研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

小嶋 雅代コジマ マサヨ

所属部署医学研究科医学・医療教育学分野
職名准教授
メールアドレスmasayokmed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURLhttp://www.med.nagoya-cu.ac.jp/mededu.dir/index.html
生年月日
Last Updated :2019/05/24

研究者基本情報

学歴

  •  - 1987年03月, 滝高等学校
  • 1988年04月 - 1994年03月, 名古屋大学, 医学部, 医学科
  • 1994年04月 - 1998年03月, 名古屋大学大学院, 医学研究科, 予防医学専攻

学位

  • 名古屋大学医学部医学科卒、名古屋大学医学研究科予防医学修了/博士(医学)

所属学協会

  • 日本疫学会
  • 日本公衆衛生学会
  • 東海公衆衛生学会
  • 日本産業衛生学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本医学教育学会

委員歴

  •   2018年03月 - 現在, 厚生科学審議会専門委員
  •   2017年01月 - 現在, 日本公衆衛生学会, 代議員
  •   2016年10月 - 現在, 名古屋市教育委員
  •   2016年09月 - 現在, 日本医学教育評価機構, 医学教育分野別評価員
  •   2015年12月 - 現在, 日本疫学会, 代議員
  •   2015年01月 - 現在, 日本公衆衛生学雑誌, 編集委員
  •   2014年08月 - 現在, 愛知県医師会, 男女共同参画委員会委員
  •   2006年04月 - 現在, 東海公衆衛生学会, 評議員
  •   2016年01月 - 2018年01月, 日本疫学会, 倫理審査委員会(西日本)委員
  •   2012年01月 - 2015年12月, 日本疫学会, 評議員
  •  - 2016年, 愛知県建築審査会委員
  •  - 2016年, 認知症疾患診療ガイドライン作成委員会外部委員
  •  - 2016年, 多発性硬化症/視神経脊髄炎診療ガイドライン作成委員会

経歴

  •   1999年04月 - 2000年03月, モントリオール循環器センター 心身医学研究部門 客員研究員 
  •   2000年04月 - 2002年03月, 名古屋市立大学医学部, 公衆衛生学講座, 助手
  •   2002年04月 - 2003年03月, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 健康増進・予防医学分野, 助教
  •   2003年04月 - 2007年04月, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 健康増進・予防医学分野, 講師
  •   2007年05月 - 2010年04月, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 公衆衛生学分野, 講師
  •   2010年05月 - 2015年08月, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 公衆衛生学分野, 准教授
  •   2015年09月 - 現在, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 医学・医療教育学分野, 准教授

研究活動情報

研究キーワード

    うつ, メンタルヘルス, QOL

論文

  • Overall benefits provided by orthopedic surgical intervention in patients with rheumatoid arthritis., Ishikawa H, Abe A, Kojima T, Kojima M, Ishiguro N, Nomura Y, Otani H, Hasegawa E, Kobayashi D, Ito S, Nakazono K, Murasawa A, Mod Rheumatol,   2018年
  • Characteristics of functional impairment in patients with long-standing rheumatoid arthritis based on range of motion of joints: Baseline data from a multicenter prospective observational cohort study to evaluate the effectiveness of joint surgery in the, Kojima T, Ishikawa H, Tanaka S, Haga N, Nishida K, Yukioka M, Hashimoto J, Miyahara H, Niki Y, Kimura T, Oda H, Asai S, Funahashi K, Kojima M, Ishiguro N, Mod Rheumatol, 474 - 481,   2018年
  • 潜在クラス分析による炎症・疼痛不一致の解析, 小嶋 雅代, リウマチ科(0915-227X), 58, (4) 435 - 440,   2017年
  • 「再考:アクティブ・ラーニング」を読んで(意見第48巻4号座談会), 小嶋 雅代, 医学教育, 48, (5) 304 - 304,   2017年
  • 「高齢者家庭訪問実習」の意義の検証と課題の探索 なごやかモデルにおける試み, 小嶋 雅代, 浅井 大策, 石川 大貴, 木村 侑樹, 明石 惠子, 赤津 裕康, 大原 弘隆, 川出 義浩, 木村 和哲, 酒々井 眞澄, 鈴木 匡, 坡下 真大, 早野 順一郎, 村上 里奈, 山本 美由紀, 浅井 清文, 医学教育, 48, (4) 221 - 235,   2017年
  • Validation and reliability of the Timed Up and Go test for measuring objective functional impairment in patients with long-standing rheumatoid arthritis: a cross-sectional study., Kojima T, Ishikawa H, Tanaka S, Haga N, Nishida K, Yukioka M, Hashimoto J, Miyahara H, Niki Y, Kimura T, Oda H, Asai S, Funahashi K, Kojima M, Ishiguro N., Int J Rheum Dis,   2017年
  • Integrating patients' perceptions into clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis in Japan, Kojima M, Nakayama T, Otani T, Hasegawa M, Kawahito Y, Kaneko Y, Kishimoto M, Hirata S, Seto Y, Endo H, Ito H, Kojima T, Nishida K, Matsushita I, Tsutani K, Igarashi A, Kamatani N, Miyasaka N, Yamanaka H., Mod Rheumatol, 27, (6) 924 - 929,   2017年
  • 血清硫酸デヒドロエピアンドロステロンサルフェイト濃度, 荒井 健介, 細野 晃弘, 西山 毅, 小嶋 雅代, 柴田 清, 辻村 尚子, 岡 京子, 藤田 ひとみ, 岡本 尚子, 神谷 真有美, 近藤 文, 菊地 正悟, 山田 珠樹, 鈴木 貞夫, Nagoya Medical Journal, 55, (1) 1 - 13,   2016年
  • 住民主体の介護予防に向けた取り組み―地域課題の共有するワークショップを通じて―, 中村廣隆, 小嶋雅代, 村田千代栄, 東海公衆衛生雑誌, 4, (1) 55 - 59,   2016年
  • Improved safety of biologic therapy for rheumatoid arthritis over the 8-year period since implementation in Japan: long-term results from a multicenter observational cohort study, Kojima T, Takahashi N, Funahashi K, Asai S, Terabe K, Kaneko A, Hirano Y, Hayashi M, Miyake H, Oguchi T, Takagi H, Kanayama Y, Yabe Y, Watanabe T, Fujibayashi T, Shioura T, Ito T, Yoshioka Y, Ishikawa H, Asai N, Takemoto T, Kojima M, Ishiguro N, Clin Rheumatol, 35, (4) 863 - 71,   2016年
  • Patient-reported outcomes as assessment tools and predictors of long-term prognosis: a 7-year follow-up study of patients with rheumatoid arthritis, Kojima M, Kojima T, Suzuki S, Takahashi N, Funahashi K, Asai S, Yoshioka Y, Terabe K, Asai N, Takemoto T, Ishiguro N, Int J Rheum Dis,   2015年
  • Postoperative complications in patients with rheumatoid arthritis using a biological agent-A systematic review and meta-analysis, Ito H, Kojima M, Nishida K, Matsushita I, Kojima T, Nakayama T, Endo H, Hirata S, Kaneko Y, Kawahito Y, Kishimoto M, Seto Y, Kamatani N, Tsutani K, Igarashi A, Hasegawa M, Miyasaka N, Yamanaka H, Mod Rheumatol, 25, 672 - 678,   2015年
  • Importance of methotrexate therapy concomitant with tocilizumab treatment in achieving better clinical outcomes for rheumatoid arthritis patients with high disease activity: an observational cohort study, Kojima T, Yabe Y, Kaneko A, Takahashi N, Funahashi K, Kato D, Hanabayashi M, Asai S, Hirabara S, Asai N, Hirano Y, Hayashi M, Miyake H, Kojima M, Ishiguro N, Rheumatology (Oxford), 54, (1) 113 - 120,   2015年
  • 関節リウマチ診療ガイドライン2014作成におけるGRADEシステムを用いた新たな試み, 小嶋雅代, Rhumatology Clinical Research, 4, (2) 7 - 12,   2015年
  • The process of collecting and evaluating evidences for the development of Guidelines for the management of rheumatoid arthritis, Japan College of Rheumatology 2014: Utilization of GRADE approach, Kojima M, Nakayama T, Kawahito Y, Kaneko Y, Kishimoto M, Hirata S, Seto Y,Endo H, Ito H, Kojima T, Nishida K, Matsushita I, Tsutani K, Igarashi A, KamataniN, Hasegawa M, Miyasaka N, Yamanaka H, Mod Rheumatol, 3, 1 - 19,   2015年
  • キャンパス敷地内全面禁煙に伴う医学生への防煙教育の必要性, 藤田 ひとみ, 小嶋 雅代, 永谷 照男, 細野 晃弘, 荒井 健介, 辻村 尚子, 岡 京子, 岡本 尚子, 神谷 真有美, 鈴木 美奈, 近藤 文, 鈴木 貞夫, 東海公衆衛生雑誌, 2, 77 - 83,   2014年
  • Comprehensive comparison of self-administered questionnaires for measuring quantitative autistic traits in adults., Nishiyama T, Suzuki M, Adachi K, Sumi S, Okada K, Kishino H, Sakai S, Kamio Y, Kojima M, Suzuki S, Kanne SM., J Autism Dev Disord, 44, 993 - 1007,   2014年
  • 運動器心身医療(ロコモサイコソマ) 関節リウマチ患者の痛みとメンタルヘルスに関する疫学的検討, 小嶋 雅代, 日本心療内科学会誌, 18, 159 - 163,   2014年
  • Alexithymia, Depression, Inflammation and Pain in Patients with Rheumatoid Arthritis, Kojima M, Kojima T, Suzuki S, Takahashi N, Funahashi K, Kato D, Hanabayashi M, Hirabara S, Asai S, Ishiguro N, Arthritis Care Res, 66, (5) 679 - 686,   2014年
  • Obesity/weight gain and breast cancer risk: findings from the Japan collaborative cohort study for the evaluation of cancer risk, Suzuki S, Kojima M, Tokudome S, Mori M, Sakauchi F, Wakai K, Fujino Y, Lin Y, Kikuchi S, Tamakoshi K, Tamakoshi A, J Epidemiol, 23, 139 - 145,   2013年
  • 関節リウマチ患者は薬物治療の変化をどのように感じているか フォーカスグループによる質的研究, 小嶋雅代, 小嶋俊久, 難波大夫, 茂木七香, 大谷尚, 高橋伸典, 加藤大三, 舟橋康治, 松原 浩之, 服部 陽介, 石黒 直樹, 中部リウマチ, 43, (1) 17 - 20,   2013年
  • 周術期患者における死亡率と心血管イベントの発現, 小嶋雅代, リウマチ科, 49, (4) 471 - 478,   2013年
  • 【IgA腎症-明らかになったことと今後の問題点】 わが国のIgA腎症の疫学的特徴, 若井建志, 小嶋雅代, 川村孝, 後藤雅史, 腎と透析, 72, 45 - 48,   2012年
  • Alexithymia as a prognostic risk factor for health problems: a brief reviewof epidemiological studies, Kojima M, Biopsychosoc Med, (Dec) ,   2012年
  • Epidemiologic studies of psychosocial factors associated with quality of life among patients with chronic diseases in Japan, Kojima M, J Epidemiol, 22, (1) 7 - 11,   2012年
  • Study protocol of a multicenter registry of patients with rheumatoid arthritis starting biologic therapy in Japan: Tsurumai Biologics Communication Registry (TBCR) study, Kojima T, Kaneko A, HiranoY, Ishikawa H, Miyake H, Oguchi T, Takagi H, Yabe Y, Kato T, Ito T, Terabe K, Fukaya N, Kanayama Y, Shioura T, Funahashi K, Hayashi M, Kato D, Matsubara H, Fujibayashi T, Kojima M, Ishiguro N; TBC, Mod Rheumatol, 22, (3) 339 - 345,   2012年
  • 女子大学生の飲酒行動と意識に関する調査, 上村 義季, 小嶋 雅代, 永谷 照男, 今枝 奈保美, 鈴木 貞夫, 日本公衆衛生雑誌, 59, (1) 31 - 38,   2012年
  • 慢性疾患患者のQOLと疫学, 小嶋 雅代, Quality of Life Journal, 12, (1) 85 - 90,   2011年
  • 大学および附属病院の全面禁煙実施による施設利用者の意識・行動への影響., 河邉眞好, 小嶋雅代, 永谷照男, 鈴木貞夫, 日本公衆衛生雑誌, 58, (4) 266 - 273,   2011年
  • 関節リウマチ患者の痛み、うつ、QOL, 小嶋雅代, メディカル朝日, 40, (6) 38 - 39,   2011年
  • Depression, Alexithymia and Long-term Mortality in Chronic Hemodialysis Patients, Kojima M, Hayano J, Suzuki S, Seno H, Kasuga H, Takahashi H, Toriyama T, Kawahara H, Furukawa TA, Psychother Psychosom, 79, (5) 303 - 311,   2010年
  • Exploring the link between depression and rheumatoid arthritis: prospects for optimal therapeutic success, Kojima M, Kojima T, Furukawa TA, Ishiguro N., Int. J. Clin. Rheumatol, 5, (3) 273 - 275,   2010年
  • Insulin-like growth factor (IGF)-I, IGF-II, IGF binding protein-3, and risk of colorectal cancer: a nested case-control study in the Japan Collaborative Cohort study, Suzuki S, Kojima M, Tokudome S, Suzuki K, Ozasa K, Ito Y, Inaba Y, Tajima K, Nakachi K, Watanabe Y, Tamakoshi A; JACC Study Group, Asian Pac J Cancer, Prev 10, 45 - 49,   2009年
  • Depression, Inflammation, and Pain in Rheumatoid Arthritis Patients, Kojima M, Kojima T, Suzuki S, Oguchi T, Oba M, Tsuchiya H, Sugiura F,Kanayama Y, Furukawa TA, Arthritis Rheum, 61, (8) 1018 - 1024,   2009年
  • Psychosocial factors, disease status, and quality of life in patients with rheumatoid arthritis, Kojima M, Kojima T, Ishiguro N, Oguchi T, Oba M, Tsuchiya H, Sugiura F, Furukawa TA, Suzuki S, Tokudome S, J Psychosom Res, 67, (5) 425 - 431,   2009年
  • Effect of physical activity on breast cancer risk: findings of the Japan collaborative cohort study, Suzuki S, Kojima M, Tokudome S, Mori M, Sakauchi F, Fujino Y, Wakai K, Lin Y, Kikuchi S, Tamakoshi K, Yatsuya H, and Tamakoshi A, Cancer Epidemiol Biomarkers, 17, (12) 3396 - 3401,   2008年
  • Influences of menopause, aging, and gender on the cleavage oftype II collagen in cartilage in relationship to bone turnover, Kojima T, Kojima M, Noda K, Ishiguro N, and Poole AR, Menopause, 15, (1) 133 - 137,   2008年
  • Loss of fractal heart rate dynamics in depressive hemodialysis patients, Kojima M, Hayano J, Fukuta H, Sakata S, Mukai S, Ohte N, Seno H, Toriyama T, Kawahara H, Furukawa TA, Tokudome S, Psychosom Med, 70, (2) 177 - 185,   2008年
  • Independent associations of alexithymia and social support withdepression in hemodialysis patients, Kojima M, Hayano J, Tokudome S, Suzuki S, Ibuki K, Tomizawa H, Nakata A, SenoH, Toriyama T, Kawahara H, Furukawa TA, J Psychosom Res, 63, (4) 349 - 356,   2007年
  • Dietary fiber and risk of colorectal cancer in the Japan collaborative cohort study, Wakai K, Date C, Fukui M, Tamakoshi K, Watanabe Y, Hayakawa N, Kojima M, Kawado M, Suzuki K, Hashimoto S, Tokudome S, Ozasa K, Suzuki S, Toyoshima H, Ito Y, Tamakoshi A; JACC Study Group, Cancer Epidemiol Biomarkers, 16, (4) 668 - 675,   2007年
  • Psychological attitudes and risk of breast cancer in Japan: a prospective study, Wakai K, Kojima M, Nishio K, Suzuki S, Niwa Y, Lin Y, Kondo T, Yatsuya H, Tamakoshi K, Yamamoto A, Tokudome S, Toyoshima H, Tamakoshi A; for the JACC Study Group, Cancer Causes Control, 18, (3) 259 - 267,   2007年
  • リハにおけるアウトカム評価尺度Beck Depression Inventory-II, Self Depression Scale, 小嶋 雅代, Journal of Clinical Rehabilitation, 15, 64 - 67,   2006年
  • Marine n-3 fatty acids and colorectal cancer: is there a real link?, Tokudome S, Kojima M, Suzuki S, Ichikawa H, Ichikawa Y, Miyata M, Maeda K, Marumoto M, Agawa H, Arakawa K, Tanaka T, Ando R, Hattori N, Goto C, Tokudome Y, Imaeda N, Kuriki K, Okuyama H, Moore MA, Cancer Epidemiol Biomarkers, 15, (2) 406 - 407,   2006年
  • Gradations of clinical severity and sensitivity to change assessed with the Beck Depression Inventory-II in Japanese patients with depression, Hiroe T, Kojima M, Yamamoto I, Nojima S, Kinoshita Y, Hashimoto N, WatanabeN, Maeda T, Furukawa TA, Psychiatry Res, 135, 229 - 235,   2005年
  • Colorectal cancer and serum C-reactive protein levels: a case-control study nested in the JACC Study, Ito Y, Suzuki K, Tamakoshi K, Wakai K, Kojima M, Ozasa K, Watanabe Y, Kawado M, Hashimoto S, Suzuki S, Tokudome S, Toyoshima H, Hayakawa N, Kato K, Watanabe M, Ohta Y, Maruta M, Tamakoshi A, J Epidemiol, 15, (Supplement 2) 185 - 189,   2005年
  • Perceived psychologic stress and colorectal cancer mortality: findings from the Japan Collaborative Cohort Study, Kojima M, Wakai K, Tokudome S, Tamakoshi K, Toyoshima H, WatanabeY, HayakawaN, Suzuki K, Hashimoto S, Kawado M, Suzuki S, Ito Y, Tamakoshi A, Psychosom Med, 67, (1) 72 - 77,   2005年
  • Serum levels of polyunsaturated fatty acids and risk of colorectal cancer: a prospective study, Kojima M, Wakai K, Tokudome S, Suzuki K, Tamakoshi K, Watanabe Y, KawadoM, Hashimoto S, Hayakawa N, Ozasa K, Toyoshima H, Suzuki S, Ito Y, Tamakoshi A, J Epidemiol, 161, (5) 462 - 471,   2005年
  • Plasma carotenoid,alpha-tocopherol and retinol concentrations and risk of colorectal adenomas: A case-control study in Japan, Jiang J, Suzuki S, Xiang J, Kuriki K, Hosono A, Arakawa K, Wang J, Nagaya T, Kojima M, Katsuda N, Tokudome S, Cancer Lett, 226, (2) 133 - 141,   2005年
  • Glucose intolerance and colorectal cancer risk in a nested case-control study among Japanese People, Ozasa K, Ito Y, Suzuki K, Watanabe Y, Kojima M, Suzuki S, Tokudome S, Tamakoshi K, Toyoshima H, Kawado M, Hashimoto S, Hayakawa N, Wakai K, Tamakoshi A; JACC Study Group, J Epidemiol, 15, (Supplement 2) 180 - 184,   2005年
  • Leptin is associated with an increased female colorectal cancer risk: a nested case-control study in Japan, Tamakoshi K, Toyoshima H, Wakai K, Kojima M, Suzuki K, Watanabe Y, Hayakawa N, Yatsuya H, Kondo T, Tokudome S, Hashimoto S, Suzuki S, Kawado M, Ozasa K, Ito Y, Tamakoshi A, Oncology, 68, (4-6) 454 - 461,   2005年
  • Is the proportion of infection-related cancers much greater than generally appreciated?, Tokudome S, Suzuki S, Kojima M, Hosono A, Int J Cancer, 113, (3) ,   2005年
  • Intake frequency of fish and serum levels of long-chain n-3 fatty acids: a cross-sectional study within the Japan Collaborative Cohort Study, Wakai K, Ito Y, Kojima M, Tokudome S, Ozasa K, Inaba Y, Yagyu K, Tamakoshi A;JACC Study Group, J Epidemiol, 15, (6) 211 - 218,   2005年
  • Serum carotenoids, retinol, and tocopherols, and colorectal cancer risk in a Japanese cohort: effect modification by sex for carotenoids, Wakai K, Suzuki K, Ito Y, Kojima M, Tamakoshi K, Watanabe Y, Toyoshima H, Hayakawa N, Hashimoto S, Tokudome S, Suzuki S, Kawado M, Ozasa K, Tamakoshi A, Nutr Cancer, 51, (1) 13 - 24,   2005年
  • Alcohol consumption and colorectal cancer risk: findings from the JACC Study, Wakai K, Kojima M, Tamakoshi K, Watanabe Y, Hayakawa N, Suzuki K, Hashimoto S, Kawado M, Tokudome S, Suzuki S, Ozasa K, Toyoshima H, Ito Y, Tamakoshi A, J Epidemiol, 15, (Supplement 2) 173 - 179,   2005年
  • Medical history of circulatorydiseases and colorectal cancer death in the JACC Study, Watanabe Y, Ozasa K, Ito Y, Suzuki K, Kojima M, Suzuki S, Tokudome S, Tamakoshi K, Toyoshima H, Kawado M, Hashimoto S, Hayakawa N, Wakai K, Tamakoshi A, J Epidemiol, 15, (Supplement 2) 168 - 172,   2005年
  • 慢性関節リウマチ(RA)患者のQOL向上に関する疫学的検討 抑うつ・ソーシャルサポートを含む心理社会学的アプローチ., 小嶋 雅代, 上原記念生命科学財団研究報告集, 18, 105 - 106,   2004年
  • たばことがん, 鈴木貞夫, 小嶋雅代, 徳留信寛, からだの科学, 237, 23 - 28,   2004年
  • A chronological decrease in type A behavior patterns among Japanese male workers in 1995-1999, Kojima M, Nagaya T,Takahashi H, Kawai M, Tokudome S, J Occup Health, 46, (2) 171 - 174,   2004年
  • Bowel movement frequency and risk of colorectal cancer in a large cohort study of Japanese men and women, Kojima M, Wakai K, Tokudome S,Tamakoshi K, Toyoshima H, Watanabe Y, Hayakawa N, Suzuki K, Hashimoto S, Ito Y, Tamakoshi A, Br J Cancer, 90, (7) 1397 - 1401,   2004年
  • Diet and colorectal cancer mortality: results from the Japan Collaborative Cohort Study, Kojima M, Wakai K, Tamakoshi K, Tokudome S, Toyoshima H, Watanabe Y, Hayakawa N, Suzuki K, Hashimoto S, Ito Y, Tamakoshi A, Nutr Cancer, 50, (1) 23 - 32,   2004年
  • Serum oxidized low-density lipoprotein levels and risk of colorectal cancer: a case-control study nested in the Japan Collaborative Cohort Study, Suzuki K, Ito Y, Wakai K, Kawado M, Hashimoto S, Toyoshima H, Kojima M, Tokudome S, Hayakawa N, Watanabe Y, Tamakoshi K, Suzuki S, Ozasa K, Tamakoshi A, Cancer Epidemiol Biomarkers, 13, 1781 - 1787,   2004年
  • A prospective study of body size and colon cancer mortality in Japan: The JACC Study, Tamakoshi K, Wakai K, Kojima M, Watanabe Y, Hayakawa N, Toyoshima H, Yatsuya H, Kondo T, Tokudome S, Hashimoto S, Suzuki K, Ito Y, Tamakoshi A, Int J Obes Relat Metab Disord, 28, (4) 551 - 558,   2004年
  • A prospective study of reproductive and menstrual factors and colon cancer risk in Japanese women: findings from the JACC study, Tamakoshi K, Wakai K, Kojima M, Watanabe Y, Hayakawa N, Toyoshima H, Yatsuya H, Kondo T, Tokudome S, Hashimoto S, Suzuki K, Suzuki S, Kawado M, Ozasa K, Ito Y, Tamakoshi A, Cancer Sci, 95, (7) 602 - 607,   2004年
  • A prospective study on the possible association between having children and colon cancer risk: findings from the JACC Study, Tamakoshi K, WakaiK, Kojima M, Watanabe Y, Hayakawa N, Toyoshima H, Yatsuya H, Kondo T, Tokudome S, Hashimoto S, Suzuki K, Ito Y, Tamakoshi A, Cancer Sci, 95, (3) 243 - 247,   2004年
  • Alexithymia,depression and social support among Japanese workers, Kojima M, Senda Y, Nagaya T, Tokudome S, Furukawa TA, Psychother Psychosom, 72, (6) 307 - 314,   2003年
  • Relationship between obesity and serum markers of oxidative stress and inflammation in Japanese, Suzuki K, Ito Y, Ochiai J, Kusuhara Y, Hashimoto S, Tokudome S, Kojima M, Wakai K, Toyoshima H, Tamakoshi K, Watanabe Y,Hayakawa N, Maruta M, Watanabe M, Kato K, Ohta Y, Tamakoshi A; JACC Study Group, Asian Pac J Cancer, 4, 259 - 266,   2003年
  • Smoking and colorectal cancer in a non-Western population: a prospective cohort study in Japan, Wakai K, Hayakawa N, KojimaM, Tamakoshi K, Watanabe Y, Suzuki K, Hashimoto S, Tokudome S, Toyoshima H, Ito Y, Tamakoshi A, J Epidemiol, 13, (6) 323 - 332,   2003年
  • Cross-cultural validation of the Beck Depression Inventory-2 in Japan, Kojima M, Furukawa TA, Takahashi H, Kawai M, Nagaya T, Tokudome S, Psychiatry Res, 110, (3) 291 - 299,   2002年
  • 某事業所におけるメンタルヘルス評価手段としての定期健康診断問診票の妥当性の検証, 小嶋雅代,千田嘉博, 林博史, 徳留信寛, 産業衛生学雑誌, 44, 236 - 241,   2002年
  • Alexithymia following myocardial infarction: psychometric properties and correlates of the Toronto Alexithymia Scale, Kojima M, Frasure-Smith N, Lesperance F, J Psychosom Res, 51, (3) 487 - 495,   2001年
  • Sleep patterns and total mortality: a 12-year follow-up study in Japan, Kojima M, Wakai K, Kawamura T, Tamakoshi A, Aoki R, Lin Y, Nakayama T, Horibe H, Aoki N, Ohno Y, J Epidemiol, 10, (2) 87 - 93,   2000年
  • Nationwide epidemiological survey of chronic pancreatitis in Japan, Lin Y, Tamakoshi A, Matsuno S, Takeda K, Hayakawa T, Kitagawa M, Naruse S, Kawamura T, Wakai K, Aoki R, Kojima M, Ohno Y, J Gastroenterol, 35, 136 - 141,   2000年
  • Alexithymia, depression and long-term mortality after MI, Kojima M, Senda Y, Nagaya T, Tokudome S, Furukawa TA, Psychother Psychosom, 62, (1132) 307 - 314,   2000年
  • 原発性胆汁性肝硬変,自己免疫性肝炎,及び,劇症肝炎に関する2回の全国疫学調査の比較研究, 森満, 小俣政男, 白鳥康史, 戸田剛太郎, 井上恭一, 佐藤俊一, 武藤泰敏, 森脇久隆, 恩地森一, 小嶋雅代, 玉腰暁子, 川村孝, 佐々木隆一郎, 大野良之, 肝・胆・膵, 38, 735 - 739,   1999年
  • A simple food frequency questionnaire for Japanese diet--Part II. Reproducibility and validity for nutrient intakes, Egami I, Wakai K, Kato K, Lin Y, Kawamura T, Tamakoshi A, Aoki R, Kojima M, Nakayama T, Wada M, Ohno Y, J Epidemiol, 9, 227 - 234,   1999年
  • Trends in site-specific mortality from oral and pharyngeal cancer among Japanese males,1950-94, Su WZ, Tohnai I, Kawamura T, Tamakoshi A, Wakai K, Aoki R, Kojima M, Ueda M, Ohno Y, Oral Oncol, 35, (1) 9 - 16,   1999年
  • A simple food frequency questionnaire for Japanese diet--Part I. Development of the questionnaire, and reproducibility and validity for food groups, Wakai K, Egami I, Kato K, Lin Y, Kawamura T, Tamakoshi A, Aoki R, Kojima M, Nakayama T, Wada M, Ohno Y, J Epidemiol, 9, 216 - 226,   1999年
  • 病理剖検輯報を用いた原因不明の突然死の解剖所見, 小嶋雅代, 川村孝, 林櫻松, 青木利恵, 若井建志, 玉腰暁子, 大野良之, 日本公衆衛生雑誌, 46, 563 - 568,   1999年
  • Prevalence and renal prognosis of diagnosed autosomal dominant polycystic kidney disease in Japan, Higashihara E, Nutahara K, Kojima M, Tamakoshi A, Yoshiyuki O, Sakai H, Kurokawa K, Nephron, 80, 421 - 427,   1998年
  • Newly developed diabetic retinopathy and its preceding changes in biological markers, Kojima M, Kawamura T, Tsushita K,Mizuno Y, Yokoi M, Lin Y, Aoki R, Wakai K, Tamakoshi A, Ohno Y, Nagoya J Med Sci, 61, 117 - 124,   1998年
  • Descriptive epidemiology of pancreatic cancer in Japan, Lin Y, Tamakoshi A, Wakai K, Kawamura T, Aoki R, Kojima M, J Epidemiol, 8, 52 - 59,   1998年
  • Estimated number of patients with chronic renal failure but not with end-stage renal disease in Japan: comparisons between two estimation methods, Wakai K, Nakai S, Shinzato T, Kawamura T, Tamakoshi A, Aoki R, Kojima M, Lin Y, Nakayama T, Maeda K, Ohno Y, J Epidemiol, 8, 278 - 284,   1998年
  • 突然死 その時何が起きているか, 川村孝, 小嶋雅代, 近藤博美, 他, 医科学応用研究財団研究報告, 15, 129 - 133,   1997年
  • Epidemiological features of moyamoya disease in Japan: findings from a nationwide survey, Wakai K, Tamakoshi A, Ikezaki K, Fukui M, Kawamura T, Aoki R, Kojima M, Lin Y, Ohno Y, Clin Neurol Neurosurg, 99, 1 - 5,   1997年
  • Estimated prevalence and incidence of adult still's disease: findings by a nationwide epidemiological survey in Japan, Wakai K, Ohta A, Tamakoshi A, Ohno Y, Kawamura T, Aoki R, Kojima M, Lin Y, Hashimoto S, Inaba Y, Minowa M, Aizawa S, Ichikawa Y, Miyasaka N, J Epidemiol, 7, 221 - 225,   1997年
  • Smoking habits, local brand cigarettes and lung cancer risk in Okinawa, Japan, Wakai K, Ohno Y, Genka K, Ohmine K, Kawamura T, Tamakoshi A, AokiR, Kojima M, Lin Y, Aoki K, Fukuma S, J Epidemiol, 7, 99 - 105,   1997年
  • 難病の疫学, 大野良之, 川村孝, 玉腰暁子, 若井建志, 青木利恵,小嶋雅代, 林櫻松, 現代医学, 44, 5 - 11,   1996年
  • Newly developed ST-T abnormalities on the electrocardiogram and chronologic changes in cardiovascular risk factors, Kawamura T, Yamamoto R, Wakai K, Ichihara Y, Mizuno Y, Kojima M, Aoki R, Tamakoshi A, Ohno Y, Am J Cardiol, 77, (10) 823 - 827,   1996年
  • Epidemiology of diseases of unknown etiology, specified as "intractable diseases", Ohno Y, Kawamura T, Tamakoshi A, Wakai K, Aoki R, Kojima M, Lin Y, Hashimoto T, Nagai M, Minowa M, J Epidemiol, 6, S87 - S94,   1996年
  • Lifestyledeterminants for social activity levels among the Japanese elderly, Aoki R, Ohno Y, Tamakoshi A, Kawakami N, Nagai M, Hashimoto S, Ikari A, Shimizu H, Sakata K, Kawamura T, Wakai K, Senda M, Arch Gerontol Geriatr, 22, (3) 271 - 286,   1996年
  • Tea consumption and lung cancer risk: a case-control study in Okinawa, Japan, Ohno Y, Wakai K, Genka K, Ohmine K, Kawamura T, Tamakoshi A, Aoki R, Senda M, Hayashi Y, Nagao K, Jpn J Cancer Res, 86, (11) 1027 - 1034,   1995年

書籍等出版物

  • 小嶋雅代. 関節リウマチ診療ガイドライン2014作成のための患者の価値観の評価: 質問紙調査とフォーカスグループの利用. 一般社団法人日本リウマチ学会 編. 関節リウマチ診療ガイドライン2014., メディカルレビュー社,   2014年, 106-113頁
  • 小嶋雅代. GRADEシステムを用いた関節リウマチ診療ガイドライン2014の開発: コクランレビューの活用, GRADEシステムを用いた新たな試み. 一般社団法人日本リウマチ学会 編. 関節リウマチ診療ガイドライン2014., メディカルレビュー社,   2014年, 27-39頁
  • 小嶋雅代. BDI-Ⅱ・SDS. 赤井正美 編. リハビリテーションにおける評価法ハンドブック., 医師薬出版株式会社,   2009年, 14-17頁
  • 小嶋雅代. エビデンスに基づいた保健対策: EBM, リスクアナリシスと安全性の確保. 木村美恵子, 徳留信寛, 圓藤吟史 編. 管理栄養士養成シリーズ 公衆衛生学., 化学同人,   2004年, 78-83頁
  • 小嶋雅代. 治療に関する論文とその結果を解釈するために: 関連性の指標.計算式, 用語集. 古川壽亮, 山崎力 監訳. 臨床のためのEBM入門 決定版JAMAユーザーズガイド., 医学書院,   2003年, 291-352頁
  • 小嶋雅代, 古川壽亮. 日本版BDI-Ⅱ手引き., 日本文化科学社,   2003年
  • 小嶋雅代, 川村孝. 血清総コレステロールと循環器疾患の動向. 木全心一 編. 質疑応答による虚血性心疾患., 日本醫事新報社,   1998年, 30-32頁

講演・口頭発表等

  • 平成28年国民生活基礎調査からみたわが国の関節リウマチ患者の現状, 小嶋 雅代, 中山 健夫, 鈴木 貞夫, 第29回日本疫学会学術総会,   2019年02月01日
  • 平成28年度国民生活基礎調査に基づくわが国の関節リウマチ患者の疫学像, 小嶋 雅代, 中山 健夫, 鈴木 貞夫, 第77回日本公衆衛生学会総会,   2018年10月25日
  • QOL,メンタルケアについて, 小嶋 雅代, 第30回中部リウマチ学会,   2018年08月31日
  • 医療系学生による高齢者家庭訪問実習:3年目における意義の検証, 小嶋 雅代, 第50回日本医学教育学会大会,   2018年08月03日
  • リウマチ患者は疾患活動性の全般評価をどのように判断しているか, 小嶋 雅代,小嶋 俊久, 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2018年04月27日
  • 関節リウマチの治療評価と予測 多関節障害RA患者の下肢機能評価 動作速度Time Up to GoのValidation, 小嶋 俊久, 石川 肇, 田中 栄, 芳賀 信彦, 西田 圭一郎, 行岡 正雄, 橋本 淳, 宮原 寿明, 二木 康夫, 木村 友厚, 織田 弘美, 小嶋雅代, 石黒 直樹, 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2018年04月26日
  • 関節リウマチの治療評価と予測2 関節リウマチ下肢手術療法のための数値目標 動作速度Timed Up and Goの目標値の検討, 小嶋 俊久, 石川 肇, 田中 栄, 芳賀 信彦, 西田 圭一郎, 行岡 正雄, 橋本 淳, 宮原 寿明, 二木 康夫, 木村 友厚, 織田 弘美, 舟橋 康治, 浅井 秀司, 小嶋雅代, 石黒 直樹, 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2018年04月26日
  • 関節リウマチの手術3 下肢3 現在の薬物治療下における関節リウマチ下肢手術の治療効果評価 動作速度Timed Up and Go、患者主観評価の意義, 小嶋 俊久, 石川 肇, 田中 栄, 芳賀 信彦, 西田 圭一郎, 行岡 正雄, 橋本 淳, 宮原 寿明, 二木 康夫, 木村 友厚, 織田 弘美, 舟橋 康治, 浅井 秀司, 小嶋雅代,石黒 直樹, 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2018年04月26日
  • リウマチ寛解基準へのPGA導入過渡期の患者の類型化, 中村 里香, 肥田 武, 小嶋 雅代, 末松 三奈, 安井 浩樹, 植村 和正, 岡崎 研太郎, 高橋 徳幸, 小嶋 俊久, 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2018年04月26日
  • リウマチ手に対する治療戦略 リウマチ手の手術による高いレベルのQOLと心の健康のデリバリー, 石川 肇,阿部 麻美, 野村 優美, 長谷川 絵理子, 小林 大介, 大谷 博, 伊藤 聡, 小嶋 雅代, 小嶋 俊久, 石黒 直樹, 中園 清, 村澤 章, 第45回日本関節病学会,   2017年11月16日
  • 患者立脚型アウトカムに関する関節リウマチ患者を対象としたフォーカスグループ研究, 小嶋 雅代, 第76回日本公衆衛生学会総会,   2017年11月01日
  • 医学生は、患者視点をどのように学ぶことができるのか リウマチ患者へのインタビューを通じて, 荘子 万能, 西 明博, 橋本 里穂, 石橋 茉実, 小嶋 雅代, 大浦 智子, 山中 寿, 中山 健夫, 第9回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会,   2017年09月16日
  • 関節リウマチ患者と医学生の面接によって得られた「患者の声」, 大浦 智子,小嶋 雅代, 山中 寿, 荘子 万能, 西 明博, 橋本 里穂, 石橋 茉実, 中山 健夫, 第9回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会,   2017年09月16日
  • 関節リウマチ患者と医学生の合同グループワークの経験から 患者さんの感じたこと・医学生の学んだこと, 大浦 智子,小嶋 雅代, 山中 寿, 荘子 万能, 西 明博, 橋本 里穂, 石橋 茉実, 中山 健夫, 第9回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会,   2017年09月16日
  • 医療系学生による高齢者家庭訪問実習 2年目における意義の検証と課題の探索, 小嶋 雅代, 第49回日本医学教育学会大会,   2017年08月18日
  • リウマチ寛解基準へのPGA導入過渡期の患者の類型化, 中村 里香,肥田 武, 小嶋 雅代, 末松 三奈, 大浦 智子, 安井 浩樹, 高橋 徳幸, 阿部 恵子, 岡崎 研太郎, 植村 和正, 第49回医学教育学会大会,   2017年08月18日
  • 膠原病・リウマチ性疾患の診療ガイドライン 関節リウマチ診療ガイドライン JCR2014に基づく一般医向け診療ガイドラインの作成, 山中 寿,伊藤 宣, 遠藤 平仁, 金子 祐子, 川人 豊, 岸本 暢将, 小嶋 俊久, 小嶋 雅代, 瀬戸 洋平, 中山 健夫, 西田 圭一郎, 平田 信太郎, 松下 功, 宮坂 信之, 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2017年04月20日
  • 関節リウマチ診療における患者立脚型評価 RA治療で求められる患者立脚型評価とは, 小嶋 雅代, 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2017年04月20日
  • 関節リウマチ患者の「情報交換の場」に関するアンケート調査, 小嶋 雅代,小嶋 俊久, 石黒 直樹, 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2017年04月20日
  • アレキシサイミアが胎児感情に与える影響に関する検討:エコチル愛知, 小嶋 雅代, 宮地 泰士, 中川 敦子, 鈴木 貞夫, 杉浦 真由美,加藤 沙耶香,齋藤 伸治,小栗 明子,榎原 毅,上島 通浩, 第27回日本疫学会学術総会,   2017年01月25日
  • 地域再生と教育 地域で展開するIPE IPW 「なごやかモデル」を通した大学教育におけるIPEの取り組み, 小嶋 雅代, 赤津 裕康, 浅井 清文, 大原 弘隆, 木村 和哲, 酒々井 眞澄, 村上 里奈, 川出 義浩, 鈴木 匡, 坡下 真大, 山本 美由紀, 明石 惠子, 第19回日本在宅医学会大会,   2017年
  • 医学生における高齢者イメージに関する研究, 山本 美由紀, 小嶋 雅代, 第75回日本公衆衛生学会総会,   2016年10月26日
  • アレキシサイミアが母の育児感情・態度に与える影響に関する検討 エコチル愛知, 小嶋 雅代,鈴木 貞夫,上島 通浩, 第75回日本公衆衛生学会総会,   2016年10月26日
  • 名古屋市立大学医学部学生の喫煙に関する知識・意識の3年間の推移, 玉井 裕也, 藤田 ひとみ, 小嶋 雅代, 鈴木 貞夫, 第75回日本公衆衛生学会総会,   2016年10月26日
  • 名古屋市立大学医学部学生の喫煙実態調査(2016年度), 藤田 ひとみ, 玉井 裕也, 小嶋 雅代, 鈴木 貞夫, 第75回日本公衆衛生学会総会,   2016年10月26日
  • 医療系学生による高齢者家庭訪問実習の意義の検証と課題の探索:混合研究法を用いたアプローチ, 小嶋 雅代, 第48回日本医学教育学会,   2016年07月29日
  • 生物学的製剤は整形外科手術合併症を増加させるか―システマティックレビューとメタ解析―, 伊藤 宣, 小嶋 雅代, 西田 圭一郎, 松下 功, 小嶋 俊久, 遠藤 平仁, 平田 信太郎, 金子 裕子, 川人 豊, 岸本 暢将, 瀬戸 洋平, 鎌谷 直之, 五十嵐 中, 長谷川 三枝子, 宮坂 信之, 山中 寿, 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2016年04月21日
  • RA患者の下肢人工関節手術における動作速度Time Up to Goの数値目標としての意義, 小嶋俊久, 石川肇, 西田圭一郎, 橋本淳, 田中栄, 芳賀信彦, 宮原寿明, 二木康夫, 小嶋雅代, 石黒直樹, 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2016年04月21日
  • 国民生活基礎調査から見たわが国における関節リウマチ患者の現状, 小嶋雅代, 中山健夫, 津谷喜一郎, 五十嵐中, 小嶋俊久, 鈴木貞夫, 早野順一郎, 第26回日本疫学会学術総会,   2016年01月21日
  • 中壮年者と高齢者の転倒経験と社会との関わり, 片桐辰徳, 細野晃弘, 小嶋雅代, 永谷照男, 鈴木貞夫, 第26回日本疫学会学術総会,   2016年01月21日
  • 患者安全文化とインシデントレポート報告数との関連, 兼松英資, 小嶋雅代, 高木清子, 戸澤啓一, 村上信五, 細野晃弘, 永谷照男, 鈴木貞夫, 医療の質・安全学会,   2015年11月22日
  • 高齢者大規模疫学調査データからみたCOPDの社会的要因 JAGESプロジェクト, 小嶋雅代, 尾島俊之, 坪谷透, 糟谷昌志, 近藤尚己, 近藤克則, 日本公衆衛生学会総会,   2015年11月04日
  • 未閉経者の骨密度追跡調査, 辻村尚子, 小嶋雅代, 細野晃弘, 荒井健介, 岡京子, 藤田ひとみ, 岡本尚子, 神谷真有美, 近藤文, 片桐辰徳, 若林諒三, 尚爾華, 上島寛之, 望月美咲, 鈴木貞夫, 日本公衆衛生学会総会,   2015年11月04日
  • 中壮年期を含めた地域住民の転倒経験と地域および家族との関わり, 片桐辰徳, 鈴木貞夫, 永谷照男, 小嶋雅代, 細野晃弘, 日本公衆衛生学会総会,   2015年11月04日
  • 地域住民における睡眠障害と関連する仕事のストレス要因の検討, 若林諒三, 荒井健介, 辻村尚子, 岡京子, 藤田ひとみ, 岡本尚子, 神谷真有美, 近藤文, 片桐辰徳, 細野晃弘, 小嶋雅代, 鈴木貞夫, 日本公衆衛生学会総会,   2015年11月04日
  • 地域住民における食塩摂取量評価法の比較と活用法の検討, 上島寛之, 小嶋雅代, 細野晃弘, 荒井健介, 辻村尚子, 岡京子, 藤田ひとみ, 岡本尚子, 神谷真有美, 近藤文, 片桐辰徳, 若林諒三, 望月美咲, 尚爾華, 鈴木貞夫, 日本公衆衛生学会総会,   2015年11月04日
  • 起床後第2尿を用いた地域住民の食塩摂取状況の把握, 望月美咲, 小嶋雅代, 細野晃弘, 荒井健介, 辻村尚子, 岡京子, 藤田ひとみ, 岡本尚子, 神谷真有美, 近藤文, 片桐辰徳, 若林諒三, 上島寛之, 尚爾華, 鈴木貞夫, 日本公衆衛生学会総会,   2015年11月04日
  • Findings from comprehensive survey of living conditions in Japan: use observational study in CPG development for traditional medicine, KOJIMA Masayo, The 4th International of Evidence-Based Clinical Practice Guidelines in Traditional Medicine,   2015年
  • The impact of serum dehydroepiandrosterone sulfate concentrations on bone density, Suzuki S, Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimura S, Oka K, Fujita H, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M, 日本疫学会総会,   2015年
  • Patients values and preference in clinical practice guidelines for rheumatoid arthritis management in Japan, Kojima M, Nakayama T, Hasegawa M, Ito H, Endo H, Kaneko Y, Kawahito Y, Kojima T, Kishimoto M, Seto Y, Nishida K, Hirata S, Matsushita I, Tsutani K, Igarashi A, Kamatani N, Miyasaka N, Yamanaka H, 日本疫学会総会,   2015年
  • Domestic nursing affects to happiness more than individual health status, Hosono A, Kiyoshi S, Kensuke A, Shoko T, Kyoko O, Hitomi F, Naoko O, Mayumi K, Fumi K, Tatsunori K, Ryozo W, Masayo K, Sadao S, 日本疫学会総会,   2015年
  • Serum dehydroepiandrosterone-sulfate reflects not only age and sex but also serum albumin, Arai K, Hosono A, Shibata K, Tsujimura S, OkaK, Hujita H, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S, 日本疫学会総会,   2015年
  • Epidemiological aspect of bone density among premenopausal women, Tsujimura S, Hosono A, Shibata K, Arai K, Oka K, Hujita H, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S, 日本疫学会総会,   2015年
  • Sleep disorder ane stress management among, Oka K, Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimutra S, Fujita H, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S, 日本疫学会総会,   2015年
  • Accuracy of self-reported height, weight and waist circumference in a Japanese population, Okamoto N, Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimura S, Oka K, Fujita H, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S, 日本疫学会総会,   2015年
  • Characteristics of local residences with headache, Fujita H, Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimura S, Oka K, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S, 日本疫学会総会,   2015年
  • The consciousness of the nutrition imbalance is associated with the shortage of vegetable and fish intake, Kondo F, Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimura S, Oka K, Fujita H, Okamoto N, Kamiya M, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S. In Japan, 日本疫学会総会,   2015年
  • Drug intake and fall experience among local residents, Katagiri T, Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimura S, Oka K, Fujita H, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S, 日本疫学会総会,   2015年
  • The relationships between sleep and pain in Japanese community dwelling adults, Wakabayashi R, Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimura S, Oka K, Fujita H, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Kojima M, Suzuki S, 日本疫学会総会,   2015年
  • Cohort profile of Aichi regional subcohort in the Japan Environment and Children’s Study (JECS), Miyata M, Yamada Y, Ebara T, Tomizawa M, Ito Y, Wakabayashi C, Katano K, Saitoh S, Kato S, Ando N, Suzuki S, Kojima M, Katano H, Omori T, Sugiura-Ogasawara M, Kamijima M, 日本疫学会総会,   2015年
  • 高齢者における人口減少に関連する要因 JAGESプロジェクト, 尾島俊之, 鈴木佳代, 小嶋雅代, 中村美詠子, 岡田栄作, 柴田陽介, 斎藤雅茂, 相田潤,近藤尚己, 近藤克則, 東海公衆衛生雑誌,   2015年
  • 多関節障害RA患者の下肢機能評価患者主観評価と客観的評価Time Up and Goに注目してRA多関節障害克服のための前向き多施設共同研究baseline解析, 小嶋俊久, 石川肇, 西田圭一郎, 橋本淳, 宮原寿明, 田中栄, 芳賀信彦, 小嶋雅代, 二木 康夫, 石黒直樹, 日本 整形外科学会,   2015年
  • 多関節障害重症関節リウマチ患者の背景要因に関する疫学的検討, 小嶋雅代, 小嶋俊久, 石川肇, 西田圭一郎, 橋本淳, 宮原寿明, 田中栄, 芳賀信彦, 二木康夫, 石黒直樹, 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2015年
  • 関節障害RA患者の下肢機能評価―患者主観評価と客観的評価Time Up to Goに注目して―RA多関節障害克服のための前向き多施設共同研究Baseline解析, 小嶋俊久, 石川肇, 西田圭一郎, 橋本淳, 宮原寿明, 田中栄, 芳賀信彦, 二木康夫, 小嶋雅代, 石黒直樹, 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2015年
  • 患者自身の全般評価の測定方法に関する検証から見たRA多関節障害の評価, 小嶋雅代, 小嶋俊久, 石黒直樹, 第29回日本臨床リウマチ学会,   2014年11月30日, シンポジウム「多関節障害の克服」.
  • 多関節障害の可動域からの評価―よりよい手術治療のために―, 小嶋俊久, 石川肇, 西田圭一郎, 橋本淳, 宮原寿明, 田中栄, 芳賀信彦, 二木康夫, 小嶋雅代, 石黒直樹, 第29回日本臨床リウマチ学会,   2014年11月30日, シンポジウム「多関節障害の克服」.
  • 多関節障害としてのRA外科治療 ―障害評価のアプローチとADL障害―, 小嶋雅代, 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2014年04月25日, シンポジウム「リウマチ外科治療の進歩」.
  • 握力に注目した手関節・手指障害治療, 石川肇, 阿部麻美, 中園清, 伊藤聡, 大谷博, 小林大介, 宮川祐介, 親川知, 大倉千幸, 村澤章, 小嶋俊久, 小嶋雅代, 石黒直樹, 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2014年04月25日, シンポジウム「リウマチ外科治療の進歩」.
  • 多関節障害重症RA患者に対する総合的関節機能再建治療法の検討と治療ガイドライン確立のための前向きコホート研究―Baselineの解析, 小嶋俊久, 石川肇, 西田圭一郎, 橋本淳, 宮原寿明, 田中栄,芳賀信彦, 二木康夫, 小嶋雅代, 石黒直樹, 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2014年04月25日, シンポジウム「リウマチ外科治療の進歩」.
  • 患者の価値観の評価:患者調査より, 小嶋雅代, 川人豊, 金子祐子, 岸本暢将, 平田信太郎, 瀬戸洋平, 遠藤平仁, 伊藤宣, 小嶋俊久, 西田圭一郎, 松下功, 津谷喜一郎, 五十嵐中, 鎌谷直之, 長谷川三枝子, 宮坂信之, 山中寿, 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2014年04月24日, ワークショップ「RA診療ガイドライン2014 厚労省研究班案 RA治療ガイドライン2014 厚労省研究班」.
  • RA診療ガイドライン2014厚労省研究班(1)作成方法と経緯, 山中寿,小嶋雅代, 川人豊, 金子祐子, 岸本暢将, 平田信太郎, 瀬戸洋平, 遠藤平仁, 伊藤宣, 小嶋俊久, 西田圭一郎, 松下功, 津谷喜一郎, 五十嵐中, 鎌谷直之, 長谷川三枝子, 宮坂信之, 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2014年
  • RA診療ガイドライン2014厚労省研究班(2)MTX, 川人豊, 遠藤平仁, 小嶋俊久, 金子祐子, 岸本暢将, 平田信太郎, 瀬戸洋平, 伊藤宣, 西田圭一郎, 松下功, 津谷喜一郎, 五十嵐中, 鎌谷直之, 長谷川三枝子, 小嶋雅代, 宮坂信之, 山中寿, 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2014年
  • RA診療ガイドライン2014厚労省研究班(3)DMARDs, 金子祐子, 川人豊, 遠藤平仁, 小嶋俊久, 岸本暢将, 平田信太郎, 瀬戸洋平, 伊藤宣, 西田圭一郎, 松下功, 津谷喜一郎, 五十嵐中, 鎌谷直之, 長谷川三枝子, 小嶋雅代, 宮坂信之, 山中寿, 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2014年
  • RA診療ガイドライン2014厚労省研究班(4)生物学的製剤, 平田信太郎, 岸本暢将, 西田圭一郎, 川人豊, 金子祐子, 瀬戸洋平, 遠藤平仁, 伊藤宣, 小嶋俊久, 松下功, 津谷喜一郎, 五十嵐中, 鎌谷直之, 小嶋雅代, 長谷川三枝子, 宮坂信之, 山中寿, 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2014年
  • RA診療ガイドライン2014厚労省研究班(5)手術. シンポジウム, 伊藤宣, 松下功, 西田圭一郎, 小嶋俊久, 小嶋雅代, 川人豊, 金子祐子, 岸本暢将, 平田信太郎, 瀬戸洋平, 遠藤平仁, 津谷喜一郎, 五十嵐中, 鎌谷直之, 長谷川三枝子, 宮坂信之, 山中寿, 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2014年
  • RA診療ガイドライン2014厚労省研究班(6)リハビリテーション, 小嶋俊久, 松下功, 伊藤宣, 西田圭一郎, 川人豊, 遠藤平仁, 金子祐子, 岸本暢将, 平田信太郎, 瀬戸洋平, 津谷喜一郎, 五十嵐中, 鎌谷直之, 小嶋雅代, 長谷川三枝子, 宮坂信之, 山中寿, 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2014年
  • RA診療ガイドライン2014厚労省研究班(7)合併症, 遠藤平仁, 金子祐子, 川人豊, 小嶋俊久, 岸本暢将, 平田信太郎, 瀬戸洋平, 伊藤宣, 西田圭一郎, 松下功, 津谷喜一郎, 五十嵐中, 鎌谷直之, 長谷川三枝子, 小嶋雅代, 宮坂信之, 山中寿, 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2014年
  • 関節リウマチにおける患者自身の全般評価の測定方法に関する検証., 小嶋雅代, 第24回日本疫学会学術総会,   2014年
  • Integrating patient values and preferences in clinical practice guidelines: the development of clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis in Japan, Kojima, M, The 3rd Symposium on Clinical Practice Guideline sin Traditional Medicine,   2014年
  • 関節リウマチ患者の痛みとメンタルヘルスに関する疫学的検討, 小嶋雅代, 第18回日本心療内科学会学術総会,   2013年12月08日, シンポジウム「ロコモサイコソマ」.
  • 主観的幸福感の決定要因に関する疫学的検討, 小嶋雅代, 第72回日本公衆衛生学会総会,   2013年10月24日
  • リウマチ患者とリウマチ専門医を対象としたインタビューの比較分析, 肥田武, 小嶋雅代, 鈴木貞夫, 第59回東海公衆衛生学会学術大会,   2013年07月20日
  • 関節リウマチ寛解基準としてのPatient Reported Outcome―信頼性と妥当性の検証, 小嶋雅代, 第23回日本疫学会学術総会,   2013年01月24日
  • 長期罹患者はリウマチ治療の変化をどのように感じているか フォーカスグループによる質的研究, 小嶋雅代, 肥田武, 鈴木貞夫, 第58回東海公衆衛生学会学術大会,   2012年07月21日
  • リウマチ専門医の職務遂行プロセスの構造的理解 医師に対するフォーカスグループの探索的分析から, 肥田武, 小嶋雅代, 鈴木貞夫, 第58回東海公衆衛生学会学術大会,   2012年07月21日
  • 関節リウマチ患者の痛みとアレキシサイミア, ソーシャルサポートの関連., 小嶋雅代, 第22回日本疫学会学術総会,   2012年01月27日
  • 女子大学生の飲酒行動と意識に関する調査, 小嶋雅代, 第70回日本公衆衛生学会総会,   2011年10月20日
  • Alexithymia as a Risk Factor for Long-term Mortality; an Epidemiological Study, Kojima, M, The 21st World Congress of Psychosomatic Medicine,   2011年08月24日
  • Alexithymia, Depression, Inflammation and Pain in Rheumatoid Arthritis Patients, Kojima, M., Kojima T, Suzuki S, Ishiguro N, The 21st World Congress of Psychosomatic Medicine,   2011年08月
  • 関節リウマチ患者の身体的・心理的QOL―7年間の変化―, 小嶋雅代, 第21回日本疫学会学術総会,   2011年01月21日
  • Factor structure of the Japanese SF-36 Health Survey in patients with chronic diseases, Kojima, M., Kojima T, Ishiguro N, Hayano J, Suzuki S, 国際疫学会西太平洋地域学術会議兼第20回日本疫学会学術総会,   2010年01月09日
  • Psychological factors and disease status in rheumatoid arthritis patients, Kojima, M., Kojima T, Ishiguro N, Oguchi T, Oba M, Tsuchiya H, Sugiura F, Tokudome S, The 19th World Congress of Psychosomatic Medicine,   2007年08月
  • 予防医学的視点から見たタイプA, 小嶋雅代, 第22回TABPカンファレンス,   2003年08月02日, シンポジウム「タイプA研究―新しい創造に向けて」.
  • Smoking, depression and alexithymia, Kojima, M., Furukawa TA, Nagaya T, Tokudome S, The 17tht World Congress of Psychosomatic Medicine,   2003年08月
  • Alexithymia, depression and long-term mortality after MI, Kojima, M., Frasure-Smith N, Lesperance F, The 58th Annual Meeting of American Psychosomatic Society,   2000年03月
  • Sleeping patterns and total mortality, Kojima, M., Wakai K, Ohno Y,Kawamura T, Tamakoshi A, Aoki R, Lin Y.S, Horibe H, Aoki N, The 14th IEA World Congress of Epidemiology,   1996年08月

受賞

  •   2010年01月, 日本疫学会奨励賞
  •   2002年12月, 名古屋桜仁会医学研究奨励賞
  •   2000年03月, アメリカ心身医学会奨学賞

競争的資金

  • 患者視点に基づく治療効果指標の開発: 混合研究法による関節リウマチへのアプローチ., 日本学術振興会科学研究費補助金, 基盤研究C (一般),   2014年 - 2018年, 小嶋 雅代
  • 我が国の関節リウマチ診療の標準化に関する臨床疫学研究, 厚生労働科学研究費補助金, 免疫アレルギー疾患等政策研究事業(免疫アレルギー疾患政策研究分野),   2018年, 針谷 正祥
  • 我が国の関節リウマチ治療標準化のための研究, 厚生労働科学研究費補助金, 免疫アレルギー疾患等政策研究事業(免疫アレルギー疾患政策研究分野),   2015年 - 2016年, 宮坂 信之
  • わが国における関節リウマチ治療の標準化に関する多層的研究., 厚生労働科学研究費補助金, 免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業,   2013年, 宮坂 信之
  • 拡張自閉症形質測定のための質問紙の日本語版開発および項目反応理論に基づく比較研究, 文部科学省科学研究費補助金, 基盤研究(C),   2012年 - 2013年, 西山 毅
  • 多関節障害重症RA患者に対する総合的関節機能再建治療法の検討と治療ガイドライン確率., 厚生労働科学研究費補助金, 免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業,   2012年 - 2014年, 石黒 直樹
  • エビデンスに基づく医療コミュニケーションモデルの構築: 質的研究と疫学的検証., 日本学術振興会科学研究費補助金, 基盤研究C (一般),   2009年 - 2013年, 小嶋 雅代
  • イランカスピ海沿岸地域における消化管がんの宿主・環境要因の研究., 日本学術振興会科学研究費補助金, 基盤研究B(海外学術),   2004年 - 2007年, 徳留 信寛
  • 慢性疾患に対する心理社会学的アプローチ・患者のQOL向上のための疫学的検討., 日本学術振興会科学研究費補助金, 若手研究B (一般),   2003年 - 2006年, 小嶋 雅代
  • 有酸素運動実践者のバイオマーカーに基づく健康増進に適した運動レベルの研究., 日本学術振興会科学研究費補助金, 基盤研究B(一般),   2003年 - 2005年, 徳留 信寛
  • 大規模コホートにおける大腸がんの発生・死亡関連要因の検証と探索.,   2002年 - 2003年, 伊藤 宜則
  • 関節リウマチ患者のQOL向上に関する疫学的検討, 上原記念生命科学財団, 研究奨励金助成,   2002年, 小嶋 雅代
  • 月経周期と自律神経活動についての検討, 桜仁会, 研究助成金,   2002年, 小嶋 雅代
  • 日本人における虚血性心疾患の危険因子としての心理社会的要因の評価., 日本学術振興会科学研究費補助金, 奨励研究A (一般),   2001年 - 2002年, 小嶋 雅代
  • 自記式抑うつ評価質問票(邦版BDI-Ⅱ)の開発および抑うつと自律神経機能が血液透析患者の予後に及ぼす影響に関する検討, 名古屋市立大学, 特別研究奨励費助成,   2001年, 小嶋 雅代
  • 血液透析患者の予後決定因子としての精神的要因と自律神経機能の評価, 東海学術奨励会, 研究助成,   2000年, 小嶋 雅代
  • 産業ストレスの評価、心身の健康に与える影響の検証, 愛知健康増進財団, 研究助成,   2000年, 小嶋 雅代

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 認知症を予防するくらしの秘訣!「健康とくらしの調査」から見えてきたこと, 講師, 名古屋市天白区役所,   2018年11月16日, 「みんなの元気フェスタinてんぱく2018」にて講師を務めた.
  • RA患者のメンタルヘルスとコミュニケーション, 講師, 第28回日本リウマチ学会近畿支部学術集会ランチョンセミナー,   2018年09月01日
  • 健康に働き続けるために, 講師, 女性教員自主研修会,   2018年08月28日
  • リウマチ患者とメンタルヘルス, 講師, 関節リウマチチーム医療カンファレンス,   2018年07月12日
  • RA患者のメンタルヘルスとコミュニケーション, 講師, 骨・リウマチ性疾患の診療連携を考える会,   2018年05月31日
  • 区の特性に応じたまちづくりに関するワークショップ, 講師, 名古屋市南区,   2018年03月17日
  • 患者と医師のコミュニケーション:目標を持った治療を進めていくために, 講師, 名古屋市立大学病院,   2017年09月12日, 「リウマチ療養相談会」にて講師を務めた.
  • リウマチ患者のメンタルヘルスとコミュニケーション, 講師, 第24回大阪リウマチケア研究会,   2017年06月24日
  • リウマチ治療のエビデンスをつくる―メンタルヘルスを中心に, 講師, Niigata Meet the Expert,   2016年12月16日
  • 医学教育の現状と課題, 講師, 豊橋創造大学,   2016年12月03日, 臨床実習指導者会議にて講演を行った。
  • リウマチ患者のメンタルヘルスとコミュニケーション, 講師, 第4回東海リウマチ看護師ネットワークセミナー,   2016年11月06日
  • 関節リウマチ患者の痛みとメンタルヘルスに関する疫学的検討, 講師, 第5回リウマチ性疼痛疾患の会,   2016年06月24日
  • リウマチ患者さんのメンタルヘルスとコミュニケーション, 講師, 第7回リウマチ市民公開講座,   2016年06月19日
  • リウマチ患者のメンタルヘルスとコミュニケーション, 講師, 女性患者のライフステージと関節リウマチ治療・PARTⅢ,   2016年03月17日
  • 第4回ならRA-Nurseケアセミナーにて講演, 講師, 奈良県リウマチ研究会,   2015年12月05日 - 2015年12月05日
  • Best Patients Experience Meeting for Nurseにて講演, 講師,   2015年10月17日 - 2015年10月17日, 「関節リウマチ患者のメンタルヘルス」というテーマで教育講演の講師を務めた。
  • 知多市医師団学術講演会にて講演, 講師, 知多市医師団,   2015年07月23日 - 2015年07月23日, 「患者の痛みとメンタルヘルス」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 第4回名古屋リウマチ膠原病研究会にて講演, 講師, 名古屋市リウマチ膠原病学術研究会,   2015年06月23日 - 2015年06月23日, 「リウマチ患者のQOLと医師とのコミュニケーション」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 平成27年度名古屋市教育委員会生涯学習課前期主催講座 ココロとからだのセルフケアにて講演, 講師, 名古屋市教育委員会生涯学習部,   2015年05月29日 - 2015年05月29日, 「ストレスと上手につきあうメンタルヘルス」というテーマで特別講演の講師を務めた。
  • 名古屋市立大学名古屋市教育委員会連携講座にて講演, 講師,   2015年05月29日 - 2015年05月29日, 「ストレスと上手につきあう『メンタルヘルス』」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 第35回東三河リウマチ研究会にて講演, 講師,   2013年08月10日 - 2013年08月10日, 「関節リウマチ患者のメンタルヘルスとコミュニケーション」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 日本リウマチ財団登録リウマチケア看護師研修会にて講演, 講師,   2013年07月28日 - 2013年07月28日, 「リウマチ患者のメンタルヘルスとQOL」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 静岡リウマチナースセミナーにて講演, 講師,   2013年05月30日 - 2013年05月30日, 「エビデンスから見るリウマチ患者の心理と痛み」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 第6回中部ロコモサイコソマ研究会にて講演, 講師, その他,   2012年10月20日 - 2012年10月20日, 「関節リウマチにおける心理社会的要因に関する疫学的検討」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 第3回大分リウマチメディカルスタッフ研究会にて講演, 講師, その他,   2012年06月29日 - 2012年06月29日, 「関節リウマチ患者のメンタルヘルスとコミュニケーション」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 看護師のための関節リウマチセミナーにて講演, 講師, 民間企業,   2012年05月12日 - 2012年05月12日, 「リウマチ患者さんのメンタルヘルス」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 第139回備後整形外科医会学術講演会にて講演, 講師, その他,   2012年04月28日 - 2012年04月28日, 「関節リウマチ患者のメンタルヘルス」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • RAウィンターセミナーにて講演, 講師,   2012年02月04日 - 2012年02月04日, 「関節リウマチのメンタルヘルス」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 平成23年度東海・北陸地区リウマチのケア研修会にて講演, 講師,   2011年10月02日 - 2011年10月02日, 「関節リウマチのメンタルケア」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 第43回広島リウマチ研究会にて講演., 講師,   2011年08月28日 - 2011年08月28日, 「関節リウマチに対する心理社会学的要素の疫学的検討」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 大阪大学医科学修士・健康医療問題解決能力の涵養教育プログラムにて講演., 講師,   2011年07月26日, 「心理的要因と健康―慢性疾患の疫学研究―」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 第8回名古屋リウマチネットワーク市民公開講座にて講演., 講師,   2011年06月19日 - 2011年06月19日, 「心の持ち方で変わる関節リウマチ」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 第72回中部大学人文学部心理学科心理コロキウムにて講演., 講師,   2011年05月11日 - 2011年05月11日, 「身体の健康に影響を与える心理社会的要因の影響について」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 第7回名古屋リウマチネットワーク研修会にて講演., 講師,   2011年01月26日 - 2011年01月26日, 「2. 関節リウマチ患者の心理的要因とQOLに関する疫学研究」というテーマで特別講演の講師を務めた.
  • 第9回日本リウマチ実地医会にて講演., 講師,   2010年09月19日 - 2010年09月19日, 「関節リウマチの痛み、炎症と心理的要因について」というテーマで特別講演の講師を務めた.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.