研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

木藤 新一郎キドウ シンイチロウ

所属部署理学研究科生命情報系
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.nsc.nagoya-cu.ac.jp/~kidou/
生年月日
Last Updated :2020/07/02

研究者基本情報

学歴

  • 1987年04月 - 1989年03月, 三重大学大学院, 農学研究科
  • 1983年04月 - 1987年03月, 三重大学, 農学部

学位

  • 三重大学/博士(理学)

所属学協会

  • 日本分子生物学会
  • 日本育種学会
  • 日本植物細胞分子生物学会
  • 日本植物生理学会

経歴

  • 2009-現在 名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科教授
  • 1998-2009 岩手大学農学部助教授
  • 1994-1998 岩手大学農学部講師
  • 1991-1994 東京大学分子細胞生物学研究所受託研究員
  • 1990-1991 北海道大学理学部受託研究員
  • 1989-1990 ポーラ化成工業株式会社 研究員

研究活動情報

研究分野

  • 環境・農学, 遺伝育種科学, 低温耐性
  • ライフサイエンス, 植物分子、生理科学, 低温応答

研究キーワード

    遺伝子発現, オオムギ, 低温応答, 細胞壁, 花芽形成

論文

  • Barley cold-induced CISP proteins contribute to the accumulation of heavy metals in roots., Ying, M, Yasuda, H, Kobayashi, S, Sakurai, N, Kidou, S, Environmental and Experimental Botany, 165, 53 - 58,   2019年05月, 査読有り
  • PHD type zinc finger protein PFP represses flowering by modulating FLC expression in Arabidopsis thaliana., 木藤 新一郎, Plant Growth Regulation, 88, 49 - 59,   2019年03月, 査読有り
  • Discovery of novel cold-induced CISP genes encoding small RNA-binding proteins related to cold adaptation in barley, Mengchao Ying, Shin-ichiro Kidou, PLANT SCIENCE, 260, 129 - 138,   2017年07月, 査読有り, To adapt to cold conditions, barley plants rely on specific mechanisms, which have not been fully understood. In this study, we characterized a novel barley cold-induced gene identified using a PCR-based high coverage gene expression profiling method. The identified gene encodes a small protein that we named CISP1 (Cold-induced Small Protein 1). Homology searches of sequence databases revealed that CISP1 homologs (CISP2 and CISP3) exist in barley genome. Further database analyses showed that the CISP1 homologs were widely distributed in cold-tolerant plants such as wheat and rye. Quantitative reverse transcription PCR analyses indicated that the expression of barley CISP genes was markedly increased in roots exposed to cold conditions. In situ hybridization analyses showed that the CISP1 transcripts were localized in the root tip and lateral root primordium. We also demonstrated that the CISP1 protein bound to RNA. Taken together, these findings indicate that CISP1 and its homologs encoding small RNA binding proteins may serve as RNA chaperones playing a vital role in the cold adaptation of barley root. This is the first report describing the likely close relationship between root specific genes and the cold adaptation process, as well as the potential function of the identified genes.
  • The physiological accumulation of mutant fibroin light chains induces an unfolded protein response in the posterior silk gland of the Sericin cocoon Nd-sD strain of silkworm Bombyx mori., Takahashi, T, Miyazaki, M, Kidou, S, Matsui, Y, An, Y, Ozaki, T, Suzuki, K, Yamashita, T, Journal of Insect Biotechnology & Sericology, 86, 105 - 112,   2017年, 査読有り
  • Apple FLOWERING LOCUS T proteins interact with transcription factors implicated in cell growth and organ development, Naozumi Mimida, Shin-Ichiro Kidou, Hiroshi Lwanami, Shigeki Moriya, Kazuyuki Abe, Charlotte Voogd, Erika Varkonyi-Gasic, Nobuhiro Kotoda, TREE PHYSIOLOGY, 31, (5) 555 - 566,   2011年05月, Understanding the flowering process in apple (Malus x domestica Borkh.) is essential for developing methods to shorten the breeding period and regulate fruit yield. It is known that FLOWERING LOCUS T (FT) acts as a transmissible floral inducer in the Arabidopsis flowering network system. To clarify the molecular network of two apple FT orthologues, MdFT1 and MdFT2, we performed a yeast two-hybrid screen to identify proteins that interact with MdFT1. We identified several transcription factors, including two members of the TCP (TEOSINTE BRANCHED I, CYCLOIDEA and PROLIFERATING CELL FACTORs) family, designated MdTCP2 and MdTCP4, and an Arabidopsis thaliana VOZ1 (Vascular plant One Zinc finger protein1)-like protein, designated MdVOZ1. MdTCP2 and MdVOZ1 also interacted with MdFT2 in yeast. The expression domain of MdTCP2 and MdVOZ1 partially overlapped with that of MdFT1 and MdFT2, most strikingly in apple fruit tissue, further suggesting a potential interaction in vivo. Constitutive expression of MdTCP2, MdTCP4 and MdVOZ1 in Arabidopsis affected plant size, leaf morphology and the formation of leaf primordia on the adaxial side of cotyledons. On the other hand, chimeric MdTCP2, MdTCP4 and MdVOZ1 repressors that included the ethylene-responsive transcription factors (ERF)-associated amphiphilic repression (EAR) domain motif influenced reproduction and inflorescence architecture in transgenic Arabidopsis. These results suggest that MdFT1 and/or MdFT2 might be involved in the regulation of cellular proliferation and the formation of new tissues and that they might affect leaf and fruit development by interacting with TCP- and VOZ-family proteins.
  • Molecular characterization of FLOWERING LOCUS T-like genes of apple (Malus×domestica Borkh.), Kotoda, N, Hayashi, H, Suzuki, M, Igarashi, M, Hatsuyama, Y, Kidou, S, Igasaki, T, Nishiguchi, M, Takahashi, S, Iwanami, H, Moriya, S, Abe, K, Plant and Cell Physiology, 51, (4) 561 - 575,   2010年04月
  • Gene silencing of barley P23k involved in secondary wall formation causes abnormal tiller formation and intercalary elongation, Ai Oikawa, Kazuya Nagai, Kiyoaki Kato, Shin-ichiro Kidou, BREEDING SCIENCE, 59, (5) 664 - 670,   2009年12月, P23k is a monocot-unique protein that is highly expressed in barley. Our previous loss-of-function studies in barley leaves indicated that P23k, localized to tissues where cell wall polysaccharides accumulate, might contribute to secondary wall formation in the leaf. However, the P23k loss-of-function analysis was limited to the leaf, which is a vegetative organ. Considering the involvement of P23k in secondary wall formation, a dramatically altered phenotype is expected in the stern of P23k gene-silenced barley, where marked secondary wall deposition occurs during the reproductive growth stage. To test this hypothesis, barley striped mosaic virus-based virus-induced gene silencing of P23k was performed. Abnormal tiller formation and arrested intercalary elongation were observed in P23k-silenced barley. From these results, we speculated that cell wall architecture was altered by P23k gene silencing. Consistent with this idea, we observed a marked decrease in the amount of cell wall polysaccharides stained with calcofluor and down-regulation of the cellulose synthase-like CsIF6 gene involved in (1,3;1,4)-beta-D-glucan synthesis. Taken together, these results suggest that P23k is possibly involved in determining secondary wall architecture and contributes to tiller formation and intercalary elongation in barley.
  • Genomic diversity of germinating scutellum specific gene P23k in barley and wheat, Hiro Kouzaki, Shin-ichiro Kidou, Hideho Miura, Kiyoaki Kato, GENETICA, 137, (2) 233 - 242,   2009年11月, P23k is a 23 kDa protein involved in sugar translocation in the scutellum of germinating barley seeds. The present study was carried out to provide the genomic characterization for P23k gene in terms of copy number, chromosome mapping, genetic mapping and expression analysis in germinating sculletum in two major Triticeae crops, barley and wheat, and their relatives. Southern blotting showed that a variable copy number with different restriction fragment sizes was found among 15 Hordeum accessions, while low copy number were found to be conserved in 23 Triticum and 3 Aegilops accessions. Genetic and physical mapping study identified that the P23k gene is duplicated in wild and cultivated barley on chromosomes 1H, 2H, and 3H, and further tandem duplication on chromosomes 1H and 3H. In contrast, the wheat P23k is located on chromosome 3A of durum wheat and at the distal portion of the long arms of 3A and 3D chromosomes of bread wheat. Northern blotting showed remarkably high accumulation of P23k transcript in the germinating scutellum in cultivated and wild barley, whereas very few or no accumulation was detected in diploid, tetraploid, and hexaploid wheat accessions. The present study suggests a simple scenario where the ancestral P23k is encoded on the distal portion of an ancestral chromosome of homoeologous chromosome 3. Beside of polyploidy, dispersed and tandem duplications could trigger generation of the P23k family in the Hordeum lineage, while an ancestral P23k has been conserved in homoeologous 3A and 3D chromosomes in the wheat lineage.
  • FRIGIDA Delays Flowering in Arabidopsis via a Cotranscriptional Mechanism Involving Direct Interaction with the Nuclear Cap-Binding Complex, Nuno Geraldo, Isabel Baeurle, Shin-ichiro Kidou, Xiangyang Hu, Caroline Dean, PLANT PHYSIOLOGY, 150, (3) 1611 - 1618,   2009年07月, A major determinant of flowering time in natural Arabidopsis (Arabidopsis thaliana) variants is FRIGIDA (FRI). FRI up-regulates expression of the floral repressor FLOWERING LOCUS C (FLC), thereby conferring a vernalization requirement and a winter annual habit. FRI encodes a novel nuclear protein with no conserved domains except for two coiled-coil regions. A mutation in the large subunit of the nuclear cap-binding complex (CBC) suppresses FRI activity, so we have explored the connection between FRI and the nuclear CBC in order to gain further insight into FRI biochemical activity. Mutations in the small subunit of the CBC (CBP20) also suppress FRI up-regulation of FLC. CBP20 interacted directly with FRI in yeast and in planta, and this association of FRI with the 5' cap was reinforced by an RNA ligase-mediated rapid amplification of cDNA ends assay that showed FRI decreased the proportion of FLC transcripts lacking a 5' cap. Loss of CBP20 resulted in very low FLC mRNA levels and an increased proportion of unspliced FLC transcripts. FRI compensated for CBP20 loss, partially restoring FLC levels and normalizing the unspliced-spliced transcript ratio. Our data suggest that FRI up-regulates FLC expression through a cotranscriptional mechanism involving direct physical interaction with the nuclear CBC with concomitant effects on FLC transcription and splicing.
  • Rice shoot branching requires an ATP-binding cassette subfamily G protein, Naoko Yasuno, Itsuro Takamure, Shin-ichiro Kidou, Yoshihiko Tokuji, An-na Ureshi, Atsushi Funabiki, Kazunori Ashikaga, Utako Yamanouchi, Masahiro Yano, Kiyoaki Kato, NEW PHYTOLOGIST, 182, (1) 91 - 101,   2009年, Shoot branching is important for the establishment of plant architecture and productivity.Here, characterization of rice (Oryza sativa) reduced culm number 1 (rcn1) mutants revealed that Rcn1 positively controls shoot branching by promoting the outgrowth of lateral shoots. Molecular studies revealed that Rcn1 encodes a novel member of ATP-binding cassette protein subfamily G (ABCG subfamily), also known as the white-brown complex (WBC) subfamily, and is designated OsABCG5.Rcn1 is expressed in leaf primordia of main and axillary shoots, and in the vascular cells and leaf epidermis of older leaves. In addition, Rcn1 is expressed in the crown root primordia, endodermis, pericycle and stele in the root. No effect on Rcn1 expression in shoots or roots was seen when the roots were treated with auxins. Phenotypic analyses of rcn1 and tillering dwarf 3 (d3) double mutants at the seedling stage clarified that Rcn1 works independently of D3 in the branching inhibitor pathway.Rcn1 is the first functionally defined plant ABCG protein gene that controls shoot branching and could thus be significant in future breeding for high-yielding rice.New Phytologist (2009) 182: 91-101doi: 10.1111/j.1469-8137.2008.02724.x.
  • Molecular cloning and mapping of casein kinase 2 alpha and beta subunit genes in barley, K. Kato, S. Kidou, H. Miura, GENOME, 51, (3) 208 - 215,   2008年03月, Casein kinase 2 (CK2) is a ubiquitous, highly pleiotropic, constitutively active, and messenger-independent Ser/Thr protein kinase. It is found in two different forms: the heteroletrameric CK2, composed of two alpha catalytic subunits and two beta regulatory subunits, and the monomeric CK2 alpha, consisting of the alpha catalytic subunit. In the present study, we isolated barley cDNA clones of the CK2 alpha and beta subunit genes, designated HvCK2A and HvCK2B, respectively. Chromosome assignment, using a set of wheat barley disomic chromosome addition lines, and RFLP mapping, using two doubled haploid populations, showed that HvCK2A was duplicated on the short arm of chromosome 2H and the long arm of chromosome 5H (designated HvCK2a-2H and HvCK2a-5H, respectively), and a single copy of HvCK2B was located on the long arm of chromosome 1H (designated HvCK2b). A PCR-Southern hybridization experiment demonstrated that the HvCK2A sequence originated from the HvCK2a-5H focus, showing that at least HvCK2a-5H was expressed. The present cDNA sequences and genomic organization of the two subunits will facilitate further functional analysis of CK2 in barley.
  • ムギ類特異的なタンパク質P23kの機能〜新たなバイオマス資源β-グルカンとの関係〜, 木藤新一郎, 化学と生物, 46, 597 - 599,   2008年
  • Constitutive expression of two apple (Malus x domestica Borkh.) homolog genes of LIKE HETEROCHROMATIN PROTEIN1 affects flowering time and whole-plant growth in transgenic Arabidopsis, Naozumi Mimida, Shin-ichiro Kidou, Nobuhiro Kotoda, MOLECULAR GENETICS AND GENOMICS, 278, (3) 295 - 305,   2007年09月, Fruit trees, such as apple (Malus x domestica Borkh.), are woody perennial plants with a long juvenile phase. The biological analysis for the regulation of flowering time provides insights into the reduction of juvenile phase and the acceleration of breeding in fruit trees. In Arabidopsis, LIKE HETEROCHROMATIN PROTEIN1 (LHP1) is involved in epigenetic silencing of the target genes such as flowering genes. We isolated and characterized twin apple LHP1 homolog genes, MdLHP1a and MdLHP1b. These genes may have been generated as a result of ancient genome duplication. Although the putative MdLHP1 proteins showed lower similarity to any other known plant LHP1 homologs, a chromo domain, a chromo shadow domain, and the nuclear localization signal motifs were highly conserved among them. RT-PCR analysis showed that MdLHP1a and MdLHP1b were expressed constantly in developing shoot apices of apple trees throughout the growing season. Constitutive expression of MdLHP1a or MdLHP1b could compensate for the pleiotropic phenotype of lhp1/tfl2 mutant, suggesting that apple LHP1 homolog genes are involved in the regulation of flowering time and whole-plant growth. Based on these results, LHP1 homolog genes might have rapidly evolved among plant species, but the protein functions were conserved, at least between Arabidopsis and apple.
  • Virus-induced gene silencing of P23k in barley leaf reveals morphological changes involved in secondary wall formation, Ai Oikawa, Abidur Rahman, Tetsuro Yamashita, Hideharu Taira, Shin-ichiro Kidou, JOURNAL OF EXPERIMENTAL BOTANY, 58, (10) 2617 - 2625,   2007年, P23k is a monocot-unique protein that is highly expressed in the scutellum of germinating barley seed. Previous expression analyses suggested that P23k is involved in sugar translocation and/or sugar metabolism. However, the role of P23k in barley physiology remains unclear. Here, to elucidate its physiological function, BSMV-based virus-induced gene silencing (VIGS) of P23k in barley leaves was performed. Expression and localization analyses of P23k mRNA in barley leaves showed up-regulation of P23k transcript with increased photosynthetic activity and the localization of these transcripts to the vascular bundles and sclerenchyma, where secondary wall formation is most active. VIGS of the P23k gene led to abnormal leaf development, asymmetric orientation of main veins, and cracked leaf edges caused by mechanical weakness. In addition, histochemical analyses indicated that the distribution of P23k in leaves coincides with the distribution of cell wall polysaccharides. Considering these results together, it is proposed that P23k is involved in the synthesis of cell wall polysaccharides and contributes to secondary wall formation in barley leaves.
  • Jasmonate-induced 23kD protein, JIP-23, is involved in seed development of barley., Oikawa, A, Yamashita, T, Taira, H, Ejiri, S, Kidou, S, Plant Biothechnology, 24, 217 - 224,   2007年
  • Identification of a 23kDa protein (P23k) related to the sugar supply in germinating barley seeds., Kidou, S, Oikawa, A, Sasaki, N, Yasuda, H, Yamashita, T, Koiwa, H, Kato, K, Ejiri, S, Plant Biothechnology, 23, 357 - 364,   2006年
  • Localization of actin filaments on mitotic apparatus in tobacco BY-2 cells, H Yasuda, K Kanda, H Koiwa, K Suenaga, S Kidou, S Ejiri, PLANTA, 222, (1) 118 - 129,   2005年09月, Actin filaments are among the major components of the cytoskeleton, and participate in various cellular dynamic processes. However, conflicting results had been obtained on the localization of actin filaments on the mitotic apparatus and their participation in the process of chromosome segregation. We demonstrated by using rhodamine-phalloidin staining, the localization of actin filaments on the mitotic spindles of tobacco BY-2 cells when the cells were treated with cytochalasin D. At prophase, several clear spots were observed at or near the kinetochores of the chromosomes. At anaphase, the actin filaments that appeared to be pulling chromosomes toward the division poles were demonstrated. However, as there was a slight possibility that these results might have been the artifacts of cytochalasin D treatment or the phalloidin staining, we analyzed the localization of actin filaments at the mitotic apparatus immunologically. We cloned a novel BY-2 alpha-type actin cDNA and prepared a BY-2 actin antibody. The fluorescence of the anti-BY-2 actin antibody was clearly observed at the mitotic apparatus in both non-treated and cytochalasin D-treated BY-2 cells during mitosis. The facts that similar results were obtained in both actin staining with rhodamine-phalloidin and immunostaining with actin antibody strongly indicate the participation of actin in the organization of the spindle body or in the process of chromosome segregation. Furthermore, both filamentous actin and spindle bodies disappeared in the cells treated with propyzamide, which depolymerizes microtubules, supporting the notion that actin filaments are associated with microtubules organizing the spindle body.
  • Interaction between elongation factors 1β and 1γ from bombyx mori Silk Gland, Kamiie, K, Yamashita, Taira, H, Kidou, S, Ejiri, S, Biosci Biotechnol Biochem., 67, (7) 1522 - 1529,   2003年07月
  • Molecular cloning of the wheat CK2α gene and detection of its linkage with Vrn-A1 on chromosome 5A., Kato, K, Kidou, S, Miura, H, Sawada,S, Theor. Appl. Genet., 104, (6-7) 1071 - 1077,   2002年05月
  • Cloning and expression of Bombyx mori silk gland elongation factor 1gamma in Escherichia coli. Biosci Biotechnol Biochem, Kamiie, K, Nomura, Y, Kobayashi, S, Taira, H, Kobayashi, K, Matsuzawa, H, Yamashita, T, Kidou, S, Ejiri, S, Biosci Biotechnol Biochem., 66, 558 - 565,   2002年
  • Detection and characterization of glutathione S-transferase activity in rice EF-1ββ'γ and EF-1γ expressed in E. coli., Kobayashi, S, Kidou, S, Ejiri, S, Biochem. Biophys. Res. Commun., 288, (3) 509 - 514,   2001年11月
  • Genomic organization, chromosomal localization and promoter analysis of the mouse MAIL gene., Shiina, T, Morimatsu, M, Kitamura, H, Ito, T, Kidou, S, Matsubara, K, Matsuda, Y, Saiti, M, Syuto, B, Immunogenetics, 53, 643 - 648,   2001年
  • Expression pattern of homologues of floral meristem identity genes LFY and AP1 during flower development in apple, N Kotoda, M Wada, S Komori, S Kidou, K Abe, T Masuda, J Soejima, JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE, 125, (4) 398 - 403,   2000年07月, TWO apple [Malus sylvestris (L.) Mill. var. domestica (Borkh.) Mansf.] homologous fragments of FLO/LFY and SQUA/AP1 (AFL and MdAP1, respectively) were analyzed to determine the relationship between floral bud formation and floral gene expression in 'Jonathan' apple. The AFL gene was expressed in reproductive and vegetative organs. By contrast, the MdAP1 gene, identified as MdMADS5, Which is classified into the API group, was expressed specifically in sepals concurrent with sepal formation. Based on these results, AFL may be involved in floral induction to a greater degree than MdAP1 since AFL transcription increased approximate to 2 months earlier than MdAP1, Characterization of AFL and MdAP1 should advance the understanding of the processes of floral. initiation and flower development in woody plants, especially in fruit trees like apple.
  • Expression of elongation factor 1β' in Escherichia coli and its interaction with elongation factor- 1α from silk gland., Kamiie, K, Taira, H, Kobayashi, K, Yamashita, T, Kidou, S, Ejiri, S, Biosci. Biotechnol. Biochem., 63, (4) 666 - 671,   1999年04月
  • A novel variant of translation elongation factor-1β: isolation and characterization of the rice gene encoding EF-1β2., Terui, Y, Tsutsumi, K. Kidou, S, Sawazaki T, Kuroiwa Y, Yamaki, M, Ejiri, S, Biochim.Biophysi. Acta, 1442, (2-3) 369 - 372,   1998年11月
  • Isolation and characterization of a rice cDNA encoding the γ-subunit of translation elongation factor 1B (eEF1Bγ)., Kidou, S, Tsukamoto, S, Kobayashi, S, Ejiri, S, FEBS Lett., 434, (3) 382 - 386,   1998年09月
  • Isolation, characterization and mRNA expression of four cDNAs encoding translation elongation factor 1A from rice (Oryza sativa L.), S Kidou, S Ejiri, PLANT MOLECULAR BIOLOGY, 36, (1) 137 - 148,   1998年01月, Four different cDNA clones encoding protein synthesis elongation factor 1A, eEF1A, were isolated from rice (Oryza sativa L.). The genes encoded by these cDNAs were designated rice elongation factor 1A genes refa1, refa2, refa3 and refa4. The genes encoded identical eEF-1A polypeptides and shared high amino acid identity with eEF1A of other eukaryotes. Southern blot analysis suggested that some of these I-efa genes may be organized in a cluster on the same chromosome within a short distance. PCR analysis of rice genomic DNA showed that refa1 and refa4, and refa3 and refa2 are in neighboring locations on the rice genome. The mRNAs of the four refa genes accumulated to nearly equal levels in a variety of tissues and at different stages of growth. Suspension-cultured cells were the most abundant in refa mRNAs. Dormant seeds contained a small amount of the four refa mRNAs. Transcript accumulation was highly induced after seed germination, and the same expression levels were maintained even in old leaf blades of mature plants.
  • Expressed sequence tags of cDNA libraries in higher plants., Kidou, S, Umeda, M, Uchimiya, H, Plant Tissue Culture Lett., 12, 1 - 7,   1995年
  • ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF A RICE CDNA SIMILAR TO THE S-PHASE-SPECIFIC CYC07 GENE, SI KIDOU, M UMEDA, T TSUGE, A KATO, H UCHIMIYA, PLANT MOLECULAR BIOLOGY, 24, (3) 545 - 547,   1994年02月, We isolated a rice cDNA clone (T151) which encodes an open reading frame of 262 amino acids. This clone is similar to the S-phase-specific cyc07 gene of Catharanthus roseus. Expression of this gene is much higher in callus than in seedlings and regulated by external stresses such as high osmotic pressure, salinity, low temperature and submergence.
  • NUCLEOTIDE-SEQUENCE OF RICE (ORYZA-SATIVA) CDNA HOMOLOGOUS TO CDC2 GENE, SI KIDOU, M UMEDA, H UCHIMIYA, DNA SEQUENCE, 5, (2) 125 - 129,   1994年, We isolated and determined a nucleotide sequence of a rice DNA clone (SS224) denoted to rcdc2. This clone encodes an open reading frame of 302 amino acids and typical three conserved domains that exist in all cdc2 homologues. The evolutionary tree showed that rcdc2 was far from cdc2 and its homologous genes identified in various plants.
  • MOLECULAR-STRUCTURE OF RAS-RELATED SMALL GTP-BINDING PROTEIN GENES OF RICE PLANTS AND GTPASE ACTIVITIES OF GENE-PRODUCTS IN ESCHERICHIA-COLI, S KIDOU, T ANAI, M UMEDA, S AOTSUKA, T TSUGE, A KATO, H UCHIMIYA, FEBS LETTERS, 332, (3) 282 - 286,   1993年10月, We isolated two rice cDNA clones (ric1 and ric2) encoding proteins homologous to the ras-related small GTP-binding protein. The amino acid sequences of ric1 and ric2 are conserved in four regions involved in GTP binding and hydrolysis which are characteristic in the ras and ras-related small GTP-binding protein genes. In addition, two consecutive cysteine residues near the carboxyl-terminal end required for membrane anchoring are also present in ric1 and ric2. The ric1 and ric2 proteins synthesized in Escherichia coli possessed GTPase activity (i.e. hydrolysis of GTP to GDP).
  • ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF A RICE CDNA WHICH ENCODES THE EUKARYOTIC INITIATION FACTOR-4A, R NISHI, S KIDOU, H UCHIMIYA, A KATO, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1174, (3) 293 - 294,   1993年09月, We isolated a rice cDNA which encodes an open reading frame of 413 amino acids. The deduced amino acid sequence corresponds to eukaryotic initiation factor 4A (eIF-4A) protein. A comparison to the equivalent sequence from tobacco and mouse shows 93.7% and 68.0% homology, respectively.
  • ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF A RICE CDNA WHICH ENCODES A UBIQUITIN PROTEIN AND A 52 AMINO-ACID EXTENSION PROTEIN, R NISHI, H HASHIMOTO, S KIDOU, H UCHIMIYA, A KATO, PLANT MOLECULAR BIOLOGY, 22, (1) 159 - 161,   1993年04月, We isolated a rice cDNA clone encoding the ubiquitin protein fused to a ribosomal protein. This clone encodes a single ubiquitin polypeptide and extension protein of 53 amino acids. This extension protein shows a high degree of homology with those of the yeast ubi1 or ubi2 gene, both of which encode the same protein. Northern blot analysis suggested that the expression pattern of this gene is more similar to other ribosomal protein genes not linked to ubiquitin protein than to the polyubiquitin gene.
  • The primary structure of two proteins from the large ribosomal subunit of rice., Nishi, R, Kidou, S, Uchimiya, H, Kato, A, Biochim. Biophys. Acta, 1216, 110 - 112,   1993年
  • Plant cDNA homologue to rat insulinoma gene encoding ribosomal protein S15., Kidou, S, Umeda, M, Kato, A, Uchimiya, H, Nucl. Acids Res., 21,   1993年
  • ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF A RICE CDNA SIMILAR TO THE BOVINE BRAIN-SPECIFIC 14-3-3 PROTEIN GENE, S KIDOU, M UMEDA, A KATO, H UCHIMIYA, PLANT MOLECULAR BIOLOGY, 21, (1) 191 - 194,   1993年01月, We isolated a rice cDNA clone which is similar to the bovine brain-specific 14-3-3 protein (an activator protein of tyrosine and tryptophan hydroxylase involved in the synthetic pathway of monoamine) gene. The deduced amino acid sequence of the cDNA indicated a surprising similarity to a potent inhibitor of Ca2+-phospholipid-dependent protein kinase C. DNA blot analysis indicated that this gene is located at more than a single locus in rice genome DNA. Expression of this gene is regulated by external stresses.
  • RANDOM SEQUENCING OF CDNA LIBRARIES REVEALS A VARIETY OF EXPRESSED GENES IN CULTURED-CELLS OF RICE (ORYZA-SATIVA L), H UCHIMIYA, S KIDOU, T SHIMAZAKI, S AOTSUKA, S TAKAMATSU, R NISHI, H HASHIMOTO, Y MATSUBAYASHI, N KIDOU, M UMEDA, A KATO, PLANT JOURNAL, 2, (6) 1005 - 1009,   1992年11月, Large scale sequencing of randomly selected cDNA clones was carried out to investigate the feasibility of this method for isolating plant genes. cDNA libraries were made using mRNA prepared from suspension-cultured cells of rice (Oryza sativa L.). Partial nucleotide sequences of 830 individual cDNA clones have been determined and compared with the GenBank database. Approximately 8% of the cDNA clones could be identified as particular genes. This method provides the opportunity to isolate large numbers of plant genes.
  • MOLECULAR CHARACTERIZATION OF CDNA-ENCODING FOR ADENYLATE KINASE OF RICE (ORYZA-SATIVA L), M KAWAI, S KIDOU, A KATO, H UCHIMIYA, PLANT JOURNAL, 2, (6) 845 - 854,   1992年11月, Two types of genes (Adk-a, and Adk-b) encoding for adenylate kinase (AK, EC 2.7.4.3.) were isolated from the cDNA library constructed from poly(A)+ RNA of rice (Oryza sativa L.). Two cDNAs were heterogeneous at 5' and 3' ends of non-coding sequences and had possible polyadenylation signals. One of the genes, Adk-a, had 1154 bp sequences encoding 241 amino acid residues, while the other type, Adk-b, contained 1085 bp sequences encoding for 243 amino acid residues. Homology between Adk-a and Adk-b was 73.7% in nucleotide sequences, and 90.8% in amino acid level. Two genes showed about 53% homology to bovine mitochondrial adenylate kinase (AK2) at nucleotide and amino acid levels. Concerning the codon usage of rice AK genes, T was abundant at the third position of a codon in the reading frames. In order to examine the enzyme activity of the protein encoded by the rice cDNA, Adk-a was cloned into an expression vector, pUC119, which was introduced into Escherichia coli strain CV2, a temperature-sensitive mutant of adenylate kinase. We found that the transformant carrying the rice Adk-a gene in the sense orientation recovered cell growth at non-permissive high temperature (42-degrees-C) and expressed enzyme activities higher than the untransformed CV2 and the transformant possessing Adk-a cDNA in the antisense orientation. These observations suggest that rice Adk-a codes a biologically active enzyme. Furthermore, sucrose was found to regulate the transcription of AK genes in rice cell cultures. Organ related accumulation of mRNA in whole plants was also found.

書籍等出版物

  • Biomass to Biofuels: strategies for global industries, Wiley UK,   2010年
  • 遺伝子発現研究法, 学会出版センター,   2000年

講演・口頭発表等

  • PHD finger ドメインを持つaHiTAP1はカラザ胚乳で発現する, 横山悠理, 木藤新一郎, 第40回日本分子生物学会年会,   2017年12月06日
  • オオムギCISP遺伝子は重金属ストレスへの応答に関与する, 應梦超, 安田浩, 櫻井宣彦, 木藤新一郎, 第40回日本分子生物学会年会,   2017年12月06日
  • ブラキポディウムにおけるCISP相同遺伝子の発現解析, 宮崎由麻, 應梦超, 横山悠理, 木藤新一郎, 第40回日本分子生物学会年会,   2017年12月06日
  • Isolation and functional analysis of novel cold-induced barley CISP genes., Ying, M, Kidou, S, TAIWAN-Japan 2017 Plant Biology Conference,   2017年11月03日
  • Newly isolated P23k homologue in responsive to sugar transport and metabolism in Brachypodium distachyon., Taode, B, Okugawa, S, Ying, M, Yokkoyama, Y, Kidou, S, TAIWAN-Japan 2017 Plant Biology Conference,   2017年11月03日
  • PHD finger protein aHiTAP1 is a novel flowering regulator of Arabidopsis., Yokoyama, Y, Kidou, S, TAIWAN-Japan 2017 Plant Biology Conference,   2017年11月03日
  • PHD finger 構造を有するシロイヌナズナのaHiTAP1は花成を抑制する, 横山悠理, 木藤新一郎, 第39回日本分子生物学会年会,   2016年11月30日
  • ストレス条件下におけるオオムギHiA1遺伝子の発現解析, 應梦超, 木藤新一郎, 第39回日本分子生物学会年会,   2016年11月30日
  • PHD finger ドメインを持つシロイヌナズナaHiTAP1の機能解析, 横山悠理, 木藤新一郎, 第57回日本植物生理学会年会,   2016年03月18日
  • オオムギから単離した新規低温応答遺伝子の解析, 應梦超, 木藤新一郎, 第57回日本植物生理学会年会,   2016年03月18日
  • シロイヌナズナのPHD finger型タンパク質aHiTAP1とヒストンタンパク質との相互作用, 横山悠理, 木藤新一郎, 第37回日本分子生物学会年会,   2014年11月25日
  • オオムギHiA1遺伝子の重金属に対する発現応答解析, 應梦超, 木藤新一郎, 第37回日本分子生物学会年会,   2014年11月25日
  • ブラキポディウムにおけるオオムギ HiA1相同遺伝子の単離と発現解析, 近藤紘人, 木藤新一郎, 第37回日本分子生物学会年会,   2014年11月25日
  • オオムギP23kタンパク質を含む複合体の解析, 小林義弘, 土岐操央, 森山昭彦, 木藤新一郎, 第37回日本分子生物学会年会,   2014年11月25日
  • A putative function of a barley protein, P23k, in the synthesis of cell wall polysaccharides., WANG, J, Kuroda, Y, Kidou, S, International association of plant biotechnology congress 2014,   2014年08月10日
  • PHD fingerをコードするシロイヌナズナの遺伝子At4g23860の機能解析, 横山悠理, 木藤新一郎, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年12月03日
  • オオムギの新規低温応答遺伝子HiA1の発現解析, 應梦超, 永井里美, 木藤新一郎, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年12月03日
  • オオムギβ-グルカン合成関与遺伝子の単離と機能解明, 木藤新一郎, 吉田光毅, 新農業展開ゲノムプロジェクト会議,   2011年02月02日
  • A putative physiological function of a grasses-unique 23kDa protein, P23k, in barley., Kidou, S, International Symposium on Biodiversity Sciences,   2010年07月31日, 招待あり
  • オオムギβ-グルカン合成関与遺伝子の単離と機能解明, 木藤新一郎, 新農業展開ゲノムプロジェクト会議,   2010年01月22日
  • オオムギβ-グルカン合成関与遺伝子の単離と機能解明, 木藤新一郎, アグリゲノムプロジェクト会議2009,   2009年06月05日
  • Virus-induced gene silencing of P23k in barley leaf reveals morphological changes involved in secondary wall formation., Yoshida, K, Kidou, S, 6th International Triticeae Symposium,   2009年05月31日
  • β-1,3:1,4-グルカン合成酵素をコードするオオムギcDNAの特徴, 木藤新一郎, 吉田光毅, 日本育種学会第115回講演会,   2009年03月27日
  • イネの分げつ伸長に関与するRcn1遺伝子の同定, 加藤清明, 安野奈緒子, 高牟礼逸朗, 木藤新一郎, 特字圭彦, 嬉杏奈, 船引篤志, 足利和紀, 山内歌子, 矢野昌裕, 日本育種学会第115回講演会,   2009年03月27日
  • イネの根の発達に関与するRcn1遺伝子, 嬉杏奈, 木藤新一郎, 安藤美保, 塩野克宏, 中園幹生, 特字圭彦, 木下幹朗, 高牟礼逸朗, 加藤清明, 日本育種学会第115回講演会,   2009年03月27日
  • イネの側根伸長を制御するRCN1/OsABCG5, 嬉杏奈, 木藤新一郎, 安藤美保, 塩野克宏, 中園幹生, 高牟礼逸朗, 加藤清明, 第50回日本植物生理学会年会,   2009年03月21日
  • 春化したオオムギ茎頂の遺伝子発現プロファイリング, 木藤新一郎, 鈴木美香, 第50回日本植物生理学会年会,   2009年03月21日
  • オオムギβ-グルカン合成関与遺伝子の単離と機能解明, 木藤新一郎, 吉田光毅, 新農業展開ゲノムプロジェクト会議,   2009年02月02日
  • ウイルス誘導ジーンサイレンシング法を用いたオオムギタンパク質P23kの機能解析, 木藤新一郎, 及川愛, 鈴木美香, 第31回日本分子生物学会年会,   2008年12月09日
  • オオムギβ-グルカン合成関与遺伝子の単離と機能解明, 木藤新一郎, 吉田光毅, 新農業展開ゲノムプロジェクトポスターセッション,   2008年10月30日
  • HiCEP法を用いたオオムギ低温誘導性遺伝子の単離同定, 鈴木美香, 木藤新一郎, 日本育種学会第114回講演会,   2008年10月11日
  • オオムギP23kタンパク質の生殖生長期における発現解析, 木藤新一郎, 及川愛, 鈴木美香, 日本育種学会第114回講演会,   2008年10月11日
  • HiCEP法を用いたオオムギ春化関連遺伝子の単離同定, 木藤新一郎, 鈴木美香, 第3回東北育種研究集会,   2008年08月26日
  • オオムギRGP遺伝子の単離と解析, 遠藤史也, 木藤新一郎, 第3回東北育種研究集会,   2008年08月26日
  • オオムギの葉におけるP23kのウイルス誘導性ジーンサイレンシング(VIGS)は二次壁の形成異常を導く, 及川愛, 木藤新一郎, 第49回日本植物生理学会年会,   2008年03月20日
  • Functional analysis of the barley P23k protein by virus-induced gene silencing., Oikawa, A, Kidou, S, The 5th international symposium of rice functional genomics,   2007年10月15日
  • オオムギの葉におけるP23kのVIGSは二次壁形成に関連した形態異常を示す, 及川愛, 植村亜衣子, 木藤新一郎, 日本育種学会第112回講演会,   2007年09月22日
  • オオムギタンパク質P23kの細胞内局在, 植村亜衣子, 及川愛, 木藤新一郎, 日本育種学会第112回講演会,   2007年09月22日
  • ウイルス誘導ジーンサイレンシング(VIGS)法を利用したオオムギタンパク質P23kの機能解析, 木藤新一郎, 及川愛, 植村亜衣子, 日本育種学会第112回講演会,   2007年09月22日
  • VIGS法を用いた麦類特異的タンパク質P23kの機能解析, 及川愛, 植村亜衣子, 木藤新一郎, 第25回日本植物細胞分子生物学会千葉大会,   2007年08月07日
  • Molecular analyses of genes regulating flowering in apple., Kotoda, N, Mimida, N, Kidou, S, Igasaki, T, Nishiguchi, M, Iwanami, H, Takahashi, S, Moriya, S, Abe K, 104th Annual International Conference of the American Society for Horticultural Science Hort.Science,   2007年07月16日
  • Virus-induced gene silencing of P23k in barley leaf reveals morphological changes involved in secondary wall formation., Oikawa, A, Rahman A, Kidou, S, Plant Biology&Botany 2007 joint congress,   2007年07月07日
  • リンゴの組織別cDNAライブラリーの構築と発現遺伝子の大量シークエンス, 古藤田信博, 森谷茂樹, 岩波宏, 高橋佐栄, 木藤新一郎, 藤井浩, 清水徳朗, 阿部和幸, 園芸学会平成19年度春季大会,   2007年03月24日
  • リンゴTFL1/CEN様遺伝子は徒長枝と結果枝の分裂組織のアイデンティティーに関わっている, 耳田直純, 木藤新一郎, 古藤田信博, 日本遺伝学会,   2006年09月25日
  • リンゴMdFT(Malus x domestica FT)およびMdSOC1(Malus x domestica SOC1)遺伝子の 機能解析, 古藤田信博, 鈴木基子, 耳田直純, 木藤新一郎, 伊ヶ崎知弘, 西口浩, 岩波宏, 高橋左栄, 森谷茂樹, 阿部和幸, 日本育種学会第110回講演会,   2006年09月22日
  • Jasmonate-induced 23kD protein (JIP-23) is involved in seed development of barley., Oikawa, A, Uemura A, Kidou, S, Iwate Plant Science Symposium,   2006年06月18日
  • P23k relates to the sugar supply at various developmental stages in barley., Oikawa, A, Kidou, S, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress,   2006年06月18日
  • Identification of a novel barley 23kDa protein (P23k) related to the sugar supply in germinating seeds, Shibasaki, K, Oikawa, A, Kidou, S, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress,   2006年06月18日
  • カイコ後部絹糸腺におけるタンパク質の品質管理機構の解析, 高橋正, 小澤隆二, 松井義樹, 木藤新一郎, 平秀晴, 山下哲郎, 日本蚕糸学会第76回大会,   2006年03月30日
  • 発芽種子におけるオオムギ特異的タンパク質(P23k)の細胞内局在, 及川愛, 山崎誠和, 木藤新一郎, 日本育種学会第109回講演会,   2006年03月29日
  • リンゴにおけるTFL2相同遺伝子の解析, 耳田直純, 木藤新一郎, 古藤田信博, 日本園芸学会,   2006年03月29日
  • ジャスモン酸誘導性タンパク質JIP-23はオオムギの種子形成に関与する, 及川愛, 木藤新一郎, 日本育種学会第111回講演会,   2006年03月29日
  • フィブロイン生合成系における品質管理機構の解析, 高橋正, 小澤隆二, 松井義樹, 木藤新一郎, 平秀晴, 山下哲郎, 日本農芸化学会2006年度大会,   2006年03月25日
  • イネペプチド鎖伸長因子EF-1γの機能, 助川絵理, 江尻愼一郎, 木藤新一郎, 第47回日本植物生理学会年会,   2006年03月19日
  • 発芽期や登熟期の種子で高発現するオオムギタンパク質(P23k)の細胞内局在, 及川愛, 木藤新一郎, 第47回日本植物生理学会年会,   2006年03月19日
  • A 23kDa barley 23kDa protein is up-regulated by sugars at various developmental stages., Oikawa, A, Kidou, S, 10th International Congress of SABRAO,   2005年08月22日
  • 生育の様々なステージで糖依存的に発現誘導されるオオムギ23kDaタンパク質, 及川愛, 加藤清明, 木藤新一郎, 日本育種学会第107・108回講演会,   2005年08月20日
  • イネ科作物におけるJIP-23遺伝子の多様性, 神﨑比呂, 木藤新一郎, 加藤清明, 日本育種学会第107・108回講演会,   2005年08月20日
  • 糖依存的に発現上昇するオオムギ23kDaタンパク質の解析, 及川愛, 山下哲郎, 木藤新一郎, 第46回日本植物生理学会年会,   2005年03月24日
  • Expression of a 23kDa protein is up-regulated by sugars at various developmental stages in barley., Oikawa, A, Kidou, S, The Gordon Research Conference (GRC) on Temperature Stress in Plants,   2005年01月30日
  • オオムギP23k遺伝子のオオムギとコムギゲノムでの比較解析, 神﨑比呂, 木藤新一郎, 三浦秀穂, 沢田壮兵, 加藤清明, 日本育種学会第106回講演会,   2004年09月21日
  • オオムギ特異的タンパク質(P23k)の機能解析〜転流機構への関与〜, 及川愛, 江尻愼一郎, 木藤新一郎, 日本育種学会第105回講演会,   2004年03月30日
  • カイコフィブロインの分泌輸送系関連因子の探索, 高橋正, 木藤新一郎, 鈴木幸一, 平秀晴, 山下哲郎, 日本蚕糸学会第74回学術講演会,   2004年03月29日
  • 物質転流への関与が期待されるオオムギ特異的タンパク質(P23k)の機能解析, 及川愛, 江尻愼一郎, 木藤新一郎, 第45回日本植物生理学会年会,   2004年03月27日
  • オオムギカゼインキナーゼ2α、βサブユニット遺伝子のマッピング, 赤坂伸子, 加藤清明, 木藤新一郎, 三浦秀穂, 沢田壮兵, 日本育種学会第104回講演会,   2003年09月19日
  • オオムギP23k遺伝子のマッピング, 神崎比呂, 加藤清明, 木藤新一郎, 沢田壮兵, 三浦秀穂, 日本育種学会第104回講演会,   2003年09月19日
  • オオムギ特異的23kDaタンパク質(P23k)の発現解析, 木藤新一郎, 及川愛, 江尻愼一郎, 日本育種学会第104回講演会,   2003年09月19日
  • 発芽時のオオムギ胚盤で大量に発現するタンパク質(P23k)の機能, 木藤新一郎, 第8回穂発芽ワークショップ,   2003年01月27日
  • オオムギP23k遺伝子のゲノムマッピング, 神崎比呂, 木藤新一郎, 加藤清明, 第8回穂発芽ワークショップ,   2003年01月27日
  • スクロース誘導タンパク質P23kと糖転流との関係, 木藤新一郎, 第7回ムギ類分子生物学研究会,   2002年12月06日
  • 新規核内IkBタンパク質MAIL遺伝子の構造解析, 椎名貴彦, 森松正美, 伊藤寿浩, 北村浩, 斉藤昌之, 木藤新一郎, 松原和純, 松田洋一, 首藤文榮, 第24回日本分子生物学会年会,   2001年08月20日
  • オオムギの発芽過程で発現誘導される23kDaタンパク質のcDNAクローニングと発現解析, 木藤新一郎, 佐々木直子, 木藤直巳, 江尻愼一郎, 第19回日本植物細胞分子生物学会,   2001年07月30日
  • ペプチド鎖伸長因子1の超多機能性, 江尻愼一郎, 小林覚, 保田浩, 末永佳代子, 小岩弘之, 木藤新一郎, 日本農芸化学会シンポジウム,   2001年03月26日
  • カイコペプチド鎖伸長因子EF-1γのクローニングと大腸菌による発現, 上家勝芳, 野村芳敬, 小林覚, 平秀晴, 小林浩明, 松沢洋, 山下哲郎, 木藤新一郎, 江尻愼一郎, 第23回日本分子生物学会年会,   2000年12月13日
  • オオムギの胚盤で発現する遺伝子の解析, 木藤新一郎, 佐々木直子, 江尻愼一郎, 日本育種学会第97回講演会,   2000年04月02日
  • オオムギの春化過程におけるHistone H1遺伝子の発現変動, 山岸紀子, 木藤新一郎, 江尻愼一郎, 日本育種学会第97回講演会,   2000年04月02日
  • 春化したオオムギの茎頂分裂組織で特異的に発現誘導される遺伝子の解析, 木藤新一郎, 山岸紀子, 江尻愼一郎, 日本植物生理学会2000年度大会,   2000年03月27日
  • リンゴ花芽形成期におけるLFY,AP1相同遺伝子(AFL,MdAP1)の発現様式, 古藤田信博, 和田雅人, 小森貞夫, 木藤新一郎, 阿部和幸, 福島淳一, 増田哲男, 日本園芸学会,   1999年10月10日
  • ペプチド鎖伸長因子EF-1aサブユニットの細胞内局在性, 神田勝弘, 小岩弘之, 木藤新一郎, 江尻新一郎, 日本農芸化学会東北・北海道支部合同学術講演会,   1999年09月30日
  • 春化処理に応答するオオムギcDNAクローンのマッピング, 加藤清明, 木藤新一郎, 三浦秀穂, 沢田壮兵, 日本育種学会第96回講演会,   1999年09月25日
  • Expression pattern of apple homologues of floral meristem identity gene LFY and AP1 during flower development in apple., Kotoda, N, Wada, M, Komori, S, Kidou, S, Abe, K, Masuda, T, Soejima, J, XVI International Botanical Congress,   1999年08月01日
  • Characterization of rice CK2a and b subunits., P.Muszynski, S.Kobayashi, S.Kidou, S.Ejiri, 第65回日本生化学会東北支部例会,   1999年05月29日
  • 春化したオオムギの茎頂分裂組織で特異的に発現変動するタンパク質の解析, 佐々木直子, 木藤新一郎, 山岸紀子, 山下哲郎, 河合成直, 江尻慎一郎, 日本育種学会第95回講演会,   1999年04月
  • リンゴSQUA/AP1ホモログ遺伝子の発現解析, 古藤田信博, 和田雅人, 木藤新一郎, 江尻慎一郎, 第21回日本分子生物学会,   1998年12月07日
  • オオムギの春化に関する研究(1)春化に関連する因子の解析, 木藤新一郎, 山岸紀子, 佐々木直子, 河合成直, 木藤直巳, 江尻慎一郎, 第94回日本育種学会,   1998年09月
  • オオムギの春化に関する研究(2)春化に伴い茎頂分裂組織で特異的に発現誘導される遺伝子の特徴, 山岸紀子, 木藤新一郎, 木藤直巳, 江尻慎一郎, 第94回日本育種学会,   1998年09月
  • 春化処理したオオムギの茎頂分裂組織で特異的に発現誘導される遺伝子群の解析, 木藤新一郎, 山岸紀子, 河合成直, 江尻慎一郎, 第16回日本植物細胞分子生物学会,   1998年07月
  • ペプチド鎖伸長因子EF-1γサブユニットの機能, 江尻慎一郎, 小林 覚, 木藤新一郎, 第64回日本生化学会東北支部例会,   1998年05月
  • カイコペプチド伸長因子EF-1β'の活性部位の解析, 上家勝芳, 平 秀晴, 小林浩明, 山下哲郎, 木藤新一郎, 江尻慎一郎, 第20回日本分子生物学会,   1997年12月
  • カイコ翻訳伸長因子EF-1β'の機能ドメイン, 上家勝芳, 平 秀晴, 小林浩明, 山下哲郎, 木藤新一郎, 江尻慎一郎, 第70回日本生化学会,   1997年09月23日
  • イネのピロホスファターゼをコードするcDNAの構造と発現解析, 木藤新一郎, 小林 覚, 江尻慎一郎, 第90回日本育種学会,   1996年09月
  • イネペプチド鎖伸長因子EF-1サブユニットの遺伝子構造と発現, 木藤新一郎, 塚本重紀, 江尻慎一郎, 第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会合同年会,   1996年08月26日
  • イネペプチド鎖伸長因子EF-1αサブユニットをコードするcDNAの単離と構造解析, 木藤新一郎, 江尻慎一郎, 第62回日本生化学会東北支部例会,   1996年07月
  • イネペプチド鎖伸長因子EF-1β2cDNAの構造と発現, 照井儀明, 木藤新一郎, 堤 賢一, 江尻慎一郎, 日本農芸化学会1996年度大会,   1996年03月30日
  • イネペプチド鎖伸長因子EF-1γサブユニットをコードするcDNAの単離と構造解析, 木藤新一郎, 塚本重紀, 江尻慎一郎, 日本農芸化学会東北支部・北海道支部・北海道農芸化学協会合同学術講演会,   1996年
  • イネペプチド鎖伸長因子EF-1αサブユニットをコードするcDNAの単離と構造解析, 木藤新一郎, 江尻慎一郎, 第68回日本生化学会,   1995年09月16日
  • 新規イネペプチド鎖伸長因子EF-1βの構造と発現, 照井儀明, 千田美和, 木藤新一郎, 堤 賢一, 江尻慎一郎, 日本農芸化学会1995年度大会,   1995年08月
  • イネ情報伝達系遺伝子群の培養ストレスによる発現応答, 木藤新一郎, 梅田正明, 加藤敦之, 内宮博文, 第13回植物組織培養学会,   1993年09月
  • 植物遺伝子の大量クローン化に関する研究 〜14-3-3 protein, 低分子量Gタンパク質について〜, 木藤新一郎, 梅田正明, 青塚聡, 加藤敦之, 内宮博文, 第83回日本育種学会年会,   1993年
  • 植物遺伝子の大量クローン化に関する研究:14-3-3 protein, 低分子量G蛋白質と相同性の見られる遺伝子の解析, 木藤新一郎, 梅田正明, 青塚聡, 加藤敦之, 内宮博文, 第15回日本分子生物学会年会,   1992年12月10日
  • 植物ゲノムの解析に関する研究:イネcDNAの大量解析, 青塚聡, 梅田正明, 松林裕子, 原千景, 木藤新一郎, 加藤敦之, 内宮博文, 第15回日本分子生物学会年会,   1992年12月10日
  • ウシ脳特異的遺伝子(トリプトファン 5- モノオキシゲナーゼのアクチベーター)と相同性のあるイネcDNAの特徴, 木藤新一郎, 加藤敦之, 内宮博文, 日本植物生理学会1992度年会,   1992年
  • イネアデニレートキナーゼ遺伝子の構造と発現解析, 川合真紀, 木藤新一郎, 加藤敦之, 内宮博文, 日本植物生理学会1992度年会,   1992年
  • 植物における翻訳に関わる蛋白群の遺伝子解析, 加藤敦之, 西理津子, 橋本博史, 木藤新一郎, 嶋崎哲夫, 高松進, 木藤直巳, 梅田正明, 青塚聡, 関口裕子, 内宮博文, 日本植物生理学会1992度年会,   1992年
  • 植物機能遺伝子群の浸透圧ストレスへの発現応答, 田正明, 青塚聡, 関口裕子, 木藤新一郎, 高松進, 嶋崎哲夫, 橋本博史, 西理津子, 木藤直巳, 加藤敦之, 内宮博文, 日本植物生理学会1992度年会,   1992年
  • イネ遺伝子の大量クローン化に関する研究, 青塚聡, 梅田正明, 関口裕子, 木藤新一郎, 高松進, 嶋崎哲夫, 橋本博史, 西理津子, 木藤直巳, 加藤敦之, 内宮博文, 第81回日本育種学会,   1992年
  • イネ遺伝子の大量クローン化に関する研究, 木藤新一郎, 嶋崎哲夫, 高松進, 橋本博史, 西理津子, 加藤敦之, 内宮博文, 第80回日本育種学会,   1991年
  • 植物ゲノムの解析に関する研究:イネ遺伝子の大量クローン化の試み, 木藤新一郎, 嶋崎哲夫, 高松進, 橋本博史, 西理津子, 加藤敦之, 内宮博文, 日本植物学会,   1991年
  • イネのRFLP解析に関する研究:cDNAクローンによるRFLP分析とその特徴, 菊池彰, 半沢幹朗, 大場伸也, 菊池文雄, 木藤新一郎, 加藤敦之, 内宮博文, 日本植物生理学会1991度年会,   1991年
  • イネアデニレートキナーゼ遺伝子のクローニングと構造解析, 川合真紀, 木藤新一郎, 加藤敦之, 内宮博文, 日本植物学会,   1991年
  • 植物ゲノムの解析に関する研究:イネcDNAライブラリーより同定された遺伝子の特徴, 加藤敦之, 木藤新一郎, 高松進, 嶋崎哲夫, 西理津子, 橋本博史, 内宮博文, 日本植物学会,   1991年
  • 植物遺伝子の大量クローン化に関する研究:イネcDNAの大量同定について, 木藤新一郎, 嶋崎哲夫, 高松進, 橋本博史, 西理津子, 加藤敦之, 内宮博文, 第14回日本分子生物学会年会,   1991年
  • Clostridium thermosaccharolyticum の耐熱性ペクチン酸リアーゼについて, 粟冠和郎, 木藤新一郎, 嶋田協, 日本農芸化学学会1989年度大会,   1989年
  • ペプチド鎖伸長因子EF-1γサブユニットが保有するグルタチオン-S-トランスフェラーゼ活性の酵素化学的解析, 小林 覚, 木藤新一郎, 江尻慎一郎, 第71回日本生化学会,   1989年
  • 血液色素の脱色に関する研究:血液色素を脱色する酵素作用, 木藤新一郎, 粟冠和郎, 田中憲彰, 嶋田協, 日本農芸化学会第99回中部支部例会,   1987年
  • 植物遺伝子の大量クローン化による情報伝達cell cycle関与遺伝子群の解析, 木藤新一郎, 穴井豊昭, 梅田正明, 柘植知彦, 加藤敦之, 内宮博文, 第5回国際植物分子生物学シンポジウム

競争的資金

  • 寒冷地適応型イネ科植物が持つ根の低温耐性機構に挑む, 名古屋市立大学, 特別研究奨励費,   2017年04月 - 2018年03月
  • DNAバーコードデータベースの整備と遺伝子多様性解析, 名古屋市立大学, 特別研究奨励費(学系プロジェクト経費),   2011年04月 - 2013年03月
  • βーグルカンをバイオマス資源として有効利用するための基盤研究, 日本学術振興会, 科研費 基盤研究(C),   2010年04月 - 2013年03月
  • オオムギβ-グルカン合成関与遺伝子の単離と機能解明, 農林水産省, 新農業展開ゲノムプロジェクト,   2008年04月 - 2011年03月
  • イネの小分げつ突然変異体を用いた分げつ関連遺伝子の同定と機能解析, 日本学術振興会, 科研費 基盤研究(C),   2006年04月 - 2009年03月
  • 新技術HiCEP法を利用したオオムギ春化制御遺伝子の同定, 岩手大学大学院連合農学研究科, 競争的学内研究費(萌芽教育研究支援経費),   2007年04月 - 2008年03月
  • 岩手県産山菜の機能性物質バイオプローブを生かした商品開発の可能性研究〜機能性物質の分子レベルの研究による差別化から商品化へ〜, 岩手大学大学院連合農学研究科, 競争的学内研究費(学系プロジェクト経費),   2007年04月 - 2008年03月
  • イネ遺伝子の寒冷地における機能解明, 岩手大学大学院連合農学研究科, 競争的連合大学院研究費(研究科長裁量経費),   2005年04月 - 2006年03月
  • 寒冷地適応型植物の低温依存的な花成誘導機構を解明する, 文部科学省, 海外派遣先進プログラム経費,   2004年04月 - 2005年03月
  • 作物の寒冷地適応性を支配するムギ類特異的タンパク質P23kの機能, 岩手大学大学院連合農学研究科, 競争的連合大学院研究費(学長裁量経費),   2004年04月 - 2005年03月
  • 春化制御因子VRN2の活性を制御する因子の単離・同定, 岩手大学, 岩手大学活性化経費(奨励研究),   2003年04月 - 2004年03月
  • 寒冷地遺伝資源を利用したイネの遺伝子機能の解明, 岩手大学大学院連合農学研究科, 競争的連合大学院研究費(研究科長裁量経費),   2003年04月 - 2004年03月
  • 遺伝子発現プロファイル解析によるオオムギ春化機構関連遺伝子の同定, 日本学術振興会, 科研費 奨励研究(A),   2001年04月 - 2003年03月
  • 春化の分子機構に関する調査研究, 文部科学省, 創造開発研究経費,   2001年04月 - 2002年03月
  • オオムギにおける花成遺伝子の単離、機能解明、ムギ類・イネへの利用技術研究, 三井化学株式会社, 奨学寄付金,   2001年04月 - 2002年03月
  • 糖の転流におけるオオムギ23kDaタンパク質の機能, 岩手大学, 競争的学内研究費 岩手大学教育改善推進費,   2001年04月 - 2002年03月
  • ペプチド鎖伸長因子EF-1の超多機能性, 日本学術振興会, 科研費 基盤研究(B),   1999年04月 - 2001年03月
  • オオムギの春化機構に関与する因子の同定, 日本学術振興会, 科研費 奨励研究(A),   1998年04月 - 2000年03月
  • ペプチド鎖伸長因子EF-1γの多機能性, 財団法人日本化学研究会, 化学研究連絡助成金,   1998年04月 - 1999年03月

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 生命のしくみ(学部), 岩手大学
  • 農学のための化学(学部), 岩手大学
  • 化学入門(学部), 岩手大学
  • 分析化学実験A/B(学部), 岩手大学
  • 分子生物学(学部), 岩手大学
  • 植物分子細胞生物学特論(大学院), 岩手大学
  • 生物学基礎 II (学部), 名古屋市立大学
  • 植物生命科学(学部), 名古屋市立大学
  • 生理・制御情報特論(大学院), 名古屋市立大学
  • 生体要素論(大学院), 名古屋市立大学
  • 分子生物学(大学院), 名古屋市立大学
  • 生命情報学特講(大学院), 名古屋市立大学
  • 生命情報概論(大学院), 名古屋市立大学
  • 文系のための環境理学入門(学部), 名古屋市立大学
  • 総合理学概論A(学部), 名古屋市立大学
  • 総合理学実験入門(学部), 名古屋市立大学
  • 生命科学実験(学部), 名古屋市立大学
  • 遺伝子制御学(大学院), 名古屋市立大学
  • 自然科学実験(学部), 名古屋市立大学
  • 植物分子生理学(大学院), 名古屋市立大学
  • 植物の多様性と環境(学部), 名古屋市立大学
  • 植物とバイオテクノロジー(学部), 名古屋市立大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 植物の低温耐性に関わる遺伝子の単離と機能解析, 講師, 岐阜県立多治見高等学校,   2019年11月14日 - 2019年11月14日
  • オオムギが冬を乗り切るしくみが知りたくて, 講師, 愛知県立豊橋東高等学校,   2019年10月30日 - 2019年10月30日
  • 植物の進化と多様性, 講師, 平成31年度市民公開講座・名古屋市立大学,   2019年10月19日 - 2019年10月19日
  • PCRを利用した植物の多型解析, 講師, 名古屋市立向陽高等学校、菊里高等学校,   2019年08月30日 - 2019年08月30日
  • 理学で説く、植物と人間の暮らし・健康「遺伝子組換え作物とは何か」, 講師, 第22回グリーンカレッジ,   2019年06月08日 - 2019年06月08日
  • 理学で説く、植物と人間の暮らし・健康「植物の栽培化と品種改良の歴史」, 講師, 第22回グリーンカレッジ,   2019年06月01日 - 2019年06月01日
  • 暮らしに役立つ植物の二次代謝産物, 講師, ㈱さんぽう,   2018年11月15日 - 2018年11月15日, 模擬講義「暮らしに役立つ植物の二次代謝産物」を行う。
  • あるタンパク質の機能が知りたくて, 講師, (株)さんぽう,   2018年11月15日 - 2018年11月15日, 模擬講義「あるタンパク質の機能が知りたくて」を行う。
  • P23kと名付けたタンパク質の機能が知りたくて, 講師, 名古屋市立菊里高等学校,   2018年10月18日 - 2018年10月18日
  • イネ科植物特異的遺伝子の機能が知りたくて, 講師, 愛知県立瑞陵高等学校,   2018年09月25日 - 2018年09月25日, サイエンス特別講義「愛知県立瑞陵高等学校」を行う。
  • PCRを利用した植物の多型解析, 講師, 名古屋市立向陽高等学校、菊里高等学校,   2018年07月27日 - 2018年07月27日, まるごと研究室体験「PCRを利用した植物の多型解析」を行う。
  • 植物の二次代謝産物, 講師, 岐阜県立長良高等学校,   2018年07月03日 - 2018年07月03日, 模擬講義「植物の二次代謝産物」を行う。
  • 健康と植物性食品「豊かな暮らしを支える香気成分」, 講師, 第21回グリーンカレッジ,   2018年06月02日 - 2018年06月02日, 講演「健康と植物性食品〜豊かな暮らしを支える香気成分〜」を行う。
  • 健康と植物性食品「医薬品になった低分子化合物」, 講師, 第21回グリーンカレッジ,   2018年05月26日 - 2018年05月26日, 講演「健康と植物性食品〜医薬品になった低分子化合物〜」を行う。
  • 樹木DNA解析, 講師, SSH生物部,   2017年07月29日 - 2017年07月29日, 講義と実験実習「樹木DNA解析」を行う。
  • PCRを利用した植物の同定, 講師, 名古屋市立向陽高等学校、菊里高等学校,   2017年07月26日 - 2017年07月26日, まるごと研究室体験「PCRを利用した植物の同定」を行う。
  • PCRを利用した植物の多型解析, 講師, SS探求,   2015年07月07日 - 2017年07月07日, スーパーサイエンス講義「PCRを利用した植物の多型解析」を行う。
  • 植物のすがた・形と働き:葉と花(2), 講師, 第20回グリーンカレッジ,   2017年06月03日 - 2017年06月03日, 講演「植物のすがた・形と働き:葉と花(2)」を行う。
  • 顕微鏡〜生命科学分野における利用〜, 講師, 愛知県立瑞陵高等学校,   2017年05月31日 - 2017年05月31日, サイエンス特別講義「顕微鏡〜生命科学分野における利用〜」を行う。
  • 植物のすがた・形と働き:葉と花(1), 講師, 第20回グリーンカレッジ,   2017年05月27日 - 2017年05月27日, 講演「植物のすがた・形と働き:葉と花(1)」を行う。
  • 優れた生物の能力「植物の環境適応能力」, 講師, 市民講座,   2017年05月21日 - 2017年05月21日, 講演「優れた生物の能力〜植物の環境適応能力〜」を行う。
  • 顕微鏡〜生命科学分野における利用〜, パネリスト, 愛知県立瑞陵高等学校,   2017年05月10日 - 2017年05月10日, サイエンス特別講義「顕微鏡〜生命科学分野における利用〜」を行う。
  • 顕微鏡〜生命科学分野における利用〜, 講師, 愛知県立瑞陵高等学校,   2017年04月19日 - 2017年04月19日
  • 私の研究紹介, 講師, 愛知県立瑞陵高等学校,   2017年04月19日 - 2017年04月19日, サイエンス特別講義「私の研究紹介」を行う。
  • 花を取り巻く植物の話, 講師, 第117回サイエンスカフェ,   2017年01月20日 - 2017年01月20日, 講演「花を取り巻く植物の話」を行う。
  • 光の科学「植物と光」, 講師, 市民講座,   2017年01月05日 - 2017年01月05日, 講演「光の化学〜植物と光〜」を行う。
  • 樹木DNA解析, 講師, SSH生物部,   2016年07月29日 - 2016年07月29日, 講義と実験実習「樹木DNA解析」を行う。
  • 電子顕微鏡体験実習, 講師, サイエンス特別講義・愛知県立瑞陵高等学校,   2016年06月01日 - 2016年06月01日, 電子顕微鏡に関する体験実習を実施する。
  • 自然を生き抜く植物の知恵〜重力との戦い, 講師, 第19回グリーンカレッジ,   2016年05月28日 - 2016年05月28日, 講演「自然を生き抜く植物の知恵〜重力との戦い」を行う。
  • 電子顕微鏡体験実習, 講師, サイエンス特別講義・愛知県立瑞陵高等学校,   2016年05月11日 - 2016年05月11日, 電子顕微鏡に関する体験実習を実施する。
  • 顕微鏡〜生命科学分野における利用〜, 講師, サイエンス特別講義,   2016年04月20日 - 2016年04月20日, 講義「顕微鏡〜生命科学分野における利用〜」を行う。
  • 生命の発生と進化を考える「生き物の進化:植物」, 講師, 市民講座,   2016年02月29日 - 2016年02月29日, 講演「生命の発生と進化を考える「生き物の進化:植物」を行う。
  • 植物の環境応答, 講師, 第18回グリーンカレッジ,   2015年06月06日 - 2015年06月06日, 講演「植物の環境応答」を行う。
  • 顕微鏡〜生命科学分野における利用〜, 講師, 愛知県立瑞陵高等学校,   2015年06月03日 - 2015年06月03日
  • 私たちの暮らしを支える植物の能力, 講師, 第99回サイエンスカフェ,   2015年05月15日 - 2015年05月15日, 講演「私たちの暮らしを支える植物の能力」を行う。
  • 顕微鏡〜生命科学分野における利用〜, 講師, 愛知県立瑞陵高等学校,   2015年05月13日 - 2015年05月13日
  • 顕微鏡〜生命科学分野における利用〜, 講師, 愛知県立瑞陵高等学校,   2015年04月15日 - 2015年04月15日
  • 和食のエッセンス「調味料」, 講師, 名古屋市緑化センター,   2014年06月14日 - 2014年06月14日
  • 顕微鏡〜生命科学分野における利用〜, 講師, 愛知県立瑞陵高等学校,   2014年05月28日 - 2014年05月28日, 実習「電子顕微鏡」を行う。
  • 顕微鏡〜生命科学分野における利用〜, 講師, 愛知県立瑞陵高等学校,   2014年05月07日 - 2014年05月07日, 実習「電子顕微鏡」を行う。
  • 顕微鏡〜生命科学分野における利用〜, 講師, 愛知県立瑞陵高等学校,   2014年04月23日 - 2014年04月23日, 講演「顕微鏡〜生命科学分野における利用〜」を行う。
  • 温度と植物の生活, 講師, 名古屋市,   2013年12月12日 - 2013年12月12日, 講演「温度と植物の生活」を行う。
  • 植物と発酵食品, 講師, 名古屋市緑化センター,   2013年06月01日 - 2013年06月01日, 講演「植物と発酵食品」を行う。
  • 顕微鏡〜生命科学分野における利用〜, 講師, 愛知県立瑞陵高等学校,   2013年05月29日 - 2013年05月29日, 実習「電子顕微鏡」を行う。
  • 顕微鏡〜生命科学分野における利用〜, 講師, 愛知県立瑞陵高等学校,   2013年05月08日 - 2013年05月08日, 実習「電子顕微鏡」を行う。
  • 顕微鏡〜生命科学分野における利用〜, 講師, 愛知県立瑞陵高等学校,   2013年04月24日 - 2013年04月24日, 講演「顕微鏡〜生命科学分野における利用〜」を行う。
  • 植物の環境適応戦略, 講師, 名古屋市立大学,   2013年01月18日 - 2013年01月18日, 講演「植物の環境適応戦略」を行う。
  • 光と植物の生活, 講師, 名古屋市,   2012年10月18日 - 2012年10月18日, 講演「光と植物の生活」を行う。
  • 遺伝子組換え技術と植物, 講師, 愛知県立瑞陵高等学校,   2012年07月06日 - 2012年07月06日, 講演「遺伝子組換え技術と植物」を行う。
  • 農作物としての植物, 講師, 名古屋市緑化センター,   2012年06月02日 - 2012年06月02日, 講演「農作物としての植物」を行う。
  • 植物は光や温度を感じて花を咲かせる, 講師, 名古屋市緑化センター,   2011年06月11日 - 2011年06月11日, 講演「植物は光や温度を感じて花を咲かせる」を行う。
  • 生物の多様性をDNAで観察する, 講師, 名古屋市立大学,   2010年11月06日 - 2010年11月06日, 実験「植物の多様性をDNAで観察する」を行う。
  • 人類の未来を支える植物バイオテクノロジー, 講師, 名古屋市立大学,   2010年08月20日 - 2010年08月20日, 講演「人類の未来を支える植物バイオテクノロジー」を行う。
  • 暮らしの中の遺伝子組換え植物, 講師, 名古屋市緑化センター,   2010年07月03日 - 2010年07月03日, 講演「暮らしの中の遺伝子組み換え作物」を行う。
  • 遺伝子組換え農作物に関するコミュニケーション, 講師, 農林水産省,   2008年09月08日
  • 植物・動物とバイオテクノロジー, 講師, 教員養成機構岩手大学免許状更新予備講習,   2008年07月31日
  • オオムギβ-グルカン合成関与遺伝子の単離と機能解明, 講師, 農業生物資源研究所,   2008年05月15日
  • VIGS法を利用したムギ特異的タンパク質P23kの機能解析, 講師, 農業生物資源研究所,   2008年01月10日
  • ウイルス誘導ジーンサイレンシングを利用したムギの研究 〜ムギ特異的タンパク質P23kの機能解析〜, 講師, 第2回ムギ類研究会,   2007年11月17日
  • オオムギ胚盤特異的タンパク質23kDaの機能, 講師, 帯広畜産大学,   2007年09月14日
  • オオムギ胚盤特異的タンパク質の解析, 講師, 帯広畜産大学,   2005年11月29日
  • 変異フィブロインの発現に伴って誘導される遺伝子の同定と経時的解析, 講師, 岩手大学・東北大学国際シンポジウム,   2005年08月10日
  • 生育の様々なステージで糖依存的に発現誘導されるオオムギ23kDaタンパク質, 講師, 岩手大学・東北大学国際シンポジウム,   2005年08月10日
  • オオムギ胚盤特異的タンパク質の解析, 講師, NIASシンポジウム:植物プロテオーム研究の最前線,   2004年02月23日
  • 発芽時のオオムギ胚盤で発現する23kDaタンパク質の機能, 講師, 第13回八王子セミナー,   2003年08月29日 - 2003年08月30日
  • ムギ類特異的タンパク質(P23k)の機能〜糖転流との関係〜, 講師, 平成15年度東北6県生物工学推進部会および研究会,   2003年01月29日
  • 発芽時のオオムギ胚盤に存在する23kDaタンパク質(P23k)の機能, 講師, 第3回岩手ゲノムサイエンス研究会,   2002年 - 2002年
  • オオムギにおける糖の転流機構について, 講師, 平成13年度岩手県高等学校教育研究会理科部会生物部会秋期研修会,   2001年11月17日 - 2001年11月17日
  • 発芽時のオオムギ胚盤で発現する23kDaタンパク質の機能, 講師, 第11回八王子セミナー,   2001年08月31日 - 2001年09月01日
  • オオムギの胚盤で発芽時に特異的に発現誘導される23kDaタンパク質の機能解析, 講師, 第2回CRCシンポジウム(岩手大学),   2000年07月27日 - 2000年07月27日
  • 低温による春化誘導機構の解明を目指して, 講師, 青森県グリーンバイオセンター研究成果発表会,   1999年03月11日 - 1999年03月11日
  • オオムギの春化機構に関与する因子の同定, 講師, 第9回八王子セミナー,   1998年09月04日 - 1998年09月05日
  • 低温春化誘導機構の分子生物学的な解析, 講師, 吉林農業大学学術講演会(中国吉林農業大学),   1998年 - 1998年
  • オオムギの寒冷応答と花芽形成機構, 講師, 細胞育種最終フォーラム(岩手大学),   1998年 - 1998年
  • イネペプチド鎖伸長因子各サブユニットをコードするcDNAの単離と構造解析, 講師, 岩手生物工学研究センター,   1995年06月27日 - 1995年06月28日


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.