研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

尾曲 克己オマガリ カツミ

所属部署医学研究科ウイルス学分野
職名助教
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/09/19

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:蛋白質の分子認識メカニズムについて、物理化学的側面から研究を行なっている。これらの成果を利用して、創薬や蛋白質を利用した新しいエンジニアリングを展開していきたい。

学歴

  •  - 2004年, 東京大学大学院, 総合文化研究科, 広域科学専攻

学位

  • 博士(学術)

委員歴

  •   2017年11月 - 現在, 一般財団法人高度情報科学技術研究機構, 平成28年度HPCI利用研究課題優秀成果賞

研究活動情報

研究分野

  • 生物科学, 生物物理学

研究キーワード

    In silico Screening, 分子動力学, ワクチン, 免疫原性, ウイルス, 創薬

論文

  • Effect of hepatitis B virus subgenotype on antiviral response in nucleoside-treated hepatitis B envelope antigen-positive patients., 尾曲 克己, 48, (2) 134 - 143,   2018年, 査読有り
  • A new class of hepatitis B and D virus entry inhibitors, proanthocyanidin and its analogs, that directly act on the viral large surface proteins., 尾曲 克己, Hepatology., 65, (4) 1104 - 1116,   2017年, 査読有り
  • Quantification of the HIV transcriptional activator complex in live cells by image-based protein-protein interaction analysis., 尾曲 克己, Genes Cells, 21, (7) 706 - 716,   2016年, 査読有り
  • Characterization of novel entecavir resistance mutations., 尾曲 克己, J Hepatol., 63, (3) 546 - 553,   2015年, 査読有り
  • Effect of hepatitis B virus reverse transcriptase variations on entecavir treatment response., 尾曲 克己, J Infect Dis. , 210, (5) 701 - 707,   2014年, 査読有り
  • Reactivity of human convalescent sera with influenza virus hemagglutinin protein mutants at antigenic site A., 尾曲 克己, Microbiol Immunol., 56, (2) 99 - 106,   2012年, 査読有り
  • Sialic acid recognition of the pandemic influenza 2009 H1N1 virus: binding mechanism between human receptor and influenza hemagglutinin., 尾曲 克己, Protein Pept Lett. , 18, (5) 530 - 539,   2011年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • 1つの蛋白質が多種類の蛋白質を認識するメカニズムの解明と新規結合ペプチドの設計, 尾曲 克己, 第8回岐阜構造生物学・医学・論理的創薬シンポジウム,   2019年03月06日, 招待あり


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.