研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

片山 詔久カタヤマ ノリヒサ

所属部署システム自然科学研究科自然情報系
職名准教授
メールアドレスnorynsc.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURLhttp://www.nsc.nagoya-cu.ac.jp/profile/katayama.html
生年月日
Last Updated :2020/01/09

研究者基本情報

学歴

  •  - 1989年, 関西学院大学, 化学科

学位

  • 関西学院大学理学研究科博士後期課程化学専攻/修士(理学)・博士(理学)

所属学協会

  • 日本化学会
  • 日本分光学会
  • 近赤外研究会
  • アメリカ応用分光学会 (Society for Applied Spectroscopy)
  • 日本油化学会
  • 日本液晶学会
  • 分子科学会
  • 繊維学会
  • 日本食品科学工学会

委員歴

  •   2018年05月 - 現在, 日本分光学会, 近赤外部会部会長
  •   2014年05月 - 2018年05月, 日本分光学会, 企画委員
  •   2013年04月 - 現在, 近赤外研究会, 中部地区担当幹事
  •   2019年04月 - 現在, 日本油化学会, 東海支部 副支部長(常任幹事)
  •   2011年04月 - 現在, 日本油化学会, 界面科学部会東海地区幹事(2019年より副部会長)

経歴

  • 1994-2001 北里大学理学部化学科 助手
  • 1991-1992 昭和シェル石油株式会社、中央研究所

研究活動情報

研究分野

  • 基礎化学, 物理化学
  • 材料化学, 高分子・繊維材料
  • 材料化学, デバイス関連化学
  • 複合化学, 分析化学
  • 農芸化学, 食品科学

研究キーワード

    振動分光学, 分子構造, 分子配向, 赤外スペクトル, 近赤外, ラマン, 液晶, 機能性薄膜, クモ糸, 食品科学

論文

  • 発酵食品や真空調理食品の品質評価に関する近赤外分光法による容器まるごと測定, 片山詔久, 食品と容器, 59, (8) 487 - 493,   2018年08月, 査読有り
  • クモの糸の分子構造を解明して新規機能性繊維を考える, 片山詔久, Acta Arachnologica, 66, (1) 35 - 41,   2017年08月, 査読有り, 招待有り
  • Molecular Structural Analysis of Spider’s Capture Thread and Viscid Droplets Studied by Microscopic FT-IR Spectroscopy,, H. Yabe, N. Katayama and M. Miyazawa, Anal. Sci., 33, (1) 121 - 123,   2017年, 査読有り
  • Molecular orientation behavior of chiral nematic liquid crystals based on the presence of blue phases using polarized microscopic FT-IR spectroscopy, M. Matsumura and N. Katayama, Journal of Molecular Structure, 1116,   2016年, 査読有り
  • Non-destructive inspection of insects in chocolate using near infrared multispectral imaging,, T. Ma, H. Kobori, N. Katayama and S. Tsuchikawa, J. Near Infrared Spectrosco., 24, 391 - 397,   2016年, 査読有り
  • クモ糸を応用した新規繊維の開発, 片山詔久, 月刊機能材料, 35, (5) 10 - 16,   2015年, 査読有り
  • Study on molecular structure and hydration mechanism of Domyoji-ko starchby IR and NIR hetero 2D analysis, N. Katayama, M. Kondo and M. Miyazawa, J. Mol. Struct., 974, 179 - 182,   2010年, 査読有り
  • Molecular self-assembling of butan-1-ol, butan-2-ol, and 2-methylpropan-2-ol in carbon tetrachloride solutions as observed by near-infrared spectroscopic measurements, M. Iwahashi, M. Suzuki, N. Katayama, H. Matsuzawa, M.A. Czarnecki, Y. Ozaki and A. Wakisaka, Appl. Spectrosc., 54, 268 - 276,   2000年, 査読有り
  • Multichannel asynchronous time-resolving system for a conventional FT-IR spectrophotometer, K. Masutani, K. Numahata, K. Nishimura, S. Ochiai, Y. Nagasaki, N. Katayama, and Y. Ozaki, Appl. Spectrosc., 53, 558 - 564,   1999年, 査読有り
  • Equilibium spreading pressure of steroids, M. Iwahashi, A. Iwafuji, H. Minami, N. Katayama, K. Iimura and T. Kato, , Mol. Cryst. Liq. Cryst., 337, 117 - 120,   1999年, 査読有り
  • Electric-field-induced reorientaton of a ferroelectric liquid crystal with tolane ring, (S)-4-methylhexyl- 4-[4-(decyloxy)phenylethynyl]-2-fluorobenzate studied by time-resolved FT-IR, K. Taniike, N. Katayama, T. Sato, Y. Ozaki, M. A. Czarnecki, M. Satoh, T. Watanabe and A. Yasuda, Microchim. Acta, 14, 581 - 583,   1997年, 査読有り
  • A Synchronous Time-Resolued FT-IR Study of the Dynamical Behavior of Ferrelectric Liquid Crystal with a Tolane Ring, N. Katayama, M. A. Czarnecki, M. Satoh, T. Watanabe and Y. Ozaki, Applied Spectroscopy, 51, (4) 487 - 490,   1997年, 査読有り
  • Sub-microsecond preliminary process of electric-filed-induced reorientation of a ferroelectric liquidcrytal ,S-(2-Pluoro alkoxy)-2-(4-n-olkylphenyl)-pyrimidine,studied by time-resolved infrared spectroscopy, N. Katayama, T. Sato, Y. Ozaki, K. Murashiro, M. Kikuchi, S. Saito, D. Demus, T. Yuzawa and H. Hamaguchi, Applied Spectroscopy, 49, (7) 977 - 980,   1995年, 査読有り
  • FT-IR study of molecular orientation and anisotropy in "Command Surface" formed by Langmuir-Blodgett films of azobenzene amphiphilic polymers, N. Katayama, Y. Ozaki, T. Seki, T. Tamaki and K. Iriyama, Langmuir, 10, 1898 - 1902,   1994年, 査読有り
  • アゾ色素, 片山詔久, 化学工業, 45, (10) ,   1994年, 査読有り
  • Order-disorder transition in Langmuir-Blodgett film of 2-(4'-(dioctadecylamino)phenylazo)-N-methylbenzothiazolium perchlorate studied by infrared, visible absorption, and resonance Raman spectroscopy, N. Katayama, S. Enomoto, Y. Ozaki and N. Kuramoto, J. Phys. Chem., 97, 6880 - 6884,   1993年, 査読有り
  • Temperature dependent FT-IR and FT-Raman studies of C60 and C70 in solid states, N. Katayama, Y. Miyatake, Y. Ozaki, K. Kikuchi, Y. Achiba, I. Ikemoto and K. Iriyama, , Fullerene Sci. Tech., 1, (3) 329 - 338,   1993年, 査読有り
  • Time-resolved FT-IR study of 5-(2-fluoroalkoxy)-2-(4-n-alkylphenyl)-pyrimidine, N. Katayama, M. A. Czarnecki, Y. Ozaki, K. Murashiro, M. Kikuchi, S. Saito and D. Demus, Ferroelectrics, 147, 441 - 445,   1993年, 査読有り
  • Substrate dependency of the structure of Langmuir-Blodgett and cast films of thia tri- and heptamethine cyanine derivatives studied by infrared and resonance Raman spectroscopies, N. Katayama, Y. Fujimoto, Y. Ozaki, T. Araki and K. Iriyama, , Langmuir, 8, 2758 - 2763,   1992年, 査読有り
  • Spectroscopic studies of thiatri-, penta- and heptamethine cyanine dyes I. Structure of thiatri-, penta- and heptamethine cyanine dyes in solutions studied by NMR, N. Katayama, Y. Ozaki, S. Yasui and K. Iriyama, J. Mol. Struct., 274, 171 - 181,   1992年, 査読有り
  • Resonance Raman study of Langmuir-Blodgett films of 2-(4'-dioctadecylaminophenylazo)-N-methylbenzothiazolium perchlorate, N. Katayama, Y. Ozaki and N. Kuramoto, Chem. Phys. Lett., 179, 223 - 231,   1991年, 査読有り
  • Attenuated total reflection/FT-IR studies on Langmuir-Blodgett films of 3-octadecyl-2-[3-(3-octadecyl-2-benzothiazolinylidene)-1-propenyl] benzothiazolium iodide, N. Katayama, Y. Ozaki, T. Araki and K. Iriyama, J. Mol. Struct., 242, 27 - 37,   1991年, 査読有り
  • Molecular aggregation, orientation, and structure in Langmuir-Blodgett films of 2-(4'-(ethyloctadecylamino)phenylazo)-N-methylbenzothiazolium perchlorate and 2-(4'-(dioctadecylamino)phenylazo)-N-methylbenzothiazolium perchlorate studied by infrared, visib, N. Katayama, M. Fukui, Y. Ozaki, N. Kuramoto, T. Araki and K. Iriyama, Langmuir, 7, 2827 - 2832,   1991年, 査読有り
  • High-performance liquid chromatography of cis-trans isomers of neurosporene: discrimination of cis and trans configurations at the end of an open conjugated chain, N. Katayama, H. Hashimoto, Y. Koyama and T. Shimamura, J. Chromatogr., 519, 221 - 227,   1990年, 査読有り
  • Dynamical behavior of surface-stabilized states of ferroelectric liquid crystals in electric field studied by time-resolved FT-IR spectroscopy, M. A. Czarnecki, N. Katayama, M. Satoh, T. Watanabe and Y. Ozaki, J. Phys. Chem., 99, 14101 - 14107,   1995年, 査読有り

書籍等出版物

  • 色材・顔料・色素の設計と開発 「第4章 第2節 赤外ラマン法による色素分子の構造解析」, 情報機構,   2008年
  • [第2版]現代コロイド界面化学の基礎 「8.4 分光法による超薄膜の評価」, 丸善,   2002年

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • ゲームプログラミングから学ぶエクセルVBA, 講師, 名古屋市立工芸高校,   2019年01月21日
  • 界面活性剤概論〜界面活性剤の分子構造と物理化学〜, 講師, 日本油化学会東海支部,   2018年12月07日
  • おもしろ実験で科学を楽しもう, 講師, 名古屋市立上名古屋小学校,   2018年09月08日
  • 色と光の波長と分子構造に関する化学実験, 講師, 名古屋市立大学,   2018年08月28日
  • すごいぞクモの糸 ~ 夢の繊維となるか? その強さとしなやかさの秘密 ~, 講師, 名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科,   2018年06月15日
  • 界面活性剤概論〜界面科学の物理化学と分子構造学〜, 講師, 日本油化学会東海支部,   2017年12月01日
  • 近赤外分光法の実際と正しい理解, 司会, 日本分光学会,   2017年09月06日 - 2017年09月08日
  • ニセ科学にだまされない頭を作ろう, 講師,   2017年07月16日
  • コレステリック液晶の合成とその性質の研究, 講師, JST,   2016年
  • 食の安全・安心にかかわる最先端科学~混入異物と遺伝子操作~, 講師, 名古屋市立大学,   2014年11月08日
  • 暮らしの中での科学と統計のリテラシー 〜それは科学ですか、それは正しい統計解釈でしょうか〜, 講師, 名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科,   2016年05月20日 - 2016年05月20日
  • 顕微イメージング偏光赤外分光法を用いた液晶分子の配向評価, 講師, 日本分光学会,   2014年02月07日
  • 近赤外分光法の応用例, 講師, 日本分光学会,   2013年09月04日
  • 「知の拠点あいち」プロジェクトメンバー, 情報提供,   2008年08月 - 2016年03月, 公益財団法人科学技術交流財団による「知の拠点あいち」重点プロジェクトP2「食の安心・安全技術」の研究メンバー
  • 「2.近赤外吸収の基礎、5.赤外と近赤外の物理化学(分子の基準振動)、8.近赤外分光法の活用事例1」, 講師, その他,   2014年01月30日 - 2014年01月31日, 食品総合研究所主催の第33回近赤外講習会(中級・上級コース)・第83回食品技術講習会での講師
  • 第24回 親と子のわくわく科学ひろばへのブース出展, 講師, 地域団体・NPO,   2015年06月21日 - 2015年06月21日, 「第24回 親と子のわくわく科学ひろば」での展示実験ブース出展
  • 「2.分子の基準振動による光の吸収とその帰属、3.近赤外光の吸収の原理、8.近赤外分光法の活用事例1」, 講師,   2013年01月24日 - 2013年01月25日


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.