研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

新實 彰男ニイミ アキオ

所属部署医学研究科呼吸器・免疫アレルギー内科学分野
職名教授
メールアドレスa.niimimed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:慢性気道疾患(喘息、慢性咳嗽、COPD、慢性気道感染症)を中心に呼吸器疾患の病態・診断・治療に包括的に取り組む研究と診療とを目指しています。

学歴

  •  - 1985年, 京都大学, 医学部, 医学科

学位

  • 京都大学医学部医学科/博士(医学)

所属学協会

  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会
  • 日本結核病学会
  • 日本感染症学会
  • 日本肺癌学会
  • 国際喘息学会日本・北アジア部会
  • 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会
  • 日本癌学会
  • 日本化学療法学会
  • 日本職業・環境アレルギー学会
  • 日本気管食道科学会

委員歴

  • 日本内科学会 専門医試験委員会呼吸器分野試験問題作成委員(2005-2007)
  • 日本呼吸器学会 咳嗽に関するガイドライン作成委員会委員(2003-)
  • 日本呼吸器学会 専門医制度審議会委員(2004-2012)
  • 日本呼吸器学会 和文誌編集委員会査読責任者(2012-)
  • 日本呼吸器学会 財務委員会副委員長(2014-)
  • 日本呼吸器学会 COI委員会副委員長(2014-)
  • 日本呼吸器学会 平成26年度学会賞選考委員長(2014-)
  • 日本アレルギー学会 「喘息予防・管理ガイドライン(2009, 2012)」作成委員
  • 日本アレルギー学会 試験問題作成委員会委員長 (2011年-)
  • 日本アレルギー学会 学術大会委員(2008-2011、2009-2011同委員長)
  • 日本アレルギー学会 「アレルギー」編集委員(2009-)
  • 日本アレルギー学会 専門医制度委員会委員(2011-)
  • 日本アレルギー学会 「診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業」中部地域評価委員(2013-)
  • 日本結核病学会 倫理委員会委員(2012-)
  • 日本結核病学会 編集委員会委員(2013-)
  • 国際学術雑誌"Cough" Editorial Board member(2004-)
  • 国際学術雑誌"Pulmonary Medicine" Esitorial Board member(2009-)
  • 国際学術雑誌"Journal of Thoracic Disease"Editorial Board Member(2013-)
  • 国際学術雑誌“CHEST” Editorial Board member(2010年-)
  • Faculty of 2013 American Cough Conference

経歴

  • 研究職歴(日)【日R】
  • 研究職歴(日)【日R】

研究活動情報

研究キーワード

    喘息, 慢性咳嗽, 臨床的・形態学的研究

論文

  • Role of small airways in asthma: Investigation using high-resolution computed tomography., Ueda T, Niimi A, Matsumoto H, Takemura M, Hirai T, Yamaguchi M, Matsuoka H, Jinnai M, Muro S, Chin K, Mishima M., J Allergy Clin Immunol 2006, 118, 1019 - 25,   2006年
  • Inflammatory subtypes in cough variant asthma: Association with maintenance doses of inhaled corticosteroids., Matsuoka H, Niimi A, Matsumoto H, Takemura M, Ueda T, Yamaguchi M, Jinnai M, Inoue H, Ito I, Chin K, Mishima M., Chest., 138, 1418 - 25,   2010年
  • Genome-wide association study identifies three new susceptibility loci for adult asthma in the Japanese population., Hirota T, Takahashi A, Kubo M, Tsunoda T, Tomita K, Doi S, Fujita K, Miyatake A, Enomoto T, Miyagawa T,Adachi M, Tanaka H, Niimi A, Matsumoto H, Ito I, Masuko H, Sakamoto T, Hizawa N, Taniguchi M, Lima JJ,Irvin CG, Peters SP, Himes BE, LitonjuaAA, Tantisira KG, Weiss ST, Kamatani N, Nakamura Y, Tamari M., Nat Genet., 43, (9) 893 - 6,   2011年
  • Late respiratory response and associated eosinophilic inflammation induced by repeated exposure to toluenediisocuanate in guinea pigs., Niimi A, Amitani R, Yamada K, Tanaka K, Kuze F., J Allergy Clin Immunol, 97, 1308 - 1319,   1996年
  • TGFB1 promoter polymorphism C-509T and pathophysiology of asthma., Ueda T, Niimi A, Matsumoto H, Takemura M, Yamaguchi M, Matsuoka H, Jinnai M, Chin K, Minakuchi M, Cheng L, Shirakawa T, Mishima M., J Allergy Clin Immunol 2008, 121, 659 - 664,   2008年
  • Eosinophilic inflammation in cough variant asthma., Niimi A, Amitani R, Suzuki K, Tanaka E, Murayama T, Kuze F., Eur Respir J 1998, 11, (5) 1064 - 1069,   1998年
  • Airway wall thickness in asthma assessed by computed tomography. Relation to clinical indices., Niimi A, Matsumoto H, Amitani R, Nakano Y, Mishima M, Minakuchi M, Nishimura K, Itoh H, Izumu T., Am J Respir Crit Care Med 2000, 162, 1518 - 1523,   2000年
  • Airway remodelling in cough-variant asthma., Niimi A, Matsumoto H, Minakuchi M, Kitaichi M, Amitani R., Lancet 2000, 356, 564 - 565,   2000年
  • Nature of airway inflammation and remodeling in chronic cough., Niimi A, Torrego A, Nicholson AG, Cosio BG, Oates TB, Chung KF., J Allergy Clin Immunol. 2005, 116, 565 - 70,   2005年
  • Relationship of airway wall thickness to airway sensitivity and airway reactivity in asthma., Niimi A, Matsumoto H, Takemura M, Ueda T, Chin K, Mishima M., Am J Respir Crit Care Med 2003, 168, 983 - 8,   2003年
  • Increased expression of transient receptor potential vanilloid-1 in airway nerves of chronic cough., Groneberg DA, Niimi A, Dinh QT, Cosio B, Hew M, Fischer A, Chung KF., Am J Respir Crit Care Med 2004, 170, 1276 - 80,   2004年
  • Relationship of airway wall thickening to an imbalance between matrix metalloproteinase-9 and its inhibitor in asthma., Matsumoto H, Niimi A, Takemura M, Ueda T, Minakuchi M, Tabuena RP, Chin K, Mio T, Ito Y, Muro S, Hirai T, Morita S, Fukuhara S, Mishima M., Thorax 2005, 60, 277 - 281,   2005年
  • Nature of airway inflammation and remodeling in chronic cough., Niimi A, Torrego A, Nicholson AG, Cosio BG, Oates TB, Chung KF., J Allergy Clin Immunol 2005, 116, 565 - 70,   2005年
  • Role of small airways in asthma: Investigation using high-resolution computed tomography., Ueda T, Niimi A, Matsumoto H, Takemura M, Hirai T, Yamaguchi M, Matsuoka H, Jinnai M, Muro S, Chin K, Mishima M., J Allergy Clin Immunol 2006, 118, 1019 - 25,   2006年
  • TGFB1 promoter polymorphism C-509T and pathophysiology of asthma., Ueda T, Niimi A, Matsumoto H, Takemura M, Yamaguchi M, Matsuoka H, Jinnai M, Chin K, Minakuchi M, Cheng L, Shirakawa T, Mishima M., J Allergy Clin Immunol 2008, 121, 659 - 664,   2008年
  • Patients' characteristics associated with unsuccessful sputum induction in asthma., Matsuoka H, Niimi A, Matsumoto H, Ueda T, Takemura M, Yamaguchi M, Jinnai M, Chang L, Otsuka K, Oguma T, Takeda T, Chin K, Mishima M., J Allergy Clin Immunol 2008, 121, 774 - 6,   2008年
  • Specific IgE response to Trichophyton and asthma severity., Matsuoka H, Niimi A, Matsumoto H, Ueda T, Takemura M, Yamaguchi M, Jinnai M, Otsuka K, Oguma T, Takeda T, Ito I, Chin K, Amitani R, Mishima M., Chest 2009, 135, 898 - 903,   2009年

受賞

  •   1996年, 平成8年度日本アレルギー協会国際交流助成
  •   2000年, 2000年度 アストラゼネカ喘息研究奨励助成
  •   2004年, アストラゼネカ・リサーチ・グラント2004
  •   2004年, 平成16年度American College of Chest Physician 日本部会賞
  •   2005年, 第42回(2005年度)ベルツ賞1等賞(共著)
  •   2009年, Top 75 reviewers for CHEST for 2009
  •   2010年, アストラゼネカ・リサーチ・グラント2010
  •   2010年, Top reviewers for CHEST for 2010
  •   2010年, 平成22年度日本呼吸器学会 熊谷賞
  •   2012年, 日本アレルギー協会 第2回真鍋奨学助成(2012年度)
  •   2012年, Top 5% of reviewers for CHEST for 2012

競争的資金

  • 慢性咳嗽の病態における下気道炎症の関与(平成7年度奨励研究 A)
  • 気管支喘息におけるTrichophytonの関与についての研究?抗真菌薬治療の検討を含めて?(平成9・10年度奨励研究 A)
  • 気道および肺胞領域の炎症性肺疾患の病態抑制機序の検討(基盤C、2000-2001)
  • 健常者における咳受容体感受性の規定因子:血清ACE活性、ACE遺伝子多型の関与についての研究(基盤C、2001-2002)
  • COPDのphenotypingに関する包括的研究(基盤A、2006-2009)
  • 慢性閉塞性肺疾患における末梢気道上皮間葉移行の分子メカニズムの解明(基盤C、2008-2010)
  • iPS細胞を用いた難治性呼吸器疾患の病態 解明と新規治療法の開発(基盤A、2010-2013)
  • 咳喘息と典型的喘息の病態生理学的特徴と 予後決定因子に関する包括的研究(基盤C、2011-2015)
  • ヒトiPS細胞を用いた肺組織幹細胞の探索とⅡ型肺胞上皮細胞誘導への挑戦(基盤C、2011-2013)

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 第55回岐阜県内科医会講演会にて講演, 地域団体・NPO,   2012年04月22日 - 2012年04月22日, 「慢性咳嗽の診断と治療」をテーマに講演
  • 春日井市民病院講演会にて講演, 行政,   2012年07月23日 - 2012年07月23日, 「長引く咳の診断と治療」をテーマに講演
  • 第6回相模原臨床アレルギーセミナーにて講演, 地域団体・NPO,   2012年08月03日 - 2012年08月03日, 「喘息病態の多様性を考慮した治療戦略」をテーマに講演
  • 第13回肺の日「市民公開講座」の講師, 大学,   2012年08月05日 - 2012年08月05日, タバコの健康被害、COPDについて市民に啓蒙し、タバコのない社会づくりを目指す。
  • 愛知県保険医協会内科臨床研究会にて講演, 民間企業,   2012年09月01日 - 2012年09月01日, 「慢性咳嗽の診断と治療」をテーマに講演
  • 地域医療連携推進懇話会にて講演, 民間企業,   2012年09月08日 - 2012年09月08日, 「慢性咳嗽の診断と治療」をテーマに講演
  • 沼津区内科医会学術講演会にて講演, その他,   2012年09月21日 - 2012年09月21日, 「長引く咳の診断と治療-咳喘息を中心に-」
  • 第162回飛騨臨床医会にて講演, 行政,   2012年10月12日 - 2012年10月12日, 「長引く咳の診断と治療」をテーマに講演
  • 市民医療講座にて講演, 行政,   2012年10月14日 - 2012年10月14日, 「どうして咳が長引くの?」をテーマにいなべ市を対象に市民医療講座を開催する。
  • 名市大旧第2内科開業医会学術講演会にて講演, 地域団体・NPO,   2012年10月20日 - 2012年10月20日, 「慢性咳嗽の診断と治療」をテーマに講演
  • 日本内科学会信越支部第47回生涯教育講演会にて講演, その他,   2012年10月28日 - 2012年10月28日, 「日本内科学会信越支部第47回生涯教育講演会」の中で講演
  • 昭和区医師会学術講演会にて講演, 地域団体・NPO,   2012年11月17日 - 2012年11月17日, 「慢性咳嗽の診療-咳喘息を中心に-」をテーマに講演
  • 平成24年度第3回練馬区医師会学術部呼吸器勉強会にて講演, 地域団体・NPO,   2012年11月20日 - 2012年11月20日, 「慢性咳嗽の診断と治療-咳嗽に関するガイドライン第2版の紹介を含めて-」をテーマに講演
  • 第599回大垣内科会講演会にて講演, 地域団体・NPO,   2012年11月21日 - 2012年11月21日, 「長引く咳の診断と治療」をテーマに講演
  • 平成24年度がん・生活習慣病講演会にて講演, 地域団体・NPO,   2013年01月24日 - 2013年01月24日, 「タバコ成人病COPDは治療できる病気です~正しく理解して進行を防ぎましょう~」をテーマに講演
  • 東京都医師会主催 日本医師会生涯教育講座にて講演, 地域団体・NPO,   2013年02月14日 - 2013年02月14日, 「長引く咳の治療戦略」をテーマに講演
  • 第4回小児免疫アレルギー実践セミナー愛知ランチョンセミナーにて講演, 大学,   2013年03月17日 - 2013年03月17日, 「成人喘息における最新の病態評価」をテーマに講演
  • 朝日新聞 夕刊「体とこころの通信簿」の取材を受ける。, 民間企業,   2012年11月27日 - 2012年11月27日, 朝日新聞掲載予定の「体とこころの通信簿」のため、長引く咳の原因、治療法や注意すべき症状などについて取材を受ける。
  • 朝日新聞「患者を生きる」の取材を受ける。, 民間企業,   2013年01月17日 - 2013年01月17日, 朝日新聞掲載の「患者を生きる」の中で慢性のせきをテーマに取材を受ける。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.