Researchers Database

URANO Misugi

    Graduate School of Medical Sciences Department of Radiology Assistant Professor
Last Updated :2020/08/07

Researcher Information

Research funding number

  • 10769954

ORCID ID

J-Global ID

Research Interests

  • 超音波   マンモグラフィ   乳癌   画像診断   

Research Areas

  • Life sciences / Radiology

Academic & Professional Experience

  • 2016/04 - Today  Nagoya City UniversityGraduate School of Medical Sciences, Department of Radiology助教
  • 2015/04 - 2016/03  Nagoya City UniversityGraduate School of Medical Sciences, Department of Radiology病院助教
  • 2012/04 - 2015/03  Nagoya City UniversityGraduate School of Medical Sciences, Department of Radiology臨床研究医
  • 2007/04 - 2012/03  医療法人豊田会刈谷豊田総合病院放射線科医員
  • 2005/04 - 2007/03  医療法人豊田会刈谷総合病院臨床研修医

Education

  • 2012/04 - 2016/03  Nagoya City University  Graduate School of Medical Sciences  医学研究科
  • 1999/04 - 2005/03  Kindai University  Faculty of Medicine  Department of Medicine

Association Memberships

  • 日本乳癌学会   日本核医学会   日本医学放射線学会   

Published Papers

Conference Activities & Talks

MISC

Research Grants & Projects

  • ニトログリセリン投与下腹壁穿通枝造影CTAの視認性向上と3D再構成モデル構築
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究
    Date (from‐to) : 2020/04 -2024/03 
    Author : 浦野 みすぎ
  • 超音波エラストグラフィによる乳房硬化の評価と患者ケアおよび効果判定モデルの構築
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    Date (from‐to) : 2017/04 -2020/03 
    Author : 浦野 みすぎ
     
    当該研究に関して、UMIN (大学病院医療情報ネットワーク:University Hospital Medical Information Network) に登録を行い情報を開示した。また、院内で研究をはじめるにあたって関連する手続きおよび、関係各部署との調整を完了した。当該研究に関して、同一対象の術前~術後~放射線治療後、1年後以降の前向き試験でのデータ収集、分析を行うにあたり、画像ファイリングソフトおよびエクセルでデータベースの作成を行った。また、対象となる患者の募集を行い、同意を得られた30例の症例登録を行った。その後、8例では継続する観察研究が困難で観察中止となったが、残りの22例に関して同一対象の術前~術後~放射線治療後までの自覚症状の確認、治療後の副作用グレード分類、用いた治療薬の有無、写真による整容性データ、超音波Bモード画像およびエラストグラフィー画像の収集と登録が完了した。現在、登録された症例のpatient chalactristicsのデータ収集、解析をスタートしており、これとあわせて論文作成のための関連文献の収集や論文の素案作成を開始した。

Other link

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.