研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

渡邉 孝文ワタナベ タカフミ

所属部署医学研究科精神・認知・行動医学分野
職名助教
メールアドレス
ホームページURLhttp://ncupsychiatry.com/member.html#member02
生年月日
Last Updated :2019/09/19

研究者基本情報

学歴

  • 1986年04月 - 1989年03月, 成蹊高校
  • 1990年04月 - 1996年03月, 北海道大学, 獣医学部, 獣医学科
  • 1996年04月 - 2000年12月, 北海道大学大学院, 獣医学研究科
  • 2001年01月 - 2001年03月, University of Texas M.D.Anderson Cancer Center, , Department of Genitourinary Medical Oncology, , Observer
  • 2001年04月 - 2005年03月, 群馬大学, 医学部, 医学科

学位

  • 博士(獣医学), 北海道大学大学院

所属学協会

  • Association for contextual behavioral science
  • 愛知県臨床心理士会
  • 日本臨床心理士会
  • 日本動機づけ面接協会
  • ACT-Japan
  • 日本認知・行動療学会
  • 日本臨床精神神経薬理学会
  • 日本精神神経学会

経歴

  •   2005年04月 - 2007年03月, 総合病院 聖隷三方原病院, 初期研修医
  •   2007年04月 - 2008年09月, 名古屋市立大学病院, 精神科, 後期研修医
  •   2008年10月 - 2009年04月, 尾西病院(稲沢厚生病院), 精神科, 医師
  •   2009年05月 - 2017年12月, 公益社団法人 岐阜病院, 精神科, 医師
  •   2018年01月, 名古屋市立大学大学院, 精神・認知・行動医学分野, 助教

研究活動情報

研究キーワード

    臨床精神神経薬理学, 不安障害, 気分障害

論文

  • Effects of Discontinuation of Paliperidone Long-Acting Injectable After Switching from Risperidone Long-Acting Injectable Switching., Watanabe T, Yamada A, Psychopharmacology bulletin, 46, (2) 42 - 52,   2016年08月, 査読有り
  • Paliperidone徐放錠とtopiramateが急速交代型双極I型障害の躁病相改善に奏効した2症例, 渡辺孝文, 山田敦朗, 山田敦朗, 精神科治療学, 30, (6) 843 - 849,   2015年06月, 査読有り
  • アルコール使用障害が併存した統合失調症患者に対するrisperidone持効性注射製剤の意義, 渡辺孝文, 山田敦朗, 山田敦朗, 臨床精神薬理, 17, (8) 1157 - 1166,   2014年08月, 査読有り
  • What's going on 非うつ病の進行がん患者に対するセルトラリン投与が症状と生存に与える影響を示した論文--プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験[Stockler MR, O'Connell R, Nowak AK, Goldstein D, Turner J, Wilcken NR, Wyld D, Abdi EA, Glasgow A, Beale PJ, Jefford M, Dhillon H, Heritier S, Carter C, Hickie IB, Simes RJ ; Zo, 渡辺 孝文, 明智 龍男, Mebio oncology, 6, (1) 128 - 131,   2009年02月
  • Significance of COX-2 expression in human renal cell carcinoma cell lines., Chen Q, Shinohara N, Abe T, Watanabe T, Nonomura K, Koyanagi T, International journal of cancer, 108, (6) 825 - 832,   2004年03月, 査読有り
  • Adenovirus mediated gelsolin gene therapy for orthotopic human bladder cancer in nude mice., Sazawa A, Watanabe T, Tanaka M, Haga K, Fujita H, Harabayashi T, Shinohara N, Koyanagi T, Kuzumaki N, The Journal of urology, 168, (3) 1182 - 1187,   2002年09月, 査読有り
  • Rhabdomyosarcoma (botryoid sarcoma) of the urinary bladder in a Maltese., Takiguchi M, Watanabe T, Okada H, Kudo T, Yamada K, Yasuda J, Hashimoto A, The Journal of small animal practice, 43, (6) 269 - 271,   2002年06月, 査読有り
  • Adenovirus-mediated gene therapy for bladder cancer in an orthotopic model using a dominant negative H-ras mutant., Watanabe T, Shinohara N, Sazawa A, Takimoto M, Hashimoto A, Koyanagi T, Kuzumaki N, International journal of cancer, 92, (5) 712 - 717,   2001年06月, 査読有り
  • A fundamental study on the gene therapy of human bladder cancer using the dominant negative H-ras mutant N 116 Y, WATANABE Takafumi, Japanese journal of veterinary research, 49, (1) 44 - 45,   2001年05月31日
  • An improved intravesical model using human bladder cancer cell lines to optimize gene and other therapies., Watanabe T, Shinohara N, Sazawa A, Harabayashi T, Ogiso Y, Koyanagi T, Takiguchi M, Hashimoto A, Kuzumaki N, Yamashita M, Tanaka M, Grossman HB, Benedict WF, Cancer gene therapy, 7, (12) 1575 - 1580,   2000年12月, 査読有り
  • ゲルソリンアデノウイルスベクターを用いたヌードマウス同所性移植ヒトぼうこう癌に対する遺伝子治療, 佐沢陽, 渡辺孝文, 田中基幹, 藤田寿一, 原林透, 篠原信雄, 小柳知彦, 葛巻のぼる, Japanese Journal of Cancer Research, 91, (Supplement (Sept)) ,   2000年09月01日
  • ヒトぼうこう癌細胞株の増殖能とhTERTプロモーター活性の正相関, 芳賀一徳, 佐沢陽, 藤田寿一, 渡辺孝文, 守屋仁彦, 原林透, 篠原信雄, 滝本将人, 小柳知彦, Japanese Journal of Cancer Research, 91, (Supplement (Sept)) ,   2000年09月01日
  • ぼうこう内腫りゅう性病変の画像所見を示したぼうこう血腫の1例, 渡辺孝文, 滝口満喜, 工藤忠明, 橋本晃, 北海道獣医師会雑誌, 44, (4) 104 - 106,   2000年04月01日
  • Significance of the Grb2 and son of sevenless (Sos) proteins in human bladder cancer cell lines., Watanabe T, Shinohara N, Moriya K, Sazawa A, Kobayashi Y, Ogiso Y, Takiguchi M, Yasuda J, Koyanagi T, Kuzumaki N, Hashimoto A, IUBMB life, 49, (4) 317 - 320,   2000年04月, 査読有り
  • Suppressive effects of dominant negative ras mutant N116Y on transformed phenotypes of human bladder cancer cells., Watanabe T, Shinohara N, Sazawa A, Kobayashi Y, Ogiso Y, Kimura T, Takiguchi M, Yasuda J, Hashimoto A, Koyanagi T, Kuzumaki N, Cancer letters, 149, (1-2) 195 - 202,   2000年02月, 査読有り
  • PATHOGENESIS OF EQUINE HERPESVIRUS-1 INFECTION IN THE MOUSE IN REFERENCE TO ANALYSIS OF VIRAL DISTRIBUTION, WATANABE Takafumi, Japanese journal of veterinary research, 44, (1) ,   1996年05月31日

講演・口頭発表等

  • PTSDに慢性うつ病を併発した中高年女性に対しACTを施行した事例., 渡辺 孝文, ACT Japan 2017年度年次ミーティングプログラム,   2018年03月
  • Risperidone持効性注射剤からpalipelidone palmitateへの切り替え後の中断例と継続例の比較検討, 渡辺孝文, 山田敦朗, 山田敦朗, 日本臨床精神神経薬理学会プログラム・抄録集,   2015年10月
  • 特徴的心電図波形を認めた重症偶発性低体温症の1例, 渡邉孝文, 聖隷三方原病院雑誌,   2007年07月01日
  • 肺梗塞巣からの出血により死亡した胸水増加を伴う肺癌の1例, 渡邉孝文, 小川博, 聖隷三方原病院雑誌,   2007年07月01日
  • 救急外来で経験した頭位性めまいの1例, 渡邉孝文, 聖隷三方原病院雑誌,   2006年07月01日
  • 新しいぼうこう癌同所性移植モデルを用いた経尿道的アデノウイルスベクター注入による遺伝子治療の有用性の検討, 渡辺孝文, 篠原信雄, 佐沢陽, 小木曾嘉文, 滝口満喜, 葛巻すすむ, 山下元幸, 田中基幹, GROSSMAN H B, 日本獣医学会学術集会講演要旨集,   2000年09月07日
  • ヒト膀胱癌細胞株の増殖能とhTERTプロモーター活性の正相関, 芳賀 一徳, 佐澤 陽, 藤田 寿一, 渡辺 孝文, 守屋 仁彦, 原林 透, 篠原 信雄, 瀧本 将人, 小柳 知彦, 葛巻 暹, 日本癌学会総会記事,   2000年09月
  • Dominant negative ras mutant N116Y発現アデノウイルスベクターを用いたぼうこう癌に対する遺伝子治療の基礎的研究, 渡辺孝文, 篠原信雄, 佐沢陽, 滝口満喜, 小柳知彦, 葛巻すすむ, 橋本晃, 日本獣医学会学術集会講演要旨集,   1999年09月01日
  • Dominant negative ras mutant N116Y発現アデノウイルスベクターを用いたぼうこう癌に対する遺伝子治療の基礎的研究, 渡辺孝文, 篠原信雄, 佐沢陽, 小柳知彦, 葛巻のぼる, 日本癌学会総会記事,   1999年08月30日
  • 膀胱癌細胞株の腫瘍形質に対するDominant negative ras mutant N116Y による抑制効果., 渡辺孝文, 篠原信雄, 佐澤陽, 小木曾嘉文, 小柳知彦, 橋本晃, 葛巻暹., 第57回日本癌学会総会,   1998年09月21日
  • ウマヘルペスウイルスI型感染マウスにおけるウイルス局在部位の解析, 渡辺孝文, 木村享史, 落合謙爾, 板倉智敏, 日本獣医学会学術集会講演要旨集,   1996年03月

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 後期研修向け向精神薬講義, 名古屋市立大学病院
  • 後期研修医向け双極性障害講義, 名古屋市立大学病院
  • 医学生(M5)への精神科臨床実習, 名古屋市立大学病院
  • 初期研修医向け精神科臨床研修, 名古屋市立大学病院
  • 初期研修医向けバーンアウト予防プログラム, 名古屋市立大学病院
  • 気分障害M4講義, 名古屋市立大学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.