研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

安藤 究アンドウ キワム

所属部署人間文化研究科社会と協働分野(ジェンダー・人権・福祉)
職名教授
メールアドレスandohum.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/06/01

研究者基本情報

学位

  • 上智大学大学院文学研究科社会学専攻 満期退学/修士(文学)・博士(社会学)

所属学協会

  • 日本社会学会
  • 日本家族社会学会
  • 関東社会学会
  • 東海社会学会
  • American Sociological Association
  • International Sociological Association

研究活動情報

研究キーワード

    エイジング, ライフコース, 発達

論文

  • 「教育から職業へ」の移行パターンに対する態度と離家・結婚に関する年齢規範意識, 東海社会学会年報, 7, 100 - 114,   2015年
  • 祖父母の親役割代替経験の認識と家族変動 -祖父母性と専業主婦化の揺らぎの影響-, 『名古屋市立大学大学院 人間文化研究』, 15, 17 - 39,   2011年
  • Grandparenthood: Crossroads between Gender and Aging., International Journal of Japanese Sociology, 14, ,32 - 51,   2005年
  • 祖親性(Grandparenthood)の国際比較における課題, 福祉社会学部論集, 第20巻第2号 , .1 - 15,   2001年
  • 祖親性(Grandparenthood)における時間の次元?ライフコース視点からの接近, 社会学部論集, 第18巻第2号 , .1 - 25,   1999年
  • 人口学的変動とライフコース-成熟の社会的装置としての「標準的文化的時刻表」をめぐって?, 社会学部論集, 第18巻第1号 , 39 - 64,   1999年
  • 大都市高齢女性の祖母性, 総合都市研究, 45 , .97 - 116,   1992年
  • 祖親性(Grandparenthood)における共同制作の次元?ライフコース視点からの接近, 社会学論集(上智大学), 15 , 116 - 145,   1990年

書籍等出版物

  • 『祖父母であること』, 名古屋大学出版会,   2017年, 単著
  • 祖父母のタイプとライフスタイル, 吉田あけみ編『ライフスタイルからみたキャリア・デザイン』ミネルヴァ書房,   2014年, 分担執筆
  • ライフコースの変容と「祖父母であること」, 松信ひろみ編『近代家族のゆらぎと新しい家族のかたち』,   2012年, 分担執筆
  • 生命保険エージェントの女性化に関する試論 -ライフコース・ネットワーク・ジェンダーの観点から, 渡辺深編『新しい経済社会学』上智大学出版,   2008年, 分担執筆
  • アダルト・チルドレン言説の 『意図せざる結果』, 小谷敏編 『子ども論を読む』 世界思想社,   2003年, 分担執筆
  • 「祖母であること」の変容の可能性-鹿児島市の場合, 鹿児島国際大学附属地域総合研究所編『時代転換の諸断層』日本経済評論社,   2003年, 分担執筆
  • 序説:家族をめぐる秩序と生命保険-家族・ライフコースの変容の指標としての生命保険, 鹿児島国際大学附属地域総合研究所編 『近代秩序への接近?制度と心性の諸断面』 日本経済評論社,   1999年, 分担執筆
  • 成熟の社会的文脈と「大衆長寿」社会, 張江洋直・井出裕久・佐野正彦編『ソシオロジカル・クエスト』白菁社,   1997年, 分担執筆
  • 新しい祖母の誕生?-?祖父母のスタイルの変容の可能性について, 森岡清志・中林一樹編『変容する高齢者像?大都市高齢者のライフスタイル』日本評論社,   1994年, 分担執筆

講演・口頭発表等

  • Grandparenthood under Family and Welfare Policy Changes in Post-war Japan: Gender Differences in the Conflict between "Not Interfering" Norm and the Traditional Japanese Stem Family Values, XVIII the International Sociological Association World Congress of Sociology,   2014年
  • 家族変動と『死の商品化』の国際比較に向けて-日本とトルコの場合-, 東海社会学会,   2013年
  • ジェンダーと『死の商品化』について-家族変動・パーソナルネットワーク・信頼の観点から- , 日本社会学会,   2013年
  • Dealing with Death through the Market:The Development of the Life Insurance Industry Embeddedin Post-war Japanese Family and Life Course Changes, WORKSHOP ON EMBEDDEDNESS AND EMBEDDING,   2012年
  • 祖父母期への移行と人生の主観的経過速度:移行のタイミングとジェンダー化されたライフコースの影響, 東海社会学会大会,   2011年
  • Grandparenthood in Japan, XVII the International Sociological Association World Congress of Sociology,   2010年

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 「近代」の文化財―<産業遺産>の保存と継承」をテーマとした講演会・シンポジウムの企画立案を行った。, 大学,   2012年11月24日 - 2012年11月24日, 現代社会の礎を作ったにもかかわらず、これまで文化財と位置付けられることが少なかった工場跡地や製造機器などのいわゆる〈産業遺産〉の意義、並びに保存と継承、活用方法をテーマとした。製造業に支えられ、貴重な〈産業遺産〉の残る名古屋・中京地区で、大学は地域や博物館と連携しながら何をすべきかを、基調講演とシンポジウムを通して、来場者とともに考えた。
  • 中日新聞からの依頼で、「『大衆長寿社会』における祖父母」について寄稿した。, 民間企業,   2012年11月09日 - 2012年11月09日, 大衆長寿社会における祖父母という経験の特殊性を、祖父母と高齢者の概念上の混同を例に解説(「お祖母さん」は「お婆さん」ではない)


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.