研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

澤本 和延サワモト カズノブ

所属部署医学研究科再生医学分野
職名教授
メールアドレスsawamotomed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURLhttp://k-sawamoto.com/
生年月日
Last Updated :2019/10/12

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:90282350
    ORCID ID:0000-0003-1984-5129

学位

  • 博士(医学), 東京大学

所属学協会

  • Society for Neuroscience
  • 国際神経化学会
  • アジア太平洋神経化学会
  • International Society for Stem Cell Research
  • 日本炎症・再生医学会
  • 日本脳循環代謝学会
  • 日本再生医療学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本神経化学会
  • 日本発生生物学会
  • 日本神経科学学会

経歴

  •   2016年 - 現在, 自然科学研究機構 生理学研究所, 神経発達・再生機構研究部門, 客員教授
  •   2007年 - 現在, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 再生医学分野, 教授
  •   2005年 - 2007年, 慶應義塾大学 医学部, 助教授
  •   2003年 - 2005年, 慶應義塾大学 医学部, 専任講師
  •   1999年 - 2003年, 大阪大学 医学系研究科, 助手
  •   1997年 - 1999年, 大阪大学 医学部, 助手
  •   1996年 - 1997年, 筑波大学 基礎医学系, 助手

研究活動情報

研究分野

  • 生物科学, 発生生物学
  • 神経科学, 神経化学・神経薬理学
  • 神経科学, 神経科学一般
  • 基礎医学, 生理学一般

研究キーワード

    包括脳ネットワーク, ショウジョウバエ, Ras, Argos, アポト-シス, 複眼, EGF受容体, 分化, 発生・分化, 脳・神経, 神経幹細胞, 神経科学, 細胞移動, 嗅球, 幹細胞, 脳室下帯, MAPキナ-ゼ, 脳神経疾患, 神経再生, 上衣細胞, マウス, 再生医学, 神経細胞, 神経細胞移動, Slit, 細胞・組織, Clown, Ral, ニューロン, EGFリセプタ-, 細胞死, 統合脳・分子脳科学

論文

  • Blood vessels as a scaffold for neuronal migration, Fujioka T, Kaneko N, Sawamoto K, Neurochem Int., 6, (126) 69 - 73,   2019年03月, 査読有り
  • New neurons use Slit-Robo signaling to migrate through the glial meshwork and approach a lesion for functional regeneration, Kaneko N, Herranz-Pérez V, Otsuka T, Sano H, Ohno N, Omata T, Nguyen HB, Thai TQ, Nambu A, Kawaguchi Y, García-Verdugo JM, Sawamoto K, Science Advances, 4, (12) ,   2018年12月, 査読有り
  • Shootin1b Mediates a Mechanical Clutch to Produce Force for Neuronal Migration., Minegishi T, Uesugi Y, Kaneko N, Yoshida W, Sawamoto K, Inagaki N, Cell reports, 25, (3) 624 - 639.e6,   2018年10月, 査読有り
  • Ventricular-subventricular zone fractones are speckled basement membranes that function as a neural stem cell niche., Sato Y, Kiyozumi D, Futaki S, Nakano I, Shimono C, Kaneko N, Ikawa M, Okabe M, Sawamoto K, Sekiguchi K, Molecular biology of the cell,   2018年10月, 査読有り
  • Heterogeneous distribution of doublecortin-expressing cells surrounding the rostral migratory stream in the juvenile mouse., Aoyagi Y, Hibi T, Kimori Y, Sawada M, Kawakami R, Sawamoto K, Nemoto T, The Journal of comparative neurology,   2018年08月, 査読有り
  • Adult neurogenesis and its role in brain injury and psychiatric diseases., Hayashi Y, Jinnou H, Sawamoto K, Hitoshi S, Journal of neurochemistry,   2018年07月, 査読有り
  • Go with the Flow: Cerebrospinal Fluid Flow Regulates Neural Stem Cell Proliferation, Kaneko N, Sawamoto K, Cell Stem Cell, 22, (6) 783 - 784,   2018年06月, 招待有り
  • Detachment of Chain-Forming Neuroblasts by Fyn-Mediated Control of cell-cell Adhesion in the Postnatal Brain., Fujikake K, Sawada M, Hikita T, Seto Y, Kaneko N, Herranz-Pérez V, Dohi N, Homma N, Osaga S, Yanagawa Y, Akaike T, García-Verdugo JM, Hattori M, Sobue K, Sawamoto K, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 38, (19) 4598 - 4609,   2018年05月, 査読有り
  • PlexinD1 signaling controls morphological changes and migration termination in newborn neurons., Sawada M, Ohno N, Kawaguchi M, Huang SH, Hikita T, Sakurai Y, Bang Nguyen H, Quynh Thai T, Ishido Y, Yoshida Y, Nakagawa H, Uemura A, Sawamoto K, The EMBO journal, 37, (4) ,   2018年02月, 査読有り
  • Radial Glial Fibers Promote Neuronal Migration and Functional Recovery after Neonatal Brain Injury., Jinnou H, Sawada M, Kawase K, Kaneko N, Herranz-Pérez V, Miyamoto T, Kawaue T, Miyata T, Tabata Y, Akaike T, García-Verdugo JM, Ajioka I, Saitoh S, Sawamoto K, Cell stem cell, 22, (1) 128 - 137.e9,   2018年01月, 査読有り
  • Daple Coordinates Planar Polarized Microtubule Dynamics in Ependymal Cells and Contributes to Hydrocephalus. , Takagishi M, Sawada M, Ohata S, Asai N, Enomoto A, Takahashi K, Weng L, Ushida K, Ara H, Matsui S, Kaibuchi K, Sawamoto K, Takahashi M, Cell Reports, 20, (4) 960 - 972,   2017年07月, 査読有り
  • Unique Organization of the Nuclear Envelope in the Post-natal Quiescent Neural Stem Cells., Cebrián-Silla A, Alfaro-Cervelló C, Herranz-Pérez V, Kaneko N, Park DH, Sawamoto K, Alvarez-Buylla A, Lim DA, García-Verdugo JM, Stem cell reports, 9, (1) 203 - 216,   2017年07月, 査読有り
  • Mechanisms of neuronal migration in the adult brain., Kaneko N, Sawada M, Sawamoto K, Journal of neurochemistry, 141, (6) 835 - 847,   2017年06月, 査読有り
  • Affinity-Immobilization of VEGF on Laminin Porous Sponge Enhances Angiogenesis in the Ischemic Brain., Oshikawa M, Okada K, Kaneko N, Sawamoto K, Ajioka I, Advanced healthcare materials, 6, (11) ,   2017年06月, 査読有り
  • β1 integrin signaling promotes neuronal migration along vascular scaffolds in the post-stroke brain., Fujioka T, Kaneko N, Ajioka I, Nakaguchi K, Omata T, Ohba H, Fässler R, García-Verdugo JM, Sekiguchi K, Matsukawa N, Sawamoto K, EBioMedicine, 16, 195 - 203,   2017年02月, 査読有り
  • DDS技術を活用した体内再生誘導治療, 坪井義晃,澤田雅人,大塚隆信,澤本和延, Drug Delivery System, 32, (1) 46 - 49,   2017年01月, 査読有り
  • Genome-Wide Association Study Identifies ZNF354C Variants Associated with Depression from Interferon-Based Therapy for Chronic Hepatitis C., Matsunami K, Nishida N, Kaneko N, Ikeo K, Toyo-oka L, Takeuchi H, Matsuura K, Tamori A, Nomura H, Yoshiji H, Imamura M, Masaki N, Hayakawa T, Ide T, Shimada N, Ikeda F, Hino K, Nishiguchi S, Okuse C, Nojiri S, Sawamoto K, Tokunaga K, Joh T, Tanaka Y, PLoS One, 11, (10) ,   2016年10月, 査読有り
  • Subchronic inhalation exposure to 2-ethyl-1-hexanol impairs the mouse olfactory bulb via injury and subsequent repair of the nasal olfactory epithelium., Miyake M, Ito Y, Sawada M, Sakai K, Suzuki H, Sakamoto T, Sawamoto K, Kamijima M※, Arch Toxicol , 90, (8) 1949 - 1958,   2016年08月, 査読有り
  • Characterization of multiciliated ependymal cells that emerge in the neurogenic niche of the aged zebrafish brain., Ogino T, Sawada M, Takase H, Nakai C, Herranz-Pérez V, Cebrián-Silla A, Kaneko N, Manuel García-Verdugo J, Sawamoto K, The Journal of comparative neurology,   2016年03月, 査読有り
  • Roles of Wnt Signaling in the Neurogenic Niche of the Adult Mouse Ventricular-Subventricular Zone., Hirota Y, Sawada M, Huang SH, Ogino T, Ohata S, Kubo A, Sawamoto K, Neurochemical research, 41, (1-2) 222 - 230,   2016年02月, 査読有り
  • Enhancement of neuroblast migration into the injured cerebral cortex using laminin-containing porous sponge., Ajioka I, Jinnou H, Okada K, Sawada M, Saitoh S, Sawamoto K, Tissue engineering. Part A, 21, (1-2) 193 - 201,   2015年01月, 査読有り
  • Minocycline treatment ameliorates interferon-alpha- induced neurogenic defects and depression-like behaviors in mice., Zheng LS, Kaneko N, Sawamoto K, Frontiers in cellular neuroscience, 9,   2015年, 査読有り
  • Netrin-5 is highly expressed in neurogenic regions of the adult brain., Yamagishi S, Yamada K, Sawada M, Nakano S, Mori N, Sawamoto K, Sato K, Frontiers in cellular neuroscience, 9,   2015年, 査読有り
  • Mechanisms for interferon-α-induced depression and neural stem cell dysfunction., Zheng LS, Hitoshi S, Kaneko N, Takao K, Miyakawa T, Tanaka Y, Xia H, Kalinke U, Kudo K, Kanba S, Ikenaka K, Sawamoto K, Stem cell reports, 3, (1) 73 - 84,   2014年07月, 査読有り
  • Speed control for neuronal migration in the postnatal brain by Gmip-mediated local inactivation of RhoA., Ota H, Hikita T, Sawada M, Nishioka T, Matsumoto M, Komura M, Ohno A, Kamiya Y, Miyamoto T, Asai N, Enomoto A, Takahashi M, Kaibuchi K, Sobue K, Sawamoto K, Nature communications, 5,   2014年07月, 査読有り
  • Rac1-mediated indentation of resting neurons promotes the chain migration of new neurons in the rostral migratory stream of post-natal mouse brain., Hikita T, Ohno A, Sawada M, Ota H, Sawamoto K, Journal of neurochemistry, 128, (6) 790 - 797,   2014年03月, 査読有り
  • Vascular regulation of adult neurogenesis under physiological and pathological conditions., Sawada M, Matsumoto M, Sawamoto K, Frontiers in neuroscience, 8,   2014年, 査読有り
  • Proteomic analysis of Girdin-interacting proteins in migrating new neurons in the postnatal mouse brain., Ota H, Hikita T, Nishioka T, Matsumoto M, Ito J, Asai N, Enomoto A, Takahashi M, Kaibuchi K, Sobue K, Sawamoto K, Biochemical and biophysical research communications, 442, (1-2) 16 - 21,   2013年12月, 査読有り
  • Enhancement of ventricular-subventricular zone-derived neurogenesis and oligodendrogenesis by erythropoietin and its derivatives., Kaneko N, Kako E, Sawamoto K, Frontiers in cellular neuroscience, 7,   2013年11月, 査読有り
  • Interhemispheric asymmetry of olfactory input-dependent neuronal specification in the adult brain., Kishimoto N, Asakawa K, Madelaine R, Blader P, Kawakami K, Sawamoto K, Nature neuroscience, 16, (7) 884 - 888,   2013年07月, 査読有り
  • Human dental pulp-derived stem cells protect against hypoxic-ischemic brain injury in neonatal mice., Yamagata M, Yamamoto A, Kako E, Kaneko N, Matsubara K, Sakai K, Sawamoto K, Ueda M, Stroke; a journal of cerebral circulation, 44, (2) 551 - 554,   2013年02月, 査読有り
  • Mechanisms of neurogenesis in the normal and injured adult brain., Sawada M, Sawamoto K, The Keio journal of medicine, 62, (1) 13 - 28,   2013年, 査読有り
  • Subventricular zone-derived oligodendrogenesis in injured neonatal white matter in mice enhanced by a nonerythropoietic erythropoietin derivative., Kako E, Kaneko N, Aoyama M, Hida H, Takebayashi H, Ikenaka K, Asai K, Togari H, Sobue K, Sawamoto K, Stem cells (Dayton, Ohio), 30, (10) 2234 - 2247,   2012年10月, 査読有り
  • Roles of planar cell polarity signaling in maturation of neuronal precursor cells in the postnatal mouse olfactory bulb., Hirota Y, Sawada M, Kida YS, Huang SH, Yamada O, Sakaguchi M, Ogura T, Okano H, Sawamoto K, Stem cells (Dayton, Ohio), 30, (8) 1726 - 1733,   2012年08月, 査読有り
  • Purinergic signaling promotes proliferation of adult mouse subventricular zone cells., Suyama S, Sunabori T, Kanki H, Sawamoto K, Gachet C, Koizumi S, Okano H, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 32, (27) 9238 - 9247,   2012年07月, 査読有り
  • Neuronal regeneration in a zebrafish model of adult brain injury., Kishimoto N, Shimizu K, Sawamoto K, Disease models & mechanisms, 5, (2) 200 - 209,   2012年03月, 査読有り
  • Planar polarity of ependymal cilia., Kishimoto N, Sawamoto K, Differentiation; research in biological diversity, 83, (2) S86 - 90,   2012年02月, 査読有り
  • A role for mDia, a Rho-regulated actin nucleator, in tangential migration of interneuron precursors., Shinohara R, Thumkeo D, Kamijo H, Kaneko N, Sawamoto K, Watanabe K, Takebayashi H, Kiyonari H, Ishizaki T, Furuyashiki T, Narumiya S, Nature neuroscience, 15, (3) 373 - 80, S1,   2012年01月, 査読有り
  • Growth factors released from gelatin hydrogel microspheres increase new neurons in the adult mouse brain., Nakaguchi K, Jinnou H, Kaneko N, Sawada M, Hikita T, Saitoh S, Tabata Y, Sawamoto K, Stem cells international, 2012,   2012年, 査読有り
  • A subtype-specific critical period for neurogenesis in the postnatal development of mouse olfactory glomeruli., Kato Y, Kaneko N, Sawada M, Ito K, Arakawa S, Murakami S, Sawamoto K, PloS one, 7, (11) ,   2012年, 査読有り
  • [Regenerating neurons by using endogenous neuronal progenitor cells]., Sawamoto K, Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology, 52, (11) 939 - 941,   2012年, 査読有り
  • Migration of neuronal precursors from the telencephalic ventricular zone into the olfactory bulb in adult zebrafish., Kishimoto N, Alfaro-Cervello C, Shimizu K, Asakawa K, Urasaki A, Nonaka S, Kawakami K, Garcia-Verdugo JM, Sawamoto K, The Journal of comparative neurology, 519, (17) 3549 - 3565,   2011年12月, 査読有り
  • Endogenous erythropoietin from astrocyte protects the oligodendrocyte precursor cell against hypoxic and reoxygenation injury., Kato S, Aoyama M, Kakita H, Hida H, Kato I, Ito T, Goto T, Hussein MH, Sawamoto K, Togari H, Asai K, Journal of neuroscience research, 89, (10) 1566 - 1574,   2011年10月, 査読有り
  • Transplantation of human neural stem/progenitor cells overexpressing galectin-1 improves functional recovery from focal brain ischemia in the Mongolian gerbil., Yamane J, Ishibashi S, Sakaguchi M, Kuroiwa T, Kanemura Y, Nakamura M, Miyoshi H, Sawamoto K, Toyama Y, Mizusawa H, Okano H, Molecular brain, 4,   2011年09月, 査読有り
  • Sensory input regulates spatial and subtype-specific patterns of neuronal turnover in the adult olfactory bulb., Sawada M, Kaneko N, Inada H, Wake H, Kato Y, Yanagawa Y, Kobayashi K, Nemoto T, Nabekura J, Sawamoto K, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 31, (32) 11587 - 11596,   2011年08月, 査読有り
  • Girdin is an intrinsic regulator of neuroblast chain migration in the rostral migratory stream of the postnatal brain., Wang Y, Kaneko N, Asai N, Enomoto A, Isotani-Sakakibara M, Kato T, Asai M, Murakumo Y, Ota H, Hikita T, Namba T, Kuroda K, Kaibuchi K, Ming GL, Song H, Sawamoto K, Takahashi M, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 31, (22) 8109 - 8122,   2011年06月, 査読有り
  • Cellular composition and organization of the subventricular zone and rostral migratory stream in the adult and neonatal common marmoset brain., Sawamoto K, Hirota Y, Alfaro-Cervello C, Soriano-Navarro M, He X, Hayakawa-Yano Y, Yamada M, Hikishima K, Tabata H, Iwanami A, Nakajima K, Toyama Y, Itoh T, Alvarez-Buylla A, Garcia-Verdugo JM, Okano H, The Journal of comparative neurology, 519, (4) 690 - 713,   2011年03月01日, 査読有り
  • Galectin-1 is expressed in early-type neural progenitor cells and down-regulates neurogenesis in the adult hippocampus., Imaizumi Y, Sakaguchi M, Morishita T, Ito M, Poirier F, Sawamoto K, Okano H, Molecular brain, 4,   2011年01月02日, 査読有り
  • Prospects and limitations of using endogenous neural stem cells for brain regeneration., Kaneko N, Kako E, Sawamoto K, Genes, 2, (1) 107 - 130,   2011年01月, 査読有り
  • Strategies for regenerating striatal neurons in the adult brain by using endogenous neural stem cells., Nakaguchi K, Masuda H, Kaneko N, Sawamoto K, Neurology research international, 2011,   2011年, 査読有り
  • Protein phosphatase 1γ is responsible for dephosphorylation of histone H3 at Thr 11 after DNA damage., Shimada M, Haruta M, Niida H, Sawamoto K, Nakanishi M, EMBO reports, 11, (11) 883 - 889,   2010年11月, 査読有り
  • [Migration of new neurons towards the injured brain tissue]., Sawamoto K, Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology, 50, (11) ,   2010年11月, 査読有り
  • Expression and Proliferation-Promoting Role of Diversin in the Neuronally Committed Precursor Cells Migrating in the Adult Mouse Brain., Ikeda M, Hirota Y, Sakaguchi M, Yamada O, Kida YS, Ogura T, Otsuka T, Okano H, Sawamoto K, Stem cells (Dayton, Ohio), 28, (11) 2017 - 2026,   2010年09月08日, 査読有り
  • Planar polarity of multiciliated ependymal cells involves the anterior migration of basal bodies regulated by non-muscle myosin II., Hirota Y, Meunier A, Huang S, Shimozawa T, Yamada O, Kida YS, Inoue M, Ito T, Kato H, Sakaguchi M, Sunabori T, Nakaya MA, Nonaka S, Ogura T, Higuchi H, Okano H, Spassky N, Sawamoto K, Development (Cambridge, England), 137, (18) 3037 - 3046,   2010年09月, 査読有り
  • New neurons clear the path of astrocytic processes for their rapid migration in the adult brain., Kaneko N, Marín O, Koike M, Hirota Y, Uchiyama Y, Wu JY, Lu Q, Tessier-Lavigne M, Alvarez-Buylla A, Okano H, Rubenstein JL, Sawamoto K, Neuron, 67, (2) 213 - 223,   2010年07月02日, 査読有り
  • Regulation of adult neural progenitor cells by Galectin-1/beta1 Integrin interaction., Sakaguchi M, Imaizumi Y, Shingo T, Tada H, Hayama K, Yamada O, Morishita T, Kadoya T, Uchiyama N, Shimazaki T, Kuno A, Poirier F, Hirabayashi J, Sawamoto K, Okano H, Journal of neurochemistry, 113, (6) 1516 - 1524,   2010年06月, 査読有り
  • The subventricular zone en-face: wholemount staining and ependymal flow., Mirzadeh Z, Doetsch F, Sawamoto K, Wichterle H, Alvarez-Buylla A, Journal of visualized experiments : JoVE, (39) ,   2010年05月06日, 査読有り
  • Musashi1 as a marker of reactive astrocytes after transient focal brain ischemia., Oki K, Kaneko N, Kanki H, Imai T, Suzuki N, Sawamoto K, Okano H, Neuroscience research, 66, (4) 390 - 395,   2010年04月, 査読有り
  • Coupling between hydrodynamic forces and planar cell polarity orients mammalian motile cilia., Guirao B, Meunier A, Mortaud S, Aguilar A, Corsi JM, Strehl L, Hirota Y, Desoeuvre A, Boutin C, Han YG, Mirzadeh Z, Cremer H, Montcouquiol M, Sawamoto K, Spassky N, Nature cell biology, 12, (4) 341 - 350,   2010年04月, 査読有り
  • Subventricular zone-derived neural progenitor cells migrate along a blood vessel scaffold toward the post-stroke striatum., Kojima T, Hirota Y, Ema M, Takahashi S, Miyoshi I, Okano H, Sawamoto K, Stem cells (Dayton, Ohio), 28, (3) 545 - 554,   2010年03月03日, 査読有り
  • [Epigenetic mechanisms regulating neural cell fate determination]., Nakashima K, Kohyama J, Namihira M, Gage FH, Okano H, Sawamoto K, No to hattatsu. Brain and development, 41, (6) 411 - 414,   2009年11月, 査読有り
  • [Endogenous repair mechanisms in the brain]., Sawamoto K, Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology, 49, (11) 830 - 833,   2009年11月, 査読有り
  • Identification of tumor-initiating cells in a highly aggressive brain tumor using promoter activity of nucleostemin., Tamase A, Muraguchi T, Naka K, Tanaka S, Kinoshita M, Hoshii T, Ohmura M, Shugo H, Ooshio T, Nakada M, Sawamoto K, Onodera M, Matsumoto K, Oshima M, Asano M, Saya H, Okano H, Suda T, Hamada J, Hirao A, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 106, (40) 17163 - 17168,   2009年10月06日, 査読有り
  • Roles of disrupted-in-schizophrenia 1-interacting protein girdin in postnatal development of the dentate gyrus., Enomoto A, Asai N, Namba T, Wang Y, Kato T, Tanaka M, Tatsumi H, Taya S, Tsuboi D, Kuroda K, Kaneko N, Sawamoto K, Miyamoto R, Jijiwa M, Murakumo Y, Sokabe M, Seki T, Kaibuchi K, Takahashi M, Neuron, 63, (6) 774 - 787,   2009年09月02日, 査読有り
  • Efhc1 deficiency causes spontaneous myoclonus and increased seizure susceptibility., Suzuki T, Miyamoto H, Nakahari T, Inoue I, Suemoto T, Jiang B, Hirota Y, Itohara S, Saido TC, Tsumoto T, Sawamoto K, Hensch TK, Delgado-Escueta AV, Yamakawa K, Human molecular genetics, 18, (6) 1099 - 1109,   2009年03月01日, 査読有り
  • Adult neurogenesis and its alteration under pathological conditions., Kaneko N, Sawamoto K, Neuroscience research, 63, (3) 155 - 164,   2009年03月, 査読有り
  • Various facets of vertebrate cilia: motility, signaling, and role in adult neurogenesis., Huang S, Hirota Y, Sawamoto K, Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and biological sciences, 85, (8) 324 - 336,   2009年, 査読有り
  • Epigenetic regulation of neural cell differentiation plasticity in the adult mammalian brain., Kohyama J, Kojima T, Takatsuka E, Yamashita T, Namiki J, Hsieh J, Gage FH, Namihira M, Okano H, Sawamoto K, Nakashima K, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 105, (46) 18012 - 18017,   2008年11月01日, 査読有り
  • Neural stem cells: involvement in adult neurogenesis and CNS repair., Okano H, Sawamoto K, Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences, 363, (1500) 2111 - 2122,   2008年06月02日, 査読有り
  • [Neurogenesis in the adult subventricular zone]., Hirota Y, Sawamoto K, Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 53, (7) 863 - 869,   2008年06月, 査読有り
  • Cell-cycle-specific nestin expression coordinates with morphological changes in embryonic cortical neural progenitors., Sunabori T, Tokunaga A, Nagai T, Sawamoto K, Okabe M, Miyawaki A, Matsuzaki Y, Miyata T, Okano H, Journal of cell science, 121, (8) 1204 - 1212,   2008年04月01日, 査読有り
  • [Adult neurogenesis in physiological and pathological conditions]., Kaneko N, Sawamoto K, Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 60, (4) 319 - 328,   2008年04月, 査読有り
  • [Neuronal migration in the adult brain]., Kaneko N, Sawamoto K, Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology, 28, (2) 63 - 68,   2008年04月, 査読有り
  • Cyclin-dependent kinase 5 is required for control of neuroblast migration in the postnatal subventricular zone., Hirota Y, Ohshima T, Kaneko N, Ikeda M, Iwasato T, Kulkarni AB, Mikoshiba K, Okano H, Sawamoto K, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 27, (47) 12829 - 12838,   2007年11月02日, 査読有り
  • Beta-catenin signaling promotes proliferation of progenitor cells in the adult mouse subventricular zone., Adachi K, Mirzadeh Z, Sakaguchi M, Yamashita T, Nikolcheva T, Gotoh Y, Peltz G, Gong L, Kawase T, Alvarez-Buylla A, Okano H, Sawamoto K, Stem cells (Dayton, Ohio), 25, (11) 2827 - 2836,   2007年11月, 査読有り
  • [Neuronal migration in the adult brain]., Kaneko N, Sawamoto K, Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology, 27, (5-6) 215 - 218,   2007年11月, 査読有り
  • Regeneration of the central nervous system using endogenous repair mechanisms., Okano H, Sakaguchi M, Ohki K, Suzuki N, Sawamoto K, Journal of neurochemistry, 102, (5) 1459 - 1465,   2007年09月, 査読有り
  • Neuroprotection and neurosupplementation in ischaemic brain., Yamashita T, Deguchi K, Sawamoto K, Okano H, Kamiya T, Abe K, Biochemical Society transactions, 34, 1310 - 1312,   2006年12月, 査読有り
  • Role of the cholinergic system in regulating survival of newborn neurons in the adult mouse dentate gyrus and olfactory bulb., Kaneko N, Okano H, Sawamoto K, Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 11, (10) 1145 - 1159,   2006年10月, 査読有り
  • Enhanced neurogenesis in the ischemic striatum following EGF-induced expansion of transit-amplifying cells in the subventricular zone., Ninomiya M, Yamashita T, Araki N, Okano H, Sawamoto K, Neuroscience letters, 403, (1-2) 63 - 67,   2006年07月03日, 査読有り
  • Subventricular zone-derived neuroblasts migrate and differentiate into mature neurons in the post-stroke adult striatum., Yamashita T, Ninomiya M, Hernández Acosta P, García-Verdugo JM, Sunabori T, Sakaguchi M, Adachi K, Kojima T, Hirota Y, Kawase T, Araki N, Abe K, Okano H, Sawamoto K, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 26, (24) 6627 - 6636,   2006年06月01日, 査読有り
  • A carbohydrate-binding protein, Galectin-1, promotes proliferation of adult neural stem cells., Sakaguchi M, Shingo T, Shimazaki T, Okano HJ, Shiwa M, Ishibashi S, Oguro H, Ninomiya M, Kadoya T, Horie H, Shibuya A, Mizusawa H, Poirier F, Nakauchi H, Sawamoto K, Okano H, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 103, (18) 7112 - 7117,   2006年05月02日, 査読有り
  • The Sox2 regulatory region 2 functions as a neural stem cell-specific enhancer in the telencephalon., Miyagi S, Nishimoto M, Saito T, Ninomiya M, Sawamoto K, Okano H, Muramatsu M, Oguro H, Iwama A, Okuda A, The Journal of biological chemistry, 281, (19) 13374 - 13381,   2006年05月01日, 査読有り
  • New neurons follow the flow of cerebrospinal fluid in the adult brain., Sawamoto K, Wichterle H, Gonzalez-Perez O, Cholfin JA, Yamada M, Spassky N, Murcia NS, Garcia-Verdugo JM, Marin O, Rubenstein JL, Tessier-Lavigne M, Okano H, Alvarez-Buylla A, Science (New York, N.Y.), 311, (5761) 629 - 632,   2006年02月03日, 査読有り
  • Distinct functions of human numb isoforms revealed by misexpression in the neural stem cell lineage in the Drosophila larval brain., Toriya M, Tokunaga A, Sawamoto K, Nakao K, Okano H, Developmental neuroscience, 28, (1-2) 142 - 155,   2006年, 査読有り
  • Implication of "Down syndrome cell adhesion molecule" in the hippocampal neurogenesis of ischemic monkeys., Yamashima T, Popivanova BK, Guo J, Kotani S, Wakayama T, Iseki S, Sawamoto K, Okano H, Fujii C, Mukaida N, Tonchev AB, Hippocampus, 16, (11) 924 - 935,   2006年, 査読有り
  • Transcription factor protein expression patterns by neural or neuronal progenitor cells of adult monkey subventricular zone., Tonchev AB, Yamashima T, Sawamoto K, Okano H, Neuroscience, 139, 1355 - 1367,   2006年, 査読有り
  • Gain-of-function screen identifies a role of the Sec61alpha translocon in Drosophila postmitotic neurotoxicity., Kanuka H, Hiratou T, Igaki T, Kanda H, Kuranaga E, Sawamoto K, Aigaki T, Okano H, Miura M, Biochimica et biophysica acta, 1726, (3) 225 - 237,   2005年11月03日, 査読有り
  • Enhanced proliferation of progenitor cells in the subventricular zone and limited neuronal production in the striatum and neocortex of adult macaque monkeys after global cerebral ischemia., Tonchev AB, Yamashima T, Sawamoto K, Okano H, Journal of neuroscience research, 81, (6) 776 - 788,   2005年09月01日, 査読有り
  • Blockade of interleukin-6 signaling aggravates ischemic cerebral damage in mice: possible involvement of Stat3 activation in the protection of neurons., Yamashita T, Sawamoto K, Suzuki S, Suzuki N, Adachi K, Kawase T, Mihara M, Ohsugi Y, Abe K, Okano H, Journal of neurochemistry, 94, (2) 459 - 468,   2005年07月, 査読有り
  • Activation of cytokine signaling through leukemia inhibitory factor receptor (LIFR)/gp130 attenuates ischemic brain injury in rats., Suzuki S, Yamashita T, Tanaka K, Hattori H, Sawamoto K, Okano H, Suzuki N, Journal of cerebral blood flow and metabolism : official journal of the International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism, 25, (6) 685 - 693,   2005年06月, 査読有り
  • The transmembrane protein, Tincar, is involved in the development of the compound eye in Drosophila melanogaster., Hirota Y, Sawamoto K, Takahashi K, Ueda R, Okano H, Development genes and evolution, 215, (2) 90 - 96,   2005年02月, 査読有り
  • Characterization of the isoforms of MOVO zinc finger protein, a mouse homologue of Drosophila Ovo, as transcription factors., Unezaki S, Nishizawa M, Okuda-Ashitaka E, Masu Y, Mukai M, Kobayashi S, Sawamoto K, Okano H, Ito S, Gene, 336, (1) 47 - 58,   2004年07月07日, 査読有り
  • Mapping spatio-temporal activation of Notch signaling during neurogenesis and gliogenesis in the developing mouse brain., Tokunaga A, Kohyama J, Yoshida T, Nakao K, Sawamoto K, Okano H, Journal of neurochemistry, 90, (1) 142 - 154,   2004年07月, 査読有り
  • Isolation and transplantation of dopaminergic neurons generated from mouse embryonic stem cells., Yoshizaki T, Inaji M, Kouike H, Shimazaki T, Sawamoto K, Ando K, Date I, Kobayashi K, Suhara T, Uchiyama Y, Okano H, Neuroscience letters, 363, (1) 33 - 37,   2004年06月03日, 査読有り
  • Vascular adventitia generates neuronal progenitors in the monkey hippocampus after ischemia., Yamashima T, Tonchev AB, Vachkov IH, Popivanova BK, Seki T, Sawamoto K, Okano H, Hippocampus, 14, (7) 861 - 875,   2004年, 査読有り
  • tincar encodes a novel transmembrane protein expressed in the Tinman-expressing cardioblasts of Drosophila., Hirota Y, Sawamoto K, Okano H, Gene expression patterns : GEP, 2, (3-4) 323 - 327,   2002年12月, 査読有り
  • tincar encodes a novel transmembrane protein expressed in the Tinman-expressing cardioblasts of Drosophila., Hirota Y, Sawamoto K, Okano H, Mechanisms of development, 119 Suppl 1, S279 - 83,   2002年12月, 査読有り
  • Isolation and transplantation of dopaminergic neurons and neural stem cells., Okano H, Yoshizaki T, Shimazaki T, Sawamoto K, Parkinsonism & related disorders, 9, (1) 23 - 28,   2002年10月, 査読有り
  • Transplantation of in vitro-expanded fetal neural progenitor cells results in neurogenesis and functional recovery after spinal cord contusion injury in adult rats., Ogawa Y, Sawamoto K, Miyata T, Miyao S, Watanabe M, Nakamura M, Bregman BS, Koike M, Uchiyama Y, Toyama Y, Okano H, Journal of neuroscience research, 69, 925 - 933,   2002年09月01日, 査読有り
  • Reaper-mediated inhibition of DIAP1-induced DTRAF1 degradation results in activation of JNK in Drosophila., Kuranaga E, Kanuka H, Igaki T, Sawamoto K, Ichijo H, Okano H, Miura M, Nature cell biology, 4, (9) 705 - 710,   2002年09月, 査読有り
  • Overexpression of poly(ADP-ribose) polymerase disrupts organization of cytoskeletal F-actin and tissue polarity in Drosophila., Uchida M, Hanai S, Uematsu N, Sawamoto K, Okano H, Miwa M, Uchida K, The Journal of biological chemistry, 277, (8) 6696 - 6702,   2002年02月02日, 査読有り
  • Direct isolation of committed neuronal progenitor cells from transgenic mice coexpressing spectrally distinct fluorescent proteins regulated by stage-specific neural promoters., Sawamoto K, Yamamoto A, Kawaguchi A, Yamaguchi M, Mori K, Goldman SA, Okano H, Journal of neuroscience research, 65, 220 - 227,   2001年08月01日, 査読有り
  • Genetic and functional analysis of PARP, a DNA strand break-binding enzyme., Uchida M, Hanai S, Uematsu N, Sawamoto K, Okano H, Miwa M, Uchida K, Mutation research, 477, (1/2) 89 - 96,   2001年06月02日, 査読有り
  • Generation of dopaminergic neurons in the adult brain from mesencephalic precursor cells labeled with a nestin-GFP transgene., Sawamoto K, Nakao N, Kakishita K, Ogawa Y, Toyama Y, Yamamoto A, Yamaguchi M, Mori K, Goldman SA, Itakura T, Okano H, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 21, 3895 - 3903,   2001年06月01日, 査読有り
  • Visualization, direct isolation, and transplantation of midbrain dopaminergic neurons., Sawamoto K, Nakao N, Kobayashi K, Matsushita N, Takahashi H, Kakishita K, Yamamoto A, Yoshizaki T, Terashima T, Murakami F, Itakura T, Okano H, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 98, (11) 6423 - 6428,   2001年05月02日, 査読有り
  • Nestin-EGFP transgenic mice: visualization of the self-renewal and multipotency of CNS stem cells., Kawaguchi A, Miyata T, Sawamoto K, Takashita N, Murayama A, Akamatsu W, Ogawa M, Okabe M, Tano Y, Goldman SA, Okano H, Molecular and cellular neurosciences, 17, 259 - 273,   2001年02月, 査読有り
  • Mutations modulating the Argos-regulated signaling pathway in Drosophila eye development., Taguchi A, Sawamoto K, Okano H, Genetics, 154, 1639 - 1648,   2000年04月, 査読有り
  • The interaction between the Drosophila secreted protein argos and the epidermal growth factor receptor inhibits dimerization of the receptor and binding of secreted spitz to the receptor., Jin MH, Sawamoto K, Ito M, Okano H, Molecular and cellular biology, 20, (6) 2098 - 2107,   2000年03月, 査読有り
  • Drob-1, a Drosophila member of the Bcl-2/CED-9 family that promotes cell death., Igaki T, Kanuka H, Inohara N, Sawamoto K, Núñez G, Okano H, Miura M, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 97, (2) 662 - 667,   2000年01月01日, 査読有り
  • GAL4/UAS-WGA system as a powerful tool for tracing Drosophila transsynaptic neural pathways., Tabuchi K, Sawamoto K, Suzuki E, Ozaki K, Sone M, Hama C, Tanifuji-Morimoto T, Yuasa Y, Yoshihara Y, Nose A, Okano H, Journal of neuroscience research, 59, 94 - 99,   2000年01月01日, 査読有り
  • Musashi1: an evolutionally conserved marker for CNS progenitor cells including neural stem cells., Kaneko Y, Sakakibara S, Imai T, Suzuki A, Nakamura Y, Sawamoto K, Ogawa Y, Toyama Y, Miyata T, Okano H, Developmental neuroscience, 22, 139 - 153,   2000年, 査読有り
  • Control of the cell death pathway by Dapaf-1, a Drosophila Apaf-1/CED-4-related caspase activator., Kanuka H, Sawamoto K, Inohara N, Matsuno K, Okano H, Miura M, Molecular cell, 4, 757 - 769,   1999年11月, 査読有り
  • Cloning and characterization of Dfak56, a homolog of focal adhesion kinase, in Drosophila melanogaster., Fujimoto J, Sawamoto K, Okabe M, Takagi Y, Tezuka T, Yoshikawa S, Ryo H, Okano H, Yamamoto T, The Journal of biological chemistry, 274, (41) 29196 - 29201,   1999年10月08日, 査読有り
  • Musashi and seven in absentia downregulate Tramtrack through distinct mechanisms in Drosophila eye development., Hirota Y, Okabe M, Imai T, Kurusu M, Yamamoto A, Miyao S, Nakamura M, Sawamoto K, Okano H, Mechanisms of development, 87, (1/2) 93 - 101,   1999年09月, 査読有り
  • The Drosophila Ral GTPase regulates developmental cell shape changes through the Jun NH(2)-terminal kinase pathway., Sawamoto K, Winge P, Koyama S, Hirota Y, Yamada C, Miyao S, Yoshikawa S, Jin MH, Kikuchi A, Okano H, The Journal of cell biology, 146, (2) 361 - 372,   1999年07月02日, 査読有り
  • Ectopic expression of constitutively activated Ral GTPase inhibits cell shape changes during Drosophila eye development., Sawamoto K, Yamada C, Kishida S, Hirota Y, Taguchi A, Kikuchi A, Okano H, Oncogene, 18, (11) 1967 - 1974,   1999年03月01日, 査読有り
  • Proapoptotic activity of Caenorhabditis elegans CED-4 protein in Drosophila: implicated mechanisms for caspase activation., Kanuka H, Hisahara S, Sawamoto K, Shoji S, Okano H, Miura M, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 96, (1) 145 - 150,   1999年01月05日, 査読有り
  • A genetic approach to visualization of multisynaptic neural pathways using plant lectin transgene., Yoshihara Y, Mizuno T, Nakahira M, Kawasaki M, Watanabe Y, Kagamiyama H, Jishage K, Ueda O, Suzuki H, Tabuchi K, Sawamoto K, Okano H, Noda T, Mori K, Neuron, 22, (1) 33 - 41,   1999年01月, 査読有り
  • A novel Drosophila paired-like homeobox gene related to Caenorhabditis elegans unc-4 is expressed in subsets of postmitotic neurons and epidermal cells., Tabuchi K, Yoshikawa S, Yuasa Y, Sawamoto K, Okano H, Neuroscience letters, 257, (1) 49 - 52,   1998年11月02日, 査読有り
  • Mammalian BarH homologue is a potential regulator of neural bHLH genes., Saito T, Sawamoto K, Okano H, Anderson DJ, Mikoshiba K, Developmental biology, 199, (2) 216 - 225,   1998年07月01日, 査読有り
  • Argos induces programmed cell death in the developing Drosophila eye by inhibition of the Ras pathway., Sawamoto K, Taguchi A, Hirota Y, Yamada C, Jin Mh, Okano H, Cell death and differentiation, 5,   1998年06月, 査読有り
  • Evolutionarily conserved mechanisms regulating neural development: lessons from the development of Drosophila peripheral nervous systems., Okano H, Okabe M, Taguchi A, Sawamoto K, Human cell : official journal of Human Cell Research Society, 10, 139 - 150,   1997年09月, 査読有り
  • Modulation of hepatocyte function by changing the cell shape in primary culture., Sawamoto K, Takahashi N, In vitro cellular & developmental biology. Animal, 33, (7) 569 - 574,   1997年07月, 査読有り
  • Intrinsic and extrinsic determinants regulating cell fate decision in developing nervous system., Okabe M, Sawamoto K, Imai T, Sakakibara S, Yoshikawa S, Okano H, Developmental neuroscience, 19, 9 - 16,   1997年, 査読有り
  • Cell-cell interactions during neural development: multiple types of lateral inhibitions involved in Drosophila eye development., Sawamoto K, Okano H, Neuroscience research, 26, (3) 205 - 214,   1996年11月, 査読有り
  • The Drosophila secreted protein Argos regulates signal transduction in the Ras/MAPK pathway., Sawamoto K, Okabe M, Tanimura T, Mikoshiba K, Nishida Y, Okano H, Developmental biology, 178, (1) 13 - 22,   1996年08月02日, 査読有り
  • The function of the Drosophila argos gene product in the development of embryonic chordotonal organs., Okabe M, Sawamoto K, Okano H, Developmental biology, 175, (1) 37 - 49,   1996年04月01日, 査読有り
  • argos Is required for projection of photoreceptor axons during optic lobe development in Drosophila., Sawamoto K, Okabe M, Tanimura T, Hayashi S, Mikoshiba K, Okano H, Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists, 205, 162 - 171,   1996年02月, 査読有り
  • Changes in the organelle arrangement in primary cultured hepatocytes following the formation of cytoskeleton., Sawamoto K, Takahashi N, International journal of tissue reactions, 17, 205 - 210,   1995年, 査読有り
  • Cloning of a Drosophila melanogaster homologue of the mouse type-I bone morphogenetic proteins-2/-4 receptor: a potential decapentaplegic receptor., Okano H, Yoshikawa S, Suzuki A, Ueno N, Kaizu M, Okabe M, Takahashi T, Matsumoto M, Sawamoto K, Mikoshiba K, Gene, 148, (2) 203 - 209,   1994年10月02日, 査読有り
  • The function of argos in regulating cell fate decisions during Drosophila eye and wing vein development., Sawamoto K, Okano H, Kobayakawa Y, Hayashi S, Mikoshiba K, Tanimura T, Developmental biology, 164, (1) 267 - 276,   1994年07月, 査読有り
  • Regulation of Drosophila neural development by a putative secreted protein., Okano H, Hayashi S, Tanimura T, Sawamoto K, Yoshikawa S, Watanabe J, Iwasaki M, Hirose S, Mikoshiba K, Montell C, Differentiation; research in biological diversity, 52, (1) 1 - 11,   1992年12月, 査読有り

MISC

  • 生後脳におけるニューロン移動の調節機構, 澤田雅人,澤本和延, 生化学, 91, (2) 178 - 190,   2019年04月, 招待有り
  • 内在性のニューロン再生過程における新生ニューロンの移動制御機構, 齋藤志朗,金子奈穂子,澤本和延, 生体の科学, 70, (1) 63 - 67,   2019年02月, 招待有り
  • 脳細胞の移動・再生促進技術の開発, 坪井義晃,澤田雅人,大塚隆信,澤本和延, Drug Delivery System, 32, (1) 46 - 49,   2017年01月
  • エリスロポエチン派生物質による脳の修復と保護, 加古英介, 金子奈穂子, 祖父江和哉, 澤本和延, NAGOYA MEDICAL JOURNAL, 55, (3) 129 - 135,   2017年, 査読有り
  • Adult neural stem cells, Sawamoto K, Kaneko N, Nihon Rinsho, 73,   2015年06月
  • 感覚入力によって制御されるニューロン再生機構, 澤本 和延, リハビリテーション医学, 52, (2) 108 - 110,   2015年02月, 招待有り
  • 成体ニューロン新生における血管の役割, 澤本和延、松本真実、澤田雅人, 生体の科学, 65, (3) 215 - 219,   2014年06月, 招待有り
  • 成体神経幹細胞におけるSirt1の役割, 岸本憲人, 澤本和延, 基礎老化研究, 37, (2) 37 - 37,   2013年
  • 内在性神経幹細胞を用いた神経再生, 松本真実、匹田貴夫、澤本和延, BIO Clinica , 28, (13) 38 - 42,   2013年
  • 脳修復過程における内在性神経前駆細胞の移動, 藤掛数馬、匹田貴夫、祖父江和哉、澤本和延, 脳循環代謝, 24,   2013年, 招待有り
  • 培養脳スライスを用いた新生ニューロンのライブイメージング, 藤掛数馬、匹田貴夫、祖父江和哉、澤本和延, Surgery Frontier, 20, (3) 93 - 97,   2013年, 招待有り
  • 精神疾患と海馬のニューロン新生, 藤岡哲平、金子奈穂子、澤本和延, Clinical Neuroscience, 31, (13年) 1446 - 1448,   2013年, 招待有り
  • 新生児脳傷害に対する再生医療の可能性, 神農英雄、齋藤伸治、澤本和延, 日本産婦人科・新生児血液学会誌, 22, (2) 37 - 44,   2013年, 招待有り
  • 血管に沿って動く新生ニューロン, 澤本 和延, 細胞工学, 31,   2012年06月, 招待有り
  • 成体脳に内在する神経前駆細胞を用いた神経再生, 澤本 和延, 臨床神経学, 52, (11) 939 - 941,   2012年, 招待有り
  • 新生児神経疾患の再生医療の可能性, 澤本和延、神農英雄、澤田雅人、齋藤伸治, Fetal & Neonatal Medicine, 4, (2) 30 - 33,   2012年, 招待有り
  • 脳に内在する神経再生機構とその制御, 澤本 和延, 脳循環代謝, 23, (2) 95 - 99,   2012年, 招待有り
  • 成体神経幹細胞老化のゼブラフィッシュモデル, 岸本憲人、澤本和延, 基礎老化研究, 36,   2012年, 招待有り
  • 脳卒中の再生医療に向けて, 太田晴子、匹田貴夫、祖父江和哉、澤本和延, 循環器内科, 68, (4) 393 - 397,   2010年10月, 招待有り
  • 成体脳を移動する新生ニューロンは周囲のアストロサイトの形態を制御することにより移動経路を形成・維持している, 澤本 和延, ライフサイエンス新着論文レビュー,   2010年09月, 招待有り
  • 中枢神経系における繊毛の機能, 廣田ゆき, 澤本和延, 小児の脳神経, 35, (1) 11 - 14,   2010年02月, 招待有り
  • 海馬ニューロンの新生と精神神経疾患 (特集 中枢神経の可塑性), 金子奈穂子, 澤本和延, 総合リハビリテ-ション, 38, (2) 114 - 120,   2010年02月
  • 成体の脳組織における神経幹細胞と再生医療 (AYUMI 組織幹細胞のあらたな発見とその臨床応用), 匹田貴夫, 澤本和延, 医学のあゆみ, 231, (11) 1112 - 1116,   2009年12月12日
  • 細胞移植を用いない脳死間再生医療の可能性, 加古英介, 金子奈穂子, 祖父江和哉, 澤本和延, 生物物理化学, 53, (4) 103 - 107,   2009年12月, 招待有り
  • 神経系細胞分化を制御するエピジェネティクス機構, 中島欽一, 神山淳, 波平昌一, Gage Fred H, 岡野栄之, 澤本和延, 脳と発達, 41, (6) 411 - 414,   2009年11月, 招待有り
  • 脳に内在する神経再生機構 (第50回日本神経学会総会(2009年)) -- (シンポジウム 中枢神経系の再生・次なる半世紀), 澤本和延, 臨床神経学, 49, (11) 830 - 833,   2009年11月
  • 神経組織における繊毛の役割 (特集 動くだけではない!?繊毛の多彩な機能), 黄詩惠, 廣田ゆき, 澤本和延, 細胞工学, 28, (10) 1016 - 1020,   2009年10月
  • 受賞記念講座(坂口光洋記念慶應義塾医学振興基金奨励研究) 成体脳におけるニューロン新生, 小島拓郎, 廣田ゆき, 澤本和延, 慶應医学, 85, (2) 169 - 177,   2009年04月
  • 発達期における上衣細胞繊毛の成熟と脳脊髄液循環, 黄詩惠, 廣田ゆき, 澤本和延, 小児の脳神経, 34, (1) 10 - 15,   2009年02月, 招待有り
  • 成体脳におけるニューロン新生と脳梗塞後の神経新生メカニズム, 金子奈穂子, 澤本和延, 実験医学 増刊, 26, (12) 224 - 229,   2008年12月, 招待有り
  • 脳梗塞後の神経再生--基礎研究の現状と臨床応用への課題 (特集 神経再生の現状と課題 細胞ソースとバンキング) -- (神経再生の現状と課題), 澤本和延, 金子菜穂子, 鈴木重明, 再生医療, 7, (4) 359 - 365,   2008年11月
  • 細胞移植を用いない脳疾患再生医療の可能性, 澤本和延, 生物物理化學, 52,   2008年09月15日
  • ニューロンの移動制御と細胞接着, 廣田ゆき, 澤本和延, 実験医学, 26, (14) 2191 - 2195,   2008年09月, 招待有り
  • 脳室壁付近に存在する成体神経幹細胞ニッチの機能と進化 (特集 ベールを脱ぐニッチ--見えてきた幹細胞の居場所), 澤本和延, 岸本憲人, 細胞工学, 27, (7) 681 - 685,   2008年07月
  • 成体の脳室下帯で誕生し移動するニューロン, 廣田ゆき, 澤本和延, 蛋白質核酸酵素, 53, (7) 863 - 869,   2008年06月
  • 成体脳におけるニューロンの新生と移動・成熟, 金子奈穂子, 澤本和延, 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 28, (2) 63 - 68,   2008年04月25日
  • 成体脳のニューロン新生とその異常 (特集 神経系の発生とその異常), 金子奈穂子, 澤本和延, Brain and nerve, 60, (4) 319 - 328,   2008年04月
  • 名古屋市立大学・大学院医学研究科・再生医学分野, 澤本和延, 神経化学, 47, (1) 40 - 42,   2008年03月31日
  • 成体脳で生まれて移動・成熟するニューロン : 嗅覚障害の治療への応用の可能性(特別講演IV,第58回名古屋市立大学医学会総会), 加藤康子, 金子菜穂子, 村上信五, 澤本和延, Nagoya medical journal, 49, (3) 241 - 245,   2008年03月31日
  • 成体脳室下帯におけるニューロン新生のメカニズム, 澤本和延, 小児の脳神経, 33, (1) 27 - 29,   2008年02月29日
  • 成体脳におけるニューロンの新生と移動・成熟, 金子奈穂子, 澤本和延, 日本神経精神薬理学雑誌, 28, (1) 63 - 68,   2008年02月, 招待有り
  • 成体脳における神経細胞の移動, 金子奈穂子, 澤本和延, 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 27, (5) 215 - 218,   2007年11月25日
  • 神経幹細胞がもたらす再生医学のブレイクスルー, 池田麻記子, 廣田ゆき, 大塚隆信, 澤本和延, 現代医学, 55, (2) 255 - 262,   2007年11月, 招待有り
  • 分子標的薬開発への挑戦(第10回)解明が進むシグナル分子と分子標的薬開発の可能性 新規GSK3βインヒビターによって明らかになった成体神経前駆細胞の増殖におけるWnt/β-cateninシグナルの機能, 澤本和延, バイオテクノロジージャーナル, 7, (6) 754 - 757,   2007年11月
  • 脳室壁付近に存在する成体神経幹細胞ニッチ (あゆみ 幹細胞とニッチ), 澤本和延, 医学のあゆみ, 221, (7) 581 - 584,   2007年05月19日
  • 成体脳における新生ニューロンの移動, 廣田ゆき, 澤本和延, 実験医学, 25, (3) 346 - 351,   2007年03月, 招待有り
  • 成体脳室下帯の神経発生・再生学, 廣田ゆき, 金子奈穂子, 澤本和延, 小児の脳神経 = Nervous System in Children, 31, (6) 428 - 431,   2006年12月31日
  • 成体脳における神経細胞の移動制御機構, 澤本和延, 神経化学, 45, (4) 663 - 667,   2006年12月25日
  • 成体脳内の神経細胞移動メカニズム, 金子奈穂子, 澤本和延, Medical Science Digest, 32, (14) 592 - 593,   2006年12月, 招待有り
  • 脳脊髄液流によるニューロンの移動制御, 廣田ゆき, 澤本和延, 脳神経外科学速報, 16, (11) 1003 - 1008,   2006年11月, 招待有り
  • 新しい神経細胞は脳脊髄液の流れに沿って移動する, 澤本 和延, 実験医学, 24, (6) 839 - 841,   2006年09月, 招待有り
  • 糖鎖結合蛋白質Galectin1は成体脳内の神経幹細胞の増殖を促進させる, 坂口昌徳, 今泉陽一, 澤本和延, 岡野栄之, 細胞工学, 25, (8) 912 - 913,   2006年08月, 招待有り
  • 成体の脳で生まれ、移動する神経細胞, 金子奈穂子, 澤本和延, Bionics, 3, (6) 66 - 67,   2006年06月, 招待有り
  • 脳脊髄液に関する基礎知識:産生・循環・吸収のメカニズム, 安達一英, 高橋浩一, 澤本和延, 脊椎脊髄ジャーナル, 19, (5) 329 - 333,   2006年05月, 招待有り
  • 成熟脳におけるニューロンの正常発生と再生, 澤本和延, 東北医学雑誌, 118, (1) 22 - 23,   2006年04月, 招待有り
  • 神経幹細胞 (第1土曜特集 脳科学の先端的研究--遺伝子から高次機能まで) -- (神経の発生), 二宮充喜子, 澤本和延, 坂口昌徳 [他], 医学のあゆみ, 212, (10) 865 - 868,   2005年03月05日
  • 内在性成体神経幹細胞による神経再生の可能性, 澤本和延, 鳥谷真佐子, 野村良知, 岡野栄之, 小児外科, 36, (11) 1351 - 1356,   2004年11月, 招待有り
  • 神経幹細胞を用いた神経再生戦略, 山下徹, 岡田誠司, 澤本和延, 阿部康二, 岡野栄之, 脳循環代謝, 16, (1) 75 - 81,   2004年04月, 招待有り
  • 脳神経幹細胞の治療への応用, 安達一英, 澤本和延, 岡野栄之, 実験医学, 21, (17) 2440 - 2445,   2003年11月, 招待有り
  • 神経幹細胞 (精神科領域の用語解説(4)), 山下徹, 澤本和延, 岡野栄之, 分子精神医学, 3, (4) 342 - 344,   2003年10月
  • パーキンソン病への細胞移植-モデル動物-, 吉崎崇仁, 澤本和延, 岡野栄之, 実験医学, 20, (9) 1285 - 1290,   2002年06月, 招待有り
  • 神経幹細胞を用いたParkinson病治療の可能性 (〔2002年〕5月第1土曜特集 神経幹細胞研究の最前線), 澤本和延, 岡野栄之, 医学のあゆみ, 201, (5) 325 - 329,   2002年05月04日
  • ドーパミンニューロンおよび前駆細胞の可視化・分離と移植 (特集 神経幹細胞と再生移植治療), 澤本和延, 岡野栄之, 神経研究の進歩, 46, (2) 247 - 255,   2002年04月
  • パーキンソン病治療への新たな布石—ドーパミンニューロンの可視化・分離と移植—, 澤本和延, 岡野栄之, Bioベンチャー , 1, (9-10月) 90 - 92,   2001年10月, 招待有り
  • 神経幹細胞と再生, 今井貴雄, 澤本和延, 岡野栄之, 治療学 , 35, (1) 29 - 35,   2001年10月, 招待有り
  • Parkinson病治療への応用をめざした幹細胞工学の現状 (〔2001年2月〕第1土曜特集 再生医学と組織工学--現状と今後の課題) -- (組織工学と今後の課題), 澤本和延, 岡野栄之, 医学のあゆみ, 196, (5) 367 - 372,   2001年02月03日
  • 外傷性脊髄損傷に対する神経幹細胞移植の試み, 小川祐人, 戸山芳昭, 藤村祥一, 渡辺雅彦, 沢本和延, 宮田卓樹, 岡野栄之, 日本整形外科學會雜誌, 74,   2000年08月25日
  • 外傷性脊髄損傷に対する神経幹細胞移植の試み, 小川祐人, 宮田卓樹, 澤本和延, 渡辺雅彦, 戸山芳昭, 岡野栄之, 日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society, 11,   2000年04月28日
  • 大阪大学大学院医学系研究科・神経機能解剖学研究部, 三浦正幸, 澤本和延, 島崎琢也, 岡野栄之, 神経化学, 39, (1) 20 - 22,   2000年04月15日
  • ショウジョウバエ複眼を用いたプログラム細胞死の研究, 澤本 和延, 細胞工学, 17, (1) 102 - 103,   1998年01月, 招待有り
  • 低分子量GTP結合タンパク質RalはJNK経路を抑制し細胞形態を制御する, 澤本和延, 岡野栄之, 細胞工学, 19, (3) 441 - 443,   2000年03月
  • 第29回米国神経科学会見聞記, 澤本和延, 神経化学, 38, (4) 59 - 61,   1999年12月25日
  • 低分子量GTP結合蛋白質RalはJNK経路を介して細胞の形態変化を制御する, 澤本和延, WINGEPer, 岸田昭世, 廣田ゆき, 山田知春, 宮尾幸代, 金明鎬, 菊池章, 岡野栄之, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 21,   1998年12月01日
  • ArgosによるRas/MAPKシグナルの制御とアポトーシス誘導に関与する新規な遺伝子の同定, 田口明子, 澤本和延, 宮尾幸代, 岡野栄之, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 21,   1998年12月01日
  • ArgosによるショウジョウバエEGF受容体の2量体形成の抑制, 金明鎬, 澤本和延, 伊藤美紀子, 田口明子, 岡野栄之, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 21,   1998年12月01日
  • Caspase活性化因子C. elegans CED-4の作用機序の解析, 嘉糠洋陸, 澤本和延, 岡野栄之, 三浦正幸, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 21,   1998年12月01日
  • ショウジョウバエmusashiの複眼における機能の解析, 廣田ゆき, 山本篤世, 岡部正隆, 中村真, 今井貴雄, 宮尾幸代, 来栖光彦, 榊原伸一, 澤本和延, 岡野栄之, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 21,   1998年12月01日
  • ショウジョウバエ複眼形成における分泌蛋白質Argosの役割 : Ras/MAPKカスケードを介した細胞分化の制御とアポトーシスの誘導, 澤本和延, 田口明子, 山田知春, 岡野栄之, 神経化学, 35, (3) 696 - 697,   1996年08月
  • ショウジョウバエfocal adhesion kinase(FAK)関連遺伝子のクローニングとその発現, 藤元次郎, 岡部正隆, 澤本和延, 岡野栄之, 山本雅, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19,   1996年08月01日
  • 神経分化を制御する新しい分泌蛋白質, 澤本和延, 岡野栄之, 御子柴克彦, 実験医学, 11, (2) 1540 - 1548,   1993年08月, 招待有り
  • 神経細胞の分化と軸索走行を制御するEGFモチーフを持つ新しい分泌性因子・strawberry遺伝子産物, 岡野栄之, 澤本和延,吉川真悟,御子柴克彦, 神経化学, 32, (1) 162 - 163,   1993年04月

書籍等出版物

  • ライフサイエンス新着論文レビュー_放射状グリアは新生仔における脳の障害ののちの新生ニューロンの移動および神経学的な機能の回復を促進する, 神農英雄, 澤本和延, 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構,   2018年01月
  • Annual Review神経2017, 荻野崇、澤田雅人、岡田洋平、澤本和延, 分担執筆, 精神・神経特異的iPS細胞を用いた創薬研究, 中外医学社,   2017年01月
  • 科研費NEWS Vol.3 , 澤本 和延, 分担執筆, 最近の研究成果トピックス 生物系 生後脳における新生ニューロンの移動・分化機構とその操作技術, 日本学術振興会,   2017年10月
  • Clinical Neuroscience 34巻11号, 岩田英敏,金子奈穂子,大塚隆信,澤本和延, 分担執筆, 脳梗塞に対する内在性神経幹細胞活性化を用いた治療., 中外医学社,   2016年11月
  • 実験医学 Vol.34 No.7 (増刊) 細胞死—新しい実行メカニズムの謎に迫り疾患を理解する 編集:田中正人,中野裕康, 澤田雅人, 澤本和延, 分担執筆, 第2章死細胞の認識,貪食,生体応答「成体脳における神経細胞死と再生の生体イメージング」 p87(1095)-92(1100), 羊土社,   2016年05月
  • 麻酔Vol 64 増刊号<日本麻酔科学会第62回学術集会講演特集号>, 藤掛数馬 , 太田晴子, 祖父江和哉, 澤本和延, 分担執筆, 脳に内在する再生メカニズム p185-192, 克誠堂出版,   2015年11月
  • 脳科学事典 (脳室下帯), 金子奈穂子, 澤本和延, 分担執筆, https://bsd.neuroinf.jp/wiki/脳室下帯, 日本神経科学学会 脳科学辞典編集委員会,   2015年11月
  • 日本臨牀 73/増刊5 再生医療―新たな医療を求めて, 澤本和延, 金子奈穂子, 分担執筆, 成体神経幹細胞(Ⅱ.臨床応用を目指した基礎研究 体細胞研究 p.210-214), 日本臨牀社,   2015年06月
  • 再生医療用語ハンドブック, 藤岡哲平, 金子奈穂子, 澤本和延, 分担執筆, 脳梗塞(用語解説)領域:脳・神経/責任編集者:岡野栄之先生 p176-177, メディカルトリビューン,   2015年03月
  • 再生医療シリーズ 脳神経系の再生医学 —発生と再生の融合的新展開—, 荻野崇, 澤本和延, 分担執筆, 内在性神経幹細胞による神経再生(第3章 細胞と回路の再生医学 4節;p98-102), 診断と治療社 ,   2015年01月
  • 最新臨床脳卒中学(上)-最新の診断と治療- 日本臨牀 72巻 増刊号5 , 藤岡哲平,金子奈穂子,松川則之,澤本和延, 分担執筆, 脳に内在する神経再生機構 p447-451, 日本臨牀社,   2014年07月
  • カンデル神経科学 金澤一郎・宮下保司日本語版監修, 澤本 和延, 分担執筆, 57章 損傷を受けた脳の修復 p1258-1279, メディカルサイエンスインターナショナル,   2014年04月
  • 脳科学事典(脳室帯), 岸本憲人, 澤本和延, 分担執筆, http://bsd.neuroinf.jp/wiki/脳室帯, 理化学研究所脳科学総合研究センター,   2014年01月
  • 再生医療における臨床研究と製品開発 エイブル(株) 和田昌憲 (著), 技術情報協会 (編集) , 金子奈穂子, 澤本和延, 分担執筆, 脳梗塞モデル動物における神経細胞の再生評価(第6章1節[3]), 技術情報協会,   2013年09月
  • 脳の発生学 宮田卓樹、山本亘彦編, 澤本 和延, 分担執筆, 13章 成体におけるニューロン新生 , 化学同人,   2013年07月
  • Comprehensive Developmental Neuroscience: Patterning and cell Type Specification in the Developing CNS and PNS vol. 1, Meunier A., Sawamoto K., Spassky N, 共著, Chapter 42, Ependyma, Choroid, Elsevier,   2013年05月
  • 改訂第3版 脳神経科学イラストレイテッド~分子・細胞から実験技術まで 森寿・真鍋俊也他編, 澤本 和延, 分担執筆, 4章1. 成体脳室下帯におけるニューロン新生, 羊土社,   2013年04月
  • 上衣細胞 脳科学事典, 澤田雅人, 澤本和延, 分担執筆, http://bsd.neuroinf.jp/wiki/上衣細胞, 理化学研究所脳科学総合研究センター,   2013年03月
  • 神経系 (再生医療叢書 第7巻) 岡野栄之・出澤真理編, 澤本 和延, 分担執筆, 第4章 成体ニューロン新生 , 朝倉書店,   2013年02月
  • Tumors of the Central Nervous System. Ed. Eric Hayat, Hirota, Y. and Sawamoto, K., Proliferation of neuroblasts in the adult brain: role of Diversin. p177-183, Springer,   2012年
  • Neurogenesis in the adult brain I Editors: Seki T, Sawamoto K, Parent J, Alvarez-Buylla A, Sawada M, Huang S, Hirota Y, Kaneko N and Sawamoto K, 分担執筆, Neuronal migration in the adult brain p337-355, Springer,   2011年
  • Neurogenesis in the adult brain I (Neurobiology), Tatsunori Seki, Kazunobu Sawamoto, Jack M Parent, Arturo Alvarez-Buylla, 編者, p413, Springer,   2011年
  • Neurogenesis in the adult brain II(Clinical implications), Tatsunori Seki, Kazunobu Sawamoto, Jack M Parent, Arturo Alvarez-Buylla, 編者, p226,   2011年
  • ますます重要になる細胞周辺環境(細胞ニッチ)の最新科学技術―細胞の生存、増殖、機能のコントロールから創薬研究、再生医療まで (遺伝子医学MOOK別冊) 田畑泰彦編, 澤本 和延, 分担執筆, 幹細胞ニッチ p267-273, メディカルドゥ,   2009年08月
  • 実験医学27(5)増刊号 分子標的薬開発への新たなる挑戦 編集/岡野栄之、岩坪威、佐谷秀行, 澤本 和延, 新規GSK3bインヒビターによって明らかになった成体神経前駆細胞の増殖におけるWnt/β-cateninシグナルの機能 p69-73 p, 羊土社,   2009年03月
  • Key Word 精神 第四版 樋口輝彦・神庭重信・染谷俊幸・宮岡等編, 金子奈穂子, 澤本和延, 岡野栄之, 分担執筆, 神経幹細胞 p176-177, 先端医学社,   2007年08月
  • ぼくもわたしも歩けるよ!の未来シンポジウム(Vol.2) 大井静雄編, 澤本 和延, 分担執筆, 成体脳で生まれて移動する神経細胞 p37-59, 編集室なるにあ,   2007年
  • ぼくもわたしも歩けるよ!の未来シンポジウム(Vol.1) 大井静雄編, 澤本 和延, 分担執筆, 神経発生・再生における脳脊髄液の機能と未来研究 p61-72, 編集室なるにあ,   2006年
  • 改訂第2版 脳神経科学イラストレイテッド 森寿・真鍋俊也他編, 山下徹, 澤本和延, 分担執筆, 成熟脳の脳室下層におけるニューロン新生 p148-152, 羊土社,   2006年
  • Principles of Molecular Neurosurgery. Prog Neurol Surg. Vol18 Ed. Freese A, Simeone FA, et al, Iwanami, A., Ogawa, Y., Nakamura, M., Kaneko, S., Sawamoto, K., Okano, H.J., Toyama, Y., and Okano, H, 分担執筆, Neural stem cell transplantation for spinal cord repair p104-123, Basel, Karger,   2005年03月
  • 看護のための最新医学講座第二版 第一巻 脳神経系疾患 祖父江元編, 坂口昌徳, 澤本和延, 岡野栄之, 分担執筆, 神経再生医療 p88-92, 中山書店,   2005年
  • 発生・再生イラストマップ 監修 上野直人・野地澄晴, 坂口昌徳, 砂堀毅彦, 澤本和延, 岡野栄之, 分担執筆, 脳神経の発生・再生 p139-148, 羊土社,   2005年
  • 予防医学辞典 松島綱治・酒井敏行他編, 澤本和延, 岡野栄之, 分担執筆, 神経幹細胞 p347-349, 朝倉書店,   2005年
  • Recent Research Developments in Molecular and Cellular Biology Vol.3 Ed.S.G. Pandalai, Sawamoto, K. and Okano, H, 分担執筆, Direct isolation of mesencephalic precursor cells and dopaminergic neurons p243-253, Research Signpost,   2002年
  • 再生医学と組織工学-現状と今後の課題 上田実編, 澤本和延, 岡野栄之, 分担執筆, Parkinson病治療への応用をめざした幹細胞工学の現状 p83-88, 医歯薬出版株式会社,   2002年
  • Tissue Engineering for Therapeutic Use 5 eds. Ikada, Y. and Oshima, N, Okano, H., Sakakibara, S., Sawamoto, K., Nakamura, Y., Kaneko, Y., Akamatsu, W., Tokunaga, A., Imai, T., Miyata, T. and Shimazaki, T, 分担執筆, Regulatory mechanisms for the differentiation of Neural Stem Cells p11-19, Elsevier,   2001年
  • Stem Cell Biology and Molecular Treatment Ed. Sakuragawa, N, Okano, H., Sakakibara, S., Sawamoto, K., Akamatsu, W., Nakamura, Y., Kaneko, Y., Kawaguchi, A., Miyata, T., Roy, N.S., Benraiss, A., Goldman, S.A., 分担執筆, Goldman, S.A. Isolation and self-renewal of neural stem cells p55-68, National Center of Neurology and Psychiatry,   2000年
  • 脳神経科学イラストレイテッド 森寿・真鍋俊也他編, 澤本和延, 岡野栄之, 分担執筆, 神経幹細胞と神経再生 p130-135, 羊土社,   2000年
  • Neural Development ed. Uyemura K, Okano, H., Kaneko, Y., Nakamura Y., Akamatsu, W., Yuasa Y., Imai, T., Tabuchi, K., Taguchi, A., Okabe, M., Sakakibara, S. and Sawamoto, K, 分担執筆, The regulatory mechanisms of neural development: roles of cell-autonomous cues in cell-fate decisions p9-22, Tokyo: Springer-Verlag,   1998年
  • 脳神経研究の進め方 森寿他編, 澤本和延 , 分担執筆, 発生・分化・細胞死のトピックスと今後の方向性 p84-86, 羊土社,   1998年
  • Basic Neuroscience in Invertebrate ed. Koike H, Okano, H., Sawamoto, K. Okabe, M., Sakakibara, S., Yoshikawa, S. and Mikoshiba, K, 分担執筆, Drosophila visual system as a model to study neurobiology in general: identification of genes regulating cell fate decisions in neural development p61-82, Tokyo: Business Center for Academic Societies Japan,   1996年
  • 実験医学別冊Bio Science用語ライブラリー(アポトーシス) 三浦正幸, 山田武編, 澤本和延, 岡野栄之, 分担執筆, p84-85(田口明子先生筆頭) p112-113, 羊土社,   1996年
  • モデル生物系を用いた中枢神経系の発生と分化の解析, 岡野栄之, 吉川真悟, 粂昭苑, 武藤彩, 澤本和延, 御子柴克彦, 分担執筆, 脳機能の解明に向けて. p24-30, 創風社,   1994年

講演・口頭発表等

  • 生後脳組織の維持・再生における新生ニューロンの移動機構と意義, 澤本 和延, 第17回幹細胞シンポジウム,   2019年05月24日, 招待あり
  • 早産による生後のニューロン新生低下のメカニズム, 五軒矢桜, 全国学生リトリート2019,   2019年04月28日
  • Enhanced neuronal migration through activated glia promotes post- stroke neuronal regeneration, 第9回アジア・オセアニア生理学会連合大会&第96回日本生理学会合同大会,   2019年03月30日
  • 脳梗塞部位への新生ニューロンの移動を支持する足場としての血管の形態解析, 岩田英敏、金子奈穂子、大竹杏佳、戸室幸太郎、柴田帝式、村上英樹、澤本和延, 第18回日本再生医療学会総会,   2019年03月21日
  • 新生ニューロンの移動・分布の制御による脳梗塞後の神経再生の促進, 金子奈穂子、澤本和延, 第18回日本再生医療学会総会,   2019年03月21日
  • Blood vessel-guided neuronal migration in the adult olfactory bulb, The 66th NIBB Conference / ABiS International Symposium,   2019年02月17日
  • Neuronal migration: strategies for development, maintenance and repair of the postnatal brain, 澤本 和延, Japan-UK Neuroscience Symposium 2019,   2019年02月10日, 招待あり
  • Neuronal migration: strategies for maintenance and repair of the postnatal brain tissue, 澤本 和延, フィリピン大学セミナー,   2019年02月04日
  • 成体脳内を移動する新生ニューロンの三次元微細構造, 松本真実、澤田雅人、金子奈穂子、Huy Bang Nguyen、Truc Quynh Thai、大野伸彦、澤本和延, 第15回成体脳ニューロン新生懇談会,   2019年02月02日
  • 脳梗塞部へのニューロンの移動と血管・アストロサイト, 金子奈穂子、澤本和延, 第3回Neuro-vascular研究会,   2019年01月26日
  • Morphological changes and migration termination in newborn neurons controlled by Sema3E-PlexinD1 signaling, Masato Sawada, Kazunobu Sawamoto, The 3rd NCU&HALLYM International Joint Symposium 2018,   2018年11月29日, 招待あり
  • 生後脳における新生ニューロンの移動機構と意義, 澤本 和延, 第41回日本分子生物学会年会,   2018年11月29日, 招待あり
  • 成体脳における新生ニューロンの傷害部への移動制御機構とニューロン再生, 金子奈穂子、澤本和延, 第41回日本分子生物学会年会,   2018年11月29日, 招待あり
  • Blood flow-dependent Migration of Adult-born neurons in the Olfactory Bulb, 荻野 崇、澤田雅人、金子奈穂子、稲田浩之、鍋倉淳一、澤本和延, 第3回「スクラップビルド」領域会議,   2018年11月20日
  • 神経再生過程におけるニューロンの移動, 澤本 和延, 第40回神経組織培養研究会,   2018年11月17日, 招待あり
  • Morphological changes and migration termination of newborn neurons controlled by PlexinD1 signaling, 澤田 雅人, Neuroscience 2018,   2018年11月03日
  • Neuronal migration for maintenance and repair of the postnatal brain, 澤本 和延, 新学術領域「スクラップ&ビルドによる脳機能の動的制御」CSHA2018 サテライトシンポジウム,   2018年09月24日, 招待あり
  • 生後脳組織の維持・再生における新生ニューロンの移動機構と意義, 澤本 和延, 第91回日本生化学会大会,   2018年09月24日, 招待あり
  • 脳の再生, 澤本 和延, NHK文化センター名古屋教室,   2018年09月15日, 招待あり
  • Ezrin controls morphology and proliferation of neural stem cells in the postnatal ventricular-subventricular zone, 金子 奈穂子, 第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会 合同年会,   2018年09月07日
  • Reelin-Dab1 signaling controls detachment of chain-forming new neurons by regulating cell-cell adhesion, 澤田 雅人 , 第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会 合同年会,   2018年09月07日
  • The role of newly-generated astrocytes and blood vessels in scaffold formation for neuroblasts migrating toward the injured region after ischemic stroke, 大竹 杏佳, 第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会 合同年会,   2018年09月07日
  • 脳の発達・再生過程における新生ニューロンの移動の足場, 澤本 和延, 第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会 合同年会,   2018年09月07日, 招待あり
  • Endogenous and artificial scaffolds for neuronal migration and regeneration in the injured brain, 澤本 和延, 第5回国際組織工学・再生医療学会 世界会議2018,   2018年09月06日, 招待あり
  • 脳梗塞後の新生ニューロンの移動制御による機能的再生の促進, 金子奈穂子, 名古屋市立大学医学会特別講演,   2018年09月03日, 招待あり
  • A transient postnatal peak of neurogenesis supports neuronal migration to the non-human primate neocortex, Mariyam Akter, Naoko Kaneko, Kazunobu Sawamoto, 第41回日本神経科学大会,   2018年07月26日
  • PlexinD1シグナルは新生ニューロンの形態変化と移動停止を調節する., Masato Sawada, Nobuhiko Ohno, Mitsuyasu Kawaguchi, Shih-hui Huang, Takao Hikita, Youmei Sakurai, Huy Bang Nguyen, Truc Quynh Thai, Yuri Ishido, Yutaka Yoshida, Hidehiko Nakagawa, Akiyoshi Uemura, Kazunobu Sawamoto, 第41回日本神経科学大会,   2018年07月26日
  • Scaffolds for brain development, maintenance and repair., 澤本 和延, 第5回東アジア皮膚科学会,   2018年06月20日, 招待あり
  • 放射状グリアを足場にした新生児期脳傷害後のニューロン再生, 神農英雄、澤田雅人、川瀬恒哉、金子奈穂子、Vicente Herranz-Perez、宮本拓哉、川上巧、宮田卓樹、田畑泰彦、赤池敏弘、Jose Manuel Garcia-Verdugo、味岡逸樹、齋藤伸治、澤本和延, 第162回名古屋市立大学医学会例会,   2018年06月18日
  • PlexinD1 signaling controls morphological changes and migration termination in newborn neurons, Masato Sawada, 日韓神経発生学共同シンポジウム2018,   2018年06月08日, 招待あり
  • Aberration of the Soluble protein Tsukushi leads alteration of adult neurogenesis resulting lateral ventricule expansion with neuronal disease., Naofumi Ito, M.Asrafuzzaman Riyadh, Ayako Ito, Shah Adil Ishtiyaq Ahmad, Mohammad Badrul Anam, Yonehiro Kanemur, Yohei Shinmyo, Felemban Athary Abdulhaleem M., Jun Hatakeyama, Hiroshi Kiyonari, Kenji Shimamura, Yoshiko Takahashi, Kazunobu Sawamoto, Kunimasa Ohta, 第70回細胞生物学会・第51回日本発生生物学会 合同大会,   2018年06月05日
  • 脳細胞は再生する, 澤本 和延, 世界脳週間 講演会,   2018年05月21日, 招待あり
  • 脳の発達・再生過程における新生ニューロンの移動の足場, 澤本 和延, 第123 回日本解剖学会総会・全国学術集会,   2018年03月28日, 招待あり
  • 脳質下帯由来オリゴデンドロサイト前駆細胞の傷害部への移動・分化過程の解析, 山本誠也, 金子奈穂子, 橋本真耶佳, 宮本拓哉, 竹林浩秀, 池中一裕, 澤本和延, 第17回日本再生医療学会総会,   2018年03月21日
  • PlexinD1は新生ニューロンの形態変化と移動停止を調節する, Sawada M, Ohno N, Kawaguchi M, Huang SH, Hikita T, Sakurai Y, Nguyen HB, Thai TQ, Ishido Y, Yoshida Y, Nakagawa H, Uemura A, Sawamoto K, 第11回神経発生討論会,   2018年03月17日
  • Mechanisms for migration and maturation of newborn neurons in the postnatal brain, Masato Sawada, NCU Global Young Investigator Forum 2018,   2018年03月16日
  • Ultrastructure of migrating new neurons in the normal and injured brain, Mami Matsumoto, Masato Sawada, Naoko Kaneko, Huy Bang Nguyen, Vicente Herranz-Pérez, Truc Quynh Thai, Natsuko Kumamoto, Shinya Ugawa, José Manuel García-Verdugo, Nobuhiko Ohno, Kazunobu Sawamoto, NCU Global Young Investigator Forum 2018,   2018年03月16日
  • Appropriate positioning of new neurons is critical for efficient rewiring and functional regeneration in the post-stroke brain, Naoko Kaneko, NCU Global Young Investigator Forum 2018,   2018年03月16日
  • The relationship between neuronal turnover and blood flow in the adult olfactory bulb, Takashi Ogino, Masato Sawada, Hiroyuki Inada, Junichi Nabekura, Kazunobu Sawamoto, NCU Global Young Investigator Forum 2018,   2018年03月16日
  • A transient postnatal peak of neurogenesis in the non-human primate brain, Mariyam Akter, Naoko Kaneko, Kazunobu Sawamoto, NCU Global Young Investigator Forum 2018,   2018年03月16日
  • The effect of preterm birth on the maintenance of postnatal radial glia, Koya Kawase, Masato Sawada, Shinji Saitoh, Kazunobu Sawamoto, NCU Global Young Investigator Forum 2018,   2018年03月16日
  • Scaffolds for neuronal migration and brain repair, 澤本 和延, Joint-Symposium between HYU and NCU,   2018年03月06日, 招待あり
  • 脳梗塞後の再生過程における血管を足場とした新生ニューロンの移動制御機構, 藤岡哲平、金子奈穂子、味岡逸樹、中口加奈子、小俣太一、大場帆乃佳、関口清俊、松川則之、澤本和延, 第68回名古屋市立大学医学会総会,   2017年12月03日
  • 成体正常脳と傷害脳において鎖形成する新生ニューロン間の細胞接着, Matsumoto M, Sawada M, Kaneko N, Nguyen HB, Thai TQ, Kumamoto N, Ugawa S, Ohno N, Sawamoto K, 第13回成体脳のニューロン新生懇談会,   2017年12月02日
  • Netrin-5 is upregulated in the peri-infarct region after middle cerebral artery occlusion, Yamagishi S, Takarada M, Sawada M, Sawamoto K, Hori O, Sato K, Neuroscience 2017,   2017年11月13日
  • 脳に内在する再生機構, 澤本 和延, 第3回川島カンファレンス,   2017年11月11日, 招待あり
  • 生後マウス脳における新生ニューロンの3次元可視化解析, 青柳佑佳、木森義隆、澤田雅人、日比輝正、川上良介、澤本和延、根本知己, 第6回ニューロフォトニクス研究会,   2017年10月27日
  • Three dimensional ultrastructure of new neurons migrating in the normal and injured adult brain, Matsumoto M, Sawada M, Kaneko N, Nguyen HB, Thai TQ, Kumamoto N, Ugawa S, Ohno N, Sawamoto K, 名市大エピジェネティック研究会リトリート2017,   2017年09月21日
  • Migration and differentiation of V-SVZ-derived oligodendrocyte progenitors in the injured cortex, Hashimoto M, Kaneko N, Yamamoto S, Miyamoto T, Takebayashi H, Ikenaka K, Sawamoto K, 第60回日本神経化学大会,   2017年09月08日
  • Fyn promotes detachment of chain-forming new neurons by controlling N-cadherin-mediated adherens junction in the postnatal brain, Seto Y, Fujikake K, Sawada M, Hikita T, Kaneko N, Sobue K, Sawamoto K, 第60回日本神経化学大会,   2017年09月08日
  • Three dimensional ultrastructure of new neurons migrating in the normal and injured adult brain, Matsumoto M, Sawada M, Kaneko N, Nguyen HB, Thai TQ, Kumamoto N, Ugawa S, Ohno N, Sawamoto K, 第60回日本神経化学大会,   2017年09月08日
  • Microglial phagocytosis of dying neurons promotes new neuron addition in the adult olfactory bulb, Sawada M, Inada H, Kohsaka S, Nabekura J, Sawamoto K, 第60回日本神経化学大会,   2017年09月07日
  • Netrin-5 is upregulated in the peri-infarct region after middle cerebral artery occlusion, Yamagishi S, Takarada M, Sawada M, Sawamoto K, Hori O, Sato K, 第60回日本神経化学大会,   2017年09月07日
  • 脳細胞の再生, 澤本 和延, 名古屋市立大学X名古屋市科学館 サイエンスパートナーシップイベント ようこそ生命科学の世界へ,   2017年09月02日, 招待あり
  • 脳に内在する再生メカニズムとその操作技術, 澤本 和延, 第4回包括的緩和医療科学学術研究会/第5回Tokyo疼痛緩和次世代研究会 合同研究会,   2017年08月27日, 招待あり
  • Neuronal migration for maintenance and repair of adult brain, 澤本 和延, ISN国際神経化学会シンポジウム,   2017年08月20日, 招待あり
  • Blood vessels work as a scaffold for neuronal migration in the post-stroke non-human primate, Akter M, Kaneko N, Hara K, Inoue K, Adachi K, Okano H, Sawamoto K, 第40回日本神経科学大会,   2017年07月20日
  • 成体嗅球におけるニューロンのターンオーバーと血流の関係, Ogino T, Sawada M, Inada H, Nabekura J, Sawamoto K, 第40回日本神経科学大会,   2017年07月20日
  • Appropriate positioning of new neurons is critical for the functional rewiring of neuronal circuit in the post-stroke brain, 金子奈穂子, 澤本和延, 第40回日本神経科学大会,   2017年07月20日
  • ミクログリアによる死んだ嗅球ニューロンの貪食除去, Sawada M, Inada H, Kohsaka S, Nabekura J, Sawamoto K, 第40回日本神経科学大会,   2017年07月20日
  • Migration of new neurons for maintenance and repair of adult brain, 澤本 和延, International Meeting on "Pathogenic mechanisms and emerging therapies for PD and other neurological disorders",   2017年07月06日, 招待あり
  • Migration of new neurons for maintenance and repair of adult brain, 澤本 和延, BRIC コペンハーゲン大学招待講演,   2017年06月22日, 招待あり
  • 脳の老化・再生過程における繊毛の変化, 澤本 和延, 第69回日本細胞生物学会,   2017年06月13日, 招待あり
  • 生後の脳内を移動する新生ニューロンの三次元形態解析, 澤本和延, 松本真実, 澤田雅人, 金子奈穂子, 大野伸彦, 第73回日本顕微鏡学会学術講演会,   2017年05月30日, 招待あり
  • The relationship between neuronal turnover and blood flow in the adult olfactory bulb, Takashi Ogino, Masato Sawada, Hiroyuki Inada, Junichi Nabekura, Kazunobu Sawamoto, NCU Global Young Investigator Forum 2018,   2017年03月16日
  • Emergence of multiciliated ependymal cells in the neurogenic niche of the aged zebrafish brain., Takashi Ogino, Masato Sawada, Hiroshi Takase, Chiemi Nakai, Vicente Herranz-Perez, Arantxa Cebrian-Silla, Naoko Kaneko, Jose Manuel Garcıa-Verdugo, and Kazunobu Sawamoto, 第10回神経発生討論会,   2017年03月10日
  • 脳傷害部に移動する新生ニューロン・オリゴデンドロサイト前駆細胞の挙動の解析, 宮本拓哉,山本誠也,金子奈穂子,澤本和延, 第16回日本再生医療学会,   2017年03月07日
  • 脳に内在する再生メカニズムと再生誘導技術への応用, 澤本 和延, 第12回 Chiba Neuroresearch Meeting,   2017年01月21日, 招待あり
  • Migration of New Neurons for Maintenance and Repair of Adult Mammalian Brain, 澤本 和延, The joint 2017 Keystone Symposia on Neurogenesis during Development and in the Adult Brain (J2) and Transcriptional and Epigenetic Control in Stem Cells (J1),   2017年01月08日, 招待あり
  • Neuronal migration for maintenance and repair of adult brain, 澤本 和延, The 3rd International Symposium on Molecular Sciences,   2016年12月01日, 招待あり
  • 基礎研究に立脚した神経系再生医療への展開, 澤本 和延, 第39回日本分子生物学会,   2016年11月29日, 招待あり
  • 脳に内在する再生機構の解明と操作技術の開発, 澤本 和延, 生体ボリュームイメージング研究部会&生理研究会同ワークショップ,   2016年11月17日, 招待あり
  • iPS細胞と神経幹細胞/神経細胞の再生, 澤本 和延, 中外製薬講演会,   2016年10月01日, 招待あり
  • 成体脳のニューロン再生過程における死細胞の貪食除去, 澤本 和延, 第89回日本生化学会大会,   2016年09月25日, 招待あり
  • 成体大脳皮質傷害脳における新生ニューロンの移動形態と足場の解析, 松本真実, 澤田雅人, 金子奈穂子, 熊本奈都子, 鵜川眞也, 大野伸彦, 澤本和延, 第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会 合同年会 ,   2016年09月08日
  • Phagocytosis by resting microglia promotes neuronal turnover in the adult olfactory bulb, 澤田雅人,神谷幸余,稲田浩之,田口和己,岡田淳志,郡健二郎,高坂新一,鍋倉淳一,澤本和延, 第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会 合同年会 ,   2016年09月08日
  • アストロサイトとの相互作用調節による新生ニューロンの移動・機能回復の促進, 金子奈穂子, 澤本和延, 第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会 合同年会,   2016年09月08日
  • Migration of new neurons for maintenance and repair of adult brain, 澤本 和延, 第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会 合同年会,   2016年09月08日, 招待あり
  • Emergence of multiciliated ependymal cells in the neurogenic niche of the aged zebrafish brain, Takashi Ogino, Masato Sawada, Hiroshi Takase, Chiemi Nakai, Vicente Herranz-Perez, Arantxa Cebrian-Silla, Naoko Kaneko, Jose Manuel Garcia-Verdugo, and Kazunobu Sawamoto, 14th meeting of Asian-Pacific Society for Neurochemistry,   2016年08月27日
  • Fynによる細胞間接着の制御が、嗅球における新生ニューロンの鎖状細胞移動からの離脱を調節する, 藤掛 数馬, 澤田 雅人, 匹田 貴夫, 服部 光治, 祖父江 和哉, 澤本 和延, 第39回日本神経科学大会,   2016年07月20日
  • ニューロンの移動能力を調節する新しい突起, 第39回日本神経科学大会,   2016年07月20日
  • Mechanisms for migration and maturation of new neurons in the adult brain, Masato Sawada, Kazunobu Sawamoto, The 8th Symposium of Korean Society for Developmental Neurobiologists,   2016年07月
  • 神経幹細胞の分化、移動メカニズム, 澤本 和延, 第57回日本神経学会学術大会,   2016年05月, 招待あり
  • 脳に内在するニューロン再生機構とその操作技術, 澤本 和延, 第35回 Neuroscience Seminar Tokushima,   2016年03月28日, 招待あり
  • 新生仔大脳皮質傷害モデルマウスにおける放射状グリア様足場スポンジを用いた脳室下帯由来ニューロン再生, 神農英雄、澤田雅人、川瀬恒哉、味岡逸樹、沓澤好一、赤池敏宏、齊藤伸治、澤本和延, 第15回日本再生医療学会総会,   2016年03月19日
  • アストロサイトとの相互作用の操作による新生ニューロンの分布制御と機能回復の促進, 金子奈穂子、澤本和延, 第15回日本再生医療学会総会,   2016年03月19日
  • ニューロン再生過程におけるβ1-integrinシグナルを介した新生ニューロンの移動制御, 小俣太一、藤岡哲平、金子奈穂子、味岡逸樹、中口加奈子、Faessler Reinhard、松川則之、関口清俊、澤本和延, 第15回日本再生医療学会総会,   2016年03月19日
  • Termination of neuronal migration controlled by a novel cell protrusion, Masato Sawada, Shih-hui Huang, Takao Hikita, Akiyoshi Uemura, and Kazunobu Sawamoto, 第9回神経発生討論会,   2016年03月
  • マウス・ゼブラフィッシュ脳室壁における上衣細胞の分化・成熟機構, 澤本 和延, 第15回日本脳脊髄液減少症研究会 髄液動態の基礎セッション,   2016年03月, 招待あり
  • 正常・疾患モデルマーモセットにおける成体ニューロン新生, 澤本 和延, 第5回 日本マーモセット研究会大会,   2016年01月27日, 招待あり
  • Ventricular-subventricular zone derived neuronal regeneration using radial glial fiber scaffolds after neonatal cortical brain injury, 神農英雄、澤田雅人、川瀬恒哉、金子奈穂子、齋藤伸治、澤本和延, 第20回グリア研究会,   2015年12月05日
  • 新規軸索ガイダンス分子Netrin-5の成体脳神経新生領域における発現, 山岸 覚、山田 浩平、澤田 雅人、中野 秀、森 則夫、澤本 和延、佐藤 康二, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会(BMB2015),   2015年12月01日
  • 細胞移動制御による傷害脳組織の再生, 澤本 和延, 第7回Stroke Science Academy (MSD株式会社) ,   2015年10月09日, 招待あり
  • Olfactory input-dependent spatial regulation of neuronal turnover in the adult mouse olfactory bulb, 澤本 和延, Japan Australia Meeting ON CELL DEATH ,   2015年10月, 招待あり
  • 脳細胞の再生を支える足場, 澤本 和延, 科学技術交流財団「生きた再生医療用材料の開発研究会」第2回,   2015年09月30日, 招待あり
  • 脳の再生医療, 澤本 和延, 名水クラブ朝食例会,   2015年09月16日, 招待あり
  • Netrin-5 is highly expressed in neurogenic regions of the adult brain, 山岸覚、山田浩平、澤田雅人、森則夫、澤本和延、佐藤康二., 第58回日本神経化学会大会 シンポジウム「神経-血管相互作用の新展開」 ,   2015年09月13日
  • The role of blood flow in neuronal turnover in the adult olfactory bulbs, 荻野崇、澤田雅人、稲田浩之、鍋倉淳一、澤本和延, 第58回日本神経化学会大会,   2015年09月12日
  • Time-lapse imaging of migrating new neurons in the injured adult cerebral cortex, 松本真実、澤田雅人、澤本和延, 第58回日本神経化学会大会 シンポジウム「神経-血管相互作用の新展開」 ,   2015年09月11日
  • Role of blood vessels in neuronal regeneration, 澤本 和延, 第58回日本神経化学会大会 シンポジウム「神経-血管相互作用の新展開」 ,   2015年09月11日, 招待あり
  • 内在性の神経幹細胞による傷害脳の再生, 金子奈穂子、澤本和延, 生体機能と創薬シンポジウム2015 シンポジウム3「幹細胞研究の最前線2015」,   2015年08月28日, 招待あり
  • Neuronal migration and maturation in the injured brain tissue after stroke, 金子奈穂子、澤本和延, 第38回日本神経科学大会,   2015年07月30日, 招待あり
  • A mechanism regulating the morphology of migrating new neurons determines their final positioning in the postnatal olfactory bulbs, 澤田雅人、黄詩恵、匹田貴夫、植村明嘉、澤本和延, 第38回日本神経科学大会,   2015年07月29日
  • The role of β1-integrin controlling neuronal migration in injured brain, Teppei Fujioka, Naoko Kaneko, Itsuki Ajioka, Kanako Nakaguchi, Taichi Omata, Reinhard Faessler, Noriyuki Matsukawa, Kiyotoshi Sekiguchi, Kazunobu Sawamoto, 第38回日本神経科学大会,   2015年07月29日
  • 成体嗅球におけるニューロンのターンオーバーと血流の関係, 荻野崇,澤田雅人,稲田浩之,鍋倉淳一,澤本和延, 第38回日本神経科学大会,   2015年07月29日
  • 新生ニューロン-活性化アストロサイト相互作用の増強による脳梗塞後のニューロン再生促進, 金子奈穂子、澤本和延, 第36回日本炎症・再生医学会 ,   2015年07月22日
  • 成体マウス大脳皮質の再生過程における新生ニューロンの移動動態の観察, 澤本和延、松本真実、澤田雅人, 第36回日本炎症・再生医学会,   2015年07月22日
  • Disruption of Tsukushi function result in aberrant neurogenesis in mouse, Md. Asrafuzzaman Riyadh, Ayako Ito, Yohei Shinmyo, Athary Felemban, Jun Hatakeyama, Kenji Shimamura, Kazunobu Sawamoto, Kunimasa Ohta, 48th Annual Meeting for the Japanese Society of Developmental Biologists (JSDB),   2015年06月
  • 脳に内在する再生メカニズム, 澤本 和延, 日本麻酔科学会第62回学術集会 I07招待講演,   2015年05月28日, 招待あり
  • 成体脳の恒常性維持と再生における新生ニューロンの移動機構, 澤本 和延, 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 第92回日本生理学会大会 合同大会 シンポジウム47,   2015年03月22日, 招待あり
  • Netrin-5の成体マウス神経新生関連領域における特異的発現, 中野 秀、山岸 覚、山田浩平、澤田雅人、森 則夫、澤本和延、佐藤康二, 第92回 日本生理学会大会,   2015年03月21日
  • 内在性神経幹細胞による傷害脳組織の再生, 澤本 和延, 第14回日本再生医療学会総会 シンポジウム3「免疫制御機構や内在性幹細胞の活性化による新しい組織再生治療法の開発」 ,   2015年03月19日, 招待あり
  • 新生仔脳傷害モデルマウスにおける脳室下帯由来ニューロン再生, 神農英雄、澤田雅人、齋藤伸治、澤本和延, 第14回日本再生医療学会総会,   2015年03月19日
  • アストロサイトとの相互作用の制御による梗塞部への新生ニューロンの供給促進, 金子奈穂子、澤本和延, 第14回日本再生医療学会総会,   2015年03月19日
  • 成体大脳皮質の虚血モデルを用いた新生ニューロンの移動動態の観察, 松本真実、澤田雅人、澤本和延, 第14回日本再生医療学会総会,   2015年03月19日
  • Emergence of multiple cilia in the Zebrafish periventricular zone with aging, Chiemi Nakai, Takashi Ogino, Hiroshi Takase, Norihito Kishimoto, Masato Sawada, Kazunobu Sawamoto, MD研究者育成プログラム 第5回全国合同リトリート,   2015年03月
  • Behavior of oligodendrocytes after brain injury, Takuya Miyamoto, Naoko Kaneko, Kazunobu Sawamoto, MD研究者育成プログラム 第5回全国合同リトリート,   2015年03月
  • 抑制性・興奮性神経前駆細胞の生後脳傷害に対する挙動の解析, 宮本拓哉、澤田雅人、神農英雄、辻村幸平、川上巧、宮田卓樹、澤本和延, 第10回成体脳のニューロン新生懇談会,   2014年12月06日
  • 老齢ゼブラフィッシュにおける、ニューロン新生の低下と多繊毛の出現について, 荻野崇、中居智恵美、高瀬弘嗣、岸本憲人、澤田雅人、澤本和延, 第10回成体脳のニューロン新生懇談会,   2014年12月06日
  • 成体大脳皮質虚血傷害に対する応答と新生ニューロンの移動, 松本真実、澤田雅人、澤本和延, 第10回成体脳のニューロン新生懇談会,   2014年12月06日
  • Sema3E-PlexinD1シグナルによる新生ニューロンの移動維持・停止メカニズム, 澤田雅人、黄誌恵、匹田貴夫、桜井陽明、植村明嘉、澤本和延, 第10回成体脳のニューロン新生懇談会 ,   2014年12月06日
  • ニューロン新生・再生過程におけるアストロサイトとの相互作用, 金子奈穂子、澤本和延, 第10回成体脳のニューロン新生懇談会 ,   2014年12月06日
  • Rho制御タンパク質Gmipによる生後マウス脳内を移動する新生ニューロンの速度調節, 太田晴子、匹田貴夫、澤田雅人、西岡朋生、松本真実、小村理行、大野彰久、神谷幸余、宮本拓哉、浅井直也、榎本篤、高橋雅英、貝淵弘三、祖父江和哉、澤本和延, 包括型脳科学研究推進支援ネットワーク冬のシンポジウム,   2014年12月
  • インターフェロン誘発性うつ病モデル動物におけるニューロン新生抑制機構の解析, 金子奈穂子、鄭蓮順、等誠司、高雄啓三、宮川剛、田中靖人、夏洪晶、Ulrich Kalinke、工藤耕太郎、神庭重信、池中一裕、澤本和延, 包括型脳科学研究推進支援ネットワーク冬のシンポジウム,   2014年12月
  • Interferon-α inhibits neurogenesis and induces depression-like behavioral phenotype via interferon receptors expressed in the mouse brain, Kaneko, N., Zheng, L.-S., Hitoshi,S., Takao, K., Miyakawa, T., Tanaka, Y., Kalinke, U., Kudo, K., Kanba, S., Ikenaka, K., Sawamoto, K., Neuroscience 2014(44th SfN Annual meeting),   2014年11月
  • Astrocyte-derived erythropoietin protects the oligodendrocyte precursor cell against hypoxic and reoxygenation injury, Aoyama, M., Kato, S. Kakita, H., Hida, H., Sawamoto, K., Asai, K., Neuroscience 2014(44th SfN Annual meeting),   2014年11月
  • Chk2 maintains neural stem cell pool in mouse adult hippocampus during aging, Ibaraki, K., Sawada, M., Sawamoto, K. Minamiyama, M. Maruyama W. Motoyama, N., Neuroscience 2014(44th SfN Annual meeting),   2014年11月
  • Adult neurogenesis研究のトピックス, 澤本 和延, 第23回「海馬と高次脳機能」学会 教育講演II ,   2014年10月11日, 招待あり
  • ミクログリアの貪食による成体嗅球ニューロンのターンオーバーの制御, 澤田雅人、神谷幸余、稲田浩之、岡田淳志、田口和己、郡健二郎、柳川右千夫、高坂新一、鍋倉淳一、澤本和延, 第23回「海馬と高次脳機能」学会,   2014年10月
  • ミクログリアの活性化を介する海馬のニューロン新生抑制とうつ病発症メカニズムの解析, 金子奈穂子、澤本和延, 第23回「海馬と高次脳機能」学会,   2014年10月
  • 成体嗅球における新生ニューロンの移動・成熟 , 澤本 和延, 第37回日本神経科学大会,   2014年09月12日, 招待あり
  • 脳に内在する再生機構とその操作技術の開発, 澤本 和延, 第2回再生医療関連機器開発研究会,   2014年09月04日
  • 光血栓性大脳皮質虚血モデルにおける新生ニューロンの移動様式の解析, 松本真実、澤田雅人、澤本和延, 第36回日本生物学的精神医学会大会・第57回日本神経化学会大会合同年会,   2014年09月
  • インターフェロン療法中のうつ病発症と海馬のニューロン新生の変化, 金子奈穂子、澤本和延,   2014年09月
  • 成体神経幹細胞ニッチとしての斑点状基底膜の機能, 佐藤祐哉、浄住大慈、二木杉子、中野伊津子、金子奈穂子、澤本和延、関口清俊, 第36回日本生物学的精神医学会大会・第57回日本神経化学会大会合同年会,   2014年09月
  • 傷害脳内を移動する新生ニューロンと反応性アストロサイトの相互作用, Kaneko, N., Sawamoto, K., 第37回日本神経科学大会,   2014年09月
  • 新生ニューロンの移動形態制御による嗅球内停止位置の決定, Sawada, M., Huang, S., Hikita, T., Uemura, A., Sawamoto, K, 第37回日本神経科学大会,   2014年09月
  • Chk2ノックアウトマウスにおける海馬神経幹細胞の早期老化, Ibaraki, K., Sawada, M., Sawamoto, K. Minamiyama, M. Maruyama W. Motoyama, N, 第37回日本神経科学大会,   2014年09月
  • 脳に内在する再生機構, 澤本 和延, 第2回ニューロネットワーク講演会Session1基礎講演,   2014年07月25日, 招待あり
  • 幹細胞・前駆細胞を支える足場, 澤本 和延, 第41回日本毒性学会学術年会 シンポジウム3(In Vitro毒性試験としてのiPS細胞利用の有用性と留意点),   2014年07月02日, 招待あり
  • 活性化アストロサイトとの相互作用の操作による新生ニューロンの傷害部への供給促進, 金子奈穂子、澤本和延, 第35回日本炎症・再生医学会,   2014年07月02日
  • 脳に内在する再生機構, 澤本 和延, 藤田保健衛生大学医学セミナー,   2014年06月25日, 招待あり
  • 感覚入力によって制御されるニューロン再生機構, 澤本 和延, 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会 シンポジウム3:活動機能構造関連—活動が変えるー,   2014年06月05日, 招待あり
  • マウスにおける2-エチル-1-ヘキサノール吸入曝露後の嗅球への影響, 三宅美緒,伊藤由起,澤田雅人,酒井潔,鈴木日美子,坂本龍雄,澤本和延,上島通浩, 第87回日本産業衛生学会,   2014年05月22日
  • Roles for chemokine signaling in neuronal migration in the adult zebrafish brain, Sawamoto, K. Kishimoto, N. Nagai, H. Knaut, H. Asakawa, K. Urasaki, A. Kawakami, K., the18th International Vascular Biology Meeting,   2014年04月15日
  • アストロサイトによる脳傷害部への新生ニューロンの移動制御, 金子 奈穂子,澤本 和延, 第87回日本薬理学会年会 シンポジウム10「グリア病の薬理学」,   2014年03月19日, 招待あり
  • 脳に内在する再生機構とその操作技術, 澤本和延,味岡逸樹,沓澤好一, テルモ科学技術振興財団特定研究助成記念講演,   2014年03月18日, 招待あり
  • 内在性神経幹細胞を用いた再生医療の可能性と課題, 澤本 和延, 第39回日本脳卒中学会総会 シンポジウム6「脳梗塞の再生医療(基礎と臨床)」 ,   2014年03月15日, 招待あり
  • 細胞移動制御による傷害脳組織の再生, 澤本 和延, 第13回日本再生医療学会、シンポジウム21『細胞動員の制御による体内再生治療のフロンティア』 ,   2014年03月05日, 招待あり
  • 新生ニューロンの活性化アストロサイトとの相互作用メカニズムとその制御による移動促進法の解析 , 金子奈穂子,澤本和延, 第13回日本再生医療学会,   2014年03月04日
  • 成体脳室下帯に内在する神経再生機構とその操作技術, 澤田雅人,澤本和延, FIRSTシンポジウム「科学技術が拓く2030年」へのシナリオ(シンポジウム「FIRST EXPO」),   2014年02月28日
  • 脳室下帯由来新生ニューロンの移動調節因子Gmipの増殖・分化・嗅球内分布への影響, 松本真実,太田晴子,澤田雅人,匹田貴夫,澤本和延, 成体脳ニューロン新生懇談会,   2013年11月30日
  • 傷害脳再生をめざした多孔性スポンジ型マテリアルの移植, 味岡逸樹,神農英雄,澤田雅人,澤本和延, 第35回日本バイオマテリアル学会大会,   2013年11月26日
  • 成体脳におけるニューロン新生のメカニズム, 澤本 和延, 第4回神経科学と構造生物学の融合研究会,   2013年11月19日, 招待あり
  • インターフェロン長期投与によるニューロン新生抑制・抑うつ症状出現のメカニズムの解析, 金子奈穂子,鄭蓮順,夏洪晶,澤本和延, 第22回海馬と高次脳機能学会,   2013年10月12日
  • ゼブラフィッシュの左右脳半球における神経幹細胞ニッチの非対称性, 岸本憲人,浅川和秀, Madelaine, R., Blader, P., 川上浩一, 澤本和延, 日本動物学会第84回岡山大会,   2013年09月27日
  • Mechanisms for neuronal migration in the adult brain, 澤本 和延, Neurogenesis 2013,   2013年09月, 招待あり
  • 脳細胞の再生, 澤本 和延, わかしゃちリサーチセミナー,   2013年07月18日, 招待あり
  • 虚血性脳傷害部位への新生ニューロンの移動における活性化アストロサイトとの相互作用とその制御機構, 金子奈穂子, 澤本和延, 第34回日本炎症・再生医学会,   2013年07月02日
  • 脳に内在する再生機構の可能性と課題, 澤本 和延, 浜松医科大学大学院特別講演,   2013年06月28日, 招待あり
  • New neurons regulate Robo signaling in activated astrocytes to clear the path for their migration in the injured striatum after ischemic stroke, Kaneko, N., Sawamoto, K., 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会合同大会,   2013年06月22日
  • Rac1-mediated furrow formation in resting neurons is required for efficient collective migration of new neurons in rostral migratory stream of postnatal mouse brain, Hikita, T., Ohno, A., Sawada, M., Ota, H., Sawamoto, K., 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会合同大会,   2013年06月22日
  • Morphological regulation of migrating new neurons by Sema3E-PlexinD1 signaling determines the final destination layers within the olfactory bulb, Sawada, M.,Huang, S., Hikita, T., Uemura, A., Sawamoto, K., 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会合同大会,   2013年06月22日
  • Sustained release of growth factors from gelatin hydrogel microspheres enhances neurogenesis in the adult mouse brain, Nakaguchi, K., Jinnou, H., Kaneko, N., Sawada, M., Hikita, T., Saitoh, S., Tabata, Y., Sawamoto, K., 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会合同大会,   2013年06月21日
  • Role of Sdf1/Cxcr4 signaling in the formation of the rostral migratory stream of new neurons along the blood vessels in the adult zebrafish brain, Kishimoto, N., Nagai, H, Nohira, S.,Sawamoto, K., 第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会合同大会,   2013年06月20日
  • 左右脳半球間における神経幹細胞ニッチの非対称性, 岸本憲人,浅川和秀, Madelaine, R., Blader, P., 川上浩一, 澤本和延, 第157回名古屋市立大学医学会例会,   2013年06月18日
  • 生後の脳内を移動するニューロンの観察, 澤本 和延, 光学イメージングによる生体機能解明への挑戦,   2013年06月04日, 招待あり
  • 成体神経幹細胞におけるSirt1の役割, 岸本憲人、澤本和延, 第36回日本基礎老化学会大会,   2013年06月04日
  • Neuronal migration in the adult brain, 澤本 和延, 2nd Brain Diseases & Molecular Machines Conference,   2013年05月27日, 招待あり
  • 脳に内在する再生機構の可能性と課題, 澤本 和延, 第22回定位放射線治療学会,   2013年05月25日, 招待あり
  • 脳に内在する再生機構の可能性と課題, 澤本 和延, 第33回脳神経外科コングレス 機能再生に向けたニューロサイエンスー再生医療とリハビリテーションー ,   2013年05月12日, 招待あり
  • 脳に内在する再生機構, 澤本 和延, 愛知県がんセンター特別招聘セミナー,   2013年04月10日, 招待あり
  • 増殖因子の徐放化による正常脳及び傷害脳における脳室下帯ニューロン新生の賦活化, 神農英雄, 澤田雅人, 中口加奈子, 金子奈穂子, 匹田貴夫, 齋藤伸治, 田畑泰彦, 澤本和延, 第12回日本再生医療学会総会,   2013年03月21日
  • 虚血低酸素後の脳白質におけるオリゴデンドロサイト前駆細胞の成熟障害と薬剤による成熟促進, 加古英介, 金子奈穂子, 青山峰芳, 飛田秀樹, 竹林浩秀, 池中一裕, 浅井清文, 戸苅創, 祖父江和哉, 澤本和延, 第12回日本再生医療学会総会,   2013年03月21日
  • 脳外傷後の神経再生機構, 澤本 和延, 第36回日本神経外傷学会 教育講演II ,   2013年03月08日, 招待あり
  • スリット1,2ダブルノックアウトマウスにおけるGnRHニューロンの移動と軸索投射, 村上志津子, 金子奈穂子, 澤本和延, 内山安男, 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会,   2013年03月
  • Functions of Rac1 in saltatory migration of new neurons in rostral migratory stream of postnatal brain, 大野彰久, 匹田貴夫, 澤田雅人, 澤本和延, 第6回神経発生討論会,   2013年03月
  • インターフェロンα投与による抑うつ症状と海馬におけるニューロン新生の抑制, 金子奈穂子, 鄭蓮順, 澤本和延, 第2回日本マーモセット研究会,   2013年02月28日
  • 成体脳内を移動するニューロンのRac1活性:FRETバイオセンサーを用いた時空間的解析, Hikita, T., Ohno, A., Sawada, M., Sawamoto, K., 第35回日本分子生物学会年会,   2012年12月14日
  • Sirt1 is required for maintenance of neural stem cells in the ventricular-subventricular zone in the adult zebrafish brain, Kishimoto, N., Sawamoto, K., 第35回日本分子生物学会年会,   2012年12月13日
  • Rho制御タンパク質Gmipによる生後マウス脳内を移動する新生ニューロンの速度調節, 太田晴子, 匹田貴夫, 西岡朋生, 大野彰久, 浅井直也, 榎本篤, 高橋雅英, 貝淵弘三, 祖父江和哉, 澤本和延, 第63回名古屋市立大学医学会総会,   2012年12月02日
  • アシアロエリスロポエチンの新生児脳低酸素虚血傷害に対する再生促進効果, 加古英介, 第63回名古屋市立大学医学会総会,   2012年12月02日
  • Migration of newborn neurons in the postnatal brain, 澤本 和延, International Symposium “Neurogenesis throughout life” ,   2012年11月28日, 招待あり
  • Human dental pulp-derived stem cells protect against hypoxic-ischemic brain injury in neonatal mice ②, Yamagata, M., Yamamoto, A., Kako, E., Kaneko, N., Matsubara, K., Sakai, K., Sawamoto, K., Ueda, M., Global COE the 4th International Symposium"Global COE Symposium on Neuro-Tumor Biology and Medicine",   2012年11月16日
  • Human dental pulp-derived stem cells protect against hypoxic-ischemic brain injury in neonatal mice, Yamagata,M., Yamamoto,A., Kako,E., Kaneko,N., Matsubara,K., Sakai,K., Sawamoto,K., Ueda,M., MHS(Micro-Nano Mechatronics and Human Science) 2012 & Nagoya University Micro-Nano Global COE. International Symposium on Micro-Nano Systems for the Interaction of Young Researchers - MHS 2012 Satellite Session,   2012年11月16日
  • Neuronal migration in the adult brain, 澤本 和延, Neuro-Vascular Wiring Symposium 2012,   2012年11月12日, 招待あり
  • 発達期・老齢期のマウス側脳室外側壁における上衣細胞の極性, 澤田 雅人, 黄 詩惠, 廣田 ゆき, 澤本 和延, 第5回日本水頭症脳脊髄液学会,   2012年11月11日
  • 脳修復過程における内在性神経前駆細胞の移動, 澤本 和延, 第24回日本脳循環代謝学会総会シンポジウムII 脳梗塞後の修復メカニズムと細胞治療,   2012年11月09日, 招待あり
  • Neuronal migration in the adult brain after ischemic injury, 澤本 和延, Swiss-Japanese Developmental Biology Meeting,   2012年11月05日, 招待あり
  • げっ歯類・霊長類を用いたインターフェロン誘発性の抑うつ行動と海馬ニューロン新生抑制の解析, 金子奈穂子, 鄭蓮順, 夏洪晶, 澤本和延, 第21回 海馬と脳高次機能学会,   2012年10月07日
  • 発達期における嗅覚入力のニューロン新生と嗅覚機能への影響, 澤田雅人, 加藤康子, 金子奈穂子, 伊藤圭志, 荒川総介, 村上信五, 澤本和延, 第21回 海馬と脳高次機能学会,   2012年10月07日
  • 成体脳に内在する神経再生機構, 澤本 和延, 第21回 海馬と脳高次機能学会 教育講演「成体脳に内在する神経再生機構」 ,   2012年10月06日, 招待あり
  • Sensory input-dependent spatiotemporal regulation of neuronal turnover in the adult olfactory bulb glomeruli, 澤本 和延, Neuroscience 2012,   2012年10月
  • Purinergic signaling promotes proliferation of adult mouse subventricular zone cells, Suyama, S., Sunabori, T., Kanki, H., Sawamoto, K., Gachet, C., Koizumi, S., Okano, H., Neuroscience 2012,   2012年10月
  • Tsukushi maintains the growth and undifferentiated properties of stem/progenitor cells as a niche molecule, Ohta, K., Shinmyo, Y., Kaneko, N., Hirota, Y. Hatakeyama, J., Yamaguchi, M., K. Shimamura, K., Sawamoto, K., Tanaka, H., Ito, A., Neuroscience 2012,   2012年10月
  • Impaired hippocampal neurogenesis and depressive behaviors in interferon-alpha-treated mice and monkeys, Kaneko, N., Zheng, L., Sawamoto, K., 第55回日本神経化学会(The 11th Biennial Meeting of the Asian Pacific Society of Neurochemistryと合同開催),   2012年09月
  • Mechanisms for layer-specific sorting of distinct interneuron subtypes migrating in the postnatal olfactory bulb, Sawada, M., Huang, S., Sawamoto, K., 第35回日本神経科学大会,   2012年09月
  • Aging of the neurogenic niche in the zebrafish telencephalic ventricular zone, Kishimoto, N., Sawamoto, K., 第35回日本神経科学大会,   2012年09月
  • New neurons migrate through the activated astrocytes in the brain after stroke using Slit-Robo signaling, Kaneko, N. Sawamoto, K., 第35回日本神経科学大会,   2012年09月
  • Gmip controls a speed of migrating new neurons in postnatal mouse brain, Ota, H., Hikita, T., Asai, N., Enomoto, A., Kaibuchi, K., Takahashi, M., Sobue, K., Sawamoto, K., 第35回日本神経科学大会,   2012年09月
  • Disruption of GnRH axon projections to the median eminence in the Slit1;Slit2 double mutant mice, Murakami, S., Kaneko, N., Sawamoto, K., Uchiyama, Y., 第35回日本神経科学大会,   2012年09月
  • Tsukushi Maintains the Growth and Undifferentiated Properties of Neuronal Stem/Progenitor Cells as a Niche Molecule, Ohta, K., Shinmyo, Y., Kaneko, N., Hirota, Y., Hatakeyama, J., Yamaguchi, M., Shimamura, K., Sawamoto, K., Tanaka, H., Ito, A., 第35回日本神経科学大会,   2012年09月
  • Ezrin controls morphology and function of subventricular zone astrocytes in the postnatal mouse brain, Ishizaki, T., Kaneko, N., Tamura, A., Miyata, T., Tsukita, S., Sawamoto, K., 第35回日本神経科学大会,   2012年09月
  • Expression of β1-integrin in chain-forming new neurons migrating along blood vessels in the striatum after ischemic stroke, Nakaguchi, K., Kaneko, N., Sekiguchi, K., Sawamoto, K., 第35回日本神経科学大会,   2012年09月
  • ゼブラフィッシュ嗅覚系におけるニューロン新生のメカニズムと機能, 岸本憲人, 澤本和延, 嗅覚情報処理の神経基盤-匂い分子から嗅覚神経回路、行動・情動まで-(包括型脳科学推進支援ネットワーク支援ワークショップ),   2012年09月
  • 嗅球糸球体のニューロン新生に対する発達期嗅覚入力の影響, 加藤康子, 金子奈穂子, 澤田雅人, 澤本和延, 嗅覚情報処理の神経基盤-匂い分子から嗅覚神経回路、行動・情動まで-(包括型脳科学推進支援ネットワーク支援ワークショップ),   2012年09月
  • 脳細胞の再生, 澤本 和延, 青雲会(名古屋市立大学麻酔・危機管理医学分野同門会)総会及び講演会,   2012年08月26日, 招待あり
  • 成体神経幹細胞老化のゼブラフィッシュモデル, 岸本憲人, 武田芳樹, 澤本和延, 第35回日本基礎老化学会大会,   2012年07月
  • 低酸素虚血脳障害モデルマウスに対する歯髄幹細胞移植の治療効果, 山形まり, 山本朗仁, 加古英介, 金子奈穂子, 酒井陽, 澤本和延, 上田実, 第33回日本炎症・再生医学会,   2012年07月
  • 新生児脳傷害動物モデルを用いた神経幹細胞による再生機構の解析, 澤本 和延, 第22回日本産婦人科・新生児血液学会 シンポジウム「iPS細胞の新生児領域への応用」 ,   2012年06月29日, 招待あり
  • 脳室周囲に存在する幹細胞による神経再生機構, 澤本 和延, 第40回日本小児脳神経外科学会 学会40周年特別企画:40周年を迎えた小児神経外科学会の未来:神経科学に隠されたヒント,   2012年06月07日, 招待あり
  • 低酸素虚血脳障害モデルマウスに対する歯髄幹細胞移植の治療効果, 山形まり, 山本朗仁, 加古英介, 金子奈穂子, 酒井陽, 澤本和延, 上田実, 第11回日本再生医療学会総会,   2012年06月
  • Adult neurogenesis and neuronal regeneration in the zebrafish brain, Kishimoto, N., Shimizu, K., Nagai, H., Asakawa, K., Urasaki, A., Nonaka, S., Kawakami, K., Sawamoto, K., International Society for Stem Cell Research (ISSCR) 10th Annual Meeting,   2012年06月
  • Asialoerythropoietin enhances the maturation of oligodendrocyte progenitor cells derived from subventricular zone after neonatal white matter injury, Kako, E., Kaneko, N., Aoyama, M., Hida, H., Takebayashi, H., Ikenaka, K., Asai, K., Togari, H., Sobue, K., Sawamoto, K., International Society for Stem Cell Research (ISSCR) 10th Annual Meeting,   2012年06月
  • TSUKUSHI maintains the growth and undifferentiated properties of neuronal stem/progenitor cells as a niche molecule, Ito, A., Shinmyo, Y., Kaneko, N., Hirota, Y., Hatakeyama, J., Yamaguchi, M., Shimamura, K., Sawamoto, K., Tanaka, H., Ohta, K., International Society for Stem Cell Research (ISSCR) 10th Annual Meeting,   2012年06月
  • 生後マウス脳における新生ニューロンの移動に関与するRho制御タンパク質の発現および機能の解析, 太田晴子, 匹田貴夫, 貝淵弘三, 高橋雅英, 祖父江和哉, 澤本和延, 第59回日本麻酔科学会学術集会,   2012年06月
  • 成体脳に内在する神経前駆細胞を用いた神経再生, 澤本 和延, 第53回日本神経学会学術大会 シンポジウム「ALSに対する再生医療の開発」 ,   2012年05月23日
  • Tsukushi maintains the growth and undifferentiated properties of stem/progenitor cells as a niche molecule, Ito, A., Shinmyo, Y., Kaneko, N., Hirota,Y., Hatakeyama, J., Yamaguchi, M., Shimamura, K., Sawamoto, K., Tanaka, H., Ohta, K., 第45回日本発生生物学会・第64回日本細胞生物学会合同大会,   2012年05月
  • Roles of mDia, a Rho effector and action nucleator, in nenroepitheliun integrity and neuroblast migration, Thumkeo, D., Shinohara, R., Watanabe, K., Takebayashi, H., Kaneko, N., Sawamoto, K., Ishizaki, T., Furuyashiki, T., Narumiya, S., 第45回日本発生生物学会・第64回日本細胞生物学会合同大会,   2012年05月
  • Functions and spatiotemporal activation patterns of Rho family GTPases in living new neurons migrating in the postnatal mouse brain, Hikita, T., Ohno, A., Sawada, M., Ohta, H., Matsuda, M., Sawamoto, K., 第45回発生生物学会・第64回細胞生物学会合同大会,   2012年05月
  • Neuronal migration in normal and injured adult brain, 澤本 和延, Korea-Japan Symposium for the 30th Anniversary of Hallym University,   2012年04月27日, 招待あり
  • 農学から先端医科学へ:研究者としての歩み, 澤本 和延, 星薬科大学早期体験学習,   2012年04月14日, 招待あり
  • 脳損傷に対する新たな治療法開発への取り組み ~新生ニューロン移動に関与するRho制御タンパク質の同定と機能解析~, 太田晴子, 匹田貴夫, 貝淵弘三, 高橋雅英, 祖父江和哉, 澤本和延, 第16回日本神経麻酔・集中治療研究会,   2012年04月14日
  • 脳に内在する再生機構, 澤本 和延, 神経再生研究に関する講演会(大日本住友製薬),   2012年03月29日, 招待あり
  • Neuronal migration in normal and injured adult brain, 澤本 和延, IBENS Seminar,   2012年03月19日, 招待あり
  • 成体脳における神経発生と再生, 澤本 和延, 第5回神経発生討論会 ワークショップ・パネルディスカッション「神経発生分野の将来のあり方について」,   2012年03月15日, 招待あり
  • 成体脳に内在する神経再生機構, 澤本 和延, 発生工学・疾患モデル研究会 第92回定例会「細胞接着:発生、器官形成、生物進化から疾患まで」,   2012年03月13日, 招待あり
  • 成体脳内を移動する新生ニューロンによるアストロサイトの形態制御, 金子奈穂子、澤本和延, 第117回日本解剖学会 シンポジウム「グリア細胞の形態と脳機能」,   2012年03月
  • 成体脳のニューロン新生と再生医学, 澤本 和延, 九州大学歯学研究院研究プロジェクトワークショップ 「超高齢化社会 におけるスローエイジング 戦略と再生医学」講演2 ,   2012年02月16日, 招待あり
  • 脳に内在する神経再生機構とその操作技術:神経化学的アプローチ, 澤本 和延, 自然科学研究機構プロジェクト合同シンポジウム「脳神経情報の階層的研究」 ,   2012年02月15日, 招待あり
  • Transplantation of stem cells from human exfoliated deciduous teeth promoted functional recovery of perinatal hypoxic-ischemic brain injury, Yamagata, M., Yamamoto, A., Kako, E., Sakai, K. Nakamura, S., Kaneko, N., Sawamoto, K., Ueda, M., 第4回NAGOYAグローバルリトリート 名古屋大学医学部グローバルCOEプログラム【機能分子医学への神経疾患・腫瘍の融合拠点】,   2012年02月
  • Mechanisms of neuronal migration in the normal and injured adult brain, 澤本 和延, International Society for Developmental Neuroscience, symposium9: adult neural stem cells. ,   2012年01月14日, 招待あり
  • 脳に内在するニューロン新生・再生機構, 澤本 和延, 千葉大学医学部セミナー,   2011年12月22日, 招待あり
  • Zebrafish as a model for studying adult neurogenesis and neuronal regeneration, Kishimoto,N., Shimizu,K., Nagai,H., Asawakawa,K., Urasaki,A., Nonaka,S., Kawakami, K., Sawamoto, K., 第34回日本分子生物学会,   2011年12月13日
  • Transplantation of stem cells from human exfoliated deciduous teeth promoted functional recovery of perinatal hypoxic-ischemic brain injury, Yamagata, M., Yamamoto, A., Kako, E., Sakai, K. Matsubara, K., Kaneko, N., Sawamoto, K., Ueda, M., Global COE Program The 3rd International Symposium, New Trends in Basic and Clinical Cancer Research for Innovative Therapy,   2011年12月
  • New Neurons use Slit 1 to maintain astrocytic tunnels for their rapid migration in the adult brain, Kaneko,N., Marin, O., Koike, M., Hirota, Y., Uchiyama, Y., Wu, J.Y., Lu, Q., Tesier-Lavigne, M., Alvarez-Buylla, A., Okano, H., Rubenstein, J.L.R., Sawamoto,K., Neuroscience2011,   2011年11月16日
  • Extensive neuronal fibers in the white matter were detected after neural stem cell transplantation to periventricular leukomalacia model rat, Masuda, T., Aoyama, M., Misumi, S., Nishigaki, R., Sawamoto, K., Asai, K., Hida, H., Neuroscience 2011,   2011年11月16日
  • 脳室周囲に存在する幹細胞の神経再生能力, 澤本 和延, 第3回日本水頭症脳脊髄液学会 特別講演 ,   2011年11月06日, 招待あり
  • 脳梗塞後の神経再生, 澤本 和延, 第23回日本脳循環代謝学会総会 シンポジウム「虚血性脳血管障害における神経再生と血管新生」,   2011年11月05日, 招待あり
  • 成体脳に内在する神経再生メカニズム, 澤本 和延, 新潟大学医学セミナー,   2011年10月28日, 招待あり
  • 脳に内在する神経再生機構とその操作技術:神経化学的アプローチ, 澤本 和延, 第54回日本神経化学会大会 神経化学の若手研究者育成セミナー,   2011年09月26日, 招待あり
  • Potential of endogenous neural stem cells in brain regeneration, 澤本 和延, 第34回日本神経科学大会 日加ジョイントシンポジウム:神経幹細胞の起源、分化、調節機構,   2011年09月17日, 招待あり
  • Directional migration of new neurons generated by transplanted human iPS cell-derived neural stem cells in the striatum of a mouse stroke model, Nakaguchi,K., Kaneko,N., Aoyama,M., Okada,Y., Asai,K., Okano,H., Sawamoto,K., 第34回神経科学大会,   2011年09月17日
  • Promotion of Neuronal migration towards the injured mouse cerebral cortex using susutained relese of chemoattractant from gelatin hydrogel microspheres, Masuda,H., Kaneko,N., Kako,E., Hikita, T., Tabata,Y., Sawamoto,K., 第34回神経科学大会,   2011年09月17日
  • Sensory input regulates spatial and subtype-specific patterns of neuronal turnover in the adult olfactory bulb glomeruli, Sawada,M., Sawamoto,K., 第34回神経科学大会,   2011年09月16日
  • Neurovascular Niche in the Ventricular Zone of the Adult Zebrafish Telencephalon, Kishimoto,N., Shimizu,K., Nagai,H., Asawakawa,K., Urasaki,A., Knaut,H., Nonaka,S., Kawakami,K., Sawamoto,K., 第34回神経科学大会,   2011年09月16日
  • New neurons in the injured brain actively interact with activated astrocytes to migrate efficiently toward the injured area, Naoko Kaneko, Jane Y Wu, Marc Tessier-Lavigne, Kazunobu Sawamoto, 第34回神経科学大会,   2011年09月16日
  • 脳虚血と神経再生:基礎研究の最前線, 澤本 和延, 第21回脳血管シンポジウム「脳卒中のリハビリと神経再生—基礎と臨床—」 ,   2011年09月10日, 招待あり
  • The Role of Sdf1/Cxcr4 Chemokine Signaling in Neurovascular Niche within the Adult Zebrafish Telencephalic Ventricular Zone, Nagai, H., Kishimoto,N., Shimizu,K., Asawakawa,K., Urasaki,A., Holger Knaut, Nonaka,S., Kawakami,K., Sawamoto,K., 第17回 小型魚類研究会,   2011年09月08日
  • Olfactory Sensory Deafferentation Affects Neurogenesis in the Olfactory System of Adult Zebrafish, Kishimoto,N., Sawamoto,K., 第17回小型魚類研究会,   2011年09月08日
  • Directional migration of new neurons generated by transplanted human iPS cell-derived neural stem cells in the striatum of a mouse stroke model ②, Kaneko,N., Nakaguchi,K., Aoyama,M., Okada,Y., Asai,K., Okano,H., Sawamoto,K., 第34回神経科学大会,   2011年09月
  • Analysis of Tsukushi (TSK) function in the mouse brain, Ayako Ito, Yohei Shinmyo, Naoko Kaneko, Yuki Hirota, Kazunobu Sawamoto, Masahiro Yamaguchi, Hideaki Tanaka, Kunimasa Ohta, 第34回神経科学大会,   2011年09月
  • mDia, an actin nucleator and a Rho effector, is critical for tangential migration of cortical and olfactory bulb inhibitory interneuron precursors, Ryota Shinohara, Dean Thumkeo, Hiroshi Kamijo, Naoko Kaneko, Kazunobu Sawamoto, Keisuke Watanabe, Hirohide Takebayashi, Hiroshi Kiyonari, Toshimasa Ishizaki, Tomoyuki Furuyashiki, Shuh Narumiya, 第34回神経科学大会,   2011年09月
  • Galectin-1 is expressed in early-type neuralprogenitor cells and down-regulates neurogenesis in the adult hippocampus., Yoichi Imaizumi, Masanori Sakaguchi, Tsuyoshi Morishita, Mamoru Ito, FranÇoise Poirier, Kazunobu Sawamoto, 第34回神経科学大会,   2011年09月
  • Oligodendrocyte differentiation from mouse pluripotent stem cells, Sachiyo Misumi, Yoshitomo Ueda, Tadashi Masuda, Masataka Fujita, Mineyoshi Aoyama, Kiyofumi Asai, Kazunobu Sawamoto, Hideki Hida, 第34回神経科学大会,   2011年09月
  • Development and analysis of less invasive transient middle cerebral artery occlusion model on Non-human primate, Koichi Hara, Satoshi Inoue, Jun Muto, Naoko Kaneko, Fumika Toyoda, Keigo Hikishima, Toshio Itoh, Kazunobu Sawamoto, Kazunari Yoshida, Takeshi Kawase, Hideyuki Okano, 第34回神経科学大会,   2011年09月
  • Differentiation of grafted neural stem cells in the white matter of periventricular leukomalacia model rat, Tadashi Masuda, Mineyoshi Aoyama, Sachiyo Misumi, Ruriko Nishigaki, Kazunobu Sawamoto, Kiyofumi Asai, Hideki Hida, 第34回神経科学大会,   2011年09月
  • 脳に内在する神経再生メカニズムとその制御, 澤本 和延, 第15回日本神経麻酔・集中治療研究会 特別講演,   2011年08月06日, 招待あり
  • 脳低酸素虚血における白質傷害と再生医療の可能性, 加古英介、金子奈穂子、増田浩、青山峰芳、戸苅創、藤田義人、祖父江和哉、澤本和延, 第15回日本神経麻酔・集中治療研究会,   2011年08月06日
  • 脳に存在する幹細胞と神経再生, 澤本 和延, 名古屋市立大学健康科学講座 オープンカレッジ「炎症と再生」 ,   2011年07月29日, 招待あり
  • 脳室下帯におけるニューロン新生と再生医学, 澤本 和延, 神経組織の成長・再生・移植研究会 第26回学術集会 シンポジウム「成体脳のニューロン新生と神経組織の再生」 ,   2011年06月25日
  • 成体脳におけるニューロン新生メカニズム, 澤本 和延, 第80回北里記念式 北里賞受賞講演,   2011年06月10日, 招待あり
  • Neuronal migration in the adult brain, 澤本 和延, Neurogenesis 2011,   2011年06月03日, 招待あり
  • Migration of new neurons in the adult brain, 澤本 和延, Neurogenesis 2011 in Kobe,   2011年06月
  • 脳に内在する神経再生メカニズムとその制御, 澤本 和延, 第24回細胞治療研究会,   2011年05月31日, 招待あり
  • 神経幹細胞と生後脳の発達・再生, 澤本 和延, 第252回日本小児科学会東海地方会、特別講演,   2011年05月23日, 招待あり
  • Mechamisms of positioning and orientation of cilia in the developing brain., 澤本 和延, 第44回日本発生生物学会 ワークショップ Ciliary biology: essential role in development and diseases,   2011年05月20日, 招待あり
  • 成体脳のニューロン新生と再生医学, 澤本 和延,   2011年05月12日, 招待あり
  • iPS細胞と再生医学の基礎, 澤本 和延, 東海東京証券プレミアセミナー ,   2011年05月09日, 招待あり
  • Mechanisms of ciliary positioning and orientation in the developing mouse brain, 澤本 和延, 第44回日本発生生物学会年会,   2011年05月
  • プロテオミクスとin vivo RNAi法を用いた生後マウス脳における新生ニューロン移動に関与する新規分子の探索 -神経再生療法の確立にむけて-, 太田晴子, 匹田貴夫, 貝淵弘三, 高橋雅英, 祖父江和哉, 澤本和延, 第58回日本麻酔科学会学術集会,   2011年05月, 兵庫県, 神戸ポートピアホテル・神戸国際展示場
  • 脳細胞の再生, 澤本 和延, 慶應義塾大学理工学研究科セミナー,   2011年04月14日, 招待あり
  • 成体脳に存在する幹細胞, 澤本 和延, 第84回日本薬理学会年会,シンポジウム,   2011年03月22日, 招待あり
  • 霊長類脳梗塞モデルにおけるニューロン・グリア再生過程の解析, 金子奈穂子, 原晃一, 安達一英, 武藤淳, 井上賢, 伊藤豊志雄, 吉田一成, 岡野栄之, 澤本和延, 第10回日本再生医療学会総会,   2011年03月02日
  • コモンマーモセット低侵襲一過性中大脳動脈閉塞モデルの開発と解析, 原晃一,井上賢,武藤淳,金子奈穂子,豊田史香,疋島啓吾,伊藤豊志雄,澤本和延,河瀬斌,吉田一成,岡野栄之, 第10回日本再生医療学会総会,   2011年03月02日
  • 脳室下帯に内在する神経再生機構とその制御, 澤本 和延, 第10回日本再生医療学会,シンポジウム「神経再生医療の最前線」(企画:澤本和延・出澤真理) ,   2011年03月01日, 招待あり
  • 神経前駆細胞の移動におけるRho標的分子mDiaの役割, 篠原亮太,タムケオディーン,上條博史,金子奈穂子,澤本和延,渡辺啓介,竹林浩秀,石崎敏理,古屋敷智之,成宮周, 第84回日本薬理学会年会,   2011年03月
  • 嗅覚入力が制御する嗅球ニューロンターンオーバーの時空間的パターン, 澤田雅人、金子奈穂子、稲田浩之、和気弘明、加藤康子、柳川右千夫、小林 和人、根本 知己、鍋倉 淳一、澤本和延, 第一回Vivid Workshop,   2011年03月
  • Adult neurogenesis, 澤本 和延, 名古屋大学グローバルCOEプログラム 機能分子医学への神経疾患・腫瘍の融合拠点 ニューロサイエンスコース,   2010年12月24日, 招待あり
  • Stem Cells & Regeneration, 澤本 和延, 理研BSIチュートリアルシリーズ,   2010年12月14日, 招待あり
  • Planar polarity of multiciliated ependymal cells on the lateral ventricular wall of mouse brain regulated by non-muscle myosin II, Hirota, Y., Meunier, A., Huang, S., Shimozawa, T., Kida, Y. S., Inoue, M., Ito, T., Kato, H., Nakaya, M., Nonaka, S., Ogura, T., Higuchi, H., Okano, H., Spassky, N., Sawamoto, K., 第33回日本分子生物学会年会/第83回日本生化学会合同大会,   2010年12月09日
  • New neurons use Slit1 to form/maintain their migration route for their rapid migration in the adult brain, Kaneko, N., Marín, O., Koike, M., Hirota, Y., Uchiyama, Y., Wu, J.Y., Lu, Q., Tessier-Lavigne, M., Alvarez-Buylla, A., Okano, H., Rubenstein, J. L. R. Sawamoto, K., 第33回日本分子生物学会年会/第83回日本生化学会合同大会,   2010年12月08日
  • Cell polarization and migration in the postnatal brain., 澤本 和延, BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会),シンポジウムDetermination and Disruption of Polarity in Cell and Tissue Morphogenesis,   2010年12月07日, 招待あり
  • A Zebrafish Model to Study Adult Brain Injury and Regeneration, Kishimoto, N., Shimizu, K., Sawamoto, K., 第33回日本分子生物学会年会/第83回日本生化学会合同大会,   2010年12月07日
  • ゼブラフィッシュ成魚脳におけるニューロンの産生と移動, 岸本憲人,清水耕平,澤本和延, 第9回成体脳のニューロン新生懇談会,   2010年11月27日
  • 脳に内在する神経再生機構, 澤本 和延, 愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所開催セミナー,   2010年11月09日, 招待あり
  • 感覚入力による嗅球糸球体新生ニューロンの定着と除去の時空間的制御, 澤田雅人,金子奈穂子,稲田浩之,和氣弘明,加藤康子,柳川右千夫,小林和人,根本知己,鍋倉淳一,澤本和延, 第9回成体脳のニューロン新生懇談会,   2010年11月
  • New neurons control formation and maintenance of glial tunnels for their own migration in the adult brain, Kaneko, N., Marin, O., Koike, M., Hirota, Y., Uchiyama, Y., Wu, J.Y., Lu, Q., Tessir-Lavigne, M., Alvarez-Buylla, A., Okano, H., Rubenstein, J.L.R., Sawamoto, K., 2010 HFSP Awardees Meeting for awardees from years 2007-2009,   2010年11月
  • Directional ciliary beating and CSF flow on the developing ventricular wall, 澤本 和延, 6th INTERNATIONAL ACADEMY OF PERINATAL MEDICINE (IAPM),シンポジウムInternational Symposium on Fetal Neurology (ISFN), Keynote Lecture,   2010年10月22日, 招待あり
  • 霊長類低侵襲一過性中大脳動脈閉塞モデルの開発と解析, 原晃一, 武藤淳, 井上賢, 金子奈穂子, 安達一英, 豊田史香, 疋島啓吾, 伊藤豊志雄, 澤本和延, 河瀬斌, 吉田一成, 岡野栄之, 社団法人日本脳神経外科学会第69回学術総会,   2010年10月
  • New neurons form and maintain their path of astrocytic processes for rapid migration in the adult brain, Kaneko, N., Marin, O., Koike, M., Hirota, Y., Uchiyama, Y., Wu, J.Y., Lu, Q., Tessier-Lavigne, M., Alvarez-Buylla, A.,, Okano, H., Rubenstein, J.L.R., Sawmoto, K., 第33回神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会,   2010年09月
  • Fate mapping and time-lapse imaging of Oligo2-expressing oligodendrocyte progenitors generated in the neonatal brain after hypoxia/ischemia, Kako, E., Kaneko, N., Takebayashi, H., Ikenaka, K., Hida, H., Sobue, K., Togari, H., 第33回神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会,   2010年09月
  • Planar cell polarity of multiciliated ependymal cells regulated by non-muscle myosin II, Hirota, Y., Meunier, A., Huang, S., Shimozawa, T., Kida, Y. S., Inoue, M., Ito, T., Kato, H., Nakaya, M., Nonaka, S., Ogura, T., Higuchi, H., Okano, H., Spassky, N., Sawamoto, K., 第33回神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会,   2010年09月
  • Injury-induced Activation of Cell Proliferation and Migration in the Adult Zebrafish Telencephalon, Kishimoto, N., Shimizu, K., Sawamoto, K., 第33回神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会,   2010年09月
  • 成体嗅球介在ニューロンの入れ替わりにおける時間的・空間的特徴の解析, Sawada, M., Kaneko, N., Inada, H., Wake, H., Kato, Y., Yanagawa, Y., Kobayashi, K, Nemoto, T., Nabekura, J., Sawamoto, K., 第33回神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会,   2010年09月
  • Analysisof Tsukushi (TSK) function in the mouse brain, Ito, A., Shinmyo, Y., kaneko, N., Hirota, Y., Yamaguchi, M., Sawamoto, K., Tanaka, H., Ohta, K., 第33回神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会,   2010年09月
  • Galectin-1 is expressed in early type neural progenitor cells and down-regulates neurogenesis in the adult hippocampus, Imaizumi, Y., Sakaguchi, M., Morishita, T., Ito, M., Poirier, F., Sawamoto, K., Okano, H., 第33回神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会,   2010年09月
  • Development and analysis of less invasive transient middle cerebral artery occlusion model on Common Marmoset, Hara, K., Muto, j., Kaneko, N., Adachi, K., Toyoda, F., Hikishima, K., Inoue, S., Ito, T., Sawamoto, K., Kawase, T., Yoshida, K., Okano, H., 第33回神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会,   2010年09月
  • Roles of mDia isoforms, a Rho effector, in neural development, Shinohara, R., Thumkeo, D., Kamijo, H., Kaneko, N., Sawamoto, K., Hioki, H., Kaneko, T., Watanabe, K., Takebayashi, H., Ishizaki, T., Furuyashiki, T., Narumiya, S., 第33回神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会,   2010年09月
  • 成体嗅球における嗅覚入力依存的なニューロン入れ替わりの時空間的特徴, 澤田雅人, 金子奈穂子, 稲田浩之, 和気弘明, 加藤康子, 柳川右千夫, 小林和人, 根本知己, 鍋倉淳一, 澤本和延, 第8回木曽生物学セミナー,   2010年08月
  • 新生ニューロン-アストロサイト相互作用によるニューロン移動経路の形成・維持機構, 金子奈穂子, Martin, O., 小池正人, 廣田ゆき, 内山安男, Wu, J.Y., Lu, Q., Tessier-Lavigne, M., Alvarez-Buylla, A., 岡野栄之, Rubenstein, J.L., 澤本和延, 日本分子生物学会第10回春季シンポジウム,   2010年06月07日
  • The Cellular Composition of the Ventricular Zone and Neuronal Migration in the Adult Zebrafish Telencephalon, Kishimoto, N., Alfaro-Cervello, C., Shimizu, K., García-Verdugo, J.M., Sawamoto, K., 第43回日本発生生物学会大会年会,   2010年06月
  • グリアとの相互作用による新生ニューロンの移動制御と傷害脳の再生過程の解析, 金子奈穂子, Martin, O., 小池正人, 廣田ゆき, 内山安男, Wu, J.Y., Lu, Q., Tessier-Lavigne, M., Alvarez-Buylla, A., 岡野栄之, Rubenstein, J.L., 澤本和延, 第154回 名古屋市立大学医学会例会,   2010年06月
  • 未熟児・先天性心疾患児におけるオリゴデンドロサイトの脆弱性, 加古英介, 金子奈穂子, 森永智也, 竹林浩秀, 藤田義人, 祖父江和哉, 澤本和延, 日本麻酔科学会第57回学術集会,   2010年06月
  • Migration of new neurons towards the injured brain tissue, 澤本 和延, 第51回日本神経学会総会(日本神経化学会との合同シンポジウム), シンポジウム7”The Forefront of Regenerative Medicine Research” ,   2010年05月22日, 招待あり
  • 霊長類低侵襲一過性中大脳動脈閉塞モデルの開発, 原晃一, 武藤淳, 井上賢, 金子奈穂子, 安達一英, 豊田史香, 疋島啓吾, 伊藤豊志雄, 澤本和延, 河瀬斌, 岡野栄之, 第25回神経組織の成長・再生・移植研究会,   2010年05月
  • 成体脳上衣繊毛の発生と機能, 澤本 和延, 第115回日本解剖学会総会・全国学術集会 シンポジウム バイオセンサー研究の新展開—繊毛を中心とした生体のホメオスタシス維持機構とその異常— ,   2010年03月29日, 招待あり
  • 虚血性脳疾患の再生医療研究の現状と課題, 澤本 和延, 第9回日本再生医療学会総会 シンポジウム 10「臨床応用へ向けたiPS研究〜文部科学省「再生医療の実現化プロジェクト」個別研究事業の紹介〜,   2010年03月19日, 招待あり
  • Neurogenesis and oligodendrogenesis in the neonatal brain after hypoxia-ischemia, Masuda, H., Kako, E., Takebayashi, H., Hida, H., Togari, H., Ikenaka, K., Kaneko, N., Sawamoto, K., 第4回神経発生討論会,   2010年03月
  • コモンマーモセットを用いた低侵襲一過性中大脳動脈閉塞モデルの開発, 原晃一, 武藤淳, 金子奈穂子, 安達一英, 豊田史香, 疋島啓吾, 伊藤豊志雄, 澤本和延, 河瀬斌, 岡野栄之, 第9回日本再生医療学会総会,   2010年03月
  • 低酸素虚血による小児白質傷害への治療介入の可能性, 加古英介、金子奈穂子、伊藤彰師、薊隆文、笹野寛、祖父江和哉、澤本和延, 第37回日本集中治療医学会学術集会,   2010年03月
  • 成体脳におけるニューロン新生を制御する細胞外環境とその受容機構, 澤本 和延, 平成21年度「バイオ分子センサー」連携研究公開シンポジウム,   2010年01月15日, 招待あり
  • Migration of the Ventricular Progenitors of Zebrafish Adult Telencephalon, Shimizu, K., Kishimoto, N., Nonaka, S., Sawamoto, K., 第32回日本分子生物学会年会,   2009年12月
  • Planar polarization of ependymal cells on the ventricular wall of mouse lateral ventricles, Hirota, Y., Huang, S., Yamada, O., Kida, Y., Sakaguchi, M., Sunabori, T., Nakaya, M., Spassky, N., Shimozawa, T., Higuchi, H., Ogura, T., Nonaka, S., Okano, H., Sawamoto, K., 第32回日本分子生物学会年会,   2009年12月
  • The Cellular Composition and Morphological Organization of the Subventricular Zone in the Adult Zebrafish Telencephalon, Kishimoto, N., Alfaro Cervello, C., Shimizu, K., Garcia-Verdugo, J. M., Sawamoto, K., 第32回日本分子生物学会年会,   2009年12月
  • Roles of mDia, a Rho effector, in neural development, Shinohara, R., Kamijo, H., Kaneko, N., Sawamoto, K., Hioki, H., Kaneko, T., Watanabe, K., Takebayashi, H., Ishizaki, T., Furuyashiki, T., Narumiya, S., 第32回 日本分子生物学会年会,   2009年12月
  • Neuronal migration in the adult brain after ischemic injury, 澤本 和延, seminar in Chinese Academy of Sciences (中国科学院生物物理学研究所),   2009年11月26日, 招待あり
  • 成体脳上衣繊毛の発生・運動・機能, 澤本 和延, 第47回日本生物物理学会 シンポジウム「モータータンパク質から細胞運動へ:高次機能への組織化」,   2009年11月01日, 招待あり
  • マウス発達期における脳室上衣細胞繊毛の平面極性獲得機構, 廣田ゆき、黄詩惠、澤本和延, 第2回 日本水頭症脳脊髄液学会,   2009年11月
  • Motility analysis with nm-accuracy and high temporal resolution of mice ependymal cilia by confocal imaging, Shimozawa, T., Hirota, Y., Sawamoto, K., Higuchi, H., 日本生物物理学会第47回年会,   2009年11月
  • 成体脳のニューロン新生:脳に内在する神経再生機構, 澤本 和延, 第13回静岡健康・長寿学術フォーラム 「再生医療—未来への展望」(静岡県主催学術フォーラム) ,   2009年10月03日, 招待あり
  • Polarization of ependymal cilia required for fluid flow in the adult mouse lateral ventricles, Hirota, Y., Huang, S., Yamada, O., Kida, Y., Sakaguchi, M., Sunabori, T., Nakaya, M., Spassky, N., Shimozawa, T., Higuchi, H., Ogura, T., Nonaka, S., Okano, H., Sawamoto, K., 国際シンポジウム “Construction and Reconstruction of the Brain”,   2009年10月
  • Adult neurogenesis: a conserved mechanism for brain maintenance and repair, 澤本 和延, Kumamoto University G-COE Summer Retreat,   2009年09月03日, 招待あり
  • The Cellular Composition and Morphological Organization of the Ventricular Zone in the Adult Zebrafish Telencephalon, Kishimoto, N., Alfaro Cervello, C., Shimizu, K., Garcia-Verdugo, J. M., Sawamoto, K., 第32回日本神経科学大会,   2009年09月
  • Planar polarity decisions for directional beating of ependymal cilia and fluid flow in the adult mouse lateral ventricles, Hirota, Y., Huang, S., Yamada, O., Kida, Y., Sakaguchi, M., Nakaya, M., Spassky, N., Shimozawa, T., Higuchi, H., Ogura, H., Nonaka, S., Okano, H., Sawamoto, K., 第32回日本神経科学大会,   2009年09月
  • Role of Diversin as a possible switch of distinct Wnt pathways regulating multiple steps of adult neurogengesis, Ikeda, M., Hirota, Y., Sakaguchi, M., Yamada, O., Kida, Y., Ogura, T., Ohtsuka, T., Okano, H., Sawamoto, K., 第32回日本神経科学大会,   2009年09月
  • In vivo imaging of sensory input-dependent neurogenesis in the adult olfactory bulb, Sawada, M., Kaneko, N., Wake, H., Inada, H., Kato, Y., Yanagawa, Y., Nemoto, T., Nabekura, J., Sawamoto, K., 第32回日本神経科学大会,   2009年09月
  • Enhanced oligodendrogenesis and neurogenesis in the subventricular zone of neonatal mouse brain following Hypoxia/ischemia, Kako, E., Kaneko, N., Hida, H., Sobue, K., Togari, T., Sawamoto, K., 第32回日本神経科学大会,   2009年09月
  • ゼブラフィッシュ成魚脳における新生ニューロンの移動, 清水耕平, 岸本憲人, 澤本和延, 第15回小型魚類研究会,   2009年09月
  • 不明, Adachi,K., Sawamoto, K., 第36回 国際生理学会,   2009年07月31日
  • Slit-Robo signaling regulates the migration of new neurons under physiological and pathological conditions, Kaneko, N., Marín, O., Koike, M., Hirota, Y., Uchiyama, Y., Murakami, F., Wu, J., Tessier-Lavigne, M., Alvarez-Buylla, A., Okano, H., Rubenstein, J.LR., Sawamoto, K., 第36回 国際生理学会,   2009年07月
  • Slit-Robo signaling regulates migration of newly-born neurons under physiological and pathological conditions in the postnatal brain, Kaneko, N., Marin, O., Hirota, Y., Rubenstein, J.LR., Murakami, F., Alvarez-Buylla, A., Okano, H., Tessier-Lavigne, M., Sawamoto, K., 第52回 日本神経化学会大会,   2009年06月23日, 招待あり
  • 脳室上衣繊毛の発生と機能, 澤本 和延, 第61回日本細胞生物学会大会 ミニシンポジウム「繊毛研究の新展開」 ,   2009年06月04日, 招待あり
  • 脳に内在する神経再生機構, 澤本 和延, 第50回日本神経学会総会 シンポジウム3「中枢神経系の再生・次なる半世紀」,   2009年05月21日, 招待あり
  • 成体脳のニューロン新生と再生医学, 澤本 和延, 薬科大学薬品毒性学教室セミナー,   2009年05月02日, 招待あり
  • マウス側脳室繊毛のナノメートル運動解析, 下澤東吾, 廣田ゆき, 澤本和延, 樋口秀男, ナノ学会第7回大会,   2009年05月
  • 成体脳におけるニューロン新生のメカニズム, 澤本 和延, 2009 NIG Zebrafish Meeting ,   2009年03月18日, 招待あり
  • 虚血性脳疾患の再生医療を目指した幹細胞生物学, 澤本 和延, 第8回再生医療学会 シンポジウム1「幹細胞生物学」,   2009年03月05日, 招待あり
  • Neural Production and Migration in the Adult Zebrafish Brain, Kishimoto, N., Alfaro Cervello, C., Shimizu, K., Garcia-Verdugo, J.M., Kawakami, K., Sawamoto, K., 2009 NIG Zebrafish Meeting,   2009年03月
  • 鼻孔閉塞-再開通モデルにおける嗅球傍糸球細胞のリモデリング, 澤田雅人, 金子奈穂子, 和氣弘明, 稲田浩之, 加藤康子, 柳川右千夫, 鍋倉淳一, 澤本和延, 第3回神経発生討論会,   2009年03月
  • Polarization of ependymal cilia on the ventricular wall of mouse lateral ventricles, Hirota, Y., Huang, S., Yamada, O., Kida, Y., Sakaguchi, M., Nakaya, M., Spassky, N., Shimozawa, T., Higuchi, H., Ogura, T., Nonaka, S., Okano, H., Sawamoto, K., 第3回神経発生討論会,   2009年03月
  • PCP Protein Localization Pattern in the Developing Mouse Subventricular Zone Ependymal Cells, Huang, S., Hirota, Y., Yamada, O., Kida, Y., Sakaguchi, M., Nakaya, M., Spassky, N., Ogura, T., Nonaka, S., Okano, H., Sawamoto, K., 第3回神経発生討論会,   2009年03月
  • Neuronal production and migration in the adult zebrafish brain, Shimizu, K., Kishimito, N., Nonaka, S., Sawamoto, K., 第3回神経発生討論会,   2009年03月
  • マウス脳梗塞モデルを用いた梗塞巣への新生ニューロンの移動過程におけるSlit蛋白質の機能の解析, 金子奈穂子, Marin, O.,廣田ゆき, Rubenstein, J.LR., 村上富士夫, Alvarez-Buylla, A., 岡野栄之, Tessier-Lavigne, M., 澤本和延, 第8回 日本再生医療学会,   2009年03月
  • 成体脳におけるニューロンの移動と再生医学, 澤本 和延, 平成20年度慶應義塾大学医学部生理学教室同窓会,   2009年02月, 招待あり
  • Young regenerated neurons migrate along the blood vessel scaffold in the striatum after ischemic injury, Kojima, T., Hirota, Y., Ema, M., Takahashi, S., Miyoshi, I., Okano, H., Sawamoto, K., Keystone Symposia,   2009年02月
  • Neuronal migration in the adult mammalian brain, 澤本 和延, BMB2008(第31回日本分子生物学会/第81回日本生化学会),   2008年12月10日, 招待あり
  • 細胞移植を用いない脳疾患再生医療の可能性, 澤本 和延, 第55回日本電気泳動学会 シンポジウム『疾病と再生医療』,   2008年11月16日, 招待あり
  • Fumction of Cdk5 in neuroblast migration in the postnatal subventricular zone, Hirota, Y., Ohshima, T., Kaneko, N., Ikeda, M., Iwasato, T., Kulkarni, A. B., Mikoshiba, M., Okano, H., Sawamoto, K., Neuroscience2008 Society for Neuroscience,   2008年11月
  • Role of beta-catenin signaling in the adult mouse, Adachi, K., Mirzadeh, Z., Nikolcheva, T., Gotoh, Y., Peltz, G., Gong, L., Alvarez-Buylla, A., Okano, H., Sawamoto, K., 第23回内藤コンファレンス,   2008年11月
  • 成体脳における新生ニューロンの移動, 澤本 和延, 第51回日本神経化学会大会 シンポジウム,   2008年09月12日, 招待あり
  • 成体脳の新生ニューロンの移動におけるSlit-Roboシグナルの機能の解析, Kaneko, N., Martin, O., HIrota, Y., Rubenstein, J.LR., Murakami, F., Alvare-Buylla, A., Okano, H., Tessier-Lavigne M., Sawamoto, K., 第51回日本神経化学会大会,   2008年09月
  • ゼブラフィッシュ成魚脳におけるニューロンの産生と移動, 清水耕平,岸本憲人,澤本和延, 生体機能と創薬シンポジウム2008,   2008年09月
  • 脳室壁付近に存在する成体神経幹細胞の機能と再生医学, 澤本 和延, 『加齢と再生医学研究会』岡山大 2008.8.20. アークホテル岡山,   2008年08月20日, 招待あり
  • 成体脳に存在する神経幹細胞の能力, 澤本 和延, アスビオファーマセミナー,   2008年07月17日, 招待あり
  • 成体脳のニューロン新生と再生医学, 澤本 和延, 東京工業大学にてセミナー,   2008年07月15日, 招待あり
  • Neuronal migration in the adult brain after ischemic injury, 澤本 和延, 第31回日本神経科学大会 シンポジウム,   2008年07月10日, 招待あり
  • Migration and maturation of olfactory interneurons in the adult brain, Kaneko, N., Sawamoto, K., 第31回日本神経科学大会 シンポジウム,   2008年07月10日, 招待あり
  • 嗅覚入力による成体嗅球ニューロンの産生・移動・成熟過程の制御機構, 澤田雅人, 金子奈穂子, 和氣弘明, 稲田浩之, 加藤康子, 柳川右千夫, 鍋倉淳一, 澤本和延, 第6回 木曽生物学セミナー,   2008年07月
  • Young neurons migrate along the blood vessel scaffold in the regenerating postnatal brain, Kojima, T., Hirota, Y., Ema, M., Takahashi, S., Miyoshi, I., Okano, H., Sawamoto, K., 第31回日本神経科学大会,   2008年07月
  • Neuronal production and migration in the post-embryonic fish brain, Kishimoto, N., Shimizu, K., Sawamoto, K., G-COEサマースクール,   2008年07月
  • 成体脳のニューロン新生と再生医学, 澤本 和延, 筑波ブレインサイエンスセミナー第151回定例会,   2008年06月17日, 招待あり
  • 脳室上衣繊毛の機能と成熟過程, 澤本 和延, 第3回ダイニン分子研究会:分子機能連関から細胞制御機構まで,   2008年06月12日, 招待あり
  • マーモセット(2):(ライト)ユーザーの立場から, 澤本 和延, 生理学研究所研究会・多次元共同脳科学推進センターキックオフシンポジウム 「霊長類脳基盤研究開発」 ,   2008年04月17日, 招待あり
  • 脳組織損傷後の再生過程における新生ニューロンの移動, 澤本 和延, 第7回日本再生医療学会総会 シンポジウム「神経再生の現状と課題」,   2008年03月14日, 招待あり
  • 成体の脳で生まれ移動する神経細胞, 澤本 和延, 慶應義塾大学医学部再生医学セミナー,   2008年03月05日
  • 成体脳の新生ニューロンの移動における血管の役割, 小島拓郎, 廣田ゆき, 岡野栄之, 澤本和延, 第2回神経発生討論会,   2008年03月
  • 生後脳のニューロンの移動におけるSlit-Roboシグナルの機能の解析, 金子奈穂子, Marin, O., 廣田ゆき, 小島拓郎, Rubenstein, J., 村上富士夫, Alvarez-Buylla, A., 岡野栄之, Tessier-Lavigne, M., 澤本和延, 第2回神経発生討論会,   2008年03月
  • 正常脳と病態脳における新生ニューロンの移動, 澤本 和延, 京都大学再生医科学研究所セミナー,   2008年02月16日, 招待あり
  • Birth, migration and regeneration of neurons in normal and injured adult brain, 澤本 和延, NAIST-Global COE International Symposium –Developmental Biology-,   2008年01月16日, 招待あり
  • 生後の神経細胞発生と再生医学, 澤本 和延, 日本イアンドナルド超音波講座アドバンスセミナー「胎児脳セミナー診断と治療のA to Z」,   2008年01月14日, 招待あり
  • 生後脳内のニューロンの長距離移動における分泌性蛋白質Slitの役割, 金子奈穂子, 澤本和延, 発生生物学研究会,   2008年01月
  • 成体脳で生まれて移動・成熟する神経細胞, 澤本 和延, 名市大医学会総会特別講演,   2007年12月02日, 招待あり
  • 上衣細胞繊毛の平面極性獲得機構, 廣田ゆき, 山田理, 砂堀毅彦, Spassky, N., 野中茂紀, 岡野栄之, 澤本和延, 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会,   2007年12月
  • 神経再生過程の新生ニューロンの移動における血管の役割, 小島拓郎, 廣田ゆき, 山下徹, 二宮充喜子, 岡野栄之, 澤本和延, 第15回日本血管生物医学会学術大会,   2007年12月
  • 成体脳におけるニューロン新生と神経再生医学, 澤本 和延, 海馬と高次脳機能学会,   2007年11月24日, 招待あり
  • 成体脳におけるニューロン新生と神経再生医学, 澤本 和延, 名古屋大学大学院医学系研究科分子病理セミナー(高橋雅英先生依頼のセミナー),   2007年11月15日, 招待あり
  • 成体脳室下帯に存在する幹細胞のニューロン再生能力, 澤本 和延, 第10回日本組織工学会 シンポジウム「幹細胞研究と再生医療の接点」,   2007年11月08日, 招待あり
  • 生後の脳で生まれる神経細胞の移動, 澤本 和延, 日本発生生物学会「秋季シンポジウム」,   2007年11月06日, 招待あり
  • 成体脳で産生される神経細胞の移動制御機構, 澤本 和延, 生理学研究所所長招聘セミナー(生理学研 脳機能計測センター生体情報解析室川上智子先生ご依頼セミナー),   2007年10月25日, 招待あり
  • 成体脳における神経細胞新生の制御と再生医学, 澤本 和延, 第14回BRMサイトカイン研究会,   2007年09月18日, 招待あり
  • 成体脳における神経細胞の産生・移動・再生, 澤本 和延, 第25回日本ヒト細胞学会 シンポジウム2再生医療を支える基盤研究,   2007年08月03日, 招待あり
  • 脳の再生医学, 澤本 和延, 学術の夕べ(名古屋市立大学腫瘍・免疫内科学主催),   2007年08月01日, 招待あり
  • 脳梗塞モデルマウス急性期におけるRNA結合蛋白質Musashi-1の経時的変化, 大木宏一, 今井貴雄, 金子奈穂子, 澤本和延, 鈴木則宏, 岡野栄之(発表:金子), 第28回日本炎症・再生医学会,   2007年08月
  • 成体脳における神経細胞の移動, 澤本 和延, 第43回脳の医学・生物学研究会,   2007年07月21日, 招待あり
  • 成体脳における細胞新生と移動・成熟, 澤本 和延, 第29回日本生物学的精神医学会/第37回日本神経精神薬理学会合同年会 シンポジウム5「情動と細胞新生」,   2007年07月12日, 招待あり
  • 成体脳における神経細胞の産生と再生, 澤本 和延, 日本薬学会東海支部特別講演会,   2007年06月28日, 招待あり
  • 成体脳における神経細胞の産生・移動・再生, 澤本 和延, 星薬科大学薬学部薬品毒性学教室セミナー,   2007年04月26日
  • 嗅球へのニューロブラスト移動制御におけるSlitの機能解析, 金子奈穂子, 廣田ゆき, 岡野栄之, 澤本和延, 第6回成体脳ニューロン新生懇談会,   2007年02月
  • 新生ニューロンの移動における血管の役割, 小島拓郎, 廣田ゆき, 岡野栄之, 澤本和延, 第6回成体脳ニューロン新生懇談会,   2007年02月
  • 成体脳で生まれて移動する神経細胞, 澤本 和延, 第2回ぼくもわたしも歩けるよ!の未来シンポジウム,   2006年11月23日, 招待あり
  • 成体神経新生におけるアセチルコリンの新生ニューロン保護作用, 金子奈穂子, 岡野栄之, 澤本和延, 第15回海馬と高次脳機能学会,   2006年11月
  • Migration and maturation of subventricular-zone-derived new neurons in the post-stroke adult brain, Yamashita, T., Ninomiya, M., Hernández Acosta, P., García-Verdugo, J.M., Sunabori, T., Sakaguchi, M., Adachi, K., Kojima, T., Hirota, Y., Kawase, T., Araki, N., Abe, K., Okano, H., Sawamoto, K., The 19th Naito Conference,   2006年11月
  • Mechanisms of neuronal migration in the adult mammalian brain, 澤本 和延, 日本神経化学会奨励賞受賞講演 シンポジウム,   2006年09月, 招待あり
  • Polarization of ependymal cilia on the ventricular wall of mouse lateral ventricles, Yamada, O., Kida, Y., Sakaguchi, M., Sunabori, T., Hirota, Y., Nakaya, M., Spassky, N., Ogura, T., Okano, H., Sawamoto, K., 日本神経化学会第49回大会 ワークショップ,   2006年09月, 招待あり
  • 成体脳における神経細胞の産生・移動・再生, 澤本 和延, 実験動物中央研究所 特別講演,   2006年07月, 招待あり
  • 成体脳におけるニューロン新生と再生, 澤本 和延, 第13回新潟再生移植研究会,   2006年06月, 招待あり
  • A carbohydrate binding protein, Galectin-1, promotes proliferation of adult neural stem cells (GlycoT2006), Sakaguchi, M., Shingo, T., Shimazaki, T., Okano, H.J., Shiwa, M., Hayama, K., Kadoya, T., Hirabayashi, J., Poirier, F., Nakauchi, H., Sawamoto, K., Okano, H., GlycoT2006 5th International Symposium on Glycosyltransferases 国際 ワークショップ,   2006年06月, 招待あり
  • A carbohydrate binding protein, Galectin-1, promotes proliferation of adult neural stem cells, Sakaguchi, M., Shingo, T., Shimazaki, T., Okano, H.J., Shiwa, M., Hayama, K., Kadoya, T., Hirabayashi, J., Poirier, F., Nakauchi, H., Sawamoto, K., Okano, H., The 4th Annual Meeting of the International Society for Stem Cell Research,   2006年06月, 招待あり
  • Function of Galectin-1 in neurogenesis of the adult hippocampus, Maizumi, Y., Sakaguchi, M., Shingo, T., Hirabayashi, J., Morishita, T., Poirier, F., Sawamoto, K., Okano, H., GlycoT2006 5th International Symposium on Glycosyltransferases,,   2006年06月
  • Cdk5 is required for migration of neuroblasts in the adult brain, Hirota, Y., Ohshima, T., Iwasato, T., Kulkarni, A.B., Okano, H., Sawamoto, K., 日本発生生物学会第39回大会,   2006年06月
  • Cellular composition of the postnatal common marmoset subventricular zone: an evolutionally-conserved neurogenic region, Sawamoto, K., Hirota, Y., Soriano-Navarro, M., He, X., Hayakawa, Y.,Iwanami, A.,Yamane,J., Kato,H., Toyama,Y., Tabata,H., Nakajima,K., Ishii,H., Tanioka,Y., Nomura,T., Kawano,H., Alvarez-Buylla,A., Garcia-Verdugo,J.M., Okano, H., 日本発生生物学会第39回大会,   2006年06月
  • 不明, 安達一英, 坂口昌憲, 山下徹, 藤田裕子, Nikolcheva, T., Peltz, G., 後藤由季子, Alvarez-Buylla, A., 河瀬斌, 岡野栄之, 澤本和延, 神経組織の成長・再生・移植研究会 第21回学術集会,   2006年05月
  • 生後脳における神経細胞新生のメカニズム, 澤本 和延, 慶應義塾大学神経発生・再生学市民公開講座,   2006年03月18日, 招待あり
  • Cerebrospinal fluid flow guides migra-tion of new neurons in the adult brain, 澤本 和延, BSI Forum. RIKEN Brain Science Institute,   2006年03月, 招待あり
  • 成体脳における神経幹細胞の活性化とニューロン新生, 澤本和延, 岡野栄之, 日本薬学会第126年会 シンポジウム「中枢神経変性と神経新生を標的とした治療法の開発および創薬研究」,   2006年03月, 招待あり
  • コモンマーモセットの脳室下層における細胞増殖・移動・分化, 澤本和延, 廣田ゆき, He, X., 早川佳芳, 岩波明生, 山根淳一, 加藤裕幸, 戸山芳昭, 田畑秀典, 仲嶋一範, 石井一, 谷岡功邦, 野村達次, 川野仁, Alvarez-Buylla, A., Garcia-Verdugo, J.M., 岡野栄之, 第5回成体脳ニューロン新生懇談会,   2006年03月
  • 虚血線条体に出現する新生ニューロンの起源・移動・成熟, 山下徹, 二宮充喜子, Pilar, H. A., García-Verdugo, J.M., 砂堀毅彦, 坂口昌徳, 安達一英, 小島拓郎, 廣田ゆき, 河瀬斌, 荒木信夫, 阿部康二, 岡野栄之, 澤本和延, 第5回成体脳ニューロン新生懇談会,   2006年03月
  • 成体脳におけるアセチルコリンの新生ニューロン保護作用, 金子奈穂子, 岡野栄之, 澤本和延, 第5回成体脳ニューロン新生懇談会,   2006年03月
  • 成体脳室下層-嗅球間の新生ニューロブラストの移動におけるcdk5の機能, 廣田ゆき, 大島登志男, 岩里琢冶, Kulkarni, A.B., 岡野栄之, 澤本和延, 第5回成体脳のニューロン新生懇談会,   2006年03月
  • β-cateninシグナルは成体マウス脳室下層における神経前駆細胞の増殖を促進する, 安達一英, 坂口昌憲, 山下徹, 藤田裕子, Nikolcheva, T., Peltz, G., 後藤由季子, Alvarez-Buylla, A., 河瀬斌, 岡野栄之, 澤本和延, 第5回成体脳のニューロン新生懇談会,   2006年03月
  • Birth and migration of neurons in the adult mammalian brain, 澤本 和延, Keio Universi-ty International Symposium On Stem Cell Biology and Regenerative Medicine2006-from Bench to Bedside-,   2006年01月14日, 招待あり
  • 神経発生・再生における脳脊髄液の機能と未来研究, 澤本 和延, 第1回ぼくもわたしも歩けるよ!の未来シンポジウム,   2006年01月, 招待あり
  • 成熟脳におけるニューロンの正常発生と再生, 澤本 和延, 東北医学会例会 シンポジウム「神経再生の諸相」,   2005年12月02日, 招待あり
  • Guidance of neuronal migration by the ependymal flow in the adult brain, 澤本 和延, NAIST-CDB International symposium. 国際シンポジウムFrontiers in Developmental Biology.-分節研究から発生生物学の普遍原理へ,   2005年12月01日, 招待あり
  • The beta-catenin pathway promotes proliferation of neural progenitor cells in the adult mouse subventricular zone, Adachi, K., Sakaguchi, M., Yamashita, T., Fujita, Y., Gotoh, Y., Alvarez-Buylla, A., Kawase, T., Okano, H, Sawamoto, K., 第28回日本分子生物学会年会,   2005年12月
  • 脳室上衣細胞の極性によって形成されるSlit蛋白質の濃度勾配が成体脳内におけるニューロンの移動経路を決定する, Sawamoto, K., Wichterle, H., Gonzalez-Perez, O., Cholfin, J., Yamada, M., Spassky, N., Murcia, N.S., Garcia-Verdugo, J.M., Marin, O., Rubenstein, J.LR., Tessier-Lavigne, M., Okano, H., Alvarez-Buylla, A., 第28回日本分子生物学会年会,   2005年12月
  • 成体脳室下層で生まれるニューロブラストの嗅球への移動におけるcdk5の機能, 廣田ゆき, 大島登志男, 岩里琢冶, Kulkarni, A.b., 岡野栄之, 澤本和延, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年12月
  • Cell proliferation, migration and differentiation in the postnatal common marmoset subventricular zone, Sawamoto, K., He, X., Hirota, Y., Hayakawa, Y., Iwanami, A., Yamane, J., Katoh, H., Toyama, Y., Tabata, H., Nakajima, K., Ishii, H., Tanioka, Y., Nomura, T., Kawano, H., Garcia-Verdugo, J.M., Alvarez-Buylla, A., Okano, H., Society for Neuroscience2005,   2005年11月
  • Origin of neuroblasts in the adult mouse striatum generated after stroke, Yamashita, T., Ninomiya, M., Sunabori, T., Sakaguchi, M., Araki, N., Abe, K., Okano, H., Sawamoto, K., Society for Neuroscience2005,   2005年11月
  • 成体神経幹細胞によるニューロンの発生・再生のメカニズム, 澤本 和延, バイオCOE学生企画セミナー セミナー“「動物の形作り」幹細胞研究の今と未来”,   2005年10月28日, 招待あり
  • 脳虚血後成体マウス線条体に出現する神経前駆細胞の起源, 山下徹, 二宮充喜子, 砂堀毅彦, 坂口昌徳, 安達一英, 勝丸雅子, 河瀬斌, 荒木信夫, 阿部康二, 岡野栄之, 澤本和延., JSTシンポジウム,   2005年10月
  • Neuroprotective effect of acetylcholine esterase inhibitor on young neurons generated in the adult mouse olfactory bulb and hippocampus, Kaneko N, Okano H, Sawamoto, K., 第48回日本神経化学会 ミニシンポジウム,   2005年09月, 招待あり
  • Activation of the Wnt/b-catenin pathway promotes proliferation of neural progenitor cells in the adult mouse subventricular zone, Adachi, K., Sakaguchi, M., Yamashita, T., Fujita, Y., Gotoh, Y., Alvarez-Buylla, A., Kawase, T., Okano, H, Sawamoto, K., 第48回日本神経化学会 ミニシンポジウム,   2005年09月, 招待あり
  • Neurogenesis in the adult mstriatum after cerebral ischemia, Ninomiya, M., Yamashita, T., Sunabori, T., Sakaguchi, M., Abe, K., Araki, N., Okano, H., Sawamoto, K., 第48回日本神経化学会 ミニシンポジウム,   2005年09月, 招待あり
  • galectin-1: 成体脳における神経幹細胞のニッチ因子, 岡野栄之, 坂口昌徳, 新郷哲朗, 島崎琢也, 澤本和延, 岡野ジェイムス洋尚, 第 28 回日本神経科学大会 シンポジウム,   2005年07月
  • cdk5は成体マウスの脳室壁下帯-嗅球でのニューロブラストの移動に関与する, 廣田ゆき, 大島登志男, 岩里琢冶, Kulkarni, A.b., 岡野栄之, 澤本和延, 日本発生生物学会第38回大会,   2005年06月
  • Role of epithelial polarity on the guidance of neuronal migration, Alvarez-Buylla A, Wichterle H, Sawamoto, K., Second congress on cortical development,   2005年05月, 招待あり
  • 脳室上衣細胞と脳脊髄液流のあらたな機能, 澤本 和延, 第8回水頭症の治療シンポジウム,   2005年04月15日, 招待あり
  • 成体脳におけるニューロンの新生と移動, 澤本 和延, 文部科学省ハイテク・リサーチ・センター整備事業 再生医学・治療研究開発センター若手研究者研究成果報告会,   2005年02月, 招待あり
  • Function of Galectin-1 in proliferation of adult neural progenitor cells, Sakaguchi, M., Shingo, T., Shimazaki, T., Okano, H.J., Shiwa, M., Hayama, K., Kadoya, T., Hirabayashi, J., Poirier, F., Nakauchi, H., Sawamoto, K., Okano, H., the 3rd Annual Meeting of the International Society for Stem Cell Research,   2005年
  • Migration of newly generated neurons in the adult mammalian brain, 澤本 和延, 生理研カンファレンス・未来開拓国際シンポジウム“Adult neurogenesis in normal and pathological conditions”,   2004年11月, 招待あり
  • Function of Galectin-1 in self-renewal of neural stem cells and CNS regeneration, Sakaguchi, M., Shingo, T., Ishibashi, S., Yamane, J., Kuroiwa, T., Shimazaki, T., Sawamoto, K., Okano, H.J., Shiwa, M., Kadoya, T., Poirier, F., Nakamura, M., Mizusawa, H., Makauchi, H., Okano, H., Society for Neuroscience2004,   2004年10月
  • Neuroprotective effect of endogenous IL-6 after transient middle cerebral artery occlusion, Yamashita, T., Sawamoto, K., Suzuki, S., Adachi, K., Mihara, M., Ohsugi, Y., Abe, K., Okano, H., Society for Neuroscience2004,   2004年10月
  • Mechanisms for long-distance directional migration of neuroblasts in the adult mouse subventricular zone, Sawamoto, K., Okano, H., Alvarez-Buylla, A., 第27回日本神経科学大会/第47回日本神経化学会大会・合同大会 シンポジウム「成体脳で起こるニューロン新生」,   2004年09月22日, 招待あり
  • Directional migration of neuroblasts in the adult subventricular zone, 澤本 和延, 16th International congress of the IFAA (International Federation of Association of Anatomists) symposium,   2004年08月, 招待あり
  • Scanning electron microscopy of the subventricular zone in the adult mouse brain, Yamada, T., Atsuki, Y., Yoshita, K., Sawamoto, K., and Ushiki, T., International Congress of the IFAA,   2004年08月
  • 成体脳室内の脳脊髄液流によるニューロブラストの移動制御, 澤本和延, 岡野栄之, Alvarez-Buylla, A, 第37回日本発生生物学会大会 ワークショップ「分子神経発生学の新しい展開」,   2004年06月05日, 招待あり
  • 成体脳における新生ニューロンの移動, 澤本 和延, 第66回熊本大学COEリエゾンラボ研究会,   2004年06月, 招待あり
  • Neuronal migration in the adult brain, 澤本 和延, The 8th COEX meeting,   2004年06月
  • 各種哺乳動物におけるadult neurogenesis, 澤本 和延, 第1回コモンマーモセット研究会,   2004年03月
  • Galectin-1 is a key regulator of Neural Stem Cell proliferation, Sakaguchi, M., Ishibashi, S., Shingo, T., Kuroiwa, T., Shiwa, M., Kadoya, T., Shimazaki, T., Sawamoto, K., Okano, H.J., Mizusawa, H., Poirier, F., Nakauchi, H., Okano, H., Keystone Symposia “Stem Cells”,   2004年
  • Galectin-1 regulates neural stem cell self-renewal, Sakaguchi, M., Ishibashi, S., Shingo, T., Kuroiwa, T., Shimazaki, T., Sawamoto, K., Okano, H.J., Shiwa, M., Kadoya, T., Shibuya, A., Nakauchi, H., Mizusawa, H., Poirier, F., Okano, H., The 21st International Lectin Meeting,   2004年
  • Galectin-1, a molecular identity of the neural stem cell niche, Sakaguchi, M., Shingo, T., Shimazaki, T., Okano, H.J., Shiwa, M., Oguro, H., Kadoya, T., Shibuya, A., Poirier, F., Nakauchi, H., Sawamoto, K., Okano, H., 2004 Naito Conference on Stem Cells,   2004年
  • 成体脳室下層における新生ニューロンの移動, 澤本 和延, 第1回成体のニューロン新生懇談会,   2003年10月
  • tincar encodes a Drosophila novel transmembrane protein required for the morphogenesis of eye and the function of dorsal vessel, Hirota, Y., Sawamoto, K., Ueda, R., Okano, H., New Horizons in Molecular Sciences and Systems: An Integrated Approach,   2003年10月
  • 成体マウスおよびサル脳室下層における新生ニューロンの移動, 澤本和延, 早川佳芳, 岩波明生, 金子慎二郎, 川野仁, 石井一, 野村達次, Wichterle, H., Tessier-Lavigne, M., Alvarez-Buylla, A, 第 46 回日本神経化学会,   2003年09月, 招待あり
  • A novel mechanism of neuronal migration in the adult mouse brain, Sawamoto, K., Wichterle, H., Tessier-Lavigne, M., and Alvarez-Buylla, A., 第26回日本神経科学大会,   2003年07月
  • 脈絡叢由来 Slit 蛋白質と脳脊髄液流による成体マウス脳内におけるニューロブラストの移動方向の制御, 澤本和延, Wichterle, H., Tessier-Lavigne, M., and Alvarez-Buylla, A, 第18回神経組織の成長・再生・移植研究会学術集会,   2003年06月, 招待あり
  • 成体の脳室下層における新生ニューロンの移動, 澤本 和延, 第27回慶應ニューロサイエンス研究会,   2003年06月, 招待あり
  • Mechanisms of neuroblast migration in the adult mouse subventricular zone., Sawamoto, K., Wichiterle, H., Tessier-Lavigne, M., and Alvarez-Buylla, A, 第56回日本細胞生物学会 シンポジウム「in vivoあるいはorganotypic cultureにおける神経細胞の追跡」,   2003年05月, 招待あり
  • 成体マウス脳室下層における新生ニューロンの移動, 澤本 和延, 東北大学医学部セミナー,   2003年05月
  • 脈絡叢由来忌避因子Slitによる脳室下層におけるニューロブラストの移動制御機構, 澤本和延, Tessier-Lavigne, M., and Alvarez-Buylla, A, 第2回日本再生医療学会,   2003年03月, 招待あり
  • 成体脳におけるニューロブラストの移動制御機構, 澤本 和延, 2002年度第1回TERCセミナー,   2003年02月, 招待あり
  • Degradation of IAP protein induces DTRAF1-dependent JNK activation, Kuranaga, E., Kanuka, H., Igaki, T., Sawamoto, K., Ichijo, H., Okano, H., Miura, M., the 44th Annual Drosophila Research Conference,   2003年
  • 神経細胞死実行遺伝子endd2は神経変性に関与する, 嘉糠洋陸, 倉永英里奈, 平等哲男, 井垣達吏, 澤本和延, 相垣敏郎, 岡野栄之, 三浦正幸, 第24回日本分子生物学会 シンポジウム,   2001年12月, 招待あり
  • Reaperに制御される新規細胞死調節分子の遺伝学的探索とその同定, 倉永英里奈, 嘉糠洋陸, 井垣達吏, 澤本和延, 一條秀憲, 岡野栄之, 三浦正幸, 第24回日本分子生物学会 シンポジウム,   2001年12月, 招待あり
  • Visualization, isolation, and transplantation of dopaminergic neurons using TH-GFP reporter, Okano, H., Sawamoto, K., Nakao, N., Kobayashi, K., Matsushita, N., Itakura, T., Yoshizaki, T., Society for Neuroscience 2001,   2001年11月
  • Mapping the long journey, 澤本 和延, UCSF Neuroscience Graduate Program Workshop,   2001年10月
  • Identification of a gene specific for R2/R5 photoreceptor cells during Drosophila eye development, Hirota, Y., Sawamoto, K., Montell, C., Okano, H., 14th International Congress of Developmental Biology,   2001年07月
  • Disruption of tissue polarity and cytoskeleton by PARP overexpression, Uchida, M., Hanai, S., Uematsu, N., Sawamoto, K., Okano, H., Miwa, M., Uchida, K., 42nd Annual Drosophila Research Conference,   2001年03月
  • 神経幹細胞の分離と移植, 澤本 和延, 大阪分子細胞生物学研究会,   2001年01月, 招待あり
  • Transplantation of in vitro expanded neural stem cells results in neurogenesis and recovery in motor function after spinal cord injury, Okano, H., Ogawa, Y., Sawamoto, K., Miyata, T., Miyao, S., Watanabe, M., Toyama, Y., Nakamuram, M., Bregman, B.S., Uchiyama, Y., Society for Neuroscience,   2000年11月
  • GFPとFACSを用いたドーパミンニューロンの分離とパーキンソン病モデルラットへの移植, 澤本和延, 岡野栄之, 新適塾「21世紀の薬箱」 新しい治療戦略ー次世代細胞療法を目指した創薬科学ー,   2000年09月
  • 神経幹細胞移植によるラット外傷性脊髄損傷の治療の試み, 岡野栄之, 小川祐人, 岩本範顕, 澤本和延, 戸山芳昭, 第23回日本神経科学大会/第10回日本神経回路学会大会合同大会 シンポジウム,   2000年09月, 招待あり
  • 生体組織より直接濃縮・分離した神経幹細胞・神経前駆細胞及びドーパミンニューロンの解析, 澤本和延, 中尾直之, 垣下浩二, 山本篤世, 小川祐人, 川口綾乃, 宮田卓樹, 松下夏樹, 山口正洋, 寺島俊雄, 小林和人, 板倉徹, 岡野栄之, 第23回日本神経科学大会/第10回日本神経回路学会大会 合同大会,   2000年09月
  • Identification of a gene specific for R2/R5 photoreceptor cells, Hirota, Y., Sawamoto, K., Montell, C., Okano, H., The 8th annual European Symposium on Drosophila Neurobiology,   2000年09月
  • Stem cellと神経分化, 澤本 和延, 日本内分泌学会「内分泌・代謝学サマーセミナー」,   2000年07月
  • 胎仔中脳よりFACSを用いて分離した神経幹細胞とドーパミンニューロンの解析, 澤本和延, 小川祐人, 川口綾乃, 宮田卓樹, 松下夏樹, 小林和人, 山口正洋, 寺島俊雄, 中尾直之, 垣下浩二, 板倉徹, 岡野栄之, 神経組織の成長・再生・移植研究会,   2000年06月
  • GFPとFACSを用いた神経細胞分化過程の解析, 澤本 和延, 大阪大学臨床神経科学懇話会 ワークショップ,   2000年01月, 招待あり
  • Isolation and self-renewal of neural stem cells, Okano, H., Sakakibara, S., Sawamoto, K., Akamatsu, W., Nakamura, Y., Kaneko, Y., Kawaguchi, A., Miyata, T., Roy, N.S., Benraiss, A., Goldman, S.A., International Workshop: Stem cell biology and molecular treatment 2000 国際ワークショップ,   2000年, 招待あり
  • Isolation of neuronal precursor cells by FACS from the Ta1-EYFP transgenic animals, Sawamoto, K., Ogawa, Y., Kawaguchi, A., Miyata, T., Goldman, S.A. Okano, H., Society of Neuroscience,   1999年10月
  • Identifying novel genes involved in regulation of Ras/MAPK signaling and induction of apoptosis by Argos, Taguchi, A., Sawamoto, K., Miyao, S., Okano, H., The 16th annual European Drosophila Research Conference,   1999年09月
  • Molecular dissection of the homeodomain protein REPO, Yuasa, Y., Okabe, M., Yoshikawa, S., Sawamoto, K., Xiong, W.C., Hiromi, Y., Okano, H., The 16th annual European Drosophila Research Conference,   1999年09月
  • MSI and SINA downregulate TTK in the differentiation of photoreceptor cells, Hirota, Y., Okabe, M., Imai, T., Kurusu, M., Sawamoto, K., Okano, H., The 16th annual European Drosophila Research Conference,   1999年09月
  • Identification and characterization of Drosophila Apaf-1/CED-4 homolog, Dapaf-1, Kanuka, H., Sawamoto, K., Inohara, N., Matsuno, K., Okano, H., Miura, M., Third Cold Spring Harbor meeting on Programmed Cell Death,   1999年09月
  • ショウジョウバエの発生におけるRas情報伝達系の機能と制御機構, 澤本 和延, 大阪分子細胞生物学研究会,   1999年05月
  • 進化的に保存された細胞死調節機構:ショウジョウバエApaf-1/CED-4ホモログDapaf-1の機能解析, 嘉糠洋陸, 澤本和延, 井垣達吏, 猪原直弘, 岡野栄之, 三浦正幸, 第22回日本分子生物学会 ワークショップ,   1999年, 招待あり
  • Functional analysis of C. elegans CED-4 in Drosphila, 澤本 和延, Keystone Symposia,   1999年
  • ショウジョウバエの発生におけるRas情報伝達系の機能とその制御機構, 澤本和延, 金明, Winge, P., 岸田昭世, 田口明子, 山田知春, 廣田ゆき, 伊藤美紀子, 菊池章, 岡野栄之, 第71回日本生化学会 シンポジウム,   1998年10月, 招待あり
  • ショウジョウバエにおけるプログラム細胞死の制御機構, 岡野栄之, 嘉糠洋陸, 久原真, 田口明子, 澤本和延, 三浦正幸, 第41回日本神経化学会大会/第21回神経科学会大会 合同大会,   1998年09月, 招待あり
  • Genetic analysis of programmed cell death induced by Argos, a diffusible inhibitor of the EGF-R/Ras signaling, Sawamoto, K., Taguchi, A. and Okano, H., 39th Annual Drosophila Research Conference,   1998年03月
  • Drosophila paired-like homeobox gene expressed in the subsets of developing neurons and epidermis, Tabuchi, K., Yoshikawa, S., Okabe, M., Sawamoto, K., Okano, H., 39th Annual Drosophila Research Conference,   1998年03月
  • ショウジョウバエ複眼を用いた神経分化とアポトーシスの研究, 澤本 和延, 第27回千里神経懇話会 ワークショップ,   1998年02月, 招待あり
  • 神経幹細胞の同定とセルソーターを用いた分離法の確立, 岡野栄之, 川口綾乃, 榊原伸一, 澤本和延, 宮田卓樹, 神経組織の成長・再生・移植研究会,   1998年, 招待あり
  • Function of Argos, a secreted protein with an EGF-motif: inhibition of EGF-R signaling and apoptosis, Okano, H., Jin, M.H., Taguchi, A., Sawamoto, K., XIII international congress of eye research ワークショップ,   1998年, 招待あり
  • ショウジョウバエRalのクローニングと機能解析, 澤本和延, 山田知春, Winge, P., 廣田ゆき, 岸田昭世, 菊池章, 岡野栄之, 第20回日本分子生物学会年会,   1997年12月
  • Inhibition of the Ras signaling and induction of programmed cell death by the Drosophila secreted protein Argos, Sawamoto, K., Taguchi, A., Jin, M. Okano, H., 2nd Keio International Symposium for Life Sciences and Medicine,   1997年12月
  • Molecular cloning and characterization of focal adhesion kinase of Drosophila melanogaster, 澤本 和延, The American Society for Cell Biology 35th annual meeting,   1997年12月
  • Inhibition of Ras signaling and induction of apoptosis by Argos, a Drosophila secreted protein with an EGF-motif, Okano, H., Taguchi, A., Jin, M.H., Sawamoto, K., 1st Cold Spring Harbor meeting on programmed cell death,   1997年09月
  • 低分子量GTP結合蛋白質Ralのショウジョウバエ複眼における強制発現, 澤本和延, 山田知春, Winge, P., 岸田昭世, 菊池章, 岡野栄之, 第30回日本発生生物学会大会,   1997年05月
  • Analysis of the Argos function in eye development: inhibition of Ras signaling and induction of apoptosis, Sawamoto, K., Taguchi, A. Okano, H., 38th Annual Drosophila Research Conference,   1997年04月
  • Function of Drosophila Argos, a secreted protein with an EGF-motif during the neural development: inhibition of Ras signaling and induction of apoptosis, 澤本 和延, International congress of Developmental Biology,   1997年
  • ショウジョウバエ複眼形成における分泌性蛋白質Argosの役割: 細胞分化の制御とアポトーシスの誘導, 澤本和延, 田口明子, 山田知春, 岡野栄之, 第39回日本神経化学会大会,   1996年10月
  • ショウジョウバエの神経発生における分泌性蛋白質argosの役割, 澤本和延、岡部正隆、西田育巧、岡野栄之, 第18回日本分子生物学会年会 シンポジウム「モデル生物系を用いた神経系の発生・分化の解析」,   1995年12月, 招待あり
  • The Drosophila argos inhibits signal transduction in the MAP kinase cascade, Sawamoto, K., Okabe, M., Nishida, Y., Okano, H., The 6th Naito Conference – morphogenesis program: patterning of multicellular organisms -,   1995年11月
  • Argos, a secreted protein with an EGF motif, is required for development of embryonic PNS and larval retinal axon guidance, Okano, H., Sawamoto, K., Okabe, M., 14th European Drosophila Research Conference,   1995年09月
  • 不明, 澤本 和延, 304. The CSH meeting for 'Neurobiology of Drosophila',   1995年09月
  • argos: MAPKカスケードのシグナルトランスダクションを制御する分泌性因子, 澤本和延, 岡部正隆, 谷村禎一, 西田育巧, 御子柴克彦, 岡野栄之, 第2回日本ショウジョウバエ研究会,   1995年08月
  • argos is required for Drosophila optic lobe development and projection of photoreceptor axons, 澤本 和延, International Society of Neurochemistry,   1995年07月
  • The role of argos (strawberry) during optic lobe development and projection of photoreceptor axons, Sawamoto, K., Okabe, M., Tanimura, T., Mikoshiba, K., Okano, H., Annual Drosophila Research Conference,   1995年04月
  • The function of argos gene product during embryonic development, Okabe, M., Sawamoto, K., Mikoshiba, K., Okano, H., Annual Drosophila Research Conference,   1995年04月
  • The role of argos (strawberry) during optic lobe development and projection of photoreceptor axons, Sawamoto, K., Okabe, M., Tanimura, T., Mikoshiba, K., Okano, H., The second IMSUT international symposium for biomedical research,   1995年03月
  • ショウジョウバエのグリア細胞の機能及び発生機構の解析, 澤本和延, 岡部正隆, 岡野栄之, 生理研研究会「グリア若手の会」,   1995年03月
  • The argos (strawberry) gene encodes a secreted protein that regulates the number of sensory organs during Drosophila embryogenesis, Okabe, M., Sawamoto, K., Mikoshiba, K., Okano, H., International Society for Neurochemistry,   1995年
  • strawberryによるショウジョウバエ視葉の発生と光受容細胞軸索投射パターンの制御, 澤本和延, 岡部正隆, 吉川真悟, 御子柴克彦, 岡野栄之, 第18回日本神経科学学会大会,   1994年12月
  • strawberry遺伝子産物の機能, 澤本和延, 岡部正隆, 岡野栄之, 文部省重点研究領域「ショウジョウバエを用いた遺伝子機能解析班」主催 公開ワークショップ,   1994年11月
  • 分泌性蛋白質strawberry遺伝子産物によるショウジョウバエ視葉の発達と光受容細胞軸索投射パターンの制御, 澤本和延, 岡部正隆, 谷村禎一, 吉川真悟, 岡野栄之, 御子柴克彦, 生理研研究会「感覚器における細胞内情報伝達機構」,   1994年07月
  • 神経分化抑制因子strawberry遺伝子産物について —トランスジェニックflyを用いた解析—, 澤本和延, 谷村禎一, 小早川義尚, 林茂生, 御子柴克彦, 岡野栄之, 第27回日本発生生物学会大会,   1994年05月
  • The function of strawberry in regulating cell fate decisions during the Drosophila eye and wing vein development, Okano, H., Sawamoto, K., Kobayakawa, Y., Hayashi, S., Mikoshiba, K., Tanimura, T., Annual Drosophila Research Conference,   1994年
  • The function of argos, encoding a secreted factor with an EGF-motif, in regulating cell fate decisions during the Drosophila eye and wing vein development, Okano, H., Sawamoto, K., Tanimura, T., Kobayakawa, Y., Hayashi, S., Iwasaki, M., Yoshikawa, S., Mikoshiba, K., Second visual system development workshop,   1994年
  • A novel Drosophila secreted factor with an EGF-motif regulates neural cell development and axonal guidance, Okano, H., Sawamoto, K., Tanimura, T., Kobayakawa, Y., Hayashi, S., Hirose,S., Iwasaki, M., Yoshikawa, S., Montell, C., Mikoshiba, K., Society for Neuroscience,   1993年11月
  • transgenic flyを用いた神経発生メカニズムの解析, 澤本 和延, 第46回日本細胞生物学会 シンポジウム「個体操作による胚発生研究」,   1993年10月, 招待あり
  • 神経細胞の分化と軸策走行を制御する新しい液性因子をコードするstrawberry遺伝子座について, 澤本和延, 岡野栄之, 林茂生, 吉川真悟, 岩崎雅行, 谷村禎一, 広瀬進, 安井正人, 御子柴克彦, 第1回日本ショウジョウバエ研究会,   1993年07月
  • 神経分化と軸策走行を制御するEGFモチーフを持つ新しい液性因子, 澤本和延, 岡野栄之, 林茂生, 谷村禎一, 吉川真悟, 渡部二郎, 岩崎雅行, 広瀬進, 御子柴克彦, クレイグモンテル, 第16回神経科学大会,   1992年12月
  • argos inhibits signal transduction in the MAP kinase cascade, Sawamoto, K., Okabe, M., Nishida,Y., Okano, H.

特許

  • 神経幹細胞の増殖制御剤(米国), 岡野栄之、澤本和延、坂口昌徳、平林淳, 特願11/704,185 , 特許7,662,385
  • シグナル伝達系活性化剤(日本), 岡野 栄之, 澤本 和延, 坂口 昌徳, 平林 淳, 葉山 洪, 特願2006-104610, 特開2007-274955, 特許第4925262号
  • 神経幹細胞の増殖抑制剤(日本), 岡野 栄之, 澤本 和延, 坂口 昌徳, 平林 淳, 特願2006-034444, 特開2007-210968, 特許第4997432号
  • METHOD FOR ENRICHEMENT AND / OR ISOLATION OF DOPAMINERGIC NEURONS(米国), 岡野栄之、澤本和延、小林和人、松下夏樹, 特願10/048,536, 特許7,270,998

受賞

  •   2011年06月, 慶應義塾大学医学部, 三四会賞(北里賞)
  •   2007年, 文部科学省, 科学技術分野の文部科学大臣表彰(若手科学者賞)
  •   2007年, 日本学術振興会, 日本学術振興会賞
  •   2006年, 日本神経化学会, 日本神経化学会最優秀奨励賞
  •   2004年, 慶應義塾大学医学部三四会, 三四会奨励賞
  •   2004年, 日本神経科学学会, 日本神経科学学会奨励賞
  •   1998年, 財団法人井上科学振興財団, 井上研究奨励賞

競争的資金

  • 生後脳における細胞移動・再生機構: 高解像度トランスクリプトーム解析による共同研究, 日本学術振興会, 二国間交流事業オープンパートナーシップ共同研究: デンマーク,   2019年07月 - 2022年06月, 澤本 和延
  • 脳細胞の移動・再生促進技術の開発, 日本医療研究開発機構, 再生医療実現拠点ネットワークプログラム(幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム),   2019年04月 - 2022年03月, 澤本 和延
  • 血流による嗅球ニューロンのスクラップ&ビルド, 文部科学省, 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型),   2019年04月 - 2021年03月, 澤本 和延
  • 生後の脳内を移動する新生ニューロンの発生時計を止める微小環境, 文部科学省, 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型),   2019年04月 - 2021年03月, 澤本 和延
  • 最先端形態学・シングルセル遺伝子発現解析による生後脳のニューロン移動機構の解明, 文部科学省, 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)),   2018年10月 - 2021年03月, 澤本 和延
  • 生後脳における新生ニューロンの移動・分化機構とその操作技術, 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究(A),   2017年04月 - 2021年03月, 澤本 和延
  • 血流による嗅球ニューロンのスクラップ&ビルド, 文部科学省, 科学研究費補助金 新学術領域研究 公募研究,   2017年04月 - 2019年03月, 澤本 和延
  • 成体脳のニューロン再生における死細胞の貧食過程とその意義, 文部科学省, 科学研究費補助金 新学術領域研究 公募研究,   2017年04月 - 2019年03月, 澤本 和延
  • エピゲノム情報制御機構の解明と臨床応用, 日本学術振興会, 頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム,   2015年10月 - 2018年03月, 澤本 和延
  • 生後脳組織の恒常性維持と再生における新生ニューロンの移動機構, 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究(A),   2014年04月 - 2017年03月, 澤本 和延
  • 神経再生過程の細胞間相互作用:最先端電子・光学顕微鏡イメージングを用いた共同研究, 日本学術振興会, 二国間交流事業オープンパートナーシップ共同研究:スペイン,   2015年03月 - 2017年02月, 澤本 和延
  • ニューロン再生における血流-神経相互作用, 文部科学省, 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究,   2014年04月 - 2016年03月, 澤本 和延
  • 血管-神経ネットワークの形成・維持に関わる相互依存性, 文部科学省, 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型) (血管と神経) 計画研究A01-3,   2010年04月 - 2014年03月, 澤本 和延
  • 成体脳室下帯に内在する神経再生機構とその操作技術, 日本学術振興会, 最先端・次世代研究開発支援プログラム,   2010年02月 - 2014年03月, 澤本 和延
  • 動くニューロンとアストロサイトの相互作用による成体脳組織の再生, 文部科学省, 新学術領域研究(研究領域提案型)公募研究【動く細胞と秩序】,   2011年04月 - 2013年03月, 澤本 和延
  • Fluid flow in developmental biology, 国際ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム推進機構(HFSPO),   2007年12月 - 2011年11月, 澤本 和延
  • 慢性C型肝炎のインターフェロン療法における幹細胞機能の変化とうつ病発症に関する基礎・臨床連携研究, 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業,   2009年04月 - 2011年03月, 澤本 和延
  • 正常圧水頭症の疫学・病態と治療に関する研究(新井 一), 厚生労働省, 厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業),   2008年 - 2010年, 澤本 和延
  • 発達期における骨格系と髄液循環動態の発生学的特性に基づく高次脳脊髄機能障害の治療および総合医療に関する研究(大井 静雄), 厚生労働省, 厚生労働省精神・神経疾患研究開発費 (2008-2009年は研究開発費ではなく委託費),   2008年 - 2010年, 澤本 和延
  • 脳室周囲白質軟化症の幹細胞治療の実現化, 文部科学省, 再生医療の実現化プロジェクト,   2008年 - 2010年, 澤本 和延
  • 上衣繊毛ナノシステムの協調運動制御, 文部科学省, 科学研究費補助金 特定領域研究 (公募研究),   2007年04月 - 2009年03月, 澤本 和延
  • 成体脳におけるニューロン新生のメカニズムの解明, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(S)),   2009年 - 2010年
  • 成体マウス・小型魚類脳における新生神経細胞移動の分子機構, 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究),   2008年 - 2009年
  • 成体脳内における新生ニューロンの長距離・高速移動を可能にする細胞外環境, 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究),   2008年 - 2009年
  • 二分脊椎の発生病態と予防及び総合医療に関する研究(大井 静雄), 厚生労働省, 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費,   2005年04月 - 2008年03月, 澤本 和延
  • 上衣繊毛ナノシステムの協調運動制御, 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究),   2007年 - 2008年, 1.上衣細胞の極性形成過程の解析 (1)走査型電子顕微鏡によって上衣細胞の分化過程における形態変化を観察し,上衣細胞は生後直後には繊毛を持たず,生後一週間の間に極性を示す繊毛を伸長させることを明らかにした。 (2)繊毛基部およびゴルジ体マーカーによる脳室壁のホールマウント標本の染色を行い,繊毛の基部がまず上衣細胞表面全体に出現したのちに,前後極性を持つ分布へと変化することを見いだした。 (3)繊毛の基部の分布の変化を生きた標本で観察するため,繊毛基部に局在する蛋白質Centrin2とGFPの融合蛋白質および細胞境界に局在するZO1とGFPの融合蛋白質を発現するDNAをエレクトロポレーションにより生後2日後の脳室壁に導入した。生後5日においてこれらの局在をタイムラプス撮影により観察し,繊毛基部が時間の経過とともに極性を獲得することを見いだした。 2.平面細胞極性コア遺伝子群の関与の解析:上衣細胞の極性を制御する因子として平面細胞極性コア遺伝子群が挙げられる。我々はこの遺伝子群のうちStrabismusが上衣細胞の分化過程において発現することをin situ hybridization法により見いだした。さらに抗Strabismus抗体によってStrabismusの細胞内局在を観察したところ,上衣細胞内で前後極性のある局在を示すことがわかった。この結果は,Strabismusが上...
  • 成体神経前駆細胞におけるベータカテニン分解制御の意義, 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究),   2007年 - 2008年, マウス成体脳室下帯においてはβカテニン蛋白質の核内への蓄積が神経幹細胞・前駆細胞において特異的に起こり,これらの細胞の増殖を促進する。Diversinは,β-catenin蛋白質のポリユビキチン化を促進して分解に導く。本研究では,成体脳室下帯の神経幹細胞の分化過程におけるDiversinの発現と,βカテニン蛋白質の分解制御における機能を蛋白質・細胞・個体レベルで明らかにし,蛋白質分解系の生物学的役割の理解に貢献することを目的とする。平成19年度は,成体マウス脳室下帯での神経幹細胞の神経細胞への成熟過程における,Diversinの発現パターンの詳細を細胞種特異的マーカーとの多重染色によって解析した。その結果,Diversinは脳室下帯の神経前駆細胞と新生ニューロンで発現し,神経幹細胞であるGEAP陽性アストロサイトには発現しないことが明らかになった。この結果は,Diversinによるβ-catenin蛋白質の分解が神経幹細胞からの神経前駆細胞と新生ニューロンの分化へ関与することを示唆している。次にDiversinの機能を明らかにする目的で,Diversinを発現するレトロウイルスを作成し,成体マウス脳室下帯への注入実験を行った。ウイルス注入48時間後にウイルス感染細胞を解析した結果,Diversinを過剰発現させた新生ニューロンの移動経路における分布が対照群に比べ異常になること...
  • 成体脳室下層で生まれる神経細胞の移動制御機構, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)),   2007年 - 2009年, 成体脳においても、側脳室周囲の「脳室下帯」ではニューロンの産生が続いている。脳室下帯の神経幹細胞/前駆細胞から産生された幼若ニューロンは、脳の最前端に位置する嗅覚の一次中枢である嗅球までの長距離を、鎖状に連なって移動していく。また脳梗塞後には、幼若ニューロンは脳室下帯から梗塞巣に向かって移動していくことから、脳室下帯におけるニューロン新生のメカニズムの解明は、神経再生を実現するための重要な課題でる。 我々は本年度、脳室下帯における神経前駆細胞の増殖/分化が、Wntシグナル経路に関与する分子β-Cateninによって制御されていることを明らかにした(Adachi, et. al, Stem Cells, 2007)。また、細胞の移動に不可欠な細胞骨格系の制御に関与する分子Cdk5が、嗅球に向かう幼若ニューロンの鎖状連結の形成や移動の方向性・速度の制御に必要であること(Hirota et al, J Neurosci, 2007)、脳室下帯付近で産生・分泌される忌避性のガイダンス分子Slitや血管との相互作用が、非侵襲時・脳梗塞後の幼若ニューロンの移動に重要な役割を果たしていることを見いだした(未発表)。 既存の神経回路を妨げることなく傷害を受けた脳を再生するには、ニューロンの産生を制御し、これらを目的の障害部位に誘導する一連の過程を包括的に理解することが不可欠である。幼若ニュー...
  • 脳室上衣細胞による脳脊髄液流の制御, 文部科学省, 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究),   2007年 - 2009年, 1.上衣細胞の極性形成過程の解析 (1)走査型電子顕微鏡によって上衣細胞の分化過程における形態変化を観察し、上衣細胞は生後直後には繊毛を持たず、生後一週間の間に極性を示す繊毛を伸長させることを明らかにした。 (2)繊毛基部およびゴルジ体マーカーによる脳室壁のホールマウント標本の染色を行い、繊毛の基部がまず上衣細胞表面全体に出現したのちに、前後極性を持つ分布へと変化することを見いだした。 (3)繊毛の基部の分布の変化を生きた標本で観察するため、繊毛基部に局在する蛋白質Centrin2とGFPの融合蛋白質および細胞境界に局在するZO1とGFPの融合蛋白質を発現するDNAをエレクトロポレーションにより生後2日後の脳室壁に導入した。生後5日において脳スライスを作製し、蛍光蛋白質の局在をタイムラプス撮影により観察した。その結果、繊毛基部の分布が時間経過とともに変化して極性を獲得することを見いだした 2.平面細胞極性コア遺伝子群の関与の解析:上衣細胞の極性を制御する因子として平面細胞極性コア遺伝子群が挙げられる。我々はこの遺伝子群のうちStrabismusが上衣細胞の分化過程において発現することをin situ hybridization法により見いだした。さらに抗Strabismus抗体によってStrabismusの細胞内局在を観察したところ、上衣細胞内で前後極性のある局在を示すことが...
  • 正常成体脳及び侵襲脳における新生ニューロンの移動機構の解明, 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究),   2006年 - 2007年, 側脳室周囲の「脳室下帯」では,終生ニューロンの産生が行われている。産生された幼若ニューロンは,嗅球へと移動し介在ニューロンに分化するが,グリアや神経突起の発達した成体脳を移動するには,胎生期と異なった独自の機構が存在すると考えられている。また,外傷・疾患などによりニューロンが脱落すると,これらのニューロンの一部は傷害部に供給される。これは,成体脳にも失われた神経回路を再生しようとする機構が存在し,脳室下帯がその中で重要な役割を果たしていることを示すものである。 我々は,平成19年度の研究によって,細胞の移動に不可欠な細胞骨格系の制御に関与する分子Cdk5が,嗅球に向かう幼若ニューロンの鎖状連結の形成や移動の方向性・速度の制御に重要であることを見出した(Hirota, et. Al.,J Neurosci,2007)。また,反発性のガイダンス分子Slitが,嗅球へと移動する幼若ニューロンの周囲組織との相互作用に関与しており,この分子の欠失によって移動速度が顕著に低下することを明らかにした(未発表)。我々は梗塞巣へと移動する幼若ニューロンの多くが血管壁に沿っていることを示したが,増殖抑制剤により一過性に幼若ニューロンを除去し,嗅球への移動経路(RMS)の再生を観察する実験や,幼若ニューロンと血管を蛍光標識してタイムラプス撮影により解析する実験から,血管壁が幼若ニューロンの移動の足...
  • 霊長類成体脳における神経細胞の新生と移動, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)),   2005年 - 2006年, 従来、中枢神経系を構成する神経細胞は、胎生期および幼弱期にのみ発生するものと考えられてきた。ところがマウスなどの齧歯類成体脳においては、側脳室の側壁に面した脳室下帯と、海馬の歯状回において新しい神経細胞が生まれることが明らかになった。近年、ヒトを含む霊長類の脳においても同様に新しい神経細胞が生まれていることが報告されているが、そのしくみと意義については充分な研究が行われていない。そこで本研究では、霊長類の脳室下帯の構造を詳しく解析し、謁歯類のものと比較した。 17年度では、マーモセット成体脳室下帯の切片を作成し、細胞種特異的なマーカーによる染色と電子顕微鏡による観察を行い、マウスの脳室下帯に存在が報告された細胞と同様の細胞群が存在することを確認した。そこで18年度は、さらにサンプル数を増やし、細胞の組成を定量的に解析した。マウスと比べ、一過性増殖細胞(typeC細胞)の同定が困難であったが、電子顕微鏡の連続切片による三次元的解析によって、少数ではあるが存在することが確認された。新生仔マーモセットを用いて同様の解析を行ったところ、成体よりも多くの増殖細胞が観察された。また、脳室下帯の構造を電子顕微鏡で観察したところ、アストロサイトが帯状に存在すること、上衣細胞が脳室面のみでなく脳室下帯内部に異所的に存在することなど、ヒトの脳室下帯に類似した特徴を有することが明らかになった。これ...
  • 成体脳神経幹細胞の活性化とニューロン新生:その制御機構の解明と可視化技術の開発, 文部科学省, 科学研究費補助金(学術創成研究費),   2005年 - 2009年, 1)Tumor suppressorの性質を有するlet-7 miRNAにMusashi1が特異的に結合することをゲルシフト法により発見した。Musashi1がRISC複合体の一部であるArgonaute(Ago)と同一の複合体に存在するという知見と合わせると、let-7の生合成,processing,機能発現のいずれかにMusashi1が関わっている可能性が考えられる。let-7は、肺癌、乳癌の細胞でその機能体の発現が減弱されており、let-7とMusashi1の関与は癌発生とMusashi1を結ぶ可能性がある。 2)iPS細胞およびES細胞から神経細胞に分化誘導をかけた単離細胞が、活動電位や膜電位依存性電流を発生することをパッチクランプ法により証明し、正常神経機能を獲得していることを明らかにした。一方、機能的なシナプスを成熟脳において形成・維持する因子としてCbln1分子の解析を進めた。 3)神経系細胞の分化状態を可視化するために、Doublecortin/mPlum、Msi1/mPlum、HuB1/mPlum BACトランスジェニック(Tg)マウスを作製した。更に、NKCC1/mPlum及びKCC2/Cerulean BACTgを現在作製中である。また、神経分化と細胞周期との関係を調べるために、細胞周期のステージによって発する蛍光色が変わる『Fucci』マウスを開発した...
  • 造血および神経系幹細胞におけるNotchシグナル可視化による自己複製機構解明, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)),   2004年 - 2006年, 哺乳類中枢神経系発生過程においてNotchシグナルの活性化部位は従来未解明のままであったため、生体内でNotchシグナルの活性化を検出する技術(Notchレポーターシステム)を開発し、中枢神経系においてNotchシグナルの活性化と細胞運命決定の関わりを解析した。Notchの標的遺伝子であるHes1プロモーター下流に発光団形成時間および半減期が短く、かつ蛍光強度の強い蛍光蛋白質d4-Venusを発現するレポーター遺伝子を作成し活性化型Notchを発現した細胞株に導入したところ、このレポータ遺伝子はNotchシグナルの活性化に応答した蛍光を発することが確認された。 作成したレポーター遺伝子をレンチウィルスに組み込み、胎児脳より調製した幼弱神経細胞に遺伝子導入後、Venusを発現する細胞をフローサイトメトリーにより分離しNeurosphere形成能を調べたところ、レポーター遺伝子発現糊包中にsphere形成細胞が有意に濃縮されていることが明らかになった。したがってNotchレポーターシステムにより、Notchシグナルの活性化が神経幹細胞の未分化維持能、多分化能に相関していることが明らかとなった。 また、胎生後期より産生されるアストロサイトの分化過程において解析するとNotchシグナルは成熟したアストロサイトでは活性化していなかった。過剰発現系、loss of functionにより...
  • 哺乳類成体脳内の細胞移動制御におけるSlit蛋白質の機能と作用機構, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)),   2003年 - 2004年, 側脳室側壁の脳室下層は、成体脳における最大のニューロン新生領域である。この脳室下層において生まれるニューロブラストは、同種の細胞が違いに相互作用しながら"chain"と呼ばれる細長い細胞塊を形成し、5ミリにも及ぶ長距離を高速度で移動して嗅球へ達し、嗅覚に関与する神経回路を形成する。我々は、これまでに脳室下層における細胞移動の方向が脳室内を流れる脳脊髄液の方向と一致すること、さらには上衣細胞の繊毛の発達に異常を起こすミュータントマウスにおいては脳脊髄液の流れが異常になるとともに、細胞の移動方向にも異常があることを明らかにした。さらに、Slit2-アルカリ性フォスファターゼ融合蛋白質を脳室内に注入して脳室下層におけるその分布を解析し、正常脳においては脳室下層内に後ろ側から前側へ向かって濃度が低下するグラジエントを形成すること、そして繊毛異常のあるミュータントではこの勾配が正常に形成されないことを見いだした。今年度はSlit1/2二重変異マウスを用いて、これら遺伝子の機能についても明らかにする予定であったが、本マウス供与元のアメリカ合衆国Genentech社の動物飼育施設においてウイルスの感染事故があり、慶雁義塾大学におけるマウスの受入に大幅な遅れをきたしたため、実験は行わなかった。本研究の結果により、これまで不明であった成体マウスの脳における長距離の細胞移動のメカニズムの一端が明...
  • 神経幹細胞による血液細胞産生のメカニズム, 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(A)),   2000年 - 2000年, 造血幹細胞の分化系譜の研究は細胞特異的な表面マーカーとフローサイトメトリーを用いた細胞の同定分離方法の確立によって飛躍的に進歩した。一方、神経系の細胞系譜の研究には、このような方法論が十分確立されていない。我々は、神経系の幹細胞・ニューロン前駆細胞・ドーパミンニューロンなどに強く発現する遺伝子のプロモーターの制御下で蛍光蛋白質を発現するトランスジェニック動物を用いて、これらの細胞を生きたまま同定分離することに成功した。個体の様々な組織には幹細胞が存在し、何らかの理由により失われた細胞を補充して恒常性を維持している。これらの幹細胞は各々の組織を構成する細胞のみを産み出すものと考えられてきたが、近年幹細胞が他の組織の細胞にも分化する能力を有することが明らかになりつつある。我々は、試験管内で増殖させた神経幹細胞を血液中に移植し、神経幹細胞から血液細胞が産生されるかどうか検討を行った。B6Ly5.1マウスに致死量の放射線を照射して造血能を失わせた後で、B6Ly5.2マウス由来の神経幹細胞100万個をレシピエントマウスの生存を保証するためのB6Ly5.1由来骨髄細胞20万個と共に、そのマウスに移植した。その後、血液中の細胞をフローサイトメトリーを用いて長期間に渡って解析したが神経幹細胞(B6Ly5.2由来)から血液細胞が分化したことを示すデータは得られなかった。海外の研究者によって、あ...
  • Rasシグナルを抑制レアポトーシスを誘導する新しい分泌性因子, 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(C)),   2000年 - 2000年, ショウジョウバエ複眼の発生は、Ras情報伝達系の機能と制御機構を遺伝学を用いて解析することのできる優れた系である。Argosはこの複眼形成に関与する因子の同定を目的とした遺伝学的スクリーニングの結果同定された蛋白質であり、受容体型チロシンキナーゼの活性化を阻害することが証明された初めての分泌性蛋白質である。これまでの生化学的解析から、ArgosがEGF受容体に直接結合して二量体形成を阻害すると共に、受容体の活性化を引き起こすTGFα様リガンド(spitz)の結合を阻害することによって、下流のシグナル伝達を負に制御することが明らかになった。しかしながら、その詳細なメカニズムや個体発生における意義については不明な点が多く残されており、未知の因子が関与している可能性が考えられる。そこで我々は、遺伝学的スクリーニング法によってArgosが制御するシグナル伝達に関わる新規な遺伝子の探索を試みた。今年度は、このスクリーニングで分離されたclown変異体を詳細に解析し、原因遺伝子の機能を考察した。clownのホモ接合体においては、光受容細胞の変性に加え、コーン細胞と色素細胞の数の増加が観察された。さらに、clown変異は、Argosの過剰発現によって生じる翅脈の表現型を強く抑圧し、MAPK又はMAPKKの活性化による表現型を増悪させることを見出した。遺伝学的解析の結果、clownはArgo...
  • 中枢神経系幹細胞の分化機構の解析, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)),   2000年 - 2003年, 神経幹細胞のマーカーであるnestin遺伝子のエンハンサー領域を用いてgreen fluorescent protein(GFP)を神経幹細胞に強く発現させ、その細胞を可視化し、さらにfluorescence activated cell sorting(FACS)を用いて分離する方法を開発した。同様に、異なる細胞腫に発現する幾つかの遺伝子のプロモーター領域を用いて、ニューロン前駆細胞、およびドーパミンニューロンを可視化・分離することに成功した。分離・濃縮された神経幹細胞あるいはドーパミンニューロンを、パーキンソン病モデルラットへ移植したところ、アンフェタミンによって誘発される回転運動が有意に抑制されることから、脳内でドーパミンニューロンに成熟し機能回復が起こったものと考えられた。さらに、ES細胞にGFPレポーターを導入して、ES細胞から分化誘導したドーパミンニューロンの分離を試みた。FACSで分離した細胞を同様に、パーキンソン病モデルラットヘ移植し、機能回復を確認した。これらの方法は、将来神経変性疾患の治療に必要な細胞の分離の方法を開発する際に役立つものと考えられるが、トランスジーンを導入しなければならないという欠点がある。そこで、神経幹細胞およびそこから分化した細胞の表面に特異的に発現する蛋白質に対するモノクローナル抗体を作成するため、胎仔前脳細胞を免疫して得られたハイブ...
  • ショウジョウバエの発生におけるRas情報伝達系の機能と制御機構, 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)),   1999年 - 2000年, ショウジョウバエ複眼の発生は、Ras情報伝達系の機能と制御機構を遺伝学を用いて解析することのできる優れた系である。Argosはこの複眼形成に関与する因子の同定を目的とした遺伝学的スクリーニングの結果同定された蛋白質であり、受容体型チロシンキナーゼの活性化を阻害することが証明された初めての分泌性蛋白質である。これまでの生化学的解析から、ArgosがEGF受容体に直接結合して二量体形成を阻害すると共に、受容体の活性化を引き起こすTGFα様リガンド(Spitz)の結合を阻害することによって、下流のシグナル伝達を負に制御することが明らかになった。しかしながら、その詳細なメカニズムや個体発生における意義については不明な点が多く残されており、未知の因子が関与している可能性が考えられる。そこで我々は、遺伝学的スクリーニング法によってArgosが制御するシグナル伝達に関わる新規な遺伝子の探索を試みた。今年度は、このスクリーニングで分離されたclown変異体を詳細に解析し、原因遺伝子の機能を考察した。clownのホモ接合体においては、光受容細胞の変性に加え、コーン細胞と色素細胞の数の増加が観察された。さらに、clown変異は、Argosの過剰発現によって生じる翅脈の表現型を強く抑圧し、MAPK又はMAPKKの活性化による表現型を増悪させることを見出した。遺伝学的解析の結果、clownはArgo...
  • Rasシグナルを抑制しアポトーシスを誘導する新しい分泌性因子, 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(A)),   1999年 - 1999年, ショウジョウバエEGF受容体を介するシグナル伝達経路について解析を行い以下の成果を得た。 (1)EGFモチーフを有する分泌性蛋白質Argosを複眼特異的に過剰発現するトランスジェニック系統GMR-argosのgenetic modifierとして分離した変異の染色体上における位置を決定し、近傍に位置する既知の遺伝子の変異体との相補性試験を行った。分離した変異体の一部は既知のEGF受容体シグナルに関与する遺伝子の変異であり、残りは新規な遺伝子の変異と考えられた。 (2)バキュロウイルス発現系を用いて得たArgos、Spitz(ショウジョウバエのTGFα相同分子)及びEGF受容体の蛋白質を用いて、これらの結合活性を調べた。BIAcoreおよび免疫沈降法により、ArgosとSpitzがいずれもEGF受容体の細胞外ドメインに結合することが明らかになった。また、ウエスタンブロッティング法によりArgosはEGF受容体の二量体形成を直接阻害することが明らかになった。 (3)Drosophila Ralのドミナントネガティブ及び恒常的活性型変異体のショウジョウバエ個体での強制発現実験により、Ralが発生過程における細胞形態の変化の制御に関与する可能性が示唆された。遺伝学的交配実験及び培養細胞への強制発現とリン酸化JNKの特異抗体を用いたウエスタンプロッティングによって、RalにはJNK経路...
  • Ras/HAPKシグナルを抑制しアポト-シスを誘導する新しい分泌性蛋白質, 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(A)),   1998年 - 1998年, ショウジョウバエArgosは、EGFモチ-フを有する分泌性の蛋白質で、変異体の表現型などから細胞分化抑制因子として機能することが知られていた。遺伝学的解析から、ArgosがRas/MAPK経路を上流から負に制御することを見いだした。生化学的解析により、ArgosがEGF受容体に直接結合して二量体形成を抑制することを明らかにした。Argosを複眼特異的に過剰発現するとRasシグナルの低下によりプログラム細胞死が誘導されることを見いだし、Rasシグナルが細胞の生存を促進することを示した。このArgosの過剰発現によって生じる表現型を変化させる変異体をスクリ-ニングし複数の変異体を分離した。表現型の解析結果より、これらの系統の中にはArgosと共通のシグナル経路を介して細胞死あるいは細胞分化の制御に関与する遺伝子の変異体が含まれているもの考えている。
  • ArgosによるRasシグナルを介した細胞分化制御とアポ-ト-シス誘導, 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)),   1997年 - 1998年, Argosはショウジョウバエの発生におけるRasシグナル伝達経路を制御する分泌性蛋白質であり、遺伝学的及び生化学的研究によってEGF受容体の活性化を負に制御することが明らかになっている。ArgosによるEGF受容体活性化の阻害機構の解明を目的として、ArgosがEGF受容体へ結合するかどうか、そしてArgosの結合がEGF受容体にどのような影響を及ぼすのかを生化学的に解析した。得られた結果から、Argosという抑制性のリガンドが結合してEGF受容体の二量体形成を阻害するという新しいメカニズムの存在が明らかになった。ArgosによるRaS/MAPKシグナルの抑制および細胞死誘導の分子機構は完全に解明されたわけではなく、未知の分子が関与している可能性がある。これら未知の分子の同定を目的として、複眼特異的にArgosを過剰発現するトランスジェニックフライ(GMR-argos)の表現型を変化させる変異体をスクリ-ニングした。約140,000の個体をスクリ-ニングし、有意な効果を示す変異体を複数分離した。これらの変異体を解析したところ、分離した系統の中にはArgosと共通のシグナル経路を介して細胞死あるいは細胞分化の制御に関与する遺伝子の変異体が含まれているものと考えられた。これらの変異をさらにマッピングし、未知のものについては原因遺伝子をクロ-ニングする予定である。これらの遺伝子の機...
  • Ras/MAPKシグナルを抑制し、アポト-シスを誘導する新しい分泌性蛋白質, 文部科学省, 科学研究費補助金(重点領域研究),   1997年 - 1997年, トランスポゾンP因子を利用した形質転換法により、複眼特異的にArgosを過剰発現するトランスジェニック系統GMR-argosを作成した。走査型電子顕微鏡で観察したところ、個眼の配列の異常および数の減少が認められた。複眼内部を解析した結果、個眼を構成する光受容細胞・コ-ン細胞・色素細胞の数が野生型よりも減少していることが明らかになった。このArgosによる細胞の減少は、細胞分化の異常によるものではなく、発生後期における過剰な細胞死によって生じたものであることが判明した。さらにこの細胞死は、p35・DIAP1・DIAP2の共発現によって有意に抑制された。これらの結果よりArgosの過剰発現による細胞死は、カスパ-ゼが関与するプログラム細胞死であるものと考えられた。さらに、蛹期の後期に活性変異型Ras蛋白質を発現させたところ、コ-ン細胞の細胞死が有意に抑制されたことから、Argosによる細胞死はRasシグナルの細胞死抑制機能の低下によるものであると考えられた。さらに、headi nvolution defectiveの過剰発現による細胞死がMAPKK及びMAPKの機能亢進型変異によって抑制されたことより、Ras/MAPKカスケ-ドのシグナル伝達はプログラム細胞死を負に制御し生存を維持する機能を有することが明らかになった。ArgosによるRas/MAPKシグナルの抑制および細胞死誘導...
  • 神経系におけるグリア細胞の機能の分子遺伝学的解析, 文部科学省, 科学研究費補助金(重点領域研究),   1997年 - 1997年, ショウジョウバエにおけるグリア細胞の分化決定機構を明らかにすることを目的として、グリア細胞特異的転写因子Repo蛋白質の転写制御について解析を行った。ルシフェラ-ゼアッセイの結果、Repo蛋白質は転写を促進することにより下流標的因子を調節していることが明らかとなった。また、酵母の転写因子であるGal4の認識配列(UAS)をrepo cDNAの上流に有したトランスジェニックフライを作成し、全てのニュ-ロブラストでGal4を発現させる系統と交配することにより repo 遺伝子産物を異所的に発現させた。その結果、異所的なM84(グリア細胞特異的なエンハンサ-・トラップ系統)発現細胞が認められた。加えて免疫組織染色の結果、長軸索路の著しい断裂と運動神経の走行異常を認めた。また、repo 遺伝子産物をmidlineの細胞にて異所的に発現させた結果、同様に長軸索路の断裂を観察した。さらに、下流標的因子を単離する目的で、yeastを用いたyeast one-hybrid法によるスクリ-ニングを行った。3万クロ-ンのスクリ-ニングの結果、複数の陽性クロ-ンを得た。
  • 神経系の発生と高次機能におけるRNA結合蛋白質の役割の解析, 文部科学省, 科学研究費補助金(重点領域研究),   1997年 - 1997年, 遺伝子発現の転写後調節は、複雑な神経系の発生過程と可塑性等において重要な役割を果していることが予想される。mouse-Musashi-1(m-Msi-1)は哺乳類胎生期に豊富に存在する中枢神経系未分化幹細胞において強く発現しているRNA結合蛋白質であり、ショウジョウバエの相同分子(d-Musashi)との類似性により、哺乳類神経発生過程における細胞の運命決定、細胞系譜の形成を転写後レベルで制御している可能性が考えられている。一方、最近、マウス、ラット等の哺乳類においては成体においても、神経細胞およびグリア細胞を産生する能力を有する中枢神経系幹細胞が存在することが示された。そこで、本年度我々は生後および成体での未分化幹細胞におけるm-Msi-1の発現を、m-Msi-1抗体による免疫組織化学等により検討した。その結果、m-Msi-1は生後でも側脳室周辺のsubventricular zone(SVZ)の分裂能を有するグリア前駆細胞や、未分化幹細胞と考えられる細胞、およびアストロサイトにおいて発現が持続していた。一方、PDGFR或いはNG2陽性のO-2Aやオリゴデンドロサイトではm-Msi-1発現が消失していた。以上のような発現パタ-ンやショウジョウバエ相同分子(d-Musashi)との類似性から、m-Msi-1蛋白質は胎生期のみならず成体においても神経発生過程における細胞の運命決...
  • Ras・MAPキナ-ゼシグナルを抑制し、アポト-シスを誘導する新しい分泌性蛋白質, 文部科学省, 科学研究費補助金(重点領域研究),   1996年 - 1996年, Argosは、EGFモチ-フを有する分泌性蛋白質であり、ショウジョウバエの発生過程において細胞外よりRas/MAPK系の情報伝達を制御することにより細胞分化の調節を行っている。複眼特異的に発現する転写因子のGlassの結合領域を含む発現ベクタ-pGMRを用いて、複眼特異的にArgosを過剰発現するトランスジェニックフライ(GMR-argos)を作成した。GMR-argosの複眼を走査型電子顕微鏡で観察したところ、個眼の配列が不規則であり、個眼の数が著しく減少していることが明らかになった。さらに、切片を作成して観察したところ、光受容細胞及び色素細胞の数が減少していることが明らかになった。Argosを過剰発現した複眼をアクリジンオレンジで染色して観察したところ、野生型にくらべ細胞死が亢進していることが明らかになった。この細胞死がp35、diap1、diap2を共発現することにより有意に抑圧されたことから、ArgosによるRas/MAPK系の情報伝達の低下がICEファミリ-のプロテア-ゼを介するアポト-シスを誘導したものと解される。さらに、ArgosによるRas/MAPK情報伝達の抑制とアポト-シス誘導に関与する未知の分子の探索を目的として、GMR-argosの表現型を抑圧または増悪させるような変異体のスクリ-ニングを開始した。GMR-argosトランスジ-ンをゲノム上で安定化させ...
  • EGFモチ-フを有する分泌性の新しい側方抑制因子, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)),   1996年 - 1997年, 動物の発生過程におけるRasシグナルの機能と制御機構の解明を目的として、ArgosとRalというショウジョウバエの二つの蛋白質について解析した。EGF受容体の活性化を阻害する分泌性蛋白質Argosの過剰発現が細胞死を誘導する事を見出し、Ras/ERK経路がカスパ-ゼを介した細胞死を負に制御する事を明らかにした。Argosの作用に関連した未知の遺伝子の同定を目的として、Argos過剰発現によって生じる表現型を修飾する変異を遺伝学的手法により同定した。培養細胞においてリガンド非依存的に二量体を形成する変異型EGF受参体によるERKの活性化がArgosにより阻害されることを見出し、EGF受容体とは別にArgosの受容体が存在する可能性を示した。Rasの下流で機能するGTP結合蛋白質Ralのショウジョウバエ相同分子を同定・解析し、RasからRalへのシグナル伝達経路が細胞骨格の制御に関与する可能性を示した。
  • ショウジョウバエストロベリーとその脊椎動物相同分子の神経発生における役割, 文部科学省, 特別研究員研究奨励金,   1995年04月 - 1996年03月, 澤本 和延

教育活動情報

担当経験のある科目

  • NCU先端科目(医薬系), 名古屋市立大学
  • 発展研究特別講義Ⅰ(英語講義), 名古屋市立大学
  • 生命科学, 名古屋市立大学
  • 生体情報・機能制御医学, 名古屋市立大学
  • 病理病態学, 名古屋市立大学
  • 病態生理学, 名古屋市立大学
  • 教養教育, 名古屋市立大学
  • 神経科学, 名古屋市立大学
  • 医療分子機能薬学分野特論(病態生化学), 名古屋市立大学
  • 生体防御・総合医学, 名古屋市立大学
  • 生体機能・構造医学, 名古屋市立大学
  • 生体構造機能学, 名古屋市立大学
  • 分子医学講義分子再生医学の基礎, 名古屋市立大学
  • 学術論文入門ユニット, 名古屋市立大学
  • 病態生化学特論, 名古屋市立大学
  • 基盤医学特論, 名古屋市立大学
  • 基礎自主研修, 名古屋市立大学
  • 脳内の上皮細胞Epithelial cells in the brain, 生理学研究所
  • 医歯学先端研究特論, 東京医科歯科大学
  • 脳神経系の発生成熟・可塑性の分子機構, 東京大学
  • 生物学特論ⅩⅫ, 名古屋大学
  • 基礎細胞生物学II(MCBII), 慶應義塾大学
  • 超高齢化社会におけるスローエイジング戦略と再生医学, 九州大学
  • 成体脳に内在する神経再生機構, 京都府立医科大学
  • 人体解剖学実習, 新潟大学
  • 成体脳のニューロン新生と再生医学, 奈良県立医科大学
  • 生命システム情報特別講義, 慶應義塾大学
  • ニューロサイエンスコース, 名古屋大学
  • 「選択制統合型講義」 特別講義, 東北大学
  • 人体構造学概論, 筑波大学
  • 生体分子機能工学, 東京工業大学
  • 基盤医学特論, 名古屋大学
  • 分子発生生物学, 慶應義塾大学
  • 生理学II実習, 慶應義塾大学
  • 基礎分子細胞生物学II, 慶應義塾大学
  • 再生医療最前線, 慶應義塾大学
  • 人体機能学, 慶應義塾大学
  • 生理学II, 慶應義塾大学
  • 人体解剖学実習, 大阪大学
  • 神経解剖学, 大阪大学
  • 人体発生学, 大阪大学
  • 分子神経生物学, 筑波大学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.