研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

榎原 毅エバラ タケシ

所属部署医学研究科環境労働衛生学分野
職名准教授
メールアドレスebaramed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURLhttp://www.med.nagoya-cu.ac.jp/hygiene.dir/
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:50405156
    ORCID ID:0000-0003-3342-1058

学位

  • 名古屋市立大学医学研究科予防・社会医学専攻/博士(医学)

所属学協会

  • 日本人間工学会
  • 産業保健人間工学会
  • 日本産業衛生学会
  • International EpidemiologicalAssociation
  • 人類働態学会
  • 東海公衆衛生学会
  • 日本看護研究学会
  • 日本看護医療学会
  • 産業・組織心理学会
  • 日本集団災害医学会

委員歴

  •   2018年06月 - 現在, 日本人間工学会, 国際協力委員会 委員
  •   2018年06月 - 現在, International Ergonomics Association(IEA), IEA Council Meeting Member(国際人間工学連合評議会委員)
  •   2016年06月 - 2018年06月, 日本人間工学会, 副理事長
  •   2018年 - 現在, International Ergonomics Association, IEA2018 Scientific committee member
  •   2017年04月 - 2019年03月, 国立研究開発法人産業技術総合研究所, 人間工学実験委員会委員(倫理審査委員会)
  •   2014年 - 現在, 日本産業衛生学会, Journal of Occupational Health 編集委員(2014-, Ergonomics Field Editor:2016-)
  •   2016年06月 - 現在, 日本人間工学会, 学会改革・戦略委員会 委員長
  •   2016年06月 - 現在, 日本人間工学会, 倫理指針検討委員会 副委員長(2018.6~)
  •   2008年 - 現在, ISO/TC159(人間工学)国内対策委員会SC3分科会 主査
  •   2012年06月 - 2018年06月, 日本人間工学会, 人間工学誌 副編集委員長
  • 日本産業衛生学会作業関連性運動器障害研究会 世話人(2016.6~)
  • 文部科学省科学技術政策研究所科学技術専門家ネットワーク 平成26-28年度専門調査員
  •   2012年 - 2016年, 日本人間工学会広報委員会 委員長
  •   2010年 - 2014年, Journal of Human Ergology 編集委員
  • 日本人間工学会 ビッグデータ人間工学部会 幹事(2014.4~2016.6)
  • 日本人間工学会 ニーズ対応型人間工学展開委員会 委員長(2009-2012)
  • 日本人間工学会 企業の人材育成プログラム開発委員会 委員(2008-2013)
  • 日本人間工学会 第57回大会 実行委員長(2016/5/14-15)
  • 日本人間工学会 東海支部研究大会 実行委員長(2013, 2016)
  • 日本人間工学会 東海支部研究大会 実行委員(2008-2012, 2014-2015)
  • 日本人間工学会 東海支部2007年研究大会 大会長
  • 日本人間工学会 選挙管理委員会 委員(第二期2009, 第三期2011, 第四期 2013, 第五期2015)
  • The 18th Japan-China-Korea Joint conference on Occupational Health, Secretary general(国際学会事務局長)
  • 日本産業衛生学会 東海地方会ニュース編集委員会 編集委員
  • 公益財団法人労働科学研究所 協力研究員(2013.6~2016.3)・特別研究員(2016.4~2017.3)

研究活動情報

研究分野

  • 社会医学, 衛生学・公衆衛生学

研究キーワード

    身体不活動, 人間工学, 産業衛生, 作業関連運動器障害

論文

  • Intra-individual variations of organophosphate pesticide metabolite concentrations in repeatedly collected urine samples from pregnant women in Japan, Environmental Health and Preventive Medicine, Keisuke Hioki, Yuki Ito, Naoko Oya, Shoji F Nakayama, Tomohiko Isobe, Takeshi Ebara, Kanemitsu Shibata, Naomi Nishikawa, Kunihiko Nakai, Tomota Kamida, Jun Ueyama, Mayumi Sugiura-Ogasawara, Michihiro Kamijima, Environmental Health and Preventive Medicine, 24, (1) ,   2019年, 査読有り
  • Endometriosis and recurrent pregnancy loss as new risk factors for venous thromboembolism during pregnancy and postpartum: the JECS birth cohort, Thrombosis and Haemostasis, 査読有り
  • Within-individual and interlaboratory variability analyses of urinary metabolites measurements of organophosphorus insecticides,, Journal of Exposure Science and Environmental Epidemiology, 査読有り
  • Adverse pregnancy and perinatal outcome in patients with recurrent pregnancy loss: Birth cohort of the Japan Environment and Children’s study, American Journal of Reproductive Immunology,   2018年, 査読有り
  • Associations between levels of maternal blood cadmium and lead and gestational diabetes mellitus in Japan Environment and Children's Study, International Archives of Occupational and Environmental Health,   2018年, 査読有り
  • Factors determining parenting stress in mothers of children with Atopic Dermatitis, Allergology International,   2018年, 査読有り
  • Fetal cell-free DNA fraction in maternal plasma for the prediction of hypertensive disorders of pregnancy, Nobuhiro Suzumori, Akihiko Sekizawa, Takeshi, Ebara et al, European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology, 224, 165 - 169,   2018年, 査読有り
  • Reliability of smartphone-based gait measurements for quantification of physical activity/inactivity levels, Takeshi Ebara, Ryohei Azuma, Naoto Shoji, Tsuyoshi Matsukawa, Yasuyuki Yamada, Tomohiro Akiyama, Takahiro Kurihara and Shota Yamada, Journal of Occupational Health, 59,   2017年
  • Psychological distress in postpartum women after non-invasive prenatal testing (NIPT) in Japan, Takeda Eri, Suzumori Nobuhiro, Ebara Takeshi, Yotsumoto Junko, Kumagai Kyoko, Oseto Kumiko, Numabe Hironao, Sugiura Mayumi, The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research
  • Quantitative analysis of organophosphate insecticide metabolites in urine extracted from disposable diapers of toddlers in Japan, Naoko Oya, Yuki Ito, Keisuke Hioki, Yuya Asai, Arisa Aoi, Yuka Sugiura, Jun Ueyama, Tomoko Oguri, Sayaka Kato, Takeshi Ebara, Michihiro Kamijima, International Journal of Hygiene and Environmental Health, pii: S1438 - 4639(16)30127-4,   2016年
  • Background of couples undergoing non-invasive prenatal testing (NIPT) in Japan, Takeda Eri, Suzumori Nobuhiro, Kumagai, Kyoko, Oseto Kumiko, Ebara Takeshi, Yotsumoto Junko, Numabe Hironao, Sugiura, Mayumi, The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research,   2016年
  • Fetal cell-free DNA fraction in maternal plasma is affected by fetal trisomy, Nobuhiro Suzumori, Takeshi Ebara, Takahiro Yamada, Osamu Samura, Junko Yotsumoto, Miyuki Nishiyama, Kiyonori Miura, Hideaki Sawai, Jun Murotsuki, Michihiro Kitagawa, Yoshimasa Kamei, Hideaki Masuzaki, Fumiki Hirahara, Juan-Sebastian Saldivar, Nilesh Dharajiya, Haruhiko Sago, Akihiko Sekizawa, J Hum Genet,   2016年
  • Determination of clinically significant tests for antiphospholipid antibodies and cutoff levels for obstetric antiphospholipid syndrome, Tamao Kitaori, Mayumi Sugiura-Ogasawara, Kenji Oku, Wolfgang Papisch, Takeshi Ebara, Yasuhiko Ozaki, Kinue Katano, Tatsuya Atsumi, Lupus,   2015年
  • Genotyping Analysis for the 46 C/T Polymorphism of Coagulation Factor XII and the Involvement of Factor XII Activity in Patients with Recurrent Pregnancy Loss, Eriko Asano, Takeshi Ebara, Chisato Yamada-Namikawa, Tamao Kitaori, Nobuhiro Suzumori, Kinue Katano, Yasuhiko Ozaki, Makoto Nakanishi, Mayumi Sugiura-Ogasawara, PLOS One, 9, (12) ,   2014年
  • Non-specific psychological distress in women undergoing noninvasive prenatal testing because of advanced maternal age, Nobuhiro Suzumori, Takeshi Ebara, Kyoko Kumagai, Shinobu Goto, Yasuyuki Yamada, Michihiro Kamijima and Mayumi Sugiura-Ogasawara, Prenatal Diagnosis, 34, (11) 1 - 6,   2014年
  • Difference in prognoses among subtypes after first-ever ischemic stroke, Toyonori Omori, Masahiro Kawagoe, Michiko Moriama, Takeshi Yasuda, Yasuhiro Ito, Takeshi Hyakuta, Takeshi Ebara and Masayasu Matsumoto, Nagoya Med J, 53, 1 - 10,   2013年
  • Merits and demerits of engaging in athletic, academic and part-time job roles among university student-athletes in Japan, Yamada Y, Mizuno M, Ebara T, Hirosawa M, Journal ofHuman Ergology, 40, 141 - 150,   2011年
  • Indoor air pollution and health of children in biomass fuel-using households of Bangladesh:comparison between urban andrural areas, Md.Khalequzzaman, Michihiro Kamijima, Kiyoshi Sakai, Takeshi Ebara, Bilqis Amin Hoque, Tamie Nakajima, Environ Health Prev Med, 16, 375 - 383,   2011年
  • How do the lengthand timing of night-shift nap have an impact on sleep inertia?, Tomohide Kubo, Masaya Takahashi, Hidemaro Takeyama, Shun Matsumoto, Takeshi Ebara, Kensaburo Murata, Norihide Tachi, and Toru Itani, Chronobiology International, 27, (5) 1031 - 1044,   2010年
  • Brief hourly exercise during night work can help maintain workers’ performance, Tomoaki Sato, Tomohide Kubo,Takeshi Ebara, Hidemaro Takeyama, Tatsuki Inoue, Megumi Iwanishi, Norihide Tachi, Toru Itani and Michihiro Kamijima, Ind Health, 48, (4) 470 - 7,   2010年
  • Heart Rate Variability Assessment in Japanese Workers Recovered from Depressive Disorders Resulting from job stress: Measurements in the Workplace, Mikio Takada, Takeshi Ebara ,and Michihiro Kamijima, Int Arch Occup Environ Health, 83, (5) 521 - 529,   2010年
  • Interactive model of subsidiary behaviors, work performance and arousal level during visual displayterminal work, Toshimasa Takanishi, Takeshi Ebara(*), Gen-i Murasaki, Tomohide Kubo, Norihide Tachi, Toru Itani and Michihiro Kamijima, J Occup Health, 52, (1) 39 - 47,   2010年
  • Stationarity of the heart rate variability by acceleration plethysmography: Short-term measurements of healthy young males in daily life, Mikio Takada, Takeshi Ebara(*), Yasushi Sakai and Yasuhiro Kuwano, J Hum Ergol, 38, (2) 41 - 50,   2009年
  • Characterizing recovery of sleep afterfour successive night shifts, Tomohide KUBO, Masaya TAKAHASHI, Norihide TACHI, Hidemaro TAKEYAMA, Takeshi EBARA, Tatstuki INOUE, Toshimasa TAKANISHI, Gen-i MURASAKI, Toru ITANI, Ind health, 47,   2009年
  • Molecular Analysis of Transmission of Hepatitis C Virus in a Nurse who Acquired Acute Hepatitis C After Caring for a Viremic Patient With Epistaxis, Takayuki Toda, Takehiro Mitsui,Yukie Tsukamoto, Takeshi Ebara, Akinori Hirose, Kazuo Masuko, Shigeo Nagashima, Masaharu Takahashi, Hiroaki Okamoto:, J Med Virol, 81, 1363 - 1370,   2009年
  • No Evidence for Patient-to-patient Transmission of Hepatitis C Virus During Upper Gastrointestinal Endoscopy: Molecular Studies on Three Acute Hepatitis C Patients, Takayuki Toda, Takehiro Mitsui, Yukie Tsukamoto, TakeshiEbara, Kazuo Masuko, Masaharu Takahashi and Hiroaki Okamoto, igestive Endoscopy, 21, (3) 147 - 153,   2009年
  • The Acceleration Plethysmography System as a New Physiological Technology for Evaluating Autonomic Modulations, Mikio Takada, Takeshi EBARA, Yasushi SAKAI, Health Evaluationand Promotion (HEP), 35, (4) 1 - 5,   2008年
  • Effects of adjustable sit-stand VDT workstations on workers’ musculoskeletal discomfort, alertness and performance, Takeshi EBARA, Tomohide KUBO, Tatsuki INOUEGen-i MURASAKI, Hidemaro TAKEYAMA, Tomoaki SATO, Hatsuko SUZUMURA, Sayuri NIWA, Toshimasa TAKANISHI, Norihide TACHI and Toru ITANI, Ind Health, 46(5), 497 - 505,   2008年
  • Ergonomic solution for crossing collisions based on field assessment of visual environment at urban intersections in Japan, Midori Mori, Sadao Horino, Sou Kitajima, Masaru Ueyama, Takeshi Ebara and Toru Itani, Appl Ergon, 39, (6) ,   2008年
  • TheEffectiveness of the “Kingyo program” as a Temporary Mental Load, Mikio TAKADA, Takeshi EBARA, Yasushi SAKAI, Ningen Dock, 22(6), 29 - 34,   2008年
  • Evaluation of the effects of a health education program on the improvement of the hypercholesterolemia, Tatsuki Inoue, TakeshiEbara, Tomohide Kubo, Hidemaro Takeyama, Masaya Anzai, Yasuko Sakai, Tomoaki Sato, and Toru Itani, Journal of Human Ergology, Vol.36(1), 13 - 23,   2007年
  • Work-related factors contributing to burnout in university hospital nurses, Hatsuko SUZUMURA, Norihide TACHI, Hidemaro TAKEYAMA, Takeshi EBARA, Yasuko SAKAI and Toru ITANI, Nagoya Med. J, 49, (1) 1 - 15,   2007年
  • Impact of Nap Length, Nap Timing and Sleep Quality on Sustaining Early Morning Performance, Tomohide KUBO, Hidemaro TAKEYAMA, Shun MATSUMOTO, Takeshi EBARA, Kensaburo MURATA, Norihide TACHI and Toru ITANI, Ind Health, 45, (5) 552 - 563,   2007年
  • Impact of ISO/TS 20646-1 ‘Ergonomic procedures for the improvement of local muscular workloads’ on work-related musculoskeletal disorders, Takeshi EBARA, Tanavadee KHUVASANONT, Sudthida KRUNGKRAIWONG, Ratanaporn AMORNRATANAPAICHIT, Norihide TACHI, Hidemaro TAKEYAMA, Kensaburo MURATA, Toshimasa TAKANISHI, TatsukiINOUE, Hatsuko SUZUMURA, Midori MORI and Toru ITANI., Ind Health, 45, (2) 256 - 267,   2007年
  • Masseter Muscle Contraction of TMD Patients in Terms of Their Particular Psychological State under Experimental Stress, Kunio TSURUMI, Toru Itani, Hidemaro Takeyama, Takeshi Ebara, Norihide Tachi, and Motoo Yokoi, Nagoya Med. J, 48, (3) 197 - 207,   2007年
  • A Case Study on Evaluations of Improvements Implemented by WISE Projects in the Philippines, Takeyama H, Itani T, Tachi N, Takanishi T, Inoue T, Murata K, Ebara T, and Batino JM., Ind Health, 44, (1) 53 - 57,   2006年
  • Approaches to Occupational Health Based on Participatory Methodology in Small Workplaces, Itani T, Tachi N, Takeyama H, Ebara T, Takanishi T, Murata K, Inoue T, Suzumura H, Kurungkraiong S, Khuvasanont Tand Batino JM, Ind Health, 44, (1) 17 - 21,   2006年
  • Effects of the length and timing of nighttime napson task performance and physiological function, Hidemaro Takeyama, Shun Matsumoto, Kensaburo Murata, Takeshi Ebara, Tomohide Kubo, Norihide Tachi and Toru Itani, Rev Saude Publica, 38, 32 - 7,   2004年
  • 外来受療患者の排便を導く自己管理の実際と患者が求める指導の関連, 山幡 朗子,春田佳代,榎原 毅,伊藤眞由美,鈴村初子, 日本看護医療学会誌, 20, (2) ,   2018年, 査読有り
  • 超急性期災害医療対応を想定した組織レジリエンス・トレーニング「宝さがし」のトライアル, 庄司直人,山岸庸太, 高鷹 達, 榎原 毅, 人間工学, 54, (6) ,   2018年12月, 査読有り
  • 海上保安庁第四管区海上保安本部におけるリスク改善活動の取り組み, 榎原 毅, 人間工学, 54, (2) 41 - 48,   2018年04月, 査読有り
  • 身体不活動をめぐるsit-stand workstation導入効果に関する人間工学研究動向, 榎原 毅、庄司直人, 産業医学レビュー, 29, (3) 145 - 161,   2017年
  • 外来受療患者の便秘ならびに過敏性腸症候群症状と排便自己管理の実態, 山幡朗子,春田佳代,榎原 毅,伊藤眞由美,鈴村初子, 日本看護医療学会雑誌, 18, (1) 1 - 10,   2016年
  • 人間工学誌掲載論文における倫理配慮の動向, 榎原 毅,山口知香枝,庄司直人, 人間工学, 52, (3) 141 - 149,   2016年
  • 人間工学分野における「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」への対応, 榎原 毅,山口知香枝,庄司直人, 人間工学, 52, (3) 103 - 111,   2016年
  • エコチル調査第6回 愛知ユニットセンターの取り組み, 榎原 毅, チャイルドヘルス, 72, (4) 52 - 53,   2016年
  • エコチル調査の意義と地域での子育て支援, 上島通浩、小栗朋子、加藤沙耶香、榎原 毅, 保健師ジャーナル, 72, (4) 291 - 295,   2016年
  • 足こぎ車いすによる足こぎ運動が歩行能力の低下抑制に与える効果, 松田文子、安部一祐、飯塚正之、矢野透、佐野禎彦、多々良哲也、易強、榎原 毅, 労働科学, 90, (6) 221 - 225,   2014年
  • 看護における組織安全研修体制が医療安全文化の醸成に与える影響, 相撲佐希子、山田泰行、鈴村初子、榎原 毅, 労働科学, 90, (5) 190 - 199,   2014年
  • 産業保健分野における人間工学の実践的活用6 -産業安全保健の新パラダイム―安全文化とレジリエンス, 榎原 毅、齋藤裕太、大橋智樹, 産業医学ジャーナル, 38, (2) 27 - 33,   2015年
  • 研究者倫理の現在と課題, 榎原 毅, 労働の科学, 70, (1) 4 - 8,   2015年
  • 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)-概要並びに東海地区における実施状況と今後の展望, 上島通浩、榎原 毅、宮田麻衣子、加藤沙耶香、若林千鶴子、伊藤由起、齋藤伸治、杉浦真弓, 東海産婦誌, 51, 9 - 15,   2014年
  • 看護師の身体拘束解除の判断内容と課題, 山幡 朗子、春田佳代、伊藤眞由美、城 憲秀、榎原 毅、久保智英、鈴村初子, 日本看護医療学会誌, 16, (2) 60 - 66,   2014年
  • 人間工学の過去・現在・未来, 青木和夫、斉藤進、榎原 毅、首藤由紀、大須賀美恵子, 人間工学, 50, (6) 326 - 335,   2014年
  • オフィス人間工学の近未来 -中長期的健康影響への人間工学の挑戦, 榎原 毅、八木佳子, 産業医学ジャーナル, 37, (6) 31 - 36,   2014年
  • 産業保健分野における人間工学の実践的活用3 -腰痛予防と人間工学最前線, 榎原 毅, 産業医学ジャーナル, 37, (5) 27 - 31,   2014年
  • 人間工学国際規格(ISO)とその最新動向(3)―SC3:人体寸法と生体力学―, 持丸正明、河内まき子、榎原 毅, 人間工学, 50, (3) 117 - 125,   2014年
  • 産業保健分野における人間工学の実践的活用 -人間工学のグッドプラクティスデータベース, 榎原 毅, 産業医学ジャーナル, 37, (2) 32 - 6,   2014年
  • 女性看護職の精神健康状態の影響要因と安全行動との関連-精神的健康調査票日本語版と安全文化指標を用いて-, 相撲佐希子、鈴村初子、榎原 毅, 医療の質・安全学会誌, 9, (1) 5 - 11,   2014年
  • 座談会 ―ネットで語る人間工学の来し方行く先―, 大須賀美恵子、青木和夫、斉藤進、堀江良典、榎原 毅, 人間工学, 50, (1) 1 - 10,   2014年
  • 腰痛予防と人間工学国際標準規格(ISO)-福祉・介護作業における腰痛リスク評価の国際動向, 榎原 毅, 福祉介護テクノプラス, 6, (12) 16 - 21,   2013年
  • 携帯端末利用と安全衛生-特集:携帯端末と安全衛生-携帯端末と変容する働き方(1), 榎原 毅, 労働の科学, 68, (10) 580 - 4,   2013年
  • 今日から変わる!もっと良くなる作業管理実践-国内外の最近の動向から, 榎原 毅, 産業看護, 5, (5) 55 - 9,   2013年
  • 大学生のアルバイトとワーク・スクール・コンフリクト―多重役割マップ(MRM)を用いたナラティブ・アプローチの展開―, 山田泰行、水野基樹、榎原 毅、芳地泰幸、上島通浩、広沢正孝, 産業保健人間工学研究, 14, (1) 7 - 15,   2013年
  • 一般病院看護師の身体拘束の認識とその現状に関する研究, 春田佳代、山幡朗子、伊藤眞由美、城憲秀、榎原毅、久保智英、鈴村初子, 愛知医科大学看護学部紀要, 11, 1 - 10,   2012年
  • 特集 オフィスをデザインする VDT作業の近未来とグッドプラクティス, 榎原 毅, 労働の科学, 67, (3) 12 - 5,   2012年
  • シックハウス症候群・化学物質過敏症への対応, 上島通浩、酒井潔、伊藤由起、榎原 毅、柴田英治, 現代医学, 58, (1) 29 - 37,   2010年
  • 参加型アプローチに基づく人間工学ロードマップ策定ステップの検討, 大橋智樹, 榎原 毅, 申紅仙, 水野基樹, 堀野定雄, 小木和孝, 酒井一博, 岸田孝弥, 労働科学, 85, (2) 73 - 88,   2009年
  • 「自覚症しらべ」による連続夜勤時の疲労感の表出パターンの検討, 久保智英,城 憲秀,武山英麿,榎原 毅,井上辰樹,高西敏正,荒薦優子,村崎元五,井谷 徹, 産業衛生学雑誌, 50, (5) 133 - 44,   2008年

書籍等出版物

  • Ergonomic Checkpoints in Health Care Work, 共著, IEA Press,   2017年
  • 産業保健マニュアル改訂7版, 南山堂,   2017年, ISBN:978-4-525-18457-5, 執筆章:人間工学的健康障害要因とその対策、p334, 346-7、作業管理における改善、p.161
  • 高年齢労働者のための職場づくり-65歳定年制に対応する労働安全衛生戦略, 中央災害防止協会,   2013年, ISBN:978-4-8059-1528-8 C3060
  • ワークデザイン, 公益財団法人労働科学研究所,   2013年, ISBN:978-4-89760-327-8 C3058
  • 産業安全保健ハンドブック, 労働科学研究所,   2013年
  • 産業保健マニュアル第6版, 南山堂,   2013年, ISBN:978-4-525-18456-8
  • 産業組織心理学ハンドブック, 丸善,   2009年, ISBN:978-4-621-08118-1
  • 人働態研究の方法, 人類働態学会,   2010年

講演・口頭発表等

  • 主観・客観測定の違いによる身体不活動時間のバイアス評価, 榎原 毅, 第43回人類働態学会西日本地方会,   2018年12月22日
  • 人間工学における科学コミュニケーションの実践 ―ErgonomicThonワークショップの開催と評価―, 山田泰行,榎原 毅, 第43回人類働態学会西日本地方会,   2018年12月22日
  • 解析プロトコル:発達障害児を持つ母親への支援方策の実践と効果測定, 松木太郎,大橋圭,福原里美,今枝正行,宮地泰士,浅井朋子,山本孔次郎,榎原 毅,上島通浩, 第43回人類働態学会西日本地方会,   2018年12月22日
  • 神経発達期における縦断的な有機リン系殺虫剤曝露評価, 大矢奈穂子、伊藤由起、榎原 毅、佐藤博貴、日置啓介、上山 純、加藤沙耶香、松木太郎、杉浦真弓、齋藤伸治、上島通浩, 第46回生物学的モニタリング研究会,   2018年11月30日
  • 人間工学領域におけるスマホセンサーを用いたビッグデータ解析, 榎原 毅, 日本人間工学会第6回ビッグデータ人間工学勉強会,   2018年11月12日, 招待あり
  • 日本国内における科学コミュニケーション研究の動向 ―システマティックレビューの知見から―, 山田泰行、柳川洋一、水野基樹、松河剛司、甲斐素子、榎原 毅, 第47回人類働態学会東日本地方会,   2018年11月04日
  • Pelvic Incidenceを外観上で把握する間接計測法の確立:テーラーメードな腰痛対策の提案のために, 山田 翔太 榎原 毅 上原 徹 木村 新吾 稲田 充 上島 通浩, 第26回日本腰痛学会,   2018年10月26日
  • “ErgonomicThon”ワークショップに参加して人間工学のオープンイノベーション手法を学ぼう, 榎原 毅,山田泰行,山田クリス孝介, 日本人間工学会東海支部大会東海支部2018年研究大会,   2018年10月20日
  • 身体不活動性を表す新しい指標の提案, 山本 孔次郎,上島 通浩,榎原 毅, 日本人間工学会東海支部大会東海支部2018年研究大会,   2018年10月20日
  • 交替制勤務形態が疲労蓄積度に及ぼす影響-名古屋市消防局における消防職員を対象に-, 栗原崇浩、松木太郎、榎原 毅, 日本人間工学会東海支部大会東海支部2018年研究大会,   2018年10月20日
  • 作業関連運動器疾患予防策など, 榎原 毅, 第36 回軽労化研究会定例会,   2018年10月12日, 招待あり
  • 人を対象とする研究倫理の最新動向:新倫理指針と人間工学倫理指針のポイント, 榎原 毅, ヒューマンインタフェースシンポジウム2018,   2018年09月05日, 招待あり
  • Relationship between Acceptance of Workforce Diversity and Mental Health Condition among Japanese Nurses, Yamada Y, Iwaasa T, Ebara T, Shimizu T, Mizuno M, 20th Congress of International ergonomics Association (IEA2018),   2018年08月
  • 母親の抑うつと養育態度の関連―愛知県におけるエコチル調査参加者の結果より, 加藤沙耶香,松木太郎,榎原 毅,杉浦真弓,齋藤伸治,上島通浩, 第54回中部日本小児科学会,   2018年08月
  • 中部空港海上保安航空基地の安全活動における人間工学良好実践の理論的根拠, 榎原 毅, 海上保安庁第四管区中部空港海上保安航空基地講演,   2018年07月14日, 招待あり
  • エコチル調査愛知ユニットセンターにおける参加児の質問票の回収状況と発達について, 加藤沙耶香,榎原 毅,松木太郎,伊藤由起,杉浦真弓,齋藤伸治,上島通浩, 第64回東海公衆衛生学会,   2018年07月
  • 看護師のダイバーシティ・マネジメント研究に役立つツールの開発, 山田泰行,清水輝子,岩浅 巧,榎原 毅,水野基樹, 第53回人類働態学会全国大会,   2018年06月
  • 教育講演:学生・若手向けの教育講演シリーズ3 人間工学研究で役立つ統計学, 榎原 毅, 日本人間工学会第59回大会,   2018年06月, 招待あり
  • 産業安全保健における疲労リスクマネジメント-夜勤交代制勤務を中心に, 榎原 毅, 日本人間工学会第59回大会 シンポジウム:疲労リスクマネジメントの考え方と実践,   2018年06月, 招待あり
  • 労働災害の発生動向と経済情勢指標の関連性に関する研究, 松田文子,榎原 毅,池上 徹,石井まこと,余村朋樹,庄司直人,湯淺晶子,酒井一博, 日本人間工学会第59回大会,   2018年06月
  • 看護職場のダイバーシティ風土と多重役割に伴う恩恵と葛藤の関連, 山田泰行,清水輝子,岩浅 巧,榎原 毅,水野基樹, 日本人間工学会第59回大会,   2018年06月
  • エルゴノミクスからみた働く女性の安全, 榎原 毅, 第91回日本産業衛生学会 政策法制度委員会主催フォーラム,   2018年05月18日, 招待あり
  • 特別講演:環境省 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」の歩み, 松木太郎,榎原 毅,上島通浩, 第64回名古屋市公衆衛生研究発表会,   2018年05月15日, 招待あり
  • 1976年度~2015年度の地方公務員医師・看護師の重傷負傷災害と職業性疾病について, 木戸内清,吉川 徹,満田年宏,和田浩司,國嶋広之,榎原 毅, 第91回日本産業衛生学会,   2018年05月
  • 安全対策に活かす疲労マネジメント, 榎原 毅, 第40回 2018産業安全対策シンポジウム,   2018年02月22日, 招待あり
  • センサー技術を活用したWMSDsライフログ・データ解析の可能性(ミニシンポジウム:センサー技術が拓くWMSDs解析の新アプローチ), 榎原 毅, 第18回作業関連性運動器障害研究会,   2017年12月, 招待あり
  • 次救急初期治療に求められる看護に関する文献レビュー ―重症疾患回復後の患者の生活の質(QOL)を対象に, 橋本 茜,榎原 毅,佐藤芙佐子, 第19回日本看護医療学会学術集会,   2017年11月11日
  • 看護師のダイバーシティ風土と職務・生活満足度の関連, 山田 泰行,岩浅 巧,榎原 毅,水野 基樹, 第46回人類働態学会東日本地方会,   2017年11月
  • スマホ内蔵センサーによるライフログ・データ解析の産業保健応用, 榎原 毅, 平成29年度日本産業衛生学会東海地方会学会,   2017年11月, 招待あり
  • Future Challenges about Risk Communication of CBRNE Disaster with Qualitative Approach, The 8th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE 2017),   2017年
  • Relationship between cervical flexion angle and smartphone holding angle in the sagittal plane, The 27th Japan Korea China Conference on Occupational Health,   2017年
  • Predictor of Work and Life Satisfaction among Japanese Nurses: Focusing on Effects of Spillover, Compensation and Segmentation, The 2nd Asian Conference on Ergonomics and Design,   2017年
  • 看護実践に活かす人間工学のエビデンス(シンポジウムⅡ「エビデンスをもってケアにつなげるための教育」), 日本看護研究学会第43回学術集会,   2017年
  • エコチル調査愛知ユニットセンターにおける母親の喫煙状況の変化, 第63回東海公衆衛生学会学術集会,   2017年
  • CBRNE災害時医療対応におけるリスクコミュニケーションの課題, 第52回人類働態学会全国大会,   2017年
  • 教育講演:学生・若手向けの教育講演シリーズ-人間工学研究を進めるにあたり知っておいてほしい7つのこと, 日本人間工学会第58回大会,   2017年
  • 多様化する学術ニーズに応える学会改革アクションプランの概要(学会改革・戦略委員会企画シンポジウム), 日本人間工学会第58回大会,   2017年
  • 日本人間工学会(JES)に対する意識調査(学会改革・戦略委員会シンポジウム), 日本人間工学会第58回大会,   2017年
  • 若手人材にとって学術大会をより魅力ある形にするために何ができるか?(学会改革・戦略委員会シンポジウム), 日本人間工学会第58回大会,   2017年
  • 学会員の属性の動向分析(学会改革・戦略委員会シンポジウム), 日本人間工学会第58回大会,   2017年
  • 医療施設の血液・体液曝露による職業感染予防のための産業衛生活動の必要性とその課題, 第90回日本産業衛生学会,   2017年
  • 矢状面脊柱骨盤アライメントを外観上で把握する試み-全脊柱撮像から計測される各種パラメーターの信頼性の検討-, 第52回日本理学療法学術大会,   2017年
  • 職業性腰痛を巡る国際動向(シンポジウム:職場における腰痛予防とその課題), 第90回日本産業衛生学会,   2017年
  • 使用済み紙おむつを用いた幼児におけるピレスロイド系殺虫剤の曝露評価, 第87回日本衛生学会,   2017年
  • 使用済み紙おむつを用いた幼児における有機リン系殺虫剤曝露濃度の測定, 第87回日本衛生学会,   2017年
  • 医学部生を対象とした社会医学領域における災害医療教育の取り組み, 第22回日本集団災害医学会総会・学術集会,   2017年
  • 超急性期の地域住民と医療者のコミュニケーションは「重症患者も当日やってくる」を可能にするか?, 第22回日本集団災害医学会総会・学術集会,   2017年
  • 簡単な質問項目でわかる生活背景とアトピー性皮膚炎の子どもを育てる親のストレスとの関連, 第27回日本疫学会学術総会,   2017年, Journal of Epidemiology 27(suppl):135, 2017
  • アレキシサイミアが対児感情に与える影響に関する検討:エコチル愛知, 第27回日本疫学会学術総会,   2017年, Journal of Epidemiology 27(suppl):104, 2017
  • A study design to assess exposure levels of insecticides in 1.5-year-old children in Aichi Regional Subcohort of the Japan Environment and Children’s Study., International Society Exposure Science,   2016年
  • Recovery rates in the measurements of the concentrations of organophosphorus pesticide metabolites in urine extracted from children’s diaper, International Society Exposure Science,   2016年
  • Elements of Workforce Diversity in Japanese Nursing Workplace, the AHFE 2016 International Conference on Social and Occupational Ergonomics,   2016年
  • Measurements of concentrations of organophosphate insecticide metabolites in urine extracted from used diapers in 1.5-year-old children, 2nd International Conference on Human Biomonitoring,   2016年
  • NT医療センターにおける針刺しと地方公務員の災害の現状および課題, 第76回名古屋市立大学医学会総会,   2016年
  • 良い論文・良い研究の基礎となる研究デザインと論文の質評価の動向, 日本人間工学会関東支部第46回大会,   2016年, シンポジウム
  • 超急性期災害看護におけるレジリエンス-東日本大震災を経験した産業医と企業立病院看護師の視点から-, 日本人間工学会東海支部2016年大会,   2016年
  • 高齢労働及び非正規雇用率の高い清掃作業における改善, 産業保健人間工学会第21回大会,   2016年
  • クラウドワーカーの就労環境支援体制の現状と課題, 産業保健人間工学会第21回大会,   2016年
  • 出生コホート研究における2歳時発達・医学検査の実施―エコチル調査愛知ユニットセンターの調査状況, 第52回中部日本小児科学会,   2016年
  • 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)—愛知ユニットセンターにおけるフォローアップ調査の実施状況-, 第62回東海公衆衛生学会学術大会,   2016年
  • 日本人間工学会バーチャルミュージアム構想と学生プロジェクトの概要, 日本人間工学会第57回退会,   2016年
  • スマートフォン内蔵センサーによるライフログデータの信頼性と応用可能性, 第51回人類働態学会全国大会,   2016年
  • 超急性期災害看護の学術的動向と働態学的課題, 第51回人類働態学会全国大会,   2016年
  • 労働形態の多様化に伴う非特定作業空間における労働安全衛生上の課題, 第51回人類働態学会全国大会,   2016年
  • 産業保健人間工学のこれからの課題:多様化する労働形態に即応する作業管理の理論と実践を目指して(奨励賞受賞講演), 第89回日本産業衛生学会,   2016年
  • エコチル調査愛知ユニットセンター参加者の質問票回答時期に及ぼす影響要因, 第86回日本衛生学会,   2016年
  • 1歳半児における第2指・第4指比(2D/4D比)の分布と性差, 第26回日本疫学会学術総会,   2016年
  • Relationships between Work-Family Spillover, Compensation and Mental Health Condition among Japanese Nurses: Focusing on Multiple Roles Map Descriptions, 19th Triennial Congress of the IEA,   2015年
  • 看護組織におけるダイバーシティマネジメントの現状と課題, 第43回人類働態学会東日本地方会,   2015年
  • 携帯ライフログデータの産業人間工学研究への応用可能性, 日本産業衛生学会 産業疲労研究会第83回定例研究会,   2015年
  • 高齢労働者の清掃業務改善の為の実態調査, 産業保健人間工学会20周年記念大会,   2015年
  • マネジメントの役割が看護師にもたらす葛藤と恩恵, 産業保健人間工学会20周年記念大会,   2015年
  • 乳児の第2指・第4指比(2D/4D比)は発達過程における自閉症のリスクを予測するか? 第1報:幼児の手指測定法の検討, 第61回東海公衆衛生学会学術大会,   2015年
  • 人類働態学再考:みんなで作る人類働態学!(ワークショップ), 第50回人類働態学会全国大会,   2015年
  • 看護師の多重役割と精神的健康度の関連―多重役割マップ(質問票版)を用いた横断研究の展開―, 第50回人類働態学会全国大会,   2015年
  • 日本人間工学会の産学官民連携開発支援のグッドプラクティス(学会/大会共同企画シンポジウム「異セクター連携型デザイン開発と人間工学グッドプラクティス」), 日本人間工学会学会第56回大会,   2015年
  • 携帯ライフログデータを活用した心理拘束時間解析の試み(シンポジウム「人間工学とビッグデータ」), 日本人間工学会学会第56回大会,   2015年
  • エコチル調査愛知ユニットセンターにおけるコホートプロファイル, 日本衛生学会,   2015年
  • Cohort profile of Aichi regional subcohort in the Japan Environment and Children’s Study (JECS), 第25回 日本疫学会学術総会,   2015年
  • Development of resilience measurement scale specifically for medical error mitigation in nursing, The 21st Asian Conference on Occupational Health,   2014年
  • Descriptive evidence of the work-family compensation among Japanese midwives: Using the Multiple Role Map program, The 5th International Conference on Applied Human Factors andErgonomics(AHFE 2014),   2014年
  • (教育講演)実務者が利用できる産業保健人間工学のエビデンス構築―産業人間工学版メタアナリシス入門講座―, 産業保健人間工学会第19回大会,   2014年
  • 冬季の床暖房使用は乳幼児の喘息症状を軽減させるのか?, 日本人間工学会東海支部2014年研究大会,   2014年
  • 50周年記念シンポジウム:「人間工学の過去・現在・未来-労働の変化と人間工学」, 日本人間工学会学会設立50周年記念大会,   2014年
  • シンポジウム:ビッグデータと人間工学-人間工学領域におけるビッグデータ利用と研究倫理-, 日本人間工学会学会第55回大会,   2014年
  • 冬季暖房方式の違いが乳幼児のアレルギー性鼻炎罹患に与える影響, 日本人間工学会学会第55回大会,   2014年
  • 看護業務における医療安全レジリエンス要因の検討, 日本人間工学会学会第55回大会,   2014年
  • 携帯端末(ICT)と変容する働き方 -携帯端末利用に想定される健康影響と課題-, 労働科学フォーラム,   2013年
  • テレワークに従事する労働者のメンタルヘルス, 日本人間工学会東海支部2013年研究大会,   2013年
  • 看護業務における医療安全レジリエンス-特性要因図による良好対応事例の解析-, 平成25年度日本産業衛生学会東海地方会学会,   2013年
  • 産業人間工学の次の10年を考える-Evidence Based Ergonomics in Practices(EBEPs)の展開, 産業保健人間工学会第18回大会,   2013年
  • 冬季暖房方式の違いが乳幼児の喘息症状に与える影響, 産業保健人間工学会第18回大会,   2013年
  • Narrative evidence of the work-familypositive spillover in Japanese midwives: A descriptive study using the Multiple Role Map program,, 第48回人類働態学会全国大会,   2013年
  • 助産師が記述した多重役割マップから見えてくるキャリア・ストレスの仮説, 産業保健人間工学会第18回大会,   2013年
  • 看護業務における医療安全レジリエンス -ナラティブ・アプローチによるレジリエンス要因の仮説構築-, 日本人間工学会第54回大会,   2013年
  • 座位・立位可変型作業の作業特性と有効性に関する研究(3), 日本人間工学会第54回大会,   2013年
  • Manual handling of people in the healthcare sector に関するISO基準, 第86回日本産業衛生学会第10回作業関連性運動器障害研究会,   2013年
  • Risk Estimation of the Depression from Affective Temperament, Melancholic Typeand Stress Related Factors; Focusing on the Japanese Female Nurses, 23th Korea-Japan-China Joint Conference on Occupational Health,   2012年
  • Patient safety climate scale for health care services: factor structure, reliability and validity, 23th Korea-Japan-China Joint Conference on Occupational Health,   2012年
  • On the Educational Application of Good Practices Database ? A Case Study, in Special sessions ? Good practices 1bases: a state of the art and their future, IEA2012,   2012年
  • 座位・立位可変型作業の作業特性と有効性に関する研究(2), 日本人間工学会関東支部第42回大会,   2012年
  • エコチル調査愛知ユニットセンターにおけるコホート・リテンション戦略, 環境ホルモン学会第15回研究発表会,   2012年
  • 「レジリエンスの理論的背景」 (シンポジウム「自然災害と人類の対応力(レジリエンス)」), 人類働態学会第47回全国大会,   2012年
  • 人のケア作業改善におけるアクションチェックリスト設計と応用, 人類働態学会第47回全国大会,   2012年
  • 人のケア作業人間工学チェックポイント編集の試み, 人類働態学会第47回全国大会,   2012年
  • 看護業務における安全文化・職場ストレス・ヒューマンエラーとの関連性, 日本人間工学会第53回大会,   2012年
  • 座位・立位可変型作業の作業特性と有効性に関する研究(1), 日本人間工学会第53回大会,   2012年
  • 総合病院における身体拘束解除の現状調査, 日本人間工学会第53回大会,   2012年
  • 人間工学人材育成プログラムによる地域産業支援の新たな試み, 日本人間工学会第53回大会,   2012年
  • 人間工学グッドプラクティスデータベース(GPDB)と人間工学専門家, 日本人間工学会第53回大会,   2012年
  • ドーム型多目的施設のゴミ集積場における分別作業の実態調査, 第85回日本産業衛生学会,   2012年
  • Exercise habits and work ability in Japanese manufacturing industry workers, 2nd East Asian Ergonomics Federation Symposium,   2011年
  • 大学生のアルバイト従事がもたらす葛藤と恩恵 ―多重役割マップの特徴から―, 第40回人類働態学会東日本地方会,   2011年
  • 医療安全文化研究の展望:看護師の安全文化とレジリエンス, 第40回人類働態学会東日本地方会,   2011年
  • 女子作業者における座位・立位可変型作業の有効性に関する実験的研究, 日本人間工学会東海支部2011年研究大会,   2011年
  • Ergonomic training program for work improvement using the Ergonomics Good Practices Database, Understanding Small Enterprises 2009 conference,   2009年
  • Impactof Ergonomics good practices 1base as public relations tools, IEA2009,   2009年
  • How do the length and timing of nighttime napping have an impact on sleep inertia?, 19th International Symposium on Shiftwork and Working Time,   2009年
  • Recovery process of performance after four consecutive nightshifts, TheSLEEP 2009 23stAnnual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies,   2009年
  • Reliability of subsidiary behaviors as an index of workers’ psychological and physiological states and their relation to work performance in VDT work, The 1st East Asian Ergonomics Federation Symposium,   2008年
  • Evaluation of theautonomic balance of recently reinstated workers who suffer from depression using the APG system, The 1st East Asian Ergonomics Federation Symposium,   2008年
  • Brief practical exercise as countermeasures against sleepiness during night work, The 9th Southeast Asian Ergonomics Conference,   2008年
  • Leg swelling, subjective discomfort and leg movement during VDT work using sit-stand workstations, 19th China-Korea-Japan Joint Conference on Occupational Health,   2008年
  • Work-Related Prolonged Fatigue among Hospital Nurses, 19th China-Korea-Japan Joint Conferenceon Occupational Health,   2008年
  • A brief practical exercise as a strategy against sleepiness and fatigue during night shifts, 19th Congress of the European Sleep Research Society,   2008年
  • Effects of adjustable sit-stand VDT workstations on Workers’ musculoskeletal discomfort, alertness and productivity, 18th Japan-China-Korea Joint Conference on Occupational Health,   2007年
  • Impact of consecutive nightshifts on recuperative power of sleep, 18th Japan-China-Korea Joint Conference on Occupational Health,   2007年
  • Recovery process of sleep patterns after four consecutive nightshifts, The SLEEP 2007 21st Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies (Minnesota, America),   2007年
  • Physical burden during winter work on aerial power lines, 18th Japan-China-Korea Joint Conference on Occupational Health,   2007年

受賞

  •   2016年, 日本産業衛生学会 奨励賞
  •   2015年, 名古屋市立大学 学長表彰
  •   2015年, (一社)日本人間工学会 論文賞
  •   2012年, (一社)日本人間工学会 人間工学GP賞受賞
  •   2004年, 第77回日本産業衛生学会優秀ポスター賞受賞

競争的資金

  • スマートフォン利用は頸部痛の真の原因か?:学際チームによるパラドックスの解明, 日本学術振興会, 基盤研究(B),   2019年04月 - 2022年03月, 榎原 毅
  • 幼児期に摂取する肥満促進性環境化学物質のカクテル効果に関するコホート研究, 日本学術振興会, 基盤研究(A),   2019年04月 - 2022年03月, 上島通浩
  • 有機リン化合物曝露評価指標としての尿中ジアルキルリン酸の有効性の検証, 立行政法人環境再生保全機構, 環境研究総合推進費,   2018年04月 - 2021年03月, 上島通浩
  • 震災に強い地域社会の実現に向けた科学コミュニケーションの実践的研究, 日本学術振興会, 基盤研究(C),   2018年04月 - 2021年03月, 山田 泰行
  • アレルギーの子どもの養育者の育児ストレス軽減のための支援効果:ランダム化比較試験, 日本学術振興会, 基盤研究(C),   2018年04月 - 2021年03月, 山口 知香枝
  • 脳の発達臨界期にあたる幼児期の殺虫剤ばく露量モニタリング, 環境省, 環境研究総合推進費・委託費,   2015年04月 - 2018年03月, 上島通浩
  • スマホアプリを活用した頸肩部筋骨格系症状予防策:学際チームによる課題解決型検証, 名古屋市立大学, 日本学術振興会 基盤研究(B),   2019年03月 - 2016年04月, 榎原 毅
  • 経済情勢等が労働災害発生動向に及ぼす影響等に関する研究:多変量時系列解析による数理モデルの開発と検証, 大原記念労働科学研究所,名古屋市立大学,大分大学, 厚生労働科学研究費補助金,   2016年04月 - 2019年03月, 松田文子
  • 携帯端末利用に伴う心理拘束の強度が頸肩部筋骨格系症状に与える影響の解明, 名古屋市立大学, 日本学術振興会 挑戦的萌芽研究,   2014年04月 - 2017年03月, 榎原 毅
  • 脳の発達臨界期にあたる幼児期の殺虫剤ばく露量モニタリング, 名古屋市立大学、名古屋大学,   2015年 - 2017年, 上島通浩
  • 医療安全管理者を対象とした医療安全レジリエンス教育プログラムの開発, 日本学術振興会, 挑戦的萌芽研究,   2012年04月 - 2014年03月, 榎原 毅
  • 高齢労働及び非正規雇用形態の高い清掃業務における作業改善と暑熱負担軽減,   2013年 - 2015年, 佐藤 智明
  • 児童の食嗜好形成過程に着目した栄養教育介入とその検証,   2009年 - 2011年, 武山英麿
  • 夜勤時に摂取する食事が覚醒水準に及ぼす影響に関する研究,   2006年 - 2007年, 武山 英麿
  • 教員過労防止を目指した学校講成員による教員労働関連性疲労リスク改善活動手法の構築,   2005年 - 2006年, 城憲秀

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 海上保安大学校 講演「国際動向を踏まえた実践的な安全管理」, 講師, 海上保安大学校,   2019年03月13日 - 2019年03月14日
  • “健康経営,作業管理が果たす役割”「働き方を見つめ直す作業管理のすすめ方」講演, 講師, 日本予防医学協会,   2019年02月13日 - 2019年02月13日
  • 作業管理実務講習 in 名古屋 「作業管理の国際動向」講師, 講師, 日本予防医学協会,   2018年12月20日 - 2018年12月21日
  • 日本人間工学会 第6回ビッグデータ人間工学勉強会「人間工学領域におけるスマホセンサーを用いたビッグデータ解析」講演, 講師, 日本人間工学会ビッグデータ研究部会,   2018年11月12日 - 2018年11月12日
  • 日本人間工学会東海支部主催 若手人材支援企画:“ErgonomicThon”ワークショップに参加して人間工学のオープンイノベーション手法を学ぼう, 司会, 日本人間工学会東海支部,   2018年10月20日 - 2018年10月20日
  • 第36 回軽労化研究会定例会:作業関連運動器疾患予防対策およびその関連動向, 講師, 軽労化研究会,   2018年10月12日 - 2018年10月12日
  • 人を対象とする研究倫理の最新動向:新倫理指針と人間工学倫理指針のポイント, 講師, ヒューマンインタフェース学会,   2018年09月05日
  • 中部空港海上保安航空基地の安全活動における人間工学良好実践の理論的根拠, 講師, 海上保安庁第四管区中部空港海上保安航空基地,   2018年07月14日
  • 教育講演「学生・若手向けの教育講演シリーズ3 人間工学研究で役立つ統計学, 講師, 日本人間工学会理事会企画,   2018年06月
  • 職場における安全管理ついて-産業保健・作業管理の枠組みと安全対策のヒント-, 講師, 海上保安庁第四管区海上保安本部,   2018年05月14日
  • 教育講演「学生・若手向けの教育講演シリーズ2-続・人間工学研究を進めるにあたり知っておいてほしい7つのこと, 講師, 日本人間工学会理事会企画,   2017年12月16日
  • 看護師が生き生きと働くために!-夜勤・交代制勤務の最新のエビデンスから-, 講師, 名古屋市立大学病院看護部WLB推進委員会主催,   2017年12月12日
  • リスク改善報告の講評と次の一歩 -リスク改善活動に役立つTips紹介-, 講師, 海上保安庁第四管区海上保安本部,   2017年12月04日
  • 平成29年度 統計・疫学普及研修, 講師, 日本予防医学協会,   2017年12月
  • 教育講演:学生・若手向けの教育講演シリーズ-人間工学研究を進めるにあたり知っておいてほしい7つのこと, 講師, 日本人間工学会理事会企画,   2017年06月
  • 職場における安全管理ついて-産業保健・作業管理の枠組みと安全対策のヒント-, 海上保安庁第四管区海上保安本部,   2017年05月16日 - 2017年05月16日, 職場における安全管理ついて、管理者を対象に講演を行った
  • ライフサイエンス研究と研究倫理:新倫理指針のポイントと人間工学研究への対応, 産業技術総合研究所,   2017年02月02日 - 2017年02月02日, 産業技術総合研究所 平成28年度生命倫理に関する教育訓練の講師を担当
  • 人間工学研究で用いる統計解析tips:統計検定の基礎を学び直そう, 日本人間工学会東海支部,   2017年01月13日 - 2017年01月13日, 実務者・初学者のための人間工学測定技法講座の講師を担当
  • 針刺し・切創事故防止研修会, 地方公務員災害補償基金兵庫県支部公務災害防止事業,   2016年10月21日 - 2016年10月21日, 医療安全管理者向けの針刺し・切創事故防止研修会講師
  • 人間工学測定技法講座 人間工学研究で用いる統計解析tips:投稿論文でよく誤用されること, 日本人間工学会東海支部,   2016年06月24日 - 2016年06月24日, 実務者・初学者のための人間工学測定技法講座として、人間工学研究で用いる統計解析・投稿論文でよく誤用される内容を講演
  • PIE研究部会ワークショップ 人間工学研究で用いる統計解析tips: 投稿論文でよく誤用されること, 日本人間工学会PIE研究部会,   2016年03月11日 - 2016年03月11日, 人間工学研究で用いる統計解析に関する講習会講師
  • 人間工学研究と研究倫理:新統合指針のポイントと人間工学研究への対応 講演, 日本人間工学会東海支部,   2016年05月11日 - 2016年05月11日, 実務者・初学者のための人間工学測定技法講座の第四回として、「人間工学研究と研究倫理:新統合指針のポイントと人間工学研究への対応」の講演を行った
  • 2015年度 医療労務コンサルタント研修, 社会保険労務士会・労働科学研究所,   2015年11月28日 - 2015年11月29日, 社会保険労務士会・労働科学研究所主催の社会保険労務士を対象とした研修会にて、「医療スタッフの筋骨格系障害(腰痛ほか)発症要因とその対策」について講演
  • 統計・疫学普及研修2016, 日本予防社会医学協会,   2016年04月01日 - 2017年03月31日, 日本予防医学協会 統計・疫学普及研修講師(平成28年度)
  • 統計・疫学普及研修2015, 日本予防医学協会,   2015年09月01日 - 2016年03月31日, 日本予防医学協会 統計・疫学普及研修講師(平成27年度)
  • 人を対象とする医学系研究に関する倫理研修 講師, 大阪工業大学,   2015年06月26日 - 2015年06月26日, 大阪工業大学の教職員を対象に、「人を対象とする医学系研究」に関する倫理研修を担当
  • 教育講演 メタアナリシス入門講座, 産業保健人間工学会,   2014年11月16日 - 2014年11月16日, 「実務者が利用できる産業保健人間工学のエビデンス構築―産業人間工学版メタアナリシス入門講座―」tのテーマで産業保健人間工学会第19回大会内にて教育講演を行った
  • 疫学・統計エキスパート研修2014, 日本予防医学協会,   2014年08月19日 - 2015年01月15日, 「統計的思考・視点を身につける」「統計学の応用領域とそのグッドプラクティス」について講演
  • 日本人間工学会 学会設立50周年記念シンポジウム 講演, 日本人間工学会,   2014年06月05日 - 2014年06月05日, 学会設立50周年記念シンポジウム:「人間工学の過去・現在・未来」にて、労働の変化と人間工学について講演した
  • シンポジウム:「ビッグデータと人間工学」 講演, ビッグデータ人間工学部会,   2014年06月05日 - 2014年06月05日, 日本人間工学会学会設立50周年記念大会にて、人間工学領域におけるビッグデータ利用と研究倫理について講演した
  • 作業管理実務講習 in 大阪「実践作業管理-職場改善のテクニック-」講師, 日本予防医学協会、産業保健人間工学会,   2014年10月09日 - 2014年10月09日, 作業管理士を対象とした研修会講師を担当
  • 労働科学フォーラム シンポジウム「携帯端末(ICT)と変容する働き方」 講演, 労働科学研究所,   2013年12月14日 - 2013年12月14日, 携帯端末利用に想定される健康影響と課題について、安全衛生の側面からシンポジストとして講演
  • 名古屋市環境局講演: 疫学調査の基本概念, 名古屋市,   2013年10月17日 - 2013年10月17日, 名古屋市環境局職員を対象とした疫学調査の基礎講座講師を担当
  • 医療従事者の筋骨格系リスク評価のISO国際規格に関する講演, 作業関連性運動器障害研究会,   2013年05月15日 - 2013年05月15日, 第86回日本産業衛生学会第10回作業関連性運動器障害研究会にて「Manual handlingof people in the healthcare sector に関するISO基準」のテーマにて講演
  • MieLIP医療機器・福祉機器開発研究会事業「ものづくりのための人間工学入門」講師, 三重大学・三重県四日市市高度部材イノベーションセンター,   2014年02月24日 - 2014年03月06日, ものづくりのための人間工学入門の講師を行った
  • 疫学・統計エキスパート研修, 日本予防医学協会,   2014年01月16日 - 2014年02月13日, 疫学・統計エキスパート研修「基礎から学ぶ楽しいデータ解析」として講演を行った
  • 「若手研究者・実務者が考える産業人間工学の近未来予想図」コーディネータ, 産業保健人間工学会第18回大会,   2013年09月21日 - 2013年09月22日, 産業保健人間工学会第18回大会内にて、産業人間工学の次の10年を考える企画シンポジウムを開催した
  • 平成25年度資質向上プログラム「人間工学実験分野におけるRを使った統計処理」, 静岡県工業技術研究所,   2013年09月30日 - 2013年10月01日, 平成25年度資質向上プログラム「人間工学実験分野におけるRを使った統計処理」の講師を行った
  • ヒューマンエラーの人間工学的対策(第282回特別研修), 中央災害防止協会大阪安全衛生センター,   2013年07月08日 - 2013年07月08日, ヒューマンエラーの人間工学的対策(第282回特別研修)として講演を行った
  • 名古屋市教育委員会 平成24年度健康教室 講演, 行政,   2012年08月27日 - 2012年08月27日, 「人間工学による包括的職場ストレス対策-組織文化と健康を考える-」について講演
  • 人類働態学会主催 フリー統計ソフト「R」を用いたやさしい統計解析講座【基礎コース】, 人類働態学会,   2013年04月27日 - 2013年04月28日, 学会主催の統計解析講座の企画・講師を担当
  • 平成24年度名古屋市北区女性学級 講演, 行政,   2012年05月22日 - 2012年05月22日, 名古屋市北区役所講堂にて、名古屋市北区女性学級講演を行い、エコチル調査を紹介した。
  • 中央労働災害防止協会VDTインストラクター講座2016 講師, 中央労働災害防止協会,   2016年09月27日 - 2016年09月27日, 「作業管理・作業環境管理」「VDT機器と作業環境の維持管理」について講演
  • 中央労働災害防止協会 VDTインストラクター講座2015 講師, 中央労働災害防止協会,   2015年01月08日 - 2015年01月08日, 「作業管理・作業環境管理」「VDT機器と作業環境の維持管理」講師
  • 中央労働災害防止協会 VDTインストラクター講座2014 講師, 中央労働災害防止協会,   2014年02月20日 - 2014年02月20日, 「作業管理・作業環境管理」「VDT機器と作業環境の維持管理」講師
  • 中央労働災害防止協会 VDTインストラクター講座2013 講師, 行政,   2013年03月26日 - 2013年03月26日, 「作業管理・作業環境管理」「VDT機器と作業環境の維持管理」講師
  • 中央労働災害防止協会 VDTインストラクター講座2012 講師, 行政,   2012年06月07日 - 2012年06月07日, VDTインストラクター講座 講師
  • シンポジウム「自然災害と人類の対応力(レジリエンス)」 講演, 人類働態学会,   2012年06月17日 - 2012年06月17日, 人類働態学会第47回全国大会シンポジウム「自然災害と人類の対応力(レジリエンス)」を企画、レジリエンスの理論的背景について講演を行った
  • 環境省 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)愛知ユニットセンター事務局長, 大学,   2012年04月01日 - 2013年03月31日, エコチル調査愛知ユニット事務局長として務めた。
  • 株式会社インターソフト 技術指導, 民間企業,   2012年04月01日 - 2015年03月31日, 人間工学設計技術、実験計画法、統計解析に関する教育指導
  • 経済産業省委託事業「平成24年度課題解決型医療機器等開発事業」医工連携推進支援事業看護ニーズ医療機器開発に関する研究会委員, 行政,   2013年01月01日 - 2013年03月31日, 看護ニーズ医療機器開発に関する研究会の学識経験者として意見具申を行った。
  • 医療・保健 学びなおし講座 運営委員, 大学,   2012年04月01日 - 2013年03月31日, 本学が行っている医療人の再教育講座「医療・保健学びなおし講座」の運営委員としてカリキュラム検討、広報支援を行った。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.