研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

佐藤 泰サトウ タイ

所属部署芸術工学研究科
職名講師
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/08/02

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:00780488

学歴

  • 2007年04月 - 2011年03月, 早稲田大学, 人間科学部, 人間環境科学科
  • 2011年04月 - 2013年03月, 早稲田大学大学院, 人間科学研究科, 修士課程
  • 2011年04月 - 2014年03月, 早稲田大学芸術学校, 建築都市設計科
  • 2013年04月 - 2018年01月, 早稲田大学大学院, 人間科学研究科, 後期博士課程

学位

  • 博士(人間科学), 早稲田大学

所属学協会

  • 日本建築学会
  • 日本オフィス学会
  • 人間・環境学会

委員歴

  •   2018年04月 - 現在, 日本建築学会, 空間研究小委員会 新空間探求WG 委員
  •   2018年05月 - 現在, 日本建築学会, 関東支部 埼玉支所 役員
  •   2019年04月 - 現在, 日本建築学会, 空間研究小委員会 委員

経歴

  •   2016年04月 - 2018年03月, 早稲田大学, 人間科学学術院, 助手
  •   2016年10月 - 2019年03月, 首都大学東京, 非常勤講師
  •   2018年04月 - 2019年03月, 早稲田大学, 人間科学学術院, 助教
  •   2019年04月 - 現在, 名古屋市立大学, 大学院芸術工学研究科 建築都市領域, 講師

研究活動情報

研究分野

  • 建築学, 建築環境・設備, 建築環境心理学

研究キーワード

    建築環境心理学, 建築環境工学, 建築計画学, 建築人間工学

論文

  • 人間的・時間的視点を考慮したオフィスワーカーの選好・行動モデル, 佐藤 泰, 早稲田大学,   2018年01月, 博士学位論文
  • ワーカーの個人属性とオフィス内行動毎の環境選好の関係, 佐藤 泰;佐野 友紀;小島 隆矢, 日本建築学会環境系論文集, 82, (738) 715 - 725,   2017年, 査読有り,  Introduction
     In recent years the demand has risen for diverse work environment to support various activities of workers, and increasing consideration is being made for office space planning where workers can choose their preferred environment by themselves depending on the diversified work contents. Therefore, it is necessary to clarify not only the relationship of activity to workspace, but also the needs for different environment settings emerged by the various individual characteristics of office workers.
     Purpose
     The purpose of this study is to clarify the influence of individual workers' attributes on their preference of environment settings for each activity in the office, by grasping the environment seemed by the worker who is the actual office user by each individual attribute, in order to consider the supporting environment for the diversifying activities in the office.
     Methods
     Office activities were classified into the following nine types according to the results of the preliminary survey, and eight items indicated were selected as attributes of the office worker. A questionnaire was then undertaken w
  • オフィス内カフェコーナーの利用実態からみたマグネットスペースにおける遭遇・会話発生量の考察, 佐藤 泰;佐野 友紀, 日本建築学会計画系論文集, 81, (720) 281 - 291,   2016年, 査読有り,  A study was conducted on the activities of office workers at a café corner with a lounge in a free-address office to investigate communication at a "magnet space". The major results were as follows; 1. The encounter probability between two office workers at the "magnet space" could be estimated by a formula based on Little's law, which considers the frequency of use as well as the mean and standard deviation of the sojourn time. By analyzing more data for the estimated formula of the encounter rate which is suggested on this study, it can confirm more minutely the actual situation of an encounter and the conversation in "magnet space" of their offices. 2. Installing the lounge-like workspace adjacent to the café space increased the encounter probability between workers at the café corner.
  • 避難訓練調査に基づく保育園児の避難行動実態把握と避難安全確保の方策, 古川 容子;佐野 友紀;土屋 伸一;藤井 皓介;佐藤 泰;畠山 雄豪;長谷見 雄二, 日本建築学会環境系論文集, 81, (728) 845 - 853,   2016年, 査読有り,  Recently, enrollments in nursery schools have become higher and higher. This is largely due to the social progress of women, with the increasing number of working mothers. Additionally, the number of three-generation households is decreasing. Nursery schools are traditionally low-rise structures, with a playground, but deregulation of the law now allows for the placement of nursery schools in middle floors of high-rise buildings. In Japan, the ages of nursery school students are generally from infancy to five-years old, which means that they can't evacuate the premises by themselves during a fire, so we must research ways to evacuate them safely. And the scheme of planning safe evacuations from buildings has not been sufficiently researched, so we have investigated the practice of fire drills and have interviewed teachers and students of nursery schools. The following is what we have learned:
     (1)Characteristics of evacuation ;drills of nursery schools: Students evacuate in class groups, lead by their teachers, who provide the indications. Time is needed for evacuation preparation (setting up strollers, gathering infants and preparing to carry them out, and giving ins
  • 立地環境および利用者傾向が行動分布に与える影響 行動観察調査からみたカフェのサードプレイス利用分析 -その1-, 畠山 雄豪;丹羽 由佳理;佐野 友紀;菊池 雄介;佐藤 泰, 日本建築学会計画系論文集, 80, (711) 1067 - 1073,   2015年, 査読有り,  The purpose of this research was to explore the influence on user's behavior by conditions of location. The analysis of the cafe user as "The Third Place" can be understood by observation research. The Third Place proposed by Ray Oldenburg means originally the social surroundings separate from the two usual social environments of home and the workplace, but the cafe in Japan advertise as third place meaning private working spots. By grasping the influence on user's behavior in the cafe through not only the Third Place was mainly conversation proposed by Oldenburg but private working in the cafe, it was cleared that the conditions of location and the ratio of property have effect on actions of use as the Third Place.
  • 業務目的でのパブリック空間利用から考える新しい「はたらく場」 (その1) 利用傾向に基づく高頻度利用ワーカーの類型化, 長谷川 詢;佐藤 泰;佐野 友紀;上西 基弘, 2018年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 215 - 216,   2018年
  • 業務目的でのパブリック空間利用から考える新しい「はたらく場」 (その2) 積極的な高頻度利用ワーカーの利用実態・ニーズ把握, 佐藤 泰;長谷川 詢;佐野 友紀;上西 基弘, 2018年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 217 - 218,   2018年
  • 埼玉県入間市の公共施設整備に関するアンケート調査 −コンジョイント分析による検討−, 白川 真裕;若林 直子;佐藤 泰;小島 隆矢, 2018年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 127 - 128,   2018年
  • 行動・心理面からみたオフィス内におけるワーカーの集中・交流・休憩行動の詳細把握, 佐藤 泰;佐野 友紀;吉野 攝津子;岸上 昌史;井口 雄太, 2017年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 387 - 388,   2017年
  • オフィスにおけるマグネットスペースの配置検討のためのワーカー行動シミュレーションモデルの構築, 笹原 慎太郎;佐野 友紀;佐藤 泰;吉野 攝津子;岸上 昌史;井口 雄太, 2017年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 389 - 390,   2017年
  • カフェ設備を併設した多目的ラウンジスペースの発展的利用に向けたワーカーの評価構造の抽出, 安田 莉央;佐野 友紀;佐藤 泰;吉野 攝津子;岸上 昌史;井口 雄太, 2017年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 391 - 392,   2017年
  • 大規模質問紙データを用いた「はたらく場」としてのオフィス外パブリック空間一般利用実態及びニーズの把握, 助川 恵;佐野 友紀;佐藤 泰;上西 基弘, 2017年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 403 - 404,   2017年
  • 知的活動時における机上面高昇降に伴う作業姿勢変化が作業環境評価にもたらす影響, 池内 至誠;佐藤 泰;佐野 友紀, 2017年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 409 - 410,   2017年
  • 駅構内におけるサイン計画に関する調査研究, 安江 仁孝;佐藤 泰;小島 隆矢;佐野 友紀, 2017年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 149 - 150,   2017年
  • 置き菓子システム設置と共有スペースの設え変更がワーカーのインフォーマルコミュニケーションに与える影響, 佐藤 泰;佐野 友紀;吉野 攝津子;岸上 昌史;井口 雄太, 2016年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 341 - 342,   2016年
  • 部門毎のワーカーの環境欲求に配慮したフリーアドレスオフィス計画に関する検討, 佐藤 泰;佐野 友紀, 2015年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 471 - 472,   2015年
  • 園児の年齢に応じた保育士の避難介助行動の実態調査 高層建築物内保育所における避難行動に関する研究 その1, 佐野 友紀;大崎 萌子;長谷見 雄二;古川 容子;土屋 伸一;佐藤 将之;佐藤 泰;藤井 皓介;畠山 雄豪, 2015年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 323 - 324,   2015年
  • 0、1歳児に対する保育士の避難介助行動の実態調査 高層建築物内保育所における避難行動に関する研究 その2, 大崎 萌子;佐野 友紀;長谷見 雄二;古川 容子;土屋 伸一;佐藤 将之;佐藤 泰;藤井 皓介;畠山 雄豪, 2015年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 325 - 326,   2015年
  • ラウンジワーク空間における行動特性と支援環境の考察, 上野 圭一;菅野 文恵;萩坂 真紀;秋山 かおり;佐藤 泰, 日本オフィス学会第16回大会予稿集, 113 - 118,   2015年
  • フリーアドレスオフィスの机レイアウトが業務中の交流活動場面に与える影響, 佐藤 泰;畠山 雄豪;佐野 友紀;遠藤 一;中島 靖夫, 2014年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 505 - 506,   2014年
  • 保育所園児の避難行動特性と避難安全計画に関する研究(その3) : 自力歩行可能児の全館避難安全に関する検討, 滝沢 健太;古川 容子;長谷見 雄二;佐野 友紀;土屋 伸一;畠山 雄豪;藤井 皓介;佐藤 将之;佐藤 泰, 2014年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 93 - 94,   2014年
  • 保育所園児の避難行動特性と避難安全計画に関する研究(その4) : 保育園避難の特徴と全館避難時における保育園児の心身状況, 古川 容子 , 滝沢 健太;長谷見 雄二;佐野 友紀;土屋 伸一;畠山 雄豪;藤井 皓介;佐藤 将之;佐藤 泰, 2014年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 95 - 96,   2014年
  • フリーアドレスオフィスにおけるマグネットスペースがワーカーの交流活動に与える影響, 佐藤 泰;畠山 雄豪;菊池 雄介;佐野 友紀;鯨井 康志;上西 基弘, 2013年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 49 - 50,   2013年
  • 保育所園児の避難行動特性と避難安全計画に関する研究(その1) : 避難速度の実態調査, 滝沢 健太;古川 容子;長谷見 雄二;佐野 友紀;土屋 伸一;畠山 雄豪;藤井 皓介;佐藤 将之;佐藤 泰, 2013年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 347 - 350,   2013年
  • 保育所園児の避難行動特性と避難安全計画に関する研究(その2) : 保育園児の避難時の問題点と安全確保の方法, 古川 容子;滝沢 健太;長谷見 雄二;佐野 友紀;土屋 伸一;畠山 雄豪;藤井 皓介;佐藤 将之;佐藤 泰, 2013年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 351 - 354,   2013年
  • 「集中」と「交流」とその共存からみたフリーアドレスオフィス計画の検討, 佐藤 泰;畠山 雄豪;菊池 雄介;佐野 友紀;鯨井 康志;上西 基弘, 2012年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 325 - 326,   2012年
  • 立地環境が与える影響 : 行動観察調査からみたカフェのサードプレイス利用分析 その1, 畠山 雄豪;佐野 友紀;菊池 雄介;橘田 理恵子;丹羽 由佳里;佐藤 泰, 2012年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 877 - 878,   2012年
  • 室内環境が利用に与える影響 : 行動観察調査からみたカフェのサードプレイス利用分析 その2, 橘田 理恵子;佐野 友紀;畠山 雄豪;菊池 雄介;丹羽 由佳里;佐藤 泰, 2012年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 879 - 880,   2012年
  • 小規模フリーアドレスオフィス空間の設えおよび行動が「集中」、「交流」場所の選択に与える影響, 佐藤 泰;山本 勝也;石垣 文;丹羽 由佳理;井上 夏実;佐野 友紀, 2011年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 405 - 406,   2011年
  • フリーアドレス小規模オフィスにおける出社時の座席選択傾向, 井上 夏実;丹羽 由佳理;佐野 友紀;佐藤 泰, 2011年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 403 - 404,   2011年

MISC

  • 人間を科学して、空間をつくる, 佐藤 泰, 日本建築学会「(2018大会資料)建築・都市・農村計画研究のカッティングエッジ ─若手研究者は研究テーマといかに出会い、発展させてきたか」,   2018年, 招待有り
  • 「Activity Based Workplace」はなぜ成功しないのか -「働かせる場」から「働く場」ではまだ足りない-, 佐藤 泰, 早稲田大学人間科学学術院「人間科学研究」,   2016年, 招待有り
  • フリーアドレスオフィス空間の環境要素がワーカーの交流活動に与える影響, 佐藤 泰, 早稲田大学人間科学学術院「人間科学研究」,   2013年

講演・口頭発表等

  • オフィスの外ではたらく人 −なぜオフィスから『はなれる』のか−, 佐藤 泰, 第85回 空間研究小委員会研究会「『つながる』と『はなれる』から考える新しい『はたらく場』の展望」,   2018年11月05日, 日本建築学会
  • 実験研究の実例の紹介-実験で困ったこととその対応-, 佐藤 泰, 第18回 環境心理生理チュートリアル 「実験のデザインの作法~その実験、大丈夫!?~」,   2018年09月18日, 日本建築学会
  • An understanding of the actual situation of workstyle using "public space" and a consideration of the influence of flexible work on improvement of intellectual productivity, Tai SATOH;Tomonori SANO,   2018年, International Association People-Environment Studies
  • Work style diversity with “multi-purpose lounge space” on improvement of intellectual productivity, Shintaro SASAHARA;Tomonori SANO;Tai SATOH,   2018年, International Association People-Environment Studies
  • Investigation of office space planning: The relationship between individual characteristics and differences in environmental setting needs, Tai SATOH;Tomonori SANO,   2016年, International Association People-Environment Studies

競争的資金

  • 上下昇降スタンディングデスクを用いた知的創造作業に適した作業姿勢・机上面高の検討, 早稲田大学, 特定課題研究,   2016年, 佐藤 泰

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 環境行動学と情報リテラシー, 名古屋市立大学
  • 環境管理論, 名古屋市立大学
  • 環境管理特論, 名古屋市立大学
  • 情報検索基礎, 名古屋市立大学
  • 情報処理基礎, 名古屋市立大学
  • 芸術工学概論A, 名古屋市立大学
  • 環境行動学, 早稲田大学
  • 建築人間工学, 早稲田大学
  • 人間環境科学概論, 早稲田大学
  • 基礎ゼミⅡ [04]・[14], 早稲田大学
  • 情報リテラシー実践Ⅰ, 首都大学東京
  • 情報リテラシー実践ⅠA, 首都大学東京
  • 情報リテラシー実践ⅡA, 首都大学東京

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 日本発達心理学会 第30回大会 大会委員会企画シンポジウム「ヒト-モノ-ヒト」を繋ぐアフォーダンス ―生態心理学×環境デザイン― (指定討論者として登壇), その他, 日本発達心理学会,   2019年03月18日
  • 日本建築学会 第85回空間研究小委員会研究会『つながる』と『はなれる』から考える新しい『はたらく場』の展望(研究会の企画), 企画, 日本建築学会,   2018年11月05日


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.