研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

杉浦 真弓スギウラ マユミ

所属部署医学研究科産科婦人科学分野
職名教授
メールアドレスog.mymmed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURLhttp://www.med.nagoya-cu.ac.jp/obgyne.dir/index.html
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

学歴

  •  - 1985年, 名古屋市立大学, 医学研究科, 医学科

学位

  • 名古屋市立大学医学研究科医学科/博士(医学)

経歴

  • 1994-1999 名古屋市立大学医学部助手1999-2000 名古屋市立大学医学部講師

研究活動情報

研究キーワード

    不育症, 習慣流産, 抗リン脂質抗体, 着床前診断, 卵子老化

論文

  • Poor prognosis of recurrent aborters with either maternal or paternal reciprocal translocations., Fertil Steril., 81/,367-373,   2004年
  • Embryonic karyotype of abortuses in relation to the number of previous miscarriages., Fertil Steril., 73/,300-304,   2000年
  • Are antinuclear antibodies predictive of recurrent miscarriage?, Lancet, 347/, 1183-1184,   1996年

書籍等出版物

  • 膣、直腸間に発生した腺癌の1例.(共著), 名古屋市立病院紀,   1989年
  • 反復流産患者における抗Calphobindin-(]G0001[)抗体の意義について.(共著), 日本産婦人科新生児血液学会誌,   1991年
  • 第2世代の測定法による妊婦のC型肝炎ウイルス抗体陽性率と妊娠、出産のC型肝炎ウイルス感染に対する影響について.(共著), 日本産婦人科学会雑誌,   1992年
  • Cofactor依存性抗リン脂質抗体とb2glycoprotein(]G0001[)の凝固活性について.(共著), 日本産婦人科新生児血液学会誌,   1993年
  • A molecular variant of angiotensinogen associated with preeclampsia.(共著),   1993年
  • Prospective study of pregnancy with systemic lupus erythematosus influenced by antiphospholipid antibodies.(共著),   1994年
  • Allergic granuromatosis angiitis合併妊娠.(共著), 日本産婦人科新生児血液学会誌,   1994年
  • A prospective study on pregnancy risk of antiphospholipid antibodies in association with systemic lupus erythematosus.(共著),   1995年
  • β2-glycoprotein(]G0001[) dependent anticardiolipin antibodies induce factor (],   1995年
  • The effect of β2-glycoprotein(]G0001[) and β2-glycoprotein(],   1995年
  • Successful pregnancy in a Churg-Strauss Syndrome patient with a histry of intrauterine fetal death.(共著),   1995年
  • Successful management of congenital protein C deficiency with recurrent pregnancy loss.(共著),   1995年
  • 反復死産により判明したプロテインC欠損症の1例.(共著), 日本産婦人科新生児血液学会誌,   1995年
  • Elevated natural killer cell activity at preconception as a predictor of a subsequent miscarriage : A prospective cohort study.(共著),   1995年
  • Specific antiphospholipid antibodies(aPL)eluted from placentae of pregnant women with aPL-positive sera.(共著),   1995年
  • A successful pregnancy in a women with an elevated level of β2glycoprotein (]G0001[) dependent anticardiolipin antibodies, despite a progressive tyhrombotic condition.(共著),   1995年
  • Are antinuclear antibodies predictive of recurrent miscarriages? (共著),   1996年
  • Antiβ2glycoprotein (]G0001[) antibodies and lupus anticoagulant in patients with recurrent pregnancy loss ; Prevarence and clinical association.(共著),   1996年
  • 反復流死産患者におけるループスアンチコアグラントと抗β2glycoprotein(]G0001[)抗体.(共著), 日本産婦人科新生児血液学会誌,   1996年
  • β2glycoprotein(]G0001[)-dependent anticardiolipin antibodies as a predictor of adverse pregnancy outcomes in healthy pregnant women.(共著),   1996年
  • β2GPI-dependent anticardiolipin antibodies as a predictor of adverse pregnancy outcomes in general pregnant population.(共著),   1996年
  • Are serum progesterone levels predictive of recurrent miscarriage in future pregnancies? (共著),   1997年
  • Low serum M-CSF levels are associated with unexplained recurrent abortion.(共著),   1997年
  • Clinical trial of immunostimulation with a biological response modifier in unexplained recurrent spontaneous abortion patients.(共著),   1997年
  • Psychosocial factors in recurrent miscarriages.(共著),   1998年
  • Postpartum thrombosis after a successful pregnancy in a recurrent aborter strongly positive for antiphospholipid antibodies.(共著),   1998年
  • Predictive value of serum progesterone levels.(共著),   1998年
  • Recurrent abortion and moderate or strong antiphospholipid antibody production.(共著),   1998年
  • Activated partial thromboplastin time is associated with further miscarriages in cases of recurrent fetal loss.(共著),   1998年
  • Pregnant woman with transient diabetes insipidus resistant to 1-desamino-8D-arginine vasopressin.(共著),   1998年
  • Investigation of NO(Nitric Oxide)Production by Macrophage of Decidua in Early Pregnancy from Patients with Recurrent Pregnancy Loss(共著),   1998年
  • Prevalence of autoantibodies in patients with recurrent miscarriage.(共著),   1999年
  • 反復流死産患者における活性型部分トロンボプラスチン時間の意義.(共著), 日本産婦人科新生児血液学会誌,   1999年
  • Embryonic karyotype of abortuses in relation to the number of previous miscarriages.(共著),   2000年
  • Successful uterine steroid therapy in a case with ahistory of ten miscarriages.(共著),   2000年
  • Psychosocial factors requlationg natural-killer cell activity in recurrent spontaneous abortion.(共著),   2000年
  • Elevation of Transforming growth factor-β1 is associated with recurrent miscarriage.(共著),   2000年
  • Adverse influence of numbers of previous miscarriages on results of paternal lymphocyte immunization in patients with recurrent spontaneous abortions.(共著),   2000年
  • Increased concentrations of cathepsin D in peritoneal fluid from women with endometriosis.(共著),   2001年
  • Factor (]G0010[)(],   2001年
  • Low-dose aspirin is effective for treatment of recurrent miscarriage in patients with decreased coagulation factor (]G0010[)(],   2001年
  • 反復流産患者における血漿ホモシステイン濃度とMethyrentetrahydroxyfolatereductase(MTHFR)遺伝子多型の意義.(共著), 日本産婦人科新生児血液学会誌,   2001年
  • 反復流産における凝固第(]G0010[)(], 日本産婦人科新生児血液学会誌,   2001年
  • Role of Calpainin human sperm activated by progesterone for fertilization.(共著),   2001年
  • 自己免疫疾患と妊娠。(共著), 日常診療と血液,   1993年
  • 反復流死産患者における抗β2glycoprotein(]G0001[)抗体と, 産婦人科の実際,   1997年
  • 抗リン脂質抗体症候群.(共著), 産科と婦人科,   1997年
  • 抗リン脂質抗体とIUGR.(共著), 産婦人科の実際,   1997年
  • 流産と自己免疫., 臨床免疫,   1998年
  • 不育症と血栓性疾患.(共著)
  • 免疫療法の再評価., 産科と婦人科,   2001年
  • Preconceptional natural-killer-cell activity as a predictor of miscarriage(共著),   1996年
  • 反復性流産女性における精神疾患の出現頻度とその発生要因(共著), 厚生省精神・神経疾患研究報告集「神経疾患及び精神疾患の発症要因に関する疫学的研究」平成7年度,   1996年
  • 反復流産患者における流産の心理的影響とこれに関する心理社会因子(共著), 厚生省精神・神経疾患委託研究:平成6・7・8年度総括研究報告集「神経疾患及び精神疾患の発症要因に関する疫学的研究」平成9年,   1997年
  • Clinical significance of β2 glycoprotein(]G0001[) dependent anticardiolipin antibody, lupus anticoagulant and antinuclear antibodies in patients with recurrent miscarriages.(共著),   1999年
  • Prevalence of autoantibodies in patients with recurrent miscarriages(共著), 厚生省平成10-11年度科学研究費補助金基盤研究C研究成果報告書「反復流産患者の子宮内局所におけるNK細胞活性等の免疫学的異常に関する基礎的研究」平成12年4月

競争的資金

  • 低酸素・虚血状態における子宮内膜カルパインの活性化と着床障害及び習慣流産への関与,   2000年 - 2003年
  • 反復流産患者の子宮内局所におけるNK細胞活性等の免疫学的異常に関する基礎的研究,   1998年 - 1999年

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 文部科学省高等教育局大学設置・学校法人審議会専門委員, 行政,   2012年04月17日 - 現在, 医療系大学・学部設置の是非について審議
  • 女性の健康週間 in Nagoyaにて講演, その他,   2013年03月03日 - 2013年03月03日, 国際女性デーに合わせて女性の健康を守る趣旨の日本産科婦人科学会のイベントを名古屋で開催。市民公開講座を毎年開催している。
  • 膠原病友の会40周年記念講演会にて膠原病合併妊娠について講演, 地域団体・NPO,   2012年06月10日 - 2012年06月10日, 膠原病友の会40周年記念講演会で患者さん向けの講義
  • 不育症の基礎知識講演, 行政,   2013年01月19日 - 2013年01月19日, 「不育症の基礎知識-不育症の実際と治療」市民公開講座講師
  • 不育症講演, 行政,   2013年02月06日 - 2013年02月06日, 不育症に関する市民公開講座講師
  • 静岡県健康福祉局、母子愛育会静岡県支部母子保健セミナーにて講演, 行政,   2013年02月15日 - 2013年02月15日, 「不育症の現状と最新の治療」市民公開講座講師
  • 名古屋市教育委員会夏の健康教室にて講演, 行政,   2012年08月21日 - 2012年08月21日, 「哺乳類としての妊娠適齢期」生殖医療について名古屋市職員係長以上の幹部に対する講義
  • 医師国家試験委員, 行政,   2011年04月14日 - 現在, 医師国家試験問題作成
  • 不育症電話相談, 行政,   2012年05月 - 現在, 名古屋市不育症電話相談の電話を大学病院に設置し、カウンセラーが対応。カウンセラーの養成、サポートを行う。
  • 日本医師会学術委員, その他,   2006年05月 - 現在, 日本医師会雑誌編集
  • 日本医師会生命倫理懇談会委員, その他,   2012年07月03日 - 2014年03月31日, 出生前診断、尊厳死についての議論を行い、医師会の見解を取りまとめる。
  • 紙つぶて, 民間企業,   2012年01月 - 2012年06月, 中日新聞・東京新聞夕刊コラム「紙つぶて」毎週月曜日に生殖医療に関する話題のコラム執筆
  • 新出生前診断に関する見解をコメント, 民間企業,   2012年11月 - 2013年01月, 2012年11月14日、2013年1月20日の中日新聞などの取材に対して見解を述べた。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.