研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

寺田 隆哉テラダ タカヤ

所属部署医療デザイン研究センター
職名助教
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2020/01/09

研究者基本情報

学歴

  • 大阪大学, 工学部, 電子情報エネルギー工学科
  • 大阪大学大学院, 工学研究科, 原子力工学専攻 博士前期課程
  •  - 2009年03月, 大阪大学大学院, 工学研究科, 原子力工学専攻 博士後期課程

学位

  • 博士(工学), 大阪大学

所属学協会

  • レーザー学会
  • 日本生体医工学会
  • 日本人工関節学会

経歴

  •   2009年04月 - 2010年10月, 大阪大学大学院, 工学研究科, 特任研究員
  •   2010年11月 - 2011年03月, 神戸大学大学院, 医学研究科, 科学技術研究員
  •   2011年04月 - 2015年09月, 日本原子力研究開発機構, 敦賀本部レーザー共同研究所, 任期付研究員
  •   2015年10月 - 現在, 名古屋市立大学, 病院医療デザイン研究センター, 助教

研究活動情報

研究分野

  • 人間医工学, 生体医工学・生体材料学

研究キーワード

    生体医工学

論文

  • レーザー加工トーチを用いた配管表面肉盛溶接技術の研究, 寺田 隆哉,西村 昭彦,岡 潔,森山 拓,松田 宏康, 保全学, 13, (4) 87 - 94,   2015年01月13日, 査読有り
  • 波長350~1000nm帯の光学特性に基づく椎間板ヘルニア髄核組織ファントムの開発, 井上惇, 石井克典, 伊東信久, 本多典広, 寺田隆哉, 粟津邦男, 日本レーザー医学会誌, 32, (4) 375 - 381,   2012年02月, 査読有り
  • High gradient superconducting magnetic separation for iron removal from the glass polishing waste, F. Mishima, T. Terada, Y. Akiyama, S. Nishijima, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 21, 2059 - 2062,   2011年06月, 査読有り
  • Determination of the tumor tissue optical properties during and after photodynamic therapy using inverse Monte Carlo method and double integrating sphere between 350 and 1000 nm, Norihiro Honda, Katsunori Ishii, Takaya Terada, Takaya Terada, Takuya Nanjo, Kunio Awazua, Kunio Awazua, Kunio Awazua, Kunio Awazua, Journal of Biomedical Optics, 16, (5) ,   2011年05月, 査読有り
  • 炭酸ガスレーザーによる選択的粘膜層切開および低侵襲粘膜下層剥離 ~基礎相互作用を治療機器開発及び臨床研究へ橋渡し~, 石井克典, 小畑大輔, 間久直, 渡辺聡, 山田啓一郎, 寺田隆哉, 森田圭紀, 久津見弘, 東健, 粟津邦男, レーザー研究, 39, (2) 111 - 117,   2011年02月, 査読有り
  • Inverse Monte Carlo法による光線力学療法前後の腫瘍組織の光学特性の算出, 本多典広, 寺田隆哉, 南條卓也, 石井克典, 粟津邦男, 日本レーザー医学会誌, 31, (2) 115 - 121,   2010年07月, 招待有り
  • 椎間板ヘルニア髄核組織の光学特性の算出と経皮的レーザー椎間板減圧術の最適波長に関する一考察, 石井克典, 伊東信久, 井上惇, 本多典広, 寺田隆哉, 粟津邦男, 日本レーザー医学会誌, 31, (2) 152 - 157,   2010年07月, 招待有り
  • Separation of impurity in molten metals by using superconducting magnet, T. Terada, Y. Akiyama, Y. Izumi, S. Nishijima, Physica C: Superconductivity and its Applications, 469, 1845 - 1848,   2009年10月
  • High-speed magnetic filtration system using HTS bulk magnet for used wash water of drum, F. Mishima, T. Terada, T. Ohnishi, K. Iino, H. Ueda, S. Nishijima, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 19, 2165 - 2168,   2009年06月, 査読有り
  • 超電導磁石を利用した電磁分離装置開発の検討, 寺田隆哉, 秋山庸子, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 低温工学, 44, (4) 159 - 163,   2009年04月, 査読有り
  • 電磁力を利用した低融点金属内介在物分離に関する基礎的研究, 寺田隆哉, 秋山庸子, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 低温工学, 44, (1) 32 - 37,   2009年01月, 査読有り
  • 超電導バルク磁石を用いたエマルションの磁気分離のための基礎的研究, FANG Meina, 寺田隆哉, 三島史人, 秋山庸子, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 低温工学, 43, (11) 476 - 481,   2008年11月, 査読有り
  • Development of magnetic drug delivery system using HTS bulk magnet, T. Terada, S. Fukui, F. Mishima, Y. Akiyama, Y. Izumi, S. Nishijima, Physica C: Superconductivity and its Applications, 468, 2133 - 2136,   2008年09月, 査読有り
  • 超伝導磁石を利用した溶融金属中不純物分離の基礎的研究, 寺田隆哉, 三島史人, 秋山庸子, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 低温工学, 43, (7) 296 - 299,   2008年07月, 査読有り
  • Research and development of superconducting magnetic separation system for powdered products, F. Mishima, T. Terada, Y. Akiyama, Y. Izumi, H. Okazaki, S. Nishijima, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 18, 824 - 827,   2008年06月, 査読有り, The superconducting magnetic separation system which separates ferromagnetic particles from powder mixture has been developed. It is required to remove the impurities from the powdered products without using chemical or heating processing. The impurities are usually powdered stainless steel from the piping which are deformed strongly and shows ferromagnetism. Magnetic separation using permanent magnets have been used for the separation. The conventional magnetic separation system has not shown the expected performance especially for the small sized impurities. To solve the problem, superconducting magnetic separation system was developed. We used the magnet with magnetic field up to 2 T. The boa size was 100 mm in diameter. Inside of the magnetic boa the magnetic filters are located to produce the high magnetic gradient. The performance of the separator was reported together with the design guideline. © 2008 IEEE.
  • 釘打ち動作改善支援のための3次元解析・定量評価法の基礎的検討, 上田雄義, 佐野祥一, 寺田隆哉, 泉佳伸, 西嶋茂宏, ライフサポート, 20, (1) 3 - 8,   2008年03月, 査読有り
  • A study on magnetically targeted drug delivery system using superconducting magnet, S. Nishijima, F. Mishima, T. Terada, S. Takeda, Physica C: Superconductivity and its Applications, 463-465, 1311 - 1314,   2007年10月, 査読有り, A number of targeted drug delivery methods currently have been developed. One of these, magnetically targeted-drug delivery system (MT-DDS) will be a promising way, which involves binding a drug to small biocompatible magnetic particles, injecting these into the blood stream and using a high gradient magnetic field to pull them out of suspension in the target region. It is one of the problems on MT-DDS that controlling magnet is difficult because diameter of treating magnetic particle is a few hundred millimeters. In this study, the trajectory of Fe3O4nanoparticle in blood vessel by using magnetic force and drag force is calculated. Accumulation experiment of Fe3O4nanoparticle in glass tube under blood flow using permanent magnet is performed. Results of experiment are corresponding with the results of calculation. In accordance with the result of the study, it has succeeded in accumulation of ferromagnetic nanoparticles under blood flow 20 mm above Bulk superconducting magnet. © 2007.
  • 癌の凍結手術のための基礎的研究, PARK Myoungjoo, 寺田隆哉, 秋山庸子, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 低温工学, 42, (8) 265 - 269,   2007年08月, 査読有り
  • ストレス度に着目した作業環境評価, 尾崎剛, 寺田隆哉, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, ライフサポート, 19, (1) 3 - 8,   2007年03月, 査読有り
  • The effect of γ-irradiation on thermal strain of high strength polyethylene fiber at low temperature, Atsuhiko Yamanaka, Yoshinobu Izumi, Tooru Kitagawa, Takaya Terada, Hiroshi Hirahata, Kimiko Ema, Hiroyuki Fujishiro, Shigehiro Nishijima, Journal of Applied Polymer Science, 102, 204 - 209,   2006年10月, 査読有り
  • The radiation effect on thermal conductivity of high strength ultra-high-molecular-weight polyethylene fiber by γ-Rays, Atsuhiko Yamanaka, Yoshinobu Izumi, Tooru Kitagawa, Takaya Terada, Hideki Sugihara, Hiroshi Hirahata, Kimiko Ema, Hiroyuki Fujishiro, Shigehiro Nishijima, Journal of Applied Polymer Science, 101, 2619 - 2626,   2006年08月, 査読有り
  • Radiation effect on the thermal conductivity and diffusivity of ramie fibers in a range of low temperatures by γ rays, Atsuhiko Yamanaka, Yoshinobu Izumi, Takaya Terada, Kimiko Ema, Masayuki Tsutsumi, Muneatsu Nakamura, Takeshi Oohazama, Tooru Kitagawa, Hiroyuki Fujishiro, Shunzo Abe, Shigehiro Nishijima, Journal of Applied Polymer Science, 100, 5007 - 5018,   2006年06月, 査読有り

MISC

  • 次世代原子力プラントの構造健全性監視のためのセンシング技術の開発, 西村昭彦, 下村拓也, 竹仲佑介, 寺田隆哉, 古山雄大, 大道博行, 杉山僚, 日本原子力研究開発機構JAEA-Conf(Web),   2015年07月
  • 短パルスレーザーで作製した耐熱FBGセンサの応用と量産化技術の開発, 下村拓也, 西村昭彦, 竹仲佑介, 寺田隆哉, 大道博行, 日本原子力研究開発機構JAEA-Conf(Web),   2015年07月
  • 光ファイバを用いた狭隘部観察技術の新たな展開, 橘内大輔, 古山雄大, 寺田隆哉, 西村昭彦, 日本原子力研究開発機構JAEA-Conf(Web),   2015年07月
  • 1インチ伝熱管内壁の減肉損傷補修のためのレーザークラッディングシステムの開発, 寺田隆哉, 日本原子力研究開発機構JAEA-Conf(Web),   2013年09月

講演・口頭発表等

  • 3次元金属粉末積層造形によるCustom made臼蓋の作成の試み―純チタン製コンポーネントの検討―, 寺田隆哉,井口普敬,高関二三男,松下聖一,高松一史,竹内敏夫, 第49回日本人工関節学会,   2019年02月
  • 金属粉末積層造形技術によるカスタムメイド人工股関節カップ製作の試み, 寺田隆哉,井口普敬,高関二三男,松下聖一,高松一史,竹内敏夫, 生体医工学シンポジウム2018,   2018年09月
  • 産学官イノベーションにより開発した男性用排尿支援器具, 窪田泰江, 濱川隆, 太田裕也, 安井孝周, 木村和哲, 寺田隆哉, 姜き鎬, 辻本研一, 辻本正人, 篠原隆, 伊藤彰啓, 第25回日本排尿機能学会誌,   2018年09月
  • Kinectを用いた股関節機能評価の試み, 井口普敬, 寺田隆哉, 三井裕人, 奥村太朗, 下田将康, 服部洸平, 大塚隆信, 第48回日本人工関節学会プログラム・抄録集,   2018年02月
  • 3次元金属粉末積層造形によるCustom made臼蓋の作成の試み 1―骨欠損に合わせた臼蓋コンポーネントの設計と試作―, 井口普敬, 寺田隆哉, 高関二三男, 松下聖一, 高松一史, 竹内敏夫, 第48回日本人工関節学会プログラム・抄録集,   2018年02月
  • 3次元金属粉末積層造形による Custom made 臼蓋の作成の試み2 ―従来の圧延材料とレーザー積層造形で作成された材料の強度比較―, 寺田隆哉,井口普敬,高関二三男,松下聖一,高松一史,竹内敏夫, 第48回日本人工関節学会プログラム・抄録集,   2018年02月
  • 3次元金属粉末積層造形による Custom made 臼蓋の作成の試み3 ―造形テーブルの位置による強度差異の有無―, 寺田隆哉,井口普敬,高関二三男,松下聖一,高松一史,竹内敏夫, 第48回日本人工関節学会プログラム・抄録集,   2018年02月
  • 3次元金属粉末積層造形によるCustom made臼蓋の作成の試み 4―造形方向の違いによる強度差異の有無―, 高関二三男, 井口普敬, 寺田隆哉, 松下聖一, 高松一史, 竹内敏夫, 第48回日本人工関節学会プログラム・抄録集,   2018年02月
  • 3次元金属粉末積層造形によるCustom made臼蓋の作成の試み 5―粉体の使用回数による強度差異の有無―, 高関二三男, 井口普敬, 寺田隆哉, 松下聖一, 高松一史, 竹内敏夫, 第48回日本人工関節学会プログラム・抄録集,   2018年02月
  • レーザー三次元積層造形によるカスタムメイド人工股関節の作成の試み, 寺田隆哉,井口普敬,高関二三男,松下聖一,高松一史,竹内敏夫, レーザー学会学術講演会第38回年次大会,   2018年01月
  • レーザ熱加工による保全ロボットの開発と展開, 西村昭彦, 竹仲佑介, 岡潔, 外山亮治, 寺田隆哉, 峰原英介, 日本保全学会学術講演会要旨集,   2016年07月25日
  • レーザー溶接と光ファイバーを用いた配管内壁補修装置の実用化開発, 西條慎吾, 外山亮治, 寺田隆哉, 西村昭彦, 岡潔, 岡潔, 日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM),   2016年03月16日
  • 配管熱ひずみ計測のための耐熱FBGセンサの実装, 西村昭彦, 下村拓也, 竹仲佑介, 寺田隆哉, 大道博行, 日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM),   2015年03月05日
  • 複合型光ファイバースコープの開発, 岡潔, 西村昭彦, 寺田隆哉, 小久保拓也, 伊東富由美, 冨吉健太郎, 日本原子力研究開発機構JAEA-Conf(Web),   2014年09月
  • 耐熱FBGセンサのレーザー熱加工によるSUS鋼材への固定の試み, 西村昭彦, 寺田隆哉, 竹仲佑介, 下村拓也, 大道博行, 日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM),   2014年03月10日
  • 狭隘空間におけるレーザー溶接及び表面改質が可能な専用ツールの開発, 寺田隆哉, 岡潔, 西村昭彦, 日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM),   2014年03月10日
  • 損傷した福島第一発電所の調査のための検査システムの開発, 西村昭彦, 伊東富由美, 冨吉健太郎, 大場弘則, 若井田育夫, 伊藤主税, 杉山僚, 寺田隆哉, 岡潔, 日本原子力研究開発機構JAEA-Conf(Web),   2013年09月
  • 1インチ配管内におけるレーザー肉盛り溶接とその場観察技術開発, 寺田隆哉, 伊東富由美, 西村昭彦, 日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM),   2013年08月20日
  • 配管内壁検査・レーザー補修のためのプローブシステムの高度化, 冨吉健太郎, 伊東富由美, 寺田隆哉, 岡潔, 西村昭彦, レーザ加工学会講演論文集,   2013年05月
  • 溶融池内流動場とひずみ分布の関連性評価, 山田知典, 寺田隆哉, ZHANG Shuoyuan, 菖蒲敬久, 西村昭彦, 村松壽晴, 小溝裕一, レーザ加工学会講演論文集,   2013年05月
  • レーザー誘起ブレイクダウン分光を用いた検査技術の開発, 伊東富由美, 西村昭彦, 寺田隆哉, 島田幸洋, 日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM),   2013年03月11日
  • 生体組織光学におけるファントムの重要性~波長350~1000nm帯の光学特性に基づく椎間板ヘルニア髄核組織ファントムの開発~, 石井克典, 井上惇, 伊東信久, 本多典広, 寺田隆哉, 粟津邦男, 日本レーザー医学会誌,   2012年10月22日
  • 放射光高輝度単色X線を用いたレーザー肉盛り溶接過程の挙動観察, 寺田隆哉, 山田知典, 菖蒲敬久, 西村昭彦, 日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM),   2012年09月03日
  • パルスレーザー分光分析と狭隘部分ファイバスコープ観察の複合化, 西村昭彦, 伊東富由美, 寺田隆哉, 冨吉健太郎, 岡潔, 日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM),   2012年09月03日
  • 狭隘部レーザ肉盛り溶接装置の開発, 寺田隆哉, 西村昭彦, レーザ加工学会講演論文集,   2012年05月
  • LIBS分光と狭隘部観察が可能な原発損傷炉心調査プローブの開発, 西村昭彦, 伊東富由美, 寺田隆哉, 島田幸洋, レーザ加工学会講演論文集,   2012年05月
  • 伝熱管内壁レーザー肉盛り溶接補修装置の開発, 寺田隆哉, 西村昭彦, 日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM),   2012年03月02日
  • パルスレーザーを用いた固体表面の遠隔加工技術の開発, 米本幸弘, 西村昭彦, 島田幸洋, 寺田隆哉, 日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM),   2012年03月02日
  • 光学特性に基づく椎間板ヘルニア髄核組織ファントムの開発, 井上惇, 伊東信久, 石井克典, 本多典広, 寺田隆哉, 粟津邦男, 日本レーザー医学会誌,   2012年02月15日
  • 生体組織の散乱係数誤算出におけるMie理論を用いた補正, 南條卓也, 寺田隆哉, 本多典広, 石井克典, 粟津邦男, 電気学会光・量子デバイス研究会資料,   2011年09月26日
  • 伝熱管内壁補修用レーザクラッディング要素技術開発, 寺田隆哉, 山田知典, 西村昭彦, 日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM),   2011年09月02日
  • Error analysis of tissue optical properties determined by doubleintegrating sphere system and inverse Monte Carlso method, Takaya Terada, Takuya Nanjo, Norihiro Honda, Katsunori Ishii, Kunio Awazu, Kunio Awazu, Kunio Awazu, Kunio Awazu, Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE,   2011年04月29日, To estimate the error of scattering coefficient spectrum determined by using double-integrating sphere system and inverse Monte Carlo method, optical properties of tissue phantom were measured. The tissue phantom was composed of hemoglobin, intralipid and gelatin. The thickness of samples (0.1-1.0 mm) and hemoglobin concentration (0.5-4.0 mg/ml) were changed and the effects of optical properties spectra were investigated. As the results, when the value of μawas large, μ'sspectrum was not consistent with scattering theory. The higher hemoglobin concentration of samples was the lager the errors of μ'sspectra were. The thinner the sample was, the smaller the errors were. However μaspectrum was not accurate when the sample was thin. It was predicted that when the sample thickness was 0.1 mm μ'sspectrum was accurate. And when the sample thickness was 1.0 mm, μaspectrum was accurate. © 2011 SPIE.
  • 双積分球光学系とinverse Monte Carlo法を用いた光学特性算出における光学特性値誤算出に関する考察, 寺田隆哉, 南條卓也, 本多典広, 石井克典, 粟津邦男, 電気学会光・量子デバイス研究会資料,   2011年03月07日
  • レーザー凝固した生体軟組織の波長350‐1000nmにおける光学特性値の算出, 南條卓也, 本多典広, 寺田隆哉, 石井克典, 粟津邦男, 日本レーザー医学会誌,   2011年01月31日
  • 双積分球とInverse Monte Carlo法を用いた生体組織の光学特性値計測, 寺田隆哉, 本多典広, 南條卓也, 石井克典, 粟津邦男, 日本レーザー医学会誌,   2011年01月31日
  • 波長350~2200nm帯の光学特性に基づく椎間板ヘルニア髄核組織ファントムの開発, 井上惇, 石井克典, 伊東信久, 本多典広, 寺田隆哉, 粟津邦男, Optics & Photonics Japan講演予稿集(CD-ROM),   2011年
  • 生体組織の散乱係数誤算出におけるMie及びRayleigh散乱を用いた補正, 南條卓也, 本多典広, 寺田隆哉, 石井克典, 粟津邦男, Optics & Photonics Japan講演予稿集(CD-ROM),   2011年
  • 双積分球光学系とinverse Monte Carlo法を用いた光学特性算出における光学特性値誤算出の改善 1)―試料への光の入射角の影響―, 本多典広, 南條卓也, 寺田隆哉, 石井克典, 粟津邦男, Optics & Photonics Japan講演予稿集,   2010年11月08日
  • 双積分球光学系とinverse Monte Carlo法を用いた光学特性算出における光学特性値誤算出の改善 2)―試料厚み及び濃度の影響―, 南條卓也, 本多典広, 寺田隆哉, 石井克典, 粟津邦男, Optics & Photonics Japan講演予稿集,   2010年11月08日
  • 椎間板ヘルニア組織の光学特性の算出と経皮的レーザー椎間板減圧術の最適波長に関する考察, 石井克典, 伊東信久, 井上惇, 本多典広, 寺田隆哉, 粟津邦男, 日本レーザー医学会誌,   2010年10月15日
  • Determination of the optical property changes by photodynamic therapy using inverse Monte Carlo method between 350 nm and 1000 nm, Norihiro Honda, Takaya Terada, Takaya Terada, Takuya Nanjo, Katsunori Ishii, Kunio Awazu, Kunio Awazu, Kunio Awazu, Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE,   2010年05月06日, The clinical outcome of photodynamic therapy (PDT) may be improved by the accurate knowledge about the light distribution within the tissue. Optical properties [absorption coefficient (μa), scattering coefficient (μs), anisotropy factor (g), refractive index, etc.] of tissues help us realizing a light propagation through the tissue. The aim of this study is acquisition of the knowledge of light propagation within tissue with the optical property of mouse tumor tissue performed PDT. We evaluated the optical property of mouse tumor tissue before and after PDT using the double integrating sphere setup and algorithms based on the inverse Monte Carlo method in the wavelength range from 350 to 1000 nm. During PDT, the reduced scattering coefficient spectra were decreased entirely after 5 and 10 min irradiation. 1, 2, 7 days after PDT, the absorption coefficient was increased in the wavelength range from 400 to 660 nm. And, the reduced scattering coefficient at the wavelength of 664 nm was increased with the passage of time. These results are used for medical diagnostic applications for the quantitative assessment of the PDT effect. 7 days after PDT, the reduced scattering coefficient at the wavelength of 664 nm was increased significantly from 0.64 mm-1to 1.24 mm-1, which results in the optical penetration depth decreased from 1.49 mm to 0.84 mm, respectively. To ensure the effective procedure, an adjustment of the laser parameter for the decreasing penetration depth is recommended for a second PDT. © 2010 Copyright SPIE - The International Society for Optical Engineering.
  • 双積分球とInverse Monte Carlo法を用いた生体組織の光学特性の算出, 本多典広, 寺田隆哉, 南條卓也, 小林洋平, 石井克典, 粟津邦男, 電気学会光・量子デバイス研究会資料,   2010年03月24日
  • Inverse Monte Carlo法を用いた生体組織の光学定数測定, 寺田隆哉, 本多典広, 石井克典, 粟津邦男, 日本レーザー医学会誌,   2010年01月30日
  • 生体組織の光学特性に基づいた低侵襲なレーザー治療技術の開発, 石井克典, 月元秀樹, 渡辺聡, 本多典広, 小林洋平, 寺田隆哉, 間久直, 粟津邦男, バイオエンジニアリング講演会講演論文集,   2010年01月08日
  • Determination of optical property changes during laser therapies, Katsunori Ishii, Norihiro Honda, Takaya Terada, Takaya Terada, Kunio Awazu, Kunio Awazu, Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics, CLEO - Technical Digest,   2009年12月10日, Optical property changes should be considered to realize safe laser treatments. This study shows the optical properties of normal and laser treated tissues in visible to near-infrared wavelength range by using double integrating sphere system. © 2009 IEEE.
  • Determination of optical property changes during laser therapies, Katsunori Ishii, Norihiro Honda, Takaya Terada, Takaya Terada, Kunio Awazu, Kunio Awazu, Optics InfoBase Conference Papers,   2009年12月01日, Optical property changes should be considered to realize safe laser treatments. This study shows the opticalproperties of normal and laser treated tissues invisible tonear-infrared wavelength range by using double integrating sphere system. © 2009 IEEE.
  • Inverse Monte Carlo法を用いた生体組織の光学定数計測法の開発, 寺田隆哉, 本多典広, 石井克典, 粟津邦男, 日本レーザー医学会誌,   2009年11月02日
  • Inverse Monte Carlo法による光線力学療法前後の腫瘍組織の光学特性の算出, 本多典広, 寺田隆哉, 南條卓也, 石井克典, 粟津邦男, 日本レーザー医学会誌,   2009年11月02日
  • 超電導磁石を用いた非金属介在物分離装置の開発, 西嶋茂宏, 寺田隆哉, 秋山庸子, 電気学会超電導応用電力機器研究会資料,   2009年02月20日
  • HTSバルク磁石を用いたドラム缶洗浄廃液磁気ろ過システムの検討, 三島史人, 寺田隆哉, 秋山庸子, 泉佳伸, 飯野勝彦, 植田博行, 大西徹造, 小林豊, 大西豊, 西嶋茂宏, 低温工学・超電導学会講演概要集,   2008年11月12日
  • バルク超電導体を用いた排水処理システムの検討, 西嶋茂宏, 寺田隆哉, 三島史人, 電気学会超電導応用電力機器研究会資料,   2008年06月13日
  • HTSバルク磁石を用いたドラム缶洗浄廃液磁気ろ過システムの開発, 三島史人, 寺田隆哉, 秋山庸子, 飯野勝彦, 植田博行, 大西徹造, 小林豊, 大西豊, 西嶋茂宏, 低温工学・超電導学会講演概要集,   2008年05月26日
  • 電磁力を利用した溶融金属内不純物分離に関する基礎的研究, 寺田隆哉, 三島史人, 秋山庸子, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 低温工学・超電導学会講演概要集,   2008年05月26日
  • エマルション磁気分離に関する基礎的研究, FANG Meina, 寺田隆哉, 三島史人, 秋山庸子, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 低温工学・超電導学会講演概要集,   2008年05月26日
  • 磁気標的ドラッグ・デリバリー・システムの開発, 寺田隆哉, 三島史人, 秋山庸子, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),   2008年
  • 磁気誘導薬剤配送システムを用いた磁性薬剤の血管内集積に関する研究, 福井慎二, 寺田隆哉, 三島史人, 西嶋茂宏, 宮本明夫, 低温工学・超電導学会講演概要集,   2007年11月20日
  • 粉体分離のための超伝導磁気分離システムの開発, 三島史人, 寺田隆哉, 秋山庸子, 泉佳伸, 岡崎浩昭, 西嶋茂宏, 日本磁気科学会年次大会プログラム・要旨集,   2007年06月06日
  • MDDSを用いた磁性薬剤の血管内集積に関する研究, 福井慎二, 三島史人, 寺田隆哉, 西嶋茂宏, 日本磁気科学会年次大会プログラム・要旨集,   2007年06月06日
  • 粉体分離のための超伝導磁気分離システム, 三島史人, 寺田隆哉, 秋山庸子, 泉佳伸, 岡崎浩昭, 西嶋茂宏, 低温工学・超電導学会講演概要集,   2007年05月16日
  • 凍結融解が細胞に及ぼす影響, PARK Myoungjoo, 寺田隆哉, 秋山庸子, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 低温工学・超電導学会講演概要集,   2007年05月16日
  • MDDSのための強磁性粒子の集積制御の評価, 福井慎二, 三島史人, 寺田隆哉, 西嶋茂宏, 低温工学・超電導学会講演概要集,   2007年05月16日
  • 磁気誘導薬物配送システムの検討とその応用, 寺田隆哉, 三島史人, 西嶋茂宏, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),   2007年
  • 高熱伝導性有機高分子繊維とその応用, 山中淳彦, 藤代博之, 高尾智明, 寺田隆哉, 泉佳伸, 西嶋茂宏, Thermophys Prop,   2006年10月07日
  • 脳波計測とその機械制御への応用, 猪上慎介, 寺田隆哉, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 日本機械学会福祉工学シンポジウム講演論文集,   2006年09月10日
  • 生体計測による痛み定量評価の試み, 寺田隆哉, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 日本機械学会福祉工学シンポジウム講演論文集,   2006年09月10日
  • 転倒予防を目的とした歩行の研究, 佐野祥一, 寺田隆哉, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 日本機械学会福祉工学シンポジウム講演論文集,   2006年09月10日
  • 生体計測に基づいたストレスの評価, 尾崎剛, 寺田隆哉, 武田真一, 泉佳伸, 片桐真子, 西嶋茂宏, 日本機械学会福祉工学シンポジウム講演論文集,   2006年09月10日
  • 動作解析と筋電測定による転倒機構の研究, 佐野祥一, 寺田隆哉, 泉佳伸, 武田真一, 西嶋茂宏, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集,   2006年05月15日
  • 遠隔治療のための痛みの感覚評価, 寺田隆哉, 巽浩二, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集,   2006年05月15日
  • 脳磁界解析を用いた疲労の研究, 尾崎剛, 寺田隆哉, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集,   2006年05月15日
  • 脳波計測による外部機器制御, 猪上慎介, 寺田隆哉, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集,   2006年05月15日
  • 高齢者の安全な歩行のための動作解析, 上田雄義, 佐野祥一, 寺田隆哉, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 生活支援工学系学会連合大会講演予稿集,   2006年
  • 精神的緊張からおこる疲労の評価, 尾崎剛, 寺田隆哉, YU Sung‐Jin, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 日本ME学会大会論文集,   2005年04月25日
  • 要介護者のリスク回避のための動作解析, 寺田隆哉, 秋山庸子, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 日本ME学会大会論文集,   2005年04月25日
  • 介護初心者の介護動作習得を目的とする介護動作の解析, 島孝之, 寺田隆哉, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 日本ME学会大会論文集,   2005年04月25日
  • かばう動作が誘起する他の身体部位への負担に関する研究, 佐野祥一, 寺田隆哉, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 日本ME学会大会論文集,   2005年04月25日
  • 痛みによる表情変化の視覚情報処理, 巽浩二, 寺田隆哉, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 日本ME学会大会論文集,   2005年04月25日
  • ストレス環境下での動作解析, 島孝之, 寺田隆哉, 泉佳伸, 武田真一, 西嶋茂宏, 生活支援工学系学会連合大会講演予稿集,   2005年
  • 顔表情変化による痛み感覚の定量評価, 巽浩二, 寺田隆哉, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 生活支援工学系学会連合大会講演予稿集,   2005年
  • 身体能力に応じた転倒防止のための歩行動作解析, 佐野祥一, 寺田隆哉, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 生活支援工学系学会連合大会講演予稿集,   2005年
  • 脳活動の変化からみるストレス評価, 尾崎剛, 寺田隆哉, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 生活支援工学系学会連合大会講演予稿集,   2005年
  • 陽電子消滅法を用いた生体高分子ゲルの構造評価, 寺田隆哉, 江間喜美子, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 日本原子力学会春の年会要旨集,   2004年03月11日
  • 顔表情観測による恐怖・不安の感情の評価, 泉佳伸, 寺田隆哉, YU Sung‐Jin, 秋山庸子, 巽浩二, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 生活支援工学系学会連合大会講演予稿集,   2004年
  • 介護者の力学的負担軽減のための動作解析, 島孝之, 寺田隆哉, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 生活支援工学系学会連合大会講演予稿集,   2004年
  • 表情解析による痛みの評価, 巽浩二, 泉佳伸, YU Sung‐jin, 寺田隆哉, 秋山庸子, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 生活支援工学系学会連合大会講演予稿集,   2004年
  • 入浴動作の力学的解析, 寺田隆哉, 島孝之, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 生活支援工学系学会連合大会講演予稿集,   2004年
  • 高分子への放射線照射によるゲル化に関する基礎研究, 泉佳伸, 藤原敬博, 武田真一, 寺田隆哉, 山本宙, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 高分子学会予稿集,   2003年09月10日
  • 超音波共鳴分光法によるゼラチン/水界面構造の評価, 山本宙, 寺田隆哉, 江間喜美子, 泉佳伸, 武田真一, 西嶋茂宏, 日本原子力学会秋の大会予稿集,   2003年08月07日
  • 量子線を用いた生体高分子ゲル加工とその力学的評価, 寺田隆哉, 江間喜美子, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 日本原子力学会秋の大会予稿集,   2003年08月07日
  • 高分子への放射線照射によるゲル化に関する基礎的研究, 泉佳伸, 藤原敬博, 武田真一, 寺田隆哉, 山本宙, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 日本原子力学会秋の大会予稿集,   2003年08月07日
  • ゼラチンのガンマ線加工におけるラジカルの作用, 江間喜美子, 山本宙, 寺田隆哉, 泉佳伸, 武田真一, 西嶋茂宏, 日本原子力学会秋の大会予稿集,   2003年08月07日
  • 放射線プロセスを利用した生体高分子アクチュエータの創生, 寺田隆哉, 江間喜美子, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 理工学における同位元素・放射線研究発表会要旨集,   2003年07月
  • 量子線加工による細胞培養マトリックスの構築, 山本宙, 寺田隆哉, 江間喜美子, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 日本原子力学会春の年会要旨集,   2003年03月05日
  • 水溶ゼラチンのガンマ線照射効果, 寺田隆哉, 江間喜美子, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 理工学における同位元素・放射線研究発表会要旨集,   2002年06月20日

特許

  • 表示装置、表示方法、プログラム、および、光学特性表示システム, 粟津 邦男, 石井 克典, 寺田 隆哉, 特願2010-210308, 特開2012-063332
  • 光学特性値計測装置、光学特性値計測方法及び光学特性値計測プログラム, 粟津 邦男, 石井 克典, 寺田 隆哉, 特願2010-210309, 特開2012-063333
  • 熱伝導性セルロース繊維, 山中 淳彦, 安倍 俊三, 堤 正幸, 西嶋 茂宏, 泉 佳伸, 寺田 隆哉, 藤代 博之, 特願2005-147739, 特開2006-322116
  • 断熱性セルロース繊維, 山中 淳彦, 安倍 俊三, 堤 正幸, 大峡 岳志, 吉川 雅敏, 西嶋 茂宏, 泉 佳伸, 寺田 隆哉, 藤代 博之, 特願2005-147738, 特開2006-322115

受賞

  •   2015年10月, 日本原子力研究開発機構, 理事長表彰 創意工夫功労賞, 耐熱歪センサと配管への実装技術の開発
  •   2016年05月, 第6回日本保全学会賞論文賞


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.