研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

池田 慎一イケダ シンイチ

所属部署薬学研究科機能分子構造学分野
職名准教授
メールアドレスikeshinphar.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/03/23

研究者基本情報

学歴

  •  - 1988年, 岐阜大学, 工学部, 合成化学

学位

  • 大阪大学工学研究科応用精密化学/博士(工学)

所属学協会

  • 日本化学会
  • 日本薬学会
  • 有機合成化学協会
  • 米国化学会

経歴

  • 1993-1997 名古屋市立大学薬学部

研究活動情報

研究キーワード

    有機化学, 合成化学, 有機金属化学

論文

  • イリジウム触媒存在下、ヒドロシランと一酸化炭素を用いた、アルケンのアシルシランのエノ-ル シリルエ-テルへの変換反応, 114/24,9711,   1992年
  • ロジウム触媒存在下、N┣D5-┫D5、N┣D5-┫D5-アセタールとヒドロシランと一酸化炭素との反応, 11/11,3494,   1992年
  • ロジウム触媒による、エナミンへのヒドロシランと一酸化炭素の位置選択的導入反応, 57/1,2,   1992年
  • 5-アルキルおよび5-アリール-1,2,3,4-チアトリアゾールの簡便合成, /5,415,   1990年
  • 新しいチオアシル化剤:1-メチル-2-チオアシルチオピリジニウム塩, 30/,67,   1990年
  • ニッケル触媒を用いた、アルキニルスズ、アルキン、およびエノンのカップリング反応による、立体選択的共役エンインの合成, 116/13,5975,   1994年
  • ニッケル触媒下、アリル クロリド、アルキンおよびアルキニルスズのカップリングによる位置および立体選択的3、6-ジエン-1-インの合成, 59/23,6877,   1994年
  • ニッケル触媒による、クロロトリメチルシラン、α、β-エノン、アルキンおよびジメチル亜鉛のタンデムカップリング反応, 14/11,5015,   1995年
  • ニッケル触媒による、アリルハライドとアルキニルスズとのクロスカップリング反応, 60/18,5752,   1995年
  • ニッケル触媒下・α・β-エノン・アルキンおよびアルキンルスズのタンデムカップリングによる位置および立体選択的共役エンインの合成, 61/23,8248,   1996年
  • ロジウム触媒存在下、ヒドロシランによる一酸化炭素の還元的オリゴメリゼーション, 119/18,4303,   1997年
  • ニッケル-アルミニウム触媒系による、α,β-エノンとアルキンの位置選択的環化共三量化反応, 119/20,4779,   1997年
  • ニッケル触媒によるアリル求電子種とアルキン類とアルキニルスズとのタンデムカップリング, 54/7,1063,   1998年
  • ニッケル触媒存在下 アリル求電子剤とアルキンとトリメチルアルミニウムあるいはジメチル亜鉛とのタンデムカップリング反応, 17/19,4316,   1998年
  • ニッケル-亜鉛系によるジインとα,β-エノンの[2+2+2]環化付加反応, 63/20,7026,   1998年
  • N.N-ジメチル-α-(メトキシカルボニル)-4-置換-ベンジルアンモニウムN-メチリドの新規な異性化反応, 64/2,581,   1999年
  • ベンジルアンモニウムN-メチリドとベンジルスルホニウムS-メチリドとの反応の比較, 47/2,267,   1999年
  • ニッケル-アルミニウム触媒系によるエノンとアルキンとの選択的環化三量化反応, 121/12,2722,   1999年
  • ニッケル触媒を用いた不斉多成分タンデムカップリング反応。キラル配位子としての単純な単座オキサゾリン配位子の効果, 121/19,4712,   1999年
  • Nickel-Catalyzed Asymmetric Multiple-Component Tandem Coupling. Effects of Simple Monodentate Oxazolines as Chiral Ligands, 121/19,4712,   1999年
  • Nickel-Catalyzed Tandem Coupling of Enones, Alkynes, Alkynylzincs, and Chlorotrimethylsilane, /11,1227,   1999年
  • The CO, /1,14,   2000年
  • Effects of monodentate oxazoline ligands in Ni/Al-catalyzed regioselective cyclotrimerization of enones and alkynes, /,815,   2000年
  • Chemo- and regioselective cyclotrimerization of monoynes catalyzed by a nickel(0) and zinc(II) phenoxide system, /,181-182,   2001年

書籍等出版物

  • New Thioacylation Reagents : 1-Methyl-2-thioacylthiopyridinium Salts,   1990年
  • A Convenient Synthesis of 5-Alkyl-and-5-Aryl-1,2,3,4-thiatriazoles,   1990年
  • Regioselective Incorporation of CO into Enamines by Rhodium-Catalyzed Reaction with a Hydrosilane and CO,   1992年
  • Rhodium-Catalyzed Reaction of N, N-Acetals with a Hydrosilane and Carbon Monoxide,   1992年
  • Conversion of Alkenes to Enol Silyl Ethers of Acylsilanes by Iridium-Catalyzed Rezction with a Hydrosilane and Carbon Monoxide,   1992年
  • Synthesis of Stereodefined Enynes by the Nickel-Catalyzed Coupling Reaction of Alkynyltins, Alkynes, and Enones,   1994年
  • Regio-and Stereoselective Synthesis of 3,6-Dien-1-yenes by Nickel-Catalyzed Coupling Reaction of Allyl Chlorides, 1-Alkynes, and Alkynyltins,   1994年
  • Nickel-Catalyzed Cross-Coupling Reaction of Allyl Halides with Alkynyltins,   1995年
  • Nickel-Catalyzed Tandem Coupling of Chlorotrimethylsilane, α, β-Enones, Alkynes, and Dimethylzinc,   1995年
  • Nickel-Catalyzed Tandem Coupling of α, β-Enones, Alkynes, and Alkynyltins for the Regio-and Stereoselective Synthesis of Conjugated Enynes,   1996年
  • Reductive Oligomerization of Carbon Monoxide by Rhodium-Catalyzed Reaction with Hydrosilanes,   1997年
  • Regioselective Cyclic Co-trimerization of α, β-Enones and Alkynes by a Nickel-Aluminum Catalyst System,   1997年
  • Nikel-Catalyzed Tandem Coupling of Allyl Electrophiles, Alkynes, and Alkynyltins(Tetrahedron Symposia-in-Print : New developments in organonickel chemistry),   1998年
  • Nikel-Catalyzed Diastereodefferentiative Tandem Coupling of α, β-Enones, Norbornenes, and Organometallics,   1998年
  • Tandem Coupling of Allyl Electrophiles, Alkynes, and Me,   1998年
  • Nickel and Zinc-Promoted [2+2+2]Cycloaddintion of Diynes and α, β-Enones,   1998年
  • Novel Isomerization Reaction of N, N-Dimethyl-α-(methoxycarbonyl)-4-substituted benzylammonium N-Methylides,   1999年
  • Comparision of the Reaction of Benzylammonium N-Methylides with that of Benzylsulfonium S-Methylides,   1999年
  • Selective Cyclotrimerization of Enones and Alkynes by a Nickel and Aluminum Catalytic System,   1999年
  • Nickel-Catalyzed Asymmetric Multiple-Component Tandem Coupling. Effects of Simple Monodentate Oxazolines as Chiral Ligands,   1999年
  • Nickel-Catalyzed Intermolecular Domino Reactions,   2000年

受賞

  •   1999年, 有機合成化学協会東海支部奨励賞

競争的資金

  • ニッケル/塩化亜鉛複合系によるポリエンインのドミノ反応の開発
  • 触媒的不斉タンデム反応の開発,   1999年 - 2000年
  • 二種金属触媒系による高選択的環化付加反応の開発,   1999年
  • ニッケラシクロペンテン中間体を基盤とする新触媒反応の開発,   2002年
  • 遷移金属触媒を用いたアルキン類への連続的炭素ユニット導入法の開発,   1997年 - 1998年
  • ニッケラシクロペンテン中間体を経由する新触媒反応の開発,   2001年 - 2001年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.