研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

川口 洋平カワグチ ヨウヘイ

所属部署医学研究科分子神経生物学分野
職名助教
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/09/19

研究者基本情報

学歴

  • 2013年04月 - 2018年03月, 名古屋市立大学, 大学院医学研究科, 博士課程
  • 2000年04月 - 2006年03月, 名古屋市立大学 , 医学部

学位

  • 博士(医学), 名古屋市立大学

所属学協会

  • 日本マイクロサージャリー学会
  • 日本手外科学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本整形外科学会

経歴

  •   2018年04月 - 現在, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 分子神経生物学, 助教
  •   2013年04月 - 2018年03月, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 整形外科, 臨床研究医
  •   2010年04月 - 2013年03月, 国立病院機構静岡医療センター, 整形外科, 医師
  •   2006年04月 - 2010年03月, 豊川市民病院, 整形外科, 医師

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 整形外科学, 関節リウマチ
  • 外科系臨床医学, 整形外科学, 手外科

研究キーワード

    手外科, 関節リウマチ

論文

  • The Janus kinase inhibitor tofacitinib inhibits TNF-α-induced gliostatin expression in rheumatoid fibroblast-like synoviocytes., Kawaguchi Y, Waguri-Nagaya Y, Tatematsu N, Oguri Y, Kobayashi M, Nozaki M, Asai K, Aoyama M, Otsuka T, Clinical and experimental rheumatology, 36, (4) 559 - 567,   2018年07月, 査読有り
  • Mithramycin has inhibitory effects on gliostatin and matrix metalloproteinase expression induced by gliostatin in rheumatoid fibroblast-like synoviocytes., Tatematsu N, Waguri-Nagaya Y, Kawaguchi Y, Oguri Y, Ikuta K, Kobayashi M, Nozaki M, Asai K, Aoyama M, Otsuka T, Modern rheumatology, 28, (3) 495 - 505,   2018年05月, 査読有り
  • Septic spondylodiscitis due to non-typhoidal Salmonella in a patient with a TNF inhibitor and methotrexate, Yohei Kawaguchi, Yuko Waguri-Nagaya, Yusuke Oguri, Masahiro Nozaki, Masaaki Kobayashi and Takanobu Otsuka, Modern Rheumatology Case Reports, 2, (2) 125 - 129,   2018年, 査読有り
  • Anatomical basis of distally based anterolateral thigh flap., Yamada S, Okamoto H, Sekiya I, Wada I, Kobayashi M, Goto H, Mizutani J, Nozaki M, Hayashi K, Murakami S, Murase A, Kawaguchi Y, Inatani H, Tatematsu N, Otsuka T, Journal of plastic surgery and hand surgery, 48, (3) 197 - 200,   2014年06月, 査読有り
  • New needle biopsy technique for lumbar pyogenic spondylodiscitis., Shibayama M, Nagahara M, Kawase G, Fujiwara K, Kawaguchi Y, Mizutani J., Spine, 35, (23) 1347 - 1349,   2010年11月, 査読有り

講演・口頭発表等

  • Serum GLS levels were significantly decreased in patients with RA who were treated with tofacitinib, 川口 洋平, International Society of Orthopaedic Surgery and Traumatology ,   2018年10月14日
  • TNF阻害剤効果不十分症例に対するトファシチニブの血清グリオスタチン抑制効果の検討, 川口洋平、永谷祐子、小栗雄介、野崎正浩、後藤英之、小林正明、浅井清文、大塚隆信, 第32回日本整形外科学会基礎学術集会,   2017年10月
  • 関節リウマチ患者の母趾MTP関節に対するSwanson人工関節置換術の中期成績, 川口洋平、永谷祐子、小栗雄介、小林正明、後藤英之、野崎正浩、三井裕人、大塚隆信, 第61回日本リウマチ学会,   2017年04月
  • The JAK Inhibitor (Tofacitinib) Inhibits TNF-Induced Gliostatin/thymidine Phosphorylase Expression in Human Fibroblast-like Synoviocytes, Kawaguchi Y, Waguri-Nagaya Y, Asai K, et al., The European League of Association Against Rheumatism,   2016年06月
  • The Inhibitory Effect of Synthetic Disease-ModifyingAnti-Rheumatic Drugs and Steroids on Gliostatin/Platelet-Derived Endothelial Cell Growth Factor Production in Human Fibroblast-Like Synoviocytes, Kawaguchi Y, Waguri-Nagaya Y, Asai K, et al., The European League of Association Against Rheumatism,   2015年06月
  • Gliostatin Regulates Vascular Endothelial Growth-Factor Production in Human Fibroblast-Like Synoviocytes, Kawaguchi Y, Waguri-Nagaya Y, Asai K, et al., The European League of Association Against Rheumatism,   2014年06月

競争的資金

  • グリオスタチンの関節リウマチにおける役割と新たな治療標的分子としての可能性, 日本学術振興会, 科研費 若手研究,   2019年 - 2021年, 川口 洋平


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.