Researcher Database


Freeword

NANIWA Taio

FacultyGraduate School of Medical Sciences Department of Respiratory Medicine, Allergy and Clinical Immunology
PositionClinical Associate Professor
Mail
HomepageURL
Birthday
Last Updated :2020/07/02

Researcher Profile and Settings

Education

  •   1988 04  - 1994 03 , Nagoya City University

Degree

  • 博士(医学)

Association Memberships

  • THE JAPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE
  • THE JAPANESE RESPIRATORY SOCIETY
  • JAPAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGY

Academic & Professional Experience

  •   2016 04  - 現在, Nagoya City University
  •   2014 04  - 現在, Nagoya City University, Graduate School of Medical Sciences
  •   2013 04  - 2014 03 , Nagoya City University
  •   2013 04  - 2014 03 , Nagoya City University, Graduate School of Medical Sciences
  •   2007 04  - 2013 03 , Nagoya City University, Graduate School of Medical Sciences
  •   2004 04  - 2007 03 , Nagoya City University, Graduate School of Medical Sciences
  •   2001 07  - 2004 03 , Nagoya City University
  •   1994 04  - 1995 12 , Nagoya City University

Research Activities

Research Areas

  • Life sciences, Allergies and connective tissue disease

Published Papers

  • Successful cessation of tumor necrosis factor inhibitor treatment in rheumatoid arthritis patients and potential predictors for early flare: an observational study in routine clinical care., Naniwa T, Iwagaitsu S, Kajiura M, Modern rheumatology, 1 - 27, 12 , Refereed
  • Systematic Review and Meta-analysis for 2017 Clinical Practice Guidelines of the Japan Research Committee of the Ministry of Health, Labour, and Welfare for Intractable Vasculitis for the Management of ANCA-associated Vasculitis., Nagasaka K, Harigai M, Hagino N, Hara A, Horita T, Hayashi T, Itabashi M, Ito S, Katsumata Y, Kawashima S, Naniwa T, Sada KE, Nango E, Nakayama T, Tsutsumino M, Yamagata K, Homma S, Arimura Y, Modern rheumatology, 1 - 31, 07 , Refereed
  • Long-term efficacy and safety of add-on tacrolimus for persistent, active rheumatoid arthritis despite treatment with methotrexate and tumor necrosis factor inhibitors., Naniwa T, Iwagaitsu S, Kajiura M, International journal of rheumatic diseases, 21, (3) 673 - 687, 03 , Refereed
  • Improvement of Arterial Wall Lesions in Parallel with Decrease of Plasma Pentraxin-3 Levels in a Patient with Refractory Takayasu Arteritis after Treatment with Tocilizumab., Iwagaitsu S, Naniwa T, Case reports in rheumatology, 2017, Refereed
  • A comparative analysis of two interferon-gamma releasing assays to detect past tuberculosis infections in Japanese rheumatoid arthritis patients, Shiho Iwagaitsu, Taio Naniwa, Shinji Maeda, Shinya Tamechika, Hironobu Nobata, Hirokazu Imai, Akio Niimi, Shogo Banno, MODERN RHEUMATOLOGY, 26, (5) 690 - 695, Refereed, Objectives: To compare the utility of QuantiFERON-TB Gold in tube (QFT-GIT) and T-SPOT.TB assays to detect past tuberculosis infection in Japanese rheumatoid arthritis patients receiving methotrexate. Methods: We compared the sensitivities and specificities, the rates of indeterminate results, and the rates of positive results in patients with total and CD4-positive lymphocyte counts of both assays simultaneously performed on 68 rheumatoid arthritis patients receiving methotrexate, in whom 33 had evidence of past tuberculosis infection by chest computed tomography and the other had neither history of tuberculosis exposure nor abnormalities in chest computed tomography. Results: The sensitivities, specificities, and the rates of indeterminate results of QFT-GIT were 21.2%, 100%, and 4.4%, and those of T-SPOT.TB were 21.9%, 100%, and 1.5%, respectively. The overall agreement of both assays was good (kappa = 0.68). In patients with past tuberculosis infection, there are significant positive linear trends in positive rates of both assays across ranges of larger numbers of total and CD4-positive lymphocyte counts. Conclusions: Both assays were equally useful with high specificities, but may falsely identify past tuberculosis infection owing to low sensitivities. In patients with low total and CD4-positive lymphocyte counts, both assays might give higher rates of false negative results.
  • Long-term survival of patients with pulmonary arterial hypertension recovering to World Health Organization functional class I or II: a historical comparison between intravenous epoprostenol and oral agents., Yamamoto K, Takeda Y, Takeda Y, Naniwa T, Narita H, Ohte N, BMC research notes, 7, 06 , Refereed
  • Long-term remission of pulmonary veno-occlusive disease associated with primary Sjogren's syndrome following immunosuppressive therapy, Taio Naniwa, Yutaka Takeda, MODERN RHEUMATOLOGY, 21, (6) 637 - 640, 12 , Refereed, The patient described here is a 21-year-old Japanese woman with primary Sjogren's syndrome (pSS) presenting with worsening of dyspnea, palpitation, recurrent parotitis, and arthritis. Chest computed tomography showed diffuse interlobular septal thickening and ground-glass opacities. Right heart catheterization demonstrated pulmonary hypertension, right-sided heart failure, normal pulmonary capillary wedge pressure, and no evidence of arterio-venous shunt. Transbronchial lung biopsy showed luminal obliteration of pulmonary venules by intimal cellular proliferations, without abnormalities in the small pulmonary arteries. These findings were consistent with pulmonary veno-occlusive disease (PVOD). Immunosuppressive therapy, starting with prednisolone 20 mg/day and subsequently combined with azathioprine, resulted in the disappearance of the signs and symptoms, including exertional dyspnea and abnormal pulmonary parenchymal shadows on computed tomography, and the normalization of pulmonary artery pressure. So far, there have been no reported cases of PVOD associated with pSS. Of interest, immunosuppressive therapy without vasodilator therapy almost completely resolved the pulmonary hypertension in this patient.
  • [Efficacy of three-dimensional computed tomography for evaluating airway tract involvement in patients with relapsing polychondritis]., Watanabel M, Osawa T, Naniwa T, Torii S, Sanji H, Ninomiya S, Yoshinouchi T, Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society, 46, (5) 363 - 367, 05 , Refereed
  • Microscopic polyangiitis associated with diffuse panbronchiolitis., Park J, Banno S, Sugiura Y, Yoshikawa K, Naniwa T, Wakita K, Hayami Y, Sato S, Ueda R, Internal medicine (Tokyo, Japan), 43, (4) 331 - 335, 04 , Refereed
  • [A case of sarcoidosis with rheumatic features (Löfgren's syndrome)]., Niimi T, Sato S, Sugiura Y, Akita K, Maeda H, Ninomiya S, Achiwa H, Masui S, Bessho Y, Maeno K, Naniwa T, Kotsuka M, Morishita M, Ueda R, Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society, 41, (3) 207 - 210, 03 , Refereed
  • [Recurrence of thymoma accompanied with hypogammaglobulinemia 20 years after surgery: a case report]., Naniwa T, Kakihara H, Zen-nami S, Tomita H, Sugiura Y, Yoshinouchi T, Sato S, Ueda R, Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society, 40, (3) 241 - 244, 03 , Refereed
  • [Adenocarcinoma of the lung with skeletal muscle metastasis, resulting in death due to myocardial metastasis: a case report]., Naniwa T, Kakihara H, Tomita H, Sugiura Y, Yoshinouchi T, Sato S, Ueda R, Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society, 40, (2) 140 - 144, 02 , Refereed

Misc

  • 抗インターロイキン6受容体抗体投与後に重篤な肝障害増悪を伴って急性増悪した関節リウマチに伴うマクロファージ活性化症候群の1例, 山邊徹, 大村晋一郎, 上原幸治, 為近真也, 岩垣津志穂, 前田伸治, 難波大夫, 中部リウマチ, 48, (2) 18 - 18,   2019 03
  • HLA-B52陽性であった壊疽性膿皮症に高安動脈炎が合併した1例, 加納 慎二, 西田 絵美, 小林 由佳, 鳥居 寛, 森田 明理, 山邉 徹, 難波 大夫, 日本皮膚科学会雑誌, 129, (2) 224 - 224,   2019 02
  • 慢性緑膿菌感染が膠原病患者におけるアミロイドーシスの発症,増悪に寄与したと考えられた2例, 山邊徹, 前田伸治, 和田洵一, 上原幸治, 爲近真也, 大村晋一郎, 岩垣津志穂, 難波大夫, 新実彰男, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 62回,   2018 03
  • 心室頻拍を呈した心筋炎合併多発性筋炎の1例, 和田 洵一, 爲近 真也, 山邊 徹, 大村 晋一郎, 岩垣津 志穂, 前田 伸治, 難波 大夫, 新実 彰男, 中部リウマチ, 47, (2) 23 - 23,   2018 03
  • 関節リウマチの治療10:有効性・寛解 実臨床下における関節リウマチにおけるTNF阻害薬フリー寛解維持後のメトトレキサート治療減弱の実態, 難波 大夫, 岩垣津 志穂, 梶浦 美希子, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 62回,   2018 03
  • 悪性腫瘍関連筋炎に合併した嚥下障害の予後の検討, 大村 晋一郎, 宮本 俊明, 和田 洵一, 上原 幸治, 山邊 徹, 為近 真也, 岩垣津 志穂, 前田 伸治, 難波 大夫, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 62回,   2018 03
  • 日本人悪性腫瘍関連筋炎における長期生命予後の検討 多発性筋炎、皮膚筋炎における後ろ向き研究、241例における検討, 大村 晋一郎, 宮本 俊明, 和田 洵一, 山邊 徹, 上原 幸治, 為近 真也, 岩垣津 志穂, 前田 伸治, 難波 大夫, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 62回,   2018 03
  • 関節リウマチや分類不能関節炎における寛解達成率および寛解維持による治療減弱 血清反応別による比較, 岩垣津 志穂, 難波 大夫, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 62回,   2018 03
  • 慢性緑膿菌感染が膠原病患者におけるアミロイドーシスの発症、増悪に寄与したと考えられた2例, 山邊 徹, 前田 伸治, 和田 洵一, 上原 幸治, 爲近 真也, 大村 晋一郎, 岩垣津 志穂, 難波 大夫, 新実 彰男, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 62回,   2018 03
  • 【関節リウマチ治療の新しいエビデンス】 発症早期関節リウマチの初期治療におけるグルココルチコイド併用DMARD 3剤併用療法の有用性-tREACH trialの結果から, 難波 大夫, リウマチ科, 59, (3) 273 - 280,   2018 03
  • 【筋病変を伴うリウマチ性疾患の診断と治療】 多発性筋炎・皮膚筋炎に伴う悪性腫瘍, 大村 晋一郎, 為近 真也, 難波 大夫, リウマチ科, 59, (1) 26 - 33,   2018 01
  • マクロファージ活性化症候群を合併した全身性エリテマトーデス患者血清における多項目サイトカイン解析, 爲近 真也, 前田 伸治, 和田 洵一, 大村 晋一郎, 岩垣津 志穂, 前田 智代, 難波 大夫, 新実 彰男, 日本臨床免疫学会会誌, 40, (4) 303 - 303,   2017 08
  • 頸動脈間隙に生じた占拠性病変により嚥下障害を急性発症した抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎患者の2例, 爲近 真也, 難波 大夫, 和田 洵一, 大村 晋一郎, 岩垣津 志穂, 前田 伸治, 中部リウマチ, 46, (2) 39 - 40,   2017 03
  • 多発性筋炎・皮膚筋炎 ステロイド治療抵抗性抗SRP抗体陽性筋炎に対する大量ガンマグロブリン療法(IVIG)の有効性の検討, 大村 晋一郎, 為近 真也, 和田 洵一, 岩垣津 志穂, 前田 伸治, 難波 大夫, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 61回,   2017 03
  • 多発性筋炎・皮膚筋炎 嚥下障害を合併したステロイド治療抵抗性多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)に対する大量ガンマグロブリン療法(IVIG)の有効性の検討, 大村 晋一郎, 宮本 俊明, 為近 真也, 和田 洵一, 岩垣津 志穂, 前田 伸治, 難波 大夫, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 61回,   2017 03
  • CTLA4-Ig(Abatacept)によるリウマチ患者CD4+T cell subsetの細胞増殖(Ki67発現)へ及ぼす効果の検討, 前田 伸治, 前田 智代, 爲近 真也, 大村 晋一郎, 岩垣津 志穂, 難波 大夫, 新実 彰男, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 61回,   2017 03
  • 高齢で発症した関節リウマチおよび分類不能関節炎の臨床的検討, 岩垣津 志穂, 和田 洵一, 爲近 真也, 大村 晋一郎, 前田 伸治, 難波 大夫, 新実 彰男, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 61回,   2017 03
  • リツキシマブにて寛解導入したSjoegren症候群関連難治性II型クリオグロブリン血管炎の1例, 和田 洵一, 爲近 真也, 大村 晋一郎, 岩垣津 志穂, 前田 伸治, 難波 大夫, 新実 彰男, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 61回,   2017 03
  • 子宮卵巣原発癌性胸膜・心膜炎を疑われたIgG4関連疾患の1例, 何澤信礼, 河合辰哉, 浦野みすぎ, 芝本雄太, 大久保仁嗣, 宮崎幹規, 新実彰男, 為近真也, 難波大夫, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 52nd,   2016 08 29
  • 【関節リウマチ診療における新たな課題】 生物学的製剤効果不十分・二次無効の対策(DMARD追加、分子標的薬へのスイッチなど), 難波 大夫, リウマチ科, 55, (5) 480 - 487,   2016 05
  • 頸動脈間隙に生じた占拠性病変により嚥下障害を急性発症した抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎患者の2例, 爲近 真也, 難波 大夫, 和田 洵一, 大村 晋一郎, 岩垣津 志穂, 前田 伸治, 新実 彰男, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 60回,   2016 03
  • 血中膵酵素値上昇が持続したループス腸炎の1例, 和田 洵一, 爲近 真也, 大村 晋一郎, 岩垣津 志穂, 前田 伸治, 難波 大夫, 中部リウマチ, 45, (1) 51 - 51,   2015 08
  • 側頭動脈生検にて側頭動脈炎の診断に至った11例, 村嶋 寛子, 西田 絵美, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 新谷 洋一, 古橋 卓也, 爲近 真也, 前田 伸治, 難波 大夫, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (4) 901 - 901,   2015 04
  • 嚥下障害を合併した抗SRP抗体陽性筋症に対して大量γグロブリン療法が有効であった一例, 大村晋一郎, 宮本俊明, 和田洵一, 為近真也, 岩垣津志穂, 前田伸治, 難波大夫, 日本臨床リウマチ学会プログラム・抄録集, 30th,   2015
  • CT and 3D-CTA findings in patients with aortitis syndrome (Takayasu arteritis), 何澤 信礼, 為近 真也, 難波 大夫, 臨床放射線, 60, (1) 172 - 183,   2015 01
  • 治療抵抗性重症成人スチル病2例に対する生物学製剤治療の検討, 爲近 真也, 岩垣津 志穂, 前田 伸治, 速水 芳仁, 難波 大夫, 中部リウマチ, 44, (1) 54 - 54,   2014 07
  • 全身性エリテマトーデスに発症したマクロファージ活性化症候群に対しエタネルセプトが著効した1例, 小林 彩子, 爲近 真也, 岩垣津 志穂, 前田 伸治, 速水 芳仁, 難波 大夫, 中部リウマチ, 44, (1) 57 - 58,   2014 07
  • 関節リウマチにおける結核リスク評価のためのクォンティフェロンTBゴールドとT-SPOT TBの有用性, 岩垣津 志穂, 坂野 章吾, 難波 大夫, 爲近 真也, 野畑 宏信, 今井 裕一, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 58回,   2014 03
  • インフリキシマブの投与時間短縮を行なった関節リウマチ患者における投与時反応発現率についての検討, 岩垣津 志穂, 難波 大夫, 速水 芳仁, 前田 伸治, 爲近 真也, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 57回・22回,   2013 03
  • 治療抵抗性心外膜炎、マクロファージ活性化症候群および糸球体腎炎にトシリズマブが異なる臨床効果を示した全身性エリテマトーデスの一例, 岩井 敦子, 小林 彩子, 爲近 真也, 前田 伸治, 速水 芳仁, 岩垣津 志穂, 難波 大夫, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 57回・22回,   2013 03
  • 全身性エリテマトーデスに併発したクローン病に対しアダリムマブが著効した1例, 爲近 真也, 岩垣津 志穂, 前田 伸治, 速水 芳仁, 難波 大夫, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 57回・22回,   2013 03
  • エタネルセプトによる皮膚血管炎が疑われた関節リウマチの1例, 伊藤 礼, 坂野 章吾, 渡辺 舞子, 難波 大夫, 速水 芳仁, 金子 夏美, 森田 明理, 中部リウマチ, 41, (2) 100 - 100,   2012 07
  • 多発性筋炎・皮膚筋炎(1) 皮膚筋炎・多発性筋炎におけるシクロスポリンやタクロリムスの有用性に関する検討, 爲近 真也, 岩垣津 志穂, 渡辺 舞子, 前田 伸治, 速水 芳仁, 難波 大夫, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 56回・21回,   2012 03
  • 関節リウマチの治療の寛解基準 関節リウマチ(RA)の寛解評価におけるバイオマーカーの診断精度, 難波 大夫, 岩垣津 志穂, 前田 伸治, 速水 芳仁, 爲近 真也, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 56回・21回,   2012 03
  • 当院におけるベーチェット病の臨床的特徴, 速水 芳仁, 爲近 真也, 岩垣津 志穂, 前田 伸治, 難波 大夫, 坂野 章吾, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 56回・21回,   2012 03
  • 膠原病患者におけるスルファメトキサゾール・トリメトプリム(SMX-TMP)の薬物特異体質的有害事象についての検討, 岩垣津 志穂, 難波 大夫, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 56回・21回,   2012 03
  • 大動脈炎症候群の治療経過中にReversible cerebral vasoconstriction syndrome(RCVS)を来たした1例, 打田 佑人, 小栗 卓也, 三浦 敏靖, 匂坂 尚史, 大喜多 賢治, 松川 則之, 小鹿 幸生, 岩垣津 志穂, 難波 大夫, 櫻井 圭太, 臨床神経学, 51, (6) 441 - 441,   2011 06
  • 多発性筋炎・皮膚筋炎 皮膚筋炎・多発性筋炎における悪性腫瘍合併に関する検討, 爲近 真也, 難波 大夫, 前田 伸治, 渡辺 舞子, 佐々木 謙成, 岩垣津 志穂, 速水 芳仁, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 55回・20回,   2011 06
  • 可逆性脳血管攣縮症候群を発症した大動脈炎症候群の1例, 岩垣津 志穂, 難波 大夫, 佐々木 謙成, 渡辺 舞子, 前田 伸治, 速水 芳仁, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 55回・20回,   2011 06
  • 当院早期関節リウマチ外来における関節リウマチの治療目標達成率の検討, 難波 大夫, 佐々木 謙成, 岩垣津 志穂, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 55回・20回,   2011 06
  • 結節性多発動脈炎とバージャー病との鑑別を要し、下肢切断に至った1例, 前田 智代, 坂野 章吾, 伊藤 礼, 渡辺 舞子, 難波 大夫, 速水 芳仁, 竹内 藍子, 古橋 卓也, 新谷 洋一, 森田 明理, 中部リウマチ, 40, (2) 123 - 123,   2010 12
  • 【内科医が診る関節リウマチ State of Art】 臓器合併症に対する対処法 血管病変, 難波 大夫, 坂野 章吾, 内科, 103, (4) 680 - 683,   2009 04 , リウマトイド血管炎は、進行した関節リウマチ(RA)患者にみられる重要な関節外病変の一つであり、全身動脈炎型から末梢動脈炎型まで幅広い臨床像を呈する病態には免疫複合体の関与が示唆され、血管炎性ニューロパチーや皮膚病変などを呈し、間質性肺炎など複数の関節外病変を伴う。診断プロセスには類似症状をきたしうる諸病態の鑑別と、罹患臓器の生検による組織診断が重要である。治療は抗リウマチ薬(DMARDs)による治療に加え、重症度に応じて副腎皮質ステロイドを主とし、免疫抑制薬、血漿交換などを併用し加療する。治療抵抗性の重症リウマトイド血管炎へのTNF阻害薬の有効性が示され、今後、治療におけるキードラッグになる可能性がある。(著者抄録)
  • プライマリ・ケアにおける疼痛疾患の診断, 石塚 達夫, 福沢 嘉孝, 牛越 博昭, 川田 憲一, 長浜 貴彦, 難波 大夫, 宮崎 仁, 日本内科学会雑誌, 98, (2) 429 - 436,   2009 02
  • 気道病変の評価に3D-CTが有用であった再発性多発軟骨炎の2症例, 渡辺 舞子, 大澤 智代, 難波 大夫, 鳥居 貞和, 三治 宏司, 二宮 茂光, 吉野内 猛夫, 日本呼吸器学会雑誌, 46, (5) 363 - 367,   2008 05 , 再発性多発軟骨炎(relapsing polychondritis:RP)の気道病変は重要な予後因子の一つであり経時的な評価が必要であるが、気管支鏡検査等の侵襲的検査は気道病変を増悪する可能性がある。我々はRP2症例に対し非侵襲性検査として3D-CTを用い、気道病変の評価に有効と考えられたため、文献的考察を含め報告する。症例は31歳男性と78歳女性。1例目はステロイド、免疫抑制剤で治療を受けていたが自己中断していた。2例目はステロイド治療中であった。いずれも肺炎を合併し入院。気道病変の非侵襲性検査として3D-CTを施行し、共通所見として、気管・両主気管支の扁平化を認めた。RPの気道病変の非侵襲的検査として3D-CTが有用と考えられた。(著者抄録)
  • Wegener肉芽腫・サルコイドーシスと鑑別を要した後期梅毒の1例, 佐々木 謙成, 速見 芳仁, 難波 大夫, 坂野 章吾, 上田 龍三, 磯貝 善蔵, 森田 明理, 松本 美富士, 中部リウマチ, 35, (2) 171 - 171,   2004 07
  • A Case of Churg-Strauss Syndrome Associated with a Leukotriene Receptor Antagonist, Watanabe Shoichi, Isomura Iwao, Naniwa Taio, Morita Akimichi, The Japanese Journal of Dermatology, 114, (5) 991 - 995,   2004 04 , An icreasing number of reports have indicated that Churg-Strauss syndrome may be associated with leukotriene receptor antagonists. Here in we report Churg-Strauss syndrome in a patient receiving zafirlukast. A forty-nine-year-old man developed palpable purpura on his left flank and extremities. Until then, he had been treated with leukotriene receptor antagonists without systemic steroid for two years. The skin biopsy specimen showed leukocytoclastic vasculitis with fibrinoid degeneration and a cellular infiltrate of lymphocytes and eosinophils in the dermis. Laboratory findings revealed elevation of leucocytes with eosinophilia and a high level of CRP. Based on these findings, he was diagnosed with Churg-Strauss syndrome. Discontinuance of zafirlukast and steroid pulse therapy diminished his eruptions and normalized his laboratory data. The mechanisms of inducing Churg-Strauss syndrome by leukotriene receptor antagonists still remain unclear. However, zafirlukast may have been associated with the onset of Churg-Strauss syndrome in this case.
  • Wegener肉芽腫・サルコイドーシスと鑑別を要した後期梅毒の1例, 速水 芳仁, 難波 大夫, 坂野 章吾, 上田 龍三, 磯貝 善蔵, 森田 明理, 松本 美富士, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 48回,   2004 03
  • 化学物質の曝露を認めた好酸球性筋膜炎の1例, 脇田 香里, 坂野 章吾, 難波 大夫, 速水 芳仁, 上田 龍三, 磯貝 善蔵, 森田 明理, 松本 美富士, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 48回,   2004 03
  • Churg-Strauss症候群の1例, 渡辺 正一, 森田 明理, 辻 卓夫, 難波 大夫, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (3) 319 - 319,   2003 03


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.