研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

髙橋 広城タカハシ ヒロキ

所属部署医学研究科消化器外科学分野
職名准教授
メールアドレスtakahasimed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/09/20

研究者基本情報

学位

  • 博士(医学)

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 消化器外科学

研究キーワード

    大腸癌, 膵癌, アポトーシス, Bcl-2ファミリー蛋白, 鏡視下手術

論文

  • 手術手技 腹腔鏡下直腸切断術における腹腔鏡下後腹膜経路ストーマ造設法(laparoscopic extra-peritoneal sigmoid colostomy;LEPS), 高橋 広城, 前田 祐三, 大久保 友貴, 社本 智也, 田中 達也, 瀧口 修司, 手術, 72, (8) 1281 - 1284,   2018年07月
  • 【急性腹症の外科手術2018】 虚血性腸疾患の腹腔鏡・開腹手術における術中腸管血流評価, 坂本 宣弘, 高橋 広城, 田中 達也, 社本 智也, 小林 勝正, 瀧口 修司, 手術, 72, (3) 293 - 298,   2018年03月
  • Apigenin induces apoptosis by suppressing Bcl-xl and Mcl-1 simultaneously via signal transducer and activator of transcription 3 signaling in colon cancer., Maeda Y, Takahashi H, Nakai N, Yanagita T, Ando N, Okubo T, Saito K, Shiga K, Hirokawa T, Hara M, Ishiguro H, Matsuo Y, Takiguchi S, International journal of oncology,   2018年03月, 査読有り
  • Xanthohumol inhibits angiogenesis by suppressing nuclear factor-κB activation in pancreatic cancer., Saito K, Matsuo Y, Imafuji H, Okubo T, Maeda Y, Sato T, Shamoto T, Tsuboi K, Morimoto M, Takahashi H, Ishiguro H, Takiguchi S, Cancer science, 109, (1) 132 - 140,   2018年01月, 査読有り
  • 牌膿癌および真菌血症を合併した慢性雌炎に対してmodifiedPuestow 手 術 を行った1症 例, 社本智也、松尾洋一、沢井博純、上田悟郎、大見関、林祐一、今藤裕之、斉藤健太、坪井謙、森本守、髙橋広城、石黒秀行、瀧口修司, 肝胆膵治療研究会誌, 15, (1) 79 - 85,   2018年, 査読有り
  • 【膵癌研究Cutting Edge-from Carcinogenesis to Metastatic Colonization-】 Stroma 化学療法抵抗性膵癌におけるCXCL12-CXCR4シグナルの重要性, 松尾 洋一, 森本 守, 坪井 謙, 社本 智也, 斎藤 健太, 今藤 裕之, 林 祐一, 上田 悟郎, 小林 勝正, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 肝・胆・膵, 75, (4) 777 - 783,   2017年10月
  • NOTCH1 activates the Wnt/β-catenin signaling pathway in colon cancer., Ishiguro H, Okubo T, Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Sugito N, Ogawa R, Katada T, Tanaka T, Shiozaki M, Mizoguchi K, Samoto Y, Matsuo Y, Takahashi H, Takiguchi S, Oncotarget, 8, (36) 60378 - 60389,   2017年09月, 査読有り
  • High serum levels of interleukin-6 in patients with advanced or metastatic colorectal cancer: the effect on the outcome and the response to chemotherapy plus bevacizumab., Hara M, Nagasaki T, Shiga K, Takahashi H, Takeyama H, Surgery today, 47, (4) 483 - 489,   2017年04月, 査読有り
  • Laparoscopically resected obturator nerve schwannoma: A case report., Takahashi H, Hara M, Tsuboi K, Sagawa H, Ishiguro H, Matsuo Y, Takeyama H, Asian journal of endoscopic surgery, 9, (4) 307 - 310,   2016年11月, 査読有り
  • Enhancement of the CXCL12/CXCR4 axis due to acquisition of gemcitabine resistance in pancreatic cancer: effect of CXCR4 antagonists., Morimoto M, Matsuo Y, Koide S, Tsuboi K, Shamoto T, Sato T, Saito K, Takahashi H, Takeyama H, BMC cancer, 16,   2016年05月, 査読有り
  • GADD45A expression is correlated with patient prognosis in esophageal cancer., Ishiguro H, Kimura M, Takahashi H, Tanaka T, Mizoguchi K, Takeyama H, Oncology letters, 11, (1) 277 - 282,   2016年01月, 査読有り
  • Preoperative Serum Interleukin-6 Is a Potential Prognostic Factor for Colorectal Cancer, including Stage II Patients., Shiga K, Hara M, Nagasaki T, Sato T, Takahashi H, Sato M, Takeyama H, Gastroenterology research and practice, 2016,   2016年, 査読有り
  • Cancer-Associated Fibroblasts: Their Characteristics and Their Roles in Tumor Growth., Shiga K, Hara M, Nagasaki T, Sato T, Takahashi H, Takeyama H, Cancers, 7, (4) 2443 - 2458,   2015年12月, 査読有り
  • Profiling Surgical Staplers: Does Staple Direction Affect the Strength of the Anastomosis., Kimura M, Takahashi H, Tanaka T, Sagawa H, Takeyama H, Digestive surgery, 32, (6) 454 - 458,   2015年, 査読有り
  • Induction of apoptosis by eicosapentaenoic acid in esophageal squamous cell carcinoma., Mizoguchi K, Ishiguro H, Kimura M, Takahashi H, Sakamoto N, Tanaka T, Takeyama H, Anticancer research, 34, (12) 7145 - 7149,   2014年12月, 査読有り
  • Inflammatory pseudotumor of the liver diagnosed as metastatic liver tumor in a patient with a gastrointestinal stromal tumor of the rectum: report of a case., Matsuo Y, Sato M, Shibata T, Morimoto M, Tsuboi K, Shamoto T, Hirokawa T, Sato T, Takahashi H, Takeyama H, World journal of surgical oncology, 12,   2014年05月, 査読有り
  • Zerumbone inhibits angiogenesis by blocking NF-κB activity in pancreatic cancer., Shamoto T, Matsuo Y, Shibata T, Tsuboi K, Nagasaki T, Takahashi H, Funahashi H, Okada Y, Takeyama H, Pancreas, 43, (3) 396 - 404,   2014年04月, 査読有り
  • 多発微小肝膿瘍を伴うClostridium perfringens敗血症の1剖検例, 若杉 健弘, 高橋 広城, 竹山 廣光, 日本外科感染症学会雑誌, 11, (1) 87 - 91,   2014年02月, 急激な経過で死亡した、多発微小肝膿瘍を伴うClostridium perfringens敗血症の1剖検例を経験した。症例は70歳、男性。腰椎圧迫骨折による腰痛と経口摂取不良による脱水にて緊急入院となった。高度脱水、血小板低下、CK上昇を認め、対症的に治療開始するも、その原因の特定に至らずに急変し、入院7時間後に死亡された。剖検にて、肝臓に多数の小黄色斑を認め、組織学的検査にてグラム陽性桿菌による微小肝膿瘍と診断された。後日判明した血液培養からClostridium perfringensが検出され、多発微小肝膿瘍を伴うClostridium perfringens敗血症と診断した。多発微小肝膿瘍は、さまざまな臨床像を示すClostridium perfringens感染症の中でも、非常にまれな形態と思われた。(著者抄録)
  • Zerumbone inhibits tumor angiogenesis via NF-κB in gastric cancer., Tsuboi K, Matsuo Y, Shamoto T, Shibata T, Koide S, Morimoto M, Guha S, Sung B, Aggarwal BB, Takahashi H, Takeyama H, Oncology reports, 31, (1) 57 - 64,   2014年01月, 査読有り
  • Simultaneous knock-down of Bcl-xL and Mcl-1 induces apoptosis through Bax activation in pancreatic cancer cells., Takahashi H, Chen MC, Pham H, Matsuo Y, Ishiguro H, Reber HA, Takeyama H, Hines OJ, Eibl G, Biochimica et biophysica acta, 1833, (12) 2980 - 2987,   2013年12月, 査読有り
  • Carcinoembryonic antigen elevation in post-hepatectomy patients with colorectal cancer liver metastasis indicates recurrence with high accuracy., Hara M, Sato M, Takahashi H, Takayama S, Okada Y, Nagasaki T, Takeyama H, Hepato-gastroenterology, 60, (128) 1935 - 1939,   2013年11月, 査読有り
  • し開創より発生した難治性空腸瘻管理の1事例, 川村 純里, 高木 智枝子, 栗本 成子, 高橋 広城, 東海ストーマ・排泄リハビリテーション研究会誌, 33, (1) 53 - 57,   2013年06月, 50代女。十二指腸穿孔に対する胆管空腸吻合+胃空腸吻合術後、し開創より空腸瘻が形成され、保存的な腸瘻管理が必要となった。空腸瘻からは胆汁が排泄され、座位をとると深い凹みができることで面板の漏れが頻回となり、瘻孔ケアに難渋したが、皮膚保護剤やストーマ装具の使用方法を工夫したことで面板の定期交換が可能となり、皮膚障害の改善につながった。具体的には、皮膚保護剤だけでは補正できない凹みに対して硬い面板を使用したり、腸瘻が深く陥没することへの対応として、装具は凸面の高いものを使い、サイズは腸瘻よりも大きくカットしたことが効果的であった。
  • Girdin, a regulator of cell motility, is a potential prognostic marker for esophageal squamous cell carcinoma., Shibata T, Matsuo Y, Shamoto T, Hirokawa T, Tsuboi K, Takahashi H, Ishiguro H, Kimura M, Takeyama H, Inagaki H, Oncology reports, 29, (6) 2127 - 2132,   2013年06月, 査読有り
  • (1→3)-β-D-グルカン高値が遷延した十二指腸憩室穿孔後の真菌性腹膜炎の1例, 若杉 健弘, 高橋 広城, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌, 74, (5) 1382 - 1387,   2013年05月, 症例は57歳,女性.急性腹症にて手術施行,十二指腸憩室による穿孔性腹膜炎であったが,Cushing症候群を併存し,全身状態も不良のため,分流手術を施行した.術後(1→3)-β-D-グルカン高値となり,腹腔内からCandidaも検出されたため,真菌性腹膜炎に対して抗真菌薬投与を開始した.臨床症状は改善したが(1→3)-β-D-グルカン高値は遷延し,抗真菌薬の投与中止の判断に難渋した.(1→3)-β-D-グルカンは迅速に結果が得られ,深在性真菌症の診断には非常に有用である.一方,(1→3)-β-D-グルカンは必ずしも深在性真菌症の病勢と一致しない場合もあるため,抗真菌薬の継続や中止の判断には,培養結果や臨床症状などを,総合的にBundleとして判断する必要がある.(著者抄録)
  • 後腹膜へ進展した長径25cmの虫垂粘液嚢胞腺腫の1例, 今神 透, 高橋 広城, 宮井 博隆, 佐藤 幹則, 小林 勝正, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌, 74, (3) 724 - 728,   2013年03月, 症例は86歳,女性.2012年2月に嘔吐を主訴に近医受診.CTで右横隔膜下から右下腹部にかけて後腹膜に進展する巨大な嚢胞性病変を認め,巨大腎嚢胞が疑われて当院泌尿器科を紹介受診した.当院のCTでは嚢胞性病変は盲腸から連続して右腎と境界を保ちつつ,その背側を通り右横隔膜下までに至ることが判明し,一部で壁の造影効果が認められた.また虫垂は同定できなかった.採血では腫瘍マーカーの上昇を認めた.以上から虫垂もしくは後腹膜由来の粘液嚢胞腺腫または腺癌が疑われ手術目的に当科紹介となった.手術は悪性の可能性を考慮して回盲部切除,D3郭清とした.嚢胞壁には厚みがあり破ることなく盲腸,上行結腸と一塊にして摘出できた.標本の大きさは25×9×8cm,病理診断は虫垂粘液嚢胞腺腫であった.退院後は近医に通院中であるが,腫瘍マーカーは正常化し,術後5ヵ月が経過するが再発兆候を認めていない.(著者抄録)
  • Curatively resected isolated inguinal lymph node metastasis from cecum cancer: report of a case., Hara M, Takahashi H, Sato M, Takayama S, Nagasaki T, Takeyama H, Surgery today, 43, (1) 88 - 90,   2013年01月, 査読有り
  • Apigenin inhibits NNK-induced focal adhesion kinase activation in pancreatic cancer cells., Pham H, Chen M, Takahashi H, King J, Reber HA, Hines OJ, Pandol S, Eibl G, Pancreas, 41, (8) 1306 - 1315,   2012年11月, 査読有り
  • Simple laparoscopic technique of transverse loop colostomy prolapse., Takahashi H, Hara M, Takayama S, Matsuo Y, Sato M, Kimura M, Takeyama H, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 22, (5) e263 - 4,   2012年10月, 査読有り
  • Accuracy of monitoring serum carcinoembryonic antigen levels in postoperative stage III colorectal cancer patients is limited to only the first postoperative year., Hara M, Sato M, Takahashi H, Takayama S, Takeyama H, Surgery today, 41, (10) 1357 - 1362,   2011年10月, 査読有り
  • Laparoscopic anterior resection for colorectal cancer without minilaparotomy using transanal bowel reversing retrieval., Hara M, Takayama S, Sato M, Imafuji H, Takahashi H, Takeyama H, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 21, (5) e235 - 8,   2011年10月, 査読有り
  • Baicalein, a component of Scutellaria baicalensis, induces apoptosis by Mcl-1 down-regulation in human pancreatic cancer cells., Takahashi H, Chen MC, Pham H, Angst E, King JC, Park J, Brovman EY, Ishiguro H, Harris DM, Reber HA, Hines OJ, Gukovskaya AS, Go VL, Eibl G, Biochimica et biophysica acta, 1813, (8) 1465 - 1474,   2011年08月, 査読有り
  • Optimal prediction of the central venous catheter insertion depth on a routine chest x-ray., Uchida Y, Sakamoto M, Takahashi H, Matsuo Y, Funahashi H, Sasano H, Sobue K, Takeyama H, Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.), 27, (5) 557 - 560,   2011年05月, 査読有り
  • Cyclooxygenase-2 confers growth advantage to syngeneic pancreatic cancer cells., Takahashi H, Li A, Dawson DW, Hines OJ, Reber HA, Eibl G, Pancreas, 40, (3) 453 - 459,   2011年04月, 査読有り
  • Pure laparoscopic sigmoidectomy., Takayama S, Takahashi H, Takeyama H, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 21, (2) e104 - 6,   2011年04月, 査読有り
  • Does serum carcinoembryonic antigen elevation in patients with postoperative stage II colorectal cancer indicate recurrence? Comparison with stage III., Hara M, Sato M, Takahashi H, Takayama S, Takeyama H, Journal of surgical oncology, 102, (2) 154 - 157,   2010年08月, 査読有り
  • Effect of Helicobacter bilis infection on human bile duct cancer cells., Takayama S, Takahashi H, Matsuo Y, Okada Y, Takeyama H, Digestive diseases and sciences, 55, (7) 1905 - 1910,   2010年07月, 査読有り
  • IGF-1 mediates PTEN suppression and enhances cell invasion and proliferation via activation of the IGF-1/PI3K/Akt signaling pathway in pancreatic cancer cells., Ma J, Sawai H, Matsuo Y, Ochi N, Yasuda A, Takahashi H, Wakasugi T, Funahashi H, Sato M, Takeyama H, The Journal of surgical research, 160, (1) 90 - 101,   2010年05月, 査読有り
  • Proteasome inhibitor MG132 inhibits angiogenesis in pancreatic cancer by blocking NF-kappaB activity., Matsuo Y, Sawai H, Ochi N, Yasuda A, Sakamoto M, Takahashi H, Funahashi H, Takeyama H, Guha S, Digestive diseases and sciences, 55, (4) 1167 - 1176,   2010年04月, 査読有り
  • PTEN regulates angiogenesis through PI3K/Akt/VEGF signaling pathway in human pancreatic cancer cells., Ma J, Sawai H, Ochi N, Matsuo Y, Xu D, Yasuda A, Takahashi H, Wakasugi T, Takeyama H, Molecular and cellular biochemistry, 331, (1-2) 161 - 171,   2009年11月, 査読有り
  • 膵癌の増殖・浸潤能に不飽和脂肪酸が及ぼす影響, 沢井 博純, 高橋 広城, 打田 由美子, 竹山 廣光, 静脈経腸栄養, 24, (5) 1077 - 1083,   2009年09月, 不飽和脂肪酸のうちω6系多価不飽和脂肪酸は癌細胞の増殖を亢進、ω3系多価不飽和脂肪酸は抗腫瘍効果を示す。これらω3/6系多価不飽和脂肪酸の作用はcyclooxygenase(COX)により分解・生成されたプロスタグランディンによる効果と考えられている。我々は、膵癌細胞にω6系多価不飽和脂肪酸を作用させることで癌細胞の増殖・浸潤能が亢進、逆にω3系多価不飽和脂肪酸を作用させることで抑制されることを確認した。さらに、マウスにω3系多価不飽和脂肪酸を豊富に含む食餌を経口摂取させることで、皮下移植腫瘍の増殖抑制効果を確認した。これらの結果から、ω3系多価不飽和脂肪酸の経口摂取によって、膵癌患者の治療に貢献できる可能性が示唆される。(著者抄録)
  • ポリスチレンスルホン酸カルシウム(アーガメイトゼリー)内服中に発症したS状結腸穿孔性腹膜炎の1例, 高橋 広城, 今藤 裕之, 原 賢康, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌, 70, (2) 578 - 582,   2009年02月, 症例は79歳,女性.慢性腎不全に伴う高K血症のためにポリスチレンスルホン酸カルシウム(アーガメイトゼリー)を内服していた.2008年4月3日に突然下腹部痛が出現し,近医を受診した.穿孔性腹膜炎の診断で当院に緊急搬送され,同日緊急手術を施行した.開腹するとS状結腸に非常に硬い便塊を認め,S状結腸に陥頓していた.この口側の腸管は約10cmにわたり漿膜が裂けており,その一部に1.5cmの穿孔を認めた.損傷部位を含めてS状結腸を切除し,腹腔ドレナージおよびHartmann手術を行った.術後は集学的治療を行い,救命することが可能であった.病理学的には損傷部位および便塊にcrystalline materialが確認され,アーガメイトゼリー内服がS状結腸穿孔の発症に強く関与していることが予想された.同薬剤内服時における排便コントロールの重要性が強く示唆された症例であった.(著者抄録)
  • 消化器癌患者に対するがん疼痛管理に関するアンケート調査, 廣川 高久, 岡田 祐二, 坂本 雅樹, 高橋 広城, 若杉 健弘, 高山 悟, 山本 稔, 沢井 博純, 佐藤 幹則, 赤毛 義実, 竹山 廣光, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 68, (4) 805 - 811,   2007年04月, がん診察には,積極的ながん治療と緩和医療がある.緩和医療におけるがん疼痛管理はがん患者のQuality of Life(QOL)に大きな影響を及ぼすものである.しかし,多くはがん専門医や緩和ケア医ではなく一般外科医にて行われており,そのような問題点をアンケート調査にて調査した.一般外科医計89名に合計13問のアンケートを配布し,55名から回答を得た.その結果,オピオイド導入時は経口投与の鎮痛薬を使用する傾向があり,MSコンチン,オキシコンチンの割合が高かった.また理想の除痛率と実際の除痛率に相違があり,また疼痛管理の自己評価も高いものではなかった.疼痛管理の問題点として,WHO除痛ラダーに従わず行われている傾向があり,オピオイド使用法の知識を取得し,実際に施行することが疼痛管理を改善する第一歩と考えられた.(著者抄録)
  • 【消化器癌浸潤・転移における間質・血管新生を探る】 膵癌転移における接着分子の役割を探る, 沢井 博純, 岡田 祐二, 高橋 広城, 松尾 洋一, 竹山 廣光, 真辺 忠夫, 分子消化器病, 4, (1) 30 - 34,   2007年03月, 癌細胞が転移巣を形成する各ステップにおいて、接着分子は重要は役割を果たしている。なかでも中心的な役割を担っているインテグリンはα、βの2つのサブユニットからなり、リガンド特異性によってサブグループに分類される。癌が転移巣形成する過程で、血管内皮基底膜に存在する細胞外マトリックスをリガンドするα6-integrin subunitが重要な役割を果たし、その癌組織・転移巣での発現程度は予後との相関を認めている。また、インテグリンからのシグナル伝達によりfocal adhesion kinaseやintegrin-linked kinaseが活性化されることで、癌細胞の転移・浸潤能に大きく関与していると考えられる。(著者抄録)
  • 大腸癌に合併した肝reactive lymphoid hyperplasiaの1例, 高橋 広城, 松尾 洋一, 山本 稔, 沢井 博純, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 真辺 忠夫, 日本消化器外科学会雑誌, 40, (3) 331 - 336,   2007年03月, 症例は77歳の女性で,上行結腸癌の診断で他院から紹介され当院を受診された.術前の腹部CTで肝S3に若干造影される直径約1 cmの腫瘤を指摘され,腹部USでは低エコーであった.腹部MRIではT1-low,T2-highでsuperparamagnetic iron oxideの取り込みは認められなかった.転移性肝腫瘍と診断し,右半結腸切除術と肝S3部分切除術を施行した.肝臓の腫瘤は白色で被膜を有しており,比較的柔らかく境界は明瞭であった.病理組織学的検索では肝臓の病変はリンパ濾胞の増生を認めるのみで,転移は認められなかった.また,リンパ球にも異形性は認められず,免疫染色の結果を含めてreactive lymphoid hyperplasiaと診断された.本症例では術前の検索では転移性肝腫瘍と判断したが,画像診断による鑑別は非常に困難であり,正診率の向上のために今後さらなる症例の蓄積が必要と考えられた.(著者抄録)
  • 腹腔鏡下に切除し得た異物穿通による大網炎症性腫瘤の1例, 高橋 広城, 山本 稔, 坂本 雅樹, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 真辺 忠夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 11, (6) 745 - 749,   2006年12月, 61歳女。左下腹部腫瘤を主訴とした。CTで下行結腸前面の大網と思われる部位に境界不明瞭で造影効果を伴った腫瘤状陰影を認めた。腫瘤の内部には線上の石灰化を認め、その周囲には膿瘍を思わせる小さな低濃度領域が存在した。3D-CTでは石灰化部位は辺縁がはっきりとした針状物として描出され、その形状から腫瘍などによる石灰化よりも魚骨などの異物を強く疑った。魚骨の不顕性穿通による大網炎症性肉芽腫と術前診断し、腹腔鏡下手術を施行した。腹腔内を検索したところ、大網に腫瘤を認め、腹壁に強く癒着していたが、周囲の腸管とは全く癒着していなかった。剥離を終えたところで、左下腹部に小切開を加え、腫瘤を創外に露出し摘出した。腫瘤内部には小さな膿瘍腔が形成され、膿瘍腔には索状物が浮遊しており、成分分析の結果、魚骨が最も疑われた。病理所見で魚骨穿通による慢性炎症性肉芽腫と診断した。術後経過は良好で、術後5日に軽快退院した。
  • 【膵癌・胆道癌の診断と治療 最新の研究動向】 膵癌 膵癌の発癌機構 注目の遺伝子 NF-κB, 松尾 洋一, 高橋 広城, 沢井 博純, 岡田 祐二, 真辺 忠夫, 日本臨床, 64, (増刊1 膵癌・胆道癌の診断と治療) 44 - 47,   2006年01月
  • S状結腸癌術後に発症した血球貪食症候群の1例, 高橋 広城, 山本 稔, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 66, (6) 1379 - 1383,   2005年06月, 症例は77歳の男性.S状結腸癌の診断で2004年11月24日にS状結腸切除術を施行した.しかし術当日より高熱が出現し,その後高熱は持続し,汎血球減少も出現してきた.当初は創感染に伴う重症感染・播種性血管内凝固症候群(DIC)と考え治療を行っていたが,改善傾向を全く認めなかった.11月30日の血液検査の結果フェリチンが高値であったため緊急に骨髄生検を施行し,血球貪食症候群と診断された.感染源ははっきりしなかったが,術後感染が契機となって発生したものと判断し,感染に対する治療を継続したが症状の改善は認められなかった.そのため12月6日にステロイドのミニパルス療法を開始したところ発熱は消失し,CRPも著明に低下,全身状態も急速に改善していった.その後の検索でも感染の証拠は得られず,基礎に自己免疫疾患の存在が疑われたことから,自己免疫疾患に手術侵襲が加わって急激に発症したものと推測された(著者抄録)
  • シアリルルイスx発現は下部直腸癌の予後因子である(THE EXPRESSION OF SIALYL LEWISX IS A PROGNOSTIC FACTOR FOR LOWER RECTAL CANCER), 川島 隆司, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 高橋 広城, 長谷川 毅, 竹山 廣光, 真辺 忠夫, Nagoya Medical Journal, 47, (3) 173 - 186,   2005年05月, 外側リンパ節転移は,直腸癌の最有用予後因子であるが,外側リンパ節転移に密接に関連した因子については依然不明である.そこで,1982〜2000年に名古屋市立大学病院で51の結腸直腸癌標本を採集し,s-Lex,s-Lea,NCC-ST-439,IL-1αおよびインテグリンα5β1抗原に対する抗体を用いて免疫組織化学的に分析した.これらの因子発現を臨床的特徴と比較し,Cox比例ハザード回帰モデル,Kaplan-Meier生存曲線,Wilcoxon検定を用いて分析した.結果,リンパ節転移とs-Lexの強発現とに統計的に有意な関係が認められた.さらに,下部直腸癌患者において,強度のs-Lex発現と不良予後との間に有意な相関性が認められた.s-Lex発現は,下部直腸癌における手術予後を予測する有用な生物学的マーカーであると考えられる
  • グリア細胞由来神経栄養因子(GDNF)によるヒト膵癌細胞株の浸潤誘導作用とNF-κBの関係, 高橋 広城, 舟橋 整, 沢井 博純, 坂本 洋一, 山本 稔, 松尾 洋一, 岡田 祐二, 早川 哲史, 真辺 忠夫, 膵臓, 19, (5) 536 - 538,   2004年10月
  • Enhanced angiogenesis due to inflammatory cytokines from pancreatic cancer cell lines and relation to metastatic potential., MATSUO Y, SAWAI H, FUNAHASHI H, TAKAHASHI H, SAKAMOTO M, YAMAMOTO M, OKADA Y, HAYAKAWA T, MANABE T, Pancreas, 28, (3) 344 - 352,   2004年04月, 査読有り
  • Interleukin-1alpha secreted by pancreatic cancer cells promotes angiogenesis and its therapeutic implications., Matsuo Y, Sawai H, Ochi N, Yasuda A, Takahashi H, Funahashi H, Takeyama H, Guha S, The Journal of surgical research, 153, (2) 274 - 281,   2009年05月, 査読有り
  • Glial cell line-derived neurotrophic factor enhances nuclear factor-kappaB activity and invasive potential in human pancreatic cancer cells., TAKAHASHI H, FUNAHASHI H, SAWAI H, SAKAMOTO M, MATSUO Y, YAMAMOTO M, OKADA Y, HAYAKAWA T, MANABE T, Pancreas, 29, (1) 22 - 27,   2004年07月, 査読有り
  • IL-1alpha secreted by colon cancer cells enhances angiogenesis: the relationship between IL-1alpha release and tumor cells' potential for liver metastasis., Matsuo Y, Sawai H, Ma J, Xu D, Ochi N, Yasuda A, Takahashi H, Funahashi H, Takeyama H, Journal of surgical oncology, 99, (6) 361 - 367,   2009年05月, 査読有り
  • CXCL8/IL-8 and CXCL12/SDF-1alpha co-operatively promote invasiveness and angiogenesis in pancreatic cancer., Matsuo Y, Ochi N, Sawai H, Yasuda A, Takahashi H, Funahashi H, Takeyama H, Tong Z, Guha S, International journal of cancer, 124, (4) 853 - 861,   2009年02月, 査読有り
  • Loss of PTEN expression is associated with colorectal cancer liver metastasis and poor patient survival., Sawai H, Yasuda A, Ochi N, Ma J, Matsuo Y, Wakasugi T, Takahashi H, Funahashi H, Sato M, Takeyama H, BMC gastroenterology, 8,   2008年11月, 査読有り
  • Interleukin-1alpha enhances angiogenesis and is associated with liver metastatic potential in human gastric cancer cell lines., Ma J, Sawai H, Matsuo Y, Ochi N, Yasuda A, Takahashi H, Wakasugi T, Funahashi H, Sato M, Okada Y, Takeyama H, Manabe T, The Journal of surgical research, 148, (2) 197 - 204,   2008年08月, 査読有り
  • Granulocyte-colony stimulating factor producing rectal cancer., Takahashi H, Yasuda A, Ochi N, Sakamoto M, Takayama S, Wakasugi T, Funahashi H, Sawai H, Satoh M, Akamo Y, Takeyama H, World journal of surgical oncology, 6,   2008年06月, 査読有り
  • Basement membrane proteins play an important role in the invasive processes of human pancreatic cancer cells., Sawai H, Okada Y, Funahashi H, Takahashi H, Matsuo Y, Yasuda A, Ochi N, Takeyama H, Manabe T, The Journal of surgical research, 144, (1) 117 - 123,   2008年01月, 査読有り
  • Effects of Helicobacter pylori infection on human pancreatic cancer cell line., Takayama S, Takahashi H, Matsuo Y, Okada Y, Manabe T, Hepato-gastroenterology, 54, (80) 2387 - 2391,   2007年12月, 査読有り
  • Synthetic serine protease inhibitor, gabexate mesilate, prevents nuclear factor-kappaB activation and increases TNF-alpha-mediated apoptosis in human pancreatic cancer cells., Takahashi H, Funahashi H, Sawai H, Matsuo Y, Yamamoto M, Okada Y, Takeyama H, Manabe T, Digestive diseases and sciences, 52, (10) 2646 - 2652,   2007年10月, 査読有り
  • Stem cell factor/c-kit receptor signaling enhances the proliferation and invasion of colorectal cancer cells through the PI3K/Akt pathway., Yasuda A, Sawai H, Takahashi H, Ochi N, Matsuo Y, Funahashi H, Sato M, Okada Y, Takeyama H, Manabe T, Digestive diseases and sciences, 52, (9) 2292 - 2300,   2007年09月, 査読有り
  • Successful paclitaxel-based chemotherapy for an alpha-fetoprotein-producing gastric cancer patient with multiple liver metastases., Takeyama H, Sawai H, Wakasugi T, Takahashi H, Matsuo Y, Ochi N, Yasuda A, Sato M, Okada Y, Funahashi H, Akamo Y, Manabe T, World journal of surgical oncology, 5,   2007年07月, 査読有り
  • Antiproteases in preventing the invasive potential of pancreatic cancer cells., Takahashi H, Sawai H, Funahashi H, Matsuo Y, Yasuda A, Ochi N, Sato M, Okada Y, Takeyama H, JOP : Journal of the pancreas, 8, (4 Suppl) 501 - 508,   2007年07月, 査読有り
  • Vascular endothelial growth factor-C secreted by pancreatic cancer cell line promotes lymphatic endothelial cell migration in an in vitro model of tumor lymphangiogenesis., Ochi N, Matsuo Y, Sawai H, Yasuda A, Takahashi H, Sato M, Funahashi H, Okada Y, Manabe T, Pancreas, 34, (4) 444 - 451,   2007年05月, 査読有り
  • Laparoscopic management of small bowel incarceration caused by a broad ligament defect: report of a case., Takayama S, Hirokawa T, Sakamoto M, Takahashi H, Yamamoto M, Sato M, Manabe T, Surgery today, 37, (5) 437 - 439,   2007年, 査読有り
  • The stem cell factor/c-kit receptor pathway enhances proliferation and invasion of pancreatic cancer cells., Yasuda A, Sawai H, Takahashi H, Ochi N, Matsuo Y, Funahashi H, Sato M, Okada Y, Takeyama H, Manabe T, Molecular cancer, 5,   2006年10月, 査読有り
  • Reactive lymphoid hyperplasia of the liver in a patient with colon cancer: report of two cases., Takahashi H, Sawai H, Matsuo Y, Funahashi H, Satoh M, Okada Y, Inagaki H, Takeyama H, Manabe T, BMC gastroenterology, 6,   2006年09月, 査読有り
  • Interleukin-1alpha enhances the aggressive behavior of pancreatic cancer cells by regulating the alpha6beta1-integrin and urokinase plasminogen activator receptor expression., Sawai H, Okada Y, Funahashi H, Matsuo Y, Takahashi H, Takeyama H, Manabe T, BMC cell biology, 7,   2006年02月, 査読有り
  • [Molecular mechanism in pathogenesis in pancreatic neoplasms: NF-kappaB]., Matsuo Y, Takahashi H, Sawai H, Okada Y, Manabe T, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 64 Suppl 1, 44 - 47,   2006年01月, 査読有り
  • Activation of focal adhesion kinase enhances the adhesion and invasion of pancreatic cancer cells via extracellular signal-regulated kinase-1/2 signaling pathway activation., Sawai H, Okada Y, Funahashi H, Matsuo Y, Takahashi H, Takeyama H, Manabe T, Molecular cancer, 4,   2005年10月, 査読有り
  • The role of glial cell line-derived neurotrophic factor (GDNF) and integrins for invasion and metastasis in human pancreatic cancer cells., Funahashi H, Okada Y, Sawai H, Takahashi H, Matsuo Y, Takeyama H, Manabe T, Journal of surgical oncology, 91, (1) 77 - 83,   2005年07月, 査読有り
  • [The QOL of the patient with advanced pancreatic carcinoma was changed for the better with combination therapy consisting of arterial chemotherapy and injection of interferon]., Funahashi H, Sawai H, Okada Y, Sakamoto M, Takahashi H, Matsuo Y, Wakasugi T, Yamamoto M, Takeyama H, Manabe T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 31, (11) 1832 - 1834,   2004年10月, 査読有り
  • von Recklinghausen病に合併した頸部仮性動脈瘤の1例, 高橋 広城, 成田 洋, 小林 建司, 羽藤 誠記, 伊藤 昭敏, 真辺 忠夫, 日本臨床外科学会雑誌, 61, (11) 2895 - 2899,   2000年11月, 症例は15年前にvon Recklinghausen病と診断された60歳男性で,左肩痛,左頸部腫脹を主訴とした.精査により左鎖骨下動脈の一分枝の自然断裂と仮性動脈瘤の存在が判明し,緊急手術を行った.左甲状頸動脈は根部で離断しかかっており,同部位には仮性動脈瘤の形成がみられた.甲状頸動脈を根部で結紮し,止血し得た.術後経過は順調で,術後2年2ヵ月が経過したが,再出血は認められない
  • 大腿神経より発生した後腹膜神経鞘腫の1例., 日本臨床外科学会雑誌, 61/9,2513-2518,   2000年
  • Carcinoma in adenoma of the third portion of the duodenum : report of a case., 24/2,189-192,   2001年
  • Press through package包装薬剤誤飲による回腸穿孔の1例., 外科, 65/6,722-726,   2003年
  • 多発肝転移を伴う膵癌に対し術後動注化学療法にて良好なQOLの得られた1例., 癌と化学療法, 31/11,1832-1834,   2004年
  • 大腸検査前処置が発症の誘因と考えられた虚血性直腸炎の1例., 66/2,432-436,   2005年
  • S状結腸癌術後に発症した血球貧食症候群の1例., 66/6,1379-1383,   2005年
  • 膵癌とサイトプロテクション., /,6-161,   2006年

競争的資金

  • 臨床応用を目的とした膵癌におけるオメガ3不飽和脂肪酸の抗血管新生効果の検討,   2018年04月 - 2021年03月, 林祐一
  • ポリフェノールによるBcl-xLに対する作用機序の解明と新たながん治療法の開発 ,   2017年04月 - 2020年03月, 髙橋 広城
  • 癌関連線維芽細胞中のシグナル阻害による抗腫瘍効果 ,   2016年04月 - 2019年03月, 原賢康
  • 臨床応用を目的とした膵癌血管新生におけるPKDシグナルの分子生物学的役割の検討 ,   2013年04月 - 2016年03月, 松尾洋一
  • 膵臓癌におけるBcl-xLとMcl-1の機能解明とsiRNAを用いた臨床応用 ,   2012年04月 - 2015年03月, 髙橋 広城
  • 臨床応用を目的とした膵癌におけるLipocalin-2の分子生物学的役割の検討 ,   2011年 - 2013年, 竹山廣光
  • 癌-間質相互作用からみた膵癌脈管新生の分子生物学的解明,   2007年 - 2008年
  • 進行直腸癌における細胞接着分子を標的とした転移・浸潤機構の解明と制御 ,   2006年 - 2007年, 佐藤幹則
  • 膵癌におけるシグナル伝達からの神経浸潤機構の解明と治療への応用 ,   2005年 - 2006年, 髙橋 広城


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.