研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

坪井 謙ツボイ ケン

所属部署医学研究科消化器外科学分野
職名助教
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/06/01

研究活動情報

論文

  • Xanthohumol inhibits angiogenesis by suppressing nuclear factor-κB activation in pancreatic cancer., Saito K, Matsuo Y, Imafuji H, Okubo T, Maeda Y, Sato T, Shamoto T, Tsuboi K, Morimoto M, Takahashi H, Ishiguro H, Takiguchi S, Cancer science, 109, (1) 132 - 140,   2018年01月, 査読有り
  • Laparoscopically resected obturator nerve schwannoma: A case report., Takahashi H, Hara M, Tsuboi K, Sagawa H, Ishiguro H, Matsuo Y, Takeyama H, Asian journal of endoscopic surgery, 9, (4) 307 - 310,   2016年11月, 査読有り
  • Enhancement of the CXCL12/CXCR4 axis due to acquisition of gemcitabine resistance in pancreatic cancer: effect of CXCR4 antagonists., Morimoto M, Matsuo Y, Koide S, Tsuboi K, Shamoto T, Sato T, Saito K, Takahashi H, Takeyama H, BMC cancer, 16,   2016年05月, 査読有り
  • Inflammatory pseudotumor of the liver diagnosed as metastatic liver tumor in a patient with a gastrointestinal stromal tumor of the rectum: report of a case., Matsuo Y, Sato M, Shibata T, Morimoto M, Tsuboi K, Shamoto T, Hirokawa T, Sato T, Takahashi H, Takeyama H, World journal of surgical oncology, 12,   2014年05月, 査読有り
  • Zerumbone inhibits angiogenesis by blocking NF-κB activity in pancreatic cancer., Shamoto T, Matsuo Y, Shibata T, Tsuboi K, Nagasaki T, Takahashi H, Funahashi H, Okada Y, Takeyama H, Pancreas, 43, (3) 396 - 404,   2014年04月, 査読有り
  • Zerumbone inhibits tumor angiogenesis via NF-κB in gastric cancer., Tsuboi K, Matsuo Y, Shamoto T, Shibata T, Koide S, Morimoto M, Guha S, Sung B, Aggarwal BB, Takahashi H, Takeyama H, Oncology reports, 31, (1) 57 - 64,   2014年01月, 査読有り
  • Girdin, a regulator of cell motility, is a potential prognostic marker for esophageal squamous cell carcinoma., Shibata T, Matsuo Y, Shamoto T, Hirokawa T, Tsuboi K, Takahashi H, Ishiguro H, Kimura M, Takeyama H, Inagaki H, Oncology reports, 29, (6) 2127 - 2132,   2013年06月, 査読有り

MISC

  • 脾膿瘍および真菌血症を合併した慢性膵炎に対してmodified Puestow手術を行った1症例, 社本 智也, 松尾 洋一, 沢井 博純, 上田 悟郎, 大見 関, 林 祐一, 今藤 裕之, 齊藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 肝胆膵治療研究会誌, 15, (1) 79 - 85,   2018年08月, 症例は63歳、男性。アルコール性慢性膵炎の治療中に膵体尾部を中心とした急性増悪を認め、脾梗塞から脾膿瘍を合併した。脾臓合併膵体尾部切除および残膵の膵管空腸側々吻合(modified Puestow手術)を行った。真菌性眼内炎および敗血症性塞栓症(septic embolization)を合併したが、集学的治療により改善した。以後、膵炎再燃に伴う症状を認めていない。慢性膵炎の治療においては、病態に応じた適切な術式選択を行うことにより、良好な治療成績が期待できる。(著者抄録)
  • 脾膿瘍および真菌血症を合併した慢性膵炎に対してPuestow手術を行った1例, 社本 智也, 松尾 洋一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 肝胆膵治療研究会誌, 15, (1) 119 - 119,   2018年08月
  • 【観察ポイントをクイックチェック!プラス5術式の排液地図】 (5章)脾摘手術, 坪井 謙, 消化器外科Nursing, 23, (6) 538 - 539,   2018年06月
  • 栄養指標の推移から検討した高齢膵癌患者に対する膵頭十二指腸切除術, 今藤 裕之, 松尾 洋一, 上田 悟郎, 大見 関, 林 祐一, 齊藤 健太, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 外科と代謝・栄養, 52, (3) 130 - 130,   2018年06月
  • 慢性膵炎に対するFrey手術と膵頭十二指腸切除術の検討, 林 祐一, 松尾 洋一, 上田 悟郎, 今藤 裕之, 齊藤 健太, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 膵臓, 33, (3) 390 - 390,   2018年05月
  • 長期生存の得られた膵全摘症例の検討, 上田 悟郎, 松尾 洋一, 林 祐一, 今藤 裕之, 齊藤 健太, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 膵臓, 33, (3) 522 - 522,   2018年05月
  • 膵頭十二指腸切除後完全外膵液瘻に対する非観血的内瘻術の検討, 林 祐一, 村元 雅之, 松尾 洋一, 杉戸 伸好, 小森 徹也, 保里 惠一, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 癌-間質相互作用からみた膵癌肝転移における血管新生とサイトカインネットワークの役割, 松尾 洋一, 上田 悟郎, 林 祐一, 今藤 裕之, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 社本 智也, 志賀 一慶, 廣川 高久, 坪井 謙, 田中 達也, 森本 守, 小川 了, 坂本 宣弘, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 膵癌におけるXanthohumolの血管新生抑制効果に対する検討, 齊藤 健太, 松尾 洋一, 上田 悟郎, 林 祐一, 今藤 裕之, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 放射線耐性膵癌におけるCXCL12/CXCR4シグナルの関与, 今藤 裕之, 松尾 洋一, 上田 悟郎, 林 祐一, 齋藤 健太, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 坂本 宜弘, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 肝門部脈管の層構造を意識した腹腔鏡下系統的肝切除の手術手技, 森本 守, 松尾 洋一, 坪井 謙, 社本 智也, 斉藤 健太, 今藤 裕之, 林 祐一, 上田 悟郎, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 早期の外科治療を考慮した慢性膵炎に対するFrey手術症例の検討, 社本 智也, 松尾 洋一, 上田 悟郎, 林 祐一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 腹腔鏡下に修復した大網小網裂孔網嚢ヘルニアの1例, 上田 悟郎, 松尾 洋一, 社本 智也, 植松 宏, 柳田 剛, 林 祐一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 志賀 一慶, 佐川 弘之, 廣川 高久, 坪井 謙, 森本 守, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宣弘, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本腹部救急医学会雑誌, 38, (2) 432 - 432,   2018年02月
  • 当院での腹腔鏡下肝切除における癒着防止吸収性バリア貼付の工夫, 社本 智也, 森本 守, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 坪井 謙, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, (7) EP009 - 05,   2017年12月
  • 腹腔鏡下系統的肝切除術におけるカダバートレーニングの有用性, 森本 守, 松尾 洋一, 坪井 謙, 社本 智也, 斎藤 健太, 今藤 裕之, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, (7) EP094 - 07,   2017年12月
  • 蝶ヶ岳での登山中の水分摂取量と急性高山病発症との関連, 酒々井 眞澄, 佐々木 貴久, 松本 晴年, 坪井 謙, 三浦 裕, 薊 隆文, 登山医学, 37, (1) 144 - 149,   2017年12月, 蝶ヶ岳山頂(2677m)付近にある名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療所を受診した1381名を対象とした。個々の診療録に診断、水分摂取量、性、年齢、SpO2が全て記載のある1064名を対象とした。ROC曲線から急性高山病(AMS)発症に係る水分摂取量のカットオフ値は1100mLであった。1100mL以上の水分摂取であった386名中、高山病患者数は95名、非高山病患者数は291名であった。1100mL未満の水分摂取であった678名中、高山病患者は223名、非高山病患者は455名であった。水分摂取が1100mL未満の登山者では有意にAMS発症率が高かった。ROC曲線から頭痛に係る水分摂取量のカットオフ値は1050mLであった。1050mL以上の水分摂取であった387名中、頭痛ありは81名、頭痛なしは306名であった。1050mL未満の水分摂取であった677名中、頭痛ありは175名、頭痛なしの患者数は502名であった。頭痛と水分摂取量について有意差は示されなかった。
  • 膵腺房細胞癌の1例, 社本 智也, 松尾 洋一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広域, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌, 78, (11) 2575 - 2575,   2017年11月
  • 【膵癌研究Cutting Edge-from Carcinogenesis to Metastatic Colonization-】 Stroma 化学療法抵抗性膵癌におけるCXCL12-CXCR4シグナルの重要性, 松尾 洋一, 森本 守, 坪井 謙, 社本 智也, 斎藤 健太, 今藤 裕之, 林 祐一, 上田 悟郎, 小林 勝正, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 肝・胆・膵, 75, (4) 777 - 783,   2017年10月
  • TG13に基づいた急性胆嚢炎重症度別緊急手術の検討と問題点, 坪井 謙, 松尾 洋一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 佐川 弘之, 社本 智也, 田中 達也, 森本 守, 小川 了, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 早川 哲史, 田中 守嗣, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌, 78, (増刊) 622 - 622,   2017年10月
  • Xanthohumolの膵癌細胞株におけるNFκBシグナルを介した血管新生抑制効果に対する検討, 齊藤 健太, 松尾 洋一, 今藤 裕之, 安藤 菜奈子, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 前田 祐三, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本癌学会総会記事, 76回,   2017年09月
  • 真皮環状縫合を用いた人工肛門閉鎖術における皮膚形成術と陰圧閉鎖療法(NPWT)の有用性, 高橋 広城, 坪井 謙, 原 賢康, 志賀 一慶, 柳田 剛, 前田 祐三, 安藤 菜奈子, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 佐藤 幹則, 瀧口 修司, 日本大腸肛門病学会雑誌, 70, (抄録号) A111 - A111,   2017年09月
  • Xanthohumolの膵癌細胞株におけるNFκBシグナルを介した抗腫瘍効果に対する検討, 齊藤 健太, 松尾 洋一, 森本 守, 坪井 謙, 社本 智也, 佐藤 崇文, 大久保 友貴, 前田 祐三, 今藤 裕之, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 膵癌における血管新生因子発現に関するIGF-1シグナルの役割, 松尾 洋一, 森本 守, 佐藤 崇文, 斎藤 健太, 今藤 裕之, 坪井 謙, 社本 智也, 坂本 宣弘, 石黒 秀行, 高橋 広城, 竹山 廣光, 膵臓, 32, (3) 502 - 502,   2017年05月
  • 食道癌に合併した膵嚢胞性病変に対し診断に苦慮した膵リンパ上皮嚢胞の一例, 坪井 謙, 松尾 洋一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 佐藤 崇, 社本 智也, 森本 守, 竹山 廣光, 膵臓, 32, (3) 642 - 642,   2017年05月
  • 膵切除を行った腎細胞癌の膵転移4症例の臨床病理学的検討, 社本 智也, 松尾 洋一, 坪井 謙, 森本 守, 齋藤 健太, 佐藤 崇文, 今神 透, 竹山 廣光, 膵臓, 32, (3) 646 - 646,   2017年05月
  • stage IV大腸癌患者における予後因子としての血中IL-6値, 原 賢康, 佐川 弘之, 志賀 一慶, 社本 智也, 坪井 謙, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌, 70, (4) 281 - 281,   2017年04月
  • 膵癌のearly biomarkerとしてのLipocalin-2の役割とシグナルの解明, 松尾 洋一, 今藤 裕之, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 社本 智也, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • ロボティック内視鏡コントロールシステム SOLO assist IIの腹腔鏡下胆嚢摘出術での使用経験, 佐川 弘之, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 坂本 宣弘, 原 賢康, 田中 達也, 森本 守, 坪井 謙, 社本 智也, 柳田 剛, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • ケモカインを標的としたGemcitabineに続く次世代膵癌治療薬の開発, 松尾 洋一, 今藤 裕之, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 社本 智也, 森本 守, 小出 修二, 竹山 廣光, 日本消化器病学会雑誌, 114, (臨増総会) A270 - A270,   2017年03月
  • 蝶ヶ岳登山者の安全意識と医薬品携帯調査, 佐々木 貴久, 中島 亮, 羽柴 文貴, 坪井 謙, 三浦 裕, 薊 隆文, 酒々井 眞澄, 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班, 登山医学, 36, (1) 173 - 181,   2016年12月
  • 腹腔鏡下大腸切除術時における有利癌細胞の有無とその適応について, 原 賢康, 柳田 剛, 安藤 菜奈子, 佐川 弘之, 志賀 一慶, 坪井 謙, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) OS8 - 2,   2016年12月
  • 腹腔鏡下直腸S状結腸切除における助手展開の工夫 oar methodを用いたミラーイメージの克服, 坪井 謙, 高橋 広城, 原 賢康, 柳田 剛, 社本 智也, 佐川 弘之, 森本 守, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宣弘, 寺下 幸夫, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) OS97 - 3,   2016年12月
  • 内視鏡ホルダーロボット「EMARO」の腹腔鏡下胆嚢摘出術での使用経験, 佐川 弘之, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 若杉 健弘, 寺下 幸夫, 高橋 広城, 坂本 宣弘, 原 賢康, 田中 達也, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 志賀 一慶, 社本 智也, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) OS156 - 5,   2016年12月
  • 腹腔鏡下手術で切除した脾Sclerosing angiomatoid nodular transformationの2例, 森本 守, 松尾 洋一, 坪井 謙, 社本 智也, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) DP106 - 4,   2016年12月
  • Natural foodを科学する Zerumboneの膵癌に対する化学予防と抗腫瘍効果, 松尾 洋一, 社本 智也, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 齊藤 健太, 今藤 裕之, 竹山 廣光, 栄養, 1, (1) 16 - 19,   2016年11月
  • 【消化器・一般外科医のための-救急・集中治療のすべて】(III章)消化器救急疾患 疾患別対処法 肝胆膵 重症急性膵炎, 松尾 洋一, 森本 守, 坪井 謙, 社本 智也, 佐藤 崇文, 齊藤 健太, 今藤 裕之, 坂本 宣弘, 竹山 廣光, 臨床外科, 71, (11) 301 - 307,   2016年10月, <POINT>急性膵炎と診断された段階で直ちに重症度判定を行う.さらに発症から48時間までは,経時的に重症度判定を繰り返して行うことが重要である.「急性膵炎診療ガイドライン2015」では,診療上重要と思われる臨床指標が"Pancreatitis Bundles 2015"として提起されており,重症急性膵炎ではこれに沿った治療が必要である.重症急性膵炎は感染を伴った壊死性膵炎であることが多い.できる限り保存的治療で炎症の消褪・限局化をはかり,被包化壊死(WON)となった後に,step-up approach法で段階的に治療することが予後を改善する.(著者抄録)
  • 悪性リンパ腫治療中に膵腫瘍部穿孔による膵液瘻をきたした1例, 社本 智也, 松尾 洋一, 坪井 謙, 森本 守, 佐藤 崇文, 斉藤 健太, 今藤 裕之, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌, 77, (増刊) 830 - 830,   2016年10月
  • 膵臓 膵がん治療の個別化に向けて Gemcitabine耐性膵癌に対する基礎的研究と臨床応用, 松尾 洋一, 今藤 裕之, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 社本 智也, 森本 守, 小出 修二, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 腹腔鏡下大腸切除時における腹腔内遺残癌細胞のRT-PCRによる検出, 原 賢康, 佐川 弘之, 志賀 一慶, 社本 智也, 坪井 謙, 坂本 宣弘, 高橋 広城, 寺下 幸夫, 中西 速夫, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 腸管虚血性疾患における腸管切除範囲決定に対するICG蛍光血管造影検査の有用性の検討, 佐川 弘之, 原 賢康, 志賀 一慶, 社本 智也, 坪井 謙, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 胆嚢摘出術後に仮性肝動脈瘤を認めIVRにて治療した2例の検討, 社本 智也, 松尾 洋一, 中屋 誠一, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 若杉 健弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 膵癌血管新生におけるENA-78/CXCL5の役割, 松尾 洋一, 森本 守, 坪井 謙, 社本 智也, 佐藤 崇文, 齊藤 健太, 高橋 広城, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 青年期に発症した、腸回転異常症に伴う小腸軸捻転の一例, 五島 隆宏, 松嶋 麻子, 坪井 謙, 山岸 庸太, 三浦 敏靖, 増田 和彦, 服部 友紀, 笹野 寛, 日本臨床救急医学会雑誌, 19, (2) 369 - 369,   2016年04月
  • 人工肛門閉鎖創に対する局所陰圧閉鎖療法の使用経験, 坪井 謙, 高橋 広城, 原 賢康, 佐川 弘之, 社本 智也, 森本 守, 坂本 宣弘, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 中心静脈カテーテル管理における安全対策 肥満患者におけるCVポート偏移に関する検討とその対策, 高橋 広城, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 原 賢康, 坂本 宜宏, 田中 達也, 森本 守, 坪井 謙, 社本 智也, 佐川 弘之, 溝口 公士, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 膵癌発癌に関わる血管新生因子 Kras点突然変異の役割と下流シグナルの解明, 松尾 洋一, 森本 守, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 社本 智也, 齊藤 健太, 高橋 広城, 若杉 健弘, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 急性胆管炎ガイドラインの検証 急性胆嚢炎に対する緊急手術の検討 新旧ガイドラインの比較, 坪井 謙, 日本腹部救急医学会雑誌, 36, (2) 349 - 349,   2016年02月
  • イレウスで発症した小腸アニサキス症の1例, 溝口 公士, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 坪井 謙, 斎藤 健太, 竹山 廣光, 日本腹部救急医学会雑誌, 36, (2) 473 - 473,   2016年02月
  • よりリアリティーを求めた腹腔鏡下大腸手術トレーニングボックスの作成と応用, 高橋 広城, 原 賢康, 坪井 謙, 溝口 公士, 佐川 弘之, 前田 祐三, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS87 - 3,   2015年12月
  • 腹腔鏡手術におけるミラーイメージの新たな克服法(oar method), 坪井 謙, 高橋 広城, 原 賢康, 齋藤 健太, 佐藤 崇文, 溝口 公士, 社本 智也, 佐川 弘之, 森本 守, 坂本 宣弘, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS204 - 7,   2015年12月
  • 腹腔鏡下に診断および治療しえた膵周囲嚢胞性リンパ管嚢腫の一例, 佐藤 崇文, 松尾 洋一, 前田 祐三, 大久保 友貴, 斉藤 健太, 志賀 一慶, 溝口 公士, 佐川 弘之, 坪井 謙, 森本 守, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS255 - 8,   2015年12月
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳診療所における最近5年間の診療活動, 酒々井 眞澄, 佐々木 貴久, 坪井 謙, 加藤 明裕, 三浦 裕, 薊 隆文, 登山医学, 35, (1) 115 - 119,   2015年12月, 蝶ヶ岳診療所の運営状況について紹介するとともに、2010〜2014年に受診した登山者の診療録をもとに「患者数の年次推移」「患者の男女比・年齢」「受診時刻」「診断名」などを調査した結果について、他の山岳診療所と比較しつつ報告した。患者数の年次推移は、2010年が141名、2011年147名、2012年221名、2013年209名、2014年128名であった。患者の男女比は45%対55%であった。年齢は、男性が5〜84歳(平均47歳)、女性が7〜78歳(平均49歳)であった。受診時刻は、午前5時から6時の時間帯と午後4時から6時の時間帯に二峰性のピークがあった。診断名は、高山病の割合が36%、外傷が19%、筋肉痛・関節痛11%、虫刺症10%、その他24%であった。
  • 蝶ヶ岳における高山病発症と気圧変化の関連, 加藤 明裕, 佐々木 貴久, 坪井 謙, 小池 桃子, 三浦 裕, 薊 隆文, 酒々井 眞澄, 登山医学, 35, (1) 191 - 196,   2015年12月, 蝶ヶ岳山頂(2677m)付近にある名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療所に2014年7月21日〜8月24日に受診した患者113名を対象として検討した。方法は、受診日の気圧が前日よりも上昇していた患者群と、前日よりも低下していた患者群に分け、高山病患者が占める割合を比較した。結果、気圧が上昇していた群では60名中10名(17%)、低下していた群では53名中18名(34%)であり、気圧低下群が有意に高率であった。急性高山病の病態には低圧低酸素が関与すると報告されていることから、その検証を行った。方法は、SpO2値を測定しえた患者について高山病発症との関係を解析した。結果、SpO2値が85.5%未満の群は85.5%以上群に比べて高山病患者の割合が有意に高かった。
  • 高齢化時代の手術と周術期管理(医師、メディカルスタッフ) 高齢化時代の消化管がん手術についての検討 当院での80歳以上高齢者のデータから, 坂本 宣弘, 高橋 広城, 原 賢康, 田中 達也, 森本 守, 坪井 謙, 社本 智也, 佐川 弘之, 溝口 公士, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 397 - 397,   2015年10月
  • 当院におけるストーマ閉鎖術の工夫, 高橋 広城, 原 賢康, 坪井 謙, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 546 - 546,   2015年10月
  • 膵癌血管新生におけるK-ras点突然変異の役割, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 佐藤 崇文, 齊藤 健太, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事, 74回,   2015年10月
  • 右側結腸癌に対する針状把持鉗子を用いたRPS, 高橋 広城, 原 賢康, 坪井 謙, 社本 智也, 佐川 弘之, 志賀 一慶, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌, 68, (9) 707 - 707,   2015年09月
  • 副中結腸動脈が存在する下行結腸癌および横行結腸癌症例の検討, 佐川 弘之, 原 賢康, 志賀 一慶, 社本 智也, 坪井 謙, 高橋 広城, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌, 68, (9) 733 - 733,   2015年09月
  • 標準化を目指した人工肛門造設術式の検討, 佐藤 幹則, 高橋 広城, 原 賢康, 坪井 謙, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌, 68, (9) 766 - 766,   2015年09月
  • StageII結腸直腸癌における再発危険因子としての術前血清IL-6値の検討, 志賀 一慶, 原 賢康, 佐川 弘之, 前田 祐三, 社本 智也, 坪井 謙, 高橋 広城, 石黒 秀行, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌, 68, (9) 840 - 840,   2015年09月
  • 膵臓 膵がんトランスレーショナル・リサーチ 膵癌におけるIGF-1シグナルの役割, 松尾 洋一, 森本 守, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 社本 智也, 齊藤 健太, 高橋 広城, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌, 50, (3) 1000 - 1000,   2015年09月
  • 食道癌に合併し、術前診断に難渋した膵リンパ上皮嚢胞の1症例, 坪井 謙, 松尾 洋一, 社本 智也, 柴田 孝弥, 佐藤 崇文, 森本 守, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 肝胆膵治療研究会誌, 13, (1) 117 - 117,   2015年08月
  • 腹腔鏡下S状結腸・直腸切除術におけるパート別手術時間の検討, 坪井 謙, 原 賢康, 中屋 誠一, 社本 智也, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 右側結腸癌における単孔式腹腔鏡下右半結腸切除術の検討, 原 賢康, 坪井 謙, 坂本 宣弘, 高橋 広城, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 膵癌におけるLipocalin-2の発現と分子生物学的特徴の検討, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 坪井 謙, 社本 智也, 森本 守, 佐藤 崇文, 高橋 広城, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 膵頭十二指腸切除術後の脂肪肝に対する膵酵素剤の予防効果について, 佐藤 崇文, 松尾 洋一, 志賀 一慶, 溝口 公士, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 高橋 広城, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • ラディアル型・リニアー型自動縫合器を使用した胃管作成法, 田中 達也, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 坪井 謙, 社本 智也, 中屋 誠一, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 膵癌におけるキサントフモールの血管新生抑制効果の検討, 社本 智也, 松尾 洋一, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 竹山 廣光, 外科と代謝・栄養, 49, (3) 156 - 156,   2015年06月
  • NF-kBを介したZerumboneの抗腫瘍血管新生に関する検討, 松尾 洋一, 坪井 謙, 社本 智也, 森本 守, 佐藤 崇文, 高橋 広城, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 木村 昌弘, 竹山 廣光, Sung Bokyung, Guha Sushovan, 外科と代謝・栄養, 49, (3) 157 - 157,   2015年06月
  • 膵頭十二指腸切除後の脂肪肝発生に対する予測因子の検討, 佐藤 崇文, 松尾 洋一, 坪井 謙, 社本 智也, 竹山 廣光, 外科と代謝・栄養, 49, (3) 174 - 174,   2015年06月
  • 膵頭十二指腸切除後の脂肪肝に対する膵酵素補充療法の治療効果に関する検討, 佐藤 崇文, 松尾 洋一, 坪井 謙, 柴田 孝弥, 森本 守, 竹山 廣光, 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 27回,   2015年06月
  • Gemcitabine耐性膵癌に対するCXCR4 antagonistの有用性, 森本 守, 松尾 洋一, 坪井 謙, 柴田 孝弥, 社本 智也, 佐藤 崇史, 竹山 廣光, 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 27回,   2015年06月
  • 膵癌におけるCXCL12/CXCR4シグナルの解明とNF-κBの関与, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 森本 守, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 社本 智也, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 27回,   2015年06月
  • 右肝円索と異所性肝を認めた腹腔鏡下胆嚢摘出術の1例, 柴田 孝弥, 松尾 洋一, 佐藤 崇文, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 竹山 廣光, 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 27回,   2015年06月
  • POSSUMを用いた、高齢者大腸癌患者治療における死亡率の評価と比較, 坪井 謙, 原 賢康, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌, 68, (5) 363 - 363,   2015年05月
  • 尿ケトン体と登山疲労感に関する研究 名市大蝶ヶ岳ボランティア診療班, 酒々井 眞澄, 鵜飼 聡士, 磯野 裕司, 坪井 謙, 三浦 裕, 薊 隆文, 岐阜県医師会医学雑誌, 28,   2015年05月
  • 肝胆膵 膵癌におけるCXCL12/CXCR4 axisの役割とそのシグナルの解明, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 森本 守, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 社本 智也, 高橋 広城, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 遅発性に胆管損傷および十二指腸損傷をきたした腹部鈍的外傷の1例, 佐川 弘之, 松尾 洋一, 溝口 公士, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本腹部救急医学会雑誌, 35, (1) 135 - 140,   2015年01月, 症例は69歳,女性。交通事故による腹部鈍的外傷を受傷し,救急搬送された。来院時と受傷3時間後に施行した腹部CT検査で肝損傷(I b型)を認めた。受傷7日目になり後腹膜腔液体貯留を認め,DIC-CT検査と後腹膜腔穿刺ドレナージ所見により胆管損傷と診断した。さらに受傷20日目に十二指腸穿孔を発症し,緊急開腹術を施行した。胆管損傷は膵上縁部胆管に認めた。十二指腸損傷は下降脚から水平脚にかけて認め,Vater乳頭部にも及んでいたため(II a(D2〜D3)RP,VP),膵頭十二指腸切除術を施行した。外傷性十二指腸損傷と外傷性胆管損傷は,腹部鈍的外傷のなかでも比較的頻度が低いとされているが,なかでも受傷7日目以降の穿孔例は極めてまれである。腹部鈍的外傷は,遅発性に臓器損傷を発症する可能性を十分に念頭においたうえで慎重に経過を追い,状況に応じて適切な対応をとる必要があると考えられた。(著者抄録)
  • 腹膜播種による直腸狭窄をきたした肺癌の一例, 中屋 誠一, 高橋 広城, 木村 昌弘, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 原 賢康, 坂本 宜弘, 宮井 博隆, 田中 達也, 柴田 孝弥, 坪井 謙, 社本 智也, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌, 75, (12) 3428 - 3428,   2014年12月
  • 複数の領域から血管支配を受けた巨大小腸GISTの1例, 社本 智也, 松尾 洋一, 中屋 誠一, 坪井 謙, 柴田 孝弥, 田中 達也, 宮井 博隆, 坂本 宣弘, 原 賢康, 高橋 広城, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌, 75, (12) 3429 - 3429,   2014年12月
  • 膵頭十二指腸切除後10ヵ月に下血で発症した出血性膵炎の1例, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 坪井 謙, 社本 智也, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌, 75, (増刊) 771 - 771,   2014年10月
  • 農村地区での腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術, 佐藤 崇文, 溝口 公士, 社本 智也, 佐川 弘之, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 原 賢康, 高橋 広城, 若杉 健弘, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌, 19, (7) 734 - 734,   2014年10月
  • 膵癌におけるK-ras点突然変異の意義, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 坪井 謙, 社本 智也, 森本 守, 佐藤 崇文, 高橋 広城, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本消化器病学会雑誌, 111, (臨増大会) A951 - A951,   2014年09月
  • 膵癌ゲムシタビン耐性に関わるケモカインシグナルの役割(The role of chemokine signal in acquisition of gemcitabine resistance in pancreatic cancer), 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 佐藤 崇文, 高橋 広城, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事, 73回,   2014年09月
  • Gemcitabine耐性膵癌に対するCXCR4アンタゴニストの有効性(Effect of CXCR4 antagonists on gemcitabine resistant pancreatic cancer), 森本 守, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 社本 智也, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事, 73回,   2014年09月
  • 癌間質相互作用からみた胃癌血管新生におけるサイトカインネットワークの役割, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 坪井 謙, 社本 智也, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 69回,   2014年07月
  • 膵癌における発癌とNF-kBの関与, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 坪井 謙, 社本 智也, 越智 靖夫, 安田 顕, 沢井 博純, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 膵臓, 29, (3) 610 - 610,   2014年06月
  • natural productが膵癌血管新生および浸潤に及ぼす効果の検討, 社本 智也, 松尾 洋一, 溝口 公士, 柴田 孝弥, 坪井 謙, 森本 守, 坂本 宣弘, 高橋 広城, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 膵臓, 29, (3) 663 - 663,   2014年06月
  • 膵癌におけるGemcitabine耐性に対するchemokine signalの役割の検討, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 森本 守, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 社本 智也, 高橋 広城, 岡田 祐二, 小出 修司, 越智 靖夫, 安田 顕, 今神 透, 竹山 廣光, 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 26回,   2014年06月
  • 膵癌におけるnatural productの効果の検討, 社本 智也, 松尾 洋一, 今神 透, 溝口 公士, 坪井 謙, 柴田 孝弥, 森本 守, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 26回,   2014年06月
  • 膵癌発癌におけるNF-κB活性の役割, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 森本 守, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 社本 智也, 高橋 広城, 越智 靖夫, 安田 顕, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌, 49, (3) 2494 - 2494,   2014年06月
  • 【肝胆膵領域におけるNF-κB研究の最前線】 発癌におけるNF-κBの作用 膵癌の発癌におけるNF-κB活性亢進の関与, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 森本 守, 坪井 謙, 社本 智也, 佐藤 崇文, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 肝・胆・膵, 68, (4) 591 - 598,   2014年04月
  • 膵癌血管新生におけるIGF-1/PTEN/NF-kB/VEGFシグナルの関与, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 森本 守, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 社本 智也, 高橋 広城, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌, 115, (臨増2) 748 - 748,   2014年03月
  • キサントフモールの膵癌血管新生抑制効果の検討, 社本 智也, 松尾 洋一, 長崎 高也, 齊藤 慎一郎, 溝口 公士, 坪井 謙, 柴田 孝弥, 森本 守, 高橋 広城, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌, 115, (臨増2) 750 - 750,   2014年03月
  • 胃癌に対するPKD阻害剤の可能性, 坪井 謙, 松尾 洋一, 社本 智也, 柴田 孝弥, 森本 守, 高橋 広城, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 舟橋 整, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌, 115, (臨増2) 844 - 844,   2014年03月
  • 膵癌VEGF発現におけるIGF-1シグナルの役割, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 森本 守, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 社本 智也, 高橋 広城, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本消化器病学会雑誌, 111, (臨増総会) A289 - A289,   2014年03月
  • 完全皮下埋込み式カテーテル術前後の患者の意識調査, 坪井 謙, 早川 哲史, 森本 守, 小川 了, 原 賢康, 高橋 広城, 松尾 洋一, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 静脈経腸栄養, 29, (1) 317 - 317,   2014年01月
  • 安全な中結腸動脈根部を郭清する 当院での安全で確実な中結腸動脈根部周囲の郭清を伴う腹腔鏡下横行結腸切除術の実際, 森本 守, 早川 哲史, 北上 英彦, 田中 守嗣, 山本 稔, 清水 保延, 坪井 謙, 宮井 博隆, 小川 了, 原 賢康, 高橋 広樹, 石黒 秀行, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌, 18, (7) 383 - 383,   2013年11月
  • PKDは胃癌の血管新生を制御する(PKD regulates the angiogenesis of gatric cancer), 坪井 謙, 松尾 洋一, 社本 智也, 柴田 孝弥, 森本 守, 若杉 健弘, 舟橋 整, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事, 72回,   2013年10月
  • キサントフモールはNF-κB活性を抑え、膵癌血管新生を抑制する(Xanthohumol inhibits angiogenesis in pancreatic cancer by blocking NF-κB activity), 社本 智也, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 坪井 謙, 高橋 広城, 舟橋 整, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事, 72回,   2013年10月
  • 膵癌血管新生におけるPTENの役割(Role of PTEN in pancreatic cancer angiogenesis), 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 坪井 謙, 社本 智也, 長崎 高也, 森本 守, 高橋 広城, 越智 靖夫, 石黒 秀行, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事, 72回,   2013年10月
  • 人工肛門造設・閉鎖術の術式の工夫, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 宮井 博隆, 坪井 謙, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌, 66, (9) 801 - 801,   2013年09月
  • 大腸癌におけるNOTCH1発現と臨床病理学的因子の検討, 石黒 秀行, 佐藤 幹則, 高橋 広城, 原 賢康, 宮井 博隆, 坪井 謙, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌, 66, (9) 829 - 829,   2013年09月
  • 胃癌血管新生に関わる癌間質相互作用の役割とIL-1αとHGFの関与, 松尾 洋一, 越智 靖夫, 安田 顕, 沢井 博純, 柴田 孝弥, 坪井 謙, 社本 智也, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌, 48, (3) 1329 - 1329,   2013年09月
  • 放射線耐性株を作製して検討した食道扁平上皮癌の放射線耐性能における血管新生の関与の研究, 柴田 孝弥, 松尾 洋一, 長崎 高也, 廣川 高久, 坪井 謙, 小川 了, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 芝本 雄太, 日本消化器外科学会総会, 68回,   2013年07月
  • ゼルンボンはNF-κBの活性とCXCR4の発現を抑制し、膵癌細胞株の血管新生・浸潤を抑制する, 社本 智也, 松尾 洋一, 長崎 高也, 斎藤 慎一郎, 坪井 謙, 柴田 孝弥, 高橋 広城, 舟橋 整, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 68回,   2013年07月
  • 消化器癌血管新生におけるcytokine networkの役割とHGFの関与, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 坪井 謙, 社本 智也, 長崎 高也, 高橋 広城, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 68回,   2013年07月
  • 膵癌細胞におけるキサントフモールの血管新生抑制効果の検討, 社本 智也, 松尾 洋一, 長崎 高也, 坪井 謙, 柴田 孝弥, 高橋 広城, 舟橋 整, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 膵臓, 28, (3) 418 - 418,   2013年06月
  • 膵癌血管新生におけるPTENの役割, 松尾 洋一, 柴田 孝弥, 坪井 謙, 社本 智也, 長崎 高也, 高橋 広城, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 膵臓, 28, (3) 426 - 426,   2013年06月
  • Bcl-xLとMcl-1の同時ノックアウトはin vitroおよびin vivoにおいて膵癌アポトーシスを誘導する(Simultaneous knock-down of Bcl-xL and Mcl-1 induces pancreatic cancer apoptosis in vitro and in vivo), 高橋 広城, 坪井 謙, 松尾 洋一, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌, 114, (臨増2) 682 - 682,   2013年03月
  • Aktの基質であるGirdinは癌細胞の移動に関与しており、食道扁平上皮癌の予後因子である, 柴田 孝弥, 松尾 洋一, 齋藤 慎一郎, 佐川 弘之, 社本 智也, 長崎 高也, 廣川 高久, 塩崎 みどり, 小川 了, 安藤 拓也, 高橋 広城, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 舟橋 整, 竹山 廣光, 坪井 謙, 日本外科学会雑誌, 114, (臨増2) 929 - 929,   2013年03月
  • 癌-間質相互作用からみた消化器癌におけるHepatocyte Growth Factor(HGF)の役割と腫瘍浸潤・血管新生への関与, 松尾 洋一, 越智 靖夫, 安田 顕, 沢井 博純, 坪井 謙, 社本 智也, 柴田 孝弥, 高橋 広城, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌, 114, (臨増2) 1049 - 1049,   2013年03月
  • 人工肛門閉鎖術における術式・合併症の検討, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 宮井 博隆, 坪井 謙, 安藤 拓也, 石黒 秀行, 高山 悟, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌, 65, (9) 736 - 736,   2012年09月
  • 膵癌におけるPKDの役割と分子標的治療の可能性(Biological role of Protein Kinase D (PKD) in pancreatic cancer), 松尾 洋一, 越智 靖夫, 高橋 広城, 坪井 謙, 柴田 孝弥, 社本 智也, 長崎 高也, 石黒 秀行, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, Sushovan Guha, 日本癌学会総会記事, 71回,   2012年08月
  • ゼルンボンはNF-κBの活性とCXCR4の発現を抑制することにより、膵癌細胞株の血管新生・浸潤を抑制する(Zerumbone inhibits angiogenesis and invasion by suppressing NF-kB activity and CXCR4 expression in pancreatic cancer), 社本 智也, 松尾 洋一, 長崎 高也, 坪井 謙, 高橋 広城, 石黒 秀行, 舟橋 整, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事, 71回,   2012年08月
  • 亜熱帯性ハナショウガの成分、Zerumboneは胃癌細胞株AGSの血管新生を抑制する, 坪井 謙, 松尾 洋一, 社本 智也, 柴田 孝弥, 小出 修司, 高橋 広城, 若杉 健弘, 舟橋 整, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 67回,   2012年07月
  • Natural product(Zerumbone)の抗癌作用に関する検討, 松尾 洋一, 越智 靖夫, 坪井 謙, 社本 智也, 柴田 孝弥, 長崎 高也, 高橋 広城, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, Sung Bokyung, Guha Sushovan, 外科と代謝・栄養, 46, (3) 87 - 87,   2012年06月
  • 膵癌におけるサイトカインネットワークの解明と分子標的治療への応用, 松尾 洋一, 越智 靖夫, 小出 修司, 坪井 謙, 社本 智也, 柴田 孝弥, 高橋 広域, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, Sushovan Guha, 日本外科学会雑誌, 113, (臨増2) 384 - 384,   2012年03月
  • 食道扁平上皮癌の浸潤・転移におけるGirdinの役割, 柴田 孝弥, 松尾 洋一, 齋藤 慎一郎, 社本 智也, 長崎 高也, 廣川 高久, 坪井 謙, 宮前 拓, 宮井 博隆, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌, 113, (臨増2) 626 - 626,   2012年03月
  • 中部山岳国立公園内に開設14年目を迎えた山岳医療の現状, 加藤 彰寿, 石田 恵章, 真鍋 良彦, 浅井 清文, 渡辺 周一, 坪井 謙, 岡嶋 一樹, 寺島 良幸, 伊藤 直, 酒々井 真澄, 青木 康博, 勝屋 弘忠, 森山 昭彦, 間渕 則文, 菊池 篤志, 中川 隆, 伊藤 友弥, 早川 純午, 榊原 嘉彦, 小山 勝志, 鈴木 智貴, 服部 麗, 吉田 悟, 下方 征, 美浦 利幸, 吉野 昌孝, 矢崎 蓉子, 西村 恭子, 湊 京子, 河辺 眞由美, 黒野 智恵子, 森田 明理, 三浦 裕, 蝶ヶ岳ボランティア診療班, Nagoya Medical Journal, 52, (2) 166 - 167,   2012年02月
  • Natural Product Zerumboneの抗腫瘍効果の検討, 松尾 洋一, 越智 靖夫, 小出 修司, 坪井 謙, 社本 智也, 柴田 孝弥, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, Sung Bokyung, Guha Sushovan, 静脈経腸栄養, 27, (1) 405 - 405,   2012年01月
  • 進行・再発大腸癌に対するセツキシマブによる2次3次治療症例の検討, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 宮井 博隆, 坪井 謙, 安藤 拓也, 高山 悟, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌, 64, (9) 740 - 740,   2011年09月
  • ゼルンボンはNF-κBの活性を抑えることにより膵癌血管新生を抑制する(Zerumbone inhibits angiogenesis in pancreatic cancer by blocking NF-κB activity), 社本 智也, 松尾 洋一, 長崎 高也, 廣川 高久, 齋藤 慎一郎, 坪井 謙, 柴田 孝弥, 小出 修司, 越智 靖夫, 高橋 広城, 舟橋 整, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事, 70回,   2011年09月
  • Zerumboneは胃癌のVEGF産生を減らし、血管新生を抑制する(Zerumbone derived from a subtropical ginger inhibits angiogenesis via reduction of VEGF In gastric cancer), 坪井 謙, 松尾 洋一, 社本 智也, 長崎 高也, 廣川 高久, 柴田 孝弥, 小出 修司, 越智 靖夫, 若杉 健, 舟橋 整, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事, 70回,   2011年09月
  • Aktの基質であるGirdinと食道扁平上皮癌細胞の移動との関連(Akt-substrate Girdin promotes cell migration in esophageal squamous cell carcinoma), 柴田 孝弥, 松尾 洋一, 齋藤 慎一郎, 廣川 高久, 社本 智也, 長崎 高也, 坪井 謙, 小出 修司, 原 賢康, 越智 靖夫, 高橋 広城, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事, 70回,   2011年09月
  • 中部山岳国立公園内に開設13年目を迎えた山岳医療の現状, 佐藤 裕也, 黒川 英輝, 浅井 清文, 青木 康博, 赤津 裕康, 酒々井 眞澄, 間渕 則文, 中川 隆, 伊藤 友弥, 早川 純午, 薊 隆文, 藤堂 庫治, 松嶋 麻子, 坪井 謙, 小山 勝志, 菊池 篤志, 矢崎 蓉子, 土肥 名月, 西村 恭子, 野路 久仁子, 河辺 眞由美, 黒野 智恵子, 津田 洋幸, 森山 昭彦, 森田 明理, 三浦 裕, Nagoya Medical Journal, 51, (4) 216 - 217,   2011年03月
  • 多中心性発生と考えられた空腸間膜原発脱分化型脂肪肉腫の1例, 宮井 博隆, 早川 哲史, 清水 保延, 田中 守嗣, 谷村 愼哉, 山本 稔, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 齋藤 健太, 日本消化器外科学会雑誌, 43, (11) 1165 - 1169,   2010年11月, 症例は47歳の女性で,下腹部痛と発熱を主訴に当院救急外来受診.腹部に圧痛,軽度の筋性防御,腹膜刺激症状を認めた.血液生化学検査所見ではWBC 11,800/mm3|CRP 20.6mg/dlと上昇し,腹部単純CTでは腹腔内に腫瘤影を認め,精査加療目的で入院となった.腹部造影CT,腹部MRIなどの諸検査により,多発腸間膜脂肪腫または脂肪肉腫の捻転による腹膜炎を疑い開腹術を施行した.腫瘍は多発性に空腸間膜より有茎性発育し,骨盤内で捻転し血流障害と炎症を来していた.可能なかぎりの腫瘍切除術を施行したが,上腸間膜動脈根部付近の腫瘍は切除不能であった.病理組織学的検査で多中心性発生した脱分化型脂肪肉腫と診断した.遺残腫瘍が徐々に増大し,術後3年6ヵ月の間に3回の腫瘍切除術を行い,現在も外来通院中である.(著者抄録)
  • 皮下埋め込み型中心静脈ポートに対する患者の満足度調査, 坪井 謙, 早川 哲史, 田中 守嗣, 原 賢康, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 若杉 健弘, 高山 悟, 三井 章, 舟橋 整, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 桑原 義之, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌, 71, (増刊) 666 - 666,   2010年10月
  • 大腸がん鏡視下手術の標準化 血管走行と膜構造に従って結腸・直腸全間膜切除を伴う大腸癌鏡視下手術の標準術式, 早川 哲史, 田中 守嗣, 清水 保延, 山本 稔, 宮井 博隆, 野澤 雅之, 佐藤 崇文, 斎藤 健太, 牛込 創, 佐藤 怜央, 小森 徹也, 坪井 謙, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌, 45, (2) 352 - 352,   2010年09月
  • 腹腔鏡下に切除しえた穿孔性回腸GISTの1例, 宮井 博隆, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 日本内視鏡外科学会雑誌, 15, (4) 513 - 517,   2010年08月, 患者は39歳の女性で、突然の下腹部痛を主訴に当院を受診した。血液生化学検査でWBC16800/mm3上昇と下腹部全体の圧痛、筋性防御反応、腹膜刺激症状を認めた。腹部造影CTでは小腸壁と連続した約5cmの腫瘤様構造を認めた。同日、回腸腫瘍の穿孔による汎発性腹膜炎の診断で、腹腔鏡補助下回腸部分切除術を行った。病理組織学的検査で、紡錘形細胞の錯綜増殖を認め、免疫組織化学的検査ではc-kit陽性、CD34一部陽性で回腸gastrointestinal stromal tumorと診断した。核分裂像は3/50HPF以下、Ki-67(MIB-1)labeling indexは3%以下で低悪性度GISTの穿孔による腹膜炎であった。術後経過は良好で第10病日に退院した。その後、外来でimatinib mesylate(400mg)の内服を約1年行い、現在4年経過したが、無再発生存中である。(著者抄録)
  • 小腸癌に対する腹腔鏡下手術(Staging Laparoscopyおよび小腸切除術), 山本 稔, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 斎藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 清水 保延, 田中 守嗣, 真辺 忠夫, 宇佐見 詞津夫, 日本大腸肛門病学会雑誌, 63, (7) 472 - 472,   2010年07月
  • 人工肛門造設術40例における腹腔鏡下手術の有用性に対する検討, 齊藤 健太, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 佐藤 怜央, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 田中 守嗣, 日本消化器外科学会総会, 65回,   2010年07月
  • 腹腔鏡下胃全摘術における食道空腸体内吻合法の工夫, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 佐藤 怜央, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 日本消化器外科学会総会, 65回,   2010年07月
  • 切除不能進行胃癌に対して完全腹腔鏡下胃空腸バイパス術を施行した7例の検討, 佐藤 怜央, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 日本消化器外科学会総会, 65回,   2010年07月
  • 急性胆嚢炎緊急手術における術者経験の検討, 坪井 謙, 早川 哲史, 田中 守嗣, 谷村 愼哉, 清水 保延, 山本 稔, 宮井 博隆, 佐藤 崇文, 真辺 忠夫, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会, 65回,   2010年07月
  • 術前化学療法施行後に腹腔鏡下胃切除術D2郭清を行った、高度進行胃癌11例の検討, 宮井 博隆, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 佐藤 怜央, 齋藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 山本 稔, 清水 保延, 日本消化器外科学会総会, 65回,   2010年07月
  • 癒着性イレウスに対する術式選択, 佐藤 崇文, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 齋藤 健太, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 田中 守嗣, 日本消化器外科学会総会, 65回,   2010年07月
  • 小腸癌に対するStaging Laparoscopy, 山本 稔, 早川 哲史, 田中 守嗣, 谷村 愼哉, 佐藤 怜央, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会総会, 65回,   2010年07月
  • 結腸癌と鑑別が困難であった放線菌症の一例, 松下 知可, 早川 哲史, 田中 守嗣, 小森 徹也, 牛込 創, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 谷村 慎哉, 清水 保延, 日本臨床外科学会雑誌, 71, (6) 1689 - 1689,   2010年06月
  • 安全な鏡視下手術を行うための我々の工夫 鏡視下胃手術における吻合と再建 腹腔鏡下幽門側胃切除術におけるRoux-en-Y体内吻合による再建法, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本外科系連合学会誌, 35, (3) 368 - 368,   2010年05月
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班の2009年度活動報告 中部山岳国立公園内に開設12年目を迎えた山岳医療の現状, 上村 義季, 丹羽 俊輔, 竹田 勝志, 青木 優祐, 浅井 清文, 青木 康博, 間渕 則文, 中川 隆, 早川 純午, 山本 眞理子, 薊 隆文, 岡嶋 一樹, 松嶋 麻子, 坪井 謙, 小山 勝志, 成田 朋子, 吉田 嵩, 服部 麗, 竹内 智洋, 河辺 眞由美, 土肥 名月, 野路 久仁子, 黒野 智恵子, 山本 清司, 矢崎 蓉子, 森山 昭彦, 森田 明理, 三浦 裕, 蝶ヶ岳ボランティア診療班, Nagoya Medical Journal, 51, (1) 83 - 84,   2010年05月
  • 超高齢者に対する腹腔鏡下胃癌手術の検討, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 佐藤 怜央, 小森 徹也, 牛込 創, 長島 美貴, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, Gastroenterological Endoscopy, 52, (Suppl.1) 944 - 944,   2010年04月
  • 腹腔鏡下に診断,治療が行えた穿孔性回腸重複腸管の1例, 宮井 博隆, 早川 哲史, 清水 保延, 田中 守嗣, 谷村 愼哉, 山本 稔, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 斉藤 健太, 日本消化器外科学会雑誌, 43, (3) 264 - 269,   2010年03月, 症例は38歳の男性で,突然の腹痛を主訴に当院救急外来を受診した.腹部全体に圧痛,反跳痛を認め,腹部は板状硬であった.腹部CTでは臍のやや左側に炎症を伴った直径約4cmの嚢胞様腫瘤構造と,微小な腸管外のガスを認めた.Meckel憩室穿孔による急性汎発性腹膜炎と診断し,同日緊急腹腔鏡下手術を施行した.腹腔鏡で観察すると,回腸末端から約80cmの腸間膜側に嚢胞様腫瘤を伴う憩室が存在し穿孔していた.回腸部分切除術,虫垂切除術を施行した.病理組織学的検査から,嚢胞様重複腸管の内部には異所性胃粘膜が一面に存在していたが,正常腸管との連続性は認められなかった.正常腸管と連続する憩室部では異所性胃粘膜を認めなかったが腸管穿孔を来していた.穿孔性腹膜炎を契機に発症し,腹腔鏡補助下腸切除を行えた成人の穿孔性回腸重複腸管を経験した.いくつかの文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)
  • 胃癌に対する腹腔鏡下噴門側胃切除における再建法の検討, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 佐藤 怜央, 小森 徹也, 牛込 創, 長島 美貴, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 加藤 克己, 宇佐見 詩津夫, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 43, (3) 334 - 335,   2010年03月
  • 外科医の教育 内視鏡手術の時代における教育のノウハウと工夫 腹腔鏡下手術における教育的定型化手技と若手医師の段階的指導法, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 斎藤 健太, 佐藤 崇文, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 宇佐見 詩津夫, 真辺 忠夫, 坪井 謙, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌, 111, (臨増2) 125 - 125,   2010年03月
  • 消化管の内視鏡手術 標準治療かオプションか 胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の標準化, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 幸 大輔, 山本 稔, 山田 健, 加藤 克己, 清水 保延, 宇佐見 詩津夫, 真辺 忠夫, 日本外科学会雑誌, 111, (臨増2) 131 - 131,   2010年03月
  • 当科における腹腔鏡補助下膵頭十二指腸切除術, 田中 守嗣, 早川 哲史, 谷村 愼也, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本外科学会雑誌, 111, (臨増2) 280 - 280,   2010年03月
  • 小腸イレウスに対する治療方針の検討 高気圧酸素療法の有用性について, 牛込 創, 早川 哲史, 田中 守嗣, 谷村 慎哉, 清水 保延, 山本 稔, 宮井 博隆, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 斉藤 健太, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本外科学会雑誌, 111, (臨増2) 418 - 418,   2010年03月
  • 急性胆嚢炎に対する、緊急手術、早期手術、待機手術の比較検討, 坪井 謙, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 牛込 創, 小森 徹也, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌, 111, (臨増2) 474 - 474,   2010年03月
  • 当院における小腸腫瘍25例の検討および診断と治療戦略, 齊藤 健太, 早川 哲史, 田中 守嗣, 谷村 愼哉, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 宇佐見 詩津夫, 真辺 忠夫, 日本外科学会雑誌, 111, (臨増2) 504 - 504,   2010年03月
  • 大腸癌イレウスに対する一期的腹腔鏡下大腸切除術を目指した治療方針, 宮井 博隆, 早川 哲史, 田中 守嗣, 谷村 慎哉, 清水 保延, 山本 稔, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 斉藤 健太, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本外科学会雑誌, 111, (臨増2) 607 - 607,   2010年03月
  • 直腸切断術における腹腔鏡下手術と開腹手術との比較検討, 山本 稔, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 清水 保延, 田中 守嗣, 真辺 忠夫, 宇佐見 詞津夫, 日本外科学会雑誌, 111, (臨増2) 611 - 611,   2010年03月
  • 大腸手術症例における創感染減少への取り組み, 佐藤 崇文, 早川 哲史, 田中 守嗣, 谷村 愼哉, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 齋藤 健太, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本外科学会雑誌, 111, (臨増2) 706 - 706,   2010年03月
  • GISTの22例と外科的治療戦略, 清水 保延, 早川 哲史, 田中 守嗣, 谷村 愼哉, 山本 稔, 宮井 博隆, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 斉藤 健太, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本外科学会雑誌, 111, (臨増2) 732 - 732,   2010年03月
  • 鏡視下手術の適応拡大 進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 日本胃癌学会総会記事, 82回,   2010年03月
  • 80歳以上高齢者胃癌に対する治療戦略 80歳以上高齢者胃癌に対する腹腔鏡下手術, 宮井 博隆, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 齋藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 山本 稔, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本胃癌学会総会記事, 82回,   2010年03月
  • 鏡視下噴切および全摘の工夫 上部胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 日本胃癌学会総会記事, 82回,   2010年03月
  • 腹部救急患者受け入れ体制の現状と対策 腹腔鏡下手術における腹部救急患者受け入れ体制の現状と対策, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 牛込 創, 佐藤 怜央, 小森 徹也, 斎藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 日本腹部救急医学会雑誌, 30, (2) 260 - 260,   2010年02月
  • 大腸癌イレウス症例の治療ストラテジー 大腸癌イレウスに対する腹腔鏡下大腸切除術を目指した治療戦略, 宮井 博隆, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 齋藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 山本 稔, 清水 保延, 日本腹部救急医学会雑誌, 30, (2) 271 - 271,   2010年02月
  • 腹腔鏡に伴う偶発症への対応 腹腔鏡下手術における術中偶発症の対策, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 佐藤 怜央, 小森 徹也, 牛込 創, 長島 美貴, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 幸 大輔, 山本 稔, 山田 健, 加藤 克己清, 水 保延, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本腹部救急医学会雑誌, 30, (2) 274 - 274,   2010年02月
  • 妊娠12週に発症した急性虫垂炎の1例 腹腔鏡下虫垂切除術の適応, 小森 徹也, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 坪井 謙, 牛込 創, 佐藤 怜央, 斎藤 健太, 佐藤 崇文, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 田中 守嗣, 日本腹部救急医学会雑誌, 30, (2) 297 - 297,   2010年02月
  • 腹腔鏡下に治療し得た閉鎖孔ヘルニア嵌頓の一例, 佐藤 崇文, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 齊藤 健太, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 日本腹部救急医学会雑誌, 30, (2) 298 - 298,   2010年02月
  • 胃潰瘍の穿通により肝膿瘍を併発したと考えられた1例, 佐藤 怜央, 早川 哲史, 田中 守嗣, 斉藤 健太, 牛込 創, 小森 徹也, 長島 美貴, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 谷村 愼哉, 清水 保延, 日本腹部救急医学会雑誌, 30, (2) 314 - 314,   2010年02月
  • 術前診断に苦慮した巨大十二指腸憩室穿通の1例, 長島 美貴, 早川 哲史, 田中 守嗣, 山本 稔, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 谷村 愼也, 清水 保延, 日本腹部救急医学会雑誌, 30, (2) 327 - 327,   2010年02月
  • 誤嚥した爪楊枝が小腸、大網を貫通、腹壁に刺入し膿瘍形成を起こした1例, 齊藤 健太, 早川 哲史, 田中 守嗣, 宮井 博隆, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 山本 稔, 谷村 愼哉, 清水 保延, 日本腹部救急医学会雑誌, 30, (2) 330 - 330,   2010年02月
  • 出血のコントロール及び部位の同定に術前の選択的TAEによるコイリングが有用であった小腸出血の1例, 牛込 創, 早川 哲史, 田中 守嗣, 山本 稔, 谷村 愼哉, 清水 保延, 宮井 博隆, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 齊藤 健太, 長島 美貴, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 宇佐美 詞津夫, 日本腹部救急医学会雑誌, 30, (2) 333 - 333,   2010年02月
  • 胆道再建術にてPDを回避できた膵頭部動静脈奇形の胆道出血の一例, 山本 稔, 早川 哲史, 田中 守嗣, 谷村 愼哉, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本腹部救急医学会雑誌, 30, (2) 353 - 353,   2010年02月
  • 腹腔鏡下胃切除術におけるLinear Staplerを用いた再建法, 宮井 博隆, 谷村 慎哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 佐藤 怜央, 齋藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 山本 稔, 日本内視鏡外科学会雑誌, 14, (7) 287 - 287,   2009年12月
  • 腹部刺創に対して腹腔鏡診断が有用であった2症例, 佐藤 怜央, 早川 哲史, 田中 守嗣, 谷村 愼哉, 牛込 創, 小森 徹也, 斎藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 日本内視鏡外科学会雑誌, 14, (7) 347 - 347,   2009年12月
  • 急性胆嚢炎における緊急手術後在院日数の検討, 坪井 謙, 早川 哲史, 谷村 慎哉, 田中 守嗣, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 宮井 博隆, 山本 稔, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 日本内視鏡外科学会雑誌, 14, (7) 401 - 401,   2009年12月
  • 腹腔鏡下手術が有用であった特発性下腰ヘルニアの一例, 佐藤 崇文, 早川 哲史, 谷村 慎哉, 長島 美貴, 齊藤 健太, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 田中 守嗣, 日本内視鏡外科学会雑誌, 14, (7) 439 - 439,   2009年12月
  • 胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の治療成績, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 幸 大輔, 山田 健, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 14, (7) 448 - 448,   2009年12月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術D2郭清の検討, 宮井 博隆, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 佐藤 怜央, 齋藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 山本 稔, 日本内視鏡外科学会雑誌, 14, (7) 452 - 452,   2009年12月
  • 腸管内異物の穿通に対して腹腔鏡によるアプローチが有用であった1例, 牛込 創, 早川 哲治, 谷村 慎哉, 佐藤 怜央, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 田中 守嗣, 日本内視鏡外科学会雑誌, 14, (7) 531 - 531,   2009年12月
  • Staging laparoscopyと腹腔鏡下バイパス術が有効であった切除不能膵頭部癌の一例, 山本 稔, 早川 哲史, 田中 守嗣, 谷村 愼哉, 牛込 創, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 清水 保延, 小森 徹也, 日本内視鏡外科学会雑誌, 14, (7) 573 - 573,   2009年12月
  • 腹腔鏡下手術を施行した原発性小腸癌の3例, 佐藤 怜央, 森本 守, 早川 哲史, 長島 美貴, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 谷村 慎哉, 清水 保延, 田中 守嗣, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 70, (10) 3208 - 3208,   2009年10月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡手術 腹腔鏡と開腹手術、それぞれの立場から 進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 加藤 克己, 清水 保延, 宇佐見 詩津夫, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 70, (増刊) 318 - 318,   2009年10月
  • 上部胃癌に対する手術(腹腔鏡・開腹) 上部胃癌に対する腹腔鏡下胃全摘術 160例の経験から得た工夫, 宮井 博隆, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 齋藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 幸 大輔, 山本 稔, 山田 健, 清水 保延, 日本臨床外科学会雑誌, 70, (増刊) 347 - 347,   2009年10月
  • 我々の考える、腹腔鏡下胃癌手術の要点と盲点, 佐藤 崇文, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 長島 美貴, 齋藤 健太, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 幸 大輔, 清水 保延, 加藤 克己, 山田 健, 真辺 忠夫, 宇佐見 詞津夫, 日本臨床外科学会雑誌, 70, (増刊) 435 - 435,   2009年10月
  • 腹鏡下幽門側胃切除術 術者助手それぞれの役割, 宮井 博隆, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 齋藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 幸 大輔, 山本 稔, 山田 健, 清水 保延, 日本臨床外科学会雑誌, 70, (増刊) 466 - 466,   2009年10月
  • 胆道出血を来した膵頭部動静脈奇形の1例, 山本 稔, 早川 哲史, 田中 守嗣, 牛込 創, 佐藤 怜央, 小森 徹也, 長島 美貴, 斉藤 健太, 佐藤 崇史, 坪井 謙, 宮井 博隆, 清水 保延, 谷村 愼哉, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 70, (増刊) 896 - 896,   2009年10月
  • 膵腺房細胞癌の1切除例, 田中 守嗣, 早川 哲史, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 谷村 慎哉, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 70, (増刊) 898 - 898,   2009年10月
  • 腹腔鏡手術で用いたリングステイプラー落下による術後イレウスの1例, 齊藤 健太, 早川 哲史, 谷村 慎哉, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 長島 美貴, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 田中 守嗣, 日本臨床外科学会雑誌, 70, (増刊) 981 - 981,   2009年10月
  • 腹腔鏡下大腸全摘術における手術の工夫点 12例から得た手技の工夫, 宮井 博隆, 早川 哲史, 山本 稔, 坪井 謙, 宇佐見 詞津夫, 日本大腸肛門病学会雑誌, 62, (9) 657 - 657,   2009年09月
  • 日本ヘルニア学会鼠径部ヘルニア分類の問題点と改正後の新分類 鼠径部ヘルニア分類における腹腔鏡下手術TAPP法での問題点, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 清水 保延, 山本 稔, 宮井 博隆, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 齋藤 健太, 長島 美貴, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 真辺 忠夫, 日本外科系連合学会誌, 34, (4) 698 - 699,   2009年08月
  • 名人がみせる鼠径ヘルニアと瘢痕ヘルニア手術のすべて 鼠径部膜解剖を重要視して定型化した腹腔鏡下鼠径部ヘルニア修復手術 TAPP(transabdominal preperitoniar repair)法, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 清水 保延, 山本 稔, 宮井 博隆, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 齋藤 健太, 長島 美貴, 牛込 創, 小森 徹也, 佐藤 怜央, 真辺 忠夫, 日本外科系連合学会誌, 34, (4) 701 - 702,   2009年08月
  • 当院における大腸癌イレウスに対する一期的腹腔鏡下大腸切除術を目指した治療方針, 宮井 博隆, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 山本 稔, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 斉藤 健太, 長島 美貴, 日本消化器外科学会雑誌, 42, (7) 1055 - 1055,   2009年07月
  • 胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の標準化, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 42, (7) 1109 - 1109,   2009年07月
  • 十二指腸上行部癌の1切除例, 田中 守嗣, 早川 哲史, 斉藤 健太, 佐藤 崇史, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 谷村 慎哉, 清水 保延, 日本消化器外科学会雑誌, 42, (7) 1135 - 1135,   2009年07月
  • 当院におけるBevacizumab使用患者における高血圧についての検討, 山本 稔, 早川 哲史, 田中 守嗣, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 谷村 愼哉, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 42, (7) 1163 - 1163,   2009年07月
  • 当院における急性胆嚢炎の重症度分類による緊急手術と待機手術との比較検討, 坪井 謙, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 42, (7) 1177 - 1177,   2009年07月
  • 長期間狭心症と診断され腹腔鏡下手術にて治癒した成人横隔膜ヘルニアの2症例, 齊藤 健太, 早川 哲史, 谷村 慎哉, 田中 守嗣, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 日本消化器外科学会雑誌, 42, (7) 1196 - 1196,   2009年07月
  • 交通外傷による外傷性小腸穿孔, 長島 美貴, 早川 哲史, 田中 守嗣, 谷村 愼哉, 斎藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 42, (7) 1310 - 1310,   2009年07月
  • 高齢者の胃十二指腸潰瘍穿孔に対する治療方法の検討, 森本 守, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 山本 稔, 宮井 博隆, 坪井 謙, 斉藤 健太, 長島 美貴, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 42, (7) 1350 - 1350,   2009年07月
  • 内視鏡下食道癌手術における体位変換の工夫, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 山田 健, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 63回,   2009年06月
  • 吐血にて発症した十二指腸GISTの一切除例, 長島 美貴, 森本 守, 谷村 慎哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 70, (3) 941 - 941,   2009年03月
  • 再建 腹腔鏡下幽門側胃切除、Roux-en-Y再建術における残胃空腸体内吻合法, 宮井 博隆, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 森本 守, 長島 美貴, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 山本 稔, 清水 保延, 加藤 克己, 真辺 忠夫, 日本胃癌学会総会記事, 81回,   2009年03月
  • 多発性骨髄腫に合併した術前にSeptic Shockとなった急性下腸間膜動脈閉塞症の1救命例, 宮井 博隆, 早川 哲史, 田中 守嗣, 長島 美貴, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 山本 稔, 谷村 慎哉, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本腹部救急医学会雑誌, 29, (2) 298 - 298,   2009年02月
  • 保存的治療が困難だった小腸異物の1例, 長島 美貴, 田中 守嗣, 森本 守, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 谷村 慎哉, 清水 保延, 早川 哲史, 日本腹部救急医学会雑誌, 29, (2) 304 - 304,   2009年02月
  • 腹腔鏡下虫垂切除術の導入と教育, 佐藤 崇文, 早川 哲史, 谷村 慎哉, 田中 守嗣, 長島 美貴, 齋藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 幸 大輔, 山本 稔, 清水 保延, 山田 健, 加藤 克己, 真辺 忠夫, 日本腹部救急医学会雑誌, 29, (2) 336 - 336,   2009年02月
  • 特発性横行結腸穿孔の1例, 齊藤 健太, 清水 保延, 田中 守嗣, 長島 美貴, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 谷村 慎哉, 早川 哲史, 日本腹部救急医学会雑誌, 29, (2) 352 - 352,   2009年02月
  • 腹部刺創の注意点(7手術例の検討), 坪井 謙, 田中 守嗣, 早川 哲史, 長島 美貴, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 真辺 忠夫, 日本腹部救急医学会雑誌, 29, (2) 380 - 380,   2009年02月
  • 腹腔鏡下胃切除術における吻合法の工夫(特に胃全摘術、噴門切除術) 上部胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術における吻合法, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 山本 稔, 宮井 博隆, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 齊藤 健太, 長島 美貴, 清水 保延, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本外科学会雑誌, 110, (臨増2) 125 - 125,   2009年02月
  • 鼠径部ヘルニア修復術、術式の工夫 術後無疼痛・術後無再発を追求した鼠径部ヘルニアにおけるメッシュ展開層とメッシュの選択, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 山本 稔, 宮井 博隆, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 齋藤 健太, 長島 美貴, 清水 保延, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本外科学会雑誌, 110, (臨増2) 203 - 203,   2009年02月
  • 大腸癌と胃癌の重複例に対する腹腔鏡下手術 7例から得た手技の工夫, 宮井 博隆, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 長島 美貴, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 山本 稔, 清水 保延, 加藤 克己, 真辺 忠夫, 宇佐見 詞津夫, 日本外科学会雑誌, 110, (臨増2) 391 - 391,   2009年02月
  • 難易度の高い横行結腸癌に対する腹腔鏡下手術の工夫, 山本 稔, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 清水 保延, 長島 美貴, 真辺 忠夫, 日本外科学会雑誌, 110, (臨増2) 440 - 440,   2009年02月
  • 高齢者における胃十二指腸潰瘍穿孔に対する腹腔鏡下手術の有用性, 森本 守, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 長島 美貴, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 幸 大輔, 山本 稔, 山田 健, 清水 保延, 宇佐見 詩津夫, 真辺 忠夫, 日本外科学会雑誌, 110, (臨増2) 468 - 468,   2009年02月
  • 高齢者に対する腹腔鏡下虫垂切除術, 佐藤 崇文, 早川 哲史, 谷村 慎哉, 田中 守嗣, 齊藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 加藤 克己, 真辺 忠夫, 日本外科学会雑誌, 110, (臨増2) 706 - 706,   2009年02月
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班の2008年度活動報告 中部山岳国立公園内に開設11年目を迎えた山岳医療の現状, 青木 優祐, 三浦 裕, 岡嶋 一樹, 津田 洋幸, 森田 明理, 浅井 清文, 中西 真, 森山 昭彦, 勝屋 弘忠, 間渕 則文, 中川 隆, 早川 純午, 石川 達也, 平谷 良樹, 薊 隆文, 坪井 謙, 小山 勝志, 伊藤 えりか, 吉田 嵩, 河辺 眞由美, 土肥 名月, 野路 久仁子, 黒野 智恵子, 矢崎 蓉子, 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班, Nagoya Medical Journal, 50, (1) 46 - 46,   2009年01月
  • 私はこうしている「消化管手術と外科感染症発生防止対策」 当院における手術環境の変遷および胃癌手術後SSIに対する対策とその検討, 早川 哲史, 田中 守嗣, 宮井 博隆, 谷村 慎哉, 森本 守, 山本 稔, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 斉藤 健太, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本外科感染症学会雑誌, 5, (5) 510 - 510,   2008年10月
  • 早期胃癌に対する腹腔鏡下手術の導入と教育的手術手技, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 宮井 博隆, 山本 稔, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 齋藤 健太, 長島 美貴, 清水 保延, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 69, (増刊) 285 - 285,   2008年10月
  • 当院における腹腔鏡下虫垂切除術教育システムの変遷, 佐藤 崇文, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 長島 美貴, 齊藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 幸 大輔, 山本 稔, 清水 保延, 加藤 克己, 山田 健, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 69, (増刊) 349 - 349,   2008年10月
  • 再発鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下ヘルニア修復術(TAPP法:Transabdominal Preperitoneal Repair法)の有用性と腹腔内から見た再発形式の検討, 早川 哲史, 田中 守嗣, 谷村 慎哉, 森本 守, 山本 稔, 宮井 博隆, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 斉藤 健太, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 69, (増刊) 350 - 350,   2008年10月
  • 腹腔鏡下胃切除術における手術手技の習熟, 宮井 博隆, 谷村 慎哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 長島 美貴, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 山本 稔, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 69, (増刊) 511 - 511,   2008年10月
  • 上行結腸憩室穿孔を認めた小児の1例, 齊藤 健太, 田中 守嗣, 早川 哲史, 宮井 博隆, 長島 美貴, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 山本 稔, 谷村 慎哉, 清水 保延, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 69, (増刊) 609 - 609,   2008年10月
  • 腹腔鏡下幽門側胃切除術におけるRoux-en-Y体内吻合による再建法, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 清水 保延, 山本 稔, 宮井 博隆, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 齊藤 健太, 長島 美貴, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 69, (増刊) 623 - 623,   2008年10月
  • 十二指腸水平部癌の1切除例, 田中 守嗣, 早川 哲史, 長島 美貴, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 谷村 慎哉, 清水 保延, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 69, (増刊) 819 - 819,   2008年10月
  • Laparoscopicヘルニア修復術を安全に行なうための教育的セッション 腹腔内から見た鼠径部の壁構造・膜構造を重要視したin layメッシュの展開位置と再発鼠径ヘルニアの検討, 早川 哲史, 田中 守嗣, 谷村 愼哉, 山本 稔, 森本 守, 宮井 博隆, 坪井 謙, 佐藤 隆文, 齋藤 健太, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 13, (7) 131 - 131,   2008年09月
  • 腹腔鏡下手術にて診断・治療を行った小腸腫瘍の4例, 森本 守, 早川 哲史, 谷村 槇哉, 田中 守嗣, 清水 保延, 長島 美貴, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 幸 大輔, 山本 稔, 山田 健, 真辺 忠夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 13, (7) 263 - 263,   2008年09月
  • 腹腔鏡にて治療し得た横隔膜ヘルニアの1例, 齊藤 健太, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 長島 美貴, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 13, (7) 340 - 340,   2008年09月
  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術にて胆嚢捻転を指摘された1症例, 竹内 美貴, 真辺 忠夫, 田中 守嗣, 早川 哲史, 加藤 克己, 清水 保延, 山本 稔, 宮井 博隆, 森本 守, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 斉藤 健太, 日本臨床外科学会雑誌, 69, (7) 1837 - 1837,   2008年07月
  • 腹腔鏡下大腸切除術の技術継承の工夫 短期間での腹腔鏡下大腸癌手術導入による手術手技の定型化と手術技術・手技の継承, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 清水 保延, 山本 稔, 宮井 博隆, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 41, (7) 1092 - 1092,   2008年07月
  • 自動縫合器の使用法 上部 上部胃癌に対する腹腔鏡下胃切除後の新型環状吻合器を用いた経口アンビル挿入法による再建, 谷村 愼哉, 早川 哲史, 田中 守嗣, 清水 保延, 宮井 博隆, 山本 稔, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 41, (7) 1136 - 1136,   2008年07月
  • 早期胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術と同時に腹腔鏡下大腸切除術を行った6症例の検討, 宮井 博隆, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 山本 稔, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 41, (7) 1160 - 1160,   2008年07月
  • 腹腔鏡下直腸低位前方切除術後の縫合不全に対する腹腔鏡下Diverting Stoma造設術の検討, 山本 稔, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 41, (7) 1237 - 1237,   2008年07月
  • 胃十二指腸潰瘍穿孔102例の検討 新しい治療選択基準の作成とその評価, 森本 守, 早川 哲史, 谷村 愼哉, 田中 守嗣, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 41, (7) 1249 - 1249,   2008年07月
  • 回腸原発enteropathy type T cell lymphomaの一例, 坪井 謙, 清水 保延, 田中 守嗣, 早川 哲史, 佐藤 崇文, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 谷村 愼哉, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 41, (7) 1377 - 1377,   2008年07月
  • 膵腺扁平上皮癌の1切除例, 田中 守嗣, 早川 哲史, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 谷村 愼哉, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 41, (7) 1428 - 1428,   2008年07月
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班の2007年度活動報告 中部山岳国立公園内に開設10年目を迎えた山岳医療の現状, 三浦 裕, 津田 洋幸, 森田 明理, 勝屋 弘忠, 浅井 清文, 中西 真, 間渕 則文, 森山 昭彦, 早川 純午, 岡田 秀親, 石川 達也, 平谷 良樹, 薊 隆文, 坪井 謙, 榊原 嘉彦, 小山 勝志, 松嶋 麻子, 成田 朋子, 伊藤 えりか, 河辺 眞由美, 野路 久仁子, 黒野 智恵子, 矢崎 蓉子, 太田 伸生, Nagoya Medical Journal, 49, (4) 303 - 304,   2008年07月
  • 当院での上部消化管穿孔症例に対する治療方針, 森本 守, 早川 哲史, 田中 守嗣, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 加藤 克己, 真辺 忠夫, 日本外科学会雑誌, 109, (臨増2) 186 - 186,   2008年04月
  • 脾臓合併切除を伴う腹腔鏡下胃全摘出術+D2郭清をより易しくする手術手技, 早川 哲史, 田中 守嗣, 森本 守, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博之, 山本 稔, 清水 保延, 斉藤 健太, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本外科学会雑誌, 109, (臨増2) 339 - 339,   2008年04月
  • 当院での腹腔鏡下虫垂切除術318例の検討, 佐藤 崇文, 早川 哲史, 田中 守嗣, 齊藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 加藤 克己, 日本外科学会雑誌, 109, (臨増2) 557 - 557,   2008年04月
  • 腹壁瘢痕ヘルニアに対する腹腔鏡アプローチの有用性について, 山本 稔, 早川 哲史, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 清水 保延, 田中 守嗣, 真辺 忠夫, 宇佐見 詞津夫, 日本外科学会雑誌, 109, (臨増2) 653 - 653,   2008年04月
  • 上腸間膜動脈解離の1例, 森本 守, 田中 守嗣, 早川 哲史, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本腹部救急医学会雑誌, 28, (2) 382 - 382,   2008年02月
  • 鼠径ヘルニアの術式選択 鼠径部膜構造を重要視して日本ヘルニア研究会新分類に基づきin layメッシュの種類を選択した腹腔鏡下ヘルニア修復術(TAPP法), 早川 哲史, 田中 守嗣, 山本 稔, 森本 守, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 68, (増刊) 352 - 352,   2007年11月
  • 胃・十二指腸潰瘍穿孔に対する保存療法と外科療法の適応と限界 当院における上部消化管穿孔症例の治療法別検討, 森本 守, 早川 哲史, 田中 守嗣, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 68, (増刊) 401 - 401,   2007年11月
  • 腹腔鏡下にHassab手術を施行した1例, 山本 稔, 早川 哲史, 佐藤 崇文, 齊藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 清水 保延, 田中 守嗣, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 68, (増刊) 707 - 707,   2007年11月
  • 緊急手術を施行した原発性肝カルチノイドの一切除例, 田中 守嗣, 早川 哲史, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 68, (増刊) 943 - 943,   2007年11月
  • 肉芽腫性炎症を伴う化膿性虫垂炎の1例, 齊藤 健太, 田中 守嗣, 早川 哲史, 宮井 博隆, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 山本 稔, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 68, (増刊) 1035 - 1035,   2007年11月
  • 大腸癌手術の術野展開 腹腔鏡下大腸癌に対してミラーイメージのない助手手術操作による教育的手術手技, 早川 哲史, 田中 守嗣, 山本 稔, 森本 守, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 12, (7) 234 - 234,   2007年11月
  • 停留精巣を合併した、成人左外鼠径ヘルニアの1例, 齊藤 健太, 早川 哲史, 田中 守嗣, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 宇佐見 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 12, (7) 386 - 386,   2007年11月
  • 腹腔鏡にて診断修復しえた大腿ヘルニアと膀胱ヘルニア合併の1例, 山本 稔, 早川 哲史, 佐藤 崇文, 齊藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 清水 保延, 川口 暢子, 加藤 克己, 佐野 正明, 宇佐見 詞津夫, 田中 守嗣, 真辺 忠夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 12, (7) 387 - 387,   2007年11月
  • 上部消化管内視鏡併用にて腹腔鏡下に切除しえた多発十二指腸カルチノイドの一例, 佐藤 崇文, 早川 哲史, 田中 守嗣, 山本 稔, 森本 守, 齊藤 健太, 坪井 謙, 宮井 博隆, 清水 保延, 宇佐美 詞津夫, 真辺 忠夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 12, (7) 529 - 529,   2007年11月
  • Ball valve syndromeをきたした胃GISTに対し腹腔鏡下胃内手術にて切除した1例, 森本 守, 早川 哲史, 田中 守嗣, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 真辺 忠夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 12, (7) 531 - 531,   2007年11月
  • 肉芽腫性炎症を伴う化膿性虫垂炎の1例, 齊藤 健太, 宮井 博隆, 田中 守嗣, 早川 哲史, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 山本 稔, 清水 保延, 加藤 克己, 佐野 正明, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 68, (10) 2658 - 2658,   2007年10月
  • 腹腔鏡下アプローチが有用であった原発性小腸癌の3例, 森本 守, 早川 哲史, 田中 守嗣, 斉藤 健太, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 山本 稔, 清水 保延, 加藤 克己, 真辺 忠夫, 中部外科学会総会号, 43回,   2007年09月
  • 日本ヘルニア研究会が提案したヘルニア分類の有用性 腹腔鏡下ヘルニア修復術(TAPP法)における腹腔内から見た日本ヘルニア研究会の新しい鼠径ヘルニア分類の検討, 早川 哲史, 田中 守嗣, 清水 保延, 宮井 博隆, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 斉藤 健太, 加藤 克己, 佐野 正明, 宇佐美 詞津夫, 日本外科系連合学会誌, 32, (4) 705 - 705,   2007年08月
  • 腹腔鏡下胃全摘出術をより易しくする手術手技上の工夫, 早川 哲史, 田中 守嗣, 清水 保延, 森本 守, 坪井 謙, 宮井 博隆, 佐藤 崇文, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 40, (7) 1233 - 1233,   2007年07月
  • 退形成性膵管癌の1切除例, 田中 守嗣, 早川 哲史, 柴田 直史, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 清水 保延, 日本消化器外科学会雑誌, 40, (7) 1294 - 1294,   2007年07月
  • 上腸間膜動脈解離の1例, 森本 守, 田中 守嗣, 早川 哲史, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 清水 保延, 日本消化器外科学会雑誌, 40, (7) 1345 - 1345,   2007年07月
  • LADG時の術者・助手・スコピスト・看護師の位置移動の工夫と助手教育手技, 早川 哲史, 田中 守嗣, 山本 稔, 清水 保延, 宮井 博之, 森本 守, 佐藤 崇文, 斉藤 健太, 坪井 謙, 真辺 忠夫, 日本外科系連合学会誌, 32, (3) 545 - 545,   2007年06月
  • 急性腹症を契機に発見された回腸腸管重複症の一例, 宮井 博隆, 清水 保延, 田中 守嗣, 早川 哲史, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 柴田 直史, 加藤 克己, 佐野 正明, 日本臨床外科学会雑誌, 68, (6) 1624 - 1624,   2007年06月
  • 腹腔鏡下手術手技に対する段階的指導法と教育的ネットワーク構想, 早川 哲史, 田中 守嗣, 森本 守, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博之, 柴田 直史, 清水 保延, 加藤 克己, 宇佐見 詞津夫, 小谷 彦蔵, 日本外科学会雑誌, 108, (臨増2) 226 - 226,   2007年03月
  • 急性肺障害を呈した外科的救急疾患症例に対するシベレスタット投与の比較検討, 森本 守, 田中 守嗣, 早川 哲史, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 柴田 直史, 清水 保延, 加藤 克己, 日本外科学会雑誌, 108, (臨増2) 584 - 584,   2007年03月
  • 当院での腹腔鏡下虫垂切除術155例の検討, 佐藤 崇文, 早川 哲史, 田中 守嗣, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 柴田 直史, 清水 保延, 加藤 克己, 日本外科学会雑誌, 108, (臨増2) 622 - 622,   2007年03月
  • 腹部救急における鏡視下手術-適応と限界 イレウス症例に対する腹腔鏡下手術の適応と限界, 早川 哲史, 森本 守, 田中 守嗣, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 宮井 博隆, 日本腹部救急医学会雑誌, 27, (2) 296 - 296,   2007年02月
  • 胃癌術後4年で発症した内ヘルニアによる急性輸入脚症候群の1例, 森本 守, 田中 守嗣, 早川 哲史, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 柴田 直史, 清水 保延, 日本腹部救急医学会雑誌, 27, (2) 373 - 373,   2007年02月
  • 急性気腫性胆嚢炎の1例, 森本 守, 清水 保延, 早川 哲史, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 柴田 直史, 田中 守嗣, 日本腹部救急医学会雑誌, 27, (2) 376 - 376,   2007年02月
  • 急性胆嚢炎に対するPTGBD施行後の腹腔鏡下胆嚢摘出術症例の検討, 坪井 謙, 早川 哲史, 田中 守嗣, 佐藤 貴文, 森本 守, 宮井 博隆, 柴田 直史, 清水 保延, 日本腹部救急医学会雑誌, 27, (2) 378 - 378,   2007年02月
  • 第一選択術式としての腹腔鏡下虫垂切除術の検討, 佐藤 崇文, 早川 哲史, 田中 守嗣, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 柴田 直史, 清水 保延, 日本内視鏡外科学会雑誌, 11, (7) 274 - 274,   2006年12月
  • 大腸内視鏡を併用した腹腔鏡下手術により止血し得た小腸出血の1例, 森本 守, 早川 哲史, 田中 守嗣, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 柴田 直史, 清水 保延, 日本内視鏡外科学会雑誌, 11, (7) 275 - 275,   2006年12月
  • 小腸腸間膜に発生したデスモイドの一切除例, 坪井 謙, 田中 守嗣, 早川 哲史, 柴田 直史, 佐藤 崇文, 森本 守, 宮井 博隆, 横山 智輝, 清水 保延, 加藤 克己, 佐野 正明, 日本臨床外科学会雑誌, 67, (11) 2775 - 2775,   2006年11月
  • 腹腔鏡下横行結腸切除と腹腔鏡下胃上部切除を同時に施行した手術手技, 早川 哲史, 田中 守嗣, 清水 保延, 柴田 直史, 宮井 博之, 森本 守, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 日本臨床外科学会雑誌, 67, (増刊) 490 - 490,   2006年10月
  • 魚骨により十二指腸を穿通し後腹膜膿瘍を認めた1例, 森本 守, 田中 守嗣, 早川 哲史, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 宮井 博隆, 柴田 直史, 清水 保延, 加藤 克己, 日本臨床外科学会雑誌, 67, (増刊) 497 - 497,   2006年10月
  • 若年者に発生した胸腺腫の1例, 横山 智輝, 佐野 正明, 田中 守嗣, 加藤 克己, 清水 保延, 早川 哲史, 柴田 直史, 宮井 博隆, 森本 守, 坪井 謙, 佐藤 崇文, 日本臨床外科学会雑誌, 67, (増刊) 546 - 546,   2006年10月
  • 高気圧酸素療法にて軽快した術後癒着性イレウスの2例, 佐藤 崇文, 田中 守嗣, 早川 哲史, 坪井 謙, 森本 守, 宮井 博隆, 柴田 直史, 横山 智輝, 清水 保延, 加藤 克己, 佐野 正明, 日本臨床外科学会雑誌, 67, (増刊) 786 - 786,   2006年10月
  • 高齢者直腸脱に対する開腹下posterior rectopexyと再発時のPPHの妥当性の検討, 小林 建司, 神谷 保廣, 坪井 謙, 佐藤 知洋, 山田 成寿, 上田 修久, 花立 史香, 清水 幸雄, 由良 二郎, 松波 英寿, 日本大腸肛門病学会雑誌, 59, (9) 659 - 659,   2006年09月
  • 骨盤内神経鞘腫の1例, 宮井 博隆, 清水 保延, 田中 守嗣, 早川 哲史, 佐藤 崇文, 坪井 謙, 森本 守, 柴田 直史, 加藤 克己, 中部外科学会総会号, 42回,   2006年09月
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班の2006年度活動報告 中部山岳国立公園内に開設9年目を迎えた山岳医療の現状, 三浦 裕, 津田 洋幸, 勝屋 弘忠, 浅井 清文, 中西 真, 森田 明理, 間渕 則文, 森山 昭彦, 早川 純午, 坪井 謙, 榊原 嘉彦, 小山 勝志, 花井 信広, 河辺 眞由美, 野路 久仁子, 黒野 智恵子, 矢崎 蓉子, 名古屋市立大学医学会雑誌, 57, (3) 97 - 97,   2006年08月
  • 頸部リンパ節転移にて発症した乳頭部癌の1例, 神谷 保廣, 社本 智也, 坪井 謙, 中村 善則, 羽藤 誠記, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 67, (2) 523 - 523,   2006年02月
  • 術前診断しえた傍十二指腸ヘルニアの1例, 内山 幹夫, 神谷 保廣, 社本 智也, 坪井 謙, 中村 善則, 羽藤 誠記, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 67, (2) 524 - 524,   2006年02月
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班の2005年度の活動報告 中部山岳国立公園内に開設8年目を迎えた山岳医療の現状, 三浦 裕, 太田 伸生, 勝屋 弘忠, 浅井 清文, 中西 真, 森田 明理, 津田 洋幸, 間渕 則文, 森山 昭彦, 野沢 恭子, 早川 純午, 松浦 武志, 坪井 謙, 榊原 嘉彦, 榊原 一貴, 下方 征, 城川 雅光, 吉村 章代, 廣江 隆弘, 野島 逸, 小山 勝志, 花井 信広, 前田 直徳, 小林 桂子, 河辺 眞由美, 野路 久仁子, 黒野 智恵子, 矢崎 蓉子, 名古屋市立大学医学会雑誌, 56, (4) 149 - 149,   2005年11月
  • TS1が奏効し,切除可能となった胃悪性リンパ腫の1例, 神谷 保廣, 社本 智也, 坪井 謙, 中村 善則, 羽藤 誠記, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 66, (増刊) 732 - 732,   2005年10月
  • 腋窩リンパ節転移を初発症状とした潜在性乳癌の3例, 社本 智也, 羽藤 誠記, 坪井 謙, 中村 善則, 神谷 保廣, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 66, (増刊) 868 - 868,   2005年10月
  • 亀背患者における開腹術の工夫(切迫穿孔の1例を通して), 坪井 謙, 神谷 保廣, 社本 智也, 中村 善則, 羽藤 誠記, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 66, (増刊) 946 - 946,   2005年10月
  • 脂肪腫による腸重積症の2例, 社本 智也, 神谷 保廣, 坪井 謙, 中村 善則, 羽藤 誠記, 伊藤 昭敏, 中部外科学会総会号, 41回,   2005年09月
  • 腋窩転移リンパ節摘出5年後に乳房切除を行った潜在的乳癌の1例, 社本 智也, 羽藤 誠記, 坪井 謙, 中村 善則, 神谷 保廣, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 66, (8) 2063 - 2063,   2005年08月
  • PHSに起因する腸閉塞症の1例, 安里 崇徳, 神谷 保廣, 佐久間 宏行, 社本 智也, 坪井 謙, 中村 善則, 羽藤 誠記, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 66, (6) 1503 - 1503,   2005年06月
  • 胃静脈瘤を合併した膵尾部癌の1例, 佐久間 宏行, 中村 善則, 安里 崇徳, 社本 智也, 坪井 謙, 羽藤 誠記, 神谷 保廣, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 66, (6) 1506 - 1506,   2005年06月
  • 急速に増大した脾原発悪性リンパ腫の1例, 坪井 謙, 神谷 保廣, 社本 智也, 中村 善則, 羽藤 誠記, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 66, (2) 549 - 549,   2005年02月
  • 術前化学療法を行い,胸壁合併切除で完全切除できた肺癌の1例, 社本 智也, 羽藤 誠記, 坪井 謙, 中村 善則, 神谷 保廣, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 66, (2) 552 - 552,   2005年02月
  • 消化器外科術後に発症したclostridium difficile腸炎の検討, 中山 卓也, 小林 建司, 坪井 謙, 羽藤 誠記, 神谷 保廣, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 65, (11) 2843 - 2847,   2004年11月, 術後発症するclostridium difficile腸炎(以下本症)の発症危険因子について消化器外科手術症例を用いて検討した.1999年1月から2001年12月までの胆嚢摘出術症例149例,消化管手術症例371例を対象とした.術後高熱に引き続き下痢を呈し,クロストリジウムトキシンA検出キット(ユニクイック)で陽性を示した症例を本症と診断した.胆摘後症例の方が,腸管を直接操作する消化管手術後症例より下痢症状の出現率,本症の発症率は有意に高かった.また胆摘後症例において,腸炎症状を認めた症例と認めなかった症例とで,術式と年齢といった背景因子による差はなかった.しかし,術前に胆嚢炎の治療,検査のため絶食,抗菌薬,H2ブロッカーが使用された症例の方が発症率は有意に高かった.最近,急性胆嚢炎に対して早期手術を選択される傾向にあるが,術後腸炎発症の危険性が増加する傾向からも早期手術が望ましいと思われる(著者抄録)
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班の2004年度活動報告 中部山岳国立公園内に開設7年目を迎えた山岳医療の現状, 三浦 裕, 太田 伸生, 勝屋 弘忠, 浅井 清文, 中西 真, 森田 明理, 間渕 則文, 岡田 秀親, 岡田 則子, 森山 昭彦, 小山 勝志, 榊原 嘉彦, 松浦 武志, 伊藤 友弥, 藤堂 庫治, 藤枝 季里子, 早川 純午, 大森 久紀, 土持 師, 坪井 謙, 廣江 隆弘, 佐川 竜一, 野島 逸, 藤原 沙弓, 堀 未来, 中山 富雄, 城川 雅光, 前田 直徳, 小林 桂子, 梅谷 洋介, 受井 史子, 野末 憲行, 吉田 邦広, 岡野 友美, 野沢 恭子, 河辺 眞由美, 小池 かおる, 石垣 千津, 前野 善孝, 野路 久仁子, 黒野 智恵子, 矢崎 蓉子, 名古屋市立大学医学会雑誌, 55, (4) 175 - 176,   2004年11月
  • TS-1,low dose CDDPが奏効し手術可能となったStage IV胃癌の1例, 社本 智也, 小林 建司, 坪井 謙, 羽藤 誠記, 神谷 保廣, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 65, (9) 2520 - 2520,   2004年09月
  • 虫垂切除術におけるAlexis(アレクシス)を用いた術野展開の工夫と検討, 坪井 謙, 社本 智也, 小林 建司, 羽藤 誠記, 神谷 保廣, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 65, (増刊) 379 - 379,   2004年09月
  • 急性胆嚢炎術後,ベッドより転落し頭蓋骨骨折,脳挫傷をきたした1例, 神谷 保廣, 社本 智也, 坪井 謙, 小林 建司, 羽藤 誠記, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 65, (増刊) 819 - 819,   2004年09月
  • 術後4年脾転移を呈した上行結腸癌の1例, 坪井 謙, 小林 建司, 中山 卓也, 羽藤 誠記, 神谷 保廣, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 65, (7) 2011 - 2011,   2004年07月
  • 大腸癌術前術後の血清CEAとCA19-9の役割, 小林 建司, 坪井 謙, 中山 卓也, 羽藤 誠記, 神谷 保廣, 伊藤 昭敏, 日本消化器外科学会雑誌, 37, (7) 1170 - 1170,   2004年07月
  • 当科における腹腔鏡下大腸切除術の現況, 小林 建司, 坪井 謙, 中山 卓也, 羽藤 誠記, 神谷 保廣, 伊藤 昭敏, 日本大腸肛門病学会雑誌, 57, (6) 366 - 366,   2004年06月
  • 経過観察中に血栓閉塞した遺残坐骨動脈瘤の1例, 中山 卓也, 羽藤 誠記, 坪井 謙, 小林 建司, 神谷 保廣, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 65, (6) 1719 - 1722,   2004年06月, 遺残坐骨動脈瘤は,胎生期の下肢栄養血管である坐骨動脈が遺残し,瘤を形成した稀な疾患である.今回われわれは血管造影検査後,動脈瘤が自然に完全血栓化し,症状が軽快した1例を経験したので報告する.症例は81歳,女性.左臀部拍動性腫瘤,左下肢痛を主訴に来院した.左臀部に最大径12cmの拍動性腫瘤を触知した.造影CT,下肢動脈造影にて左臀部から下腿にかけて径8mmの坐骨動脈を認め,股関節のレベルに最大径6cmの動脈瘤を認めた.動脈造影後より自覚症状が軽快し,臀部の拍動も消失した.初診時からの4,7ヵ月後の造影CTにて完全に血栓化した動脈瘤と,深大腿動脈からの側副血行路より栄養をうける膝窩動脈を確認した.現在初診時より1年経過し,自覚症状は軽快,左下肢の虚血症状も認めていない(著者抄録)
  • 腹腔鏡下直腸前方切除術におけるApplied Alexis使用による新しい術野展開, 小林 建司, 坪井 謙, 中山 卓也, 羽藤 誠記, 神谷 保廣, 伊藤 昭敏, 日本外科学会雑誌, 105, (臨増) 331 - 331,   2004年03月
  • 十二指腸乳頭部カルチノイドの1例, 神谷 保廣, 坪井 謙, 中山 卓也, 小林 建司, 羽藤 誠記, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 65, (3) 683 - 687,   2004年03月, 73歳女.健診で胃の異常を指摘され,その精査で十二指腸乳頭部に一部陥凹を伴う隆起性病変を認めた.超音波内視鏡検査で乳頭部粘膜下層に境界明瞭な低エコー腫瘤像(1.8×1.3cm)を認め,生検によりカルチノイドと診断,幽門輪温存膵頭十二指腸切除術を施行した.術中,空腸起始部の腸間膜に2個の腫大リンパ節を認め,迅速生検でカルチノイドの転移と診断された.乳頭部病変の大きさは1cmで,腫瘍は粘膜下層にとどまり,粘膜・リンパ管侵襲を認めた.リンパ節の病理組織検査では13b,14c,14dにカルチノイド所見を認めた.術後経過は良好で,6週目に軽快退院した
  • 名古屋市立大学蝶ヶ丘ボランティア診療班の2003年活動報告, 三浦 裕, 太田 伸生, 勝谷 宏忠, 浅井 清文, 伊藤 博隆, 伊藤 友弥, 鬼頭 武志, 河辺 眞由美, 黒野 智恵子, 榊原 嘉彦, 杉浦 時雄, 小山 勝志, 野路 久仁子, 坪井 謙, 中西 真, 野沢 恭子, 早川 純午, 間渕 則文, 松嶋 麻子, 山崎 民千明, 森山 昭彦, 矢崎 蓉子, 名古屋市立大学医学会雑誌, 55, (1) 37 - 37,   2004年02月
  • 残胃癌術後再発による輸入脚症候群に対してPTCD及びパクリタキセル化学療法にてQOLが改善した1例, 神谷 保廣, 坪井 謙, 中山 卓也, 小林 建司, 羽藤 誠記, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 64, (12) 3235 - 3235,   2003年12月
  • リンパ節転移のために膵頭十二指腸切除術が必要であった上行結腸癌,2年無再発生存の1例, 坪井 謙, 小林 建司, 中山 卓也, 羽藤 誠記, 神谷 保廣, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 64, (12) 3240 - 3240,   2003年12月
  • 尿膜管遺残に起因する臍病変に対する臍下弧状切開,臍形成術, 神谷 保廣, 坪井 謙, 中山 卓也, 小林 建司, 羽藤 誠記, 伊藤 昭敏, 日本臨床外科学会雑誌, 64, (増刊) 484 - 484,   2003年10月
  • 下大静脈内腫瘍塞栓を伴った腎腫瘍摘出術に,経食道心エコーにて腫瘍塞栓子の遊離を確認し,重篤な肺塞栓症をきたした1症例, 坪井 謙, 伊藤 彰師, 竹内 昭憲, 伊藤 弘晃, 隅田 英憲, 勝屋 弘忠, 麻酔, 52, (9) 1029 - 1029,   2003年09月
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班の2002年活動報告, 三浦 裕, 太田 伸生, 勝谷 宏忠, 浅井 清文, 石川 達也, 伊藤 博隆, 大森 久紀, 岡田 秀親, 梶村 いちげ, 河辺 眞由美, 黒野 智恵子, 榊原 嘉彦, 杉浦 時雄, 鈴木 綾乃, 鈴木 龍雄, 鬼頭 武志, 小山 勝志, 中川 隆, 坪井 謙, 遠山 淳子, 野島 逸, 花井 信広, 早川 純午, 廣江 隆弘, 前野 善孝, 松岡 史子, 松嶋 麻子, 宮内 毬, 森山 昭彦, 名古屋市立大学医学会雑誌, 54, (1) 73 - 74,   2003年02月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.