研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

大野 暁彦オオノ アキヒコ

所属部署芸術工学研究科建築都市領域
職名講師
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/08/02

研究者基本情報

学歴

  •  - 2014年, 千葉大学, 園芸学研究科
  •  - 2009年, 千葉大学, 園芸学研究科
  •  - 2007年, 千葉大学, 園芸学部, 緑地・環境学科
  •  - 2003年, 成蹊高等学校

学位

  • 博士(農学), 千葉大学
  • 修士(農学), 千葉大学

所属学協会

  • 日本建築学会
  • 土木学会
  • 環境情報科学センター
  • 日本造園学会
  • japan landscape architects union

委員歴

  •   2015年 - 現在, 日本造園学会, 編集委員
  •   2012年 - 2013年, 日本造園学会, 国際委員

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 名古屋市立大学大学院, 芸術工学研究科, 講師
  •   2017年04月 - 現在, 中央大学, 理工学部, 兼任講師
  •   2016年04月 - 現在, ~ 早稲田大学芸術学校
  •   2015年04月 - 現在, ~ 武蔵野美術大学非常勤講師
  •   2015年04月 - 2017年03月,  中央大学理工学部都市環境学科助教
  •   2014年09月 - 2015年03月,  千葉大学大学院園芸学研究科博士研究員
  •   2009年09月 - 2010年08月,  文化庁新進芸術家海外研修制度平成21年度派遣生としてオランダに派遣研修

研究活動情報

研究分野

  • 農学, 園芸学・造園学

研究キーワード

    ランドスケープデザイン

論文

  • 韓国別墅における周辺山稜地形がつくりだす囲繞性の研究, 金 睿麟, 大野 暁彦, 章 俊華, 三谷 徹, ランドスケープ研究(オンライン論文集), 81, (5) 559 - 564,   2018年07月17日,

    This study aims to clarify the enclosing characteristics of topography around the Korean Byeol-Seo Garden through field survey and the GIS analysis. The field research and survey were carried out four times from 2014 to 2017 in 20 gardens. 20 of the gardens are found in Honam region. Through the Viewshed, Slope and Aspect analysis on the GIS, the following aspects are consequently observed on the 20 gardens. (1) The Byeol-Seo has a different viewshed area and landscape seen range depending on garden. 15 of 20 gardens have middle distance view as main view. (2) Almost Byeol-Seo has an importance on the foreground but Byeol-Seo has a different balance of the topographical characteristics on the left and right of the landscape seen. (3) 17 of 20 Byeol-Seo are located in front of the mountains and it is effective for creating enclosing characteristics. Although this study, about traditional gardens, it not only focuses on traditional meaning and philosophy of the gardens, but also involved quantitative analysis, to elucidate the spatial characteristics. This kind of analysis could be the basis of recognizing the morphological characteristics and the meaning of the spatial design of the traditional garden.

  • 自転車レーン設置が計画されている白山通り巣鴨地区における路上駐車の時空間変動, 谷下 雅義, 大野 暁彦, 交通工学研究発表会論文集, 37, 395 - 398,   2017年
  • パネル調査を用いたハイブリッド車の保有と利用の分析, 谷下 雅義, 大野 暁彦, 環境情報科学論文集, 31, (0) 201 - 206,   2017年,

    本研究では,国土交通省の世帯の乗用車保有・利用に関するパネル調査におけるパネル回答者データを利用して,ハイブリッド車の保有と利用の実態を把握した。その結果,1)世帯主年齢が高いほどハイブリッド車を保有する。2)ハイブリッド車を保有している世帯は走行距離が4%ほど長い。3)車種によらず走行距離は年齢とともに短くなる。また年齢の他に鉄道やバスのサービス水準が走行距離に大きな影響を与えている。そして4)走行距離が長い世帯ほどハイブリッド車に買換えやすいことなどを明らかにした。

  • 韓国別墅における地割の空間構成と形態要素の研究, 金 睿麟, 大野 暁彦, 章 俊華, 三谷 徹, ランドスケープ研究, 80, (5) 599 - 602,   2017年,

    This study aims to clarify the spatial composition and elements of traditional Korean Byeol-Seo Gardens through the field survey and the GIS analysis of topographical characteristics. The field research and survey were carried out on August and November in 2014 and November in 2015 at 9 gardens in Gwangju, Damyang region:MyunAngJeong, SongGangJeong, YeongGyeJeong, MoonIlJeong, KwanSooJeong, SikYoungJeong, HwanBuckDang, ChiGaJeong and MyuongOkHeon. Through creating the original contour maps by combining the field survey results with GIS data,the following aspects are consequently observed on the 9 gardens. (1) Byeol-Seo is considered to have spatial composition to be aware of the view from the Pavilion. (2) Topographical characteristics make spatial composition in Byeol-Seo and fall into two major categories. While prior researches focused on the meaning and philosophy of the gardens, this study, involving the quantitative analysis, elucidates the style of the spatial composition. This kind of analysis could be the basis of recognizing the morphological characteristics and the meaning of the spatial design of the traditional garden.

  • A Study on Landform Characteristics of the Surrounding Mountains and Garden Site of Korean Byeol-Seo Gardens, 11th International Symposium on Architectural Interchange in Asia, 640 - 643,   2016年09月
  • A study on revetment design of canals and gardens in Suzhou, China, 大野暁彦, 11th International Symposium on Architectural Interchange in Asia, 950 - 953,   2016年09月
  • 韓国別墅庭園からの可視領域分析による景観特性の研究, 金 睿麟, 大野 暁彦, 三谷 徹, 環境情報科学論文集, 29, (29) 37 - 42,   2015年11月
  • 韓国別墅庭園からの可視領域分析による景観特性の研究 , 金 睿麟, 大野 暁彦, 三谷 徹, 環境情報科学論文集, 29, (0) 37 - 42,   2015年11月, 本研究は,韓国別墅庭園からの眺望景観の特性を,可視領域の把握と分析を通して明らかにすることを目的とする。湖南地方の5 庭園に対し,現地調査,GIS 分析および景観シミュレーションを行い,庭園視点場の別墅建築主軸方向の可視領域とその景観の特性を定量的に分析する。その結果, 以下の知見を得る。(1) 既往研究が指摘する外園より広い可視領域が庭園景を形成する,(2) 景観特性要素の特徴から「山岳仰観型」と「平野俯瞰型」が認められる,(3) 山岳が重なり合い囲繞する山容景観が共通する特徴として認められる。以上の景観特性は別墅庭園において定量的に認められるものであり,この特性を与える可視領域の山容景観の保全が求められる。
  • ソーラー・デカスロン・ヨーロッパ2012へ向けたゼロエネルギー住宅の開発と施工, 田島翔太ほか5名, 日本建築学会 技術報告集, 20, (44) 197 - 202,   2014年02月, Chiba University has participated the international solar housing competition called Solar Decathlon Europe 2012. This paper reports the design process and construction result of the proposal called Omotenashi House. Chiba University has been designing a net-zero-energy and food self-sufficient model since 2011 including insulation system, landscape, structural planning, PV system, natural and artificial lightings, and active and passive systems. Finally Omotenashi House has been exported to and reassembled in Spain in 12 days, and measured its high energy efficiency and electrical balance with low VOC emissions.
  • 蘇州園林における池護岸と園林建築のデザインの相関性に関する研究, 大野暁彦・李可欣・章俊華・三谷徹, 日本造園学会誌, 76, (5) 497 - 500,   2013年05月, The aim of this research is revealing the spatial relationship between garden pavilions and design of the waterside in eight gardens of Suzhou registered as a World Heritage Sites. By analyzing the spatial patterns in the elevation of the waterside and pavilions, it tries to understand the pond design that is a united spatial vocabulary with the architectural character of pavilions. This spatial relationship is analyzed by constructing graphic of spatial patterns consisting of the elements surveyed in each garden through the field survey. Through the analyses of surveyed data, followings are observed; the pavilion primarily used for viewing the garden and for a rest is arranged with the waterside of natural-shaped rocks, and most of its foundation are combined with waterside by using natural-shaped rocks, and on the other hand, the pavilions for ceremonies and meetings have the waterside with artificial cut stones. This study concludes not only the importance of considering pavilions as a united set with the landscape design of the shore, but also morphological relationship of pavilions with the design of the waterside. Thus, its shape of the foundation is combined with waterside and has strong influence on whole shape and landscape characteristics of the pond.
  • 蘇州園林における池護岸と園林建築のデザインの相関性に関する研究 (平成25年度日本造園学会全国大会研究発表論文集(31)), 大野 暁彦, 李 可欣, 章 俊華, ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture, 76, (5) 497 - 500,   2013年03月
  • 群馬県甘楽郡甘楽町小幡における都市水路網の分水機構と庭園泉水意匠の関係に関する研究, 大野暁彦・三谷徹, 環境情報科学学術研究論文集, 26, (26) 387 - 392,   2012年12月, 本研究は、都市水路網の機構と庭園泉水との間にある相互関係の把握を目的とし、群馬県甘楽町小幡を対象に分水機構および泉水の意匠に関して調査分析する。古地図や文献と測量データをもとに水路網関係図を作成し、水路網と泉水の意匠との関係を分析する。その結果、以下の知見が得られる。(1)水路網の約7割は私邸内を通過し、効率的な配水に寄与する。(2)私邸内への導水と分水機構が対になり、水路網への影響を低減している。(3)私邸内でも水路は分水し、泉水の機能と意匠の多様化をもたらす。(4)分水機構が微地形と慎重に組み合わされ、泉水の意匠に利している。以上より、泉水の保全には接続する水路網との一体的な保全が求められる。
  • A Study on the Spatial Composition between Garden Architectures and Garden Ponds in Suzhou, China, Akihiko ONO,Kexin LI'Junhua ZHANG, Toru MITANI, the 13th International symposium of landscape architecture, Korea, China and Japan, 49 - 53,   2012年09月
  • A study on the relationship between the topography and gardens in Edo, Akihiko ONO, Toru MITANI, UIA2011TOKYO Academic Program, 103 - 108,   2010年09月

MISC

  • 造園職・造園業界へのエール (特集 ランドスケープの仕事) -- (ランドスケープの仕事の現状), 村尾 公一, 大野 暁彦, 竹内 智子, ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture, 79, (4) 310 - 314,   2016年01月
  • 造園職・造園業界へのエール (特集 ランドスケープの仕事), 村尾 公一 , 大野 暁彦 , 竹内 智子, ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌, 79, (4) 310 - 314,   2016年01月
  • ランドスケープの仕事の現在形 (特集 ランドスケープの仕事) -- (ランドスケープの仕事の現在形 : 座談会), 大野 暁彦, 片桐 由希子, 近藤 卓, ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture, 79, (4) 347 - 351,   2016年01月
  • ランドスケープの仕事の現在形 (特集 ランドスケープの仕事), 大野 暁彦 , 片桐 由希子 , 近藤 卓, ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌, 79, (4) 347 - 351,   2016年01月
  • 調布保谷線(調布・三鷹区間)における既存樹木を利用した街路樹整備事業の特徴, 富樫 大輝, 大野 暁彦, 谷下 雅義, 環境情報科学論文集, 30, (0) 7 - 12,   2016年,

    本研究では,既存樹木を利用した街路樹整備の特徴について,調布保谷線(調布・三鷹区間)を対象に,それぞれの樹木の事業前所有形態に着目して調査,分析を行った。その結果, 1)8 地点13 種74 本の既存樹木が保全されたこと,そのうち12 種43 本は事業前所有形態が民有であり,多種な樹種構成の街路樹整備が行われていること,2)保全が行われた背景として背景として,住民による詳細な樹木調査に基づく樹木保全の要請,住民と行政の協議組織づくり,行政による道路断面の構成の配慮が行われたこと,を明らかにした。

  • 紹介:惣誉酒造, 新建築,   2015年10月
  • 随筆:Apoptosism, 建築ノート No.10,   2014年03月
  • 紹介:千葉大学ゐのはな同窓会館, 新建築2014年10月号,   2014年10月
  • 紹介:千葉大学コミュニケーションプラザ, 大野暁彦, JA, 98,   2015年06月
  • 紹介:サマースタジオ2012, ランドスケープデザインNo.89,   2013年04月
  • 紹介:おもてなしハウス 試作棟, 新建築2012年6月号,   2012年06月
  • 紹介:深大寺東の家, 住宅特集2012年3月号,   2012年03月
  • 痕跡図, 松戸アートラインプロジェクト2010 カタログ,   2010年11月

書籍等出版物

  • 日本の美しい庭園図鑑, 大野暁彦、鈴木弘樹, 共著, エクスナレッジ,   2017年03月
  • 世界の美しい庭園図鑑, 大野暁彦、鈴木弘樹, 監修, エクスナレッジ,   2016年03月

講演・口頭発表等

  • Infrastructural Landscape, グローバル化社会において世界で活躍するランドスケープアーキテクト,   2015年
  • Garden to Structure, IFLA Japan 報告会,   2014年

作品

  • 玉川上水・分水網の構成と関連遺構に関する調査,   2015年04月

受賞

  •   2016年, 国土交通大臣賞
  •   2016年, ISAIA Academic Session Award

競争的資金

  • 東アジアのグリーンインフラ研究ー玉川上水網沿川緑地の利用形態とリ・デザイン, 文部科学省および日本学術振興会, 科学研究費助成事業,   2017年04月, 大野 暁彦
  • アジア庭園基礎研究3ーベトナム民家庭園における自然観の表現と空間形態に関する研究, 文部科学省および日本学術振興会, 科学研究費助成事業,   2017年, 三谷 徹

教育活動情報

担当経験のある科目

  • ランドスケープ特論, 名古屋市立大学大学院
  • ランドスケープ論, 早稲田大学芸術学校
  • ランドスケープ論, 名古屋市立大学
  • 空間設計実習, 中央大学
  • 空間デザイン演習, 中央大学
  • 中央大学, 機能とデザイン演習
  • 人間と自然8, 名古屋市立大学
  • 中央大学, 測量実習
  • ランドスケープデザイン近代史, 武蔵野美術大学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.