研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

伊藤 孝一イトウ コウイチ

所属部署医学研究科共同研究教育センター
職名助教
メールアドレスk-itomed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

学位

  • 名古屋市立大学大学院 修了/博士(医学)

研究活動情報

研究キーワード

    小児, 肝炎, 新生児

論文

  • Survey of rotavirus-associated severe complications in Aichi Prefecture., Hattori F, Kawamura Y, Kawada JI, Kojima S, Natsume J, Ito K, Saito S, Kitagawa Y, Okumura A, Yoshikawa T, Aichi Pediatric Clinical Study Group., Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 60, (3) 259 - 263,   2018年03月, 査読有り
  • Antiviral therapy for hepatitis B virus during second pregnancies., Wakano Y, Sugiura T, Endo T, Ito K, Suzuki M, Tajiri H, Tanaka Y, Saitoh S, The journal of obstetrics and gynaecology research, 44, (3) 566 - 569,   2018年03月, 査読有り
  • Combined genetic analyses can achieve efficient diagnostic yields for subjects with Alagille syndrome and incomplete Alagille syndrome., Ohashi K, Togawa T, Sugiura T, Ito K, Endo T, Aoyama K, Negishi Y, Kudo T, Ito R, Saitoh S, Acta paediatrica (Oslo, Norway : 1992), 106, (11) 1817 - 1824,   2017年11月, 査読有り
  • Single nucleotide polymorphisms in AGTR1, TFAP2B, and TRAF1 are not associated with the incidence of patent ductus arteriosus in Japanese preterm infants., Kawase K, Sugiura T, Nagaya Y, Yamada T, Sugimoto M, Ito K, Togawa T, Nagasaki R, Kato T, Kouwaki M, Koyama N, Saitoh S, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 58, (6) 461 - 466,   2016年06月, 査読有り
  • Effects of 4-phenylbutyrate therapy in a preterm infant with cholestasis and liver fibrosis., Ito S, Hayashi H, Sugiura T, Ito K, Ueda H, Togawa T, Endo T, Tanikawa K, Kage M, Kusuhara H, Saitoh S, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 58, (6) 506 - 509,   2016年06月, 査読有り
  • Molecular Genetic Dissection and Neonatal/Infantile Intrahepatic Cholestasis Using Targeted Next-Generation Sequencing., Togawa T, Sugiura T, Ito K, Endo T, Aoyama K, Ohashi K, Negishi Y, Kudo T, Ito R, Kikuchi A, Arai-Ichinoi N, Kure S, Saitoh S, The Journal of pediatrics, 171, 171 - 7.e1,   2016年04月, 査読有り
  • Effects of tolvaptan on congestive heart failure complicated with chylothorax in a neonate., Sato N, Sugiura T, Nagasaki R, Suzuki K, Ito K, Kato T, Inukai S, Saitoh S, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 57, (5) 1020 - 1022,   2015年10月, 査読有り
  • Combination of Miller-Dieker syndrome and VACTERL association causes extremely severe clinical presentation., Ueda H, Sugiura T, Takeshita S, Ito K, Kakita H, Nagasaki R, Kurosawa K, Saitoh S, European journal of pediatrics, 173, (11) 1541 - 1544,   2014年11月, 査読有り
  • Recurrent Cholangitis with Congenital Hepatic Fibrosis and Pancreaticobiliary Maljunction after Roux-en-Y Reconstruction., Sugiura T, Endo T, Ito K, Goto K, Sato Y, Kondo S, Suzuki T, Hashimoto T, European journal of pediatric surgery reports, 1, (1) 43 - 45,   2013年06月, 査読有り
  • Effects of exchange transfusion on cytokine profiles in necrotizing enterocolitis., Sugiura T, Kouwaki M, Goto K, Endo T, Ito K, Koyama N, Togari H, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 54, (6) 931 - 933,   2012年12月, 査読有り
  • Hypothermia attenuates the severity of oxidative stress development in asphyxiated newborns., Kakita H, Hussein MH, Kato S, Yamada Y, Nagaya Y, Asai H, Goto T, Ito K, Sugiura T, Daoud GA, Ito T, Kato I, Togari H, Journal of critical care, 27, (5) 469 - 473,   2012年10月, 査読有り
  • Periventricular leukomalacia is decreasing in Japan., Sugiura T, Goto T, Ueda H, Ito K, Kakita H, Nagasaki R, Mizuno K, Suzuki S, Kato I, Togari H, Pediatric neurology, 47, (1) 35 - 39,   2012年07月, 査読有り
  • Perinatal cytomegalovirus-associated bullae in an immunocompetent infant., Yasuda K, Sugiura K, Ishikawa R, Kihira M, Negishi Y, Iwayama H, Ito K, Kimura H, Kosugi I, Akiyama M, Archives of dermatology, 148, (6) 770 - 772,   2012年06月, 査読有り
  • Hepatitis C virus clearance after discontinuation of pegylated interferon alpha-2a monotherapy in a child., Endo T, Ito K, Sugiura T, Goto K, Case reports in medicine, 2012,   2012年, 査読有り
  • Efficacy of pegylated interferon-α2a monotherapy in Japanese children with chronic hepatitis C., Tsunoda T, Inui A, Etani Y, Kiyohara Y, Sugiura T, Ito K, Miyazawa R, Nagata I, Ida S, Fujisawa T, Working Group for the Study of Pegylated Monotherapy for Children with Chronic Hepatitis C in the Japan Society of Pediatric Hepatology., Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 41, (5) 399 - 404,   2011年05月, 査読有り
  • Detection of congenital cytomegalovirus infection using umbilical cord blood samples in a screening survey., Endo T, Goto K, Ito K, Sugiura T, Terabe K, Cho S, Nishiyama M, Sugiyama K, Togari H, Journal of medical virology, 81, (10) 1773 - 1776,   2009年10月, 査読有り
  • Polymorphisms of the factor VII gene associated with the low activities of vitamin K-dependent coagulation factors in one-month-old infants., Ito K, Goto K, Sugiura T, Muramatsu K, Ando T, Maniwa H, Yokoyama T, Sugiyama K, Togari H, The Tohoku journal of experimental medicine, 211, (1) 1 - 8,   2007年01月, 査読有り
  • Prevalence of hepatitis E virus infection in Japanese children., Goto K, Ito K, Sugiura T, Ando T, Mizutani F, Miyake Y, Kawabe Y, Sugiyama K, Togari H, Journal of pediatric gastroenterology and nutrition, 42, (1) 89 - 92,   2006年01月, 査読有り

MISC

  • 【産婦人科医が身につけたい新生児の診察法】 母児感染, 伊藤 孝一, 周産期医学, 48, (8) 991 - 994,   2018年08月
  • 高ウイルス量妊婦への核酸アナログ投与によるB型肝炎ウイルス母子感染予防, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 齋藤 伸治, 田中 靖人, 三善 陽子, 鈴木 光幸, 高野 智子, 田尻 仁, 日本小児科学会雑誌, 122, (8) 1401 - 1401,   2018年08月
  • 高ウイルス量妊婦への核酸アナログ投与によるB型肝炎ウイルス母子感染予防, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 齋藤 伸治, 田中 靖人, 三善 陽子, 鈴木 光幸, 高野 智子, 田尻 仁, 日本小児科学会雑誌, 122, (8) 1401 - 1401,   2018年08月
  • 母乳による後天性サイトメガロウイルス感染症の早産児例, 望月 聡, 戸川 泰子, 鈴木 智子, 木村 瞳, 太田 隆徳, 杉本 真里, 杉浦 崇浩, 幸脇 正典, 水谷 優子, 伊藤 孝一, 小山 典久, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54, (2) 628 - 628,   2018年06月
  • 母子感染予防実施例におけるOccult HBV感染の頻度, 伊藤 彰悟, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 戸川 貴夫, 杉浦 時雄, 村上 周子, 田中 靖人, 齋藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 122, (2) 276 - 276,   2018年02月
  • 母乳による後天性サイトメガロウイルス感染症の早産児例, 望月 聡, 戸川 泰子, 鈴木 智子, 木村 瞳, 太田 隆徳, 杉本 真里, 杉浦 崇浩, 幸脇 正典, 水谷 優子, 伊藤 孝一, 小山 典久, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54, (2) 628 - 628,   2018年06月
  • 遺伝性肝疾患を疑う患者に対する新生児乳児胆汁うっ滞遺伝子パネルを用いた網羅的解析, 戸川 貴夫, 伊藤 彰悟, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 大橋 圭, 杉浦 時雄, 岩田 欧介, 齋藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 122, (2) 296 - 296,   2018年02月
  • 体質性黄疸が疑われる患児17名に対する61遺伝子パネルを用いた網羅的遺伝子解析, 伊藤 彰悟, 戸川 貴夫, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 乾 あやの, 肝臓, 59, (Suppl.1) A382 - A382,   2018年04月
  • 先天性心疾患児における生後早期の胆汁うっ滞, 伊藤 孝一, 津田 兼之助, 加藤 晋, 戸川 貴夫, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 長崎 里香, 岩田 幸子, 岩田 欧介, 齋藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 122, (2) 297 - 297,   2018年02月
  • 体質性黄疸が疑われる患児17名に対する61遺伝子パネルを用いた網羅的遺伝子解析, 伊藤 彰悟, 戸川 貴夫, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 乾 あやの, 肝臓, 59, (Suppl.1) A382 - A382,   2018年04月
  • 高ウイルス量妊婦への核酸アナログ投与によるB型肝炎ウイルス母子感染予防, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 田中 靖人, 高野 智子, 田尻 仁, 三善 陽子, 鈴木 光幸, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 31, (2) 97 - 97,   2017年12月
  • ミオチュブラーミオパチーに伴う肝紫斑病の1例, 遠藤 剛, 伊藤 彰悟, 家田 大輔, 伊藤 孝一, 服部 文子, 齋藤 伸治, 杉浦 時雄, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 31, (2) 103 - 103,   2017年12月
  • アラジール症候群と胆道閉鎖症に対する体系的遺伝学的解析, 杉浦 時雄, 大橋 圭, 戸川 貴夫, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 齋藤 伸治, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 31, (Suppl.) 118 - 118,   2017年09月
  • 当院で経験した先天性房室ブロックの4例, 長谷部 和香, 岩脇 由希子, 加藤 晋, 山本 和之, 伊藤 孝一, 戸川 貴夫, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 大下 裕法, 篠原 務, 犬飼 幸子, 齋藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 121, (7) 1270 - 1270,   2017年07月
  • 高ウイルス量妊婦への核酸アナログ投与によるB型肝炎ウイルス母子感染予防, 若野 泰宏, 戸川 貴夫, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 齋藤 伸治, 鈴木 光幸, 三善 陽子, 高野 智子, 田尻 仁, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 53, (2) 512 - 512,   2017年06月
  • 生後早期から酵素補充療法を行った周産期重症型低フォスファターゼ症の1例, 岩脇 由希子, 山本 和之, 加藤 晋, 神農 英雄, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 犬塚 早紀, 鈴森 伸宏, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 53, (2) 527 - 527,   2017年06月
  • 当院で経験した先天性完全房室ブロックの4例, 長谷部 和香, 長崎 理香, 加藤 晋, 山本 和之, 伊藤 孝一, 戸川 貴夫, 杉浦 時雄, 加藤 丈典, 篠原 務, 犬飼 幸子, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 53, (2) 581 - 581,   2017年06月
  • HTLV-1(human T-cell leukemia virus type1)非流行地域におけるHTLV-1偽陽性の問題, 杉浦 時雄, 伊藤 孝一, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 53, (2) 626 - 626,   2017年06月
  • ウイルス性肝炎の疫学・自然史 高ウイルス量妊婦への核酸アナログ投与によるB型肝炎ウイルス母子感染予防, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 鈴木 光幸, 三善 陽子, 高野 智子, 田尻 仁, 田中 靖人, 肝臓, 58, (Suppl.1) A193 - A193,   2017年04月
  • 日齢0から酵素補充療法を開始し良好な経過をたどっている周産期重症型低ホスファターゼ症の1例, 田中 達之, 山本 和之, 岩脇 由希子, 鈴木 敦詞, 青山 幸平, 加藤 晋, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 水野 晴夫, 道上 敏美, 立川 加奈子, 大薗 恵一, 日本内分泌学会雑誌, 93, (1) 372 - 372,   2017年04月
  • 遺伝子診断されたHyperzincemia and hypercalprotectinemiaの日本人例, 伊藤 孝一, 鈴木 敦詞, 根岸 豊, 遠藤 剛, 服部 文子, 杉浦 時雄, 水野 晴夫, 齋藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 121, (2) 264 - 264,   2017年02月
  • 【周産期医学必修知識第8版】 新生児編 高直接ビリルビン血症, 伊藤 孝一, 周産期医学, 46, (増刊) 728 - 731,   2016年12月
  • 高ウイルス量妊婦への核酸アナログ投与によるB型肝炎ウイルス母子感染予防, 若野 泰宏, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 齋藤 伸治, 田中 靖人, 高野 智子, 田尻 仁, 鈴木 光幸, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 30, (2) 98 - 98,   2016年12月
  • B型肝炎ウイルス母子感染予防の新方式は周知されているか?, 河嵜 翔太, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 52, (3) 874 - 878,   2016年09月, 2015年に愛知県内の分娩取り扱い施設143施設を対象にアンケート調査を行い、B型肝炎ウイルス(HBV)母子感染予防処置の現状を報告した。92施設(回答率64%)から得られた45067人のデータを集計した結果、99%の施設が2013年に変更されたHBV母子感染予防法(新方式)に則って予防処置を行っていた。HBs抗原陽性率は0.29%、HBe抗原陽性率は0.08%であり、HBs抗原陽性の場合にHBe抗原検査を行っている施設は96%であった。また、HBs抗原陽性妊婦から出生した児のフォローアップは自院小児科46%、専門施設46%、自院産科8%、感染成立例のフォローアップは自院小児科39%、専門施設60%、自院産科1%であり、HBs抗原陽性妊婦の内科受診を勧めている施設は75%であった。
  • 高ウイルス量妊婦への核酸アナログ投与によるB型肝炎ウイルス母子感染予防, 若野 泰宏, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 齋藤 伸治, 田中 靖人, 高野 智子, 田尻 仁, 鈴木 光幸, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 30, (Suppl.) 92 - 92,   2016年08月
  • B型肝炎ウイルス母子感染予防の新方式は周知されているか?, 河崎 翔太, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 30, (Suppl.) 101 - 101,   2016年08月
  • 出生前診断されたCPAM(先天性肺気道奇形)の1例, 山本 和之, 長屋 嘉顕, 伊藤 孝一, 長崎 理香, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 52, (2) 542 - 542,   2016年06月
  • 高ウイルス量妊婦へのテノホビル投与によるB型肝炎ウイルス母子感染予防, 大江 雅美子, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 52, (1) 165 - 168,   2016年05月, 37歳女性。B型肝炎ウイルス(HBV)無症候性キャリアであった。5年前に第1子(女児)を出産したが、生後6ヵ月時にHBV母子感染が判明した。今回、第2子妊娠を契機にHBV母子感染予防の目的で著者らの施設へ来院となった。所見ではHBs抗原、HBe抗原は陽性、HBe抗体は陰性で、HBV DNAは9.1log copies/mLであった。切迫早産のため妊娠22週よりテノホビルの内服を開始したところ、ウイルス量は出産前にHBV DNAが4.0log copies/mLまで低下した。以後、患者は在胎38週4日目に自然分娩にて2782gの女児を出産した。尚、児は生後9ヵ月時点でHBs抗原は陰性であった。
  • 高ウイルス量妊婦へのテノホビル投与によるB型肝炎ウイルス母子感染予防, 立川 雅美子, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 齋藤 伸治, 田中 靖人, 日本小児科学会雑誌, 120, (2) 284 - 284,   2016年02月
  • 未熟児動脈管開存症における遺伝子多型に関する検討, 川瀬 恒哉, 杉浦 時雄, 山田 崇春, 伊藤 孝一, 戸川 貴夫, 長崎 理香, 加藤 丈典, 幸脇 正典, 小山 典久, 齋藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 120, (2) 286 - 286,   2016年02月
  • ペグインターフェロン治療中にHBe抗原セロコンバージョンが得られたB型慢性肝炎5歳例, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 戸川 貴夫, 杉浦 時雄, 三宅 能成, 斎藤 伸二, 日本小児科学会雑誌, 120, (2) 356 - 356,   2016年02月
  • 新生児・乳児胆汁うっ滞101例に対し網羅的遺伝子解析を行い、遺伝学的診断確定25例についての臨床的検討, 戸川 貴夫, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 齋藤 伸治, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 29, (2) 132 - 132,   2015年12月
  • de novo B型肝炎予防のためにエンテカビルを使用した腎芽腫の女児例, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 戸川 貴夫, 杉浦 時雄, 齋藤 伸治, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 29, (2) 137 - 137,   2015年12月
  • 胎児期脳室拡大児の診断・治療・予後, 堀 いくみ, 上田 博子, 中島 葉子, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 服部 文子, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 丈典, 安藤 直樹, 伊藤 哲哉, 齋藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 119, (11) 1628 - 1632,   2015年11月, 妊婦健診時に胎児超音波スクリーニング検査で脳室拡大を指摘された40例(男児22例、女児18例)を対象に、出生前検査・診断・出生後の管理・予後について検討した。薬物療法等の内科的治療を行ったのは先天性サイトメガロウイルス(CMV)感染症3例、ホロカルボキシラーゼ合成酵素欠損症1例の計4例(10%)で、在胎週数別出生時頭囲(SD)は中央値-0.4SDであった。先天性CMV感染症例は全例が聴覚障害を有し抗ウイルス薬を投与した。ホロカルボキシラーゼ合成酵素欠損症例は胎児発育不全を認め、母体へのビオチン投与で改善し、出生後にビオチン・ビタミンB1・カルニチン投与を行った。脳室腹腔(VP)シャントを行った外科的治療群は14例(35%)で、出生時頭囲は中央値+1.9SDであり、内科的治療群、非介入群(22例)に比べ有意に大きく、内科的治療群が最小であった。22例(55%)で出生前に診断・予測が可能であった。予後は死亡が8例(20%)で、6例が1歳未満であった。
  • ミトコンドリア ミトコンドリアDNA枯渇症候群の2例, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 齋藤 伸治, 中島 葉子, 伊藤 哲哉, 村山 圭, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 29, (Suppl.) 73 - 73,   2015年09月
  • Kasabach-Merritt症候群の治療中に生じた腸管嚢腫様気腫症の乳児例, 立川 雅美子, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 加藤 丈典, 伊藤 康彦, 齋藤 伸治, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 29, (Suppl.) 151 - 151,   2015年09月
  • 医学部学生に対する臨床実習の一環としての新生児蘇生法講習会開催の試み, 加藤 丈典, 川瀬 恒哉, 長屋 嘉顕, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 齋藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 119, (9) 1405 - 1406,   2015年09月
  • 新生児期に診断した冠状動脈瘻の3例の経過, 長屋 嘉顕, 川瀬 恒哉, 佐々木 智章, 篠原 務, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 丈典, 犬飼 幸子, 齋藤 伸治, 日本新生児成育医学会雑誌, 27, (3) 542 - 542,   2015年09月
  • ミトコンドリアDNA枯渇症候群の1例, 野村 幸伸, 伊藤 彰悟, 堀 いくみ, 田中 達之, 加藤 沙耶香, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 服部 文子, 杉浦 時雄, 安藤 直樹, 水野 晴夫, 齋藤 伸治, 棚橋 義浩, 日本小児科学会雑誌, 119, (7) 1148 - 1149,   2015年07月
  • 愛知県におけるHTLV-1(human T-cell leukemia virus type 1)母子感染の実態, 立川 雅美子, 杉浦 時雄, 川瀬 恒哉, 長屋 嘉顕, 伊藤 孝一, 長崎 理香, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 51, (2) 644 - 644,   2015年06月
  • 抗ウイルス治療をした症候性先天性サイトメガロウイルス感染症の予後, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 51, (2) 663 - 663,   2015年06月
  • B型肝炎ウイルス母子感染予防の新方式は周知されているか?, 伊藤 彰悟, 杉浦 時雄, 伊藤 孝一, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 51, (2) 663 - 663,   2015年06月
  • Neonatal Dubin-Johnson syndromeの診断に胆汁うっ滞遺伝子パネルを用いた網羅的遺伝子解析は有用である, 戸川 貴夫, 杉浦 時雄, 伊藤 孝一, 伊藤 彰悟, 齊藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 51, (2) 734 - 734,   2015年06月
  • Kasabach-Merritt症候群の2例, 川瀬 恒哉, 立川 雅美子, 長屋 嘉顕, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 51, (2) 817 - 817,   2015年06月
  • 疫学からみたウイルス肝炎対策 当県におけるB型肝炎ウイルス母子感染予防の実態とキャリア妊婦の頻度, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 肝臓, 56, (Suppl.1) A115 - A115,   2015年04月
  • 18トリソミー児に対する心臓外科手術が予後に与える影響, 加藤 丈典, 川瀬 恒哉, 篠原 務, 長屋 嘉顕, 鈴木 一孝, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 犬飼 幸子, 斎藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 119, (2) 277 - 277,   2015年02月
  • 遺伝子診断された進行性家族性肝内胆汁うっ滞症8例の臨床像, 伊藤 彰悟, 戸川 貴夫, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 柳 忠宏, 鈴木 光幸, 伊藤 玲子, 齋藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 119, (2) 285 - 285,   2015年02月
  • 新生児・乳児胆汁うっ滞99症例に対してIon PGMによる19遺伝子をターゲットとした網羅的遺伝子解析, 戸川 貴夫, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 市野井 那津子, 菊池 敦生, 呉 繁夫, 齋藤 伸治, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 28, (2) 135 - 136,   2014年12月
  • 早産児の胆汁うっ滞にフェニルブチレートが有効であった一例, 伊藤 彰悟, 川瀬 恒哉, 上田 博子, 鈴木 一孝, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 戸川 貴夫, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 丈典, 犬飼 幸子, 齋藤 伸治, 林 久允, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 28, (2) 139 - 140,   2014年12月
  • 新生児領域における死亡時画像診断と解剖の有用性, 吉田 悟, 杉浦 時雄, 佐藤 新紀子, 上田 博子, 後藤 盾信, 伊藤 孝一, 長崎 理香, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 118, (11) 1604 - 1610,   2014年11月, 過去3年間に当院NICU内で死亡した25例を対象に、死亡時画像診断(Ai)および解剖の有用性について検討した。Ai例は19例、解剖例は10例で、解剖とAiの両方を行ったものは10例(40%)で解剖例におけるAiの施行率は100%であった。Aiから推測される死因と解剖から判断された死因の一致率は70%であった。なお、今回の検討ではプレネイタルピジット、入院期間、院内出生などの医療者と家族が接する期間の長さは、Aiおよび解剖の承諾の有無に影響を認めなかった。
  • 【胎児・新生児の肝・胆道疾患】 胆汁うっ滞 新生児の経静脈栄養にともなう胆汁うっ滞, 伊藤 孝一, 周産期医学, 44, (10) 1323 - 1326,   2014年10月
  • 第一子でB型肝炎ウイルス母子感染が成立した母親に対する次子妊娠時の周産期管理, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 齋藤 伸治, 日本未熟児新生児学会雑誌, 26, (3) 564 - 564,   2014年10月
  • 早産児の胆汁うっ滞にフェニル酪酸が有効であった1例, 伊藤 彰悟, 川瀬 恒哉, 長屋 嘉顕, 上田 博子, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 戸川 貴夫, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本未熟児新生児学会雑誌, 26, (3) 569 - 569,   2014年10月
  • 反復する急性梗塞所見を呈し、MRAにて一過性の左中大脳動脈狭小を認めた新生児脳梗塞の1例, 川瀬 恒哉, 長屋 嘉顕, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本未熟児新生児学会雑誌, 26, (3) 755 - 755,   2014年10月
  • 小児のOccult HBV感染の実態調査, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 齋藤 伸治, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 28, (Suppl.) 58 - 58,   2014年09月
  • 胎児全前脳胞症の検討, 林 裕子, 鈴森 伸宏, 熊谷 恭子, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 加藤 丈典, 杉浦 真弓, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50, (2) 704 - 704,   2014年06月
  • 第一子がABO不適合新生児同種免疫性血小板減少症で死亡した第二子の周産期管理, 上田 博子, 杉浦 時雄, 伊藤 孝一, 長崎 理香, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 片野 衣江, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50, (2) 780 - 780,   2014年06月
  • 愛知県におけるHTLV-1(human T-cell leukemia virus type 1)キャリア妊婦の頻度, 杉浦 時雄, 伊藤 孝一, 長崎 理香, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 鈴木 正利, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50, (2) 780 - 780,   2014年06月
  • 表現型正常のモザイク型21トリソミーに合併した一過性異常骨髄増殖症の1例, 佐藤 恵美, 上田 博子, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 丈典, 亀井 美智, 伊藤 康彦, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50, (2) 796 - 796,   2014年06月
  • 胎児頸部リンパ管腫と出生前診断された3例について, 松川 泰, 鈴森 伸宏, 出原 麻里, 後藤 志信, 熊谷 恭子, 北折 珠央, 尾崎 康彦, 杉浦 真弓, 伊藤 孝一, 加藤 丈典, 杉浦 時雄, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50, (2) 834 - 834,   2014年06月
  • 先天性心疾患術後のうっ血性心不全・乳び胸に対しトルバプタンを使用した1例, 佐藤 新紀子, 上田 博子, 鈴木 一孝, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 加藤 丈典, 長崎 理香, 犬飼 幸子, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50, (2) 880 - 880,   2014年06月
  • 先天性複合型下垂体機能低下症に伴う胆汁うっ滞の検討, 芦刈 友加, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 加藤 晋, 石田 敦士, 垣田 博樹, 今峰 浩貴, 長崎 理香, 水野 晴夫, 伊藤 哲哉, 加藤 稲子, 鈴木 悟, 戸苅 創, 日本小児科学会雑誌, 118, (4) 653 - 660,   2014年04月, 先天性複合型下垂体機能低下症による胆汁うっ滞と診断された4例(男児2例、女児2例)の経過を提示すると共に、血液検査所見を胆道閉鎖症55例と比較した。先天性複合型下垂体機能低下症では全例下垂体茎断裂症候群の所見を呈し、3例で異所性後葉を認めた。肝生検を行った3例ではいずれも巨細胞性肝炎を認めた。先天性複合型下垂体機能低下症において直接型ビリルビンが頂値を示した時点でのγGTPは平均115.0IU/Lで、胆道閉鎖症の初診時の値553.0IU/Lと比較して有意に低値であったが、ALT値はそれぞれ153.0IU/L、134.0IU/Lと有意差はなく、胆道閉鎖症との鑑別に有用と考えられた。
  • 治療困難例に対する抗ウイルス療法(透析、HIV合併、肝移植後、小児例を含めて) HBV母子感染ハイリスク妊婦へのラミブジン投与, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 高野 智子, 田尻 仁, 田中 靖人, 肝臓, 55, (Suppl.1) A116 - A116,   2014年04月
  • 小児胆汁うっ滞疾患に対する次世代高速シーケンサー(NGS)を用いた網羅的遺伝子解析, 戸川 貴夫, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 齋藤 伸治, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 28, (1) 26 - 26,   2014年04月
  • 高ウイルス量妊婦へのラミブジン投与によるB型肝炎ウイルス母子感染予防, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 齋藤 伸治, 田中 靖人, 鈴森 伸宏, 高野 智子, 田尻 仁, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 28, (1) 29 - 29,   2014年04月
  • 肺炎球菌ワクチン接種後に侵襲性肺炎球菌感染症に罹患した3例, 大下 裕法, 青山 幸平, 加藤 沙耶香, 根岸 豊, 鈴木 一孝, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 服部 文子, 犬飼 幸子, 水野 晴夫, 伊藤 哲哉, 齋藤 伸治, 坂 京子, 日本小児科学会雑誌, 118, (3) 554 - 554,   2014年03月
  • 当院における胎児期脳室拡大児41例の検討, 堀 いくみ, 上田 博子, 伊藤 孝一, 服部 文子, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 丈典, 安藤 直樹, 伊藤 哲哉, 齋藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 118, (2) 248 - 248,   2014年02月
  • 致死型乳児ミトコンドリア病の一例, 上田 博子, 杉浦 時雄, 加藤 沙耶香, 伊藤 孝一, 長崎 理香, 加藤 丈典, 伊藤 哲哉, 齋藤 伸治, 村山 圭, 日本小児科学会雑誌, 118, (2) 251 - 251,   2014年02月
  • 「乳幼児期の自己免疫溶血性貧血を伴う巨細胞性肝炎」の1例, 遠藤 剛, 亀井 美智, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 伊藤 康彦, 齋藤 伸治, 水野 賀史, 日本小児科学会雑誌, 118, (2) 280 - 280,   2014年02月
  • 当院における13トリソミーの臨床的検討, 田中 元, 上田 博子, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本未熟児新生児学会雑誌, 25, (3) 496 - 496,   2013年11月
  • 新生児・乳児胆汁うっ滞疾患に対する次世代高速シーケンサーを用いた網羅的遺伝子解析, 戸川 貴夫, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 齋藤 伸治, 日本未熟児新生児学会雑誌, 25, (3) 518 - 518,   2013年11月
  • X連鎖性遺伝性水頭症への出生前からのカウンセリング, 佐藤 新紀子, 上田 博子, 伊藤 孝一, 加藤 丈典, 長崎 理香, 杉浦 時雄, 齋藤 伸治, 日本未熟児新生児学会雑誌, 25, (3) 577 - 577,   2013年11月
  • 脳瘤と多彩な大脳皮質形成異常を伴った羊膜索症候群の1例, 粟屋 梨沙, 伊藤 孝一, 上田 博子, 後藤 盾信, 垣田 博樹, 長崎 理香, 鈴森 伸宏, 加藤 稲子, 杉浦 時雄, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 49, (3) 1055 - 1059,   2013年09月, 在胎34週の男児。胎児MRI検査で脳室拡大と後頭部の嚢胞性病変を認め、在胎34週1日に胎児機能不全を認めたため選択的帝王切開術で出生した。娩出時、後頭部脳瘤部と胎盤の間に索状物を認め離断した。低出生体重児(1634g)、両側口唇口蓋裂、脳瘤形成、四肢の変形(左合指症、左下腿内反変形、左下腿骨折)のためNICUに入院管理となった。MRIで後頭骨の欠損から髄液を伴った脳瘤を認める他、closed-lip型裂脳症、両側側脳室の上衣下異所性灰白質、両側大脳の脳回の形成不良と多少脳回、後角〜下角優位の両側脳室の拡大を認めた。日齢1に脳瘤切除・形成術を行い、病理検査で脳瘤部に羊膜に類似した組織を認め、表出した症状より胎生3〜7週に発生した羊膜索症候群と推定した。術後経過は良好で体重増加を認め、日齢66日に体重3366gで退院となった。術後6ヵ月の現在、定頸を認めず、精神運動発達遅延のため経過観察中である。
  • 高ウイルス量妊婦へのラミブジン投与によるB型肝炎ウイルス母子感染予防, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 齋藤 伸治, 田中 靖人, 鈴森 伸宏, 高野 智子, 田尻 仁, 日本小児科学会雑誌, 117, (8) 1357 - 1357,   2013年08月
  • 【臨床医が知っておきたい先天異常】 環境要因による先天異常 羊膜索症候群, 伊藤 孝一, 小児科臨床, 66, (増刊) 1441 - 1446,   2013年07月
  • Miller-Dieker症候群とVATER連合の合併例, 上田 博子, 後藤 盾信, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 竹下 覚, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 49, (2) 633 - 633,   2013年06月
  • 当院NICUにおけるAiおよび剖検の実施実績, 吉田 悟, 佐藤 新紀子, 上田 博子, 後藤 盾信, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 49, (2) 703 - 703,   2013年06月
  • 愛知県におけるHTLV-1母子感染の実態, 杉浦 時雄, 鈴木 正利, 上田 博子, 伊藤 孝一, 長崎 理香, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 49, (2) 707 - 707,   2013年06月
  • 胎児期より腹部嚢胞を認め先天性胆道拡張症が疑われた二例, 櫻井 典子, 佐藤 新紀子, 上田 博子, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 丈典, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 49, (2) 749 - 749,   2013年06月
  • 急速に進行する肝転移に対して緊急放射線療法が奏功した神経芽腫4S期の1例, 鈴木 敦詞, 亀井 美智, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 齋藤 伸治, 佐藤 陽子, 近藤 知史, 高木 大輔, 鈴木 達也, 石倉 聡, 立川 琴羽, 伊藤 康彦, 日本小児血液・がん学会雑誌, 50, (1) 130 - 134,   2013年04月, 神経芽腫4S期は乳児特有の疾患概念である。遠隔転移を有するものの、基本的には予後良好であり治療を要さない場合が多い。しかしながら乳児早期で急激な肝腫大を呈する症例では死亡する例もみられ、早期診断と積極的な早期集学的治療介入が必要な例もある。我々は生後約1ヵ月より始まる急激な肝腫大を契機に発見された神経芽腫4S期の女児に対して、4.5Gy(3分割)の肝緊急照射を行い、著明な肝の縮小を得た症例を経験した。肝転移による肝腫大のために致命的な症候を呈する乳児期早期4S期症例に対しては、可及的早期の低線量肝放射線療法を考慮すべきである。(著者抄録)
  • 脊髄披裂修復術後皮膚潰瘍に対するVAC療法の試み, 片野 広之, 鳥山 和宏, 西川 祐介, 伊藤 孝一, 森田 明理, 山田 和雄, 小児の脳神経, 38, (1) 129 - 129,   2013年04月
  • 内頸動脈欠損を伴ったアラジール症候群の1例, 遠藤 剛, 根岸 豊, 伊藤 孝一, 服部 文子, 杉浦 時雄, 安藤 直樹, 齋藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 117, (2) 472 - 472,   2013年02月
  • 先天性肝線維症・膵胆管合流異常症に対し胆道再建術後、逆行性胆管炎を繰り返した1例, 佐藤 新紀子, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 斎藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 117, (2) 473 - 473,   2013年02月
  • 高ウイルス量妊婦へのラミブジン投与によるB型肝炎ウイルス母子感染予防, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 鈴森 伸宏, 齋藤 伸治, 田中 靖人, 肝臓, 53, (10) 610 - 614,   2012年10月, 症例は33歳女性。B型肝炎ウイルス(HBV)無症候性キャリア。3年前に第一子出産。第一子は女児。通常通り出生時と生後2ヵ月時にHBIG、生後2、3、5ヵ月時にHBワクチンを接種。生後1ヵ月時点でHBs抗原陰性だったが、生後6ヵ月時にHBs抗原陽性が判明。今回第二子妊娠を契機にHBV母子感染予防目的で来院。HBs抗原陽性、HBe抗原陽性、HBe抗体陰性。HBV DNA 9.1 log copies/ml。妊娠28週からラミブジンの内服を開始した。ウイルス量は出産前にHBV DNA 6.3 log copies/mlまで低下した。出産後3ヵ月でラミブジン内服中止。内服中止後もトランスアミナーゼ値上昇は認めていない。第二子は女児。通常通りHBIGとHBワクチンを接種。生後1歳時点でHBs抗原陰性を確認している。HBV高ウイルス量妊婦では、母子感染対策として妊娠後期のラミブジン投与が有効である。(著者抄録)
  • Microphthalmia esophageal atresia syndromeの1女児例, 熊崎 滋, 佐々木 智章, 竹下 覚, 上田 博子, 加藤 晋, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 鈴木 悟, 戸苅 創, 日本小児科学会雑誌, 116, (10) 1587 - 1588,   2012年10月
  • 先天性サイトメガロウイルス感染症における交換輸血前後のウイルス量の変化, 大橋 圭, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 粟屋 梨沙, 後藤 盾信, 上田 博子, 加藤 丈典, 長崎 理香, 齋藤 伸治, 日本未熟児新生児学会雑誌, 24, (3) 545 - 545,   2012年10月
  • 水腎症増悪時に発症した急性脳症の1例, 根岸 豊, 安藤 直樹, 小林 悟, 伊藤 孝一, 服部 文子, 今峰 浩貴, 後藤 建之, 水野 晴夫, 伊藤 哲哉, 戸苅 創, 日本小児科学会雑誌, 116, (9) 1435 - 1436,   2012年09月
  • 気管切開術及び喉頭気管分離術を施行したMenkes病の1例, 本間 なずな, 中島 葉子, 伊藤 孝一, 横井 暁子, 服部 文子, 今峰 浩貴, 安藤 直樹, 後藤 健之, 伊藤 哲哉, 戸苅 創, 佐藤 陽子, 近藤 知史, 鈴木 達也, 桑原 義之, 日本小児科学会雑誌, 116, (9) 1438 - 1438,   2012年09月
  • Gianotti症候群を呈した麻疹の1症例, 小出 若登, 伊藤 孝一, 大橋 桂, 影山 里実, 牛嶌 克実, 稲垣 晴代, 杉山 成司, 谷口 芳記, 日本小児科学会雑誌, 116, (7) 1144 - 1144,   2012年07月
  • 2歳の出血性十二指腸潰瘍の1例, 伊藤 孝一, 小出 若登, 大橋 桂, 影山 里実, 牧 兼正, 稲垣 晴代, 杉山 成司, 小林 真, 日本小児科学会雑誌, 116, (7) 1157 - 1157,   2012年07月
  • Cleidocranial dysplasiaの1例, 垣田 博樹, 伊藤 孝一, 小出 若登, 大橋 桂, 牧 兼正, 杉山 成司, 日本小児科学会雑誌, 116, (7) 1162 - 1162,   2012年07月
  • 腹痛を契機に発見された大網嚢腫の5歳男児例, 小出 若登, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 大橋 桂, 影山 里実, 牧 兼正, 坂 京子, 岩瀬 勇人, 服部 圭佑, 森 敏宏, 奈良 佳治, 日本小児科学会雑誌, 116, (7) 1185 - 1185,   2012年07月
  • Megacystis Microcolon Intestinal Hypoperistalsis Syndrome(MMIHS)に対する大建中湯の使用経験, 垣田 博樹, 伊藤 孝一, 小出 若登, 大橋 桂, 影山 里実, 牧 兼正, 坂 京子, 日本小児科学会雑誌, 116, (7) 1187 - 1187,   2012年07月
  • 頭蓋内出血を起こした抗A抗体による新生児同種血小板減少症(NAIT)の一例, 上田 博子, 加藤 晋, 杉浦 時雄, 後藤 盾信, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 齋藤 伸治, 福田 純男, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 48, (2) 363 - 363,   2012年06月
  • 羊水過少シークエンス17例の検討, 後藤 盾信, 粟屋 梨沙, 上田 博子, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 48, (2) 398 - 398,   2012年06月
  • 先天性心疾患を合併した超低出生体重児に対して心臓外科手術を行った3例, 佐藤 新紀子, 上田 博子, 後藤 盾信, 鈴木 一孝, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 犬飼 幸子, 鈴森 伸宏, 齋藤 伸冶, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 48, (2) 420 - 420,   2012年06月
  • HBV母子感染予防目的でラミブジン投与した一妊婦例, 杉浦 時雄, 伊藤 孝一, 鈴森 伸宏, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 48, (2) 426 - 426,   2012年06月
  • 致死性骨異形成症の長期生存例2例, 小林 美月, 佐々木 智章, 後藤 盾信, 上田 博子, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 齋藤 伸治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 48, (2) 449 - 449,   2012年06月
  • 新生児・乳児期の胆汁うっ滞の検討, 粟屋 梨沙, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 齋藤 伸治, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 26, (Suppl.) 105 - 105,   2012年06月
  • 小児C型慢性肝炎に対するPEG-IFN単独療法の治療成績, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 安藤 直樹, 吉田 成美, 水野 寛太郎, 齋藤 伸治, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 26, (Suppl.) 143 - 143,   2012年06月
  • 腸重積症に対して、delayed repeat enemaを行い整復可能であった1例, 上田 博子, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 齋藤 伸治, 高木 大輔, 近藤 知史, 佐藤 陽子, 平林 靖高, 日本小児科学会雑誌, 116, (5) 912 - 912,   2012年05月
  • HBV母子感染ハイリスク妊婦へのラミブジン投与, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 田中 靖人, 肝臓, 53, (Suppl.1) A499 - A499,   2012年04月
  • 双胎の一例のみに胎内感染が成立した先天性サイトメガロウイルス感染症例, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 服部 文子, 齋藤 伸治, 日本小児科学会雑誌, 116, (2) 274 - 274,   2012年02月
  • LIS1を含まない17p13.3微細欠失によるMiller-Dieker症候群の1例, 上田 博子, 後藤 盾信, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 稲子, 齋藤 伸治, 竹下 覚, 黒澤 健司, 日本小児科学会雑誌, 116, (2) 324 - 324,   2012年02月
  • 急激な肝腫大を契機に発見された神経芽腫の一例, 鈴木 敦詞, 伊藤 孝一, 亀井 美智, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 伊藤 康彦, 斉藤 伸治, 佐藤 陽子, 近藤 知史, 鈴木 達也, 石倉 聡, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 25, (2) 98 - 98,   2011年12月
  • 乳児期に尿中胆汁酸分析を行ったARC症候群の2症例, 加藤 丈典, 岡村 淳, 磯浦 東, 山本 宗美, 吉田 智也, 浅野 里美, 佐橋 剛, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 25, (2) 99 - 99,   2011年12月
  • 胎児期よりフォローされたOEIS complexの1例, 大林 勇輝, 伊藤 孝一, 石田 敦士, 若月 準, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 水野 晴夫, 加藤 稲子, 水野 健太郎, 林 祐太郎, 佐藤 陽子, 近藤 知史, 鈴木 達也, 伊藤 錦哉, 和田 郁雄, 水谷 栄太, 後藤 志信, 鈴森 伸宏, 片野 広之, 日本小児科学会雑誌, 115, (12) 1946 - 1947,   2011年12月
  • PEG-IFN単独療法が有効であったC型肝炎ウイルス関連糸球体腎炎の一女児例, 杉浦 時雄, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 肝臓, 52, (Suppl.3) A925 - A925,   2011年11月
  • 急速に進行する肝転移に対して早期の放射線療法が奏功した神経芽腫stage4Sの一例, 鈴木 敦詞, 亀井 美智, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 杉浦 時雄, 伊藤 康彦, 齋藤 伸治, 佐藤 陽子, 近藤 知史, 鈴木 達也, 石倉 聡, 小児がん, 48, (プログラム・総会号) 338 - 338,   2011年11月
  • 青色発光ダイオードによる光線療法の有効性に関する検討, 加藤 晋, 垣田 博樹, 邊見 勇人, 山田 恭聖, 福田 純男, 中島 秀幸, 山田 崇春, Hussein Mohamed Hamed, 後藤 盾信, 伊藤 孝一, 上田 博子, 杉浦 時雄, 鈴木 悟, 伊藤 哲哉, 加藤 稲子, 戸苅 創, 日本未熟児新生児学会雑誌, 23, (3) 460 - 460,   2011年10月
  • 新生児の声の代弁者 新生児の声の代弁者として 患児・家族・医療スタッフのチーム医療, 伊藤 孝一, 日本未熟児新生児学会雑誌, 23, (3) 531 - 531,   2011年10月
  • エンドセリン受容体拮抗薬による新生児敗血症モデルでの酸化ストレス抑制効果, 後藤 盾信, 粟屋 梨沙, 上田 博子, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 稲子, 齋藤 伸治, 戸苅 創, 日本未熟児新生児学会雑誌, 23, (3) 606 - 606,   2011年10月
  • 脳瘤・多彩な脳形成異常を合併した羊膜索症候群の1例, 粟屋 梨沙, 上田 博子, 後藤 盾信, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 加藤 稲子, 齋藤 伸治, 戸苅 創, 日本未熟児新生児学会雑誌, 23, (3) 706 - 706,   2011年10月
  • 胎児期より経過観察しコイル塞栓術を施行した硬膜静脈洞奇形の1例, 佐藤 恵美, 加藤 晋, 熊崎 滋, 長屋 嘉顕, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 犬飼 幸子, 加藤 稲子, 戸苅 創, 日本小児科学会雑誌, 115, (10) 1566 - 1572,   2011年10月, 日齢0女児。妊娠30週に胎児心エコーで心拡大を指摘され、妊娠36週に頭蓋内のシャント性疾患を疑われ、出生後の心拡大、三尖弁逆流、動脈管開存、卵円孔開存と肺高血圧で日齢6まで酸素投与を行った。日齢2のMRA・MRIでは、両側の中硬膜動脈を栄養血管とし上矢状洞から左横静脈洞の拡張を認め、T2強調像では右側頭葉に微小出血を認め、動静脈シャントを伴う硬膜静脈洞奇形と診断した。心不全は利尿剤内服でコントロール可能で、日齢76に脳血管内治療を行った。頸動脈造影で動静脈瘻を認め、拡張静脈洞部分の左中硬膜動脈をコイルにて閉塞し、左中硬膜動脈の側枝および右中硬膜動脈からの栄養血管を液体塞栓物質(NBCA)によりシャント塞栓した。術後1ヵ月のMRIでは後頭葉の静脈洞は縮小し、MRAにて左中硬膜動脈の拡張は著明に改善した。生後1年時で神経学的後遺症は認めていない。
  • 著明な胆汁うっ滞を認めたZelleweger症候群の1例, 青山 幸平, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 25, (Suppl.) 91 - 91,   2011年09月
  • 脳室周囲白質軟化症の全国調査 PVLは減っている, 杉浦 時雄, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 水野 恵介, 鈴木 悟, 加藤 稲子, 戸苅 創, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 47, (2) 334 - 334,   2011年06月
  • アストロサイト由来エリスロポエチンがオリゴデンドロサイト前駆細胞に与える影響, 垣田 博樹, 加藤 晋, 長屋 嘉顕, 上田 博子, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 加藤 稲子, 戸苅 創, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 47, (2) 339 - 339,   2011年06月
  • 胎児診断されたOEIS complexの2例, 大林 勇輝, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 加藤 稲子, 戸苅 創, 後藤 志信, 鈴森 伸宏, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 47, (2) 371 - 371,   2011年06月
  • 新生児・乳児期に高度の胆汁うっ滞を呈した先天性汎下垂体機能低下症の4例, 伊藤 孝一, 芦刈 友加, 加藤 晋, 石田 敦士, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 水野 晴夫, 伊藤 哲哉, 加藤 稲子, 鈴木 悟, 戸苅 創, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 47, (2) 395 - 395,   2011年06月
  • 第18番染色体短腕欠失症候群の2例, 芦刈 友加, 杉浦 時雄, 加藤 晋, 長屋 嘉顕, 伊藤 孝一, 石田 敦士, 垣田 博樹, 水野 晴夫, 加藤 稲子, 戸苅 創, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 47, (2) 486 - 486,   2011年06月
  • 胎児期よりフォローした動静脈シャントを伴う硬膜静脈洞奇形の一例, 佐藤 恵美, 加藤 晋, 熊崎 滋, 長屋 嘉顕, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 長崎 理香, 犬飼 幸子, 加藤 稲子, 戸苅 創, 鈴森 伸宏, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 47, (2) 502 - 502,   2011年06月
  • 肝線維症をきたした一過性骨髄異常増殖症(TAM)の一例, 鈴木 敦詞, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 加藤 稲子, 戸苅 創, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 47, (2) 505 - 505,   2011年06月
  • 血清および尿中胆汁酸分析を行ったARC症候群の1例, 加藤 丈典, 山本 宗美, 浅野 里美, 佐橋 剛, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 47, (2) 564 - 564,   2011年06月
  • 胎内診断した、14番染色体父性片親ダイソミーの1例, 上田 博子, 杉浦 時雄, 伊藤 孝一, 佐々木 智章, 加藤 晋, 鈴森 伸宏, 鈴木 悟, 加藤 稲子, 戸苅 創, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 47, (1) 54 - 59,   2011年05月, 日齢0男児。在胎24週より羊水過多を指摘され、在胎28週に胸郭低形成を指摘された。胎児超音波検査にて四肢の短縮は認めず、ハンガー様肋骨・ベル型の胸郭を認め、Upd(14)patを疑った。在胎37週3日、羊水過多のため予定帝王切開で出生した。出生直後より呼吸障害を認め、生後4分で気管挿管し、NICUに入院した。NICUに入院後、人工呼吸器管理、嚥下障害に対し口腔内持続吸引を開始した。日齢1にミルク注入を開始した。日齢6に抜管した。ミルクの注入・排便コントロールの指導を行い、日齢45退院となった。退院後は、生後3ヵ月で口腔内持続吸引を中止することができ、経口摂取を開始した。生後4ヵ月には経口にて全量を摂取可能となった。発達は、生後5ヵ月に定頸し、生後6ヵ月現在あやし笑いあり、寝返りは不能である。表現型と遺伝子診断によりUpd(14)patと確定診断した。
  • B型肝炎ウイルスキャリアにおけるプレコア、コアプロモータ領域の変異についての検討, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 日本小児科学会雑誌, 115, (2) 412 - 412,   2011年02月
  • 胃食道逆流症治療のNissen手術後にダンピング症候群を来たし、ミルク半固形化で血糖維持可能であった一例, 嘉村 由美子, 伊藤 孝一, 伊藤 明美, 稲垣 幸恵, 小澤 元美, 山田 悠史, 太田 美穂, 三井 章, 祖父江 和哉, 静脈経腸栄養, 26, (1) 584 - 584,   2011年01月
  • 壊死性腸炎の病因と予防 壊死性腸炎における交換輸血前後のサイトカインプロファイリング, 杉浦 時雄, 後藤 健之, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 竹中 学, 安田 真里, 戸川 貴夫, 幸脇 正典, 小山 典久, 加藤 稲子, 戸苅 創, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, (4) 1047 - 1049,   2010年12月, 症例は在胎25週3日に母体性器出血を認め、陣痛発来し母体搬送となった。胎胞突出を認め、陣痛抑制は困難で、骨盤位のため緊急帝王切開で出生しNICU入院となった。出生体重876g、Apgarスコア1分4点、5分5点、男児で、呼吸窮迫症候群に対し、サーファクタント投与を行った。日齢12に胸水を認め胸腔穿刺を行った。日齢27に無呼吸発作が遷延し、胃食道逆流症を疑い、十二指腸チューブを挿入し、日齢29に血圧低下を認め、日齢30に胃残が増加し腹部膨満が著明になった。CRPは5.3mg/dLと上昇し、抗生剤を開始した。輸血、昇圧剤投与を行ったが血圧維持ができず、日齢35と36にNEC、DIC、ショックの診断で両親からのインフォームドコンセントの上、交換輸血を行った。交換輸血後、血圧は上昇し、全身状態は安定した。その後、腹水が増強したため、日齢42に小腸瘻造設術を施行し、上行結腸壊死を認めた。日齢54に右鼠径ヘルニア嵌頓のため根治術を施行した。胆汁鬱滞が遷延したが日齢106に胆道シンチでは腸管への排泄を認め、胆道閉鎖は否定的であった。ウルソデオキシコール酸を使用し、少しずつ胆汁鬱滞は軽快した。日齢232に腸瘻閉鎖術を施行した。生後7ヵ月時に退院した。頭部MRIでは大脳基底核壊死を認めた。経管栄養を必要とし、重度の精神運動発達障害を残した。
  • エダラボンによる新生児敗血症モデルでのTNF-α抑制作用と肺高血圧症治療効果, 後藤 盾信, モハメド・フセイン, 加藤 晋, 伊藤 孝一, 垣田 博樹, 杉浦 時雄, 山口 幸子, 加藤 稲子, 戸苅 創, 日本未熟児新生児学会雑誌, 22, (3) 614 - 614,   2010年10月
  • 脳低温療法が酸化ストレスマーカーに及ぼす影響についての検討, 垣田 博樹, 山田 恭聖, 加藤 晋, 長屋 嘉顕, 後藤 盾信, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 加藤 稲子, 戸苅 創, 日本未熟児新生児学会雑誌, 22, (3) 677 - 677,   2010年10月
  • 過眠症を呈し髄液オレキシン低値を認めた多発性硬化症の女児例, 小林 悟, 伊藤 孝一, 今峰 浩貴, 安藤 直樹, 後藤 健之, 伊藤 哲哉, 戸苅 創, 小栗 夏海, 神林 崇, 脳と発達, 42, (5) 386 - 387,   2010年09月
  • 【肝・胆道系症候群(第2版) その他の肝・胆道系疾患を含めて 肝臓編(上)】 肝内胆汁うっ滞症 新生児の経静脈栄養に伴う胆汁うっ滞症, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 後藤 健之, 日本臨床, 別冊, (肝・胆道系症候群I) 406 - 409,   2010年09月
  • エンテカビルで治療したB型急性肝炎重症型の15歳男児例, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 24, (Suppl.) 144 - 144,   2010年09月
  • 壊死性腸炎の病因と予防 壊死性腸炎における交換輸血前後のサイトカインプロファイリング, 杉浦 時雄, 後藤 健之, 伊藤 孝一, 遠藤 剛, 竹中 学, 幸脇 正典, 小山 典久, 加藤 稲子, 戸苅 創, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, (2) 261 - 261,   2010年06月
  • 超低出生体重児における青色発光ダイオードによる光線療法の効果の検討, 加藤 晋, 垣田 博樹, 山田 恭聖, 長屋 嘉顕, 後藤 盾信, 上田 博子, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 鈴木 悟, 加藤 稲子, 戸苅 創, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, (2) 597 - 597,   2010年06月
  • 当院で過去5年間に経験した臍帯ヘルニアの11例についての検討, 長屋 嘉顕, 熊崎 滋, 上田 博子, 加藤 晋, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 加藤 稲子, 戸苅 創, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, (2) 629 - 629,   2010年06月
  • 当院で経験した腹壁破裂の4例についての検討, 熊崎 滋, 長屋 嘉顕, 上田 博子, 加藤 晋, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 加藤 稲子, 戸苅 創, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, (2) 760 - 760,   2010年06月
  • OTC欠損症による新生児高アンモニア血症に認めた頭頂後頭部の脳軟化症, 岡西 徹, 伊藤 哲哉, 中島 葉子, 伊藤 孝一, 垣田 博, 山田 恭聖, 小林 悟, 安藤 直樹, 戸苅 創, 脳と発達, 42, (Suppl.) S342 - S342,   2010年05月
  • 【周産期医療がめざすディベロップメンタルケア 胎児期からはじめる発達支援】 早産児に対する音・光環境刺激の緩和, 後藤 盾信, 加藤 晋, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 加藤 稲子, 戸苅 創, 周産期医学, 40, (5) 631 - 635,   2010年05月
  • 地球温暖化と胎児新生児の脳科学, 戸苅 創, 鈴木 悟, 加藤 稲子, 伊藤 哲哉, 水野 晴夫, 水野 恵介, 小林 悟, 杉浦 時雄, 伊藤 孝一, 加藤 晋, 後藤 盾信, Hussein Hamed Mohamed, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, (1) 1 - 5,   2010年04月
  • 肝に著しい線維化を認めた3乳幼児例, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 後藤 健之, 戸苅 創, 佐藤 陽子, 近藤 知史, 鈴木 達也, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 23, (2) 151 - 151,   2010年03月
  • 一般産院にて行った臍帯血を用いた先天性サイトメガロウイルス感染症のスクリーニング, 遠藤 剛, 伊藤 孝一, 杉浦 時雄, 後藤 健之, 戸苅 創, 張 尚美, 寺部 浩司, 日本小児科学会雑誌, 114, (2) 212 - 212,   2010年02月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.