研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

村上 英樹ムラカミ ヒデキ

所属部署医学研究科整形外科学分野
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.ncu-ortho.jp/
生年月日
Last Updated :2020/05/27

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:70334779

学歴

  •  - 2001年, 金沢大学, 医学研究科
  •  - 2001年, 金沢大学
  •  - 1993年, 金沢大学
  •  - 1993年, 金沢大学

学位

  • 博士(医学), 金沢大学

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 整形外科学

研究キーワード

    胸椎後縦靭帯骨化症, 骨粗鬆症性脊椎, 脊椎腫瘍, thoracic OPLL, osteoporotic spine, spine tumor

論文

  • Long-term patient survival after the surgical treatment of bone and soft-tissue metastases from renal cell carcinoma., Higuchi T, Yamamoto N, Hayashi K, Takeuchi A, Abe K, Taniguchi Y, Kato S, Murakami H, Tsuchiya H, The bone & joint journal, 100-B, (9) 1241 - 1248,   2018年09月, 査読有り
  • Four-Year Survival of a Patient With Spinal Metastatic Acinic Cell Carcinoma After a Total En Bloc Spondylectomy and Reconstruction With a Frozen Tumor-Bearing Bone Graft., Sangsin A, Murakami H, Shimizu T, Kato S, Tsuchiya H, Orthopedics, 41, (5) e727 - e730,   2018年09月, 査読有り
  • Total spondylectomy for Enneking stage III giant cell tumor of the mobile spine., Yokogawa N, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Shimizu T, Oku N, Kitagawa R, Tsuchiya H, European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society,   2018年09月, 査読有り
  • Total en bloc spondylectomy for primary tumors of the lumbar spine., Shimizu T, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Yokogawa N, Kawahara N, Tomita K, Tsuchiya H, Medicine, 97, (37) ,   2018年09月, 査読有り
  • Successful treatment of a diffuse type tenosynovial giant cell tumor in the thoracic spine mimicking spinal metastasis by frozen recapping laminoplasty in a patient with thyroid cancer., Yonezawa N, Murakami H, Kato S, Hayashi H, Tsuchiya H, European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society, 27, (Suppl 3) 526 - 532,   2018年07月, 査読有り
  • Dose Reduction Protocol for Full Spine X-ray Examination Using Copper Filters in Patients With Adolescent Idiopathic Scoliosis., Minehiro K, Demura S, Ichikawa K, Sasagawa T, Takahashi N, Minami S, Murakami H, Tsuchiya H, Spine,   2018年07月, 査読有り
  • Risk factors for local recurrence after total en bloc spondylectomy for metastatic spinal tumors: A retrospective study., Igarashi T, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Yokogawa N, Tsuchiya H, Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association, 23, (3) 459 - 463,   2018年05月, 査読有り
  • Anti-tumor effects of a nonsteroidal anti-inflammatory drug zaltoprofen on chondrosarcoma via activating peroxisome proliferator-activated receptor gamma and suppressing matrix metalloproteinase-2 expression., Higuchi T, Takeuchi A, Munesue S, Yamamoto N, Hayashi K, Kimura H, Miwa S, Inatani H, Shimozaki S, Kato T, Aoki Y, Abe K, Taniguchi Y, Aiba H, Murakami H, Harashima A, Yamamoto Y, Tsuchiya H, Cancer medicine, 7, (5) 1944 - 1954,   2018年05月, 査読有り
  • Natural History and Prognostic Factors of Cholangiocarcinoma With Spinal Metastasis: A 10-Year Single Center Study., Sangsin A, Saiudom D, Pongmanee S, Saengsin J, Leerapun T, Murakami H, Clinical spine surgery, 31, (3) E160 - E165,   2018年04月, 査読有り
  • Perioperative Complications after Surgery for Thoracic Ossification of Posterior Longitudinal Ligament- Nationwide Multicenter Prospective Study., Imagama S, Ando K, Takeuchi K, Kato S, Murakami H, Aizawa T, Ozawa H, Hasegawa T, Matsuyama Y, Koda M, Yamazaki M, Chikuda H, Shindo S, Nakagawa Y, Kimura A, Takeshita K, Wada K, Katoh H, Watanabe M, Yamada K, Furuya T, Tsuji T, Fujibayashi S, Mori K, Kawaguchi Y, Watanabe K, Matsumoto M, Yoshii T, Okawa A, Spine,   2018年04月, 査読有り
  • Incidental durotomy during total en bloc spondylectomy., Yokogawa N, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Tsuchiya H, The spine journal : official journal of the North American Spine Society, 18, (3) 381 - 386,   2018年03月, 査読有り
  • A histological examination of spinal reconstruction using a frozen bone autograft., Shinmura K, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Hayashi H, Inoue K, Ota T, Yokogawa N, Ishii T, Igarashi T, Tsuchiya H, PloS one, 13, (1) ,   2018年, 査読有り
  • Complications Associated With Spine Surgery in Patients Aged 80 Years or Older: Japan Association of Spine Surgeons with Ambition (JASA) Multicenter Study., Kobayashi K, Imagama S, Ando K, Ishiguro N, Yamashita M, Eguchi Y, Matsumoto M, Ishii K, Hikata T, Seki S, Terai H, Suzuki A, Tamai K, Aramomi M, Ishikawa T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Yamada K, Hongo M, Nishimura H, Suzuki H, Nakano A, Watanabe K, Chikuda H, Ohya J, Aoki Y, Shimizu M, Futatsugi T, Mukaiyama K, Hasegawa M, Kiyasu K, Iizuka H, Iizuka Y, Kobayashi R, Nishida K, Kakutani K, Nakajima H, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Namikawa T, Watanabe K, Nakanishi K, Nakagawa Y, Yoshimoto M, Fujiwara H, Nishida N, Imajo Y, Yamazaki M, Sakane M, Abe T, Fujii K, Kaito T, Furuya T, Orita S, Ohtori S, Global spine journal, 7, (7) 636 - 641,   2017年10月, 査読有り
  • Risk Factors for Delirium After Spine Surgery in Extremely Elderly Patients Aged 80 Years or Older and Review of the Literature: Japan Association of Spine Surgeons with Ambition Multicenter Study., Kobayashi K, Imagama S, Ando K, Ishiguro N, Yamashita M, Eguchi Y, Matsumoto M, Ishii K, Hikata T, Seki S, Terai H, Suzuki A, Tamai K, Aramomi M, Ishikawa T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Yamada K, Hongo M, Matsuoka Y, Suzuki H, Nakano A, Watanabe K, Chikuda H, Ohya J, Aoki Y, Shimizu M, Futatsugi T, Mukaiyama K, Hasegawa M, Kiyasu K, Iizuka H, Iizuka Y, Kobayashi R, Nishida K, Kakutani K, Nakajima H, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Namikawa T, Watanabe K, Nakanishi K, Nakagawa Y, Yoshimoto M, Fujiwara H, Nishida N, Imajo Y, Yamazaki M, Sakane M, Abe T, Fujii K, Kaito T, Furuya T, Orita S, Ohtori S, Global spine journal, 7, (6) 560 - 566,   2017年09月, 査読有り
  • Giant cell tumor of the thoracic spine completely removed by total spondylectomy after neoadjuvant denosumab therapy, Noritaka Yonezawa, Hideki Murakami, Satoshi Kato, Akihiko Takeuchi, Hiroyuki Tsuchiya, EUROPEAN SPINE JOURNAL, 26, (1) S236 - S242,   2017年05月, 査読有り, Purpose Denosumab, a novel monoclonal antibody that targets the receptor activator of nuclear factor-kappa B (RANK) ligand (RANKL), has recently been used to treat patients with giant cell tumor of bone (GCTB). However, few reports have described the clinical results of denosumab therapy for spinal GCTB and evaluated treatment efficacy with respect to the entirety of the resected vertebra after denosumab therapy. Methods We present the case of a 51-year-old man with T12 GCTB that was completely removed by a total spondylectomy following 10 courses of neoadjuvant denosumab therapy. Post-therapy radiological findings indicated epidural tumor reduction in the spinal canal and sclerotic rim formation. However, the affected vertebra collapsed despite denosumab therapy and a massive bridging callus formation was present between the spinal GCTB and adjacent vertebra. Results These morphological changes made the tumor margins unclear and increased the difficulty of dissection of the segmental arteries from the vertebral body and en bloc corpectomy by a posterior-approach. Pathological findings indicated increased woven bone at the peripheral lesion of the resected vertebra and RANKL-positive stromal cells remained around the woven bone. Conclusions These findings support that GCTB stromal cells survived around the newly formed woven bone after long-term denosumab treatment and total surgical resection of such primary spinal lesions as the gold-standard treatment, even following administration of denosumab. Surgeons should note that prolonged adjuvant denosumab therapy may increase the difficulty of performing a posterior-approach total en bloc spondylectomy.
  • Pathogenesis of Osteosclerotic Change Following Treatment with an Antibody Against RANKL for Giant Cell Tumour of the Bone, Mamer Rosario, Akihiko Takeuchi, Norio Yamamoto, Katsuhiro Hayashi, Shinji Miwa, Takashi Higuchi, Kensaku Abe, Yuta Taniguchi, Hisaki Aiba, Yoshikazu Tanzawa, Hideki Murakami, Hiroyuki Tsuchiya, ANTICANCER RESEARCH, 37, (2) 749 - 754,   2017年02月, 査読有り, Background: Giant cell tumours (GCTs) of the bone are intermediate tumours that are locally aggressive. Denosumab, an antibody against receptor activator of nuclear factor kappa-B ligand (RANKL), was recently developed; however, it induces osteosclerotic change through an unknown mechanism. We determined whether osteosclerotic change could be induced by neoplastic stromal cells of giant cell tumours (GCTs). Patients and Methods: Participants included four patients with GCT of the bone who were treated with neoadjuvant denosumab. Expression of alkaline phosphatase (ALP), osteocalcin (OCN), RANKL and histone H3K36 trimethylation were assessed through immunohistochemistry of biopsy and surgical specimens. Results: OCN expression was significantly elevated after denosumab treatment, whereas ALP and RANKL expressions were not significantly elevated. Immunofluorescence staining revealed OCN expression and H3K36 trimethylation while their co-localisation was confirmed in the surgical specimens. Conclusion: Denosumab promoted OCN expression and might induce the osteogenic differentiation of GCT stromal cells.
  • Innovative exercise device for the abdominal trunk muscles: An early validation study, Satoshi Kato, Hideki Murakami, Anri Inaki, Takafumi Mochizuki, Satoru Demura, Junsuke Nakase, Katsuhito Yoshioka, Noriaki Yokogawa, Takashi Igarashi, Naoki Takahashi, Noritaka Yonezawa, Seigo Kinuya, Hiroyuki Tsuchiya, PLOS ONE, 12, (2) ,   2017年02月, 査読有り, Background Exercise is one of the few treatments that provide significant improvements in chronic low back pain (CLBP). We developed an innovative exercise device for abdominal trunk muscles. This device can be used in a sitting or standing position and contains a built-in system to measure abdominal trunk muscle strength. We examined whether subjects can adequately use the device to perform the exercises and measure their abdominal trunk muscle strength. Methods We collected data on the body height, body weight, body mass index, and girth of 30 healthy male volunteers, and measured their grip power and trunk extensor muscle strength using a dynamometer. The volunteers performed a sit-up test as an indicator of trunk flexor muscle strength, and we measured their abdominal muscle strength using the device. We then evaluated the correlations between abdominal trunk muscle strength and anthropometric parameters as well as the strength of other muscles. In subsequent tests, 5 of the 30 subjects participated in two positron emission tomography (PET) series consisting of examinations after a resting period (control study) and during exercise (exercise study). For the exercise study, the subjects performed 2 sets of exercises for 20 minutes using the device before and after an injection of 18 F-fluorodeoxyglucose (FDG). PET-computed tomography images were obtained 60 minutes after FDG injection in each study. We compared the skeletal muscle metabolism of the participants in both studies using the standardized uptake value. Results The muscle strength measured by the device and the 30-second sit-up frequency were correlated. FDG accumulation within the diaphragm and abdominal rectus muscles was significantly higher in the exercise study. Conclusion Our innovative exercise device facilitates a coordinated contraction of the abdominal trunk muscles at the anterior aspect and the roof of the core, and enables subjects to measure the strength of these muscles.
  • Reconstruction using frozen tumour-bearing vertebra en bloc after total spondylectomy, Hideki Murakami, Yoshiyasu Fujimaki, Katsuhito Yoshioka, Norio Kawahara, Hiroyuki Tsuchiya, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE, 22, (1) 156 - 159,   2017年01月, 査読有り
  • Complications of spinal surgery for elderly patients with lumbar spinal stenosis in a super-aging country: An analysis of 8033 patients, Yasuaki Imajo, Toshihiko Taguchi, Masashi Neo, Koji Otani, Tadanori Ogata, Hiroshi Ozawa, Naohisa Miyakoshi, Hideki Murakami, Tetsuhiro Iguchi, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE, 22, (1) 10 - 15,   2017年01月, 査読有り, Background: The Japanese Society for Spine Surgery and Related Research USSR) performed a third study on complications in spinal surgery in 2011. The purpose was to present information about surgery and complications in a large amount of elderly patients aged 65 years with lumbar spinal stenosis (LSS) without coexisting spondylolisthesis, spondylolysis, or scoliosis, and to compare patients aged >= 80 years to those aged 65-79 years. Methods: A recordable optical disc for data storage was sent by JSSR in January 2012 to 1105 surgeons certified by the JSSR in order to collect surgical data. Data were returned by the end of May 2012. Results: Data were accumulated for 8033 patients aged 65 years. The incidence of surgical complications was 10.8%, and did not differ significantly between age groups. The incidence of general complications was 2.7%, and differed significantly between age groups (p < 0.005). The highest incidence of surgical complications was for dural tear (DT) (3.6%), followed by deep wound infection (DWI) (1.4%), neurological complications (1.3%), and epidural hematoma (1.3%). Spinal instrumentation was applied in 30.3%. Incidences of surgical complications in instrumented and noninstrumented surgery were 17.3% and 8.8%. In instrumented surgery, incidences of surgical and general complications were higher in the >= 80 year age group than in the 65-79 year age group. Logistic regression analyses showed patients with microendoscopic surgery at increased risk of DT. Patients with diabetes mellitus and instrumented surgery showed increased risks of DWI. Conclusions: Incidences of surgical complications did not differ significantly between age groups. Attention should be paid to both surgical and general complications, particularly for postoperative mental disease in instrumented surgery for patients >= 80 years old. (C) 2016 The Japanese Orthopaedic Association. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Solitary thoracic intramedullary spinal neurofibroma microsurgically extirpated via recapping T-saw laminoplasty., Rosario MS, Murakami H, Kato S, Fujii M, Yonezawa N, Tsuchiya H, Journal of orthopaedic surgery (Hong Kong), 25, (1) ,   2017年01月, 査読有り
  • Posterior curve correction using convex posterior hemi-interbody arthrodesis in skeletally immature patients with scoliosis, Satoru Demura, Hideki Murakami, Satoshi Kato, Katsuhito Yoshioka, Moriyuki Fujii, Takashi Igarashi, Noritaka Yonezawa, Naoki Takahashi, Hiroyuki Tsuchiya, SPINE JOURNAL, 16, (9) 1152 - 1156,   2016年09月, 査読有り, BACKGROUND CONTEXT: Deformity progression after posterior fusion in skeletally immature patients with scoliosis has remained a topic of debate. It occurs when the anterior segment of the apical zone continues to grow after successful posterior fusion, resulting in progressive bending and rotation of the vertebral bodies. For this reason, circumferential fusion using a combined anterior-posterior approach has been used to prevent this occurrence. PURPOSE: The aim of this study was to report instrumented spinal fusion with convex hemi-interbody arthrodesis using a posterior-only approach in Risser stage 0 or 1 scoliosis patients. STUDY DESIGN: This is a retrospective study. PATIENT SAMPLE: Three patients presenting scoliosis in Risser stage 0 or 1 were enrolled. OUTCOME MEASURES: Postoperative correction rate, bone union, and pulmonary function were examined. METHODS: Premenarchal girls aged 11.3-12.2 years underwent surgical procedure. Follow-up after surgery was on 25, 30, and 36 months. The surgical procedure included soft tissue, costotransverse ligament and facet releases, and Ponte osteotomies. Discectomy followed by intervertebral bone grafting were performed across the periapical zone on the convex side. After placement of segmental pedicle screws, deformity correction was achieved by rod derotation, cantilever reduction, direct vertebral derotation distraction and compression technique. RESULTS: Preoperative thoracic Cobb angle measured 81 degrees (range 64-107), which improved to 23 degrees at final follow-up, resulting in a 72% correction. Solid posterior bony fusion was achieved in all cases at final follow-up. No case showed deterioration of axial rotation at the apex radiographically. Postoperative pulmonary function showed increases in forced vital capacity (preoperation: 1.86 +/- 0.2L; at 2 years: 2.48 +/- 0.1L) and forced expiratory volume in 1 second (preoperation: 1.58 +/- 0.2L; at 2 years: 2.11 +/- 0.1L). CONCLUSIONS: This posterior-only procedure should be considered a suitable option in skeletally immature scoliosis patients where circumferential fusion is indicated and avoiding an anterior thoracotomy is preferable. (C) 2016 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • The impact of complete surgical resection of spinal metastases on the survival of patients with thyroid cancer, Satoshi Kato, Hideki Murakami, Satoru Demura, Yoshiyasu Fujimaki, Katsuhito Yoshioka, Noriaki Yokogawa, Hiroyuki Tsuchiya, CANCER MEDICINE, 5, (9) 2343 - 2349,   2016年09月, 査読有り, Spinal metastases (SMs) from thyroid cancers significantly reduce the quality of life by causing pain and neurological deficits and increase mortality. Complete surgical resection of isolated thyroid SMs is a promising treatment option; however, the postoperative outcome is unknown. This study aimed to compare the postoperative courses of patients undergoing complete resection of thyroid SMs with those of patients undergoing incomplete resection, with a minimum 4-year follow-up. We performed a retrospective analysis of 32 patients who underwent tumor excision surgery for thyroid SMs at our medical center during a 28-year period. Twenty patients underwent complete excision, and 12 underwent incomplete excision. Survival was defined as the time from the first spinal surgery to death or last follow-up. Kaplan-Meier analysis with the long-rank test was used to compare the overall survival rates between the groups. For all patients, the overall 5- and 10-year survival rates were 71% and 31%, respectively. The median overall survival time was 6.4years. The patients undergoing complete excision survived longer than those undergoing incomplete excision (5-year survival: 84% vs. 50%; 10-year survival: 52% vs. 8%; P<0.01). Only one patient undergoing complete excision experienced local tumor recurrence in the operated spine, whereas all long-term survivors (>18months after surgery) in the incomplete excision group experienced local tumor recurrence and a consequent deterioration in performance status. Complete surgical resection of thyroid SMs, if achievable, has the potential not only to maintain performance status, but also to prolong survival.
  • En Bloc Resection and Reconstruction Using a Frozen Tumor-Bearing Bone for Metastases of the Spine and Cranium from Retroperitoneal Paraganglioma, Ryo Kitagawa, Hideki Murakami, Satoshi Kato, Mitsutoshi Nakada, Satoru Demura, Hiroyuki Tsuchiya, WORLD NEUROSURGERY, 90, 698.e1 - 698.e5,   2016年06月, 査読有り, BACKGROUND: Paragangliomas are neuroendocrine tumors that originate from autonomic nervous system-associated paraganglia and are rare tumors accounting for only 0.3% of all neoplasms. Malignant paragangliomas frequently spread to the skeleton. The authors present a case of malignant paraganglioma with bone metastases to the spine and cranium, as well as excellent local control achieved with en bloc tumor resection and reconstruction using frozen tumor-bearing bone for the sites of the metastases. CASE: The patient was a 61-year-old woman who underwent retroperitoneal paraganglioma resection 12 years previously. Nine years after the primary surgery, she began to experience back pain. Magnetic resonance imaging revealed an isolated metastasis in T6, and the following evaluation detected another metastasis in the left temporal bone. We performed curative surgeries for the metastases, including total en bloc spondylectomy of T6, partial craniectomy for the cranial metastasis, and spinal and cranial reconstruction using frozen tumor-bearing bone for the sites of the metastases. At the 24-month follow-up examination, bone fusion was achieved between the frozen bone and the adjacent healthy bone in the spine and cranium. At 36 months postoperatively, an asymptomatic metastatic lesion was found in the pelvis. Nevertheless, no local recurrences at the surgical sites were detected. Her quality of life and performance in activities of daily living were well preserved. To the author's knowledge, this is the first report to present a case of cranioplasty achieved using a liquid nitrogen frozen, tumor-bearing autologous bone flap in a single-stage operation.
  • Invasiveness Reduction of Recent Total En Bloc Spondylectomy: Assessment of the Learning Curve., Ishii T, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Fujii M, Igarashi T, Tsuchiya H, Asian spine journal, 10, (3) 522 - 527,   2016年06月, 査読有り
  • Disappearance of lung adenocarcinoma after total en bloc spondylectomy using frozen tumor-bearing vertebra for reconstruction, Shurei Sugita, Hideki Murakami, Satoshi Kato, Sakae Tanaka, Hiroyuki Tsuchiya, EUROPEAN SPINE JOURNAL, 25, S53 - S57,   2016年05月, 査読有り, Purpose Total en bloc spondylectomy (TES) is a surgical procedure performed to achieve complete resection of an aggressive benign spinal tumor or a malignant spinal tumor. When reconstructing the spine after resection, we have been using liquid nitrogen-frozen resected spine bearing tumor as a bone graft, expecting an immunological response to tumor-specific antigen(s). The purpose of this article is to report a successful treatment case of lung adenocarcinoma metastasis with TES and this cryotherapy. Methods A 59-year-old male presented with rapid progression of neurological deterioration of the lower limbs due to a spinal metastasis from T8 to T10. The primary lung adenocarcinoma had already been excised under thoracoscopy. The patient underwent TES with reconstruction using frozen tumor-bearing vertebra for the bone graft. Results One month after surgery, a new nodule appeared at the right middle lobe of the lung. However, we carried out no biopsy of the newly emerged nodule and the patient received no adjuvant chemotherapy or radiotherapy. Six months after surgery, the tumor vanished. No local recurrence or metastasis of the tumor has been observed until now. Conclusions TES with a liquid nitrogen-frozen tumor specimen could be a promising therapeutic option for cancer patients with spine metastasis.
  • Spinal Metastasectomy of Renal Cell Carcinoma: A 16-Year Single Center Experience With a Minimum 3-Year Follow-Up, Satoshi Kato, Hideki Murakami, Satoru Demura, Koshi Nambu, Yoshiyasu Fujimaki, Katsuhito Yoshioka, Norio Kawahara, Katsuro Tomita, Hiroyuki Tsuchiya, JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY, 113, (5) 587 - 592,   2016年04月, 査読有り, Background and Objectives: Metastasectomy of spinal lesions from renal cell carcinoma (RCC) is a promising strategy. However, its clinical outcome after spinal metastasectomy is unknown owing to the difficulty of curative surgical resection. This is the first study to examine the survival rates of patients who underwent metastasectomy of solitary spinal metastases from RCC. Methods: A retrospective cohort study of 36 consecutive patients with RCC who underwent nephrectomy and complete removal of solitary spinal lesions between 1995 and 2010 at our institution. Cancer-specific survival (CSS) time from the spinal metastasectomy to death or last follow-up was the main endpoint. Potential factors associated with survival were evaluated with Kaplan-Meier analysis and the long-rank test. Results: For all patients, the estimated median CSS time was 130 months. The 3, 5, and 10-year CSS rates were 77.8%, 69.1%, and 58.0%, respectively, for all patients, and 72.7%, 54.5%, and 27.3%, respectively, for patients with lung metastases at the time of surgery. Only the presence of liver metastases was significantly associated with short-term survival after spinal metastasectomy. Conclusions: Liver metastases were associated with short-term survival, although lung metastases were not. For selected patients, curative resection of solitary spinal metastases can potentially prolong survival. (C) 2016 Wiley Periodicals, Inc.
  • Spinal Metastasis from Subcutaneous Sacrococcygeal Ependymoma: A Case Report with Long-Term Follow-Up., Yoshioka K, Murakami H, Demura S, Kato S, Kawahara N, Tomita K, Tsuchiya H, Surgery journal (New York, N.Y.), 1, (1) e50 - e53,   2015年12月, 査読有り
  • Implantation of Liquid Nitrogen Frozen Tumor Tissue after Posterior Decompression and Stabilization for Metastatic Spinal Tumors., Shinmura K, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Hayashi H, Yokogawa N, Igarashi T, Fujii M, Yonezawa N, Tsuchiya H, Asian spine journal, 9, (6) 869 - 875,   2015年12月, 査読有り
  • Microendoscopic Excision of Osteoid Osteoma in the Pedicle of the Third Lumbar Vertebra., Yoshioka K, Matsuda E, Murakami H, Tsuchiya H, Asian spine journal, 9, (6) 958 - 961,   2015年12月, 査読有り
  • Gait Analysis Using a Support Vector Machine for Lumbar Spinal Stenosis., Hayashi H, Toribatake Y, Murakami H, Yoneyama T, Watanabe T, Tsuchiya H, Orthopedics, 38, (11) e959 - 64,   2015年11月, 査読有り
  • Repeated total en bloc spondylectomy for spinal metastases at different sites in one patient., Sugita S, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Yokogawa N, Tanaka S, Tsuchiya H, European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society, 24, (10) 2196 - 2200,   2015年10月, 査読有り
  • Gradual spinal cord decompression through migration of floated plaques after anterior decompression via a posterolateral approach for OPLL in the thoracic spine., Kato S, Murakami H, Demura S, Yoshioka K, Hayashi H, Yokogawa N, Fang X, Tsuchiya H, Journal of neurosurgery. Spine, 23, (4) 479 - 483,   2015年10月, 査読有り
  • Iatrogenic Lumbar Vertebral Fracture during Osteosynthesis for a Trochanteric Fracture of the Femur in Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis., Sasagawa T, Murakami H, Maruhashi Y, Segawa T, Yamamoto D, Shimizu S, Morita Y, Nakamura T, Asian spine journal, 9, (5) 803 - 806,   2015年10月, 査読有り
  • Successful Total En Bloc Spondylectomy of T7 Vertebra for Hepatocellular Carcinoma Metastasis After Living Donor Liver Transplantation., Kimura H, Fujibayashi S, Shimizu T, Otsuki B, Murakami H, Kaido T, Uemoto S, Matsuda S, Spine, 40, (16) E944 - 7,   2015年08月, 査読有り
  • Mini-open transthoracic approach for resection of a calcified herniated thoracic disc and repair of the dural surface with fibrin glue: a case report., Yoshioka K, Murakami H, Demura S, Kato S, Tsuchiya H, Journal of orthopaedic surgery (Hong Kong), 23, (2) 243 - 246,   2015年08月, 査読有り
  • Postoperative Cerebrospinal Fluid Leakage Associated With Total En Bloc Spondylectomy., Yokogawa N, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Hayashi H, Ishii T, Igarashi T, Fang X, Tsuchiya H, Orthopedics, 38, (7) e561 - 6,   2015年07月, 査読有り
  • Influence of Rod Contouring on Rod Strength and Stiffness in Spine Surgery., Demura S, Murakami H, Hayashi H, Kato S, Yoshioka K, Yokogawa N, Ishii T, Igarashi T, Fang X, Tsuchiya H, Orthopedics, 38, (6) e520 - 3,   2015年06月, 査読有り
  • Outcome of posterior lumbar interbody fusion for L4-L5 degenerative spondylolisthesis., Hayashi H, Murakami H, Demura S, Kato S, Kawahara N, Tsuchiya H, Indian journal of orthopaedics, 49, (3) 284 - 288,   2015年05月, 査読有り
  • The effect of kyphotic deformity because of vertebral fracture: a finite element analysis of a 10° and 20° wedge-shaped vertebral fracture model., Okamoto Y, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Hayashi H, Sakamoto J, Kawahara N, Tsuchiya H, The spine journal : official journal of the North American Spine Society, 15, (4) 713 - 720,   2015年04月, 査読有り
  • Prevalence and risk factors for development of venous thromboembolism after degenerative spinal surgery., Yoshioka K, Murakami H, Demura S, Kato S, Tsuchiya H, Spine, 40, (5) E301 - 6,   2015年03月, 査読有り
  • Surgical site infection after total en bloc spondylectomy: risk factors and the preventive new technology., Hayashi H, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Shinmura K, Yokogawa N, Ishii T, Fang X, Shirai T, Tsuchiya H, The spine journal : official journal of the North American Spine Society, 15, (1) 132 - 137,   2015年01月, 査読有り
  • Differences in Gait Characteristics of Patients with Lumbar Spinal Canal Stenosis (L4 Radiculopathy) and Those with Osteoarthritis of the Hip., Yokogawa N, Toribatake Y, Murakami H, Hayashi H, Yoneyama T, Watanabe T, Tsuchiya H, PloS one, 10, (4) ,   2015年, 査読有り
  • Effects of Radiation on Spinal Dura Mater and Surrounding Tissue in Mice., Yokogawa N, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Yamamoto M, Iseki S, Tsuchiya H, PloS one, 10, (7) ,   2015年, 査読有り
  • Motor Function of the Upper-Extremity after Transection of the Second Thoracic Nerve Root during Total En Bloc Spondylectomy, Noriaki Yokogawa, Hideki Murakami, Satoru Demura, Satoshi Kato, Katsuhito Yoshioka, Hiroyuki Hayashi, Takayoshi Ishii, Moriyuki Fujii, Takashi Igarashi, Hiroyuki Tsuchiya, PLOS ONE, 9, (10) ,   2014年10月, 査読有り, Background: In total en bloc spondylectomy (TES) of upper thoracic spine including the second thoracic (T2) vertebra, T2 nerve roots are usually transected. In this study, we examined the association between transection of the T2 nerve roots and upper-extremity motor function in patients with upper thoracic TES. Methods: We assessed 16 patients who underwent upper thoracic TES with bilateral transection of the T2 nerve roots. Patients were divided into three groups: 3 patients without any processing of T1 and upper nerve roots (T2 group), 7 with extensive dissection of T1 nerve roots (T1-2 group), and 6 with extensive dissection of T1 and upper nerve roots (C-T2 group). Postoperative upper-extremity motor function was compared between the groups. Results: Postoperative deterioration of upper-extremity motor function was observed in 9 of the 16 patients (56.3%). Three of the 7 patients in the T1-2 group and all 6 patients in the C-T2 group showed deterioration of upper-extremity motor function, but there was no deterioration in the T2 group. In the T1-2 group, 3 patients showed mild deterioration that did not affect their activities of daily living and they achieved complete recovery at the latest follow-up examination. In contrast, severe dysfunction occurred frequently in the C-T2 group, without recovery at the latest follow-up. Conclusions: The transection of the T2 nerve roots alone did not result in upper-extremity motor dysfunction; rather, the dysfunction is caused by the extensive dissection of the T1 and upper nerve roots. Therefore, transection of the T2 nerve roots in upper thoracic TES seems to be an acceptable procedure with satisfactory outcomes.
  • Systemic antitumor immune response following reconstruction using frozen autografts for total en bloc spondylectomy, Hideki Murakami, Satoru Demura, Satoshi Kato, Katsuhito Yoshioka, Hiroyuki Hayashi, Kei Inoue, Takashi Ota, Kazuya Shinmura, Noriaki Yokogawa, Xiang Fang, Hiroyuki Tsuchiya, SPINE JOURNAL, 14, (8) 1567 - 1571,   2014年08月, 査読有り, BACKGROUND CONTEXT: Total en bloc spondylectomy (TES) is a surgery designed to achieve complete resection of a malignant spinal tumor, such as spinal metastasis. Although this procedure decreases the rate of local recurrence, it is questionable whether local control prolongs a patient's survival. In cryosurgery, antitumor immunity is activated after percutaneous cryoablation of tumors. We applied this tumor-induced cryoimmunology to TES surgery and developed a "second-generation TES'' that brings about TES enhancing antitumor immunity to prolong a patient's survival. PURPOSE: To present a second-generation TES applied tumor-induced cryoimmunology and assess the immunity-enhancing effect after implementing this surgery. STUDY DESIGN: This is a retrospective review of prospectively collected data. PATIENT SAMPLE: The sample consisted of 65 consecutive patients who underwent second-generation TES. OUTCOME MEASURES: Interferon gamma (IFN-gamma) and interleukin-12 (IL-12) before surgery and at both 1 and 3 months after surgery was used to assess the immunity-enhancing effect. METHODS: In second-generation TES, instead of harvesting autograft from the ilium or fibula, the resected lamina and vertebral body from TES are frozen using liquid nitrogen and used as grafted bone for spinal reconstruction. In the most recent 33 of the 65 cases, in addition to the TES procedure, a small amount of the tumor tissue from the resected tumor-bearing vertebra was also placed into liquid nitrogen. This small amount of tumor tissue was then implanted subcutaneously on one side of the axilla at the end of the TES surgery. In 60 of 65 cases, measurement of IFN-gamma and IL-12 was performed. RESULTS: IFN-gamma increased after surgery in 45 (75%) of 60 cases. The mean IFN-gamma relative concentrations at both 1 and 3 months after surgery, as compared with before surgery, were significantly higher (284%+/- 596% and 275%+/- 354%: p<.05). IL-12 increased after surgery in 44 (73.3%) of 60 cases. The mean IL-12 relative concentrations at both 1 and 3 months after surgery, as compared with before surgery, were significantly higher (277% +/- 385% and 486%+/- 1032%: p>.05 and p<.01) at 3 months. At final follow-up, 13 of the 65 patients died due to progression of metastases (mean 12.6 months after TES), 15 remained free from disease, and 36 patients were alive with disease. CONCLUSIONS: The second-generation TES using frozen tumor-bearing autograft inside a cage affords three benefits: (1) no pain at the bone harvest site, (2) shortening of operation time, and (3) decrease of blood loss. Moreover, our results show that second-generation TES provides not only a local radical cure but also a systemic immunological enhancement. (C) 2014 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • Perioperative Complications of Total En Bloc Spondylectomy: Adverse Effects of Preoperative Irradiation, Noriaki Yokogawa, Hideki Murakami, Satoru Demura, Satoshi Kato, Katsuhito Yoshioka, Hiroyuki Hayashi, Takayoshi Ishii, Takashi Igarashi, Xiang Fang, Hiroyuki Tsuchiya, PLOS ONE, 9, (6) ,   2014年06月, 査読有り, Background: Total en bloc spondylectomy (TES) is associated with a high complication rate because it is technically demanding and involves patients compromised by cancer. Specifically, perioperative complications are more likely to occur in patients receiving preoperative irradiation. We examined the perioperative complications associated with TES in patients receiving preoperative irradiation. Methods: Seventy-seven patients underwent TES between May 2010 and April 2013. We performed a retrospective review of prospectively collected data for 50 patients with metastatic tumors of the thoracic spine, excluding patients with primary spinal tumors, lumbar spinal metastasis, and combined anterior and posterior approach TES. Patients were divided into 2 groups: those with preoperative irradiation (RT-TES group, 18 patients) and those without preoperative irradiation (TES group, 32 patients). The following perioperative complications, occurring within 2 months of surgery, were compared between the groups: intraoperative dural injuries, epidural hematomas, deep surgical-site infections, postoperative cerebrospinal fluid leakage, wound dehiscence, pleural effusions, and neurological deficits. Results: Significant differences in patient characteristics were not observed between the RT-TES and TES groups. Perioperative TES complications occurred in 20/50 patients (40.0%). The complication rate in the RT-TES group was 77.8% (14 out of 18), threefold higher than the 18.8% (6 out of 32) in the TES group (P<0.01). The incidence of complications, including intraoperative dural injuries, postoperative cerebrospinal fluid leakage, wound dehiscence, and pleural effusions, was significantly higher in the RT-TES group (P<0.01). Conclusion: The perioperative complication rate associated with TES for spinal metastasis was significantly higher among patients receiving preoperative irradiation than among those not receiving preoperative irradiation.
  • Reconstruction using a frozen tumor-bearing vertebra in total en bloc spondylectomy can enhance antitumor immunity, Hideki Murakami, Satoshi Kato, Yasuhiro Ueda, Yoshiyasu Fujimaki, Hiroyuki Tsuchiya, EUROPEAN SPINE JOURNAL, 23, S222 - S227,   2014年05月, 査読有り, Distant metastases from thyroid carcinoma are successfully cured if they take up radioiodine (I-131), are of small size, and located in the lungs. Bone metastases have the worst prognosis because I-131 therapy and external beam radiotherapy are less effective. Our propose here is to report a patient with solitary spinal metastasis and multiple lung metastases from thyroid carcinoma, whose spinal metastasis was treated by total en bloc spondylectomy (TES) enhancing antitumor immunity using frozen tumor-bearing bone for spinal reconstruction. The patient was a 37-year-old male who had solitary spinal metastasis at T4 and multiple lung metastases from thyroid carcinoma. I-131 therapy for the multiple lung metastases resulted in no effect because the apparent I-131 uptake was observed only in T4 metastasis. We performed a TES of T4 with cryotreatment. After en bloc excision of T4, the excised tumor-bearing vertebra was frozen by liquid nitrogen. In spinal reconstruction, the frozen vertebra was used in a mesh cage inserted into the anterior defect. After surgery, the thyroglobulin level decreased without any other adjuvant therapy and the serum levels of INF-gamma and IL-12 increased. This indicates antitumor immunity was activated. Then, I-131 therapy became effective to the lung metastases causing the tumors to decrease in size and number. Three years after surgery, progression in the lung metastases, other metastasis, and local recurrence have not been observed. TES with cryotreatment as presented is a novel surgery which can enhance antitumor immunity against other visible or non-visible metastases.
  • A Pediatric Case of Single-level Idiopathic Cervical Intervertebral Disk Calcification With Symptom Relapse 1 Year After Initial Onset, Takeshi Sasagawa, Fumio Hashimoto, Takuya Nakamura, Yoshinobu Maruhasi, Naoyuki Matsumoto, Takeshi Segawa, Daiki Yamamoto, Kenichi Goshima, Hideki Murakami, Hiroyuki Tsuchiya, JOURNAL OF PEDIATRIC ORTHOPAEDICS, 34, (3) 282 - 286,   2014年04月, 査読有り, Background: To date there has been only 1 reported case of the symptom relapse of pediatric idiopathic intervertebral disk calcification (PIIDC), as described by Yoon and colleagues in 1987, who reported symptom relapse in a patient with multilevel PIIDC. Thus, symptom relapse in patients with single-level PIIDC have not been reported. Methods: We report here a case of single-level PIIDC with symptom relapse 1 year after the initial onset. Results: The patient was a 7-year-old girl who developed cervical pain and fever up to 38 degrees C without an obvious cause. Computed tomography (CT) revealed calcification in the C4/5 intervertebral disk space and in the epidural space at the C3-5 vertebral levels. The patient was diagnosed with PIIDC and treatment with oral nonsteroidal anti-inflammatory drugs was begun. Both cervical pain and fever gradually improved and resolved in approximately 1 week. CT obtained 6 months after the initial onset showed calcifications localized in the posterior area of the C4/5 intervertebral disk space and reduced epidural calcifications, which had nearly resolved. One year after the initial onset, the patient developed similar symptoms. CT revealed an enlarged calcified lesion in the epidural space. Thus, the patient was diagnosed with symptom relapse of PIIDC. Although there was enlargement of calcifications in the epidural space, there were no calcifications involving the intervertebral disk at the time of relapse. The patient was treated conservatively. Follow-up CT revealed that the lesion resolved with time. Conclusions: This report described a patient with single-level PIIDC and symptom relapse 1 year after the initial onset. In the case presented herein, calcifications of the intervertebral space had extruded into the epidural space, thus causing a symptom relapse. The patient was treated conservatively at the initial onset and at the time of relapse. The symptoms improved both times. Although patients with single-level PIIDC usually have an uneventful clinical course, it is necessary to be mindful of potential symptom relapse.
  • More Than 10-Year Follow-Up After Total En Bloc Spondylectomy for Spinal Tumors, Satoshi Kato, Hideki Murakami, Satoru Demura, Katsuhito Yoshioka, Norio Kawahara, Katsuro Tomita, Hiroyuki Tsuchiya, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 21, (4) 1330 - 1336,   2014年04月, 査読有り, Background. There are many reports of en bloc resection for spinal tumors. However, no studies have evaluated the clinical outcomes with follow-up exceeding 10 years after surgery. Methods. We reviewed 82 patients who had undergone total en bloc spondylectomy (TES) before January 2002 and identified 29 (19 with primary tumors and 10 with metastatic tumors) who had survived for more than 10 years after surgery. We evaluated the clinical outcomes including patient-based outcomes using questionnaire. The questionnaire included subjective assessment of the results of TES and SF-36. Results. Overall, 33 % of patients with metastases from kidney cancer and 25 % of those with metastases from thyroid cancer survived for more than 10 years after TES for solitary spinal metastases. Four patients with metastatic tumors had no evidence of disease at the time of survey. There were no tumor recurrences in any of the 23 patients who underwent TES as the primary surgery. No revision surgeries have been required as a result of instrumentation failure in any of the 29 patients. About 90 % of the patients were satisfied or very satisfied with the results of TES. The SF-36 results demonstrated that the both physical and mental health of patients with primary tumors was equivalent to those of healthy individuals, and the mental health of patients with metastatic tumors was almost similar to them. Conclusions. This study showed the long-term clinical outcomes after TES to be favorable. TES played an important role in the treatment strategy for spinal tumors including metastases.
  • A Novel Method to Apply Osteogenic Potential of Adipose Derived Stem Cells in Orthopaedic Surgery, Xiang Fang, Hideki Murakami, Satoru Demura, Katsuhiro Hayashi, Hidenori Matsubara, Satoshi Kato, Katsuhito Yoshioka, Kei Inoue, Takashi Ota, Kazuya Shinmura, Hiroyuki Tsuchiya, PLOS ONE, 9, (2) ,   2014年02月, 査読有り, Background: A number of publications have reported that adipose derived stem cells (ADSCs) have the capacity to be induced to differentiate into osteoblasts both in vitro and in vivo. However, it has been difficult to use separate ADSCs for cortical bone regeneration and bone reconstruction so far. Inspired by the research around stromal stem cells and cell sheets, we developed a new method to fabricate ADSCs sheets to accelerate and enhance the bone regeneration and bone reconstruction. Purpose: To fabricate ADSCs sheets and evaluate their capacity to be induced to differentiate to osteoblasts in vitro. Methods: Human adipose derived stem cells (hADSCs) were employed in this research. The fabricating medium containing 50 mM ascorbate-2-phosphate was used to enhance the secretion of collagen protein by the ADSCs and thus to make the cell sheets of ADSCs. As the separate ADSCs were divided into osteo-induction group and control group, the ADSCs sheets were also divided into two groups depending on induction by osteogenesis medium or no induction. The osteogenic capacity of each group was evaluated by ALP staining, Alizarin Red staining and ALP activity. Results: The ADSCs sheets were fabricated after one-week culture in the fabricating medium. The ALP staining of ADSCs sheets showed positive results after 5 days osteo-induction and the Alizarin Red staining of ADSCs sheets showed positive results after 1 week osteo-induction. The ALP activity showed significant differences between these four groups. The ALP activity of ADSCs sheets groups showed higher value than that of separate ADSCs. Conclusion: The experiments demonstrated that ADSCs sheets have better capacity than separate ADSCs to be induced to differentiate into osteoblasts. This indicates that it is possible to use the ADSCs sheets as a source of mesenchymal stem cells for bone regeneration and bone reconstruction.
  • Vertebral Osteomyelitis Caused by Mycobacterium abscessus Surgically Treated Using Antibacterial Iodine-Supported Instrumentation., Kato S, Murakami H, Demura S, Yoshioka K, Hayashi H, Yokogawa N, Fang X, Tsuchiya H, Case reports in orthopedics, 2014,   2014年, 査読有り
  • Clinical Outcome of Spinal Reconstruction After Total En Bloc Spondylectomy at 3 or More Levels, Katsuhito Yoshioka, Hideki Murakami, Satoru Demura, Satoshi Kato, Norio Kawahara, Katsuro Tomita, Hiroyuki Tsuchiya, SPINE, 38, (24) E1511 - E1516,   2013年11月, 査読有り, Study Design. Retrospective clinical study. Objective. To assess the clinical and radiological outcome of spinal reconstruction after total en bloc spondylectomy (TES) at 3 or more levels. Summary of Background Data. There have been few reports of multilevel spondylectomy for spinal tumor. This is the first case series on the clinical outcome for reconstructions after 3 or more levels of TES. Methods. Twenty-six patients treated by 3 or more levels of TES at Kanazawa University Hospital were included in this analysis. Reconstruction was performed with pedicle screw fixation and a titanium mesh cage filled with autograft in all cases. To increase spinal stability in reconstruction, spinal shortening was performed. Instrument failure and radiological findings were evaluated using radiograph and computed tomographical scan with multiplanar reconstructions. The length of spinal shortening was also measured. Results. Excluding 4 patients with deteriorating general condition, radiological evaluation was performed for more than 1 year in 22 patients. All 22 patients had no evidence of local recurrence at the surgical site of the spine during the follow-up period. Cage subsidence was seen in 11 patients (50%). Eight of the 11 patients showed the appearance of subsidence 1 month after the surgery. There was one instrument failure that required revision surgery 8 months after TES surgery. One other patient showed bone resorption on the contact surfaces of the cage at 24 months after the surgery. The mean length of the resection vertebrae was 84.6 mm (52-124 mm), while the length of the shortening was 10.4 mm (3-22 mm). Conclusion. No local recurrence was observed after TES at 3 or more levels. Cage subsidence was a common phenomenon (50%) and already observed 1 month after surgery in 8 of the 11 cases. Spinal shortening has the potential to provide good stability for multilevel TES.
  • Patient and Family Satisfaction With En Bloc Total Resection as a Treatment for Solitary Spinal Metastasis, Satoshi Kato, Hideki Murakami, Satoru Demura, Katsuhito Yoshioka, Takashi Ota, Kazuya Shinmura, Noriaki Yokogawa, Norio Kawahara, Katsuro Tomita, Hiroyuki Tsuchiya, ORTHOPEDICS, 36, (11) E1424 - E1430,   2013年11月, 査読有り, Many studies have evaluated patient satisfaction surgeries for primary cancers. No studies have evaluated patient satisfaction in metastasectomies. The authors examined patient and family satisfaction with en bloc total resection of solitary spinal metastases and evaluated the factors that correlated with dissatisfaction. From 1998 to 2010, total en bloc spondylectomy (TES) was performed in 110 patients with solitary spinal metastases at the authors' institution. Questionnaires were sent by mail to 110 patients and their families in January 2012. Questionnaire included a subjective assessment of the results of surgery and the following questions: (1) Would you have the surgery again if you were returned to your presurgery status? and (2) Do you feel that you are a patient without cancer? To identify factors for dissatisfaction with the outcomes of TES, univariate and multivariate analyses were performed. Questionnaires were successfully delivered to 104 patients and their families. Responses were collected from 47 patients and 61 family members. Forty-five patients were very satisfied or satisfied with the outcomes of TES, and the other 2 were neutral. Fifty-four family members were very satisfied or satisfied, 5 were neutral, and 2 were dissatisfied. Forty-five patients indicated they would have the surgeries again. Thirteen patients indicated that they felt like patients without cancer. In multivariate analysis, patient death less than 2 years postoperatively and major postoperative complications were associated significantly with dissatisfaction.
  • Fifteen-year Survivor of Renal Cell Carcinoma After Metastasectomies for Multiple Bone Metastases, Satoshi Kato, Hideki Murakami, Akihiko Takeuchi, Satoru Demura, Katsuhito Yoshioka, Norio Kawahara, Katsuro Tomita, Hiroyuki Tsuchiya, ORTHOPEDICS, 36, (11) E1454 - E1457,   2013年11月, 査読有り, This article describes a patient with multiple metastases from renal cell carcinoma who survived and maintained an ambulatory status for 15 years with no recurrence in the spine after en bloc resection of solitary spinal metastasis. Skeletal metastasis from renal cell carcinoma is common, second only to lung metastasis. Surgery plays an important role in the treatment of the metastasis because of its resistance to chemotherapy and radiotherapy. A 60-year-old man had T1N2M1 renal cell carcinoma in the right kidney and synchronous bone metastases at T12 vertebral body and the right humerus. The patient underwent right nephrectomy and en bloc resection of T12 metastasis at the same time using a retroperitoneal approach. He also underwent curetted total excision of metastasis in the right humerus. He underwent radiotherapy and an additional 7 tumor excision surgeries in the right humerus due to repeated tumor recurrences and a pulmonary metastasectomy in the right lung. Thirteen years after initial surgery, he underwent right forequarter amputation due to tumor recurrence and surgical site infection. Fifteen years after initial surgery, he is still alive with no evidence of disease. He has been ambulatory with no tumor recurrence in the spine for 15 years. En bloc resection of solitary spinal metastasis allowed the patient to be ambulatory without recurrence. This contrasts with curetted total excision of bone metastasis in the humerus that resulted in repeated recurrences and surgeries and loss of the arm.
  • Laminoplasty and Pedicle Screw Fixation for Cervical Myelopathy Associated With Athetoid Cerebral Palsy Minimum 5-Year Follow-up, Satoru Demura, Hideki Murakami, Norio Kawahara, Satoshi Kato, Katsuhito Yoshioka, Hiroyuki Tsuchiya, SPINE, 38, (20) 1764 - 1769,   2013年09月, 査読有り, Study Design. Retrospective case series. Objective. To evaluate the outcomes after laminoplasty and posterior spinal fusion using pedicle screws for cervical myelopathy associated with athetoid cerebral palsy. Summary of Background Data. A variety of surgical procedures have been reported including decompression without fusion, spinal fusion by anterior, posterior, or circumferential approach in this population. However, involuntary neck movements bring risk of postoperative neurological deterioration due to progression of kyphosis, pseudoarthrosis, or adjacent segmental degeneration. Methods. A consecutive series of 17 patients who underwent midline T-saw laminoplasty and posterior spinal fusion using pedicle screws were retrospectively reviewed. The mean age was 52 years (8 females and 9 males) at the time of surgery. The mean follow-up was 71 months. Radiographical measures were made in change of Cobb angle of sagittal plane from C2 to C7 and accuracy of pedicle screws. Barthel Index that shows independence in activities of daily life and the Japanese Orthopaedic Association score were also evaluated. Results. Preoperative Cobb angle of sagittal plane from C2 to C7 measured 11.0 degrees +/- 14.5 degrees of kyphosis, which improved to 1.5 degrees +/- 12.7 degrees postoperatively (P < 0.05). Solid posterior bony fusion was achieved in all cases without rigid orthosis such as halo vest. There were 2 cases of adjacent segmental instability, which required additional surgery. Nineteen (13%) out of the 138 screws showed deviation from the pedicle with postoperative computed tomography. However, there were no neurovascular complications during or after the surgery in any cases. Postoperative Japanese Orthopaedic Association score and Barthel Index significantly improved in 32% +/- 16%, and 48% +/- 26%, respectively. Conclusion. Laminoplasty and pedicle screw fixation provided strong internal fixation and improved neurological function and activities of daily living for cervical myelopathy associated with athetoid cerebral palsy.
  • The influence of steroid administration on systemic response in laminoplasty for cervical myelopathy, Satoru Demura, Keisuke Takahashi, Hideki Murakami, Yoshiyasu Fujimaki, Satoshi Kato, Hiroyuki Tsuchiya, ARCHIVES OF ORTHOPAEDIC AND TRAUMA SURGERY, 133, (8) 1041 - 1045,   2013年08月, 査読有り, The excessive systemic inflammatory response caused by surgery has been associated with the development of major complications, such as postoperative confusion and acute respiratory distress syndrome. The serum IL-6 has been used as a predictor in the extent of surgical trauma. Several trials have reported that steroid administration reduced excessive systemic response. We investigated the systemic response caused by surgical trauma in patients with cervical laminoplasty and evaluated the influence of steroid administration on systemic response. Thirty patients were included in this study. The patients were divided into three groups of ten each: preoperative steroid group, intraoperative steroid group, and non-steroid group. The same dose of steroid was administered to the patients in preoperative group and intraoperative group. Venous blood samples were taken at the following times: before surgery, at the end of surgery, 6 h after the surgery, the first, the third and the seventh day after the surgery. Outcome measures were serum IL-6, IL-10, C-reactive protein (CRP), white blood cells including neutrophil and lymphocyte counts. The mean serum IL-6 levels on the first day in preoperative and intraoperative steroid groups were significantly lower than in control group. The serum IL-6 levels in preoperative steroid group were lower than the serum levels in the intraoperative steroid group from the end of surgery to the third day after surgery. The CRP levels in steroids groups were also lower than in control group on the third day. There were no significant differences in the postoperative neutrophil count between the three groups. There was no postoperative infectious complication or suture failure. This study shows that the preoperative administration of steroids modified the systemic inflammatory response caused by surgical trauma in patients with cervical laminoplasty.
  • Novel Reconstruction Technique Using a Frozen Tumor-bearing Vertebra From a Total En Bloc Sponydylectomy for Spinal Tumors, Hideki Murakami, Satoshi Kato, Satoru Demura, Katsuhito Yoshioka, Hiroyuki Hayashi, Kei Inoue, Takashi Ota, Kazuya Shinmura, Noriaki Yokogawa, Xiang Fang, Hiroyuki Tsuchiya, ORTHOPEDICS, 36, (8) 605 - 607,   2013年08月, 査読有り, This article describes a novel reconstruction technique using frozen tumor-bearing vertebrae in total en bloc spondylectomy for spinal tumors. Instead of harvesting autograft from the ilium or fibula, the resected lamina and vertebral body from the total en bloc spondylectomy are frozen in liquid nitrogen and used as grafted bone for spinal reconstruction. A retrospective review of 56 patients was undertaken. As a result of this review, it was determined that this technique has the benefits of no pain at the bone harvest site, shortened operative time, decreased blood loss, and an additional antitumor immune response.
  • Increase of IL-12 following Reconstruction for Total En Bloc Spondylectomy Using Frozen Autografts Treated with Liquid Nitrogen, Hideki Murakami, Satoru Demura, Satoshi Kato, Hideji Nishida, Katsuhito Yoshioka, Hiroyuki Hayashi, Kei Inoue, Takashi Ota, Kazuya Shinmura, Noriaki Yokogawa, Xiang Fang, Hiroyuki Tsuchiya, PLOS ONE, 8, (5) ,   2013年05月, 査読有り, Background: Total en bloc spondylectomy (TES) is a surgery designed to achieve complete resection of a malignant spinal tumor such as spinal metastasis. Although this procedure decreases the rate of local recurrence, it is questionable whether local control prolongs patient's survival. We developed a "second-generation TES" that brings about TES enhancing antitumor immunity to prolong patient's survival. Our purpose is to present a second-generation TES applied tumor-induced cryoimmunology and assess the immunity-enhancing effect after implementing this surgery. Methods: We performed a retrospective review of prospectively collected data in second-generation TES as carried out in 56 cases. In second-generation TES, instead of harvesting autograft from the ilium or fibula, the resected lamina and vertebral body from TES are frozen using liquid nitrogen and used as grafted bone for spinal reconstruction. In recent 26 of the 56 cases, in addition to the TES procedure, a small amount of the tumor tissue from the resected tumor-bearing vertebra was also placed into liquid nitrogen. This small amount of tumor tissue was then implanted subcutaneously on one side of the axilla. In 52 of 56 cases, measurement of interleukin 12 (IL-12) was performed before surgery and at both 1 and 3 months after surgery. Results: IL-12 increased after TES surgery in 38 of 52 cases (73.1%). The mean IL-12 relative concentrations at both 1 and 3 months after surgery, as compared to before surgery, were significantly higher (121 +/- 89 and 149 +/- 111%: P<0.05 and P<0.01). Conclusions: Our results show that second-generation TES may provide not only a local radical cure but also a systemic immunological enhancement. Further prolonged survival in patients with a malignant spinal tumor is promising by second-generation TES.
  • Comparative Study of the Prevalence of Venous Thromboembolism After Elective Spinal Surgery, Katsuhito Yoshioka, Hideki Murakami, Satoru Demura, Satoshi Kato, Hiroyuki Hayashi, Kei Inoue, Takashi Ota, Kazuya Shinmura, Noriaki Yokogawa, Xiang Fang, Hiroyuki Tsuchiya, ORTHOPEDICS, 36, (2) E223 - E228,   2013年02月, 査読有り, To the authors' knowledge, no comparative studies exist of venous thromboembolism (VTE) based on different pathologies, surgical procedures, or spinal levels after spinal surgery. The authors prospectively investigated VTE after elective spinal surgery. The study comprised 4 patient groups. Group 1 comprised 79 patients with lumbar spinal stenosis treated with posterior decompression without fusion; group 2 comprised 90 patients with lumbar or lower thoracic degenerative disease treated with instrumentation for spine fusion; group 3 comprised 89 patients with cervical degenerative disease treated with posterior decompression or instrumentation for fusion; and group 4 comprised 82 patients with spinal tumors treated with total spondylectomy or piecemeal excision with stabilization. Deep venous thrombosis (DVT) and pulmonary thromboembolism (PTE) screening was performed for all 340 patients 7 to 10 days postoperatively. Binomial logistic regression analysis was used to assess the association of risk factors. The incidence of VTE was 15.2% in group 1, 13.3% in group 2, 4.5% in group 3, and 22.0% in group 4. The overall incidence of PTE was 2.9% (10/340 patients). Of the 10 cases of PTE, 2 were symptomatic and 8 were asymptomatic. No DVT occurred in 6 of 10 PTE-positive patients. Multivariate analysis showed that spinal tumors, neurologic deficits, and advanced age were risk factors for VTE. Spinal tumor surgery carries a high risk of critical VTE, whereas cervical spine surgery carries a low risk. No DVT occurred in 60% of PTE-positive patients. This result indicates that screening for PTE is also needed in patients who are at high risk for VTE.
  • Novel surgical technique for ossification of posterior longitudinal ligament in the thoracic spine Technical note, Satoshi Kato, Hideki Murakami, Satoru Demura, Katsuhito Yoshioka, Hiroyuki Hayashi, Hiroyuki Tsuchiya, JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE, 17, (6) 525 - 529,   2012年12月, 査読有り, Several surgical procedures have been developed to treat thoracic ossification of the posterior longitudinal ligament (OPLL). However, favorable surgical results are not always achieved, and consistent protocols and procedures for surgical treatment of thoracic OPLL have not been established. This technical note describes a novel technique to achieve anterior decompression via a single posterior approach. Three patients with a beak-type thoracic OPLL underwent surgery in which the authors' technique was used. Complete removal of the ossified PLL was achieved in all cases. With the patient in the prone position, the authors performed total resection of the posterior elements at the anterior decompression levels. This maneuver included not only laminectomies but also removal of the transverse processes and pedicles, which allowed space to be created bilaterally at the sides of the dural sac for the subsequent anterior decompression. The thoracic nerves at the levels of anterior decompression were ligated bilaterally and lifted up to manipulate the ossified ligament and the dural sac. An anterior decompression was then performed posteriorly. The PLL was floated without any difficulty. After exfoliation of the adhesions between the ossified ligament and the ventral aspect of the dural sac, the ossified PLL was removed. In every step of the anterior decompression, the space created in the bilateral sides of the dural sac allowed the surgeons to see the OPLL and anterolateral aspect of the dural sac directly and easily. After removal of the ossified PLL, posterior instrumented fusion was performed. This surgical procedure allows the surgeon to perform, safely and effectively, anterior decompression via a posterior approach for thoracic OPLL. (http://thejns.org/doi/abs/10.3171/2012.9.SPINE12617)
  • Eosinophilic Granuloma of the Lumbar Spine in an Adult, Yasuhiro Ueda, Hideki Murakami, Satoru Demura, Norio Kawahara, Katsuro Tomita, Hiroyuki Tsuchiya, ORTHOPEDICS, 35, (12) E1818 - E1821,   2012年12月, 査読有り, Eosinophilic granuloma of the spine is a common benign disease in children and adolescents that rarely affects adults. This article describes the case of a 32-year-old woman with a solitary eosinophilic granuloma presenting as a local lytic lesion at the L4 vertebral body. She presented with a 2-month history of low back pain without neurological deficits. Plain radiographs showed a lytic lesion of the L4 vertebral body. Computed tomography scans showed an osteolytic lesion surrounded by partial sclerotic change of the L4 vertebral body. Magnetic resonance imaging revealed a low-intensity lesion on T1-weighted images and a high-intensity lesion on T2-weighted images. A computed tomography-guided trans-pedicular needle biopsy of the L4 vertebral body was performed. The histological specimen stained with hematoxylin-eosin revealed features of eosinophilic granuloma with aggregates of Langerhans cells. On immunological studies, the diagnosis of eosinophilic granuloma was facilitated by diffuse immunoreactivity of S-100 protein and CD1a. For the 3-month period after biopsy, the patient was fitted with a corset and allowed to walk. Four months after biopsy, computed tomography scans showed that remodeling of the destructive lesion of the L4 vertebral body was occurring. Two years after initial onset, the patient had complete relief of low back pain and no neurologic deficit. Computed tomography scans showed full reconstitution of the lesion. This was a rare case of successful conservative treatment of eosinophilic granuloma of the lumbar spine in an adult. Conservative treatment may be considered in a patient with an eosinophilic granuloma with no neurological deficit or spinal instability.
  • Innovative antimicrobial coating of titanium implants with iodine, Hiroyuki Tsuchiya, Toshiharu Shirai, Hideji Nishida, Hideki Murakami, Tamon Kabata, Norio Yamamoto, Koji Watanabe, Junsuke Nakase, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE, 17, (5) 595 - 604,   2012年09月, 査読有り, Postoperative infection associated with implants remains a serious complication in orthopedic surgery. Several biomaterial surface treatments have been proposed as a means of reducing the incidence of implant-associated infections. In this study, a clinical trial was performed using an iodine-supported titanium that suppresses the microbial activities. A total of 222 patients with postoperative infection or compromised status were treated using iodine-supported titanium implants. The mean age of the patients was 49.4 years (range 5-85 years). One hundred twenty-seven patients were male and 95 were female. In 158 patients, iodine-supported implants were used to prevent infection, such as compromised hosts and conditions, and in 64 patients to treat active infection. White blood cell (WBCs) and C-reactive protein (CRP) levels were measured pre- and postoperatively in all patients. To confirm whether iodine from the implant affected physiological functions, thyroid hormone levels in the blood were examined. Both examinations were conducted sequentially for a year. Radiological evaluations were performed regularly after the operation. The chronological changes of the iodine amount were evaluated using half pins removed after completion of external fixation. The mean follow-up period was 18.4 months (range 3-44 months). Acute infection developed in three tumor cases among the 158 patients on preventive therapy. All three recovered without removal of the implants. Infection was cured in all 64 patients with infection. Median WBC levels were in the normal range, and median CRP levels returned to < 0.5 within 4 weeks after surgery. Abnormalities of thyroid gland function were not detected. None of the patients experienced loosening of the implants. There were two patients with mechanical implant failure, which was treated by re-implantation. Excellent bone ingrowth and ongrowth were found around all hip and tumor prostheses. One year later, the amount of iodine on external fixation pins remained about 20-30 %. Iodine-supported titanium implants can be very effective for preventing and treating infections after orthopedic surgery. Cytotoxicity and adverse effects were not detected.
  • Preoperative Embolization Significantly Decreases Intraoperative Blood Loss During Palliative Surgery for Spinal Metastasis, Satoshi Kato, Hideki Murakami, Tetsuya Minami, Satoru Demura, Katsuhito Yoshioka, Osamu Matsui, Hiroyuki Tsuchiya, ORTHOPEDICS, 35, (9) E1389 - E1395,   2012年09月, 査読有り, Several studies have evaluated the efficacy of preoperative embolization in devascularizing tumors. However, no study has measured intraoperative blood loss in a single palliative surgery compared with a control group without preoperative embolization. The purpose of this retrospective study was to evaluate the efficacy of preoperative embolization on intraoperative blood loss in palliative decompression and instrumented surgery using a posterior approach for spinal metastasis. Between 2000 and 2010, forty-six patients underwent palliative decompression and instrumented surgery using a posterior approach for spinal metastasis in the thoracic and lumbar spine. Preoperative embolization was performed in 23 patients (embolization group), and surgery was performed within 3 days after embolization. The embolic materials used were polyvinyl alcohol particles, gelatin sponge, and metallic coils. Twenty-three patients did not undergo embolization (no embolization group). Pain and neurologic symptoms in all 46 patients were relieved postoperatively. Average intraoperative blood loss was 520 mL (range, 140-1380 mL) in the embolization group and 1128 mL (range, 100-3260 mL) in the no embolization group (P<.05). In the embolization group, intraoperative blood loss was not correlated with the degree of tumor vascularization, completeness of embolization, or time between embolization and surgery. Intraoperative blood loss after preoperative embolization was less than half that after no preoperative embolization.
  • The Effect of Spinal Shortening After Total En Bloc Spondylectomy A Biomechanical Study in the Thoracic Spine, Satoshi Kato, Hideki Murakami, Kosaku Higashino, Motohiro Okada, Zenya Ito, Satoru Demura, Norio Kawahara, Katsuro Tomita, Hiroyuki Tsuchiya, William C. Hutton, JOURNAL OF SPINAL DISORDERS & TECHNIQUES, 25, (6) E183 - E190,   2012年08月, 査読有り, Study Design: A biomechanical study using human cadaveric thoracic spine specimens. Objective: To evaluate and compare the biomechanical effects of spinal shortening and cross-links in reconstruction after total en bloc spondylectomy (TES). Summary of Background Data: There have been no studies that have examined the biomechanical effects of spinal reconstruction after multilevel TES or the biomechanical effects of spinal shortening in reconstruction after TES. Methods: Eight human cadaveric spines (T2-T9) were used. After the intact specimen had been biomechanically tested to determine the stiffness in compression, flexion, extension, left and right lateral bending, and left and right axial rotation, a TES at T5-6 was carried out. Three reconstruction methods were tested biomechanically (same as for the intact specimen) for their ability to restore stiffness to the specimen: (1) anterior short cage and multilevel posterior instrumentation at T3-8 with 2 cross-links (S2C), (2) anterior short cage and multilevel posterior instrumentation at T3-8 with 1 cross-link (S1C), and (3) anterior long cage and multilevel posterior instrumentation at T3-8 with 2 cross-links (L2C). A cage that was 6-10 mm shorter in height than the space created by the TES at T5-6 was selected as the "short cage" and a cage 10 mm taller in height than the short cage was selected as the "long cage" in each specimen. Results: All 3 reconstruction methods using an anterior cage and multilevel posterior instrumentation provides a stiffer construct than that shown by the intact specimen. The reconstruction method using the 10-mm shorter cage (S2C vs. L2C) provided more stiffness than the one using the longer cage. The reconstruction using 2 cross-links (S2C vs. S1C) did not provide a stiffer construct than the one using 1 cross-link. Conclusions: The reconstructions using an anterior cage and multilevel posterior instrumentation provided a stiffer construct than that shown by the intact specimen. The reconstruction using a 10-mm shorter cage provided a stiffer construct than the reconstruction using the longer cage.
  • The clinical utility of a one-shot energy subtraction method for thoracic spine radiography, Takeshi Sasagawa, Junichi Kunogi, Shigeru Masuyama, Satoshi Ogihara, Yosuke Takeuchi, Yujiro Takeshita, Masayoshi Fukushima, Naokazu Kamiya, Hideki Murakami, Hiroyuki Tsuchiya, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE, 17, (4) 346 - 351,   2012年07月, 査読有り, The interpretation of thoracic spine X-rays is difficult because these images cannot clearly visualize the thoracic spine because of the overlap with soft tissues, such as the heart and pulmonary blood vessels. Thus, to improve the clarity of thoracic spine radiographs using existing radiograph equipment, we have investigated a one-shot energy subtraction method to visualize thoracic spine radiographs. Our objective was to evaluate whether the thoracic spine radiographs generated using this method could visualize the spine more clearly than the corresponding original thoracic spine radiographs. This study included 29 patients who underwent thoracic spine radiographs. We used a one-shot energy subtraction method to improve the clarity of thoracic spine radiographs. Image definition was evaluated using vertebrae sampled from each region of the thoracic spine. Specifically, these were: Th1, Th5, Th9, and Th12. Image definition was assessed using a three-point grading system. The conventional and processed computed radiographs (both frontal and lateral views) of all 29 study patients were evaluated by 5 spine surgeons. In all thoracic regions on both frontal and lateral views, the processed images showed statistically significantly better clarity than the corresponding conventional images, especially at all sampling sites on the frontal view and T5 and 9 on the lateral view. Thoracic spine radiographs generated using this method visualized the spine more clearly than the corresponding original thoracic spine radiographs. The greatest advantages of this image processing technique were its ability to clearly depict the whole thoracic spine on frontal views and the middle thoracic spine on lateral views.
  • Epidural inflammatory pseudotumor in the thoracic spine in a patient with polymyalgia rheumatica, Satoshi Kato, Hideki Murakami, Satoru Demura, Katsuhito Yoshioka, Yoshiyuki Okamoto, Hiroyuki Hayashi, Hiroyuki Tsuchiya, SPINE JOURNAL, 12, (6) E1 - E4,   2012年06月, 査読有り, BACKGROUND CONTEXT: Only six previous cases of epidural inflammatory psedotumor in the spine have been reported. None of them were seen in the course of polymyalgia rheumatica (PMR). PURPOSE: To describe a rare case of epidural inflammatory pseudotumor in the thoracic spine in a patient with PMR. STUDY DESIGN: Case report. METHODS: A 63-year-old man had a 6-year history of PMR treated with prednisone and cyclosporine. He presented with gait disturbance. Magnetic resonance imaging on the 12th day after the onset of the symptoms showed spinal cord compression caused by a posterior epidural mass at the T5-T6 level. RESULTS: The patient underwent a T5-T6 laminectomy and a total excision of the mass, which involved the ligament flavum and epidural adipose tissue and firmly attached to the dura mater. Histopathologic examination revealed severe lymphoplasmacytic infiltration with fibrosis in the entire specimen and no evidence of hematomas or tumorous lesions. After surgery, the patient's neurologic symptoms disappeared immediately. Two years after surgery, the patient is neurologically normal and has not had a recurrence. CONCLUSIONS: This report identifies a rare case of epidural inflammatory pseudotumor in the thoracic spine in a patient with PMR. (c) 2012 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • Thoracic Disk Herniation With Paraparesis Treated With Transthoracic Microdiskectomy in a 14-year-old Girl, Yasuhiro Ueda, Norio Kawahara, Hideki Murakami, Satoru Demura, Hiroyuki Tsuchiya, ORTHOPEDICS, 35, (5) E774 - E777,   2012年05月, 査読有り, Herniated thoracic intervertebral disk causing spinal cord compression with paraparesis is uncommon in adults and rare in children. This article describes a case of pediatric thoracic disk herniation with paraparesis treated surgically. A 14-year-old girl presented with a 4-month history of diffuse back pain and sudden onset paraparesis. Motor strength was 4/5 in both legs, and she had lost the ability to ambulate. Magnetic resonance imaging revealed spinal cord compression due to a herniated intervertebral disk at T5-T6. Computed tomography scan after myelogram demonstrated anterior dural sac compression at T5-T6 but no intervertebral disk calcification. She underwent transthoracic microdiskectomy. The herniated disk was removed, and the thoracic spinal cord was decompressed. No fusion was performed after microdiskectomy. The postoperative course was uncomplicated, and neurologic deficit resolved within 2 weeks postoperatively. The patient was pain free with no neurologic deficit at 24-month follow-up, and computed tomography scan showed remodeling of the T5 and T6 vertebral bodies. Most cases of thoracic disk herniation are asymptomatic. If no compression of the spinal cord exists, the natural history of the disease justifies conservative management. Although the treatment of choice is conservative, surgery is required in patients who develop progressive neurologic deficit or severe radicular pain. Transthoracic microdiskectomy without fusion is considered a treatment in similar cases.
  • Giant Cell Tumor Expanded Into the Thoracic Cavity With Spinal Involvement, Satoru Demura, Norio Kawahara, Hideki Murakami, Tomoyuki Akamaru, Satoshi Kato, Makoto Oda, Katsuro Tomita, Hiroyuki Tsuchiya, ORTHOPEDICS, 35, (3) E453 - E456,   2012年03月, 査読有り, This article describes a case of a giant cell tumor that expanded into the thoracic cavity and through the spinal canal into the vertebrae. A 36-year-old man presented with a 6-month history of back pain and dyspnea. Plain chest radiographs showed a huge mass accompanied by right pleural effusion. The mass involved the 12th thoracic spine, and the spinal cord was severely compressed. The tumor was resected with a 2-stage procedure. As a first stage to separate the tumor from the anterior vital structures under direct vision, thoracic surgeons performed a right thoracotomy with chest wall reconstruction from the 8th to 11th ribs. The right lung and inferior vena cava were gently retracted, and the tumor was carefully detached from these structures. We were not able to separate the tumor from the right diaphragm due to severe invasion; therefore, we performed partial resection of the right diaphragm with the tumor. After excision of the anterior part of the tumor, the thoracic wall was reconstructed with the right eighth rib and Marlex mesh. When the patient's general condition improved 2 weeks later, spondylectomy by posterior approach was performed. We achieved excision of a giant cell tumor that had expanded into the thoracic cavity and through the spinal canal into the vertebrae. The patient had achieved full rehabilitation with no neurological or respiratory abnormalities at 7 years postoperatively.
  • A glass foreign body migrating into the lumbar spinal canal: a case report, Katsuhito Yoshioka, Norio Kawahara, Hideki Murakami, Satoru Demura, Masaki Matsuda, Katsuro Tomita, Hiroyuki Tsuchiya, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY, 20, (2) 257 - 259,   2012年, 査読有り, We report on a 12-year-old boy in whom a glass fragment migrated into the lumbar spinal canal causing low back pain and radiculopathy 6 years after injury. Computed tomography showed a foreign body in the anterior spinal canal of L5/S1. The patient underwent recapping T-saw laminoplasty to remove the foreign body. Scar formation was noted at the anterior dura. The glass fragment seemed to have penetrated into the intradural space from an anterior site. Postoperatively, the pain resolved immediately. At the 9-year follow-up, the alignment of the lumbar spine and healing of L5 was good, with no features of aseptic necrosis.
  • New Computed Radiography Processing Condition for Whole-spine Radiography, Takeshi Sasagawa, Junichi Kunogi, Shigeru Masuyama, Satoshi Ogihara, Yosuke Takeuchi, Yujiro Takeshita, Naokazu Kamiya, Hideki Murakami, Hiroyuki Tsuchiya, ORTHOPEDICS, 34, (12) 967 - 967,   2011年12月, 査読有り
  • Cervical flexion myelopathy in a patient showing apparent long tract signs: A severe form of Hirayama disease, Kenji Sakai, Kenjiro Ono, Yoshiyuki Okamoto, Hideki Murakami, Masahito Yamada, JOINT BONE SPINE, 78, (3) 316 - 318,   2011年05月, 査読有り, We describe an 18-year-old male with cervical flexion myelopathy with Hirayama disease-like features who showed apparent long tract signs. He first experienced insidious-onset hand muscle weakness and atrophy at the age of 15. Subsequently, he developed sensory disturbance in his lower limb. Neurological examination revealed atrophy and weakness in the right hand and forearm, pyramidal signs in the right lower extremity, and disturbance of superficial sensation in the lower left half of the body. Cervical magnetic resonance images and computed tomographic myelography revealed anterior displacement with compression of the cervical cord in flexion that was more apparent in the right side. The right side of the cervical cord showed severe atrophy. The mechanisms of myelopathy in our patient appeared to be same as that of "tight dural canal in flexion," which has been reported to be the mechanism of juvenile muscular atrophy of the unilateral upper extremity (Hirayama disease). Patients with Hirayama disease generally show minimal sensory signs and no pyramidal signs. An autopsy case of Hirayama disease revealed confined necrosis of the cervical anterior horn without obvious changes in the white matter. Our patient's disease progression suggests that cervical flexion myelopathy patients with severe cervical cord compression in flexion may develop extensive cervical cord injury beyond the anterior horn. (C) 2010 Societe francaise de rhumatologie. Published by Elsevier Masson SAS. All rights reserved.
  • Cervical pachymeningeal hypertrophy as the initial and cardinal manifestation of mucopolysaccharidosis type I in monozygotic twins with a novel mutation in the alpha-l-iduronidase gene, Yutaka Furukawa, Ayumi Hamaguchi, Ichiro Nozaki, Takashi Iizuka, Takeshi Sasagawa, Yosuke Shima, Satoru Demura, Hideki Murakami, Norio Kawahara, Torayuki Okuyama, Kazuo Iwasa, Masahito Yamada, JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES, 302, (1-2) 121 - 125,   2011年03月, 査読有り, We describe a pair of monozygotic twins with an attenuated form of mucopolysaccharidosis type I (MPS-I). At age 24, they both developed cervical myelopathy as a cardinal manifestation. They each also had mild valve abnormalities and both inguinal and umbilical hernia, however, other characteristic features of MPS-I were absent or very mild. Magnetic resonance imaging revealed the cervical cord compressed by pachymeningeal hypertrophy. Surgery with dural plasty and laminoplasty resulted in decompression of the cervical cord with clinical improvement, revealing marked thickening of the dura mater. Both patients showed a marked decrease of alpha-L-iduronidase (IDUA) activity with c.252insC (p.P55fsX62; known) and c.1209C>A (p.T374N; novel) mutations of the IDUA gene (IDUA). Patients with MPS-I have been reported to present with various clinical phenotypes and severities even if they have identical mutations of IDUA. The quite similar, unique phenotype in monozygotic twins suggests that not only IDUA mutation but also other genetic factors than IDUA markedly influence the clinical manifestations of MPS-I. (C) 2010 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • The route of metastatic vertebral tumors extending to the adjacent vertebral body: a histological study, Takeshi Sasagawa, Norio Kawahara, Hideki Murakami, Satoru Demura, Katsuhito Yoshioka, Takehiko Yamaguchi, Hiroyuki Tsuchiya, Katsuro Tomita, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE, 16, (2) 203 - 211,   2011年03月, 査読有り, Background Each vertebra can be regarded as a compartment surrounded by several anatomically characterized barriers. However, in some cases tumors extend beyond these barriers. The route of vertical extension to the adjacent vertebrae is unclear. The extent of vertical extension of a metastatic spinal tumor is important in making the preoperative decision regarding the cranio-caudal surgical margin. The objective of this study was to investigate the route of vertical extension of metastatic vertebral tumors. Methods We examined 20 en bloc resected metastatic vertebral bodies in which the tumors had extended outside the vertebral body. Five to eight sagittal sections including the pedicle, and the lateral and central parts of the PLL were prepared from each resected specimen. The sections were stained with hematoxylin and eosin, and elastica van Gieson. Histological examination focused on the routes of the vertical extension of the tumor at each barrier tissue and the degree of tumor extension along each route. Results Vertical extension of the tumor was observed at the ALL in 6 cases, at the central part of the PLL in 14 cases, at the lateral part of the PLL in 20 cases, at the cartilaginous endplate in 3 cases, and at the periosteum on the lateral side of vertebral body in 7 cases. The tumor had extended the farthest at the lateral part of the PLL in 18 cases, at the lateral side of the vertebral body in 1 case, and through the disc in 1 case. Conclusions Metastatic vertebral tumors most commonly extend vertically at the lateral part of the PLL. The lateral part of the PLL is raised by the tumor, which extends between the PLL and the posterior aspect of the disc.
  • Total en bloc spondylectomy for spinal metastases in thyroid carcinoma Clinical article, Satoru Demura, Norio Kawahara, Hideki Murakami, Mohamed E. Abdel-Wanis, Satoshi Kato, Katsuhito Yoshioka, Katsuro Tomita, Hiroyuki Tsuchiya, JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE, 14, (2) 172 - 176,   2011年02月, 査読有り, Object. Thyroid carcinoma generally has a favorable prognosis, and patients rarely present with distant metastases. Authors of several studies have proposed piecemeal resection for spinal metastases in thyroid carcinoma; however, few have analyzed the impact of local curative surgery such as total en bloc spondylectomy (TES) for thyroid carcinoma. The purposes of the present study are to determine the strategy of surgical treatment for spinal metastases of thyroid carcinoma and to evaluate the surgical results of and the prognosis associated with TES. Methods. Twenty-four cases of spinal metastases were retrospectively reviewed. The patients included 16 women and 8 men, with a mean age of 60.7 years. Histological examination showed follicular carcinoma in 15 cases, papillary carcinoma in 8, and medullary carcinoma in 1. Total en bloc spondylectomy was performed in 10 cases; debulking surgery, such as piecemeal excision or eggshell curettage, was performed in 14. The average follow-up time was 55 months (12-180 months). Results. Four patients had no evidence of disease, 8 were alive with the disease, and 12 had died of the disease. The overall survival rate from the time of surgery was 74% at 5 years. Patients with visceral metastases had a significant, higher risk of death. The survival rate of patients following TES was 90% at 5 years, which was higher than the rate in patients who underwent debulking surgery (63%). However, no significant difference was observed between the 2 types of surgery. There was a local recurrence after debulking surgery in 8 (57%) of 14 cases. Because of the recurrences, reoperation was required after a mean of 41 months. In contrast, there was a local recurrence after TES in only 1 (10%) of 10 cases. The difference between debulking surgery and TES regarding local recurrence was statistically significant. Conclusions. Total en bloc spondylectomy with enough of a margin provided favorable local control of spinal metastases of thyroid carcinoma during a patient's lifetime. (DOI: 10.3171/2010.9.SPINE09878)
  • Total En Bloc Spondylectomy of the Lower Lumbar Spine A Surgical Techniques of Combined Posterior-Anterior Approach, Norio Kawahara, Katsuro Tomita, Hideki Murakami, Satoru Demura, Katsuhito Yoshioka, Satoshi Kato, SPINE, 36, (1) 74 - 82,   2011年01月, 査読有り, Study Design. Ten patients with a spinal tumor of the lower lumbar spine underwent total en bloc spondylectomy (TES) by combined posterior-anterior approach. The oncological and neurologic results are analyzed. Objective. To describe the surgical technique and evaluate the clinical outcome of this surgery. Summary of the Background Data. TES at lower lumbar spine is technically challenging because of its anatomy such as the presence of major vessels and lumbosacral plexus nerves. Methods. Six aggressive benign tumors and 4 solitary spinal metastases involving L4 or L5 were treated. The approache of operative procedure are discussed as follows: Posterior approach: Dissection of the lumbar nerve roots to the conjunction of the adjacent nerves were performed after en bloc laminectomy by T-saw pediculotomy. The psoas muscle was dissected away, from the vertebral body. The posterior halves of the anterior column at the craniocaudal adjacent levels of the lumbar tumor were cut. Anterior approach: Major vessels were dissected from the vertebral body. Anterior halves of the anterior column were cut at the corresponding levels. The tumor vertebral body was removed en bloc, followed by anterior spinal reconstruction. Results. Seven of 10 cases had no evidence of disease at 57 months on average, 1 case was alive with disease at 66 months, 1 case had death of disease at 42 months, and 1 case had death of another disease at 14 months after surgery. All patients improved or preserved neurologic in the last follow up. The resected specimen of vertebral bodies and laminae showed marginal or wide margin in all cases, although pedicles showed intralesional margin in 8 cases. No local recurrence was observed during lifetime with mean 52 months. Conclusion. TES for spinal tumor of L4 or L5 preserving lumbar nerves was achieved by combined posterior-anterior approach.
  • Ganglioglioma of the Thoracolumbar Spinal Cord in a Patient with Neurofibromatosis Type 1: A Case Report and Literature Review, Yutaka Hayashi, Mitsutoshi Nakada, Masanao Mohri, Hideki Murakami, Norio Kawahara, Jun-ichiro Hamada, PEDIATRIC NEUROSURGERY, 47, (3) 210 - 213,   2011年, 査読有り, Gangliogliomas of the spinal cord are rare, and the conus medullaris is an extremely rare site for their occurrence. The authors present a case in which a ganglioglioma was found in the thoracolumbar spinal cord, including the conus medullaris, of a 5-year-old female patient with neurofibromatosis type 1 (NF1) who presented with paraparesis and urinary disturbance. MRI revealed an intramedullary lesion within the thoracolumbar spinal cord, including the conus medullaris, which was surgically removed. Pathological investigation showed a ganglioglioma consisting of glioneuronal tumor cells. This is the first report to provide a pathological description of a spinal cord ganglioglioma in a patient with NF1. Because gangliogliomas usually have a good prognosis following resection, it is important to clearly distinguish them from other NF1-associated lesions, even though ganglioglioma of the thoracolumbar spinal cord, including the conus medullaris, is an extremely rare condition. Copyright (C) 2011 S. Karger AG, Basel
  • Venous thromboembolism after spine surgery: changes of the fibrin monomer complex and D-dimer level during the perioperative period, Katsuhito Yoshioka, Isao Kitajima, Tamon Kabata, Mineko Tani, Norio Kawahara, Hideki Murakami, Satoru Demura, Tsunehisa Tsubokawa, Katsuro Tomita, JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE, 13, (5) 594 - 599,   2010年11月, 査読有り, Object. The goal of this study was to determine the incidence of deep venous thrombosis (DVT) and pulmonary embolism (PE) after spine surgery. Another purpose was to clarify the rapid changes of the fibrin monomer complex (FMC) and D-dimer levels during the perioperative period of spine surgery for early diagnosis of venous thromboembolism (VTE). Methods. The participants were 72 patients who underwent spine surgery between September 2007 and March 2008. The FMC and D-dimer levels were measured 6 times: 1) at induction of general anesthesia; 2) just after implantation or during surgery; 3) immediately following surgery; 4) 1 day after surgery; 5) 3 days postsurgery; and 6) 7 days after surgery. All patients received mechanical prophylaxis, including compression stockings and intermittent pneumatic compression devices, and all were examined with duplex ultrasonography assessments of both lower extremities and with lung perfusion scintigraphy 7-10 days after surgery. If DVT or PE was suspected, the patient underwent multidetector CT venography. Results. There were no patients with clinical signs of DVT and PE, but 6 (8.3%) showed VTE, among whom 5 had DVT and 3 had PE. Patients with VTE had significantly higher FMC levels 1 day after surgery, compared with those without VTE (55.9 +/- 17.2 mu g/ml vs 11.1 +/- 2.89 mu g/ml; p < 0.01). Patients with VTE had significantly higher D-dimer levels 7 days postsurgery, compared with those without VTE (12.5 +/- 2.95 mu g/ml vs 4.3 +/- 0.39 mu g/ml; p < 0.01). Receiver operating characteristic analysis showed that the FMC result was more useful than the D-dimer assay for diagnosis of VTE. When the cutoff value was set to 20.8 mu g/ml for FMC, sensitivity was 100% and specificity was 86.3%. Conclusions. In this study the prevalence of VTE after spine surgery was 8.3%. The FMC measured 1 day after spine surgery is considered to be useful as an indicator of VTE. (DOI: 10.3171/2010.5.SPINE09883)
  • Total en bloc spondylectomy for lung cancer metastasis to the spine, Hideki Murakami, Norio Kawahara, Satoru Demura, Satoshi Kato, Katsuhito Yoshioka, Katsuro Tomita, JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE, 13, (4) 414 - 417,   2010年10月, 査読有り, Object. The prognosis in patients with a distant spinal metastasis from the lung is dismal. The role of radical surgery in such cases has been questioned because of the excessive morbidity, blood loss, and operative time as well as the tumor's extreme malignancy. The purpose of this study was to evaluate the surgical results and the prognosis associated with radical surgery for lung cancer metastasis to the spine in carefully selected patients and to clarify whether there is an indication for radical surgery such as total en bloc spondylectomy (TES) in lung cancer metastasis. Methods. The author performed a retrospective review of patients with lung cancer spinal metastasis treated by TES during a 10-year period. Total en bloc spondylectomy for lung cancer metastasis to the spine was performed in 6 patients without visceral or other bony metastases. Outcome measures were prognostic score, mean survival time, and perioperative complications. The histological type was adenocarcinoma in all 6 cases. In 4 cases the surgical strategy prognostic score was 5. In the other 2 cases the score was 6 because there were skip metastases to adjacent vertebra. In the 2 cases with adjacent vertebral metastasis, the adjacent vertebra was excised en bloc together. Results. The mean estimated blood loss was 1076 ml and the mean operative time was 7 hours 20 minutes. Perioperative complications were found in 2 cases. One was deep infection after CSF leakage, and the other was paralysis due to postoperative hematoma. At the end of follow-up period, 4 of 6 patients are still living after a mean of 46.3 months (range 36-62 months). In the other 2 cases, I patient died of a heart attack and the other of mediastinitis due to surgical site infection by methicillin-resistant Staphylococcus aureus. In this series, local recurrence was not found. Conclusions. Total en bloc spondylectomy has been shown to be associated with excessive morbidity, blood loss, and operative time; however, the procedure is becoming less invasive. The authors conclude that TES is appropriate in selected cases with controllable primary lung cancer, localized spinal metastasis, and no visceral metastasis. In such patients, improvement in the prognosis can be expected after TES. However, even in selected cases and with skilled surgical technique, the complication rate remains high. Total en bloc spondylectomy should be performed after a thorough discussion of the risks and benefits. (DOI: 10.3171/2010.4.SPINE09365)
  • Does Interruption of the Artery of Adamkiewicz During Total En Bloc Spondylectomy Affect Neurologic Function?, Hideki Murakami, Norio Kawahara, Katsuro Tomita, Satoru Demura, Satoshi Kato, Katsuhito Yoshioka, SPINE, 35, (22) E1187 - E1192,   2010年10月, 査読有り, Study Design. A retrospective review of patients with interruption of the artery of Adamkiewicz during total en bloc spondylectomy (TES). Objective. To assess neurologic function after interruption of the artery of Adamkiewicz in TES. Summary of Background Data. The most important feeding artery of the thoracolumbar spinal cord is the great anterior radiculomedullary artery, also called the artery of Adamkiewicz. The artery of Adamkiewicz supplies the lower two-thirds of the spinal cord via the anterior spinal artery. It is naturally believed among spine surgeons that interruption of the artery of Adamkiewicz during surgeries is absolutely contraindicated. However, it is necessary to sacrifice the artery of Adamkiewicz during TES, when the tumor, by chance, exists at the level of the artery of Adamkiewicz. Methods. Between 1990 and 2009, we have performed 180 cases of TES. All cases except for few emergency cases received preoperative embolization. The artery of Adamkiewicz was verified by angiography of the segmental arteries. There were 15 patients in which the artery of Adamkiewicz was found at the levels of resected vertebrae. Interruption of the artery was performed during surgery in these 15 cases. Neurologic function was analyzed retrospectively. Results. Of the 15 patients, the Frankel grade before surgery was C in 1, D in 5, and E in 9. At follow-up, the Frankel grade was D in 1 and E in 14. There were no cases of neurologic deterioration or paralysis after TES. Conclusion. On the basis of our results of TES on up to 3 vertebrae, interruption of the artery of Adamkiewicz for TES does not adversely affect neurologic function. We advocate strongly that our surgeons are allowed to sacrifice up to 3 pairs of segmental arteries, even including the artery of Adamkiewicz, if necessary.
  • Multi-level total en bloc spondylectomy for solitary lumbar metastasis of myxoid liposarcoma., Kato S, Kawahara N, Murakami H, Demura S, Shirai T, Tsuchiya H, Tomita K, Orthopedics, 33, (6) ,   2010年06月, 査読有り
  • Total Excision of a Recurrent Chondrosarcoma of the Thoracic Spine A Case Report of a Seven-Year-Old Boy With Fifteen Years Follow-up, Norio Kawahara, Katsuro Tomita, Hideki Murakami, Satoru Demura, Katsuhito Yoshioka, Toshiaki Miyazaki, SPINE, 35, (11) E481 - E487,   2010年05月, 査読有り, Study Design. A case report is presented. Objective. To describe the surgical procedure for removal of the recurrent tumor. Summary of Background Data. Marginal or wide en bloc excision for recurrent chondrosarcoma is extremely difficult because of the postsurgical adhesion with surrounding soft tissues such as the dural tube. Method. This case report includes a chart review, an examination of the patient, and a literature search. Results. A 7-year-old boy had difficulty with ambulation because of a tumor recurrence 18 months after posterior curettage of the primary chondrosarcoma of the T6 and T7. The spinal cord was severely compressed by the epidural mass, which was located anterior and to the left side of the spinal canal. The epidural tumor including the tumor capsule on the left side of the dural tube was excised piecemeal fashion. En bloc corpectomy of T6 and T7 including the capsulated epidural tumor that was located ventrally to the spinal cord was performed. A fresh iliac crest strut allograft from the patient's father was grafted to the anterior defect, and in addition, H-shape allograft was placed over the posterior side. At 15-year follow-up, the patient is ambulating with the aid of a cane, and there is no sign of recurrence on computed tomography scan or magnetic resonance imaging. His spinal alignment was maintained. Conclusion. Total excision (en bloc corpectomy with partially piecemeal removal) including the tumor margin has given local control and survival for 15 years in this patient who had recurrent chondrosarcoma. Anteroposterior biologic spinal reconstruction has maintained spinal alignment.
  • Surgical management of aggressive vertebral hemangiomas causing spinal cord compression: long-term clinical follow-up of five cases, Satoshi Kato, Norio Kawahara, Hideki Murakami, Satoru Demura, Katsuhito Yoshioka, Tadaki Okayama, Takuya Fujita, Katsuro Tomita, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE, 15, (3) 350 - 356,   2010年05月, 査読有り, Aggressive vertebral hemangiomas causing spinal compression are rare, and there is controversy with regard to treatment. The purpose of this study was to evaluate the clinical results of patients with aggressive vertebral hemangiomas at a mean follow-up of more than 10 years after total excision and discuss the treatment options for the tumors. We performed a retrospective review of patients with aggressive vertebral hemangiomas who were treated with total excision. The surgeries were carried out on five patients (average age 47 years). In all five patients, the tumor was in the thoracic spine and was causing myelopathy with extraosseous extension. There were three tumors of type 5 and two of type 6 according to Tomita's surgical classification of spinal tumors. The tumors were assessed using magnetic resonance imaging (MRI), and the clinical results were evaluated. All of the tumors showed low-intensity or low-isointensity signal on T1-weighted MRI. All five patients had a combination of preoperative transarterial embolization and total excision including tumor margin. Total en bloc excisions were performed in two patients. En bloc and piecemeal combined total excisions were performed in two patients. Piecemeal total excision was performed in one patient. Intraoperative blood loss ranged from 1580 to 3400 ml (mean 2424 ml). There were no perioperative complications. According to the Japanese Orthopaedic Association score, the myelopathy improved after the surgery from 5.3 +/- 2.9 to 9.8 +/- 1.7 (total of 11 points). None of the patients have had a recurrence at a mean followup of 135.2 months (range 92-163 months). We performed a combination of preoperative transarterial embolization and total excision for aggressive vertebral hemangiomas with extraosseous extension that were causing spinal cord compression in all five cases. The results in the long-term follow-up have proved satisfactory.
  • Neurological function after total en bloc spondylectomy for thoracic spinal tumors Clinical article, Hideki Murakami, Norio Kawahara, Satoru Demura, Satoshi Kato, Katsuhito Yoshioka, Katsuro Tomita, JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE, 12, (3) 253 - 256,   2010年03月, 査読有り, Object. Total en bloc spondylectomy (TES) for thoracic spinal tumors may in theory produce neurological dysfunction as a result of ischemic or mechanical damage to the spinal cord. Potential insults include preoperative embolization at 3 levels, intraoperative ligation of segmental arteries, nerve root ligation, and circumferential dural dissection. The purpose of this study was to assess neurological function after thoracic TES. Methods. The authors performed a retrospective review of 79 patients with thoracic-level spinal tumors that had been treated with TES between 1989 and 2006. Neurological function was retrospectively analyzed according to the Frankel grading system. Of the 79 cases, 26 involved primary tumors and 53 involved metastatic tumors. The number of excised vertebrae wits 1 in 60 cases, 2 in 13, and >= 3 in 6. The Frankel orade before surgery was B in 1 case, C in 16, D in 29, and E in 33. Results. At the follow-up, the Frankel grade was C in 2 cases, D in 24, and E in 53, Of 46 cases with neurological deficits before surgery, neurological improvement of at least 1 Frankel grade was achieved in 25 cases (54.3%). Although the Frankel grade did not change in 21 patients, improvement in neurological symptoms within the same Frankel grade did occur in these patients. There were no cases of neurological deterioration. Conclusions. There was no neurological deterioration due to preoperative embolization, ligation of segmental arteries, or ligation of thoracic nerve roots. Each of the cases with preoperative neurological deficits showed improvement in neurological symptoms. Data in the current study clinically proved that TES is it safe operation with respect to spinal cord blood flow. In TES, the spinal cord is circumferentially decompressed and the spinal column is shortened. An increase in spinal cord blood flow clue to spinal shortening in addition to decompression was considered to have brought about a resolution of neurological symptoms with TES. (DOI: 10.3171/2009.9.SPINE09506)
  • Perioperative complications and prognosis for elderly patients with spinal metastases treated by surgical strategy., Murakami H, Kawahara N, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Sasagawa T, Tomita K, Orthopedics, 33, (3) ,   2010年03月, 査読有り
  • Mechanical evaluation by patient-specific finite element analyses demonstrates therapeutic effects for osteoporotic vertebrae, Daisuke Tawara, Jiro Sakamoto, Hideki Murakami, Norio Kawahara, Juhachi Oda, Katsuro Tomita, JOURNAL OF THE MECHANICAL BEHAVIOR OF BIOMEDICAL MATERIALS, 3, (1) 31 - 40,   2010年01月, 査読有り, Osteoporosis can lead to bone compressive fractures in the lower lumbar vertebrae. In order to assess the recovery of vertebral strength during drug treatment for osteoporosis, it is necessary not only to measure the bone mass but also to perform patient-specific mechanical analyses, since the strength of osteoporotic vertebrae is strongly dependent on patient-specific factors, such as bone shape and bone density distribution in cancellous bone, which are related to stress distribution in the vertebrae. In the present study, patient-specific general (not voxel) finite element analyses of osteoporotic vertebrae during drug treatment were performed over time. We compared changes in bone density and compressive principal strain distribution in a relative manner using models for the first lumbar vertebra based on computer tomography images of four patients at three time points (before therapy, and after 6 and 12 months of therapy). The patient-specific mechanical analyses indicated that increases in bone density and decreases in compressive principal strain were significant in some osteoporotic vertebrae. The data suggested that the vertebrae were strengthened structurally and the drug treatment was effective in preventing compression fractures. The effectiveness of patient-specific mechanical analyses for providing useful and important information for the prognosis of osteoporosis is demonstrated. (C) 2009 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Total en bloc spondylectomy and a greater omentum pedicle flap for a large bone and soft tissue defect: solitary lumbar metastasis from renal cell carcinoma., Kawahara N, Tomita K, Murakami H, Demura S, Satomi K, Atomi Y, Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association, 14, (6) 830 - 836,   2009年11月, 査読有り
  • Decompression, correction, and interbody fusion for lumbar burst fractures using a single posterior approach., Sasagawa T, Kawahara N, Murakami H, Demura S, Tomita K, Orthopedics, 32, (10) ,   2009年10月, 査読有り
  • Recapping T-saw laminocostotransversoplasty for ventral meningiomas in the thoracic region., Kawahara N, Tomita K, Abdel-Wanis ME, Fujita T, Murakami H, Demura S, Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association, 14, (5) 548 - 555,   2009年09月, 査読有り
  • Cervicothoracic giant cell tumor expanding into the superior mediastinum: total excision by combined anterior-posterior approach., Yoshioka K, Kawahara N, Murakami H, Demura S, Kawaguchi M, Oda M, Matsumoto I, Tomita K, Orthopedics, 32, (7) ,   2009年07月, 査読有り
  • Pyogenic osteomyelitis of the atlas: a case report., Ueda Y, Kawahara N, Murakami H, Matsui T, Tomita K, Spine, 34, (9) E342 - 5,   2009年04月, 査読有り
  • Surgical site infection in spinal metastasis: risk factors and countermeasures., Demura S, Kawahara N, Murakami H, Nambu K, Kato S, Yoshioka K, Okayama T, Tomita K, Spine, 34, (6) 635 - 639,   2009年03月, 査読有り
  • Transvertebral herniotomy for T2/3 disc herniation--a case report., Kawahara N, Demura S, Murakami H, Tomita K, Journal of spinal disorders & techniques, 22, (1) 62 - 66,   2009年02月, 査読有り
  • Total en bloc spondylectomy for spinal tumors: surgical techniques and related basic background., Kawahara N, Tomita K, Murakami H, Demura S, The Orthopedic clinics of North America, 40, (1) 47 - 63, vi,   2009年01月, 査読有り
  • Effects on spinal cord blood flow and neurologic function secondary to interruption of bilateral segmental arteries which supply the artery of Adamkiewicz: an experimental study using a dog model., Kato S, Kawahara N, Tomita K, Murakami H, Demura S, Fujimaki Y, Spine, 33, (14) 1533 - 1541,   2008年06月, 査読有り
  • Distinguishing benign notochordal cell tumors from vertebral chordoma., Yamaguchi T, Iwata J, Sugihara S, McCarthy EF Jr, Karita M, Murakami H, Kawahara N, Tsuchiya H, Tomita K, Skeletal radiology, 37, (4) 291 - 299,   2008年04月, 査読有り
  • Surgical results and related factors for ossification of posterior longitudinal ligament of the thoracic spine: a multi-institutional retrospective study., Matsumoto M, Chiba K, Toyama Y, Takeshita K, Seichi A, Nakamura K, Arimizu J, Fujibayashi S, Hirabayashi S, Hirano T, Iwasaki M, Kaneoka K, Kawaguchi Y, Ijiri K, Maeda T, Matsuyama Y, Mikami Y, Murakami H, Nagashima H, Nagata K, Nakahara S, Nohara Y, Oka S, Sakamoto K, Saruhashi Y, Sasao Y, Shimizu K, Taguchi T, Takahashi M, Tanaka Y, Tani T, Tokuhashi Y, Uchida K, Yamamoto K, Yamazaki M, Yokoyama T, Yoshida M, Nishiwaki Y, Spine, 33, (9) 1034 - 1041,   2008年04月, 査読有り
  • Circumspinal decompression with dekyphosis stabilization for thoracic myelopathy due to ossification of the posterior longitudinal ligament., Kawahara N, Tomita K, Murakami H, Hato T, Demura S, Sekino Y, Nasu W, Fujimaki Y, Spine, 33, (1) 39 - 46,   2008年01月, 査読有り
  • Finite-element analysis on closing-opening correction osteotomy for angular kyphosis of osteoporotic vertebral fractures, Taizo Hato, Norio Kawahara, Katsuro Tomita, Hideki Murakami, Tomoyuki Akamaru, Daisuke Tawara, Jiro Sakamoto, Juhachi Oda, Shigenori Tanaka, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE, 12, (4) 354 - 360,   2007年07月, 査読有り, Background. Closing-opening correction (COC) osteotomy is a useful procedure for severe angular kyphosis. However, there is no previous research on the reconstructed vertebrae with kyphotic malalignment in the presence of osteoporosis. Finite-element (FE) analysis was performed to estimate the biomechanical stress with both osteoporotic grades and corrective kyphotic angles during COC osteotomy for osteoporotic angular kyphosis. Methods. FE models of COC osteotomy were created by changing three major parameters: (1) grade of osteoporosis; (2) kyphotic angle; and (3) compensated posture when standing still. Osteoporosis was graded at four levels: A, normal (nonosteoporotic); B, low-grade osteoporosis; C, middle-grade osteoporosis; D, high-grade osteoporosis. The kyphotic angle ranged from 0 degrees as normal to 15 degrees and 30 degrees as moderate and severe kyphosis, respectively. FE analyses were performed with and without assumed compensated posture in kyphotic models of 15 degrees and 30 degrees. Along each calculated axis of gravity, a 427.4-N load was applied to evaluate the maximum compressive principal stress (CPS) for each model. Results. The CPS values for the vertebral element were the highest at the anterior element of T10 in all FE models. The maximum CPS at T10 increased based on the increases in both the grade of osteoporosis and the kyphotic angle. Compensated posture made the maximum CPS value decrease in the 15 degrees and 30 degrees kyphotic models. The highest CPS value was 40.6MPa in the high-grade osteoporosis (group D) model with a kyphotic angle of 30 degrees. With the normal (nonosteoporotic) group A, the maximum CPS at T10 was relatively low. With middle- and high-grade osteoporosis (groups C and D, respectively), the maximum CPS at T10 was relatively high with or without compensated posture, except for the 0 degrees model. Conclusion. Lack of correction in osteoporotic kyphosis leads to an increase in CPS. This biomechanical study proved the advantage of correcting the kyphotic angle to as close as possible to physiological alignment in the thoracolumbar spine, especially in patients with high-grade osteoporosis.
  • How many ligations of bilateral segmental arteries cause ischemic spinal cord dysfunction? An experimental study using a dog model., Fujimaki Y, Kawahara N, Tomita K, Murakami H, Ueda Y, Spine, 31, (21) E781 - 9,   2006年10月, 査読有り
  • [Effects of bisphosphonate for quality and strength of bone]., Murakami H, Kawahara N, Sakamoto J, Tawara D, Tomita K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 64, (9) 1651 - 1656,   2006年09月, 査読有り
  • Complete segmental resection of the spine, including the spinal cord, for telangiectatic osteosarcoma: a report of 2 cases., Murakami H, Tomita K, Kawahara N, Oda M, Yahata T, Yamaguchi T, Spine, 31, (4) E117 - 22,   2006年02月, 査読有り
  • Total en bloc spondylectomy for spinal tumors: improvement of the technique and its associated basic background, K Tomita, N Kawahara, H Murakami, S Demura, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE, 11, (1) 3 - 12,   2006年01月, 査読有り
  • The transmission of stress to grafted bone inside a titanium mesh cage used in anterior column reconstruction after total spondylectomy: A finite-element analysis, T Akamaru, N Kawahara, J Sakamoto, A Yoshida, H Murakami, T Hato, S Awamori, J Oda, K Tomita, SPINE, 30, (24) 2783 - 2787,   2005年12月, 査読有り, Study Design. A finite-element study of posterior alone or anterior/posterior combined instrumentation following total spondylectomy and replacement with a titanium mesh cage used as an anterior strut. Objectives. To compare the effect of posterior instrumentation versus anterior/posterior instrumentation on transmission of the stress to grafted bone inside a titanium mesh cage following total spondylectomy. Summary of Background Data. The most recent reconstruction techniques following total spondylectomy for malignant spinal tumor include a titanium mesh cage filled with autologous bone as an anterior strut. The need for additional anterior instrumentation with posterior pedicle screws and rods is controversial. Transmission of the mechanical stress to grafted bone inside a titanium mesh cage is important for fusion and remodeling. To our knowledge, there are no published reports comparing the load-sharing properties of the different reconstruction methods following total spondylectomy. Methods. A 3-dimensional finite-element model of the reconstructed spine (T10 - L4) following total spondylectomy at T12 was constructed. A Harms titanium mesh cage (DePuy Spine, Raynham, MA) was positioned as an anterior replacement, and 3 types of the reconstruction methods were compared: ( 1) multilevel posterior instrumentation (MPI) (i.e., posterior pedicle screws and rods at T10 - L2 without anterior instrumentation); ( 2) MPI with anterior instrumentation (MPAI) (i.e., MPAI [Kaneda SR; DePuy Spine] at T11 - L1); and ( 3) short posterior and anterior instrumentation ( SPAI) ( i.e., posterior pedicle screws and rods with anterior instrumentation at T11 - L1). The mechanical energy stress distribution exerted inside the titanium mesh cage was evaluated and compared by finite-element analysis for the 3 different reconstruction methods. Simulated forces were applied to give axial compression, flexion, extension, and lateral bending. Results. In flexion mode, the energy stress distribution in MPI was higher than 3.0 x 10(-5) MPa in 73.0% of the total volume inside the titanium mesh cage, while 38.0% in MPAI, and 43.3% in SPAI. In axial compression and extension modes, there were no remarkable differences for each reconstruction method. In left-bending mode, there was little stress energy in the cancellous bone inside the titanium mesh cage in MPAI and SPAI. Conclusions. This experiment shows that from the viewpoint of stress shielding, the reconstruction method, using additional anterior instrumentation with posterior pedicle screws ( MPAI and SPAI), stress shields the cancellous bone inside the titanium mesh cage to a higher degree than does the system using posterior pedicle screw fixation alone ( MPI). Thus, a reconstruction method with no anterior fixation should be better at allowing stress for remodeling of the bone graft inside the titanium mesh cage.
  • Influence on spinal cord blood flow and function by interruption of bilateral segmental arteries at up to three levels: Experimental study in dogs, Y Ueda, N Kawahara, K Tomita, T Kobayashi, H Murakami, K Nambu, SPINE, 30, (20) 2239 - 2243,   2005年10月, 査読有り, Study Design. Segmental arteries were interrupted bilaterally at up to three levels to study the influence on spinal cord blood flow (SCBF) and function in dogs. Objectives. Considering the need to limit blood loss during surgery for spinal tumors, such as total en bloc spondylectomy, we studied the SCBF and function after experimental interruption of segmental arteries at up to three levels. Summary of Background Data. Interruption of bilateral segmental arteries at three consecutive levels (T11, T12, and T13) has reduced blood flow to the vertebral body of T12 by one fourth of the control flow, but effects on the spinal cord have not been determined. Methods. SCBF was measured in spinal cord gray matter at T12 using a hydrogen clearance method after ligation of bilateral segmental arteries at 1 to three levels (T11, T12, and T13) in 6 dogs. Spinal cord function was evaluated by spinal cord evoked potentials, motor-evoked potentials, and neurologic assessment in 6 dogs. Results. SCBF at T12 decreased to 92.4%, 87.8%, and 84.6% of control flow after ligation of bilateral segmental arteries at T12, T11 plus T12, and T11-T13, respectively. Spinal cord evoked potentials and motor-evoked potentials showed no significant changes in any dog after ligation at three levels. No neurologic degradation was observed in any dog. Conclusions. Interruption of bilateral segmental arteries at three levels did not damage spinal cord function in dogs, suggesting that in patients, preoperative embolization at three levels to reduce blood loss during surgery for spinal tumors would not compromise spinal cord function.
  • Re: Murakami H, Kawahara N, Gabata T, et al. Vertebral body osteonecrosis without vertebral collapse. Spine 2003;28:323-8., Murakami H, Kawahara N, Tomita K, Yamaguchi T, Spine, 30, (5) 593 - 594,   2005年03月, 査読有り
  • Influence of acute shortening on the spinal cord: An experimental study, N Kawahara, K Tomita, T Kobayashi, ME Abdel-Wanis, H Murakami, T Akamaru, SPINE, 30, (6) 613 - 620,   2005年03月, 査読有り, Study Design. Morphometric changes of the spinal cord and influence on spinal cord-evoked potentials and spinal cord blood flow and postoperative function of hind limbs were studied in various degrees of acute spinal column shortening in dogs. Objectives. To study the morphometric and physiologic effects of acute spinal column shortening on the spinal cord. Summary of Background Data. The technique of acute spinal column shortening is sometimes applied for correction of spinal deformity, total en bloc spondylectomy operation, or other diseases. However, safe limits and physiologic effects of acute spinal column shortening have not yet been described. Methods. Total spondylectomy of T13 was performed in dogs after spinal instrumentation placed 2 levels above and 2 levels below the spondylectomy level. Spinal column was gradually shortened until the lower endplate of T12 contacted the L1 upper endplate ( maximum of 20 mm). When any morphologic change of the dural sac or the spinal cord was observed, the length of shortening was measured. Spinal cord-evoked potentials were recorded on the exposed dura mater following epidural stimulation at the C7 level in 8 dogs. Spinal cord blood flow was measured during shortening in 6 dogs. Hindlimb function was evaluated 2 weeks after operation in 10 dogs. Results. No morphometric changes occurred in the dural sac and the spinal cord until shortening of 7.2 +/- 1.7 mm ( n = 6). From 7.2 +/- 1.7 to 12.5 +/- 1.1 mm shortening, the dural sac was deformed, whereas the spinal cord maintained its shape. Shortening more than 12.5 +/- 1.1 mm buckled the dural sac, and the spinal cord kinked itself and was compressed by the buckled dura in its concave side ( n = 6). No changes could be detected in spinal cord-evoked potentials in 5 or 10 mm of shortening. Spinal cord-evoked potential changes were recorded in the 2 of 6 dogs with 15 mm of shortening. At 20 mm of shortening, spinal cord-evoked potential abnormality was observed in 4 of 6 dogs. At shortening of 5, 10, 15, and 20 mm, spinal cord blood flow was 146 +/- 10%, 160 +/- 21%, 102 +/- 17%, and 93 +/- 7% of the control ( 29.2 +/- 7.9 mL/100 g/min, n = 6), respectively. All 3 dogs with 10 mm of shortening had normal hindlimb function 2 weeks after operation. One of the 3 dogs with 15 mm of shortening had paraparesis. Three of the 4 dogs with 20 mm of shortening had also paraparesis after operation. Conclusions. Acute spinal column shortening can be characterized into 3 phases. Phase 1, safe range: occurred during shortening within one-third of the vertebral segment and is characterized by no deformity of the dural sac or the spinal cord. Phase 2, warning range: occurred during spinal shortening between one-third and two-thirds of the vertebral segment and is characterized by shrinking and buckling of the dural sac and no deformity of the spinal cord. Phase 3, dangerous range: occurred after shortening in excess of two-thirds of the vertebral segment and is characterized by spinal cord deformity and compression by the buckled dura. Spinal shortening within the safe range increases spinal cord blood flow.
  • Interruption of the bilateral segmental arteries at several levels - Influence on vertebral blood flow, K Nambu, N Kawahara, T Kobayashi, H Murakami, Y Ueda, K Tomita, SPINE, 29, (14) 1530 - 1534,   2004年07月, 査読有り, Study Design. The effect of ligation of the bilateral segmental arteries at the levels of T11, T12, and T13 on blood flow of the T12 vertebra was studied in a dog model. Objectives. To determine the reduction of the vertebral blood flow resulting from interruption of bilateral segmental arteries at one to three vertebral levels. Summary of Background Data. Intraoperative hemorrhage can be sometimes massive in patients with hypervascular spinal tumors, especially in radical resection such as total en bloc spondylectomy. The recent development of new embolization techniques ensures more aggressive, more extensive, and safer preoperative embolization for spinal tumors. Methods. The blood flow of the T12 vertebra of 12 female dogs was measured after ligation of the bilateral segmental arteries at one to three levels, including the T12. Spinal cord evoked potentials were recorded in this procedure. Spinal angiography using a silicon compound was performed on another 10 dogs after clipping and section of the bilateral segmental arteries. Results. The blood flow of the T12 vertebra decreased to 70.13 +/- 6.37% of the control value after ligation of the bilateral segmental arteries of T12, to 46.48 +/- 8.97% after ligation of the bilateral segmental arteries of T12 and either T11 or T13, to 24.11 +/- 8.31% after ligation of T11, T12, and T13, respectively. The angiogram after ligation and section of T12 and the two levels including T12 showed thick and clear contrast medium in the cut distal ends of the T12 segmental arteries. After interruption at three levels ( T11, T12, and T13), however, the cut distal ends of the T12 segmental arteries were seen thin and faint on the angiogram. No significant changes occurred in spinal cord evoked potentials after ligation of the segmental arteries at three levels in all six dogs. Conclusion. Interruption of the bilateral segmental arteries at three levels, one target vertebra and the two adjacent vertebrae, reduced the blood flow of the target vertebra to one fourth of the control value in the lower thoracic spine in dogs. This result suggests that preoperative embolization at three levels, the levels of the tumor vertebra and the adjacent vertebrae above and below it, may reduce intraoperative hemorrhage effectively during total en bloc spondylectomy for hypervascular spinal tumors.
  • The effect of blocking a nutritional pathway to the intervertebral disc in the dog model, WC Hutton, H Murakami, A Li, WA Elmer, ST Yoon, A Minamide, T Akamaru, K Tomita, JOURNAL OF SPINAL DISORDERS & TECHNIQUES, 17, (1) 53 - 63,   2004年02月, 査読有り, Background: The hypothesis that injecting bone cement adjacent to one or both endplates would bring about degeneration in the intervening disc was tested. nucleus and the annulus and clear histologic changes in some of the discs. Methods: In 11 dogs, bone cement was injected just below the superior endplates of L1, L2, and L3 to block the nutritional supply through these endplates to the three intervertebral discs T13-L1, L1-L2, and L2-L3. In one other dog, both the superior and the inferior endplates of the same discs (T13-L1, L1-L2, and L2-L3) were blocked with bone cement. All 12 dogs were euthanized between 31 and 70 weeks after the Surgery. The three experimental discs (T13-L1, L1-L2,and L2-L3) and two control discs (T12-T13 and L4-L5) were excised and assessed using enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) and histology. Results: Radiographs of the lumbar spine at the time of death did not show any signs of disc bulging, disc space narrowing, or peripheral osteophyte formation in any of the 12 dogs. The experimental discs as well as the control discs appeared normal in every dog. After the discs were bisected, they were carefully inspected for any visible signs of degeneration. The experimental discs showed no clear signs of disc degeneration and were not distinguishable from the control discs on a gross level. The numerical results from the ELISA showed that in the experimental discs as opposed to the control discs, there were significant increases in proteoglycan content in both the nucleus (P = 0.033) and annulus (P = 0.01) and clear histologic changes in some of the discs. Conclusion: The results show that injecting bone cement adjacent to one or both endplates for up to 70 weeks does not produce degeneration in any visible form in the intervening disc. There were no disc bulging, no apparent annular fissures, and no disc spacing narrowing. There were, however, increases in protoglycan content in both the nucleus and the annulus and clear histologic changes in some of the discs.
  • Evidence of osteoinduction by Grafton demineralized bone matrix in nonhuman primate spinal fusion., Louis-Ugbo J, Murakami H, Kim HS, Minamide A, Boden SD, Spine, 29, (4) 360 - 6; discussion Z1,   2004年02月, 査読有り
  • Reconstruction after total sacrectomy using a new instrumentation technique - A biomechanical comparison, N Kawahara, H Murakami, A Yoshida, J Sakamoto, J Oda, K Tomita, SPINE, 28, (14) 1567 - 1572,   2003年07月, 査読有り, Study Design. The stresses exerted on the instrumentation and adjacent bone were evaluated for three reconstruction methods after a total sacrectomy: a modified Galveston reconstruction (MGR), a triangular frame reconstruction (TFR), and a novel reconstruction (NR). Objective. To perform finite-element analysis of reconstruction methods used after a total sacrectomy. Summary of Background Data. When a sacral tumor involves the first sacral vertebra, a total sacrectomy is necessary. It is mandatory to reconstruct the continuity between the spine and the pelves after a total sacrectomy. However, no previous reports have described a biomechanical study of the reconstructed lumbosacral spine. Methods. A finite-element model of the lumbar spine and pelvis was constructed. Then three-dimensional MGR, TFR, and NR models were reconstructed, and a finite-element analysis was performed to account for the stresses on the bones and instrumentation. Results. With excessive stress concentrated at the spinal rod in MGR, there is a strong possibility that the rod between the spine and the pelvis may fail. Although there was no stress concentration on the instruments in TFR, excessive stress on the iliac bones around the sacral rod was above the yield stress of the iliac bone. Such stress may cause a loosening of the sacral rod from the iliac bone. In NR, excessive stress concentration was not detected in the rod or the bones. This reconstruction has a low risk of instrument failure and loosening. Conclusions. If the patient were to stand or sit immediately after MGR or TFR instrumentation, failure or loosening may occur. The NR has a low risk of instrument failure and loosening after a total sacrectomy.
  • Overcoming the immune response to permit ex vivo gene therapy for spine fusion with human type 5 adenoviral delivery of the LIM mineralization protein-1 cDNA, HS Kim, M Viggeswarapu, SD Boden, YS Liu, GA Hair, J Louis-Ugbo, H Murakami, A Minamide, DY Suh, L Titus, SPINE, 28, (3) 219 - 226,   2003年02月, 査読有り, Study Design An animal study in immune competent m rabbits and athymic rats was conducted. Objectives. To develop an animal model for simulation of previous human Type 5 adenovirus (Ad5) exposure, to determine the impact of adenoviral pre-exposure on spine fusion induced with ex vivo Ads-LMP-1, and to test strategies :for overcoming any Potential immune response Summary of Background Data. Cells transduced with: adenovirus containing the osteoinductive LMP-1 cDNA (Ad5-LMP-1) can induce spine fusion in rabbits. Because up to 80% of the human-population has been exposed to adenovirus; immune responses to the vector may limit,. this strategy in humans. Few studies have modeled previous adenoviral exposure and tested strategies to circumvent it Methods. Adult New Zealand; white rabbits were injected with 10(8) or 10(9) viral particles of Ads-LacZ. At 4 or 16 weeks after Ad5 injection, autologous buffy coats were prepared from peripheral blood, and 4 million cells per side were infected ex vivo for 10 minutes with Ad5-LMP-1 (multiplicity of infection = 4). Cells were implanted on a collagen matrix instead of an autograft for posterolateral lumbar arthrodesis. Unimmunized rabbits served as control subjects. Additional immunized rabbits underwent : arthrodesis at 4 weeks with increased cell number (10 million) and viral dose (multiplicity of infection = 10), or with both parameters increased. The rabbits were killed at radiograph. A parallel study was performed in athymic rats using immunized rabbits for the donor cells. Results. All the unimmunized rabbits had solid spine fusions. None of the rabbits arthrodesed 4 weeks after Ad5 pre-exposure achieved fusion. At 4 weeks after Ad5 exposure, increasing the multiplicity of infection to 10 did not overcome the immune response (0/3 fused), but increasing the cell number to 1 million (2/3 fused) or increasing both cell number and multiplicity of infection (3/3 fused) did overcome the immune effects. Delaying arthrodesis until 16 weeks after Ad5 pre-exposure also overcame the immune response (3/3 fused). Similar results were seen in the athymic rat ectopic implant model, suggesting that the immune effect was mediated by humoral antibodies rather than a T-cell response. Conclusions. Two model systems were developed that simulate previous exposure to human Ad5 and could separate the cellular and humoral components of the response. There was a dose-dependent inhibition of ex vivo Ad5-LMP-1 gene transfer to cells from animals previously exposed to human Ad5. Data suggested that the inhibition of Ad5 infection was caused by humoral antibodies rather than a T-cell-based response. Minor modifications in the gene transfer protocol, such as doubling the viral dose or number of cells infected, or increasing the infection time, could overcame the immune response for an ex vivo approach.
  • Healing of autologous bone in a titanium mesh cage used in anterior column reconstruction after total spondylectomy., Akamaru T, Kawahara N, Tsuchiya H, Kobayashi T, Murakami H, Tomita K, Spine, 27, (13) E329 - 33,   2002年07月, 査読有り
  • Thyroid cancer spinal metastases: Report on 25 operations in 14 patients, MES Abdel-Wanis, N Kawahara, A Murata, H Murakami, K Nambu, Y Ueda, K Tomita, ANTICANCER RESEARCH, 22, (4) 2509 - 2516,   2002年07月, 査読有り, This study reviewed 14 patients with thyroid cancer spinal metastases treated between December 1984 and July 2000. In total the 14 patients had undergone 25 operations (average 1.8 operations/ patient). The operations were at the thoracic (15), cervical (7) and lumbar (3) levels and operations included piecemeal excision (14), total en bloc spondylectomy (7), posterior decompression and stabilization (2), posterior decompression (laminectomy) (1) and posterior stabilization (1). Re-operations were due to local recurrence (8) or metastases to another level (2) or both (1). One patient died in the third postoperative day due to disseminated intravascular coagulopathy (DIC), 5 died due to the original illness after a mean of 67.8 months, while 8 patients are still. living after a mean of 53.1 months. As long survival should be anticipated, in cases of thyroid cancer spinal metastases,. a radical therapeutic attitude must be considered in decision-making. This should avoid the morbidity associated with local recurrence and revision surgery.
  • Corpectomy Versus laminoplasty for multilevel cervical myelopathy - An independent matched-cohort analysis, CC Edwards, JG Heller, H Murakami, SPINE, 27, (11) 1168 - 1175,   2002年06月, 査読有り, Study Design. Matched patient cohorts using retrospective chart and radiographic review with independent clinical and radiographic follow-up were reviewed. Objective. To compare the clinical and radiographic outcomes of multilevel corpectomy and laminoplasty using an independent matched-cohort analysis. Summary of Background Data. The treatment of choice for multilevel cervical myelopathy remains a matter of investigation. For the decompression of three or more motion segments, multilevel corpectomy and laminoplasty have proven effective while avoiding the pitfalls of laminectomy. Direct clinical comparisons of these two procedures are few in number and are limited by the heterogeneity in their patient groups. Methods. Medical records of all patients treated for multilevel cervical myelopathy with either multilevel corpectomy or laminoplasty between 1994 and 1999 at the Emory Spine Center were reviewed. From a pool of 38 patients meeting stringent inclusion and exclusion criteria, 13 patients who underwent multilevel corpectomy were blindly matched with 13 patients who underwent laminoplasty based on known prognostic criteria. A single physician independently evaluated each patient and their radiographs at their latest follow-up appointment. Results. The cohorts were well matched by age, duration of symptoms, severity of myelopathy (Nurick grade), and preoperative sagittal alignment (C2-C7). Mean operative time, blood loss, and hospital stay were nearly identical. The mean follow-up for multilevel corpectomy and laminoplasty were 49 and 40 months, respectively. Improvement in function averaged 1.6 Nurick grades after laminoplasty and 0.9 grades after multilevel corpectomy (P > 0.05). Subjective improvements in strength, dexterity, sensation, pain, and gait were similar for the two operations. The prevalence of axial discomfort at the latest follow-up was the same for each cohort, but the analgesic requirements tended to be greater for patients who underwent multilevel corpectomy. Sagittal motion from C2 to C7 decreased by 57% after multilevel corpectomy and by 38% after laminoplasty. One complication (C6-C7 herniated nucleus pulposus [HNP] requiring anterior discetomy with fusion) occurred in the laminoplasty group. Multilevel corpectomy complications included progression of myelopathy, nonunion, persistent dysphagia, persistent dysphonia, and subjacent motion segment ankylosis. Conclusions, Both multilevel corpectomy and laminoplasty reliably arrest myelopathic progression in multilevel cervical myelopathy and can lead to significant neurologic recovery and pain reduction in a majority of patients. Surprisingly, the laminoplasty cohort tended to require less pain medication at final follow-up than did the multilevel corpectomy cohort. Given this and the higher prevalence of complications among multilevel corpectomy patients, it is believed that laminoplasty may be the preferred method of treatment for multilevel cervical myelopathy in the absence of preoperative kyphosis.
  • Effect of tail suspension (or simulated weightlessness) on the lumbar intervertebral disc - Study of proteoglycans and collagen, WC Hutton, ST Yoon, WA Elmer, J Li, H Murakami, A Minamide, T Akamaru, SPINE, 27, (12) 1286 - 1290,   2002年06月, 査読有り, Study Design. An experiment to measure the proteoglycan and collagen content of the lumbar intervertebral discs of rats that had been tail-suspended for up to 4 weeks. Objectives. To determine the effect of tensile force (or simulated weightlessness) on the intervertebral disc. Summary of Background Data. During space flight the intervertebral disc experiences low compressive force (because of so-called "weightlessness"), which, in turn, produces, among other things, low hydrostatic pressure acting on the disc cells. Although disc cells respond (in vitro) to changes in hydrostatic pressure, it is unclear what effect low levels of hydrostatic pressure have in vivo and whether they lead to a degenerative catabolic process. The rat tail-suspension model is appropriate for studying the effects of tensile force on the disc. The disc (especially the anulus) is subjected to tension during various body movements (e.g., bending stretches the posterior anulus, and twisting tensions the whole anulus). Methods. Thirty-two Sprague-Dawley rats were tail-suspended for either 2 weeks (16 rats) or 4 weeks (16 rats). Sixteen other rats were left unsuspended for 4 weeks; these were used as controls. At the end of 2 or 4 weeks, as appropriate, the rats were killed and their lumbar spines were removed. In each rat the six lumbar discs were bisected and the discs (anulus and nucleus together) were carefully removed. The six lumbar discs from one rat were pooled with the six lumbar discs of a second matching rat (i.e., from the same group) to give one sample. The disc samples were then assessed using enzyme-linked immunosorbent assays. Results. There was a 35% statistically significant decrease in proteoglycan content going from the control group down to the 4-week group, but no significant differences between the control group and the 2-week group or between the 2-week group and the 4-week group. There were no statistically significant differences between the three groups for collagen I or collagen II. Conclusions. These findings clearly establish a link between decreased proteoglycan content and tension on the disc, as modeled by the tail-suspended rat.
  • Surgical strategy for spinal metastases., Bauer H, Tomita K, Kawahara N, Abdel-Wanis ME, Murakami H, Spine, 27, (10) 1124 - 1126,   2002年05月, 査読有り
  • Delivery of recombinant human bone morphogenetic protein-2 using a compression-resistant matrix in posterolateral spine fusion in the rabbit and in the non-human primate, DY Suh, SD Boden, J Louis-Ugbo, M Mayr, H Murakami, HS Kim, A Minamide, WC Hutton, SPINE, 27, (4) 353 - 360,   2002年02月, 査読有り, Study Design. A rabbit and rhesus monkey model of posterolateral intertransverse process spine arthrodesis was used. Objective. To test two new soft tissue compression resistant ceramic/collagen sponge carriers for recombinant ant human bone morphogenetic protein-2. Summary of Background Data. After determining that plain collagen sponge was too compressible for large animals in a posterolateral fusion application, the authors demonstrated good bone induction using biphasic ceramic phosphate granules (60% hydroxyapatite/40% tri-calcium phosphate) as the carrier matrix for recombinant 6 V U man bone morphogenetic protein 2 in rhesus monkeys. A limitation of 60:40 biphasic ceramic phosphate its slow resorption time caused by the high hydroxy-apatite content, making radiographic detection of new formation very difficult. Methods. Adult New Zealand white rabbits (n = 14) underwent posterolateral spine arthrodesis at L5-L6 using 5:95 biphasic ceramic phosphate (5% hydroxyapatite/tricalcium phosphate) impregnated Type I collagen sponges (17 X 36 X 2.5 mm, two per side) loaded with 0.86 mg recombinant human bone morphogenetic protein 2. Additional rabbits (n = 14) received 60:40 hydroxyphosphate granules as the carrier for morphogenetic protein 2. Adult rhesus monkeys (n = 6) underwent posterolateral arthrodesis at L4-L5 with ceramic/collagen sponge carrier loaded with 9 mg human bone morphogenetic protein 2 per side. Two monkeys received ceramic/collagen sponges containing 15:85 biphasic ceramic phosphate (15% hydroxyapatite/85% hydroxyapatite/85% tricalcium phosphate) with two pieces per side; two received sponges containing 5:95 biphasic Phosphate with two pieces per side, and two received sponges containing 5:95 biphasic ceramic phosphate with four pieces per side. The rabbits were killed 5 weeks and the monkeys after 24 weeks; the spines were evaluated by manual palpation, radiographs, tensile testing (rabbits only), and histology. Results. The recombinant human bone morphogenetic protein 2 delivered in the 5:95 biphasic ceramic sponge achieved fusion in 100% of rabbits and had improved handling properties compared with the biphasic ceramic phosphate granules. Biomechanical results with 5:95 biphasic ceramic phosphate/collagen carrier were comparable to those obtained with the 60:40 biphasic ceramic phosphate granules and superior to those of autogenous bone graft (p < 0.05). The recombinant human bone morphogenetic protein 2 delivered in the 15:85 or the 5:95 biphasic ceramic phosphate/collagen sponge carrier (two pieces per side) induced fusion in nonhuman primates with normal bone histology, less residual ceramic, and more bone in the center of the carrier matrix in comparison with BCO granules alone. The 15:85 biphasic ceramic phosphate/collagen sponge resulted infusion mass sizes closer to the original size of the matrix implanted than did the 5:95 biphasic ceramic phosphate/collagen sponge, which was considered a desirable feature. The monkeys with 9 mg recombinant human bone morphogenetic protein 2 spread over four sponges per side instead of two had half the effective recombinant human bone morphogenetic protein 2 concentration per sponge and inferior results. Conclusions. The new compression-resistant biphasic ceramic phosphate/collagen sponge matrices were biologically compatible with recombinant human bone morphogenetic protein 2 bone formation, resulted in biomechanically stiffer fusion masses than autograft, better space maintenance than plain collagen sponges, and improved handling and radiographic resorption properties over the ceramic carriers previously tested.

MISC

  • 整形外科インプラント手術における感染予防戦略 腫瘍脊椎骨全摘術における感染予防戦略, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 林 寛之, 新村 和也, 土屋 弘行, 日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集, 41回,   2018年07月
  • 切除困難な骨・軟部腫瘍の手術に向けた工夫(骨盤・上肢帯) 切除困難な骨・軟部腫瘍に対する手術法の開発(体幹部), 山本 憲男, 村上 英樹, 林 克洋, 武内 章彦, 五十嵐 健太郎, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (6) S1364 - S1364,   2018年06月
  • 不安定性を有する転移性脊椎腫瘍に対する治療 不安定性を有する転移性脊椎腫瘍に対する根治的手術, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 横川 文彬, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (6) S1513 - S1513,   2018年06月
  • 椎体破壊、脊柱管内伸展を伴う巨大神経鞘腫の1切除例, 酒井 清祥, 野村 皓三, 田島 秀浩, 高村 博之, 清水 貴樹, 村上 英樹, 伏田 幸夫, 太田 哲生, 日本小児外科学会雑誌, 54, (3) 852 - 852,   2018年05月
  • 【脊柱靱帯骨化症研究の進歩】手術的治療の研究 胸椎後縦靱帯骨化症に対する後側方進入前方除圧術, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 横川 文彬, 土屋 弘行, 整形外科, 69, (6) 598 - 600,   2018年05月
  • 腰痛の責任部位診断における骨SPECT/CTの有用性 固定術を施行した症例における診断一致率の検証, 高橋 直樹, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 松原 秀憲, 吉岡 克人, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 61, (3) 622 - 622,   2018年05月
  • 急速な進行を認めた特発性頸椎後彎症の1例, 山室 裕紀, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 61, (3) 631 - 631,   2018年05月
  • 低カリウム血性ミオパチーにより首下がり症候群を呈した1例, 小林 源哉, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 清水 貴樹, 土屋 弘行, 中野 博人, 浜口 毅, 山田 正仁, 梅田 真一郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 61, (3) 636 - 637,   2018年05月
  • 罹病期間が10年以上であった特発性脊髄ヘルニアの3例, 長谷 賢, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 61, (春季学会) 106 - 106,   2018年03月
  • C1-3後方固定術後に嚥下障害が出現し再手術を要した1例, 奥 規博, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 61, (春季学会) 355 - 355,   2018年03月
  • 下肢脚長差による機能性側彎症に対する脚長補正術後の脊柱冠状面アライメントの変化, 奥 規博, 出村 諭, 村上 英樹, 加畑 多文, 松原 秀憲, 加藤 仁志, 横川 文彬, 清水 貴樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (2) S113 - S113,   2018年03月
  • 高齢者の骨転移にどう向き合うか-積極的治療と緩和医療- 高齢者脊椎転移に対する手術と合併症対策, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 清水 貴樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (2) S483 - S483,   2018年03月
  • 手術を施行した脊椎・下肢関節変性疾患患者のロコモ評価 前向き研究, 清水 貴樹, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 横川 文彬, 黒川 由貴, 奥 規博, 松原 秀憲, 加畑 多文, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (3) S634 - S634,   2018年03月
  • 重金属フィルタを用いた低線量全脊柱X線像の小児側彎症例に対する計測精度の検証, 出村 諭, 村上 英樹, 笹川 武史, 峰広 香織, 加藤 仁志, 清水 貴樹, 奥 規博, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (3) S690 - S690,   2018年03月
  • 胸椎を主カーブとする特発性側彎症に対する選択的矯正固定術後の固定下端椎傾斜角に関与する因子の検討, 清水 貴樹, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 奥 規博, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (3) S695 - S695,   2018年03月
  • 腰椎腫瘍に対する根治的椎体半切術, 清水 貴樹, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 黒川 由貴, 奥 規博, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (3) S787 - S787,   2018年03月
  • 脊椎骨巨細胞腫の治療成績, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 清水 貴樹, 奥 規博, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (3) S788 - S788,   2018年03月
  • 腎癌脊椎転移に対する根治的手術の長期成績 当院における20年間、術後3年以上経過例の検討, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 横川 文彬, 清水 貴樹, 奥 規博, 北川 亮, 川原 範夫, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (3) S788 - S788,   2018年03月
  • 脊椎悪性腫瘍の骨外進展に伴った隣接椎体反応層の病理学的検討, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 清水 貴樹, 奥 規博, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (3) S831 - S831,   2018年03月
  • 脊椎骨巨細胞腫に対するデノスマブ投与が引き起こす形態学的変化の特徴, 米澤 則隆, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 武内 章彦, 横川 文彬, 清水 貴樹, 奥 規博, 北川 亮, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (3) S907 - S907,   2018年03月
  • 腰椎原発性脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術, 清水 貴樹, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 奥 規博, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (3) S1194 - S1194,   2018年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における硬膜損傷の検討, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 清水 貴樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (3) S1194 - S1194,   2018年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術(TES)における脊柱再建の比較検討, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 横川 文彬, 清水 貴樹, 奥 規博, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (3) S1213 - S1213,   2018年03月
  • 中高齢者の脊椎疾患と腹部体幹筋力の関連性, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 横川 文彬, 清水 貴樹, 奥 規博, 北川 亮, 高木 知治, 宇賀治 修平, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 92, (3) S1233 - S1233,   2018年03月
  • 脊椎疾患治療の費用対効果 慢性腰痛症に対する薬物治療から考える脊椎疾患治療における費用対効果研究の意義, 海渡 貴司, 持田 譲治, 松山 幸弘, 山下 敏彦, 川上 守, 田口 敏彦, 波呂 浩孝, 今釜 史郎, 山崎 正志, 井上 玄, 村上 英樹, 西田 康太郎, 宮腰 尚久, 山田 宏, 新谷 歩, Journal of Spine Research, 9, (3) 208 - 208,   2018年03月
  • 腹部体幹筋力の低下は腰痛やロコモティブシンドロームの発現に関連する, 奥 規博, 加藤 仁志, 村上 英樹, 加畑 多文, 出村 諭, 松原 秀憲, 横川 文彬, 清水 貴樹, 北川 亮, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 265 - 265,   2018年03月
  • 慢性腰痛に対する革新的な運動器具を用いた腹部体幹筋トレーニングの効果 高齢者を対象としたpilot研究, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 横川 文彬, 高橋 直樹, 清水 貴樹, 奥 規博, 北川 亮, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 293 - 293,   2018年03月
  • 腰椎原発性脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術, 清水 貴樹, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 横川 文彬, 奥 規博, 北川 亮, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 324 - 324,   2018年03月
  • 脊椎骨巨細胞腫に対するデノスマブ投与が引き起こす形態学的変化の特徴, 米澤 則隆, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 清水 貴樹, 奥 規博, 北川 亮, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 324 - 324,   2018年03月
  • 腰部脊柱管狭窄と末梢動脈疾患による間欠跛行における歩行容態の相違点と、CG動画を用いた患者の自己鑑別診断, 鳥畠 康充, 井上 啓, 横川 文彬, 村上 英樹, 林 寛之, Journal of Spine Research, 9, (3) 357 - 357,   2018年03月
  • 重金属フィルタを併用した低線量全脊柱レントゲン撮影における小児側彎症患者に対する計測精度の検証, 出村 諭, 村上 英樹, 笹川 武史, 峰広 香織, 加藤 仁志, 横川 文彬, 清水 貴樹, 奥 規博, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 369 - 369,   2018年03月
  • 手術を施行した腰部脊柱管狭窄症患者のロコモ評価 前向き研究, 清水 貴樹, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 横川 文彬, 黒川 由貴, 奥 規博, 北川 亮, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 380 - 380,   2018年03月
  • 脊椎手術で知っておくべき解剖学 胸椎の解剖について, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 横川 文彬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 401 - 401,   2018年03月
  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するうがった見方, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 横川 文彬, 粟森 世里奈, 岡本 義之, 藤井 衛之, 田原 大輔, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 412 - 412,   2018年03月
  • 胸椎OPLLに対する脊髄前方除圧術 後側方アプローチVS前後合併アプローチ, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 横川 文彬, 清水 貴樹, 奥 規博, 北川 亮, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 418 - 418,   2018年03月
  • 腎癌と甲状腺癌の脊椎転移における肺転移の意義 脊椎転移の根治的手術例の長期成績より, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 横川 文彬, 清水 貴樹, 奥 規博, 北川 亮, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 431 - 431,   2018年03月
  • 高度の下肢脚長差により生じた機能性側彎における脚長補正術後の脊柱冠状面アライメントの変化, 奥 規博, 出村 諭, 村上 英樹, 加畑 多文, 松原 秀憲, 加藤 仁志, 横川 文彬, 清水 貴樹, 北川 亮, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 621 - 621,   2018年03月
  • 脊椎悪性腫瘍の骨外進展に伴った隣接椎体反応層の病理学的検討, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 論, 加藤 仁志, 清水 貴樹, 奥 規博, 北川 亮, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 695 - 695,   2018年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における硬膜損傷の検討, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 論, 加藤 仁志, 清水 貴樹, 奥 規博, 北川 亮, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 702 - 702,   2018年03月
  • 腰椎転移性脊椎腫瘍に対する根治的椎体半切術, 清水 貴樹, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 横川 文彬, 奥 規博, 北川 亮, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 702 - 702,   2018年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における癌特異的免疫上昇効果の可能性, 米澤 則隆, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 清水 貴樹, 奥 規博, 北川 亮, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 703 - 703,   2018年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術(TES)における脊柱再建の比較検討, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 横川 文彬, 清水 貴樹, 奥 規博, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 720 - 720,   2018年03月
  • 胸椎を主カーブとする特発性側彎症に対する選択的矯正固定術後の固定下端椎傾斜角に関与する因子の検討, 清水 貴樹, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 横川 文彬, 奥 規博, 北川 亮, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 9, (3) 777 - 777,   2018年03月
  • 実験室における骨形成材料 脂肪由来間葉系幹細胞(Making Bone in the Laboratory: Adipose Derived Stem Cell Sheet Derived Bone), 方 向, 村上 英樹, 林 克洋, 土屋 弘行, 移植, 52, (6) 583 - 583,   2018年02月
  • 慢性腰痛およびロコモティブシンドロームに対する革新的な運動器具を用いた運動療法の開発, 加藤 仁志, 村上 英樹, 高橋 直樹, 五十嵐 峻, 医科学応用研究財団研究報告, 35,   2018年02月
  • 第2腰神経切離後の下肢機能評価, 高橋 直樹, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 61, (1) 35 - 36,   2018年01月, 両側L2神経根を切離し、腫瘍脊椎骨全摘術(TES)を施行した13例(男性7例、女性6例、平均年齢47歳)を対象に、神経根切離が下肢の運動および知覚機能に及ぼす影響について検討した。術後1週で腸腰筋(IP)と大腿四頭筋(QF)の徒手筋力テスト(MMT)は13例中それぞれ9例と8例で低下したが経時的に改善し、最終観察時にはIPは9例中8例(89%)が、QFは8例中7例(88%)がMMT5に改善した。Modified Frankel classificationは術後1週で10例が低下したが経時的に改善し、最終経過観察時には10例中8例(80%)がEまで改善した。術後1ヵ月で12例(92%)が自力歩行可能な状態であった。10例に術後新たに下肢のしびれや放散痛などの知覚障害を生じたが、L3神経根も剥離した1例を除く9例の症状は軽度であり、ADLに影響を及ぼさなかった。腰椎TESにおける両側L2神経根切離は腫瘍椎体を安全かつ確実に摘出するためには許容されうる手技であると考えられた。
  • 椎体破壊を伴う巨大後腹膜腫瘍の1例, 酒井 清祥, 山崎 裕人, 田島 秀浩, 高村 博之, 伏田 幸夫, 清水 貴樹, 村上 英樹, 太田 哲生, 北陸外科学会雑誌, 36, (1) 30 - 31,   2017年12月
  • 短期間での進行を認めた特発性頸椎後彎症の1例, 山室 裕紀, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 米澤 則隆, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, (6) 1053 - 1054,   2017年11月, 15歳女。特に外傷等の誘因なく後頸部痛、頸椎後彎変形が出現した。近医にて頸椎カラーによる外固定および介達牽引が施行されたが、後彎の進行および巧緻運動障害の出現を認め、後頸部痛出現から約4ヵ月の時点で当科入院となった。全身精査を施行したものの原因となる明らかな基礎疾患は認めず、特発性頸椎後彎症と診断した。保存治療に抵抗性であり、後彎変形による神経症状の悪化を認めたため、手術適応と判断した。術中の過度な矯正による神経症状の悪化を懸念し、まず術前に2週間のHalo牽引を施行し、次いで一期的に前方固定術(C3/4、C4/5、C5/6)および後方矯正固定術(C3-6)を施行した。術後は明らかな合併症はなく、脊髄症状は改善し、全脊柱アライメントも良好となった。術後1年6ヵ月の現在、神経症状は完全に消失している。
  • 多数回の脊椎腫瘍手術後に脊髄梗塞による亜急性の対麻痺を来した1例, 小林 源哉, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, (6) 1077 - 1078,   2017年11月, 49歳男。16年前に左腎癌に対し腎摘出術を施行され、その後肺転移に対し2回の手術、左第6肋骨転移に対し肋骨、胸壁合併切除が施行された。今回、左第4、5肋骨から第5胸椎におよぶ骨転移の再発に対する手術目的で紹介となった。術前に左第3、4肋間動脈と右第4-6肋間動脈を塞栓し、左第4、5肋間腫瘍の切除、第5胸椎TESを施行した。術後経過は良好であったが、半年後に左第7、8肋骨から第7胸椎におよぶ骨転移の再発を認め再手術となった。両側第7、8肋間動脈を塞栓し、左第7、8肋骨切除、第7胸椎TESを施行し経過良好であったが、再手術後8ヵ月に進行性の対麻痺が出現し、MRIにて第6胸椎に再発を認めた。3回目の血管塞栓術として再開通していた右第6肋間動脈を再度塞栓し、第6胸椎高位の神経根を両側結紮・切離して第6胸椎腫瘍を可及的に切除し脊髄を除圧した。しかし、手術から30時間後に強い腰背部痛とともに麻痺が進行し、36時間後にはほぼFrankel Bとなった。緊急MRIを施行したところ、脊髄は十分に除圧されていたが、T2強調像で高信号を認め、術後の亜急性期に発症した脊髄梗塞と診断した。発症後10ヵ月時点で麻痺の改善は認めていない。
  • 【高齢者(75歳以上)の運動器変性疾患に対する治療】 脊椎の変性疾患に対する高齢者治療 頸椎変性疾患 高齢者の頸椎症性脊髄症に対する内視鏡下椎弓形成術の有用性, 上田 康博, 村上 英樹, 別冊整形外科, (72) 88 - 91,   2017年10月, 2014年4月〜2016年10月に内視鏡下頸椎椎弓形成術を行い術後6ヵ月以上経過観察した75歳以上の頸椎症性脊髄症10例(CMEL群、平均年齢78.6歳)と、正中縦割による椎弓形成術を行った12例(LP群、平均年齢77.8歳)の治療成績と合併症を調査し比較した。手術椎弓数はCMEL群2.6椎弓、LP群3.9椎弓とLP群で有意に多かった。術中の平均出血量、術後のドレーン出血量はCMEL群が有意に少なく、術後の鎮痛薬使用回数はCMEL群0.5回、LP群2.8回とCMEL群が有意に少なかった。術後歩行開始日はCMEL群3.1日、LP群5.7日とCMEL群が有意に早かった。術後合併症としてCMEL群で尿路感染1例、LP群で尿路感染1例、一過性の上肢根性疼痛1例を認めた。術前と調査時のJOAスコア平均点はCMEL群が8.8点から12.4点に、LP群が8.5点から12.6点にいずれも有意に改善した。内視鏡下椎弓形成術は従来の椎弓形成術と遜色なく、高齢者においても有用な術式であると考えられた。
  • アスリートの体幹安定性の評価 腹部体幹筋力の測定とトレーニングを両立した運動器具の開発, 加藤 仁志, 中瀬 順介, 村上 英樹, 土屋 弘行, 日本臨床スポーツ医学会誌, 25, (4) S118 - S118,   2017年10月
  • 【転移性脊椎腫瘍に対する最小侵襲脊椎安定術(MISt)】 転移性脊椎腫瘍に対するTES(total en bloc spondylectomy)の有用性, 村上 英樹, 加藤 仁志, 土屋 弘行, 整形外科最小侵襲手術ジャーナル, (84) 65 - 68,   2017年09月, 転移性脊椎腫瘍のなかでTES(total en bloc spondylectomy)の有用性が最も発揮されるのは腎細胞癌と甲状腺癌の脊椎転移であり、これらの脊椎転移に対しては積極的に根治的手術を考慮すべきである。腎細胞癌と甲状腺癌の脊椎転移は放射線抵抗性のため、長期の局所コントロールを得るためには根治的切除が必須である。これらの癌の孤立性脊椎転移に対し、最初から安易に放射線を照射することは避けるべきである。我々の経験では、放射線照射後、腎細胞癌は約3年で、甲状腺癌では約5年で局所再発してしまう。よって、それ以上生存すれば局所再発に苦しめられることとなる。そして、照射後の手術は周術期合併症が高率に発生し危険である。また、いずれの癌も各種の集学的治療により多少の肺転移は十分にコントロール可能であるため、肺転移の存在が脊椎転移巣の根治的手術を止める理由にはならない。転移性脊椎腫瘍に対しては我々整形外科医の適切な治療選択が求められる。(著者抄録)
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における第2腰神経切離後の下肢機能評価, 高橋 直樹, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, (秋季学会) 76 - 76,   2017年09月
  • 頸椎巨細胞腫に対する腫瘍脊椎骨全摘術の経験, 清水 貴樹, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, (秋季学会) 216 - 216,   2017年09月
  • エネルギー差分法を用いた胸椎単純X線画像の臨床的有用性 多発性骨髄腫25例における検討, 清水 貴樹, 笹川 武史, 増山 茂, 河村 直洋, 伊藤 英也, 平尾 雄二郎, 田中 滋之, 江守 永, 飯塚 正明, 長谷部 弘之, 石倉 久年, 桑原 健, 村上 英樹, 土屋 弘行, 久野木 順一, 日本整形外科学会雑誌, 91, (8) S1503 - S1503,   2017年08月
  • 骨巨細胞腫に対するデノスマブ投与後の骨形成のメカニズムに関する解析, 武内 章彦, 山本 憲男, 村上 英樹, 林 克洋, 樋口 貴史, 阿部 健作, 谷口 裕太, 相羽 久輝, 荒木 麗博, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 91, (8) S1526 - S1526,   2017年08月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する液体窒素処理骨移植の癌免疫増強効果について ELISPOTアッセイを用いた免疫モニタリング, 米澤 則隆, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 高橋 直樹, 清水 貴樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 91, (8) S1637 - S1637,   2017年08月
  • ヨードコーティングチタン製スクリューの骨伝導能, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 91, (8) S1656 - S1656,   2017年08月
  • 腰痛の責任部位診断における骨SPECT/CTの有用性 固定椎間におけるModic changeとの関連, 高橋 直樹, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 米澤 則隆, 清水 貴樹, 松原 秀憲, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 91, (8) S1814 - S1814,   2017年08月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する根治的手術の適応と実際, 村上 英樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 91, (6) S1351 - S1351,   2017年06月
  • 軟骨肉腫に対するzaltoprofenのPPARγ(peroxisome proliferator-activated receptor γ)を介した抗腫瘍効果の解析, 樋口 貴史, 山本 憲男, 林 克洋, 武内 章彦, 阿部 健作, 谷口 裕太, 相羽 久輝, 村上 英樹, 棟居 聖一, 山本 靖彦, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 91, (6) S1393 - S1393,   2017年06月
  • イラストレイテッド・サージェリー 手術編 胸椎OPLLに対する後側方アプローチによる脊髄全周除圧術, 加藤 仁志, 村上 英樹, 土屋 弘行, 脊椎脊髄ジャーナル, 30, (5) 523 - 529,   2017年05月
  • 体幹筋力の測定とトレーニングを両立させた運動器具の開発, 加藤 仁志, 村上 英樹, 稲木 杏吏, 望月 孝史, 出村 諭, 中瀬 順介, 吉岡 克人, 五十嵐 峻, 高橋 直樹, 米澤 則隆, 絹谷 清剛, 土屋 弘行, 運動器リハビリテーション, 28, (1) 40 - 47,   2017年05月, われわれが開発した体幹筋力測定と体幹筋のトレーニングを両立させた運動器具の機能を検証した。この運動器具で測定した体幹筋力は、シットアップの回数で評価した腹筋力と有意な正の相関を示した。PETを用いたトレーニングによる筋活動の評価では、体幹表層筋である腹直筋や腹斜筋だけでなく、体幹深層筋である横隔膜や腹横筋、骨盤底筋にも強い筋活動が生じることが示された。(著者抄録)
  • 短期間での進行を認めた特発性頸椎後彎症の1例, 山室 裕紀, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 米澤 則隆, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, (春季学会) 211 - 211,   2017年04月
  • 多数回の脊椎腫瘍手術後に脊髄梗塞による亜急性の対麻痺を来した一例, 小林 源哉, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, (春季学会) 225 - 225,   2017年04月
  • 脊椎腫瘍患者に適したADL評価尺度の検討 FIMとSCIMの比較から, 黒川 由貴, 村上 英樹, 加藤 仁志, 櫻井 吾郎, 吉田 信也, 堀江 翔, 八幡 徹太郎, 理学療法学, 44, (Suppl.2) P - NV,   2017年04月
  • 高齢者の慢性腰痛およびロコモティブシンドロームに対する革新的な運動器具を用いた運動療法の開発, 加藤 仁志, 村上 英樹, 高橋 直樹, 大和証券ヘルス財団研究業績集, (40) 75 - 80,   2017年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術とその基礎的バックグラウンド, 川原 範夫, 川口 真史, 村上 英樹, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 91, (2) S18 - S18,   2017年03月
  • 65歳以上の転移性脊椎腫瘍患者に対する腫瘍脊椎骨全摘術の術後成績, 米澤 則隆, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 五十嵐 峻, 高橋 直樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 91, (2) S180 - S180,   2017年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術後の呼吸機能の変化 肋間神経切離、肋骨切除による影響, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 91, (2) S180 - S180,   2017年03月
  • 癌種からみた腫瘍脊椎骨全摘術の局所再発率, 五十嵐 峻, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 91, (2) S181 - S181,   2017年03月
  • 高齢者における腹部体幹筋力の低下は慢性腰痛や転倒しやすさと相関する, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 91, (2) S211 - S211,   2017年03月
  • 腎癌の骨・軟部転移に対する外科的切除術後の長期成績, 樋口 貴史, 山本 憲男, 林 克洋, 武内 章彦, 阿部 健作, 谷口 裕太, 相羽 久輝, 加藤 仁志, 村上 英樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 91, (2) S607 - S607,   2017年03月
  • 放射線照射骨の骨脆弱性, 五十嵐 峻, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 91, (3) S976 - S976,   2017年03月
  • 腎癌と甲状腺癌の脊椎転移に対する新しい治療アルゴリズム, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 91, (3) S1024 - S1024,   2017年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における第2腰神経切離症例の下肢運動機能, 高橋 直樹, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 米澤 則隆, 清水 貴樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 8, (3) 292 - 292,   2017年03月
  • 脊椎骨巨細胞腫に対する術前デノスマブ療法を用いた新たな治療戦略, 米澤 則隆, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 武内 章彦, 高橋 直樹, 清水 貴樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 8, (3) 292 - 292,   2017年03月
  • 医工連携による脊椎バイオメカニクス研究の現状と課題 骨粗鬆症性椎体骨折のバイオメカニクス, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 粟森 世里奈, 岡本 義之, 藤井 衛之, 田原 大輔, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 8, (3) 435 - 435,   2017年03月
  • 医工連携による脊椎バイオメカニクス研究の現状と課題 脊椎固定のバイオメカニクス研究における工学的アプローチの現状, 田原 大輔, 原 朋広, 藤井 衛之, 出村 諭, 辻上 哲也, 村上 英樹, Journal of Spine Research, 8, (3) 435 - 435,   2017年03月
  • 日本脊椎脊髄病学会学会プロジェクト 慢性腰痛症に対する薬物治療の臨床経済性に関わる評価, 松山 幸弘, 海渡 貴司, 川上 守, 井上 玄, 今釜 史郎, 西田 康太郎, 波呂 浩孝, 宮腰 尚久, 村上 英樹, 山崎 正志, 山田 宏, 田口 敏彦, 持田 讓治, 新谷 歩, 田倉 智之, 山下 敏彦, 日本脊椎脊髄病学会プロジェクト委員会, Journal of Spine Research, 8, (3) 439 - 439,   2017年03月
  • 慢性腰痛症に対する薬物治療の臨床評価, 海渡 貴司, 松山 幸弘, 川上 守, 井上 玄, 今釜 史郎, 西田 康太郎, 波呂 浩孝, 宮腰 尚久, 村上 英樹, 山崎 正志, 山田 宏, 田口 敏彦, 持田 讓治, 新谷 歩, 田倉 智之, 山下 敏彦, 日本脊椎脊髄病学会プロジェクト委員会, Journal of Spine Research, 8, (3) 440 - 440,   2017年03月
  • 大規模臨床観察データの統計学的解析のポイントとピットフォール, 新谷 歩, 松山 幸弘, 海渡 貴司, 川上 守, 井上 玄, 今釜 史郎, 西田 康太郎, 波呂 浩孝, 宮腰 尚久, 村上 英樹, 山崎 正志, 山田 宏, 田口 敏彦, 持田 讓治, 田倉 智之, 山下 敏彦, 日本脊椎脊髄病学会プロジェクト委員会, Journal of Spine Research, 8, (3) 440 - 440,   2017年03月
  • 放射線抵抗性の脊椎転移(腎癌と甲状腺癌)に対する新しい治療アルゴリズム, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 横川 文彬, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 清水 貴樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 8, (3) 485 - 485,   2017年03月
  • 脊椎転移に対する液体窒素を用いた凍結治療の癌特異的免疫増強効果について ELISPOT法を用いた免疫モニタリング, 米澤 則隆, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 高橋 直樹, 清水 貴樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 8, (3) 489 - 489,   2017年03月
  • 放射線照射による椎体骨脆弱性 骨密度と骨質の観点から, 五十嵐 峻, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 清水 貴樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 8, (3) 530 - 530,   2017年03月
  • ヨードコーティングチタン製椎体スクリューの骨伝導能, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 8, (3) 585 - 585,   2017年03月
  • 65歳以上の転移性脊椎腫瘍患者に対する腫瘍脊椎骨全摘術の術後成績, 米澤 則隆, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 高橋 直樹, 清水 貴樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 8, (3) 664 - 664,   2017年03月
  • 腰痛の責任部位診断における骨SPECT/CTの有用性 固定術施行例での検証, 高橋 直樹, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 米澤 則隆, 清水 貴樹, 松原 秀憲, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 8, (3) 688 - 688,   2017年03月
  • 脊椎関連疼痛の鑑別診断における骨SPECT-CTの有用性, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 松原 秀憲, 吉岡 克人, 五十嵐 峻, 高橋 直樹, 米澤 則隆, 清水 貴樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 8, (3) 705 - 705,   2017年03月
  • 胸椎OPLLに対する後側方進入前方除圧術がもたらすdekyphosisの効果, 五十嵐 峻, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 清水 貴樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 8, (3) 748 - 748,   2017年03月
  • 当科で開発した運動器具を用いた腹部体幹筋トレーニングの効果 PETを用いた検証, 加藤 仁志, 村上 英樹, 稲木 杏吏, 望月 孝史, 出村 諭, 中瀬 順介, 吉岡 克人, 五十嵐 峻, 高橋 直樹, 米澤 則隆, 絹谷 清剛, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 8, (3) 771 - 771,   2017年03月
  • 胸椎OPLL手術の最前線 胸椎OPLLに対する後側方進入前方除圧術 手術手技の実際と適応, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 臨床整形外科, 52, (1) 27 - 32,   2017年01月, 脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術の手術手技にヒントを得て,2010年から胸椎後縦靱帯骨化症(胸椎OPLL)に対して筆者らが施行している後側方アプローチによる脊髄前方除圧術を紹介する.本術式は腹臥位で胸椎後方を展開し,前方除圧を行うレベルの後方要素(椎弓,横突起,椎弓根)を全切除する.さらに,神経根を結紮・切離し近位端を持ち上げて前方除圧を行う.それにより,後方からでも十分にOPLLと硬膜前外側が直視でき,硬膜管側方の広いworking spaceにより安全に前方除圧が可能である.本術式は手術成績が不良であるbeak-type OPLLに対してよい適応がある.(著者抄録)
  • 馬尾に発生した血管平滑筋腫の1例, 中西 宏之, 三崎 智範, 上田 康博, 林 雅之, 八野田 愛, 岩永 健志, 村田 淳, 有沢 章子, 石黒 基, 村上 英樹, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, (1) 226 - 227,   2017年01月
  • 小児の馬尾高位に発生した粘液乳頭状上衣種の1例, 五十嵐 峻, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 藤井 衛之, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, (1) 234 - 234,   2017年01月
  • 【前立腺癌と骨-骨の特殊性を科学する-】 骨転移巣に対する外科治療, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 武内 章彦, 横川 文彬, 土屋 弘行, Prostate Journal, 3, (2) 177 - 182,   2016年10月, 前立腺癌の骨転移は、全身的な治療としてのホルモン療法に加えて、局所に対しては放射線療法とビスホスホネート製剤または抗RANKL抗体によって長期の局所コントロールが可能であり、骨転移が見つかっても外科治療の適応となることは非常に少ない。そして、骨転移が見つかった時にはすでに多発転移であることが多い。さらに造骨型転移が多いため病的骨折や疼痛が少なく、患者は70〜80歳以上の高齢者がほとんどである。このような理由からも手術の適応は極めて限られている。しかし、耐えがたい痛みや進行する麻痺を認める場合には手術の適応となることもある。手術は通常、姑息的手術であり、根治的手術が適応となることはまずない。(著者抄録)
  • 【脊椎疾患診療マニュアル-私のコツ-】 診断のコツ<腫瘍・感染など> 転移性脊椎腫瘍 手術適応と術式, 村上 英樹, Orthopaedics, 29, (10) 123 - 127,   2016年10月, 転移性脊椎腫瘍の手術適応に関しては、個々の患者の全身状態と予後を十分に把握し、適応と術式を選択する必要がある。基本的には、椎体骨折や後彎変形などの脊椎不安定性による疼痛を認める場合と、脊髄や馬尾あるいは神経根の圧迫による麻痺や疼痛を認める場合が手術の適応である。その手術術式は、疼痛や麻痺の改善を目的とした姑息的手術と、局所根治を目的とした根治的手術に分けられる。姑息的手術には、腫瘍椎体へのセメント注入による椎体形成術、小皮切による最小侵襲脊椎安定術、そして除圧固定術がある。また、転移性脊椎腫瘍では癌の原発によって治療戦略が大きく変わってくる。乳癌や前立腺癌の脊椎転移は保存療法が選択されることが多いが、腎癌や甲状腺癌の脊椎転移に対しては積極的に根治的手術を考慮すべきである。この分野では、我々整形外科医の適切な治療選択が求められる。(著者抄録)
  • 術後呼吸器合併症の重症化を回避できた脊椎浸潤肺癌2症例の理学療法経験, 黒川 由貴, 村上 英樹, 加藤 仁志, 出口 清喜, 櫻井 吾郎, 吉田 信也, 八幡 徹太郎, 東海北陸理学療法学術大会誌, 32回,   2016年10月
  • 乳癌脊椎転移例の術後早期経過 姑息的手術例と根治的手術例の比較, 黒川 由貴, 村上 英樹, 加藤 仁志, 八幡 徹太郎, 理学療法学, 43, (Suppl.2) O - MT,   2016年10月
  • 脊椎骨巨細胞腫に対する術前デノスマブ投与は本当にsurgical downstagingとして有用か?, 米澤 則隆, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (5) 971 - 972,   2016年09月, 51歳男性。前医にて脊椎骨巨細胞腫に対して10ヵ月間のデノスマブ投与を受け、手術目的で紹介となった。受診時、画像所見では脊柱管内への腫瘍の突出は縮小がみられたが、腫瘍椎体の圧潰が進行していた。腫瘍脊椎骨全摘術を施行したところ、腫瘍椎体が圧潰し、更に頭尾側の隣接椎体との間に過剰な骨性架橋が形成され、分節動静脈の剥離および椎間板の切離が困難となった。最終的に椎体側方を剥離した上で、骨性架橋と腫瘍椎体側壁を部分切除し、腫瘍椎体を全切除することができた。術後は合併症は認めず、半年経過現在、再発はみられていない。
  • 放射線照射による椎体の力学的強度の検証 骨密度と骨質の観点から, 五十嵐 峻, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 藤井 衛之, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 90, (8) S1747 - S1747,   2016年08月
  • デノスマブ投与後に腫瘍脊椎骨全摘術を施行した第12胸椎骨巨細胞腫の病理学的検討, 米澤 則隆, 村上 英樹, 武内 章彦, 出村 論, 加藤 仁志, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 高橋 直樹, 土屋 弘行, 丹沢 義一, 日本整形外科学会雑誌, 90, (8) S1795 - S1795,   2016年08月
  • 脊椎腫瘍 最近の話題 転移性脊椎腫瘍に対する根治的手術の適応, 村上 英樹, 加藤 仁志, 出村 諭, 吉岡 克人, 横川 文彬, 林 寛之, 土屋 弘行, 臨床整形外科, 51, (7) 619 - 625,   2016年07月, 腎細胞癌,甲状腺癌の脊椎転移は放射線抵抗性のため,脊椎転移巣の長期局所コントロールを得るためには根治的切除が理想的である.乳癌の脊椎転移では,放射線療法とビスホスホネート製剤か抗RANKL抗体の併用が第一選択となる.しかし,耐え難い痛みや進行する麻痺を認める場合には手術の適応となり,その際,脊椎の転移巣が単発転移で長期予後が見込める場合には根治的手術の適応となる.肺癌(腺癌)脊椎転移では,肺の原発巣がコントロールでき,肺内転移も含めた主要臓器やリンパ節への転移がなく,脊椎転移が限局している場合は,根治的切除も考慮すべきである.(著者抄録)
  • 【側彎症手術-術式の進歩と改善点-】 後方矯正固定術 胸椎矯正固定で得られる腰椎の回旋矯正, 出村 諭, 村上 英樹, 土屋 弘行, 関節外科, 35, (7) 722 - 727,   2016年07月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術の合併症とその対策 特に気をつけたい感染について, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 土屋 弘行, 日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集, 39回,   2016年07月
  • 脊椎の再建外科, 村上 英樹, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47, (Suppl.1) 67 - 69,   2016年06月
  • 慢性腰痛患者をターゲットとした体幹筋力の測定とトレーニングを両立させた運動器具の開発, 加藤 仁志, 村上 英樹, 稲木 杏吏, 望月 孝史, 出村 諭, 中瀬 順介, 吉岡 克人, 五十嵐 峻, 高橋 直樹, 米澤 則隆, 黒川 由貴, 八幡 徹太郎, 絹谷 清剛, 土屋 弘行, 運動器リハビリテーション, 27, (2) 176 - 176,   2016年06月
  • 高齢者における腹部体幹筋力の低下は慢性腰痛や転倒しやすさと相関する, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 五十嵐 峻, 高橋 直樹, 米澤 則隆, 黒川 由貴, 八幡 徹太郎, 土屋 弘行, 運動器リハビリテーション, 27, (2) 177 - 177,   2016年06月
  • 転移性脊椎腫瘍の新しい治療戦略 特に根治的手術の適応について, 村上 英樹, 加藤 仁志, 出村 諭, 吉岡 克人, 横川 文彬, 林 寛之, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 90, (5) 408 - 416,   2016年05月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術後の髄液漏に小脳出血を合併した1例, 石井 孝佳, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 方 向, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (3) 631 - 631,   2016年05月
  • 骨粗鬆症性圧迫骨折として3年間内服加療されていた乳癌L1転移の1例, 藤井 衛之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 杉田 守礼, 近藤 章, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (3) 641 - 642,   2016年05月
  • 胸椎から発生したPVNSの1例, 米澤 則隆, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 杉田 守礼, 近藤 章, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (3) 642 - 642,   2016年05月
  • 液体窒素処理骨を前方再建に用いた腫瘍脊椎骨全摘術後の局所再発, 五十嵐 峻, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (5) 914 - 919,   2016年05月, 液体窒素処理骨を前方再建に用いた腫瘍脊椎骨全摘術80例(原発性11例、転移性69例)の局所再発を後方視的に評価した。観察期間中央値は24ヵ月(12〜62ヵ月)で、転移性脊椎腫瘍の9例に局所再発を認めたが、液体窒素処理骨からの再発は認めなかった。多変量解析では、放射線治療歴が独立した再発危険因子であった。(著者抄録)
  • 【転移性脊椎腫瘍の治療戦略】 転移性脊椎腫瘍に対する根治的手術の適応と手術成績, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 林 寛之, 土屋 弘行, 関節外科, 35, (4) 419 - 423,   2016年04月
  • 実臨床に役立つ骨粗鬆症性椎体骨折のバイオメカニクス, 村上 英樹, 出村 諭, 粟森 世里奈, 岡本 義之, 藤井 衛之, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (春季学会) 35 - 35,   2016年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術後の局所再発とその危険因子, 五十嵐 峻, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (春季学会) 188 - 188,   2016年03月
  • 脊椎腫瘍に対する術前デノスマブ投与は本当にdownstagingとして有用か?, 米澤 則隆, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, (春季学会) 189 - 189,   2016年03月
  • 脊椎骨欠損部における脂肪由来幹細胞の骨形成促進効果, 井上 啓, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 藤井 衛之, 方 向, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 90, (2) S33 - S33,   2016年03月
  • 肺癌の脊椎転移に対する腫瘍脊椎骨全摘術の成績, 高橋 直樹, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 90, (2) S93 - S93,   2016年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における局所再発の危険因子, 五十嵐 峻, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 藤井 衛之, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 90, (2) S94 - S94,   2016年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術におけるcage内移植骨の癒合評価 液体窒素処理骨の中期成績, 井上 啓, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 藤井 衛之, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 90, (2) S178 - S178,   2016年03月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する治療戦略 後方piecemeal total excision・前方en bloc corpectomyの意義, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 90, (2) S184 - S184,   2016年03月
  • ヨードコーティングインプラントによる脊椎術後感染の予防, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 楫野 良知, 太田 敬, 横川 文彬, 藤井 衛之, 白井 寿治, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 90, (2) S344 - S344,   2016年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術後の静脈血栓塞栓症の検討, 米澤 則隆, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 横川 文彬, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 高橋 直樹, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 90, (3) S591 - S591,   2016年03月
  • 小児全脊柱レントゲン撮影時の各種画像処理による画像鮮明化および低被曝化の検討, 出村 諭, 村上 英樹, 笹川 武史, 峰広 香織, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 高橋 直樹, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 90, (3) S702 - S702,   2016年03月
  • 慢性腰痛患者をターゲットとした体幹筋力の測定とトレーニングを両立させた運動器具の開発, 加藤 仁志, 村上 英樹, 稲木 杏吏, 望月 孝史, 中瀬 順介, 吉岡 克人, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 高橋 直樹, 絹谷 清剛, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 90, (3) S875 - S875,   2016年03月
  • バイオメカニクス解析の進歩と展望 有限要素法 非線形荷重増分有限要素解析による脊椎固定術のスクリューの緩み評価 ロッドの力学的特性と緩みの関連, 田原 大輔, 藤井 衛之, 辻上 哲也, 村上 英樹, 日本整形外科学会雑誌, 90, (3) S1024 - S1024,   2016年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術の局所再発危険因子の探索 80例の検討, 五十嵐 峻, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 藤井 衛之, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (3) 195 - 195,   2016年03月
  • 肺癌脊椎転移に対する根治的手術(腫瘍脊椎骨全摘術:TES)の成績, 高橋 直樹, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (3) 242 - 242,   2016年03月
  • 腰痛の責任部位診断における骨SPECT/CTの有用性 固定術を施行した症例における診断一致率の検証, 高橋 直樹, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 松原 秀憲, 吉岡 克人, 横川 文彬, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (3) 340 - 340,   2016年03月
  • 放射線照射したラット腰椎椎体における力学的強度の検証, 五十嵐 峻, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 藤井 衛之, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (3) 377 - 377,   2016年03月
  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するdynamic stabilizationを用いた脊椎固定術が椎体に及ぼす影響 有限要素モデルを用いた応力解析, 藤井 衛之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 田原 大輔, 両角 有里, 松本 悠希, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (3) 476 - 476,   2016年03月
  • 高齢者における腹部体幹筋力の低下は慢性腰痛や転倒しやすさと相関する, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 横川 文彬, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 高橋 直樹, 米澤 則隆, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (3) 545 - 545,   2016年03月
  • 胸椎OPLLに対する後側方進入前方除圧術の適応と有用性 新しい治療戦略に基づいた前向き研究の結果より, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 横川 文彬, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (3) 578 - 578,   2016年03月
  • 脊柱側彎症術後の全脊柱レントゲン撮影時の各種画像処理による画像鮮明化および低被爆化の試み, 出村 諭, 村上 英樹, 笹川 武史, 峰広 香織, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 高橋 直樹, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (3) 643 - 643,   2016年03月
  • 液体窒素処理骨を用いた椎体再建における骨形成過程の組織学的検討, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 横川 文彬, 五十嵐 峻, 藤井 衛之, 米澤 則隆, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (3) 718 - 718,   2016年03月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する治療戦略 後方piecemeal total excision・前方en bloc corpectomyの意義, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 横川 文彬, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (3) 719 - 719,   2016年03月
  • aggressive typeの血管腫に対する手術治療の検討, 藤井 衛之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (3) 771 - 771,   2016年03月
  • 同一患者に対する複数回の腫瘍脊椎骨全摘術の安全性の検討, 杉田 守礼, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 田中 栄, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (3) 772 - 772,   2016年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における肋間神経切離、肋骨切除による呼吸機能への影響, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 横川 文彬, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 高橋 直樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (3) 773 - 773,   2016年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術後における静脈血栓塞栓症の頻度およびスクリーニング検査の限界, 米澤 則隆, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 横川 文彬, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 高橋 直樹, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 7, (3) 773 - 773,   2016年03月
  • 腰椎転移性脊椎腫瘍に対する椎体半切による根治切除の2例, 近藤 章, 村上 英樹, 吉岡 克人, 林 寛之, 大塚 隆信, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (6) 1213 - 1214,   2015年11月, 椎体の片側に腫瘍が局在する症例2例に対し、椎体半切りによる根治切除を行った。2例とも腎癌の転移による溶骨性腫瘍で、症例1は57歳男性で、第5腰椎(L5)椎体の左半分に局在し、症例2は63歳男性で、第3腰椎(L3)椎体右半分から骨外に進展していた。筋力低下によるADL低下を最小限にするために、椎体を半切りにして腫瘍のない側の神経根剥離を最小限に留めた。2例とも反対側の下肢筋力は低下せず、症例1は術後3ヵ月で左大腿四頭筋筋力はMMT5レベルに回復し、杖なし歩行が可能となった。症例2は術後1ヵ月に1本杖歩行で退院し、術後1年の筋力はMMT5レベルとなった。
  • 嚥下障害を伴う前縦靱帯骨化症に対して骨化巣切除術を施行した2例, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 高沢 宏太郎, 茂住 宜弘, 土屋 弘行, 臨床整形外科, 50, (9) 911 - 915,   2015年09月, 嚥下障害を呈した前縦靱帯骨化症に対して,骨化巣切除術を施行した2症例を経験した.症例1は7年前に骨化巣切除術を受けた再発例であり,全骨化巣切除術を施行したが,完全な嚥下機能改善は得られなかった.長期間の嚥下障害により変性を来していた迷走神経咽頭枝に,術中の広範囲な展開で牽引力が加わり神経障害を来したと考えた.症例2は狭窄の原因と考えた範囲の骨化巣のみの切除術を施行し,術後速やかに嚥下機能は正常に回復した.嚥下障害を呈した前縦靱帯骨化症に対しては,再発のリスクはあるが,術後の嚥下障害残存を予防するために骨化巣限局切除術が望ましいと考えた.(著者抄録)
  • 慢性腰痛患者をターゲットとした体幹筋力の測定とトレーニングを両立させた運動器具の開発, 五十嵐 峻, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (秋季学会) 304 - 304,   2015年09月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術におけるcage内の骨癒合評価 自家骨と液体窒素処理骨の比較, 井上 啓, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (9) 1375 - 1381,   2015年09月, 腫瘍脊椎骨全摘術(以下TES)において、従来は椎体再建に腸骨からの自家骨を用いていたが、2010年5月から、患者のがん免疫活性化を期待して摘出椎体を液体窒素処理したものを用いている。従来のTESを施行した57例と新しいTESを施行した40例に対してCTを用いた骨癒合評価を行い、ほぼ同等に骨癒合が得られた。また、従来法に多く認められた採骨部痛を回避できる点においても新法に利点があった。(著者抄録)
  • 脊椎再建における脂肪由来幹細胞のcage内骨形成促進効果, 井上 啓, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 89, (8) S1497 - S1497,   2015年09月
  • チタン合金とヨード担持チタンの骨伝導能の比較, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 89, (8) S1608 - S1608,   2015年09月
  • 液体窒素処理骨を用いた椎体再建における骨形成過程の組織学的検討, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 横川 文彬, 五十嵐 峻, 藤井 衛之, 米澤 則隆, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 89, (8) S1626 - S1626,   2015年09月
  • ヨードコーティングインストゥルメントを用いた化膿性脊椎炎に対する有用性, 出村 諭, 村上 英樹, 太田 敬, 白井 寿治, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (5) 927 - 928,   2015年09月, 胸椎・腰椎の化膿性脊椎炎14例(男5例、女9例、平均年齢72歳)を対象に、ヨードコーティングインストゥルメントを用いて罹患椎体を含む脊椎固定を行った。治療開始から手術までの平均期間は10.1週、術後平均経過観察期間は20.6ヵ月であった。最終経過観察時は白血球数、CRP値ともに正常化した。1例で経過中炎症反応の再燃を認めたため後方固定による固定の延長を行い、再手術後に感染は鎮静化した。画像上、3例で椎体間ケージやスクリュー周囲のゆるみを認めたが、最終経過観察時には骨癒合が得られた。周術期合併症として、深部静脈血栓症1例、胸水貯留1例、抗生剤に関連した骨髄抑制2例を認めたが、いずれも内科的治療および抗生剤の変更により改善した。
  • 脊椎手術における静脈血栓塞栓症の頻度および危険因子の検討, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 石井 孝佳, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 土屋 弘行, 心臓, 47, (7) 920 - 923,   2015年07月, 脊椎手術全例に下肢深部静脈塞栓(DVT)および肺血栓塞栓(PTE)のスクリーニングを行い、疾患、術式別に静脈血栓塞栓症(VTE)発生頻度を調査した。対象は、以下の7群に該当する604例とした。頸椎症性脊髄症に対して椎弓形成術を施行した108例(Group 1)、頸椎変性疾患に対し、頸椎固定術を施行した59例(Group 2)、胸腰椎変性疾患に多椎間固定術を施行した93例(Group 3)、腰部脊柱管狭窄症に対し腰椎後方除圧術を施行した120例(Group 4)、腰椎変性すべり症に対し腰椎椎体間固定術を施行した79例(Group 5)、脊椎腫瘍に対し後方除圧固定術を行った55例(Group 6)、脊椎腫瘍に対し腫瘍脊椎骨全摘術を行った92例(Group 7)。変性疾患であるGroup 1から5は手術部位と手術方法を統一した。Group 6、7は、特殊な病態である脊椎腫瘍を対象としており、手術部位は上位胸椎から腰椎までとした。その結果、VTEの発生頻度はDVTは9.3%(56/604例)、PTEは1.8%(11/604例)認めた。DVTの内訳は遠位型が48例、近位型が8例であり、いずれも無症候性DVTであった。呼吸苦などの症状を有したPTE症例は2例で、未分化ヘパリン、ワルファリンにて改善した。PTEはDVTを併発していないPTE単独発生が8例(72.2%)を占めた。VTEの発生頻度は、Group 1から7までそれぞれ2.8%、3.4%、10.8%、12.5%、10.1%、15.1%、19.6%であった。また、危険因子として、女性、高齢、頸椎以外に有意差を認めた。
  • 後腹膜傍神経節腫の脊椎・頭蓋骨転移に対し根治的切除と凍結処理腫瘍骨を用いた再建を行った1例, 北川 亮, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 方 向, 土屋 弘行, 中田 光俊, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (3) 626 - 627,   2015年05月
  • 転移性脊椎腫瘍の外科的治療, 村上 英樹, 加藤 仁志, 出村 諭, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 日本泌尿器科学会総会, 103回,   2015年04月
  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対しdynamic stabilizationを併用した固定における力学的検討, 藤井 衛之, 村上 英樹, 岡本 義之, 田原 大輔, 森田 和樹, 吉岡 慎太郎, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 五十嵐 峻, 日本整形外科学会雑誌, 89, (2) S231 - S231,   2015年03月
  • 高度占拠率OPLLに対する治療戦略 高度占拠率胸椎OPLLに対する後方進入前方除圧, 村上 英樹, 加藤 仁志, 出村 諭, 吉岡 克人, 林 寛之, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 五十嵐 峻, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 89, (2) S361 - S361,   2015年03月
  • 転移性脊椎腫瘍の治療(保存的治療vs手術療法) 転移性脊椎腫瘍の治療選択 積極的に手術を行う立場から, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (春季学会) 40 - 40,   2015年03月
  • 高齢者のロコモ対策 慢性腰痛を有するロコモ患者のための体幹筋力の測定とトレーニングを両立した運動器具の開発, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (春季学会) 46 - 46,   2015年03月
  • 脊椎感染症 ヨードコーティングインストゥルメントを用いた化膿性脊椎炎に対する治療成績, 出村 諭, 村上 英樹, 白井 寿治, 吉岡 克人, 太田 敬, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (春季学会) 51 - 51,   2015年03月
  • 放射線照射が硬膜とその周囲組織に与える影響, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (春季学会) 177 - 177,   2015年03月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術後の全生存率及び無増悪生存期間を予測する予後因子の検討, 林 寛之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (春季学会) 209 - 209,   2015年03月
  • 腰椎転移性脊椎腫瘍に対する椎体半切による根治切除の2例, 近藤 章, 村上 英樹, 吉岡 克人, 林 寛之, 大塚 隆信, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, (春季学会) 210 - 210,   2015年03月
  • ヨードコーティング脊椎インストゥルメントによる手術部位感染(SSI)の検討 易感染宿主164例に対する使用経験, 石井 孝佳, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 282 - 282,   2015年03月
  • 化膿性脊椎炎に対する感染病巣内へのヨードコーティングinstrumentの使用経験, 藤井 衛之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 杉田 守礼, 近藤 章, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 白井 寿治, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 286 - 286,   2015年03月
  • 胸椎を主カーブとした特発性側彎症に対する矯正操作の違いによる胸椎・腰椎回旋角の比較, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 杉田 守礼, 近藤 章, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 384 - 384,   2015年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における術後髄液漏の危険因子とその対策, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 414 - 414,   2015年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術(TES)における出血対策とその効果, 石井 孝佳, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 510 - 510,   2015年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における術後感染の危険因子と対策, 林 寛之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 白井 寿治, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 511 - 511,   2015年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術におけるcage内の臨床的骨癒合評価 自家骨と液体窒素処理骨の比較, 井上 啓, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 藤井 衛之, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 515 - 515,   2015年03月
  • 放射線照射が硬膜とその周囲組織に与える影響, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 515 - 515,   2015年03月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する後方piecemeal total excision・前方en bloc corpectomyの治療成績, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 杉田 守礼, 近藤 章, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 518 - 518,   2015年03月
  • 甲状腺癌の脊椎転移に対する手術の長期成績と治療戦略, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 杉田 守礼, 近藤 章, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 川原 範夫, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 519 - 519,   2015年03月
  • 脊椎骨巨細胞腫の治療成績, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 岡本 義之, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 川原 範夫, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 519 - 519,   2015年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における神経根切離の影響, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 横川 文彬, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 524 - 524,   2015年03月
  • 姑息的手術後に行った腫瘍脊椎骨全摘術の検討, 米澤 則隆, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 杉田 守礼, 近藤 章, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 525 - 525,   2015年03月
  • 下位腰椎に対する腫瘍脊椎骨全摘術における神経根剥離の下肢運動機能への影響, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 526 - 526,   2015年03月
  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対しdynamic stabilizationを併用した固定における3次元有限要素解析, 藤井 衛之, 村上 英樹, 出村 諭, 岡本 義之, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 杉田 守礼, 近藤 章, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, 田原 大輔, 吉岡 慎太郎, 森田 和樹, Journal of Spine Research, 6, (3) 532 - 532,   2015年03月
  • 脊椎巨大骨欠損部における脂肪由来幹細胞の骨形成促進効果, 井上 啓, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 藤井 衛之, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 533 - 533,   2015年03月
  • 液体窒素処理骨を用いた椎体再建における骨形成過程の組織学的検討, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 横川 文彬, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 596 - 596,   2015年03月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術後の全生存率及び無増悪生存期間を予測する予後因子の検討, 林 寛之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 609 - 609,   2015年03月
  • 液体窒素処理骨を前方再建に用いた腫瘍脊椎骨全摘術後の局所再発について, 五十嵐 峻, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 杉田 守礼, 近藤 章, 藤井 衛之, 米澤 則隆, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 639 - 639,   2015年03月
  • 放射線照射後の腫瘍脊椎骨全摘術におけるピットフォール, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 6, (3) 643 - 643,   2015年03月
  • 液体窒素処理骨を前方再建に用いた腫瘍脊椎骨全摘術後の局所再発についての検討, 五十嵐 峻, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 石井 孝佳, 藤井 衛之, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 89, (3) S532 - S532,   2015年03月
  • ヨードコーティング脊椎インストゥルメントによる手術部位感染の予防 易感染宿主164例に対する使用経験, 石井 孝佳, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 89, (3) S533 - S533,   2015年03月
  • 甲状腺癌の脊椎転移に対する手術成績と治療戦略, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 横川 文彬, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 川原 範夫, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 89, (3) S533 - S533,   2015年03月
  • 健常者と腰椎変性すべり症での腰椎骨盤リズムの比較 動画対応FPD装置を用いた動態解析, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 横川 文彬, 石井 孝佳, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 89, (3) S625 - S625,   2015年03月
  • 転移性脊椎腫瘍の新しい治療戦略, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 藤巻 芳寧, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 杉田 守礼, 近藤 章, 藤井 衛之, 五十嵐 峻, 米澤 則隆, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 89, (3) S852 - S852,   2015年03月
  • 10代男児に発生した腰椎脊索腫の1例, 池野 宏, 吉田 耕太郎, 森永 郷子, 油野 裕之, 植田 文明, 蒲田 敏文, 松井 修, 加藤 仁志, 村上 英樹, 池田 博子, 原田 憲一, Japanese Journal of Radiology, 33, (Suppl.) 56 - 56,   2015年02月
  • 【脊椎椎体骨折のトータルマネジメント】 脊椎椎体骨折と脊柱後彎変形のバイオメカニクス, 坂本 二郎, 田原 大輔, 村上 英樹, 川原 範夫, 冨田 勝郎, Journal of Clinical Rehabilitation, 23, (12) 1148 - 1154,   2014年12月
  • 【骨粗鬆症性椎体骨折治療のコツとpitfall】 骨粗鬆症性椎体骨折の診断・治療に役立つバイオメカニクスと臨床応用, 村上 英樹, 田原 大輔, 粟森 世里奈, 岡本 義之, 藤井 衛之, 土屋 弘行, 整形外科最小侵襲手術ジャーナル, (73) 9 - 17,   2014年12月, 1)骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折の発生メカニズムを解析した結果、椎体に圧縮荷重を加えると、椎体前方から側方に破断が拡がり、実際の臨床における圧迫骨折が楔状骨折となることが多い理由が裏付けられた。また、骨密度が低い場合には高い応力が椎体後壁にも及ぶことから、日常臨床において、骨粗鬆症患者の圧迫骨折では神経症状の出現に留意しなければならない。2)既存椎体骨折が隣接椎体に及ぼす力学的影響を解析した結果、圧迫骨折による20°の後彎変形で、上位の隣接椎体には約3倍もの応力が集中していた。やはり後彎変形は新規椎体骨折の大きな危険因子である。また、骨折椎体の上位隣接椎に加えて中位胸椎も新規椎体骨折の好発部位となることが分かった。3)骨粗鬆症治療薬投与による椎体の骨強度の変化を解析した結果、ビスホスホネートの内服は、椎体内部の骨密度分布を徐々に改善し、脊椎の荷重支持構造を強固にすることで、骨強度を上げることが分かった。4)我々が骨粗鬆症性椎体骨折の手術に応用しているdynamic stabilizationでは、有限要素解析の結果、椎弓根スクリュー周囲と隣接椎体の応力が減少することが分かった。Dynamicな脊椎固定により、スクリューの緩みや隣接椎体骨折を減らすことが期待できる。(著者抄録)
  • 内視鏡下に切除した腰椎類骨骨腫の1例, 吉岡 克人, 村上 英樹, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (6) 1371 - 1372,   2014年11月, 20歳男。初診時、右腰痛と右鼠径部痛が強く、神経学的異常所見は認めなかった。CTで第3腰椎の右椎弓根尾側皮質骨内に5mm大の卵円形骨透亮像と中心部の石灰化を認め、nidusと考えられた。MRIでは右椎弓根尾側全体および椎間孔内にかけてT2強調像で高信号を呈し、腫瘍周囲に波及した炎症を反映していると考えられた。神経症状をきたした第3腰椎右椎弓根部発生の類骨骨腫と診断し、内視鏡下腫瘍切除術を施行した。病理組織学的所見で悪性所見はなく、類骨と骨芽細胞の増殖を認め、類骨骨腫と確定診断した。術当日から疼痛は劇的に改善し、術翌日にほぼ消失した。術後CTでは正常椎弓根や椎間関節がほぼ温存できており、腫瘍部のみが確実に切除されていた。
  • 後腹膜傍神経節腫の脊椎・頭蓋骨転移に対し根治的切除と凍結処理腫瘍骨を用いた再建を行った1例, 北川 亮, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (5) 1025 - 1026,   2014年09月, 61歳女性。12年前に後腹膜paragangliomaの摘出術を施行され、以後、再発や転移は認めなかったが、3年前から背部痛を自覚し他院を受診、第6胸椎腫瘍を指摘され、著者らの施設へ紹介となった。受診時、CTでは第6胸椎に椎弓から椎弓根にかけて骨破壊像がみられ、MRIではT1強調像で低信号、T2強調像で高信号を呈し、造影効果を有する腫瘍が後方から脊柱管内に大きく伸展し脊髄を圧迫していた。また、PET-CTでも左側骨頭に骨転移が確認されたが、その他の臓器転移は認められなかった。以上、これらの所見から本症例は後腹膜paragangliomaの第6胸椎および頭蓋骨転移と診断された。そこで、治療はまず第6胸椎転移に対して腫瘍脊椎骨全摘術を施行、一塊に摘出した腫瘍椎骨を液体窒素で20分間凍結処理後に粉砕して椎体ケージに保存し脊柱再建に使用した。更に頭蓋骨転移巣に対しても一塊に切除した腫瘍骨を同様に冷凍処理して、そのまま切除後の頭蓋骨欠損部に還納し頭蓋骨再建に利用した。その結果、病理所見ではparagangliomaに特徴的な免疫染色が胸椎・頭蓋骨それぞれの組織で陽性であり、paragangliomaの転移として矛盾しない所見であった。尚、背部痛は術直後から消失、目下、術後2年経過でCT上、凍結処理骨と健常骨間で骨癒合が確認され、局所再発も認められていない。
  • Advanced Surgical Skills 手術のコツとピットフォール 脊椎 腫瘍脊椎骨全摘術, 村上 英樹, 横川 文彬, 土屋 弘行, 整形外科Surgical Technique, 4, (4) 458 - 466,   2014年08月
  • 脂肪幹細胞シートの骨分化能の検討 アスコルビン酸単独使用群とデキサメタゾン併用群との比較, 方 向, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (8) S1366 - S1366,   2014年08月
  • イヌの椎体に刺入したヨード担持チタン製screwの骨伝導能, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (8) S1412 - S1412,   2014年08月
  • 液体窒素処理骨を用いた椎体再建における骨形成過程の組織学的検討, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (8) S1514 - S1514,   2014年08月
  • 放射線照射が硬膜に与える影響, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 方 向, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (8) S1705 - S1705,   2014年08月
  • 転移性脊椎腫瘍患者の術前IL-12と予後との関連, 林 寛之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 方 向, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (8) S1720 - S1720,   2014年08月
  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するsemi-rigid rodを用いた固定の応力解析 CTベース有限要素解析による評価, 藤井 衛之, 村上 英樹, 岡本 義之, 田原 大輔, 野呂 健太, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (8) S1742 - S1742,   2014年08月
  • 食道癌肉腫術後リンパ節骨転移再発に対し救済骨転移巣切除を試みた1例, 奥野 達哉, 池田 篤紀, 藤島 佳未, 山田 恭孝, 今西 達也, 中村 哲, 西田 健太郎, 村上 英樹, 掛地 吉弘, 東 健, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 68回,   2014年07月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における術後感染の危険因子, 林 寛之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 方 向, 白井 寿治, 土屋 弘行, 日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集, 37回,   2014年06月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術後の髄液漏に小脳出血を合併した1例, 石井 孝佳, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 五十嵐 峻, 方 向, 土屋 弘行, 臨床整形外科, 49, (5) 479 - 483,   2014年05月, 腫瘍脊椎骨全摘術後の髄液漏に続発して小脳出血を来した1例を経験した.症例は73歳の男性で膀胱癌の第6-8胸椎転移に対し,放射線療法が奏効しなかったため手術を行った.術中に硬膜と壁側胸膜を損傷した.術後,ドレーンから漿液性の排液が持続し髄液漏が疑われた.また,胸部X線像では右胸水の貯留に伴う無気肺を認めた.術後3日目から意識障害を認め,頭部CTで小脳出血を認めた.髄液漏により低髄液圧が持続し,小脳出血に至ったと推察した.髄液漏に伴う小脳出血は重篤な合併症の1つであり注意が必要である.(著者抄録)
  • 整形外科最前線 あなたならどうする?, 出村 諭, 村上 英樹, 土屋 弘行, 臨床整形外科, 49, (3) 277 - 281,   2014年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における複数の分節動脈切離後の術中脊髄モニタリングの変化, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 石井 孝佳, 方 向, 大江 宏康, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (2) S82 - S82,   2014年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術において両側第2腰髄神経を切離した症例の下肢運動機能, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 方 向, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (2) S168 - S168,   2014年03月
  • 胸椎OPLLに対する後方進入前方除圧術の新しい工夫 後方要素の全切除と神経根切離, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 林 寛之, 新村 和也, 横川 彬, 石井 孝佳, 方 向, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (3) S587 - S587,   2014年03月
  • 思春期特発性側彎症(Lenke type 1、2)に対する胸椎矯正固定術後の非固定腰椎回旋角の変化, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 石井 孝佳, 方 向, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (3) S713 - S713,   2014年03月
  • 術前IL-12値は脊椎悪性腫瘍患者の予後因子となりうる, 林 寛之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 方 向, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (3) S727 - S727,   2014年03月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する自家がん移植を併用した除圧固定術, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 石井 孝佳, 方 向, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (3) S728 - S728,   2014年03月
  • 腎癌の脊椎転移に対する根治的手術は生命予後を延長させるか, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 林 寛之, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (3) S729 - S729,   2014年03月
  • 上位胸椎の腫瘍脊椎骨全摘術におけるT2神経根切離後の上肢運動機能の検討, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 太田 敬, 新村 和也, 石井 孝佳, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (3) S756 - S756,   2014年03月
  • 転移性脊椎腫瘍への最新の知見 新しい腫瘍脊椎骨全摘術における癌免疫増強効果, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 方 向, 西田 英司, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (3) S931 - S931,   2014年03月
  • 多椎体の腫瘍脊椎骨全摘術(TES)における脊柱再建の検討, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 林 寛之, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (3) S969 - S969,   2014年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術術後感染における危険因子の検討, 林 寛之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 方 向, 白井 寿治, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (3) S970 - S970,   2014年03月
  • 3椎体以上の腫瘍脊椎骨全摘術(TES)の治療成績, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 林 寛之, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (3) S982 - S982,   2014年03月
  • 現在の腫瘍脊椎骨全摘術(TES)の低侵襲性, 石井 孝佳, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 88, (3) S982 - S982,   2014年03月
  • 胸椎OPLLに対する後方進入前方除圧術の脊髄除圧効果 浮上骨化巣の経時的な沈み込み, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 林 寛之, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (春季学会) 90 - 90,   2014年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における周術期合併症の検討 術前放射線照射の危険性, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (春季学会) 91 - 91,   2014年03月
  • 後腹膜傍神経節腫の脊椎・頭蓋骨転移に対し根治的切除と凍結処理腫瘍骨を用いた再建を行った1例, 北川 亮, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (春季学会) 171 - 171,   2014年03月
  • アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頸髄症に対する椎弓根スクリューを用いた多椎間後方除圧固定の中期成績, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 川原 範夫, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (春季学会) 240 - 240,   2014年03月
  • 内視鏡下に切除した腰椎類骨骨腫の1例, 吉岡 克人, 松田 英三, 有賀 公則, 村上 英樹, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (春季学会) 286 - 286,   2014年03月
  • 腎癌の脊椎転移に対する根治的手術は生命予後を延長させるか, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 方 向, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 215 - 215,   2014年03月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する自家がん移植を併用した除圧固定術, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 216 - 216,   2014年03月
  • 胸椎OPLLに対する新たな治療戦略 新しい後方進入前方除圧術の有用性と位置づけ, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 224 - 224,   2014年03月
  • 多椎間脊椎固定術におけるベンディング操作が脊椎ロッドに及ぼす力学的影響について, 石井 孝佳, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 五十嵐 峻, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 232 - 232,   2014年03月
  • 胸椎を主カーブとした思春期特発性側彎症(Lenke type 1、2)に対する選択的固定術後の腰椎カーブおよび回旋角の検討, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 石井 孝佳, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 249 - 249,   2014年03月
  • 胸椎OPLLに対する後方進入前方除圧術の脊髄除圧効果 浮上骨化巣の経時的な沈み込み, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 271 - 271,   2014年03月
  • ヨードコーティングインストゥルメントを用いた内固定による化膿性脊椎炎の治療期間への影響, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 316 - 316,   2014年03月
  • 歩行容態を表すCG(computer graphics)動画を用いた患者自身による間欠跛行の自己診断, 鳥畠 康充, 岡本 春平, 安藤 智之, 米澤 則隆, 矢鋪 憲功, 木山 優, 林 寛之, 村上 英樹, 米山 猛, 渡辺 哲陽, Journal of Spine Research, 5, (3) 381 - 381,   2014年03月
  • 第2腰神経切離症例における下肢運動機能, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 415 - 415,   2014年03月
  • 多椎体の腫瘍脊椎骨全摘術(TES)における脊柱再建の検討, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 林 寛之, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 方 向, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 483 - 483,   2014年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術におけるcage内の骨癒合評価 自家骨と液体窒素処理骨の比較, 井上 啓, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 485 - 485,   2014年03月
  • 術前IL-12値は脊椎悪性腫瘍患者の予後因子となり得る, 林 寛之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 横川 文彬, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 486 - 486,   2014年03月
  • 脊椎巨大骨欠損部における脂肪由来幹細胞の骨癒合促進効果, 井上 啓, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 486 - 486,   2014年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術の周術期合併症の検討 術前放射線照射の危険性, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 石井 孝佳, 五十嵐 峻, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 488 - 488,   2014年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術(TES)の侵襲とラーニングカーブ, 石井 孝佳, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 五十嵐 峻, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 664 - 664,   2014年03月
  • 下位腰椎高位の脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術 後方・前方アプローチ, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 川口 真史, 松本 忠美, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 666 - 666,   2014年03月
  • 脊髄全周除圧および複数の分節動脈切離後の術中脊髄モニタリングの変化 Adamkiewicz動脈高位を含む腫瘍脊椎骨全摘術での検討, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 横川 文彬, 石井 孝佳, 方 向, 大江 宏康, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 668 - 668,   2014年03月
  • 生体力学からみた骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 粟森 世里奈, 岡本 義之, 藤井 衛之, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (3) 671 - 671,   2014年03月
  • 食道癌(carcinosarcoma)術後リンパ節骨転移再発に対し腫瘍脊椎骨全摘術を試みた1例, 奥野 達哉, 池田 篤紀, 藤島 佳未, 山田 恭孝, 今西 達也, 中村 哲, 西田 康太郎, 村上 英樹, 掛地 吉弘, 東 健, 日本消化器病学会雑誌, 111, (臨増総会) A381 - A381,   2014年03月
  • 嚥下障害を呈した頸椎前縦靱帯骨化症の2手術例, 清水 脩介, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 方 向, 八幡 徹太郎, 土屋 弘行, 高沢 宏太郎, 茂住 宜弘, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, (2) 455 - 455,   2014年03月
  • 整形外科最前線 あなたならどうする?, 村上 英樹, 加藤 仁志, 土屋 弘行, 臨床整形外科, 49, (2) 141 - 144,   2014年02月
  • 胸椎OPLLに対する後方進入前方除圧術の新しい工夫 後方要素の全切除と神経根切離, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 林 寛之, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 5, (1) 7 - 12,   2014年01月, 筆者らが考案した胸椎OPLLに対する新しい後方アプローチによる脊髄前方除圧術を紹介する。本術式では、前方除圧を行うレベルの後方要素(椎弓、横突起、椎弓根)を全切除する。さらに、神経根を結紮・切離し近位端を持ち上げて前方除圧を行う。それにより、後方からでも十分にOPLLと硬膜前外側が直視でき、硬膜管側方の広いworking spaceにより安全に前方除圧が可能である。本術式は、手術成績が不良とされているbeak-type OPLLに対して良い適応がある。(著者抄録)
  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方固定術の応力解析 ロッドの力学的特性とスクリューの緩みとの関連, 田原 大輔, 野呂 健太, 辻上 哲也, 岡本 義之, 村上 英樹, 臨床バイオメカニクス, 34,   2013年11月, 骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方固定術において、ロッドの力学的特性とスクリューの緩みとの関連について検討した。骨粗鬆症の57歳女性の第10胸椎から第2腰椎までのX線CT撮影を行った。複雑な構造と舞均質な材料特性を有する複数椎体とロッド・スクリューの一体型モデルに対し、改良によるロッドの構造変化に伴う椎体の力学的挙動およびスクリューの緩み・脱転との関連の傾向を評価した。柔軟な固定であるモデルは、スクリュー周囲の海綿骨領域と椎弓部における応力の発生が相対的に小さく、緩みの発生を抑制することが示唆された。見かけの剛性が低いモデルは、スクリューの挿入された椎体に隣接する椎体内への負荷も低減する可能性が示された。ダンパ相当部の見かけの剛性の小さいモデルは、ダンパ部内でのロッドの水平方向への微小な変位の許容により、スクリューが挿入された椎体および、隣接椎体内の応力の発生を低減させることが示された。
  • 腫瘍脊椎骨全摘術後10年以上の長期成績, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (10) 1446 - 1451,   2013年10月, 脊椎腫瘍に対して腫瘍脊椎骨全摘術(TES)を施行した後、10年以上生存し経過観察が可能であった29例(原発性19例、転移性10例)の術後成績を評価した。原発性腫瘍の61%、腎癌転移の33%、甲状腺癌転移の25%が含まれていた。腫瘍の再発と脊椎再建部の隣接側彎変形により再手術が1例ずつ行われていたが、instrumentation failureによる再手術はなかった。ほとんどの症例においてADLやQOLは良好に維持され、手術満足度も非常に高かった。(著者抄録)
  • 3椎体以上の腫瘍脊椎骨全摘術(TES)の治療成績, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (10) 1452 - 1456,   2013年10月, 3椎体以上のTESを施行した15例について、spinal shortening、cage subsidence、pedicle screw loosening、cage内の移植骨と椎体との骨癒合について検討した。広範囲な軟部組織剥離、long cageの使用といった骨癒合に不利な条件にも関わらず、instrumentの入れ替えを必要とする有症状例、不安定性をきたした症例はなく、安定した臨床成績が得られた。(著者抄録)
  • ヨードコーティングinstrumentを用いた腰椎後方椎体間固定術 cage周囲に旺盛な骨形成を認めた4例, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 白井 寿治, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (10) 1537 - 1540,   2013年10月, 当教室の土屋らが開発したチタン表面ヨード担持技術を用いて、脊椎領域においてもヨードコーティング脊椎instrumentを積極的に使用している。ヨードコーティングcageを用いたPLIF施行後、cage周囲に旺盛な骨形成を認めた4症例の経験から、ヨードコーティングinstrumentは感染に対する高い予防効果に加え、instrument周囲の骨癒合促進作用も有する可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 軽度不安定腰椎に対しmobile stabilizationを施行した4例, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (10) 1551 - 1554,   2013年10月, 軽度の不安定性のある腰椎変性疾患2例と広範な椎弓切除が必要となる腰椎変性疾患2例に対して、Isobar TTL semi-rigid rod(Isobar)を用いて制動術を施行した。適度な制動効果が得られ、術後経過は良好である。固定か非固定が悩ましい軽度不安定性腰椎に対して、Isobarによる制動術は選択肢のひとつとなり得る。(著者抄録)
  • 癌免疫増強効果が期待できる新しい腫瘍脊椎骨全摘術, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 石井 孝佳, 方 向, 西田 英司, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (9) 1346 - 1350,   2013年09月, われわれは脊椎悪性腫瘍患者の生存率の向上を目指して、これまで局所根治のみを目的としていた腫瘍脊椎骨全摘術に腫瘍凍結免疫を応用し、術後の癌免疫増強が同時に期待できる新しい手術を開発した。60例に施行した結果、術後にIL-12値の有意な上昇が確認された。また3例で、なんら他の治療をしていないにもかかわらず転移素の縮小や腫瘍マーカーの減少を認めた。この新しい手術は脊椎悪性腫瘍患者のさらなる生存率の向上が期待できる。(著者抄録)
  • 食道(carcinosarcoma)術後リンパ節骨転移再発に対し救済骨転移巣切除を試みた1例, 奥野 達哉, 池田 篤紀, 藤島 佳未, 山田 恭孝, 今西 達也, 中村 哲, 西田 康太郎, 村上 英樹, 掛地 吉弘, 東 健, 日本癌治療学会誌, 48, (3) 2251 - 2251,   2013年09月
  • 巨大骨欠損部における自家骨移植後の骨組織形態学的変化 イヌ脊椎全摘モデルを用いて, 井上 啓, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 87, (8) S1348 - S1348,   2013年08月
  • 脊椎巨大骨欠損部に埋入した脂肪由来幹細胞が及ぼす移植骨の骨組織形態学的な変化 イヌ脊椎全摘モデルを用いて, 井上 啓, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 87, (8) S1348 - S1348,   2013年08月
  • 脂肪由来幹細胞シートの骨分化, 方 向, 村上 英樹, 出村 諭, 林 克洋, 松原 秀憲, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 87, (8) S1455 - S1455,   2013年08月
  • 知ってますか?整形外科手術の変遷 腫瘍脊椎骨全摘術(TES), 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 土屋 弘行, 臨床整形外科, 48, (7) 715 - 719,   2013年07月
  • ICG静注蛍光血管造影を用いた脊髄硬膜動静脈瘻手術の小経験, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 太田 敬, 新村 和也, 石井 孝佳, 方 向, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, (4) 1049 - 1050,   2013年07月
  • Subcutaneous sacrococcygeal ependymomaの脊椎転移に対し多数回の手術を行った1例, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 藤巻 芳寧, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 臨床整形外科, 48, (5) 529 - 534,   2013年05月, Subcutaneous sacrococcygeal ependymomaの脊椎転移を来した非常に稀な1症例を経験した.43歳時に仙骨部のmyxopapillary ependymomaを切除し,50歳時にT9への転移に対し手術したものの再発した.しかしながら15年にわたり,重度の麻痺を来す前に手術を繰り返したことで,日常生活の自立を維持できている.緩徐発育性である本症例のような腫瘍では,脊椎転移の再発例であっても,脊髄機能の温存と脊柱安定性の獲得をあきらめず治療していくことが必要である.(著者抄録)
  • 【頸椎症性脊髄症の最新の知見】 椎弓形成術と術後上肢麻痺 病態の把握と予防・治療について, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, 関節外科, 32, (5) 497 - 502,   2013年05月
  • 【脊椎脊髄の解剖と疾患】 (第1章)画像および術中解剖アトラス 腰椎・腰髄 手術 前方から, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 脊椎脊髄ジャーナル, 26, (4) 329 - 332,   2013年04月
  • 脊椎手術手技の実際 新しい腫瘍脊椎骨全摘術(TES)の実際, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 87, (2) S131 - S131,   2013年03月
  • 原発性脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術(TES)の患者立脚型アウトカム, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 87, (2) S364 - S364,   2013年03月
  • 脊椎感染症に対し病巣掻爬と同時に施行したヨードコーティングinstrumentによる脊柱再建術の治療成績, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 白井 寿治, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 87, (2) S375 - S375,   2013年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術(TES)におけるヨードインストゥルメントの術後感染予防効果, 林 寛之, 村上 英樹, 出村 諭, 白井 寿治, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 87, (2) S376 - S376,   2013年03月
  • ヨードコーティング脊椎instrumentの有用性 100例以上の経験から, 村上 英樹, 白井 寿治, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 87, (2) S377 - S377,   2013年03月
  • 脊椎手術における静脈血栓塞栓症の頻度および危険因子の検討, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 太田 敬, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, (春季学会) 116 - 116,   2013年03月
  • ヨードコーティングinstrumentによる脊椎手術部位感染の予防, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 白井 寿治, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, (春季学会) 122 - 122,   2013年03月
  • ヨードコーティングインストゥルメントによる腫瘍脊椎骨全摘術後の深部感染予防効果, 林 寛之, 村上 英樹, 出村 諭, 白井 寿治, 加藤 仁志, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, (春季学会) 122 - 122,   2013年03月
  • 多数回手術によりADLを維持できたSubcutaneous sacrococcygeal ependymoma脊椎転移の1例, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, (春季学会) 140 - 140,   2013年03月
  • 胸椎OPLLに対する手術の新しい工夫 posterior transpedicular approachと神経根切離, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 林 寛之, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, (春季学会) 202 - 202,   2013年03月
  • 椎弓根スクリューを用いて多椎間後方除圧固定を行った、アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頸髄症の5年以上の経過, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 川原 範夫, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 238 - 238,   2013年03月
  • 新しい腫瘍脊椎骨全摘術における液体窒素処理骨による椎体再建, 井上 啓, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 277 - 277,   2013年03月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する凍結処理自家がん移植を併用した除圧固定術の免疫増強効果, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 278 - 278,   2013年03月
  • 癌免疫増強効果が期待できる新しい腫瘍脊椎骨全摘術, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 西田 英司, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 278 - 278,   2013年03月
  • ヨードコーティングinstrumentによる深部感染予防, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 白井 寿治, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 304 - 304,   2013年03月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する後方除圧固定術における術前血管塞栓術の効果, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 392 - 392,   2013年03月
  • 3椎体以上の腫瘍脊椎骨全摘術(TES)の治療成績, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 393 - 393,   2013年03月
  • 原発性脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術の患者立脚型アウトカム, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 487 - 487,   2013年03月
  • 頸胸椎移行部のTESにおけるT2神経根切離後の上肢運動機能の検討, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 487 - 487,   2013年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術(TES)における術後髄液漏の検討, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 488 - 488,   2013年03月
  • ヨードインストゥルメントによる腫瘍脊椎骨全摘術後の深部感染予防, 林 寛之, 村上 英樹, 出村 諭, 白井 寿治, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 502 - 502,   2013年03月
  • 仙骨前面の神経鞘腫に対する後方摘出術(recapping T-saw sacroplasty), 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 横川 文彬, 方 向, 川原 範夫, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 624 - 624,   2013年03月
  • 胸髄腫瘍に対するT-sawを用いた還納式椎弓形成術の中期成績, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 横川 文彬, 方 向, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 627 - 627,   2013年03月
  • 胸椎後縦靱帯骨化症に対する手術の新しい工夫 transpedicular approachと神経根切離, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 677 - 677,   2013年03月
  • 脊椎感染症に対し病巣掻爬と同時に施行したヨードコーティングinstrumentによる脊柱再建術の治療成績, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 白井 寿治, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 734 - 734,   2013年03月
  • ヨードコーティングinstrumentは骨形成に有利に働く cage周囲に旺盛な骨形成を認めた経験から, 横川 文彬, 村上 英樹, 白井 寿治, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 4, (3) 763 - 763,   2013年03月
  • 工学系動作解析法を用いた圧迫性脊髄症(痙性型)の歩行特性, 鳥畠 康充, 岡本 春平, 安藤 智成, 中西 宏之, 林 寛之, 横川 文彬, 村上 英樹, Journal of Spine Research, 4, (3) 783 - 783,   2013年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術(TES)における術後髄液漏の検討, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 方 向, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 87, (3) S790 - S790,   2013年03月
  • 新しい腫瘍脊椎骨全摘術における液体窒素処理骨のcage内骨癒合評価, 井上 啓, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 87, (3) S997 - S997,   2013年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術後10年以上生存した症例の臨床成績, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 87, (3) S998 - S998,   2013年03月
  • 新しい腫瘍脊椎骨全摘術における癌免疫増強効果, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 西田 英司, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 87, (3) S998 - S998,   2013年03月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する自家がん移植を併用した除圧固定術, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 87, (3) S999 - S999,   2013年03月
  • 石灰化を伴う巨大胸椎椎間板ヘルニアの1例, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, (2) 517 - 517,   2013年03月
  • がん免疫増強効果が期待できる脊椎がん根治手術 局所根治から生存率向上へ, 村上 英樹, 土屋 弘行, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 日本がん看護学会誌, 27, (Suppl.) 128 - 128,   2013年01月
  • 胸椎後縦靱帯骨化症に対する新しい後方進入前方除圧術, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 林 寛之, 土屋 弘行, 整形・災害外科, 55, (12) 1581 - 1587,   2012年11月
  • 骨転移患者のBone Managementに関する症例ディスカッション 乳癌, 村上 英樹, 診療と新薬, 49, (11) 1404 - 1405,   2012年11月
  • 【化膿性脊椎炎-治療期間短縮の戦略】 化膿性脊椎炎に対するヨードコーティングinstrumentation, 村上 英樹, 白井 寿治, 出村 諭, 加藤 仁志, 太田 敬, 土屋 弘行, 脊椎脊髄ジャーナル, 25, (10) 953 - 959,   2012年10月
  • 脊椎脊髄手術の医療安全 腫瘍脊椎骨全摘術の周術期管理のポイント, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 林 寛之, 白井 寿治, 土屋 弘行, 臨床整形外科, 47, (9) 865 - 868,   2012年09月, われわれは脊椎悪性腫瘍,特に転移性脊椎腫瘍患者の生存率の向上を目指して,これまで局所根治のみを目的としていた腫瘍脊椎骨全摘術(TES)に腫瘍凍結免疫を応用し,術後のがん免疫増強が同時に期待できる新しい手術を開発し施行している.この手術は以前に比べて侵襲が小さくなってきてはいるものの,この手術を安全に行うためには周術期管理に精通していなければならない.そこで周術期管理のコツを出血対策,髄液漏・胸水貯留対策,感染対策,術後肋間神経痛対策の4つに分けて述べる.(著者抄録)
  • 腫瘍椎骨全摘術の開発とその進歩, 川原 範夫, 松本 忠美, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (秋季学会) 26 - 26,   2012年09月
  • 脊柱靱帯骨化症の病態と手術 胸椎OPLL・OLFに対する脊髄全周除圧術 5年以上の治療成績, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (秋季学会) 32 - 32,   2012年09月
  • 脊柱側彎症に対して椎弓根スクリューを用いた矯正術後のCTによる評価, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (5) 1223 - 1223,   2012年09月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する凍結自家がん移植を併用した除圧固定術, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (5) 1211 - 1212,   2012年09月, 進行する下肢麻痺を来たした転移性脊椎腫瘍に対し、凍結自家がん移植を併用した後方除圧固定術を施行した9例を対象として、術前と術後1ヵ月にIFN-γ、IL-12、Th1/Th2比の変化を調査した。その結果、IFN-γは術前平均24.4±8.22IU/mlで、術後1ヵ月の上昇率は463.1±220.9%であった。IL-12は術前平均21.6±9.61pg/mlで、術後1ヵ月の上昇率は696.8±421.6%であった。Th1/Th2比は術前平均17.3で、術後1ヵ月の上昇率は143.6±42.7%であった。以上、IFN-γ、IL-12、Th1/Th2比ともに術後に上昇し、がん免疫の増強を確認することが出来た。
  • 【転移性脊椎腫瘍に対する最新治療戦略】 転移性脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術の位置づけ, 村上 英樹, 加藤 仁志, 出村 諭, 土屋 弘行, 整形・災害外科, 55, (9) 1113 - 1118,   2012年08月
  • 環軸椎亜脱臼の進行によりrespiratory quadriparesisを呈した関節リウマチの1例, 藤田 健司, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 土屋 弘行, 整形・災害外科, 55, (9) 1149 - 1152,   2012年08月, 症例は65歳女性で、13年の関節リウマチ歴があり、両側人工股関節置換術を受けていた。後頸部痛、右上下肢の筋力低下が出現し、更に呼吸困難を来たした。胸部X線像で右横隔膜の挙上と右下肺の肺炎像が認められた。頸椎X線・再構成CTで環椎歯突起間距離は6mm、脊髄余裕空間、Ranawat値は7mmで、非整復性の環軸椎亜脱臼および垂直脱臼の状態であった。また歯突起に強い骨侵食像が認められた。頸椎MRIでは前下方に脱臼した環椎によりC1/2高位で硬膜管が著明に圧排されていた。動脈血ガス分析では低酸素血症、高度の二酸化炭素の貯留を認め、挿管して人工呼吸管理を行った。不全四肢麻痺、呼吸筋麻痺は改善せず、後方除圧固定術を施行した。環椎後弓の切除により硬膜の拍動は良好となり、椎弓根スクリューを用いて後頭骨から第3頸椎まで固定し、腸骨移植を併用した。術後4週で人工呼吸器から離脱でき、不全四肢麻痺も徐々に回復して2年後には歩行器歩行可能となった。
  • 凍結自家がん移植による免疫増強効果の検討, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 井上 啓, 太田 敬, 横川 文彬, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 86, (8) S1318 - S1318,   2012年08月
  • 新しい腫瘍脊椎骨全摘術における液体窒素処理骨のcage内骨癒合評価, 井上 啓, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 86, (8) S1318 - S1318,   2012年08月
  • 胸椎OPLLに対する新しい後方進入前方除圧術, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (4) 949 - 949,   2012年07月
  • PLIFにおけるすべり矯正後に椎間孔狭窄をきたした2例, 高橋 直樹, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (4) 883 - 884,   2012年07月, 症例1(43歳女性)。腰痛、左下肢痛を主訴に、腰椎レントゲンにてL5分離すべり症に伴う左L5神経根症と診断され、L5/S1のPLIFが行われた。症例2(75歳女性)。腰痛、右下肢痛を主訴に、腰椎レントゲンにてL4変性すべり症に伴う右L5神経根症と診断され、L4/5のPLIFが行われた。両症例とも術後は疼痛が消失したものの、新たな領域に下肢痛が出現した。それぞれ、症例1はPLIF術後に生じた椎間孔狭窄による右L5神経根症であり、再手術にて右S1上関節突起を切除した。一方、症例2はPLIF術後に生じた椎間孔狭窄に伴う左L4神経根症で、再手術にて左L5上関節突起を切除した。いずれの症例も再手術後には下肢痛は消失し、新たな疼痛もみられなかった。
  • がん免疫の増強可能な新たな転移性脊椎腫瘍根治手術の開発, 村上 英樹, 出村 諭, 西田 英司, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 86, (6) S814 - S814,   2012年06月
  • 脊椎転移に対する根治的手術の患者満足度, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 86, (6) S853 - S853,   2012年06月
  • 重度後縦靱帯骨化症に対する術式選択と合併症 胸椎 重度胸椎後縦靱帯骨化症に対する全周囲除圧, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 羽藤 泰三, 岡山 忠樹, 松本 忠美, 臨床整形外科, 47, (5) 425 - 430,   2012年05月, 後縦靱帯骨化症(OPLL)が大きく脊髄が脊柱管後壁との間に挟まれている症例に対して脊髄全周除圧術を行った.椎弓切除し,胸椎後彎の軽減を加え,OPLLに一致したgutterを椎体に掘り込む.2期的に前方から手術顕微鏡下にOPLLを除圧した.18例に行い,JOAスコアは平均術前3.9点,最終9.0点であった.本法により,安全・正確で完全なOPLLの除圧操作ができた.ただし,ビークタイプの2例に血腫貯留による麻痺の増悪を認め,緊急前方除圧を行い麻痺の回復を得た.ビークタイプでは第1ステップ後早期に第2ステップを行うことが必要な場合がある.(著者抄録)
  • 成人の第4腰椎に発生したLangerhans cell histiocytosisの1例, 上田 康博, 三崎 智範, 川原 範夫, 村上 英樹, 岡本 義之, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (3) 661 - 662,   2012年05月, 32歳女性。腰痛を主訴に近医にて保存的に加療されるも改善せず、MRIにてL4椎体の信号異常を指摘され、著者らの施設へ紹介となった。MRIではL4椎体の左前方にT1強調像で低信号、T2強調像で高信号の占拠性病変が認められ、病変はGdで造影され、椎体の左前方から椎体外に拡がっていた。また、CTではL4椎体に骨溶解像、その周囲に一部硬化像がみられ、椎体に軽度の圧潰が認められた。以上、これらの所見を踏まえて、CTガイド下に経椎弓根的に生検術を行なったところ、病理組織学的にLangerhans cell histiocytosisと確定診断された。以後、体幹硬性装具を装着し、保存的に経過観察したところ、腰痛は軽快し、4ヵ月後のCTでは病巣の修復像が確認された。尚、目下、15ヵ月経過で良好に骨形成が得られている。
  • 【腰痛のサイエンス】 (第6章)脊椎各要素と腰痛 椎体 脊椎腫瘍(転移を含めて), 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 脊椎脊髄ジャーナル, 25, (4) 275 - 280,   2012年04月
  • 脊椎感染症に対してヨードコーティング椎体間ケージを用いた前方再建術の治療経験, 出村 諭, 村上 英樹, 白井 寿治, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (春季学会) 96 - 96,   2012年04月
  • PLIFにおけるすべり矯正後に椎間孔狭窄をきたした2例, 高橋 直樹, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (春季学会) 103 - 103,   2012年04月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する凍結自家がん移植を併用した除圧固定術, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (春季学会) 204 - 204,   2012年04月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術(total spondylectomy;TS)における術後髄液漏の検討, 横川 文彬, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (春季学会) 205 - 205,   2012年04月
  • 脊椎転移に対する姑息的手術後の生命予後と機能予後, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 林 寛之, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (春季学会) 213 - 213,   2012年04月
  • 脊椎instrumentation術後深部感染に対するヨードコーティングinstrumentを用いた一期的手術, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 白井 寿治, 加藤 仁志, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (春季学会) 227 - 227,   2012年04月
  • 腰部脊柱管狭窄と末梢動脈疾患による間欠跛行における歩行容態の相違点 工学系動作解析法による評価, 鳥畠 康充, 岡本 春平, 安藤 智之, 林 寛之, 横川 文彬, 村上 英樹, 渡辺 哲陽, 米山 猛, Journal of Spine Research, 3, (3) 217 - 217,   2012年03月
  • 胸椎後縦靱帯骨化症に対する術後5年以上の治療成績 脊髄全周除圧術を中心とした検討, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 岡山 忠樹, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 3, (3) 225 - 225,   2012年03月
  • ヨードをコーティングした新しい抗菌instrumentの有用性, 村上 英樹, 白井 寿治, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 3, (3) 239 - 239,   2012年03月
  • 脊椎手術における静脈血栓塞栓症の頻度および危険因子の検討, 吉岡 克人, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 大島 健史, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 3, (3) 240 - 240,   2012年03月
  • 頸椎後方除圧術における術後上肢麻痺の危険因子, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 3, (3) 293 - 293,   2012年03月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する根治的手術の患者満足度, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 吉岡 克人, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 3, (3) 304 - 304,   2012年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術におけるヨードコーティングインストゥルメントの術後感染予防効果, 林 寛之, 村上 英樹, 出村 諭, 白井 寿治, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 3, (3) 418 - 418,   2012年03月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する凍結処理自家がん移植を併用した除圧固定術, 新村 和也, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 横川 文彬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 3, (3) 419 - 419,   2012年03月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する免疫療法が同時に可能な新しい根治手術の開発, 村上 英樹, 西田 英司, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 方 向, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 3, (3) 420 - 420,   2012年03月
  • 新しい腫瘍脊椎骨全摘術における液体窒素処理骨の骨癒合評価, 井上 啓, 村上 英樹, 西田 英司, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 3, (3) 422 - 422,   2012年03月
  • 腎細胞癌脊椎転移に対する腫瘍脊椎骨全摘術, 藤巻 芳寧, 村上 英樹, 出村 諭, 南部 浩史, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 3, (3) 423 - 423,   2012年03月
  • 頸胸椎移行部(C7-T2)腫瘍に対するTotal spondylectomy, 岡本 義之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 3, (3) 423 - 423,   2012年03月
  • 脊椎感染症に対する感染病巣内へのヨードコーティングinstrumentの使用経験, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 白井 寿治, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 3, (3) 435 - 435,   2012年03月
  • 側彎症術後のCTを用いた胸郭内の頂椎の位置および椎体回旋に関する検討, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 横川 文彬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 3, (3) 454 - 454,   2012年03月
  • 側彎症術後の胸郭と頂椎の位置関係および椎体回旋に関する検討, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 86, (3) S447 - S447,   2012年03月
  • 脊椎手術における静脈血栓塞栓症の頻度および危険因子の検討, 吉岡 克人, 大島 健史, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 86, (3) S618 - S618,   2012年03月
  • 免疫療法が同時に可能な腫瘍脊椎骨全摘術の開発, 村上 英樹, 土屋 弘行, 西田 英司, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 日本整形外科学会雑誌, 86, (3) S663 - S663,   2012年03月
  • 脊椎転移に対する根治的手術の患者満足度, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 吉岡 克人, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 86, (3) S663 - S663,   2012年03月
  • アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頸髄症に対する後方除圧固定術の中期成績, 出村 諭, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 川原 範夫, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 86, (3) S692 - S692,   2012年03月
  • 骨・軟部腫瘍術後合併症の予防 脊椎腫瘍術後感染の予防, 村上 英樹, 出村 諭, 白井 寿治, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 86, (2) S120 - S120,   2012年02月
  • 難治性脊椎感染に対する大網移植の有用性, 小原 徹哉, 川上 紀明, 宮坂 和良, 辻 太一, 野原 亜也斗, 松本 守雄, 渡辺 航太, 石井 賢, 村上 英樹, 川原 範夫, 日本整形外科学会雑誌, 86, (2) S155 - S155,   2012年02月
  • 脊椎感染症の予防と治療を目的としたヨードコーティングinstrumentの使用経験, 村上 英樹, 土屋 弘行, 白井 寿治, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 日本整形外科学会雑誌, 86, (2) S156 - S156,   2012年02月
  • PLIFにおけるすべり矯正後に椎間孔狭窄をきたした2例, 高橋 直樹, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 方 向, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (1) 209 - 209,   2012年01月
  • 【手術部位感染(SSI)対策】 SSI発症時の対応 難治性脊椎感染例 大網移植による治療, 白石 龍哉, 村上 英樹, 出村 諭, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 脊椎脊髄ジャーナル, 24, (12) 1087 - 1091,   2011年12月
  • 頸椎後方除圧術における術後上肢麻痺(いわゆるC5麻痺)例の脊髄後方移動距離, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (6) 1147 - 1148,   2011年11月, 頸椎後方除圧術を施行した181例のうち、術後に上肢麻痺を生じた10例(男9例、女1例、平均57.1歳;C5麻痺群)の脊髄後方移動距離を測定し、上肢麻痺を生じなかった17例(男13例、女4例、平均60.1歳;非C5麻痺群)と比較した。MRIでC3〜7の椎体後縁から脊髄前縁の距離を計測し、手術前後で最も脊髄が後方移動した部位における移動距離を最大後方移動距離とした。C5麻痺群において脊髄が最も後方に移動した椎体レベルはC5が2例、C6が5例、C7が3例で、最大後方移動距離は1.9〜9.9mm(平均4.6mm)であった。非C5麻痺群で脊髄が最も後方に移動した椎体レベルはC3が1例、C4が3例、C5が5例、C6が6例、C7が2例で、最大後方移動距離は1.4〜5.5mm(平均2.9mm)であった。C5麻痺群の脊髄後方移動距離は非C5麻痺群に比較して有意に大きく、術後上肢麻痺の原因として重要な要素であると考えられた。
  • 免疫療法を併用したTESを施行し根治性増強を目指した脊椎骨肉腫の1例, 林 寛之, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (6) 1211 - 1212,   2011年11月, 19歳女。約10ヵ月前に急激な下肢麻痺で発症し、緊急的に後方除圧固定術を施行され、病理で骨肉腫と診断された。術後化学療法、放射線療法は骨髄抑制のため中止となり、腫瘍は増大した。MRIでT2椎体上縁からT5椎体に及ぶ腫瘍を認め、T3/4高位で脊髄が最も強く圧迫されていた。手術は困難と考えたが遠隔転移はなく、疼痛コントロールが不良で本人・家族の希望もあり、根治を目指す手術療法を選択した。宿主のがん免疫系の活性化を期待して、液体窒素処理骨を移植骨に用いた腫瘍脊椎骨全摘術を施行し、術前よりOK-432を併用した。腫瘍椎体の前方剥離を行い、肺への直接浸潤部位を除き、4椎体を一塊に摘出した。腫瘍は脊髄内へも浸潤しており、T1/2高位で切断・切除し、液体窒素処理した腫瘍椎体をケージ内に充填し前方再建を行った。術後鎮痛薬は不要となり、転院後自宅退院に至った。がん免疫活性の著明上昇も認めたが、肺転移を来たし術後半年で死亡した。
  • S1-L5椎体貫通screwにより強固な腰仙椎固定が得られた1例, 井上 啓, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (6) 1247 - 1248,   2011年11月, 64歳女性。前医にてL5変性すべり症と腰部脊柱管狭窄症に対しL3-S1の椎弓切除術および後側方固定術を施行されたが、術後3ヵ月経過で腰背部痛、左下肢痛が増強し、加えて歩行も困難となったため、著者らの施設へ受診となった。単純X線立位像ではL5の前方脱臼がみられ、単純CTではL5/S1椎体間にvacuum現象、両側S1 pedicle screw周囲にlooseningが認められた。また、骨密度測定ではYAM値は41%と重度の骨粗鬆症であった。疼痛の原因がL5の脱臼と考えられたため、L5/S1椎体間固定術を行ったところ、L5/S1は高度な不安定性が認められたため、緩んでいたpedicle screwを抜去し、左右2本ずつiliac screwが挿入した。だが、L5/S1椎体間には局所骨の移植を十分に行われたが、これだけでは固定性が不十分であると考え、L5/S1椎体にscrewを1本追加挿入し補強することとした。その結果、L5/S1は強固な固定が得られ、目下、術後7ヵ月経過で骨癒合が得られ、疼痛の再発も認められていない。
  • 【脊椎・脊髄画像診断】 脊椎病変 原発性脊椎腫瘍の画像診断, 村上 英樹, 加藤 仁志, 土屋 弘行, Orthopaedics, 24, (11) 143 - 151,   2011年10月, 骨腫瘍の診断の基本は単純X線写真であるが、脊椎腫瘍においては脊椎の立体構造が解剖学的に複雑であることや、周囲臓器が重なり合うことなどのため診断が難しいので、系統的に画像診断を進めていく必要がある。単純X線およびCTでは、腫瘍が骨硬化性か骨溶解性か、あるいは混合型であるかを評価し、骨梁の菲薄化、椎体の膨隆、椎体の圧潰、傍脊柱の腫瘤などに注意して読影する。さらに造影CTやMRIでは、脊柱管や傍脊柱軟部組織への腫瘍の広がりを評価する。脊柱管内への病巣の進展は麻痺をきたす可能性があるので、その評価は診断や治療方針を立てるうえで重要である。また、病巣が単発性か多発性なのか、その他の部位にはないかをチェックするには骨シンチグラムとPETが有用である。転移性脊椎腫瘍と鑑別が困難な場合には、PETにて原発巣を検索する。原発性脊椎腫瘍の中には、その特徴的な画像所見から即、診断に結びつくようなものもあり、本稿では各腫瘍の基本的な画像所見を述べる。(著者抄録)
  • 頸胸椎移行部(C7-T2)転移性腫瘍に対するTESの1例, 岡本 義之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 林 寛之, 井上 啓, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 2, (10) 1696 - 1698,   2011年10月, 根治的手術が非常に困難な頸胸椎移行部(C7-T2)の転移性脊椎腫瘍に対し前後合併アプローチを用いることで、C8、T1の神経根を温存して腫瘍脊椎骨全摘術(TES)を施行しえた。(著者抄録)
  • 患者別CT-有限要素法解析による投薬中骨粗鬆症椎体の力学的評価, 田原 大輔, 坂本 二郎, 村上 英樹, 川原 範夫, 臨床バイオメカニクス, 32,   2011年10月, 非線形骨折解析を基準に、非線形骨折解析による骨折荷重値と静弾性解析による圧縮主ひずみの平均値との関連の分析および、破壊形態と圧縮主ひずみ分布との比較により、静弾性解析による圧縮主ひずみを用いた骨折の危険性評価法の有用性を検討した。アレンドロネート投薬治療を受ける女性骨粗鬆症患者4例を対象とし、実形状を忠実に反映した患者別の椎体有限要素モデルを作成した。静弾性解析による圧縮主ひずみ分布は、非線形骨折解析による圧縮破壊要素分布に対応し、骨折の危険性を評価する上で有用な力学的指標となることが示唆された。圧縮主ひずみの平均値は、投薬期間中における椎体の骨折危険性の変化をより顕著に表す可能性を持つことが示された。また、骨折荷重値、圧縮主ひずみ平均値の変化の評価に加え、破壊要素分布および圧縮主ひずみ分布の評価が重要であることが示唆された。
  • 脊椎除圧手術における脊髄の応力解析 神経根による影響について, 遠藤 安浩, 坂本 二郎, 岡山 忠樹, 村上 英樹, 川原 範夫, 富田 勝郎, 臨床バイオメカニクス, 32,   2011年10月, 脊髄除圧手術前後の有限要素法モデルに神経根を追加し、脊髄に対してより臨床に忠実な境界条件を与えた有限要素解析を行い、脊髄除圧手術の脊髄への力学的影響について検討した。人体有限要素モデルTHUMSを用いた。TEUMSから頭蓋骨、脳、肋骨、および第1頸椎から第5腰椎(C1-C5)までを取り出し、修正したモデルに脊髄を加えたものを使用した。後方除圧手術前では占拠率の増加と共に、OPLLとOYLに脊髄が最も圧迫される部分で大きな応力が発生した。後方除圧手術後の解析結果からも、手術前と同様に占拠率の増加に伴い脊髄に大きな応力が発生したが、椎弓が切除されているため手術前よりも応力が大幅に減少した。固定器具による胸椎後彎の軽減を想定した解析では、後彎角の減少と共にミーゼス応力が減少した。脊髄のミーゼス応力の最大値が重度の神経病理学的障害の許容応力を下回ることは無かった。
  • 脊椎転移に対する腫瘍脊椎骨全摘術(TES)の患者満足度, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (秋季学会) 122 - 122,   2011年10月
  • 成人の第4腰椎に発生したLangerhans cell histiocytosisの1例, 上田 康博, 三崎 智範, 川原 範夫, 村上 英樹, 岡本 義之, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, (秋季学会) 231 - 231,   2011年10月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術(TES)における血管損傷と乳び漏 特に第2腰椎レベルの対策, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 笹川 武史, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 2, (9) 1502 - 1506,   2011年09月, L2レベルの腫瘍脊椎骨全摘術(TES)は、血管損傷や乳び漏といった合併症の生じやすい危険な高位である。L2レベルの脊椎腫瘍において、腫瘍が前側方に膨隆している場合や術前に放射線療法が施行されている場合、また、TESの手技に慣れていない術者の場合には、まず前方進入で椎体前側方を丁寧に展開し、横隔膜の脚は切離して分節動脈を結紮しておいた後に、後方から腫瘍を摘出するといった二期的手術を考慮したほうが良い。(著者抄録)
  • がんの脊椎転移に対する腫瘍凍結免疫を併用した次世代根治手術の開発, 村上 英樹, 土屋 弘行, 西田 英司, 武内 章彦, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 富田 勝郎, 日本癌治療学会誌, 46, (2) 722 - 722,   2011年09月
  • 採骨を必要としない次世代TESの低侵襲性, 加藤 仁志, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 岡本 義之, 林 寛之, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (5) 1099 - 1100,   2011年09月, 著者らが施行した腫瘍脊椎骨全摘術(TES)のうち、椎体レベルで3椎までの摘出、後方単一アプローチに限った40例の臨床成績を、従来法27例と次世代TESの13例に分け比較検討した。その結果、1)手術時間は従来法が524分、次世代TESが429分で、約100分短縮されていた。2)術中出血量は従来法1392ml、次世代TESが659mlでほぼ半減していた。3)周術期のMAP輸血量は従来法7.1単位、次世代TESが1.8単位であり、次世代TESの10例では輸血が不要であった。4)術後CRP値は、術翌日から次世代TESが低値であり、術後7日では有意差が認められた。また、術後CK値については次世代TESで低値傾向にあった。
  • 新しい低侵襲laminoplastyを施行した1例, 五十嵐 峻, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 新村 和也, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (5) 1125 - 1125,   2011年09月
  • 腫瘍増殖曲線からみた転移性骨腫瘍に対する手術療法の意義, 村上 英樹, 土屋 弘行, 臨床整形外科, 46, (8) 701 - 706,   2011年08月
  • 脊椎腫瘍における脊髄圧排と麻痺の程度との関連, 竹内 孝之郎, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 土屋 弘行, 川原 範夫, 中村 裕之, 日本整形外科学会雑誌, 85, (8) S1115 - S1115,   2011年08月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における脊柱短縮の力学的効果 胸椎における2椎体全摘モデルを用いて, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 吉岡 克人, 土屋 弘行, 日本整形外科学会雑誌, 85, (8) S1166 - S1166,   2011年08月
  • 腰部脊柱管狭窄における障害神経根高位による歩行容態の相違点, 林 寛之, 村上 英樹, 土屋 弘行, 鳥畠 康充, 米山 猛, 渡辺 哲陽, 日本整形外科学会雑誌, 85, (8) S1323 - S1323,   2011年08月
  • 腫瘍凍結免疫を併用した次世代TESの開発, 村上 英樹, 土屋 弘行, 西田 英司, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 85, (6) S933 - S933,   2011年06月
  • 凍結免疫療法を併用した新しい脊椎腫瘍根治手術の開発, 村上 英樹, 金沢大学十全医学会雑誌, 120, (2) 67 - 71,   2011年06月, 凍結免疫療法を併用した腫瘍脊椎骨全摘術を受けた脊椎悪性腫瘍患者29例を対象に、術前、術後1〜3ヵ月に採血を行い、サイトカイン(IFN-γ、IL-12)とtype1 helper T cell/type2 helper T cell(Th1/Th2)細胞比を測定し、術前後のがん免疫の増強効果を評価した。また、術後6、12ヵ月に液体窒素処理骨の骨癒合の状態、腫瘍の局所再発の有無および全身の転移の状態を、CT、MRI、FDG-PETなどを用いて追跡調査した。その結果、29例中腫瘍免疫活性が測定可能であったのは24例で、24例中19例でIFN-γとIL-12が術後に増加し、増加率はIFN-γで平均6.6倍、IL-12で16.2倍であった。また、24例中16例がTh1/Th2細胞比が術後に増加し、増加率は平均1.9倍であった。経過中、10例に転移巣の増大を認め、そのうち4例が術後5〜8ヵ月に死亡した。液体窒素処理骨の骨癒合に関しては、3例で移植骨の一部に骨吸収像を認めたが、instrumentation failureは認めなかった。残る26例は骨吸収を全く認めず、骨癒合していた。
  • アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頸椎症性脊髄症 インストゥルメンテーションを用いた後方除圧固定術, 川原 範夫, 出村 諭, 村上 英樹, 富田 勝郎, 日本脳性麻痺の外科研究会誌, 21,   2011年06月
  • 新しい腰仙椎固定の考案, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (3) 636 - 636,   2011年05月
  • 次世代TESの低侵襲性と神経障害性疼痛, 村上 英樹, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (春季学会) 20 - 20,   2011年03月
  • 頭蓋頸椎・頸胸椎移行部の圧迫性神経障害 頸胸椎移行部脊椎腫瘍に対するTES, 岡本 義之, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 林 寛之, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (春季学会) 38 - 38,   2011年03月
  • ヨードコーティングインストゥルメントによる脊椎感染の治療と予防, 村上 英樹, 土屋 弘行, 白井 寿治, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (春季学会) 112 - 112,   2011年03月
  • 採骨を必要としない次世代TESの低侵襲性, 加藤 仁志, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 岡本 義之, 林 寛之, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (春季学会) 159 - 159,   2011年03月
  • 全身のがん免疫を活性化する次世代TESの開発, 村上 英樹, 土屋 弘行, 西田 英司, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (春季学会) 159 - 159,   2011年03月
  • 頸椎後方除圧術における術後上肢麻痺(いわゆるC5麻痺)例の脊髄後方移動距離, 太田 敬, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (春季学会) 170 - 170,   2011年03月
  • TESに免疫療法を併用し徹底的に根治を目指した脊椎骨肉腫の1例, 林 寛之, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (春季学会) 205 - 205,   2011年03月
  • S1-L5貫通screwにより強固な腰仙椎固定を得た1例, 井上 啓, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (春季学会) 214 - 214,   2011年03月
  • 脊椎腫瘍の診断と治療, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 松本 忠美, 日本整形外科学会雑誌, 85, (3) S361 - S361,   2011年03月
  • 後方単一アプローチの腫瘍脊椎骨全摘術(TES)における血管損傷 特にL2 TESのピットフォール, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 土屋 弘行, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 85, (3) S683 - S683,   2011年03月
  • ヨードコーティングインストゥルメントによる脊椎感染の治療と予防, 村上 英樹, 土屋 弘行, 白井 寿治, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 川原 範夫, Journal of Spine Research, 2, (3) 458 - 458,   2011年03月
  • 免疫療法を併用した次世代TES A preliminary report, 村上 英樹, 土屋 弘行, 西田 英司, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 富田 勝郎, Journal of Spine Research, 2, (3) 547 - 547,   2011年03月
  • 腎癌転移に対する腫瘍脊椎骨全摘術後のinstrument failureに対するサルベージ手術, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 岡本 義之, 奥田 鉄人, 波多野 栄重, 松本 忠美, Journal of Spine Research, 2, (3) 548 - 548,   2011年03月
  • 頸椎後方除圧術における術後上肢麻痺(いわゆるC5麻痺)例の脊髄後方移動距離, 太田 敬, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 土屋 弘行, 川原 範夫, Journal of Spine Research, 2, (3) 586 - 586,   2011年03月
  • 頸椎疾患手術の適応と問題点 アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頸髄症に対する椎弓根スクリューによる後方除圧固定術の治療成績, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 2, (3) 594 - 594,   2011年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における脊柱短縮の力学的効果 胸椎における2椎骨全摘モデルを用いて, 加藤 仁志, 村上 英樹, 土屋 弘行, 富田 勝郎, 川原 範夫, 東野 恒作, 岡田 基宏, 伊藤 全哉, Journal of Spine Research, 2, (3) 643 - 643,   2011年03月
  • 脊椎腫瘍における脊髄圧排と臨床症状との関連, 竹内 孝之郎, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 川原 範夫, 土屋 弘行, 中村 裕之, Journal of Spine Research, 2, (3) 751 - 751,   2011年03月
  • 免疫療法を併用したTESにおける液体窒素処理骨の骨癒合 その短期成績, 井上 啓, 村上 英樹, 西田 英司, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 岡本 義之, 林 寛之, 太田 敬, 土屋 弘行, 富田 勝郎, Journal of Spine Research, 2, (3) 752 - 752,   2011年03月
  • 骨転移治療の進歩と今後の課題 転移性脊椎腫瘍に対する外科的治療, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 土屋 弘行, 松本 忠美, 日本整形外科学会雑誌, 85, (2) S41 - S41,   2011年02月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する後方除圧固定術における術前血管塞栓術, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 川原 範夫, 土屋 弘行, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 85, (2) S87 - S87,   2011年02月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における脊柱短縮の力学的効果 胸椎における2椎骨全摘モデルを用いて, 加藤 仁志, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 川原 範夫, 土屋 弘行, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 85, (2) S87 - S87,   2011年02月
  • 脊椎骨巨細胞腫に対する治療戦略 病理学的検討から, 岡本 義之, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 林 寛之, 井上 啓, 太田 敬, 川原 範夫, 土屋 弘行, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 85, (2) S88 - S88,   2011年02月
  • 高度脊柱変形に対する手術療法の進歩 角状後彎症に対するclosing-opening correction(COC), 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 奥田 鉄人, 松本 忠美, 日本整形外科学会雑誌, 85, (2) S192 - S192,   2011年02月
  • 形成不全性高度腰椎すべり症に対する単椎間PLIFの経験, 林 寛之, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (1) 89 - 90,   2011年01月, 症例1:12歳女。腰痛、右大腿後面部痛があり、体幹前屈、SLRTに制限を認め、約2kmの連続歩行で疼痛が出現しwaddling gaitを呈した。以上より、第5腰椎形成不全性すべり症に伴った脊柱管狭窄によるtight hamstringsと診断した。X線所見で%slipは43.8%、Slip angle(SA)は42°、lumbosacral angle(LSA)は11°、sacral inclination(SI)は3°で、第5腰椎の台形変化やS1椎体上縁の円形化があり、仙骨椎弓形成不全も認めた。全脊柱アライメントは側彎と、胸椎後彎、腰椎前彎の低下を認めた。L5/S1 PLIFを施行し、%slipは26.0%、SAは10°、LSAは-3°、SIは23°と改善した。症例2:15歳男。腰痛、左下肢痛があり、tight hamstringsを認め、全脊柱アライメントは側彎と、胸椎後彎、腰椎前彎の低下を認めた。%slip、SA、LSA、SIは各々47.0%、21°、7°、20°であったが、PLIF後は24.1%、5.8°、-4°、23°と改善した。症例3:11歳女。左下肢痛、腰痛があり、tight hamstringsを認め、全脊柱アライメントは胸椎後彎が低下していた。%slip、SA、LSA、SIは各々50.7%、23°、-12°、33°であったが、PLIF術後25.0%、-1°、-21°、35°と改善した。なお、全例とも全脊柱アライメントの改善も認めた。
  • 難治性MRSA脊椎炎に対する一期的後方インストゥルメンテーションの経験, 藤井 衛之, 村上 英樹, 白井 寿治, 出村 諭, 加藤 仁志, 藤巻 芳寧, 岡本 義之, 林 寛之, 井上 啓, 土屋 弘行, 川原 範夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, (1) 203 - 204,   2011年01月
  • 硬膜肥厚を主徴とし、新規α-L-iduronidase遺伝子変異を認めたムコ多糖症I型双生児例, 古川 裕, 浜口 歩, 野崎 一朗, 飯塚 崇, 笹川 武史, 島 洋祐, 出村 諭, 村上 英樹, 川原 範夫, 奥山 虎之, 岩佐 和夫, 山田 正仁, 臨床神経学, 50, (12) 1287 - 1287,   2010年12月
  • 髄内腫瘍が疑われた脊髄梗塞の1例, 黒田 一成, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 岡山 忠樹, 菊池 豊, 徳海 裕史, 富田 勝郎, 臨床整形外科, 45, (11) 1061 - 1064,   2010年11月, 当初髄内腫瘍と診断した脊髄梗塞の1例を経験した.症例は79歳の男性で,特に誘因なく右上下肢の筋力低下が出現した.MRIでC3レベルにT1低信号,T2高信号で造影効果を呈する病変を認め,当初出血を合併した頸髄髄内腫瘍と診断した.高齢で心疾患の合併があり,抗凝固療法中のため,手術は除圧術のみを施行した.しかし,術後MRIで髄内病変はMRIの信号変化がないまま小さくなり,造影効果の減弱も認めた.このMRI所見から,本症例は髄内腫瘍ではなく脊髄梗塞であると診断した.髄内腫瘍が疑われる脊髄病変を認めた場合,脊髄梗塞も鑑別に挙げる必要があり,その診断には経時的なMRIの評価が有用である.(著者抄録)
  • 胸椎をメインカーブとした特発性側彎症術後の矢状面alignmentの検討, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 富田 勝郎, 土屋 弘行, Journal of Spine Research, 1, (11) 2024 - 2027,   2010年11月, pedicle screwおよびNESPLON cableを用いて後方矯正固定を施行した特発性側彎症例の矢状面alignmentを検討した。胸椎をメインカーブとし、T12もしくはLlまでの固定を行った特発性側彎症11例を対象とした。冠状面の矯正では術前平均68度は術後平均20度に改善し、平均改善率は70.6%であった。矢状面の評価では、T5-12角は11例中4例で10度以上の後彎の減少を認めた。T12-S1角は、術直後に一時的な前彎の減少を認めた。下位固定椎体頭尾側の椎間角は、経時的な後彎化を認めた。胸椎後彎が減少した、もしくは十分な後彎の獲得が得られなかった6例(A群)と、後彎が維持もしくは後彎の獲得が得られた5例(B群)に分けた。矢状面の検討で、A群は腰椎前彎が減少し、下位固定椎間角の増加を認めた。また、A群は冠状面においての矯正率が高く、術前のflexibilityも大きかった。
  • 形成不全性高度腰椎すべり症に対する単椎間PLIFの経験, 林 寛之, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 土屋 弘行, 川原 範夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 53, (秋季学会) 50 - 50,   2010年09月
  • ムコ多糖症に合併した肥厚性硬膜炎に対して硬膜形成術を施行した双子例, 岡本 義之, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 53, (秋季学会) 57 - 57,   2010年09月
  • 形成不全性高度腰椎すべり症に対する単椎間PLIFの経験, 林 寛之, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 岡本 義之, 井上 啓, 土屋 弘行, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 53, (5) 1231 - 1232,   2010年09月
  • 成人の腰椎に発生したLangerhans cell histiocytosisの1例, 上田 康博, 松井 貴至, 三崎 智範, 山内 健輔, 石黒 基, 松本 直幸, 村田 淳, 荒川 弥二郎, 川原 範夫, 村上 英樹, 岡本 義之, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 53, (5) 1232 - 1233,   2010年09月
  • 脊椎転移癌における隣接椎骨への進展様式の病理学的検討, 笹川 武史, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 84, (8) S1245 - S1245,   2010年08月
  • 脊髄牽引に伴う脊髄血流および脊髄機能の変化, 川口 真史, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 84, (8) S1300 - S1300,   2010年08月
  • 既存椎体骨折による脊柱後彎変形が隣接椎に及ぼす力学的影響 有限要素解析を用いた研究, 岡本 義之, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 竹内 孝之郎, 林 寛之, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 84, (8) S1309 - S1309,   2010年08月
  • 胸椎OPLLに対する後彎矯正を加えた後方除圧固定術が脊髄に及ぼす影響 有限要素モデルによる検討, 岡山 忠樹, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 84, (8) S1309 - S1309,   2010年08月
  • 脊椎破壊性病変の鑑別疾患, 富田 勝郎, 笹川 武史, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, リウマチ科, 43, (5) 532 - 541,   2010年05月
  • ムコ多糖症に合併した肥厚性硬膜炎に対して硬膜形成術を施行した双子例, 長谷川 和宏, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 島 洋祐, 吉岡 克人, 笹川 武史, 岡本 義之, 竹内 孝之郎, 林 寛之, 富田 勝郎, 古川 裕, 山田 正仁, 安竹 秀俊, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 53, (3) 729 - 729,   2010年05月
  • 【脊椎・脊髄イメージング 標準的検査法から最新情報まで】 画像検査法編 標準的画像検査 核医学検査(骨シンチグラフィ), 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 富田 勝郎, 脊椎脊髄ジャーナル, 23, (4) 261 - 267,   2010年04月
  • 周術期炎症性マーカーからみた腫瘍脊椎骨全摘術の侵襲度, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 吉岡 克人, 岡本 義之, 竹内 孝之郎, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 84, (4) S418 - S418,   2010年04月
  • 脊髄症状を呈した脊椎血管腫に対する手術治療 術後経過平均12年の5例における検討, 加藤 仁志, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 84, (4) S419 - S419,   2010年04月
  • Adamkiewicz動脈高位を含む脊椎分節動脈の結紮による脊髄血流および機能への影響 イヌを用いた実験的研究, 加藤 仁志, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 吉岡 克人, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 84, (4) S447 - S447,   2010年04月
  • Adamkiewicz動脈を結紮すると脊髄機能障害が生じるのか TESの経験から, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 笹川 武史, 岡本 義之, 竹内 孝之郎, 松井 修, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 84, (4) S671 - S671,   2010年04月
  • 重度OPLLに対する術式選択と合併症対策 胸椎部OPLLに対する術式選択 特に前方アプローチ(全周除圧を含む)について, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 岡山 忠樹, 富田 勝郎, Journal of Spine Research, 1, (3) 264 - 264,   2010年03月
  • 周術期炎症性マーカーからみた脊椎腫瘍手術の侵襲度, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 吉岡 克人, 加藤 仁志, 岡本 義之, 竹内 孝之郎, 富田 勝郎, Journal of Spine Research, 1, (3) 344 - 344,   2010年03月
  • 脊椎脊髄手術の安全対策 腫瘍脊椎骨全摘術(TES)における血管損傷と乳び漏 特に第2腰椎レベルの対策, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 笹川 武史, 岡本 義之, 竹内 孝之郎, 林 寛之, 富田 勝郎, Journal of Spine Research, 1, (3) 411 - 411,   2010年03月
  • 腰椎すべり症に対するPLIFの中・長期成績, 林 寛之, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 岡本 義之, 竹内 幸之郎, 富田 勝郎, Journal of Spine Research, 1, (3) 574 - 574,   2010年03月
  • 脊椎腫瘍摘出術の術後感染の管理に有茎広背筋弁を用いた6例, 重本 顕史, 多田 薫, 島貫 景都, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 池田 和夫, Journal of Spine Research, 1, (3) 642 - 642,   2010年03月
  • 脊椎腫瘍における脊髄圧排(程度及び形態)と脊髄麻痺の関係, 竹内 孝之郎, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 笹川 武史, 岡本 義之, 林 寛之, 富田 勝郎, Journal of Spine Research, 1, (3) 643 - 643,   2010年03月
  • 既存椎体骨折による脊椎後彎変形が他の椎体におよぼす力学的影響 有限要素解析を用いた研究, 岡本 義之, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 笹川 武史, 竹内 孝之郎, 林 寛之, 坂本 二郎, 福井 悠, 富田 勝郎, Journal of Spine Research, 1, (4) 838 - 838,   2010年03月
  • 既存椎体骨折による脊椎後彎変形が他の椎体に及ぼす力学的影響 有限要素解析を用いた研究, 岡本 義之, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 笹川 武史, 竹内 孝之郎, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 84, (3) S89 - S89,   2010年03月
  • 脊柱後縦靱帯骨化症の手術治療における課題 胸椎後縦靱帯骨化症に対するdekyphosisを行った脊髄全周除圧術, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 岡山 忠樹, 日本整形外科学会雑誌, 84, (3) S156 - S156,   2010年03月
  • 仙骨腫瘍の局所治療の現状 仙骨良性腫瘍切除と再建 特に巨大神経鞘腫と巨細胞腫について, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 村上 英樹, 出村 諭, 日本整形外科学会雑誌, 84, (3) S208 - S208,   2010年03月
  • Total en bloc spondylectomyにおけるAdamkiewicz動脈の結紮が脊髄機能に及ぼす影響, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 加藤 仁志, 松井 修, 富田 勝郎, 脊髄機能診断学, 31, (1) 37 - 39,   2010年01月, Adamkiewicz動脈を術中に結紮すると本当に脊髄機能障害が生じるのか、腫瘍脊椎骨全摘術(TES)におけるAdamkiewicz動脈結紮が脊髄機能に及ぼす影響を臨床的に検討した。TES症例の中で、術中にAdamkiewicz動脈の結紮・切離を実施した15例を対象とした。Adamkiewicz動脈のレベルはT6が1例、T8が1例、T9が2例、T10が1例、T12が2例、L1が4例、L2が6例で、右5例、左11例であった。15例中2例で2本の分節動脈から前脊髄動脈が造影された。術前のFrankel分類はCが1例、Dが5例、Eが9例で、最終経過観察時はDが1例、Eが14例であった。術後に術前より神経症状の悪化した症例は1例もなかった。術前に神経症状を認めた6例全例が術後神経症状の改善を認めた。2椎体以上摘出した7例でも神経症状の悪化した症例は認めなかった。
  • 化膿性および結核性脊椎炎に対する病巣掻爬・前方固定術後の低侵襲後方instrumentation, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 53, (1) 75 - 76,   2010年01月, 著者らは化膿性または結核性脊椎炎で、病巣掻爬および前方固定術後に後方instrumentation手術を行った4例(男性1例、女性3例、32〜73歳)について検討した。化膿性脊椎炎、結核性脊椎炎は各2例で、前方手術後平均15.5日で後方手術が施行され、pedicle screwの逸脱や術後合併症は認められなかった。術後経過観察期間平均29.8ヵ月の結果、全例で感染は治癒し、骨癒合が得られた。
  • Cervical flexion myelopathyの2例, 岡本 義之, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 53, (1) 205 - 206,   2010年01月, 症例1(26歳男性)。2年間にわたる進行性の右上下肢の筋力低下、左下肢の感覚障害を認めた。症例2(27歳男性)。5年間にわたる進行性の右上下肢の筋力低下、歩行障害を認めた。両症例ともX線側面像では頸椎の生理的前彎は消失していた。また、MRI T2強調矢状断像ではC4-6レベルに脊髄内の高輝度変化が認めら、前屈位での脊髄造影CTでは背側硬膜と脊髄が前方に偏位し、脊髄は圧迫されて扁平化していた。Tight dural canal in flexionが主病態と考え、2椎間の頸椎後方固定術が施行された。その結果、症例1は術後9ヵ月のX線で頸椎の前彎は維持されており、握力は術前の11kgから18kgに改善した。一方、症例2は術後2年のX線で頸椎の前彎は維持されており、握力は術前の6kgから18kgに改善し、歩行障害も消失した。
  • 歯状靱帯から発生した頸髄髄膜腫の1例, 中西 宏之, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 笹川 武史, 岡本 義之, 竹内 孝之郎, 富田 勝郎, 白石 龍哉, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 53, (1) 235 - 235,   2010年01月
  • Mechanical Finder イメージベースの骨強度評価ソフトウェア, 坂本 二郎, 田原 大輔, 村上 英樹, 川原 範夫, 加畑 多文, 尾田 十八, 富田 勝郎, バイオメカニズム学会誌, 33, (4) 277 - 283,   2009年11月
  • 当院における腎細胞癌脊椎転移に対する外科治療の検討, 島 崇, 前田 雄司, 中嶋 一史, 栗林 正人, 泉 浩二, 杉本 和宏, 成本 一隆, 三輪 聰太郎, 宮城 徹, 金谷 二郎, 北川 育秀, 角野 佳史, 小中 弘之, 溝上 敦, 高 栄哲, 並木 幹夫, 村上 英樹, 川原 範夫, 富田 勝郎, 泌尿器科紀要, 55, (9) 588 - 588,   2009年09月
  • 化膿性脊椎炎に対する病巣掻爬・前方固定術後の低侵襲後方instrumentation, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (秋季学会) 88 - 88,   2009年09月
  • Cervical flexion myelopathyの2例, 岡本 義之, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (秋季学会) 162 - 162,   2009年09月
  • 巨大な骨外病変を伴った脊椎骨巨細胞腫の1例, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 吉岡 克人, 笹川 武史, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (秋季学会) 171 - 171,   2009年09月
  • 脊椎固定術が脊椎負荷に与える影響の筋骨格シミュレーションによる力学的評価, 福井 悠, 坂本 二郎, 村上 英樹, 川原 範夫, 富田 勝郎, 臨床バイオメカニクス, 30,   2009年09月, 脊椎固定術が固定部周辺脊椎に及ぼす負荷への影響を調べるため、筋骨格系シミュレーションにより脊椎固定術を想定した力学解析を行った。屈曲及び伸展姿勢における脊椎間の関節力と脊椎周辺筋肉の筋力を求め、脊椎固定のある場合とない場合とで比較して、脊椎固定術の力学的影響について検討した。固定箇所ではない脊椎への負荷増大と腰椎の近くに位置する筋肉への負荷増大が見られた。また、固定箇所の違いや姿勢により椎体にかかる力や筋力への影響が異なることを確認した。特に、伸展姿勢をとることで隣接椎間に大きな負荷がかかることが判明した。
  • 脊髄除圧手術における脊髄の応力解析, 水尾 大志, 坂本 二郎, 岡山 忠樹, 村上 英樹, 川原 範夫, 富田 勝郎, 臨床バイオメカニクス, 30,   2009年09月, 脊髄除圧手術前後の有限要素モデルを作成して有限要素解析を行い、脊髄除圧手術の脊髄への力学的影響について検討した。人体有限要素モデルTHUMSから、頭蓋骨、脳、肋骨、および第1頸椎から第5腰椎(C1-L5)までを取り出し、利用できるよう修正して用いた。後方除圧手術前ではOYLに接触し圧迫されている位置に最も高い応力を示した。後方除圧手術前では占拠率が大きくなるほど、脊髄がOPLLとOYLに挟まれ、大きく変形して高い応力が発生した。後方除圧手術後では椎弓が切除されているため、脊髄が前後から挟まれることがなく、後方除圧手術前と比較して変形量が小さく応力が低くなった。胸椎後彎の軽減を想定した解析においては、後彎角度を小さくすることにより、OPLLによって曲げられた脊髄が伸ばされOPLLによる圧迫が軽減し、応力が減少した。
  • 脊椎手術における術中、術後の凝固・線溶系マーカーの変動 可溶性フィブリンモノマー複合体に着目して, 吉岡 克人, 加畑 多文, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (5) 1219 - 1220,   2009年09月, 当科で2007年9月〜2008年3月に脊椎手術を行った症例のうち、小児側彎、外傷、透析施行例以外の患者で、術後7〜10日に下肢エコーを施行しえた72例を対象に、静脈血栓塞栓症(VTE)の頻度を調査した。また、術前から術後7日目までD-dimer値と可溶性フィブリンモノマー複合体(FMC)値を測定し、VTEとの関連について検討した。その結果、VTEは6例(8.3%)に認められた。VTEとD-dimerとの関連については、術後7日目のみVTE有り群と無し群の間でD-dimer値に有意差が認められ、VTE有り群で高かった。FMC値の推移をみると、術中から術後1日目にかけて上昇し、術後3日目には術前と同レベルまで低下していた。VTEとFMCとの関連については、術後1日目のみVTE有り群と無し群の間でFMC値に有意差が認められ、有り群で高かった。
  • 既存椎体骨折による脊椎後彎変形が隣接椎体におよぼす力学的影響 有限要素解析を用いた研究, 岡本 義之, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (5) 1241 - 1242,   2009年09月, 骨粗鬆症の脊椎では、既存椎体骨折を有する症例は椎体骨折のない症例に比べて新規椎体骨折を起こしやすいことが知られている。その要因として、楔状に変形した椎体骨折により脊柱が後彎変形し、体幹重心が前方に移動することで、隣接椎体にかかる応力が高くなることが予想されるが、個々の椎体に作用する荷重を定量的に評価した報告はこれまでなかった。今回、有限要素法を用いて検討した結果、既存椎体骨折に伴う脊柱後彎変形によって隣接椎体にかかる応力が上昇し、新規椎体骨折の危険因子になっていることを定量的に示すことができた。
  • 【骨粗鬆症と圧迫骨折】 脊椎骨折のバイオメカニクス, 坂本 二郎, 田原 大輔, 村上 英樹, 川原 範夫, 富田 勝郎, 臨床画像, 25, (8) 848 - 855,   2009年08月
  • 脊椎・脊髄神経手術手技 脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術 脊髄腹側圧迫例の一塊とした腫瘍椎体切除, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 脊椎・脊髄神経手術手技, 11, (1) 49 - 51,   2009年08月, 脊髄圧迫を認める脊椎腫瘍に対して椎体の一塊摘出法を考案し、T2-L1高位の18例に対して腫瘍脊椎骨全摘術を行った。手術は、頭尾側方向に十分なマージンを確保して前柱を切断し、腫瘍椎体を腹側に落とし込み硬膜との剥離を行い、人工椎体を前柱欠損部に挿入し脊柱を再建した。摘出標本は腫瘍の脊柱管内進展部分の被膜は保たれていた。平均観察期間38ヵ月現在、全例で局所再発や脊髄麻痺の増悪は認めず、術前に下肢麻痺があった14例で回復を認めた。
  • 下位腰椎の脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術 後方-前方合併アプローチ, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 吉岡 克人, 川口 真史, 笹川 武史, 岡本 義之, 竹内 孝之郎, 富田 勝郎, 大竹 裕志, 木村 圭一, 臨床整形外科, 44, (7) 675 - 680,   2009年07月, 下位腰椎の周囲には腹大動脈,下大静脈,左右総腸骨動静脈などの大血管群や腰仙骨神経叢が存在するため,同部位の脊椎腫瘍を腫瘍学的に切除するのは難しい.下位腰椎に発生した脊椎腫瘍に対して後方→前方合併アプローチによる腫瘍脊椎骨全摘術を施行した10例を検討した.後方→前方の2段階アプローチ,丁寧な神経根,大血管の剥離操作などを行うことで下位腰椎高位の椎体外に伸展した脊椎腫瘍に対しても,安全に腫瘍脊椎骨全摘術を行うことが可能であった.(著者抄録)
  • 仙骨前面の神経鞘腫に対するT-sawを用いた後方アプローチによる摘出術, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 吉岡 克人, 加藤 仁志, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (4) 983 - 984,   2009年07月, 症例1(46歳女性)。右下肢の痺れを自覚し、前医で仙骨腫瘍を指摘され、著者らの施設へ紹介受診となった。腫瘍はL5、S1レベルの脊柱管から右S1前仙骨孔を経て仙骨前面に腫瘤を形成していた。治療は後方より腰椎から仙骨にわたる脊柱管内の腫瘍を摘出後、Diamond T-sawを用いて仙骨外側と前仙骨孔間を切離して仙骨外側部を一塊に摘出し、良好な視野のもとで腫瘍を全摘後に仙骨外側部を還納した。症例2(38歳男性)。左下肢痛で仙骨腫瘍を指摘され、著者らの施設へ紹介受診となった。腫瘍はL4レベルの硬膜内と左S1神経にそって仙骨前面に存在しており、後方よりL4レベルの腫瘍を還納式椎弓形成術を用いて摘出、次いで症例1と同様の手技で腫瘍を全摘した。症例3(70歳女性)。腰痛と左下肢痛で仙骨腫瘍を指摘され、著者らの施設へ紹介受診となった。腫瘍はS1神経より発生し仙骨前面に腫瘤を形成していた。治療は症例1と2同様の手技で腫瘍を全摘した。
  • 脊椎転移癌における隣接椎骨への進展様式の病理学的検討, 笹川 武史, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (4) 989 - 990,   2009年07月, 脊椎転移癌における隣接椎骨への進展様式の病理学的検討を行った。対象は2005年8月〜2007年4月までに腫瘍脊椎骨全摘術が行なわれ、椎体外へ進展した脊椎転移癌20例(男性11例、女性9例・平均年齢54.7歳)で、原発腫瘍は腎癌5例、甲状腺癌、肺癌各4例、肝細胞癌、乳癌各2例、脂肪肉腫、平滑筋肉腫、骨肉腫各1例であった。摘出椎体における腫瘍の進展経路を調査した結果、腫瘍は全例連続性を持って椎体外へ進展しており、最も頭尾側まで進展していた経路は、1)後縦靱帯の外側部で進展18例、2)椎体側方の傍椎体部で進展1例、3)変性していた椎間板を貫通して進展1例であった。尚、後縦靱帯の外側部で進展では線維輪と後縦靱帯の結合部を破壊しており、後縦靱帯を後方に押し上げながら頭尾側方向へ進展していた。また、後縦靱帯外側部で硬膜外に進展した腫瘍の1例では椎体内の腫瘍が前内椎骨静脈叢に入り腫瘍塞栓を来していた。
  • 左大腿部の痺れの原因は、馬尾神経腫瘍?腰椎椎間板ヘルニア?, 竹内 孝之郎, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 笹川 武史, 岡本 義之, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (4) 1053 - 1053,   2009年07月
  • 【整形外科疾患におけるinterventional radiology】 腫瘍脊椎骨全摘術における出血対策 複数椎高位(3対)の術前分節動脈塞栓, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 上田 康博, 松井 修, 眞田 順一郎, 関節外科, 28, (6) 720 - 724,   2009年06月, 腫瘍脊椎骨全摘術(TES)においては出血対策として腫瘍栄養動脈塞栓術、低血圧麻酔、術中のフィブリン糊硬膜外注入、脊椎分節動脈の愛護的な処置などが行われてきたが、多大な出血量となることも多かった。そこで新たな出血対策として腫瘍栄養動脈のみならず腫瘍椎体を中心とした3対の分節動脈の閉塞後にTESを施行した36症例を対象に術中出血量について検討した。対象を術前に腫瘍栄養動脈のみ塞栓した18例(A群)と腰椎椎骨とその頭尾側隣接椎骨の分節動脈を塞栓した18例(B群)の2群に分け比較検討した。その結果、術中出血量はA群1530〜5950・平均2612g、B群375〜2550・1406gと有意に3対分節動脈塞栓群で少なかった。全例で塞栓術後に麻痺の出現や悪化した症例はなく、手術時間は両群間に有意差を認めなかった。以上より、腫瘍椎骨及び隣接椎骨の脊椎分節動脈を塞栓又は結紮することにより、脊髄虚血による脊髄症外を引き起こすことなく腫瘍椎骨全摘術の出血量を著明に減少させることが可能であった。
  • 甲状腺癌脊椎転移例に対する術式選択, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (3) 545 - 546,   2009年05月, 甲状腺癌脊椎転移例に対する術式別の局所再発、予後を検討した。手術を行った24例を対象とした。5年生存率は、手術時、主要臓器転移なし群(15例):86%、主要臓器転移あり群(9例):29%で、両群間に有意差がみられた。術式別ではDebulking surgery(12例):54%、腫瘍脊椎全摘術(TES・12例):75%で、有意差はないものの、TESの方が高い傾向を示した。主要臓器転移がなく、生命予後が良好であった14例の局所再発を術式別に比較したところ、Debulking surgeryは7例中5例に認めた。TESは7例中1例であった。甲状腺癌脊椎転移症例の予後は長期に及び、主要臓器転移のない場合は、初回手術において可能な限り根治切除(En bloc excision)を行うのが望ましいと考えられた。
  • 脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術 脊柱管内腫瘍進展例に対して, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 大竹 浩志, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 20, (1) 256 - 256,   2009年03月
  • 中下位腰椎高位の腫瘍脊椎骨全摘術 後方→前方アプローチ, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 20, (1) 257 - 257,   2009年03月
  • 脊椎osteoblastomaに対する治療経験, 竹内 孝之郎, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 渡部 公正, 吉岡 克人, 笹川 武史, 川口 真史, 岡本 義之, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 20, (1) 259 - 259,   2009年03月
  • 脊椎骨巨細胞腫に対する病理学的検討, 岡本 義之, 川原 範夫, 村上 英樹, 村田 淳, 出村 諭, 吉岡 克人, 笹川 武史, 川口 真史, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 20, (1) 260 - 260,   2009年03月
  • 甲状腺癌脊椎転移例に対する手術術式の検討, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 吉岡 克人, 川口 真史, 笹川 武史, 岡本 義之, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 20, (2) 567 - 567,   2009年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術(TES)におけるAdamkiewicz動脈の結紮が脊髄機能に及ぼす影響, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 松井 修, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 20, (2) 573 - 573,   2009年03月
  • 脊椎転移癌における隣接椎骨への進展様式 腫瘍脊椎骨全摘術標本の病理学的検討から, 吉岡 克人, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 川口 真史, 笹川 武史, 岡本 義之, 竹内 孝之郎, 山口 岳彦, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 20, (2) 574 - 574,   2009年03月
  • 脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術 脊髄腹側圧迫例の一塊とした腫瘍椎体切除, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 日本整形外科学会雑誌, 83, (3) S541 - S541,   2009年03月
  • 下位腰椎高位の脊椎腫瘍に対する腫瘍椎骨全摘術 後方→前方アプローチ, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 論, 大竹 裕志, 日本整形外科学会雑誌, 83, (3) S541 - S541,   2009年03月
  • 仙骨前面の神経鞘腫に対するT-sawを用いた後方アプローチによる摘出術, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 吉岡 克人, 加藤 仁志, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (春季学会) 113 - 113,   2009年03月
  • 脊椎転移癌における隣接椎骨への進展様式の病理学的検討, 笹川 武史, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (春季学会) 114 - 114,   2009年03月
  • 脊椎手術における術中、術後の凝固・線溶系マーカーの変動 可溶性フィブリンモノマー複合体に着目して, 吉岡 克人, 加畑 多文, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (春季学会) 128 - 128,   2009年03月
  • 既存椎体骨折による後彎変形が隣接椎体におよぼす力学的影響 有限要素解析を用いた研究, 岡本 義之, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (春季学会) 133 - 133,   2009年03月
  • 8椎体に及ぶ広範な胸腰椎カリエスの手術経験, 加藤 仁志, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 岡山 忠樹, 吉岡 克人, 川口 真史, 富田 勝郎, 臨床整形外科, 44, (2) 213 - 217,   2009年02月, 8椎体に及ぶ胸腰椎カリエスを経験した.症例は中国籍の32歳の女性だった.背部痛の出現から1年後に脊椎カリエスと診断され,化学療法の効果なく手術となった.CT,MRIでT7からL2まで及ぶ椎体破壊と椎体周囲膿瘍を認めた.手術は右開胸を2ヶ所で行い,8椎体に及ぶ病巣を掻爬した.反対側の椎体周囲膿瘍も椎体前方より掻爬できた.2週間後に脊柱の補強を目的に,椎弓根スクリューの挿入高位のみ皮膚切開を行い,病巣範囲外で後方インストゥルメンテーションを追加した.術後1年6ヵ月の現在,後彎の進行なく脊椎固定部は骨癒合し,脊椎カリエスは鎮静化している.(著者抄録)
  • 【外傷性頸部症候群】 外傷性頸部症候群の手術療法(前方法を中心に), 村上 英樹, 川原 範夫, 富田 勝郎, Orthopaedics, 22, (2) 43 - 47,   2009年02月, ケベック分類0〜IIのいわゆる"むち打ち損傷"に対しては、前方固定術が有用であるとするevidenceはなく、むしろ禁忌と考えるべきである。ケベック分類IIIでは、神経学的徴候が根症状の場合には保存的治療が基本である。しかし、保存的治療に抵抗するものは手術適応となる。手術は根症状を引き起こしている原因神経根の除圧を行う。神経根の除圧は前方法でも後方法でも良い。ケベック分類IIIの中でも神経学的徴候が脊髄症状であるいわゆる非骨傷性頸髄損傷の場合、脊髄への圧迫因子が存在する症例には除圧術を行う。除圧術は後方からの椎弓形成術が適応となるが、狭窄が単椎間の場合には前方除圧固定術の適応である。また、頸椎の不安定性があれば前方固定術を早期に施行する。骨折または脱臼を伴うケベック分類IVは手術の絶対適応である。椎体破裂骨折の場合、前方から破裂椎体を亜全摘し、2椎間の前方固定術を行う。脱臼骨折の場合、後方から整復し、pedicle screwとrodによって強固に固定する。ただし、術前MRIで椎間板ヘルニアのある症例や整復時に椎間板の脱出が危惧される症例では、さらに前方除圧固定術を加える。(著者抄録)
  • 脊椎転移癌における隣接椎骨への進展様式の病理学的検討, 吉岡 克人, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 田中 宏幸, 川口 真史, 笹川 武史, 岡本 義之, 山口 岳彦, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 83, (2) S11 - S11,   2009年02月
  • Rapid growth cancerの脊椎転移に対しTESの適応はあるのか, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 小田 誠, 松本 勲, 谷 卓, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 83, (2) S11 - S11,   2009年02月
  • 甲状腺癌脊椎転移例に対する術式選択, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 吉岡 克人, 川口 真史, 岡本 義之, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 83, (2) S13 - S13,   2009年02月
  • 外傷性頚部症候群の手術療法(前方法を中心に),   2009年
  • ヘルニアが再発 手術すべきか,   2009年
  • 足がつって目が覚める,   2009年
  • Adamkiewicz動脈高位を含む脊椎分節動脈の結紮による脊髄血流および機能への影響 犬を用いた実験的研究, 加藤 仁志, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 川口 真史, 湯上 博, 富田 勝郎, 脊髄機能診断学, 30, (1) 70 - 77,   2009年01月, イヌを用い、Adamkiewicz動脈の高位において、脊髄虚血性障害を引き起こす分節動脈結紮を検討した。対象を両側1対(L-5)結紮群、両側2対(L4-5)結紮群、両側3対(L4-6)結紮群、両側4対(L3-6)結紮群、コントロール群に分け、結紮後10時間までの脊髄血流量と脊髄機能を評価した。結紮10時間後の脊髄血流量は、1対・2対・3対結紮群(各3頭)はコントロール群(3頭)の76.1%、66.6%、61.4%に保たれ、脊髄刺激誘発電位(SCEP)、脊髄刺激筋誘発電位(CMAP)ともに正常値を示した。運動障害も認められなかった。しかし、4対結紮群(3頭)の脊髄血流量はコントロール群の52.5%に低下し、1頭のSCEP、CMAPに異常値を認めた。1頭には後肢・尾の不全麻痺を認めた。Adamkiewicz動脈高位においても、両側3対までの分節動脈結紮は安全であるが、4対以上では虚血性脊髄障害を引き起こす危険性があると考えられた。
  • 環軸椎亜脱臼の進行によりrespiratory quadriparesisを呈した関節リウマチの1例, 藤田 健司, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 田中 宏幸, 吉岡 克人, 笹川 武史, 川口 真史, 岡本 義之, 富田 勝郎, 辻 俊一, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, (1) 269 - 269,   2009年01月
  • 外傷性頸部症候群, 馬場 久敏, 田口 敏彦, 米 和徳, 小澤 浩司, 金岡 恒治, 遠藤 健司, 小谷 善久, 村上 英樹, 小久保 安朗, 彌山 峰史, 星野 雄一, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 19, (4) 659 - 668,   2008年12月
  • 硬膜外静脈叢の出血対策 腫瘍脊椎骨全摘術におけるフィブリン糊硬膜外腔注入法, 川原 範夫, 富田 勝郎, 水野 勝則, 村上 英樹, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 19, (4) 730 - 732,   2008年12月, 腫瘍脊椎骨全摘術における硬膜外静脈叢の出血対策としてフィブリン糊硬膜外腔注入法を紹介し、成績を報告した。フィブリン糊注入は、en bloc laminectomyの後、19Gベニューラ針を椎弓切除部位の頭尾側の硬膜管の腹側に挿入し、それぞれ1.5mlずつ用手的on shotで行った。胸椎高位で1椎骨に対し全摘術施行した10例(A群)に本法を施行し、非処置10例(B群)と比較した。術中のen bloc laminectomy直後からen bloc corpectomy終了までの出血量はA群平均560g、B群1070gであった。B群では全例で切断端の硬膜外腔から相当量の出血を来たし、ゼルフォームやアビテンなどのパッキングを要した。A群では硬膜外腔からの出血はフィブリン糊注入後著明に減少し、椎体切断時もほとんどなかった。脊髄モニタリングでは、注入前後で波形の変化はなく、術後麻痺の悪化を来たした症例もなかった。脊髄造影を行った5例では、注入部位での硬膜圧迫は認めなかった。
  • Atlantoaxial subluxationを認めないRetro-odontoid pseudotumorの1例, 田中 慎吾, 中田 光俊, 林 裕, 毛利 正直, 村上 英樹, 川原 範夫, 濱田 潤一郎, 脊髄外科, 22, (2) 158 - 158,   2008年12月
  • 先天性胸椎前側彎症に対して矯正固定術を施行した1例, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 関野 陽一, 加藤 仁志, 岡山 忠樹, 吉岡 克人, 川口 真史, 富田 勝郎, 脊柱変形, 23, (1) 49 - 54,   2008年12月
  • 脊椎圧迫骨折による後彎を考慮した脊柱の筋骨格力学解析, 坂本 二郎, 村上 英樹, 川原 範夫, 富田 勝郎, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, 29,   2008年11月, 骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折が原因で起こる脊柱後彎が脊柱の負荷に及ぼす影響について検討するため、AnyBody Modeling Systemを用いて脊柱周囲の筋骨格力学解析を行った。圧迫骨折により後彎した脊柱の筋骨格モデルと、骨折のない健常な脊柱の筋骨格モデルを作製し、これらが直立姿勢をとったときの筋力と各椎間関節に作用する力を解析によって求め、モデル間で比較した。結果、健常モデルの立位姿勢においては体幹部で主に4つの筋肉によって姿勢が保たれていることがわかった。脊柱後彎モデルにおける代償姿勢では、主要な筋肉の負荷は低下する一方で、関節に作用する負荷は最大で30%以上も増加し、骨折した椎体の隣接椎体に圧迫骨折を引き起こす危険性を高めていることが明らかになった。
  • 【脊椎感染症 最新知識の整理】 脊椎感染症Q&A 結核性脊椎炎(TB)と化膿性脊椎炎(pyogenic)でabscessの画像に特徴はあるのか?, 村上 英樹, 脊椎脊髄ジャーナル, 21, (11) 1139 - 1140,   2008年11月
  • 先天性無痛無汗症によるCharcot spineに対し脊柱再建術を行った姉弟例, 田中 宏幸, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 岡山 忠樹, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (6) 1121 - 1122,   2008年11月, 症例1(8歳男性、弟)。生後6ヵ月に先天性無痛無汗症と診断され、腰部の変形、右下肢しびれ、筋力低下が出現し、著者らの受診となった。症例2(30歳女性、姉)。生後に先天性無痛無汗症と診断され、腰部の鈍痛ならびに右大腿前面のしびれが出現し、著者らの施設へ受診となった。両症例とも画像所見により先天性無痛無汗症によるCharcot spineと診断され、症例1は後方侵入にてL4-S1間の脊椎固定術が行われ、症例2は後方侵入にてL3/4間の脊椎固定術が行われた。その結果、症例1は術後10ヵ月で骨癒合が得られたが、術後6年よりL2/3間の不安定性と椎体の破壊が急激に進行し、両下肢がほぼ完全麻痺となったため、L2/3間の脊椎固定術を行い、再手術後9ヵ月で骨癒合が得られ、独歩可能となった。一方、症例2は術後7ヵ月で骨癒合が得られたが、術後2年8ヵ月でS1スクリューの緩みが出現し、L5/S間の不安定性が増大したため、再手術が行われたが、術後2年で骨癒合が得られず、ロッドが破損したため、第3回手術にてL5/S間の前方固定を行い、第3回術後10ヵ月で骨癒合が得られた。
  • 脊髄除圧術後の機能回復期における歩行能力改善経過と下肢協調運動障害 脊椎腫瘍による胸髄圧迫性対麻痺例での検討, 八幡 徹太郎, 前田 眞一, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 土屋 弘行, 富田 勝郎, 臨床整形外科, 43, (10) 1039 - 1045,   2008年10月, 脊髄硬膜外病変による亜急性脊髄圧迫のため対麻痺・歩行困難となった患者では,脊髄除圧術後において下肢筋力が十分回復しても,それと同時には歩行可能とならないことが多い.本研究では,脊椎腫瘍による胸髄圧迫性対麻痺22例を対象に,後方視的に脊髄除圧術後6ヵ月までの歩行能力,筋力,協調運動障害(痙性,運動失調)の経過を調べた.その結果,下肢筋力の回復は術後平均1ヵ月に対し,実用歩行達成は術後平均3ヵ月であった.筋力回復後には失調歩行の持続例が多かった.運動失調のタイプは後索性と非後索性が半々であった.(著者抄録)
  • 既存椎体骨折が隣接椎体におよぼす力学的影響, 村上 英樹, 川原 範夫, 桜井 祐輔, 水尾 大志, 坂本 二郎, 岡本 義之, 富田 勝郎, Osteoporosis Japan, 16, (Suppl.1) 181 - 181,   2008年10月
  • 難治脊椎感染症に対する大網移植, 白石 龍哉, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 岡山 忠樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 川口 真史, 富田 勝郎, 臨床整形外科, 43, (9) 929 - 933,   2008年09月, 難治脊椎感染症3例に対して,病巣掻爬,骨移植に加えて大網移植を行い,治癒を得た.有茎大網を用いることで,死腔が充填されるだけでなく,周囲組織からの豊富な血流を得ることができる.その結果,浸出液の吸収,浮腫の改善,感染への抵抗性の増強などの効果が得られる.さらに骨の血行再建により,早期のリモデリングも期待される.有茎大網移植は,難治脊椎感染症の治療法として有効な手段である.(著者抄録)
  • 前後アプローチを必要とした頸胸移行部脊椎骨巨細胞腫, 吉岡 克人, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 川口 真史, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (5) 1023 - 1024,   2008年09月, 42歳男性。患者は第2胸椎原発頸胸移行部脊椎骨巨細胞腫と診断された。所見では腫瘍によりTh2の椎体は圧潰し、脊髄を前方から圧迫するための下肢麻痺で起立不能、膀胱障害が認められた。CT所見では腫瘍はTh1〜Th3レベルで椎体前方の上縦隔まで発育し、食道・大動脈弓・左鎖骨下動脈・総頸動脈・左椎骨動脈・迷走神経などを圧排していた。手術はまず前方アプローチで胸骨近位1/3を縦割りし、腫瘍の下縁(Th3/4)まで直視下に剥離後、後方アプローチで腫瘍切除および後方固定が行なわれた。術中右C8、Th1神経根は剥離可能で温存できたが、腫瘍に巻き込まれていた左Th1、2、3ならびに右Th2、3神経根は切離し、Th1〜3椎体を腫瘍と共にen blocに摘出した。病理所見では前方と椎体上下の切除断端は陰性であった。目下、術後11ヵ月経過で左握力の軽度低下を認めるが日常生活に支障なく、下肢麻痺は改善して独歩可能であり、腫瘍再発は認められていない。
  • 甲状腺癌脊椎転移例に対する術式選択, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (秋季学会) 151 - 151,   2008年09月
  • 頸胸椎移行部黄色靱帯内血腫の1例, 三輪 真嗣, 小林 忠美, 横川 明男, 西村 立也, 五十嵐 健太郎, 村上 英樹, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (秋季学会) 234 - 234,   2008年09月
  • Adamkiewicz動脈高位を含む脊椎分節動脈の結紮による脊髄血流および機能への影響 イヌを用いた実験的研究, 加藤 仁志, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 82, (8) S910 - S910,   2008年08月
  • Rapid growth cancer(肺癌と肝癌)の脊椎転移に対する腫瘍脊椎骨全摘術(TES)の成績, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 小田 誠, 松本 勲, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (4) 593 - 596,   2008年07月, 肺癌の脊椎転移に対し腫瘍脊椎骨全摘術(TES)を施行した6例(A群)と、肝細胞癌の脊椎転移に対しTESを施行した6例(B群)を対象に、手術成績、術後1日目のIL-6値および予後を比較した。B群はA群に比較して、術中出血量が約3倍、手術時間も約2時間長く、手術侵襲が大きかった。また、手術侵襲を反映する術後1日目のIL-6値もA群の約3倍であった。A群の生存期間は平均26.5ヵ月で、術後合併症と突然死により死亡した2例を除いて4例が術後24〜50ヵ月経過した現在も生存中である。B群の生存期間は平均12.3ヵ月で、5例が術後早期(9ヵ月以内)に死亡し、原因は多臓器転移2例、肝内再発1例、多発骨転移1例、局所再発1例であった。B群では手術侵襲が大きくなることで、周術期に癌免疫能が低下し、術後早期から多臓器転移や肝内再発をきたした可能性が考えられ、A群の方が有意に予後が良好なことが明らかになった。
  • 【他臓器癌の脊椎・脊髄への転移 その診断のコツとpitfall】 癌脊椎転移の病理診断 組織所見からわかること, 山口 岳彦, 吉岡 克人, 村上 英樹, 川原 範夫, 富田 勝郎, 脊椎脊髄ジャーナル, 21, (7) 755 - 761,   2008年07月
  • 【他臓器癌の脊椎・脊髄への転移 その診断のコツとpitfall】 転移性脊椎・脊髄腫瘍の治療 手術治療・放射線治療・椎体形成術の適応の考え方 転移性脊椎腫瘍, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 高仲 強, 香田 渉, 小林 健, 松井 修, 脊椎脊髄ジャーナル, 21, (7) 762 - 770,   2008年07月
  • 胸腰椎破裂骨折・脱臼骨折に対する後方進入除圧・整復・椎体間固定術の治療成績, 笹川 武史, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (4) 771 - 772,   2008年07月, 胸腰椎破裂骨折および脱臼骨折について硬膜損傷を疑い、アライメント矯正が必要と判断した11例(年齢19〜63歳)を対象に経過観察期間3〜106ヵ月(平均23ヵ月)間における治療成績とその有用性を検討した。損傷高位はTh12が1例、L1が2例、L2が4例、L3が3例、L4が1例でDennis分類では破裂骨折type Bが7例、type Cが1例、脱臼骨折type Aが3例であった。Frankel分類では、術前よりFrankel Eであった1例を除き、9例は改善し1例は不変であった。局所後彎角は術前平均14.1°が術後平均-8.7°となり最終調査時の平均は-7.4°で矯正損失はほとんど認めず、また骨癒合は全例で認めinstrumentation failure の合併症は認めなかった。硬膜損傷の3例は全例で硬膜縫合可能であった。以上より、本術式は術後の矯正損失が無く、神経に対して安全に除圧操作や硬膜損傷の処置、アライメントの矯正が可能である点において有用性があると考えた。
  • 胸椎OPLLに対する脊髄全周除圧術におけるgutterを利用した前方除圧の骨切除量の検討, 岡山 忠樹, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (4) 787 - 788,   2008年07月, 2006年10月〜2007年9月間の胸椎OPLLに対し、支柱骨移植を行っていない前方除圧術を施行した5例(男3例、女2例、平均年齢48.8歳、除圧椎体17椎体、平均観察期間7.7ヵ月)について椎体骨切除量、術後後彎損失の有無、椎体圧潰の有無を検討した。各症例とも骨切除量は概ね約20〜30%となり平均27%であった。術後後彎角の矯正損失は平均1.5°であった。また椎体・圧潰症例は認めなかった。以上より胸椎OPLLに対する脊髄全周除圧術において、後方手術時に作成するgutterの利用による前方除圧術施行時の椎体骨切除量は平均27%と少量になった。
  • 【胸椎後縦靱帯骨化症の治療 最近の進歩】 胸椎後縦靱帯骨化症に対する手術成績に影響を与える因子の検討 多施設後ろ向き研究, 松本 守雄, 千葉 一裕, 戸山 芳昭, 竹下 克志, 星地 亜都司, 中村 耕三, 有水 淳, 藤林 俊介, 平林 茂, 平野 徹, 岩崎 幹季, 金岡 恒治, 川口 善治, 井尻 幸成, 前田 健, 松山 幸弘, 三上 靖夫, 村上 英樹, 永島 英樹, 永田 見生, 中原 進之介, 野原 裕, 岡 史朗, 阪本 桂造, 猿橋 康雄, 笹生 豊, 清水 克時, 田口 敏彦, 高橋 誠, 田中 靖久, 谷 俊一, 徳橋 泰明, 内田 研造, 山本 謙吾, 山崎 正志, 横山 徹, 吉田 宗人, 西脇 祐司, 臨床整形外科, 43, (6) 531 - 538,   2008年06月, 胸椎後縦靱帯骨化症(OPLL)に対する34施設の多施設後ろ向き研究調査の結果を報告した.症例は手術後1年以上の追跡調査が可能であった154例(男性62例,女性92例,平均年齢56.8歳)である.JOAスコアの平均改善率は37%であり,modified Frankel分類で一段階以上の改善が得られた症例は107例(69.5%)であり,手術により一定の改善が得られていた.成績に関与する因子はインストゥルメンテーションの併用,上位胸椎部のOPLLであった.術後脊髄症状の悪化18例(11.7%),硬膜損傷・髄液漏34例(22.1%)などの合併症の発生が多くみられた.(著者抄録)
  • 【胸椎後縦靱帯骨化症の治療 最近の進歩】 胸椎後縦靱帯骨化症に対するdekyphosisを加えた脊髄全周除圧術, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 岡山 忠樹, 出村 諭, 羽藤 泰三, 臨床整形外科, 43, (6) 563 - 569,   2008年06月, 胸椎の後縦靱帯骨化(OPLL)に対する脊髄全周除圧術において,第1ステップでわれわれは若干の胸椎後彎の矯正(dekyphosis)を加えている.このdekyphosisにより脊髄は後方移動し,第2ステップの前方手術では,OPLL切除をより安全に行うことができ,また,除圧範囲が限定されるためless invasiveな前方手術が可能となった.われわれの考案したdekyphosisを加えた脊髄全周除圧術は手間のかかる二期的手術ではあるが,現在の胸椎OPLLに対する手術の中で,最も安全・確実で,かつ最大限に脊髄の回復が期待できる術式と考えている.(著者抄録)
  • 脊椎巨細胞腫に対する腫瘍脊椎骨全摘術, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 村上 英樹, 出村 諭, 吉岡 克人, 山口 岳彦, 日本整形外科学会雑誌, 82, (6) S757 - S757,   2008年06月
  • 脊椎転移癌における隣接椎骨への進展様式の病理学的検討 根治切除縁決定のために, 吉岡 克人, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 岡山 忠樹, 川口 真史, 笹川 武史, 富田 勝郎, 山口 岳彦, 日本整形外科学会雑誌, 82, (6) S763 - S763,   2008年06月
  • 先天性無痛無汗症によるCharcot spineに対し脊柱再建術を行った姉弟例, 田中 宏幸, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 岡山 忠樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 笹川 武史, 川口 真史, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (3) 588 - 588,   2008年05月
  • 骨粗鬆症性椎体における薬物療法の力学的効果, 村上 英樹, 川原 範夫, 坂本 二郎, 桜井 佑輔, 田原 大輔, 尾田 十八, 富田 勝郎, Osteoporosis Japan, 16, (2) 287 - 292,   2008年04月, 二重エネルギーX線吸収測定法(DXA)において腰椎骨密度YAM値70%未満骨粗鬆症女性4名(53〜72歳)を対象に、ビスフォスフォネートと活性型ビタミンD3投与により骨粗鬆症椎体の力学的特性が経時的に改善するか三次元有限要素モデルを作成、コンピュータ解析で検討した。4例のL1YAM値は治療前、1年・2年・3年内服後で51・56・55・56、61・66・76・80、46・51・52・50、54・71・61・69、骨密度は3年で4〜19%上昇した。骨代謝マーカーは3例で投薬前には骨吸収が亢進したが内服によりマーカーは改善し内服2年以内に正常値となった。1例は投薬前から骨吸収は亢進していなかったが内服によりマーカー値は投薬前より改善した。有限要素解析の結果、各症例のひずみはいずれも経年的に小さくなった。両薬の内服は骨粗鬆症椎体骨密度改善のみでなく力学的に椎体全体のひずみ分布を改善し力学的強度を向上し骨折を抑制した。
  • 【腰部脊柱管狭窄症up-to-date】 基礎編 概念・分類・病態・最新研究 腰椎変性すべり症の病態, 出村 諭, 富田 勝郎, 川原 範夫, 村上 英樹, 脊椎脊髄ジャーナル, 21, (4) 285 - 291,   2008年04月
  • 手術治療を行った脳表ヘモジデリン沈着症の2例, 川口 真史, 川原 範夫, 村上 英樹, 富田 勝郎, 池田 篤平, 能登 大介, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (春季学会) 30 - 30,   2008年03月
  • 胸腰椎破裂骨折・脱臼骨折に対する後方進入除圧・整復・椎体間固定術の治療成績, 笹川 武史, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (春季学会) 94 - 94,   2008年03月
  • 胸椎OPLLに対する脊髄全周除圧術におけるgutterを利用した前方除圧の骨切除量の検討, 岡山 忠樹, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (春季学会) 99 - 99,   2008年03月
  • Rapid growth cancer(肺癌と肝癌)の脊椎転移に対する腫瘍脊椎骨全摘術(TES)の成績, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 小田 誠, 松本 勲, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (春季学会) 144 - 144,   2008年03月
  • 前後アプローチで全切除しえた頸胸移行部脊椎骨巨細胞腫, 吉岡 克人, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 川口 真史, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (春季学会) 145 - 145,   2008年03月
  • 8椎体に及ぶ広範な胸腰椎カリエスの治療経験, 加藤 仁志, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 林 雅之, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (春季学会) 165 - 165,   2008年03月
  • 先天性無痛無汗症によるCharcot spineに対し、脊柱再建術を行った姉弟例, 田中 宏幸, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 岡山 忠樹, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (春季学会) 166 - 166,   2008年03月
  • 脊髄全周除圧術(360°) 危険性と安全性のハザマで, 富田 勝郎, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 19, (2) 211 - 211,   2008年03月
  • 胸椎OPLLに対する脊髄全周除圧術における"Dekyphosis stabilization"の利点, 岡山 忠樹, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 川口 真史, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 19, (2) 249 - 249,   2008年03月
  • Adamkiewicz動脈を含む脊椎分節動脈の結紮による脊髄血流および脊髄機能への影響 犬を用いた実験的研究, 加藤 仁志, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 岡山 忠樹, 吉岡 克人, 川口 真史, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 19, (2) 473 - 473,   2008年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における出血対策 複数椎高位の術前分節動脈塞栓, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 論, 上田 康博, 加藤 仁志, 眞田 順一郎, 松井 修, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 19, (2) 474 - 474,   2008年03月
  • 両椎骨動脈をまきこんでいる骨巨細胞腫再発例に対する全切除の経験, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 加藤 仁志, 岡山 忠樹, 吉岡 克人, 川口 真史, 濱田 潤一郎, 内山 尚之, 吉崎 智一, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 19, (2) 475 - 475,   2008年03月
  • 肺癌脊椎転移に対する腫瘍脊椎骨全摘術(TES) 肺癌転移でも必ずしも予後不良とは限らない, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 吉岡 克人, 小田 誠, 松本 勲, 笠原 寿郎, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 19, (2) 477 - 477,   2008年03月
  • 脊椎転移癌に対する手術選択とその成績, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 岡山 忠樹, 吉岡 克人, 川口 真史, 日本整形外科学会雑誌, 82, (3) S417 - S417,   2008年03月
  • 脊椎後方要素に発生した好酸球性肉芽腫の2例, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 犀川 太, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (2) 251 - 252,   2008年03月, 症例1:11歳女。背部痛を主訴とした。CTで右第10胸椎椎弓根から肋横突起にかけて骨透亮像を認め、MRIではT1強調像で低〜等信号、T2強調像で高信号、Gdで著明に増強される腫瘍性病変を認め、右椎弓根から後方への骨外進展がみられた。生検病理診断は好酸球性肉芽腫であった。その後腫瘍は自然消退し、2年経過して再発はない。症例2:19歳女。背部痛、両下肢のしびれ感を主訴とした。CTで右第11胸椎椎弓根に骨透亮像を認め、MRIではT1強調像で等信号、T2強調像で高信号、Gdで均一に造影される腫瘍性病変を認めた。腫瘍は脊柱管内、傍脊柱に存在し、硬膜管を後方より圧排していた。生検病理診断は好酸球性肉芽腫であった。腫瘍は自然縮小し、症状も消失したが、1年後に発熱、左側の肩・股関節・頭部痛が出現し、骨シンチで頭蓋骨・肩甲骨・臼蓋部に集積を、MRIでも多発性病変を認めた。VBL+6MP+MTXによる化学療法および放射線治療を行い、2年経過して骨シンチ上の集積は低下し、腫瘍像もほぼ消失した。
  • アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頸髄症に対する後方除圧固定術の治療成績, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 那須 渉, 加藤 仁志, 岡山 忠樹, 吉岡 克人, 川口 真史, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 82, (2) S164 - S164,   2008年02月
  • 易出血傾向を有する肝細胞癌の脊椎転移に対しても腫瘍脊椎骨全摘術は可能か, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 上田 康博, 飯田 宏, 山下 竜也, 谷 卓, 松井 修, 山本 健, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 82, (2) S263 - S263,   2008年02月
  • 複数対の両側脊椎分節動脈結紮が脊髄機能に及ぼす影響 犬を用いた実験的研究, 藤巻 芳寧, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 上田 康博, 湯上 博, 富田 勝郎, 脊髄機能診断学, 29, (1) 40 - 46,   2008年02月, 両側3、4、5、7対の分節動脈を結紮した時の脊髄血流量の変化と脊髄機能を、成犬を用いて測定した。コントロール群(結紮なし)、両側3対結紮群、両側4対結紮群、両側5対結紮群、両側7対結紮の5グループに分け、脊髄血流の測定と電気生理学的評価を行った。結紮10時間後の脊髄血流量は3対:80.7±5.1%、4対:71.5±5.1%、5対:44.3±3.2%、7対:25.0±3.6%であった。脊髄刺激脊髄誘発電位は5対の2匹と7対の3匹に、MEPは5対の1匹と7対の3匹に異常値を示した。術後1週間で5対の2匹と7対の5匹で脊髄障害が生じた。5対以上の両側分節動脈結紮は虚血性脊髄障害を生じる可能性が示唆された。
  • ビスフォスフォネート3年内服による骨粗鬆症性脊椎の骨強度改善―有限要素解析による検討―, 村上 英樹, 川原 範夫, 桜井 佑輔, 坂本 二郎, 田原 大輔, 尾田 十八, 富田 勝郎, Osteoporosis Japan, 16, (1) 37 - 39,   2008年01月, 骨粗鬆症の4症例(60、53、71、72歳)に3年間ビスフォスフォネートを連日投与し、骨粗鬆症性脊椎の力学的特性が経時的にどのように改善するかを、三次元有限要素モデルを作成し、コンピュータ解析で明らかにした。ビスフォスフォネートを内服することで、特に椎体内の海面骨でのひずみが明らかに低下し、ひずみの大きい骨折しやすい領域が顕著に減少していることが明らかになった。薬物療法により、椎体内部海面骨の骨密度分布を改善し、脊椎の荷重支持構造を強固にさせることで、脊椎骨の構造的なひずみ分布を改善し、骨折予防につながると考えられた。
  • イラストで見る整形外科疾患 椎間板ヘルニア,   2008年
  • 肝癌全切除・生体肝移植後の脊椎転移に対して腫瘍脊椎骨全摘術を施行した1例, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 飯田 宏, 谷 卓, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (1) 53 - 54,   2008年01月, 57歳男。肝硬変の既往があっため手術に際しては易出血性が問題となったが、肝機能はほぼ正常で易出血性は認めず、術中出血量は2390mlにとどまった。しかし予期せぬ合併症(術後腎障害や創傷治癒遅延)を認め、対応に苦慮した。腎障害の原因については、肝移植後に投与されてきた免疫抑制剤による潜在性の腎障害があったところに、術中出血に伴う一過性の腎虚血が加わり、さらに高用量の抗生剤(MEPM 2g/日)を使用したことも影響し、急性尿細管障害を生じたものと思われた。創傷治癒遅延の原因は、もともと糖尿病があったことに加え、急性尿細管障害に対して大量輸液を余儀なくされたため滲出液が多くなり、さらに低蛋白血症が持続したこと、免疫抑制剤の使用そのものと本剤による血糖コントロール不良が創傷治癒過程を障害したことなどが考えられた。腎障害は抗生剤の減量や利尿剤の増量、十分な補液により徐々に改善した。創傷治癒遅延に対しては術後2週時に創の再縫合を行い、治癒が得られた。
  • 胸椎後縦靭帯骨化症に対するdekyphosisを加えた脊髄全周除圧術,   2008年
  • 結核性脊椎炎(TB)と化膿性脊椎炎(pyogenic)でabscessの画像に特徴はあるのか?,   2008年
  • 第2回Asia Traveling Fellowship紀行記(北京、香港),   2008年
  • 【整形外科領域のIVR】 椎体腫瘍に対する経皮的椎体形成術, 香田 渉, 小林 健, 高仲 強, 松井 修, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 山田 圭輔, 武川 治水, IVR: Interventional Radiology, 23, (1) 14 - 19,   2008年01月
  • 脊椎に初発転移をきたした粘液型脂肪肉腫の1例, 加藤 仁志, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (1) 59 - 60,   2008年01月, 54歳男。4年前に右大腿部の粘液型脂肪肉腫に対して切除術を受け、今回、腰椎に転移した。3椎骨に及ぶ腫瘍であったが腫瘍脊椎骨全摘術を行うことで根治的治療が可能となり、術後10ヵ月の現在まで再発・転移は認めていない。本腫瘍の骨転移に対する局所検査ではMRIが有用、全身検査ではPETが有用であった。
  • 第7胸椎から第2腰椎までに及ぶ広範な脊椎カリエスの治療経験, 加藤 仁志, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 岡山 忠樹, 吉岡 克人, 川口 真史, 富田 勝郎, 林 雅之, 大場 泰良, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, (1) 185 - 185,   2008年01月
  • 【プライマリケアのための間欠跛行診療最前線】 神経性間欠跛行 治療 手術治療, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 富田 勝郎, 医薬ジャーナル, 43, (11) 2701 - 2706,   2007年11月, 腰部脊柱管狭窄症は加齢に伴って生じる退行変性により、脊柱管が狭小化し、その内部にある馬尾や神経根が圧迫を受けて発症する。人口の高齢化に伴い、年々増加傾向にある。腰部脊柱管狭窄で認められる臨床症状は、下肢の疼痛やしびれ感、間欠跛行などの症状や、腰痛、膀胱直腸障害など多彩である。今回、腰部脊柱管狭窄症に対する手術適応や術式の選択について紹介する。(著者抄録)
  • 仙腸関節性疼痛に対する簡便なブロック手技 X線透視や長い注射針は必要か?, 八幡 徹太郎, 米澤 幸平, 川原 範夫, 村上 英樹, 富田 勝郎, 日本腰痛学会雑誌, 13, (1) 242 - 242,   2007年11月
  • 血清サイトカイン(Interleukin-6)からみた脊椎手術侵襲度の評価, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 白石 龍哉, 加藤 仁志, 岡山 忠樹, 富田 勝郎, 日本腰痛学会雑誌, 13, (1) 243 - 243,   2007年11月
  • 大網移植を要した難治脊椎感染症の3例, 白石 龍哉, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 岡山 忠樹, 加藤 仁志, 富田 勝郎, 日本腰痛学会雑誌, 13, (1) 244 - 244,   2007年11月
  • 腫瘍性病変を疑われた腰椎椎間板ヘルニアの3例, 岡山 忠樹, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 白石 龍哉, 加藤 仁志, 富田 勝郎, 日本腰痛学会雑誌, 13, (1) 249 - 249,   2007年11月
  • 仙骨前面に発育した仙骨神経鞘腫に対するrecapping T-saw sacroplastyを用いた摘出術, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 白石 龍哉, 加藤 仁志, 岡山 忠樹, 富田 勝郎, 日本腰痛学会雑誌, 13, (1) 250 - 250,   2007年11月
  • 外傷性頸部症候群 最近の進歩 外傷性頸部症候群の治療, 田口 敏彦, 村上 英樹, 臨床整形外科, 42, (10) 1001 - 1005,   2007年10月, 外傷性頸部症候群に対しては,様々な治療法が行われており,いまだ確立されていないのが現状である.本症の多くは適度な期間の鎮痛剤やNSAIDsと適切な経過観察とで対応できるが,慢性化したものでは,治療に難渋することも事実である.本症の治療は様々な治療法を組み合わせて行われていることが多く,個々の治療法の有効性について検討することは非常に困難である.また,本症のように画像所見に乏しく疼痛が主体となる疾患では,EBMを求めるには難しい点も否めない.したがってここに紹介した論文のエビデンスレベルは必ずしも高くはないが,貴重な臨床研究を総括することは日常臨床においても,今後の治療法の進歩においても有用であり意味のあることと考え,外傷性頸部症候群の治療の検討を行った.(著者抄録)
  • ビスフォスフォネート3年内服による骨粗鬆症性脊椎の骨強度改善 有限要素解析による検討, 村上 英樹, 川原 範夫, 桜井 佑輔, 坂本 二郎, 田原 大輔, 尾田 十八, 富田 勝郎, Osteoporosis Japan, 15, (Suppl.1) 146 - 146,   2007年10月
  • 肝癌全切除・生体肝移植後の脊椎転移に対して腫瘍脊椎骨全摘術を施行した1例, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 飯田 宏, 谷 卓, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (秋季学会) 77 - 77,   2007年09月
  • 脊椎に初発転移をきたした粘液型脂肪肉腫の1例, 加藤 仁志, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (秋季学会) 79 - 79,   2007年09月
  • 脊椎後方要素に発生した好酸球性肉芽腫の2例, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (秋季学会) 129 - 129,   2007年09月
  • 各種難病の最新治療情報 胸椎後縦靱帯骨化症に対する最新の手術, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 難病と在宅ケア, 13, (5) 60 - 64,   2007年08月
  • 椎体原発悪性リンパ腫のMRI所見, 中村 功一, 蒲田 敏文, 松井 修, 村上 英樹, 川原 範夫, 野々村 昭孝, 臨床放射線, 52, (7) 899 - 905,   2007年07月, 椎体原発悪性リンパ腫5例(男性3例、女性2例、平均66.4歳)について、そのMRI所見を検討した。T1およびT2強調像矢状断像を全例、T1強調像水平断像1例、T2強調像水平断像4例、造影T1強調像水平断像あるいは矢状断像3例、ダイナミックT1強調像矢状断像を1例で施行した。MRI所見より、5例中3例(60%)で病変が一椎体に限局しており、2例(40%)で多椎体に及んでいた。また病変が椎体内に限局するものは5例中1例(20%)のみで、その他4例(80%)では骨外腫瘤形成がみられ、うち3例では脊柱管内進展の所見がみられた。信号強度や造影MRIでの増強効果、病変の進展形式など、椎体悪性リンパ腫に特異的といえるMRI所見は乏しかった。椎体に腫瘤形成を認める場合や多椎体に渡り異常信号を認める場合には、椎体原発の悪性リンパ腫も鑑別にあげる必要があると考えられた。
  • 人工硬膜による硬膜形成を必要とした脊髄腫瘍手術症例の検討, 川口 真史, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 白石 龍哉, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (4) 761 - 762,   2007年07月, 人工硬膜を使用した脊髄腫瘍手術症例12例を対象に、髄液漏の対処方法について検討した。その結果、髄液漏は8例(67%)で認めた。全例落下吸引、スパイナルドレナージのみで対処できた。なお、髄液漏による感染や症候性の偽性髄膜瘤などの合併症はみられなかった。
  • 髄内腫瘍が疑われた頸髄髄内病変の1例, 黒田 一成, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 白石 龍哉, 加藤 仁志, 岡山 忠樹, 吉岡 克人, 川口 真史, 富田 勝郎, 菊池 豊, 徳海 裕史, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (4) 790 - 790,   2007年07月
  • 乳癌脊椎転移手術例のprognostic scoreと予後との検討, 吉岡 克人, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 白石 龍哉, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (4) 667 - 668,   2007年07月, 乳癌脊椎転移27症例(平均年齢52.0歳)を対象に、現在用いられているprognostic scoreと予後を検討した。平均経過観察期間は5年9ヵ月で、prognostic scoreによって3群(2点群11例、3〜5点群11例、7点群5例)に分類した。1)Kaplan-Meier生存曲線では全体の5年生存率は42.3%であった。各群の5年生存率は、2点群55.6%、3〜5点群32%、7点群0%と有意差を認めた。7点群で2年以上生存した例はなかった。2)2点群で単発骨転移のみの9症例についてEn bloc excisionを施行した場合の局所コントロールについて調べた結果、経過観察中に平均2年8ヵ月で、8例に他の部位に新たな骨転移を来したが、手術部位での局所再発は来さなかった。3)27例中6例は転移脊椎に放射線治療を施行後に手術に至っていた。2例は放射線治療の効果がなく腰痛が持続したため、4例は放射線治療後いったんは軽快したが、再び同部位に疼痛や麻痺を来したために手術となっていた。尚、再発までの期間は平均3.1年であった。
  • 仙骨原発骨・軟部腫瘍に対する切除と再建 巨大神経鞘腫および巨細胞腫, 川原 範夫, 富田 勝郎, 土屋 弘行, 村上 英樹, 日本整形外科学会雑誌, 81, (6) S656 - S656,   2007年06月
  • 再発を来した骨巨細胞腫の治療経過の検討, 武内 章彦, 土屋 弘行, 川原 範夫, 山本 憲男, 村上 英樹, 山内 健輔, 丹沢 義一, 高田 宗知, 當銘 保則, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 81, (6) S744 - S744,   2007年06月
  • Invasive features of spinal osteosarcoma obtained from whole-mount sections of total en bloc spondylectomy, Hideki Murakami, Norio Kawahara, Hiroyuki Tsuchiya, Satoru Demura, Takehiko Yamaguchi, Katsuro Tomita, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE, 12, (3) 311 - 315,   2007年05月
  • Invasive features of spinal osteosarcoma obtained from whole-mount sections of total en bloc spondylectomy, Hideki Murakami, Norio Kawahara, Hiroyuki Tsuchiya, Satoru Demura, Takehiko Yamaguchi, Katsuro Tomita, JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE, 12, (3) 311 - 315,   2007年05月
  • 【高齢者の脊椎脊髄疾患】 高齢者の脊椎脊髄疾患に対する治療ポイント 腫瘍性疾患 脊椎腫瘍の治療 転移性脊椎腫瘍を中心に, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 富田 勝郎, 脊椎脊髄ジャーナル, 20, (5) 658 - 662,   2007年05月
  • 仙腸関節性疼痛に有用と考えられる簡便なブロック手技, 八幡 徹太郎, 米澤 幸平, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (3) 566 - 566,   2007年05月
  • 人工硬膜による硬膜形成を必要とした脊髄腫瘍手術症例の検討, 川口 真史, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 白石 龍哉, 加藤 仁志, 岡山 忠樹, 吉岡 克人, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (3) 566 - 566,   2007年05月
  • ビスフォスフォネートが骨粗鬆症性脊椎の骨強度に及ぼす効果, 村上 英樹, 川原 範夫, 桜井 佑輔, 坂本 二郎, 田原 大輔, 富田 勝郎, Osteoporosis Japan, 15, (2) 223 - 225,   2007年04月, ビスホスホネート治療により骨粗鬆症性脊椎の力学的特性が経時的にどのように改善するのかを三次元有限要素法によって検討した。対象は脊椎骨折既往のない骨粗鬆症性女性4名とした。圧縮力に対する脊椎のひずみ分布を有限要素法で解析した結果、治療前に椎体内海綿骨のひずみの大きかった領域が治療後経過とともに著明に減少し、全体のひずみ分布が段階的に改善していた。
  • 【外傷性頸部症候群の病態解析 systematic review】 外傷性頸部症候群の流体物理と力学, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 脊椎脊髄ジャーナル, 20, (4) 325 - 328,   2007年04月
  • 角状後彎を伴う骨粗鬆症性脊椎骨折に対するClosing-opening Correction(COC), 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 81, (4) S362 - S362,   2007年04月
  • 低悪性度脊椎腫瘍再発例に対するSalvage手術, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 日本整形外科学会雑誌, 81, (4) S412 - S412,   2007年04月
  • 脊椎腫瘍の手術 脊椎転移癌に対する腫瘍脊椎骨全摘術, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 白石 龍哉, 加藤 仁志, 岡山 忠樹, 吉岡 克人, 川口 真史, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 18, (1) 11 - 11,   2007年03月
  • 胸椎OPLLの手術 胸椎後縦靱帯骨化症に対する手術成績に影響を与える因子の検討 多施設後ろ向き研究, 松本 守雄, 千葉 一裕, 戸山 芳昭, 西脇 祐司, 竹下 克志, 星地 亜都司, 中村 耕三, 有水 淳, 藤林 俊介, 平林 茂, 平野 徹, 岩崎 幹季, 金岡 恒治, 川口 善治, 小宮 節郎, 前田 健, 松山 幸弘, 三上 靖夫, 村上 英樹, 永島 英樹, 永田 見生, 中原 進之介, 野原 裕, 岡 史朗, 阪本 桂造, 猿橋 康雄, 笹生 豊, 清水 克時, 田口 敏彦, 高橋 誠, 田中 靖久, 谷 俊一, 徳橋 泰明, 内田 研造, 山本 謙吾, 山崎 正志, 横山 徹, 吉田 宗人, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 18, (1) 14 - 14,   2007年03月
  • 胸椎OPLLの手術 胸椎OPLLに対する"Dekyphosis"を加えた脊髄全周除圧術, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 出村 諭, 羽藤 泰三, 岡山 忠樹, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 18, (1) 19 - 19,   2007年03月
  • 脊椎脊髄病研究のcutting edge 何対の脊椎分節動脈結紮が虚血性脊髄障害を引き起こすのか? 犬を用いた実験的研究, 藤巻 芳寧, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 上田 康博, 茂住 宜弘, 加藤 仁志, 川口 真史, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 18, (1) 23 - 23,   2007年03月
  • 骨形成蛋白を用いた腫瘍脊椎骨全摘術後の椎体再建, 茂住 宜弘, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 加藤 仁志, 川口 真史, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 18, (1) 80 - 80,   2007年03月
  • 難治脊椎感染症に対して大網移植により治癒した3例, 白石 龍哉, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 岡山 忠樹, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 川口 真史, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 18, (1) 169 - 169,   2007年03月
  • 血清サイトカインからみた脊椎手術の侵襲度, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 高橋 啓介, 富田 勝郎, 臨床整形外科, 42, (3) 249 - 253,   2007年03月, 血清サイトカインからみた脊椎手術の侵襲度について検討した。対象は脊椎手術症例60例(男性37例、女性23例・平均年齢58.9歳)で、術式は腫瘍脊椎骨全摘術(TES)、腰椎後方侵入椎体間固定術(PLIF)、腰椎椎弓切除術+後側方固定術(PLF)、腰椎開窓術(LL)、腰椎椎間板切除術(LD)、頸椎脊柱管拡大術(CL)であった。その結果。1)手術時間と術中出血量はTES群、PLIF群で他群に比し有意に高値であった。2)血清Interleukin-6(IL-6)値は手術開始6時間後より急速に上昇し、術後1日でピークとなり、以後は速やかに下降した。3)術後1日の平均IL-6値(pg/ml)はTES:184.8、PLF:80.7、PLIF:79.9、CL:31.8、LL:30.3、LD:18.7の順であった。4)白血球数や好中球数も術後1日でピークを示したが各群間で有意差はなく、CRP値は術後3日にピークを示した。5)血清IL-6値と手術時間、術中出血量、術後3日のCRP値、術後1日のCPK値との間には正の相関が認められ、手術侵襲の指標になり得ると考えられた。
  • 外来診察室で簡便に施行できる仙腸関節ブロック手技, 八幡 徹太郎, 米澤 幸平, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 18, (2) 501 - 501,   2007年03月
  • 脊椎原発Ewing肉腫の手術のタイミング, 加藤 久人, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 18, (2) 552 - 552,   2007年03月
  • 脊髄症状を呈した脊椎血管腫に対する手術治療の検討, 加藤 仁志, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 白石 龍哉, 岡山 忠樹, 吉岡 克人, 川口 真史, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 18, (2) 553 - 553,   2007年03月
  • 脊椎転移癌術後の炎症性マーカーの推移 ステロイド使用による影響も含めて, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 白石 龍哉, 加藤 仁志, 吉岡 克人, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 18, (2) 555 - 555,   2007年03月
  • 乳癌脊椎転移手術例のprognostic scoreと予後との検討, 吉岡 克人, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 白石 龍哉, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (春季学会) 88 - 88,   2007年03月
  • 人工硬膜による硬膜形成を必要とした脊髄腫瘍手術症例の検討, 川口 真史, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 白石 龍哉, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (春季学会) 156 - 156,   2007年03月
  • 学術プロジェクト課題の研究成果報告 外傷性頸部症候群の病態解析と診療指針策定等に関する研究, 馬場 久敏, 星野 雄一, 小谷 善久, 金岡 恒治, 遠藤 健司, 村上 英樹, 田口 敏彦, 米 和徳, 小澤 浩司, 小久保 安朗, 日本整形外科学会雑誌, 81, (3) S26 - S26,   2007年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における神経症状の改善 脊髄全周除圧と脊柱短縮の効果, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 出村 諭, 白石 龍哉, 加藤 仁志, 岡山 忠樹, 日本整形外科学会雑誌, 81, (3) S259 - S259,   2007年03月
  • 外傷性頸部症候群の流体物理と力学,   2007年
  • Surgical strategyからみた高齢者転移性脊椎腫瘍の手術における問題点とその対策, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 出村 諭, 白石 龍哉, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (1) 119 - 120,   2007年01月, 70歳以上の高齢者転移性脊椎腫瘍21例(男13例・女8例・平均74.1歳)の手術成績を報告し、更に70歳未満群とで比較を行なった。腫瘍の原発は腎、肺各5例、大腸、甲状腺各3例、肝細胞2例、その他3例であった。Surgical strategyに従った治療ができなかったのは3例で、理由は各々肝硬変、術前の一過性脳虚血発作、虚血性心疾患と腎障害の合併であった。Prognostic score(PS)別にみた生存期間は、2〜4点の症例で平均27.3ヵ月、5〜7点で19.1ヵ月、8〜10点で5.8ヵ月であった。術後誤嚥性肺炎で呼吸不全となり6週目に死亡した1例を除き、PSは予後を反映していた。術後合併症は呼吸器4例、循環器2例、精神症状4例を認め、70歳未満の92例では各々2例、1例、1例であり発症頻度に有意差を認めた。また、術後体温の平熱復帰日数は高齢者が平均5.7日、非高齢者が5.6日と有意差はなかったが、腫瘍脊椎骨全摘術では各々9.5日、5.6日と高齢者で遅れる傾向であった。
  • 脊椎腫瘍の治療―転移性脊椎腫瘍を中心に(特集:高齢者の脊椎脊髄疾患),   2007年
  • 胸椎後縦靭帯骨化症に対する最新の手術,   2007年
  • Circumspinal decompression with dekyphosis stabilization for thoracic OPLL,   2007年
  • Circumspinal decompression with dekyphosis stabilization for thoracic OPLL,   2007年
  • 大網移植を要した難治脊椎感染症の3例, 白石 龍哉, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 岡山 忠樹, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (1) 93 - 94,   2007年01月, 症例1:54歳男。L5/S1化膿性椎間板炎に対し保存的治療を受けたが、感染の鎮静化は得られなかった。病巣掻爬と前方・後方固定術を行なうも感染は鎮静化せず、その後移植骨周囲と後腹膜に膿瘍形成を認めた。再度病巣掻爬および骨移植を行い、移植骨周囲に大網を充填した。症例2:66歳男。外傷による右総腸骨動脈解離、空腸・下行結腸の断裂・裂傷に対し、解離部の縫合閉鎖、血行再建、空腸・下行結腸の部分切除、人工肛門造設を行った。術後CRPが陰性化せず、MRIでL5/S1椎間板と後腹膜に信号変化を認め、同部の感染と診断した。症例1と同様に病巣掻爬および骨移植、大網充填を行った。症例3:40歳男。L5原発の骨巨細胞腫に対し脊椎全摘術を行い、術後腹壁膿瘍や消化管穿孔を併発したが、症状は軽快した。しかし術後9ヵ月頃より腰痛が再発し、MRIで移植骨および周囲の信号変化を認めた。感染と診断し、症例1と同様の手術治療を行った。全例感染は治癒した。
  • 腫瘍性病変を疑われた腰椎椎間板ヘルニアの3例, 岡山 忠樹, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 白石 龍哉, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (1) 105 - 106,   2007年01月, 症例1:51歳男。誘因なく腰痛が出現し、その後軽快したが、直後より右下肢痛・しびれを来たした。MRIでL5椎体レベルにT1強調像で等信号、T2強調像で等〜高信号、Gdで周囲が造影される腫瘤性病変を認めた。還納式椎弓形成術を施行し、2×1.5cmの病変を摘出した。病理診断はヘルニアで、術後症状は軽快した。症例2:58歳男。荷物を持ち上げた際に腰痛が出現し、いったん軽快したが、2ヵ月後に再度腰痛が増強し、両下肢筋力低下を来たした。MRIでL2/3レベルに症例1と同様の腫瘤性病変を認め、椎弓切除術でヘルニアを確認し摘出した。術後症状は改善し、4年経過して神経学的異常はない。症例3:55歳男。誘因なく左下肢痛が出現するようになり、半年後に重い物を持って腰をひねった際に腰痛を来たし、更に下肢痛が増悪して歩行困難となった。MRIでL5椎体レベルに症例1と同様の腫瘤性病変を認め、椎弓切除でヘルニア塊を摘出した。術後症状は軽快した。
  • 脊椎悪性リンパ腫の治療成績と予後からみた治療選択, 関野 陽一, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 那須 渉, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (1) 111 - 112,   2007年01月, 脊椎悪性リンパ腫に対し、生検術のみ行った11例(A群)と手術を行った8例(B群)の成績を報告した。A群では確定診断後に化学療法と放射線療法を施行し、脊椎病巣は寛解し局所再発も認めなかった。B群の腫瘍の局在は、富田のsurgical classification of spinal tumorでtype 1が1例、type 5が2例、type 6が2例、type 7が1例で、他の2例は硬膜外リンパ腫であった。手術方法は、進行性の脊椎麻痺を呈する5例に除圧固定術を、椎体破壊の高度な1例には前方固定術を、硬膜外リンパ腫2例に対しては椎弓切除と腫瘍切除を行った。その結果、脊椎症状を認めた7例中6例に症状の改善を認め、全例で背部痛、腰痛の改善を認めた。術後は化学療法と放射線療法を行い、局所再発はなかった。8例中4例は生存中で、平均生存期間は45.4ヵ月であった。悪性リンパ腫の臨床病期分類と予後には明らかな関連を認めなかった。
  • 脊髄症状を呈した脊椎血管腫に対する手術治療の検討, 加藤 仁志, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 白石 龍哉, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (1) 115 - 116,   2007年01月, 脊髄症状を呈した脊椎血管腫5例(男2例・女3例・15〜64歳)の手術成績を報告した。初回手術は3例で、他の2例は他院で椎弓切除術を施行され術後も脊髄症状が改善しなかった例と、当科での腫瘍掻爬術後の再発例であった。全例発生高位は胸椎レベルで、腫瘍は椎体から骨外に進展し脊髄を圧排していた。MRIのT1強調像で腫瘍は低信号領域を有していた。手術に際しては、術中の出血コントロールを目的に術前血管塞栓術を施行し、marginを含めた腫瘍の全切除を行った。その結果、全例で脊髄症状は改善した。術後観察期間4.5〜10年で、腫瘍の再発はない。
  • 血清サイトカイン(Interleukin-6)からみた脊椎手術侵襲の評価, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 高橋 啓介, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (1) 121 - 122,   2007年01月, 脊椎手術を施行した60例(男37例・女23例・平均58.9歳)を対象に、血清IL-6値の経時変化を検討した。その結果、IL-6値は手術開始6時間後より急速に上昇し、術後1日にピークを示した後、速やかに下降した。術式別に術後1日での平均値をみると、腫瘍脊椎骨全摘術(TES)184.8pg/ml、腰椎椎弓切除術+後側方固定術80.7pg/ml、腰椎後方進入椎体間固定術79.9pg/ml、頸椎椎弓形成術31.8pg/ml、腰椎開窓術30.3pg/ml、腰椎椎間板切除術18.7pg/mlで、TESは他の術式に比較して有意に高値であった。また、白血球数や好中球数も術後1日にピークを示したが、各術式間で有意差はなかった。なお、CRP値は術後3日にピークとなった。術後1日のIL-6値と他の因子との関連を検討したところ、手術時間、出血量と正の相関を示し、術後3日のCRP値、術後1日のCPKとも正相関を示した。白血球数との相関は認めなかった。血清IL-6値は手術リスクの指標として有用と考えられた。
  • アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頸髄症に対する後方除圧固定術の治療成績, 那須 渉, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 関野 陽一, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, (1) 129 - 130,   2007年01月, アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頸髄症6例(男3例・女3例・平均47.5歳)の手術成績を報告した。手術手技は、椎弓形成術または椎弓切除術による後方除圧と、pedicle screwまたはlateral mass screwを用いたinstrumentationによる後方固定を行い、自家骨移植を追加した。6例中2例は椎弓形成術後の後彎変形に伴う脊髄麻痺に対するサルベージ手術であった。平均追跡期間4年5ヵ月で、JOAスコアは術前平均4.0点から最終調査時平均10.0点と全例改善し、改善率は41.5%であった。上肢機能に限定したJOAスコアは、-0.7点から2.6点に改善し、改善率43.3%であった。C2-C7の前彎角は術前平均-11.0°と全例に後彎変形を認めたが、術後は-0.8°で全例改善し、最終観察時も-0.8°で大きな矯正損失を認めた例はなかった。局所後彎角は術前平均14.8°、術後5.8°と全例改善し、最終観察時は5.8°で、大きな矯正損失を認めた例はなかった。
  • 【運動器リハビリテーションとバイオメカニクス】 骨粗鬆症の患者別骨折解析とその応用について, 坂本 二郎, 田原 大輔, 村上 英樹, 川原 範夫, 尾田 十八, 富田 勝郎, 運動療法と物理療法, 17, (4) 303 - 310,   2006年12月, 本研究では、CT画像から骨の有限要素モデルを作成して患者別の力学解析を行うソフトウェアを用い、脊椎圧迫骨折の危険性を評価する方法を検討した。4人の骨粗鬆症患者の脊椎に対して、投薬治療前、半年経過後および1年経過後の有限要素モデルを作成し、それぞれの質量密度分布、圧縮主ひずみ分布、および骨折発生の荷重値を求めた。それらの結果から、骨粗鬆症における投薬治療が脊椎の強度に与える効果について検討した。(著者抄録)
  • 腫瘍性病変を疑われた巨大腰椎椎間板ヘルニアの3例, 岡山 忠樹, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 白石 龍哉, 加藤 仁志, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (6) 1171 - 1171,   2006年11月
  • 【高齢者骨疾患 骨粗鬆症を中心に】 骨粗鬆症 治療 薬物療法 ビスホスホネート ビスホスホネートが骨質・骨強度に及ぼす効果, 村上 英樹, 川原 範夫, 坂本 二郎, 田原 大輔, 富田 勝郎, 日本臨床, 64, (9) 1651 - 1656,   2006年09月
  • 大網移植を要した難治脊椎感染症の3例, 白石 龍哉, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 岡山 忠樹, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (秋季学会) 71 - 71,   2006年09月
  • 腫瘍性病変を疑われた腰椎椎間板ヘルニアの3例, 岡山 忠樹, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 白石 龍哉, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (秋季学会) 74 - 74,   2006年09月
  • 脊椎悪性リンパ腫の治療成績と予後からみた治療選択, 関野 陽一, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 那須 渉, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (秋季学会) 76 - 76,   2006年09月
  • 脊髄症状を呈した脊椎血管腫に対する手術治療の検討, 加藤 仁志, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 白石 龍哉, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (秋季学会) 76 - 76,   2006年09月
  • Surgical strategyからみた高齢者転移性脊椎腫瘍の手術における問題点とその対策, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 出村 諭, 白石 龍哉, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (秋季学会) 77 - 77,   2006年09月
  • 血清Interleukin-6からみた脊椎手術侵襲の評価, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 白石 龍哉, 加藤 仁志, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (秋季学会) 78 - 78,   2006年09月
  • アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頸髄症に対する後方除圧固定術の治療成績, 那須 渉, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 関野 陽一, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (秋季学会) 80 - 80,   2006年09月
  • ビスホスホネートが骨粗鬆症性脊椎の骨強度に及ぼす効果, 村上 英樹, 川原 範夫, 桜井 佑輔, 坂本 二郎, 田原 大輔, 富田 勝郎, Osteoporosis Japan, 14, (Suppl.1) 185 - 185,   2006年09月
  • 【仙骨部腫瘍性病変 最近の治療方針と手術・再建法・合併症対策】 仙骨原発性骨腫瘍(良性) 巨細胞腫, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 脊椎脊髄ジャーナル, 19, (8) 837 - 842,   2006年08月
  • 【脊椎感染症の予防と対策】 脊椎転移癌術後感染の危険因子の検討 特に放射線照射後の感染とその対策について, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 南部 浩史, 白石 龍哉, 加藤 仁志, 岡山 忠樹, 富田 勝郎, 骨・関節・靱帯, 19, (8) 717 - 722,   2006年08月, 1993〜2002年の10年間の背椎転移癌について詳細な検討が可能であった110例113手術を対象に、深部切開部感染(D-SSI)の発生について検討を行った。男性65例、女性45例で、平均56.6歳であった。術後深部感染は113手術中8例に発生し、5例に再手術を要した。単変量解析の結果、年齢、性別、栄養状態、Performance status、麻酔リスク、術前の化学療法は危険因子ではなく、術前の手術部位への放射線照射と糖尿病の存在が危険因子であると考えられた。手術因子として、術式、緊急性、手術時間、出血量には深部感染との関連性はなく、同部位への多数回手術のみが深部感染と関連性が認められた。多変量解析では、手術部位への術前の放射線照射と糖尿病の存在が深部感染に影響を与えていると考えられた。術前照射が行われた22例中7例に深部感染が認められた。2002年3月以降に、放射線照射を施行された症例に対してプロスタグランジンE1を120μg/日静脈投与して手術を行った63例では、深部感染は2例のみと有意に減少した。これはプロスタグランジンE1により創部の血流障害が改善されたためであると考えられた。
  • 手術器械を使いこなす19の提案 Diamond T-saw, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 脊椎脊髄ジャーナル, 19, (7) 805 - 808,   2006年07月
  • 後彎変形を伴うcervical myelopathyに対する後彎矯正を併用した脊柱管拡大術, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (4) 777 - 778,   2006年07月, 頸椎中間位側面Xpにて10°以上の局所後彎を呈するcervical myelopathyの13例に対して、instrumentationによる後彎矯正を併用した脊柱管拡大術(椎弓形成術)を施行し、その成績を検討した。術後の頸椎中間位側面Xpにて、後彎角は、術前の-23.2°から平均-2.9°にまで改善し、平均20.3°の矯正が可能であった。全例において、良好な神経症状の改善を認めた。JOA scoreは、術前平均7.8点、調査時平均12.9点、平林式改善率は平均58.1%であった。Franke1分類では、術前からEであった1例を含む5例は不変であったが、他の8例は1段階以上の改善を認めた。13例中1例にC2 screwのlooseningを認める以外はinstrumentation failureはなく、矯正損失も認めていない。Looseningの1例は9°の矯正損失を認めた。
  • 腹部外傷によりひきおこされた化膿性椎間板炎の1例, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 白石 龍哉, 加藤 仁志, 岡山 忠樹, 富田 勝郎, 大村 健二, 米澤 孝信, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (4) 818 - 819,   2006年07月
  • 【後彎症(胸椎・腰椎)の症状と治療】 骨粗鬆症性脊椎骨折に対するclosing-opening correction(COC) polyaxial screwを用いて, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 羽藤 泰三, 骨・関節・靱帯, 19, (7) 645 - 652,   2006年07月, 骨粗鬆症性脊椎骨折は角状後彎変形をきたし、脊髄麻痺や痛みを生じることが多い。そこで,生理的なアライメントを目指し、closing-opening correction(COC)を用いた骨切り矯正術を行った。頂椎の隣接頭尾椎間のコブ角は平均45度が術直後7度で矯正角度は38度であった。最終経過観察時に、矯正損失はなかった。腰背部痛を示すLikert scoreは術前1.8点が術後4.8点に改善した。術前Frankel Cの3例中2例がEに、1例がDに改善し、術前Frankel Dの2例はEに改善した。術後は骨量維持、増加を目的に、ビスフォスフォネート製剤を中心とする骨粗鬆症に対する内服治療、立位歩行訓練などの運動療法を積極的に指導した。
  • 骨粗鬆性脊椎に対するビスフォスフォネートと活性型ビタミンD3併用療法の力学的効果, 村上 英樹, 川原 範夫, 坂本 二郎, 田原 大輔, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 尾田 十八, Osteoporosis Japan, 14, (2) 241 - 244,   2006年04月, 標題の力学的効果を有限要素モデルで検討した.骨粗鬆症女性4例にビスホスホネートと活性型ビタミンD3を1年間連続投与し,投与前と投与6ヵ月目・1年目に第1腰椎をCT撮影し,抽出した画像データをもとに三次元有限要素モデルを作成し,質量密度・ひずみ分布の変化,骨折パターンなどを解析した.結果,両剤の併用は骨密度を改善するのみならず,力学的に脊椎全体のひずみ分布を改善して骨折を抑制し,特に椎体後壁の骨折を抑制することが示唆された.椎体後壁は解剖学的に脊髄を保護していることから,脊髄麻痺の予防効果も期待できると思われた
  • 骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折の発生機序―有限要素解析による生体力学的検討―, 村上 英樹, 粟森 世里奈, 川原 範夫, 坂本 二郎, 田原 大輔, 富田 勝郎, 尾田 十八, Osteoporosis Japan, 14, (2) 367 - 373,   2006年04月, 骨粗鬆症脊椎圧迫骨折4例の脊椎CT画像を試料として骨強度評価ソフトウェアを用いた有限要素解析を行うことにより骨折過程を分析し,骨粗鬆症の程度による骨折形態の違いについて検討した.その結果,同骨折の発生機序に関して以下の示唆が得られた.椎体に圧縮荷重が加わると,骨粗鬆症の程度にかかわらず,まず椎体前方で骨折が生じ,さらなる荷重負荷により骨折は椎体側方へ拡がる.骨粗鬆症性脊椎では骨密度の正常な脊椎と比較して骨折が椎体後壁にも及びやすい
  • 【脊椎脊髄病学 最近の進歩 2006】 胸椎後縦靱帯骨化症に対する後彎軽減(dekyphosis)を加えた脊髄全周除圧術, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 羽藤 泰三, 出村 論, 関野 陽一, 那須 渉, 藤巻 芳寧, 臨床整形外科, 41, (4) 383 - 388,   2006年04月, 胸椎後縦靱帯骨化症(OPLL)に対する後彎軽減(dekyphosis)を加えた脊髄全周除圧術を報告した.手術方法は,第1ステップとして後方進入で椎弓切除し,OPLLの左右にgutterを掘り込み,脊柱支持性確保と胸椎後彎の軽減に後方インストゥルメンテーションを加えた.3〜4週間のリハビリテーションで神経症状の回復状態を観察し,画像所見で前方除圧の必要性を判断(不要者は退院)した.第2ステップでは,前方進入でgutterを目安にOPLLを切除し椎体間固定を行った.OPLLが大きい10例(男性7例,女性3例・平均年齢56.6歳)に本手術を施行し,経過観察期間は平均59.2ヵ月であった.JOAスコアは術前平均3.5点,最終時8.6点であった.OPLLがクチバシ状であった1例で術後3日目に麻痺の増悪を認め,直ちに前方からのOPLL floating,脊髄除圧を行い歩行可能となった.他に神経症状の悪化は認めなかった.後方固定の範囲は平均7.5椎骨で,後彎角は術前平均28.4°から術後22.4°と平均6.0°軽減し,全例で骨癒合を認めた
  • 脊椎転移癌術後感染の危険因子の検討 特に放射線照射後の感染とその対策について, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 関野 陽一, 那須 渉, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 80, (4) S544 - S544,   2006年04月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術におけるAdamkiewicz動脈を含む両側分節動脈結紮は脊髄麻痺をおこすのか?, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 諭, 上田 康博, 南部 浩史, 日本整形外科学会雑誌, 80, (4) S380 - S380,   2006年04月
  • "en bloc"脊椎骨肉腫切除標本から得た新知見の手術へのフィードバック, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 土屋 弘行, 山口 岳彦, 日本整形外科学会雑誌, 80, (4) S381 - S381,   2006年04月
  • 外傷性頸部症候群の病態と診療上の問題点の整理, 馬場 久敏, 星野 雄一, 小谷 善久, 金岡 恒治, 遠藤 健司, 村上 英樹, 田口 敏彦, 米 和徳, 小澤 浩司, 小久保 安朗, 日本整形外科学会学術プロジェクト委員会, 外傷性頸部症候群の病態解析と診療指針策定等に関する研究部会, 日本整形外科学会雑誌, 80, (4) S420 - S420,   2006年04月
  • 後彎変形を伴うcervical myelopathyに対する後彎矯正を併用した椎弓形成術, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (春季学会) 111 - 111,   2006年03月
  • 脊椎骨巨細胞腫に対する手術術式選択における病理学的根拠, 村田 淳, 富田 勝郎, 川原 範夫, 藤田 拓也, 村上 英樹, 出村 諭, 山口 岳彦, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 17, (1(1/2)) 79 - 79,   2006年03月
  • 脊椎骨肉腫に対する脊髄も含めた腫瘍脊椎骨全摘術の経験と,その"en bloc"切除標本から得た知見, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 山口 岳彦, 八幡 徹太郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 17, (1(1/2)) 81 - 81,   2006年03月
  • 甲状腺分化癌脊椎転移の手術症例の検討, 藤巻 芳寧, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 関野 陽一, 那須 渉, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 17, (1(1/2)) 84 - 84,   2006年03月
  • 腫瘍脊椎骨全摘術における神経症状の成績, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 出村 諭, 関野 陽一, 那須 渉, 藤巻 芳寧, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 17, (1(1/2)) 245 - 245,   2006年03月
  • 脊椎osteoblastomaに対する治療経験, 渡部 公正, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 関野 陽一, 那須 渉, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 17, (1(1/2)) 269 - 269,   2006年03月
  • 後彎変形を伴う骨粗鬆性脊椎骨折に対するclosing-opening techniqueを用いた骨切り矯正術, 羽藤 泰三, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 那須 渉, 関野 陽一, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 17, (1(2/2)) 413 - 413,   2006年03月
  • 血清Interleukin-6からみた脊椎手術侵襲の評価, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 関野 陽一, 那須 渉, 藤巻 芳寧, 高橋 啓介, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 17, (1(2/2)) 442 - 442,   2006年03月
  • アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頸髄症に対する後方除圧固定術の治療成績, 那須 渉, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 論, 関野 陽一, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 17, (1(2/2)) 531 - 531,   2006年03月
  • 巨大神経鞘腫の治療経験, 茂住 宜弘, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 関野 陽一, 那須 渉, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 17, (1(2/2)) 632 - 632,   2006年03月
  • 脊椎転移癌に対する手術選択とその成績, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 小林 忠美, 出村 論, 藤巻 芳寧, 関野 陽一, 那須 渉, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 17, (1(2/2)) 633 - 633,   2006年03月
  • 脊椎悪性リンパ腫の治療成績と予後からみた治療選択, 関野 陽一, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 那須 渉, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 17, (1(2/2)) 635 - 635,   2006年03月
  • 小児ダウン症に伴う環軸椎不安定症に対する後方固定術の1例, 那須 渉, 川原 範夫, 八幡 徹太郎, 村上 英樹, 出村 諭, 関野 陽一, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (2) 417 - 417,   2006年03月
  • 日本の整形外科による独創展 百年間の着想と努力を学ぶ 腫瘍椎骨全摘術の開発と進歩, 富田 勝郎, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 日本整形外科学会雑誌, 80, (3) S167 - S167,   2006年03月
  • 環椎外側塊Screwを用いた上位頸椎後方固定術 Polyaxial Screwにより術中の矯正が可能である, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 茂住 宣弘, 関野 陽一, 那須 渉, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 80, (3) S275 - S275,   2006年03月
  • 脊椎骨肉腫の“en bloc”切除標本から得た新知見―病理から手術へのフィードバック, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 土屋 弘行, 山口 岳彦, 臨床整形外科, 41, (2) 183 - 189,   2006年02月, 症例1(21歳男性).第1〜5胸椎に及ぶ骨肉腫で,前医に掻爬術後化学療法を受けたが副作用で断念し,重粒子照射を行なうも効果なく,著者らの施設へ紹介の際には完全脊髄麻痺の状態であった.腫瘍脊椎骨全摘術を行なったところ,病理診断は血管拡張型骨肉腫で,腫瘍と硬膜の間に被膜はなく,外層硬膜は破壊され,脊髄は変性壊死に陥いり,肺との境界では壁側胸膜が破壊されていた.症例2(57歳男性).第11胸椎〜第1腰椎に及ぶ骨肉腫で,両下肢完全麻痺の状態であった.腫瘍脊椎骨全摘術を行なったところ,病理診断は血管拡張型骨肉腫で,腫瘍と硬膜の間に被膜はなく,腫瘍は硬膜外層に完全に癒着し,脊髄は変性壊死に陥っていた.症例3(16歳男性).第11胸椎〜第1腰椎に及ぶ骨肉腫で,術前の化学療法後に腫瘍脊椎骨全摘術を行なったところ,病理診断は通常型骨肉腫で,腫瘍は被膜に覆われ,脊柱管内に浸潤して硬膜に接した部分でも被膜が形成されていた
  • Complete segmental resection of the spine including the spinal cord for telangiectatic osteosarcoma,   2006年
  • Diamond T-saw,   2006年
  • Radiation myelopathy after radioactive iodine therapy for spine metastasis,   2006年
  • ビスホスホネートが骨質・骨強度に及ぼす効果,   2006年
  • 後弯変形を伴うcervical myelopathyに対する後弯矯正を併用した脊柱管拡大術,   2006年
  • Complete segmental resection of the spine including the spinal cord for telangiectatic osteosarcoma,   2006年
  • Radiation myelopathy after radioactive iodine therapy for spine metastasis,   2006年
  • 経椎体前方除圧術を行った第2/3胸椎椎間板ヘルニアの1例, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 茂住 宜弘, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 臨床整形外科, 41, (1) 71 - 76,   2006年01月, 51歳男.患者は両下肢不全麻痺,排尿障害を主訴とした.MRIではT2/3椎間板高位,脊柱管内に正中に脱出したヘルニア塊を認め,前方から硬膜管を圧排していた.胸椎椎間板ヘルニアによる脊髄不全麻痺と診断し,ステロイド大量療法を行ったが,軽度の改善にとどまり歩行不可能であったため,手術を施行した.頸椎で報告された経椎体前方除圧術を応用し,胸骨上縁とT2/3病巣高位で直線を描き,その椎体前面での交点(T2椎体上縁)を進入点とした.その結果,頸長筋を剥離せず,胸骨上縁からT2椎体上縁に向かって顕微鏡を調整することで,脊髄に対して安全に脊柱管内に脱出したヘルニア塊を摘出できた.術後は下肢筋力が著明に改善し,その2週間後には独歩退院することができた
  • 経椎体前方摘出術を行った第2/3胸椎椎間板ヘルニアの1例, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, (1) 155 - 156,   2006年01月, 51歳男.縄跳びをしたあと背部痛が出現し,その2週後に両下肢の脱力感が出現した.翌日には下肢脱力のため歩行困難となり,排尿障害も出現したため救急受診した.T2/3椎間板ヘルニアによるニューロパチーと診断した.ステロイド投与を行ったが効果に乏しく,ヘルニア摘出術を行うこととした.術式は胸骨柄縦割による前方除圧固定が適応であったが,頸椎での有用性が報告されている経椎体前方除圧術を施行し,良好な結果が得られた
  • 胸腔内に大きく進展し呼吸不全を来たした胸椎骨腫瘍の1例, 関野 陽一, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 茂住 宜弘, 那須 渉, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 安竹 秀俊, 赤丸 智之, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (6) 1101 - 1101,   2005年11月
  • 椎骨動脈を圧排した頸髄砂時計神経鞘腫の3例, 藤巻 芳寧, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (6) 1005 - 1006,   2005年11月, 椎骨動脈を圧排した頸髄砂時計神経鞘腫3例について検討した.手術は後方単独侵入による被膜内切除を行った.脊柱管外の腫瘍は神経根の走行に沿って被膜を切開して被膜内切除し,硬膜管内の腫瘍は硬膜を正中切開して腫瘍の起始部を確認して切離した.腫瘍を全核出後,ドップラーを用いて椎骨動脈の拍動を確認した.3例とも椎骨動脈を損傷,結紮することなく全核出することができた.3例は各々左C5後根,右C4後根,左C5後根より発生した神経鞘腫であった.Recapping T-saw laminoplastyにより椎弓を還納し,術後新たな神経脱落症状を呈した例はなく,脳虚血症状などの椎骨動脈不全症状もなかった.術後観察期間は平均1年3ヵ月で,全例再発は認められない
  • ビスフォスフォネートと活性型ビタミンD3の併用療法が骨粗鬆性脊椎に及ぼす力学的効果 -第1報-, 村上 英樹, 川原 範夫, 坂本 二郎, 田原 大輔, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 尾田 十八, Osteoporosis Japan, 13, (4) 931 - 935,   2005年10月, 二重エネルギーX線吸収法においてL1のYAM値が70%未満の骨粗鬆症女性患者(症例1:60歳,症例2:53歳,症例3:71歳,症例4:72歳)に対するビスフォスフォネート製剤と活性型ビタミンD3の併用療法による骨粗鬆症脊椎の力学的強度の経時的な改善について検討した.全例にビスフォスフォネート 5mgと活性型ビタミンD3 1μgを1年間連続投与し,投与前,6ヵ月後,1年後にL1のCT画像から抽出したデータをもとに三次元有限要素モデルを作成した.その結果,骨密度と骨吸収マーカーは全例で僅かな上昇を認め,有限要素法による力学的解析では椎体内海綿骨のひずみが大きい領域が症例1・2では経時的に顕著に減少していた.症例3では6ヵ月で改善を認めたがその後は明らかな変化なく,症例4では6ヵ月では明らかな変化はなかったが1年で著明に改善していた.以上よりビスフォスフォネート製剤と活性型ビタミンD3の併用療法は骨密度の改善のみならず力学的に脊椎全体のひずみ分布を改善し,骨折予防につながる可能性が示唆された
  • 経椎体前方除圧術を行った第2/3胸椎椎間板ヘルニアの1例, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 茂住 宜弘, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (秋季学会) 58 - 58,   2005年10月
  • Surgical Strategyに基づいた甲状腺癌脊椎転移の手術症例の検討, 藤巻 芳寧, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (秋季学会) 143 - 143,   2005年10月
  • 甲状腺癌脊椎転移に対する131I内照射によりradiation myelopathyを生じた1例, 村上 英樹, 川原 範夫, 八幡 徹太郎, 横山 邦彦, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (秋季学会) 144 - 144,   2005年10月
  • 甲状腺癌脊椎転移巣への131I内照射後に発症した放射線性脊髄症の1例, 竹内 孝之郎, 川原 範夫, 村上 英樹, 八幡 徹太郎, 横山 邦彦, 富田 勝郎, 臨床整形外科, 40, (9) 1039 - 1045,   2005年09月, 62歳女.約3年前,甲状腺癌の脊椎(T10)転移に対し3回のヨウ素131内照射療法(放射線治療)を受けていた.今回,左下肢痛覚鈍麻および右下肢筋力低下が出現した.MRIではT10レベルに腫瘍がみられ,大きさは放射線治療時と比べて変化はなかったが,T5〜10レベルの脊髄内高信号を認めた.T10/11レベルの黄色靱帯骨化(OLF)が脊髄を圧排してBrown-Sequard症候群を呈したと思われ,T9〜11の椎弓切除とOLF切除術を行った.術中,硬膜周囲に広範な線維性瘢痕組織を認めた.術直後,左下肢感覚・右下肢運動障害は改善傾向にあり,MRIではT10/11レベルでの脊髄の十分な除圧を認めた.しかし,術後10日目頃から再増悪し,術後35日目には両下肢完全麻痺となった.放射線治療施行時には放射線性脊髄症を考慮する必要があると思われた
  • 脊椎原発の骨肉腫に対して脊髄も含めて腫瘍脊椎骨全摘術を施行した2症例, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 小田 誠, 山口 岳彦, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (5) 841 - 842,   2005年09月, 症例1:21歳男.背部痛,歩行障害が出現し,T3脊椎腫瘍を指摘され後方除圧術を受けたが,切除標本から骨肉腫と最終診断された.化学療法を施行されたが腫瘍は徐々に増大し,上位胸髄レベル以下の完全麻痺となり,重粒子線照射治療を受けるも無効であった.当科紹介入院となり,腫瘍脊椎骨全摘術を行った.脊髄の回復は見込めないと判断し,脊髄を切断してT1〜5までの椎骨を全摘出し,腫瘍を一塊に切除した.脊柱,胸郭再建を行い,術後3ヵ月で全身状態は落ち着き,車椅子移動可能となったが,多発性肺転移を来たし6ヵ月後に死亡した.症例2:57歳男.転倒後に両下肢不全麻痺となり,T12腫瘍を指摘され,生検で骨肉腫と診断された.腫瘍は急速に増大して完全麻痺となり,当科紹介となった.腫瘍の根治切除を選択し,脊髄の回復は見込めないと判断し脊髄切断を行った.T11〜L1の腫瘍脊椎骨全摘術を施行し,腫瘍を一塊に切除した.術後経過良好であったが,多発性肺転移を来たし4ヵ月後に死亡した
  • 骨粗鬆性脊椎に対するビスフォスフォネートと活性型ビタミンD3併用療法の力学的効果, 村上 英樹, 川原 範夫, 坂本 二郎, 田原 大輔, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 尾田 十八, Osteoporosis Japan, 13, (Suppl.1) 152 - 152,   2005年09月
  • 脊椎血管拡張型骨肉腫に対して脊髄も含めて広範切除を施行した2例, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 山口 岳彦, 小田 誠, 八幡 徹太郎, 日本整形外科学会雑誌, 79, (6) S602 - S602,   2005年06月
  • 高齢者転移性脊椎腫瘍への対応 Surgical Strategyからみた高齢者転移性脊椎腫瘍の手術成績, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 出村 諭, 加藤 久人, 渡部 公正, 茂住 宜弘, 藤巻 芳寧, 日本整形外科学会雑誌, 79, (6) S652 - S652,   2005年06月
  • 良性脊索細胞腫 脊索腫と鑑別すべき新しい疾患概念, 山口 岳彦, 岩田 純, 杉原 進介, McCarthy Edward, 苅田 充明, 村上 英樹, 川原 範夫, 土屋 弘行, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 79, (6) S657 - S657,   2005年06月
  • 脊柱短縮術 脊柱短縮が脊髄に及ぼす影響に関する実験的研究, 小林 忠美, 川原 範夫, 藤田 拓也, 村上 英樹, 富田 勝郎, 臨床整形外科, 40, (6) 625 - 631,   2005年06月, 脊柱短縮が脊髄に及ぼす影響について成犬31頭を用いて実験を行った.平均7.2mmまでの脊柱短縮では硬膜管は頭尾側の脊柱管内にtelescopingした.平均12.5mmの脊柱短縮では脊髄および硬膜管にキンキングが生じた.脊髄にキンキングが生じると電位の陽性化が記録され,脊髄がキンキングの状態にある犬では術後の後肢機能障害が観察された.脊柱短縮により脊髄血流量は増大したが,脊髄にキンキングが生じると血流量は減少した.脊柱短縮により前脊髄動脈に蛇行が生じ,血管径が拡大した.脊髄にキンキングが生じると,その部分で前脊髄動脈の絞扼が生じ,著明なキンキング状態となった20mmの脊柱短縮では脊髄のキンキング部位で前脊髄動脈が途絶していた.脊髄のキンキングが生じる時点が脊髄損傷発生の臨界点であり,本実験において12.5mm(1椎体長の64%)の脊柱短縮の時点であると考えた.本実験で生じた脊髄障害は脊髄のキンキングという機械的な障害が主体であると考えられた
  • 脊柱短縮術 腫瘍脊椎骨全摘術における脊柱短縮, 川原 範夫, 富田 勝郎, 小林 忠美, 村上 英樹, 赤丸 智之, 羽藤 泰三, 上田 泰博, 臨床整形外科, 40, (6) 647 - 650,   2005年06月, 著者らは,腫瘍脊椎骨全摘術において,腫瘍椎骨の切除後の脊柱再建には後方椎弓根スクリューと前方人工椎体の組み合わせを採用しているが,切除部分の7〜8mm程度の脊柱短縮を行っている.胸椎高位で腫瘍脊椎骨全摘術を施行した40例を対象に,成績を検討した.術前に比べ,1椎骨切除では術後平均切除部分の22.2%(7mm)の脊柱短縮を認めた.2椎骨切除では,13.4%(8.3mm),3椎骨切除では8.4%(8.6mm)であった.術後に神経症状の悪化を認めた症例はなかった.術後6ヵ月の時点で術前Frankel Bの2例中1例は術後Frankel Bであったが,1例はFrankel Eに改善した.術前Frankel Cの14例中7例はFrankel E,6例はFrankel Dと改善し,1例はFrankel Cであった.術前Frankel Dの6例は全例Frankel Eとなった.現在までに17例が死亡し,平均生存は31ヵ月,生存中の23例の平均経過観察は48ヵ月であった.経過中にinstrumentation failureを認めた症例はなかった
  • 神経線維腫症に合併した角状後側彎変形に対して3次元的楔状骨切り術を行った1例, 関野 陽一, 川原 範夫, 吉田 晃, 藤田 拓也, 小林 忠美, 村上 英樹, 富田 勝郎, 臨床整形外科, 40, (5) 603 - 606,   2005年05月, 12歳女.患者は1歳時,側彎症と診断され,装具療法を開始したが,1年間で後側彎変形が急速に進行した.画像所見で,T9からL2で右凸のCobb角91°の側彎と62°の後彎を認めた.更に典型的なdystrophic changeを認めた.神経学的所見に異常は認めなかったが神経線維腫症に合併したdystrophic typeの進行性角状後側彎変形と診断し,術前に再建CTで3次元的に状骨切りの計画をたてた.頂椎部は著明な回旋を伴っていたため,後方単一進入で凸側の肋骨頭を切除することにより,椎体側方から前方の椎体の楔状骨切りを行った.また,脊髄全周を除圧し,脊髄を直視下に観察しながら,脊髄モニタリングを併用することにより一期的に安全な矯正,固定が可能であった.術後は側彎26°,後彎16°に改善し,術後4ヵ月で矯正損失なく骨癒合を認めた
  • 胸椎骨肉腫の再発例に対して脊髄も含めて腫瘍脊椎骨全摘術を施行した1例, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 八幡 徹太郎, 小田 誠, 臨床整形外科, 40, (5) 607 - 611,   2005年05月, 21歳男.患者は背部痛を認め,その後は歩行障害が出現して第3胸椎の脊椎腫瘍を指摘された.前医では生検の結果から骨巨細胞腫と診断され,後方除圧術を施行されたが,病理標本から胸椎骨肉腫と最終診断された.化学療法を2クール受けたが,腫瘍は徐々に増大し,手術後2ヵ月目で上位胸髄レベル以下の完全麻痺となった.70Gyの大量重粒子照射治療を受けたが効果はなかった.転院時,脊髄には回復の見込みは全くないと判断し,脊髄切断を選択した.脊髄も含めて第1〜5胸椎の腫瘍脊椎骨全摘術を施行し,一塊とした腫瘍を広範囲切除した.大きな筋欠損部には,広背筋皮弁を追加した.術後,人工呼吸器管理は2ヵ月に及び,その間,肺炎,無気肺を繰返し,胸水の貯留が続いた.ブロンコファイバーによる吸痰,理学療法繰返した結果,車椅子移動が可能となったが,術後4ヵ月,多発性肺転移が出現し,術後6ヵ月で死亡した.これまでに脊髄を切断して脊椎腫瘍を摘出した報告はない
  • 巨大な骨外病変を伴った胸椎Ewing肉腫に対し腫瘍全摘術を施行した1例, 加藤 久人, 川原 範夫, 村上 英樹, 富田 勝郎, 山口 岳彦, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (3) 607 - 608,   2005年05月, 35歳女.2年前より左肩甲部痛が出現,徐々に増強したため前医を受診し,左後縦隔の腫瘍を指摘され,針生検でsmall round cell sarcomaと診断された.その後,下肢のしびれおよび筋力低下が出現し,急速に進行した.緊急除圧のため椎弓切除+後方固定術を施行し,病理所見でEwing肉腫と診断した.麻痺は徐々に回復し,CDDP+ADMにcaffeineを併用した全身化学療法を行い,病変は50%縮小した.画像所見で腫瘍のviabilityが残存し,化学療法の副作用による末梢神経障害が増悪していたため,腫瘍摘出術を施行した.前方からaortaと腫瘍を剥離し,後方から椎弓切除時のcontamination部分を含めてT4,5のpedicleまでを切除した.次に,剥離不能な左肺S6と左第4・5・6肋骨の一部を,傍脊柱の腫瘍と一塊にして切除し,更にT-sawを用いてT4・5椎体を一塊として切除した.病理像で切除肺への腫瘍細胞浸潤を認め,局所放射線療法を追加した.徐々に麻痺は改善し,杖歩行可能となり退院し,術後7ヵ月に肺転移が出現したが,化学療法により消失した
  • 胸椎後縦靱帯骨化症に対する脊髄全周除圧術, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 赤丸 智之, 羽藤 泰三, 出村 諭, 加藤 久人, 渡部 公正, 茂住 宜弘, 藤巻 芳寧, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 16, (1) 37 - 37,   2005年05月
  • 脊椎分節動脈結紮後の脊髄の血流および機能に関する実験的研究, 上田 康博, 川原 範夫, 村上 英樹, 南部 浩史, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 16, (1) 54 - 54,   2005年05月
  • 腎細胞癌の単発性脊椎転移に対する腫瘍脊椎骨全摘術, 南部 浩史, 富田 勝郎, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 16, (1) 56 - 56,   2005年05月
  • 脊椎転移癌術後感染の危険因子の検討 特に放射線照射後の感染とその対策について, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 南部 浩史, 渡部 公正, 加藤 久人, 茂住 宜弘, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 16, (1) 59 - 59,   2005年05月
  • C1 lateral massへのpolyaxial screw挿入による上位頸椎後方固定術, 羽藤 泰三, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 加藤 久人, 渡部 公正, 茂住 宜弘, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 16, (1) 123 - 123,   2005年05月
  • 脊椎に発生した動脈瘤様骨嚢腫と単純性骨嚢腫の診断について, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 渡部 公正, 加藤 久人, 茂住 宜弘, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 山口 岳彦, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 16, (1) 296 - 296,   2005年05月
  • ビスフォスフォネート製剤の投与が骨粗鬆性脊椎に及ぼす力学的効果, 粟森 世里奈, 川原 範夫, 村上 英樹, 坂本 二郎, 田原 大輔, 関本 敦史, 富田 勝郎, 尾田 十八, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 16, (1) 307 - 307,   2005年05月
  • 第4腰椎変性すべり症に対するPLIF施行後の隣接椎間の変性, 赤丸 智之, 川原 範夫, 村上 英樹, 上田 康博, 安竹 秀俊, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 16, (1) 336 - 336,   2005年05月
  • 胸椎骨肉腫の再発例に対して脊髄も含めて腫瘍脊椎骨全摘術を施行した症例, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 八幡 徹太郎, 小田 誠, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (春季学会) 72 - 72,   2005年04月
  • 椎骨動脈を圧排した頸髄砂時計神経鞘腫の3例, 藤巻 芳寧, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (春季学会) 121 - 121,   2005年04月
  • 脊椎全摘術における術前広範囲動脈塞栓術の出血抑制効果, 上田 康博, 川原 範夫, 村上 英樹, 南部 浩史, 富田 勝郎, 松井 修, 日本整形外科学会雑誌, 79, (4) S333 - S333,   2005年04月
  • 腎癌脊椎単発転移に対する腫瘍脊椎骨全摘術, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 南部 浩史, 赤丸 智之, 羽藤 泰三, 出村 諭, 茂住 宜弘, 日本整形外科学会雑誌, 79, (4) S334 - S334,   2005年04月
  • 脊椎骨髄腫の手術選択 形質細胞腫に対する腫瘍脊椎骨全摘術の効果, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 加藤 久人, 渡部 公正, 茂住 宜弘, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 79, (4) S368 - S368,   2005年04月
  • 脊椎悪性リンパ腫の手術成績と予後からみた治療選択, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 加藤 久人, 渡部 公正, 茂住 宜弘, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 79, (4) S369 - S369,   2005年04月
  • 肺癌の脊椎転移に対する手術適応 肺癌でも腫瘍脊椎骨全摘術の適応はある, 村上 英樹, 川原 範夫, 出村 諭, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 加藤 久人, 渡部 公正, 茂住 宜弘, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 79, (4) S371 - S371,   2005年04月
  • 脊椎転移癌に対する治療戦略, 富田 勝郎, 川原 範夫, 村上 英樹, 日本整形外科学会雑誌, 79, (4) S475 - S475,   2005年04月
  • 第2/3胸椎椎間板ヘルニアに対して経桂体前方除圧術を行った1例, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 加藤 久人, 渡部 公正, 茂住 宜弘, 藤巻 芳寧, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (2) 425 - 425,   2005年03月
  • Letters to the Editor,   2005年
  • 胸椎骨肉腫の再発例に対して脊髄を含めて腫瘍脊椎骨全摘術を施行した1例,   2005年
  • 脊椎原発の骨肉腫に対して脊髄も含めて腫瘍脊椎骨全摘術を施行した2例,   2005年
  • 環椎外側塊へのポリアキシアルスクリュー挿入による上位頚椎後方固定術の経験,   2005年
  • Letters to the Editor,   2005年
  • 【砂時計腫の臨床】 Recapping T-saw Laminoplastyによる砂時計腫の摘出術, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 出村 論, 加藤 久人, 渡辺 公正, 茂住 宜弘, 藤巻 芳寧, 脊椎脊髄ジャーナル, 18, (1) 47 - 50,   2005年01月, Recapping T-saw Laminoplastyを用いた砂時計腫(神経鞘腫16例,神経線維腫1例)の摘出術の治療成績について検討した.発生神経根が頸椎高位の5例は,椎間関節内側縁から側方にY-sawで切り上げるように椎弓を切離した.胸椎高位の8例は,関節突起間部または椎弓根から横突起にかけて切り上げるか,椎弓根を水平に切って,椎弓を切離した.腰椎高位4例の切離法は胸椎高位と同様である.切離した椎弓は解剖学的位置に納めて締結し,術後,3ヵ月間コルセットを着用し,全例で還納椎弓の骨癒合を認めた.なお,術後に脊髄症状の悪化は認めなかった
  • 脊椎分節動脈結紮後の脊髄の血流および機能に関する実験的研究(第2報), 上田 康博, 川原 範夫, 小林 忠美, 村上 英樹, 南部 浩史, 富田 勝郎, 湯上 博, 脊髄機能診断学, 26, (1) 47 - 52,   2005年01月, 5対,7対の両側分節動脈を結紮したときの脊髄血流量の変化を測定し,さらに脊髄機能の指標として脊髄刺激脊髄誘発電位(SCEPs)ならびに経頭蓋磁気刺激脊髄誘発電位(MEPs)を検討した.体重12〜17Kgの雑種成犬を使用した.イヌの胸腰椎移行部において5対の分節動脈結紮により第12胸椎椎体高位の脊髄血流量はコントロール値の約75%,同じく7対の分節動脈結紮により約68%に減少した.電気生理学的には7対の分節動脈結紮時にはSCEPsでは有意な変化はなかったが,MEPsではD波の軽度の振幅増大とI波の描出不良を認めた.7対の分節動脈結紮時は脊髄血流量がコントロール値の約68%で,この血流量はcritical levelではないがMEPsでは軽度の波形変化が現れ始め,脊髄の危険域に入る可能性があると考えられた
  • 脊椎に発生した動脈瘤様骨嚢腫と単純性骨嚢腫の鑑別について, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 山口 岳彦, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (1) 127 - 128,   2005年01月, 脊髄発生の嚢腫様病変には動脈瘤様骨嚢腫(ABC)と単純性骨嚢腫(SBC)があり,両疾患の画像上の鑑別について検討した.摘出標本の病理組織学的所見から診断されたABC群4症例とSBC群3症例を対象に術前の単純X線像・CT・MRI・血管造影所見を比較した.その結果,全例とも病変は椎体のみに存在せず脊椎の後方要素を含んでおり,単純X線像・CTでは全例に骨透亮像・骨皮質の菲薄化を認めたが,ABC群では全例に骨性隔壁を認めたがSBC群では3例中1例では骨性隔壁を認めなかった.MRIT2強調像でのFFLはABC群では4例中2例・SBC群では3例中2例に認め,鑑別手段とはならなかった.造影MRIではABC群全例で内部の隔壁成分が造影されたがSBC群では全例辺縁部のみ造影され,血管造影ではABC群で腫瘍濃染を2例で認め1例では認めなかったが,SBC群では全例造影されなかった.以上より,造影MRI・血管造影は脊椎ABCとSBCの鑑別に有用であるものと考えられた
  • 脊椎に発生したosteoblastomaに対する治療経験, 渡部 公正, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (1) 129 - 130,   2005年01月, 脊椎osteoblastomaの初発3症例(33歳・62歳・6歳男性)と再発例2症例(症例1;23歳・症例2;26歳男性)の治療経験からその治療戦略について検討した.その結果,初発例の3例では腫瘍のen bloc切除が可能で,術後3〜9年経過の現在,再発は認めていない.再発例の症例1は他院にて掻爬術施行3ヵ月後に再発し紹介となり,腫瘍は左椎弓根から硬膜外・椎体・傍脊椎へと広がっており,後方から脊椎後方部分のpiecemeal切除とen bloc corpectomyを行ったが2年後に胸膜再発を認め,追加手術施行後は再発を認めていない.症例2は他院にて掻爬術施行後2年で再発し,症例1と同様の処置にて術後3年の現在,再発は認めていない.以上より,脊椎osteoblastomaにおいては初回手術時に腫瘍のmarginを含めた完全切除を行うことが再発防止のため重要であるものと考えられた
  • 巨大神経鞘腫の治療経験, 茂住 宜弘, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 48, (1) 133 - 134,   2005年01月, 症例1は47歳女性で,24歳時にTh11〜L3神経鞘腫に椎弓切除と腫瘍摘出術を施行されたが完全下肢麻痺は改善せず,3年前より短時間の坐位保持ができず,画像上腫瘍はTh11〜L4椎体を著明に侵蝕していた.腫瘍を摘出後にTh12・L1椎体を切除し,Th11椎体下面とL2椎体上面が接するまで短縮して椎体間・欠損部を自家骨移植した.術後1年3ヵ月の現在,長時間の坐位保持が可能となった.症例2は41歳男性で,X線像でL3の骨破壊像を認め,CTガイド下生検にて神経鞘腫と診断され,腫瘍は下大静脈を強く圧迫し血栓を形成しており,フィルター留置後に手術を施行した.腫瘍切除後の椎体再建は右腸骨よりの骨移植で行った.症例3は51歳男性で,単純X線正面像で左下肺野に側面像で下肺野背側に心臓を前方に圧排する陰影を認め,腫瘍は胸腔内に進展して心臓を前方に,大動脈を右方に圧排し,Th10椎体内・脊柱管内・背部の皮下まで及んだ皮下腫瘍・胸腔内腫瘍を切除後にTh10椎体全摘術を施行した
  • 椎骨動脈を損傷せずに後方から全核出し得た頸髄砂時計腫の3例, 藤巻 芳寧, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 渡部 公正, 加藤 久人, 茂住 宜弘, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (6) 1340 - 1340,   2004年11月
  • 脊椎に発生した動脈瘤様骨嚢腫と単純性骨嚢腫の鑑別について, 出村 諭, 川原 範夫, 村上 英樹, 羽藤 泰三, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (秋季学会) 65 - 65,   2004年10月
  • 脊椎に発生したosteoblastomaに対する治療経験, 渡部 公正, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (秋季学会) 66 - 66,   2004年10月
  • 脊椎巨大神経鞘腫の治療経験, 茂住 宜弘, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (秋季学会) 67 - 67,   2004年10月
  • 巨大な骨外病変を伴った胸椎Ewing肉腫に対し腫瘍全摘出術を施行した1例, 加藤 久人, 川原 範夫, 村上 英樹, 出村 諭, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (秋季学会) 185 - 185,   2004年10月
  • 脊椎腫瘍の手術 挑戦と限界 脊椎軟骨肉腫再発例に対するSalvage手術, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 赤丸 智之, 南部 浩史, 上田 康博, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 日本整形外科学会雑誌, 78, (10) 717 - 720,   2004年10月, 脊椎軟骨腫瘍再発例に対しSalvage手術を行った4例(症例1:55歳男,症例2:49歳男,症例3:53歳女,症例4:6歳男児)を報告した.全例に腫瘍学的全摘術を試みたが,症例4で腫瘍学的マージンをつけて一塊とした腫瘍椎体切除が可能であった.しかし,症例1においては腫瘍周囲の癒着,大血管の巻き込みのため,出血のコントロールがつかなくなり,摘出術を断念した.症例2,3においては癒着浸潤していた周囲臓器を合併切除するなどして腫瘍被膜を含めた徹底した掻爬・全切除を行った.その結果,症例4では術後10年,局所再発を認めなかったが,症例2,3においてはそれぞれ60ヵ月,18ヵ月で局所再発をきたした.これらのことから,脊椎軟骨肉腫再発例に対するSalvage手術はきわめて困難を伴い,成功率が低いと考えられた
  • 【腰椎変性すべり症の手術と腰痛】 腰椎変性すべり症のstaging分類と腰痛, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 羽藤 泰三, 日本腰痛学会雑誌, 10, (1) 46 - 55,   2004年10月, 1995〜2000年の間に当科の腰椎変性すべり症ストラテジーで進行期,もしくは末期でも不安定性,後彎のある第4/5腰椎変性すべり症の40例に対してPLIFを施行した.経過中に2例が死亡し,38例について直接検診した.追跡率は100%である.パーキンソン病などを合併した4例を除外した34例の成績を評価した.平均経過観察期間は6年10ヵ月であった.JOA点数は術前14.3点が経過観察時25.5点(改善率38.9〜100%,平均74.5%)であった.%slipは18.8%が10.9%に減少し,slip angle(前彎を+)は2.1度から6.3度となり,前彎が獲得されていた.34例中32例に椎体と移植骨との間に骨梁の連続性を認めた.第3/4腰椎椎間板には15例で椎間板狭小化,すべり,不安定性,椎間板ヘルニアの発生などの隣接椎間板変性を認め,そのうち症状を呈した2例に再手術を行った.当科のストラテジーで進行期もしくは末期で,かつ不安定性や後彎を呈する症例に対してPLIFを行うことで中期の安定した成績を得ることができる(著者抄録)
  • 骨粗鬆性椎体における骨折発生機序の生体力学的検討, 粟森 世里奈, 川原 範夫, 村上 英樹, 羽藤 泰三, 富田 勝郎, 坂本 二郎, 金澤 秀泰, 尾田 十八, Osteoporosis Japan, 12, (Suppl.1) 160 - 160,   2004年10月
  • 骨粗鬆性脊椎における薬物療法の力学的効果, 村上 英樹, 川原 範夫, 粟森 世里奈, 羽藤 泰三, 坂本 二郎, 尾田 十八, 富田 勝郎, Osteoporosis Japan, 12, (Suppl.1) 213 - 213,   2004年10月
  • 骨粗鬆性脊椎における薬物療法の力学的効果, 村上 英樹, 川原 範夫, 坂本 二郎, 粟森 世里奈, 尾田 十八, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 78, (8) S1008 - S1008,   2004年08月
  • 骨粗鬆症椎体における骨折発生機序の生体力学的検討, 粟森 世里奈, 川原 範夫, 坂本 二郎, 村上 英樹, 羽藤 泰三, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 78, (8) S1073 - S1073,   2004年08月
  • 高度な椎体破壊をともなった巨大神経鞘腫の治療経験, 茂住 宜弘, 川原 範夫, 村上 英樹, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (4) 869 - 869,   2004年07月
  • 関節リウマチによる上位頸椎病変に対する環椎外側塊screwを用いた後方固定術, 村上 英樹, 川原 範夫, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (4) 631 - 632,   2004年07月, 関節リウマチ(RA)によるC1-2不安定症を認める症例に対して,Harmsの方法に準じて環椎外側塊にpolyaxial screwを挿入し,C1-2の後方固定術を施行したので,その術式と臨床成績について報告した.6例のRAに対して,環椎外側塊screwを用いた後方固定術を行った.環椎外側塊へのpolyaxial screw挿入による上位頸椎後方固定術により,不安定性を有するC1-2の固定が椎骨動脈に対して安全に,また良好な整復位で可能であった
  • 後彎変形を伴う骨粗鬆性脊椎骨折に対するclosing-opening techniqueを用いた骨切り矯正術, 羽藤 泰三, 川原 範夫, 村上 英樹, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (4) 667 - 668,   2004年07月, 骨粗鬆症による椎体骨折に伴い著しい脊柱の後彎変形をきたした場合,激しい腰背部や遅発性麻痺といった合併症により,ADL制限やQOLの低下が問題となる.このような後彎変形を伴う骨粗鬆性脊椎骨折5例に対し,後方単一進入によるclosing-opening techniqueを用いた骨切り矯正術を施行した.腰背部痛は術前平均1.8点から術後4.8点に改善し,最終時まで継続していた.1例に経過中に転倒を生じ他椎体で圧迫骨折を生じた症例を認めたが再手術で改善した.神経麻痺はFrankel Cの2例がDへ一段階の改善を認め,増悪した症例はなかった.局所後彎角は術前平均42°から術後平均7°へ,平均35℃の矯正が得られた.最終観察時に5°以上の矯正損失例は認めなかった.骨粗鬆症性脊椎骨折に対する骨切り矯正術について臨床成績は良好であった
  • 【脊椎脊髄の機能解剖とアプローチ】 実践編 胸椎・腰椎 胸膜外胸椎・腰椎椎体への後方からのアプローチ 分節動脈と神経根, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 羽藤 泰三, 脊椎脊髄ジャーナル, 17, (5) 503 - 506,   2004年05月
  • 脊椎全摘術における出血対策 複数対の脊椎分節動脈塞栓の効果, 上田 康博, 川原 範夫, 小林 忠美, 村上 英樹, 南部 浩史, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 15, (1) 114 - 114,   2004年05月
  • 骨粗鬆症椎体における骨折発生機序の生体力学的検討, 粟森 世里奈, 川原 範夫, 村上 英樹, 羽藤 泰三, 茂住 宜弘, 富田 勝郎, 坂本 二郎, 金澤 秀泰, 尾田 十八, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 15, (1) 131 - 131,   2004年05月
  • 骨粗鬆性脊椎骨折に対する骨切り矯正術におけるFEMを用いた力学的解析 骨脆弱性と矯正時のアライメントが再建脊椎に及ぼす応力増加について, 羽藤 泰三, 川原 範夫, 村上 英樹, 赤丸 智之, 粟森 世里奈, 茂住 宜弘, 富田 勝郎, 坂本 二郎, 尾田 十八, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 15, (1) 133 - 133,   2004年05月
  • 頸椎椎弓根スクリューの合併症と挿入精度に関する臨床的検討, 赤丸 智之, 川原 範夫, 安竹 秀俊, 村上 英樹, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 上原 健治, 渡部 公正, 庭田 満之, 久門 弘, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 15, (1) 174 - 174,   2004年05月
  • 脊柱短縮に伴う脊髄の形態的,生理的変化に関する検討, 小林 忠美, 川原 範夫, 村上 英樹, 吉田 晃, 赤丸 智之, 村田 淳, 南部 浩史, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 15, (1) 279 - 279,   2004年05月
  • 脊椎の骨髄腫に対する脊椎全摘術の意義, 村上 英樹, 川原 範夫, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 茂住 宜弘, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 15, (1) 351 - 351,   2004年05月
  • 脊椎全摘術における脊柱短縮, 川原 範夫, 富田 勝郎, 小林 忠美, 村上 英樹, 赤丸 智之, 南部 浩史, 上田 康博, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 茂住 宜弘, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 15, (1) 352 - 352,   2004年05月
  • 脊柱短縮に伴う脊髄の形態的・生理的変化に関する検討, 小林 忠美, 川原 範夫, 村上 英樹, 赤丸 智之, 南部 浩史, 藤田 拓也, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 78, (4) S296 - S296,   2004年04月
  • 脊椎全摘術における脊柱短縮, 川原 範夫, 富田 勝郎, 小林 忠美, 村上 英樹, 赤丸 智之, 羽藤 泰三, 上田 康博, 日本整形外科学会雑誌, 78, (4) S297 - S297,   2004年04月
  • 【骨転移の診断と最新治療】 外科的治療 脊椎転移に対する局所根治手術と治療成績, 富田 勝郎, 川原 範夫, 村上 英樹, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 茂住 宜弘, 骨・関節・靱帯, 17, (4) 484 - 490,   2004年04月
  • 第5腰神経障害に対する前方進入椎間孔外部拡大術の経験, 村上 英樹, 川原 範夫, 赤丸 智之, 上田 康博, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (2) 355 - 356,   2004年03月
  • 強直性脊椎炎による後彎症に対する矯正骨切り術 Closing-opening osteotomy, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 赤丸 智之, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 茂住 宜弘, 日本整形外科学会雑誌, 78, (3) S131 - S131,   2004年03月
  • 腰椎椎間板嚢腫の1例, 島貫 景都, 川原 範夫, 村上 英樹, 羽藤 泰三, 富田 勝郎, 相良 光貞, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (2) 414 - 414,   2004年03月
  • 整形外科領域の新しい診断方法,治療方法 関節リウマチによる上位頸椎病変に対する環椎外側塊screwを用いた後方固定術, 村上 英樹, 川原 範夫, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (春季学会) 12 - 12,   2004年02月
  • 骨粗鬆症を伴う脊椎骨折に対する手術療法 後彎変形を伴う骨粗鬆性脊椎骨折に対するclosing-opening techniqueを用いた骨切り矯正術, 羽藤 泰三, 川原 範夫, 村上 英樹, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (春季学会) 24 - 24,   2004年02月
  • A two-cage reconstruction versus a single mega-cage reconstruction for lumbar interbody fusion: an experimental comparison,   2004年
  • 関節リウマチによる上位頚椎病変に対する環椎外側塊screwを用いた後方固定術,   2004年
  • A two-cage reconstruction versus a single mega-cage reconstruction for lumbar interbody fusion: an experimental comparison,   2004年
  • 環軸関節変形性関節症の1例, 高橋 竜平, 川原 範夫, 村上 英樹, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 茂住 宜弘, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, (1) 198 - 199,   2004年01月
  • 脊椎分節動脈結紮後の脊髄の血流および機能に関する実験的研究, 上田 康博, 川原 範夫, 小林 忠美, 村上 英樹, 赤丸 智之, 南部 浩史, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 湯上 博, 脊髄機能診断学, 25, (1) 51 - 56,   2004年01月, 脊椎全摘術における新たな術中出血対策として脊椎分節動脈結紮が臨床応用可能であるか検討するため,雑種成犬を用い,複数対の分節動脈を結紮したときの脊髄血流量の変化および脊髄刺激脊髄誘発電位(SCEP),経頭蓋磁気刺激脊髄誘発電位(MEP)の変化を調べた.下位胸椎における2対,3対の分節動脈の結紮により脊髄血流量はそれぞれ約12%,15%減少したが,SCEPとMEPには有意な変化なく脊髄機能は保たれていた
  • 第5腰神経障害に対する前方進入椎間孔外部拡大術の経験, 村上 英樹, 川原 範夫, 赤丸 智之, 南部 浩史, 上田 康博, 羽藤 泰三, 栗森 世里奈, 富田 勝郎, 日本腰痛学会雑誌, 9, (1) 192 - 192,   2003年11月
  • 第5腰神経障害に対する前方進入椎間孔外部拡大術の経験, 村上 英樹, 川原 範夫, 赤丸 智之, 上田 康博, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, (秋季学会) 95 - 95,   2003年09月
  • 椎体悪性リンパ腫のMR所見, 中村 功一, 蒲田 敏文, 片桐 亜矢子, 斉藤 千夏, 高田 治美, 北尾 梓, 小林 未来, 松井 修, 村上 英樹, 川原 範夫, 野々村 昭孝, 日本医学放射線学会雑誌, 63, (8) 425 - 425,   2003年09月
  • 【脊椎転移癌に対する治療法の選択】 転移性脊椎腫瘍に対する治療法の選択, 川原 範夫, 富田 勝郎, 小林 忠美, 村上 英樹, 赤丸 智之, 上田 康博, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 関節外科, 22, (8) 999 - 1003,   2003年08月
  • 脊椎分節動脈結紮の脊髄への影響 実験的研究, 上田 康博, 川原 範夫, 村上 英樹, 赤丸 智之, 南部 浩史, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 77, (8) S953 - S953,   2003年08月
  • BMP-2供給を促進させるための担体の改良 サル腰椎横突起間固定術モデルを用いて, 赤丸 智之, Boden Scott D, 川原 範夫, 村上 英樹, 南出 晃人, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 77, (8) S1097 - S1097,   2003年08月
  • 【必見 腰痛学】 治療 主要疾患の治療 脊椎転移癌の治療, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 赤丸 智之, 上田 泰博, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 骨・関節・靱帯, 16, (8) 1082 - 1089,   2003年08月, 脊椎転移癌患者に対しては原発巣の評価,脊椎責任病巣の評価,他の全身骨病巣の有無,肺や肝,脳などの転移の評価などを原発巣担当医と連絡を緊密にしながら行う.保存的治療では放射線療法,化学療法,ビスフォスフォネート,セメント注入などの選択の範囲も広がっている.また脊椎腫瘍に対する手術療法には姑息的な脊髄除圧・後方stabilizationから脊椎全摘術をはじめとする腫瘍学的切除に至るまで様々な段階のものがある.また末期患者にはpain controlを主体とするホスピスケアも重要である.更に,患者へのインフォームドコンセントを十分行った上で治療の選択を行うことが大切である
  • 【脊柱短縮術 最近の動向】 胸椎角状後彎症に対する骨切り矯正術 Closing-opening correction osteotomy, 川原 範夫, 富田 勝郎, 小林 忠美, 村上 英樹, 赤丸 智之, 上田 康博, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 脊椎脊髄ジャーナル, 16, (7) 743 - 746,   2003年07月
  • 脊椎転移癌に対する手術選択, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 赤丸 智之, 上田 康博, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 日本整形外科学会雑誌, 77, (6) S728 - S728,   2003年06月
  • 脊椎転移癌に対する治療法の選択 脊椎転移癌のsurgical strategy, 川原 範夫, 富田 勝郎, 小林 忠美, 村上 英樹, 赤丸 智之, 上田 康博, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 臨床整形外科, 38, (6) 747 - 754,   2003年06月, 過去の5年間に治療を行った脊椎転移癌67例の生命予後について,「原発巣の悪性度」「重要臓器への転移」「骨転移」の予後因子の関与を検討し,スコアリングシステムを作成した.最近5年間の脊椎転移癌61例(男27例,女34例,平均57.7歳)に対して,このスコアリングシステムに基づく治療を施行した.wide or marginal excisionを行ったのは28例で,脊椎全摘術28例,一塊とした椎体切除術2例であった.平均生存期間は28.2ヵ月で,26例に手術部位の局所コントロール(PC)が得られた.egg-shell curettage等のintralesional excisionを行ったのは13例で,生存期間21.5ヵ月,PC獲得は9例であった.局所再発の4例にも生存期間の80%でPCが得られていた.脊髄除圧・固定術は11例で,生存期間10.1ヵ月,PC獲得は8例であった.局所再発3例では生存期間の75%以上でPCが得られていた.疼痛治療中心の9名では生存期間は5.3ヵ月であった
  • 多椎間病変を有する頸髄症の手術成績の比較検討 椎弓形成術vs前方固定術, 村上 英樹, Edwards II Charles C, Heller John G, 川原 範夫, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, (3) 451 - 452,   2003年05月
  • 遠隔転移に対する診断と治療 脊椎転移癌に対する外科的治療 脊椎全摘術を中心に, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 赤丸 智之, 古川 仭, 頭頸部腫瘍, 29, (2) 277 - 277,   2003年05月
  • Total en bloc spondylectomyと最近の成績, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 赤丸 智之, 上田 康博, 羽藤 泰三, 整形・災害外科, 46, (5) 671 - 674,   2003年04月, 1989年以来,著者等は,脊椎悪性腫瘍に対して根治性を追求したtotal en bloc spondylectomy(TES)を85例に施行してきた.合併症として,これまで5000g以上の出血を認めた症例は,1995年迄は41例中11例であったが,1996年以降は44例中5例に減っている.全身合併症に関しても,DICを3例,敗血症を1例に認めたが,1996年以降は経験していない.又,instrumentation failureは3例に経験したが,1995年からtitanium cageを使用するようになり,それ以降failureはない.深部感染に関しては4例に認めたが,うち3例は前方・後方合併進入という侵襲の大きな手術を行った症例であり,残る1例は糖尿病患者で,術前に放射線治療を施行していた症例であった
  • 病期に基づいた腰椎変性すべり症の術式選択, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 赤丸 智之, 上田 康博, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 日本整形外科学会雑誌, 77, (4) S411 - S411,   2003年04月
  • 【脊椎脊髄病学最近の進歩】 仙骨全摘後再建法の生体力学的検討 新しい再建法の評価, 村上 英樹, 川原 範夫, 坂本 二郎, 吉田 晃, 南部 浩史, 上田 康博, 尾田 十八, 富田 勝郎, 臨床整形外科, 38, (4) 517 - 523,   2003年04月, 仙骨全摘後の再建法を力学的に評価する目的で有限要素法による力学的解析を行った.MGRでは脊椎ロッドにチタン合金の降伏応力を超える強い応力が働くことから,この部位で脊椎ロッドが破損する危険性が極めて高いと言えた.TFRではインスツルメント破損の仙骨ロッド挿入部位周囲には応力が集中することから,仙骨ロッドの緩みが生じる危険性があると考えられた.MGRに加えて第5腰椎椎体下面かた椎弓根スクリューを刺入して,これに仙骨ロッドを連結する独自の前方再建法を考案した.この新しい再建法は応力集中の少ない有用な再建法の一つである
  • 脊椎インスツルメンテーションの現状と展望 脊椎全摘術における脊柱再建, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 赤丸 智之, 上田 康博, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, (春季学会) 12 - 12,   2003年03月
  • 【脊椎脊髄手術の出血対策】 胸腰椎手術時における硬膜外からの出血対策 脊椎全摘術におけるフィブリン糊硬膜外注入法, 川原 範夫, 水野 勝則, 村上 英樹, 富田 勝郎, 脊椎脊髄ジャーナル, 16, (3) 211 - 215,   2003年03月
  • 脊椎軟骨肉腫再発例に対するsalvage手術, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 赤丸 智之, 南部 浩史, 上田 康博, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 日本整形外科学会雑誌, 77, (3) S3 - S3,   2003年03月
  • 【腰椎椎間スペーサーとしての生体材料】 骨癒合からみた臨床成績 自家骨を充填したHarms titanium mesh cageを用いた脊椎全摘術後再建の術式と成績, 赤丸 智之, 川原 範夫, 村上 英樹, 上田 康博, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 骨・関節・靱帯, 16, (3) 269 - 274,   2003年03月, 自家骨を充填したHarms titanium mesh cageを用いた脊椎全摘術後再建の手術成績を検討した.対象は,1椎骨の腫瘍椎骨を周囲の靱帯組織も含めて一塊に脊椎全摘術を行い,2above+2belowのpedicle screw & rodと自家骨を充填したHarms titanium mesh cageを用いて再建を行い,1年以上経過観察が可能な26例であった.Cage内部の移植骨の骨癒合については,cageのartifactのため正確な骨癒合率は定かでないが,明らかなradiolucent lineを認めた症例はなく,側面単純写真前後屈機能撮影で再建部に不安定性やinstrumentation failure,cageのsinkingなどを認めた症例もないため,良好な骨癒合が得られたと判断した.3例では骨癒合後に術後2年でpedicle screw & rodの抜去を行い,1例では術後1年4ヵ月に肺転移で死亡後の剖検でcage内部の移植骨のremodelingを確認した
  • BMP-2供給を促進させる担体の改良 霊長類腰椎横突起間固定術モデルでの検討, 赤丸 智之, Boden Scott D, 村上 英樹, 南出 晃人, 川原 範夫, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 14, (1) 143 - 143,   2003年02月
  • 脊椎全摘術における脊椎分節動脈の処理 脊椎全摘術はいまだ出血の多い手術なのか?, 南部 浩史, 川原 範夫, 村上 英樹, 赤丸 智之, 上田 康博, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 14, (1) 324 - 324,   2003年02月
  • 分節動脈結紮後の脊髄の血流及び機能に関する実験的研究, 上田 康博, 川原 範夫, 小林 忠美, 村上 英樹, 赤丸 智之, 南部 浩史, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 湯上 博, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 14, (1) 366 - 366,   2003年02月
  • Vertebral body osteonecrosis without vertebral collapse,   2003年
  • 仙骨全摘後再建法の生体力学的検討―新しい再建法の評価―,   2003年
  • 多椎間病変を有する頚髄症の手術成績の比較検討ー椎弓形成術 VS 前方固定術ー,   2003年
  • Vertebral body osteonecrosis without vertebral collapse,   2003年
  • 腰部硬膜内にガラス片が迷入した1例, 木村 浩明, 川原 範夫, 村上 英樹, 赤丸 智之, 納村 直希, 上田 康博, 羽藤 泰三, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 松田 正樹, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, (1) 167 - 167,   2003年01月
  • 多椎間病変を有する頸髄症の手術成績の比較検討-椎弓形成術VS前方固定術, 村上 英樹, Edward Charles, Heller John, 川原 範夫, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 45, (秋季学会) 102 - 102,   2002年10月
  • 脊椎椎体骨壊死と診断した3例, 村上 英樹, 川原 範夫, 南部 浩史, 上田 康博, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 45, (5) 901 - 902,   2002年09月, 脊椎椎体骨壊死と診断した3例を経験した.症例1は35歳女性.体動困難な腰痛で近医にてMRI上L3椎体の異常信号で紹介受診した.CTでL3椎体後方に辺縁不規則で骨硬化性変化を認め,MRIでL3椎体後下方に境界明瞭で均一なT1;low,T2;highの病変を認めた.Gdによる造影MRIでは増強されず,骨scanでは病変に一致して集積が低下していた.確定診断のためneedle biopsyを施行し,組織学的にはempty lacunaeを認め,骨髄内に脂肪壊死と細胞残屑を認めて椎体の骨壊死と診断した.腰痛の軽快で経過観察とし,初診後10ヵ月のMRIでは壊死の大きさ,信号強度に変化はなかった.一方,症例2(50歳男性)と症例3(52歳男性)ともに症例1と同様の画像所見を呈しており,よって椎体骨壊死と診断した.椎体が自然に修復されるのか,圧潰を起こすのか注意深い経過観察が必要と考えられた
  • 【脊椎・脊髄画像診断マニュアル】 脊椎疾患 原発性脊椎腫瘍の画像診断, 川原 範夫, 村上 英樹, 富田 勝郎, Orthopaedics, 15, (9) 131 - 137,   2002年09月, 脊椎腫瘍の単純X線撮影及び断層撮影では,腫瘍が骨硬化性か骨溶解性か,或いは混合型であるかを評価し,骨梁の菲薄化,椎体の膨隆,椎体の圧潰,傍脊柱の腫瘤等に注意して読影する.更にCTやMRIでは,脊柱管や傍脊柱軟部組織への腫瘍の広がりを評価する.脊柱管内への病巣の進展は重篤な脊髄麻痺をきたすことがあるので,その評価は診断や治療方針を立てるうえで最も重要である.又,病巣が単椎体性か多椎体性なのか,その他の部位にはないかをチェックするには骨スキャンが有用である.脊椎腫瘍の中には,その特徴的な画像所見から即,診断に結びつくようなものもあり,各腫瘍の基本的な画像所見を把握しておくことが必要である
  • 脊椎全摘術後椎体再建に用いるTitanium Cageの内部に生じる応力分布 有限要素法解析, 赤丸 智之, 川原 範夫, 坂本 二郎, 覚内 篤志, 村上 英樹, 南部 浩史, 上田 康博, 尾田 十八, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 76, (8) S993 - S993,   2002年08月
  • 骨粗鬆症性脊椎骨折に対する骨切り矯正術(後方単一進入法)の成績, 羽藤 泰三, 川原 範夫, 村上 英樹, 南部 浩史, 上田 康博, 粟森 世里奈, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 45, (4) 772 - 773,   2002年07月
  • Recapping T-saw laminoplastyを応用した肋骨横突起切除術による胸髄前方神経鞘腫摘出術の経験, 池本 敏彦, 藤田 拓也, 川原 範夫, 新屋 陽一, 小林 忠美, 吉田 晃, 村上 英樹, Mohamed Abdel-Wanis, 富田 勝郎, 臨床整形外科, 37, (6) 721 - 725,   2002年06月, 44歳女.胸髄前面の硬膜内髄外神経鞘腫の症例に対しThreadwire sawを用いた肋骨横突起切除術を行い,一旦切除した肋骨および片側横突起を含む椎弓を本来の位置に還納することにより,良好な視野を獲得し,かつ解剖学的再建を達成しえた.対象は左側胸から左背部にかけて痛みを認め,MRI上,Th8下縁からTh10のレベルに硬膜内髄外腫瘍を認め,脊髄を圧迫していた.本法の最も良い適応は脊髄前方に位置する髄膜腫である.本法を用いた場合,脊髄前方の視野が良好で,脊髄に愛護的に腫瘍を摘出し,かつ硬膜の修復が可能である
  • 骨粗鬆症による多発性圧迫骨折に伴う高度の胸腰椎後彎症に対して2レベルの骨切り矯正術を施行した1例, 上田 康博, 川原 範夫, 村上 英樹, 南部 浩史, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 45, (3) 485 - 486,   2002年05月, 74歳女.胸腰椎移行部の多発性圧迫骨折及び後彎変形と疼痛の増悪を主訴とした.脊椎全摘術の手技を応用し,矯正手術を施行した.脊髄を全周除圧し,直視化にとらえながら,脊髄に対し安全に矯正することができた.後方単一アプローチによる骨切り矯正術により局所後彎角は44°改善したものの,全脊柱後彎角の改善は2°のみで後彎は残存した.その後腰痛のため再度手術を行い,局所後彎角が30°改善,全脊柱後彎角も18°改善,腰仙角も22°になり良好なアライメントを得たことで,症状のさらなる改善をみた
  • 骨系統疾患に合併したos odontoideumの2例, 宮田 岳人, 川原 範夫, 村上 英樹, Abdel-Wanis ME, 南部 浩史, 上田 康博, 富田 勝郎, 安竹 秀俊, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 45, (3) 570 - 570,   2002年05月
  • 脊椎全摘術後の再建方法に関する力学試験及び有限要素法解析 後方インスツルメンテーションVs.前方+後方インスツルメンテーション, 赤丸 智之, 川原 範夫, 坂本 二郎, 吉田 晃, 村上 英樹, 南部 浩史, 上田 康博, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 13, (1) 350 - 350,   2002年04月
  • 脊椎固定術におけるBMPの臨床応用に向けた担体の検討 生体力学的評価を含めて, 南出 晃人, Boden Scott D, 村上 英樹, 川上 守, 玉置 哲也, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 13, (1) 357 - 357,   2002年04月
  • 仙骨全摘後再建法の生体力学的検討, 村上 英樹, 川原 範夫, 吉田 晃, 南部 浩史, 上田 康博, 坂本 二郎, 尾田 十八, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 13, (1) 3 - 3,   2002年04月
  • 脊椎全摘術における脊柱再建, 川原 範夫, 村上 英樹, 赤丸 智之, 小林 忠美, 南部 浩史, 上田 康博, Mohamed Abdel-Wanis, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 13, (1) 70 - 70,   2002年04月
  • 脊椎分節動脈結紮による椎体内血流に関する実験的研究, 南部 浩史, 川原 範夫, 小林 忠美, 村上 英樹, 上田 康博, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 13, (1) 202 - 202,   2002年04月
  • 脊椎椎体壊死と診断した3例, 村上 英樹, 川原 範夫, 南部 浩史, 上田 康博, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 45, (春季学会) 109 - 109,   2002年03月
  • 脊椎腫瘍手術におけるrod破損例の検討, 村上 英樹, 川原 範夫, 村田 淳, 南部 浩史, 上田 康博, 富田 勝郎, 日本整形外科学会雑誌, 76, (3) S47 - S47,   2002年03月
  • 脊椎転移癌に対する治療法の選択 脊椎転移癌に対する手術選択とその成績, 川原 範夫, 富田 勝郎, 小林 忠美, 村上 英樹, 赤丸 智之, 南部 浩史, 上田 康博, 日本整形外科学会雑誌, 76, (3) S136 - S136,   2002年03月
  • Delivery of recombinant human bone morphogenetic protein-2 using a compression-resistant matrix in posterolateral spine fusion in the rabbit and in the non-human primate, DY Suh, SD Boden, J Louis-Ugbo, M Mayr, H Murakami, HS Kim, A Minamide, WC Hutton, SPINE, 27, (4) 353 - 360,   2002年02月, Study Design. A rabbit and rhesus monkey model of posterolateral intertransverse process spine arthrodesis was used. Objective. To test two new soft tissue compression resistant ceramic/collagen sponge carriers for recombinant ant human bone morphogenetic protein-2. Summary of Background Data. After determining that plain collagen sponge was too compressible for large animals in a posterolateral fusion application, the authors demonstrated good bone induction using biphasic ceramic phosphate granules (60% hydroxyapatite/40% tri-calcium phosphate) as the carrier matrix for recombinant 6 V U man bone morphogenetic protein 2 in rhesus monkeys. A limitation of 60:40 biphasic ceramic phosphate its slow resorption time caused by the high hydroxy-apatite content, making radiographic detection of new formation very difficult. Methods. Adult New Zealand white rabbits (n = 14) underwent posterolateral spine arthrodesis at L5-L6 using 5:95 biphasic ceramic phosphate (5% hydroxyapatite/tricalcium phosphate) impregnated Type I collagen sponges (17 X 36 X 2.5 mm, two per side) loaded with 0.86 mg recombinant human bone morphogenetic protein 2. Additional rabbits (n = 14) received 60:40 hydroxyphosphate granules as the carrier for morphogenetic protein 2. Adult rhesus monkeys (n = 6) underwent posterolateral arthrodesis at L4-L5 with ceramic/collagen sponge carrier loaded with 9 mg human bone morphogenetic protein 2 per side. Two monkeys received ceramic/collagen sponges containing 15:85 biphasic ceramic phosphate (15% hydroxyapatite/85% hydroxyapatite/85% tricalcium phosphate) with two pieces per side; two received sponges containing 5:95 biphasic Phosphate with two pieces per side, and two received sponges containing 5:95 biphasic ceramic phosphate with four pieces per side. The rabbits were killed 5 weeks and the monkeys after 24 weeks; the spines were evaluated by manual palpation, radiographs, tensile testing (rabbits only), and histology. Results. The recombinant human bone morphogenetic protein 2 delivered in the 5:95 biphasic ceramic sponge achieved fusion in 100% of rabbits and had improved handling properties compared with the biphasic ceramic phosphate granules. Biomechanical results with 5:95 biphasic ceramic phosphate/collagen carrier were comparable to those obtained with the 60:40 biphasic ceramic phosphate granules and superior to those of autogenous bone graft (p < 0.05). The recombinant human bone morphogenetic protein 2 delivered in the 15:85 or the 5:95 biphasic ceramic phosphate/collagen sponge carrier (two pieces per side) induced fusion in nonhuman primates with normal bone histology, less residual ceramic, and more bone in the center of the carrier matrix in comparison with BCO granules alone. The 15:85 biphasic ceramic phosphate/collagen sponge resulted infusion mass sizes closer to the original size of the matrix implanted than did the 5:95 biphasic ceramic phosphate/collagen sponge, which was considered a desirable feature. The monkeys with 9 mg recombinant human bone morphogenetic protein 2 spread over four sponges per side instead of two had half the effective recombinant human bone morphogenetic protein 2 concentration per sponge and inferior results. Conclusions. The new compression-resistant biphasic ceramic phosphate/collagen sponge matrices were biologically compatible with recombinant human bone morphogenetic protein 2 bone formation, resulted in biomechanically stiffer fusion masses than autograft, better space maintenance than plain collagen sponges, and improved handling and radiographic resorption properties over the ceramic carriers previously tested.
  • Delivery of recombinant human bone morphogenetic protein-2 using a compression-resistant matrix in posterolateral spine fusion in the rabbit and in the non-human primate, DY Suh, SD Boden, J Louis-Ugbo, M Mayr, H Murakami, HS Kim, A Minamide, WC Hutton, SPINE, 27, (4) 353 - 360,   2002年02月, Study Design. A rabbit and rhesus monkey model of posterolateral intertransverse process spine arthrodesis was used. Objective. To test two new soft tissue compression resistant ceramic/collagen sponge carriers for recombinant ant human bone morphogenetic protein-2. Summary of Background Data. After determining that plain collagen sponge was too compressible for large animals in a posterolateral fusion application, the authors demonstrated good bone induction using biphasic ceramic phosphate granules (60% hydroxyapatite/40% tri-calcium phosphate) as the carrier matrix for recombinant 6 V U man bone morphogenetic protein 2 in rhesus monkeys. A limitation of 60:40 biphasic ceramic phosphate its slow resorption time caused by the high hydroxy-apatite content, making radiographic detection of new formation very difficult. Methods. Adult New Zealand white rabbits (n = 14) underwent posterolateral spine arthrodesis at L5-L6 using 5:95 biphasic ceramic phosphate (5% hydroxyapatite/tricalcium phosphate) impregnated Type I collagen sponges (17 X 36 X 2.5 mm, two per side) loaded with 0.86 mg recombinant human bone morphogenetic protein 2. Additional rabbits (n = 14) received 60:40 hydroxyphosphate granules as the carrier for morphogenetic protein 2. Adult rhesus monkeys (n = 6) underwent posterolateral arthrodesis at L4-L5 with ceramic/collagen sponge carrier loaded with 9 mg human bone morphogenetic protein 2 per side. Two monkeys received ceramic/collagen sponges containing 15:85 biphasic ceramic phosphate (15% hydroxyapatite/85% hydroxyapatite/85% tricalcium phosphate) with two pieces per side; two received sponges containing 5:95 biphasic Phosphate with two pieces per side, and two received sponges containing 5:95 biphasic ceramic phosphate with four pieces per side. The rabbits were killed 5 weeks and the monkeys after 24 weeks; the spines were evaluated by manual palpation, radiographs, tensile testing (rabbits only), and histology. Results. The recombinant human bone morphogenetic protein 2 delivered in the 5:95 biphasic ceramic sponge achieved fusion in 100% of rabbits and had improved handling properties compared with the biphasic ceramic phosphate granules. Biomechanical results with 5:95 biphasic ceramic phosphate/collagen carrier were comparable to those obtained with the 60:40 biphasic ceramic phosphate granules and superior to those of autogenous bone graft (p < 0.05). The recombinant human bone morphogenetic protein 2 delivered in the 15:85 or the 5:95 biphasic ceramic phosphate/collagen sponge carrier (two pieces per side) induced fusion in nonhuman primates with normal bone histology, less residual ceramic, and more bone in the center of the carrier matrix in comparison with BCO granules alone. The 15:85 biphasic ceramic phosphate/collagen sponge resulted infusion mass sizes closer to the original size of the matrix implanted than did the 5:95 biphasic ceramic phosphate/collagen sponge, which was considered a desirable feature. The monkeys with 9 mg recombinant human bone morphogenetic protein 2 spread over four sponges per side instead of two had half the effective recombinant human bone morphogenetic protein 2 concentration per sponge and inferior results. Conclusions. The new compression-resistant biphasic ceramic phosphate/collagen sponge matrices were biologically compatible with recombinant human bone morphogenetic protein 2 bone formation, resulted in biomechanically stiffer fusion masses than autograft, better space maintenance than plain collagen sponges, and improved handling and radiographic resorption properties over the ceramic carriers previously tested.
  • Biomechanical evaluation of reconstructed lumbosacral spine after total sacrectomy,   2002年
  • 脊椎インストゥルメンテーション, メジカルビュー社,   2002年
  • Biomechanical evaluation of reconstructed lumbosacral spine after total sacrectomy,   2002年
  • 直腸癌仙骨転移症例に対する仙骨全摘を伴う後方骨盤内臓全摘術の経験, 尾山 勝信, 西村 元一, 小林 隆司, 三輪 晃一, 村上 英樹, 川原 範夫, 富田 勝郎, 北陸外科学会雑誌, 20, (1) 115 - 116,   2001年12月
  • 仙骨全摘術後再建モデルにおける力学的研究, 吉田 晃, 川原 範夫, 村上 英樹, 富田 勝郎, 坂本 二郎, 尾田 十八, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, 22,   2001年10月, modified Galveston reconstruction法に前方再建を追加した再建モデルを考案し,このモデルの応力分布を評価するため力学試験と有限要素解析を行った.その結果,本再建法を用いればinstrumentや骨における応力集中を著しく軽減でき,instrumentの破損・緩み等の危険も少ないことが明らかになった
  • 骨粗鬆症による多発性圧迫骨折に伴う高度の胸腰椎後彎症に対して2レベルの骨切り矯正術を施行した1例, 上田 康博, 川原 範夫, 村上 英樹, 富田 勝郎, 小林 忠美, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 44, (秋季学会) 127 - 127,   2001年09月
  • 椎体壊死と診断された1例, 相場 知宏, 川原 範夫, 村上 英樹, 村田 淳, 南部 浩史, 上田 康博, Me Abdel-Wanis, 富田 勝郎, 野々村 昭孝, 湊 宏, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 44, (5) 1231 - 1231,   2001年09月
  • 【サルベージ手術 骨・軟部悪性腫瘍外科領域の経験に学ぶ】 脊椎腫瘍(転移性を含む)治療後の合併症に対するサルベージ手術, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 赤丸 智之, 村田 淳, 南部 浩史, 上田 康博, 関節外科, 20, (7) 893 - 900,   2001年07月
  • 腰椎変性すべり症に対する後方進入椎体間固定術 Harms technique, 川原 範夫, 富田 勝郎, 小林 忠美, 村上 英樹, 村田 淳, 南部 浩史, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 44, (春季学会) 127 - 127,   2001年05月
  • 先天性無痛無汗症によるCharcot spineに対し脊柱再建術を行った1例, 田中 宏幸, 川原 範夫, 小林 忠美, 村上 英樹, 村田 淳, 南部 浩史, Abdel-Wanis Mohamed E, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 44, (3) 763 - 763,   2001年05月
  • 頸椎症性脊髄症の手術成績の比較検討 頸椎椎弓形成術VSプレート固定併用頸椎椎弓切除術, 村上 英樹, Edwards II Charles C, Heller John G, Rodts Gerald, 富田 勝郎, 日本脊椎脊髄病学会雑誌, 12, (1) 292 - 292,   2001年04月
  • Anterior lumbar interbody fusion using a barbell-shaped cage: a biomechanical comparison,   2001年
  • Total en bloc spondylectomy, Semin Musculoskelet Radiol, 5, (2) 189 - 194,   2001年
  • Surgical strategy for spinal metastases, Spine, 26,   2001年
  • Mechanical evaluation of reconstructed structure after total sacrectomy and their improvement, JSME International Journal, 44,   2001年
  • Laminoplasty versus laminectomy and fusion for multilevel cervical myelopathy, Spine, 26,   2001年
  • Closing-opening wedge osteotomy to correct angular kyphotic deformity by a single posterior approach, Spine, 26,   2001年
  • Anterior lumbar interbody fusion using two standard cylindrical threaded cages, a single mega-cage, or dual nested cages, MURAKAMI H, HORTON W C, KAWAHARA N, TOMITA K, HUTTON W C, J Orthop Sci, 6, (4) 343 - 348,   2001年
  • Anterior lumbar interbody fusion using a barbell-shaped cage, J Spinal Disord, 14, (5) 385 - 392,   2001年
  • Adenoviral delivery of LIM mineralized protein-1 induces new-bone formation in vitro and in vivo, J Bone Joint Surg, 83-A, (3) 364 - 376,   2001年
  • 仙骨全摘術後再建構造の力学的評価とその改良, 日本機械学会論文集, 67,   2001年
  • 脊椎腫瘍(転移性を含む)治療後の合併症に対するサルベージ手術, 関節外科, 20,   2001年
  • Anterior lumbar interbody fusion using a barbell-shaped cage: a biomechanical comparison,   2001年
  • Total en bloc spondylectomy, Semin Musculoskelet Radiol, 5, (2) 189 - 194,   2001年
  • Surgical strategy for spinal metastases, SPINE, 26,   2001年
  • Mechanical evaluation of reconstructed structure after total sacrectomy and their improvement, JSME International Journal, 44,   2001年
  • Laminoplasty versus laminectomy and fusion for multilevel cervical myelopathy, SPINE, 26,   2001年
  • Closing-opening wedge osteotomy to correct angular kyphotic deformity by a single posterior approach, SPINE, 26,   2001年
  • Anterior lumbar interbody fusion using two standard cylindrical threaded cages, a single mega-cage, or dual nested cages, J Orthop Sci, 6, (4) 343 - 348,   2001年
  • Anterior lumbar interbody fusion using a barbell-shaped cage, J Spinal Disord, 14, (5) 385 - 392,   2001年
  • Adenoviral delivery of LIM mineralized protein-1 induces new-bone formation in vitro and in vivo, J Bone Joint Surg, 83-A, (3) 364 - 376,   2001年
  • 【最新の脊椎外科】 脊椎悪性腫瘍に対するtotal en bloc spondylectomy, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 新OS NOW, (7) 207 - 211,   2000年07月
  • 脊柱短縮に伴う脊髄の形態的・生理的変化に関する検討, 小林 忠美, 川原 範夫, 吉田 晃, 村上 英樹, 赤丸 智之, 村田 淳, 富田 勝郎, Abdel-Wanis M.E, 日本脊椎外科学会雑誌, 11, (1) 245 - 245,   2000年04月
  • 仙骨全摘術後再建モデルに対する力学的評価, 吉田 晃, 川原 範夫, 村上 英樹, 小林 忠美, 赤丸 智之, 村田 淳, 富田 勝郎, 長嶌 雄士, 坂本 二郎, 尾田 十八, 日本脊椎外科学会雑誌, 11, (1) 184 - 184,   2000年04月
  • 脊椎全摘術後の再建椎体長についての検討, 小林 忠美, 川原 範夫, 吉田 晃, 村上 英樹, 赤丸 智之, 村田 淳, 富田 勝郎, Abdel-Wanis M.E, 日本脊椎外科学会雑誌, 11, (1) 379 - 379,   2000年04月
  • 最新の脊椎外科, メジカルビュー社,   2000年
  • 仙骨全摘出後再建法の力学的評価, 村上 英樹, 金沢大学十全医学会雑誌, 108, (5) 515 - 525,   1999年10月, 現在行われている仙骨全摘出後の再建法を力学的に評価する目的で,荷重負荷実験とfinite element method解析を行った. 1)modified Galveston reconstruction(MGR)チタン合金モデルでは,脊椎ロッドにチタン合金の降伏応力を越える高い応力が作用することから,この部位で脊椎ロッドが破損する危険性が極めて高い. 2)triangular frame reconstruction(TFR)モデルでは,荷重が分散して伝達されるため,インスツルメントの破損の危険性は低い.しかし腸骨と第5腰椎椎体の仙骨ロッド挿入部周囲には応力が集中することから,仙骨ロッドの緩みが生じる可能性がある.以上から,現在施行されているMGR或いはTFRでは,術直後から荷重負荷がかかると生体力学的にインスツルメントの破損や緩みの危険性があることが示された.今後,本研究の結果をふまえて,再建法を改良する必要がある
  • 【骨盤部腫瘍に対する再建とその問題点】 仙骨腫瘍の切除と再建術, 川原 範夫, 吉田 晃, 村上 英樹, 畑 雅彦, 徐 成福, 富田 勝郎, 関節外科, 18, (8) 946 - 953,   1999年08月, 実際の手術では計画した切離ラインで正確に仙骨を切離することが重要であり,T-sawの利用はこの点において非常に有用であった
  • Recapping T-saw laminoplasty for spinal cord tumors, N Kawahara, K Tomita, Y Shinya, T Matsumoto, H Baba, T Fujita, H Murakami, T Kobayashi, SPINE, 24, (13) 1363 - 1370,   1999年07月, Study Design. A prospective study of patients whose spinal cord tumors were managed surgically with a unique posterior method of removing and replacing the posterior spinal elements using T-saw ("recapping T-saw laminoplasty"). Objectives. To examine the safety and efficacy of the recapping T-saw laminoplasty technique for spinal canal surgery. Summary of Background Data. Laminectomy, laminoplasty, and/or laminotomy typically are used to approach intraspinal lesions. When removal and replacement of the posterior elements have been attempted, the effectiveness of the technique has been limited by the amount of bone sacrificed when using burrs or osteotomies. The authors thought to adapt a unique "thread-wire saw" (T-saw) in these cases, because its use results in minimal bone loss. Methods. Patients underwent recapping T-saw laminoplasty in the thoracic or lumbar spine for extirpation of spinal cord tumors. The T-saw was used for division of the posterior elements. After resection of the lesion, the excised laminae were replaced exactly in situ to their Original anatomic position. The mean follow-up period was 47 months (range, 31-71 months). Patients were observed neurologically and radiologically. Results. One to eight laminae were excised and replaced in 24 patients. Findings on computed tomography scans confirmed primary bony union in 23 patients by 6 months after surgery, and in one patient by 12 months after surgery. No complications such as postoperative spinal canal stenosis, facet arthrosis, or kyphosis were observed. Conclusions. Recapping laminoplasty afforded anatomic reconstruction of the vertebral arch after excision of spinal cord tumors. This procedure appears to warrant further evaluation as an alternative to wide laminectomies for exposure of intraspinal tumors.
  • Recapping T-saw laminoplasty for spinal cord tumors, N Kawahara, K Tomita, Y Shinya, T Matsumoto, H Baba, T Fujita, H Murakami, T Kobayashi, SPINE, 24, (13) 1363 - 1370,   1999年07月, Study Design. A prospective study of patients whose spinal cord tumors were managed surgically with a unique posterior method of removing and replacing the posterior spinal elements using T-saw ("recapping T-saw laminoplasty"). Objectives. To examine the safety and efficacy of the recapping T-saw laminoplasty technique for spinal canal surgery. Summary of Background Data. Laminectomy, laminoplasty, and/or laminotomy typically are used to approach intraspinal lesions. When removal and replacement of the posterior elements have been attempted, the effectiveness of the technique has been limited by the amount of bone sacrificed when using burrs or osteotomies. The authors thought to adapt a unique "thread-wire saw" (T-saw) in these cases, because its use results in minimal bone loss. Methods. Patients underwent recapping T-saw laminoplasty in the thoracic or lumbar spine for extirpation of spinal cord tumors. The T-saw was used for division of the posterior elements. After resection of the lesion, the excised laminae were replaced exactly in situ to their Original anatomic position. The mean follow-up period was 47 months (range, 31-71 months). Patients were observed neurologically and radiologically. Results. One to eight laminae were excised and replaced in 24 patients. Findings on computed tomography scans confirmed primary bony union in 23 patients by 6 months after surgery, and in one patient by 12 months after surgery. No complications such as postoperative spinal canal stenosis, facet arthrosis, or kyphosis were observed. Conclusions. Recapping laminoplasty afforded anatomic reconstruction of the vertebral arch after excision of spinal cord tumors. This procedure appears to warrant further evaluation as an alternative to wide laminectomies for exposure of intraspinal tumors.
  • 限局した胸椎変形に対する骨切り矯正術 後方単一進入法, 川原 範夫, 富田 勝郎, 藤田 拓也, 小林 忠美, 吉田 晃, 村上 英樹, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 42, (春季学会) 167 - 167,   1999年04月
  • 脊椎全摘術を施行した脊椎巨細胞腫の術後成績と病理学的検討, 藤田 拓也, 川原 範夫, 吉田 晃, 小林 忠美, 村上 英樹, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 42, (春季学会) 176 - 176,   1999年04月
  • 【脊椎外科最近の進歩】 胸椎角状後彎症に対する骨切り矯正術 後方単一アプローチ, 川原 範夫, 富田 勝郎, 藤田 拓也, 小林 忠美, 吉田 晃, 村上 英樹, 臨床整形外科, 34, (4) 479 - 487,   1999年04月, 胸椎角状後彎症に対して後方単一進入による骨切り矯正術を7例に行った.椎弓切除の後に,instrumentationを用いて一時的に脊柱の支持性を確保した.脊髄の全周除圧を行い,脊髄を直視下に捉えながら中枢,末梢側のロッドにレバーアームの力を加え脊柱の矯正を行った.前縦靱帯を回転中心としたclosing osteotomyを基本としたが,脊髄がたるみはじめた時点で回転中心を椎体の後方付近に切り換え前方のopening correctionを続けた.椎体間のギャップには骨移植を行った.後彎角は平均術前67°から術後18°に矯正されていた.術前脊髄麻痺を認めた4例では術後に著明な麻痺の改善を認めた.術後平均経過観察期間は3年であるが,全例骨癒合が得られていた
  • Recapping T-saw laminoplastyを応用したcostotransversectomyによる脊髄前方硬膜内腫瘍の摘出術, 藤田 拓也, 川原 範夫, 小林 忠美, 吉田 晃, 村上 英樹, 富田 勝郎, 日本脊椎外科学会雑誌, 10, (1) 50 - 50,   1999年04月
  • 脊椎全摘術後の中期予後 問題点と対策, 川原 範夫, 富田 勝郎, 藤田 拓也, 小林 忠美, 吉田 晃, 村上 英樹, 日本脊椎外科学会雑誌, 10, (1) 42 - 42,   1999年04月
  • 転移性脊椎腫瘍のsurgical strategy, 川原 範夫, 富田 勝郎, 小林 忠美, 藤田 拓也, 吉田 晃, 村上 英樹, 日本整形外科学会雑誌, 73, (2) s243 - s243,   1999年02月
  • 整形外科最新の治療, 南江堂,   1999年
  • 仙骨全摘術後再建モデルの力学解析とその評価, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, 20,   1999年
  • 仙骨腫瘍の切除と再建術, 関節外科, 18,   1999年
  • 胸椎角状後わん症に対する骨切り矯正術, 臨床整形外科, 34,   1999年
  • Midline T-saw LaminoplastyにおけるT-saw使用のコツ, 骨・関節・靭帯, 12,   1999年
  • 【頸部脊柱管拡大術実施のコツと問題点の対処法】 Midline T-saw LaminoplastyにおけるT-saw使用のコツ, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 藤田 拓也, 小林 忠美, 吉田 晃, 骨・関節・靱帯, 12, (1) 53 - 58,   1999年01月
  • 乳癌脊椎転移の術後成績, 山内 健輔, 川原 範夫, 小林 忠美, 藤田 拓也, 吉田 晃, 村上 英樹, Mohamed E, Abdel Wanis, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 42, (1) 263 - 263,   1999年01月
  • 【整形外科最近の進歩】 転移性脊椎腫瘍に対する脊椎骨全摘術, 吉田 晃, 富田 勝郎, 川原 範夫, 藤田 拓也, 小林 忠美, 村上 英樹, Pharma Medica, 16, (12) 125 - 130,   1998年12月
  • 【生体材料応用脊柱再建術の現況】 Titanimu cageを応用した脊椎全摘術後の胸・腰椎再建術 その手技と成績, 小林 忠美, 富田 勝郎, 川原 範夫, 藤田 拓也, 吉田 晃, 村上 英樹, 脊椎脊髄ジャーナル, 11, (9) 823 - 827,   1998年09月
  • 完全還納式椎弓切除術(金大式)を応用した胸髄前方腫瘍摘出術の経験, 池本 敏彦, 川原 範夫, 藤田 拓也, 新屋 陽一, 小林 忠美, 吉田 晃, 村上 英樹, 富田 勝郎, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 41, (5) 1412 - 1412,   1998年09月
  • 仙骨全摘術、仙骨高位切断術後の神経機能障害, 村上 英樹, 川原 範夫, 藤田 拓也, 新屋 陽一, 富田 勝郎, 中部整災誌, 41, (4) 961 - 962,   1998年07月, S1を温存できるか否かは,下肢運動機能だけでなく,排尿,排便,性機能にも影響していた
  • 仙骨腫瘍に対する根治的切除術と神経機能障害, 村上 英樹, 日本脊椎外科学会雑誌, 9, (1) 88 - 88,   1998年05月
  • 仙骨全摘術,仙骨高位切断術後の神経機能障害, 村上 英樹, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 41, (春季学会) 41 - 41,   1998年04月
  • 【脊椎instrumentation】 特殊例 仙骨腫瘍の切除と再建術, 川原 範夫, 富田 勝郎, 村上 英樹, 脊椎脊髄ジャーナル, 11, (3) 325 - 331,   1998年03月, 仙骨摘出術を行うにあたっては腫瘍の病態と進展範囲を十分に検討し,これに応じた切除術式を選択しなければならない.また実際の手術では,計画した切離ラインで正確に仙骨を切離することが重要であり,T-sawの利用はこの点において非常に有用であった
  • Biomechanical evaluation of reconstruction after total sacrectomy, Crit Rev Biomed Eng, 26,   1998年
  • 転移性脊椎腫瘍に対する脊椎骨全摘術, Pharma Medical, 16,   1998年
  • 仙骨腫瘍の切除と再建術, 脊椎脊髄ジャーナル, 11,   1998年
  • 脊椎(仙骨を含む)の再建法, 関節外科, 17,   1998年
  • 胸椎後縦靭帯骨化・黄色靭帯骨化合併症に対する前方・後方アプローチによる脊髄全周除圧術, 臨床整形外科, 33,   1998年
  • Titanium cageを応用した脊椎全摘術後の胸・腰椎再建術, 脊椎脊髄ジャーナル, 11,   1998年
  • Biomechanical evaluation of reconstruction after total sacrectomy, Crit Rev Biomed Eng, 26,   1998年
  • 【腫瘍切除後の胸・腹壁,肩・股関節部の再建】 脊椎(仙骨を含む)の再建法, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 関節外科, 17, (2) 155 - 162,   1998年01月
  • 仙骨部腫瘍切除後の神経機能障害, 村上 英樹, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 40, (5) 1341 - 1342,   1997年09月
  • 橈骨神経深枝,浅枝麻痺の治療経験, 村上 英樹, 島 巌, 国下 正英, 石川県立中央病院医学誌, 19, (1) 57 - 60,   1997年03月, 異なった原因による深枝麻痺及び浅枝麻痺を経験し全例に手術を行った.症例1(37歳男)は,橈骨神経深枝が,ガングリオンとFrohseのarcadeの間で絞扼された例.症例2(53歳男)は,手術により明らかな原因を確認できなかった.症例3(61歳男)は,外骨腫による浅枝単独麻痺と推測された
  • 鎖骨遠位端烏口突起下脱臼の1例(Rockwood VI型), 村上 英樹, 島 巌, 国下 正英, 臨床整形外科, 32, (2) 183 - 185,   1997年02月
  • 腰痛・坐骨神経痛診療マニュアル, 全日本病院出版会,   1997年
  • 馬尾に発生したParagangliomaの1例, 石川県立中央病院医学誌, 19,   1997年
  • 当科におけるしょう骨骨折の治療成績, 北陸骨傷研究会誌, 23 24 25,   1997年
  • 神経性間欠性は行の病態解析, 臨床整形外科, 32,   1997年
  • 神経性間欠性は行における歩行中の馬尾圧迫の動態, 中部整災誌, 40,   1997年
  • 鎖骨遠位烏口突起下脱臼の1例, 臨床整形外科, 32,   1997年
  • 腰椎変性すべり症の病期と術式選択, 臨床整形外科, 32,   1997年
  • とう骨神経深枝、浅枝麻痺の治療経験, 石川県立中央病院医学誌, 19,   1997年
  • 橈骨神経深枝,浅枝麻痺の治療経験, 村上 英樹, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 39, (4) 1137 - 1137,   1996年07月
  • 肩鎖関節下方脱臼の1例(Rockwood VI型), 村上 英樹, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 39, (1) 285 - 285,   1996年01月
  • 小児頸髄損傷の1例, 村上 英樹, 山田 義夫, 森川 精二, 臨床整形外科, 30, (8) 991 - 995,   1995年08月, 10歳女児.受傷時腱反射及び知覚が正常で脊髄ショック期がみられず,骨傷が比較的軽度の割にMRI上脊髄の損傷は広範囲に及び,知覚は遅発性麻痺を呈するという特異な臨床像,経過をとった.C3/4椎間板レベルの脊髄が最も強く損傷を受け,この部分を中心に浮腫が広がった為,遅発性に知覚麻痺が顕著となり,浮腫の軽減によって徐々に麻痺が回復したと考えられた.しかし,C3/4椎間板レベルの脊髄に空洞が発生し,そのため,軽度の上肢の麻痺が遺残した
  • 小児頸髄損傷の1例, 村上 英樹, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 38, (1) 268 - 268,   1995年01月
  • 大後頭孔前方に発生したdumbbell型神経鞘腫の1例 lateral approachの経験, 村上 英樹, 富田 勝郎, 川原 範夫, 臨床整形外科, 29, (8) 955 - 958,   1994年08月
  • 大後頭孔前方に発生したdumbbell型神経鞘腫の1例 Lateral approachの経験, 村上 英樹, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 36, (6) 1778 - 1778,   1993年11月

受賞

  •   1998年, 吉田育英会財団海外派遣留学生
  •   1998年, Yoshida Scholarship Foundation
  • 整形災害外科学研究助成財団 メジカルビュー社奨励賞
  • 第110回中部日本整形外科災害外科学会 学会奨励賞
  • 第9回日本骨粗鬆症学会 優秀演題賞
  • 日本脊椎脊髄病学会第2回Asia Traveling Fellowship
  • award
  • Incentive Award
  • Outstanding Presentation Award
  • Asia Traveling Fellowship

競争的資金

  • 脊椎固定術
  • 胸椎後縦靭帯骨化症
  • 骨粗鬆性脊椎
  • 脊椎腫瘍
  • thoracic OPLL


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.