研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

森田 明理モリタ アキミチ

所属部署医学研究科加齢・環境皮膚科学分野
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.med.nagoya-cu.ac.jp/derma.dir/
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:1989年 名古屋市立大学医学部医学科卒業
    1990年 名古屋市立大学大学院医学研究科(博士課程)入学
    1995-1997年 独デュッセルドルフ大学皮膚科(独フンボルト財団奨学研究員)
    1997-1998年 米テキサス大学サウスウエスターンメディカルセンター
    2003年〜 名古屋市立大学大学院医学研究科 教授
    2008年〜2013年 Journal of Dermatological Science 編集長
    2015年1月〜 名古屋市立大学病院副院長(研究担当)
    2016年4月〜 日本学術振興会 学術システム研究センター専門研究員

学歴

  •  - 1994年, 名古屋市立大学, 医学研究科, 皮膚科学
  •  - 1989年, 名古屋市立大学, 医学部, 医学

学位

  • 博士(医学), 名古屋市立大学

所属学協会

  • 日本皮膚科学会
  • 日本免疫学会
  • 日本癌学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本研究皮膚科学会
  • 日本乾癬学会
  • 基盤的癌免疫研究会
  • 日本臨床皮膚科医学会
  • Society of Investigative Dermatology
  • 日本皮膚科学会東海地方会評議員
  • 日独皮膚科学会
  • The Photomedicine Society
  • 日本接触皮膚炎学会

委員歴

  •   2017年12月 - 現在, 日本研究皮膚科学会, 理事長
  • 日本研究皮膚科学会, 評議員
  •   1999年, 日本皮膚科学会東海地方会評議員, 評議員

経歴

  •   1990年 - 1994年,  愛知県ガンセンター,
  •   1994年 - 1995年,  名古屋市立大学医学部皮ふ科
  •   1995年 - 1997年,  独フンボット財団
  •   1997年 - 1998年,  テキサス大学サウスウエスターンメディカルセンター,
  •   1998年 - 2001年,  名古屋市立大学医学部皮ふ科

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 免疫学
  • 内科系臨床医学, 皮膚科学

論文

  • Regulatory T cells expressing abundant CTLA-4 on the cell surface with a proliferative gene profile are key features of human head and neck cancer., Matoba T, Imai M, Ohkura N, Kawakita D, Ijichi K, Toyama T, Morita A, Murakami S, Sakaguchi S, Yamazaki S, International journal of cancer, 144, (11) 2811 - 2822,   2019年06月, 査読有り
  • Hyperglycemia Is Associated with Psoriatic Inflammation in Both Humans and Mice., Ikumi K, Odanaka M, Shime H, Imai M, Osaga S, Taguchi O, Nishida E, Hemmi H, Kaisho T, Morita A, Yamazaki S, The Journal of investigative dermatology, 139, (6) 1329 - 1338.e7,   2019年06月, 査読有り
  • Ras homolog gene family H (RhoH) deficiency induces psoriasis-like chronic dermatitis by promoting TH17 cell polarization., Tamehiro N, Nishida K, Sugita Y, Hayakawa K, Oda H, Nitta T, Nakano M, Nishioka A, Yanobu-Takanashi R, Goto M, Okamura T, Adachi R, Kondo K, Morita A, Suzuki H, The Journal of allergy and clinical immunology, 143, (5) 1878 - 1891,   2019年05月, 査読有り
  • The contribution of joint and skin improvements to the health-related quality of life of patients with psoriatic arthritis: a post hoc analysis of two randomised controlled studies., Kavanaugh A, Gottlieb A, Morita A, Merola JF, Lin CY, Birt J, Shuler CL, Hufford MM, Thaçi D, Annals of the rheumatic diseases,   2019年05月, 査読有り
  • Mogamulizumab Treatment Elicits Autoantibodies Attacking the Skin in Patients with Adult T-Cell Leukemia-Lymphoma., Suzuki Y, Saito M, Ishii T, Urakawa I, Matsumoto A, Masaki A, Ito A, Kusumoto S, Suzuki S, Hiura M, Takahashi T, Morita A, Inagaki H, Iida S, Ishida T, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research,   2019年04月, 査読有り
  • Real-World Postmarketing Study of the Impact of Adalimumab Treatment on Work Productivity and Activity Impairment in Patients with Psoriatic Arthritis., Nakagawa H, Tanaka Y, Sano S, Kameda H, Taniguchi A, Kashiwagi T, Kawaberi T, Kimura J, Morita A, Advances in therapy, 36, (3) 691 - 707,   2019年03月, 査読有り
  • Long-term efficacy and safety of secukinumab in Japanese patients with moderate to severe plaque psoriasis: 3-year results of a double-blind extension study., Okubo Y, Ohtsuki M, Morita A, Yamaguchi M, Shima T, Tani Y, Nakagawa H, Extension Study Japanese Subgroup., The Journal of dermatology, 46, (3) 186 - 192,   2019年03月, 査読有り
  • Optimum wavelength characteristics for phototherapy utilizing deep ultraviolet light-emitting diodes., Masuda H, Kimura M, Morita A, Journal of dermatological science, 93, (3) 186 - 188,   2019年03月, 査読有り
  • Efficacy and safety of adalimumab in Japanese patients with psoriatic arthritis and inadequate response to non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs): A prospective, observational study., Morita A, Okuyama R, Katoh N, Tateishi C, Masuda K, Komori T, Ogawa E, Makino T, Nishida E, Nishimoto S, Muramoto K, Tsuruta D, Ihn H, Modern rheumatology, 1 - 11,   2019年03月, 査読有り
  • Inhibition of the Interleukin-36 Pathway for the Treatment of Generalized Pustular Psoriasis., Bachelez H, Choon SE, Marrakchi S, Burden AD, Tsai TF, Morita A, Turki H, Hall DB, Shear M, Baum P, Padula SJ, Thoma C, The New England journal of medicine, 380, (10) 981 - 983,   2019年03月, 査読有り
  • Late-onset psoriatic arthritis in Japanese patients., Yamamoto T, Ohtsuki M, Sano S, Morita A, Igarashi A, Okuyama R, Kawada A, The Journal of dermatology, 46, (2) 169 - 170,   2019年02月, 査読有り
  • Facial site distribution of basal cell carcinoma in Japanese., Oda T, Kato H, Watanabe S, Morita A, Experimental dermatology, 28 Suppl 1, 69 - 71,   2019年02月, 査読有り
  • Preface., Ando H, Ichihashi M, Morita A, Experimental dermatology, 28 Suppl 1,   2019年02月, 査読有り
  • Facial distribution of squamous cell carcinoma in Japanese., Kato H, Oda T, Watanabe S, Morita A, Experimental dermatology, 28 Suppl 1, 72 - 74,   2019年02月, 査読有り
  • Dual wavelength 5-aminolevulinic acid photodynamic therapy using a novel flexible light-emitting diode unit., Masuda H, Kimura M, Nishioka A, Kato H, Morita A, Journal of dermatological science, 93, (2) 109 - 115,   2019年02月, 査読有り
  • Ezh2 Controls Skin Tolerance through Distinct Mechanisms in Different Subsets of Skin Dendritic Cells., Loh JT, Lim TJF, Ikumi K, Matoba T, Janela B, Gunawan M, Toyama T, Bunjamin M, Ng LG, Poidinger M, Morita A, Ginhoux F, Yamazaki S, Lam KP, Su IH, iScience, 10, 23 - 39,   2018年12月, 査読有り
  • HLA-B46 is associated with severe sacroiliitis in Japanese patients with psoriatic arthritis., Ikumi K, Kobayashi S, Tamura N, Tada K, Inoue H, Osaga S, Nishida E, Morita A, Modern rheumatology, 1 - 16,   2018年10月, 査読有り
  • Achieving minimal disease activity in psoriatic arthritis predicts meaningful improvements in patients' health-related quality of life and productivity., Coates LC, Orbai AM, Morita A, Benichou O, Kerr L, Adams DH, Shuler CL, Birt J, Helliwell PS, BMC rheumatology, 2,   2018年, 査読有り

MISC

  • Heterogeneity of programmed death-ligand expression in a case of Merkel cell carcinoma exhibiting complete regression after multiple metastases, M. Nakamura, T. Magara, Y. Kobayashi, H. Kato, S. Watanabe, A. Morita, British Journal of Dermatology, 180,   2019年05月01日
  • 隆起性腫瘤を呈したBlastic Plasmacytoid Dendritic Cell Neoplasmの1例, 小田 隆夫, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 伊藤 旭, 正木 彩子, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 61, (4) 559 - 562,   2019年04月, <文献概要>74歳,男性。半年ほど前から右肩部に結節を自覚,徐々に増大した。初診時,右肩部に長径60mmの腫瘍を認め,有棘細胞癌などの皮膚原発悪性腫瘍を疑い右肩部より生検を施行した。HE標本では真皮から脂肪組織レベルに小型のリンパ球様の腫瘍細胞が密に集簇しており,免疫染色の所見から血液の悪性腫瘍を疑ったが確定診断には至らなかった。全摘した標本の免疫染色の所見よりblastic plasmacytoid dendritic cell neoplasmと診断した。経過中に頭部にも徐々に隆起する20mm大の皮膚結節が出現し,これも切除した。骨髄生検では骨髄に腫瘍細胞はみられず,PETでも他の部位に病変を認めず現在経過観察中である。本疾患は比較的まれな腫瘍のひとつであり,予後が悪い。期待されている新たな治療法を含め,報告した。
  • B型肝炎ウイルスキャリアに発症した薬剤性過敏症症候群の1例, 小林 由佳, 西尾 栄一, 的屋 真美, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 61, (4) 503 - 507,   2019年04月, <文献概要>47歳,女性。アロプリノール投与後に薬剤性過敏症症候群(DIHS)を発症した。B型肝炎ウイルスのキャリアであることを考慮して,エンテカビルとステロイド中等量投与,さらにガンマグロブリン静注療法を開始し,ステロイド投与に伴う免疫抑制状態下においてもB型肝炎の劇症化に至ることなく治療を行うことができた。原因薬としては経過からアロプリノールによるものを強く疑った。B型肝炎ウイルスのキャリアにDIHSが発症した場合には,肝炎ウイルスの再活性化による劇症化を警戒した治療選択が必要である。
  • 【沈着症】臨床例 下腿に生じたミノサイクリン塩酸塩による色素沈着, 野尻 由佳, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 森田 明理, 皮膚病診療, 41, (4) 357 - 360,   2019年04月, <文献概要>症例のポイント ・両側下腿前面に青黒色斑が出現し,ミノサイクリン塩酸塩による色素沈着II型と考えられた1例を報告した.・内服は中止とし,中止後10ヵ月後に消褪した.・ミノサイクリンは抗菌作用だけではなく,抗炎症作用があるため,慢性炎症性疾患に対して長期にわたって用いられる薬剤ではあるが,色素沈着については忘れてはならない副作用として広く認識する必要がある.
  • アプレミラスト投与を行った乾癬患者145例における検討, 西田 絵美, 中田 礼, 鳥居 寛, 井汲 今日子, 西原 春奈, 斎藤 稚代, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 36, (2) 335 - 335,   2019年04月
  • 炎症性皮膚疾患治療update, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 36, (2) 300 - 300,   2019年04月
  • 光線療法のガイドラインと将来 いよいよ光線療法は次のステップへ, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 36, (2) 228 - 228,   2019年04月
  • 頭頂部に生じたProliferating trichilemmal cystの1例, 真柄 徹也, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 129, (3) 401 - 401,   2019年03月
  • 適正使用の手引き 化膿性汗腺炎におけるアダリムマブの使用上の注意/化膿性汗腺炎の診療の手引き, 照井 正, 大槻 マミ太郎, 黒川 一郎, 佐藤 伸一, 高橋 健造, 鳥居 秀嗣, 林 伸和, 森田 明理, アダリムマブ・化膿性汗腺炎診療の手引き策定委員会, 日本皮膚科学会雑誌, 129, (3) 325 - 329,   2019年03月
  • 脊椎関節炎-1 日本人活動性PsA患者におけるリサンキズマブの有効性及び安全性 第2相試験結果, 岡田 正人, Heap Graham, Eldred Ann, Topp Andrew, 北村 奨, 森田 明理, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 63回,   2019年03月
  • 脊椎関節炎-1 TNF阻害薬で効果不十分又は不耐性の活動性乾癬性関節炎患者でのイキセキズマブの有効性及び安全性 SPIRIT-P2(第3相試験、2年データ), 岡田 正人, 森田 明理, 中條 航, 板倉 仁枝, Gellett Amanda M., Kerr Lisa, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 63回,   2019年03月
  • CD30陽性Lymphoproliferative Disordersを合併した菌状息肉症の1例, 藤原 明子, 西田 絵美, 加藤 裕史, 古橋 卓也, 澤田 啓生, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 61, (3) 409 - 413,   2019年03月, <文献概要>92歳,男性。2001年に紅皮症となり,病理組織でsuperficial chronic dermatitisと診断し治療にて一旦軽快した。その後,全身の紅斑が再燃し右前腕に2cm大の紅色結節が出現したため,再度受診した。紅斑部の病理組織像は菌状息肉症と考えられ,結節部は臨床像,病理組織よりCD30陽性lymphoproliferative disordersと診断した。WHO-EORTC分類では菌状息肉症とCD30陽性lymphoproliferative disordersはそれぞれ独立して分類されているが,過去にも菌状息肉症の経過中に原発性皮膚ALCLやリンパ腫様丘疹症など類似の結節を生じた合併例の報告も散見される。自験例も既存の分類には当てはまらないが,一連の経過からは関連性があると考えられたため,続発性と考えた。
  • 【制御性T細胞研究の現在】 基礎 組織免疫 皮膚の樹状細胞と制御性T細胞のクロストークによる免疫制御, 山崎 小百合, 森田 明理, 医学のあゆみ, 268, (13) 1165 - 1169,   2019年03月, 樹状細胞(DC)は、制御性T細胞(Treg)の増殖誘導やホメオスタシスに重要な役割を果たす。リンパ組織においてTregの増殖誘導に特化したDCサブセットが存在する。皮膚においてもさまざまなDCサブセットが存在し、Tregの増殖誘導に関わるサブセットが報告されている。表皮Langerhans細胞(LC)は、ハプテンを塗布した免疫寛容の誘導や放射線照射し骨髄移植を行う実験系でTregの誘導に関与すると報告されてきた。一方、紫外線を照射した皮膚ではTregがCD4の半分以上に増殖するが、この際に重要なのはLCではなく、CD11b-typeのランゲリン陰性真皮DCサブセットである。紫外線照射により皮膚で増えたTregは全身のTregのホメオスタシスにも関与する。紫外線照射によって皮膚でDCとTregがクロストークし、全身の免疫制御に貢献していることが示唆された。(著者抄録)
  • 糖尿病性皮膚潰瘍に合併した骨髄炎における軟部組織と骨組織からの検出菌の比較検討, 加藤 裕史, 中村 元樹, 西田 絵美, 森田 明理, 日本フットケア学会年次学術集会プログラム・抄録集, 17回,   2019年02月
  • HLA-B52陽性であった壊疽性膿皮症に高安動脈炎が合併した1例, 加納 慎二, 西田 絵美, 小林 由佳, 鳥居 寛, 森田 明理, 山邉 徹, 難波 大夫, 日本皮膚科学会雑誌, 129, (2) 224 - 224,   2019年02月
  • 幼少期に施行した予防接種による左上腕部ケロイド治療後より生じた有棘細胞癌の1例, 真柄 徹也, 堀尾 愛, 加藤 裕史, 森田 明理, 中村 元樹, 松原 章宏, 村松 伸之介, 日本皮膚科学会雑誌, 129, (2) 208 - 209,   2019年02月
  • パンツ型転移を来たした乳房外Paget病の1例, 中村 賢人, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 中村 元樹, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 129, (2) 208 - 208,   2019年02月
  • ナローバンドUVBの基本と今後の発展, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 129, (2) 202 - 203,   2019年02月
  • 左手掌に生じたMondor病の1例, 真柄 徹也, 加藤 裕史, 高木 佐千代, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 129, (2) 195 - 195,   2019年02月
  • Stage IV悪性黒色腫に対してNivolumab使用中に水疱性類天疱瘡を発症した1例, 中村 賢人, 中村 元樹, 加藤 裕史, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 129, (2) 192 - 192,   2019年02月
  • 乾癬性紅皮症に生じた多発性有棘細胞癌の1例, 甚目 航太, 西田 絵美, 中村 賢人, 真柄 徹也, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 129, (2) 192 - 192,   2019年02月
  • 臀部巨大粉瘤から生じた有棘細胞癌の1例, 加納 慎二, 加藤 裕史, 鳥居 寛, 中村 元樹, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 129, (2) 192 - 192,   2019年02月
  • 難治性皮膚疾患への紫外線デバイス, 森田 明理, 再生医療, 18, (1) 11 - 25,   2019年02月, わが国において多くの皮膚疾患に対し、波長ごとの特性を用いた紫外線療法が開発されてきた。1)紫外線・赤外線の波長、2)紫外線治療の基本メカニズム、3)環境因子の一つである紫外線と制御性T細胞、4)紫外線療法による制御性T細胞の増加と機能回復、について述べ、311nmナローバンドUVB、308nmエキシマライト、312nmターゲット・フラットタイプ・ナローバンドUVB、UVA1(340〜400nm)療法について概説した。
  • 右肩に生じたDesmoplastic Malignant Melanomaの1例, 真木 章仁, 加藤 裕史, 小林 由佳, 堀尾 愛, 中村 元樹, 渡辺 正一, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 61, (2) 272 - 275,   2019年02月, <文献概要>82歳,女性。6年前,近医にて右肩甲部の腫瘤を切除した。3年前より同部位に腫瘤が再発し,徐々に増大したため,近医外科を受診し,病理所見にてdesmoplastic malignant melanomaと考えられ,当科を紹介受診した。初診時右肩甲部に6.5cm大の弾性軟の紅色腫瘤を認めた。病理組織学的には好塩基性の細胞増殖とその周囲に紡錘形細胞増殖を認めた。免疫組織化学染色で好塩基性細胞はS100蛋白,melan-A,HMB-45陽性,紡錘形細胞はS100蛋白陽性,HMB-45,melan-A,CD34,SMAは陰性だった。以上からdesmoplastic malignant melanomaと確定診断した。Desmoplastic malignant melanomaは悪性黒色腫のまれな亜型であり,若干の考察を加えて報告した。
  • 外傷性動脈損傷後の血腫に対して外科的処置を要した1例, 澤田 理絵, 加藤 裕史, 坂井田 高志, 堀尾 愛, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 61, (2) 239 - 243,   2019年02月, <文献概要>57歳,女性。外傷により右大腿動脈の分枝を損傷,出血性ショックとなり当院に救急搬送された。造影CTにて右大腿動脈分枝より出血を認め,同日動脈塞栓術を施行したが,巨大皮下血腫による皮膚の壊死を疑われ,第5病日に当科へ転科となった。出血の安定後,血腫の除去を行い,感染兆候がないことを確認した後に陰圧閉鎖療法へ移行,第62病日に分層植皮術を施行した。外傷性皮下血腫にて外科的治療が選択される疾患としては主に,deep dissecting hematoma,closed degloving injury,コンパートメント症候群があげられる。これらに対しての明確な治療方針は確立されていないが,各々の病態をよく理解し,その症例にあわせた治療方針を早期に決定することが大切であると考える。
  • 【痒疹って、何?】 (Part4)痒疹の治療 こんなときのコツ(治療3) こんなとき紫外線療法が効く, 日下部 有希子, 西田 絵美, 森田 明理, Visual Dermatology, 18, (2) 192 - 194,   2019年01月
  • 陰部に生じた有茎性巨大隆起性皮膚線維肉腫の1例, 真木 章仁, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 松原 章宏, 吉田 有友子, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 61, (1) 101 - 104,   2019年01月, <文献概要>44歳,女性。十数年前より陰部に結節が出現し徐々に増大,巨大な有茎性の腫瘤となった。当初近医産婦人科を受診したが,経過観察とされ,その後医療機関への受診を行わなかったが,徐々に増大していた。卵巣嚢腫の破裂による急性腹症で当院に救急搬送された際に当院産婦人科で病変を指摘され,当科を紹介受診した。初診時,陰部に15×12×10cm大の有茎性の巨大腫瘤を認めた。MRIではT1WIで低信号,T2WIで全体として低信号であったが,中心部にやや高信号の領域が地図状に広がっている所見を認めた。病理組織検査ではCD34陽性の紡錘形腫瘍細胞が花むしろ構造を呈して増殖しており,隆起性皮膚線維肉腫と診断し,摘出手術を施行した。比較的境界明瞭であり,さらに有茎性の巨大隆起性皮膚線維肉腫はまれであるため報告した。
  • 【皮膚科で使うMTXの完全マニュアル】 (Part1)乾癬に対するMTXの使用法(case (4)) 生物学的製剤併用下におけるMTXの有用性, 森田 明理, Visual Dermatology, 18, (1) 36 - 39,   2018年12月
  • 本邦乾癬性関節炎患者の疫学調査 日本乾癬学会による3年間の集計結果, 山本 俊幸, 大槻 マミ太郎, 佐野 栄紀, 森田 明理, 奥山 隆平, 五十嵐 敦之, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (13) 2835 - 2841,   2018年12月, 日本乾癬学会による、3年間の乾癬性関節炎疫学調査の結果をまとめた。本邦患者の臨床的特徴は、1)男性が女性の2倍弱多い、2)乾癬発症の平均年齢は30歳代後半、関節炎は40歳代後半、3)乾癬のタイプは尋常性(局面型)が9割以上、4)関節炎のタイプは、多関節炎型かDIP型が多い、5)乾癬の家族歴は5〜7%程度、6)付着部炎は2割強、7)指趾炎は6割前後に認められる、などであった。生物学的製剤による治療は、約半数に導入されていたが、中止または他剤へのスイッチ例も15〜20%強に認められた。爪病変、併存症、職業についても合わせて調査した。(著者抄録)
  • 高齢で発症したランゲルハンス細胞組織球症の1例, 加納 慎二, 西田 絵美, 中田 礼, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (12) 2688 - 2688,   2018年11月
  • 若年男性に発症した下口唇基底細胞癌の1例, 中村 賢人, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 中村 元樹, 森田 明理, 村松 伸之介, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (12) 2688 - 2688,   2018年11月
  • 環状弾力線維融解性巨細胞肉芽腫の1例, 真柄 徹也, 西田 絵美, 中田 礼, 日下部 有希子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (12) 2686 - 2687,   2018年11月
  • Phase 2 trial of selective tyrosine kinase 2 inhibition in psoriasis, Kim Papp, Kenneth Gordon, Diamant Thaçi, Akimichi Morita, Melinda Gooderham, Melinda Gooderham, Peter Foley, Ihab G. Girgis, Sudeep Kundu, Subhashis Banerjee, New England Journal of Medicine, 379,   2018年10月04日, Copyright © 2018 Massachusetts Medical Society. BACKGROUND Tyrosine kinase 2 (TYK2) signaling pathways, which mediate cytokine signaling, are implicated in the pathophysiology of psoriasis. Selective inhibitors of TYK2 may be effective in treating psoriasis. METHODS We conducted a phase 2, double-blind trial of a TYK2 inhibitor, BMS-986165, in adults with moderate-to-severe psoriasis, excluding patients with a previous lack of response to agents targeting cytokine signaling through the same tyrosine kinase pathway. Patients were randomly assigned to receive the drug orally at a dose of 3 mg every other day, 3 mg daily, 3 mg twice daily, 6 mg twice daily, or 12 mg daily or to receive placebo. The primary end point was a 75% or greater reduction from baseline in the Psoriasis Area and Severity Index (PASI) score at week 12 (higher scores indicate greater severity of psoriasis). RESULTS A total of 267 patients received at least one dose in an intervention group of the trial. At week 12, the percentage of patients with a 75% or greater reduction in the PASI score was 7% (3 of 45 patients) with placebo, 9% (4 of 44 patients) with 3 mg of BMS-986165 every other day (P = 0.49 vs. placebo), 39% (17 of 44 patients) with 3 mg daily (P<0.001 vs. placebo), 69% (31 of 45 patients) with 3 mg twice daily (P<0.001 vs. placebo), 67% (30 of 45 patients) with 6 mg twice daily (P<0.001 vs. placebo), and 75% (33 of 44 patients) with 12 mg daily (P<0.001 vs. placebo). There were three serious adverse events in patients receiving the active drug, as well as one case of malignant melanoma 96 days after the start of treatment. CONCLUSIONS Selective inhibition of TYK2 with the oral agent BMS-986165 at doses of 3 mg daily and higher resulted in greater clearing of psoriasis than did placebo over a period of 12 weeks. Larger and longer-duration trials of this drug are required to determine its safety and durability of effect in patients with psoriasis. (Funded by Bristol-Myers Squibb; ClinicalTrials.gov number, NCT02931838.).
  • 名古屋市立大学皮膚科におけるオマリズマブ投与を行った8例での検討, 中村 賢人, 西田 絵美, 中田 礼, 西原 春奈, 高木 佐千代, 村松 伸之介, 森田 明理, 日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌, 2, (1) 202 - 202,   2018年10月
  • ハーレクイン症候群に合併した進行性顔面片側萎縮症(Parry-Romberg症候群)の1例, 西原 春奈, 西田 絵美, 青木 雄介, 深沢 達也, 森田 明理, 日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌, 2, (1) 193 - 193,   2018年10月
  • 「PDE4阻害剤アプレミラストを実臨床から考える」〜見えてきた特徴と工夫点〜 乾癬に対してのアプレミラストの併用による効果増強と関節炎に対する効果, 森田 明理, 日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌, 2, (1) 122 - 122,   2018年10月
  • 巨大汗孔角化症の1例, 藤原 明子, 西田 絵美, 加藤 裕史, 古橋 卓也, 齋藤 稚代, 新谷 洋一, 澤田 啓生, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 60, (11) 1816 - 1817,   2018年10月, 79歳女性。そう痒を伴う両下腿の紅色局面を主訴とした。鬱滞性皮膚炎の既往がある。他院で尋常性乾癬と診断され、外用薬を処方されたが改善しなかった。来院時、局面は10cm大で、臨床所見、病理組織所見より、巨大汗孔角化症と診断した。そう痒に対してフェキソフェナジン塩酸塩、皮疹に対してエトレチナート内服、外用はヘパリン類似物質およびデキサメタゾンプロピオン酸エステル混合剤を処方した。その結果、浸潤は治療開始3週間で軽快した。潰瘍は種々の外用薬により縮小が認められたが、完全には上皮化せず難治性であった。
  • 【必読!皮膚疾患に潜むpitfall】 乾癬の紅皮症と思っていたらCTCLであったケース, 西原 春奈, 西田 絵美, 森田 明理, Derma., (274) 1 - 8,   2018年09月, 紅皮症をきたす皮膚疾患は多岐にわたり、ときに鑑別が困難である。今回のケースでは、当初は乾癬性紅皮症と考え加療を行っていたが、経過およびPUVAバス治療に対する反応性をみて診断を検討し、2回の皮膚生検による病理学的診断により、CTCL(菌状息肉症)と考えた。紅皮症の元となる疾患の鑑別は、臨床経過、臨床所見および治療に対する反応性、病理組織学的所見から総合的に判断し、診断を考えていく。また、CTCLに対してPUVAバスとベキサロテンの併用療法を行った。CTCLに対する加療としてはいずれも推奨度の高い治療であり、併用療法の有効性については今後の検討が必要である。(著者抄録)
  • 太陽光の作用と光老化の病態-レビュー, 森田 明理, Aesthetic Dermatology, 28, (2) 148 - 148,   2018年08月
  • 腹部に生じた皮膚顆粒球肉腫の1例, 加納 慎二, 西田 絵美, 堀尾 愛, 加藤 裕史, 森田 明理, 立田 卓登, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (9) 1974 - 1974,   2018年08月
  • 術前に行ったLow dose FPが奏功したStageIV陰部乳房外パジェット病の1例, 中村 賢人, 中村 元樹, 堀尾 愛, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (9) 1974 - 1975,   2018年08月
  • 上背部悪性黒色腫術後20年で肺転移、脳転移を認めた1例, 真柄 徹也, 堀尾 愛, 鳥居 寛, 小林 由佳, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (9) 1975 - 1975,   2018年08月
  • 皮膚外科手術におけるリガシュアの有用性の検討, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 中村 元樹, 森田 明理, 日本皮膚外科学会誌, 22, (2別冊) 230 - 230,   2018年08月
  • Low incidence of hypercalcemia following combined calcipotriol hydrate/betamethasone dipropionate ointment treatment in Japanese patients with severe psoriasis vulgaris, Akimichi Morita, Shinnosuke Muramatsu, Ryoji Kubo, Kyoko Ikumi, Yoko Sagawa, Chiyo Saito, Kan Torii, Emi Nishida, Journal of Dermatological Treatment, 29,   2018年07月04日, © 2017, © 2017 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group. Purpose: Topical active vitamin D3 application alone or in combination with topical steroid application is widely used to treat psoriasis. In Japan, combined calcipotriol hydrate/betamethasone dipropionate ointment has been used for patients with psoriasis vulgaris since September 2014. Current evidence regarding the incidence of hypercalcemia due to the use of this combination product, however, is insufficient. We evaluated the incidence of hypercalcemia following combined calcipotriol hydrate/betamethasone dipropionate ointment in patients with severe psoriasis vulgaris. Methods: Japanese patients (n = 22) with extensive plaque psoriasis (body surface area: 20–30%) applied the combined calcipotriol hydrate/betamethasone dipropionate ointment once daily for 8 weeks, and their serum Ca concentrations were measured periodically. Results: The mean serum Ca concentration changed only marginally, from 9.04 ± 0.34 mg/dL before treatment to 9.08 ± 0.39 mg/dL after 8 weeks of treatment. None of the patients had an elevated serum Ca concentration throughout the study. No cases of hypercalcemia were reported as an adverse event. No correlation was detected between the amount of the combined calcipotriol hydrate/betamethasone dipropionate ointment applied and changes in the serum Ca concentration. Conclusion: The incidence of hypercalcemia due to topical application of a combined calcipotriol hydrate/betamethasone dipropionate ointment is low in Japanese patients with severe psoriasis vulgaris.
  • 手技の標準化を目指した、植皮生着率に影響する因子の解析, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 中村 元樹, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚外科学会誌, 22, (1) 20 - 21,   2018年07月
  • Assessment of medication adherence and treatment satisfaction in Japanese patients with psoriasis of various severities, Susumu Ichiyama, Michiko Ito, Yoko Funasaka, Masatoshi Abe, Emi Nishida, Shinnosuke Muramatsu, Haruna Nishihara, Hiroshi Kato, Akimichi Morita, Shinichi Imafuku, Hidehisa Saeki, Journal of Dermatology, 45,   2018年06月01日, © 2018 Japanese Dermatological Association Psoriasis is a chronic, relapsing, inflammatory keratotic skin disease. To elucidate the medication adherence and treatment satisfaction, we performed a questionnaire survey using the eight-item Morisky Medication Adherence Scale (MMAS-8) and nine-item Treatment Satisfaction Questionnaire for Medication (TSQM-9) of 163 psoriatic patients who regularly visited hospitals or clinics. To assess the relationship between the MMAS-8/TSQM-9 outcomes and severity of psoriasis, two different clinical severity indices were used: the Psoriasis Area and the Severity Index (PASI) for disease severity and the Psoriasis Disability Index (PDI) for quality of life (QOL) impairment. The MMAS-8 score for oral medication was significantly higher than that for topical medication. The oral and topical MMAS-8 scores were significantly correlated with the PDI score, but not with the PASI score, indicating that QOL impairment lowered treatment motivation. All of the TSQM-9 domain scores (effectiveness, convenience and global satisfaction) were significantly correlated with both the PASI and PDI scores, suggesting that patients whose skin and QOL conditions were under good control had high satisfaction with treatment. Patients treated with biologics had higher satisfaction than those treated with non-biologics.
  • Re-investigating the Basement Membrane Zone of Psoriatic Epidermal Lesions: Is Laminin-511 a New Player in Psoriasis Pathogenesis?, Aki Natsumi, Koji Sugawara, Makiko Yasumizu, Yukari Mizukami, Shigetoshi Sano, Akimichi Morita, Ralf Paus, Daisuke Tsuruta, Journal of Histochemistry and Cytochemistry,   2018年06月01日, © 2018, The Author(s) 2018. Psoriasis is a complex chronic inflammatory skin disease characterized by epidermal thickening on the basis of increased keratinocyte proliferation and insufficient apoptosis. Laminins are important components of the basement membrane (BM) and impact on epidermal keratinocyte growth/apoptosis. Although several laminins are involved in the pathogenesis of psoriasis, it is still controversial about the expression patterns of laminin isoforms and which laminins are important in the development of psoriasis. Because laminin-511 and -332 are key BM components in human skin, and laminin-511 stimulates human hair follicle growth, we asked whether the BM zone in psoriasis shows any laminin-related abnormalities. This showed that the BM expression of laminin-511 and -332 was significantly increased within the skin lesion of psoriasis. Immunofluorescence microscopy revealed that laminin-511, -332, and collagen type IV proteins were also significantly increased in psoriasis-like skin lesions of Imiquimod-treated mice. Transmission electron microscopy showed a few gaps of lamina densa, and its thickness was significantly increased. Finally, laminin-511 treatment significantly stimulated the proliferation and inhibited apoptosis of HaCaT cells, while laminin-α5 chain gene knockdown decreased proliferation and induced apoptosis. These phenomenological observations raise the question of whether laminin-511-controlled keratinocyte growth/death may be a previously overlooked player in the pathogenesis of psoriatic epidermal lesions.
  • 乾癬を難治化させないための治療戦略 初めの一手、次の一手をどう考えるか, 森田 明理, 西日本皮膚科, 80, (3) 264 - 264,   2018年06月
  • 抗PD-1抗体(ニボルマブ)により惹起された扁平苔癬の1例, 西原 春奈, 加藤 裕史, 中村 元樹, 堀尾 愛, 松原 章宏, 渡辺 正一, 森田 明理, 西日本皮膚科, 80, (3) 292 - 292,   2018年06月
  • Juvenile-onset psoriatic arthritis: a survey by the Japanese Society for Psoriasis Research, Toshiyuki Yamamoto, Mamitaro Ohtsuki, Shigetoshi Sano, Atsuyuki Igarashi, Akimichi Morita, Ryuhei Okuyama, Makoto Wada, Norito Katoh, Akira Kawada, European Journal of Dermatology, 28,   2018年05月01日
  • Efficacy of low-dose 5-fluorouracil/cisplatin therapy for invasive extramammary Paget's disease, Hiroshi Kato, Shoichi Watanabe, Kiyonori Kariya, Motoki Nakamura, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 45,   2018年05月01日, © 2018 Japanese Dermatological Association Extramammary Paget's disease (EMPD) is one of the cutaneous adenocarcinomas. The effective chemotherapy for advanced EMPD has not been established. This study was designed to evaluate the efficacy of combination 5-fluorouracil (500 mg/body, 7 days/week) and cisplatin (5 mg/body 5 days/week) for invasive EMPD. Seventeen EMPD patients with multiple metastases who visited our dermatology clinic between October 2004 and May 2016 (mean age, 76.9 years; 10 men, seven women) were retrospectively analyzed. Eight EMPD patients underwent low-dose 5-fluorouracil/cisplatin therapy and nine patients chose best supportive care. The average number of treatment cycles was 12.3. All patients had a confirmed response, four (50%) showed a partial response, two (25%) stable disease and two progressive disease. The median times to progression-free and overall survival were 25.0 and 77.4 weeks, respectively. There was no severe (grade 3 and 4) adverse event. Although not significant, the survival of the patients treated with low-dose 5-fluorouracil/cisplatin therapy showed a trend toward improved survival as compared with best supportive care (P = 0.08, log–rank test). This regimen had low risk and relatively high disease control rate, suggesting that this regimen be recommended as one of the treatment options for advanced EMPD.
  • More manuscript submissions, higher quality science for Photodermatology, Photoimmunology & Photomedicine, Akimichi Morita, Photodermatology Photoimmunology and Photomedicine, 34,   2018年05月01日
  • Alternative test models for skin ageing research, Motoki Nakamura, Thomas Haarmann-Stemmann, Jean Krutmann, Jean Krutmann, Akimichi Morita, Experimental Dermatology, 27,   2018年05月01日, © 2018 John Wiley & Sons A/S. Published by John Wiley & Sons Ltd Increasing ethical concerns regarding animal experimentation have led to the development of various alternative methods based on the 3Rs (Refinement, Reduction and Replacement), first described by Russell and Burch in 1959. Cosmetic research and skin ageing research are particularly susceptible to concerns related to animal testing. In addition to animal welfare reasons, there are scientific and economic reasons to reduce and avoid animal experiments. Importantly, animal experiments may not reflect findings in humans mainly because of the differences in architectures and immune responses between animal skin and human skin. Here, we review the shift from animal testing to the development and application of alternative non–animal-based methods and the necessity and benefits of this shift. Some specific alternatives to animal models are discussed, including biochemical approaches, 2-dimensional and 3-dimensional cell cultures and volunteer studies, as well as future directions, including genome-based research and the development of in silico computer simulations of skin models. Among the in vitro methods, 3-dimensional reconstructed skin models are highly popular and useful alternatives to animal models however still have many limitations. With careful selection and skilful handling, these alternative methods will become indispensable for modern dermatology and skin ageing research.
  • SAPHO症候群, 辻 成佳, 岸本 暢将, 森田 明理, 冨田 哲也, リウマチ科, 59, (5) 554 - 560,   2018年05月
  • サンスクリーン製剤の長期使用効果(皮膚の光老化に関するコンセンサスステートメント), 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1057 - 1057,   2018年05月
  • 光老化と環境因子がかかわる皮膚老化, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1080 - 1080,   2018年05月
  • ベキサロテンと光線療法 併用療法への期待, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1088 - 1088,   2018年05月
  • TNF阻害薬治療歴がある乾癬性関節炎患者でのイキセキズマブ海外第3相試験(SPIRIT-P2,24週), 中條 航, 森田 明理, 岡田 正人, 板倉 仁枝, 森崎 洋二, Kerr Lisa, Adams David H., Shuler Catherine L., Lee Chin H., 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1178 - 1178,   2018年05月
  • 局面型乾癬患者を対象としたグセルクマブ(GUS)国内第3相臨床試験における部分集団解析, 森田 明理, 宮代 昌彦, 杉浦 由加子, 小林 久謹, 岡崎 正晃, 鄭 日川, 後藤 良祐, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1180 - 1180,   2018年05月
  • 名古屋市立大学皮膚科の乾癬患者におけるアダリムマブ長期投与での検討, 鳥居 寛, 西田 絵美, 井汲 今日子, 西原 春奈, 村松 伸之介, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1195 - 1195,   2018年05月
  • 乾癬性関節炎患者を対象としたadalimumabの有用性の検討, 西田 絵美, 森田 明理, 小川 英作, 奥山 隆平, 加藤 則人, 益田 浩司, 立石 千晴, 鶴田 大輔, 牧野 貴充, 尹 浩信, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1197 - 1197,   2018年05月
  • 局所陰圧閉鎖療法の継続性に関連する因子の検討, 真木 章仁, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 中村 元樹, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1211 - 1211,   2018年05月
  • 足病変を有する患者におけるスキンチェックの重要性, 堀尾 愛, 松原 章宏, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1212 - 1212,   2018年05月
  • 陰部乳房外Paget病における発症部位の分類解析と生命予後への影響, 加藤 裕史, 中村 元樹, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1216 - 1216,   2018年05月
  • 多発皮膚転移切除後にCRとなったMerkel細胞癌の1例, 中村 元樹, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1217 - 1217,   2018年05月
  • 原発巣の自然消退後に遠隔転移を来したMerkel細胞癌の1例, 小林 由佳, 中村 元樹, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1218 - 1218,   2018年05月
  • 臀部に生じた巨大Atypical lipomatous tumorの1例, 日下部 有希子, 加藤 裕史, 小林 由佳, 真木 章仁, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1223 - 1223,   2018年05月
  • 皮膚T細胞性リンパ腫患者に対するベキサロテンと光線療法併用における治療効果及び安全性の検討, 村松 伸之介, 立石 千晴, 久保 良二, 桑原 冴, 加藤 裕史, 西田 絵美, 鶴田 大輔, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1229 - 1229,   2018年05月
  • 下肢の皮膚感染症の発症部位による重症度の解析, 奥田 佳世子, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 中村 元樹, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1238 - 1238,   2018年05月
  • セイブシシバナヘビ咬傷の1例, 加藤 香澄, 加藤 裕史, 井汲 今日子, 大口 亮子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (5) 1243 - 1243,   2018年05月
  • 乾癬治療に対するメトトレキサートのリポジショニングの可能性, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (6) 1336 - 1336,   2018年05月
  • 【美しく老いるために-高齢化に備える皮膚科診療】(第II章)高齢者診療で遭遇する皮膚疾患 光老化 光老化とは, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 60, (6) 901 - 908,   2018年05月, <文献概要>日本香粧品学会では,2016年から光老化啓発プロジェクトの後方支援として,「皮膚の光老化とその予防に関するコンセンサスステートメント」の策定を行った。皮膚老化,太陽光線,紫外線の皮膚に対する作用,紫外線防御,サンスクリーン剤の使用による光老化予防効果などを網羅的にまとめた。コンセンサスステートメントの皮膚の老化,太陽光線,紫外線の皮膚に対する作用を中心に,その他の環境因子から生じる皮膚老化について概説した。
  • 【水疱症・膿疱症】 掌蹠外皮疹を生じた掌蹠膿疱症の1例, 伊在井 理絵, 西田 絵美, 村松 伸之介, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 60, (5) 626 - 630,   2018年05月, <文献概要>掌蹠膿疱症に皮膚症状を認めた場合,どのような皮膚症状を掌蹠外皮疹と考えるかについての記載は少ない。そこで今回,名古屋市立大学病院皮膚科において,膝から下の細かい落屑を伴う紅色局面や小膿疱を掌蹠外皮疹と定義し,当科で掌蹠外皮疹を有する掌蹠膿疱症12例を対象に,男女比,発症年齢,部位,骨・関節症状,喫煙歴,扁桃摘出歴,金属アレルギーの有無,治療法について解析を行った。解析の結果,掌蹠外皮疹は掌蹠膿疱症と同じく,女性に多い傾向にあり,下腿や膝などの外的刺激を受けやすい部位に出現していた。しかしいまだ掌蹠膿疱症に掌蹠外皮疹が生じる機序は明らかではなく,さらなる症例の蓄積が必要だと考える。
  • 臀部化膿性汗腺炎より発生した有棘細胞癌の1例, 松原 章宏, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 60, (5) 689 - 692,   2018年05月, <文献概要>63歳,男性。数年前より左臀部に皮下膿瘍,瘻孔を繰り返しており,近医で切開排膿を頻回に行っていた。数ヵ月前より急激に増大する腫瘤が出現してきた。病理組織学的所見より有棘細胞癌と診断し,大臀筋を一部含めた腫瘍切除を行い,後に出現した左鼠径リンパ節転移に対してリンパ節郭清術を施行したが,肛門管や直腸,恥骨への転移が出現した。臀部化膿性汗腺炎は慢性炎症性疾患のひとつであるが,有棘細胞癌の発生母地となることが知られており,将来的な悪性腫瘍発生のリスクを念頭に置いて早期介入や慎重な経過観察が必要と考えられる。
  • Case of epidermolysis bullosa acquisita with concomitant anti-laminin-332 antibodies, Emi Nishida, Eiichi Nishio, Hiroko Murashima, Norito Ishii, Takashi Hashimoto, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 45,   2018年04月01日, © 2017 Japanese Dermatological Association Subepidermal autoimmune blistering disease including bullous pemphigoid, pemphigoid gestationis, mucous membrane pemphigoid, anti-laminin-γ1 pemphigoid, linear immunoglobulin A bullous disease and epidermolysis bullosa acquisita (EBA), are all characterized by direct immunofluorescence microscopy or immunoglobulin deposition on the basement membrane zone. Among them, EBA is a rare acquired subepidermal autoimmune blistering disease of the skin and mucous membranes reactive with type VII collagen, a major component of the epidermal basement membrane zone. Anti-laminin-332-type mucous membrane pemphigoid has pathogenic autoantibodies against laminin-332, which is a basement membrane heterotrimeric protein composed of α3, β3 and γ2 laminin chains. We describe a 73-year-old Japanese man presenting with multiple, annular, tense blisters on the lower legs and oral lesions. Despite the severe clinical manifestations, the disease was successfully controlled by combination therapy of oral prednisolone and mizoribine. This case was confirmed to have autoantibodies to both type VII collagen and laminin-332 α3 chain by indirect immunofluorescence of 1 mol NaCl-split normal human skin, various immunoblot analyses and enzyme-linked immunosorbent assays. This case was a rare case of EBA with concomitant anti-laminin-332 antibodies.
  • 他では聴けない乾癬の話 光線療法のコツと新たな機器の開発, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 35, (2) 279 - 279,   2018年04月
  • 下腿に生じたミノサイクリン塩酸塩による色素沈着の1例, 小林 由佳, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (4) 629 - 629,   2018年04月
  • ナローバンドUVBが有効であった変動性紅斑角皮症の1例, 奥田 佳世子, 西田 絵美, 鳥居 寛, 松原 章宏, 佐川 容子, 森田 明理, 武市 拓也, 秋山 真志, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (4) 630 - 630,   2018年04月
  • 左膝窩部に生じたatypical lipomatous tumorの1例, 真木 章仁, 加藤 裕史, 小林 由香, 堀尾 愛, 西田 絵美, 森田 明理, 服部 日出雄, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (4) 632 - 632,   2018年04月
  • Current developments in phototherapy for psoriasis, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 45,   2018年03月01日, © 2018 Japanese Dermatological Association Phototherapy utilizes the beneficial effects of ultraviolet (UV) wavelengths to affect immunoregulatory functions. UV light phototherapy using narrowband UV-B (NB-UVB) and bath-psoralen UV-A (bath-PUVA) therapy are well-established treatments for psoriasis. Dual-action mechanisms of UV phototherapy have been identified: apoptosis and immune suppression. NB-UVB depletes pathogenic T cells by inducing apoptosis and regulatory T cells. Other wavelengths are also utilized for phototherapy, namely 308-nm excimer light and 312-nm flat-typed NB-UVB. Excimer light (308-nm) therapy effectively targets the affected skin without unduly exposing other areas and increases the levels of regulatory T cells. Phototherapy improves impaired resting regulatory T cells and increases activated regulatory T cells in patients with psoriasis. Intensive studies of phototherapy effects have led to several improvements in the design, protocols, and light sources, such as UV light-emitting diodes, thereby providing several options for patients with refractory skin disease, such as psoriasis.
  • 脊椎関節炎1 TNF阻害薬治療歴がある乾癬性関節炎患者でのイキセキズマブの有効性及び安全性 第3相試験(SPIRIT-P2、24週時データ), 岡田 正人, 森田 明理, 中條 航, 板倉 仁枝, Kerr Lisa, Adams David H., Shuler Catherine L., Lee Chin H., 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 62回,   2018年03月
  • 仙骨部、坐骨部の難治性褥瘡に対する名古屋市立大学病院での治療プロトコル, 堀尾 愛, 加藤 裕史, 松原 章宏, 真木 章仁, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (2) 232 - 232,   2018年02月
  • Nuchal type fibromaの1例, 真木 章仁, 加藤 裕史, 奥田 佳世子, 松原 章宏, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (2) 235 - 235,   2018年02月
  • イピリムマブ投与中、脳転移に対する放射線治療後に全身の多発転移巣の縮小を認めた悪性黒色腫の1例, 奥田 佳世子, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 真木 章仁, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (2) 258 - 258,   2018年02月
  • 非特定型末梢性T細胞リンパ腫に対して光線療法を行った1例, 小林 由佳, 西田 絵美, 鳥居 寛, 松原 章宏, 村松 伸之介, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (2) 269 - 269,   2018年02月
  • Adalimumab treatment in Japanese patients with generalized pustular psoriasis: Results of an open-label phase 3 study, Akimichi Morita, Fumikazu Yamazaki, Takashi Matsuyama, Kenzo Takahashi, Satoru Arai, Akihiko Asahina, Shinichi Imafuku, Hidemi Nakagawa, Yuichi Hasegawa, David Williams, Naoto Matsuda, Susumu Kitamura, Journal of Dermatology, 45,   2018年01月01日, © 2018 AbbVie. The Journal of Dermatology published by John Wiley & Sons Australia, Ltd on behalf of Japanese Dermatological Association. A phase 3, multicenter, open-label, 52-week study investigated the efficacy and safety of adalimumab 80 mg at week 0 followed by adalimumab 40 mg every other week (option to escalate to 80 mg when necessary) in Japanese patients with generalized pustular psoriasis (GPP). Adults (aged 15–75 years) with GPP, total skin score (overall erythema area, erythema area with pustules, and edema area) of 3 or more, and erythema with pustules (skin score, ≥1) based on the 2014 Japanese Dermatological Association severity index of GPP were enrolled. The primary efficacy end-point was clinical response at week 16 (non-responder imputation), defined as achieving remission (total skin score, 0) or improvement from baseline (reduction of ≥1 point from a baseline total skin score of 3 or ≥2 points from a baseline total skin score of ≥4). Of 10 enrolled patients (mean disease duration, 10.6 years), seven patients, including three with the dose escalated to 80 mg every other week before week 15, achieved clinical response at week 16, and five achieved clinical response at week 52. Mean change from baseline total GPP score was −4.6 at week 16 (n = 8) and −6.0 at week 52 (n = 5); change in total skin score was −3.1 (n = 8) and −4.2 (n = 5), respectively. Nine patients experienced one or more adverse events and three experienced serious adverse events. The most common adverse events were nasopharyngitis, pruritus and hypoalbuminemia. In conclusion, adalimumab was effective and well tolerated for up to 52 weeks in the treatment of Japanese patients with GPP.
  • Ultraviolet B-induced maturation of CD11b-Type Langerin2dendritic cells controls the expansion of foxp3+regulatory t cells in the skin, Sayuri Yamazaki, Mizuyu Odanaka, Akiko Nishioka, Saori Kasuya, Hiroaki Shime, Hiroaki Hemmi, Hiroaki Hemmi, Masaki Imai, Dieter Riethmacher, Dieter Riethmacher, Tsuneyasu Kaisho, Tsuneyasu Kaisho, Naganari Ohkura, Naganari Ohkura, Shimon Sakaguchi, Akimichi Morita, Journal of Immunology, 200,   2018年01月01日, Copyright © 2017 by The American Association of Immunologists, Inc. Skin dendritic cells (DCs) are divided into several subsets with distinctive functions. This study shows a previously unappreciated role of dermal CD11b-type Langerin2DCs in maintaining immunological self-tolerance after UVB exposure. After UVB exposure, dermal CD11b-type Langerin2DCs upregulated surface CD86 expression, induced proliferation of Foxp3+regulatory T (Treg) cells without exogenous Ags, and upregulated a set of genes associated with immunological tolerance. This Treg-expansion activity was significantly hampered by CD80/CD86 blockade in vivo. These results indicate that CD11b-type Langerin2DCs from the UVB-exposed skin are specialized to expand Treg cells in the skin, which suppress autoimmunity.
  • Distant recurrence of Merkel cell carcinoma after spontaneous regression, Yuka Kobayashi, Motoki Nakamura, Hiroshi Kato, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 46,   2018年01月01日
  • Switching biologics in the treatment of psoriatic arthritis in Japan, Toshiyuki Yamamoto, Mamitaro Ohtsuki, Shigetoshi Sano, Akimichi Morita, Atsuyuki Igarashi, Ryuhei Okuyama, Akira Kawada, Journal of Dermatology, 46,   2018年01月01日
  • 【乾癬-病態・臨床の最新知見-】 乾癬の治療 光線療法, 森田 明理, 日本臨床, 76, (1) 121 - 127,   2018年01月
  • 腹部に多発した硬化性萎縮性苔癬の1例, 鳥居 寛, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 小林 由佳, 真木 章仁, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (1) 76 - 76,   2018年01月
  • 腋窩リンパ節転移から診断され背部原発巣は自然消退したと考えられた悪性黒色腫の1例, 真木 章仁, 中村 元樹, 小林 由佳, 堀尾 愛, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (1) 78 - 79,   2018年01月
  • 化膿性リンパ節炎を疑ったALK陽性未分化大細胞リンパ腫の1例, 奥田 佳世子, 堀尾 愛, 小林 由佳, 真木 章仁, 加藤 裕史, 森田 明理, 立田 卓登, 伊藤 旭, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (1) 79 - 79,   2018年01月
  • 生検後に自然消退を認めたびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1例, 小林 由佳, 加藤 裕史, 森田 明理, 小芦 雄介, 石田 高司, 日本皮膚科学会雑誌, 128, (1) 79 - 79,   2018年01月
  • Therapeutic depletion of myeloid lineage leukocytes by adsorptive apheresis for psoriatic arthritis: Efficacy of a non-drug intervention for patients refractory to pharmacologics, Takuro Kanekura, Mariko Seishima, Masaru Honma, Takafumi Etou, Hikaru Eto, Keiko Okuma, Yukari Okubo, Yukie Yamaguchi, Takeshi Kambara, Tomotaka Mabuchi, Yasushi Suga, Akimichi Morita, Kiyofumi Yamanishi, Daisuke Tsuruta, Kei Itoh, Ken Yamaji, Shigaku Ikeda, Journal of Dermatology, 44,   2017年12月01日, © 2017 Japanese Dermatological Association Psoriatic arthritis (PsA), a chronic inflammatory arthropathy associated with psoriasis, is an intractable immune disorder and refractory to pharmacological intervention. We assessed efficacy of selective depletion of myeloid lineage leukocytes in patients with PsA in a multicenter setting. A total of 20 patients with moderate to severe PsA refractory to conventional and biological disease-modifying antirheumatic drugs were included. Eligible patients had 3 points or more in the classification criteria for PsA. Each patient received five sessions, once a week, of adsorptive granulocyte and monocyte apheresis (GMA) with the Adacolumn®. The primary efficacy outcome was 20% or more decrease in the American College of Rheumatology score 20 (ACR20). Partial responders could receive an additional five GMA sessions. Of 20 patients, two did not complete the study, nine responded to five GMA sessions and nine received 10 sessions. At the first evaluation 2 weeks after the last GMA session, 13 of the 20 (65.0%) patients achieved ACR20. ACR20 was maintained in seven of 10 (70%) and five of 10 (50%) patients at the follow-up evaluation points 8 and 20 weeks after the last GMA session, respectively. GMA was well tolerated without any safety concern. This study demonstrates that GMA with the Adacolumn was effective with good safety profile in patients with PsA refractory to pharmacologicals. The results indicate a major role for myeloid leukocytes in the immunopathogenesis of PsA. A large controlled study is warranted to fully evaluate the efficacy of Adacolumn GMA in patients with PsA.
  • 【乾癬-2017】 <臨床例>尋常性乾癬にIgG4関連疾患が合併した症例, 吉田 有友子, 西田 絵美, 近藤 啓, 森田 明理, 皮膚病診療, 39, (12) 1259 - 1262,   2017年12月, <症例のポイント>IgG4関連疾患に乾癬様皮疹が出現した症例が報告されているが、自験例では尋常性乾癬にIgG4関連疾患を発症した。尋常性乾癬の経過中に肝機能障害を併発した場合、IgG4関連疾患も鑑別に入れ精査すべきである。(著者抄録)
  • 【悪性黒色腫】 ダブラフェニブ/トラメチニブの中止で転移巣が再発、再開にて縮小した悪性黒色腫の1例, 吉田 有友子, 加藤 裕史, 坂井田 高志, 堀尾 愛, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 59, (13) 1971 - 1974,   2017年12月, 73歳女。数年前より左肩背部に黒色斑が出現し、徐々に隆起してきた。切除を行い、病理学的に悪性黒色腫(pT4bN0M0 Stage IIc)と診断し術後経過観察を行っていたが、その後のCTで両肺に増大する肺結節を認め、臨床的に肺転移と診断した。前回切除組織にBRAF遺伝子変異を認めたことから、転移巣に対しBRAF阻害薬/MEK阻害薬であるダブラフェニブ/トラメチニブの投与を開始した。1ヵ月後の画像評価では肺の病変はほぼ消失しており、その後2ヵ月の投与継続後、患者の強い希望により投与を終了した。しかし、1ヵ月後のCT所見で1ヶ所の小結節が再燃していたため、ダブラフェニブ/トラメチニブの投与を再開した。更に1ヵ月後のCT所見で肺病変の再度消失を認め、以後現在まで縮小を保っており、Stage IVに進行してから11ヵ月経過し担癌生存中である。
  • 壊死性遊走性紅斑様皮疹を呈した毛包虫の1例, 坂井田 高志, 西尾 栄一, 新谷 洋一, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 11, (5) 440 - 440,   2017年11月
  • 【生物学的製剤update-臨床のためのポイント解説-】 乾癬に対する生物学的製剤の効果と血中濃度, 森田 明理, Derma., (263) 64 - 75,   2017年11月, 乾癬に対して現在使用可能な、アダリムマブ、インフリキシマブ、ウステキヌマブ、ブロダルマブ、イキセキズマブ、セクキヌマブについて、血中濃度(トラフレベル)と効果について概説した。生物学的製剤の有効性に影響を与える要素としては、抗薬物抗体、投与間隔延長、高BMIはいずれも、血中薬物濃度を減少させ、効果減弱につながる。一方、投与間隔短縮や増量によって、血中薬物濃度を増加させることで効果を増強し、メトトレキサートの併用がインフリキシマブなどで薬物血中濃度を上げることが知られている。薬物血中濃度の理解は、生物学的製剤の十分な効果を引き出すための重要なポイントである。(著者抄録)
  • 再生医療の応用 再生医療による創傷治癒学の未来 自家培養表皮による尋常性白斑の治療 色調も含めた表皮の再生を目指して, 鳥山 和宏, 加藤 裕史, 西田 絵美, 森田 明理, 村瀬 貴也, 比留間 愛一郎, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集, 47回,   2017年11月
  • Secukinumab improves psoriasis symptoms in patients with inadequate response to cyclosporine A: A prospective study to evaluate direct switch, Mamitaro Ohtsuki, Akimichi Morita, Atsuyuki Igarashi, Shinichi Imafuku, Yayoi Tada, Hiroyuki Fujita, Ayako Fujishige, Masako Yamaguchi, Rie Teshima, Yumiko Tani, Hidemi Nakagawa, Journal of Dermatology, 44,   2017年10月01日, © 2017 Novartis Pharma KK. The Journal of Dermatology published by John Wiley & Sons Australia, Ltd on behalf of Japanese Dermatological Association. There are limited data on the safety and efficacy of switching to secukinumab from cyclosporine A (CyA) in patients with psoriasis. The purpose of the present study was to assess the efficacy and safety of secukinumab for 16 weeks after direct switching from CyA in patients with moderate-to-severe psoriasis. In this multicenter, open-label, phase IV study, 34 patients with moderate-to-severe psoriasis and inadequate response to CyA received secukinumab 300 mg s.c. at baseline and weeks 1, 2, 3, 4, 8 and 12. The primary end-point was ≥75% improvement from baseline in Psoriasis Area and Severity Index score (PASI 75) at week 16. The efficacy of secukinumab treatment was evaluated up to week 16, and adverse events (AE) were monitored during the study. The primary end-point of the PASI 75 response at week 16 was achieved by 82.4% (n = 28) of patients receiving secukinumab. Early improvements were observed with secukinumab, with PASI 50 response of 41.2% at week 2 and PASI 75 response of 44.1% at week 4. AE were observed in 70.6% (n = 24) of patients, and there were no serious AE or deaths reported in the entire study period. Secukinumab showed a favorable safety profile consistent with previous data with no new or unexpected safety signals. The results of the present study show that secukinumab is effective in patients with psoriasis enabling a smooth and safe direct switch from CyA to biological therapy.
  • 本邦における脊椎関節炎関連疾患の第二の夜明け 乾癬性関節炎 皮膚科からのアプローチ, 森田 明理, 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 27回,   2017年10月
  • 原発性皮膚CD8陽性進行性表皮向性細胞傷害性T細胞リンパ腫ベキサロテン有効例, 小林 由佳, 西田 絵美, 鳥居 寛, 松原 章宏, 村松 伸之介, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (11) 2485 - 2485,   2017年10月
  • 顆粒球コロニー刺激因子(GCSF)産生有棘細胞癌の1例, 奥田 佳世子, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 真木 章仁, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (11) 2486 - 2486,   2017年10月
  • 放射線照射とペプロマイシン動注療法の併用が有効であった口唇有棘細胞癌の1例, 鳥居 寛, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 松原 章宏, 森田 明理, 下平 政史, 丹羽 正成, 澤田 裕介, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (11) 2486 - 2486,   2017年10月
  • 陰部に生じた有茎性巨大隆起性皮膚線維肉腫の1例, 真木 章仁, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 奥田 佳世子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (11) 2486 - 2487,   2017年10月
  • 前腕に広範な皮下硬結を呈した皮下型サルコイドーシスの1例, 日下部 有希子, 西田 絵美, 井汲 今日子, 高木 佐千代, 森田 明理, 加藤 亜紀, 前野 健, 水野 章, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (11) 2487 - 2487,   2017年10月
  • 扁桃炎治療中に発症した中毒性表皮壊死症の1例, 鳥居 寛, 村松 伸之介, 松原 章宏, 小林 由佳, 奥田 佳世子, 中村 元樹, 西田 絵美, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (11) 2489 - 2489,   2017年10月
  • 多発皮下結節で初発した頭部血管肉腫の1例, 奥田 佳世子, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 真木 章仁, 中村 元樹, 森田 明理, 渡辺 正一, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (11) 2490 - 2490,   2017年10月
  • 右肩に生じたDesmoplastic Malignant Melanomaの1例, 真木 章仁, 加藤 裕史, 小林 由佳, 堀尾 愛, 中村 元樹, 森田 明理, 渡辺 正一, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (11) 2491 - 2491,   2017年10月
  • 生検後に自然消退を認めたMerkel細胞癌の1例, 小林 由佳, 加藤 裕史, 中村 元樹, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (11) 2491 - 2491,   2017年10月
  • 5-ALAを用いたPDTにおける単一波長照射と複数波長照射の比較検討, 益田 秀之, 森田 明理, 日本レーザー医学会誌, 38, (3) 376 - 376,   2017年10月
  • Dermopathy associated with cetuximab and panitumumab: Investigation of the usefulness of moisturizers in its management, Shoichi Watanabe, Motoki Nakamura, Hiroki Takahashi, Masayasu Hara, Kei Ijichi, Daisuke Kawakita, Akimichi Morita, Clinical, Cosmetic and Investigational Dermatology, 10,   2017年09月11日, © 2017 Watanabe et al. Aims: Limited data regarding the objective evaluation of skin exsiccation caused by epidermal growth factor receptor (EGFR) inhibitors exist. Objective indices were applied to evaluate the usefulness of a moisturizer against skin exsiccation associated with the use of EGFR inhibitors in cancer patients. Patients and methods: Patients with either colorectal or head and neck cancer treated with either cetuximab or panitumumab were randomly assigned 1:2 to the prophylactic-treatment arm, where participants received prophylactical moisturizer treatment (heparinoid preparation, Hirudoid®), or to the symptomatic-treatment arm, where moisturizer was applied after the onset of cutaneous symptoms. Patients were observed for 6 weeks after the start of the administration of EGFR inhibitor. Results: A total of 15 patients were included and assessed: 6 in the prophylactic treatment group and 9 in the symptomatic treatment group. We evaluated the effect of EGFR inhibitors on the physiologic function of the skin. Administration of EGFR inhibitors resulted in a continued reduction in the moisture content of the horny layer and a decrease in cutaneous sebum levels. Skin observation revealed frequent development of an acneiform rash and significantly higher exsiccation and exfoliation scores. Administration of EGFR inhibitor was associated with a decrease in the horny layer moisture content and lower cutaneous sebum levels in the symptomatic treatment group. In contrast, levels of both the indicators were increased in the prophylactic treatment group. Moreover, the EGFR inhibitor-associated increase in exsiccation and exfoliation scores were minimized in the prophylactic treatment group relative to the symptomatic treatment group. Conclusion: Application of a moisturizer is effective against dry skin induced by the administration of an EGFR inhibitor.
  • 【接触皮膚炎-2017】 <臨床例>ダーマボンドアドバンスドによる接触皮膚炎, 松原 章宏, 西田 絵美, 小田 隆夫, 井汲 今日子, 西原 春奈, 加藤 裕史, 森田 明理, 皮膚病診療, 39, (7) 739 - 742,   2017年07月, <症例のポイント>ダーマボンドアドバンスドを術中使用し、接触皮膚炎をおこしたと考えられる1例を報告した。手術創であったため縫合糸による接触皮膚炎との鑑別が必要であったが、皮疹の特徴的な分布、パッチテストにより診断に至った。ダーマボンドアドバンスドの使用から接触皮膚炎発症まで1ヵ月間を要しており、感作が生じたと考えられる。過去の報告でも、自験例と同様、若い女性や長期遺残の症例に接触皮膚炎の報告が多くみられた。若い女性で10日を超えてもダーマボンドが遺残する症例では積極的にダーマボンドを除去することが発症の予防につながるかもしれない。(著者抄録)
  • Prevalence and current therapies of psoriatic arthritis in Japan: A survey by the Japanese Society of Psoriasis Research in 2016, Toshiyuki Yamamoto, Mamitaro Ohtsuki, Shigetoshi Sano, Atsuyuki Igarashi, Akimichi Morita, Ryuhei Okuyama, Akira Kawada, Journal of Dermatology, 44,   2017年06月01日
  • 名古屋市立大学病院における乾癬に対するインフリキシマブ増量症例の検討, 西田 絵美, 村松 伸之介, 井汲 今日子, 西原 春奈, 森田 明理, 久保 良二, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (7) 1562 - 1562,   2017年06月
  • 腹痛と敗血症性ショックが先行した両上肢壊死性筋膜炎の1例, 伊在井 理絵, 加藤 裕史, 松原 章宏, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (7) 1563 - 1564,   2017年06月
  • 集学的治療を要したStewart-Treves症候群の1例, 松原 章宏, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (7) 1564 - 1565,   2017年06月
  • 色素性乳房Paget病の1例, 吉田 有友子, 加藤 裕史, 高木 佐千代, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (7) 1565 - 1565,   2017年06月
  • 血管内乳頭状内皮細胞増殖症の1例, 坂井田 高志, 加藤 裕史, 高木 佐千代, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (7) 1566 - 1566,   2017年06月
  • オリゴクローナルなT細胞の増殖を伴うPD-L1、GZMA、およびHLA-Aの腫瘍内の拡大はニボルマブ療法の生体マーカである(Intratumoral expression of PD-L1, GZMA, and HLA-A with oligoclonal T cell expansion are the biomarkers for nivolumab), 福島 聡, 井上 博之, Park Jae-Hyun, 清谷 一馬, 宮下 梓, 神人 正寿, 木庭 幸子, 奥山 隆平, 田中 亮多, 藤澤 康弘, 加藤 裕史, 森田 明理, 浅井 純, 加藤 則人, 横田 憲二, 秋山 真志, 尹 浩信, 中村 祐輔, 日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集, 21回,   2017年06月
  • 乾癬診療のかたち 乾癬性関節炎の6つのドメインから考える治療戦略, 森田 明理, 西日本皮膚科, 79, (3) 296 - 296,   2017年06月
  • 菊皮膚炎の1例, 坂井田 高志, 西田 絵美, 西原 春奈, 加藤 裕史, 森田 明理, 西日本皮膚科, 79, (3) 316 - 316,   2017年06月
  • 手技の標準化を目指した、植皮生着率に影響する因子の解析, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 中村 元樹, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚外科学会誌, 21, (2別冊) 231 - 231,   2017年06月
  • Efficacy and safety of dose escalation of infliximab therapy in Japanese patients with psoriasis: Results of the SPREAD study, Hideshi Torii, Masayuki Nakano, Toshiro Yano, Kazuoki Kondo, Hidemi Nakagawa, Yasuyuki Fujita, Keita Horie, Miki Ito, Mari Iitani, Kei Ito, Takahide Kaneko, Toshihide Akasaka, Mamitaro Ohtuki, Masato Yasuda, Masatoshi Abe, Yurika Tanida, Tadashi Terui, Satoru Arai, Toshiaki Nakano, Takafumi Etoh, Yoshihide Asano, Yoshinori Umezawa, Hidehisa Saeki, Makoto Adachi, Mariko Seishima, Yoshiki Tokura, Akimichi Morita, Keiichi Yamanaka, Mamoru Tani, Hirotsugu Tanimura, Fumikazu Yamazaki, Chikako Nishigori, Sakae Kaneko, Masahiko Muto, Motonobu Nakamura, Ryosuke Hino, Juichiro Nakayama, Teruaki Nakano, Atsushi Utani, Toshihiro Sato, Hironobu Ihn, Journal of Dermatology, 44,   2017年05月01日, © 2016 The Authors. The Journal of Dermatology published by John Wiley & Sons Australia, Ltd on behalf of Japanese Dermatological Association. Although infliximab is approved for psoriasis, its efficacy is reduced over time in some patients. The aim of this phase III trial is to evaluate efficacy and safety of infliximab dose escalation in Japanese psoriasis patients with loss of efficacy to standard-dose therapy. Patients with plaque psoriasis, psoriatic arthritis, pustular psoriasis or psoriatic erythroderma who showed loss of efficacy to standard-dose therapy received infliximab dose escalation (10 mg/kg every 8 weeks) from weeks 0 to 32. Loss of efficacy was defined as not maintaining 50% reduction in the Psoriasis Area and Severity Index (PASI 50) after achieving PASI 75. Efficacy and safety were evaluated up to week 40. Fifty-one patients received dose escalation and 43 completed the study. PASI 75 and median improvement rate of PASI score at week 40 were 44% and 70.0%, respectively, showing efficacy in skin symptoms. Efficacies in quality of life, nail psoriasis and joint pain were also obtained. Median serum infliximab level increased from less than 0.1 to 1.1 μg/mL from weeks 0 to 40, showing positive correlation between efficacy and serum infliximab level at week 40. Favorable efficacy was observed in patients with detectable serum infliximab levels (≥0.1 μg/mL) at baseline. Incidences of adverse events, serious adverse events, serious infections and serious infusion reactions were 92%, 10%, 4% and 0%, respectively. No marked difference was observed in both efficacy and safety among psoriasis types. No new safety concerns were observed. Infliximab dose escalation was effective and well-tolerated in psoriasis patients with loss of efficacy to standard-dose therapy, suggesting that dose escalation may be a useful therapeutic option for these patients.
  • 外傷性動脈損傷後の血腫に対して外科的処置を要した1例, 伊在井 理絵, 加藤 裕史, 坂井田 高志, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (6) 1378 - 1378,   2017年05月
  • 転移を伴った乳房外Paget病症例に対するlow dose 5-fluorouracil/cisplatin療法の検討, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 苅谷 清徳, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 33回,   2017年05月
  • 外来診療で使える紫外線療法 TARNABを中心に, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (5) 1057 - 1057,   2017年05月
  • 乳房外Paget病における理想的な腫瘍マーカーについての検討, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 中村 元樹, 渡辺 正一, 苅谷 清徳, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (5) 1135 - 1135,   2017年05月
  • 悪性黒色腫に対してペグインターフェロンα-2b製剤を使用した4例の検討, 伊在井 理絵, 加藤 裕史, 坂井田 高志, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (5) 1139 - 1139,   2017年05月
  • 蜂窩織炎の入院期間におけるリスクファクターについての検討, 坂井田 高志, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (5) 1145 - 1145,   2017年05月
  • 汎発性帯状疱疹に関わるリスクファクターの解析, 松原 章宏, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (5) 1145 - 1145,   2017年05月
  • ランダム皮膚生検における血管内リンパ腫の臨床的特徴の検討, 吉田 有友子, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (5) 1148 - 1148,   2017年05月
  • 褥瘡を有する患者における重症度・医療・看護必要度に関する統計学的考察, 堀尾 愛, 加藤 裕史, 吉田 有友子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (5) 1154 - 1154,   2017年05月
  • 掌蹠の角化と多発皮膚癌、膀胱癌の経過より慢性ヒ素中毒が疑われた1例, 高木 佐千代, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 松原 章宏, 伊佐井 理絵, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (5) 1168 - 1168,   2017年05月
  • 重症尋常性乾癬患者に対するドボベット軟膏の高カルシウム血症の発現率に関する検討, 森田 明理, 村松 伸之介, 久保 良二, 西原 春奈, 佐川 容子, 齋藤 稚代, 西田 絵美, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (5) 1186 - 1186,   2017年05月
  • 当院での乾癬性関節炎におけるHLA疾患感受性の検討, 井汲 今日子, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (5) 1186 - 1186,   2017年05月
  • 名古屋市立大学病院においてバイオスイッチを行った乾癬患者44例の検討, 村松 伸之介, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (5) 1187 - 1187,   2017年05月
  • 画像所見からSAPHO症候群と考えられた掌蹠膿疱症3例の検討, 西田 絵美, 井汲 今日子, 村松 伸之介, 久保 良二, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (5) 1188 - 1188,   2017年05月
  • EGFR阻害薬における皮膚障害に関する基礎情報取得と保湿剤の有用性の検討, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (5) 1199 - 1199,   2017年05月
  • 抗PD-1抗体(ニボルマブ)により生じたと考えられた扁平苔癬の1例, 西原 春奈, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 伊在井 理絵, 松原 章宏, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (5) 1200 - 1200,   2017年05月
  • 悪性黒色腫に対して膝窩リンパ節郭清を行った1例, 坂井田 高志, 加藤 裕史, 吉田 有友子, 堀尾 愛, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚外科学会誌, 21, (1) 4 - 5,   2017年05月
  • 感覚器エイジングサイエンスの最前線 紫外線以外の環境因子と皮膚老化, 森田 明理, 日本老年医学会雑誌, 54, (Suppl.) 72 - 72,   2017年05月
  • Bath-PUVA therapy improves impaired resting regulatory T cells and increases activated regulatory T cells in psoriasis, Ryoji Kubo, Shinnosuke Muramatsu, Yoko Sagawa, Chiyo Saito, Saori Kasuya, Akiko Nishioka, Emi Nishida, Sayuri Yamazaki, Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 86,   2017年04月01日, © 2017 Japanese Society for Investigative Dermatology Background Bath-psoralen plus ultraviolet light A (PUVA) therapy is an effective, safe, and inexpensive treatment for psoriasis. Psoriasis might be due to an unbalanced ratio of Th17 cells and regulatory T cells (Treg). The Treg functional ratio is significantly lower in patients with psoriasis compared with controls and is inversely correlated with the Psoriasis Area and Severity Index score. We previously reported that bath-PUVA therapy significantly increases the number of Treg and restores Treg function to almost normal in most patients with psoriasis. Objectives We examined the effects of bath-PUVA therapy on three distinct Foxp3+subsets: activated Treg (aTreg), resting Treg (rTreg), and cytokine-secreting non-suppressive T cells. Methods We enrolled 15 patients with psoriasis and 11 healthy controls. We examined aTreg, rTreg, and cytokine-secreting non-suppressive T cells in peripheral blood obtained from the psoriasis patients before and after every fifth bath-PUVA therapy session. Results Levels of aTreg, which are considered to have the strongest suppressive activity in patients with psoriasis, were significantly increased in the early bath-PUVA therapy sessions, and then diminished. Levels of rTreg were lower in psoriasis patients than in healthy controls, and increased during bath-PUVA therapy. Conclusions Bath-PUVA therapy induced aTreg and rTreg concomitantly with an improvement in the psoriatic lesions, suggesting a mechanism for the effectiveness of bath-PUVA therapy for psoriasis patients.
  • 【最近のトピックス2017 Clinical Dermatology 2017】皮膚疾患治療のポイント 乾癬の光線療法のガイドライン, 森田 明理, 臨床皮膚科, 71, (5) 139 - 142,   2017年04月, 2000年に乾癬のPUVA療法ガイドライン(日本乾癬学会PUVA療法ガイドライン)が発表されて以来,新たな光線療法としてナローバンドUVBやターゲット型光線療法であるエキシマライトも登場し,乾癬に対する光線療法ガイドラインが切望され,2016年に日本乾癬学会光線療法ガイドライン作成委員会による乾癬の光線療法のガイドラインが策定された.照射方法もあらためて記載を行い,さらに,Clinical question(CQ)を19個用意し,臨床上で問題となる事項に対して推奨度の設定と解説を行った.今後,乾癬のみならず,アトピー性皮膚炎,白斑,掌蹠膿疱症,菌状息肉症などの光線療法ガイドラインも策定が必要と考えられる.(著者抄録)
  • 【角化症・炎症性角化症】 間質性肺炎の既往をもつ関節症性乾癬に生物学的製剤が奏効した1例, 小田 隆夫, 村松 伸之介, 加藤 裕史, 西田 絵美, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 59, (4) 443 - 446,   2017年04月, 57歳男性。2000年頃より皮疹が出現し、2008年に近医にて尋常性乾癬と診断された。関節痛を認めたことからメトトレキサートの内服を開始したが、2013年に間質性肺炎を発症したため同薬剤を中止した。その後、活性型ビタミンD3製剤による高カルシウム血症に起因した腎機能障害が出現したり、エトレチナートも悪心のため内服困難であった。治療の合併症が多く、皮疹のコントロールが不良のため、2015年1月に紹介となった。初診時所見より関節症性乾癬と診断され、PASIスコアは18.4と重症であったため、PUVAバス療法を施行したところ、PASIスコアは0.3に低下し、皮疹と関節痛は改善傾向にあった。しかし、その後は皮疹と関節痛が増悪したため、生物学的製剤としてセクキヌマブを導入した結果、PASIスコアは投与初回の20.6から投与7回目で0となり、現在は疼痛なく良好に経過している。
  • Ixekizumab treatment improves fingernail psoriasis in patients with moderate-to-severe psoriasis: results from the randomized, controlled and open-label phases of UNCOVER-3, P. van de Kerkhof, L. Guenther, L. Guenther, A. B. Gottlieb, M. Sebastian, J. J. Wu, P. Foley, P. Foley, A. Morita, O. Goldblum, L. Zhang, J. Erickson, S. Ball, P. Rich, Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology, 31,   2017年03月01日, © 2016 European Academy of Dermatology and Venereology Background: Fingernail psoriasis is difficult to treat. Objective: The objective was to evaluate the effect of ixekizumab, a monoclonal antibody selectively targeting IL-17A, on fingernail psoriasis. Methods: This Phase 3, double-blind trial (UNCOVER-3) randomized patients to placebo, etanercept (50-mg twice weekly), or 80 mg ixekizumab as one injection every 4 (IXE Q4W) or 2 weeks (IXE Q2W) after a 160-mg starting dose. At Week 12, ixekizumab patients received open-label IXE Q4W through Week 60; placebo patients received a 160-mg starting ixekizumab dose and etanercept patients a 4-week placebo washout before starting IXE Q4W. Efficacy was assessed by mean per cent Nail Psoriasis Severity Index (NAPSI) improvement at Weeks 12 and 60. Results: Of 1346 patients in the UNCOVER-3 trial, this subgroup analysis included only patients with baseline fingernail psoriasis: 116 (60.1%) placebo, 236 (61.8%) etanercept, 228 (59.1%) IXE Q4W and 229 (59.5%) IXE Q2W. At Week 12, greater mean per cent NAPSI improvements were achieved in IXE Q4W (36.7%) and IXE Q2W (35.2%) vs. placebo (−34.3%, P < 0.001 each comparison) and etanercept (20.0%, P = 0.048 vs. Q4W, P = 0.072 vs. Q2W). At Week 60, mean per cent NAPSI improvement was >80% regardless of initial treatment. At Week 12 (nonresponder imputation), complete resolution (NAPSI = 0) was achieved in 19.7% (IXE Q4W), 17.5% (IXE Q2W), 4.3% (placebo, P < 0.001 each comparison) and 10.2% (etanercept, P < 0.05 each comparison) of patients. By Week 60, >50% of patients achieved complete resolution. Conclusions: At Week 12, significant improvements in fingernail psoriasis were achieved with ixekizumab therapy. With IXE Q4W maintenance dosing, additional improvement was demonstrated through 60 weeks, and >50% of patients achieved complete resolution. Registered at clinicaltrials.gov: NCT01646177.
  • 【登山における医科学サポート-より安全で快適な登山を目指して-】 登山におけるスキントラブルとスキンケア, 森田 明理, 臨床スポーツ医学, 34, (3) 234 - 237,   2017年03月
  • 骨髄炎を呈した左坐骨部褥瘡の1例, 吉田 有友子, 加藤 裕史, 伊在井 理絵, 坂井田 高志, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (3) 482 - 482,   2017年03月
  • 梅毒バラ疹の1例 最近の感染発生動向, 松原 章宏, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (3) 482 - 482,   2017年03月
  • 無色素性基底細胞癌の1例, 坂井田 高志, 加藤 裕史, 伊在井 理絵, 堀尾 愛, 森田 明理, 長村 美佳, 苅谷 清徳, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (3) 484 - 484,   2017年03月
  • 術後経過中に左腋窩に病変の発症を認めた陰部乳房外Paget病の1例, 伊在井 理絵, 加藤 裕史, 坂井田 高志, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (3) 485 - 485,   2017年03月
  • リウマチ性疾患の新しい治療法 イキセキズマブの第3相試験(SPIRIT-P1) 乾癬性関節炎患者における有効性及び安全性評価(52週時), 岡田 正人, 森田 明理, 中條 航, 板倉 仁枝, Shuler Catherine L., Lee Chin, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 61回,   2017年03月
  • 乾癬性関節炎患者におけるイキセキズマブの有効性及び安全性へのDMARDs併用の影響 無作為化二重盲検プラセボ対照第3相試験(SPIRIT-P1、24週データ), 岸本 暢将, 森田 明理, 板倉 仁枝, 萩森 恒平, Lin Chen-Yen, Shuler Catherine L., 岡田 正人, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 61回,   2017年03月
  • 広がる局面型乾癬と乾癬性関節炎の治療, 森田 明理, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 61回,   2017年03月
  • Bertiリンパ腫を疑われた皮膚腫瘍の一例, 青山 さつき, 正木 彩子, 坂本 祐真, 斎田 昂佑, 藤井 香那, 榊原 健夫, 滝野 寿, 村瀬 貴幸, 森田 明理, 稲垣 宏, 日本病理学会会誌, 106, (1) 521 - 522,   2017年03月
  • A randomized double-blind trial of intravenous immunoglobulin for bullous pemphigoid, Masayuki Amagai, Shigaku Ikeda, Takashi Hashimoto, Masato Mizuashi, Akihiro Fujisawa, Hironobu Ihn, Yasushi Matsuzaki, Mikio Ohtsuka, Hiroshi Fujiwara, Junichi Furuta, Osamu Tago, Jun Yamagami, Akiko Tanikawa, Hisashi Uhara, Akimichi Morita, Gen Nakanishi, Mamori Tani, Yumi Aoyama, Eiichi Makino, Masahiko Muto, Motomu Manabe, Takayuki Konno, Satoru Murata, Seiichi Izaki, Hideaki Watanabe, Yukie Yamaguchi, Setsuko Matsukura, Mariko Seishima, Koji Habe, Yuichi Yoshida, Sakae Kaneko, Hajime Shindo, Kimiko Nakajima, Takuro Kanekura, Kenzo Takahashi, Yasuo Kitajima, Koji Hashimoto, Journal of Dermatological Science, 85,   2017年02月01日, © 2016 Japanese Society for Investigative Dermatology Background Patients with steroid-resistant bullous pemphigoid (BP) require an appropriate treatment option. Objective A multicenter, randomized, placebo-controlled, double-blind trial was conducted to investigate the therapeutic effect of high-dose intravenous immunoglobulin (IVIG; 400 mg/kg/day for 5 days) in BP patients who showed no symptomatic improvement with prednisolone (≥0.4 mg/kg/day) administered. Methods We evaluated the efficacy using the disease activity score on day15 (DAS15) as a primary endpoint, and changes in the DAS over time, the anti-BP180 antibody titer, and safety for a period of 57 days as secondary endpoints. Results We enrolled 56 patients in this study. The DAS15 was 12.5 points lower in the IVIG group than in the placebo group (p = 0.089). The mean DAS of the IVIG group was constantly lower than that of the placebo group throughout the course of observation, and a post hoc analysis of covariance revealed a significant difference (p = 0.041). Furthermore, when analyzed only in severe cases (DAS ≥ 40), the DAS15 differed significantly (p = 0.046). The anti-BP180 antibody titers showed no difference between the two groups. Conclusion IVIG provides a beneficial therapeutic outcome for patients with BP who are resistant to steroid therapy.
  • 【乾癬性関節炎の診療の進歩】 乾癬性関節炎に対するPDE4阻害薬とJAK阻害薬の可能性, 森田 明理, リウマチ科, 57, (2) 185 - 190,   2017年02月
  • 加齢と環境因子(紫外線)によって増加するFoxp3+CD4+制御性T細胞の役割, 森田 明理, 臨床免疫・アレルギー科, 67, (2) 216 - 220,   2017年02月
  • 乾癬患者を対象としたイキセキズマブの国際共同第3相試験(UNCOVER-1) 難治性部位への効果, 森田 明理, 萩森 恒平, 森崎 洋二, 中條 航, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (2) 178 - 178,   2017年02月
  • 掌蹠外皮疹を伴った掌蹠膿疱症の1例, 伊在井 理絵, 西田 絵美, 西原 春奈, 村松 伸之介, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (2) 179 - 179,   2017年02月
  • 慢性湿疹を合併したALOXE3遺伝子の新規変異による先天性魚鱗癬様紅皮症の1例, 宮川 祐実, 武市 拓也, 河野 通浩, 秋山 真志, 齋藤 稚代, 森田 明理, 杉浦 一充, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (2) 179 - 180,   2017年02月
  • Lhelmitte-Duclos病よりCowden病と診断し、左乳癌を合併した1例, 松原 章宏, 西田 絵美, 森田 明理, 大瀬戸 久美子, 鰐淵 友美, 谷川 元紀, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (2) 196 - 196,   2017年02月
  • 前額正中皮弁にて再建したモルフェア型基底細胞癌の1例, 吉田 有友子, 加藤 裕史, 坂井田 高志, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 127, (2) 209 - 210,   2017年02月
  • Congenital ichthyosis and recurrent eczema associated with a novel aloxe3 mutation, Takuya Takeichi, Yusuke Okuno, Yusuke Okuno, Chiyo Saito, Daiei Kojima, Michihiro Kono, Akimichi Morita, Kazumitsu Sugiura, Masashi Akiyama, Acta Dermato-Venereologica, 97,   2017年01月01日
  • 悪性黒色腫に対してペグインターフェロンα-2bを使用した症例の検討, 伊在井 理絵, 加藤 裕史, 坂井田 高志, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (12) 2316 - 2316,   2016年11月
  • ダブラフェニブ/トラメチニブ投与にて良好な経過を得た悪性黒色腫の1例, 吉田 有友子, 加藤 裕史, 坂井田 高志, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (12) 2316 - 2316,   2016年11月
  • 顔面における基底細胞癌の位置分布解析, 坂井田 高志, 加藤 裕史, 伊在井 理絵, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (12) 2316 - 2316,   2016年11月
  • 名古屋市立大学病院における白斑患者の解析, 松原 章宏, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (12) 2316 - 2316,   2016年11月
  • 名古屋市立大学病院におけるパッチテストパネル(S)の陽性率の検討, 西原 春奈, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (12) 2317 - 2317,   2016年11月
  • ダーマボンドアドバンスドによる接触皮膚炎の一例, 松原 章宏, 西田 絵美, 小田 隆夫, 井汲 今日子, 西原 春奈, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 10, (4) 425 - 425,   2016年10月
  • 【次世代の自己免疫疾患診療に向けて】 Ps領域 乾癬性関節炎, 森田 明理, クリニシアン, 63, (10) 986 - 991,   2016年10月
  • 虹彩毛様体炎を合併した関節症性乾癬の1例, 藤原 明子, 西田 絵美, 加藤 裕史, 伊藤 えりか, 古橋 卓也, 齋藤 稚代, 金子 夏美, 澤田 啓生, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 58, (11) 1719 - 1723,   2016年10月, 46歳女性。14歳時より頭部に鱗屑を伴う紅色局面が出現し、これが手足に拡大、近医にて尋常性乾癬と診断され、ステロイド外用剤や外用PUVA療法などで治療が行われていたが、38歳時より手指、手関節の関節痛が出現した。また、43歳時には膝・肩関節の疼痛、眼痛、視力低下が出現し、著者らの施設にある眼科および皮膚科へ紹介となった。初診時、全身には鱗屑および浸潤を伴う紅色局面を認め、眼科所見では左虹彩毛様体炎が認められた。また、骨シンチでは右肩鎖関節、両膝関節周囲、L1右側、L2左側、両仙腸関節、両側恥骨結節に異常集積が認められた。以上より、本症例は虹彩毛様体炎を合併した関節症性乾癬と診断された。治療は皮疹に対してはPUVAバス療法が行われ、虹彩毛様体炎に対してはステロイドの点眼が行われたが、46歳時に虹彩毛様体炎の悪化、皮疹の拡大も認められた。そこで、インフリキシマブの投与を開始した結果、眼症状および皮疹は改善した。
  • 左耳垂に生じたMerkel細胞癌の1例, 的屋 真美, 渡辺 正一, 春本 真以, 加藤 裕史, 谷口 真也, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 58, (11) 1759 - 1762,   2016年10月, 76歳男性。2ヵ月前より左耳垂に紅色腫瘤が出現し、徐々に拡大した。前医で皮膚生検を受けたところ、Merkel細胞癌を指摘され、精査加療目的で著者らの施設へ紹介となった。初診時、左耳垂に25mm大で弾性硬の紅色腫瘤が認められ、病理組織学的にMerkel細胞癌の診断に至った。左耳皮膚悪性腫瘍摘出術を施行し、術後は左耳介部・左頸部リンパ節に対し強度変調放射線治療を併用した。その結果、術後10ヵ月の時点で再発はみられていない。
  • PUVA療法と扁桃摘出術が奏効した急性痘瘡状苔癬状粃糠疹の1例, 的屋 真美, 村松 伸之介, 井汲 今日子, 加藤 裕史, 西田 絵美, 江崎 伸一, 村嶋 明大, 森田 明理, 西日本皮膚科, 78, (5) 546 - 546,   2016年10月
  • 骨露出を伴う難治性褥瘡に対して軟部組織縫合、メッシュ植皮および陰圧持続吸引療法の併用が有用であった1例, 春本 真以, 加藤 裕史, 小田 隆夫, 西田 絵美, 渡辺 正一, 森田 明理, 西日本皮膚科, 78, (5) 551 - 552,   2016年10月
  • Intratumoral expression levels of PD-L1, GZMA, and HLA-A along with oligoclonal T cell expansion associate with response to nivolumab in metastatic melanoma, Hiroyuki Inoue, Jae Hyun Park, Kazuma Kiyotani, Makda Zewde, Azusa Miyashita, Masatoshi Jinnin, Yukiko Kiniwa, Ryuhei Okuyama, Ryota Tanaka, Yasuhiro Fujisawa, Hiroshi Kato, Akimichi Morita, Jun Asai, Norito Katoh, Kenji Yokota, Masashi Akiyama, Hironobu Ihn, Satoshi Fukushima, Yusuke Nakamura, OncoImmunology, 5,   2016年09月01日, © 2016 The Author(s). Published with license by Taylor & Francis Group, LLC © Hiroyuki Inoue, Jae-Hyun Park, Kazuma Kiyotani, Makda Zewde, Azusa Miyashita, Masatoshi Jinnin, Yukiko Kiniwa, Ryuhei Okuyama, Ryota Tanaka, Yasuhiro Fujisawa, Hiroshi Kato, Akimichi Morita, Jun Asai, Norito Katoh, Kenji Yokota, Masashi Akiyama, Hironobu Ihn, Satoshi Fukushima, and Yusuke Nakamura. Immune checkpoint inhibitors blocking the interaction between programmed death-1 (PD-1) and PD-1 ligand-1 (PD-L1) are revolutionizing the cancer immunotherapies with durable clinical responses. Although high expression of PD-L1 in tumor tissues has been implicated to correlate with the better response to the anti-PD-1 therapies, this association has been controversial. In this study, to characterize immune microenvironment in tumors, we examined mRNA levels of immune-related genes and characterized T cell repertoire in the tumors of 13 melanoma patients before and after nivolumab treatment. We found that, in addition to the PD-L1 (p = 0.03), expression levels of PD-1 ligand-2 (PD-L2), granzyme A (GZMA) and human leukocyte antigen-A (HLA-A) in the pre-treatment tumors were significantly higher (p = 0.04, p = 0.01 and p = 0.006, respectively) in responders (n = 5) than in non-responders (n = 8). With nivolumab treatment, tumors in responders exhibited a substantial increase of CD8, GZMA and perforin 1 (PRF1) expression levels as well as increased ratio of TBX21/GATA3, suggesting dominancy of helper T cell type 1 (Th1) response to type 2 (Th2) response. T cell receptor β (TCR-β) repertoire analysis revealed oligoclonal expansion of tumor-infiltrating T lymphocytes (TILs) in the tumor tissues of the responders. Our findings suggest that melanoma harboring high PD-1 ligands (PD-L1 and PD-L2), GZMA and HLA-A expression may respond preferentially to nivolumab treatment, which can enhance Th1-skewed cellular immunity with oligoclonal expansion of TILs.
  • Efficacy and safety of secukinumab in patients with generalized pustular psoriasis: A 52-week analysis from phase III open-label multicenter Japanese study, Shinichi Imafuku, Masaru Honma, Yukari Okubo, Mayumi Komine, Mamitaro Ohtsuki, Akimichi Morita, Noriko Seko, Naoko Kawashima, Saori Ito, Tomohiro Shima, Hidemi Nakagawa, Journal of Dermatology, 43,   2016年09月01日, © 2016 Japanese Dermatological Association Generalized pustular psoriasis (GPP) is a severe inflammatory skin disease characterized by the presence of sterile pustules covering almost the entire body and systemic symptoms such as fever. Secukinumab, a fully human-recombinant anti-interleukin-17A monoclonal antibody was indicated for psoriasis vulgaris and psoriatic arthritis in Japan but is not yet investigated for GPP. In this phase III, open-label multicenter single arm study, the efficacy and safety of secukinumab as monotherapy or with co-medication was evaluated in 12 Japanese patients with GPP. All the patients received secukinumab 150 mg s.c. at baseline, week 1, 2, 3 and 4, and then every 4 weeks. Two non-responders were up-titrated to 300 mg. Change in GPP severity from baseline was evaluated by clinical global impression (CGI) categorized as “worsened”, “no change”, “minimally improved”, “much improved” or “very much improved”. Treatment success was achieved by 83.3% (n = 10) of patients at week 16 (primary end-point) with CGI evaluated as “very much improved” (n = 9) and “much improved” (n = 1). Moreover, the area of erythema with pustules improved as early as week 1 and resolved by week 16 in most of the patients. The improvements were sustained throughout 52 weeks. Over the 52-week treatment period, secukinumab was well tolerated with no unexpected safety signals. Nasopharyngitis, urticaria, diabetes mellitus and arthralgia were the frequent adverse events reported. The data from this study shows that secukinumab can become one of the potent treatment options for GPP.
  • UVB irradiation induces HMGB1 expression in keratinocytes without promoting apoptosis, Kan Torii, Akimichi Morita, Experimental Dermatology, 25,   2016年09月01日
  • 【光学療法】 <臨床例> PUVAバス療法が奏効した環状肉芽腫, 的屋 真美, 村松 伸之介, 井汲 今日子, 加藤 裕史, 西田 絵美, 森田 明理, 皮膚病診療, 38, (9) 911 - 914,   2016年09月, <症例のポイント>ステロイド外用にて効果が乏しかった環状肉芽腫に対し、PUVAバス療法が奏効した。自験例は糖尿病および脂質異常症を合併しており、環状肉芽腫として多くみられる病型であった。PUVAバス治療を施行し、20回照射終了時には改善は軽度であったが、治療終了4ヵ月後の段階では著明な改善を認めている。(著者抄録)
  • 【光学療法】 <臨床例> PUVAバス療法が奏効した皮膚サルコイドーシス, 村松 伸之介, 西田 絵美, 森田 明理, 皮膚病診療, 38, (9) 919 - 922,   2016年09月, <症例のポイント>サルコイドーシスは皮膚、肺、心、眼など多臓器に類上皮細胞肉芽腫病変形成を特徴とする全身性炎症性疾患である。本症の一般的治療は、病変が皮膚に限局する場合、ステロイド外用が第一選択となるが、難治例も多い。ステロイド外用で難治な皮膚サルコイドーシスに対し、PUVAバス療法を行い、皮膚症状は改善した。これまでにPUVAバス療法が有効であったサルコイドーシスの報告はない。PUVAバス療法は、Langerhans細胞の抗原提示能の抑制やT細胞のアポトーシス誘導など、免疫反応を抑制することにより、肉芽腫形成を制御していると考えられる。(著者抄録)
  • LL型Hansen病の2例, 谷口 真也, 山本 敬三, 新谷 洋一, 石井 則久, 森田 明理, 臨床皮膚科, 70, (10) 801 - 806,   2016年09月, 症例1:24歳,フィリピン人男性.3年前から左上肢の知覚異常を自覚していた.1年前から顔に小結節が多発してきたため受診した.左上腕尺骨神経が肥厚していた.症例2:46歳,ブラジル人男性.32歳時,Hansen病と診断され,治療開始されたが3ヵ月で自己中断した.42歳時,腎疾患のため姉より腎移植され,免疫抑制薬を内服中であった.初診2ヵ月前から全身に小丘疹が多発してきたため受診した.いずれの症例も皮膚スメア検査,病理組織像よりWHO分類の多菌型,Ridley-Jopling分類のLL型(らい腫型,lepromatous type)Hansen病と診断し,WHO/MDT(multi-drug therapy)/MB(multibacillary)治療を開始した.LL型Hansen病は菌の消失が遅く長い治療期間が必要であるが,症例2では腎移植のため,免疫抑制薬内服中であり,より長い期間の治療が必要であると考えられた.(著者抄録)
  • Action spectrum of melanoblast maturation and involvement of the aryl hydrocarbon receptor, Motoki Nakamura, Emi Nishida, Akimichi Morita, Experimental Dermatology, 25,   2016年08月01日, © 2016 John Wiley & Sons A/S. Published by John Wiley & Sons Ltd The aryl hydrocarbon receptor (AHR) mediates melanocyte activation and skin tanning. We hypothesized that the AHR also mediates melanoblast-to-melanocyte maturation. In a cloned cell line, NCCmelb4, derived from mouse neural crest cells, we investigated AHR expression in melanoblasts stimulated by UV irradiation and AHR agonists. We irradiated the cells with UV, ranging from 280 to 380 nm in 10-nm increments, using a multiwavelength irradiation spectral apparatus. Tyrosinase expression significantly increased with bimodal peaks at 310 and 360 nm. Although melanoblast activation peaked 48 hours after irradiation, the most suitable irradiation interval was 24 hours. AHR expression significantly increased at 360 nm, but not at 310 nm. The AHR agonist, VAF347, and water-soluble tobacco smoke extract induced melanoblast maturation and AHR activation. The culture supernatant derived from the NS47 fibroblast cell line also induced melanoblast maturation and AHR activation. These findings suggest that UV and environmental stimulation of melanoblast-to-melanocyte maturation are enhanced via the AHR pathway.
  • Preface, Osamu Ishikawa, Akira Kawada, Masamitsu Ichihashi, Akimichi Morita, Experimental Dermatology, 25,   2016年08月01日
  • 冬眠腫の1例, 吉田 有友子, 加藤 裕史, 坂井田 高志, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (9) 1742 - 1742,   2016年08月
  • 臀部慢性膿皮症より発生した巨大有棘細胞癌の1例, 松原 章宏, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (9) 1743 - 1744,   2016年08月
  • 膝窩リンパ節郭清を行った悪性黒色腫の1例, 坂井田 高志, 加藤 裕史, 吉田 有友子, 堀尾 愛, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (9) 1744 - 1744,   2016年08月
  • アダリムマブ投与中paradoxical reactionを生じた潰瘍性大腸炎の1例, 伊在井 理絵, 西田 絵美, 西原 春奈, 高木 佐千代, 森田 明理, 谷田 諭史, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (9) 1744 - 1744,   2016年08月
  • 名古屋市立大学病院で過去10年間に金属パッチテストを行った掌蹠膿疱症患者の検討, 西原 春奈, 西田 絵美, 森田 明理, 山本 あい, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (9) 1744 - 1745,   2016年08月
  • 【脊椎関節炎の病態と治療】 乾癬・乾癬性関節炎の病態, 森田 明理, 炎症と免疫, 24, (5) 417 - 420,   2016年08月, TH-17細胞を中心とした乾癬の免疫病態が明らかになるとともに、生物学的製剤の開発は、抗TNFα阻害薬から、抗IL-23p40抗体、さらに、抗IL-17A抗体のあきらかな有効性から、抗IL-17受容体抗体の開発・承認にむけられ、現在、わが国で承認された尋常性乾癬および乾癬性関節炎に承認された薬剤は6種類となった(2016年7月)。さらに、抗IL-23p19抗体の開発も進み、免疫病態が明らかになることと薬剤開発が相互に結びつけられた。治療から明らかになる病態は、今後分子標的が可能となる内服薬剤の開発にもつながるだろう。(著者抄録)
  • 悪性黒色腫に対して膝窩リンパ節郭清を行った1例, 坂井田 高志, 加藤 裕史, 吉田 有友子, 堀尾 愛, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚外科学会誌, 20, (2別冊) 199 - 199,   2016年08月
  • Safety profiles and efficacy of infliximab therapy in Japanese patients with plaque psoriasis with or without psoriatic arthritis, pustular psoriasis or psoriatic erythroderma: Results from the prospective post-marketing surveillance, Hideshi Torii, Tadashi Terui, Miyuki Matsukawa, Kazumi Takesaki, Mamitaro Ohtsuki, Hidemi Nakagawa, Osamu Nemoto, Hidetoshi Takahashi, Mayumi Komine, Takafumi Etoh, Atsuyuki Igarashi, Akihiko Asahina, Akira Ozawa, Akimichi Morita, Shigetoshi Sano, Journal of Dermatology, 43,   2016年07月01日, © 2015 Japanese Dermatological Association A large-scale prospective post-marketing surveillance was conducted to evaluate the safety and efficacy of infliximab in Japanese patients with plaque psoriasis, psoriatic arthritis, pustular psoriasis and psoriatic erythroderma. This study was conducted in all psoriasis patients treated with infliximab after its Japanese regulatory approval. Infliximab was administrated at 5 mg/kg at weeks 0, 2 and 6, and every 8 weeks thereafter. Patients were serially enrolled and observed for 6 months to evaluate the safety and efficacy. The safety and efficacy were evaluated in 764 and 746 patients, respectively. Incidences of any and serious adverse drug reactions were 22.51% and 6.94%, respectively, and those of any and serious infusion reactions were 6.15% and 1.31%, respectively, which were comparable with the results in the post-marketing surveillance with 5000 rheumatoid arthritis patients in Japan. Major adverse drug reactions during the follow-up period were infections (5.10%) including pneumonia, cellulitis and herpes zoster, however, no tuberculosis was observed. The safety profiles were equivalent, regardless of the psoriasis types. No new safety problems were identified. The response rates on global improvement and median improvement rate of Psoriasis Area and Severity Index in all patients were 88.0% and 85.0%, respectively. Of note, the efficacy was equivalent for each psoriasis type as well as for each body region. Infliximab was also effective in pustular psoriasis symptoms, joint symptoms and nail psoriasis, as well as improvement of quality of life. Infliximab was confirmed to be highly effective and well tolerated in treating refractory psoriasis, including pustular psoriasis and psoriatic erythroderma.
  • 日本皮膚科学会ガイドライン 乾癬の光線療法ガイドライン, 森田 明理, 江藤 隆史, 鳥居 秀嗣, 伊藤 寿啓, 根本 治, 上出 良一, 川田 暁, 日本乾癬学会光線療法ガイドライン作成委員会, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (7) 1239 - 1262,   2016年06月
  • 【似たもの同士:目で見る鑑別診断2016-水疱性病変編】 (Part3.)上肢・手掌(case 11) 掌蹠膿疱症vs異汗性湿疹, 西原 春奈, 森田 明理, Visual Dermatology, 15, (7) 703 - 706,   2016年06月
  • PAS190/100を目指した乾癬治療の戦略, 森田 明理, 西日本皮膚科, 78, (3) 294 - 294,   2016年06月
  • Serum interleukin-6 levels in response to biologic treatment in patients with psoriasis, Shinnosuke Muramatsu, Ryoji Kubo, Emi Nishida, Akimichi Morita, Modern Rheumatology, 27,   2016年05月13日, © 2016 Japan College of RheumatologyObjectives: Psoriasis is a chronic autoimmune disease involving a complex network of cytokines such as interleukin (IL)-6. We tested the hypothesis that serum IL-6 level is a useful indicator of disease activity and predicts the treatment response to biologics in patients with psoriasis. Methods: We analyzed 113 psoriasis patients treated with biologics (73 with infliximab [IFX], 24 with adalimumab [ADA], and 16 with ustekinumab [UST]) in our hospital. Disease severity was assessed using the Psoriasis Area and Severity Index (PASI) score, and Disease Activity Score 28 based on C-reactive protein (DAS28-CRP). Results: Before treatment, serum IL-6 levels significantly correlated with PASI scores in patients with psoriasis vulgaris (r = 0.432, p = 0.001) and with DAS28-CRP in patients with psoriatic arthritis (r = 0.469, p = 0.010). Serum IL-6 levels were significantly decreased by IFX (from 4.8 to 1.5) and ADA (from 2.5 to 1.4) therapy. In psoriatic arthritis, serum IL-6 levels at the endpoint tended to be lower in patients who achieved DAS28-CRP <2.3 (European League Against Rheumatism remission criteria) than in patients who did not. Conclusion: Serum IL-6 level may be a useful biomarker for assessing disease activity in patients with psoriasis and for predicting responsiveness of joint symptoms to biologic treatment.
  • Patient-relevant needs and treatment goals in nail psoriasis, C. Blome, A. Costanzo, E. Dauden, C. Ferrandiz, G. Girolomoni, R. Gniadecki, L. Iversen, A. Menter, K. Michaelis-Wittern, A. Morita, H. Nakagawa, K. Reich, M. Augustin, Quality of Life Research, 25,   2016年05月01日, © 2015, Springer International Publishing Switzerland.Purpose: Patient-centered health care implies that medical decisions are made jointly by physician and patient, based on patient needs. Aims were to (a) identify treatment goals for a new questionnaire on patient needs and benefits in nail psoriasis treatment; (b) analyze the importance of treatment goals in patients with nail psoriasis in general and in defined subgroups; and (c) determine the association between overall treatment goal importance and quality of life. Methods: The study comprised the following steps: qualitative survey on needs and burdens in 120 patients; development of items by an interdisciplinary expert group; item testing in 55 patients in four countries; revision of the questionnaire and assessment in 203 patients in six countries (Germany, Denmark, Italy, Spain, USA, Japan). The percentage of patients rating the goals as ‘quite/very important’ was compared between various patient subgroups. Results: Based on 692 free-text statements, 26 items were developed which were reduced to 24 items after pilot testing. Each of these treatment goals applied to the majority of patients in the multi-center study. Goal importance increased with severity of nail psoriasis, but not with age or disease duration. Manual dexterity and social interaction were of particular importance. Goal importance and quality of life were associated, but not redundant (r = 0.612, p < 0.001). Conclusions: Patients with nail psoriasis have manifold and specific treatment goals. Goal importance is a construct different from disease-specific quality of life and should be assessed separately. The new questionnaire can support goal setting in clinical practice.
  • 皮膚科にもとめられる魅力的プログラム形成と教育手法・評価, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (5) 743 - 743,   2016年05月
  • 太陽紫外線、大気汚染、バリア機能異常による皮膚老化への影響, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (5) 834 - 834,   2016年05月
  • ナローバンドUVBを効かせる治療にするためには ターゲット型光線療法について考える, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (5) 837 - 837,   2016年05月
  • 当院にて重症虚血肢に対し血管内治療を施行した強皮症症例の検討, 村松 伸之介, 小田 隆夫, 春本 真以, 的屋 真美, 高木 佐千代, 渡辺 正一, 藤田 浩志, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (5) 941 - 941,   2016年05月
  • 多発性骨髄腫に合併したアミロイドーシスの皮膚生検での診断と危険因子における統計学的考察, 的屋 真美, 加藤 裕史, 春本 真以, 村松 伸之介, 西田 絵美, 楠本 茂, 李 政樹, 成田 朋子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (5) 950 - 950,   2016年05月
  • 顔面における分節型尋常性白斑の臨床病型と治療効果に関する解析, 加藤 裕史, 中村 元樹, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (5) 960 - 960,   2016年05月
  • 関節症性乾癬患者57例における頸椎病変の検討, 井汲 今日子, 西田 絵美, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (5) 980 - 980,   2016年05月
  • Facial aesthetic unitで分類した顔面に生じる皮膚悪性腫瘍の特徴, 小田 隆夫, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (5) 985 - 985,   2016年05月
  • 下肢ガス壊疽における起炎菌と切断におけるリスクファクターの解析, 春本 真以, 加藤 裕史, 的屋 真美, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (5) 992 - 992,   2016年05月
  • 名古屋市立大学病院皮膚科における小児の脱毛症187例の検討, 西田 絵美, 井汲 今日子, 村松 伸之介, 佐川 容子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (5) 996 - 996,   2016年05月
  • 右上腕に生じた血管芽細胞腫の1例, 春本 真以, 新谷 洋一, 長村 美佳, 的屋 真美, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (6) 1143 - 1144,   2016年05月
  • Muir-Torre症候群の1例, 西原 春奈, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (6) 1144 - 1144,   2016年05月
  • 後頭部に生じた外傷性神経腫の1例, 小田 隆夫, 高木 佐千代, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (6) 1144 - 1144,   2016年05月
  • 眉毛部に生じた反転性毛包角化症の1例, 長村 美佳, 加藤 裕史, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (6) 1144 - 1144,   2016年05月
  • 完全内臓逆位をみとめた腹部悪性黒色腫の1例, 井汲 今日子, 渡辺 正一, 的屋 真美, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (6) 1145 - 1145,   2016年05月
  • PUVAバス療法が奏功した環状肉芽腫の1例, 的屋 真美, 村松 伸之介, 井汲 今日子, 加藤 裕史, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (6) 1150 - 1150,   2016年05月
  • 隆起性腫瘤を呈したPlasmacytoid dendritic cell neoplasmの1例, 小田 隆夫, 加藤 裕史, 春本 真以, 渡辺 正一, 加藤 千絵, 伊藤 旭, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 32回,   2016年05月
  • 陰茎病変が原発であると考えられ、鼠径部に巨大腫瘤を呈した有棘細胞癌の1例, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 小田 隆夫, 井汲 今日子, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 32回,   2016年05月
  • 紫外線の生体へのメリットは?, 森田 明理, 日本医事新報, (4800) 60 - 61,   2016年04月
  • 当院における治療症例からみたエキシマライト療法の有用性, 村松 伸之介, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 33, (2) 281 - 281,   2016年04月
  • 【Women's Health】 環境因子による皮膚老化とアンチエイジング, 森田 明理, 日本医師会雑誌, 145, (1) 56 - 56,   2016年04月
  • 【最近のトピックス2016 Clinical Dermatology 2016】 皮膚疾患の病態 制御性T細胞の恒常性と皮膚, 山崎 小百合, 森田 明理, 臨床皮膚科, 70, (5) 39 - 41,   2016年04月, マウスの末梢CD4+T細胞の約5〜10%が定常状態でCD25を発現しており,免疫学的自己寛容に重要な制御性T細胞である,と1995年に坂口志文先生らにより報告された.その後の世界中の多くのグループよりCD25+CD4+T細胞に抑制能力があることが再現され,現在では制御性T細胞は,自己免疫反応のみでなく,腫瘍免疫,移植免疫,アレルギー,感染に対する免疫反応,慢性炎症などさまざまな免疫反応を抑制していることが判明している.制御性T細胞は,マウスのみでなく,ヒトでも同様に存在し,さまざまな病態に関連している.筆者らは,最近,胸腺由来制御性T細胞が皮膚において紫外線にてその恒常性が維持されている可能性を示した.本稿では,皮膚における制御性T細胞の役割について最近の知見を中心に述べる.(著者抄録)
  • 【最近のトピックス2016 Clinical Dermatology 2016】 皮膚科医のための臨床トピックス 乾癬性関節炎の超音波検査, 森田 明理, 臨床皮膚科, 70, (5) 167 - 169,   2016年04月, 乾癬性関節炎の早期診断や病勢・予後予測のバイオマーカーとして確立したものはなく,末梢関節では超音波検査,体軸関節ではMRI検査が早期発見に役立つ可能性がある.乾癬性関節炎の画像診断は,単純X線写真,MRI,骨シンチグラムなど種々行われているが,これらの検査にはそれぞれ有用性と課題を有する.関節超音波検査のスコアリングには,グレースケールスコア・パワードプラスコアがあり,最近,早期発見,関節損傷の予測が検討された.関節超音波検査による早期発見(無症候性関節炎)につながること,さらに理学的所見としての関節の腫脹のみならず,関節超音波検査によるグレースケールスコア・パワードプラスコアが,関節損傷の予測に重要であることが示唆された.(著者抄録)
  • 【最近のトピックス2016 Clinical Dermatology 2016】 皮膚科医のための臨床トピックス 「光老化」啓発プロジェクトについて, 川島 眞, 川田 暁, 錦織 千佳子, 森田 明理, 宮地 良樹, 臨床皮膚科, 70, (5) 173 - 175,   2016年04月, 皮膚科医にとっては,太陽光線により老徴が出現し,さらには皮膚癌の発生につながること,そしてそれを光老化と呼称することには共通の認識がある.また,サンスクリーン剤を長期にわたって使用することにより光老化が予防できることも常識である.しかし,本邦においてサンスクリーン剤の効能表現として許可されているのは,「日やけを防ぐ」「日やけによるしみ,そばかすを防ぐ」の2つのみであり,サンスクリーン剤の効果の一部にすぎない.その理由の1つに,光老化の言葉そのものの一般への浸透が低いことが挙げられ,事実,最近の調査でも4.2%の国民が理解しているのみであった.そこで,まずは光老化の認識を高めるための啓発活動を行う必要があると考え,光生物学に造詣の深い皮膚科医が集まり,2016年春をスタートに啓発プロジェクトを展開することとした.多くの皮膚科医の参画を得て国レベルの活動とし,光老化対策を通じて国民の健康に貢献したい.(著者抄録)
  • 【乾癬性関節炎が分かる!-多角的アプローチで早期診断を】 Dermatological View 乾癬性関節炎のスクリーニングと重症度評価, 森田 明理, Visual Dermatology, 15, (5) 512 - 515,   2016年04月
  • 【播種状の皮膚病】 <臨床例>膿疱性乾癬の患者に発症した、アモキシシリンによる急性汎発性発疹性膿疱症と考えられた症例, 加藤 香澄, 加藤 裕史, 坂井田 高志, 大口 亮子, 森田 明理, 皮膚病診療, 38, (3) 259 - 262,   2016年03月, <症例のポイント>ヘリコバクター・ピロリの除菌後に紅斑や小膿疱が出現した急性汎発性発疹性膿疱症(acute generalized exanthematous pustulosis:AGEP)を経験した。膿疱性乾癬の既往があり、病理組織学的にも膿疱性乾癬の急性増悪との鑑別が困難であった。過去の報告では乾癬の既往のある患者にAGEPが出現しやすいという報告や、また膿疱性乾癬の患者にペニシリン系薬剤を投与すると皮疹の増悪をきたすという報告もあり、膿疱性乾癬の患者への投薬の際には注意が必要である。(著者抄録)
  • 小児に発症した皮膚型神経鞘腫の1例, 堀尾 愛, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 新谷 洋一, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 58, (3) 478 - 479,   2016年03月, 6歳男児。2004年10月より左後頭部の淡紅色腫瘤に気づき、近医にて脂腺母斑として経過観察されていたが、拡大してきたため2008年7月に当院紹介となった。初診時、左後頭部に8mm大の境界明瞭な淡紅色腫瘤を認めたため、腫瘍摘出術を施行した。病理組織学的に皮膚型神経鞘腫と診断された。術後経過は良好で、現在まで再発はみられない。
  • 乾癬における外用療法の最適化とビタミンD3とステロイドの配合薬のポジショニング, 森田 明理, 大阪皮膚科医会会報, 17, (4) 2 - 16,   2016年03月
  • 強直性脊椎炎と乾癬性関節炎を正しく理解する 2016 乾癬の外用・光線・内服療法から生物学的治療まで, 森田 明理, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 60回,   2016年03月
  • リウマチ性疾患の新しい治療法 乾癬性関節炎患者におけるイキセキズマブの有効性及び安全性(24週データ) 無作為化二重盲検プラセボ対照第3相試験(SPIRIT-P1), 岡田 正人, 森田 明理, 中條 航, Shuler Catherine L., Lee Chin H., 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 60回,   2016年03月
  • 脊椎関節炎、その他 急速に進行した環軸椎亜脱臼を呈した関節症性乾癬の一例, 井汲 今日子, 福岡 宗良, 森田 明理, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 60回,   2016年03月
  • 皮膚科医から考える乾癬性関節炎の診断へのアプローチ, 森田 明理, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 60回,   2016年03月
  • 骨露出を伴う難治性褥瘡に対する軟部組織縫合とメッシュ植皮、陰圧持続吸引療法の併用, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 小田 隆夫, 井汲 今日子, 西田 絵美, 森田 明理, Skin Surgery, 25, (1) 56 - 56,   2016年02月
  • 【いま基本にかえる乾癬治療】 乾癬におけるPUVA療法を見直す, 新谷 洋一, 森田 明理, Derma., (240) 48 - 52,   2016年02月, 乾癬の治療は抗TNF-α製剤などの生物学的製剤が使用できるようになり、近年飛躍的な前進をみている。しかし、すべての症例で適応があるわけではなく、ステロイド・ビタミンD3製剤の外用や、シクロスポリン、紫外線治療も重要な治療方法である。紫外線治療は、最近では照射の手間の少ないナローバンドUVB(NB-UVB)療法が主体となってきている。しかし、治療効果を考えた場合、PUVA療法のなかでも、PUVAバス療法は重要な治療である。PUVA療法には内服、外用、バスがあるが、各々の利点・欠点を把握して使用することが必要であり、紫外線特有の副作用である発癌性をいかに抑えるかが重要である。ここでは主にPUVAバス療法について報告する。(著者抄録)
  • アキシチニブによって皮膚障害を生じた1例, 春本 真以, 渡辺 正一, 井汲 今日子, 新谷 洋一, 加藤 裕史, 森田 明理, 濱本 周造, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (2) 196 - 196,   2016年02月
  • PUVAバス療法が奏功した小児汎発性脱毛症の1例, 井汲 今日子, 村松 伸之介, 小田 隆夫, 的屋 真美, 久保 良二, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (2) 198 - 198,   2016年02月
  • 左腋窩に生じた顆粒細胞腫の1例, 春本 真以, 渡辺 正一, 的屋 真美, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (2) 199 - 199,   2016年02月
  • 尾骨部の粉瘤より生じたと考えられた有棘細胞癌の1例, 的屋 真美, 渡辺 正一, 小田 隆夫, 春本 真以, 加藤 裕史, 高木 佐千代, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (2) 200 - 200,   2016年02月
  • Cheek flapにより再建を行った顔面基底細胞癌の1例, 小田 隆夫, 渡辺 正一, 春本 真以, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (2) 200 - 200,   2016年02月
  • 左側頭部に生じ多彩な組織像を示した毛包脂腺系腫瘍の1例, 的屋 真美, 西尾 栄一, 堀尾 愛, 多田 豊曠, 森田 明理, 臨床皮膚科, 70, (2) 138 - 142,   2016年02月, 58歳,男性.30歳代の頃,臨床的に明らかな発生母地のない左側頭部に突然疣状の小結節が多数出現した.50歳頃よりそのうちの1ヶ所が徐々に増大し目立つようになったため受診した.初診時,左側頭部に28×18mm大の表面が潰瘍化した結節とその周囲の3〜4mm大の淡紅色から一部黒色の多数の小結節を認めた.結節部の生検標本で乳頭状汗管嚢胞腺腫や脂腺腫など多彩な組織像を認めた.部分的には脂腺癌が疑われたため,同年11月周囲の多発する小結節も一塊として全摘後,左鎖骨部より採皮し全層植皮を行った.全摘した腫瘍は脂腺腫,毛芽腫/毛包上皮腫,乳頭状汗管嚢胞腺腫と多彩な毛包脂腺系腫瘍の病理組織像を示し,臨床的には明らかでないものの各種の腫瘍の発生母地としての脂腺母斑の存在を示唆していた.脂腺母斑を発生母地とした付属器系腫瘍の報告は多数みられるが,前述の3種の腫瘍の併発はわれわれの調べえた限りでは自験例のみであった.(著者抄録)
  • 巨大疣状黄色腫の1例, 井汲 今日子, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 小田 隆夫, 森田 明理, 皮膚の科学, 15, (1) 38 - 38,   2016年02月
  • 眼輪筋皮弁により再建を行った左上眼瞼基底細胞癌の1例, 小田 隆夫, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 皮膚の科学, 15, (1) 38 - 38,   2016年02月
  • Photodermatology: Therapeutic photomedicine for skin diseases, Akimichi Morita, Immunology of the Skin: Basic and Clinical Sciences in Skin Immune Responses,   2016年01月01日, © Springer Japan 2016. Natural sunlight has beneficial effects for various skin conditions and immunoregulatory functions. Phototherapy utilizes the beneficial effects and immunoregulatory functions of natural sunlight. Phototherapy is used for refractory skin disease when topical steroid treatment is not effective. Ultraviolet light (UV) phototherapy using broadband UVB (290-320 nm) and narrowband UVA (311-313 nm) is a well-established treatment for refractory skin disease, such as psoriasis. UV phototherapy has two primary modes of action: apoptosis induction and immune suppression. Narrowband UVB depletes pathogenic T cells by inducing apoptosis and induces regulatory T cells. UVB, psoralen and UVA, and UVA-1 (340-400 nm) are useful treatments of refractory skin diseases, and can be used in conjunction with topical steroids. Selective wavelength phototherapies are used to minimize the carcinogenic risks of UV exposure. UVA-1 effectively penetrates the dermal layers, and is thus superior to UVB, which is mainly absorbed by the epidermis. UVA-1 induces both early and late apoptosis, whereas UVB induces only late apoptosis, making UVA-1 phototherapy particularly effective for treating pathogenically relevant cells, leading to immediate and long-lasting remission. Excimer light (308 nm) therapy effectively targets affected skin without undue exposure of other areas and increases the levels of T regulatory cells. Fewer treatments and a lower cumulative UVB dose are other advantages of excimer light; the greater carcinogenic risk is ameliorated by the reduced number of treatments needed. Intensive studies of phototherapy effects have led to several improvements in the design and protocols, providing several options to patients with skin disease.
  • Epidemiological analysis of psoriatic arthritis patients in Japan, Toshiyuki Yamamoto, Mamitaro Ohtsuki, Shigetoshi Sano, Atsuyuki Igarashi, Akimichi Morita, Ryuhei Okuyama, Akira Kawada, Journal of Dermatology, 43,   2016年01月01日, © 2016 Japanese Dermatological Association.To determine the current status of psoriatic arthritis, we conducted a retrospective survey by sending questionnaires. The newly visited psoriatic arthritis patients accounted for 10.5% (95% confidence interval, 7.9-13%) of all newly visited psoriasis patients (n = 2581) between April 2014 and March 2015 in 73 institutes. Additionally, questionnaires on detailed patients' information were returned by 92 institutes (response rate, 70.8%), where 1282 patients with psoriatic arthritis were identified. There was a male predominance. The mean onset age of psoriatic arthritis was 44.9 years, and mean onset age for cutaneous psoriasis (36.4 years) was lower than that for arthritis (45.1 years). The mean duration in patients who developed psoriasis prior to arthritis was 11.2 years, while that in patients preceded by arthritis was 4.4 years. According to the Moll and Wright criteria, polyarthritis type was most common (36%), followed by distal interphalangeal type (26%) and oligoarthritis type (22%). Peripheral joint pain was 61.5%, back pain such as lumbago and neck pain was 34.3%. Enthesitis and dactylitis were observed in 28.3% and 59.2%, respectively. Biologics were used in 55.5% of psoriatic arthritis patients, and 31% used disease-modifying antirheumatic drugs. In conclusion, the ratio of psoriatic arthritis in Japan is increasing, and nearly 10% of new psoriasis patients had psoriatic arthritis. This study shows the current status of psoriatic arthritis in Japan, including several unexpected findings such as male predominance, longer duration between the onset of cutaneous psoriasis and arthritis, and dominance of polyarthritis.
  • Efficacy and safety of secukinumab in patients with generalized pustular psoriasis: A 52-week analysis from phase III open-label multicenter Japanese study, Shinichi Imafuku, Masaru Honma, Yukari Okubo, Mayumi Komine, Mamitaro Ohtsuki, Akimichi Morita, Noriko Seko, Naoko Kawashima, Saori Ito, Tomohiro Shima, Hidemi Nakagawa, Journal of Dermatology,   2016年01月01日, © 2016 Japanese Dermatological Association.Generalized pustular psoriasis (GPP) is a severe inflammatory skin disease characterized by the presence of sterile pustules covering almost the entire body and systemic symptoms such as fever. Secukinumab, a fully human-recombinant anti-interleukin-17A monoclonal antibody was indicated for psoriasis vulgaris and psoriatic arthritis in Japan but is not yet investigated for GPP. In this phase III, open-label multicenter single arm study, the efficacy and safety of secukinumab as monotherapy or with co-medication was evaluated in 12 Japanese patients with GPP. All the patients received secukinumab 150 mg s.c. at baseline, week 1, 2, 3 and 4, and then every 4 weeks. Two non-responders were up-titrated to 300 mg. Change in GPP severity from baseline was evaluated by clinical global impression (CGI) categorized as "worsened", "no change", "minimally improved", "much improved" or "very much improved". Treatment success was achieved by 83.3% (n = 10) of patients at week 16 (primary end-point) with CGI evaluated as "very much improved" (n = 9) and "much improved" (n = 1). Moreover, the area of erythema with pustules improved as early as week 1 and resolved by week 16 in most of the patients. The improvements were sustained throughout 52 weeks. Over the 52-week treatment period, secukinumab was well tolerated with no unexpected safety signals. Nasopharyngitis, urticaria, diabetes mellitus and arthralgia were the frequent adverse events reported. The data from this study shows that secukinumab can become one of the potent treatment options for GPP.
  • Axcial frontonasal flapにより再建を行った鼻尖部基底細胞癌の1例, 的屋 真美, 渡辺 正一, 春本 真以, 加藤 裕史, 森田 明理, 古橋 卓也, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (1) 43 - 43,   2016年01月
  • 慢性に経過した播種状DLE型皮疹に有棘細胞癌を合併した1例, 春本 真以, 渡辺 正一, 的屋 真美, 森田 明理, 加藤 裕史, 日本皮膚科学会雑誌, 126, (1) 44 - 44,   2016年01月
  • 【全身性強皮症とその鑑別疾患-より早期に、正確に診断するために】 (Part3.)血管障害を呈する疾患(case 17) Buerger病, 森田 明理, 古橋 卓也, 加藤 裕史, Visual Dermatology, 15, (1) 76 - 78,   2015年12月
  • 名古屋市立大学病院において金属パッチテストを行った掌蹠膿疱症患者80名の検討, 西原 春奈, 西田 絵美, 山本 あい, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 9, (5) 442 - 442,   2015年11月
  • インフリキシマブ治療中壊疽性膿皮症を生じた潰瘍性大腸炎の1例, 西田 絵美, 村松 伸之介, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 9, (5) 474 - 474,   2015年11月
  • 感覚器における予防医療, 森田 明理, 内田 育恵, 細井 孝之, 小沢 洋子, 森田 学, 予防医療Aggressive, 2, (3) 140 - 149,   2015年10月
  • 【脊椎関節炎の病態・診断・治療】 関節症性乾癬(乾癬性関節炎), 森田 明理, 分子リウマチ治療, 8, (4) 191 - 195,   2015年10月, わが国の乾癬における生物学的製剤は、抗腫瘍壊死因子(TNF)α抗体、抗インターロイキン(IL)-12/23 p40抗体、さらに抗IL-17A抗体が登場し、いずれも局面型乾癬(尋常性乾癬)に加え、関節症性乾癬(乾癬性関節炎)に適応を有する。乾癬の治療には、外用、光線療法、内服(シクロスポリンなど)があるが、生物学的製剤の選択は、わが国では全身皮疹面積10%もしくは既存治療抵抗性の難治性皮疹または関節症状を有し、QOLが高度に障害されている場合であり、エビデンスとあわせ、乾癬治療での生物学的製剤の役割は大きくなるだろう。現状、基準を満たした関節症性乾癬患者に対しては、抗TNFα抗体の使用が第一選択として推奨され、早期に使用することで関節破壊や変形を予防することが可能となってきた。(著者抄録)
  • Palisaded Encapsulated Neuromaの1例, 堀尾 愛, 西尾 栄一, 加藤 裕史, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 57, (10) 1618 - 1619,   2015年09月, 57歳女。数年前より額中心部に常色の結節が出現し、今回、肺癌に対する化学療法の入院時に当科を紹介受診した。眉間部に5mm大の常色結節を認め、ダーモスコピーでは白色結節を細い血管が囲むように存在し、crown vessels所見と考えられた。結節を切除し、palisaded encapsulated neuromaと病理診断した。再発は認めていない。
  • 【Autoantigenとアレルギー疾患】 紫外線による自己反応性の機序と抑制, 森田 明理, 臨床免疫・アレルギー科, 64, (3) 261 - 265,   2015年09月
  • 木村病より生じたと考えられたFollicular lymphomaの1例, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 春本 真以, 的屋 真美, 中島 貴裕, 李 政樹, 森田 明理, 日本皮膚外科学会誌, 19, (2別冊) 181 - 181,   2015年09月
  • 【皮膚科疾患における光線療法の実際】 乾癬・掌蹠膿疱症・円形脱毛症に対する外来で行う光線療法, 西田 絵美, 森田 明理, Derma., (234) 1 - 7,   2015年08月, 難治性の皮膚疾患とされる尋常性乾癬のほかに、掌蹠膿疱症、円形脱毛症は多くの皮膚科医が遭遇する疾患の一つで、いくつかの治療方法はあるものの、非常に治療に苦慮することが多い疾患である。そういったなかで、今回、中波長紫外線に含まれる非常に幅の狭い紫外線波長311±2nmのナローバンドUVBとエキシマライトを含む光線療法について述べる。(著者抄録)
  • 【皮膚科疾患における光線療法の実際】 菌状息肉症に対するPUVAバス療法, 新谷 洋一, 森田 明理, Derma., (234) 40 - 44,   2015年08月, 菌状息肉症は、皮膚科診療において最も多い皮膚リンパ腫であるが、早期の場合には通常の湿疹病変と間違えやすく、また診断確定の難しさから、扁平浸潤期や腫瘍期などの進行した段階で皮膚科に初めて受診する症例も少なくない。日本皮膚科学会皮膚リンパ腫診療ガイドライン(2011)において紅斑期、扁平浸潤期に当たる時期の治療はステロイド外用療法、紫外線治療(ブローバンドUVB、ナローバンドUVB、PUVA)、局所放射線照射となっている。そしてPUVA療法はI期・IIA期、IIB期・III期の局所療法の第一選択の一つであり、エビデンスレベル推奨度Bである。名古屋市立大学病院では1998年から菌状息肉症に対してPUVAバス療法を行っているが、ここでは、その実際の方法を解説し、治療効果を報告する。(著者抄録)
  • 【皮膚科疾患における光線療法の実際】 本邦におけるPUVAバスプロトコール開発(プロトコール5), 佐川 容子, 西田 絵美, 新谷 洋一, 森田 明理, Derma., (234) 45 - 51,   2015年08月, 乾癬に対するPUVAバス療法のプロトコール開発を目指し、寛解までの照射回数と総照射量、在院日数・寛解率・有害事象などについて従来のプロトコールとの比較・検討を行い、照射プロトコールの最適化を試みた。名古屋市立大学病院皮膚科において、他施設からの紹介もしくは外来治療で難治性であった尋常性乾癬患者のべ76例(68人)を対象とし、プロトコール5を用いてPUVAバス療法を行った。初期照射量は0.5J/cm2、最大照射量4.0J/cm2とし、増量幅を0.5J/cm2に固定し、週5回の照射を行った。結果は寛解率(PASI90達成率)92.1%、平均照射回数21.4回、平均総照射量68.8J/cm2、在院日数34.9日だった。従来のプロトコール1、2、3との比較・検討を行ったところ、寛解率、在院日数において若干の改善が認められた。(著者抄録)
  • 【皮膚科疾患における光線療法の実際】 日光角化症に対するLEDを用いた光線力学療法の実際, 佐川 容子, 新谷 洋一, 西田 絵美, 小林 桂子, 森田 明理, Derma., (234) 62 - 67,   2015年08月, 光線力学療法(photodynamic therapy;PDT)とは、腫瘍親和性光感受性物質を利用した光線治療で、正常組織への障害を最小限に、病変組織を光化学反応によって、選択的に治療する方法である。日光角化症に対する633nm LED(Light Emitting Diode)を用いたPDTの治療効果について検討した。65〜84歳の日光角化症の患者19例に対しPDTを行った。5-aminolevulinic acid(ALA)を外用後、光線力学的診断(photodynamic diagnosis;PDD)で病変への取り込みを確認し、100J/cm2で照射を行った。約1ヵ月間隔で最大3回行い、臨床像とPDDまたは病理組織で判定した。3回照射することで84.2%が病変が消失し、PDTは侵襲性が少なく、高齢者にも少ない負担で施行でき、顔面の日光角化症に対し有効な治療法と考えられた。(著者抄録)
  • 【皮膚科疾患における光線療法の実際】 全身性強皮症の皮膚硬化に対するUVA1(340〜400nm)療法 12例のまとめ, 新谷 洋一, 森田 明理, Derma., (234) 68 - 72,   2015年08月, UVA1(Ultraviolet A1)療法は、アトピー性皮膚炎、色素性蕁麻疹、限局性強皮症、皮膚T細胞リンパ腫に効果が報告されている。名古屋市立大学病院において全身性強皮症患者12名の皮膚硬化に対してUVA1療法を行った方法と結果のまとめを報告する。照射部位は手指・手背・前腕伸側とし、照射量は1回60J/cm2で週5回、計9〜30回照射した。評価はサーモグラフィー・関節可動域・皮膚弾力測定・病理組織検査で検討したところ、それらの有意な改善を認めた。UVA1療法は皮膚硬化の治療の一つとして選択できる可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 左耳垂に生じたメルケル細胞癌の1例, 的屋 真美, 渡辺 正一, 春本 真以, 加藤 裕史, 森田 明理, 谷口 真也, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (9) 1786 - 1786,   2015年08月
  • 家族歴を有する若年発症乳房外Paget病の1例, 小田 隆夫, 渡辺 正一, 春本 真以, 的屋 真美, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (9) 1787 - 1787,   2015年08月
  • 乳房外Paget病と悪性黒色腫を合併した1例, 春本 真以, 渡辺 正一, 的屋 真美, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (9) 1787 - 1787,   2015年08月
  • 再発性環状紅斑様乾癬の1例, 西原 春奈, 西田 絵美, 森田 明理, 高木 佐千代, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (9) 1788 - 1788,   2015年08月
  • 腫瘤病変に対してトモセラピーが著効した菌状息肉症の1例, 井汲 今日子, 村松 伸之介, 小田 隆夫, 久保 良二, 加藤 裕史, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (9) 1788 - 1788,   2015年08月
  • Extrinsic skin ageing in German, Chinese and Japanese women manifests differently in all three groups depending on ethnic background, age and anatomical site, Andrea Vierkötter, Anke Hüls, Ai Yamamoto, Sabine Stolz, Ursula Krämer, Mary S. Matsui, Akimichi Morita, Sijia Wang, Sijia Wang, Sijia Wang, Zhiwen Li, Li Jin, Li Jin, Li Jin, Jean Krutmann, Tamara Schikowski, Journal of Dermatological Science, 83,   2015年07月12日, © 2016 Japanese Society for Investigative Dermatology.Background: It has been suggested that extrinsic skin ageing manifests differently in Caucasians versus East Asians. In particular, from previous studies it was concluded that Caucasians are more prone to develop wrinkles, whereas pigment spot formation is the hallmark of extrinsic skin ageing in East Asians. However, these assumptions are based on a very limited number of studies which did not include different East Asian populations. Objective: We here compare the manifestation of extrinsic skin ageing signs in German, Japanese and Chinese women by specifically elucidating the age and anatomical site dependence of any potential ethnic difference. Methods: In the present study, we assessed skin ageing in N = 902 German, N = 165 Japanese and N = 1260 Chinese women ranging from 30 to 90 years by means of SCINEXA™. Linear regression analysis was used to test for ethnic differences and their age and site dependence adjusted for educational level, sun exposure, smoking and sun protection behaviours. Results: Pigment spots and wrinkles on the face were present among all three ethnic groups and differences were influenced by age and anatomical sites independently of further influencing factors. Pigment spots on the forehead were most pronounced over the whole age range in Chinese and German women and least developed in Japanese. Pigment spots on cheeks were a typical extrinsic skin an ageing sign in the two East Asian populations in all age groups. However, in older German women they reach the same level as observed in the two East Asian populations. In contrast, pigment spots on arms and hands were significantly more pronounced in German women ≥45years of age. Wrinkles were not exclusively a skin an ageing sign of German women, but were also very pronounced in Chinese women on forehead, between the eyebrows and in the crow's feet area. Conclusion: These results corroborate the previous notion that the occurrence of pigments spots and wrinkles is different between Caucasians and East Asians. In addition, this study shows that this difference depends on age and anatomical site and that it also differs between different ethnic groups from East Asia.
  • 【乾癬に対する光線療法の進歩】 医療経済面を考えた治療, 森田 明理, 日本医事新報, (4761) 28 - 32,   2015年07月, <Point>▼乾癬には、外用・内服・光線療法、生物学的製剤の4つの治療があり、皮疹の範囲、重症度、皮疹の部位、年齢、リスクなどの背景から治療の選択を行う▼PASIスコアが10以上、BSAが10%以上であれば、全身療法である内服・光線療法、生物学的製剤が選択される▼生物学的製剤の登場によってPASI90/100がめざせるようになったが、生物学的製剤は医療経済上の負担が大きい▼光線療法は、外用で難治な皮疹に対して早期からの併用(ターゲット型光線療法)、生物学的製剤で一部残るか再燃する皮疹に対しての併用が可能である▼光線療法は、基本的なリスクは低く、生物学的製剤によるリスクのある場合も使用可能である(著者抄録)
  • パゾパニブの投与を行った頭部血管肉腫の1例, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 坪内 香澄, 大口 亮子, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 31回,   2015年07月
  • Spindle cell squamous cell carcinomaの1例, 渡辺 正一, 長村 美佳, 村嶋 寛子, 中村 元樹, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 31回,   2015年07月
  • 名古屋市立大学病院にて光線療法からステラーラへ切り替えた症例と切り替え方法, 根本 治, 西田 絵美, 久保 良二, 村松 伸之介, 新谷 洋一, 森田 明理, 西日本皮膚科, 77, (3) 287 - 287,   2015年06月
  • どこからくるビタミンD3の温度差? どうやって埋めるのか?, 佐野 栄紀, 森田 明理, 安部 正敏, 西日本皮膚科, 77, (3) 290 - 290,   2015年06月
  • 乾癬における外用療法の現状とビタミンD3とステロイドの配合薬のポジショニング, 森田 明理, 西日本皮膚科, 77, (3) 292 - 292,   2015年06月
  • 【悪性上皮系腫瘍】 粉瘤より発生した有棘細胞癌の1例, 堀田 敦子, 中村 元樹, 西田 絵美, 渡辺 正一, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 57, (7) 1121 - 1123,   2015年06月, 74歳男。右こめかみの皮下腫瘤を主訴に、近医にて切除術を受け、病理組織学的に有棘細胞癌であったため、当科紹介となった。初診時、右こめかみに生検による瘢痕と径7mm大の皮下硬結を触れた。病理組織学的に粉瘤より発生した有棘細胞癌と診断し、皮下硬結辺縁から6mmマージンで一部筋膜を含めて拡大切除し、全層植皮で再建した。
  • ピロリ菌除菌療法のアモキシシリンにより急性汎発性発疹性膿疱症を発症した2例, 堀田 敦子, 古橋 卓也, 吉岡 麻里子, 佐川 容子, 西田 絵美, 新谷 洋一, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 57, (7) 1224 - 1225,   2015年06月, 症例1は70歳女性で、ピロリ菌除菌療法開始当日より胸部に発疹が出現し、内服を中止するも全身の紅斑、発熱を認め、当科紹介となった。症例2は82歳女性で、ピロリ菌除菌療法開始翌日に発熱、下肢の皮疹が出現し、内服を中止するも改善せず、悪寒、体幹の紅斑を認め、当科紹介となった。臨床経過および病理組織学的所見、DLST結果より、いずれの症例もピロリ菌除菌療法のアモキシシリンによる急性汎発性発疹性膿疱症と診断された。症例1はプレドニゾロンの内服を開始し、発熱、皮疹は改善した。症例2はフェキソフェナジンの内服を開始し、発熱、紅斑は改善した。
  • Risk factors and treatment responses in patients with vitiligo in Japan - A retrospective large-scale study, Ryoko Ohguchi, Hiroshi Kato, Takuya Furuhashi, Motoki Nakamura, Emi Nishida, Shoichi Watanabe, Yoichi Shintani, Akimichi Morita, Kaohsiung Journal of Medical Sciences, 31,   2015年05月01日, © 2015, Kaohsiung Medical University. Published by Elsevier Taiwan LLC. All rights reserved.Vitiligo is a refractory skin disease. To investigate the risk factors and treatment responses of patients with vitiligo in Japan, we recorded and analyzed the details of 713 vitiligo patients (comorbidity, treatment responses, family history, age, and sex) who visited the dermatology clinic of the Nagoya City University Hospital, Nagoya, Japan between January 2004 and August 2010 (mean age, 35.2 years; 302 men, 411 women) using logistic regression analysis. The results are expressed as odds ratios (OR) with 95% confidence interval (CI). Patients were diagnosed with vitiligo [n = 644; 338 generalized type (47.4%), 170 segmental type (23.8%), and 136 localized type (19.1%)], nevus depigmentosus (n = 53, 7.4%), halo nevus (n = 14, 2.0%), and hypomelanosis of Ito (n = 2, 0.3%). For generalized and localized types, none of the analyzed factors were statistically significant. For the segmental type, antinuclear antibody (OR = 1.005; 95% CI, 1.00-1.01; p < 0.05) and onset age < 14 years were the significant factors in patients between 15 years and 29 years (OR = 0.246; 95% CI, 0.113-0.538; p < 0.001), 30-54 years (OR = 0.0419; 95% CI, 0.0133-0.132; p < 0.001), and >55 years (OR = 0.0171; 95% CI, 0.00333-0.0879; p < 0.001). The treatment response rates for narrow-band UV-B, topical vitamin D3, and punch graft (1 mm minigraft) were, respectively, as follows: (1) generalized type: 46.3%, 21.1%, and 38.9%; (2) segmental type: 20.3%, 29.0%, and 77.3%; and (3) localized type: 29.2%, 54.8%, and 73.3%. We report the comorbidities and efficacy rates of these treatments. The response data for these treatments, in particular, would be of assistance to the previous explanations, because there were only a few reports on the response data for these treatments. The appropriate treatment should be selected depending on the type of vitiligo.
  • 【薬疹・薬物障害・中毒疹】 ロクロニウムによるアナフィラキシーショックを呈した3例, 堀尾 愛, 西尾 栄一, 加藤 裕史, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 57, (5) 507 - 511,   2015年05月, 症例1は25歳女で、顎変形症に対する上下骨切り術の全身麻酔導入から数分後に、全身の紅斑、頻脈、血圧低下が出現した。症例2は8歳男児で、下顎腫瘍に対する全摘術の全身麻酔導入時に、全身の紅斑と膨疹、SpO2の低下、血圧低下が出現した。症例3は45歳女で、上腕骨骨幹部骨折に対する骨折観血手術の全身麻酔導入後15分に、全身の紅斑と膨疹、頻脈、血圧低下が出現した。3例とも麻酔にはプロポフォールやロクロニウムを使用していた。アナフィラキシーショックと診断し、塩化フェニレフリンやノルアドレナリンを投与したところ、症状から離脱できた。筋弛緩薬のロクロニウムのプリックテストが陽性となり、ロクロニウムによるアナフィラキシーショックと診断した。
  • 【最近のトピックス2015 Clinical Dermatology 2015】 皮膚疾患治療のポイント 乾癬治療におけるステロイド・ビタミンD3配合外用薬のポジショニング, 森田 明理, 臨床皮膚科, 69, (5) 110 - 113,   2015年04月, 2014年9月,本邦においてステロイド外用薬と活性型ビタミンD3外用薬の配合外用薬が発売され,乾癬治療の新しい選択肢が増えた.海外ではすでに10年以上も前から臨床使用経験があるが,本邦でも承認になり,今後適切な使用方法や症例について,さらには高カルシウム血症を含めた長期使用の忍容性が検討されなければならない.国内外の臨床試験の結果から,配合外用薬の効果は,非常に速やかであり,最大の効果は4〜8週間後に得られる.乾癬の至適外用薬として配合外用薬を用いることで,外用療法が適しているかどうかも判断できる可能性があり,次の治療をどのように選択するべきかについても,新たなロジックを与えるだろう.本稿では国内外の臨床試験データを紹介するとともに,治療の実際や,予想されるポジショニングについて概説を行う.(著者抄録)
  • ターゲット型エキシマライト(セラビーム)の使い方と難治性皮膚疾患への実践, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (4) 799 - 799,   2015年04月
  • いま考える、乾癬治療のあるべき姿, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (4) 812 - 812,   2015年04月
  • 多様化する乾癬治療におけるビタミンD3外用薬の位置づけ 患者ベーストの乾癬診療, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (4) 824 - 824,   2015年04月
  • 側頭動脈生検にて側頭動脈炎の診断に至った11例, 村嶋 寛子, 西田 絵美, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 新谷 洋一, 古橋 卓也, 爲近 真也, 前田 伸治, 難波 大夫, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (4) 901 - 901,   2015年04月
  • 大腸癌を対象とした抗EGFR抗体薬による皮膚障害に対して保湿薬の有用性の検討, 渡辺 正一, 中村 元樹, 澤田 啓生, 高橋 広城, 森 義徳, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (4) 905 - 905,   2015年04月
  • 乾癬患者に対するインフリキシマブの二次無効に及ぼす因子についての検討, 西田 絵美, 村松 伸之介, 久保 良二, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (4) 910 - 910,   2015年04月
  • 乾癬患者における生物学的製剤投与による血清IL-6値の検討, 村松 伸之介, 西田 絵美, 久保 良二, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (4) 910 - 910,   2015年04月
  • 趾間の細菌培養は蜂窩織炎における起因菌推測に対する有用性, 加藤 裕史, 坪内 香澄, 大口 亮子, 坂井田 高志, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (4) 949 - 949,   2015年04月
  • G群溶蓮菌による壊死性筋膜炎の2例, 坂井田 高志, 加藤 裕史, 坪内 香澄, 大口 亮子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (4) 949 - 949,   2015年04月
  • 水疱性類天疱瘡の父娘例, 村嶋 寛子, 村松 伸之介, 久保 良二, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (5) 1074 - 1074,   2015年04月
  • 爪周囲に生じHPV陽性であった色素性ボーエン病の1例, 中田 礼, 渡辺 正一, 佐川 容子, 中村 元樹, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (5) 1075 - 1076,   2015年04月
  • 【ウイルス感染症】 腹筋麻痺を呈した腹部帯状疱疹の1例, 坪内 香澄, 加藤 裕史, 大口 亮子, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 57, (4) 374 - 377,   2015年04月, 76歳男。約1ヵ月前より左腹部に痛みと水疱形成が出現し、前医で帯状疱疹と診断された。ファムシクロビル750mg/日の内服で加療されたが、痛みが強いためプレガバリンの内服が開始され、その後左腹部が膨隆し当科紹介となった。初診時、左Th10〜12領域の帯状の色素沈着と左腹部の色素沈着部を中心とした腹部の膨隆を認めた。悪心嘔吐、便秘、腹痛などの腹部症状はなく、血算、血液生化学検査でも異常は認めなかった。CTでイレウスの所見はなく、横断像で腹斜筋の膨化、冠状像で左腹部の著明な膨隆を認めた。腹筋麻痺に対し筋力トレーニング、神経痛に対してプレガバリンの継続とビタミンB12の投与を開始した。初診後2ヵ月の現在、左腹部の膨隆と神経痛は改善している。
  • 病態・治療Q&A 乾癬を全身性炎症疾患として多面的に考える 関節症性乾癬(乾癬性関節炎)についてお教えください, 森田 明理, 臨床のあゆみ, (98) 13 - 14,   2015年03月
  • ステロイド外用薬に対する接触皮膚炎の1例, 村嶋 寛子, 西田 絵美, 村松 伸之介, 久保 良二, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (3) 472 - 472,   2015年03月
  • Intravascular large B-cell lymphomaの1例, 中田 礼, 渡辺 正一, 西田 絵美, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (3) 473 - 473,   2015年03月
  • 陰茎海綿体膿瘍を初期症状とした陰茎壊疽性膿皮症の1例 : 新しい病態の可能性に向けた提唱, 飯田 啓太郎, 水野 健太郎, 河合 憲康, 伊藤 えりか, 新谷 洋一, 森田 明理, 郡 健二郎, 泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica, 61, (3) 115 - 119,   2015年03月, A 76-year-old man with a mass on the penis and a pain during nighttime erection was referred to our institution. T2-weighted magnetic resonance imaging showed a high-intensity area in the dorsal part of corpus cavernosum. We diagnosed him with the abscess of corpus cavernosum. Surgical drainage and chemotherapy had been performed for 3 years. However, it recurred consistently and developed several cutaneous draining fistulae. The abscess culture was sterile. Skin biopsy revealed a diagnosis of penile pyoderma gangrenosum, which was treated successfully with prednisolone and an immunosuppressive drug. Twenty nine cases of the abscess of corpus cavernosum have been reported in the literature. Most of the recurrent cases tend to be idiopathic corpus cavernosum abscess with sterile culture and finally penectomy is performed. Based on this case, we propose a new notion that corpus cavernosum abscess can be an early symptom of pyoderma gangrenosum.
  • 名古屋市立大学病院での壊死性筋膜炎11例の検討, 中田 礼, 長村 美佳, 中村 元樹, 渡辺 正一, 森田 明理, 加藤 裕史, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (2) 278 - 278,   2015年02月
  • 骨髄露出・閉鎖療法と陰圧閉鎖療法が奏功した糖尿病性足潰瘍の1例, 長村 美佳, 中村 元樹, 中田 礼, 渡辺 正一, 藤田 浩志, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (2) 284 - 284,   2015年02月
  • 術後照射にトモセラピーをもちいた眼周囲メルケル細胞癌の2例, 渡辺 正一, 中村 元樹, 長村 美佳, 中田 礼, 森田 明理, 村井 太郎, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (2) 292 - 293,   2015年02月
  • 【基底細胞癌】 腋窩の線状基底細胞癌を含む多発性基底細胞癌の1例, 坪内 香澄, 中村 元樹, 西田 絵美, 渡辺 正一, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 57, (2) 145 - 148,   2015年02月, 78歳男。約5年前より左腋窩に線状黒色結節が出現した。初診時、左腋窩に中央に一部潰瘍形成を伴う50×10mmの線状黒色結節を認めた。生検を行い基底細胞癌(BCC)と診断し、5mmマージン、脂肪深層で切除した。病理所見にて切除断端陰性を確認した。その後、右下眼瞼、鼻根部、右前腕、右腋窩、右大腿に黒褐色結節を計6ヶ所認め、病理組織像から全てBCCと診断した。なお、線状を呈したのは左腋窩のものだけであった。全ての黒褐色結節を切除し、病理所見にて断端陰性を確認した。以上より、線状BCCを含む計7ヶ所の多発性BCCと診断した。術後4ヵ月の現在、再発は認めていない。
  • 偽嚢腫構造を伴った神経鞘腫の1例, 坪内 香澄, 中村 元樹, 堀田 敦子, 伊藤 えりか, 西田 絵美, 渡辺 正一, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 57, (2) 234 - 235,   2015年02月, 59歳女。約7年前より左大腿に皮下腫瘤が出現し、徐々に増大した。初診時、左大腿に40×35mmの皮下腫瘤を認め、生検を行い病理組織学的に皮下脂肪織内に充実性の部分と著明な嚢腫様構造を伴う腫瘍塊を認めた。細長い核をもつ紡錘形細胞が密に増殖し、柵状に配列した腫瘍細胞の核と細胞質が交互に規則的に配列したAmtoni A領域およびVerocay bodyを認めた。また、間質が豊富で細胞成分が少なくムチン沈着を伴うAntoni B領域も認めた。更に嚢腫様構造部には明らかな細胞壁は認めず、充実性の部分を構成する細胞と同様のものから成り、偽嚢胞構造と考えた。偽嚢胞の壁とその周囲の腫瘍細胞の胞体はS-100蛋白染色陽性であった。皮膚皮下腫瘍摘出術および単純縫縮術を施行し、神経鞘腫と病理診断した。
  • 名古屋市立大学病院におけるインフリキシマブ二次無効例の背景についての解析, 西田 絵美, 村松 伸之介, 久保 良二, 新谷 洋一, 森田 明理, 皮膚の科学, 14, (1) 39 - 39,   2015年02月
  • 小児の分節型尋常性白斑に対しミニグラフト療法を行った1例, 村嶋 寛子, 中村 元樹, 渡辺 正一, 西田 絵美, 森田 明理, 皮膚の科学, 14, (1) 39 - 39,   2015年02月
  • Environment-induced lentigines: Formation of solar lentigines beyond ultraviolet radiation, Motoki Nakamura, Motoki Nakamura, Akimichi Morita, Sophie Seité, Thomas Haarmann-Stemmann, Susanne Grether-Beck, Jean Krutmann, Experimental Dermatology, 24,   2015年01月01日, © 2015 John Wiley & Sons A/S. Published by John Wiley & Sons Ltd. There is no doubt that ultraviolet radiation (UVR) contributes to the generation of acquired lentigines in human skin, as indicated by the term solar lentigo. A growing number of recent epidemiological and mechanistic studies, however, strongly suggest that in addition to UVR, other environmental factors contribute to lentigines' formation as well. We therefore here introduce the term 'environment-induced lentigo' (EIL) to refer to acquired pigment spots of human skin. In this view point, we (i) summarize the existing evidence to support a role of environmental toxicants other than UVR in the pathogenesis of EILs, (ii) we argue that activation of aryl hydrocarbon receptor (AHR) signalling by UVR and environmental toxicants is critically involved in triggering and sustaining a crosstalk between melanocytes, keratinocytes and fibroblasts, which then causes the development and persistence of EILs in human skin, and (iii) we discuss clinical implications for the prevention and treatment of EILs resulting from this concept.
  • Greetings from the new Secretary-General of the Japanese Society for Investigative Dermatology (JSID), Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 78,   2015年01月01日
  • Site-specific migration of human fetal melanocytes in volar skin, Motoki Nakamura, Mizuho Fukunaga-Kalabis, Yuji Yamaguchi, Takuya Furuhashi, Emi Nishida, Hiroshi Kato, Toshihiko Mizuno, Mayumi Sugiura, Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 78,   2015年01月01日, © 2015 Japanese Society for Investigative Dermatology.Background: Melanocytes originate from the neural crest and migrate ventrally from the dorsal neural tube during embryogenesis. How human melanocytes locate at their suitable positions during embryogenesis, however, is unclear. Although a growing body of evidence indicates that melanocytes, melanoblasts, and melanocyte stem cells are closely related to hair follicles, little is known about volar skin. Objective: The aim of this study was to observe skin development during human fetal period and clarify the site-specific migration process of human fetal sole melanocytes. Methods: We obtained 4-mm punch biopsies from the scalp, back, abdomen, and right sole of 36 aborted fetuses (gestational age 12-21 weeks). We compared the migration process between hairly areas and volar areas by immunohistochemical staining. Results: Immunohistochemical examination revealed that gp100 (HMB-45) sensitively detects human melanocytes in embryogenesis. Melanocytes were present at the epidermal base, where hair placodes/buds form at 12-15 weeks gestation. Fetal melanocytes in hair follicles are supplied from the epidermis. In volar skin, melanocytes originally localize only in the acrosyringium, where they migrate deeper into with gland development at 16-18 weeks gestation. Palmoplantar melanocyte migration and maturation processes differ considerably from those of the other hairy skin sites. Conclusion: Eccrine sweat glands seem to have a central role in the palmoplantar melanocyte migration process, similar to the role of hair follicles in hairy sites.
  • Successful treatment of subcutaneous granuloma annulare with bath-psoralen plus ultraviolet A therapy, Kasumi Tsubouchi, Hiroshi Kato, Emi Nishida, Ryoko Ohguchi, Yoichi Shintani, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 42,   2015年01月01日
  • Secukinumab retreatment-as-needed versus fixed-interval maintenance regimen for moderate to severe plaque psoriasis: A randomized, double-blind, noninferiority trial (SCULPTURE), Ulrich Mrowietz, Craig L. Leonardi, Giampiero Girolomoni, Darryl Toth, Akimichi Morita, Shyamal A. Balki, Jacek C. Szepietowski, Pascaline Regnault, Helen Thurston, Charis Papavassilis, Journal of the American Academy of Dermatology, 73,   2015年01月01日, © 2015 American Academy of Dermatology, Inc.Background: Secukinumab has demonstrated high, sustained efficacy in psoriasis to 52 weeks on a fixed-interval regimen. Objective: We sought to compare a retreatment-as-needed versus a fixed-interval regimen. Methods: In this double-blind study, adults with moderate to severe plaque psoriasis were randomized 1:1 to subcutaneous secukinumab at 300 mg (n = 484) or 150 mg (n = 482) weekly from baseline until week 4, and at week 8. At week 12, patients achieving 75% or more improvement from baseline Psoriasis Area and Severity Index score (PASI 75) were rerandomized to 2 dose levels of secukinumab retreatment as needed (n = 217, 300 mg; n = 206, 150 mg) or fixed interval (n = 217; n = 203). Primary end point was noninferiority of retreatment as needed versus fixed interval for maintaining PASI 75 to week 52. Results: Secukinumab induced high responses by week 12 (84.4%-91.1% PASI 75 responders). From week 12 to week 52, more patients on fixed interval (78.2%, 300 mg; 62.1%, 150 mg) maintained PASI 75 versus retreatment as needed (67.7%; 52.4%); statistical noninferiority of retreatment as needed was not established. Overall safety, including very low incidences of treatment-emergent anti-drug antibodies (<0.5%), was similar between regimens. Limitations: The primary end point was developed without any known precedent. Conclusion: Secukinumab fixed interval showed clear benefit versus the study-specified retreatment-as-needed regimen for maintaining efficacy. Both regimens exhibited safety consistent with previous trials. The potential of retreatment as needed with secukinumab warrants further investigation.
  • A case of abscess of corpus cavernosum as an early symptom of penile pyodermal gangrenosum: We propose the possibility of a new pathogenic finding, Keitaro Iida, Kentaro Mizuno, Noriyasu Kawai, Erika Ito, Yoichi Shintani, Akimichi Morita, Kenjiro Khori, Acta Urologica Japonica, 61,   2015年01月01日, A 76-year-old man with a mass on the penis and a pain during nighttime erection was referred to our institution. T2-weighted magnetic resonance imaging showed a high-intensity area in the dorsal part of corpus cavernosum. We diagnosed him with the abscess of corpus cavernosum. Surgical drainage and chemotherapy had been performed for 3 years. However, it recurred consistently and developed several cutaneous draining fistulae. The abscess culture was sterile. Skin biopsy revealed a diagnosis of penile pyoderma gangrenosum, which was treated successfully with prednisolone and an immunosuppressive drug. Twenty nine cases of the abscess of corpus cavernosum have been reported in the literature. Most of the recurrent cases tend to be idiopathic corpus cavernosum abscess with sterile culture and finally penectomy is performed. Based on this case, we propose a new notion that corpus cavernosum abscess can be an early symptom of pyoderma gangrenosum.
  • 趾間に多発したBowen病の1例, 堀尾 愛, 西尾 栄一, 加藤 裕史, 加藤 武久, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 57, (1) 111 - 114,   2015年01月, 64歳男。左第4、5趾間に径4mm大の黒色局面を認め、境界は比較的明瞭であったが、黒色局面の周囲は軽度浸軟と鱗屑を伴っていた。色調は均一で、濃淡はなかった。左第4、5趾間の全摘生検では表皮は肥厚し、全層性に異型細胞やclumping cellが存在していた。真皮網状層への浸潤はなく、Bowen病と診断した。免疫組織学化学的にはHPV抗原免疫染色は陰性であったが、p16蛋白免疫染色において肥厚した表皮層に陽性所見を示した。辺縁から5mm離して追加切除し、約2ヵ月後に確認したところ同側足趾の2、3趾間と3、4趾間にも同様の褐色斑と周囲が浸軟した所見を認めた。生検でBowen病の診断を得たが、臨床的には互いに独立した腫瘍で、連続性はなかった。全摘術を施行し、現在まで局所再発は認めていない。
  • 治療 乾癬におけるウステキヌマブの使用指針, 五十嵐 敦之, 大槻 マミ太郎, 川田 暁, 佐伯 秀久, 佐野 栄紀, 照井 正, 根本 治, 森田 明理, 中川 秀己, 臨床皮膚科, 68, (13) 1083 - 1089,   2014年12月, ヒトIL-12/23p40に対するヒトIgG1κモノクローナル抗体製剤であるウステキヌマブ(ステラーラ45mg皮下注シリンジ)は,2011年1月に乾癬(尋常性乾癬,関節症性乾癬)の適応を取得した.ウステキヌマブを含む生物学的製剤の使用にあたっては,日本皮膚科学会・生物学的製剤検討委員会が作成した「乾癬における生物学的製剤の使用指針および安全対策マニュアル(2011年版)」の遵守と,安全かつ適正に使用されることが求められている.今回,同マニュアルの内容をもとに,国内外で新たに得られたウステキヌマブの有効性および安全性に関する知見を踏まえて,「乾癬におけるウステキヌマブの使用指針」としてまとめた.本剤はTNF-α阻害薬同様の安全性への配慮が求められ,また十分な治療効果が得られるまで時間を要する場合があるが,継続投与での効果の持続は良好であり,利便性の高い薬剤と考えられる.(著者抄録)
  • アレルギー検査法 検査の実際 in vivo 皮膚の特殊検査 光線試験(最少紅斑量測定法ならびに光線過敏に対する検査), 森田 明理, アレルギー・免疫, 22, (1) 154 - 158,   2014年12月, 視診と問診を行い光線過敏症が疑われた場合、光線テストを行うことによって、光線過敏の存在の証拠と波長を決めることができる。UVA・UVBの光源を用いて最少紅斑(反応)量の測定を行う。日光蕁麻疹の診断には、可視光線(スライドプロジェクター)を用い、即時型反応としての膨疹の形成がされるかどうか判断する。また、光パッチテストは、光アレルギー性接触皮膚炎の診断や原因物質を見つけ出すのに有用である。(著者抄録)
  • 生物製剤に頼らない!乾癬治療の職人技 光線療法をいかにはやく上手に使うか, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (13) 2937 - 2939,   2014年12月
  • 光線過敏症 光線療法 UVAと皮膚, 古橋 卓也, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (13) 2963 - 2965,   2014年12月
  • 乾癬治療のこれまでとこれから 4つの視点から 乾癬の光線療法 早期介入によるタイトコントロール, 森田 明理, 西日本皮膚科, 76, (6) 636 - 636,   2014年12月
  • 光線療法をいかにはやく上手に使うか (第113回日本皮膚科学会総会 皮膚科の職人魂) -- (生物製剤に頼らない! 乾癬治療の職人技), 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology, 124, (13) 2937 - 2939,   2014年12月
  • UVAと皮膚 (第113回日本皮膚科学会総会 皮膚科の職人魂) -- (光線過敏症 光線療法), 古橋 卓也, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology, 124, (13) 2963 - 2965,   2014年12月
  • 日光蕁麻疹のナローバンドUVB急速減感作療法とその後の経過, 西田 絵美, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 8, (5) 471 - 471,   2014年11月
  • 大型のKoenen腫瘍を複数生じた結節性硬化症の1例, 岩名 沙奈恵, 加藤 裕史, 山本 あい, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (12) 2317 - 2317,   2014年11月
  • Klippel-Trenauney症候群に伴う難治性潰瘍に対し吸引水疱蓋移植術を行った1例, 村松 伸之介, 加藤 裕史, 岩名 沙奈恵, 中村 元樹, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (12) 2317 - 2317,   2014年11月
  • PUVAバス療法が奏功した皮膚サルコイドーシスの1例, 村松 伸之介, 久保 良二, 西田 絵美, 古橋 卓也, 齋藤 稚代, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (12) 2319 - 2320,   2014年11月
  • 側頭動脈生検にて側頭動脈炎の診断に至った10例, 村嶋 寛子, 西田 絵美, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (12) 2320 - 2320,   2014年11月
  • 眼瞼の腫脹を主訴としたIgG4関連疾患の1例, 中田 礼, 西田 絵美, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (12) 2320 - 2321,   2014年11月
  • 足底に生じた基底細胞癌の1例, 長村 美佳, 中村 元樹, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (12) 2321 - 2321,   2014年11月
  • 浅側頭動脈部に生じた木村氏病の1例, 中田 礼, 長村 美佳, 中村 元樹, 渡辺 正一, 新谷 洋一, 森田 明理, 千葉 高司, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (12) 2322 - 2322,   2014年11月
  • 稗粒腫を残す水疱から診断に至った後天性表皮水疱症の1例, 村嶋 寛子, 西田 絵美, 森田 明理, 西尾 栄一, 石井 文人, 橋本 隆, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (12) 2324 - 2324,   2014年11月
  • 生物学的製剤で好酸球性肺炎合併したがPUVAバス療法が奏功した関節症性乾癬の1例, 長村 美佳, 村嶋 寛子, 村松 伸之介, 久保 良二, 森田 明理, 中村 令子, 澤田 啓生, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (12) 2325 - 2325,   2014年11月
  • 【細菌・抗酸菌感染症】 全身性エリテマトーデス患者の四肢に生じた皮膚Mycobacterium intracellulare感染症の1例, 堀尾 愛, 西尾 栄一, 鳥居 貞和, 加藤 裕史, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 56, (12) 1987 - 1990,   2014年11月, 59歳女。関節リウマチ、Sjoegren症候群にて加療中であり、約10年前に不明熱の精査にて全身性エリテマトーデスと診断され加療されていた。今回、右肘下、両側下肢に皮下結節が出現し、自潰や排膿を繰り返すようになり当科紹介された。結節の病理組織学的所見では付属器周囲から脂肪上層まで好中球、リンパ球やマクロファージ等の炎症性肉芽組織を認めた。Ziehl-Neelsen染色で抗酸菌を認め、PCR法にてMycobacterium intracellulareを検出した。クラリスロマイシン、リファンピシン、エタンブトールの多剤併用療法を開始し、25日後には主な潰瘍は治癒し、現在内服を継続中である。
  • Detection of T cell responses to a ubiquitous cellular protein in autoimmune disease, Yoshinaga Ito, Motomu Hashimoto, Motomu Hashimoto, Motomu Hashimoto, Motomu Hashimoto, Keiji Hirota, Naganari Ohkura, Naganari Ohkura, Hiromasa Morikawa, Hiroyoshi Nishikawa, Atsushi Tanaka, Atsushi Tanaka, Moritoshi Furu, Moritoshi Furu, Hiromu Ito, Hiromu Ito, Takao Fujii, Takao Fujii, Takashi Nomura, Sayuri Yamazaki, Akimichi Morita, Dario A.A. Vignali, Dario A.A. Vignali, John W. Kappler, John W. Kappler, Shuichi Matsuda, Tsuneyo Mimori, Noriko Sakaguchi, Shimon Sakaguchi, Shimon Sakaguchi, Shimon Sakaguchi, Science, 346,   2014年10月17日, Tcells that mediate autoimmune diseases such as rheumatoid arthritis (RA) are difficult to characterize because they are likely to be deleted or inactivated in the thymus if the self antigens they recognize are ubiquitously expressed. One way to obtain and analyze these autoimmune T cells is to alter T cell receptor (TCR) signaling in developing T cells to change their sensitivity to thymic negative selection, thereby allowing their thymic production. From mice thus engineered to generate Tcells mediating autoimmune arthritis, we isolated arthritogenic TCRs and characterized the self antigens they recognized. One of them was the ubiquitously expressed 60S ribosomal protein L23a (RPL23A), with which T cells and autoantibodies from RA patients reacted. This strategy may improve our understanding of the underlying drivers of autoimmunity.
  • Preface, Hitoshi Masaki, Masamitsu Ichihashi, Akimichi Morita, Experimental dermatology, 23,   2014年10月01日
  • 名古屋市立大学病院における糖尿病性足病変に対するフットケアの取り組み 骨髄露出・閉鎖療法と吸引水疱蓋移植による治療法, 坪内 香澄, 中村 元樹, 酒井 敦子, 西田 絵美, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 皮膚病診療, 36, (9) 871 - 874,   2014年09月, 75歳男。2型糖尿病、高血圧症で通院中であった。左第IV趾の痛みが悪化した。左第IV趾の糖尿病性足病変二次感染の診断で治療を開始した。末梢血管造影で左前脛骨動脈90%、後脛骨動脈100%狭窄を認め、末梢血管インターベンション(EVT)を施行した。SPP値は左足背77mmHg、左足底49mmHgまで上昇したが、左第IV趾基部背側は20.0mmHgと低値のままであった。左第IV趾MP関節離断術を行った。炎症反応の改善や感染徴候の減少を認めたが肉芽形成はみられず、その後の経過で、左足底中央部に膿貯留を認めた。足底の切開を追加し、さらに第IV趾中足骨の骨掻爬術を施行した。その後、再度足底の小切開を追加し、外用治療を継続した。第III趾基節骨および中足骨の骨髄露出・閉鎖療法と足底潰瘍部への吸引水疱蓋移植術を施行した。骨髄露出部の肉芽増生と足底の上皮形成の拡大があり、現在は上皮化を認めている。
  • 【皮膚科の「医療の質」を考える-QIを知っていますか?】 (QI 22b)乾癬 乾癬に対する光線療法と生物学的製剤, 森田 明理, Visual Dermatology, 13, (10) 1195 - 1197,   2014年09月
  • 爪乾癬におけるインフリキシマブ(IFX)の有効性 NAPSI scoreとQOLのかかわり, 久保 良二, 西田 絵美, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (10) 1944 - 1944,   2014年09月
  • 10.4 生体・医療への光放射の応用(1)皮膚(第10章 光放射の応用), 森田 明理, 照明学会誌, 98, (8) 463 - 464,   2014年08月01日
  • 多発皮下腫瘤を呈した食道癌皮膚転移の1例, 渡辺 正一, 堀田 敦子, 中村 元樹, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (9) 1774 - 1774,   2014年08月
  • 肺癌が原因と考えられた紅皮症の1例, 新谷 洋一, 佐川 容子, 古橋 卓也, 坪内 香澄, 堀田 敦子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (9) 1792 - 1792,   2014年08月
  • Necessary and sufficient role for a mitosis skip in senescence induction, Yoshikazu Johmura, Midori Shimada, Toshinori Misaki, Aya Naiki-Ito, Hiroyuki Miyoshi, Noboru Motoyama, Naoko Ohtani, Eiji Hara, Motoki Nakamura, Akimichi Morita, Satoru Takahashi, Makoto Nakanishi, Molecular Cell, 55,   2014年07月03日, Senescence is a state of permanent growth arrest and is a pivotal part of the antitumorigenic barrier invivo. Although the tumor suppressor activities of p53 and pRb family proteins are essential for the induction of senescence, molecular mechanisms by which these proteins induce senescence are still not clear. Using time-lapse live-cell imaging, we demonstrate here that normal human diploid fibroblasts (HDFs) exposed to various senescence-inducing stimuli undergo a mitosis skip before entry into permanent cell-cycle arrest. This mitosis skip ismediated by both p53-dependent premature activation of APC/CCdh1 and pRb family protein-dependent transcriptional suppression of mitotic regulators. Importantly, mitotic skipping is necessary and sufficient for senescence induction. p16 is only required for maintenance of senescence. Analysis of human nevi also suggested the role of mitosis skip in invivo senescence. Our findings provide decisive evidence for the molecular basis underlying the induction and maintenance of cellular senescence. © 2014 Elsevier Inc.
  • 粉瘤より発生した有棘細胞癌の2例, 中村 元樹, 堀田 敦子, 坪内 香澄, 西田 絵美, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 30回,   2014年07月
  • 腋窩リンパ節転移から発見された手指有棘細胞癌の1例, 渡辺 正一, 堀田 敦子, 西田 絵美, 中村 元樹, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 30回,   2014年07月
  • PUVAバス療法が有効であった小児皮下型環状肉芽腫の1例, 坪内 香澄, 西田 絵美, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (6) 1168 - 1168,   2014年05月
  • セレソーブを用いた免疫吸着療法が有効であった水疱性類天疱瘡の1例, 堀田 敦子, 古橋 卓也, 坪内 香澄, 吉岡 麻里子, 新谷 洋一, 山崎 小百合, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (6) 1170 - 1170,   2014年05月
  • 【内科外来で診るマイナーエマージェンシー 一般実地医家の緊急対処実践ガイド】 皮膚科的マイナーエマージェンシー 接触皮膚炎, 山崎 小百合, 森田 明理, Medical Practice, 31, (臨増) 243 - 245,   2014年04月
  • ナローバンドUVBを安全に有効に使うには ターゲット・フラットタイプナローバンドUVBの使いやすさ, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 31, (2) 246 - 246,   2014年04月
  • 乾癬治療における早期治療介入の重要性, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 31, (2) 257 - 257,   2014年04月
  • 【ドレッシング材の種類と使い方-プロフェッショナルはこう選ぶ】 (Part2.)ドレッシング材の色々とその基本的な使い方(case 13) ポリウレタンフォーム, 新谷 洋一, 森田 明理, Visual Dermatology, 13, (5) 540 - 541,   2014年04月
  • 関節症性乾癬(乾癬性関節炎)に対する抗TNFα阻害薬による治療 名古屋市立大学病院におけるインフリキシマブの有効性, 森田 明理, 皮膚病診療, 36, (4) 290 - 296,   2014年04月
  • 乾癬に対する光線治療と生物学的製剤, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (5) 953 - 953,   2014年04月
  • 皮疹のコントロールに顆粒球除去療法が奏功した膿疱性乾癬の1例, 堀田 敦子, 古橋 卓也, 西田 絵美, 吉岡 麻里子, 佐川 容子, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (5) 978 - 979,   2014年04月
  • 名古屋市立大学病院における糖尿病性足病変に対するフットケアの取り組み, 坪内 香織, 中村 元樹, 西田 絵美, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (5) 979 - 979,   2014年04月
  • 光線療法をいかにはやく上手に使うか, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (4) 651 - 651,   2014年04月
  • 光線過敏症 光線療法 UVAと皮膚, 古橋 卓也, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (4) 657 - 657,   2014年04月
  • ターゲット型光線療法 TARNABとエキシマライトをどう使い分けるか, 西田 絵美, 古橋 卓也, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (4) 685 - 685,   2014年04月
  • 日常のUVA防御の重要性, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (4) 689 - 689,   2014年04月
  • 関節症性乾癬をどのようにマネジメントするか, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (4) 691 - 691,   2014年04月
  • 乾癬における外用療法の現状とビタミンD3とステロイドの役割, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (4) 706 - 706,   2014年04月
  • 難治性脱毛症に対する光線療法 ナローバンドUVBとエキシマライト, 古橋 卓也, 西田 絵美, 吉岡 麻里子, 佐川 容子, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (4) 777 - 777,   2014年04月
  • 尋常性乾癬におけるセクキヌマブの固定間隔投与と再発時投与との比較第III相臨床試験(SCULPTURE), 森田 明理, Mrowietz Ulrich, Leonardi Craig, Thurston Helen, Papavassilis Charis, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (4) 793 - 793,   2014年04月
  • 尋常性乾癬患者対象セクキヌマブ国際共同第III相臨床試験における日本人部分集団の有効性, 大槻 マミ太郎, 森田 明理, Karpov Alexander, Papavassilis Charis, 中川 秀己, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (4) 794 - 794,   2014年04月
  • インフリキシマブの2次無効に対するメソトレキセート併用効果の検討, 西田 絵美, 古橋 卓也, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (4) 795 - 795,   2014年04月
  • 名古屋市立大学病院におけるフットケア外来の取り組み, 中村 元樹, 坪内 香澄, 堀田 敦子, 西田 絵美, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (4) 809 - 809,   2014年04月
  • Stewart-Treves症候群の1例, 渡辺 正一, 坪内 香澄, 西田 絵美, 中村 元樹, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (4) 819 - 819,   2014年04月
  • 菌状息肉症に対するPUVAバス療法の検討 2004年〜2013年の名古屋市立大学病院での症例検討, 新谷 洋一, 西田 絵美, 古橋 卓也, 中村 元樹, 吉岡 麻里子, 齋藤 稚代, 渡辺 正一, 山崎 小百合, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (4) 824 - 824,   2014年04月
  • 皮膚における制御性T細胞のホメオスタシスの研究, 山崎 小百合, 西岡 明子, 粕谷 沙織, 田口 修, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (4) 866 - 866,   2014年04月
  • 尋常性乾癬を伴わない汎発性膿疱性乾癬の大半はIL-36RN欠損症(DITRA)である, 杉浦 一充, 武市 拓也, 河野 通浩, 小川 靖, 室 慶直, 秋山 真志, 竹本 朱美, 山口 道也, 武藤 正彦, 高橋 英俊, 山本 明美, 飯塚 一, 庄田 裕紀子, 満間 照之, 津田 憲志郎, 水谷 仁, 西田 絵美, 森田 明理, 外川 八英, 松江 弘之, 中島 喜美子, 佐野 栄紀, 榊原 章浩, 河内 繁雄, 清水 真, 伊藤 康友, 角化症研究会記録集, 28,   2014年03月
  • 偽嚢腫構造を伴った神経鞘腫の1例, 坪内 香澄, 中村 元樹, 堀田 敦子, 西田 絵美, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (3) 391 - 391,   2014年03月
  • 粉瘤より発生した有棘細胞癌の1例, 堀田 敦子, 中村 元樹, 西田 絵美, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 124, (3) 392 - 392,   2014年03月
  • タバコ喫煙による皮膚老化 (AYUMI 光老化の臨床とメカニズム), 森田 明理, 医学のあゆみ, 248, (8) 583 - 586,   2014年02月22日
  • 【光老化の臨床とメカニズム】 タバコ喫煙による皮膚老化, 森田 明理, 医学のあゆみ, 248, (8) 583 - 586,   2014年02月, 皮膚老化には内因性老化(自然老化)と環境因子から生じる外因性老化があり、環境因子としてもっとも大きな原因となるものは紫外線(光老化)であるが、タバコ喫煙や大気汚染も皮膚老化に関与することが明らかとなった。喫煙が皮膚に及ぼす影響としては、シワが深くなることや皮膚が浅黒くみえること、オレンジ皮のような皮膚になることである。これらの皮膚の変化は紫外線から起こる光老化と共通した点が多く、環境因子から生じる外因性老化と考えられるようになった。メカニズムとして活性酸素や、ダイオキシンのレセプターであるAryl hydrocarbon receptor(AhR)の関与が著者らの解析から明らかとなり、疫学的な調査の結果から明らかに喫煙と皮膚老化の関係が見出された。喫煙が心血管障害や肺疾患、肺癌や種々の臓器の癌に関係するといわれることは有名であるが、さらには皮膚老化や皮膚疾患につながることも明らかとなってきた。(著者抄録)
  • 軽症型の色素性乾皮症A群の1例, 錦織 千佳子, 中野 英司, 竹内 聖二, 山下 大介, 森田 明理, 井川 健, 茨城県臨床医学雑誌, (49) 94 - 94,   2014年02月
  • Distribution of IL-31 and its receptor expressing cells in skin of atopic dermatitis, Atsuhiko Kato, Etsuko Fujii, Takeshi Watanabe, Yoshiaki Takashima, Hiroaki Matsushita, Takuya Furuhashi, Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 74,   2014年01月01日, Background: To understand the clinical segments of IL-31 signaling blockade therapy in pruritus of atopic dermatitis (AD), direct detection of the target proteins in the diseased tissues will provide crucial information. There is a lack of direct evidence concerning the cellular origin of IL-31 in AD skins, and data on the expression of IL-31RA in AD are inconsistent. Also, there is no available information regarding IL-31RA protein expression in human dorsal root ganglia (DRG), which mediates the sensation of itch and is the long-suspected source of the protein. Objective: We sought to obtain direct evidence concerning the distribution of IL-31- and IL-31RA-protein expressing cells and their characteristics in AD skin samples and in human DRG. Methods: IL-31 was detected immunohistochemically in AD skins, and representative sections were double stained with IL-31 and several immune-markers. IL-31RA was stained immunohistochemically in AD skins and normal human DRG, and representative AD skins were double stained with IL-31RA and PGP9.5 (a nerve marker). Results: IL-31-positive cells were observed as mononuclear infiltrating cells and as CD11b co-expressing cells in severe AD samples. As for IL-31RA, positive reactions were detected in keratinocytes and nerve fibers in the dermis of AD and in the neurons of normal DRG. Conclusion: The detection of IL-31 in infiltrating cells of severe AD skin and of IL-31RA in nerve fibers of AD dermis and normal DRG indicates IL-31 signaling may be a contributing factor in the persistence and exacerbation of AD skin lesions. © 2014 Japanese Society for Investigative Dermatology.
  • Novel CD3-specific antibody induces immunosuppression via impaired phosphorylation of LAT and PLCγ1 following T-cell stimulation, Hirokazu Shiheido, Takane Aoyama, Honami Takahashi, Kaori Hanaoka, Tomoki Abe, Emi Nishida, Chen Chen, Orie Koga, Masaki Hikida, Yoshio Shibagaki, Akimichi Morita, Takeshi Nikawa, Seisuke Hattori, Takeshi Watanabe, Jun Shimizu, European Journal of Immunology, 44,   2014年01月01日, The activation of T cells is known to be accompanied by the temporary downmodulation of the TCR/CD3 complex on the cell surface. Here, we established a novel monoclonal antibody, Dow2, that temporarily induces downmodulation of the TCR/CD3 complex in mouse CD4+ T cells without activating T cells. Dow2 recognized the determinant on CD3ε; however, differences were observed in the binding mode between Dow2 and the agonistic anti-CD3ε Ab, 145-2C11. An injection of Dow2 in vivo resulted in T-cell anergy, and prolonged the survival of cardiac allografts without a marked increase in cytokine release. The phosphorylated forms of the signaling proteins PLC-γ1 and LAT in Dow2-induced anergic T cells were markedly decreased upon stimulation. However, the levels of phosphorylated LAT and PLCγ1 in Dow2-induced anergic T cells could be rescued in the presence of the proteasome inhibitor MG-132. These results suggest that proteasome-mediated degradation is involved in hypophosphorylated LAT and PLCγ1 in Dow2-induced anergic T cells. The novel CD3-specific Ab, Dow2, may provide us with a unique tool for inducing immunosuppression. © 2014 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim.
  • Nail assessment in psoriasis and psoriatic arthritis (NAPPA): Development and validation of a tool for assessment of nail psoriasis outcomes, M. Augustin, C. Blome, A. Costanzo, E. Dauden, C. Ferrandiz, G. Girolomoni, R. Gniadecki, L. Iversen, A. Menter, K. Michaelis-Wittern, A. Morita, H. Nakagawa, K. Reich, British Journal of Dermatology, 170,   2014年01月01日, Background Existing tools for nail psoriasis are complex and may not adequately measure outcomes that are important to patients. Objectives We have developed and validated a new tool, the Nail Assessment in Psoriasis and Psoriatic Arthritis (NAPPA), with three components: a questionnaire assessing quality of life (NAPPA-QoL), a two-part questionnaire assessing patient-relevant treatment benefits (the Patient Benefit Index, NAPPA-PBI) and a psoriasis Clinical Assessment of Severity (NAPPA-CLIN). Methods Development of the questionnaires involved multiple steps: (i) collection of items about nail psoriasis-related impairments and treatment goals; (ii) selection of 48 items by an expert panel, including patients; (iii) translation into eight languages; (iv) feasibility testing and (v) longitudinal validation in six countries. Results Patients found the questionnaires clear (84%) and comprehensible (95%). NAPPA-QoL and NAPPA-PBI scores correlated moderately with clinical outcomes [e.g. Nail Psoriasis Severity Index (NAPSI)] and markedly with other quality-of-life questionnaires (e.g. EQ-5D™). Both questionnaires were sensitive to change. Internal consistency was good (Cronbach α ≥ 0·88 for all scales). The NAPPA-CLIN, a brief version of NAPSI that involves assessment of only four digits rather than all 20, was found to correlate highly with total NAPSI score (r = 0·97, P < 0·001). Conclusions Overall, the three-component NAPPA tool is a valid, reliable and practical instrument to assess patient-relevant nail psoriasis outcomes. What's already known about this topic? Existing tools for assessment of nail psoriasis are complex and may not adequately measure outcomes that are important to patients. What does this study add? We developed and validated a new tool, the Nail Assessment in Psoriasis and Psoriatic Arthritis (NAPPA), which assesses quality of life (NAPPA-QoL), patient-relevant treatment benefits (NAPPA-PBI) and nail psoriasis severity (NAPPA-CLIN). The NAPPA tool is valid, reliable and practical for use in clinical and research settings to assess patient-relevant nail psoriasis outcomes. © 2013 British Association of Dermatologists.
  • Secukinumab efficacy and safety in Japanese patients with moderate-to-severe plaque psoriasis: Subanalysis from ERASURE, a randomized, placebo-controlled, phase 3 study, Mamitaro Ohtsuki, Akimichi Morita, Masatoshi Abe, Hidetoshi Takahashi, Noriko Seko, Alexander Karpov, Tomohiro Shima, Charis Papavassilis, Hidemi Nakagawa, Journal of Dermatology, 41,   2014年01月01日, © 2014 Japanese Dermatological Association.Secukinumab, a fully human anti-IL-17A monoclonal antibody, neutralizes IL-17A, a key cytokine in the pathogenesis of psoriasis. Efficacy and safety of secukinumab was evaluated in Japanese patients with moderate-to-severe plaque psoriasis as part of a large Phase 3 global study (ERASURE). In this 52-week, double-blind study (ClinicalTrials.gov Identifier: NCT01365455, JapicCTI-111529), 87 patients from Japan (11.8% of 738 patients randomized in the overall study population) were equally randomized to receive secukinumab 300 mg or 150 mg, or placebo once weekly at baseline and at Weeks 1, 2, 3 and 4, then every 4 weeks. Co-primary endpoints (Week 12) were ≥75% improvement in psoriasis area-and-severity index (PASI 75) from baseline and a score of 0 (clear) or 1 (almost clear) on a 5-point Investigator's Global Assessment scale (IGA mod 2011 0/1) versus placebo. PASI 75 and IGA mod 2011 0/1 responses at Week 12 were superior with secukinumab 300 mg (82.8% and 55.2%, respectively) or 150 mg (86.2% and 55.2%, respectively) versus placebo (6.9% and 3.4%, respectively; P < 0.0001 for all). Greater than 90% improvement in PASI (PASI 90) was also superior with secukinumab 300 mg (62.1%) or 150 mg (55.2%) versus placebo (0.0%) at Week 12 (P < 0.0001 for both). Clinical responses were sustained up to Week 52 in the majority of patients. During a 12-week induction period, adverse event incidences were 48.3% with secukinumab 300 mg, 55.2% with 150 mg, and 41.4% with placebo. Secukinumab showed robust and sustainable efficacy in symptom reduction for moderate-to-severe plaque psoriasis in the Japanese patients.
  • Distinctive immunoglobulin VH gene features of cutaneous marginal zone lymphomas in Asian cases, Y. Ge, H. Takino, F. Sato, S. Yamada, A. Masaki, Y. Fujiyoshi, H. Hattori, A. Morita, T. T. Kuo, H. Inagaki, British Journal of Dermatology, 170,   2014年01月01日
  • Homeostasis of thymus-derived Foxp3+ regulatory T cells is controlled by ultraviolet B exposure in the skin, Sayuri Yamazaki, Akiko Nishioka, Saori Kasuya, Naganari Ohkura, Hiroaki Hemmi, Tsuneyasu Kaisho, Tsuneyasu Kaisho, Osamu Taguchi, Osamu Taguchi, Shimon Sakaguchi, Akimichi Morita, Journal of Immunology, 193,   2014年01月01日, Copyright © 2014 by The American Association of Immunologists, Inc.Accumulating evidence shows that immunological tolerance induced by Ag administration together with UVB irradiation is dependent on Foxp3+ CD4+ regulatory T (Treg) cells. However, the mechanisms by which UVB controls Treg cells in the skin are currently unclear. In this study, we have shown that exposure to UVB induced expansion of Treg cells up to 50-60% of the CD4+ T cells in the irradiated skin. The Treg cell expansion in the skin lasted for 2 wk after exposure, which contributed to homeostasis of Treg cells in the periphery later. UVB-expanded Treg cells formed clusters with dendritic cells and proliferated in situ. Furthermore, the expanded Treg cells appeared to derive from neuropilin 1+ thymus-derived Treg (tTreg) cells in the periphery because UVB-expanded Treg cells possessed Treg cell-specific CpG hypomethylation pattern, as seen in tTreg cells. These results collectively indicate that homeostasis of tTreg cells is controlled by UVB exposure in the skin. UVB therapy may be useful for not only inflammatory skin disorders, but also autoimmunity, transplantation, and allergy.
  • Reconstruction of the external auditory canal using the random flap technique and laser Doppler evaluation, Hiroshi Kato, Shoichi Watanabe, Motoki Nakamura, Kei Ijichi, Akimichi Morita, Dermatologic Surgery, 40,   2014年01月01日, The external auditory canal is one of the most difficult sites to reconstruct after tumor resection. In general, fascia transplantation is used to reconstruct defects of the external auditory canal, but this method is associated with scar formation and prolonged wound healing. Scar tissue might cause stenosis in the external auditory canal and hypoacusis, and wound healing is further delayed by radiation and chemotherapy. OBJECTIVE: To examine the safety of a random flap for reconstruction of an external auditory canal based on blood flow evaluation using a laser Doppler system. METHODS: Ten healthy volunteers were enrolled in this study to compare blood flow in the face, back, and behind the ear using a laser Doppler system. Two cases of external auditory canal reconstruction are presented. RESULTS Blood flow behind the ear was abundant compared with that in the back. Blood flow in the face was higher than that behind the ear or on the back. CONCLUSION: Blood flow in the random flap was easily evaluated using the laser Doppler method. Based on our findings, we propose the random flap to reconstruct the external auditory canal after tumor resection. © 2014 by the American Society for Dermatologic Surgery, Inc.
  • かゆみを伴う乾癬患者における光線療法とオロパタジン塩酸塩併用時の治療効果 患者のかゆみ抑制による不安改善の可能性, 古橋 卓也, 森田 明理, Progress in Medicine, 34, (1) 145 - 148,   2014年01月, 乾癬患者の治療においては、病状のコントロールとともに、患者の精神状態を含めたQOL(quality of life)に留意しながら治療に臨む必要がある。乾癬の病態と精神状態の関係は多くの論文で示唆されてきた。その一方、乾癬患者のかゆみと精神状態に関する報告はあまり見当たらない。本研究ではかゆみを伴う乾癬患者に光線療法とともに抗ヒスタミン薬オロパタジン塩酸塩を最大8週間継続投与し、乾癬の皮疹、かゆみ、不安への影響について検討した。乾癬の皮疹、かゆみおよび不安について、各時点におけるスコアを治療前のスコアと対応のあるt-testで比較検討した。光線療法とオロパタジン塩酸塩の併用療法により、PASI(psoriasis activity and severity index)スコアは治療2、4、6、8週間後で有意に改善され、かゆみVAS(visual analogue scale)スコアは治療4、6、8週間後に有意に改善され、特性不安は治療2、4、6、8週間後に有意に改善されたが、状態不安はいずれの時点でも有意に改善されなかった。今回の結果から、乾癬患者において、かゆみ治療が患者の不安を和らげる可能性が示唆された。今回用いたオロパタジン塩酸塩は、抗ヒスタミン作用と神経ペプチド遊離抑制作用により特性不安も低下させる可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 【結節性紅斑とその周辺】 <臨床例>皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫, 村松 伸之介, 西田 絵美, 西尾 栄一, 森田 明理, 皮膚病診療, 36, (1) 63 - 66,   2014年01月, <症例のポイント>皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫(subcutaneous panniculitis-like T-cell lymphoma、以下、SPTCL)では、病理組織学的に小葉性の脂肪織炎を呈すること、腫瘍細胞は細胞障害性T細胞の形質パターンを示すこと、T細胞受容体のモノクローナルな再構成を認めることが特徴である。病初期では異型リンパ球がわずかしか認められない場合があるため、当初はWeber-Christian病、cytophagic histiocytic panniculitis(以下、CHP)、深在性エリテマトーデスなどと診断されていても、経過とともにSPTCLに特徴的な像を呈するようになることがある。自験例でも症状再燃後の再生検にてSPTCLの確定診断に至った。SPTCLの治療として化学療法や、副腎皮質ステロイド、免疫抑制剤の投与が行われることが多い。自験例ではプレドニゾロン(PSL)のみでは病勢が安定せず、多剤併用化学療法を必要とした。(著者抄録)
  • 【炎症・免疫疾患に対する生物学的製剤とその標的】 乾癬・乾癬性関節炎, 森田 明理, Keynote R・A, 2, (1) 22 - 27,   2014年01月, わが国の乾癬における生物学的製剤の使用指針が策定され、海外での臨床試験によるエビデンスとあわせ、乾癬治療での生物学的製剤の役割は大きくなるだろう。とくに、基準を満たした乾癬性関節炎患者に対しては、腫瘍壊死因子(TNF)-α阻害薬の使用が第一選択として推奨され、早期に使用することで関節破壊や変形を予防することが可能となってきた。そのほか、乾癬の治療には、外用、光線、内服(シクロスポリンなど)があるが、全身療法となる内服、光線療法は、米国皮膚科学会ガイドラインでは、全身皮疹面積5%以上で考慮することになり、皮膚科領域においても、タイトコントロールが推奨されるようになった。(著者抄録)
  • 乾癬・乾癬性関節炎 (特集 炎症・免疫疾患に対する生物学的製剤とその標的), 森田 明理, Keynote R・A : rheumatic & autoimmune diseases, 2, (1) 22 - 27,   2014年01月
  • Negative pressure wound therapy for a large skin ulcer following repair of huge myeloschisis with kyphosis in a newborn, Hiroyuki Katano, Hiroyuki Katano, Kazuhiro Toriyama, Yusuke Nishikawa, Koichi Ito, Akimichi Morita, Yuzuru Kamei, Kazuo Yamada, Child's Nervous System, 29,   2013年12月01日, Background: In surgery of repair for spina bifida, various skin plastic techniques are sometimes necessary due to large skin defect or subsequent ulcers in cases when approximation on the midline is difficult. Case report: A baby was born with a large skin defect due to huge lumbar myeloschisis and kyphosis, which was repaired 2 days after birth using Limberg's skin flap at the peak of kyphosis. Skin ischemia around the tip of the flap gradually enlarged and resulted in a large skin ulcer. We performed negative pressure wound therapy (NPWT) using a Vacuum Assisted Closure (V.A.C.®) therapy system for 4 weeks which shrank the ulcer remarkably. Subsequently, a pedicle skin flap without graft was performed to cover the rest of the ulcer, which adapted well without CSF leakage postoperatively. Conclusion: A combination treatment of NPWT and skin plastic surgery was successfully performed for a very young infant with spina bifida. NPWT could be another useful option for the treatment of ulcer following spina bifida repair surgery, though surgeons should carefully confirm that there is no CSF leakage before and during the procedure. © 2013 Springer-Verlag Berlin Heidelberg.
  • Syntheses and photodynamic properties of glucopyranoside-conjugated indium(III) porphyrins as a bifunctional agent, Misaki Nakai, Tomohiro Maeda, Tsuyoshi Mashima, Shigenobu Yano, Shigenobu Yano, Shiho Sakuma, Eriko Otake, Akimichi Morita, Yasuo Nakabayashi, Journal of Porphyrins and Phthalocyanines, 17,   2013年12月01日, The glucopyranoside-conjugated porphyrins, H2TPP{p-O-(CH 2)2-O-OAcGlc} (1), [InTPP{p-O-(CH2) 2-O-OAcGlc}]NO3 (2), H2TPP{p-O-(CH 2)2-O-Glc} (3), [InTPP{p-O-(CH2) 2-O-Glc]-NO3 (4) and ZnTPP{p-O-(CH2) 2-O-OAcGlc} (5) were synthesized, and characterized by 1H NMR, 13C NMR, ESI-MS, UV-vis spectroscopies and elemental analyses. In the 1H NMR spectrum of 2, two sets of signals were observed for H-atoms of the phenyl group of porphyrin, indicating that 2 has the axial chirality due to a NO3 ion coordinating to the indium atom. Abilities of the singlet oxygen production of these porphyrins, investigated by using 1,3-diphenylisobenzofuran (DPBF) as a quencher, were higher than those of the free-based and zinc porphyrins, reflecting the heavy atom effect. The photodynamic properties of these porphyrin derivatives were investigated against COLO 679. All of the glucopyranoside-conjugated porphyrins exhibited the high photocytotoxicity compared with Laserphyrin®. Above all, 4 exhibited the highest photocytotoxicity, coinciding with the high abilities of this complex for the singlet oxygen production and the cell permeability. © 2013 World Scientific Publishing Company.
  • The majority of generalized pustular psoriasis without psoriasis vulgaris Is caused by deficiency of interleukin-36 receptor antagonist, Kazumitsu Sugiura, Akemi Takemoto, Michiya Yamaguchi, Hidetoshi Takahashi, Yukiko Shoda, Teruyuki Mitsuma, Kenshiro Tsuda, Emi Nishida, Yaei Togawa, Kimiko Nakajima, Akihiro Sakakibara, Shigeo Kawachi, Makoto Shimizu, Yasutomo Ito, Takuya Takeichi, Takuya Takeichi, Michihiro Kono, Yasushi Ogawa, Yoshinao Muro, Akemi Ishida-Yamamoto, Shigetoshi Sano, Hiroyuki Matsue, Akimichi Morita, Hitoshi Mizutani, Hajime Iizuka, Masahiko Muto, Masashi Akiyama, Journal of Investigative Dermatology, 133,   2013年11月01日, Generalized pustular psoriasis (GPP) is a rare inflammatory skin disease that can be life-threatening. Recently, it has been reported that familial GPP is caused by homozygous or compound heterozygous mutations of IL36RN. However, the majority of GPP cases are sporadic and it is controversial whether IL36RN mutations are a causative/predisposing factor for sporadic GPP. We searched for IL36RN mutations in two groups of GPP patients in the Japanese population in this study: GPP without psoriasis vulgaris (PV), and GPP with PV. Eleven cases of GPP without PV (GPP alone) and 20 cases of GPP accompanied by PV (GPP with PV) were analyzed. Surprisingly, 9 out of 11 cases of GPP alone had homozygous or compound heterozygous mutations in IL36RN. In contrast, only 2 of 20 cases of GPP with PV had compound heterozygous mutations in IL36RN. The two cases of GPP with PV who had compound heterozygous mutations in IL36RN are siblings, and both cases had PV-susceptible HLA-A*0206. We determined that GPP alone is a distinct subtype of GPP and is etiologically distinguished from GPP with PV, and that the majority of GPP alone is caused by deficiency of the interleukin-36 receptor antagonist due to IL36RN mutations. © 2013 The Society for Investigative Dermatology.
  • インフリキシマブ投与中ニューモシスチス肺炎を疑われた1例, 西田 絵美, 古橋 卓也, 堀田 敦子, 佐川 容子, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 7, (5) 487 - 487,   2013年11月
  • 【女性のウェルエイジングとアンチエイジング】 皮膚の加齢, 森田 明理, White, 1, (1) 11 - 15,   2013年10月
  • ピロリ菌除菌療法にて急性汎発性発疹性膿疱症(AGEP)を発症した2例, 堀田 敦子, 古橋 卓也, 吉岡 麻里子, 佐川 容子, 西田 絵美, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (11) 2100 - 2100,   2013年10月
  • 腋窩の線状基底細胞癌の1例, 坪内 香澄, 中村 元樹, 西田 絵美, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (11) 2101 - 2101,   2013年10月
  • Dendritic cells in the periphery control antigen-specific natural and induced regulatory T cells, Sayuri Yamazaki, Akimichi Morita, Frontiers in Immunology, 4,   2013年09月17日, Dendritic cells (DCs) are specialized antigen-presenting cells that regulate both immunity and tolerance. DCs in the periphery play a key role in expanding naturally occurring Foxp3- CD25+ CD4+ regulatory T cells (Natural T-regs) and inducing Foxp3 expression (Induced T-regs) in Foxp3- CD4+ T cells. DCs are phenotypically and functionally heterogeneous, and further classified into several subsets depending on distinct marker expression and their location. Recent findings indicate the presence of specialized DC subsets that act to expand Natural T-regs or induce Foxp3+ T-regs from Foxp3- CD4+ T cells. For example, two major subsets of DCs in lymphoid organs act differentially in inducing Foxp3- T-regs from Foxp3+ cells or expanding Natural T-regs with model-antigen delivery by anti-DC subset monoclonal antibodies in vivo. Furthermore, DCs expressing CD103 in the intestine induce Foxp3- T-regs from Foxp3- CD4+ T cells with endogenous TGF-β and retinoic acid. In addition, antigen-presenting DCs have a capacity to generate Foxp3- T-regs in the oral cavity where many antigens and commensals exist, similar to intestine and skin. In skin and skin-draining lymph nodes, at least six DC subsets have been identified, suggesting a complex DC-T-reg network. Here, we will review the specific activity of DCs in expanding Natural T-regs and inducing Foxp3+ T-regs from Foxp3- precursors, and further discuss the critical function of DCs in maintaining tolerance at various locations including skin and oral cavity. © 2013 Yamazaki and Morita.
  • 自己免疫疾患と制御性T細胞 (第1土曜特集 制御性T細胞 : その基礎と臨床展開) -- (Tregと臨床), 山崎 小百合, 森田 明理, 医学のあゆみ, 246, (10) 887 - 892,   2013年09月07日
  • Japanese guidance for use of biologics for psoriasis (the 2013 version), Mamitaro Ohtsuki, Tadashi Terui, Akira Ozawa, Akimichi Morita, Shigetoshi Sano, Hidetoshi Takahashi, Mayumi Komine, Takafumi Etoh, Atsuyuki Igarashi, Hideshi Torii, Akihiko Asahina, Osamu Nemoto, Hidemi Nakagawa, Journal of Dermatology, 40,   2013年09月01日, The clinical use of adalimumab and infliximab, human anti-tumor necrosis factor (TNF)-α monoclonal antibodies, for psoriasis began in January 2010. In January 2011, ustekinumab, a human anti-interleukin-12/23p40 (IL-12/23p40) monoclonal antibody, was newly approved as the third biologic with an indication for psoriasis. While all of these biologics are expected to exhibit excellent therapeutic effect for psoriasis and to contribute to the improvement of quality of life in patients, these drugs require careful safety measures to prevent adverse drug reactions, such as serious infections. The new guidance, an English version prepared by revising the Japanese Guidance/Safety Manual for Use of Biologics for Psoriasis 2011 (in Japanese), is intended to provide up-to-date, evidence-based recommendations and safety measures on the use of biologics, and describes the optimal use of the three biologics, medical requirements for facilities for using biologics, details of safety measures against reactivation of tuberculosis and hepatitis B virus infection, and recommendable combination therapies with biologics. © 2013 Japanese Dermatological Association.
  • 【制御性T細胞-その基礎と臨床展開】 自己免疫疾患と制御性T細胞, 山崎 小百合, 森田 明理, 医学のあゆみ, 246, (10) 887 - 892,   2013年09月, 制御性T細胞(Treg)は、末梢のCD4+T細胞の5〜10%を占める自己免疫反応を抑制する細胞集団として発見された。現在ではTregは自己免疫反応のみでなく、腫瘍免疫、移植免疫、アレルギー、感染に対する免疫反応をも抑制することが知られている。本稿においては自己免疫疾患とTregについての歴史および最近の知見と、樹状細胞(DC)で増殖誘導した抗原特異的制御性Tregと自己免疫疾患の治療について解説する。(著者抄録)
  • Tobacco smoke-induced skin pigmentation is mediated by the aryl hydrocarbon receptor, Motoki Nakamura, Yukiko Ueda, Mai Hayashi, Hiroshi Kato, Takuya Furuhashi, Akimichi Morita, Experimental Dermatology, 22,   2013年08月01日, It is widely recognized that tobacco smoke causes skin pigmentation. No studies, however, have directly evaluated the mechanisms of the changes in smoker's skin pigmentation. In this study, when cultured with water-soluble tobacco smoke extract, the human epidermal melanocytes grew to a large size and produced more melanins. We evaluated melanocyte activation by quantifying microphthalmia-associated transcription factor (MITF) expression by real-time polymerase chain reaction. MITF expression was significantly and dose-dependently increased by exposure to tobacco smoke extract. The Wnt/β-catenin signalling pathway seemed to mediate the tobacco smoke extract-induced melanocyte activation. Immunocytochemical studies revealed that the activated melanocytes actively expressed aryl hydrocarbon receptors (AhR) around the nuclear membrane. The tobacco smoke extract-induced MITF activation was inhibited by RNA silencing of the AhR. This study provides the evidence that tobacco smoke enhances pigmentation in vitro and that the increase in pigmentation may involve β-catenin- and AhR-mediated mechanisms inside human melanocytes. © 2013 John Wiley & Sons A/S. Published by John Wiley & Sons Ltd.
  • Solar-UV-signature mutation prefers TCG to CCG: Extrapolative consideration from UVA1-induced mutation spectra in mouse skin, Hironobu Ikehata, Jun Kumagai, Tetsuya Ono, Tetsuya Ono, Akimichi Morita, Photochemical and Photobiological Sciences, 12,   2013年08月01日, UVA1 exerts its genotoxicity on mammalian skin by producing cyclobutane pyrimidine dimers (CPDs) in DNA and preferentially inducing solar-UV-signature mutations, C → T base substitution mutations at methylated CpG-associated dipyrimidine (Py-mCpG) sites, as demonstrated previously using a 364 nm laser as a UVA1 source and lacZ-transgenic mice that utilize the transgene as a mutational reporter. In the present study, we confirmed that a broadband UVA1 source induced the same mutation profiles in mouse epidermis as the UVA1 laser, generalizing the previous result from a single 364 nm to a wider wavelength range of UVA1 (340-400 nm). Combined with our previous data on the mutation spectra induced in mouse epidermis by UVB, UVA2 and solar UVR, we proved that the solar-UV-signature mutation is commonly observed in the wavelength range from UVB to UVA, and found that UVA1 induces this mutation more preferentially than the other shorter wavelength ranges. This finding indicates that the solar-UV-signature mutation-causing CPDs, which are known to prefer Py-mCpG sites, could be produced with the energy provided by the longer wavelength region of UVR, suggesting a photochemical reaction through the excitation of pyrimidine bases to energy states that can be accomplished by absorption of even low-energy UVR. On the other hand, the lower proportions of solar-UV-signature mutations observed in the mutation spectra for UVB and solar UVR indicate that the direct photochemical reaction through excited singlet state of pyrimidine bases, which can be accomplished only by high-energy UVR, is also involved in the mutation induction at those shorter wavelengths of UVR. We also found that the solar-UV signature prefers 5′-TCG-3′ to 5′-CCG-3′ as mutational target sites, consistent with the fact that UVA induces CPDs selectively at thymine-containing dipyrimidine sites and that solar UVR induces them preferably at Py-mCpG sites. However, the mutation spectrum in human p53 gene from non-melanoma skin cancers shows the opposite preference for 5′-CCG-3′ sites. This apparent discrepancy in the site preference seems to result from the lack of 5′-TCG-3′ sites mutable to missense mutations on the nontranscribed strand of human p53 gene, which should be evolutionally acquired under selective pressure from the sun. © 2013 The Royal Society of Chemistry and Owner Societies.
  • 10.4 生体・医療への光放射の応用(1)皮膚(第10章 光放射の応用), 森田 明理, 照明学会誌, 97,   2013年08月01日
  • リツキシマブが有効であった水疱性類天疱瘡の1例, 堀田 敦子, 古橋 卓也, 吉岡 麻里子, 佐川 容子, 新谷 洋一, 森田 明理, 楠本 茂, 飯田 真介, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (9) 1819 - 1819,   2013年08月
  • 当院における糖尿病性足潰瘍治療のアルゴリズムの検討, 坪内 香澄, 中村 元樹, 西田 絵美, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (9) 1819 - 1819,   2013年08月
  • 血管内皮過形成を伴い血管肉腫との鑑別を要した手掌部血管奇形の一例, 中村 元樹, 吉岡 麻里子, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 29回,   2013年08月
  • 顔面の熱傷後に生じた基底細胞癌の2例, 渡辺 正一, 吉岡 麻里子, 中村 元樹, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 29回,   2013年08月
  • 部位ごとに異なる免疫染色パターンを呈したTriple Extramammary Paget's Diseaseの1例, 伊藤 秀明, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 55, (8) 1047 - 1051,   2013年08月, 82歳男性。10年以上前より両腋窩のしみるような感覚があるも放置していた。しかし今回、近医にて乳房外Paget病を疑われ、著者らの施設へ紹介となった。受診時、両腋窩と陰部に脱色素斑を伴う紅色局面が認められた。そこで、右腋窩と左腋窩と陰部よりそれぞれ皮膚生検を施行したところ、3部位すべてにおいてPaget細胞が認められた。以上より、本症例はtriple extramammary Paget's diseasと診断され、全身麻酔下にて切除術を施行した結果、術後に局所再発や転移はみられなかった。尚、3つの切除部位に対してのCEA染色、GCDFP-15染色、PAS-Alcian blue染色、S-100染色は異なる免疫染色のパターンを呈していた。
  • 軽症型の色素性乾皮症A群の1例, 錦織 千佳子, 中野 英司, 竹内 聖二, 山下 大介, 森田 明理, 井川 健, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (8) 1562 - 1562,   2013年07月
  • Bath-PUVA therapy decreases infiltrating CCR4-expressing tumor cells and regulatory T cells in patients with mycosis fungoides, Hiroshi Kato, Chiyo Saito, Erika Ito, Takuya Furuhashi, Emi Nishida, Takashi Ishida, Ryuzo Ueda, Hiroshi Inagaki, Akimichi Morita, Clinical Lymphoma, Myeloma and Leukemia, 13,   2013年06月01日, Background: Mycosis fungoides (MF) is a malignant lymphoma characterized by expansion of CD4+ memory T-cell clones. Infiltrating cells express CCR4, which is attracted to CC chemokine ligands 17 and 22 (thymus and activation-regulated chemokine [TARC]/CCL17 and TARC/CCL22). Bath-psoralen plus ultraviolet A (PUVA) is effective against MF. In patients with psoriasis, bath-PUVA induces circulating regulatory T cells (Tregs), which suppress effector T cells. To understand the mechanisms in MF, we analyzed lesion-infiltrating cells before and after bath-PUVA therapy. Patients and Methods: Thirteen patients with MF (12 stage IB, 1 stage III; mean age 69.2 years, range 35-87 years; 6 men, 7 women) were recruited. Results: Immunohistochemical analysis revealed that lesion CCR4-positive (CCR4 +) cells and Tregs significantly decreased from 105.1 ± 164.8 cells/10-2 mm2 to 31.4 ± 39.0 cells/10-2 mm2 and from 78.1 ± 67.8 cells/10-2 mm2 to 24.7 ± 25.0 cells/10-2 mm2, respectively. Serum TARC levels significantly correlated with infiltrating CD3+ (r = 0.997), CCR4+ (r = 0.991), and forkhead box P3-positive (Foxp3 +) cells (r = 0.843). Circulating Tregs before bath-PUVA therapy were not significantly different from those in healthy volunteers. Bath-PUVA did not significantly change the percentage of circulating Tregs. Conclusions: Bath-PUVA decreased CCR4+ cells and Tregs in MF lesions but did not induce circulating Tregs, which might suppress effector T cells. Direct effects through skin lesions might eliminate both pathogenetically relevant cells and Tregs. Systemic immunosuppression was not induced. © 2013 Elsevier Inc.
  • 加齢に伴うそう痒の病態と治療, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本医事新報, (4652) 64 - 65,   2013年06月
  • 菌状息肉症(StageIII)に対してボリノスタット(HDAC阻害剤)が著効した1例, 神山 崇, 古橋 卓也, 西田 絵美, 佐川 容子, 新谷 洋一, 森田 明理, 久保 良二, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (7) 1255 - 1255,   2013年06月
  • 乾癬治療の最適化をめざして 4つの治療のポジショニングを考える, 森田 明理, 西日本皮膚科, 75, (3) 259 - 259,   2013年06月
  • A群色素性乾皮症の軽症例, 竹内 聖二, 中野 英司, 山下 大介, 井川 健, 森田 明理, 苅田 典生, 錦織 千佳子, 日本小児皮膚科学会雑誌, 32, (2) 167 - 172,   2013年06月, 8歳女児。患児は日光曝露後の光線過敏症状を呈し、最少紅斑量(MED)の低下を認めたが、皮膚癌などの重篤な皮膚症状はなく、神経症状もみられない。患者の皮膚線維芽細胞を用いた不定期DNA合成(UDS)能は正常の25%、細胞融合法による相補性テストにより、本症例を色素性乾皮症(XP)のA群(XP-A)と診断した。UDSの結果は患者細胞におけるヌクレオチド除去修復(NER)能が重症型XP-Aより高いことを示唆している。大多数のXP-Aは重篤な皮膚症状と神経症状を示すが、本症例はXP-Aでありながら、症状が軽微であった。自験例は、日本人XP-Aの典型例と比較して、NER能が高いことにより症状が軽くなっているのではないかと推測している。(著者抄録)
  • Stevens-Johnson Syndrome associated with mogamulizumab treatment of adult T-cell leukemia/lymphoma, Takashi Ishida, Asahi Ito, Fumihiko Sato, Shigeru Kusumoto, Shinsuke Iida, Hiroshi Inagaki, Akimichi Morita, Shiro Akinaga, Ryuzo Ueda, Cancer Science, 104,   2013年05月01日, We report an adult T-cell leukemia/lymphoma patient suffering from Stevens-Johnson Syndrome (SJS) during mogamulizumab (humanized anti-CCR4 monoclonal antibody) treatment. There was a durable significant reduction of the CD4+CD25highFOXP3+ regulatory T (Treg) cell subset in the patient's PBMC, and the affected inflamed skin almost completely lacked FOXP3-positive cells. This implies an association between reduction of the Treg subset by mogamulizimab and occurrence of SJS. The present case should contribute not only to our understanding of human pathology resulting from therapeutic depletion of Treg cells, but also alert us to the possibility of immune-related severe adverse events such as SJS when using mogamulizumab. We are currently conducting a clinical trial of mogamulizumab for CCR4-negative solid cancers (UMIN000010050), specifically aiming to deplete Treg cells. © 2013 Japanese Cancer Association.
  • Role of the aryl hydrocarbon receptor in tobacco smoke extract-induced matrix metalloproteinase-1 expression, Yuko Ono, Kan Torii, Ellen Fritsche, Yoichi Shintani, Emi Nishida, Motoki Nakamura, Yuji Shirakata, Thomas Haarmann-Stemmann, Josef Abel, Jean Krutmann, Akimichi Morita, Experimental Dermatology, 22,   2013年05月01日, Findings from large epidemiologic studies indicate that there is a link between smoking and extrinsic skin ageing. We previously reported that matrix metalloproteinases (MMPs) mediate connective tissue damage in skin exposed to tobacco smoke extracts. Tobacco smoke contains more than 3800 constituents, including numerous water-insoluble polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs) that trigger aryl hydrocarbon receptor (AhR) signalling pathways. To analyse the molecular mechanisms involved in tobacco smoke-induced skin ageing, we exposed primary human fibroblasts and keratinocytes to tobacco smoke extracts. Hexane- and water-soluble tobacco smoke extracts significantly induced MMP-1 mRNA in both human cultured fibroblasts and keratinocytes in a dose-dependent manner. To clarify the involvement of the AhR pathway, we used a stable AhR-knockdown HaCaT cell line. AhR knockdown abolished the increased transcription of the AhR-dependent genes CYP1A1/CYP1B1 and MMP-1 induced by either of the tobacco smoke extracts. Furthermore, the tobacco smoke extracts induced 7-ethoxyresorufin-O-deethylase activity, which was almost completely abolished by AhR knockdown. Likewise, treating fibroblasts with AhR pathway inhibitors, that is, the flavonoids 3-methoxy-4-nitroflavone and α-naphthoflavone, blocked the expression of CYP1B1 and MMP-1. These findings suggest that the tobacco smoke extracts induce MMP-1 expression in human fibroblasts and keratinocytes via activation of the AhR pathway. Thus, the AhR pathway may be pathogenetically involved in extrinsic skin ageing. © 2013 John Wiley & Sons A/S.
  • Photodynamic therapy with glycoconjugated chlorin photosensitizer, Shiho Sakuma, Eiko Otake, Kan Torii, Motoki Nakamura, Akira Maeda, Ryoto Tujii, Haruo Akashi, Hiromi Ohi, Shigenobu Yano, Shigenobu Yano, Akimichi Morita, Journal of Porphyrins and Phthalocyanines, 17,   2013年05月01日, Photodynamic therapy (PDT) effectively induces tumor cell apoptosis, but the tumor selectivity and photosensitivity of common photosensitizers, such as aspartyl chlorin (NPe6), are not sufficient. Cancer cells phagocytose glucose 3 to 20 times more efficiently than normal cells; therefore, we examined whether glycoconjugation improves photosensitizer tumor-localizability. HaCaT cells were incubated with H2TFPC (unconjugated chlorin), H2TFPC-SGlc (glycoconjugated chlorin), or NPe6, followed by irradiation with 633 nm LED light (16 J.cm-2). PDT with 1 μM H2TFPC-SGlc for 24 h induced significantly more apoptosis (annexinV+ cells: 74.5%) than PDT with either H2TFPC (2.9%) or NPe6 (0.3%). Based on the IC 50, PDT with H2TFPC-SGlc induced tumor cell death more efficiently than NPe6 or H2TFPC in all cell lines examined. The addition of sodium azide, a singlet oxygen quencher, during irradiation significantly suppressed PDT-induced apoptosis in COLO679 cells (-0.4 ± 0.3% → 119 ± 44%), whereas coincubation with deuterium oxide, a singlet oxygen enhancer, enhanced PDT (72 ± 19 → 27 ± 5%). Confocal microscopy revealed that H2TFPC-SGlc accumulated in lysosomes and Golgi bodies, but not in mitochondria or endoplasmic reticulum. In melanoma-bearing mice, intratumoral injection of H2TFPC-SGlc (10-8 mol or 10-9 mol), followed 4 h later by irradiation with 633 nm LED light (150 J.cm-2) controlled tumor growth for 13 consecutive days (10-8 mol). Thus, PDT with H2TFPC-SGlc effectively induces apoptosis in tumor cells via singlet oxygen induction. © 2013 World Scientific Publishing Company.
  • Impaired inhibitory function of circulating CD4+CD25+ regulatory T cells in alopecia areata, Bong Seok Shin, Bong Seok Shin, Takuya Furuhashi, Motoki Nakamura, Kan Torii, Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 70,   2013年05月01日
  • Guidelines for the diagnosis and treatment of vitiligo in Japan, Naoki Oiso, Tamio Suzuki, Mari Wataya-Kaneda, Atsushi Tanemura, Miki Tanioka, Tomoko Fujimoto, Kazuyoshi Fukai, Tamihiro Kawakami, Katsuhiko Tsukamoto, Yuji Yamaguchi, Shigetoshi Sano, Yoshihiko Mitsuhashi, Chikako Nishigori, Akimichi Morita, Hidemi Nakagawa, Masako Mizoguchi, Ichiro Katayama, Journal of Dermatology, 40,   2013年05月01日, Vitiligo is an acquired pigment disorder in which depigmented macules result from the loss of melanocytes from the involved regions of skin and hair. The color dissimilarity on the cosmetically sensitive regions frequently induces quality of life impairment and high willingness to pay for treatment in patients with vitiligo. The Vitiligo Japanese Task Force was organized to overcome this situation and to cooperate with the Vitiligo Global Issues Consensus Conference. This guideline for the diagnosis and treatment of vitiligo in Japan is proposed to improve the circumstances of Japanese individuals with vitiligo. Its contents include information regarding the diagnosis, pathogenesis, evaluation of disease severity and effectiveness of treatment, and evidence-based recommendations for the treatment of vitiligo. The therapeutic algorithm based on the proposed recommendation is designed to cure and improve the affected lesions and quality of life of individuals with vitiligo. © 2013 Japanese Dermatological Association.
  • NB-UVB irradiation increases filaggrin expression in a three-dimensional human skin model, Kan Torii, Motoki Nakamura, Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 70,   2013年05月01日
  • 【知りたい!美容皮膚科のいま】 (Part4.)美容皮膚科トピックス(topics 03) 喫煙と皮膚老化の関係は?エビデンスはありますか?, 森田 明理, Visual Dermatology, 12, (6) 673 - 675,   2013年05月
  • 【母斑および母斑症】 外陰部に生じた炎症性線状疣贅状表皮母斑の1例, 大口 亮子, 加藤 裕史, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 55, (5) 565 - 567,   2013年05月, 3歳女児。生下時より右肛門周囲に紅色丘疹があり、徐々に右外陰部に拡大したため2歳時に近医の皮膚科を受診、亜鉛化軟膏外用にて経過観察していたが、そう痒感が強いため著者らの施設へ紹介となった。受診時、右肛門周囲から右大陰唇部にかけてBlaschko線にそって配列する角化性紅色丘疹が認められ、病理組織学的所見では一部に角層の肥厚と表皮突起の延長を伴った表皮肥厚がみられた。また、真皮上層には炎症細胞が浸潤し、正角化と錯角化の混在、正角化部位には顆粒層が肥厚していた。以上より、本症例は炎症性線状疣贅状表皮母斑(ILVEN)と診断され、ステロイド軟膏、ビタミンB3製剤の外用が行われたが、約半年経過をみたが、そう痒感の一時的な改善はあるものの外用を中断すると再燃して皮疹は難治性であった。そのため今後は炭酸ガスレーザーによる治療や外科的切除も検討している。
  • 外陰部に生じた炎症性線状疣贅状表皮母斑の1例 (特集 母斑および母斑症), 大口 亮子, 加藤 裕史, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 55, (5) 565 - 567,   2013年05月
  • Behavior of bone marrow-derived cells following in vivo transplantation: Differentiation into stromal cells with roles in organ maintenance, Osamu Taguchi, Osamu Taguchi, Osamu Taguchi, Kunio Tsujimura, Keiichi Kontani, Yosuke Harada, Sachiyo Nomura, Hiroshi Ikeda, Akimichi Morita, Hideshi Sugiura, Norio Hayashi, Yasushi Yatabe, Masao Seto, Masae Tatematsu, Toshitada Takahashi, Atsuki Fukushima, American Journal of Pathology, 182,   2013年04月01日, After injection of green fluorescent protein-positive (GFP+) bone marrow (BM) cells into lethally irradiated wild-type mice, the organs of the recipient mice [BM transplantation (BMT) mice] were regenerated; however, irradiation of the cecum or spleen (only) blocked their regeneration with loss of injected BM cells. These results suggest that the donor cells first enter the BM and then migrate to the peripheral organs. The maintenance of epithelial structure and function is controlled by interactions between stromal cells and the epithelia; the organ is stable only if the stroma is functioning normally. In BMT mice, intestinal GFP+ stromal cells were regenerated fairly rapidly although GFP+ cells were observed only rarely in the intestinal epithelium even if it passes several weeks or months post BMT, indicating that BM-derived stromal cells play a pivotal role in epithelial renewal and are crucial for maintaining organ structure and function. BM-derived cells in the periphery possess a special key to return to the BM and then to migrate to various organs to become resident cells. Copyright © 2013 American Society for Investigative Pathology.
  • Increased population of central memory T cells in circulating peripheral blood of psoriasis patients, Mai Hayashi, Takuya Furuhashi, Emi Nishida, Chiyo Saito, Kan Torii, Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 70,   2013年04月01日
  • 口腔内の抗原に感作された樹状細胞はCD^<4+> Foxp^<3+>制御性T細胞を誘導する, 山崎 小百合, 丸山 晃, 岡田 耕平, 松本 美佐子, 森田 明理, 瀬谷 司, 北海道醫學雜誌 = Acta medica Hokkaidonensia, 88,   2013年04月01日
  • 乾癬の治療 乾癬、掌蹠膿疱症、白斑、アトピー性皮膚炎における光線療法の位置づけ, 古橋 卓也, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 30, (2) 173 - 173,   2013年04月
  • ターゲット型ナローバンドUVB治療の使用経験, 西田 絵美, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 30, (2) 195 - 195,   2013年04月
  • VAC療法にて治癒した糖尿病性潰瘍の1例, 新谷 洋一, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 30, (2) 231 - 231,   2013年04月
  • 近赤外蛍光カラーカメラを用いたセンチネルリンパ節生検, 中村 元樹, 吉岡 麻里子, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 30, (2) 244 - 244,   2013年04月
  • Actinic cheilitisに対するイミキモドクリームの使用経験, 渡辺 正一, 吉岡 麻里子, 中村 元樹, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 30, (2) 245 - 245,   2013年04月
  • チウラムによるアレルギー性接触皮膚炎の1例, 伊藤 えりか, 山本 あい, 斎藤 稚代, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 30, (2) 246 - 246,   2013年04月
  • 【アミロイドーシス(2)】 <臨床例>続発性アミロイドーシスによる消化器症状を呈したと推測される関節症性乾癬, 岩名 沙奈恵, 古橋 卓也, 西田 絵美, 加藤 裕史, 佐川 容子, 齋藤 稚代, 山本 あい, 谷田 諭史, 森田 明理, 皮膚病診療, 35, (4) 375 - 378,   2013年04月, <症例のポイント>アミロイドA(AA)アミロイドーシスは、反応性アミロイドーシスとして慢性炎症性疾患に続発する。自験例は20年超の罹患歴を有する重症の関節症性乾癬症例であり、皮疹、関節痛のコントロールに非常に難渋してきた。インフリキシマブ投与により、皮疹は軽快傾向となっていたが、難治性の下痢を生じた。インフリキシマブ投与とプレドニゾロン増量で下痢が消失した経緯、血清アミロイドA蛋白(SAA)上昇、そして長期にわたる罹患期間からAAアミロイドーシスの合併を推測した。(著者抄録)
  • 【最近のトピックス2013】 皮膚疾患治療のポイント クリニックで使えるナローバンドUVB療法, 森田 明理, 西田 絵美, 臨床皮膚科, 67, (5) 119 - 122,   2013年04月, 近年紫外線治療はナローバンドUVBの普及に加え,エキシマライトの登場により,全身照射や部分照射に加えターゲット照射が可能になった.ターゲット型光線療法は,難治な部分的な皮疹への局所照射が容易であり,正常皮膚への不必要な照射を防ぐことを可能にした.エキシマランプは高輝度であるため,紅斑が生じやすく,照射にはある程度の習熟が必要である.一方,ナローバンドUVBの照射は比較的容易であるが,機器が大型であり,広範囲の病変部には適しているが,部分的な病変部への照射は難しく,近接することも難しい.より使いやすいターゲット型照射器の開発と,全身照射・部分照射・ターゲット照射をどのように使い分けるかを検討する必要がある.新たに開発された平面光源を使用した小型・軽量で高出力のターゲット型ナローバンドUVB照射機器が登場したことで,治療スペースの限られたクリニックや往診などでの紫外線治療のさらなる普及が期待される.(著者抄録)
  • 巨大な臨床像を呈した皮膚線維腫の1例, 渡辺 正一, 中村 元樹, 伊藤 えりか, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (4) 472 - 472,   2013年04月
  • 乳房外パジェット病に対する近赤外蛍光カラーカメラを用いたセンチネルリンパ節生検, 中村 元樹, 吉岡 麻里子, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (4) 491 - 491,   2013年04月
  • 当院における過去7年間の化学療法を用いた頭部血管肉腫の治療成績の検討, 伊藤 えりか, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (4) 492 - 492,   2013年04月
  • 脊髄披裂修復術後皮膚潰瘍に対するVAC療法の試み, 片野 広之, 鳥山 和宏, 西川 祐介, 伊藤 孝一, 森田 明理, 山田 和雄, 小児の脳神経, 38, (1) 129 - 129,   2013年04月
  • 光線療法の未来, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (5) 816 - 816,   2013年04月
  • 名古屋市立大学の治療症例からみたTARNABの有用性, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (5) 876 - 876,   2013年04月
  • 時間軸を意識した乾癬治療 重症化を未然に防ぐ新たな治療戦略, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (5) 883 - 883,   2013年04月
  • エキシマライト光線療法の適応拡大とそのポジショニング, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (5) 898 - 898,   2013年04月
  • 生物学的製剤による関節炎の治療評価に関節エコーが有効であった2例, 伊藤 えりか, 古橋 卓也, 西田 絵美, 佐川 容子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (5) 958 - 958,   2013年04月
  • 乾癬の痒みと不安に対する、ナローバンドUVBとオロパタジン内服併用の有効性の検討, 古橋 卓也, 西田 絵美, 齋藤 稚代, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (5) 959 - 959,   2013年04月
  • 右上腕に生じた滑膜肉腫の1例, 渡辺 正一, 中村 元樹, 吉岡 麻里子, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (5) 980 - 980,   2013年04月
  • 菌状息肉症と考えられていたγδT細胞リンパ腫の一例, 西田 絵美, 古橋 卓也, 佐川 容子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (5) 982 - 982,   2013年04月
  • 糖尿病性足病変との鑑別を要した足部悪性黒色腫の2例, 中村 元樹, 吉岡 麻里子, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (5) 985 - 985,   2013年04月
  • 陥入爪・挟み爪に対する超弾性ワイヤー・巻き上げ型ワイヤーの治療効果の検討, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 123, (5) 997 - 997,   2013年04月
  • クリニックで使えるナローバンドUVB療法 (特集 最近のトピックス2013 Clinical Dermatology 2013) -- (皮膚疾患治療のポイント), 森田 明理, 西田 絵美, 臨床皮膚科, 67, (5) 119 - 122,   2013年04月
  • 皮膚科学 ナローバンドUVB療法の効能, 西田 絵美, 森田 明理, 医学のあゆみ, 244, (12) 1065 - 1066,   2013年03月
  • 最適化された光線療法による乾癬患者末梢血制御性T細胞(Treg)の機能回復, 古橋 卓也, 齋藤 稚代, 鳥居 寛, 西田 絵美, 森田 明理, 角化症研究会記録集, 27,   2013年03月
  • シワのサイエンス 成因から改善アプローチまで 環境因子とシワ, 森田 明理, 日本香粧品学会誌, 37, (1) 6 - 10,   2013年03月
  • Secukinumab induction and maintenance therapy in moderate-to-severe plaque psoriasis: A randomized, double-blind, placebo-controlled, phase II regimen-finding study, Phoebe Rich, B. Sigurgeirsson, D. Thaci, J. P. Ortonne, C. Paul, R. E. Schopf, A. Morita, K. Roseau, E. Harfst, A. Guettner, M. MacHacek, C. Papavassilis, British Journal of Dermatology, 168,   2013年02月01日, Background Interleukin (IL)-17A has major proinflammatory activity in psoriatic lesional skin. Objectives To assess the efficacy and safety of secukinumab, a fully human IgG1κ monoclonal anti-IL-17A antibody, in moderate-to-severe plaque psoriasis in a phase II regimen-finding study. Methods A total of 404 patients were randomized to subcutaneous placebo (n = 67) or one of three secukinumab 150 mg induction regimens: single (week 0; n = 66), early (weeks 0, 1, 2, 4; n = 133) and monthly (weeks 0, 4, 8; n = 138 patients). The primary outcome was ≥ 75% improvement from baseline Psoriasis Area and Severity Index score (PASI 75) at week 12. PASI 75 responders from active treatment arms at week 12 were rerandomized to either a fixed-interval (secukinumab 150 mg at weeks 12 and 24; n = 65) or a treatment-at-start-of- relapse maintenance regimen (secukinumab 150 mg at visits at which a start of relapse was observed; n = 67). Results At week 12, early and monthly induction regimens resulted in higher PASI 75 response rates vs. placebo (54·5% and 42·0% vs. 1·5%; P < 0·001 for both). Among PASI 75 responders at week 12 entering the maintenance period, PASI 75 and PASI 90 achievement at least once from week 20 to week 28 was superior with the fixed-interval regimen [85% (n = 55) and 58% (n = 38), respectively] vs. the start-of-relapse regimen [67% (n = 45), P = 0·020, and 21% (n = 14), respectively]. Fifteen weeks after last study drug administration, < 10% of patients in the fixed-interval and start-of-relapse groups experienced a start of relapse. No immunogenicity was observed, and no injection-site reactions were reported. Reported cases of neutropenia were mild-to-moderate (≤ grade 2); none was associated with clinically significant adverse events or resulted in study discontinuation. Due to the brief duration of the safety assessment, no firm conclusions can be drawn regarding long-term safety. Conclusions Secukinumab shows efficacy for induction and maintenance treatment of moderate-to-severe plaque psoriasis. What's already know about this topic? Conventional systemic therapies for plaque psoriasis have not fully met patient needs. Biologics, although effective and generally well tolerated, have a still-developing long-term safety profile. Monoclonal antibodies against interleukin (IL)-17A have shown early promise. What does this study add? In this regimen-finding study, the investigational anti-IL-17 monoclonal secukinumab (150 mg subcutaneously) showed significant efficacy for induction and maintenance treatment and was well tolerated in moderate-to-severe plaque psoriasis. Secukinumab may offer new therapeutic options in plaque psoriasis. © 2012 The Authors. BJD © 2012 British Association of Dermatologists.
  • A case of cutaneous malignant fibrous histiocytoma with multiple organ metastases, Shuji Suzuki, Shoichi Watanabe, Hiroshi Kato, Hiroshi Inagaki, Hideo Hattori, Akimichi Morita, Kaohsiung Journal of Medical Sciences, 29,   2013年02月01日, Malignant fibrous histiocytoma is a soft tissue sarcoma that most commonly occurs in the extremities and rarely metastasizes cutaneously. A 79-year-old male patient consulted a dermatologist 11 months after recognizing an intractable ulcer on the right mandible. Punch biopsy revealed eosinophilic tumor cells in the dermal area and proliferation of rich spindle cells. Malignant fibrous histiocytoma or atypical fibroxanthoma was suspected and he was referred to our hospital. Red plaque tumors on the right mandible and right temple were 30 mm and 15 mm in size, respectively. The right mandible lesion was ulcerated. Immunohistochemically, the lesions were positive for CD10, CD74 and alpha-smooth muscle actin. Radiological analysis revealed multiple organ metastases, including bone, liver, lung and skin on the right temple. The patient was diagnosed with malignant fibrous histiocytoma, stage IV and died 8 weeks after the first visit due to respiratory failure. Cutaneous malignant fibrous histiocytoma has a poor prognosis resulting in death. Copyright © 2012, Kaohsiung Medical University. Published by Elsevier Taiwan LLC. All rights reserved.
  • Photo(chemo)therapy Reduces Circulating Th17 Cells and Restores Circulating Regulatory T Cells in Psoriasis, Takuya Furuhashi, Chiyo Saito, Kan Torii, Emi Nishida, Sayuri Yamazaki, Akimichi Morita, PLoS ONE, 8,   2013年01月30日, Background: Photo(chemo)therapy is widely used to treat psoriasis, the pathogenesis of which might be caused by an imbalance of Th17 cells/regulatory T cells (Treg). In the present study, we evaluated the effects of photo(chemo)therapy on the Th17/Treg balance and Treg function. Methods: Peripheral blood was obtained from psoriasis patients treated with bath-psoralen ultraviolet A (UVA, n = 50) or narrowband ultraviolet B (UVB, n = 18), and age-matched healthy volunteers (n = 20). CD3+CD4+IL-17A+ or CD4+CD25+Foxp3+cells were analyzed to estimate Th17 or Treg number by fluorescence-activated cell sorting. Moreover, CD4+ CD25- T cells from patients treated with PUVA(n = 14) were incubated in CFSE and activated with or without CD4+ CD25+T cells, and the suppressive function of CD4+ CD25+T cells were analyzed. Results: Photo(chemo)therapy significantly reduced Th17 levels from 5.66±3.15% to 2.96±2.89% in patients with increased Th17 (Th17/CD4>3.01% [mean+SD of controls]). In contrast, photo(chemo)therapy significantly increased Treg levels from 2.77±0.75 to 3.40±1.88% in patients with less than 4.07% Treg level, defined as the mean of controls. Furthermore, while Treg suppressed the CD4+CD25- T cell proliferation to a greater extent in controls (Treg Functional Ratio 94.4±4.28%) than in patients (70.3±25.1%), PUVA significantly increased Treg Functional Ratio to 88.1±6.47%. Th17 levels in severe patients (>30 PASI) were significantly higher as compared to controls. Th17 levels that were left after treatment in the patients not achieving PASI 50 (3.78±4.18%) were significantly higher than those in the patients achieving PASI 75 (1.83±1.87%). Treg levels in patients achieving PASI 90 (4.89±1.70%) were significantly higher than those in the patients not achieving PASI 90 (3.90±1.66%). Treg levels prior to treatment with Th17 high decreased group (5.16±2.20%) was significantly higher than that with Th17 high increased group (3.33±1.39%). Conclusion: These findings indicate that Treg is dysfunctional in psoriasis patients, and photochemotherapy restores those dysfunctional Treg. Photo(chemo)therapy resolved the Th17/Treg imbalance in patients with psoriasis. © 2013 Furuhashi et al.
  • Therapeutic depletion of myeloid lineage leukocytes in patients with generalized pustular psoriasis indicates a major role for neutrophils in the immunopathogenesis of psoriasis, Shigaku Ikeda, Hidetoshi Takahashi, Yasushi Suga, Hikaru Eto, Takafumi Etoh, Keiko Okuma, Kazuo Takahashi, Takeshi Kanbara, Mariko Seishima, Akimichi Morita, Yasutomo Imai, Takuro Kanekura, Journal of the American Academy of Dermatology, 68,   2013年01月17日, Background: Generalized pustular psoriasis (GPP) is a chronic autoimmune disease characterized by fever, erythema, and neutrophilic pustules over large areas of the skin. GPP does not respond well to pharmacologic intervention. Objective: We sought to assess efficacy of selectively depleting the myeloid lineage leukocytes in patients with GPP. Methods: Fifteen patients with persistent moderate to severe GPP despite conventional therapy were included. Eligible patients had more than 10% of their skin area covered by pustules. Treatment with oral etretinate, cyclosporine, methotrexate, prednisolone, and topical prednisolone/vitamin D3 was continued if had been initiated well in advance of study entry. Five sessions of adsorptive granulocyte and monocyte apheresis (GMA) with the Adacolumn (JIMRO Co Ltd, Takasaki, Japan) were administered (1 session/wk over 5 weeks) to selectively deplete Fcγ receptor and complement receptor bearing leukocytes. Efficacy was assessed by measuring the skin areas covered by pustules at baseline and 2 weeks after the last GMA session. Results: One patient did not complete the first GMA session. Based on the GPP severity scores relative to entry, the overall scores improved (n = 14, P =.0027), and the area of erythroderma (P =.0042), pustules (P =.0031), and edema (P =.0014) decreased. Likewise, Dermatology Life Quality Index improved (P =.0016), reflecting better daily function and quality of life. Twelve patients were judged as responders (85.7%), and 10 patients maintained the clinical response for 10 weeks after the last GMA session without any change in medication. Limitations: This study was unblinded and without a placebo arm. Conclusion: GMA in this clinical setting was safe and effective, suggested a major role for granulocytes/monocytes in the immunopathogenesis of GPP. © 2012 by the American Academy of Dermatology, Inc.
  • JDS improvements during 2003-2012, Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 69,   2013年01月01日
  • Ashy Dermatosisの1例, 村松 伸之介, 加藤 裕史, 山本 あい, 新谷 洋一, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 55, (1) 118 - 119,   2013年01月, 10歳女児。4歳時より1型糖尿病にてインスリン療法中であった。今回、5ヵ月ほど前から背中に褐色斑が出現、これが増加・拡大傾向を示したため紹介受診となった。初診時、後頸部から背部にかけて灰色から褐青色の斑状色素斑が散在し、隆起はなく、境界明瞭で平坦であった。病理組織学的所見では表皮や基底層に著変はなかったが、真皮上層の血管周囲にはリンパ球を主体とした炎症細胞の浸潤が認められ、メラノファージが散見されるもS-100蛋白染色では真皮でのメラノサイト増殖は認められなかった。以上より、本症例は病理組織学的に色素性扁平苔癬、色素性蕁麻疹、後天性真皮メラノサイトーシスは除外され、また固定薬疹に特徴的な薬剤摂取に伴った皮疹の増悪はないことからashy dermatosisと診断された。尚、目下はステロイド薬外用とアスコルビン酸内服にて経過観察中である。
  • 平面ナローバンドUVB光源を用いたターゲット型光線療法次世代光線治療器の将来を考える, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 30, (1) 30 - 31,   2013年01月
  • 勤務医委員会 勤務医の現状と今後の対策報告(その2) 「一人医長の勤務環境の現況に関する調査」から, 宮川 俊一, 池田 政身, 幸野 健, 佐藤 俊宏, 沢田 泰之, 高橋 博之, 森田 明理, 江藤 隆史, 鎌田 英明, 畑 康樹, 平成22-23年度勤務医委員会, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 30, (1) 70 - 80,   2013年01月
  • 環境因子とシワ (教育セミナー シワのサイエンス : 成因から改善アプローチまで), 森田 明理, 日本香粧品学会誌, 37, (1) 6 - 10,   2013年, Skin aging following repeated exposures to ultraviolet (UV) irradiation and tobacco smoking results largely from the damage to cutaneous connective tissue, which is composed of collagen, elastin, and proteoglycans. The alterations of cellular component and the extracellular matrix of dermal connective tissue after exposure to UV and tobacco smoke extracts. Our findings indicated that the skin premature aging induced by UV and tobacco smoke extracts share molecular features including abnormal regulation of extracellular matrix deposition through elevated MMPs, reduced collagen production and abnormal proteoglycan accumulation via ROS generation. Tobacco smoke contains more than 3800 constituents, including numerous water insoluble polycyclic aromatic hydrocarbons that trigger the aryl hydrocarbon receptor (AhR; also called the dioxin receptor) signaling pathway. AhR knockdown abolished the increase in transcription of the AhR-dependent gene CYP1A1/CYP1B1 and MMP-1 upon treatment with either tobacco smoke extract. These findings suggest that the tobacco smoke extracts induced MMP-1 expression in human fibroblasts and keratinocytes via activation of the AhR pathway. Thus, the AhR pathway may be pathogenetically involved in extrinsic skin aging. In addition, natural sun light includes visible light and infrared A (IR-A). Although the effects of ultraviolet for photoaging have been largely investigated, those of IR-A remain unclear. Based on the recent studies, infrared A shares the mechanisms for photoaging with UV, including the induction of matrix metalloproteinase (MMP)-1 through ERK and p38 MAP kinase activation. IR-A is absorbed intramitochondrially. There might be a chromosphere for IR-A radiation.
  • Dendritic Cells from Oral Cavity Induce Foxp3+ Regulatory T Cells upon Antigen Stimulation, Sayuri Yamazaki, Sayuri Yamazaki, Akira Maruyama, Kohei Okada, Misako Matsumoto, Akimichi Morita, Tsukasa Seya, PLoS ONE, 7,   2012年12月18日, Evidence is accumulating that dendritic cells (DCs) from the intestines have the capacity to induce Foxp3+CD4+ regulatory T cells (T-regs) and regulate immunity versus tolerance in the intestines. However, the contribution of DCs to controlling immunity versus tolerance in the oral cavity has not been addressed. Here, we report that DCs from the oral cavity induce Foxp3+ T-regs as well as DCs from intestine. We found that oral-cavity-draining cervical lymph nodes contained higher frequencies of Foxp3+ T-regs and ROR-γt+ CD4+T cells than other lymph nodes. The high frequency of Foxp3+ T-regs in the oral-cavity-draining cervical lymph nodes was not dependent on the Toll like receptor (TLR) adaptor molecules, Myd88 and TICAM-1 (TRIF). In contrast, the high frequency of ROR-γt+ CD4+T cells relies on Myd88 and TICAM-1. In vitro data showed that CD11c+ DCs from oral-cavity-draining cervical lymph nodes have the capacity to induce Foxp3+ T-regs in the presence of antigen. These data suggest that, as well as in the intestinal environment, antigen-presenting DCs may play a vital role in maintaining tolerance by inducing Foxp3+ T-regs in the oral cavity. © 2012 Yamazaki et al.
  • UVB 誘導によるメラノサイト活性化に対するロキシスロマイシンの影響, 中村 元樹, 上田 優希子, 林 麻衣, 古橋 卓也, 森田 明理, 皮膚の科学, 11, (19) 22 - 26,   2012年12月01日, 塩酸ミノサイクリン (MINO) 内服による副作用として,皮膚の色素沈着が数多く報告されている。我々は MINO と同様に皮膚科領域において汎用されるロキシスロマイシン (RXM) についても,同様の副作用の有無を検討するため,RXM がメラノサイトのマスター遺伝子である MITF の発現に与える影響を検討した。その結果 RXM は正常ヒトメラノサイトでの MITF 発現を亢進させることが分かった。MITF の発現亢進は,紫外線照射下においてより顕著にみられた。このことは RXM でも MINO 同様に色素沈着の副作用が起こる可能性があることを示唆している。(皮膚の科学,増19: 22-26, 2012)
  • A case of multiple metastatic malignant melanoma with the largest lesion in the ileum and no skin lesion, Shuji Suzuki, Shoichi Watanabe, Hiroshi Kato, Hideo Hattori, Akimichi Morita, Kaohsiung Journal of Medical Sciences, 28,   2012年12月01日, We report the case of a 72-year-old woman with malignant melanoma and multiple metastases; the largest tumor was in the ileum. The patient experienced general fatigue and bloody feces for 1 month before consulting a nearby clinic. Blood tests revealed anemia, and fecal occult blood was positive, but no abnormalities were detected using gastrointestinal endoscopy and colonoscopy or the skin of the entire body. Computed tomography images of the chest, abdomen, and pelvic region, and positron emission tomography-computed tomography images of the entire body revealed multiple nodules in the ileum, left mammary gland, left thyroid, right inguinal lymph node, and on the fascia of the right thoracic area and right buttocks. The tumor in the left mammary gland was excised and immunohistochemical analysis revealed that the excised tissue was positive for HMB45, melan-A, and MITF, but negative for S-100 protein. Diagnosed with melanoma with multiple metastases, the patient underwent four cycles of dacarbazine, nimustine hydrochloride, and vincristine (DAV) plus interferon beta chemotherapy and one cycle of dacarbazine, nimustine hydrochloride, cisplatin, and tamoxifen (DAC-Tam) chemotherapy. Two series of embolizations of the artery feeding the ileum tumors, as well as a series of plasma and red blood cell transfusions, were performed for ileum tumor hemorrhage. The patient was hospitalized eight times, for a total of 204 days during the 1-year survival period before her death from respiratory failure. © 2012, Elsevier Taiwan LLC. All rights reserved.
  • Sialic acid cyclization of human Th homing receptor glycan associated with recurrent exacerbations of atopic dermatitis, Keiichiro Sakuma, Takuya Furuhashi, Sachiko Kondo, Sachiko Kondo, Sachiko Kondo, Uichiro Yabe, Katsuyuki Ohmori, Hidemi Ito, Masahiro Aoki, Akimichi Morita, Reiji Kannagi, Reiji Kannagi, Reiji Kannagi, Journal of Dermatological Science, 68,   2012年12月01日, Background: The molecular pathogenesis underlying recurrent exacerbations of atopic dermatitis (AD) is unclear. Some peripheral CCR4+ and CCR7+ helper memory T cells express the specific homing receptor, sialyl 6-sulfo Lewis X (G152 glycan). This glycan loses receptor activity via cyclization of its sialic acid moiety, thus becoming cyclic sialyl 6-sulfo Lewis X (G159 glycan). These findings suggest that the disordered expression of G152 and G159 glycans may be associated with recurrent exacerbations of AD. Objective: To assess the possible association of G152 and G159 glycans, which are expressed on peripheral helper T (Th) cells, with frequency of exacerbations. Methods: The percentage of glycan-expressing cells among peripheral blood CD4+CD45RO+ lymphocytes was determined by flow cytometry. The association of glycans with the frequency of exacerbations determined by recurrence scores as well as with current disease activity was statistically tested. Results: Current disease activity was significantly associated with CCR4+CCR7- memory Th cells expressing CSLEX-1 glycan, the conventional skin-trafficking receptor without sialic-acid-cyclization activity. In contrast, the frequency of exacerbations was positively and negatively associated with CCR4+CCR7+ memory Th cells expressing G152 and G159 glycans, respectively. Receiver operating characteristics analyses indicated that the ratio of the G152+/G159+ cell percentages discriminated patients with highly recurrent AD with the best accuracy. Conclusion: Flow cytometric determination of G159 and G152 glycans on peripheral helper memory T cells may be clinically useful for identifying patients with highly recurrent AD. Disordered sialic acid cyclization of G152 glycan may underlie highly recurrent AD, which may provide a novel therapeutic approach. © 2012 Japanese Society for Investigative Dermatology.
  • Monotherapy for vitiligo using a 308-nm xenon-chloride excimer laser: Colorimetric assessment of factors that influence treatment efficacy, Reiko Noborio, Motoki Nakamura, Misako Yoshida, Reiko Nakamura, Rieko Oshima, Ryoji Kubo, Hiroshi Kato, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 39,   2012年12月01日
  • Nuclear translocation of ATBF1 is a potential prognostic marker for skin cancer, Eiichi Nishio, Yutaka Miura, Makoto Kawaguchi, Akimichi Morita, Acta Dermatovenerologica Croatica, 20,   2012年12月01日, The AT motif binding factor 1 (ATBF1) is expressed in various tissues, such as brain, liver, lung, and gastrointestinal tract, and has an important role in cell differentiation in organs. ATBF1 interacts with PIAS3, a protein inhibitor for activated signal transducer and activator of transcription (STAT3), to suppress STAT3 signaling, which has critical roles in cell proliferation, migration, and survival. We hypothesized that ATBF1 is a useful prognostic marker for skin cancer. We performed immunohistochemical analyses of squamous cell carcinoma (SCC, n=7), basal cell carcinoma (BCC, n=4), and Bowen's disease (n=4) tissues using an anti-ATBF1 monoclonal antibody. All cases of BCC and Bowen's disease exhibited intense nuclear ATBF1 staining, whereas only some SCC cases exhibited weakly positive nuclear ATBF1 staining. SCC and Bowen's disease showed intense nuclear STAT3 staining, while BCC had few STAT3-positive nuclei. Based on these observations, nuclear ATBF1 staining was associated with low malignancy profiles. The pattern of ATBF1 staining is a potential prognostic marker for skin cancer.
  • 研究を目指す若手研究者のために-臨床医にとって研究とは? 研究で得た知識を臨床に活かそう 光皮膚科学と光線治療, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (13) 3150 - 3150,   2012年12月
  • ターゲット型光線療法 308nmエキシマライト 掌蹠膿疱症に対するエキシマライト療法と治療の背景, 古橋 卓也, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (13) 3678 - 3680,   2012年12月
  • 掌蹠膿疱症に対するエキシマライト療法と治療の背景 (第111回 日本皮膚科学会総会 : 進化する皮膚科 : 知と技を磨く) -- (教育講演 ターゲット型光線療法 : 308nmエキシマライト), 古橋 卓也, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology, 122, (13) 3678 - 3680,   2012年12月
  • Case of annular-shaped giant basal cell carcinoma, Shuji Suzuki, Shoichi Watanabe, Hiroshi Kato, Motoki Nakamura, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 39,   2012年11月01日
  • O37-4 豊川市民病院皮膚科で経験したアナフィラキシー4例の検討(アナフィラキシー・その他,口演,第62回日本アレルギー学会秋季学術大会), 西尾 栄一, 森田 明理, アレルギー, 61,   2012年10月25日
  • Split-face trial of CO2 laser-induced ring abrasion and high-dose tacalcitol in the treatment of disseminated superficial actinic porokeratosis, Reiko Noborio, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 39,   2012年10月01日
  • 菌状息肉症に合併した皮膚γδT細胞リンパ腫の1例, 村松 伸之介, 加藤 裕史, 岩名 沙奈恵, 伊藤 えりか, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (11) 2715 - 2715,   2012年10月
  • 続発性アミロイドーシスによる消化器症状を呈したと推測される関節症性乾癬の1例, 岩名 沙奈恵, 古橋 卓也, 西田 絵美, 加藤 裕史, 佐川 容子, 齋藤 稚代, 山本 あい, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (11) 2716 - 2716,   2012年10月
  • 前頭部皮下腫瘤で発見されたランゲルハンス細胞組織球症の1例, 村松 伸之介, 中村 元樹, 渡辺 正一, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (11) 2719 - 2719,   2012年10月
  • 名古屋市立大学病院における関節症性乾癬87例の解析, 岩名 沙奈恵, 古橋 卓也, 西田 絵美, 齋藤 稚代, 加藤 裕史, 中村 元樹, 渡辺 正一, 山本 あい, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (11) 2719 - 2719,   2012年10月
  • 豊川市民病院皮膚科で経験したアナフィラキシー4例の検討, 西尾 栄一, 森田 明理, アレルギー, 61, (9-10) 1512 - 1512,   2012年10月
  • 【乾癬】 PUVAバス療法にて奏効した膿疱性乾癬の3例, 青山 正子, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 54, (10) 1331 - 1335,   2012年10月, 汎発性嚢胞性乾癬に対してPUVAバス療法が奏功した3症例(全例女性。症例1:21歳、症例2:20歳、症例3:77歳)について報告した。症例1は体幹・四肢に紅斑・膿疱が出現して紅皮症となり、38℃以上の発熱および全身倦怠感が出現した。入院後、PUVAバス療法を合計15回(38.4J/cm2)にわたり施行した結果、皮疹は改善した。症例2は他院で膿疱性乾癬と診断され、シクロスポリンの内服にて加療されていたが、転居のため来院となり、シクロスポリンの内服を継続した。だが、ブラジルへの一時帰国により治療を中断したため皮疹が増悪、帰国後シクロスポリンの内服を再開したが紅斑や膿疱が拡大し、更に38℃以上の発熱と全身倦怠感が出現した。入院後、PUVAバス療法を合計42回(146.4J/cm2)にわたり施行した結果、皮疹は改善した。症例3は6年前に手掌・足底から始まり全身に紅斑や膿疱が拡大、膿疱性乾癬と診断され、エトレチナートの内服が行われた。しかし、肝機能障害を認め中止、以後、再び体幹四肢に紅斑と膿疱が出現し、加えて38℃以上の発熱ならびに全身倦怠感を認め入院となった。そこで、PUVAバス療法を合計26回(47.1J/cm2)行い、皮疹と全身症状は改善した。以上より、PUVAバス療法は安全性の高い治療法で、内服治療に抵抗性の症例に対する選択肢の一つと考えられた。
  • PUVAバス療法にて奏効した膿疱性乾癬の3例 (特集 乾癬), 青山 正子, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 54, (10) 1331 - 1335,   2012年10月
  • テラプレビル3剤併用療法の皮膚障害マネージメント (特集 C型肝炎のこれからの診かた) -- (プライマリケア医のためのC型肝炎ポイント集), 森田 明理, 日本医事新報, (4614) 65 - 68,   2012年09月29日
  • 【C型肝炎のこれからの診かた】 プライマリケア医のためのC型肝炎ポイント集 テラプレビル3剤併用療法の皮膚障害マネージメント, 森田 明理, 日本医事新報, (4614) 65 - 68,   2012年09月
  • 【皮膚の老化メカニズムの最新研究】 皮膚の老化因子としての紫外線に類似した近赤外線の作用, 森田 明理, FRAGRANCE JOURNAL, 40, (9) 63 - 66,   2012年09月
  • 【掌蹠膿疱症の治療-あの手この手】 (Part4)治療 掌蹠膿疱症の治療 (case04) 掌蹠膿疱症に対する光線療法, 森田 明理, 古橋 卓也, 西田 絵美, Visual Dermatology, 11, (10) 1073 - 1074,   2012年09月
  • 皮膚の老化因子としての紫外線に類似した近赤外線の作用 (特集 皮膚の老化メカニズムの最新研究), 森田 明理, Fragrance journal, 40, (9) 63 - 66,   2012年09月
  • 10.4 生体・医療への光放射の応用(1)皮膚(第10章 光放射の応用), 森田 明理, 照明学会誌, 96, (8) 577 - 578,   2012年08月01日
  • タバコ喫煙による皮膚老化, 森田 明理, Aesthetic Dermatology, 22, (3) 217 - 217,   2012年08月
  • 【おさえておきたい、リンパ腫の鑑別と治療】 (Part2)菌状息肉症・セザリー症候群の治療(case12) 菌状息肉症に対するエキシマライト療法, 加藤 裕史, 古橋 卓也, 西田 絵美, 森田 明理, Visual Dermatology, 11, (9) 950 - 951,   2012年08月
  • Mitochondrial common deletion mutation and extrinsic skin ageing in German and Japanese women, Natsumi Kaneko, Andrea Vierkoetter, Ursula Kraemer, Dorothee Sugiri, Mary Matsui, Ai Yamamoto, Jean Krutmann, Akimichi Morita, Experimental Dermatology, 21,   2012年07月01日, The mitochondrial common deletion (CD) mutation is induced by oxidative stress. One main source of oxidative stress is the error-prone process of the respiratory chain located in the mitochondria. Another important source is the exposure to environmental factors, which further induces oxidative stress in the cells. For human skin, the primary damaging environmental factor is ultraviolet (UV) radiation, which is able to induce CD mutations and the characteristic extrinsic skin ageing signs. Traditionally, levels of UV exposure differ between German and Japanese populations, as tanned skin represents beauty and health in Western cultures, whereas photo-protected skin is considered ideal in Asia. We hypothesize that (i) this cultural-related UV exposure pattern might be reflected by CD concentrations in environmentally exposed skin and (ii) CD concentrations in environmentally exposed areas might be associated with the manifestation of extrinsic skin ageing. In this study, we determined the concentration of CD in skin from the neck (environmentally exposed area) and the buttock (environmentally protected area) of 22 German and 46 Japanese women between 30 and 70years of age. We evaluated skin ageing signs by a validated clinical score, and exposure to environmental factors, such as UV exposure and smoking, was assessed using a questionnaire-based interview. Higher levels of CD were detected in neck skin than in buttock skin in both German and Japanese women. CD also increased with age in the neck skin. German women had higher CD concentrations in the neck skin than Japanese women. The CD concentrations in the buttock skin samples were similar in both populations. These findings suggest higher environmental UV exposure resulted in higher levels of CD in the skin of German women compared with Japanese women. However, only in Japanese women were the signs of extrinsic skin ageing associated with higher CD concentrations in the neck skin, in agreement with the hypothesis (ii). In German women, we did not find this latter association, which might be due to reaching a maximum level of CD, beyond which cells undergo negative selection and are lost to the population samples. In conclusion, under some conditions, there seems to be an association between the CD mutation concentration and extrinsic skin ageing, but this may be modified by cellular and tissue processes which affect the sampling rate for CD mutation concentrations and prevent a statistical association with extrinsic skin ageing. © 2012 John Wiley & Sons A/S.
  • 最新の乾癬治療 乾癬治療の「適剤適症」を考える, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 6, (3) 228 - 228,   2012年07月
  • 乾癬に対する光線療法(PUVAバス・ナローバンドUVB)による制御性T細胞(Treg)の機能回復, 古橋 卓也, 齋藤 稚代, 鳥居 寛, 西田 絵美, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 6, (3) 253 - 253,   2012年07月
  • DIHS発症からTENに進展したと考えられた一例, 西田 絵美, 村松 伸之介, 佐川 容子, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 6, (3) 268 - 268,   2012年07月
  • エタネルセプトによる皮膚血管炎が疑われた関節リウマチの1例, 伊藤 礼, 坂野 章吾, 渡辺 舞子, 難波 大夫, 速水 芳仁, 金子 夏美, 森田 明理, 中部リウマチ, 41, (2) 100 - 100,   2012年07月
  • 【今後期待の皮膚科治療薬】 (Part5)乾癬 (総説11)インフリキシマブ, 森田 明理, Visual Dermatology, 11, (7) 738 - 740,   2012年06月
  • 日本皮膚科学会ガイドライン 尋常性白斑診療ガイドライン, 鈴木 民夫, 金田 眞理, 種村 篤, 谷岡 未樹, 藤本 智子, 深井 和吉, 大磯 直毅, 川上 民裕, 塚本 克彦, 山口 裕史, 佐野 栄紀, 三橋 善比古, 錦織 千佳子, 森田 明理, 中川 秀巳, 溝口 昌子, 片山 一朗, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (7) 1725 - 1740,   2012年06月
  • Low dose FP療法により予後が改善したと考えられた進行期乳房外パジェット病の1例, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 伊藤 えりか, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (7) 1794 - 1794,   2012年06月
  • ナローバンドUVBが著効した多形慢性痒疹の1例, 西田 絵美, 古橋 卓也, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (7) 1800 - 1800,   2012年06月
  • MRSA感染と皮膚潰瘍治癒時間の解析, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 西山 毅, 中村 敦, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (7) 1802 - 1802,   2012年06月
  • エタネルセプト(エンブレル)投与後に生じた多形紅斑型薬疹の1例, 西尾 栄一, 鈴木 収二, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (7) 1803 - 1804,   2012年06月
  • 【角化症・炎症性角化症】 PUVAバス療法が奏効した毛孔性紅色粃糠疹の1例, 青山 正子, 山本 あい, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 54, (6) 813 - 816,   2012年06月, 60歳男性。顔面に紅斑が出現し、その後、鱗屑を伴う紅斑が体幹および四肢に拡大した。今回、近医を受診、抗アレルギー剤の内服とステロイド軟膏の外用などの治療が行われるも改善せず、著者らの施設へ紹介となった。受診時、顔面、体幹、四肢には角化性丘疹と鱗屑を伴う大きな融合紅色局面がみられ、紅皮症化し、一部は島状に正常皮膚も認められた。生検および臨床所見より毛孔性紅色粃糠疹と診断され、エトレチナート内服を開始したところ、紅斑は拡大し、掻痒悪化がみられた。そこで、PUVA(ソラレン長波長紫外線)バス療法を開始した結果、皮疹は著明に改善した。
  • 乾癬治療における患者ごとの治療の最適化をめざして, 森田 明理, 西日本皮膚科, 74, (3) 331 - 332,   2012年06月
  • リンフォーマの画像診断と新規治療のプラクティス 皮膚T細胞性リンパ腫に対する光線(光化学)療法, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 28回,   2012年06月
  • トラスツズマブ・パクリタキセル併用療法が有効であった進行期乳房外パジェット病の一例, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 中村 元樹, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 28回,   2012年06月
  • カペシタビン(ゼローダ)投与後、足底に多発黒色斑を生じた多発dysplastic nevusの1例, 加藤 裕史, 中村 元樹, 渡辺 正一, 伊藤 えりか, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 28回,   2012年06月
  • 名古屋市立大学病院での悪性黒色腫手術例の予後解析・推定病期による切除マージン決定の検討, 中村 元樹, 村松 伸之介, 伊藤 えりか, 加藤 裕史, 吉岡 麻里子, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 28回,   2012年06月
  • PUVAバス療法が奏効した毛孔性紅色粃糠疹の1例 (特集 角化症・炎症性角化症), 青山 正子, 山本 あい, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 54, (6) 813 - 816,   2012年06月
  • Skin perfusion pressure is useful for evaluating digital ulcer caused by systemic sclerosis, Hiroshi Kato, Shoichi Watanabe, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 39,   2012年05月01日
  • 上口唇に生じたmucoepidermoid carcinomaの1例, 中村 元樹, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, Skin Cancer, 27, (1) 60 - 63,   2012年05月,  55歳,男性。45歳時より統合失調症にて他院精神科通院加療中。20年程前より上口唇に常色の結節を自覚。放置していたが徐々に増大するため他院皮膚科を受診し,皮膚生検にてmucoepidermoid carcinomaと診断されたため当科紹介受診となった。当院初診時には上口唇ほぼ中央に20×17 mm大,常色の硬い結節を認めた。画像検査にて明らかな転移を認めなかった。5 mmマージンで上口唇を全層性に切除し,左右からのdouble advancement flapで再建を行った。術後9ヵ月経た現在まで腫瘍の再発・転移は認めていない。
  • Development of an ultraviolet A1 light emitting diode-based device for phototherapy, Shunko A. Inada, Shunko A. Inada, Satoshi Kamiyama, Isamu Akasaki, Kan Torii, Takuya Furuhashi, Hiroshi Amano, Akimichi Morita, Open Dermatology Journal, 6,   2012年04月12日, We developed a novel phototherapy device based on an ultraviolet light emitting diode (UV LED) with a peak wavelength of 365 nm and the full width at half maximum of 10 nm. The equipment comprised a 16 x 16 (50 cm x 50 cm) UV LED matrix. The system was designed to irradiate only the diseased part of the skin. To evaluate the characteristics of this device, we compared consumed power, irradiation intensity, uniformity of the irradiation intensity, rise time and stability of the irradiation intensity, and in vivo irradiation of mice between a conventional UVA1 (340-400 nm) phototherapy device and the UV LED device. The UVA1 LED device exhibited more desirable characteristics than the UVA1 lamp device, i.e., fewer thermal effects on in vitro and in vivo systems. Furthermore, to evaluate the efficacy of both light sources, cultured T cells were irradiated and the induction of apoptosis was analyzed. Both light sources efficiently induced apoptosis. © Inada et al.
  • Lack of promoting effect of titanium dioxide particles on chemically-induced skin carcinogenesis in rats and mice, Yoko Sagawa, Yoko Sagawa, Mitsuru Futakuchi, Jiegou Xu, Jiegou Xu, Katsumi Fukamachi, Yuto Sakai, Yuto Sakai, Yoshiaki Ikarashi, Tetsuji Nishimura, Masumi Suzui, Hiroyuki Tsuda, Akimichi Morita, Journal of Toxicological Sciences, 37,   2012年04月01日, Nano-sized titanium dioxide particles (TiO 2) are widely used in cosmetics, sunscreens and food additives. We previously reported that topical application of non-coated rutile type TiO 2 did not exhibit a promoting effect on ultraviolet B-initiated skin carcinogenesis in rats, and that this was likely due to lack of penetration of TiO 2 into the epidermis. In the present study, we examined the promoting effect of silicone coated TiO 2 (sTiO 2) suspended in silicone oil and non-coated TiO 2 (ncTiO 2) suspended in Pentalan 408 on a two-stage skin chemical carcinogenesis model: sTiO 2 suspended in silicon oil forms smaller particles than ncTiO 2 suspended in Pentalan because of the smaller sizes of aggregates formed. The model used skin carcinogenesis-sensitive human c-Ha-ras proto-oncogene transgenic mice (rasH2) and rats (Hras128) and their wild-type counterparts and CD-1 mice to test the effects of topical application of TiO 2. Animals were initially treated with a single dose of 7,12-dimethylbenz[a]anthracene (DMBA) and then with 0, 10, or 20 mg sTiO 2 (mice) or 0, 50, or 100 mg ncTiO 2 (rats). The incidence and multiplicity of skin tumors (squamous cell papilloma and carcinoma) did not increase over DMBA alone controls in skin carcinogenesis-sensitive mice or rats or wild-type animals. Analysis of rat skin indicated that sTiO 2 and ncTiO 2 did not penetrate though either healthy or damaged skin. Furthermore sTiO 2 did not penetrate an in vitro human epidermis model. Our results indicate that treatment with sTiO 2 or ncTiO 2 did not promote skin carcinogenesis in mice or rats, probably due to lack of penetration through the epidermis.
  • 【皮膚科最新治療のすべて】 乾癬 光線療法のポジショニングと実際, 森田 明理, Derma., (190) 127 - 134,   2012年04月, 乾癬の光線療法は、PUVAからナローバンドUVBに移行し、さらに照射方法も全身・部分照射だけではなく、ターゲット型照射が、308nmエキシマライトの登場によって可能となった。安全にしかも有効性が高い照射方法を行うには、光線療法の基本となるメカニズムを理解し、しかも発癌性を含めたリスクを理解しなければならない。また、生物製剤が登場した今、光線療法のポジショニングについて検討が必要である。関節症がないケースにおいて、外用薬でコントロールできなければ、光線療法を考慮せず生物製剤を選択してもよいかが、大きな問題点である。メカニズムをベースに、さらにエビデンスレベルの高い臨床試験の結果から、光線療法のポジショニングを考えたい。(著者抄録)
  • 【最近のトピックス2012 Clinical Dermatology 2012】 皮膚疾患治療のポイント エキシマライト療法の適応とポイント, 森田 明理, 臨床皮膚科, 66, (5) 128 - 132,   2012年04月, 光線療法は,PUVAからナローバンドUVBに移行し,さらに照射方法も全身・部分照射だけではなく,ターゲット型照射が,308nmエキシマライトの登場によって可能となった.安全にしかも有効性が高い照射方法を行うのには,光線療法の基本となるメカニズムを理解し,しかも発癌性を含めたリスクを理解しなければならない.部分的に残る皮疹や局所の再発に対して,ターゲット型光線療法を行い,正常皮膚への過剰な照射を防ぐべきではないかと思われる.しかし,エキシマライトの照射方法は,機器によっても異なり,疾患によっても異なる.今後の課題として,波長ごとの光生物学的な作用から,疾患ごとに有効な波長や照射方法を検討しなければならない.(著者抄録)
  • 平面ナローバンドUVB光源を用いたターゲット型光線療法 次世代光線治療器の将来を考える, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 29, (2) 293 - 293,   2012年04月
  • 研究で得た知識を臨床に活かそう 光皮膚科学と光線治療, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (4) 1016 - 1016,   2012年04月
  • 次世代光線治療器 ターゲット型ナローバンドUVBの開発, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (4) 1114 - 1114,   2012年04月
  • DLQI寛解を目指すための乾癬治療ストラテジー, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (4) 1122 - 1122,   2012年04月
  • エキシマライトの治療の背景と実際, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (4) 1127 - 1127,   2012年04月
  • 名古屋市立大学病院の関節症性乾癬に対するインフリキシマブの有効性, 森田 明理, 古橋 卓也, 西田 絵美, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 村松 伸之介, 岩名 沙奈恵, 中村 元樹, 斎藤 稚代, 新谷 洋一, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (4) 1203 - 1203,   2012年04月
  • 名古屋市立大学病院における関節症性乾癬87例の解析, 岩名 沙奈恵, 古橋 卓也, 西田 絵美, 斎藤 稚代, 加藤 裕史, 中村 元樹, 渡辺 正一, 山本 あい, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (4) 1205 - 1205,   2012年04月
  • 好酸球性筋膜炎の一例, 西田 絵美, 村松 伸之介, 為近 真也, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (4) 1212 - 1212,   2012年04月
  • 二次感染を伴った仙骨部褥瘡に対する抗生物質の選択, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 中村 敦, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (4) 1220 - 1220,   2012年04月
  • 腋窩リンパ節に生じた原発不明悪性黒色腫の1例, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 岩名 沙奈恵, 伊藤 えりか, 中村 元樹, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (4) 1237 - 1237,   2012年04月
  • 名古屋市立大学病院での悪性黒色腫手術例の予後解析・推定病期による切除マージン決定の検討, 中村 元樹, 村松 伸之介, 伊藤 えりか, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (4) 1238 - 1238,   2012年04月
  • 重症虚血肢に対する治療反応と血流の検討, 加藤 裕史, 伊藤 えりか, 中村 元樹, 渡辺 正一, 森田 明理, 西日本皮膚科, 74, (2) 209 - 209,   2012年04月
  • エキシマライト療法の適応とポイント (特集 最近のトピックス2012 Clinical Dermatology 2012) -- (皮膚疾患治療のポイント), 森田 明理, 臨床皮膚科, 66, (5) 128 - 132,   2012年04月
  • Sun exposure: What molecular photodermatology tells us about its good and bad sides, Jean Krutmann, Akimichi Morita, Jin Ho Chung, Journal of Investigative Dermatology, 132,   2012年03月01日, The health consequences of sun exposure have concerned mankind for more than 100 years. Recent molecular studies in photodermatology have greatly advanced our understanding of this important topic. We will illustrate this progress by focusing on the following selected topics: (i) the nature of the DNA damage-independent part of the UVB response of human skin and the role of the arylhydrocarbon receptor in cutaneous biology, (ii) the contribution of wavelengths beyond the UV spectrum to solar radiation-induced skin damage, (iii) the emerging evidence that subcutaneous fat is a target tissue for sunlight, and (iv) the most recent insight into the mode of action of phototherapy. © 2012 The Society for Investigative Dermatology.
  • Development of lentigines in German and Japanese women correlates with variants in the SLC45A2 gene, Andrea Vierkötter, Ursula Krämer, Dorothee Sugiri, Akimichi Morita, Ai Yamamoto, Natsumi Kaneko, Mary Matsui, Jean Krutmann, Journal of Investigative Dermatology, 132,   2012年03月01日
  • 血球貪食症候群を併発した成人still病の1例, 伊藤 秀明, 加藤 裕史, 西尾 栄一, 森田 明理, 伊藤 礼, 坂野 章吾, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 735 - 735,   2012年03月
  • 膿疱性乾癬に対するPUVAバス療法の安全性・有効性に対する検討, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 齋藤 稚代, 金子 夏美, 新谷 洋一, 前田 晃, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 736 - 736,   2012年03月
  • 仙骨部褥瘡より発生したガス壊疽の2例, 大口 亮子, 加藤 裕史, 古橋 卓也, 渡辺 正一, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 736 - 736,   2012年03月
  • 鼻翼部基底細胞癌の術後欠損に対する皮下茎皮弁を用いた再建, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 中村 元樹, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 738 - 739,   2012年03月
  • UVA1照射によって皮膚硬化の改善がみられた斑状強皮症の1例, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 齋藤 稚代, 森田 明理, 浅野 善英, 佐藤 伸一, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 740 - 740,   2012年03月
  • 線状型汗孔角化症の1例, 大口 亮子, 加藤 裕史, 金子 夏美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 742 - 742,   2012年03月
  • ハイドロサイトを使用したAlabama Dressing変法, 中村 元樹, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 742 - 742,   2012年03月
  • Triple Extramammary Paget's diseaseの1例, 伊藤 秀明, 加藤 裕史, 中村 元樹, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 743 - 743,   2012年03月
  • Mustarde's Switch Flapにて再建を行った上眼瞼マイボーム腺癌の1例, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 中村 元樹, 森田 明理, 石原 剛, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 743 - 743,   2012年03月
  • 炎症性線状疣贅状表皮母斑の1例, 伊藤 秀明, 加藤 裕史, 金子 夏美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 744 - 744,   2012年03月
  • 左鼠径部皮下リンパ節腫大にて発見された原発不明扁平上皮癌の1例, 鈴木 収二, 渡辺 正一, 伊藤 えりか, 加藤 裕史, 森田 明理, 中村 元樹, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 745 - 745,   2012年03月
  • 虹彩毛様体炎を合併した尋常性乾癬の1例, 本郷 明子, 加藤 裕史, 伊藤 えりか, 古橋 卓也, 西田 絵美, 金子 夏美, 齋 稚代, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 746 - 746,   2012年03月
  • 多発性脂肪織炎を伴ったSLEの1例, 大口 亮子, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 747 - 747,   2012年03月
  • 環状を呈した巨大基底細胞癌の1例, 鈴木 収二, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 中村 元樹, 古橋 卓也, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 747 - 747,   2012年03月
  • CD30陽性Lymphoproliferative disordersを合併した菌状息肉症の1例, 本郷 明子, 加藤 裕史, 古橋 卓也, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 749 - 749,   2012年03月
  • 血管芽細胞腫(中川)の1例, 吉岡 麻里子, 西尾 栄一, 中村 元樹, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 749 - 749,   2012年03月
  • ナローバンドUVB照射部位に生じた汗孔角化症の1例, 本郷 明子, 加藤 裕史, 古橋 卓也, 伊藤 えりか, 西田 絵美, 齋藤 稚代, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 752 - 752,   2012年03月
  • Cutaneous marginal zone B-cell lymphomaの1例, 大口 亮子, 加藤 裕史, 金子 夏美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 753 - 753,   2012年03月
  • 顔面および頭部皮膚に発生した悪性線維性組織球腫の1例, 鈴木 収二, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 森田 明理, 稲垣 宏, 服部 日出雄, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 753 - 753,   2012年03月
  • 脂腺母斑を母地とし、基底細胞癌と乳頭状汗管嚢胞腺腫を合併した1例, 岩名 沙奈恵, 伊藤 えりか, 中村 元樹, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 758 - 758,   2012年03月
  • 小腸原発が疑われた原発不明悪性黒色腫の1例, 鈴木 収二, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 森田 明理, 服部 日出雄, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 758 - 759,   2012年03月
  • 巨大汗孔角化症の1例, 本郷 明子, 加藤 裕史, 古橋 卓也, 西田 絵美, 齋藤 稚代, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 759 - 759,   2012年03月
  • 片側帯状に多発し内臓悪性腫瘍のデルマドロームが考えられた脂漏性角化症の1例, 岩名 沙奈恵, 渡辺 正一, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 中村 元樹, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 760 - 760,   2012年03月
  • Ashy dermatosisの1例, 村松 伸之介, 加藤 裕史, 山本 あい, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 762 - 762,   2012年03月
  • 尋常性乾癬にリンパ腫様丘疹症を伴なった1例, 本郷 明子, 加藤 裕史, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 763 - 763,   2012年03月
  • 皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫の1例, 村松 伸之介, 西田 絵美, 西尾 栄一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 764 - 764,   2012年03月
  • サイトメガロウイルスによる皮膚潰瘍を合併した菌状息肉症の1例, 岩名 沙奈恵, 加藤 裕史, 伊藤 えりか, 渡辺 正一, 西田 絵美, 古橋 卓也, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (3) 764 - 764,   2012年03月
  • 血球貪食症候群を併発した成人Still病の1例, 伊藤 秀明, 加藤 裕史, 古橋 卓也, 西尾 栄一, 伊藤 礼, 坂野 章吾, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 54, (3) 437 - 441,   2012年03月, 25歳女性。発熱および全身の紅斑を主訴に、精査加療目的で著者らの施設へ入院となった。入院時、前胸部、背部、足背にやや浸潤を触れる紅斑が認められたが、皮膚生検では真皮浅層の付属器周囲に軽度の炎症細胞を認めるのみであった。一方、血液検査では炎症反応の軽度の上昇をはじめ、フェリチンの著明な増加、肝機能障害、LDHの上昇が認められた。以上、これらの所見を踏まえ、骨髄生検の結果、血球貪食像が確認され、本症例は血球貪食症候群を併発した成人Still病と診断された。治療はステロイドパルス療法を行ったところ、速やかに症状の改善が得られた。
  • 仙骨部褥瘡より生じたガス壊疽の2例, 大口 亮子, 加藤 裕史, 古橋 卓也, 渡辺 正一, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 54, (3) 471 - 475,   2012年03月, 症例1(71歳女性)。脊椎カリエスにて下半身不随であった。今回、38℃の発熱にて他院に救急搬送され、仙骨部に異臭と握雪感を伴う潰瘍を指摘、デブリードマンおよび抗生剤投与後、著者らの皮膚科へ紹介となった。来院時、仙骨部に9×7cm大の壊死を伴う褥瘡が認められたほか、著明な炎症所見と脱水、低栄養もみられた。CTならびに培養所見から仙骨部褥瘡より発生した非クロストリジウム性ガス壊疽と診断され、治療としてデブリードマンと骨掻破を行い、あわせて埋入植皮を用いて再建した。その結果、2週間経過で生着は埋入植皮部のみであったが、局所処置にて第147病日目に治癒することができた。症例2(60歳男性)。脊髄障害にて下半身不随であった。今回、以前より存在した仙骨部褥瘡に二次感染を併発し、泌尿器科にて入院中であったが、抗生剤やγグロブリンに反応しないため、著者らの皮膚科へ紹介となった。CTならびに培養所見から仙骨部褥瘡より発生した非クロストリジウム性ガス壊疽と診断され、治療としてデブリードマン、抗生剤の変更、および骨掻破後に大臀筋皮弁を用いて再建した。その結果、第56病日目に概ね治癒した。以上より、褥瘡より発生したガス壊疽においては適切な抗生剤の選択など感染の制御と、また再建においては侵襲の低い治療を考慮すべきと考えられた。
  • A multilayered polyurethane foam technique for skin graft immobilization, Motoki Nakamura, Erika Ito, Hiroshi Kato, Shoichi Watanabe, Akimichi Morita, Dermatologic Surgery, 38,   2012年02月01日, Background Several techniques are applicable for skin graft immobilization. Although the sponge dressing is a popular technique, pressure failure near the center of the graft is a weakness of the technique that can result in engraftment failure. Objective To evaluate the efficacy of a new skin graft immobilization technique using multilayered polyurethane foam in vivo and in vitro. Methods and Materials Twenty-six patients underwent a full-thickness skin graft. Multiple layers of a hydrocellular polyurethane foam dressing were used for skin graft immobilization. In addition, we created an in vitro skin graft model that allowed us to estimate immobilization pressure at the center and edges of skin grafts of various sizes. Results Overall mean graft survival was 88.9%. In the head and neck region (19 patients), mean graft survival was 93.6%. Based on the in vitro outcomes, this technique supplies effective pressure (<30 mmHg) to the center region of the skin graft. Conclusions This multilayered polyurethane foam dressing is simple, safe, and effective for skin graft immobilization. © 2011 by the American Society for Dermatologic Surgery, Inc. Published by Wiley Periodicals, Inc.
  • 乾癬におけるインフリキシマブの使用指針, 鳥居 秀嗣, 大槻 マミ太郎, 照井 正, 森田 明理, 飯塚 一, 中川 秀己, 渡辺 彰, 乾癬におけるインフリキシマブの使用指針作成ワークグループ, 臨床皮膚科, 66, (2) 171 - 175,   2012年02月, インフリキシマブ(レミケード点滴静注用100)は,2010年1月に乾癬(尋常性乾癬,関節症性乾癬,膿疱性乾癬,乾癬性紅皮症)の適応を取得した.これに対し,日本皮膚科学会ではアダリムマブ,ウステキヌマブを加えた生物学的製剤が安全に,かつ適正に使用されることを目的に,生物学的製剤検討委員会にて「乾癬における生物学的製剤の使用指針および安全性対策マニュアル」を作成した.本指針の内容をもとに,国内外で既に得られているインフリキシマブの有効性および安全性プロファイルを追記し,新たに「インフリキシマブの使用指針」としてまとめることで,よりいっそうの適正使用推進につなげていくものとする.(著者抄録)
  • 乾癬におけるアダリムマブの使用指針, 朝比奈 昭彦, 飯塚 一, 小澤 明, 江藤 隆史, 大槻 マミ太郎, 森田 明理, 佐藤 伸一, 中川 秀己, 乾癬におけるアダリムマブの使用指針作成ワークグループ, 臨床皮膚科, 66, (2) 177 - 180,   2012年02月, アダリムマブ(ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8ml)は,その優れた臨床効果が高く評価され,国内外で関節リウマチなどの幅広い疾患に臨床使用され,成果を上げている.尋常性乾癬,関節症性乾癬に対するアダリムマブを含む生物学的製剤の適正使用のため,日本皮膚科学会より「乾癬における生物学的製剤の使用指針及び安全対策マニュアル」が出されている.ここでは,さらなる適正使用を目指すために,特にアダリムマブに関連した事項を確認し,追記を行った.本剤は体重により用量調節をする必要がなく,投与が簡便で,ヒト型抗体であるため,長期の継続治療による効果の減弱をきたしにくい利点がある.しかしながら,使用にあたっては感染症などの重篤な副作用の発現リスクを考慮し,他の全身療法との併用にも特段の注意を払うことが望まれる.(著者抄録)
  • 308nmエキシマライト療法 皮膚疾患への応用, 古橋 卓也, 森田 明理, 日本レーザー医学会誌, 32, (4) 513 - 513,   2012年02月
  • 尋常性乾癬を併発した特発性副甲状腺機能低下症の1症例(A Case of Idiopathic Hypoparathyroidism Associated with Psoriasis Vulgaris), 今枝 憲郎, 木村 了介, 加藤 岳史, 金子 夏美, 森田 明理, 岡山 直司, 城 卓志, Nagoya Medical Journal, 52, (2) 67 - 75,   2012年02月, 症例は31歳の日本人男性で、尋常性乾癬を併発した特発性副甲状腺機能低下症のため入院した。入院の直後に重度低カルシウム血症を呈し、呼吸困難が生じた。低カルシウム血症にも拘わらず、副甲状腺ホルモン(PTH)濃度は正常範囲の下限に留まっていた。Ellsworth-Howard試験ではPTHに対する腎臓の反応は正常であった。これらの結果を考慮し、特発性副甲状腺機能低下症と診断された。1α-(OH)-ビタミンD3および乳酸カルシウム経口投与により治療したところ、血清カルシウム濃度とリン濃度が正常範囲に維持された。感音難聴と腎臓の異常も認められたため、HDR(副甲状腺機能低下症、難聴、腎異形成)症候群が疑われた。
  • 中部山岳国立公園内に開設14年目を迎えた山岳医療の現状, 加藤 彰寿, 石田 恵章, 真鍋 良彦, 浅井 清文, 渡辺 周一, 坪井 謙, 岡嶋 一樹, 寺島 良幸, 伊藤 直, 酒々井 真澄, 青木 康博, 勝屋 弘忠, 森山 昭彦, 間渕 則文, 菊池 篤志, 中川 隆, 伊藤 友弥, 早川 純午, 榊原 嘉彦, 小山 勝志, 鈴木 智貴, 服部 麗, 吉田 悟, 下方 征, 美浦 利幸, 吉野 昌孝, 矢崎 蓉子, 西村 恭子, 湊 京子, 河辺 眞由美, 黒野 智恵子, 森田 明理, 三浦 裕, 蝶ヶ岳ボランティア診療班, Nagoya Medical Journal, 52, (2) 166 - 167,   2012年02月
  • 【アトピー性皮膚炎-2012】 アトピー性皮膚炎に対するNB-UVB療法, 澤田 啓生, 森田 明理, 皮膚病診療, 34, (1) 69 - 72,   2012年01月, <症例のポイント>・アトピー性皮膚炎(以下、AD)の治療はスキンケアなどの生活指導とステロイド外用薬やタクロリムス軟膏、保湿薬などを用いた外用療法が一般的に行われ、ほとんどの症例で有効である。・成人型ADの中には一般的な外用療法だけではコントロールが困難であり、治療に難渋する症例もしばしば経験する。・今回、外用治療のみでコントロール不良なAD患者に対してnarrow-band UVB(以下、NB-UVB)療法を併用し良好な結果を得た。・海外、本邦からも有効性に関して報告されているが、照射プロトコールは確立されておらず、より広く一般に行いやすい照射プロトコールの確立やどういった症例、皮疹に効果があるかを今後も検討していく必要がある。(著者抄録)
  • 左鼠径皮下リンパ節腫大にて発見された原発不明扁平上皮癌の1例, 鈴木 収二, 渡辺 正一, 中村 元樹, 伊藤 えりか, 加藤 裕史, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 54, (1) 143 - 146,   2012年01月, 症例は76歳男性で、左鼠径部リンパ節腫脹を主訴とした。数週間前に左鼠径部の高分化型扁平上皮癌に対し摘出術を受けていた。初診時、手術創周囲の皮下に硬節を触れ、FDG-PETやCTで同部に辺縁不整な結節を認めた。全身検索にも関わらず原発巣が不明であった為、原発不明扁平上皮癌の左鼠径リンパ節転移と術前診断し、左鼠径リンパ節を郭清した。手術はFDG-PETやCTで確認された皮下結節を含めて切除するようなデザインとし、鼠径靱帯、縫工筋、長内転筋で囲まれた大腿三角内で大腿筋膜上の浅鼠径リンパ節群を一塊として切除し、閉創した。病理診断は術前診断と同じ扁平上皮癌の鼠径リンパ節転移であった。術後、摘出リンパ節内に扁平上皮癌が残存していた為、放射線療法を施行した。経過は良好で、術後1年5ヵ月の現在、再発は認めなかった。
  • 尋常性白斑診療ガイドライン, 鈴木 民夫, 金田 眞理, 種村 篤, 谷岡 未樹, 藤本 智子, 深井 和吉, 大磯 直毅, 川上 民裕, 塚本 克彦, 山口 裕史, 佐野 栄紀, 三橋 善比古, 錦織 千佳子, 森田 明理, 中川 秀己, 溝口 昌子, 片山 一朗, 日本皮膚科学会雑誌, 122, (7) 1725 - 1740,   2012年
  • 光線療法と外科治療を応用した白斑治療, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (13) 2912 - 2914,   2011年12月15日
  • Efficacy of 1-mm minigrafts in treating vitiligo depends on patient age, disease site and vitiligo subtype, Hiroshi Kato, Takuya Furuhashi, Erika Ito, Natsumi Kaneko, Motoki Nakamura, Shoichi Watanabe, Yoichi Shintani, Akira Maeda, Yuji Yamaguchi, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 38,   2011年12月01日, Vitiligo vulgaris is a refractory skin disease. Treatment modalities include topical steroids, phototherapy, suction blister roof grafts and cellular grafting techniques. Adverse effects may occur, however, and some cases remain unresponsive to treatment. To evaluate the efficacy of small (1-mm) punch minigraft therapy in relation to patient age, disease site, disease duration and vitiligo subtype. We used a recently developed disposable 1.0-mm punch apparatus to perform minigraft therapy in 20 patients with either generalized (n = 4), segmental (n = 9) or limited (n = 7) vitiligo, and evaluated the area and rate of repigmentation in relation to patient age, disease site, disease duration and vitiligo subtype. The area of repigmentation was significantly greater in patients with segmental vitiligo (n = 9) than in those with generalized vitiligo (n = 4). Repigmentation covered a broader area and occurred more quickly in patients under 15 years of age than in those over 20 years of age (n = 9). Disease duration did not affect the repigmentation rate. The results of the present study suggest that 1-mm minigrafts are effective for treating patients with vitiligo. Better results occurred in patients under 15 years of age, patients with facial grafts, and patients with segmental and limited subtypes. © 2011 Japanese Dermatological Association.
  • 【有棘細胞癌のすべて】 (Part1)SCCの前駆症状 (case 08)長期の外用PUVA療法, 渡辺 正一, 森田 明理, Visual Dermatology, 11, (1) 32 - 33,   2011年12月
  • 光線療法の上手な応用 光線療法と外科治療を応用した白斑治療, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (13) 2912 - 2914,   2011年12月
  • アバンドが仙骨部難治性褥瘡の改善に有効であった1例, 伊藤 明美, 小澤 元美, 中尾 敦子, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 森田 明理, 嘉村 由美子, 太田 美穂, 祖父江 和哉, 静脈経腸栄養, 26, (6) 1439 - 1439,   2011年11月
  • 【皮膚科処置法の実際】 光線療法, 森田 明理, 古橋 卓也, 皮膚病診療, 33, (Suppl.) 38 - 45,   2011年11月
  • 難聴が初発症状であった再発性多発軟骨炎の1例, 青山 正子, 森田 明理, 伊藤 礼, 上田 龍三, 皮膚科の臨床, 53, (12) 1791 - 1794,   2011年11月, 症例は73歳女性で、両耳介および鼻根部の発赤・腫脹・疼痛、両側難聴、めまいを主訴とした。皮膚生検で軟骨周囲にリンパ球を主体とした炎症細胞浸潤と軟骨基質の好塩基性の低下を認めた。再発性多発軟骨炎と診断し、プレドニゾロン60mgの投与を開始した。両耳介および鼻根部の症状は改善したが、両側難聴とめまいは改善しなかった。プレドニゾロンは2週間ずつ漸減し、17.5mgまで減量したが、両耳介および鼻根部の症状は再燃せず、両側難聴とめまいは改善しなかった。
  • 症例 難聴が初発症状であった再発性多発軟骨炎の1例, 青山 正子, 森田 明理, 伊藤 礼, 皮膚科の臨床, 53, (12) 1791 - 1794,   2011年11月
  • Safety and efficacy of a fixed-dose cyclosporin microemulsion (100 mg) for the treatment of psoriasis, Yoichi Shintani, Natumi Kaneko, Takuya Furuhashi, Chiyo Saito, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 38,   2011年10月01日, Cyclosporin is a second-line modality for the treatment of psoriasis. The long-term efficacy of cyclosporin and potential adverse side-effects, however, are a concern to patients. Therefore, a cyclosporin microemulsion (Neoral), which is steadily absorbed at an ultra-low dosage (1-2 mg/kg per day) or low dosage (2-3 mg/kg per day), is currently recommended. The dose must be calculated based on patient bodyweight and the blood concentration monitored regularly, which is time-consuming. Furthermore, the concentration is related to the safety profile, but not to efficacy. We examined whether a fixed-dose cyclosporin microemulsion (100 mg/day) is effective for treating psoriasis. Enrolled patients (n = 40) were given either 100 mg cyclosporin emulsion once daily (group A) or 50 mg twice daily (group B), regardless of patient weight and condition, before meals in a randomized controlled study. Patient bodyweight ranged 50-80 kg. We assessed the serum cyclosporin concentration 1 h after administrating the medicine (C1 score), Psoriasis Area and Severity Index (PASI) score, quality of life, and the results of regular blood examinations. The improvement rate was 69.4 ± 4.8% in group A and 73.4 ± 4.3% in group B. PASI-50 was achieved by 82% in group A and 84% in group B. At 6 weeks, the number of patients with PASI-50 was significantly higher in group A than in group B. PASI-75 and -90 were also achieved in both groups with no significant difference between groups. Administration of a fixed-dose cyclosporin microemulsion (100 mg/day) is practical for second-line psoriasis treatment. © 2011 Japanese Dermatological Association.
  • Successful treatment of psoriasis vulgaris with targeted narrow-band ultraviolet B therapy using a new flat-type fluorescent lamp, Emi Nishida, Takuya Furuhashi, Hiroshi Kato, Natsumi Kaneko, Yoichi Shintani, Akimichi Morita, Photodermatology Photoimmunology and Photomedicine, 27,   2011年10月01日, Narrow-band ultraviolet B (NB-UVB) therapy is widely used for refractory skin diseases. Targeted phototherapy is now being used to reduce the number of sessions and to avoid exposing normal skin. We developed a targeted NB-UVB therapy using a flat-type lamp emitting a wavelength similar to that of the TL-01 fluorescent lamp. Six Japanese patients with psoriasis were recruited and treated with the flat-type NB-UVB device with an initial dose of 70% of the minimal erythema dose, with a 20% increase at each subsequent session. The plaque severity score was determined. All lesions of the tested patients were responsive to NB-UVB therapy using the flat-type lamp. The mean percent reduction of the lesion was 58.3 ± 17.7%. The mean cumulative dose was 20.8 ± 10.8J/cm 2. No side effects were observed during treatment. The flat-type targeted NB-UVB device is compact and convenient, and highly effective for the treatment of limited psoriasis lesions. © 2011 John Wiley & Sons A/S.
  • 【爪疾患のすべて】 爪疾患のダーモスコピー, 新谷 洋一, 森田 明理, Derma., (184) 53 - 59,   2011年10月, 近年、テレビや新聞などの影響により、手足の悪性黒色腫や爪甲の色素性病変を主訴に受診される患者が増加している。爪甲にできる色素性病変では、進行例の悪性黒色腫を除き、早期悪性黒色腫と、爪部色素性母斑による爪甲色素線条との鑑別が困難な場合が多い。これらの鑑別にもダーモスコピーは有効なツールである。良性の色素線条の場合、びまん性の茶色色素斑の中に薄茶〜濃褐色の細い色素線条が配列し、濃淡差が少なく境界が明瞭、そして各線条の太さ・間隔が比較的規則的である。一方悪性黒色腫では、全体に濃褐色で濃淡差のある茶色〜黒色の色素線条で構成され、全体的に一つ一つの線条は太く、境界が不明瞭、線条の太さや色調が途中で変化したり、途切れたりする。本稿では、爪甲色素性疾患を含めた爪甲病変のダーモスコピー所見につき実際の症例を提示し述べる。(著者抄録)
  • GIST(Gastrointestinal stromal tumor)に対する糖鎖連結クロリンを用いた新規光線力学的治療法(Photodynamic Therapy)の検討, 田中 守, 片岡 洋望, 赤司 治夫, 矢野 重信, 森田 明理, 城 卓志, 日本レーザー医学会誌, 32, (3) 338 - 338,   2011年10月
  • Efficacy of excimer light therapy (308nm) for palmoplantar pustulosis with the induction of circulating regulatory T cells, Takuya Furuhashi, Kan Torii, Hiroshi Kato, Emi Nishida, Chiyo Saito, Akimichi Morita, Experimental Dermatology, 20,   2011年09月01日, In this open-label study, we investigated the efficacy of excimer light (308nm) with a filter to cut off wavelengths below 297nm for the treatment of palmoplantar pustulosis (PPP). Twenty patients with PPP were recruited and treated once a week for a total of 30 sessions. Patient response was assessed every 10 sessions based on the Palmoplantar Pustulosis Area and Severity Index (PPPASI) score. Levels of Th17 cells and regulatory T cells (Treg) in the peripheral blood in patients with PPP were also evaluated. Mean PPPASI score was 19.5 at baseline, 13.2 at 10 treatments, 10.9 at 20 treatments and 9.5 at 30 treatments. Th17 levels after excimer therapy were not significantly different from those at baseline. In contrast, Treg levels after excimer therapy were significantly higher than those at baseline. © 2011 John Wiley & Sons A/S.
  • Increased peripheral Th17 in patients with pustulosis palmaris et plantaris, Kan Torii, Takuya Furuhashi, Chiyo Saito, Hiroshi Kato, Akiko Nishioka, Emi Nishida, Yoichi Shintani, Akimichi Morita, Archives of Dermatological Research, 303,   2011年08月01日, Pustulosis palmaris et plantaris (PPP) is a chronic recurrent dermatitis characterized by intraepidermal pustules with erythematous scaling on the palms and soles. PPP shares many characteristics with psoriasis, but has a different genetic background. T helper 17 cells (Th17) have an important role in the pathogenesis of psoriasis. In psoriasis, regulatory T cells (Treg) are dysfunctional and circulating Th17 are increased. Whether Th17 are involved in PPP, however, is unclear. Therefore, we examined the Th17 population in peripheral blood mononuclear cells (PBMC) of patients with PPP. Foxp3 + Treg was also analyzed. We examined circulating Th17 and Treg in the peripheral blood of PPP patients. PBMC were obtained from healthy volunteer controls (n = 26, mean ± SD age 33.11 ± 9.80 years) and PPP patients (n = 24, age 55.00 ± 12.26 years). The proportion of Th17 among the PBMC was 2.52 ± 0.811% (mean ± SD) in healthy controls and 3.23 ± 1.45% in PPP patients. The proportion of Th17 in the PPP patients was significantly higher than that in the healthy controls (p < 0.05, Student's t test). PPP patients had significantly fewer Treg (5.69 ± 1.86%) than healthy controls (7.10 ± 1.78%). Th17 was inversely correlated with Treg. © 2011 Springer-Verlag.
  • 10.4 生体・医療への光放射の応用(1)皮膚(第10章 光放射の応用), 森田 明理, 照明学会誌, 95, (8) 562 - 563,   2011年08月01日
  • 内服終了翌日に発症したセレコキシブ(セレコックス)による多形紅斑型薬疹の1例, 西尾 栄一, 金子 夏美, 大口 亮子, 森田 明理, 臨床皮膚科, 65, (9) 668 - 671,   2011年08月, 66歳,女性.右2指の関節炎に対してセレコキシブ,テプレノンを内服していた.これらの内服終了翌日,市販薬の内服後に体幹,四肢などに紅斑が出現し拡大してきたため発症3日後に当科を初診した.当初ウイルス感染による多形滲出性紅斑,市販薬による薬疹などを考えた.プレドニゾロン,塩酸オロパタジンの内服と吉草酸ジフルコルトロンの外用にて1週間程度で紅斑は消退した.その後関節痛が再発し,自己判断にてセレコキシブとテプレノンを内服したところ,数時間後に背部,臀部,上肢などの紅斑と口唇の浮腫が出現した.初診時と同様の治療にて10日程度で紅斑は消退した.パッチテストではセレコキシブで陽性,テプレノンは陰性,DLSTはセレコキシブ,テプレノンとも陰性であった.セレコキシブによる薬疹の本邦報告は自験例を含めてこれまでに11例あり,これらにつき文献的考察を加えた.(著者抄録)
  • 名古屋市立大学病院外来におけるPUVAバス療法, 清水 愛, 齋藤 稚代, 前田 晃, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1886 - 1886,   2011年08月
  • 強直性脊椎炎を合併し、血管炎症候群を疑われたBuerger病の1例, 古橋 卓也, 竹内 藍子, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 新谷 洋一, 森田 明理, 前田 智代, 坂野 章吾, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1887 - 1887,   2011年08月
  • 顆粒細胞腫の1例, 堀尾 愛, 加藤 裕史, 竹内 藍子, 渡辺 正一, 森田 明理, 稲垣 宏, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1887 - 1887,   2011年08月
  • 石灰化上皮腫を伴った表皮嚢腫の1例, 伊藤 えりか, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1887 - 1887,   2011年08月
  • Microcystic adnexal carcinomaの1例, 吉田 美沙子, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 高橋 智, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1888 - 1888,   2011年08月
  • 悪性リンパ腫の診断につながったSister Mary Joseph Nodule's noduleの1例, 島 理恵子, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 小島 令子, 苅谷 清徳, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1888 - 1888,   2011年08月
  • PET-CTで骨転移が発見された乳房外Paget病の1例, 日下部 有希子, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1889 - 1889,   2011年08月
  • 右前腕に発症したMycobacterium marinum感染症の1例, 日下部 有希子, 新谷 洋一, 大島 理恵子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1889 - 1889,   2011年08月
  • 関節症性乾癬に続発した、全身性アミロイドーシスの1例, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1890 - 1890,   2011年08月
  • 平滑筋母斑の1例, 吉田 美沙子, 竹内 藍子, 渡辺 正一, 森田 明理, 青山 正子, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1891 - 1891,   2011年08月
  • 神経鞘腫の2例, 堀尾 愛, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1891 - 1891,   2011年08月
  • 下眼瞼悪性腫瘍に対する皮膚外科的再建, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 伊藤 えりか, 山口 裕史, 森田 明理, 石原 剛, 尹 浩信, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1892 - 1893,   2011年08月
  • 感染性心内膜炎に合併したアナフィラクトイド紫斑の1例, 清水 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1894 - 1894,   2011年08月
  • 吸引水疱蓋移植により治癒したうっ滞性皮膚炎による難治性下腿潰瘍, 伊藤 えりか, 加藤 裕史, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1894 - 1894,   2011年08月
  • ウィルスの再活性化と肝機能障害からST合剤による薬剤過敏性症候群と診断した1例, 堀尾 愛, 加藤 裕史, 榊原 代幸, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1896 - 1896,   2011年08月
  • SLEに合併したpyoderma vegetansの1例, 吉田 美沙子, 金子 夏美, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 磯村 巌, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1897 - 1897,   2011年08月
  • Generalized granuloma annulareの1例, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 前田 晃, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1898 - 1898,   2011年08月
  • セレン欠乏により生じた爪および毛髪の異常, 伊藤 えりか, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1898 - 1898,   2011年08月
  • 尋常性白斑に対する1mmミニグラフト療法の20例, 加藤 裕史, 伊藤 えりか, 前田 晃, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1898 - 1898,   2011年08月
  • DLEに合併したサルコイドーシスの1例, 吉田 美沙子, 加藤 裕史, 金子 夏美, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1900 - 1900,   2011年08月
  • 尋常性乾癬と尋常性白斑を合併した1例, 日下部 有希子, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1900 - 1900,   2011年08月
  • エキシマライト(308nm)が奏効した掌蹠膿疱症の1例, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 齋藤 稚代, 前田 晃, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1900 - 1900,   2011年08月
  • Calcifiying aponeurotic fibromaの1例, 伊藤 えりか, 加藤 裕史, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1901 - 1901,   2011年08月
  • Darier病に多発粉瘤を併発し、粉瘤壁に一部Darier病を疑わせる所見が得られた1例, 堀尾 愛, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1903 - 1903,   2011年08月
  • BCG接種後に生じた肉芽腫性リンパ節炎の1例, 大口 亮子, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1904 - 1904,   2011年08月
  • 菌状息肉症に対しエキシマライト療法を行った3例, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 日下部 有紀子, 吉田 美沙子, 齋藤 稚代, 金子 夏美, 新谷 洋一, 前田 晃, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1905 - 1905,   2011年08月
  • 母斑細胞母斑より発症したと考えられた悪性黒色腫の1例, 加藤 裕史, 小林 悦子, 中村 元樹, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1905 - 1905,   2011年08月
  • 後天性表皮水疱症の1例, 日下部 有希子, 西尾 栄一, 森田 明理, 橋本 隆, 福田 俊平, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1907 - 1907,   2011年08月
  • マダニ咬傷の2例, 大口 亮子, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 澤田 啓生, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1908 - 1908,   2011年08月
  • 皮膚T細胞リンパ腫にサルコイドーシスを合併した1例, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 吉田 美沙子, 渡辺 正一, 前田 晃, 森田 明理, 小松 弘和, 岡山 直司, 一柳 亞季, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1908 - 1908,   2011年08月
  • 外陰部硬化性萎縮性苔癬に生じた有棘細胞癌の1例, 伊藤 秀明, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1909 - 1909,   2011年08月
  • 外耳道皮膚悪性腫瘍の3例, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 渡邊 暢浩, 村上 信五, 増口 信一, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (9) 1910 - 1910,   2011年08月
  • 第26回[日本臨床皮膚科医会]総会・臨床学術大会後抄録 乾癬の新しい治療--抗TNFα療法がもたらすインパクト, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 28, (4) 474 - 476,   2011年07月15日
  • 第27回[日本臨床皮膚科医会]総会・臨床学術大会後抄録 光線治療の基礎と注意点--ターゲット型光線療法を中心に, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 28, (4) 477 - 479,   2011年07月15日
  • TNFα阻害薬の可能性 関節症性乾癬の病態と診断、そして治療 ヒュミラによる効果と期待, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 5, (3) 227 - 227,   2011年07月
  • 紫外線治療の現状と今後 次世代光線治療器の将来を語る, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 5, (3) 245 - 245,   2011年07月
  • PUVAバスとナローバンドUVBは、乾癬患者の末梢血Tregを増加し、Th17を減少させる, 古橋 卓也, 齋藤 稚代, 鳥居 寛, 西田 絵美, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 5, (3) 286 - 286,   2011年07月
  • クリアミンにより水疱を形成した固定薬疹の一例, 西田 絵美, 本郷 明子, 伊藤 えりか, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 5, (3) 312 - 312,   2011年07月
  • 【水疱症】 大量免疫グロブリンの反復投与が有効であった増殖性天疱瘡の1例, 伊藤 えりか, 金子 夏美, 森田 明理, 鶴田 大輔, 皮膚科の臨床, 53, (7) 963 - 966,   2011年07月, 59歳女。口腔内びらんを生じ、顔面や体幹にも弛緩性水疱が多発した。ステロイド内服などを行ったが寛解・増悪を繰り返し、皮膚生検、蛍光抗体直接法、ELISA法、免疫ブロット法の結果より増殖性天疱瘡Neumann typeと診断された。ステロイドパルス、シクロホスファミドパルスに加えて血漿交換、ミゾリビン点滴を行い軽快したが、その後再発してエンドキサンパルスを4回施行した。以後はプレドニゾロン(PSL)22.5mgとミゾリビン150mgの内服で病勢は落ち着いていたが、右腰部に帯状疱疹が出現し、加療後に帯状疱疹痕の難治性びらん、浸軟した組織と頭部の乳頭状増殖病変を生じた。抗デスモグレイン1および3抗体の上昇を認め、増殖性天疱瘡の増悪と診断し、乾燥ポリエチレングリコール処理ヒト免疫グロブリン400mg/kg/日を5日間投与し、PSLを30mgまで増量した。抗体価の低下に続いて皮疹改善を認め、免疫グロブリン投与は計4セット行い、PSLは減量可能となった。
  • 慢性円板状エリテマトーデス、Sjoegren症候群に合併したサルコイドーシスの1例, 吉田 美沙子, 加藤 裕史, 金子 夏美, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 53, (7) 1025 - 1029,   2011年07月, 60歳女。左頬部にそう痒感を伴う紅斑が出現し、次第に拡大して落屑を伴った環状の紅斑を生じた。検査所見、病理組織像より円板状エリテマトーデス(DLE)と診断し、更に関節痛、口渇などの症状とSchirmer試験、耳下腺造影、口唇生検の結果よりSjoegren症候群(SjS)の合併と診断した。遮光の指導とステロイド外用、ニコチン酸トコフェロール内服でDLEの皮疹は縮小したが、両前腕に皮下腫瘤が出現し、右眼の虹彩炎治療後の悪化時にサルコイド様の結節を指摘された。右前腕に径2.5×3.5cm、左前腕に径1.5cmの境界明瞭な弾性硬の皮下腫瘤があり、病理組織所見では腫瘤内部に非乾酪性肉芽腫の集簇を認めた。血液生化学検査所見、画像検査での両側肺門部リンパ節腫脹よりDLE、SjSに合併した皮下型サルコイドーシスと診断した。その後、顔面のDLEの皮疹は消失し、眼症状は点眼治療継続で軽快した。また、皮下結節は自然消退し、腫脹リンパ節は拡大を認めず経過観察中である。
  • 日本皮膚科学会マニュアル 乾癬における生物学的製剤の使用指針および安全対策マニュアル(2011年版), 大槻 マミ太郎, 照井 正, 小澤 明, 森田 明理, 佐野 栄紀, 高橋 英俊, 小宮根 真弓, 江藤 隆史, 鳥居 秀嗣, 朝比奈 昭彦, 根本 治, 中川 秀己, 日本皮膚科学会生物学的製剤検討委員会, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (8) 1561 - 1572,   2011年07月
  • 【症例から学ぶターゲット型光線療法-エキシマライト療法】 総論 ターゲット型光線療法 エキシマライト療法はなぜ必要か?, 森田 明理, Visual Dermatology, 10, (8) 786 - 789,   2011年07月
  • 【症例から学ぶターゲット型光線療法-エキシマライト療法】 (Part1)白斑 (case 04)1mmミニグラフト療法とエキシマライト療法との併用効果, 加藤 裕史, 森田 明理, Visual Dermatology, 10, (8) 802 - 803,   2011年07月
  • 【症例から学ぶターゲット型光線療法-エキシマライト療法】 (Part2)乾癬・掌蹠膿疱症 (case 11)乾癬難治部位に対するエキシマライト療法, 古橋 卓也, 森田 明理, Visual Dermatology, 10, (8) 822 - 823,   2011年07月
  • 【症例から学ぶターゲット型光線療法-エキシマライト療法】 (Part3)脱毛症 (case 19)妊娠中エキシマライト療法にて発毛をみた円形脱毛症, 金子 夏美, 森田 明理, Visual Dermatology, 10, (8) 842 - 843,   2011年07月
  • 乾癬の新しい治療 抗TNFα療法がもたらすインパクト, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 28, (4) 474 - 476,   2011年07月
  • 光線治療の基礎と注意点 ターゲット型光線療法を中心に, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 28, (4) 477 - 479,   2011年07月
  • 大量免疫グロブリンの反復投与が有効であった増殖性天疱瘡の1例 (特集 水疱症), 伊藤 えりか, 金子 夏美, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 53, (7) 963 - 966,   2011年07月
  • Lack of promoting effect of titanium dioxide particles on ultraviolet B-initiated skin carcinogenesis in rats, Jiegou Xu, Jiegou Xu, Yoko Sagawa, Mitsuru Futakuchi, Katsumi Fukamachi, David B. Alexander, David B. Alexander, Fumio Furukawa, Yoshiaki Ikarashi, Tadashi Uchino, Tetsuji Nishimura, Akimichi Morita, Masumi Suzui, Hiroyuki Tsuda, Food and Chemical Toxicology, 49,   2011年06月01日, Titanium dioxide (TiO2) is used in sunscreens and cosmetics as an ultraviolet light screen. TiO2 has carcinogenic activity in the rat lung, but its effect on the skin has not been reported. We examined the promoting/carcinogenic effect of nano-size TiO2 particles using a two-stage skin model. c-Ha-ras proto-oncogene transgenic (Hras128) rats, which are sensitive to skin carcinogenesis, and their wild-type siblings were exposed to ultraviolet B radiation on shaved back skin twice weekly for 10weeks; then the shaved area was painted with a 100mg/ml TiO2 suspension twice weekly until sacrifice. All rats were killed at week 52 except for female Hras128 rats which were sacrificed at week 16 because of early mammary tumor development. Skin tumors developed in male Hras128 rats and mammary tumors developed in both sexes of Hras128 rats and in wild-type female rats, but tumor incidence was not different from controls. TiO2 particles were detected in the upper stratum corneum but not in the underlying skin tissue layers. TiO2 particles also did not penetrate a human epidermis model in vitro. Our data suggest that TiO2 does not cause skin carcinogenesis, probably due to its inability to penetrate through the epidermis and reach underlying skin structures. © 2011 Elsevier Ltd.
  • Phototherapy reduces serum resistin levels in psoriasis patients, Kana Kawashima, Kan Torii, Kan Torii, Takuya Furuhashi, Chiyo Saito, Eiichi Nishio, Emi Nishida, Yoichi Shintani, Akimichi Morita, Photodermatology Photoimmunology and Photomedicine, 27,   2011年06月01日, This study investigated phototherapy-induced changes in certain adipokine levels in patients with psoriasis. Patients with psoriasis (n=36) were recruited and body mass index (BMI) and disease severity (Psoriasis Area and Severity Index) were recorded. Serum resistin and leptin levels before and after bath-psoralen and ultraviolet (UV) A or narrow-band UVB therapy were examined by enzyme-linked immunosorbent assay. Serum leptin levels correlated positively with BMI. Phototherapy induced no remarkable change in the leptin levels, but significantly decreased serum resistin levels from 9.02±8.83 to 4.86±3.30ng/ml. Serum resistin levels might be involved in insulin resistance and inflammation, and correlate with disease severity in patients with psoriasis. The reduction in serum resistin induced by phototherapy might be related to the clinical efficacy of this treatment for psoriasis. © 2011 John Wiley & Sons A/S.
  • 【下腿の潰瘍(2)】 臨床例 吸引水疱蓋移植により治癒したうっ滞性皮膚炎を伴った難治性皮膚潰瘍, 伊藤 えりか, 加藤 裕史, 山口 裕史, 森田 明理, 皮膚病診療, 33, (6) 581 - 584,   2011年06月, <症例のポイント>・うっ滞性皮膚炎に伴った難治性皮膚潰瘍を経験した。・うっ滞性皮膚炎では静脈うっ滞に対する原治療が必要となる。しかし、下腿潰瘍を発症した場合は、静脈うっ滞に対する治療に合わせて潰瘍治療が必要となる。・自験例では吸引水疱蓋移植にて上皮化を得た。この方法では植皮片が薄いため生着率が高く、繰り返し同部位から採皮できるという利点がある。(著者抄録)
  • 【下腿の潰瘍(2)】 臨床例 強直性脊椎炎を合併し、血管炎症候群を疑われたBuerger病, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 森田 明理, 坂野 章吾, 皮膚病診療, 33, (6) 593 - 596,   2011年06月, <症例のポイント>・Buerger病は発症が比較的若年であり、下肢の激しい疼痛・しびれを生じることから、QOLを著しく低下させる疾患である。・強直性脊椎炎が先行し、臨床症状、血液検査所見から血管炎症候群として治療、一定の効果は認めるものの、下肢末梢に皮膚潰瘍が出現。病理組織学的所見にて、Buerger病と診断した。・Buerger病は一般的に閉塞性動脈硬化症(以下、ASO)と鑑別を有することが多いが、今回はとくに結節性多発動脈炎との鑑別を有し、皮膚病理組織学的所見が有用であった。(著者抄録)
  • 【皮膚疾患の診断と治療、最近のトピックス】 ダーモスコピーから分かる皮膚悪性腫瘍の発生と診断, 中村 元樹, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 現代医学, 59, (1) 33 - 40,   2011年06月
  • 光線性扁平苔癬の1例, 松木 真吾, 出来尾 格, 古村 南夫, 森田 栄伸, 森田 明理, 西日本皮膚科, 73, (3) 323 - 323,   2011年06月
  • セツキシマブ/パニツムマブによる皮膚障害対策マニュアルの検討, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 森田 明理, 吉田 達哉, 小松 弘和, 近藤 勝弘, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 27回,   2011年06月
  • 上口唇に生じたmucoepidermoid carcinomaの一例, 中村 元樹, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 27回,   2011年06月
  • 菌状息肉症に対するエキシマライト療法, 加藤 裕史, 古橋 卓也, 中村 元樹, 西田 絵美, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 27回,   2011年06月
  • Mohs軟膏によりQOLの改善を認めた巨大陰部パジェット病の1例, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 伊藤 えりか, 森田 明理, 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 16回,   2011年06月
  • Association between sun-exposure, smoking behaviour and plasma antioxidant levels with the different manifestation of skin ageing signs between Japanese and German women-A pilot study, Dany Perner, Andrea Vierkötter, Dorothee Sugiri, Mary Matsui, Ulrich Ranft, Charlotte Esser, Stephane Ethève, Regina Goralczyk, Natsumi Kaneko, Ai Yamamoto, Akimichi Morita, Jean Krutmann, Ursula Krämer, Journal of Dermatological Science, 62,   2011年05月01日
  • Inhibition of T cell activation through down-regulation of TCR-CD3 expression mediated by an anti-CD90 Ab, Emi Nishida, Emi Nishida, Chen Chen, Akimichi Morita, Jun Shimizu, Immunology Letters, 136,   2011年05月01日, We are trying to develop new Abs that can manipulate CD4 T cell responses and are usable as immunosuppressive agents. To this end, we performed functional screening, in which we examined the effect of an Ab on the proliferation of mouse CD4 T cells upon activation. The Ab, LP5, inhibited the activation of CD4 T cells stimulated with an anti-CD3 Ab or peptide antigen. The Ab alone had no stimulatory effect on CD4 T cells. Biochemical experiments demonstrated that LP5 recognized the Thy-1 (CD90) molecule. Interestingly, the treatment of CD4 T cells with LP5 in vitro induced a temporary down-regulation of CD3 expression at the cell surface. TCR molecules were also affected. Other anti-CD90 Abs not inhibitory to CD4 T cell activation failed to induce a reduction in CD3. Experiments in vitro revealed that the down-regulation caused by LP5 is due to an accelerated endocytosis of cell surface CD3. In addition, it was shown that CD3 down-regulation before or in the early stages of T cell activation is critical for the induction of hyporesponsiveness. Experiments in vivo showed that pre-treatment of CD4 T cells with LP5 inhibited the rejection of semi-allogeneic bone marrow transplants. Based on these observations, we propose that CD3 down-regulation without any stimulatory activity against T cells could be one approach to inhibiting T cell activation, and CD90 would be an appropriate target. © 2011 Elsevier B.V.
  • 生物学的製剤で目指すべき新しい尋常性乾癬の治療目標, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (6) 1104 - 1104,   2011年05月
  • Tobacco smoke is related to Th17 generation with clinical implications for psoriasis patients, Kan Torii, Chiyo Saito, Takuya Furuhashi, Akiko Nishioka, Yoichi Shintani, Kana Kawashima, Hiroshi Kato, Akimichi Morita, Experimental Dermatology, 20,   2011年04月01日, Environmental factors contribute to the increased prevalence of autoimmune diseases via T helper type-17 cell (Th17) activation. Tobacco smoking increases the risk of psoriasis, but the mechanisms are not clear. We evaluated the percentage of circulating Th17 among CD3 + cells in peripheral blood mononuclear cells (PBMC) obtained from 27 healthy volunteers (2.58±0.80%), 33 smoker (3.55±1.33%) and 21 non-smoker (3.10±1.14%) patients with psoriasis to elucidate the relation between smoking and psoriasis. More smokers (19/33) than non-smokers (6/21) had high Th17 levels (Th17/CD3>3.38%, mean+1SD of healthy volunteers). Tobacco smoke extract (TSE, 7μl/ml) induced Th17 generation from central memory T cells in vitro. TSE increased interleukin 17 and 22 expression. These findings demonstrate the relation between tobacco smoke and IL-17 and IL-22, which exacerbate psoriasis. © 2011 John Wiley & Sons A/S.
  • 免疫病態からみた乾癬治療の考え方, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (5) 887 - 888,   2011年04月
  • 菌状息肉症患者に合併したPseudolymphomatous folliculitis, 伊藤 えりか, 加藤 裕史, 金子 夏美, 澤田 啓生, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (5) 910 - 910,   2011年04月
  • 重症虚血肢に対する治療戦略, 加藤 裕史, 伊藤 えりか, 中村 元樹, 渡辺 正一, 森田 明理, 藤田 浩志, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (5) 914 - 914,   2011年04月
  • 【光線過敏症 最新の研究から遮光対策まで】 (Part3)光線過敏症カンファレンス 鉄剤を含む健康食品摂取を契機に骨髄性プロトポルフィリン症が疑われた1例, 西田 絵美, 森田 明理, Visual Dermatology, 10, (5) 480 - 481,   2011年04月
  • 白斑の治療最新情報 光線治療の基礎と注意点, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 28, (3) 367 - 367,   2011年04月
  • Anticancer effects of novel photodynamic therapy with glycoconjugated chlorin for gastric and colon cancer, Mamoru Tanaka, Hiromi Kataoka, Motoshi Mabuchi, Shiho Sakuma, Satoru Takahashi, Ryoto Tujii, Haruo Akashi, Hiromi Ohi, Shigenobu Yano, Shigenobu Yano, Akimichi Morita, Takashi Joh, Anticancer Research, 31,   2011年03月01日, Background/Aim: Photodynamic therapy (PDT) is an attractive, minimally invasive modality for cancer therapy that utilizes the interaction of light and photosensitizer. To improve the efficacy of PDT, development of cancer specificity of the photosensitizer is needed. Cancer cells consume more glucose than normal cells. In this study, the efficacy of PDT using a newly developed photosensitizer, glycoconjugated chlorin (H2TFPC-SGlc), was compared with Talaporfin, which is clinically used in Japan. Materials and Methods: Photosensitizers were administered to gastric and colon cancer cell lines, followed by irradiation of light, and the cell death-inducing effects were compared. Xenograft tumor mouse models were established and photosensitizer accumulation was assessed and antitumor effects analyzed. Results: In vitro, H 2TFPC-SGIc was 30 times more cytotoxic to cancer cells than was Talaporfin. In vivo, H 2TFPC-SGIc accumulation was higher in xenograft tumors and significantly suppressed tumor growth when compared with Talaporfin. Conclusion: This novel glycoconjugated chlorin is potentially useful in PDT.
  • 光線療法の上手な応用 ナローバンドUVBから未来への光線療法, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (3) 428 - 428,   2011年03月
  • 光線療法の上手な応用 光線療法と外科治療を応用した白斑治療, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (3) 429 - 429,   2011年03月
  • 紫外線治療の現状と今後 ナローバンドUVB治療の次の一手, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (3) 494 - 494,   2011年03月
  • 新しい乾癬の治療目標とインフリキシマブ導入のタイミング インフリキシマブ50例の使用経験から, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (3) 502 - 502,   2011年03月
  • 関節症性乾癬における関節エコーの有用性, 伊藤 えりか, 本郷 明子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (3) 583 - 583,   2011年03月
  • 尋常性白斑におけるリスクファクター及び治療レスポンス, 加藤 裕史, 古橋 卓也, 中村 元樹, 金子 夏美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (3) 598 - 598,   2011年03月
  • 新しい植皮固定法-Multilayered Polyurethane Foam Techniqueについて, 中村 元樹, 伊藤 えりか, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (3) 617 - 617,   2011年03月
  • 名古屋市立大学病院における脱毛症1027例の検討, 金子 夏美, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (3) 625 - 625,   2011年03月
  • 1mmミニグラフトによる白斑の治療, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (4) 726 - 726,   2011年03月
  • 【皮膚付属器腫瘍】 S状結腸癌を合併したMicrocystic Adnexal Carcinomaの1例, 吉田 美沙子, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 高橋 智, 澤田 啓生, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 53, (3) 389 - 392,   2011年03月, 53歳女性。患者は右眉毛部に紅斑が出現し、徐々にこれが拡大したため近医を受診、皮膚生検にてMicrocystic adnexal carcinoma(MAC)が疑われ、著者らの施設へ紹介となった。受診時、右眉毛には20×15mmの楕円形の淡紅色局面が認められ、ダーモスコピーでは毛細血管の樹枝状の広がり、無構造な色素沈着が認められたものの、頭部CTでは骨浸潤は認められなかった。以上より、拡大切除を行ったところ、本症例は臨床症状に加え、病理組織学的所見とサイトケラチン7陽性の免疫学的所見よりMACと診断された。目下、1年2ヵ月経過現在、再発はみられていないが、本症例は既往としてS状結腸癌に対する切除術を受けた既往があり、その際の切除標本ではMACと類似の腫瘍細胞はみられなかったことから、大腸癌の偶発による合併例と考えられた。
  • 中部山岳国立公園内に開設13年目を迎えた山岳医療の現状, 佐藤 裕也, 黒川 英輝, 浅井 清文, 青木 康博, 赤津 裕康, 酒々井 眞澄, 間渕 則文, 中川 隆, 伊藤 友弥, 早川 純午, 薊 隆文, 藤堂 庫治, 松嶋 麻子, 坪井 謙, 小山 勝志, 菊池 篤志, 矢崎 蓉子, 土肥 名月, 西村 恭子, 野路 久仁子, 河辺 眞由美, 黒野 智恵子, 津田 洋幸, 森山 昭彦, 森田 明理, 三浦 裕, Nagoya Medical Journal, 51, (4) 216 - 217,   2011年03月
  • 紫外線照射の接触過敏反応・遅延型過敏反応への影響, 新谷 洋一, 斎藤 稚代, 鳥居 寛, 森田 明理, Nagoya Medical Journal, 51, (4) 217 - 217,   2011年03月
  • 【小児の先天性皮膚疾患】 臨床例 炎症性線状疣贅状表皮母斑, 伊藤 秀明, 加藤 裕史, 森田 明理, 皮膚病診療, 33, (2) 165 - 168,   2011年02月, <症例のポイント>・炎症性線状疣贅状表皮母斑(inflammatory linear verrucous epidermal nevus、以下、ILVEN)は、そう痒を伴う疣状角化性紅斑がBlaschko線に沿って列序性配列を示す疾患である。・臨床的、病理組織学的に乾癬に類似した所見を呈するが、皮疹の経過からは母斑の性質が強い疾患と考えられている。・自験例では掻破により炎症細胞浸潤を強く認めたが液状変性は軽度であった。・成因については不明であり、治療抵抗性であることが多い。・自験例では吉草酸ベタメタゾン・硫酸ゲンタマイシン軟膏外用にてやや改善したものの皮疹は残存している。(著者抄録)
  • 乾癬の病態と治療, 森田 明理, リウマチ科, 45, (2) 219 - 226,   2011年02月
  • 勤務医師問題--女性医師問題を含めて, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 28, (1) 10 - 14,   2011年01月15日
  • The most recent impact factor achieved by the Journal of Dermatological Science is 3.71!, Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 61,   2011年01月01日
  • ナノ二酸化チタニウム粒子の皮膚発がん性修飾作用の欠如 ラットとマウスを用いた検討, 徐 結苟, 佐川 容子, 二口 充, 深町 勝巳, 五十嵐 良明, 西村 哲治, 古川 文夫, 内野 正, 酒々井 眞澄, 森田 明理, 津田 洋幸, アレクサンダー・ダビィド, 日本毒性病理学会講演要旨集, 27回,   2011年01月
  • BCG接着後に生じた肉芽腫性リンパ節炎の1例, 大口 亮子, 加藤 裕史, 堀尾 愛, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 53, (1) 121 - 124,   2011年01月, 9ヵ月女児。患者は生後5ヵ月時にBCGの予防接種を受け、接種3ヵ月後に左腋窩に約3cm大の皮下腫瘤が出現し近医を受診、小児科にて虫刺症と考えられステロイドの外用、抗生剤の内服、抗生剤含有軟膏の塗布が行われた。だが、改善は得られず、他院の皮膚科で同様の処置が行なわれるも軽快しなかった。更に血性膿と硬結がみられたため、生後9ヵ月時に精査加療目的で著者らの施設へ紹介となった。初診時、左腋窩やや前方に径3cm大の比較的境界明瞭な軟らかい皮下腫瘤が存在し、中央には径5mm大の発赤が認められた。熱感や圧痛、波動はみられず、超音波所見では皮下に比較的境界明瞭な3cm大の腫瘍があり、内部には不均一な点状の高エコー領域が確認された。以上より、本症例は肉芽腫性リンパ節炎が疑われ、積極的治療は行わず経過観察としたが、接種10ヵ月後も軽快しないため、全身麻酔下に皮膚腫瘍切除術が施行された。その結果、切除標本の病理組織学的所見では中心に乾酪壊死を伴う肉芽腫の周囲には類上皮細胞・Langhans巨細胞・リンパ球からなる肉芽腫が認められ、BCG接種の副反応による肉芽腫性リンパ節炎と診断された。以後、明らかな肺病変はなく結核菌も検出されず、摘出後はイソニアジドを投与中である。
  • 勤務医委員会 勤務医の現状と今後の対策報告(その1) 第1回アンケート調査から, 宮川 俊一, 池田 政身, 幸野 健, 佐藤 俊宏, 沢田 泰之, 高橋 博之, 森田 明理, 江藤 隆史, 鎌田 英明, 平成20-21年度勤務医委員会, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 28, (1) 015 - 041,   2011年01月
  • 紫外線療法とその機序 (特集 自己免疫性疾患としての乾癬--病態と治療), 森田 明理, 鳥居 寛, アレルギ-・免疫, 18, (1) 56 - 62,   2011年01月
  • 乾癬における生物学的製剤の使用指針および安全対策マニュアル(2011年版), 大槻 マミ太郎, 照井 正, 小澤 明, 森田 明理, 佐野 栄紀, 髙橋 英俊, 小宮根 真弓, 江藤 隆史, 鳥居 秀嗣, 朝比奈 昭彦, 根本 治, 中川 秀己, 日本皮膚科学会雑誌, 121, (8) 1561 - 1572,   2011年, Clinical use of TNFα (tumor necrosis factor α) inhibitors, adalimumab and infliximab, for psoriasis began in January 2010 when an additional indication for this disease was approved. In January 2011, an interleukin-12/23 p40 (IL-12/23 p40) inhibitor, ustekinumab, was newly approved as the third biologic agent with an indication for psoriasis. All of these biologic agents are expected to exhibit excellent efficacy against not only psoriasis but also psoriatic arthritis, and to contribute to the improvement of quality of life (QOL) of psoriatic patients. At the same time, however, they require safety measures to prevent adverse drug reactions such as serious infections. We therefore decided to prepare this Guideline/Safety Manual for the Use of Biologic Agents in Psoriasis (The 2011 Version) by revising that for the use of TNFα Inhibitors prepared by the Biologics Review Committee of the Japanese Dermatological Association in February 2010. In this new unified version for all three biologic agents including ustekinumab, requirements for clinical facilities for the use of biologic agents, contents of safety measures against reactivation of tuberculosis and hepatitis B, and recommendable combination therapies with biologic agents, have been renewed and added. This guideline/safety manual has been prepared to assist dermatology specialists experienced in clinical practice of psoriasis to use biologic agents safely and properly.
  • Tobacco smoke and skin aging, Akimichi Morita, Textbook of Aging Skin,   2010年12月01日, As early as 1971, Daniell [1] found that tobacco smoking has a deleterious effect on the skin, and smoker's wrinkles are the typical clinical features of smokers. A recent epidemiological study has clearly shown that tobacco smoking is one of the numerous factors contributing to premature skin aging, which is dependent on age, sex, pigmentation, sun exposure history, alcohol consumption, and other factors [2-5]. In a further cross section study, sun exposure, pack years of smoking history, and potential confounding variables were assessed by questionnaire. Facial wrinkles were quantified using the Daniell score. Logistic statistical analysis of the data revealed that age, pack year, and sun exposure independently contributed to facial wrinkle formation [6]. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2010.
  • Actinic lichen planus in a Japanese man: First case in the East Asian population, Itaru Dekio, Shingo Matsuki, Minao Furumura, Eishin Morita, Akimichi Morita, Photodermatology Photoimmunology and Photomedicine, 26,   2010年12月01日, Actinic lichen planus (ALP) is a rare variant of lichen planus in which lichen planus develops on the light-exposed areas of the skin. ALP is reported to occur in the African, Middle Eastern, and Indian populations, with very few cases reported in Caucasians. Here, we report a case of ALP in a Japanese man; to the best of our knowledge, this is the first reported occurence of ALP in the East Asian population. A 52-year-old Japanese man developed recurrent painful annular erythema on the face and hands. Histopathological examination of his skin biopsy revealed lichenoid-type infiltrates of lymphocytes and histiocytes. We established a diagnosis of ALP on the basis of the distribution of eruptions only on the sunlight-exposed areas and histological findings. Oral administration of systemic steroids proved effective in improving his condition. Lichen planus is known to be induced by an irritant (Koebner phenomenon); we believe that our patient is genetically susceptible to sunlight exposure and that sunlight acted as an irritant stimulating the development of ALP. © 2010 John Wiley & Sons A/S.
  • Ultraviolet (UV) A and (UV) B phototherapy, Akimichi Morita, Therapy of Skin Diseases: A Worldwide Perspective on Therapeutic Approaches and Their Molecular Basis,   2010年12月01日, Key Features: Narrow-band UVB was developed based on the phototherapy action spectrum. Mechanisms of action: induction of apoptosis and immune suppression. Improved targeting achieved using 308-nm excimer light/laser phototherapy. Low risk of photocarcinogenesis. © 2010 Springer-Verlag Berlin Heidelberg.
  • 結節性多発動脈炎とバージャー病との鑑別を要し、下肢切断に至った1例, 前田 智代, 坂野 章吾, 伊藤 礼, 渡辺 舞子, 難波 大夫, 速水 芳仁, 竹内 藍子, 古橋 卓也, 新谷 洋一, 森田 明理, 中部リウマチ, 40, (2) 123 - 123,   2010年12月
  • 【自己免疫性疾患としての乾癬 病態と治療】 紫外線療法とその機序, 森田 明理, 鳥居 寛, アレルギー・免疫, 18, (1) 56 - 62,   2010年12月, 紫外線療法によって、比較的長期間の寛解期間が得られるのは、病因となる細胞のアポトーシス誘導と制御性T細胞の誘導の2つが大きな役割を果たしていると考えられている。紫外線によって、制御性T細胞の誘導による獲得免疫の誘導が抑えられる一方、抗菌ペプチド(自然免疫)の誘導があるため、皮膚が健康に保たれる調和の取れたメカニズムが存在するのではないかと考えられる。紫外線治療のメカニズムで重要なアポトーシスと免疫抑制について概説した。(著者抄録)
  • 選択的紫外線波長を用いた難治性皮膚疾患に対する光線療法, 森田 明理, 日本レーザー治療学会誌, 9, (2) 23 - 26,   2010年12月
  • A surgical approach for stable lesions of linear scleroderma, Hiroshi Kato, Yoichi Shintani, Yuji Yamaguchi, Akimichi Morita, Kaohsiung Journal of Medical Sciences, 26,   2010年11月01日, A 29-year-old Japanese woman presented with alopecia lesions in her occipital region and was diagnosed as linear scleroderma. Topical steroids along with psoralen and UVA light therapy were applied, but the lesion persisted. A surgical approach was therefore selected to treat the lesion. The resection was successful without any recurrence for 1 year. Sclerotic lesions on the exposed areas can cause cosmetic disfigurement, and surgery may be a useful modality for treating stable linear scleroderma. © 2010 Elsevier. All rights reserved.
  • Effect and mechanism of a new photodynamic therapy with glycoconjugated fullerene, Eiko Otake, Shiho Sakuma, Kan Torii, Akira Maeda, Hiromi Ohi, Shigenobu Yano, Akimichi Morita, Photochemistry and Photobiology, 86,   2010年11月01日, When irradiated, fullerene efficiently generates reactive oxygen species (ROS) and is an attractive photosensitizer for photodynamic therapy (PDT). Ideally, photosensitizers for PDT should be water-soluble and tumor-specific. Because cancer cells endocytose glucose more effectively than normal cells, the characteristics of fullerene as a photosensitizer were improved by combining it with glucose. The cytotoxicity of PDT was studied in several cancer cell lines cultured with C 60-(Glc)1 (d-glucose residue pendant fullerene) and C 60-(6Glc)1 (a maltohexaose residue pendant fullerene) subsequently irradiated with UVA 1. PDT alone induced significant cytotoxicity. In contrast, PDT with the glycoconjugated fullerene exhibited no significant cytotoxicity against normal fibroblasts, indicating that PDT with these compounds targeted cancer cells. To investigate whether the effects of PDT with glycoconjugated fullerene were because of the generation of singlet oxygen ( 1O 2), NaN 3 was added to cancer cells during irradiation. NaN 3 extensively blocked PDT-induced apoptosis, suggesting that PDT-induced cell death was a result of the generation of 1O 2. Finally, to investigate the effect of PDT in vivo, melanoma-bearing mice were injected intratumorally with C 60-(Glc)1 and irradiated with UVA 1. PDT with C 60-(Glc)1 suppressed tumor growth. These findings indicate that PDT with glycoconjugated fullerene exhibits tumor-specific cytotoxicity both in vivo and in vitro via the induction of 1O 2. © 2010 The Authors. Journal Compilation. The American Society of Photobiology.
  • 【ナローバンドUVB実践マニュアル】 いよいよナローバンドUVBは一般診療レベルに, 森田 明理, Derma., (172) 1 - 4,   2010年11月, いよいよナローバンドUVBは、乾癬のみではなく、白斑、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、掌蹠膿疱症、皮膚T細胞性リンパ腫に応用され、疾患ごとの照射方法が明らかとなってきた。安全にしかも有効性が高い照射方法を行うためには、光線療法の基本となるメカニズムを理解し、しかも発癌性を含めたリスクを理解しなければならない。今後、局所的に照射するターゲット型光線療法もナローバンドUVBと同じように一般診療で用いられ、病院のみならず、クリニックにおいても、難治性皮膚疾患に対して重要な治療の位置づけになろう。(著者抄録)
  • 【ナローバンドUVB実践マニュアル】 ナローバンドUVB治療の実際 乾癬, 齋藤 稚代, 森田 明理, Derma., (172) 11 - 15,   2010年11月, 乾癬は、再燃を繰り返す慢性難治性皮膚疾患である。治療は対症的にステロイドやビタミンD3の外用、シクロスポリンの内服、ナローバンドUVBやPUVAバスなどの紫外線療法などが行われている。本稿では、当科光線外来通院中における尋常性乾癬に対する実際のナローバンドUVB照射方法と治療効果、治療の工夫および制御性T細胞の誘導の検討について述べる。(著者抄録)
  • 【ナローバンドUVB実践マニュアル】 ナローバンドUVB治療の実際 白斑, 加藤 裕史, 森田 明理, Derma., (172) 17 - 22,   2010年11月, 尋常性白斑は皮膚疾患のなかでも難治なものの一つであり、さまざまな治療法が試みられてきた。ナローバンドUVB療法の登場により光線療法は一般診療レベルとなってきているが、施設によってその照射プロトコルは一定ではない。尋常性白斑は、その病型に応じて適応となる治療方法が異なるため、病型によって治療を選択するべきである。今回我々は尋常性白斑に対するナローバンドUVB療法のプロトコルを示すとともに、各病型における治療方法を提案した。尋常性白斑の治療においては光線療法、手術療法を中心として、カバーマークなどのアドバイスも含めたオーダーメイド的治療の選択が必要である。(著者抄録)
  • 【ナローバンドUVB実践マニュアル】 ナローバンドUVB治療の実際 アトピー性皮膚炎, 澤田 啓生, 森田 明理, Derma., (172) 23 - 27,   2010年11月, アトピー性皮膚炎に対する治療は、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏、保湿剤を中心とした外用療法が主体となっている。最近になってシクロスポリン内服が保険適応となり、最重症のアトピー性皮膚炎の治療に用いられ始めている。一方、以前からさまざまな紫外線療法がアトピー性皮膚炎に対して用いられ、有効性が示されているが本邦のガイドラインでは代替療法の一つとしての位置づけであり具体的な照射方法については記載がなされていない。今回は紫外線療法のなかでも選択的な波長特性を持つナローバンドUVBについて、当科でのアトピー性皮膚炎に対する照射方法の実際と臨床例について述べる。(著者抄録)
  • 【ナローバンドUVB実践マニュアル】 ナローバンドUVB治療の実際 円形脱毛症, 金子 夏美, 森田 明理, Derma., (172) 29 - 33,   2010年11月, 当院毛髪外来通院中の円形脱毛症患者30例(男性13例、女性17例)に対しナローバンドUVB療法を行った。1/2 minimal erythema dose(MED)より開始し、週1回照射した。発毛面積50%以上を有効としたとき、有効率は全体で36%、脱毛面積が75%以上の重症例においても約30%の有効率であった。紅斑反応などの副作用は1例もみられなかった。(著者抄録)
  • 【ナローバンドUVB実践マニュアル】 ナローバンドUVB治療の実際 その他難治性皮膚疾患 結節性痒疹に対するナローバンドUVB療法, 古橋 卓也, 森田 明理, Derma., (172) 47 - 50,   2010年11月, 結節性痒疹は中高年者の四肢に生じ、紅色丘疹から始まり、掻破によって茶褐色の硬い丘疹、結節となるが、融合することは少なく、孤立性に散在・多発する。治療はステロイド外用療法、抗アレルギー薬内服が一般的だが、難治性で経過が長くなることが多く、激しいそう痒によりQOLを著しく低下させる疾患である。ナローバンドUVBは結節性痒疹においても有効性が報告されている。このような難治性皮膚疾患に対するナローバンドUVB療法について、諸文献を参考にしながら、当科での症例を示し、実際の照射方法につき概説する。また、ターゲット型光線療法であるエキシマライトでの有効性もいわれており、結節性痒疹の治療の選択肢になることが期待される。(著者抄録)
  • 全身性強皮症における末梢循環評価, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 4, (5) 399 - 399,   2010年11月
  • 広範な下肢潰瘍を伴ったアナフィラクトイド紫斑の1例, 西尾 栄一, 新谷 洋一, 中村 元樹, 吉田 美沙子, 古橋 卓也, 森田 明理, 水野 晶紫, 福田 道雄, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 4, (5) 400 - 400,   2010年11月
  • アトピー性皮膚炎に対するナローバンドUVB療法, 澤田 啓生, 古橋 卓也, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 4, (5) 422 - 422,   2010年11月
  • セツキシマブによる皮膚障害対策マニュアルの検討, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 4, (5) 447 - 447,   2010年11月
  • P23-4 セレコキシブによる多形紅斑型薬疹の1例(P23 皮膚 症例報告,ポスター,第60回日本アレルギー学会秋季学術大会), 西尾 栄一, 森田 明理, アレルギー, 59,   2010年10月30日
  • 皮膚と紫外線 良いところと悪いところ, 森田 明理, 日本レーザー医学会誌, 31, (3) 273 - 273,   2010年10月
  • ざ瘡に対する光治療・レーザー治療 ざ瘡(にきび)に光線療法は有効か?, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本レーザー医学会誌, 31, (3) 281 - 281,   2010年10月
  • 消化器癌に対するPDTの現状と将来展望 消化管癌PDTを目指した新しい光感受性物質の基礎検討, 片岡 洋望, 田中 守, 赤司 治夫, 矢野 重信, 森田 明理, 城 卓志, 日本レーザー医学会誌, 31, (3) 291 - 291,   2010年10月
  • 光生物学反応から臨床応用へ 紫外線の医学への応用 難治性皮膚疾患に対する紫外線療法, 森田 明理, 日本レーザー医学会誌, 31, (3) 314 - 314,   2010年10月
  • 【外来でできる皮膚外科手術のコツ】 尋常性白斑の外科的治療, 加藤 裕史, 森田 明理, Derma., (171) 27 - 32,   2010年10月, 尋常性白斑は皮膚疾患のなかでも難治なものの一つであり、さまざまな治療法が試みられてきた。尋常性白斑には、汎発型、限局型、分節型の3つの臨床型が存在するが、それぞれにおいて適応となる治療法は異なってくる。外科的治療は分節型の尋常性白斑に対してよい適応となる。外科的治療には古典的な植皮術やパンチグラフトなどが存在するが、現在最も広く普及している方法は吸引水疱蓋移植である。また、筆者らは2008年に1mmミニグラフト療法を報告し、良好な成績を得ている。近年ではさらに培養メラノサイト移植なども試みられており、一定の成果を得ている。今回は白斑の治療一般について言及するとともに吸引水疱蓋移植、1mmミニグラフトの具体的手技について述べ、さらには病型別の白斑の治療法についての私案を提示する。(著者抄録)
  • 【治療にてこずる皮膚疾患】 掌蹠膿疱症 光線療法, 森田 明理, 古橋 卓也, 皮膚科の臨床, 52, (11) 1521 - 1526,   2010年10月
  • セレコキシブによる多形紅斑型薬疹の1例, 西尾 栄一, 森田 明理, アレルギー, 59, (9-10) 1463 - 1463,   2010年10月
  • 光線療法 (治療にてこずる皮膚疾患) -- (掌蹠膿疱症), 森田 明理, 古橋 卓也, 皮膚科の臨床, 52, (11) 1521 - 1526,   2010年10月
  • Efficacy of maxacalcitol lotion in place of other topically applied lotions for psoriasis vulgaris of the scalp, Akimichi Morita, Akira Maeda, Takuya Furuhashi, Kana Kawashima, Toshihiro Ito, Osamu Fukuchi, Hidemi Nakagawa, Kouki Endoh, Daisuke Watabe, Toshihide Akasaka, Junichi Sugai, Mayumi Komine, Miho Hirashima, Mamitaro Ohtsuki, Nishinihon Journal of Dermatology, 72, (4) 397 - 404,   2010年09月10日, Forty-five patients with psoriasis vulgaris of the scalp who had used topical tacalcitol lotions (high or low concentration) or topical steroid lotions for the treatment of skin eruptions were enrolled in this study. The patients had previously used high-concentration tacalcitol lotion (19 patients), low-concentration tacalcitol lotion (1 patient), and/or steroid lotions (very potent: 23 patients; mildly or moderately potent: 8 patients). The efficacy, safety, and usefulness of topical maxacalcitol lotion (Oxarol® Lotion 25 μg/g) were evaluated. Efficacy, scores for erythema infiltration/thickening, scale formation, and the total of these three scores were significantly decreased at weeks 4 and 8 (Wilcoxon signed-rank test p<0.001). Safety: local side effects were observed in 2 patients, but no systemic side effects were observed. Usefulnes: 87.2% of the patients rated it as "very effective" or "effective". In conclusion, topical maxacalcitol lotion was highly effective without any adverse effects when used as a replacement for other topical lotions, including high- and low-concentration tacalcitol lotion and steroid lotions. Maxacalcitol lotion is a highly effective treatment for psoriasis vulgaris on the scalp.
  • エキシマライト光線療法, 森田 明理, 加藤 裕史, 皮膚病診療, 32, (9) 944 - 950,   2010年09月
  • 【厳選!皮膚科医が選ぶお役立ち症例29】 治療・その他編 乾癬難治部位に対するエキシマライト療法, 古橋 卓也, 森田 明理, Visual Dermatology, 9, (10) 1068 - 1070,   2010年09月
  • 乾癬患者会の今後について考える, 江藤 隆史, 森田 明理, 安部 正敏, 医薬の門, 50, (4) 294 - 299,   2010年09月
  • 関節症性乾癬(乾癬性関節炎)に対するTNF-αブロッカー治療, 森田 明理, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 日本脊椎関節炎学会誌, 2, (1) 95 - 101,   2010年09月
  • 10.4 生体・医療への光放射の応用(1) : 皮膚(第10章 光放射の応用,照明年報), 森田 明理, 照明学会誌, 94,   2010年08月01日
  • 糖鎖連結クロリンによる消化管癌に対する新規光線力学的治療法の開発 活性酸素の産生とアポトーシス誘導の検討, 田中 守, 片岡 洋望, 志村 貴也, 溝下 勤, 谷田 諭史, 神谷 武, 森田 明理, 矢野 重信, 城 卓志, G.I.Research, 18, (4) 374 - 375,   2010年08月
  • 被髪頭部の尋常性乾癬に外用中のローションからマキサカルシトールローションへの切り替えの有用性, 森田 明理, 前田 晃, 古橋 卓也, 川嶋 佳奈, 伊藤 寿啓, 福地 修, 中川 秀己, 遠藤 幸紀, 渡部 大輔, 赤坂 俊英, 菅井 順一, 小宮根 真弓, 平嶋 海帆, 大槻 マミ太郎, 西日本皮膚科, 72, (4) 397 - 404,   2010年08月, 被髪頭部の皮疹にタカルシトールローション(高濃度または低濃度)またはステロイドローションを外用中の尋常性乾癬患者45名を対象として,マキサカルシトールローション(オキサロールRローション25μg/g)に切り替えた場合の有効性および安全性について検討した。切り替え前に使用していたローションは,高濃度タカルシトールローションが19名,低濃度タカルシトールローションが1名,ステロイドローションが31名(very strongクラス以上が23名,strongクラス以下が8名)であった。有効性評価では,開始時(切り替え時)と比較して,マキサカルシトールローション外用4週後,8週後で紅斑,浸潤・肥厚,鱗屑の各皮膚所見スコアおよび合計スコア(紅斑,浸潤・肥厚,鱗屑スコアの合計)の有意な低下が認められた(p<0.001:Wilcoxon Signed-Rank test)。安全性評価では局所性副作用が2名で認められ,全身性副作用は認められなかった。有用度は,「極めて有用」と「有用」が合わせて87.2%であった。以上より,他のローションからマキサカルシトールローションに切り替えた場合の有効性は高く,安全性にも問題がないことが確認された。よって,マキサカルシトールローションへの切り替えは,被髪頭部の尋常性乾癬に対する有用な治療法の一つになると考えられた。(著者抄録)
  • 膀胱癌に対する糖鎖連結フラーレンを併用した長波長紫外線による光線力学療法の開発(A novel photodynamic therapy with glycoconjugated fullerene and ultraviolet A-1 irradiation against bladder cancer cells), 池上 要介, 戸澤 啓一, 小林 大地, 山田 健司, 安藤 亮介, 福田 勝洋, 河合 憲康, 森田 明理, 郡 健二郎, 日本癌学会総会記事, 69回,   2010年08月
  • 胃癌、大腸癌に対するグルコース結合クロリンによる新規光線力学的治療法(Novel photodynamic therapy with glucose conjugated chlorine for gastric and colon cancer), 田中 守, 片岡 洋望, 平田 慶和, 志村 貴也, 溝下 勤, 久保田 英嗣, 神谷 武, 森田 明理, 城 卓志, 日本癌学会総会記事, 69回,   2010年08月
  • 切除5年後に再発したSolid-Cystic Hidradenomaの1例, 西尾 栄一, 苅谷 清徳, 菅野 重, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 52, (7) 1003 - 1006,   2010年07月, 32歳女。約2年前より左腹部に皮下結節が出現し、徐々に増大した。左腹部に径25mm大の表面平滑で可動性良好な弾性硬な皮下腫瘤を認め、生検で汗腺系の腫瘍が疑われたが、診断を確定できなかった。生検後4年に左鼠径部に径10mm大の皮下結節が出現したため全摘し、病理組織学的所見は4年前の腹部腫瘍と類似していた。その1年後、腹部の腫瘍切除部に再度皮下結節が出現し、徐々に増大したため3年後に摘出した。病理組織学的所見でsolid-cystic hidradenomaを疑い、前回・前々回の切除標本と共に免疫組織化学染色を併用して再検討を行った結果、いずれもsolid-cystic hidradenomaであり、今回および前回摘出腫瘍ともに初回摘出腫瘍の再発と診断した。
  • 難治性皮膚疾患に対する308nmエキシマライトを用いたターゲット型光線療法, 森田 明理, 日本レーザー医学会誌, 31, (2) 206 - 206,   2010年07月
  • Serum IL-22 correlates with psoriatic severity and serum IL-6 correlates with susceptibility to phototherapy, Yuan Hsin Lo, Kan Torii, Chiyo Saito, Takuya Furuhashi, Akira Maeda, Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 58,   2010年06月01日
  • The herbal medicine compound falcarindiol from notopterygii rhizoma suppresses dendritic cell maturation, Seika Mitsui, Seika Mitsui, Kan Torii, Hajime Fukui, Kunio Tsujimura, Akira Maeda, Mitsuhiko Nose, Akito Nagatsu, Hajime Mizukami, Akimichi Morita, Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, 333,   2010年06月01日, Dendritic cells (DCs) are important for regulating the immune response. We report an herbal medicine compound called falcarindiol that affects DC function. Ethanol extracts of 99 crude drugs that are the main components of 210 traditional Japanese medicines (Kampo medicine) approved by the Ministry of Health, Labor and Welfare in Japan were prepared and screened using the murine epidermal-derived Langerhans cell line XS106. Notopterygii Rhizoma strongly suppressed major histocompatibility complex (MHC) class II expression in XS106 cells. Activity-guided fractionation led to the isolation and identification of falcarindiol as a principal active compound in Notopterygii Rhizoma. Falcarindiol (1-5 μM) dose-dependently suppressed MHC II expression in XS106 cells. Fresh-isolated bone marrow-derived DCs were examined for the production of MHC II, CD80, CD86, interleukin (IL)-12p70, and IL-10. Treatment of bone marrow-derived DCs with 5 μM falcarindiol significantly inhibited lipopolysaccharide-induced phenotype activation and cytokine secretion and inhibited MHC II expression by CD40 ligation, but not phorbol 12-myristate 13-acetate + ionomycin or IL-12. Falcarindiol inhibited DC maturation by blocking the canonical pathway of nuclear factor-κB and phosphorylated p38. Topical application of 0.002 and 0.01% falcarindiol before sensitization dose-dependently suppressed delayed-type hypersensitivity to ovalbumin (p < 0.01). Falcarindiol induces immunosuppressive effects in vitro and in vivo and might be a novel therapy for autoimmune or allergic diseases. Copyright © 2010 by The American Society for Pharmacology and Experimental Therapeutics.
  • 眼瞼皮膚腫瘍に対するアプローチ, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 伊藤 えりか, 山口 裕史, 森田 明理, 西日本皮膚科, 72, (3) 315 - 316,   2010年06月
  • Erythema dyschromicum perstansの1例, 島 理恵子, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (7) 1497 - 1497,   2010年06月
  • Chondrodermatitis nodularis chronica helicisの1例, 中村 元樹, 齋藤 稚代, 渡辺 正一, 苅谷 清徳, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (7) 1497 - 1497,   2010年06月
  • 脂漏性角化症にボーエン癌を合併した1例, 小島 令子, 竹内 藍子, 渡辺 正一, 苅谷 清徳, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (7) 1500 - 1500,   2010年06月
  • 日光角化症に対するLEDを用いた光線力学療法(PDT), 佐川 容子, 山口 裕史, 西田 絵美, 小林 桂子, 苅谷 清徳, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (7) 1500 - 1500,   2010年06月
  • 乾癬に対するPUVAバス療法の至適照射方法の検討, 佐川 容子, 新谷 洋一, 金子 夏美, 小林 桂子, 前田 晃, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (7) 1501 - 1501,   2010年06月
  • 表皮直下の局所麻酔施行による吸引水疱蓋作成時間の短縮効果, 中村 元樹, 山口 裕史, 小島 令子, 島 理恵子, 竹内 藍子, 渡辺 正一, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (7) 1501 - 1501,   2010年06月
  • BCG接種後に生じた皮膚結核性肉芽腫の1例, 島 理恵子, 渡辺 正一, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (7) 1502 - 1503,   2010年06月
  • 先天性絞扼輪症候群にeccrine angiomatous hamartomaを合併した1例, 小島 令子, 苅谷 清徳, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (7) 1503 - 1503,   2010年06月
  • 瘢痕性類天疱瘡の1例, 古井 賀子, 竹内 藍子, 渡辺 正一, 新谷 洋一, 榊原 代幸, 森田 明理, 大山 文悟, 橋本 隆, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (7) 1506 - 1506,   2010年06月
  • 単房性嚢腫様構造を呈したeccrine spiradenomaの1例, 島 理恵子, 渡辺 正一, 新谷 洋一, 苅谷 清徳, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (7) 1506 - 1507,   2010年06月
  • 多発皮膚腫瘤を呈した芽球性NK細胞リンフォーマの1例, 小島 令子, 渡辺 正一, 苅谷 清徳, 山口 裕史, 森田 明理, 伊藤 旭, 上田 龍三, 稲垣 宏, 足立 達哉, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (7) 1508 - 1508,   2010年06月
  • 皮膚難治性疾患に選択的波長紫外線を用いて, 森田 明理, 日本レーザー治療学会誌, 9, (1) 49 - 49,   2010年06月
  • 臨床診断に苦慮した白人男性の悪性黒色腫の1例, 中村 元樹, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 26回,   2010年06月
  • 当院における乳房外パジェット病の臨床学的検討, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 中村 元樹, 苅谷 清徳, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 26回,   2010年06月
  • 口唇癌の2例, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 中村 元樹, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 26回,   2010年06月
  • 間質性肺炎の急性増悪を来し死亡した陰部バジェット癌の1例, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 伊藤 えりか, 吉田 美沙子, 山口 裕史, 森田 明理, Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌, 25, (1) 29 - 32,   2010年05月15日, 66歳,男性。初診3ヵ月前に右下肢の腫脹,その後右鼠径部リンパ節腫脹および右大腿部・陰嚢にびらんが出現した。病理でパジェット癌と診断され,当院へ紹介となった。原発巣および両鼠径部・骨盤リンパ節転移巣に放射線療法を行い改善した。初診6ヵ月後に胸腰椎転移による疼痛が出現し,放射線療法で軽減したが,初診1年後に陰嚢の腫瘤が増大し,喘鳴と呼吸苦の出現を認めた。胸部CTでは両肺野にびまん性スリガラス影が出現し間質性肺炎の急性増悪と診断した。ステロイドパルスを行い一時呼吸症状は改善したが,再増悪のため永眠された。今回我々は陰部パジェット癌の進行とともに間質性肺炎の急性増悪を来した症例を経験した。悪性腫瘍は高齢者に多く何らかの基礎疾患を有していることが多い。特に肺病変は悪性腫瘍の経過をみるうえで注意を要する。
  • 紫外線と光老化, 森田 明理, 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 10回,   2010年05月
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班の2009年度活動報告 中部山岳国立公園内に開設12年目を迎えた山岳医療の現状, 上村 義季, 丹羽 俊輔, 竹田 勝志, 青木 優祐, 浅井 清文, 青木 康博, 間渕 則文, 中川 隆, 早川 純午, 山本 眞理子, 薊 隆文, 岡嶋 一樹, 松嶋 麻子, 坪井 謙, 小山 勝志, 成田 朋子, 吉田 嵩, 服部 麗, 竹内 智洋, 河辺 眞由美, 土肥 名月, 野路 久仁子, 黒野 智恵子, 山本 清司, 矢崎 蓉子, 森山 昭彦, 森田 明理, 三浦 裕, 蝶ヶ岳ボランティア診療班, Nagoya Medical Journal, 51, (1) 83 - 84,   2010年05月
  • Epithelioid sarcoma on the foot masquerading as an intractable wound for > 18 years, Y. Nishimura, Y. Yamaguchi, Y. Yamaguchi, Y. Tomita, K. Hamada, A. Maeda, A. Morita, I. Katayama, Clinical and Experimental Dermatology, 35,   2010年04月01日, Slow-growing sarcomas may give rise to intractable wounds, which may be attributed to commoner causes. A 57-year-old man with diabetes mellitus presented with a 24-year history of a chronic wound that originated on his left great toe. Because of the long history, the nonspecific histological findings and the complication of ulcerative colitis, we misdiagnosed his ulcer as pyoderma gangrenosum. The wound was eventually diagnosed correctly by histological examination of a skin biopsy and the use of immunohistochemistry to detect cytokeratin, epithelial membrane antigen and viment Specimens obtained 16 years earlier showed the same staining pattern. Radiological examinations revealed no metastasis. The patient received a below-knee amputation without further chemotherapy or radiotherapy. When patients have intractable ulcers, appropriate biopsies and immunohistochemical examinations are sometimes necessary to exclude a malignancy even if the history and symptoms do not suggest a diagnosis of sarcoma. © 2009 British Association of Dermatologists.
  • 【光線と皮膚】 臨床例 日光蕁麻疹, 金子 夏美, 森田 明理, 皮膚病診療, 32, (4) 357 - 360,   2010年04月, <症例のポイント>日光蕁麻疹は太陽光線で生じる物理的蕁麻疹で、比較的まれな疾患である。治療に抵抗性であり、抗アレルギー薬も他の蕁麻疹と比較して効果が少ない。本症例は4種類の抗アレルギー薬の中で効果があったロラタジン内服、サンスクリーン剤併用にて日常生活における症状を軽減できた。(著者抄録)
  • 【小児皮膚診療パーフェクトガイド】 先天性皮膚疾患 肥満細胞症, 古橋 卓也, 森田 明理, Derma., (164) 197 - 202,   2010年04月, 肥満細胞症は、皮膚、リンパ節、肝臓、脾臓、骨髄などに肥満細胞の異常増殖がみられる疾患で、成人と小児では、頻度と予後に大きな違いのある疾患である。小児期発症は約65%で、35%が20〜40歳の成人発症といわれている。小児発症では約50%で自然消退、成人発症では10%で自然消退するが、血液学的な異常を伴う場合は経過に依存する。本邦ではMetcalfe・Haaseの分類改変がよく用いられているが、新しい分類のWHO分類が提唱された。治療は、小児例で皮膚型の場合は、経過観察でよいが、ステロイド薬外用が有効である。また、単発の場合には外科的切除も考慮される。H1ブロッカーは膨疹、掻痒に対し用いられ、簡便にDarier徴候を用いて有効な薬剤を選択することが可能である。主に成人の色素性蕁麻疹に対して、PUVA療法が有用とされており、UVA1療法は、真皮内の肥満細胞に直接作用し症状を改善するといわれている。(著者抄録)
  • 【子どもの皮膚疾患の診かた】 皮膚の基本 光過敏と遮光, 森田 明理, 小児科, 51, (5) 522 - 527,   2010年04月
  • 皮膚科臨床医の現状と未来への展望 日臨皮による勤務医、開業医のアンケート調査より 勤務医師問題 女性医師が生き生きと仕事ができる体制作りをめざして, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 27, (2) 203 - 203,   2010年04月
  • 乾癬の新しい治療薬「生物学的製剤」と今後の乾癬治療 乾癬の新しい治療 抗TNFα療法がもたらすインパクト, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 27, (2) 245 - 245,   2010年04月
  • 乾癬難治部位に対するエキシマライト療法, 古橋 卓也, 齋藤 稚代, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 27, (2) 249 - 249,   2010年04月
  • 光過敏と遮光 (子どもの皮膚疾患の診かた), 森田 明理, 小児科, 51, (5) 522 - 527,   2010年04月
  • NADPH:Quinone oxidoreductase-1 as a new regulatory enzyme that increases melanin synthesis, Yuji Yamaguchi, Vincent J. Hearing, Akira Maeda, Akimichi Morita, Journal of Investigative Dermatology, 130,   2010年03月01日, Most hypopigmenting reagents target the inhibition of tyrosinase, the key enzyme involved in melanin synthesis. In this issue, Choi et al. report that NADPH:quinone oxidoreductase-1 (NQO1) increases melanin synthesis, probably via the suppression of tyrosinase degradation. Because NQO1 was identified by comparing normally pigmented melanocytes with hypopigmented acral lentiginous melanoma cells, these results suggest various hypotheses regarding the carcinogenic origin of the latter. © 2010 The Society for Investigative Dermatology.
  • 【結核と結核疹】 臨床例 皮膚結核性肉芽腫 BCG接種後に生じた例, 大島 理恵子, 渡辺 正一, 山口 裕史, 森田 明理, 榊原 代幸, 皮膚病診療, 32, (3) 299 - 302,   2010年03月, <症例のポイント>・直接BCG接種法(ツベルクリン反応を行わずに乳児にBCGを接種すること)により、接種後の所属リンパ節炎や皮膚結核の報告が増えてきている。・BCG接種による皮膚結核性肉芽腫は接種部位とは異なる皮下に肉芽腫反応を認めるもので比較的報告は少ない。・今回われわれは、BCG接種後に皮膚結核性肉芽腫で生じた1歳男児の症例を経験したので報告する。(著者抄録)
  • 尋常性乾癬患者の外傷性潰瘍に対して吸引水疱蓋移植を行った1例 乾癬の潰瘍が表皮細胞に及ぼす影響, 加藤 裕史, 前田 晃, 森田 明理, 角化症研究会記録集, 24,   2010年03月
  • 病態・治療Q&A 乾癬治療の最前線 関節症性乾癬(乾癬性関節炎)の新しい治療についてお教えください, 森田 明理, 臨床のあゆみ, (83) 13 - 13,   2010年03月
  • ヨードカリが奏効したErythema Nodosum Migransの1例, 加藤 裕史, 新谷 洋一, 小林 桂子, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 52, (3) 399 - 402,   2010年03月, 55歳女。左大腿内側に紅斑が出現し非ステロイド消炎薬の内服とステロイドを外用したが改善せず、右下腿に同様の紅斑を認めた。左大腿内側に浸潤を触れる放射状に存在する紅斑は右下腿にも認め、軽度の圧痛を伴っていた。病理組織像は真皮浅層から中層の付属器周囲および脂肪層隔壁部分に細胞浸潤を認め、リンパ球様細胞の浸潤を認め、一部に好中球も混在した。結節性紅斑として経過観察していたところ、1ヵ月後には初診時に存在した紅斑は中心より治癒傾向になり、新しく下腿に浸潤を触れる紅斑が出現した。臨床像、検査所見、病理組織像よりerythema nodosum migransと診断し、ヨードカリ600mg/day内服を開始、ジフロラゾン外用、ロキソプロフェンナトリウム内服を中止した。ヨードカリ内服1ヵ月後、大腿部は完全に退色し、下腿も浸潤は残るものの範囲拡大はなく、2ヵ月後、下腿の紅斑も色素沈着し治癒した。3ヵ月を経て再発は認めていない。
  • 光線療法のNew Face 白斑に対する光線療法 エキシマライト・レーザー, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (3) 551 - 551,   2010年03月
  • ターゲット型光線療法の有効性を問う 白斑、掌蹠膿疱症、乾癬等 難治性皮膚疾患に対するエキシマライトの応用 その理論と実際, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (3) 588 - 588,   2010年03月
  • 乾癬治療の新時代 TNFα阻害療法への期待 何がどう変わるのか, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (3) 590 - 590,   2010年03月
  • これだけは知っておきたい光線治療 乾癬についての光皮膚科学講座 明日から光線治療をするための基本知識と実践, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (3) 597 - 597,   2010年03月
  • ガンシクロビルの長期投与が必要であった中毒性表皮壊死症(TEN)の1例, 古橋 卓也, 金子 夏美, 伊藤 えりか, 加藤 裕史, 前田 晃, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (3) 682 - 682,   2010年03月
  • 全身麻酔導入中にアナフィラキシーを呈し、複数薬剤の関与が疑われた1例, 大口 亮子, 金子 夏美, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (3) 683 - 683,   2010年03月
  • 尋常性白斑に対する1mmミニグラフトと光線療法の併用効果, 加藤 裕史, 古橋 卓也, 金子 夏美, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (3) 715 - 715,   2010年03月
  • G-CSF高値を呈し、急速に鼠径リンパ節転移が増大した外陰部有棘細胞癌, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 古橋 卓也, 森田 明理, 中村 元樹, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (3) 724 - 724,   2010年03月
  • 二次性アミロイドーシスの続発を推測したムチランス型関節症性乾癬の1例, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 前田 晃, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (2) 219 - 225,   2010年02月20日
  • APP-045 新規光感受性物質フラーレンを併用した長波長紫外線(UVA-1)による膀胱癌治療に向けての基礎研究(発表・討論,総会賞応募ポスター,第98回日本泌尿器科学総会), 池上 要介, 戸澤 啓一, 山田 健司, 安藤 亮介, 福田 勝洋, 神谷 浩行, 彦坂 敦也, 橋本 良博, 岩瀬 豊, 森田 明理, 郡 健二郎, 日本泌尿器科學會雜誌, 101,   2010年02月20日
  • 陰部Paget病における陰のうを用いた再建術, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 伊藤 えりか, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (2) 255 - 255,   2010年02月
  • 悪性リンパ腫と原発不明癌を合併した悪性黒色腫の1例, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 森田 明理, 苅谷 清徳, 小松 和弘, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (2) 257 - 257,   2010年02月
  • 切除5年後に再発したSolid-cystic hidradenomaの1例, 西尾 栄一, 苅谷 清徳, 森田 明理, 菅野 重, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (2) 270 - 271,   2010年02月
  • 生物学的製剤の役割とは?, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (2) 294 - 294,   2010年02月
  • 新規光感受性物質フラーレンを併用した長波長紫外線(UVA-1)による膀胱癌治療に向けての基礎研究, 池上 要介, 戸澤 啓一, 山田 健司, 安藤 亮介, 福田 勝洋, 神谷 浩行, 彦坂 敦也, 橋本 良博, 岩瀬 豊, 森田 明理, 郡 健二郎, 日本泌尿器科学会雑誌, 101, (2) 203 - 203,   2010年02月
  • 乾癬におけるTNFα阻害薬の使用指針および安全対策マニュアル, 大槻 マミ太郎, 照井 正, 小澤 明, 森田 明理, 佐野 栄紀, 髙橋 英俊, 小宮根 真弓, 江藤 隆史, 鳥居 秀嗣, 朝比奈 昭彦, 根本 治, 中川 秀己, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (2) 163 - 171,   2010年02月, Anti-TNFα (tumor necrosis factor-α) agents, adalimumab and infliximab, are the first biologics approved for the treatment of psoriasis in Japan. Although these agents are expected to have remarkable effects on psoriasis and/or psoriatic arthritis, and to improve QOL (quality of life) of patients with psoriasis, there is growing concern regarding the potential serious adverse reactions such as infections including tuberculosis as well as bacterial and Pneumocystis pneumonia. The guideline and safety manual have been developed to ensure that anti-TNFα agents are properly used by board-certified dermatologists experienced in practice of psoriasis. Requirements for physicians and medical institutions, eligible patients for treatment with anti-TNFα agents, dosage and administration of each anti-TNFα agents, general considerations for administration, contraindications, safety precautions for high-risk patients for adverse reactions, and recommendable combination therapies with anti-TNFα agents are referred.
  • 二次性アミロイドーシスの続発を推測したムチランス型関節症性乾癬の1例, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 前田 晃, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (2) 219 - 225,   2010年02月, 75歳,男性.15年前頃から体幹に鱗屑を伴う紅斑を認め,他院で尋常性乾癬と診断された.皮疹悪化と両下肢浮腫を主訴に平成20年6月当科初診し,貧血,蛋白尿,腎機能低下を認めた.8年前頃から手指の関節痛,変形があり,入院後のX線・骨シンチから関節症性乾癬mutilans typeと診断した.また,口唇粘膜生検でdylon染色陽性,偏光顕微鏡で黄緑色を示す無構造均一な物質を認め,二次性アミロイドーシスと考え,貧血,腎症状は腎アミロイドーシスが原因であると推測した.
  • 紫外LEDを用いた次世代光線治療器の開発および特性評価, 稲田 シュンコ アルバーノ, 天野 浩, 赤崎 勇, 前田 晃, 森田 明理, 電気学会研究会資料. DEI, 誘電・絶縁材料研究会, 2010, (8) 37 - 41,   2010年01月20日
  • 紫外LEDを用いた次世代光線治療器の開発および特性評価(有機材料,一般), 稲田 シュンコ アルバーノ, 天野 浩, 赤崎 勇, 前田 晃, 森田 明理, 電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス, 109, (365) 37 - 41,   2010年01月13日, ピーク波長365mm,半値幅10mmの紫外(UV)LEDを用い,16個×16個(50cm×50cm)のLEDマトリックス光線治療器を試作した。コンピューター制御により,疾患部位のみを部分照射する機能を持たせた。特性評価のため,本治療器,および現在実際の治療に使用されているランプ式UVA1光線治療器を用いてマウスにUV光を照射し,皮膚表面温度および体温を比較した。UVA1ランプで照射したマウスは熱射病に陥り死亡するのに対し,UVLEDでは同一照射量で生存した。この結果,次世代光線治療器としてのUVLEDの優位性が明らかになった。
  • Preferential induction of endothelin-1 in a human epidermal equivalent model by narrow-band ultraviolet B light sources, Reiko Noborio, Akimichi Morita, Photodermatology Photoimmunology and Photomedicine, 26,   2010年01月01日, Narrow-band ultraviolet B (NB-UVB; 310-315 nm) is commonly used to treat vitiligo, but the mechanisms underlying the therapeutic effect have not been understood completely. Here, we evaluated the effects of broadband UVB (BB-UVB), NB-UVB, 308 nm xenon chloride (XeCl) excimer laser, and 308 nm XeCl excimer light on the expression of endothelin-1 (ET-1) in a cultured human epidermal tissue model. Our results provide a theoretical basis for the effectiveness of UVB irradiation, including excimer light and excimer laser, in the treatment of vitiligo. © 2010 John Wiley & Sons A/S.
  • 生物学的製剤への期待 乾癬患者の未来はどう変わるのか, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 120, (1) 71 - 71,   2010年01月
  • 【アトピー性皮膚炎診療ガイドライン改訂のポイント 薬剤評価・位置づけを中心に】 アトピー性皮膚炎診療ガイドライン改訂のポイント 紫外線療法, 古橋 卓也, 森田 明理, Progress in Medicine, 30, (1) 55 - 60,   2010年01月
  • UVB wavelength dependency of antimicrobial peptide induction for innate immunity in normal human keratinocytes, Kan Torii, Akira Maeda, Chiyo Saito, Takuya Furuhashi, Yoichi Shintani, Yuji Shirakata, Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 56,   2009年12月01日
  • Ultraviolet A-1 phototherapy: Indications and mode of action, Jean Krutmann, Helger Stege, Akimichi Morita, Dermatological Phototherapy and Photodiagnostic Methods,   2009年12月01日, The indications for UVA-1 phototherapy fall into four major categories: T-cellmediated skin diseases, mast-cell-mediated skin diseases, connective tissue diseases, and phototherapy in HIV+ patients. UVA-1 radiation-induced T-helper cell apoptosis constitutes the basis of UVA-1 phototherapy in patients with atopic dermatitis. UVA-1 phototherapy has the potential to replace PUVA as the therapy of choice for urticaria pigmentosa patients. UVA-1 is an effective treatment for psoriasis in HIV+ patients. UVA-1 phototherapy may not be performed in patients with UVA-sensitive photodermatoses or photosensitive atopic dermatitis. Children should not be treated with UVA-1 phototherapy except in severe cases of scleroderma where other treatment options do not exist. © 2009 Springer Berlin Heidelberg.
  • Photo(chemo)therapy for atopic dermatitis, Jean Krutmann, Akimichi Morita, Dermatological Phototherapy and Photodiagnostic Methods,   2009年12月01日, Current phototherapy of atopic dermatitis as conducted in daily practice is identical to symptomatic phototherapy. UVA-1 therapy may represent a novel monotherapeutic approach to treating patients with acute, severe exacerbation of atopic dermatitis. PUVA therapy is of limited use for the treatment of patients with atopic dermatitis. Extracorporeal photopheresis may be of benefit for the management of patients with severe atopic dermatitis. 311-nm UVB therapy may represent the phototherapeutic modality of choice to induce long-term improvement in patients with atopic dermatitis. © 2009 Springer Berlin Heidelberg.
  • Mechanisms of photo(chemo)therapy, Jean Krutmann, Akimichi Morita, Craig A. Elmets, Dermatological Phototherapy and Photodiagnostic Methods,   2009年12月01日, UVB, UVA, and psoralen plus UVA (PUVA) therapy exert a variety of immunomodulatory effects on human skin. Induction of apoptosis in skin-infiltrating T cells is the basic mechanism in UVA phototherapy of atopic dermatitis. The mechanisms by which UVA-1 and UVB radiation induce T-cell apoptosis differ markedly. © 2009 Springer Berlin Heidelberg.
  • 平滑筋母斑の1例, 吉田 美沙子, 加藤 裕史, 竹内 藍子, 渡辺 正一, 青山 正子, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 51, (12) 1786 - 1787,   2009年11月, 6ヵ月男児。生後1ヵ月に入浴時や啼泣時に膨隆する線状紅斑を右上腕に気付き、急に冷えた際に黄色に変化して軽度硬化することを繰り返した。約5×1cmの多数の軟毛を伴い、擦過刺激による膨隆はなく、触診により逃避行動や啼泣を認めた。病理所見は真皮浅層から脂肪上層に不規則に走行する平滑筋束を認め、平滑筋細胞に核異型や過角層や色素異常は認めなかった。平滑筋束はデスミン染色で褐色に染色され、マッソン-トリクローム染色では鮮紅色に染色され、平滑筋母斑と診断した。経過観察のみとし、生後11ヵ月現在、皮疹の増大は認めていない。
  • PUVAはTh17細胞の脳脊髄への遊走を抑制することにより自己免疫性脳脊髄炎の発症を抑制する, 古橋 卓也, 前田 晃, 齋藤 稚代, 鳥居 寛, 西岡 明子, 田口 修, 新谷 洋一, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 3, (4) 318 - 318,   2009年10月
  • MS9-7 アレルギー性肉芽腫性血管炎(Churg-Strauss症候群)の2例(好酸球と臨床・アレルギー病態2-好酸球炎症と好酸球増多-,第59回日本アレルギー学会秋季学術大会), 西尾 栄一, 森田 明理, アレルギー, 58,   2009年09月30日
  • PUVAバス療法が奏効した毛孔性紅色粃糠疹の1例, 青山 正子, 山本 あい, 小林 桂子, 森田 明理, 前田 直徳, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2011 - 2011,   2009年09月
  • 後頭部の線状強皮症に対し外科的切除を行った1例, 加藤 裕史, 新谷 洋一, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2011 - 2011,   2009年09月
  • 結節型類天疱瘡の1例, 西田 絵美, 黒川 麻里子, 金子 夏美, 小林 桂子, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2012 - 2012,   2009年09月
  • 臍帯血移植後GVHDの1例, 岡本 恵芽, 新谷 洋一, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 森田 明理, 楠本 茂, 石田 高司, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2015 - 2016,   2009年09月
  • 強皮症に発症した難治性潰瘍に対して人工真皮とミニグラフトを使用した1例, 加藤 裕史, 新谷 洋一, 小林 桂子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2016 - 2016,   2009年09月
  • 特発性副甲状腺機能低下症を合併した尋常性乾癬の1例, 谷口 真也, 金子 夏美, 森田 明理, 今枝 憲郎, 木村 了介, 大河内 昌弘, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2016 - 2017,   2009年09月
  • ヨードカリが著効したerythema nodosum migransの1例, 加藤 裕史, 新谷 洋一, 小林 桂子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2020 - 2020,   2009年09月
  • 先天性三角形脱毛症の1例, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2022 - 2022,   2009年09月
  • 上肢に生じたグロムス腫瘍の2例, 西田 絵美, 金子 夏美, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2024 - 2024,   2009年09月
  • 多発性毛包上皮腫の1例, 谷口 真也, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2024 - 2024,   2009年09月
  • 角層下膿疱症の1例, 岡本 恵芽, 小林 桂子, 金子 夏美, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2025 - 2025,   2009年09月
  • 外陰部に生じた疣状黄色腫の1例, 西田 絵美, 山本 あい, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2027 - 2027,   2009年09月
  • プロテウス症候群の1例, 中村 元樹, 谷口 真也, 渡辺 正一, 森田 明理, 河合 里美, 水野 恵介, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2028 - 2028,   2009年09月
  • 頭部原発アポクリン腺癌の1例, 加藤 裕史, 渡辺 正一, 苅谷 清徳, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2028 - 2028,   2009年09月
  • 再発性多発軟骨炎1例, 青山 正子, 渡辺 正一, 森田 明理, 伊藤 礼, 上田 龍三, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2030 - 2030,   2009年09月
  • 黒色表皮腫と融合性細網状乳頭腫症が合併した1例, 島 理恵子, 小林 桂子, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2031 - 2031,   2009年09月
  • 腹部に生じた神経鞘腫の1例, 中村 元樹, 渡辺 正一, 苅谷 清徳, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2031 - 2032,   2009年09月
  • 尋常性ざ瘡と光線・レーザー療法, 上尾 礼子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (10) 2032 - 2032,   2009年09月
  • 好酸球と臨床・アレルギー病態 好酸球炎症と好酸球増多 アレルギー性肉芽腫性血管炎(Churg-Strauss症候群)の2例, 西尾 栄一, 森田 明理, アレルギー, 58, (8-9) 1227 - 1227,   2009年09月
  • Regulation of skin pigmentation and thickness by dickkopf 1 (DKK1), Yuji Yamaguchi, Akimichi Morita, Akira Maeda, Vincent J. Hearing, Journal of Investigative Dermatology Symposium Proceedings, 14,   2009年08月01日, Dickkopf 1 (DKK1), an inhibitor of Wnt signaling, not only functions as a head inducer during development, but also regulates joint remodeling and bone formation, which suggests roles for DKK1 in the pathogenesis of rheumatoid arthritis and multiple myeloma. We recently demonstrated that levels of DKK1 in palmoplantar dermal fibroblasts are physiologically higher than those observed in non-palmoplantar dermal fibroblasts. Thus, the DKK1-rich mesenchyme in palmoplantar dermis affects the overlying epithelium and induces a palmoplantar phenotype in the epidermis. More specifically, DKK1 suppresses melanocyte function and growth through the regulation of microphthalmia-associated transcription factor (MITF) and β-catenin. Furthermore, DKK1 induces the expression of keratin 9 and α-Kelch-like ECT2-interacting protein (αKLEIP) but downregulates the expression of β-catenin, glycogen synthase kinase 3β, protein kinase C, and proteinase-activated receptor-2 (PAR-2) in keratinocytes. Treatment of reconstructed skin with DKK1 reproduces the hypopigmentation and thickening of skin through Wnt/β-catenin signaling. These studies elucidate why human palmoplantar skin is thicker and paler than non-palmoplantar skin through the secretion of DKK1 by fibroblasts that affect the overlying epidermis. Thus, DKK1 may be useful for reducing skin pigmentation and for thickening photo-aged skin and palmoplantar wounds caused by diabetes mellitus and rheumatic skin diseases. © 2009 The Society for Investigative Dermatology.
  • Journal of Investigative Dermatology Symposium Proceedings: Preface, Masamitsu Ichihashi, Akimichi Morita, Jean Krutmann, Jin Ho Chung, Mary Matsui, Journal of Investigative Dermatology Symposium Proceedings, 14,   2009年08月01日
  • Molecular basis of tobacco smoke-induced premature skin aging, Akimichi Morita, Kan Torii, Akira Maeda, Yuji Yamaguchi, Journal of Investigative Dermatology Symposium Proceedings, 14,   2009年08月01日, Although it is now widely recognized that tobacco smoke has negative effects on the skin, the molecular mechanisms underlying its skin-aging effects remain uncertain. Epidemiological studies indicate that tobacco smoking is a strong independent predictor of facial wrinkle formation and other aspects of premature skin aging. Recent in vivo studies in humans and mice provided the first direct evidence that tobacco smoke causes premature skin aging, and they have begun to reveal the molecular changes in the skin that occur in response to it. Water-soluble tobacco smoke extract, which predominantly produces oxidative stress when applied topically to cultured skin fibroblasts, impairs collagen biosynthesis. Matrix metalloproteinases, which degrade collagen, are induced dose-dependently by tobacco smoke extract as well as by other constituents that trigger the aryl hydrocarbon receptor (AhR), a ligand-dependent transcription factor that mediates the toxicity of several environmental contaminants, including photoproducts in the body generated by UVB radiation. Tobacco smoke also contains many non-water-soluble constituents that activate the AhR pathway. Our most recent studies using hexane-soluble tobacco extract indicate that activation of the AhR pathway may play a role in the premature skin-aging effects of tobacco smoke exposure. © 2009 The Society for Investigative Dermatology.
  • 10.4 生体・医療への光放射の応用(1)皮膚(第10章 光放射の応用), 森田 明理, 古橋 卓也, 照明学会誌, 93, (8) 627 - 628,   2009年08月01日
  • 【皮膚の病気のすべて】 皮膚の病気を治療する 紫外線による治療, 森田 明理, からだの科学, (262) 100 - 103,   2009年08月
  • 感染性心内膜炎に合併したアナフィラクトイド紫斑の1例, 加藤 愛, 森田 明理, 臨床皮膚科, 63, (9) 640 - 644,   2009年08月, 67歳,男性.2005年頃心臓弁膜症を指摘されていた.2008年2〜5月にかけて歯科治療を受けた.7月より39℃前後の発熱が出現した.心雑音あり,心エコーで大動脈弁に疣贅を認め,感染性心内膜炎と診断された.入院し,ペニシリンG大量投与を開始され,大動脈弁置換術を施行された.入院18日目に両下腿に紫斑が出現し,皮膚生検でleukocytoclastic vasculitisの所見であり,アナフィラクトイド紫斑と診断した.同時期の心エコーでは明らかな疣贅を認めなかった.感染性心内膜炎でみられる紫斑としてはJaneway斑などが知られているが,自験例は病理組織所見より,微小血栓に基づく紫斑ではなく,アナフィラクトイド紫斑を合併したものと考えた.(著者抄録)
  • 症例報告 感染性心内膜炎に合併したアナフィラクトイド紫斑の1例, 加藤 愛, 森田 明理, 臨床皮膚科, 63, (9) 640 - 644,   2009年08月
  • 紫外線と皮膚 波長ごとの光生物学的差違, 森田 明理, 日本職業・環境アレルギー学会雑誌, 17, (1) 17 - 18,   2009年07月
  • 菌状息肉症に対するPUVAバス療法の効果の検討 2004~2007年の名古屋市立大学病院での症例解析, 竹内 藍子, 前田 晃, 小林 桂子, 金子 夏美, 新谷 洋一, 山本 あい, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (8) 1585 - 1589,   2009年07月, 皮膚T細胞リンパ腫(CTCL)はその初期においては慢性に経過し悪性度も低いが進行期へ病期が進むと他臓器浸潤など悪性腫瘍としての経過を辿り急激な生存率の低下をみる.従って,CTCLの治療においては早期の段階で如何に進行を遅らせるかが肝要となる.今回我々は菌状息肉症に対するPUVAバス療法の有効性を検討した.当院で2004年から2007年までに経験した菌状息肉症27例につき治療前・治療後の臨床症状,病理組織学的所見,血清中のLDH・可溶性IL2レセプターにおいて比較検討した.その結果PUVAバス療法がのべ48例中39例(81.3%,腫瘤期を除くと86.7%)において著効を示した.またその他の総てのパラメータにおいて有意な改善を認めた.以上の結果よりPUVAバス療法は菌状息肉症の早期治療,進行の抑制に有効であると考えられる.
  • 特別講演 紫外線と皮膚--波長ごとの光生物学的差違 (第40回日本職業・環境アレルギー学会総会・学術大会プログラム), 森田 明理, 日本職業・環境アレルギー学会雑誌, 17, (1) 17 - 19,   2009年07月
  • 【爪疾患 適切な治療をもとめて】 爪甲の混濁する疾患 爪乾癬, 古橋 卓也, 渡辺 正一, 森田 明理, Visual Dermatology, 8, (7) 724 - 725,   2009年06月
  • 光老化のメカニズム, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (7) 1275 - 1275,   2009年06月
  • 頭部乾癬に対する新たな治療戦略, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (7) 1278 - 1278,   2009年06月
  • Weekly Docetaxel にて長期寛解している頭部血管肉腫の2例, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 伊藤 えりか, 山口 裕史, 森田 明理, Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌, 24, (1) 62 - 66,   2009年05月20日, 症例1は80歳女性。左頭頂部に一部に結節を伴う紫斑あり。症例2は79歳男性。頭頂部打撲後に紫斑結節あり。2症例ともに転移はなかったが,手術療法は希望されず。r-IL2(recombinant interleukin2)を局所注射したが,症例1はまもなく効果が消失,症例2は効果が得られなかった。放射線治療後,Weekly Docetaxel療法(25~30mg/m2で,週1回3週連続投与,1週休薬)を繰り返した。症例1は経過中に少量の心嚢水・胸水の貯留を認め,CRが得られていたことからDocetaxelを中止したが現在まで再発はない。症例2は下腿浮腫がみられたが,減量を行い隔週投与によりPRを維持している。Docetaxelは高齢者の頭部血管肉腫に対する治療として副作用が少なく有効な治療のひとつと考えられた。
  • 菌状息肉症に対するPUVAバス療法, 森田 明理, 古橋 卓也, 前田 晃, 皮膚病診療, 31, (5) 621 - 628,   2009年05月
  • 間質性肺炎を合併し不幸な転帰をとった陰部パジェット癌の1例, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 伊藤 えりか, 吉田 美沙子, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 25回,   2009年05月
  • 菌状息肉症に対してPET-CTを行った10例, 加藤 裕史, 古橋 卓也, 新谷 洋一, 前田 晃, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 25回,   2009年05月
  • Effect of UV irradiation on the apoptosis and necrosis of Jurkat cells using UV LED, Shunko A. Inada, Hiroshi Amano, Isamu Akasaki, Akimichi Morita, Keiko Kobayashi, Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering, 7231,   2009年04月06日, Phototherapy is a very effective method for treating most of the incurable skin diseases. A fluorescent light bulb is used as a conventional UV light source for this type of therapy. However, infrared radiation from the light source sometimes causes serious problems on patient's health. In addition, the normal part of the skin is irradiated when a large fluorescent light bulb is used. Moreover, a conventional UV irradiation system is heavy and has a short lifetime and a high electrical power consumption. Therefore, a new UV light source for solving the problems of phototherapy is required. To realize low-power-consumption, lightweight and long-lifetime systems, group III nitride-based UV-A1 light-emitting diodes (LEDs) were investigated. We examined the UV LED irradiation of Jurkat cell, which is a tumor cell and more sensitive to UV light than a healthy cell. The numbers of apoptotic and necrotic cells were confirmed to be the same using a UV LED and a conventional lamp system. The UV LED showed the possibility of realizing a new UV light source for phototherapy. © 2009 SPIE.
  • Evaluation of the clinical and immunohistological efficacy of the 585-nm pulsed dye laser in the treatment of psoriasis, R. Noborio, M. Kurokawa, K. Kobayashi, A. Morita, Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology, 23,   2009年04月01日, Background The 585-nm pulsed dye laser (PDL) therapy is useful for the patients with psoriasis. PDL treatment is based on selective photothermolysis of the dermal vasculature. Objective The objectives of this study were to evaluate the clinical and immunohistological effects of PDL on psoriasis and to examine the association between psoriatic dermal vasculature and the clinical effects. Methods Eleven patients with recalcitrant psoriasis were treated with 585-nm PDL. Biopsy specimens obtained before and after treatment were stained with CD31. All microvessels to the depth of 400 μm from the rete ridge were counted and the internal diameters were measured. Results The mean percent reduction of plaque severity score was 42. The mean microvessel count decreased significantly from 63 to 35.6 (P < 0.001). There was a strong positive correlation between the plaque severity score and microvessel number (P < 0.001) and a strong negative correlation between the microvessel count of an untreated area and degree of the change in the microvessel count after treatment (P = 0.005). Conclusions The findings of this study suggest that PDL treatment improves psoriasis. Moreover, PDL treatment decreased the number of dermal papillary microvessels. Dermal papillary microvessels are important pathogenetic targets of psoriasis, and PDL therapy, which selectively targets superficial vessels, is therefore a valid therapeutic approach. © 2009 European Academy of Dermatology and Venereology.
  • Intractable wounds caused by pyoderma gangrenosum in a patient with critical limb ischemia treated with cyclosporine and adjuvant sympathectomy, Yuji Takahashi, Yuji Yamaguchi, Yuji Yamaguchi, Koichi Itoh, Shigetoshi Sano, Akimichi Morita, Ichiro Katayama, Dermatologic Surgery, 35,   2009年04月01日
  • Apocrine hidrocystomaの1例, 佐川 容子, 新谷 洋一, 山本 あい, 上尾 礼子, 磯村 巌, 森田 明理, 臨床皮膚科, 63, (4) 327 - 330,   2009年04月, 61歳,男性.右上眼瞼に径12mm大の半球状・ドーム状に隆起した弾性軟,表面平滑な常色の皮下結節を認めた.自覚症状はない.病理組織学的に真皮内に嚢腫様構造物が認められた.嚢腫壁は1〜数層の円柱状細胞からなり,管腔側の細胞の一部で断頭分泌の像を認めた.管腔側の細胞胞体内顆粒はPAS染色陽性であった.免疫組織化学染色では,EMA・GCDFP-15・リゾチームにて管腔側の分泌細胞陽性,SMAと34βE12にて基底側の筋上皮細胞陽性であった.以上の所見からapocrine hidrocystomaと診断した.(著者抄録)
  • 乾癬の治療 乾癬難治部位の局所療法を考える ビタミンD3外用から新たなエキシマライトまで, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 26, (2) 182 - 182,   2009年04月
  • 遺伝性対側性色素異常症の兄弟例, 榊原 代幸, 古橋 卓也, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 26, (2) 209 - 209,   2009年04月
  • 全身性強皮症の難治性指潰瘍に骨髄露出閉鎖療法と表皮移植が有効だった1例, 新谷 洋一, 伊藤 えりか, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 山口 裕史, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 26, (2) 216 - 216,   2009年04月
  • 治療経験から見る未来のガイドライン像, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (5) 928 - 928,   2009年04月
  • 菌状息肉症の腫瘍期に対するPUVAバス療法, 吉田 美沙子, 古橋 卓也, 竹内 藍子, 森田 明理, 小野 敦子, 苅谷 清徳, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (5) 948 - 949,   2009年04月
  • 骨髄露出・閉鎖療法により肢切断を避けることができた糖尿病性足潰瘍の1例, 中村 元樹, 山口 裕史, 竹内 藍子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (5) 951 - 951,   2009年04月
  • 壊疽性膿皮症による下腿潰瘍に対して吸引水疱蓋移植を行った1例, 加藤 裕史, 新谷 洋一, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (5) 951 - 952,   2009年04月
  • 名古屋市立大学病院での皮膚悪性腫瘍に対するセンチネルリンパ節生検の検討, 渡辺 正一, 加藤 裕史, 山口 裕史, 森田 明理, 苅谷 清徳, 中村 元樹, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (5) 954 - 954,   2009年04月
  • ナローバンドUVB療法が奏効した汎発性膿疱性乾癬の1例, 三谷 有史, 新谷 洋一, 磯村 巌, 森田 明理, 西日本皮膚科, 71, (1) 26 - 29,   2009年03月20日, 72歳の女性。初診2ヶ月前より手掌より紅斑出現。全身に拡大し,全身症状を伴ってきたため受診。臨床・病理組織像などから汎発性膿疱性乾癬と診断した。エトレチナート,シクロスポリン,PUVA療法を行い症状は改善し,その皮疹はおよそ5年間ビタミンD3の外用のみで落ち着いていた。しかし初診の6年後になって,急速に皮疹再燃し入院となった。肝機能障害のためエトレチナートとシクロスポリンの治療は継続できずPUVA療法を選択した。しかしPUVA療法では一時的な軽快はするものの,十分な治療効果が得られずナローバンドUVB療法に変更した。17回照射し全身の皮疹は消失した。本症例においてナローバンドUVB療法は汎発性膿疱性乾癬に有効であった。
  • Stage III melanoma treated with chemotherapy after surgery during the second trimester of pregnancy, Yuji Yamaguchi, Isao Ishida, Atsushi Tanemura, Ko Hosokawa, Satoshi Itami, Akimichi Morita, Ichiro Katayama, Archives of Dermatology, 145,   2009年03月01日
  • Bath-PUVA therapy induces circulating regulatory T cells in patients with psoriasis, Chiyo Saito, Akira Maeda, Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 53,   2009年03月01日
  • 光老化をより理解するために 活性酸素・UVAの働きから光老化のメカニズムをわかりやすく考える, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (4) 620 - 620,   2009年03月
  • エキシマライト(308nm)の有効性と、安全性を考慮した照射方法について あらたなターゲット型光線療法 メカニズムから考える光線療法の照射方法, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (4) 630 - 630,   2009年03月
  • セレン欠乏により生じた白色爪および毛髪異常, 伊藤 えりか, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (4) 699 - 699,   2009年03月
  • 尋常性乾癬に対する外来PUVAバス療法の検討, 古橋 卓也, 加藤 裕史, 川嶋 佳奈, 齋藤 稚代, 前田 晃, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (4) 706 - 706,   2009年03月
  • 部位別効果と皮膚色計測からみた308nmエキシマレーザーの尋常性白斑に対する有効性, 上尾 礼子, 吉田 美沙子, 中村 元樹, 小島 令子, 大島 理恵子, 久保 良二, 加藤 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (4) 707 - 707,   2009年03月
  • 骨露出を伴う糖尿病性足潰瘍に対する骨髄露出・閉鎖療法・吸引水疱蓋移植による治療成績, 山口 裕史, 加藤 裕史, 中村 元樹, 新谷 洋一, 伊藤 えりか, 渡辺 正一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (4) 712 - 712,   2009年03月
  • 多発性皮膚潰瘍を繰り返した全身性エリテマトーデスの1例, 新谷 洋一, 竹内 藍子, 日下部 有季子, 小林 桂子, 小野 敦子, 速水 芳仁, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (4) 745 - 745,   2009年03月
  • 色素拡大速度の解析から考えた尋常性白斑に対する1mmミニグラフトの標準的手順の確立, 加藤 裕史, 伊藤 えりか, 前田 晃, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (4) 758 - 758,   2009年03月
  • 円形脱毛症に対するナローバンドUVB療法の安全性と有効性の検討, 金子 夏美, 大野 裕子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (4) 803 - 803,   2009年03月
  • 【たばことアレルギー】 たばこの皮膚への影響, 森田 明理, Topics in Atopy, 8, (1) 31 - 35,   2009年03月
  • 爪甲病変に対するダーモスコピーの選択, 新谷 洋一, 森田 明理, 臨床皮膚科, 63, (3) 184 - 189,   2009年03月, 近年,テレビなどの影響により,手足の悪性黒色腫や爪甲の色素性病変を主訴に受診する患者が増加している.爪甲にできる色素性病変では,進行例の悪性黒色腫を除き,早期悪性黒色腫と,爪部色素性母斑による爪甲色素線条との鑑別が困難な場合が多い.そこで,4種類のダーモスコピー,(1)HEINE DELTA10(HEINE),(2)Dermaphot(HEINE),(3)DermLite II FLUID(3GEN),(4)DermLite FOTO(3GEN)を使用し,爪甲病変の見え方の比較を行った.その結果,DermLite II FLUIDでは,爪甲部病変の境界が明瞭に確認でき,また色素斑と重なった出血の判断にも,より有用であった.一方,DELTA 10,Dermaphotは色合いが自然であり,爪以外の皮膚を見るのにより有効と考えられた.このように病変・部位ごとに,より適したダーモスコピーを選択する必要があると考えられた.(著者抄録)
  • ナローバンドUVB療法が奏効した汎発性膿疱性乾癬の1例, 三谷 有史, 新谷 洋一, 磯村 巌, 森田 明理, 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology, 71, (1) 26 - 29,   2009年02月01日, 72歳の女性。初診2ヵ月前より手掌より紅斑出現。全身に拡大し,全身症状を伴ってきたため受診。臨床・病理組織像などから汎発性膿疱性乾癬と診断した。エトレチナート,シクロスポリン,PUVA療法を行い症状は改善し,その皮疹はおよそ5年間ビタミンD3の外用のみで落ち着いていた。しかし初診の6年後になって,急速に皮疹再燃し入院となった。肝機能障害のためエトレチナートとシクロスポリンの治療は継続できずPUVA療法を選択した。しかしPUVA療法では一時的な軽快はするものの,十分な治療効果が得られずナローバンドUVB療法に変更した。17回照射し全身の皮疹は消失した。本症例においてナローバンドUVB療法は汎発性膿疱性乾癬に有効であった。(著者抄録)
  • 患者のQOLを高める! 白斑へのアプローチ 白斑の基礎と最新治療, 森田 明理, Expert Nurse, 25, (2) 104 - 105,   2009年02月
  • 【禁煙 喫緊の課題となった受動喫煙防止】 喫煙の基礎医学 皮膚, 森田 明理, 治療学, 43, (2) 167 - 170,   2009年02月
  • 【遺伝性皮膚疾患(水疱症、角化症)】 臨床例 色素失調症, 久保 良二, 澤田 啓生, 森田 明理, 皮膚病診療, 31, (2) 171 - 174,   2009年02月, 日齢27日女児。出生時から四肢を中心に紅斑、小水疱、丘疹を認めた。母親の幼少時に同様の皮疹があり、叔母に手爪の変形があった。母親は男児2例の流産歴があった。受診時、腋窩から四肢全体にBlaschko線に沿うように網目状の褐色斑を認めた。その他、紅斑、丘疹、水疱や痂皮が散在し、頭頂部には脱毛斑を2ヶ所認めた。病理組織学的所見で角層の過角化と錯角化を認め、表皮は肥厚していた。表皮真皮内へ好酸球やリンパ球等の炎症細胞が浸潤し、海綿状態を呈していた。真皮浅層にはメラノファージがみられ、組織学的色素失調を呈していた。鑑別疾患として、先天性表皮水疱症、新生児中毒性紅斑、一過性新生児膿疱性色素沈着、伝染性膿痂疹、単純疱疹・帯状疱疹が挙げられた。Blaschko線に沿う特徴的な皮疹、病理組織での好酸球浸潤、組織学的色素失調を認めたことから色素失調症と診断した。ヘパリン類似物質含有ローション外用で紅斑、丘疹は消失した。
  • 乾癬治療の併用療法 あなたならどの外用剤を用いますか?, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 119, (2) 206 - 207,   2009年02月
  • Clinical effect of low-energy double-pass 1450 nm laser treatment for acne in Asians, Reiko Noborio, Emi Nishida, Akimichi Morita, Photodermatology Photoimmunology and Photomedicine, 25,   2009年01月21日, Background: While the 1450nm diode laser is highly effective for the treatment of acne, its use is associated with considerable pain. Low-energy, double-pass irradiation was attempted as an alternative to prevent the occurrence of pain as an adverse effect. Purpose: This study aimed to evaluate the clinical efficacy of low-energy, double-pass, 1450 nm diode laser treatment in the treatment of acne in Asian patients. Methods: Thirty Japanese patients with inflammatory acne were treated with the low-energy, double-pass, 1450 nm diode laser at 2-4-week intervals. An open study was performed in patients that underwent at least five and up to 10 treatment sessions. The clinical effect was assessed using an acne grading scale. Results: Of the 30 patients, 27 completed the study. The mean acne grades decreased from 3.9 to 1.4 (P < 0.01) in the 27 patients. The pain was tolerated by 25 patients, and two patients required local anesthesia. No remarkable side effects occurred in any of the patients; all but a few patients had transient faint erythema. Conclusion: Low-energy, double-pass therapy is an alternative method that is beneficial for patients who complain of considerable pain. Furthermore, the method may have a lower risk of transient hyperpigmentation induced by cryogen spray, even in Asian patients who tend to develop inflammatory pigmentation. © 2009 The Authors Journal compilation © 2009 Blackwell Munksgaard.
  • Feasibility and accuracy of a newly developed hand-held device with a flat-type fluorescent lamp for measuring the minimal erythema dose for narrow-band UVB therapy, Akimichi Morita, Yoichi Shintani, Emi Nishida, Hiroshi Kato, Hisashi Yoshida, Maki Minamoto, Yuji Yamaguchi, Akira Maeda, Photodermatology Photoimmunology and Photomedicine, 25,   2009年01月19日, Background: Narrow-band ultraviolet B (NB-UVB) for the treatment of refractory skin diseases, such as psoriasis and atopic dermatitis, requires an adequate irradiation protocol based on the minimal erythema dose (MED) to establish an optimal dosage schedule. Although MED can be measured using a systemic-type irradiation unit, there are difficulties associated with this device. There is no standardized device available to determine the MED for NB-UVB. Here, we compared a conventional device with a newly developed device for measuring MED. Method: MED was measured in 16 psoriasis patients using both a conventional measuring device and the newly developed device, which comprised a hand-held NB-UVB (311-313 nm) flat-type fluorescent lamp with neutral density filters having different transmittances ranging from 10% to 90%. This device was designed to be stably maintained on the skin surface and to provide a highly accurate measurement with only one UV irradiation exposure while also preventing UV radiation from leaking to nonirradiated areas. Results: The MED values obtained from each patient were the same using both devices. Conclusion: One-time irradiation using the new hand-held device with the NB-UVB flat-type fluorescent lamp is feasible and accurate for determining the MED to use in calculating the UV irradiation treatment dose. © 2009 The Authors Journal compilation © 2009 Blackwell Munksgaard.
  • The development of a filter to enhance the efficacy and safety of excimer light (308 nm) therapy, Keiko Kobayashi, Yoko Yasuda, Yoichi Shintani, Taku Sumitomo, Takashi Saga, Makoto Kimura, Aya Yamamoto, Toshio Mori, Akira Maeda, Yuji Yamaguchi, Akimichi Morita, Photodermatology Photoimmunology and Photomedicine, 25,   2009年01月19日, Background: Excimer light (308 nm) therapy is a new ultraviolet (UV) B phototherapy for which the efficacy and resulting DNA damage are not well established. Purpose: To develop an effective and safe phototherapy using the excimer lamp, we studied the effects of different light cut-off filters, A and B. Methods: Efficacy was evaluated by measuring apoptosis using fluorescence-activated cell sorting analysis. DNA damage was evaluated by measuring cyclobutane pyrimidine dimers (CPDs). Light sources, including normal wave and short wave (SW) excimer light, broad-band (BB) UVB, and narrow-band (NB) UVB, were examined using the filters. A human skin equivalent model was also examined. Results: The ratio of positive apoptosis to CPD formation normalized to the mean induced by NB-UVB was 5.7 using the excimer lamp without a filter, 6.3 using the excimer lamp with the A filter, 6.4 using the SW excimer lamp without a filter, and 4.2 using the BB-UVB. The A filter reduced CPD formation induced by the normal wave and SW excimer lamp. In the human skin equivalent model, the use of filters significantly decreased the amount of CPD-positive cells. Conclusions: These findings suggest that using the A filter with the excimer lamp increases the efficacy and safety of excimer light therapy. © 2009 The Authors Journal compilation © 2009 Blackwell Munksgaard.
  • More manuscript submissions, higher quality science!, Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 53,   2009年01月01日
  • 【蕁麻疹とその類症】 臨床例 日光蕁麻疹, 小林 桂子, 榊原 代幸, 森田 明理, 皮膚病診療, 31, (1) 29 - 32,   2009年01月
  • プロテウス症候群, 中村 元樹, 渡辺 正一, 谷口 真也, 森田 明理, 河合 里美, 水野 恵介, 皮膚科の臨床, 51, (1) 110 - 111,   2009年01月, 0歳女児。患者は胎児期より胎内エコーで頭部、臀部に多発性腫瘤が認められ、リンパ管腫が疑われていた。在胎37週3日目、自然分娩にて出生(2970g、Apg.9)し、NICU入院後に著者らの皮膚科へ紹介となった。受診時、頭囲の拡大、右前額部から頬部の皮膚膨隆、右側頭部と右大腿部に皮下腫瘤の多発、右耳介の肥大、更に左右両側の側胸部から背部にかけポートワイン母斑、左足第3〜5趾の肥大、両側足紋の異常がみられた。一方、CTでは右脳と右脳室の拡大が認められ、Darmstadtらの診断基準は16.5点であった。以上より、本症例はプロテウス症候群と診断されたが、家族は手術や生検を希望せず、現在はポートワイン母斑については他院にてダイレーザー照射を受けている。
  • 体外循環式光化学療法(フォトフェレーシス)誘導制御性T細胞の検討, 前田 晃, 新谷 洋一, 古橋 卓也, 斎藤 稚代, 鳥居 寛, 大竹 絵依子, 佐久間 志帆, Schwarz Thomas, 森田 明理, Nagoya Medical Journal, 50, (1) 44 - 45,   2009年01月
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班の2008年度活動報告 中部山岳国立公園内に開設11年目を迎えた山岳医療の現状, 青木 優祐, 三浦 裕, 岡嶋 一樹, 津田 洋幸, 森田 明理, 浅井 清文, 中西 真, 森山 昭彦, 勝屋 弘忠, 間渕 則文, 中川 隆, 早川 純午, 石川 達也, 平谷 良樹, 薊 隆文, 坪井 謙, 小山 勝志, 伊藤 えりか, 吉田 嵩, 河辺 眞由美, 土肥 名月, 野路 久仁子, 黒野 智恵子, 矢崎 蓉子, 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班, Nagoya Medical Journal, 50, (1) 46 - 46,   2009年01月
  • 尋常性乾癬患者の外傷性潰瘍に対して吸引水疱蓋移植を用いた1例, 加藤 裕史, 山口 裕史, 伊藤 えりか, 前田 晃, 森田 明理, Skin Surgery, 18, (1) 49 - 49,   2009年01月
  • 紫外線による治療 (皮膚の病気のすべて) -- (皮膚の病気を治療する), 森田 明理, からだの科学, (262) 100 - 103,図版1p,   2009年
  • Chk1 phosphorylation at Ser286 and Ser301 occurs with both stalled DNA replication and damage checkpoint stimulation, Yosuke Ikegami, Yosuke Ikegami, Hidemasa Goto, Tohru Kiyono, Masato Enomoto, Masato Enomoto, Kousuke Kasahara, Yasuko Tomono, Keiichi Tozawa, Akimichi Morita, Kenjiro Kohri, Masaki Inagaki, Masaki Inagaki, Biochemical and Biophysical Research Communications, 377,   2008年12月26日, We previously reported Chk1 to be phosphorylated at Ser286 and Ser301 by cyclin-dependent kinase (Cdk) 1 during mitosis [T. Shiromizu et al., Genes Cells 11 (2006) 477-485]. Here, we demonstrated that Chk1-Ser286 and -Ser301 phosphorylation also occurs in hydroxyurea (HU)-treated or ultraviolet (UV)-irradiated cells. Unlike the mitosis case, however, Chk1 was phosphorylated not only at Ser286 and Ser301 but also at Ser317 and Ser345 in the checkpoint response. Treatment with Cdk inhibitors diminished Chk1 phosphorylation at Ser286 and Ser301 but not at Ser317 and Ser345 with the latter. In vitro analyses revealed Ser286 and Ser301 on Chk1 to serve as two major phosphorylation sites for Cdk2. Immunoprecipitation analyses further demonstrated that Ser286/Ser301 and Ser317/Ser345 phosphorylation occur in the same Chk1 molecule during the checkpoint response. In addition, Ser286/Ser301 phosphorylation by Cdk2 was observed in Chk1 mutated to Ala at Ser317 and Ser345 (S317A/S345A), as well as Ser317/Ser345 phosphorylation by ATR was in S286A/S301A. Therefore, Chk1 phosphorylation in the checkpoint response is regulated not only by ATR but also by Cdk2. © 2008 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • In vivo expansion of CD4+Foxp3+ regulatory T cells mediated by GITR molecules, Tomohisa Nishioka, Emi Nishida, Emi Nishida, Ryuji Iida, Akimichi Morita, Jun Shimizu, Immunology Letters, 121,   2008年12月22日, CD4+Foxp3+ regulatory T cells (Treg cells) play an important role in maintaining self-tolerance as suppressive/regulatory CD4 T cells. In vitro analyses have revealed the characteristics of Treg cells, that is, hyporesponsiveness when stimulated via TCR in the presence of splenic APC. In this study, we report a new mAb, G3c, which can induce the expansion of Treg cells stimulated with anti-CD3 Ab along with splenic APC, the culture conditions in which Treg cells exhibit hyporesponsiveness. Surprisingly, G3c mAb recognized glucocorticoid-induced TNFR family-related proteins (GITR). G3c mAb had stronger co-stimulatory activity for both Treg cells and responder T cells than another anti-GITR Ab (DTA1) in vitro. The in vivo administration of G3c increased the number of Treg cells and had less effect in inducing anti-tumor immunity in normal mice, although G3c had some anti-tumor effect on non-Treg cells in the absence of Treg cells in vivo, in contrast to the anti-tumor therapeutic effect of DTA1 in normal mice. Therefore, we need to know that the manipulation of immune responses with the use of anti-GITR Abs results from a balance between co-stimulatory effects on Treg cells and on responder cells, and we must aim at a narrow window leading to the therapeutic effects. © 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • 大学医局からみた勤務医師問題, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (13) 2648 - 2650,   2008年12月15日
  • 新たな選択的紫外線療法(UVA1)とそのエビデンス, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (13) 2881 - 2883,   2008年12月15日
  • 皮膚科勤務医が燃え尽きないために 大学医局からみた勤務医師問題, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (13) 2648 - 2650,   2008年12月
  • 光線療法の現状と展望 新たな選択的紫外線療法(UVA1)とそのエビデンス, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (13) 2881 - 2883,   2008年12月
  • Antigen-independent generation of a unique CD4 T cell-subset with aging and its persistent unresponsiveness, Emi Nishida, Emi Nishida, Tomohisa Nishioka, Ryuji Iida, Hideo Yagita, Akimichi Morita, Jun Shimizu, Immunology Letters, 121,   2008年11月16日, Aging leads to a decline in the reactivity of CD4 T cells, in humans and mice. However, we have reported that not all CD4 T cells in aged mice were hyporesponsive, that is, a particular subset maintained the ability to mount a normal response. In this study, we examined the possibility of recalling reactivity in the hyporesponsive CD4 T cell-subset in aged mice. In vivo experiments revealed the changes in CD4 T cell-subsets in aged mice to be antigen-independent and aging-dependent. Once the CD4 T cells became hyporesponsive, they persistently exhibited a weak response. Furthermore, immunization with a co-stimulatory antibody had no effect on T cell-responses in aged mice, although it had a significant effect in young mice. As this hyporesponsive subset accounts for the majority of CD4 T cells in aged mice, it is important to elucidate the cause of the hyporesponsiveness. © 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Experimental extracorporeal photopheresis inhibits the sensitization and effector phases of contact hypersensitivity via two mechanisms: Generation of IL-10 and induction of regulatory T cells, Akira Maeda, Akira Maeda, Agatha Schwarz, Ann Bullinger, Akimichi Morita, David Peritt, Thomas Schwarz, Journal of Immunology, 181,   2008年11月01日, Extracorporeal photopheresis (ECP) is used to treat immune-mediated diseases including transplant rejection and graft-vs-host-disease. An experimental murine model of ECP utilizing contact hypersensitivity (CHS) revealed that ECP inhibits the sensitization of CHS and induces regulatory T cells (Treg). In this study, we find that ECP inhibits not only the sensitization but also the effector phase of CHS, although Treg only inhibited sensitization. IL-10 was determined to be a critical component of the effector phase inhibition and also a driving force in developing Treg. Thus, we propose that the inhibition of the effector phase of CHS by ECP is a process that does not require Treg but may be mediated via enhanced IL-10 as suggested by the use of IL-10-deficient mice. This suggests that ECP has at least two mechanisms of action, one inhibiting the effector phase of CHS and one generating Treg, which in turn can inhibit CHS sensitization and is responsible for the transferable protection. Together, this may help explain the clinical benefits of ECP in prophylactic, acute, and therapeutic settings. Copyright © 2008 by The American Association of Immunologists, Inc.
  • 先天性絞扼輪症候群にeccrine angiomatous hamartomaを合併した1例, 小島 令子, 苅谷 清徳, 榊原 代幸, 山口 裕史, 森田 明理, 臨床皮膚科, 62, (12) 926 - 929,   2008年11月, 10歳,女児.先天性絞扼輪症候群のため,右第3指DIP関節遠位端および,右第4指先端の一部に欠損がある.5歳時よりその右第3指先端に疼痛を自覚,整形外科にて皮下腫瘤を指摘された.次第に疼痛が増悪し,当科を紹介された.疼痛除去を目的に切除したところ,病理組織像で真皮内の膠原線維の増殖と脂肪織の不整な分布を認め,真皮中層〜深層に増生した膠原線維内にエクリン汗腺と小血管の増生,特に神経の増加を認め,eccrine angiomatous hamartomaと診断した.切除後,疼痛は消失した.これまで先天性絞扼輪症候群とeccrine angiomatous hamartomaの合併例報告はなく,詳細は不明であるが,両疾患の発生・特徴から,この2つの疾患には関連があると考えられた.(著者抄録)
  • 尋常性白斑に対する1ミリミニグラフト療法の検討, 加藤 裕史, 新谷 洋一, 渡辺 正一, 金子 夏美, 西田 絵美, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (11) 2211 - 2217,   2008年10月20日
  • メカニズムから考える光線療法の照射方法-ナローバンドUVBからターゲット型光線療法, 森田 明理, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, 2, (4) 293 - 293,   2008年10月10日
  • 【各科領域における禁煙治療の実際】 皮膚科領域, 森田 明理, 医薬ジャーナル, 44, (10) 2380 - 2384,   2008年10月, 喫煙による健康被害は、肺癌や心血管イベントなどの重篤な病気との関連のみに関心が寄せられてきた。だが、遠からず歯や皮膚といった外見に対する影響も重視されるようになるだろう。現在、世界的に女性喫煙者の増加が問題となっている一方で、多くの女性が美白やアンチエイジングに注目している。そこで、喫煙による皮膚の老化という側面をもっと一般の人々にアピールしていくことで、禁煙の推進が可能になるのではないか。本稿では、喫煙による皮膚老化のメカニズムを中心に概説した。(著者抄録)
  • PUVAによる制御性T細胞を介した自己免疫性脳脊髄炎発症抑制, 前田 晃, 斉藤 稚代, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 2, (4) 327 - 327,   2008年10月
  • シクロスポリン内服中の尋常性乾癬患者における血圧に対するアンジオテンシンII受容体拮抗薬の比較検討, 齋藤 稚代, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (11) 2261 - 2262,   2008年10月
  • QOL評価による乾癬治療の選択, 川嶋 佳奈, 齋藤 稚代, 前田 晃, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (11) 2262 - 2262,   2008年10月
  • 尋常性乾癬における扁桃摘出術の効果, 佐川 容子, 新谷 洋一, 山口 裕史, 森田 明理, 濱島 有喜, 村上 信五, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (11) 2262 - 2262,   2008年10月
  • 尋常性白斑に対する1ミリミニグラフト療法の検討, 加藤 裕史, 新谷 洋一, 渡辺 正一, 金子 夏美, 西田 絵美, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (11) 2211 - 2217,   2008年10月, 我々の施設では,以前より尋常性乾癬に対してPUVA療法などの光線治療をおこなっており,また,1999年よりナローバンドUVBも取り入れて多くの患者に治療をおこなっている.最近では尋常性白斑に対してナローバンドUVB療法・吸引水疱蓋による表皮移植術などをおこなっており,尋常性白斑の初診患者が多くなっているが,一部の症例で光線療法に反応が悪く難治なものが存在する.今回我々は1ミリ生検トレパンを使用し,植皮を行う,所謂ミニグラフト療法を,分節型5例,汎発型4例,限局型1例の計10例の尋常性白斑患者へ行い,分節型では術後2カ月~7カ月のフォローで平均62%の色素発色を認め,汎発型では4カ月~10カ月のフォローで17.5%の色素発色を得た.この治療法は,術後安静もほとんど必要とせず,また瘢痕も残りにくいため,尋常性白斑に対する治療として非常に優れたものであると考えられる.
  • 皮膚科領域 (特集 各科領域における禁煙治療の実際), 森田 明理, 医薬ジャ-ナル, 44, (10) 102 - 106,   2008年10月
  • A case of incontinentia pigmenti in a male infant, Shoichi Watanabe, Akimichi Morita, Nishinihon Journal of Dermatology, 70, (4) 406 - 409,   2008年09月11日, A male infant aged 0, gestational age 40 weeks and 2 days, was delivered vaginally (birth weight 2626 g) and had an Apgar score of 8. At birth he had vesicles and crusts linearly along the Blaschko line on his right lower extremity and on his right flank. There was no familial history of this condition. Examination of a biopsy specimen of the skin from a vesicle on his right lower extremity showed vesicle formation containing numerous eosinophils in a spongiotic epidermis. Areas of eruption existed only on the right side. Based on typical clinical features and pathological findings, the infant was diagnosed with incontinentia pigmenti (IP). Detailed examination of the infant revealed no complications. All vesicles disappeared with application of emollients and changed to pigmented macules within the first 6 months of life. Male cases of IP are rare since IP is considered to be a male-lethal disorder. We have summarized male cases of IP that have been reported in Japan.
  • 【色素脱失のすべて】 尋常性白斑の光線療法, 加藤 裕史, 森田 明理, Derma., (143) 1 - 8,   2008年09月, 尋常性白斑は外来診療にて日常的に遭遇する疾患の一つである。治療法としてはさまざまなものが提唱されているが、いまだにスタンダードなものは見当たらないのが現状である。2008年春の保険診療改訂により、308〜313nmの波長を有する紫外線照射治療の診療点数が見直されたこともあり、今後全国的にも機器の普及が見込まれ、光線療法が尋常性白斑の治療の主体となっていくと考えられる。しかしながら、光線療法を用いても難治な患者が存在するのも事実である。今回我々は、尋常性白斑に対する光線療法を主体に、手術療法をも含めそのパターン別推奨治療案を作成し報告する。尋常性白斑では、患者のいくつかの要因・病変の範囲・部位、さらには社会状況などに応じて個々の患者に対してさまざまな治療を選択する必要がある。(著者抄録)
  • 腹腔marginal zone B cell lymphomaを合併した悪性黒色腫の1例, 苅谷 清徳, 渡辺 正一, 小林 桂子, 森田 明理, 花井 信広, 小松 弘和, 杉戸 信好, 高橋 智, 蒲澤 ゆき, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (10) 1999 - 1999,   2008年09月
  • 紫外線と免疫機能, 森田 明理, 前田 晃, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (9) 1683 - 1689,   2008年08月20日
  • Induction of regulatory dendritic cells by topical application of NF-κB decoy oligodeoxynucleotides, Iwao Isomura, Yoichi Shintani, Yoko Yasuda, Kunio Tsujimura, Akimichi Morita, Immunology Letters, 119,   2008年08月15日, Dendritic cells (DC) have a key role in inducing an immune response, but DC in different maturation states are responsible for inducing tolerance. Topical application of nuclear factor (NF)-κB decoy oligodeoxynucleotides (ODN) induces antigen-specific peripheral tolerance in delayed-type hypersensitivity (DTH) to ovalbumin (OVA) by expanding CD4 +CD25 + regulatory T cells and by inhibiting DC migration. Herein we describe how topical NF-κB decoy ODN modulate DC maturation with respect to their migration, phenotype, and cytokine profiles. Topical application of NF-κB decoy ODN after OVA sensitization delayed the migration of Langerhans cells (LC) into draining lymph nodes, and morphologically mature LC remained in the peripheral tissue 2 days longer than in OVA-sensitized mice without application of NF-κB decoy ODN. During migration, NF-κB decoy-treated DC preferentially expressed inhibitory B7 molecules (i.e., B7-H1, B7-DC, and B7-H3) compared to OVA-sensitized DC without NF-κB decoy ODN, whereas co-stimulatory molecules (MHC class II, B7-1 and B7-2) were upregulated. Adoptive transfer of NF-κB decoy-treated DC inhibited DTH induction in prophylactic and therapeutic experiments. Inhibition of DTH by DC transfer was antigen-specific in vivo. This decoy ODN strategy might be useful for regulating immunity through DC. © 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • TRPM8 activation suppresses cellular viability in human melanoma, Hisao Yamamura, Hisao Yamamura, Hisao Yamamura, Shinya Ugawa, Takashi Ueda, Akimichi Morita, Shoichi Shimada, American Journal of Physiology - Cell Physiology, 295,   2008年08月01日, The transient receptor potential melastatin subfamily (TRPM), which is a mammalian homologue of cell death-regulated genes in Caenorhabditis elegans and Drosophila, has potential roles in the process of the cell cycle and regulation of Ca2+signaling. Among this subfamily, TRPM8 (also known as Trp-p8) is a Ca2+-permeable channel that was originally identified as a prostate-specific gene upregulated in tumors. Here we showed that the TRPM8 channel was expressed in human melanoma G-361 cells, and activation of the channel produced sustainable Ca2+influx. The application of menthol, an agonist for TRPM8 channel, elevated cytosolic Ca2+concentration in a concentration-dependent manner with an EC50value of 286 μM in melanoma cells. Menthol-induced responses were significantly abolished by the removal of external Ca2+. Moreover, inward currents at a holding potential of -60 mV in melanoma cells were markedly potentiated by the addition of 300 μM menthol. The most striking finding was that the viability of melanoma cells was dose-dependently depressed in the presence of menthol. These results reveal that a functional TRPM8 protein is expressed in human melanoma cells to involve the mechanism underlying tumor progression via the Ca2+handling pathway, providing us with a novel target of drug development for malignant melanoma. Copyright © 2008 the American Physiological Society.
  • 10.4 生体・医療への光放射の応用(1) : 皮膚(第10章 光放射の応用), 森田 明理, 照明学会誌, 92,   2008年08月01日
  • 【他科医に聞きたいちょっとしたこと】 乾癬と思われる紅斑の治療, 森田 明理, クリニシアン, 55, (8) 798 - 800,   2008年08月
  • 男児にみられた色素失調症の1例, 渡辺 正一, 森田 明理, 西日本皮膚科, 70, (4) 406 - 409,   2008年08月, 0歳,男児。妊娠40週2日,2626gで自然分娩にて出生した。Apgarスコアーは8点,出生時より右下肢,右側腹部に線状に配列する小水疱および痂皮を認めた。家族内に同症はない。右下腿の水疱からの皮膚病理組織弱拡大像では,表皮内に水疱を認め,真皮の一部に浮腫を認めた。また強拡大像では多数の好酸球浸潤を認めた。臨床・皮膚病理組織所見より色素失調症と診断した。合併症はなく,皮疹は片側性に存在した。保湿剤の外用のみを行ったところ,生後6ヵ月には皮疹は褐色斑のみとなった。色素失調症として稀な男児例の特徴について文献的に考察した。(著者抄録)
  • 皮膚科セミナリウム 皮膚と免疫 皮膚の免疫学 紫外線と免疫機能, 森田 明理, 前田 晃, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (9) 1683 - 1689,   2008年08月, 最近の免疫学の進歩から、紫外線によって抗原特異的な制御性T細胞が誘導されたことが明らかとなった。紫外線によって、獲得免疫の誘導が抑えられる一方、制御性T細胞の誘導・抗菌ペプチド(自然免疫)の誘導があるため、皮膚が健康に保たれる調和の取れたメカニズムが存在する。紫外線療法によって、比較的長期間の寛解期間が得られるのは、病因となる細胞のアポトーシス誘導のみならず、制御性T細胞の誘導が考えられている。本稿では、紫外線によるアポトーシスと免疫抑制について概説した。(著者抄録)
  • Narrow-band UVBによる白斑治療の可能性, 石井 暁彦, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (9) 1739 - 1739,   2008年08月
  • 爪甲の色素線状に対するDermLite II FLUIDの有用性, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (9) 1740 - 1741,   2008年08月
  • 知っておきたい乾癬の基礎知識 光線療法 PUVA・ナローバンドUVBからターゲット型光線療法, 森田 明理, 飯塚 一, 医薬の門, 48, (4) 340 - 345,   2008年08月
  • Weekly Docetaxelにて長期寛解している頭部血管肉腫の2例, 渡辺 正一, 中村 元樹, 加藤 裕史, 山口 裕史, 森田 明理, 苅谷 清徳, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 24回,   2008年07月
  • 308nmエキシマレーザー(XTRAC Ultra Laser)の尋常性白斑に対する安全性と有効性の評価, 上尾 礼子, 久保 良二, 鈴木 亜希子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (8) 1554 - 1554,   2008年07月
  • 多発性骨髄腫治療中に髄外性形質細胞腫をきたした1例, 青山 正子, 森田 明理, 飯田 真介, 上田 龍三, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (8) 1562 - 1563,   2008年07月
  • 表皮直下の局所麻酔施行による吸引水疱蓋作成時間の短縮効果, 山口 裕史, 花房 崇明, 片山 一朗, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (8) 1564 - 1564,   2008年07月
  • 多発筋炎とgeneralized morpheaの合併した1例, 金子 夏美, 小林 桂子, 渡辺 正一, 苅谷 清徳, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (8) 1565 - 1565,   2008年07月
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班の2007年度活動報告 中部山岳国立公園内に開設10年目を迎えた山岳医療の現状, 三浦 裕, 津田 洋幸, 森田 明理, 勝屋 弘忠, 浅井 清文, 中西 真, 間渕 則文, 森山 昭彦, 早川 純午, 岡田 秀親, 石川 達也, 平谷 良樹, 薊 隆文, 坪井 謙, 榊原 嘉彦, 小山 勝志, 松嶋 麻子, 成田 朋子, 伊藤 えりか, 河辺 眞由美, 野路 久仁子, 黒野 智恵子, 矢崎 蓉子, 太田 伸生, Nagoya Medical Journal, 49, (4) 303 - 304,   2008年07月
  • Recent developments in phototherapy: Treatment methods and devices, Akimichi Morita, Mark Weiss, Akira Maeda, Recent Patents on Inflammation and Allergy Drug Discovery, 2,   2008年06月01日, We review recently patented methods and devices that allow for more effectively targeted phototherapy with fewer side effects. Among the new devices and methods reviewed here are narrow-band UVB (311- 313 nm) with a flat-type light source and the new xenon chloride excimer light (308 nm), both of which allow for targeted spot irradiation, limiting the unnecessary exposure of healthy skin to UV light. Some new devices are designed to selectively irradiate targeted nasal and oral mucosal tissue and to deliver controlled doses of UV light. Devices that provide targeted phototherapy attenuate treatment-induced increases in skin temperature, thereby reducing tissue damage and increasing skin tolerance to high UV doses. Other recently patented methods include the use of irradiation efficacy enhancers, such as topical formulations of provitamin D and its analogs, followed by irradiation with UV and/or blue light. Combined phototherapy and electrotherapy therapy can also be used to treat selected skin areas. These new methods and devices are aimed at improving the safety and efficacy of phototherapy, especially targeted phototherapy. © 2008 Bentham Science Publishers Ltd.
  • Establishment of suction blister roof grafting by injection of local anesthesia beneath the epidermis: Less painful and more rapid formation of blisters, Takaaki Hanafusa, Yuji Yamaguchi, Yuji Yamaguchi, Motoki Nakamura, Reiko Kojima, Rieko Shima, Yoshiko Furui, Shoichi Watanabe, Aiko Takeuchi, Natsumi Kaneko, Yoichi Shintani, Akira Maeda, Mamori Tani, Akimichi Morita, Ichiro Katayama, Journal of Dermatological Science, 50,   2008年06月01日
  • 【糖尿病と皮膚】 臨床例 chondrodermatitis nodularis chronica helicis, 中村 元樹, 渡辺 正一, 齋藤 稚代, 苅谷 清徳, 森田 明理, 皮膚病診療, 30, (6) 663 - 666,   2008年06月, 69歳男性。患者は左耳輪の圧痛を伴う淡紅色小結節を主訴とした。既往歴に2型糖尿病があり、7年前より内服加療中であった。今回、受診時、左耳輪に痂皮を伴う5mm大の淡紅色で硬い小結節が認められ、臨床像および病理組織学的所見からchondrodermatitis nodularis chronica helicisと診断された。生検後、小結節は消退し、1年8ヵ月経過した現在、再発はみられていない。
  • 全身性強皮症の皮膚硬化に対するUVA-1(340-400nm)療法 12例のまとめ, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (6) 1124 - 1124,   2008年05月
  • アトピー性皮膚炎教育入院プログラム, 山本 あい, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (6) 1127 - 1127,   2008年05月
  • Nocardia novaによる皮膚ノカルジア症の1例, 金子 夏美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (6) 1134 - 1134,   2008年05月
  • 皮膚放線菌症の1例, 菅野 正芳, 苅谷 清徳, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (6) 1134 - 1134,   2008年05月
  • 【最近のトピックス2008 Clinical Dermatology 2008】 皮膚疾患治療のポイント 乾癬の光線療法と外用療法のcombination therapy 安全に対する新たな見解, 森田 明理, 臨床皮膚科, 62, (5) 88 - 92,   2008年04月, 乾癬治療において,第一選択薬である外用ステロイド・ビタミンD3,第二選択薬である低用量シクロスポリン,光線療法(ナローバンドUVB・PUVAバス)を重症度や,皮疹,病型に従って治療すれば,寛解導入は比較的容易となった.このように多岐にわたる治療方法が可能となった現在,安全性に関しても十分な配慮をしなければならない.ビタミンD3外用薬は,ステロイド外用薬と違い,皮膚萎縮・毛細血管拡張・感染症の誘発などの副作用を認めず,寛解期間は長いというメリットがあるが,副作用として局所の刺激感,高カルシウム血症があり,特に高カルシウム血症のリスク因子は十分に理解する必要がある.光線療法を含め,新たにビタミンD3との併用療法を始める際には,高カルシウム血症に注意する必要がある.名古屋市立大学医学部附属病院での解析を含め,安全性が高く,効果の得られる乾癬治療の提案をしたい.(著者抄録)
  • 乾癬の光線療法と外用療法のcombination therapy--安全に対する新たな見解 (特集 最近のトピックス2008) -- (皮膚疾患治療のポイント), 森田 明理, 臨床皮膚科, 62, (5) 88 - 92,   2008年04月
  • リンパ節転移の予測が困難であった有棘細胞癌の1例, 渡辺 正一, 苅谷 清徳, 森田 明理, Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌, 22, (3) 312 - 315,   2008年03月25日, 87歳女性。2004年12月右頬部の紅色結節を自覚し, 徐々に増大し12mm大となり近医で切除生検を施行。有棘細胞癌と診断されたが深部断端に腫瘍細胞が確認されたため当院紹介となった。創縁より8mm離して拡大切除した。腫瘍細胞の残存なく, 全身検索ではStage I (T1N0M0) であった。2005年12月右頸部リンパ節腫大を認めた。摘出した右内深頸リンパ節はほぼ全体が腫瘍細胞に置換されていたが, 遠隔転移はなかった。本症例はStage Iであったにもかかわらず, リンパ節転移を来した。現在, 有棘細胞癌に対するセンチネルリンパ節生検の適応は定かではないが, 本症例のように早期有棘細胞癌でもリンパ節転移があることからこのような症例の集積を含め適応の検討が必要と思われる。
  • 【高齢者の皮膚病 炎症性】 臨床例 結節型類天疱瘡, 西田 絵美, 金子 夏美, 黒川 麻里子, 森田 明理, 皮膚病診療, 30, (3) 267 - 270,   2008年03月
  • 【高齢者の皮膚病 炎症性】 臨床例 急性汎発性発疹性膿疱症, 小野 敦子, 榊原 代幸, 新谷 洋一, 森田 明理, 皮膚病診療, 30, (3) 291 - 294,   2008年03月
  • 光線療法の新たな展開, 森田 明理, 日本医師会雑誌, 136, (12) 2418 - 2419,   2008年03月
  • Exophiala jeanselmeiによるフェオヒフォミコーシスの1例, 菅野 正芳, 菅野 重, 上尾 礼子, 森田 明理, 福澤 正男, 名古屋市立病院紀要, 30,   2008年03月, 80歳女。右手背に皮下結節を多数認め、結節は表面平滑で、嚢腫状に弾性硬に触れ、皮膚に軽い発赤がみられた。一般検査では軽度の炎症反応、腎機能不全、MP0O-ANCAの上昇を認めた。病理組織学的には表皮に著変なく、真皮から皮下組織にかけて嚢腫状構造とその周囲の密な炎症細胞浸潤がみられた。また、一部に褐色の菌要素が認められ、PSA染色およびグロコット染色で陽性に染色された。穿刺にて得られた膿汁中に菌糸状の真菌要素が認められ、生検組織を培養したところ、約2週間で灰白色から黒色で短繊毛性の集落を形成した。スライドカルチャーではFonsecaeaタイプの分生子が認められた。LSU rRNA遺伝子D1/D2領域のドラフトシークエンスを用いた遺伝子解析で、原因菌をExophiala jeanselmeiと同定し、フェオヒフォミコーシスと診断した。右手背3ヶ所の膿瘍を局所麻酔下に切除し、イトラコナゾール100mg/日の内服を開始した。患者の転居に伴って受診しなくなったため、経過は不詳である。
  • たばことお肌の健康, 森田 明理, 禁煙科学, 2, (1) 31 - 32,   2008年03月
  • 皮膚科勤務医が燃え尽きないために 大学医局からみた勤務医師問題, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (4) 603 - 603,   2008年03月
  • 新たな選択的紫外線療法(UVA1)とそのエビデンス, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (4) 641 - 641,   2008年03月
  • 広範囲な糖尿病性足潰瘍に対する膝下切断を避ける治療法, 中村 元樹, 山口 裕史, 竹内 藍子, 渡辺 正一, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (4) 759 - 759,   2008年03月
  • 全身性強皮症に伴う難治性潰瘍に対する骨髄露出・閉鎖療法および表皮移植による治療, 小島 令子, 島 理恵子, 中村 元樹, 金子 夏美, 山口 裕史, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (4) 759 - 759,   2008年03月
  • 免疫染色にてリンパ節微小転移が確認された乳房外パジェット病の1例, 渡辺 正一, 苅谷 清徳, 小島 令子, 島 理恵子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (4) 768 - 768,   2008年03月
  • 香料アレルギーの1例, 金子 夏美, 小島 令子, 川嶋 佳奈, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (4) 807 - 807,   2008年03月
  • Ultrastructural changes induced in cutaneous collagen by ultraviolet-A1 and psoralen plus ultraviolet A therapy in systemic sclerosis, Noriyuki Sakakibara, Shigeru Sugano, Akimichi Morita, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 35,   2008年02月01日, In the present study, we examined the ultrastructural alterations in collagen fibrils clinically softened by ultraviolet-A1 (UVA1, 340-400 nm) therapy and psoralen plus long-wave ultraviolet (PUVA) therapy and compared collagen fibril diameters in four patients with systemic sclerosis (SSc). In skin sclerosis, the dermis is compacted from the epidermal layer to the sweat glands, and the collagen bundles are thicker with decreased space between them. We obtained skin specimens before and after UVA1 or PUVA therapy, and compared cutaneous alterations in one diffuse-type patient and one limited-type patient following UVA1 therapy, and in two diffuse-type patients following PUVA treatment. Ultramicroscopic analysis revealed that UVA1 treatment decreased the diameter of the broad collagen fibrils, mainly in the upper reticular layer. PUVA induced similar alterations in the collagen fibrils, extending to the upper and middle reticular layers. PUVA therapy induced alterations in collagen fibril diameter in deeper layers than did UVA1 therapy, which might be related to the direct action of UV light and the depth of the light penetration. In three of four patients, collagen fibril diameter decreased, collagen fibril thickness equalized, and new, thin fibrils developed among the collagen fibrils, suggesting that collagen degradation and synthesis underlie the alterations induced by UVA1 and PUVA phototherapies. © 2008 Japanese Dermatological Association.
  • Narrowband ultraviolet B radiation suppresses contact hypersensitivity, Yoichi Shintani, Yoko Yasuda, Keiko Kobayashi, Akira Maeda, Akimichi Morita, Photodermatology Photoimmunology and Photomedicine, 24,   2008年02月01日, Background/purpose: A main mechanism responsible for the efficacy of narrowband ultraviolet (UV)B is thought to be the induction of apoptosis in pathogenetically relevant cells. Narrowband UVB therapy, however, generally induces a relatively long remission period. Recently, evidence that UVB radiation induces regulatory T (Treg) cells was reported. Based on these findings, we examined whether narrowband UVB suppresses contact hypersensitivity (CHS) by inducing Treg cells. Methods: The shaved abdomens of C3H/HeN mice were irradiated with broadband or narrowband UVB. CHS was defined as an ear-swelling response. To examine whether tolerance can be induced by adoptive transfer, lymph node cells from UVB-irradiated mice were injected into naïve mice before sensitization and CHS challenge. Results: Narrowband UVB exposure dose dependently suppressed CHS. Significant suppression was observed at doses between 1000 and 3000 mJ/cm2(P < 0.05). The suppressive effect achieved with 1000 mJ/cm2narrowband UVB was very similar to the effect achieved with 100 mJ/cm2broadband UVB. The suppressive effects on CHS were transferred to naïve mice by the injection of lymph node cells from tolerant mice. Conclusion: Narrowband UVB induced local and systemic suppression of CHS. In addition, narrowband UVB induces tolerance to CHS and the suppressive effects were transferable to naïve mice. © 2008 Blackwell Munksgaard.
  • 日光蕁麻疹の1例, 小林 桂子, 森田 明理, 西日本皮膚科, 70, (1) 89 - 89,   2008年02月
  • 尋常性乾癬の長期治療経過中にSCC in situが多発した1例, 新谷 洋一, 小林 桂子, 森田 明理, 西日本皮膚科, 70, (1) 92 - 92,   2008年02月
  • 知多厚生病院における過去4年間のハチ刺症の検討, 小野 敦子, 榊原 代幸, 森田 明理, 西日本皮膚科, 70, (1) 97 - 98,   2008年02月
  • UVA1-LED光線療法の照射装置開発, 稲田 シュンコ アルバーノ, 天野 浩, 赤崎 勇, 森田 明理, 電気学会研究会資料. DEI, 誘電・絶縁材料研究会, 2008, (37) 55 - 59,   2008年01月25日
  • UVA1-LED光線療法の照射装置開発(有機材料,一般), 稲田 シュンコ アルバーノ, 天野 浩, 赤崎 勇, 森田 明理, 電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス, 107, (459) 55 - 59,   2008年01月18日, 小型で任意形状照射可能な光源である紫外LEDを用いて、Jurkat細胞にピーク波長365nmを照射した。その結果、アポトーシスおよびネクローシスが生じる割合を評価したところ従来のランプ式照射装置とほぼ同じ結果が得られた。次に小動物を用いて、皮膚に対する紫外線の作用を確認するため、ピーク波長365nmの5×4LEDマトリックスで構成する照射装置を開発した。
  • Case of unilateral focal dermal hypoplasia (Goltz syndrome), Masako Aoyama, Masako Aoyama, Hiroo Sawada, Yoichi Shintani, Iwao Isomura, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 35,   2008年01月01日, Focal dermal hypoplasia (FDH) is a rare multisystem condition in which developmental defects of the skin are associated with ocular, dental and skeletal abnormalities. Herein, we report an 8-year-old girl with FDH. Her body halves were asymmetric and she had linear cutaneous atrophy with yellow nodules on her extremities. Syndactylies of the third and fourth fingers of the right hand and second and third toes of the right foot were also observed. Histological examination revealed dermal hypoplasia and upward extension of the adipose tissue. Based on these observations, she was diagnosed with unilateral FDH. © 2008 Japanese Dermatological Association.
  • 骨髄異形成症候群に発症したleukemia cutisの1例, 小野 敦子, 榊原 代幸, 新谷 洋一, 森田 明理, 臨床皮膚科, 62, (1) 71 - 73,   2008年01月, 78歳,女性.2002年8月,骨髄異形成症候群と診断された.同時期より左腰部に中心部潰瘍,壊死を伴う腫瘤を認め,次第に増大し,発熱も伴うため,来院した.病理組織学的には芽球細胞の密な浸潤を認め,leukemia cutisと診断した.皮疹出現後約3ヵ月で急性転化し,12ヵ月で死亡した.一般的にleukemia cutisの出現は白血病への急性転化を示唆するとされ,本症例も急性骨髄性白血病に移行した.(著者抄録)
  • 光線療法update Narrow-band UVBの効果と安全性, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (1) 55 - 55,   2008年01月
  • 脱毛外来における円形脱毛症(小児例)の治療成績, 金子 夏美, 大野 裕子, 小林 桂子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (1) 75 - 75,   2008年01月
  • アトピー性皮膚炎経過中に発症した小児皮膚筋炎の1例, 谷口 真也, 渡辺 正一, 久野 治人, 青山 正子, 小林 桂子, 森田 明理, 安藤 直樹, 今峰 浩貴, 植田 昭仁, 後藤 健之, 水野 晴夫, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (1) 76 - 77,   2008年01月
  • 腋窩センチネルリンパ節に微小転移を認めた上腕部メルケル細胞癌の1例, 苅谷 清徳, 山本 あい, 久野 治人, 森田 明理, 千葉 高司, 高橋 智, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (1) 79 - 79,   2008年01月
  • 紫外線と免疫機能, 森田 明理, 前田 晃, 日本皮膚科学会雑誌, 118, (9) 1683 - 1689,   2008年, 最近の免疫学の進歩から,紫外線によって抗原特異的な制御性T細胞が誘導されたことが明らかとなった.紫外線によって,獲得免疫の誘導が抑えられる一方,制御性T細胞の誘導・抗菌ペプチド(自然免疫)の誘導があるため,皮膚が健康に保たれる調和の取れたメカニズムが存在する.紫外線療法によって,比較的長期間の寛解期間が得られるのは,病因となる細胞のアポトーシス誘導のみならず,制御性T細胞の誘導が考えられている.本稿では,紫外線によるアポトーシスと免疫抑制について概説した.
  • 光線療法の新たな展開 : その理論と背景, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (13) 2370 - 2371,   2007年12月15日
  • Tobacco smoke causes premature skin aging, Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 48,   2007年12月01日, Smoking tobacco is the most preventable cause of morbidity and is responsible for more than three million deaths a year worldwide. In addition to a strong association with a number of systemic diseases, smoking is also associated with many dermatological conditions, including poor wound healing, premature skin aging, squamous cell carcinoma, melanoma, oral cancer, acne, psoriasis, and hair loss. This review focuses on the effects of smoking on premature skin aging. It has been long established that smoking has deleterious effects on skin. Epidemiological studies indicate that smoking is an important environmental factor in premature skin aging. In vitro studies indicate that tobacco smoke extract impairs the production of collagen and increases the production of tropoelastin and matrix metalloproteinases (MMP), which degrade matrix proteins, and also causes an abnormal production of elastosis material. Smoking increases MMP levels, which leads to the degradation of collagen, elastic fibers, and proteoglycans, suggesting an imbalance between biosynthesis and degradation in dermal connective tissue metabolism. Reactive oxygen species are also involved in tobacco smoke-induced premature skin aging. Scavengers of reactive oxygen species ameliorate the induction of MMP. Tobacco smoke extract also impacts dermal connective tissue in nude mice. Thus, in vitro and in vivo evidence indicates that smoking tobacco leads to accelerated aging of the skin. These findings might be useful to motivate those patients who are more concerned about their appearance than the potential internal damage associated with smoking to stop smoking. © 2007 Japanese Society for Investigative Dermatology.
  • 光線療法の理論と実際 最近のトピックス 光線療法の新たな展開 その理論と背景, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (13) 2370 - 2371,   2007年12月
  • フォトフェレーシス(体外循環式光化学療法)によるCD4陽性CD25陽性制御性T細胞の誘導, 前田 晃, シュワルツ・アガサ, ペリット・デイヴィッド, 森田 明理, シュワルツ・トーマス, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 1, (Suppl.1) 128 - 128,   2007年12月
  • エビによる食物アレルギーの1例, 金子 夏美, 中村 元樹, 森田 明理, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 1, (Suppl.1) 139 - 139,   2007年12月
  • 【基底細胞上皮腫のすべて】 BCEの病理型による分類 micronodular type, 新谷 洋一, 森田 明理, Visual Dermatology, 7, (1) 94 - 94,   2007年12月
  • 【アトピー性皮膚炎と光】 アトピー性皮膚炎に対するナローバンドUVB療法, 森田 明理, 山本 あい, 澤田 啓生, 皮膚の科学, 6, (Suppl.9) 26 - 31,   2007年12月, アトピー性皮膚炎の治療では,光線療法はファーストラインとして行われるステロイド外用治療でコントロールが難しい場合や副作用発現時などに用いられ,セカンドラインもしくはサードラインに位置する治療と考えられる。新しい光線療法であるナローバンドUVB(311nm)療法の治療の実際を紹介するとともに,照射プロトコールの提案を含めた。ナローバンドUVBは,その安全性と有効性からPUVA療法に代わり,乾癬,白斑,アトピー性皮膚炎などの難治性皮膚疾患に広く用いられるようになった。今後,アトピー性皮膚炎対して,薬物療法とあわせ光線療法の有用性が本邦でも明らかにされるだろう。名古屋市立大学病院での教育入院を含めたナローバンドUVB療法の経験も報告する。(著者抄録)
  • 環境因子と皮膚 紫外線と喫煙による皮膚の老化, 森田 明理, 明日の臨床, 19, (2) 7 - 12,   2007年12月
  • メルケル細胞癌の1例 : 術後放射線補助照射の必要性, 苅谷 清徳, 渡辺 正一, 山本 あい, 久野 治人, 加藤 裕史, 馬場 二三八, 高橋 智, 千葉 高司, 森田 明理, Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌, 22, (2) 157 - 161,   2007年11月30日, 77歳女性。2005年7月頃から左上腕に小結節が出現, 7月29日近医受診し, 増大するため11月28日生検した。病理でメルケル細胞癌 (疑) のため12月9日蒲郡市民病院を紹介受診し, 12月16日当科紹介された。初診時左上腕内側に1.5cm大の赤色結節あり。腋窩・肘窩リンパ節腫大なし。切除・植皮とRI法および色素法併用での腋窩センチネルリンパ節生検施行した。原発部は小型の異型な円形細胞からなり, CK20 (+) , chromogranin A (+) でメルケル細胞癌と診断した。腋窩センチネルリンパ節内にCK20 (+) , chromogranin A (+) 細胞が数個の集団として孤立性に散在したため, リンパ節微小転移と診断した。腋窩リンパ節郭清のみ施行した。その後, 再発・転移を繰り返し, 切除と広範囲放射線照射するも, 治療に抵抗性である。初回切除後の放射線補助照射の必要性について考察した。
  • 【ムチン沈着症】 結節性ループスムチン沈着症, 西田 絵美, 小林 桂子, 森田 明理, 皮膚病診療, 29, (11) 1291 - 1294,   2007年11月
  • 【最新外用薬治療戦略 私はこうしている】 PUVA療法, 森田 明理, Derma., (132) 137 - 141,   2007年10月, 1970年代に始められたPUVAは、四半世紀を経て紫外線療法として確立された治療法となり、乾癬のみならず種々の皮膚疾患の治療に応用されるようになった。難治性皮膚疾患の治療として、重要な役割を果たすようになった。しかし、最近ではオゾン層の破壊による紫外線発癌の増加は大きな社会問題となり、当然紫外線治療においても長期的な視野に立ち副作用(発癌)の少ない治療を行うことが望まれるようになった。そのため、欧米と同じように日本においても乾癬のPUVA療法ガイドラインが発表された。副作用が少なく、効果が最大になるような一般的なプロトコールの開発が疾患ごとに望まれる。効果と安全性からみれば、PUVAからナローバンドUVBに移行するなかで、PUVAバスが、今後も重要な治療として残るであろう。(著者抄録)
  • 新規抗GITR抗体による制御性CD4T細胞の増殖誘導, 西田 絵美, 西岡 朋尚, 森田 明理, 清水 淳, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 37,   2007年10月
  • 紫外線と眼 紫外線・PUVAからどう眼を保護するか, 森田 明理, Visual Dermatology, 6, (10) 1082 - 1086,   2007年09月
  • 再生不良性貧血が疑われた皮膚骨膜肥厚症の1例, 鈴木 亜希子, 山本 あい, 新谷 洋一, 森田 明理, 磯貝 善蔵, 速水 芳仁, 上田 龍三, 西日本皮膚科, 69, (4) 382 - 386,   2007年08月24日, 20歳,男性。家族に同症はなし。小学生頃からばち状指を自覚し,16歳頃より多発関節炎で近医整形外科に通院していた。20歳時,初診。前額部および頬部の深い皺襞,頭部のいわゆる脳回転状皮膚,ばち状の指趾,両手・足・膝関節の腫脹,疼痛を認めた。単純骨レントゲン写真で,四肢・手指骨の骨膜肥厚がみられた。全身検索で明らかな病変はなく,原発性皮膚骨膜肥厚症と診断した。25歳頃より貧血が出現し,28歳頃より血小板減少もみられるようになった。骨髄穿刺ではdry tap,骨髄生検では,脂肪髄で造血巣をほとんど認めず再生不良性貧血が疑われた。ステロイド全身投与にて一旦貧血の改善,血小板の増加がみられたが,漸減にて徐々に増悪を認めた。
  • 10.4 生体・医療への光放射の応用(1) : 皮膚(第10章 光放射の応用), 森田 明理, 照明学会誌, 91,   2007年08月01日
  • Laugier-Hunziker-Baran症候群に合併したmalignant melanoma in situの1例, 苅谷 清徳, 山本 あい, 清水 愛, 黒川 麻里子, 森田 明理, 久野 芳範, 西日本皮膚科, 69, (4) 450 - 450,   2007年08月
  • 分裂前期及びDNA損傷により起こるChk1新規リン酸化反応(Novel Chk1 phosphorylation occurred not only in early mitosis but also in DNA damage checkpoint), 池上 要介, 後藤 英仁, 榎本 将人, 笠原 広介, 友野 靖子, 辻村 邦夫, 清野 透, 森田 明理, 郡 健二郎, 稲垣 昌樹, 日本癌学会総会記事, 66回,   2007年08月
  • 紫外線曝露を契機に非露光部へ水疱の拡大を認めた水疱性エリテマトーデスの1例, 清水 愛, 小林 桂子, 新谷 洋一, 森田 明理, 坂野 章吾, 西日本皮膚科, 69, (3) 248 - 254,   2007年07月06日, 23歳,男性。2005年5月より顔面に水疱・紅斑が多発してきた。精査の結果全身性エリテマトーデスと診断された。皮膚病理組織では表皮下水疱・真皮乳頭部に好中球主体の細胞浸潤を認めた。蛍光抗体直接法ではIgG・IgA・IgM・C3で基底層および毛包周囲に線状の沈着を認めた。1MのNaCl分離皮膚を用いた蛍光抗体間接法では表皮側・真皮側のいずれにも明らかな沈着を認めなかった。入院中は水疱の拡大を認めなかったが,外泊後に前胸部まで水疱が拡大し,紫外線曝露が水疱形成の増悪因子であることが示唆された。本例はVII型コラーゲンに対する自己抗体を証明できなかったものの,臨床像および皮膚病理組織像より水疱性エリテマトーデス(3型)と考えられた。
  • 難治性皮膚疾患に"光"を用いて 選択的光線療法の開発, 森田 明理, 神奈川医学会雑誌, 34, (2) 237 - 238,   2007年07月
  • 【ありふれた爪疾患の対処の実際】 乾癬の爪病変に対する局所療法, 三谷 有史, 森田 明理, Derma., (128) 19 - 23,   2007年06月, 乾癬の手指の爪病変では外見上の問題だけでなく、機能面でも日常生活において支障をきたすことがありその治療は重要である。しかし実際には難治であり治療に苦慮することが多い。そこで当施設において爪乾癬に対しカルシポトリオール密封療法を試みた。本治療は他の治療と比較しても副作用も少なく、また爪乾癬のさまざまな病変に対して有効と考えられた。またほかに関節症性乾癬、膿疱性乾癬などの爪病変に対しても応用可能と考えた。しかし扁平苔癬に対して同治療を行うことは今後の検討が必要と考える。(著者抄録)
  • 著明な顔面浮腫および眼球結膜浮腫を呈したSLEの1例, 鈴木 亜希子, 新谷 洋一, 磯村 巌, 小林 桂子, 森田 明理, 菅野 重, 坂野 章吾, 上田 龍三, 西日本皮膚科, 69, (2) 131 - 136,   2007年05月23日, 37歳の女性。長時間の日光曝露後から結膜の浮腫が出現し,その後眼瞼や顔全体に浮腫が拡大した。約1ヵ月後より発熱,下痢も生じるようになったため当科を受診した。初診時眼瞼を中心とする顔面全体と眼球結膜に著明な浮腫があり,紅斑は頬部にわずかに認められた。その後数日間で浮腫はさらに増強し,顔面の紅斑は徐々に拡大し,蝶形紅斑となった。皮膚病理所見では液状変性と軽度のリンパ球浸潤を認めた。検査所見では白血球,血小板の減少,低補体血症を認め,抗核抗体および抗DNA抗体が陽性であった。光線過敏,口腔内潰瘍があり,精査にて漿膜炎を認めた。以上からSLE と診断しプレドニゾロン25mg/日で治療を開始,50mg/日に増量したところ症状および検査所見の改善を認めた。またヒトパルボウイルスB19 IgM抗体が一時陽性であったがその後陰転化し,ヒトパルボウイルスB19感染症の併発が考えられた。
  • 【尋常性乾癬update】 尋常性乾癬に対するPUVAとナローバンドUVB, 森田 明理, Derma., (126) 33 - 38,   2007年05月, 乾癬の治療は、新たな光線療法であるPUVAバスやナローバンドUVBの見直しなどによって、新たな展開を迎えた。PUVAバス・ナローバンドUVBとも、照射方法も分かりやすく、プロトコール化され、さらにユーザーフレンドリーな照射機器の登場とともに、光線治療自体が容易なものとなってきた。そのため、乾癬治療では外用療法に次ぐ、第2選択として重要な役割を果たすようになった。特に、ナローバンドUVB(311nm)は、先進諸外国で一般的な治療法となり、本邦でも名古屋市立大学病院の臨床試験から始まり、照射機器の開発とともに現在約600ヶ所(2007年3月現在)で、一般臨床レベルでの治療が進行中である。また、皮疹が少ない場合に、健常部に照射される問題も、ターゲット型光線治療器の開発によって解決されるようになり、海外では実際的な新しい機器が登場してきた。本稿では、全身から部分・局所への光線療法の照射方法を提案した。(著者抄録)
  • Tobacco smoke extract induces premature skin aging in mouse, Hiroshi Tanaka, Hiroshi Tanaka, Yuko Ono, Satoru Nakata, Yoichi Shintani, Noriyuki Sakakibara, Akimichi Morita, Journal of Dermatological Science, 46,   2007年04月01日
  • 遅発型過敏反応を抑制する紫外線作用波長の解析, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 32回,   2007年04月
  • 樹状細胞機能を制御する生薬の網羅的探索 キョウカツから単離同定されたfalcarindiolの樹状細胞抑制と遅延型過敏反応の抑制, 三井 星佳, 福井 一, 能勢 充彦, 水上 元, 森田 明理, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 32回,   2007年04月
  • 十全大補湯による制御性T細胞の誘導とアトピー性皮膚炎モデルマウスへの応用, 張間 伸江, 能勢 充彦, 水上 元, 森田 明理, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 32回,   2007年04月
  • Solitary fibrofolliculomaの1例, 菅野 正芳, 上尾 礼子, 福澤 正男, 森田 明理, 臨床皮膚科, 61, (4) 363 - 365,   2007年04月, 43歳男。右下顎部の常色小結節が徐々に増大し受診した。直径6mmで皮膚面よりドーム状に隆起し中央が軽度陥凹した常色弾性硬の小結節を認め全摘除を行った。病理組織所見より、真皮浅層から中層にかけて角栓を入れた毛包漏斗部を中心に線維性結合織の増殖がみられ、毛包漏斗部から索状に枝分かれする上皮細胞索を形成していたが、二次毛包および毛根、毛乳頭の分化は認めなかったことからsolitary fibrofolliculomaと診断した。切除後1年経過するが再発は認めていない。
  • ナローバンドUVBは、PUVAを超えたか, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 24, (2) 122 - 122,   2007年04月
  • Laugier-Hunziker-Baran 症候群に合併した malignant melanoma in situ の1例, 苅谷 清徳, 山本 あい, 清水 愛, 黒川 麻里子, 新谷 洋一, 久野 芳範, 森田 明理, Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌, 21, (3) 363 - 367,   2007年03月15日, 51歳, 女性。2004年10月頃左足底の黒色斑に気付き, 徐々に増大するため2005年8月26日当科紹介。初診時左足踵部に30×20mmの浸潤のない辺縁不正な黒色斑を認めた。ダーモスコープにてparallel ridge pattern。1cmマージン脂肪中層で切除・植皮。切除標本病理にて表皮基底層に異型メラノサイトの増生あり。免疫染色HMB45陽性からmalignant melanoma in situと診断。その他の皮膚所見で, 口腔に大黒色斑, 掌蹠に多発小黒色斑, 爪甲色素線条も併存していた。上部下部内視鏡にて数個の過形成性ポリープは認めたが, 過誤腫性ポリポーシスはなくまたPeutz-Jeghers症候群の遺伝素因も認めないこと, 内分泌学的異常も認めないことから1連の黒色斑をLaugier-Hunziker-Baran症候群と診断。
  • Granular basal cell carcinomaの1例, 黒川 麻里子, 新谷 洋一, 苅谷 清徳, 山本 あい, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (3) 304 - 304,   2007年03月
  • アトピー性皮膚炎にCD30陽性皮膚リンパ腫を合併した1例, 清水 愛, 小林 桂子, 新谷 洋一, 森田 明理, 山崎 英子, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (3) 304 - 304,   2007年03月
  • Clear cell hidradenomaの1例, 谷口 真也, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (3) 305 - 305,   2007年03月
  • 頭部にみられた扁平苔癬の1例, 西田 絵美, 金子 夏美, 山本 あい, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (3) 307 - 307,   2007年03月
  • ナローバンドUVB療法が有効であった小児尋常性乾癬の1例, 菅野 正芳, 小林 桂子, 谷口 真也, 西田 絵美, 森田 明理, 大竹 直樹, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (3) 307 - 307,   2007年03月
  • 結節性皮膚ループスムチン沈着症を伴った男性SLEの1例, 西田 絵美, 小林 桂子, 森田 明理, 宇佐美 武, 山崎 英子, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (3) 310 - 310,   2007年03月
  • Sjoegren症候群を合併した皮膚限局性結節性アミロイドーシスの1例, 谷口 真也, 小林 桂子, 上尾 礼子, 森田 明理, 速水 芳仁, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (3) 310 - 310,   2007年03月
  • Langerhans cell histiocytosisの2例, 清水 愛, 新谷 洋一, 山本 あい, 森田 明理, 伊藤 康彦, 横井 誉, 平谷 俊樹, 山崎 英子, 矢崎 信, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (3) 312 - 312,   2007年03月
  • 脂腺癌の1例, 久野 治人, 苅谷 清徳, 新谷 洋一, 森田 明理, 山崎 英子, 稲垣 宏, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (3) 312 - 313,   2007年03月
  • 光線療法の新たな展開 その理論と背景, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (4) 545 - 545,   2007年03月
  • 光線療法と外用療法のcombination therapy 安全性に対する新たな見解, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (4) 578 - 578,   2007年03月
  • PUVAバス療法が奏功した慢性色素性紫斑病の3例, 金子 夏美, 西田 絵美, 加藤 裕史, 間宮 容子, 久野 治人, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (4) 643 - 643,   2007年03月
  • 尋常性白斑に対するミニグラフト療法, 加藤 裕史, 新谷 洋一, 小林 桂子, 渡辺 正一, 金子 夏美, 西田 絵美, 谷口 真也, 岡本 恵芽, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (4) 691 - 691,   2007年03月
  • 急激に増大する側頭部腫瘤が食道癌発見の契機になった転移性皮膚腫瘍の1例, 渡辺 正一, 苅谷 清徳, 山本 あい, 加藤 裕史, 岡本 恵芽, 森田 明理, 神谷 武, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (4) 711 - 711,   2007年03月
  • A new targeted blue light phototherapy for the treatment of acne, Reiko Noborio, Emi Nishida, Mariko Kurokawa, Akimichi Morita, Photodermatology Photoimmunology and Photomedicine, 23,   2007年02月01日, Background: The effects of blue light phototherapy on inflammatory acne lesions were recently investigated. Many reports have used high-intensity, narrow-band 420nm UV-free blue light delivery systems. The aim of this study was to evaluate a new blue light system (MultiClear™) for targeted blue light phototherapy. Method: Ten Japanese patients with acne on the face or back were treated with targeted blue light once or twice a week. Acne severity was graded according to the acne severity score suggested by Allen and Smith (1982). If the acne was prevalent on the back or chest, the acne severity score of Burton et al. (1971) was adopted. The new targeting blue light system is equipped with a flexible optical light guide as a delivery system and the treatment device is placed directly only on the affected area. Result: Of the 10 patients, eight had a significantly reduced acne severity score without any side effects. Although two patients discontinued the study because of unsatisfactory results, none of the patients showed any harmful side effects from the targeted blue light phototherapy. Conclusion: Targeted blue light phototherapy with MultiClear™ is effective for the treatment of inflammatory acne lesions. This new irradiation device offers some advantages over previous blue light systems. © 2007 Blackwell Munksgaard.
  • 日光蕁麻疹の1例, 小林 桂子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (2) 169 - 169,   2007年02月
  • 尋常性乾癬の長期治療経過中にSCC in situが多発した1例, 新谷 洋一, 小林 桂子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (2) 171 - 171,   2007年02月
  • 知多厚生病院における過去4年間のハチ刺症の検討, 小野 敦子, 榊原 代幸, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 117, (2) 175 - 175,   2007年02月
  • LEDによる Jurkat 細胞への紫外線照射特性, 稲田 シュンコアルバーノ, 天野 浩, 赤崎 勇, 森田 明理, 小林 桂子, 電気学会研究会資料. DEI, 誘電・絶縁材料研究会, 2007, (25) 43 - 47,   2007年01月26日
  • LEDによるJurkat細胞への紫外線照射特性, 稲田 シュンコアルバーノ, 天野 浩, 赤崎 勇, 森田 明理, 小林 桂子, 電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス, 106, (505) 43 - 47,   2007年01月19日, 小型で、任意形状照射が可能な光源である紫外LEDを用いて、Jurkat細胞にピーク波長365nm、半値幅10nmの紫外線を広域照射した。その結果、アポトーシスおよびネクローシスの割合を評価したところ、従来のランプ式紫外線照射装置とほぼ同じ結果が得られ、紫外線LEDによる小型光線治療装置実現の可能性が示された。
  • Drug-induced hypersensitivity syndrome associated with a marked increase in anti-paramyxovirus antibody titers in a scleroderma patient, Taio Naniwa, Taio Naniwa, Shinji Maeda, Hiroo Sawada, Yuko Watanabe, Tomoyo Osawa, Yoshihito Hayami, Shogo Banno, Akimichi Morita, Ryuzo Ueda, Allergology International, 56,   2007年01月01日, Background: Drug-induced hypersensitivity syndrome (DIHS) is characterized by a severe multiorgan hypersensitivity reaction that usually appears after prolonged exposure to certain drugs and may be related to reactivation of herpes viruses. There have been few reports regarding the clinical association of DIHS with pathogens other than herpes viruses. Case Summary: We report a case of scleroderma with DIHS associated with paramyxovirus infection. A 61-year-old man with early diffuse cutaneous scleroderma with myositis and progressive interstitial pneumonia developed generalized erythema with high fever 3 weeks after taking sulfamethoxazole/trimethoprim. The diagnosis of DIHS was made based on the patient's history of using an offending drug, clinical manifestations and laboratory data showing peripheral eosinophilia with the presence of atypical lymphocytes. Virological tests showed significant increases of antibody titers against mumps virus and parainfluenza virus type 2, which strongly suggested that paramyxovirus infection occurred during the clinical course of DIHS. Discussion: These findings suggest that paramyxovirus infection had contributed to the development of DIHS in this patient and that there is a need to seek evidence of other viral infections in some cases of DIHS, especially those without herpes virus reactivation/infection. ©2007 Japanese Society of Allergology.
  • Novel functions of herbal medicines in dendritic cells: Role of amomi semen in tumor immunity, Hajime Fukui, Hajime Fukui, Seika Mitsui, Seika Mitsui, Nobue Harima, Nobue Harima, Mitsuhiko Nose, Kunio Tsujimura, Hajime Mizukami, Akimichi Morita, Akimichi Morita, Microbiology and Immunology, 51,   2007年01月01日, Dendritic cells (DCs) have a major role in regulating immune responses, including tumor immunity and peripheral tolerance. In the present study, we identified novel functions of herbal medicines in DCs by screening 99 herbal medicines, most of which are among the 210 Chinese medicines approved by the Ministry of Health, Labour, and Welfare, Japan. Ethanol extracts were prepared, and a murine epidermal-derived Langerhans cell line, XS106, was used to screen the 99 extracts by analyzing major histocompatibility complex (MHC) class II expression. Amomi Semen (amomum seed), Polyporus (polyporus sclerotium), and Plantaginis Semen (plantago seed) potently activated XS106 and were selected for further analysis. The effects of these extracts on bone marrow-derived DCs (BM-DCs) generated in vitro were then analyzed using surface phenotype (MHC class II, CD80, and CD86) and interleukin (IL)-12p70 production as indicators. BM-DCs treated with Amomi Semen extract exhibited activated phenotypes and secreted IL-12p70. The activation level was similar to that induced by lipopolysaccharides. Finally, an E.G7-OVA tumor model (E.L4-OVA transfectant) was used to examine the anti-tumor effects of Amomi Semen extract. Vaccination of mice with a subcutaneous injection of BM-DCs treated with Amomi Semen extract and OVA peptide significantly inhibited the growth of tumor cells and prolonged survival time compared to controls. Furthermore, therapeutic effects were observed on established tumors. The inhibition rates for both the prophylactic and therapeutic protocols were comparable to those of lipopolysaccharides. These results indicate that Amomi Semen extract potently activate DCs and is potentially useful for DC vaccination.
  • アトピー性皮膚炎に対するナローバンドUVB療法, 森田 明理, 山本 あい, 澤田 啓生, 皮膚の科学, 6, (9) B26 - B31,   2007年, アトピー性皮膚炎の治療では,光線療法はファーストラインとして行われるステロイド外用治療でコントロールが難しい場合や副作用発現時などに用いられ,セカンドラインもしくはサードラインに位置する治療と考えられる。新しい光線療法であるナローバンドUVB(311nm)療法の治療の実際を紹介するとともに,照射プロトコールの提案を含めた。ナローバンドUVBは,その安全性と有効性からPUVA療法に代わり,乾癬,白斑,アトピー性皮膚炎などの難治性皮膚疾患に広く用いられるようになった。今後,アトピー性皮膚炎対して,薬物療法とあわせ光線療法の有用性が本邦でも明らかにされるだろう。名古屋市立大学病院での教育入院を含めたナローバンドUVB療法の経験も報告する。
  • 乾癬治療における光線治療の進歩, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (13) 1899 - 1903,   2006年12月15日
  • ナローバンドUVB治療のひろがり, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (13) 2182 - 2186,   2006年12月15日
  • Successful treatment with topical tacrolimus in four cases of discoid lupus erythematosus, Masayoshi Sugano, Yoichi Shintani, Keiko Kobayashi, Noriyuki Sakakibara, Iwao Isomura, Akimichi Morita, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 33,   2006年12月01日, Discoid lupus erythematosus (DLE), a cutaneous form of lupus erythematosus, is characterized as atrophic and scaly erythema and the lesions are often refractory to a wide range of topical or systemic therapies. Herein, we present four cases of DLE that were successfully treated with topical tacrolimus. Tacrolimus ointment (0.1%) was applied to DLE lesions twice daily and the erythematous plaques readily diminished after 4-8 weeks. Adverse effects, such as burning sensation or irritations, were not observed. These results indicate that topical tacrolimus might be an effective and alternative treatment to control DLE. © 2006 Japanese Dermatological Association.
  • Premature skin aging by infrared radiation, tobacco smoke and ozone, Peter Schroeder, Stefan M. Schieke, Akimichi Morita, Skin Aging,   2006年12月01日, As skin physiology and skin aging are very complex processes, it is not surprising that ongoing research efforts uncover more and more noxious substances with detrimental effects on the skin. Expanding the field of view, the effects of IR radiation, tobacco smoke, and ozone have received increasing attention. Besides the understanding of the pathomechanisms involved, questions of adequate protection arise, challenging modern research to counter premature skin aging. Life-style is an important topic as tobacco smoke and ozone can be avoided in our modern society, and IR-A can be avoided at least partially. Nonetheless, the major portion of our daily IR-A load cannot be avoided and therefore additional protective approaches must be investigated. © 2006 Springer-Verlag Berlin Heidelberg.
  • Tobacco smoke and skin aging, Akimichi Morita, Cigarette Smoke and Oxidative Stress,   2006年12月01日
  • 【聞き慣れない症候群】 臨床例 Goltz症候群の男児例, 澤田 啓生, 森田 明理, 側島 久典, 鳥山 和宏, 皮膚病診療, 28, (12) 1459 - 1462,   2006年12月, 9ヵ月男児。出生時より頭部を中心とした全身のびらん・潰瘍、爪の低形成、左手足の合指趾を認めた。初診時は脱毛斑、黄色調の柔らかい隆起性結節、斑状の萎縮性局面、線状の血管拡張と色素沈着など多彩な皮膚症状を認め、歯牙形成異常、エナメル質低形成も認めたことからGoltz症候群と診断した。出生後1年で左III、IV指合指症の手術を施行し、その際鼠径部の萎縮性局面より皮膚生検を行った結果、表皮は乳頭状に変化し表皮突起の消失を認め、真皮は菲薄化し脂肪組織の突出を認めた。その後、左II、III趾の合趾症の手術を行い、他の症状については経過観察中である。
  • 乾癬の病態と治療の進歩 乾癬治療における光線治療の進歩, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (13) 1899 - 1903,   2006年12月
  • 新しい皮膚科検査法・治療法 ナローバンドUVB治療のひろがり, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (13) 2182 - 2186,   2006年12月
  • カラーグラフ 新しい紫外線療法:ナローバンドUVB, 森田 明理, 日本医事新報, (4307) 49 - 52,   2006年11月11日
  • 環境と皮膚アレルギー疾患を考える, 島田 眞路, 森田 明理, 皮膚アレルギーフロンティア, 4, (3) 170 - 177,   2006年11月
  • 名古屋市立大学病院脱毛外来における円形脱毛症(小児例)の治療成績, 金子 夏美, 大野 裕子, 小林 桂子, 森田 明理, 日本小児皮膚科学会雑誌, 25, (2) 149 - 149,   2006年11月
  • ざ瘡に対するグリコール酸ピーリング199例の治療経験, 渡辺 幸恵, 森田 明理, 西日本皮膚科, 68, (5) 548 - 552,   2006年10月31日, 2001年に日本皮膚科学会においてケミカルピーリングガイドラインが作成されて以来,ケミカルピーリングは,大学病院や総合病院,また開業医においても,皮膚科治療の一方法として盛んに行われるようになっている。今回,開業医で行われるケミカルピーリングの実態を知る目的で,当院でグリコール酸ピーリングを受けたざ瘡患者199例について検討した結果,2回以上継続して治療を受けたものは176例であり,著効27例と有効105例を合わせ,約75%に治療効果を認めた。一方,副作用は7例に認められ,部分的痂皮形成が2例,強い発赤が認められステロイド外用の必要があったものが5例であった。本治療法は,一般開業医のレベルにおいても,その日常診療で非常に診療頻度の高い尋常性ざ瘡の患者に対して,安全かつ有効性の高い治療だと考えられた。
  • 水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症の長期観察例, 高木 磨美, 小林 桂子, 森田 明理, 沼田 時男, 西日本皮膚科, 68, (5) 508 - 511,   2006年10月31日, 12歳の女児。出生時,全身に皮膚潮紅を認め,体幹・四肢に最大径10cmにおよぶ糜爛があった。徐々に落屑するようになり,3歳頃から洗濯板状の厚い鱗屑と水疱形成を認めた。5歳時よりエトレチナート0.2~0.5mg/kg/日の内服治療等を行い落屑性角化性局面は減少した。12歳時に行った皮膚病理検査では,角層の肥厚と表皮内に顆粒変性が認められ,水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症と診断した。その後,エトレチナート内服治療を継続し,症状は徐々に軽快した。20歳時には,全身の角質肥厚は残存しているが,水疱形成や潮紅はみられなくなった。
  • Comparison of the efficacy of calcipotriol and maxacalcitol in combination with narrow-band ultraviolet B therapy for the treatment of psoriasis vulgaris, Reiko Noborio, Keiko Kobayashi, Yoichi Shintani, Akimichi Morita, Photodermatology Photoimmunology and Photomedicine, 22,   2006年10月01日, Background: Combination treatment with topical vitamin D3 and narrow-band ultraviolet B (UVB) radiation is effective against psoriasis vulgaris. We compared the efficacy of the topical vitamin D3 derivatives calcipotriol and maxacalcitol in combination therapy. Materials and methods: In this retrospective observational study, 21 patients admitted to Nagoya City University Hospital between April 2001 and September 2004 were enrolled. Results: Combination treatment with calcipotriol or maxacalcitol and narrow-band UVB was effective against psoriasis vulgaris. Calcipotriol induced a more rapid improvement and required lower levels of narrow-band UVB irradiation to be effective. Serum calcium levels were slightly increased after 4 weeks of treatment, but there was no significant difference between the two groups. No other adverse effects were observed in either of the two groups. Conclusion: The findings of this retrospective observational study indicated that combination treatment with topical vitamin D3 derivatives and narrow-band UVB is effective against psoriasis without any obvious side-effects. These findings provide further evidence that calcipotriol has advantages over maxacalcitol regarding the narrow-band UVB-accumulated treatment dose and improvement rate of psoriasis area and severity index (PASI) scores. © 2006 Blackwell Munksgaard.
  • 288 制御性樹状細胞による抗原特異的免疫寛容の誘導(免疫療法,減感作療法,一般演題(口演),第56回日本アレルギー学会秋季学術大会), 森田 明理, 磯村 巌, 新谷 洋一, アレルギー, 55,   2006年09月30日
  • 【陰股部の皮膚病 腫瘍性】 臨床例 顆粒細胞腫, 久野 治人, 菅野 正芳, 上尾 礼子, 新谷 洋一, 森田 明理, 皮膚病診療, 28, (9) 1071 - 1074,   2006年09月, 60歳男。1年前より右鼠径部腫瘤が出現し、徐々に増大した。腫瘤は20×15×6mm、褐色、弾性硬で、皮膚面よりドーム状に隆起していた。下床との可動性は良好で、表面にびらんや潰瘍はなく、疼痛、そう痒感などもなかった。皮膚線維腫を疑い腫瘍摘出術を施行した。HE染色で真皮から皮下脂肪織にかけて、被膜を持たない胞体の明るい腫瘍細胞の増殖を認めた。表皮突起は延長し、表皮肥厚がみられ、真皮では増生する膠原線維間に腫瘍細胞のびまん性増殖を認めた。腫瘍細胞は大型、類円形で、明るい細胞質内に好酸性に染まる顆粒を有していた。核は小さく類円形で、分裂像や異型性はなかった。細胞質内の顆粒はPAS、S-100、NSE染色が陽性で、顆粒細胞腫と診断した。術後14ヵ月経過し、再発はない。
  • 乾癬治療の新たな展開 抗体療法及び光線療法を中心にして 乾癬に対する光線療法 ビタミンD3外用薬併用の実際, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (10) 1487 - 1487,   2006年09月
  • 制御性樹状細胞による抗原特異的免疫寛容の誘導, 森田 明理, 磯村 巌, 新谷 洋一, アレルギー, 55, (8-9) 1194 - 1194,   2006年09月
  • 樹状細胞の機能を修飾する生薬の探索 羌活の樹状細胞機能抑制作用, 三井 星佳, 福井 一, 水上 元, 能勢 充彦, 森田 明理, 日本生薬学会年会講演要旨集, 53回,   2006年09月
  • 接触性皮膚炎モデルへの十全大補湯の作用機序解析 十全大補湯によるregulatory活性について, 張間 伸江, 能勢 充彦, 森田 明理, 水上 元, Journal of Traditional Medicines, 23, (Suppl.) 119 - 119,   2006年08月
  • 【皮膚科最新光線療法マニュアル】 光線療法の将来に向けて 新しいナローバンドUVBとUVA1, 森田 明理, Derma., (116) 1 - 9,   2006年08月, 光線療法は、UVA1(340〜400nm)やナローバンドUVBなどの新たな選択的な波長特性を持つ紫外線療法の臨床応用が始まり、新たな局面を迎えた。特にナローバンドUVBでは、照射方法が容易であり、効果・安全性が得られやすいことから、光線療法の有用性が見直されるようになった。そのため、UVA1(340〜400nm)、308nmエキシマ、ブルーライトなど新たな光線療法が、難治性皮膚疾患に対して応用が進められている。また、全身型照射で問題であった病変部ではない部分への過剰照射は、ターゲット型照射方法によって避けることができるようになった。一度は、発癌性や皮膚老化などの紫外線の慢性障害ばかりに目が行き、光線療法そのものを行わなくなる傾向がみられたが、効果・安全性とも高い光線療法の登場は、また難治性皮膚疾患への応用として多くの患者を救うことになろう。(著者抄録)
  • 【皮膚科最新光線療法マニュアル】 PUVAバス療法, 小林 桂子, 森田 明理, Derma., (116) 15 - 21,   2006年08月, PUVAバス療法はpsoralen(オクソラレン)をお湯に混ぜ、そこにつかることで、オクソラレンを体に均一につけ、UVAを照射する紫外線治療である。オクソラレンによる目、肝障害などの全身的な副作用はなく、外用PUVA療法にくらべ、刺激や塗りむら、手間が少なく、治療後の生活制限が短いという特徴がある。その照射量は、最大照射量でも最少光毒量前後またはそれ以下での治療であるため、ほかの紫外線治療にくらべて紅斑反応を起こしづらく、照射量を調節しやすいという側面を持つ。適応疾患は幅広く、乾癬をはじめ、菌状息肉症、掌蹠膿疱症、異汗性湿疹、汎発型環状肉芽腫症など多くの疾患に行われ、その有効性が報告されている。光線療法は皮膚科医の専門性の高い治療であり、PUVAバス療法は1つの治療手段に加えられるべきものと思われる。(著者抄録)
  • 【皮膚科最新光線療法マニュアル】 掌蹠膿疱症, 磯村 巌, 森田 明理, Derma., (116) 39 - 44,   2006年08月, 掌蹠膿疱症は手掌や足底に無菌性膿疱を生じる慢性の皮膚疾患である。欧米では本症は限局性の膿疱性乾癬と考えられている。ステロイド外用療法やエトレチナート、シクロスポリンの内服療法などがあるが、本疾患に対して有効な治療として紫外線療法がある。本邦で主に行われているのは外用PUVA療法、local PUVA bath療法である。また近年尋常性乾癬や尋常性白斑、アトピー性皮膚炎などへの治療として注目されているナローバンドUVB療法も本疾患への有効性が期待される治療法である。ここではこれらの紫外線療法の方法、有効性について概説する。名古屋市立大学皮膚科ではこれまで外用治療抵抗性の掌蹠膿疱症5例にナローバンドUVB療法を行っているが、その内4例で有効であった。より効果的な照射法については更なる検討が必要だが、ナローバンドUVB療法は掌蹠膿疱症における有効な選択肢の一つとなることが期待される。(著者抄録)
  • 【皮膚科最新光線療法マニュアル】 乾癬に対するパルスダイレーザー療法, 上尾 礼子, 森田 明理, Derma., (116) 63 - 68,   2006年08月, 尋常性乾癬は外用療法に抵抗性の場合、PUVA療法やナノーバンドUVB療法が第2選択となるが、紫外線による発癌の問題から正常部には照射せず乾癬皮疹部にのみ照射を行うターゲティング療法が考慮されるようになった。585nmパルスダイレーザー療法は尋常性乾癬に対するターゲティング療法の一つであり、海外の報告ではその有効性が確認されている。当科においても光線療法に抵抗性を示す症例や易再発性の症例に対して585nmパルスダイレーザー療法を施行し、その有効性を確認している。作用機序は乾癬皮疹部における真皮乳頭層の拡張、増生した異常毛細血管の選択的光熱分解による破壊の結果としての血管の正常化と炎症細胞浸潤の抑制とされている。(著者抄録)
  • Acquired reactive perforating collagenosisを伴った強皮症、SLEの合併例, 小林 桂子, 磯村 巌, 森田 明理, 坂野 章吾, 中部リウマチ, 37, (2) 120 - 120,   2006年08月
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班の2006年度活動報告 中部山岳国立公園内に開設9年目を迎えた山岳医療の現状, 三浦 裕, 津田 洋幸, 勝屋 弘忠, 浅井 清文, 中西 真, 森田 明理, 間渕 則文, 森山 昭彦, 早川 純午, 坪井 謙, 榊原 嘉彦, 小山 勝志, 花井 信広, 河辺 眞由美, 野路 久仁子, 黒野 智恵子, 矢崎 蓉子, 名古屋市立大学医学会雑誌, 57, (3) 97 - 97,   2006年08月
  • Trichoadenomaの1例, 久野 治人, 苅谷 清徳, 森田 明理, 山崎 英子, 栄本 忠昭, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (8) 1213 - 1213,   2006年07月
  • 皮膚混合腫瘍の3例, 清水 愛, 新谷 洋一, 久野 治人, 菅野 正芳, 苅谷 清徳, 森田 明理, 澤田 啓生, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (8) 1213 - 1214,   2006年07月
  • 小児汎発性膿疱性乾癬の1例, 金子 夏美, 新谷 洋一, 森田 明理, 秦 まき, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (8) 1215 - 1215,   2006年07月
  • Microcystic adnexal carcinomaの1例, 黒川 麻里子, 山本 あい, 苅谷 清徳, 森田 明理, 千葉 高司, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (8) 1216 - 1216,   2006年07月
  • Solitary Fibrofolliculomaの1例, 菅野 正芳, 上尾 礼子, 森田 明理, 山崎 英子, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (8) 1219 - 1219,   2006年07月
  • 顆粒細胞腫の1例, 久野 治人, 菅野 正芳, 上尾 礼子, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (8) 1219 - 1219,   2006年07月
  • 【実践レーザー治療マニュアル】 乾癬に対してレーザー治療は有効ですか?, 上尾 礼子, 森田 明理, Derma., (115) 27 - 32,   2006年07月, 近年,海外では585nmパルスダイレーザーや308nmエキシマレーザーといったレーザー照射による尋常性乾癬の治療が行われている.尋常性乾癬の治療は外用剤に抵抗性の場合は光線療法が用いられるのが一般的であるが,光線療法に際しては,少ない照射回数で,しかも乾癬罹患部位にのみ照射が可能であるターゲット型照射が理想と考えられるようになった.ターゲット型照射として,585nmパルスダイレーザーや308nmエキシマレーザーは今後の乾癬治療における有望な治療法である.585nmパルスダイレーザーでは乾癬皮疹部の真皮乳頭層での異常毛細血管の正常化とそれに伴う炎症細胞浸潤の抑制がその作用機序とされ,308nmエキシマレーザーはUVB laser phototherapyとも呼ばれているように311nm narrow-band UVBの乾癬に対する優れた効果から乾癬治療に用いられている(著者抄録)
  • 【被髪頭部の皮膚病 腫瘍性】 臨床例 proliferating trichilemmal cyst, 金子 夏美, 山本 あい, 苅谷 清徳, 森田 明理, 皮膚病診療, 28, (7) 837 - 840,   2006年07月, 63歳女性.患者は頭頂部皮下結節が徐々に増大したため受診となった.所見では,頭頂部に27×25mm大の皮下腫瘤を認め,約1ヵ月後,切除目的で入院となった.皮下腫瘤は皮膚面よりドーム状に隆起しており,境界明瞭,表面平滑,紅色調を呈し,弾性硬,下床との可動性は良好で,33×33×15mm大と初診時より増大していた.生検では,多房性嚢腫様増殖巣を認め,その中心部は好酸性物質で満たされ,嚢腫壁最外層では基底細胞様細胞が1列に柵状配列を示し,内腔に数層の有棘細胞様細胞を認めた.腫瘍細胞は異型性はなく,内腔に向かうにつれ胞体が腫大,淡明化する外毛根鞘性角化の像を呈しており,PTC(Proliferating trichilemmal cyst)と診断された.腫瘍辺縁より5mm離して,骨膜上で帽状腱膜を含め全摘出し,皮弁作製術を行った結果,術後1年経過現在,再発は認められていない
  • 皮膚免疫学入門 光免疫学 紫外線による免疫抑制, 森田 明理, 日本皮膚アレルギー学会総会・日本接触皮膚炎学会総会合同学術大会プログラム・抄録集, 36回・31回,   2006年07月
  • Classic type of eccrine adenocarcinoma の1例 : 放射線治療が奏効, 苅谷 清徳, 新谷 洋一, 山本 あい, 金子 夏美, 菅野 正芳, 森田 明理, 榎並 寿男, 亀井 壯太郎, 馬場 二三八, 水野 章, Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌, 21, (1) 85 - 90,   2006年06月15日, 43歳男性。10年程前から存在する左後頭部の丘疹が, 2002年11月頃から増大。2003年1月31日初診。20×20×15mmの紅色腫瘤, 後頭・頸部リンパ節腫大なし。2月19日切除。表皮と連続せず管腔構造を有す転移性腺癌を疑う像のため全身検索施行するも他の原発巣なし。病理組織像, 免疫染色, 全身検査の結果からclassic type of eccrine adenocarcinomaと診断。7月と10月左頸部リンパ節郭清施行。12月左頸部リンパ節転移の再発と多発肺転移出現。リンパ節部に電子線照射でcomplete response, CF療法4クールは肺転移に無効。外来にてTS1内服4クールと肺転移1ヵ所に放射線治療を行うもさらに縦隔リンパ節, 骨, 肝多発転移出現。癌性疼痛にX線照射で著明に症状軽減。通常放射線に抵抗性だが, 本例では癌治療・緩和治療に放射線が奏効した。
  • 抗トキソプラズマ抗体高値を示した皮膚筋炎の1例, 渡辺 幸恵, 森田 明理, 西日本皮膚科, 68, (2) 138 - 141,   2006年05月29日, 62歳,女性。1991年2月より顔面・前頚・手背を初発として紅斑が出現し,次第に拡大するため当科を受診した。その後の臨床症状および検査所見から,皮膚筋炎と診断した。同時に,抗トキソプラズマ抗体価の上昇を認めたため,治療経過中にアセチルスピラマイシンとサルファ剤による抗トキソプラズマ療法を併用したが,抗体価に速やかな変動はみられなかった。抗体価は,その後,皮膚筋炎に対してプレドニゾロンの投与が開始され,臨床症状・検査所見が安定するにつれて,ゆっくりと低下していった。皮膚筋炎と診断される症例の一部とトキソプラズマ症との関連が強く示唆されており,その発症に関与している可能性がある。皮膚筋炎の患者の診療にあたる際には,トキソプラズマ症についても念頭に置き,抗体価を測定するのが望ましいと考えられた。
  • 【ジェネリック・ガイド】 大学病院医家の立場から コメント 大学病院のジェネリック製剤の採用には,十分な議論とシステム構築が必要, 森田 明理, Derma., (113) 90 - 90,   2006年05月
  • 乾癬の病態と治療の進歩 乾癬治療における光線療法の進歩, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (5) 643 - 643,   2006年05月
  • 光免疫 紫外線による免疫抑制 接触皮膚炎と紫外線免疫抑制, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (5) 679 - 679,   2006年05月
  • 新しい皮膚科検査法・治療法 ナローバンドUVB治療のひろがり, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (5) 687 - 687,   2006年05月
  • 成人アトピー性皮膚炎に対する光線治療, 山本 あい, 金子 夏美, 菅野 正芳, 森田 明理, 澤田 啓生, 間宮 容子, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (5) 770 - 770,   2006年05月
  • 尋常性乾癬に対する585nmパルスダイレーザー療法の病理組織学的評価, 上尾 礼子, 黒川 麻里子, 菅野 正芳, 小林 桂子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (5) 787 - 787,   2006年05月
  • Hypomelanosis of Ito(伊藤白斑)の1例, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (5) 807 - 807,   2006年05月
  • 日光角化症に対するLEDを用いた光線力学療法(PDT), 小林 桂子, 苅谷 清徳, 上尾 礼子, 間宮 容子, 西田 絵美, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (5) 816 - 816,   2006年05月
  • フォトエイジングとアンチエイジング しわ形成(光老化)のメカニズム, 森田 明理, 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 6回,   2006年05月
  • 太陽紫外線の生体への影響とその防御技術 接触皮膚炎と紫外線免疫抑制, 森田 明理, FRAGRANCE JOURNAL, (308) 91 - 92,   2006年04月
  • 制御性樹状細胞による抗原特異的免疫寛容の誘導, 磯村 巌, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 31回,   2006年04月
  • 樹状細胞機能を修飾する生薬の探索-縮砂の腫瘍免疫への応用, 福井 一, 三井 星佳, 能勢 充彦, 水上 元, 森田 明理, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 31回,   2006年04月
  • UVA1(340-400nm)による悪性B細胞・形質細胞のアポトーシス誘導, 小林 桂子, 安田 陽子, 森田 明理, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 31回,   2006年04月
  • Narrow band UVBによる接触過敏反応と遅発型過敏反応に対する免疫抑制の誘導, 新谷 洋一, 磯村 巌, 森田 明理, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 31回,   2006年04月
  • 585 nmパルスダイレーザーの尋常性乾癬治療への有効性, 上尾 礼子, 小林 桂子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 116, (4) 449 - 454,   2006年04月, 尋常性乾癬に対する585 nmパルスダイレーザー治療を行った患者16名での治療効果とその安全性および有効性を検討した.尋常性乾癬は外用療法に抵抗性の場合,PUVA療法やナローバンドUVB療法などの光線療法が第2選択となるが,紫外線発癌の問題から乾癬皮疹部にのみ照射を行うターゲティング療法が考慮されるようになった.近年,海外において尋常性乾癬に対する有効性の報告が散見されている585 nmパルスダイレーザーもターゲティング療法の一環として期待できる治療法である.外用療法や光線療法に抵抗性を示す難治性尋常性乾癬症例に対してパルスダイレーザーによる治療を施行した結果,全般改善度において,患者16名中,改善以上の有効率は44%であり,3年間治療効果の維持できた症例も認められた.照射部位による効果では四肢よりも体幹,特に背部の乾癬病巣に対して有効であった.なおレーザー照射により症状が悪化した症例は認められなかった.今回の検討から585 nmパルスダイレーザーは難治性の尋常性乾癬に対して有効であり,今後選択すべき治療法の一つとして推奨できるものと考えられた.
  • 樹状細胞機能を修飾する生薬の探索 縮砂の腫瘍免疫への応用, 福井 一, 三井 星佳, 能勢 充彦, 水上 元, 森田 明理, 日本薬学会年会要旨集, 126年会, (3) 14 - 14,   2006年03月
  • Regulation of NF-κB signaling by decoy oligodeoxynucleotides, Iwao Isomura, Akimichi Morita, Akimichi Morita, Microbiology and Immunology, 50,   2006年01月01日, The nuclear factor-κB (NF-κB) plays a critical role in regulating expression of genes responsible for a wide range of cellular processes, including innate and adoptive immune responses, and pathways related to cell survival and proliferation. Based on its property as a transcription factor, NF-κB has been considered as a good target for the treatment of inflammatory immune diseases. To regulate gene expression, "decoy" oligodeoxynucleotides (ODNs) are ideal tools to interfere with binding of transcription factors to promoter regions in genes. Herein we review the application of NF-κB decoy ODNs to control inflammatory disorders and transplantation tolerance. In addition, we provide information about induction of antigen-specific peripheral tolerance by their topical application. Regulation of NF-κB signaling by NF-κB decoy ODNs might be an effective tool to control a variety of disorders caused by inflammatory immune responses.
  • Antigen-specific peripheral tolerance induced by topical application of NF-κB decoy oligodeoxynucleotide, Iwao Isomura, Kunio Tsujimura, Akimichi Morita, Akimichi Morita, Journal of Investigative Dermatology, 126,   2006年01月01日, Activation and maturation of dendritic cells (DC) are crucial for the establishment of delayed-type hypersensitivity (DTH). However, antigen presentation by immature DC (iDC) might lead to antigen-specific peripheral tolerance. NF-κB plays significant roles in upregulation of co-stimulatory molecules and cytokines in DC and therefore we investigated whether NF-κB decoy oligodeoxynucleotide (ODN) might induce tolerance to DTH. NF-κB decoy ODN suppressed ovalbumin (OVA)-induced DTH responses not only in naïve but also in presensitized mice. The suppressive effect was found to be antigen-specific. NF-κB decoy ODN-induced tolerance involved CD4+CD25+regulatory T cells (Treg), because in vivo depletion of CD25+T cells abrogated the tolerance, whereas adoptive transfer of such T cell population from tolerant mice induced tolerance. Furthermore, the induction of Treg was related to insufficient migration and/or maturation of DC, because a sizable DC population still remained in peripheral tissue even after exposure to exogenous antigen in NF-κB decoy ODN-treated mice. Even if they migrated into lymph nodes, they showed insufficient upregulation of co-stimulatory molecules and impaired antigen-specific activation of T cells. Topical application of NF-κB decoy ODN might thus be a new approach to induce antigen-specific peripheral tolerance. © 2006 The Society for Investigative Dermatology.
  • 褥瘡対策チームの関与した入院時持ち込み難治性褥瘡症例, 小島 基嗣, 竹山 廣光, 打田 由美子, 新谷 洋一, 坂本 雅樹, 荒井 昭子, 塚本 敏子, 小野 徹, 稲垣 幸恵, 森田 明理, 菊地 博, 静脈経腸栄養, 21, (増刊) 357 - 357,   2006年01月
  • 【Q&Aでわかるアレルギー疾患 アレルギーの病気で気になること】 アトピー性皮膚炎と日光の関係は?, 森田 明理, Q&Aでわかるアレルギー疾患, 1, (4) 379 - 381,   2005年12月
  • 乾癬に対するPUVA-bath療法―本邦における至適照射方法の確立, 小林 桂子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (6) 871 - 877,   2005年12月, 今回我々は,本邦での乾癬に対するPUVA-bath療法を確立するために,本邦および英国ガイドラインを参考に,照射プロトコールの最適化を試みた.のべ100例(83人)の難治性乾癬患者を対象とし,後ろ向き観察研究(retrospective observational study)として解析を行った.照射方法は増量幅,照射頻度を変更した3つのプロトコールを用いた.いずれのプロトコールでも初期照射量は0.2 J/cm2,最大照射量4.0 J/cm2とした.プロトコール1は,増量幅0.3 J/cm2に固定し週4回照射.プロトコール2・3は増量幅を0.3~0.7 J/cm2と徐々に上げ,プロトコール2では週4回,プロトコール3では週5回照射した.いずれのプロトコールでも,寛解率は約90%で,関連性の明らかな重篤な副作用はなかった.寛解期間はプロトコール1・2で4.0~6.6カ月だった.寛解に至るまでの在院日数はプロトコール3が他に比べて有意に短く36.5日であった.プロトコール3の照射回数も20回で最少であり,その差はプロトコール1と比べて有意であった.また有意差はないものの総照射量も56.4 J/cm2で最少であった.併用されているビタミンD3外用薬の効果を比較したところ,カルシポトリオール軟膏とマキサカルシトール軟膏は寛解率,在院日数,照射回数などにおいて同等の結果を示した.プロトコール3を導入することによって,本邦において安全性が高く,効果の高い標準的なPUVA-bath療法を行うことが可能になると考えられる.
  • 皮膚科医に必要な光生物学 わかりやすい光線療法の実際 Narrow-band UVB療法とPUVAバス療法, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (13) 2209 - 2212,   2005年12月
  • 【遺伝子診療学 遺伝子診断の進歩と遺伝子治療の展望】 遺伝子治療 現状と展望 各論 膠原病・アレルギー疾患に対する遺伝子治療 NFκBデコイDNAによるアトピー性皮膚炎治療, 玉井 克人, 金田 安史, 中邨 弘重, 青木 元邦, 森下 竜一, 橋本 公二, 森田 明理, 片山 一朗, 花田 勝美, 日本臨床, 63, (増刊12 遺伝子診療学) 659 - 663,   2005年12月
  • わかりやすい光線療法の実際 : Narrow-band UVB 療法とPUVAバス療法, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY, 115, (13) 2209 - 2212,   2005年12月
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班の2005年度の活動報告 中部山岳国立公園内に開設8年目を迎えた山岳医療の現状, 三浦 裕, 太田 伸生, 勝屋 弘忠, 浅井 清文, 中西 真, 森田 明理, 津田 洋幸, 間渕 則文, 森山 昭彦, 野沢 恭子, 早川 純午, 松浦 武志, 坪井 謙, 榊原 嘉彦, 榊原 一貴, 下方 征, 城川 雅光, 吉村 章代, 廣江 隆弘, 野島 逸, 小山 勝志, 花井 信広, 前田 直徳, 小林 桂子, 河辺 眞由美, 野路 久仁子, 黒野 智恵子, 矢崎 蓉子, 名古屋市立大学医学会雑誌, 56, (4) 149 - 149,   2005年11月
  • 新しい紫外線療法, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY, 115, (11) 1591 - 1597,   2005年10月20日
  • 温熱療法が奏効したMycobacterium chelonaeによる非定型抗酸菌症の1例, 千葉 高司, 森田 明理, 榊原 代幸, 西日本皮膚科, 67, (4) 358 - 362,   2005年10月03日, 86歳の女性。2001年6月中旬に右第III指背側に外傷を受け,その部位に紅色結節出現した。近医でケロイドとしてトラニラスト内服にて治療受けるも難治のため,同年8月名古屋市立大学病院皮膚科に紹介された。来院時右III指背側に2×1cmの紅色結節を認めた。病理組織像とDNA-DNAハイブリダイゼーションの結果にてMycobacterium chelonaeによる非定型抗酸菌症と診断した。使い捨てカイロによる温熱療法を施行し奏効した。
  • 皮膚科の治療 新しい紫外線療法, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (11) 1591 - 1597,   2005年10月, Narrow-band UVB(NB-UVB)やUVA1(340〜400nm)などの新たな選択的な波長特性を持つ紫外線療法が登場した.波長ごとの特性を生かし,安全性と有効性を高めるために開発が行われた.NB-UVBは,311〜312nmに分布する非常に幅の狭い波長で,乾癬,アトピー性皮膚炎,白斑などに有効性が認められている.また,ソラレンを用いないため,遮光などの生活の制限もなく,胃腸・肝障害などの全身の副作用もない.さらに照射プロトコールも比較的容易なものである.もう一つの選択的紫外線療法であるUVA1は,UVAのうち長波長側340〜400nmを用いる.現在までにアトピー性皮膚炎,色素性蕁麻疹,限局性強皮症,全身性強皮症,皮膚T細胞リンパ腫などに有効性が認められている(著者抄録)
  • Rhabdoid 細胞の出現した無色素性悪性黒色腫の1例, 苅谷 清徳, 新谷 洋一, 下川 稚代, 山本 敬三, 森田 明理, Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌, 20, (2) 162 - 165,   2005年09月30日, 16歳, 女性。左臀部の紅色腫瘤を主訴に来院。切除生検の結果, 病理診断として悪性rhabdoid腫瘍を疑われ当科紹介。当初我々は悪性rhabdoid腫瘍あるいは悪性末梢神経鞘腫瘍の一亜型であるmalignant epithelioid schwannoma with rhabdoid featuresとの鑑別に難渋したが, 最終的にrhabdoid細胞の出現した無色素性悪性黒色腫と考えた。転移性黒色腫にrhabdoid細胞が出現することはあるが, 皮膚原発の悪性黒色腫にrhabdoid細胞が出現することは極めて稀である。今回我々は最終的にrhabdoid細胞が出現した皮膚原発性の無色素性悪性黒色腫と結論付けた。本邦では最初の症例と考えられ報告する。
  • 355 サリチルアミドによる固定薬疹の1例(薬物アレルギー(2)/即時型アレルギー/遅延型アレルギー, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会), 西尾 栄一, 森田 明理, アレルギー, 54,   2005年09月30日
  • サリチルアミドによる固定薬疹の1例, 西尾 栄一, 森田 明理, アレルギー, 54, (8-9) 1095 - 1095,   2005年09月
  • ばち状指で発見された肺性肥大性骨関節症を伴った肺癌の1例, 高木 磨美, 小林 桂子, 森田 明理, 沼田 時男, 田中 宏紀, 梶浦 元晴, 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology, 67, (4) 337 - 340,   2005年08月01日, 55歳の男性。爪甲の変形と両足関節の疼痛腫脹が出現し受診した。初診時,両手指・足趾のばち状指を認め,肺性肥大性骨関節症との関連を考え,胸部X線撮影を行ったところ,右上葉に径8.0cmの腫瘤を認めた。精査の結果,肺癌と診断。病理組織型は扁平上皮癌であった。また,長管骨X線像では骨膜肥厚がみられ,骨シンチグラフィーで骨膜に集積像がみられた。以上の臨床,検査所見から肺性肥大性骨関節症と診断した。右上葉切除術施行後,ばち状指は改善,足関節の腫脹は消失し,骨シンチグラフィーで集積像が減少した。術後化学療法を施行し,皮膚所見の再燃や肺癌の再発はみられていない。
  • 乾癬のPUVAバス療法の検討, 小林 桂子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (9) 1355 - 1355,   2005年08月
  • 開口部形質細胞症の1例, 山本 あい, 磯村 巌, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (9) 1364 - 1365,   2005年08月
  • 結節性血管炎の診断と治療について, 磯貝 善蔵, 小林 桂子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (9) 1365 - 1365,   2005年08月
  • 水疱を伴ったリウマチ性血管炎の1例, 小林 桂子, 磯村 巌, 澤田 啓生, 森田 明理, 坂野 章吾, 磯貝 善蔵, 中部リウマチ, 36, (2) 171 - 172,   2005年08月
  • 著明な顔面浮腫を呈したSLEの1例, 磯村 巌, 小林 桂子, 森田 明理, 坂野 章吾, 鈴木 亜希子, 中部リウマチ, 36, (2) 173 - 173,   2005年08月
  • 【聞き慣れない病名 2005】 cancer-associated fasciitis panniculitis, 下川 稚代, 磯村 巌, 新谷 洋一, 苅谷 清徳, 森田 明理, 皮膚病診療, 27, (Suppl.) 35 - 38,   2005年07月, 67歳男.胃癌のため胃全摘術を受け,その後,肺,肝,骨転移を認めて化学療法中であった.両下肢にびまん性腫脹,硬化,紅斑が出現したため当科を受診した.初診時,両下肢に筋把握痛を伴うびまん性腫脹,硬化,紅斑を認め,硬化による歩行困難を認めた.臨床検査では好酸球およびCEAの高値を認めた.右大腿内側より皮膚生検を行い,病理組織学的に真皮から皮下脂肪組織にかけての著明な線維化と附属器周囲の炎症細胞浸潤を認めた.真皮深層の血管腔には血栓を認め,筋膜近傍の線維化,好酸球浸潤を認めた.プレドニゾロン内服にて好酸球は減少したが,胃癌転移による全身症状悪化に伴い下肢腫脹は増悪し,その後死亡した.当初,好酸球性筋膜炎と考えたがステロイド治療に抵抗性であったことも含め,cancer-associated fasciitis panniculitisと診断した
  • Dermal mast cells play a central role in the incidence of scratching behavior in mice induced by multiple application of the hapten, 2,4,6-trinitrochlorobenzene, Hirotaka Yamashita, Yoshiko Michibata, Hajime Mizukami, Yukio Ogihara, Akimichi Morita, Mitsuhiko Nose, Experimental Dermatology, 14,   2005年06月01日, Repeated application of 1% 2,4,6-trinitrochlorobenzene (TNCB) in acetone solution causes chronic skin inflammation in BALB/c mice. Associated scratching behavior gradually appeared, and chronic scratching behavior was established over 40 days after the initial application of TNCB. In order to explore the possible involvement of T cells and mast cells in the appearance of pruritus, we examined the response of athymic nude mice and genetically mast-cell-deficient mice. We could not detect either severe skin inflammation or immunoglobulin (Ig)E production in T-cell-deficient BALB/c nu/nu mice even after 80 days of TNCB treatment, whereas typical severe skin inflammation and IgE production were observed in mast-cell-deficient WBB6F1-W/Wv and WBB6F1-S1/S1d mice. Furthermore, we observed persistent scratching behavior in WBB6F1-W/Wv mice, but not in BALB/c nu/nu and WBB6F1-S1/S1d mice. Histological examination of TNCB-treated animals revealed the development of dermal mast cells in W/Wv mice but not in S1 /S1d mice. Degranulation of dermal mast cells was observed in the WBB6F1-W/Wv genotype, but most mast cells remained intact in TNCB-treated BALB/c nu/nu mice. These results suggest that mast cells play a pivotal role in the incidence of scratching behavior in this chronic pruritus model. © Blackwell Munksgaard, 2005.
  • 【アトピー性皮膚炎のアレルギー病態と治療の再検証】 アトピー性皮膚炎の光線療法, 森田 明理, アレルギー科, 19, (6) 511 - 517,   2005年06月
  • 【蕁麻疹・血管性浮腫の診断と治療 症状から読みとるべき診療のポイント】 刺激部位に一致して出現する蕁麻疹 接触蕁麻疹, 山本 あい, 森田 明理, Visual Dermatology, 4, (7) 704 - 705,   2005年06月, 20歳女.デパートの化粧品売り場で接客を行っていたが,顔面のみにそう痒を伴った浮腫性紅斑が出現し,更には加療中であった尋常性ざ瘡の悪化もみられた.使用中の化粧品及び共通成分を用いたクローズドテストで香料2種に陽性反応を認め,香料による接触蕁麻疹と診断した.無香料及びアルコールフリー化粧品とプロトピック軟膏により症状は改善した
  • アトピー性皮膚炎の光線療法 (特集 アトピー性皮膚炎のアレルギー病態と治療の再検証), 森田 明理, アレルギ-科, 19, (6) 511 - 517,   2005年06月
  • 圧痛から発見された神経線維腫の1例, 高木 磨美, 小林 桂子, 磯村 巌, 森田 明理, 沼田 時男, 西日本皮膚科, 67, (2) 133 - 136,   2005年05月18日, 25歳の女性。約3ヵ月前から左側腹部に圧痛が出現し増強。初診時,皮膚表面に異常なく,皮下の硬結がわずかに認められるのみであった。MRIで皮下組織に1.2×1.0cmの分葉状の病変を確認。手術時,末梢神経に巻きついた径約7mmの2個の数珠状結節がみられた。病理組織像で被膜を認め,腫瘍内に紡錘形細胞,軸索がみられた。構成する腫瘍細胞は免疫組織化学染色でS-100陽性であった。病理学的所見から神経線維腫と診断した。Recklinghausen病を疑う臨床所見はみられなかった。
  • acquired reactive perforating collagenosisの1例, 鈴木 亜希子, 磯村 巌, 小林 桂子, 間宮 容子, 磯貝 善蔵, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 772 - 772,   2005年04月
  • 急性骨髄性白血病の経過中に多彩な皮疹を生じた1例, 小野 敦子, 磯村 巌, 新谷 洋一, 磯貝 善蔵, 苅谷 清徳, 鈴木 亜希子, 森田 明理, 小松 弘和, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 773 - 774,   2005年04月
  • anaplastic large cell lymphoma(ALCL)の1例, 渡辺 正一, 澤田 啓生, 千葉 高司, 森田 明理, 稲垣 淳, 飯田 真介, 甚目 憲司, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 774 - 774,   2005年04月
  • メルケル細胞癌の1例, 菅野 正芳, 苅谷 清徳, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 775 - 775,   2005年04月
  • Goltz症候群の1例, 青山 正子, 澤田 啓生, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 775 - 775,   2005年04月
  • コレステロール結晶塞栓症の3例, 金子 夏美, 小林 桂子, 新谷 洋一, 磯村 巌, 森田 明理, 磯貝 善蔵, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 777 - 777,   2005年04月
  • 成人に発症した汎発性光沢苔癬の1例, 間宮 容子, 磯村 巌, 森田 明理, 磯貝 善蔵, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 778 - 778,   2005年04月
  • 精液アレルギーの1例, 下川 稚代, 新谷 洋一, 鈴木 亜希子, 森田 明理, 牧野 亜衣子, 佐藤 剛, 杉浦 真弓, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 778 - 779,   2005年04月
  • 硬化性萎縮性苔癬の2例, 金子 夏美, 小林 桂子, 新谷 洋一, 澤田 啓生, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 779 - 779,   2005年04月
  • NF-kBデコイオリゴデオキシヌクレオチドによる制御性樹状細胞の誘導, 磯村 巌, 森田 明理, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 30回,   2005年04月
  • 乾癬におけるATBF1発現の解析 新しいSTAT3制御因子についての検討, 菅野 正芳, 三浦 裕, 川口 誠, 森田 明理, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 30回,   2005年04月
  • 水疱を伴ったリウマチ性血管炎の1例, 久野 治人, 小林 桂子, 磯村 巌, 森田 明理, 坂野 章吾, 磯貝 善蔵, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 781 - 781,   2005年04月
  • 膜嚢胞性変化を伴う脂肪織炎を認めた関節リウマチとMCTDを合併した1例, 間宮 容子, 磯村 巌, 小林 桂子, 森田 明理, 速水 芳仁, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 781 - 781,   2005年04月
  • ゲブネル現象を認めた成人スティル病の1例, 高木 磨美, 澤田 啓生, 森田 明理, 速水 芳仁, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 782 - 782,   2005年04月
  • 有棘細胞癌を合併した劣性栄養障害型先天性表皮水疱症の1例, 菅野 正芳, 苅谷 清徳, 新谷 洋一, 澤田 啓生, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 782 - 782,   2005年04月
  • 色汗症の1例, 宮脇 さおり, 春原 晶代, 磯村 巌, 菅野 正芳, 森田 明理, 鈴木 真理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 785 - 785,   2005年04月
  • annular elastolytic giant cell granulomaの1例, 下川 雅代, 小林 桂子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 785 - 785,   2005年04月
  • 著明な顔面・眼球結膜浮腫を呈したSLEの1例, 鈴木 亜希子, 菅野 重, 磯村 巌, 新谷 洋一, 小林 桂子, 森田 明理, 坂野 章吾, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 786 - 786,   2005年04月
  • インフリキシマブ投与中に生じた汎発性帯状疱疹の1例, 久野 治人, 磯村 巌, 森田 明理, 吉田 篤博, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 787 - 787,   2005年04月
  • proliferating trichilemmal cystの1例, 金子 夏美, 山本 あい, 苅谷 清徳, 小林 桂子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 788 - 788,   2005年04月
  • apocrine hidrocystomaの1例, 間宮 容子, 山本 あい, 上尾 礼子, 磯村 巌, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (5) 788 - 788,   2005年04月
  • 乾癬 ビタミンD3を中心とした今後の乾癬治療 光線療法とビタミンD3の併用療法, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医会雑誌, 22, (3) 226 - 226,   2005年04月
  • Narrowband UVBの免疫抑制作用, 新谷 洋一, 磯村 巌, 森田 明理, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 30回,   2005年04月
  • 強皮症硬化皮膚病変に対するUVA1療法とPUVA療法による膠原線維の超微形態的変化, 榊原 代幸, 菅野 重, 森田 明理, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 30回,   2005年04月
  • 【アトピー性皮膚炎と鑑別を要する皮膚疾患】 慢性光線性皮膚炎, 森田 明理, アレルギーの臨床, 25, (3) 193 - 198,   2005年03月, アトピー性皮膚炎では,露光部である顔面の皮疹が悪化することで,紫外線過敏症と鑑別を要する.皮膚科専門医以外がアトピー性皮膚炎の診断・治療にあたる場合は,問診や臨床上のエピソードから除外されなければならない疾患群である.紫外線過敏症の中で,成人型アトピー性皮膚炎と鑑別として,慢性光線性皮膚炎があるが,その他,光接触皮膚炎や光線過敏型薬疹など悪化原因になるものがある.慢性光線性皮膚炎の定義,診断,治療を概説(著者抄録)
  • 研究と臨床のブリッジ 皮膚免疫の最新知見, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (3) 361 - 361,   2005年03月
  • 皮膚科医に必要な光生物学 わかりやすい光線療法の実際, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (3) 367 - 367,   2005年03月
  • パルスダイレーザーによる尋常性乾癬治療, 上尾 礼子, 小林 桂子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (3) 461 - 461,   2005年03月
  • IgA天疱瘡の小児例, 磯村 巌, 澤田 啓生, 森田 明理, 安藤 嘉浩, 岩田 直美, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (3) 486 - 486,   2005年03月
  • ゴルツ症候群の男児例, 澤田 啓生, 森田 明理, 側島 久典, 鳥山 和宏, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (3) 506 - 506,   2005年03月
  • 皮膚浸潤を伴ったmulticentric Castleman's disease, 小林 桂子, 森田 明理, 飯田 真介, 上田 龍三, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (3) 526 - 526,   2005年03月
  • 【間葉系腫瘍・リンパ腫】 背部に単発腫瘤を認めた成人T細胞白血病・リンパ腫の1例, 苅谷 清徳, 磯貝 善蔵, 宮脇 さおり, 大野 裕子, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 47, (3) 375 - 379,   2005年03月, 87歳男.約半年前より左背部の皮疹に気づいていたが放置していたところ次第に増大し掻痒感も伴うようになってきたため受診した.皮疹は70×70×10mm大の紅色腫瘤で,病理組織像はT細胞リンパ腫の所見を示した.抗HTLV-1抗体陽性で,末梢血・皮膚腫瘤部からのDNAサザンブロット解析によりHTLV-1プロウイルスDNAの多・単クローン性の取り込みを認めたことなどから皮膚腫瘤型成人T細胞白血病・リンパ腫と診断した.皮膚腫瘤にリニアックX線を計40Gy照射し,腫瘤は消失,末梢血異型リンパ球も著減した.放射線照射終了から2年以上経過し,局所再発や末梢血異型リンパ球の増加などは認めていない
  • アトピー性皮膚炎の光線治療の今後, 森田 明理, 日本医事新報, (4216) 105 - 105,   2005年02月
  • NFkappaB decoy DNA for treatment of atopic dermatitis, Katsuto Tamai, Yasufumi Kaneda, Hiroshige Nakamura, Motohiro Aoki, Ryuichi Morishita, Koji Hashimoto, Akimichi Morita, Ichiro Katayama, Katsumi Hanada, Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 63 Suppl 12,   2005年01月01日
  • Topical tacrolimus therapy for pyoderma gangrenosum, Takashi Chiba, Iwao Isomura, Iwao Isomura, Akiko Suzuki, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 32,   2005年01月01日, Pyoderma gangrenosum (PG) is a type of neutrophilic disorder with a chronic clinical course. Immunosuppressive agents have been used for its management. Among them, corticosteroid is known as the most effective. However, other immunosuppressants including cyclosporine A have been selected for patients with PG who were refractory to systemic steroids. Herein we report a case of PG resistant to systemic steroids, who was successfully treated with topical tacrolimus. A fifty-four year-old male had a 14-year history of PG. In 2002, necrotic ulcers appeared on his right leg that were refractory to oral prednisolone (30 mg/day). The application of topical tacrolimus to the border of the ulcers hastened epithelization of the ulcers and allowed for reduction of the oral prednisolone. Topical tacrolimus therapy may be an effective alternative for PG when the lesion is poorly controlled by corticosteroid.
  • Recombinant cholera toxin B subunit activates dendritic cells and enhances antitumor immunity, Iwao Isomura, Yoko Yasuda, Kunio Tsujimura, Toshitada Takahashi, Kunio Tochikubo, Akimichi Morita, Akimichi Morita, Microbiology and Immunology, 49,   2005年01月01日, Activation of dendritic cells (DC) is crucial for priming of cytotoxic T lymphocytes (CTL), which have a critical role in tumor immunity, and it is considered that adjuvants are necessary for activation of DC and for enhancement of cellular immunity. In this study, we examined an adjuvant capacity of recombinant cholera toxin B subunit (rCTB), which is non-toxic subunit of cholera toxin, on maturation of murine splenic DC. After the in vitro incubation of DC with rCTB, the expression of MHC class U and B7-2 on DC was upregulated and the secretion of IL-12 from DC was enhanced. In addition, larger DC with longer dendrites were observed. These data suggest that rCTB induced DC maturation. Subsequently, we examined the induction of tumor immunity by rCTB-treated DC by employing Meth A tumor cells in mice. Pretreatment with subcutaneous injection of rCTB-treated DC pulsed with Meth A tumor lysate inhibited the growth of the tumor cells depending on the number of DC. Moreover, intratumoral injection of rCTB-treated DC pulsed with tumor lysate had therapeutic effect against established Meth A tumor. Immunization with DC activated by rCTB and the tumor lysate increased number of CTL precursor recognizing Meth A tumor. The antitumor immune response was significantly inhibited in CD8+T cell-depleted mice, although substantial antitumor effect was observed in CD4+T cell-depleted mice. These results indicated that rCTB acts as an adjuvant to enhance antitumor immunity through DC maturation and that CD8+T cells play a dominant role in the tumor immunity. Being considered to be safe, rCTB may be useful as an effective adjuvant to raise immunity for a tumor in clinical application.
  • Pyoderma gangrenosum associated with nasal septal perforation, oropharyngeal ulcers and IgA paraproteinemia, Iwao Isomura, Iwao Isomura, Saori Miyawaki, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 32,   2005年01月01日, We report a case of pyoderma gangrenosum (PG) associated with nasal septal perforation, pharyngeal ulcers and IgA paraproteineima. A 28-year-old woman first developed painful undermined ulcers on her perianal, inguinal and axillary areas when she was 22 years old. Histological findings from the cutaneous ulcers showed dermal and epidermal infiltrate of neutrophils, which was compatible with PG. Laboratory examinations did not detect any associations of systemic diseases other than polyclonal IgA paraproteinemia. Nasal fiberscopy revealed septal perforation and multiple ulcers on her pharynx. The biopsy specimen from the pharyngeal ulcers showed a polymorphous cellular infiltrate without necrotizing vasculitis or granuloma. However, there were no atypical lymphocytes that are typically seen in nasal NK/T lymphoma. By immunohistochemical analysis, the infiltrated lymphocytes were proved to be T cells and Epstein-Barr virus encoded RNA (EBER) was not detected. No pulmonary or renal lesions resembling Wegener's granulomatosis were found. Taken together, the nasal septal perforation was considered as nasal involvement of PG.
  • Newly developed phototherapy for atopic dermatitis, Akimichi Morita, Akimichi Morita, Allergology International, 54,   2005年01月01日, In the treatment of atopic dermatitis ultraviolet therapy is considered the second line of treatment, when adverse reactions occur and control is difficult with topical steroid treatment given as first-line treatment. Recently, ultraviolet A-1 (UVA1, 340-400 nm) therapy and narrow-band UVB (311 nm) therapy have been developed and applied to treatment of refractory skin diseases. In Europe, narrow-band UVB therapy is already used more often than psoralens plus ultraviolet A (PUVA) therapy for atopic dermatitis, psoriasis and several other skin diseases. Another newly developed device that has improved and expanded the spectrum of skin diseases amenable to phototherapy is UVA1. With this modality, doses of UVA1 (340 to 400 nm) up to 130 J/cm2are delivered to diseased skin. UVA1 was first used to treat patients with atopic dermatitis, but it has since been found to be efficacious in several other skin diseases, such as localized scleroderma, where other therapeutic options are limited. These two newly developed phototherapies demonstrate that the introduction of new spectra into dermatologic phototherapy has broadened and improved phototherapy as it relates to established indications such as atopic dermatitis. ©2005 Japanese Society of Allergology.
  • Collodion babyの1例, 澤田 啓生, 森田 明理, 福田 純男, 秋山 真志, 臨床皮膚科, 59, (1) 51 - 53,   2005年01月, 0歳女児.患者は在胎30週0日目に低出生体重児で出生した.出生時から全身が薄いセロファン様の膜で覆われ,一部亀裂と出血がみられ,その周囲に紅斑を認めた.日齢3日に皮膚生検を行い,HE染色像で顆粒層を伴う密な過角化と,表皮の萎縮を認めた.pH7.4におけるin situ transglutaminase activity assayでは有棘層上層から顆粒層の細胞膜に一致して活性が認められた.電顕像では,cornified cell envelopeの形成に異常は認められず,角層細胞内外に異常な脂肪滴の沈着がみられた.以上により,非水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症あるいは新生児葉状魚鱗癬によるcollodion babyの可能性が考えられ,症状は日齢5日目頃から徐々に落屑が始まり,26日目頃までには魚鱗は完全に消失して,正常な皮膚に戻った.尚,この間,外用は行わず,経過観察のみであった
  • 症例報告 Collodion babyの1例, 澤田 啓生, 森田 明理, 福田 純男, 臨床皮膚科, 59, (1) 51 - 53,   2005年01月
  • 新しい紫外線療法, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (11) 1591 - 1597,   2005年, Narrow-band UVB(NB-UVB)やUVA1(340~400 nm)などの新たな選択的な波長特性を持つ紫外線療法が登場した.波長ごとの特性を生かし,安全性と有効性を高めるために開発が行われた.NB-UVBは,311~312 nmに分布する非常に幅の狭い波長で,乾癬,アトピー性皮膚炎,白斑などに有効性が認められている.また,ソラレンを用いないため,遮光などの生活の制限もなく,胃腸・肝障害などの全身の副作用もない.さらに照射プロトコールも比較的容易なものである.もう一つの選択的紫外線療法であるUVA1は,UVAのうち長波長側340~400 nmを用いる.現在までにアトピー性皮膚炎,色素性蕁麻疹,限局性強皮症,全身性強皮症,皮膚T細胞リンパ腫などに有効性が認められている.
  • 新しい紫外線療法 : narrow-band UVB 療法とその実際, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY, 114, (13) 2189 - 2192,   2004年12月10日
  • エクリンらせん腺腫の1例, 渡辺 正一, 新谷 洋一, 磯貝 善蔵, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 46, (13) 2082 - 2083,   2004年12月, 47歳男.左前腕屈側に腫瘤が出現,増大し,圧痛が伴った.腫瘤は8×10mm大の表面平滑で,表皮・皮下との可動性が良好な弾性硬の淡紅色腫瘤であった.病理組織学的所見では,表皮と連続性がない,周囲に線維被膜を有する境界明瞭な好塩基性腫瘤を真皮深層から皮下に認めた.腫瘍塊は網状・リボン上の胞巣を形成し,大型の明調細胞と小型の暗調細胞で構成され,いずれも核異型は認めなかった.免疫組織学的所見では,EMAにて一部の管腔内腔面で陽性を示し,CEAは陰性であった.S-100蛋白は腫瘍塊を構成する明調細胞の一部で陽性を示した.臨床的,病理組織学的に,エクリンらせん腺腫と診断した.全摘術を施行し,現在まで再発はない
  • 汎発型尋常性白斑に対するナローバンドUVB療法の有効性, 加藤 吉弘, 新谷 洋一, 森田 明理, 西日本皮膚科, 66, (5) 515 - 518,   2004年11月08日, 尋常性白斑に対してはステロイドの内服・外用, ビタミンD3軟膏外用, PUVA療法が今まで用いられてきたが, 難治であり治療に苦慮する場合が多い。最近, ナローバンドUVB (311nm) の照射が尋常性白斑に著効することが明らかとなってきた。そこで, 顔, 躯幹, 手指, 手背に病変の見られる汎発型尋常性白斑患者4人にナローバンドUVB療法を行った。平均年齢は51歳。平均罹患期間は約12年。照射方法は最少紅斑量 (MED) の50%から開始し, 毎回10%の増量を行った。最大照射量は白斑に色素沈着が見られた照射量とした。照射回数は10~39回 (9.8~38.4 J/cm2) で, 顔面の全例, 体幹の1例で寛解もしくはほぼ寛解が, 体幹の1例では若干の色素沈着が得られた。体幹の1例と手の2例は色素沈着が得られなかった。副作用は1例で顔の正常皮膚の色素の増強を認めたが, 照射量を減量し治療を継続することで軽減した。顔面, 躯幹の汎発型の尋常性白斑においてナローバンドUVB療法に効果があることが明らかとなった。
  • 先天性皮膚欠損症の1例, 澤田 啓生, 森田 明理, 浜田 実邦, 日本小児皮膚科学会雑誌, 23, (2) 210 - 210,   2004年11月
  • 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班の2004年度活動報告 中部山岳国立公園内に開設7年目を迎えた山岳医療の現状, 三浦 裕, 太田 伸生, 勝屋 弘忠, 浅井 清文, 中西 真, 森田 明理, 間渕 則文, 岡田 秀親, 岡田 則子, 森山 昭彦, 小山 勝志, 榊原 嘉彦, 松浦 武志, 伊藤 友弥, 藤堂 庫治, 藤枝 季里子, 早川 純午, 大森 久紀, 土持 師, 坪井 謙, 廣江 隆弘, 佐川 竜一, 野島 逸, 藤原 沙弓, 堀 未来, 中山 富雄, 城川 雅光, 前田 直徳, 小林 桂子, 梅谷 洋介, 受井 史子, 野末 憲行, 吉田 邦広, 岡野 友美, 野沢 恭子, 河辺 眞由美, 小池 かおる, 石垣 千津, 前野 善孝, 野路 久仁子, 黒野 智恵子, 矢崎 蓉子, 名古屋市立大学医学会雑誌, 55, (4) 175 - 176,   2004年11月
  • NF-κB元デコイオリゴデオキシヌクレオチドによる抗原特異的免疫寛容の誘導, 磯村 巌, 辻村 邦夫, 森田 明理, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 34,   2004年11月
  • 3 光線療法について, 森田 明理, アレルギー, 53,   2004年09月30日
  • 乾癬爪に対する活性型ビタミンD_3外用密封療法, 三谷 有史, 磯村 巌, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY, 114, (10) 1645 - 1650,   2004年09月20日, 爪に病変が存在し加療しても6ヵ月以上経過している乾癬患者11症例を対象に,カルシポトリオール軟膏(50μg/g)を爪甲全体に外用してプラスティックフィルムによる密封療法を就寝前から翌朝まで1日1回毎日行った.治療ではまず3〜4週間,第2趾または第3趾の爪甲に対して初期治療を行い,改善を認めた場合は他趾も含め治療を3ヵ月間施行した.改善度の判定は初期から治療を行った1趾のみで行った結果,11例中7例で改善を認め,残る3例では初期治療の段階で改善が認められず,1例では爪の脱落により治療を中止した.代表的な3症例の臨床経過を呈示した.以上より,爪病変に対する活性型ビタミンD3の外用密封療法は有効かつ容易な方法であり,爪病変に対して確立した治療法のない現状では試みるべき治療法の一つであるものと考えられた
  • livedo reticularis wit summer ulcerationsの1例, 渡辺 正一, 澤田 啓生, 森田 明理, 安本 昌紀, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (10) 1698 - 1698,   2004年09月
  • Grover病の1例, 宮脇 さおり, 磯村 厳, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (10) 1698 - 1698,   2004年09月
  • PUVAバス療法が奏効した皮膚形質細胞増多症の1例, 鈴木 亜希子, 澤田 啓生, 森田 明理, 鈴木 加余子, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (10) 1699 - 1699,   2004年09月
  • eccrine porocarcinomaの1例, 間宮 容子, 苅谷 清徳, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (10) 1700 - 1700,   2004年09月
  • 悪性末梢神経鞘腫瘍の1例, 下川 雅代, 苅谷 清徳, 新谷 洋一, 澤田 啓生, 鈴木 亜希子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (10) 1700 - 1700,   2004年09月
  • アトピー性皮膚炎治療法の検証 光線療法について, 森田 明理, アレルギー, 53, (8-9) 865 - 865,   2004年09月
  • アトピー性皮膚炎の新しい紫外線療法 (特集 アトピー性皮膚炎治療の進歩), 森田 明理, アレルギ-・免疫, 11, (8) 1097 - 1103,   2004年08月
  • 化学物質の関与が考えられた好酸球性筋膜炎の1例, 鈴木 亜希子, 磯貝 善蔵, 森田 明理, 脇田 香里, 坂野 章吾, 中部リウマチ, 35, (2) 168 - 169,   2004年07月
  • Wegener肉芽腫・サルコイドーシスと鑑別を要した後期梅毒の1例, 佐々木 謙成, 速見 芳仁, 難波 大夫, 坂野 章吾, 上田 龍三, 磯貝 善蔵, 森田 明理, 松本 美富士, 中部リウマチ, 35, (2) 171 - 171,   2004年07月
  • 【アトピー性皮膚炎治療の進歩】 アトピー性皮膚炎の新しい紫外線療法, 森田 明理, アレルギー・免疫, 11, (8) 1097 - 1103,   2004年07月, アトピー性皮膚炎の治療で紫外線療法は,ファーストラインとして行われるステロイド外用治療でコントロールが難しい場合や副作用発現時などに用いられ,セカンドラインに位置する治療と考えられる.そこで,PUVA療法やUVB・UVA混合照射療法の有用性・副作用についてのポイントを説明し,また新しい紫外線療法であるnarrow-band UVB(311 nm)療法やUVA1(340〜400 nm)療法に関しても概説を行った
  • 【アトピー性皮膚炎治療の最前線】 紫外線療法の現状, 森田 明理, アレルギーの臨床, 24, (6) 443 - 448,   2004年06月
  • 【職業性皮膚疾患】 臨床例 化学物質の関与が考えられた好酸球性筋膜炎, 鈴木 亜希子, 磯貝 善蔵, 森田 明理, 皮膚病診療, 26, (6) 719 - 722,   2004年06月, 70歳男.誘因なく四肢の紅斑,腫脹,硬化が出現し増悪した.利尿薬等投与されたが更に拡大,増悪し,日常生活動作低下を来たし当院紹介受診となった.前腕部の肘部から手関節部までと,大腿部から足背部まで,境界明瞭な紅斑,腫脹を認めた.前腕部に軽度,下肢に高度の硬化を認め,また,上肢及び下肢に関節可動域低下を認めた.両大腿部MRIのT2強調画像では,筋周囲にガドリニウムでリング状に増強される筋膜の肥厚,炎症を認めた.右大腿の紅斑部より皮膚から筋まで一塊で生検を行い,脂肪組織中隔の線維化を認めた.特徴的臨床像,病理組織像,検査所見より好酸球性筋膜炎と診断した.プレドニゾロン内服で四肢の紅斑,腫脹は速やかに軽快したが,硬化は残存した.リハビリを行い,両肘関節,手関節,膝関節,足関節の可動域は改善した
  • 【アトピー性皮膚炎をめぐる新たな知見】 アトピー性皮膚炎の紫外線療法, 森田 明理, アレルギー科, 17, (6) 564 - 571,   2004年06月
  • 強い掻痒を主訴としQ-Switched Nd:YAG Laserが効果を示した表在播種型汗孔角化症の1例, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本レーザー治療学会誌, 3, (1) 72 - 72,   2004年06月
  • 難治性皮膚疾患に"光"を用いて : 選択的光線療法の開発, 森田 明理, 名古屋市立大學醫學會雜誌, 55, (2) 43 - 50,   2004年05月01日
  • 若年発症の有茎性無色素性悪性黒色腫の1例, 苅谷 清徳, 新谷 洋一, 小野 敦子, 森田 明理, 菅野 重, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (6) 1153 - 1153,   2004年05月
  • 皮膚潰瘍をきたしたrheumatoid vasculitisの4例, 磯貝 善蔵, 新谷 洋一, 鈴木 亜希子, 小野 敦子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (6) 1164 - 1164,   2004年05月
  • シクロスポリンMEPCによる乾癬治療のガイドライン2004年度版 コンセンサス会議報告, 中川 秀己, 相場 節也, 朝比奈 昭彦, 飯塚 一, 五十嵐 敦之, 梅澤 慶紀, 江藤 隆史, 大槻 マミ太郎, 小澤 明, 瀧川 雅浩, 中山 樹一郎, 水谷 仁, 根本 治, 古江 増隆, 古川 福実, 森田 明理, 矢口 均, 両角 國男, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (6) 1093 - 1105,   2004年05月, The efficacy of cyclosporine microemulsion preconcentrate (cyclosporine MEPC) in the treatment of severe psoriasis is well-established, as demonstrated by numerous clinical trials. However, many dermatologists still continue to have some concerns regarding its use. These are mainly related to preconceptions about its side effects which include renal impairment and hypertension, and to the lack of guideline for the appropriate and effective use of cyclosporine MEPC in the treatment of severe psoriasis. A Japanese consensus conference was convened following an international conference held in Paris in order to amend The Japanese Guideline for Psoriasis Therapy with Cyclosporine MEPC. Expert reviewers presented and deliberated Japanese as well as international evidence on cyclosporine MEPC related to clinical efficacy, patient selection, and profiles of adverse drug reactions. They reached a consensus as to the proposed recommendations of the use of cyclosporine MEPC. The definition of difficult-to-treat in the context of patient selection for cyclosporine MEPC was changed from a PASI score ≧ 18 to 12, and "patients unsatisfied with the effects of their current therapy" was newly added concerning the impact of psoriasis on patients' QOL in QOL assessments by patients. Because a dose of 2.5mg/kg/day has been reported to show adequate efficacy, a suggested range of 2.5 to 5.0mg/kg/day was set. Because, at the dose of 2.5 mg/kg/day, 70% improvement of PASI scores was achieved at 12-weeks, it was recommended that the course of subsequent therapy should be re-examined based on the efficacy checked after three months following the start of therapy. Patients' QOL and patient assessment of efficacy were also added as efficacy outcome measures in addition to PASI score, affected body surface area, and degrees of pustules and pruritus. Serum creatinine level (S-Cr) was recommended as a measure for assessing renal impairment, and it was stated that a detailed kidney test should be performed by a renal specialist if S-Cr levels do not show any improvement about one month after withdrawal of treatment. The Guidelines will be revised in 2004 based on the consensus reached.
  • 偽リンパ腫を伴ったシェーグレン症候群の1例, 宮脇 さおり, 磯村 巌, 森田 明理, 榊原 茂, 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology, 66, (2) 124 - 127,   2004年04月01日, 21歳女性。1年前より眼球および口腔乾燥感, う歯の多発に気付く。さらに腹部に紅色丘疹が出現, 胸部・上肢にも同様の皮疹が拡大し, 近医受診し加療されるも改善せず, 当科紹介受診となった。初診時, 腹部・胸部・上肢に暗紅色丘疹を認めた。シルマー試験陽性。唾液分泌の低下がみられた。口唇腺生検では腺細胞の軽度萎縮と形質細胞をまじえるリンパ球の浸潤を認めた。腹部の病理組織学的所見では, 真皮上層から皮下組織に結節状の密なリンパ球浸潤があり, 胚中心をもったリンパ瀘胞様構造を認めた。免疫組織学的所見では, L26染色陽性細胞が大部分を占めUCHL1染色陽性細胞が細胞塊の辺縁に局在したリンパ瀘胞様構造であった。臨床所見, 病理組織像より偽リンパ腫を伴ったシェーグレン症候群と診断した。
  • NF-kBデコイオリゴデオキシヌクレオチドによる抗原特異的免疫寛容の誘導, 磯村 巌, 森田 明理, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 29回,   2004年04月
  • ロイコトリエン拮抗薬内服中に発症したChurg-Strauss症候群の1例, 渡辺 正一, 磯村 巌, 難波 大夫, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (5) 991 - 995,   2004年04月, 49歳男性.1999年に気管支喘息を発症し,吸入ステロイド,ロイコトリエン(LT)拮抗薬により加療されていた.2002年7月上旬より両手背腫脹が出現した.末梢血上好酸球の上昇を認め,四肢・左側腹部の紫斑を伴うようになったため,皮膚科受診となった.皮膚病理組織像でフィブリノイドの沈着を含む血管炎の所見が得られ,臨床像と併せChurg-Strauss症候群と診断した.入院後ステロイドパルス療法とプレドニゾロン30 mg/日内服療法により紫斑・末梢血好酸球・CRPの改善を認めた.近年LT拮抗薬内服中にChurg-Strauss症候群を発症した症例が報告されるようになりその因果関係に関心が高まっている.本症例では3種類のLT拮抗薬内服後にChurg-Strauss症候群を発症していることから,本症とLT拮抗薬との関連が示唆された.
  • 選択的波長を用いたナローバンドUVB療法とUVA1療法, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY, 114, (3) 496 - 497,   2004年03月20日
  • ARC syndrome(Arthrogryposis,renal tubular dysfunction,cholestasis)の1例, 新谷 洋一, 森田 明理, 水野 晴夫, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (3) 552 - 552,   2004年03月
  • 成人型アトピー性皮膚炎に対する光線療法, 澤田 啓生, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (3) 595 - 595,   2004年03月
  • 皮膚原発汗腺癌の1例, 苅谷 清徳, 新谷 洋一, 小野 敦子, 森田 明理, 榎並 寿男, 亀井 壯太郎, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (3) 626 - 626,   2004年03月
  • ナローバンドUVBが有効であった成人型アトピー性皮膚炎の1例, 三谷 有史, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (4) 844 - 845,   2004年03月
  • タクロリムス軟膏が奏効した壊疽性膿皮症の1例, 千葉 高司, 磯村 巌, 鈴木 亜希子, 磯貝 善蔵, 森田 明理, 小林 泰介, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (4) 849 - 850,   2004年03月
  • 化学物質との関与が考えられた好酸球性筋膜炎の1例, 鈴木 亜希子, 磯貝 善蔵, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (4) 850 - 850,   2004年03月
  • 新生児にみられた魚鱗癬の1例, 宮脇 さおり, 北島 進司, 磯村 巌, 森田 明理, 秋山 真志, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (4) 850 - 851,   2004年03月
  • ナローバンドUVB療法が奏効した慢性痒疹の1例, 三谷 有史, 新谷 洋一, 鈴木 亜希子, 森田 明理, 榊原 茂, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (4) 851 - 851,   2004年03月
  • 骨髄異形成症候群に発症したLeukemia cutisの1例, 小野 敦子, 磯貝 善蔵, 鈴木 亜希子, 森田 明理, 花村 一朗, 伊藤 康司, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (4) 852 - 852,   2004年03月
  • タクロリムス外用が有効であった円板状エリテマトーデスの3例, 菅野 正芳, 磯村 巌, 磯貝 善蔵, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (4) 853 - 853,   2004年03月
  • cancer-associated fasciitis panniculitisの1例, 下川 稚代, 磯村 巌, 新谷 洋一, 磯貝 善蔵, 苅谷 清徳, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (4) 853 - 853,   2004年03月
  • 木村病の1例, 千葉 高司, 磯村 巌, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (4) 855 - 855,   2004年03月
  • 森田明理教授就任記念講演 明日の光線療法をめざして, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (4) 855 - 855,   2004年03月
  • コロジオンベビーの1例, 澤田 啓生, 森田 明理, 辻 卓夫, 秋山 真志, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (4) 846 - 846,   2004年03月
  • 【光線療法の新しい展開】 光線療法をよく用いる疾患 Local bath-PUVA療法が奏効した掌蹠膿疱症, 磯村 巌, 森田 明理, Visual Dermatology, 3, (4) 364 - 365,   2004年03月, 67歳女.12年前から膿疱や紅斑の出現・軽快を繰り返していた.初診時,両側の手掌中央及び小指球,足底では足弓部を中心に,いずれも対称性に分布する小膿疱,小水疱と鱗屑を伴う紅斑を認め,踵部では角化も認められた.皮疹部には掻痒を認めた.掌蹠膿疱症と診断し,local bath-PUVA療法を週1回,合計30回,440.J/cm2施行したところ,5回照射前後から水疱,膿疱は減少し始め,治療終了時点ではほぼ皮疹は消失した.5ヵ月後に皮疹が再発したが,再びlocal bath-PUVA療法を行い略治した.以上より,local bath-PUVA療法は掌蹠膿疱症に対し有効な治療法であると考えられた
  • 【光線療法の新しい展開】 光線療法が有効であった疾患 全身性強皮症の硬化病変に対するUVA1(340-400nm)療法, 森田 明理, Visual Dermatology, 3, (4) 376 - 377,   2004年03月, 67歳女.手指に痛みと共に浮腫が出現し,血管拡張剤,血小板凝集抑制剤の投与を受けるも徐々に硬化が四肢末端から体幹へ進行した.同時に手指に変形を来たした.初診時,手指の硬化が強く,手指・手掌を合わせることができない状態であった.手指・四肢末端から体幹に及ぶ硬化があり,前腕伸側部の病理組織像で真皮に膠原線維束の膨化・増生がみられたことから,全身性強皮症と診断した.UVA 1を照射し,約1ヵ月間,19回の照射で手指関節可動域が伸展・屈曲において10°改善し,サーモグラフィーで約2℃の上昇,前腕伸側部の皮膚伸展性・弾力性の改善がみられた.現在治療後3年経過するが,硬化の進行はみられない
  • 【光線療法の新しい展開】 光線療法が有効であった疾患 Bath-PUVA療法が奏効した汎発性環状肉芽腫, 大野 裕子, 森田 明理, Visual Dermatology, 3, (4) 380 - 381,   2004年03月, 74歳女.約3年前より体幹・四肢に米粒大の紅色丘疹が出現,徐々に拡大し,プレドニゾロン内服及びステロイド外用治療を受けていたが改善がみられなかった.初診時,臀部に米粒大から豌豆大の紅色丘疹及び周囲が軽度隆起した環状の紅斑性局面が多数散在していた.病理組織学的所見では,真皮の上層から中層に膠原線維の変性がみられ,それを類上皮細胞が取り囲み,組織球,リンパ球,多核巨細胞よりなる細胞浸潤がみられた.又,皮疹は丘疹環状型のものが体幹・四肢に多数存在していたため,臨床・病理両所見より,汎発性環状肉芽腫と診断した.bath-PUVA療法を開始したところ,計29回・82.8J/cm2照射後に皮疹はほぼ消褪し,組織学的にも改善がみられた
  • 【光線療法の新しい展開】 光線療法が有効であった疾患 Narrowband UVB(NB-UVB,311nm)療法が奏効した結節性痒疹, 三谷 有史, 森田 明理, Visual Dermatology, 3, (4) 388 - 389,   2004年03月, 30歳女.約3年前より掻痒性丘疹が出現し,治療を行うも難治性であったため紹介受診した.初診時,体幹,四肢に小指頭大の茶褐色の結節が多発しているのを認め,病理組織学的所見で表皮は肥厚し,真皮上層には血管周囲に炎症細胞浸潤を認めた.臨床像,病理組織所見,諸検査の結果より結節性掻痒と診断し,bath-PUVA療法とステロイド外用にてある程度の軽快がみられた.しかし,退院後しばらくして再燃し,治療抵抗性であったため,narrowband UVB療法を開始した.計56回,65.7J/cm2照射後には皮疹は著明に改善した
  • 【光線療法の新しい展開】 光線療法が有効であった疾患 Narrowband UVB療法に有効性の認められた円形脱毛症, 榎並 寿男, 大野 裕子, 森田 明理, Visual Dermatology, 3, (4) 392 - 393,   2004年03月, 22歳男.数年前,円形脱毛症のため内服・外用を受けるも効果なく放置していた.初診時,広範囲に互いに融合する脱毛斑がみられた.narrowband UVB療法を開始することとし,narrowband UVB療法の有効性を検討する目的で,左半部のみの照射とし,右半分は遮光しステロイドローションの外用のみを行った.15回照射後,照射部分はうぶ毛・硬毛が著明にみられたが,対照部分では一部うぶ毛が生じたがあまり改善がみられなかった.narrowband UVB療法の有効性が認められたため,頭部全体への照射を開始した
  • 新しい紫外線療法 Narrowband UVBとUVA1療法, 森田 明理, Visual Dermatology, 3, (4) 410 - 418,   2004年03月
  • Wegener肉芽腫・サルコイドーシスと鑑別を要した後期梅毒の1例, 速水 芳仁, 難波 大夫, 坂野 章吾, 上田 龍三, 磯貝 善蔵, 森田 明理, 松本 美富士, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 48回,   2004年03月
  • 化学物質の曝露を認めた好酸球性筋膜炎の1例, 脇田 香里, 坂野 章吾, 難波 大夫, 速水 芳仁, 上田 龍三, 磯貝 善蔵, 森田 明理, 松本 美富士, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 48回,   2004年03月
  • これからの皮膚疾患に対する光線療法 : ナローバンドUVB, 森田 明理, 現代医学, 51, (3) 403 - 410,   2004年03月, ナローバンドUVBは,ピークだけでなくほとんどが311-312nmに分布する非常に幅の狭い波長である.現在までに,乾癬,アトピー性皮膚炎,白斑などに有効性が認められている.乾癬の治療では,今までのUVBに比べ効果が優れること,またソラレンを用いるPUVAと同等の効果が得られることが明らかとなっている.ソラレンを用いないため,遮光などの生活の制限もなく,胃腸・肝障害などの全身の副作用もない.これらの良い特徴をもったナローバンドUVBの治療の実際を中心に概説した
  • 頭部に多発性の潰瘍を生じたMCTDに対する免疫グロブリン大量静注療法, 鈴木 やよい, 森田 明理, 加藤 磨美, 菅野 重, 辻 卓夫, 坂野 章吾, 臨床皮膚科, 58, (2) 181 - 184,   2004年02月, 29歳女.19歳時にMCTD(混合性結合組織病)と診断され,ステロイド,免疫抑制剤の内服で治療を受けていた.左膝部の疼痛,腫脹,熱感から症状が出現し,手指の潰瘍,Raynaud現象の増悪,頭部の脱毛と潰瘍の拡大,更に右膝と臀部の脂肪織炎を発症した.MCTD病勢の増悪と思われる全身状態の悪化を認め,ステロイドパルス,エンドキサンパルスに抵抗性であったため免疫グロブリンの大量静注療法を施行した.1日20gの免疫グロブリン静注を5日間行ったところ,皮膚症状,全身状態は著しく改善した
  • Narrow-Band UVB療法, 森田 明理, 皮膚科の臨床, 46, (2) 205 - 216,   2004年02月
  • 難治性皮膚疾患に"光"を用いて一選択的光線治療の開発, 森田 明理, 名古屋市立大学医学会雑誌, 55, (1) 39 - 39,   2004年02月
  • 治療 頭部に多発性の潰瘍を生じたMCTDに対する免疫グロブリン大量静注療法, 鈴木 やよい, 森田 明理, 加藤 磨美, 臨床皮膚科, 58, (2) 181 - 184,   2004年02月
  • New strategy for efficient selection of dendritic cell-tumor hybrids and clonal heterogeneity of resulting hybrids, Hiroyuki Matsue, Hiroyuki Matsue, Hiroyuki Matsue, Keiko Matsue, Keiko Matsue, Dale Edelbaum, Michael Walters, Akimichi Morita, Akira Takashima, Cancer Biology and Therapy, 3,   2004年01月01日, Heterotypic hybrids created between dendritic cells (DC) and tumor cells represent an efficient approach for loading DC with tumor-associated antigens (TAA) and DC-tumor hybrid vaccines have shown promising outcomes in various preclinical and clinical studies. Conventional DC-tumor hybrid preparations, however, are unavoidably contaminated by DC-tumor aggregates and DC loaded with tumor cell debris. Here we describe a new strategy for selecting genuine DC-tumor hybrids. A HAT-sensitive/zeocin-resistant DC clone (XS106-7 Zeo) was fused with a GFP-transduced fibrosarcoma clone (S1509a-GFP) by polyethylene glycol and heterotypic hybrid clones were established by limiting dilution in the presence of HAT and zeocin. CD45 (DC origin) and GFP (tumor origin) were both expressed in 91% (51/56 clones) of the resulting clones, indicating high efficiency of our strategy. Marked heterogeneity was observed among the hybrid clones and only one clone exhibited characteristic features of DC (CD86 and I-A expression, dendritic morphology, T cell-stimulatory capacity and IL-1β, IL-6 and TNFα production), suggesting that only small fractions of DC-tumor hybrids acquire and maintain the properties of parental DC. Finally, vaccination with this hybrid clone protected mice from subsequent growth of S1509a tumor cells, documenting the in vivo activity of DC-tumor hybrids in the complete absence of exogenous TAA. ©2004 Landes Bioscience.
  • Different Susceptibility of Malignant versus Nonmalignant Human T Cells Toward Ultraviolet A-1 Radiation-Induced Apoptosis, Ritsuko Yamauchi, Akimichi Morita, Akimichi Morita, Yoko Yasuda, Susanne Grether-Beck, Lars Oliver Klotz, Lars Oliver Klotz, Takuo Tsuji, Jean Krutmann, Jean Krutmann, Journal of Investigative Dermatology, 122,   2004年01月01日, Ultraviolet (UV) A-1 (340-400 nm) radiation is highly effective in inducing apoptosis in skin-infiltrating T cells and thereby exerts beneficial effects in patients with T cell-mediated skin diseases. In this in vitro study, we report that malignant and normal T cells differ in their susceptibility toward UVA-1 radiation-induced apoptosis. Dose-response studies revealed that malignant CD4+T cells isolated from a patient with adult T cell leukemia and Sezary's syndrome as well as malignant T cell lines exhibited a significantly higher susceptibility toward UVA-1 radiation-induced apoptosis 4 h (early apoptosis) and 24 h (late apoptosis) after exposure than normal, CD4+T cells. This difference was specific for UVA-1 irradiation because it was not detected when apoptosis was induced in these cells through exposure to UVB radiation or stimulation with cell-permeable ceramides. It has been shown that UVA-1 radiation-induced T cell apoptosis is initiated through the generation of singlet oxygen. This is in agreement with the present observation that stimulation of unirradiated cells with a singlet oxygen-generating system induced apoptosis in malignant cells to a greater extent than in normal cells. Moreover, downregulation of FAS surface expression in malignant T cells was associated with the inhibition of UVA-1 radiation/singlet oxygen-induced apoptosis in these cells. It was thus of great interest to learn that addition of the caspase inhibitor Z-VADfmk decreased and interferon-γ stimulation, which is known to upregulate caspase levels including caspase-3, increased the sensitivity of T cells toward UVA-1 radiation-induced apoptosis. Furthermore, malignant T cells had significantly higher procaspase-3 levels when compared with normal cells. These studies indicate that the susceptibility of human T cells toward UVA-1 radiation-induced apoptosis is related to the availability of caspases such as caspase-3 and that strategies directed at upregulating caspase levels will increase the efficacy of UVA-1 phototherapy.
  • A case of bullous Sézary syndrome, Atsuko Ono, Iwao Isomura, Iwao Isomura, Zenzo Isogai, Youichi Shintani, Akiko Suzuki, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 31,   2004年01月01日, Sézary syndrome is an aggressive variant of cutaneous T cell lymphoma with poor prognosis and clinically characterized by erythroderma and Sézary cells in the blood. Here we report a case of bullous Sézary syndrome. A seventy-year-old male presented with erythroderma and inguinal lymph node swelling. Histopathological examination showed dermal and epidermal infiltration of atypical lymphocytes and Sézary cells could be detected in peripheral blood samples. He was therefore diagnosed as Sézary syndrome. Four months after the onset, he developed bullae on axillary and inguinal areas, featuring subepidermal blistering with basal cell degeneration and dense infiltration of atypical lymphocytes. Autoimmune bullous diseases were excluded by negative immunofluorescence. Bullous forms of Sézary syndrome are extremely rare although several cases of a bullous variant of mycosis fungoides have been reported.
  • 乾癬爪に対する活性型ビタミンD3外用密封療法, 三谷 有史, 磯村 巌, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 114, (10) 1645 - 1650,   2004年, 乾癬患者の爪に病変を認める割合は10%~55%と報告されている.またその治療法は確立されておらず臨床上難しい問題となっている.今回我々は乾癬に対して治療されているにも関わらず,6カ月以上変化なく爪に病変が存在している患者11例を対象に活性型ビタミンD3外用剤による密封療法を行った.方法はカルシポトリオール軟膏(50 μg/g)による外用密封療法を1日1回,まず3~4週間,第2指または第3指の爪甲のみに対して初期治療を行い,改善を認めた場合は他指も含め治療を3カ月間施行した.結果は11例中7例に改善を認めた.改善度の判定は初期から治療を行った1指の爪甲のみで行った.3例は初期治療の段階で改善を認めなかった.1例は爪が脱落のため治療を中止した.乾癬の爪病変に対する活性型ビタミンD3外用密封療法は有効かつ容易な方法であり,爪病変に対して確立した治療法がない現状では試みるべき治療法の一つと考えた.
  • Tobacco smoke extract induces age-related changes due to modulation of TGF-β, Lei Yin, Akimichi Morita, Takuo Tsuji, Experimental Dermatology, Supplement, 12,   2003年12月23日, We have recently shown that tobacco smoking, like ultraviolet A radiation, is an important factor contributing to premature skin aging. We found that tobacco smoke extract decreased type I and III procollagen, increased tropoelastin mRNA, and induced abnormal accumulation of proteoglycans and matrix metalloproteinase (MMP)-1 and MMP-3 in cultured skin fibroblasts. This indicated that common molecular features might underlie the premature aging of the skin induced by tobacco smoke extract, including abnormal regulation of extracellular matrix deposition through elevated MMPs, reduced collagen production, abnormal tropoelastin accumulation, and altered proteoglycans. With the exception that reactive oxygen species were mediated in the aging process, transforming growth factor (TGF)-β1 was found to play a crucial role in the age-related alterations induced by tobacco smoke extract. Here we report that tobacco smoke extract blocks cellular responsiveness to TGF-β1 through the induction of a non-functional latent form of TGF-β1, and downregulation of the TGF-β1 receptor. This paper shows the evidence for the role of tobacco smoking in skin aging and describes how modulation of TGF-β1 levels might retard premature skin aging. © Blackwell Munksgaard, 2003.
  • Narrow-band UVB療法が有効であった掌せき膿ほう症の4例, 上尾 礼子, 森田 明理, 皮膚の科学, 2, (5) 433 - 438,   2003年10月01日, 掌蹠膿疱症4例に対してnarrow-band UVB 療法を施行し,良好な治療効果を得た。掌蹠膿疱症は再燃する膿疱形成と角化性潮紅局面を特徴とし,ステロイド外用やビタミンD3外用に反応しにくい症例も多く,治療に難渋する疾患である。Narrow-band UVB 療法は欧米を中心として乾癬やアトピー性皮膚炎などの治療に用いられているが,掌蹠膿疱症に対しての治療効果については未だ報告されていない。4例の平均年齢は60.5歳。全例女性で平均罹患期間10.3年。初回照射量は0.3J/cm2とし20%ずつ照射量を増量した。平均照射回数15.5回,平均照射量は20.9 J/cm2で4例とも有効以上の効果を認めた。
  • アトピー性皮膚炎に対する新しい紫外線療法 UVA1療法とナローバンドUVB療法, 森田 明理, アレルギー, 52, (8-9) 753 - 753,   2003年09月
  • MR venographyにより診断した深部静脈血栓症の1例, 鈴木 やよい, 浜 輝石, 井口 智雄, 池田 勝利, 森田 明理, 臨床皮膚科, 57, (10) 905 - 907,   2003年09月, 91歳女性.MR venographyにより診断した深部静脈血栓症の1例を経験した.患者は3ヵ月前に左被殻出血で意識低下,右半身麻痺で脳外科入院中で,左下肢の腫脹と紫斑の出現で皮膚科を受診した.所見では,左下肢腫脹と軽度の鱗屑を伴う潮紅,紫斑を認め,MR venographyでは骨盤部の静脈で左総腸骨静脈に描出不良,さらに両大腿部から下腿部の静脈で大腿静脈,大伏在静脈の描出が不良であった.左総腸骨静脈の血栓による深部静脈血栓症と診断し,抗生物質をはじめ抗凝固薬,抗血小板薬の内服を行い,3週間で左下肢の腫脹と紫斑は消失した.その後のMR venographyでは左大腿静脈の血流は改善が認められた.以上,本症例の臨床経過からも,MR venographyはX線血管造影に比し被曝がなく,通常造影剤は必要とせず,検査手技が容易で無侵襲,広範囲な検査対象などの利点があり,有用性の高い検査法と思われた
  • generalized morphea like PSSに対するUVA1(840〜400nm)療法, 山本 あい, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (9) 1456 - 1457,   2003年08月
  • 頭部多発性潰瘍を生じたMCTDに対する免疫グロブリン大量静注療法, 鈴木 やよい, 森田 明理, 加藤 磨美, 菅野 重, 辻 卓夫, 坂野 章吾, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (9) 1459 - 1459,   2003年08月
  • 角化性丘疹,局面が出現したSezary症候群の1例, 新谷 洋一, 森田 明理, 山本 あい, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (9) 1468 - 1468,   2003年08月
  • 乾癬の爪病変に対するカルシポトリオール外用療法, 三谷 有史, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (8) 1308 - 1308,   2003年07月
  • 【透析と皮膚】 臨床例 calciphylaxisによる皮膚石灰沈着症 体幹部に広範な潰瘍を生じた症例, 小林 桂子, 森田 明理, 松岡 慎, 皮膚病診療, 25, (5) 517 - 520,   2003年05月, 42歳男性.calciphylaxisによる皮膚石灰沈着症の1例を経験した.患者は慢性腎不全で15年間透析を受けており,本疾患発症の7年前に副甲状腺腫瘍を切除し,3年前には再発巣切除,その2ヵ月後には肺転移巣の切除を受けた.そして今回,体幹に有痛性の皮膚潰瘍が出現し,それが拡大したため受診となった.胸部,腹部には5〜10cm大の皮下硬結や黒色の壊死を伴う皮下脂肪織の深さの潰瘍が10ヵ所以上多発し,潰瘍の周囲には網状紫斑が認められた.胸部潰瘍周辺の網状紫斑部の生検では真皮下層に動脈がみられ,動脈の内側に好酸性に染色される物質の沈着が認められた.Kossa染色では動脈壁の内側,壁内に黒色に染色された沈着物を認め,石灰沈着による虚血性潰瘍を生じたcalciphylaxisと考えた.治療として,壊死組織の除去および感染コントロールを行ったが,潰瘍は治癒傾向がなく広範囲に拡大し,創部感染で敗血症を生じ死亡した
  • The crucial role of TGF-β in the age-related alterations induced by ultrviolet A irradiation [2], Lei Yin, Akimichi Morita, Takuo Tsuji, Journal of Investigative Dermatology, 120,   2003年04月01日
  • 【一口に光線過敏症というけれど】 光線曝露によって増悪する疾患 narrowband UVBにより光Koebner現象をおこした乾癬, 森田 明理, Visual Dermatology, 2, (5) 462 - 463,   2003年04月, 61歳男.約11年前より全身に鱗屑を伴う紅斑・紅色局面が出現し,外用PUVA・レチノイド内服・PUVAバスを用いて皮疹のコントロールを行っていた.ステロイド外用のみにしたところ症状が悪化したため,narrowband UVB照射を開始した.皮疹の軽度改善がみられたが,照射10回を越えるころから新たな乾癬皮疹が出現した.ステロイド外用中止から1ヵ月後の悪化であり,多形日光疹や慢性光線性皮膚炎と思われる皮疹はみられず,正常皮膚部の皮疹新生が照射ごとにみられたことから,narrowband UVB照射によるKobner現象と考えた.照射を中止し,PUVAバスを20回行い,皮疹は消失した
  • 尋常性乾癬に対するPUVAバス(バスインバス)療法 照射増量方法の検討, 森田 明理, 新谷 洋一, 山本 あい, 小林 桂子, 辻 卓夫, 皮膚の科学, 2, (2) 141 - 141,   2003年04月
  • 【全身性疾患と消化管病変】 消化管疾患にみられる他臓器病変, 大島 忠之, 横山 善文, 伊藤 恵介, 谷田 諭史, 片岡 洋望, 佐々木 誠人, 佐野 仁, 妹尾 恭司, 大原 弘隆, 城 卓志, 伊藤 誠, 森田 明理, 胃と腸, 38, (4) 415 - 426,   2003年04月, 消化管疾患では消化管自体の病変のみならず,消化管以外の他臓器にも特有な病変を発現することがある.これら消化管外病変は,消化管病変より先行して発見されることも多く,消化管疾患に併存・合併する他臓器病変を理解しておくことは臨床上重要である.なかでも内臓病変に合併する皮膚病変はデルマドロームと言われ,日常臨床でしばしば遭遇するので重要な概念である.家族性大腸腺腫症,Gardner症候群,Turcot症候群,Peutz-Jeghers症候群,Cronkhite-Canada症候群,Cowden病,潰瘍性大腸炎,Crohn病,腸管Behcet病,Wipple病に合併する他臓器病変を中心に概説した
  • 尋常性乾癬に対するナローバンドUVB療法 SPECTRA311を用いた2施設共同臨床研究, 森田 明理, 新谷 洋一, 渡辺 正一, 三谷 有史, 辻 卓夫, 山脇 光夫, 上津 直子, 河本 慶子, 堀尾 武, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (5) 769 - 769,   2003年04月
  • 鼻中隔欠損と咽頭部多発潰瘍を合併した壊疽性膿皮症, 磯村 巌, 宮脇 さおり, 安江 穂, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (5) 770 - 770,   2003年04月
  • 先天性皮膚欠損症の1例, 澤田 啓生, 小野 敦子, 森田 明理, 浜田 実邦, 宮脇 さおり, 磯村 巌, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (5) 773 - 773,   2003年04月
  • QスイッチNd:YAGレーザーが効果を示した表在播種型汗孔角化症の1例, 新谷 洋一, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (5) 776 - 776,   2003年04月
  • 汎発型尋常性白斑に対するナローバンドUVB療法の有効性, 加藤 吉弘, 新谷 洋一, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (5) 780 - 780,   2003年04月
  • Narrow-band UVB療法, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (5) 892 - 892,   2003年04月
  • ダイレーザーによる尋常性乾癬ターゲティング療法, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (5) 899 - 899,   2003年04月
  • Altered decorin expression of systemic sclerosis by UVA1 (340-400 nm) phototherapy: Immunohistochemical analysis of 3 cases, Hiroo Sawada, Zenzo Isogai, Akimichi Morita, BMC Dermatology, 3,   2003年03月12日, Background: Ultraviolet AI (340-400 nm, UVAI) phototherapy is highly effective in sclerotic lesions of systemic sclerosis (SSc). Histological evaluation of skin specimens obtained before and after UVAI phototherapy revealed loosening of collagen bundles and the appearance of small collagen fibers. We have previously shown that UVA1 irradiation induced collagenase in vitro study by using SSc fibroblasts. The increased levels of mRNA and protein of decorin in SSc fibroblasts were reported. In this study, we focus on the lesional expression of small dermatan sulfate proteoglycan, decorin that has a role of binding to collagen and fibrillogenesis. Case presentation: We employed immunohistochemical analysis of decorin before and after UVAI phototherapy. The skin specimens from three patients who were effectively treated with UVAI phototherapy were analysed. Monoclonal antibody 6B6 as the specific reactivity to decorin was used. The increased decorin was focally accumulated in the newly synthesized collagen fibers in the sclerotic lesion of SSc. After UVAI phototherapy, decorin was decreased in upper to middle dermis, although decorin was slightly increased in papillary dermis. Conclusions: These results suggest that decreased and normalized levels of accumulated decorin may relate to the efficacy of sclerotic lesions in UVAI phototherapy. © 2003 Sawada et al; licensee BioMed Central Ltd.
  • The expression of matrix metalloproteinase-1 mRNA induced by ultraviolet A1 (340-400 nm) is phototherapy relevant to the glutathione (GSH) content in skin fibroblasts of systemic sclerosis, Lei Yin, Ritsuko Yamauchi, Takuo Tsuji, Jean Krutmann, Akimichi Morita, Journal of Dermatology, 30,   2003年03月01日, The excessive deposition of collagen in systemic sclerosis (SSc) is thought to be due to an abnormal function of fibroblasts, which may be the result of an immune dysregulation in skin. Ultraviolet Al (UVA1) irradiation has been shown to be an effective therapy. This is thought to be due to its capacity to induce matrix metalloproteinase-1 (MMP-1) expression in human dermal fibroblasts. In the present in vitro study, the effect of UVA1 irradiation on MMP-1 was studied using skin fibroblasts from healthy controls (n=5) and patients with systemic sclerosis (n=5). In vitro irradiation studies showed that gene expression for MMP-1 after UVA1 irradiation (p<0.05) was induced in all the fibroblasts studied, but that the induction rate was greater in SSc fibroblasts than in normal ones (p<0.05). The glutathione (GSH) level was lower in SSc fibroblasts than in controls before UVA1 irradiation. However, after UVA1 irradiation, GSH levels were increased and equivalent between normal and SSc fibroblasts. These findings indicated that the relatively stronger increase in MMP-1 expression in SSc fibroblasts was due to the lower antioxidant capacity. These data support the concept that clinical responses to UVA1 radiation are influenced by the antioxidative state of the patients' skin.
  • tufted hair folliculitisの1例, 磯村 巌, 森田 明理, 玉田 康彦, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (3) 303 - 303,   2003年03月
  • MR venographyにより診断した深部静脈血栓症の1例, 鈴木 やよい, 浜 輝石, 井口 智雄, 池田 勝利, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (3) 306 - 306,   2003年03月
  • 偽リンパ腫を伴ったSjoegren症候群の1例, 小林 さおり, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (3) 306 - 306,   2003年03月
  • annular elastolytic giant cell granuloma, 小林 桂子, 三尾 清春, 鈴木 和幸, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (3) 307 - 307,   2003年03月
  • diphenyl cyclopropenone(DPCP)が有効であった円形脱毛症の1例, 細川 裕子, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (3) 308 - 308,   2003年03月
  • livedo reticularis with ulcerationの2例, 宮脇 さおり, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (3) 314 - 314,   2003年03月
  • 膿疱性乾癬にnarrow-band UVBが奏効した1例, 三谷 有史, 森田 明理, 山本 あい, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (3) 318 - 318,   2003年03月
  • Churg-Strauss症候群の1例, 渡辺 正一, 森田 明理, 辻 卓夫, 難波 大夫, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (3) 319 - 319,   2003年03月
  • FIBROUS TISSUE FORMATION OF INTRACUTANEOUS INJECTION OF TGF-β AND L-ASCORBIC ACID TREATED SKIN FIBROBLASTS, 北島 進司, 森田 明理, 辻 卓夫, Nagoya medical journal, 46, (1) 27 - 37,   2003年02月28日, We investigated effects of intracutaneous injection of transforming growth factor-beta 1 (TGF-β1) and L-ascorbic acid treated-skin fibroblasts in order to develop the treatment of skin wrinkles. Human skin fibroblasts were treated with 0-50 ng/ml of TGF-β1 and/or 0-400μM L-ascorbic acid. To determine optimal concentration of TGF-β1 and L-ascorbic acid, collagen synthesis and proliferation of fibroblasts were analyzed by employing XTT assay and western blot. Maximum collagen synthesis and proliferation of fibroblasts were observed at the dose of 50μM of L-ascorbic acid. TGF-β1 increased collagen synthesis and proliferation of fibroblasts to the same extent at the range of 5-50 ng/ml. When fibroblasts were treated with both 5 ng/ml TGF-β1 and 50μM L-ascorbic acid, collagen synthesis and proliferation of fibroblasts were significantly increased, suggesting that these concentrations were suitable for the future in vivo study. Fibroblasts treated with 5 ng/ml TGF-β1 and 50μM L-ascorbic acid were injected into the subcutis of nude mice. Five days after injection small fibrous tissues were found in the subcutis of the mice. The size of fibrous tissue was larger than that of controls with none treated-fibroblasts. In the next study organ culture system of human skin was employed. The cultured human skins were injected with the fibroblasts treated with both 5 ng/ml TGF-β1 and 50μM L-ascorbic acid and were cultured. In the skins injected with the treated fibroblasts, the size of fibrous tissue was 10-fold larger than that of none treated-fibroblasts on day 4. Similar fibrous tissue formation was observed in the injected skins on day 7. Newly synthesized collagen was found in the skins injected with the treated fibroblasts. Cutaneous or subcutaneous injection of cultured fibroblasts stimulated by TGF-β1 and L-ascorbic acid may be useful for the treatment of skin wrinkles.
  • DEVELOPMENT OF A NEW PROTEIN TRANSDUCTION SYSTEM BY FUSING N-TERMINAL PEPTIDE OF PARTIAL CHOLERA TOXIN B SUBUNIT, 安田 陽子, 安田 陽子, 栃久保 邦夫, 辻 卓夫, 森田 明理, Nagoya medical journal, 46, (1) 17 - 26,   2003年02月28日, Cholera toxin B subunit (CTB) has been shown to be incorporated into mammalian cells and targeted to the Golgi apparatus. To examine whether partial length of CTB peptides are incorporated into the cells, we prepared recombinant partial length-CTB s (34-35 amino acids). N-terminal 34-mer peptide of partial CTB (nrCTB) bound to the cell surface and this binding ability was similar to that obtained with full length-CTB. To assess whether nrCTB can transduce a protein into the cells, a recombinant nrCTB-green fluorescence protein (EGFP) fusion protein was made. The nrCTB-EGFP was readily internalyzed into the cytoplasm. These results introduce a new protein transduction system by fusing N-terminal peptide of cholera toxin B subunit.
  • 両側頭部に限局性浮腫硬化局面を呈した職業性強皮症の1例, 磯村 巌, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (2) 184 - 185,   2003年02月
  • Crohn病に合併したpyodermatitis-pyostomatitis vegetansの1例, 磯村 巌, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (2) 193 - 193,   2003年02月
  • 貧血を伴った皮膚骨膜肥厚症の1例, 山本 あい, 森田 明理, 磯貝 善蔵, 辻 卓夫, 速水 芳仁, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (2) 200 - 200,   2003年02月
  • コレラ毒素Bサブユニットの部分配列のN末端ペプチドの融合による新規蛋白質導入系の開発(DEVELOPMENT OF A NEW PROTEIN TRANSDUCTION SYSTEM BY FUSING N-TERMINAL PEPTIDE OF PARTIAL CHOLERA TOXIN B SUBUNIT), 安田 陽子, 杤久保 邦夫, 辻 卓夫, 森田 明理, Nagoya Medical Journal, 46, (1〜2) 17 - 26,   2003年02月, コレラ毒素Bサブユニット(CTB)が哺乳類細胞に取り込まれることを利用して,細胞内への蛋白質導入法を開発した.CTBの部分長ペプチド(34〜35アミノ酸)を作成し,Swiss 3T3細胞との結合性をフローサイトメトリーで調べた結果,CTBのN末端34アミノ酸配列をもつペプチド(nrCTB)が全長CTBと同様に細胞表面に結合することが判明した.遺伝子組換えによりnrCTBと緑色蛍光蛋白質(EGFP)の融合蛋白質を作成し,Swiss 3T3細胞培地に添加して37℃で培養すると,45分後には融合蛋白質が細胞内に取り込まれ,細胞質に分布することが共焦点レーザー蛍光顕微鏡で観察された.コレラ毒素BサブユニットのN末端との融合による新しい蛋白質導入システムが可能である
  • TGF-β1とL-アスコルビン酸で処理した皮膚線維芽細胞の皮内注入による線維組織形成(FIBROUS TISSUE FORMATION OF INTRACUTANEOUS INJECTION OF TGF-β1 AND L-ASCORBIC ACID TREATED SKIN FIBROBLASTS), 北島 進司, 森田 明理, 辻 卓夫, Nagoya Medical Journal, 46, (1〜2) 27 - 37,   2003年02月, ヒト皮膚線維芽細胞を5ng/mlのTGF-β1および50μMのL-アスコルビン酸で24時間処理し,ヌードマウスの皮下に注入したところ,5日後に線維組織形成が認められた.この線維組織は無処理の線維芽細胞を注入した場合よりも大きかった.処理した線維芽細胞を培養ヒト皮膚内に注入すると,4日後に線維組織が形成され,皮膚内で新たなコラーゲン合成が観察された.TGF-β1とL-アスコルビン酸で刺激された培養線維芽細胞を皮内または皮下に注入することにより,皮膚しわの治療ができる可能性がある
  • 丘疹紅皮症(太藤)に対するPUVAバス療法, 新谷 洋一, 森田 明理, 山本 あい, 宮脇 さおり, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 113, (3) 265 - 270,   2003年02月, 症例1,71歳男.1994年頃より全身に瘙痒のある紅斑・丘疹・紅色局面が出現し,薬疹を疑われ薬剤を中止するも,皮疹は一進一退を繰り返し外用ステロイドでは難治であった.症例2,75歳男.2001年1月より全身に瘙痒のある紅斑・丘疹・紅色局面が出現し外用ステロイド,抗アレルギー剤の内服をおこなっていたが皮疹は軽快増悪を繰り返していた.症例3,71歳男.1995年8月頃より,全身に瘙痒を伴う境界明瞭な紅色丘疹・紅斑が出現し,外用ステロイド治療を受けていたが軽快増悪を繰り返していた.いずれの症例とも皮疹は腹部の大きな皺をさけて存在した.病理組織では,表皮の軽度肥厚,真皮上層のリンパ球浸潤と軽度の好酸球浸潤がみられた.異型リンパ球の浸潤なし.血液学的検査では,好酸球の増多(症例1:24%,症例2:29%,症例3:17%)がみられた.臨床および病理組織像より丘疹紅皮症と診断した.PUVAバス療法を症例1には計16回(41.4 J/cm2),症例2には計13回(30.4 J/cm2),症例3には計18回(50.5 J/cm2)行い皮疹は寛解.好酸球は皮疹の改善と共に低下する傾向がみられた.
  • 皮膚リンパ管型スポロトリコーシスの1例―外用・内服ステロイドと潰よう化が関与したと考えられる1例―:—外用·内服ステロイドと潰瘍化が関与したと考えられる1例—, 宮脇 さおり, 磯村 巌, 榊原 代幸, 森田 明理, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 65, (3) 266 - 268,   2003年01月01日, 56歳女性。飼い猫に右前腕を引っ掻かれ,一度傷が治癒した後,右前腕のびらんを伴う丘疹に気付き近医を受診し,ビダラビン外用,抗生剤の外用·内服するも軽快せず,右上腕にも皮内から皮下の結節が飛び石状に拡大した。その後他院でステロイド剤外用·内服を約3ヵ月行われたが,急速に結節が潰瘍化したため当科紹介受診となった。臨床所見は,右前腕及び上腕に紅色結節を認め,中央は潰瘍化していた。右上腕の病理組織学的所見では,真皮浅層から脂肪織にリンパ球を主体とした,mixed cell guranulationの像を呈し,グロコット染色では遊離胞子を認めた。サブローブドウ糖寒天培地にて,37度で培養したところ,表面灰白色短絨毛状円形集落を認め,スライドカルチャーでは隔壁を有する枝分かれする菌糸と菌糸側壁または先端に,花弁状に生じる分生子をみた。以上の臨床所見·病理組織所見·菌学的所見から,Sporothrix schenckiiによるスポロトリコーシスと診断した。イトラコナゾール100mg内服し,約2ヵ月で瘢痕を残し略治した。
  • 魚鱗せん様皮疹を呈したサルコイドーシスの1例, 渡辺 幸恵, 森田 明理, 新谷 洋一, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 65, (2) 130 - 133,   2003年01月01日, 26歳,男性。8歳時に左前腕の皮下結節でサルコイドーシスを発症し,ステロイド内服により一進一退の経過を辿っていた。14歳頃から魚鱗癬様の皮疹や難治性の潰瘍が出現しはじめ,次第に表在リンパ節腫脹や筋力低下などを伴ってきた。生検にて皮膚,筋肉,リンパ節,胸骨髄に類上皮細胞結節を認め,サルコイドーシスによる症状と診断した。ステロイドの増量はサルコイドーシスの病勢を安定させたが,皮疹の肉眼的所見の改善にはあまり効果が無かった。
  • Jean Krutmann 教授, 森田 明理, 西日本皮膚科, 65, (3) 287 - 288,   2003年
  • 掌蹠膿疱症に対する洗面器を用いた Local PUVA-bath 療法, 長谷川 正規, 森田 明理, 新谷 洋一, 千葉 高司, 細川 裕子, 辻 卓夫, 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology, 64, (6) 754 - 757,   2002年12月01日, 難治性掌蹠膿疱症22例(男7例,女15例,平均53.3歳).37〜40℃の温水1.5Lを洗面器に入れ,メトキサレンローションを0.0001%の濃度となるように混入し,皮疹のある手又は足を15分間浸した後,UVA照射を行った.照射は0.5J/cm2から0.5J/cm2ずつ増量し,最大2.0〜2.5J/cm2迄として,週1〜2回,最大30回行った.その結果,殆どの症例で3回目から膿疱の減少を認め,最終照射時での皮疹評価は,緩解6例,改善8例,やや軽快5例,無効3例で,悪化はなかった.改善以上が全体の64%であり,軽度の色素沈着を全例に認めた以外は問題なく照射が可能であった
  • カラーアトラス Poroid hidradenomaの1例, 新谷 洋一, 森田 明理, 辻 卓夫, 玉田 康彦, 臨床皮膚科, 56, (12) 1006 - 1007,   2002年11月
  • PUVA-bath療法とIFN-γ併用が著効した菌状息肉症の1例, 新谷 洋一, 森田 明理, 辻 卓夫, 臨床皮膚科, 56, (12) 1067 - 1070,   2002年11月, 69歳女.約3年半前に全身に?痒を伴った大小扁平に隆起した紅色から茶褐色の局面が出現した.病理組織において表皮内細胞浸潤や一部にPautrier徴候膿瘍の像を認め,扁平浸潤期の菌状息肉症と診断した.その後,外用PUVA療法,遺伝子組換えヒトガンマ-インターフェロン(IFN-γ)単独療法,medium-dose UVA1療法,および2度のPUVA-bath単独療法を行ったが,皮疹は寛解に至るも再燃を繰り返した.そこで,PUVA-bath療法とIFN-γを併用したところ,治療期間約2ヵ月で皮疹はほぼ寛解し,病理組織上も腫瘍細胞は消失した.その後約8ヵ月が経過したが,再発を認めていない.どの方法においても皮疹はほぼ寛解に至ったが,再燃までの期間を比べると,治療前の皮疹の程度は後になるほどより高度になってきたにも拘わらずPUVA-bath療法とIFN-γの併用療法が最も長い寛解期間をもっており,PUVA-bath療法とIFN-γの併用には相加効果が期待できるものと考えられた
  • 症例報告 PUVA-bath療法とIFN-γ併用が著効した菌状息肉症の1例, 新谷 洋一, 森田 明理, 辻 卓夫, 臨床皮膚科, 56, (12) 1067 - 1070,   2002年11月
  • 外用PUVA療法と発癌, 小林 桂子, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (9) 1247 - 1251,   2002年08月20日, 我々は近年問題となっている紫外線療法と皮膚悪性腫瘍に関しての調査を行った.名古屋市立大学病院皮膚科で1990年以降に紫外線治療を受けた患者188人に対し,患者が当院初診後受けた総紫外線照射回数および照射量を計算し,皮膚腫瘍発生件数を調べた.結果:外用PUVAを受けた患者は170人.外用PUVAの平均照射回数は196.3回,平均総照射量は445.3J/cm2であった.皮膚悪性腫瘍のある患者は5人であり,基底細胞癌が2人,日光角化症が2人,Bowen病が1人であった.それら5人中4人で外用PUVA総照射回数400回以上であった.その他の1症例でも,内服PUVAの回数を考慮すれば,外用PUVAと合わせ,400回を超えた.外用PUVA照射400回以上は31人で,そのうち4人で皮膚悪性腫瘍がみられた(13%).腫瘍切除後は,再発,転移していない.本結果から,本施設における外用PUVAを受けた患者の皮膚悪性腫瘍の発生率は,総照射回数が400回もしくは総照射量が1,000J/cm2を超えなければ高くはなく,外用PUVAが比較的安全に行うことのできる治療であることが示唆された.
  • コレラトキシンBサブユニットとの融合蛋白を用いた腫瘍抗原性増強効果, 森田 明理, 安田 陽子, 磯村 巌, 杤久保 邦夫, 上中 明子, 中山 睿一, 辻 卓夫, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 27回,   2002年08月
  • 全身性強皮症に対するUVA1(340-400nm)療法の機序の解析-硬化部位におけるデコリンの変動, 澤田 啓生, 森田 明理, 磯貝 善蔵, 辻 卓夫, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 27回,   2002年08月
  • PUVA-bath療法が奏効した慢性苔癬状粃糠疹の1例, 鈴木 やよい, 森田 明理, 磯村 厳, 辻 卓夫, 臨床皮膚科, 56, (9) 736 - 738,   2002年08月, 32歳女.妊娠を契機に丘疹が発症し,10週の流産後,流産後皮疹が増悪した.近医にて,6ヵ月間のステロイド外用と抗アレルギー薬の投与を受けたが,症状は軽快しなかった.表皮の病理組織学的所見は,表皮では,不全角化,軽度のリンパ球浸潤,海綿状浮腫と一部基底層に乱れがみられた.真皮では,真皮乳頭部の,主に血管周囲のリンパ球浸潤が強く,好酸球がみられた.臨床,経過,組織像から慢性苔癬状粃糠疹と診断し,PUVA-bath療法(PUVAバスインバス療法)を行い,計24回,37.0J/cm3照射で,全身の皮疹は改善した.治療1年を経たが,新たな丘疹の出現もなく,寛解状態である
  • 症例報告 PUVA-bath療法が奏効した慢性苔癬状粃糠疹の1例, 鈴木 やよい, 森田 明理, 磯村 厳, 臨床皮膚科, 56, (9) 736 - 738,   2002年08月
  • 【接触皮膚炎2002皮疹型でみてみよう】 皮疹型による分類 蕁麻疹型 香料による接触蕁麻疹, 山本 あい, 森田 明理, 辻 卓夫, Visual Dermatology, 1, (4) 394 - 395,   2002年06月
  • ペニシリン系抗生剤による膿疱型薬疹の1例, 細川 裕子, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (7) 1004 - 1004,   2002年06月
  • 慢性下腿潰瘍を呈した抗リン脂質抗体症候群・Sjoegren症候群に尋常性乾癬を合併した1例, 西尾 栄一, 森田 明理, 加藤 正也, 磯村 巖, 榊原 代幸, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (7) 1007 - 1007,   2002年06月
  • Churg-Strauss症候群の1例, 鈴木 やよい, 森田 明理, 辻 卓夫, 木村 滋, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (7) 1010 - 1011,   2002年06月
  • keratosis lichenoides chronicaの1例, 新谷 洋一, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (7) 1012 - 1012,   2002年06月
  • 香料による接触蕁麻疹の1例, 山本 あい, 森田 明理, 辻 卓夫, 鈴木 加余子, 松永 佳世子, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (7) 1014 - 1014,   2002年06月
  • 掌蹠膿疱症に対するlocal PUVA-bath療法, 長谷川 正規, 森田 明理, 新谷 洋一, 細川 裕子, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (7) 1016 - 1016,   2002年06月
  • スギ花粉皮膚炎の2例, 山本 あい, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (7) 1018 - 1018,   2002年06月
  • Schnitzler's syndrome(SS)の1例, 高橋 紀紅江, 新田 悠紀子, 尾之内 博規, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (7) 1018 - 1019,   2002年06月
  • anhidrotic ectodermal dysplasiaの1例, 小林 さおり, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (7) 1020 - 1020,   2002年06月
  • 全身性強皮症に対するUVA1(340-400nm)療法の機序の解析 硬化部位におけるデコリン(デルマタン硫酸プロテオグリカン)の変動, 澤田 啓生, 森田 明理, 磯貝 善蔵, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (5) 675 - 675,   2002年05月
  • 広範な臓器浸潤をきたした紅皮症型菌状息肉症の1例, 新谷 洋一, 森田 明理, 磯村 巌, 加藤 磨美, 磯貝 善蔵, 辻 卓夫, 長谷川 正光, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (5) 701 - 701,   2002年05月
  • 巨大後腹膜膿瘍を合併した壊疽性膿皮症の1例, 磯村 巌, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (5) 680 - 680,   2002年05月
  • Calciphylaxisによる皮膚石灰沈着症-体幹部に広範な潰瘍を生じた1例, 小林 桂子, 鈴木 和幸, 松岡 慎, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (5) 658 - 658,   2002年05月
  • ターナー症候群(45 X/46 XX/47 XXXのモザイク)に発症した全身性エリテマトーデスの1例, 渡辺 幸恵, 森田 明理, 辻 卓夫, 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology, 64, (2) 157 - 160,   2002年04月01日, 38歳の女性。15年前から筋力低下,関節痛,レイノー症状があり,多発性筋炎として治療を受けていた。その後,手指関節の変形,体幹の網状暗赤色斑,熱発が出現し,精査のため入院。白血球2900/μl,抗核抗体陽性,lupus band test陽性,抗DNA抗体(RIA)7730IU/μlと著明高値を示し,眼科,口唇生検,唾液腺造影の所見とあわせ,シェーグレン症候群を合併した全身性エリテマトーデスと診断した。低身長(141cm)があり,末梢血リンパ球の染色体分析で45X/46XX/47XXXのモザイクを示すことから,ターナー症候群と考えられた。両者の合併は,自己免疫疾患の発症要因を検討する上で注目に値すると考えた。
  • 【臨床皮膚科 最近のトピックス Clinical Dermatology 2002】 皮膚疾患治療のポイント 乾癬のnarrow-band UVB療法, 森田 明理, 臨床皮膚科, 56, (5) 106 - 111,   2002年04月, narrow-band UVB(NB-UVB)は,ピークだけでなく,殆どが311〜312nmに分布する非常に幅の狭い波長である.現在迄に乾癬,アトピー性皮膚炎,多形日光疹,白斑,菌状息肉症等に有効性が認められている.乾癬の治療では,今迄のUVB(broad-band UVB)に比べ効果が優れること,またPUVAと同等の効果が得られることが明らかとなっている.ソラレンを用いないため,遮光等の生活の制限もなく,胃腸・肝障害等の全身の副作用もない.発癌性はBB-UVBやPUVAに比べ少ないというのがマウスの実験結果から推定されている
  • Cellular processing of a multibranched lysine core with tumor antigen peptides and presentation of peptide epitopes recognized by cytotoxic T lymphocytes on antigen-presenting cells, Seisuke Ota, Seisuke Ota, Toshiro Ono, Akimichi Morita, Akiko Uenaka, Mine Harada, Eiichi Nakayama, Cancer Research, 62,   2002年03月01日, We showed that pRL1a multiple antigen peptide (MAP)-sensitized dendritic cell (DC) and P815 cell lysis by pRL1a-specific B-24 CTL was blocked by incubating target cells at 4°C during sensitization. The finding suggested that pRL1a MAP was mostly internalized in DC and P815 cells and produced pRL1a peptide epitopes for presentation with H-2LdFurthermore, we showed that sensitization with pRL1a MAP was inhibited by the addition of chloroquine, cycloheximide, and brefeldin A to the culture, but not by the addition of inhibitors for lysosomal proteases or proteasome. Inhibition of sensitization by the addition of chloroquine to the culture suggested the requirement of acidification of the endosomal compartment for pRL1a MAP processing. Inhibition of sensitization by the addition of cycloheximide and brefeldin A to the culture indicated the requirement of newly generated MHC class I antigen molecules and the involvement of transport of the peptide MHC class I complex from the endoplasmic reticulum to the Golgi. The findings suggested that pRL1a MAP in the endosomal compartment leaked to the cytosol, and degraded, and the pRL1a peptide produced was presented by the MHC class I pathway.
  • 【湿疹・皮膚炎 最近の知見】 アレルギー性接触皮膚炎と樹状細胞, 森田 明理, アレルギー科, 13, (3) 213 - 218,   2002年03月
  • 日焼けと皮膚疾患, 森田 明理, 現代医学, 49, (3) 467 - 471,   2002年03月, 太陽の光には紫外線が含まれ,ビタミンD合成等の有益なことばかりでなく,最近光老化や皮膚がんへの関与など悪い影響も指摘されるようになった.本稿では,紫外線とその影響,更に予防に関しての概説を行う.21世紀,私たちは太陽とうまくつきあう方法を考えなければならない.又,紫外線の良い作用をうまく使うこと,例えば難治性皮膚疾患への選択的紫外線療法等の工夫も考えることができる
  • 予防医学 日焼けと皮膚疾患, 森田 明理, 現代医学, 49, (3) 467 - 471,   2002年03月
  • MOLECULAR ALTERATIONS OF TROPOELASTIN AND PROTEOGLYCANS INDUCED BY TOBACCO SMOKE EXTRACTS AND ULTRAVIOLET A IN CULTURED SKIN FIBROBLASTS, 殷 蕾, 森田 明理, 辻 卓夫, Nagoya medical journal, 45, (2) 63 - 74,   2002年02月01日, Functional integrity of normal skin is dependent on the balance between the biosynthesis and degradation of extracellular matrix, primarily composed of collagen, elastin and proteoglycans. In our previous studies, we found that tobacco smoke extracts decreased expressions of type I and III procollagen and induced matrix metalloproteinase-1 (MMP-1) and MMP-3 in the cultured skin fibroblasts. We here further investigated the effects of tobacco smoke extracts or ultraviolet A (UVA) treatments on the expression of tropoelastin (soluble elastin protein), and versican and decorin (proteoglycans) in cultured skin fibroblasts. The mRNA of tropoelastin increased by tobacco smoke extracts or UVA irradiation. Versican was markedly shown to decrease after these treatments by using western blotting and the mRNA of versican V0 also significantly decreased. UVA treatment did not show remarkable change in decorin protein, but resulted in marked decrease of decorin D1 mRNA. In contrast to UVA irradiation, the treatments of tobacco smoke extracts resulted in significant increase in decorin, while mRNA of decorin D1 decreased as compared to the control. MMP-7 increased after the treatment of tobacco smoke extracts or UVA. These results indicated that common molecular features might underlie the skin premature aging induced by tobacco smoke extracts and UVA, including abnormal regulation of extracellular matrix deposition through elevated MMPs, reduced collagen production, abnormal tropoelastin accumulation, and altered proteoglycans.
  • Localized linear scleroderma with cutaneous calcinosis, Ai Yamamoto, Akimichi Morita, Akimichi Morita, Yoichi Shintani, Shigeru Sakakibara, Takuo Tsuji, Journal of Dermatology, 29,   2002年01月01日, A 38-year-old woman developed sclerotic and atrophic changes of the left femur in the winter of 1976. In 1980, she was referred to our dermatology clinic and was diagnosed with localized linear scleroderma from the results of the physical examinations and the histological findings. Although several local and systemic treatments were employed over the following 10 years, the sclerotic lesion did not show any remarkable improvement. In 1991, several hard and white papules appeared in the lesion, and a biopsy specimen of these white papules revealed calcinosis.
  • Ultraviolet B induces mast cell apoptosis: A hypothetical mechanism of ultraviolet B treatment for uraemic pruritus, J. C. Szepietowski, A. Morita, T. Tsuji, Medical Hypotheses, 58,   2002年01月01日, The pathogenesis of uraemic pruritus is unclear, although there is some evidence that an increased number of skin-infiltrating mast cells may play a role. Ultraviolet B reduces itchy sensation of uraemic patients by leading to depletion of cutaneous mast cells. This study presents data that both broad-band and narrow-band ultraviolet B irradiation are able to induce apoptosis in transformed mast cells (murine mastocytoma cell line P815) in a dose-dependent manner at a time point of 24 hours. The positive apoptotic rates were as follows: sham-exposed cells (controls) - 13.3% ± 0.6%; with broad-band ultraviolet B irradiation - 24.5% ± 1.1% with 10 mJ/cm2, 57.9% ± 4.6% with 20 mJ/cm2and 70.9% ± 4.5% with 30 mJ/cm2; with narrow-band ultraviolet B irradiation - 29.6% ± 2.3% with 100 mJ/cm2, 57.3% ± 4.1% with 200 mJ/cm2and 81.5% ± 1.9% with 300 mJ/cm2. The difference between the number of apoptotic cells in all groups of ultraviolet B-irradiated cells and sham-exposed cells was highly significant (P < 0.001). Based on these findings, it is hypothesized that ultraviolet B induced mast cell apoptosis could be an important factor in phototherapy for the diseases dependent on increased number of cutaneous mast cells, including uraemic pruritus. © 2002 Harcourt Publishers Ltd.
  • 慢性下腿潰ようを呈した抗リン脂質抗体症候群・シェーグレン症候群に尋常性乾せんを合併した1例, 西尾 栄一, 森田 明理, 榊原 代幸, 長谷川 正規, 加藤 正也, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 64, (5) 548 - 551,   2002年01月01日, 68歳,女性。初診の23年前から難治性下腿潰瘍があり半年前より悪化がみられた。悪化と同時期に尋常性乾癬の発症があり,1年前よりシェーグレン症候群の合併がみられた。下腿潰瘍が慢性に経過し,抗カルジオリピンβ2GP1抗体が陽性であったことから,抗リン脂質抗体症候群が合併していることが疑われた。また,潰瘍部の皮膚病理組織でsegmental hyalinizing vasculitisの像がみられたため,難治性下腿潰瘍の病因として,深部静脈血栓症と細動脈レベルの内膜障害を考えた。さらに,シェーグレン症候群による高ガンマグロブリン血症があり血液粘稠度の増加が悪化因子と考えた。
  • Induction of tumor-specific protective immunity by in situ Langerhans cell vaccine, Tadashi Kumamoto, Eric K. Huang, Hyun Joon Paek, Akimichi Morita, Hiroyuki Matsue, Robert F. Valentini, Akira Takashima, Nature Biotechnology, 20,   2002年01月01日, Although anti-tumor immunity is inducible by dendritic cell (DC)-based vaccines, time- and cost-consuming "customizing" processes required for ex vivo DC manipulation have hindered broader clinical applications of this concept. Epidermal Langerhans cells (LCs) migrate to draining lymph nodes and undergo maturational changes on exposure to reactive haptens. We entrapped these migratory LCs by subcutaneous implantation of ethylene-vinyl-acetate (EVA) polymer rods releasing macrophage inflammatory protein (MIP)-3β (to create an artificial gradient of an LC-attracting chemokine) and topical application of hapten (to trigger LC emigration from epidermis). The entrapped LCs were antigen-loaded in situ by co-implantation of the second EVA rods releasing tumor-associated antigens (TAAs). Potent cytotoxic T-lymphocyte (CTL) activities and protective immunity against tumors were induced efficiently with each of three tested TAA preparations. Thus, tumor-specific immunity is inducible by the combination of LC entrapment and in situ LC loading technologies. Our new vaccine strategy requires no ex vivo DC manipulation and thus may provide time and cost savings.
  • A case of tufted hair folliculitis, Iwao Isomura, Iwao Isomura, Akimichi Morita, Yasuhiko Tamada, Journal of Dermatology, 29,   2002年01月01日, A 35-year-old man developed red papules and plaques with alopecia and hair tufts on the parietal and occipital areas of his scalp. Each tuft was comprised of 5 to 25 hairs arising from individual hair follicules. Histopathological findings showed a dense infiltration of plasma cells in the dermis. Based on these findings, he was diagnosed as tufted hair folliculitis. Oral minocycline and topical gentamicin were not effective, but the patient responded well to four weeks of oral refampicin.
  • 大動脈炎症候群に合併した皮膚結節性多発動脈炎の1例, 渡辺 幸恵, 森田 明理, 新谷 洋一, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 64, (3) 294 - 297,   2002年01月01日, 15歳の女性。大動脈炎症候群にて加療中,両下腿に,皮下に硬結を触れ圧痛を伴う紅斑と,黒色の痂皮を伴う潰瘍が多発してきた。皮疹部の生検にて,真皮,皮下組織境界部の小動脈に壊死性血管炎を認め,皮膚結節性多発動脈炎と診断した。大動脈炎症候群において,大血管のみならず小血管にも病変がおよんだという点で,血管炎症候群の発生機序を考えるうえで示唆に富む症例と考えられた。
  • 減汗症を伴ったコリン性じん麻疹, 新谷 洋一, 菅野 重, 榊原 代幸, 森田 明理, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 64, (3) 287 - 289,   2002年01月01日, 31歳,男性。数年前から,運動時·入浴時などにそう痒を伴う粟粒大の膨疹が出現するようになった。個疹は10分以内に消失した。症状は,冬季に悪化する傾向があった。アセチルコリン皮内テストで膨疹と衛星病変を認め,コリン性蕁麻疹と診断した。また換気カプセル法を用いた抵抗湿度計による連続発汗量測定により減汗症の合併が明らかとなった。アセチルコリン皮内テストによる内服薬の効果を検討し,その結果フマル酸ケトチフェン内服を継続し良好な経過が得られた。
  • 掌せき膿ほう症に対する洗面器を用いたLocal PUVA‐bath療法, 長谷川 正規, 森田 明理, 新谷 洋一, 千葉 高司, 細川 裕子, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 64, (6) 754 - 757,   2002年01月01日, 掌蹠膿疱症は手掌·足蹟に小膿疱や小水疱を繰り返し生じ,ほとんどの症例で慢性に経過する疾患である。原因·発症機序は不明で,ステロイド外用で難治性である場合は,病巣感染の検索·除去を行うが再燃を繰り返し,病巣感染が明らかではない場合には治療に難渋することが多い。今回我々は,難治性の掌蹠膿疱症患者22人に対し外来で,local PUVA-bath療法を行った。方法:37~40℃の温水1.5lを洗面器に入れ,0.0001%のメトキサレン濃度になるようにし,手または足を15分間浸した直後,0.5 J/cm2からUVA照射を行い,0.5 J/cm2ずつ増量し,最大2.0~2.5 J/cm2照射した。週に1~2回照射を行い,最大30回の照射を行った。結果:3回目からほとんどの症例で膿庖の減少がみられた。最終照射時の皮疹の評価では,寛解(消失)6例,改善8例,やや軽快5例,無効3例,悪化0例であった。改善以上の治療効果が得られたものは,全体の64%であった。軽度の色素沈着が全例にみられたこと以外は,問題なく照射が可能であった。
  • 無汗性外はい葉形成不全症の1例, 宮脇 さおり, 森田 明理, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 64, (3) 301 - 303,   2002年01月01日, 10ヵ月男児。異常な顔貌(odd face)にて経過観察されていたが,基礎体温の高値および発汗低下のため,皮膚科紹介受診となった。臨床所見は,鞍鼻,粗な頭髪,耳介の低位置,口唇の突出,また体幹四肢は鱗屑を伴う紅斑を認め,滑らかで薄い皮膚がみられた。歯牙形成は,認められなかった。背部の病理組織学的所見では,非連続の4枚の切片にはいずれも,真皮に汗腺·毛包·脂腺を認めなかった。発汗試験陰性。以上の臨床所見,病理組織像,発汗試験から,無汗性外胚葉形成不全症と診断した。以後,萎縮性鼻炎,眼瞼内反症による角膜びらん,気管支喘息を発症し,耳鼻科,眼科,小児科で定期的に加療されている。早期診断によって,発熱による死亡と脳障害を予防することが重要であり,クーラーの使用や物理的な体表面の冷却等適切な温度管理で,現在のところ脳障害などの問題はみられていない。
  • EBウイルス慢性感染と高亜鉛血症を合併した壊疽性膿皮症の1例, 磯村 巌, 森田 明理, 菅野 重, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 112, (1) 62 - 63,   2002年01月
  • 乾癬のnarrow-band UVB療法 (特集 臨床皮膚科 : 最近のトピックス Clinical Dermatology 2002) -- (皮膚疾患治療のポイント), 森田 明理, 臨床皮膚科, 56, (5) 106 - 111,   2002年
  • 再生不良性貧血を合併した汎発性環状肉芽腫 : その両者にPUVA bath療法が奏功した1例, 細川 裕子, 森田 明理, 磯村 巌, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 111, (14) 2113 - 2117,   2001年12月20日, 74歳の女性.平成8年6月頃から,体幹(特に背部と臀部),四肢に米粒大から豌豆大の紅色丘疹,および周辺が軽度隆起した環状の紅斑性局面が多数散在していた.病理組織像では,真皮の上層から中層に膠原線維の変性像と,それを取り囲んで類上皮細胞,組織球,リンパ球,多核巨細胞よりなる細胞浸潤を認め,汎発性環状肉芽腫と診断した.血液検査では,赤血球310万/μl,白血球3,100/μl,血小板32,000/μlと低下が見られ,再生不良性貧血を合併していた.空腹時血糖は89 mg/dl,75 g糖負荷試験も正常で耐糖能異常はなかった.PUVA bath療法を行い,計29回・82.8 J/cm2照射で皮疹はほぼ消退,同時に血液の改善も見られた.その6カ月後頃より,再び皮疹,血液検査とも悪化し,再度50回・178.4 J/cm2のPUVA bath療法を行い,前回と同様に改善した.PUVA bath療法は,汎発性環状肉芽腫と合併した再生不良性貧血に有効であった.
  • Necrotizing vasculitis in a patient with generalized morphea, Akimichi Morita, Takuo Tsuji, Journal of the American Academy of Dermatology, 45,   2001年12月10日, Generalized morphea is rarely associated with overlap. We report an unusual case with generalized morphea involving cutaneous large vessel vasculitis, mononeuritis multiplex, and lupus anticoagulant without any evidence of the coexistent systemic lupus erythematosus.
  • Development of a Langerhans cell-targeted gene therapy format using a dendritic cell-specific promoter, A. Morita, K. Ariizumi, R. Ritter, J. V. Jester, T. Kumamoto, S. A. Johnston, A. Takashima, Gene Therapy, 8,   2001年12月01日, Langerhans cells (LC), which are a skin-specific member of the dendritic cell (DC) family of antigen presenting cells, play critical roles in the initiation of cellular immune responses in the skin. We developed a LC-targeted gene therapy format in this study, aimed at the establishment of in situ protocols for genetic manipulation of LC function. Dectin-2 is a unique C-type lectin that is expressed selectively by DC, including epidermal LC. A 3.2 kb 5′ flanking fragment isolated from the mouse dectin-2 gene, termed the dectin-2 promoter (pDec2), exhibited significant transcriptional activities in epidermal-derived DC lines of the XS series, but not in any of the tested non-DC lines. When pDec2-driven luciferase gene (pDec2-Luc) or enhanced green fluorescence protein gene (pDec2-EGFP) was delivered to mouse skin using the gene gun, expression of the corresponding gene product was observed in the epidermal compartment almost exclusively by the IA+population (ie LC). LC in the gene gun-treated sites showed features of mature DC and they migrated to the draining lymph node, suggesting that LC-targeted gene expression may lead to the development of immune responses. In fact, EGFP-specific cellular immune responses became detectable after gene gun-mediated delivery of pDec2-EGFP plasmid. These results introduce a new concept that LC function can be genetically manipulated in situ by the combination of gene gun-mediated DNA delivery and a DC-specific promoter.
  • カルシポトリオール軟膏外用が有効であった Keratosis Lichenoides Chronica の1例, 新谷 洋一, 森田 明理, 辻 卓夫, 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology, 63, (6) 621 - 623,   2001年12月01日, 22歳,男性。1995年冬頃より躯幹,上肢に痒みを伴わない鱗屑を伴った淡い紅斑が出現。皮疹は夏に軽快,冬に悪化の傾向があり,ステロイドなど外用剤治療に抵抗性であった。経過中,肘窩に線状の配列を示す茶褐色丘疹,顔面の脂漏性皮膚炎様病変が出現し,keratosis lichenoides chronicaと診断。カルシポトリオール軟膏外用で効果が認められた。
  • 合成多価ペプチドpRL1a MAPのMHCクラスI経路による処理と抗原提示, 太田 誠介, 小野 俊朗, 森田 明理, 上中 明子, 原田 実根, 中山 睿一, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 31,   2001年12月
  • 香料による接触蕁麻疹の1例, 山本 あい, 森田 明理, 辻 卓夫, 鈴木 加余子, 松永 佳世子, Environmental dermatology : the official journal of the Japanese Society for Contact Dermatitis, 8,   2001年11月01日
  • 【頬の皮膚病 腫瘍性】 臨床例 顔面に発症した血管芽細胞腫(中川)の成人例, 小林 さおり, 苅谷 清徳, 森田 明理, 皮膚病診療, 23, (11) 1111 - 1114,   2001年11月, 52歳女.顔面に発症した血管芽細胞腫を経験した.その発症年齢および部位が比較的まれと思われた.左頬部に18×15mm大の紫紅色小結節で,表面には毛細血管拡張が認められた.本例は,臨床所見,組織学的所見より,血管芽細胞腫と診断した.辺縁より5mm外側より切除を行い,皮弁形成術を行った.術後1年の現在まで再発はない.本症例は,充実性胞巣部はsm-actinに陽性,管腔の管腔構成細胞は,F VIII-RAおよびCD34に陽性であり,過去の血管とほぼ一致し,充実性腫瘍蜂巣部を構成する細胞は主に血管周皮細胞への分化を示し,拡張した裂隙状の管腔は比較的分化した血管内皮細胞由来であると考えられた
  • 長波長紫外線(UVA1,340-40nm)によるT細胞アポトーシスの機序解析 皮膚T細胞リンパ腫への臨床応用, 森田 明理, 山内 律子, 辻 卓夫, 名古屋市立大学医学会雑誌, 52, (4) 265 - 265,   2001年11月
  • 【最新アトピー性皮膚炎診療マニュアル】 紫外線療法の現状, 森田 明理, Derma., (54) 105 - 112,   2001年10月, アトピー性皮膚炎の治療では,ファーストラインとして行われるステロイド外用治療でコントロールが難しい場合や副作用発現時,紫外線療法は選択肢の一つでありセカンドラインに位置する治療と考えられる.本邦で現在可能な紫外線療法(PUVA療法,broad-band UVB療法,broad-band UVA療法,UVA/UVB混合照射療法)と新しい紫外線療法であるUVA I(340-400nm)療法とnarrow-band UVB(311nm)療法を用いることで,ステロイド外用との併用もしくは単独で症状に応じ,各々の紫外線療法を行うことが可能である
  • 喫煙と紫外線による皮膚老化に関する機序の解析, 殷 蕾, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 26回,   2001年09月
  • 長波長紫外線(UVA1,340-400nm)によるT細胞アポトーシスの機序解析-皮膚T細胞リンパ腫への臨床応用, 森田 明理, 山内 律子, 辻 卓夫, Sies Helmut, Krutmann Jean, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 26回,   2001年09月
  • 合成多価ペプチドpRL 1a MAPのMHCクラスI経路による処理と抗原提示, 太田 誠介, 小野 俊朗, 森田 明理, 上中 明子, 原田 実根, 中山 睿一, 日本癌学会総会記事, 60回,   2001年09月
  • アレルギー性皮膚疾患の紫外線療法, 森田 明理, アレルギー科, 12, (2) 191 - 197,   2001年08月
  • 尋常性幹癬に対するnarrow-band UVB 療法, 森田 明理, 新谷 洋一, 長谷川 正規, 加藤 正也, 西尾 栄一, 細川 裕子, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 111, (8) 1229 - 1236,   2001年07月20日, Narrow-band UVBは,311 nmにピークを持つきわめて狭い波長(311±2 nm)の紫外線光源であり,尋常性乾癬,アトピー性皮膚炎などにヨーロッパでは一般的に用いられている.乾癬でbroad-band UVB療法より優れ,PUVA療法とはほぼ同等とされる.今回,明らかにステロイド外用,ビタミンD外用で皮疹のコントロールのできない難治な尋常性乾癬23名(平均PASI 28.6)を対象としてnarrow-band UVB療法を行った.Narrow-bandUVB療法には,TL 01ランプ10本装着したM-DMR-LH型を使用した.照射率の測定はIL 1700を用いた.照射方法は,ヨーロッパで一般的に用いられているstandard regimenを用い,入院では週に5回,外来では週に3回の照射を行った.治療終了時の皮疹評価は,寛解15例,改善4例,やや軽快1例であり,寛解導入率65.2%,改善以上は82.6%であった.また,3例では,増量に伴うケブネル現象がみられたため,増量が難しく,不変もしくは悪化し中止とした.それ以外,水疱などの高度の急性副作用を起こすことなく照射が可能であった.
  • 尋常性乾癬に対するnarrow-band UVB療法, 森田 明理, 新谷 洋一, 長谷川 正規, 加藤 正也, 西尾 栄一, 細川 裕子, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 111, (8) 1229 - 1236,   2001年07月, ステロイド外用とビタミンD外用で皮疹のコントロールができない難治な25〜76歳の尋常性乾癬23名(男18名・女5名)を対象にNB-UVB療法を行った.照射は外来では週3回,入院では週5回行った.その結果,治療終了時の皮疹の評価は寛解15例,改善4例,やや軽快1例で,寛解導入率は65.2%,改善以上では82.6%であった.また寛解導入までの照射回数は18.5回で,3例にケブネル現象がみられ,増量を行うことが難しく不変もしくは悪化していた.なおNB-UVB療法を中止した他の症例では増量に伴い紅斑がみられたが,standard regimen通りに照射量・増量方法の変更を行ったところ,水疱などの高度な副作用を起こす症例はなかった
  • Bazex 症候群の1例, 磯村 巌, 森田 明理, 細川 裕子, 辻 卓夫, 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology, 63, (3) 243 - 247,   2001年06月01日, 72歳男.手掌,足底に掻痒を伴う角化局面が出現し,ステロイド外用治療に対し抵抗性であった.咳,血痰その他の全身症状は認めず,胸部X線において右下肺野に腫瘤陰影を認め,その後の精査で腫瘍は肺腺癌と診断された.腫瘍はリンパ節転移を伴っていた.腫瘍切除及びリンパ節郭清術が行われた結果,手掌,足底の角化局面は消失した.臨床,病理学的所見からは当初診断が困難であったが,術後の皮疹経過からBazex症候群と診断した
  • 【成人のアトピー性皮膚炎;最新の治療とケア】 患者ケアに必要な基礎知識 アトピー性皮膚炎の紫外線療法, 森田 明理, 臨床看護, 27, (7) 1059 - 1064,   2001年06月, アトピー性皮膚炎の治療では,紫外線療法はファーストラインとして行われるステロイド外用治療でコントロールが難しい場合や副作用発現時等に用いられ,セカンドラインに位置する治療と考えられる.PUVA療法やUVB・UVA紫外線単独療法の実際,有用性,副作用のポイントを説明し,また新しい紫外線療法であるnarrow-band UVB(311nm)療法やUVA1(340〜400nm)療法に関しても紹介した
  • アトピー性皮膚炎の紫外線療法 (特集 成人のアトピー性皮膚炎--最新の治療とケアー) -- (患者ケアに必要な基礎知識), 森田 明理, 臨床看護, 27, (7) 1059 - 1064,   2001年06月
  • 高亜鉛血症を合併した壊疽性膿皮症の1例, 磯村 巌, 森田 明理, 菅野 重, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 111, (6) 955 - 960,   2001年05月15日, 6歳,女児.生後3カ月に鼠径ヘルニアの手術を受けた.術後から肝障害,貧血,白血球減少,CRP高値が持続し,慢性EBウイルス感染症の疑いで近医小児科に通院していた.4歳頃から頸部,頭部,下腿に潰瘍を多発してきたため,平成11年10月27日名古屋市立大学病院皮膚科を受診.臨床像,生検による潰瘍化などから,壊疽性膿皮症と診断した.EBウイルスの再活性化を認めたが,リンパ腫,炎症性腸疾患などの明らかな基礎疾患を認めなかった.経過中の検索で著しい高亜鉛血症を認めた.近年,高亜鉛血症がある種の免疫不全を来す疾患概念として提唱されており,汎血球減少,好中球機能異常などの免疫系の異常や肝脾腫に加えて,壊疽性膿皮症や血管炎などの皮膚症状を呈した症例も報告されている.高亜鉛血症に壊疽性膿皮症を合併した症例と本症例を比較すると多くの類似点があり,本症例の壊疽性膿皮症の基礎疾患として,高亜鉛血症が示唆された.
  • 紫外線と細胞応答, 森田 明理, 適応医学, 5, (1) 28 - 28,   2001年05月
  • 多発性石灰沈着を伴う綿状強皮症の1例, 山本 あい, 森田 明理, 辻 卓夫, 榊原 茂, 日本皮膚科学会雑誌, 111, (6) 985 - 985,   2001年05月
  • 強皮症・多発症筋炎患者に発生したB細胞リンパ腫 : 血球貪食症候群を合併した1例, 磯村 巌, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 111, (2) 171 - 178,   2001年02月20日, 58歳,女性.1983年11月にRaynaud症状,下肢筋力低下が出現.近医にて強皮症,多発性筋炎と診断される.1987年に名古屋市立大学病院第3内科を受診.プレドニゾロン15 mg/日,ミゾリビン150 mg/日内服治療にて症状および血清学的にも安定していた.1999年2月中頃より右側胸部に腫瘤出現,その後増大し,さらに圧痛・局所熱感・39°Cの発熱・全身倦怠感が出現したため,3月9日入院.3月15日皮膚科紹介受診.4×3 cmのやや境界不明瞭な皮下腫瘤を認め,側胸部にかけて皮下硬結を認めた.検査上,白血球上昇,赤血球・血小板減少,LDH高値,CRP高値.骨髄穿刺にて血球貪食像.皮下硬結部の皮膚病理組織では,真皮および皮下組織への多数の大型異型リンパ球の浸潤と,bean bag appearanceを呈した組織球を認めた.以上より本例を血球貪食症候群を合併した悪性リンパ腫と診断した.悪性リンパ腫はCD 20(+),CD 45 RO(–),CD 3(–)でB細胞性であり,血球貪食症候群を合併する症例としてはまれであった.
  • Adenocarcinomaに伴ったBazex症候群の2例, 長谷川 正規, 磯村 巌, 森田 明理, 辻 卓夫, 沼田 時男, 日本皮膚科学会雑誌, 111, (3) 464 - 464,   2001年02月
  • 難治性尋常性乾癬に対するNarrow-band UVB(NBUVB,311nm)療法, 森田 明理, 加藤 正也, 榊原 代幸, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 111, (3) 428 - 428,   2001年02月
  • 外用PUVA療法と発癌, 小林 桂子, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 111, (3) 428 - 428,   2001年02月
  • 再生不良性貧血を合併した汎発性環状肉芽腫に対するPUVA-bath療法, 細川 裕子, 森田 明理, 磯村 巌, 加藤 正也, 鈴木 やよい, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 111, (3) 494 - 494,   2001年02月
  • 高亜鉛血症を合併した壊疽性膿皮症の1例, 磯村 巌, 森田 明理, 菅野 重, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 111, (3) 446 - 446,   2001年02月
  • 皮膚T細胞リンパ腫に対するUVA1(340-400nm)療法の作用機序 一重項酸素を介した系に関して, 山内 律子, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 111, (3) 422 - 422,   2001年02月
  • Recent advances in dendritic cell vaccines for cancer treatment, Tadashi Kumamoto, Akimichi Morita, Akira Takashima, Journal of Dermatology, 28,   2001年01月01日, Dendritic cells (DC) are special subsets of antigen presenting cells characterized by their unique abilities to efficiently take up, process, and present various forms of antigens to immunologically naive T cells. Recent advances in the understanding of molecular mechanisms regulating the functions of DC have allowed the investigators to "design" innovative DC-based vaccine formats for the treatment of cancer patients. In this article, we will review the most advanced DC vaccine strategies, focusing on three major areas: a) new ex vivo protocols for DC loading with tumor-associated antigens (TAA), b) genetic approaches to load skin-resident Langerhans cells (LC) with TAA, and c) chemokine-mediated LC entrapment and in situ loading of LC with TAA at the entrapment sites. We believe that these new classes of DC vaccine strategies will soon become applicable to the treatment of patients with malignant tumors.
  • 腹部に血ほうが多発したChurg‐Strauss症候群の1例, 鈴木 やよい, 森田 明理, 新谷 洋一, 辻 卓夫, 木村 滋, 稲垣 亜紀, 西日本皮膚科, 63, (5) 514 - 516,   2001年01月01日, 61歳,女性。2年前から喘息で加療中。1999年11月,肺炎を合併して入院治療をうけた。翌年7月には四肢末端にしびれ感·疼痛が出現し歩行困難となった。四肢には紫斑,腹部には血疱が出現し,同時に好酸球数の上昇がみられた。病理組織所見で血管炎と肉芽腫が認められたので,臨床所見と合わせChurg-Strauss症候群と診断した。プレドニゾロン30mg/日の内服で3週間後には皮疹は消退し,好酸球数は減少した。本症例は腹部に血疱が多発し,皮疹の発症部位が比較的まれと考えられた。
  • ペニシリン系抗生剤による膿ほう型薬疹の1例, 細川 裕子, 森田 明理, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 63, (4) 428 - 430,   2001年01月01日, 63歳。女性。乾癬の既往なし。糖尿病性網膜症の手術後,アスポキシシリンの点滴が行われた。その2日後より,全身に浮腫性紅斑·膿疱が出現した。点滴は3日間で終了し,続いてアンピシリン·クロキサシリンナトリウム合剤にきりかえたが,この日より39度台の熱発をおこし,皮疹がさらに悪化した。薬疹を疑い,アンピシリン·クロキサシリンナトリウム合剤内服を中止し,抗ヒスタミン剤内服を開始したところ約2週間で皮疹は消退した。パッチテストではアスポキシシリンは陰性,アンピシリン·クロキサシリンナトリウム合剤は陽性であったが,DLSTでは両薬剤とも陽性であった。臨床経過,検査結果より,上記ペニシリン系抗生剤(アスポキシシリン,アンピシリン·クロキサシリンナトリウム合剤)による膿疱型薬疹と診断した。
  • Skin aging induced by ultraviolet exposure and tobacco smoking: Evidence from epidemiological and molecular studies, L. Yin, A. Morita, T. Tsuji, Photodermatology Photoimmunology and Photomedicine, 17,   2001年01月01日, Background: Tobacco smoking, similar to ultraviolet (UV) A radiation exposure, has previously been identified as an important factor contributing to premature aging of human skin. Objective and design: To investigate the relationship between these two environmental factors, we have conducted a cross-sectional study of 83 subjects (48 males, 35 females, age range 23-95), in which sun exposure, pack-years of smoking history and potential confounding variables were assessed by questionnaire. Facial wrinkles were quantified using the Daniell score. In order to study the molecular mechanism by which smoking caused wrinkle formation, in vitro studies were conducted to assess the alteration of matrix metalloproteinase-1 (MMP-1) mRNA expression in human fibroblasts stimulated with tobacco smoke extract or/and UVA. Results: Logistic statistic analysis of the data revealed that age [odds ratio (OR)=7.5, 95% confidence interval (CI)=1.87-30.16], pack-years (OR=5.8, 95% CI=1.72-19.87), and sun exposure (OR=2.65, 95% CI=1.0-7.0) independently contributed to facial wrinkle formation. When excessive sun exposure (>2 h/day) and heavy smoking (35 pack-years) occurred together, the risk for developing wrinkles was 11.4 times higher than that of non-smokers and those with less sun exposure (<2 h/day) at the same age. The in vitro studies revealed that MMP-1 expression was significantly increased in fibroblasts after the stimulation with either tobacco smoke extract or UVA. Maximum induction was observed when cells were treated with tobacco smoke extract plus UVA, indicating that the two factors act in an additive manner. MMP-1 induction was significantly higher in the low glutathione (GSH) content fibroblast compared to that in the high GSH fibroblast, indicating that the differences in glutathione content define the susceptibility of fibroblasts towards UV- or tobacco smoking-induced MMP-1 expression. Conclusion: Tobacco smoke and UVA cause wrinkle formation independently of each other. We propose that both factors cause aging of human skin through additive induction of MMP-1 expression.
  • Skin premature aging induced by tobacco smoking: The objective evidence of skin replica analysis, Lei Yin, Akimichi Morita, Takuo Tsuji, Journal of Dermatological Science, 27,   2001年01月01日, Epidemiological studies have showed that heavy smoking causes premature skin aging. Using a silicone rubber replica combined with computerized image processing, an objective measurement of skin's topography, we investigated the association between wrinkle formation and tobacco smoking in this study. The replica analysis was used to study the changes in the surface furrows of the volar forearm in 63 volunteers. Results confirmed that the depth (Rz) and variance (Rv) of furrows were increased and lines of furrows (Rl) were decreased with age. The replica analytic results showed that Rz and Rv in subjects with a smoking history ≥35 pack-years were significantly higher than non-smokers (P < 0.05). Rl in subjects with a smoking history were significantly lower than non-smokers (P < 0.05). In addition, the present results gave a good correlation between the parameters from the computerized replica analysis with the clinical grading assessment of wrinkles, which further confirmed that skin replica technique is an objective and efficacious tool in evaluation of skin premature aging. © 2001 Elsevier Science Ireland Ltd. All rights reserved.
  • 難治性アトピー性皮膚炎に対する外用PUVA療法  治療前後における血清Eosinophil Cationic Protein(ECP)の変動に関して:—治療前後における血清Eosinophil Cationic Protein(ECP)の変動に関して—, 笠松 正憲, 森田 明理, 西日本皮膚科, 63, (2) 172 - 175,   2001年01月01日, 従来の治療では難治性であったアトピー性皮膚炎患者7人に対し,最小光毒量以下の外用PUVA療法を短期間(2週間·10回照射)行った。平均年齢は20.0歳(15~26歳)。PUVA療法開始時の重症度はSCORAD index 62.3±10.7。照射後全例に重症度の改善がみられた(SCORAD index 33.7±11.3)。メトキサレンローションを塗布していない顔面·頭部についても皮疹の軽減がみられた。同時に,1例を除き血清eosinophil cationic protein(ECP)値は低下がみられた。副作用としては,1例でメトキサレンローションに対し悪心·嘔吐を訴えたが,マスクを使用することで治療は継続可能であり,その他手技の点で問題になることはなかった。
  • Bazex症候群の1例, 磯村 巌, 森田 明理, 細川 裕子, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 63, (3) 243 - 247,   2001年01月01日, 72歳,男性。1997年より手掌,足底にそう痒を伴う角化局面が出現。ステロイド外用治療に対し抵抗性であった。咳,血痰その他の全身症状は認めなかった。胸部X線において右下肺野に腫瘤陰影を認め,その後の精査で腫瘍は肺腺癌と診断された。腫瘍はリンパ節転移を伴っていた。腫瘍切除及びリンパ節郭清術が行われた結果,手掌,足底の角化局面は消失した。臨床,病理学的所見からは当初診断が困難であったが,術後の皮疹経過からBazex症候群と診断した。本症例において,皮膚症状が改善するにつれ腫瘍マーカーであるCEAも減少し,これらの関連が示唆された。
  • Improvement of cerebral perfusion with argatroban in a patient with antiphospholipid syndrome, A. Morita, T. Kato, Ryumachi, 40,   2000年12月16日, A 22-year old woman developed erythema in her hands. She also suffered from general fatigue and arthralgia. In July of 1992, she visited the dermatology clinic of Nagoya City University Hospital. We made a diagnosis of subacute cutaneous lupus erythematosus with thrombocytopenia and gave her 30 mg of prednisolone daily. Her conditions were improved and had been stable with 5 mg of prednisolone daily. In the winter of 1993, she developed ulcer in her fingers and soles. These lesions were associated with antiphosholipid syndome. She complained of mild headache. She was examined by CT, MRI and single photon emission computerized tomography (SPECT) using N-isopropyl-p-[123I ] iodoamphetamine (IMP). Low perfusion areas in the bilateral occipital lobes and the right temporal lobe were found in SPECT, although no abnormalities were detected by CT and MRI. Low perfusion areas in antiphospholipid syndrome might be caused by microarterial thrombosis, microvenous thrombosis or spasms, although they could be reversible. Ten mg of argatroban daily for one month improved cerebral low perfusion, headache, and skin lesions. In this case, argatroban was effective for both cerebral low perfusion and skin ulcer, which were related to antiphospholipid syndrome.
  • Hypereosinophilic Syndrome(HES) の湿疹・痒疹病変に PUVA-bath 療法が奏効した1例, 菅野 重, 森田 明理, 鈴木 やよい, 辻 卓夫, 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology, 62, (6) 723 - 726,   2000年12月01日, 75歳の男性。約20年前から全身に丘疹,紅斑,苔癬化局面,色素沈着など多彩な皮疹が出現し,市販外用剤の他,他院で治療を受けていたが増悪,改善を繰り返していた。末梢血好酸球29%,1624/μlと著明に増加しており,病理組織では真皮上層にリンパ球と多数の好酸球の浸潤を認めた。精査の結果,皮疹,好酸球増多の明らかな原因を認めず,hypereosinophilic syndromeの湿疹·痒疹病変と診断した。治療としてPUVA-bath療法を行い,皮疹の改善を認めた。また, PUVA-bath療法後4ヵ月で好酸球数,eosinophilic cationic protein値をPUVA-bath療法前と比較したところ,ともに基準値まで減少を認めた。
  • コレラトキシンBサブユニットとの融合蛋白を用いた腫瘍抗原性増強効果, 森田 明理, 安田 陽子, 磯村 巌, 杤久保 邦夫, 上中 明子, 中山 睿一, 辻 卓夫, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 30,   2000年11月
  • たばこの煙は皮膚の老化を促す, 森田 明理, 殷 蕾, 辻 卓夫, 治療, 82, (11) 2792 - 2793,   2000年11月
  • 合成多価腫瘍抗原ペプチドpRL1a MAPの細胞内への取り込みとMHCクラスI分子への提示, 太田 誠介, 小野 俊朗, 森田 明理, 原田 実根, 中山 睿一, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 30,   2000年11月
  • 抗リン脂質抗体症候群に対しアルガトロバン投与を行い脳血流の改善がみられた1症例 Single Photon Emission Computerized Tomography(123I-IMP-SPECT)を用いて, 森田 明理, 加藤 徹, リウマチ, 40, (5) 824 - 827,   2000年11月, 22歳女.平成3年冬頃から手指,手背に紅斑が出現して徐々に数が増加,範囲も拡大し,更に全身倦怠感,関節痛も出現したため平成4年7月来院した.血小板減少を伴う亜急性皮膚紅斑性狼瘡の診断でプレドニゾロン(PSL)30mg/日で治療を開始した結果,皮疹,関節痛などは改善し,PSL 5mg/日で血液・血清学的にも安定した状態であった.平成5年冬になり手指・足底に潰瘍が出現し,検査結果から抗リン脂質抗体症候群が合併していることが明らかとなった.軽い頭痛を訴えるようになった為,CT・MRI・123I-IMPによる脳血流SPECTを施行した結果,CT・MRIでは異常所見はみられなかったが,123I-IMP-SPECTでは右側頭葉と両側中大脳動脈後大脳動脈分水嶺を中心とした後頭葉に相対的血流低下が認められた.選択的トロンビン剤アルガトロバン 10mg/日の毎日投与を1ヵ月間行ったところ,頭痛は消退し,脳血流SPECTでも明らかな改善がみられ,同時に手指の潰瘍の改善がみられた
  • 皮膚の抗原提示細胞(樹状細胞)であるランゲルハンス細胞を標的としたDNAワクチンの開発, 森田 明理, 辻 卓夫, 名古屋市立大学医学会雑誌, 51, (4) 219 - 219,   2000年11月
  • PUVA-bath療法が有効であった紅皮症型菌状息肉症の1例, 小林 桂子, 森田 明理, 細川 裕子, 澤田 啓生, 辻 卓夫, 臨床皮膚科, 54, (11) 931 - 934,   2000年10月, 71歳男.1998年4月から全身に掻痒を伴うび漫性の紅斑が出現し,浸潤をふれる.皮膚の病理組織像では真皮に一部に異型性のある密なリンパ球細胞浸潤がみられ,表皮内への浸潤もみられた.血液検査では異型リンパ球が3%,T細胞/B細胞百分率は90.8%,またT細胞サブセットでCD4/CD8は6.39,TCRβ鎖遺伝子の再構成が認められた.菌状息肉症の紅皮症型と診断し,PUVA-bath療法を行った.治療3回目より浸潤及び紅斑の改善がみられ,計24回25.82J/cm2で皮疹は色素沈着を残して消退した
  • 組織学的に膜嚢胞性病変を伴う脂肪織炎を認めたシェーグレン症候群の1例, 鈴木 やよい, 中嶋 賢, 森田 明理, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 62, (5) 591 - 593,   2000年10月, 60歳,女性。7年前にシェーグレン症候群と診断された。翌年より両下腿の点状紫斑が出現し,約1年前には右下腿内側に潰瘍が出現した。皮膚潰瘍治療薬外用にて潰瘍は改善せず次第に増大したため,安静および治療目的で当科入院となった。潰瘍近傍の紫斑部の病理組織所見では,皮下脂肪織における脂肪細胞の変性,壊死による膜嚢胞性病変が認められた。本症例での膜嚢胞性病変を伴う脂肪織炎の発症機序についての文献的考察を含めて報告した
  • リコンビナントCholera toxin Bと樹状細胞を用いたMeth A線維肉腫に対する腫瘍免疫の誘導, 磯村 巌, 森田 明理, 安田 陽子, 杤久保 邦夫, 辻 卓夫, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 25回,   2000年09月
  • 喫煙と紫外線による皮膚の老化 疫学的調査とその機序に関する研究, 殷 蕾, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 25回,   2000年09月
  • 皮膚T細胞リンパ腫に対するUVA1(340-400nm)療法の作用機序, 山内 律子, 森田 明理, 安田 陽子, 辻 卓夫, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 25回,   2000年09月
  • 全身性強皮症の硬化病変に対するUVA1(340-400nm)療法の作用機序, 森田 明理, 殷 蕾, 辻 卓夫, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 25回,   2000年09月
  • Episodic Angioedema with Eosinophilia の1例, 細川 裕子, 森田 明理, 榊原 代幸, 辻 卓夫, 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology, 62, (4) 458 - 460,   2000年08月01日, 27歳の女性。主訴は,四肢,特に下肢のそう痒を伴う浮腫と多発関節痛で,症状出現以前より約3kgの体重増加があった。血液検査所見では,末梢血白血球数が10900/μl(好酸球50%)と好酸球が著明に増加していた。抗核抗体などの自己抗体はすべて陰性。C3c, C4は正常値で, C1インアクチベーター活性も正常であった。好酸球特異顆粒であるeosinophil cationic protein(ECP)は,47.8μg/lと高値であった。下肢生検部の病理組織像では,真皮の浮腫と,真皮から皮下組織にかけて多数の好酸球浸潤が見られた。画像検査では,他臓器に異常を認めなかった。以上の検査結果,および臨床所見からepisodic angioedema with eosinophiliaと診断した。入院後,安静で経過をみていたが,3週間後に発熱を伴った上気道炎様症状が生じたため,メチルプレドニゾロン250mg点滴を1回行った。上気道炎様症状は消失,四肢の浮腫も徐々に軽快し,約1ヵ月後に消失した。末梢血好酸球数も正常範囲内となった。その後1年経過した現在も,再発はみられていない。
  • 難治性尋常性乾癬に対するPUVAバスインバス療法, 小林 桂子, 森田 明理, 磯村 巌, 細川 裕子, 辻 卓夫, 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology, 62, (4) 515 - 517,   2000年08月01日, 難治性尋常性乾癬に対しPUVAバス療法を行い,外用PUVA療法より優れていることを以前明らかにした。しかし,今までのPUVAバス療法では0.3%メトキサレン液であれば1回の治療につき50ml(150 lの浴槽の場合)必要で費用がかかること,同じ浴槽を他の患者と共有することなどの問題があった。新しいPUVAバスインバス療法は,0.0001%メトキサレン温水の入ったビニール製浴槽(家庭で温泉を楽しむために考案されたもので20 l)を風呂に浮かべ,15分入浴後,直ちにUVAを週に4回照射する(初期量=0.2J/cm2,増量幅:0.2~0.3J/cm2)。今回,他施設からの紹介もしくは今までの外来治療で難治性であった尋常性乾癬患者14人にPUVAバスインバス療法を行った。平均年齢48.1歳(27~73歳),平均罹病期間12.9年(1~24年)。14人中13人に皮疹の寛解がみられた。13人の寛解までのPUVAバスインバス療法は平均27.0回(7~51回),総照射量73.9J/cm2(7.7~166.8J/cm2)。1症例で,照射量増量に伴う紅斑反応がみられたが,増量幅を少なくすること(0.1J/cm2)でみられなくなった。このほか照射に問題はなかった。PUVAバスインバス療法は難治性尋常性乾癬に有効であると思われる。
  • ステロイド内服治療中の菌状息肉症患者に発症した小腸穿孔性腹膜炎の1例, 長谷川 正光, 竹山 廣光, 山岸 庸太, 沢井 博純, 前田 誠司, 岡田 祐二, 早川 哲史, 加藤 磨美, 磯村 巌, 森田 明理, 真辺 忠夫, 日本外科感染症研究, 12,   2000年07月, 75歳男.10年前より菌状息肉症にて通院治療中であった.病状の悪化に伴い1999年6月24日入院,原疾患のため皮膚は全身発赤し広範囲にわたりびらん面を認めた.皮膚角層最深部に球菌が観察され,細菌培養ではMRSAや緑膿菌が検出された.血液培養ではMRSAが検出されたがTEIC使用にて消失した.7月23日からはプレゾニゾロン15mg再開し,8月12日からは40mgに増量した.8月19日より腹痛を訴え,ステロイドによる潰瘍を疑い上部消化管内視鏡を施行したが異常所見を認めなかった.CTでfree-airを認めたため,消化管穿孔の診断にて緊急手術を施行した.下腹部正中切開によって開腹すると,やや混濁する黄色の臭いのない腹水中等量を認めた.穿孔部は回盲部より15cm口側の小腸の腸間膜対側に見られ2mm大であった.患部を楔状に切除し二層縫合,ドレーンを留置した.腹水中にはMRSAと腸球菌を認めた.皮膚定着菌の腹腔内侵入を防げず,術後18日目に敗血症で死亡した
  • 異汗性湿疹に対する洗面器を用いたLocal PUVA-bath療法―予報, 森田 明理, 磯村 巌, 細川 裕子, 小林 桂子, 澤田 啓生, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 110, (8) 1283 - 1288,   2000年07月, 異汗性湿疹は掌蹠に生じた湿疹病変と考えられている.治療はステロイド外用が行われるが,再燃・悪化を繰り返し,原因が明らかではない場合には他に有効な方法がなく治療に苦慮することがしばしばである.今回私達は,難治性の異汗性湿疹患者14人に対し外来でLocal PUVA-bath療法を行った.方法:30~37℃の温水1.5Lを洗面器に入れ,0.0001%メトキサレン濃度になるようにし,手または足を15分間浸した直後,0.5J/cm2からUVA照射を行い0.5L/cm2ずつ増量し最大2~2.5J/cm2照射した.週に1~2回照射を行い,最大20回の照射を行った.結果:1回照射後から水疱の新生がなくなる症例があり,3回目ではほとんどの症例で水疱の減少が見られた.最終照射時の皮疹の評価では,寛解(消失)7例,改善3例,やや軽快3例,無効1例,悪化0例であった.改善以上の治療効果の得られたのは,全体の71%であった.軽度の色素沈着が全例にみられたこと以外は,問題なく照射が可能であった.ステロイド外用に対して難治例には,試してみるべき治療法であると考える.
  • Identification of a novel, dendritic cell-associated molecule, dectin-1, by subtractive cDNA cloning, Kiyoshi Ariizumi, Guo Liang Shen, Sojin Shikano, Shan Xu, Robert Ritter, Tadashi Kumamoto, Dale Edelbaum, Akimichi Morita, Paul R. Bergstresser, Akira Takashima, Akira Takashima, Journal of Biological Chemistry, 275,   2000年06月30日, Dendritic cells (DC) are special subsets of antigen presenting cells characterized by their potent capacity to activate immunologically naive T cells. By subtracting the mRNAs expressed by the mouse epidermus-derived DC line XS52 with the mRNAs expressed by the J774 macrophage line, we identified five novel genes that were expressed selectively by this DC line. One of these genes encoded a type II membrane-integrated polypeptide of 244 amino acids containing a putative carbohydrate recognition domain motif at the COOH-terminal end. This molecule, termed 'dectin-1,' was expressed abundantly at both mRNA and protein levels by the XS52 DC line, but not by non-DC lines (including the J774 macrophage line). Dectin-1 mRNA was detected predominantly in spleen and thymus (by Northern blotting) and in skin- resident DC, i.e. Langerhans cells (by reverse transcription-polymerase chain reaction). Affinity-purified antibody against dectin-1 identified a 43kDa glycoprotein in membrane fractions isolated from the XS52 DC line and from the dectin-1 cDNA-transfected COS-1 cells. His-tagged recombinant proteins containing the extracellular domains of dectin-1 showed marked and specific binding to the surface oft cells and promoted their proliferation in the presence of anti-CD3 monoclonal antibody at suboptimal concentrations. These in vitro results suggest that dectin-1 on DC may bind to as yet undefined ligand(s) on T cells, thereby delivering T cell co-stimulatory signals. Not only do these results document the efficacy of subtractive cDNA cloning for the identification of unique genes expressed by DC, they also provide a framework for studying the physiological function of dectin-1.
  • 菌状息肉症患者に発症した小腸穿孔性腹膜炎の1例, 長谷川 正光, 竹山 廣光, 山岸 庸太, 沢井 博純, 前田 誠司, 岡田 祐二, 早川 哲史, 加藤 磨美, 磯村 巌, 森田 明理, 日本外科系連合学会誌, 25, (3) 467 - 467,   2000年06月
  • 新しい紫外線療法 high-dose UVA 1 therapyとnarrow-band UVB therapy, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 110, (6) 1005 - 1005,   2000年05月
  • pacemaker dermatitisと考えられた1例, 山内 律子, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 110, (6) 1028 - 1028,   2000年05月
  • タバコによる皮膚老化に関して, 殷 蕾, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 110, (6) 1010 - 1010,   2000年05月
  • 皮膚肥満細胞症に対する各種薬剤投与後のDarier徴候の抑制の比較, 菅野 重, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 110, (6) 1029 - 1029,   2000年05月
  • Cloning of a second dendritic cell-associated C-type lectin (dectin-2) and its alternatively spliced isoforms, Kiyoshi Ariizumi, Guo Liang Shen, Sojin Shikano, Robert Ritter, Paul Zukas, Dale Edelbaum, Akimichi Morita, Akira Takashima, Journal of Biological Chemistry, 275,   2000年04月21日, Using a subtractive cDNA cloning strategy, we isolated previously five novel genes that were expressed abundantly by the murine dendritic cell (DC) line XS52, but not by the J774 macrophage line. One of these genes encoded a unique, DC-associated C-type lectin, termed 'dectin-1.' Here we report the characterization of a second novel gene that was also expressed in a DC- specific manner. Clone 1B12 encoded a type H membrane-integrated polypeptide of 209 amino acids containing a single carbohydrate recognition domain motif in the COOH terminus. The expression pattern of this molecule, termed 'dectin-2,' was almost indistinguishable from that for dectin-1; that is, both were expressed abundantly at mRNA and protein levels by the XS52 DC line, but not by non-DC lines, and both were detected in spleen and thymus, as well as in skin resident DC (i.e. Langerhans cells). Interestingly, reverse transcriptase-polymerase chain reaction and immunoblotting revealed multiple bands of dectin-2 transcripts and proteins suggesting molecular heterogeneity. In fact, we isolated additional cDNA clones encoding two distinct, truncated dectin-2 isoforms. Genomic analyses indicated that a full-length dectin-2 (α isoform) is encoded by 6 exons, whereas truncated isoforms (β and γ) are produced by alternative splicing. We propose that dectin-2 and its isoforms, together with dectin-1, represent a unique subfamily of DC-associated C-type lectins.
  • 中央部が自潰した結節のみられた若年性黄色肉芽腫の1例, 小林 桂子, 森田 明理, 榊原 代幸, 辻 卓夫, 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology, 62, (2) 172 - 174,   2000年04月01日, 7ヵ月の男児。平成10年7月から頭部に黄色丘疹が出現し,9月頃からは頭部,背部に比較的大きな紅色丘疹が出現した後増大し,中央部が一部自潰した。背部の紅色丘疹の病理組織では真皮に組織球の密な増殖と多核巨細胞がみられた。免疫組織ではHAM56陽性, CD 1 a陰性で,電顕像ではバーベック顆粒はみられなかった。検査結果は正脂血症で,眼の異常はなかった。Langerhans cell histiocytosisとの鑑別を要したが,最終的に若年性黄色肉芽腫と診断した。
  • 難治性尋常性乾癬に対する PUVA-bath 療法, 細川 裕子, 森田 明理, 小林 桂子, 辻 卓夫, 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology, 62, (2) 182 - 185,   2000年04月01日, 非常に経過が長く,難治性尋常性乾癬の2例に対しPUVA-bath療法を行った。症例1:54歳の男性。罹患歴は10年。全身に境界明瞭で赤みの強い大きな局面がほぼ全身にみられた。入院期間60日,PUVA-bath療法を21回·計27.4J/cm2照射した。一部丘疹や軽い色素沈着を残したが,皮疹はほぼ改善した。症例2:54歳の男性。罹患歴は16年。全身に鱗屑を伴う紅色丘疹·局面がみられた。入院期間36日,PUVA-bath療法を7回·計4.1J/cm2照射した。上肢では一部丘疹を残したが,皮疹はほぼ改善した。症例1·2について,これまでの入院の外用PUVA療法との比較を行った。入院日数平均,1回の入院の治療回数,1回の入院の総照射量すべて,外用PUVA療法よりPUVA-bath療法の方が少量で効果があった。
  • 難治性尋常性乾癬に対するPUVAバスインバス療法, 小林 桂子, 森田 明理, 磯村 巌, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 110, (4) 657 - 657,   2000年04月
  • PUVA-bathが有効であった尋常性乾癬の2例, 細川 裕子, 森田 明理, 西尾 栄一, 小林 桂子, 磯村 巌, 澤田 啓生, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 110, (5) 875 - 875,   2000年04月
  • PUVA-bath療法が有効であった菌状息肉症の1例, 小林 桂子, 森田 明理, 澤田 啓生, 細川 裕子, 辻 卓夫, 三輪 憲正, 日本皮膚科学会雑誌, 110, (5) 874 - 874,   2000年04月
  • 全身性強皮症に生じた結節状皮膚石灰沈着, 磯村 巖, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 110, (5) 884 - 884,   2000年04月
  • 強皮症患者に血球貪食症候群を合併したB細胞悪性リンパ腫の1例, 磯村 巌, 森田 明理, 辻 卓夫, 島野 泰暢, 加藤 正子, 両角 國男, 日本皮膚科学会雑誌, 110, (4) 641 - 641,   2000年04月
  • 若年性類天疱瘡の1例, 澤田 啓生, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 110, (5) 876 - 876,   2000年04月
  • 全身性強皮症の硬化病変に対するUVA1(340-400nm)療法とその作用機序, 森田 明理, 殷 蕾, 小林 桂子, 磯村 巌, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 110, (4) 682 - 682,   2000年04月
  • 皮膚T細胞リンパ腫に対するUVA1療法の作用機序, 山内 律子, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 110, (4) 708 - 708,   2000年04月
  • Pacemaker dermatitis from titanium, Ritsuko Yamauchi, Akimichi Morita, Takuo Tsuji, Contact Dermatitis, 42,   2000年01月29日
  • 皮膚疾患に対する紫外線療法の今後, 森田 明理, 日本臨床皮膚科医学会雑誌 = Journal of the Japan Organization of Clinical Dermatologists, (63) 11 - 16,   2000年01月15日
  • 耐性乳酸菌製剤エンテロノン‐Rによる薬疹の1例, 小林 桂子, 森田 明理, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 62, (3) 346 - 348,   2000年01月01日, 64歳の男性。平成10年5月そう痒を伴う紅色丘疹出現し,近医受診。ステロイド外用,抗アレルギー剤内服で軽快していた。12月エンテロノン-R®を処方された後皮疹は徐々に悪化し,ほぼ紅皮症状態となったため,平成11年2月名古屋市立大学病院皮膚科入院。近医で処方されていたエンテロノン-R®中止後,皮疹消失。その後,内服テストを行ったところ,同様の皮疹が出現した。さらに,DLSTテスト陽性,スクラッチパッチテスト陽性からエンテロノン-R®による多型紅斑型薬疹を考えた。
  • 皮膚肥満細胞症に対する各種薬剤投与後のDarier徴候の抑制の比較, 菅野 重, 森田 明理, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 62, (3) 349 - 352,   2000年01月01日, 皮膚肥満細胞症は皮膚限局の肥満細胞の増殖をきたす疾患であり,軽度の擦過によって皮疹部に一致して紅斑,膨疹を生じるDarier徴候を認めるのが特徴的である。今回,我々は皮膚肥満細胞症の生後11ヵ月の男児に対して,そう痒,膨疹形成抑制のための内服薬を選択するために,薬剤を投与した後のDarier微候の抑制の比較を試みた。薬剤は抗アレルギー剤(フマル酸ケトチフェン),抗ヒスタミン剤(酒石酸アリメマジン,塩酸シプロヘプタジン),ジアミノジフェニルスルフォン,副腎皮質ホルモン剤(ベタメタゾン)を使用した。各薬剤を投与後,最高血中濃度に達する時間にDarier徴候を誘発し,紅斑,膨疹の抑制を比較したところ,フマル酸ケトチフェンで最もDarier徴候が抑制された。また,治療としてフマル酸ケトチフェン内服を行い,7ヵ月後には血漿ヒスタミン値の減少を認めたため,Darier徴候の抑制を比較することの有用性が示唆された。
  • Ultraviolet A radiation-induced apoptosis, Akimichi Morita, Jean Krutmann, Methods in Enzymology, 319,   2000年01月01日
  • Ultraviolet A-1(340-400nm)phototherapy for scleroderma in systemic sclerosis, Akimichi Morita, Keiko Kobayashi, Iwao Isomura, Takuo Tsuji, Jean Krutmann, Journal of the American Academy of Dermatology, 43,   2000年01月01日, Background: The presence of an inflammatory infiltrate consisting of helper T cells and a dysregulated matrix metabolism leading to excessive deposition of collagen are two pathogenetic factors responsible for the developments of fibrosis and sclerosis in patients with systemic sclerosis. In previous studies, ultraviolet A1 (UVA1) radiation phototherapy was shown to deplete skin-infiltrating T cells through the induction ofT-cell apoptosis and to up-regulate the expression of matrixmetalloproteinase-1 (collagenase-1) in dermal fibroblasts. Objective: Our purpose was to determine whether UVA1 phototherapy is effective for systemic sclerosis. Methods: Lesional skin on the forearms of patients with systemic sclerosis (diffuse type, n = 3; limited type, n = 1) was exposed to medium-dose UVA1 radiation (60 J/cm2) daily. Results: In all patients studied, UVA1 phototherapy-treated skin lesions were markedly softened after 9 to 29 exposures. Clinical improvement was associated with an increase in (1) joint passive range of motion values (P < .05), (2) skin temperature (thermogmphy, P < .05), and (3) cutaneous elasticity (cutaneous elastometry, P < .05). Histologic evaluation of skin specimens obtained before and after UVA1 phototherapy revealed loosening of collagen bundles and the appearance of small collagen fibers. Conclustion: These studies indicate that UVA1 phototherapy is effective for patients with systemic sclerosis.
  • Alterations of extracellular matrix induced by tobacco smoke extract, Lei Yin, Akimichi Morita, Takuo Tsuji, Archives of Dermatological Research, 292,   2000年01月, Epidemiologic studies have indicated the association between tobacco smoking and skin aging, but the exact mechanism of tobacco smoke-induced premature skin aging is currently unknown. In this study, we investigated the alterations of collagen, matrix metalloproteinases (MMPs) and tissue inhibitors of metalloproteinases (TIMPs) in human fibroblasts treated with tobacco smoke extract. Human fibroblasts were exposed to different concentrations of water-soluble extract from tobacco smoke. Human fibroblasts irradiated with ultraviolet A1 (UVA1) were used as positive controls because the mechanism of UVA1-mediated MMP expression has been well characterized. The expression of MMP and TIMP was analyzed semiquantitatively following reverse transcriptase-polymerase chain reaction. Production of type I and type III collagens was detected by Western blotting and biosynthesis of new collagen was assessed by3H-proline incorporation. Upon treatment with tobacco smoke extract or UVA1 irradiation, the expression of MMP-1 and MMP-3 mRNA was significantly increased in a dose-dependent manner. Maximum induction was observed with 25 μl/ml tobacco smoke extract. In contrast, the expression of TIMP-1 and TIMP-3 mRNA remained unchanged. Western blotting of the supernatant revealed that type I and type III collagens were decreased as compared with untreated controls. Collagen biosynthesis was significantly reduced by 40.1% following treatment with 25 μl/ml tobacco smoke extract. Sodium azide, L-ascorbic acid and Trolox (a water-soluble vitamin E) prevented both the UVA1- and the tobacco-induced alteration of MMP-1. These observations suggest that the imbalance of connective tissue matrix components might contribute to the molecular basis for premature skin aging in smokers. They also suggest that reactive oxygen species including singlet oxygen mediate this process.
  • Pacemaker Dermatitis, 42,   2000年
  • 【環境応答・適応の分子機構】 動物における環境適応の分子機構 環境適応とその破綻と疾患 紫外線と細胞応答, 森田 明理, 蛋白質・核酸・酵素, 44, (15) 2517 - 2522,   1999年11月
  • 紫外線と細胞応答 (環境応答・適応の分子機構) -- (動物における環境適応の分子機構), 森田 明理, 蛋白質核酸酵素, 44, (15) 2517 - 2522,   1999年11月
  • microwave techniqueによる自己免疫性水疱性疾患の診断, 磯村 巌, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 109, (11) 1648 - 1648,   1999年10月
  • 若年性類天疱瘡の1例, 澤田 啓生, 森田 明理, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 61, (5) 585 - 587,   1999年10月, 4ヵ月女児。BCG接種3日後から下肢の紅斑が出現してきた。初診時には体幹·四肢に浸潤を伴う紅斑と小水疱があり, 徐々に拡大し緊満性水疱となった。蛍光抗体直接法では基底膜部にIgG·C3の線状の沈着があり, 間接法で抗基底膜抗体が血清320倍まで陽性であった。1M食塩水剥離皮膚の表皮側への沈着を認めたため, 若年性類天疱瘡と診断。ステロイド外用にて軽快した。
  • The application of microwave irradiation in immunofluorescence for the diagnosis of autoimmune bullous disease [5], I. Isomura, A. Morita, T. Tsuji, British Journal of Dermatology, 141,   1999年09月01日
  • C型肝炎の経過中に発生したクリオグロブリン血症によると考えられた痒疹の1例, 山内 律子, 森田 明理, 辻 卓夫, 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology, 61, (4) 458 - 462,   1999年08月01日, C型肝炎の経過中にクリオグロブリン血症によると考えられる痒疹をきたした60歳の男性を報告した。クリオグロブリン血症の皮膚症状は多彩である。自験例では網状皮斑と難治性の痒疹が認められた。血清検査上, リウマトイド因子陽性, 低補体血症(CH50の低下), クリオグロブリン陽性, およびC型肝炎ウイルス抗体価陽性が認められた。免疫電気泳動ではIgMκ型-IgG(polyclonal)の混合型クリオグロブリン(type IIクリオグロブリン)が同定された。また痒疹部の酵素抗体法にて真皮上層部の血管周囲にIgGとIgMの沈着が認められた。以上の結果より, C型肝炎ウイルスの感染によって生じたクリオグロブリン血症と痒疹の間に何らかの関与が示唆された。
  • Paraneoplastic pemphigus(PNP)の1例, 森田 明理, 辻 卓夫, 天谷 雅行, 橋本 隆, 西日本皮膚科, 61, (3) 394 - 394,   1999年06月
  • リコンビナントCholera toxin B subunitを用いた樹状細胞の活性化に関して, 磯村 巌, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 24回,   1999年06月
  • T-cell mediated skin diseaseに対するHigh-dose UVA1 therapyの作用機序, 森田 明理, 山内 律子, 殷 蕾, Krutmann Jean, 辻 卓夫, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 24回,   1999年06月
  • Dendritic cells undergo rapid apoptosis in vitro during antigen-specific interaction with CD4+ T cells, Hiroyuki Matsue, Dale Edelbaum, Aubrey C. Hartmann, Akimichi Morita, Paul R. Bergstresser, Hideo Yagita, Ko Okumura, Akira Takashima, Akira Takashima, Journal of Immunology, 162,   1999年05月01日, The terminal fate of dendritic cells (DC) remains relatively uncertain. In this study, we tested the hypothesis that DC undergo apoptosis after Ag- specific interaction with T cells. When splenic DC isolated from BALB/c mice were cocultured with HDK-1 T cells (a keyhole limpet hemocyanin (KLH)- specific CD4+ Th1 clone) in the presence of KLH, they showed conspicuous cell death as measured by propidium iodide (PI) uptake and chromatin condensation, whereas they remained relatively intact when incubated with either T cells or KLH alone. Likewise, the long term DC line XS52, which was established from BALB/c mouse epidermis, also died rapidly (within 2 h), and they exhibited characteristic DNA laddering when cocultured with HDK-1 T cells in the presence of KLH. RT-PCR and FACS analyses revealed the expression of CD95 (Fas) by XS52 DC and of CD95 ligand (CD95L) (Fas ligand) by activated HDK-1 T cells, suggesting a functional role for these molecules. In fact, anti-CD95L mAb inhibited partially (50%) T cell-mediated XS52 cell death, and coupling of surface CD95 with anti-CD95 mAb triggered significant XS52 cell death, but only in the presence of cycloheximide. Thus, ligation of CD95 (on DC) with CD95L (on T cells) is one, but not the only, mechanism by which T cells induce DC death. Finally, DC isolated from the CD95-deficient mice were found to be significantly more efficient than DC from control mice in their capacity to induce delayed type hypersensitivity responses in vivo. We propose that T cell-induced DC apoptosis serves as a unique down- regulatory mechanism that prevents the interminable activation of T cells by Ag-bearing DC.
  • Roles of Langerhans cells in genetic immunization, Akimichi Morita, Akira Takashima, Journal of Dermatological Science, 20,   1999年05月01日
  • 抗リン脂質抗体を伴う膠原病患者における脳血流single photon emission computerized tomography(123 I-IMP-SPECT)の検討, 森田 明理, 辻 卓夫, 加藤 徹, 日本皮膚科学会雑誌, 109, (6) 930 - 930,   1999年05月
  • High-dose UVA1 therapyの作用機序について, 森田 明理, 殷 蕾, 磯村 巌, 山内 律子, 辻 卓夫, Krutmann Jean, 日本皮膚科学会雑誌, 109, (3) 501 - 501,   1999年03月
  • 異汗性湿疹に対するLocal PUVA-bath療法, 澤田 啓生, 森田 明理, 辻 卓夫, 日本皮膚科学会雑誌, 109, (3) 419 - 419,   1999年03月
  • Mechanisms of ultraviolet (UV) B and UVA phototherapy, Jean Krutmann, Jean Krutmann, Akimichi Morita, Journal of Investigative Dermatology Symposium Proceedings, 4,   1999年01月01日, Ultraviolet (UV) radiation has been used for decades with great success and at a constantly increasing rate in the management of skin diseases, becoming an essential part of modern dermatologic therapy (Krutmann et al, 1999). For phototherapy, irradiation devices emitting either predominantly middlewave UV (UVB, 290-315 nm) or long-wave UV (UVA, 315-400 nm) radiation are employed. In former years, patients were treated with broad-band UVB, broad-bond UVA, or combination regimens. Broad-band UV phototherapy, however, is being replaced more frequently by the use of irradiation devices that allow treatment of patients' skin with selected emission spectra. Two such modalities which have their origin in European Photodermatology are 311 nm UVB phototherapy (which uses long-wave UVB radiation above 300 nm rather than broadband UVB) and high-dose UVA1 therapy (which selective employs long-wave UVA radiation above 340 nm). In Europe, 311 nm UVB phototherapy has almost replaced classical broad-band UVB phototherapy and has significantly improved therapeutic efficacy and safety of UVB phototherapy (van Welden et al, 1988; Krutmann et al, 1999). The constantly increasing use of UVA-1 phototherapy has not only improved UVA phototherapy for established indications such as atopic dermatitis (Krutmann et al, 1992a, 1998; Krutmann, 1996), but has also provided dermatologists with the opportunity to successfully treat previously untractable skin diseases, e.g., connective tissue diseases (Stege et al, 1997; Krutmann, 1997). These clinical developments have stimulated studies about the mechanisms by which UVB and UVA phototherapy work. The knowledge obtained from this work is an indispensable prerequisite to make treatment decisions on a rationale rather than an empirical basis. Modern dermatologic phototherapy has started to profit from this knowledge, and it is very likely that this development will continue and provide dermatologists with improved phototherapeutic modalities and regimens for established and new indications. This review aims to provide an overview about current concepts of the mode of action of dermatologic phototherapy. Special emphasis will be given on studies that have identified previously unrecognized immunosuppressive/anti- inflammatory principles of UV phototherapy.
  • Dendritic cells in genetic immunization, Akira Takashima, Akira Takashima, Akimichi Morita, Journal of Leukocyte Biology, 66,   1999年01月01日, Both humoral and cellular immune responses are inducible by inoculation of naked plasmid DNA encoding a polypeptide antigen. This new vaccination protocol, known as genetic immunization. has been used to initiate protective immunity against a variety of infectious pathogens and tumors in experimental animals. Dendritic cells (DC) are thought to play at least three distinct roles in genetic immunization: (1) MHC class II-restricted presentation of antigens secreted by neighboring, transfected cells, (2) MHC class I- restricted 'cross' presentation of antigens released by neighboring, transfected cells, and (3) direct presentation of antigens by transfected DC themselves. Several new technologies have been developed recently in an attempt to improve the overall efficacy of genetic vaccination, as well as to regulate the type and class of resulting immune responses. These technologies include modification of plasmid DNA, co-delivery of genes encoding immunoregulatory molecules, and DC targeting. We will overview some of these new technologies in genetic immunization.
  • New technologies toward dendritic cell-based cancer immunotherapies, Hiroyuki Matsue, Akimichi Morita, Keiko Matsue, Akira Takashima, Akira Takashima, Journal of Dermatology, 26,   1999年01月01日, Immunologically naive T cells are activated most efficiently or even exclusively by special subsets of antigen presenting cells, termed dendritic cells (DC). Members of the DC family have been identified in virtually all epithelial tissues that are constantly exposed to environmental antigens or infectious microbes. For example, skin is equipped with at least two members of this family, epidermal Langerhans cells (LC) and dermal DC. DC have been shown to play pathogenic roles in several different inflammatory/immunological disorders and protective roles against infectious pathogens and cancer development. In this review article, we will overview the recent progress in the development of DC-based immunotherapies for the prevention and treatment of cancers.
  • Ultraviolet radiation-mediated cellular response, A. Morita, Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 44,   1999年01月01日
  • Ultraviolet A-1(340-400nm)phototherapy for cutaneous T cell lymphoma, H. Plettenberg, H. Stege, M. Megahed, T. Ruzicka, Y. Hosokawa, T. Tsuji, A. Morita, J. Krutmann, Journal of the American Academy of Dermatology, 41,   1999年01月01日, Background: The results of a recent study suggested that ultraviolet A1 radiation (UVA1R; 340-400 nm) phototherapy for atopic dermatitis works through induction of apoptosis in skin-infiltrating helper T cells, indicating the possibility that other helper T cell-mediated skin diseases may respond to UVA1R as well. Objective: The purpose of this open pilot study was to assess the therapeutic effectiveness of UVA1 phototherapy for cutaneous T-cell lymphoma (CTCL). Methods: UVA1 phototherapy was used as monotherapy in patients (n = 3) with histologically proven CTCL (stages IA and IB). For daily whole body UVA1 irradiations, either a high-dose (n = 2; 130 J/cm2UVA1 per exposure) or medium-dose (n = 1; 60 J/cm2UVA1) regimen was used. Therapeutic effectiveness was assessed clinically and histologically. Results: In each of the 3 patients, skin lesions began to resolve after only a few UVA1 radiation exposures. Complete clearance was observed between 16 and 20 exposures, regardless of whether the high- or medium-dose regimen had been employed. Conclusions: These studies suggest that patients with CTCL stages IA and IB can be treated effectively with UVA1 phototherapy.
  • Human eosinophils produce biologically active IL-12: Implications for control of T cell responses, Markus Grewe, Wolfgang Czech, Akimichi Morita, Thomas Werfel, Michaela Klammer, Alexander Kapp, Thomas Ruzicka, Erwin Schöpf, Jean Krutmann, Jean Krutmann, Journal of Immunology, 161,   1998年07月01日, The present study assessed the capacity of eosinophils (EOS) to synthesize the cytokine IL-12. Blood-derived, highly purified human EOS from six atopic patients and two nonatopic individuals were treated in culture with IL-4, IL-5, granulocyte-macrophage CSF, IFN-γ, TNFα, IL-1α, RANTES, and complement 5a, respectively. The expression of both IL-12 protein and mRNAs for the p35 and p40 IL-12 subunits was strongly induced in all donors by the Th2-like cytokines IL-4 and granulocyte-macrophage CSF and was also moderately induced by TNF-α and IL-1α. IL-5 treatment resulted in IL-12 synthesis in four atopic donors and one nonatopic donor, whereas IFN-γ induced IL-12 synthesis in only two atopic donors. In contrast, RANTES exclusively induced mRNA for the p40 subunit without detectable protein release, and complement 5a had no effect on IL-12 mRNA or protein expression. EOS-derived IL-12 was biologically active, because supernatants derived from IL-4-treated EOS superinduced the Con A-induced expression of IFN-γ by a human Th1-like T cell fine. This activity was neutralized by anti-IL-12 Abs. In conclusion, EOS secrete biologically active IL-12 after treatment with selected cytokines, which mainly represent the Th2-like type. Consequently, EOS may promote a switch from Th2-like to Th1-like immune responses in atopic and parasitic diseases.
  • UVAによるT helper細胞のアポトーシスの誘導及びその機序, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 108, (4) 519 - 519,   1998年04月
  • Evidence that singlet oxygen-induced human T-helper cell apoptosis is the basic mechanism of ultraviolet-A radiation phototherapy, MORITA A, STEGE H, AHRENS C, KARMANN K, GREWE M, GRETHER‐BECK S, KAPP A, KLOTZ L‐O, KRUTMANN J, Journal of Experimental Medicine, 186, (10) 1763 - 1768,   1997年11月17日, Ultraviolet A (UVA) irradiation is effectively used to treat patients with atopic dermatitis and other T cell mediated, inflammatory skin diseases. In the present study, successful phototherapy of atopic dermatitis was found to result from UVA radiation-induced apoptosis in skin-infiltrating T helper cells, leading to T cell depletion from eczematous skin. In vitro, UVA radiation-induced human T helper cell apoptosis was mediated through the FAS/FAS-ligand system, which was activated in irradiated T cells as a consequence of singlet oxygen generation. These studies demonstrate that singlet oxygen is a potent trigger for the induction of human T cell apoptosis. They also identify singlet oxygen generation as a fundamental mechanism of action operative in phototherapy.
  • Fixed drug eruption caused by iopamidol, a contrast medium, Ritsuko Yamauchi, Akimichi Morita, Akimichi Morita, Takuo Tsuji, Journal of Dermatology, 24,   1997年01月01日, We report a patient who developed a fixed drug eruption caused by the contrast medium. We diagnose it by her episode pattern the results of patch tests. This substance has not been previously implicated as a cause of fixed drug eruption. Immunohistochemical studies showed Fas expression in keratinocytes of the lesion, but not in the uninvolved skin. This finding may explain the preferential localization of fixed drug eruption.
  • Hypoperfusion of brain single photon emission computerized tomography in patients with antiphospbolipid antibodies, Toru Kato, Akimichi Morita, Yoshifuji Matsumoto, Journal of Dermatological Science, 14,   1997年01月01日, To investigate cerebral lesions in patients with antiphospholipid antibodies only complaining of mild headaches, but without any neurological abnormalities or abnormal computerized tomography or magnetic resonance imaging findings, brain single photon emission computerized tomography (SPECT) using N-isopropyl-p-[123I]] iodoamphetamine was employed as a sensitive method. Focal low perfusion areas and/or non-uniform radioisotope uptake could be shown on brain SPECT in all patients. Quantification of cerebral blood flow with a microsphere method revealed decreased cerebral blood flow. Hypoperfusion areas might be caused by microarterial thrombosis, micrvenous thrombosis or vascular spasms. Early detection of cerebral abnormalities allows steps to be taken to protect against irreversible progress of cerebral blood flow. Therefore, brain SPECT should be performed in patients with antiphospholipid antibodies.
  • Induction of proinflammatory cytokines in human epidermoid carcinoma cells by in vitro ultraviolet A1 irradiation, Akimichi Morita, Markus Grewe, Susanne Grether-Beck, Sylvia Olaizola-Horn, Jean Krutmann, Jean Krutmann, Photochemistry and Photobiology, 65,   1997年01月01日, Ultraviolet radiation-induced expression of cytokines by keratinocytes is important for the pathogenesis of polymorphous light eruption (PLE). Because UVA1 radiation rather than UVB radiation might be a more important trigger for PLE, cells from the human epidermoid carcinoma cell line KB were exposed in vitro to UVA1 radiation (30 J/cm2) and subsequently analyzed for cytokine expression. Ultraviolet A1 irradiation induced tumor necrosis factor (TNF)-α and interleukin (IL)-8 expression in KB cells at the mRNA and protein level. Upregulation of cytokine mRNA levels followed a biphasic pattern. This effect was specific for TNFα and IL-8 because UVA1 radiation did not induce expression of IL-1α or IL-6 in these cells. Ultraviolet A1 radiation-induced expression of intercellular adhesion molecule-1 in KB cells previously was found to depend on the thiol status of these cells. Therefore, KB cells were treated with DL-buthionine-[S,R]-sulfoximine (BSO), a specific inhibitor of de novo glutathione synthesis. Exposure of BSO-pretreated KB cells to UVA1 radiation significantly induced IL-1α and IL-6 mRNA and protein expression. These studies demonstrate the capacity of UVA1 radiation to induce cytokine expression in human epidermoid carcinoma cells. This immunomodulatory effect may be mediated by thiol-status-dependent and -independent mechanisms.
  • Positive selection of γδ CTL by TL antigen expressed in the thymus, Kunio Tsujimura, Toshitada Takahashi, Akimichi Morita, Akimichi Morita, Hitomi Hasegawa-Nishiwaki, Shigeru Iwase, Shigeru Iwase, Yuichi Obata, Yuichi Obata, Journal of Experimental Medicine, 184,   1996年12月01日, To elucidate the function of the mouse TL antigen in the thymus, we have derive two TL transgenic mouse strains by introducing Tlaa-3 of A strain origin with its own promoted onto a C3H background with no expression of TL in the thymus. These transgenic mouse strains, both of which express high levels of Tlaa-3-TL antigen in their thymus, were analyzed for their T cell function with emphasis on cytotoxic T lymphocyte (CTL) generation. A T cell response against TL was induced in Tg.Tlaa-3-1, Tg.Tlaa-3-2, and control C3H mice by skin grafts from H-2Kb/T3btransgenic mice, Tg.Con.3-1, expressing T3b-TL ubiquitously. Spleen cells from mice that had rejected the T3b-TL positive skin grafts were restimulated in vitro with Tg.Con.3-1 irradiated spleen cells. In mixed lymphocyte cultures (MLC), approximately 20% and 15% of Thy-1+T cells derived from Tg.Tlaa-3-1 and Tg.Tlaa-3-2, respectively, expressed TCRγδ, whereas almost all those from C3H expressed TCRαβ. The MLC from Tg.Tlaa-3-2 and C3H demonstrated high CTL activity against TL, while those from Tg.Tlaa-3-1 had little or none. The generation of γδ CTL recognizing TL in Tg.Tlaa-3-2, but not C3H mice, was confirmed by the establishment of CTL clones. A total of 14 γδ CTL clones were established from Tg.Tlaa-3-2, whereas none were obtained from C3H. Of the 14 γδ CTL clones, 8 were CD8+and 6 were CD4-CD8+double negative. The CTL activity of all these clones was TL specific and inhibited by anti-TL, but not by anti-H-2 antibodies, demonstrating that they recognize TL directly without antigen presentation by H-2. The CTL activity was blocked by antibodies to TCR γδ and CD3, and also by antibodies to CD8α and CD8β in CD8+clones, showing that the activity was mediated by TCRγδ and coreceptors. The thymic origin of these γδ CTL clones was indicated by the expression of Thy-1 and Ly-1 (CD5), and also CD8αβ heterodimers in CD8+clones on their surfaces and by the usage of TCR Vγ4 chains in 12 of the 14 clones. Taken together, these results suggest that Tlaa-3-TL antigen expressed in the thymus engages in positive selection of sizable population of γδ T cells.
  • Mucha-Habermaim Disease and Its Febrile Ulceronecrotic Variant, Takuo Tsuji, Masanori Kasamatsu, Michiko Yokota, Akimichi Morita, Robert A. Schwartz, Cutis, 58,   1996年12月01日, In 1916 Mucha and in 1925 Habermann reported an acute form of pityriasis lichenoides characterized by die abrupt onset of papulovesicular eruptions and gave the name, pityriasis lichenoides et varioliformis acuta (PLEVA) or Mucha-Habermann disease (MH). In 1966, Degos reported a rare febrile ulceronecrotic variant of MH. MH occurs mainly in young adults, while febrile ulceronecrotic Mucha-Habermann's disease (FUMHD) occurs more frequently in children. The etiology of MH remains obscure, but it may be the result of a hypersensitivity reaction to an infectious agent Although clinical and histologic features of the disease hi children are similar to those of adults, more diseases need to be differentiated in pediatric patients, In addition, a number of effective therapeutic options hi adults with MH are unsuitable for use in pediatric patients, to whom beginning with oral antibiotics, usually erythromycin, is recommended. A summary of previously reported fifteen cases with FUMHD, including our case, is listed.
  • 大動脈炎症候群に合併した皮膚結節性多発動脈周囲炎の1例, 森田 明理, 中部リウマチ, 27, (2) 173 - 173,   1996年05月
  • 糖尿病性浮腫性硬化症に低周波置針療法を行い治療効果を得た1例, 山内 律子, 森田 明理, 辻 卓夫, 臨床皮膚科, 50, (2) 182 - 184,   1996年02月
  • Allergen specificity of skin-infiltrating T cells is not restricted to a type-2 cytokine pattern in chronic skin lesions of atopic dermatitis, Thomas Werfel, Thomas Werfel, Akimichi Morita, Markus Grewe, Harald Renz, Ulrich Wahn, Jean Krutmann, Alexander Kapp, Journal of Investigative Dermatology, 107,   1996年01月01日, The majority of allergen-specific T cells derived from inhalant allergen patch test lesions in patients with atopic dermatitis were previously found to produce a restricted type-2 cytokine pattern. Recent studies, however, have revealed that in chronic eczematous skin lesions of patients with atopic dermatitis, expression of the type-1 cytokine interferon-γ predominates. To evaluate cytokine production by allergen-specific T cells in chronic topic dermatitis, we established house dust mite (Dermatophagoides pteronyssinus)-specific T-cell clones from the dermis of chronic skin lesions of sensitized adult patients with atopic dermatitis. Frequencies of skin-derived T cells proliferating in the presence of Dermatophagoides pteronyssinus were between one in 138 and one in 4255, indicating that only a minority of skin-infiltrating T cells are allergen specific. When these cells were analyzed for their capacity to produce interferon-γ, the majority (71%) of these cells were found to express interferon-γ mRNA and to secrete interferon-γ protein, either alone or in combination with interleukin-4. Phenotypic analysis revealed that 15% of skin-infiltrating allergen-specific T cells were CD8+. No selection of Vβ elements was detected in Dermatophagoides pteronyssinus-specific T-cell clones. These studies demonstrate that allergen specificity of skin-infiltrating T cells is not restricted to a type-2 cytokine pattern in lesional atopic dermatitis. The notion that the majority of allergen-specific, skin-infiltrating T cells are capable of producing interferon-γ further supports the concept that interferon-γ expression has major pathogenetic relevance for the chronic phase of atopic dermatitis.
  • Elevated plasma superoxide dismutase activity in patients with systemic sclerosis, Akimichi Morita, Akimichi Morita, Hironori Minami, Hironori Minami, Noriyuki Sakakibara, Kenji Sato, Takuo Tsuji, Journal of Dermatological Science, 11,   1996年01月01日, Injury to vessel walls, especially microvascular damage due to free radicals, has been a focus of interest concerning the pathogenesis of systemic sclerosis. Excess reactive oxygen species may induce antioxidant defenses. We therefore measured plasma superoxide dismutase (SOD) activity in patients with systemic sclerosis and found average SOD activity of plasma in 16 patients with systemic sclerosis (5.00 ± 3.10 U/ml) to be significantly (P < 0.001) higher than those in 89 healthy volunteers (1.56 ± 0.234 U/ml). Patients with Raynaud's phenomenon and/or skin sclerosis had paticularly high SOD activity. These findings suggest that plasma SOD activity may serve as a useful parameter for assessment of sclerotic progression and the presence of Raynaud's phenomenon.
  • 非イオン性ヨード造影剤イオトロランによる遅発性薬疹の1例, 山内 律子, 森田 明理, 辻 卓夫, 臨床皮膚科, 50, (1) 27 - 30,   1996年01月
  • 汎発性強皮症患者に対する塩酸アゼラスチンの効果。, 森田 明理, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 57, (2) 366 - 370,   1995年04月01日, 塩酸アゼラスチンを汎発性強皮症(SSc)7例に投与し, 皮膚の浮腫, 硬化, そう痒感, レイノー症状, 関節痛, 関節可動域, 消化器症状, 肺機能に対する効果を検討した。皮膚そう痒感では全例で改善以上, レイノー症状では投与前に症状のみられた4例で改善以上, 関節痛では症状のみられた2例で改善以上, 浮腫では半数の症例で改善以上の結果が得られた。消化器症状, 硬化は1例で改善がみられた。関節可動域, 肺機能は不変であった。以上の結果から本剤はSScに対して試みる価値のある薬剤であると考えられた。
  • Giant seborrheic keratosis on the frontal scalp treated with topical fluorouracil, T. Tsuji, A. Morita, Journal of Dermatology, 22,   1995年02月23日, Giant seborrheic keratosis was observed on the frontal scalp of a 44-year-old man. The lesion was successfully treated with topical fluorouracil.
  • A case of urticarial vasculitis associated with macroglobulinemia (Schnitzler's syndrome), A. Morita, S. Sakakibara, M. Yokota, T. Tsuji, Journal of Dermatology, 22,   1995年01月01日, We report a case of urticarial vasculitis associated with macroglobulinemia in a 50-year-old woman. She suffered from intermittent fever with wheals persisting for more than 24 hours. Skin histology revealed perivascular neutrophilic infiltrates with nuclear dusts. Laboratory study demonstrated leucocytosis and a high serum IgM level (2350 mg/dl) with an M component. No overt lymphoid proliferative disease was found. As far as we know, this is the first report of such a case in Japan. Predonizolone and nonsteroidal anti-inflammatory drugs have proved transiently effective for controlling the urticaria, but not for the IgM gammopathy.
  • Successful treatment of systemic sclerosis with topical PUVA, A. Morita, S. Sakakibara, N. Sakakibara, R. Yamauchi, T. Tsuji, Journal of Rheumatology, 22,   1995年01月01日, Treatment of a 43-year-old woman with systemic sclerosis with 8-methoxypsoralen and ultraviolet. A radiation (PUVA) resulted in the significant clinical and histological improvement of skin lesions without side effects.
  • 若年性類天疱瘡の1例, 澤田啓生,森田 明理,辻 卓夫, 日本小児科皮膚科学会雑誌, 18, (2) 134 - 134,   1994年11月
  • プレドニゾロン・ミゾリビン併用療法が有効であった尋常性天疱瘡の2例, 森田 明理, 菅野 重, 水谷 伸, 辻 卓夫, 西日本皮膚科, 56, (2) 341 - 345,   1994年04月, 症例1(48歳女)ではプレドニゾロンとアザチオプリンとの併用で皮疹は難治性であったが,本療法に変更後著しい改善がみられた。症例2(72歳男)では少量のプレドニゾロンとの併用で3年以上の長期にわたり皮疹を抑制できた
  • TL antigen as a transplantation antigen recognized by TL-restricted cytotoxic T cells., MORITA A, TAKAHASHI T, STOCKERT E, NAKAYAMA E, TSUJI T, MATSUDAIRA Y, OLD L J, OBATA Y, Journal of Experimental Medicine, 179, (3) 777 - 784,   1994年03月01日, In contrast to broadly expressed classical class I antigens of the major histocompatibility complex, structurally closely related TL antigens are expressed in a highly restricted fashion. Unlike classical class I antigens, TL antigens are not known to be targets of cytotoxic T cells or to mediate graft rejection. Whereas classical class I antigens function as antigen- presenting molecules to T cell receptors (TCR), the role of TL is yet to be defined. To elucidate the function of TL, we have derived transgenic mice expressing TL in most tissues including skin by introducing a TL gene, T3bof C57BL/6 mouse origin, driven by the H-2Kbpromoter. By grafting the skin of transgenic mice, we demonstrate that TL can serve as a transplantation antigen and mediate a TCR-α/β+CD8+cytotoxic T cell response. This T cell recognition of TL does not require antigen presentation by H-2 molecules. Furthermore, we show that C57BL/6 F1mice develop CD8+T cells that are cytotoxic for C57BL/6 TL+leukemia cells, providing further support for the concept that aberrantly expressed nonmutated proteins such as TL can be recognized as tumor antigens.
  • 外用PUVA療法により症状・組織学的改善のみられた全身性進行性強皮症(PSS), 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 104, (3) 368 - 368,   1994年03月
  • 好中球浸潤と急激な潰瘍形成をみたmyelodysplastic syndrome-自験2例の報告とその発症機序について-, 森田 明理, 榊原 茂, 笠松 正憲, 臨床皮膚科, 48, (1) 25 - 29,   1994年01月, 47歳男,75歳男。Myelodysplastic syndromeが基礎疾患としてあり,感染,外傷を契機として皮膚に急速な紅斑の拡大と潰瘍形成がみられた。1例はステロイドが著効し,1例は自然軽快した。皮膚病理組織学的に真皮に稠密な好中球の浸潤がみられた。両症例ともSweet症候群や壊疽性膿皮症の典型像とは異なる
  • Erythema gyratum repens associated with hypereosinophilic syndrome., A. Morita, N. Sakakibara, T. Tsuji, Journal of Dermatology, 21, (8) 612 - 614,   1994年01月, We report a case of typical erythema gyratum repens lesions observed as a manifestation of idiopathic hypereosinophilic syndrome in a 63-year-old man. While erythema gyratum repens is usually associated with malignancy, an intensive search over a 30-month period failed to reveal any evidence of neoplasm. With administration of dapsone, the typical gyrate lesions disappeared as the subject's hypereosinophilia improved.
  • TL抗原に対する細胞性免疫の誘導とその抗腫瘍効果, 森田 明理, 日本癌学会総会記事, 52回,   1993年10月
  • 膠原病 慢性甲状腺炎をともなったLupus Erythematosus Profundusの1例, 森田 明理, 小林 泰介, 三輪 憲正, 皮膚科の臨床, 35, (6) 866 - 867,   1993年06月
  • 血液疾患と皮膚病 蝶型紅斑様皮疹を伴ったidiopathic plasmacytic lymphadenopathy with polyclonal hyperimmunoglobulinemia(IPL), 森田 明理, 榊原 茂, 辻 卓夫, 皮膚病診療, 15, (5) 431 - 434,   1993年05月
  • マクログロブリン血症に関与した蕁麻疹様血管炎の1例 Schnizler's syndrome, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 103, (3) 408 - 408,   1993年02月
  • Febrile Ulceronecrotic Mucha‐Habermann's Disease, 笠松 正憲, 横田 径子, 森田 明理, 辻 卓夫, 一木 貴, 水野 美穂子, 和田 義郎, 西日本皮膚科, 55, (4) 665 - 669,   1993年01月01日, 4歳男児。Febrile ulceronecrotic Mucha-Habermann's disease(FUMHD)の1例を経験した。皮疹の形態は紅斑, 丘疹, 小水疱, 膿疱, および痂皮と多彩であった。その後の発熱·全身状態の悪化に伴い, 皮疹が急速に全身へ拡大し, 個診は大型化し多くは潰瘍化をみた。本症例は, Mucha-Habermann's disease(MHD)の重症型であるFUMHDの範躊に属すると考えられた。ステロイド投与で解熱をみたが皮疹の新生は続いたので, DDS(4, 4'-diamino-diphenyl sulfone: レクチゾール®)を使用したところ皮疹の新生は止まった。DDS内服8週間で皮疹は瘢痕および脱色素斑を残し一旦治癒するも, 内服中止後3週間で再発した。現在, DDS内服で皮疹はほぼ消退している。
  • がん免疫の展望 マウスTL抗原 古典的な腫瘍抗原への新しいアプローチ, 小幡 裕一, 森田 明理, 高橋 利忠, Medical Immunology, 24, (4) 317 - 323,   1992年10月
  • Neutrophilic Dermatosisを併発した不応性貧血の1例, 坂野 章吾, 仁田 正和, 脇田 充史, 岩木 理, 高田 勝利, 御供 泰治, 山本 正彦, 森田 明理, 辻 卓夫, 国松 己歳, 佐々木 實, 臨床血液, 33, (5) 700 - 705,   1992年05月01日, 不応性貧血と診断されていた46歳,男性が高熱と大腿部の潰瘍を伴う浸出性紅斑で入院した。末梢血はWBC 31,500/μl(好中球90%)の白血球増加,Hb 8.6 g/dlの貧血を認めた。抗生剤の投与にもかかわらず皮膚潰瘍は壊死を伴い大腿部に拡大した。皮膚病変は無菌的で組織は真皮に好中球浸潤を認めた。副腎皮質ステロイド剤の投与により解熱し皮膚病変も改善した。減量に伴い他部位に結節,紅斑ができ再発したがステロイド剤の増量により軽快した。臨床的にはSweet症候群と壊疽性膿皮症の両方の要素をもつ皮膚病変であった。好中球機能(好中球遊走能,O2-産生能)の低下をはじめ免疫能の低下を示した。本例における皮膚病変はneutropilic dermatosis of MDSとしてとらえることができ,これらの皮膚病変にはステロイド剤が著効する。
  • Hypereosinophilic syndrome (HES)の1例とケミカルメディエターについて, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 102, (2) 242 - 242,   1992年02月
  • An infant case of spinal arteriovenous malformation with a large venous aneurysm, H. Takahashi, A. Morita, B. Ishijima, M. Kubota, S. Nemoto, Neurological Surgery, 20,   1992年01月01日
  • Follicular keratosis of the chin, Tamotsu Kanzaki, Akimichi Morita, Akira Takashima, Journal of the American Academy of Dermatology, 26,   1992年01月01日
  • 蝶形紅斑様の皮疹を伴ったIdiopathic Plasmacytic Lymphadenopathy with Polyclonal Hyperimmunoglobulinemia (IPL)の一例, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 101, (3) 376 - 376,   1991年03月
  • Genomic, phenotypic, and functional analyses of T cells in patients with psoriasis undergoing systemic cyclosporin A treatment, Akira Takashima, Akimichi Morita, Journal of Investigative Dermatology, 96,   1991年01月01日, Recent studies have demonstrated that cyclosporin A (CyA) exerts a beneficial effect on psoriasis. It remains unclear, however, whether T-cell immune responses are definitely impaired in psoriasis and whether the anti-psoriatic effect of CyA is mediated by interference with T-cell activation. To study these questions, 20 patients with severe psoriasis were treated with oral CyA (5 mg/kg/d) for 12 weeks and examined for several phenotypic and functional properties of peripheral blood T cells before and after therapy. The analyses included CD3, CD4, and CD8 phenotypes, IL-2 production and IL-2 receptor expression following Con A stimulation, proliferative responses to PHA, and in vivo responsiveness to a foreign antigen, PPD. When the values of patients before therapy and healthy individuals were compared, no statistically significant differences were detected in any of these analyses. Furthermore, none of these T-cell properties were changed after 12 weeks of treatment. To assess possible minor mutations in T-cell-related genes in psoriasis, the T-cell receptor β-chain locus was analyzed by Southern hybridization. With a cDNA probe for Cβ1, a polymorphic fragment of {reversed tilde equals} 9 kb was detected in Eco RI digests in one of 20 patients and in four of 10 healthy individuals examined. No polymorphism was detected in Bam HI digests in any individual. These results fail to support the hypotheses that a general or "systemic" alteration in T-cell immunity plays a central role in the pathogenesis of psoriasis and in the action of CyA against this skin disorder. © 1991.
  • 重症乾癬に対するシクロスポリンA内服療法, 高島 明, 森田 明理, 辻 卓夫, 薬理と治療, 18, (7) 2781 - 2787,   1990年07月, 16例の重症乾癬患者を5 mg/kg/日のCyA内服で12週間治療した.これらの患者はいずれもPUVA, UVB,およびReとPUVAあるいはUVBとの併用を含む通常の治療で,無効あるいは反応しなくなった症例である.著明改善と改善は,それぞれ12例(75.0%),1例(6.3%)にみられた.PASIスコアーの平均は治療前25.9であったが,CyA治療により4週で12.0, 8週で5.8, 12週で4.4に減少し,明らかな改善がみられた.組織学的な改善は治療開始後10日以内にみられ,表皮の長さは16.2%,表皮内細胞分裂は53.2%それぞれ減少した.CyAを中止にするに至る臨床的な副作用,あるいは臨床検査値の変化はみられなかった.著明改善および改善に至った13例の患者のうち,10例の患者で治療終了6週以内に乾癬の再発がみられた.これらの結果は通常の治療に抵抗性の重症乾癬に対して,CyAが第一選択薬となりうることを示唆している
  • ターミナルトランスフェラーゼ遺伝子の発現機構の解析, 小祝 修, 森田 明理, 山田 善也, 発達障害研究所年報, (18) 39 - 39,   1990年03月
  • Treatment of PUVA-and retinoid-PUVA-resistant severe psoriasis with systemic cyclosporin A, A. Takashima, A. Morita, T. Tsuji, Journal of Dermatology, 17,   1990年01月01日, Twenty patiens with severe psoriasis were treated with the oral administration of 5 mg/kg/day of cyclosporin A (CyA) for 12 weeks. These patients had either failed to respond to or had become unresponsive to conventional treatments including PUVA, UVB, or combinations of etretinate and PUVA or UVB. Complete clearance and marked improvement were observed in 12 (60%) and 4 patients (20%), respectively. The average score of the Psoriasis Area and Severity Index (PASI) was 26.2 before treatment, decreasing to 18.3 in 2 weeks, 8.2 in 6 weeks, and 5.1 in 12 weeks of CyA treatment. There was a tendency for patients with lower blood levels of CyA to show smaller decreases in their PASI scores. In four patients who received skin biopsies, histological improvement was noted within 10 days of treatment; epidermal thickness had decreased by 32%, intraepidermal mitoses by 66%, and parakeratosis had disappeared almost completely. No clinical side effects or alterations in laboratory values were observed that required cessation of CyA. Exacerbations of psoriasis occurred in 11 of 16 patients within 6 weeks after stopping treatment. These results suggest that CyA could be the first choice of treatment for resistant severe psoriasis.
  • Treatment of a case of mycosis fungoides and one of parapsoriasis en Plaque with topical PUVA using a monofunctional furocoumarin derivative, 4,6,4'-trimethylangelicin, A. Morita, A. Takashima, M. Nagai, F. Dall'Acqua, Journal of Dermatology, 17,   1990年01月01日, A case of plaque stage mycosis fungoides and one of parapsoriasis en plaque were treated with topical PUVA therapy using a monofunctional furocoumarin derivative, 4,6,4'-trimethylangelicin (TMA). Both patients showed complete clearance of eruptions with 16 treatments. The therapeutic effectiveness of TMA was confirmed by the fact that those eruptions exposed to UVA alone, without TMA application, showed slower and less significant improvement. Histologically, dermal infiltrates of mycosis cells and associated epidermotrophism disappeared almost completely in response to TMA PUVA. No side effects or changes in values in laboratory examinations were observed during treatment.
  • Demonstration of promoter function for the 5′-flanking region of the human gene for terminal deoxynucleotidyl transferase, Osamu Koiwai, Akimichi Morita, Yoshinari Yamada, Biochemical and Biophysical Research Communications, 164,   1989年10月31日, Promoter activity was detected by transfection of pBS vectors that carried the 5′-flanking region of the gene for human terminal deoxy-nucleotidyltransferase (TdT) and the entire human TdT cDNA into COS7 monkey kidney cells, with direct assay of the expressed enzymatically active TdT. The synthesis of TdT was also detected immunologically using polyclonal rabbit antibodies against bovine TdT. One fifth of the TdT activity detected in normal thymocytes was detected in transfected COS7 cells. This result suggests that a lymphoid-specific regulatory system is present in B or T-cells to promote the effective expression of TdT. © 1989.
  • Isolation of putative promoter region for human terminal deoxynucleotidyltransferase gene, Osamu Koiwai, Akimichi Morita, Biochemical and Biophysical Research Communications, 154,   1988年07月15日, We have isolated the genomic clone, which contained 5′-flanking region for human terminal deoxynucleotidyltransferase (TdT) gene, by screening Charon 4A library and determined its nucleotide sequence. Two transcription initiation sites (cap sites) were localized at 81 and 106 bp upstream from the third ATG codon which is translation initiation site, by primer extension analysis. Although neither typical TATA nor CAAT sequences were detected within 100 bp upstream region of the 5′ cap site, a palindromic structure comprised of 28 bp was formed just upstream of the 5′ cap site and double repeats of 5′-CTGGC sequence were found in its palindrom. The typical octamer of 5′-ATGCAAAT and three octamer-like sequences, which are involved in the transcripton of lymphoid-specific genes, were detected at 212, 293, 347 and 770 bp upstream from the first cap site. © 1988.

書籍等出版物

  • トランスジェニクマウス、ノックアウトマウス(共著), キーワードを読む 皮膚科 医学書院,   1996年

作品

  • 長波長紫外線を用いた皮膚疾患の治療,   1998年
  • 樹状細胞による腫瘍免疫

特許

  • 紫外線照射の制御方法及び紫外線照射装置, 森田 明理, 稲田シュンコ アルバーノ, 特願2012-031201, 特開2013-165856
  • 紫外線感応度測定用紫外線照射器, 森田 明理, 益田 秀之, 木村 誠, 特願2016-080260, 特開2017-191850
  • 紫外線治療器, 森田 明理, 高木 美博, 中原 秀之, 小林 強, 田中 孝一, 特願2009-235133, 特開2010-005438
  • 強皮症用光治療器, 森田 明理, 益田 秀之, 木村 誠, 特願2016-043408, 特開2017-158626
  • 紫外線治療器, 森田 明理, 高木 美博, 中原 秀之, 小林 強, 田中 孝一, 特願2009-235133, 特開2010-005438, 特許第4898885号
  • 光線力学的治療用光照射装置, 森田 明理, 益田 秀之, 木村 誠, 特願2015-126336, 特開2017-006454
  • CYP1B1阻害剤, 森田 明理, 鳥居 寛, 伊藤 賢一, アルナシリ イダマルゴダ, 特願2009-231239, 特開2011-079749
  • 紫外線照射装置, 森田 明理, 稲田シュンコ アルバーノ, 特願2012-031201, 特開2013-165856, 特許第5933986号
  • CYP1B1阻害剤, 森田 明理, 鳥居 寛, 伊藤 賢一, アルナシリ イダマルゴダ, 特願2009-231239, 特開2011-079749, 特許第5583945号
  • フォトフェレシス処理用カラム、フォトフェレシス処理システム、フォトフェレシス処理方法, 一本松 正道, 森田 明理, 中西 和樹, 特願2007-211481, 特開2009-045111, 特許第4468976号
  • フォトフェレシス処理用カラム、フォトフェレシス処理システム、フォトフェレシス処理方法, 一本松 正道, 森田 明理, 中西 和樹, 特願2007-211481, 特開2009-045111
  • 光線治療器, 森田 明理, 平本 立躬, 住友 卓, 木村 誠, 佐賀 崇, 特願2006-096971, 特開2007-267936
  • 皮膚疾患治療用光線治療器, 森田 明理, 平本 立躬, 住友 卓, 木村 誠, 佐賀 崇, 特願2006-096971, 特開2007-267936, 特許第4971665号
  • 未成熟樹状細胞活性化剤及びその使用, 森田 明理, 水上 元, 特願2006-066453, 特開2007-238559
  • エキシマ光治療器, 住友 卓, 平本 立躬, 森田 明理, 特願2005-359327, 特開2007-159785
  • エキシマ光治療器, 住友 卓, 平本 立躬, 森田 明理, 特願2005-359327, 特開2007-159785, 特許第4687436号
  • 半導体発光素子による光線治療方法、及び半導体発光素子による光線治療システム, 稲田 シュンコ アルバーノ, 天野 浩, 森田 明理, 特願2005-350705, 特開2007-151807
  • 紫外線照射用器具および紫外線照射装置, 皆本 真樹, 森田 明理, 特願2004-273221, 特開2006-087472
  • 紫外線照射用器具および紫外線照射装置, 皆本 真樹, 森田 明理, 特願2004-273221, 特開2006-087472, 特許第4639266号
  • 紫外線治療器, 森田 明理, 高木 美博, 中原 秀之, 小林 強, 田中 孝一, 特願2004-120477, 特開2005-296504
  • ナローバンドUV−B光線治療器, 皆本 真樹, 西影 陽介, 森田 明理, 吉田 尚史, 特願2003-152742, 特開2004-350946
  • ナローバンドUV−B光線治療器, 皆本 真樹, 西影 陽介, 森田 明理, 吉田 尚史, 特願2003-152742, 特開2004-350946, 特許第4266706号

受賞

  •   1998年, International Investigative Dermatology Travel Award
  •   1999年, 名古屋市立大学医学研究奨励賞

競争的資金

  • 皮膚免疫に関する研究
  • 紫外線免疫
  • 強皮症の治療および機序に関する研究
  • 新しい光線治療の開発
  • 新規アレルギー薬剤の開発
  • 皮膚老化の機序・防御

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 皮膚科学, 名古屋市立大学大学院


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.