研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

道川 誠ミチカワ マコト

所属部署医学研究科病態生化学分野, 学長・副学長等
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/10/12

研究者基本情報

学位

  • 医学, 東京医科歯科大学

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 名古屋市立大学, 大学院医学研究科, 研究科長・医学部長
  •   2012年04月 - 現在, 名古屋市立大学, 大学院医学研究科 病態生化学, 教授
  •   2005年10月 - 2012年03月, 国立長寿医療研究センター, アルツハイマー研究部, 部長
  •   1996年03月 - 2005年09月, 国立長寿医療研究センター , アルツハイマー病研究部, 室長
  •   1995年 - 1996年, 東京医科歯科大学 医学部, 助手

研究活動情報

研究分野

  • 脳科学, 基盤・社会脳科学, アルツハイマー病
  • 神経科学, 神経化学・神経薬理学
  • 内科系臨床医学, 神経内科学
  • 歯学, 補綴系歯学

研究キーワード

    包括脳ネットワーク, 統合脳・病態脳, アルツハイマー病, アポリボ蛋白E, ABCA1, アポリポ蛋白E, コレステロール, HDL産生, 蛋白分解酵素, アミロイドベータ蛋白, アンギオテンシン変換酵素, サブトラクションcDNAライブラリ-, 神経発生, ホスフォリパーゼD, 痴呆, mutationベクタ-, トロンボスポンジン, ブレインバンク, エレクトロポレ-ション, 老人性記憶力減退, 神経毒性, subtraction cDNA library, タウオパチー, 分子生物学, 加齢に伴う記憶力減退, リパーゼ, アンドロゲンレセプタ-, CMVベクタ-, 培養神経細胞, pCMV発現ベクタ-, taggingベクタ-, 2段階標的遺伝子組換法

論文

  • A clinical dose of angiotensin-converting enzyme (ACE) inhibitor and heterozygous ACE deletion exacerbate Alzheimer's disease pathology in mice., Liu S, Ando F, Fujita Y, Liu J, Maeda T, Shen X, Kikuchi K, Matsumoto A, Yokomori M, Tanabe-Fujimura C, Shimokata H, Michikawa M, Komano H, Zou K, J Biol Chem, 294, (25) 9760 - 9770,   2019年06月, 査読有り
  • Iron treatment inhibits Aβ42 deposition in vivo and reduces Aβ42/Aβ40 ratio., Shen X, Liu J, Fujita Y, Liu S, Maeda T, Kikuchi K, Obara T, Takebe A, Sayama R, Takahashi T, Matsue A, Sera K, Michikawa M, Komano H, Zou K, Biochem Biophys Res Comm, 512, (4) 653 - 658,   2019年05月, 査読有り
  • Flotillin is a novel diagnostic blood marker of Alzheimer’s disease, Abdullah M, Kimura N, Akatsu H, Hashizume Y, Ferdous T, Tachita T, Iida S, Zou K, Matsubara E, and Michikawa M. Abdullah M, Kimura N, Akatsu H, Hashizume Y, Ferdous T, Tachita T, Iida S, Zou K, Matsubara E, and Michikawa M. in press, J Alz Dis,   2019年10月, 査読有り
  • Periodontitis induced by bacterial infection exacerbates features of Alzheimer's disease in transgenic mice., Ishida N, Ishihara Y, Ishida K, Tada H, Funaki-Kato Y, Hagiwara M, Ferdous T, Abdullah M, Mitani A, Michikawa M, Matsushita K, NPJ Aging and Mechanisms of Disease, 3,   2017年, 査読有り
  • Iso-α-Acids, Bitter Components in Beer, Suppress Inflammatory Responses and Attenuate Neural Hyperactivation in the Hippocampus., Ano Y, Yoshikawa M, Takaichi Y, Michikawa M, Uchida K, Nakayama H, Takashima A, Frontiers in pharmacology, 10,   2019年, 査読有り
  • Defensive effect of microRNA-200b/c against amyloid-beta peptide-induced toxicity in Alzheimer's disease models., Higaki S, Muramatsu M, Matsuda A, Matsumoto K, Satoh JI, Michikawa M, Niida S, PloS one, 13, (5) ,   2018年, 査読有り
  • Nasal obstruction during adolescence induces memory/learning impairments associated with BDNF/TrkB signaling pathway hypofunction and high corticosterone levels., Ogawa T, Okihara H, Kokai S, Abe Y, Karin Harumi UK, Makiguchi M, Kato C, Yabushita T, Michikawa M, Ono T, J Neurosci Res, 96, (6) 1056 - 1065,   2018年02月, 査読有り
  • Deficiency of a sulfotransferase for sialic acid-modified glycans mitigates Alzheimer's pathology., Zhang Z, Takeda-Uchimura Y, Foyez T, Ohtake-Niimi S, Narentuya, Akatsu H, Nishitsuji K, Michikawa M, Wyss-Coray T, Kadomatsu K, Uchimura K, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 114, (14) E2947 - E2954,   2017年04月, 査読有り
  • Sodium balance, circadian BP rhythm, heart rate variability, and intrarenal renin-angiotensin-aldosterone and dopaminergic systems in acute phase of ARB therapy., Isobe-Sasaki Y, Fukuda M, Ogiyama Y, Sato R, Miura T, Fuwa D, Mizuno M, Matsuoka T, Shibata H, Ito H, Ono M, Abe-Dohmae S, Kiyono K, Yamamoto Y, Kobori H, Michikawa M, Hayano J, Ohte N, Physiological reports, 5, (11) ,   2017年06月, 査読有り
  • Tau Depletion in APP Transgenic Mice Attenuates Task-Related Hyperactivation of the Hippocampus and Differentially Influences Locomotor Activity and Spatial Memory., Yoshikawa M, Soeda Y, Michikawa M, Almeida OFX, Takashima A, Frontiers in neuroscience, 12,   2018年, 査読有り
  • Molar loss and powder diet leads to memory deficit and modifies the mRNA expression of brain-derived neurotrophic factor in the hippocampus of adult mice., Takeda Y, Oue H, Okada S, Kawano A, Koretake K, Michikawa M, Akagawa Y, Tsuga K, BMC neuroscience, 17, (1) ,   2016年12月, 査読有り
  • Tooth loss might not alter molecular pathogenesis in an aged transgenic Alzheimer's disease model mouse., Oue H, Miyamoto Y, Koretake K, Okada S, Doi K, Jung CG, Michikawa M, Akagawa Y, Gerodontology, 33, (3) 308 - 314,   2016年09月, 査読有り
  • Amyloid-β Reduces Exosome Release from Astrocytes by Enhancing JNK Phosphorylation., Abdullah M, Takase H, Nunome M, Enomoto H, Ito J, Gong JS, Michikawa M, Journal of Alzheimer's Disease : JAD, 53, (4) 1433 - 1441,   2016年07月, 査読有り
  • Phosphatidylcholine protects neurons from toxic effects of amyloid β-protein in culture., Ko M, Hattori T, Abdullah M, Gong JS, Yamane T, Michikawa M, Brain research, 1642, 376 - 383,   2016年07月, 査読有り
  • ABCG1 and ABCG4 Suppress γ-Secretase Activity and Amyloid β Production., Sano O, Tsujita M, Shimizu Y, Kato R, Kobayashi A, Kioka N, Remaley AT, Michikawa M, Ueda K, Matsuo M, PloS one, 11, (5) ,   2016年, 査読有り
  • Addition of hydrochlorothiazide to angiotensin receptor blocker therapy can achieve a lower sodium balance with no acceleration of intrarenal renin angiotensin system in patients with chronic kidney disease., Fuwa D, Fukuda M, Ogiyama Y, Sato R, Mizuno M, Miura T, Abe-Dohmae S, Michikawa M, Kobori H, Ohte N, Journal of the renin-angiotensin-aldosterone system : JRAAS, 17, (2) ,   2016年04月, 査読有り
  • Biochemical properties in membrane of rat astrocytes under oxidative stress., Ito J, Nagayasu Y, Ogawa T, Okihara H, Michikawa M, Brain research, 1615, 1 - 11,   2015年07月, 査読有り
  • Arachidonic acid diet attenuates brain Aβ deposition in Tg2576 mice., Hosono T, Nishitsuji K, Nakamura T, Jung CG, Kontani M, Tokuda H, Kawashima H, Kiso Y, Suzuki T, Michikawa M, Brain research, 1613, 92 - 99,   2015年07月, 査読有り
  • Angiotensin type 1a receptor deficiency decreases amyloid β-protein generation and ameliorates brain amyloid pathology., Liu J, Liu S, Matsumoto Y, Murakami S, Sugakawa Y, Kami A, Tanabe C, Maeda T, Michikawa M, Komano H, Zou K, Scientific reports, 5,   2015年07月, 査読有り
  • Auraptene increases the production of amyloid-β via c-Jun N-terminal kinase-dependent activation of γ-secretase., Jung CG, Uhm KO, Horike H, Kim MJ, Misumi S, Ishida A, Ueda Y, Choi EK, Kim YS, Michikawa M, Hida H, Journal of Alzheimer's disease : JAD, 43, (4) 1215 - 1228,   2015年, 査読有り
  • ATBF1 is a novel amyloid-β protein precursor (AβPP) binding protein that affects AβPP expression., Uhm KO, Kim MJ, Kawaguchi M, Akatsu H, Miura Y, Misumi S, Hida H, Choi EK, Kim YS, Michikawa M, Jung CG, Journal of Alzheimer's disease : JAD, 43, (1) 243 - 257,   2015年, 査読有り
  • Arachidonic or Docosahexaenoic Acid Diet Prevents Memory Impairment in Tg2576 Mice., Hosono T, Mouri A, Nishitsuji K, Jung CG, Kontani M, Tokuda H, Kawashima H, Shibata H, Suzuki T, Nabehsima T, Michikawa M, Journal of Alzheimer's disease : JAD, 48, (1) 149 - 162,   2015年, 査読有り
  • Liquid diet induces memory impairment accompanied by a decreased number of hippocampal neurons in mice., Okihara H, Ito J, Kokai S, Ishida T, Hiranuma M, Kato C, Yabushita T, Ishida K, Ono T, Michikawa M, Journal of neuroscience research, 92, (8) 1010 - 1017,   2014年08月, 査読有り
  • Astrocyte׳s endogenous apoE generates HDL-like lipoproteins using previously synthesized cholesterol through interaction with ABCA1., Ito J, Nagayasu Y, Miura Y, Yokoyama S, Michikawa M, Brain research, 1570, 1 - 12,   2014年06月, 査読有り
  • Increasing cellular level of phosphatidic acid enhances FGF-1 production in long term-cultured rat astrocytes., Nagayasu Y, Morita SY, Hayashi H, Miura Y, Yokoyama K, Michikawa M, Ito J, Brain research, 1563, 31 - 40,   2014年05月, 査読有り
  • Involvement of cdc42/Rho kinase in apoA-I-mediated cholesterol efflux through interaction between cytosolic lipid-protein particles and microtubules in rat astrocytes., Kheirollah A, Nagayasu Y, Ueda H, Yokoyama S, Michikawa M, Ito J, Journal of neuroscience research, 92, (4) 455 - 463,   2014年04月, 査読有り
  • KSGal6ST is essential for the 6-sulfation of galactose within keratan sulfate in early postnatal brain., Hoshino H, Foyez T, Ohtake-Niimi S, Takeda-Uchimura Y, Michikawa M, Kadomatsu K, Uchimura K, The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society, 62, (2) 145 - 156,   2014年02月, 査読有り
  • [Periodontal disease]., Michikawa M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 72, (4) 744 - 748,   2014年04月, 査読有り
  • [Role of apolipoprotein E in the molecular pathomechanism of Alzheimer disease]., Michikawa M, Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology, 34, (1) 5 - 9,   2014年02月, 査読有り
  • Tooth loss induces memory impairment and neuronal cell loss in APP transgenic mice., Oue H, Miyamoto Y, Okada S, Koretake K, Jung CG, Michikawa M, Akagawa Y, Behavioural brain research, 252, 318 - 325,   2013年09月, 査読有り
  • ApoA-I/HDL Generation and Intracellular Cholesterol Transport through Cytosolic Lipid-Protein Particles in Astrocytes., Ito J, Michikawa M, Journal of lipids, 2014,   2014年, 査読有り
  • Enhancement of FGF-1 release along with cytosolic proteins from rat astrocytes by hydrogen peroxide., Ito J, Nagayasu Y, Hoshikawa M, Kato KH, Miura Y, Asai K, Hayashi H, Yokoyama S, Michikawa M, Brain research, 1522, 12 - 21,   2013年07月, 査読有り
  • Aβ43 is the earliest-depositing Aβ species in APP transgenic mouse brain and is converted to Aβ41 by two active domains of ACE., Zou K, Liu J, Watanabe A, Hiraga S, Liu S, Tanabe C, Maeda T, Terayama Y, Takahashi S, Michikawa M, Komano H, The American journal of pathology, 182, (6) 2322 - 2331,   2013年06月, 査読有り
  • Association between cognitive function and plasma lipids of the elderly after controlling for apolipoprotein E genotype., Yasuno F, Tanimukai S, Sasaki M, Hidaka S, Ikejima C, Yamashita F, Kodama C, Mizukami K, Michikawa M, Asada T, The American journal of geriatric psychiatry : official journal of the American Association for Geriatric Psychiatry, 20, (7) 574 - 583,   2012年07月, 査読有り
  • Heparan sulfate subdomains that are degraded by Sulf accumulate in cerebral amyloid ß plaques of Alzheimer's disease: evidence from mouse models and patients., Hosono-Fukao T, Ohtake-Niimi S, Hoshino H, Britschgi M, Akatsu H, Hossain MM, Nishitsuji K, van Kuppevelt TH, Kimata K, Michikawa M, Wyss-Coray T, Uchimura K, The American journal of pathology, 180, (5) 2056 - 2067,   2012年05月, 査読有り
  • RB4CD12 epitope expression and heparan sulfate disaccharide composition in brain vasculature., Hosono-Fukao T, Ohtake-Niimi S, Nishitsuji K, Hossain MM, van Kuppevelt TH, Michikawa M, Uchimura K, Journal of neuroscience research, 89, (11) 1840 - 1848,   2011年11月, 査読有り
  • [Current state of Alzheimer's disease models: a brief overview]., Michikawa M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 69 Suppl 8, 233 - 240,   2011年10月, 査読有り
  • [Tg2576 mouse model]., Jung CG, Michikawa M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 69 Suppl 8, 252 - 255,   2011年10月, 査読有り
  • ER-stress-inducible Herp, facilitates the degradation of immature nicastrin., Marutani T, Maeda T, Tanabe C, Zou K, Araki W, Kokame K, Michikawa M, Komano H, Biochimica et biophysica acta, 1810, (8) 790 - 798,   2011年08月, 査読有り
  • Beta-amyloid increases the expression level of ATBF1 responsible for death in cultured cortical neurons., Jung CG, Uhm KO, Miura Y, Hosono T, Horike H, Khanna KK, Kim MJ, Michikawa M, Molecular Neurodegeneration, 6,   2011年07月, 査読有り
  • Dissociation of β-amyloid from lipoprotein in cerebrospinal fluid from Alzheimer's disease accelerates β-amyloid-42 assembly., Takamura A, Kawarabayashi T, Yokoseki T, Shibata M, Morishima-Kawashima M, Saito Y, Murayama S, Ihara Y, Abe K, Shoji M, Michikawa M, Matsubara E, Journal of neuroscience research, 89, (6) 815 - 821,   2011年06月, 査読有り
  • Apolipoprotein E regulates the integrity of tight junctions in an isoform-dependent manner in an in vitro blood-brain barrier model., Nishitsuji K, Hosono T, Nakamura T, Bu G, Michikawa M, The Journal of biological chemistry, 286, (20) 17536 - 17542,   2011年05月, 査読有り
  • Extracellular and intraneuronal HMW-AbetaOs represent a molecular basis of memory loss in Alzheimer's disease model mouse., Takamura A, Okamoto Y, Kawarabayashi T, Yokoseki T, Shibata M, Mouri A, Nabeshima T, Sun H, Abe K, Urisu T, Yamamoto N, Shoji M, Yanagisawa K, Michikawa M, Matsubara E, Molecular neurodegeneration, 6, (1) ,   2011年03月, 査読有り
  • [Novel Abeta-converting activity of angiotensin-converting enzyme and its role in Alzheimer's disease]., Zou K, Michikawa M, Komano H, Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 82, (12) 1120 - 1124,   2010年12月, 査読有り
  • Homocysteine, another risk factor for Alzheimer disease, impairs apolipoprotein E3 function., Minagawa H, Watanabe A, Akatsu H, Adachi K, Ohtsuka C, Terayama Y, Hosono T, Takahashi S, Wakita H, Jung CG, Komano H, Michikawa M, The Journal of biological chemistry, 285, (49) 38382 - 38388,   2010年12月, 査読有り
  • Higher activity of peripheral blood angiotensin-converting enzyme is associated with later-onset of Alzheimer's disease., Akatsu H, Ogawa N, Kanesaka T, Hori A, Yamamoto T, Matsukawa N, Michikawa M, Journal of the neurological sciences, 300, (1-2) 67 - 73,   2011年01月, 査読有り
  • Lipoprotein lipase is a novel amyloid beta (Abeta)-binding protein that promotes glycosaminoglycan-dependent cellular uptake of Abeta in astrocytes., Nishitsuji K, Hosono T, Uchimura K, Michikawa M, The Journal of biological chemistry, 286, (8) 6393 - 6401,   2011年02月, 査読有り
  • Microglia activated with the toll-like receptor 9 ligand CpG attenuate oligomeric amyloid {beta} neurotoxicity in in vitro and in vivo models of Alzheimer's disease., Doi Y, Mizuno T, Maki Y, Jin S, Mizoguchi H, Ikeyama M, Doi M, Michikawa M, Takeuchi H, Suzumura A, The American journal of pathology, 175, (5) 2121 - 2132,   2009年11月, 査読有り
  • Abeta42-to-Abeta40- and angiotensin-converting activities in different domains of angiotensin-converting enzyme., Zou K, Maeda T, Watanabe A, Liu J, Liu S, Oba R, Satoh Y, Komano H, Michikawa M, The Journal of biological chemistry, 284, (46) 31914 - 31920,   2009年11月, 査読有り
  • An E3 ubiquitin ligase, Synoviolin, is involved in the degradation of immature nicastrin, and regulates the production of amyloid beta-protein., Maeda T, Marutani T, Zou K, Araki W, Tanabe C, Yagishita N, Yamano Y, Amano T, Michikawa M, Nakajima T, Komano H, The FEBS journal, 276, (20) 5832 - 5840,   2009年10月, 査読有り
  • Mechanism underlying apolipoprotein E (ApoE) isoform-dependent lipid efflux from neural cells in culture., Minagawa H, Gong JS, Jung CG, Watanabe A, Lund-Katz S, Phillips MC, Saito H, Michikawa M, Journal of neuroscience research, 87, (11) 2498 - 2508,   2009年08月, 査読有り
  • Bioactive TGF-beta can associate with lipoproteins and is enriched in those containing apolipoprotein E3., Tesseur I, Zhang H, Brecht W, Corn J, Gong JS, Yanagisawa K, Michikawa M, Weisgraber K, Huang Y, Wyss-Coray T, Journal of neurochemistry, 110, (4) 1254 - 1262,   2009年08月, 査読有り
  • Apolipoprotein E4 (1-272) fragment is associated with mitochondrial proteins and affects mitochondrial function in neuronal cells., Nakamura T, Watanabe A, Fujino T, Hosono T, Michikawa M, Molecular neurodegeneration, 4,   2009年08月, 査読有り
  • New amyloid plaques or a game of hide-and-seek?, Zou K, Maeda T, Michikawa M, Komano H, International journal of biological sciences, 4, (4) 200 - 201,   2008年07月, 査読有り
  • Novel role of presenilins in maturation and transport of integrin beta 1., Zou K, Hosono T, Nakamura T, Shiraishi H, Maeda T, Komano H, Yanagisawa K, Michikawa M, Biochemistry, 47, (11) 3370 - 3378,   2008年03月, 査読有り
  • Angiotensin-converting enzyme as a potential target for treatment of Alzheimer's disease: inhibition or activation?, Zou K, Michikawa M, Reviews in the neurosciences, 19, (4-5) 203 - 212,   2008年, 査読有り
  • Angiotensin-converting enzyme converts amyloid beta-protein 1-42 (Abeta(1-42)) to Abeta(1-40), and its inhibition enhances brain Abeta deposition., Zou K, Yamaguchi H, Akatsu H, Sakamoto T, Ko M, Mizoguchi K, Gong JS, Yu W, Yamamoto T, Kosaka K, Yanagisawa K, Michikawa M, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 27, (32) 8628 - 8635,   2007年08月, 査読有り
  • Novel action of apolipoprotein E (ApoE): ApoE isoform specifically inhibits lipid-particle-mediated cholesterol release from neurons., Gong JS, Morita SY, Kobayashi M, Handa T, Fujita SC, Yanagisawa K, Michikawa M, Molecular neurodegeneration, 2,   2007年05月, 査読有り
  • A ganglioside-induced toxic soluble Abeta assembly. Its enhanced formation from Abeta bearing the Arctic mutation., Yamamoto N, Matsubara E, Maeda S, Minagawa H, Takashima A, Maruyama W, Michikawa M, Yanagisawa K, The Journal of biological chemistry, 282, (4) 2646 - 2655,   2007年01月, 査読有り
  • [Alzheimer's disease and cholesterol metabolism]., Michikawa M, Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 78, (9) 831 - 839,   2006年09月, 査読有り
  • Ethnicity-dependent genetic association of ABCA2 with sporadic Alzheimer's disease., Wollmer MA, Kapaki E, Hersberger M, Muntwyler J, Brunner F, Tsolaki M, Akatsu H, Kosaka K, Michikawa M, Molyva D, Paraskevas GP, Lütjohann D, von Eckardstein A, Hock C, Nitsch RM, Papassotiropoulos A, American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics, 141B, (5) 534 - 536,   2006年07月, 査読有り
  • NPC1 gene deficiency leads to lack of neural stem cell self-renewal and abnormal differentiation through activation of p38 mitogen-activated protein kinase signaling., Yang SR, Kim SJ, Byun KH, Hutchinson B, Lee BH, Michikawa M, Lee YS, Kang KS, Stem cells (Dayton, Ohio), 24, (2) 292 - 298,   2006年02月, 査読有り
  • Alteration of the glutamate and GABA transporters in the hippocampus of the Niemann-Pick disease, type C mouse using proteomic analysis., Byun K, Kim J, Cho SY, Hutchinson B, Yang SR, Kang KS, Cho M, Hwang K, Michikawa M, Jeon YW, Paik YK, Lee B, Proteomics, 6, (4) 1230 - 1236,   2006年02月, 査読有り
  • Cholesterol-mediated neurite outgrowth is differently regulated between cortical and hippocampal neurons., Ko M, Zou K, Minagawa H, Yu W, Gong JS, Yanagisawa K, Michikawa M, The Journal of biological chemistry, 280, (52) 42759 - 42765,   2005年12月, 査読有り
  • Neurodegeneration in heterozygous Niemann-Pick type C1 (NPC1) mouse: implication of heterozygous NPC1 mutations being a risk for tauopathy., Yu W, Ko M, Yanagisawa K, Michikawa M, The Journal of biological chemistry, 280, (29) 27296 - 27302,   2005年07月, 査読有り
  • Substance P immunoreactive cell reductions in cerebral cortex of Niemann-Pick disease type C mouse., Kim MJ, Kim J, Hutchinson B, Michikawa M, Cha CI, Lee B, Brain research, 1043, (1-2) 218 - 224,   2005年05月, 査読有り
  • Oligomerization of amyloid beta-protein occurs during the isolation of lipid rafts., Yu W, Zou K, Gong JS, Ko M, Yanagisawa K, Michikawa M, Journal of neuroscience research, 80, (1) 114 - 119,   2005年04月, 査読有り
  • Altered cholesterol metabolism in Niemann-Pick type C1 mouse brains affects mitochondrial function., Yu W, Gong JS, Ko M, Garver WS, Yanagisawa K, Michikawa M, The Journal of biological chemistry, 280, (12) 11731 - 11739,   2005年03月, 査読有り
  • Neurodegenerative disorders and cholesterol., Michikawa M, Current Alzheimer research, 1, (4) 271 - 275,   2004年11月, 査読有り
  • A seed for Alzheimer amyloid in the brain., Hayashi H, Kimura N, Yamaguchi H, Hasegawa K, Yokoseki T, Shibata M, Yamamoto N, Michikawa M, Yoshikawa Y, Terao K, Matsuzaki K, Lemere CA, Selkoe DJ, Naiki H, Yanagisawa K, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 24, (20) 4894 - 4902,   2004年05月, 査読有り
  • Modulation of amyloid precursor protein cleavage by cellular sphingolipids., Sawamura N, Ko M, Yu W, Zou K, Hanada K, Suzuki T, Gong JS, Yanagisawa K, Michikawa M, The Journal of biological chemistry, 279, (12) 11984 - 11991,   2004年03月, 査読有り
  • R-spondin, a novel gene with thrombospondin type 1 domain, was expressed in the dorsal neural tube and affected in Wnts mutants., Kamata T, Katsube K, Michikawa M, Yamada M, Takada S, Mizusawa H, Biochimica et biophysica acta, 1676, (1) 51 - 62,   2004年01月, 査読有り
  • Amyloid beta-protein (Abeta)1-40 protects neurons from damage induced by Abeta1-42 in culture and in rat brain., Zou K, Kim D, Kakio A, Byun K, Gong JS, Kim J, Kim M, Sawamura N, Nishimoto S, Matsuzaki K, Lee B, Yanagisawa K, Michikawa M, Journal of neurochemistry, 87, (3) 609 - 619,   2003年11月, 査読有り
  • Cholesterol paradox: is high total or low HDL cholesterol level a risk for Alzheimer's disease?, Michikawa M, Journal of neuroscience research, 72, (2) 141 - 146,   2003年04月, 査読有り
  • Tissue culture methods to study neurological disorders: establishment of immortalized Schwann cells from murine disease models., Watabe K, Sakamoto T, Kawazoe Y, Michikawa M, Miyamoto K, Yamamura T, Saya H, Araki N, Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology, 23, (1) 68 - 78,   2003年03月, 査読有り
  • The role of cholesterol in pathogenesis of Alzheimer's disease: dual metabolic interaction between amyloid beta-protein and cholesterol., Michikawa M, Molecular neurobiology, 27, (1) 1 - 12,   2003年02月, 査読有り
  • Beta-amyloid increases the expression levels of Tid1 responsible for neuronal cell death and amyloid beta production, Zhou C, Taslima T, Abdelhamid M, Kim S-W, Akatsu H, Michikawa M*, Jung C-G in press, Mol Neurobiol,   2019年10月, 査読有り

MISC

  • アルツハイマー病の分子病態と治療戦略, 道川誠, 金属, 79, (12) 1151 - 1157,   2009年12月
  • アポリポ蛋白Eと脳内コレステロール代謝 (特集 脂質膜を基盤としたタンパク質・ペプチドの構造機能研究), 道川誠, 膜, 34, (3) 140 - 145,   2009年05月
  • コレステロール代謝とアルツハイマー病 (アルツハイマー病の最近の進歩), 道川誠, 臨床検査, 52, (3) 325 - 329,   2008年03月
  • アルツハイマー病の危険因子 アポリポ蛋白E (アルツハイマー病--基礎研究から予防・治療の新しいパラダイム) -- (アルツハイマー病の病理・病態), 道川誠, 日本臨床, 66,   2008年01月
  • Alzheimer病研究の進歩と治療戦略 (第1土曜特集 老化と疾患--病態の理解と診断・治療の進歩) -- (老年疾患--病態の理解と診断・治療の進歩), 道川誠, 医学のあゆみ, 222, (5) 333 - 339,   2007年08月04日
  • シリーズ・最前線 厚生労働科学研究(36)長寿科学総合研究の代表的な研究の紹介(1)アルツハイマー病研究の最新の知見について--アルツハイマー病研究の克服に向けて, 道川誠, 週刊社会保障, 61,   2007年03月05日
  • コレステロールとAlzheimer病--Cholesterol paradoxを紐解く一考察 (第1土曜特集 Alzheimer病--基礎・臨床研究の最新動向) -- (診断・治療), 道川誠, 柳澤勝彦, 医学のあゆみ, 220, (5) 439 - 444,   2007年02月03日
  • アルツハイマー病:ベッドサイドからベンチへ (特集:長寿医療の最前線), 道川誠, 医療, 60, (12) 752 - 759,   2006年12月
  • アルツハイマー病とコレステロール代謝, 道川誠, 生化学, 78, (9) 831 - 839,   2006年09月25日
  • 概説 : 2. Alzheimer 病の病因, 病態, 道川誠, 柳澤勝彦, 日本内科学会雑誌, 94, (8) 1473 - 1481,   2005年08月10日
  • アルツハイマー病とアポリポ蛋白E (特集 アルツハイマー病研究の最前線--基礎と臨床), 道川誠, 神経研究の進歩, 49, (3) 367 - 378,   2005年06月
  • 脳疾患の予防を目指した「食」と「栄養」のバイオサイエンス : アルツハイマー病発症機構におけるコレステロールの果たす役割, 道川誠, 日本農藝化學會誌 = Journal of the Agricultural Chemical Society of Japan, 77, (11) 1124 - 1126,   2003年11月01日
  • Aβとコレステロール代謝からみたスタチン系薬物による治療 (特集 アルツハイマー病における新しい治療の試み), 道川誠, 柳澤勝彦, 老年精神医学雑誌, 14, (5) 531 - 538,   2003年05月
  • アルツハイマー病発症の分子機構におけるコレステロール役割, 道川誠, 日本老年医学会雑誌, 38, (6) 751 - 753,   2001年11月25日
  • 寿命蛋白質のcDNAクローニングおよび中枢神経細胞における神経栄養因子作用機序の解明 (豊かな高齢社会の探究), 道川誠, 豊かな高齢社会の探求,   1999年08月
  • 神経細胞に対するアポリポ蛋白Eの作用 (4月第1土曜特集 Alzheimer病研究の動向), 道川誠, 医学のあゆみ, 189, (1) 64 - 68,   1999年04月03日
  • 寿命蛋白質の cDNA クローニングおよび中枢神経における栄養因子作用機序の研究, 道川誠, 日本老年医学会雑誌, 36, (2) 99 - 102,   1999年02月25日
  • ラット培養中枢神経細胞に対するアポリポ蛋白Eの作用 : アイソフォーム特異性の検討, 道川誠, 福山隆一, 柳澤勝彦, 神経化学, 35, (3) 362 - 363,   1996年09月05日
  • 不死化運動ニューロンを用いた運動ニューロン特異的遺伝子の単離の試み, 鎌田智幸, 石田和之, 塩尻利明, 古屋徳郎, 道川誠, 山田正仁, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19,   1996年08月01日
  • Penicillin耐性肺炎球菌による細菌性髄膜炎の1成人例, 山脇正永, 白石淳, 三條伸夫, 道川誠, 和田義明, 臨床神経学, 35, (9) 1044 - 1047,   1995年09月01日
  • Gadolinium-DTPA造影MRIが診断上有効であったradiation myelopathyの1例, 道川誠, 臨床神経, 31,   1991年

競争的資金

  • アルツハイマー病発症機構におけるレニン・アンギオテンシン系の役割の解明, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)),   2009年 - 2009年
  • アルツハイマー病発症機構におけるHDL産生・供給機構の解明と治療への応用, 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究),   2008年 - 2009年
  • アンギオテンシン変換酵素(ACE)のアミロイドベータ蛋白分解作用に関する研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)),   2007年 - 2008年, 研究代表者らは、ACE阻害剤の服用が、脳内Aβ沈着を増強させることを見出した。ACE阻害剤は金属キレータであるためACE活性阻害以外の別の作用を持つと考えられる。ACE阻害剤がTg2576マウス脳のAβ沈着を増加させるという我々の発見が、本当にACE活性阻害の結果か否かを、ACE koあるいはAPPtgマウスとTg2576マウスの交配マウス脳の解析を通して検証した。 ACE阻害剤以外の方法によって、ACEがAβ1-42をAβ1-40に変換する作用ならびにAβ分解作用を持つことを確認し、注目する作用が阻害剤の副作用によるのではないことを検証する。そのためにTg2576 x ACE Tg, Tg2576 x ACE Ko を交配させ、Tg2576・ACE Tg++/+、Tg2576・ACE wtならびにTg2576・ACE+/-マウスを作成した。上記マウスを解析に適した時期(17カ月)まで飼育維持し、平成19年度末に解析を行った。その結果、ACE-/+によってAβの沈着の増加傾向が見られた。しかし、解析したマウス数が十分でなかったため、統計学的な有意差はでなかった。一方、ACE gene doseが増えた場合にも、Aβの沈着の増加が有意に見られた。これらの結果を一元論的に、あるいは2元論的に説明するメカニズム解明を現在行っている。 一方、ACEは、N端側、C端側に2つの機能ドメイ...
  • アルツハイマー型認知症と歯の喪失・咬合の関連における分子生物学的探求, 文部科学省, 科学研究費補助金(萌芽研究),   2007年 - 2008年, 本年度は準備期間と位置付け,アルツハイマー病モデルマウスの選定と,それに伴う遺伝子改変動物使用における認可の取得,同時に通常のマウスによる抜歯手技の修得,ならびに認知機能解析および脳解析のための技術修得を行った。 研究分担者である国立長寿医療センター・アルツハイマー研究部・道川誠と研究計画およびアルツハイマー病モデルマウスの選定について協議し,アルツハイマー病の病因の一つとされるアミロイドβタンパク前駆体の遺伝子であるAPPを改変したAPPtgマウスと,アルツハイマー病の遺伝的因子とされるApoE蛋白遺伝子を導入したApoEノックインマウスを使用する事として,遺伝子改変動物使用における認可取得を行った。 同時に,マウス抜歯手技の確立・修得を目標として,機材の調達およびマウスの購入を行い,イソフルラン(商品名:フォーレン 明治製菓(株))による吸入麻酔と塩酸メデトミジン(商品名:ドミトール 明治製菓(株))による腹腔内投与の併用によって全身麻酔管理下にて双眼ルーペ視界下で耳小骨鉗子(高原氏鋭ひ First)を用いて両側上顎第一臼歯から第三臼歯の計6本を抜歯した。また,抜歯に伴うマウスの栄養状態の変化はその後の結果を左右する事が考えられるため,体重測定および血糖計(商品名:メディセーフミニ テルモ(株))を用いた血糖値測定による抜歯後マウスの栄養状態モニタリング法を確立した。 認...
  • 脳内コレステロール代謝調節によるアルツハイマー病発症予防・治療に関する研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究),   2006年 - 2007年, 研究目的:2年間の目標は,(1)ApoEやABCA1等によって担われる脳内コレステロール代謝の主要経路の解明とHDL産生におけるApoEアイソフォーム依存性の分子機構の解明(細胞外ApoE作用),(2)ApoEあるいはABCA1の機能制御による脳内コレステロール代謝調節を通してのアルツハイマー病病理発現の抑制法の開発,(3)細胞内ApoE輸送機構ならびに細胞内ApoE機能の解明(細胞内ApoE作用)である。 研究成果:(1):(i)ApoEによるコレステロール搬出はN末端断片のみでApoE3>ApoE4であること,(ii)その理由はApoE3N末端断片が持つシステイン問によるdisulfide結合による2量体形成(分子間相互作用)にあること,(iii)C末端断片はそれ自体ではコレステロール搬出能が弱いが,N末端断片の作用を相加的に修飾すること,(iv)しかしApoE4では,ドメイン相互作用のためC末端断片が相加的に働かない(分子内相互作用)こと等を明らかにし,ApoEアイソフォーム特異的HDL産生機構のほぼ全容を解明した。(2)薬剤スクリーニング系を確立し,複数の薬剤ライブラリーを用いて探索を開始した。(3)ApoEに結合しうる蛋白質を複数(UQCRC2,Chytochrome C1,COXIV-1など)同定し,それらの多くがミトコンドリア関連蛋白質であることを明らかにした。...
  • 高度不飽和脂肪酸含有構造燐脂質の酵素合成と機能評価, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)),   2003年 - 2004年, 近年、天然リン脂質の1つであるホスファチジルセリン(PS)やドコサヘキサエン酸(DHA)のような高度不飽和脂肪酸が、脳・中枢神経系に対して有用作用を持つことが報告され、生理機能を持つ機能性食品及び医薬品素材として注目されている。そこで、本研究では構造リン脂質としてDHAを構成脂肪酸として含有するPS(DHA-PS)をターゲット分子とし、培養脳神経細胞における機能評価を行う事を目的とした。天然リン脂質として入手が容易なホスファチジルコリン(PC)とDHAからDHA-PSなど各種の構造リン脂質を合成した。得られた脂質をラット胎児脳から調製した初代培養神経細胞に添加し、その影響を細胞死に伴って細胞から放出される安定な酵素であるLactose dehydrogenase(LDH)活性を用いて評価した。また、Amyloid βタンパク質(Aβ)というアルツハイマー病脳細胞において顕著な蓄積が確認され、神経細胞死を引き起こす蛋白質を加えた培養系に各種脂質を添加し、細胞保護作用の有無をLDH活性で評価した。実験に使用した各種脂質には培養条件により生ずる自然細胞死を抑制する作用は確認出来なかった。しかしながら、1,2-didocosahexaenoyl-phosphatidylcholine,1,2-didocosahexaenoyl-phosphatldylserine,1-oleoyl-...
  • アルツハイマー病発症分子機構に関する総合的研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)),   1999年 - 1999年, 社会的に重要課題であるアルツハイマー病研究を幅広い研究層によって強力的にかつ効率よく進展させるためには特定領域研究(A)を立ち上げ国内の研究を推進することを目標として、現状の問題点と重点的課題の展望について調査した。 調査研究は本研究組織に加わった全員からなる全体会議のもとに実施し上記調査目標の確認と、具体的な方策を探るために3つの検討課題(Brain Bank調査、病因解明研究調査班、基礎生物学検討調査)を設定し、各研究者が個別の検討課題について分担して調査する事とした。主たる研究対象はヒト脳組織であるが、これを保有する医療関係施設からの提供をはじめとした具体的なネットワークの構築と情報交換の必要性が指摘された。特定領域研究によってこれらの有機的な組織化が公費によって支援されることから国内の研究レベルが向上するばかりでなく、共同実験による効率的な研究が飛躍的に推進されることが期待される。 各調査内容は全体会議でも議論集約・調整した。この過程で本研究組織以外からもひろく意見を取集することが提案され、公開学術シンポジウムを平成11年11月20日に都市センターで開催することにした。シンポジウムと全体会議ではアルツハイマー病研究が、痴呆・老化研究に従事する一部の医学だけでなく神経発生を含む生物学・農学・薬学での課題として捉えるべき内容になっていることから広い範囲からの研究者が参画で...
  • 運動ニュ-ロン特異的遺伝子の探索, 文部科学省, 科学研究費補助金(試験研究(B), 基盤研究(A)),   1995年 - 1996年, 運動ニュ-ロン特異的遺伝子を単離する目的で、マウス運動ニュ-ロンと神経芽細胞腫とのハイブリッド細胞株NSC-19を用いてサブトラクションcDNAライブラリ-を作成した。200クロ-ンをスクリ-ニングして、3つのNSC-19に特異的に発現する遺伝子を単離した。ひとつはamyloid precusor like protein1、他の2つは未知の遺伝子であった。新規の遺伝子のひとつは胎生期の中枢神経系に強く発現しており、全長クロ-ニングを行った結果、thrombospondin type1 domainを有する新規の分泌型当蛋白で、thrombospondin(TSP)ファミリ-のひとつであることが判明した。in situハイブリダイゼ-ションによる検討では、終脳の一部、中脳から脊髄の神経蓋板、趾芽などにシグナルが見られた。中枢神経系での発現は終脳も含めて神経管背側領域に強く限局しており、神経管背側での重要な役割を有することが予想された。TSP type1 domainを有する蛋白で特に中枢神経系と関連しているものはthrombospondinの他、F-spondin、SCO-spondin、UNC-5が知られている。TSP type1 domainには細胞接着や神経突起の伸長などの機能が推定されており、この機能を通じて本遺伝子は神経管背側での器官形成や神経組織の発達に関与する可...
  • Kennedy-Alter-Sung症候群の病態モデルの構築, 文部科学省, 科学研究費補助金(試験研究(B), 基盤研究(B)),   1995年 - 1996年, 本研究では、CAGリピ-トの増加したアンドロゲンレセプタ-(androgen receptor,AR)の神経細胞におけるneural plasticityへの影響を解析するとともに、CAGリピ-トの増加により発現異常をきたしたAR標的分子を検索し、CAGリピ-トの増加に関わる神経細胞変性機序の解明を目的としている。 神経細胞分化の研究に用いられてきたPC12細胞は、ARを発現していないため遺伝子導入したARの細胞への影響を評価する上で適している。今回、PC12に正常CAGリピ-ト数のAR全長cDNA、CAGリピ-トが増加したAR全長cDNAを導入した。ARによる効果が、ホルモン結合、DNA結合部位を介したものかどうかを検討するために、ホルモン及びDNA結合部位を欠く正常及びCAGリピ-トの増加したエクソン1のみの導入も併せて行った。 正常及びCAGリピ-トの増加したヒトARのcDNA全長とヒトARのエクソン1領域のクロ-ニングを行った。それぞれをpRc/CMVベクタ-にサブクロ-ニングし、自動シ-クエンサ-にてシ-クエンスを確認した。 遺伝子導入は、エレクトロポレ-ションにて行い、ネオマイシン耐性株をクロ-ン化する。AR発現量は、ノ-ザンブロット解析にて検討しARの高い発現量を示すクロ-ンを選別した。全長cDNAを導入したクロ-ンは、アンドロゲンバインデング活性を検討し、アン...


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.