現状と展望, 運営参加・支援, 日本看護系学会協会,   2014年11月30日
  • NANDA-I・NIC・NOCを現場で活用しよう, 講師, 看護診断研究会,   2014年10月18日
  • 指導者実習, 助言・指導, 神奈川県実習指導者育成事業,   2013年11月 - 2013年12月
  • 成人看護学と実習指導, 講師, 神奈川県実習指導者育成事業
  • NANDA-I・NIC・NOCを現場で活用しよう, 講師, 看護診断研究会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.