研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

村上 信五ムラカミ シンゴ

所属部署医学研究科高度医療教育研究センター
職名教授
メールアドレスmurakamimed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURLhttp://www.med.nagoya-cu.ac.jp/oto.dir/index.html
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

学歴

  •  - 1980年, 愛媛大学, 医学部, 医学科

学位

  • 愛媛大学医学部医学科/博士(医学)・モルモット側頭骨内顔面神経構成線維の空間的配列及び線維経の形態学的解析

所属学協会

  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本耳科学会
  • 耳鼻咽喉科臨床学会
  • 日本顔面神経研究会
  • 日本頭蓋底外科研究会
  • 日本頭頸部腫瘍学会

経歴

  • 1981-1983 愛媛大学1989-1

研究活動情報

研究キーワード

    顔面神経, 聴神経腫瘍, ヘルペス, 肝細胞増殖因子

論文

  • モルモット側頭骨内顔面神経構成線維の空間的配列及び線維径の形態学的解析, 日耳鼻, 91/1,   1988年
  • 病的共同運動の実験的研究, 6,   1986年
  • モルモット眼輪筋の神経一筋接合部の再生過程について-誘発筋電図及び走査型電子顕微鏡による観察-, 5,   1985年
  • 経中頭蓋窩聴神経腫瘍手術例の検討-聴力保存と聴力改善因子について-, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 98/,8-15,   1995年
  • Change in facial nerve innervation following hypoglossal-facial anastomosis ; an animal study(共著), 114/,,   1994年
  • Regeneration of facial nerve after hypglossal facial anastomosis : An animal study(共著), 111/,,   1994年
  • Bell paisy and herpes simplex virus : identitication of viral DNA in endoneural fluid and muscle, 124/1,27-30,   1996年
  • Middle Fossa acoutic neuroma surgery-indication and predictive factors for hearing restoration-, 98/,8-15,   1995年
  • Facial merve paralysis induced by herpessimplex virus in mice : an animal model of acute and transient facial paralysis(共著), 104/,574-581,   1995年
  • Role of herges simplex virus intection in the pathogenesis of facial paralysis in mice, 105/,49-53,   1996年
  • Treatment of Ramsay Hunt syndrome with acyclovir-prednisone : signiticance of early diagnosis and treatment, 41/,353-357,   1997年
  • Effect of middle ear pressure change on middle ear mechanics, 117/,390-395,   1997年
  • Rapid diagnosis of varicella-zoster virus infection in acute facial palsy., Neurology, 51/,1202-1205,   1998年

競争的資金

  • ウイルス性顔面神経麻痺の病態解明と新たな治療法の開発に関する基礎的研究
  • ベル麻痺の発症機序と病態・治療に関する臨床および基礎的研究,   1999年 - 2000年
  • Bell麻痺、Hunt症候群の早期診断と病因・病態・治療に関する基礎・臨床的研究
  • Bell麻痺における病因ウイルスの早期診断および麻痺発症の機序と治療に関する研究,   2001年 - 2003年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.