研究者データベース

堀 英生 (ホリ エイセイ)

  • 薬学研究科臨床薬学分野 講師
Last Updated :2024/03/19

研究者情報

学位

  • 博士(薬科学)(名古屋市立大学)

科研費研究者番号

  • 90903526

J-Global ID

研究キーワード

  • iPS細胞   社会薬学   臨床薬学   糖尿病   

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療薬学

学歴

  • 2013年04月 - 2018年03月   名古屋市立大学   大学院薬学研究科   博士後期課程
  • 2009年04月 - 2011年03月   名古屋市立大学   大学院薬学研究科   博士前期課程
  • 1996年04月 - 2000年03月   名城大学   薬学部   薬学科

所属学協会

  • 日本薬学教育学会   日本薬学会   日本糖尿病学会   日本くすりと糖尿病学会   日本医療薬学会   

研究活動情報

論文

講演・口頭発表等

  • 2型糖尿病患者の血中アディポネクチン濃度に及ぼすスタチンの影響
    堀英生; 菊池千草; 末松菜月; 今枝憲郎; 岡山直司; 鈴木 匡; 松永民秀
    第6回 日本くすりと糖尿病学会学術集会 2017年9月
  • ヒト脂肪細胞のアディポネクチン産生に対する性ホルモンとスタチンの影響
    川合結乃; 菊池千草; 壁谷知樹; 堀英生; 松永民秀
    第25回 日本医療薬学会年会 2015年11月
  • 糖尿病患者の動脈硬化性疾患発症に対する血糖値変動の影響
    菊池千草; 野田雅人; 堀英生; 今枝憲郎; 岡山直司; 松永民秀
    第58回 日本糖尿病学会年次学術集会 2015年5月
  • 2型糖尿病患者の血中アディポネクチンにスタチンが及ぼす影響の性差
    堀英生; 菊池千草; 野田雅人; 今枝憲郎; 岡山直司; 松永民秀
    第89回 日本糖尿病学会中部地方会 2014年10月
  • DPP-4阻害薬アナグリプチンの酸化ストレス抑制を介した血管障害機序の解明
    野田雅人; 菊池千草; 堀 英生; 永味千枝; 竹内正義; 松永民秀
    第89回 日本糖尿病学会中部地方会 2014年10月
  • 2型糖尿病モデルラット大腿動脈におけるAGEsによるスーパーオキシド産生増加およびプラバスタチンによる抑制効果機序の解明
    堀英生; 永味千枝; 菊池千草; 竹内正義; 松永民秀
    第24回 日本医療薬学会年会 2014年9月
  • DPP-4阻害薬アナグリプチンのNADPH oxidase活性抑制を介した血管障害機序の解明
    野田雅人; 菊池千草; 永味千枝; 堀英生; 松永民秀
    第24回 日本医療薬学会年会 2014年9月
  • 糖尿病における終末糖化産物(AGEs)によるスーパーオキシド産生増加とプラバスタチンによる抑制効果機序の解明.
    永味千枝; 堀英生; 菊池千草; 竹内正義; 松永民秀
    第22回 日本医療薬学会年会 2012年10月
  • 糖尿病モデルラットの大腿動脈におけるスーパーオキシド産生増加機序及びプラバスタチンの慢性投与効果の検討
    堀英生; 永味千枝; 菊池千草; 竹内正義; 松永民秀
    第21回 日本医療薬学会年会 2011年10月
  • 糖尿病モデルラットの大腿動脈におけるスーパーオキシド産生増加機序の解明
    堀英生; 永味千枝; 菊池千草; 竹内正義; 松永民秀
    第57回 日本薬学会東海支部総会・大会 2011年7月
  • 2型糖尿病患者の糖代謝にプラバスタチンが与える影響とアディポネクチンの関連性
    加藤真梨; 菊池千草; 堀英生; 加藤岳史; 今枝憲郎; 岡山直司; 松永民秀
    第131年会 日本薬学会 2011年3月
  • PKCδの糖尿病大血管障害への関与とプラバスタチンの慢性投与効果の検討
    菊池千草; 堀英生; 永味千枝; 梶栗潤子; 伊藤猛雄; 松永民秀
    第119回 日本薬理学会近畿部会 2011年7月
  • 1型および2型糖尿病モデルラットの大腿動脈における酸化ストレスの亢進とその機序の解明
    堀英生; 永味千枝; 菊池千草; 竹内正義; 松永民秀
    第131年会 日本薬学会 2011年3月
  • 1型糖尿病モデルラットの大腿動脈における酸化ストレスの亢進とその機序の解明
    堀英生; 菊池千草; 永味千枝; 竹内正義; 松永民秀
    第20回日本医療薬学会年会 2010年11月
  • 2型糖尿病患者におけるスタチンの糖代謝に及ぼす影響の性差とその要因の解析
    菊池千草; 加藤真梨; 堀英生; 加藤岳史; 今枝憲郎; 岡山直司; 松永民秀
    第20回 日本医療薬学会年会 2010年11月
  • 2型糖尿病患者の血糖値に対してスタチンが与える影響の性差に関する検討
    菊池千草; 堀英生; 今枝憲郎; 岡山直司; 神谷吉宣; 水野達央; 加藤岳史; 鈴木匡; 松永民秀
    第53回 日本糖尿病学会年次学術集会 2010年5月
  • PKCを介した2型糖尿病モデルラット血管壁におけるスーパーオキシド産生増加機序の検討
    菊池千草; 堀英生; 梶栗潤子; 伊藤猛雄; 松永民秀
    第130年会 日本薬学会第 2010年3月
  • 糖尿病薬物治療患者の心理状態を理解できる薬剤師養成方法の検討
    堀英生; 菊池千草; 前田徹; 松永民秀; 鈴木匡
    第130年会 日本薬学会第 2010年3月

MISC

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2023年04月 -2025年03月 
    代表者 : 堀 英生
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2021年08月 -2023年03月 
    代表者 : 堀 英生
     
    まず初めに、ヒトiPS由来動脈性の血管内皮細胞を用いて糖尿病の血管障害モデルを作製するため、ヒト臍帯静脈血管内皮細胞(HUVEC)、hTERT遺伝子導入不死化臍帯静脈血管内皮細胞(HUEhT-1)およびヒト大動脈血管内皮細胞(HACE)を用いて、酸化ストレスの産生増加が確認できるD-グルコース添加時の培養条件について検討を行った。D-グルコースの添加条件については、今までに報告のある血管内皮細胞を用いた論文を参考にして行ったが、各血管内皮細胞において酸化ストレスの産生増加は認められなかった。そのため、インスリン抵抗性の原因の一つとされるTNF-αを用いて同様な検討を行った。TNF-αでは、酸化ストレスの産生増加ならびに細胞生存率の低下が認められた。そのため今後は、TNF-αを用いて実験を進めるとともに、D-グルコースおよびTNF-αの両試薬を添加した際の酸化ストレスの産生並びに細胞生存率を検討する。 ヒトiPS細胞から動脈性の血管内皮細胞の分化では、一旦、当研究室で開発した方法に従い血管内皮前駆細胞(EPC)に分化したのち動脈性の血管内皮細胞へ誘導する予定であった。しかし、今回、使用する予定の細胞株では、EPCへ分化する際、分化誘導法の変更が必要となった。そのため分化誘導法について再度検討し、修正を行った。 血管デバイス(試作品)では、HUEhT-1を用いて培養条件(コーティング剤、細胞播種数な等)の検討を行い、静置培養では問題なく培養できることを確認した。しかし、培地を灌流すると細胞が剥離してしまうなどの問題点が解決できておらず引き続き血管デバイスの改良が必要である。

メディア報道

  • 捨てるのはもったいない!使用済みの薬包装シート10枚が1円玉分のアルミに変身する“新リサイクル方法”とは?
    報道 : 2023年10月
    発行元・放送局 : 中京テレビ
    番組・新聞雑誌 : キャッチ!
     テレビ・ラジオ番組
  • 動き出したPTPシートリサイクルの試み
    報道 : 2023年08月
    番組・新聞雑誌 : 日経DI
  • 薬の包装シート再生利用で実証実験
    報道 : 2023年07月
    発行元・放送局 : NHK
    番組・新聞雑誌 : おはよう日本
     テレビ・ラジオ番組
  • 薬を飲んだ後の包装シート、回収される日が来る?
    報道 : 2023年02月
    発行元・放送局 : CBCラジオ
    番組・新聞雑誌 : つボイノリオの聞けば聞くほど
     テレビ・ラジオ番組
  • SDGs アルミとプラに分離→リサイクル 薬の包装シート 回収進む 春から名市大 服薬指導に活用
    報道 : 2023年01月
    番組・新聞雑誌 : 中日新聞
     新聞・雑誌
  • 薬のシート 分別し再生 薬局で回収 アルミとプラに
    報道 : 2023年01月
    番組・新聞雑誌 : 中日新聞
     新聞・雑誌

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.