研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

原 賢康ハラ マサヤス

所属部署医学研究科共同研究教育センター
職名講師
メールアドレスmsharamed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール: 1998年 5月 臨床研修医
     2002年 4月 愛知県がんセンター 消化器外科レジデント
     2005年 7月 愛知県がんセンター研究所 腫瘍病理部 研修生
     2008年 4月 名古屋市立大学消化器外科 臨床研究医
     2012年3月―2013年2月 韓国 高麗大学 消化器外科 フェロー
     2015年10月 名古屋市立大学消化器外科 講師(助教級)
     2016年5月 名古屋市立大学消化器外科 講師

学位

  • 博士(医学)

研究活動情報

研究キーワード

    炎症性サイトカイン, 癌間質相互作用, 癌関連線維芽細胞, 大腸癌, 分子標的治療, 微小転移

論文

  • Apigenin induces apoptosis by suppressing Bcl-xl and Mcl-1 simultaneously via signal transducer and activator of transcription 3 signaling in colon cancer., Maeda Y, Takahashi H, Nakai N, Yanagita T, Ando N, Okubo T, Saito K, Shiga K, Hirokawa T, Hara M, Ishiguro H, Matsuo Y, Takiguchi S, International journal of oncology,   2018年03月, 査読有り
  • High serum levels of interleukin-6 in patients with advanced or metastatic colorectal cancer: the effect on the outcome and the response to chemotherapy plus bevacizumab., Hara M, Nagasaki T, Shiga K, Takahashi H, Takeyama H, Surgery today, 47, (4) 483 - 489,   2017年04月, 査読有り
  • Dermopathy associated with cetuximab and panitumumab: investigation of the usefulness of moisturizers in its management., Watanabe S, Nakamura M, Takahashi H, Hara M, Ijichi K, Kawakita D, Morita A, Clinical, cosmetic and investigational dermatology, 10, 353 - 361,   2017年, 査読有り
  • Suppression of Cancer-associated Fibroblasts and Endothelial Cells by Itraconazole in Bevacizumab-resistant Gastrointestinal Cancer., Hara M, Nagasaki T, Shiga K, Takeyama H, Anticancer research, 36, (1) 169 - 177,   2016年01月, 査読有り
  • Laparoscopically resected obturator nerve schwannoma: A case report., Takahashi H, Hara M, Tsuboi K, Sagawa H, Ishiguro H, Matsuo Y, Takeyama H, Asian journal of endoscopic surgery, 9, (4) 307 - 310,   2016年11月, 査読有り
  • Preoperative Serum Interleukin-6 Is a Potential Prognostic Factor for Colorectal Cancer, including Stage II Patients., Shiga K, Hara M, Nagasaki T, Sato T, Takahashi H, Sato M, Takeyama H, Gastroenterology research and practice, 2016,   2016年, 査読有り
  • Establishment of a simple predictive scoring system for pancreatic fistula after laparoscopy-assisted gastrectomy., Miyai H, Hara M, Hayakawa T, Takeyama H, Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society, 25, (6) 585 - 592,   2013年11月, 査読有り
  • Carcinoembryonic antigen elevation in post-hepatectomy patients with colorectal cancer liver metastasis indicates recurrence with high accuracy., Hara M, Sato M, Takahashi H, Takayama S, Okada Y, Nagasaki T, Takeyama H, Hepato-gastroenterology, 60, (128) 1935 - 1939,   2013年11月, 査読有り
  • Cancer-Associated Fibroblasts: Their Characteristics and Their Roles in Tumor Growth., Shiga K, Hara M, Nagasaki T, Sato T, Takahashi H, Takeyama H, Cancers, 7, (4) 2443 - 2458,   2015年12月, 査読有り
  • Robotic-assisted surgery for rectal adenocarcinoma: short-term and midterm outcomes from 200 consecutive cases at a single institution., Hara M, Sng K, Yoo BE, Shin JW, Lee DW, Kim SH, Diseases of the colon and rectum, 57, (5) 570 - 577,   2014年05月, 査読有り
  • The multiphasic learning curve for robot-assisted rectal surgery., Sng KK, Hara M, Shin JW, Yoo BE, Yang KS, Kim SH, Surgical endoscopy, 27, (9) 3297 - 3307,   2013年09月, 査読有り
  • Single-incision endoscopy-assisted ileocecal resection., Takayama S, Hara M, Sato M, Takeyama H, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 23, (4) e147 - 9,   2013年08月, 査読有り
  • Curatively resected isolated inguinal lymph node metastasis from cecum cancer: report of a case., Hara M, Takahashi H, Sato M, Takayama S, Nagasaki T, Takeyama H, Surgery today, 43, (1) 88 - 90,   2013年01月, 査読有り
  • Simple laparoscopic technique of transverse loop colostomy prolapse., Takahashi H, Hara M, Takayama S, Matsuo Y, Sato M, Kimura M, Takeyama H, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 22, (5) e263 - 4,   2012年10月, 査読有り
  • Transvaginal resection of a rectal gastrointestinal stromal tumor., Hara M, Takayama S, Arakawa A, Sato M, Nagasaki T, Takeyama H, Surgery today, 42, (9) 909 - 912,   2012年09月, 査読有り
  • Laparoscopic intersphincteric resection with a SILS port for very low rectal cancer: a case report., Hara M, Sato M, Takayama S, Imafuji H, Ogawa R, Takeyama H, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 22, (3) e138 - 41,   2012年06月, 査読有り
  • Hybrid natural orifice transluminal endoscopic surgery for ileocecal resection., Takayama S, Hara M, Sato M, Takeyama H, World journal of gastrointestinal surgery, 4, (2) 41 - 44,   2012年02月, 査読有り
  • Initial experience of single-incision laparoscopic right colectomy with minimum umbilical access., Takayama S, Hara M, Sato M, Takeyama H, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 21, (6) 462 - 463,   2011年12月, 査読有り
  • Accuracy of monitoring serum carcinoembryonic antigen levels in postoperative stage III colorectal cancer patients is limited to only the first postoperative year., Hara M, Sato M, Takahashi H, Takayama S, Takeyama H, Surgery today, 41, (10) 1357 - 1362,   2011年10月, 査読有り
  • Laparoscopic anterior resection for colorectal cancer without minilaparotomy using transanal bowel reversing retrieval., Hara M, Takayama S, Sato M, Imafuji H, Takahashi H, Takeyama H, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 21, (5) e235 - 8,   2011年10月, 査読有り
  • Isolated tumor cell in lateral lymph node has no influences on the prognosis of rectal cancer patients., 原 賢康, International Journal of Colorectal Diseases, 22, (8) 911 - 917,   2007年08月, 査読有り
  • Single-port retrieval of peritoneal foreign body using SILS port: report of a case., Hara M, Takayama S, Imafuji H, Sato M, Funahashi H, Takeyama H, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 21, (3) e126 - 9,   2011年06月, 査読有り
  • Percutaneous endoscopic gastrojejunostomy for a patient with an intractable small bowel injury after repeat surgeries: a case report., Hara M, Takayama S, Takeyama H, Journal of medical case reports, 5,   2011年02月, 査読有り
  • Does serum carcinoembryonic antigen elevation in patients with postoperative stage II colorectal cancer indicate recurrence? Comparison with stage III., Hara M, Sato M, Takahashi H, Takayama S, Takeyama H, Journal of surgical oncology, 102, (2) 154 - 157,   2010年08月, 査読有り
  • Angle between 1 and 4 min gives the most significant difference in time-intensity curves between benign disease and breast cancer: analysis of dynamic magnetic resonance imaging in 103 patients with breast lesions., Hara M, Watanabe T, Okumura A, Kato K, Mohri N, Ishikawa M, Mizuno A, Takeyama H, Clinical imaging, 33, (5) 335 - 342,   2009年09月, 査読有り
  • Negative serum carcinoembryonic antigen has insufficient accuracy for excluding recurrence from patients with Dukes C colorectal cancer: analysis with likelihood ratio and posttest probability in a follow-up study., Hara M, Kanemitsu Y, Hirai T, Komori K, Kato T, Diseases of the colon and rectum, 51, (11) 1675 - 1680,   2008年11月, 査読有り
  • Interleukin-2 potentiation of cetuximab antitumor activity for epidermal growth factor receptor-overexpressing gastric cancer xenografts through antibody-dependent cellular cytotoxicity., Hara M, Nakanishi H, Tsujimura K, Matsui M, Yatabe Y, Manabe T, Tatematsu M, Cancer science, 99, (7) 1471 - 1478,   2008年07月, 査読有り
  • Comparative analysis of intraperitoneal minimal free cancer cells between colorectal and gastric cancer patients using quantitative RT-PCR: possible reason for rare peritoneal recurrence in colorectal cancer., Hara M, Nakanishi H, Jun Q, Kanemitsu Y, Ito S, Mochizuki Y, Yamamura Y, Kodera Y, Tatematsu M, Hirai T, Kato T, Clinical & experimental metastasis, 24, (3) 179 - 189,   2007年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • Colon Cancer-Associated FibroblastからのIL-6とVEGF産生抑制を介したEPAの血管新生抑制, 安藤 菜奈子, 原 賢康, 柳田 剛, 仲井 希, 前田 祐三, 志賀 一慶, 廣川 高久, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 外科と代謝・栄養,   2018年06月
  • 局所進行直腸癌に対する術前capecitabine+IMRTの合併症とその対策, 安藤 菜奈子, 原 賢康, 柳田 剛, 仲井 希, 前田 祐三, 志賀 一慶, 廣川 高久, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • pStage II/III結腸癌の長期成績評価と治療方針検討におけるTNM分類の有用性, 仲井 希, 高橋 広城, 柳田 剛, 安藤 菜奈子, 前田 祐三, 廣川 高久, 志賀 一慶, 原 賢康, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • "安全と質"を伝承する カダバーを用いた次世代腹腔鏡手術トレーニング, 高橋 広城, 柳田 剛, 安藤 菜奈子, 仲井 希, 前田 祐三, 志賀 一慶, 廣川 高久, 森本 守, 原 賢康, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • 摘出標本の肉眼的評価と手術操作に伴う癌細胞散布可能性の検討, 原 賢康, 安藤 菜奈子, 仲井 希, 前田 祐三, 柳田 剛, 廣川 高久, 志賀 一慶, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • STAT3/Bcl-xL/Mcl-1シグナルを介したApigeninによる大腸がんアポトーシス誘導効果の検討, 前田 祐三, 高橋 広城, 原 賢康, 廣川 高久, 志賀 一慶, 安藤 菜奈子, 仲井 希, 柳田 剛, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • 局所進行直腸癌における術前化学放射線療法の有用性に対する病理学的検討, 志賀 一慶, 原 賢康, 高橋 広城, 廣川 高久, 前田 祐三, 安藤 菜奈子, 柳田 剛, 仲井 希, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • CTで確認できる上方向リンパ節個数による直腸癌側方リンパ節郭清の新基準の検討, 廣川 高久, 高橋 広城, 柳田 剛, 仲井 希, 安藤 菜奈子, 前田 祐三, 志賀 一慶, 原 賢康, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • 癌-間質相互作用からみた膵癌肝転移における血管新生とサイトカインネットワークの役割, 松尾 洋一, 上田 悟郎, 林 祐一, 今藤 裕之, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 社本 智也, 志賀 一慶, 廣川 高久, 坪井 謙, 田中 達也, 森本 守, 小川 了, 坂本 宣弘, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • 術後創部感染に対するOlanexidine gluconateとPobidone-iodineの有効性に関する比較検討, 柳田 剛, 高橋 広城, 仲井 望, 安藤 菜奈子, 前田 祐三, 廣川 高久, 志賀 一慶, 原 賢康, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • 腹腔鏡下に修復した大網小網裂孔網嚢ヘルニアの1例, 上田 悟郎, 松尾 洋一, 社本 智也, 植松 宏, 柳田 剛, 林 祐一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 志賀 一慶, 佐川 弘之, 廣川 高久, 坪井 謙, 森本 守, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宣弘, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本腹部救急医学会雑誌,   2018年02月
  • 直腸癌局所再発における腫瘍剥離面洗浄液中CEA mRNA測定の意義 腹腔鏡下手術vs開腹手術, 志賀 一慶, 原 賢康, 高橋 広城, 柳田 剛, 安藤 菜奈子, 前田 祐三, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2017年12月
  • 左側結腸・直腸癌手術におけるPersistent descending mesocolon症例の検討, 柳田 剛, 高橋 広城, 原 賢康, 志賀 一慶, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 前田 祐三, 安藤 菜奈子, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2017年12月
  • 腹腔鏡下側方リンパ節郭清における剥離後の遺残癌細胞の検討, 原 賢康, 安藤 菜奈子, 前田 祐三, 柳田 剛, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2017年12月
  • 膀胱鏡を併用し腹腔鏡下に切除したS状結腸膀胱瘻の一例, 植松 宏, 志賀 一慶, 柳田 剛, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌,   2017年11月
  • RT-PCRを用いた直腸癌局所再発の予測, 原 賢康, 安藤 菜奈子, 柳田 剛, 志賀 一慶, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 中西 速夫, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本癌治療学会学術集会抄録集,   2017年10月
  • TG13に基づいた急性胆嚢炎重症度別緊急手術の検討と問題点, 坪井 謙, 松尾 洋一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 佐川 弘之, 社本 智也, 田中 達也, 森本 守, 小川 了, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 早川 哲史, 田中 守嗣, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌,   2017年10月
  • 内視鏡下手術での起死回生の一手(大腸) 吻合部虚血が懸念される高齢患者における腹腔鏡下結腸・直腸癌手術時のICG蛍光法を用いた吻合部評価の有効性, 柳田 剛, 原 賢康, 高橋 広城, 志賀 一慶, 前田 祐三, 安藤 菜奈子, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌,   2017年10月
  • 腹腔鏡下直腸切断術における後腹膜経路ストーマ造設法の開発, 高橋 広城, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 原 賢康, 小川 了, 志賀 一慶, 柳田 剛, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌,   2017年10月
  • 大腸癌におけるApigeninのアポトーシス誘導効果についての検討, 前田 祐三, 高橋 広城, 原 賢康, 志賀 一慶, 安藤 菜奈子, 柳田 剛, 今藤 裕之, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 齊藤 健太, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 佐藤 幹則, 瀧口 修司, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2017年09月
  • 直腸S状結腸癌術後の局所再発危険因子として術中洗浄腹水CEA mRNA測定の有用性についての検討, 志賀 一慶, 原 賢康, 柳田 剛, 安藤 菜奈子, 前田 祐三, 高橋 広域, 佐藤 幹則, 瀧口 修司, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2017年09月
  • 黄疸を伴う大腸癌肝転移に対し集学的治療が奏功した2例, 佐藤 幹則, 高橋 広城, 原 賢康, 小川 了, 志賀 一慶, 柳田 剛, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2017年09月
  • 併存症を伴う左側結腸・直腸癌患者における術後合併症減少のための当院の取り組み, 柳田 剛, 原 賢康, 高橋 広城, 志賀 一慶, 安藤 菜奈子, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 佐藤 幹則, 瀧口 修司, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2017年09月
  • 局所進行直腸癌に対する術前capecitabine+IMRTの短期的成績, 安藤 菜奈子, 原 賢康, 柳田 剛, 今藤 裕之, 佐本 洋介, 前田 祐三, 大久保 友貴, 齊藤 健太, 志賀 一慶, 佐川 弘之, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 佐藤 幹則, 瀧口 修司, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2017年09月
  • 真皮環状縫合を用いた人工肛門閉鎖術における皮膚形成術と陰圧閉鎖療法(NPWT)の有用性, 高橋 広城, 坪井 謙, 原 賢康, 志賀 一慶, 柳田 剛, 前田 祐三, 安藤 菜奈子, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 佐藤 幹則, 瀧口 修司, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2017年09月
  • 腹腔鏡下側方郭清における遊離癌細胞の比較検討, 原 賢康, 安藤 菜奈子, 前田 祐三, 柳田 剛, 志賀 一慶, 佐藤 幹則, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2017年09月
  • In vitroにおけるcolon cancer-associated fibroblastから産生されるIL-6とVEGFに対するEPAの抑制効果と血管新生抑制, 安藤 菜奈子, 原 賢康, 志賀 一慶, 長崎 高也, 柳田 剛, 佐本 洋介, 前田 祐三, 大久保 友貴, 齊藤 健太, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本癌学会総会記事,   2017年09月
  • 直腸癌手術における縫合不全予防のためのICG蛍光法による術中吻合部血流評価, 柳田 剛, 原 賢康, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2017年08月
  • 消化器外科の診断・手技・治療に役立つ先進技術 左側結腸・直腸癌手術における縫合不全予防のための、ICG蛍光法による術中吻合部血流評価, 柳田 剛, 原 賢康, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2017年07月
  • 直腸癌剥離面におけるCRM評価における、剥離面組織、並びに骨盤剥離面洗浄液に対するRT-PCR評価の有用性, 原 賢康, 安藤 菜奈子, 柳田 剛, 前田 祐三, 志賀 一慶, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2017年07月
  • 術時腹腔内遊離癌細胞からみた腹腔鏡手術の適応, 原 賢康, 安藤 菜奈子, 柳田 剛, 志賀 一慶, 佐川 弘之, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2017年05月
  • ロボティック内視鏡コントロールシステム SOLO assist IIの腹腔鏡下胆嚢摘出術での使用経験, 佐川 弘之, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 坂本 宣弘, 原 賢康, 田中 達也, 森本 守, 坪井 謙, 社本 智也, 柳田 剛, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2017年04月
  • 大腸癌における抗アポトーシス蛋白を標的とした治療の検討, 前田 祐三, 高橋 広城, 原 賢康, 志賀 一慶, 佐藤 崇文, 大久保 友貴, 斉藤 健太, 柳田 剛, 安藤 菜奈子, 今藤 裕之, 佐本 洋介, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2017年04月
  • In vitroにおけるcolon cancer-associated fibroblastから産生されるIL6とVEGFに対するEPAの抑制効果とそれに伴う血管新生抑制, 安藤 菜奈子, 原 賢康, 柳田 剛, 今藤 裕之, 佐本 洋介, 前田 祐三, 志賀 一慶, 長崎 高也, 高橋 広域, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2017年04月
  • 内視鏡手術で覆らなかった直腸切断術におけるストーマ造設法の常識, 高橋 広城, 原 賢康, 柳田 剛, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2017年04月
  • 腹腔鏡下大腸切除術時における遊離癌細胞の頻度とそのrisk factor, 原 賢康, 柳田 剛, 安藤 菜奈子, 志賀 一慶, 中西 速夫, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2017年04月
  • stage IV大腸癌患者における予後因子としての血中IL-6値, 原 賢康, 佐川 弘之, 志賀 一慶, 社本 智也, 坪井 謙, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2017年04月
  • 腹腔鏡下大腸切除術時の潜在的腹膜播種症例の検討, 原 賢康, 志賀 一慶, 佐川 弘之, 中西 速夫, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2017年02月
  • がん栄養療法の基礎研究 In vitroにおけるcolon cancer-associated fibroblastから産生されるIL-6に対するEPAの抑制効果, 安藤 菜奈子, 原 賢康, 高橋 広域, 志賀 一慶, 長崎 高也, 前田 祐三, 今藤 裕之, 佐本 洋介, 柳田 剛, 竹山 廣光, 日本静脈経腸栄養学会雑誌,   2017年01月
  • 脾彎曲部横行結腸および下行結腸進行癌に対する腹腔鏡手術手技の標準化, 高橋 広城, 原 賢康, 柳田 剛, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2016年12月
  • 内視鏡ホルダーロボット「EMARO」の腹腔鏡下胆嚢摘出術での使用経験, 佐川 弘之, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 若杉 健弘, 寺下 幸夫, 高橋 広城, 坂本 宣弘, 原 賢康, 田中 達也, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 志賀 一慶, 社本 智也, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2016年12月
  • 腹腔鏡下直腸S状結腸切除における助手展開の工夫 oar methodを用いたミラーイメージの克服, 坪井 謙, 高橋 広城, 原 賢康, 柳田 剛, 社本 智也, 佐川 弘之, 森本 守, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宣弘, 寺下 幸夫, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2016年12月
  • ICG蛍光法による腹腔鏡下左側結腸・直腸癌手術時の吻合部血流評価, 柳田 剛, 原 賢康, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2016年12月
  • 腹腔鏡下大腸切除術時における有利癌細胞の有無とその適応について, 原 賢康, 柳田 剛, 安藤 菜奈子, 佐川 弘之, 志賀 一慶, 坪井 謙, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2016年12月
  • 尿管S状結腸吻合術後43年で吻合部腫瘍を発症した1例, 濱川 隆, 岡田 淳志, 海野 怜, 飯田 啓太郎, 安藤 亮介, 梅本 幸裕, 戸澤 啓一, 佐々木 昌一, 林 祐太郎, 安井 孝周, 柴田 孝弥, 原 賢康, 泌尿器科紀要,   2016年11月
  • 大腸癌手術時におけるICGによる吻合部血流の評価, 原 賢康, 柳田 剛, 安藤 菜奈子, 志賀 一慶, 佐川 弘之, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2016年10月
  • 孤立性直腸潰瘍症候群における急性出血性直腸潰瘍に対する外科的マネージメント, 柳田 剛, 高橋 広域, 原 賢康, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2016年10月
  • DST吻合における縫合不全減少を目指したポリグリコール酸吸収性縫合補強材(ネオベール)の実験的検討, 高橋 広城, 原 賢康, 柳田 剛, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2016年10月
  • 大腸 腹膜播種の治療戦略 RT-PCRを用いた開腹、腹腔鏡下大腸切除術時における術後腹腔内遊離癌細胞の比較, 原 賢康, 安藤 菜奈子, 柳田 剛, 佐川 弘之, 志賀 一慶, 高橋 広城, 中西 速夫, 竹山 廣光, 日本癌治療学会学術集会抄録集,   2016年10月
  • 直腸前方切除術における縫合不全減少を目指したポリグリコール酸吸収性縫合補強材の実験的検討と臨床応用, 高橋 広城, 木村 昌弘, 原 賢康, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2016年07月
  • 腸管虚血性疾患における腸管切除範囲決定に対するICG蛍光血管造影検査の有用性の検討, 佐川 弘之, 原 賢康, 志賀 一慶, 社本 智也, 坪井 謙, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2016年07月
  • 腹腔鏡下大腸切除時における腹腔内遺残癌細胞のRT-PCRによる検出, 原 賢康, 佐川 弘之, 志賀 一慶, 社本 智也, 坪井 謙, 坂本 宣弘, 高橋 広城, 寺下 幸夫, 中西 速夫, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2016年07月
  • 大腸癌においてNOTCH1は癌遺伝子としてベータカテニン核移行に関与する, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 寺下 幸夫, 高橋 広城, 原 賢康, 坂本 宣弘, 田中 達也, 溝口 公士, 大久保 友貴, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2016年04月
  • 中心静脈カテーテル管理における安全対策 肥満患者におけるCVポート偏移に関する検討とその対策, 高橋 広城, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 原 賢康, 坂本 宜宏, 田中 達也, 森本 守, 坪井 謙, 社本 智也, 佐川 弘之, 溝口 公士, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2016年04月
  • 人工肛門閉鎖創に対する局所陰圧閉鎖療法の使用経験, 坪井 謙, 高橋 広城, 原 賢康, 佐川 弘之, 社本 智也, 森本 守, 坂本 宣弘, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2016年04月
  • 腹腔鏡下に診断および治療しえた膵周囲嚢胞性リンパ管嚢腫の一例, 佐藤 崇文, 松尾 洋一, 前田 祐三, 大久保 友貴, 斉藤 健太, 志賀 一慶, 溝口 公士, 佐川 弘之, 坪井 謙, 森本 守, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2015年12月
  • RT-PCRを用いた腹腔鏡下大腸切除時の潜在的腹膜播種の検出, 原 賢康, 佐川 弘之, 高橋 広城, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2015年12月
  • 腹腔鏡手術におけるミラーイメージの新たな克服法(oar method), 坪井 謙, 高橋 広城, 原 賢康, 齋藤 健太, 佐藤 崇文, 溝口 公士, 社本 智也, 佐川 弘之, 森本 守, 坂本 宣弘, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2015年12月
  • よりリアリティーを求めた腹腔鏡下大腸手術トレーニングボックスの作成と応用, 高橋 広城, 原 賢康, 坪井 謙, 溝口 公士, 佐川 弘之, 前田 祐三, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2015年12月
  • 当院におけるストーマ閉鎖術の工夫, 高橋 広城, 原 賢康, 坪井 謙, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2015年10月
  • 高齢化時代の手術と周術期管理(医師、メディカルスタッフ) 高齢化時代の消化管がん手術についての検討 当院での80歳以上高齢者のデータから, 坂本 宣弘, 高橋 広城, 原 賢康, 田中 達也, 森本 守, 坪井 謙, 社本 智也, 佐川 弘之, 溝口 公士, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2015年10月
  • StageII結腸直腸癌における再発危険因子としての術前血清IL-6値の検討, 志賀 一慶, 原 賢康, 佐川 弘之, 前田 祐三, 社本 智也, 坪井 謙, 高橋 広城, 石黒 秀行, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2015年09月
  • 標準化を目指した人工肛門造設術式の検討, 佐藤 幹則, 高橋 広城, 原 賢康, 坪井 謙, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2015年09月
  • 副中結腸動脈が存在する下行結腸癌および横行結腸癌症例の検討, 佐川 弘之, 原 賢康, 志賀 一慶, 社本 智也, 坪井 謙, 高橋 広城, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2015年09月
  • 右側結腸癌に対する針状把持鉗子を用いたRPS, 高橋 広城, 原 賢康, 坪井 謙, 社本 智也, 佐川 弘之, 志賀 一慶, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2015年09月
  • 腹腔鏡下大腸切除術時の潜在的腹膜播種症例の検討, 原 賢康, 志賀 一慶, 佐川 弘之, 高橋 広城, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2015年09月
  • 右側結腸癌における単孔式腹腔鏡下右半結腸切除術の検討, 原 賢康, 坪井 謙, 坂本 宣弘, 高橋 広城, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2015年07月
  • 適切なCVポート造設位置に関する検討, 高橋 広城, 原 賢康, 田中 達也, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2015年07月
  • 尿管S状結腸吻合後の腺癌の1例, 柴田 孝弥, 高橋 広城, 原 賢康, 松尾 洋一, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2015年07月
  • 腹腔鏡下S状結腸・直腸切除術におけるパート別手術時間の検討, 坪井 謙, 原 賢康, 中屋 誠一, 社本 智也, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2015年07月
  • POSSUMを用いた、高齢者大腸癌患者治療における死亡率の評価と比較, 坪井 謙, 原 賢康, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2015年05月
  • 下部消化管 大腸イレウスに対する治療法と短期成績, 原 賢康, 志賀 一慶, 高橋 広城, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2015年04月
  • 下部消化管 直腸前方切除術における経肛門ドレーンの功罪, 高橋 広城, 原 賢康, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2015年04月
  • RT-PCRを用いた骨盤内遊離癌細胞の検出と病理学的CRMとの比較, 原 賢康, 長崎 高也, 高橋 広城, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2015年02月
  • 複数の領域から血管支配を受けた巨大小腸GISTの1例, 社本 智也, 松尾 洋一, 中屋 誠一, 坪井 謙, 柴田 孝弥, 田中 達也, 宮井 博隆, 坂本 宣弘, 原 賢康, 高橋 広城, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2014年12月
  • 腹膜播種による直腸狭窄をきたした肺癌の一例, 中屋 誠一, 高橋 広城, 木村 昌弘, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 原 賢康, 坂本 宜弘, 宮井 博隆, 田中 達也, 柴田 孝弥, 坪井 謙, 社本 智也, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2014年12月
  • 腹腔鏡下に切除し得た閉鎖神経由来神経鞘腫の1例, 高橋 広城, 原 賢康, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2014年10月
  • 農村地区での腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術, 佐藤 崇文, 溝口 公士, 社本 智也, 佐川 弘之, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 原 賢康, 高橋 広城, 若杉 健弘, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2014年10月
  • PCRを用いた腹腔鏡、開腹側方郭清における遺残腫瘍細胞の検出, 原 賢康, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2014年10月
  • 当院における消化管神経内分泌腫瘍、特に消化管神経内分泌癌に対する治療の現状, 森 義徳, 田中 守, 西脇 裕高, 尾関 啓司, 塚本 宏延, 海老 正秀, 溝下 勤, 澤田 武, 久保田 英嗣, 谷田 諭史, 片岡 洋望, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 城 卓志, 日本消化器病学会雑誌,   2014年09月
  • 腹腔鏡下に切除した後腹膜粘液嚢胞腺腫の1例, 藤幡 士郎, 坂本 宣弘, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 高橋 広城, 原 賢康, 小川 了, 宮井 博隆, 田中 達也, 柴田 孝弥, 今神 透, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2014年09月
  • stage IV大腸癌患者の生存率、bevacizumab感受性に対するrisk factorとしての血中IL-6値, 原 賢康, 長崎 高也, 高橋 広城, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2014年07月
  • 大腸癌においてNOTCH1がベータカテニン核移行に関与する, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 松尾 洋一, 高橋 広城, 原 賢康, 小川 了, 田中 達也, 溝口 公士, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2014年07月
  • オキザリプラチン含有大腸癌化学療法時の味覚障害の検討, 中屋 誠一, 今神 透, 原 賢康, 高橋 広城, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌,   2014年06月
  • 血中IL-6値が再発非切除大腸癌患者の生存並びにbevacizumab感受性に影響する, 原 賢康, 長崎 高也, 高橋 広城, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌,   2014年06月
  • 骨盤剥離面の洗浄液RT-PCRによる直腸癌局所再発リスクの評価, 原 賢康, 長崎 高也, 高橋 広城, 佐藤 幹則, 中西 速夫, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2014年03月
  • 腹腔鏡下胃全摘術後の食道空腸吻合法 Overlap法とCircular stapler法の比較検討, 森元 守, 早川 哲史, 北上 英彦, 田中 守嗣, 清水 保延, 山本 稔, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 舟橋 整, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 原 賢康, 小川 了, 宮井 博隆, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2014年03月
  • 遠隔転移を有する大腸癌の予後とBevacizumab感受性に関わる因子について比較検討, 長崎 高也, 原 賢康, 高橋 広城, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2014年03月
  • 大腸癌の予後に対する血中IL-6値、VEGF値の有用性, 原 賢康, 長崎 高也, 小川 了, 高橋 広城, 石黒 秀行, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2014年03月
  • 完全皮下埋込み式カテーテル術前後の患者の意識調査, 坪井 謙, 早川 哲史, 森本 守, 小川 了, 原 賢康, 高橋 広城, 松尾 洋一, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 静脈経腸栄養,   2014年01月
  • 化学療法と栄養管理 大腸癌化学療法における味覚障害についての検討, 今神 透, 原 賢康, 小川 了, 高橋 広城, 松尾 洋一, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 静脈経腸栄養,   2014年01月
  • RT-PCRを用いた直腸癌CRMの評価, 原 賢康, 長崎 高也, 田中 達也, 高橋 広城, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2013年11月
  • 安全な中結腸動脈根部を郭清する 当院での安全で確実な中結腸動脈根部周囲の郭清を伴う腹腔鏡下横行結腸切除術の実際, 森本 守, 早川 哲史, 北上 英彦, 田中 守嗣, 山本 稔, 清水 保延, 坪井 謙, 宮井 博隆, 小川 了, 原 賢康, 高橋 広樹, 石黒 秀行, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2013年11月
  • 自動吻合器・縫合器の最良の使用方法 安全な腹腔鏡下直腸切離・吻合を目指した実験的検討, 高橋 広城, 原 賢康, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2013年11月
  • 食道癌におけるmicroRNA34bとmicroRNA21の発現解析(Expression analysis of miR34b and miR21 in esophageal squamous cell carcinoma), 石黒 秀行, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 舟橋 整, 松尾 洋一, 高橋 広城, 原 賢康, 小川 了, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事,   2013年10月
  • 消化管領域におけるNew Device/New Technique 大腸右半結腸手術における腹腔鏡手術と単孔式手術との侵襲の検討, 原 賢康, 宮井 博隆, 高橋 広城, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 小切開・鏡視外科学会雑誌,   2013年10月
  • 食道癌におけるCOX2発現と臨床病理学的因子との検討, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 舟橋 整, 松尾 洋一, 高橋 広城, 原 賢康, 坂本 宣弘, 小川 了, 宮井 博隆, 田中 達也, 斉藤 慎一郎, 溝口 公士, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌,   2013年09月
  • 腹腔鏡下直腸切離における実験的検討 どこまで一発で切れる?, 高橋 広城, 原 賢康, 石黒 秀行, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2013年09月
  • 大腸癌におけるNOTCH1発現と臨床病理学的因子の検討, 石黒 秀行, 佐藤 幹則, 高橋 広城, 原 賢康, 宮井 博隆, 坪井 謙, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2013年09月
  • 人工肛門造設・閉鎖術の術式の工夫, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 宮井 博隆, 坪井 謙, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2013年09月
  • 術前血中VEGF値と予後との相関, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2013年09月
  • Tocilizumabによる大腸癌間質線維芽細胞を対象とした抗血管新生治療の可能性, 長崎 高也, 原 賢康, 高橋 広城, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2013年07月
  • 人工肛門造設・閉鎖症例の検討, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 宮井 博隆, 塩崎 みどり, 小川 了, 坂本 雅樹, 安藤 拓也, 若杉 健弘, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 舟橋 整, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2013年03月
  • 膵癌細胞の転移・浸潤能に対するグリア細胞由来神経栄養因子の役割, 舟橋 整, 塩崎 みどり, 宮井 博隆, 小川 了, 原 賢康, 高橋 広域, 坂本 雅樹, 安藤 拓也, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2013年03月
  • 腹腔鏡手術にて摘出した骨盤内の腹腔内遊離体の1例, 安藤 拓也, 塩崎 みどり, 宮井 博隆, 小川 了, 原 賢康, 高橋 広城, 坂本 雅樹, 石黒 秀行, 高山 悟, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2012年12月
  • 電子カルテシステムを利用した効率的かつ安全なレジメンシステムの構築と運用, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 塩崎 みどり, 小川 了, 宮井 博隆, 若杉 健弘, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 安藤 拓也, 高山 悟, 舟橋 整, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌,   2012年10月
  • 人工肛門閉鎖術における術式・合併症の検討, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 宮井 博隆, 坪井 謙, 安藤 拓也, 石黒 秀行, 高山 悟, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2012年09月
  • 当院における早期大腸癌の治療戦略, 高山 悟, 宮井 博隆, 原 賢康, 安藤 拓也, 石黒 秀行, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2012年09月
  • 抗インターロイキン-6レセプター抗体の抗腫瘍作用 直接作用と癌間質相互作用について(続報)(Antitumor effect of antiinterleukin-6 receptor antibody: Directly and Tumor-Stromal Interactions: follow-up report), 長崎 高也, 原 賢康, 高橋 広城, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事,   2012年08月
  • 肛門側鏡視下手縫い吻合、反転法を駆使したsingle stapling technique法による確実な直腸吻合, 原 賢康, 小川 了, 高橋 広城, 安藤 拓也, 高山 悟, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2012年07月
  • 当院における集学的術後感染症対策, 高山 悟, 原 賢康, 坂本 雅樹, 高橋 広城, 若杉 健弘, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2012年07月
  • 針状把持鉗子MiniLapの腹腔鏡下大腸手術への応用, 高橋 広城, 原 賢康, 高山 悟, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2012年07月
  • 進行・再発大腸癌に対するベバシズマブ併用症例の検討, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 小川 了, 安藤 拓也, 松尾 洋一, 高山 悟, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2012年07月
  • 抗インターロイキン6受容体抗体の大腸癌細胞に対する抗腫瘍効果, 長崎 高也, 原 賢康, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2012年03月
  • 当院における十二指腸乳頭部癌の治療成績から考える適正な切除範囲, 岡田 祐二, 松尾 洋一, 越智 靖夫, 大見 関, 塩崎 みどり, 小川 了, 原 賢康, 坂本 雅樹, 安藤 拓也, 若杉 健弘, 高山 悟, 舟橋 整, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2012年03月
  • 効率的かつ安全ながん化学療法レジメンシステムの構築と運用, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 塩崎 みどり, 小出 修司, 小川 了, 若杉 健弘, 松尾 洋一, 安藤 拓也, 高山 悟, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2012年03月
  • 大腸癌化学療法中の低栄養、炎症改善のためのプロシュア内服, 原 賢康, 小川 了, 安藤 拓也, 高橋 広城, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 静脈経腸栄養,   2012年01月
  • single stapling techniqueの反転法による下部直腸癌器械吻合の安定化, 原 賢康, 塩崎 みどり, 小川 了, 高橋 広城, 安藤 拓也, 高山 悟, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2011年12月
  • NOTES今後の展望 当院におけるNOTESへの取り組み, 高山 悟, 原 賢康, 高橋 広城, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2011年12月
  • 幽門側胃切除後の残胃壊死にて残胃全摘術後、十二指腸断端縫合不全に起因する重篤な合併症から救命し得た1列, 若杉 健弘, 塩崎 みどり, 小出 修司, 小川 了, 原 賢康, 越智 靖夫, 高橋 広城, 坂本 雅樹, 松尾 洋一, 高山 悟, 舟橋 整, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本外科感染症学会雑誌,   2011年11月
  • 膵切除後腹腔内出血症例の検討, 岡田 祐二, 越智 靖夫, 松尾 洋一, 大見 関, 塩崎 みどり, 原 賢康, 安藤 拓也, 高橋 広城, 坂本 雅樹, 高山 悟, 若杉 健弘, 舟橋 整, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2011年10月
  • 当院での難治性腸瘻の経験, 高山 悟, 原 賢康, 高橋 広城, 坂本 雅樹, 越智 靖夫, 若杉 健弘, 松尾 洋一, 舟橋 整, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2011年10月
  • 電子カルテシステムにおけるがん化学療法レジメン指示システムとチーム医療による安全で効率的な外来化学療法の運用, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 大見 関, 塩崎 みどり, 小出 修司, 若杉 健弘, 松尾 洋一, 安藤 拓也, 高山 悟, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2011年10月
  • ここまで出来るNOTES 当院におけるNOTESへの取り組み, 高山 悟, 大見 関, 小出 修司, 原 賢康, 坂本 雅樹, 高橋 広城, 若杉 健弘, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2011年10月
  • Aktの基質であるGirdinと食道扁平上皮癌細胞の移動との関連(Akt-substrate Girdin promotes cell migration in esophageal squamous cell carcinoma), 柴田 孝弥, 松尾 洋一, 齋藤 慎一郎, 廣川 高久, 社本 智也, 長崎 高也, 坪井 謙, 小出 修司, 原 賢康, 越智 靖夫, 高橋 広城, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事,   2011年09月
  • 抗血管新生作用、抗腫瘍増生作用両面を介した抗インターロイキン-6レセプター抗体の抗腫瘍作用(Antitumor effect of antiinterleukin-6 receptor antibody via both antiangiogenetic and antitumor growth effect), 長崎 高也, 原 賢康, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事,   2011年09月
  • 進行・再発大腸癌に対する抗EGRF抗体薬治療症例の検討, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 塩崎 みどり, 小出 修司, 小川 了, 若杉 健弘, 松尾 洋一, 安藤 拓也, 高山 悟, 舟橋 整, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌,   2011年09月
  • Loop colostomyが奏功した成人発症遺糞症の1例, 高橋 広城, 原 賢康, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2011年09月
  • 盲腸腫瘍に対するHybrid NOTESの1例, 高山 悟, 原 賢康, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2011年09月
  • 進行・再発大腸癌に対するセツキシマブによる2次3次治療症例の検討, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 宮井 博隆, 坪井 謙, 安藤 拓也, 高山 悟, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2011年09月
  • 直腸癌腹腔鏡下手術における反転法の適応拡大, 原 賢康, 高橋 広城, 高山 悟, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2011年09月
  • 膵癌細胞に対するグリア細胞由来神経栄養因子(GDNF)を介したuPAとMMPの役割, 舟橋 整, 松尾 洋一, 原 賢康, 若杉 健弘, 高山 悟, 三井 章, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 桑原 義之, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2011年07月
  • 進行・再発大腸癌に対するXELOX療法の有害事象対策とその評価, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 松尾 洋一, 高山 悟, 舟橋 整, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 桑原 義之, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2011年07月
  • 腹腔鏡下直腸切除におけるループ針を用いたsingle stapling techniqueによる反転法, 原 賢康, 高山 悟, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2011年07月
  • Hemi-Double stapling法を用いた幽門側および噴門側胃切除後の再建術, 三井 章, 桑原 義之, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 小川 了, 塩崎 みどり, 舟橋 整, 若杉 健弘, 原 賢康, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2011年07月
  • 大腸癌手術における当院でのERASによる周術期管理, 原 賢康, 高橋 広城, 高山 悟, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 外科と代謝・栄養,   2011年06月
  • Recent colorectal surgery toward NOTES, 高山 悟, 原 賢康, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2011年05月
  • 膵頭十二指腸切除後における膵液瘻の発生要因とその対策について, 岡田 祐二, 松尾 洋一, 仲井 希, 塩崎 みどり, 原 賢康, 坂本 雅樹, 越智 靖夫, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 高山 悟, 三井 章, 舟橋 整, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 桑原 義之, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2011年05月
  • 大腸癌stage II患者の予後規定因子としての血中IL-6値の有用性, 原 賢康, 長崎 高也, 塩崎 みどり, 石黒 秀行, 高山 悟, 三井 章, 木村 昌広, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2011年05月
  • Gemcitabine耐性膵癌細胞株はCXCL8産生・分泌の亢進により血管新生を促進する, 小出 修司, 松尾 洋一, 越智 靖夫, 原 賢康, 若杉 健弘, 高山 悟, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 桑原 義之, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2011年05月
  • 多価不飽和脂肪酸(PUFA)の膵癌細胞に対する影響, 舟橋 整, 原 賢康, 若杉 健弘, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 高山 悟, 三井 章, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 桑原 義之, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2011年05月
  • 皮下埋め込み型中心静脈ポートに対する患者の満足度調査, 坪井 謙, 早川 哲史, 田中 守嗣, 原 賢康, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 若杉 健弘, 高山 悟, 三井 章, 舟橋 整, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 桑原 義之, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2010年10月
  • 大腸癌化学療法(XELOX療法)に対する外来化学療法室の取り組み, 佐藤 幹則, 原 賢康, 田中 達也, 坂本 雅樹, 松尾 洋一, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 高山 悟, 三井 章, 舟橋 整, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 桑原 義之, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2010年10月
  • 膵頭十二指腸切除における術後合併症とその対策 当科における膵頭十二指腸切除後の膵液瘻の発生とその対策, 岡田 祐二, 松尾 洋一, 安田 顕, 仲井 希, 田中 達也, 坂本 雅樹, 原 賢康, 石黒 秀行, 三井 章, 高山 悟, 舟橋 整, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 桑原 義之, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2010年10月
  • 手術創管理のベストプラクティス 当院における術後手術創管理, 高山 悟, 原 賢康, 坂本 雅樹, 若杉 健弘, 松尾 洋一, 舟橋 整, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2010年10月
  • 胃癌再発高危険群に対するTS-1投与の検討, 赤毛 義実, 若杉 健弘, 舟橋 整, 原 賢康, 坂本 雅樹, 松尾 洋一, 高山 悟, 石黒 秀行, 三井 章, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 桑原 義之, 竹山 廣光, 日本消化器病学会雑誌,   2010年09月
  • XELOX療法に対するチーム医療の実践と課題, 佐藤 幹則, 高山 悟, 石黒 秀行, 原 賢康, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2010年09月
  • Bevacizumab耐性癌細胞株に対する抗血管新生(Antiangiogenetic effect against Bevacizumab-resistant cancer cell), 原 賢康, 佐藤 幹則, 中西 速夫, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事,   2010年08月
  • 膵癌細胞のゲムシタビン耐性獲得はIL-8産生の活性化により血管新生を促進する(Acquisition of gemcitabine resistance enhances angiogenesis in pancreatic cancer via up-regulation of IL-8 production), 小出 修司, 松尾 洋一, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 舟橋 整, 高山 悟, 若杉 健弘, 原 賢康, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事,   2010年08月
  • 分子標的薬併用化学療法を施行した進行・再発大腸癌の検討, 佐藤 幹則, 原 賢康, 松尾 洋一, 若杉 健弘, 高山 悟, 舟橋 整, 岡田 祐二, 桑原 義之, 赤毛 義実, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2010年07月
  • 尾側膵切除における膵液漏の発生要因とその対策について, 岡田 祐二, 松尾 洋一, 安田 顕, 原 賢康, 坂本 雅樹, 若杉 健弘, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 赤毛 義実, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2010年07月
  • pSM、pMP患者におけるリンパ節転移個数と予後との検討, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 高山 悟, 佐藤 幹則, 桑原 義之, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2010年07月
  • 消化器外科手術アトラス 新しい腸管吻合法, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 高橋 広城, 原 賢康, 桑原 義之, 消化器外科,   2010年07月
  • 尤度比、検査後確率を用いたstage II術後フォローアップ時の血中CEA値の有用性の検討, 原 賢康, 高橋 広城, 高山 悟, 三井 章, 佐藤 幹則, 桑原 義之, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2010年05月
  • 膵癌浸潤・血管新生におけるCXCL12の役割とシグナルの解明, 松尾 洋一, 越智 靖夫, 安田 顕, 小出 修司, 原 賢康, 坂本 雅樹, 若杉 健弘, 高山 悟, 舟橋 整, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 赤毛 義実, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2010年03月
  • 神経栄養因子による膵癌細胞の増殖能の変化に対するuPAとMMPの役割, 舟橋 整, 原 賢康, 坂本 雅樹, 松尾 洋一, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 高山 悟, 三井 章, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 赤毛 義実, 桑原 義之, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2010年03月
  • 胃癌術後残胃癌の臨床的検討, 赤毛 義実, 若杉 健弘, 舟橋 整, 原 賢康, 坂本 雅樹, 松尾 洋一, 高山 悟, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本消化器病学会雑誌,   2010年03月
  • IVR処置により待機的に根治術が施行できた仮性膵嚢胞内出血の1例, 松尾 洋一, 越智 靖夫, 安田 顕, 小出 修司, 原 賢康, 坂本 雅樹, 若杉 健弘, 高山 悟, 舟橋 整, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 赤毛 義実, 竹山 廣光, 日本腹部救急医学会雑誌,   2010年02月
  • 看護必要度を用いたリスク評価と、リスク別に見た外科的治療における包括評価と出来高評価の差違, 原 賢康, 高橋 広城, 高山 悟, 佐藤 幹則, 鈴木 貞夫, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2010年02月
  • 治癒切除胃癌において節外転移の検討, 赤尾 義実, 若杉 健弘, 舟橋 整, 原 賢康, 安田 顕, 坂本 雅樹, 松尾 洋一, 高山 悟, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2009年10月
  • 尾側膵切除における膵液漏の発生要因とその対策について, 岡田 祐二, 松尾 洋一, 安田 顕, 原 賢康, 坂本 雅樹, 若杉 健弘, 高山 悟, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 赤毛 義美, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2009年10月
  • より低侵襲な腹腔鏡下S状結腸切除術の2例, 高山 悟, 高橋 広城, 原 賢康, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2009年10月
  • 膵癌におけるLipocalin-2の役割, 松尾 洋一, 安田 顕, 越智 靖夫, 沢井 博純, 小出 修司, 原 賢康, 坂本 雅樹, 若杉 健弘, 高山 悟, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 赤毛 義実, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌,   2009年09月
  • 残胃癌の臨床的検討, 赤毛 義実, 若杉 健弘, 舟橋 整, 原 賢康, 安田 顕, 坂本 雅樹, 松尾 洋一, 高山 悟, 沢井 博純, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本消化器病学会雑誌,   2009年09月
  • 当院における早期大腸癌の治療, 高山 悟, 原 賢康, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2009年09月
  • 進行・再発大腸癌に対する分子標的薬併用化学療法施行症例の検討, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高山 悟, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2009年09月
  • n-6とn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の膵癌細胞に対する正反対の効果, 舟橋 整, 原 賢康, 安田 顕, 坂本 雅樹, 松尾 洋一, 若杉 健弘, 沢井 博純, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会雑誌,   2009年07月
  • 進行・再発大腸癌に対するベバシズマブ併用化学療法の安全性と有用性の検討, 佐藤 幹則, 原 賢康, 安田 顕, 坂本 雅樹, 松尾 洋一, 高山 悟, 沢井 博純, 舟橋 整, 赤毛 義実, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会雑誌,   2009年07月
  • 大腸癌術後年数と腫瘍マーカー上昇時、正常時の再発確率, 原 賢康, 高橋 広城, 高山 悟, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会雑誌,   2009年07月
  • 膵癌浸潤・血管新生におけるNGALの役割, 松尾 洋一, 沢井 博純, 越智 靖夫, 安田 顕, 原 賢康, 坂本 雅樹, 高橋 広城, 若杉 健弘, 高山 悟, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 赤毛 義実, 竹山 廣光, Zhimin Tong, Sushovan Guha, 膵臓,   2009年06月
  • 膵癌浸潤・血管新生におけるCXCL8およびCXCL12の役割と相互作用, 松尾 洋一, 沢井 博純, 越智 靖夫, 安田 顕, 原 賢康, 坂本 雅樹, 高山 悟, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 赤毛 義実, 竹山 廣光, 日本消化器病学会雑誌,   2009年03月
  • 対照的な効果を有するn-6,n-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の膵癌細胞増殖能、浸潤能に対する役割, 舟橋 整, 沢井 博純, 原 賢康, 安田 顕, 坂本 雅樹, 高橋 広城, 松尾 洋一, 若杉 健弘, 高山 悟, 佐藤 幹則, 赤毛 義実, 竹山 廣光, 日本消化器病学会雑誌,   2009年03月
  • ポリスチレンスルホン酸カルシウム(PS-Ca)ゼリー内服により大腸穿孔を来した1例, 今藤 裕之, 高橋 広城, 原 賢康, 越智 靖夫, 坂本 雅樹, 安田 顕, 高山 悟, 若杉 健弘, 沢井 博純, 佐藤 幹則, 赤毛 義実, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2009年03月
  • ポリスチレンスルホン酸カルシウム(アーガメイトゼリー)内服中に発症したS状結腸穿孔性腹膜炎の1例, 高橋 広城, 今藤 裕之, 原 賢康, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2009年02月, 症例は79歳,女性.慢性腎不全に伴う高K血症のためにポリスチレンスルホン酸カルシウム(アーガメイトゼリー)を内服していた.2008年4月3日に突然下腹部痛が出現し,近医を受診した.穿孔性腹膜炎の診断で当院に緊急搬送され,同日緊急手術を施行した.開腹するとS状結腸に非常に硬い便塊を認め,S状結腸に陥頓していた.この口側の腸管は約10cmにわたり漿膜が裂けており,その一部に1.5cmの穿孔を認めた.損傷部位を含めてS状結腸を切除し,腹腔ドレナージおよびHartmann手術を行った.術後は集学的治療を行い,救命することが可能であった.病理学的には損傷部位および便塊にcrystalline materialが確認され,アーガメイトゼリー内服がS状結腸穿孔の発症に強く関与していることが予想された.同薬剤内服時における排便コントロールの重要性が強く示唆された症例であった.(著者抄録)
  • n-6とn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の膵癌細胞増殖能、浸潤能に対する効果, 舟橋 整, 沢井 博純, 原 賢康, 安田 顕, 越智 靖夫, 坂本 雅樹, 高橋 広城, 松尾 洋一, 若杉 健弘, 高山 悟, 佐藤 幹則, 赤毛 義実, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2009年02月
  • 胃癌術後におけるnomogramを用いた予後予測, 赤毛 義実, 若杉 健弘, 舟橋 整, 原 賢康, 高橋 広城, 坂本 雅樹, 高山 悟, 沢井 博純, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌,   2008年10月
  • 胃癌・大腸癌に対するEGFRを標的とする分子標的治療の基礎的検討, 中西 速夫, 原 賢康, 松井 誠, 日本癌治療学会誌,   2008年10月
  • 胃癌におけるnomogramを用いた予後予測, 赤毛 義実, 若杉 健弘, 舟橋 整, 原 賢康, 高橋 広城, 坂本 雅樹, 越智 靖夫, 安田 顕, 高山 悟, 沢井 博純, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2008年10月
  • 遺伝子変異のないAPC/βcatenin経路を有し、EGFRを高発現する大腸癌細胞株のCetuximab感受性とその機構(Cetuximab hypersensitivity of EGFR overexpressing colorectal cancer cell line with intact APC, beta-catenin axis), 原 賢康, 中西 速夫, 池原 譲, 金光 幸秀, 松井 誠, 立松 正衛, 日本癌学会総会記事,   2008年09月
  • 大腸癌術後肺再発症例の検討, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 高山 悟, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2008年09月
  • N-6多価不飽和脂肪酸(PUFA)の膵癌細胞増殖能、浸潤能への増強効果(Stimulating actions of N-6 polyunsaturated fatty acid on pancreatic cancer cell proliferation and invasion), 舟橋 整, 沢井 博純, 原 賢康, 安田 顕, 越智 靖夫, 坂本 雅樹, 高橋 広城, 松尾 洋一, 若杉 健弘, 高山 悟, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事,   2008年09月
  • EGFR標的薬を用いた胃癌に対する分子標的治療の前臨床研究, 中西 速夫, 原 賢康, 松井 誠, 立松 正衞, 日本病理学会会誌,   2008年03月
  • EGFRを過剰発現する胃癌の異種移植ヌードマウスモデルにおけるcetuximabの抗腫瘍作用(Anti-tumor effect of cetuximab on EGFR overexpressing gastric cancers xenografted models in nude mice), 原 賢康, 中西 速夫, 辻村 邦夫, 池原 譲, 小寺 泰弘, 竹山 廣光, 立松 正衞, 日本癌学会総会記事,   2007年08月
  • 【胃癌・大腸癌の病理診断 悪性度診断】 消化管癌腹膜播種の存在診断と悪性度診断, 中西 速夫, 小寺 泰弘, 伊藤 誠二, 望月 能成, 金光 幸秀, 平井 孝, 大橋 紀文, 原 賢康, 山村 義孝, 加藤 知行, 立松 正衞, 病理と臨床,   2005年09月
  • 直腸癌における側方リンパ節及び直腸間膜内リンパ節における微小転移の頻度とその生存率への影響, 原 賢康, 平井 孝, 金光 幸秀, 加藤 知行, 中西 速夫, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2005年05月
  • 肛門管扁平上皮癌,痔瘻癌に対する治療法の検討, 原 賢康, 平井 孝, 金光 幸秀, 加藤 知行, 不破 信和, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2004年04月
  • 直腸癌側方リンパ節郭清例における微小側方リンパ節転移の検討, 原 賢康, 平井 孝, 金光 幸秀, 加藤 知行, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2003年09月
  • リアルタイムRT-PCR法を用いた大腸癌患者腹腔洗浄液中CEAmRNAの定量的検出とその意義, 原 賢康, 中西 速夫, 平井 孝, 金光 幸秀, 加藤 知行, 立松 正衞, 日本癌学会総会記事,   2003年08月
  • 上下部直腸癌における側方リンパ節への微小転移の検討, 原 賢康, 平井 孝, 加藤 知行, 金光 幸秀, 山村 義孝, 安井 健三, 清水 泰博, 伊藤 誠二, 望月 能成, 日本消化器外科学会雑誌,   2003年07月
  • 診断に難渋したSolid-pseudopapillary tumorの1例, 越智 靖夫, 清水 泰博, 安井 健三, 加藤 知行, 山村 義孝, 平井 孝, 金光 幸秀, 伊藤 誠二, 望月 能成, 野中 健一, 三澤 一成, 原 賢康, 日本臨床外科学会雑誌,   2003年05月
  • 膵胆管合流異常を伴わない先天性胆道拡張症の1例, 野中 健一, 清水 泰博, 安井 健三, 加藤 知行, 山村 義孝, 平井 孝, 金光 幸秀, 伊藤 誠二, 望月 能成, 越智 靖夫, 三澤 一成, 原 賢康, 日本臨床外科学会雑誌,   2002年12月
  • リンパ濾胞の著明な増生により浸潤癌と鑑別困難であった膵管内乳頭腫瘍の1例, 越智 靖夫, 清水 泰博, 安井 健三, 加藤 知行, 山村 義孝, 平井 孝, 金光 幸秀, 伊藤 誠二, 望月 能成, 野中 健一, 三澤 一成, 原 賢康, 日本臨床外科学会雑誌,   2002年12月
  • 術後長期生存例における術中照射後の問題点 門脈閉塞に起因する消化管出血, 清水 泰博, 安井 健三, 加藤 知行, 山村 義孝, 平井 孝, 金光 幸秀, 伊藤 誠二, 望月 能成, 野中 健一, 越智 靖夫, 三澤 一成, 原 賢康, 日本臨床外科学会雑誌,   2002年10月
  • 腹腔鏡下イレウス解除術を施行した6例の検討, 山岸 庸太, 原 賢康, 品川 直哉, 村元 雅之, 三宅 孝, 日本臨床外科学会雑誌,   2001年11月
  • 逆流性食道炎予防を目指した胃切除Billroth 1法再建の工夫, 村元 雅之, 原 賢康, 品川 直哉, 山岸 庸太, 三宅 孝, 日本臨床外科学会雑誌,   2001年09月
  • 気胸にて発症した滑膜肉腫の肺転移の1例, 原 賢康, 品川 直哉, 山岸 庸太, 村元 雅之, 三宅 孝, 日本臨床外科学会雑誌,   2001年05月
  • CTにて術前診断し得たSpiegel herniaの1例, 原 賢康, 伊藤 斉, 吉冨 裕久, 小出 肇, 神谷 厚, 日本臨床外科学会雑誌,   2000年06月
  • 超高齢者大腸癌患者の外科治療, 小林 建司, 成田 洋, 原 賢康, 高橋 広城, 羽藤 誠記, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌,   1999年10月

受賞

  •   2018年08月, 日本癌治療学会, 優秀演題賞, bevacizumab投与における血中VEGF値の推移と治療効果への影響
  •   2017年10月, JDDW, 第25回日本消化器関連学会週間ポスター優秀演題賞, 腹腔鏡下大腸切除時における遊離癌細胞検出の頻度とその危険因子
  •   2014年08月, 日本癌治療学会, 第52回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞, 血中IL-6値が再発非切除大腸癌患者の生存ならびにbevacizumab感受性に影響する

競争的資金

  • 癌関連線維芽細胞中のシグナル阻害による抗腫瘍効果, 科学研究費補助金,   2016年 - 2018年, 原 賢康
  • オキサリプラチン含有化学療法の無増悪再発期間におけるEPA製剤の有用性の研究, 喜谷財団,   2015年 - 2016年, 原 賢康
  • Bevacizumab耐性大腸癌に対するItraconazole併用療法の有用性, 科学研究費補助金,   2011年 - 2012年, 原 賢康
  • オキサリプラチン耐性大腸癌の研究, 喜谷財団,   2011年, 原 賢康


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.