研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

中川 敦子ナカガワ アツコ

所属部署人間文化研究科人間の成長と発達分野(「こころ」の発達)
職名教授
メールアドレスnakagawahum.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURLhttp://www.hum.nagoya-cu.ac.jp/~nakagawa/index.html
生年月日
Last Updated :2019/04/20

研究者基本情報

学歴

  • 1988年09月 - 1991年04月, オレゴン大学, 心理学部
  • 1978年04月 - 1982年03月, 筑波大学, 第二学群, 心理学

学位

  • 筑波大学第二学群心理学/博士(心理学)・修士(理学)

所属学協会

  • 日本小児保健協会
  • 日本神経心理学会
  • 日本高次脳機能障害学会
  • 日本心理学会
  • 米国心理学会(American Psychological Association)
  • 日本認知心理学会
  • 赤ちゃん学会

委員歴

  • 神経心理学会、 評議員、研究倫理委員
  • 高次脳機能学会、評議委員・研究倫理委員

経歴

  •   1996年 - 現在, 名古屋市立大学, 人間文化研究科
  •   1994年 - 1996年, 金沢医科大学, 神経精神医学教室, 講師
  •   1982年 - 1994年, 金沢医科大学神経精神医学教室 , 助手

研究活動情報

研究分野

  • 心理学, 教育心理学

研究キーワード

    注意, 発達, 脳, 気質

論文

  • Attentional bias assessed by a facial expression cuing paradigm in infants, 中川 敦子, Scientific Report , 9, (1) ,   2019年01月, 査読有り
  • Impact of temperament and autistic traits on psychopathology in Japanese children: A nationwide cross-sectional study, Yoko Kamio, Reiko Takei, Andrew Stickley, Aya Saito, Aya Saito, Atsuko Nakagawa, Personality and Individual Differences, 124, 1 - 7,   2018年04月, 査読有り, © 2017 Elsevier Ltd Although temperament has been linked to psychopathological outcomes in non-clinical children, little is known about the association between temperament and psychopathological outcomes in children on the autism spectrum whose psychopathological outcomes are highly variable. The current study examined the impact of temperament and autistic traits on emotional and conduct problems during school age in a large-scale sample of non-clinical children with the use of quantitative scales. Cross-sectional data comprising parent reports of recalled temperament, current emotional and conduct problems, and current autistic traits for Japanese children aged 6–15 years (N = 24,232) that were collected with a postal questionnaire were analyzed. The results showed that emotional and conduct problems in school age were associated with both autistic traits and toddlerhood temperament. Specific temperament-psychopathology associations between higher negative affectivity and more emotional problems, higher effortful control and fewer conduct problems, and higher surgency and more conduct problems were shared among children with different levels of autistic traits. This study showed that although temperament in toddlerhood differed by the degree of autistic traits, both temperament and autistic traits could predict emotional and conduct problems in school-age children, and that the temperament-psychopathology associations are in most respects universal regardless of the degree of autistic traits.
  • A. Relations between Temperament and Metacognition and Frames of Reference in Behaviors in Public Situations in Early and Middle Adolescence: An Analysis of Age Stages., Nana Kanzaki, Kenichi Kubota, Atsuko Nakagawa, Frontiers in Education, 3,,   2018年02月, 査読有り
  • 乳幼児期の睡眠・覚醒と気質の制御機能の関係について―生後1か月から3歳までの縦断研究―, 中川敦子, 鋤柄増根, 小児保健研究(Web), 75, (6) ,   2016年11月, 査読有り
  • Relations between temperament, sensory processing, and motor coordination in 3-year-old children, Atsuko Nakagawa, Masune Sukigara, Taishi Miyachi, Akio Nakai, Frontiers in Psychology, 7,   2016年01月, 査読有り, © 2016 Nakagawa, Sukigara, Miyachi and Nakai. Poor motor skills and differences in sensory processing have been noted as behavioral markers of common neurodevelopmental disorders. A total of 171 healthy children (81 girls, 90 boys) were investigated at age 3 to examine relations between temperament, sensory processing, and motor coordination. Using the Japanese versions of the Children's Behavior Questionnaire (CBQ), the Sensory Profile (SP-J), and the Little Developmental Coordination Disorder Questionnaire (LDCDQ), this study examines an expanded model based on Rothbart's three-factor temperamental theory (surgency, negative affect, effortful control) through covariance structure analysis. The results indicate that effortful control affects both sensory processing and motor coordination. The subscale of the LDCDQ, control during movement, is also influenced by surgency, while temperamental negative affect and surgency each have an effect on subscales of the SP-J.
  • Development of a Japanese Version of the Early Childhood Behavior Questionnaire (ECBQ) Using Cross-Sectional and Longitudinal Data, Sukigara Masune, Nakagawa Atsuko, Mizuno Rie, SAGE OPEN, 5, (2) ,   2015年04月, 査読有り
  • The Effects of Soothing Techniques and Rough-and-Tumble Play on the Early Development of Temperament: A Longitudinal Study of Infants, Nakagawa A., Sukigara M., Child Development Research, Volume 2014 (2014),   2014年, 査読有り
  • Variable coordination of eye and head movements during the early development of attention: A longitudinal study of infants aged 12-36 months, Nakagawa, A., Sukigara, M., Infant Behavior and Development, 36, (4) 517 - 525,   2013年12月, 査読有り
  • Individual differences in disengagement of fixation and temperament: Longitudinal research on toddlers, Nakagawa, A.,&Sukigara, M., Infant Behavior and Development, 36, (4) 728 - 735,   2013年12月, 査読有り
  • Difficulty in disengaging from threat and temperamental negative affectivity in early life: A longitudinal study of infants aged 12?36 months., Nakagawa, A., Sukigara, M., Behavioral and Brain Functions, 8:40,   2012年08月, 査読有り
  • Early Temperament in Japan, the United States, and Russia: Do Cross-cultural Differeces Decreases With Age?, Slobodskaya, H.R., Gartstein, M.A., Nakagawa, A,&Putnam, S.P., Journal of Cross-Cultural Psychology, 44, (3) 438 - 460,   2012年07月, 査読有り
  • 乳幼児の行動のチェックリスト(ECBQ)短縮版の作成, 中川 敦子, 木村 由佳, 鋤柄 増根, 名古屋市立大学大学院人間文化研究科人間文化研究, (16) 1 - 15,   2011年12月
  • 日本の子どもの行動的抑制傾向の発達過程 12〜24ヵ月齢の縦断的実験観察データの分析を交えた理論的考察, 水野 里恵, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 中京大学心理学研究科・心理学部紀要, 10, (1) 1 - 8,   2010年12月
  • Two temperamental characteristics, approach and inhibition/fear, and saccadic responses in infancy, Atsuko Nakagawa, Masune Sukigara, International Journal of Psychology and Psychological Therapy, 10, 349 - 362,   2010年10月, 査読有り, To examine early development of two aspects of individual differences in temperament, we assessed the saccadic eye movements of infants. As for the approach tendency (surgency), we examined the general speed of saccades. To study behavioral inhibition or fear, we examined the speed at which infants reorient their attention to a previously attended location (inhibition of return: IOR). Temperament was assessed by the Infant Behavior Questionnaire Revised (IBQ-R). Innate and learned fear scores were developed from IBQ-R fear scores. While a quick approach tendency was positively related to the extent of surgency across ages, no relationship was observed between fear or behavioral inhibition and IOR. However, the response numbers indicated some different effect of fearfulness in younger and older infants. © International Journal of Psychology & Psychological Therapy, 2010.
  • A cross-cultural evaluation of temperament: Japan, USA, Poland and Russia, Maria A. Gartstein, Helena R. Slobodskaya, Piotr Olaf Zylicz, Dorota Gosztyła, Atsuko Nakagawa, International Journal of Psychology and Psychological Therapy, 10, 55 - 75,   2010年03月, 査読有り, The present study represents an attempt to investigate early development of temperament across four cultures: Japan, United States of America (U.S), Poland, and Russia, through a cross-sectional design. Selection of these countries presented an opportunity to conduct comparisons between cultures that vary on the individualistic/collectivistic value systems. Parents responded to the Infant Behavior Questionnaire-Revised, with U.S. and Polish infants received the highest ratings for a number of Positive Affectivity/Surgency dimensions: Smiling and Laughter, High Intensity Pleasure, Perceptual Sensitivity, Approach, and Vocal Reactivity. Japanese and Russian infants were characterized as demonstrating the highest and the second highest levels of fearfulness, respectively, with U.S. and Polish infants receiving relatively lower ratings from their caregivers. Age and gender differences were observed across all four cultures. Significant gender differences emerged for High Intensity Pleasure and Approach, with males receiving higher scores than females. Older infants were perceived by their caregivers as exhibiting higher levels of Distress to Limitations and Fear compared to the younger age group. © International Journal of Psychology & Psychological Therapy.
  • 気質の発達と遊び・なだめ方, 中川敦子・鋤柄増根, 小児保健研究, 69, 657 - 665,   2010年, 査読有り
  • 乳児の注意機能と気質の発達について, 中川敦子・鋤柄増根・水野里恵, 神経心理学, 26, 210 - 218,   2010年, 査読有り
  • 乳児の行動のチェックリスト(IBQ-R)短縮版の作成, 中川 敦子, 木村 由佳, 鋤柄 増根, 人間文化研究, 12, 15 - 25,   2009年12月23日, 本研究は、The Infant Behavior Questionnaire-Revised (IBQ-R) 短縮版の作成を目的として行ったものである。作成には、中川・鋤柄(2005)が作成し実施したIBQ-R日本版(全191項目、14尺度)の結果を使用した。月齢3-12ヶ月児の284名の回答結果から、各尺度6または7項目からなる14尺度の短縮版(全85項目)を作成した。短縮版の85項目中、オリジナルの短縮版(Helbig, Putnam, Gartstein & Rothbart, 2009) と重複する項目は45項目(重複率53%)であった。短縮版は十分な内的整合性を持ち、標準版とも有意な相関が見られた。また、因子分析の結果、因子パタンは標準版と同様の3因子構造が再現された。
  • Infant eye andhead movements toward the side opposite the cue in the anti-saccade paradigm, Nakagawa, A., Sukigara, M., Bhehavioral and Brain Function, 3/5,   2007年01月, 査読有り
  • 乳児の行動の解釈における文化差はIBQ-R日本版にどのように反映されるか, 中川敦子・鋤柄増根, 教育心理学研究, 53/4 491-503,   2005年, 査読有り
  • The temporal relationship between reduction of early imitative responses and the development of attention mechanisms., Nakagawa, A., Sukigara, M., Benga,O., BMC, Neuroscience, 4/33,,   2003年12月, 査読有り
  • 単漢字の処理における左右半球機能の検討?漢字の構造と音訓を通して?, 中川敦子, 神経心理学, 18, (2) 120 - 128,   2002年, 査読有り
  • Visual Word Form Familiarity and Attention in Lateral Difference during Japanese Kana Words., Nakagawa A., Sukigara, M., Brain and Language, 74/,223-237,   2000年, 査読有り
  • Attentional development in Japanese culture, 名古屋市立大学人文社会学部研究紀要, 9, 25 - 33,   2000年, 査読有り
  • 仮名単語の視覚的処理における単語形態の熟知性と大脳半球機能分化, 中川敦子・菊地正, 神経心理学, 13, (1) 47 - 56,   1997年
  • Attentional Balance andIntelligence, Nakagawa A., Intelligence, 22/,277-290,   1996年, 査読有り
  • 半球間離断症状を呈した脳梁膨大部astrocytomaの1例 特に視野別視覚刺激およびキメラ刺激を用いたタキストスコープ検査所見を中心に, 岩崎 真三, 鳥居 方策, 中川 敦子, 脳と精神の医学, 6, (3) 293 - 303,   1995年09月, 視覚系に限局する半球間離断症を観察した.1)タキストスコープにより左視野系に呈示された文字の音読と物品の線画の呼称は,右視野に呈示された場合に比して有意に困難であった.言語化が困難な対象の指示課題の成績では,刺激が呈示された左右の視野間に有意差は認められなかった.2)患者はキメラ刺激の左右どちらからの成分だけを認知し,刺激の非現実性には気づかなかった.呼称課題においては,刺激材料の種類と関係なく,右側の成分が有意に多く認知された.指示課題においては,指示に用いられた手に関係なく,未知の顔写真では左側の成分が,昆虫と動物の線画では右側の成分が,それぞれ有意に多く選択された
  • Visual and Semantic Processing in Reading Kanji, Atsuko Nakagawa, Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 20, 864 - 875,   1994年01月, 査読有り, A. Nakagawa (1991) showed hemispheric asymmetries during semantic processing of single English words. The right hemisphere passively maintained both strong and weak associations, whereas the left hemisphere maintained only strong associations when subjects were left free to attend. The present study extends the methodology to the study of Kanji characters. Contrary to the study of English characters, there was a general right-hemisphere advantage in single-character Kanji words. A study using a visual cue to direct attention suggested that the right-hemisphere advantage in Kanji was due to better representation of visual features by the posterior right hemisphere. However, the pattern of semantic priming found in English was replicated. Semantic analysis, mediated by more anterior systems, appears similar in the 2 languages.
  • Visual and semantic processing in reading Kanji, Nakagawa A., Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 20, (4) 864 - 875,   1994年, 査読有り
  • 仮名表記語を刺激とした語彙判断課題における大脳半球機能分化の検討, 中川敦子, 神経心理学, 10, (3) 165 - 172,   1994年, 査読有り
  • A case of splenial astrocytoma with various neuropsychological symptoms, S. Iwasaki, T. Arihara, H. Torii, M. Hiraguti, F. Kitamoto, A. Nakagawa, H. Nakagawa, S. Fujiki, T. Nakamura, M. Kurauchi, Brain and Nerve, 45, 1067 - 1073,   1993年01月01日
  • Role of anterior and posterior attention networks in hemispheric asymmetries during lexical decisions, Nakagawa A., Journal of Cognitive Neuroscience, 3, (4) 313 - 321,   1991年, 査読有り
  • 慢性精神分裂病患者におけるtemporal disorientationと簡易痴呆テストの成績, 中川敦子・鳥居方策, 精神医学, 31, (4) 363 - 369,   1989年, 査読有り
  • 神経心理学的検査による分裂病性痴呆とアルツハイマー型老年痴呆の比較, 中川敦子・鳥居方策, 精神医学, 31, (9) 939 - 945,   1989年, 査読有り
  • 慢性精神分裂病患者のAge Disorientationと記憶の時間的秩序の障害, 中川敦子・鳥居方策・田口真源・中川博幾, 精神医学, 30, (10) 1099 - 1106,   1988年, 査読有り

MISC

  • 社会性発達評価装置(Gazefinder)におけるヒト関連ターゲットの呈示視野の検討, 中川 敦子,宮地泰士,永井幸代,野村香代, 第42回高次脳機能障害学会,   2018年12月, 査読有り
  • 乳幼児期のphasic(一過性)覚醒ネットワークをOverlap課題を用いて検討する, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 42回,   2018年06月
  • 乳幼児期の気質と社会性発達評価装置(Gazefinder)による指標の関連を検討する, 中川 敦子, 宮地 泰士, 永井 幸代, 野村 香代, 鋤柄 増根, 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 41回,   2017年09月
  • 先行手掛かり法を用いた脅威刺激に対する注意バイアスの検討, 中川 敦子, 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 40回,   2016年08月
  • 一般乳幼児における運動バリエーション頻度調査研究の中間報告, 宮地 泰士, 中川 敦子, 鷲見 聡, 今枝 正行, 齋藤 伸治, 上島 通浩, 脳と発達, 48, (Suppl.) S381 - S381,   2016年05月
  • 乳児期における注意覚醒の検討, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 日本心理学会大会発表論文集, 79回,   2015年08月
  • 【無痛治療を目指して-イタイのイタイの飛んでけ-】 注意の初期発達 「イタイのイタイの」は本当に飛んでいくのか?, 中川 敦子, 小児歯科臨床, 20, (2) 21 - 26,   2015年02月
  • 3歳児の気質 不器用さならびに感覚処理との関係, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 宮地 泰士, 中井 昭夫, 日本心理学会大会発表論文集, 78回,   2014年08月
  • 発達初期の睡眠覚醒時間と気質の発達について 生後1年間の縦断研究, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 小児保健研究, 72, (講演集) 155 - 155,   2013年08月
  • 乳幼児期の注意発達に関する研究より 痛い痛いを飛ばしてやろう, 中川 敦子, 小児口腔外科, 23, (1) 50 - 50,   2013年06月
  • 脅威刺激への注意バイアスと気質の発達, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 日本心理学会大会発表論文集, 76回,   2012年08月
  • 注意解放とエフォートフル・コントロールの初期発達について, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 神経心理学, 27, (4) 355 - 355,   2011年12月
  • 注意解放(disengagement)機能の初期発達の検討, 中川 敦子, 高次脳機能研究, 31, (1) 91 - 91,   2011年03月
  • 幼児期の頭部-眼球運動に関する縦断的検討, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 34回,   2010年08月
  • 発達初期における注意機能と気質に関する検討, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 水野 里恵, 神経心理学, 25, (4) 317 - 317,   2009年12月
  • 乳児の注意機能と気質(temperament)の発達について, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 水野 里恵, 神経心理学, 24, (4) 308 - 308,   2008年12月
  • 視覚的注意課題における眼球運動と乳児の気質について, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 水野 里恵, 神経心理学, 23, (4) 306 - 306,   2007年12月
  • アンチサッカード課題における乳児の頭部・眼球運動, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 古賀 一男, 神経心理学, 22, (4) 308 - 308,   2006年12月
  • 【知の発達と環境】 遊びの発達, 中川 敦子, 鋤柄 増根, Brain Medical, 18, (3) 231 - 236,   2006年09月, Pankseppは近年、"取っ組み合い遊び(Rough-and-Tumble Play)"の観察などから、笑いや遊びはヒトと同様に他の種にもみられ、系統発生的に古い皮質下の"遊びの情動システム"によって支えられていることを示唆した。生体は"取っ組み合い遊び"を通して社会性を身に付けていき、このシステムに問題があると不適応を生ずると考えられている。気質調査の日米比較の結果、日本の文化はこの種の遊びをあまり歓迎しないように思われた。子どもの生活について考え直してみる必要はないだろうか。(著者抄録)
  • 眼球運動(サッカード)の初期発達を定量的に探る試み, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 古賀 一男, 神経心理学, 21, (4) 275 - 275,   2005年12月
  • 12ヵ月齢児を対象にした情動制御機能と行動的抑制傾向における気質的個人差測定, 水野 里恵, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 長谷川 美佳, 乳幼児医学・心理学研究, 14, (1) 33 - 33,   2005年12月
  • 乳児の眼球運動を定量的に計測する試み, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 古賀 一男, 日本心理学会大会発表論文集, 68回,   2004年09月
  • 乳児の注意機能発達の指標としての眼球運動を考える, 古賀 一男, 中溝 幸夫, 本田 仁視, 中川 敦子, 日本心理学会大会発表論文集, 66回,   2002年09月
  • 眼球運動を指標とした乳児の注意機能に関する検討, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 日本心理学会大会発表論文集, 66回,   2002年09月
  • 生後1年未満の乳児における注意の抑制機能の発達と模倣行為の関係について, 中川 敦子, 鋤柄 増根, 神経心理学, 17, (4) 302 - 302,   2001年12月
  • 漢字の部分読み(例えば"然"をイヌと読む)に関する左右大脳半球機能の検討, 中川 敦子, 神経心理学, 14, (4) 250 - 250,   1998年12月
  • 注意の左右視野バランスと一般認知機能について, 中川 敦子, 北陸神経精神医学雑誌, 10, (1〜2) 57 - 58,   1996年12月
  • 仮名表記語の視覚的および意味的符号化における左右半球機能分化の検討, 中川 敦子, 神経心理学, 9, (4) 277 - 277,   1993年12月
  • 脳・認知システムとしての注意 語彙検索における注意を中心に, 中川 敦子, 脳と精神の医学, 4, (4) 467 - 476,   1993年10月

書籍等出版物

  • 脳と遊び 脳とアート ―感覚と表現の脳科学(分担), 医学書院,   2012年, ISBN:978-4-260-01481-6
  • 注意と自己制御 日本児童研究所編児童心理学の進歩(分担), 金子書房,   2011年

競争的資金

  • 乳児期前半の浅い眠りが脳を育てる:よく眠る赤ちゃんは必ずしも理想的ではないの か?, 日本学術振興会, 挑戦的研究(萌芽),   2017年04月 - 2019年03月, 中川 敦子
  • 注意の個人差を理解する:基礎研究から子育て支援の糸口をつかもう, 日本学術振興会, 基盤B,   2016年04月 - 2019年03月, 中川 敦子
  • 気質の初期発達に関する基礎的研究: “見る”を理解し適切な関わりを探る, 日本学術振興会, 基盤B,   2013年 - 2016年, 中川敦子
  • 注意機能の個人差はどのように生まれるのか, 日本学術振興会, 基盤C,   2010年 - 2012年, 中川敦子
  • 自己制御機能の芽生えを探る:情動制御の個人差に関する3歳までの縦断研究, 日本学術振興会, 基盤B,   2005年 - 2008年, 中川敦子
  • 生後1年未満の乳児における注意の抑制機能の発達と模倣行為の関係, 日本学術振興会, 萌芽研究,   2001年04月 - 2002年03月, 中川敦子
  • 生後3ケ月以降の泣きに関する注意機能の神経発達と育児文化の相互作用について, 日本学術振興会, 萌芽研究,   1999年 - 2000年, 中川敦子
  • 単漢字認知と大脳半球機能分化:左半球の役割を中心に, 日本学術振興会, 奨励研究(A),   1997年 - 1998年, 中川敦子
  • 単語認知における視空間注意と視覚的熟知性(familiarity) :半球機能分化の観点から, 日本学術振興会, 奨励研究(A),   1996年 - 1996年, 中川敦子
  • 分裂病の連想障害について:意味プライミング実験による検討, 日本学術振興会, 奨励研究(A),   1995年 - 1995年, 中川敦子
  • 仮名表記語の視覚的符号化及び意味的符号化における半球機能分化の検討, 日本学術振興会, 奨励研究(A),   1993年 - 1993年, 中川敦子
  • 日本語における表記の親近性による、意味把握に至る二重回路神経モデルの検討, 日本学術振興会, 奨励研究(A),   1992年 - 1992年, 中川敦子

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 認知心理学, 名古屋市立大学
  • 神経心理学, 名古屋市立大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 名古屋市立東部医療センター倫理委員会外部委員 , 名古屋市立東部医療センター,   2014年 - 2016年, 倫理委員会への参加  


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.