研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

金子 奈穂子カネコ ナオコ

所属部署医学研究科再生医学分野
職名准教授
メールアドレスnaokokamed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:2018年4月 - 現在 名古屋市立大学医学研究科 再生医学分野 准教授
    2013年8月 - 2018年3月 名古屋市立大学医学研究科 再生医学分野 講師
    2009年4月 - 2013年7月 名古屋市立大学医学研究科 再生医学分野 助教
    2007年4月 - 2009年3月 名古屋市立大学大学院医学研究科 再生医学分野 井上科学振興財団「井上フェロー」

学位

  • 博士(医学), 山梨大学

所属学協会

  • Society for Neuroscience
  • 日本神経化学会
  • 日本神経科学学会
  • 日本再生医療学会
  • 日本炎症・再生医学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本精神神経学会

経歴

  •   2018年04月 - 現在, 名古屋市立大学医学研究科, 再生医学分野, 准教授
  •   2013年08月 - 2018年03月, 名古屋市立大学医学研究科, 再生医学分野, 講師
  •   2009年04月 - 2013年07月, 名古屋市立大学医学研究科, 再生医学分野, 助教
  •   2007年04月 - 2009年03月, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 再生医学分野, 井上科学振興財団「井上フェロー」
  •   2004年04月 - 2007年03月, 山梨大学大学院医学工学総合教育部博士課程
  •   2007年03月, 博士課程修了、博士(医学)取得

研究活動情報

研究分野

  • 神経科学, 神経化学・神経薬理学

研究キーワード

    包括脳ネットワーク, 再生医学, 神経科学, 脳神経疾患, 脳・神経, 発生・分化, ニューロン新生, 脳室下帯, Slit, 新生ニューロン, 分化, 発生, アストロサイト, 細胞移動, 老化, Robo, ニューロン再生, 脳梗塞

論文

  • Go with the flow: Cerebrospinal fluid flow regulates neural stem cell proliferation., Kaneko N, Sawamoto K, Cell Stem Cell, in press,   2018年06月, 査読有り, 招待有り
  • Detachment of Chain-Forming Neuroblasts by Fyn-Mediated Control of cell-cell Adhesion in the Postnatal Brain., Fujikake K, Sawada M, Hikita T, Seto Y, Kaneko N, Herranz-Pérez V, Dohi N, Homma N, Osaga S, Yanagawa Y, Akaike T, García-Verdugo JM, Hattori M, Sobue K, Sawamoto K., The Journal of Neuroscience, 38, (19) 4598 - 4609,   2018年05月, 査読有り
  • Radial glial fibers support neuronal migration and regeneration after neonatal brain injury., Jinnou H, Sawada M, Kawase K, Kaneko N, Herranz-Pérez V, Miyamoto T, Kawaue T, Miyata T, Tabata Y, Akaike T, García-Verdugo JM, Ajioka I, Saitoh S, Sawamoto K., Cell Stem Cell,, 22, 128 - 137,   2018年01月, 査読有り
  • Mechanisms of neuronal migration in the adult brain., Kaneko N, Sawada M, Sawamoto K., Journal of Neurochemistry, 141, (6) 835 - 847,   2017年06月, 査読有り
  • Unique Organization of the Nuclear Envelope in the Post-natal Quiescent Neural Stem Cells., Arantxa Cebrián-Silla, Clara Alfaro-Cervelló, Vicente Herranz-Pérez, Naoko Kaneko, Dae Hwi Park, Kazunobu Sawamoto, Arturo Alvarez-Buylla, Daniel A.Lim, José Manuel., Stem Cell Reports, 9, (1) 203 - 216,   2017年07月, 査読有り
  • Angiogenic Biomaterials for Brain Ischemia Using Affinity-Immobilized VEGF on Laminin Porous Sponge., Oshikawa M, Okada K, Kaneko N, Sawamoto K, Ajioka I., Advanced Healthcare Materials, 6, (11) ,   2017年06月, 査読有り
  • β1 integrin signaling promotes neuronal migration along vascular scaffolds in the post-stroke brain., Fujioka T, Kaneko N, Ajioka I, Nakaguchi K, Omata T, Ohba H, Fässler R, García-Verdugo JM, Sekiguchi K, Matsukawa N, Sawamoto K., EBioMedicine, 16, 195 - 203,   2017年02月, 査読有り
  • Genome-Wide Association Study Identifies ZNF354C Variants Associated with Depression from Interferon-Based Therapy for Chronic Hepatitis C, Matsunami K, Nishida N, Kaneko N, Ikeo K, Licht Toyo-oka, Takeuchi H, Matsuura K, Tamori A, Nomura H, Yoshiji H, Imamura M, Masaki N, Hayakawa T, Ide T, Shimada N, Ikeda F, Hino K, Nishiguchi S, Okuse C, Nojiri S, Sawamoto K, Tokunaga K, Joh T, Tanaka Y., PLoS One, 11, (10) ,   2016年10月, 査読有り
  • Characterization of multiciliated ependymal cells that emerge in the neurogenic niche of the aged zebrafish brain., Ogino T, Sawada M, Takase H, Nakai C, Herranz-Pérez V, Cebrián-Silla A, Kaneko N, García-Verdugo JM, Sawamoto K., Journal of Comparative Neurology, 524, (15) 2982 - 2992,   2016年10月, 査読有り
  • Minocycline treatment ameliorates interferon-alpha- induced neurogenic defects and depression-like behaviors in mice., Zheng LS, Kaneko N#, Sawamoto K#. (#: corresponding author), Frontiers in Cellular Neuroscience, 9, (5) ,   2015年01月, 査読有り
  • Mechanisms for Interferon-α-Induced Depression and Neural Stem Cell Dysfunction., Zheng LS*, Hitoshi S*, Kaneko N*#, Takao K, Miyakawa T, Tanaka Y, Xia H, Kalinke U, Kudo K, Kanba S, Ikenaka K, Sawamoto K#. (*: equal contribution. #: corresponding author), Stem cell reports, 3, (1) 73 - 84,   2014年07月, 査読有り
  • Enhancement of ventricular-subventricular zone-derived neurogenesis and oligodendrogenesis by erythropoietin and its derivatives., Kaneko N, Kako E, Sawamoto K, Frontiers in cellular neuroscience, 7, (NOV) ,   2013年11月, 査読有り
  • Human dental pulp-derived stem cells protect against hypoxic-ischemic brain injury in neonatal mice., Yamagata M, Yamamoto A, Kako E, Kaneko N, Matsubara K, Sakai K, Sawamoto K, Ueda M, Stroke; a journal of cerebral circulation, 44, 551 - 554,   2013年02月, 査読有り
  • Subventricular zone-derived oligodendrogenesis in injured neonatal white matter in mice enhanced by a nonerythropoietic erythropoietin derivative., Kako E, Kaneko N, Aoyama M, Hida H, Takebayashi H, Ikenaka K, Asai K, Togari H, Sobue K, Sawamoto K, Stem cells (Dayton, Ohio), 30, (10) 2234 - 2247,   2012年10月, 査読有り
  • A role for mDia, a Rho-regulated actin nucleator, in tangential migration of interneuron precursors., Shinohara R, Thumkeo D, Kamijo H, Kaneko N, Sawamoto K, Watanabe K, Takebayashi H, Kiyonari H, Ishizaki T, Furuyashiki T, Narumiya S, Nature neuroscience, 15, (3) 373 - 380,   2012年01月, 査読有り
  • Growth factors released from gelatin hydrogel microspheres increase new neurons in the adult mouse brain., Nakaguchi K, Jinnou H, Kaneko N, Sawada M, Hikita T, Saitoh S, Tabata Y, Sawamoto K, Stem cells international, 2012,   2012年10月, 査読有り
  • A subtype-specific critical period for neurogenesis in the postnatal development of mouse olfactory glomeruli., Kato Y, Kaneko N, Sawada M, Ito K, Arakawa S, Murakami S, Sawamoto K, PloS one, 7, (11) ,   2012年, 査読有り
  • Sensory input regulates spatial and subtype-specific patterns of neuronal turnover in the adult olfactory bulb., Sawada M, Kaneko N, Inada H, Wake H, Kato Y, Yanagawa Y, Kobayashi K, Nemoto T, Nabekura J, Sawamoto K, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 31, (32) 11587 - 11596,   2011年08月, 査読有り
  • Girdin is an intrinsic regulator of neuroblast chain migration in the rostral migratory stream of the postnatal brain., Wang Y, Kaneko N, Asai N, Enomoto A, Isotani-Sakakibara M, Kato T, Asai M, Murakumo Y, Ota H, Hikita T, Namba T, Kuroda K, Kaibuchi K, Ming GL, Song H, Sawamoto K, Takahashi M, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 31, (22) 8109 - 8122,   2011年06月, 査読有り
  • Prospects and limitations of using endogenous neural stem cells for brain regeneration., Kaneko N, Kako E, Sawamoto K, Genes, 2, (1) 107 - 130,   2011年01月, 査読有り
  • Strategies for regenerating striatal neurons in the adult brain by using endogenous neural stem cells., Nakaguchi K, Masuda H, Kaneko N, Sawamoto K, Neurology research international, 2011,   2011年06月, 査読有り
  • New neurons clear the path of astrocytic processes for their rapid migration in the adult brain., Kaneko N, Marín O, Koike M, Hirota Y, Uchiyama Y, Wu JY, Lu Q, Tessier-Lavigne M, Alvarez-Buylla A, Okano H, Rubenstein JL, Sawamoto K, Neuron, 67, (2) 213 - 223,   2010年07月, 査読有り
  • Musashi1 as a marker of reactive astrocytes after transient focal brain ischemia., Oki K, Kaneko N, Kanki H, Imai T, Suzuki N, Sawamoto K, Okano H, Neuroscience research, 66, (4) 390 - 395,   2010年04月, 査読有り
  • Roles of disrupted-in-schizophrenia 1-interacting protein girdin in postnatal development of the dentate gyrus., Enomoto A, Asai N, Namba T, Wang Y, Kato T, Tanaka M, Tatsumi H, Taya S, Tsuboi D, Kuroda K, Kaneko N, Sawamoto K, Miyamoto R, Jijiwa M, Murakumo Y, Sokabe M, Seki T, Kaibuchi K, Takahashi M, Neuron, 63, (6) 774 - 787,   2009年09月, 査読有り
  • Adult neurogenesis and its alteration under pathological conditions., Kaneko N, Sawamoto K, Neuroscience research, 63, (3) 155 - 164,   2009年03月, 査読有り, 招待有り
  • [Adult neurogenesis in physiological and pathological conditions]., Kaneko N, Sawamoto K, Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 60, 319 - 328,   2008年04月, 招待有り
  • [Neuronal migration in the adult brain]., Kaneko N, Sawamoto K, Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology, 28, 63 - 68,   2008年04月, 招待有り
  • Cyclin-dependent kinase 5 is required for control of neuroblast migration in the postnatal subventricular zone., Hirota Y, Ohshima T, Kaneko N, Ikeda M, Iwasato T, Kulkarni AB, Mikoshiba K, Okano H, Sawamoto K, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 27, (47) 12829 - 12838,   2007年11月, 査読有り
  • [Neuronal migration in the adult brain]., Kaneko N, Sawamoto K, Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology, 27, 215 - 218,   2007年11月, 招待有り
  • Suppression of cell proliferation by interferon-alpha through interleukin-1 production in adult rat dentate gyrus., Kaneko N, Kudo K, Mabuchi T, Takemoto K, Fujimaki K, Wati H, Iguchi H, Tezuka H, Kanba S, Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology, 31, (12) 2619 - 2626,   2006年12月, 査読有り
  • Role of the cholinergic system in regulating survival of newborn neurons in the adult mouse dentate gyrus and olfactory bulb., Kaneko N, Okano H, Sawamoto K, Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 11, (10) 1145 - 1159,   2006年10月, 査読有り
  • [Bipolar I disorder]., Kaneko N, Shioe K, Kanba S, Ryoikibetsu shokogun shirizu, 38, 251 - 255,   2003年

講演・口頭発表等

  • インターフェロン療法中のうつ病発症と海馬のニューロン新生の変化, 金子 奈穂子, 第57 回日本神経化学会,   2014年10月01日, 招待あり
  • New neurons express Slit1 for their efficient migration through activated astrocytes in stroke-injured brain, 金子 奈穂子、澤本 和延, 第37回日本神経科学大会,   2014年09月12日
  • アストロサイトによる脳傷害部への新生ニューロンの移動制御, 金子 奈穂子, 第87回日本薬理学会年会,   2014年03月19日, 招待あり
  • New neurons regulate Robo signaling in activated astrocytes to clear the path for their migration in the injured striatum after ischemic stroke., 金子 奈穂子、澤本 和延, Neuro2013,   2013年06月22日
  • Impaired hippocampal neurogenesis and depressive behaviors in interferon-alpha-treated mice and monkeys,   2012年10月01日
  • Sensory input-dependent spatiotemporal regulation of neuronal turnover in the adult olfactory bulb glomeruli.,   2012年10月
  • New neurons migrate through the activated astrocytes in the brain after stroke using Slit-Robo signaling.,   2012年09月18日
  • 成体脳内を移動する新生ニューロンによるアストロサイトの形態制御, 金子 奈穂子、澤本 和延, 第117回日本解剖学会総会・全国学術集会,   2012年03月26日, 招待あり
  • New neurons use Slit1 to maintain astrocytic tunnels for their rapid migration in the adult brain., Neuroscience 2011,   2011年11月16日
  • 霊長類脳の内在性神経幹細胞によるニューロンの再生, 金子 奈穂子, 第20回日本意識障害学会,   2011年09月20日, 招待あり
  • New neurons in the injured brain actively interact with activated astrocytes to migrate efficiently toward the injured area.,   2011年09月16日
  • アストロサイトとの相互作用による新生ニューロン移動経路の形成・維持機構, 金子 奈穂子, 第9回成体脳のニューロン新生懇談会,   2010年11月27日, 招待あり

受賞

  •   2013年07月, 日本炎症・再生医学会, 優秀演題賞, 虚血性脳傷害部位への新生ニューロンの移動における  活性化アストロサイトとの相互作用とその制御機構
  •   2010年12月, 名古屋市立大学 医学会, 名古屋市立大学医学会賞, 成体脳におけるニューロンーグリア相互作用と新生ニューロンの移動制御機構
  •   2010年03月, 日本再生医療学会, Young Investigator's Award 最優秀賞, グリア細胞との相互作用による新生ニューロンの移動制御機構

競争的資金

  • 傷害脳内を移動する新生ニューロンと活性化アストロサイトのクロストーク, 文部科学省, 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型)),   2013年 - 2014年, 金子 奈穂子
  • 脳梗塞後のニューロン再生過程における新生ニューロン-アストロサイト相互作用の解析, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(A)),   2011年 - 2014年, 金子 奈穂子, 1.Slit発現による新生ニューロンの移動促進と脳梗塞後の再生過程の解析:新生ニューロン自身が発現するSlit1の役割を明確にするため、脳梗塞術後の野生型マウス脳にSlit1欠損または野生型新生ニューロンを移植し、移動を比較した。野生型新生ニューロンは、移植部から梗塞巣に向けて広く分布したが、Slit1欠損新生ニューロンの大部分は移植部付近に留まり、周囲のアストロサイトとの接触にも異常がみられた。2.移動する新生ニューロンと活性化アストロサイトの接触部の微細構造の解析: Slit1欠損マウス・野生型マウス脳梗塞モデルを作製し、H.24年3月より(3ヶ月間)バレンシア大学Garcia-Verdugo研究室にて、傷害部へ移動する新生ニューロンの移動形態・アストロサイトとの接触の電子顕微鏡解析を開始した。3.低酸素曝露後のアストロサイトのRobo発現・局在変化の解析:脳室下帯のアストロサイトが成体でも増殖を続けているのに対し、線条体アストロサイトは生理的条件下ではほとんど増殖しない。線条体アストロサイトを活性化するため低酸素に20時間曝露し、その後のRobo発現の変化をreal-time PCRを用いて経時的に解析した。低酸素曝露によって、急激なGFAP発現の上昇に続いて3日後からRobo2の発現が増加することが分かった。4.新生ニューロンによる活性化アストロサイトの形態制御メカニズムの解析:アストロサイトが新生ニューロンと接触したときの細胞内骨格系の変化を解析するため、脳室下帯アストロサイトを用いてイメージング手法を検討し、予備的データを得た。アクチン重合を可視化する分子を電気穿孔法にて導入したアストロサイトと新生ニューロンを共培養し、レーザー顕微鏡でタイムラプス撮影を行った。移動する新生ニューロンとの接触面で、局所的にアストロサイトのアクチン重合が低下する可能性が示唆された。
  • 正常脳・傷害脳のニューロブラストの移動におけるSlitの機能の解析, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)),   2008年 - 2010年, 金子 奈穂子, 成体脳の脳室下帯で産生された新生ニューロンは、非侵襲時には嗅球へ、また脳傷害時には傷害部に移動し成熟する。このとき新生ニューロンは、アストロサイトが密生した経路を高速で移動するが、その相互作用メカニズムは不明であった。我々は本研究で、成体脳を移動する新生ニューロンが分泌性タンパク質Slit1 の発現により、移動経路に密生しているアストロサイトの形態・分布を制御し、自身の高速移動を可能にする移動経路の形成・維持を行っていることを明らかにした。この機構は、傷害部への新生ニューロンの移動にも関与していることが示唆された。
  • 成体脳におけるニューロンの移動機構
  • 中枢神経疾患の再生機構


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.