研究者データベース

遠山 竜也 (トオヤマ タツヤ)

  • 医学研究科乳腺外科学分野 教授
メールアドレス: t.toyamamed.nagoya-cu.ac.jp
Last Updated :2024/05/25

研究者情報

学位

  • 医学博士(名古屋市立大学医学部)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 乳癌   

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学 / 乳腺外科学

経歴

  • 2016年06月 - 現在  名古屋市立大学大学院医学研究科乳腺外科学分野教授
  • 2012年10月 - 2016年05月  名古屋市立大学大学院医学研究科腫瘍・免疫外科学分野病院教授
  • 2009年10月 - 2012年09月  名古屋市立大学大学院医学研究科腫瘍・免疫外科学分野准教授
  • 2007年04月 - 2009年09月  名古屋市立大学大学院医学研究科腫瘍・免疫外科学分野講師
  • 2005年10月 - 2007年03月  名古屋市立大学大学院医学研究科腫瘍・免疫外科学分野助教
  • 2003年04月 - 2005年09月  愛知県がんセンター中央病院乳腺科医長
  • 1999年04月 - 2003年03月  名古屋市立大学医学部第二外科助手
  • 1996年 - 1999年  カナダ・カルガリー大学生化学・分子生物学ポスドク

学歴

  • 1983年04月 - 1989年03月   名古屋市立大学   医学部

所属学協会

  • 日本臨床腫瘍学会   日本癌治療学会   日本外科学会   日本乳癌学会   日本癌学会   

研究活動情報

論文

講演・口頭発表等

  • Single-Agent Activity of U3-1402, a HER3-Targeting Antibody-Drug Conjugate, in Breast Cancer Patients: Phase 1 Dose Escalation Study.  [通常講演]
    Takahiro Kogawa; Kan Yonemori; Norikazu Masuda; Shunji Takahashi; Masato Takahashi; Hirotaka Iwase; Takahiro Nakayama; Toshiaki Saeki; Tatsuya Toyama; Toshimi Takano; Hiroshi Onuma; Hayao Ogawa; Yoshimi Tanaka; Yoshiko Igari; Masahiro Sugihara; Michele Vigliotti; Channing Yu; Martin Olivo; Suguru Ueno; Hiroji Iwata
    The 53th Annual meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2018年06月 Chicago, IL, USA
  • TransNEOS: Validation of the Oncotype DX Recurrence Score testing core needle biopsy samples from NEOS as predictor of clinical response to neoadjuvant endocrine therapy for postmenopausal ER+, HER2-negative breast cancer patients.  [通常講演]
    Yamamoto Y; Iwata H; Masuda N; Fujisawa T; Toyama T; Kashiwaba M; Ohtani S; Taira N; Sakai T; Hasegawa Y; Nakamura R; Akabane H; Shibahara Y; Sasano H; Yamaguchi T; Sakamaki K; Chao C; McCullough D; Sugiyama N; Ohashi Y
    2017 Annual San Antonio Breast Cancer Symposium (San Antonio, U.S.A) 2017年12月 San Antonio, U.S.A
  • NEOS: A randomized, open label, phase 3 trial of adjuvant chemotherapy for postmenopausal breast cancer patients who responded to neoadjuvant letrozole: First report of long-term outcome and prognostic value of response to neoadjuvant endocrine therapy.  [通常講演]
    Iwata H; Yamamoto Y; Sakai T; Hasegawa Y; Nakamura R; Akabane H; Ohtani S; Kashiwaba M; Taira N; Toyama T; Fujisawa T; Masuda N; Shibahara Y; Sasano H; Yamaguchi T; Ohashi Y
    2017 Annual San Antonio Breast Cancer Symposium (San Antonio, U.S.A) 2017年12月 San Antonio, U.S.A
  • The prognostic impact of Retinoic Acid-Induced 2(RAI2) expression in ERα-positive breast cancer patients.  [通常講演]
    Nishikawa S; Kondo N; Endo Y; Hato Y; Hisada T; Nishimoto M; Dong Y; Okuda K; Kato H; Takahashi S; Nakanishi R; Toyama T
    2017 Annual San Antonio Breast Cancer Symposium (San Antonio, U.S.A) 2017年12月 San Antonio, U.S.A
  • Everolimus (EVE) + letrozole (LET) in patients (pts) with estrogen receptor_positive (ER+), human epidermal growth factor receptor 2_negative (HER2−) advanced breast cancer (ABC): subgroup analysis of first line (1L) progression-free survival (PFS) by rac  [通常講演]
    Toyama T; Jeong J; Srimuninnimit V; Sriuranpong V; Noh W; Tsugawa K; Takahashi M; Iwase H; Arce C; Ridolfi A; Lin C; Royce M; Cardoso F
    ESMO (European Society for Medical Oncology)-Asia2017 Congress, 2017年11月 Singapore, Singapore
  • TP53INP1遺伝子の低発現はエストロゲン受容体陽性乳癌における独立した予後不良因子である.  [通常講演]
    西本真弓; 近藤直人; 遠藤友美; 波戸ゆかり; 久田知可; 西川さや香; 遠山竜也
    第76回日本癌学会学術総会 2017年09月
  • 乳癌肺転移とメトトレキサート関連リンパ増殖性肺疾患の鑑別を要した1例.  [通常講演]
    西川さや香; 近藤直人; 鰐渕友美; 波戸ゆかり; 久田知可; 西本真弓; 遠山竜也
    第14回日本乳癌学会中部地方会 2017年09月
  • 乳癌におけるタキサン抵抗性機序の解明  [通常講演]
    遠藤友美; 近藤直人; 波戸ゆかり; 久田知可; 西本真弓; 西川さや香
    第25回日本乳癌学会総会 2017年07月
  • 乳癌周術期化学療法におけるdose-denseAC療法の前向き研究.  [通常講演]
    近藤直人; 西本真弓; 波戸ゆかり; 鰐渕友美; 吉本信保; 遠山竜也
    第25回日本乳癌学会総会 2017年07月
  • miR-569 の標的遺伝子TP53INP1の発現低下は乳癌における独立した予後不良因子である  [通常講演]
    西本真弓; 近藤直人; 遠藤友美; 波戸ゆかり; 久田知可; 西川さや香; 遠山竜也
    第25回日本乳癌学会総会 2017年07月
  • 骨髄転移抑制遺伝子RAI2発現はエストロゲン・レセプター陽性乳癌の予後に影響する.  [通常講演]
    西川さや香; 近藤直人; 鰐渕(遠藤)友美; 波戸ゆかり; 久田知可; 西本真弓; 遠山竜也
    第25回日本乳癌学会総会 2017年07月
  • 乳癌におけるFructose-1,6-biphosphatase(FBP1)とEMT関連遺伝子発現に関する検討.  [通常講演]
    波戸ゆかり; 近藤直人; 遠藤友美; 久田知可; 西本真弓; 西川さや香; 遠山竜也
    第25回日本乳癌学会総会 2017年07月
  • Everolimus (EVE) plus endocrine therapy in patients with estrogen receptor_positive (ER+), human epidermal growth factor receptor 2_negative (HER2−) advanced breast cancer (BC): first and second-line data from the BOLERO-4 study.  [通常講演]
    Cardoso F; Villanueva C; Royce M; Cruz FM; Debled M; Hegg R; Toyama T; Falkson C; Jeong J; Srimuninnimit V; Ozguroglu M; Gradishar WJ; Azevedo SJ; Arce C; Ridolfi A; Lin C; Bachelot T
    The 52th Annual meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2017年06月 Chicago, IL, USA
  • TP53INP1の発現低下は乳癌における独立した予後不良因子である.  [通常講演]
    西本真弓; 近藤直人; 遠藤友美; 波戸ゆかり; 久田知可; 西川さや香; 遠山竜也
    第117回日本外科学会定期学術集会 2017年04月
  • Exome sequencing analysis in human breast cancer tissues showing resistance for taxanes.  [通常講演]
    Endo Y; Dong Y; Kondo N; Hato Y; Hisada T; Nishimoto M; Nishikawa S; Takahashi S; Toyama T
    2016 Annual San Antonio Breast Cancer Symposium 2016年12月 San Antonio, U.S.A
  • Stomatitis in Patients Treated with First-line Everolimus (EVE) Plus Letrozole (LET): Results From BOLERO-4 Trial.  [通常講演]
    Villanueva C; Tsugawa K; Toyama T; Noh W; Jeong J; Cardoso F; Sriuranpong V; Srimuninnimit V; Ozguroglu M; Kendall S; Falkson C; Cianfrocca M; Manlius C; Lin JCJ; Ringeisen F; Ridolfi A; Royce M
    2016 Annual San Antonio Breast Cancer Symposium 2016年12月 San Antonio, U.S.A
  • The prognostic impact of Inositol polyphosphate 5-phosphatase PIPP (INPP5J) expression in breast cancer tissue.  [通常講演]
    Kondo N; Kim T-S; Endo Y; Hato Y; Hisada T; Nishimoto M; Nishikawa S; Toyama T
    2016 Annual San Antonio Breast Cancer Symposium 2016年12月 San Antonio, U.S.A
  • 局所進行乳癌との鑑別を要した嚢胞内腫瘍の2例  [通常講演]
    西川さや香; 近藤直人; 鰐渕友美; 波戸ゆかり; 久田知可; 西本真弓; 遠山竜也
    第13回日本乳癌学会中部地方会 2016年09月
  • 術前の針生検にて非浸潤癌と診断されたが手術標本にて浸潤癌と診断された症例の検討.  [通常講演]
    西本真弓; 近藤直人; 吉本信保; 遠藤友美; 波戸ゆかり; 遠山竜也
    第24回日本乳癌学会総会 2016年06月
  • 乳癌におけるFructose-1,6-biphosphatase(FBP1)発現と予後に関する検討.  [通常講演]
    波戸ゆかり; 近藤直人; 吉本信保; 遠藤友美; 久田知可; 西本真弓; 西川さや香; 遠山竜也
    第24回日本乳癌学会総会 2016年06月
  • 乳癌におけるInositol polyphosphate 5-phosphatase PIPP(INPP5J)発現の臨床的意義とPIK3CA遺伝子変異との関連.  [通常講演]
    近藤直人; 西本真弓; 波戸ゆかり; 鰐渕友美; 吉本信保; 遠山竜也
    第24回日本乳癌学会学術総会 2016年06月
  • <診療ガイドライン委員会企画> 診療ガイドラインのこれから −歴代委員長からみた現在の乳癌診療ガイドラインの問題点−問題点を踏まえ、さらによいガイドラインとするには(薬物療法).  [通常講演]
    遠山竜也
    第24回日本乳癌学会学術総会 2016年06月
  • Efficacy study of sequential therapy with anthracycline, taxane, and eribulin in patients with HER2-negative locally advanced breast cancer (JBCRG-17).  [通常講演]
    Naoto Kondo; Yoshinori Ito; Ippei Fukada; Shoichiro Ohtani; Masaya Hattori; Eriko Tokunaga; Nobuki Matsunami; Kohjiro Mashino; Taijiro Kosaka; Masahiko Tanabe; Daisuke Yotsumoto; Kosho Yamanouchi; Masataka Sawaki
    The 51th Annual meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2016年06月 Chicago, IL, USA
  • A randomized, open-label phase III Trial of pertuzumab retreatment in HER2-positive locally advanced/metastatic breast cancer patients who were previously treated with pertuzumab, trastuzumab, and chemotherapy:JBCRG-M05(PRECIOUS) trial.  [通常講演]
    Yamamoto Y; Iwata H; Ueno T; Kashiwaba M; Taira N; Takahashi M; Tada H; TsugawaK; Toyama T; Niikura N; Hara F; Fujisawa T; Yoshinami T; Saji S; Takano T; Masuda N; Morita S; Toi M; Ohno S
    The 51th Annual meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2016年06月 Chicago, IL, USA
  • 遺伝因子を考慮したエストロゲンレセプター陽性乳癌高リスク群同定への個別化アプローチ.  [通常講演]
    吉本信保; 近藤直人; 遠藤友美; 波戸ゆかり; 西本真弓; 中西良一; 遠山竜也
    第116回 日本外科学会定期学術集会 2016年04月
  • 再発乳癌患者における唾液中ポリアミン量の意義について.  [通常講演]
    近藤直人; 高山卓大; 西本真弓; 波戸ゆかり; 鰐渕友美; 吉本信保; 遠山竜也; 豊岡利正; 中西良一
    第116回 日本外科学会定期学術集会 2016年04月
  • 閉経前乳癌患者における性ホルモン変動の乳癌増殖に及ぼす影響と新規治療薬の可能性.  [通常講演]
    遠山竜也; 浅野倫子; 近藤直人; 吉本信保; 遠藤友美; 波戸ゆかり; 西本真弓; 中西良一
    第116回日本外科学会定期学術集会 2016年04月
  • Prospective observational cohort study of bevacizumab combined with paclitaxel as the first- or second-line chemotherapy for locally advanced or metastatic breast cancer (Study JBCRG-C05: B-SHARE)  [通常講演]
    Naoto Kondo; Yutaka Yamamoto; Hiroyasu Yamashiro; Masahiro Kashiwaba; Rikiya Nakamura; Masato Takahashi; Uhi Toh; Koichiro Tsugawa; Kazutaka Narui; Kentaro Tamaki; Tetsuhiro Yoshinami; Shoichiro Ohtani; Yuichiro Kai; Toshimi Takano; Yasuhiro Yanagita; Satoshi Morita; Masakazu Toi; Shinji Ohno
    10th European Breast Cancer Conference 2016年03月 Amsterdam, Netherlands
  • Hormone dynamics, pharmacokinetics, safety and efficacy of leuprorelin acetate 6-month depot formulation and tamoxifen adjuvant endocrine therapy combination in premenopausal patients with hormone receptor-positive breast cancer.  [通常講演]
    Kurebayashi J; Toyama T; Sumino S; FujimotoT
    2015 Annual San Antonio Breast Cancer Symposium, 2015年12月 San Antonio, U.S.A
  • Endocrine-related symptoms during neoadjuvant endocrine therapy for breast cancer: Agreement between patient and physician reporting in a prospective clinical trial.  [通常講演]
    Fujisawa T; Iwata H; Sakai T; Nakamura R; Hasegawa Y; Ohtani S; Kashiwaba M; Taira N; Toyama T; Masuda N; Yamamoto Y; Kihara K; Shimozuma K; Ohashi Y; Mukai H
    2015 Annual San Antonio Breast Cancer Symposium, 2015年12月 San Antonio, U.S.A
  • Mutations of estrogen receptor α gene in Japanese breast cancer patients.  [通常講演]
    Hato Y; Endo Y; Kondo N; Yoshimoto N; Nishimoto M; Toyama T
    第74回日本癌学会学術総会 2015年10月
  • 術後針生検にて非浸潤癌と診断されたが手術標本にて浸潤癌と診断された症例の検討.  [通常講演]
    西本真弓; 近藤直人; 吉本信保; 遠藤友美; 波戸ゆかり; 浅野倫子; 遠山竜也
    第23回日本乳癌学会総会 2015年07月
  • 日本人のホルモン受容体陽性乳癌におけるエストロゲン受容体α遺伝子変異の検出.  [通常講演]
    波戸ゆかり; 遠藤友美; 近藤直人; 吉本信保; 浅野倫子; 西本真弓; 遠山竜也
    第23回日本乳癌学会総会 2015年07月
  • TNRC9 rs3803662がマンモグラフィ濃度とエストロゲンレセプター陽性乳癌罹患リスクに与える影響.  [通常講演]
    吉本信保; 山下啓子; 白木法雄; 杉浦博士; 遠藤友美; 浅野倫子; 波戸ゆかり; 遠山竜也
    第23回日本乳癌学会総会 2015年07月
  • 次世代シーケンスを用いたタキサン系薬剤抵抗性に関わる遺伝子の探索.  [通常講演]
    遠藤友美; 吉本信保; 波戸ゆかり; 高橋智; 遠山竜也
    第23回日本乳癌学会総会 2015年07月
  • SELECT BC試験におけるHRQOLと医療経済評価(厳選口演)  [通常講演]
    遠山竜也; 渡辺隆紀; 下妻晃二郎; 白岩 健; 福田 敬; 毛利光子; 上村夕香理; 川原拓也; 萩原康博; 大橋靖雄; 向井博文
    第23回日本乳癌学会総会 2015年07月
  • 本邦におけるHER2 activating mutationについての検討.  [通常講演]
    遠藤友美; 董宇; 吉本信保; 浅野倫子; 波戸ゆかり; 山口美奈; 山下啓子; 高橋智; 遠山竜也
    第115回 日本外科学会定期学術集会 2015年04月
  • CTSO遺伝子近傍の一塩基多型がホルモン受容体陽性乳癌の予後に及ぼす影響.  [通常講演]
    波戸ゆかり; 吉本信保; 遠藤友美; 浅野倫子; 山口美奈; 遠山竜也
    第115回 日本外科学会定期学術集会 2015年04月
  • Prognostic impact of SNPs in or near the ZNF423 and CTSO genes in early breast cancer patients.  [通常講演]
    Hato Y; Endo Y; Yoshimoto N; Asano T; Dong Y; Takahashi S; Fujii Y; Toyama T
    14th St. Gallen Breast Cancer Conference 2015年03月 Vienna, Austria
  • QOL score changes in breast cancer patients: 2-year vs. 3-or-more-year administration of leuprolin.  [通常講演]
    Ohashi Y; Shiba E; Toyama T; Kurebayashi J; Noguchi S; Iwase H
    14th St. Gallen Breast Cancer Conference 2015年03月 Vienna, Austria
  • Immunohistochemical determination of arylamine N-acetyltransferase 1 (NAT1) as the target of miR-1290 and prognostic biomarker of breast cancer.  [通常講演]
    Endo Y; Yamashita H; Takahashi S; Sato S; Yoshimoto N; Asano T; Hato Y; Yamaguchi M; Dong Y; Toyama T
    2014年12月 San Antonio, U.S.A
  • First report of clinicopathological analysis in neoadjuvant treatment phase in NEOS: A randomized study of adjuvant endocrine therapy with or without chemotherapy for postmenopausal breast cancer patients who responded to neoadjuvant letrozole.  [通常講演]
    Sakai T; Iwata H; Hasegawa Y; Nakamura R; Akabane H; Ohtani S; Kashiwaba M; Taira N; Toyama T; Yamamoto Y; Fujisawa T; Masuda N; Yamaguchi T; Mukai H; Ohashi Y
    2014 Annual San Antonio Breast Cancer Symposium 2014年12月 San Antonio, U.S.A
  • Prognostic impact of single-nucleotide polymorphisms (SNPs) in or near the ZNF423 and CTSO genes in estrogen receptor (ER)-positive breast cancer patients receiving adjuvant endocrine therapy.  [通常講演]
    Hato Y; Endo Y; Yoshimoto N; Asano T; Yamaguchi M; Takahashi S; Toyama T
    2014 Annual San Antonio Breast Cancer Symposium 2014年12月 San Antonio, U.S.A
  • High expression of LMTK3 is an independent factor indicating a poor prognosis in Japanese estrogen receptor α-positive breast cancer patients.  [通常講演]
    Toyama T; Asano T; Sato S; Yoshimoto N; Endo Y; Hato Y; Yu D; Takahashi S; Fujii Y
    2014 Annual San Antonio Breast Cancer Symposium 2014年12月 San Antonio, U.S.A
  • HER2 mutation status in Japanese HER2-negative breast cancer patients.  [通常講演]
    遠藤友美; 董宇; 吉本信保; 浅野倫子; 波戸ゆかり; 山下啓子; 佐藤慎哉; 高橋智; 藤井義敬; 遠山竜也
    第73回日本癌学会学術総会 2014年09月
  • 転移・再発乳癌に対するタキサン系薬剤とTS-1の無作為化比較第3相試験(SELECT-BC)  [通常講演]
    穂積康夫; 高島勉; 原文堅; 相良吉昭; 渡辺隆紀; 鶴谷純司; 井本滋; 西村令喜; 高野利実; 朴英進; 遠山竜也; 斎藤毅; 松原伸晃; 大橋靖雄; 向井博文
    第52回日本癌治療学会学術集会 2014年08月
  • Current Perspective of Chemotherapy in metastatic breast cancer: New Evidence from SELECT BC trial.  [通常講演]
    Tsurutani J; Hara F; Matsubara N; Saito T; Takano T; Park Y; Toyama T; Hozumi Y; Imoto S; Takashima T; Watanabe T; Sagara Y; Nishimura R; Ohashi Y; Mukai H
    第12回日本臨床腫瘍学会学術総会 2014年07月
  • エストロゲン受容体陽性乳癌に対する術前薬物療法について.  [通常講演]
    遠山竜也; 吉本信保; 遠藤友美; 浅野倫子; 波戸ゆかり; 山下啓子
    第12回日本臨床腫瘍学会学術総会 2014年07月
  • HER2陰性乳癌におけるHER2 activating mutationについての検討.  [通常講演]
    遠藤友美; 山下啓子; 高橋智; 吉本信保; 浅野倫子; 波戸ゆかり; 董宇; 藤井義敬; 遠山竜也
    第22回日本乳癌学会学術総会 2014年07月
  • 乳癌に対するセンチネルリンパ節転移陽性症例への対応.  [通常講演]
    波戸ゆかり; 吉本信保; 遠藤友美; 浅野倫子; 遠山竜也
    第22回日本乳癌学会学術総会 2014年07月
  • <厳選口演>閉経前女性におけるエストロゲン合成酵素CYP17A1の一塩基多型 rs743572が血清テストステロンに与える影響.  [通常講演]
    吉本信保; 西山毅; 山下啓子; 高橋智; 白木法雄; 杉浦博士; 遠藤友美; 岩佐麻衣; 浅野倫子; 波戸ゆかり; 藤井義敬; 遠山竜也
    第22回日本乳癌学会学術総 2014年07月
  • 手術時の月経周期(血清エストロゲン濃度)が乳癌組織のPgR発現および増殖関連因子に及ぼす影響について.  [通常講演]
    浅野倫子; 佐藤慎哉; 高橋智; 吉本信保; 遠藤友美; 波戸ゆかり; 藤井義敬; 遠山竜也
    第22回日本乳癌学会学術総会 2014年07月
  • 閉経前進行・再発乳癌のホルモン療法.  [通常講演]
    遠山竜也
    第22回日本乳癌学会学術総会 2014年07月
  • A randomized phase II study evaluating the use of pyridoxine to prevent hand-foot syndrome associated with capecitabine therapy for advanced or metastatic breast cancer.  [通常講演]
    Yoshimura A; Iwata H; Hayashi T; Kobayshi N; Saito S; Tsuneizumi M; Sawaki M; Hattori M; Nakata T; Yokota I; Toyama T
    The 50th Annual meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2014年05月 Chicago, IL, USA
  • Association of the single nucleotide polymorphism TNRC9 rs3803662 on mammographic density and estrogen receptor-positive breast cancer risk in Japanese women.  [通常講演]
    Yoshimoto N; Nishiyama T; Yamashita H; Takahashi S; Shiraki N; Sugiura H; Endo Y; Iwasa M; Asano T; Hato Y; Fujii Y; Toyama T
    The 50th Annual meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2014年05月 Chicago, IL, USA
  • Randomized phase III study of Taxane versus TS-1 as first-line treatment for metastatic breast cancer (SELECT BC).  [通常講演]
    Hara F; Matsubara N; Saito T; Takano T; Park Y; Toyama T; Hozumi Y; Tsurutani J; Imoto S; Takashima T; Watanabe T; Sagara Y; Nishimura R; Ohashi Y; Mukai H
    The 50th Annual meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2014年05月 Chicago, IL, USA
  • Arylamine N-acetyltransferase 1(NAT1)はmiR-1290の標的遺伝子であり、乳癌の予後因子である.  [通常講演]
    遠藤友美; 山下啓子; 高橋智; 佐藤慎哉; 吉本信保; 浅野倫子; 波戸ゆかり; 董宇; 藤井義敬; 遠山竜也
    第114回日本外科学会定期学術総会 2014年04月
  • Randomized controlled trial of toremifene120 mg compared with exemestane 25 mg after prior treatment with a non-steroidal aromatase inhibitor in postmenopausal women with hormone receptor-positive metastatic breast cancer (Hi-FAIR ex Trial).  [通常講演]
    Yamamoto Y; Ishikawa T; Hozumi Y; Ikeda M; Kondo N; Yamashita H; Toyama T; Chishima C; Saji S; Yamamoto-Ibusuki M; Iwase H
    36th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium, 2013年12月 San Antonio, U.S.A
  • Relationship between plasma estradiol levels and estrogen-regulated gene expressions in premenopausal estrogen receptor-positive breast cancers. 36th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium,  [通常講演]
    Toyama T; Asano T; Sato S; Yoshimoto N; Endo Y; Hato Y; Takahashi S; Yamashita H
    36th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium, 2013年12月 San Antonio, U.S.A
  • Relationship between plasma estradiol levels and estrogen-regulated gene expressions in premenopausal breast cancers.  [通常講演]
    浅野倫子; 佐藤慎哉; 高橋 智; 吉本信保; 遠藤友美; 波戸ゆかり; 藤井義敬; 遠山竜也
    第72回日本癌学会学術総会 2013年10月
  • No activating mutations were found in Japanese HER2-negative breast cancers.  [通常講演]
    Endo Y; Takahashi S; Yamashita H; Yoshimoto N; Asano T; Hato Y; Fujii Y; Toyama T
    第72回日本癌学会学術総会 2013年10月
  • 術前ホルモン療法により一旦は縮小したにもかかわらず再増大しPDになった2例.  [通常講演]
    波戸ゆかり; 吉本信保; 遠藤友美; 浅野倫子; 遠山竜也
    第10回日本乳癌学会中部地方会 2013年09月
  • ER陽性乳癌におけるLMTK3(lemur tyrosine kinase-3)の予後因子としての意義.  [通常講演]
    浅野倫子; 高橋 智; 吉本信保; 遠藤友美; 岩佐麻衣; 遠山竜也
    第21回日本乳癌学会学術総会 2013年06月
  • エストロゲンレセプター陽性乳癌において術前化学療法後のFOXA1高発現は予後良好な因子である.  [通常講演]
    岩佐麻衣; 高橋 智; 吉本信保; 遠藤友美; 浅野倫子; 遠山竜也; 山下啓子
    第21回日本乳癌学会学術総会 2013年06月
  • 当院で経験した肉芽腫性乳腺炎の検討  [通常講演]
    波戸ゆかり; 伊藤和子; 吉本信保; 遠藤友美; 浅野倫子; 遠山竜也
    第21回日本乳癌学会学術総会 2013年06月
  • 疫学因子・血清ホルモン・成長因子からなる日本人女性におけるマンモグラフィ濃度予測モデルの構築.  [通常講演]
    吉本信保; 西山 毅; 高橋 智; 白木法雄; 杉浦博士; 遠藤友美; 岩佐麻衣; 浅野倫子; 藤井義敬; 山下啓子; 遠山竜也
    第21回日本乳癌学会学術総会 2013年06月
  • MiR-1290 and its potential targets are associated with characteristics of estrogen receptor α-positive breast cancer.  [通常講演]
    Endo Y; Toyama T; Takahashi S; Yoshimoto N; Iwasa M; Asano T; Fujii Y; Yamashita H
    2013 Annual meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2013年05月 Chicago, IL, USA
  • N-SAS BC06: A phase III study of adjuvant endocrine therapy with or without chemotherapy for postmenopausal breast cancer patients who responded to neoadjuvant letrozole (LET): the new primary endocrine-therapy origination study (NEOS).  [通常講演]
    Iwata H; Ohtani S; Fujisawa T; Taira N; Masuda N; Kashiwaba M; Yamamoto Y; Toyama T; Yamaguchi T
    2013 Annual meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2013年05月 Chicago, IL, USA
  • MicroRNAs and their potential targets associated with characteristics of estrogen receptor-positive breast cancer.  [通常講演]
    Endo Y; Toyama T; Takahashi S; Yoshimoto N; Iwasa M; Asano T; Fujii Y; Yamashita H
    St. Gallen Breast Cancer Conference, 2013年03月 St. Gallen, Switzerland
  • A mammographic density prediction model using environmental factors, endogenous hormones and growth factors in Japanese women.  [通常講演]
    Yoshimoto N; Nishiyama T; Toyama T; Takahashi S; Shiraki N; Sugiura H; Endo Y; Iwasa M; Asano T; Fujii Y; Yamashita H
    35th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium, 2012年12月 San Antonio, U.S.A
  • Role of microRNAs in estrogen receptor-positive breast cancer.  [通常講演]
    Yamashita H; Toyama T; Yoshimoto N; Endo Y; Takahashi S
    15th International Congress on Hormonal Steroids and Hormones & Cancer (15th ICHSHC) 2012年11月 Kanazawa, Japan
  • MicroRNAs and their targets associated with characteristics of estorogen receptor positive breast cancer,  [通常講演]
    Endo Y; Toyama T; Takahashi S; Yoshimoto N; Iwasa M; Asano T; Fujii Y; Yamashita H
    第71回日本癌学会学術総会 2012年09月
  • Phase II randomized trial of toremifene 120 mg compared with exemestane 25 mg after prior nonsteroidal aromatase inhibitor in postmenopausal women with hormone receptor-positive breast cancer.  [通常講演]
    Hirotaka Iwase; Yutaka Yamamoto; Takashi Ishikawa; Yasuo Hozumi; Masahiko Ikeda; Hiroji Iwata; Hiroko Yamashita; Tatsuya Toyama; Takashi Chishima; Izo Kimijima; Mutsuko Yamamoto-Ibusuki; Shigehira Saji
    ASCO BCS(American Society Cancer Oncology Breast Cancer Symposium) 2012年09月 San Francisco, USA
  • トラスツズマブを含む集学的治療にて長期cCRが継続している縦隔リンパ節転移を伴ったHER2陽性乳癌の1例、  [通常講演]
    岩佐麻衣; 吉本信保; 遠藤友美; 浅野倫子; 遠山竜也
    第9回日本乳癌学会中部地方会 2012年09月
  • Role of microRNAs in estrogen receptor α-positive breast cancer.  [通常講演]
    Yamashita H; Toyama T; Takahashi S; Yoshimoto N; Endo Y
    14th International Congress of Histochemistry and Cytochemistry (ICHC 2012) 2012年08月 Kyoto, Japan
  • 術前化学療法中に肝転移が出現し急速な転帰をきたしたトリプルネガティブ乳癌の2例  [通常講演]
    浅野倫子; 遠山竜也; 高橋 智; 吉本信保; 遠藤友美; 岩佐麻衣; 山下啓子
    第20回日本乳癌学会学術総会 2012年06月
  • NEOS(N-SAS BC06):レトロゾール(LET)による術前内分泌療法の中間解析結果  [通常講演]
    長谷川善枝; 藤澤知巳; 大谷彰一郎; 中村力也; 坂井威彦; 増田慎三; 遠山竜也; 柏葉 匡寛; 山口拓洋; 向井博文; 岩田広治
    第20回日本乳癌学会学術総会 2012年06月
  • エストロゲン・レセプター陽性乳癌における術前化学療法の効果予測因子としてのBcl2発現の検討  [通常講演]
    岩佐麻衣; 遠山竜也; 高橋 智; 吉本信保; 遠藤友美; 浅野倫子; 山下啓子
    第20回日本乳癌学会学術総会 2012年06月
  • エストロゲン・レセプター陽性乳癌の生物学的特性に関するmicroRNAとその標的遺伝子の解析  [通常講演]
    遠藤友美; 高橋 智; 遠山竜也; 吉本信保; 岩佐麻衣; 浅野倫子
    第20回日本乳癌学会学術総会 2012年06月
  • エストロゲン・レセプター陽性乳癌のバイオロジーに関する基礎的研究  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 吉本信保; 遠藤友美; 岩佐麻衣; 浅野倫子; 小林俊三
    第20回日本乳癌学会学術総会 2012年06月
  • HER2陽性早期乳癌に対する適切なレジメン選択に関する考察-トラスツズマブによる心機能障害の側面より-、  [通常講演]
    遠山竜也; 吉本信保; 遠藤友美; 岩佐麻衣; 浅野倫子; 杉浦博士; 山下啓子
    第20回日本乳癌学会学術総会 2012年06月
  • A randomized study of adjuvant endocrine therapy with or without chemotherapy for postmenopausal breast cancer patients who responded to neoadjuvant letrozole: An interim efficacy analysis of the new primary endocrine-therapy origination study (NEOS / N-S  [通常講演]
    Iwata H; Yamaguchi T; Masuda N; Toyama T; Kashiwaba M; Yamamoto Y; Taira N; Saji S; Ohashi Y
    34rd Annual San Antonio Breast Cancer Symposium 2011年12月 San Antonio, U.S.A
  • Genetic and Environmental Predictors, Endogenous Hormones and Growth Factors and Risk of Estrogen Receptor-Positive Breast Cancer in Japanese Women,  [通常講演]
    Yoshimoto N; Nishiyama T; Toyama T; Takahashi S; Shiraki N; Sugiura H; Endo Y; Iwasa M; Fujii Y; Yamashita H
    34rd Annual San Antonio Breast Cancer Symposium 2011年12月 San Antonio, U.S.A
  • Low Expression of microRNA-210 Is an Independent Good Prognostic Factor in Japanese Triple-Negative Breast Cancer Patients,  [通常講演]
    Toyama T; Kondo N; Endo Y; Sugiura H; Yoshimoto N; Iwasa M; Takahashi S; Iwase H; Fujii Y; Yamashita H
    34rd Annual San Antonio Breast Cancer Symposium 2011年12月 San Antonio, U.S.A
  • 自然閉経が内分泌療法として作用し無治療で経過観察している再発乳癌の2例  [通常講演]
    遠藤友美; 遠山竜也; 杉浦博士; 吉本信保; 岩佐麻衣; 浅野倫子; 藤井義敬; 山下啓子
    第49回日本癌治療学会学術集会 2011年10月
  • 日本人女性のエストロゲンレセプター陽性乳癌の罹患リスクモデルの構築  [通常講演]
    吉本信保; 遠山竜也; 杉浦博士; 遠藤友美; 岩佐麻衣; 西山 毅; 高橋 智; 白木法雄; 山下啓子
    第49回日本癌治療学会学術集会 2011年10月
  • Distinct expressions of microRNAs that directly target estrogen receptor _ in human breast cancer. Advances in Breast Cancer Research,  [通常講演]
    Yamashita H; Yoshimoto N; Toyama T; Takahashi S; Sugiura H; Endo Y; Iwasa M; Fujii Y
    American Association for Cancer Research (AACR) Special Conference in Cancer Research, 2011年10月 San Francisco, USA
  • 乳癌におけるエストロゲンレセプターαを標的とするmicroRNAの解析  [通常講演]
    吉本信保; 遠山竜也; 高橋智; 遠藤友美; 岩佐麻衣; 藤井義敬; 山下啓子
    第70回日本癌学会学術総会 2011年10月
  • microRNAs and their target proteins associated with characteristics of estrogen receptor-positive breast cancer、  [通常講演]
    Endo Y; Toyama T; Sugiura H; Yoshimoto N; Iwasa M; Fujii Y; Yamashita H
    第70回日本癌学会総会 2011年10月
  • The role of microRNAs in breast cancer pathogenesis.  [通常講演]
    Yamashita H; Toyama T; Yoshimoto N; Endo Y; Iwasa M; Fujii Y
    第70回日本癌学会総会 2011年10月
  • 術前化学療法を施行した乳癌における効果と予後に関する検討  [通常講演]
    岩佐麻衣; 遠山竜也; 杉浦博士; 高橋 智; 白木法雄; 吉本信保; 遠藤友美; 山下啓子
    第19回日本乳癌学会学術総会 2011年09月
  • 日本人女性のエストロゲンレセプター陽性乳癌の罹患リスクモデルの構築  [通常講演]
    吉本信保; 遠山竜也; 杉浦博士; 遠藤友美; 岩佐麻衣; 西山毅; 高橋 智; 白木法雄; 山下啓子
    第19回日本乳癌学会学術総会 2011年09月
  • 乳癌組織におけるエストロゲンレセプタαを標的とするmicroRNAの解析  [通常講演]
    遠藤友美; 吉本信保; 遠山竜也; 杉浦博士; 岩佐麻衣; 山下啓子
    第19回日本乳癌学会学術総会 2011年09月
  • microRNA-210はトリプルネガティブ乳癌において高発現し独立した予後因子となる  [通常講演]
    遠山竜也; 近藤直人; 遠藤友美; 杉浦博士; 吉本信保; 岩佐麻衣; 岩瀬弘敬; 山下啓子
    第19回日本乳癌学会学術総会 2011年09月
  • Yamashita H:Establishment of risk prediction models for estrogen receptor-positive breast cancer in Japanese women  [通常講演]
    Yoshimoto N; Toyama T; Sugiura H; Endo Y; Iwasa M; Nishiyama T; Takahashi S; Shiraki N; Yamashita H
    第9回日本臨床腫瘍学会学術集会 2011年07月
  • エストロゲンレセプター陽性乳癌の薬物療法  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 吉本信保; 遠藤友美; 岩佐麻衣; 藤井義敬
    第23回日本内分泌外科学会総会 2011年07月
  • 乳癌のエストロゲンレセプターαの発現調節に関与するmicroRNAの解析  [通常講演]
    吉本信保; 遠山竜也; 杉浦博士; 遠藤友美; 岩佐麻衣; 藤井義敬; 山下啓子
    第111回日本外科学会定期学術集会 2011年05月
  • microRNA-210発現はトリプルネガティブ乳癌における独立した予後因子である  [通常講演]
    遠山竜也; 近藤直人; 山下啓子; 杉浦博士; 吉本信保; 遠藤友美; 岩佐麻衣; 藤井義敬
    第111回日本外科学会定期学術集会 2011年05月
  • Estrogen receptor-positive breast cancer in Japanese women: trends in incidence, characteristics, and prognosis,  [通常講演]
    Yamashita H; Iwase H; Toyama T; Takahashi S; Sugiura H; Yoshimoto N; Endo Y; Fujii Y; Kobayashi S: Est
    33rd Annual San Antonio Breast Cancer Symposium 2010年12月 San Antonio, U.S.A
  • 内分泌高感受性乳癌に対する今後の分子標的治療  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 吉本信保; 遠藤友美; 岩佐麻衣; 藤井義敬
    第48回日本癌治療学会学術集会 2010年10月
  • Estrogen receptor-positive breast cancer in Japanese women: recent increase in the incidence and its characteristics.  [通常講演]
    Yamashita H; Takahashi S; Toyama T; Sugiura H; Yoshimoto N; Endo Y; Fujii Y; Iwase H
    第69回日本癌学会総会 2010年09月
  • Randomized phase III study of adjuvant endocrine-therapy with or without chemotherapy for postmenopausal breast cancer patients who responded to neoadjuvant letrozole  [通常講演]
    Iwata H; Yamaguchi T; Masuda N; Toyama T; Taira N; Yamamoto Y; Saji S; Kashiwaba M
    The 6th International symposium on Hormonal Oncogenesis 2010年09月 Tokyo, Japan
  • Estrogen receptor-positive breast cancer in Japanese women: trends in incidence, characteristics, and prognosis,  [通常講演]
    Yamashita H; Iwase H; Toyama T; Takahashi S; Sugiura H; Yoshimoto N; Endo Y; Kobayashi S
    The 6th International symposium on Hormonal Oncogenesis, 2010年09月 Tokyo, Japan
  • Florid papillomatosis of the nippleの一例  [通常講演]
    岩佐麻衣; 高橋 智; 遠山竜也; 杉浦博士; 吉本信保; 遠藤友美; 小林俊三; 山下啓子
    第7回日本乳癌学会中部地方会, 2010年09月
  • 乳癌のエストロゲンレセプターαの発現調節に関与するmicroRNAの解析  [通常講演]
    吉本信保; 遠山竜也; 杉浦博士; 遠藤友美; 藤井義敬; 山下啓子
    第11回ホルモンと癌研究会 2010年07月
  • 初回治療におけるアロマターゼ阻害剤の効果予測因子に関する検討  [通常講演]
    遠藤友美; 高橋 智; 遠山竜也; 杉浦博士; 吉本信保; 山下啓子
    第18回日本乳癌学会学術総会 2010年06月
  • 日本人女性におけるエストロゲンレセプター陽性乳癌の罹患率増加について  [通常講演]
    吉本信保; 遠山竜也; 杉浦博士; 遠藤友美; 高橋 智; 山下啓子
    第18回日本乳癌学会学術総会 2010年06月
  • トリプルネガティブ乳癌における 癌幹細胞マーカーALDH1蛋白発現の解析  [通常講演]
    遠山竜也; 杉浦博士; 吉本信保; 遠藤友美; 岩瀬弘敬; 山下啓子
    第18回日本乳癌学会学術総会 2010年06月
  • 乳がんにおけるmicroRNA研究の現状と今後の展望  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 吉本信保; 遠藤友美; 小林俊三
    第18回日本乳癌学会学術総会 2010年06月
  • Triple Negative乳癌における癌幹細胞マーカーALDH1蛋白発現の解析  [通常講演]
    遠山竜也; 山下啓子; 杉浦博士; 吉本信保; 遠藤友美; 岩瀬弘敬; 藤井義敬
    第110回日本外科学会定期学術集会 2010年04月
  • 日本人女性におけるエストロゲンレセプター陽性乳癌の罹患率増加について  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 吉本信保; 遠藤友美
    第8回日本臨床腫瘍学会学術集会 2010年03月
  • Predictors of response to exemestane as primary endocrine therapy in estrogen receptor-positive breast cancer.  [通常講演]
    Yoshimoto N; Takahashi S; Ito Y; Yamashita T; Ando Y; Toyama T; Sugiura H; Kobayashi S; Fujii Y; Iwase H; Yamashita H
    32th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium 2009年12月 San Antonio, U.S.A
  • 症例から学ぶSt.Gallen 2009  [通常講演]
    遠山竜也; 山下年成; 水野聡朗; 井口雅史; 川口順敬; 笠原善郎
    第6回日本乳癌学会中部地方会 2009年09月
  • 緊急時におけるRIセンチネルリンパ節検査の下限投与量の決定について  [通常講演]
    中野真有子; 川野 誠; 廣瀬保次郎; 宮地重徳; 山下 啓子; 遠山竜也; 杉浦博士
    第6回日本乳癌学会中部地方会 2009年09月
  • 外来化学療法室における発熱・感冒症状出現時の電話対応フローシートについて  [通常講演]
    春田真弓; 辻かおり; 遠山竜也; 杉浦博士; 吉本信保; 山下啓子
    第6回日本乳癌学会中部地方会 2009年09月
  • 術前化学療法が著効したにも関わらず術後早期に脳転移をきたした2例  [通常講演]
    岡本亜希子; 遠山竜也; 杉浦博士; 吉本信保; 遠藤友美; 山下啓子
    第6回日本乳癌学会中部地方会 2009年09月
  • トラスツズマブ投与中に心不全を来した2例  [通常講演]
    杉浦博士; 遠山竜也; 吉本信保; 遠藤友美; 浅田 馨; 北田修一; 山下啓子
    第6回日本乳癌学会中部地方会 2009年09月
  • 乳癌のエストロゲン依存性増殖機構  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 吉本信保
    第18回日本アポトーシス研究会(日本Cell Death学会)学術集会 2009年08月
  • エストロゲンレセプター陽性乳癌におけるKi67発現とホルモン療法の効果および予後に関する検討  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 吉本信保; 高橋智
    第10回ホルモンと癌研究会 2009年07月
  • 術後薬物療法としてタモキシフェンを単独投与されたn0乳癌患者におけるCYP2D6*10遺伝子多型の予後への影響  [通常講演]
    遠山竜也; 杉浦博士; 近藤直人; 岩瀬弘敬; 山下啓子
    第17回日本乳癌学会学術総会 2009年07月
  • 石灰化病変における乳腺造影CT-MIP像の有用性の検討(疑似MLO,CC像作成による試み)  [通常講演]
    白木法雄; 山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 近藤直人
    第17回日本乳癌学会学術総会 2009年07月
  • Triple negative乳癌におけるmicroRNA-210発現  [通常講演]
    近藤直人; 遠山竜也; 杉浦博士; 山下啓子
    第17回日本乳癌学会学術総会 2009年07月
  • 再発乳癌症例における再発発見動機の検討  [通常講演]
    杉浦博士; 遠山竜也; 近藤直人; 小林俊三; 岩瀬弘敬; 山下啓子
    第17回日本乳癌学会学術総会 2009年07月
  • ホルモン療法の効果予測因子 −臨床の立場から−  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 近藤直人; 小林俊三
    第17回日本乳癌学会総会 2009年07月
  • Anastrozolによる薬剤性再生不良性貧血の1例  [通常講演]
    稲垣 淳; 飯田真介; 森 芙美子; 楠本 茂; 石田高司; 小松弘和; 杉浦博士; 遠山竜也; 山下啓子; 上田龍三
    第7回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2009年03月
  • 術後薬物療法としてタモキシフェンを単独投与された腋窩リンパ節転移陰性乳癌患者におけるCYP2D6*10遺伝子多型の影響  [通常講演]
    遠山竜也; 杉浦博士; 近藤直人; 岩瀬弘敬; 山下啓子
    第7回日本臨床腫瘍学会学術集会 2009年03月
  • MicroRNA-206 expression is down-regulated in estrogen receptor α-positive human breast cancer.  [通常講演]
    Kondo N; Toyama T; Sugiura H; Fujii Y; Yamashita H
    31th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium. 2008年12月 San Antonio, U.S.A
  • 乳癌ホルモン療法の効果予測因子の解析  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 近藤直人; 藤井義敬
    第46回日本癌治療学会学術集会 2008年10月
  • 乳癌のエストロゲンレセプターαの発現調節におけるmiR206の役割  [通常講演]
    近藤直人; 遠山竜也; 杉浦博士; 山下啓子
    第67回日本癌学会学術総会 2008年10月
  • トリプルネガティブ乳癌におけるEGFR遺伝子異常と臨床病理学的特徴  [通常講演]
    遠山竜也; 杉浦博士; 近藤直人; 岩瀬弘敬; 山下啓子
    第16回日本乳癌学会学術総会, シンポジウム(主題名:トリプルネガティブ乳癌の基礎と臨床) 2008年09月
  • Triple negative乳癌におけるアンドロゲンレセプターとエストロゲンレセプターβの発現解析  [通常講演]
    杉浦博士; 遠山竜也; 近藤直人; 山下啓子
    第16回日本乳癌学会学術総会 2008年09月
  • 術前内分泌療法の効果予測因子と予後予測因子の検討  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 近藤直人; 小林俊三
    第16回日本乳癌学会学術総会 2008年09月
  • 乳癌のエストロゲンレセプターαの発現調節におけるmiR206の役割  [通常講演]
    近藤直人; 遠山竜也; 杉浦博士; 山下啓子
    第16回日本乳癌学会学術総会 2008年09月
  • MicroRNA-206 expression is down-regulated in estrogen receptor-positive human breast cancer.  [通常講演]
    Yamashita H; Kondo N; Toyama T; Sugiura H; Fujii Y
    26th congress of the international association for breast cancer research (IABCR). 2008年09月 Kurashiki, Japan
  • ホルモン補充療法(HRT)と乳癌 −乳腺専門医の立場から−  [通常講演]
    遠山竜也
    第13回日本産婦人科乳癌学会, スポンサードシンポジウム(主題名:ホルモン補充療法と乳癌) 2008年09月
  • 乳癌における術前化学療法  [通常講演]
    遠山竜也
    第5回日本乳癌学会中部地方会 2008年08月
  • 乳腺悪性筋上皮腫の1例  [通常講演]
    杉浦博士; 遠山竜也; 近藤直人; 高橋 智; 山下啓子
    第5回日本乳癌学会中部地方会 2008年08月
  • 乳癌のエストロゲンレセプターαの発現調節におけるmiR206の役割  [通常講演]
    近藤直人; 遠山竜也; 杉浦博士; 山下啓子
    第9回ホルモンと癌研究会 2008年06月
  • エストロゲンレセプター(ERα)陽性乳癌におけるERαのリン酸化の予後因子としての意義  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 近藤直人; 藤井義敬
    第108回日本外科学会定期学術集会 2008年05月
  • Triple negative乳癌の臨床病理学的検討  [通常講演]
    遠山竜也; 杉浦博士; 近藤直人; 岩瀬弘敬; 山下啓子
    第108回日本外科学会定期学術集会 2008年05月
  • Analysis of biomarkers (P27, PTEN, and IGF-IR) after preoperative systemic treatment with the combination of docetaxel and trastuzumab in patients with locally advanced HER2-overexpressing breast cancer.  [通常講演]
    H. Iwata; M. Sawaki; Y. Sato; M. Wada; T. Toyama; E. Sasaki; Y. Yatabe; T. Imai
    6th European Breast Cancer Conference, 2008年04月 Berlin, Germany
  • Sugiura H, Toyama T, Kondo N, Kobayashi S, Fujii Y, Yamashita H  [通常講演]
    High phosphorylation of; es; rogen receptor α serine; low; rotein accumulation; improve survival in; estrogen receptor-positive breast cancer patients treated with tamoxifen
    30th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium. 2007年12月 San Antonio, USA
  • Low phosphorylation of estrogen receptor (ER) α serine 118 and high phosphorylation of ERα serine 167 improve survival in ER-positive breast cancer.  [通常講演]
    Yamashita H; Toyama T; Sugiura H; Kondo N; Takahashi S; Fujii Y
    4th Annual Conference of Organisation for Oncology and Translational Research (OOTR). 2007年11月 Kyoto, Japan
  • Triple negative乳癌の臨床病理学的検討  [通常講演]
    遠山竜也; 杉浦博士; 近藤直人; 高橋 智; 岩瀬弘敬; 山下啓子
    第45回日本癌治療学会総会 2007年10月
  • Predictive factors for aromatase inhibitors in ER-positive, HER2-negative breast cancer.  [通常講演]
    Yamashita H; Toyama T; Nishio M; Sugiura H; Kondo N; Takahashi S; Fujii Y; Iwase H
    American Association for Cancer Research (AACR) Special Conference in Cancer Research. Advances in Breast Cancer Research 2007年10月 San Diego, USA
  • Predictive factors for aromatase inhibitors in ER-positive, HER2-negative breast cancer  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 安藤由明; 山下年成; 杉浦博士; 近藤直人; 高橋 智; 藤井義敬; 岩瀬弘敬
    第66回日本癌学会総会 2007年10月
  • ホルモン療法が長期有効であった再発乳癌症例の検討  [通常講演]
    杉浦博士; 遠山竜也; 近藤直人; 山下啓子
    第4回日本乳癌学会中部地方会 2007年09月
  • アロマターゼ阻害剤が著効した局所進行乳癌の1例  [通常講演]
    舘 秀和; 遠山竜也; 杉浦博士; 山下啓子
    第28回愛知臨床外科学会 2007年07月
  • 乳癌におけるp53コドン72遺伝子多型は術後化学療法抵抗性に関連している  [通常講演]
    遠山竜也; 張 震寰; 濱口真帆; 近藤直人; 岩瀬弘敬; 山下啓子
    第15回日本乳癌学会総会 2007年06月
  • アロマターゼ阻害剤の効果予測因子の解析  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 安藤由明; 近藤直人; 濱口真帆; 伊藤由加志; 山下年成; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第15回日本乳癌学会総会 2007年06月
  • センチネルリンパ節生検腋窩郭清省略症例における腋窩再発例の検討  [通常講演]
    杉浦博士; 柄松章司; 伊藤由加志; 山下啓子; 遠山竜也; 安藤由明; 原 泰夫; 伊藤和子; 三田圭子; 岩瀬弘敬; 小林俊三
    第15回日本乳癌学会総会 2007年06月
  • 高度腋窩リンパ節転移(10個以上)の乳癌における長期無再発症例の検討  [通常講演]
    原 泰夫; 近藤直人; 遠山竜也; 山下啓子
    第15回日本乳癌学会総会 2007年06月
  • Expression of the breast cancer metastasis suppressor 1 mRNA and prognosis in breast cancer  [通常講演]
    張 震寰; 山下啓子; 遠山竜也; 山本 豊; 川添 輝; 岩瀬弘敬
    第15回日本乳癌学会総会 2007年06月
  • 乳癌のadjuvant FEC 100療法時の悪心・嘔吐に対する塩酸ラモセトロンの有用性  [通常講演]
    近藤直人; 遠山竜也; 濱口真帆; 山下啓子
    第15回日本乳癌学会総会 2007年06月
  • 造影CT-MIP像を利用した乳癌腋窩リンパ節の分布別特徴の検討  [通常講演]
    白木法雄; 山下啓子; 遠山竜也; 近藤直人; 濱口真帆
    第15回日本乳癌学会総会 2007年06月
  • エストロゲンレセプター陽性乳癌に特有な遺伝子多型の解析  [通常講演]
    濱口真帆; 遠山竜也; 近藤直人; 小林俊三; 山下啓子
    第15回日本乳癌学会総会 2007年06月
  • Association of p53 codon 72 polymorphism with resistance to adjuvant therapy in primary breast cancer.  [通常講演]
    T. Toyama; Z. Zhang; M. Hamguchi; N. Kondo; H. Iwase; H. Iwata; S. Takahashi; H. Yamashita; Y. Fujii
    The 43th Annual meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2007年06月 Chicago, IL, USA
  • 乳房温存手術におけるCTガイド下マーキングの有用性  [通常講演]
    近藤直人; 白木法雄; 遠山竜也; 高橋 智; 山下啓子
    第15回日本内分泌外科学会総会 2007年05月
  • ER陽性、HER2陰性乳癌におけるExemestaneの効果予測因子の解析  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 安藤由明; 近藤直人; 濱口真帆; 伊藤由加志; 山下年成; 岩瀬弘敬; 藤井義敬
    第107回日本外科学会定期学術集会 2007年04月
  • 乳癌術前化学療法としてFEC followed by taxel+Trastuzumabを施行した3例  [通常講演]
    近藤直人; 遠山竜也; 山下啓子
    第273回東海外科学会, 2007年04月
  • 高齢者乳癌におけるエキセメスタンの効果予測因子の解析  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 安藤由明; 近藤直人; 濱口真帆; 伊藤由加志; 山下年成; 岩瀬弘敬
    第5回日本臨床腫瘍学会学術集会 2007年03月
  • ホルモン療法が長期にわたり有効であった再発乳癌症例の検討  [通常講演]
    濱口真帆; 遠山竜也; 近藤直人; 山下啓子
    第44回日本癌治療学会総会 2006年10月
  • 乳癌におけるp53 codon 72とMDM2 SNP309遺伝子多型の予後因子としての意義  [通常講演]
    遠山竜也; 張 震寰; 山下啓子; 濱口真帆; 近藤直人; 岩瀬弘敬; 岩田広治; 藤井義敬
    第44回日本癌治療学会総会 2006年10月
  • シンポジウム「臓器がんー乳癌」抗エストロゲン剤を巡って  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 濱口真帆; 近藤直人; 藤井義敬; 岩瀬弘敬
    第65回日本癌学会学術総会 2006年09月
  • アンスラサイクリン、タキサンが無効であったが、ゼローダが著効した進行乳癌の一例  [通常講演]
    濱口真帆; 遠山竜也; 近藤直人; 山下啓子
    第3回日本乳癌学会中部地方会 2006年08月
  • Exemestaneを用いた術前内分泌療法の有用性  [通常講演]
    近藤直人; 遠山竜也; 安藤由明; 濱口真帆; 伊藤由加志; 山下年成; 岩瀬弘敬; 山下啓子
    第3回日本乳癌学会中部地方会 2006年08月
  • センチネルリンパ節生検偽陰性症例の検討  [通常講演]
    杉浦博士; 柄松章司; 伊藤由加志; 佐々木信義; 西田 勉; 柴田孝弥; 齋藤慎一郎; 山下啓子; 遠山竜也; 岩田広治; 岩瀬弘敬; 小林俊三
    第14回日本乳癌学会総会 2006年07月
  • 高齢者乳癌に対する腋窩郭清を省略した乳房温存手術とその結果を踏まえての治療の展望  [通常講演]
    柄松章司; 杉浦博士; 三田圭子; 伊藤和子; 吉本信保; 山下年成; 濱口真帆; 遠山竜也; 山下啓子
    第14回日本乳癌学会総会 2006年07月
  • Quantitation of HDAC1 mRNA expression in invasive carcinoma of the breast  [通常講演]
    張 震寰; 山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 安藤由明; 三田圭子; 濱口真帆; 原 泰夫; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第14回日本乳癌学会総会 2006年07月
  • HER2陽性乳癌に対するトラスツズマブの治療効果予測に関する検討  [通常講演]
    遠山竜也; 重盛千香; 徳永えり子; 濱口真帆; 張 震寰; 山下啓子; 岩田広治
    第14回日本乳癌学会総会 2006年07月
  • 乳癌ホルモン療法における効果予測因子の解析  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 濱口真帆; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第14回日本乳癌学会総会 2006年07月
  • 乳癌組織における甲状腺ホルモンレセプター(TR_1)遺伝子変異常の解析  [通常講演]
    濱口真帆; 遠山竜也; 小林俊三; 岩瀬弘敬; 山下啓子
    第14回日本乳癌学会総会 2006年07月
  • FEC followed by paclitaxel (dose dense法)を用いたprimary chemotherapyのPhase II Study  [通常講演]
    安藤由明; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 濱口真帆; 伊藤由加志; 山下啓子
    第14回日本乳癌学会総会 2006年07月
  • 乳癌組織におけるエストロゲンレセプターαセリン167のリン酸化のホルモン療法効果予測因子としての意義  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 濱口真帆; 近藤直人; 小林俊三
    第7回ホルモンと癌研究会 2006年06月
  • エストロゲンレセプター セリン のリン酸化の乳癌内分泌療法の効果予測因子としての意義  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 岩瀬弘敬
    第79回日本内分泌学会 2006年05月
  • 乳癌内分泌療法の効果予測因子の解析  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 濱口真帆; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第18回日本内分泌外科学会 2006年05月
  • 対側乳房のみに転移を来した乳房原発血管肉腫の一例,  [通常講演]
    濱口真帆; 遠山竜也; 山下啓子
    第271回東海外科学会 2006年04月
  • Stat5 expression predicts response to endocrine therapy and improves survival in estrogen receptor-positive breast cancer.  [通常講演]
    Yamashita H; Nishio M; Toyama T; Zhang Z; Hamaguchi M; Kobayashi S; Fujii Y; Iwase H
    The 97th Annual Meeting of American Association for Cancer Research (AACR) 2006年04月 Washington D.C., U.S.A
  • CTガイド下マーキングを用いた非触知乳癌に対する乳房温存手術の経験  [通常講演]
    濱口真帆; 遠山竜也; 小林俊三; 山下啓子
    第25回愛知臨床外科学会 2006年02月
  • マンモグラフィにおける乳腺濃度の検討  [通常講演]
    近藤直人; 水谷三浩; 遠山竜也; 角田伸行; 藤田崇史; 藤井正宏; 岩田広治
    第15回日本乳癌検診学会 2005年11月
  • 粘液癌にたいする温存療法を目的とした術前化学療法は有効か?  [通常講演]
    近藤直人; 水谷三浩; 遠山竜也; 角田伸行; 重盛千香; 藤田崇史; 藤井正宏; 佐藤成憲; 岩田広治
    第2回乳癌学会中部地方会 2005年08月
  • 巨大腫瘤を呈した微小浸潤癌の2例  [通常講演]
    近藤直人; 水谷三浩; 遠山竜也; 角田伸行; 重盛千香; 藤田崇史; 藤井正宏; 岩田広治
    日本超音波医学会 2005年07月
  • 初発乳癌n0 high risk因子の検討.  [通常講演]
    藤井正宏; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 近藤直人; 岩田広治
    第13回日本乳癌学会総会 2005年06月
  • 当院における非浸潤性乳管癌(DCIS)の検討  [通常講演]
    近藤直人; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 藤井正宏; 岩田広治
    第13回日本乳癌学会総会 2005年06月
  • 当科における超音波ガイド下マンモトーム生検に経験.  [通常講演]
    藤田崇史; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤井正宏; 近藤直人; 岩田広治
    第13回日本乳癌学会総会 2005年06月
  • 非浸潤性乳管癌(DCIS)の超音波診断  [通常講演]
    水谷三浩; 遠山竜也; 亀井桂太郎; 藤田崇史; 藤井正宏; 近藤直人; 重盛千香; 川口暢子; 岩田広治
    第13回日本乳癌学会総会 2005年06月
  • センチネルリンパ節生検の適応拡大をめざした郭清n0症例の検討.  [通常講演]
    川口暢子; 水谷三浩; 遠山竜也; 亀井桂太郎; 重盛千香; 藤田崇史; 藤井正宏; 近藤直人; 岩田広治
    第13回日本乳癌学会総会 2005年06月
  • 術前化学療法後の縮小手術の問題点.  [通常講演]
    亀井桂太郎; 水谷三浩; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤井正宏; 藤田崇史; 近藤直人; 岩田広治
    第13回日本乳癌学会総会 2005年06月
  • トラスツズマブのPD後の治療効果についての検討.  [通常講演]
    重盛千香; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 藤田崇史; 藤井正宏; 近藤直人; 岩田広治
    第13回日本乳癌学会総会 2005年06月
  • 愛知県がんセンターにおける乳癌薬物療法患者へのsupportive care  [通常講演]
    岩田広治; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 藤井正宏; 近藤直人
    第13回日本乳癌学会総会 2005年06月
  • 乳癌におけるSnail発現の意義  [通常講演]
    遠山竜也; 山下啓子; 安藤由明; 岩瀬弘敬; 岩田広治
    第13回日本乳癌学会総会 2005年06月
  • マンモグラフィ検診普及による精密検査施設への影響.  [通常講演]
    岩田広治; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 藤田崇史; 藤井正宏; 近藤直人; 高橋恵美子; 谷田部恭; 越川卓
    第46回日本臨床細胞学会総会 2005年05月
  • 愛知県がんセンター乳腺外科における超音波ガイド下マンモトームの臨床的応用  [通常講演]
    水谷三浩; 遠山竜也; 亀井桂太郎; 藤井正宏; 藤田崇史; 近藤直人; 重盛千香; 川口暢子; 岩田広治
    第105回日本外科学会定期学術集会 2005年05月
  • 乳癌におけるIHCによるER, PgR, Her-2の発現の関係とその臨床的意義  [通常講演]
    近藤直人; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 藤井正宏; 岩田広治
    第105回日本外科学会定期学術集会 2005年05月
  • 術後補助療法AC(EC) followed by Taxaneの認容性の検討.  [通常講演]
    藤井正宏; 水谷三浩; 遠山竜也; 亀井桂太郎; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 近藤直人; 岩田広治
    第105回日本外科学会定期学術集会 2005年05月
  • Her2陽性再発乳癌59例の背景因子の検討.  [通常講演]
    重盛千香; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 藤田崇史; 藤井正宏; 近藤直人; 岩田広治
    第105回日本外科学会定期学術集会 2005年05月
  • マンモグラフィで構築の乱れのみを呈する非触知の非浸潤性乳管癌の検討.  [通常講演]
    近藤直人; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 藤井正宏; 岩田広治
    第14回日本乳腺甲状腺超音波診断会議 2005年03月
  • 術前化学療法のモニタリングとしての乳房超音波検査の問題点  [通常講演]
    藤井正宏; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 近藤直人; 岩田広治
    第14回日本乳腺甲状腺超音波診断会議 2005年03月
  • 扁平上皮癌を疑った微小浸潤癌の1例  [通常講演]
    近藤直人; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 藤井正宏; 岩田広治
    第14回日本乳腺甲状腺超音波診断会議 2005年03月
  • 超音波ガイド下マンモトームが有効であったductal adenoma2例の検討.  [通常講演]
    藤田崇史; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 近藤直人; 藤井正宏; 岩田広治
    第14回日本乳腺甲状腺超音波診断会議 2005年03月
  • 当科における超音波ガイド下マンモトーム生検の経験(第2報).  [通常講演]
    藤田崇史; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 近藤直人; 藤井正宏; 岩田広治
    第14回日本乳腺甲状腺超音波診断会議 2005年03月
  • マンモグラフィにおける乳腺濃度の検討.  [通常講演]
    近藤直人; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 藤井正宏; 岩田広治
    第14回日本乳癌画像研究会 2005年02月
  • エコー腫瘤像を呈した浸潤性小葉癌2例について.  [通常講演]
    藤井正宏; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 近藤直人; 岩田広治
    第14回日本乳癌画像研究会 2005年02月
  • 超音波ガイド下マンモトームが有効であったductal adenoma2例の検討.  [通常講演]
    藤田崇史; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 近藤直人; 藤井正宏; 岩田広治
    第14回日本乳癌画像研究会 2005年02月
  • 当院におけるセンチネルリンパ節生検の地域連携システムの構築  [通常講演]
    亀井桂太郎; 水谷三浩; 遠山竜也; 安藤由明; 太田大介; 川口暢子; 重盛千香; 青木桃子; 岩田広治
    第6回Sentinel Node Navigation Surgery研究会 2004年11月
  • トラスツズマブ長期投与27例の検討.  [通常講演]
    重盛千香; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 安藤由明; 太田大介; 川口暢子; 青木桃子; 岩田広治
    第42回日本癌治療学会総会 2004年10月
  • n0乳癌におけるSnail発現異常の予後因子としての意義  [通常講演]
    遠山竜也; 山下啓子; 安藤由明; 杉浦博士; 岩瀬弘敬; 岩田広治
    第42回日本癌治療学会総会 2004年10月
  • 当科におけるリアルタイム4Dイメージングを用いた乳房超音波検査の経験(第1報).  [通常講演]
    藤井正宏; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 近藤直人; 岩田広治
    第21回日本超音波医学界中部地方会 2004年10月
  • カペシタビン投与41例の検討.  [通常講演]
    重盛千香; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 安藤由明; 太田大介; 川口暢子; 青木桃子; 岩田広治
    第66回日本臨床外科学会 2004年10月
  • マンモグラフィで異常所見を呈さない乳癌の検討.  [通常講演]
    藤井正宏; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 近藤直人; 岩田広治
    第66回日本臨床外科学会 2004年10月
  • 乳癌におけるSnail発現異常の検討.  [通常講演]
    遠山竜也; 山下啓子; 安藤由明; 杉浦博士; 岩瀬弘敬; 岩田広治
    第63回日本癌学会総会 2004年09月
  • 当科における超音波ガイド下マンモトーム生検の経験(第1報).  [通常講演]
    藤田崇史; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 近藤直人; 藤井正宏; 岩田広治
    第13回日本乳腺甲状腺超音波診断会議 2004年09月
  • マンモグラフィで異常所見を呈さない乳癌の検討.  [通常講演]
    藤井正宏; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 近藤直人; 岩田広治
    第13回日本乳腺甲状腺超音波診断会議 2004年09月
  • 血性乳頭分泌で発見された男性非浸潤性乳癌の一例.  [通常講演]
    藤井正宏; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 近藤直人; 岩田広治
    第1回日本乳癌学会中部地方会 2004年08月
  • 血性乳頭分泌症に対する乳管造影下マンモトーム生検の有用性.  [通常講演]
    藤田崇史; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 近藤直人; 藤井正宏; 岩田広治
    第1回日本乳癌学会中部地方会 2004年08月
  • 乳腺Adenomyoepitheliomaの2例  [通常講演]
    近藤直人; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 重盛千香; 藤田崇史; 藤井正宏; 岩田広治
    第1回日本乳癌学会中部地方会 2004年08月
  • p33ING1b stimulates the transcriptional activity of the estrogen receptor _ via its activation function (AF) 2 domain,  [通常講演]
    Tatsuya Toyama; Hirotaka Iwase; Hiroko Yamashita; Yasuo Hara; Hiroshi Sugiura; Zhenhuan Zhang; Ichiro Fukai; Yutaka Miura; Karl Riabowol; Yoshitaka Fujii
    18th Annual Meeting of European Association for Cancer Research (EACR) 2004年07月 Innsbruck, Austria
  • 術前化学療法中の腫瘍効果に稀な経過を示した乳癌の一例  [通常講演]
    重盛千香; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 安藤由明; 太田大介; 川口暢子; 青木桃子; 岩田広治
    第12回日本乳癌学会総会 2004年06月
  • 当院におけるマンモトーム生検の地域ネットワーク構築への取り組み.  [通常講演]
    亀井桂太郎; 水谷三浩; 遠山竜也; 安藤由明; 太田大介; 川口暢子; 重盛千香; 青木桃子; 岩田広治
    第12回日本乳癌学会総会 2004年06月
  • 術前化学療法54例の検討.  [通常講演]
    重盛千香; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 安藤由明; 太田大介; 川口暢子; 青木桃子; 岩田広治
    第12回日本乳癌学会総会 2004年06月
  • センチネルリンパ節生検の実地医療導入後の検討  [通常講演]
    川口暢子; 安藤由明; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 太田大介; 重盛千香; 青木桃子; 岩田広治
    第12回日本乳癌学会総会 2004年06月
  • 75歳以上高齢者乳癌に対する腋窩郭清を省略した乳房温存治療.  [通常講演]
    柄松章司; 山下年成; 遠山竜也; 山下啓子; 岩瀬弘敬; 小林俊三; 伊藤和子
    第12回日本乳癌学会総会 2004年06月
  • 当院における乳癌術後患者の再発発見契機の検討.  [通常講演]
    青木桃子; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 安藤由明; 太田大介; 川口暢子; 重盛千香; 岩田広治
    第12回日本乳癌学会総会 2004年06月
  • 進行再発乳癌における内分泌療法の効果とホルモンレセプター発現.  [通常講演]
    山下啓子; 杉浦博士; 張 震寰; 遠山竜也; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第12回日本乳癌学会総会 2004年06月
  • HDAC6 mRNA expression is correlated with better prognosis in breast cancer.  [通常講演]
    張 震寰; 山下啓子; 杉浦博士; 遠山竜也; 林 慎一; 岩瀬弘敬
    第12回日本乳癌学会総会 2004年06月
  • 乳癌におけるER、PgRの免疫組織化学的評価法の検討.  [通常講演]
    杉浦博士; 山下啓子; 張 震寰; 遠山竜也; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第12回日本乳癌学会総会 2004年06月
  • ホルモン療法が長期間有効であった再発乳癌の検討.  [通常講演]
    山下年成; 山下啓子; 杉浦博士; 張 震寰; 遠山竜也; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第12回日本乳癌学会総会 2004年06月
  • 乳癌肝転移症例における肝動注化学療法の意義.  [通常講演]
    太田大介; 荒井保明; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 安藤由明; 川口暢子; 重盛千香; 青木桃子; 岩田広治
    第12回日本乳癌学会総会 2004年06月
  • 乳がん治療における5つのインフォームドコンセント.  [通常講演]
    岩田広治; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 安藤由明; 太田大介; 川口暢子; 青木桃子
    第12回日本乳癌学会総会 2004年06月
  • 乳癌のUICCのTNM分類改訂第6版の正当性の検討.  [通常講演]
    水谷三浩; 安藤由明; 遠山竜也; 亀井桂太郎; 太田大介; 川口暢子; 青木桃子; 重盛千香; 岩田広治
    第12回日本乳癌学会総会 2004年06月
  • 臨床試験におけるチーム医療のあり方―Global trialを例にとって.  [通常講演]
    遠山竜也; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 安藤由明; 太田大介; 川口暢子; 青木桃子; 重盛千香; 岩田広治
    第12回日本乳癌学会総会 2004年06月
  • Can decreasing the serum level of CA19-9 predict the survival benefit of gemcitabine for advanced pancreatic cancer?  [通常講演]
    A. Sawaki; M. Katsurahara; K. Okubo; N. Mizuno; T. Nakamura; M. Tajika; H. Kawai; T. Toyama; K. Yamao
    The 40th Annual meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2004年06月 New Orleans, Louisiana, USA
  • A phase I/II dose-escalation study of weekly paclitaxel in combination with 5'-deoxy-5-fluorouridine for advanced or recurrent breast cancer.  [通常講演]
    H. Iwata; M. Mizutani; K. Kamei; T. Toyama; Y. Ando; D. Ota; N. Kawaguchi; C. Shigemori; H. Iwase
    The 40th Annual meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2004年06月 New Orleans, Louisiana, USA
  • 乳癌組織における野生型エストロゲンレセプター(ER)βおよびERβcxの臨床的意義.  [通常講演]
    杉浦博士; 山下啓子; 遠山竜也; 藤井義敬; 岩瀬弘敬
    第104回日本外科学会定期学術集会 2004年04月
  • 乳腺invasive micropapillary carcinomaの1例.  [通常講演]
    太田大介; 遠山竜也; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 安藤由明; 川口暢子; 重盛千香; 青木桃子; 岩田広治
    第21回愛知臨床外科学会 2004年02月
  • 術後8年経過した乳癌多発肝転移の1例.  [通常講演]
    斉藤慎一郎; 杉浦博士; 山下啓子; 遠山竜也; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第21回愛知臨床外科学会 2004年02月
  • DCIS(非浸潤性乳管癌)の超音波診断.  [通常講演]
    水谷三浩; 青木桃子; 川口暢子; 安藤由明; 太田大介; 遠山竜也; 亀井桂太郎; 谷田部恭; 越川卓; 岩田広治
    第13回日本乳がん画像研究会 2004年02月
  • マンモグラフィ検診の要精検者(微細石灰化、構築の乱れ)に対する当科の診療について.  [通常講演]
    川口暢子; 水谷三浩; 遠山竜也; 亀井桂太郎; 太田大介; 安藤由明; 重盛千香; 青木桃子; 岩田広治
    第13回日本乳癌画像研究会 2004年02月
  • 当院におけるマンモグラフィガイド下マンモトームの経験.  [通常講演]
    亀井桂太郎; 水谷三浩; 遠山竜也; 安藤由明; 太田大介; 川口暢子; 重盛千香; 青木桃子; 岩田広治
    第13回日本乳癌画像研究会 2004年02月
  • Clinical significance of histone deactylase 6 expression in breast cancer.  [通常講演]
    H Iwase; H Yamashita; Y Omoto; T Toyama; H Sugiura; Z Zhang, S Hayashi
    FGOG congress 2004, 2004年01月 Brussels, Belgium
  • マンモグラフィで微細石灰化像のみを呈す非触知乳癌に対する愛知県がんセンター乳腺外科における診療システム.  [通常講演]
    水谷三浩; 岩田広治; 青木桃子; 川口暢子; 安藤由明; 太田大介; 遠山竜也; 亀井桂太郎; 谷田部恭; 越川卓; 薄木久進; 藤田美幸; 鈴木和夫; 大熊攻
    第13回日本乳癌検診学会総会 2003年11月
  • 陳旧性線維腺腫内に発生した乳管癌の1例.  [通常講演]
    青木桃子; 水谷三浩; 川口暢子; 安藤由明; 太田大介; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 谷田部恭; 越川卓; 藤田美幸; 薄木久進; 鈴木和夫; 大熊攻; 岩田広治
    第13回日本乳癌検診学会総会 2003年11月
  • 非触知乳癌の診療の実際.  [通常講演]
    太田大介; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 安藤由明; 青木桃子; 岩田広治
    第13回日本乳癌検診学会総会 2003年11月
  • JABTSの検診における要精査基準(改訂)案の有効性の検証 超音波腫瘤径1cm以下の乳癌症例への適用.  [通常講演]
    安藤由明; 水谷三浩; 遠山竜也; 亀井桂太郎; 太田大介; 青木桃子; 川口暢子; 重盛千香; 岩田広治
    第13回日本乳癌検診学会総会 2003年11月
  • センチネルリンパ節生検の実地医療導入後の検討.  [通常講演]
    亀井桂太郎; 水谷三浩; 遠山竜也; 安藤由明; 太田大介; 川口暢子; 重盛千香; 青木桃子; 岩田広治
    第5回Sentinel node navigation surgery研究会 2003年11月
  • 定量的RT-PCRを用いた乳癌組織におけるアロマターゼmRNAの発現解析  [通常講演]
    杉浦博士; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 安藤由明; 岩瀬 弘敬
    第65回日本臨床外科学会 2003年11月
  • 生物学的因子を評価した乳癌術後全身療法の個別化  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 山下 啓子; 遠山竜也; 杉浦 博士
    第65回日本臨床外科学会 2003年11月
  • 乳房温存療法における新しい断端検索法‐ポリゴン法第二報.  [通常講演]
    太田大介; 市原 周; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 川口暢子; 安藤由明; 青木桃子; 岩田広治
    第65回日本臨床外科学会総会 2003年11月
  • 乳房温存術のポリゴン法による断端検索の経験.  [通常講演]
    亀井桂太郎; 安藤由明; 岩田広治; 水谷三浩; 遠山竜也; 太田大介; 川口暢子; 青木桃子; 市原周
    第65回日本臨床外科学会総会 2003年11月
  • 乳房温存療法800例の検討.  [通常講演]
    安藤由明; 水谷三浩; 遠山竜也; 亀井桂太郎; 太田大介; 青木桃子; 川口暢子; 重盛千香; 岩田広治
    第65回日本臨床外科学会総会 2003年11月
  • 乳がん治療における5つのインフォームドコンセント.  [通常講演]
    岩田広治; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 安藤由明; 太田大介; 川口暢子; 青木桃子
    第65回日本臨床外科学会総会 2003年11月
  • 乳癌におけるエストロゲンレセプターの免疫組織化学評価法、特にカットオフ値に関して  [通常講演]
    杉浦博士; 山下啓子; 遠山竜也; 岩瀬弘敬
    第41回日本癌治療学会総会 2003年10月
  • 乳癌におけるバイオマーカーを評価した個別化治療  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士
    第41回日本癌治療学会総会 2003年10月
  • 乳癌センチネルリンパ節生検におけるリンパ節転移1個の症例の検討  [通常講演]
    亀井桂太郎; 安藤由明; 岩田広治; 水谷三浩; 遠山竜也; 太田大介; 川口暢子; 青木桃子
    第41回日本癌治療学会総会 2003年10月
  • 乳癌におけるプロゲステロンレセプター免疫組織化学的評価法の検討  [通常講演]
    杉浦博士; 山下啓子; 遠山竜也; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第266回東海外科学会 2003年10月
  • ホルモン単独療法により乳癌骨転移が劇的に改善した1例  [通常講演]
    川口暢子; 遠山竜也; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 安藤由明; 太田大介; 重盛千香; 青木桃子; 岩田広治
    第266回東海外科学会 2003年10月
  • 術前化学療法にてpCRになった局所進行乳癌の一例.  [通常講演]
    重盛千香; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 遠山竜也; 安藤由明; 太田大介; 川口暢子; 青木桃子; 岩田広治
    第266回東海外科学会 2003年10月
  • 乳癌における内分泌療法効果予測因子の臨床的重要  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士
    第62回日本癌学会総会 2003年09月
  • 定量的RT-PCR、免疫組織化学法を用いた乳癌組織における野生型エストロゲンレセプター(ER)βおよびERβcxの発現解析  [通常講演]
    杉浦博士; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 藤井義敬; 岩瀬弘敬
    第62回日本癌学会総会 2003年09月
  • Dominant-negative Stat5 induces apoptosis in estrogen receptor-positive breast cancer cells T47D.  [通常講演]
    Yamashita H; Iwase H; Toyama T; Sugiura H; Zhenhuan Zhang; Fujii Y
    The 94th Annual Meeting of American Association for Cancer Research (AACR) 2003年07月 Washington D.C., U.S.A
  • タモキシフェン投与後高トリグリセライド血症に対するトレミフェンへの変更症例の検討  [通常講演]
    伊藤和子; 柄松章司; 伊藤由加志; 山下啓子; 遠山竜也; 岩瀬弘敬; 岩田広治; 小林俊三
    第11回日本乳癌学会総会 2003年06月
  • 75歳以上高齢者乳癌に対する腋窩郭清を省略した乳房温存療法  [通常講演]
    柄松章司; 伊藤和子; 松尾康治; 山下年成; 遠山竜也; 山下啓子; 岩瀬弘敬; 小林俊三
    第11回日本乳癌学会総会 2003年06月
  • 定量的RT-PCRを用いた乳癌組織における野生型エストロゲンレセプターβおよびERβcxの発現解析  [通常講演]
    杉浦博士; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 張 震寰; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第11回日本乳癌学会総会 2003年06月
  • dominant-negative Stat5のT47Dヒト乳癌細胞におけるアポトーシス誘導  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 張 震寰; 岩瀬弘敬
    第11回日本乳癌学会総会 2003年06月
  • Aromatase mRNA quantiitaitve expression by real-time RT-PCR in breast cancer.  [通常講演]
    張 震寰; 山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 原 泰夫; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第11回日本乳癌学会総会 2003年06月
  • p33ING1bはエストロゲンレセプターα転写供役因子として働く.  [通常講演]
    遠山竜也; 山下啓子; 杉浦博士; 岩瀬弘敬
    第11回日本乳癌学会 2003年06月
  • 乳癌組織における野生型ERβおよびERβcxのmRNA発現の定量的解析  [通常講演]
    杉浦博士; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 藤井義敬; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第103回日本外科学会定期学術集会 2003年06月
  • エストロゲンレセプター陽性乳癌における転写因子Stat5のアポトーシス誘導  [通常講演]
    山下啓子; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 杉浦博士; 藤井義敬
    第103回日本外科学会定期学術集会 2003年06月
  • 乳癌組織におけるERα発現評価法の検討:mRNA定量法、EIA法、IHC法の比較  [通常講演]
    遠山竜也; 山下啓子; 原 泰夫; 杉浦博士; 岩瀬弘敬
    第103回日本外科学会定期学術集会 2003年06月
  • 乳癌におけるエストロゲンレセプターの免疫組織学的評価法 特にカットオフ値に関して  [通常講演]
    杉浦博士; 山下啓子; 遠山竜也; 張 震寰; 岩瀬弘敬
    第265回東海外科学会 2003年04月
  • Real-time PCRを用いた甲状腺癌組織におけるERα、ERβの発現量の定量的解析  [通常講演]
    杉浦博士; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 張 震寰; 岩瀬弘敬
    第15回日本内分泌外科学会総会 2003年04月
  • ING1bはエストロゲンレセプター(ER)α転写共役因子として働く.  [通常講演]
    遠山竜也; 杉浦博士; 山下啓子; 原 泰夫; 岩瀬弘敬
    第15回日本内分泌外科学会総会 2003年04月
  • バセドウ病後の残存甲状腺に発生した甲状腺濾胞癌の1例  [通常講演]
    小林正学; 山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 岩瀬弘敬
    第19回愛知臨床外科学会 2003年02月
  • 軟骨化生を伴う乳癌の一例  [通常講演]
    青木桃子; 遠山竜也; 水谷三浩; 亀井桂太郎; 安藤由明; 太田大介; 川口暢子; 重盛千香; 岩田広
    第21回愛知臨床外科学会 2003年02月
  • 乳癌における転写因子stat5とエストロゲンレセプターとのクロストークの解析  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 岩瀬弘敬
    第2回日本内分泌学会東海支部学術集会 2003年02月
  • 気管管状切除を試行した甲状腺癌の6例.  [通常講演]
    原 泰夫; 山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 岩瀬弘敬
    第35回甲状腺外科研究会 2002年11月
  • Evaluation of aromatase mRNA expression and relationship with clinicopathologic factors in breast cancer.  [通常講演]
    Iwase H; Yamashita H; Toyama T; Hara Y; Sugiura H; Zhang Z; Omoto Y; Kobayashi S
    the VI International Aromatase Conference "Aromatase 2002" 2002年10月 Kyoto, Japan
  • 乳癌におけるERa, HER2, p53, Ki67発現と予後.  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 杉浦博士; 張 震寰; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第40回日本癌治療学会 2002年10月
  • ING1bはエストロゲン・レセプターα転写共役因子として働く.  [通常講演]
    遠山竜也; 岩瀬弘敬; 山下啓子; 原 泰夫; 杉浦博士; 張 震寰; 藤井義敬
    第61回日本癌学会総会 2002年10月
  • エストロゲンレセプター陽性乳癌における転写因子Stat5の役割の解析.  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 杉浦博士; 張 震寰; 藤井義敬; 岩瀬弘敬; Hallgeir Rui
    第61回日本癌学会総会 2002年10月
  • 乳癌組織におけるERα発現評価法の検討:mRNA定量法、EIA法、IHC法の比較.  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 杉浦博士; 小林俊三; 藤井義敬; 情野一郎
    第61回日本癌学会総会 2002年10月
  • 乳癌再発における初回手術時悪性度評価の重要性  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 杉浦博士; 岩瀬弘敬
    第38回中部外科学会総会 2002年09月
  • Real-time RT-PCRを用いた乳癌組織におけるERβ wild-typeおよびcxの発現の定量的解析  [通常講演]
    杉浦博士; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 張 震寰; 呉 雪卿; 岩瀬弘敬
    第3回ホルモンと癌研究会 2002年08月
  • 両側乳腺繊維腫症fibromatosisの1例  [通常講演]
    吉本信保; 遠山竜也; 山下啓子; 原 泰夫; 杉浦博士; 岩瀬弘敬
    愛知臨床外科学会 2002年07月
  • タモキシフェン投与後の高グリセライド血症に対するトレミフェンへの変更症例の検討  [通常講演]
    伊藤和子; 柄松章司; 伊藤由加志; 岩田広治; 岩瀬弘敬; 山下啓子; 遠山竜也; 小林俊三
    第10回日本乳癌学会総会 2002年07月
  • 75才以上の高齢者乳癌に対する腋窩郭清を省略した乳房温存療法の検討  [通常講演]
    柄松章司; 伊藤和子; 遠山竜也; 山下啓子; 岩瀬弘敬; 山下年成; 松尾康治; 小林俊三
    第10回日本乳癌学会総会 2002年07月
  • 再発乳癌における初回手術時悪性度評価の重要性  [通常講演]
    杉浦博士; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第10回日本乳癌学会総会 2002年07月
  • 転写共役因子AIB1の核内発現とホルモン依存性  [通常講演]
    原 泰夫; 大本陽子; 遠山竜也; 山下啓子; 杉浦博士; 張 震寰; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第10回日本乳癌学会総会 2002年07月
  • Sykチロシンキナーゼ発現低下は乳癌における予後不良因子である  [通常講演]
    遠山竜也; 山下啓子; 原 泰夫; 杉浦博士; 張 震寰; 岩瀬弘敬
    第10回日本乳癌学会総会 2002年07月
  • エストロゲンレセプター陽性乳癌における転写因子Stat5の役割の解析  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 杉浦博士; 張 震寰; 藤井義敬; 岩瀬弘敬; Hallgeir Rui
    第10回日本乳癌学会総会 2002年07月
  • トラスツズマブは脳転移に無効な場合がある  [通常講演]
    杉浦博士; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 藤井義敬; 岩瀬弘敬
    愛知臨床外科 ?? 2002年04月
  • タキサン系薬剤による局所進行乳癌に対する術前化学療法の試み  [通常講演]
    原 泰夫; 山下啓子; 遠山竜也; 杉浦博士; 藤井義敬; 岩瀬弘敬
    東海外科学会 ? 下記と開催日程が同じなので、どちらかが誤記 2002年04月
  • Adenoviral-mediated gene delivery of dominant-negative Stat5 induces apoptosis in human breast cancer cells T47D.  [通常講演]
    Yamashita H; Iwase H; Toyama T; Omoto Y; Fujii Y; Rui H
    The 93rd Annual Meeting of American Association for Cancer Research (AACR) 2002年04月 San Francisco, USA
  • 75歳以上の高齢者乳癌に対する腋カ郭清を省略した乳房温存手術  [通常講演]
    柄松章司; 伊藤和子; 遠山達也; 山下啓子; 岩瀬弘敬; 松尾康治; 葛島達也; 小林俊三
    第63回日本臨床外科学会総会, 2001年10月
  • 非浸潤性乳管癌におけるアロマターゼ発現  [通常講演]
    張 震寰; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 小林俊三; 原田信広; 岩瀬弘敬
    第60回日本癌学会総会 2001年09月
  • Hallgeir Rui*:転写因子Stat5のヒト乳癌における役割の解析  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 大本陽子; 原 泰夫; 岩瀬弘敬; 藤井義敬; 小林俊三
    第60回日本癌学会総会 2001年09月
  • 乳癌におけるSykチロシンキナーゼ発現の低下  [通常講演]
    遠山竜也; 岩瀬弘敬; 山下啓子; 原 泰夫; 小林俊三; 藤井義敬
    第60回日本癌学会総会 2001年09月
  • タキサン系薬剤不応の再発乳癌に対する塩酸イリノテカンの使用経験  [通常講演]
    舟曳純仁; 山下啓子; 遠山竜也; 葛島達也; 伊藤由加志; 岩瀬弘敬
    第37回中部外科学会総会 2001年09月
  • Hallgeir Rui 乳癌における転写因子Stat5とエストロゲンレセプターとのシグナル伝達間のクロストークの解析  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 大本陽子; 岩瀬弘敬
    第2回ホルモンと癌研究会 2001年07月
  • 癌との鑑別が困難であった授乳期乳腺腺腫の1例  [通常講演]
    原田幸志朗; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 岩瀬弘敬
    愛知臨床外科学会 2001年07月
  • 転写因子Stat5とエストロゲンレセプターとのシグナル伝達間のクロストークの解析  [通常講演]
    山下啓子; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 大本陽子; 小林俊三
    第74回日本内分泌学会学術総会 2001年06月
  • 乳癌組織におけるAIB1の発現とホルモン療法の効果  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 大本陽子; 遠山竜也; 山下啓子; 小林俊三
    第74回日本内分泌学会学術総会 2001年06月
  • 乳癌における組織学的異型度の重要性  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 山下啓子; 遠山竜也; 藤井義敬
    第26回日本外科系連合会 2001年06月
  • 手術によりQOLを著明に改善し得た気管浸潤性甲状腺癌再発症例の1例  [通常講演]
    遠山竜也; 岩瀬弘敬; 山下啓子; 藤井義敬
    第26回日本外科系連合会 2001年06月
  • Loss of heterozygosity and Microsatellite instability in ductal carcinoma in situ of the breast.  [通常講演]
    Hirotaka Iwase; Ando Yoshiaki; Hiroko Yamashita; Tatsuya Toyama; Shunzo Kobayashi
    The 3rd Biennial Meeting of the Asian Breast Cancer Society. 2001年06月 Seoul, Korea
  • タキサン系薬剤不応例に対する塩酸イリノテカンの使用経験  [通常講演]
    伊藤由加志; 山下啓子; 遠山竜也; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第9回日本乳癌学会総会 2001年06月
  • エストロゲンレセプター、組織学的異型度、Her2の治療法選択における重要性  [通常講演]
    山下啓子; 遠山竜也; 大本陽子; 岩瀬弘敬; 小林俊三
    第9回日本乳癌学会総会 2001年06月
  • 75歳以上の高齢者乳癌に対する腋窩郭清を省略した乳房温存手術  [通常講演]
    柄松章司; 遠山竜也; 山下啓子; 岩瀬弘敬; 伊藤和子; 松尾康治; 葛島達也; 小林俊三
    第9回日本乳癌学会総会 2001年06月
  • 乳癌組織におけるAIB1の発現とホルモン療法の効果  [通常講演]
    原 泰夫; 遠山竜也; 大本陽子; 山下啓子; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第9回日本乳癌学会総会 2001年06月
  • サイクリンD1を介したホルモン非依存性ERα転写活性に及ぼすAIB1およびASC2強制発現の影響について  [通常講演]
    遠山竜也; 山下啓子; 大本陽子; 原 泰夫; 岩瀬弘敬; 小林俊三
    第9回日本乳癌学会総会 2001年06月
  • 進行再発乳癌における初回治療時の生物学的因子とタキサン系薬剤の効果  [通常講演]
    松尾康治; 山下啓子; 遠山竜也; 伊藤由加志; 柄松章司; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第9回日本乳癌学会総会 2001年06月
  • ヒト乳癌組織におけるEstrogen Receptorβ発現の臨床的意義  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 大本陽子; 井上 聡; 山下啓子; 遠山竜也; 小林俊三
    第9回日本乳癌学会総会 2001年06月
  • 術後早期に肺転移を来した甲状腺乳頭癌の1例 --タキソール使用の試み--  [通常講演]
    遠山竜也; 山下啓子; 原 泰夫; 岩瀬弘敬
    第13回日本内分泌外科学会 2001年05月
  • 気管浸潤を伴う甲状腺癌に対する気管環状切除の経験 --術後早期の気管チューブ抜管について --  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 小林俊三
    第13回日本内分泌外科学会 2001年05月
  • ヒト乳癌におけるestrogen receptor β発現の免疫組織化学的検討  [通常講演]
    大本陽子; 遠山竜也; 山下啓子; 藤井義敬; 小林俊三; 岩瀬弘敬
    第101回日本外科学会 2001年04月
  • 乳癌組織におけるAIB1の発現とホルモン療法の効果  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 大本陽子; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 藤井義敬; 小林俊三
    第101回日本外科学会 2001年04月
  • 転写因子Stat5のヒト乳癌における役割の解析  [通常講演]
    山下啓子; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 藤井義敬; 小林俊三; Rui Hallgeir
    第101回日本外科学会 2001年04月
  • 乳腺血管肉腫の1例  [通常講演]
    奥田勝裕; 山下啓子; 遠山竜也; 藤井義敬; 岩瀬弘敬
    第261回東海外科学会 2001年04月
  • 乳腺pseudoangiomatous hyperplasiaの1例  [通常講演]
    堅田武保; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 岩瀬弘敬; 小林俊三
    愛知臨床外科学会 2001年02月
  • 乳癌・甲状腺癌におけるhTERT発現の検討  [通常講演]
    遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 山下啓子; 岩瀬弘敬; 小林俊三
    日本内分泌外科学会総会 2000年06月
  • プロラクチン刺激によるβ-casein遺伝子の発現調節に関わる転写因子stat5のセリンのリン酸化  [通常講演]
    山下啓子; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 大本陽子; 小林俊三; Rui Hallgeir
    日本内分泌学会学術総会 2000年06月
  • Diabetic mastopathyの2例  [通常講演]
    山下年成; 伊藤 寛; 全並秀司; 谷脇 聡; 寺下幸夫; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 山下啓子; 小林俊三
    第8回日本乳癌学会総会 2000年05月
  • 当院における中間期癌症例の検討  [通常講演]
    伊藤和子; 柄松章司; 遠山竜也; 大本陽子; 山下啓子; 岩瀬弘敬; 小林俊三
    第8回日本乳癌学会総会 2000年05月
  • 乳癌治療におけるHistological Gradeの重要性  [通常講演]
    伊藤由加志; 佐々木信義; 岩瀬弘敬; 西田 勉; 山下啓子; 遠山竜也; 大本陽子; 岩田広治; 小林俊三
    第8回日本乳癌学会総会 2000年05月
  • 75歳以上高齢者乳癌に対する縮小手術の検討  [通常講演]
    柄松章司; 伊藤和子; 大本陽子; 遠山竜也; 岩瀬弘敬; 葛島達也; 伊藤由加志; 小林俊三
    第8回日本乳癌学会総会 2000年05月
  • 乳癌におけるEstrogen receptor beta isoform発現の検討  [通常講演]
    大本陽子; 岩瀬弘敬; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 小林俊三
    第8回日本乳癌学会総会 2000年05月
  • 乳癌におけるテロメラ−ゼ活性とhTERT染色 --断端診断への応用  [通常講演]
    原 泰夫; 山下啓子; 遠山竜也; 大本陽子; 岩田広治; 岩瀬弘敬; 小林俊三
    第8回日本乳癌学会総会 2000年05月
  • Hallgeir Rui:アデノウィルスを介したDominant negative Stat5のMCF-7ヒト乳癌細胞における細胞増殖作用  [通常講演]
    山下啓子; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 小林俊三
    第8回日本乳癌学会総会 2000年05月
  • 散発性乳癌におけるING1遺伝子発現の低下  [通常講演]
    遠山竜也; 岩瀬弘敬; 小林俊三; Karl Riabowol
    第8回日本乳癌学会総会 2000年05月
  • 非浸潤癌の診療:グロ−バルスタンダ−ド 非浸潤性乳管癌におけるBiological markerの評価  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 安藤由明; 市原 周; 光山昌珠; 小林俊三
    第8回日本乳癌学会総会 2000年05月
  • 乳癌におけるMatrix metallo-proteinaseの発現と臨床的意義  [通常講演]
    岩田広治; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 岩瀬拓士; 三浦重人; 小林俊三
    第100回日本外科学会総会 2000年04月
  • 乳癌におけるestrogen receptor beta発現の検討  [通常講演]
    大本陽子; 岩瀬弘敬; 岩田広治; 山下啓子; 遠山竜也; 原 泰夫; 藤井義敬; 小林俊三
    第100回日本外科学会総会 2000年04月
  • 乳癌の進展に伴う遺伝子不安定性と癌遺伝子関連蛋白の変化  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 遠山竜也; 大本陽子; 山下啓子; 藤井義敬; 安藤由明; 小林俊三
    第100回日本外科学会総会 2000年04月
  • 乳腺断端擦過検体におけるテロメラーゼ活性の評価−温存療法時の断端診断における有用性−  [通常講演]
    原 泰夫; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 大本陽子; 山下啓子; 藤井義敬; 小林俊三
    第100回日本外科学会総会 2000年04月
  • Taxan系薬剤が奏功した乳癌多発肺転移の1例  [通常講演]
    濱口真帆; 遠山竜也; 山下啓子; 大本陽子; 岩瀬弘敬; 小林俊三
    第259回東海外科学会 2000年04月
  • Magliocco, L. DiFrancesco, P. Forsyth, S. Kobayashi, and K. Riabowol: Suppression of ING1 Expression in Sporadic Breast Cancer,  [通常講演]
    Tatsuya Toyama; I. Garkavtsev; H. Iwase; P. Watson; H. Muzik; E. Saettler, A
    91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research (AACR) 2000年04月 San Francisco, USA
  • 乳腺mucocele-like tumorの1例  [通常講演]
    三田圭子; 山下啓子; 遠山竜也; 大本陽子; 岩瀬弘敬; 小林俊三
    第13回愛知臨床外科 2000年02月
  • 再発乳癌に対する5'DFUR+CPA療法の奏功例  [通常講演]
    大本陽子; 遠山竜也; 原 泰夫; 伊藤由加志; 岩瀬弘敬; 小林俊三
    第61回日本臨床外科医学会総会 1999年11月
  • 乳頭異常分泌症例に対する治療方針  [通常講演]
    遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 伊藤由加志; 岩瀬弘敬; 小林俊三
    第61回日本臨床外科医学会総会 1999年11月
  • 当院での超音波併用検診で発見された乳癌症例の検討  [通常講演]
    伊藤和子; 柄松章司; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 大本陽子; 小林俊三
    第9回日本乳癌検診学会総会 1999年11月
  • Function of the novel candidate tumor suppressor gene ING1 in apoptosis,  [通常講演]
    Vieyra D; Toyama T; Bonnefin P; Scott M; Riabowol K
    1999 Alberta Cancer Board Annual Meeting, 1999年11月 Edmonton, Canada
  • 乳腺Pseudoangiomaous Hyperplasiaの1例  [通常講演]
    原 泰夫; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 大本陽子; 羽田裕司; 杉戸伸好; 藤井義敬; 小林俊三
    第257回東海外科学会 1999年05月
  • 乳癌におけるestrogen receptor mRNA発現の解析,  [通常講演]
    大本陽子; 岩瀬弘敬; 岩田広治; 遠山竜也; 原 泰夫; 小林俊三; 藤井義敬
    第98回日本外科学会総会 1999年04月
  • 乳癌リンパ節転移におけるMMPの関与  [通常講演]
    岩田広治; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 小林俊三; 藤井義敬
    第98回日本外科学会総会 1999年04月
  • 乳癌におけるloss of heterozygosityとmicrosatellite instabilityの予後因子としての重要性  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 岩田広治; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 小林俊三
    第98回日本外科学会総会 1999年04月
  • 乳癌および隣接組織におけるテロメラーゼ活性:切除断端判定への応用  [通常講演]
    原 泰夫; 岩瀬弘敬; 岩田広治; 遠山竜也; 大本陽子; 小林俊三; 藤井義敬
    第98回日本外科学会総会 1999年04月
  • 非浸潤性乳管癌におけるErbB2,p53,ER,MIB1の免疫組織化学的検討  [通常講演]
    安藤由明; 岩瀬弘敬; 原 泰夫; 大本陽子; 遠山竜也; 岩田広治; 伊藤由加志; 柄松章司; 藤井義敬; 光山昌珠; 小林俊三
    第99回日本外科学会総会 1999年03月
  • DNA methylation analysis at p0 and p1 promoter region of the estrogen gene in breast cancer,  [通常講演]
    Iwase H; Iwata H; Ito Y; Toyama T; Hara Y; Omoto Y; Ando Y; Kobayashi S
    The 21st San Antonio Breast Cancer Symposium, 1998年12月 San Antonio, USA
  • Down Regulation Of The ING1 Candidate Tumor Suppressor Gene Is Highly Correlated With The Development Of Sporadic Breast Cancer.  [通常講演]
    Tatsuya Toyama; Igor Garkavtsev; Hirotaka Iwase; Peter Watson; Huong Muzik; Elizabeth Saettler; Anthony Magliocco; Lisa DiFrancesco; Peter Forsyth; Shunzo Kobayashi; Karl Riabowol
    21th San Antonio Breast Cancer Symposium 1998年12月 San Antonio, USA
  • The clinical value of microsatellite instability and loss of heterozygosity in breast cancers,  [通常講演]
    Iwase H; Iwata H; Toyama T; Hara Y; Omoto Y; Ando Y; Fujii Y; Kobayashi S
    The 1st Roche International Symposium on Cancer Research, 1998年11月 Kyoto, Japan
  • ヒト乳癌におけるestrogen receptorα遺伝子のDNAメチル化解析  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 岩田広治; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 安藤由明; 小林俊三; 藤井義敬
    第57回日本癌学会総会 1998年09月
  • Down regulation of the candidate tumor suppressor gene ING1 is linked to in vivo aggressiveness of sporadic breast cancer.  [通常講演]
    Tatsuya Toyama; Igor Garkavtsev; Hirotaka Iwase; Peter Watson; Huong Muzik; Elizabeth Saettler; Anthony Magliocco; Lisa Defrancesco; Peter Forsyth; Shunzo Kobayashi; Karl Riabowol
    Research Accomplishment of Medical Research Council of Canada at Calgary, 1998年06月 Calgary, Canada
  • Expression of the ING1 growth inhibitor and candidate tumor suppressor is lost in majority of brain tumor.  [通常講演]
    Tatsuya Toyama; Edward Parr; Ivan Chebib; Igor Garkavtsev; Houng Musik; Anthony Magliocco; Peter Watson; Alexander Kazarov; Andrew Gudkov; Peter Forsyth; Karl Riabowol
    The 41th general meeting of the Canadian Society of Biochemistry, Molecular & Cellular Biology, 1998年06月 Edmonton, Canada
  • 乳癌におけるestrogen receptor遺伝子CpG islandのメチル化  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 岩田広治; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 小林俊三
    第10回日本内分泌外科学会総会 1998年05月
  • The tumor suppressor binds p53 and may be involved in blocking cell growth in response to DNA damage.  [通常講演]
    Toyama, Tatsuya; Garkavtsev, Igor; Chebib, Ivan; Parr, Edward; Meyyappan, Muth; Riabowol, Karl
    DNA Repair and Mutagenesis '98 1998年02月 Sendai, Japan
  • Lisa DeFrancesco, Hirotaka Iwase, Shunzo Kobayashi, Peter Forsyth and Karl Riabowol, Mutation and Expression Analysis of A Novel Candidate Tumor Suppressor Gene, ING1.  [通常講演]
    Tatsuya Toyama; Igor Garkavtsev; Huong Muzik; Anthony Magliocco
    1997 Western Canada Cancer Research Meeting, 1997年10月 Banff, Canada
  • The INGl growth inhibitor and candidate tumor suppressor is mutated infrequency and is not expressed in a majority of brain tumors, American Association for Cancer Research Meeting,  [通常講演]
    Garkavtsev I; Toyama T; Muzik H; Kazarov A; Gudkov A; Forsyth P; Riabowol K
    American Association for Cancer Research Meeting 1997年09月 Victoria, Canada
  • Capillary electrophoresisを用いた乳癌のテロメラーゼ活性定量,  [通常講演]
    原 泰夫; 岩瀬弘敬; 岩田広治; 遠山竜也; 大本陽子; 中村隆昭; 小林俊三; 藤井義敬
    第56回日本癌学会総会 1997年09月
  • 散発性乳癌における17q,13q,16q領域のLOHの臨床的意義,  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 岩田広治; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 中村隆昭; 小林俊三; 藤井義敬
    第56回日本癌学会総会, 1997年09月
  • 乳癌におけるLOH,MSIの予後因子としての重要性  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 岩田広治; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 小林俊三
    第15回癌DNA研究会 1997年08月
  • ゼラチンコーティングフィルムを用いたゼラチナーゼ活性の乳癌組織内局在評価  [通常講演]
    岩田広治; 岩瀬弘敬; 山下年成; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 小林俊三
    第5回日本乳癌学会総会 1997年07月
  • 乳癌隣接組織におけるテロメラーゼ活性,  [通常講演]
    原 泰夫; 岩瀬弘敬; 岩田広治; 遠山竜也; 大本陽子; 小林俊三
    第5回日本乳癌学会総会 1997年07月
  • 散発性乳癌におけるBRCA1/2および16q領域のLOHとその臨床的意義  [通常講演]
    大本陽子; 岩瀬弘敬; 岩田広治; 伊藤和子; 山下年成; 遠山竜也; 原 泰夫; 小林俊三
    第5回日本乳癌学会総会 1997年07月
  • 乳癌における遺伝子診断−発症前診断および遺伝子変化を評価した進行度診断−,  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 岩田広治; 伊藤和子; 山下年成; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 小林俊三
    第5回日本乳癌学会総会 1997年07月
  • Estrogen receptor遺伝子多型と乳癌罹患性  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 山下啓子; 岩田広治; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 小林俊三
    第3回家族性腫瘍研究会学術集会 1997年05月
  • 乳癌の浸潤・転移におけるMatrix metalloproteinaseの働き,  [通常講演]
    岩田広治; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 小林俊三
    第97回日本外科学会 1997年04月
  • 核DNAによる甲状腺乳頭癌の増殖特性解析,  [通常講演]
    小林俊三; 岩瀬弘敬; 葛島達也; 岩田広治; 内藤明広; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子
    第97回日本外科学会 1997年04月
  • 家族性乳癌原因遺伝子BRCA1/2の散発性乳癌における臨床的意義−日英の比較から−.  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 岩田広治; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 小林俊三
    第97回日本外科学会, 1997年04月
  • アポトーシス回避遺伝子bcl-2発現は乳癌の予後良好の指標である,  [通常講演]
    小林俊三; 岩瀬弘敬; 伊藤由加志; 葛島達也; 岩田広治; 伊藤和子; 山下年成; 内藤明広; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子
    第34回日本癌治療学会総会 1996年11月
  • 血清腫瘍マーカー(CA15-3, CEA, BCA225)を用いた乳癌再発の予知.  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 岩田広治; 伊藤和子; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 小林俊三; 伊藤由加志
    第34回日本癌治療学会総会 1996年11月
  • 若年性線維腺腫と若年者葉状腫瘍の鑑別, −clonality解析を応用して−.  [通常講演]
    岩田広治; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 小林俊三
    第58回日本臨床外科医学会総会 1996年10月
  • Microsatellite instability in in situ, and invasive breast cancers.,  [通常講演]
    Iwase H; Toyama T; Iwata H; Yamashita H; Hara H; Omoto Y; KatoT; Kobayashi S
    The 3rd International Symposium, Impact of Cancer Biotechnology, on Diagnostic & Prognostic Indi-, cators in Predictive Oncology &, Therapy, 1996年10月 Nice, France
  • Production of matrix metalloproteinases and tissue inhibitors of metalloprotei-, nases in human breast carcinomas,  [通常講演]
    Iwata H; Iwase H; Toyama T; Hara Y; Omoto Y; Okada Y; Kobayashi S
    The 3rd International Symposium, Impact of Cancer Biotechnology, on Diagnostic & Prognostic Indi-, cators in Predictive Oncology &, Therapy 1996年10月 Nice, France
  • ヒト乳癌組織でのゼラチナーゼ活性,  [通常講演]
    岩田広治; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 中村隆昭; 小林俊三
    第55回日本癌学会総会 1996年10月
  • ヒト甲状腺癌におけるMicrosatellite, Instability  [通常講演]
    原 泰夫; 岩瀬弘敬; 岩田広治; 遠山竜也; 大本陽子; 中村隆昭; 小林俊三
    第55回日本癌学会総会 1996年10月
  • ヒト分化型甲状腺乳頭癌DNA断片の多様性.  [通常講演]
    小林俊三; 杉山俊博; 中村隆昭; 岩瀬弘敬; 葛島達也; 岩田広治; 内藤明広; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子
    第55回日本癌学会総会 1996年10月
  • 日本と英国の散発性乳癌におけるBRCA1領域のLOH頻度  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 岩田広治; 山下年成; 伊藤和子; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 中村隆昭; 小林俊三
    第55回日本癌学会総会 1996年10月
  • 急速増大を呈した乳腺巨大紡錘細胞癌の1例,  [通常講演]
    寺下幸夫; 岩瀬弘敬; 岩田広治; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 小林俊三
    第252回東海外科学会 1996年10月
  • 甲状腺乳頭癌におけるLoss of Heterozy-, gosity.  [通常講演]
    原 泰夫; 岩瀬弘敬; 岩田広治; 遠山竜也; 大本陽子; 小林俊三
    第29回甲状腺外科検討会 1996年09月
  • 再発乳癌症例(DFI≧10年)の検討,  [通常講演]
    岩田広治; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 原 泰夫; 大本陽子; 小林俊三
    第6回愛知臨床外科医学会 1996年07月
  • 乳癌におけるMatrix Metalloproteinases, (MMPs)の働き−食道癌と比較して−.  [通常講演]
    岩田広治; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 原 泰夫; 小林俊三
    第4回日本乳癌学会総会, 1996年06月
  • 乳癌におけるMicrosatellite Instability,  [通常講演]
    遠山竜也; 小林俊三; 岩瀬弘敬; 岩田広治; 山下啓子; 原 泰夫; 正岡 昭
    第4回日本乳癌学会総会, 1996年06月
  • Microsatellite Instabilityは乳癌の予後因子になりうるか?  [通常講演]
    遠山竜也; 小林俊三; 岩瀬弘敬; 山下年成; 伊藤和子; 原 泰夫; 山下啓子; 正岡 昭
    第96回日本外科学会総会 1996年04月
  • Estorgen receptor遺伝子多型と乳癌罹患性  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 小林俊三; 岩田広治; 山下年成; 伊藤和子; 遠山竜也; 原 泰夫; 正岡 昭
    第96回日本外科学会総会 1996年04月
  • 甲状腺腫瘍におけるMicrosatellite, Instabilityの解析  [通常講演]
    原 泰夫; 小林俊三; 岩瀬弘敬; 岩田広治; 遠山竜也
    第8回日本内分泌外科学会総会 1996年04月
  • 脳転移で初発した乳癌長期生存中の1例  [通常講演]
    岩田広治; 小林俊三; 岩瀬弘敬; 遠山竜也; 原 泰夫; 正岡 昭
    第5回愛知臨床外科医学会 1996年01月
  • ヒト乳癌における癌関連遺伝子異常出現の背景因子としてのMicrosatellite, Instabilityの意義  [通常講演]
    遠山竜也; 小林俊三; 岩瀬弘敬; 山下年成; 伊藤和子; 山下啓子; 須知万里子; 加藤泰治; 正岡 昭
    第18回日本分子生物学会年会 1995年12月
  • 単鎖DNA抗体によるヒト甲状腺乳頭癌核DNA断片の検出,  [通常講演]
    小林俊三; 杉山俊博; 中村隆昭; 岩瀬弘敬; 葛島達也; 伊藤和子; 山下年成; 内藤明広; 遠山竜也; 正岡 昭
    第54回日本癌学会総会 1995年10月
  • 乳癌におけるEstrogen Receptor遺伝子の, germline mutation.  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 小林俊三; 山下年成; 内藤明広; 伊藤和子; 遠山竜也; 正岡 昭
    第54回日本癌学会総会 1995年10月
  • 散発性乳癌におけるBRCA1遺伝子領域のLOH検索,  [通常講演]
    山下年成; 小林俊三; 岩瀬弘敬; 内藤明広; 伊藤和子; 遠山竜也; 正岡 昭
    第54回日本癌学会総会 1995年10月
  • 甲状腺乳頭癌原発巣のE-cadherin発現と、リンパ節転移巣における腫瘍細胞死(apopto-, sis).  [通常講演]
    内藤明広; 小林俊三; 岩瀬弘敬; 葛島達也; 伊藤和子; 山下年成; 遠山竜也; 正岡 昭; 中村隆昭
    第54回日本癌学会総会 1995年10月
  • 乳癌におけるMicrosatellite Instabilityの解析  [通常講演]
    遠山竜也; 小林俊三; 岩瀬弘敬; 葛島達也; 山下年成; 伊藤和子; 内藤明広; 正岡 昭; 加藤泰治
    第54回日本癌学会総会 1995年10月
  • 血清腫瘍マーカー(CEA、CA15-3、BCA225)による乳癌治療効果判定.  [通常講演]
    岩瀬弘敬; 小林俊三; 山下年成; 伊藤和子; 遠山竜也; 正岡 昭
    第33回日本癌治療学会総会 1995年09月
  • アポトーシス, 未治療甲状腺乳頭癌における核DNA断片化・アポトーシスの検討.  [通常講演]
    小林俊三; 岩瀬弘敬; 葛島達也; 内藤明広; 伊藤和子; 山下年成; 遠山竜也; 正岡 昭
    第33回日本癌治療学会総会 1995年09月
  • 甲状腺乳頭癌における腫瘍細胞死 (apoptosis)の検討−第2報  [通常講演]
    内藤明広; 小林俊三; 岩瀬弘敬; 葛島達也; 伊藤和子; 山下年成; 遠山竜也; 鈴木るり子; 正岡 昭
    第28回甲状腺外科検討会 1995年09月
  • 乳房巨大脂肪腫の1例  [通常講演]
    鈴木るり子; 小林俊三; 岩瀬弘敬; 内藤明広; 山下年成; 伊藤和子; 遠山竜也; 正岡 昭
    第4回愛知臨床外科医学会 1995年07月
  • ヒト乳癌組織におけるCyclin D1 遺伝子の発現  [通常講演]
    伊藤和子; 小林俊三; 岩瀬弘敬; 山下年成; 内藤明広; 遠山竜也; 正岡 昭
    第3回日本乳癌学会総会 1995年06月
  • 特異な経過をとった顎下腺悪性腫瘍の1例  [通常講演]
    鈴木るり子; 小林俊三; 岩瀬弘敬; 葛島達也; 山下年成; 内藤明広; 伊藤和子; 遠山竜也; 正岡 昭
    第3回愛知臨床外科学会 1995年01月
  • 乳頭部に発生した男性乳癌の1例  [通常講演]
    遠山竜也; 岩瀬拓士; 吉本賢隆; 渡辺 進; 霞富士雄; 池永素子; 秋山 太; 坂元吾偉
    第2回日本乳癌学会総会, 1994年09月
  • 乳腺紡錘細胞癌の1例  [通常講演]
    遠山竜也; 住田紀夫; 中前勝視; 船戸善彦; 岩瀬弘敬; 小林俊三
    第28回中部外科学会総会 1992年08月
  • 腹壁瘢痕ヘルニア内に穿孔した大腸憩室症の1例  [通常講演]
    遠山竜也; 住田紀夫; 中前勝視; 船戸善彦; 篠田憲幸
    第238回東海外科学会例会 1991年09月
  • 異なる発生病因を示唆する胸腺脂肪腫の3例  [通常講演]
    遠山竜也; 全並秀司; 桐山昌伸; 水野 力; 山川洋右; 丹羽 宏; 正岡 昭
    第8回日本呼吸器外科学会総会 1991年05月
  • 胸腺より発生した脂肪腫の1例  [通常講演]
    遠山竜也; 水野 力; 柴田和男; 山川洋右; 鳥居敬; 松井 寛; 正岡 昭; 村手孝直
    第56回日本胸部疾患学会東海地方会 1989年11月

MISC

受賞

  • 2007年 第45回日本癌治療学会総会優秀演題賞
  • 2000年 第6回日本乳癌学会研究奨励賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2023年04月 -2027年03月 
    代表者 : 明智 龍男; 遠山 竜也; 橋本 大哉; 内富 庸介; 酒井 美枝
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2022年04月 -2027年03月 
    代表者 : 酒井 美枝; 内田 恵; 杉浦 健之; 遠山 竜也; 武藤 崇; 明智 龍男
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2022年04月 -2025年03月 
    代表者 : 遠藤 友美; 遠山 竜也; 久田 知可; 浅野 倫子
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2021年04月 -2024年03月 
    代表者 : 杉浦 博士; 遠山 竜也; 遠藤 友美; 近藤 直人; 上本 康明
     
    当施設で長期follow upを行った625例の乳癌症例(NCU群;Nagoya City University)、The Cancer Genome Atlasデータベースの乳がん症例(TCGA群)を対象として、HECT1遺伝子のmRNA発現と臨床病理学的因子および予後との検討を行った。 TCGA群を用いた解析ではHECTD1 mRNAの発現量は、乳癌組織では隣接する正常組織と比較して有意に低かった(P<0.001)。NCU群、TCGA群の解析では、HECTD1 mRNAの発現量は、乳癌のサブタイプ間でも異なっていた。HECTD1 mRNAの発現低下は、大きな腫瘍サイズや高い組織学的グレードなどの攻撃的な腫瘍の特徴と有意に関連していた。また、TCGA群のRNAシークエンスデータを用いたGeneset Enrichment AnalysisではHECTD1 mRNAの発現は、既報で示されていた上皮間葉転換とは関連なく、ミトコンドリア呼吸(酸化的リン酸化(P<0.001、FDR q値<0.001)呼吸鎖複合体(P<0.001、FDR q値<0.001)、活性酸素(P<0.001、FDR q値<0.001))と負の相関関係を有していた。NCU群の解析では、HECTD1 mRNAの低発現は、乳癌患者における無病生存期間(log-rank:P=0.013)および全生存期間(log-rank:P=0.038)の短縮と関連していた。多変量解析でも、HECTD1 mRNA発現が低いことは、乳癌患者の無病生存期間(ハザード比:1.54、95%信頼区間:1.11-2.13、P=0.009)および全生存期間(ハザード比:1.50、95%信頼区間:1.01-2.24、P=0.046) の独立した予後因子であることを同定した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 遠藤 友美; 遠山 竜也; 近藤 直人
     
    タキサンを使用した症例119例における解析で、ATP6V1A mRNA高発現の乳癌症例は、DFSとOSが有意に予後不良であった。そのうち102例では免疫化学染色による蛋白発現の解析が可能であり、ATP6V1A蛋白発現が高発現の症例ではDFSが予後不良な傾向にあったが有意差は認めなかった。 また、乳がん細胞株T47Dを用いて、ATP6V1Aノックダウンの影響を検討した。T47DにATP6V1AのsiRNA試薬を導入し、容量依存性にATP6V1A発現が低下することを確認した。また、ATP6V1Aが低発現の細胞株ほど増殖能が低下した。しかし、有意な差ではなかった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 遠山 竜也; 遠藤 友美; 近藤 直人
     
    乳癌のなかで最も予後不良な、いわゆる「トリプルネガティブ(TN)乳癌」に対しては、有効な治療薬の開発が急務となっている。最近、糖代謝に関わる酵素「FBP1」が、乳癌の増殖に深く関与していることが報告された。私たちはこれまでに、乳癌組織において FBP1発現が低下すると予後不良であることを初めて見出した。乳癌細胞は、FBP1の発現を調整することで、TCA回路や嫌気性解糖系を通して自らに有利な環境を作っている。これらの知見を踏まえ、FBP1発現低下によって作られる乳癌細胞の環境の変化が、化学療法抵抗性に関与している可能性に着目した。本研究では、糖代謝に関わる分子であるFBP1を標的として、TN乳癌に対する化学療法抵抗性の克服を目指した新規治療薬の開発を目的とする。TN乳癌は、FBP1発現を抑制することで、①「TCA回路」を抑制する一方、②「嫌気性解糖系」を亢進させて、自らの増殖に有利な環境を作り出していると考えられている。私たちは、当施設の乳癌症例を用いて、FBP1遺伝子発現と予後との検討を行った。 その結果、全症例を対象とした解析では、FBP1低発現の患者は予後不良であり、乳癌における独立した予後不良因子であることがわかった。TN乳癌のみを対象とした解析においても、FBP1低発現の患者は予後不良であることが示された。その理由として、FBP1低発現の患者では、術後化学療法の効果が劣っている可能性が考えられた。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 西本 真弓; 遠山 竜也; 近藤 直人; 遠藤 友美
     
    エストロゲン・レセプター(ER)陽性乳癌のなかには、予後不良なものが存在し、その治療成績の向上が喫緊の課題となっている。最近、乳癌の増殖に、miR-569が深く関与していることが報告された。私たちはこれまでに、miR-569の標的遺伝子であるTP53INP1の発現低下が、ER陽性乳癌の予後不良因子であることを初めて見出した。この研究により、TP53INP1 の発現を制御するmiR-569 が、ER 陽性乳癌の治療標的となり得るのではないかと考え、本研究を立案した。これらの研究成果を踏まえ、本研究では、ER陽性乳癌に対するホルモン療法の効果増強を目指したmiR-569ノックダウン療法の開発を目的とする。miR-569に関してこれまでに行った実験として、TaqMan RT-PCR システムを用いて、10 年以上の長期予後と臨床病理学的データが揃っている約500 例の乳癌症例を対象に、乳癌凍結標本からRNA を抽出し、miR-569の標的遺伝子であるTP53INP1遺伝子の mRNA発現と臨床病理学的因子および乳癌治療後の予後との検討を行った。その結果、全症例を対象とした検討だけでなく、術後ホルモン療法を行ったER陽性乳癌のみを対象とした解析においても、TP53INP1低発現は独立した予後不良因子であった。ER陽性乳癌においてTP53INP1発現の低下が組織学的悪性度と相関を認めたため、上皮間葉転換(EMT)に関連するマーカー(SNAI1、SNAI2、vimentin)とTP53INP1発現との関連を検討したが有意な相関は認めなかった。TP53INP1はmiR-569だけでなく、miR-155の制御を受けていることが報告されているため、miR-569およびmiR-155発現と予後との関連を検討したが有意な関連は認めなかった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2017年04月 -2019年03月 
    代表者 : 的場 拓磨; 今井 優樹; 大倉 永也; 川北 大介; 伊地知 圭; 遠山 竜也; 森田 明理; 村上 信五; 坂口 志文; 山崎 小百合
     
    制御性T細胞は、腫瘍(癌)に対する免疫を含め様々な免疫を抑制する。一方、頭頸部癌は主に口腔、咽喉頭に発生する癌であり、近年増加傾向にある。私たちは頭頸部癌における制御性T細胞の特徴を見出すため、その表現型や遺伝子発現などを解析した。 その結果、頭頸部癌組織において制御性T細胞の割合が増加しており、多くの制御性T細胞が免疫抑制にかかわる分子を発現していることを見出した。さらに、遺伝子発現解析によってそれらの制御性T細胞に特徴的な遺伝子発現パターンを発見した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 遠藤 友美; 遠山 竜也; 近藤 直人; 吉本 信保
     
    アンソラサイクリン系薬剤が著効したにもかかわらず、タキサン系薬剤を投与後、腫瘍が増大した6症例の凍結乳癌組織を使用して全エクソンシーケンスを行い、その結果からタキサン抵抗性へ関与が強いと思われる変異に絞り込んだ。その変異の存在する遺伝子はAPOBEC3FとATP6V1Aであった。その2遺伝子の機能解析のため、mRNAや蛋白発現と予後との相関を検討すると、この2遺伝子のmRNA発現が高値の症例は有意に無病生存期間 (DFS)、全生存期間 (OS)が不良であった。これら遺伝子の蛋白発現と予後には有意な相関はなかった。また、2遺伝子に存在する変異を検索したが、175症例にいずれも見いだせなかった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 近藤 直人; 遠山 竜也; 遠藤 友美; 吉本 信保; 西川 さや香
     
    乳癌組織におけるRAI2 mRNAの低発現症例は高発現症例に比べて、DFS・OSともに有意に予後不良であった(ともにP<0.0001)。エストロゲン受容体陽性乳癌(N=256)を対象とした検討においても、RAI2 mRNAの低発現症例は高発現症例に比べてDFS・OSともに有意に予後不良であった(それぞれP=0.0004、P=0.0008)。ER陽性症例をのみ対象とした臨床病理学的因子との検討では、RAI2低発現症例が、有意に組織学的グレードが高かった(P=0.028)。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 波戸 ゆかり; 遠山 竜也; 吉本 信保; 遠藤 友美
     
    本研究は、miR-1290の機能を阻害することにより、乳癌のホルモン療法への感受性が回復できないかと考えて計画した。miR-1290標的遺伝子候補であるNAT1蛋白発現高発現と全生存期間の延長に正の相関の傾向を認めた。さらに、術前化学療法を施行した乳癌を対象として、miR-1290標的遺伝子候補であるFOXA1を含む複数の遺伝子に対して、免疫組織学的方法による蛋白発現解析を行ったところ、FOXA1蛋白発現が高い症例が予後良好であった。しかし、miR-1290発現レベルと乳癌の予後には有意な相関は認めなかった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 遠山 竜也; 豊岡 利正; 吉本 信保; 遠藤 友美
     
    唾液中ポリアミンを用いた新規乳癌検診モダリティーの開発についての検討では、健常人女性61例、初発乳癌患者111例を対象として唾液中ポリアミンを測定し、13種類のポリアミンのうち8種類のポリアミンを使用して、乳癌の判別スコアを構築することができた。しかし、再発乳癌患者15例を対象とした検討においては、治療における画像や腫瘍マーカーによる効果判定と、唾液中ポリアミン値の変化には有意な相関を認めなかった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 吉本 信保; 遠藤 友美; 遠山 竜也
     
    本邦で罹患者数が増加している乳癌、特に女性ホルモンの刺激で増大するエストロゲンレセプター陽性乳癌の発症メカニズムの解明を試みた。我々は、近年さまざまな疾患にかかりやすい要因と報告されている、一塩基多型(SNP)に着目した。TNRC9 rs3803662のSNPがマンモグラフィの乳腺濃度に影響を与えること、CYP17A1 rs743572が血清テストステロンに影響を与えること、それぞれのSNPが乳癌の易罹患性に関与するメカニズムである可能性があることを示した。 これら発症メカニズムの解明により、エストロゲンレセプター陽性乳癌の発症を減少させうる可能性がある。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 浅野 倫子; 遠山 竜也; 吉本 信保
     
    乳癌組織を用いて、LMTK3 mRNA発現と臨床病理学的因子および予後との相関について検討した。次に、LMTK3 mRNA発現に関与することが報告されている2カ所のイントロン領域のSNP解析を行った。結果は、全乳癌を対象とした解析ではLMTK3 mRNA発現と予後には相関はなかったが、ホルモン療法を施行したERα陽性乳癌においてLMTK3高発現症例は低発現症例に比べて有意に予後不良であった。多変量解析の結果、LMTK3 mRNA高発現はER陽性乳癌の独立した予後不良因子であることが示された。2つのLMTK3 genotypeと予後との間には相関を認めなかった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2012年04月 -2015年03月 
    代表者 : 遠山 竜也; 吉本 信保
     
    本研究では、トリプルネガティブ(TN)乳癌に焦点をあて、miR-210発現と臨床病理学的因子と予後との関係について検討した。原発乳癌を対象として、TaqMan microRNA assayシステムを用いてmiR-210発現を測定した。ER、PgR、HER2、EGFR発現の評価は免疫組織化学法にて検討した。ER陽性HER2陰性乳癌に比べてTN乳癌では有意にmiR-210発現が高値であった。TN乳癌においてmiR-210発現レベルが高いほど有意に予後不良であり、miR-210はTN乳癌における独立した予後因子であることが示された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 吉本 信保; 山下 啓子; 遠山 竜也
     
    エストロゲンレセプター陽性乳癌罹患の高危険群を同定するために、ER陽性乳癌患者と健常者において解析を行った。疫学因子、一塩基多型、血清バイオマーカーについてER陽性乳癌患者と健常者とで比較を行った。これら結果よりロジスティック回帰分析にて、ER陽性乳癌罹患リスクモデルを閉経前と閉経後においてそれぞれ構築した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2011年 -2012年 
    代表者 : 山下 啓子; 遠山 竜也; 吉本 信保
     
    エストロゲンレセプター(ER)陽性乳癌において乳癌組織のER、Ki67の発現量は内分泌療法や化学療法の奏効性および予後に関与する。我々は、ER高発現Ki67低発現(内分泌高感受性)乳癌と、ER低発現Ki67高発現(内分泌低感受性)乳癌の乳癌組織を用いてマイクロRNAとmRNAのマイクロアレイ解析を行い、ER高発現Ki67低発現乳癌で有意に発現の低いマイクロRNA,miR-1290を同定した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 杉浦 博士; 遠山 竜也; 山下 啓子; 川久保 友世
     
    血清カテプシンEの活性は乳癌の患者において健常人女性より低いこと、また乳癌の病期が進行するに従い血清カテプシンEの活性が低下することを見出した。さらに、浸潤性乳癌の患者において、血清カテプシンEの濃度が高いほど予後が良好であることを見出した。カテプシンEノックアウトマウスを用いた基礎的検討を行い、カテプシンEノックアウトマウスは乳腺特異的に腫瘍を形成すること、カテプシンEは乳腺において Wnt5a の産生、分泌を誘導することを見出した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 遠山 竜也; 山下 啓子; 杉浦 博士
     
    ERαを標的とすると報告されたマイクロRNA(miR-18a、miR-18b、miR-22、miR-193b、miR-206、miR-221/222、miR-302c)の乳癌組織における発現を定量的RT-PCR法にて解析し、臨床病理学的因子との関連性について検討した。その結果、miR-18aおよびmiR-206はER陽性乳癌よりER陰性乳癌において高発現していた。しかし、miR-193bとmiR-221の発現レベルは、逆に、ER陽性乳癌よりER陰性乳癌において低発現していた。miR-22およびmiR-302c発現レベルは、ER発現レベルと相関は認めなかった。また、ER陽性乳癌細胞株(MCF-7)にmiR-206を強制発現させると、濃度依存性、時間依存性に細胞増殖が抑制されることがわかった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 山下 啓子; 遠山 竜也; 杉浦 博士; 西村 紳一郎; 西村 紳一郎
     
    乳癌患者と健常人女性の血清を用いてグライコブロッティング法により網羅的糖鎖解析を行った結果、両者を区別できる単独の糖鎖マーカーは見出せなかった。次に、乳癌患者の血清を用いた網羅的糖鎖解析結果と臨床情報(乳癌のサブタイプ間での糖鎖プロファイル比較、予後解析など)の統計学的解析を行い、24種類の糖鎖を組み合わせることにより予後予測が可能となる可能性を見出した。
  • 乳癌におけるStat5を標的とした分子標的治療および乳癌予防薬開発の可能性の検討
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2004年 -2005年 
    代表者 : 山下啓子; 遠山竜也; 岩瀬弘敬
     
    分担者:遠山竜也
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2002年 -2004年 
    代表者 : 岩瀬 弘敬; 山下 啓子; 遠山 竜也
     
    現在までにマイクロアレイ、エストロゲン受容体転写共役因子のなかから、ホルモン応答遺伝子の候補としてERα、ERβwt、ERβcx、PgR、AIB1、NcoR1、HDAC6,HDAC1,IGFBP4、IGFBP5が上げられている。これらの因子をmRNAレベルもしくは蛋白発現レベルで検討し、乳癌臨床例について臨床的重要性について検討した。 1)mRNA/cDNAの調整、マイクロダイセクション 再発乳癌のホルモン療法施行例で効果判定が確実に行われている症例、あるいは術前ホルモン療法を行い効果判定が確実に行われている症例の腫瘍からマイクロダイセクションにて腫瘍細胞のmRNAを抽出している。現在まで、前者で18例、後者で17例の抽出が済んでいる。将来的にはさらに症例を積み重ねたいと望んでいる。また、培養細胞としてはMCF-7、BT-20、BT-474、MDA-MB231のさまざまなホルモン状況に応じてストックされている、mRNAの抽出が行われている。 2)候補遺伝子のmRNA発現定量的解析 ホルモン受容体(ERα、ERβwt、ERβcx、PgR):ERα、PgRは免疫染色法により発現を検討し、ホルモン療法との効果では半定量による量的評価が重要であることが判明した。ERαはwt(wild type)もcx(c-terminal splicing variant)も予後良好であることが判明したが、ホルモン療法の効果との検討は不十分であった。 HER2陽性、p53過剰発現例、Ki-67高発現例ではホルモン療法の効果が乏しい傾向であったが、とくにp53では統計学的に有意に反応性が乏しかった。 ホルモン転写共役因子(AIB1、NcoR1、HDAC1)ではNCoR1やHDAC1のようなERの転写に直接関わる因子が予後良好でホルモン依存性が高いと評価できたが、AIB1はHER2などの膜型増殖因子からの転写刺激も受けて発現するため単独での評価は困難であった。 エストロゲン反応性cDNAアレイにより得られた候補遺伝子のなかでHDAC6は、予後因子として重要であることが判明し、さらに現在ホルモン療法反応性との間で検討しているが、有望な結果を得ている。 また、以前から16番染色体長腕に位置する癌抑制遺伝子の検索を進めていたが、ATBF1-A遺伝子がその候補遺伝子として臨床的価値を持っていることが示唆された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2002年 -2003年 
    代表者 : 遠山 竜也; 岩瀬 弘敬; 山下 啓子
     
    【目的】ING1遺伝子は当初乳癌における癌抑制遺伝子として単離同定されたが、最近、ING1蛋白がhistone acetyltransferases (HATs)とhistone deacetylases (HDACs)に関連したクロマチン・リモデリングに関与していることが示唆された。そこでING1の主要アイソフォームのひとつであるp33ING1bがエストロゲン・レセプター(ER)αの転写活性に転写共役因子として影響を及ぼすかどうかを検討した。【方法】ERα、p33ING1b遺伝子等の発現ベクターおよびERE-TATAレポーター遺伝子等を、Cos-7、HeLa、GepG2細胞に一過性形質導入した後、24時間後にルシフェラーゼ活性を測定した。【結果】p33ING1bを一過性形質導入した細胞においてエストロゲン誘導ERα転写活性は濃度依存性に上昇することがわかった。また、この転写活性増強作用はERαのAF2ドメインを介したものであることが観察された。抗エストロゲン剤であるICI182,780とラロキシフェンアナログLY117018はCos-7細胞においてp33ING1bによる転写活性増強作用を著明に抑制するがタモキシフェンの転写活性抑制効果は前2者より弱かった。また、p33ING1b蛋白とERα蛋白は弱いながらも直接結合することが観察された。【まとめ】p33ING1bはERαの転写共役因子として働いており、早期乳癌ではp33ING1bの発現亢進が認められ、p33ING1bが乳癌の発生・進展に関与している可能性が示唆された。また、本結果はp33ING1bがクロマチン・リモデリングの作用を持っているとういう報告を支持するものであった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 山下 啓子; 遠山 竜也; 岩瀬 弘敬
     
    Stat5(Signal transducer and activator of transcription 5)の乳癌の進展における役割を解析してきた。 T47D、MCF-7細胞を含む様々なヒト乳癌細胞でStat5a Stat5bの発現およびStat5bの持続的なチロシンおよびセリンのリン酸化を認める。dominant-negative Stat5であるStat5aΔ740は、エストロゲンレセプター(ER)陽性ヒト乳癌細胞であるT-47D、MCF-7細胞において内因性ERの転写活性を完全に抑制した。また、T-47D細胞の増殖を有意に抑制した。さらにT-47D細胞においてdominant-negative Stat5がcaspase-3を介したアポトーシスを誘導することを見出した。in vitroにおけるdominant-negative Stat5のアポトーシス誘導機構を解析するために、T-47D細胞にdominant-negative Stat5を発現するアデノウイルスベクター(AdStat5aΔ740)を感染させStat5の標的遺伝子であるCyclin D1、Bcl-xL、p21遺伝子の発現を検討したところ、Cyclin D1、Bcl-xLの発現の減少およびp21遺伝子発現の増加を認めた。 エストロゲンレセプターの発現およびシグナル伝達に関与する因子としてStat5に注目し解析することにより、エストロゲンレセプター陽性乳癌の治療に新たな薬剤の開発の可能性が示唆された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2000年 -2001年 
    代表者 : 近藤 知史; 遠山 竜也; 岩瀬 弘敬
     
    癌抑制遺伝子候補ING1は、その発現を抑制するこにより、in vitroにおけるソフトアガーアッセイやフョーカスフォーメーションアッセイにおいて細胞増殖を促進し、in vivoにおいて腫瘍形成を促す。われわれはヒト神経芽腫の発生・進展においてING1が関与しているかどうか調べるために、80例の原発性神経芽腫組織と6例の神経芽腫細胞株を用いて突然変異の検索を行った。また、20例の原発性神経芽腫組織と6例の細胞株を用いてmRNAの発現解析も施行した。ING1遺伝子には2つのスプライシング変異体が存在し、それぞれ2つのエクソンからなっているが共通のエクソンは全コーディング領域の約80%を占めるため、その共通エクソンにおいてSSCP-PCR法を用いて突然変異の検索を実施した。また、mRNA発現の解析はRT-PCR法を用いて半定量的な解析を施行した。その結果、突然変異は原発性神経芽腫組織および細胞株においてまったく認められなかったが、ヒト脳組織に比べて検索したすべての神経芽腫組織および細胞株においてmRNA発現の著明な低下を認めた。以上より、ヒト神経芽腫において突然変異はまれであるが、その発現低下が腫瘍の発生・進展に関与している可能性が示唆された。
  • 乳癌における癌抑制遺伝子候補 ING1 遺伝子の解析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2000年 -2001年 
    代表者 : 遠山竜也; 岩瀬弘敬; 山下啓子
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1999年 -2000年 
    代表者 : 岩瀬 弘敬; 遠山 竜也
     
    エストロゲンレセプターαの転写共役因子(SRC-1,AIB1,PCAF,CARM1)のERα転写活性に及ぼす影響を解析し、AIB1についてはDNA増幅、蛋白発現や乳癌ホルモン依存性との関連を調べた。 1)乳癌細胞株における転写共役因子のERα転写の調節 ERαおよび転写共役因子AIB1,SRC1,PCAF,CARM1の各発現ベクター、TATAルシフェラーゼレポーター遺伝子をCos7細胞に形質導入して、各転写共役因子のERαにおける転写活性増強作用について検討した。SRC1およびPCAFに比べてAIB1のERα転写活性増強作用が強いことが示唆された。 2)ERα陽性の乳癌におけるAIB1増幅の検討 AIB1遺伝子からSouthern blot用のprobeを作成した。乳癌臨床例では124例中明らかなSouthern blotによる遺伝子増幅が認められた症例は2例にすぎず、乳癌組織内のAIB1増幅は臨床的重要性は低いと思われた。 3)AIB1蛋白の免疫組織学法による核内発現とホルモン療法の効果 免疫染色ではAIB1の特異的染色が乳癌細胞の核、細胞質、周囲に存在するリンパ球に認められた。核染色が細胞質染色と同等もしくは強く認められたものを強発現とすると、強発現例とER陽性に有意の相関があった(p=0.021)。ER陽性でもAIB1強発現例は内分泌療法単独で腫瘍縮小効果が認められ、AIB1非強発言例ではホルモン療法で効果が認められた症例は有意に少なかった(p=0.024)。したがって、乳癌治療におけるホルモン療法の効果予測因子として、ER状況に加えてAIB1強発現の評価が有用であることが示された。 4)乳癌におけるERβの存在とその意義 野生型のERβが発現している乳癌は予後良好であったが、バリアントβの発現はやや進行例に多くみられた。また、正常乳腺組織では野生型のERβの発現が高かった。

委員歴

  • 2018年 - 現在   日本癌治療学会   教育委員
  • 2016年 - 現在   日本乳癌学会   診療ガイドライン委員会 委員
  • 2016年 - 現在   日本乳癌学会   乳癌診療ガイドライン・薬物療法小委員会 委員長
  • 2018年 - 2020年   日本乳癌学会   地方創生委員会 [中部地区]事務局長
  • 2015年 - 2020年   日本乳癌学会   試験問題作成委員会 副委員長
  • 2016年 - 2019年   日本がん治療認定医機構   教育委員

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.