研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

水谷 潤ミズタニ ジュン

所属部署医学研究科共同研究教育センター
職名准教授
メールアドレスmjunmed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/03/23

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:70326156
    ORCID ID:0000-0003-1304-8428

学歴

  • 2000年03月 - 現在, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 修了
  •  - 1990年, 名古屋市立大学, 医学部, 医学科

学位

  • 名古屋市立大学医学研究科外科系/博士(医学)

所属学協会

  • 日本整形外科学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本リハビリテーション学会
  • 日本骨折治療学会
  • 日本脊椎脊髄病学会

経歴

  •   2018年04月 - 現在, 名古屋市立大学, 整形外科, 准教授

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 整形外科学, 脊柱変形、骨代謝

研究キーワード

    脊柱変形, 脊椎固定術, 内視鏡, 低侵襲

論文

  • Biomechanical and Anatomical Validity of the Short Posterior Arch Screw, Mizutani J, Inoue N, Otsuka Y, Furuya A, Orias AE, , Neurospine, accepted,   2018年08月, 査読有り
  • Global Spinal Alignment in Cervical Kyphotic Deformity: The Importance of Head Position and Thoracolumbar Alignment in the Compensatory Mechanism., Mizutani J, Verma K, Endo K, Ishii K, Abumi K, Yagi M, Hosogane N, Yang J, Tay B, Deviren V, Ames C, Neurosurgery, 82, (5) 686 - 694,   2018年05月, 査読有り
  • How Cervical Reconstruction Surgery Affects Global Spinal Alignment., Mizutani J, Strom R, Abumi K, Endo K, Ishii K, Yagi M, Tay B, Deviren V, Ames C, Neurosurgery,   2018年04月, 査読有り
  • Advantages of an on-the-screwhead crosslink connector for atlantoaxial fixation using the Goel/Harms technique., Mizutani J, Inada A, Kato K, Kondo A, Kainuma S, Fujita K, Yagi K, Shimamura Y, Fukuoka M, Shibamoto Y, Wada I, Otsuka T, Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 50, 183 - 189,   2018年04月, 査読有り
  • Lateral interbody fusion combined with open posterior surgery for adult spinal deformity., Strom RG, Bae J, Mizutani J, Valone F 3rd, Ames CP, Deviren V, Journal of neurosurgery. Spine, 25, (6) 697 - 705,   2016年12月, 査読有り
  • Comparison of Stand-Alone, Transpsoas Lateral Interbody Fusion at L3-4 and Cranial vs Transforaminal Interbody Fusion at L3-4 and L4-5 for the Treatment of Lumbar Adjacent Segment Disease., Jain D, Verma K, Mulvihill J, Mizutani J, Tay B, Burch S, Deviren V, International journal of spine surgery, 12, (4) 469 - 474,   2018年08月, 査読有り
  • Complications Associated With Lateral Interbody Fusion: Nationwide Survey of 2998 Cases During the First 2 Years of Its Use in Japan., Fujibayashi S, Kawakami N, Asazuma T, Ito M, Mizutani J, Nagashima H, Nakamura M, Sairyo K, Takemasa R, Iwasaki M, Spine, 42, (19) 1478 - 1484,   2017年10月, 査読有り
  • Temporary Internal Fixation Using C1 Lateral Mass Screw and C2 Pedicle Screw (Goel-Harms Technique) without Bone Grafting for Chronic Atlantoaxial Rotatory Fixation., Matsumoto Y, Mizutani J, Suzuki N, Otsuka S, Hayakawa K, Fukuoka M, Wada I, World neurosurgery, 102, 696.e1 - 696.e6,   2017年06月, 査読有り
  • Surgical Management of the Pregnant Patient With Lumbar Disc Herniation in the Latter Stage of the Second Trimester., Hayakawa K, Mizutani J, Suzuki N, Haas C, Kondo A, Otsuka S, Fukuoka M, Otsuka T, Spine, 42, (3) E186 - E189,   2017年02月, 査読有り
  • Efficacy of radio-hyperthermo-chemotherapy as salvage therapy for recurrent or residual malignant soft tissue tumors., Aiba H, Yamada S, Mizutani J, Yamamoto N, Okamoto H, Hayashi K, Takeuchi A, Miwa S, Higuchi T, Abe K, Taniguchi Y, Tsuchiya H, Otsuka T, International journal of hyperthermia : the official journal of European Society for Hyperthermic Oncology, North American Hyperthermia Group, 1 - 9,   2018年10月, 査読有り
  • Anatomical Basis for Arthroscopy of the Proximal Interphalangeal Joints., Okamoto H, Sekiya I, Mizutani J, Watanabe N, Otsuka T, The journal of hand surgery Asian-Pacific volume, 23, (3) 342 - 346,   2018年09月, 査読有り
  • Continuous Peripheral Nerve Blocks for Early Active Mobilization after Hand Surgery: Four Case Reports., Otsuka T, Okamoto H, Mizutani J, Goto H, Sekiya I, The journal of hand surgery Asian-Pacific volume, 23, (3) 419 - 423,   2018年09月, 査読有り
  • Treatment of aneurysmal bone cysts using endoscopic curettage., Aiba H, Kobayashi M, Waguri-Nagaya Y, Goto H, Mizutani J, Yamada S, Okamoto H, Nozaki M, Mitsui H, Miwa S, Kobayashi M, Endo K, Saito S, Goto T, Otsuka T, BMC musculoskeletal disorders, 19, (1) ,   2018年07月, 査読有り
  • Treatment of simple bone cysts using endoscopic curettage: a case series analysis., Aiba H, Kobayashi M, Waguri-Nagaya Y, Goto H, Mizutani J, Yamada S, Okamoto H, Nozaki M, Mitsui H, Miwa S, Kobayashi M, Endo K, Saito S, Goto T, Otsuka T, Journal of orthopaedic surgery and research, 13, (1) ,   2018年07月, 査読有り
  • Clinical outcomes of radio-hyperthermo-chemotherapy for soft tissue sarcoma compared to a soft tissue sarcoma registry in Japan: a retrospective matched-pair cohort study., Aiba H, Yamada S, Mizutani J, Yamamoto N, Okamoto H, Hayashi K, Kimura H, Takeuchi A, Miwa S, Kawai A, Yoshimura K, Tsuchiya H, Otsuka T, Cancer medicine, 7, (4) 1560 - 1571,   2018年04月, 査読有り
  • Preoperative evaluation of the efficacy of radio-hyperthermo-chemotherapy for soft tissue sarcoma in a case series., Aiba H, Yamada S, Mizutani J, Yamamoto N, Okamoto H, Hayashi K, Kimura H, Takeuchi A, Miwa S, Higuchi T, Abe K, Taniguchi Y, Araki Y, Tsuchiya H, Otsuka T, PloS one, 13, (4) ,   2018年, 査読有り
  • Comparison of quantitative evaluation between cutaneous and transosseous inertial sensors in anterior cruciate ligament deficient knee: A cadaveric study., Murase A, Nozaki M, Kobayashi M, Goto H, Yoshida M, Yasuma S, Takenaga T, Nagaya Y, Mizutani J, Okamoto H, Iguchi H, Otsuka T, Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association, 22, (5) 874 - 879,   2017年09月, 査読有り
  • Intratendinous ganglion of the hand: two case reports occurring in the extensor digitorum communis and the flexor digitorum superficialis tendon., Senda H, Mizutani J, Okamoto H, Case reports in plastic surgery & hand surgery, 4, (1) 9 - 12,   2017年, 査読有り
  • Resveratrol amplifies BMP-4-stimulated osteoprotegerin synthesis via p38 MAP kinase in osteoblasts., Kuroyanagi G, Tokuda H, Yamamoto N, Matsushima-Nishiwaki R, Mizutani J, Kozawa O, Otsuka T, Molecular medicine reports, 12, (3) 3849 - 3854,   2015年09月, 査読有り
  • Regulation by resveratrol of prostaglandin E2-stimulated osteoprotegerin synthesis in osteoblasts., Yamamoto N, Tokuda H, Kuroyanagi G, Mizutani J, Matsushima-Nishiwaki R, Kondo A, Kozawa O, Otsuka T, International journal of molecular medicine, 34, (5) 1439 - 1445,   2014年11月, 査読有り
  • Down-regulation by resveratrol of basic fibroblast growth factor-stimulated osteoprotegerin synthesis through suppression of Akt in osteoblasts., Kuroyanagi G, Otsuka T, Yamamoto N, Matsushima-Nishiwaki R, Nakakami A, Mizutani J, Kozawa O, Tokuda H, International journal of molecular sciences, 15, (10) 17886 - 17900,   2014年10月, 査読有り
  • Suppression by resveratrol of prostaglandin D2-stimulated osteoprotegerin synthesis in osteoblasts., Kuroyanagi G, Mizutani J, Kondo A, Yamamoto N, Matsushima-Nishiwaki R, Otsuka T, Kozawa O, Tokuda H, Prostaglandins, leukotrienes, and essential fatty acids, 91, (3) 73 - 80,   2014年09月, 査読有り
  • Involvement of Rac in thromboxane A2‑induced human platelet activation: regulation of sCD40 ligand release and PDGF‑AB secretion., Kageyama Y, Doi T, Matsushima-Nishiwaki R, Iida Y, Akamatsu S, Kondo A, Kuroyanagi G, Yamamoto N, Mizutani J, Otsuka T, Tokuda H, Iida H, Kozawa O, Ogura S, Molecular medicine reports, 10, (1) 107 - 112,   2014年07月, 査読有り
  • Anatomical basis of distally based anterolateral thigh flap., Yamada S, Okamoto H, Sekiya I, Wada I, Kobayashi M, Goto H, Mizutani J, Nozaki M, Hayashi K, Murakami S, Murase A, Kawaguchi Y, Inatani H, Tatematsu N, Otsuka T, Journal of plastic surgery and hand surgery, 48, (3) 197 - 200,   2014年06月, 査読有り
  • Resveratrol inhibits BMP-4-stimulated VEGF synthesis in osteoblasts: suppression of S6 kinase., Kondo A, Otsuka T, Kuroyanagi G, Yamamoto N, Matsushima-Nishiwaki R, Mizutani J, Kozawa O, Tokuda H, International journal of molecular medicine, 33, (4) 1013 - 1018,   2014年04月, 査読有り
  • Rho-kinase limits BMP-4-stimulated osteocalcin synthesis in osteoblasts: regulation of the p38 MAP kinase pathway., Kondo A, Tokuda H, Matsushima-Nishiwaki R, Kuroyanagi G, Yamamoto N, Mizutani J, Kozawa O, Otsuka T, Life sciences, 96, (1-2) 18 - 25,   2014年02月, 査読有り
  • Resveratrol suppresses prostaglandin F(2α)-induced osteoprotegerin synthesis in osteoblasts: inhibition of the MAP kinase signaling., Kuroyanagi G, Tokuda H, Matsushima-Nishiwaki R, Kondo A, Mizutani J, Kozawa O, Otsuka T, Archives of biochemistry and biophysics, 542, 39 - 45,   2014年01月, 査読有り
  • Leg lymphedema caused by iliopectineal bursitis associated with destruction of a rheumatoid hip joint: A case report., Kuroyanagi G, Yamada K, Imaizumi T, Mizutani J, Wada I, Kozawa O, Tokuda H, Otsuka T, Experimental and therapeutic medicine, 6, (4) 887 - 890,   2013年10月, 査読有り
  • Rac regulates collagen-induced HSP27 phosphorylation via p44/p42 MAP kinase in human platelets., Kageyama Y, Doi T, Akamatsu S, Kuroyanagi G, Kondo A, Mizutani J, Otsuka T, Tokuda H, Kozawa O, Ogura S, International journal of molecular medicine, 32, (4) 813 - 818,   2013年10月, 査読有り
  • (-)-Epigallocatechin gallate amplifies interleukin-1-stimulated interleukin-6 synthesis in osteoblast-like MC3T3-E1 cells., Kuroyanagi G, Otsuka T, Kondo A, Matsushima-Nishiwaki R, Mizutani J, Kozawa O, Tokuda H, Biochimie, 95, (10) 1933 - 1938,   2013年10月, 査読有り
  • Unphosphorylated heat shock protein 27 suppresses fibroblast growth factor‑2‑stimulated vascular endothelial growth factor release in osteoblasts., Kondo A, Tokuda H, Matsushima-Nishiwaki R, Kato K, Kuroyanagi G, Mizutani J, Fukuoka M, Wada I, Kozawa O, Otsuka T, Molecular medicine reports, 8, (2) 691 - 695,   2013年08月, 査読有り
  • Inhibition of SAPK/JNK leads to enhanced IL-1-induced IL-6 synthesis in osteoblasts., Kondo A, Otsuka T, Matsushima-Nishiwaki R, Kuroyanagi G, Mizutani J, Wada I, Kozawa O, Tokuda H, Archives of biochemistry and biophysics, 535, (2) 227 - 233,   2013年07月, 査読有り
  • AMP-activated protein kinase regulates thyroid hormone-stimulated osteocalcin synthesis in osteoblasts., Kondo A, Otsuka T, Kato K, Matsushima-Nishiwaki R, Kuroyanagi G, Mizutani J, Tokuda H, Kozawa O, International journal of molecular medicine, 31, (6) 1457 - 1462,   2013年06月, 査読有り
  • Thrombopoietin amplifies ADP-induced HSP27 phosphorylation in human platelets: importance of pre-treatment., Cuong NT, Doi T, Matsushima-Nishiwaki R, Akamatsu S, Kuroyanagi G, Kondo A, Mizutani J, Wada I, Otsuka T, Tokuda H, Kozawa O, Ogura S, International journal of molecular medicine, 31, (6) 1291 - 1297,   2013年06月, 査読有り
  • Rho-kinase negatively regulates thyroid hormone-stimulated osteocalcin synthesis in osteoblasts., Kondo A, Tokuda H, Kato K, Matsushima-Nishiwaki R, Kuroyanagi G, Mizutani J, Kozawa O, Otsuka T, Biochimie, 95, (4) 719 - 724,   2013年04月, 査読有り
  • AMP-activated protein kinase inhibitor decreases prostaglandin F2α-stimulated interleukin-6 synthesis through p38 MAP kinase in osteoblasts., Kondo A, Otsuka T, Kato K, Natsume H, Kuroyanagi G, Mizutani J, Ito Y, Matsushima-Nishiwaki R, Kozawa O, Tokuda H, International journal of molecular medicine, 30, (6) 1487 - 1492,   2012年12月, 査読有り
  • Wnt3a upregulates prostaglandin F2α-stimulated vascular endothelial growth factor synthesis in osteoblasts., Kondo A, Tokuda H, Mizutani J, Matsushima-Nishiwaki R, Kozawa O, Otsuka T, Molecular medicine reports, 6, (2) 421 - 425,   2012年08月, 査読有り
  • Involvement of AMP-activated protein kinase in TGF-β-stimulated VEGF synthesis in osteoblasts., Mizutani J, Tokuda H, Matsushima-Nishiwaki R, Kato K, Kondo A, Natsume H, Kozawa O, Otsuka T, International journal of molecular medicine, 29, (4) 550 - 556,   2012年04月, 査読有り
  • Role of HSP27 in tumor necrosis factor-α-stimulated interleukin-6 synthesis in osteoblasts., Kato K, Tokuda H, Mizutani J, Adachi S, Matsushima-Nishiwaki R, Natsume H, Kozawa O, Otsuka T, International journal of molecular medicine, 28, (5) 887 - 893,   2011年11月, 査読有り
  • MRI findings in residual hip dysplasia., Wakabayashi K, Wada I, Horiuchi O, Mizutani J, Tsuchiya D, Otsuka T, Journal of pediatric orthopedics, 31, (4) 381 - 387,   2011年06月, 査読有り
  • Regulation by heat shock protein 27 of osteocalcin synthesis in osteoblasts., Kato K, Adachi S, Matsushima-Nishiwaki R, Minamitani C, Natsume H, Katagiri Y, Hirose Y, Mizutani J, Tokuda H, Kozawa O, Otsuka T, Endocrinology, 152, (5) 1872 - 1882,   2011年05月, 査読有り
  • Role of heat shock protein 27 in transforming growth factor-β-stimulated vascular endothelial growth factor release in osteoblasts., Kato K, Tokuda H, Adachi S, Matsushima-Nishiwaki R, Yamauchi J, Natsume H, Minamitani C, Mizutani J, Otsuka T, Kozawa O, International journal of molecular medicine, 27, (3) 423 - 428,   2011年03月, 査読有り
  • New needle biopsy technique for lumbar pyogenic spondylodiscitis., Shibayama M, Nagahara M, Kawase G, Fujiwara K, Kawaguchi Y, Mizutani J, Spine, 35, (23) E1347 - 9,   2010年11月, 査読有り
  • Antithrombin III reduces collagen-stimulated granule secretion of PDGF-AB and the release of soluble CD40 ligand from human platelets., Doi T, Adachi S, Matsushima-Nishiwaki R, Kato H, Enomoto Y, Natsume H, Kato K, Mizutani J, Otsuka T, Tokuda H, Akamatsu S, Iwama T, Kozawa O, Ogura S, International journal of molecular medicine, 26, (3) 387 - 392,   2010年09月, 査読有り
  • Rho-kinase regulates prostaglandin D(2)-stimulated heat shock protein 27 induction in osteoblasts., Kato K, Tokuda H, Natsume H, Adachi S, Matsushima-Nishiwaki R, Minamitani C, Mizutani J, Kozawa O, Otsuka T, Experimental and therapeutic medicine, 1, (4) 579 - 583,   2010年07月, 査読有り
  • Synergistic effect of vasoactive intestinal peptides on TNF-alpha-induced IL-6 synthesis in osteoblasts: amplification of p44/p42 MAP kinase activation., Natsume H, Tokuda H, Mizutani J, Adachi S, Matsushima-Nishiwaki R, Minamitani C, Kato K, Kozawa O, Otsuka T, International journal of molecular medicine, 25, (5) 813 - 817,   2010年05月, 査読有り
  • Rho-kinase limits FGF-2-stimulated VEGF release in osteoblasts., Natsume H, Tokuda H, Adachi S, Takai S, Matsushima-Nishiwaki R, Kato K, Minamitani C, Niida S, Mizutani J, Kozawa O, Otsuka T, Bone, 46, (4) 1068 - 1074,   2010年04月, 査読有り
  • p70 S6 kinase limits tumor necrosis factor-alpha-induced interleukin-6 synthesis in osteoblast-like cells., Minamitani C, Tokuda H, Adachi S, Matsushima-Nishiwaki R, Yamauchi J, Kato K, Natsume H, Mizutani J, Kozawa O, Otsuka T, Molecular and cellular endocrinology, 315, (1-2) 195 - 200,   2010年02月, 査読有り
  • Involvement of Rho-kinase in prostaglandin E(1)-stimulated VEGF synthesis through stress-activated protein kinase/c-Jun N-terminal kinase in osteoblast-like MC3T3-E1 cells., Adachi S, Tokuda H, Matsushima-Nishiwaki R, Kato K, Natsume H, Minamitani C, Mizutani J, Otsuka T, Kozawa O, Prostaglandins & other lipid mediators, 90, (1-2) 1 - 6,   2009年11月, 査読有り
  • Involvement of Rho-kinase in TGF-β-stimulated heat shock protein 27 induction in osteoblasts., Natsume H, Mizutani J, Adachi S, Matsushima-Nishiwaki R, Minamitani C, Tokuda H, Kozawa O, Otsuka T, Molecular medicine reports, 2, (5) 687 - 691,   2009年09月, 査読有り
  • (-)-Epigallocatechin gallate attenuates the induction of HSP27 stimulated by sphingosine 1-phosphate via suppression of phosphatidylinositol 3-kinase/Akt pathway in osteoblasts., Natsume H, Adachi S, Takai S, Tokuda H, Matsushima-Nishiwaki R, Minamitani C, Yamauchi J, Kato K, Mizutani J, Kozawa O, Otsuka T, International journal of molecular medicine, 24, (2) 197 - 203,   2009年08月, 査読有り
  • Involvement of Rho-kinase in sphingosine 1-phosphate-stimulated HSP27 induction in osteoblasts., Minamitani C, Otsuka T, Takai S, Matsushima-Nishiwaki R, Adachi S, Hanai Y, Mizutani J, Tokuda H, Kozawa O, International journal of molecular medicine, 24, (1) 77 - 82,   2009年07月, 査読有り
  • Tacrolimus but not cyclosporine A enhances FGF-2-induced VEGF release in osteoblasts., Yamauchi J, Takai S, Matsushima-Nishiwaki R, Adachi S, Minamitani C, Natsume H, Mizutani J, Otsuka T, Takeda J, Harada A, Kozawa O, Tokuda H, International journal of molecular medicine, 23, (2) 267 - 272,   2009年02月, 査読有り
  • Rho-kinase inhibitors decrease TGF-beta-stimulated VEGF synthesis through stress-activated protein kinase/c-Jun N-terminal kinase in osteoblasts., Kuno M, Takai S, Matsushima-Nishiwaki R, Minamitani C, Mizutani J, Otsuka T, Harada A, Adachi S, Kozawa O, Tokuda H, Biochemical pharmacology, 77, (2) 196 - 203,   2009年01月, 査読有り
  • Relationship between screw trajectory of C1 lateral mass screw and internal carotid artery., Murakami S, Mizutani J, Fukuoka M, Kato K, Sekiya I, Okamoto H, Abumi K, Otsuka T, Spine, 33, (24) 2581 - 2585,   2008年11月, 査読有り
  • Involvement of Rho-kinase in prostaglandin F2alpha-stimulated interleukin-6 synthesis via p38 mitogen-activated protein kinase in osteoblasts., Minamitani C, Otsuka T, Takai S, Matsushima-Nishiwaki R, Adachi S, Hanai Y, Mizutani J, Tokuda H, Kozawa O, Molecular and cellular endocrinology, 291, (1-2) 27 - 32,   2008年09月, 査読有り
  • Function of Rho-kinase in prostaglandin D2-induced interleukin-6 synthesis in osteoblasts., Tokuda H, Takai S, Matsushima-Nishiwaki R, Hanai Y, Adachi S, Minamitani C, Mizutani J, Otsuka T, Kozawa O, Prostaglandins, leukotrienes, and essential fatty acids, 79, (1-2) 41 - 46,   2008年07月, 査読有り
  • Ultrastructural changes at the myotendinous junction induced by exercise., Kojima H, Sakuma E, Mabuchi Y, Mizutani J, Horiuchi O, Wada I, Horiba M, Yamashita Y, Herbert DC, Soji T, Otsuka T, Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association, 13, (3) 233 - 239,   2008年05月, 査読有り
  • Application of full-scale three-dimensional models in patients with rheumatoid cervical spine., Mizutani J, Matsubara T, Fukuoka M, Tanaka N, Iguchi H, Furuya A, Okamoto H, Wada I, Otsuka T, European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society, 17, (5) 644 - 649,   2008年05月, 査読有り
  • (-)-Epigallocatechin gallate reduces platelet-derived growth factor-BB-stimulated interleukin-6 synthesis in osteoblasts: suppression of SAPK/JNK., Takai S, Matsushima-Nishiwaki R, Adachi S, Natsume H, Minamitani C, Mizutani J, Otsuka T, Tokuda H, Kozawa O, Mediators of inflammation, 2008,   2008年, 査読有り
  • Safe atlantoaxial fixation using a laminar screw (intralaminar screw) in a patient with unilateral occlusion of vertebral artery: case report., Matsubara T, Mizutani J, Fukuoka M, Hatoh T, Kojima H, Otsuka T, Spine, 32, (1) E30 - 3,   2007年01月, 査読有り
  • Anatomical basis of the medial sural artery perforator flap in Asians., Okamoto H, Sekiya I, Mizutani J, Otsuka T, Scandinavian journal of plastic and reconstructive surgery and hand surgery, 41, (3) 125 - 129,   2007年, 査読有り
  • Neuropathic arthropathy caused by chondrosarcoma of the cervical spine., Waguri-Nagaya Y, Mizutani J, Kobayashi M, Otsuka T, Matsui N, Modern rheumatology, 14, (2) 160 - 163,   2004年, 査読有り
  • Syringomyelia caused by loosening of multistrand cables following C1-2 Brooks-type fusion in the rheumatoid cervical spine. Case report., Mizutani J, Tsuboucim S, Fukuoka M, Otsuka T, Matsui N, Journal of neurosurgery, 97, (3 Suppl) 366 - 368,   2002年10月, 査読有り
  • A Rare Case of Lumbosacral Meningioma Nondural Attachment and Possible Enlargement by Orally Administered Sex Steroid, Mizutani J, Fukuoka M, Tsubouchi S, Otsuka T, Tono Y, Shimizu S, Matsui N, Spine, 27/16,E377-E381, (16) E377 - 81,   2002年08月, 査読有り
  • Syringomyelia caused by loosening of multistrand cables following C1-2 Brooks-type fusion in therheumatoid cervical spine, Journal of Neurosurgery, 97/,366-368,   2002年
  • Surgical treatment of the rheumatoid cervical spine in patients aged 70 years older, Rheumatology, 41/,910-916,   2002年
  • Ultra Structural Changes in dorsal root ganglia following central axotomy, 43/4,223-233,   2000年

MISC

  • XLIFとCBT法を併用した腰椎前後方固定術の短期治療成績, 大塚聖視, 福岡宗良, 水谷潤, 鈴木伸幸, 近藤章, 大塚隆信, Journal of Spine Research, 9, (8) 1308‐1312 - 1312,   2018年08月25日, われわれは大きなfootprintを持つXLIFの後方固定としてcortical bone trajectory(CBT)法を併用して施行している。今回術後1年以上経過した29例(60椎間)の臨床成績として骨癒合率、終板の骨嚢腫形成率、CBTスクリューのlooseningの率、JOA score、JOABPEQ、VASを評価し良好な治療成績であったため報告する。(著者抄録)
  • XLIFとCBT法を併用した腰椎前後方固定術の短期治療成績 (日本低侵襲脊椎外科学会 特集号), 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research, 9, (8) 1308 - 1312,   2018年08月
  • CBTスクリュー挿入の工夫―“K‐guided CBT”, 大塚聖視, 福岡宗良, 水谷潤, 鈴木伸幸, 近藤章, 大塚隆信, Journal of Spine Research, 9, (7) 1163‐1166 - 1166,   2018年07月25日, Cortical bone trajectory(CBT)法は、強固な固定性とその軌道と刺入点から後方筋群の展開が少なく、低侵襲性にも優れる特徴をもつ。一方、刺入点の同定とその方向決定には一定の経験を要し、通常の椎弓根スクリュー刺入法に比べ透視に要する時間が比較的長いこと、一旦方向を定めて骨孔を作成すると変更が困難なことがデメリットとしてあげられる。この問題を克服すべくキルシュナー鋼線(K-wire)をガイドとして使用するCBT変法を考案し、"K-guided CBT"と命名してスクリュー固定を行っており、原法での手術と比べ、スクリュー刺入所要時間、出血量ともに短縮できている。当院で実施しているこの方法の術式および工夫について紹介する。(著者抄録)
  • 脊髄腫瘍に対するrecapping laminoplastyの有用性, 八木清, 鈴木伸幸, 加藤賢治, 近藤章, 水谷潤, 福岡宗良, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 61, (4) 905 - 905,   2018年07月01日
  • パーキンソン病患者の認知機能評価における視空間N‐back taskの有用性について, 清水陽子, 清水陽子, 川嶋将司, 堀場充哉, 堀場充哉, 植木美乃, 松川則之, 岡雄一, 間瀬光人, 水谷潤, 和田郁雄, パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 12th,   2018年07月
  • パーキンソン病関連疾患への非侵襲的closed‐loop brain stimulationによる歩行リハビリテーションの効果, 堀場充哉, 堀場充哉, 植木美乃, 美馬達哉, 高松康行, 佐橋健斗, 清水陽子, 清水陽子, 板本將悟, 松橋眞生, 水谷潤, 水谷潤, 松川則之, 和田郁雄, パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 12th,   2018年07月
  • CBTスクリュー挿入の工夫 : K-guided CBT (日本脊椎・脊髄神経手術手技学会 特集号), 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research, 9, (7) 1163 - 1166,   2018年07月
  • 特発性側弯症の骨成熟期以降の自然経過, 福岡宗良, 水谷潤, 鈴木伸幸, 大塚聖視, 近藤章, 大塚隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 61,   2018年05月01日
  • 中大脳動脈領域脳梗塞における病巣サイズと機能予後との関連, 紙本 薫, 佐藤 千香子, 北村 太郎, 山田 健太郎, 伊藤 奈緒子, 青山 公紀, 村上 里奈, 植木 美乃, 水谷 潤, 和田 郁雄, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 55, (特別号) 1 - IP,   2018年05月
  • 運動器とリハビリテーション医学 小児 小児期扁平足と周辺病態に対するマネージメント, 和田 郁雄, 紙本 薫, 小川 鉄男, 万歳 登茂子, 水谷 潤, 植木 美乃, 村上 里奈, 三井 裕人, 青山 公紀, 伊藤 奈緒子, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 55, (特別号) S444 - S444,   2018年05月
  • 特発性側彎症の骨成熟期以降の自然経過, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 近藤 章, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 61, (3) 441 - 442,   2018年05月, 骨成熟期に主カーブが25°以上ある特発性側彎症29例を対象に、自然経過を調査した。骨成熟期までに装具治療の既往があるものは18例、経過観察のみは11例であった。骨成熟期の平均年齢は17.0歳で、最終観察時の平均年齢は24.5歳であった。追跡期間は平均91ヵ月(60〜146ヵ月)であった。半年から1年ごとに全脊柱立位正面像を撮影し、骨成熟期と比較して最終観察時の主カーブのCobb角が6°以上進行したものを進行あり群(A群)、それ以外を進行なし群(B群)とした。調査項目は各時期の年齢、Cobb角、骨成熟期の頂椎の回旋、装具治療の既往、側彎のタイプであり、側彎進行に関連する要因を検討した。その結果、A群は6例(20.7%)、B群は23例であった。A群はB群に比べ骨成熟期のCobb角が有意に大きかった。骨成熟期に主カーブが25°以上ある特発性側彎症は、骨成熟期のCobb角が大きいと進行し易いと考えられた。
  • 仙腸関節角度と脊椎矢状面パラメータ―S2AIスクリューとの関連―, 近藤章, 福岡宗良, 水谷潤, 鈴木伸幸, 大塚聖視, 大塚隆信, Journal of Spine Research, 9, (4) 854‐857 - 857,   2018年04月25日, S2AIスクリューは仙腸関節の形態によって刺入難度が異なる。今回、脊椎矢状面パラメータとCT上の仙腸関節の角度との関連を検討した。その結果、仙腸関節の角度とPI、PTとの間に有意な相関を認めた。PI、PTが大きい症例ほど仙腸関節の矢状面に対する前方開角が小さいという結果が得られた。そのような症例ではS2AIスクリューが刺入しやすい傾向があると考える。(著者抄録)
  • 仙腸関節角度と脊椎矢状面パラメータ : S2AIスクリューとの関連 (東海脊椎脊髄病研究会 特集号), 近藤 章, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 大塚 隆信, Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research, 9, (4) 854 - 857,   2018年04月
  • CBTスクリュー先端は抜いてもよいのか? 腰仙椎での解剖学的位置解析, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 近藤 章, 大塚 隆信, 東海脊椎外科, 32,   2018年04月
  • アスリートの腰痛の原因としての腰椎および仙椎の上関節突起骨折の存在, 八木 清, 柴田 康宏, 水谷 潤, 東海脊椎外科, 32,   2018年04月
  • 特発性側弯症の骨成熟期以降の自然経過, 福岡宗良, 水谷潤, 鈴木伸幸, 大塚聖視, 近藤章, 大塚隆信, Journal of Spine Research, 9,   2018年03月25日
  • LLIFの術後合併症としての腹壁瘢痕ヘルニアに関する検討, 大塚聖視, 福岡宗良, 水谷潤, 鈴木伸幸, 近藤章, 大塚隆信, Journal of Spine Research, 9, (3) 453 - 453,   2018年03月25日
  • 骨粗鬆症性脊椎椎体骨折における保存療法の限界と予後予測―受傷早期MRI fat suppression像の有用性―, 鈴木伸幸, 福岡宗良, 水谷潤, 大塚聖視, 近藤章, 南谷千帆, 大塚隆信, Journal of Spine Research, 9, (3) 593 - 593,   2018年03月25日
  • XLIFにおける前弯矯正効果―実際の矯正角度,ケージ設置位置との関係―, 近藤章, 福岡宗良, 水谷潤, 鈴木伸幸, 大塚聖視, 大塚隆信, 日本整形外科学会雑誌, 92,   2018年03月14日
  • 解剖遺体を用いた後縦靱帯の形態の観察, 佐久間英輔, 若林健二郎, 水谷潤, 服部一希, 河命守, 坪井義晃, 福田俊嗣, 大塚隆信, 和田郁雄, 日本整形外科学会雑誌, 92, (3) S654 - S654,   2018年03月14日
  • XLIFの術後2年経過して腹壁瘢痕ヘルニアを発症した1例, 大塚聖視, 福岡宗良, 水谷潤, 鈴木伸幸, 近藤章, 大塚隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 61, (春季学会) 222 - 222,   2018年03月01日
  • 観血的治療を行った軸椎破裂骨折の2例, 藤田和彦, 藤田和彦, 水谷潤, 柴田康宏, 福井孝洋, 八木清, 大塚隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 61, (春季学会) 155 - 155,   2018年03月01日
  • 特発性側彎症のの骨成熟期以降の自然経過, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 9, (3) 310 - 310,   2018年03月
  • XLIFにおける前彎矯正効果 実際の矯正角度、ケージ設置位置との関係, 近藤 章, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 92, (3) S1219 - S1219,   2018年03月
  • 急性期脳梗塞における機能予後とリハビリテーション効果の病型別検討, 紙本薫, 佐藤千香子, 大野雄也, 北村太郎, 池田知雅, 山田健太郎, 青山公紀, 村上里奈, 植木美乃, 水谷潤, 和田郁雄, 小川鉄男, 日比野敬明, 名古屋市立病院紀要, 39,   2018年02月, 脳梗塞における病型別の背景、予後やリハビリ効果を明らかにすることを目的とした。過去5年間に当科に入院した脳梗塞連続1472例のうちNINDS(1990)に基づき分類された、アテローム血栓性脳梗塞(ATBI)469例、心原性脳塞栓(CE)403例、ラクナ梗塞(L)272例、と「その他」の中から抽出した分枝アテローム病(BAD)180例を合わせた計1324例を対象とした。このうち、リハビリ未実施例および死亡例を除いた1101例において、病型別に年齢、脳梗塞の大きさ、入院期間、退院時転帰、重症度はNIHSS、ADLはmodified Rankin scale(mRS)とBarthel index(BI)を用いて比較検討した。対象のうち、死亡例は67例あり、死因は感染症、脳卒中死、悪性新生物の順に多かった。リハビリ未実施例178例のうち、BADとLでは全例軽症のためであったが、ATBI、CEでは軽症だけでなく重症すぎて未実施の症例がみられた。病型別の入院期間はLが最も短く、以下BAD、ATBI、CEの順であった。NIHSSからみた重症度は、入退院時ともにLが最も低く、以下BAD、ATBI、CEの順に高かった。mRSやBIからみたADLは入退院時ともにLが最も良好で、BAD、ATBI、CEの順に悪かった。これらの結果には、脳梗塞の大きさが影響していると考えられた。いずれの病型とも退院時の重症度は、入院時に比べ有意に低下しており、退院時のADLは、入院時に比べ有意な改善が見られた。脳梗塞急性期において、病型を問わず、リハビリ効果はあるものと考えられた。死亡例は、ATBIで24例、CEで38例あったのに対し、Lは4例、BADは1例であった。脳梗塞の予後は、病型によって異なり、機能予後はLが最良であり、続いてBADとATBIが同程度、CEが最悪であった。生命予後も加味すると、Lが最良で、BAD、ATBI、CEの順に悪いと考えられた。(著者抄録)
  • XLIF THORACIC手術のガイドライン, 種市 洋, 金村 徳相, 新井 嘉容, 水谷 潤, 石井 賢, 海渡 貴司, 日本背椎背髄病学会新技術評価検証委員会「XLIF THORACIC手術のガイドライン」作成ワーキンググループ, Journal of Spine Research, 9, (1) 104 - 107,   2018年01月
  • XLIF ACR手術のガイドライン, 種市 洋, 金村 徳相, 新井 嘉容, 水谷 潤, 石井 賢, 海渡 貴司, 日本背椎背髄病学会新技術評価検証委員会「XLIF ACR手術のガイドライン」作成ワーキンググループ, Journal of Spine Research, 9, (1) 98 - 102,   2018年01月
  • 【小児の運動器障害とリハビリテーション医学】 小児期有痛性扁平足に対する非観血的マネージメント, 村上 里奈, 和田 郁雄, 水谷 潤, 植木 美乃, 三井 裕人, 青山 公紀, 伊藤 奈緒子, 佐久間 英輔, 万歳 登茂子, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 55, (1) 40 - 45,   2018年01月, 小児期には、骨成熟過程の旺盛な骨代謝、モデリング(modeling)と呼ばれる骨幹端部に生ずる形態変化、骨端線の存在などと相まって、スポーツなど身体活動量や体重の増加など力学的ストレスが加わることから、特有の骨格障害がみられる。本稿では、子どもの足部に生じる有痛性疾患あるいは変形のうち、リハビリテーション医療領域で最もよくみる扁平足について述べる。扁平足のうち、幼児期〜小学校低学年にみられる全身性関節弛緩を基盤とした可撓性扁平足と年長〜思春期に生ずることのある非可撓性扁平足の病態について概説するとともに、リハビリテーション的治療としての運動療法やストレッチ、可動域訓練および装具療法を紹介する。(著者抄録)
  • 頚椎椎弓形成術後の合併症―術後脊髄ブーメラン変形によるC8麻痺―, 加藤賢治, 鈴木伸幸, 近藤章, 八木清, 水谷潤, 東海脊椎脊髄病研究会学術集会プログラム, 89th,   2018年
  • 高齢の慢性疼痛患者に対するアクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT):事例検討, 酒井美枝, 浅井明倫, 太田晴子, 近藤真前, 杉浦健之, 水谷潤, 明智龍男, 日本行動分析学会年次大会発表論文集, 36th,   2018年
  • 小児期有痛性扁平足に対する非観血的マネージメント, 村上里奈, 和田郁雄, 水谷潤, 植木美乃, 三井裕人, 青山公紀, 伊藤奈緒子, 佐久間英輔, 万歳登茂子, Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 55,   2018年
  • 側方経路腰椎椎体間固定術の自家腸骨の有無による骨癒合率の比較検討, 八木清, 鈴木伸幸, 加藤賢治, 近藤章, 水谷潤, 東海脊椎脊髄病研究会学術集会プログラム, 89th,   2018年
  • 両下肢の症状を伴わず膀胱直腸障害で発症した腰椎椎間板ヘルニアの1例, 大塚聖視, 福岡宗良, 水谷潤, 鈴木伸幸, 近藤章, 大塚隆信, 東海脊椎脊髄病研究会学術集会プログラム, 89th,   2018年
  • 後脛骨筋腱機能不全例における足根骨アライメント変化の検討 荷重時CT撮影による計測・評価, 服部 一希, 若林 健二郎, 大塚 隆信, 和田 郁雄, 水谷 潤, 伊藤 錦哉, 佐久間 英輔, 土屋 大志, 柴田 芳宏, 東海足と靴の研究会誌, 6,   2017年12月, 後脛骨筋腱機能不全に伴う扁平足5例7足(全例女性、平均年齢65.6歳)に対し、非荷重・荷重時CT撮影を行い、足部矢状断再構成CT像から矢状断距骨第1中足骨角(T1MTA)、矢状断距骨距舟関節角(TTNA)、矢状断距骨内側リスフラン関節角(TMLA)を計測した。T1MTAは非荷重時平均-2.97°から荷重時-7.33°へ有意に減少し、TTNAは非荷重時平均81.3°から荷重時88.0°と有意に増加した。TMLAは非荷重時と荷重時で有意差は認めなかった。TMLAからTTNAを減じたsaggingの評価は荷重時と非荷重時で有意差を認めなかった。
  • 足部外側インピンジメントおよびperoneal spasticityを呈した重度外反扁平足に対する保存的治療の経験, 小林尚史, 和田郁雄, 若林健二郎, 河命守, 坪井義晃, 福田俊嗣, 大塚隆信, 水谷潤, 村上里奈, 三井裕人, 多和田忍, 日本足の外科学会雑誌, 38, (2) S340 - S340,   2017年10月11日
  • 小学生軟式野球選手メディカルチェックにおけるロコモ度(立ち上がりテスト)と柔軟性(第2報), 村上里奈, 岡本秀貴, 水谷潤, 植木美乃, 青山公紀, 伊藤奈緒子, 大塚隆信, 和田郁雄, Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 54, (秋季特別号) S279 - S279,   2017年09月30日
  • 骨肉腫股離断患者におけるピアサポートの経験, 大塚隆信, 村上里奈, 岡本秀貴, 水谷潤, 植木美乃, 青山公紀, 伊藤奈緒子, 和田郁雄, Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 54, (秋季特別号) S274 - S274,   2017年09月30日
  • 足部変形と歩行機能障害を有するCharcot‐Marie‐Tooth disease患者へのダイナミック短下肢装具の処方経験, 伊藤奈緒子, 水谷潤, 植木美乃, 村上里奈, 青山公紀, 大塚隆信, 和田郁雄, Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 54, (秋季特別号) S206 - S206,   2017年09月30日
  • 先行治療薬別,測定部位別に解析したデノスマブ投与後1年の治療成績, 鈴木伸幸, 福岡宗良, 水谷潤, 大塚聖視, 近藤章, 大塚隆信, 日本骨粗鬆症学会雑誌, 3, (Suppl.1) 273 - 273,   2017年09月20日
  • 骨粗鬆症に対するデノスマブ投与3年の治療成績―前投薬による違い―, 大塚聖視, 鈴木伸幸, 福岡宗良, 水谷潤, 近藤章, 大塚隆信, 日本骨粗鬆症学会雑誌, 3, (Suppl.1) 274 - 274,   2017年09月20日
  • 特発性側弯症の骨成熟期以降の自然経過, 福岡宗良, 水谷潤, 鈴木伸幸, 大塚聖視, 近藤章, 大塚隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60,   2017年09月01日
  • XLIF術後の隣接椎間障害に対する経皮的内視鏡手術, 八木清, 大塚聖視, 水谷潤, 柴田康宏, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, (秋季学会) 211 - 211,   2017年09月01日
  • 腰椎終板破壊,椎体嚢胞を呈した原発性副甲状腺機能亢進症の1例, 近藤章, 福岡宗良, 水谷潤, 鈴木伸幸, 大塚聖視, 大塚隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, (5) 979 - 979,   2017年09月01日
  • PEEK cageおよびDynamic plateを用いた頸椎前方除圧固定術の検討, 八木清, 水谷潤, 柴田康宏, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, (秋季学会) 234 - 234,   2017年09月01日
  • 特発性側彎症の骨成熟期以降の自然経過, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 近藤 章, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, (秋季学会) 232 - 232,   2017年09月
  • CBTスクリューは先端を抜くべきか 腰仙椎固定術でのCBTスクリュー先端部位の解剖学的位置検討, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 近藤 章, 日本整形外科学会雑誌, 91, (8) S1796 - S1796,   2017年08月
  • 側臥位CBT Screw : XLIF併用後方Screw固定の工夫 (日本脊椎・脊髄神経手術手技学会 特集号), 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research, 8, (7) 1293 - 1298,   2017年07月
  • 側臥位CBT Screw XLIF併用後方Screw固定の工夫, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 8, (7) 1293 - 1298,   2017年07月, 成人脊柱変形を含む腰椎変性疾患の治療にeXtreme Lateral Interbody Fusion(XLIF)を導入しているが後方固定の際に側臥位から腹臥位への体位変換を含めた時間的制約が問題となる。そこで2014年8月より除圧操作を行わない症例に対して側臥位のままCBT(cortical bone trajectory)法を用いたスクリュー固定を行った19症例56椎体112本のスクリュー刺入精度、所要時間、出血量を調査した。時間は平均81.5分(31〜135分)で出血量は平均177.5g(18〜678g)であった。スクリュー逸脱率は10/112本(8.9%)で腹臥位での諸家の報告と遜色のない結果であった。今回新たにわれわれが報告した側臥位CBTスクリュー固定はlearning curveは存在するものの、症例を選択すればXLIF後の後方固定方法として医療資源的にも有用な方法であると考える。(著者抄録)
  • 小学生軟式野球選手メディカルチェックにおけるロコモ度(立ち上がりテスト)と柔軟性, 村上 里奈, 岡本 英貴, 青山 公紀, 植木 美乃, 水谷 潤, 大塚 隆信, 和田 郁雄, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 54, (特別号) 2 - P1,   2017年05月
  • 前大脳動脈領域脳梗塞における機能予後の検討, 紙本 薫, 佐藤 千賀子, 北村 太郎, 山田 健太郎, 青山 公紀, 植木 美乃, 水谷 潤, 和田 郁雄, 小川 鉄男, 日比野 敬明, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 54, (特別号) 1 - P1,   2017年05月
  • パーキンソン病に対する反復外乱刺激トレーニングの短期的効果, 青山 公紀, 植木 美乃, 佐橋 健斗, 板本 將悟, 清水 陽子, 鹿島 崇人, 吉戸 菜摘, 村上 里奈, 関 八州彦, 水谷 潤, 和田 郁雄, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 54, (特別号) 1 - 4,   2017年05月
  • パーキンソン病関連疾患における経頭蓋的直流電気刺激を用いた脳可塑性の検討, 植木 美乃, 堀場 充哉, 青山 公紀, 水谷 潤, 和田 郁雄, 村上 里奈, 小川 鉄男, 紙本 薫, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 54, (特別号) 1 - 4,   2017年05月
  • 頸椎固定術後の頭頸移行部不安定症に対して固定術を行った脳性麻痺頸髄症の2例, 近藤 章, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, (3) 655 - 656,   2017年05月, 症例1(68歳男性)、症例2(70歳女性)。いずれもアテトーゼ型脳性麻痺に伴う頸髄症に対する頸椎固定術後に頭頸移行部の不安定症を生じた。症例1は頸椎固定術後11年目にハローベスト装着下でC1後弓切除と後頭骨から頸椎の後方固定術を施行したが、徐々に後頭骨のスクリューの脱転を認めた。術後3ヵ月で再度、後方固定術を施行し、テリパラチドの使用も開始したが、再び後頭骨スクリューの脱転があり、2回目術後11ヵ月で再々固定術を行った。最終手術後2年5ヵ月、1回目術後3年7ヵ月の時点で骨癒合が得られた。症例2は頸椎固定術後5年目にハローベスト装着下にC1後弓切除と後頭骨から頸椎の後方固定術を施行した。術後、後頭骨のスクリューが徐々に脱転してきたが、自覚症状はなく、テリパラチドを使用し、術後2年8ヵ月で骨癒合が得られた。
  • デュアルソースCTデュアルエナジーモードの脊椎外科領域での有用性 (東海脊椎脊髄病研究会 特集号), 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 松本 佳久, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research, 8, (4) 963 - 967,   2017年04月
  • XLIF施行例における大腰筋位置の変化 : 術前後の脊柱矢状面アライメントと大腰筋移動量の関係 (東海脊椎脊髄病研究会 特集号), 近藤 章, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 鈴木 伸幸, 松本 佳久, 大塚 隆信, Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research, 8, (4) 959 - 962,   2017年04月
  • 頸椎後彎変形手術後のglobal spinal balanceの変化, 水谷 潤, 鐙 邦芳, 遠藤 健司, 石井 賢, 八木 満, 細金 直文, Ames Christopher, 東海脊椎外科, 31,   2017年04月
  • デュアルソースCTデュアルエナジーモードの脊椎外科領域での有用性, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 松本 佳久, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 8, (4) 963 - 967,   2017年04月, デュアルエナジーCTは2種類の異なった電圧のX線曝射により得られたデータから、物質固有の減衰率差を計算、対象となる物質を識別あるいは抽出し定量することを可能とするCTで、金属デバイスに起因するアーチファクトの減少により金属周囲の骨構造観察に優れている。当科では2014年5月よりこの方法を脊椎instrumentation手術後のCTに使用しており、その脊椎外科領域における有用性について報告する。(著者抄録)
  • XLIF施行例における大腰筋位置の変化 術前後の脊柱矢状面アライメントと大腰筋移動量の関係, 近藤 章, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 鈴木 伸幸, 松本 佳久, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 8, (4) 959 - 962,   2017年04月, 手術により脊柱アライメントが変化した場合、大腰筋の位置がどのように変化するかXLIFを施行した40例で調査した。術前後でL3/4レベルの大腰筋前縁、L4/5レベルの大腰筋後縁の移動量がLLの変化量と有意な相関を示した。LLが大きくなる程、大腰筋はより後方に位置する結果であった。脊柱矢状面アライメントが改善し、前彎が獲得できれば大腰筋は後方に移動して、前彎を維持する正常な作用を再獲得する。(著者抄録)
  • CBTスクリューは先端を抜くべきか? 腰仙椎固定術におけるCBTスクリュー先端部位の解剖学的検討, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 8, (3) 698 - 698,   2017年03月
  • 仙腸関節角度と脊椎矢状面パラメータ S2AIスクリューとの関連, 近藤 章, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 8, (3) 481 - 481,   2017年03月
  • 頸椎変形矯正手術の最前線 頸椎後彎変形における全脊柱バランスの特徴と頸椎後彎変形矯正手術後の胸腰椎アライメント変化, 水谷 潤, Journal of Spine Research, 8, (3) 431 - 431,   2017年03月
  • LIF(lateral interbody fusion)における脊椎分節動静脈損傷予防のための分節動静脈解剖学的特徴の検討, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 8, (3) 244 - 244,   2017年03月
  • 重度頸椎後彎変形再建術後の全脊柱バランスの変化, 水谷 潤, 鐙 邦芳, 石井 賢, 八木 満, 遠藤 健司, 大塚 隆信, 和田 郁雄, Ames Christopher, 日本整形外科学会雑誌, 91, (3) S1104 - S1104,   2017年03月
  • 腰椎側方固定術合併症に関する全国調査, 藤林 俊介, 川上 紀明, 朝妻 孝仁, 伊東 学, 中村 雅也, 永島 英樹, 武政 龍一, 西良 浩一, 水谷 潤, 岩崎 幹季, 日本整形外科学会雑誌, 91, (3) S1021 - S1021,   2017年03月
  • 小児期扁平足の病態と治療, 和田 郁雄, 水谷 潤, 若林 健二郎, 村上 里奈, 三井 裕人, 白井 康裕, 坪井 義晃, 河 命守, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 91, (3) S987 - S987,   2017年03月
  • 頸椎後彎変形における全脊柱バランスと頭蓋ポジション, 水谷 潤, 遠藤 健司, 鐙 邦芳, 石井 賢, 八木 満, 細金 直文, 大塚 隆信, 和田 郁雄, Ames Christopher, 日本整形外科学会雑誌, 91, (3) S819 - S819,   2017年03月
  • 脊髄髄膜腫の手術成績, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 近藤 章, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, (2) 401 - 402,   2017年03月, 1998年〜2014年に手術を施行した脊髄髄膜腫9例(男2例、女7例、手術時平均年齢55.6歳)を対象とした。手術時間は平均351分、出血量は平均247ml、腫瘍の発生高位は頸椎3例、胸椎6例、横断位局在は前側方4例、側方2例、後側方2例、硬膜内外の砂時計腫1例であった。硬膜の対処法は硬膜全層切除2例、硬膜内層切除2例、腫瘍付着部焼灼5例であった。JOAスコアの平均改善率は63.5%であった。術後合併症として1例に皮下髄液嚢腫を認めたが、穿刺による保存的治療で改善した。手術後平均8年4ヵ月の最終観察時まで、腫瘍の再発例は認めなかった。
  • 【Lateral Interbody Fusion(LIF)-我が国における現況と展望-】 LIFに必要な外科解剖, 水谷 潤, 整形外科最小侵襲手術ジャーナル, (82) 25 - 34,   2017年02月, 近年普及してきたlateral interbody fusion(LIF)は低侵襲ではあるが、従来大きく皮切を加えて展開していた後腹膜腔を小皮切で展開するため、解剖をよく理解していないと重篤な合併症が生じる。特に後腹膜臓器には結腸、腎臓、大血管などが含まれており、それら損傷は致死的合併症となりうる。ここでは、筆者が考えている手術のコツなどにも簡単に触れつつLIFに必要な外科解剖に関して概説していく。(著者抄録)
  • パーキンソン病における経頭蓋直流電気刺激を用いたニューロリハビリテーションの展開, 植木 美乃, 堀場 充哉, 野嶌 一平, 清水 陽子, 佐橋 健斗, 板本 將吾, 青山 公紀, 水谷 潤, 松川 則之, 和田 郁雄, 臨床神経学, 56, (Suppl.) S519 - S519,   2016年12月
  • 世界で活躍する日本鍼灸 北米東洋医学誌の出版とその意義 英文と日文対訳の日系鍼灸雑誌, 水谷 潤治, 伝統鍼灸, 43, (2) 178 - 178,   2016年11月
  • 加速度計を用いたパーキンソン病におけるすくみの評価, 板本 將吾, 堀場 充哉, 佐橋 健斗, 鹿島 崇人, 吉戸 菜摘, 村上 里奈, 青山 公紀, 植木 美乃, 水谷 潤, 野嶌 一平, 和田 郁雄, パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 10回,   2016年10月
  • 骨粗鬆症性脊椎椎体骨折後連鎖する脊椎椎体骨折予防および骨折後ADL、QoL改善にテリパラチドは有効か?, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 近藤 章, 大塚 隆信, 日本骨粗鬆症学会雑誌, 2, (Suppl.1) 270 - 270,   2016年09月
  • 脊柱管内脂肪腫をともなう脊髄係留症候群の3例, 近藤 章, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 鈴木 伸幸, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (5) 975 - 976,   2016年09月, 症例1(37歳男性)。排尿障害、尿失禁を主訴に、前医よりへ紹介となった。症例2(43歳女性)。両下肢のしびれ、腰痛、尿失禁を主訴に受診となった。症例3(45歳男性)。排尿障害を主訴に近医より紹介となった。精査の結果、3症例とも脊柱管内脂肪腫を伴う脊髄係留症候群と診断され、手術を施行した。症例1では脂肪腫の切除のみで脊髄に緊張がなくなり、モニタリング波形も回復したため終糸の切離は行わなかった。症例2は終糸の切離のみ、症例3は終糸の切離と脂肪腫の切除の両者を行った。いずれも術後は症状の改善を認め、経過良好であった。
  • 頸椎固定術後の頭頸移行部不安定症に対して固定術を行った脳性麻痺頸髄症の2例, 近藤 章, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (秋季学会) 365 - 365,   2016年09月
  • 脊髄髄膜腫の手術成績, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 近藤 章, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (秋季学会) 335 - 335,   2016年09月
  • 頸椎変形再建術後の胸腰椎アライメント変化, 水谷 潤, 鐙 邦芳, 石井 賢, 遠藤 健司, デビレン・ベダット, エームス・クリストファー, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (秋季学会) 127 - 127,   2016年09月
  • XLIFにより獲得した間接的神経除圧効果は経時的に拡大していく, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 松本 佳久, 近藤 章, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 90, (8) S1783 - S1783,   2016年08月
  • ASIC1aノックアウトマウスの育児障害, 若林 健二郎, 佐久間 英輔, 植木 孝俊, 大塚 隆信, 和田 郁雄, 水谷 潤, 植木 美乃, 村上 里奈, 青山 公紀, 井上 浩一, 河 命守, 白井 康裕, 森本 浩之, 小出 益徳, 浅井 友詞, 日本整形外科学会雑誌, 90, (8) S1589 - S1589,   2016年08月
  • 脊髄内外に局在した髄膜腫の1例, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 近藤 章, 大塚 隆信, 水谷 潤, 山本 敦史, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (4) 868 - 868,   2016年07月
  • X-CORE 2VBRシステムの使用経験, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 八木 清, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (4) 709 - 710,   2016年07月, 2015年5月以降の、X-CORE2VBRシステム(X-CORE)を用いた椎体置換術(本術式)症例4例(男性3例、女性1例、手術時年齢63〜83歳:X群)を対象に、前方固定の手術時間と出血量、矯正角度、術後6ヵ月時のケージの沈下についてexpandableケージを用いて前方アプローチで手術を行った4例(全例女性、平均年齢74歳:A群)と比較した。その結果、X群の方が前方固定の時間、出血量、ケージの沈下は有意に少なく、矯正角度が大きかった。以上より、本術式は低侵襲で、術後の矯正損失を抑えられる可能性が示唆された。
  • 触覚刺激を併用したミラーセラピーによる上肢機能障害のリハビリテーション, 青山 公紀, 堀場 充哉, 植木 美乃, 村上 里奈, 伊藤 錦哉, 水谷 潤, 和田 郁雄, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, (JARM2016) I199 - I199,   2016年06月
  • 脳梗塞における急性期リハビリテーション 病型別検討, 紙本 薫, 佐藤 千香子, 山田 健太郎, 阿南 知世, 青山 公紀, 植木 美乃, 水谷 潤, 和田 郁雄, 日比野 敬明, 小川 鉄男, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, (JARM2016) I89 - I89,   2016年06月
  • パーキンソン病における経頭蓋的直流電気刺激と運動学習課題を併用した新規リハビリテーション法の検討, 植木 美乃, 堀場 充哉, 青山 公紀, 水谷 潤, 和田 郁雄, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, (JARM2016) I31 - I31,   2016年06月
  • 成人期発症の脊柱管内脂肪腫をともなう脊髄係留症候群に対して手術治療を行った1例, 近藤 章, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 松本 佳久, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (3) 619 - 619,   2016年05月
  • 脊椎全摘術を行った頚椎血管腫の1例 (東海脊椎脊髄病研究会特集号), 松本 佳久, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 林 義一, 大塚 隆信, Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research, 7, (4) 813 - 816,   2016年04月
  • 前後方アプローチにより摘出した頸胸椎砂時計腫の1例, 松本 佳久, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 近藤 章, 大塚 隆信, 東海脊椎外科, 30,   2016年04月, 症例は63歳男性で、半年前から特に誘因なく左前腕および左環指、小指の痺れが出現するようになり、左手の力が入りにくくなった。握力は右38kg、左6kgと著明に低下していた。単純X線斜位像でC7〜Th1レベルに椎間孔の拡大とC7およびTh1椎体のscallopingを認めた。CT、MRIの画像所見より、戸山らの形態分類Type 2cに分類される砂時計型の神経鞘腫が疑われた。手術は前後方合併法にて施行し、まず後方アプローチで左C7/Th1の椎間関節切除を行った。また、腫瘍の一部が下大動脈、内頸動脈および胸膜と接していることが予想されたので、VATS(胸腔鏡補助下手術)を併用して剥離を行い、腫瘍を全摘出した。病理組織学的には神経鞘腫に矛盾しない組織像であった。術後、左握力は9.5kgまで回復した。胸腔内の腫瘍剥離にはVATSが有効であった。
  • 脊椎全摘術を行った頸椎血管腫の1例, 松本 佳久, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 林 義一, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 7, (4) 813 - 816,   2016年04月, 第6頸椎に発生した症候性血管腫に対して、脊椎全摘術を施行した1例を報告する。症例は27歳女性で、ジェットコースター乗用後に頸部痛が出現した。画像検査から血管腫が疑われたが、術前の針生検で軟骨肉腫など悪性疾患も示唆されたため、後方および前方からの腫瘍全摘術および脊柱再建術を一期的に施行した。再発もなく経過良好である。(著者抄録)
  • X線を用いた装具の効果 小児足部疾患・変形のX線所見と装具治療, 青山 公紀, 和田 郁雄, 水谷 潤, 植木 美乃, 伊藤 錦哉, 村上 里奈, 日本義肢装具学会誌, 32, (2) 133 - 140,   2016年04月, 小児期にみられる足部疾患は、変形を主たる特徴とするものや疼痛など機能障害を有する疾患など臨床症状は多様である。また、生直後からみられる先天性足部疾患(変形)、歩行開始期以降にみられる変形、あるいは痛みや可動域制限など機能障害を有する疾患、中枢・末梢神経障害や筋疾患に伴う変形など病態や成因は多岐にわたる。本稿では臨床上重要な小児足部疾患、変形の臨床的特徴や理学所見、X線計測法や評価、計測値について概説するとともに、装具治療の適応や効果について述べる。(著者抄録)
  • 【脊椎外傷-捻挫から脊髄損傷まで】(第2章)脊椎損傷の診断と治療 外傷性環軸椎脱臼, 水谷 潤, 脊椎脊髄ジャーナル, 29, (4) 325 - 330,   2016年04月
  • 胸腰椎脊髄腫瘍に対する還納式椎弓形成術の術後成績, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 松本 佳久, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 7, (3) 713 - 713,   2016年03月
  • XLIFによる間接的神経除圧効果は経時的に進行する, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 松本 佳久, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 7, (3) 604 - 604,   2016年03月
  • 側方アプローチによる腰椎椎体間固定(LLIF) 初期導入から2年間における合併症調査の報告, 川上 紀明, 岩崎 幹季, 朝妻 孝仁, 伊東 学, 西良 浩一, 武政 龍一, 永島 英樹, 中村 雅也, 藤林 俊介, 水谷 潤, Journal of Spine Research, 7, (3) 440 - 440,   2016年03月
  • 骨粗鬆症性脊椎椎体骨折後連鎖する脊椎椎体骨折予防および骨折後ADL、QOL改善にテリパラチドは有効か?, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 松本 佳久, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 7, (3) 399 - 399,   2016年03月
  • 脊椎低侵襲手術における脊椎分節動静脈走行の解剖学的重要性と個体差の検討, 松本 佳久, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 近藤 章, 水谷 潤, 福岡 宗良, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 7, (3) 313 - 313,   2016年03月
  • XLIF施行例における大腰筋位置の変化 術前後の脊柱矢状面アライメントと大腰筋移動量の関係, 近藤 章, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 鈴木 伸幸, 松本 佳久, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 7, (3) 308 - 308,   2016年03月
  • 骨粗鬆症性脊椎椎体骨折後の精神障害は運動機能、疼痛障害より改善が悪く長引くADL、QOL障害に与える影響が大きい, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 松本 佳久, 近藤 章, 南谷 千帆, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 90, (3) S712 - S712,   2016年03月
  • 分節動静脈の走行確認の重要性 LIF(lateral interbody fusion)に際して, 松本 佳久, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 近藤 章, 水谷 潤, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 90, (3) S691 - S691,   2016年03月
  • XLIF施行例における大腰筋位置の変化 術前後の脊柱矢状面アライメントと大腰筋移動量の関係, 近藤 章, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 鈴木 伸幸, 松本 佳久, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 90, (3) S690 - S690,   2016年03月
  • XLIFにおける間接的神経除圧効果は経時的に進行する, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 松本 佳久, 近藤 章, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 90, (3) S689 - S689,   2016年03月
  • 広汎性発達障害を伴い、保存治療継続が困難であった陳旧性環軸椎回旋位固定に対する一時的環軸椎固定術, 松本 佳久, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (春季学会) 309 - 309,   2016年03月
  • 脊柱管内脂肪腫をともなう脊髄係留症候群の3例, 近藤 章, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (春季学会) 191 - 191,   2016年03月
  • 胸腰椎脊髄腫瘍に対する還納式椎弓形成術の術後成績, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 松本 佳久, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (春季学会) 190 - 190,   2016年03月
  • X-CORE2VBRシステムの使用経験, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 八木 清, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (春季学会) 134 - 134,   2016年03月
  • 有症状頸椎後彎変形のレントゲン学的特徴, 水谷 潤, 遠藤 健司, 石井 賢, 鐙 邦芳, クリストファー・エームス, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (春季学会) 98 - 98,   2016年03月
  • パーキンソン病の脳可塑性と運動学習障害, 植木 美乃, 堀場 充哉, 清水 陽子, 佐橋 健斗, 青山 公紀, 伊藤 錦哉, 水谷 潤, 和田 郁雄, 川嶋 将司, 松川 則之, 加藤 隆司, 伊藤 健吾, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 52, (12) 770 - 771,   2015年12月
  • 脳性麻痺児股関節亜脱臼・脱臼に対する股関節周囲筋解離術後レントゲン計測値の経時的変化, 伊藤 錦哉, 水谷 潤, 植木 美乃, 青山 公紀, 和田 郁雄, 若林 健二郎, 白井 康裕, 河 命守, 村上 里奈, 大塚 隆信, 服部 一希, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 52, (12) 769 - 769,   2015年12月
  • スポーツ活動中に発症した脊髄終糸症候群の1例, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 松本 佳久, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (6) 1227 - 1228,   2015年11月, 16歳男子。野球練習中に腰痛が出現し、4ヵ月後には安静時に腰痛に伴う右下肢痛が出現し、野球の練習が不可能となった。さらに1ヵ月後には頻尿が出現、近医にて保存的治療を受けるも改善せず、当院紹介となった。初診時、腰椎の前後屈に伴う腰痛、右大腿全面から下腿内側へのしびれ感と頻尿を認めた。画像所見では明らかな異常所見がみられなかったが、症状は薬物療法に抵抗性であった。身体所見より駒形らの提唱する5つの診断基準を満たすことから、脊髄終糸症候群(TFT)の診断のもと終糸切離術を施行した。術後は腰痛、腰椎屈曲制限が改善し、腰椎JOAスコアは術前17点から術後29点に改善した。また、JOABPEQも改善し、現在は野球部の投手として選手復帰している。
  • 胸腰椎脊髄腫瘍に対する還納式椎弓形成術の術後成績, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 松本 佳久, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (6) 1211 - 1212,   2015年11月, 過去12年間に胸腰椎脊髄腫瘍に対して還納式椎弓形成術を行った症例15例(男性8例、女性7例:31〜1歳、平均年齢48.2歳)を対象に、術後成績について検討した。術後観察期間は12〜108ヵ月(平均42ヵ月)である。初期の5例は腫瘍高位の頭尾側の棘上棘間靱帯を切離し、椎弓還納後に靱帯の再縫合を行った。後期の10例は頭尾側棘突起を椎弓切離とともに斜めに切離して硬膜内の腫瘍を切除した後、棘突起を再建した。椎弓切離はT-sawを使用した。還納椎弓数は1椎弓:12例、2椎弓:2例、3椎弓:1例で、還納椎弓の高位は胸腰椎移行部に多かった。L4の砂時計腫1例以外は椎弓の癒合を得られた。後期10例では1例が頭尾側ともに癒合せず、2例は尾側が癒合しなかった。矢状面Cobb角は術前と最終観察時に有意差はなく、術後合併症は神経鞘腫1例で痺れの悪化を認めた。
  • 健常高齢者におけるミラーセラピーを用いた上肢運動学習機能の検討, 板本 將吾, 堀場 充哉, 清水 陽子, 佐橋 健斗, 植木 美乃, 伊藤 錦哉, 水谷 潤, 野嶌 一平, 松川 則之, 和田 郁雄, 東海北陸理学療法学術大会誌, 31回,   2015年10月
  • 成人脊柱変形手術低侵襲化の試み XLIFの有用性, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 松本 佳久, 大塚 隆信, 日本最小侵襲整形外科学会誌, 15, (1) 59 - 59,   2015年10月
  • パーキンソン病におけるミラーセラピーとtDCSを用いた運動学習機能の検討, 板本 將吾, 堀場 充哉, 清水 陽子, 佐橋 健斗, 植木 美乃, 伊藤 錦哉, 水谷 潤, 野嶌 一平, 松川 則之, 和田 郁雄, 神経治療学, 32, (5) 865 - 865,   2015年09月
  • 仙骨上関節突起骨折に対する低出力パルス超音波を利用した保存的治療, 松本 佳久, 大塚 聖視, 鈴木 伸幸, 水谷 潤, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (5) 907 - 908,   2015年09月, 症例1は11歳男で、主訴は腰痛であった。単純X線像では斜位像にて左仙骨上関節突起に骨折線を認め、MRI横断像で椎間関節にT1低信号、T2高信号の液体貯留を認めた。CTで骨折線を確認し、左仙骨上関節突起骨折と診断した。硬性コルセットおよび低出力パルス超音波(LIPUS)を使用した保存治療を行った。3ヵ月で腰痛が軽減し、4ヵ月時のCTにて仮骨形成を認め、コルセットを除去した。6ヵ月時でLIPUSを中止し、3年2ヵ月時にはCT上骨折部の癒合が確認できた。症例2は16歳男で、主訴は腰痛であった。単純X線像にて斜位像にて左仙骨上関節突起に骨折線、MRI横断像にて上関節突起の一部に輝度変化を認め、CTにて骨折線を確認した。硬性コルセットおよびLIPUSを使用した保存治療を行い、治療開始後3ヵ月で腰痛が軽減し、4ヵ月でCTにて仮骨形成を認めた。9ヵ月でコルセットを、12ヵ月でLIPUSを中止し、1年2ヵ月時にはCT上骨折部の癒合が確認できた。
  • 骨粗鬆症治療におけるデノスマブ投与後血清Ca値の変動と腎機能, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (4) 661 - 662,   2015年07月, 骨粗鬆症治療27例(平均年齢76.3歳)を対象として、デノスマブ投与前の推算糸球体濾過量(e-GFR)とデノスマブ投与前後の血清カルシウム(Ca)濃度変化量の相関を調査した。デノスマブ投与前血清Ca濃度の平均は9.3mg/dl、投与後1週の平均が9.0mg/dlでその平均変化量は0.3mg/dlであった。血清Ca濃度変化量は、e-GFR(ml/分/1.73m2)が60未満群では60以上群より有意に低下していた。e-GFRと投与前後Ca濃度変化量散布図では有意な負の相関を示し、e-GFRが60付近の症例で血清Ca濃度が1mg/dl以上減少する症例も認めた。デノスマブ投与後血清Ca濃度が8.5mg/dl未満の症例は7例(25%)に認め、多くの患者がデノスマブ投与後に血清Ca濃度の低下をきたしていることから、e-GFRが60未満で投与前より血清Ca濃度が低い症例はデノスマブ投与前から対策が必要であると考えらえられた。
  • パーキンソン病におけるtDCSを用いた運動学習機能の検討, 植木 美乃, 堀場 充哉, 清水 陽子, 佐橋 健斗, 伊藤 錦哉, 水谷 潤, 和田 郁雄, 野嶌 一平, 松川 則之, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 52, (7) 436 - 436,   2015年07月
  • 手外科領域における持続末梢神経ブロックを用いた早期リハビリテーションの経験, 岡本 秀貴, 水谷 潤, 伊藤 錦哉, 村上 里奈, 大塚 隆信, 植木 美乃, 青山 公紀, 和田 郁雄, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 52, (Suppl.) S414 - S414,   2015年05月
  • 椎間板ヘルニア術後に残存した下肢痛の原因が仙骨囊腫であった1例 (東海脊椎脊髄病研究会特集号), 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research, 6, (4) 839 - 843,   2015年04月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡視下除圧術, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 早川 和男, 近藤 章, 大塚 隆信, 東海脊椎外科, 29,   2015年04月
  • 椎間板ヘルニア術後に残存した下肢痛の原因が仙骨嚢腫であった1例, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 松本 佳久, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 6, (4) 839 - 843,   2015年04月, 症例は33歳の女性。左臀部痛、左下肢痛と痺れを主訴に初診した。L5/S1レベルの椎間板ヘルニアと診断し、内視鏡視下椎間板ヘルニア摘出術を施行した。術後、左下肢に頑固な痛みとしびれが残存した。S3神経根由来の嚢腫によるS2神経症状と診断、嚢腫の縫縮術を施行した。術後経過は良好であった。通常、無症候性とされる仙骨嚢腫と腰椎椎間板ヘルニアの合併により下肢痛を呈した比較的稀な症例を経験したので報告する。(著者抄録)
  • 【頸椎固定法の進歩】 頸椎後彎症に対する変形矯正固定術, 水谷 潤, 整形・災害外科, 58, (4) 449 - 457,   2015年04月
  • 成人脊柱変形手術の低侵襲化, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 松本 佳久, 近藤 章, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 89, (3) S955 - S955,   2015年03月
  • 50°以上頸椎後彎症の変形矯正手術, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 近藤 章, 松本 佳久, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 89, (3) S932 - S932,   2015年03月
  • XLIFを用いた低侵襲腰椎固定術の間接的神経除圧効果の検討 画像所見から, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 松本 佳久, 南谷 千帆, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 6, (3) 694 - 694,   2015年03月
  • 骨粗鬆性脊椎椎体骨折におけるADL、QoL障害の精神コンポーネントの重要性, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 南谷 千帆, 大塚 聖視, 松本 佳久, Journal of Spine Research, 6, (3) 427 - 427,   2015年03月
  • 成人脊柱変形に対する矯正固定術 腸骨スクリューはS1スクリューを守れるか, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 松本 佳久, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 6, (3) 353 - 353,   2015年03月
  • スポーツ活動中に発症した脊髄終糸症候群の1例, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 松本 佳久, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (春季学会) 289 - 289,   2015年03月
  • 胸腰椎脊髄腫瘍に対する還納式椎弓形成術の術後成績, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 松本 佳久, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (春季学会) 209 - 209,   2015年03月
  • 仙骨上関節突起骨折に対する低出力パルス超音波を利用した保存的治療, 松本 佳久, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 水谷 潤, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (春季学会) 156 - 156,   2015年03月
  • 骨粗鬆症治療におけるデノスマブ投与後血清Ca値の変動と腎機能, 鈴木 伸幸, 大口 怜央, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (春季学会) 94 - 94,   2015年03月
  • 成人脊柱変形に対する腸骨スクリュー併用矯正固定術 L5/S1骨癒合に着目して, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 松本 佳久, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (1) 127 - 128,   2015年01月, 著者らは2011年8月〜2013年10月の間にL5/S1を含む4椎間以上の後方からの固定術手術を施行、今回、6ヵ月以上CT評価ができた12症例(男性1例、女性11例、平均年齢73.3±6.7歳、疾患の内訳は変性後側彎:7例、既術後の後彎変形:2例、その他3例)を対象にL5/S1椎間の骨癒合に着目して、その有用性と問題点について検討した。手術方法は固定下端アンカーにはS1椎弓根スクリューに腸骨スクリューを併用、L5/S1には全例で後方腰椎体間癒合(PLIF)が行われた。1)固定椎間は4〜13椎間(平均7.8椎間)、平均手術時間は755分、術中出血量は5100mlであった。2)腰椎前彎は術前平均4.0°が術後41.1°に、Pelvic tiltは術前28.8°が最終23.1°に有意に改善していた。だが、Pelvic tiltは術前後で有意な変化は認められなかった。3)S1スクリュー先端の後方移動では左側は3例で2〜3mm後方移動を、右側は1例で2mm後方移動を認めた以外は全て1mm以内であった。4)L5/S1椎間の骨癒合はCT上12例中11例で認められ、1例は偽関節と判定された。5)合併症は術後せん妄を2例、無症候性下肢深部静脈血栓症を1例で認められたほか、1例で上位隣接椎体骨折から脱転したロッド先端が皮膚穿破して深部感染を併発していた。以上より、腸骨スクリュー併用のPLIFは有用な方法であるが手術侵襲が大きく、今後は更なる検討が必要であると考えられた。
  • 内視鏡下手術を行った黄色靱帯骨化症を伴った軟骨無形成症の1例, 藤田 和彦, 水谷 潤, 福井 孝洋, 上用 祐士, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (1) 119 - 120,   2015年01月, 39歳男性(軟骨無形成症)。6年前から歩行時に軽度の両下肢のしびれを自覚していたが、今回、症状が徐々に進行し、連続歩行距離が20mとなったため来院となった。所見では深部腱反射は両側膝蓋腱反射、アキレス腱反射が消失していたほか、両下肢の筋力低下が認められたが、感覚知覚障害や膀胱直腸障害はみられず、JOAスコアは19/29点であった。一方、立位単純X線像では胸腰椎移行部で椎体楔状変形を認め、Th12-L3でCobb角は32°で後彎変形であった。MRIではTh11/12、L1/2に軽度脊柱管狭窄が確認され、L2/3・L3/4・L4/5は重度の脊柱管狭窄にて硬膜管描出は不良であった。また、脊髄造影後CTではL3/4高位で完全ブロックを呈しており、L2/3、L3/4に黄色靱帯の骨化が認められた。以上、これらの所見を踏まえて、治療は狭窄部の除圧と後彎矯正固定が必要と考えられたが、四肢短縮型低身長にて広範囲後彎矯正固定術によるADL障害が懸念され、除圧術のみの対応とした。その結果、患者は術後2日目より装具療法を行わず離床、歩行訓練によりJOAスコアは23/29点に改善した。目下、術後1年経過で間歇跛行は消失、立位単純X線像では後彎変形進行は認めず、術後MRIでも各椎間の除圧は良好で、術後CTでは黄色靱帯骨化が描出され、椎間関節は1/2以上を温存できた。
  • 踵凹足変形を呈する二分脊椎症への整形外科的対応と動作分析, 伊藤 錦哉, 水谷 潤, 植木 美乃, 村上 里奈, 青山 公紀, 和田 郁雄, 若林 健二郎, 服部 一希, 白井 康裕, 河 命守, 大塚 隆信, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 51, (12) 812 - 812,   2014年12月
  • パーキンソン病関連疾患における連合性対刺激法を用いた脳可塑性の検討, 植木 美乃, 堀場 充哉, 伊藤 錦哉, 水谷 潤, 和田 郁雄, 川嶋 将司, 松川 則之, 美馬 達哉, 福山 秀直, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 51, (12) 809 - 809,   2014年12月
  • 術後髄液漏に対するスパイナルドレナージの工夫 : 従量式スパイナルドレナージの有用性 (日本脊椎インストゥルメンテーション学会特集号), 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research, 5, (10) 1411 - 1414,   2014年10月
  • 距骨外側突起の解剖学的調査, 服部 一希, 若林 健二郎, 伊藤 錦哉, 白井 康裕, 河 命守, 大塚 隆信, 和田 郁雄, 水谷 潤, 佐久間 英輔, 日本足の外科学会雑誌, 35, (2) S273 - S273,   2014年10月
  • パーキンソン病患者の指タッピング動作の持続時間による変化の特徴, 清水 陽子, 堀場 充哉, 佐橋 健斗, 藤井 園子, 坪井 理佳, 植木 美乃, 水谷 潤, 和田 郁雄, 川嶋 将司, 大喜多 賢治, 松川 則之, 岡 雄一, 山田 和雄, 神鳥 明彦, 佐野 佑子, パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 8回,   2014年10月
  • パーキンソン病の両手指協調運動障害 手指タッピングの切替に着目して, 堀場 充哉, 清水 陽子, 佐橋 健斗, 山下 豊, 植木 美乃, 伊藤 錦哉, 水谷 潤, 和田 郁雄, 川嶋 将司, 大喜多 賢治, 松川 則之, 岡 雄一, 山田 和雄, 神鳥 明彦, 佐野 佑子, パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 8回,   2014年10月
  • 術後髄液漏に対するスパイナルドレナージの工夫 従量式スパイナルドレナージの有用性, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 早川 和男, Journal of Spine Research, 5, (10) 1411 - 1414,   2014年10月, 術後髄液漏の対処法にスパイナルドレナージがあるが、有効な治療法である半面、従来の従圧式ドレナージでは患者の頭位、体動によって髄液排出量が影響されるため臥床を強いられ、しばしば低髄圧症状を引き起こす。今回われわれは輸液ポンプを用いた従量式スパイナルドレナージを行い、体位に関係なくドレナージが行え、合併症を軽減されることができた。本法は特別な機械を要することなく行え、有用な方法であると考えられた。(著者抄録)
  • 前投与薬別のデノスマブ投与後のカルシウム値の検討, 大口 怜央, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 松本 佳久, 大塚 隆信, Osteoporosis Japan, 22, (Suppl.1) 342 - 342,   2014年09月
  • 骨粗鬆症性脊椎椎体骨折における早期MRI fat suppression像による椎体圧潰、偽関節の予後予測と痛み、ADL、QoLの変化, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 松本 佳久, 大塚 隆信, Osteoporosis Japan, 22, (Suppl.1) 280 - 280,   2014年09月
  • 当科におけるMED導入初期30例の治療成績, 藤田 和彦, 水谷 潤, 福井 孝洋, 上用 祐士, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (秋季学会) 207 - 207,   2014年09月
  • XLIF(Extream lateral interbody fusion)を用いた成人脊柱変形に対する矯正固定術の有用性, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 松本 佳久, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (秋季学会) 94 - 94,   2014年09月
  • 成人脊柱変形に対する腸骨スクリュー併用矯正固定術 L5/S1骨癒合に着目して, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 松本 佳久, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (秋季学会) 91 - 91,   2014年09月
  • 内視鏡視下手術を行った黄色靱帯骨化を伴った軟骨無形成症の1例, 藤田 和彦, 水谷 潤, 福井 孝洋, 上用 祐士, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (秋季学会) 89 - 89,   2014年09月
  • 骨芽細胞においてRho-kinaseはBMP-4によるosteocalcin産生を抑制する, 山本 尚洋, 近藤 章, 黒柳 元, 水谷 潤, 徳田 治彦, 小澤 修, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 88, (8) S1680 - S1680,   2014年08月
  • 仙骨プレートを使用した腰仙椎固定術における椎体スクリュー刺入部位の解剖学的検討 臨床症例におけるCT画像から, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 早川 和男, 近藤 章, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 88, (8) S1516 - S1516,   2014年08月
  • 骨芽細胞においてresveratrolはPGF2αによるosteoprotegerin産生を抑制する, 貝沼 慎悟, 黒柳 元, 近藤 章, 山本 尚弘, 水谷 潤, 徳田 治彦, 小澤 修, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 88, (8) S1414 - S1414,   2014年08月
  • 当院でのがん患者リハビリテーション実施の現況と問題点, 村上 里奈, 和田 郁雄, 水谷 潤, 青山 公紀, 大塚 隆信, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 51, (8-9) 585 - 585,   2014年08月
  • 手外科領域における持続末梢神経ブロックを用いた早期運動療法の経験, 岡本 秀貴, 小林 正明, 福岡 宗良, 永谷 祐子, 後藤 英之, 水谷 潤, 山田 聡, 若林 健二郎, 野崎 正浩, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 伊藤 錦哉, 村上 里奈, 三井 裕人, 松本 佳久, 服部 一希, 清池 可絵, 武長 徹也, 村瀬 熱紀, 川口 洋平, 大口 怜央, 立松 尚衛, 大塚 隆信, 和田 郁雄, 井口 普敬, 山田 邦雄, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (4) 943 - 943,   2014年07月
  • 妊娠中に発症した腰椎椎間板ヘルニアに対して手術加療を行った1例, 早川 和男, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 近藤 章, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (4) 939 - 939,   2014年07月
  • 【高齢者の首下がり・腰曲がり-脊柱変形と姿勢-】 Parkinson病による脊柱後彎変形の病態と治療, 水谷 潤, 関節外科, 33, (5) 558 - 563,   2014年05月
  • 上位胸椎前方固定術を行う際に良好な視野を得るためのアプローチの工夫, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 矢野 知紀, 奥田 勝裕, 水谷 潤, 大塚 聖視, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 5, (4) 774 - 779,   2014年04月, 上位胸椎病変は前方からのアプローチが難しい場所で、胸骨縦割法は第3胸椎が到達下限といわれ、開胸法は逆に第3胸椎が上限といわれている。第3胸椎に主病変があるときは、どちらにおいても展開が難しく、適切なアプローチについての記載もないため前方固定を躊躇することも多い。われわれは肩甲骨を挙上し第3、4、5肋骨を切離牽引する開胸法を考案し、この方法を用いることにより難しい血管処理の必要もなく通常の開胸法と同様の手技で第2から第4胸椎に及ぶ病変に対して良好な視野のもと前方固定を施行できた。肋骨に対しては切除せず再建することによりflail chestを防ぐ工夫も加えたので、新たなアプローチ法として今後広く用いられればと考える。(著者抄録)
  • 70歳以上の高齢者腰椎変性すべり症に対する開窓術の治療成績, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 早川 和男, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (2) 267 - 268,   2014年03月, 対象は平成17年1月〜21年4月に両側開窓による後方除圧術を行い、術後2年以上経過した17例(男5例、女12例、平均年齢75.9歳)で術後観察期間は平均4年7ヵ月であった。再手術2例を除いた15例のJOAスコアは術前13点から調査時21点と有意に改善し改善率は50%であった。画像評価としてすべり椎間%スリップは術前15.6%から調査時17.2%へ有意に増加した。椎間高・可動域は減少傾向となり術後成績は概ね良好であった。再手術2例は側方すべりをともなった変性側彎合併例であり、1例は術後3年3ヵ月で4椎間の腰椎椎体間後方固定術(PLIF)による除圧矯正固定術を行い、他の1例は隣接部の変性進行による新たな狭窄のため術後4年1ヵ月後にPLIFを施行した。
  • 乾癬性関節炎に施行した人工関節置換術の治療成績, 立松 尚衛, 永谷 祐子, 小林 正明, 後藤 英之, 野崎 正浩, 三井 裕人, 水谷 潤, 井口 普敬, 大塚 隆信, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 58回,   2014年03月
  • 環軸椎亜脱臼に対して椎弓スクリューを併用した後頭骨頸椎固定手術後に早期にバックアウトして再手術を要した関節リウマチ患者の1例, 生田 憲史, 坂井 宏章, 水谷 潤, 永谷 祐子, 小林 正明, 大塚 隆信, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 58回,   2014年03月
  • 感染性脊椎疾患に対する血管柄付き肋骨移植術の経験, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 早川 和男, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 5, (3) 632 - 632,   2014年03月
  • 高度局所後彎を有する頸椎変形矯正手術の治療戦略, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 早川 和男, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 5, (3) 419 - 419,   2014年03月
  • 当科におけるリウマチ脊椎病変の手術治療の変遷 生命維持から快適な日常生活維持のために, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 早川 和男, 近藤 章, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 5, (3) 301 - 301,   2014年03月
  • 生物学的製剤導入以後の関節リウマチ頸椎病変に対する手術治療, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 近藤 章, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (春季学会) 216 - 216,   2014年03月
  • リウマチ性頸椎病変に対する治療戦略 環椎外側塊スクリューを用いた環軸椎亜脱臼に対する治療戦略 患者さんから学んだこと, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 早川 和男, 近藤 章, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 88, (2) S439 - S439,   2014年03月
  • 頸椎椎弓形成術後の脊髄後方移動距離と硬膜管拡大率の各椎間での検討, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 早川 和男, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (1) 49 - 50,   2014年01月, 頸髄症の診断で頸椎椎弓形成術を施行し、術前後のMRIが撮影されていた40例を対象に、JOAスコア、C2-7角、各椎間板レベルにおける椎間板あるいはOPLLの突出幅、術前後の各椎間板レベルでの硬膜管前後径、椎間板部中央後縁から脊髄中央までの距離を測定し術前後の違いを脊髄後方移動距離とし検討を行った。椎弓形成術を行った範囲はC3-6が38例、C4-6が2例であった。その結果、硬膜管前後径の拡大はC3/4で2.7mm、C4/5で4.4mm、C5/6で4.5mm、C6/7で1.9mmであった。脊髄の後方移動距離はC3/4で1mm、C4/5で1.6mm、C5/6で1.8mm、C6/7で0.8mmであった。前方からの圧迫要素が多かった椎間レベルはC5/6で、40例中9例に4mm以上の圧迫を認めた。前方からの圧迫が4mm以上あった症例とそうでなかった症例で硬膜管の拡大と脊髄後方移動距離の違いを比較したところ、有意差は認めなかった。各椎間に6〜7mm前後の前方圧迫を認めたが、除圧不足で追加手術を行った症例はなかった。
  • 骨粗鬆症治療の継続をめざして ミノドロン酸水和物の最新知見 ビスホスホネートMonthly製剤へのDaily、Weekly製剤からの切替え後アンケート調査, 早川 和男, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 近藤 章, 大塚 隆信, Osteoporosis Japan, 22, (1) 92 - 93,   2014年01月, ビスホスホネート(BP)daily/weekly製剤を2ヵ月以上服薬した経験があり、かつミノドロン酸水和物(MIN)月1回(monthly)製剤を2ヵ月以上継続した骨粗鬆症患者97例に対して服薬・治療に関する意識調査を行った。monthly製剤切替え後、多くの患者から「内服が楽になった」「飲み忘れが減った」「痛みが軽減した」などの回答が得られた。また、MIN以外のBP製剤からMIN monthly製剤へ切替えた症例、MIN daily/weekly製剤からMIN monthly製剤へ切替えた症例のいずれにおいても疼痛軽減効果がみられ、切替え後6ヵ月以上服薬を継続した症例に骨密度の有意な変化は認めなかった。monthly製剤の使用によって骨粗鬆症治療への意欲が向上し、服薬アドヒアランスが改善する可能性が示唆された。
  • 【お灸の再生】 海外での「お灸」普及への取り組み 普及状況と経緯, 水谷 潤治, 鍼灸Osaka, 29, (3) 313 - 318,   2013年12月
  • RA頸椎の問題点 リウマチ環軸椎亜脱臼固定術後の術後後頭環軸関節面変化, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 早川 和男, 近藤 章, 大塚 隆信, 日本関節病学会誌, 32, (3) 373 - 373,   2013年10月
  • 【環軸椎高位の症候学と再建手術】 環椎外側塊スクリュー固定 Goel法, 水谷 潤, 脊椎脊髄ジャーナル, 26, (10) 973 - 980,   2013年10月
  • 直接浸潤胸椎アスペルギルス脊椎炎の1例, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, (5) 1243 - 1244,   2013年09月, 症例は60歳男性で、肺癌術後に再発を認め放射線照射を行い、肺アスペルギルス症を発症し、右下肢筋力低下、歩行困難が出現した。画像所見にて、第1胸髄から第10胸髄レベルにかけて脊髄中心管の拡大を認め、第5、6胸椎レベルにおいて占拠性病変によって著明に硬膜が圧迫されていた。初診後3日目に下肢筋力は急激に低下し、MMT1-2レベルとなったため緊急手術を施行した。第4胸椎から第6胸椎まで椎弓切除を行い、硬膜右側が肉芽により著明に圧迫されていたため、同肉芽を硬膜から剥離し除圧を行った。病理組織では肉芽内に糸状菌を認め、アスペルギルスの直接浸潤と診断した。術直後より下肢筋力は回復し、除圧も良好であったが、術後2週より再び右下肢筋力低下が生じ、MRIにて膿瘍による硬膜の再圧迫が認められた。同時に心不全も併発し、呼吸状態が悪化、術後4週には直腸潰瘍による大量下血も併発し死亡した。
  • ビスフォスフォネートMonthly製剤へのDaily、Weekly製剤からの切り替え後アンケート調査, 早川 和男, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 大塚 隆信, Osteoporosis Japan, 21, (Suppl.1) 275 - 275,   2013年09月
  • 骨粗鬆症性脊椎椎体骨折における早期MRI fat suppression像による椎体圧潰、偽関節の予後予測と痛みの経過, 鈴木 伸幸, 南谷 千帆, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 早川 和男, 大塚 隆信, Osteoporosis Japan, 21, (Suppl.1) 217 - 217,   2013年09月
  • 70歳以上の高齢者腰椎変性すべり症に対する開窓術の治療成績, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 早川 和男, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, (秋季学会) 133 - 133,   2013年09月
  • 頸椎椎弓形成術後の脊髄後方移動距離と硬膜管拡大率の各椎間での検討, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 早川 和男, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, (秋季学会) 66 - 66,   2013年09月
  • 術後10年以上経過したリウマチ脊椎病変に対する後頭頸椎固定術の長期成績, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 早川 和男, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, (秋季学会) 37 - 37,   2013年09月
  • 骨芽細胞においてSAPK/JNKはinterleukin-1によるinterleukin-6産生を抑制的に制御している, 山本 尚洋, 加藤 賢治, 近藤 章, 黒柳 元, 水谷 潤, 徳田 治彦, 小澤 修, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 87, (8) S1390 - S1390,   2013年08月
  • 骨芽細胞においてカテキンはinterleulin-1(IL-1)によるIL-6産生を促進的に制御している, 黒柳 元, 近藤 章, 水谷 潤, 西脇 理英, 徳田 治彦, 小澤 修, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 87, (8) S1389 - S1389,   2013年08月
  • 骨芽細胞においてRho-kinaseはthyroid hormoneによるosteocalcin産生を抑制的に制御する, 近藤 章, 加藤 賢治, 黒柳 元, 山本 尚洋, 水谷 潤, 徳田 治彦, 小澤 修, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 87, (8) S1387 - S1387,   2013年08月
  • 新鮮骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折後の痛み,生活障害の程度,生活の質の変化への骨折高位,骨折型,初期の骨折程度の影響 (特集 進歩する骨粗鬆症性椎体骨折の診断), 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research, 4, (6) 996 - 1000,   2013年06月
  • 【進歩する骨粗鬆症性椎体骨折の診断】 新鮮骨粗鬆性脊椎圧迫骨折後の痛み、生活障害の程度、生活の質の変化への骨折高位、骨折型、初期の骨折程度の影響, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 大塚 隆信, Hansson Tommy, Journal of Spine Research, 4, (6) 996 - 1000,   2013年06月, 脊椎圧迫骨折は骨粗鬆性骨折の中で最も頻度の高い骨折であり、比較的予後良好で自然治癒すると信じられてきた。しかしわれわれはヨーテボリ大学にて同骨折の自然経過につき前向き調査を行い、受傷後1年にわたり強い疼痛が持続し、生活の質も高度に障害されていることを明らかにした。その予後不良因子として骨折高位、骨折型、初期の骨折程度などの影響を検討した結果、初期の骨折程度と既存骨折数がその予後に強く影響を与えていた。(著者抄録)
  • 骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折における早期 MRI fat suppression 像による予後予測, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 南谷 千帆, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, (3) 685 - 686,   2013年05月01日, 2011年4月〜2012年1月の間にX線像・MRIにて新鮮骨粗鬆症性脊椎椎体骨折と診断された20症例(男性5例、女性15例、年齢70〜86歳、平均79.4歳)を対象に、受診後3ヵ月時点での偽関節の有無と椎体圧潰の程度を評価した。その結果、1)損傷椎体高位はTh12が3例、L1が7例、L2が3例、L5が2例ほか、Th8、Th9、Th11、L3、L4が各1例であった。うち7例が偽関節と診断され、周辺椎体に対して50%以上の椎体圧潰を来した例は6例であった。2)受傷早期MRIの詳細検討では50%以上の椎体圧潰を来し偽関節となった6例中4例は椎体1/2以上の範囲で受傷早期MRI脂肪抑制像で低輝度を示し、他の2例では受傷早期MRI脂肪抑制像で椎体全体高輝度中にまだらに低輝度が認められた。3)椎体圧潰程度が50%以下で偽関節となった2例では線状に脂肪抑制像で低輝度を認めると同時に液体貯留を認め、大きく圧潰せず骨癒合した12例でも低輝度の部分が潰れながら骨癒合していく傾向がみられた。以上より、骨粗鬆症性脊椎椎体骨折の受傷早期MRIにてT2強調像・脂肪抑制像で低輝度な部分が偽関節になる傾向がみられ、本所見は椎体骨折の予後予測に有用と考えられた。
  • 特徴的なMRI所見を呈した多胞性クモ膜嚢腫に対して嚢腫部分切除を施行した1例, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 水谷 潤, 大塚 隆信, 東海脊椎外科, 27,   2013年04月
  • 内視鏡ヘルニア摘出術後、強度腰痛を訴えた患者群の臨床的特徴, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 東海脊椎外科, 27,   2013年04月
  • RAの脊椎病変 C1/C2固定の意義, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 長谷川 伸一, 大塚 隆信, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 57回・22回,   2013年03月
  • 整形外科下肢手術における抗凝固薬の肺血栓塞栓症予防効果 東海地区における多施設調査, 坂野 真士, 石黒 直樹, 須藤 啓広, 長谷川 正裕, 小林 正明, 水谷 潤, 廣瀬 士朗, 井上 真輔, 星野 裕信, 小山 博史, 松本 和, 瀧上 伊織, 伊達 秀樹, 日本整形外科学会雑誌, 87, (3) S991 - S991,   2013年03月
  • 深部脳神経刺激術後のパーキンソン脊柱変形に対する矯正固定術, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 87, (3) S771 - S771,   2013年03月
  • 骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折における早期MRI fat suppression像による椎体圧潰予後予測と痛みの経過, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 南谷 千帆, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 87, (3) S637 - S637,   2013年03月
  • Sacral plateを用いた腰仙椎固定術の有用性と問題点 骨癒合率を高めるために, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 4, (3) 788 - 788,   2013年03月
  • 仙骨プレートを用いた腰仙椎固定術における椎体スクリュー刺入部位の解剖学的検討 Cadaver study, 大塚 聖視, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 南谷 千帆, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 4, (3) 268 - 268,   2013年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡視下除圧術の術後成績 初期症例と後期症例での比較, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 4, (3) 243 - 243,   2013年03月
  • パーキンソン脊柱変形に対する手術症例の検討 深部脳刺激治療症例を対象に, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 長谷川 伸一, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, (春季学会) 197 - 197,   2013年03月
  • 直接浸潤胸椎アスペルギルス脊椎炎の1例, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, (春季学会) 179 - 179,   2013年03月
  • 逆行性前外側大腿皮弁のための解剖学的研究, 岡本 秀貴, 山田 聡, 後藤 英之, 水谷 潤, 野崎 正浩, 林 克洋, 村瀬 熱紀, 稲谷 弘幸, 大塚 隆信, 関谷 勇人, 勝田 康裕, 久保田 雅仁, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 39回,   2012年12月
  • 松田博公・対談シリーズ「日本鍼灸を求めて」(第27回) 日本鍼灸を海外に発信!広まる"世界お灸ネットワーク", 水谷 潤治, 松田 博公, 東洋医学鍼灸ジャーナル, 29,   2012年11月
  • 骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節・神経障害に対するケージを併用した後方固定術の2例, 南谷 千帆, 福岡 宗良, 水谷 潤, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (秋季学会) 258 - 258,   2012年09月
  • 骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折における早期MRI fat suppression像による予後予測, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 南谷 千帆, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (秋季学会) 244 - 244,   2012年09月
  • 環椎外側塊スクリュー後の後頭骨びらん, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 信幸, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (秋季学会) 229 - 229,   2012年09月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡視下片側侵入両側除圧術 対側神経根除圧を十分行うための掘削長, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 南谷 千帆, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (秋季学会) 67 - 67,   2012年09月
  • 骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折における早期MRI fat suppression像による予後予測 硬性コルセット使用下での椎体圧潰と偽関節, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 聖視, 南谷 千帆, 大塚 隆信, Osteoporosis Japan, 20, (Suppl.1) 318 - 318,   2012年08月
  • X線およびCT画像を用いた腰椎椎間関節の横断面オリエンテーションの測定, 大塚 嘉久, 井上 望, 大塚 明世, Howard An, 水谷 潤, 伊藤 錦哉, 三井 裕人, 大塚 嘉彦, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 86, (8) S1361 - S1361,   2012年08月
  • 骨芽細胞においてカテキンはthyroid hormoneによるosteocalcin産生を抑制的に制御している, 黒柳 元, 加藤 賢治, 夏目 英雄, 近藤 章, 水谷 潤, 徳田 治彦, 小澤 修, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 86, (8) S1345 - S1345,   2012年08月
  • 骨芽細胞におけるIL-1によるIL-6産生に対するAMPKによる制御, 加藤 賢治, 近藤 章, 黒柳 元, 水谷 潤, 徳田 治彦, 小澤 修, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 86, (8) S1345 - S1345,   2012年08月
  • 低気孔率多孔質HA椎体間スペーサー挿入時における終板操作が骨癒合に与える影響, 川端 哲, 稲田 充, 緒方 研吾, 藤田 和彦, 鈴木 信治, 水谷 潤, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 86, (8) S1158 - S1158,   2012年08月
  • 骨芽細胞においてWnt3aはTGFβによるVEGF産生を促進的に制御している, 近藤 章, 夏目 英雄, 加藤 賢治, 黒柳 元, 水谷 潤, 徳田 治彦, 小澤 修, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 86, (8) S1066 - S1066,   2012年08月
  • 整形外科術後静脈血栓塞栓症の発生における季節変動 東海地区における多施設調査, 坂野 真士, 須藤 啓広, 長谷川 正裕, 廣瀬 士朗, 佐藤 啓二, 小林 正明, 水谷 潤, 大塚 隆信, 森 敦幸, 角田 恒, 清水 克時, 金治 有彦, 伊達 秀樹, 山田 治基, 星野 裕信, 松山 幸弘, 石黒 直樹, 整形外科, 63, (7) 601 - 604,   2012年07月, 2006年6月〜2008年5月までの東海地区における整形外科術後VTE(静脈血栓塞栓症)発生の季節変動に関する多施設調査を行った。その結果、股関節手術における術後深部静脈血栓症(DVT)発生率は春に有意に高く、夏にも高い傾向を示した。一方、TKA、THA/骨盤骨切り術、脊椎手術では術後DVT発生率に季節間の有意差はみられなかった。尚、術後PTE(肺血栓塞栓症)の発生率はTKA、THA/骨盤骨切り術、股関節骨折手術、脊椎手術いずれの手術においても季節間の有意差は認められなかった。
  • 嚢胞壁の部分切除によるドレナージにより軽快したventriculus terminalisの1例, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 南谷 千帆, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 東海脊椎外科, 26,   2012年04月, 64歳女性。右下腿外側から母趾にかけ痛みが生じ、あわせて右足関節の背屈制限もみられたため近医を受診、MRIにて脊髄腫瘍が疑われ、著者らの施設へ紹介となった。受診時、腰椎単純X線像では異常はみられなかったが、単純MRI像ではTh11レベル〜L1レベルの脊柱管内に嚢胞性病変が認められ、脊髄が左方背側に圧排していた。一方、胸腰椎造影MRI像では嚢胞壁に軽度造影効果が認められ、嚢胞くも膜下腔との交通性を確認するため脊髄造影後CTを行なったところ、嚢胞内の造影効果は認めず、クモ膜下腔との連続性は否定的であった。以上、これらの所見により、本症例は硬膜内髄内もしくは髄外発生の嚢胞性病変と診断され、手術が施行された結果、病理組織所見により上衣細胞の下に成熟した神経細胞とグリア細胞が認められ、ventriculus terminalisと確定診断された。尚、術後は経過良好で、嚢胞は著明に縮小した。
  • 薬物的VTE予防における出血リスクの検討 東海地区における多施設調査, 坂野 真士, 石黒 直樹, 須藤 啓広, 長谷川 正裕, 小林 正明, 水谷 潤, 廣瀬 士朗, 井上 真輔, 金治 有彦, 伊達 秀樹, 松本 和, 瀧上 伊織, 星野 裕信, 小山 博史, 日本整形外科学会雑誌, 86, (3) S749 - S749,   2012年03月
  • 股関節、膝関節手術におけるフォンダパリヌクスのVTE予防効果 東海地区における多施設調査, 坂野 真士, 石黒 直樹, 須藤 啓広, 長谷川 正裕, 小林 正明, 水谷 潤, 廣瀬 士朗, 井上 真輔, 金治 有彦, 伊達 秀樹, 松本 和, 瀧上 伊織, 星野 裕信, 小山 博史, 日本整形外科学会雑誌, 86, (3) S621 - S621,   2012年03月
  • 環軸椎固定術後における後頭環椎関節の変化, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 86, (3) S602 - S602,   2012年03月
  • アジア人における内側および外側腓腹動脈の穿通枝の解剖学的研究(Anatomical study on perforators of the medial and lateral sural artery in Asians), 大谷 真史, 岡本 秀貴, 各務 秀明, 成田 裕司, 蛯沢 克己, 小田 知生, 関谷 勇人, 小林 正明, 松下 廉, 水谷 潤, 山田 聡, 上田 実, 大塚 隆信, Nagoya Medical Journal, 52, (2) 89 - 98,   2012年02月, 成人アジア人のホルマリン処理下肢血管47を使用し、内側および外側腓腹動脈の穿通枝の数と位置を記録した。その結果、全ての標本において内側腓腹動脈から1〜5の穿通枝が見出された。しかし、外側腓腹動脈からの穿通動脈は標本の57%で認められなかった。内側腓腹動脈では膝窩のしわの5cmより上、もしくは17.5cmより下に穿通枝はみられず、腓腹筋の正中線から0.5cmと4.5cmの間の領域に全ての穿通枝が集まっていた。白人とアジア人では筋肉粒の長さが異なるため、内側腓腹動脈からの穿通枝の分布が異なる可能性がある。本研究でアジア人と白人の内側および外側腓腹動脈からの穿通枝の分布と内側腓腹動脈の穿通枝の解剖学的比較を明らかにしたので、アジア人においてこの皮弁の挙上を安全かつ簡単に実施できるはずである。
  • 内側腓腹動脈穿通枝皮弁を用いた膝周辺皮膚欠損の治療, 岡本 秀貴, 関谷 勇人, 小林 正明, 井口 普敬, 永谷 裕子, 後藤 英之, 水谷 潤, 渡辺 宣之, 野崎 正浩, 松下 廉, 山田 聡, 吉田 行雄, 久保田 雅仁, 千田 博也, 大塚 隆信, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 24, (4) 422 - 426,   2011年12月, 内側腓腹動脈穿通被皮弁を用いた膝周辺皮膚欠損の治療について検討した。皮膚欠損の原因は、人工膝関節量換術後の感染4例、外傷後下腿骨髄炎1例であった。皮弁の大きさは4×2〜23×5cmで、全例有茎皮弁として用いた。皮弁は全例でトラブルなく完全生着した。皮弁採取部は、4例では一期的縫縮が可能であったが、幅6cmを採取した症例では縫合が困難で遊離植皮を行った。この症例ではアキレス腱上での植皮の生着が悪く、皮弁採取部の創が治癒するのに20週を要した。
  • PIP関節鏡視のための伸筋腱側索と側副靱帯の関係, 岡本 秀貴, 関谷 勇人, 小林 正明, 井口 普敬, 永谷 祐子, 後藤 英之, 水谷 潤, 渡邊 宣之, 野崎 正浩, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 85, (8) S1344 - S1344,   2011年08月
  • 骨芽細胞におけるHSP27によるオステオカルシン産生制御, 加藤 賢治, 南谷 千帆, 夏目 英雄, 近藤 章, 水谷 潤, 小澤 修, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 85, (8) S1171 - S1171,   2011年08月
  • 骨芽細胞においてAMPKはp44/p42 MAPKを介してTGF-βによるVEGF産生を制御する, 水谷 潤, 夏目 英雄, 加藤 賢治, 近藤 章, 小澤 修, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 85, (8) S1170 - S1170,   2011年08月
  • 骨芽細胞においてRhoキナーゼはトロンビンによるIL-6産生を促進的に調整している, 近藤 章, 加藤 賢治, 夏目 英雄, 水谷 潤, 徳田 治彦, 小澤 修, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 85, (8) S1169 - S1169,   2011年08月
  • Wnt3aはtumor necrosis factor-α(TNF-α)によるIL-6産生を制御する, 夏目 英雄, 小澤 修, 徳田 治彦, 加藤 賢治, 近藤 章, 水谷 潤, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 85, (8) S1106 - S1106,   2011年08月
  • 内側腓腹動脈穿通枝皮弁を用いた膝周辺皮膚欠損治療, 岡本 秀貴, 関谷 勇人, 小林 正明, 井口 普敬, 永谷 裕子, 後藤 英之, 渡辺 宣之, 野崎 正浩, 水谷 潤, 松下 廉, 山田 聡, 大塚 隆信, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 24, (2) 173 - 173,   2011年07月
  • 骨粗鬆症を契機に発見されたクラインフェルター症候群の1例, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 南谷 千帆, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 加藤 岳史, 東海脊椎外科, 25,   2011年04月, 66歳男。腰痛が出現し、骨密度低値のため内服および注射治療を開始したが、誘因なく左肋骨骨折を生じ、治療継続にても骨密度の改善はなく、右股関節、左肋骨部痛も出現してきた。当科紹介受診し、胸椎・腰椎単純X線で第5・8・9胸椎に陳旧性圧迫骨折を、肋骨・股関節単純X線で左第8・9肋骨に陳旧性骨折を認めた。女性的な顔貌を呈していたため内科で内分泌検査を行ったところ、LH・FSHの高値、テストステロンの著明低下を認めた。ゴナドトロピンリリースホルモン負荷試験ではLH・FSHの反応は過大で性腺障害型のパターンがみられ、HCG負荷試験ではテストステロンは低反応で、原発性性腺機能低下症と診断した。性染色体検査を行ったところ、47XXYが56.7%、46XYが43.3%のモザイク型のKlinefelter症候群の診断が得られた。テストステロン補充療法としてエナント酸テストステロンの投与を開始したところ、約半年後の骨塩定量検査では正常範囲を下まわるものの著明な改善を認め、関節痛なども消失した。
  • 前方固定術後に後方固定を追加した腰椎結核性脊椎炎の1例, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 林 良美, 大塚 隆信, 東海脊椎外科, 25,   2011年04月, 72歳女。腰痛、左大腿外側部痛が出現し、近医で加療を受けるも改善しなかった。入院時の検査所見では中等度の炎症反応、ツベルクリン反応中等度陽性を認めた。MRIでL4/5椎間板部にT2強調像で高信号域を、T2強調像で均一な低信号域を認め、造影MRIでは一部が造影され、CTではL4/5椎体終板から椎体内に骨融解像を認めた。化膿性脊椎炎を疑い抗生剤を投与し、発熱および炎症反応は改善したが、腰痛および左大腿痛の改善はなく、座位・立位困難が継続したため前方掻爬骨移植術を施行し、椎間板および破壊されたL4・5椎体を掻爬して自家腸骨を移植した。術後3日の結核菌群核酸増幅同定で結核菌陽性が判明し、結核菌培養でM.tuberculosisが検出され、抗結核薬の投与を開始し3週間で陰性化した。術後1ヵ月半に再び左臀部痛が出現し、CTで移植骨の傾斜および圧潰を認め、術後2ヵ月にL3〜S1の後方固定術を追加した。骨脆弱性を考慮してS1スクリューはbi-corticalに刺入し、L4・L5にテクミロンテープによるsublaminar wiringを追加した。経過は良好で、再手術後1ヵ月で退院した。
  • 環軸椎固定術後に後頭環椎関節面が安定化する可能性がある, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 南谷 千帆, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 2, (3) 654 - 654,   2011年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症における動的脊柱管狭窄因子の定量的解析, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 南谷 千帆, 大塚 聖視, 大塚 隆信, Hansson Tommy, 日本整形外科学会雑誌, 85, (3) S674 - S674,   2011年03月
  • 刺入法別に比較した環椎外側塊スクリューを用いた環軸椎固定術の術後成績, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 南谷 千帆, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (春季学会) 169 - 169,   2011年03月
  • 脊椎内視鏡手術における術後血腫予防の工夫, 水谷 潤, 福岡 宗良, 鈴木 伸幸, 大塚 聖視, 南谷 千帆, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (春季学会) 167 - 167,   2011年03月
  • 【効かせる鍼灸の技】 竹筒灸 海外に広まる灸療法, 水谷 潤治, 鍼灸Osaka, 26・27, (4・1) 549 - 554,   2011年03月
  • PIP関節鏡視のための解剖学的検討 伸筋腱側索と側副靱帯の関係, 岡本 秀貴, 関谷 勇人, 小林 正明, 井口 普敬, 永谷 祐子, 後藤 英之, 水谷 潤, 渡辺 宣之, 野崎 正浩, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 85, (2) S156 - S156,   2011年02月
  • Vocabulary カテキン, 水谷 潤, 小澤 修, 整形外科, 62, (1) 72 - 72,   2011年01月
  • スパイナルドレナージの一工夫, 鈴木 伸幸, 福岡 宗良, 水谷 潤, 南谷 千帆, 大塚 聖視, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 53, (6) 1442 - 1442,   2010年11月
  • 東海地区における静脈血栓塞栓症に関する多施設調査, 坂野 真士, 須藤 啓広, 長谷川 正裕, 廣瀬 士朗, 森 将恒, 森 敦幸, 清水 孝志, 光山 浩人, 小林 正明, 水谷 潤, 星野 裕信, 中川 雅人, 小崎 直人, 内田 淳正, 佐藤 啓二, 清水 克時, 大塚 隆信, 山田 治基, 石黒 直樹, 臨床整形外科, 45, (9) 827 - 834,   2010年09月, 東海地区31施設において,抗凝固薬である合成Xa阻害薬の市販開始前1年間((1))と開始後1年間((2))の人工膝関節置換術((1)515件,(2)618件),人工股関節置換術/骨盤骨切り術((1)592件,(2)586件),股関節骨折手術((1)1,851件,(2)1,729件),脊椎手術((1)1,780件,(2)1,944件)における深部静脈血栓症(DVT)発生率,肺血栓塞栓症(PTE)発生率,予防法を調査した.股関節骨折の術後DVTは期間(2)で有意に減少していた(p<0.05).他の手術では術後DVTの有意な減少は認めなかった.全手術において術後症候性PTEに有意な減少はみられなかった.抗凝固薬によるPTE予防効果の検証のためさらなる症例収集と調査が必要と思われた.(著者抄録)
  • カテキンは骨芽細胞におけるsphingosine 1-phosphateによるHSP27誘導を抑制する, 水谷 潤, 小澤 修, 徳田 治彦, 夏目 英雄, 南谷 千帆, 加藤 賢治, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 84, (8) S1305 - S1305,   2010年08月
  • 骨芽細胞におけるtumor necrosis factor-α(TNF-α)により惹起されるinterleukin-6(IL-6)産生制御機構 p70 S6 kinaseの役割, 南谷 千帆, 小澤 修, 徳田 治彦, 加藤 賢治, 夏目 英雄, 水谷 潤, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 84, (8) S1304 - S1304,   2010年08月
  • Basic fibroblast growth factor(FGF-2)によるVEGF遊離におけるRho-kinaseの関与, 夏目 英雄, 小澤 修, 徳田 治彦, 加藤 賢治, 南谷 千帆, 水谷 潤, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 84, (8) S1036 - S1036,   2010年08月
  • 骨芽細胞におけるtransforming growth factor-β(TGF-β)によるheat shock protein 27(HSP27)誘導に対するRho-kinaseの役割, 南谷 千帆, 小澤 修, 徳田 治彦, 加藤 賢治, 夏目 英雄, 水谷 潤, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 84, (8) S1036 - S1036,   2010年08月
  • Tumor necrosis factor-α(TNF-α)によるIL-6産生におけるvasoactive intestinal peptideの相乗効果, 加藤 賢治, 小澤 修, 徳田 治彦, 夏目 英雄, 南谷 千帆, 水谷 潤, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 84, (8) S1035 - S1035,   2010年08月
  • 術後静脈血栓塞栓症の発生における季節変動 東海地区における多施設調査, 坂野 真士, 須藤 啓広, 長谷川 正裕, 廣瀬 士朗, 森 将恒, 森 敦幸, 清水 孝志, 光山 浩人, 小林 正明, 水谷 潤, 星野 裕信, 中川 雅人, 日本整形外科学会雑誌, 84, (4) S590 - S590,   2010年04月
  • 頸椎内視鏡下手術の成績, 柴山 元英, 高橋 育太郎, 川瀬 剛, 藤原 一吉, 川口 洋平, 太田 弘敏, 水谷 潤, 東海脊椎外科, 24,   2010年04月, 頸椎内視鏡下手術の成績を報告した。対象は頸部神経根症4例(男性2例、女性2例、平均年齢45歳)と頸椎症性脊髄症6例(男性4例、女性2例、平均年齢74.6歳)であった。1)頸部神経根症では、全例C7根の片側障害で、内視鏡下椎間孔開放術が行なわれた。手術時間は平均203分、出血量は平均120g、田中らの判定基準による評価(20点満点)は術前平均7.8点から17.0点に改善し、合併症はみられなかった。2)頸椎症性脊髄症では、片側侵入両側椎弓根切除の内視鏡下除圧術が行なわれた。手術時間は平均75分/1椎間、出血量は平均23gで、JOAスコア(17点満点)は術前平均7.0点から術後平均11.5点に改善し、改善率は45%であった。尚、合併症は棘突起骨折1例が認められたが、痛みはなく臨床経過に影響はなかった。
  • 脊椎内視鏡手術におけるpreclinical training, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 林 良美, 鈴木 伸幸, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 1, (4) 981 - 981,   2010年03月
  • 骨粗鬆性椎体骨折の自然経過, 鈴木 伸幸, Hansson Tommy, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 林 良美, 大塚 隆信, Journal of Spine Research, 1, (3) 325 - 325,   2010年03月
  • 4T1マウス担癌モデルに対する局所高周波温熱療法の遠隔転移抑制効果(Local Radio frequency Hyperthermia Inhibits the Growth of Primary Tumors and Lung Metastases In a 4Tl/luc Murlne Breast Cancer Model), 古谷 愛晴, 石黒 雅江, 岡田 秀親, 小島 清秀, 水谷 潤, 永谷 祐子, 大塚 隆信, Thermal Medicine, 26, (1) 19,(32) - 29,(32),   2010年03月, 高周波温熱療法(Radiofrequency hyperthermia、以下RF)は悪性腫瘍の治療法として広く用いられ効果を上げている。腫瘍の原発巣に対して温熱療法を行った症例の内、転移巣の縮小を見る症例がある。本研究ではマウスの担癌モデルを用いて、局所温熱療法による原発巣および転移巣の抗腫瘍効果を検討したので報告する。6週齢の雌BALB/cマウスの左下肢に4T1/lucマウス乳癌細胞を接種し、8MHzの高周波温熱治療器を用いて週2回、3週間の温熱治療を行った。また別のモデルとして腫瘍細胞接種後7日目に腫瘍中心部にドキソルビシン(doxorubicin、以下DXR)を注入し増殖を抑制したモデルを作成した。原発巣の腫瘍体積および重量の計測と転移巣の評価を組織学的に行う方法と、ルシフェラーゼによる蛍光活性を測定し評価した。担癌マウスで脾臓の腫大を認めたため、脾臓細胞内のリンパ球構成をフローサイトメトリーを用いて調べた。原発巣の腫瘍体積および重量は、RFを行った群とDXRを腫瘍内注入した群で共に抑制されていたが、肺転移は組織学的評価と蛍光活性を用いた評価とも、RFを行った群でのみ抑制されていた。今回の実験では肝転移は認められなかった。さらにRFを行った群では生存期間の有意な延長を認めた。脾臓細胞内のリンパ球構成では、RFを行った群でNK細胞数の有意な増加を認めた。以上の結果から高周波温熱療法単独で、腫瘍の縮小および肺転移の抑制効果が見られ、生存期間も有意に延長を認めた。その機序については脾臓内リンパ球のフローサイトメトリーの結果からNK細胞の関与が最も考えられた。(著者抄録)
  • 障害者にみられる足・趾の問題と対応 小児の足部変形--乳幼児の足部疾患(変形)とその対応, 和田 郁雄, 水谷 潤, 堀内 統, 総合リハビリテ-ション, 38, (2) 184 - 187,   2010年02月
  • 日本脊椎脊髄病学会アジアトラベリングフェロー : ベトナム・韓国訪問記, 水谷 潤, 日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society, 20, (4) 891 - 892,   2009年12月25日
  • ラロキシフェンが血小板微小凝集塊形成能を増強した一症例, 南谷 千帆, 大塚 隆信, 加藤 賢治, 夏目 英雄, 水谷 潤, 原田 敦, 小澤 修, 徳田 治彦, Osteoporosis Japan, 17, (Suppl.1) 196 - 196,   2009年09月
  • 4Tlマウス担癌モデルに対する高周波温熱療法の遠隔転移抑制効果, 古谷 愛晴, 石黒 雅江, 小島 清秀, 岡田 秀親, 水谷 潤, 永谷 祐子, 大塚 隆信, Thermal Medicine, 25, (3) 76 - 77,   2009年09月
  • 培養条件によるLactobacillus acidophilus L-92株の免疫調節作用への影響, 桑名 るみ子, 鷺谷 敦廣, 勘里 裕樹, 山本 直之, 水谷 潤, 日本生物工学会大会講演要旨集, 平成21年度,   2009年08月
  • 高齢者における頸椎骨密度に関する解析 QCTを用いて, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 林 良美, 長谷川 伸一, 村上 里奈, 加藤 賢治, 南谷 千帆, 夏目 英雄, 鈴木 信幸, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 83, (8) S1201 - S1201,   2009年08月
  • 骨芽細胞におけるタクロリムスによるFGF-2のVEGF産生増幅効果, 南谷 千帆, 小澤 修, 徳田 治彦, 加藤 賢治, 夏目 英雄, 水谷 潤, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 83, (8) S1097 - S1097,   2009年08月
  • 骨芽細胞におけるPGD2によるIL-6産生機序 Rhoキナーゼの関与, 加藤 賢治, 小澤 修, 徳田 治彦, 夏目 英雄, 南谷 千帆, 水谷 潤, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 83, (8) S1021 - S1021,   2009年08月
  • 骨芽細胞においてカテキンはPDGF-BBによるIL-6産生を抑制する, 水谷 潤, 小澤 修, 徳田 治彦, 加藤 賢治, 夏目 英雄, 南谷 千帆, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 83, (8) S1021 - S1021,   2009年08月
  • 骨芽細胞においてRho-kinaseはtransforming growth factor-βによるVEGF産生を制御する, 夏目 英雄, 水谷 潤, 徳田 治彦, 加藤 賢治, 南谷 千帆, 福岡 宗良, 小澤 修, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 83, (8) S1019 - S1019,   2009年08月
  • Transforming growth factor-βによるVEGF産生におけるRho-kinaseの関与, 夏目 英雄, 小澤 修, 加藤 賢治, 南谷 千帆, 水谷 潤, 大塚 隆信, 徳田 治彦, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 27回,   2009年07月
  • 【早産児の成長・発達の異常とその予防】 早産児の発達異常への対策とその限界 発達異常児に対するリハビリテーション的対応, 児島 久治, 米澤 昌子, 和田 郁雄, 石井 要, 水谷 潤, 堀内 統, 若林 健二郎, 村上 里奈, 大塚 隆信, 周産期医学, 39, (5) 659 - 663,   2009年05月
  • 内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術(MED法)における腰椎棘突起markingの検討, 堀田 功一, 宇佐美 平雄, 川崎 慎二, 長谷川 伸一, 水谷 潤, 千葉 剛裕, 東海脊椎外科, 23,   2009年04月, 内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術(MED)において腰椎棘突起markingを行った33症例(男性26例、女性7例、平均40歳)を対象に、腰椎棘突起marking法の有用性について検討した。対象の疾患別では腰椎椎間板ヘルニア:27例・腰部脊柱管狭窄症:4例・椎体後方終板障害:2例であり、手術高位はL3/4:3例・L4/5:15例・L5/S1:15例で、いずれも1椎間であった。その結果、手術時間は平均118分・術中出血量は27ml、術後在院日数は平均9.2日、JOAスコアは術前の11点から術後1週で22点、術後3ヵ月で25点に改善した。術前マーキングによるMED33例中マーキングピンが術中に棘突起から脱落した1例では、術中透視による高位確認を行ったが、残る32例では術中透視をすることなく手術を終了しいずれも高位誤認はなかった。以上より、十分な術前透視評価を行った上で、皮切中心の位置と、そこからの刺入角度に常に注意しながら手術を進めれば、棘突起marking法はMEDにおける高位確認の手段の一つとして有用なものになり得ると考えられた。
  • 新たに考案した環椎後弓スクリューの力学的妥当性, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 林 良美, 長谷川 伸一, 井上 望, 大塚 隆信, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 20, (1) 148 - 148,   2009年03月
  • 東海地区における静脈血栓塞栓症に関する多施設調査結果, 坂野 真士, 須藤 啓広, 長谷川 正裕, 廣瀬 士朗, 森 将恒, 森 敦幸, 清水 孝志, 光山 浩人, 小林 正明, 水谷 潤, 星野 裕信, 中川 雅人, 小崎 直人, 日本整形外科学会雑誌, 83, (2) S193 - S193,   2009年02月
  • 腰椎変性すべり症に対する単椎間除圧固定術の隣接椎間への影響, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 林 良美, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (1) 75 - 76,   2009年01月01日, L4変性すべり症に対しL4/5単椎間の除圧固定術を施行した20例(男5例・女15例・平均66.7歳)の成績を報告した。術後2年〜9年6ヵ月で、JOAスコアは術前平均13.9点から22.8点と有意に改善した。画像評価では、すべり椎間の%slipは18.6%から12.5%に、椎間角は6.3°から4.0°に減少したが、有意差はなかった。隣接椎間の椎間角は下位で、椎間板高は上・下位でわずかに減少した。腰椎全体の矢状面アライメントに変化はなかった。隣接椎間の変性の進行は7例に認め、上位の変性4例は3mm以上のすべりが3例、5°以上の後方開角1例であった。このうち2例は3mm以上の椎間板高の狭小化を伴っていた。下位の変性3例はいずれも3mm以上の椎間板高の狭小化であった。隣接椎間変性ありのJOAスコア改善率は47.2%、なしは63.3%であったが、有意差はなかった。上位隣接椎間障害ありの症例は隣接椎間障害なしの症例に比較して、調査時の固定椎間角が有意に小さかった。
  • 小児下肢障害に対する整形外科的アプローチの有用性と限界(2008年/第45回日本リハビリテーション医学会学術集会/横浜), 和田 郁雄, 石井 要, 関谷 勇人, 福岡 宗良, 多和田 忍, 堀内 統, 水谷 潤, 若林 健二郎, 大塚 隆信, リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌, 45, (11) 720 - 727,   2008年11月18日
  • 小児下肢障害に対する整形外科的アプローチの有用性と限界, 和田 郁雄, 石井 要, 関谷 勇人, 福岡 宗良, 多和田 忍, 堀内 統, 水谷 潤, 若林 健二郎, 大塚 隆信, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 45, (11) 720 - 727,   2008年11月
  • 感染性心内膜炎に起因する多発性脳出血を併発した開心術後例にたいする運動療法の経験, 山下 豊, 堀場 充哉, 田中 照洋, 水谷 潤, 和田 郁雄, 鈴木 章古, 東海北陸理学療法学術大会誌, 24回,   2008年10月
  • PGF2α刺激によるIL-6産生におけるRhoキナーゼの関与, 南谷 千帆, 小澤 修, 足立 政治, 夏目 英雄, 水谷 潤, 大塚 隆信, 徳田 治彦, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 26回,   2008年10月
  • 腰椎変性すべり症に対する単椎間除圧固定術後の隣接椎間への影響, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 林 良美, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (秋季学会) 71 - 71,   2008年09月
  • 骨芽細胞においてカテキンはFGF-2によるIL-6産生を抑制する, 水谷 潤, 小澤 修, 徳田 治彦, 南谷 千帆, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 82, (8) S1263 - S1263,   2008年08月
  • 骨芽細胞におけるPGF2αによるIL-6産生機構 Rhoキナーゼの役割, 南谷 千帆, 小澤 修, 徳田 治彦, 水谷 潤, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 82, (8) S1262 - S1262,   2008年08月
  • ラット下肢虚血再還流障害に対するfree radical scavenger、edaravoneの効果, 相良 学爾, 荻久保 修, 水谷 潤, 大塚 隆信, 岡田 秀親, 多田 豊曠, 日本整形外科学会雑誌, 82, (8) S1225 - S1225,   2008年08月
  • 4T1/lucマウス乳癌モデルに対する高周波温熱療法の抗腫瘍効果, 古谷 愛晴, 石黒 雅江, 岡田 秀親, 小島 清秀, 水谷 潤, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 82, (8) S1173 - S1173,   2008年08月
  • 骨芽細胞におけるFGF-2によるVEGF産生のPDGF-BBによる増幅効果, 水谷 潤, 小澤 修, 徳田 治彦, 南谷 千帆, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 82, (8) S1160 - S1160,   2008年08月
  • 骨芽細胞におけるFGF-2によって惹起されるIL-6産生のp70 S6キナーゼによる制御, 南谷 千帆, 小澤 修, 徳田 治彦, 水谷 潤, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 82, (8) S1160 - S1160,   2008年08月
  • 新しい環椎後弓スクリューの力学的妥当性 経後弓法、直接法、軸椎椎弓根スクリューとの比較, 水谷 潤, 井上 望, 古谷 愛晴, 長谷川 伸一, 大塚 嘉久, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 82, (8) S999 - S999,   2008年08月
  • 環椎外側塊前面における内頸動脈走行の三次元的検討, 村上 里奈, 井口 普敬, 水谷 潤, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 82, (8) S997 - S997,   2008年08月
  • 肥厚黄色靱帯内におけるアミロイドの沈着, 荻久保 修, 福岡 宗良, 水谷 潤, 林 良美, 大塚 隆信, 竹内 圭介, 大久保 岩男, 山本 好男, 日本整形外科学会雑誌, 82, (8) S985 - S985,   2008年08月
  • 腰部脊柱管狭窄症における黄色靱帯肥厚の機序解明の一考察, 林 良美, 荻久保 修, 福岡 宗良, 水谷 潤, 大塚 隆信, 竹内 圭介, 大久保 岩男, 山本 好男, 日本整形外科学会雑誌, 82, (8) S985 - S985,   2008年08月
  • 脳底動脈の高度狭窄や感染症の併発による血行力学的問題によって離床に長期間を要した橋梗塞の一例, 堀場 充哉, 山下 豊, 村上 里奈, 水谷 潤, 和田 郁雄, 山田 健太郎, 愛知県理学療法学会誌, 20, (1) 90 - 91,   2008年04月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡下除圧術, 柴山 元英, 高橋 育太郎, 長尾 沙織, 川瀬 剛, 長谷川 一行, 藤原 一吉, 太田 弘敏, 水谷 潤, 東海脊椎外科, 22, (1) 104 - 105,   2008年04月, 術後3ヵ月以上観察し得た腰部脊柱管狭窄症25例(男17例、女8例、平均69歳)を対象に、内視鏡下除圧術の短期成績について報告した。手術レベルはL2/3が2例、L3/4が4例、L4/5が13例、L3/4/5が6例であった。手術はMETRxシステムを用い、片側進入で対側まで除圧し、両側の神経根の除圧を確認、2椎間の症例も同一皮切で手術した。JOAスコアは平均14.4±2.3点が平均25.3±3.1点に改善し改善率は74%であった。手術時間は1椎間あたり156±35分と長め、出血量は68±20gと少なかった。術後経過は離床まで平均1.2±0.2日、退院まで平均14.5±2.3日であった。合併症はopen conversionが5例(オリエンテーション喪失3例、硬膜損傷2例)、除圧不足で再手術が2例あったが神経症状を残したものはなかった。良好な短期成績が得られたが技術的に困難さがあり注意が必要と思われた。
  • 内視鏡下ヘルニア摘出術の初期経験, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 林 良美, 大塚 隆信, 柴山 元英, 千葉 剛裕, 二村 彰人, 井上 義夫, 堀田 功一, 東海脊椎外科, 22, (1) 83 - 84,   2008年04月
  • 環椎外側塊スクリューの後弓刺入法の有用性 : 生体力学試験および内頸動脈損傷に対する解剖学的検討結果から, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 林 良美, 大塚 隆信, 日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society, 19, (2) 485 - 485,   2008年03月20日
  • 環軸椎亜脱臼に対する環椎外側塊スクリューを用いた環軸椎固定術の初期成績, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 林 良美, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (春季学会) 60 - 60,   2008年03月
  • 環椎外側塊スクリューの有用性と問題点 臨床成績、生体力学試験、解剖学的分析, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 林 良美, 井上 望, 柴山 元英, 堀田 功一, 長谷川 伸一, 桜井 公也, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 82, (2) S59 - S59,   2008年02月
  • 「ラクトトリペプチド(VPP、IPP)」を含有するタブレットの長期摂取が正常高値血圧者および軽症高血圧者に及ぼす影響, 石田 優, 鷺谷 敦廣, 金子 京子, 中村 康則, 水谷 潤, 渡邉 美和子, 佐藤 精一, 塩谷 順彦, 増田 治, 薬理と治療, 35, (12) 1249 - 1260,   2007年12月, ラクトトリペプチド(VPP,IPP)は軽症及び正常高値血圧者に対して血圧降下作用を示す。ラクトトリペプチドの安全性評価を目的として、ラクトトリペプチド含有タブレットを12週間連続投与する二重盲検試験を行った。正常高値血圧者及び軽症高血圧者、計111名(男68名、女43名、平均50.8±8.7歳)を対象として、1日4粒(約1.4g)のラクトトリペプチドタブレットを摂取する試験群と、等量のプラセボタブレットを摂取する対照群に分け、12週間連続摂取させた。試験群において摂取4週間後以降に収縮期血圧の有意な低下がみられ、対照群との比較では試験群の方が2週間後以降有意に低値を示した。血液検査・尿検査・問診において異常はみられなかった。ラクトトリペプチド含有タブレットは軽症及び正常高値血圧者に対して適度な降圧作用を示し、安全性にも優れていることが示唆された。
  • ドキッとした症例・困難症例の報告(形成外科・小児・神経) 腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡下除圧術の失敗例, 柴山 元英, 水谷 潤, 日本内視鏡外科学会雑誌, 12, (7) 332 - 332,   2007年11月
  • 食事指導実施又はラクトトリペプチド(LTP)摂取が血管に及ぼす影響, 足立 香代子, 徳永 圭子, 桑名 るみ子, 中村 哲平, 水谷 潤, 中村 康則, New Diet Therapy, 23, (2) 183 - 183,   2007年10月
  • 整形外科的基本技術 処置編 腱縫合術 下肢(足部), 和田 郁雄, 関谷 勇人, 堀内 統, 水谷 潤, 若林 健二郎, 大塚 隆信, Journal of Clinical Rehabilitation, 16, (10) 946 - 949,   2007年10月
  • 心原性脳塞栓症の運動機能の回復 出血性梗塞の程度に着目して, 堀場 充哉, 山田 健太郎, 山下 豊, 石井 文康, 水谷 潤, 和田 郁雄, 東海北陸理学療法学術大会誌, 23回,   2007年09月
  • 急性冠症候群離床期における200m歩行後の運動後心拍数減衰(T30)に関連する因子 β遮断薬非投与例における検討, 山下 豊, 堀場 充哉, 水谷 潤, 和田 郁雄, 坂田 成一郎, 東海北陸理学療法学術大会誌, 23回,   2007年09月
  • 運動負荷による筋腱移行部の超微形態学的変化, 小島 洋, 和田 郁雄, 水谷 潤, 堀内 統, 曽爾 彊, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 81, (8) S1042 - S1042,   2007年08月
  • 環椎外側塊スクリュー刺入における生体力学的および解剖学的検討, 水谷 潤, 井上 望, 大塚 嘉久, 福岡 宗良, 荻久保 修, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 81, (8) S1028 - S1028,   2007年08月
  • 環椎外側塊スクリュー刺入における内頸動脈損傷の可能性 解剖学的画像解析, 村上 里奈, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 小島 洋, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 81, (8) S1027 - S1027,   2007年08月
  • 頸椎スクリュー固定の三次元実体モデルを用いた術前評価, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 林 良美, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 81, (8) S1027 - S1027,   2007年08月
  • 心室性頻拍をβ遮断薬によりコントロールしリハをすすめた症例における心拍数減衰応答(T30)を用いた副交感神経活動評価の試み, 山下 豊, 坂田 成一郎, 堀場 充哉, 水谷 潤, 和田 郁雄, 愛知県理学療法士会誌, 19, (2) 93 - 96,   2007年06月, 60代男。胸部人工血管置換術を施行後、呼吸不全、脊髄梗塞などの術後合併症によりICU長期管理となった。ICU在室中に心室性頻拍が複数回認め、抗不整脈薬でコントロールしていたが、コントロール不良なときには除細動で対応した。β遮断薬投与前後に運動後、心拍数減衰応答(T30)を用いて評価した。T30はβ遮断薬投与前に903、投与後に423へと変化した。ホルター心電図から心拍変動解析を行い、副交感神経活動の指標とされるHF成分の平均振幅とパワースペクトルはβ遮断薬投与前に13.1ms、3.04125ms2、投与後に18.8ms、5.77719ms2へとそれぞれ変化した。T30の変化は心拍変動解析によるHF成分の変化と一致し、T30は副交感神経活動を反映しうると考えられた。
  • 脊椎手術におけるナビゲーションの使用経験, 加藤 賢治, 山田 邦雄, 高田 直也, 波頭 経俊, 鈴木 浩之, 石黒 義章, 西野 正洋, 吉田 雅人, 村瀬 熱紀, 近藤 章, 水谷 潤, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (3) 555 - 555,   2007年05月
  • 視床出血後の低負荷運動において著明な収縮期血圧の上昇を呈し退院後に不良な転帰を迎えた1例, 山下 豊, 和田 郁雄, 水谷 潤, 堀場 充哉, 臨床運動療法研究会誌, 9, (1) 57 - 57,   2007年04月
  • 椎弓根スクリューを用いた椎骨動脈異常に対する安全な環軸椎固定術, 松原 健, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 林 良美, 大塚 隆信, 東海脊椎外科, 21,   2007年04月
  • 脳出血における離床訓練時の血圧に影響する因子(第1報), 山下 豊, 堀場 充哉, 石井 文康, 水谷 潤, 和田 郁雄, 大塚 隆信, 愛知県理学療法士会誌, 19, (1) 40 - 41,   2007年03月
  • 内視鏡視下ヘルニア摘出術(MED)におけるPreclinical Trainingの重要性 初期合併症を軽減させるための最良の方策は何か, 水谷 潤, 福岡 宗良, 柴山 元英, 荻久保 修, 林 良美, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 81, (3) S48 - S48,   2007年03月
  • 軸椎椎弓内screwあるいは軸椎椎弓根screwに環椎外側塊screwを組み合わせた環軸椎固定術, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 林 良美, 大塚 隆信, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 18, (1) 135 - 135,   2007年03月
  • MEDの初期合併症軽減のためのpreclinical training トレーニング別術者間比較, 水谷 潤, 柴山 元英, 福岡 宗良, 荻久保 修, 林 良美, 大塚 隆信, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 18, (1) 90 - 90,   2007年03月
  • 前方固定術を行った頸椎形質細胞腫の1例, 林 良美, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 大塚 隆信, 堀田 功一, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (1) 185 - 185,   2007年01月
  • 【周産期の整形外科・形成外科】 リハビリテーション 脳性麻痺における運動機能障害とリハビリテーション的対応, 和田 郁雄, 水口 静子, 堀内 統, 若林 健二郎, 水谷 潤, 大塚 隆信, 周産期医学, 36, (11) 1453 - 1460,   2006年11月
  • 心原性脳塞栓症のリスク管理 出血性梗塞と再梗塞発症に着目して, 堀場 充哉, 山下 豊, 石井 文康, 水谷 潤, 和田 郁雄, 大塚 隆信, 小鹿 幸生, 東海北陸理学療法学術大会誌, 22回,   2006年10月
  • 急性心筋梗塞離床期における200m歩行後の心拍数減衰応答(T30), 山下 豊, 堀場 充哉, 石井 文康, 水谷 潤, 和田 郁雄, 大塚 隆信, 坂田 成一郎, 東海北陸理学療法学術大会誌, 22回,   2006年10月
  • 「ラクトトリペプチド(VPP,IPP)」を含有するタブレットの正常血圧者および高血圧者に対する過剰摂取時の安全性, 石田 優, 相原 浩太郎, 鷺谷 敦廣, 金子 京子, 水谷 潤, 中村 佳代, 志村 徳郎, 矢ヶ崎 喜三郎, 中村 康則, 薬理と治療, 34, (10) 1107 - 1117,   2006年10月, カゼイン酵素分解物であるラクトトリペプチドは自然発症高血圧ラットに対する血圧降下作用を示す。ラクトトリペプチドを含むタブレットを開発し、このタブレットを過剰摂取した際の安全性について検討した。対象は正常血圧者〜軽症高血圧者54名で、本タブレットの摂取目安量の5倍量を4週間連続摂取させ、血圧、脈拍、血液・尿検査及び有害事象の有無を検討した。本試験はプラセボ対照二重盲検並行群間比較法で実施した。試験の結果、軽度の血圧降下作用が観察されたが急激又は過度な血圧低下は認められず、正常血圧者では過剰摂取による血圧変動は認められなかった。また、本タブレットに起因する有害事象は認められなかった。以上より、ラクトトリペプチドを含有する本タブレットは、過剰に摂取しても安全と思われた。
  • 後弓刺入環椎外側塊スクリューに関する解剖学的検討, 水谷 潤, 小島 洋, 福岡 宗良, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 80, (8) S919 - S919,   2006年08月
  • 脊椎・脊髄神経手術手技 環椎外側塊スクリューを用いた環軸椎固定術, 水谷 潤, 福岡 宗良, 二村 彰人, 波頭 経俊, 大塚 隆信, 脊椎・脊髄神経手術手技, 8, (1) 147 - 149,   2006年08月, 環軸椎固定術を施行した関節リウマチ環軸椎亜脱臼5例(男1例・女4例・平均59歳)の成績を報告した。術前Ranawat分類ではRanawat neurological deficit class Iが4例、IIIBが1例で、Ranawat pain gradeは1が4例、2が1例であった。手術方法はpolyaxial screwを用いて軸椎椎弓根スクリュー、環椎外側塊スクリューを刺入し、ロッドで締結した。環椎外側塊スクリューは基本的にTanらの方法に準じ、環椎後弓から刺入した。術後6ヵ月以上の経過観察で、矯正損失はなく、全例後頸部痛は消失し、Ranawat pain gradeは0に改善した。
  • リウマチ性頸椎病変の治療をどうするか? 環軸椎亜脱臼に対する固定術:最近の知見から, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 林 良美, 柴山 元英, 佐多 和仁, 大塚 隆信, 関節の外科, 33, (2) 44 - 44,   2006年07月
  • 好酸球性肉芽腫が疑われた小児頸椎破壊性病変の1例-生検せず10年間経過観察した1例, 柴山 元英, 高橋 育太郎, 川端 哲, 長谷川 一行, 太田 弘敏, 水谷 潤, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 80, (6) S750 - S750,   2006年06月
  • 関節リウマチ環軸椎亜脱臼に対する3次元実体モデルを用いた術前計画, 水谷 潤, 福岡 宗良, 二村 彰人, 波頭 経俊, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (3) 579 - 580,   2006年05月01日, 後弓直接刺入環椎外側塊スクリューを用いて環軸椎固定術を行い,三次元実体モデルを作成した5例を対象に,その有用性について検討した.DICOMデータを基に三次元実体モデルを作成し,1症例においては造影CTを基に椎骨動脈の情報付きのモデルと動脈なしのモデルを作成した.その結果,全例で二次元CT画像のみに基づいたスクリュー刺入法の検討よりも刺入点および刺入方向の決定に有用であった.特に,環椎外側塊スクリューが後弓から直接刺入可能であるか否か,椎骨動脈損傷がなく軸椎椎弓根スクリュー刺入が可能であるかの判断に有用であった.又,椎骨動脈付きモデルでは椎骨動脈と横突孔との分離ができず,あまり有用ではなかった
  • 後弓刺入環椎外側塊スクリュー、軸椎椎弓根スクリューを用いた環軸椎固定術, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 二村 彰人, 波頭 経俊, 大塚 隆信, 日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society, 17, (1) 224 - 224,   2006年03月20日
  • 関節リウマチの頸椎病変/関節リウマチの脊椎病変 関節リウマチにおける頸椎病変 人工関節置換術施行との関連について, 林 良美, 山田 邦雄, 高田 直也, 石黒 義章, 今泉 司, 福岡 宗良, 水谷 潤, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 50回・15回,   2006年03月
  • 関節リウマチの頸椎病変/関節リウマチの脊椎病変 関節リウマチ頸椎手術に対する3次元実体モデルの有用性, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 松原 健, 田中 信彦, 大塚 隆信, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 50回・15回,   2006年03月
  • 深部筋群再建型スペーサーを用いた脊柱管拡大術後深部筋群の経時的変化, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 二村 彰人, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 80, (3) S75 - S75,   2006年03月
  • 脊椎外科における3次元実体モデルの使用経験, 松原 健, 水谷 潤, 福岡 宗良, 二村 彰人, 田中 信彦, 東海脊椎外科, 20,   2006年03月, CT画像に基づき3次元実体モデルを作成して術前評価を行った5例のうち3例を提示した.症例1(53歳女)は関節リウマチによる垂直脱臼を認めた.3次元実体モデルでは,歯突起の頭蓋底嵌入の様子がよく分り,軸椎椎弓根の太さや椎骨動脈との位置関係が,実際の大きさで,立体的に把握できた.手術は後頭骨頸椎固定術を施行した.症例2(64歳男)はChiari I型奇形による脊髄空洞症および頸椎症性脊髄症を認めた.実体モデルにより,大後頭孔拡大術の最重要ポイントである大孔部側縁の十分な骨切除範囲の評価や,Chiari奇形に伴うことの多い後頭蓋窩の低形成の様子が,実物大,且つ立体的に評価可能であった.症例(62歳男)は中位胸椎レベルに胸椎黄色靱帯骨化症による脊髄の高度圧迫を認めた.実体モデルを椎弓部分であらかじめ切離して腹側から骨化部分を立体的に正確に把握した後,再度,背側から全体像を俯瞰して適切な切除範囲を策定した
  • 環椎外側塊スクリュー,軸椎椎弓根スクリューを用いた環軸椎固定術の小経験, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 二村 彰人, 波頭 経俊, 大塚 隆信, 東海脊椎外科, 20,   2006年03月, 関節リウマチ環軸椎亜脱臼3例に対し,環椎外側塊スクリュー,軸椎椎弓根スクリュー(C1C2法)を用いた環軸椎固定術を行った.スクリュー刺入に際しては側面透視を用い,環椎では環椎後弓を介して刺入した.軸椎では椎弓上縁をメルクマールとして,椎弓根内縁を神経ベラで確認しつつ,上縁より少し尾側から刺入した.症例1(50歳女)はRanawat neurological deficit class(RNC) I,pain grade(PG) 2であった.X線で整復性の環軸椎亜脱臼を認め,C1C2法による環軸椎固定術を行った.術中出血量は40gであった.術後疼痛は消失し,PG 0となった.症例2(65歳女)はRNC II,PG 3で,High-riding VAを認め,Mergerl法に代表されるtrans-articular法では不可能な症例であった.出血量は120gで,術後PG 0に改善した.症例3875歳男9はRNC IIIA,PG 2であった.軸椎下病変も併存しており,同時に脊柱管拡大術も行った.術中出血量は120gで,術後疼痛は消失した
  • 3次元実体モデルを用いた頸椎スクリューの術前計画, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 二村 彰人, 大塚 隆信, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 17, (1(2/2)) 417 - 417,   2006年03月
  • 後方固定術を行った歯突起骨折の小児例, 小島 洋, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 二村 彰人, 波頭 経俊, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (1) 200 - 200,   2006年01月
  • RA環軸椎固定への C1 lateral mass, C2 pedicle screw fixation の適用, 水谷 潤, 福岡 宗良, 二村 彰人, 波頭 経俊, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (6) 1003 - 1004,   2005年11月01日, 環椎外側塊スクリュー,軸椎椎弓根スクリュー(C1C2法)を用いた環軸椎固定術を施行した関節リウマチ環軸椎亜脱臼5例について検討した.術前Ranawat分類ではRanawat neurological deficit class Iが4例,class IIIBが1例で,pain gradeに関してはgrade 1が4例,2が1例であった.術前計画にはCT画像で作成した三次元実体モデルを用い,非常に有用であった.各例毎にスクリュー刺入点,刺入方向を詳細に検討し,Tanらの方法に準じて環椎後弓を介してスクリューを刺入した.最短術後経過は3ヵ月で,全例矯正損失なく経過良好である
  • 関節リウマチ環軸椎亜脱臼に対する3次元実体モデルを用いた術前計画, 水谷 潤, 福岡 宗良, 二村 彰人, 波頭 経俊, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (秋季学会) 160 - 160,   2005年10月
  • 下肢のスポーツ障害とリハビリテーション アキレス腱炎, 和田 郁雄, 加藤 文之, 堀内 統, 若林 健二郎, 水谷 潤, 古山 誠也, 草部 拓馬, 大塚 隆信, Journal of Clinical Rehabilitation, 14, (8) 752 - 757,   2005年08月
  • 臨床室 保存的に治療しえた大腿コンパートメント症候群の1例, 大塚 嘉久, 水谷 潤, 堀内 統, 整形外科, 56, (7) 806 - 808,   2005年07月
  • 頸椎椎弓根スクリュー固定の小経験, 林 良美, 山田 邦雄, 高田 直也, 鈴木 浩之, 石黒 義章, 山岸 洋介, 小林 真, 生田 憲史, 多和田 兼章, 村瀬 熱紀, 水谷 潤, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (4) 802 - 803,   2005年07月
  • 保存的に治療しえた大腿コンパートメント症候群の1例, 大塚 嘉久, 水谷 潤, 堀内 統, 二村 彰人, 大塚 隆信, 整形外科, 56, (7) 806 - 808,   2005年07月, 17歳男.左大腿に極めて強い腫脹,緊満感と,著明な圧痛を認めた.大腿周囲径は右56cm,左61cmで,Whitesides法による筋内圧測定では健側10mmHgに対して左60mmHgであった.CTでは中間広筋内の巨大な血腫と,左大腿前方区画の著しい腫脹を認めた.以上よりコンパートメント症候群と診断し,保存的治療で軽快した.2週間後に残存する血腫除去を小切開で施行し,術後6週の時点で膝関節は可動域(ROM)制限,疼痛共に全くなく,支障なくスポーツ活動に復帰した
  • 心原性脳塞栓症のリスク管理(第2報), 堀場 充哉, 村松 直子, 水谷 潤, 和田 郁雄, 山田 健太郎, 山脇 健盛, 小鹿 幸生, 愛知県理学療法士会誌, 17, (2) 72 - 73,   2005年06月
  • 環椎外側塊スクリューを用いたリウマチ頸椎病変固定術, 水谷 潤, 福岡 宗良, 二村 彰人, 古山 誠也, 堀田 功一, 大塚 隆信, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 16, (1) 257 - 257,   2005年05月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する新しいQOL調査票の開発, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 二村 彰人, 古山 誠也, 大塚 隆信, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 16, (1) 180 - 180,   2005年05月
  • 後頸部筋伸群再建型スペーサーによる頸部脊柱管拡大術 Dynamic stabilizerとしての伸筋群, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 二村 彰人, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (3) 487 - 488,   2005年05月, 後頸部伸筋群再建型スペーサーによる頸部脊柱管拡大術の短期成績を検討した.対象は,術後1年以上でMRI撮像可能であった深部伸筋群再建型スペーサーを用いて脊柱管拡大術を行った23例(男性10例,女性13例・平均年齢61.9歳)であった.1)C2-7角は術前13.1°が術後12.3°と94%に保持され,術後後彎変形を来した症例はなかった.2)可動域は50.1°が42.1°と84%に保たれていた.3)JOA scoreは術後平均13.5点に改善し,後頸部のこわばり感を3例に認めたが,日常生活や就労に問題はなかった.4)C2 shift distanceは術前に比し前方へ約5mm増大していた.MRIではgood 4例,fair 7例,poor 2例で再建伸筋群は温存されていた.棘突起長はC3で術前の121%,C4で110%,C5で118%,C6で94%,C7で80%とC3〜C5で術前より長くなっていた
  • RA環軸椎亜脱臼に対するBrooks法の術後成績, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 二村 彰人, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (3) 453 - 454,   2005年05月, 関節リウマチ(RA)環軸椎亜脱臼(AAS)に対するBrooks法の術後成績を検討した.対象は術後1年以上経過観察できた10例(全例女性,平均年齢55歳)で,RA罹病期間は平均19年,術後経過観察期間は平均58ヵ月であった.1)疼痛gradeは,術前0:1例,1:1例,2:8例,術後は0:8例,1:1例,2:1例,最終時では9例で術後のgradeが維持され,1例は術前のgradeに戻っていた.2)神経学的classは,術前I:4例,II:6例,術後はclass IIの2例で改善したが,残りは術前と同じであった.3)垂直亜脱臼は術前から最終時まで殆ど変化はなく,頸椎前彎度は術前25.8°,術後23.0°,最終時18.6°と減少していた.4)軸椎下亜脱臼(SAS)は術前4例に認め,うち1例は術後進行したが,他の3例は最終時まで不変であった.また,経過中2例で新たなSAS出現を認め,2例(SAS進行例,偽関節例)に神経症状悪化で再手術を行った.最終時に9例で骨癒合が得られた
  • 274 心原性脳塞栓症患者に対する早期リハビリテーションとリスク管理-離床訓練時の出血性梗塞と再梗塞発症に着目して : 神経系理学療法7, 堀場 充哉, 村松 直子, 水谷 潤, 和田 郁雄, 山田 健太郎, 山脇 健盛, 小鹿 幸生, 理学療法学, 32,   2005年04月20日
  • 関節リウマチ環軸椎病変に対する環椎外側塊スクリューの有用性, 水谷 潤, 福岡 宗良, 二村 彰人, 古山 誠也, 堀田 功一, 大塚 隆信, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 49回・14回,   2005年04月
  • 心原性脳塞栓症患者に対する早期リハビリテーションとリスク管理 離床訓練時の出血性梗塞と再梗塞発症に着目して, 堀場 充哉, 村松 直子, 水谷 潤, 和田 郁雄, 山田 健太郎, 山脇 健盛, 小鹿 幸生, 理学療法学, 32, (Suppl.2) 137 - 137,   2005年04月
  • RA環軸椎固定へのC1 lateral mass,C2 pedicle screw fixationの適用, 水谷 潤, 福岡 宗良, 二村 彰人, 古山 誠也, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (春季学会) 120 - 120,   2005年04月
  • GAP JUNCTIONAL NETWORK IN RAT DORSAL ROOT GANGLION : LOCALIZATION OF GAP JUNCTIONS IN DORSAL ROOT GANGLION AND CHANGES IN THEIR NUMBER AFTER PERIPHERAL AXOTOMY, 古山 誠也, 水谷 潤, 大塚 隆信, 和田 郁雄, 福岡 宗良, 佐久間 英輔, 大塚 嘉久, ハーバート ディモン, 曽爾 彊, Nagoya medical journal, 47, (2) 93 - 102,   2005年03月28日, Gap junctions are specialized areas of the cell membrane that connect neighboring cells and synchronize electrical and metabolic communication between cells. Recently their presence between the satellite cells in spinal ganglia was reported using electron microscopy or dye injection. It is still unknown how gap junctions contribute to satellite cell function. We sought to identify the distribution of gap junctions in dorsal root ganglia (DRG) as well as the changes in their numbers after peripheral axotomy to aid in identifying their function. In this study, we used immunohistochemistry to examine the distribution of gap junctions in dorsal root ganglia of the adult rat and compared the number in operated groups (two weeks after peripheral axotomy) with a non-operated group. Gap junctions were positive for connexin 43 and were distributed nonuniformly over the DRG. We found that the junctions tended to assemble together and increased after peripheral axotomy. These results suggest that the satellite cells might form a network via gap junctions.
  • ラット後根神経節のギャップジャンクションネットワーク 脊髄神経節におけるギャップジャンクションの局在と末梢軸索切断術後の数の変化(GAP JUNCTIONAL NETWORK IN RAT DORSAL ROOT GANGLION: LOCALIZATION OF GAP JUNCTIONS IN DORSAL ROOT GANGLION AND CHANGES IN THEIR NUMBER AFTER PERIPHERAL AXOTOMY), 古山 誠也, 水谷 潤, 大塚 隆信, 和田 郁雄, 福岡 宗良, 佐久間 英輔, 大塚 嘉久, ディモン・ハーバート, 曽爾 彊, Nagoya Medical Journal, 47, (2) 93 - 102,   2005年03月, ギャップジャンクションは近接細胞と接続する細胞膜の特別な区域であり,細胞間の電気的,代謝的伝達を同期化する役割を有する.成熟雄ラットを用い,免疫組織化学的に後根神経節におけるギャップジャンクションの分布を検索し,また,末梢軸索切断術後2週間経過時点でのギャップジャンクションの数の変化を非切断術群との比較により検討した.ギャップジャンクションはニューロン付随細胞のコネキシン43に対して陽性を示し,脊髄神経節全体に不均一に分布していた.ジャンクションは集合傾向を有し,末梢軸索切断術後には増加することが示された.後根神経節の付随細胞はギャップジャンクションを介したネットワークを形成する可能性が示唆された
  • 第2世代椎弓スペーサー(深部伸筋群再建型)を用いた頸部脊柱管拡大術の術後成績, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 二村 彰人, 古山 誠也, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 79, (3) S127 - S127,   2005年03月
  • 黄色靱帯骨化を合併した頸胸椎後縦靱帯骨化症に対して後方除圧固定術を行った1例, 二村 彰人, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 古山 誠也, 大塚 隆信, 東海脊椎外科, 19,   2005年03月, 52歳女性.患者は両下肢のしびれ感から歩行障害が出現し近医を受診,CT・MRIで頸胸椎後縦靱帯骨化症(OPLL)および胸椎の黄色靱帯骨化(OYL)を認めたが,症状の悪化で歩行不能となり紹介入院となった.起立・歩行は不能で,両下肢の深部腱反射亢進,両側のankle clonus,両下肢筋力低下,両側の鼠径部から末梢の知覚過敏を認めた.X線ではC6からTh9までの連続型のOPLLを認め,CTではTh5/6,Th7/8,Th9/10にOYLの合併を認めた.更にMRIでは多椎間にわたる脊髄の圧迫を認め,特にTh7/8,Th9/10で著明であった.後方進入による手術を選択し,頸部脊柱管拡大術,胸椎椎弓切除術にinsutrumentationによる胸椎後方固定術を行った結果,摘出標本では,アザン染色で青く染まる正常黄色靱帯内に赤色の骨化部分を不規則に認めた.術後1年経過現在,杖歩行が可能となった
  • 胸椎部神経腸管嚢腫の1例, 古山 誠也, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 二村 彰人, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (1) 207 - 208,   2005年01月
  • 深部伸筋群再建型スペーサーによる頸部脊柱管拡大術dynamic stabilizerとしての伸筋群, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 二村 彰人, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (秋季学会) 144 - 144,   2004年10月
  • RA環軸椎亜脱臼に対するBrooks法の術後成績, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 二村 彰人, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (秋季学会) 135 - 135,   2004年10月
  • ラット末梢神経切断による後根神経節satellite cellギャップ結合の変化, 古山 誠也, 水谷 潤, 和田 郁雄, 福岡 宗良, 曽 璽彊, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 78, (8) S1127 - S1127,   2004年08月
  • 【内科医が診るしびれと痛み】 内科医が知っておきたい整形外科的疾患の診断のポイント 腰椎病変, 水谷 潤, Medicina, 41, (8) 1306 - 1309,   2004年08月
  • 第4腰椎変性すべり症に対する全周性固定術の検討, 荻久保 修, 福岡 宗良, 水谷 潤, 二村 彰人, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (4) 819 - 820,   2004年07月01日, 2002〜2003年に手術を施行した第4腰椎変性すべり症患者15例中,75歳以下で,椎間板8mm以下,明らかな終板の硬化・変性がなく,血管性病変既往がない,大動脈石灰化を認めない7例(男2例・女5例,平均69歳)を対象に全周性固定術について検討した.後側方固定術にImpaction PLIF cageを用いたPLIFを同時に行う全周性固定術の短期成績は良好であった.本法はすべり矯正,椎間板高の回復において有効な方法と思われ,骨癒合についても期待できる方法と思われた.手術手技が煩雑なことや必要移植骨量が多いなどの短所もあるが,手技的な改善,移植用代用骨利用などで改善可能と思われた
  • 保存的に治療し得た大腿コンパートメント症候群の1例, 大塚 嘉久, 水谷 潤, 堀内 統, 二村 彰人, 若林 健二郎, 古山 誠也, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (4) 848 - 848,   2004年07月
  • 「ラクトトリペプチド(VPP、IPP)」を含有する液状ヨーグルトの長期摂取が正常高値血圧に及ぼす影響, 中村 康則, 梶本 修身, 金子 京子, 相原 浩太郎, 水谷 潤, 池田 なぎさ, 西村 明, 梶本 佳孝, 健康・栄養食品研究, 7, (1) 123 - 137,   2004年05月, 「ラクトトリペプチド(Val-Pro-Pro、Ile-Pro-Pro)」を含有する液状ヨーグルトの正常高値血圧に対する長期摂取時の影響を調べるため、正常高値血圧者106名を対象に、プラセボを対照とした二重盲検試験を実施した。対象者を試験群またはプラセボ群に無作為に割り付け(試験群:男/女=17/36、39±12歳、収縮期血圧(SBP)/拡張期血圧(DBP)=134±5/79±5mmHg、プラセボ群:男/女=17/36、38±9歳、SBP/DBP=135±5/78±5mmHg)、試験群には試験飲料を、プラセボ群にはプラセボ飲料を朝夕に1本ずつ(1本150g)、12週間摂取させた。その結果、摂取後におけるSBPおよびDBPは、試験群ではプラセボ群にくらべ有意に低い値を示した。試験群のSBPは摂取前に比して、摂取6週問後に5.5±7.1mmHg(p<0.05)、12週間後には6.1±5.7mmHg(p<0.01)とそれぞれ有意に低下した。同様に、DBPは摂取6週間後に3.6±5.6mmHg(p<0.05)、12週間後に3.8±6.3mmHg(p<0.01)と摂取前に比べて有意に低下した。摂取期間を通じて、試験飲料に起因する、空咳、消化器症状などの有害症状は認められず、血液検査値および尿検査において臨床的に問題となる変動はみられなかった。以上の結果より、ラクトトリペプチドを含有する液状ヨーグルトは、正常高値血圧者の血圧を適度に降下させる作用を有し、かつ安全性の高い食品であることが示唆された。(著者抄録)
  • 超浅刺による痛みの治療, 水谷 潤治, 医道の日本, 63, (5) 147 - 148,   2004年05月
  • 小児頸椎Ewing肉腫の1例, 大塚 嘉久, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 二村 彰人, 大塚 隆信, 整形外科, 55, (5) 531 - 533,   2004年05月, 11歳女.主訴は左上肢痛であった.初診時,頸椎の可動域は疼痛により制限され,上腕三頭筋以下に徒手筋力テスト2〜4の低下と前腕から遠位に知覚鈍麻を認めた.その後,急速に麻痺が進行し,MRIではC7椎体内およびC6-C7脊柱管内左側硬膜外に腫瘍陰影と脊髄の圧排を認めた.さらに排尿障害も出現したため,生検を兼ねた緊急手術で可及的除圧術を施行した.病理診断はEwing肉腫であった.術後1ヵ月のMRIで硬膜外から左の傍脊柱に広がる腫瘍を認めたので,ビンクリスチン,シクロホスファミド,エトポシド,イホマイドの多剤併用療法と55Gyの放射線療法を施行した.退院時,左上肢の筋力低下と筋萎縮は残存するが松葉杖歩行が可能になった.術後1年のMRIではC7椎体は圧潰しているが腫瘍陰影は認めない
  • 脂肪腫を合併した脊髄係留症候群の1例, 古山 誠也, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 二村 彰人, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (2) 399 - 399,   2004年03月
  • 頸部深層伸筋群温存スペーサーを用いた頸部脊柱管拡大術 より良好な術後アライメントの獲得のために, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 二村 彰人, 大塚 隆信, 日本整形外科学会雑誌, 78, (3) S179 - S179,   2004年03月
  • 第4腰椎変性すべり症に対する全周性固定術の検討, 荻久保 修, 福岡 宗良, 水谷 潤, 二村 彰人, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (春季学会) 63 - 63,   2004年02月
  • 小児の脊椎疾患 脊髄硬膜外膿瘍の1小児例, 古山 誠也, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 二村 彰人, 大塚 隆信, 伊藤 康彦, 日本小児整形外科学会雑誌, 13, (1) 91 - 91,   2004年01月
  • 【私のすすめる診療器械・器具】 治療に関するもの 脊椎脊髄手術に関するもの ループロッドベンダー(後頭骨-頸椎用ロッドベンダー)の作製と臨床応用, 荻久保 修, 福岡 宗良, 水谷 潤, 二村 彰人, 松井 宣夫, 大塚 隆信, 別冊整形外科, (44) 137 - 141,   2003年10月, ループロッドベンダーの操作をより簡便なものとすため,次のようなコンセプトのもと新たなベンダーを作製し臨床使用したところ,利便性は良好であったが幾つかの問題点も明らかになった.1)卓上とすることで安定感をもたせる.2)ベンダーとロッドの固定部を可動式とすることで後頭骨-頸椎間の多様なカーブに対応できるようにする.3)採型にあたり,矢状面アライメントの採型を優先することで,後頭骨ループを介して2本のロッド間に生じる捻じれを最小限にとどめる.4)矢状面での二次元的採型は可動性のあるスライド式ハンマー型プッシャーで行い,ロッドのあらゆる部位でのベンディングを可能にする.5)固定範囲が長大となる症例があることも考慮し,長いサイズのロッドにも対応可能とする
  • 小児脊椎Ewing肉腫の1例, 大塚 嘉久, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 二村 彰人, 大塚 隆信, 伊藤 康彦, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, (5) 996 - 996,   2003年09月
  • 後頸部筋群再建型棘突起スペーサーを使用した棘突起縦割式脊柱管拡大術の術後成績, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 二村 彰人, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, (秋季学会) 27 - 27,   2003年09月
  • 上位頚椎病変に対する Olerud cervical system の使用経験, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 二村 彰人, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, (4) 673 - 674,   2003年07月01日
  • 上位頸椎病変に対するOlerud cervical systemの使用経験, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 二村 彰人, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, (4) 673 - 674,   2003年07月
  • Lactobacillus acidophilus L92株の通年性アレルギー改善作用の検証(プラセボ対照二重盲験試験), 石田 優, 仲村 太志, 勘里 裕樹, 澤田 大輔, 水谷 潤, 西村 明, 梶本 修身, 山本 直之, 藤原 茂, 日本乳酸菌学会誌, 14, (1) 26 - 26,   2003年06月
  • Lactobacillus acidophilus L92株の経口投与による抗原特異的IgE抑制と花粉症改善作用の検証, 澤田 大輔, 石田 優, 仲村 太志, 板東 出樹, 勘里 裕樹, 水谷 潤, 山本 直之, 藤原 茂, 日本乳酸菌学会誌, 14, (1) 25 - 25,   2003年06月
  • 中心性腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式脊柱管拡大術, 荻久保 修, 福岡 宗良, 水谷 潤, 二村 彰人, 千葉 剛裕, 東海脊椎外科, 17,   2003年03月
  • 頸部脊柱管拡大術後に麻痺が再悪化したos odontoideumの1例, 二村 彰人, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 千葉 剛裕, 大塚 隆信, 松井 宣夫, 水谷 武彦, 水谷 陽子, 東海脊椎外科, 17,   2003年03月
  • バイポーラー型人工骨頭手術におけるアウターヘッドの吸着力に影響を与える因子の検討, 後藤 英之, 小林 正明, 川西 利幸, 水谷 潤, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, (春季学会) 128 - 128,   2003年03月
  • 当科における骨形成的椎弓切除術の術後短期成績, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 二村 彰人, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, (春季学会) 123 - 123,   2003年03月
  • 上位頸椎病変に対するOlerud cervical systemの使用経験, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 二村 彰人, 大塚 隆信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, (春季学会) 58 - 58,   2003年03月
  • 腰椎部硬膜下血腫の1例, 二村 彰人, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 大塚 隆信, 千葉 剛裕, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, (1) 157 - 157,   2003年01月
  • 「ラクトトリペプチド(VPP、IPP)」を含有する液状ヨーグルトの軽症高血圧に対する有用性の検討, 梶本 修身, 黒崎 貴弘, 水谷 潤, 池田 なぎさ, 金子 京子, 相原 浩太郎, 薮根 光晴, 中村 康則, 健康・栄養食品研究, 5, (3) 55 - 66,   2002年12月, 「ラクトトリペプチド(Val-Pro-Pro、Ile-Pro-Pro)」を含有する液状ヨーグルトの連続摂取時における有用性を、プラセボとの二重盲検法を用いて検討した。対象は、軽症高血圧者で、血圧に影響を与える医薬品の投与を受けていない者とし、試験群またはプラセボ群に無作為に割り付けた(試験群:男/女=16/15、51±11歳、収縮期血圧(SBP)/拡張期血圧(DBP)=148±9/94±7mmHg、プラセボ群:男/女=17/16、49±11歳、SBP/DBP=148±9/95±7mmHg)。試験群には試験飲料を朝夕に1本ずつ(1本150g、1日2本)、プラセボ群にはプラセボ飲料を同様に8週間摂取させた。その結果、摂取後における試験群のSBPおよびDBPは、プラセボ群にくらべ低い値を示し、両群間において有意差を認めた。摂取前に比して試験群のSBPは、摂取1週間後に8.4±9.0mmHg(p<0.001)、8週間後には13.9±11.4mmHg(p<0.001)有意に低下した。同様に、DBPは摂取1週間後に6.0±5.9mmHg(p<0.001)、8週間後に9.1±7.5mmHg(p<0.001)有意に低下した。摂取期間を通じて、空咳、消化器症状などの副作用的症状は認めなかった。さらに摂取前後における血液検査値および尿検査に異常変動は見られなかった。(著者抄録)
  • ラテックスビーズの持続微量灌流による関節軟骨表層の変化, 二村 彰人, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 千葉 剛裕, 松井 宣夫, 馬渕 良生, 佐久間 英輔, 曾爾 彊, 日本整形外科学会雑誌, 76, (8) S1078 - S1078,   2002年08月
  • 棘突起縦割式頚部脊柱管拡大術の術後成績に関する検討, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 千葉 剛裕, 二村 彰人, 坪内 俊二, 松井 宣夫, 日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society, 13,   2002年04月26日
  • 棘突起縦割式頸部脊柱管拡大術の術後成績に関する検討, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 千葉 剛裕, 二村 彰人, 坪内 俊二, 松井 宣夫, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 13, (1) 393 - 393,   2002年04月
  • C2に対する頸椎前方プレート固定の経験, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 水谷 潤, 千葉 剛裕, 松井 宣夫, 多湖 教時, 東海脊椎外科, 16,   2002年03月
  • 慢性関節リウマチ頸椎病変に対する後頭骨頸・胸椎固定術の検討, 水谷 潤, 福岡 宗良, 荻久保 修, 千葉 剛裕, 坪内 俊二, 松井 宣夫, 日本整形外科学会雑誌, 76, (3) S113 - S113,   2002年03月
  • 上位及び中下位頸椎病変に対し一期的手術治療を行ったDSA(destructive spondyloarthropathy 透析性破壊性脊椎症)の1例, 生田 憲史, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 千葉 剛裕, 二村 彰人, 松井 宣夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 45, (1) 175 - 175,   2002年01月
  • 臨床室 第2頚椎に対する頚椎前方プレート固定の経験, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 水谷 潤, 整形外科 = Orthopedic surgery, 52, (13) 1644 - 1648,   2001年12月
  • 第2頸椎に対する頸椎前方プレート固定の経験, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 水谷 潤, 千葉 剛裕, 松井 宣夫, 多湖 教時, 整形外科, 52, (13) 1644 - 1648,   2001年12月, 症例1:32歳男.交通事故で頸部痛と両手のしびれを来たした.単純X線でC2/C3間での局所後彎変形と椎弓・椎弓根に骨折線を認め,MRIではC2/C3の断裂とT2強調像で脊髄内に高輝度領域を認めた.C2椎体を展開し自家腸骨を挿入すると共に,OrionプレートをC2-C3椎体に12mmのスクリューで固定した.術後4年経過し,皮切近位の顎下部に軽度の知覚麻痺が残存しているが,骨癒合は得られている.症例2:34歳女.誘因なく頸部痛が出現した.単純X線でC3椎体は骨皮質が菲薄化し,内部はスリガラス状で病的骨折を起こしていた.骨巨細胞を疑い,椎体の腫瘍を顕微鏡下に掻爬し自家腸骨を挿入後,OrionプレートをC2〜C4間に当てて,イメージ下に各々12mmのスクリューで椎体に固定した.術後6ヵ月で十分な骨癒合が得られていたが,その後腫瘍の再発により抜去した.抜去時,スクリューの弛みもなく固定性は良好であった
  • 頸椎・腰椎に同時期に発症した化膿性脊椎炎の1例, 三井 裕人, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 水谷 潤, 千葉 剛裕, 松井 宣夫, 整形外科, 52, (13) 1649 - 1653,   2001年12月, 65歳女.不明熱,頸部痛の後に腰痛が出現した.頸椎単純X線でC4-C5椎体終板の骨破壊像と局所後彎変形を認め,MRIではT1強調像低信号,T2強調像やや高信号,Gd造影で軽度造影効果を認めた.腰椎単純X線ではL5椎体前下縁の骨融解像を認め,MRIのT1強調像でL5-S1椎体は全体に低信号,T2強調像ではL5/S1椎間板は高信号を呈したが,椎体はやや不均一な低信号であった.Gd造影ではL5-S1椎体終板及び前方部分に造影効果を認めた.更に軽度の硬膜外膿瘍と考えられる硬膜の圧排像を認めた.化膿性脊椎炎と診断し,炎症所見は入院後投与されたパンスポリンとクラリスが奏効しており,麻痺もなかったことより保存的療法を選択した.その後体温は正常化し,腰椎もほぼ消失した.頸椎に対してはハローベスト及び頸椎カラーを,腰椎には軟性コルセットを装着した.発症後1年で単純X線上C4-C5は癒合し,L5前下縁は骨硬化像を呈してきており,軽度の腰痛のみで日常生活に支障はない
  • 馬尾神経に発生した腰仙部髄膜腫の1例, 戸野 祐二, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 水谷 潤, 松井 宣夫, 清水 重喜, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 44, (3) 758 - 758,   2001年05月
  • ワイヤー抜去により軽快したBrooks手術後に発生した脊髄空洞症の1例, 水谷 潤, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 千葉 剛裕, 松井 宣夫, 東海脊椎外科, 15,   2001年03月, 症例は36歳女で,主訴は右上肢のしびれ感である.23歳で慢性関節リウマチ(RA)を発症しその後,転倒による左大腿骨頸部骨折に対して,人工骨頭置換術が行われていた.頸部痛が出現し,RAによる環軸椎亜脱臼と診断され,環軸椎後方固定術が施行された.ワイヤーが術直後より少し脊柱管内へ入り込んでいるように見えた.術後2年10ヵ月から,右上肢のしびれ感が出現しCT myelogramで後方から脊髄の圧迫が認められ,かつ,MRIで脊髄空洞症が明らかとなった為,再手術を行った.ワイヤーのみを注意深く抜去すると肉芽上から拍動が観察された.抜去後,MRIで脊髄空洞症の消失が確認された.若干右手のしびれ感が残存しているものの後頸部痛はなく,現在経過観察中である
  • 乳酸菌飲料摂取による幼児の糞便内菌叢の改善効果, 池田 なぎさ, 鈴木 宏美, 金子 京子, 渡部 恂子, 水谷 潤, 健康・栄養食品研究, 3, (3) 69 - 74,   2000年12月, Lactobacillus acidophilus CK 92株とLactobasillus helveticus CK 60株をそれぞれ1.0×10^9cfu/1本(100ml)含む乳酸菌飲料を、健常な幼児6人(9ヵ月〜3歳)に1日あたり1本を2週間摂取させた。摂取前、摂取1週間目、摂取2週間目、摂取終了後1週間目の計4回糞便分析を行い、摂取の幼児の糞便内菌叢に及ぼす影響を調べた。摂取前に対してBifidobacterium占有率は増加し、Lactobasillusの出現率は有意に増加し(p<0.05)、レシチナーゼ陽性Clostridiumの出現者数は有意に減少した(p<0.05)。また、腹部症状についてのアンケートの結果、摂取による問題は見られなかった。以上の結果から、本乳酸菌飲料による幼児の糞便内菌叢の改善が示された。(著者抄録)
  • 乳酸菌飲料摂取による便秘傾向を有する健常者の排便状況の改善効果, 池田 なぎさ, 金子 京子, 江尻 昌弘, 渡部 恂子, 鈴木 宏美, 水谷 潤, 大島 潔, 梶本 修身, 高橋 丈生, 山本 直之, 健康・栄養食品研究, 3, (3) 59 - 68,   2000年12月, Lactobacillus acidophilus CK 92株とLactobacillus helveticus CK 60株を含む乳酸菌飲料について、便秘傾向を有する健常者の排便状況および糞便内菌叢に対する影響を以下の2つの試験により調べた。はじめに、乳酸菌による整腸効果の検討を行った。試験期間は2週間ずつ順に観察期間(非摂取期間)、プラセボ飲料摂取期間、非摂取期間、乳酸菌飲料摂取期間の計8週間とした。52名(男性3名、女性49名、平均23.4歳)の被験者にプラセボ飲料摂取期には乳酸菌を含まないプラセボ飲料を、乳酸菌飲料摂取期間にはCK 92株、CK 60株をそれぞれ1.0×10^9cfu/100ml以上含む乳酸菌飲料を1日あたり1本(100ml)摂取させ、排便回数、便性状などのアンケート調査を行い、52名中任意に選んだ34名(男性3名、女性31名、平均23.9歳)の被験者に対し糞便内菌叢分析を実施した。その結果、乳酸菌飲料の摂取により排便回数、排便量、Lactobacillus属の菌数が有意に増加した。次に、乳酸菌飲料の摂取量の違いによる効果の比較を行った。試験期間の全6週間を6期に分け、10名(女性10名、平均22.6歳)の被験者に、非摂取期間(1週間)を挟んで1週間ずつ1日あたりプラセボ飲料1本(100ml)、乳酸菌飲料1本(100ml)、乳酸菌飲料3本(300ml)を順に摂取させ、排便回数、便性状などのアンケート調査を行った。その結果、乳酸菌飲料3本摂取期の平均排便回数は1本摂取期より増加した。また、3本摂取によって明確な副作用は認められなかった。2つの試験の結果から、本乳酸菌飲料は便秘傾向を有する健常者に対し排便回数を増加させて、整腸作用を示すことが明らかになった。(著者抄録)
  • 脊椎・脊髄悪性リンパ腫の3例, 福岡 宗良, 坪内 俊二, 水谷 潤, 千葉 剛裕, 松井 宣夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 43, (6) 1491 - 1492,   2000年11月01日, 脊椎悪性リンパ腫手術例3例について報告した.3例とも初発症状から麻痺進行迄の期間が短く,2例は術後化学療法,放射線治療を併用したが麻痺が残存した.画像所見では骨破壊が比較的軽度で,MRI上椎間孔内外から硬膜外に病変を認め,脊柱管内で脊髄を取り囲む形態を示した.悪性リンパ腫が疑われ,脊髄麻痺症状が進行性の場合,早期に手術を行い診断を確定すると共に脊髄の除圧を図り,化学療法・放射線療法を併用することが重要である
  • 頸椎と腰椎に同時期に発症した化膿性脊椎炎の1例, 三井 裕人, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 水谷 潤, 千葉 剛裕, 松井 宣夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 43, (6) 1563 - 1563,   2000年11月
  • 画像診断技術 運動器組織の画像診断 脊椎脊髄の画像診断 脊椎手術後3D-CTにおける画像処理および診断, 柴山 元英, 田中 信彦, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 水谷 潤, 松井 宣夫, 別冊整形外科, (38) 164 - 170,   2000年10月, 3D-CTを用いて脊椎手術後30例の除圧,固定性,骨癒合の評価・観察を行い,有用な画像処理手順についてSurface rendering法,Volume rendering法に分け検討した.Surface rendering法では,閾値160で作成した標準三次元像を作成して一時保存する.閾値を1500に上昇するとrodと後頭部の一部のみが残り,rodを選択し周囲2.5mm肥厚させて保存する.標準三次元画像から肥厚させたrodをサブトラクションし,rodの三次元画像を着色して非透過表示で重ねる.Volume rendering法では,CT値120〜1000の範囲で透過度と色を指定し,Surface cutting機能により脊柱管内を表示する
  • RA頚椎病変に対する後頭骨頚椎固定術の検討, 水谷 潤, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 千葉 剛裕, 松井 宣夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 43, (4) 963 - 964,   2000年07月01日
  • RA頸椎病変に対する後頭骨頸椎固定術の検討, 水谷 潤, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 千葉 剛裕, 松井 宣夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 43, (4) 963 - 964,   2000年07月, 後頭骨頸椎固定術を施行した31例を対象に検討した.Ranawat III B症例は術後生存期間が有意に短く,神経学的改善度も劣っていた.Ranawat III B以前で手術を行うことが望ましいと考えられた
  • 脊椎・脊髄悪性リンパ腫の3例, 福岡 宗良, 坪内 俊二, 水谷 潤, 千葉 剛裕, 松井 宣夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 43, (春季学会) 153 - 153,   2000年05月
  • RA頸椎病変に対する後頭骨頸椎固定術の検討, 水谷 潤, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 千葉 剛裕, 松井 宣夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 43, (春季学会) 34 - 34,   2000年05月
  • INTER-CELLULAR COMMUNICATIONS IN THE RAT DORSAL ROOT GANGLIA, 水谷 潤, 佐久間 英輔, 王 洪澗, 曽爾 彊, 松井 宣夫, Nagoya medical journal, 43, (4) 223 - 233,   2000年03月31日, The ultrastructural changes in dorsal root ganglia (DRGs) following axotomy have been studied intensively, but no reports have placed emphasis on the cytoplasmic membrane, which plays a significant role in signal transmission through cell-to-cell interaction and uptake of substances into the cytoplasm. Coated pits and gap junctions are special components of the cytoplasmic membrane, the former internalizing substances into the cytoplasm, and the latter allowing intercellular exchange of small molecules. We assessed the chronological alteration of coated pits of nerve cells and distribution of gap junctions of satellite cells following central axotomy. The numbers of coated pits increased at seven days after axotomy compared to control, and then decreased at 14 days after surgery. These changes were significant (p<0.01). Although gap junctions between satellite cells were observed until seven days following axotomy, no gap junctions were observed at 14 days after surgery. The function of the nerve cell is normally maintained through interaction with satellite cells which are connected by gap junctions. At least until seven days after axotomy, satellite cells persist in their support function of the nerve cell as is evident by the existence of gap junctions. Increase of coated pits reflects metabolical changes in the nerve cell. When this neurotrophic intervention fails and the function of the nerve cell is lost, the coated pits decrease and the nerve cell undergoes chromatolysis. In this situation, the synchronization among satellite cells is no longer justified, and gap junctions cannot be observed anymore.
  • 頚椎前方除圧固定術後の脊柱管拡大術追加例, 福岡 宗良, 坪内 俊二, 柴山 元英, 水谷 潤, 松井 宣夫, 日本整形外科學會雜誌, 74,   2000年03月25日
  • 点状石灰化軟骨異形成症(chondrodysplasia calcificans punctata)の1例, 小島 洋, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 水谷 潤, 和田 郁雄, 松本 隆, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 43, (2) 555 - 555,   2000年03月
  • 当科におけるRA頸椎病変に対する手術的治療の検討, 松井 宣夫, 水谷 潤, 関節の外科, 27, (1) 1 - 4,   2000年03月, 70歳以上のRA頸椎病変に対する手術成績について検討した.術後高い除痛が得られ,高齢者においても,手術的治療は一つの有用な選択肢であった.予後には既存の内科的合併症が関与しており,かつ慢性の経過をたどるRA患者は全身的予備能力が低いため,手術に際しては内科的合併症の早期発見と周術期における集学的治療の必要性がある
  • ラット後根神経節(DRG)における細胞間連絡, 水谷 潤, 佐久間 英輔, Wang Hong-Jian, 曽爾 彊, 松井 宣夫, Nagoya Medical Journal, 43, (4) 223 - 233,   2000年03月, 中枢軸索切断に続く神経細胞の被覆小窩及び衛星細胞の細隙結合の経時的変化を追跡した.切断後7日に対照に比し被覆小窩数は増加し,14日に減少した.これらの変化は有意であった.衛星細胞の細隙結合は切断に続き7日迄見られたが,14日には認められなかった.神経細胞の機能は細隙結合により結合されている衛星細胞との相互作用を通して正常に維持された.切断後7日迄少なくとも,細隙結合の存在により明らかなように衛星細胞は神経細胞の支持機能を持続した.被覆小窩の増加は神経細胞における代謝性変化を反映していた.この神経栄養介入が止まり,神経細胞の機能が失われると,神経細胞は染色質融解が起こった.この状況では,衛星細胞間の同期化は失われ,細隙結合は見られなくなる
  • 脊椎インストゥルメンテーション手術後感染に対する持続灌流療法の検討, 坪内 俊二, 松井 宣夫, 福岡 宗良, 水谷 潤, 整形外科, 51, (3) 262 - 266,   2000年03月, 脊椎インストゥールメンテーション手術後の感染症に対し,持続灌流療法を行った. 1)発熱,CRPは感染の徴候と消退を示すよい指標となった. 2)ホスト等との関係で本法のみでは治癒しないことのあるが,まずインプラントを抜去せずに試みてよいと考えられた
  • 頸椎前方除圧固定術後の脊柱管拡大術追加例, 福岡 宗良, 坪内 俊二, 柴山 元英, 水谷 潤, 松井 宣夫, 日本整形外科学会雑誌, 74, (3) S695 - S695,   2000年03月
  • 高齢者(70歳以上)の慢性関節リウマチ頚椎病変に対する手術例の検討, 水谷 潤, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 柴山 元英, 松井 宣夫, 日本整形外科學會雜誌, 74,   2000年02月25日
  • 高齢者(70歳以上)の慢性関節リウマチ頸椎病変に対する手術例の検討, 水谷 潤, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 柴山 元英, 松井 宣夫, 日本整形外科学会雑誌, 74, (2) S154 - S154,   2000年02月
  • Gatifloxacin投与による健康成人糞便内細菌叢の変動, 上野 一恵, 渡辺 邦友, 加藤 直樹, 渡部 恂子, 水谷 潤, 日本化学療法学会雑誌, 47, (Suppl.2) 84 - 92,   1999年09月, GFLXの連続服用により一時的に腸内細菌叢の乱れが起こされたものの,服用終了後には速やかに腸内細菌叢は服用前の状態にほぼ回復し,下痢,軟便等の症状も観察されなかったことから,GFLXの腸内細菌叢に及ぼす影響はさほど大きなものではないと考えられた
  • 髄核設置椎間板ヘルニアモデルにおける後根神経節の変化超微形態学的検討, 水谷 潤, 佐久間 英輔, 大塚 隆信, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 柴山 元英, 松井 宣夫, 曽爾 彊, 日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association, 73, (8) S1932 - S1932,   1999年08月25日
  • 高齢 (65歳以上) 頚椎後縦靱帯骨化症手術患者の予後, 坪内 俊二, 松井 宣夫, 福岡 宗良, 柴山 元英, 水谷 潤, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 42, (4) 943 - 944,   1999年07月01日
  • RA脊椎病変の外科的治療 当科における慢性関節リウマチ頸椎病変に対する手術例の検討, 松井 宣夫, 水谷 潤, 関節の外科, 26, (2) 41 - 41,   1999年07月
  • 高齢(65歳以上)頸椎後縦靱帯骨化症手術患者の予後, 坪内 俊二, 松井 宣夫, 福岡 宗良, 柴山 元英, 水谷 潤, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 42, (4) 943 - 944,   1999年07月, 高齢OPLL手術症例の手術成績とその予後を調査した. 1)改善率は比較的低く,いったん改善しても次第に歩行能力が低下し寝たきりとなっているものもあった. 2)術前術後の歩行能力は予後に深く関係していると考えられた
  • 最近経験した脊椎カリエスの症例について, 水野 志保, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 柴山 元英, 水谷 潤, 松井 宣夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 42, (3) 739 - 739,   1999年05月
  • 高齢者の脊椎手術における術前・術後合併症の検討, 勝田 康裕, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 柴山 元英, 水谷 潤, 松井 宣夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 42, (2) 482 - 482,   1999年05月
  • 観音開き式頚部脊柱管拡大術の術後成績, 福岡 宗良, 坪内 俊二, 柴山 元英, 水谷 潤, 松井 宣夫, 日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society, 10,   1999年04月26日
  • 観音開き式頸部脊柱管拡大術の術後成績, 福岡 宗良, 坪内 俊二, 柴山 元英, 水谷 潤, 松井 宣夫, 日本脊椎外科学会雑誌, 10, (1) 205 - 205,   1999年04月
  • 高齢(65歳以上)頸椎後縦靱帯骨化症手術患者の予後, 坪内 俊二, 松井 宣夫, 福岡 宗良, 柴山 元英, 水谷 潤, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 42, (春季学会) 67 - 67,   1999年04月
  • RAに対するC4までの後頭骨頚椎固定術後の下位頚椎の変化について, 坪内 俊二, 松井 宣夫, 福岡 宗良, 柴山 元英, 水谷 潤, 日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association, 73,   1999年02月25日
  • RAに対するC4迄の後頭骨頸椎固定術後の下位頸椎の変化について, 坪内 俊二, 松井 宣夫, 福岡 宗良, 柴山 元英, 水谷 潤, 日本整形外科学会雑誌, 73, (2) s142 - s142,   1999年02月
  • ラット神経根切断による後根神経節の超微形態学的変化, 水谷 潤, 佐久間 英輔, 馬渕 良生, 加藤 博之, 本多 信彦, 王 洪澗, 曽爾 彊, 解剖学雑誌, 74, (1) 107 - 107,   1999年02月
  • ラット脊髄後根神経節の急性根障害時の超微形態学的変化特に衛星細胞、神経節細胞での細胞間接着装置に着目して, 水谷 潤, 坪内 俊二, 大塚 隆信, 佐久間 英輔, 王 洪澗, 曽爾 彊, 松井 宣夫, 日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association, 72, (8) s1533 - s1533,   1998年08月25日
  • ラット脊髄後根神経節衛星細胞の細胞間接着装置, 佐久間 英輔, 水谷 潤, 王 洪澗, 千田 博也, 本多 信彦, 加藤 博之, 馬渕 良生, 松井 宣夫, 曽爾 彊, 解剖学雑誌, 73, (4) 445 - 445,   1998年08月
  • ラット脊髄神経節衛星細胞における細胞間接着装置の日齢による変化, 水谷 潤, 佐久間 英輔, 王 洪澗, 千田 博也, 本多 信彦, 加藤 博之, 馬渕 良生, 松井 宣夫, 曽爾 彊, 解剖学雑誌, 73, (4) 445 - 445,   1998年08月
  • RA腰椎インストゥルメンテーション手術の中期成績 : 3例報告, 坪内 俊二, 松井 宣夫, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 41, (4) 971 - 972,   1998年07月01日, RA腰椎病変3例(49歳女,54歳女,57歳女)に対して行われた手術の中期成績を報告した. 1)Pedicle screwを用いた2例で早期に椎体破壊により成績が低下していた. 2)本法の適応には術前の慎重な検討が必要である
  • 第4頸椎から第2胸椎レベルに及ぶ巨大脊髄腫瘍の1例, 柴田 康宏, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 荻久保 修, 柴山 元英, 水谷 潤, 松井 宣夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 41, (4) 1126 - 1127,   1998年07月
  • 慢性関節リウマチ上位頚椎病変の MRI 変化, 荻久保 修, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 水谷 潤, 松井 宣夫, 日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society, 9,   1998年05月22日
  • 骨セメントとインストゥルメントを利用した RA 後頭骨頚椎後方固定術の検討, 坪内 俊二, 松井 宣夫, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society, 9,   1998年05月22日
  • 転移性脊椎腫瘍に対する手術的治療の検討, 福岡 宗良, 坪内 俊二, 荻久保 修, 水谷 潤, 松井 宣夫, 日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society, 9,   1998年05月22日
  • 70歳以上のRA頚椎病変に対する手術例の検討, 水谷 潤, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 萩久保 修, 松井 宣夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 41, (3) 671 - 672,   1998年05月01日
  • 70歳以上のRA頸椎病変に対する手術例の検討, 水谷 潤, 坪内 俊二, 福岡 宗良, 荻久保 修, 松井 宣夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 41, (3) 671 - 672,   1998年05月, 1)疼痛に関しては,著明な改善を認めるが徐々に悪化する症例もあった.神経学的には改善度は低い傾向であった. 2)術前内科的合併症を有した症例が多く,経過観察期間に死亡した症例の検討においても死因は全て内科的病変で,手術が直接的に死因に関係したと思われる症例はなかった. 3)ADL及びQOL上,高齢者RA頸椎病変に対しても手術を行う意義はあると考えられた
  • 慢性関節リウマチ上位頸椎病変の初期変化, 水谷 潤, リウマチ, 38, (2) 285 - 285,   1998年04月
  • 高齢圧迫性頚髄症患者の後方除圧術後の予後, 坪内 俊二, 松井 宣夫, 福岡 宗良, 荻久保 修, 水谷 潤, 日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association, 72,   1998年03月25日
  • 高齢者における人工骨頭置換術の長期成績, 千田 博也, 水谷 潤, 松井 宣夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 41, (1) 155 - 156,   1998年01月01日, 1)長期経過例25例中,歩行可能は9例で術後徐々に活動性を低下させる症例が多かった. 2)ステム側では半数以上にレントゲン上stemのsinking,clear zoneを認めたが,痛みとは相関していなかった. 3)股関節側ではmonopolar typeでレントゲン上評価点数が低かった. 4)Clear zoneの出現に骨粗鬆症が影響していると考えられた
  • 70歳以上のRA頸椎病変に対する手術例の検討, 水谷 潤, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 40, (秋季学会) 183 - 183,   1997年09月
  • 各種コンタクトレンズ汚染(第4報) ソフトコンタクトレンズ汚染物質の分光蛍光光度計による解析, 大堀 伸, 伊藤 孝雄, 水谷 潤, 日本コンタクトレンズ学会誌, 38, (3) 149 - 152,   1996年09月, 含水ソフトコンタクトレンズ(SCL)は長期間装用により涙液成分等が付着し着色する.着色したSCLにUVランプを照射すると,青色或いは黄緑色の蛍光を発することがある.この蛍光色の発生する原因を分光蛍光光度計を用いて解析した.シミュレーション結果から主にケア用品の添加剤として使用されているソルビン酸塩とタンパク質加水分解物のトリプトファン等の芳香族アミノ酸が,煮沸等の処理によりSCL素材と化学反応して蛍光物質を生成しているものと考えられる
  • 激烈な経過をたどり死亡した下腿Vibrio感染症の1例, 水谷 潤, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 39, (4) 1127 - 1127,   1996年07月
  • 多発骨折にて発見された原発性副甲状腺機能亢進症の1例, 水谷 潤, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 39, (2) 590 - 591,   1996年03月
  • Peroneal spastic flatfootを呈した足根洞症候群の2例, 水谷 潤, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 38, (3) 833 - 833,   1995年05月
  • 各種コンタクトレンズ汚染(第3報)SCL着色原因の解析, 伊藤 孝雄, 水谷 潤, 水谷 由紀夫, 日本コンタクトレンズ学会誌, 36, (4) 333 - 338,   1994年12月, 装用によって生じるSCLの黄色あるいは褐色の着色に着目し,その原因を解析した。紫外可視分光計,アミノ酸分析計を使用して分析した結果,着色SCLにはペプチドおよびアミノ酸が取り込まれていた。また,シミュレーションによりアミノ酸および脂肪酸が着色しやすいことが示唆された。着色の除去には酸素系漂白剤が有効であった
  • 小児足関節炎の4例, 水谷 潤, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 37, (5) 1399 - 1399,   1994年09月
  • 新しいニューキノロン系抗菌剤,tomafloxacinのヒト腸内細菌叢に及ぼす影響, 渡部 恂子, 水谷 潤, 鈴木 宏美, 日本化学療法学会雑誌, 41, (Suppl.5) 273 - 278,   1993年12月, temafloxacinを5人の健常成人男子に経口で7日間投与し,投与前,投与中および投与終了後の糞便サンプルを培養し,糞便中の好気性菌及び嫌気性菌の菌数を測定したところ,投与期間中,大腸菌群および腸球菌の著しい減少が観察された。バクテロイデス,ビフィドバクテリウムおよびユウバクテリウム等の腸内優勢嫌気性菌も,投与期間中多くの被験者で減少した。レシチナーゼ陽性クロストリジウムも減少したが,レシチナーゼ陰性クロストリジウムの菌数に変化はなかった。菌数および菌叢の構成は投与終了後すみやかに回復した
  • 大豆オリゴ糖の腸内代謝産物に及ぼす影響, 加藤 康仁, 白柳 覚, 水谷 潤, ビフィズス, 6, (2) 177 - 179,   1993年01月, 大豆ホエーから難消化性ガラクトオリゴ糖(SOR)を精製し,それがヒトの腸内発酵・腐敗産物生成に及ぼす影響を調べるために,in vitroによる糞便培養実験を行った。SORの糖組成は,スタキオース76%,ラフィノース22%,ショ糖2%であった。成人5名(男性4名,女性1名)より新鮮糞便を採取し,糞便培養法を応用してSOR,ショ糖(SUC)をそれぞれ添加し37°C,3時間嫌気培養した。各群の短鎖脂肪酸(SCFA),腐敗産物(アンモニア,インドール,スカトール等)およびpHを測定した。1)SOR,SUC群は,SCFAのうち糖発酵によって生成する酢酸および酪酸が有意に増加し,pHは有意に低下した。2)腐敗産物のうちインドール,アンモニアは対照群に比べ有意に減少した
  • コンタクトレンズと防腐剤の影響について(第2報)RGPCL素材におけるBAKの研究, 河野 素子, 伊藤 孝雄, 水谷 潤, 日本コンタクトレンズ学会誌, 34, (4) 277 - 282,   1992年12月, 酸素透過性ハードレンズ(RGPCL)中のBAKの蛍光化と元素分析の結果から,BAKは塩化物の状態でCL素材内へ取り込まれ,内部で層状に蓄積されることが確認された
  • 硬膜外結核が疑われた1例, 水谷 潤, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 35, (6) 1763 - 1763,   1992年11月
  • 大豆オリゴ糖含有飲料のヒト腸内フローラおよび代謝産物におよぼす影響, 和田 光一, 渡部 恂子, 水谷 潤, 日本農芸化学会誌, 66, (2) 127 - 135,   1992年02月, 7人の成人男子ボランティア(33〜51歳)に,大豆由来の難消化性ガラクトオリゴ糖を1.5 g(大豆オリゴ糖5.2 g)/1本含む飲料(Oligo CC)を1日2本,連続3週間摂取させて,摂取前,摂取中および摂取後の糞便を採取し,腸内フローラおよび糞便代謝産物を調べた.1)腸内Bifidobacteriumが有意に増加した.2)糞便アンモニアが有意に減少し,p-クレゾール,フェノールも減少傾向を示した.3)糞便β-グルコシダーゼ活性が有意に減少した
  • 乳児大腿骨近位骨端線損傷の1例, 水谷 潤, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 35, (1) 276 - 276,   1992年01月
  • 大豆オリゴ糖の各摂取量によるヒト腸内フローラに及ぼす影響, 和田 光一, 水谷 潤, 渡部 恂子, ビフィズス, 5, (1) 51 - 54,   1991年07月, 大豆由来オリゴ糖(SOE)をスタキオースとラフィノース(SOR)換算量で0.5 g, 1.0 gおよび2.0 gを健康な成人ボランティア9名(男6名,女3名,21〜45歳)におのおの3週間摂取させ,おのおのの摂取期2回(1週目および3週目)およびその前後の対照期を含めて計12回にわたって糞便を採取し,腸内フローラを調べたところ,1) SOR 0.5 g摂取の3週目および2.0 g摂取の1週目でBifidobacteriumの菌数が有意に増加した.2)総菌数に占めるBifidobacteriumの割合は,SOR 0.5 gおよび2.0 g摂取期で増加している傾向が認められた.3) Enterobacteriaceaeは,SOR 2.0 g摂取期(3週目)で有意な減少が認められた
  • マンニノトリオースのヒト腸内フローラに及ぼす影響, 和田 光一, 水谷 潤, 鈴木 宏美, 日本栄養・食糧学会誌, 44, (3) 171 - 176,   1991年06月, 大豆オリゴ糖を構成する難消化性糖類(ガラクトオリゴ糖類)のうち,最近新たに同定されたMntについて,in vitroにおけるヒト腸内菌111株による資化性試験を行い,またin vivo試験として健常成人7名のボランティアにMnt粉末3 g/日を7日間連続摂取させ,腸内フローラと糞便アンモニアおよび糞便pHを調べた.1) in vitroにおけるヒト腸内菌による資化性はStaなど他の大豆オリゴ糖を構成するガラクトオリゴ糖類とほとんど同一の資化性を示し,Bifidobacterium属(B. bifidumを除く)に選択的に利用された.2) Mntの摂取によりBifidobacteriumの菌数に有意(p<0.01)な増加が認められ,Clostridiumが有意(摂取前とp<0.05)な減少が認められた.3) Mntの摂取により糞便アンモニアに低下傾向が認められた.4)糞便pHはMnt摂取で変化しなかった
  • 大豆由来オリゴ糖(SOE)摂取の老人の腸内フローラおよび便性に及ぼす影響, 和田 光一, 渡部 恂子, 水谷 潤, ビフィズス, 4, (2) 135 - 140,   1991年01月, 6名の高齢者(女性,平均80歳)にSOE 10 g(スタキオース+ラフィノースを3 g含む)/日を連続3日間摂取させて腸内フローラ,糞便酵素活性,アンモニア等を調べた.SOE摂取によりBifidobacteriumの菌数は有意(p<0.05)に増加し,糞便β-グルコロニダーゼ活性およびアンモニア量が有意(おのおのp<0.01, p<0.0)に減少した.SOEとBifidobacteriumを24名の高齢者(平均79歳)に2週間摂取させた.排便回数が5回以下/週の高齢者(14名)は,排便回数(p<0.01)および便量(p<0.05)が有意に増加した
  • 透明ポリビニルアルコール(PVA)ゲルのコンタクトレンズへの応用, 栗秋 政光, 中村 完一, 水谷 潤, 高分子論文集, 46, (11) 739 - 743,   1989年11月, PVA(けん化度99.4 mol%,重合度1500以上)20 wt%水溶液を-4°Cで凍結し,凍結フィルムを得た.この凍結フィルムを-4°Cで凍結乾燥した後,エタノール水溶液中に浸せき・膨潤し,強靱化処理を行い,再び精製水でエタノールの置換を行い,伸長率500%以上,強度約40 kg/cm2以上,可視光線透過率92%以上のPVAゲルを得た.このPVAゲルは従来のヒドロゲルコンタクトレンズ素材より強度的に強く,水分の保持性があり脱水が少ないものであった.本透明PVAゲルは種々の優れた物性を有していることから,コンタクトレンズとして興味あるヒドロゲルであることが確認された
  • 屈折率分布型材料による視力矯正用コンタクトレンズ, 柚木 勇人, 水谷 潤, 水谷 豊, 日本眼光学学会誌, 9, (1) 24 - 29,   1988年05月
  • 各種コンタクトレンズ汚染 解析とその対策, 伊藤 孝雄, 水谷 潤, 栗秋 政光, 日本コンタクトレンズ学会誌, 28, (4) 259 - 269,   1986年12月
  • 各種CL材料における光線吸収特性, 水谷 豊, 内藤 久義, 水谷 潤, 日本コンタクトレンズ学会誌, 28, (4) 270 - 274,   1986年12月
  • Silicone Rubberコンタクトレンズの固着に及ぼす水蒸気透湿の影響および固着の防止策, 栗秋 政光, 水谷 潤, 水谷 豊, 日本コンタクトレンズ学会誌, 28, (3) 191 - 197,   1986年09月, 1) SRCLの固着原因としてCL下涙液中水分の透湿による影響は,本研究よりほとんど無視しうることが確認された.2) SRCLの固着防止対策として材質硬度を高くし,ゴム硬度Shore "A" 60〜65で良好であった.3) SRCLの固着防止対策として,内面の周辺部デザインの改良として3段のカーブで滑らかな反り上がりを付して良好な結果が得られた.4)レンズサイズを10.8 mm, 11.5 mmおよび12.2 mmと小形化し,処方分布11.5 mmで約70%の網羅率で良好な結果を得た

競争的資金

  • 難治性脊柱変形の病態解明と脊柱変形手術低侵襲化への集学的挑戦, 日本学術振興会, 基盤研究(C),   2014年04月 - 2017年03月, 水谷 潤
  • 安全かつ強固な新しい腰仙椎固定術式の開発と難治性強度脊柱変形への学際的挑戦, 日本学術振興会, 基盤研究(C),   2012年04月 - 2015年03月, 水谷 潤
  • 上位頚椎固定術の力学的妥当性及びそのスクリュー強度の解析, 日本学術振興会, 基盤研究(C),   2009年04月 - 2011年03月, 水谷 潤
  • 骨代謝における低分子量ストレス蛋白質の分子標的の解析, 日本学術振興会, 基盤研究(C),   2015年04月 - 2018年03月, 大塚隆信
  • 骨代謝全体における低分子量熱ショック蛋白質の役割の検討, 日本学術振興会, 基盤研究 (C),   2012年04月 - 2015年03月, 福岡宗良
  • 脊髄後根神経節における細胞間連絡機構,   2003年 - 2004年
  • 新しい環軸椎固定術の開発と生体力学的検証。致死的合併症根絶のために。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.