研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

酒々井 眞澄スズイ マスミ

所属部署医学研究科分子毒性学分野, 学長・副学長等
職名教授
メールアドレスsuzuimed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURLhttp://www.med.nagoya-cu.ac.jp/moltox.dir/index.html
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

学歴

  •  - 1986年, 岐阜薬科大学, 薬学部, 製造薬学科
  •  - 1992年, 岐阜大学, 医学部, 医学科

学位

  • 岐阜大学大学院医学研究科形態系専攻/博士(医学)

所属学協会

  • 日本がん予防学会
  • 日本癌学会
  • 日本病理学会
  • 日本臨床細胞学会
  • 日本医師会
  • 日本臨床検査医学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本内視鏡学会
  • 米国癌学会
  • 日本毒性病理学会
  • 日本薬学会
  • 日本毒性学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 情報計算化学生物学会

委員歴

  • 内閣府食品安全委員会専門委員 (2010~)
  • 日本毒性学会評議員 (2013~)
  • 日本毒性病理学会評議員 (2016~)
  • 日本がん予防学会評議員 (2014~)
  • JTS査読委員 (2008~)

経歴

  • 1996.3 国立がんセンター研究所発がん研究部リサーチレジデント
  • 1998.2 医薬品機構派遣研究員・派遣先国立がんセンター研究所発がん研究部
  • 1998.4 岐阜大学医学部付属病院第1内科医員
  • 1999.1 国立がんセンター研究所生化学部任意研修医師
  • 1999.4 米国コロンビア大学医学部博士研究員
  • 2002.7 琉球大学大学院医学研究科助教授 (准教授)
  • 2006.4 岐阜薬科大学教授
  • 2010.4 名古屋市立大学大学院医学研究科教授

研究活動情報

研究分野

  • 生体分子科学, ケミカルバイオロジー
  • 腫瘍学, 腫瘍治療学
  • 薬学, 創薬化学
  • 薬学, 環境・衛生系薬学
  • 基礎医学, 病態医化学
  • 境界医学, 病態検査学

研究キーワード

    安全性評価, 発がん, 抗がん剤

論文

  • Persistent Pleural Lesions and Inflammation by Pulmonary Exposure of Multiwalled Carbon Nanotubes., Liao D, Wang Q, He J, Alexander DB, Abdelgied M, El-Gazzar AM, Futakuchi M, Suzui M, Kanno J, Hirose A, Xu J, Tsuda H, Chem Res Toxicol,   2018年09月, 査読有り
  • Therapeutic and Preventive Effects of Osteoclastogenesis Inhibitory Factor on Osteolysis, Proliferation of Mammary Tumor Cell and Induction of Cancer Stem Cells in the Bone Microenvironment., Futakuchi M, Nitanda T, Ando S, Matsumoto H, Yoshimoto E, Fukamachi K, Suzui M, Int J Mol Sci, 19, (3) ,   2018年03月, 査読有り
  • Lethal chronotoxicity induced by seven metal compounds in mice., Yoshioka H, Nonogaki T, Shinohara Y, Suzui M, Mori Y, Hwang GW, Ohtani K, Miura N, J Toxicol Sci, 43, (2) 129 - 134,   2018年, 査読有り
  • In vivo 18F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography/computed tomography imaging of pancreatic tumors in a transgenic rat model carrying the human KrasG12V oncogene., Shibata K, Fukamachi K, Tsuji A, Saga T, Futakuchi M, Nagino M, Tsuda H, Suzui M., Oncol Lett, 9, (5) 2112 - 2118,   2015年05月, 査読有り
  • C5a inhibitor protects ischemia/reperfusion injury in rat small intestine., Tuboly E, Futakuchi M, Varga G, Erces D, Tokes T, Meszaros A, Kaszaki J, Suzui M, Imai M, Okada A, Okada N, Boros M, Okada H., Microbiol Immunol, 60, (1) 35 - 46,   2016年01月, 査読有り
  • Heterogeneity of tumor cells in the bone microenvironment: mechanisms and therapeutic targets for bone metastasis of prostate or breast cancer., Futakuchi M, Fukamachi K, Suzui M., Adv Drug Deliv Rev, 99, (Pt B) 206 - 11,   2016年04月, 査読有り
  • Multiwalled carbon nanotubes intratracheally instilletd into the rat lung induce development of pleural malignant mesothelioma and lung tumors., Suzui M, Futakuchi M, Fukamachi K, Numano T, Abd Elgied M, Takahashi S, Ohnishi M, Omori T, Tsuruoka S, Hirose A, Kanno J, Sakamoto Y, Alexander DB, Xu J, Tsuda H., Cancer Sci., 107, (7) 924 - 35,   2016年07月, 査読有り
  • Bioengineered silkworms with butterfly cytotoxin-modified silk glands produce sericin cocoons with a utility for a new biomaterial., Otsuki R, Yamamoto M, Matsumoto E, Iwamoto SI, Sezutsu H, Suzui M, Takaki K, Wakabayashi K, Mori H, Kotani E, Proc Natl Acad Sci U S A, 114, (26) 6740 - 6745,   2017年06月, 査読有り
  • Chemokine (C-C motif) ligand 3 detection in the serum of persons exposed to asbestos: A patient-based study., Xu J, Alexander DB, Iigo M, Hamano H, Takahashi S, Yokoyama T, Kato M, Usami I, Tokuyama T, Tsutsumi M, Tamura M, Oguri T, Niimi A, Hayashi Y, Yokoyama Y, Tonegawa K, Fukamachi K, Futakuchi M, Sakai Y, Suzui M, Kamijima M, Hisanaga N, Omori T, Hirose A, Kanno J, Nakae D, Tsuda H, Cancer Sci, 106, (7) 825 - 832,   2015年07月, 査読有り
  • Rat N-ERC/mesothelin as a marker for in vivo screening of drugs against pancreas cancer., Fukamachi K, Iigo M, Hagiwara Y, Shibata K, Futakuchi M, Alexander DB, Hino O, Suzui M, Tsuda H, PLoS One, 9, (10) ,   2014年, 査読有り
  • A novel transgenic mouse model carrying human tribbles related protein 3 (TRB3) gene and its site specific phenotype., Sakai Y, Fukamachi K, Futakuchi M, Miyoshi I, Tsuda H, Suzui M, Hayashi H., Biol Pharm Bull, 37, (6) 1068 - 1074,   2014年
  • Inhibition of polyp growth by oral ingestion of bovine lactferrin and immune cells in the large intestine., Iigo M, Alexander DB, Xu J, Futakuchi M, Suzui M, Kozu T, Akasu T, Saito D, Kakizoe T, Yamauchi K, Abe F, Takase M, Sekine K, Tsuda H., Biometals, 27, (5) 1017 - 1029,   2014年
  • Size- and shape-dependent pleural translocation, deposition, fibrogenesis, and mesothelial proliferation by multiwalled carbon nanotubes., Xu J, Alexander DB, Futakuchi M, Numano T, Fukamachi K, Suzui M, Omori T, Kanno J, Hirose A, Tsuda H, Cancer Sci, 105, (7) 763 - 769,   2014年
  • Comparative study of toxic effects of anatase and rutile type nanosized titanium dioxide particles in vivo and in vitro., Nunamo T, Xu J, Futakuchi M, Alexander DB, Furukawa F, Kanno J, Hirose A, Tsuda H, Suzui M., Asian Pac J Cancer Prev, 15, (2) 929 - 935,   2014年
  • Nanosized zinc oxide particles do not promote DHPN-induced lung carcinogenesis but cause reversible epithelial hyperplasia of terminal bronchioles., Xu J, Futakuchi M, Alexander DB, Fukamachi K, Numano T, Suzui M, Shimizu H, Omori T, Kanno J, Hirose A, Tsuda H., Arch Toxicol, 88, (1) 65 - 75,   2014年
  • Colon preneoplastic lesions in animal models., Suzui M, Morioka T, Yoshimi N., J Toxicol Pathol, 26, (4) 335 - 341,   2013年
  • Twenty-one proteins up-regulated in human H-ras oncogene transgenic rat pancreas cancers are up-regulated in human pancreas cancer., Yabushita S, Fukamachi K, Kikuchi F, Ozaki M,Miyata K, Sukata T, Duguchi Y, Tanaka H, Kakehashi A, Kawamura S, Uwagawa S, Wanibuchi H, Suzui M, Alexander DB, Tsuda H., Pancreas, 42, (6) 1034 - 1039,   2013年
  • Promotive effects of cell proliferation and chromosomal instability induced tribbles-related protein 3 in mouse mammary tumor cells., Sakai Y, Fukamachi K, Futakuchi M, Hayashi H, Suzui M., Oncol Rep, 30, (1) 64 - 70,   2013年
  • Metabolomic and transcriptomic profiling of human K-ras oncogene transgenic rats with pancreaticductal adenocarcinomas., Yabushita S, Fukamachi K, Tanaka H, Fukuda T, Sumida K, Deguchi Y, Mikata K, Nishioka K, Kawamura S, Uwagawa S, Suzui M, Alexander D, Tsuda H., Carcinogenecis, 34, (6) 1251 - 1259,   2013年
  • A novel reporter rat strain that expresses LacZ upon Cre-mediated recombination., Fukamachi K, Tanaka H, Sakai Y, Alexander DB, Futakuchi M, Tsuda H, Suzui M., Genesis, 51, (4) 268 - 274,   2013年
  • Somatic evolution of head and neck cancer-biological robustness and latent vulnerability., Masuda M, Toh S, Wakasaki T, Suzui M, Joe AK., Mol Oncol, 7, (1) 14 - 28,   2012年
  • Multi-walled carbon nanotubes translocate into the pleural cavity and induce visceral mesothelial proliferation in rats., Xu J, Futakuchi M, Shimizu H, Alexander DB, Yanagihara K, Fukamachi K, Suzui M, Kanno J, HiroseA, Ogata A, Sakamoto Y, Nakae D, Omori T, Tsuda H., Cancer Sci, 103, (12) 2045 - 2050,   2012年
  • Lactoferrin: an alternative view of its role in human biological fluids., Alexander DB, Iigo M, Yamauchi K, Suzui M, Tsuda H., Biochem Cell Biol, 90, (3) 279 - 306,   2012年
  • Circulating MicroRNAs in Serum of Human K-rasOncogene Transgenic Rats With Pancreatic Ductal Adenocarcinomas, Yabushita S, Fukamachi K, Tanaka H, Sumida K, Deguchi Y, Sukata T, Kawamura S, Uwagawa S, Suzui M, Tsuda H., Pancreas, 41, (7) 1013 - 1018,   2012年
  • Lack of promoting effect of titanium dioxide particles on chemically-induced skin carcinogenesis in rats and mice., Sagawa Y, Futakuchi M, Xu J, Fukamachi K, Sakai Y, Ikarashi Y, Nishimura T, Suzui M, Tsuda H, Morita A., J Toxicol Sci, 37, (2) 317 - 327,   2012年
  • Lack of promoting effect of titanium dioxide particles on ultraviolet B-initiated skin carcinogenesis in rats., Xu J, Sagawa Y, Futakuchi M, Fukamachi K, AlexanderDB, Furukawa F, Tamano S, Ikarashi Y, Uchino T, Nishimura T, Morita A, Suzui M, Tsuda H., Food Chem Toxicol, 49, (6) 1298 - 1302,   2011年
  • Enhancement oftongue carcinogenesis in Hras128 transgenic rats treated with 4-nitroquinoline 1-oxide., Naoi K, Sunagawa N, Morioka T, Nakashima M, Ishihara M, Fukamachi K, Itoh Y, Tsuda H, Yoshimi N, Suzui M., Oncol Rep, 23, (2) 337 - 344,   2010年
  • Stat3 orchestrates tumor development and progression: the Achilles' heel of head and neck cancers?, Masuda M, Wakasaki T, Suzui M,Toh S, Joe AK, Weinstein IB., Curr Cancer Drug Targets, 10, (1) 117 - 126,   2010年
  • Pharmaceutical interventions facilitate premedication and prevent opioid-induced constipation and emesis in cancer patients., Ishihara M, Iihara H, Okayasu S, Yasuda K, Matsuura K, Suzui M, Itoh Y., Support Care Cancer, 18, (12) 1531 - 1538,   2010年
  • Protein kinase C isinhibited by bisphosphonates in prostate cancere PC-3 cells., Tatsuda Y, Iguchi K, Usui S, Suzui M, Hirano K., Eur J Pharmacol, 627, (1-3) 348 - 353,   2010年

書籍等出版物

  • 天然脂肪酸をリードとする抗がん薬, 化学工業,   2015年
  • Series モデル動物利用マニュアル, (株)エル・アイ・シー,   2012年
  • はじめの一歩のイラスト病理学, 羊土社,   2012年
  • ラクトフェリン2011, (株)日本医学館,   2011年
  • 肥満と糖尿病, 丹水社,   2011年

講演・口頭発表等

  • 天然脂肪酸を由来とする新規抗がん物質の作用機序解析, 安藤 さえこ、深町 勝巳、松本 晴年、酒々井 眞澄, 第77回日本癌学会学術総会,   2018年09月27日
  • 脂肪酸をリードとする抗がん物質の創薬, 安藤 さえこ、松本 晴年、深町 勝巳、吉見 直己、酒々井 眞澄, 平成30年度「先端モデル動物支援プラットフォーム」若手支援技術講習会,   2018年09月06日
  • 脂肪酸をリードとする抗がん物質の創薬, 安藤 さえこ、松本 晴年、深町 勝巳、吉見 直己、酒々井 眞澄, 第33回発癌病理研究会,   2018年08月31日
  • 新規ピペリジノピぺリジンの抗がん効果と作用メカニズムの解析, 安藤 さえこ、深町 勝巳、松本 晴年、酒々井 眞澄, 第64回日本薬学会等科支部,   2018年06月30日
  • パルミトイルピペリジノピぺリジンの抗がん効果発現機序, 安藤 さえこ、松本 晴年、深町 勝巳、二口 充、酒々井 眞澄, 第25回日本がん予防学会総会,   2018年06月28日
  • 植物芭蕉(バショウ、Musa basjoo)の葉抽出物のin vitroおよびvivoにおける大腸がん細胞に対する増殖抑制効果, 松本 晴年、木村 和哲、酒々井 眞澄, 日本薬学会第138年会,   2018年03月26日
  • 新規抗がん物質パルミトイルピペリジノピぺリジンのIn vitroおよびvivo抗がん効果, 安藤 さえこ、松本 晴年、深町 勝巳、酒々井 眞澄, 日本薬学会第138年会,   2018年03月26日
  • カドミウムを用いた時間毒性学の検討〜組織学的検討を中心とした感受性時刻差の解析〜, 吉岡 弘毅、野々垣 常正、市丸 嘉、大谷 勝己、酒々井 眞澄、三浦 伸彦, 第34回日本毒性病理学会総会及び学術集会,   2018年01月25日
  • 植物芭蕉(バショウ、Musa basjoo)の葉抽出物のヒト大腸がん細胞に対する殺細胞効果, 松本 晴年、安藤 さえこ、深町 勝巳、二口 充、吉見 直己、酒々井 眞澄, 第34回日本毒性病理学会総会及び学術集会,   2018年01月25日
  • 膵がん血清診断マーカーの探索, 深町 勝巳、二口 充、津田 洋幸、酒々井 眞澄, 第34回日本毒性病理学会総会及び学術集会,   2018年01月25日
  • パルミトイルピペリジノピぺリジンの毒性影響および抗がん効果発現機序, 安藤 さえこ、松本 晴年、深町 勝巳、二口 充、吉見 直己、酒々井 眞澄, 第34回日本毒性病理学会総会及び学術集会,   2018年01月25日
  • 植物芭蕉(Musa basjoo)葉抽出物のヒト大腸がん細胞増殖抑制効果, 松本 晴年、安藤 さえこ、深町 勝巳、二口 充、酒々井 眞澄, 第76回日本癌学会学術総会,   2017年09月29日
  • 新規抗がん物質パルミトイルピペリジノピぺリジンの抗がん活性, 安藤 さえこ、松本 晴年、深町 勝巳、二口 充、酒々井 眞澄, 第76回日本癌学会学術総会,   2017年09月28日
  • 新規抗がん物質パルミトイルピペリジノピぺリジンのIn vitroおよびvivo抗がん活性, 安藤 さえこ、松本 晴年、深町 勝巳、二口 充、酒々井 眞澄, 平成29年度「先端モデル動物支援プラットフォーム」若手支援技術講習会,   2017年09月08日
  • A new anticancer agent derived from decenoic acid for the treatment of colon cancer, S. Ando, H. Matsumoto, K. Fukamachi, M. Futakuchi, N. Yoshimi, M. Suzui, 第32回発癌病理研究会,   2017年08月25日
  • 多層カーボンナノチューブの腫瘍発生プロファイル, 第31回日本毒性病理学会総会及び学術集会,   2015年
  • 新規大腸がん治療薬パルミトイルピペリジン誘導体の開発, 第74回日本癌学会学術総会,   2015年
  • ラット肺におけるナノチューブの発がんプロファイル, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年
  • カーボンナノチューブの中皮腫発がんプロファイル, 第41回日本毒性学会学術年会,   2014年
  • 蜂産品由来デセン酸誘導体の抗がん効果, アカデミアからの抗がん剤創薬に向けて天然物の有効利用,   2014年
  • パルミチン酸誘導体のインビトロおよびインビボ抗がん効果の検証, 日本薬学会第133年会,   2014年
  • 多層カーボンナノチューブの肺内投与による中皮腫発生プロファイル, 第30回日本毒性病理学会,   2013年
  • MWCNT translocate from the lung to the pleural cavity and cause mesothelial proliferation, 6th International Symposium on Nanotechnology, Occupational and Environmental Health,   2013年
  • パルミチン酸誘導体の抗がん効果, 第72回日本癌学会学術総会,   2013年
  • 新規パルミチン酸誘導体の抗がん効果, 第20回日本がん予防学会,   2013年
  • Inflammation profile and gene expression status induced by intratracheal instillation of the multiwall carbon nanotube into rat lung, The XIII International Congress of Toxicology 2013,   2013年
  • 多層カーボンナノチューブのラット肺ばく露に伴う炎症プロファイルと遺伝子発現特性, 第40回日本毒性学会学術年会,   2013年
  • Evaluation of carcinogenic effect of multiwall carbon nanotubes on the rat lung at 2 and 52 weeks after pulmonary instillation, American Association for Cancer Research Annual Meetting,   2013年
  • パルミチン酸誘導体のインビトロおよびインビボ抗がん効果の検証, 日本薬学会第133年会,   2013年
  • パルミチン酸誘導体の抗がん効果の検証, 個体レベルのがん研究による相乗効果,   2013年
  • 多層カーボンナノチューブの肺ばく露2週間および52週間経過後の影響, 第29回日本毒性病理学会総会,   2013年
  • 新規パルミチン酸誘導体のin vitroおよびin vivo抗がん活性, 第71回癌学会学術総会,   2012年
  • カーボンナノ材料の肺障害性の検討, 第27回発癌病理研究会,   2012年
  • 長さの異なる多層カーボンナノチューブの肺組織、細胞増殖および遺伝子発現への影響, 第39回日本毒性学会学術年会,   2012年
  • 定量的構造活性相関によるパルミチン酸誘導体の抗がん活性スクリーニング, 第19回日本がん予防学会,   2012年
  • 食品中に含まれる脂肪酸の健康への影響評価とパルミチン酸をリード化合物とする抗がん剤開発, 油化学セミナー,   2012年
  • 多層カーボンナノチューブ(CNT)の肺組織、細胞増殖および遺伝子発現への影響解析, 第28回日本毒性病理学会総会,   2012年
  • 新規抗がん剤パルミチン酸ピペリジンの2週間急性毒性試験, 個体レベルのがん研究のパラダイム,   2012年
  • 定量的構造活性相関による新規抗がん剤パルミチン酸誘導体のファルマコホア抽出, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年
  • グリシドール脂肪酸エステルのインシリコ結合性解析とHPLC/MS分析, 第38回日本トキシコロジー学会学術年会,   2011年
  • 定量的構造活性相関による新規抗がん剤パルミチン酸アミド体のファルマコホア抽出, がん予防大会,   2011年
  • Acyclic retinoid inhibits colon carcinogensis, 個体レベルのがん研究の魅力,   2011年
  • DAG植物油とグリシドール脂肪酸エステルのラット乳腺発がんへの影響, 第27回日本毒性病理学会,   2011年
  • Rasトランスジェニックラットを用いた膵がんモデル構築, 第21回日本消化器癌発生学会総会,   2010年
  • 新規化合物パルミチン酸アミド体によるヒト大腸がん細胞の増殖抑制効果, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年
  • DAG食用油とグリシドール脂肪酸エステルのラット乳腺発がんへの影響, 第25回発癌病理研究会,   2010年
  • プロポリスのヒト大腸がん細胞株に対する増殖抑制効果, がん予防学術大会,   2010年
  • ジアシルグリセロール誘発Hras128ラット乳腺腫瘍におけるPKC発現の増加, 第37回日本トキシコロジー学会学術年会,   2010年
  • Increased PKC expression in diacylglycerol- induced mammary carcinogensis in the human c-Haras proto-oncogene transgenic rat, 101st Annual Meeting of Ammerican Association for Cancer Research,   2010年

特許

  • 抗がん剤, 特願 2015-070424
  • 抗がん剤, 第5597427号
  • 抗がん剤, 第5237884号

受賞

  •   2010年, 第21回日本消化器癌発生学会総会 優秀ポスター賞

競争的資金

  • 脂肪酸パルミチン酸アミド体を使った大腸がん分子標的療法の開発, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 酒々井眞澄, 創薬、ケミカルバイオロジー
  • カーボンナノマテリアルによる肺障害と発がん作用の中期評価法とその作用の分子機序解析法の開発に関する研究, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 津田洋幸, 化学物質リスク研究事業
  • パルミチン酸誘導体を使った大腸がん前臨床試験への展開, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 酒々井眞澄
  • カーボンおよび金属ナノマテリアルによる肺および全身臓器障害と発がん作用の機序解析とそれに基づく中期検索法の開発に関する研究, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 津田洋幸

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 内閣府食品安全委員会専門委員, 行政,   2012年04月01日 - 2013年03月31日, 審査に係る専門委員を務めた。
  • 健康科学講座 オープンカレッジ コーディネーター, 大学,   2012年06月01日 - 2012年07月20日, 健康科学講座 オープンカレッジのコーディネーターを務めた。
  • 薬剤師生涯学習講座にて講演, 大学,   2012年08月25日 - 2012年08月25日, 講演「がんの発生機序と薬物治療」を行った。
  • 瑞穂生涯学習センター女性セミナーにて講演, 行政,   2012年06月07日 - 2012年06月07日, 講演「がんのお話-最新のがん治療とがん予防のポイント」を行った。
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班での山岳治療, 大学,   2012年07月29日 - 2012年08月01日, 山岳診療を行った。
  • 教科書の執筆, 民間企業,   2012年11月20日 - 2012年11月20日, はじめの一歩のイラスト病理学の「第8章環境因子・栄養」を執筆した。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.