研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

瀧口 修司タキグチ シュウジ

所属部署医学研究科消化器外科学分野
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:名古屋市立大学大学院医学研究科消化器外科教授です。

学歴

  •  - 2006年12月, 大阪大学 医学博士学位取得
  • 1985年04月 - 1991年03月, 大阪大学, 医学部

学位

  • 博士(医学), 大阪大学

所属学協会

  • 近畿肥満外科治療研究会
  • 日本内視鏡肥満・糖尿病外科治療研究会
  • 日本手術手技研究会
  • 関西腹腔鏡下胃切除研究会
  • 腹腔鏡下胃切除研究会
  • 近畿内視鏡外科学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本コンピューター外科学会
  • 日本癌学会
  • 外科代謝栄養学会
  • 日本肥満症治療学会
  • Endoscopic and Laparoscopic Surgeons of Asia
  • Society of American Gastrointestinal and Endoscopic Surgeons
  • 日本大腸肛門病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本食道学会
  • 日本胃癌学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本外科学会

委員歴

  •   2014年 - 現在, 日本外科学会, 英文誌編集委員
  •   2014年 - 現在, 日本消化器外科学会, JESUS実行委員
  •   2014年 - 現在, 日本胃癌学会, 将来構想委員
  •   2011年 - 現在, 日本コンピュター外科学会, 評議員
  •   2010年 - 現在, 日本肥満症治療学会, 評議員
  •   2010年 - 現在, 外科代謝栄養学会, 評議員
  •   2008年 - 現在, 日本内視鏡外科学会, 技術審査委員
  •   2008年 - 現在, 日本内視鏡外科学会, 医工学連携推進委員
  •   2006年 - 現在, 日本内視鏡外科学会, 学術委員
  •   2003年 - 現在, 日本食道学会, 評議員
  •   1998年 - 現在, 日本胃癌学会, 評議員
  •  - 現在, 近畿肥満外科治療研究会, 世話人
  •  - 現在, 日本内視鏡下肥満・糖尿病外科治療研究会, 世話人
  •  - 現在, 日本手術手技研究会, 世話人・幹事
  •  - 現在, 関西腹腔鏡下胃切除研究会, 代表
  •  - 現在, 腹腔鏡下胃切除研究会, 世話人
  •  - 現在, 近畿内視鏡外科学会, 評議員
  •  - 現在, 日本胃癌学会, 総会プログラム委員
  •  - 現在, 日本消化器外科学会, 評議員
  •   2013年 - 2015年, 日本消化器外科学会, 財務委員
  •   2004年 - 2015年, 日本内視鏡外科学会, 教育委員
  •   2009年 - 2009年, 日本外科学会, 専門医試験作成医員
  •   2005年 - 2006年, 日本消化器外科学会, 専門医試験医員

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 消化器外科学, 教授
  •   2016年04月 - 2017年03月, 大阪大学医学部付属病院, 病院教授
  •   2015年03月 - 2016年03月, 大阪大学医学研究科外科系臨床医学専攻外科学講座, 消化器外科学, 准教授
  •   2011年04月 - 2015年02月, 大阪大学医学研究科外科系臨床医学専攻外科学講座 , 消化器外科学, 講師
  •   2005年04月 - 2011年03月, 大阪大学医学研究科外科系臨床医学専攻外科学講座, 消化器外科学, 助教
  •   2002年04月 - 2005年03月, 大阪大学医学研究科, 病態制御外科, 助手
  •   2001年04月 - 2002年03月, 大阪大学医学部付属病院, 医員
  •   1997年06月 - 2001年03月, 大阪大学医学部, 内視鏡外科学講座, 助手
  •   1993年01月 - 1997年05月, 大阪逓信病院, 外科, 常勤嘱託医
  •   1991年04月 - 1992年12月, 大阪大学附属病院, 研修医

研究活動情報

研究キーワード

    グレリン, ロボット支援下手術, 腹腔鏡手術, 胃癌

論文

  • Perioperative Nutritional Support With Beta-hydroxy-beta-methylbutyrate, Arginine, and Glutamine in Surgery for Abdominal Malignancies., Wada N, Kurokawa Y, Tanaka K, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Wada H, Yamasaki M, Yamasaki M, Nakajima K, Eguchi H, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Wounds : a compendium of clinical research and practice, 30, (9) 251 - 256,   2018年09月, 査読有り
  • The Impact of Pathological Tumor Regression and Nodal Status on Survival and Systemic Disease in Patients Undergoing Neoadjuvant Chemotherapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma., Miyata H, Tanaka K, Makino T, Yamasaki M, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Morii E, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 25, (8) 2409 - 2417,   2018年08月, 査読有り
  • Immunoregulatory influence of abundant MFG-E8 expression by esophageal cancer treated with chemotherapy., Kanemura T, Miyata H, Makino T, Tanaka K, Sugimura K, Hamada-Uematsu M, Mizote Y, Uchida H, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Wada H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Tahara H, Cancer science,   2018年08月, 査読有り
  • Bursectomy versus omentectomy alone for resectable gastric cancer (JCOG1001): a phase 3, open-label, randomised controlled trial., Kurokawa Y, Doki Y, Mizusawa J, Terashima M, Katai H, Yoshikawa T, Kimura Y, Takiguchi S, Nishida Y, Fukushima N, Iwasaki Y, Kaji M, Hirao M, Katayama H, Sasako M, The lancet. Gastroenterology & hepatology, 3, (7) 460 - 468,   2018年07月, 査読有り
  • Activation of the Dickkopf1-CKAP4 pathway is associated with poor prognosis of esophageal cancer and anti-CKAP4 antibody may be a new therapeutic drug., Shinno N, Kimura H, Sada R, Takiguchi S, Mori M, Fumoto K, Doki Y, Kikuchi A, Oncogene, 37, (26) 3471 - 3484,   2018年06月, 査読有り
  • Short-term outcomes and nutritional status after laparoscopic subtotal gastrectomy with a very small remnant stomach for cStage I proximal gastric carcinoma., Furukawa H, Kurokawa Y, Takiguchi S, Tanaka K, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Yamasaki M, Nakajima K, Mori M, Doki Y, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 21, (3) 500 - 507,   2018年05月, 査読有り
  • Time to initiation or duration of S-1 adjuvant chemotherapy; which really impacts on survival in stage II and III gastric cancer?, Fujitani K, Kurokawa Y, Takeno A, Endoh S, Ohmori T, Fujita J, Yamasaki M, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Osaka University Clinical Research Group for Gastroenterological Surgery., Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 21, (3) 446 - 452,   2018年05月, 査読有り
  • An analysis of the risk factors of anastomotic stricture after esophagectomy., Tanaka K, Makino T, Yamasaki M, Nishigaki T, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Surgery today, 48, (4) 449 - 454,   2018年04月, 査読有り
  • Apigenin induces apoptosis by suppressing Bcl-xl and Mcl-1 simultaneously via signal transducer and activator of transcription 3 signaling in colon cancer., Maeda Y, Takahashi H, Nakai N, Yanagita T, Ando N, Okubo T, Saito K, Shiga K, Hirokawa T, Hara M, Ishiguro H, Matsuo Y, Takiguchi S, International journal of oncology,   2018年03月, 査読有り
  • Case of pancreatic metastasis from colon cancer in which cell block using the Trefle® endoscopic scraper enables differential diagnosis from pancreatic cancer., Kato A, Naitoh I, Kato H, Hayashi K, Miyabe K, Yoshida M, Hori Y, Natsume M, Jinno N, Yanagita T, Takiguchi S, Takahashi S, Joh T, World journal of gastrointestinal oncology, 10, (3) 91 - 95,   2018年03月, 査読有り
  • New classification for the thoracic paraaortic lymph nodes of patients with esophageal squamous cell carcinoma., Yamamoto M, Yamasaki M, Tanaka K, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Surgery today, 48, (2) 217 - 222,   2018年02月, 査読有り
  • Feasibility of real-time intestinal bloodstream evaluation using probe-based confocal laser endomicroscopy in a porcine intestinal ischemia model., Takahashi T, Nakatsuka R, Hara H, Higashi S, Tanaka K, Miyazaki Y, Makino T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Nakajima K, Surgical endoscopy, 32, (2) 1043 - 1050,   2018年02月, 査読有り
  • PRIMA-1 induces p53-mediated apoptosis by upregulating Noxa in esophageal squamous cell carcinoma with TP53 missense mutation., Furukawa H, Makino T, Yamasaki M, Tanaka K, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Cancer science, 109, (2) 412 - 421,   2018年02月, 査読有り
  • Single-Incision Laparoscopic Intragastric Surgery for Gastric Submucosal Tumor Located Adjacent to Esophagogastric Junction: Report of Four Cases., Katsuyama S, Nakajima K, Kurokawa Y, Takahashi T, Miyazaki Y, Makino T, Yamasaki M, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A, 28, (1) 78 - 82,   2018年01月, 査読有り
  • Xanthohumol inhibits angiogenesis by suppressing nuclear factor-κB activation in pancreatic cancer., Saito K, Matsuo Y, Imafuji H, Okubo T, Maeda Y, Sato T, Shamoto T, Tsuboi K, Morimoto M, Takahashi H, Ishiguro H, Takiguchi S, Cancer science, 109, (1) 132 - 140,   2018年01月, 査読有り
  • Plasma ghrelin suppression as an early predictor for postoperative complications after pancreatoduodenectomy., Sasaki K, Asaoka T, Eguchi H, Fukuda Y, Iwagami Y, Yamada D, Miyazaki Y, Noda T, Takahashi T, Gotoh K, Kawamoto K, Kurokawa Y, Kobayashi S, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.], 18, (1) 73 - 78,   2018年01月, 査読有り
  • [Treatment of Regorafenib in Patients with Metastatic or Unresectable Gastrointestinal Stromal Tumor after Failure of Imatinib and Sunitinib]., Saito Y, Takahashi T, Tanaka K, Miyazaki Y, Makino T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 45, (1) 121 - 123,   2018年01月, 査読有り
  • Successful Endoscopic Treatment of Post-esophagectomy Refractory Reflux Using OverStitch: The First Clinical Case., Nagase H, Yamasaki M, Yanagimoto Y, Kanemura T, Higashi S, Momose K, Kato R, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Miyata H, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Nakajima K, Clinical medicine insights. Gastroenterology, 11,   2018年, 査読有り
  • A post operative complication of foramen of Winslow hernia with left to right herniation of the small intestine: An extremely rare case report., Fujihata S, Kitagami H, Yamamoto M, Nonoyama K, Suzuki A, Tanaka M, Ishiguro H, Takiguchi S, International journal of surgery case reports, 49, 219 - 222,   2018年, 査読有り
  • Laparoscopic anterior gastropexy for type III/IV hiatal hernia in elderly patients., Higashi S, Nakajima K, Tanaka K, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Surgical case reports, 3, (1) ,   2017年12月, 査読有り
  • Assessment potential of a new suture simulator in laparoscopic surgical skills training., Takeoka T, Takiguchi S, Uemura M, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Makino T, Yamasaki M, Mori M, Yuichiro Doki A, Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy, 26, (6) 338 - 345,   2017年12月, 査読有り
  • Multiple huge epiphrenic esophageal diverticula with motility disease treated with video-assisted thoracoscopic and hand-assisted laparoscopic esophagectomy: a case report., Taniguchi Y, Takahashi T, Nakajima K, Higashi S, Tanaka K, Miyazaki Y, Makino T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Surgical case reports, 3, (1) ,   2017年12月, 査読有り
  • High Expression of the Mitophagy-Related Protein Pink1 is Associated with a Poor Response to Chemotherapy and a Poor Prognosis for Patients Treated with Neoadjuvant Chemotherapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma., Yamashita K, Miyata H, Makino T, Masuike Y, Furukawa H, Tanaka K, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Morii E, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 24, (13) 4025 - 4032,   2017年12月, 査読有り
  • Supportive care needs and psychological distress and/or quality of life in ambulatory advanced colorectal cancer patients receiving chemotherapy: a cross-sectional study., Sakamoto N, Takiguchi S, Komatsu H, Okuyama T, Nakaguchi T, Kubota Y, Ito Y, Sugano K, Wada M, Akechi T, Japanese journal of clinical oncology, 47, (12) 1157 - 1161,   2017年12月, 査読有り
  • A case of ramucirumab-related gastrointestinal perforation in gastric cancer with small bowel metastasis., Urakawa S, Sakai D, Miyazaki Y, Kudo T, Katou A, Inagaki C, Tanaka K, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Satoh T, Mori M, Doki Y, Surgical case reports, 3, (1) ,   2017年12月, 査読有り
  • Amylase concentration in drainage fluid as a predictive factor for severe postoperative pancreatic fistula in patients with gastric cancer., Taniguchi Y, Kurokawa Y, Mikami J, Tanaka K, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Surgery today, 47, (11) 1378 - 1383,   2017年11月, 査読有り
  • Endoscopic surgery in Japan: The 12th national survey(2012-2013) by the Japan Society for Endoscopic Surgery., Bandoh T, Shiraishi N, Yamashita Y, Terachi T, Hashizume M, Akira S, Morikawa T, Kitagawa Y, Yanaga K, Endo S, Onishi K, Takiguchi S, Tamaki Y, Hasegawa T, Mimata H, Tabata M, Yozu R, Inomata M, Matsumoto S, Kitano S, Watanabe M, Asian journal of endoscopic surgery, 10, (4) 345 - 353,   2017年11月, 査読有り
  • Safety and feasibility of laparoscopic gastrectomy for gastric cancer patients with a history of abdominal surgery., Yamashita K, Miyazaki Y, Takahashi T, Masuike Y, Motoori M, Kimura Y, Kurokawa Y, Makino T, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Surgery today, 47, (10) 1274 - 1281,   2017年10月, 査読有り
  • Importance of positron emission tomography for assessing the response of primary and metastatic lesions to induction treatments in T4 esophageal cancer., Makino T, Yamasaki M, Tanaka K, Tatsumi M, Takiguchi S, Hatazawa J, Mori M, Doki Y, Surgery, 162, (4) 836 - 845,   2017年10月, 査読有り
  • Overexpression of leucine-rich α2-glycoprotein-1 is a prognostic marker and enhances tumor migration in gastric cancer., Yamamoto M, Takahashi T, Serada S, Sugase T, Tanaka K, Miyazaki Y, Makino T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Naka T, Mori M, Doki Y, Cancer science, 108, (10) 2052 - 2060,   2017年10月, 査読有り
  • Risk Factors for Poor Compliance with Adjuvant S-1 Chemotherapy for Gastric Cancer: A Multicenter Retrospective Study., Yamashita K, Kurokawa Y, Yamamoto K, Hirota M, Kawabata R, Mikami J, Masuzawa T, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 24, (9) 2639 - 2645,   2017年09月, 査読有り
  • NOTCH1 activates the Wnt/β-catenin signaling pathway in colon cancer., Ishiguro H, Okubo T, Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Sugito N, Ogawa R, Katada T, Tanaka T, Shiozaki M, Mizoguchi K, Samoto Y, Matsuo Y, Takahashi H, Takiguchi S, Oncotarget, 8, (36) 60378 - 60389,   2017年09月, 査読有り
  • Are treatment outcomes in gastric cancer associated with either hospital volume or surgeon volume?, Mukai Y, Kurokawa Y, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Annals of gastroenterological surgery, 1, (3) 186 - 192,   2017年09月, 査読有り
  • Poly (ADP-ribose) polymerase-1 inhibition decreases proliferation through G2/M arrest in esophageal squamous cell carcinoma., Yamamoto M, Yamasaki M, Tsukao Y, Tanaka K, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Oncology letters, 14, (2) 1581 - 1587,   2017年08月, 査読有り
  • ω-3 Fatty Acids Reduce Chemotherapy-Induced Hematological Toxicity by Bone Marrow Stimulation in Mice., Murakami K, Miyata H, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, JPEN. Journal of parenteral and enteral nutrition, 41, (5) 815 - 823,   2017年07月, 査読有り
  • MLH1 expression predicts the response to preoperative therapy and is associated with PD-L1 expression in esophageal cancer., Momose K, Yamasaki M, Tanaka K, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Oncology letters, 14, (1) 958 - 964,   2017年07月, 査読有り
  • Peritherapeutic Serum p53 Antibody Titers are Predictors of Survival in Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma Undergoing Neoadjuvant Chemotherapy and Surgery., Yamashita K, Makino T, Tanaka K, Yamasaki M, Yamamoto M, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, World journal of surgery, 41, (6) 1566 - 1574,   2017年06月, 査読有り
  • Suppressor of cytokine signaling-1 gene therapy induces potent antitumor effect in patient-derived esophageal squamous cell carcinoma xenograft mice., Sugase T, Takahashi T, Serada S, Nakatsuka R, Fujimoto M, Ohkawara T, Hara H, Nishigaki T, Tanaka K, Miyazaki Y, Makino T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Kishimoto T, Mori M, Doki Y, Naka T, International journal of cancer, 140, (11) 2608 - 2621,   2017年06月, 査読有り
  • Randomized Controlled Trial of Adjuvant Chemotherapy with Fluoropyrimidines Versus Surgery-alone for Gastric Cancer., Moon JH, Fujiwara Y, Hirao M, Imamura H, Kimura Y, Fujitani K, Fujita J, Tamura S, Takiguchi S, Yano M, Mori M, Doki Y, Anticancer research, 37, (6) 3061 - 3067,   2017年06月, 査読有り
  • Gastroenterological surgery in Japan: The past, the present and the future., Colvin H, Mizushima T, Eguchi H, Takiguchi S, Doki Y, Mori M, Annals of gastroenterological surgery, 1, (1) 5 - 10,   2017年04月, 査読有り
  • Mucosal perforation during laparoscopic surgery for achalasia: impact of preoperative pneumatic balloon dilation., Souma Y, Nakajima K, Taniguchi E, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyazaki Y, Makino T, Hamada T, Yasuda J, Yumiba T, Ohashi S, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Surgical endoscopy, 31, (3) 1427 - 1435,   2017年03月, 査読有り
  • NY-ESO-1 Protein Cancer Vaccine With Poly-ICLC and OK-432: Rapid and Strong Induction of NY-ESO-1-specific Immune Responses by Poly-ICLC., Takeoka T, Nagase H, Kurose K, Ohue Y, Yamasaki M, Takiguchi S, Sato E, Isobe M, Kanazawa T, Matsumoto M, Iwahori K, Kawashima A, Morimoto-Okazawa A, Nishikawa H, Oka M, Pan L, Venhaus R, Nakayama E, Mori M, Doki Y, Wada H, Journal of immunotherapy (Hagerstown, Md. : 1997),   2017年03月, 査読有り
  • Overexpression of heat-shock factor 1 is associated with a poor prognosis in esophageal squamous cell carcinoma., Tsukao Y, Yamasaki M, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Mimori K, Mori M, Doki Y, Oncology letters, 13, (3) 1819 - 1825,   2017年03月, 査読有り
  • The characteristics of the serum carcinoembryonic antigen and carbohydrate antigen 19-9 levels in gastric cancer cases., Wada N, Kurokawa Y, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Surgery today, 47, (2) 227 - 232,   2017年02月, 査読有り
  • ICOS+ Foxp3+ TILs in gastric cancer are prognostic markers and effector regulatory T cells associated with Helicobacter pylori., Nagase H, Takeoka T, Urakawa S, Morimoto-Okazawa A, Kawashima A, Iwahori K, Takiguchi S, Nishikawa H, Sato E, Sakaguchi S, Mori M, Doki Y, Wada H, International journal of cancer, 140, (3) 686 - 695,   2017年02月, 査読有り
  • Distribution patterns of metastases in recurrent laryngeal nerve lymph nodes in patients with squamous cell esophageal cancer., Kanemura T, Makino T, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Diseases of the esophagus : official journal of the International Society for Diseases of the Esophagus, 30, (1) 1 - 7,   2017年01月, 査読有り
  • Appropriate Follow-Up Strategies for Gastrointestinal Stromal Tumor Patients Based on the Analysis of Recurrent Interval and Patterns., Wada N, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Masuzawa T, Nakatsuka R, Kawada J, Nishida T, Kimura Y, Tanaka K, Miyazaki Y, Makino T, Yamasaki M, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Digestion, 95, (2) 115 - 121,   2017年, 査読有り
  • A case of advanced systemic sclerosis with severe GERD successfully treated with acotiamide., Kato R, Nakajima K, Takahashi T, Miyazaki Y, Makino T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Surgical case reports, 2, (1) ,   2016年12月, 査読有り
  • A Novel Endoscopic Catheter for "Laparoscopy-Like" Irrigation and Suction: Its Research and Development Process and Clinical Evaluation., Miyazaki Y, Nakajima K, Hosaka M, Ban N, Takahashi T, Yamasaki M, Miyata H, Kurokawa Y, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A, 26, (12) 943 - 949,   2016年12月, 査読有り
  • Short- and Long-Term Outcomes of Larynx-Preserving Surgery for Cervical Esophageal Cancer: Analysis of 100 Consecutive Cases., Makino T, Yamasaki M, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 23, (Suppl 5) 858 - 865,   2016年12月, 査読有り
  • Endoscopic anti-reflux valve for post-esophagectomy reflux: an animal study., Yanagimoto Y, Yamasaki M, Nagase H, Kanemura T, Higashi S, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Miyata H, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Nakajima K, Endoscopy, 48, (12) 1119 - 1124,   2016年12月, 査読有り
  • Surgical resection of recurrent gastrointestinal stromal tumor after interruption of long-term nilotinib therapy., Sugase T, Takahashi T, Ishikawa T, Ichikawa H, Kanda T, Hirota S, Nakajima K, Tanaka K, Miyazaki Y, Makino T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Takiguchi S, Wakai T, Mori M, Doki Y, Surgical case reports, 2, (1) ,   2016年12月, 査読有り
  • Risk Evaluation of Postoperative Delirium Using Comprehensive Geriatric Assessment in Elderly Patients with Esophageal Cancer., Yamamoto M, Yamasaki M, Sugimoto K, Maekawa Y, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Rakugi H, Mori M, Doki Y, World journal of surgery, 40, (11) 2705 - 2712,   2016年11月, 査読有り
  • [Two Cases of Advanced Gastric Cancer in the Upper Portion of the Stomach with Laparoscopic Total Gastrectomy after Neoadjuvant Chemotherapy]., Odagiri K, Miyazaki Y, Takiguchi S, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 43, (12) 1884 - 1886,   2016年11月, 査読有り
  • [The Characteristics of Patients with GIST Who Experienced Late Recurrence after Resection]., Wada N, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Miyazaki Y, Makino T, Yamasaki M, Takiguchi S, Masuzawa T, Nishida T, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 43, (12) 2118 - 2120,   2016年11月, 査読有り
  • Laparoscopic lymphadenectomy around the left renal vein (16a2lat) by tunneling under the pancreas for advanced Siewert type II adenocarcinoma., Takiguchi S, Miyazaki Y, Murakami K, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Miyata H, Mori M, Doki Y, Surgery today, 46, (9) 1108 - 1113,   2016年09月, 査読有り
  • A novel approach of optical biopsy using probe-based confocal laser endomicroscopy for peritoneal metastasis., Hara H, Takahashi T, Nakatsuka R, Higashi S, Naka T, Sumiyama K, Miyazaki Y, Makino T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Nakajima K, Surgical endoscopy, 30, (8) 3437 - 3446,   2016年08月, 査読有り
  • Usefulness of Preoperative Plasma Fibrinogen Versus Other Prognostic Markers for Predicting Gastric Cancer Recurrence., Yamamoto M, Kurokawa Y, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, World journal of surgery, 40, (8) 1904 - 1909,   2016年08月, 査読有り
  • Antitumor effect of antiplatelet agents in gastric cancer cells: an in vivo and in vitro study., Mikami J, Kurokawa Y, Takahashi T, Miyazaki Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 19, (3) 817 - 826,   2016年07月, 査読有り
  • Postoperative Infectious Complications are Associated with Adverse Oncologic Outcomes in Esophageal Cancer Patients Undergoing Preoperative Chemotherapy., Yamashita K, Makino T, Miyata H, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 23, (6) 2106 - 2114,   2016年06月, 査読有り
  • Solitary Lymph Node Recurrence of Esophageal Squamous Cell Carcinoma: Surgical Failure or Systemic Disease?, Makino T, Yamasaki M, Miyata H, Tanaka K, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 23, (6) 2087 - 2093,   2016年06月, 査読有り
  • Simultaneous automatic insufflation and smoke-evacuation system in flexible gastrointestinal endoscopy., Takahashi H, Hirota M, Takahashi T, Yamasaki M, Miyazaki Y, Makino T, Kurokawa Y, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Nakajima K, Endoscopy, 48, (6) 579 - 583,   2016年06月, 査読有り
  • Negative influence of programmed death-1-ligands on the survival of esophageal cancer patients treated with chemotherapy., Tanaka K, Miyata H, Sugimura K, Kanemura T, Hamada-Uematsu M, Mizote Y, Yamasaki M, Wada H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Tahara H, Cancer science, 107, (6) 726 - 733,   2016年06月, 査読有り
  • Two FOXP3(+)CD4(+) T cell subpopulations distinctly control the prognosis of colorectal cancers., Saito T, Nishikawa H, Wada H, Nagano Y, Sugiyama D, Atarashi K, Maeda Y, Hamaguchi M, Ohkura N, Sato E, Nagase H, Nishimura J, Yamamoto H, Takiguchi S, Tanoue T, Suda W, Morita H, Hattori M, Honda K, Mori M, Doki Y, Sakaguchi S, Nature medicine, 22, (6) 679 - 684,   2016年06月, 査読有り
  • Improvement of cisplatin-related renal dysfunction by synthetic ghrelin: a prospective randomised phase II trial., Yanagimoto Y, Takiguchi S, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Hosoda H, Kangawa K, Mori M, Doki Y, British journal of cancer, 114, (12) 1318 - 1325,   2016年06月, 査読有り
  • Overexpression of glypican-1 implicates poor prognosis and their chemoresistance in oesophageal squamous cell carcinoma., Hara H, Takahashi T, Serada S, Fujimoto M, Ohkawara T, Nakatsuka R, Harada E, Nishigaki T, Takahashi Y, Nojima S, Miyazaki Y, Makino T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Morii E, Mori M, Doki Y, Naka T, British journal of cancer, 115, (1) 66 - 75,   2016年06月, 査読有り
  • A randomized phase II study of the clinical effects of ultrasonically activated coagulating shears (Harmonic scalpel) in open gastrectomy for gastric cancer., Kawabata R, Takiguchi S, Kimura Y, Imamura H, Fujita J, Tamura S, Fujitani K, Kishi K, Yamamoto K, Fujiwara S, Kurokawa Y, Mori M, Doki Y, Surgery today, 46, (5) 561 - 568,   2016年05月, 査読有り
  • Plasma ghrelin levels as a predictor of adverse renal events due to cisplatin-based chemotherapy in patients with esophageal cancer., Yanagimoto Y, Takiguchi S, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Mori M, Doki Y, Japanese journal of clinical oncology, 46, (5) 421 - 426,   2016年05月, 査読有り
  • Impact of synthetic ghrelin administration for patients with severe body weight reduction more than 1 year after gastrectomy: a phase II clinical trial., Takiguchi S, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Miyata H, Hosoda H, Kangawa K, Mori M, Doki Y, Surgery today, 46, (3) 379 - 385,   2016年03月, 査読有り
  • Comparison of pain management after laparoscopic distal gastrectomy with and without epidural analgesia., Yanagimoto Y, Takiguchi S, Miyazaki Y, Mikami J, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Mori M, Doki Y, Surgery today, 46, (2) 229 - 234,   2016年02月, 査読有り
  • Risk factors for postoperative complications after gastrectomy in gastric cancer patients with comorbidities., Hamakawa T, Kurokawa Y, Mikami J, Miyazaki Y, Takahashi T, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Surgery today, 46, (2) 224 - 228,   2016年02月, 査読有り
  • Laparoscopic surgery for esophageal achalasia: Multiport vs single-incision approach., Fukuda S, Nakajima K, Miyazaki Y, Takahashi T, Makino T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Asian journal of endoscopic surgery, 9, (1) 14 - 20,   2016年02月, 査読有り
  • Treatment of gastric outlet obstruction that results from unresectable gastric cancer: Current evidence., Miyazaki Y, Takiguchi S, Takahashi T, Kurokawa Y, Makino T, Yamasaki M, Nakajima K, Mori M, Doki Y, World journal of gastrointestinal endoscopy, 8, (3) 165 - 172,   2016年02月, 査読有り
  • Novel management of postoperative pain using only oral analgesics after LADG., Mikami J, Takiguchi S, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Mori M, Doki Y, Surgery today, 46, (1) 117 - 122,   2016年01月, 査読有り
  • Laparoscopic mediastinal dissection via an open left diaphragm approach for advanced Siewert type II adenocarcinoma., Takiguchi S, Miyazaki Y, Shinno N, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Miyata H, Mori M, Doki Y, Surgery today, 46, (1) 129 - 134,   2016年01月, 査読有り
  • Detecting Secondary C-KIT Mutations in the Peripheral Blood of Patients with Imatinib-Resistant Gastrointestinal Stromal Tumor., Wada N, Kurokawa Y, Takahashi T, Hamakawa T, Hirota S, Naka T, Miyazaki Y, Makino T, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Oncology, 90, (2) 112 - 117,   2016年, 査読有り
  • Downregulation of SIRT4 Expression Is Associated with Poor Prognosis in Esophageal Squamous Cell Carcinoma., Nakahara Y, Yamasaki M, Sawada G, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mimori K, Mori M, Doki Y, Oncology, 90, (6) 347 - 355,   2016年, 査読有り
  • Clinicopathological Characteristics, Surgery and Survival Outcomes of Patients with Duodenal Gastrointestinal Stromal Tumors., Sugase T, Takahashi T, Nakajima K, Hirota S, Masuzawa T, Nishida T, Kimura Y, Miyazaki Y, Makino T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Digestion, 94, (1) 30 - 36,   2016年, 査読有り
  • Pyruvate Kinase M2 Modulates Esophageal Squamous Cell Carcinoma Chemotherapy Response by Regulating the Pentose Phosphate Pathway., Fukuda S, Miyata H, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 22 Suppl 3, S1461 - 8,   2015年12月, 査読有り
  • Perturbation of acyl ghrelin profile after liver transplantation., Murakami K, Takiguchi S, Miyazaki Y, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nagano H, Mori M, Doki Y, The Journal of surgical research, 199, (2) 450 - 457,   2015年12月, 査読有り
  • Clinical Outcome of Esophagectomy in Elderly Patients With and Without Neoadjuvant Therapy for Thoracic Esophageal Cancer., Miyata H, Yamasaki M, Makino T, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 22 Suppl 3, S794 - 801,   2015年12月, 査読有り
  • Pattern of Lymphatic Spread of Esophageal Cancer at the Cervicothoracic Junction Based on the Tumor Location : Surgical Treatment of Esophageal Squamous Cell Carcinoma of the Cervicothoracic Junction., Yamasaki M, Miyata H, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 22 Suppl 3, S750 - 7,   2015年12月, 査読有り
  • Which is a more reliable indicator of survival after gastric cancer surgery: Postoperative complication occurrence or C-reactive protein elevation?, Saito T, Kurokawa Y, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Journal of surgical oncology, 112, (8) 894 - 899,   2015年12月, 査読有り
  • A case of transvaginal NOTES partial gastrectomy using new techniques and devices., Higashi S, Nakajima K, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Surgical case reports, 1, (1) ,   2015年12月, 査読有り
  • [Laparoscopic Total Gastrectomy with Adrenalectomy after Neoadjuvant Chemotherapy for Advanced Gastric Cancer with Solitary Adrenal Metastasis]., Kidogami S, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Makino T, Yamasaki M, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 42, (12) 1671 - 1673,   2015年11月, 査読有り
  • [A Case of Esophageal Cancer Complicated with Idiopathic Thrombocytopenic Purpura]., Nakahara Y, Yamasaki M, Makino T, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 42, (12) 1911 - 1913,   2015年11月, 査読有り
  • [A Case of Unresectable Local Recurrence of Gastric Cancer Successfully Resected after Pre-Operative Chemotherapy with Trastuzumab]., Okubo S, Takahashi T, Miyazaki Y, Makino T, Kurokawa Y, Yamazaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 42, (12) 2094 - 2096,   2015年11月, 査読有り
  • [A Case of Colon Cancer That Developed in the Subcutaneously Reconstructed Colon after Esophagectomy for Thoracic Esophageal Cancer]., Yamamoto M, Yamasaki M, Sakai D, Makino T, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 42, (12) 2230 - 2232,   2015年11月, 査読有り
  • Multicenter large-scale study of prognostic impact of HER2 expression in patients with resectable gastric cancer., Kurokawa Y, Matsuura N, Kimura Y, Adachi S, Fujita J, Imamura H, Kobayashi K, Yokoyama Y, Shaker MN, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 18, (4) 691 - 697,   2015年10月, 査読有り
  • [Surgery for esophagogastric junction tumor]., Kurokawa Y, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology, 112, (10) 1785 - 1790,   2015年10月, 査読有り
  • Robotic, laparoscopic and open surgery for gastric cancer compared on surgical, clinical and oncological outcomes: a multi-institutional chart review. A study protocol of the International study group on Minimally Invasive surgery for GASTRIc Cancer-IMIGA, Desiderio J, Jiang ZW, Nguyen NT, Zhang S, Reim D, Alimoglu O, Azagra JS, Yu PW, Coburn NG, Qi F, Jackson PG, Zang L, Brower ST, Kurokawa Y, Facy O, Tsujimoto H, Coratti A, Annecchiarico M, Bazzocchi F, Avanzolini A, Gagniere J, Pezet D, Cianchi F, Badii B, Novotny A, Eren T, Leblebici M, Goergen M, Zhang B, Zhao YL, Liu T, Al-Refaie W, Ma J, Takiguchi S, Lequeu JB, Trastulli S, Parisi A, BMJ open, 5, (10) ,   2015年10月, 査読有り
  • Postoperative gastrectomy outcomes in octogenarians with gastric cancer., Mikami J, Kurokawa Y, Miyazaki Y, Takahashi T, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Surgery today, 45, (9) 1134 - 1138,   2015年09月, 査読有り
  • Clinical Importance of Supraclavicular Lymph Node Metastasis After Neoadjuvant Chemotherapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma., Miyata H, Yamasaki M, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Annals of surgery, 262, (2) 280 - 285,   2015年08月, 査読有り
  • Randomized Phase II Study of the Anti-inflammatory Effect of Ghrelin During the Postoperative Period of Esophagectomy., Takata A, Takiguchi S, Miyazaki Y, Miyata H, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Mori M, Kangawa K, Doki Y, Annals of surgery, 262, (2) 230 - 236,   2015年08月, 査読有り
  • Effects of ghrelin administration on the early postoperative inflammatory response after esophagectomy., Takata A, Takiguchi S, Murakami K, Miyazaki Y, Miyata H, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Mori M, Kangawa K, Doki Y, Surgery today, 45, (8) 1025 - 1031,   2015年08月, 査読有り
  • Prognostic Significance of (18)F-fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography (FDG-PET)-Positive Lymph Nodes Following Neoadjuvant Chemotherapy and Surgery for Resectable Thoracic Esophageal Squamous Cell Carcinoma., Yasuda T, Yano M, Miyata H, Yamasaki M, Takiguchi S, Fujiwara Y, Doki Y, Annals of surgical oncology, 22, (8) 2599 - 2607,   2015年08月, 査読有り
  • miR-27 is associated with chemoresistance in esophageal cancer through transformation of normal fibroblasts to cancer-associated fibroblasts., Tanaka K, Miyata H, Sugimura K, Fukuda S, Kanemura T, Yamashita K, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Wada H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Carcinogenesis, 36, (8) 894 - 903,   2015年08月, 査読有り
  • Gastroenterological Surgery: Stomach., Uyama I, Okabe H, Kojima K, Satoh S, Shiraishi N, Suda K, Takiguchi S, Nagai E, Fukunaga T, Asian journal of endoscopic surgery, 8, (3) 227 - 238,   2015年08月, 査読有り
  • Clinical application of ghrelin in the field of surgery., Takiguchi S, Murakami K, Yanagimoto Y, Takata A, Miyazaki Y, Mori M, Doki Y, Surgery today, 45, (7) 801 - 807,   2015年07月, 査読有り
  • Use of double-lumen peripherally inserted central catheters for safer perioperative management of esophageal cancer patients., Fukuda S, Nakajima K, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, The journal of vascular access, 16, (4) 338 - 343,   2015年07月, 査読有り
  • Therapeutic value of lymph node dissection for esophageal squamous cell carcinoma after neoadjuvant chemotherapy., Miyata H, Yamasaki M, Makino T, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Journal of surgical oncology, 112, (1) 60 - 65,   2015年07月, 査読有り
  • Gene therapy with SOCS1 for gastric cancer induces G2/M arrest and has an antitumour effect on peritoneal carcinomatosis., Natatsuka R, Takahashi T, Serada S, Fujimoto M, Ookawara T, Nishida T, Hara H, Nishigaki T, Harada E, Murakami T, Miyazaki Y, Makino T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Kishimoto T, Mori M, Doki Y, Naka T, British journal of cancer, 113, (3) 433 - 442,   2015年07月, 査読有り
  • Long-term outcomes after prophylactic bursectomy in patients with resectable gastric cancer: Final analysis of a multicenter randomized controlled trial., Hirao M, Kurokawa Y, Fujita J, Imamura H, Fujiwara Y, Kimura Y, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Osaka University Clinical Research Group for Gastroenterological Study., Surgery, 157, (6) 1099 - 1105,   2015年06月, 査読有り
  • Laparoscopic intraoperative navigation surgery for gastric cancer using real-time rendered 3D CT images., Takiguchi S, Fujiwara Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Nishida T, Sekimoto M, Hori M, Nakamura H, Mori M, Doki Y, Surgery today, 45, (5) 618 - 624,   2015年05月, 査読有り
  • High infiltration of tumor-associated macrophages is associated with a poor response to chemotherapy and poor prognosis of patients undergoing neoadjuvant chemotherapy for esophageal cancer., Sugimura K, Miyata H, Tanaka K, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Journal of surgical oncology, 111, (6) 752 - 759,   2015年05月, 査読有り
  • Current status of minimally invasive surgery for gastric cancer: A literature review to highlight studies limits., Parisi A, Nguyen NT, Reim D, Zhang S, Jiang ZW, Brower ST, Azagra JS, Facy O, Alimoglu O, Jackson PG, Tsujimoto H, Kurokawa Y, Zang L, Coburn NG, Yu PW, Zhang B, Qi F, Coratti A, Annecchiarico M, Novotny A, Goergen M, Lequeu JB, Eren T, Leblebici M, Al-Refaie W, Takiguchi S, Ma J, Zhao YL, Liu T, Desiderio J, International journal of surgery (London, England), 17, 34 - 40,   2015年05月, 査読有り
  • Surgically resected human tumors reveal the biological significance of the gastric cancer stem cell markers CD44 and CD26., Nishikawa S, Konno M, Hamabe A, Hasegawa S, Kano Y, Fukusumi T, Satoh T, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Ishii H, Oncology letters, 9, (5) 2361 - 2367,   2015年05月, 査読有り
  • Surgical strategy for the gastric gastrointestinal stromal tumors (GISTs) larger than 5 cm: laparoscopic surgery is feasible, safe, and oncologically acceptable., Takahashi T, Nakajima K, Miyazaki Y, Miyazaki Y, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Takiguchi S, Nishida T, Mori M, Doki Y, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 25, (2) 114 - 118,   2015年04月, 査読有り
  • Preoperative systemic and intraperitoneal chemotherapy consisting of S-1, cisplatin and docetaxel in patients with marginally resectable gastric cancer., Kurokawa Y, Hamakawa T, Miyazaki Y, Takahashi T, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Anticancer research, 35, (4) 2223 - 2228,   2015年04月, 査読有り
  • Systemic control and evaluation of the response to neoadjuvant chemotherapy in resectable thoracic esophageal squamous cell carcinoma with ¹⁸F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography-positive lymph nodes., Yasuda T, Yano M, Miyata H, Yamasaki M, Higuchi I, Takiguchi S, Fujiwara Y, Doki Y, Surgery today, 45, (3) 335 - 345,   2015年03月, 査読有り
  • Mediastinal lymph node metastasis and recurrence in adenocarcinoma of the esophagogastric junction., Kurokawa Y, Hiki N, Yoshikawa T, Kishi K, Ito Y, Ohi M, Wada N, Takiguchi S, Mine S, Hasegawa S, Matsuda T, Takeuchi H, Surgery, 157, (3) 551 - 555,   2015年03月, 査読有り
  • Effects of daikenchuto, a Japanese herb, on intestinal motility after total gastrectomy: a prospective randomized trial., Akamaru Y, Takahashi T, Nishida T, Omori T, Nishikawa K, Mikata S, Yamamura N, Miyazaki S, Noro H, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract, 19, (3) 467 - 472,   2015年03月, 査読有り
  • Accuracy of multidetector-row CT in diagnosing lymph node metastasis in patients with gastric cancer., Saito T, Kurokawa Y, Takiguchi S, Miyazaki Y, Takahashi T, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Mori M, Doki Y, European radiology, 25, (2) 368 - 374,   2015年02月, 査読有り
  • Clinical outcomes of laparoscopic partial gastrectomy for gastric submucosal tumors., Hirota M, Nakajima K, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Takiguchi S, Nishida T, Mori M, Doki Y, Asian journal of endoscopic surgery, 8, (1) 24 - 28,   2015年02月, 査読有り
  • Chylothorax after esophagectomy cured by intranodal lymphangiography: a case report., Yamamoto M, Miyata H, Yamasaki M, Maeda N, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Anticancer research, 35, (2) 891 - 895,   2015年02月, 査読有り
  • [Adjuvant treatment for esophagogastric junction cancer]., Kurokawa Y, Takiguchi S, Miyazaki Y, Takahashi T, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Mori M, Doki Y, Nihon Geka Gakkai zasshi, 116, (1) 50 - 54,   2015年01月, 査読有り
  • Prognostic impact of major receptor tyrosine kinase expression in gastric cancer., Kurokawa Y, Matsuura N, Kawabata R, Nishikawa K, Ebisui C, Yokoyama Y, Shaker MN, Hamakawa T, Takahashi T, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 21 Suppl 4, S584 - 90,   2014年12月, 査読有り
  • A novel locally operated master-slave robot system for single-incision laparoscopic surgery., Horise Y, Matsumoto T, Ikeda H, Nakamura Y, Yamasaki M, Sawada G, Tsukao Y, Nakahara Y, Yamamoto M, Takiguchi S, Doki Y, Mori M, Miyazaki F, Sekimoto M, Kawai T, Nishikawa A, Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy, 23, (6) 326 - 332,   2014年12月, 査読有り
  • Current status of function-preserving surgery for gastric cancer., Saito T, Kurokawa Y, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, World journal of gastroenterology, 20, (46) 17297 - 17304,   2014年12月, 査読有り
  • Expression of insulin-like growth factor-II mRNA-binding protein-3 as a marker for predicting clinical outcome in patients with esophageal squamous cell carcinoma., Takata A, Takiguchi S, Okada K, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Mori M, Doki Y, Oncology letters, 8, (5) 2027 - 2031,   2014年11月, 査読有り
  • [A case of salvage surgery for gastric wall recurrence of esophageal cancer after chemoradiotherapy]., Nakahara Y, Yamasaki M, Miyata H, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 41, (12) 2003 - 2005,   2014年11月, 査読有り
  • [A case of surgical resection for liver metastasis of gastric cancer with portal vein tumor thrombus]., Hata T, Wada H, Tomimaru Y, Tomokuni A, Hama N, Kawamoto K, Kobayashi S, Asaoka T, Marubashi S, Eguchi H, Umeshita K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Nagano H, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 41, (12) 2136 - 2138,   2014年11月, 査読有り
  • [A case of giant gastric GIST with multiple hepatic metastases with long-term survival after multimodal therapy]., Hara H, Takahashi T, Miyazaki Y, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 41, (12) 2399 - 2401,   2014年11月, 査読有り
  • [A case of recurrent gastrointestinal stromal tumor progressing after interruption of long-term imatinib therapy]., Nakatsuka R, Takahashi T, Miyazaki Y, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 41, (12) 2478 - 2480,   2014年11月, 査読有り
  • Evaluation of the nodal status in the 7th edition of the UICC-TNM classification for esophageal squamous cell carcinoma: proposed modifications for improved survival stratification : impact of lymph node metastases on overall survival after esophagectomy., Yamasaki M, Miyata H, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 21, (9) 2850 - 2856,   2014年09月, 査読有り
  • Randomized controlled trial of the LigaSure vessel sealing system versus conventional open gastrectomy for gastric cancer., Fujita J, Takiguchi S, Nishikawa K, Kimura Y, Imamura H, Tamura S, Ebisui C, Kishi K, Fujitani K, Kurokawa Y, Mori M, Doki Y, Surgery today, 44, (9) 1723 - 1729,   2014年09月, 査読有り
  • Perioperative therapy for esophageal cancer., Yamasaki M, Miyata H, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, General thoracic and cardiovascular surgery, 62, (9) 531 - 540,   2014年09月, 査読有り
  • Dynamic article: steady pressure CO2 colonoscopy; its feasibility and underlying mechanism., Hirota M, Miyazaki Y, Takahashi T, Yamasaki M, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Nakajima K, Diseases of the colon and rectum, 57, (9) 1120 - 1128,   2014年09月, 査読有り
  • Prognostic value of CEA and CK20 mRNA in the peritoneal lavage fluid of patients undergoing curative surgery for gastric cancer., Takata A, Kurokawa Y, Fujiwara Y, Nakamura Y, Takahashi T, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, World journal of surgery, 38, (5) 1107 - 1111,   2014年05月, 査読有り
  • Comparison of perioperative and long-term outcomes of total and proximal gastrectomy for early gastric cancer: a multi-institutional retrospective study., Masuzawa T, Takiguchi S, Hirao M, Imamura H, Kimura Y, Fujita J, Miyashiro I, Tamura S, Hiratsuka M, Kobayashi K, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, World journal of surgery, 38, (5) 1100 - 1106,   2014年05月, 査読有り
  • Clinicopathological and prognostic significance of FOXM1 expression in esophageal squamous cell carcinoma., Takata A, Takiguchi S, Okada K, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Mori M, Doki Y, Anticancer research, 34, (5) 2427 - 2432,   2014年05月, 査読有り
  • Magnetic resonance imaging for simultaneous morphological and functional evaluation of esophageal motility disorders., Miyazaki Y, Nakajima K, Sumikawa M, Yamasaki M, Takahashi T, Miyata H, Takiguchi S, Kurokawa Y, Tomiyama N, Mori M, Doki Y, Surgery today, 44, (4) 668 - 676,   2014年04月, 査読有り
  • Clinical application of ghrelin administration for gastric cancer patients undergoing gastrectomy., Takiguchi S, Takata A, Murakami K, Miyazaki Y, Yanagimoto Y, Kurokawa Y, Takahashi T, Mori M, Doki Y, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 17, (2) 200 - 205,   2014年04月, 査読有り
  • Impact of reconstruction method on visceral fat change after distal gastrectomy: results from a randomized controlled trial comparing Billroth I reconstruction and roux-en-Y reconstruction., Tanaka K, Takiguchi S, Miyashiro I, Hirao M, Yamamoto K, Imamura H, Yano M, Mori M, Doki Y, Osaka University Clinical Research Group for Gastroenterological Study., Surgery, 155, (3) 424 - 431,   2014年03月, 査読有り
  • Efficacy of endoscopic gastroduodenal stenting for gastric outlet obstruction due to unresectable advanced gastric cancer: a prospective multicenter study., Endo S, Takiguchi S, Miyazaki Y, Nishikawa K, Imamura H, Takachi K, Kimura Y, Takeno A, Tamura S, Mori M, Doki Y, Clinical Study Group of Osaka University (CSGO),Upper GI Group., Journal of surgical oncology, 109, (3) 208 - 212,   2014年03月, 査読有り
  • Determinants of response to neoadjuvant chemotherapy for esophageal cancer using 18F-fluorodeoxiglucose positron emission tomography (18F-FDG-PET)., Miyata H, Yamasaki M, Takahashi T, Murakami K, Tanaka K, Yukinori K, Nakajima K, Takiguchi S, Morii E, Hatazawa J, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 21, (2) 575 - 582,   2014年02月, 査読有り
  • Mesenchymal phenotype after chemotherapy is associated with chemoresistance and poor clinical outcome in esophageal cancer., Hara J, Miyata H, Yamasaki M, Sugimura K, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Oncology reports, 31, (2) 589 - 596,   2014年02月, 査読有り
  • Cells of origin of squamous epithelium, dysplasia and cancer in the head and neck region after bone marrow transplantation., Kano Y, Ishii H, Konno M, Yamasaki M, Miyata H, Nishikawa S, Hamabe A, Ogawa H, Takahashi H, Ohta K, Hasegawa S, Tanaka K, Fukusumi T, Otsuka M, Kawamoto K, Haraguchi N, Fujimoto R, Isobe M, Tomita Y, Matsuura N, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, International journal of oncology, 44, (2) 443 - 450,   2014年02月, 査読有り
  • Feasibility of laparoscopy-assisted total gastrectomy in patients with clinical stage I gastric cancer., Wada N, Kurokawa Y, Takiguchi S, Takahashi T, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Mori M, Doki Y, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 17, (1) 137 - 140,   2014年01月, 査読有り
  • Single-incision laparoscopic partial gastrectomy for gastric submucosal tumors without compromising transumbilical stapling., Takata A, Nakajima K, Kurokawa Y, Takahashi T, Yamasaki M, Miyata H, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Asian journal of endoscopic surgery, 7, (1) 25 - 30,   2014年01月, 査読有り
  • New findings of kinase switching in gastrointestinal stromal tumor under imatinib using phosphoproteomic analysis., Takahashi T, Serada S, Ako M, Fujimoto M, Miyazaki Y, Nakatsuka R, Ikezoe T, Yokoyama A, Taguchi T, Shimada K, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Naka T, Nishida T, International journal of cancer, 133, (11) 2737 - 2743,   2013年12月, 査読有り
  • Circulating miR-200c levels significantly predict response to chemotherapy and prognosis of patients undergoing neoadjuvant chemotherapy for esophageal cancer., Tanaka K, Miyata H, Yamasaki M, Sugimura K, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 20 Suppl 3, S607 - 15,   2013年12月, 査読有り
  • Clinical significance of ghrelin expression in the gastric mucosa of morbidly obese patients., Miyazaki Y, Takiguchi S, Seki Y, Kasama K, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Mori M, Doki Y, World journal of surgery, 37, (12) 2883 - 2890,   2013年12月, 査読有り
  • Successful laparoscopic Nissen fundoplication in a patient with mixed connective tissue disease with a short esophagus: report of a case., Nakajima K, Takahashi T, Takiguchi S, Miyata H, Yamasaki M, Kurokawa Y, Mori M, Doki Y, Surgery today, 43, (11) 1305 - 1309,   2013年11月, 査読有り
  • [Transvaginal natural orifice translumenal endoscopic surgery partial gastrectomy: initial clinical experience]., Nakajima K, Takahashi T, Yamasaki M, Kurokawa Y, Miyazaki Y, Miyata H, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Nihon Geka Gakkai zasshi, 114, (6) 303 - 307,   2013年11月, 査読有り
  • [Successful multidisciplinary treatment of a case of lymph node recurrence with invasion to adjacent organs after curative resection of esophageal cancer]., Murakami K, Miyata H, Yamasaki M, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Takiguchi S, Nakajima K, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 40, (12) 2115 - 2117,   2013年11月, 査読有り
  • [Complete response in a case of advanced esophageal cancer infiltrating into the main bronchus treated by chemoradiation therapy]., Tsukao Y, Yamazaki M, Miyazaki Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 40, (12) 2124 - 2126,   2013年11月, 査読有り
  • [Clinical experience of topical treatments for liver metastases from esophageal carcinoma]., Wada N, Yamasaki M, Hayashi T, Miyata H, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 40, (12) 2158 - 2160,   2013年11月, 査読有り
  • Clinical outcome and indications for palliative gastrojejunostomy in unresectable advanced gastric cancer: multi-institutional retrospective analysis., Takeno A, Takiguchi S, Fujita J, Tamura S, Imamura H, Fujitani K, Matsuyama J, Mori M, Doki Y, Clinical Study Group of Osaka University (CSGO),Upper GI Group., Annals of surgical oncology, 20, (11) 3527 - 3533,   2013年10月, 査読有り
  • Laparoscopy-assisted distal gastrectomy versus open distal gastrectomy. A prospective randomized single-blind study., Takiguchi S, Fujiwara Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Sekimoto M, Mori M, Doki Y, World journal of surgery, 37, (10) 2379 - 2386,   2013年10月, 査読有り
  • Dose-dependent effects of NY-ESO-1 protein vaccine complexed with cholesteryl pullulan (CHP-NY-ESO-1) on immune responses and survival benefits of esophageal cancer patients., Kageyama S, Wada H, Muro K, Niwa Y, Ueda S, Miyata H, Takiguchi S, Sugino SH, Miyahara Y, Ikeda H, Imai N, Sato E, Yamada T, Osako M, Ohnishi M, Harada N, Hishida T, Doki Y, Shiku H, Journal of translational medicine, 11,   2013年10月, 査読有り
  • Preservation of the celiac branch of the vagus nerve during laparoscopy-assisted distal gastrectomy: impact on postprandial changes in ghrelin secretion., Takiguchi S, Hiura Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Miyata H, Mori M, Doki Y, World journal of surgery, 37, (9) 2172 - 2179,   2013年09月, 査読有り
  • C4.4A expression is associated with a poor prognosis of esophageal squamous cell carcinoma., Ohtsuka M, Yamamoto H, Masuzawa T, Takahashi H, Uemura M, Haraguchi N, Nishimura J, Hata T, Yamasaki M, Miyata H, Takemasa I, Mizushima T, Takiguchi S, Doki Y, Mori M, Annals of surgical oncology, 20, (8) 2699 - 2705,   2013年08月, 査読有り
  • Clinical significance of surgery for gastric submucosal tumours with size enlargement during watchful waiting period., Miyazaki Y, Nakajima K, Kurokawa Y, Takahashi T, Takiguchi S, Miyata H, Yamasaki M, Hirota S, Nishida T, Mori M, Doki Y, European journal of cancer (Oxford, England : 1990), 49, (12) 2681 - 2688,   2013年08月, 査読有り
  • Concurrent expression of C4.4A and Tenascin-C in tumor cells relates to poor prognosis of esophageal squamous cell carcinoma., Ohtsuka M, Yamamoto H, Oshiro R, Takahashi H, Masuzawa T, Uemura M, Haraguchi N, Nishimura J, Hata T, Yamasaki M, Takemasa I, Miyata H, Mizushima T, Takiguchi S, Doki Y, Mori M, International journal of oncology, 43, (2) 439 - 446,   2013年08月, 査読有り
  • Pattern of abdominal nodal spread and optimal abdominal lymphadenectomy for advanced Siewert type II adenocarcinoma of the cardia: results of a multicenter study., Fujitani K, Miyashiro I, Mikata S, Tamura S, Imamura H, Hara J, Kurokawa Y, Fujita J, Nishikawa K, Kimura Y, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 16, (3) 301 - 308,   2013年07月, 査読有り
  • Gastric schwannomas revisited: has precise preoperative diagnosis become feasible?, Fujiwara S, Nakajima K, Nishida T, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 16, (3) 318 - 323,   2013年07月, 査読有り
  • Use of fibrin glue sealant with polyglycolic acid sheets to prevent pancreatic fistula formation after laparoscopic-assisted gastrectomy., Hiura Y, Takiguchi S, Yamamoto K, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Miyata H, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, Surgery today, 43, (5) 527 - 533,   2013年05月, 査読有り
  • Comparison of Billroth I and Roux-en-Y reconstruction after distal gastrectomy for gastric cancer: one-year postoperative effects assessed by a multi-institutional RCT., Hirao M, Takiguchi S, Imamura H, Yamamoto K, Kurokawa Y, Fujita J, Kobayashi K, Kimura Y, Mori M, Doki Y, Osaka University Clinical Research Group for Gastroenterological Study., Annals of surgical oncology, 20, (5) 1591 - 1597,   2013年05月, 査読有り
  • Effect of rikkunshito, a Japanese herbal medicine, on gastrointestinal symptoms and ghrelin levels in gastric cancer patients after gastrectomy., Takiguchi S, Hiura Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Miyata H, Mori M, Hosoda H, Kangawa K, Doki Y, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 16, (2) 167 - 174,   2013年04月, 査読有り
  • Aldehyde dehydrogenase high gastric cancer stem cells are resistant to chemotherapy., Nishikawa S, Konno M, Hamabe A, Hasegawa S, Kano Y, Ohta K, Fukusumi T, Sakai D, Kudo T, Haraguchi N, Satoh T, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Ishii H, International journal of oncology, 42, (4) 1437 - 1442,   2013年04月, 査読有り
  • Failure of GnRH agonist-triggered oocyte maturation: its cause and management., Asada Y, Itoi F, Honnma H, Takiguchi S, Fukunaga N, Hashiba Y, Baba T, Endo T, Journal of assisted reproduction and genetics, 30, (4) 581 - 585,   2013年04月, 査読有り
  • Overexpression of forkhead box M1 transcription factor (FOXM1) is a potential prognostic marker and enhances chemoresistance for docetaxel in gastric cancer., Okada K, Fujiwara Y, Takahashi T, Nakamura Y, Takiguchi S, Nakajima K, Miyata H, Yamasaki M, Kurokawa Y, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 20, (3) 1035 - 1043,   2013年03月, 査読有り
  • Larynx-preserving limited resection and free jejunal graft for carcinoma of the cervical esophagus., Miyata H, Yamasaki M, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, World journal of surgery, 37, (3) 551 - 557,   2013年03月, 査読有り
  • Evaluation of dysphagia and diminished airway protection after three-field esophagectomy and a remedy., Yasuda T, Yano M, Miyata H, Yamasaki M, Takiguchi S, Fujiwara Y, Doki Y, World journal of surgery, 37, (2) 416 - 423,   2013年02月, 査読有り
  • Reduced plasma ghrelin levels on day 1 after esophagectomy: a new predictor of prolonged systemic inflammatory response syndrome., Yamamoto K, Takiguchi S, Miyata H, Miyazaki Y, Hiura Y, Yamasaki M, Nakajima K, Fujiwara Y, Mori M, Kangawa K, Doki Y, Surgery today, 43, (1) 48 - 54,   2013年01月, 査読有り
  • A case of simultaneous transvaginal NOTES gastrectomy and vaginal hysterectomy in a patient with gastric submucosal tumor and uterine prolapse., Hirota M, Nakajima K, Hara J, Takahashi T, Yamasaki M, Tsutsui T, Kobayashi E, Kurokawa Y, Miyata H, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Asian journal of endoscopic surgery, 5, (4) 168 - 171,   2012年11月, 査読有り
  • Effects of ghrelin administration during chemotherapy with advanced esophageal cancer patients: a prospective, randomized, placebo-controlled phase 2 study., Hiura Y, Takiguchi S, Yamamoto K, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Miyata H, Fujiwara Y, Mori M, Kangawa K, Doki Y, Cancer, 118, (19) 4785 - 4794,   2012年10月, 査読有り
  • Phase I/II study of S-1 plus cisplatin combined with peptide vaccines for human vascular endothelial growth factor receptor 1 and 2 in patients with advanced gastric cancer., Masuzawa T, Fujiwara Y, Okada K, Nakamura A, Takiguchi S, Nakajima K, Miyata H, Yamasaki M, Kurokawa Y, Osawa R, Takeda K, Yoshida K, Tsunoda T, Nakamura Y, Mori M, Doki Y, International journal of oncology, 41, (4) 1297 - 1304,   2012年10月, 査読有り
  • Clinical relevance of induction triplet chemotherapy for esophageal cancer invading adjacent organs., Miyata H, Yamasaki M, Kurokawa Y, Takiguchi S, Nakajima K, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, Journal of surgical oncology, 106, (4) 441 - 447,   2012年09月, 査読有り
  • Let-7 expression is a significant determinant of response to chemotherapy through the regulation of IL-6/STAT3 pathway in esophageal squamous cell carcinoma., Sugimura K, Miyata H, Tanaka K, Hamano R, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 18, (18) 5144 - 5153,   2012年09月, 査読有り
  • Fall in plasma ghrelin concentrations after cisplatin-based chemotherapy in esophageal cancer patients., Hiura Y, Takiguchi S, Yamamoto K, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Miyata H, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, International journal of clinical oncology, 17, (4) 316 - 323,   2012年08月, 査読有り
  • Clinical trial of the intratumoral administration of labeled DC combined with systemic chemotherapy for esophageal cancer., Fujiwara S, Wada H, Miyata H, Kawada J, Kawabata R, Nishikawa H, Gnjatic S, Sedrak C, Sato E, Nakamura Y, Sakakibara M, Kanto T, Shimosegawa E, Hatazawa J, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Nakajima K, Takiguchi S, Nakayama E, Mori M, Doki Y, Journal of immunotherapy (Hagerstown, Md. : 1997), 35, (6) 513 - 521,   2012年07月, 査読有り
  • Oncofetal protein, IMP-3, a potential marker for prediction of postoperative peritoneal dissemination in gastric adenocarcinoma., Okada K, Fujiwara Y, Nakamura Y, Takiguchi S, Nakajima K, Miyata H, Yamasaki M, Kurokawa Y, Takahashi T, Mori M, Doki Y, Journal of surgical oncology, 105, (8) 780 - 785,   2012年06月, 査読有り
  • Laparoscopic intragastric surgery revisited: its role for submucosal tumors adjacent to the esophagogastric junction., Hara J, Nakajima K, Takahashi T, Yamasaki M, Miyata H, Kurokawa Y, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 22, (3) 251 - 254,   2012年06月, 査読有り
  • Single-port laparoscopic surgery of the distal esophagus: initial clinical experience., Miyazaki Y, Nakajima K, Yamasaki M, Miyata H, Kurokawa Y, Takiguchi S, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 22, (3) e118 - 21,   2012年06月, 査読有り
  • DOK2 as a marker of poor prognosis of patients with gastric adenocarcinoma after curative resection., Miyagaki H, Yamasaki M, Takahashi T, Kurokawa Y, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 19, (5) 1560 - 1567,   2012年05月, 査読有り
  • Mapping analysis of ghrelin producing cells in the human stomach associated with chronic gastritis and early cancers., Takiguchi S, Adachi S, Yamamoto K, Morii E, Miyata H, Nakajima K, Yamasaki M, Kangawa K, Mori M, Doki Y, Digestive diseases and sciences, 57, (5) 1238 - 1246,   2012年05月, 査読有り
  • A comparison of postoperative quality of life and dysfunction after Billroth I and Roux-en-Y reconstruction following distal gastrectomy for gastric cancer: results from a multi-institutional RCT., Takiguchi S, Yamamoto K, Hirao M, Imamura H, Fujita J, Yano M, Kobayashi K, Kimura Y, Kurokawa Y, Mori M, Doki Y, Osaka University Clinical Research Group for Gastroenterological Study., Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 15, (2) 198 - 205,   2012年04月, 査読有り
  • Authors' reply: should we inherit bursectomy or discard it?, Fujita J, Kurokawa Y, Takiguchi S, Doki Y, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 15, (2) 226 - 227,   2012年04月, 査読有り
  • Assessment of stanniocalcin-1 as a prognostic marker in human esophageal squamous cell carcinoma., Shirakawa M, Fujiwara Y, Sugita Y, Moon JH, Takiguchi S, Nakajima K, Miyata H, Yamasaki M, Mori M, Doki Y, Oncology reports, 27, (4) 940 - 946,   2012年04月, 査読有り
  • Recent trend of internal hernia occurrence after gastrectomy for gastric cancer., Miyagaki H, Takiguchi S, Kurokawa Y, Hirao M, Tamura S, Nishida T, Kimura Y, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, World journal of surgery, 36, (4) 851 - 857,   2012年04月, 査読有り
  • Development and evaluation of a master-slave robot system for single-incision laparoscopic surgery., Horise Y, Nishikawa A, Sekimoto M, Kitanaka Y, Miyoshi N, Takiguchi S, Doki Y, Mori M, Miyazaki F, International journal of computer assisted radiology and surgery, 7, (2) 289 - 296,   2012年03月, 査読有り
  • Morbidity and mortality results from a prospective randomized controlled trial comparing Billroth I and Roux-en-Y reconstructive procedures after distal gastrectomy for gastric cancer., Imamura H, Takiguchi S, Yamamoto K, Hirao M, Fujita J, Miyashiro I, Kurokawa Y, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, World journal of surgery, 36, (3) 632 - 637,   2012年03月, 査読有り
  • The impact of ¹⁸F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography positive lymph nodes on postoperative recurrence and survival in resectable thoracic esophageal squamous cell carcinoma., Yasuda T, Higuchi I, Yano M, Miyata H, Yamasaki M, Takiguchi S, Fujiwara Y, Hatazawa J, Doki Y, Annals of surgical oncology, 19, (2) 652 - 660,   2012年02月, 査読有り
  • REGIV as a potential biomarker for peritoneal dissemination in gastric adenocarcinoma., Moon JH, Fujiwara Y, Nakamura Y, Okada K, Hanada H, Sakakura C, Takiguchi S, Nakajima K, Miyata H, Yamasaki M, Kurokawa Y, Mori M, Doki Y, Journal of surgical oncology, 105, (2) 189 - 194,   2012年02月, 査読有り
  • Performance comparison of peripherally inserted central venous catheters in gastrointestinal surgery: a randomized controlled trial., Miyagaki H, Nakajima K, Hara J, Yamasaki M, Kurokawa Y, Miyata H, Takiguchi S, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland), 31, (1) 48 - 52,   2012年02月, 査読有り
  • Survival benefit of bursectomy in patients with resectable gastric cancer: interim analysis results of a randomized controlled trial., Fujita J, Kurokawa Y, Sugimoto T, Miyashiro I, Iijima S, Kimura Y, Takiguchi S, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 15, (1) 42 - 48,   2012年01月, 査読有り
  • Intraperitoneal docetaxel combined with S-1 for advanced gastric cancer with peritoneal dissemination., Fujiwara Y, Takiguchi S, Nakajima K, Miyata H, Yamasaki M, Kurokawa Y, Mori M, Doki Y, Journal of surgical oncology, 105, (1) 38 - 42,   2012年01月, 査読有り
  • Clinical trial of ghrelin synthesis administration for upper GI surgery., Takiguchi S, Hiura Y, Miyazaki Y, Takata A, Murakami K, Doki Y, Methods in enzymology, 514, 409 - 431,   2012年, 査読有り
  • Neoadjuvant intraperitoneal and systemic chemotherapy for gastric cancer patients with peritoneal dissemination., Fujiwara Y, Takiguchi S, Nakajima K, Miyata H, Yamasaki M, Kurokawa Y, Okada K, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 18, (13) 3726 - 3731,   2011年12月, 査読有り
  • Survival factors in patients with recurrence after curative resection of esophageal squamous cell carcinomas., Miyata H, Yamasaki M, Kurokawa Y, Takiguchi S, Nakajima K, Fujiwara Y, Konishi K, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 18, (12) 3353 - 3361,   2011年11月, 査読有り
  • Minimally invasive esophagectomy for esophageal cancer: comparative analysis of open and hand-assisted laparoscopic abdominal lymphadenectomy with gastric conduit reconstruction., Yamasaki M, Miyata H, Fujiwara Y, Takiguchi S, Nakajima K, Kurokawa Y, Mori M, Doki Y, Journal of surgical oncology, 104, (6) 623 - 628,   2011年11月, 査読有り
  • [Combination chemotherapy using docetaxel, cisplatin, and S-1 for far advanced gastric cancer]., Hamakawa T, Kurokawa Y, Takiguchi S, Takahashi T, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Mori M, Dok Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 38, (12) 2342 - 2344,   2011年11月, 査読有り
  • [Peritoneal lavage cytology under local anesthesia for detection of peritoneal recurrence after surgery]., Okada K, Fujiwara Y, Takahashi T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 38, (12) 2363 - 2365,   2011年11月, 査読有り
  • Pattern of surgical treatment for early gastric cancers in upper third of the stomach., Takiguchi S, Masuzawa T, Hirao M, Imamura H, Kimura Y, Fujita J, Tamura S, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, Hepato-gastroenterology, 58, (110-111) 1823 - 1827,   2011年09月, 査読有り
  • Prognostic value of an inflammation-based score in patients undergoing pre-operative chemotherapy followed by surgery for esophageal cancer., Miyata H, Yamasaki M, Kurokawa Y, Takiguchi S, Nakajima K, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, Experimental and therapeutic medicine, 2, (5) 879 - 885,   2011年09月, 査読有り
  • Multimodal treatment for resectable esophageal cancer., Miyata H, Yamasaki M, Kurokawa Y, Takiguchi S, Nakajima K, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, General thoracic and cardiovascular surgery, 59, (7) 461 - 466,   2011年07月, 査読有り
  • Overexpression of miR-200c induces chemoresistance in esophageal cancers mediated through activation of the Akt signaling pathway., Hamano R, Miyata H, Yamasaki M, Kurokawa Y, Hara J, Moon JH, Nakajima K, Takiguchi S, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 17, (9) 3029 - 3038,   2011年05月, 査読有り
  • Preoperative T staging of gastric cancer by multi-detector row computed tomography., Makino T, Fujiwara Y, Takiguchi S, Tsuboyama T, Kim T, Nushijima Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Mori M, Doki Y, Surgery, 149, (5) 672 - 679,   2011年05月, 査読有り
  • Influence of bursectomy on operative morbidity and mortality after radical gastrectomy for gastric cancer: results of a randomized controlled trial., Imamura H, Kurokawa Y, Kawada J, Tsujinaka T, Takiguchi S, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, World journal of surgery, 35, (3) 625 - 630,   2011年03月, 査読有り
  • Prognostic value of endoscopic biopsy findings after induction chemoradiotherapy with and without surgery for esophageal cancer., Miyata H, Yamasaki M, Takiguchi S, Nakajima K, Fujiwara Y, Konishi K, Morii E, Mori M, Doki Y, Annals of surgery, 253, (2) 279 - 284,   2011年02月, 査読有り
  • Molecular analysis of a patient with type I Glanzmann thrombasthenia and clinical impact of the presence of anti-αIIbβ3 alloantibodies., Kashiwagi H, Kiyomizu K, Kamae T, Nakazawa T, Tadokoro S, Takiguchi S, Doki Y, Kanakura Y, Tomiyama Y, International journal of hematology, 93, (1) 106 - 111,   2011年01月, 査読有り
  • Parthenolide, an NF-κB inhibitor, suppresses tumor growth and enhances response to chemotherapy in gastric cancer., Sohma I, Fujiwara Y, Sugita Y, Yoshioka A, Shirakawa M, Moon JH, Takiguchi S, Miyata H, Yamasaki M, Mori M, Doki Y, Cancer genomics & proteomics, 8, (1) 39 - 47,   2011年01月, 査読有り
  • Utility of response evaluation to neo-adjuvant chemotherapy by (18)F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography in locally advanced esophageal squamous cell carcinoma., Makino T, Miyata H, Yamasaki M, Fujiwara Y, Takiguchi S, Nakajima K, Higuchi I, Hatazawa J, Mori M, Doki Y, Surgery, 148, (5) 908 - 918,   2010年11月, 査読有り
  • Prediction of the response to chemotherapy in advanced esophageal cancer by gene expression profiling of biopsy samples., Motoori M, Takemasa I, Yamasaki M, Komori T, Takeno A, Miyata H, Takiguchi S, Fujiwara Y, Yasuda T, Yano M, Matsuura N, Matsubara K, Monden M, Mori M, Doki Y, International journal of oncology, 37, (5) 1113 - 1120,   2010年11月, 査読有り
  • [A case of type 4 advanced gastric cancer with aplastic anemia successfully treated with neoadjuvant chemotherapy and surgical resection]., Moon JH, Fujiwara Y, Kurokawa Y, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 37, (12) 2282 - 2284,   2010年11月, 査読有り
  • Randomized phase II study of clinical effects of ghrelin after esophagectomy with gastric tube reconstruction., Yamamoto K, Takiguchi S, Miyata H, Adachi S, Hiura Y, Yamasaki M, Nakajima K, Fujiwara Y, Mori M, Kangawa K, Doki Y, Surgery, 148, (1) 31 - 38,   2010年07月, 査読有り
  • The utility of pre-operative peritoneal lavage examination in serosa-invading gastric cancer patients., Makino T, Fujiwara Y, Takiguchi S, Miyata H, Yamasaki M, Nakajima K, Nishida T, Mori M, Doki Y, Surgery, 148, (1) 96 - 102,   2010年07月, 査読有り
  • Pre- and post-therapy nodal status equally affects survival of patients with oesophageal squamous cell carcinoma receiving preoperative chemoradiation., Miyata H, Yamasaki M, Takiguchi S, Nakajima K, Fujiwara Y, Mori M, Doki Y, Oncology reports, 23, (5) 1331 - 1337,   2010年05月, 査読有り
  • Gene expression profile prospectively predicts peritoneal relapse after curative surgery of gastric cancer., Takeno A, Takemasa I, Seno S, Yamasaki M, Motoori M, Miyata H, Nakajima K, Takiguchi S, Fujiwara Y, Nishida T, Okayama T, Matsubara K, Takenaka Y, Matsuda H, Monden M, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 17, (4) 1033 - 1042,   2010年04月, 査読有り
  • Effects of ghrelin administration after total gastrectomy: a prospective, randomized, placebo-controlled phase II study., Adachi S, Takiguchi S, Okada K, Yamamoto K, Yamasaki M, Miyata H, Nakajima K, Fujiwara Y, Hosoda H, Kangawa K, Mori M, Doki Y, Gastroenterology, 138, (4) 1312 - 1320,   2010年04月, 査読有り
  • Feasibility study of S-1 and intraperitoneal docetaxel combination chemotherapy for gastric cancer with peritoneal dissemination., Fujiwara Y, Nishida T, Takiguchi S, Nakajima K, Miyata H, Yamasaki M, Yamamoto K, Moon JH, Mori M, Doki Y, Anticancer research, 30, (4) 1335 - 1339,   2010年04月, 査読有り
  • p53 Mutation status predicts pathological response to chemoradiotherapy in locally advanced esophageal cancer., Makino T, Yamasaki M, Miyata H, Yoshioka S, Takiguchi S, Fujiwara Y, Nakajima K, Nishida T, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 17, (3) 804 - 811,   2010年03月, 査読有り
  • p53 genotype predicts response to chemotherapy in patients with squamous cell carcinoma of the esophagus., Yamasaki M, Miyata H, Fujiwara Y, Takiguchi S, Nakajima K, Nishida T, Yasuda T, Matsuyama J, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 17, (2) 634 - 642,   2010年02月, 査読有り
  • Development of a compact laparoscope manipulator (P-arm)., Sekimoto M, Nishikawa A, Taniguchi K, Takiguchi S, Miyazaki F, Doki Y, Mori M, Surgical endoscopy, 23, (11) 2596 - 2604,   2009年11月, 査読有り
  • Salvage esophagectomy after definitive chemoradiotherapy for thoracic esophageal cancer., Miyata H, Yamasaki M, Takiguchi S, Nakajima K, Fujiwara Y, Nishida T, Mori M, Doki Y, Journal of surgical oncology, 100, (6) 442 - 446,   2009年11月, 査読有り
  • [A case of the gastric squamous cell carcinoma recurred in the kidney 5 years and 4 months after curative resection]., Moon JH, Fujiwara Y, Yamasaki M, Miyata H, Takiguchi S, Nakajima K, Nishida T, Morii H, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 36, (12) 2333 - 2335,   2009年11月, 査読有り
  • The role of intraoperative carbon dioxide insufflating upper gastrointestinal endoscopy during laparoscopic surgery., Souma Y, Nakajima K, Takahashi T, Nishimura J, Fujiwara Y, Takiguchi S, Miyata H, Yamasaki M, Doki Y, Nishida T, Surgical endoscopy, 23, (10) 2279 - 2285,   2009年10月, 査読有り
  • Induction chemotherapy with docetaxel, 5-FU and CDDP (DFP) for advanced gastric cancer., Yamamoto K, Fujiwara Y, Nishida T, Takiguchi S, Nakajima K, Miyata H, Yamasaki M, Mori M, Doki Y, Anticancer research, 29, (10) 4211 - 4215,   2009年10月, 査読有り
  • The feasibility of using biopsy samples from esophageal cancer for comprehensive gene expression profiling., Motoori M, Takemasa I, Yamasaki M, Komori T, Takeno A, Miyata H, Takiguchi S, Fujiwara Y, Yasuda T, Yano M, Matsuura N, Matsubara K, Monden M, Mori M, Doki Y, International journal of oncology, 35, (2) 265 - 271,   2009年08月, 査読有り
  • Dickkopf-1 expression as a marker for predicting clinical outcome in esophageal squamous cell carcinoma., Makino T, Yamasaki M, Takemasa I, Takeno A, Nakamura Y, Miyata H, Takiguchi S, Fujiwara Y, Matsuura N, Mori M, Doki Y, Annals of surgical oncology, 16, (7) 2058 - 2064,   2009年07月, 査読有り
  • Tumor budding in tumor invasive front predicts prognosis and survival of patients with esophageal squamous cell carcinomas receiving neoadjuvant chemotherapy., Miyata H, Yoshioka A, Yamasaki M, Nushijima Y, Takiguchi S, Fujiwara Y, Nishida T, Mano M, Mori M, Doki Y, Cancer, 115, (14) 3324 - 3334,   2009年07月, 査読有り
  • A suspected [18F]fluorodeoxyglucose positron emission tomography-negative metastatic lymph node successfully diagnosed by laparoscopic staging in esophageal cancer: report of two cases., Takeno A, Takiguchi S, Yamasaki M, Miyata H, Kawabata R, Nushijima Y, Makino T, Fujiwara Y, Nakajima K, Nishida T, Mori M, Doki Y, Surgery today, 39, (10) 888 - 891,   2009年, 査読有り
  • Use of (18)F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography to evaluate responses to neo-adjuvant chemotherapy for primary tumor and lymph node metastasis in esophageal squamous cell carcinoma., Makino T, Doki Y, Miyata H, Yasuda T, Yamasaki M, Fujiwara Y, Takiguchi S, Higuchi I, Hatazawa J, Monden M, Surgery, 144, (5) 793 - 802,   2008年11月, 査読有り
  • [Clinical trials of neo-adjuvant chemotherapy for advanced gastric cancer with peritoneal dissemination]., Fujiwara Y, Takiguchi S, Nakajima K, Miyata H, Yamazaki M, Nishida T, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 35, (12) 1996 - 1998,   2008年11月, 査読有り
  • [A long-term survival case of gastric cancer with liver metastases treated by hepatic arterial infusion chemotherapy]., Masuzawa T, Fujiwara Y, Takiguchi S, Yamazaki M, Miyata H, Nakajima K, Nishida T, Mori M, Doki Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 35, (12) 2002 - 2004,   2008年11月, 査読有り
  • LC3, an autophagosome marker, is highly expressed in gastrointestinal cancers., Yoshioka A, Miyata H, Doki Y, Yamasaki M, Sohma I, Gotoh K, Takiguchi S, Fujiwara Y, Uchiyama Y, Monden M, International journal of oncology, 33, (3) 461 - 468,   2008年09月, 査読有り
  • Lack of fludeoxyglucose F 18 uptake in posttreatment positron emission tomography as a significant predictor of survival after subsequent surgery in multimodality treatment for patients with locally advanced esophageal squamous cell carcinoma., Higuchi I, Yasuda T, Yano M, Doki Y, Miyata H, Tatsumi M, Fukunaga H, Takiguchi S, Fujiwara Y, Hatazawa J, Monden M, The Journal of thoracic and cardiovascular surgery, 136, (1) 205 - 12, 212.e1,   2008年07月, 査読有り
  • The activation of Akt during preoperative chemotherapy for esophageal cancer correlates with poor prognosis., Yoshioka A, Miyata H, Doki Y, Yasuda T, Yamasaki M, Motoori M, Okada K, Matsuyama J, Makari Y, Sohma I, Takiguchi S, Fujiwara Y, Monden M, Oncology reports, 19, (5) 1099 - 1107,   2008年05月, 査読有り
  • Injection of LPS causes transient suppression of biological clock genes in rats., Okada K, Yano M, Doki Y, Azama T, Iwanaga H, Miki H, Nakayama M, Miyata H, Takiguchi S, Fujiwara Y, Yasuda T, Ishida N, Monden M, The Journal of surgical research, 145, (1) 5 - 12,   2008年03月, 査読有り
  • Overexpression of tyrosine kinase B protein as a predictor for distant metastases and prognosis in gastric carcinoma., Zhang Y, Fujiwara Y, Doki Y, Takiguchi S, Yasuda T, Miyata H, Yamazaki M, Ngan CY, Yamamoto H, Ma Q, Monden M, Oncology, 75, (1-2) 17 - 26,   2008年, 査読有り
  • How does the camera assistant decide the zooming ratio of laparoscopic images? Analysis and implementation., Nishikawa A, Nakagoe H, Taniguchi K, Yamada Y, Sekimoto M, Takiguchi S, Monden M, Miyazaki F, Medical image computing and computer-assisted intervention : MICCAI ... International Conference on Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention, 11, (Pt 2) 611 - 618,   2008年, 査読有り
  • [Neoadjuvant chemotherapy for gastric cancer with peritoneal dissemination]., Fujiwara Y, Doki Y, Takiguchi S, Miyata H, Yamazaki M, Nishida T, Monden M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 34, (12) 1923 - 1925,   2007年11月, 査読有り
  • Gene therapy using ets-1 transcription factor decoy for peritoneal dissemination of gastric cancer., Taniguchi H, Fujiwara Y, Doki Y, Sugita Y, Sohma I, Miyata H, Takiguchi S, Yasuda T, Tomita N, Morishita R, Monden M, International journal of cancer, 121, (7) 1609 - 1617,   2007年10月, 査読有り
  • Correlation between tumor blood flow assessed by perfusion CT and effect of neoadjuvant therapy in advanced esophageal cancers., Makari Y, Yasuda T, Doki Y, Miyata H, Fujiwara Y, Takiguchi S, Matsuyama J, Yamasaki M, Hirao T, Koyama MK, Nakamuara H, Monden M, Journal of surgical oncology, 96, (3) 220 - 229,   2007年09月, 査読有り
  • The effect of neoadjuvant chemotherapy on lymph node micrometastases in squamous cell carcinomas of the thoracic esophagus., Matsuyama J, Doki Y, Yasuda T, Miyata H, Fujiwara Y, Takiguchi S, Yamasaki M, Makari Y, Matsuura N, Mano M, Monden M, Surgery, 141, (5) 570 - 580,   2007年05月, 査読有り
  • [Combination therapy with bi-weekly docetaxel and 5'-deoxy-5-fluorouridine for advanced gastric cancer]., Fujiwara Y, Doki Y, Takiguchi S, Yasuda T, Miyata H, Monden M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 34, (3) 431 - 434,   2007年03月, 査読有り
  • Altered expression profiles of clock genes hPer1 and hPer2 in peripheral blood mononuclear cells of cancer patients undergoing surgery., Azama T, Yano M, Oishi K, Kadota K, Hyun K, Tokura H, Nishimura S, Matsunaga T, Iwanaga H, Miki H, Okada K, Hiraoka N, Miyata H, Takiguchi S, Fujiwara Y, Yasuda T, Ishida N, Monden M, Life sciences, 80, (12) 1100 - 1108,   2007年02月, 査読有り
  • Total splenic vein thrombosis after laparoscopic splenectomy: a possible candidate for treatment., Ikeda M, Sekimoto M, Takiguchi S, Yasui M, Danno K, Fujie Y, Kitani K, Seki Y, Hata T, Shingai T, Takemasa I, Ikenaga M, Yamamoto H, Ohue M, Monden M, American journal of surgery, 193, (1) 21 - 25,   2007年01月, 査読有り
  • Salvage lymphadenectomy of the right recurrent nerve node with tracheal involvement after definitive chemoradiation therapy for esophageal squamous cell carcinoma: report of two cases., Doki Y, Yasuda T, Miyata H, Fujiwara Y, Takiguchi S, Yamasaki M, Makari Y, Matsuyama J, Masuoka T, Monden M, Surgery today, 37, (7) 590 - 595,   2007年, 査読有り
  • Genetic detection of free cancer cells in the peritoneal cavity of the patient with gastric cancer: present status and future perspectives., Fujiwara Y, Doki Y, Taniguchi H, Sohma I, Takiguchi S, Miyata H, Yamasaki M, Monden M, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 10, (4) 197 - 204,   2007年, 査読有り
  • Phase I/II study of a combination of S-1 and weekly paclitaxel in patients with advanced or recurrent gastric cancer., Kawabata R, Fujiwara Y, Doki Y, Fujita J, Tsukahara Y, Yamasaki M, Miyata H, Takiguchi S, Monden M, Oncology, 72, (3-4) 219 - 225,   2007年, 査読有り
  • Prediction of peritoneal metastasis in advanced gastric cancer by gene expression profiling of the primary site., Motoori M, Takemasa I, Doki Y, Saito S, Miyata H, Takiguchi S, Fujiwara Y, Yasuda T, Yano M, Kurokawa Y, Komori T, Yamasaki M, Ueno N, Oba S, Ishii S, Monden M, Kato K, European journal of cancer (Oxford, England : 1990), 42, (12) 1897 - 1903,   2006年08月, 査読有り
  • A prospective trial for avoiding cervical lymph node dissection for thoracic esophageal cancers, based on intra-operative genetic diagnosis of micrometastasis in recurrent laryngeal nerve chain nodes., Miyata H, Yano M, Doki Y, Yasuda T, Yoshioka S, Sugita Y, Takiguchi S, Fujiwara Y, Monden M, Journal of surgical oncology, 93, (6) 477 - 484,   2006年05月, 査読有り
  • Clinical significance of class III beta-tubulin expression and its predictive value for resistance to docetaxel-based chemotherapy in gastric cancer., Urano N, Fujiwara Y, Doki Y, Kim SJ, Miyoshi Y, Noguchi S, Miyata H, Takiguchi S, Yasuda T, Yano M, Monden M, International journal of oncology, 28, (2) 375 - 381,   2006年02月, 査読有り
  • Expression of hepatoma-derived growth factor is correlated with lymph node metastasis and prognosis of gastric carcinoma., Yamamoto S, Tomita Y, Hoshida Y, Takiguchi S, Fujiwara Y, Yasuda T, Doki Y, Yoshida K, Aozasa K, Nakamura H, Monden M, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 12, (1) 117 - 122,   2006年01月, 査読有り
  • [A phase I study of combination chemotherapy using TS-1 and weekly paclitaxel for advanced gastric cancer]., Fujiwara Y, Fujita J, Kan K, Tsukahara K, Takiguchi S, Miyata H, Yasuda T, Doki Y, Monden M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 33, (1) 45 - 48,   2006年01月, 査読有り
  • Overexpression of hypoxia-inducible factor-1 alpha in gastric adenocarcinoma., Urano N, Fujiwara Y, Doki Y, Tsujie M, Yamamoto H, Miyata H, Takiguchi S, Yasuda T, Yano M, Monden M, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 9, (1) 44 - 49,   2006年, 査読有り
  • Prediction of recurrence in advanced gastric cancer patients after curative resection by gene expression profiling., Motoori M, Takemasa I, Yano M, Saito S, Miyata H, Takiguchi S, Fujiwara Y, Yasuda T, Doki Y, Kurokawa Y, Ueno N, Oba S, Ishii S, Monden M, Kato K, International journal of cancer, 114, (6) 963 - 968,   2005年05月, 査読有り
  • A mouse model of early-stage peritoneal metastasis: optimal RT-PCR-based method for detection of peritoneal micrometastases., Mori T, Fujiwara Y, Yano M, Yasuda T, Takiguchi S, Miyata H, Viliotou V, Monden M, Oncology reports, 13, (5) 801 - 805,   2005年05月, 査読有り
  • Correlation between histological effects on the main tumors and nodal status after chemoradiotherapy for squamous cell carcinoma of the esophagus., Yano M, Yasuda T, Miyata H, Fujiwara Y, Takiguchi S, Monden M, Journal of surgical oncology, 89, (4) 244 - 50; discussion 250,   2005年03月, 査読有り
  • High incidence of thrombosis of the portal venous system after laparoscopic splenectomy: a prospective study with contrast-enhanced CT scan., Ikeda M, Sekimoto M, Takiguchi S, Kubota M, Ikenaga M, Yamamoto H, Fujiwara Y, Ohue M, Yasuda T, Imamura H, Tatsuta M, Yano M, Furukawa H, Monden M, Annals of surgery, 241, (2) 208 - 216,   2005年02月, 査読有り
  • A simple technique for performing laparoscopic purse-string suturing during circular stapling anastomosis., Takiguchi S, Sekimoto M, Fujiwara Y, Miyata H, Yasuda T, Doki Y, Yano M, Monden M, Surgery today, 35, (10) 896 - 899,   2005年, 査読有り
  • Preoperative intraperitoneal chemotherapy for patients with serosa-infiltrating gastric cancer., Yano M, Yasuda T, Fujiwara Y, Takiguchi S, Miyata H, Monden M, Journal of surgical oncology, 88, (1) 39 - 43,   2004年10月, 査読有り
  • [Cases of postoperative hepatic metastasis from gastric cancer in which hepatic arterial infusion chemotherapy with 5-FU, adriamycin and cisplatin was performed after TS-1 chemotherapy]., Kimura Y, Yasuda T, Fujiwara Y, Takiguchi S, Miyata H, Nagano H, Yano M, Monden M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 31, (11) 1825 - 1827,   2004年10月, 査読有り
  • [Two cases of advanced and recurrent gastric cancer treated with the combination of chemotherapy and radiation]., Fujiwara Y, Miyata H, Takiguchi S, Yasuda T, Yano M, Monden M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 31, (11) 1876 - 1878,   2004年10月, 査読有り
  • Overexpression of the Wilms' tumor gene WT1 in esophageal cancer., Oji Y, Yano M, Nakano Y, Abeno S, Nakatsuka S, Ikeba A, Yasuda T, Fujiwara Y, Takiguchi S, Yamamoto H, Fujita S, Kanato K, Ito K, Jomgeow T, Kawakami M, Tsuboi A, Shirakata T, Nishida S, Hosen N, Oka Y, Aozasa K, Monden M, Sugiyama H, Anticancer research, 24, (5B) 3103 - 3108,   2004年09月, 査読有り
  • Rapid genetic diagnosis with the transcription-reverse transcription concerted reaction system for cancer micrometastasis., Ishii T, Fujiwara Y, Ohnaka S, Hayashi T, Taniguchi H, Takiguchi S, Yasuda T, Yano M, Monden M, Annals of surgical oncology, 11, (8) 778 - 785,   2004年08月, 査読有り
  • Expression level of valosin-containing protein (p97) is associated with prognosis of esophageal carcinoma., Yamamoto S, Tomita Y, Hoshida Y, Iizuka N, Kidogami S, Miyata H, Takiguchi S, Fujiwara Y, Yasuda T, Yano M, Nakamori S, Sakon M, Monden M, Aozasa K, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 10, (16) 5558 - 5565,   2004年08月, 査読有り
  • [Weekly administration of paclitaxel as a second-line chemotherapy for advanced and recurrent gastric cancer]., Makari Y, Fujiwara Y, Yasuda T, Takiguchi S, Kimura Y, Yano M, Monden M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 31, (4) 609 - 611,   2004年04月, 査読有り
  • Differential regulation of apoptosis in the corpus luteum of pregnancy and newly formed corpus luteum after parturition in rats., Takiguchi S, Sugino N, Esato K, Karube-Harada A, Sakata A, Nakamura Y, Ishikawa H, Kato H, Biology of reproduction, 70, (2) 313 - 318,   2004年02月, 査読有り
  • Application of molecular diagnosis for detection of peritoneal micrometastasis and evaluation of preoperative chemotherapy in advanced gastric carcinoma., Mori T, Fujiwara Y, Sugita Y, Azama T, Ishii T, Taniguchi K, Yamazaki K, Takiguchi S, Yasuda T, Yano M, Monden M, Annals of surgical oncology, 11, (1) 14 - 20,   2004年01月, 査読有り
  • Quantitative molecular diagnosis of peritoneal lavage fluid for prediction of peritoneal recurrence in gastric cancer., Sugita Y, Fujiwara Y, Taniguchi H, Mori T, Ishii T, Niwa H, Okada Y, Takiguchi S, Yasuda T, Yano M, Monden M, International journal of oncology, 23, (5) 1419 - 1423,   2003年11月, 査読有り
  • [Two advanced gastric cancer patients who showed malignant ileus soon after administration of combination therapy of preoperative intra-peritoneal chemotherapy and gastrectomy]., Fujiwara Y, Taniguchi H, Kimura Y, Takiguchi S, Yasuda T, Yano M, Monden M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 30, (11) 1614 - 1617,   2003年10月, 査読有り
  • [A case of multiple advanced esophageal carcinomas with abdominal LN metastases showing complete response after chemoradiotherapy with concurrent cisplatin, 5-FU and adriamycin chemotherapy]., Yasuda T, Yano M, Takiguchi S, Kimura Y, Fujiwara Y, Monden M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 30, (11) 1737 - 1740,   2003年10月, 査読有り
  • Expression level of valosin-containing protein is strongly associated with progression and prognosis of gastric carcinoma., Yamamoto S, Tomita Y, Hoshida Y, Takiguchi S, Fujiwara Y, Yasuda T, Yano M, Nakamori S, Sakon M, Monden M, Aozasa K, Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology, 21, (13) 2537 - 2544,   2003年07月, 査読有り
  • Studies on the effects of initial injection doses of follicle stimulating hormone on the pregnancy and the ovarian hyperstimulation syndrome incidence in polycystic ovarian syndrome patients., Nakamura Y, Takasaki A, Sugino N, Tamura H, Takiguchi S, Takayama H, Harada A, Kato H, Reproductive medicine and biology, 2, (2) 63 - 67,   2003年06月, 査読有り
  • Endoscopic thyroid surgery through the axillo-bilateral-breast approach., Shimazu K, Shiba E, Tamaki Y, Takiguchi S, Taniguchi E, Ohashi S, Noguchi S, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 13, (3) 196 - 201,   2003年06月, 査読有り
  • A modular laparoscopic training program for pediatric surgeons., Nakajima K, Wasa M, Takiguchi S, Taniguchi E, Soh H, Ohashi S, Okada A, JSLS : Journal of the Society of Laparoendoscopic Surgeons, 7, (1) 33 - 37,   2003年01月, 査読有り
  • Prevention of peritoneal metastasis of human gastric cancer cells in nude mice by S-1, a novel oral derivative of 5-Fluorouracil., Mori T, Fujiwara Y, Yano M, Tamura S, Yasuda T, Takiguchi S, Monden M, Oncology, 64, (2) 176 - 182,   2003年, 査読有り
  • Totally laparoscopic distal gastrectomy using the hand-sewn Billroth-I anastomotic technique: report of a case., Takiguchi S, Sekimoto M, Miyake Y, Fujiwara Y, Yasuda T, Tamura S, Yano M, Taniguchi E, Ohashi S, Monden M, Surgery today, 33, (5) 371 - 374,   2003年, 査読有り
  • Experimental study to evaluate the usefulness of S-1 in a model of peritoneal dissemination of gastric cancer., Mori T, Fujiwara Y, Yano M, Tamura S, Yasuda T, Takiguchi S, Monden M, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 6 Suppl 1, 13 - 18,   2003年, 査読有り
  • Absence of beta-tubulin gene mutation in gastric carcinoma., Urano N, Fujiwara Y, Hasegawa S, Miyoshi Y, Noguchi S, Takiguchi S, Yasuda T, Yano M, Monden M, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 6, (2) 108 - 112,   2003年, 査読有り
  • [Three cases of advanced and recurrent gastric cancer treated with paclitaxel after TS-1 administration]., Fujiwara Y, Tamura S, Yoshioka S, Okada Y, Takiguchi S, Yano M, Yasuda T, Monden M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 29, (13) 2555 - 2559,   2002年12月, 査読有り
  • [The introduction of preoperative staging laparoscopy and molecular diagnosis of peritoneal lavages for the treatment of advanced gastric cancer]., Fujiwara Y, Takiguchi S, Mori T, Yasuda T, Yano M, Monden M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 29, (12) 2279 - 2281,   2002年11月, 査読有り
  • Role of transient hyperprolactinemia in the late follicular phase of the gonadotropin-stimulated cycle., Takiguchi S, Nakamura Y, Yamagata Y, Takayama H, Harada A, Sugino N, Kato H, Reproductive medicine and biology, 1, (2) 69 - 74,   2002年09月, 査読有り
  • Nuclear factor-kappa B is required for tumor necrosis factor-alpha-induced manganese superoxide dismutase expression in human endometrial stromal cells., Sugino N, Karube-Harada A, Sakata A, Takiguchi S, Kato H, The Journal of clinical endocrinology and metabolism, 87, (8) 3845 - 3850,   2002年08月, 査読有り
  • Different mechanisms for the induction of copper-zinc superoxide dismutase and manganese superoxide dismutase by progesterone in human endometrial stromal cells., Sugino N, Karube-Harada A, Sakata A, Takiguchi S, Kato H, Human reproduction (Oxford, England), 17, (7) 1709 - 1714,   2002年07月, 査読有り
  • Real-time rapid reverse transcriptase-polymerase chain reaction for intraoperative diagnosis of lymph node micrometastasis: clinical application for cervical lymph node dissection in esophageal cancers., Yoshioka S, Fujiwara Y, Sugita Y, Okada Y, Yano M, Tamura S, Yasuda T, Takiguchi S, Shiozaki H, Monden M, Surgery, 132, (1) 34 - 40,   2002年07月, 査読有り
  • [Evaluation of the efficacy of TS-1 for peritoneal dissemination of gastric cancer using a newly-developed animal model]., Mori T, Fujiwara Y, Takiguchi S, Yasuda T, Tamura S, Yano M, Monden M, Nihon Geka Gakkai zasshi, 103, (5) ,   2002年05月, 査読有り
  • Differential regulation of copper-zinc superoxide dismutase and manganese superoxide dismutase by progesterone withdrawal in human endometrial stromal cells., Sugino N, Karube-Harada A, Kashida S, Takiguchi S, Kato H, Molecular human reproduction, 8, (1) 68 - 74,   2002年01月, 査読有り

MISC

  • 手術手技 腹腔鏡下直腸切断術における腹腔鏡下後腹膜経路ストーマ造設法(laparoscopic extra-peritoneal sigmoid colostomy;LEPS), 高橋 広城, 前田 祐三, 大久保 友貴, 社本 智也, 田中 達也, 瀧口 修司, 手術, 72, (8) 1281 - 1284,   2018年07月
  • 食道癌周術期における管理栄養士の積極的介入の効果について, 山田 悠史, 小川 了, 中村 吉博, 太田 美穂, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 外科と代謝・栄養, 52, (3) 108 - 108,   2018年06月
  • 脾膿瘍および真菌血症を合併した慢性膵炎に対してmodified Puestow手術を行った1症例, 社本 智也, 松尾 洋一, 沢井 博純, 上田 悟郎, 大見 関, 林 祐一, 今藤 裕之, 齊藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 肝胆膵治療研究会誌, 15, (1) 79 - 85,   2018年08月, 症例は63歳、男性。アルコール性慢性膵炎の治療中に膵体尾部を中心とした急性増悪を認め、脾梗塞から脾膿瘍を合併した。脾臓合併膵体尾部切除および残膵の膵管空腸側々吻合(modified Puestow手術)を行った。真菌性眼内炎および敗血症性塞栓症(septic embolization)を合併したが、集学的治療により改善した。以後、膵炎再燃に伴う症状を認めていない。慢性膵炎の治療においては、病態に応じた適切な術式選択を行うことにより、良好な治療成績が期待できる。(著者抄録)
  • 栄養指標の推移から検討した高齢膵癌患者に対する膵頭十二指腸切除術, 今藤 裕之, 松尾 洋一, 上田 悟郎, 大見 関, 林 祐一, 齊藤 健太, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 外科と代謝・栄養, 52, (3) 130 - 130,   2018年06月
  • 脾膿瘍および真菌血症を合併した慢性膵炎に対してPuestow手術を行った1例, 社本 智也, 松尾 洋一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 肝胆膵治療研究会誌, 15, (1) 119 - 119,   2018年08月
  • 食道癌患者における治療前ヘモグロビンの予後マーカーとしての有用性, 田中 達也, 石黒 秀行, 藤幡 士郎, 中屋 誠一, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 佐川 弘之, 小川 了, 坂本 宜弘, 高橋 広域, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 外科と代謝・栄養, 52, (3) 144 - 144,   2018年06月
  • 手術患者における予後マーカーとしてのPNI, 小川 了, 石黒 秀行, 中屋 誠一, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 佐川 弘之, 田中 達也, 坂本 宣弘, 瀧口 修司, 外科と代謝・栄養, 52, (3) 156 - 156,   2018年06月
  • Colon Cancer-Associated FibroblastからのIL-6とVEGF産生抑制を介したEPAの血管新生抑制, 安藤 菜奈子, 原 賢康, 柳田 剛, 仲井 希, 前田 祐三, 志賀 一慶, 廣川 高久, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 外科と代謝・栄養, 52, (3) 163 - 163,   2018年06月
  • 食道癌手術症例における術前血液生化学検査と感染性合併症との検討, 小川 了, 石黒 秀行, 中屋 誠一, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 佐川 弘之, 田中 達也, 坂本 宣弘, 瀧口 修司, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 72回,   2018年06月
  • 腹腔鏡下胸骨後胃管再建・挙上における工夫と変遷, 石黒 秀行, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 佐川 弘之, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宣弘, 松尾 洋一, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 72回,   2018年06月
  • 食道癌患者における治療前血清鉄とCRPの予後マーカーとしての有用性, 田中 達也, 石黒 秀行, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 佐川 弘之, 小川 了, 坂本 宜弘, 高橋 広城, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 72回,   2018年06月
  • 食道癌術後CRPピーク値による合併症予測, 佐本 洋介, 石黒 秀行, 大久保 友貴, 佐川 弘之, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宜弘, 高橋 広城, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 72回,   2018年06月
  • 膵癌血管新生における癌微小環境, 松尾 洋一, 林 祐一, 今藤 裕之, 齊藤 健太, 瀧口 修司, 細胞, 50, (5) 255 - 257,   2018年05月, 膵癌は消化器癌のなかでも悪性度が最も高く、既存の治療法の効果は不十分である。癌の増殖・転移には血管新生が不可欠で、それには癌をとりまく微小環境のメカニズムの解明が求められる。膵癌の転移と血管新生の関連を、ヌードマウス経脾肝転移モデルと血管新生実験(in vitro angiogenesis assay)を用いて検討し、両者には強い相関があることを確認した。さらに、膵癌、線維芽細胞および血管内皮細胞による癌-間質相互作用に着目し検討したところ、膵癌由来のIL-1αが転移能と血管新生能に重要な役割を果たしていることが明らかとなった。それにはautocrine作用によるIL-1α/IL-8シグナル、およびparacrine作用によるIL-1α/HGFシグナルがネットワークを形成して血管新生に関与していた。今後はこれらをターゲットとした新規分子標的薬剤の開発を進めていく。(著者抄録)
  • 【縦隔を覗き,さらにくり抜く-これからの食道・胃外科手術】食道胃接合部癌に対する手術 ここまでできる 進行食道胃接合部癌の腹腔鏡下手術, 瀧口 修司, 佐川 弘之, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宜弘, 石黒 秀行, 臨床外科, 73, (5) 560 - 565,   2018年05月, <文献概要>【ポイント】 ◆進行食道胃接合部癌に対する下縦隔郭清は十分な視野確保により安全に行うことが可能である.◆肝外側区域の完全授動および横隔膜斜切開による操作性の向上と視野確保で難度を下げることが可能となる.
  • 胃癌肝転移の肝切後治療効果向上を目指した徐放化抗癌剤の局所癌化学療法 Liposome-adriamycin門注、動注を試みた臨床例の遠隔治療成績と有害事象の検討, 水野 勇, 石田 理子, 毛利 紀章, 佐本 洋介, 社本 智也, 山根 貴夫, 佐藤 篤司, 瀧口 修司, 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 34回,   2018年05月
  • 慢性膵炎に対するFrey手術と膵頭十二指腸切除術の検討, 林 祐一, 松尾 洋一, 上田 悟郎, 今藤 裕之, 齊藤 健太, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 膵臓, 33, (3) 390 - 390,   2018年05月
  • 長期生存の得られた膵全摘症例の検討, 上田 悟郎, 松尾 洋一, 林 祐一, 今藤 裕之, 齊藤 健太, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 膵臓, 33, (3) 522 - 522,   2018年05月
  • 消化器外科手術アトラス 進行食道胃接合部癌に対する下部食道噴門側胃切除術 横隔膜切開法, 瀧口 修司, 消化器外科, 41, (4) 413 - 422,   2018年04月
  • 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡手術, 宇山 一朗, 寺島 雅典, 瀧口 修司, 能城 浩和, 胃がんperspective, 9, (4) 261 - 268,   2018年04月
  • 外科学の新知見(6)ロボット手術の近未来(Current status and future perspectives of robotic gastrectomy for gastric cancer based on the short-term outcomes of the "Senshiniryo B" multi-institutional single-arm prospective study), 須田 康一, 中内 雅也, 木下 敬弘, 瀧口 修司, 坂井 義治, 能城 浩和, 寺島 雅典, 宇山 一朗, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 胃全摘-開腹vs腹腔鏡- 腹腔鏡, 瀧口 修司, 佐川 弘之, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宣弘, 高橋 広城, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 局所進行直腸癌における術前化学放射線療法の有用性に対する病理学的検討, 志賀 一慶, 原 賢康, 高橋 広城, 廣川 高久, 前田 祐三, 安藤 菜奈子, 柳田 剛, 仲井 希, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 胃切除術におけるステープルの変形の検証 異なる2種類のステープラの比較, 木村 昌弘, 谷脇 聡, 桑原 義之, 三井 章, 石黒 秀行, 柴田 康行, 安藤 拓也, 越智 靖夫, 長崎 高也, 上野 修平, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 術後創部感染に対するOlanexidine gluconateとPobidone-iodineの有効性に関する比較検討, 柳田 剛, 高橋 広城, 仲井 望, 安藤 菜奈子, 前田 祐三, 廣川 高久, 志賀 一慶, 原 賢康, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • "安全と質"を伝承する カダバーを用いた次世代腹腔鏡手術トレーニング, 高橋 広城, 柳田 剛, 安藤 菜奈子, 仲井 希, 前田 祐三, 志賀 一慶, 廣川 高久, 森本 守, 原 賢康, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 当院における4K専用内視鏡手術室の増設, 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 中屋 誠一, 松尾 洋一, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 進行胃癌腹腔鏡手術における術前3D-CTAを用いた郭清Planning, 佐川 弘之, 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 中屋 誠一, 植松 宏, 松尾 洋一, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 膵頭十二指腸切除後完全外膵液瘻に対する非観血的内瘻術の検討, 林 祐一, 村元 雅之, 松尾 洋一, 杉戸 伸好, 小森 徹也, 保里 惠一, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 高齢者胃癌手術におけるNCDリスクカリキュレーターの予後予測と実際, 田中 達也, 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 小川 了, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 中屋 誠一, 植松 宏, 松尾 洋一, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 癌-間質相互作用からみた膵癌肝転移における血管新生とサイトカインネットワークの役割, 松尾 洋一, 上田 悟郎, 林 祐一, 今藤 裕之, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 社本 智也, 志賀 一慶, 廣川 高久, 坪井 謙, 田中 達也, 森本 守, 小川 了, 坂本 宣弘, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 膵癌におけるXanthohumolの血管新生抑制効果に対する検討, 齊藤 健太, 松尾 洋一, 上田 悟郎, 林 祐一, 今藤 裕之, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 放射線耐性膵癌におけるCXCL12/CXCR4シグナルの関与, 今藤 裕之, 松尾 洋一, 上田 悟郎, 林 祐一, 齋藤 健太, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 坂本 宜弘, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • CTで確認できる上方向リンパ節個数による直腸癌側方リンパ節郭清の新基準の検討, 廣川 高久, 高橋 広城, 柳田 剛, 仲井 希, 安藤 菜奈子, 前田 祐三, 志賀 一慶, 原 賢康, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 肝門部脈管の層構造を意識した腹腔鏡下系統的肝切除の手術手技, 森本 守, 松尾 洋一, 坪井 謙, 社本 智也, 斉藤 健太, 今藤 裕之, 林 祐一, 上田 悟郎, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • STAT3/Bcl-xL/Mcl-1シグナルを介したApigeninによる大腸がんアポトーシス誘導効果の検討, 前田 祐三, 高橋 広城, 原 賢康, 廣川 高久, 志賀 一慶, 安藤 菜奈子, 仲井 希, 柳田 剛, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 局所進行直腸癌に対する術前capecitabine+IMRTの合併症とその対策, 安藤 菜奈子, 原 賢康, 柳田 剛, 仲井 希, 前田 祐三, 志賀 一慶, 廣川 高久, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 当院における食道癌手術症例の血中IgG値と予後の検討, 中屋 誠一, 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 松尾 洋一, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • NOTCH1はWnt/B-catenin経路を活性化する, 大久保 友貴, 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 佐本 洋介, 中屋 誠一, 松尾 洋一, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 摘出標本の肉眼的評価と手術操作に伴う癌細胞散布可能性の検討, 原 賢康, 安藤 菜奈子, 仲井 希, 前田 祐三, 柳田 剛, 廣川 高久, 志賀 一慶, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • pStage II/III結腸癌の長期成績評価と治療方針検討におけるTNM分類の有用性, 仲井 希, 高橋 広城, 柳田 剛, 安藤 菜奈子, 前田 祐三, 廣川 高久, 志賀 一慶, 原 賢康, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 早期の外科治療を考慮した慢性膵炎に対するFrey手術症例の検討, 社本 智也, 松尾 洋一, 上田 悟郎, 林 祐一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回,   2018年04月
  • 実臨床に即した切除不能・進行再発消化管がんに対する最適な治療戦略 切除不能食道癌に対する治療戦略(Y字胃管バイパス術), 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 瀧口 修司, 日本消化器病学会雑誌, 115, (臨増総会) A76 - A76,   2018年04月
  • 慢性膵炎診療の現状と課題 慢性膵炎に対する外科治療の検討, 社本 智也, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本消化器病学会雑誌, 115, (臨増総会) A128 - A128,   2018年04月
  • 基礎研究から紐解く膵・胆道の恒常性とその破綻 膵癌発癌に関わる癌 間質相互作用の恒常性の破綻 Kras点突然変異と炎症性サイトカイン, 松尾 洋一, 森本 守, 瀧口 修司, 日本消化器病学会雑誌, 115, (臨増総会) A187 - A187,   2018年04月
  • 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡手術, 宇山 一朗, 寺島 雅典, 瀧口 修司, 能城 浩和, 胃がんperspective, 9, (4) 261 - 268,   2018年04月
  • 【急性腹症の外科手術2018】 虚血性腸疾患の腹腔鏡・開腹手術における術中腸管血流評価, 坂本 宣弘, 高橋 広城, 田中 達也, 社本 智也, 小林 勝正, 瀧口 修司, 手術, 72, (3) 293 - 298,   2018年03月
  • NCDリスクカリキュレーターは高齢者胃癌の合併症を予測できるか?(The efficacy of NCD risk calculator at a gastric cancer operation of elder patients), 田中 達也, 石黒 秀行, 中屋 誠一, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 佐川 弘之, 小川 了, 坂本 宣弘, 瀧口 修司, 日本胃癌学会総会記事, 90回,   2018年03月
  • 腹腔鏡下幽門側胃切除術におけるベクトルマッチテクニックを用いた小彎郭清(Vector match technique of lesser curvature regional lymph node dissection in LDG), 佐川 弘之, 石黒 秀行, 中屋 誠一, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宣弘, 高橋 広城, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本胃癌学会総会記事, 90回,   2018年03月
  • 進行胃癌へのラムシルマブ併用化学療法の検討(A retrospective study of chemotherapy with ramucirumab for advanced gastric cancer), 坂本 宣弘, 石黒 秀行, 植松 宏, 中屋 誠一, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 佐川 弘之, 田中 達也, 小川 了, 松尾 洋一, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本胃癌学会総会記事, 90回,   2018年03月
  • 胃癌手術患者の術式におけるPNIと予後の関係(Relationship between PNI and prognosis in operative procedure of gastric cancer patients), 小川 了, 中屋 誠一, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 佐川 弘之, 田中 達也, 坂本 宣弘, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本胃癌学会総会記事, 90回,   2018年03月
  • 腹腔鏡下に修復した大網小網裂孔網嚢ヘルニアの1例, 上田 悟郎, 松尾 洋一, 社本 智也, 植松 宏, 柳田 剛, 林 祐一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 志賀 一慶, 佐川 弘之, 廣川 高久, 坪井 謙, 森本 守, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宣弘, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本腹部救急医学会雑誌, 38, (2) 432 - 432,   2018年02月
  • 食道癌術後イレウスに対する手術症例の検討, 中屋 誠一, 田中 達也, 植松 宏, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 佐川 弘之, 小川 了, 坂本 宣弘, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本腹部救急医学会雑誌, 38, (2) 450 - 450,   2018年02月
  • 食道扁平上皮癌(ESCC)におけるmiR-96の発現解析, 中屋 誠一, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 坂本 宜弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 佐本 洋介, 瀧口 修司, 日本消化管学会雑誌, 2, (Suppl.) 338 - 338,   2018年02月
  • 切除不能・再発イマチニブ耐性GISTに対するレゴラフェニブ治療の検討, 斎藤 百合奈, 高橋 剛, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 癌と化学療法, 45, (1) 121 - 123,   2018年01月, 切除不能・再発GISTに対する治療は、イマチニブの登場により高い治療効果と予後の改善を認めた。一方で、約2年で半分に生じるとされる耐性の出現が問題となっている。イマチニブ耐性GISTに対しては、スニチニブに加えて2013年8月からレゴラフェニブが臨床の現場で使用可能となったが、症例は少なく実臨床での臨床成績については未だ十分には明らかになっていない。われわれは、2013年8月〜2016年4月までに当院でGISTに対してレゴラフェニブ治療を行った11例を対象に、有効性と有害事象について検討した。内服期間の中央値は251日であった。Grade 3以上の有害事象を9例(81.8%)で認め、8例(72.7%)で用量の調整が行われた。無増悪生存期間の中央値は7.4ヵ月であった。有害事象に対して適切な介入を行うことで長期治療が可能な症例も認めた。(著者抄録)
  • 高度肥満症における脂肪由来幹細胞スクリーニングに基づいた明日葉投与効果に対する無作為化比較試験, 安枝 明日香, 阪上 未紀, 松本 めぐみ, 宮崎 安弘, 白波瀬 景子, 徳澤 千恵, 長井 直子, 瀧口 修司, 大野木 宏, 大野 智, 伊藤 壽記, 前田 和久, 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 33, (Suppl.) 586 - 586,   2018年01月
  • Minimally invasive gastrectomy for advanced gastric cancer:current status and future perspective NAC後進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除の現状, 瀧口 修司, 佐川 弘之, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宜弘, 松尾 洋一, 高橋 広城, 石黒 秀行, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, (7) S1 - 5,   2017年12月
  • 左側結腸・直腸癌手術におけるPersistent descending mesocolon症例の検討, 柳田 剛, 高橋 広城, 原 賢康, 志賀 一慶, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 前田 祐三, 安藤 菜奈子, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, (7) SF018 - 01,   2017年12月
  • 腹腔鏡下側方リンパ節郭清における剥離後の遺残癌細胞の検討, 原 賢康, 安藤 菜奈子, 前田 祐三, 柳田 剛, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, (7) SF026 - 03,   2017年12月
  • 当院での腹腔鏡下肝切除における癒着防止吸収性バリア貼付の工夫, 社本 智也, 森本 守, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 坪井 謙, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, (7) EP009 - 05,   2017年12月
  • 腹腔鏡下系統的肝切除術におけるカダバートレーニングの有用性, 森本 守, 松尾 洋一, 坪井 謙, 社本 智也, 斎藤 健太, 今藤 裕之, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, (7) EP094 - 07,   2017年12月
  • 直腸癌局所再発における腫瘍剥離面洗浄液中CEA mRNA測定の意義 腹腔鏡下手術vs開腹手術, 志賀 一慶, 原 賢康, 高橋 広城, 柳田 剛, 安藤 菜奈子, 前田 祐三, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, (7) EP131 - 01,   2017年12月
  • 当院における4K専用内視鏡手術室増設の経験, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, (7) EP149 - 06,   2017年12月
  • 当院における腹腔鏡下幽門側胃切除術における小彎リンパ節郭清手技の変遷, 佐川 弘之, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, (7) EP169 - 01,   2017年12月
  • 膵上縁リンパ節郭清について, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, (7) ES1 - 2,   2017年12月
  • 盲腸癌イレウス術後に呼吸不全をきたした筋強直性ジストロフィーの1例, 安藤 菜奈子, 篠田 憲幸, 寺西 太, 堅田 武保, 中屋 誠一, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌, 78, (12) 2687 - 2692,   2017年12月, 症例は54歳,女性.糖尿病,筋強直性ジストロフィーの既往があった.盲腸癌(腺腫内癌)によるイレウスのため,緊急で開腹盲腸部分切除術を施行した.術後鎮痛目的に麻薬の経静脈的持続投与を行った.術後18時間にCO2ナルコーシスを発症,心室細動が出現し,心肺蘇生の後再挿管し,以降呼吸器離脱困難な状態が続いた.さらに,術後高血糖のため血糖コントロールを必要とした.第12病日に気管切開術を施行し,第33病日に胃瘻を造設した.さらに,呼吸リハビリや嚥下訓練を施行し,第54病日に呼吸器から離脱.第110病日に転院した.筋強直性ジストロフィー患者で周術期管理上問題となる呼吸器合併症のうち,鎮静・鎮痛薬投与の関与が考えられる症例が呼吸器合併症の約50%あるといわれており,本症例も呼吸不全の原因であると思われた.今回われわれは術後管理に難渋したが,治療が奏効し全身状態が改善しえた筋強直性ジストロフィー患者を経験した.(著者抄録)
  • 【合併症(ジケン)を食い止めるのはキミだ!危険サインを見逃すな!こちら合併症探偵局】 混濁は危険な香り(腹腔内膿瘍), 坂本 宣弘, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 消化器外科Nursing, 22, (11) 963 - 969,   2017年11月
  • 経食道心エコー施行後に発生した縦隔膿瘍に対してドレナージを施行した1例, 正木 祥太, 田中 達也, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 坂本 宣弘, 小川 了, 佐川 弘之, 植松 宏, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌, 78, (11) 2569 - 2569,   2017年11月
  • 膀胱鏡を併用し腹腔鏡下に切除したS状結腸膀胱瘻の一例, 植松 宏, 志賀 一慶, 柳田 剛, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌, 78, (11) 2571 - 2571,   2017年11月
  • 膵腺房細胞癌の1例, 社本 智也, 松尾 洋一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広域, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌, 78, (11) 2575 - 2575,   2017年11月
  • 憩室炎に伴うS状結腸膀胱瘻に対して経尿道的操作の併用下に腹腔鏡手術を行った1例, 内木 拓, 安藤 亮介, 志賀 一慶, 高橋 広城, 瀧口 修司, 河合 憲康, 安井 孝周, Japanese Journal of Endourology, 30, (3) 240 - 240,   2017年11月
  • 【食道胃接合部癌の手術】 経裂孔アプローチ 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡手術 No.16a2lat郭清, 瀧口 修司, 佐川 弘之, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宜弘, 石黒 秀行, 手術, 71, (11) 1511 - 1517,   2017年10月
  • 【膵癌研究Cutting Edge-from Carcinogenesis to Metastatic Colonization-】 Stroma 化学療法抵抗性膵癌におけるCXCL12-CXCR4シグナルの重要性, 松尾 洋一, 森本 守, 坪井 謙, 社本 智也, 斎藤 健太, 今藤 裕之, 林 祐一, 上田 悟郎, 小林 勝正, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 肝・胆・膵, 75, (4) 777 - 783,   2017年10月
  • 臨床試験から視た胃癌手術 深達度SE/SSの切除可能胃癌に対する網嚢切除の意義, 寺島 雅典, 土岐 祐一郎, 黒川 幸典, 水澤 純基, 片井 均, 吉川 貴己, 木村 豊, 瀧口 修司, 西田 靖仙, 岩崎 善毅, 福島 紀雅, 佐野 武, 片山 宏, 中村 健一, 笹子 三津留, 日本臨床外科学会雑誌, 78, (増刊) 330 - 330,   2017年10月
  • 内視鏡下手術での起死回生の一手(大腸) 吻合部虚血が懸念される高齢患者における腹腔鏡下結腸・直腸癌手術時のICG蛍光法を用いた吻合部評価の有効性, 柳田 剛, 原 賢康, 高橋 広城, 志賀 一慶, 前田 祐三, 安藤 菜奈子, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌, 78, (増刊) 352 - 352,   2017年10月
  • 胃癌手術でのBursectomy[必要vs不要] 網嚢切除の意義 阪大試験とJCOG試験の結果の相違とその解釈, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 78, (増刊) 378 - 378,   2017年10月
  • 腹腔鏡下直腸切断術における後腹膜経路ストーマ造設法の開発, 高橋 広城, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 原 賢康, 小川 了, 志賀 一慶, 柳田 剛, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌, 78, (増刊) 505 - 505,   2017年10月
  • TG13に基づいた急性胆嚢炎重症度別緊急手術の検討と問題点, 坪井 謙, 松尾 洋一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 佐川 弘之, 社本 智也, 田中 達也, 森本 守, 小川 了, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 早川 哲史, 田中 守嗣, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌, 78, (増刊) 622 - 622,   2017年10月
  • 胃癌P(+)例に対する局所化学療法:徐放化抗癌剤(i.p.)の薬物動態と有害事象からみた投与間隔の検討, 水野 勇, 石田 理子, 毛利 紀章, 社本 智也, 安井 保, 角田 直樹, 山根 貴夫, 佐藤 篤司, 竹山 廣光, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌, 78, (増刊) 653 - 653,   2017年10月
  • TS1術後補助化学療法 予後に影響するのはTS-1投与開始までの期間か、TS-1投与期間か?, 藤谷 和正, 黒川 幸典, 竹野 淳, 遠藤 俊治, 大森 健, 藤田 淳也, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 55回,   2017年10月
  • RT-PCRを用いた直腸癌局所再発の予測, 原 賢康, 安藤 菜奈子, 柳田 剛, 志賀 一慶, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 中西 速夫, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 55回,   2017年10月
  • Notch1はWnt/β-catenin経路を活性化する, 大久保 友貴, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 坂本 宜弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 齊藤 健太, 前田 祐三, 佐本 洋介, 瀧口 修司, 日本癌学会総会記事, 76回,   2017年09月
  • 食道扁平上皮癌におけるmiR-96の発現解析, 佐本 洋介, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 坂本 宜弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 齊藤 健太, 前田 祐三, 安藤 菜奈子, 瀧口 修司, 日本癌学会総会記事, 76回,   2017年09月
  • In vitroにおけるcolon cancer-associated fibroblastから産生されるIL-6とVEGFに対するEPAの抑制効果と血管新生抑制, 安藤 菜奈子, 原 賢康, 志賀 一慶, 長崎 高也, 柳田 剛, 佐本 洋介, 前田 祐三, 大久保 友貴, 齊藤 健太, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本癌学会総会記事, 76回,   2017年09月
  • Xanthohumolの膵癌細胞株におけるNFκBシグナルを介した血管新生抑制効果に対する検討, 齊藤 健太, 松尾 洋一, 今藤 裕之, 安藤 菜奈子, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 前田 祐三, 社本 智也, 坪井 謙, 森本 守, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本癌学会総会記事, 76回,   2017年09月
  • 食道胃接合部癌の組織型と転移再発形式の関連性, 橋本 直佳, 黒川 幸典, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器病学会雑誌, 114, (臨増大会) A758 - A758,   2017年09月
  • 腹腔鏡下側方郭清における遊離癌細胞の比較検討, 原 賢康, 安藤 菜奈子, 前田 祐三, 柳田 剛, 志賀 一慶, 佐藤 幹則, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本大腸肛門病学会雑誌, 70, (抄録号) A91 - A91,   2017年09月
  • 真皮環状縫合を用いた人工肛門閉鎖術における皮膚形成術と陰圧閉鎖療法(NPWT)の有用性, 高橋 広城, 坪井 謙, 原 賢康, 志賀 一慶, 柳田 剛, 前田 祐三, 安藤 菜奈子, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 佐藤 幹則, 瀧口 修司, 日本大腸肛門病学会雑誌, 70, (抄録号) A111 - A111,   2017年09月
  • 局所進行直腸癌に対する術前capecitabine+IMRTの短期的成績, 安藤 菜奈子, 原 賢康, 柳田 剛, 今藤 裕之, 佐本 洋介, 前田 祐三, 大久保 友貴, 齊藤 健太, 志賀 一慶, 佐川 弘之, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 佐藤 幹則, 瀧口 修司, 日本大腸肛門病学会雑誌, 70, (抄録号) A171 - A171,   2017年09月
  • 併存症を伴う左側結腸・直腸癌患者における術後合併症減少のための当院の取り組み, 柳田 剛, 原 賢康, 高橋 広城, 志賀 一慶, 安藤 菜奈子, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 佐藤 幹則, 瀧口 修司, 日本大腸肛門病学会雑誌, 70, (抄録号) A176 - A176,   2017年09月
  • 直腸S状結腸癌術後の局所再発危険因子として術中洗浄腹水CEA mRNA測定の有用性についての検討, 志賀 一慶, 原 賢康, 柳田 剛, 安藤 菜奈子, 前田 祐三, 高橋 広域, 佐藤 幹則, 瀧口 修司, 日本大腸肛門病学会雑誌, 70, (抄録号) A290 - A290,   2017年09月
  • 大腸癌におけるApigeninのアポトーシス誘導効果についての検討, 前田 祐三, 高橋 広城, 原 賢康, 志賀 一慶, 安藤 菜奈子, 柳田 剛, 今藤 裕之, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 齊藤 健太, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 佐藤 幹則, 瀧口 修司, 日本大腸肛門病学会雑誌, 70, (抄録号) A327 - A327,   2017年09月
  • 【がん治療医のための漢方ハンドブック】 漢方と栄養療法, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 田中 晃司, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 土岐 祐一郎, 臨床外科, 72, (8) 922 - 928,   2017年08月, <ポイント>がん治療にあたっては栄養療法を行うことが重要であるが,漢方は栄養療法に対して補完的に効果を発揮する.上部消化器癌治療(手術・化学療法)においてはグレリン機能低下症が問題となり,栄養療法が必須である.六君子湯は活性型グレリン割合を増加させると同時に消化管運動を改善させ,栄養療法を補完する.(著者抄録)
  • 進行食道癌に対する集学的治療戦略 cT4胸部食道癌における予後解析に基づいた治療戦略の最適化, 牧野 知紀, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 再発高リスクGISTにおける術後補助化学療法の有用性, 西垣 貴彦, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • Stage IV胃癌に対する化学療法後conversion surgeryによる長期無再発生存の可能性, 谷口 嘉毅, 黒川 幸典, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 食道切除後再建法の工夫と成績 幽門側胃切除後の食道癌に対する残胃温存再建法の検討, 田中 晃司, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 当科における腹腔鏡下胃亜全摘(極小残胃空腸吻合)の術後成績, 古川 陽菜, 黒川 幸典, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 胃癌ESD後の追加切除症例の臨床病理学的検討, 額原 敦, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 田中 晃司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 食道癌の治療前CTにおけるリンパ節サイズと予後との関連について, 百瀬 洸太, 山崎 誠, 田中 晃司, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 新しい吸引凝固嘴管「サクションボール・コアギュレーター」の開発と臨床導入, 勝山 晋亮, 黒川 幸典, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 中島 清一, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 消化器外科の診断・手技・治療に役立つ先進技術 5-ALAを用いた審査腹腔鏡検査時の光線力学診断の安全性及び有効性を検討する多施設前向き医師主導治験, 高橋 剛, 藤谷 和正, 大森 健, 西川 和宏, 林 太郎, 並川 努, 大辻 英吾, 村山 康利, 瀧口 修司, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 食道胃接合部癌における転移再発形式 腺癌と扁平上皮癌の比較, 橋本 直佳, 黒川 幸典, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 食道癌術前DCF療法の効果予測としての末梢血中免疫担当細胞の解析, 武岡 奉均, 和田 尚, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 食道癌術前化学療法効果判定におけるMetabolic tumor volume(MTV)測定の意義, 益池 靖典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 巨大食道裂孔ヘルニアに対する胃前壁固定の有用性の検討, 東 重慶, 中島 清一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 進行胃癌に対する5-アミノレブリン酸による光力学診断を併用した審査腹腔鏡検査の有用性, 斎藤 百合奈, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 造血幹細胞移植後に、ドナー骨髄細胞由来の食道扁平上皮癌を発症した一例, 小林 照之, 山崎 誠, 田中 晃司, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 高齢食道癌患者における術前高齢者総合機能評価の有用性, 小田切 数基, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 腹腔鏡下胃全摘術における食道空腸吻合法の検討, 新野 直樹, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 田中 晃司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 破裂GISTの臨床病理学的特徴とその予後, 菅生 貴仁, 高橋 剛, 中島 清一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • イマチニブ耐性GISTに対する外科治療の短期成績, 加藤 亮, 高橋 剛, 中島 清一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 当院における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の治療成績 減量効果とメタボリック効果, 山田 萌, 宮崎 安弘, 田中 晃司, 高橋 剛, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡下手術は標準化するのか? 現状と今後の展望 進行胃癌に対する腹腔鏡下手術 Propensity score matchingによる開腹胃切除術との比較, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 黒川 幸典, 高橋 剛, 山崎 誠, 牧野 知紀, 田中 晃司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • Ramucirumab投与中に消化管穿孔をきたした胃癌小腸転移の1例, 浦川 真哉, 坂井 大介, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 食道癌術後再発症例における予後因子の検討, 原 豪男, 牧野 知紀, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 72回,   2017年07月
  • 担がん患者の栄養管理はどうすべきか 胃切除術後体重減少に与える因子の検討, 小田切 数基, 宮崎 安弘, 田中 晃司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 外科と代謝・栄養, 51, (3) 72 - 72,   2017年06月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術における術後超過体重減少率に関与する術前および周術期因子の検討, 橋本 直佳, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 田中 晃司, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 外科と代謝・栄養, 51, (3) 119 - 119,   2017年06月
  • 糖尿病合併肥満患者に対するLSGの糖尿病寛解予測についての検討, 額原 敦, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 田中 晃司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 外科と代謝・栄養, 51, (3) 119 - 119,   2017年06月
  • 穹窿部およびスリーブ状胃切除後残胃におけるグレリン発現状況と体重減少および術後リバウンドの関連, 宮崎 安弘, 新野 直樹, 額原 敦, 黒川 幸典, 高橋 剛, 山崎 誠, 牧野 知紀, 田中 晃司, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 外科と代謝・栄養, 51, (3) 127 - 127,   2017年06月
  • 当科における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の現状と成績, 宮崎 安弘, 新野 直樹, 額原 敦, 黒川 幸典, 高橋 剛, 田中 晃司, 山崎 誠, 牧野 知紀, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集, 35回,   2017年06月
  • LSGにおける肥満治療チームの役割と介入の効果, 宮崎 安弘, 額原 敦, 瀧口 修司, 田中 晃司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集, 35回,   2017年06月
  • 高齢者食道癌の治療方針 高齢食道癌患者の手術における術前高齢者総合機能評価(CGA:Comprehensive Geriatric Assessment)の有用性の検討, 山崎 誠, 牧野 知紀, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • サルベージ手術の成績と問題点 当院における胸部食道癌に対するSalvage食道切除術の治療成績とその対策, 牧野 知紀, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 食道良性疾患の外科治療 食道癌術後胃食道逆流に対する新規治療法の開発, 山崎 誠, 中島 清一, 牧野 知紀, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 食道癌に対する術前化学療法(ACF療法とDCF療法)における進行度別の治療効果の検討, 田中 晃司, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 食道癌術前化学療法におけるSUVmaxを用いたPET効果判定の有用性, 古川 陽菜, 牧野 知紀, 田中 晃司, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 食道再建時の胃管挙上不良に対する工夫, 額原 敦, 山崎 誠, 田中 晃司, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • T4食道癌導入療法におけるFDG-PETを用いた効果判定の意義, 橋本 直佳, 牧野 知紀, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 幽門側胃切除後食道癌に対する有茎空腸皮下ダブルトラクト再建の安全性・有効性, 新野 直樹, 田中 晃司, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 食道癌手術症例における術後呼吸器関連合併症の検討, 小林 照之, 田中 晃司, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 右鎖骨下動脈起始異常を伴う食道癌手術の7例, 西垣 貴彦, 田中 晃司, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 当院における食道癌術後骨転移症例の検討, 谷口 嘉毅, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 食道用サイドチャネル付き回旋式オーバーチューブの開発とその臨床導入, 勝山 晋亮, 加藤 元彦, 栗山 真一, 梅原 智, 伊藤 裕也, 仲 健太, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 中島 清一, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 食道癌術前化学療法症例におけるCTによる治療効果判定と予後の関連性, 浦川 真哉, 牧野 知紀, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 食道癌術前化学療法における主病巣・転移巣のMetabolic tumor volume(MTV)測定意義, 益池 靖典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • T4食道癌に対する3剤併用初期導入化学療法の可能性, 牧野 知紀, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 当科における再発食道癌の治療成績と予後因子解析, 原 豪男, 牧野 知紀, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 表在型食道癌に対する化学療法の病理組織学的治療効果の検討, 菅生 貴仁, 牧野 知紀, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 術前DCF療法の効果予測因子としてのMDSCを中心とした免疫担当細胞の解析, 武岡 奉均, 和田 尚, 田中 晃司, 牧野 知紀, 岡田 一幸, 山崎 誠, 瀧口 修司, 小林 研二, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 高齢者に対する食道癌術前補助化学療法(FAP療法とDCF療法)における安全性の検討, 山田 萌, 田中 晃司, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 食道癌に対する術前補助化学療法および術後合併症に与える骨格筋量の影響, 斎藤 百合奈, 牧野 知紀, 田中 晃司, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 同時性重複癌を有する食道癌症例の検討, 田中 晃司, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 食道アカラシア術前後におけるQOL改善効果について, 東 重慶, 中島 清一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 食道癌術後の難治性逆流に対するOverStitchを用いた内視鏡的逆流防止弁形成術, 加藤 亮, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 胸部食道癌における頸部外側リンパ節転移症例の検討, 小田切 数基, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 71回,   2017年06月
  • 気管浸潤を伴う食道癌に対する縦隔気管口造設術, 土岐 祐一郎, 瀧口 修司, 山崎 誠, 黒川 幸典, 高橋 剛, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 田中 晃司, 森 正樹, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 局所進行食道癌に対する集学的治療 食道癌が浸潤した周辺臓器に関する予後予測因子の分析に基づいた至適な導入療法(Optimal induction treatment based on analysis of prognostic factors for esophageal cancer invading adjacent organs), 牧野 知紀, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 臨床研究に関する倫理指針などの規制, 土岐 祐一郎, 瀧口 修司, 山崎 誠, 黒川 幸典, 高橋 剛, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 田中 昊司, 森 正樹, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 食道扁平上皮癌に対するネオアジュバント化学療法 ACF併用療法とDCF併用療法の比較(Neoadjuvant chemotherapy for esophageal squa mous cell carcinoma: comparison of ACF therapy and DCF therapy), 田中 晃司, 菅生 貴仁, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 大血管浸潤食道癌に対する合併切除・再建術, 山崎 誠, 島村 和男, 牧野 知紀, 田中 晃司, 阪本 朋彦, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 鳥飼 慶, 中島 清一, 瀧口 修司, 倉谷 徹, 澤 芳樹, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • GIST再発高リスク症例に対するContour mapsによる予後予測, 西垣 貴彦, 高橋 剛, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 適応拡大を目指した医師主導治験の試み 5-アミノレブリン酸を用いた光線力学診断, 高橋 剛, 原 尚志, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 胃癌組織に浸潤した制御性T細胞の活性化マーカーとしてのICOSの有用性, 浦川 真哉, 和田 尚, 加藤 亮, 武岡 奉均, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 胃癌における予後因子としてのTFFの有用性の検討, 谷口 嘉毅, 黒川 幸典, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 食道癌術前化学療法症例の予後予測におけるMetabolic tumor volume(MTV)測定の有効性, 益池 靖典, 牧野 知紀, 巽 光朗, 宮崎 安弘, 田中 晃司, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 病的肥満症に対するLSG後リバウンド克服に向けて モデルマウスを用いたグレリン産生能変化の検討, 新野 直樹, 宮崎 安弘, 田中 晃司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術後の減量効果不良因子についての検討, 額原 敦, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 田中 晃司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 消化管吻合部リークテストの標準化へ向けた圧制御送気法の前臨床的検討, 東 重慶, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 中島 清一, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 胃切除後食道癌手術における残胃温存再建法の検討, 百瀬 洸太, 山崎 誠, 田中 晃司, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 新規自己組織化ペプチド製剤の滲出性出血に対する止血効果の前臨床検討, 勝山 晋亮, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 中島 清一, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 胃癌術前化学療法における有害事象のリスク因子の検討, 橋本 直佳, 黒川 幸典, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡胃切除術の術後成績の検討 Propensity score matchingを用いた開腹胃切除術との比較, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 黒川 幸典, 高橋 剛, 山崎 誠, 牧野 知紀, 田中 晃司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 放射線治療抵抗性食道癌に対するSOCS1遺伝子併用療法の有効性, 菅生 貴仁, 高橋 剛, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 食道癌DCF療法の効果予測としてのMDSCを中心とした免疫担当細胞の解析, 武岡 奉均, 和田 尚, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 変異p53機能回復薬PRIMA-1の食道扁平上皮癌細胞株における治療効果とメカニズムの検証, 古川 陽菜, 牧野 知紀, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • イマチニブ耐性GISTに対するHSP90阻害薬の治療効果, 斎藤 百合奈, 高橋 剛, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回,   2017年04月
  • 私の工夫 細径把持鉗子を利活用した腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の実践, 益池 靖典, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, (2) 253 - 257,   2017年03月, 近年,肥満人口が世界的に増加傾向にあるなか,内科的治療に抵抗性の病的肥満症例に対する肥満外科手術が注目を集めている.本邦でも2014年4月から腹腔鏡下スリーブ状胃切除術が保険収載され,今後,本術式の実施例がますます増加するものと思われる.当科では本術式の実施にあたり,細径把持鉗子(3.5mm)を用いた肝挙上を行い,術中視野の確保に努めている.27例に対して本法による手術を実施しているが,重篤な合併症なく,簡便な操作により安全かつ効率的に肝挙上が可能となることから本法は有用と思われる.(著者抄録)
  • 【表在型食道胃接合部癌の治療戦略】 表在型食道胃接合部癌の外科的切除の実際と課題, 黒川 幸典, 橋本 直佳, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 胃と腸, 52, (3) 347 - 352,   2017年03月, 食道胃接合部癌には,縦隔側と腹側の両方向のリンパ流が存在しているため,縦隔リンパ節と腹腔内リンパ節の双方を郭清する必要がある.本邦で行われた多施設共同後向き研究の結果をもとに作成されたアルゴリズムによると,胃側に中心を有する表在型食道胃接合部癌に対しては腹腔内リンパ節のみの郭清で十分とされる一方,食道側もしくは食道胃接合部直上に中心を有し,組織型が腺癌の場合は腹腔内リンパ節と下縦隔リンパ節,組織型が扁平上皮癌の場合はこれらに加えて中縦隔リンパ節の郭清も必要となる.現在,日本胃癌学会と日本食道学会合同による前向きの臨床試験を実施しており,より正確なデータに基づいた郭清範囲が決まるものと期待される.(著者抄録)
  • 【消化器癌手術に必要な拡大視による局所微細解剖アトラス】 Gastric Surgery 傍大動脈リンパ節の解剖とNo.16a2リンパ節郭清手技, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 土岐 祐一郎, 手術, 71, (4) 465 - 473,   2017年03月
  • 【「がん治療と栄養」〜最近のトピックス〜】 消化器がん特に上部消化管がん治療におけるグレリンの役割, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 高橋 剛, 黒川 幸典, 田中 晃司, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 32, (1) 811 - 816,   2017年03月, 胃から産生されるグレリンは食欲・体重増加作用だけではなく、抗炎症作用など多様な生理活性を有する消化管ホルモンである。上部消化管がん治療においては、手術や化学療法を原因とする低グレリン血症が生じ、それに起因する栄養障害や侵襲に伴う過剰炎症が生じやすくなる。そこで我々はこのような状態に対して、合成グレリン製剤を投与する複数のランダム化比較試験を行ってきた。胃全摘術後、食道亜全摘術後、および食道がん術前化学療法時におけるグレリン投与により、経口摂取量や食欲、術後体重減少などの改善効果が示された。さらに、食道がん周術期のグレリン投与では、炎症性サイトカインの抑制による術後SIRS持続期間の短縮、肺合併症の減少効果を確認できた。いずれの臨床試験においてもグレリン投与に伴う重篤な有害事象を認めなかった。現在、これらの結果をもとに、食道がん周術期における合成グレリン製剤投与に関する医師主導治験が計画され、2017年より開始予定である。(著者抄録)
  • 高齢者外科手術の成績向上を目指した合成グレリン製剤の有用性についての検討, 瀧口 修司, 山下 公太郎, 柳本 喜智, 宮崎 安弘, 土岐 祐一郎, 大和証券ヘルス財団研究業績集, (40) 89 - 92,   2017年03月
  • 食道胃接合部癌の抱える課題 病態・診断・治療を中心に 食道・胃接合部癌の課題と治療方針, 土岐 祐一郎, 瀧口 修司, 黒川 幸典, 日本消化器病学会雑誌, 114, (臨増総会) A83 - A83,   2017年03月
  • 胃癌患者における血漿フィブリノゲン値と好中球/リンパ球比の統合スコアによる予後予測能(Prognostic value of combination of fibrinogen with neutrophil-lymphocyte ratio in gastric cancer), 山本 昌明, 黒川 幸典, 谷口 嘉毅, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡下胃全摘術の短期治療成績, 原 豪男, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 田中 晃司, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 当科におけるロボット支援下胃切除術(幽門側胃切除術および胃全摘術)の短期手術成績, 田中 晃司, 瀧口 修司, 額原 敦, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 噴門側胃切除後のロボット支援下上川法による食道残胃吻合の経験, 額原 敦, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 田中 晃司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • Propensity score matchingを用いた進行胃癌に対する腹腔鏡胃切除術と開腹胃切除術の比較(Comparison between laparoscopic and open gastrectomy), 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 黒川 幸典, 高橋 剛, 山崎 誠, 牧野 知紀, 田中 晃司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 腹腔鏡下胃亜全摘と腹腔鏡下噴門側胃切除の短期成績の検討, 古川 陽菜, 黒川 幸典, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 適応拡大を目指した医師主導治験の試み 5-アミノレブリン酸を用いた光線力学診断(The trial for the doctor initiated clinical trial for photodynamic diagnosis of 5-ALA), 高橋 剛, 斎藤 百合菜, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 当科におけるロボット支援下胃全摘術の治療成績, 益池 靖典, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 田中 晃司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • ロボット支援下幽門側胃切除術(da Vinci surgical system)における、ラーニングカーブの検討, 勝山 晋亮, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 進行胃がんに対するラムシルマブの後方視的検討(Retrospective study of ramucirumab in patients with advanced gastric cancer), 坂井 大介, 林 義人, 工藤 敏啓, 日山 智史, 加藤 文, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 竹原 徹郎, 佐藤 太郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 胃癌における術後炎症反応と骨髄由来抑制細胞(MDSC)との関連性, 浦川 真哉, 和田 尚, 加藤 亮, 武岡 奉均, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 胃癌患者における術前診断と病理診断における進行度の乖離に関する検討, 谷口 嘉毅, 黒川 幸典, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • アミノレブリン酸による光線力学診断を用いた化学療法施行後の腹膜播種診断(Peritoneal dissemination diagnosis after chemotherapy using photodynamic diagnosis by ALA), 斎藤 百合奈, 高橋 剛, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 胃癌手術による体組成変化およびサルコペニア発症についての検討, 新野 直樹, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 田中 晃司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 腫瘍浸潤活性化TregのマーカーとしてICOSの有用性の検討, 武岡 奉均, 長瀬 博次, 和田 尚, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 残胃癌切除症例のリンパ節転移・再発形式に関する臨床病理学的検討(The evaluation for the lymphatic metastasis and recurrence of remnant gastric cancer), 菅生 貴仁, 高橋 剛, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 高齢胃癌患者の術後短期・長期成績および他病死に関する検討, 橋本 直佳, 黒川 幸典, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 胃GISTの腹腔鏡下手術における手術成績及び長期予後に関する検討(The surgical feasibility and long-term oncologic outcomes of laparoscopic surgery for gastric GIST), 加藤 亮, 高橋 剛, 中島 清一, 西村 潤一, 益澤 徹, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • 高齢者GIST患者に対するイマチニブ治療(Imatinib treatment for advanced GIST in elderly patients), 西垣 貴彦, 高橋 剛, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 89回,   2017年03月
  • アカラシア類縁疾患の検討, 勝山 晋亮, 中島 清一, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 胃病態機能研究会誌, 49,   2017年02月
  • 【胃癌・食道癌のリンパ節郭清のすべて】 食道胃接合部癌に対する大動脈周囲リンパ節郭清, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 土岐 祐一郎, 消化器外科, 40, (1) 67 - 74,   2017年01月
  • 腹腔鏡下胃全摘後の再建法とD2郭清手技 ハザードマップを念頭においた食道空腸リニアステープラー再建, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) PD5 - 3,   2016年12月
  • 腹腔鏡下幽門側胃切除の郭清法(アプローチ)、吻合法 腹腔鏡下幽門側胃切除B-I再建における術後機能評価 circular吻合とlinear吻合の比較, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 柳本 喜智, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) PD11 - 5,   2016年12月
  • ロボット支援胃癌手術 安全な導入にむけて 当科におけるロボット支援胃切除術を安全に行うためのシステム・マニュアル策定, 宮崎 安弘, 額原 敦, 浦川 真哉, 瀧口 修司, 黒川 幸典, 高橋 剛, 山崎 誠, 牧野 知紀, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) WS23 - 2,   2016年12月
  • 胃GISTの腹腔鏡下手術における手術成績及び予後に関する検討, 加藤 亮, 高橋 剛, 中島 清一, 西村 潤一, 益澤 徹, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) OS40 - 3,   2016年12月
  • 腹腔鏡下胃全摘に対する腹腔鏡下噴門側胃切除、ダブルトラクト再建のメリットとデメリット 術後1年目の比較, 額原 敦, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) OS42 - 7,   2016年12月
  • 腹腔鏡下胃切除術における至適体位の検討, 菅生 貴仁, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 田中 晃司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) OS76 - 7,   2016年12月
  • 5-アミノレブリン酸による光力学診断を併用した胃癌腹膜播種に対する審査腹腔鏡検査の有用性, 斎藤 百合奈, 高橋 剛, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) OS84 - 2,   2016年12月
  • 高齢者食道癌に対する胸腔鏡下食道切除術の短期手術成績, 原 豪男, 牧野 知紀, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) OS92 - 3,   2016年12月
  • 開胸手術との比較による胸腔鏡下食道切除術の手術成績の検討, 古川 陽菜, 牧野 知紀, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) OS92 - 5,   2016年12月
  • メタボリックサージェリーとしての腹腔鏡下袖状胃切除術, 新野 直樹, 宮崎 安弘, 田中 晃司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) OS108 - 5,   2016年12月
  • 新型シミュレーターを用いた腹腔鏡セミナーの有用性の検討, 武岡 奉均, 瀧口 修司, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) OS145 - 1,   2016年12月
  • 腹腔鏡下胃亜全摘(極小残胃空腸吻合)による胃底部温存, 黒川 幸典, 古川 陽菜, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) OS222 - 4,   2016年12月
  • 内視鏡補助腹腔鏡下粘膜下層剥離術で治療しえた傍乳頭十二指腸腫瘍の1例, 浦川 真哉, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 高橋 剛, 黒川 幸典, 田中 晃司, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) DP10 - 5,   2016年12月
  • 腹腔鏡下に切除した早期胃癌に併発した傍大動脈領域の神経鞘腫の1例, 額原 敦, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) DP11 - 4,   2016年12月
  • 極細径手術用綿棒の安全性、有用性の検討, 勝山 晋亮, 赤井 和孝, 前田 育男, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 中島 清一, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) DP12 - 3,   2016年12月
  • リークテスト標準化に向けた前臨床的検討, 東 重慶, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 中島 清一, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) DP12 - 9,   2016年12月
  • 大動脈内バルーンパンピングを併用し腹腔鏡下胃切除術を行った拡張型心筋症合併早期胃癌の一例, 益池 靖典, 宮崎 安弘, 田中 晃司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) DP43 - 11,   2016年12月
  • 縫合・結紮手技 トレーニングと実際 内視鏡下縫合・結紮手技 トレーニングと実際, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7) ESII - 1,   2016年12月
  • 【内視鏡外科手術に関するアンケート調査-第13回集計結果報告】, 渡邊 昌彦, 猪股 雅史, 寺地 敏郎, 橋爪 誠, 板東 登志雄, 矢永 勝彦, 山口 茂樹, 和田 則仁, 瀧口 修司, 遠藤 俊輔, 森川 利昭, 玉木 康博, 田端 実, 明楽 重夫, 金山 博臣, 三股 浩光, 長谷川 徹, 大西 清, 松本 純夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (6) 655 - 810,   2016年11月
  • 肉眼的に胃浸潤が疑われた若年発症の小腸間膜原発デスモイドの1例, 斎藤 百合奈, 高橋 剛, 原 尚志, 中島 清一, 瀧口 修司, 土岐 祐一郎, 外科, 78, (11) 1225 - 1227,   2016年11月, 21歳女。腹部膨隆を主訴とした。臍上に手拳大の弾性軟、可動性良好な腫瘤を触知し、上部消化管内視鏡検査では胃体下部に粘膜下腫瘍を認めた。腹部造影CT・PET-CTでは胃角部大彎側に接し、境界明瞭で淡く造影される5.5cm大の腫瘤を認め、FDG集積亢進を認め、上腸間膜動脈より供血されていた。腸間膜原発のデスモイド腫瘍を疑い、手術により胃壁・横行結腸間膜および空腸の一部を合併切除し、摘出した。病理組織学的に腫瘍内には束状の紡錘形細胞の増生を認め、核異型や核分裂像には乏しく、免疫染色ではβ-catenin弱陽性、α-SMAおよびデスミン一部陽性であり、腸間膜原発デスモイド腫瘍と診断した。術後はおおむね経過良好で第16日目に退院し、4年9ヵ月経過して無再発生存中である。
  • 上部消化管の術後評価のための指標, 小寺 泰弘, 中田 浩二, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 黒川 幸典, 高橋 剛, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 本多 通孝, 臨床外科, 71, (12) 1384 - 1393,   2016年11月
  • (第1部)臨床研究の基礎講座 統合指針と利益相反指針に基づく臨床研究の推進, 土岐 祐一郎, 瀧口 修司, 山崎 誠, 黒川 幸典, 高橋 剛, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 森 正樹, 日本外科学会雑誌, 117, (6) 598 - 600,   2016年11月
  • 胃上部進行胃癌に対する術前化学療法併用腹腔鏡下胃全摘術の2例, 小田切 数基, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 癌と化学療法, 43, (12) 1884 - 1886,   2016年11月, 症例1は55歳、女性。胃癌、U、post、30mm、type 3、por、cT4aN2M0、cStage IIIBと診断した。術前docetaxel+oxaliplatin+S-1(DOS)療法を3コース施行後にPRが得られ、腹腔鏡下胃全摘術+脾臓摘出術+D2郭清(+No.16a2lat)、横隔膜右脚部分切除を施行した。合併症なく術後15日目に退院し、37日目よりS-1内服を開始した。術後6ヵ月現在、無再発生存中である。症例2は59歳、男性。胃癌、UM-E、less、80mm、type 3、por、cT4aN2M0、cStage IIIBと診断した。術前DOS療法を3コース施行後にPRが得られ、腹腔鏡下胃全摘術+D2郭清(-No.10+No.19,20,16a2lat)を行った。合併症なく術後15日目に退院し、54日目よりS-1内服を開始した。術後5ヵ月現在、無再発生存中である。2症例ともに術前化学療法施行後、腹腔鏡下に根治切除することができ、術後補助化学療法を導入できた。(著者抄録)
  • GIST術後5年以降の晩期再発症例の検討, 和田 範子, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 益澤 徹, 西田 俊朗, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 癌と化学療法, 43, (12) 2118 - 2120,   2016年11月, GIST診療ガイドラインでは術後10年間のフォローアップが推奨されているが、術後晩期に再発を認める症例の特徴についてはまだ明らかとなっていない。そこで、術後5年を超えて再発を来した14例を対象とし、臨床病理学的因子および再発形式について検討した。原発部位は胃:直腸:小腸=7:4:3(例)で、低リスク症例が58%を占めていた。再発時期は術後6年目:7年目:8年目:9年目:10年以降=3:4:2:1:4(例)であった。再発部位は局所再発:肝:腹膜:肺:骨=6:5:5:1:1(例)(重複あり)と局所再発が最も多かった。特に直腸原発の4例ではいずれも局所切除術が施行され、再発部位はすべて局所再発であった。5年を超えて再発を認めた症例は比較的リスクの低い症例が多かった。直腸原発症例における再発部位はすべて局所再発であり、手術所見や病理所見に応じた術後フォローアップを考慮する必要があると考えられた。(著者抄録)
  • 【外科侵襲を代謝とサイトカインから考える】 予後向上を目指した外科侵襲制御の可能性について, 土岐 祐一郎, 瀧口 修司, 山崎 誠, 黒川 幸典, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 森 正樹, 外科と代謝・栄養, 50, (5) 279 - 283,   2016年10月, 古くより術後合併症が全生存率だけではなく癌特異的生存率を悪化させることは知られていたが、これは進行した癌や生物学的に悪性度の高い癌では術後合併症が生じやすいためと説明されていた。しかし、内視鏡手術、リンパ節郭清、手術アプローチなど手術に関するランダム化試験が行われた結果を総合的に判断すると、手術侵襲そのものが癌の予後を悪化させる可能性を完全には否定しきれない。手術侵襲や術後合併症に代表される炎症反応や炎症性サイトカインが癌の増殖に有利に働くというのは確かに理解可能であるが、一方で数年に及ぶ再発までの時間を考えると僅か数日の術後の炎症反応がなぜ数年後の癌の予後まで悪化させるのかという疑問が残る。根治切除後の癌の再発とは微小遺残癌細胞によるものである。手術操作による揉み出しは血液やリンパ組織の中で浮遊した癌細胞を増やすと考えられる。そのほとんどは組織に生着することなく死滅するが、炎症反応やサイトカインは浮遊癌細胞の生着を助け、癌の転移を促進している可能性がある。浮遊癌細胞の生着という転移形成にとって最もクリティカルな時期は手術から数日間に一致しており、この時期の炎症反応の制御が癌の再発にとって最も重要な時期であると考える。これらの現象より手術侵襲を抑制することにより癌の再発を抑制することが可能であると考えられる。臨床研究で証明されることが期待される。(著者抄録)
  • 食道・胃接合部癌に対する術式選択とその考え方 食道胃接合部癌における縦隔郭清の適応規準, 黒川 幸典, 和田 範子, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 77, (増刊) 395 - 395,   2016年10月
  • 残胃癌切除症例に対するリンパ節転移・再発形式に関する臨床病理学的検討, 高橋 剛, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 77, (増刊) 553 - 553,   2016年10月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術における当院の工夫, 宮崎 安弘, 新野 直樹, 額原 敦, 黒川 幸典, 高橋 剛, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 77, (増刊) 610 - 610,   2016年10月
  • 腹腔鏡下手術における新しい吸引凝固嘴管の使用経験, 勝山 晋亮, 中島 清一, 黒川 幸典, 水島 恒和, 西村 潤一, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 77, (増刊) 611 - 611,   2016年10月
  • 高齢胃癌患者の術後短期および長期成績の検討, 橋本 直佳, 黒川 幸典, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 77, (増刊) 711 - 711,   2016年10月
  • BMIと内臓脂肪面積が胃癌手術の短期成績に及ぼす影響, 谷口 嘉毅, 黒川 幸典, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 77, (増刊) 720 - 720,   2016年10月
  • 再発高リスクGISTに対する術後補助化学療法, 西垣 貴彦, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 77, (増刊) 722 - 722,   2016年10月
  • 食道 食道がんのバイオマーカー 食道癌におけるMLH-1発現と化学療法の有効性についての検討, 百瀬 洸太, 山崎 誠, 田中 晃司, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 食道 食道がんのバイオマーカー DCF療法の効果予測としての免疫担当細胞の解析, 武岡 奉均, 和田 尚, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • GIST GISTに対する分子標的薬治療 GISTイマチニブ治療における血中濃度測定, 西垣 貴彦, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 胃 胃がん手術療法における創意工夫 ロボット支援下腹腔鏡下幽門側胃切除術の治療成績 腹腔鏡下幽門側胃切除術と比較して, 宮崎 安弘, 浦川 真哉, 瀧口 修司, 黒川 幸典, 高橋 剛, 山崎 誠, 牧野 知紀, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 胃 胃がん手術療法における創意工夫 穹窿部進行胃癌における腹腔鏡下16a2lat郭清の安全性と必要性, 浦川 真哉, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 黒川 幸典, 高橋 剛, 山崎 誠, 牧野 知紀, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 胃 予後予測 胃癌術前化学療法における有害事象発現の予測因子の検討, 橋本 直佳, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 胃 栄養管理 術前肥満指標が胃癌術後短期成績に及ぼす影響, 谷口 嘉毅, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 胃 手術療法 胃癌手術による体組成および握力変化についての検討, 新野 直樹, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 田中 晃司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 胃 手術療法 術前化学療法を施行した進行胃癌に対する腹腔鏡手術の安全性についての検討, 額原 敦, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 黒川 幸典, 高橋 剛, 山崎 誠, 牧野 知紀, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 食道 食道がんの予後・有害事象に関連する因子 胸部食道癌に対する頸部リンパ節郭清が術後合併症に及ぼす影響 傾向スコア解析より, 原 豪男, 牧野 知紀, 山崎 誠, 田中 晃司, 山下 公太郎, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 食道 食道がんの予後・有害事象に関連する因子 食道癌術後の右胸腔ドレーン排液量に関連する因子の検討, 加藤 亮, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 食道 食道がんの予後・有害事象に関連する因子 食道癌におけるpoly(ADP-ribose)polymerase1発現の意義, 山本 昌明, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 胃 化学療法 当科における高齢者胃癌術後補助化学療法の実施状況と高齢者総合機能評価(CGA), 古川 陽菜, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 植え込み型左心補助人工心臓下における、胃癌手術の一例, 勝山 晋亮, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 腹部傍大動脈リンパ節転移を伴った胸部食道表在癌の一切除例, 益池 靖典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • イマチニブ不忍容GIST症例におけるスニチニブ治療の忍容性に関する検討, 和田 範子, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 益澤 徹, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • GISTに対するレゴラフェニブ治療の副作用と用量調整に関する検討, 斎藤 百合奈, 高橋 剛, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回,   2016年10月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の治療成績に対するグレリン発現状況の臨床的意義, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 土岐 祐一郎, 日本消化器病学会雑誌, 113, (臨増大会) A441 - A441,   2016年09月
  • 食道胃接合部腺癌の至適郭清範囲と切除範囲 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡下大動脈周囲リンパ節郭清, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • バルンアシスト併用腹腔鏡下食道アカラシア根治術50例の検討, 勝山 晋亮, 中島 清一, 高橋 剛, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 食道癌根治術における頸部郭清の個別化についての検討, 長瀬 博次, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 術中神経モニターを用いた食道癌手術後反回神経健全性の予測, 金村 剛志, 宮田 博志, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 胸部食道癌におけるNo.106pre、106tbLリンパ節郭清の意義, 大久保 聡, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 食道癌切除術におけるリンパ節郭清領域が術後短期合併症に与える影響, 山下 公太郎, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 胸郭体型および縦隔解剖に基づいた食道癌手術難易度評価の意義, 浦川 真哉, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • T4食道癌に対するDCF(DTX、CDDP、5-FU)初回導入化学療法の有用性 傾向スコア解析より, 牧野 知紀, 山崎 誠, 和田 範子, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 食道癌における術前化学療法の治療成績FAP療法とDCF療法の比較, 菅生 貴仁, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 食道癌における単発リンパ節再発の検討 Surgical Failure or Systemic disease?, 牧野 知紀, 山崎 誠, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 食道癌術後肺転移症例の検討, 谷口 嘉毅, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 幽門側胃切除、B-I再建後の食道癌に対する残胃温存有茎空腸皮下ダブルトラクト再建, 新野 直樹, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 喫煙歴、飲酒歴が食道扁平上皮癌の臨床病理学的特徴および予後に与える影響について, 橋本 直佳, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 高齢者に対する食道癌術後好中球エラスターゼ阻害薬投与の有用性 傾向スコア解析, 和田 範子, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 食道癌術後の胸腔ドレーン排液量に関連する因子についての検討, 加藤 亮, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 胸部食道癌に対する胸腔鏡下食道切除術の有用性に関する検討, 古川 陽菜, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • バルーン拡張術時に食道穿孔を生じ緊急食道抜去術を施行した食道アカラシアの一例, 益池 靖典, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 食道癌術後の逆流頻度とQOLの検討, 中原 裕次郎, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 食道癌患者に対するDCF療法における発熱性好中球減少症に関する検討, 山本 昌明, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • DCF療法の効果予測としての末梢血中免疫担当細胞の解析, 武岡 奉均, 和田 尚, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • グレリン投与による食道癌化学療法に伴う腎障害軽減を目的としたランダム化第2相試験, 柳本 喜智, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • cT2N0M0 stageII食道癌に対する術前化学療法の結果(Results of preoperative chemotherapy for esophageal cancer cT2NO MOStagell), 斎藤 百合奈, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 胸部食道癌手術周術期におけるグレリン投与による抗炎症効果および予後への影響, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 消化管吻合部リークテストの標準化に向けた前臨床的検討, 東 重慶, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 中島 清一, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 食道癌手術における、ICG蛍光造影を用いた術中気管血流評価法の検討, 百瀬 洸太, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 食道癌術後における吻合部狭窄発症のリスク因子に関する検討, 西垣 貴彦, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 70回,   2016年07月
  • 当科における若手消化器外科医リクルート戦略 外科の魅力を肌で, 山崎 誠, 畑 泰司, 瀧口 修司, 水島 恒和, 江口 英利, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 新取扱い規約に基づく食道アカラシア手術症例の中長期成績, 加藤 亮, 中島 清一, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • アカラシア類縁疾患の検討, 勝山 晋亮, 中島 清一, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 食道癌患者に対するGlypican-1の診断マーカーとしての有用性に関する検討, 原 尚志, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 気管浸潤食道癌に対して気管部分切除および大胸筋皮弁による気管形成術を施行した一例, 山本 昌明, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 胃切除後症状における胃排泄シンチグラフィーの有用性についての検討, 原田 百合奈, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 胃癌患者における血漿フィブリノゲン値と好中球/リンパ球比を用いた新たな予後因子の検討, 谷口 嘉毅, 黒川 幸典, 山本 昌明, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 胃癌手術による体組成および握力変化についての検討, 新野 直樹, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 5-アミノレブリン酸を用いた胃癌腹膜播種の光線力学診断の有用性に関する医師主導治験の試み, 高橋 剛, 原 尚志, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • イマチニブ耐性GIST患者の末梢血におけるC-KITの変異検索, 和田 範子, 黒川 幸典, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 進行性胃癌に対する腹腔鏡下胃切除 Orthodox & Serendipity 進行性胃癌に対するネオアジュバント化学療法後の腹腔鏡下胃切除術(Laparoscopic gastrectomy for advanced gastric cancer: Orthodox & Serendipity Laparoscopic gastrectomy for advanced gastric cancer following neo adjuvant chemotherapy), 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 多発・遠隔リンパ節転移を伴う食道表在癌の臨床病理学的検討, 額原 敦, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 精一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 食道扁平上皮癌術前化学療法症例における血清p53抗体価の重要性, 山下 公太郎, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 術中神経モニターを用いた食道癌手術における反回神経麻痺の予測, 金村 剛志, 宮田 博志, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 当院における胸部食道癌に対する胸腔鏡下食道切除術の治療成績, 古川 陽菜, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 完全鏡視下腹腔鏡下胃全摘術における食道空腸吻合の定型化, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 新野 直樹, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 胃癌術前補助化学療法における有害事象発現に関する危険因子の検討, 橋本 直佳, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 胃GISTの発育形態は術前に正確に診断可能か?, 東 重慶, 中島 清一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • GIST術後再発の予測に最適なリスク分類の検討, 西垣 貴彦, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • Stage III胃癌に対する治療戦略 術前 vs. 術後化学療法 Stage III胃癌に対する術後補助化学療法の新規治療開発, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • LPG double tract再建術とLTG Roux-en-Y再建術の術後1年目における栄養学変化と消化管機能の比較試験, 柳本 喜智, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 高齢者食道癌の術前DCF療法は安全か? 高齢者総合機能評価の有用性, 百瀬 洸太, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 食道扁平上皮癌における内視鏡上の腫瘍の局在とリンパ節転移部位の検討, 中原 裕次郎, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 術前化学療法後進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の安全性に関する検討, 浦川 真哉, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 黒川 幸典, 高橋 剛, 山崎 誠, 牧野 知紀, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • RGB分類(食物残渣)が反映する胃術後障害に関する検討, 武岡 奉均, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 小腸GISTの臨床病理学的検討, 菅生 貴仁, 高橋 剛, 中島 清一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 膵切除例における周術期グレリン値の推移と臨床的意義, 佐々木 一樹, 浅岡 忠史, 江口 英利, 山田 大作, 野田 剛広, 和田 浩志, 後藤 邦仁, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 71回,   2016年07月
  • 【必携 腹腔鏡下胃癌手術の完全マスター:ビギナーからエキスパートまで】(PartII)その先の課題と努力目標 腹腔鏡下胃全摘における再建法(食道空腸吻合) トラブル回避のコツ, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 臨床外科, 71, (6) 717 - 724,   2016年06月, <ポイント>腹腔鏡下胃全摘後に行う再建で最も重視すべきものはリスクマネージメントである.そのために,作業中に複数個のハザードが頭に入っているように心がけることが肝要である.注意が一点に集中することもほかのトラブルを生むことになることを理解し,作業点検を行いつつ手術を進めることで,安全な吻合が可能となる.サーキュラーステープラーを用いる方法とリニアステープラーを用いる方法が一般的であるが,共通して,食道を剥離しすぎないことが重要である.また,サーキュラーステープラーのような大きな器具を内視鏡下で操作するには,吻合時の挙動を理解し,吻合と同時に本体を進めるような作業も重要である.一方,リニアステープラーを用いる場合は,NGチューブの挟み込みなど,従来の手術ではあまり経験しないトラブルがあるので気をつけておく.(著者抄録)
  • メタボリックサージェリーとしての腹腔鏡下袖状胃切除術, 新野 直樹, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 外科と代謝・栄養, 50, (3) 166 - 166,   2016年06月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術施行患者における胃内グレリン発現状況の臨床的意義, 宮崎 安弘, 新野 直樹, 額原 敦, 黒川 幸典, 高橋 剛, 山崎 誠, 牧野 知紀, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 外科と代謝・栄養, 50, (3) 166 - 166,   2016年06月
  • 減量手術治療成績における精神疾患の影響, 額原 敦, 宮崎 安弘, 新野 直樹, 黒川 幸典, 高橋 剛, 山崎 誠, 牧野 知紀, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 外科と代謝・栄養, 50, (3) 167 - 167,   2016年06月
  • 【外科臨床研究のノウハウと重要研究の総まとめ】(Part1)わかりやすい外科臨床研究のノウハウ 医学研究に関する倫理指針, 土岐 祐一郎, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 臨床外科, 71, (5) 526 - 529,   2016年05月, <ポイント>平成27年4月より,従来の疫学研究指針,臨床研究指針に代わり「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(いわゆる統合指針)が実施されている.医学研究は介入研究と観察研究,それぞれについて侵襲ありと侵襲なし(軽微な侵襲を含む)の4通りに分けられる.侵襲を伴う介入研究については,研究が適切に行われているかどうかをモニタリングし,必要によっては監査を行わなければならない.企業の宣伝に用いられる可能性のある研究については利益相反を管理しなければならない.不正確なデータを含めて研究不正が起きないようにすること,患者・研究参加者の不利益が生じないようにすることが重要である.(著者抄録)
  • 傍乳頭十二指腸腫瘍に対して内視鏡補助腹腔鏡下粘膜下層剥離術を施行しえた1例, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科系連合学会誌, 41, (3) 450 - 450,   2016年05月
  • 膵癌細胞株におけるGlypican-1の機能と抗体治療の可能性, 西垣 貴彦, 高橋 剛, 世良田 聡, 原 尚志, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 仲 哲治, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 開腹手術患者に対するアバンドR投与による創関連合併症発生抑制効果に関する二重盲検化ランダム化比較試験, 和田 範子, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 江口 英利, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 食道癌に対する新規標的分子Glypican-1についての臨床病理学的検討と薬剤耐性に関する検討, 原 尚志, 高橋 剛, 世良田 聡, 西垣 貴彦, 菅生 貴仁, 大鶴 徹, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 藤本 穣, 中島 清一, 瀧口 修司, 仲 哲治, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 食道癌に対するアデノウイルスベクターを用いたSOCS1遺伝子治療, 菅生 貴仁, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 食道癌における高難度手術 コツと技 気管・大血管浸潤食道癌に対する合併切除・再建術, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 胃癌における予後因子としてのTFFの有用性, 谷口 嘉毅, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 進行食道癌に対する集学的治療の最新の知見 T4食道癌に対する初回導入療法としての3剤併用化学療法の有用性, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮田 博志, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 病的肥満症患者におけるグレリン産生細胞数と袖状胃切除術治療効果の関係, 新野 直樹, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 当院におけるスリーブ状胃切除術成績と術前因子, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 新野 直樹, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 牧野 知紀, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 腹腔鏡下手術におけるSurgical Smokeの排煙方法の研究, 東 重慶, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 中島 清一, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 胃癌術中迅速病理学的検査における切除断端陽性の影響, 大久保 聡, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • グレリン投与による食道癌化学療法に伴う有害事象軽減を目的としたランダム化第2相試験, 柳本 喜智, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清和, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 食道癌根治術における頸部郭清の個別化についての検討, 百瀬 洸太, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 食道癌における大動脈周囲リンパ節に関する検討, 山本 昌明, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 統合倫理指針と利益相反指針に基づく臨床研究の推進, 土岐 祐一郎, 瀧口 修司, 山崎 誠, 黒川 幸典, 高橋 剛, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 森 正樹, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 腫瘍局所に浸潤する制御性T細胞の活性化マーカーとしてICOSの有用性の検討, 長瀬 博次, 和田 尚, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 食道癌化学療法の治療効果予測における血清microRNA測定の意義, 古川 陽菜, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 食道扁平上皮癌患者における口腔内評価と化学療法有害事象、術後合併症の検討, 中原 裕次郎, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • Toll-like receptor3,4をアジュバントとするNY-ESO-1タンパクがんワクチン臨床試験, 武岡 奉均, 和田 尚, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • ヒト食道癌におけるMFG-E8発現を介した免疫抑制機序の存在とその意義, 金村 剛志, 牧野 知紀, 宮田 博志, 田中 晃司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 田原 秀晃, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 胃癌における新規腫瘍マーカーとしてのNY-ESO-1抗体, 加藤 亮, 和田 尚, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 食道癌におけるオートファジーと化学療法抵抗性の関連についての検討, 山下 公太郎, 牧野 知紀, 宮田 博志, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 体上部・体下部早期胃癌3病変に対して、内視鏡的粘膜下層剥離術および腹腔鏡下幽門側胃切除を施行し、胃全摘を回避しえた1例, 久保 孝介, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回,   2016年04月
  • 【食道・胃切除後再建法-最新の定型手技】 胃切除後再建/胃全摘 腹腔鏡下胃全摘術におけるサーキュラーステープラー再建 かがり縫い法によるアンビル装着, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 手術, 70, (3) 257 - 266,   2016年03月
  • Siewert typeII 食道胃接合部癌に対する術式の比較・検討, 東 重慶, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 残胃癌切除症例に対するリンパ節転移・再発形式に関する臨床病理学的検討, 原 尚志, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 吻合部に発生した残胃早期癌に対して腹腔鏡下残胃部分切除術を施行した一例, 山本 昌明, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • B-I再建後残胃癌に対する腹腔鏡下残胃全摘術の検討, 百瀬 洸太, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 長期成績評価からみた高齢胃癌患者の手術適応, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 三上 城太, 高橋 剛, 瀧口 修司, 山崎 誠, 牧野 知紀, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 当科における造影CTによるイマチニブのGIST治療効果判定, 斎藤 百合奈, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • Imatinib耐性GISTにおけるctDNAからのsecondary mutationの検出(Detecting secondary mutations in circulating tumor DNA of patients with imatinib-resistant GIST), 和田 範子, 黒川 幸典, 高橋 剛, 浜川 卓也, 廣田 誠一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • GISTイマチニブ治療における効果予測因子の検討, 西垣 貴彦, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 胃GISTの腹腔鏡下手術における長期予後に関する検討, 加藤 亮, 高橋 剛, 中島 清一, 西村 潤一, 益澤 徹, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 腹腔鏡下胃切除術における膵周囲解剖学的位置と周術期短期成績との関係, 菅生 貴仁, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 噴門側胃切除術後再建方法の検討 食道残胃吻合 vs Double-Tract再建, 新野 直樹, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 高度肥満早期胃癌患者に対し腹腔鏡下幽門側胃切除Long Roux-Y再建術を施行した1例, 山下 公太郎, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • ロボット支援下幽門側胃切除術の手術成績と今後の展望, 浦川 真哉, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 術後膵液瘻による入院長期化とドレーン排液中アミラーゼ濃度の関連性, 谷口 嘉毅, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 腹腔鏡下噴門側胃切除術ダブルトラクト再建術の術後1年目における栄養学変化と消化管機能, 柳本 喜智, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 胃切除後の残胃におけるRGB分類(食物残渣)が反映する胃術後障害に関する検討, 武岡 奉均, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 腹腔鏡下幽門側胃切除Billroth-I再建術における吻合法による消化管機能の比較試験, 金村 剛志, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 5-アミノレブリン酸を用いた光線力学診断を用いた審査腹検査の経験, 高橋 剛, 原 尚志, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 腫瘍局所に浸潤する制御性T細胞の活性化マーカーとしてICOSの有用性の検討, 長瀬 博次, 和田 尚, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 胃癌術中迅速病理学的検査における切除断端陽性と長期予後との関連性, 大久保 聡, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 腹膜炎術後に腹腔鏡下幽門側胃切除術を施行した胃癌の1例, 中原 裕次郎, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 胃粘液癌の臨床病理学的因子および予後についての検討, 橋本 直佳, 黒川 幸典, 木村 豊, 今村 博司, 足立 真一, 藤田 淳也, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • MDCTによる胃癌の術前深達度診断精度の検討, 古川 陽菜, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 88回,   2016年03月
  • 【内視鏡外科手術の消化管吻合-コツとピットフォール】 食道・胃領域 腹腔鏡下胃全摘術における安全な体腔内吻合の工夫, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 手術, 70, (1) 1 - 8,   2016年01月
  • 高度肥満に対する脂肪組織由来幹細胞スクリーニングに基づいた明日葉サプリメントの介入, 阪上 未紀, 安枝 明日香, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 前田 和久, 伊藤 壽記, 機能性食品と薬理栄養, 9, (4) 246 - 246,   2015年12月
  • 食道胃接合部癌に対する内視鏡外科手術 精密なリンパ節郭清そして安全かつ後遺症が少ない再建 進行接合部癌に対する腹腔鏡下・下部食道・噴門側胃切除 下縦隔+16a2lat郭清, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) SY18 - 3,   2015年12月
  • 手術支援ロボットがもたらす新たな胃癌手術 膵上縁リンパ節郭清におけるロボット支援下胃切除術の有用性, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) SY33 - 4,   2015年12月
  • 内視鏡外科のこれからの教育 工夫を持ち寄って最善を探る 内視鏡外科教育の実際と今後, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) WS2 - 3,   2015年12月
  • 胃粘膜下腫瘍に対する臓器温存低侵襲外科治療 胃粘膜下腫瘍に対するtailored approach, 中島 清一, 高橋 剛, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 山崎 誠, 牧野 知紀, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) WS14 - 3,   2015年12月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除 各施設の手技と工夫 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術における細径鉗子を用いた肝左葉挙上, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 新野 直樹, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) PD6 - 5,   2015年12月
  • 腹腔鏡下噴門側胃切除後の再建 革新を目指して 噴門側胃切除術後再建方法の検討 食道残胃吻合vs Double-Tract再建, 新野 直樹, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) PD10 - 8,   2015年12月
  • 上部進行胃癌に対する腹腔鏡手術 解剖とエビデンスに基づいたリンパ節郭清 食道浸潤を伴う上部進行胃癌に対する腹腔鏡下大動脈周囲リンパ節郭清, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) PD13 - 7,   2015年12月
  • 評価型外科縫合シミュレーターを用いた腹腔鏡セミナーによる個々の上達度の検討, 武岡 奉均, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS31 - 4,   2015年12月
  • 軟性内視鏡用洗浄吸引カテーテルの改良 産学連携を通じた試み, 伴 菜美子, 保坂 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 山崎 誠, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 中島 清一, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS51 - 2,   2015年12月
  • 噴門近傍の胃粘膜下腫瘍に対する単孔式腹腔鏡下胃内手術, 金村 剛志, 中島 清一, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS98 - 5,   2015年12月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡手術の術後成績の検討, 和田 範子, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清和, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS103 - 1,   2015年12月
  • 腹部大手術既往症例に対する腹腔鏡下胃切除術のコツとピットフォール, 山下 公太郎, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS103 - 8,   2015年12月
  • 当院におけるSiewert TypeII食道胃接合部癌に対する腹腔鏡下噴門側胃切除Double tract再建, 古川 陽菜, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 土岐 祐一郎, 森 正樹, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS108 - 7,   2015年12月
  • 胃GISTに対する腹腔鏡下手術における単孔式アプローチの治療成績の検討, 高橋 剛, 中島 清一, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 山崎 誠, 牧野 知紀, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS110 - 2,   2015年12月
  • 腹腔鏡手術におけるSurgical Smokeの効率的な排煙法の研究, 東 重慶, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 中島 清一, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS113 - 6,   2015年12月
  • 腹腔鏡下胃切除術における膵周囲解剖学的位置と術後ドレーンアミラーゼ値との関係, 菅生 貴仁, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS115 - 2,   2015年12月
  • 腹腔鏡下胃全摘後再建における視野展開・手技の定型化 術中トラブルを減らすために, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 新野 直樹, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS157 - 5,   2015年12月
  • 呼吸器症状を契機に診断された巨大食道裂孔ヘルニアに対する胸腔鏡併用腹腔鏡修復術を施行した1例, 加藤 亮, 高橋 剛, 南 正人, 木村 賢二, 中島 清一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 奥村 明之進, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS260 - 2,   2015年12月
  • 胃癌腹膜播種に対する5-アミノレブリン酸を用いた光線力学診断の診断能と更なる診断能向上に向けての課題, 原 尚志, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS312 - 7,   2015年12月
  • 残胃早期癌に対して腹腔鏡下残胃部分切除術を施行した一例, 山本 昌明, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, (7) OS315 - 5,   2015年12月
  • 【食道胃接合部癌に対する手術手技-コツとピットフォール-】 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡下リンパ節郭清手技 下縦隔・大動脈周囲リンパ節郭清, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 癌の臨床, 61, (5) 323 - 326,   2015年11月
  • 胃癌孤立性副腎転移に対して術前化学療法施行後に腹腔鏡下胃全摘副腎合併切除を施行した1例, 木戸上 真也, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 癌と化学療法, 42, (12) 1671 - 1673,   2015年11月, 症例は66歳、男性。吐血を主訴に前医に救急搬送された。上部消化管内視鏡検査にて、胃体上部小彎に進行胃癌を指摘され、加療目的に当科へ紹介された。CT、PET-CT検査で左副腎転移が疑われ、臨床病期、cT4a、N0、M1(左副腎)、cStage IVと診断し、術前化学療法としてdocetaxel+cisplatin+S-1(DCS)療法を2コース施行した。効果判定PRであり、治癒切除が可能と判断し、腹腔鏡下胃全摘術、D2およびNo.16a2lat郭清、左副腎合併切除を施行した。術後経過は良好で、POD3に経口摂取を開始し、POD13に軽快退院となった。病理診断結果は、pT4a(SE)、N(0/19)、H0、P0、CY0、M1(Lt.adrenal gl)、pStage IV、R0の結果であった。術後42日目より術後補助化学療法としてS-1+cisplatinを開始した。胃癌の孤立性副腎転移に対し、術前化学療法施行後に根治的腹腔鏡下胃全摘副腎合併切除術を安全に施行し得た。また、術後早期に補助化学療法が可能であった。(著者抄録)
  • 特発性血小板減少性紫斑病を合併した食道癌の1例, 中原 裕次郎, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 癌と化学療法, 42, (12) 1911 - 1913,   2015年11月, 症例は58歳、女性。41歳時に特発性血小板減少性紫斑病(idiopathic thrombocytopenic purpura:ITP)と診断。55歳時に腹腔鏡下脾摘術を施行するも無効であり、以降もプレドニゾロンを内服していた。食物のつかえ感があり上部消化管内視鏡検査を行ったところ、食道に腫瘍性病変を指摘され当科紹介となった。精査にて食道扁平上皮癌、cT3N1M0、Stage IIIAの診断であった。免疫グロブリン大量療法、血小板輸血を行い、血小板数は11.0×10^4/mm3まで上昇したため食道亜全摘、後縦隔胃管再建、3領域郭清を施行した。術後血小板は低下を認めたが、血小板輸血により術後5日目以降は回復し、術後合併症なく退院した。現在、術後9年経過しているが、無再発生存中である。脾摘術が有効でないITPを合併した食道癌の報告は自験例が初めてであり、文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)
  • トラスツズマブが著効し治癒切除し得た胃癌術後再々発の1例, 大久保 聡, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 癌と化学療法, 42, (12) 2094 - 2096,   2015年11月, 患者は69歳、男性。2010年胃癌に対して胃全摘術を施行された(tubular adenocarcinoma、tub2、pT3N0M0、stage IIA)。術後8ヵ月目に吻合部再発を認め、吻合部切除術を施行し、さらに補助化学療法としてS-1内服治療を行った。2014年、吻合部背側の下縦隔内に腫瘍性病変を認め再々発と診断、当科紹介となった。病変は下行大動脈を3/4周性に囲み、切除不能と判断し、S-1(120mg/m2/day)+CDDP(80mg/m2)(SP療法)を開始したが画像上不変であった。病理検査にてHER2陽性が判明しSP療法に加えトラスツズマブ療法を行ったところ、著明な腫瘍縮小効果を認めた。4コース施行後、画像上大動脈浸潤が解除され切除の方針とした。吻合部切除、大動脈外膜切除、皮下右側結腸再建を施行した。現在、S-1+トラスツズマブ併用化学療法を継続中であり、術後10ヵ月無再発生存中である。(著者抄録)
  • 食道癌術後皮下再建結腸に発生した結腸癌の1例, 山本 昌明, 山崎 誠, 坂井 大介, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 癌と化学療法, 42, (12) 2230 - 2232,   2015年11月, 症例は83歳、男性。胃癌に対して胃全摘+空腸間置術および胸部食道癌に対して食道亜全摘+間置空腸部分切除+回結腸皮下再建術の既往あり。今回、皮下再建結腸に腫瘍性病変を指摘され当院紹介となった。消化管内視鏡検査にて切歯より45cmの再建結腸に後壁を中心とした半周性の3型腫瘍を認め、生検にてtub1であった。CTおよびPET検査では、再建結腸後壁に壁肥厚像および腫瘍近傍のリンパ節腫大が疑われたが、明らかな遠隔転移は認めなかった。以上の食道癌術後皮下再建結腸癌に対して、再建結腸部分切除+胸骨・肋軟骨合併切除+結腸傍リンパ節サンプリングを行った。術後約4ヵ月後にリンパ節再発を認めたが再手術は希望されず、放射線療法および化学療法を行い再発より約2年経過するが、現在生存中である。(著者抄録)
  • 【消化器・一般外科手術のPearls & Tips-ワンランク上の手術を達成する技と知恵】 食道胃接合部 経裂孔的食道胃接合部癌根治術, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 臨床外科, 70, (11) 47 - 52,   2015年10月
  • 【食道胃接合部癌の診断と治療】 食道胃接合部癌の外科治療, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器病学会雑誌, 112, (10) 1785 - 1790,   2015年10月, 食道胃接合部癌のリンパ行性転移は縦隔側と腹側の両方に見られ、縦隔リンパ節を郭清するためのアプローチ法としては、食道浸潤長が3cm以内のSiewert II・III型の腺癌に対しては開腹経裂孔アプローチ、その他の腺癌や扁平上皮癌に対しては右開胸アプローチが標準的と考えられる。一方、腹腔内リンパ節を郭清するための胃切除術式としては、扁平上皮癌やSiewert I・II型の腺癌に対しては胃局所切除(胃管)や噴門側胃切除で十分と考えられるが、その他の腺癌に対しては胃全摘が必要と考えられる。正確なリンパ節転移割合を元に至適郭清範囲を決定するため、多施設共同前向き研究が現在進行中である。(著者抄録)
  • 高齢者に対する外科治療(食道、胃、大腸) 高齢者消化管癌手術における術前高齢者総合機能評価による術後合併症と予後の予測, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 秀和, 原口 直紹, 牧野 知紀, 西村 潤一, 高橋 剛, 黒川 幸典, 畑 泰司, 竹政 伊知朗, 水島 恒和, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 371 - 371,   2015年10月
  • 外科医が行う臨床試験 その方法と問題点 5-アミノレブリン酸を用いた胃癌腹膜播種の光線力学診断の有用性に関する医師主導治験の試み, 高橋 剛, 原 尚志, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 455 - 455,   2015年10月
  • 合併症を減らすステープリングデバイス、自動縫合器の使用方法 腹腔鏡下胃全摘術における食道空腸吻合 合併症を減らすためのステープリングデバイス手技の定型化, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 新野 直樹, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 473 - 473,   2015年10月
  • 超高齢者上部消化管癌手術の術後せん妄予測における高齢者総合機能評価の有用性, 山本 昌明, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 568 - 568,   2015年10月
  • 十二指腸GISTの術式別臨床病理学的検討, 菅生 貴仁, 高橋 剛, 中島 清一, 益澤 徹, 西田 俊朗, 廣田 誠一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 634 - 634,   2015年10月
  • 胃癌術後膵液瘻による入院長期化の予測因子, 谷口 嘉毅, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 690 - 690,   2015年10月
  • 胃癌切除術後骨障害の頻度とそのリスク因子, 西垣 貴彦, 高橋 剛, 中塚 梨絵, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 690 - 690,   2015年10月
  • 胃GISTの術前画像と術中所見における発育形態の検討, 東 重慶, 中島 清一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 692 - 692,   2015年10月
  • 食道扁平上皮癌の術後再発予測における血清p53抗体価の重要性, 山下 公太郎, 牧野 知紀, 山崎 誠, 山本 昌明, 古川 陽菜, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 734 - 734,   2015年10月
  • 当院における食道原発悪性黒色腫5例の臨床病理学的検討, 橋本 直佳, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 736 - 736,   2015年10月
  • 胃癌R0切除症例におけるリンパ球減少症と予後との関連性, 大久保 聡, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 780 - 780,   2015年10月
  • 術前CT検査にて診断した気管憩室を有する胸部食道癌の一例, 百瀬 洸太, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 836 - 836,   2015年10月
  • 残胃温存有茎空腸皮下ダブルトラクト再建を施行した食道癌の1例, 中原 裕次郎, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (増刊) 837 - 837,   2015年10月
  • 腫瘍をめぐるQ&A(Question 83) 食道癌に対する胸腔鏡下手術について教えてください, 山本 昌明, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, Surgery Frontier, 22, (3) 273 - 275,   2015年09月
  • 腫瘍をめぐるQ&A(Question 84) 今解き明かされるオートファジーと癌との関連性とは?, 山下 公太郎, 牧野 知紀, 宮田 博志, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, Surgery Frontier, 22, (3) 276 - 279,   2015年09月
  • 術前画像診断における胃癌漿膜浸潤症例の検討, 塚尾 祐貴子, 高橋 剛, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, Gastroenterological Endoscopy, 57, (Suppl.2) 2101 - 2101,   2015年09月
  • 胃 胃がんの手術と術後治療法 残胃癌切除症例の転移・再発形式に関する臨床病理学的検討, 原 尚志, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会誌, 50, (3) 1356 - 1356,   2015年09月
  • GIST GISTのマネージメント 胃粘膜下腫瘍におけるDelleの意義, 福田 周一, 中島 清一, 高橋 剛, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 西田 俊朗, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会誌, 50, (3) 2208 - 2208,   2015年09月
  • GIST GISTのマネージメント GISTに対するイマチニブの血中濃度を用いた治療マネジメント, 西垣 貴彦, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会誌, 50, (3) 2209 - 2209,   2015年09月
  • GIST GISTのマネージメント GIST術後再発時期および形式からみた術後サーベイランスの検討, 和田 範子, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 瀧口 修司, 益澤 徹, 川田 純司, 西田 俊朗, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会誌, 50, (3) 2211 - 2211,   2015年09月
  • ニロチニブ耐性GISTに対して手術を施行した2例, 菅生 貴仁, 高橋 剛, 石川 卓, 市川 寛, 廣田 誠一, 中島 清一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 若井 俊文, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本癌治療学会誌, 50, (3) 2490 - 2490,   2015年09月
  • 食道癌DCF療法における発熱性好中球減少症に関連する因子の検討, 中原 裕次郎, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (8) 1819 - 1824,   2015年08月, 背景:食道癌に対するDCF療法はFP療法に代わる治療法として期待されている.一方で,骨髄抑制,発熱性好中球減少症 (febrile neutropenia;以下,FNと略記)が高頻度との報告がある.方法:2010年から2012年までにDCF療法を施行した108例を対象とし,血液毒性やFNの頻度およびFN関連因子について検討した.結果:年齢の中央値は67歳,性別は男/女=100/8例,cStage I/II/III/IV=7/9/53/39例であった.Grade4の好中球減少症を54.6%に,FNは37.0%に認めた.患者因子のうち,高齢と嚥下障害がFN発症に関連する独立因子となった.結語:食道癌に対するDCF療法では好中球減少やFNの発症が高頻度であった.一方で,FN関連因子が明らかとなり,食道癌化学療法における個別化につながる可能性が示唆された.(著者抄録)
  • 【食道がん治療戦略のUp to Date】 胸部食道癌に対する根治的CRT後salvage手術の治療成績と問題点, 宮田 博志, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 癌の臨床, 61, (3) 197 - 204,   2015年07月
  • 頸部食道癌の治療戦略 CRTと外科的治療の住み分けと合併治療 当科における予後解析に基づいた頸部食道癌に対する治療戦略の検討, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮田 博志, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道癌術後合併症の診断と治療 新しい工夫 食道癌術後胃食道逆流に対する新規治療法の開発, 山崎 誠, 中島 清一, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 高齢食道癌手術の術前高齢者総合機能評価(CGA)による合併症と予後評価の有用性の検討, 三上 城太, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 導入化学療法後に内視鏡下粘膜下層剥離術(ESD)にて治癒切除したcT1bN0食道癌の1例, 牧野 知紀, 石原 立, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道胃接合部癌における術前PET-CT検査の有用性, 和田 範子, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道癌術後患者に対しワイヤレス型pHモニターを用いた胃管残食道逆流症の定量的評価, 長瀬 博次, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道癌術後患者における再建胃管の走向・形態と術後障害、消化器症状との関連, 宮崎 安弘, 山崎 誠, 牧野 知紀, 瀧口 修司, 黒川 幸典, 高橋 剛, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 遊離空腸採取後に発症した腸重積の2例, 菅生 貴仁, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道癌術後に右鎖骨下動脈に生じた仮性動脈瘤に対してトロンビン注入を施行した1例, 加藤 亮, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 高齢者食道癌周術期における経腸栄養(腸瘻)の有用性についての検討, 塚尾 祐貴子, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 同時性重複癌を有する食道癌症例の治療戦略の検討, 西垣 貴彦, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道癌根治切除後のリンパ節再発に対するDCFR療法の治療成績, 大久保 聡, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道癌の再発に対して、縦隔気管孔造設を要した7例の検討, 百瀬 洸太, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 宮田 博志, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 左右傍反回神経リンパ節の解剖学的転移分布の検討, 金村 剛志, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道扁平上皮癌における腫瘍の位置とリンパ節転移の検討, 中原 裕次郎, 山崎 誠, 宮田 博志, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道癌術後の胃管-左主気管支瘻に対し、左開胸開腹にて修復術を行った一例, 木戸上 真也, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 術前化学療法後に原発巣のpathological CRが得られた食道癌症例の治療成績, 福田 周一, 宮田 博志, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道癌DCF療法におけるグレリン値と腎障害の検討, 柳本 喜智, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 山崎 誠, 高橋 剛, 黒川 幸典, 宮田 博志, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道癌に対するDCF療法の下痢発現とそのリスクの検討, 新野 直樹, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道原発間葉系腫瘍に対する切除術27例の臨床病理学的検討, 中塚 梨絵, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 進行再発固形がん患者に対するMogamulizumab投与Ia相試験における制御性T細胞除去効果, 武岡 奉均, 和田 尚, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 上田 龍三, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道扁平上皮癌における診断・再発マーカーとしての抗p53抗体の有用性, 山本 昌明, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道扁平上皮癌に対するSOCS1遺伝子治療についての検討, 原 尚志, 高橋 剛, 中塚 梨絵, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道癌患者における術後合併症および周術期CRP値の予後に与える影響, 山下 公太郎, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 多発横隔膜上憩室に対してHALS下部食道切除術を施行した1例, 谷口 嘉毅, 高橋 剛, 中島 清一, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 食道裂孔ヘルニア合併アカラシアに対する腹腔鏡下手術11例の検討, 東 重慶, 中島 清一, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 69回,   2015年07月
  • 世界へ発信する食道外科医療 食道がんに対する高質の手術に先立って実施する化学療法の意義(Esophageal Surgery, Expanding into the World Significance of chemotherapy followed by high quality of surgery for esophageal cancer), 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮田 博志, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡手術導入の是非 進行胃癌に対する腹腔鏡手術適応拡大の可能性, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 和田 範子, 牧野 知紀, 山崎 誠, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • GIST治療におけるイマチニブ血中濃度測定, 西垣 貴彦, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 肥満患者に対する減量手術 減量手術によるメタボリックシンドロームに対する効果, 宮崎 安弘, 新野 直樹, 瀧口 修司, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮田 博志, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • Siewert type 2食道胃接合部癌に対する術式の比較・検討, 新野 直樹, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 評価型外科縫合シミュレーターを用いた腹腔鏡セミナーの有用性の検討, 武岡 奉均, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 食道裂孔ヘルニア合併アカラシアに対する腹腔鏡下手術10例の検討, 東 重慶, 中島 清一, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 高齢者消化器癌に対する治療戦略 高齢胃癌患者の術後他病死およびQOLの検討, 三上 城太, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 食道癌患者における術後合併症と予後との関連についての検討, 山下 公太郎, 宮田 博志, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 世界へ発信する胃外科医療 切除可能な胃がんに対する滑液包切除術の有効性の実証(Stomach Surgery, Expanding into the World Evidence of bursectomy for resectable gastric cancer), 黒川 幸典, 藤田 淳也, 今村 博司, 平尾 素宏, 藤原 義之, 木村 豊, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 当科で行った食道癌根治術例における気管憩室の頻度について, 百瀬 洸太, 山崎 誠, 宮田 博志, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 食道外科領域における手術手技の工夫 気管浸潤を疑う食道癌に対する気管合併切除・再建手技, 山崎 誠, 宮田 博志, 牧野 知己, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 進行胃癌胃全摘症例における脾摘の意義, 和田 範子, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 胃外科領域における手術手技の工夫 進行接合部がんに対する腹腔鏡下傍リンパ節郭清(16a2lat), 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 腸管虚血に対する共焦点内視顕微鏡を用いた術中血流評価の試み, 中塚 梨絵, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 中島 清一, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 再発GIST治療の個別化へ向けて(症例検討) イマチニブ耐性GISTに対する外科治療成績ならびに耐性遺伝子変異の検討, 高橋 剛, 廣田 誠一, 西田 俊朗, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 胃癌術後リンパ球減少症と予後との関連性, 大久保 聡, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 山崎 誠, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 術前化学療法により原発巣の病理学的完全寛解が得られた食道癌症例の検討, 福田 周一, 宮田 博志, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 胃癌腹膜播種の病態と診断・治療 進行胃癌に対する光線力学的診断併用審査腹腔鏡検査と一般臨床導入に向けた医師主導治験への取り組み, 原 尚志, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 進行又は再発消化器がん患者に対するMogamulizumabの安全性および有用性の検討, 長瀬 博次, 和田 尚, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 上田 龍三, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 食道扁平上皮癌における腫瘍マーカーの検討, 山本 昌明, 山崎 誠, 牧野 知紀, 宮田 博志, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • 腹腔鏡下幽門側胃切除Billroth-I再建術における吻合法による消化管機能の比較試験 Delta vs Circular, 柳本 喜智, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本消化器外科学会総会, 70回,   2015年07月
  • Metabolic Surgeryの理論的根拠 術後ホルモンの動向(グレリン) 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術における臨床的意義, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 新野 直樹, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集, 33回,   2015年06月
  • 手術手技とトラブルシューティング 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術(LSG)における胃の授動とステープリング, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 新野 直樹, 高橋 剛, 黒川 幸典, 牧野 知紀, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集, 33回,   2015年06月
  • 高度肥満症例に対する脂肪由来幹細胞スクリーニング結果に基づいた明日葉サプリメント投与効果検討試験実施報告, 安枝 明日香, 松本 めぐみ, 阪上 未紀, 宮崎 安弘, 柳本 善智, 徳澤 千恵, 長井 直子, 瀧口 修司, 大野木 宏, 前田 和久, 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 15回,   2015年05月
  • 胃癌に対する手術手技 コツとピットフォール 上部消化管 腹腔鏡下胃全摘における安全な再建法とは JCOGphaseII試験によりLTGの安全性を証明するための提言, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 食道癌Near T4症例に対する治療戦略 上部消化管 T4b胸部食道癌に対する治療戦略, 山崎 誠, 宮田 博志, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 胃癌胃全摘術後の腸管運動機能低下に対する大建中湯の有用性 多施設前向き無作為化比較試験, 西川 和宏, 西田 俊朗, 高橋 剛, 赤丸 祐介, 大森 健, 三方 彰喜, 山村 憲幸, 野呂 浩史, 宮崎 知, 遠藤 俊治, 伊藤 壽記, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 腹腔鏡下胃全摘術後の再建 Circular stapler vs Linear stapler 上部消化管 Circular stapler, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 牧野 知紀, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 食道癌DCF療法におけるグレリン値と腎障害の検討, 柳本 喜智, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 ω3系脂肪酸による抗癌剤毒性発現抑制効果の検討, 村上 剛平, 宮田 博志, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 食道扁平上皮癌におけるSIRT4発現の意義, 中原 裕次郎, 山崎 誠, 澤田 元太, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, ミヤタ 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 三森 功士, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 食道癌におけるオートファジーマーカーの発現と化学療法治療効果との関連について, 山下 公太郎, 宮田 博志, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 食道胃接合部癌に対する手術手技 コツとピットフォール 上部消化管 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡下リンパ節郭清手技 下縦隔・大動脈周囲リンパ節郭清, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 スリーブ状胃切除術成績とグレリン因子との臨床的相関, 宮崎 安弘, 瀧口 修司, 新野 直樹, 柳本 嘉智, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 開腹胃切除術における超音波凝固切開装置(ハーモニック)使用の有用性に関するランダム化比較第II相臨床試験, 川端 良平, 瀧口 修司, 山本 和義, 木村 豊, 今村 博司, 吉川 正人, 藤田 淳也, 田村 茂行, 藤谷 和正, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 当科での左側臥位胸腔鏡下食道切除の定型化と治療成績向上に向けた取り組み, 宮田 博志, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 胃癌腹膜播種に対するSOCS-1遺伝子治療の有効性と細胞周期の制御に与える影響の検討, 中塚 梨絵, 高橋 剛, 世良田 聡, 藤本 穣, 相馬 大人, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 仲 哲治, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 食道胃接合部癌における術前PET-CT検査の有用性, 和田 範子, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 下部消化管 肉眼的に他臓器浸潤を認めたGIST切除症例の検討, 西垣 貴彦, 高橋 剛, 西田 俊朗, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 下部消化管 切除不能再発GISTに対してイマチニブ長期寛解後中止症例の検討, 高橋 剛, 西田 俊朗, 中塚 梨絵, 原 尚志, 西垣 貴彦, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清人, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 早期胃癌におけるリンパ節転移症例の腫瘍局在とリンパ節転移部位の関連性, 大久保 聡, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 高齢者上部消化管癌手術症例における高齢者総合機能評価を用いた術後せん妄発症予測についての検討, 山本 昌明, 山崎 誠, 宮田 博志, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 縦隔気管孔造設を要した食道癌手術17例の検討, 百瀬 洸太, 山崎 誠, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 次世代シーケンサーを用いた癌細胞由来遊離DNAの定量的検出による胃癌の術後経過モニタリング, 浜川 卓也, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 木村 豊, 大里 浩樹, 瀧口 修司, 加藤 菊也, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 T4b食道癌に対する手術を中心とした治療戦略, 土岐 祐一郎, 瀧口 修司, 宮田 博志, 山崎 誠, 黒川 幸典, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 森 正樹, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 上部消化管 食道癌における左頸部食道傍リンパ節転移分布に関する検討, 金村 剛志, 宮田 博志, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 基礎研究・移植再生 TLR-3,4アゴニストをアジュバントとするNY-ESO-1タンパクがんワクチン臨床試験, 武岡 奉均, 和田 尚, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • その他 Surgical Smokeの安全性の検討, 東 重慶, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 中島 清一, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • その他 NY-ESO-1長鎖重複ペプチドを用いたがんワクチン臨床試験, 長瀬 博次, 和田 尚, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • その他 加圧トレーニングにおける成長ホルモンとグレリンの関係について, 新野 直樹, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回,   2015年04月
  • 腹腔鏡下胃全摘術における食道空腸吻合法の検討 LinearかCircularか, 新野 直樹, 瀧口 修司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 早期胃癌症例におけるリンパ節転移好発basinの検討, 大久保 聡, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 食道胃接合部腺癌における術前PET-CT検査の有用性, 和田 範子, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 胃癌審査腹腔鏡検査における5-アミノレブリン酸を用いた腹膜播種診断に関する検討, 山下 公太郎, 高橋 剛, 原 尚志, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 腹腔鏡下胃切除術膵上縁リンパ節郭清における神経叢外側剥離層の選択 ドレーンアミラーゼ値に対する影響, 百瀬 洸太, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 胃上部早期胃癌に対する術式に関する前向きコホート観察研究, 高田 晃宏, 今村 博司, 広田 将司, 和田 範子, 瀧口 修司, 藤原 義之, 平尾 素宏, 藤谷 和正, 松山 仁, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 幽門保存胃切除術における術後長期成績についての検討, 村上 剛平, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 瀧口 修司, 中島 清一, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 胃切除後の残胃におけるRGB分類の臨床的意義についての検討, 武岡 奉均, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 幽門側胃切除後再建(B-I法vsR-Y法)に関するランダム化第II相臨床試験 術後5年目追跡調査結果, 藤田 淳也, 瀧口 修司, 三上 城太, 今村 博司, 木村 豊, 平尾 素宏, 藤原 義之, 小林 研二, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 胃癌術後合併症が再発に及ぼす影響, 金村 剛志, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 胃癌術後CRP値と予後との関連性, 西塔 拓郎, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • Delleを伴う胃GISTの臨床病理学的特徴と手術成績, 福田 周一, 中島 清一, 高橋 剛, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 山崎 誠, 宮田 博志, 瀧口 修司, 西田 俊朗, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 完全切除後のGISTに対する術後補助化学療法についての検討, 西垣 貴彦, 高橋 剛, 西田 俊朗, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • GISTに対するスニチニブ治療症例の検討, 中塚 梨絵, 高橋 剛, 西田 俊郎, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 経腟Hybrid NOTES胃局所切除術の最新手技, 東 重慶, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 中島 清一, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 胃癌における新規腫瘍マーカーとしてのNY-ESO-1抗体, 長瀬 博次, 和田 尚, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 胃癌患者における血漿フィブリノゲン値の再発予測能の検討, 山本 昌明, 黒川 幸典, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 胃癌腹膜播種診断に対する審査腹腔鏡検査の現状, 原 尚志, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 日本胃癌学会総会記事, 87回,   2015年03月
  • 胃内視鏡検査における管腔内圧動態の経時的な解析, 東 重慶, 中島 清一, 広田 将司, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 山崎 誠, 宮田 博志, 黒川 幸典, 瀧口 修司, 加藤 元彦, 辻井 正彦, 竹原 徹郎, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 胃病態機能研究会誌, 47,   2015年01月
  • 食道癌化学放射線療法後の胃壁内再発に対してSalvage手術を施行した1例, 中原 裕次郎, 山崎 誠, 宮田 博志, 宮崎 安弘, 高橋 剛, 黒川 幸典, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 癌と化学療法, 41, (12) 2003 - 2005,   2014年11月, 症例は69歳、男性。進行食道癌に対して化学放射線療法を施行、完全奏効を得た。治療終了1年4ヵ月後に腹腔動脈周囲リンパ節の再発を認め、化学療法、放射線療法を施行した。3ヵ月後のPET-CTで腹腔動脈リンパ節は異常集積を認めないも胃噴門部に異常集積を認めた。内視鏡上、同部位に2型病変を認め生検にて扁平上皮癌と診断。食道癌の胃壁内再発と診断し、当院紹介となった。噴門側胃切除、腹腔動脈周囲リンパ節切除術を施行し、術後1年現在無再発生存中である。食道癌の異時性胃壁内再発は極めてまれであり、文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)
  • 門脈腫瘍栓を伴った胃癌肝転移の1切除例, 畑 知樹, 和田 浩志, 富丸 慶人, 友國 晃, 濱 直樹, 川本 弘一, 小林 省吾, 浅岡 忠史, 丸橋 繁, 江口 英利, 梅下 浩司, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 永野 浩昭, 癌と化学療法, 41, (12) 2136 - 2138,   2014年11月, 症例は58歳、男性。2010年10月に上部内視鏡にて胃噴門部から胃角部まで広がる3型病変を指摘され、当科紹介となった。腹部CTにて肝転移(S8)、膵浸潤を認め、全身化学療法を施行し奏効が得られたため2011年4月に胃全摘術、D2郭清、脾臓摘出術、膵体尾部切除術、肝S8部分切除術を施行した。術後にS-1を8コース施行したが、2012年4月の腹部CTにて肝転移再発(S2)を認め、weekly paclitaxel単剤化学療法を7コース行った。11月の腹部CT、MRIにてP2からUPに達する門脈腫瘍栓を認めたが、新規病変を認めないことより12月に肝左葉切除術を施行。病理組織学的検査では著明な脈管侵襲を認める低分化型腺癌の像であった。2013年3月に多発肝転移再発を認め、初回手術より27ヵ月、肝切除術後7ヵ月目に癌死した。(著者抄録)
  • 集学的治療により長期生存が得られた同時性肝転移を有する巨大胃GISTの1例, 原 尚志, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 癌と化学療法, 41, (12) 2399 - 2401,   2014年11月, 切除不能・再発GISTに対する治療の第一選択はイマチニブ治療である。一方、イマチニブ耐性GISTに対しては分子標的治療薬の変更、外科的治療+イマチニブ継続治療が行われるが、未だ統一見解はない。今回、イマチニブ治療を中心とした集学的治療により長期生存が得られた症例を経験したため報告する。症例は40歳台、男性。腹痛および腫瘤触知を主訴に近医受診。内視鏡検査にて、胃粘膜下腫瘍を認め当院紹介となった。腹部CT検査にて、胃体上部後壁に壁外突出型の長径23cmの腫瘍を認めた。また、同時性の多発肝転移を認め切除不能GISTと診断、イマチニブ治療を開始した。治療開始後2週間目に上腹部痛・発熱が出現し、腫瘍の壊死と膿瘍形成を認めたため、緊急で膵尾部脾合併切除を伴う胃局所切除、肝部分切除、ラジオ波焼灼治療(RFA)を施行した。術後、イマチニブ治療を再開した。術後4年目の肝S4の再発巣に対しRFAを施行、さらに術後8年目に同部に再発を認めたため、肝右葉切除を施行した。現在、術後9年経過し、イマチニブ治療継続中にて無再発生存中である。(著者抄録)
  • イマチニブ長期奏効後の中断に伴い再燃を生じた再発GISTの1例, 中塚 梨絵, 高橋 剛, 宮崎 安弘, 黒川 幸典, 山崎 誠, 宮田 博志, 中島 清一, 瀧口 修司, 森 正樹, 土岐 祐一郎, 癌と化学療法, 41, (12) 2478 - 2480,   2014年11月, 切除不能・再発GISTに対する治療の第一選択は分子標的薬イマチニブであり、高い有用性を示しているが、中断による再燃が指摘され問題となっている。そのため、イマチニブ治療は耐性出現まで一生涯の継続治療が必要と考えられている。今回われわれは、再発GISTに対する7年間のイマチニブ投与、完全奏効後に治療を中断し、再燃を来した1例を経験したので、その経過を含めて報告する。症例は62歳、男性。1997年、胃GISTに対して胃全摘を施行した。1999年、肝転移に対し肝部分切除術を施行した。再再発にて2002年よりイマチニブ400mg/日内服を開始し完全寛解を得たが、7年間の治療後に投薬を中断したところ、18ヵ月後に肝転移の再燃を認めた。イマチニブ再開により制御を得たものの、2013年、肝S7に耐性病変が出現した。耐性病変に対する肝部分切除術を施行し、イマチニブ投与を継続して現在に至る。(著者抄録)

受賞

  •   2013年02月, 日本胃癌学会, 西記念賞
  •   2001年11月, 日本内視鏡外科学会, カールストルツ賞


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.