研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

岩城 壮一郎イワキ ソウイチロウ

所属部署薬学研究科病態解析学分野
職名講師
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.phar.nagoya-cu.ac.jp/research_course/res_course16.html
生年月日
Last Updated :2019/05/24

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:60399962

学歴

  • 2001年04月 - 2004年09月, 北海道大学, 大学院薬学研究科, 博士後期課程生体分子薬学専攻
  • 1999年04月 - 2001年03月, 静岡県立大学, 大学院薬学研究科, 修士課程薬学専攻
  • 1995年04月 - 1999年03月, 静岡県立大学, 薬学部, 薬学科

学位

  • 博士(薬学), 北海道大学

所属学協会

  • 日本生化学会
  • 日本脂質生化学会
  • 日本薬学会
  • 日本動脈硬化学会

経歴

  •   2012年11月 - 現在, 名古屋市立大学, 大学院薬学研究科, 講師
  •   2007年08月 - 2012年10月, 名古屋市立大学, 大学院薬学研究科, 助教
  •   2007年04月 - 2007年07月, 科学技術振興機構, JSTイノベーションプラザ北海道, 研究員
  •   2005年04月 - 2007年03月, 北海道大学, 大学院薬学研究科21世紀COE, 博士研究員
  •   2005年01月 - 2005年03月, (財) 北海道科学技術総合振興センター, 博士研究員
  •   2004年10月 - 2004年12月, 北海道大学, 大学院薬学研究科, 博士研究員

研究活動情報

研究キーワード

    microRNA, 動脈硬化症, PAI-1, スフィンゴシン1-リン酸

論文

  • Necrostatin-7 suppresses RANK-NFATc1 signaling and attenuates macrophage to osteoclast differentiation., Fuji H, Ohmae S, Noma N, Takeiri M, Yasutomi H, Izumi K, Ito M, Toyomoto M, Iwaki S, Takemoto K, Seo S, Taura K, Hida S, Aoyama M, Ishihama Y, Hagiwara M, Takeda N, Hatano E, Iwaisako K, Uemoto S, Asagiri M, Biochemical and biophysical research communications, 503, (2) 544 - 549,   2018年09月, 査読有り
  • Investigation into Differences in Level of Knowledge about Hypertension between High School Students and Elderly People., Sanagawa A, Ogasawara M, Kusahara Y, Yasumoto M, Iwaki S, Fujii S, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 137, (6) 783 - 789,   2017年, 査読有り
  • Sphingosine 1‑phosphate induced by hypoxia increases the expression of PAI‑1 in HepG2 cells via HIF‑1α., Sanagawa A, Iwaki S, Asai M, Sakakibara D, Norimoto H, Sobel BE, Fujii S, Molecular medicine reports, 14, (2) 1841 - 1848,   2016年08月, 査読有り
  • Targeting ceramide synthase 6-dependent metastasis-prone phenotype in lung cancer cells., Suzuki M, Cao K, Kato S, Komizu Y, Mizutani N, Tanaka K, Arima C, Tai MC, Yanagisawa K, Togawa N, Shiraishi T, Usami N, Taniguchi T, Fukui T, Yokoi K, Wakahara K, Hasegawa Y, Mizutani Y, Igarashi Y, Inokuchi J, Iwaki S, Fujii S, Satou A, Matsumoto Y, Ueoka R, Tamiya-Koizumi K, Murate T, Nakamura M, Kyogashima M, Takahashi T, The Journal of clinical investigation, 126, (1) 254 - 265,   2016年01月, 査読有り
  • Circulating level of microRNA-126 may be a potential biomarker for recovery from smoking-related vascular damage in middle-aged habitual smokers., Sugiura T, Dohi Y, Yamashita S, Iwaki S, Ito S, Sanagawa A, Ohte N, Fujii S, International journal of cardiology. Heart & vasculature, 7, 83 - 87,   2015年06月, 査読有り
  • Increased acid ceramidase expression depends on upregulation of androgen-dependent deubiquitinases, USP2, in a human prostate cancer cell line, LNCaP., Mizutani Naoki, Inoue Minami, Omori Yukari, Ito Hiromi, Tamiya-Koizumi Keiko, Takagi Akira, Kojima Tetsuhito, Nakamura Mitsuhiro, Iwaki Soichiro, Nakatochi Masahiro, Suzuki Motoshi, Nozawa Yoshinori, Murate Takashi, Journal of biochemistry,   2015年
  • TNF-α production in NKT cell hybridoma is regulated by sphingosine-1-phosphate: implications for inflammation in atherosclerosis., Ito Shiori, Iwaki Soichiro, Kondo Rie, Satoh Masashi, Iwabuchi Kazuya, Ohkawa Ryunosuke, Mishima Yuko, Yatomi Yutaka, Furumoto Tomoo, Tsutsui Hiroyuki, Fujii Satoshi, Coronary artery disease, 25, (4) 311 - 20,   2014年
  • Increased plasma sphingosine-1-phosphate in obese individuals and its capacity to increase the expression of plasminogen activator inhibitor-1 in adipocytes., Ito Shiori, Iwaki Soichiro, Koike Keiko, Yuda Yuichiro, Nagasaki Ayako, Ohkawa Ryunosuke, Yatomi Yutaka, Furumoto Tomoo, Tsutsui Hiroyuki, Sobel Burton E, Fujii Satoshi, Coronary artery disease, 24, (8) 642 - 50,   2013年
  • Sphingosine kinase 1 expression is downregulated during differentiation of Friend cells due to decreased c-MYB., Mizutani N, Kobayashi M, Sobue S, Ichihara M, Ito H, Tanaka K, Iwaki S, Fujii S, Ito Y, Tamiya-Koizumi K, Takagi A, Kojima T, Naoe T, Suzuki M, Nakamura M, Banno Y, Nozawa Y, Murate T, Biochimica et biophysica acta, 1833, (5) 1006 - 16,   2013年
  • スフィンゴシン-1-リン酸のヒト皮膚線維芽細胞におけるコラーゲン産生に及ぼす影響, 岩城 壮一郎,松井 恵利華,藤井 聡, 日本褥瘡学会誌 : 日本褥瘡学会機関誌, 15, (1) 8 - 14,   2013年
  • Circulating microRNA-126 in patients with coronary artery disease: correlation with LDL cholesterol., Sun Xiao, Zhang Man, Sanagawa Akimasa, Mori Chieko, Ito Shiori, Iwaki Soichiro, Satoh Hiroki, Fujii Satoshi, Thrombosis journal, 10, (1) ,   2012年
  • Posttranscriptional regulation of expression of plasminogen activator inhibitor type-1 by sphingosine 1-phosphate in HepG2 liver cells., Iwaki Soichiro, Yamamura Shuhei, Asai Moyoko, Sobel Burton E, Fujii Satoshi, Biochimica et biophysica acta, 1819, (11-12) 1132 - 1141,   2012年
  • Role of down-regulated neutral ceramidase during all-trans retinoic acid-inducedneuronal differentiation in SH-SY5Y neuroblastoma cells., Tanaka Kouji, Tamiya-Koizumi Keiko, Hagiwara Kazumi, Ito Hiromi, Takagi Akira, Kojima Tetsuhito, Suzuki Motoshi, Iwaki Soichiro, Fujii Satoshi, Nakamura Mitsuhiro, Banno Yoshiko, Kannagi Reiji, Tsurumi Tatsuya, Kyogashima Mamoru, Murate Takashi, Journal of biochemistry, 151, (6) 611 - 620,   2012年
  • Analytical evaluation of plasma serotonin and sphingosine 1-phosphate and their clinical assessment in early atherosclerosis., Sugiura Tomonori, Dohi Yasuaki, Yamashita Sumiyo, Ohte Nobuyuki, Ito Shiori, Iwaki Soichiro, Hirowatari Yuji, Ohkawa Ryunosuke, Mishima Yuko, Yatomi Yutaka, Kimura Genjiro, Fujii Satoshi, Coronary artery disease, 23, (4) 234 - 8,   2012年
  • Modulators of induction of plasminogen activator inhibitor type-1 in HepG2 cells bytransforming growthfactor-β., Nakayama Naomi, Nakamura Tomomi, Okada Hiromi, Iwaki Soichiro, Sobel Burton E, Fujii Satoshi, Coronary artery disease, 22, (7) 468 - 78,   2011年
  • Posttranscriptional regulation of expression of plasminogen activator inhibitor type-1 by cAMP in HepG2 liver cells., Asakura Takefumi, Iwaki Soichiro, Okada Hiromi, Sobel Burton E, Fujii Satoshi, Journal of biochemistry, 150, (6) 687 - 94,   2011年
  • HepG2細胞におけるインスリンと酸化ストレスのPAI-1産生に対する影響の解析: メタボリックシンドロームの易血栓性の病態解明を指向して, 宮川隆,朝倉健文, 中村友美, 佐藤由樹, 岡田浩美, 岩城壮一郎,藤井聡, 心臓, 42, (9) 1153 - 8,   2010年
  • Increased expression of plasminogen activator inhibitor type-1 (PAI-1) in HEPG2 cells induced by insulin mediated by the 3'-untranslated region of the PAI-1 gene and its pharmacologic implications., Miyagawa Ryu, Asakura Takefumi, Nakamura Tomomi, Okada Hiromi, Iwaki Soichiro, Sobel Burton E, Fujii Satoshi, Coronary artery disease, 21, (3) 144 - 50,   2010年
  • Intracellular trafficking pathway of yeast long-chain base kinase Lcb4, from its synthesis to its degradation., Iwaki Soichiro, Sano Takamitsu, Takagi Tomoko, Osumi Masako, Kihara Akio, Igarashi Yasuyuki, The Journal of biological chemistry, 282, (39) 28485 - 92,   2007年
  • Regulation of the transport and protein levels of the inositol phosphorylceramide mannosyltransferases Csg1 and Csh1 by the Ca2+-binding protein Csg2., Uemura Satoshi, Kihara Akio, Iwaki Soichiro, Inokuchi Jin-ichi, Igarashi Yasuyuki, The Journal of biological chemistry, 282, (12) 8613 - 21,   2007年
  • 生理活性脂質スフィンゴシン 1-リン酸の機能と代謝, 木原章雄, 岩城壮一郎, 五十嵐靖之, 蛋白質核酸酵素, 50, (11) 1443 - 8,   2005年
  • Regulationof the sphingoid long-chain base kinase Lcb4p by ergosterol and heme: studiesin phytosphingosine-resistant mutants., Sano Takamitsu, Kihara Akio, Kurotsu Fumiko, Iwaki Soichiro, Igarashi Yasuyuki, The Journal of biological chemistry, 280, (44) 36674 - 82,   2005年
  • Long-chain base kinase Lcb4 Is anchored to the membrane through its palmitoylation by Akr1., Kihara Akio, Kurotsu Fumiko, Sano Takamitsu, Iwaki Soichiro, Igarashi Yasuyuki, Molecular and cellular biology, 25, (21) 9189 - 97,   2005年
  • Phosphorylation by Pho85 cyclin-dependent kinase acts as a signal for the down-regulation of the yeast sphingoid long-chain base kinase Lcb4 during the stationary phase., Iwaki Soichiro, Kihara Akio, Sano Takamitsu, Igarashi Yasuyuki, The Journal of biological chemistry, 280, (8) 6520 - 7,   2005年
  • Transmembrane topology of sphingoidlong-chain base-1-phosphate phosphatase, Lcb3p., Kihara Akio, Sano Takamitsu, Iwaki Soichiro, Igarashi Yasuyuki, Genes to cells : devoted to molecular&cellularmechanisms, 8, (6) 525 - 35,   2003年

競争的資金

  • 分泌型miRNAの測定による新規な動脈硬化発症・進展評価法の開発, 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究 (C),   2014年04月 - 2017年03月, 岩城 壮一郎
  • スフィンゴシン誘導体による脂質輸送および脂質産生量調節を介した新規抗炎症・再灌流傷害抑制機構の解明, 名古屋市立大学, 特別研究奨励費,   2014年04月 - 2015年03月, 岩城 壮一郎
  • 分泌型miRNAによる褥瘡・糖尿病性皮膚潰瘍の評価方法の確立と新規治療法への応用, 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究 (C),   2013年04月 - 2016年03月, 藤井 聡
  • スフィンゴシン誘導体による脂質発現調節を介した新規抗炎症・再灌流傷害抑制機構の解明, 名古屋市立大学, 特別研究奨励費,   2013年04月 - 2014年03月, 岩城 壮一郎
  • エクソソーム由来分泌型miRNAを用いた新規動脈硬化評価法の開発, 日本学術振興会, 科学研究費補助金 若手研究 (B),   2012年04月 - 2014年03月, 岩城 壮一郎
  • 新規 S1P 供与体を用いた初期動脈硬化病変の先駆的治療法の開発, 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究 (C),   2010年04月 - 2013年03月, 藤井 聡
  • 動脈硬化発症の初期病変を効率的に評価可能なバイオマーカーの探索, 日本学術振興会, 科学研究費補助金 若手研究 (B),   2009年04月 - 2012年03月, 岩城 壮一郎
  • 生理活性スフィンゴ脂質の生理機能と病態の分子機構, 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究 (B),   2006年04月 - 2008年03月, 五十嵐 靖之

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 機能形態学II, 名古屋市立大学
  • 臨床薬学II, 名古屋市立大学
  • 応用生物工学, 愛知工業大学
  • 病態解析学特論, 名古屋市立大学
  • 医薬看連携地域参加型学習, 名古屋市立大学
  • 薬学演習I, 名古屋市立大学
  • 薬学演習II, 名古屋市立大学
  • 臨床薬学実務実習Ⅰ, 名古屋市立大学
  • NCU先端科目1, 名古屋市立大学
  • 基礎薬学演習, 名古屋市立大学
  • 環境と薬学, 名古屋市立大学
  • 創薬生命科学基礎IV, 名古屋市立大学
  • 医療薬学系実習, 金城学院大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 病院薬局実務実習 東海地区調整機構 WG委員, 運営参加・支援, 一般社団法人 薬学教育協議会,   2015年04月01日 - 現在
  • 第15回Pharmaco-Hematologyシンポジウム 事務局担当, 司会, 日本薬学会生物系薬学部会,   2013年12月01日 - 2014年12月01日
  • 文部科学省 平成23年度専門的看護師・薬剤師等医療人材養成事業 「チーム医療に貢献する薬局薬剤師養成」 広報委員, 情報提供, 名古屋市立大学,   2011年11月 - 2013年03月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.