Researcher Database


Freeword

AKASHI Keiko

FacultyGraduate School of Nursing Critical Care Nursing, Executives
PositionProfessor
Mail
HomepageURLhttp://www.nagoya-cu.ac.jp/nurse/1042.htm
Birthday
Last Updated :2020/07/02

Researcher Profile and Settings

Degree

  • 博士(医学)

Research Activities

Research Areas

  • Life sciences, Clinical nursing

Published Papers

  • The consciousness survey and the effect of educational intervention of Advance Care Planning (ACP) including post-mortem to elderly residents living in old New Town of big city, Akatsu Hiroyasu, Dhoi Manami, Masaki Yoshiyuki, Tanaka Hajime, Kanematsu Takayoshi, Kojima Masayo, Akashi Keiko, Iwata Akira, Suzuki Tadashi, Kimura Kazunori, Asai Kiyofumi, Manabe Toshie, Ohara Hirotaka, Takeo Jun, Kawade Yoshihiro, Kimura Yuko, Kondo Mao, Ito Sadayoshi, Nagano Koki, Nozaki Yoshiro, Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics, 55, (3) 358 - 366, Refereed,

    Aim: Awareness reform aims to enable survival in an aging society, and ultimately, improve healthcare. An ideal way to achieve this is by implementing Advance directive (Ad) and Advance Care Planning (ACP), which do not usually include postmortem events. This study aims to create opportunities for Ad and ACP to include the postmortem period as a trigger for this awareness reform.

    Methods: We conducted an Ad/ACP enlightenment lecture, and a questionnaire survey pre- and post-lecture for the elderly in old New Town, which is known for its aging society. The questionnaire comprised 38 multiple-choice questions covering 6 themes assuming an advanced state of dementia.

    Results: There were 35 participants (7 men and 22 women) aged 40-89 years. Several people left during the lecture, making it difficult to capture the precise transformation effect with regard to changing of mind. However, the effect of enlightenment was identified as a result of the consciousness survey. A statistically significant change in consciousness occurred in response to social contribution after death. Furthermore, notably more people wanted emergency transportation compared to those wanting resuscitation and extension of life.

    Conclusions: The medical treatment desired might vary over time. Even the desire for life extension may differ significantly among individuals. This survey indicated a divergent view between the general public and medical staff, regarding a series of medical actions. We must persistently promote opportunities for enlightenment in cooperation with the general public (i.e., the communities and families we serve).

  • クリティカルケア領域における医療者のせん妄の知識・理解・実践・教育の実態に関する文献検討, 伊藤聡子, 明石惠子, 日本クリティカルケア看護学会誌, 11, (1) 19 - 30, 03 , Refereed
  • 我が国のクリティカルケア看護領域における臨床判断に関する文献レビュー, 江口秀子, 明石惠子, 日本クリティカルケア看護学会誌, 10, (1) 18 - 27, 06 , Refereed
  • 救急患者の家族に対する看護師の援助の意味, 森木ゆう子, 明石惠子, 日本救急看護学会誌, 13, (2) 10 - 18, Refereed
  • 症状出現からがん発見までにおける術前消化器がん患者のヘルス・リテラシーの発揮, 中神克之, 明石惠子, 日本看護科学学会誌, 30, (3) 13 - 22, Refereed
  • 初期・二次救急医療施設勤務者の日本救急看護学会に対するニーズの調査, 明石惠子, 小倉ひとみ, 浅香えみ子, 坂口桃子, 山勢善江, 中村恵子, 日本救急看護学会誌, 6, (2) 38 - 49
  • 肝・胆道系悪性疾患肝切除患者に対する周術期看護のための基礎的研究?11年前との比較による最近の肝切除術後合併症の特徴?, 明石惠子, 村木明美, 向坂智子, 伊奈侊子, 三重看護学誌, 4, (1) 39 - 46

Misc

  • 地域と育む未来医療人「なごやかモデル」~名古屋市立大学の取り組み~, 川出義浩, 赤津裕康, 鈴木匡, 土井愛美, 山口知香枝, 坡下真大, 村上里奈, 小嶋雅代, 明石惠子, 酒々井眞澄, 大原弘隆, 浅井清文, 木村和哲, 木村和哲, 人類働態学会会報(Web),   2017 06 16
  • 「なごやかモデル」を通した大学教育におけるIPEの取り組み, 小嶋雅代, 赤津裕康, 浅井清文, 大原弘隆, 木村和哲, 酒々井眞澄, 村上里奈, 川出義浩, 鈴木匡, 坡下真大, 山本美由紀, 明石惠子, 日本在宅医学会大会抄録集, 19回,   2017 06
  • 高血圧症患者の服薬アドヒアランスの現状, 嶌田 理佳, 藤井 聡, 明石 惠子, 土肥 靖明, 木村 和哲, 前田 徹, 名古屋市立大学看護学部紀要, 10,   2011 03 , 高血圧患者の疾患に対する認知と服薬行動に繋がるアドヒアランスに関する現状について、日本における高血圧症の現状、一般人の高血圧に関する認知、患者の服薬状況、服薬行動に関する用語、服薬行動に関する看護研究の動向、服薬アドヒアランスを高めるための看護の役割、今後の課題について解説した。血圧に関心はあるものの、高血圧が重要な危険因子の一つであるとの認識は薄い。服薬行動につなげるアドヒアランスは、疾患に対する認識、治療内容、医療者の働きかけや医療者との関係性が影響する。
  • ナーシングプロセス 肝炎 C型慢性肝炎患者の看護, 中神 克之, 中神 友子, 明石 惠子, クリニカルスタディ, 30, (2) 154 - 168,   2009 02

Books etc

  • 成人看護学 急性期看護Ⅱ 救急看護・クリティカルケア 改訂第3版, Contributor, 南江堂,   2019 03 , ISBN:9784524250783
  • 改訂4版 看護実践のための心理学, Joint editor, メディカ出版,   2015 , ISBN:9784840428620
  • 成人看護学 周手術期看護論 第3版, ヌーヴェルヒロカワ,   2014 , ISBN:9784861740220
  • ナーシング・グラフィカ11 健康の回復と看護-栄養代謝機能障害 第3版, Edit, メディカ出版,   2014 , ISBN:9784840411035
  • ナーシング・グラフィカ 疾病の成り立ち 病態生理学 第4版, メディカ出版,   2014
  • 緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図 第2版, 医学書院,   2014 , ISBN:9784260011365
  • 成人看護学 第2版, 医学書院,   2013 , ISBN:9784260007597
  • ナーシング・グラフィカ 健康の回復と看護 疾病と治療 第2版, メディカ出版,   2013 , ISBN:9784840425391
  • ナーシング・グラフィカ1 人体の構造と機能-解剖生理学 第3版, メディカ出版,   2013 , ISBN:9784840424585
  • 看護のためのクリティカルケア場面の問題解決ガイド, 三輪書店,   2013
  • クリティカルケア看護完全ガイド, 医歯薬出版,   2013
  • 病期・病態・重症度からみた疾患別看護過程+病態関連図 第2版, 医学書院,   2012 , ISBN:9784260006255
  • がん看護学-臨床に活かすがん看護の基礎と実践-, ヌーヴェルヒロカワ,   2011 , ISBN:9784861740466
  • 成人看護学 成人看護学概論 第2版, ヌーヴェルヒロカワ,   2009 , ISBN:9784861740213
  • ペーパーペイシェントから学ぶ機能障害別看護ベーシックトレーニング, メディカ出版,   2008 , ISBN:9784840424752
  • 成人看護学 症状別看護技術, ヌーヴェルヒロカワ,   2006 , ISBN:9784260004152
  • 救急看護QUESTION BOX 6生活の援助とケアの技術, 中山書店,   2005

Conference Activities & Talks

  • Challenge of developing nursing practice models for the facilitation of critical patients’ recovery, Nakamura Misuzu, 10th ICN NP/APN,   2018 08

Research Grants & Projects

  • 救急看護師の倫理的行動修得のプロセス,   2015 04  - 2020 03
  • 高血圧患者の自己管理能力の向上を目指した教育介入プログラムの開発,   2010  - 2012
  • 救急医療の社会的・倫理的問題への対応能力向上に向けた救急看護師教育システムの開発,   2010  - 2012
  • 温熱療法が人工呼吸器装着中の重症患者の呼吸機能に及ぼす影響,   2007  - 2008
  • 生体肝移植に関わる人々の体験と「移植」の意味に関する研究,   2004  - 2006
  • 肝切除患者の術後回復パターンの構造分析と周術期看護モデルの開発,   2001  - 2003
  • 肝切除の周術期管理および術後病態の変遷とQOL向上を目指した看護介入の検討,   1997  - 1998

Social Contribution Activities Information

Social Contribution

  • 東海臨床倫理研究会, Planner,   2009 05 01  - 現在
  • 看護研究研修会, Commentator,   2005 12 14  - 現在
  • フィジカルアセスメントセミナー, Lecturer,   2010 08 21  - 2014 08 02
  • チーム医療に貢献する薬局薬剤師養成研修, Lecturer,   2012 09 01  - 2013 09 07
  • 愛知県専任教員養成講習会, Lecturer, 愛知県,   2010 07 30  - 2013 06 27
  • 平成24年度名古屋市立大学市民公開講座 講師, 大学,   2012 11 17  - 2012 11 17 , 一般市民を対象とした「知っておきたい救急医療の現状と正しい応急処置」の講義および演習を行った。
  • 愛知県看護協会 「クリティカルケア(救急看護)」研修会 講師, その他,   2011 01 19  - 2012 11 15 , 看護師を対象とした「救急医療や救急看護を取り巻く現状と課題」の講義を行った。年1回
  • 名古屋市地域女性団体連絡協議会研修会 講師, 地域団体・NPO,   2012 10 11  - 2012 10 11 , 女性団体を対象とした「知っておきたい救急医療の現実」の講義を行った。


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.