Researchers Database

OZAKI Yasuhiko

Contact: yozakimed.nagoya-cu.ac.jp
Last Updated :2021/06/11

Researcher Information

URL

J-Global ID

Research Interests

  • 早産   Obstetrics and Gynecology   recurrent education   cathepsins   リカレント教育   シミュレーション教育   カルパイン   プロテアーゼ   不育症   生殖免疫学   

Research Areas

  • Life sciences / Emergency medicine
  • Environmental science/Agricultural science / Biological resource conservation
  • Humanities & social sciences / Education - general
  • Life sciences / Obstetrics and gynecology

Academic & Professional Experience

  • 2021/04 - Today  名古屋市立大学医学部附属西部医療センター
  • 2017/04 - 2021/03  名古屋市立大学大学院医学研究科高度医療教育研究センター産科婦人科学教授(診療担当)
  • 2015/04 - 2017/03  名古屋市立大学大学院医学研究科産科婦人科学病院教授
  • 2010/05 - 2015/03  名古屋市立大学大学院医学研究科産科婦人科学准教授
  • 2007/11 - 2010/04  名古屋市立大学大学院医学研究科産科婦人科学病院准教授
  • 2006/04 - 2007/10  名古屋市立大学大学院医学研究科産科婦人科学講師
  • 2002/10 - 2006/03  名古屋市立大学大学院医学研究科産科婦人科学学内講師
  • 1999/04 - 2002/09  名古屋市立大学医学部産科婦人科学講座助手
  • 2000/05 - 2002/01  Göteborg UniversityPerinatal Center,Institute of Physiology and PharmacologyVisiting Researcher
  • 1993/04 - 1999/03  名古屋市立大学医学部第2生化学講座助手
  • 1990/07 - 1993/03  名古屋市立大学医学部産科婦人科学講座臨床研究医
  • 1987/07 - 1990/06  名古屋市立城西病院産婦人科
  • 1986/05 - 1987/06  名古屋市立大学医学部産科婦人科学講座臨床研修医

Education

  • 2000/05 - 2002/01  Göteborg University  Institute of Physiology and Pharmacology  Perinatal Center
  • 1980/04 - 1986/03  Kyorin University  医学部医学科

Association Memberships

  • 日本不育症学会   国際生殖免疫学会   東海産科婦人科学会   愛知産婦人科学会   国際プロテアーゼ学会   JAPAN SOCIETY FOR REPRODUCTIVE MEDICINE   JAPAN SOCIETY FOR IMMUNOLOGY OF REPRODUCTION   THE JAPANESE BIOCHEMICAL SOCIETY   日本病態プロテアーゼ学会   JAPAN SOCIETY OF OBSTETRICS AND GYNECOLOGY   

Published Papers

Books etc

  • 早産のすべて 基礎から臨床、DOHaDまで
    尾崎康彦; 熊谷恭子; 中井章人; 松田義雄; 大槻克文 (ContributorQ17 ペッサリー使用成績の現状を教えて下さい)日本早産学会 MEDICAL VIEW 2020/12
  • 尾崎康彦; 北折珠央; 柴原浩章 (Joint work不育症流産手術における手動真空吸引器の有用性)中外医学社 2020/04 9784498160026 iv, 335p
  • 尾崎康彦; 杉浦真弓; 柴原,浩章 (Joint work4、不育症と免疫:3、具体的治療法の選択と注意点 ①アスピリン、②ヘパリン、③ステロイド)中外医学社 2018/05 9784498060883 25, 708p
  • 尾崎康彦、杉浦真弓、柴原浩章 (Joint work2、診断 3、治療 2:血栓症(第XII因子欠乏、プロテインS、C欠乏))中外医学社 2016/11 9784498060807 viii, 767p
  • Recurrent Pregnancy Loss
    Yasuhiko Ozaki; Mayumi Sugiura; Asher Bashiri; Avi Harlev; Ashok Agarwal (Joint workPart III Management of Recurrent Pregnancy Loss, 11: Contemporary Prevention and Treatment of Recurrent Pregnancy Loss)Springer 2016
  • 尾崎康彦; 新井隆成 (Joint editorC異常分娩-5:胎位異常(骨盤位・横位))南江堂 2013/05 9784524268962 冊

Conference Activities & Talks

  • Is PLK4 associated with recurrent pregnancy loss (RPL) caused by embryonic aneuploidy?
    Hiroyuki Yoshihara; Mayumi Sugiura-Ogasawara; Fumiko Ozawa; Tamao Kitaori; Yasuhiko Ozaki; Koji Aoki; Yasuhiro Shibata; Shinya Ugawa; Takashi Nishiyama
    4th World Congress on Recurrent Pregnancy Loss  2019/12
  • Correlation between IL-33, sST2 and Cathepsin G levels in decidua of patients with recurrent pregnancy loss
    Shinobu Goto; Fumiko Ozawa; Mayumi Sugiura-Ogasawara; Yasuhiko Ozaki
    14th World Congress of the International Society for Immunology of Reproduction, The 34th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology of Reproduction (joint meeting)  2019/11
  • Role of oxidative stress and anti-oxidative potency in patients with recurrent pregnancy loss
    Megumi Nonobe; Shoko Ide; Fumiko Ozawa; Shinobu Goto; Tamao Kitaori; Tatsuhiko Hojou; Mayumi Sugiura-Ogasawara; Yasuhiko Ozaki
    14th World Congress of the International Society for Immunology of Reproduction, The 34th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology of Reproduction (joint meeting)  2019/11
  • The efficacy of danaparoid in patients with obstetric antiphospholipid syndrome
    Yoshihara H; Sugiura-Ogasawara M; Kitaori T; Katano K; Sato T; Ozaki Y
    16th International Congress on Antiphospholipid Antibodies  2019/09
  • ランチョンセミナー、こころとからだに寄りそう不育症治療とケア  [Invited]
    尾崎康彦
    第17回日本生殖看護学会学術集会  2019/09
  • Genome-wide DNA methylation profiles of chorionic villi and decidua in patients with unexplained recurrent miscarriage
    Yosuke Matsumoto; Shoko Mase; Tamao Kitaori; Yasuhiko Ozaki; Mayumi Sugiura
    35th ANNUAL MEETING European Society of Human Reproduction and Embryology  2019/06
  • Polo-like kinase 4, PLK4, is not associated with recurrent pregnancy loss caused by embryonic aneuploidy
    Yoshihara H; Sugiura-Ogasawara M; Ozawa F; Kitaori T; Ozaki Y; Aoki K; Shibata Y; Ugawa S; Nishiyama T
    35th ANNUAL MEETING European Society of Human Reproduction and Embryology  2019/06
  • リカレント教育プログラム“学びなおし講座”の出張授業の意義 - 地域のお産を守るために大学ができること
    尾崎康彦; 井出祥子; 早川博生; 菊地範彦; 淀川祐紀; 杉浦真弓
    第71回日本産科婦人科学会学術集会  2019/04
  • シンポジウムK-24-5:医療の質向上、安全担保のためにシミュレーション教育、リカレント教育プログラム“学びなおし講座”の全国展開の意義 −安全なお産を守るために大学ができること−  [Invited]
    尾崎康彦
    第13回医療の質・安全学会学術集会  2018/11
  • リカレント教育プログラム“学びなおし講座”の出前授業の意義 - 地域のお産を守るために大学ができること -
    尾崎康彦; 井出祥子; 三守由記; 長谷川鈴恵; 神田里美; 伊藤摩紀; 早川博生; 菊地範彦; 淀川祐紀
    第4回ALSO Japan学術集会  2018/08
  • 流産治療へのMVA導入の有益性及び普及推進活動の検討
    尾崎康彦; 井出祥子; 村山佳織; 森亮介; 松川泰; 鈴木真; 新井隆成
    第4回ALSO Japan学術集会  2018/08
  • 医療安全・救急処置について- 日本における周産期シミュレーションプログラムの現状 -  [Invited]
    尾崎康彦
    平成30年度母体保護法指定医師講習会 愛知県産婦人科医会  2018/08
  • Clinical iutility of decorin in follicle fluid as a biomarker of oocyte potential.
    Sawada Y, Sato T, Saito C, Ozawa F, Ozaki Y, Sugiura-Ogasawara M.
    34th Annual Meeting of European Society of Human Reproduction and Embryology  2018/07
  • Danaparoid is effective and safe for patients with obstetric antiphospholipid syndrome.
    Yoshihara H, Sugiura-Ogasawara M, Banno C, Kitaori T, Ozaki Y, Katano K, Suzumori N.
    34th Annual Meeting of European Society of Human Reproduction and Embryology  2018/07
  • Danaparoid can be used instead of unfractionated heparin in patients eith obstetric antiphospholipid syndrome.
    Yoshihara H, Sugiura-Ogasawara M, Goto S, Kitaori T, Suzumori N, Katano K, Ozaki Y.
    3d world congress of recurrent pregnancy loss.  2018/06
  • Role of IL-33 and cathepsin G in cervical mucus of patients with recurrent miscarriage.
    Goto S; Ozaki Y; Ozawa F; Blomgren K; Sugiura-Ogasawara M
    3d world congress of recurrent pregnancy loss.  2018/06
  • 生涯研修プログラム2:切迫早産の新しい概念と管理法、子宮頸管ペッサリーにより切迫早産治療法  [Invited]
    尾崎康彦
    第70回日本産科婦人科学会学術講演会  2018/05
  • 不育症病態における酸化ストレス度と抗酸化力の役割と意義
    尾崎康彦; 後藤志信; 井出祥子; 小澤史子; 北折珠央; 杉浦真弓
    第70回日本産科婦人科学会学術講演会  2018/05
  • 不育症患者における流産治療へのMVAの導入の有益性の検討(第2報)
    尾崎康彦; 村山佳織; 竹田有希; 森亮介; 松川泰; 鈴木真
    第3回ALSO-Japan学術集会  2017/08
  • 手動真空吸引法(MVA)〜新しい流産治療法の紹介〜  [Invited]
    尾崎康彦
    平成28年度岐阜県医師会母体保護法指定医師研修会  2017/02
  • The genome-wide association study identifying TSHR and C1D as new susceptibility loci for obstetric antiphospholipid syndrome.
    Sugiura-Ogasawara M; Omae Y; Kawashima M; Toyo-oka L; Khor S; Sawai H; Horita T; Atsumi T; Murashima A; Kitaori T; Katano K; Ozaki Y; Tokunaga K
    The 2nd World Congress on Recurrent Pregnancy Loss.  2017/01
  • MVA(手動真空吸引法)ハンズオンセミナー〜安全な流産治療のための新しい選択肢〜  [Invited]
    尾崎康彦
    獨協医科大学ALSOサテライトハンズオンセミナー  2016/12
  • 不育症患者さんのサポート〜こころとからだに寄り添う〜  [Invited]
    尾崎康彦
    第1回 女性の健康とライフデザイン・セミナー(不育症に悩む女性のこころとからだのサポートを考える)  2016/10
  • The first genome-wide association study identifying TSHR as a new susceptibility locus for obstetric antiphospholipid syndrome.
    Sugiura-Ogasawara M; Omae Y; Kawashima M; Toyo-oka L; Khor S; Sawai H; Horita T; Atsumi T; Murashima A; Kitaori T; Katano K; Ozaki Y; Tokunaga K
    15th International Congress on Antiphospholipid antibodies  2016/09
  • Liquid storage of captive Bornean orangutan (Pongo Pygmaeus) sperm collected without anesthesia,
    Kinoshita K; Kuze K; Miyakawa E; Kobayashi T; Nakamura T; Ogata M; Ozaki Y
    Joint meeting of the International Primatological Society and the American Society of Primatologists  2016/08
  • MVA(手動真空吸引法)って何?〜子宮にもココロにも優しい新しい流産治療デバイス  [Invited]
    尾崎康彦
    第52回日本周産期・新生児医学会学術集会  2016/07
  • Genotyping analysis of protein S-Tokushima (K196E) and the involvement of protein S antigen and activity in patients with recurrent pregnancy loss.
    Matsukawa Y; Asano E; Tsuda T; Kuma H; Kitaori T; Katano K; Ozaki Y; Sugiura-Ogasawara M
    32th Annual meeting of ESHRE  2016/07
  • The first genome-wide association study identifying TSHR and C1D as new susceptibility loci for obstetric antiphospholipid syndrome.
    Sugiura-Ogasawara M; Omae Y; Kawashima M; Toyo-oka L; Khor S; Sawai H; Horita T; Atsumi T; Murashima A; Fujita D; Fujita T; Morimoto S; Morishita E; Katsuragi S; Kitaori T; Katano K; Ozaki Y; Tokunaga K
    32th Annual meeting of ESHRE  2016/07
  • Genotyping analysis of protein S-Tokushima and the involvement of protein S antigen and activity in patients with recurrent pregnancy loss
    Matsukawa Y; Asano E; Tsuda T; Kuma H; Kitaori T; Katano K; Ozaki Y; Sugiura-Ogasawara M
    32th Annual Meeting of European Society of Human Reproduction and Embryology  2016/07
  • 新しい流産治療法の紹介〜MVA(手動真空吸引法)って何?〜  [Invited]
    尾崎康彦
    第68回日本産科婦人科学会学術講演会  2016/04
  • 不育症の病態とエビデンスのある治療戦略〜習慣流産におけるヘパリン在宅自己注射  [Invited]
    尾崎康彦
    女性の健康広場in名古屋健康美人セミナー  2016/03
  • Oral Communication III: Protease and Inhibitor in Pathogenesis of Recurrent Pregnancy Loss-Role of Calpain-Calpastatin System in Recurrent Miscarriage-,  [Invited]
    Yasuhiko Ozaki
    1st World Congress on Recurrent Pregnancy Loss  2016/01
  • Real-world practice of obstetricians in respect of assays for antiphospholipid antibodies.
    Matsumoto Y; Sugiura-Ogasawara M; Atsumi T; Yamada H; Kitaori T; Ozaki Y; Katano K; Murashima A
    1st World Congress on Recurrent Pregnancy Loss  2016/01
  • Protease and inhibitor in pathogenesis of recurrent pregnancy loss-Role of calpain-calpastatin system in recurrent pregnancy loss.  [Invited]
    Ozaki Y; SugiuraOgasawara M
    1st World Congress on Recurrent Pregnancy Loss  2016/01
  • Keynote Lecture: Candidate genes associated with recurrent pregnancy loss.
    Sugiura-Ogasawara M; Kitaori T; Katano K; Ozaki Y
    1st World Congress on Recurrent Pregnancy Loss  2016/01

Works

  • ALSO Japanテキスト:チャプターG「PP異常」(翻訳・監修)
    ALSO Japan Educational materials 2019/08

MISC

  • 田尻 佐和子; 西川 尚実; 粟生 晃司; 川村 祐司; 早川 明子; 中元 永理; 青山 和史; 荒川 敦志; 尾崎 康彦  産婦人科の実際  70-  (1)  107  -112  2021/01
  • 胎動パターンの経時的変化の解析及び妊婦保健指導への応用に向けた一考察
    米倉 彩乃; 小坂 崇之; 田中 幸子; 石川 美江; 尾崎 康彦  母性衛生  61-  (3)  157  -157  2020/09  [Refereed]
  • 【[必携]専攻医と指導医のための産科診療到達目標】病態・疾患編【妊娠中】不育症、習慣流産
    杉浦 真弓; 吉原 紘行; 後藤 志信; 北折 珠央; 尾崎 康彦  周産期医学  50-  (8)  1307  -1310  2020/08
  • 子宮頸癌に対する同時化学放射線療法中にTrousseau症候群を発症した1例
    濱田 春香; 青山 和史; 早川 明子; 十河 千恵; 高木 七奈; 大谷 綾乃; 中元 永理; 尾崎 康彦; 荒川 敦志; 西川 尚実  東海産科婦人科学会雑誌  56-  109  -114  2020/03  [Refereed]
  • 当院で経験した急性妊娠脂肪肝の二例
    野々部 恵; 西川 尚実; 柴田 春香; 早川 明子; 十河 千恵; 川端 俊一; 高木 七奈; 田尻 佐和子; 中元 永理; 尾崎 康彦; 柴田 金光  東海産科婦人科学会雑誌  56-  220  -220  2020/03  [Refereed]
  • 子宮頸がん治療中に発症した脳梗塞の1例
    高木 七奈; 中元 永理; 川村 祐司; 倉本 泰葉; 野々部 恵; 早川 明子; 十河 千恵; 川端 俊一; 西川 尚実; 尾崎 康彦; 柴田 金光  東海産科婦人科学会雑誌  56-  247  -247  2020/03  [Refereed]
  • マイクロ波子宮内膜焼灼術による合併症2例の検討
    野村 佳美; 尾崎 康彦; 森 亮介; 川端 俊一; 松本 洋介; 西川 尚実; 佐藤 剛; 片野 衣江; 荒川 敦志; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  72-  (臨増)  S  -578  2020/03  [Refereed]
  • 帝王切開術中に羊水塞栓症を発症した母体死亡の一例
    田尻 佐和子; 西川 尚実; 粟生 晃司; 川村 祐司; 倉本 泰葉; 早川 明子; 十河 千恵; 中元 永理; 青山 和史; 荒川 敦志; 尾崎 康彦  日本産科婦人科学会雑誌  72-  (臨増)  S  -612  2020/03  [Refereed]
  • 術前に全前置癒着胎盤と診断し多科合同チームで予定帝王切開と同時に子宮全摘術を行った一例
    倉本 泰葉; 早川 明子; 粟生 晃司; 川村 祐司; 十河 千恵; 田尻 佐和子; 中元 永理; 青山 和史; 西川 尚実; 尾崎 康彦; 荒川 敦志  日本産科婦人科学会雑誌  72-  (臨増)  S  -639  2020/03  [Refereed]
  • 救急救命士に対する病院前分娩教育講習会の開催とその効果の検討
    尾崎 康彦; 井出 祥子; 曽田 雅之; 多田 和美; 青山 和史; 佐藤 剛; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  72-  (臨増)  S  -325  2020/03  [Refereed]
  • 佐藤 剛; 小澤 史子; 齋藤 知恵子; 吉原 紘行; 伴野 千尋; 澤田 祐季; 松本 洋介; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  29-  (2)  19  -27  2020/03  [Refereed]
  • 北折 珠央; 淺野 恵理子; 松川 泰; 吉原 紘行; 後藤 志信; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  29-  (2)  33  -38  2020/03  [Refereed]
  • 不育症におけるaPS/PT抗体測定の有用性についての検討
    北折 珠央; 小澤 史子; 吉原 紘行; 後藤 志信; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  72-  (臨増)  S  -426  2020/03  [Refereed]
  • 熊谷 恭子; 杉浦 真弓; 尾崎 康彦  産科と婦人科  87-  (1)  68  -73  2020/01  [Refereed]
  • 流産の誤認に関する一般人調査
    伴野 千尋; 吉原 紘行; 北折 珠央; 佐藤 剛; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  64-  (4)  389  -389  2019/10  [Refereed]
  • 免疫疾患と妊娠 産科抗リン脂質抗体症候群に対するダナパロイドの出生率改善効果の検討
    吉原 紘行; 後藤 志信; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集  47回-  79  -79  2019/10
  • 西川 尚実; 早川 明子; 田尻 佐和子; 中元 永理; 尾崎 康彦; 柴田 金光  日本周産期・新生児医学会雑誌  55-  (2)  563  -563  2019/06  [Refereed]
  • 大谷 綾乃; 鈴森 伸宏; 森 亮介; 吉原 紘行; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本周産期・新生児医学会雑誌  55-  (2)  565  -565  2019/06  [Refereed]
  • 田尻 佐和子; 鈴森 伸宏; 早川 明子; 中元 永理; 西川 尚美; 柴田 金光; 熊谷 恭子; 犬塚 早紀; 大谷 綾乃; 北折 珠央; 杉浦 真弓; 岩田 欧介; 尾崎 康彦  日本周産期・新生児医学会雑誌  55-  (2)  570  -570  2019/06  [Refereed]
  • 田島 典夫; 杉浦 崇浩; 尾崎 康彦  日本周産期・新生児医学会雑誌  55-  (2)  699  -699  2019/06  [Refereed]
  • 胎児形態異常にて紹介となった仙尾部奇形腫の一例
    倉本 泰葉; 田尻 佐和子; 鈴森 伸宏; 川村 祐司; 野々部 恵; 早川 明子; 十河 千恵; 川端 俊一; 中元 永理; 青山 和史; 西川 尚実; 熊谷 恭子; 犬塚 早紀; 大谷 綾乃; 杉浦 真弓; 岩田 欧介; 尾崎 康彦; 荒川 敦志  愛知産科婦人科学会学術講演会プログラム  109回-  15  -15  2019/06  [Refereed]
  • 静脈血栓塞栓症の新しい危険因子 子宮内膜症と習慣流産
    松本 洋介; 杉浦 真弓; 吉原 紘行; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 榎原 毅; 松木 太郎; 山田 泰行; 大森 豊緑; 加藤 沙耶香; 加納 裕久; 栗原 崇浩; 齋藤 伸治; 上島 通浩  日本産婦人科・新生児血液学会誌  29-  (1)  S  -58  2019/05  [Refereed]
  • 不育症のトピックス ループスアンチコアグラントと血栓性素因
    北折 珠央; 淺野 恵理子; 松川 泰; 吉原 紘行; 後藤 志信; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  29-  (1)  S  -10  2019/05  [Refereed]
  • 今枝 憲郎; 杉浦 真弓; 尾崎 康彦  産科と婦人科  86-  (Suppl.)  143  -148  2019/04
  • 双胎妊娠にて帝王切開後、産褥心筋症を発症した2例
    十河 千恵; 西川 尚実; 柴田 春香; 早川 明子; 松浦 綾乃; 川端 俊一; 高木 七奈; 中元 永理; 尾崎 康彦; 柴田 金光  東海産科婦人科学会雑誌  55-  306  -306  2019/03  [Refereed]
  • 流産の誤認に関する一般人調査
    伴野 千尋; 井出 祥子; 吉原 紘行; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 佐藤 剛; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  71-  (臨増)  S  -315  2019/02  [Refereed]
  • 当院におけるマイクロ波子宮内膜焼灼術の治療効果の検討
    川端 俊一; 尾崎 康彦; 野々部 恵; 柴田 春香; 早川 明子; 十河 千恵; 高木 七奈; 田尻 佐和子; 中元 永理; 西川 尚実; 柴田 金光  日本産科婦人科学会雑誌  71-  (臨増)  S  -359  2019/02  [Refereed]
  • 当科で経験したマイクロ波子宮内膜焼灼術による合併症の検討
    野村 佳美; 尾崎 康彦; 吉原 紘行; 小島 龍司; 松本 洋介; 佐藤 剛; 片野 衣江; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  71-  (臨増)  S  -446  2019/02  [Refereed]
  • 幼児期の放射線療法による性器低形成を認めながらも早産で生児を得た1症例
    和田 鉄也; 山田 里佳; 遠藤 理砂; 星野 沙樹; 牧野 明香里; 鷲見 整; 尾崎 康彦  日本産科婦人科学会雑誌  71-  (臨増)  S  -655  2019/02  [Refereed]
  • リカレント教育プログラム"学びなおし講座"の出張授業の意義 地域のお産を守るために大学ができること
    尾崎 康彦; 井出 祥子; 早川 博生; 菊地 範彦; 淀川 祐紀; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  71-  (臨増)  S  -375  2019/02  [Refereed]
  • 切迫早産を契機にWerner症候群が疑われ,産後確定診断となった1例
    十河 千恵; 西川 尚実; 野々部 恵; 柴田 春香; 早川 明子; 川端 俊一; 高木 七奈; 田尻 佐和子; 中元 永理; 尾崎 康彦; 柴田 金光  日本産科婦人科学会雑誌  71-  (臨増)  S  -631  2019/02  [Refereed]
  • ゲノムワイド関連解析を用いた産科抗リン脂質抗体症候群の新たな関連遺伝子の探索
    吉原 紘行; 大前 陽輔; 川嶋 実苗; 豊岡 理人; Khor Seik-Soon; 澤井 裕美; 堀田 哲也; 渥美 達也; 村島 温子; 藤田 太輔; 藤田 富雄; 森本 真司; 森下 英理子; 桂木 真司; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 徳永 勝士; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  63-  (4)  524  -525  2018/12  [Refereed]
  • 体外受精・胚移植治療における卵胞液中decorinの臨床的意義
    澤田 祐季; 佐藤 剛; 吉原 紘行; 伴野 千尋; 松本 洋介; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  63-  (4)  523  -523  2018/12  [Refereed]
  • 切迫早産の新しい概念と管理法 子宮頸管ペッサリーによる切迫早産治療法
    尾崎 康彦  日本産科婦人科学会雑誌  70-  (11)  2213  -2217  2018/11  [Refereed]
  • 不育症病態における酸化ストレス度と抗酸化力の意義
    柴田 春香; 井出 祥子; 小澤 史子; 吉原 紘行; 後藤 志信; 北折 珠央; 西川 尚実; 柴田 金光; 杉浦 真弓; 尾崎 康彦  Reproductive Immunology and Biology  33-  (1-2)  112  -112  2018/11  [Refereed]
  • ヒト精子の受精能獲得におけるカルパインの役割
    尾崎 康彦; 清田 朋美; 梅本 幸裕; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  33-  (1-2)  1  -9  2018/11  [Refereed]
  • 妊娠中に糖尿病が判明した品胎妊娠の一例
    粟生 晃司; 西川 尚実; 高木 七奈; 野々部 恵; 柴田 春香; 早川 明子; 十河 千恵; 川端 俊一; 田尻 佐和子; 中元 永理; 尾崎 康彦; 柴田 金光; 太田 亜佐美; 今枝 憲朗  愛知産科婦人科学会学術講演会プログラム  108回-  7  -7  2018/10  [Refereed]
  • 医療の質向上、安全性担保のためのシミュレーション教育 リカレント教育プログラム"学びなおし講座"の全国展開の意義 安全なお産を守るために大学ができること
    尾崎 康彦  医療の質・安全学会誌  13-  (Suppl.)  274  -274  2018/10  [Invited]
  • 高木 七奈; 西川 尚実; 柴田 春香; 早川 明子; 十河 千恵; 松浦 綾乃; 川端 俊一; 中元 永理; 尾崎 康彦; 柴田 金光; 三井 章  名古屋市立病院紀要  40-  29  -33  2018/09  [Refereed]
  • 田島 典夫; 杉浦 崇浩; 尾崎 康彦; 愛知県救急高度化推進協議会  日本周産期・新生児医学会雑誌  54-  (2)  500  -500  2018/06  [Refereed]
  • 妊娠20週で巨大羊膜下血腫を生じた帝王切開瘢痕部妊娠減胎術後の一例
    松浦 綾乃; 西川 尚実; 早川 明子; 中元 永理; 尾崎 康彦; 柴田 金光  日本周産期・新生児医学会雑誌  54-  (2)  683  -683  2018/06  [Refereed]
  • 妊娠中期に発症した高TG血症による膵炎の一例
    野々部 恵; 中元 永理; 柴田 春香; 早川 明子; 十河 千恵; 川端 俊一; 高木 七奈; 田尻 佐和子; 西川 尚実; 尾崎 康彦; 柴田 金光  愛知産科婦人科学会学術講演会プログラム  107回-  20  -20  2018/06  [Refereed]
  • 熊谷 恭子; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本周産期・新生児医学会雑誌  54-  (2)  425  -425  2018/06  [Refereed]
  • ゲノムワイド関連解析を用いた産科抗リン脂質抗体症候群の新たな関連遺伝子の探索
    吉原 紘行; 藤田 富雄; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  28-  (1)  S  -44  2018/05  [Refereed]
  • 不育症病態におけるMMP及びTIMPファミリーの存在と意義
    柴田 春香; 尾崎 康彦; 森 亮介; 北折 珠央; 西川 尚実; 柴田 金光; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  28-  (1)  S  -58  2018/05  [Refereed]
  • 反復流産病態におけるMMP-2およびMMP-9遺伝子の一塩基多型解析
    森 亮介; 尾崎 康彦; 小澤 史子; 大林 勇輝; 後藤 志信; 北折 珠央; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  63-  (1-2)  100  -100  2018/04  [Refereed]
  • 熊谷 恭子; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  周産期医学  48-  (4)  463  -467  2018/04  [Refereed]
  • 不育症におけるプロテインS欠乏症とプロテインS徳島
    松川 泰; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  63-  (1-2)  100  -100  2018/04  [Refereed]
  • 当科におけるマイクロ波子宮内膜焼灼術10例の検討
    野村 佳美; 尾崎 康彦; 森 亮介; 吉原 紘行; 千田 智子; 伴野 千尋; 松本 洋介; 片野 衣江; 杉浦 真弓  東海産科婦人科学会雑誌  54-  247  -253  2018/03  [Refereed]
  • 当院における母体血胎児染色体検査(NIPT)について
    犬塚 早紀; 鈴森 伸宏; 浅野 智子; 伴野 千尋; 小川 紫野; 澤田 祐季; 松本 洋介; 大瀬戸 久美子; 北折 珠央; 熊谷 恭子; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  東海産科婦人科学会雑誌  54-  302  -302  2018/03  [Refereed]
  • おめでた報道された芸能人の42%が高齢出産 報道内容調査
    古川 由己; 湯田 恵美; 杉浦 真弓; 尾崎 康彦  東海産科婦人科学会雑誌  54-  304  -304  2018/03  [Refereed]
  • 当科におけるマイクロ波子宮内膜焼灼術(MEA)症例の検討
    野村 佳美; 尾崎 康彦; 森 亮介; 浅野 智子; 北折 珠央; 片野 衣江; 杉浦 真弓  東海産科婦人科学会雑誌  54-  309  -309  2018/03  [Refereed]
  • 帝王切開術後に肺水腫を発症したこつぼ心筋症亜型と診断された一例
    早川 明子; 西川 尚実; 柴田 春香; 十河 千恵; 松浦 綾乃; 川端 俊一; 中元 永理; 加藤 智子; 尾崎 康彦; 柴田 金光  東海産科婦人科学会雑誌  54-  67  -74  2018/03  [Refereed]
  • 不育症におけるプロテインS欠乏症とプロテインS徳島
    松川 泰; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  東海産科婦人科学会雑誌  54-  303  -303  2018/03  [Refereed]
  • 不育症患者の流産治療における手動真空吸引法(MVA)の有用性の検討
    森 亮介; 尾崎 康彦; 浅野 智子; 後藤 志信; 北折 珠央; 片野 衣江; 杉浦 真弓  東海産科婦人科学会雑誌  54-  304  -304  2018/03  [Refereed]
  • ゲノムワイド関連解析を用いた産科抗リン脂質抗体症候群の新たな関連遺伝子の探索
    吉原 紘行; 大前 陽輔; 杉浦 真弓; 村島 温子; 藤田 太輔; 藤田 富雄; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦  日本産科婦人科学会雑誌  70-  (2)  825  -825  2018/02  [Refereed]
  • 反復流産病態におけるMMPおよびTIMPの存在とその役割の検討
    森 亮介; 尾崎 康彦; 小澤 史子; 大林 勇輝; 後藤 志信; 北折 珠央; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  70-  (2)  827  -827  2018/02  [Refereed]
  • 当科におけるマイクロ波子宮内膜焼灼術(MEA)症例の検討
    野村 佳美; 尾崎 康彦; 森 亮介; 千田 智子; 伴野 千尋; 松本 洋介; 北折 珠央; 片野 衣江; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  70-  (2)  836  -836  2018/02  [Refereed]
  • 妊娠29週に帝王切開術施行し生児を得た子宮角部妊娠の一例
    早川 明子; 西川 尚実; 柴田 春香; 十河 千恵; 松浦 綾乃; 川端 俊一; 高木 七奈; 中元 永理; 尾崎 康彦; 柴田 金光  日本産科婦人科学会雑誌  70-  (2)  876  -876  2018/02  [Refereed]
  • 横隔膜下腹膜妊娠に対し腹腔鏡下手術を施行した一例
    高木 七奈; 柴田 春香; 早川 明子; 十河 千恵; 松浦 綾乃; 川端 俊一; 中元 永理; 西川 尚実; 尾崎 康彦; 柴田 金光  日本産科婦人科学会雑誌  70-  (2)  878  -878  2018/02  [Refereed]
  • 子宮頸管ペッサリーによる切迫早産治療法
    尾崎 康彦  日本産科婦人科学会雑誌  70-  (2)  402  -402  2018/02  [Invited]
  • 子宮頸管長短縮を伴う切迫早産に対しDr. Arabinペッサリーを用いた症例の検討
    熊谷 恭子; 尾崎 康彦; 原 茉里; 小笠原 桜; 高松 愛; 小崎 章子; 水野 輝子; 若山 伸行; 木村 直美; 樋口 和宏; 池内 政弘; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  70-  (2)  879  -879  2018/02  [Refereed]
  • 不育症病態における酸化ストレス度と抗酸化力の意義の検討
    尾崎 康彦; 後藤 志信; 井出 祥子; 小澤 史子; 北折 珠央; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  70-  (2)  826  -826  2018/02  [Refereed]
  • 北折 珠央; 吉原 紘行; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  周産期医学  47-  (12)  1561  -1566  2017/12  [Invited]
  • 淀川 祐紀; 尾崎 康彦  救急医学  41-  (12)  1625  -1631  2017/11  [Refereed]
  • 反復流産病態におけるMMPおよびTIMPの存在と意義
    森 亮介; 尾崎 康彦; 小澤 史子; 大林 勇輝; 後藤 志信; 北折 珠央; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  32-  (1-2)  94  -94  2017/11  [Refereed]
  • 体外受精・胚移植治療における卵胞液中decorinの臨床的意義
    澤田 祐季; 佐藤 剛; 吉原 紘行; 伴野 千尋; 松本 洋介; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  62-  (4)  331  -331  2017/10  [Refereed]
  • Actinotignum shaaliiによる絨毛膜羊膜炎の1例
    犬塚 早紀; 鈴森 伸宏; 野村 佳美; 森 亮介; 澤田 祐季; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  愛知産科婦人科学会学術講演会プログラム  106回-  10  -10  2017/10  [Refereed]
  • 総腸骨動脈バルーン閉塞術(CIABO)併用下に帝王切開術して子識全摘術を要した前置胎盤の2例
    森 亮介; 鈴森 伸宏; 野村 佳美; 犬塚 早紀; 澤田 祐季; 伴野 千尋; 西川 隆太郎; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  愛知産科婦人科学会学術講演会プログラム  106回-  12  -12  2017/10  [Refereed]
  • 診断に苦慮した横隔膜下の腹膜妊娠に対して腹腔鏡下異所性妊娠手術を施行した1例
    柴田 春香; 西川 尚実; 高木 七奈; 早川 明子; 十河 千恵; 松浦 綾乃; 川端 俊一; 中元 永理; 尾崎 康彦; 柴田 金光  愛知産科婦人科学会学術講演会プログラム  106回-  13  -13  2017/10  [Refereed]
  • 三木 有希; 生方 美恵子; 若林 加菜子; 加藤 真衣; 太田 優美; 田中 幸子; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  母性衛生  58-  (3)  59  -59  2017/09  [Refereed]
  • 吉原 紘行; 大前 陽輔; 杉浦 真弓; 川嶋 実苗; 豊岡 理人; Khor Seik-Soon; 澤井 浩美; 堀田 哲也; 渥美 達也; 村島 温子; 藤田 太輔; 藤田 富雄; 森本 真司; 森下 英理子; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 徳永 勝士  日本臨床免疫学会会誌  40-  (4)  318  -318  2017/08  [Refereed]
  • 吉田 真弓; 柳瀬 陽一郎; 丹羽 慶光; 稲垣 晴代; 板津 信子; 山田 真由美; 尾崎 康彦  日本周産期・新生児医学会雑誌  53-  (2)  690  -690  2017/06  [Refereed]
  • 犬塚 早紀; 鈴森 伸宏; 伴野 千尋; 小川 紫野; 松本 洋介; 北折 珠央; 熊谷 恭子; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本周産期・新生児医学会雑誌  53-  (2)  715  -715  2017/06  [Refereed]
  • 抗リン脂質抗体測定法の標準化
    北折 珠央; 尾崎 康彦; 片野 衣江; 奥 健志; 渥美 達也; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  62-  (1-2)  97  -98  2017/04  [Refereed]
  • 反復流産病態におけるMMP-2およびMMP-9遺伝子の一塩基多型解析
    森 亮介; 尾崎 康彦; 大林 勇輝; 後藤 志信; 松川 泰; 北折 珠央; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  69-  (2)  983  -983  2017/02  [Refereed]
  • 胎児性染色体異常と診断されカウンセリングを行った症例についての検討
    犬塚 早紀; 鈴森 伸宏; 浅野 智子; 小川 紫野; 澤田 祐季; 松本 洋介; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  69-  (2)  1010  -1010  2017/02  [Refereed]
  • 新たな流産手術デバイス、手動真空吸引器MVAキットの不育症患者における検討
    北折 珠央; 尾崎 康彦; 森 亮介; 松川 泰; 片野 衣江; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  69-  (2)  982  -982  2017/02  [Refereed]
  • 【周産期医学必修知識第8版】産科編 不育症 ヘパリン療法の適応
    杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 片野 衣江; 北折 珠央  周産期医学  46-  (増刊)  27  -31  2016/12  [Invited]
  • 抗リン脂質抗体の新たな展開 産科抗リン脂質抗体におけるループスアンチコアグラントと関連遺伝子
    杉浦 真弓; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 片野 衣江; 奥 健志; 堀田 哲也; 渥美 達也; 村島 温子; 大前 陽輔; 徳永 勝士  Reproductive Immunology and Biology  31-  (1-2)  86  -86  2016/11  [Refereed]
  • 反復流産病態におけるMMP-2およびMMP-9遺伝子の一塩基多型解析
    森 亮介; 尾崎 康彦; 小澤 史子; 大林 勇輝; 松川 泰; 後藤 志信; 北折 珠央; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  31-  (1-2)  132  -132  2016/11  [Refereed]
  • 凝固異常症と不育症 原因不明不育症における凝固線溶系および抑制遺伝子の関与
    松川 泰; 林 裕子; 浅野 恵理子; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  31-  (1-2)  81  -81  2016/11  [Refereed]
  • 原因不明反復流産患者の着床前スクリーニングに関する意識調査
    松本 洋介; 佐藤 剛; 澤田 祐季; 松川 泰; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  61-  (4)  484  -484  2016/10  [Refereed]
  • 杉浦 真弓; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦  周産期医学  46-  (10)  1199  -1202  2016/10  [Invited]
  • 不育症におけるプロテインS欠乏症とプロテインS徳島
    松川 泰; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  61-  (4)  368  -368  2016/10  [Refereed]
  • 後藤 志信; 尾崎 康彦; 熊谷 恭子; 柴野 あゆみ; 出原 麻里; 松本 洋介; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 杉浦 真弓  日本周産期・新生児医学会雑誌  52-  (2)  781  -781  2016/06  [Refereed]
  • 松川 泰; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  26-  (1)  S  -24  2016/06  [Refereed]
  • 杉浦 真弓; 佐藤 剛; 尾崎 康彦  臨床婦人科産科  70-  (4)  320  -325  2016/04  [Invited]
  • 杉浦 真弓; 佐藤 剛; 尾崎 康彦  思春期学  34-  (1)  20  -24  2016/03  [Invited]
  • 松本 洋介; 佐藤 剛; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  68-  (2)  1005  -1005  2016/02  [Refereed]
  • 後藤 志信; 尾崎 康彦; 森 亮介; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  68-  (2)  963  -963  2016/02  [Refereed]
  • 野村 佳美; 鈴森 伸宏; 大林 勇輝; 松本 洋介; 出原 麻里; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  68-  (2)  924  -924  2016/02  [Refereed]
  • 森 亮介; 尾崎 康彦; 松川 泰; 片野 衣江; 早川 博生; 新井 隆成; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  68-  (2)  706  -706  2016/02  [Refereed]
  • 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  68-  (2)  1002  -1002  2016/02  [Refereed]
  • 松川 泰; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  68-  (2)  1003  -1003  2016/02  [Refereed]
  • 抗リン脂質抗体測定法に関する全国調査
    松本 洋介; 北折 珠央; 山田 秀人; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓; 村島 温子; 渥美 達也  Reproductive Immunology and Biology  30-  (1-2)  111  -111  2015/11  [Refereed]
  • 反復流産病態における妊娠初期頸管粘液中のIL-33とcathepsin Gの関与
    後藤 志信; 尾崎 康彦; 大林 勇輝; 倉兼 さとみ; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  30-  (1-2)  115  -115  2015/11  [Refereed]
  • 後藤 志信; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  周産期医学  45-  (11)  1561  -1562  2015/11  [Invited]
  • 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  臨床婦人科産科  69-  (10)  936  -939  2015/10  [Invited]
  • 不育症における凝固第XII因子活性と46C/T遺伝子多型
    淺野 恵理子; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 片野 衣江; 松原 寛和; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  60-  (4)  216  -216  2015/10  [Refereed]
  • 杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 片野 衣江; 北折 珠央  血液フロンティア  25-  (10)  1433  -1440  2015/09  [Invited]
  • 松本 洋介; 北折 珠央; 山田 秀人; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓; 村島 温子  日本妊娠高血圧学会雑誌  22-  93  -93  2015/08  [Refereed]
  • 大林 勇輝; 鈴森 伸宏; 松川 泰; 淺野 恵理子; 倉兼 さとみ; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 後藤 志信; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本周産期・新生児医学会雑誌  51-  (2)  771  -771  2015/06  [Refereed]
  • 淺野 恵理子; 大林 勇輝; 倉兼 さとみ; 松川 泰; 後藤 志信; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 松原 寛和; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本周産期・新生児医学会雑誌  51-  (2)  875  -875  2015/06  [Refereed]
  • 松川 泰; 鈴森 伸宏; 大林 勇輝; 淺野 恵理子; 倉兼 さとみ; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本周産期・新生児医学会雑誌  51-  (2)  938  -938  2015/06  [Refereed]
  • 杉浦 真弓; 淺野 恵理子; 林 裕子; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦  産婦人科の実際  64-  (6)  775  -781  2015/06  [Invited]
  • 大林 勇輝; 尾崎 康彦; 後藤 志信; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 大山 文男; 刀祢 重信; 鈴森 伸宏; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  25-  (1)  S  -94  2015/05  [Refereed]
  • 出原 麻里; 鈴森 伸宏; 尾崎 康彦; 杉浦 時雄; 加藤 丈典; 杉浦 真弓  日本周産期・新生児医学会雑誌  51-  (1)  376  -380  2015/05  [Refereed]
  • 着床前・新出生前診断の現状と将来 着床前診断は生児獲得率改善に有効か?
    杉浦 真弓; 佐藤 剛; 尾崎 康彦; 片野 衣江; 北折 珠央; 後藤 志信; 出原 麻里; 松川 泰; 澤田 祐季  日本生殖医学会雑誌  60-  (1-2)  120  -120  2015/04  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 北折 珠央; 杉浦 真弓  産科と婦人科  82-  (4)  420  -427  2015/04  [Invited]
  • 子宮内容除去術後に発生した子宮仮性動脈瘤破裂の一例
    橋本 恵理子; 片野 衣江; 服部 幸雄; 佐藤 剛; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  東海産科婦人科学会雑誌  51-  189  -189  2015/02  [Refereed]
  • 同腕二動原体染色体による胎児18トリソミーの1例
    後藤 志信; 鈴森 伸宏; 出原 麻里; 松川 泰; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  東海産科婦人科学会雑誌  51-  225  -225  2015/02  [Refereed]
  • 北折 珠央; 山田 秀人; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓; 村島 温子  日本産科婦人科学会雑誌  67-  (2)  933  -933  2015/02  [Refereed]
  • 大林 勇輝; 尾崎 康彦; 後藤 志信; 倉兼 さとみ; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  67-  (2)  724  -724  2015/02  [Refereed]
  • 後藤 志信; 尾崎 康彦; 大林 勇輝; 倉兼 さとみ; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  67-  (2)  724  -724  2015/02  [Refereed]
  • 林 裕子; 松川 泰; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  67-  (2)  722  -722  2015/02  [Refereed]
  • 橋本 恵理子; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  67-  (2)  723  -723  2015/02  [Refereed]
  • KUZE Noko; OZAKI Yasuhiko; KINOSHITA Kodzue; MIYAKAWA Etsuko; KOBAYASHI Toshio; OGATA Mitsuaki; NAKAMURA Tomoyuki; KUROTORI Hidetoshi; KIMURA Koichi; Satou Yasuhiro  Primate Research Supplement  31-  (0)  96  -96  2015  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 片野 衣江; 生田 克夫; 杉浦 真弓  臨床泌尿器科  68-  (13)  1046  -1052  2014/12  [Invited]
  • 反復流産病態におけるMMP-2およびMMP-9の存在と意義
    大林 勇輝; 尾崎 康彦; 倉兼 さとみ; 後藤 志信; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  29-  (1-2)  88  -88  2014/11  [Refereed]
  • 杉浦 真弓; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦  産婦人科の実際  63-  (12)  1915  -1919  2014/11  [Invited]
  • 不育症における凝固第XII因子活性と46C/T遺伝子多型
    橋本 恵理子; 榎原 毅; 山田 千里; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  29-  (1-2)  107  -107  2014/11  [Refereed]
  • 不育症における凝固第XII因子活性と46C/T遺伝子多型
    橋本 恵理子; 榎原 毅; 山田 千里[並河]; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓[小笠原]  日本生殖医学会雑誌  59-  (4)  370  -370  2014/10  [Refereed]
  • 【現代生殖医療のメインストリーム ARTマスターたちの治療戦略】不妊の原因 不育症・習慣流産
    杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 片野 衣江; 佐藤 剛; 北折 珠央; 後藤 志信  産婦人科の実際  63-  (11)  1564  -1571  2014/10  [Invited]
  • 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  周産期医学  44-  (9)  1197  -1201  2014/09  [Invited]
  • 北折 珠央; 奥 健志; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓; 渥美 達也  日本臨床免疫学会会誌  37-  (4)  371  -371  2014/08  [Refereed]
  • 出原 麻里; 鈴森 伸宏; 松川 泰; 後藤 志信; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 加藤 丈典; 杉浦 時雄; 杉浦 真弓  日本周産期・新生児医学会雑誌  50-  (2)  713  -713  2014/06  [Refereed]
  • 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本周産期・新生児医学会雑誌  50-  (2)  841  -841  2014/06  [Refereed]
  • 松川 泰; 鈴森 伸宏; 出原 麻里; 後藤 志信; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓; 伊藤 孝一; 加藤 丈典; 杉浦 時雄; 齋藤 伸治  日本周産期・新生児医学会雑誌  50-  (2)  834  -834  2014/06  [Refereed]
  • 北折 珠央; 奥 健志; 林 裕子; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 渥美 達也; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  24-  (1)  S  -68  2014/05  [Refereed]
  • 杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 片野 衣江; 北折 珠央  臨床婦人科産科  68-  (4)  277  -279  2014/04  [Invited]
  • 不育症女性におけるアネキシンA5の遺伝子多型についての検討
    林 裕子; 鈴森 伸宏; 水谷 栄太; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  59-  (1-2)  64  -64  2014/04  [Refereed]
  • 妊娠を契機に増悪した再生不良性貧血の一例
    水谷 栄太; 鈴森 伸宏; 出原 麻里; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  東海産科婦人科学会雑誌  50-  308  -308  2014/02  [Refereed]
  • 服部 幸雄; 片野 衣江; 橋本 恵理子; 佐藤 剛; 林 裕子; 大林 勇輝; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  66-  (2)  867  -867  2014/02  [Refereed]
  • 片野 衣江; 水谷 栄太; 服部 幸雄; 佐藤 剛; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  66-  (2)  864  -864  2014/02  [Refereed]
  • 柴野 あゆみ; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  66-  (2)  795  -795  2014/02  [Refereed]
  • 松川 泰; 鈴森 伸宏; 大林 勇輝; 出原 麻里; 中元 永理; 後藤 志信; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  66-  (2)  714  -714  2014/02  [Refereed]
  • 鈴森 伸宏; 熊谷 恭子; 後藤 志信; 大瀬戸 久美子; 片野 衣江; 荒川 敦志; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  66-  (2)  704  -704  2014/02  [Refereed]
  • 大林 勇輝; 尾崎 康彦; 後藤 志信; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 大山 文男; 刀祢 重信; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  66-  (2)  691  -691  2014/02  [Refereed]
  • 北折 珠央; 出原 麻里; 橋本 恵理子; 林 裕子; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  66-  (2)  586  -586  2014/02  [Refereed]
  • 出原 麻里; 篠澤 圭子; 橋本 恵理子; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 福武 勝幸; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  66-  (2)  582  -582  2014/02  [Refereed]
  • 倉兼 さとみ; 尾崎 康彦; 大林 勇輝; 後藤 志信; 完山 紘平; 保條 説彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  66-  (2)  689  -689  2014/02  [Refereed]
  • 後藤 志信; 尾崎 康彦; 倉兼 さとみ; 大林 勇輝; 出原 麻里; 水谷 栄太; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  66-  (2)  816  -816  2014/02  [Refereed]
  • 帝王切開 最新知識と求められる術後ケア(第6回)(最終回) 産科危機的出血 正常からの逸脱!緊急度の診断と適切な対応 帝王切開術後大量出血への対応とクリニカルパスバージョンアップの試み
    尾崎 康彦; 杉浦 真弓; 大林 伸太郎  臨床助産ケア: スキルの強化  6-  (1)  107  -115  2014/01  [Invited]
  • 帝王切開 最新知識と求められる術後ケア(第5回) 帝王切開の術後合併症 正常からの逸脱!緊急度の診断と適切な対応 その時、褥婦に何が起こっているのか?
    尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 杉浦 真弓  臨床助産ケア: スキルの強化  5-  (6)  99  -104  2013/11  [Invited]
  • 妊娠初期における頸管粘液中のIGFBP-1の存在と意義(Role of Insulin-like Growth Factor Binding Protein 1 in Cervical Mucus in Early Pregnancy)
    倉兼 さとみ; 尾崎 康彦; 大林 勇輝; 後藤 志信; 完山 紘平; 保條 説彦; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  28-  (1-2)  99  -99  2013/11  [Refereed]
  • 反復流産患者におけるindoleamine 2,3-dioxygenaseおよびtryptophan 2,3-dioxygenaseの存在と意義(ROLE OF INDOLEAMIN 2,3-DIOXYGENASE AND TRYPTOPHAN 2,3-DIOXYGENASE WITH RECURRENT MISCARRIAGE)
    大林 勇輝; 尾崎 康彦; 後藤 志信; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 大山 文男; 刀祢 重信; 鈴森 伸宏; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  28-  (1-2)  104  -104  2013/11  [Refereed]
  • 不育症患者における予知因子としての末梢血NK細胞活性値 大規模コホート調査より(Peripheral natural killer cell activity as a predictor of recurrent pregnancy loss: a large cohort study)
    片野 衣江; 尾崎 康彦; 鈴森 伸宏; 北折 珠央; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  28-  (1-2)  92  -92  2013/11  [Refereed]
  • 子宮内胎児発育遅延病態における胎盤のカルパインの役割(ROLE OF CALPAIN IN HUMAN PLACENTA OF PATIENTS WITH FETAL GROWTH RESTRICTION)
    後藤 志信; 尾崎 康彦; 倉兼 さとみ; 大林 勇輝; 出原 麻里; 水谷 栄太; 熊 恭子; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  28-  (1-2)  102  -102  2013/11  [Refereed]
  • 出原 麻里; 大林 伸太郎; 鈴森 伸宏; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  産婦人科の実際  62-  (10)  1387  -1392  2013/10  [Invited]
  • 不育症診療における新しい展開 原因不明不育症における遺伝子の関与
    北折 珠央; 林 裕子; 水谷 栄太; 尾崎 康彦; 鈴森 伸宏; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  58-  (4)  252  -252  2013/10  [Refereed]
  • 不育症女性におけるアネキシンA5の遺伝子多型についての検討
    林 裕子; 鈴森 伸宏; 水谷 栄太; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  58-  (4)  313  -313  2013/10  [Refereed]
  • 帝王切開 最新知識と求められる術後ケア(第4回) 帝王切開の実際 正常からの逸脱!緊急度の診断と適切な対応 その時産科医は何をしているのか?
    尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 杉浦 真弓  妊産婦と赤ちゃんケア  5-  (5)  111  -118  2013/09  [Invited]
  • 服部幸雄; 橋本恵理子; 佐藤剛; 片野衣江; 尾崎康彦; 河合辰哉; 下平政史; 芝本雄太; 杉浦真弓  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  29-  (Suppl.I)  221  -221  2013/08  [Refereed]
  • 帝王切開 最新知識と求められる術後ケア(第3回) 超緊急帝王切開術 Grade Aを目指して!
    大林 伸太郎; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  妊産婦と赤ちゃんケア  5-  (4)  94  -102  2013/07  [Invited]
  • 後藤 志信; 尾崎 康彦; 出原 麻里; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 杉浦 真弓  日本周産期・新生児医学会雑誌  49-  (2)  753  -753  2013/06  [Refereed]
  • 帝王切開 最新知識と求められる術後ケア(第2回) 帝王切開になった! 今どきの帝王切開術の適応と要約
    尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 杉浦 真弓  妊産婦と赤ちゃんケア  5-  (3)  40  -47  2013/05  [Invited]
  • 林 裕子; 佐々木 秀文; 西山 毅; 水谷 栄太; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 鈴森 伸宏; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  23-  (1)  S  -32  2013/05  [Refereed]
  • 習慣流産におけるSYCP3遺伝子変異の解析
    水谷 栄太; 鈴森 伸宏; 大瀬戸 久美子; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 尾崎 康彦; 中西 真; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  58-  (1-2)  68  -69  2013/04  [Refereed]
  • 帝王切開 最新知識と求められる術後ケア 異常分娩が来た! 内診法による異常分娩の予知法と対処法
    尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 杉浦 真弓  妊産婦と赤ちゃんケア  5-  (2)  38  -41  2013/03  [Invited]
  • 子どもを産む環境・育てる環境 "産婦人科医からの提言"周産期難民を作らないために
    尾崎 康彦  愛知母性衛生学会誌  (30)  101  -101  2013/02  [Invited]
  • 熊谷 恭子; 鈴森 伸宏; 大林 伸太郎; 出原 麻里; 水谷 栄太; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  65-  (2)  800  -800  2013/02  [Refereed]
  • 水谷 栄太; 鈴森 伸宏; 林 裕子; 出原 麻里; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  65-  (2)  756  -756  2013/02  [Refereed]
  • 出原 麻里; 篠澤 圭子; 橋本 恵理子; 水谷 栄太; 北折 珠央; 鈴森 伸宏; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 福武 勝幸; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  65-  (2)  755  -755  2013/02  [Refereed]
  • 後藤 志信; 尾崎 康彦; 北折 珠央; 安河内 篤; 川久保 友世; 山本 健二; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  65-  (2)  754  -754  2013/02  [Refereed]
  • 林 裕子; 鈴森 伸宏; 水谷 栄太; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  65-  (2)  683  -683  2013/02
  • 片野 衣江; 杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 鈴森 伸宏; 北折 珠央  日本産科婦人科学会雑誌  65-  (2)  757  -757  2013/02  [Refereed]
  • 橋本 恵理子; 尾崎 康彦; 出原 麻里; 後藤 志信; 水谷 栄太; 鈴森 伸宏; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  65-  (2)  609  -609  2013/02  [Refereed]
  • 林 裕子; 鈴森 伸宏; 水谷 栄太; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科學會雜誌  65-  (2)  683  -683  2013  [Refereed]
  • 子宮内胎児発育遅延病態における胎盤のカルパインの役割(Role of calpain in human placenta of patients with intrauterine growth restriction)
    出原 麻里; 尾崎 康彦; 後藤 志信; 水谷 栄太; 鈴森 伸宏; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  27-  (1-2)  80  -80  2012/11  [Refereed]
  • 習慣流産におけるSYCP3遺伝子変異の解析
    水谷 栄太; 鈴森 伸宏; 大林 伸太郎; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  57-  (4)  306  -306  2012/10  [Refereed]
  • 杉浦 真弓; 北折 珠央; 尾崎 康彦  助産雑誌  66-  (10)  817  -823  2012/10  [Invited]
  • 田所 直子; 尾崎 康彦  産業看護  4-  (5)  468  -472  2012/09  [Invited]
  • 【不妊・不育 助産師に今、求められる知識とケア】妊娠を維持するメカニズムとその病態
    杉浦 真弓; 北折 珠央; 尾崎 康彦  Birth  1-  (4)  23  -34  2012/06  [Invited]
  • 【一大事を回避する 胎児心拍数モニタリング判読】知識編 well-beingを目指して 胎児心拍数モニタリングのピットフォール(錯覚と思い込み)
    尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 杉浦 真弓  妊産婦と赤ちゃんケア  4-  (3)  2  -13  2012/05  [Invited]
  • 杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 片野 衣江; 北折 珠央  臨床婦人科産科  66-  (5)  90  -93  2012/04  [Invited]
  • 杉山ちえ; 服部幸雄; 佐藤剛; 片野衣江; 尾崎康彦; 杉浦真弓; 佐々木繁; 河合辰哉; 鈴木佳克  東海産科婦人科学会雑誌  48-  248  -248  2012/03  [Refereed]
  • 大林 伸太郎; 尾崎 康彦; 杉 俊隆; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 片野 衣江; 杉浦 真弓  Nagoya Medical Journal  52-  (2)  166  -166  2012/02  [Refereed]
  • 大林 勇輝; 尾崎 康彦; 後藤 志信; 大林 伸太郎; 刀祢 重信; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  64-  (2)  493  -493  2012/02  [Refereed]
  • 水谷 栄太; 鈴森 伸宏; 林 裕子; 大林 勇輝; 大林 伸太郎; 後藤 志信; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  64-  (2)  572  -572  2012/02  [Refereed]
  • 淺野 恵理子; 尾崎 康彦; 水谷 栄太; 後藤 志信; 大林 伸太郎; 鈴森 伸宏; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  64-  (2)  493  -493  2012/02  [Refereed]
  • 北折 珠央; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  64-  (2)  676  -676  2012/02  [Refereed]
  • 杉山 ちえ; 杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 鈴森 伸宏; 片野 衣江; 北折 珠央; 熊谷 恭子; 大林 伸太郎; 後藤 志信; 水谷 栄太; 鈴木 貞夫  日本産科婦人科学会雑誌  64-  (2)  678  -678  2012/02  [Refereed]
  • 尾崎 康彦  Nagoya Medical Journal  52-  (2)  161  -161  2012/02  [Invited]
  • 杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 片野 衣江; 鈴森 伸宏  産婦人科の実際  60-  (10)  1431  -1436  2011/10  [Invited]
  • 杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 片野 衣江; 鈴森 伸宏  産婦人科の実際  60-  (9)  1287  -1291  2011/09  [Invited]
  • 大林 伸太郎; 尾崎 康彦; 大林 勇輝; 水谷 栄太; 杉山 ちえ; 後藤 志信; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  21-  (1)  S  -50  2011/06  [Refereed]
  • 杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 片野 衣江; 鈴森 伸宏  産婦人科治療  102-  (増刊)  635  -639  2011/04  [Invited]
  • 血小板減少の原因診断に苦慮した抗リン脂質抗体陽性妊婦の一例
    大林 伸太郎; 佐藤 剛; 岡田 英幹; 尾崎 康彦; 難波 大夫; 杉浦 真弓  東海産科婦人科学会雑誌  47-  291  -291  2011/03  [Refereed]
  • 分離胎盤間に血管吻合のあった一絨毛膜二羊膜双胎の一例
    淺野 恵理子; 鈴森 伸宏; 水谷 栄太; 後藤 志信; 小林 良幸; 服部 幸雄; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 高橋 雄一郎; 西原 里香; 岩砂 智丈; 木越 香織; 反中 志諸理; 川鰭 市郎; 岩垣 重紀; 杉浦 真弓  東海産科婦人科学会雑誌  47-  197  -202  2011/03  [Refereed]
  • 服部 幸雄; 尾崎 康彦; 後藤 志信; 佐藤 剛; 安河内 篤; 川久保 友世; 山本 健二; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  63-  (2)  675  -675  2011/02  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 後藤 志信; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 安河内 篤; 川久保 友世; 山本 健二; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  63-  (2)  629  -629  2011/02  [Refereed]
  • 小林 良章; 鈴森 伸宏; 水谷 栄太; 後藤 志信; 熊谷 恭子; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  63-  (2)  607  -607  2011/02  [Refereed]
  • 柴野 あゆみ; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  63-  (2)  538  -538  2011/02  [Refereed]
  • 水谷 栄太; 鈴森 伸宏; 大瀬戸 久美子; 大林 伸太郎; 杉山 ちえ; 後藤 志信; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 中西 真; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  63-  (2)  507  -507  2011/02  [Refereed]
  • 大林 勇輝; 尾崎 康彦; 後藤 志信; 大林 伸太郎; 西川 隆太郎; 北折 珠央; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  63-  (2)  694  -694  2011/02  [Refereed]
  • 後藤 志信; 尾崎 康彦; 杉山 ちえ; 水谷 栄太; 大林 伸太郎; 安河内 篤; 川久保 友世; 山本 健二; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  63-  (2)  662  -662  2011/02  [Refereed]
  • 杉山 ちえ; 鈴木 貞夫; 水谷 栄太; 後藤 志信; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 片野 衣江; 鈴森 伸宏; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  63-  (2)  484  -484  2011/02
  • 大林 伸太郎; 尾崎 康彦; 水谷 栄太; 杉山 ちえ; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  63-  (2)  505  -505  2011/02  [Refereed]
  • 杉山 ちえ; 鈴木 貞夫; 水谷 栄太; 後藤 志信; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 片野 衣江; 鈴森 伸宏; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科學會雜誌  63-  (2)  484  -484  2011
  • 杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 片野 衣江  Japanese journal of clinical medicine  68-  (12)  2351  -2356  2010/12  [Refereed]
  • ヒト卵胞液における血管新生抑制物質endostatinの存在と意義
    服部 幸雄; 尾崎 康彦; 佐藤 剛; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  55-  (4)  348  -348  2010/10  [Refereed]
  • 大林 伸太郎; 佐藤 剛; 岡田 英幹; 尾崎 康彦; 難波 大夫; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  20-  (1)  S  -100  2010/06  [Refereed]
  • 服部 幸雄; 北折 珠央; 熊谷 恭子; 佐藤 剛; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  Nagoya Medical Journal  51-  (1)  80  -80  2010/05  [Refereed]
  • 服部 幸雄; 尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 佐藤 剛; 岡田 英幹; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  62-  (2)  724  -724  2010/02  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 杉山 ちえ; 水谷 栄太; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  62-  (2)  616  -616  2010/02  [Refereed]
  • 寺西 志信; 尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 山本 恭史; 川久保 友世; 山本 健二; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  62-  (2)  581  -581  2010/02  [Refereed]
  • 大林 伸太郎; 尾崎 康彦; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 川久保 友世; 山本 健二; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  62-  (2)  371  -371  2010/02  [Refereed]
  • モハメド・ハメド・フセイン; ダウードゥ・ガーダ; 垣田 博樹; 加藤 晋; 後藤 盾信; 亀井 美智; 後藤 健之; 尾崎 康彦; 伊藤 哲哉; 福田 純男; 加藤 稲子; 鈴木 悟; 橋本 俊; 戸苅 創  Nagoya Medical Journal  50-  (4)  187  -197  2010/02  [Refereed]
  • 大瀬戸 久美子; 水谷 栄太; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  62-  (2)  639  -639  2010/02  [Refereed]
  • 北折 珠央; 尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 杉浦 真弓  日本周産期・新生児医学会雑誌  45-  (4)  1029  -1031  2009/12  [Refereed]
  • 中野 有美; 古川 壽亮; 杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 北折 珠央; 大林 伸太郎  日本周産期・新生児医学会雑誌  45-  (4)  1162  -1164  2009/12  [Refereed]
  • 歯周病原因菌Porphyromonas gingivalisと早産の関係
    大林 伸太郎; 尾崎 康彦; 北折 珠央; 安河内 篤; 川久保 友世; 山本 健二; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  24-  (2)  139  -139  2009/11  [Refereed]
  • 反復流産患者の妊娠初期におけるcathepsin Eの役割
    寺西 志信; 尾崎 康彦; 水谷 栄太; 杉山 ちえ; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 安河内 篤; 川久保 友世; 山本 健二; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  24-  (2)  145  -145  2009/11  [Refereed]
  • 不育症と免疫 反復流産病態における脱落膜のシステインプロテアーゼ及びインヒビターの役割
    尾崎 康彦; 熊谷 恭子; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  24-  (2)  112  -112  2009/11  [Refereed]
  • 子宮奇形をもつ反復流産患者の危険因子模索とその後の生児獲得率
    杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 佐藤 剛; 岡田 英幹; 北折 珠央; 服部 幸雄  日本生殖医学会雑誌  54-  (4)  288  -288  2009/10  [Refereed]
  • 北折 珠央; 尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 杉浦 真弓  日本周産期・新生児医学会雑誌  45-  (2)  314  -314  2009/06  [Refereed]
  • 中野 有美; 古川 壽亮; 杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 北折 珠央; 大林 伸太郎  日本周産期・新生児医学会雑誌  45-  (2)  356  -356  2009/06  [Refereed]
  • 大林 伸太郎; 尾崎 康彦; 熊谷 恭子; 中西 珠央; 杉 俊隆; 杉浦 真弓  日本周産期・新生児医学会雑誌  45-  (2)  555  -555  2009/06  [Refereed]
  • 中西 珠央; 尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 杉浦 真弓; 川久保 友世; 山本 健二  日本産婦人科・新生児血液学会誌  19-  (1)  S  -114  2009/05  [Refereed]
  • 大林 伸太郎; 尾崎 康彦; 杉 俊隆; 熊谷 恭子; 北折 珠央; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  19-  (1)  S  -38  2009/05  [Refereed]
  • 習慣流産における精子染色体のaneuploidyに関する検討
    服部 幸雄; 佐藤 剛; 岡田 英幹; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 中西 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  54-  (1-2)  47  -48  2009/04  [Refereed]
  • 中西 珠央; 尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 杉浦 真弓; 川久保 友世; 山本 健二  日本産科婦人科学会雑誌  61-  (2)  436  -436  2009/02  [Refereed]
  • 杉浦 真弓; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 中西 珠央; 尾崎 康彦  日本産科婦人科学会雑誌  61-  (2)  751  -751  2009/02  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 中西 珠央; 川久保 友世; 山本 健二; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  61-  (2)  619  -619  2009/02  [Refereed]
  • 中西 珠央; 尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 杉浦 真弓; 川久保 友世; 山本 健二  日本産科婦人科學會雜誌  61-  (2)  436  -436  2009  [Refereed]
  • 中西 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  Nagoya Medical Journal  50-  (1)  47  -47  2009/01  [Refereed]
  • 熊谷 恭子; 尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 北折 珠央; 杉浦 真弓  Nagoya Medical Journal  50-  (1)  43  -43  2009/01  [Refereed]
  • 反復流産患者におけるSLPIの存在と意義
    中西 珠央; 尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  23-  (2)  S84  -S84  2008/11  [Refereed]
  • 難治性着床不全ならびに不育症に対する治療の試み 染色体相互転座をもつ不育症患者に対する着床前診断の現状
    杉浦 真弓; 佐藤 剛; 服部 幸雄; 中西 珠央; 熊谷 恭子; 大林 伸太郎; 尾崎 康彦  Reproductive Immunology and Biology  23-  (2)  S36  -S36  2008/11  [Refereed]
  • 不育症患者におけるphosphatidylethanolamine(PE)結合蛋白を認識する抗PE抗体の有用性の検討
    大林 伸太郎; 尾崎 康彦; 杉 俊隆; 熊谷 恭子; 中西 珠央; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  23-  (2)  S87  -S87  2008/11  [Refereed]
  • 習慣流産における精子染色体のaneuploidyに関する検討
    服部 幸雄; 佐藤 剛; 岡田 英幹; 大林 伸太郎; 中西 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  53-  (4)  315  -315  2008/10  [Refereed]
  • 不育症患者におけるphosphatidylethanolamine(PE)結合蛋白を認識する抗PE抗体の有用性の検討
    大林 伸太郎; 尾崎 康彦; 杉 俊隆; 熊谷 恭子; 中西 珠央; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  53-  (4)  281  -281  2008/10  [Refereed]
  • 習慣流産における精子染色体のaneuploidyに関する検討
    服部 幸雄; 佐藤 剛; 岡田 英幹; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 中西 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  日本生殖医学会雑誌  53-  (3)  96  -97  2008/07  [Refereed]
  • 大林 伸太郎; 尾崎 康彦; 杉 俊隆; 熊谷 恭子; 中西 珠央; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  18-  (1)  S  -96  2008/06  [Refereed]
  • 中西 珠央; 尾崎 康彦; 熊谷 恭子; 大林 伸太郎; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  60-  (2)  792  -792  2008/02  [Refereed]
  • 杉浦 真弓; 佐藤 剛; 服部 幸雄; 中西 珠央; 熊谷 恭子; 尾崎 康彦  日本産科婦人科学会雑誌  60-  (2)  788  -788  2008/02  [Refereed]
  • 服部 幸雄; 佐藤 剛; 尾崎 康彦; 中西 珠央; 熊谷 恭子; 大林 伸太郎; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  60-  (2)  790  -790  2008/02
  • 大林 伸太郎; 尾崎 康彦; 杉 俊隆; 熊谷 恭子; 中西 珠央; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  60-  (2)  789  -789  2008/02  [Refereed]
  • 熊谷 恭子; 尾崎 康彦; 杉 俊隆; 大林 伸太郎; 中西 珠央; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  60-  (2)  792  -792  2008/02  [Refereed]
  • 服部 幸雄; 佐藤 剛; 尾崎 康彦; 中西 珠央; 熊谷 恭子; 大林 伸太郎; 杉浦 真弓  日本産科婦人科學會雜誌  60-  (2)  790  -790  2008  [Refereed]
  • 腟壁血腫と後腹膜血腫による出血性ショックの一例
    和田 正明; 中西 珠央; 山本 珠生; 金子 さおり; 鈴森 伸宏; 尾崎 康彦; 鈴木 佳克; 杉浦 真弓  東海産科婦人科学会雑誌  44-  63  -67  2007/12  [Refereed]
  • 反復流産患者における妊娠初期頸管粘液中シスタチンCの存在と意義
    中西 珠央; 尾崎 康彦; 大林 伸太郎; 熊谷 恭子; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  22-  (2)  S57  -S57  2007/11  [Refereed]
  • 反復流産患者における妊娠初期の頸管粘液中IL-6およびIL-8は流産の予知因子となり得る
    服部 幸雄; 中西 珠央; 尾崎 康彦; 熊谷 恭子; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  22-  (2)  S61  -S61  2007/11  [Refereed]
  • 反復流産病態におけるカルパインによるインテグリンβ3剪定分解の役割
    熊谷 恭子; 尾崎 康彦; 中西 珠央; 大林 信太郎; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  22-  (2)  S39  -S39  2007/11  [Refereed]
  • 尾崎 康彦  日本生殖医学会雑誌  52-  (4)  195  -195  2007/10  [Refereed]
  • 中西 珠央; 尾崎 康彦; 野沢 恭子; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  17-  (1)  S  -58  2007/06  [Refereed]
  • 杉浦 真弓; 佐藤 剛; 中西 珠央; 野沢 恭子; 服部 幸雄; 尾崎 康彦  産婦人科の実際  56-  (5)  775  -780  2007/05  [Refereed]
  • 【妊娠・分娩と血液異常】妊娠・分娩と自己免疫疾患
    中西 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  血液フロンティア  17-  (6)  879  -886  2007/05  [Refereed]
  • 服部 幸雄; 尾崎 康彦; 中西 珠央; 野沢 恭子; 佐藤 剛; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  59-  (2)  658  -658  2007/02  [Refereed]
  • 中西 珠央; 尾崎 康彦; 野沢 恭子; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  59-  (2)  657  -657  2007/02  [Refereed]
  • 杉浦 真弓; 野沢 恭子; 中西 珠央; 尾崎 康彦  日本産科婦人科学会雑誌  59-  (2)  657  -657  2007/02  [Refereed]
  • 牧野 亜衣子; 尾崎 康彦; 佐藤 剛; 服部 幸雄; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  59-  (2)  433  -433  2007/02  [Refereed]
  • 野沢 恭子; 尾崎 康彦; 中西 珠央; 青山 和史; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  59-  (2)  360  -360  2007/02  [Refereed]
  • 【ハイリスク妊娠の妊娠分娩管理】切迫早産の治療とその予後
    尾崎 康彦  東海産科婦人科学会雑誌  43-  27  -32  2006/12  [Refereed]
  • 反復流産の予知因子としての補体C3,C4
    杉浦 真弓; 野沢 恭子; 中西 珠央; 尾崎 康彦  Reproductive Immunology and Biology  21-  (2)  S71  -S71  2006/11  [Refereed]
  • シスタチンCとカテプシンSは脱落膜中の樹状細胞に存在し反復流産病態に関与している
    中西 珠央; 尾崎 康彦; 野沢 恭子; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  21-  (2)  S42  -S42  2006/11  [Refereed]
  • 脱落膜におけるμ-カルパインはインテグリンβ3を剪定分解し反復流産に関与している
    野沢 恭子; 尾崎 康彦; 中西 珠央; 青山 和史; 杉浦 真弓  Reproductive Immunology and Biology  21-  (2)  S44  -S44  2006/11  [Refereed]
  • 均衡型相互転座をもつ習慣流産患者の着床前診断に関する希望調査
    杉浦 真弓; 佐藤 剛; 牧野 亜衣子; 中西 珠央; 野沢 恭子; 服部 幸雄; 尾崎 康彦  日本生殖医学会雑誌  51-  (4)  265  -265  2006/10  [Refereed]
  • 中西 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓  産婦人科の実際  55-  (9)  1409  -1413  2006/09  [Refereed]
  • 野沢 恭子; 尾崎 康彦; 中西 珠央; 青山 和史; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  16-  (1)  S37  -S38  2006/06  [Refereed]
  • 反復流産患者におけるカテプシンとシスタチンの存在と役割
    中西 珠央; 尾崎 康彦; 野沢 恭子; 杉浦 真弓  名古屋市立大学医学会雑誌  57-  (2)  48  -49  2006/05  [Refereed]
  • 杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 中西 珠央; 野沢 恭子; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  58-  (2)  488  -488  2006/02  [Refereed]
  • 中西 珠央; 尾崎 康彦; 野沢 恭子; 青山 和史; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  58-  (2)  488  -488  2006/02  [Refereed]
  • 野沢 恭子; 尾崎 康彦; 中西 珠央; 青山 和史; 杉浦 真弓  日本産科婦人科学会雑誌  58-  (2)  488  -488  2006/02  [Refereed]
  • 診断に苦慮した巨大卵管膿瘍の一例
    服部 幸雄; 牧野 亜衣子; 佐藤 剛; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓; 鈴森 薫  東海産科婦人科学会雑誌  42-  256  -256  2005/12  [Refereed]
  • 子宮を温存し得た帝王切開瘢痕部妊娠の一例
    服部 幸雄; 牧野 亜衣子; 佐藤 剛; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓; 鈴森 薫  東海産科婦人科学会雑誌  42-  232  -232  2005/12  [Refereed]
  • 膀胱内精子を用いた顕微授精により妊娠成立した逆行性射精の一例
    牧野 亜衣子; 佐藤 剛; 服部 幸雄; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓; 佐々木 昌一; 鈴森 薫  東海産科婦人科学会雑誌  42-  219  -219  2005/12  [Refereed]
  • 中西 珠央; 尾崎 康彦; 野沢 恭子; 青山 和史; 朝元 健次; 杉浦 真弓  日本産婦人科・新生児血液学会誌  15-  (1)  S61  -S62  2005/06  [Refereed]
  • 中西 珠央; 尾崎 康彦; 野沢 恭子; 青山 和史; 杉浦 真弓; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  57-  (2)  515  -515  2005/02  [Refereed]
  • 野沢 恭子; 尾崎 康彦; 中西 珠央; 若山 伸行; 青山 和史; 西川 尚実; 三輪 美佐; 柴田 金光; 高木 孝; 杉浦 真弓; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  57-  (2)  514  -514  2005/02  [Refereed]
  • 妊娠中に発見され視野及び視力障害を伴ったリンパ球性下垂体炎の一例
    牧野 亜衣子; 佐藤 剛; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓; 間瀬 光人; 鈴森 薫  東海産科婦人科学会雑誌  41-  212  -212  2004/12  [Refereed]
  • 産婦人科薬物療法の最近の進歩 切迫早産の薬物療法のトピックス
    尾崎 康彦  東海産科婦人科学会雑誌  41-  33  -37  2004/12  [Refereed]
  • 卵巣癌浸潤機構におけるカテプシンBとシスタチンCの関与
    西川 博; 中西 珠央; 月城 沙美; 荒川 敦志; 尾崎 康彦; 鈴森 薫  東海産科婦人科学会雑誌  41-  190  -190  2004/12  [Refereed]
  • 黄体化顆粒膜細胞のアポトーシス調節機構における活性ミトコンドリア由来cytochrome cの関与
    牧野 亜衣子; 尾崎 康彦; 服部 幸雄; 中西 珠央; 佐藤 剛; 杉浦 真弓; 鈴森 薫  名古屋市立大学医学会雑誌  55-  (4)  177  -177  2004/11  [Refereed]
  • 【流産・早産・死産への対応】後期流産の原因と予防
    尾崎 康彦; 杉浦 真弓; 鈴森 薫  産婦人科の世界  56-  (7)  663  -668  2004/07  [Refereed]
  • 中西 珠央; 尾崎 康彦; 野沢 恭子; 杉浦 真弓; 鈴森 薫  日本産婦人科・新生児血液学会誌  14-  (1)  S39  -S40  2004/06  [Refereed]
  • 牧野 亜衣子; 尾崎 康彦; 佐藤 剛; 岡田 英幹; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  56-  (2)  445  -445  2004/02  [Refereed]
  • 中西 珠央; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  56-  (2)  432  -432  2004/02  [Refereed]
  • 杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 鈴森 伸宏; 中西 珠央; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  56-  (2)  431  -431  2004/02  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 中西 珠央; 青山 和史; 杉浦 真弓; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  56-  (2)  640  -640  2004/02  [Refereed]
  • Pregnancy lossにおける血中ホモシステイン濃度とMTHFR遺伝子多型の意義
    牧野 亜衣子; 杉浦 真弓; 鈴森 伸宏; 尾崎 康彦; 中西 珠央; 鈴森 薫  日本不妊学会雑誌  48-  (3〜4)  332  -332  2003/10  [Refereed]
  • 反復流産患者におけるEmotional Impact
    杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 中西 珠央; 鈴森 薫  日本不妊学会雑誌  48-  (3〜4)  334  -334  2003/10  [Refereed]
  • 不育症における血管内皮型一酸化窒素合成酵素(eNOS)遺伝子多型と血漿NO濃度
    中西 珠央; 杉浦 真弓; 牧野 亜衣子; 尾崎 康彦; 鈴森 薫; 飯沼 由朗  日本不妊学会雑誌  48-  (3〜4)  335  -335  2003/10  [Refereed]
  • 中西 珠央; 杉浦 真弓; 牧野 亜衣子; 飯沼 由朗; 尾崎 康彦; 鈴森 薫  日本産婦人科・新生児血液学会誌  13-  (1)  S85  -S86  2003/05  [Refereed]
  • 青木 耕治; 稲垣 純子; 飯沼 由朗; 尾崎 康彦; 杉浦 真弓; 鈴木 由佳; 片野 衣江; 高木 孝; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  55-  (2)  324  -324  2003/02  [Refereed]
  • 青山 和史; 尾崎 康彦; 牧野 亜衣子; 佐藤 剛; 岡田 英幹; 生田 克夫; 杉浦 真弓; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  55-  (2)  269  -269  2003/02  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 中西 珠央; 青山 和史; Hallin Ulrika; Blomgren Klas; 杉浦 真弓; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  55-  (2)  362  -362  2003/02  [Refereed]
  • 卵巣癌の浸潤機構に対するカテプシンBとシスタチンCの関与
    西川 博; 尾崎 康彦; 荒川 敦志; 鈴森 薫  名古屋市立大学医学会雑誌  54-  (1)  71  -71  2003/02  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 杉浦 真弓; 佐藤 詩子; 梅本 幸裕; 古野 忠秀; 郡 健二郎; 中西 守; 鈴森 薫  バイオイメージング  11-  (3)  145  -146  2002/10  [Refereed]
  • 反復初期流産における血液凝固第XII因子の遺伝子多型および凝固活性の意義
    飯沼 由朗; 杉浦 真弓; 牧野 亜衣子; 鈴森 伸宏; 尾崎 康彦; 鈴森 薫  名古屋市立大学医学会雑誌  53-  (2〜3)  231  -232  2002/08  [Refereed]
  • 飯沼 由朗; 杉浦 真弓; 牧野 亜衣子; 鈴森 伸宏; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 鈴森 薫  日本産婦人科・新生児血液学会誌  12-  (1)  S31  -S32  2002/05  [Refereed]
  • 松原 寛和; 生田 克夫; 牧野 亜衣子; 青山 和史; 佐藤 剛; 尾崎 康彦; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  54-  (2)  315  -315  2002/02  [Refereed]
  • 青山 和史; 尾崎 康彦; 佐藤 剛; 松原 寛和; 岡田 英幹; 杉浦 真弓; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  54-  (2)  551  -551  2002/02  [Refereed]
  • 飯沼 由朗; 杉浦 真弓; 牧野 亜衣子; 鈴森 伸宏; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  54-  (2)  358  -358  2002/02  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 中西 珠央; 飯沼 由朗; 片野 衣江; Ulrika Hallin; Klas Blomgren; 杉浦 真弓; 青木 耕治; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  54-  (2)  343  -343  2002/02  [Refereed]
  • 中西 珠央; 尾崎 康彦; 飯沼 由朗; 片野 衣江; Ulrika Hallin; Klas Blomgren; 杉浦 真弓; 青木 耕治; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  54-  (2)  444  -444  2002/02  [Refereed]
  • ヒト黄体化顆粒膜細胞のアポトーシスにおけるCaspase-3活性化機構の関与
    松原 寛和; 生田 克夫; 尾崎 康彦; 青山 和史; 佐藤 剛; 鈴森 薫  日本不妊学会雑誌  46-  (4)  359  -359  2001/10  [Refereed]
  • 低酸素状態における子宮内膜細胞死に対するcalpainの関与及び活性型calpainの分解基質の検索
    青山 和史; 尾崎 康彦; 佐藤 剛; 松原 寛和; 生田 克夫; 鈴森 薫; 青木 耕治  日本不妊学会雑誌  46-  (4)  367  -367  2001/10  [Refereed]
  • 反復流産患者において抑鬱状態は更に流産をひき起こす
    杉浦 真弓; 飯沼 由朗; 尾崎 康彦; 鈴森 薫  日本不妊学会雑誌  46-  (4)  375  -375  2001/10  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 鈴森 伸宏; 青山 和史; 浅岡 一雄  霊長類研究所年報  (31)  135  -135  2001/10  [Refereed]
  • 凝固第XII因子遺伝子多型と不育症との関係
    飯沼 由朗; 杉浦 真弓; 牧野 亜衣子; 尾崎 康彦; 鈴森 薫  日本不妊学会雑誌  46-  (4)  377  -377  2001/10  [Refereed]
  • 牧野 亜衣子; 杉浦 真弓; 尾崎 康彦; 鈴森 伸宏; 鈴森 薫  日本産婦人科・新生児血液学会誌  11-  (1)  S64  -S65  2001/06  [Refereed]
  • 飯沼 由朗; 杉浦 真弓; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 青木 耕治; 鈴森 薫  日本産婦人科・新生児血液学会誌  11-  (1)  S66  -S67  2001/06  [Refereed]
  • 松原 寛和; 生田 克夫; 青山 和史; 佐藤 剛; 尾崎 康彦; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  53-  (2)  259  -259  2001/02  [Refereed]
  • 青山 和史; 尾崎 康彦; 佐藤 剛; 松原 寛和; 青木 耕治; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  53-  (2)  411  -411  2001/02  [Refereed]
  • 牧野 亜衣子; 杉浦 真弓; 鈴木 由佳; 鈴森 伸宏; 尾崎 康彦; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  53-  (2)  518  -518  2001/02  [Refereed]
  • 飯沼 由朗; 杉浦 真弓; 岡田 節男; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 青木 耕治; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  53-  (2)  303  -303  2001/02  [Refereed]
  • 西川 博; 尾崎 康彦; 荒川 敦志; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  53-  (2)  480  -480  2001/02  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 飯沼 由朗; 片野 衣江; 杉浦 真弓; 青木 耕治; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  53-  (2)  500  -500  2001/02  [Refereed]
  • ヒト黄体化顆粒膜細胞のアポトーシスを介した黄体機能調節におけるCaspase活性化機構の関与
    松原 寛和; 尾崎 康彦; 青山 和史; 鈴木 由佳; 佐藤 剛; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本不妊学会雑誌  45-  (4)  473  -473  2000/10  [Refereed]
  • 反復流産患者におけるメチレンテトラヒドロ葉酸レダクターゼ(MTHFR)の遺伝子多型の意義について
    牧野 亜衣子; 小笠原 真弓; 鈴木 由佳; 鈴森 伸宏; 尾崎 康彦; 鈴森 薫  日本不妊学会雑誌  45-  (4)  465  -465  2000/10  [Refereed]
  • ヒト子宮内膜におけるμ-カルパインの存在と,その活性化によるインテグリンへの影響
    青山 和史; 尾崎 康彦; 鈴木 由佳; 佐藤 剛; 松原 寛和; 青木 耕治; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本不妊学会雑誌  45-  (4)  529  -529  2000/10  [Refereed]
  • カルパインのバイオロジー 低酸素下における神経細胞死とμ-カルパイン
    佐々木 實; 尾崎 康彦; 大場 俊征; 国松 己歳; 中西 守  生化学  72-  (8)  621  -621  2000/08  [Refereed]
  • 飯沼 由朗; 小笠原 真弓; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 梶浦 詳二; 青木 耕治; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  52-  (2)  438  -438  2000/02  [Refereed]
  • 西川 博; 尾崎 康彦; 荒川 敦志; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  52-  (2)  238  -238  2000/02  [Refereed]
  • 松原 寛和; 尾崎 康彦; 青山 和史; 鈴木 由佳; 鈴木 規敬; 佐藤 剛; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  52-  (2)  405  -405  2000/02  [Refereed]
  • 鈴森 伸宏; 尾崎 康彦; 鈴木 規敬; 片野 衣江; 梶浦 詳二; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  52-  (2)  487  -487  2000/02  [Refereed]
  • 小笠原 真弓; 飯沼 由朗; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 梶浦 詳二; 青木 耕治; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  52-  (2)  344  -344  2000/02  [Refereed]
  • 青山 和史; 尾崎 康彦; 鈴木 由佳; 佐藤 剛; 鈴木 規敬; 松原 寛和; 青木 耕治; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  52-  (2)  258  -258  2000/02  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 青山 和史; 飯沼 由朗; 片野 衣江; 小笠原 真弓; 梶浦 詳二; 青木 耕治; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  52-  (2)  415  -415  2000/02  [Refereed]
  • 子宮内膜症におけるSecretory leukocyte protease inhibitor(SLPI)の発現
    鈴森 伸宏; 尾崎 康彦; 鈴森 薫; 佐藤 真  名古屋市立大学医学会雑誌  50-  (4)  213  -213  1999/11  [Refereed]
  • 虚血・低酸素下における選択的脳神経細胞死ならびにその制御に関する研究
    佐々木 實; 国松 己歳; 尾崎 康彦; 中西 守  臨床成人病  29-  (10)  1391  -1394  1999/10  [Refereed]
  • RU486によるヒト黄体化顆粒膜細胞のプロゲステロン産生とアポトーシス発生率への影響
    松原 寛和; 尾崎 康彦; 青山 和史; 鈴木 由佳; 鈴木 規敬; 佐藤 剛; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本不妊学会雑誌  44-  (4)  457  -457  1999/10  [Refereed]
  • 黄体機能不全は反復流産の独立危険因子か?
    小笠原 真弓; 尾崎 康彦; 梶浦 詳二; 鈴森 薫  日本不妊学会雑誌  44-  (4)  522  -522  1999/10  [Refereed]
  • ヒト子宮内膜のカルパインの存在及び低酸素状態における動態の検討
    青山 和史; 尾崎 康彦; 飯沼 由朗; 生田 克夫; 鈴森 薫; 青木 耕治  日本不妊学会雑誌  44-  (4)  511  -511  1999/10  [Refereed]
  • ヒト精子μ-カルパイン活性化の受精能獲得における意義
    尾崎 康彦; 生田 克夫; 鈴森 薫; 青木 耕治  日本不妊学会雑誌  44-  (4)  479  -479  1999/10  [Refereed]
  • 精管結紮後の造精機能障害におけるNOとアポトーシスの関与
    窪田 泰江; 多和田 俊保; 佐々木 昌一; 山本 洋人; 神谷 浩行; 窪田 裕樹; 郡 健二郎; 尾崎 康彦; 佐々木 實  泌尿器科紀要  45-  (9)  667  -667  1999/09  [Refereed]
  • 医食同源の生化学的アプローチ 唐辛子食品摂取による感染防御免疫の増強
    国松 己歳; 藪 義貞; 尾崎 康彦; 太田 伸生; 佐々木 實  生化学  71-  (8)  1072  -1072  1999/08  [Refereed]
  • オーバーラップペプチド合成とLCMSによるプロテアーゼ剪定部位特定法
    呂 鋭; 国松 己歳; 成田 靖子; 尾崎 康彦; 佐々木 實  生化学  71-  (8)  728  -728  1999/08  [Refereed]
  • 低酸素条件下での神経細胞障害に対するプロテアーゼの関与
    大場 俊征; 尾崎 康彦; 橋元 幸絵; 野沢 恭子; 成田 靖子; 国松 己歳; 鈴森 薫; 佐々木 實  生化学  71-  (8)  728  -728  1999/08  [Refereed]
  • ヒト子宮内膜におけるカルパインの存在と低酸素状態での動態
    尾崎 康彦; 中西 珠央; 丹羽 由紀子; 大場 俊征; 国松 己歳; 林 昌美; 猪股 光司; 佐々木 實; 鈴森 薫  生化学  71-  (8)  728  -728  1999/08  [Refereed]
  • ヒト黄体化顆粒膜細胞のアポトーシスを介する黄体機能調節作用
    松原 寛和; 尾崎 康彦; 鈴木 規敬; 鈴木 由佳; 佐藤 剛; 生田 克夫; 鈴森 薫  名古屋市立大学医学会雑誌  50-  (3)  143  -143  1999/07  [Refereed]
  • 小笠原 真弓; 青山 朋美; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 梶浦 詳二; 青木 耕治; 鈴森 薫  日本産婦人科・新生児血液学会誌  9-  (1)  S88  -S89  1999/05  [Refereed]
  • 松原 寛和; 尾崎 康彦; 鈴木 由佳; 鈴木 規敬; 佐藤 剛; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本内分泌学会雑誌  75-  (1)  151  -151  1999/04  [Refereed]
  • 松原 寛和; 尾崎 康彦; 鈴木 由佳; 鈴木 規敬; 佐藤 剛; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  51-  (臨増)  S411  -S411  1999/02  [Refereed]
  • 伊藤 嘉康; 尾崎 康彦; 小島 和寿; 鈴木 佳克; 村上 勇; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  51-  (臨増)  S504  -S504  1999/02  [Refereed]
  • 鈴森 伸宏; 尾崎 康彦; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  51-  (臨増)  S329  -S329  1999/02  [Refereed]
  • 西川 博; 尾崎 康彦; 荒川 敦志; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  51-  (臨増)  S515  -S515  1999/02  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 青山 朋美; 片野 衣江; 小笠原 真弓; 梶浦 詳二; 青木 耕治; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本産科婦人科学会雑誌  51-  (臨増)  S159  -S159  1999/02  [Refereed]
  • 造精障害における精巣内アポトーシスの発現とカルパイン活性化との関連
    梅本 幸裕; 佐々木 昌一; 山本 洋人; 窪田 泰江; 阪上 洋; 尾崎 康彦; 国松 己歳; 佐々木 實; 郡 健二郎  日本泌尿器科学会雑誌  90-  (2)  197  -197  1999/02  [Refereed]
  • ヒト黄体化顆粒膜細胞のアポトーシスを介する黄体機能調節作用
    松原 寛和; 田中 由佳; 鈴木 規敬; 佐藤 剛; 生田 克夫; 鈴森 薫; 尾崎 康彦  日本不妊学会雑誌  43-  (4)  457  -457  1998/10  [Refereed]
  • ラット精管結紮術後の造精機能障害にはNOが関与している
    窪田 泰江; 多和田 俊保; 佐々木 昌一; 窪田 裕樹; 神谷 浩行; 郡 健二郎; 尾崎 康彦; 佐々木 實  日本不妊学会雑誌  43-  (4)  499  -499  1998/10  [Refereed]
  • 実験的精巣捻転症における対側精巣のアポトーシスにカルパインが関与している
    梅本 幸裕; 阪上 洋; 佐々木 昌一; 河合 徹也; 郡 健二郎; 尾崎 康彦; 国松 己歳; 佐々木 實  日本不妊学会雑誌  43-  (4)  463  -463  1998/10  [Refereed]
  • 小笠原 真弓; 青山 朋美; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 梶浦 詳二; 青木 耕治; 鈴森 薫  日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology  8-  (2)  "S  -79"-"S-80"  1998/09  [Refereed]
  • オーバーラップペプチド合成法を用いた水疱性類天疱瘡関連自己抗原のエピトープ解析法の開発
    国松 己歳; 孫 建紅; 呂 鋭; 尾崎 康彦; 佐々木 實; 藤原 作平  生化学  70-  (8)  955  -955  1998/08  [Refereed]
  • 虚血/低酸素性神経細胞死におけるカルパインの関与
    佐々木 實; 尾崎 康彦; 植原 史裕; 成田 靖子; 大場 俊征; 加藤 純子; 国松 己歳; 古野 忠秀; 中西 守  生化学  70-  (8)  849  -849  1998/08  [Refereed]
  • ヒト精子μ-カルパインのプロゲステロンによる活性化と受精能獲得における意義
    尾崎 康彦; 青山 朋美; 植原 史裕; 成田 靖子; 古野 忠秀; 国松 己歳; 中西 守; 鈴森 薫; 佐々木 實  生化学  70-  (8)  849  -849  1998/08  [Refereed]
  • オーバーラップペプチド合成法を用いたカルパインによるIκB剪定部位特定法について
    呂 鋭; 国松 己歳; 孫 建紅; 劉 正秋; 成田 靖子; 尾崎 康彦; 佐々木 實  生化学  70-  (8)  955  -955  1998/08  [Refereed]
  • NF-κB・IκBのカルパインによる活性化
    劉 正秋; 国松 己歳; 尾崎 康彦; 植原 史裕; 成田 靖子; 大場 俊征; 加藤 純子; 佐々木 實; 手塚 俊文; 岡本 尚  生化学  70-  (8)  849  -849  1998/08  [Refereed]
  • 尾崎 康彦  日本産科婦人科学会雑誌  50-  (臨増)  S523  -S523  1998/02  [Refereed]
  • 片野 衣江; 小笠原 真弓; 青山 朋美; 尾崎 康彦; 梶浦 詳二; 青木 耕治; 鈴森 薫  日本産科婦人科學會雜誌  50-  (0)  "S  -250"  1998  [Refereed]
  • 小島 和寿; 尾崎 康彦; 鈴森 薫  日本産科婦人科學會雜誌  50-  (0)  "S  -443"  1998  [Refereed]
  • 松原 寛和; 尾崎 康彦; 浅野 順子; 田中 由佳; 鈴木 規敬; 佐藤 剛; 生田 克夫; 鈴森 薫  日本産科婦人科學會雜誌  50-  (0)  "S  -153"  1998  [Refereed]
  • 小笠原 真弓; 青山 朋美; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 梶浦 詳二; 青木 耕治  日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology  7-  (2)  "S  -23"-"S-24"  1997/09  [Refereed]
  • ヒト精子におけるカルパインの存在と受精能獲得における意義
    尾崎 康彦  生化学  69-  (7)  566  -566  1997/07  [Refereed]
  • 片野 衣江; 佐々 治紀; 小笠原 真弓; 青山 朋美; 尾崎 康彦; 梶浦 詳二; 青木 耕治  日本産科婦人科學會雜誌  49-  (0)  "S  -429"  1997  [Refereed]
  • 小笠原 真弓; 青山 朋美; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 梶浦 詳二; 青木 耕治  日本産科婦人科學會雜誌  49-  (0)  "S  -429"  1997  [Refereed]
  • 高木 修; 国松 己歳; 尾崎 康彦; 成田 靖子; LIU Zhen. Q; 佐々木 實  日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  19-  112  -112  1996/08  [Refereed]
  • 各務 彰恭; 石川 勝利; 並河 千里; 野中 勝; 国松 己歳; 尾崎 康彦; 佐々木 實  日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  19-  250  -250  1996/08  [Refereed]
  • 劉 正秋; 国松 己歳; 尾崎 康彦; 佐々木 實; 岡本 尚  日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  19-  253  -253  1996/08  [Refereed]
  • 成田 靖子; 国松 己歳; 尾崎 康彦; 佐々木 實  日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  19-  253  -253  1996/08  [Refereed]
  • 植原 史裕; 尾崎 康彦; 国松 己歳; 成田 靖子; 劉 正秋; 多田 豊曠; 佐々木 實  日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  19-  253  -253  1996/08  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 青山 朋美; 国松 己歳; 成田 靖子; 劉 正秋; 多田 豊曠; 佐々木 實  日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  19-  253  -253  1996/08  [Refereed]
  • ヒト精子におけるカルパインの解析
    尾崎 康彦  生化学  68-  (7)  765  -765  1996/07  [Refereed]
  • 小笠原 真弓; 青山 朋美; 片野 衣江; 尾崎 康彦; 梶浦 詳二; 青木 耕治; 八神 喜昭  日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology  6-  (1)  "S  -79"-"S-80"  1996/06  [Refereed]
  • 青山 朋美; 尾崎 康彦; 青木 耕治; 生田 克夫; 八神 喜昭  日本産科婦人科學會雜誌  48-  (0)  "S  -288"  1996  [Refereed]
  • 小笠原 真弓; 青山 朋美; 佐々 治之; 尾崎 康彦; 梶浦 詳二; 松浦 栄次; 青木 耕治; 八神 喜昭  日本産科婦人科學會雜誌  48-  (0)  "S  -447"  1996  [Refereed]
  • 松本 祐人; 青木 耕治; 梶浦 詳二; 尾崎 康彦; 佐々 治紀; 片野 衣江; 八神 喜昭  日本産科婦人科學會雜誌  47-  (0)  "S  -328"  1995  [Refereed]
  • マウス,モルモットのmカルパインcDNAの構造解析
    尾崎 康彦  生化学  66-  (7)  776  -776  1994/07  [Refereed]
  • 心筋梗塞巣を特異的に免疫染色するカルパイン抗体
    尾崎 康彦  生化学  65-  (8)  1103  -1103  1993/08  [Refereed]
  • 尾崎 康彦  日本産科婦人科学会雑誌  45-  (Suppl.)  284  -284  1993/02  [Refereed]
  • 松本 祐人; 青木 耕治; 平尾 有希恵; 尾崎 康彦; 梶浦 詳二; 八神 喜昭  日本産科婦人科學會雜誌  45-  (0)  "S  -431"  1993  [Refereed]
  • 小笠原 真弓; 青木 耕治; 平尾 有希恵; 松本 祐人; 尾崎 康彦; 林 弥生; 梶浦 詳二; 八神 喜昭  日本産科婦人科學會雜誌  45-  (0)  "S  -486"  1993  [Refereed]
  • 抗リン脂質抗体陽性反復流産患者における抗GM 3抗体の存在
    尾崎 康彦  日本不妊学会雑誌  37-  (4)  809  -809  1992/10  [Refereed]
  • 反復流産患者における抗GM 3抗体の測定
    尾崎 康彦  生化学  64-  (8)  1059  -1059  1992/08  [Refereed]
  • 尾崎 康彦; 青木 耕治; 青山 朋  日本産婦人科・新生児血液学会誌  2-  (2)  102  -103  1992/05  [Refereed]
  • 尾崎 康彦  日本産科婦人科学会雑誌  44-  (臨増)  157  -157  1992/02
  • AOKI Koji; MATSUMOTO Yujin; TSUJI Asako; OZAKI Yasuhiko; KAJIURA Shoji; KIMBARA Toshihiro; YAGAMI Yoshiaki  日本産科婦人科學會雜誌  44-  (4)  405  -411  1992  [Refereed]
  • 平尾 有希恵; 青木 耕治; 林 弥生; 尾崎 康彦; 生田 克夫; 万歳 稔; 花田 征治; 国松 巳歳; 佐々木 實; 八神 喜昭  日本産科婦人科學會雜誌  44-  (0)  "S  -353"  1992  [Refereed]
  • 貝田 清隆; 鈴木 規敬; 飯田 忠史; 岡田 英幹; 尾崎 康彦; 生田 克夫; 花田 征治; 八神 喜昭; 万歳 稔  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  8-  (1)  109  -109  1992  [Refereed]
  • 尾崎 康彦  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  7-  (1)  87  -87  1991/11  [Refereed]
  • 分娩前に診断され羊水過多及び胎児水腫を合併した胎盤腫瘍(絨毛膜血管腫)の一症例
    尾崎 康彦; 青山 朋美; 石丸 忠敬  名古屋市立病院紀要  13-  123  -126  1991/03  [Refereed]
  • Manzai Minoru; Takagi Takashi; Ozaki Yasuhiko; Andoh Katsuya; Ishimaru Tadanori; Yamada Masao; Tsuji Kouzou; Ikuta Katsuo; Nakaya Takayoshi; Hanada Seiji; Yagami Yoshiaki; Takeuchi Ichirou; Imaizumi Katsuhide; Sakaida Hiroshi; Imanishi Haruhiko  CHEMOTHERAPY  39-  (3)  807  -809  1991  [Refereed]
  • 出生前に診断し得た"胎便性腹膜炎"の1例
    石丸 忠敬; 尾崎 康彦; 安藤 勝也  周産期医学  19-  (10)  1456  -1458  1989/10  [Refereed]
  • 胎児頸部腫瘍を伴った非免疫性胎児水腫の1例
    尾崎 康彦; 石丸 忠敬; 安藤 勝也  名古屋市立病院紀要  10-  131  -137  1988/04  [Refereed]
  • 子宮頸癌と卵巣癌を併発した重複癌の一例
    高木 孝; 尾崎 康彦; 石丸 忠敬  名古屋市立病院紀要  10-  139  -142  1988/04  [Refereed]
  • 単クローン性抗体を使用した簡易迅速尿中estrogen測定法 排卵のmonitoring結果の検討
    生田 克夫; 尾崎 康彦; 竹内 一郎  ホルモンと臨床  35-  (6)  761  -766  1987/06  [Invited]

Industrial Property Rights

  • 特許8-92297:u-カルパインのN末端ペプチドに対する抗体及びこれを用いる免疫測定法及び測定試薬  
    尾崎康彦, 国松己歳

Awards & Honors

  • 2019/11 International Society for Immunology of Reproduction Saito Award
     Role of oxidative stress and anti-oxidative potency in patients with recurrent pregnancy loss 
    受賞者: Megumi Nonobe, Shoko Ide, Fumiko Ozawa, Shinobu Goto, Tamao Kitaori, Tatsuhiko Hojou, Mayumi Sugiura-Ogasawara, Yasuhiko Ozaki
  • 2019/01 名古屋市 名古屋市消防表彰、消防協力者
  • 2016/09 XVth Symposium on Proteinases, Inhibitors and Biological Control 1、 Nobuhiko Katsunuma Memorial Award
     ROLE OF MATRIX METALLOPROTEINASE-2 and 9 IN PATHOGENESIS OF PATIENTS WITH RECURRENT PREGNANCY LOSS 
    受賞者: Yasuhiko Ozaki, Shinobu Goto, Fumiko Ozawa, Yuki Obayashi, Yasushi Matsukawa, Ryosuke Mori, Mayumi Sugiura-Ogasawara
  • 2015/08 日本病態プロテアーゼ学会 第20回日本病態プロテアーゼ学会 奨励賞受賞
     反復流産病態における妊娠初期頸管粘液中のIL−33とcathepsin Gの関与 
    受賞者: 森亮介、後藤志信、杉浦真弓、尾崎康彦
  • 2010/08 日本病態プロテアーゼ学会 第15回日本病態プロテアーゼ学会(学会奨励賞)
     ヒト卵胞液中のcathepsin E存在と意義 
    受賞者: 後藤志信、尾崎康彦、森幸野、服部幸雄、佐藤剛、安河内篤、川久保友世、国松己歳、山本健二、杉浦真弓
  • 2010/08 日本病態プロテアーゼ学会 第15回日本病態プロテアーゼ学会(学会奨励賞)
     反復流産患者における抗cathepsin G抗体の存在と意義 
    受賞者: 水谷栄太、尾崎康彦、森幸野、後藤志信、杉山ちえ、大林伸太郎、熊谷恭子、北折珠央、国松歳己、杉浦真弓
  • 2007/08 病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会 第12回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究学会奨励賞
     カルパインによるインテグリンβ3剪定分解の反復流産病態への関与 
    受賞者: 野沢恭子、尾崎康彦、中西珠央、青山和史、杉浦真弓

Research Grants & Projects

  • 次世代シークエンサーを用いた菌叢解析による感染型不育症の病態解明と治療法の確立
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2017/04 -2020/03 
    Author : 北折 珠央; 杉浦 真弓; 尾崎 康彦
     
    平成30年度は菌叢解析の検体取集と実際のシークエンスを進めていくことができた。 当院で多く症例が集まる不育症患者に対して外来にてインフォームドコンセントを得て非妊時、妊娠時それぞれの腟分泌物液、頸管粘液を採取しDNA抽出、ライブラリー調整を進めて新たに83検体について次世代シークエンサーを用いてシークエンスを行うことができた。これで不育症患者に関しては前年度からの合計122検体(うち非妊時96検体、妊娠時26検体)がシークエンスできたことになる。 またコントロール検体となる健常女性の検体については名古屋市立西部医療センターにて採取する予定であったが対象患者が少なく予定したペースで症例数が収集できない状況であったため、名古屋市立大学病院でも検体を採取することにした。大学病院という特性上健常女性は少なく採取に時間を要したが、38検体(うち非妊時12検体、妊娠時26検体)をインフォームドコンセントを得て採取することができた。それらのコントロール検体についてもDNA抽出、ライブラリー調整しシークエンスを行った。このようにして患者群、コントロール群と昨年度完了した検体合わせ合計160検体収集を終了した。 当該年度に新たに解析にとりかかった120検体についてはすべて同時にシークエンスを行った。データ量が莫大であるため、1次解析(シークエンスして得られたデータを菌と同定する解析)はまだ終了していない。1次解析が終了次第、主成分分析などを行い検体間での解析、検証を行い論文発表する予定である。
  • 国内の動物園飼育下大型類人猿の繁殖計画及び遠隔診療システムの構築
    名古屋市立大学:名古屋市立大学特別研究奨励費 ③地域貢献型共同研究の推進事業
    Date (from‐to) : 2020 
    Author : 尾崎康彦、木下こづえ
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2016/04 -2019/03 
    Author : Ozaki Yasuhiko; Goto Shinobu; Sugiura Mayumi
     
    We investigated the role of MMPs and TIMPs in recurrent pregnancy loss (RPL). The expression of MMP-2 in decidua with normal chromosome group (NC) was significantly lower than in abnormal chromosome group (AC) . And the expression of MMP-9 in decidua with NC is significantly higher than in AC. The staining of MMP-2 and TIMP-2 were observed in stromal cells and in cytoplasm of only AC. MMP-9 and TIMP-1 were observed in stromal cells. Concentration of MMP-2 in plasma with APS(-) (n=10) was significantly lower than in control and MMP-9 in patients was significantly higher than control. Concentration of TIMP-1 in plasma with APS(-) was significantly lower than APS(+) . The ratio of MMP9/TIMP1 in plasma with patient was significantly higher than control and ratio of MMP2/TIMP2 in APS(-) group was significantly lower than APS(+) . These results suggested that MMPs and TIMPs play an important role in pathogenesis of RPL and that they can be one of the predictive factors in patients with RPL.
  • 不育症病態の関連バイオマーカーの検索と子宮内膜着床機能検査法及び新規治療法の開発
    杏林大学:杏林大学医学部同窓会研究助成金
    Date (from‐to) : 2019 
    Author : 尾崎康彦
  • 名古屋市の魅力を取り戻すための東山動物園のオランウータン繁殖計画へのヒト生殖医療の応用
    名古屋市立大学:名古屋市立大学特別研究奨励費 ③地域貢献方共同研究の推進事業[ア]本学を特徴づける独自の学術研究
    Date (from‐to) : 2019 
    Author : 尾崎康彦、木下こづえ
  • ヒト生殖医療の人工繁殖下オランウータン繁殖計画への応用
    名古屋市立大学:名古屋市立大学特別研究奨励費 ③地域貢献方共同研究の推進事業[ア]本学を特徴づける独自の学術研究
    Date (from‐to) : 2018 
    Author : 尾崎康彦、木下こづえ
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research
    Date (from‐to) : 2014/04 -2017/03 
    Author : Osada Hisao; OZAKI Yasuhiko; TANAKA Kanji; Suzuki Makoto
     
    It is important to prepare for actual occurrence by repeating simulation learning by team habitually to learn correspondence to sudden change in perinatal period. In order to build a training system for perinatal sudden change correspondence team consisting of various professionals, we fully introduced TeamSTEPPS, created all of the program on a teamwork basis, and then conducted a team participatory simulation course frequently. For verifying quantitatively and qualitatively whether this educational program functions effectively or not, we conducted a questionnaire survey and a group interview before and after. As a result, the effectiveness of this educational program was confirmed, indicating that the importance of confronting as a multi-occupied team to sudden change in perinatal period has spread through the course.
  • 不育症における非侵襲的着床期子宮内膜機能臨床検査法と新規関連バイオマーカーの開発
    杏林大学:杏林大学医学部同窓会研究助成金
    Date (from‐to) : 2017 
    Author : 尾崎康彦
  • 日本国内の飼育下オランウータンの人工繁殖計画へのヒト生殖医療の応用
    名古屋市立大学:名古屋市立大学特別研究奨励費 ③地域貢献方共同研究の推進事業[ア]本学を特徴づける独自の学術研究
    Date (from‐to) : 2017 
    Author : 尾崎康彦、木下こづえ
  • ヒト生殖医療の人工飼育下オランウータン繁殖計画への応用
    名古屋市立大学:名古屋市立大学特別研究奨励費 ③地域貢献方共同研究の推進事業[ア]本学を特徴づける独自の学術研究
    Date (from‐to) : 2016 
    Author : 尾崎康彦、木下こづえ
  • ヒト補助生殖技術(ART)の飼育下オランウータンへの応用 –経直腸超音波検査による詳細な雌生殖器の診断及び精子保存方法の検討−
    京都大学:京都大学野生動物研究センター共同研究費助成
    Date (from‐to) : 2016 
    Author : 尾崎康彦、木下こづえ
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2012/04 -2015/03 
    Author : OZAKI Yasuhiko
     
    We investigated the existence and contribution of cathepsin E (Cat E) in early pregnancy of patients with recurrent miscarriage. With informed consent, sera, cervical mucous, decidua and villi were surgically collected from patients with recurrent miscarriage. An activity of Cat E was detected in sera and cervical mucous. The Cat E activity in cervical mucous of patients with spontaneous miscarriages was lower than that of successful pregnancy. By immunohistochemistry, the staining of Cat E was detected in the cytoplasm of stromal and epithelial cells in decidua and villi. In decidua, the staining of Cat E was observed in CD14 positive cells and CD68 positive cells. Western blot analysis showed Cat E expression in decidual macrophages. By addition of LPS and IFN-γ, Cat E expression in cell lysate of decidual macrophages was decreased. The results suggested that activity of Cat E produced by decidual macrophages plays an important role in the mechanism of early pregnancy.
  • 第20回日本病態プロテアーゼ学会
    杏林大学:杏林大学医学部同窓会学会・研究賛助金
    Date (from‐to) : 2015 
    Author : 尾崎康彦
  • ヒト補助生殖技術(ART)の飼育下オランウータンへの応用-人工授精への利用を前提とした精子保存方法の開発および人工授精の実施
    京都大学:京都大学野生動物研究センター共同研究費助成
    Date (from‐to) : 2015 
    Author : 尾崎康彦、木下こづえ
  • ヒト生殖医療の人工飼育下オランウータン繁殖計画への応用
    名古屋市立大学:名古屋市立大学特別研究奨励費 ③研究科・学部横断により地域貢献型共同研究の推進
    Date (from‐to) : 2015 
    Author : 尾崎康彦、木下こづえ
  • ヒト補助生殖技術(ART)の飼育下オランウータンへの応用およびオランウータンの尿中ホルモンの簡便な測定法の開発
    京都大学:京都大学野生動物研究センター共同研究費助成
    Date (from‐to) : 2014 
    Author : 尾崎康彦、木下こづえ
  • 着床期子宮内膜血流量の新規評価法の確立及び不育症の原因解明と治療効果判定への応用
    杏林大学:杏林大学医学部同窓会研究助成金
    Date (from‐to) : 2014 
    Author : 尾崎康彦
  • ヒト補助生殖技術の動物園飼育下稀少動物繁殖計画への応用
    名古屋市立大学:名古屋市立大学特別研究奨励費
    Date (from‐to) : 2014 
    Author : 尾崎康彦、木下こづえ
  • 近赤外分光法を用いたオランウータンの尿中ホルモンの簡便な測定法の開発およびヒト補助生殖技術(ART)の飼育下オランウータンへの応用
    京都大学:京都大学野生動物研究センター共同研究費助成
    Date (from‐to) : 2013 
    Author : 尾崎康彦、木下こづえ
  • ヒト生殖・周産期医療の動物園飼育下稀少動物繁殖計画への応用
    名古屋市立大学:名古屋市立大学特別研究奨励
    Date (from‐to) : 2013 
    Author : 尾崎康彦
  • 歯周病菌産生プロテアーゼの早産への関与と治療薬としてのインヒビター応用の検討
    杏林大学医学部同窓会:杏林大学医学部同窓会研究助成金
    Date (from‐to) : 2012 
    Author : 尾崎康彦
  • ヒト生殖・周産期医療の稀少類人猿動物繁殖計画への応用
    名古屋市立大学:名古屋市立大学特別研究奨励費
    Date (from‐to) : 2012 
    Author : 大林伸太郎、尾崎康彦
  • ヒト補助生殖技術のオランウータン人工繁殖計画への応用
    名古屋市立大学:名古屋市立大学特別研究奨励費
    Date (from‐to) : 2011 
    Author : 大林伸太郎; 尾崎康彦
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2008 -2010 
    Author : SUGIURA Mayumi; OZAKI Yasuhiko; SUZUMORI Nobuhiro; MIYOSHI Ichiro
     
    Leukaemia inhibitory factor (LIF) was found to exist in the decidua tissue by Western blot. There was no difference of the concentration of LIF between the aborted and artificial aborted decidua and also no difference of the concentration of LIF derived from cervical fluid at 4-5 weeks gestation between subsequent live birth and miscarriage groups. However, the concentration in chemical pregnancy and miscarriage with normal embryonic karyotype tended to be higher than that with abnormal embryonic karyotype. SYCP3 mutation was found in one of 101 patients and one of 82 fertile women and may not be associated with recurrent miscarriage caused by aneuploidy.
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2008 -2010 
    Author : OZAKI Yasuhiko; SUGIURA Mayumi
     
    We investigated the existence and contribution of anti-calpastatin antibody and correlation with antiphoshatidylethanolaine (anti-PE) antibody in serum of recurrent miscarriage. Subject group was patients with history of recurrent miscarriage and control group was healthy women with informed consent. We performed immunohistochemistry using mid-phase endometrium to investigate localization of calpain and calpastatin. ELISA was performed to measure anti-calpastatin antibody and PE-binding protein dependent IgG antibody in sera of non-pregnancy period in each group. Staining of μ-calpain and calpastatin were observed in the cytoplasm of stromal and epithelial cells in mid-phase endometrium but no significant differences were observed in staining patterns. Subject group of anti-calpastatin antibody in sera was 4.317±0.987 (U/ml) and control group was 3.373±0.653. Subject group was significantly higher than control group. There was no significant correlation between anti-calpastatin antibody and anti-PE antibody. The result provided that calpain-calpastatin system may plays important role in endometrium of recurrent miscarriage independently from anti-PE antibody-calpain pathway.
  • ヒト不妊治療技術のオランウータン人工繁殖計画への応用
    名古屋市立大学:名古屋市立大学特別研究奨励費
    Date (from‐to) : 2010 
    Author : 北折珠央、尾崎康彦
  • 早産における歯周病菌産生プロテアーゼの関与とインヒビターの治療薬への応用の検討
    名古屋市立大学:名古屋市立大学特別研究奨励費
    Date (from‐to) : 2010 
    Author : 熊谷恭子、尾崎康彦
  • ヒト補助生殖技術の稀少霊長類繁殖計画への応用
    名古屋市立大学:名古屋市立大学特別研究奨励費補助金
    Date (from‐to) : 2006 
    Author : 尾崎康彦
  • Role of μ-Calpain in Human Sperm for Fertilization
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2002 -2004 
    Author : OZAKI Yasuhiko; SUGIURA Mayumi
     
    We evaluated the role of μ-calpain in human sperm for fertilization. Semen collected manually from healthy donors with informed consent was liquefied and following percoll gradient centrifugation. After exposure to different concentration of progesterone (P) or under hypoxic condition (H), the samples were used for immunostaining, SDS-PAGE and western blot analysis. The increase of calcium ion concentration in the sperm was observed by fluorescent microscope (ARGUS-50CA) system using Fura 2-AM. The role of calpain for fertilization was speculated from the results of Hamster penetration test, Hamilton Motility Analyzer, Triple satin method and Acrobeads test using calpain inhibitors. Immunostaining in human sperm was observed using antibodies against the μ-calpain in the types of whole acrosome, equatorial segment, head segment, neck segment or neck and tail segment. Most of these demonstrated acrosome type staining with anti-pro μ-calpain antibody. Western blot analysis revealed P or H treatment to cause a concentration or time-dependent activation of μ-calpain. In addition, calpain inhibitors significantly reduced the acrosome reaction and penetration. The results suggest that μ-calpain in human sperm plays an important role for the fertilization.
  • 医食同源への分子栄養学的アプローチ;スパイシーフードの感染防御免疫増強効果
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 萌芽的研究
    Date (from‐to) : 2000 -2001 
    Author : 国松 己歳; 尾崎 康彦
     
    唐辛子ならびに唐辛子辛味成分カプサイシンとその構造類似体を高コレステロール血症ラットに経口投与することにより血中コレステロールが正常化することを見出した。そこでそのメカニズムを検討したところ糞便中へのコレステロール排泄量が増加していること、ラットが軟便をきたしていることが明らかになった。人においても激辛料理を食べると便意を催す場合があり唐辛子辛味成分が消化管の蠕動運動の亢進に寄与することが推測された。そこでモルモット小腸小片を用いて唐辛子辛味成分カプサイシンとその構造類似体による収縮弛緩運動を測定し、消化管の蠕動運動の亢進の分子機構を解明した。カプサイシンは小腸カプサイシン受容体を介し神経終末よりヒスタミン、アセチルコリン、サブスタンスPの遊離を促し、それぞれは平滑筋の受容体に作用することにより収縮弛緩運動を誘発することが明らかになった。また小腸収縮弛緩運動は胃とは異なりCGRP、NOなどを介さないことが判明した。カプサイシンの構造類似体として辛味のない新規唐辛子成分カプシエイト、水溶性を増強したカプサイシン配糖体、バニイルアミン、しょうがエキス、胡椒の辛味成分ピペリンも同様にカプサイシン受容体を介し小腸収縮弛緩運動を誘発することが明らかになった。また偶然にもアルギニンリッチペプチドがカプサイシンによる小腸収縮弛緩運動をマイクロモルレベルで抑制することを見出した。このことはたんぱく質食品の消化の際に生成するカプサイシンによる小腸収縮弛緩運動抑制ペプチドを考慮に入れた、たんぱく質性食材の選択により消化管の蠕動運動の亢進が左右されることが示唆された。これらの結果は唐辛子辛味成分を含め各種食材に由来する消化管蠕動運動促進および抑制分子が栄養成分吸収やコレステロール排泄に関与していることを示唆した。
  • MEDICAL APPLICATION AND DEVELOPMENT OF EPITOPE DETECTION SYSTEM TO ANTIGEN RELATED AUTO IMMUNE AND ALLERGY DISORDERS
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B).
    Date (from‐to) : 1997 -2000 
    Author : KUNIMATSU Mitoshi; OHTSUKA Takanobu; TADA Toyohiro; ITO Hirotaka; OZAKI Yasuhiko
     
    A concept of this research is to develop the peptide chips including amino acid sequences of a target proteins to be related to a disease. We attempted medical application and development of epitope detection system to antigen related auto immune and allergy disorders by using this eptide chips. B cell epitopes to calpain, calpastatin and fodrin were analyzed with peptide chips on ce llulose membranes spotted a small amount of peptides. The antibody to each epitope obviously stained the neuronal ischemia regions and myocardial infraction regions. Epitopes to autoantigen CENP-A and Epiplakin were analyzed with its autoimmune disease patient serum. Specific amino acid sequences on these auto antigens were found by using autoimmune disease patient sera. This assay system was useful for screening and diagnosis of autoimmune disease. We succeeded in a producing the peptide chips more over 2,000 knds of peptides on membrane approximately five times, compared with conventional methods. Macro array machine could detect super very small amount of antigens with a fluorescent antibody as probe. This system applied to an antigen dot assay methods. The protein antigen spotted on nitrocellulose membrane, the antigen chip manufactured. Each spot was a very small amount of antigen, 60-to 160 nL/spot. We tried to detect an anti TSH auto antibody in autoimmune disease patient serum. A strong immune reaction obtained from TSH alpha subunit but not its beta subunit. This system was available for kinds of 160,000-tetra peptide library including D-amino acids and amino acid derivatives. It was able to apply a development of various ferment prevention agent. Now we attempt to make high-density peptide chips synthesis system at high speed further.
  • カルパインによるNF-κB転写活性調整の解析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特定領域研究(A)
    Date (from‐to) : 1999 -1999 
    Author : 佐々木 實; 尾崎 康彦; 国松 己歳
     
    リコビナントIκBαとNF-κB/IκBαを作成して、μカルパインによるIκBαの切断部位とNF-κB/IκBαからの活性化NF-κBの生成を検討した。 1.リコビナントIκBα,NF-κB/IκBα複合体の作成.NF-κBの構成成分であるp50及びp65とIκBαを含むプラスミドから、baculovirusに組み換えを行い、それぞれのベクターウイルスを調整した。これを昆虫細胞sf9に、IκBαウイルス単独、または3種のベクターウイルスを混合感染させて、IκBα及びNF-κB/IκBα複合体を調整した。 2.μカルパインによるIκBαの切断.低(20μM〜500μM)カルシウム存在下、常温(20℃)でμカルパインをIκBαに作用させると限定分解がおこり、SDS-PAGE/CBB染色でみられる主要なフラグメントとして32kDaと24kDaの2つのバンドが得られた。このフラグメントのN-末端からは双方とも2種類のアミノ酸配列が得られ、且つ同じであった。これより切断部位はN末端から50番目と53番目のアミノ酸のC端側で切断されることがわかり、さらに32kDaと24kDaのフラグメントの分子量差からC末端にも易切断部位のあることが判明した。 3.μカルパインによるNF-κB/IκBαからのNF-κBの生成.リコンビナントNF-κB/IκBαにμカルパインを作用させるとDNAprobeと結合する活性化NF-κBが生ずることがゲルシフト法で証明された。NF-κB/IκBα単独、カルシウム非存在下ではprobeと結合するNF-κBは生成されなっかたが、カルシウム存在下にμカルパインを働かせた場合にはカルシウム濃度依存的にNF-κBの量が増加し、それはカルパイン阻害剤であるZ-LLHやSJA6017で抑制された。 以上の結果からNF-κB/IκBα複合体からNF-κBの生成はプロテアソームの系のみならずカルパインによっても生成されることがin vitroの系で証明された。
  • BASIC STUDY FRO IMMUNOLOGICAL ABNORMALITIES SUCH AS NATURAL KILLER CELL ACTIVITY IN THE UTERINE ENDOMETRIUM IN PATIENTS WITH RECURRENT MISCARRIAGES
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 1998 -1999 
    Author : OGASAWARA Mayumi; OZAKI Yasuhiko
     
    Decidual tissue of abortus in 6 patients with unexplained two or more consecutive spontaneous abortion and 16 women with artificial abortion (control) were analyzed. Cases with spontaneous abortion caused by abnormal embryonal karyotype were excluded from analysis. Lymphocytes were separated from each decidual tissue and CDィイD116+56+3-ィエD1 cells were measured. There was no difference of CDィイD116+56+3-ィエD1 cells between patients and controls. Also macrophages were separated from decidual tissue of 6 patients and 5 controls and TGF-β was measured. There was no difference between two groups. We determined clinically whether a killed streptococcal preparation, a biological response modifier, is as effective as paternal lymphocyte immunotherapy for unexplained recurrent spontaneous abortion therapy. The success rate in the study group was 73.9% (17/23), compared to 75% (254/205) observed for the controls (not significant). Most of the successful cases exhibited low levels of NK cell activity in the peripheral blood. Suppression of NK cell activity by some immunoregulatory mechanism was also found to have potential benefit in terms of a successful pregnancy outcome. NK cell activity is also associated with mental disorder. It has been reported that stress induce murine abortion. We studied psychosocial factors in 29 couples with two miscarriages. The second miscarriage had a significantly stronger negative impact than the first for both women and their partners. We also found that low neuroticism, low depression scale score and high self-esteem contributed to high NK activity among 61 women with patients.
  • 医食同源の栄養生化学的アプローチ;激辛料理による生体防御機能の亢進
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 萌芽的研究
    Date (from‐to) : 1998 -1999 
    Author : 国松 己歳; 尾崎 康彦
     
    我々はこれまでにトウガラシを多く含む激辛料理を食べると末梢血中の好中球機能やmannose binding lectinによる膣トリコモナス溶菌活性が亢進する事を明らかにしてきた。しかしどの様な激辛料理をどの程度食べたら良いのかは十分明らかではない。そこで激辛料理として辛味成分capsaicin濃度が明らかな市販のカレーレトルトパックおよび新たに開発したトウラガシ辛味成分マイクロカプセルを用いて検討した。激辛料理としてグリコLeex30カレーのレトルトパックを2袋食べて初めて血清中のトリコモナス致死活性が増強することが認められた。1袋には約5mgのcapsaicinを含むことから1食あたり10mgのcapsaicinを含む激辛料理を食べる必要があることが明らかになった。このcapsaicin量10mgは韓国やタイなど激辛料理を好んで食べる国々では決して多い量ではないが、普通の日本人が食品として摂取するには相当辛いことが予測された。そこでトウガラシの辛みの主成分であるカプサイシンを乾燥トウガラシより超臨界抽出し、これを粉末状マイクロカプセル化し、脂質やタンパク質でコーティングした腸溶剤の開発を試みた。このマイクロカプセルは口に入れても辛味をほとんど感じることがなく、胃のもたれも少なかった。普通食と共にこのマイクロカプセルを食べた後に血清中の膣トリコモナス溶菌活性を測定したところ、末梢血中の好中球機能やmannose binding lectinによる膣トリコモナス溶菌活性が亢進することがあきらかになった。しかし被検者から、この粉末状マイクロカプセルは食べづらいなどの意見がありタブレット化などサプリメントとして食べやすい形状を現在検討中である。
  • Selective neuronal death induced by activation of pro μ-calpain under the hypoxic conditions
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B).
    Date (from‐to) : 1997 -1999 
    Author : SASAKI Makoto; TADA Toyohiro; OZAKI Yasuhiko; KUNIMATSU Mitoshi
     
    In the previous studies using rat brain ischemia model, we found that nuclei of cerebral neurons contain high concentrations of pro μ-calpain and it is rapidly activated under the conditions of ischemia/hypoxia. In this study, we analyzed neuronal death induced by activation of pro μ-calpain and protective effects of calpain inhibitors and calcium chelate compounds using neuroblastoma cell line GOTO cells. 1. Distributions of calpain/calpastatin and influx of calcium ions. By immunohistochemistry, pro μ-calpain was densely stained in the nuclei of neurons, whereas calpastatin, endogenous inhibitor of calpain, was found in cytoplasma. By the use of ARGUS-50, intracellular calcium concentrations were estimated. The concentrations rapidly increased and reached plateau within 5 min under hypoxic conditions (1/5 O_2 partial preseure). The increasing calcium levels were always 10-20 % higher in nuclei than that of cytoplasma. 2. Neuronal death estimated by Trypan blue exclusion test. Survival rates after 1, 2, and 3hr of hypoxia were 60 %, 30 % and 20 %, respectively. In the presence of calpain inhibitors I, II, and III, or calcium chelate compounds, survival rates were largely recovered while caspase inhibitor ICE 1 was slightly effective. Combinational use of these compounds showed synergetic protective effects. Contribution rates of necrosis and apoptosis were analyzed by acridine orange/ethidium bromide methods. Percentages of necrosis at 6hr, 12hr, 24hr were 62 %, 65 % and 68 % and those of apoptosis were 5 〜8 %, 7 〜 12 % and 7.6 〜 15%. 3. Intranuclear substrates of μ-calpain. Several candidates of μ-calpain substrates were examined. NF-κBp65, Pit-1, Oct-1, GHF-1 and CREB were found to be cleaved by μ-calpain. Data suggested that high sensitivity of neurons to hypoxia is due to the rapid activation of pro μ-calpain in the nuclei of neurons. Through this activation, intranuclear physiologically important proteins should be digested and result in the neuronal death through mostly necrosis and partly apoptosis. Neuronal death is efficiently protected with calpain inhibitors I, II and III and calcium chelate compounds. It is noted that combinational use of these compounds is synergetic suggesting that appropriate combination would be useful for the therapeutic use of ischemic damage of the brain.
  • 低酸素・虚血障害による胎児脳神経細胞死におけるカルシウム依存性プロテアーゼの動態
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 奨励研究(A)
    Date (from‐to) : 1997 -1998 
    Author : 尾崎 康彦
     
    低酸素状態による胎児新生児脳神経細胞障害におけるカルパインの動態を検討するために、神経培養細胞(GOTO:neuroblastoma cell line)とラット胎児脳神経初代培養細胞を用いて以下の実験を行い結果を得た。 1、μ-及びm-カルパインの不活性前駆体型に対するベプチド抗体を作製した。 2、神経細胞培養系の培養液の低酸素化(約20%)を酸素分圧測定器で確認した。 3、低酸素培養による神経細胞内カルシウム濃度の増加(約0.7-1.0μM)を蛍光顕微鏡及び共焦点レーザー顕微鏡で確認した。 4、低酸素培養下におけるカルパインの動態をカルパインインヒビターの存在、非存在下でのトリパンブルーテストによる生細胞率の測定、上記抗体を用いたWestem blotting法、免疫組織染色によって検討した。 その結果、GOTO培養細胞及びラット胎児脳神経初代培養細胞において、低酸素処置によって生細胞数の減少が時間依存的に認められ、種々のカルパイン特異的インヒビターによって細胞死の抑制(回復)が認められた。 免疫組織染色法では上記抗体によって核に特異的な染色が認められ、その染色性は低酸素処置によって低下した。 Westem blotting法においても、同処理による上記抗体の染色性の低下が認められた。また、μ-カルパインのDomain-IIIに対する抗体によってμ-カルパインの活性化を示す染色性の低分子化が観察された。 5、妊娠19日Wisterラットをエーテル麻酔下に開腹し、片側の子宮動脈を20分間遮断後、胎仔脳を摘出し実験4と同様にWestern Blotting法、免疫組織染色法に供した。対側胎仔を対照とした。 その結果、Western blotting法で上記同様のμ-カルパインの活性化を示す結果が得られた。 また胎盤においても同様の結果が得られた。 以上より、神経細胞に存在するμ-カルパインが胎児新生児脳の低酸素状態による神経細胞障害において重要な役割を演じている事が示された。また、胎児胎盤系における低酸素状態においてもμ-カルパインが何らかの負の作用を演じている可能性が示唆された。
  • 産科的DIC(常位胎盤早期剥離)におけるカルシウムプロテアーゼの動態
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 奨励研究(A)
    Date (from‐to) : 1996 -1996 
    Author : 尾崎 康彦
     
    健常及び常位胎盤早期剥離症例(早剥)胎盤のカルパインの存在と動態を以下の実験法によって比較検討した。 (1)胎盤内カルパイン活性の検討 常法に従い、娩出された胎盤を速やかにカルパイン精製液中でホモジナイズした後に遠心処理し、上清を硫安カット及び透析後、DEAEセファロースカラムにてカルパインを含むフラクションを得た。 精製した検体について、カゼインを基質とした分解活性によりカルパイン活性を簡易的に測定したところ、早剥例に残存カルパインによるカゼイン分解量の低下が認められた。 当教室で作製した各種抗カルパイン抗体を用い、以下の実験によりカルパインの検索を試み、μ-及びm-カルパインの関与、前駆体及び活性型カルパインの関与やカルシウム感受性を検討した。 尚、特異的反応である事を抗原ペプチドによる抗体吸収実験で確認した。 (2)胎盤内カルパインのSDS-PAGE・ウエスタンブロッテッング法による測定 健常例に比べ早剥例にμ-カルパイン80Kの前駆型に対する抗体の染色性の低下が認められた。 (3)胎盤の免疫組織染色によるカルパイン動態の解析 健常例に比べ早剥例にμ-カルパイン80Kの前駆型に対する抗体の絨毛細胞の核への染色性の低下が認められた。 また、同連続切片を用いた、TUNEL法では明らかなアポトーシスの存在は観察されなかった。 以上より、ヒト胎盤に存在するμ-カルパインが常位胎盤早期剥離の病態において活性化されている可能性が示唆された。 現在カルパインの活性化の機序として、低酸素状態の関与を想定し培養絨毛細胞の低酸素モデルを用いて検討中である。
  • Origin and Evolution of MHC
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for international Scientific Research
    Date (from‐to) : 1995 -1996 
    Author : NONAKA Masaru; OZAKI Yasuhiko; CAMPBELL R.Duncan; FLAJNIK Martin
     
    The major histocompatibility complex (MHC), best described in mammals, is a large genetic region encompassing more than 4000kb in human. The Xenopus MHC is known to be remarkably similar to its mammalian counterparts. Class Ia, class IIa, class IIb, complement Bf, C4, heat shock protein 70 (HSP70), the proteasome subunit LMP7 genes all map to the Xenopus MHC,demonstrating that the overall organization and the basic genetic components were present at the time of the divergence of amphibians and mammals 300-350 million years ago. Furthermore, I detected a recombinant in previous family studies that demonstrated that the Xenopus LMP7/class II genes could be separated from the Bf/HSP70/class I suggesting that even the gene order is similar to that of mammals. I found a second recombinant in another family where class II/LMP7/C4/class I genes cosegregate away from the Bf/HSP70 loci. Barring a double crossover, this recombinant implies that the class Ia gene is physically associated with the Xenopus class II region. This result is gratifying since the class I processing genes are found in the class II region in all species so far examined, and because class I and class II genes clearly have been derived from a common ancestor. An association with class II/III regions also may explain the remarkably deep and stable MHC-linked class I lineage in Xenopus ; I predict that the translocation of class I to the distal end of the MHC later in vertebrate evolution bestowed on class I genes the capacity to duplicate and diverge, hence giving rise to the celebrated class I plasticity found in mammals.
  • 精子先体反応(特に男性不妊症)におけるカルシウムプロテアーゼの動態
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 奨励研究(A)
    Date (from‐to) : 1995 -1995 
    Author : 尾崎 康彦
     
    健常男性の精子におけるカルパインの存在とその意義を、以下の実験法によって検討した。 (1)免疫組織染色法によるカルパインの解析 ヒト精子を用いて免疫組織染色法を行ったところ、抗μ-カルパイン抗体による特異的な染色が認められたが、抗m-同抗体には免疫染色されなかった。抗μ-N末端抗体により頭部が免疫染色され、その染色性はA23187処理によって経時・経量的に尾部へ移行する傾向を示」した。また活性型に特異的な抗活性中心抗体により尾部が免疫染色され同処理によって染色性が増強した。 (2)SDS-PAGE・ウエスタンブロッテッング法による測定 調整した精子を超音波破砕装置を用いた後に遠心処理し、ポリアクリルアミドゲル電気泳動後、ニトロセルロース膜に電気的に転写してエンザイムイムノアッセイを行い、カルパインの抗原性、及び活性化の状態を抗μ-N末端抗体を用いて検索した。同抗体による染色性がA23187処理によって減少し、同処理によって精子内のμ-カルパインが活性化されている事が認められた。 (3)精子内カルパイン活性のカゼイン分解能による測定 簡易法として、カゼインを基質とした分解活性によりカルパイン活性を測定したところ、カゼイン分解能はA23187処理によって減少し、同処理によってカルパインが活性し自己消化を起こした事が認められた。 以上より、ヒト精子にμ-カルパインが存在する事を明らかにした。また、カルパインがヒト精子において細胞内カルシウム濃度の上昇に伴う生殖現象に重要な役割を演じており、新しい精子受精能の指標となりうる可能性が示唆された。 現在、精子先体反応、精子受精能及び精子運動率と、各種抗カルパイン抗体染色率、染色部位との相関関係を検討中である。
  • 不育症(特に抗リン脂質抗体陽性反復流死産)病態におけるカルパイン動態の研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 奨励研究(A)
    Date (from‐to) : 1994 -1994 
    Author : 尾崎 康彦
     
    不育症(特に抗リン脂質抗体陽性反復流死産)病態とカルパインとの因果関係を解明するために、抗カルパイン活性部位特異的抗体を用いて、同患者の血小板におけるカルパイン動態を解析した。 1.ELISA法による自己抗体の測定 反復流死産の既往をもつ患者血清を用いて6種類のリン脂質(PA,PS,PI,PG,PE,CL)に対する自己抗体の検出を行った。 2.カラムによる血清の分離 抗リン脂質抗体高力価の血清を、アフィニティーカラム、ハイドロキシアパタイトカラムにより高度に精製した。 3.血小板の精製及び材料の生成 反復流産患者(抗リン脂質抗体陽性及び陰性)ならびに健常女性から、遠心法により血小板を採取し、高度に精製した抗リン脂質抗体高力価の血清と反応させた。 4.ウエスタンブロッティング法による測定 上記実験で反応させた材料を用いて、ポリアクリルアミドゲル電気泳動後、ニトロセルローズ膜に電気的転写してエンザイムイムノアッセイを行い、カルパインの抗原性、及び活性化の状態を検索した。 その結果、抗リン脂質抗体陽性反復流産患者の血小板のカルパインが活性化されていることが認められた。 5.組織におけるカルパインの解析 流死産(母体血清中抗リン脂質抗体陽性及び陰性)と、対照として人工妊娠中絶及び正常分娩により得られた絨毛組織ならびに胎盤を免疫組織化学的染色しカルパイン動態の解析を現在検討中である。

Social Contribution

  • 名市大医療・保険学びなおし出張講座、Birth Tour 2019 in 吾妻 -安全なお産をめぐる冒険
    Date (from-to) : 2019/09/28
    Role : Appearance
    Category : Visiting lecture
    Sponser, Organizer, Publisher  : 神田里美(西吾妻福祉病院)
    Event, Program, Title : 地域助産師交流研修会(群馬県長野原町)
  • 名市大医療・保険学びなおし出張講座、Birth Tour 2019 in 地域医療振興会 -安全なお産をめぐる冒険
    Date (from-to) : 2019/08/31
    Role : Appearance
    Category : Visiting lecture
    Sponser, Organizer, Publisher  : 神田里美(地域医療振興会)
    Event, Program, Title : 地域医療振興会(東京都千代田区)
  • 名市大医療・保健学びなおし出張講座、Birth Tour 2019 in 滋賀-安全なお産をめぐる冒険
    Date (from-to) : 2019/07/13
    Role : Appearance
    Category : Visiting lecture
    Sponser, Organizer, Publisher  : 長谷川鈴恵(滋賀県草津市)
  • 名市大医療・保健学びなおし出張講座、病院前周産期救急研修会
    Date (from-to) : 2019/06/01
    Role : Appearance
    Category : Visiting lecture
    Sponser, Organizer, Publisher  : 神田里美(西吾妻福祉病院)

Media Coverage

  • WEB 女性向けコーナー『Opi-rina(オピ・リーナ)』アラサー&アラフォー世代、カラダのお悩みレスキュー
    Date : 2008/11/06
    Writer: Myself
    Program, newspaper magazine: 中日新聞
    Internet
  • 健康ワンダフル「子宮筋腫の最新の治療」
    Date : 2008/08/28
    Writer: Myself
    Publisher, broadcasting station: テレビ愛知
    Media report
  • 話題の医学:万有ライブラリー「子宮筋腫の保存療法」
    Date : 2008/05/04
    Writer: Myself
    Publisher, broadcasting station: テレビ東京
    Media report

Academic Contribution

  • 新しい流産治療方法の紹介「Why not MVA?」MVAハンズオンセミナー@恵寿総合病院
    Date (from-to) :2019/03/21
    Role: Planning etc
    Type: Review
    Organizer, responsible person: 恵寿総合病院(石川県七尾市)
  • 新しい流産治療方法の紹介、ALSO 2019鹿児島市立病院プロバイダーコース
    Date (from-to) :2019/02/23-2019/02/24
    Role: Planning etc
    Type: Review
    Organizer, responsible person: 市立鹿児島市立病院(鹿児島市)
  • Antiphosphatidylethanolamine antibodies might not be an independent risk factor for further miscarriage in patients suffering recurrent pregnancy loss. J Reprod Immunol. Jun;85(2):186-92. 2010 (corresponding author)
    Date (from-to) :2010
    Role: Academic research planning
    Type: Review
    Organizer, responsible person: Obayashi S, Ozaki Y, Sugi T, Kitaori T, Katano K, Suzuki S, Sugiura-Ogasawara M.

Others

  • 1990/04 - Today 日本産科婦人科学会専門医(第19860395−N-9101号)
  • 2020/01 J-CIMELSプロバイダー
  • 2014/11 ALSO(Advanced Life of Support in Obstetrics) インストラクターコース、インストラクター認定
  • 2011/04 -2014/03 日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「妊婦・産褥蘇生プログラム」ワーキンググループ委員
  • 2014/03 母体保護指定医(名市大第81号)
  • 2012 名古屋市立大学病院初期臨床研修医重点研修プログラム・プログラム4(産科婦人科コース)コースディレクター
  • 2012 臨床研修プログラム責任者養成講習会
  • 2010/09 日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)インストラクター資格
  • 2005/10 OSCE評価者(平成17年度第5回共用試験医学系OSCE評価者認定講習会①腹部診察、②医療面接
  • 2004/12 臨床研修医指導医(第1回名古屋市立大学病院臨床指導医講習会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.