研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

岡本 尚オカモト タカシ

所属部署医学研究科細胞分子生物学分野
職名教授
メールアドレスtokamotomed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2018/02/14

研究者基本情報

学歴

  •  - 1977年, 慶應義塾大学, 医学部, 医学

学位

  • 慶應義塾大学医学研究科内科学/博士(医学)

所属学協会

  • 日本内科学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本癌学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本ウイルス学会
  • 日本免疫学会
  • 日本エイズ学会
  • 中部リウマチ学会
  • 日本遺伝子治療学会
  • 日本生化学会
  • 日本遺伝子診療学会
  • 日本炎症学会
  • アメリカ生化学会

経歴

  • 1981-1993 慶應義塾大学医学部内科学1983-1986

研究活動情報

研究キーワード

    がん, 白血病, 自己免疫疾患, 感染症, 転写制御, 計算化学

論文

  • 金製剤によるNF-KBのDNA結合能に対するイソビトロ阻害効果, 361/,89-96,   1995年
  • 表皮ケラチノサイトとリンパ球におけるADF/TRXの酸化ストレスによる誘導, 44/,189-193,   1995年
  • 若年性糖尿病を合併したSLEの1例., 代謝, 14/,1581-1587,   1977年
  • SLEにおける非ヒストン核蛋白抗体., 臨床免疫, 11/,417-424,   1979年
  • Mixed connective tissue disease-最近の話題から, 最新医学, 34/,2126-2132,   1979年
  • 自己免疫発生機序:最近の考え方ウイルスの関与, 臨床免疫, 12/,270-275,   1980年
  • 全身性エリテマトーデス-抗核抗体と症状, 内科, 46/,764-765,   1980年
  • 抗逆転写酸素抗体, 臨床免疫, 14/,109-119,   1982年
  • FOY単独によるDICの治療経験, 現代医療, 14/,2002-2006,   1982年
  • 頸部皮下膿瘍を形成した非定型抗酸菌症の1例, 結核, 57/269-272,   1982年
  • 間質性肺炎と横断性脊髄障害を呈した全身性エリテマトーデスの一例, 免疫と疾患, 3/,785-789,   1982年
  • Raynaud現象と肺血管系のれん縮-進行性全身性硬化症の1例における経験-, 3/,2304-2309,   1983年
  • 全身性エリテマトーデス患者に見いだされたレトロウイルス逆転写酸素抑制性抗体に関する研究, 慶応医学, 60/,149-160,   1983年
  • がん遺伝子とレトロウイルスAIDSウイルス(HTLV-III/LAV/ARV), 代謝, 22/,449-463,   1985年
  • HIVとAIDS, 診断と治療, 75/,1619-1624,   1987年
  • AIDSウイルス-遺伝子とその機能, 14/,270-272,   1987年
  • AIDSウイルス研究の現状と今後の課題, 3/,33-35,   1987年
  • AIDSウイルス, 内科, 61/,1306-1307,   1988年
  • AIDSの発症機構とその予防, 10/,301-306,   1988年
  • HIV遺伝子発現調節機構, 細胞工学, 7/,25-33,   1988年
  • ATLおよびAIDSウイルス, 臨床成人病, 18/,1122-1124,   1988年
  • AIDSウイルスの特性, 臨床と微生物, 16/,285-292,   1989年
  • ヒトレトロウイルスとリンパ球表面の機能分子との関わり, 12/,79-84,   1990年
  • 全身性エリテマトーデスとレトロウイルス, 臨床免疫, 22/,59-65,   1990年
  • 成人T細胞白血病(ATL)に伴う癌遺伝子の変化, 代謝, 27(増刊「癌,   1990年
  • 成人T細胞白血病(ATL)の多段階発癌モデル, 臨床血液, 31/,569-571,   1990年
  • ヒトレトロウイルス感染症の免疫・生物・分子学的特性と発症機構, 21/,613-623,   1991年
  • HIVの転写制御-ウイルス潜伏感染の維持と破綻の分子機構, 実験医学, 9(増刊「ウイルス-レセプターからウイルス病まで」)/,68,   1991年
  • HIVの遺伝子機構とその調節因子, 8/,28-34,   1993年
  • ATLの多段階発癌モデル, 病理と臨床, 11/,115-119,   1993年
  • HIV感染による細胞障害, 26/,447-452,   1993年
  • AIDSウイルス, 内科, 71/,1327-1328,   1993年
  • HIVベクターの開発, 日本臨床臨時増刊号, 51/,615-619,   1993年
  • Q, 治療, 75/,1539-1541,   1993年
  • エイズとは, 日本医師会雑誌, 105/,1771-1777,   1994年
  • 転写因子レドックス制御, 実験医学, 13/,30-36,   1994年
  • HIV-1/抗体HIV-2/抗体, 医学書院, 11/,548-5490,   1994年
  • 細胞内のウイルスゲノムの活性化機構とその阻害-新たな抗HIV療法の開発をめざして-, メジカルビュー社, 12/,71-77,   1995年
  • 転写因子NFkBによるiNOS遺伝子の発現制御, 実験医学増刊, 13/,96-99,   1995年
  • 転調節因子, メジカルビュー社, 3/,76-76,   1996年
  • フリーラジカルと遺伝子発現制御:転写因子NFkBのレドックス制御, 現代医療「Up Date抗酸化物質と動脈硬化」, 28/,2021-2027,   1996年
  • 医学におけるバイオテクノロジー(27)-転写因子から疾患治寮へ-(NF-κBを例として), 現代医学, 43/,615-622,   1996年
  • エイズウイルスとの闘い, (財)科学技術広報財団.科学技術ジャーナル, 6/,16-17,   1996年
  • ストレスと遺伝子発現-制御転写因子のレドックス制御-, 医歯薬出版(株).別冊医学のあゆみ, /,100-103,   1996年
  • HIVプロウイルスの活性化, 医歯薬出版(株)別冊医学のあゆみ「エイズ制圧に向けて」, /特集号176,12-16,   1996年
  • HIVの増殖と調節性遺伝子, (株)羊土社.実験医学『AIDS研究の最前線』, 15/,131-136,   1997年
  • HIVプロウイルスの活性化, 臨床科学別冊『AIDSの治療』, 33/,63-68,   1997年
  • 抗AIDS療法のための分子標的, (株)医薬ジャーナル社化学療法の領域, 13/,487-492,   1997年
  • エイズウイルスの増殖機構と制御, 日本臨床免疫学会会誌, 19/6,548-551,   1997年
  • NF-κB, 医学のあゆみ, 181/,659,   1997年
  • 炎症とレドックス制御, 現代医療, 29/,2279-2283,   1997年
  • 転写因子(共著), medicina., 34/,2081-2085,   1997年
  • H, Therapeutic Recerarch, 19/,226-229,   1998年
  • 内科におけるヘルペスウイルス感染症, ヘルペス Medical Breifs in Virus Infectionにみるヘルペス感染症の変遷, /,12-15,   1998年
  • 新顔ヘルペスウイルス-HHV-8(KSHV)と悪性腫瘍(共著), 医学のあゆみ, 185/,331-336,   1998年
  • Gell shift assayとin-gel kinase assayを用いた転写因子の研究-ゲルシフト法(共著), Jpn J Electroph, 42/,93-96,   1998年
  • In-gel kinase assayを用いた転写因子の研究(共著), Jpn J Electroph, 42/,97-101,   1998年
  • HIV感染症-診療の最前線 HIVの増殖機構と転写因子(共著), 血液・免疫・腫瘍 メディカルレビュー社, 3/,733-740,   1998年
  • 滑膜細胞アポトーシスとFas-asspcoated phosphatase-1, 臨床免疫 特集II 慢性関節リウマチにおけるアポトーシスとその意義, 274/,15662-15670,   1998年
  • 解説 : NF-κBの活性化機構., 臨床免疫, 30/12,1693-1699,   1998年
  • 慢性関節リウマチの病態形成における転写因子NF-κBの意義, 中部リウマチ30, /1,16-20,   1999年
  • 蛋白質・核酸・酵素 特集号「環境応答・適応の分子機構」(共著), 蛋白質・核酸・酵素 特集号「環境応答・適応の分子機構」, 44/15,2403-2404,   1999年
  • 生体の酸化ストレス応答と転写因子NF-κBのシグナル伝達制御, 蛋白質・核酸・酵素 特集号「環境応答・適応の分子機構」, 44/15,2405-2413,   1999年
  • トピックス : 金製剤の新たな作用機序-特にHIV感染症への応用, 9/4,29-33,   1999年
  • 特集(]G0001[)アポトーシスの正と負の分子機構-アポトシスにおけるNF-κBの関与, 臨床免疫 科学評論社, 32/1,14-17,   1999年
  • IκBkinase α, βによるIκBのリン酸化とNF-κBの活性制御, 臨床免疫 科学評論社, 32/3,382-386,   1999年
  • AktによるNF-κBの活性調節とアポトーシス, 細胞工学, 19/2,283-285,   2000年
  • KSHV潜伏感染からの活性化の分子機構, 12/12,10-11,   1999年
  • 転写因子NF-κBによる炎症応答の制御, 現代医療, 32/2,139-144,   2000年
  • HIV-1・HIV-2感染症, 綜合臨牀 永井書店, 50/3,537-542,   2001年
  • 転写因子NF-κBの作用機構と疾患制御, 環境と健康 健康指標プロジェクト-30, 14/1,23-39,   2001年
  • cDNAアレイ解析, 炎症と免疫 先端医学社, 9/3,122-123,   2001年
  • 酸化ストレスと遺伝子発現 特集 酸化ストレスと循環器疾患, 血圧 先端医学社, 8/5,27-31,   2001年
  • HIV-1感染症の問題点と新たな治療戦略 特集 AIDS研究の最近の進歩, 組織培養工学 ニュー・サイエンス社, 27/8,2-3,   2001年
  • Inhibition of the RNA-dependent tansactivation and replication of human immunodeficiency virus type 1 by a fluoroquinoline derivative K-37., 272/,402-408,   2000年
  • A potential role of activated NF-κB in the pathogenesis of euthyroid sick syndrome., 106/,393-402,   2000年
  • Reciprocal modulation of transcriptional activities between HIV-1 Tat and MHC class (]G0002[) transactivator C(], 279/,94-499,   2000年
  • Enhanced i(]E85C4[)v(], 2/,727-738,   2000年
  • Involvement of the pro-oncoprotein TLS(Translocated in liposarcoma)in nuclear factor-κB p65-mediated transcription as a coactivator., 276/,13395-13401,   2001年
  • Transcriptional dysregulation of the p73L/p63/p51/p40/KET gene in human squamous cell carcinomas : expression of ΔNp73L, a novel dominantnegative isoform, and loss of expression of the potential tumour suppressor p51., 84/,1235-1241,   2001年
  • Involvement of interaction between p21 and PCNA for the maintenance of G2/M arrest after DNA damage., 276/,42971-42977,   2001年
  • Cimetidine increases survival of colorectal cancer patients with high levels of sialyl Lewis-X and sialyl Lewis-A epitope expression on tumor cells., 86/,161-167,   2002年
  • Cdc25C interacts with PCNA at G2/M transition., 21/,1717-1726,   2002年
  • Decreased expression of hippocampal cholinergic neurostimulating peptide precursor protein mRNA in the hippocampus in Alzheimer, 61/,176-185,   2002年
  • Inhibitory effects of IFN-g on HIV-1 replication in latently infected cells., 291/,890-896,   2002年
  • N-acetyl-L-cysteine enhances chemotherapeutic effect on prostate cancer cells., 30/,53-58,   2002年
  • RelA-associated inhibitor blocks transcription of human immunodeficiency virus type1 by inhibiting NF-kB and Sp1 actions., 76/,8019-8030,   2002年
  • Inhibition of NF-kB transcriptional activity by protein kinase A., 269/,1-7,   2002年
  • Cimetidine increases survival of colorectal cancer patients with high levels of sialyl Lewis-X and sialyl Lewis-A epitope expression on tumor cells., 86/,161-167,   2002年
  • The NF-kB activation in the lymphotoxin beta receptor signaling depends on the phosphorylation of p65 at serine 536., 278/,919-926,   2003年
  • NF-kB p65 transacvation domain is involved in the NF-kB-inducing kinase (NIK) pathway., 301/,583-590,   2003年
  • TRAF6-NF-kB pathway is essential for IL-1-induced TLR2 expression and its functional response to TLR2 ligand in murine hepatocytes., 109/,127-136,   2003年
  • Huntingtin-interacting protein-1-related protein of rat (rHIP1R) is localized in the postsynaptic regions., 967/,210-225,   2003年
  • 3-Methylcholanthrene activates human immunodeficiency virus type 1 replication via aryl hydrocarbon receptor., 45/,363-370,   2003年
  • Calpain is involved in the HIV replication from the latently-infected OM10.1 cells., 303/,940-949,   2003年
  • RING finger protein AO7 supports the NF-kB-mediated transcription by interacting with the transactivation domain of p65 subunit., 278/,26879-2688,   2003年
  • c-Myc recruitsP-TEFb for transcription, cellular proliferation and apoptosis., 22/,5707-5711,   2003年
  • Low pH enhances Sp1 DNA binding activity and interaction with TBP., 31/,1-8,   2003年
  • Induction of Notch signaling by tumor necrosis factor in rheumatoid synovial fibroblasts., 22/,7796-7803,   2003年
  • Gold compounds inhibit adhesion of human cancer cells to vascular endothelial cells., 196/,93-100,   2003年
  • Gene expression profile analysis of rheumatoid synovial fibroblast cultures., 294/,1121-1129,   2002年
  • Expression of 53BP2 and ASPP2 proteins from TP53BP2 gene by alternative splicing., 315/,434-438,   2004年
  • ヒト免疫不全ウイルスの転写制御蛋白 Tat による DNA 修復酵素 OGG1 遺伝子の発現誘導, 280/,26701-26713,   2005年
  • 細胞内シグナル伝達系による転写因子 NF-κB 活性化の新規経路の解明, 278/,919-926,   2003年
  • 関節リウマチにおける NF-κB および Notch シグナルカスケードの病因的役割, 15/,79086,   2005年

書籍等出版物

  • ヒト免疫不全ウイルスの制御蛋白と治療, 抗エイズ薬の開発,   1995年
  • 全身性エリテマトーデスとウイルス.ウイルス学, 講談社,   1980年
  • 遺伝子発現調節機構とその解析法.実験操作ブロッティング法, ソフトサイエンス社,   1987年
  • AIDSウイルス.Annual Review免疫, 中外医学社,   1988年
  • レトロウイルスの発癌機序:成人T細胞白血病.がん民族疫学, 篠原出版,   1992年
  • エイズ発症要因としての転写因子NFkBの活性化の分子機構・輸血感染症の防止, エフ・コピント富士書院,   1994年
  • レトロウイルスについて.最新内科学大系, 中山書店,   1994年
  • ATLの発症機構.図説臨床(癌)シリーズ, メジカルレビュー社,   1994年
  • 転写因子(NF-kB)、リウマチ, メジカルレビュー社,   1995年
  • エイズウイルスとの闘い(ブルーバックス), 講談社,   1995年
  • HIVとシグナル伝達系:宿主転写因子NFkBによるプロウイルス活性化機構., 別冊医学のあゆみ「免疫疾患-state of arts-」、医歯薬出版(株),   1995年
  • HIVとカポシ肉腫.メディカル用語ライブラリー『癌』, (株)羊土社,   1996年
  • 活性酸素による遺伝子発現制御., (株)講談社.『活性酸素とシグナル伝達』,   1996年
  • AIDS(後天性免疫不全症候群), 医学書院.標準微生物学,   1996年
  • がん細胞と血管内皮細胞接着におけるNF-kBの作用とその制御, (財)がん集学的治療研究財団.がん治療のあゆみ,   1996年
  • NF-kB., (株)羊土社.Bio Science用語ライブラリー『アポトーシス』,   1995年
  • ヒト免疫不全ウイルス研究の動向-ウイルス増殖機構について-, (株)スタンダードマッキンタイヤ.,   1995年
  • 細胞内レドックス制御機構と転写因子NF-kBの活性化シグナル,   1997年
  • 転写因子NF-kBのシグナル伝達と疾患制御., 医学書院.遺伝子診療,   1985年
  • レドックス制御(共著), リウマチ,   1997年
  • ウイルス遺伝子発現転写と転写後調節, 第11回文部省主催「大学と科学」 公開シンポジウム講演集「HIV/AIDS研究はいま:基礎研究の現場から」 クバプロ,   1997年
  • AIDS(後天性免疫不全症候群)(共著), 標準微生物学(改定版) 医学書院,   1999年
  • 遺伝子治療とは(共著), 「遺伝子医療入門」 名古屋大学出版,   2000年
  • NF-κBと酸化ストレスシグナル, バイオサイエンスの新世紀第5巻「酸化ストレス・レドックスの生化学」(共立出版株式会社),   2000年

受賞

  •   1990年, 国立がんセンター田宮賞

競争的資金

  • HIVプロウィルス活性化過程の分子生物学的研究,   1993年 - 1993年
  • 炎症とがん:転写因子NF-κBによる抗アポトーシス機構と発がん促進作用,   2000年
  • HIV遺伝子発現調節機構と潜伏・持続感染機構に関する研究,   2002年 - 2002年
  • 相互作用蛋白の遺伝子クローニングによる転写因子NF-κBの機能・制御系の解析,   2000年
  • ヒト免疫不全症ウイルスの転写制御機構に関する研究
  • 転写因子NF-κBに関する基礎的研究とシグナル・トランスダクション療法,   1998年 - 1999年
  • HIVプロウイルス活性化の分子機構,   1994年 - 1994年
  • 転写因子NF-κBによるアポトーシス抑制機構と発がん促進作用,   2002年 - 2002年
  • 酵母を用いた蛋白間相互作用因子のクロ-ニング法の確立,   1994年 - 1995年
  • HIV-lの転写機構とその制御に関する研究
  • 炎症とがん:転写因子NF-κBによる抗アポトーシス機構と発がん促進作用,   2001年 - 2001年
  • 転写因子NF-κBによるアポトーシス抑制作用と発がん促進作用,   2003年 - 2003年
  • 転写因子NFkBと疾患における役割に関する研究,   1996年 - 1996年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.