研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

間瀬 光人マセ ミツヒト

所属部署医学研究科脳神経外科学分野
職名教授
メールアドレスmitmasemed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:60238920

学位

  • 名古屋市立大学医学研究科脳神経外科学/博士(医学)

所属学協会

  • スパズムシンポジウム
  • 日本脳神経外科認知症学会
  • International Society for Hydrocephalus and Cerebrospinal Fluid Disorders (ISHCSF)
  • World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology (WFITN)
  • 日本交通医学工学研究会
  • 日本神経内視鏡学会
  • 日本水頭症脳髄液学会
  • 日本正常圧水頭症学会
  • 日本心血管脳卒中学会
  • 日本脳神経外科学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本脳循環代謝学会
  • 日本脳神経血管内治療学会
  • 日本脳卒中の外科学会
  • 日本神経外傷学会
  • 日本脳神経外科コングレス
  • 日本脳神経CI学会
  • 日本磁気共鳴医学会

経歴

  • 2000-2002 科学技術振興事業団戦略的基礎研究事業(CREST)研究領域「脳を知る」研究員

研究活動情報

研究キーワード

    外傷性脳損傷, 脳動脈瘤, プロスタグランジンD合成酵素, 正常圧水頭症, 脳脊髄液, 水頭症, くも膜下出血, 血管内治療, 高次脳機能, 霊長類脳卒中モデル

論文

  • Endoscopic Occipital Transtentorial Approach for Pineal Region Tumor., Tanikawa M, Yamada H, Kitamura T, Sakata T, Mase M, Operative neurosurgery (Hagerstown, Md.), 14, (2) 206 - 207,   2018年02月, 査読有り
  • MRI-based assessment of acute effect of head-down tilt position on intracranial hemodynamics and hydrodynamics., Ishida S, Miyati T, Ohno N, Hiratsuka S, Alperin N, Mase M, Gabata T, Journal of magnetic resonance imaging : JMRI, 47, (2) 565 - 571,   2018年02月, 査読有り
  • Differential Expression of microRNAs in Severely Calcified Carotid Plaques., Katano H, Nishikawa Y, Yamada H, Yamada K, Mase M, Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association, 27, (1) 108 - 117,   2018年01月, 査読有り
  • Urgent Optic Nerve Decompression via an Endoscopic Endonasal Transsphenoidal Approach for Craniopharyngioma in a 12-Month-Old Infant: A Case Report., Shibata T, Tanikawa M, Sakata T, Mase M, Pediatric neurosurgery, 53, (3) 182 - 187,   2018年, 査読有り
  • Postoperative Headache after Undergoing Acoustic Neuroma Surgery via the Retrosigmoid Approach., Aihara N, Yamada H, Takahashi M, Inagaki A, Murakami S, Mase M, Neurologia medico-chirurgica, 57, (12) 634 - 640,   2017年12月, 査読有り
  • Dinosaur tail sign on spinal MRI in a patient with postdural puncture headache., Sakurai K, Morimoto S, Kameyama M, Mase M, BMJ case reports, 2017,   2017年08月, 査読有り
  • Analysis of Recurrent Stenosis After Carotid Endarterectomy Featuring Primary Plaque Calcification., Katano H, Mase M, Nishikawa Y, Yamada H, Yamada K, Neurosurgery, 80, (6) 863 - 870,   2017年06月, 査読有り
  • Calcification in original plaque and restenosis following carotid artery stenting., Katano H, Nishikawa Y, Yamada H, Mase M, Surgical neurology international, 8,   2017年, 査読有り
  • Calcified carotid plaques show double symptomatic peaks according to agatston calcium score., Katano H, Mase M, Nishikawa Y, Yamada K, Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association, 24, (6) 1341 - 1350,   2015年06月, 査読有り
  • Dynamic state of water molecular displacement of the brain during the cardiac cycle in idiopathic normal pressure hydrocephalus., Kan H, Miyati T, Mase M, Osawa T, Ohno N, Kasai H, Arai N, Kawano M, Shibamoto Y, Computerized medical imaging and graphics : the official journal of the Computerized Medical Imaging Society, 40, 88 - 93,   2015年03月, 査読有り
  • Transfer characteristics of arterial pulsatile force in regional intracranial tissue using dynamic diffusion MRI: a phantom study., Kan H, Miyati T, Kasai H, Arai N, Ohno N, Mase M, Shibamoto Y, Magnetic resonance imaging, 32, (10) 1284 - 1289,   2014年12月, 査読有り
  • [Required knowledge for stroke specialists (4) overview of revascularization for chronic cerebral infarction]., Katano H, Mase M, Nishikawa Y, Yamada K, No shinkei geka. Neurological surgery, 42, (11) 1063 - 1081,   2014年11月, 査読有り
  • Lipocalin-type prostaglandin D synthase scavenges biliverdin in the cerebrospinal fluid of patients with aneurysmal subarachnoid hemorrhage., Inui T, Mase M, Shirota R, Nagashima M, Okada T, Urade Y, Journal of cerebral blood flow and metabolism : official journal of the International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism, 34, (9) 1558 - 1567,   2014年09月, 査読有り
  • Association of lipocalin-type prostaglandin D synthase with disproportionately enlarged subarachnoid-space in idiopathic normal pressure hydrocephalus., Nishida N, Nagata N, Toda H, Jingami N, Uemura K, Ozaki A, Mase M, Urade Y, Matsumoto S, Iwasaki K, Ishikawa M, Fluids and barriers of the CNS, 11, (1) ,   2014年04月, 査読有り
  • Surgical treatment for carotid stenoses with highly calcified plaques., Katano H, Mase M, Nishikawa Y, Yamada K, Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association, 23, (1) 148 - 154,   2014年01月, 査読有り
  • Usefulness of dual and fully automated measurements of cerebral blood flow during balloon occlusion test of the internal carotid artery., Torigai T, Mase M, Ohno T, Katano H, Nisikawa Y, Sakurai K, Sasaki S, Toyama J, Yamada K, Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association, 22, (3) 197 - 204,   2013年04月, 査読有り
  • Evaluation of luminal and vessel wall abnormalities in subacute and other stages of intracranial vertebrobasilar artery dissections using the volume isotropic turbo-spin-echo acquisition (VISTA) sequence: a preliminary study., Sakurai K, Miura T, Sagisaka T, Hattori M, Matsukawa N, Mase M, Kasai H, Arai N, Kawai T, Shimohira M, Yamawaki T, Shibamoto Y, Journal of neuroradiology. Journal de neuroradiologie, 40, (1) 19 - 28,   2013年03月, 査読有り
  • Oxyhemoglobin changes during cognitive rehabilitation after traumatic brain injury using near infrared spectroscopy., Hibino S, Mase M, Shirataki T, Nagano Y, Fukagawa K, Abe A, Nishide Y, Aizawa A, Iida A, Ogawa T, Abe J, Hatta T, Yamada K, Kabasawa H, Neurologia medico-chirurgica, 53, (5) 299 - 303,   2013年, 査読有り
  • Revaluation of collateral pathways as escape routes from hyperemia/hyperperfusion following surgical treatment for carotid stenosis., Katano H, Mase M, Sakurai K, Miyachi S, Yamada K, Acta neurochirurgica, 154, (12) 2139 - 48; discussion 2148,   2012年12月, 査読有り
  • Changes of fractional anisotropy and apparent diffusion coefficient in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus., Demura K, Mase M, Miyati T, Osawa T, Hattori M, Kasai H, Hara M, Shibamoto Y, Yamada K, Acta neurochirurgica. Supplement, 113, 29 - 32,   2012年, 査読有り
  • Idiopathic normal-pressure hydrocephalus: temporal changes in ADC during cardiac cycle., Ohno N, Miyati T, Mase M, Osawa T, Kan H, Kasai H, Hara M, Shibamoto Y, Hayashi N, Gabata T, Matsui O, Radiology, 261, (2) 560 - 565,   2011年11月, 査読有り
  • Lumbar peritoneal shunt containing a programmable valve for intracranial hypertension caused by Borden type 1 dural arteriovenous fistulas., Aihara N, Mase M, Nishikawa Y, Ohno T, Yamada K, Acta neurochirurgica, 153, (11) 2219 - 2223,   2011年11月, 査読有り
  • Watershed infarcts in a multiple microembolic model of monkey., Maki T, Wakita H, Mase M, Itagaki I, Saito N, Ono F, Adachi K, Ito H, Takahashi R, Ihara M, Tomimoto H, Neuroscience letters, 499, (2) 80 - 83,   2011年07月, 査読有り
  • [Appropriate cardiac phase for measurement of ADC of the brain using ECG-triggered diffusion MRI]., Kan H, Miyati T, Mase M, Kasai H, Hara M, Shibamoto Y, Kawano M, Ohno N, Kitanaka A, Yorimitsu R, Minami T, Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi, 67, (6) 661 - 665,   2011年, 査読有り
  • Transient decrease in cerebral motor pathway fractional anisotropy after focal ischemic stroke in monkey., Chin Y, Sato Y, Mase M, Kato T, Herculano B, Sekino M, Ohsaki H, Ageyama N, Ono F, Terao K, Yoshikawa Y, Hisatsune T, Neuroscience research, 66, (4) 406 - 411,   2010年04月, 査読有り
  • Involvement of hypoxia-inducible factor-1alpha and vascular endothelial growth factor in the mechanism of development of chronic subdural hematoma., Nanko N, Tanikawa M, Mase M, Fujita M, Tateyama H, Miyati T, Yamada K, Neurologia medico-chirurgica, 49, (9) 379 - 385,   2009年09月, 査読有り
  • White matter activated glial cells produce BDNF in a stroke model of monkeys., Sato Y, Chin Y, Kato T, Tanaka Y, Tozuka Y, Mase M, Ageyama N, Ono F, Terao K, Yoshikawa Y, Hisatsune T, Neuroscience research, 65, (1) 71 - 78,   2009年09月, 査読有り
  • Bulk motion-independent analyses of water diffusion changes in the brain during the cardiac cycle., Nakamura T, Miyati T, Kasai H, Ohno N, Yamada M, Mase M, Hara M, Shibamoto Y, Suzuki Y, Ichikawa K, Radiological physics and technology, 2, (2) 133 - 137,   2009年07月, 査読有り
  • Pharmacokinetics of recombinant human lipocalin-type prostaglandin D synthase/beta-trace in canine., Li W, Mase M, Inui T, Shimoda M, Isomura K, Oda H, Yamada K, Urade Y, Neuroscience research, 61, (3) 289 - 293,   2008年07月, 査読有り
  • Cellular localization of P2X7 receptor mRNA in the rat brain., Yu Y, Ugawa S, Ueda T, Ishida Y, Inoue K, Kyaw Nyunt A, Umemura A, Mase M, Yamada K, Shimada S, Brain research, 1194, 45 - 55,   2008年02月, 査読有り
  • Noninvasive estimation of intracranial compliance in idiopathic NPH using MRI., Mase M, Miyati T, Kasai H, Demura K, Osawa T, Hara M, Shibamoto Y, Yamada K, Acta neurochirurgica. Supplement, 102, 115 - 118,   2008年, 査読有り
  • Noninvasive MRI assessment of intracranial compliance in idiopathic normal pressure hydrocephalus., Miyati T, Mase M, Kasai H, Hara M, Yamada K, Shibamoto Y, Soellinger M, Baltes C, Luechinger R, Journal of magnetic resonance imaging : JMRI, 26, (2) 274 - 278,   2007年08月, 査読有り
  • [Symptoms and signs in cerebral herniation]., Mase M, Yamada K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 64 Suppl 7, 432 - 435,   2006年10月, 査読有り
  • Evaluation of CH3-DTPA-Gd (NMS60) as a new MR contrast agent: early phase II study in brain tumors and dual dynamic contrast-enhanced imaging., Ito M, Ogino H, Oshima H, Shiraki N, Shibamoto Y, Kasai H, Mase M, Kawamura Y, Miyati T, Magnetic resonance imaging, 24, (5) 625 - 630,   2006年06月, 査読有り
  • Tissue plasminogen activator in chronic subdural hematomas as a predictor of recurrence., Katano H, Kamiya K, Mase M, Tanikawa M, Yamada K, Journal of neurosurgery, 104, (1) 79 - 84,   2006年01月, 査読有り
  • [MRI-intracranial compliance analysis in patients with NPH]., Matsunaga S, Miyati T, Mase M, Kasai H, Nakajima H, Mori K, Kawamura F, Sugiyama M, Hara M, Shibamoto Y, Suzuki M, Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi, 62, (1) 63 - 69,   2006年01月, 査読有り
  • [Treatment of benign brain tumor in elderly patients]., Aihara N, Mase M, Yamada K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 63 Suppl 9, 600 - 606,   2005年09月, 査読有り
  • Expression of myelencephalon-specific protease after cryogenic lesioning of the rat parietal cortex., Oka Y, Uchida A, Aoyama M, Fujita M, Hotta N, Tada T, Katano H, Mase M, Asai K, Yamada K, Journal of neurotrauma, 22, (4) 501 - 510,   2005年04月, 査読有り
  • Expression of myelencephalon-specific protease in transient middle cerebral artery occlusion model of rat brain., Uchida A, Oka Y, Aoyama M, Suzuki S, Yokoi T, Katano H, Mase M, Tada T, Asai K, Yamada K, Brain research. Molecular brain research, 126, (2) 129 - 136,   2004年07月, 査読有り
  • Lipocalin-type prostaglandin D synthase (beta-trace) in cerebrospinal fluid: a useful marker for the diagnosis of normal pressure hydrocephalus., Mase M, Yamada K, Shimazu N, Seiki K, Oda H, Nakau H, Inui T, Li W, Eguchi N, Urade Y, Neuroscience research, 47, (4) 455 - 459,   2003年12月, 査読有り
  • Frequency analyses of CSF flow on cine MRI in normal pressure hydrocephalus., Miyati T, Mase M, Banno T, Kasuga T, Yamada K, Fujita H, Koshida K, Sanada S, Onoguchi M, European radiology, 13, (5) 1019 - 1024,   2003年05月, 査読有り
  • Measurements of MTF and SNR(f) using a subtraction method in MRI., Miyati T, Fujita H, Kasuga T, Koshida K, Sanada S, Banno T, Mase M, Yamada K, Physics in medicine and biology, 47, (16) 2961 - 2972,   2002年08月, 査読有り

MISC

  • 【脳脊髄液ダイナミクス】 脳脊髄液研究のパラダイムシフト, 大宅 宗一, 田岡 俊昭, 間瀬 光人, 宮嶋 雅一, 山田 晋也, 脳神経外科速報, 28, (7) 641 - 647,   2018年07月
  • 【脳脊髄液ダイナミクス】 CSFの正しい知識を身につけよう 髄液の生理学概説 古典的解釈から新解釈への流れ, 間瀬 光人, 脳神経外科速報, 28, (7) 648 - 655,   2018年07月, (1)髄液は脈絡叢で産生され、脳室からくも膜下腔を経由し、頭頂部くも膜顆粒で吸収されるという古典的bulk flow theoryのようには流れていない。(2)髄液の産生量は求まらない。(3)髄液の起源は血液で、脈絡叢より脳毛細血管がメインである。(4)髄液の吸収路は静脈系とリンパ系ドレナージである。(5)リンパ系ドレナージは高分子の物質の排泄に関与する。(6)水分子は溶質の分布や移動によって受動的に速やかに移動する。(7)脳室拡大の機序は浸透圧による脳室内の水過剰と髄液の拍動障害である。(著者抄録)
  • 正常圧水頭症における中脳水道の断面積と脳脊髄液拍動速度の解析, 平松 勇樹, 宮地 利明, 間瀬 光人, 大野 直樹, 医用画像情報学会雑誌, 35, (1) 17 - 19,   2018年03月, 健常成人25例(男性15例、女性10例、25〜81歳)、くも膜下出血後の正常圧水頭症(NPH)24例(男性10例、女性14例、43〜81歳)、無症候性脳室拡大あるいは脳萎縮(VD)19例(男性10例、女性9例、49〜79歳)を対象に、中脳水道の断面積と脳脊髄液(CSF)の拍動流速を評価し、NPHの頭蓋内環境変化との関連性を検討した。その結果、NPH群は、流速の振幅は他の2群より有意に大きかった。また、中脳水道の断面積は健常成人より有意に大きく、VD群と有意差はなかった。以上より、NPHは中脳水道の断面積が増加するがCSFの拍動流速が増加することが明らかとなり、NPHの頭蓋内環境の詳細な評価が可能であると考えられた。
  • 【脳脊髄液動態のすべて】 頭位・姿勢と脳脊髄液動態, 石田 翔太, 宮地 利明, 大野 直樹, 平塚 真之輔, Alperin Noam, 間瀬 光人, 蒲田 敏文, 画像診断, 38, (3) 287 - 295,   2018年02月, 頭位・姿勢が脳脊髄液動態に及ぼす影響は,重力に伴う静水圧勾配変化の影響ともいえる.心電図同期フェーズコントラスト法を使用すると,脳脊髄液動態の定量評価が可能になる.脳脊髄液動態に姿勢が及ぼす影響を考える際は,静水圧および脳脊髄液の拍動などを含めて包括的に評価する必要がある.(著者抄録)
  • 特発性正常圧水頭症におけるNormalized-ΔADC解析, 大野 直樹, 宮地 利明, 間瀬 光人, Alperin Noam, 原 眞咲, 芝本 雄太, 笠井 治昌, 野田 知寛, 蒲田 敏文, 松井 修, 日本磁気共鳴医学会雑誌, 36, (4) 118 - 121,   2016年11月
  • 頸動脈石灰化の生成過程と症候発現 MDCTAカルシウムスコアによる分析, 片野 広之, 間瀬 光人, 山田 和雄, 西川 祐介, 山田 紘史, CI研究, 37, (3-4) 119 - 124,   2016年03月, 頸動脈石灰化をカルシウムスコア、体積スコア、ハンスフィールド値で分析し、狭窄率、石灰化の位置や形状の特徴、合併症などと併せて症候との関連を検討した。外科治療の対象となった頸動脈狭窄症患者194例330側を対象とした。多変量解析では、低症候率の石灰化頸動脈群の有意な予測因子は、最大ハンスフィールド値、高円環率、外側寄りの位置であった。カルシウムスコアによる分析で、石灰化プラークを有する頸動脈狭窄症の症候率は二峰性を呈することが示された。カルシウムスコア500で二期に分けることにより、石灰化生成と症候の発現、冠動脈との差異の理解に役立つと考えられた。
  • 【脳卒中治療ガイドライン2015改訂を実地臨床に活かす】 脳梗塞慢性期の外科的治療のポイント, 片野 広之, 山田 紘史, 西川 祐介, 間瀬 光人, 山田 和雄, Mebio, 32, (12) 42 - 49,   2015年12月
  • 基本をマスター 脳神経外科手術のスタンダード 高位頸動脈病変に対するCEAの術野展開, 片野 広之, 西川 祐介, 山田 紘史, 間瀬 光人, 山田 和雄, 脳神経外科速報, 25, (10) 1062 - 1068,   2015年10月, <POINT 1>術前にCTA、MRAなどでプラーク遠位端の位置を評価しておく。その際、M-M lineなどの指標を参考にして術野を想定する。<POINT 2>経鼻挿管、頸神経ワナや顎二腹筋切断などの従来の工夫のほか、浅層の剥離を十分に行う背下方からのアプローチ、後頸三角からのアプローチがある。<POINT 3>高位展開に伴う合併症の可能性について認識し、回避に努める。(著者抄録)
  • 脳卒中専門医に必要な基本的知識 脳梗塞慢性期外科治療(慢性期血行再建術), 片野 広之, 間瀬 光人, 西川 祐介, 山田 和雄, Neurological Surgery, 42, (11) 1063 - 1081,   2014年11月
  • 【最新臨床脳卒中学[上]-最新の診断と治療-】 治療戦略を目指した研究 基礎研究 脳血管障害におけるアクアポリンの役割, 山田 和雄, 間瀬 光人, 片野 広之, 日本臨床, 72, (増刊5 最新臨床脳卒中学(上)) 399 - 402,   2014年07月
  • 専門医に求められる最新の知識 脳血管障害 無症候性頸動脈狭窄症に対する最新治療, 間瀬 光人, 片野 広之, 西川 祐介, 山田 和雄, 脳神経外科速報, 22, (8) 916 - 923,   2012年08月, 無症候性頸動脈狭窄症に対するCEAの有効性はすでに大規模RCTで明らかにされているが、対照となる内科的治療の進歩やCASなどの新しい治療法の動向を踏まえると、再検討を要する時期に来ていると考えられる。無症候性頸動脈狭窄症の自然歴や最近までのクリニカルエビデンス、現時点での最適な治療と今後の課題について検討する。(著者抄録)
  • MRIによる髄液循環・脳実質・神経軸索の物理学的特性解析による水頭症病態の解明, 間瀬 光人, 出村 光一朗, 大沢 知士, 宮地 利明, 笠井 治昌, 山田 和雄, 小児の脳神経, 36, (4) 387 - 391,   2011年08月, 著者等はMRIによる非侵襲的頭蓋内コンプライアンス測定法を開発した。特発性正常圧水頭症患者では正常例や無症候性脳室拡大に比べコンプライアンス指数が明らかに低下していること、このコンプライアンスの低下は圧勾配の差によるのではなく容積変化の差によることが明らかとなった。また、タップテスト陽性群では、側脳室前角周囲の大脳白質、脳梁体部においてADC値(みかけの拡散係数)が有意に減少することが明らかとなった。
  • 心電同期拡散MRIによる脳のADC測定時の最適心時相, 菅 博人, 宮地 利明, 間瀬 光人, 笠井 治昌, 原 眞咲, 芝本 雄太, 川野 誠, 大野 直樹, 北中 章博, 依光 里沙, 南 貴司, 日本放射線技術学会雑誌, 67, (6) 661 - 665,   2011年06月, MRI拡散強調画像(DWI)における脳の見かけの拡散係数(ADC)算出に、心電同期法を用いてDWIを撮像した。心拍数に応じて遅延時間をR波から30msもしくは50ms毎に等間隔を設定し、心周期時相の0〜80%まで撮像を行い、関心領域(ROI)を左右の大脳基底核付近に設定して各時相のADCマップから心周期におけるADCを測定しその変化を検討した。対象は正常例5名で、撮像中の平均心拍数は各々80、61、65、64、89回/分、時相数は11、27、27、24、19時相であった。各例の各時相から得られたADCの平均値(×0.001mm2/s)はROI 1で0.770〜1.037、ROI 2で0.712〜0.972、大脳基底核付近の心周期におけるADCの変動係数(CV)は最大43.3%であった。ADCを過大評価する時相はR波から心周期9.6〜31.2%の間であり、心周期の50%以降の時相のADCのCVは全時相のCVより最大29.5%小さくなった。ADC測定は心周期の50%以降の時相が最適と考えられた。
  • 【新時代の脳腫瘍学 診断・治療の最前線】 高齢者脳腫瘍の治療 高齢者頭蓋底腫瘍の治療, 相原 徳孝, 谷川 元紀, 間瀬 光人, 山田 和雄, 日本臨床, 68, (増刊10 新時代の脳腫瘍学) 565 - 569,   2010年12月
  • 頸動脈アテロームにおける低酸素誘導因子-1αと血管内皮増殖因子は非症候性症例より症候性症例における発現が高い(HYPOXIA-INDUCIBLE FACTOR-1 ALPHA AND VASCULAR ENDOTHELIAL GROWTH FACTOR IN THE CAROTID ATHEROMA ARE EXPRESSED MORE IN SYMPTOMATIC CASES THAN IN ASYMPTOMATIC CASES), 大沢 知士, 間瀬 光人, 谷川 元紀, 藤田 政隆, 片野 広之, 青山 公紀, 大野 貴之, 櫻井 圭太, 佐々木 繁, 山田 和雄, Nagoya Medical Journal, 51, (1) 41 - 54,   2010年05月, 頸動脈狭窄患者13例(症候性8例、無症候性5例)から得た頸動脈内膜切除組織を用いて、血管新生蛋白の発現を比較検討した。免疫組織化学染色法により、頸動脈プラークにおいて低酸素誘導因子-1α(HIF1-α)と血管内皮増殖因子(VEGF)の発現が認められ、二重免疫染色により上記蛋白はマクロファージと平滑筋細胞に由来していることが判明した。症候性群のプラークは、非症候性群のプラークよりHIF1-αとVEGFの発現が強かった。両群の組織において、術前MRI所見における頸動脈狭窄およびプラークの信号強度に関する有意差はみられなかった。一方、頸動脈プラークが高信号を示した群は、アメリカ心臓協会で同定されたアテローム性動脈硬化の組織学的グレードが有意に高かった。以上より、HIF1-αおよびVEGFの高発現が、非症候性プラークの症候性変換を引き起こす血管新生およびプラーク出血に関与していると考えられた。
  • 【発達期における骨格系と脳脊髄液循環動態の発生学的特性に基づく高次脳脊髄機能障害の治療および総合医療に関する研究】 特発性正常圧水頭症疑い患者のタップテスト前後におけるMRI TENSOR画像による検討, 間瀬 光人, 出村 光一朗, 大沢 知士, 服部 学, 笠井 治昌, 宮地 利明, 山田 和雄, 小児の脳神経, 35, (1) 77 - 80,   2010年02月, 特発性正常水頭症(iNPH)が疑われた患者36例をタップテスト陽性群17例、陰性群19例に分け、タップテスト前後のMRI TENSOR画像を比較検討した。その結果、1)タップテスト前のADC値は、放線冠においてタップテスト陽性群が陰性群に比べ有意に低かった。2)タップテスト陽性群では側脳室前角周囲の大脳白質、脳梁体部においてタップテスト後ADC値が有意に減少していた。3)タップテスト前のFA値はいずれの部位においても2群間で有意差がみられず、両群ともにタップテスト後に脳梁体部のFA値が有意に上昇していた。以上、これらのことからもiNPHの症状圧現には大脳白質内の水の拡散異常が関与している可能性が示唆された。
  • クモ膜下出血患者に対する血管内治療と外科治療における血清および脳脊髄液の生化学マーカーの比較 ニューロン特異的エノラーゼ、S-100B蛋白、塩基性線維芽細胞増殖因子、血管上皮増殖因子(COMPARISON OF BIOCHEMICAL MARKERS IN CEREBROSPINAL FLUID AND SERUM BETWEEN ENDOVASCULAR THERAPY AND SURGERY FOR PATIENTS WITH SUBARACHNOID HEMORRHAGE: NEURON-SPECI, 山本 光晴, 間瀬 光人, 西尾 実, 相原 徳孝, 山田 和雄, Nagoya Medical Journal, 50, (4) 167 - 176,   2010年02月, 動脈瘤性クモ膜下出血21例(血管内治療群13例、外科治療群8例)を対象に標記比較を行い、2治療法における予後の違いに関する機構を検討した。後者における症候性血管攣縮発生率は、前者より有意に高かった。血管内治療群における血清ニューロン特異的エノラーゼ(NSE)は、手術群におけるより有意に低かった。一方、脳脊髄からのNSE、S-100B蛋白、塩基性線維芽細胞増殖因子、血管上皮増殖因子の値に、両群間で有意差はみられなかった。以上より、標記2治療法間の臨床的差を生化学マーカー値の観点から説明することはできなかった。手術群における血管攣縮の高い発生率は、恐らく手術損傷には関連していないと思われた。
  • 特発性正常圧水頭症の可能性のある患者における髄液排除試験前後の拡散テンソルMRI(DIFFUSION TENSOR MAGNETIC RESONANCE IMAGING IN PATIENTS WITH POSSIBLE IDIOPATHIC NORMAL PRESSURE HYDROCEPHALUS BEFORE AND AFTER TAP TEST), 出村 光一朗, 間瀬 光人, 大沢 知士, 服部 学, 笠井 治昌, 宮地 利明, 山田 和雄, Nagoya Medical Journal, 50, (4) 177 - 186,   2010年02月, 特発性正常圧水頭症患者36例を対象に、髄液排除試験前後の拡散テンソル画像(DTI)を用いて軸索の水動態を調べた。上記試験の結果、19例が陰性、17例が陽性であった。1.5TMRI法により、領域別の見かけの拡散係数(ADC)、fractional anisotropy(FA)を測定した。髄液排除試験後、陽性群の前脳室周囲領域および脳梁体部におけるADC値が有意に低下し、両群の脳梁体部におけるFA値が有意に上昇した。細胞外間隙での水分子は、髄液排除試験後の側脳室における脳脊髄液(CSF)減少により脳室内間隙へと移動することが示唆された。髄液排除試験後は、側脳室でのCSF減少により脳梁体部での軸索線維に対する圧迫が除かれ、その結果FA値の上昇が招かれたと考えられた。
  • 【広範囲血液・尿化学検査免疫学的検査[第7版] その数値をどう読むか】 一般検査(尿・髄液・糞便検査を含む) 髄液検査 髄液塩基性線維芽細胞増殖因子, 間瀬 光人, 山本 光晴, 山田 和雄, 日本臨床, 67, (増刊8 広範囲血液・尿化学検査 免疫学的検査(1)) 193 - 194,   2009年12月
  • 基本をマスター 脳神経外科手術のスタンダード 三叉神経痛の手術, 山田 和雄, 梅村 淳, 間瀬 光人, 相原 徳孝, 谷川 元紀, 脳神経外科速報, 19, (4) 377 - 384,   2009年04月
  • 心周期における脳局所のΔADC解析, 大野 直樹, 宮地 利明, 間瀬 光人, 笠井 治昌, 菅 博人, 朝日 美幸, 川野 誠, 原 眞咲, 芝本 雄太, 上田 優, 医用画像情報学会雑誌, 26, (1) 17 - 20,   2009年03月, 急性期脳梗塞における拡散強調画像の有用性が報告されているが、脳の拍動のようなバルクモーションが生じる部位では見かけの拡散係数(ADC)が過大評価され、また画像中にアーチファクトとなって出現する。脳の白質領域における心周期のADCの変化量(ΔADC)を解析した。b値が大きくなるほど、ADC値、ΔADC値とも低下した。ΔADC値はb値が0〜250s/mm2の組み合わせの場合に顕著に大きくなった。b値、ボクセルサイズの違いによって各白質領域のADC値とΔADC値に差は認められなかった。各白質領域のADC値とΔADC値との間に相関は認められなかった。ADC値は全白質領域で有意差は認められなかったが、ΔADC値では半卵円中心レベルの頭頂葉が大脳基底核レベルの側頭葉に比べて有意に小さくなった。
  • 【発達期における骨格系と脳脊髄液循環動態の発生学的特性に基づく高次脳脊髄機能障害の治療および総合医療に関する研究】 Cine MRIによる非侵襲的頭蓋内コンプライアンス測定法 特発性正常圧水頭症での検討, 間瀬 光人, 宮地 利明, 大沢 知士, 出村 光一朗, 山田 和雄, 小児の脳神経, 34, (1) 86 - 89,   2009年02月, tapテストが陽性であった特発性正常圧水頭症(iNPH)患者、無症候性脳室拡大又は脳萎縮(VD)例、健常者(C群)を対象に、iNPH患者の頭蓋脊髄腔の物理学的特性について検討した。iNPH群の症例は全例シャント術で症状の改善が認められた。iNPH群のコンプライアンスインデックス(Ci)はVD群やC群に比べ有意に低値であった。これは各群の圧勾配の差によるのではなく、最大頭蓋内容積変化の差によるものであった。Cine MRIによる頭蓋脊髄腔のコンプライアンスの指標としてのCiはiNPHの診断或いはシャント手術の効果を予測する上で有用なパラメーターに成り得ると思われた。
  • GOS、ADLからみた頸動脈狭窄症ハイリスク症例, 片野 広之, 日向 崇教, 南光 徳偉, 岡 雄一, 大蔵 篤彦, 間瀬 光人, 山田 和雄, The Mt. Fuji Workshop on CVD, 26,   2008年07月, 1995年以降に外科治療を施行した頸動脈狭窄症例連続85症例(男性77例、女性88例、症候性64例・無症候性21例、CEA67例・CAS18例)を対象にハイリスク例の頻度・特徴(特に予後とADL)について評価した。ハイリスク症例は重症心疾患(うっ血性心不全・負荷試験異常・要開心術例)、重症肺疾患、対側頸動脈閉塞、対側喉頭神経麻痺、頸部手術・放射線治療の既往、頸動脈内膜剥離術(CEA)後の再狭窄、高度複数病変、鎖骨より近位病変及び80歳以上の高齢者とした。その結果、ハイリスク症例は85例中12例(14%)で、6例はCEA,6例は頸動脈ステント留置術(CAS)にて治療され、グラスゴー転帰スケール(GOS)ではGR:8例(58%)・MD:1例・SD:3例であり、非ハイリスク例ではGR:68例(93%)・MD:5例(7%)であった。Modified Rankin Disability Scale評価では、非ハイリスク症例では術前より術後に障害なし・不変又は軽症不変・改善が89.7%を占めたのに対し、ハイリスク症例では術前より術後に障害が著しい症例が33.3%を占めていた。以上より、ハイリスク症例ではCEA・CAS共にハイリスクであることが再確認され、特に高齢者や対側頸動脈閉塞例では症例ごとに詳細に術前の全身状態・脳循環動態を検討して術後に予想される合併症とADLを総合的に勘案し、手術適応をより慎重に考慮すべきと考えられた。
  • 【脳血管障害の新しい治療戦略 急性期治療を中心に】 脳卒中急性期の血管内治療, 間瀬 光人, 相原 徳孝, 日向 崇教, 山田 和雄, ICUとCCU, 32, (6) 459 - 466,   2008年06月, 血管内治療はその低侵襲性から、外科的治療の及ばなかった重症例や高齢者あるいは合併症のあるハイリスク患者に積極的治療のチャンスを広げた。しかし重症例はいかに低侵襲に治療を行っても予後が全てよくなるわけではなく、血管内治療にも限界はある。大切なことは外科的治療と血管内治療をうまく使い分けて疾患全体の治療成績を向上させることである。脳卒中急性期における現在の脳血管内治療の役割として、最も重要で大きな比重を占めるのは破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術である。脳神経外科救急を扱う施設では、開頭クリッピングとコイル塞栓術の両治療法が症例ごとに正しく選択され、高いレベルで行える実力が期待される。また、rt-PA静注療法の適応からはずれた脳塞栓症の中には局所線溶療法によって予後が改善する症例がまだ多く含まれている可能性があり、さらなる臨床研究の余地がある。(著者抄録)
  • 【無症候性内頸動脈狭窄】 頸動脈狭窄症におけるカルシウムスコア適用の試み, 片野 広之, 出村 光一朗, 竹内 洋太郎, 相原 徳孝, 梅村 淳, 間瀬 光人, 真砂 敦夫, 中塚 雅雄, 山田 和雄, 脳卒中の外科, 35, (6) 423 - 426,   2007年11月, 頸動脈内膜剥離術(CEA)の対象となった頸動脈狭窄症の石灰化病変を3D-CTAのデータをもとに分析し、カルシウムスコアによる評価を試みた。70頸動脈の石灰化病変は、カルシウムスコア34.7の、CT値が低く、石灰化の量が少ないA群、カルシウムスコア116.2の、CT値が高く、石灰化の量が少ないB群、カルシウムスコア1510.11の、CT値が低く、石灰化の量が多いC群、カルシウムスコア2570.31の、CT値が高く、石灰化の量が多いD群に分類された。頸部内頸動脈ステント留置術による治療を想定すると、A群は最適、B、C群は可、D群はステントの拡張に困難が予想されると考えられた。カルシウムスコアを用いることにより頸動脈プラークの石灰化を質・量とも総合的に評価でき、頸動脈狭窄症においても治療選択を考える上で、カルシウムスコアによる評価が有用な手段である可能性が示唆された。
  • 3D-CTAによる頸動脈狭窄症治療後の経過観察, 片野 広之, 谷川 元紀, 相原 徳孝, 梅村 淳, 間瀬 光人, 山田 和雄, 脳卒中の外科, 35, (5) 382 - 386,   2007年09月, 頸動脈内膜剥離術(CEA)45例(平均67.7歳)と頸動脈ステント留置(CAS)16例(平均72.6歳)を対象に、3D-CTAによる術後評価の有用性を検討した。術後1週間後の3D-CTAでは、70.9%にCEA中のシャント挿入に伴うターニケットによる軽度の陥凹が内頸動脈と総頸動脈に観察され、2例を除き6ヵ月から1年半で消失した。これらはMRA、頸動脈エコーでは描出が困難であった。また、外頸動脈のプラークの引き抜きにより分岐部直上の狭窄改善、拡張を45.2%に認め、内頸動脈の血流改善に伴い一時的に外頸動脈が狭小化、閉塞したものは19.4%であった。再狭窄は6.3%認め、3D-CTAで正確に追跡可能であった。CAS例においてもステント留置の状態が良好に描出された。3D-CTAは術後の変化、狭窄の描出に優れ、脳血管撮影に比べ早く低侵襲で、外来でのフォローアップに適していると考えられた。
  • マウスにおけるクモ膜下出血後の血管攣縮(VASOSPASM AFTER SUBARACHNOID HEMORRHAGE IN MICE), 渡辺 隆之, 間瀬 光人, 山田 和雄, 江口 直美, 裏出 良博, Nagoya Medical Journal, 48, (2) 77 - 86,   2007年02月, マウスを用いて、クモ膜下出血(SAH)後の症候性血管攣縮の新たなモデルを開発した。主要血管の直径、局所脳血流及び自発運動は、動脈血を視交叉槽へ注入することによって形成したSAHマウスで測定した。血管造影性血管攣縮は、SAHの1時間から1日後に中大脳動脈内で観察された。自発運動はSAHの1日後から4日後は減少した。このモデルの死亡率は2.5%に過ぎない。以上より、この方法はSAH後の血管攣縮の病態生理学の解明に有用と思われた。
  • 眼窩上神経ブロックおよびステロイド投与が疼痛軽減に著効した頸動脈海綿静脈洞瘻の1症例, 森田 正人, 杉浦 健之, 津田 喬子, 祖父江 和哉, 原 眞咲, 間瀬 光人, 勝屋 弘忠, 日本ペインクリニック学会誌, 13, (4) 434 - 438,   2006年10月, 頸動脈海綿静脈洞瘻(CCF)は痛みよりも眼症状や脳神経麻痺症状で発症することが多いため、ペインクリニック領域ではまれな疾患である。片側の持続性の頭痛を主訴とし、耳鳴、複視、羞明などを合併した70歳代女性患者が、他科では確定診断に至らず当科を紹介された。初診時の所見よりトロサ・ハント症候群を疑い、計3回の眼窩上神経ブロックとステロイドを投与したところ、耐え難い頭痛はvisual analogue scale 80mmら1mmまで劇的に改善した。同時に耳鳴も軽快したが複視や羞明は変化しなかった。後日、CCFと確定診断し、血管内コイル塞栓術によって、複視、眼球突出、結膜充血も改善した。頭痛に加え、同側の脳神経麻痺症状や耳鳴が存在し、海綿静脈洞領域の病変が疑われる場合はCCFも考慮して鑑別診断のために速やかな画像診断が必要である。(著者抄録)
  • 【インターベンション時代の脳卒中学 超急性期から再発予防まで】 脳血管障害総論 脳卒中の直後と脳卒中後の諸症状とその管理 脳ヘルニアに伴う諸徴候, 間瀬 光人, 山田 和雄, 日本臨床, 64, (増刊7 インターベンション時代の脳卒中学(上)) 432 - 435,   2006年10月
  • 脳と分子生物学 血液脳関門の分子機構(水チャンネルの関与), 藤田 政隆, 間瀬 光人, 浅井 清文, 山田 和雄, 脳と循環, 11, (3) 239 - 243,   2006年09月
  • 脳卒中専門医のためのミクロ解剖学 グリア細胞 その機能と脳浮腫への関与, 藤田 政隆, 間瀬 光人, 浅井 清文, 山田 和雄, 分子脳血管病, 5, (2) 227 - 232,   2006年04月, グリア細胞は髄液や血液の環境が直接脳実質内に及ばないようなバリアーとして機能するとともに脳浮腫にも関与する.脳浮腫は軽度であれば神経細胞環境を改善する好ましい生理的反応であるが,重度であれば脳損傷をさらに悪化させる因子である.アストロサイトにあるアクアポリン蛋白は水の移動に関与し,脳浮腫の病態に非常に重要な役割を果たしている(著者抄録)
  • Big Debate症例提示 Case 7:左椎骨動脈巨大動脈瘤の治療, 間瀬 光人, 出村 光一朗, 野崎 和彦, 脳神経外科速報, 16, (4) 323 - 328,   2006年04月
  • 【神経集中治療 重症脳障害患者の集中治療の新たな展開】 脳浮腫・頭蓋内圧亢進の治療, 谷川 元紀, 間瀬 光人, 山田 和雄, ICUとCCU, 30, (4) 253 - 260,   2006年04月, 頭蓋内圧亢進症の治療は,Monro-Kellie's doctorine(Vintracranial space=VCSF+Vblood+Vbrain+Vother)で規定される,頭蓋内の各構成要素の体積の増大に対する治療法を考えると理解しやすい.しかし,実際の症例では,原疾患を基礎としてこれらの構成要素の状態が複雑に絡み合って,頭蓋内圧の亢進という病態を発生させているので,個々の症例の,原疾患の種類,発症からの時間,およびその時点での各モニター値(頭蓋内圧をはじめとして,SjO2,PtiO2やflow velocityなど)より判断できる頭蓋内の状態,さらには,呼吸循環などの全身状態や合併症の有無などを総合的に判断し,その状態に見合った治療法を選択したり,組み合わせて施行することが肝要である(著者抄録)
  • Big Debate進行中の症例 左椎骨動脈巨大動脈瘤の治療, 間瀬 光人, 出村 光一朗, 山田 和雄, 脳神経外科速報, 16, (3) 271 - 271,   2006年03月
  • 【ブレインアタック2006 t-PA時代の診断と治療】 ブレインアタックの診断 くも膜下出血を見逃さないために, 間瀬 光人, Medicina, 43, (2) 222 - 224,   2006年02月
  • 【高齢者重症くも膜下出血の急性期治療】 高齢者重症破裂脳動脈瘤への急性期塞栓術 Tight packingにこだわらない治療方針から, 相原 徳孝, 間瀬 光人, 山田 和雄, 脳卒中の外科, 34, (1) 6 - 11,   2006年01月, 1997〜2003年に高齢(70歳以上)破裂脳動脈瘤患者の急性期にネックプラスティ非併用コイル塞栓術を行った20例の成績を報告した.退院時のGlasgow Outcome Scale評価において"good recovery"または"moderate disability"と判定された予後良好例の割合は60%で,開頭術施行群に比べて高かった.死亡例は6例で,原因は一次性脳損傷4例,脳血管攣縮2例であった.塞栓術後に再出血を起こした症例はなかった.平均入院期間は63.4日,死亡例を除くと84.6日であった
  • MRIによる正常圧水頭症の頭蓋内コンプライアンス解析, 松永 紗代子, 宮地 利明, 間瀬 光人, 笠井 治昌, 仲島 ひとみ, 森 清孝, 川村 富士夫, 杉山 雅之, 原 真咲, 芝本 雄太, 鈴木 正行, 日本放射線技術学会雑誌, 62, (1) 63 - 69,   2006年01月, 最大頭蓋内容積変化,及び最大頭蓋内圧力勾配変化を算出し,前者を後者で除してコンプライアンスインデックス(Ci)を求める方法を述べた.正常圧水頭症(NPH)5例,無症候性脳質拡大または脳萎縮(VD)5例,健常者(対照群)12例を対象に解析した.その結果,1)対照群において,Ciと年齢間に有意な相関は認められなかった.2)NPH群のCiはVD群や対照群よりも有意に小さかったが,時定数は有意差を認めなかった.3)Ciは血流動態に依存しなかった.4)コンプライアンスとCi間には正の相関が認められた.標記解析は,頭蓋内環境を非侵襲的かつ正確に評価することを可能にし,NPHの病態解析や補助診断法として有用であると考えられた
  • Big Debate 残存した椎骨動脈解離性動脈瘤, 間瀬 光人, 山田 和雄, 松本 隆, 脳神経外科速報, 15, (12) 1164 - 1167,   2005年12月
  • MRIによる頭蓋内コンプライアンスの非侵襲的定量評価 正常圧水頭症における検討, 間瀬 光人, 宮地 利明, 笠井 治昌, 山田 和雄, Progress in Research on Brain Edema and ICP, (7) 33 - 36,   2005年11月
  • より良い治療法を求めて 進行中の症例 残存した椎骨動脈解離性動脈瘤の治療, 間瀬 光人, 山田 和雄, 脳神経外科速報, 15, (10) 978 - 978,   2005年10月
  • Big Debate 進行中の症例 残存した椎骨動脈解離性動脈瘤の治療, 間瀬 光人, 山田 和雄, 脳神経外科速報, 15, (9) 884 - 884,   2005年09月
  • 【脳腫瘍の診断と治療 最新の研究動向】 高齢者脳腫瘍の治療 高齢者良性脳腫瘍の治療, 相原 徳孝, 間瀬 光人, 山田 和雄, 日本臨床, 63, (増刊9 脳腫瘍の診断と治療) 600 - 606,   2005年09月
  • 【頸部頸動脈狭窄症の治療方針】 頸動脈内膜剥離術と包括医療, 片野 広之, 梅村 淳, 間瀬 光人, 山田 和雄, 脳卒中の外科, 33, (5) 330 - 334,   2005年09月
  • Big Debate症例提示 Case 5 残存した椎骨動脈解離性動脈瘤の治療, 間瀬 光人, 山田 和雄, 脳神経外科速報, 15, (8) 795 - 795,   2005年08月
  • Brain Easy Analytical Toolsによる運動活性化脳灌流SPECTを用いた運動皮質の同定(IDENTIFICATION OF MOTOR CORTEX USING MOTOR ACTIVATION BRAIN PERFUSION SPECT WITH BRAIN EASY ANALYSIS TOOLS), 竹内 洋太郎, 遠山 淳子, 片野 広之, 間瀬 光人, 金井 秀樹, 山田 和雄, Nagoya Medical Journal, 47, (2) 57 - 66,   2005年03月, 動静脈奇形や髄膜腫など中心溝近辺に病巣を有する患者6例(男性1例,女性5例,39〜75歳)を対象に,99mTc-ECD(ethyl cysteinate dimer)を用いてSPECTを施行した.静止画像を得た後に,トレーサーを患者に静脈内投与して運動負荷時の活性化画像を得,両画像をMRI画像上にautomated image resistrationにより再構成して自動記録した.サブトラクト画像はソフトウェアBrain Easy Analytical Toolsを用いて計算され,全ての患者の各MRI画像上に,運動皮質内の活性化領域が視覚化された.本法は簡単で数分間で施行でき,中心溝近辺の病巣に対する外科手術のプランニングに有用な情報を提供するものである
  • 【新世紀のバイパス術】 手術適応 バルーン閉塞試験による頸動脈血流遮断の可否と血行再建術法の選択, 間瀬 光人, 山田 和雄, 片野 広之, 梅村 淳, 神田 佳恵, 伴野 辰雄, 飯田 昭彦, The Mt. Fuji Workshop on CVD, 22,   2004年07月, 脳動脈瘤や頭頸部腫瘍の63症例(男性36例・女性27例,平均年齢57.5歳)を対象にバルーン閉塞試験(BOT)に際して種々のパラメータを測定し,より現実的な頸動脈血流遮断の可否基準の作成を試みた.その結果,神経症状,脳波(EEG),短潜時体性感覚誘発電位(SSEP)の少なくとも1つ以上に異常が認められたマタス陽性症例は19例で,これらのmean stump pressure(mSTP)は63.6mmHg以下であった.このうち17例は内頸動脈が温存され,2例に頸動脈結紮に加えCC-IC bypassまたはEC-IC high flow bypassが行われ,そのうちの1例が脳梗塞をきたし予後不良となった.また,神経症状・EEG・SSEPに異常を認めなかった44例では7例で内頸動脈が永久閉塞となった.この結果から頸動脈閉塞はmSTPが45mmHg未満は危険,65mmHg以上は安全,45〜65mmHg未満を境界領域とし,境界領域ではBOT中のCBFが10%以上低下した場合を異常としている.著者らのBOT結果に基づく頸動脈閉塞の可否基準と血行再建術選択の実際について解説した
  • 【頸動脈病変】 頸動脈病変の病態からみた外科治療, 片野 広之, 中塚 雅雄, 間瀬 光人, 山田 和雄, 分子脳血管病, 3, (3) 295 - 299,   2004年07月, 頸動脈狭窄病変に対する外科治療には頸動脈内膜剥離術(CEA)と頸動脈血管形成術およびステント留置術(CAS)がある.CEAはRandomized Control Trial(RCT)によって有用性が確立されており,これまで最も多く治療がなされてきた.一方,CASはまだ保険外治療であるが,デバイスの発達とともにRCTの良好な短期成績が出され,ハイリスク例を中心に施行例も増加している.CEAとCASの現状と病変・病態からみた適応などについて,国内外の調査・比較研究などを交えて概説する(著者抄録)
  • 3D-CTAと内膜剥離術, 片野 広之, 谷川 元紀, 相原 徳孝, 梅村 淳, 間瀬 光人, 山田 和雄, 映像情報Medical, 36, (7) 738 - 739,   2004年06月, 3D-CTAによる頸動脈病変の描出の利点と問題点について,CEAにより摘出された病理標本の組織所見と比較検討した.選択的脳血管撮影による合併症が避けられるだけでなく,椎体,舌骨や静脈など,より実際の解翻に近い視覚的に優れた画像が得られた.VR像においても頸動脈狭窄の程度とともに病変部の石灰化の描出は良好で,MIPやMPR像とよく一致した.問題点として,カテーテル脳血管撮影と同じく造影剤を必要とし,腎不全,心不全,造影剤アレルギーの患者には不適である.VR像において高度狭窄では閾値の設定により狭窄部が不連続(欠損)となる傾向があるが,MIP,MPR像で補完可能であった
  • より安全,低侵襲で確実な頸動脈内膜剥離術のための周術期管理, 片野 広之, 梅村 淳, 谷川 元紀, 坂田 知宏, 永井 匠, 西川 祐介, 相原 徳孝, 間瀬 光人, 金井 秀樹, 山田 和雄, 脳卒中の外科, 32, (3) 183 - 188,   2004年05月, 頸動脈内膜剥離術において,より安全に低侵襲で確実な手術を行うために行っている総合的な管理と工夫を,以下順に解説した.1)脳血管撮影に伴う問題,2)循環器疾患の合併,3)糖尿病の合併,4)高齢者,5)術中塞栓,6)低灌流による虚血,7)術後塞栓,8)術後過灌流
  • ラット中大脳動脈閉塞モデルにおけるmyelencephalon-specific protease(MSP)mRNAの発現, 打田 淳, 岡 雄一, 青山 峰芳, 鈴木 周五, 片野 広之, 間瀬 光人, 浅井 清文, 山田 和雄, Progress in Research on Brain Edema and ICP, (6) 35 - 39,   2004年04月, ラット中大脳動脈閉塞モデルを用いて,MSP mRNAの発現をin situ hybridizationにより評価・検討を行った.その結果,MSP mRNAは脳梗塞中心部ではなく,脳梗塞周囲,特に内包および脳梁で強い発現を認めた.一部の切片では脳梁を介して,健常側の脳梁にもMSP mRNAの発現を認めた.また,その発現は12時間後からはじまり,3日後にピークを迎え,以後少しずつ減弱していった.白質はオリゴデンドロサイトやそれから形成されるミエリンが豊富に存在し,その範囲を示す抗CNPase抗体による免疫染色ではMSP mRNAの発現部位がCNPase陽性部位の中にほぼ存在することが確認された
  • 妊娠中に発症した両耳側半盲, 谷川 元紀, 間瀬 光人, 片野 広之, 山本 憲一, 竹内 洋太郎, 坂田 知宏, 山田 和雄, 脳神経外科速報, 14, (3) 243 - 245,   2004年03月
  • 髄液中くも膜下血腫代謝産物の排泄機構の解明・lipocalin-type prostaglandin D合成酵素の役割, 間瀬 光人, 乾 隆, 山田 和雄, 久田 美貴, 直木 秀夫, 丸山 敏彦, 清木 興介, 織田 浩司, 中右 博也, 裏出 良博, 脳血管攣縮, 19,   2004年02月
  • シャントにより改善した実験的水頭症におけるアクアポリン-1のアップレギュレーション(UPREGULATION OF AQUAPORIN-1 IN EXPERIMENTAL HYDROCEPHALUS AMELIORATED WITH SHUNTING), 磯村 健一, 間瀬 光人, 片野 広之, 藤田 政隆, 相原 徳孝, 近藤 高史, 鳥居 邦夫, 山本 直樹, 浅井 清文, 西野 仁雄, 山田 和雄, Nagoya Medical Journal, 46, (4) 181 - 194,   2004年01月, カオリン誘発性ラット水頭症におけるアクアポリン(AQP)-1および4の発現について調べた.カオリン注射の2,4および9週後の時点でAQP-1 mRNAの誘導が認められ,脳室拡張の進展に伴い徐々に増大した.AQP-1蛋白の発現も同じ場所で同じ時間経過で発現したが,徐々に増加することはなかった.遺伝子および蛋白の発現は共に,CSFシャント後ダウンレギュレーションされた.AQP-4のmRNAまたは蛋白の発現はどの時間で見ても,脳組織のどの部分でも増大しなかった.本研究は,カオリンで誘導したラットの実験的水頭症においてアクアポリンAQP-1の遺伝子および蛋白は発現するが,AQP-4については発現しないことを示した.AQP-1の発現は,CSF循環障害により生じたうっ血に対処するために起こるものと考えられる.以上,AQP-1の調節が水頭症治療のために,有用であることが示唆された
  • 【EBMに基づく脳血管障害の初期治療】 モヤモヤ病に対する外科的治療, 片野 広之, 梅村 淳, 相原 徳孝, 間瀬 光人, 金井 秀樹, 山田 和雄, Modern Physician, 23, (11) 1645 - 1650,   2003年11月
  • Functional SPECT(3D-SSPによる解剖学的標準化を施行して), 竹内 洋太郎, 遠山 淳子, 間瀬 光人, 金井 秀樹, 山田 和雄, CI研究, 25, (3) 153 - 158,   2003年09月, 中心溝近傍に腫瘤性病変を認めて手術適応となった2例を対象に,3D-SSPを用いて運動負荷SPECT画像の解剖学的標準化を行い,賦活化された部位を同定した.症例1(47歳女性;神経症状なし)に対しては左手の離握手を60回/分行い,症例2(44歳女性;脳腫瘍;歩行困難)には下肢の挙上を30回/分行った.2例ともに,subtract像にて後方に位置するmotor cortexを確認し,前方より腫瘍摘出術を行った.症例1は病理組織学的にastrocytoma grade 2で,術後の神経学的異常は無く,独歩退院となった.症例2は病理組織学的に髄膜腫で,術後,麻痺は著明に改善し,装具を用いて独歩可能となった.以上より,3D-SSPによるfunctional SPECTは所要時間が極めて短く,SPECT装置と3D-SSPができるパソコンのみで臨床的に有用な情報を得ることが可能であり,標準的な方法と成り得ると考えられた
  • 【脳卒中診療におけるインフォームドコンセント(IC)とクリティカルパス(CP)】 頸動脈内膜剥離術のICとCP, 片野 広之, 加藤 康二郎, 間瀬 光人, 山田 和雄, 脳と循環, 8, (3) 219 - 223,   2003年07月, 現代医療の中でインフォームドコンセント(IC)とクリティカルパス(CP)の重要性が増してきている.そこで,これらIC及びCPの基本概念を述べると共に,特に頸動脈狭窄症に対する頸動脈内膜剥離術(CEA)におけるICとCPについて,著者等の施設で作成された例を示しながら,その特徴を解説した.又,あわせて包括払い制度の導入に伴う我が国の医療制度の変化を踏まえて,今後の医療活動の中でのIC,CPのあり方についても述べた
  • 【Large Vessel Diseasesへの治療戦略 現状と将来の展望】 頸部血行再建術 大動脈炎症候群に伴う頸動脈閉塞性病変の血行再建術, 間瀬 光人, 山田 和雄, 梅村 淳, 松本 隆, The Mt. Fuji Workshop on CVD, 21,   2003年07月, 大動脈炎症候群による頸動脈病変に対し血行再建術を施行した11例を対象に,血行再建法選択のポイントについて検討した.ほとんどの症例で総頸動脈に病変がみられた.手術は11症例に対しPTAも含め計22ヶ所施行した.術後合併症として,bypass graftの急性閉塞は1例もみられず,慢性期に1例の閉塞(SCA-ICA vein bypass)または3例の狭窄(Ao-CCA vein bypass:1例,PTA of SCA:2例)がみられ,うち1例で再手術が行われた.開胸術による合併症はなかった.平均36.8ヵ月のfollow upで,予後は11例中9例で改善,1例が不変,1例が無症候性脳梗塞をきたした.大動脈炎症候群における血管内治療の有効性については更なる検討が必要であると考えられた
  • 頭痛,外転神経麻痺を呈する傍トルコ鞍・斜台部腫瘤の9歳男児, 片野 広之, 間瀬 光人, 竹内 洋太郎, 鳥飼 武司, 金井 秀樹, 山田 和雄, 栄本 忠昭, 脳神経外科速報, 13, (5) 478 - 480,   2003年05月
  • 専門医に求められる最新の知識 脳血管障害 脳主幹動脈閉塞 閉塞試験と治療方針, 間瀬 光人, 片野 広之, 山田 和雄, 脳神経外科速報, 13, (5) 506 - 511,   2003年05月
  • 【脳虚血治療の最前線】 脳浮腫発生のメカニズム 新たな作用機序による抗浮腫薬が出現するか?, 間瀬 光人, 山田 和雄, 脳と循環, 8, (2) 145 - 148,   2003年04月, 脳浮腫のメカニズムについて従来の考え方を述べると共に,中枢神経系において水の移動に重要な役割を果たしていることが最近明らかとなってきた水チャンネルのアクアポリンについて概説した.脳浮腫は脳障害の指標である.脳浮腫は軽度であれば神経細胞環境を改善する生理反応であり,重度であれば脳損傷の悪化因子という二面性を持つ.最近,中枢神経系細胞において,拡散よりも遥かに多くの水分子が移動できる水チャンネルの存在が明らかとなった.アクアポリンと呼ばれるこの蛋白は,脳浮腫の病態によってダイナッミックに発現量を変化させて水の移動に関与し,脳浮腫の病態において極めて重要な役割を果たしている
  • 大豆を主体として液状総合栄養食による脳神経外科領域における臨床的栄養管理の研究, 加藤 康二郎, 間瀬 光人, 山田 和雄, 柏野 進, 嶋津 直樹, 静脈経腸栄養, 18, (1) 51 - 57,   2003年03月, 脳卒中後遺症など経腸栄養を必要とする患者19例(男5例,女14例)に,乳蛋白に比較して微量元素の多い大豆蛋白を主体とした液状食品(リカバリーSOY)を用い栄養管理を行った.開始時のADLは植物状態4例,寝たきり14例,要介護1例であった.その結果,血清蛋白,肝機能,腎機能,電解質はいずれも良好な推移を示した.血清脂質は投与前値がTC>220mg/dLおよびTG>150mg/dLの症例では4週間の投与で有意な低下を示した.血中微量元素の亜鉛は投与前のレベルを維持し,銅は有意な上昇を示し,低下症例については十分な改善が認められた.以上から,大豆を主体とした液状総合栄養食による経腸栄養法は,血清生化学検査項目のみでなく,微量元素の面でも良好な推移を示し,また,下痢などの副作用の面からも有用な栄養管理法であると考えられた
  • 【脳血管障害の最近の話題】 脳卒中診療における外科的治療の進歩, 間瀬 光人, 山田 和雄, Geriatric Medicine, 40, (12) 1731 - 1734,   2002年12月
  • 【脳血管障害 分子機構からみた病態研究ならびに治療の最前線】 急性期治療(血栓溶解療法・ステント)の現況と展望, 山田 和雄, 間瀬 光人, 梅村 淳, 分子心血管病, 3, (4) 413 - 421,   2002年08月, 虚血性脳血管障害の急性期治療について,血栓溶解療法と頸動脈ステント治療を中心に,歴史,現況,問題点,将来への展望について述べた.急性期血行再建術は開頭術を伴う侵襲的方法から,脳内挿入可能なカテーテルを用いた塞栓溶解術に移行しつつある.しかし,脳虚血は心筋虚血よりも治療可能な時間は短く,血流域値は狭い.一方,頸動脈狭窄について内膜剥離術がスタンダードであるが,ステント留置術が台頭しており,両者の前向きランダム化比較試験も米国で始まっている
  • 正常圧水頭症患者のMRIによる髄液循環動態の周波数解析, 間瀬 光人, 山田 和雄, 宮地 利明, 伴野 辰雄, 藤田 広志, Progress in Research on Brain Edema and ICP, (4) 41 - 49,   2002年07月
  • 脳血管攣縮の実験的研究(病態) クモ膜下出血後髄液中のprostaglandin D合成酵素(β-trace)の変化, 間瀬 光人, 山田 和雄, 清木 興介, 織田 浩司, 中右 博也, 裏出 良博, 脳血管攣縮, 17,   2002年04月, 発症後24時間以内にコイルによる栓塞術が行われた破裂動脈瘤患者6例(58〜77歳,平均71.5歳)を対象に,ルンバールドレナージを施行して術後1,3,5,7,9,11,14,17日後に髄液と血清を採取してリポカリン型プロスタグランジンD合成酵素(PGDS)濃度をサンドウッィチELISA法により測定した.髄液中PGDS濃度は術後1日の11.25±1.07μg/mlから3日目20.85±2.71μg/ml,5日目25.24±3.76μg/mlと有意に上昇し,その後は徐々に低下し,術後17日では正常値となった.血清PGDSは0.39±0.06μg/ml髄液より遥かに低値で術後1日から17日まで殆ど変化はなかった.髄液中のPGDSは血清由来ではないと考えられ,ヘム代謝物と結合することが確認されているPGDSは髄液中に存在するヘモグロビン代謝産物を捕捉して髄液腔から排出するスカベンジャーとしての働きをしている可能性があり,脳血管攣縮の軽減させる可能性が示唆された
  • 正常圧水頭症のcine MRIにおける髄液流量波形の周波数解析, 宮地 利明, 藤田 広志, 間瀬 光人, 春日 敏夫, 今井 広, 市川 勝弘, BME, 15, (9) 203 - 212,   2001年09月, 髄液流量波形の周波数解析で得た振幅,位相,位相伝達関数(PTF)について,Diamox負荷後の変化を調べると共に,頭蓋脊髄腔のコンプライアンスとの関係を調べ,正常圧水頭症(NPH)における髄液流量波形の特徴及び周波数解析の有用性ついて検討した.NPH群の振幅は,コンプライアンスの低下でcontrol群,無症候性脳室拡大又は脳萎縮(VD)群と比較して大きかった.又,クモ膜下出血後正常圧水頭症(SAH-NPH)群の位相はcontrol群,VD群と比較して異なった.Diamox注入で,基本波から第3高調波迄の振幅が増加し,基本波の位相が変化した.Diamox注入後,直流成分の経時変化を観察することで,頭蓋脊髄腔の圧代償能の違いが得られた.Driving vascular pulsationからPTFを算出することで,頭蓋内の力学的特性が得られた.以上より,髄液流量波形の周波数解析で非侵襲的に頭蓋内の髄液循環動態の情報がより詳細に得られ,NPHの病態や頭蓋内環境の変化の評価が向上した
  • 【生活習慣病 分子メカニズムと治療】 脳梗塞 脳梗塞と脳浮腫 脳浮腫の発生機構, 山田 和雄, 間瀬 光人, 真砂 敦夫, Molecular Medicine, 38, (臨増 生活習慣病分子メカニズムと治療) 337 - 341,   2001年08月
  • 【脳卒中への初期対応 その急性期医療の最前線】 脳血管攣縮の対策, 梅村 淳, 間瀬 光人, 山田 和雄, Modern Physician, 21, (7) 984 - 987,   2001年07月
  • ラット脳凍結損傷モデルにおける,脳浮腫と水チャンネルAquaporin-4の発現について, 加藤 康二郎, 間瀬 光人, 真砂 敦夫, 相原 徳孝, 山田 和雄, 山本 直樹, 浅井 清文, 加藤 泰治, Progress in Research on Brain Edema and ICP, (3) 25 - 30,   2001年03月, 比較的モデルの均一性を保ち易いラット脳凍結損傷モデルを用いて脳浮腫とAQP4 mRNA及び蛋白の発現について解析した.IgGの血管外への漏出は,3時間後には既に認められ,細胞外間隙への貯留は24時間後にはピークに達した.細胞外間隙に蓄積したIgGはその後消退し7日目にはcold lesion直下に残るのみとなった.AQP4 mRNAは損傷部位直下で48時間後からover expressionがみられ,5,7日目にピークに達し,その後消退し,3週間後にはほぼもとのレベルになった.AQP4 mRNAのover expressionの範囲は,脳梁を渡って対側にまで及んでおり,これはIgGの蓄積の見られる範囲即ち,脳浮腫の範囲に一致していた.AQP4蛋白は対照群では毛細血管周囲に局在し発現した.それが,5日目になると病巣側では血管周囲の局在が無くなり,全体に染色性があがり,浮腫の消退した3週間後では病巣側では,back groundの染色性がおち再び毛細血管周囲に局在した
  • 【Critical CareにおけるNeuro-monitoring】 髄液・神経化学物質モニター, 間瀬 光人, 山田 和雄, 西尾 実, 梅村 淳, 集中治療, 12, (10) 1115 - 1121,   2000年09月, 神経モニタリングの目的は,中枢神経損傷の重症度判定や予後の予測に有用な情報として活用することで,迅速な測定システムの開発が不可欠である.髄液中の種々の化学物質と疾患に関する報告についてレビューし,クモ膜下出血に関するデータを示すと共に,髄液中の化学物質モニタリングの有用性について述べた
  • Brain Attack最前線 直達手術か血管内手術か(1) 破裂脳動脈瘤の血管内治療の適応 GDC第1選択のプロトコールから考える, 間瀬 光人, 山田 和雄, 相原 徳孝, 伴野 辰雄, 渡辺 賢一, The Mt. Fuji Workshop on CVD, 18,   2000年07月, GDCを第1選択として破裂脳動脈瘤の治療に対応しても,約40%は直達手術を行うべき症例が存在した.したがってコイルを試みて無理であればすぐに手術にまわせるシステムが重要と思われる.塞栓術による合併症は約10%で,術直後の適切な抗凝固療法の重要性が改めて示された.壁の薄い動脈瘤に対するコイル塞栓術の安全性には問題があり,動脈瘤が不整形の場合注意を要する
  • 虚血性脳浮腫形成におけるaquaporin-4の役割, 間瀬 光人, 山田 和雄, 相原 徳孝, 藤田 政隆, 岩田 明, 祖父江 和哉, 藤田 義人, 浅井 清文, 加藤 泰治, BRAIN HYPOXIA, 14,   2000年07月, ラットの局所脳虚血再灌流モデルで検討した.虚血中心部ではaquaporin-4(AQP-4)の蛋白及びmRNA共に減少し,同部に一致してIgGの漏出を認めた.虚血巣周囲ではAQP-4蛋白及びmRNAの過剰発現が再灌流12時間後から7日後までみられた.脳虚血巣周囲において急性期から亜急性期にかけてAQP-4の発現が亢進し,虚血性脳浮腫を正常化している可能性がある
  • Risk/Benefitからみた脳虚血に対する予防的頸動脈内膜剥離術の選択, 山田 和雄, 間瀬 光人, 梅村 淳, 脳神経外科ジャーナル, 9, (6) 420 - 425,   2000年06月, 虚血の外科は殆どが予防目的で行われるので,risk/benefitの厳格な解析が重要である.頸動脈内膜剥離術(CEA)を例にとり,risk/benefitの観点から検討した.まず自験例の手術成績を検討すると共に,合併症の原因について解析し,その対策について言及した.又,この結果を欧米のデータと対比検討した.次に日本人特有の問題点として,高位の頸動脈分岐があげられるが,この対策についての工夫について言及した.更にcost/benefitについても,自験データをNASCETデータに当てはめて解析した.これらのデータはCEAの適応を考える際に参考になる
  • 【脳血管攣縮の病態と治療】 病態の組織学的変化, 間瀬 光人, 山田 和雄, 相原 徳孝, 脳と神経, 52, (6) 468 - 472,   2000年06月
  • 脳動脈瘤破裂後の血管攣縮は,人工塞栓術の方が開頭手術より少ないか GDCによる破裂脳動脈瘤の治療と脳血管攣縮 クモ膜下出血の消退速度及び手術時の脳損傷からの考察, 間瀬 光人, 山田 和雄, 相原 徳孝, 松本 隆, 伴野 辰雄, 渡辺 賢一, 脳血管攣縮, 15,   2000年06月, 直達手術に比べコイル塞栓術後に症候性脳血管攣縮の発生率が少ない理由として,髄液腔がintactに保たれる為のクモ膜下血腫の早期のwash-outがかなり重要であり,手術操作による脳実質障害がないことの可能性も示唆される
  • 【アルツハイマー病の全て】 正常加齢とアルツハイマー病の関連疾患 正常圧水頭症, 間瀬 光人, 山田 和雄, 上田 行彦, 松本 隆, 脳の科学, 22, (増刊) 317 - 323,   2000年03月
  • Neurochemical monitoringと画像診断 クモ膜下出血後髄液中NSE及びS-100モニタリング, 間瀬 光人, 山田 和雄, 松本 隆, 上田 行彦, 竹内 洋太郎, 藤田 政隆, 神田 佳恵, 集中治療, 12, (1) 113 - 114,   1999年12月
  • 【グリア もはや脇役ではない】 グリアと病態 脳浮腫とグリア, 山田 和雄, 間瀬 光人, 真砂 敦夫, Clinical Neuroscience, 17, (9) 1043 - 1045,   1999年09月
  • 血管内手術とCT定位血腫吸引術の併用により良好な結果を得た高齢者破裂脳動脈瘤の1症例, 間瀬 光人, 谷川 元紀, 山田 和雄, 相原 徳孝, 松本 隆, 脳卒中の外科, 27, (5) 405 - 407,   1999年09月
  • 【くも膜下出血】 血管内治療 高齢者の破裂脳動脈瘤, 相原 徳孝, 間瀬 光人, 山田 和雄, 綜合臨床, 48, (8) 1946 - 1950,   1999年08月
  • 脳神経外科手術 脳腫瘍 Combined subtemporal and orbitozygomatic approach, 松本 隆, 山田 和雄, 嶋津 直樹, 橋本 信和, 間瀬 光人, 相原 徳孝, 脳神経外科速報, 9, (6) 473 - 480,   1999年06月
  • 【脳動脈瘤-最近の知見】 分子生物学的知見, 松本 隆, 山田 和雄, 原田 重徳, 中塚 雅雄, 間瀬 光人, 甲村 英二, Clinical Neuroscience, 17, (6) 620 - 623,   1999年06月
  • コイル塞栓術を第1選択とした脳動脈瘤の治療成績 preliminary results, 間瀬 光人, 相原 徳孝, 山田 和雄, 伴野 辰雄, 渡辺 賢一, 脳血管攣縮, 14,   1999年06月, コイル塞栓術を第1選択とした脳動脈瘤治療のプロトコールを作製し,母集団に差がない連続症例で検討した.その結果,クリッピング可能症例でも積極的にコイル塞栓術を行いことにより脳血管攣縮の発生頻度を抑え,動脈瘤の予後を改善させる可能性があることが示唆された
  • MRI(3D-FT-TSE)による顔面痙攣及び三叉神経痛の責任血管の描出, 間瀬 光人, 山田 和雄, 片野 広之, 映像情報Medical, 30, (12) 741 - 743,   1998年06月, 顔面痙攣や三叉神経痛において,3D-FT-TSEは髄液のflow voidを解消し,責任血管(動脈)とその神経圧迫部位の描出が可能で,手術に際し有用である
  • ラット神経-グリア共培養系におけるNitric Oxideの機能的シナプス形成に及ぼす影響, 間瀬 光人, 山田 和雄, 藤田 佳織, 中西 圭子, 加藤 泰治, 神経組織の成長・再生・移植, 10, (1) 91 - 92,   1998年06月
  • 高安病による両側総頸動脈狭窄症に対する内胸動脈-内頸動脈吻合術, 松本 隆, 山田 和雄, 間瀬 光人, 脳卒中の外科, 26, (3) 206 - 210,   1998年05月, 38歳女.意識消失発作,ふらつき感及び胸部苦悶感を主訴とした.血管撮影で上行大動脈の著明な拡張,左腋下動脈の閉塞及び両側総頸動脈の狭窄を認めた.大動弓は動脈瘤様に拡張し,壁は著明に菲薄化してaortocarotid bypassは困難と思われ,又,右鎖骨下動脈の壁の肥厚の為に大伏左静脈を用いての端側吻合にも術後の開通性に疑問があったので断念し,両側の内胸動脈を有茎で剥離し両側内頸動脈とそれぞれ端側吻合した.術後2ヵ月の血管撮影では,右のbypassには良好な血流を認めたが,左はtapering offしていた.術後1年3ヵ月で意識消失発作も胸部感も消失している
  • 【ナースが知っておきたい術中検査法】 術中の血流検査・脳神経外科, 松本 隆, 山田 和雄, 間瀬 光人, オペナーシング, 13, (3) 256 - 259,   1998年03月
  • 【ナースが知っておきたい術中検査法】 術中の知覚誘発電位検査・脳神経外科, 間瀬 光人, 山田 和雄, 松本 隆, オペナーシング, 13, (3) 265 - 268,   1998年03月
  • MRIによる正常圧水頭症の診断 髄液循環動態の定量的評価とacetazolamide負荷試験, 間瀬 光人, 山田 和雄, 伴野 辰雄, 宮地 利明, 大原 茂幹, 松本 隆, Progress in Research on ICP, (1997) 49 - 55,   1998年02月
  • 水頭症にともなう痴呆におけるhippocampal formationの関与 カオリン水頭症ラットにおけるhsp,bax,bcl-2 mRNA発現の観察より, 松本 隆, 中塚 雅雄, 山田 和雄, 真砂 敦夫, 滝 英明, 間瀬 光人, 春日 洋一郎, Progress in Research on ICP, (1997) 7 - 13,   1998年02月
  • T1・R2同時収集ダイナミックスタディ(DUCE法)を用いた血流動態評価, 宮地 利明, 伴野 辰雄, 間瀬 光人, 日本放射線技術学会雑誌, 53, (8) 1103 - 1110,   1997年08月, DUCE法を使用すれば,T1強調ダイナミックスタディとR2*ダイナミックスタディを同時に施行可能となり,血流情報が増加することで,脳腫瘍を中心とした疾患の血流動態をより詳細に知ることができる
  • 髄液循環動態 cine MRIと髄液循環動態, 伴野 辰雄, 間瀬 光人, 山田 和雄, 臨床画像, 13, (3) 314 - 321,   1997年03月, クモ膜下出血後正常圧水頭症(NPH)患者のcine MRIを用いて,中脳水道における髄液流速と,flow patternを定量的に測定した.対象は破裂脳動脈瘤術後に正常圧水頭症をきたした6例である.使用機種はPhilips Gyroscan(1.5T)で,中脳水道に垂直方向の速度エンコードを設定し,髄液流速を定量的に測定した.NPHでは流速カーブは類正弦波を呈した.最大流速は,NPH群,正常群それぞれ8.75±4.24, 4.04±1.51cm/secで,NPH群の方が有意に大きかった(p<0.02).NPH群は正常群に比べ,中脳水道における時間速度曲線の振幅が大きく,最大流速が上向き下向きとも有意に増加することが明らかとなった
  • 正常圧水頭症のMRIによる髄液循環動態の定量的評価, 間瀬 光人, 麻田 和雄, 伴野 辰雄, Progress in Research on ICP, (1996) 45 - 49,   1997年01月, 1)正常圧水頭症の様に頭蓋脊髄腔のcomplianceが中等度低下している条件下では,中脳水道における髄液の最大流速とcomplianceの間に負の相関関係がある. 2)正常圧水頭症患者においては,中脳水道の髄液流速が正常に比べ増加し,flow patternも異なっており,無症候性脳室拡大や脳萎縮との鑑別が可能である
  • 硬性内視鏡を併用した高血圧性脳内血腫除去, 金井 秀樹, 間瀬 光人, 山田 和雄, 脳卒中, 18, (6) 503 - 508,   1996年12月, 発症後2〜5日目の高血圧性脳内血腫に対して,硬性内視鏡を併用して血腫腔を観察しつつCT定位的吸引術を施行し,その治療成績を従来の吸引術と比較した.吸引の初期には血腫腔の詳細な観察が困難な場合が多かったが,血腫除去が進むにつれて残存血腫の有無やその部位,血腫周囲の脳組織や小血管の状態が把握できる様になった.その際には視野方向や角度の異なる光学視管の併用が有効であった.血腫腔の観察は吸引操作の終了を決定したり,止血を確認する上でも有用であった
  • H2^15O PETによる頸動脈遮断試験時の局所脳血流の評価 Matas maneuverとballoon occlusion, 片野 広之, 間瀬 光人, 山田 和雄, 脳神経外科ジャーナル, 5, (4) 259 - 265,   1996年07月, 未破裂内頸動脈瘤の7症例及び内頸動脈狭窄症の1例で,H215O PETを用い頸動脈遮断試験時の脳血流定量を行った.4例はMatas maneuver下で,4例はballoon occlusion下で,H215Oボーラス静注法を用いてrCBFを測定した.前者では,別に通常のballoon occlusion test(BOT)も施行し,stump pressureも測定した.H2^15O PETはrCBFの絶対値測定が可能で,短時間で繰り返し検査ができ,血流遮断試験時のrCBF測定に適している.Matas maneuver下でのrCBF測定は,閉塞が不完全となる可能性や閉塞時間が制限される.balloon occlusion下のrCBF測定では,検査が煩雑となり検査時間も長くなるが,閉塞は完全で閉塞時間も長くでき,その間繰り返し測定が可能である.検査としてより精度の高いBOT下のPETを第一選択としたい
  • クモ膜下出血後正常圧水頭症における髄液循環動態のMRIによる評価, 間瀬 光人, 山田 和雄, 伴野 辰雄, Progress in Research on ICP, (1995) 65 - 71,   1995年12月, 1)NPH群では中脳水道における髄液の最大流速が正常に比べ増加している. 2)NPH群では中脳水道における髄液流速の上向きpeakと下向きpeakのintervalが正常に比べ延長している. 3)頭蓋脊髄腔のcomplianceが中等度小さい環境では,complianceが小さい程中脳水道における髄液の最大流速が大きい可能性がある
  • 水頭症性脳浮腫における上衣下細胞群のグルタミン酸トランスポーター(GLAST)遺伝子の発現, 真砂 敦夫, 山田 和雄, 間瀬 光人, 脳浮腫研究会報告集, 18,   1995年12月, 1)カオリン水頭症急性期に脳室周囲グリア細胞にGLAST mRNAの発現量の増加を認めた. 2)その原因として,間質性浮腫,脳圧亢進,反応性グリア細胞の出現,炎症細胞の浸潤等により微小循環の障害,酸素拡散障害が生じた可能性が考えられた. 3)カオリン水頭症の脳室周囲組織では静水圧ばかりでなく浸透圧バランスも崩れていることが想像され,GLAFTがosmolyte transporterとして機能していることも考えられた
  • 片側開頭kaolin水頭症における髄液循環動態のMRIによる観察, 間瀬 光人, 松本 隆, 福島 庸行, Progress in Research on ICP, (1994) 73 - 79,   1994年12月, 1)脳を囲むcontainerに弾性係数の比較的小さい部分があるとCSF flow patternが変化し,MRIでは個々の部位のCSF flow peakのずれとして観察される. 2)頭蓋脊髄腔に部分的なcomplianceの変化が生じたとき,髄液の流れは代償的にcomplianceの大きいほうへ流れて頭蓋脊髄腔全体のcomplianceを一定に保っている
  • 脳浮腫の診断 脳浮腫と頭蓋内圧, 上田 行彦, 間瀬 光人, 永井 肇, Clinical Neuroscience, 11, (11) 1235 - 1237,   1993年11月
  • 実験水頭症における頭蓋内圧脈波変動の意義, 松本 隆, 福島 庸行, 間瀬 光人, 脳と神経, 44, (9) 833 - 840,   1992年09月, 犬を用いて以下の実験を行った.4群においてカオリン注入により水頭症を作製した.脳室拡大の程度はMRIにより評価した.A群:コントロール群,B群:片側頭蓋骨を切除した群,C群:片側頭蓋骨,硬膜を切除した群,D群:片側頭蓋骨,硬膜,側頭筋を切除した群.各群両側側脳室においてICP, PP, PVR(圧-容積反応,頭蓋腔のcomplianceを示す)を測定した.D群のみ開頭側が健側に比しより著明な,他は左右対称の脳室拡大を示した.ICPは各群間で差を認めなかったが,PP, PVRはAからD群に向かい低下した.D群を含め各群とも,両側側脳室間でPP, PVRの差は認めなかった
  • 頭蓋内構成要素の硬膜外圧脈圧に及ぼす影響, 間瀬 光人, 上田 行彦, 松本 隆, Progress in Research on ICP, (1990) 83 - 88,   1991年01月
  • 局所脳虚血後の頭蓋内圧亢進に伴う硬膜外圧脈圧変化, 間瀬 光人, 脳と神経, 42, (7) 643 - 649,   1990年07月, 頭蓋内構成要素のうち脳組織水分含量(脳実質)の増加が頭蓋内圧(ICP)の脈圧(pulsepressure:PP)に及ぼす影響を明らかにするために実験を行った.犬を用いて経眼窩的に一側前大脳動脈Al部とその穿通枝,同側内頸動脈および中大脳動脈Ml部を2時間閉塞後6時間再灌流してICPとPPを記録し,同一ICPにおいて大槽内生食注入群のPPと比較した.虚血巣はEvans blue, TTCまたは組織学的に同定し,脳水分含量は湿乾重量法で測定した.梗塞巣の広がりは個体差が大きかったが,尾状核には全例に虚血性変化を認めた.脳水分含量は虚血側で増加した.脳浮腫群では血流再開後,ICPの上昇とともにPPも増大したが,PPは同一ICPでも対照群に比べ有意に小さかった.ICPとPPの回帰直線の傾きは脳浮腫群0.061±0.030 (mean±SD),対照群0.107±0.015で脳浮腫群の方が有意に小さかった(p<0.01).脳浮腫によるICP亢進では,大槽内生食注入によるICP亢進に比べてPPが小さかった
  • 犬の急性閉塞性水頭症におけるNIK-242注(20%erythritol)の頭蓋内圧降下作用, 間瀬 光人, 上田 行彦, 永井 肇, 脳と神経, 42, (1) 79 - 85,   1990年01月
  • 乳幼児・腰仙部脂肪腫のMRI, 布施 孝久, 高木 卓爾, 間瀬 光人, 脳と発達, 21, (6) 529 - 536,   1989年11月, 乳幼児の腰仙部脂肪腫症例に対してMRI検査を開始し,caudal, dorsal, transitional typeに分類した.MRIで,脂肪腫の形態および脊髄との関係が術前にほぼ把握できたが,dorsal typeでは術中所見がMRI画像と異なり脂肪腫と脊髄との明瞭な境界は認められなかった
  • 小児Spinal LipomaのMRI, 間瀬 光人, 高木 卓爾, 布施 孝久, CT研究, 11, (4) 403 - 411,   1989年08月, 1)小児spinal lipomaのMRIによる手術前の型分類(dorsal, transitional, caudal, filar)を試みたところ,10症例中8例で手術所見と一致し,手術を遂行するうえで有用であった.2) MRIは小児spinal lipomaの診断のみならず,tethered cordやhydromyeliaの描出にも優れていた.3) MRIの空間分解能には限界があり,症例によっては従来のmyelographyやmetrizamide CT myelographyが必要となる場合がある
  • 症状からみたナーシングレクチャー 排泄障害, 間瀬 光人, 間部 英雄, 永井 肇, Brain Nursing, 5, (2) 201 - 212,   1989年02月
  • プラトー波と呼吸との関係 正常頭蓋内圧カオリン水頭症犬における実験的検討, 上田 行彦, 松本 隆, 間瀬 光人, Neurologia medico-chirurgica, 28, (9) 857 - 863,   1988年09月, 成犬を,C群(対照),K群〔カオリー水頭症犬で慢性期にICP(頭蓋内圧)が正常に復した犬〕,B群(バルーンを硬膜外に挿入し,膨らませ,ICPが正常範囲内にある犬),に分けた.低換気下,C群に比しK群及びB群ではICPがより上昇し,脳灌流圧が有意により低下した.プラトー波と同様に,ICP上昇は低換気中持続した.血液ガス,心拍数,平均体動脈圧,平均ICP,及び脳灌流圧はK群とB群との間で有意差がなかった
  • 脳動脈瘤と内頸動脈系閉塞性病変の合併例の治療, 鈴鹿 知直, 永井 肇, 間瀬 光人, 脳卒中の外科, 16, (1) 42 - 46,   1988年04月
  • 〔脳の老化と臨床〕診断と治療 正常圧水頭症, 永井 肇, 松本 隆, 間瀬 光人, 綜合臨床, 35, (12) 2972 - 2976,   1986年12月
  • 〔臨床医のための脳CT〕正常圧水頭症, 永井 肇, 松本 隆, 間瀬 光人, 綜合臨床, 35, (9) 2387 - 2391,   1986年09月

書籍等出版物

  • 正常圧水頭症の髄液循環動態のMRIによる評価, Scimed Neuroscience Series 1.髄膜をめぐる諸問題,   1997年
  • 脳外傷の医学的解説, 脳外傷者の社会生活を支援するリハビリテーション,   1999年

競争的資金

  • リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素からみた髄液リンパ系ドレナージの検討,   2018年 - 2020年, 間瀬 光人 名古屋市立大学, 大学院医学研究科, 教授 (60238920)
  • 水のターンオーバーからみた髄液産生吸収機構の解明と非侵襲的水頭症診断への応用,   2013年 - 2015年, 間瀬 光人 名古屋市立大学, 医学(系)研究科(研究院), 教授 (60238920)
  • プロスタグランジンD2制御による虚血性脳損害治療法の開発,   2010年 - 2012年, 間瀬 光人 名古屋市立大学, 大学院・医学研究科, 准教授 (60238920)
  • アクアポリン1発現を指標とした水頭症の成因についての検討,   2005年 - 2006年, 間瀬 光人 名古屋市立大学, 大学院・医学研究科, 助教授 (60238920)
  • くも膜下出血後髄液中プロスタグランジンD合成酵素の機能と脳保護作用について,   2002年 - 2003年, 間瀬 光人 名古屋市立大学, 大学院・医学研究科, 講師 (60238920)
  • くも膜下出血後髄液中プロスタグランジンD合成酵素の機能と脳血管攣縮治療への応用,   2000年 - 2001年, 間瀬 光人 名古屋市立大学, 医学部, 講師 (60238920)
  • 免疫抑制剤FK506(tacrolimus)による脳損傷後の脳内遺伝子発現の変化 ; アポトーシス抑制効果の分子生物学的解析,   1998年 - 1999年, 間瀬 光人 名古屋市立大学, 医学部, 講師 (60238920) 松本 隆 名古屋市立大学, 医学部, 講師 (50199676)
  • 機能的シナプス形成からみたbFGFの虚血後慢性期神経回復の機序の解明,   1997年 - 1998年, 間瀬 光人 名古屋市立大学, 医学部, 講師 (60238920)


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.