研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

榎原 毅エバラ タケシ

所属部署医学研究科環境労働衛生学分野
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.med.nagoya-cu.ac.jp/hygiene.dir/
生年月日
Last Updated :2020/06/02

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:50405156
    ORCID ID:0000-0003-3342-1058

学位

  • 名古屋市立大学医学研究科予防・社会医学専攻/博士(医学)

所属学協会

  • 日本看護医療学会
  • International Epidemiological Association
  • 産業・組織心理学会
  • 産業保健人間工学会
  • 人類働態学会
  • 日本産業衛生学会
  • 日本人間工学会
  • 日本集団災害医学会
  • 日本看護研究学会
  • 東海公衆衛生学会

委員歴

  •   2019年07月 - 現在, 日本産業衛生学会, 学術委員会 委員(2019年7月~2022年2月)
  •   2019年03月 - 現在, 日本産業衛生学会 東海地方会, 学術研究推進委員会 委員(2019年3月1日~2021年2月28日)
  •   2018年06月 - 現在, International Ergonomics Association(IEA), IEA Council Meeting Member(国際人間工学連合評議会委員)
  •   2018年06月 - 現在, 日本人間工学会, 国際協力委員会 委員
  •   2017年04月 - 現在, 国立研究開発法人産業技術総合研究所, 人間工学実験委員会委員(倫理審査委員会)
  •   2008年 - 現在, ISO/TC159(人間工学)国内対策委員会SC3分科会 主査
  •   2016年06月 - 2020年06月, 日本人間工学会, 倫理指針検討委員会 副委員長(2018.6~)
  •   2016年06月 - 2020年06月, 日本人間工学会, 学会改革・戦略委員会 委員長
  •   2019年08月 - 2020年03月, 認定人間工学専門家機構, CPEビジョン検討WG 委員
  •   2019年01月 - 2020年03月, 日本産業衛生学会, Environmental and Occupational Health Practice, Ergonomics Field Editor
  •   2014年 - 2020年03月, 日本産業衛生学会, Journal of Occupational Health editor (2014-, Ergonomics Field Editor:2016-)
  •   2019年05月, 日本産業衛生学会作業関連性運動器障害研究会 代表世話人(2019.5~)
  •   2016年06月 - 2018年06月, 日本人間工学会, 副理事長
  •   2012年06月 - 2018年06月, 日本人間工学会, 人間工学誌 副編集委員長
  •   2018年 - 2018年, International Ergonomics Association, IEA2018 Scientific committee member
  •   2012年 - 2016年, 日本人間工学会広報委員会 委員長
  •   2010年 - 2014年, Journal of Human Ergology 編集委員
  • 公益財団法人労働科学研究所 協力研究員(2013.6~2016.3)・特別研究員(2016.4~2017.3)
  • 日本産業衛生学会 東海地方会ニュース編集委員会 編集委員
  • The 18th Japan-China-Korea Joint conference on Occupational Health, Secretary general(国際学会事務局長)
  • 日本人間工学会 選挙管理委員会 委員(第二期2009, 第三期2011, 第四期 2013, 第五期2015)
  • 日本人間工学会 東海支部2007年研究大会 大会長
  • 日本人間工学会 東海支部研究大会 実行委員(2008-2012, 2014-2015)
  • 日本人間工学会 東海支部研究大会 実行委員長(2013, 2016)
  • 日本人間工学会 第57回大会 実行委員長(2016/5/14-15)
  • 日本人間工学会 企業の人材育成プログラム開発委員会 委員(2008-2013)
  • 日本人間工学会 ニーズ対応型人間工学展開委員会 委員長(2009-2012)
  • 日本人間工学会 ビッグデータ人間工学部会 幹事(2014.4~2016.6)
  • Journal of Human Ergoloy editorial board member
  • Chairperson of Public relations committee, The Japan Ergonomics Society
  • 文部科学省科学技術政策研究所科学技術専門家ネットワーク 平成26-28年度専門調査員
  • Associate editor of Japanese Journal of Ergonomics
  • Journal of Occupational Health editorial board member

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない, 産業保健,環境保健
  • 社会基盤(土木・建築・防災), 社会システム工学, 安全工学,労働安全衛生
  • 情報通信, ヒューマンインタフェース、インタラクション
  • 情報通信, 統計科学

研究キーワード

    身体不活動, 作業関連運動器障害, 生物統計, 人間工学, 労働安全衛生

論文

  • アトピー性皮膚炎の子どもを育てる家族の“困難さ”を探る研究の動向, 山口 知香枝, 榎原 毅, 二村 昌樹, 大矢 幸弘, 浅野みどり, アレルギーの臨床, 40, (6) 84 - 88,   2020年06月
  • Sexual difference in 2nd-to-4th digit ratio among 1.5-year-old Japanese children: A cross-sectional study of Aichi regional adjunct cohort of the Japan Environment and Children's Study (JECS-A), Yasuyuki Yamada, Takeshi Ebara, Chikae Yamaguchi, Taishi Miyachi, Naoto Shoji, Taro Matsuki, Hirohisa Kano, Masataka Hirosawa, Michihiro Kamijima, Early Human Development, 146,   2020年06月, 査読有り
  • 人間工学ナッジを事例としたCOVID-19による社会不安軽減に向けたリサーチイシューの提案 -CBRNE災害におけるクライシス・エマージェンシー・リスクコミュニケーション-, 庄司直人, 上島通浩, 榎原 毅, 人間工学, 56, (2) 49 - 57,   2020年04月15日, 査読有り, 2020年1月以降,新型コロナウィルス(COVID-19)に対するリスク対応が喫緊の社会課題である.このようなCBRNE災害(Chemical, Biological, Radiological, Nuclear and Explosive)に対し,人間工学が果たせる貢献のひとつにリスクコミュニケーションがあげられる.本稿では次の4視点で人間工学におけるリサーチイシューを整理した:1)CBRNE災害におけるCERC要素とそのリサーチイシュー,2)社会不安へ対応する行動志向型コミュニケーションのリサーチイシュー,3)COVID-19の公衆衛生危機に対する人間工学研究と実践のリサーチイシュー,4)人間工学コミュニティが果たす役割.これら4視点からCOVID-19による社会不安軽減に向けた人間工学研究の方向性を示すこととした
  • ErgonomicThonワークショップ-働き方をデザインする-, 榎原 毅, 鳥居塚崇, 人間工学, 56, (2) 84 - 87,   2020年04月
  • ErgonomicThon:産業安全保健活動に役立つ人間工学ナッジを学ぼう ―⾏動変容を促す理論と実践ワークショップ―, 山田泰行, 山田クリス孝介, 榎原 毅, 人間工学, 56, (2) 79 - 83,   2020年04月
  • Sit-stand endoscopic workstations with wobble stools for the endoscopist, assistant, and endoscopy nurses in an endoscopy unit, Mafu Tsunemi, Ippei Matsuzaki, Masashi Hattori, Takeshi Ebara, Mitsuhiro Fujishiro, Endoscopy,   2020年03月, 査読有り
  • Attitudes toward preimplantation genetic testing for aneuploidy among patients with recurrent pregnancy loss in Japan., Eri Takeda, Mayumi Sugiura-Ogasawara, Takeshi Ebara, Tamao Kitaori, Shinobu Goto, Hiroyuki Yoshihara, Takeshi Sato, The journal of obstetrics and gynaecology research,   2020年02月07日, 査読有り, AIM: To examine attitudes toward preimplantation genetic testing for aneuploidy (PGT-A) in patients with recurrent pregnancy loss (RPL) because it has been performed worldwide in spite of little evidence regarding whether it can improve the live birth rate and prevent miscarriage. There has been no study to examine attitudes toward PGT-A in patients with RPL. METHODS: We conducted a cross-sectional study that used a questionnaire to examine attitudes toward PGT-A, the desire for PGT-A and the factors associated with this desire in 386 patients with RPL between November 2014 and January 2019. RESULTS: Overall, 25.1% of patients desired PGT-A and 35.2% answered that they knew about it. Regarding the reasons for wanting PGT-A, 42.3% thought that it would insure a live birth and with complete case analysis, showed that the patients' wish for PGT-A as a means of giving live birth was affected by their IVF-ET history (adjusted odds ratio 2.7, 95% CI 1.2-7.2) and whether they had any knowledge of PGT-A (2.4, 1.1-5.3). Those with a higher total family income (3.5, 1.2-10.1) and a previous IVF-ET (4.6, 2.0-10.3) tended to want PGT-A as a means of avoiding miscarriage. CONCLUSION: The majority had no opinion or a poor knowledge of PGT-A. More patients who self-assessed as knowing about PGT-A or who had undergone IVF-ET had the above type of misunderstanding. Accurate and up-to-date information from facilities different from those in which PGT-A is performed is necessary before reaching a decision on PGT-A.
  • Biomonitoring method for neonicotinoid insecticides in urine of non-toilet-trained children using LC-MS/MS., Jun Ueyama, Arisa Aoi, Yuko Ueda, Naoko Oya, Yuka Sugiura, Yuki Ito, Takeshi Ebara, Michihiro Kamijima, Food additives & contaminants. Part A, Chemistry, analysis, control, exposure & risk assessment, 37, (2) 304 - 315,   2020年02月, 査読有り, There is a growing appreciation of the importance of determining chemical exposure levels in early childhood, as well as in embryonic and foetal life, which are now widely believed to be essential for gaining insight into potential health risks associated with these chemicals. To facilitate the assessment of exposure to neonicotinoid insecticides (NEOs) in non-toilet-trained children, a new method using disposable diapers (nappies) was developed for the simultaneous determination of the NEOs acetamiprid and its metabolite N-desmethylacetamiprid, clothianidin, dinotefuran, imidacloprid, thiacloprid, and thiamethoxam (NEO biomarkers). The urine absorbed in disposable diapers was extracted with acetone (diaper urine) and was cleaned using a solid-phase extraction column, before analysis with LC-MS/MS. The absolute recoveries of NEO biomarkers were 19-50%. Good results were observed for the linearity of the matrix-matched calibration curves (r2 = 0.983-0.996; concentration range LOQ-20 µg L-1) and the precision of intra-day (% relative standard deviation (%RSD): 3.3-12.7%) and inter-day (%RSD: 4.3-19.5%) analyses. The lowest and highest limits of detection of the developed method were 0.07 µg L-1 for acetamiprid and 0.75 µg L-1 for clothianidin. The developed method was applied for the evaluation of fifty diapered three-year-old children in Japan. Importantly, the study revealed relatively high detection rates for dinotefuran and N-desmethylacetamiprid; 84% and 78% respectively. The highest geometric mean of dinotefuran urinary concentration was 2.01 µg L-1. Thus, a method for determining NEO biomarkers in urine extracted from disposable diapers was established. This is the first report on the simultaneous quantitative analysis of NEO biomarkers of diaper-absorbed urine samples.
  • Exposure levels of organophosphate pesticides in Japanese diapered children: Contributions of exposure-related behaviors and mothers’ considerations of food selection and preparation, Environment International, 134, 105294 - 105294,   2020年01月, 査読有り
  • Serum levels of chemokine CCL2 are elevated in malignant pleural mesothelioma patients, Takumi Kishimoto, Nobukazu Fujimoto, Takeshi Ebara, Toyonori Omori, Tetsuya Oguri, Akio Niimi, Takako Yokoyama, Munehiro Kato, Ikuji Usami, Masayuki Nishio, Kosho Yoshikawa, Takeshi Tokuyama, Mouka Tamura, Ken Tsuboi, Yoichi Matsuoka, Jiegou Xu, Satoru Takahashi, David B. Alexander, William T. Alexander, Hiroyuki Tsuda, BMC Cancer, 19, (1) ,   2019年12月, 査読有り
  • Cohort profile: Aichi regional sub-cohort of the Japan Environment and Children’s Study (JECS-A), Takeshi Ebara, Yasuyuki Yamada, Naoto Shoji, Yuki Ito, Atsuko Nakagawa, Taishi Miyachi, Yasuhiko Ozaki, Toyonori Omori, Sadao Suzuki, Masayo Kojima, Jun Ueyama, Motohiro Tomizawa, Sayaka Kato, Tomoko Oguri, Taro Matsuki, Hirotaka Sato, Naoko Oya, , Mayumi Sugiura-Ogasawara, Shinji Saitoh, Michihiro Kamijima, BMJ Open, 9, (11) ,   2019年11月12日, 査読有り
  • Attitude and perceptions toward miscarriage: a survey of a general population in Japan, J Hum Genet,   2019年11月, 査読有り
  • Identifying characteristics of indicators of sedentary behavior using objective measurements., Kojiro Yamamoto, Fumiko Matsuda, Tsuyoshi Matsukawa, Nao Yamamoto, Kenji Ishii, Takahiro Kurihara, Shota Yamada, Taro Matsuki, Michihiro Kamijima, Takeshi Ebara, Journal of occupational health,   2019年10月10日, 査読有り, OBJECTIVE: Recent attention has been focused on sedentary behavior (SB) affecting health outcomes, but the characteristics of indicators reflecting SB remain to be identified. This cross-sectional study aims to identify the characteristics of indicators of SB, focusing on the examination of correlations, reliability, and validity of sedentary variables assessed by the smartphone app. METHOD: Objectively measured data of SB of eligible 46 Japanese workers obtained from smartphones were used. We assessed the characteristics of current indicators being used with a 10-minute or 30-minute thresholds, in addition to the conventional indicators of total sedentary time, mean sedentary bout duration, and total number of sedentary bouts. They were evaluated from three perspectives: (a) association among the indicators, (b) reliability of the indicators, and (c) criterion validity. RESULTS: Total sedentary time under 10 minutes (U10) and U30 had negative associations with Total sedentary time (r = -.47 and -.21 respectively). The correlation between Mean sedentary bout duration and Total number of sedentary bouts was -.84, whereas between Mean sedentary bout duration 10, 30 and Total number of sedentary bouts were -.54 and -.21, respectively. The intraclass correlation coefficients of almost all indicators were around .80. Mean sedentary bout duration, Mean sedentary bout duration 10, Total number of sedentary bouts, Total sedentary time 30, U30 and U10 have significant differences between three BMI groups. CONCLUSION: This study comprehensively revealed the rationale of advantage in the current indicator being used with a 10-minute or 30-minute threshold, rather than the conventional total amount of SB.
  • Effects of long working hours and shift work during pregnancy on obstetric and perinatal outcomes: A large prospective cohort study —Japan Environment and Children’s Study, BIRTH,   2019年10月, 査読有り
  • 2018年IEA評議会参加報告, 榎原 毅, 鳥居塚崇, 小谷賢太郎, 人間工学, 55, (3) 104 - 109,   2019年08月
  • Within-individual and interlaboratory variability analyses of urinary metabolites measurements of organophosphorus insecticides,, Journal of Exposure Science and Environmental Epidemiology,   2019年02月, 査読有り
  • ジェンダー配慮型労働災害統計データの整備-人間工学からの提言, 榎原 毅, 労働の科学, 74, (9) 16 - 19,   2019年
  • Sit-stand endoscopic workstations equipped with a wearable chair, Ippei Matsuzaki, Takeshi Ebara, Mafu Tsunemi, Mitsuhiro Fujishiro, VideoGIE,   2019年, 査読有り
  • Intra-individual variations of organophosphate pesticide metabolite concentrations in repeatedly collected urine samples from pregnant women in Japan, Environmental Health and Preventive Medicine, Keisuke Hioki, Yuki Ito, Naoko Oya, Shoji F Nakayama, Tomohiko Isobe, Takeshi Ebara, Kanemitsu Shibata, Naomi Nishikawa, Kunihiko Nakai, Tomota Kamida, Jun Ueyama, Mayumi Sugiura-Ogasawara, Michihiro Kamijima, Environmental Health and Preventive Medicine, 24, (7) ,   2019年01月, 査読有り
  • Endometriosis and recurrent pregnancy loss as new risk factors for venous thromboembolism during pregnancy and postpartum: the JECS birth cohort, Thrombosis and Haemostasis, 119, 606 - 617,   2019年, 査読有り
  • 超急性期災害医療対応を想定した組織レジリエンス・トレーニング「宝さがし」のトライアル, 庄司直人, 山岸庸太, 高鷹 達, 榎原 毅, 人間工学, 54, (6) ,   2018年12月, 査読有り
  • 海上保安庁第四管区海上保安本部におけるリスク改善活動の取り組み, 榎原 毅, 人間工学, 54, (2) 41 - 48,   2018年04月, 査読有り
  • Factors determining parenting stress in mothers of children with Atopic Dermatitis, Allergology International,   2018年, 査読有り
  • Fetal cell-free DNA fraction in maternal plasma for the prediction of hypertensive disorders of pregnancy, Nobuhiro Suzumori, Akihiko Sekizawa, Takeshi, Ebara et, European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology, 224, 165 - 169,   2018年, 査読有り
  • 外来受療患者の排便を導く自己管理の実際と患者が求める指導の関連, 山幡 朗子, 春田佳代, 榎原 毅, 伊藤眞由美, 鈴村初子, 日本看護医療学会誌, 20, (2) ,   2018年, 査読有り
  • Adverse pregnancy and perinatal outcome in patients with recurrent pregnancy loss: Birth cohort of the Japan Environment and Children’s study, American Journal of Reproductive Immunology,   2018年, 査読有り
  • Associations between levels of maternal blood cadmium and lead and gestational diabetes mellitus in Japan Environment and Children's Study, International Archives of Occupational and Environmental Health,   2018年, 査読有り
  • Reliability of smartphone-based gait measurements for quantification of physical activity/inactivity levels., Takeshi Ebara, Ryohei Azuma, Naoto Shoji, Tsuyoshi Matsukawa, Yasuyuki Yamada, Tomohiro Akiyama, Takahiro Kurihara, Shota Yamada, Journal of occupational health, 59, (6) 506 - 512,   2017年11月25日, OBJECTIVES: Objective measurements using built-in smartphone sensors that can measure physical activity/inactivity in daily working life have the potential to provide a new approach to assessing workers' health effects. The aim of this study was to elucidate the characteristics and reliability of built-in step counting sensors on smartphones for development of an easy-to-use objective measurement tool that can be applied in ergonomics or epidemiological research. METHODS: To evaluate the reliability of step counting sensors embedded in seven major smartphone models, the 6-minute walk test was conducted and the following analyses of sensor precision and accuracy were performed: 1) relationship between actual step count and step count detected by sensors, 2) reliability between smartphones of the same model, and 3) false detection rates when sitting during office work, while riding the subway, and driving. RESULTS: On five of the seven models, the inter-class correlations coefficient (ICC (3,1)) showed high reliability with a range of 0.956-0.993. The other two models, however, had ranges of 0.443-0.504 and the relative error ratios of the sensor-detected step count to the actual step count were ±48.7%-49.4%. The level of agreement between the same models was ICC (3,1): 0.992-0.998. The false detection rates differed between the sitting conditions. CONCLUSIONS: These results suggest the need for appropriate regulation of step counts measured by sensors, through means such as correction or calibration with a predictive model formula, in order to obtain the highly reliable measurement results that are sought in scientific investigation.
  • Quantitative analysis of organophosphate insecticide metabolites in urine extracted from disposable diapers of toddlers in Japan, Naoko Oya, Yuki Ito, Keisuke Hioki, Yuya Asai, Arisa Aoi, Yuka Sugiura, Jun Ueyama, Tomoko Oguri, Sayaka Kato, Takeshi Ebara, Michihiro Kamijima, INTERNATIONAL JOURNAL OF HYGIENE AND ENVIRONMENTAL HEALTH, 220, (2) 209 - 216,   2017年03月, 査読有り, Background and aim: Epidemiological studies linking insecticide exposure to childhood neurodevelopment have been gaining global attention. Despite the rapid development of the central nervous system in early childhood, studies regarding the biological monitoring of insecticide exposure in diapered children are limited. In this study, we aimed to clarify the concentrations of organophosphate (OP) insecticide metabolites in toddler urine extracted from disposable diapers in Japan. Methods: We recruited diapered children from the Aichi regional subcohort participants of the Japan Environment and Children's Study (JECS) at the time of their 18-month checkup. A total of 116 children wore designated disposable diapers overnight, which were then sent as refrigerated cargo. The urine was extracted from the diapers using acetone and analyzed by ultra-performance liquid chromatography with tandem mass spectrometry (UPLC-MS/MS) to determine the concentrations of six dialkyl phosphates (DAPs) (i.e., dimethyl phosphate [DMP], dimethyl thiophosphate [DMTP], dimethyl dithiophosphate [DMDTP], diethyl phosphate [DEP], diethyl thiophosphate [DETP], and diethyl dithiophosphate [DEDTP]). DAP absorption into the diapers was quantified to calculate the urinary DAP concentrations. Results: The DAP recovery using the developed method yielded between 54.2% (DEDTP) and 101.4% (DEP). Within-run precision expressed as the relative standard deviation was between 2.4% and 14.7%, and the between-run precision was between 3.1% and 8.5%. A Bland-Altman analysis confirmed the agreement between the results obtained by the developed method and by the measurements for the corresponding urine without diaper absorption. The geometric means (GM) of urinary DMP, DMTP, DMDTP, DEP, DETP, and total DAPs (EDAP) were 3.6, 3.9, 0.9, 6.0, 0.6 mu g/L, and 137.6 nmol/L, respectively. The GM of DEDTP was not calculated due to its low detection rate. Conclusions: We successfully established a method to measure the DAP concentrations in urine extracted from diapers and this is the first report of these pesticide concentrations in diapered children in Japan. (C) 2016 Elsevier GmbH. All rights reserved.
  • Quantitative analysis of organophosphate insecticide metabolites in urine extracted from disposable diapers of toddlers in Japan, Naoko Oya, Yuki Ito, Keisuke Hioki, Yuya Asai, Arisa Aoi, Yuka Sugiura, Jun Ueyama, Tomoko Oguri, Sayaka Kato, Takeshi Ebara, Michihiro Kamijima, INTERNATIONAL JOURNAL OF HYGIENE AND ENVIRONMENTAL HEALTH, 220, (2) 209 - 216,   2017年03月, Background and aim: Epidemiological studies linking insecticide exposure to childhood neurodevelopment have been gaining global attention. Despite the rapid development of the central nervous system in early childhood, studies regarding the biological monitoring of insecticide exposure in diapered children are limited. In this study, we aimed to clarify the concentrations of organophosphate (OP) insecticide metabolites in toddler urine extracted from disposable diapers in Japan. Methods: We recruited diapered children from the Aichi regional subcohort participants of the Japan Environment and Children's Study (JECS) at the time of their 18-month checkup. A total of 116 children wore designated disposable diapers overnight, which were then sent as refrigerated cargo. The urine was extracted from the diapers using acetone and analyzed by ultra-performance liquid chromatography with tandem mass spectrometry (UPLC-MS/MS) to determine the concentrations of six dialkyl phosphates (DAPs) (i.e., dimethyl phosphate [DMP], dimethyl thiophosphate [DMTP], dimethyl dithiophosphate [DMDTP], diethyl phosphate [DEP], diethyl thiophosphate [DETP], and diethyl dithiophosphate [DEDTP]). DAP absorption into the diapers was quantified to calculate the urinary DAP concentrations. Results: The DAP recovery using the developed method yielded between 54.2% (DEDTP) and 101.4% (DEP). Within-run precision expressed as the relative standard deviation was between 2.4% and 14.7%, and the between-run precision was between 3.1% and 8.5%. A Bland-Altman analysis confirmed the agreement between the results obtained by the developed method and by the measurements for the corresponding urine without diaper absorption. The geometric means (GM) of urinary DMP, DMTP, DMDTP, DEP, DETP, and total DAPs (EDAP) were 3.6, 3.9, 0.9, 6.0, 0.6 mu g/L, and 137.6 nmol/L, respectively. The GM of DEDTP was not calculated due to its low detection rate. Conclusions: We successfully established a method to measure the DAP concentrations in urine extracted from diapers and this is the first report of these pesticide concentrations in diapered children in Japan. (C) 2016 Elsevier GmbH. All rights reserved.
  • 身体不活動をめぐるsit-stand workstation導入効果に関する人間工学研究動向, 榎原 毅, 庄司直人, 産業医学レビュー, 29, (3) 145 - 161,   2017年
  • Background of couples undergoing non-invasive prenatal testing in Japan, Eri Takeda, Nobuhiro Suzumori, Kyoko Kumagai, Kumiko Oseto, Takeshi Ebara, Junko Yotsumoto, Hironao Numabe, Mayumi Sugiura-Ogasawara, JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH, 42, (10) 1222 - 1228,   2016年10月, Aim: Our purpose was to assess the background of couples who were undergoing non-invasive prenatal testing (NIPT) in Japan. Methods: The characteristics of 2486 women who had visited Nagoya City University Hospital for NIPT were compared with Japanese Demographic Trends as controls. The questionnaire included items regarding thematernal and paternal age, maternal age at marriage, age at first live birth, and conception mode. Results: Compared with the controls, the percentage of women who were 4 or more years older than their partners was larger in the NIPT group (11.8% vs 6.5%). The maternal age at marriage, age at first live birth, and the duration between marriage and first birth tended to be greater in the NIPT group (32.6 years vs 29.3 years, 36.9 years vs 30.4 years, and 3.6 years vs 2.4 years, respectively), and the percentage of women who underwent assisted reproductive technology tended to be higher in the NIPT group (35-39 years: 21.2% vs 7.5%, 40-45 years: 36.2% vs 12.6%), compared with the controls. Conclusion: Knowing the specific backgrounds of couples who have undergone NIPT may be important for improving the quality of genetic counseling for NIPT.
  • Fetal cell-free DNA fraction in maternal plasma is affected by fetal trisomy, Nobuhiro Suzumori, Takeshi Ebara, Takahiro Yamada, Osamu Samura, Junko Yotsumoto, Miyuki Nishiyama, Kiyonori Miura, Hideaki Sawai, Jun Murotsuki, Michihiro Kitagawa, Yoshimasa Kamei, Hideaki Masuzaki, Fumiki Hirahara, Juan-Sebastian Saldivar, Nilesh Dharajiya, Haruhiko Sago, Akihiko Sekizawa, JOURNAL OF HUMAN GENETICS, 61, (7) 647 - 652,   2016年07月, The purpose of this noninvasive prenatal testing (NIPT) study was to compare the fetal fraction of singleton gestations by gestational age, maternal characteristics and chromosome-specific aneuploidies as indicated by z-scores. This study was a multicenter prospective cohort study. Test data were collected from women who underwent NIPT by the massively parallel sequencing method. We used sequencing-based fetal fraction calculations in which we estimated fetal DNA fraction by simply counting the number of reads aligned within specific autosomal regions and applying a weighting scheme derived from a multivariate model. Relationships between fetal fractions and gestational age, maternal weight and height, and z-scores for chromosomes 21, 18 and 13 were assessed. A total of 7740 pregnant women enrolled in the study, of which 6993 met the study criteria. As expected, fetal fraction was inversely correlated with maternal weight (P<0.001). The median fetal fraction of samples with euploid result (n=6850) and trisomy 21 (n=70) were 13.7% and 13.6%, respectively. In contrast, the median fetal fraction values for samples with trisomies 18 (n=35) and 13 (n=9) were 11.0% and 8.0%, respectively. The fetal fraction of samples with trisomy 21 NIPT result is comparable to that of samples with euploid result. However, the fetal fractions of samples with trisomies 13 and 18 are significantly lower compared with that of euploid result. We conclude that it may make detecting these two trisomies more challenging.
  • エコチル調査の意義と地域での子育て支援, 上島通浩, 小栗朋子, 加藤沙耶香, 榎原 毅, 保健師ジャーナル, 72, (4) 291 - 295,   2016年
  • エコチル調査第6回 愛知ユニットセンターの取り組み, 榎原 毅, チャイルドヘルス, 72, (4) 52 - 53,   2016年
  • 人間工学分野における「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」への対応, 榎原 毅, 山口知香枝, 庄司直人, 人間工学, 52, (3) 103 - 111,   2016年
  • 人間工学誌掲載論文における倫理配慮の動向, 榎原 毅, 山口知香枝, 庄司直人, 人間工学, 52, (3) 141 - 149,   2016年
  • 外来受療患者の便秘ならびに過敏性腸症候群症状と排便自己管理の実態, 山幡朗子, 春田佳代, 榎原 毅, 伊藤眞由美, 鈴村初子, 日本看護医療学会雑誌, 18, (1) 1 - 10,   2016年
  • 研究者倫理の現在と課題, 榎原 毅, 労働の科学, 70, (1) 4 - 8,   2015年
  • 産業保健分野における人間工学の実践的活用6 -産業安全保健の新パラダイム―安全文化とレジリエンス, 榎原 毅, 齋藤裕太, 大橋智樹, 産業医学ジャーナル, 38, (2) 27 - 33,   2015年
  • Determination of clinically significant tests for antiphospholipid antibodies and cutoff levels for obstetric antiphospholipid syndrome, Tamao Kitaori, Mayumi Sugiura-Ogasawara, Kenji Oku, Wolfgang Papisch, Takeshi Ebara, Yasuhiko Ozaki, Kinue Katano, Tatsuya Atsumi, Lupus,   2015年
  • Genotyping Analysis for the 46 C/T Polymorphism of Coagulation Factor XII and the Involvement of Factor XII Activity in Patients with Recurrent Pregnancy Loss, Eriko Asano, Takeshi Ebara, Chisato Yamada-Namikawa, Tamao Kitaori, Nobuhiro Suzumori, Kinue Katano, Yasuhiko Ozaki, Makoto Nakanishi, Mayumi Sugiura-Ogasawara, PLOS ONE, 9, (12) ,   2014年12月, Background: Established causes of recurrent pregnancy loss (RPL) include antiphospholipid syndrome, uterine anomalies, parental chromosomal abnormalities, particularly translocations and abnormal embryonic karyotype. A systematic review concluded that coagulation factor XII (FXII) deficiency was associated with RPL. However, it could not be established whether the 46 C/T SNP of FXII or low activity of FXII was a risk factor for RPL, because of the small sample size. Methods and Findings: We conducted a cross-sectional and cohort study in 279 patients with two or more unexplained consecutive pregnancy losses and 100 fertile women. The association between the lupus anticoagulant (LA) activity and FXII activity was examined. The frequency of the CC, CT and TT genotypes and the FXII activity were also compared between the patients and controls. Subsequent miscarriage rates among the CC, CT, TT genotypes and according to the FXII activity was examined. LA was associated with reduced FXII activity. The CT, but not the TT, genotype was confirmed to be a risk factor for RPL in the cross-sectional study using multivariate logistic regression analysis (OR, 2.8; 95% CI, 1.37-5.85). The plasma FXII activity in the patients was similar to that in the controls. Neither low FXII activity nor the CT genotype predicted the subsequent pregnancy outcome in the cohort study. On the other hand, and intermediate FXII activity level of 85-101% was predictive of subsequent miscarriage. Conclusions: Low FXII activity was not associated with RPL. The FXII gene was found to be one of the significant susceptibility genes for RPL, similar to the FV Leiden mutation. However, the clinical influence of the CT genotype might be relatively small, because the presence/absence of this genotype did not have any predictive value for the subsequent pregnancy outcome. This was the first study indicating the influence of FXII 46C/T on further pregnancy outcomes.
  • Non-specific psychological distress in women undergoing noninvasive prenatal testing because of advanced maternal age, Nobuhiro Suzumori, Takeshi Ebara, Kyoko Kumagai, Shinobu Goto, Yasuyuki Yamada, Michihiro Kamijima, Mayumi Sugiura-Ogasawara, PRENATAL DIAGNOSIS, 34, (11) 1055 - 1060,   2014年11月, ObjectiveThe objective of our study was to describe our clinical experience in providing noninvasive prenatal testing (NIPT) for fetal aneuploidy to pregnant women, highlighting the degree of non-specific psychological distress. MethodsData were collected from Japanese women who were offered and underwent NIPT after genetic counseling and control pregnant women who did not undergo NIPT as part of the Japan Environment and Children's Study Control A planning. The degree of mental distress was assessed using the Kessler 6 (K6) screening scale with a score of 10 indicating depression or anxiety disorder. ResultsAmong the 505 women who underwent NIPT because of advanced maternal age, 9.1% had a K6 score of 10. Compared with matched controls (n=1010) adjusted for maternal age and gestational age, the NIPT group showed a trend toward higher K6 scores (odds ratio 1.44, 95% confidence interval 0.97-2.13, P=0.07). Higher K6 scores were associated with women whose husbands were the primary decision makers during NIPT counseling (P=0.06). ConclusionsWomen electing NIPT tend to have higher scores of depression/anxiety, and those with higher depression scores tended to defer the decision to their husbands. (c) 2014 John Wiley & Sons, Ltd.
  • 冬季暖房方式の違いが乳幼児のアレルギー性鼻炎罹患に与える影響, 榎原 毅, 尹 奎英, 横山 清子, 河原 ゆう子, 佐宗 洋子, 成瀬 春美, 上島 通浩, 人間工学, 50, (Supplement) 322 - 323,   2014年06月, 査読有り
  • 座談会 ―ネットで語る人間工学の来し方行く先―, 大須賀美恵子, 青木和夫, 斉藤進, 堀江良典, 榎原 毅, 人間工学, 50, (1) 1 - 10,   2014年
  • 女性看護職の精神健康状態の影響要因と安全行動との関連-精神的健康調査票日本語版と安全文化指標を用いて-, 相撲佐希子, 鈴村初子, 榎原 毅, 医療の質・安全学会誌, 9, (1) 5 - 11,   2014年
  • 産業保健分野における人間工学の実践的活用 -人間工学のグッドプラクティスデータベース, 榎原 毅, 産業医学ジャーナル, 37, (2) 32 - 6,   2014年
  • 人間工学国際規格(ISO)とその最新動向(3)―SC3:人体寸法と生体力学―, 持丸正明, 河内まき子, 榎原 毅, 人間工学, 50, (3) 117 - 125,   2014年
  • 産業保健分野における人間工学の実践的活用3 -腰痛予防と人間工学最前線, 榎原 毅, 産業医学ジャーナル, 37, (5) 27 - 31,   2014年
  • オフィス人間工学の近未来 -中長期的健康影響への人間工学の挑戦, 榎原 毅, 八木佳子, 産業医学ジャーナル, 37, (6) 31 - 36,   2014年
  • 人間工学の過去・現在・未来, 青木和夫, 斉藤進, 榎原 毅, 首藤由紀, 大須賀美恵子, 人間工学, 50, (6) 326 - 335,   2014年
  • 看護師の身体拘束解除の判断内容と課題, 山幡 朗子, 春田佳代, 伊藤眞由美, 城 憲秀, 榎原 毅, 久保智英, 鈴村初子, 日本看護医療学会誌, 16, (2) 60 - 66,   2014年
  • 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)-概要並びに東海地区における実施状況と今後の展望, 上島通浩, 榎原 毅, 宮田麻衣子, 加藤沙耶香, 若林千鶴子, 伊藤由起, 齋藤伸治, 杉浦真弓, 東海産婦誌, 51, 9 - 15,   2014年
  • 看護における組織安全研修体制が医療安全文化の醸成に与える影響, 相撲佐希子, 山田泰行, 鈴村初子, 榎原 毅, 労働科学, 90, (5) 190 - 199,   2014年
  • 足こぎ車いすによる足こぎ運動が歩行能力の低下抑制に与える効果, 松田文子, 安部一祐, 飯塚正之, 矢野透, 佐野禎彦, 多々良哲也, 易強, 榎原 毅, 労働科学, 90, (6) 221 - 225,   2014年
  • 大学生のアルバイトとワーク・スクール・コンフリクト―多重役割マップ(MRM)を用いたナラティブ・アプローチの展開―, 山田泰行, 水野基樹, 榎原 毅, 芳地泰幸, 上島通浩, 広沢正孝, 産業保健人間工学研究, 14, (1) 7 - 15,   2013年
  • 今日から変わる!もっと良くなる作業管理実践-国内外の最近の動向から, 榎原 毅, 産業看護, 5, (5) 55 - 9,   2013年
  • 携帯端末利用と安全衛生-特集:携帯端末と安全衛生-携帯端末と変容する働き方(1), 榎原 毅, 労働の科学, 68, (10) 580 - 4,   2013年
  • 腰痛予防と人間工学国際標準規格(ISO)-福祉・介護作業における腰痛リスク評価の国際動向, 榎原 毅, 福祉介護テクノプラス, 6, (12) 16 - 21,   2013年
  • Difference in prognoses among subtypes after first-ever ischemic stroke, Toyonori Omori, Masahiro Kawagoe, Michiko Moriama, Takeshi Yasuda, Yasuhiro Ito, Takeshi Hyakuta, Takeshi Ebara, Masayasu Matsumoto, Nagoya Med J, 53, 1 - 10,   2013年
  • 特集 オフィスをデザインする VDT作業の近未来とグッドプラクティス, 榎原 毅, 労働の科学, 67, (3) 12 - 5,   2012年
  • 一般病院看護師の身体拘束の認識とその現状に関する研究, 春田佳代, 山幡朗子, 伊藤眞由美, 城憲秀, 榎原毅, 久保智英, 鈴村初子, 愛知医科大学看護学部紀要, 11, 1 - 10,   2012年
  • Indoor air pollution and health of children in biomass fuel-using households of Bangladesh:comparison between urban andrural areas, Md.Khalequzzaman, Michihiro Kamijima, Kiyoshi Sakai, Takeshi Ebara, Bilqis Amin Hoque, Tamie Nakajima, Environ Health Prev Med, 16, 375 - 383,   2011年
  • Merits and demerits of engaging in athletic, academic and part-time job roles among university student-athletes in Japan, Yamada Y, Mizuno M, Ebara T, Hirosawa M, Journal ofHuman Ergology, 40, 141 - 150,   2011年
  • Brief hourly exercise during night work can help maintain workers’ performance, Tomoaki Sato, Tomohide Kubo, Takeshi Ebara, Hidemaro Takeyama, Tatsuki Inoue, Megumi Iwanishi, Norihide Tachi, Toru Itani, Michihiro Kamijima, Ind Health, 48, (4) 470 - 477,   2010年07月
  • Heart rate variability assessment in Japanese workers recovered from depressive disorders resulting from job stress: measurements in the workplace, Mikio Takada, Takeshi Ebara, Michihiro Kamijima, INTERNATIONAL ARCHIVES OF OCCUPATIONAL AND ENVIRONMENTAL HEALTH, 83, (5) 521 - 529,   2010年06月, The purpose of this study is to clarify workers' autonomic nerve balance after long-term sick leave due to depressive disorders resulting from job stress compared with healthy workers. The participants were 28 Japanese male workers recovered from depressive disorders and 75 healthy male workers. For each participant, the lifestyle and the fatigue within 1 month were assessed by a checklist. Heart rate variability (HRV) was measured at the workplace by acceleration plethysmography (APG). HRV was assessed by the coefficient of variation of rate intervals (CV), the spectral components in the high- and low-frequency areas represented by the normalized HF and LF (nHF and nLF), and the ratio of LF to HF components (LF/HF). There was no significant difference in individual lifestyle and fatigue symptoms between the recovered and the healthy workers. The former workers showed significantly lower CV, higher nLF and log(10)LF/HF, and lower nHF that represent the predominance of sympathetic activity in comparison with the healthy workers. Moreover, the recovered workers who discontinued medications indicated significantly higher nLF and log(10)LF/HF, and lower nHF compared to the recovered workers who continued their medications. Recovered workers in the workplace tended to show the depressive HRV feature that is the dominant sympathetic activity compared with the healthy workers. They might still be showing job stress that was not detected by the checklist. HRV analyses by APG in addition to questionnaire has the potential to become an effective approach for assessing workers' job stress to prevent repeated absences.
  • シックハウス症候群・化学物質過敏症への対応, 上島通浩, 酒井潔, 伊藤由起, 榎原 毅, 柴田英治, 現代医学, 58, (1) 29 - 37,   2010年
  • Interactive Model of Subsidiary Behaviors, Work Performance and Autonomic Nerve Activity during Visual Display Terminal Work, Toshimasa Takanishi, Takeshi Ebara, Gen-i Murasaki, Tomohide Kubo, Norihide Tachi, Toru Itani, Michihiro Kamijima, JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH, 52, (1) 39 - 47,   2010年01月, Interactive Model of Subsidiary Behaviors, Work Performance and Autonomic Nerve Activity during Visual Display Terminal Work: Toshimasa TAKANISHI, et al. Department of Occupational and Environmental Health, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences-Objectives: The aims of the study were to investigate the systematic classification of subsidiary behaviors during visual display terminal (VDT) work and discuss the interpretation of these behaviors through an interactive model of subsidiary behaviors, work performance and autonomic nerve activity Methods: Twelve university students were instructed to perform continuous 120-min English transcription tasks in a sedentary posture Data on subsidiary behaviors, work performance (mean keystroke and mean error rates), and autonomic nervous system balance (log-transformed low frequency (LF) / high frequency (HF) ratio) were recorded every 5 min during VDT work Results: The subsidiary behaviors were categorized into 3 qualitatively independent factors distractive behaviors against monotony (DBM), sleepiness-related behaviors (SRB), and habitual behaviors (HB). A cross-correlation analysis indicated that an increase of DBM, which is considered as a sign of workers' attempt to escape from monotonous task operations, was related to a decline in performance. A decrease in the LF/HF ratio was followed by SRB after 5 min passed (r=-0.57, p<0.05), eventually leading to a restriction of the deterioration in performance An increase of DBM was predictive of an increase in errors (r=0.54, p<0.05), and a significant negative correlation (r=-0.46, p<0.05) between HB and autonomic nerve activity at 10 min after the appearance of HB was observed. Conclusion: It emerged from the results that the factor structure of subsidiary behaviors consists of 3 mutually independent factors The interactive model suggests that subsidiary behaviors are possibly precursory signs of errors and changes in autonomic nervous system balance (J Occup Health 2010; 52 39-47)
  • HOW DO THE TIMING AND LENGTH OF A NIGHT-SHIFT NAP AFFECT SLEEP INERTIA?, Tomohide Kubo, Masaya Takahashi, Hidemaro Takeyama, Shun Matsumoto, Takeshi Ebara, Kensaburo Murata, Norihide Tachi, Toru Itani, CHRONOBIOLOGY INTERNATIONAL, 27, (5) 1031 - 1044,   2010年, Napping is one strategy that may assist night shiftworkers to cope with sleepiness and fatigue. However, one potential disadvantage of napping is that awakening from naps is disturbed by sleep inertia, which has also been found to impair performance and/or mood, transiently. The authors examined the effects of the timing and length of a night-shift nap on sleep inertia in a laboratory setting. Twelve male university students (mean +/- SD: 21.6 +/- 2.8 yrs) participated in this 3-day experiment, during which included a simulated night shift (22:00-08:00 h) and subsequent day (11:30-17:30 h) and night sleep (00:00-07:00 h). The simulated night shift was designed to include one of five (four nap/one no-nap) conditions. The napping conditions differed by their timing and duration:00:00-01:00 h (Early 60 min; E60), 00:00-02:00 h (Early 120 min; E120), 04:00-05:00 h (Late 60 min; L60), 04:00-06:00 h (Late 120 min; L120). Participants completed all the experimental conditions in a counterbalanced order. Rectal temperature (R(T)) was recorded throughout the simulated shift and polysomnography (PSG) was recorded during the nap period. Immediately before and after each nap, participants were required to complete a visual analogue scale (VAS) to assess sleepiness and a visual vigilance test (VVT). During the simulated night shift, a set of tasks (an English transcription task, a performance test battery, and a break) was repeated hourly, except during the periods of napping. For each nap condition, the VAS and VVT (reaction time [RT]; lapses >5 s) results were analyzed by two-way, repeated-measures analysis of variance (ANOVA) (nap [nap versus no-nap] x time point [pre-nap versus post-nap]). PSG and RT data were analyzed with one-way repeated-measures ANOVA. Marginally significant interactions were observed for RTs and lapses in VVT for the L60 nap condition (p = .071 and p = .070, respectively). However, those effect sizes were moderate (partial eta(2) = 0.266, 0.268, respectively). Post hoc analyses showed significantly longer RTs (p < .05) and more lapses (p < .05) following the L60 nap compared with no nap. In contrast, there was no significant difference in sleepiness between the L60, or any of the other nap conditions, and the no-nap condition. Our findings suggest the effect of sleep inertia on VVT performance was profound in the L60 condition, although no significant effects on sleepiness were self-reported by VAS. The dissociation between performance and sleepiness might reflect an unstable state where participants cannot perceive decline in their performance. The present findings are significant in terms of occupational safety; the practical implication is that great care is needed when taking a 1-h nap between 04: 00 and 05: 00 h on the night shift. (Author correspondence: kubo@h.jniosh.go.jp)
  • Molecular Analysis of Transmission of Hepatitis C Virus in a Nurse Who Acquired Acute Hepatitis C After Caring for a Viremic Patient With Epistaxis, Takayuki Toda, Takehiro Mitsui, Yukie Tsukamoto, Takeshi Ebara, Akinori Hirose, Kazuo Masuko, Shigeo Nagashima, Masaharu Takahashi, Hiroaki Okamoto, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 81, (8) 1363 - 1370,   2009年08月, A 23-year-old nurse (HC-IP) developed acute hepatitis C. Intrafamilial transmission of hepatitis C virus (HCV) was suspected initially because her parents were carriers of HCV of the same genotype (1b) as that of Patient H&IP. However, the HCV isolate from Patient HC-IP and those from her parents shared identities of only 92.4-92.7% in the 1,087-nucleotide (nt) sequence within the NS5B region. It was then suspected that she contracted HCV infection during medical practice. Sixteen patients with antibodies to HCV (anti-HCV) were hospitalized 1-3 months before she became positive for anti-HCV. Upon analysis of stored serum samples, 14 of the 16 patients were found to be positive for HCV RNA, and 9 of the 14 viremic patients had genotype 1b HCV. Although the shared identities between the HCV isolate from Patient HC-IP and those from eight of the nine patients were merely 90.6-93.9% within the 1,087-nt NS5B sequence, the HCV isolate from the remaining one patient (HC-P12) was 99.7% identical to that from Patient HC-IP. Upon analysis of the E1 and E2 junctional region including hypervariable region 1 (283 nt), there was a close relationship (99.3-100%) between clones obtained from Patients HC-IP and HC-P12. Although the nurse HC-IP had a finger injury, she took care of Patient HC-P12, a 70-year-old man with HCV-related cirrhosis and recurrent epistaxis, occasionally without wearing protective gloves. This study indicates the occurrence of HCV transmission by exposure of non-intact skin to blood in health care settings. J. Med. Virol. 81:1363-1370,2009. (C) 2009 Wiley-Liss, Inc.
  • NO EVIDENCE FOR PATIENT-TO-PATIENT TRANSMISSION OF HEPATITIS C VIRUS DURING UPPER GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY: MOLECULAR STUDIES ON THREE ACUTE HEPATITIS C PATIENTS, Takayuki Toda, Takehiro Mitsui, Yukie Tsukamoto, Takeshi Ebara, Kazuo Masuko, Masaharu Takahashi, Hiroaki Okamoto, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 21, (3) 147 - 153,   2009年07月, Background: The risk of patient-to-patient transmission of hepatitis C virus (HCV) during endoscopy remains controversial. Using molecular approaches, we examined the possibility of patient-to-patient transmission of HCV in three patients who developed acute hepatitis C 1-6 months after examination by upper gastrointestinal endoscopy (UGIE) in a hospital endoscopy unit in Japan. Methods: For the source of HCV infection, we used frozen sera obtained from potential candidates who underwent UGIE earlier than three index patients on the same days in the same unit. HCV genotype was determined by multiplex polymerase chain reaction (PCR) with genotype-specific primers. The 1087-nucleotide (nt) sequence of the NS5B region of the HCV genome was compared between index patients and their HCV-viremic candidates. Results: The three index patients were exclusively infected with HCV of genotype 1b. Among a total of 60 candidate patients who underwent UGIE earlier than the index patients, 14 were positive for anti-HCV, of whom 12 had detectable HCV-RNA (1b, n = 9; 2a, n = 1; 2b, n = 2) on sera collected during each UGIE. Shared identity within the 1087-nt NS5B sequence was less than 95.0% between index patients and HCV/1b-infected candidates (n = 3, 1 and 5, respectively). None of the remaining 46 candidates who were negative for anti-HCV at UGIE examination tested positive for HCV-RNA, nor seroconverted to anti-HCV on their sera, which most likely excludes the possibility of HCV viremia despite the anti-HCV-negative serology at UGIE examination. Conclusion: The present study suggests that patient-to-patient transmission of HCV during UGIE is infrequent.
  • 参加型アプローチに基づく人間工学ロードマップ策定ステップの検討, 大橋智樹, 榎原 毅, 申紅仙, 水野基樹, 堀野定雄, 小木和孝, 酒井一博, 岸田孝弥, 労働科学, 85, (2) 73 - 88,   2009年
  • Characterizing recovery of sleep afterfour successive night shifts, Tomohide KUBO, Masaya TAKAHASHI, Norihide TACHI, Hidemaro TAKEYAMA, Takeshi EBARA, Tatstuki INOUE, Toshimasa TAKANISHI, Gen-i MURASAKI, Toru ITANI, Ind health, 47,   2009年
  • Stationarity of the heart rate variability by acceleration plethysmography: Short-term measurements of healthy young males in daily life, Mikio Takada, Takeshi Ebara, Yasushi Sakai, Yasuhiro Kuwano, J Hum Ergol, 38, (2) 41 - 50,   2009年
  • 「自覚症しらべ」による連続夜勤時の疲労感の表出パターンの検討, 久保智英, 城 憲秀, 武山英麿, 榎原 毅, 井上辰樹, 高西敏正, 荒薦優子, 村崎元五, 井谷 徹, 産業衛生学雑誌, 50, (5) 133 - 44,   2008年
  • TheEffectiveness of the “Kingyo program” as a Temporary Mental Load, Mikio TAKADA, Takeshi EBARA, Yasushi SAKAI, Ningen Dock, 22(6), 29 - 34,   2008年
  • Ergonomic solution for crossing collisions based on field assessment of visual environment at urban intersections in Japan, Midori Mori, Sadao Horino, Sou Kitajima, Masaru Ueyama, Takeshi Ebara, Toru Itani, Appl Ergon, 39, (6) ,   2008年
  • Effects of adjustable sit-stand VDT workstations on workers’ musculoskeletal discomfort, alertness and performance, Takeshi EBARA, Tomohide KUBO, Tatsuki INOUEGen-i MURASAKI, Hidemaro TAKEYAMA, Tomoaki SATO, Hatsuko SUZUMURA, Sayuri NIWA, Toshimasa TAKANISHI, Norihide TACHI, Toru ITANI, Ind Health, 46(5), 497 - 505,   2008年
  • The Acceleration Plethysmography System as a New Physiological Technology for Evaluating Autonomic Modulations, Mikio Takada, Takeshi EBARA, Yasushi SAKAI, Health Evaluationand Promotion (HEP), 35, (4) 1 - 5,   2008年
  • Impact of nap length, nap timing and sleep quality on sustaining early morning performance, Tomohide Kubo, Hidemaro Takeyama, Shun Matsumoto, Takeshi Ebara, Kensaburo Murata, Norihide Tachi, Toru Itani, INDUSTRIAL HEALTH, 45, (4) 552 - 563,   2007年08月, The study examined how nap length, nap timing and sleep quality affect early morning performance (6:00 to 8:00). Twelve students participated in a simulated nightshift schedule (22:00 to 8:00) where the length and timing of nocturnal naps were manipulated (0:00-1:00, 0:00-2:00, 4:00-5:00 and 4:00-6:00). A performance test battery was administered consisting of a psychomotor vigilance test, a logical reasoning test, and a visual analogue scale for subjective fatigue and sleepiness. The results showed that a 120-min nap sustained early morning performance better than a 60-min nap. Taking a nap earlier or later did not affect the neurobehavioral performance tests, although participants slept more efficiently during naps later in the night shift. A negative effect of a nocturnal nap during the night shift on subsequent daytime and nocturnal sleep was not observed in the sleep architecture. It still remains unclear whether slow wave sleep plays an important role in sustaining early morning performance. In terms of work safety and sleep health, the results suggest that a longer and later nap is beneficial during night shifts.
  • Impact of ISO/TS 20646-1 ‘Ergonomic procedures for the improvement of local muscular workloads’ on work-related musculoskeletal disorders, Takeshi EBARA, Tanavadee KHUVASANONT, Sudthida KRUNGKRAIWONG, Ratanaporn, AMORNRATANAPAICHIT, Norihide TACHI, Hidemaro TAKEYAMA, Kensaburo MURATA, Toshimasa TAKANISHI, TatsukiINOUE, Hatsuko SUZUMURA, Midori MORI, Toru ITANI, Ind Health, 45, (2) 256 - 267,   2007年04月
  • Masseter Muscle Contraction of TMD Patients in Terms of Their Particular Psychological State under Experimental Stress, Kunio TSURUMI, Toru Itani, Hidemaro Takeyama, Takeshi Ebara, Norihide Tachi, Motoo Yokoi, Nagoya Med. J, 48, (3) 197 - 207,   2007年
  • Work-related factors contributing to burnout in university hospital nurses, Hatsuko SUZUMURA, Norihide TACHI, Hidemaro TAKEYAMA, Takeshi EBARA, Yasuko SAKAI, Toru ITANI, Nagoya Med. J, 49, (1) 1 - 15,   2007年
  • Evaluation of the effects of a health education program on the improvement of the hypercholesterolemia, Tatsuki Inoue, TakeshiEbara, Tomohide Kubo, Hidemaro Takeyama, Masaya Anzai, Yasuko Sakai, Tomoaki Sato, Toru Itani, Journal of Human Ergology, Vol.36(1), 13 - 23,   2007年
  • Approaches to occupational health based on participatory methodology in small workplaces, T Itani, N Tachi, H Takeyama, T Ebara, T Takanishi, K Murata, T Inoue, H Suzumura, S Kurungkraiong, T Khuvasanont, JM Batino, INDUSTRIAL HEALTH, 44, (1) 17 - 21,   2006年01月, An intervention based on the methodology developed by the International Labour Office, the Work Improvement in Small Enterprises (WISE) was carried out to improve work condition of small-scale enterprises and the informal sector in the Philippines, Thailand and Japan. Through the evaluation of the efficacy of the approaches based on participatory methodology, it is concluded that the method is an efficient measure to improve work condition in small workplaces. It is also pointed out that the activities of supporting experts such as introduction of the methodology and evaluation of the activity are necessary. The important roles of the experts are 1) to encourage managers and workers to sustain the activities for work improvement, 2) to analyse the effectiveness and problems of the implemented improvements, 3) to give appropriate suggestions for the further improvement, and 4) to get materials for demonstrating the effectiveness of WISE activities on improving work conditions and productivity to other managers and workers who have not participated in the activity.
  • A case study on evaluations of improvements implemented by WISE projects in the Philippines, H Takeyama, T Itani, N Tachi, T Takanishi, T Inoue, K Murata, T Ebara, JM Batino, INDUSTRIAL HEALTH, 44, (1) 53 - 57,   2006年01月, The aim of this study is to evaluate the effects of work improvements in small enterprises (WISE) on workloads and productivity, and managers' satisfaction with those projects. Participating in this study from 1994 to 1996 were 9 small enterprises, 3 metal industries, I car parts manufacturing, I garment manufacturing, 1 food processing, and a few others. Upon visiting these worksites, we carried out interviews on the implemented WISE improvements and made objective evaluations of their effect on workloads and productivity. Reductions in physical workloads were found in 4 of 6 enterprises where that factor was estimated. Productivity in most of the enterprises increased after WISE improvements. Managers' subjective satisfaction with WISE activity ranged between 50-80% on each technical item. More than 50 percent of managers came to understand the necessity of workers' involvement and understanding of the activities in order to sustain activity for improvement. WISE activity can exert a beneficial influence on workload and productivity. Most of the managers were satisfied with the results. It is presumed that follow-up visits with objective estimation will provide both managers and workers with encouragement to maintain their efforts.
  • Effects of the length and timing of nighttime naps on task performance and physiological function, H Takeyama, S Matsumoto, K Murata, T Ebara, T Kubo, N Tachi, T Itani, REVISTA DE SAUDE PUBLICA, 38, 32 - 37,   2004年, Objective To examine the effects of the length and timing of nighttime naps oil performance and physiological functions, an experimental study was carried out under simulated night shift schedules. Methods Six students were recruited for this study that was composed of 5 experiments. Each experiment involved 3 consecutive days with one night shift (22:00-8:00) followed by daytime sleep and night sleep. The experiments had 5 conditions in which the length and timing of naps were manipulated: 0:00-1:00 (E60), 0:00-2:00 (E120), 4:00-5:00 (L60), 4:00-6:00 (L120), and no nap (No-nap). During the night shifts, participants underwent performance tests. A questionnaire on subjective fatigue and a critical flicker fusion frequency test were administered after the performance tests. Heart rate variability and rectal temperature were recorded continuously during the experiments. Polysomnography was also recorded during the nap. Results Sleep latency was shorter and sleep efficiency was higher in the nap in L60 and L120 than that in E60 and E120. Slow wave sleep in the naps in E120 and L120 was longer than that in E60 and L60. The mean reaction time in L60 became longer after the nap, and faster in E60 and E120. Earlier naps serve to counteract the decrement in performance and physiological functions during night shifts. Performance was somewhat improved by taking a 2-hour nap later in the shift, but deteriorated after a one-hour nap. Conclusions Naps in the latter half of the night shift were superior to earlier naps in terms of sleep quality. However performance declined after a 1-hour nap taken later in the night shift due to sleep inertia. This study suggests that appropriate timing of a short nap must be carefully considered, such as a 60-min nap during the night shift.
  • Psychological distress in postpartum women after non-invasive prenatal testing (NIPT) in Japan, Takeda Eri, Suzumori Nobuhiro, Ebara Takeshi, Yotsumoto Junko, Kumagai Kyoko, Oseto Kumiko, Numabe Hironao, Sugiura Mayumi, The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research

MISC

  • 1.5歳児および3歳児における使い捨ておむつを用いた殺虫剤の曝露量評価, 大矢 奈穂子, 伊藤 由起, 榎原 毅, 佐藤 博貴, 日置 啓介, 上山 純, 加藤 沙耶香, 松木 太郎, 杉浦 真弓, 齋藤 伸治, 上島 通浩, 東海公衆衛生雑誌, 7, (1) 37 - 37,   2019年07月
  • 陰膳調査における女子大学生の食事摂取状況について, 野正 夏鈴, 大矢 奈穂子, 伊藤 由起, 佐藤 博貴, 北森 一哉, 大島 志織, 峰松 明也子, 湊 京子, 榎原 毅, 上島 通浩, 東海公衆衛生雑誌, 7, (1) 47 - 47,   2019年07月
  • 神経発達期における縦断的な有機リン系殺虫剤曝露評価, 大矢 奈穂子, 伊藤 由起, 榎原 毅, 佐藤 博貴, 日置 啓介, 上山 純, 加藤 沙耶香, 松木 太郎, 杉浦 真弓, 齋藤 伸治, 上島 通浩, 産業衛生学雑誌, 61, (2) 78 - 78,   2019年03月
  • 1歳半児におけるジノテフラン曝露量と生活環境および食意識との関連, 大矢 奈穂子, 伊藤 由起, 上山 純, 加藤 沙耶香, 松木 太郎, 佐藤 博貴, 齋藤 伸治, 杉浦 真弓, 榎原 毅, 上島 通浩, 日本衛生学雑誌, 74, (Suppl.) S122 - S122,   2019年02月
  • 日本国内における科学コミュニケーション研究の動向―システマティックレビューの知見から―, 山田泰行, 山田泰行, 柳川洋一, 水野基樹, 水野基樹, 松河剛司, 甲斐素子, 榎原毅, 人類働態学会会報(Web),   2018年12月16日
  • 愛知県におけるエコチル調査参加児の母親の就労状況と質問票返送日数との関連について, 松木太郎, 松木太郎, 榎原毅, 榎原毅, 加藤沙耶香, 加藤沙耶香, 上島通浩, 上島通浩, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 77th,   2018年10月09日
  • エコチル調査愛知ユニットセンターにおける参加児の質問票の回収状況と発達について, 加藤沙耶香, 加藤沙耶香, 榎原毅, 榎原毅, 松木太郎, 松木太郎, 伊藤由起, 伊藤由起, 杉浦真弓, 杉浦真弓, 齋藤伸治, 齋藤伸治, 上島通浩, 上島通浩, 東海公衆衛生雑誌, 6,   2018年07月07日
  • Pelvic Incidence(PI)間接計測のための体表面マーカー添付法の信頼性検討 PIに基づく新しいテーラーメードな腰痛対策の開発を目指して, 山田 翔太, 榎原 毅, 上島 通浩, 上原 徹, 木村 新吾, 庄司 直人, 稲田 充, 産業衛生学雑誌, 60, (2) 56 - 57,   2018年03月
  • バイオモニタリング手法を用いた日本人小児ピレスロイド系殺虫剤曝露レベルの国際比較, 上山 純, 上田 裕子, 伊藤 由起, 榎原 毅, 大矢 奈穂子, 加藤 沙耶香, 小栗 朋子, 庄司 直人, 齋藤 伸治, 上島 通浩, 日本衛生学雑誌, 73, (Suppl.) S280 - S280,   2018年03月
  • 3歳児の尿中有機リン系殺虫剤代謝物濃度と採尿季節の関係, 伊藤 由起, 大矢 奈穂子, 榎原 毅, 佐藤 博貴, 加藤 沙耶香, 上山 純, 庄司 直人, 松木 太郎, 杉浦 真弓, 斎藤 伸治, 上島 通浩, 産業衛生学雑誌, 60, (2) 47 - 47,   2018年03月
  • 3歳児の尿中有機リン系殺虫剤代謝物濃度と採尿季節の関係, 伊藤 由起, 大矢 奈穂子, 榎原 毅, 佐藤 博貴, 加藤 沙耶香, 上山 純, 庄司 直人, 松木 太郎, 杉浦 真弓, 斎藤 伸治, 上島 通浩, 産業衛生学雑誌, 60, (2) 47 - 47,   2018年03月
  • 1F2-1 労働災害の発生動向と経済情勢指標の関連性に関する研究, 松田 文子, 榎原 毅, 池上 徹, 石井 まこと, 余村 朋樹, 庄司 直人, 湯淺 晶子, 酒井 一博, 人間工学, 54, (0) 1F2 - 1-1F2-1,   2018年
  • 妊娠の進行に伴う尿中殺虫剤曝露マーカー濃度の変動についての検討, 上島 通浩, 加藤 沙耶香, 小栗 朋子, 庄司 直人, 大矢 奈穂子, 齋藤 伸治, 杉浦 真弓, 榎原 毅, 伊藤 由起, 上山 純, 青井 亜里沙, 山田 泰行, 冨澤 元博, 若林 千鶴子, 宮田 麻衣子, 日本毒性学会学術年会, 44, (0) P - 235,   2017年06月, 妊娠中の低用量殺虫剤曝露による児への健康影響リスクを疫学研究で検討する際、一時点の尿中曝露マーカー濃度をもって胎児期の曝露量とみなせるかには議論がある。このため、妊娠中に二回採取(順にT1, T2)した尿中のマーカー濃度を測定した。出生コホート研究「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」への愛知県の参加者で、妊娠20週までにT1採尿を行った者の中から66名(平均31.0±SD5.3歳)を抽出し対象者とした。有機リン(OP)代謝物(4種類のジアルキルリン酸(DAP))、ネオニコチノイド (NN)(アセタミプリド、イミダクロプリド、クロチアニジン、チアメトキサム(TM)、チアクロプリド、ジノテフラン(DN))は高速液体クロマトグラフタンデム質量分析計で、また、ピレスロイド(PY)代謝物(3-フェノキシ安息香酸(PBA)、トランス型クリサンテマムジカルボン酸、ジクロロビニルジメチルシクロプロパンカルボン酸(DCCA))はガスクロマトグラフ質量分析計により測定した。各物質の検出率(%)は、DAP 60-100、NN 1 -75、PY 37-100で、T1(平均14.2週)、T2(同25.2週)ともほぼ同じであった。検出率が6割以上だったDAP、TM、DN、PBA、DCCAについて、T1、T2の濃度を比較した結果、DAPとNNでは有意差がない一方、PY(PBAとDCCA)については有意にT2>T1であった(Wilcoxonの符号付順位検定)。また、三分位点濃度で3群に分けた場合の2回の測定のカッパ係数は、OP、NNでは0.40以下であったが、PYでは中等度の一致(PBA 0.50、DCCA 0.48)を示した。さらに、DAPは20パーセンタイル値、PBA、DCCA、NNについては30パーセンタイル値をカットオフ濃度として対象者を2群に分けた時のカッパ係数は、それぞれ0.49、0.59、0.64、0.45-0.71であった。すなわち、1回の採尿で曝露が相対的に少ない人を明らかにできること、PYのマーカーはOP、NNに比べ集団の曝露評価の変数として安定していることが示唆された。
  • 使い捨てオムツを用いた尿中ネオニコチノイド系殺虫剤のバイオモニタリング手法の開発と小児への実践応用, 上山 純, 青井 亜里沙, 伊藤 由起, 榎原 毅, 大矢 奈穂子, 加藤 沙耶香, 小栗 朋子, 庄司 直人, 佐藤 博貴, 三宅 美緒, 上島 通浩, The Journal of Toxicological Sciences, 42, (Suppl.) S258 - S258,   2017年06月
  • 使い捨てオムツを用いた尿中ネオニコチノイド系殺虫剤のバイオモニタリング手法の開発と小児への実践応用, 上山 純, 青井 亜里沙, 伊藤 由起, 榎原 毅, 大矢 奈穂子, 加藤 沙耶香, 小栗 朋子, 庄司 直人, 佐藤 博貴, 三宅 美緒, 上島 通浩, 日本毒性学会学術年会, 44, (0) P - 99,   2017年06月, ネオニコチノイド系殺虫剤(NEO)は農林業や一般家庭で汎用されている殺虫剤であり、ヒトへの曝露状況調査が必要な物質の一つである。ヒトの尿を用いた生物学的モニタリングは、化学物質曝露評価手法の一つとして使用されてきたが、採尿が難しいオムツ着用者を対象とした調査は進んでいない。本研究では、簡便な採尿方法として使い捨て紙オムツを用いた尿中NEO濃度測定法(オムツ法)の確立を目指した。対象物質は6種のNEO (acetamiprid, imidacloprid, thiacloprid, thiamethoxam, clothianidinおよびdinotefuran)、acetamiprid代謝物である<i>N</i>-desmethylacetamipridの計7種類とした。使用済み紙オムツから尿をアセトン抽出し、多孔性珪藻土カラムおよび逆相系固相カラムにて精製した後に液体クロマトグラフ-タンデム型質量分析計(LC-MS/MS)で分離定量分析を行った。既知濃度尿のオムツへの添加実験によってNEOの絶対回収率は41から100%と算出された。検量線はいずれもr<sup>2</sup> = 0.988以上と良好な直線性を示した(濃度範囲1.25-20 µg/L)。日内変動および日間変動の相対標準偏差(%RSD)は、それぞれ3.3-12.7%および4.3-19.5%であった。検出下限値は0.5 (acetamiprid)、1.9 (imidacloprid)、0.9 (thiacloprid)、2.8 (thiamethoxam)、3.6 (clothianidin)、2.3 (dinotefuran)、0.4 µg/L (<i>N</i>-desmethylacetamiprid)と算出された。50人の3歳児から使用済み紙オムツを収集して分析した結果、検出率は74%のdinotefuranと68%の<i>N</i>-desmethylacetamipridで高く、その他は10% (acetamiprid), 4% (imidacloprid), 2% (thiacloprid), 12% (thiamethoxam), 28% (clothianidin)であった。オムツ法の検出下限値は、尿を直接分析する既報のそれに比べて高いが、使用済み紙オムツからNEOを検出できることが証明された。今後は本測定法を用いて、子どものNEO曝露状況の詳細な調査を進める予定である。
  • 無侵襲的出生前検査(NIPT)をうけた妊婦の産後のメンタルストレスの要因について, 武田恵利, 武田恵利, 鈴森伸宏, 榎原毅, 熊谷恭子, 犬塚早紀, 大瀬戸久美子, 大東由佳, 四元淳子, 沼部博直, 杉浦真弓, 日本遺伝カウンセリング学会誌, 38, (2) 70 - 70,   2017年05月31日
  • 矢状面脊柱骨盤アライメントを外観上で把握する試み:全脊柱撮像から計測される各種パラメーターの信頼性の検討, 山田 翔太, 榎原 毅, 上原 徹, 木村 新吾, 庄司 直人, 稲田 充, 上島 通浩, 理学療法学Supplement, 2016, (0) P - MT,   2017年04月, <p>【はじめに,目的】</p><p></p><p>全脊柱撮像より計測される矢状面脊柱骨盤アライメント(SSPA)は,腰痛の素因と関係しているとの報告がある。X線の曝露がなく,簡便に人の外観上から得られる姿勢パラメーターでSSPAを推定する間接測定法が確立できれば,臨床応用のみならず,腰痛予防対策など公衆衛生上の意義も大きい。そこで,本研究では間接測定法確立の第一段階として,代表的な指標である胸椎後彎角(TKA),腰椎前彎角(LLA),仙骨傾斜角(SS),Sagittal Vertical Axis(SVA),Pelvic Incidence(PI)のX線画像の計測を行い,比較基準値となる計測の信頼性検討を行った。</p><p></p><p></p><p></p><p>【対象と方法】</p><p></p><p>名古屋市立西部医療センターにて頚椎症性脊髄症,腰部脊柱管狭窄症と診断され手術を施行した20名(男性11名,女性9名,平均年齢62.0±15.3歳)とした。診療目的で撮影された全脊柱撮像からSchwabらの計測に基づきTKA,LLA,SS,SVA,Legayeらの提唱したPIをacetabular domes methodを用い計測した。画像検査者は理学療法士の男性3名(平均年齢37.3±7.4歳)である。1回目の計測から24時間以上空けたのちに計測順を変更して再度計測した。統計解析はR2.8.1を用い,検査者内・検査者間信頼性を評価するために級内相関ICC<sub>1</sub>,ICC<sub>3</sub>を求めた。また各測定の系統誤差を評価するためにBland-Altman解析を行った。信頼性の評価はLandis(1977)の基準に従い,ICC>0.8をExcellentとした。</p><p></p><p></p><p></p><p>【結果】</p><p></p><p>各計測値の1回計測の検査者内信頼性ICC<sub>(1,1)</sub>は3名ともTKA,LLA,SS,SVAは全て0.8以上であった。PIのICC<sub>(1,1)</sub>は最大0.89(95%CI:0.74-0.95)から最小0.65(0.31-0.84)となり,検査者毎にばらつきを認めた。PIの2回計測の信頼性ICC<sub>(1,2)</sub>は0.94(0.85-0.98)から0.79(0.48-0.92)であり,PIの信頼性を担保するには2回以上の計測が必要と示唆された。3名の検査者が1回計測した時の検査者間信頼性ICC<sub>(3,1)</sub>は,全計測値とも0.87以上であった。Bland-Altman解析は,3名の検査者とも[1回目の測定-2回目の測定]の差(d)の平均に系統誤差は認められず,また,Bland-Altman Plotの偏回帰係数(β)においても比例誤差は認められなかった。</p><p></p><p></p><p></p><p>【結論】</p><p></p><p>TKA,LLA,SS,SVAは,任意1名の検査者が1回計測することで十分な検査者内・検査者間信頼性を担保している。一方,PIは検査者1名でよいが検査者内信頼性を高めるには複数回測定が必要である。また系統誤差や比例誤差も認めず,検査者の習熟に影響を受けないことが確認できた。</p>
  • 超急性期の地域住民と医療者のコミュニケーションは「重症患者も当日やってくる」を可能にするか?, 庄司 直人, 山岸 庸太, 平原 広登, 榎原 毅, Japanese Journal of Disaster Medicine, 21, (3) 520 - 520,   2017年02月
  • 医学部生を対象とした社会医学領域における災害医療教育の取組み, 榎原 毅, 庄司 直人, 山岸 庸太, Japanese Journal of Disaster Medicine, 21, (3) 546 - 546,   2017年02月
  • 経済情勢等が労働災害発生動向に及ぼす影響等に関する研究:多変量時系列解析による数理モデルの開発と検証(数理モデル班,経済情勢班報告), 榎原毅, 池上徹, 庄司直人, 経済情勢等が労働災害発生動向に及ぼす影響等に関する研究-多変量時系列解析による数理モデルの開発と検証 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web),   2017年
  • 超急性期災害看護の学術的動向と働態学的課題, 庄司直人, 榎原毅, 人類働態学会会報(Web),   2016年06月
  • 携帯ライフログデータの産業人間工学研究への応用可能性, 榎原毅, 松河剛司, 山田泰行, 産業疲労研究会会報(Web),   2016年05月16日
  • 学術集会開催報告 実務者・初学者のための人間工学測定技法講座(第8回), 榎原 毅, 横山 清子, 松河 剛司, 神田 幸治, 人間工学 = The Japanese journal of ergonomics, 52, (6) 258 - 260,   2016年
  • フェニトロチオンとその主要代謝物投与による雄性ラット副生殖器への影響, 三宅美緒, 伊藤由起, 佐藤博貴, 大谷勝己, 榎原毅, 上島通浩, 日本衛生学雑誌, 70, (Supplement) S206 - S206,   2015年03月
  • 2S3-2 携帯ライフログデータを活用した心理拘束時間解析の試み, 榎原 毅, 松河 剛司, 山田 泰行, 人間工学, 51, (0) S88 - S89,   2015年
  • 人間工学人材育成プログラムによる地域産業支援の新たな試み―わが社の製品に人間工学を活かそう~「6ケ月実践マラソン」からの報告―, 易強, 榎原毅, 八木佳子, 立川公子, 尾崎宏樹, 山田クリス孝介, 松田文子, 酒井一博, 人間工学, 48,   2012年06月09日
  • 夜勤時の作業間運動が主観的眠気,疲労感,作業パフォーマンスに及ぼす影響 (産業保健人間工学会第14回大会特集 こころとからだの健康づくり--職場における課題と展望), 佐藤 智明, 榎原 毅, 久保 智英, 産業保健人間工学研究, 11,   2009年10月
  • 2.夜勤時の作業間運動が選択反応時間,持続的注意力および主観的訴えに及ぼす影響(一般演題,平成19年度東海地方会学会,地方会・研究会記録), 佐藤 智明, 武山 英麿, 久保 智英, 井上 辰樹, 岩西 恩, 榎原 毅, 城 憲秀, 産業衛生学雑誌, 50,   2008年01月20日
  • 9.連続夜勤による疲労の発現・進展過程の検討 : 疲労感表出パターンの分析を中心に(一般演題,平成18年度東海地方会学会,地方会・研究会記録), 久保 智英, 村崎 元五, 城 憲秀, 武山 英麿, 榎原 毅, 井上 辰樹, 高西 敏正, 荒薦 優子, 井谷 徹, 産業衛生学雑誌, 49,   2007年01月20日
  • 10.職域における生活習慣病危険因子の検討(一般演題,平成18年度東海地方会学会,地方会・研究会記録), 高田 幹夫, 久保 智英, 榎原 毅, 武山 英麿, 城 憲秀, 井谷 徹, 産業衛生学雑誌, 49,   2007年01月20日
  • F308 幼稚園教諭の労働負担 : 作業内容別姿勢解析結果(産業疲労,一般演題:口演,地方の時代の産業保健,第79回日本産業衛生学会), 城 憲秀, 井谷 徹, 武山 英麿, 榎原 毅, 久保 智英, 産業衛生学雑誌, 48,   2006年05月09日
  • F309 4連続模擬夜勤による生体負担(産業疲労,一般演題:口演,地方の時代の産業保健,第79回日本産業衛生学会), 村崎 元五, 城 憲秀, 武山 英麿, 久保 智英, 榎原 毅, 井上 辰樹, 高西 敏正, 荒薦 優子, 井谷 徹, 産業衛生学雑誌, 48,   2006年05月09日
  • P2091 4連続模擬夜勤後における睡眠パターンの回復過程の検討(一般演題:ポスター,地方の時代の産業保健,第79回日本産業衛生学会), 久保 智英, 村崎 元五, 武山 英麿, 榎原 毅, 高西 敏正, 井上 辰樹, 荒薦 優子, 城 憲秀, 井谷 徹, 産業衛生学雑誌, 48,   2006年05月09日
  • 4.夜間覚醒時にとる仮眠の開始時刻と持続時間がパフォーマンスに与える影響(一般演題,産業疲労研究会第63回定例研究会), 久保 智英, 武山 英麿, 松元 俊, 榎原 毅, 村田 健三郎, 城 憲秀, 井谷 徹, 産業衛生学雑誌, 48,   2006年03月20日
  • 3. 投入作業時の身体負担に関する実験的研究(平成17年度東海地方会学会, 地方会・研究会記録), 村田 健三郎, 城 憲秀, 武山 英麿, 榎原 毅, 久保 智英, 佐藤 智明, 高西 敏正, 井谷 徹, 産業衛生学雑誌, 48,   2006年01月20日
  • P1057 夜間覚醒時に取得する仮眠の質が早朝時刻帯の覚醒水準に与える影響, 久保 智英, 武山 英麿, 松元 俊, 榎原 毅, 村田 健三郎, 城 憲秀, 井谷 徹, 産業衛生学雑誌, 47,   2005年04月
  • 5.ゴミ収集作業者の労働状況と労働負担に関する調査 : 作業中の心拍数,主観的疲労感からみた作業負担(平成16年度東海地方会学会), 武山 英麿, 久保 智英, 佐藤 智明, 及川 理, 榎原 毅, 高西 敏正, 村田 健三郎, 鈴村 初子, 城 憲秀, 井谷 徹, 産業衛生学雑誌, 47,   2005年01月20日
  • 子どもの健康と環境に関する全国調査エコチル調査 平成26年度~平成28年度フォローアップ期活動報告書, 栗原崇浩, 庄司直人, 湊京子, 榎原毅, 上島通浩

書籍等出版物

  • Seven Practical Human Factors and Ergonomics(HF/E) Tips for Teleworking/Home-learning using Tablet/Smartphone Devices, Japan Human Factors and Ergonomics Society (Ebara Takeshi and Yoshitake Ryoji(Eds.)), 監修, IEA Press,   2020年05月06日, ISBN:9780997604146
  • 社会・環境と健康―公衆衛生学―, 岸本 満, 須崎 尚, 武山英麿, 榎原 毅, 細田晃文, 角田香澄, 伊藤勇貴, 玉田葉月, 共著, 第4章 健康状態・疾病の測定と評価」,p.57-102, 第7章:「7.9 産業保健」p.210-223,「7.11 国際保健」p.237-245, 東京教学社,   2020年04月01日
  • Ergonomic Checkpoints in Health Care Work, 共著, IEA Press,   2017年
  • 産業保健マニュアル改訂7版, 南山堂,   2017年, ISBN:9784525184575, 執筆章:人間工学的健康障害要因とその対策、p334, 346-7、作業管理における改善、p.161
  • 産業保健マニュアル第6版, 南山堂,   2013年, ISBN:9784525184568
  • 産業安全保健ハンドブック, 労働科学研究所,   2013年
  • ワークデザイン, 公益財団法人労働科学研究所,   2013年, ISBN:9784897603278
  • 高年齢労働者のための職場づくり-65歳定年制に対応する労働安全衛生戦略, 中央災害防止協会,   2013年, ISBN:9784805915288
  • 人働態研究の方法, 人類働態学会,   2010年
  • 産業組織心理学ハンドブック, 丸善,   2009年, ISBN:9784621081181

講演・口頭発表等

  • 1歳半児における殺虫剤曝露量と前日に摂取した食材との関連, 大矢奈穂子, 伊藤由起, 上山 純, 加藤沙耶香, 松木太郎, 佐藤博貴, 齋藤伸治, 杉浦真弓, 榎原 毅, 上島通浩, 第30回日本疫学会学術集会,   2020年02月20日
  • 産業保健人間工学と筋骨格系障害に関する研究動向, 榎原 毅, 令和元年度日本人間工学会北海道支部大会,   2019年11月19日, 招待あり
  • 先天性疾患に影響を与える要因についての検討, 武田恵利, 鈴森伸宏, 榎原 毅, 熊谷恭子, 後藤志信, 犬塚早紀, 大谷綾乃, 杉浦真弓, 日本人類遺伝学会第64回大会,   2019年11月06日
  • 気温条件が夜勤交替制勤務に従事する消防職員の疲労症状に与える影響, 栗原崇浩, 山本孔次郎, 松木太郎, 榎原 毅, 日本人間工学会東海支部2019年研究大会,   2019年11月02日
  • 超急性期災害医療における組織レジリエンスとノンテクニカルスキルの関連, 庄司直人, 小野圭久, 大城卓也, 榎原 毅, 日本人間工学会東海支部2019年研究大会,   2019年11月02日
  • スマホアプリを用いたセルフモニタリング介入による身体不活動の変化, 山本孔次郎, 谷 直道, 大畑えり, 山下紘見, 田中美土里, 上島通浩, 榎原 毅, 本人間工学会東海支部2019年研究大会,   2019年11月02日
  • 国際動向比較による国内重量物取扱基準見直しの方向性, 榎原 毅, 岩切一幸, 泉 博之, 谷 直道, 第22回作業関連運動器障害研究会,   2019年10月21日
  • モーションキャプチャーを用いた内視鏡検査中の上肢関節可動域・動作の解析, 山本孔次郎, 松崎 一平, 常見 麻芙, 松河 剛司, 榎原 毅, 第22回作業関連運動器障害研究会,   2019年10月21日
  • 制御焦点理論に基づく情報提示がスマートフォンアプリの継続利用に与える影響―頸肩部筋骨格系症状予防アプリの事例をもとに―, 山本奈央, 栗原崇浩, 松木太郎, 松河剛司, 松田文子, 庄司直人, 石井賢治, 榎原 毅, マーケティングカンファレンス2019,   2019年10月20日
  • ICT時代の働き方に対応した自主対応型作業管理の展望:スマホアプリを活用して, 榎原 毅, 産業保健人間工学会題24回大会,   2019年10月19日
  • 人間工学によるESD の身体疲労軽減, 松崎一平, 榎原 毅, 服部昌志, 第19回 内視鏡的粘膜切除術/内視鏡的粘膜下層剥離術研究会(EMR/ESD研究会),   2019年07月14日
  • エコチル調査愛知ユニットセンターにおける参加児のメディアツールの使用状況について, 加藤沙耶香, 榎原 毅, 松木太郎, 伊藤由起, 杉浦真弓, 齋藤伸治, 上島通浩, 第65回東海公衆衛生学会学術大会,   2019年07月06日
  • 陰膳調査における女子大学生の食事摂取状況について, 野正夏鈴, 大矢奈穂子, 伊藤由起, 佐藤博貴, 北森一哉, 大島志織, 峰松明也子, 湊京子, 榎原 毅, 上島通浩, 第65回東海公衆衛生学会学術大会,   2019年07月06日
  • 1.5歳児および3歳児における使い捨ておむつを用いた殺虫剤の曝露量評価, 大矢奈穂子, 伊藤由起, 榎原 毅, 佐藤博貴, 日置啓介, 上山 純, 加藤沙耶香, 松木太郎, 杉浦真弓, 齋藤伸治, 上島通浩, 第65回東海公衆衛生学会学術大会,   2019年07月06日
  • Case study of Science Communication in Ergonomics; Introduction of ErgonomicThon Workshop, AHFE2019,   2019年07月
  • 人を対象とする研究倫理の現状(シンポジウム:人を対象とする研究倫理に関する意識・現状・動向), 榎原 毅, 日本人間工学会第60回大会,   2019年06月15日, 招待あり
  • 人間工学会における「人間工学研究のための倫理」に関する意識調査, 石橋 基範, 榎原 毅, 大須賀美恵子, 日本人間工学会第60回大会,   2019年06月15日, 招待あり
  • Exploring the anthropometric parameters for improving reliability of estimation model of pelvic incidence, 46th International Society for the Study of the Lumbar Spine (ISSLS) Annual Meeting,   2019年06月
  • スマホ内蔵センサーを用いた頸部痛のリスク推定・自己管理ツール(シンポジウム:センサー技術が拓く身体負担の可視化技術:作業関連運動器疾患の新解析アプローチ), 榎原 毅, 第92回日本産業衛生学会,   2019年05月22日, 招待あり
  • 人間工学からみた働く女性の安全・健康, 榎原 毅, 自由集会:作業関連性運動器障害研究会(第92回日本産業衛生学会),   2019年05月, 招待あり
  • 非定型的な運動様式を認める乳幼児の実態調査, 宮地泰士, 中川敦子, 松木太郎, 榎原 毅, 鷲見 聡, 今枝正行, 齋藤伸治, 上島通浩, 第3回日本DCD学会,   2019年04月13日
  • Recall biases in self-reported total sedentary time, The 29th China-Korea-Japan conference on occupational health,   2019年04月
  • Systematic Review of Earthquake Disaster Studies for Science Communication: Focusing on Psychological Literatures in Japan, The 29th China-Korea-Japan conference on occupational health,   2019年04月
  • Temperament and its relationship to motor development, the effects of soothing techniques, and rough-and-tumble play, Atsuko Nakagawa, Taishi Miyachi, Taro Matsuki, Takeshi Ebara, Society for Research in Child Development 2019 Biennial Meeting,   2019年03月
  • スマートフォン使用が頸部筋骨格系症状に与える影響-ライフログセンサー解析による客観評価-, 榎原 毅, 第20回作業関連性運動器障害研究会,   2019年02月16日
  • 1歳半児におけるジノテフラン曝露量と生活環境および食意識との関連, 大矢奈穂子, 伊藤由起, 上山 純, 加藤沙耶香, 松木太郎, 佐藤博貴, 齋藤伸治, 杉浦真弓, 榎原 毅, 上島通浩, 第89回日本衛生学会,   2019年02月
  • 解析プロトコル:発達障害児を持つ母親への支援方策の実践と効果測定, 松木太郎, 大橋圭, 福原里美, 今枝正行, 宮地泰士, 浅井朋子, 山本孔次郎, 榎原 毅, 上島通浩, 第43回人類働態学会西日本地方会,   2018年12月22日
  • 人間工学における科学コミュニケーションの実践 ―ErgonomicThonワークショップの開催と評価―, 山田泰行, 榎原 毅, 第43回人類働態学会西日本地方会,   2018年12月22日
  • 主観・客観測定の違いによる身体不活動時間のバイアス評価, 榎原 毅, 第43回人類働態学会西日本地方会,   2018年12月22日
  • 神経発達期における縦断的な有機リン系殺虫剤曝露評価, 大矢奈穂子, 伊藤由起, 榎原 毅, 佐藤博貴, 日置啓介, 上山 純, 加藤沙耶香, 松木太郎, 杉浦真弓, 齋藤伸治, 上島通浩, 第46回生物学的モニタリング研究会,   2018年11月30日
  • 人間工学領域におけるスマホセンサーを用いたビッグデータ解析, 榎原 毅, 日本人間工学会第6回ビッグデータ人間工学勉強会,   2018年11月12日, 招待あり
  • 日本国内における科学コミュニケーション研究の動向 ―システマティックレビューの知見から―, 山田泰行, 柳川洋一, 水野基樹, 松河剛司, 甲斐素子, 榎原 毅, 第47回人類働態学会東日本地方会,   2018年11月04日
  • Pelvic Incidenceを外観上で把握する間接計測法の確立:テーラーメードな腰痛対策の提案のために, 山田 翔太, 榎原, 毅, 上原, 徹, 木村, 新吾, 稲田, 充, 上島 通浩, 第26回日本腰痛学会,   2018年10月26日
  • “ErgonomicThon”ワークショップに参加して人間工学のオープンイノベーション手法を学ぼう, 榎原 毅, 山田泰行, 山田クリス孝介, 日本人間工学会東海支部大会東海支部2018年研究大会,   2018年10月20日
  • 身体不活動性を表す新しい指標の提案, 山本 孔次郎, 上島 通浩, 榎原 毅, 日本人間工学会東海支部大会東海支部2018年研究大会,   2018年10月20日
  • 交替制勤務形態が疲労蓄積度に及ぼす影響-名古屋市消防局における消防職員を対象に-, 栗原崇浩, 松木太郎, 榎原 毅, 日本人間工学会東海支部大会東海支部2018年研究大会,   2018年10月20日
  • 作業関連運動器疾患予防策など, 榎原 毅, 第36 回軽労化研究会定例会,   2018年10月12日, 招待あり
  • 人を対象とする研究倫理の最新動向:新倫理指針と人間工学倫理指針のポイント, 榎原 毅, ヒューマンインタフェースシンポジウム2018,   2018年09月05日, 招待あり
  • 母親の抑うつと養育態度の関連―愛知県におけるエコチル調査参加者の結果より, 加藤沙耶香, 松木太郎, 榎原 毅, 杉浦真弓, 齋藤伸治, 上島通浩, 第54回中部日本小児科学会,   2018年08月
  • Relationship between Acceptance of Workforce Diversity and Mental Health Condition among Japanese Nurses, Yamada Y, Iwaasa T, Ebara T, Shimizu T, Mizuno M, 20th Congress of International ergonomics Association (IEA2018),   2018年08月
  • 中部空港海上保安航空基地の安全活動における人間工学良好実践の理論的根拠, 榎原 毅, 海上保安庁第四管区中部空港海上保安航空基地講演,   2018年07月14日, 招待あり
  • エコチル調査愛知ユニットセンターにおける参加児の質問票の回収状況と発達について, 加藤沙耶香, 榎原 毅, 松木太郎, 伊藤由起, 杉浦真弓, 齋藤伸治, 上島通浩, 第64回東海公衆衛生学会,   2018年07月
  • 看護師のダイバーシティ・マネジメント研究に役立つツールの開発, 山田泰行, 清水輝子, 岩浅 巧, 榎原 毅, 水野基樹, 第53回人類働態学会全国大会,   2018年06月
  • 教育講演:学生・若手向けの教育講演シリーズ3 人間工学研究で役立つ統計学, 榎原 毅, 日本人間工学会第59回大会,   2018年06月, 招待あり
  • 産業安全保健における疲労リスクマネジメント-夜勤交代制勤務を中心に, 榎原 毅, 日本人間工学会第59回大会 シンポジウム:疲労リスクマネジメントの考え方と実践,   2018年06月, 招待あり
  • 労働災害の発生動向と経済情勢指標の関連性に関する研究, 松田文子, 榎原 毅, 池上 徹, 石井まこと, 余村朋樹, 庄司直人, 湯淺晶子, 酒井一博, 日本人間工学会第59回大会,   2018年06月
  • 看護職場のダイバーシティ風土と多重役割に伴う恩恵と葛藤の関連, 山田泰行, 清水輝子, 岩浅 巧, 榎原 毅, 水野基樹, 日本人間工学会第59回大会,   2018年06月
  • エルゴノミクスからみた働く女性の安全, 榎原 毅, 第91回日本産業衛生学会 政策法制度委員会主催フォーラム,   2018年05月18日, 招待あり
  • 特別講演:環境省 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」の歩み, 松木太郎, 榎原 毅, 上島通浩, 第64回名古屋市公衆衛生研究発表会,   2018年05月15日, 招待あり
  • 1976年度~2015年度の地方公務員医師・看護師の重傷負傷災害と職業性疾病について, 木戸内清, 吉川 徹, 満田年宏, 和田浩司, 國嶋広之, 榎原 毅, 第91回日本産業衛生学会,   2018年05月
  • 安全対策に活かす疲労マネジメント, 榎原 毅, 第40回 2018産業安全対策シンポジウム,   2018年02月22日, 招待あり
  • センサー技術を活用したWMSDsライフログ・データ解析の可能性(ミニシンポジウム:センサー技術が拓くWMSDs解析の新アプローチ), 榎原 毅, 第18回作業関連性運動器障害研究会,   2017年12月, 招待あり
  • 次救急初期治療に求められる看護に関する文献レビュー ―重症疾患回復後の患者の生活の質(QOL)を対象に, 橋本 茜, 榎原 毅, 佐藤芙佐子, 第19回日本看護医療学会学術集会,   2017年11月11日
  • 看護師のダイバーシティ風土と職務・生活満足度の関連, 山田 泰行, 岩浅 巧, 榎原 毅, 水野 基樹, 第46回人類働態学会東日本地方会,   2017年11月
  • スマホ内蔵センサーによるライフログ・データ解析の産業保健応用, 榎原 毅, 平成29年度日本産業衛生学会東海地方会学会,   2017年11月, 招待あり
  • アレキシサイミアが対児感情に与える影響に関する検討:エコチル愛知, 第27回日本疫学会学術総会,   2017年, Journal of Epidemiology 27(suppl):104, 2017
  • 簡単な質問項目でわかる生活背景とアトピー性皮膚炎の子どもを育てる親のストレスとの関連, 第27回日本疫学会学術総会,   2017年, Journal of Epidemiology 27(suppl):135, 2017
  • 超急性期の地域住民と医療者のコミュニケーションは「重症患者も当日やってくる」を可能にするか?, 第22回日本集団災害医学会総会・学術集会,   2017年
  • 医学部生を対象とした社会医学領域における災害医療教育の取り組み, 第22回日本集団災害医学会総会・学術集会,   2017年
  • 使用済み紙おむつを用いた幼児における有機リン系殺虫剤曝露濃度の測定, 第87回日本衛生学会,   2017年
  • 使用済み紙おむつを用いた幼児におけるピレスロイド系殺虫剤の曝露評価, 第87回日本衛生学会,   2017年
  • 職業性腰痛を巡る国際動向(シンポジウム:職場における腰痛予防とその課題), 第90回日本産業衛生学会,   2017年
  • 矢状面脊柱骨盤アライメントを外観上で把握する試み-全脊柱撮像から計測される各種パラメーターの信頼性の検討-, 第52回日本理学療法学術大会,   2017年
  • 医療施設の血液・体液曝露による職業感染予防のための産業衛生活動の必要性とその課題, 第90回日本産業衛生学会,   2017年
  • 学会員の属性の動向分析(学会改革・戦略委員会シンポジウム), 日本人間工学会第58回大会,   2017年
  • 若手人材にとって学術大会をより魅力ある形にするために何ができるか?(学会改革・戦略委員会シンポジウム), 日本人間工学会第58回大会,   2017年
  • 日本人間工学会(JES)に対する意識調査(学会改革・戦略委員会シンポジウム), 日本人間工学会第58回大会,   2017年
  • 多様化する学術ニーズに応える学会改革アクションプランの概要(学会改革・戦略委員会企画シンポジウム), 日本人間工学会第58回大会,   2017年
  • 教育講演:学生・若手向けの教育講演シリーズ-人間工学研究を進めるにあたり知っておいてほしい7つのこと, 日本人間工学会第58回大会,   2017年
  • CBRNE災害時医療対応におけるリスクコミュニケーションの課題, 第52回人類働態学会全国大会,   2017年
  • エコチル調査愛知ユニットセンターにおける母親の喫煙状況の変化, 第63回東海公衆衛生学会学術集会,   2017年
  • 看護実践に活かす人間工学のエビデンス(シンポジウムⅡ「エビデンスをもってケアにつなげるための教育」), 日本看護研究学会第43回学術集会,   2017年
  • Predictor of Work and Life Satisfaction among Japanese Nurses: Focusing on Effects of Spillover, Compensation and Segmentation, The 2nd Asian Conference on Ergonomics and Design,   2017年
  • Relationship between cervical flexion angle and smartphone holding angle in the sagittal plane, The 27th Japan Korea China Conference on Occupational Health,   2017年
  • Future Challenges about Risk Communication of CBRNE Disaster with Qualitative Approach, The 8th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE 2017),   2017年
  • 1歳半児における第2指・第4指比(2D/4D比)の分布と性差, 第26回日本疫学会学術総会,   2016年
  • エコチル調査愛知ユニットセンター参加者の質問票回答時期に及ぼす影響要因, 第86回日本衛生学会,   2016年
  • 産業保健人間工学のこれからの課題:多様化する労働形態に即応する作業管理の理論と実践を目指して(奨励賞受賞講演), 第89回日本産業衛生学会,   2016年
  • 労働形態の多様化に伴う非特定作業空間における労働安全衛生上の課題, 第51回人類働態学会全国大会,   2016年
  • 超急性期災害看護の学術的動向と働態学的課題, 第51回人類働態学会全国大会,   2016年
  • スマートフォン内蔵センサーによるライフログデータの信頼性と応用可能性, 第51回人類働態学会全国大会,   2016年
  • 日本人間工学会バーチャルミュージアム構想と学生プロジェクトの概要, 日本人間工学会第57回退会,   2016年
  • 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)—愛知ユニットセンターにおけるフォローアップ調査の実施状況-, 第62回東海公衆衛生学会学術大会,   2016年
  • 出生コホート研究における2歳時発達・医学検査の実施―エコチル調査愛知ユニットセンターの調査状況, 第52回中部日本小児科学会,   2016年
  • クラウドワーカーの就労環境支援体制の現状と課題, 産業保健人間工学会第21回大会,   2016年
  • 高齢労働及び非正規雇用率の高い清掃作業における改善, 産業保健人間工学会第21回大会,   2016年
  • 超急性期災害看護におけるレジリエンス-東日本大震災を経験した産業医と企業立病院看護師の視点から-, 日本人間工学会東海支部2016年大会,   2016年
  • 良い論文・良い研究の基礎となる研究デザインと論文の質評価の動向, 日本人間工学会関東支部第46回大会,   2016年, シンポジウム
  • NT医療センターにおける針刺しと地方公務員の災害の現状および課題, 第76回名古屋市立大学医学会総会,   2016年
  • Measurements of concentrations of organophosphate insecticide metabolites in urine extracted from used diapers in 1.5-year-old children, 2nd International Conference on Human Biomonitoring,   2016年
  • Elements of Workforce Diversity in Japanese Nursing Workplace, the AHFE 2016 International Conference on Social and Occupational Ergonomics,   2016年
  • Recovery rates in the measurements of the concentrations of organophosphorus pesticide metabolites in urine extracted from children’s diaper, International Society Exposure Science,   2016年
  • A study design to assess exposure levels of insecticides in 1.5-year-old children in Aichi Regional Subcohort of the Japan Environment and Children’s Study., International Society Exposure Science,   2016年
  • Cohort profile of Aichi regional subcohort in the Japan Environment and Children’s Study (JECS), 第25回 日本疫学会学術総会,   2015年
  • エコチル調査愛知ユニットセンターにおけるコホートプロファイル, 日本衛生学会,   2015年
  • 携帯ライフログデータを活用した心理拘束時間解析の試み(シンポジウム「人間工学とビッグデータ」), 日本人間工学会学会第56回大会,   2015年
  • 日本人間工学会の産学官民連携開発支援のグッドプラクティス(学会/大会共同企画シンポジウム「異セクター連携型デザイン開発と人間工学グッドプラクティス」), 日本人間工学会学会第56回大会,   2015年
  • 看護師の多重役割と精神的健康度の関連―多重役割マップ(質問票版)を用いた横断研究の展開―, 第50回人類働態学会全国大会,   2015年
  • 人類働態学再考:みんなで作る人類働態学!(ワークショップ), 第50回人類働態学会全国大会,   2015年
  • 乳児の第2指・第4指比(2D/4D比)は発達過程における自閉症のリスクを予測するか? 第1報:幼児の手指測定法の検討, 第61回東海公衆衛生学会学術大会,   2015年
  • マネジメントの役割が看護師にもたらす葛藤と恩恵, 産業保健人間工学会20周年記念大会,   2015年
  • 高齢労働者の清掃業務改善の為の実態調査, 産業保健人間工学会20周年記念大会,   2015年
  • 携帯ライフログデータの産業人間工学研究への応用可能性, 日本産業衛生学会 産業疲労研究会第83回定例研究会,   2015年
  • 看護組織におけるダイバーシティマネジメントの現状と課題, 第43回人類働態学会東日本地方会,   2015年
  • Relationships between Work-Family Spillover, Compensation and Mental Health Condition among Japanese Nurses: Focusing on Multiple Roles Map Descriptions, 19th Triennial Congress of the IEA,   2015年
  • 看護業務における医療安全レジリエンス要因の検討, 日本人間工学会学会第55回大会,   2014年
  • 冬季暖房方式の違いが乳幼児のアレルギー性鼻炎罹患に与える影響, 日本人間工学会学会第55回大会,   2014年
  • シンポジウム:ビッグデータと人間工学-人間工学領域におけるビッグデータ利用と研究倫理-, 日本人間工学会学会第55回大会,   2014年
  • 50周年記念シンポジウム:「人間工学の過去・現在・未来-労働の変化と人間工学」, 日本人間工学会学会設立50周年記念大会,   2014年
  • 冬季の床暖房使用は乳幼児の喘息症状を軽減させるのか?, 日本人間工学会東海支部2014年研究大会,   2014年
  • (教育講演)実務者が利用できる産業保健人間工学のエビデンス構築―産業人間工学版メタアナリシス入門講座―, 産業保健人間工学会第19回大会,   2014年
  • Descriptive evidence of the work-family compensation among Japanese midwives: Using the Multiple Role Map program, The 5th International Conference on Applied Human Factors andErgonomics(AHFE 2014),   2014年
  • Development of resilience measurement scale specifically for medical error mitigation in nursing, The 21st Asian Conference on Occupational Health,   2014年
  • Manual handling of people in the healthcare sector に関するISO基準, 第86回日本産業衛生学会第10回作業関連性運動器障害研究会,   2013年
  • 座位・立位可変型作業の作業特性と有効性に関する研究(3), 日本人間工学会第54回大会,   2013年
  • 看護業務における医療安全レジリエンス -ナラティブ・アプローチによるレジリエンス要因の仮説構築-, 日本人間工学会第54回大会,   2013年
  • 助産師が記述した多重役割マップから見えてくるキャリア・ストレスの仮説, 産業保健人間工学会第18回大会,   2013年
  • Narrative evidence of the work-familypositive spillover in Japanese midwives: A descriptive study using the Multiple Role Map program,, 第48回人類働態学会全国大会,   2013年
  • 冬季暖房方式の違いが乳幼児の喘息症状に与える影響, 産業保健人間工学会第18回大会,   2013年
  • 産業人間工学の次の10年を考える-Evidence Based Ergonomics in Practices(EBEPs)の展開, 産業保健人間工学会第18回大会,   2013年
  • 看護業務における医療安全レジリエンス-特性要因図による良好対応事例の解析-, 平成25年度日本産業衛生学会東海地方会学会,   2013年
  • テレワークに従事する労働者のメンタルヘルス, 日本人間工学会東海支部2013年研究大会,   2013年
  • 携帯端末(ICT)と変容する働き方 -携帯端末利用に想定される健康影響と課題-, 労働科学フォーラム,   2013年
  • ドーム型多目的施設のゴミ集積場における分別作業の実態調査, 第85回日本産業衛生学会,   2012年
  • 人間工学グッドプラクティスデータベース(GPDB)と人間工学専門家, 日本人間工学会第53回大会,   2012年
  • 人間工学人材育成プログラムによる地域産業支援の新たな試み, 日本人間工学会第53回大会,   2012年
  • 総合病院における身体拘束解除の現状調査, 日本人間工学会第53回大会,   2012年
  • 座位・立位可変型作業の作業特性と有効性に関する研究(1), 日本人間工学会第53回大会,   2012年
  • 看護業務における安全文化・職場ストレス・ヒューマンエラーとの関連性, 日本人間工学会第53回大会,   2012年
  • 人のケア作業人間工学チェックポイント編集の試み, 人類働態学会第47回全国大会,   2012年
  • 人のケア作業改善におけるアクションチェックリスト設計と応用, 人類働態学会第47回全国大会,   2012年
  • 「レジリエンスの理論的背景」 (シンポジウム「自然災害と人類の対応力(レジリエンス)」), 人類働態学会第47回全国大会,   2012年
  • エコチル調査愛知ユニットセンターにおけるコホート・リテンション戦略, 環境ホルモン学会第15回研究発表会,   2012年
  • 座位・立位可変型作業の作業特性と有効性に関する研究(2), 日本人間工学会関東支部第42回大会,   2012年
  • On the Educational Application of Good Practices Database ? A Case Study, in Special sessions ? Good practices 1bases: a state of the art and their future, IEA2012,   2012年
  • Patient safety climate scale for health care services: factor structure, reliability and validity, 23th Korea-Japan-China Joint Conference on Occupational Health,   2012年
  • Risk Estimation of the Depression from Affective Temperament, Melancholic Typeand Stress Related Factors; Focusing on the Japanese Female Nurses, 23th Korea-Japan-China Joint Conference on Occupational Health,   2012年
  • 女子作業者における座位・立位可変型作業の有効性に関する実験的研究, 日本人間工学会東海支部2011年研究大会,   2011年
  • 医療安全文化研究の展望:看護師の安全文化とレジリエンス, 第40回人類働態学会東日本地方会,   2011年
  • 大学生のアルバイト従事がもたらす葛藤と恩恵 ―多重役割マップの特徴から―, 第40回人類働態学会東日本地方会,   2011年
  • Exercise habits and work ability in Japanese manufacturing industry workers, 2nd East Asian Ergonomics Federation Symposium,   2011年
  • Recovery process of performance after four consecutive nightshifts, TheSLEEP 2009 23stAnnual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies,   2009年
  • How do the length and timing of nighttime napping have an impact on sleep inertia?, 19th International Symposium on Shiftwork and Working Time,   2009年
  • Impactof Ergonomics good practices 1base as public relations tools, IEA2009,   2009年
  • Ergonomic training program for work improvement using the Ergonomics Good Practices Database, Understanding Small Enterprises 2009 conference,   2009年
  • Work-Related Prolonged Fatigue among Hospital Nurses, 19th China-Korea-Japan Joint Conferenceon Occupational Health,   2008年
  • Leg swelling, subjective discomfort and leg movement during VDT work using sit-stand workstations, 19th China-Korea-Japan Joint Conference on Occupational Health,   2008年
  • A brief practical exercise as a strategy against sleepiness and fatigue during night shifts, 19th Congress of the European Sleep Research Society,   2008年
  • Brief practical exercise as countermeasures against sleepiness during night work, The 9th Southeast Asian Ergonomics Conference,   2008年
  • Evaluation of theautonomic balance of recently reinstated workers who suffer from depression using the APG system, The 1st East Asian Ergonomics Federation Symposium,   2008年
  • Reliability of subsidiary behaviors as an index of workers’ psychological and physiological states and their relation to work performance in VDT work, The 1st East Asian Ergonomics Federation Symposium,   2008年
  • Physical burden during winter work on aerial power lines, 18th Japan-China-Korea Joint Conference on Occupational Health,   2007年
  • Recovery process of sleep patterns after four consecutive nightshifts, The SLEEP 2007 21st Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies (Minnesota, America),   2007年
  • Impact of consecutive nightshifts on recuperative power of sleep, 18th Japan-China-Korea Joint Conference on Occupational Health,   2007年
  • Effects of adjustable sit-stand VDT workstations on Workers’ musculoskeletal discomfort, alertness and productivity, 18th Japan-China-Korea Joint Conference on Occupational Health,   2007年
  • 有機リン系殺虫剤代謝物の網羅的分析 2.一般集団への応用を目指して, 野正夏鈴, 伊藤由起, 大矢奈穂子, 佐藤博貴, 榎原 毅, 湊 京子, 北森一哉, 大島志織, 峰松明也子, Nayan Chandra Mohanto, 上島通浩, 第90回日本衛生学会学術総会
  • シンポジウム5 大規模コホート研究が導く人生100年時代の助産ケア:エコチル調査から分かったこと~不育症患者の妊娠帰結と血栓症の危険因子, 杉浦真弓, 榎原 毅, 松木太郎, 庄司直人, 山田泰行, 大森豊緑, 松本洋介, 加藤沙耶香, 加納裕久, 栗原崇浩, 齋藤伸治, 上島通浩, The Japan Environment & Children’s Study (JECS) Group, 第34回日本助産学会学術集会, 招待あり

受賞

  •   2016年, 日本産業衛生学会 奨励賞
  •   2015年, (一社)日本人間工学会 論文賞
  •   2015年, 名古屋市立大学 学長表彰
  •   2012年, (一社)日本人間工学会 人間工学GP賞受賞
  •   2004年, 第77回日本産業衛生学会優秀ポスター賞受賞

競争的資金

  • 幼児期に摂取する肥満促進性環境化学物質のカクテル効果に関するコホート研究, 日本学術振興会, 基盤研究(A),   2019年04月 - 2022年03月
  • スマートフォン利用は頸部痛の真の原因か?:学際チームによるパラドックスの解明, 日本学術振興会, 基盤研究(B),   2019年04月 - 2022年03月
  • アレルギーの子どもの養育者の育児ストレス軽減のための支援効果:ランダム化比較試験, 日本学術振興会, 基盤研究(C),   2018年04月 - 2021年03月
  • 震災に強い地域社会の実現に向けた科学コミュニケーションの実践的研究, 日本学術振興会, 基盤研究(C),   2018年04月 - 2021年03月
  • 有機リン化合物曝露評価指標としての尿中ジアルキルリン酸の有効性の検証, 立行政法人環境再生保全機構, 環境研究総合推進費,   2018年04月 - 2021年03月
  • 経済情勢等が労働災害発生動向に及ぼす影響等に関する研究:多変量時系列解析による数理モデルの開発と検証, 大原記念労働科学研究所,名古屋市立大学,大分大学, 厚生労働科学研究費補助金,   2016年04月 - 2019年03月
  • 脳の発達臨界期にあたる幼児期の殺虫剤ばく露量モニタリング, 環境省, 環境研究総合推進費・委託費,   2015年04月 - 2018年03月
  • 携帯端末利用に伴う心理拘束の強度が頸肩部筋骨格系症状に与える影響の解明, 名古屋市立大学, 日本学術振興会 挑戦的萌芽研究,   2014年04月 - 2017年03月
  • 脳の発達臨界期にあたる幼児期の殺虫剤ばく露量モニタリング, 名古屋市立大学、名古屋大学,   2015年 - 2017年
  • 高齢労働及び非正規雇用形態の高い清掃業務における作業改善と暑熱負担軽減,   2013年 - 2015年
  • 医療安全管理者を対象とした医療安全レジリエンス教育プログラムの開発, 日本学術振興会, 挑戦的萌芽研究,   2012年04月 - 2014年03月
  • 児童の食嗜好形成過程に着目した栄養教育介入とその検証,   2009年 - 2011年
  • 夜勤時に摂取する食事が覚醒水準に及ぼす影響に関する研究,   2006年 - 2007年
  • 教員過労防止を目指した学校講成員による教員労働関連性疲労リスク改善活動手法の構築,   2005年 - 2006年
  • スマホアプリを活用した頸肩部筋骨格系症状予防策:学際チームによる課題解決型検証, 名古屋市立大学, 日本学術振興会 基盤研究(B)

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 情報機器と作業環境の維持管理(実習) 第1回 情報機器作業労働衛生教育インストラクターコース研修, 講師, 中央災害防止協会 大阪安全衛生教育センター,   2020年02月26日 - 2020年02月26日
  • 内視鏡に活かす人間工学(会名:人間工学から内視鏡を考える会), 講師, アストラゼネカ株式会社,   2020年02月05日 - 2020年02月05日
  • 産業安全保健活動に活かす行動科学の理論と実践:人間工学ナッジを学ぼう(2019年度東海産業衛生技術部会特別企画:ErgonomicThon産業安全保健活動に役立つ人間工学ナッジを学ぼう―行動変容を促す理論と実践ワークショップ―), 司会, 主催:日本産業衛生学会東海地方会 東海産業衛生技術部会,共催:日本人間工学会学会改革・戦略委員会,   2019年12月21日 - 2019年12月21日
  • 第16期産業安全保健エキスパート養成コース 講師 産業保健総論(考え方と現場実践のポイント・人間工学の視点から), 講師, 大原記念労働科学研究所,   2019年10月10日 - 2019年10月10日
  • 「労働安全衛生ガイドラインの解説:看護労働と生活の課題(愛知県看護協会 2019年度研修会)」講演, 講師, 愛知県看護協会,   2019年07月08日 - 2019年07月08日
  • 「職場における安全管理-人間工学視点による安全対策のヒント-」講演, 講師, 海上保安庁第四管区尾鷲保安部,   2019年06月19日 - 2019年06月19日
  • 「ErgonomicThon+学生交流(ランチョン)カフェⅢ:ErgonomicThonワークショップ」運営, 講師, 日本人間工学会学会改革・戦略委員会・若手支援委員会,   2019年06月15日 - 2019年06月15日
  • 「職場における安全管理 -人間工学視点による安全対策のヒント-」講演, 講師, 海上保安庁第四管区海上保安本部,   2019年05月20日 - 2019年05月20日
  • 海上保安大学校 講演「国際動向を踏まえた実践的な安全管理」, 講師, 海上保安大学校,   2019年03月13日 - 2019年03月14日
  • “健康経営,作業管理が果たす役割”「働き方を見つめ直す作業管理のすすめ方」講演, 講師, 日本予防医学協会,   2019年02月13日 - 2019年02月13日
  • 作業管理実務講習 in 名古屋 「作業管理の国際動向」講師, 講師, 日本予防医学協会,   2018年12月20日 - 2018年12月21日
  • 日本人間工学会 第6回ビッグデータ人間工学勉強会「人間工学領域におけるスマホセンサーを用いたビッグデータ解析」講演, 講師, 日本人間工学会ビッグデータ研究部会,   2018年11月12日 - 2018年11月12日
  • 日本人間工学会東海支部主催 若手人材支援企画:“ErgonomicThon”ワークショップに参加して人間工学のオープンイノベーション手法を学ぼう, 司会, 日本人間工学会東海支部,   2018年10月20日 - 2018年10月20日
  • 第36 回軽労化研究会定例会:作業関連運動器疾患予防対策およびその関連動向, 講師, 軽労化研究会,   2018年10月12日 - 2018年10月12日
  • 人を対象とする研究倫理の最新動向:新倫理指針と人間工学倫理指針のポイント, 講師, ヒューマンインタフェース学会,   2018年09月05日
  • 中部空港海上保安航空基地の安全活動における人間工学良好実践の理論的根拠, 講師, 海上保安庁第四管区中部空港海上保安航空基地,   2018年07月14日
  • 教育講演「学生・若手向けの教育講演シリーズ3 人間工学研究で役立つ統計学, 講師, 日本人間工学会理事会企画,   2018年06月
  • 職場における安全管理ついて-産業保健・作業管理の枠組みと安全対策のヒント-, 講師, 海上保安庁第四管区海上保安本部,   2018年05月14日
  • 教育講演「学生・若手向けの教育講演シリーズ2-続・人間工学研究を進めるにあたり知っておいてほしい7つのこと, 講師, 日本人間工学会理事会企画,   2017年12月16日
  • 看護師が生き生きと働くために!-夜勤・交代制勤務の最新のエビデンスから-, 講師, 名古屋市立大学病院看護部WLB推進委員会主催,   2017年12月12日
  • リスク改善報告の講評と次の一歩 -リスク改善活動に役立つTips紹介-, 講師, 海上保安庁第四管区海上保安本部,   2017年12月04日
  • 平成29年度 統計・疫学普及研修, 講師, 日本予防医学協会,   2017年12月
  • 教育講演:学生・若手向けの教育講演シリーズ-人間工学研究を進めるにあたり知っておいてほしい7つのこと, 講師, 日本人間工学会理事会企画,   2017年06月
  • 職場における安全管理ついて-産業保健・作業管理の枠組みと安全対策のヒント-, 海上保安庁第四管区海上保安本部,   2017年05月16日 - 2017年05月16日, 職場における安全管理ついて、管理者を対象に講演を行った
  • 統計・疫学普及研修2016, 日本予防社会医学協会,   2016年04月01日 - 2017年03月31日, 日本予防医学協会 統計・疫学普及研修講師(平成28年度)
  • ライフサイエンス研究と研究倫理:新倫理指針のポイントと人間工学研究への対応, 産業技術総合研究所,   2017年02月02日 - 2017年02月02日, 産業技術総合研究所 平成28年度生命倫理に関する教育訓練の講師を担当
  • 人間工学研究で用いる統計解析tips:統計検定の基礎を学び直そう, 日本人間工学会東海支部,   2017年01月13日 - 2017年01月13日, 実務者・初学者のための人間工学測定技法講座の講師を担当
  • 針刺し・切創事故防止研修会, 地方公務員災害補償基金兵庫県支部公務災害防止事業,   2016年10月21日 - 2016年10月21日, 医療安全管理者向けの針刺し・切創事故防止研修会講師
  • 中央労働災害防止協会VDTインストラクター講座2016 講師, 中央労働災害防止協会,   2016年09月27日 - 2016年09月27日, 「作業管理・作業環境管理」「VDT機器と作業環境の維持管理」について講演
  • 人間工学測定技法講座 人間工学研究で用いる統計解析tips:投稿論文でよく誤用されること, 日本人間工学会東海支部,   2016年06月24日 - 2016年06月24日, 実務者・初学者のための人間工学測定技法講座として、人間工学研究で用いる統計解析・投稿論文でよく誤用される内容を講演
  • 人間工学研究と研究倫理:新統合指針のポイントと人間工学研究への対応 講演, 日本人間工学会東海支部,   2016年05月11日 - 2016年05月11日, 実務者・初学者のための人間工学測定技法講座の第四回として、「人間工学研究と研究倫理:新統合指針のポイントと人間工学研究への対応」の講演を行った
  • 統計・疫学普及研修2015, 日本予防医学協会,   2015年09月01日 - 2016年03月31日, 日本予防医学協会 統計・疫学普及研修講師(平成27年度)
  • PIE研究部会ワークショップ 人間工学研究で用いる統計解析tips: 投稿論文でよく誤用されること, 日本人間工学会PIE研究部会,   2016年03月11日 - 2016年03月11日, 人間工学研究で用いる統計解析に関する講習会講師
  • 2015年度 医療労務コンサルタント研修, 社会保険労務士会・労働科学研究所,   2015年11月28日 - 2015年11月29日, 社会保険労務士会・労働科学研究所主催の社会保険労務士を対象とした研修会にて、「医療スタッフの筋骨格系障害(腰痛ほか)発症要因とその対策」について講演
  • 人を対象とする医学系研究に関する倫理研修 講師, 大阪工業大学,   2015年06月26日 - 2015年06月26日, 大阪工業大学の教職員を対象に、「人を対象とする医学系研究」に関する倫理研修を担当
  • 株式会社インターソフト 技術指導, 民間企業,   2012年04月01日 - 2015年03月31日, 人間工学設計技術、実験計画法、統計解析に関する教育指導
  • 疫学・統計エキスパート研修2014, 日本予防医学協会,   2014年08月19日 - 2015年01月15日, 「統計的思考・視点を身につける」「統計学の応用領域とそのグッドプラクティス」について講演
  • 中央労働災害防止協会 VDTインストラクター講座2015 講師, 中央労働災害防止協会,   2015年01月08日 - 2015年01月08日, 「作業管理・作業環境管理」「VDT機器と作業環境の維持管理」講師
  • 教育講演 メタアナリシス入門講座, 産業保健人間工学会,   2014年11月16日 - 2014年11月16日, 「実務者が利用できる産業保健人間工学のエビデンス構築―産業人間工学版メタアナリシス入門講座―」tのテーマで産業保健人間工学会第19回大会内にて教育講演を行った
  • 作業管理実務講習 in 大阪「実践作業管理-職場改善のテクニック-」講師, 日本予防医学協会、産業保健人間工学会,   2014年10月09日 - 2014年10月09日, 作業管理士を対象とした研修会講師を担当
  • シンポジウム:「ビッグデータと人間工学」 講演, ビッグデータ人間工学部会,   2014年06月05日 - 2014年06月05日, 日本人間工学会学会設立50周年記念大会にて、人間工学領域におけるビッグデータ利用と研究倫理について講演した
  • 日本人間工学会 学会設立50周年記念シンポジウム 講演, 日本人間工学会,   2014年06月05日 - 2014年06月05日, 学会設立50周年記念シンポジウム:「人間工学の過去・現在・未来」にて、労働の変化と人間工学について講演した
  • MieLIP医療機器・福祉機器開発研究会事業「ものづくりのための人間工学入門」講師, 三重大学・三重県四日市市高度部材イノベーションセンター,   2014年02月24日 - 2014年03月06日, ものづくりのための人間工学入門の講師を行った
  • 中央労働災害防止協会 VDTインストラクター講座2014 講師, 中央労働災害防止協会,   2014年02月20日 - 2014年02月20日, 「作業管理・作業環境管理」「VDT機器と作業環境の維持管理」講師
  • 疫学・統計エキスパート研修, 日本予防医学協会,   2014年01月16日 - 2014年02月13日, 疫学・統計エキスパート研修「基礎から学ぶ楽しいデータ解析」として講演を行った
  • 労働科学フォーラム シンポジウム「携帯端末(ICT)と変容する働き方」 講演, 労働科学研究所,   2013年12月14日 - 2013年12月14日, 携帯端末利用に想定される健康影響と課題について、安全衛生の側面からシンポジストとして講演
  • 名古屋市環境局講演: 疫学調査の基本概念, 名古屋市,   2013年10月17日 - 2013年10月17日, 名古屋市環境局職員を対象とした疫学調査の基礎講座講師を担当
  • 平成25年度資質向上プログラム「人間工学実験分野におけるRを使った統計処理」, 静岡県工業技術研究所,   2013年09月30日 - 2013年10月01日, 平成25年度資質向上プログラム「人間工学実験分野におけるRを使った統計処理」の講師を行った
  • 「若手研究者・実務者が考える産業人間工学の近未来予想図」コーディネータ, 産業保健人間工学会第18回大会,   2013年09月21日 - 2013年09月22日, 産業保健人間工学会第18回大会内にて、産業人間工学の次の10年を考える企画シンポジウムを開催した
  • ヒューマンエラーの人間工学的対策(第282回特別研修), 中央災害防止協会大阪安全衛生センター,   2013年07月08日 - 2013年07月08日, ヒューマンエラーの人間工学的対策(第282回特別研修)として講演を行った
  • 医療従事者の筋骨格系リスク評価のISO国際規格に関する講演, 作業関連性運動器障害研究会,   2013年05月15日 - 2013年05月15日, 第86回日本産業衛生学会第10回作業関連性運動器障害研究会にて「Manual handlingof people in the healthcare sector に関するISO基準」のテーマにて講演
  • 人類働態学会主催 フリー統計ソフト「R」を用いたやさしい統計解析講座【基礎コース】, 人類働態学会,   2013年04月27日 - 2013年04月28日, 学会主催の統計解析講座の企画・講師を担当
  • 経済産業省委託事業「平成24年度課題解決型医療機器等開発事業」医工連携推進支援事業看護ニーズ医療機器開発に関する研究会委員, 行政,   2013年01月01日 - 2013年03月31日, 看護ニーズ医療機器開発に関する研究会の学識経験者として意見具申を行った。
  • 医療・保健 学びなおし講座 運営委員, 大学,   2012年04月01日 - 2013年03月31日, 本学が行っている医療人の再教育講座「医療・保健学びなおし講座」の運営委員としてカリキュラム検討、広報支援を行った。
  • 環境省 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)愛知ユニットセンター事務局長, 大学,   2012年04月01日 - 2013年03月31日, エコチル調査愛知ユニット事務局長として務めた。
  • 中央労働災害防止協会 VDTインストラクター講座2013 講師, 行政,   2013年03月26日 - 2013年03月26日, 「作業管理・作業環境管理」「VDT機器と作業環境の維持管理」講師
  • 名古屋市教育委員会 平成24年度健康教室 講演, 行政,   2012年08月27日 - 2012年08月27日, 「人間工学による包括的職場ストレス対策-組織文化と健康を考える-」について講演
  • シンポジウム「自然災害と人類の対応力(レジリエンス)」 講演, 人類働態学会,   2012年06月17日 - 2012年06月17日, 人類働態学会第47回全国大会シンポジウム「自然災害と人類の対応力(レジリエンス)」を企画、レジリエンスの理論的背景について講演を行った
  • 中央労働災害防止協会 VDTインストラクター講座2012 講師, 行政,   2012年06月07日 - 2012年06月07日, VDTインストラクター講座 講師
  • 平成24年度名古屋市北区女性学級 講演, 行政,   2012年05月22日 - 2012年05月22日, 名古屋市北区役所講堂にて、名古屋市北区女性学級講演を行い、エコチル調査を紹介した。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.