研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

塙 大ハナワ ダイ

所属部署芸術工学研究科情報環境デザイン領域
職名准教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:平11茨城大・工・情報卒.平13同大学院理工学研究科博士前期課程了.平17同大学院理工学研究科博士後期課程了.工博.同年農工大工学府特任助手.平19成蹊大理工学部契約助手.平20同大助教.平25名市大大学院芸術工学研究科准教授.現在に至る.
    分散仮想環境,センサネットワーク応用,生体情報の簡易計測に関する研究に従事.

学歴

  • 2001年04月 - 2005年09月, 茨城大学, 大学院理工学研究科, 情報・システム科学専攻
  • 1999年04月 - 2001年03月, 茨城大学, 大学院理工学研究科, 情報工学専攻
  • 1996年04月 - 1999年03月, 茨城大学, 工学部, 情報工学科

学位

  • 博士(工学), 茨城大学

所属学協会

  • ヒューマンインタフェース学会
  • ACM
  • IEEE
  • 日本バーチャルリアリティ学会
  • 電子情報通信学会

委員歴

  •   2019年04月 - 現在, ヒューマンインタフェース学会, 論文誌編集委員
  •   2017年06月 - 現在, 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ, HCG編集委員会委員
  •   2014年11月 - 現在, 芸術科学会 中部支部, 専門委員
  •   2010年10月 - 現在, 電子情報通信学会, 常任査読委員
  •   2016年06月 - 現在, 電子情報通信学会, メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究専門委員会 専門委員
  •   2019年04月 - 2020年03月, 電子情報通信学会, 「ヒューマンコミュニケーション」特集号(和文D)編集委員
  •   2019年05月 - 2020年02月, International Conference on Computer Applications 2020, Technical Program Committee Member
  •   2019年05月 - 2019年12月, The 2nd World Symposium on Communication Engineering 2019, Technical Program Committee Member
  •   2019年03月 - 2019年11月, 芸術科学会, NICOGRAPH2019 実行委員
  •   2018年09月 - 2019年02月, 2019 The 11th International Conference on Future Computer and Communication (ICFCC 2019), Technical Program Committee Member
  •   2018年02月 - 2019年01月, 電子情報通信学会, 「ヒューマンコミュニケーション」特集号(和文A) 編集委員
  •   2017年01月 - 2018年12月, IEEE Nagoya Section, Member Advancement and Nomination Chair
  •   2017年09月 - 2018年05月, The 3rd International Conference on Computer and Communication Systems (ICCCS 2018), Technical Program Committee Member
  •   2017年02月 - 2018年01月, 電子情報通信学会, 「ヒューマンコミュニケーション」特集号(和文D) 編集委員
  •   2017年01月 - 2017年10月, IEEE Metro Area Workshop in Nagoya 2017, Organization Committee Member
  •   2016年10月 - 2017年08月, ACM NetGames 2017, Technical Program Committee Member
  •   2010年06月 - 2016年06月, 電子情報通信学会, マルチメディア・仮想環境基礎研究専門委員会 専門委員
  •   2014年09月 - 2015年05月, The 4th ICT International Student Project Conference (ICT-ISPC2015), Technical Program Committee Member
  •   2013年10月 - 2014年12月, ACM Netgames 2014, Program Co-chair
  •   2014年03月 - 2014年09月, 日本バーチャルリアリティ学会, 第19回大会実行委員
  •   2012年09月 - 2013年09月, 電子情報通信学会, 「システム開発論文」特集号(和文D) 編集委員
  •   2009年05月 - 2013年05月, 電子情報通信学会, 和文論文誌D 編集委員
  •   2013年01月 - 2013年03月, 電子情報通信学会, 2013年総合大会 プログラム編成委員
  •   2012年03月 - 2013年03月, 電子情報通信学会, 「学生論文」特集号(和文D) 編集委員
  •   2011年03月 - 2012年03月, 電子情報通信学会, 「学生論文」特集号(和文D) 編集委員
  •   2009年05月 - 2011年05月, 電子情報通信学会, ヒューマンコミュニケーショングループ 編集委員会リエゾン委員
  •   2010年03月 - 2011年01月, 電子情報通信学会, 「ヒューマンコミュニケーション」特集号(和文D) 編集幹事
  •   2009年12月 - 2010年12月, ACM NetGames 2010, Technical Program Committee Member
  •   2009年10月 - 2010年10月, 電子情報通信学会, 「システム開発論文」特集号(和文D) 編集委員
  •   2006年10月 - 2010年10月, 電子情報通信学会, 臨時査読委員
  •   2008年05月 - 2010年05月, 電子情報通信学会, マルチメディア・仮想環境基礎研究専門委員会 幹事
  •   2009年03月 - 2009年12月, 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーションシンポジウム2009, 実行委員
  •   2009年01月 - 2009年09月, FIT2009 第8回情報科学フォーラム, 担当委員
  •   2009年09月 - 2009年01月, FIT2009 第8回情報科学フォーラム, 実行委員
  •   2008年03月 - 2008年12月, 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーションシンポジウム2008, 実行委員
  •   2007年08月 - 2008年06月, 電子情報通信学会, 「Human Communication III」特集号(英文D) 編集委員
  •   2006年09月 - 2008年05月, 電子情報通信学会, マルチメディア・仮想環境基礎研究専門委員会 幹事補佐
  •   2008年01月 - 2008年03月, 電子情報通信学会 2008年総合大会, プログラム編成委員
  •   2005年12月 - 2006年12月, ACM NetGames 2006, Technical Program Committee Member

経歴

  •   2017年01月 - 現在, 名古屋市立大学, 大学院医学研究科 予防・社会医学専攻 臨床医療デザイン学分野, 准教授 (兼務)
  •   2013年04月 - 現在, 名古屋市立大学, 大学院芸術工学研究科, 准教授
  •   2010年04月 - 2013年03月, 宇都宮大学 工学部 情報工学科, 非常勤講師 (兼任)
  •   2010年04月 - 2012年03月, 東京農工大学 工学部 情報工学科, 非常勤講師 (兼任)
  •   2008年04月 - 2013年03月, 成蹊大学 理工学部, 大学助教
  •   2007年04月 - 2008年03月, 成蹊大学 理工学部, 契約助手
  •   2005年10月 - 2007年03月, 東京農工大学 工学府, 特任助手

研究活動情報

研究分野

  • 情報学, メディア情報学・データベース

研究キーワード

    CGM, 消費者生成モデル(CGM), WEB社会, コンテンツ, コンテンツ制作, Islay, マルチモーダルインタフェース, エデュテインメント, 状態遷移図, 遠隔教育, Web-Com

論文

  • Optimum distance for voice navigation in walking support system for visually impaired, Akinari Ohfuji, Yoshihiro Taniura, Dai Hanawa, Kimio Oguchi , MATEC Web of Conferences, 169,   2018年05月, 査読有り
  • Noncontact estimation of qualitative flow velocity in nasal breathing by using far infrared imaging, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of IEEE Int. Conf. on Consumer Electronics - Taiwan, 135 - 136,   2018年05月, 査読有り
  • Human Action Estimation Based on Non-dedicated Sensor Information for Environmental Control in University Library, Kimio Oguchi, Yuta Masuda, Dai Hanawa, Proc. of 2016 IEEE Conf. on Syst., Process and Control, 70 - 75,   2016年12月, 査読有り
  • Basic Study on Non-contact Measurement of Human Oral Breathing by using Far Infra-Red Imaging, Dai Hanawa, Tomomi Ohguchi, Kimio Oguchi, Proc. of 37th Int. Conf. on Telecommun. and Signal Process., 681 - 684,   2016年, 査読有り
  • Multiple Use of the Information Captured by Cost-effective Sensor Networks in University Libraries, Kimio Oguchi, Takaaki Tomono, Dai Hanawa, Proc. of 2015 7th Int. Conf. on Ubiquitous and Future Networks, 749 - 753,   2015年07月, 査読有り
  • Human Positioning Estimation Method Using Received Signal Strength Indicator (RSSI) in a Wireless Sensor Network, Kimio Oguchi, Sho Maruta, Dai Hanawa, Procedia Computer Science, 34, 126 - 132,   2014年08月, 査読有り
  • Cost Comparison of Different ROADM Architectures, Shota Shimazaki, Yoshihiro Tamura, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Toshio Watanabe, Tetsuo Takahashi, Proc. of the 19th Asia-Pacific Conf. on Commun., 501 - 504,   2013年08月, 査読有り
  • Plant Growth Promotion System using Artificial Lighting - Experimental Setup Realization and Plant Growth Evaluation Method, Kosuke Miyagawa, Ryuichi Tsuchiya, Shota Shimazaki, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 36th Int. Conf. on Telecommun. and Signal Process., 603 - 606,   2013年07月, 査読有り
  • Fatigue Estimation Using Foot Pressure Sensors, Isamu Tanaka, Shuhei Terada, Ryuichi Tsuchiya, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 36th Int. Conf. on Telecommun. and Signal Process., 600 - 602,   2013年07月, 査読有り
  • Nasal Cavity Detection in Facial Thermal Images for Non-contact Measurement of Breathing, Dai Hanawa, Toshiki Morimoto, Shota Shimazaki and Kimio Oguchi, International Journal of Advances in Telecommunications, Electrotechnics, Signals and Systems, 2, (1) 34 - 39,   2013年01月, 査読有り
  • WDM Passive Network Design for Small Wavelength-count in Local Area/Home Applications, Kimio Oguchi, Tomoki Sakai, Dai Hanawa, Telecommunication Systems, 52, 1517 - 1523,   2013年, 査読有り
  • Motion Analysis of Devil Sticking by Motion Capture System, Masaya Furusato, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of IEEE-EMBS Conf. on Biomed. Eng., 134 - 139,   2012年12月, 査読有り
  • Motion Recognition in the Devil Sticking by DP Matching, Masaya Furusato, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 2012 Joint Conf. of the Int. Industrial Inf. Syst. Conf. & & the Int. Conf. on Comput., Commun. and Syst.,   2012年12月
  • Simulation Environment for Cloud Computing Robot's System, Ryuichi Tsuchiya, Shota Shimazaki, Shuhei Terada, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 2012 Joint Conf. of the Int. Industrial Inf. Syst. Conf. & & the Int. Conf. on Comput., Commun. and Syst.,   2012年12月, 査読有り
  • Cost Evaluation Analysis for Next Generation Home Network Using Optical Fiber, Shota Shimazaki, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of Photonics Global Conf.,   2012年12月, 査読有り
  • Proposed Traffic Control Method for Multiple Burst Traffic in the Next Generation Convergence Home Network, Kazuki Mochiduki, Tomoki Sakai, Shota Shimazaki, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of Triangle Sympo. on Advanced ICT 2012,   2012年09月, 査読有り
  • Star Type Home Backbone Network by Star Couplers, Kimio Oguchi, Shota Shimazaki, Dai Hanawa, Proc. of 21th Int. Conf. on Plastic Opt. Fibers, 146 - 151,   2012年09月, 査読有り
  • Multimode Connector Loss Measurement Considering DIY(Do It Yourself) installation, Shota Shimazaki, Ryuichi Tsuchiya, Kazuki Mochizuki, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 21th Int. Conf. on Plastic Opt. Fibers, 223 - 226,   2012年09月, 査読有り
  • Acceleration Sensor-based Security System for Orchards, Kimio Oguchi, Shuji Yamashita, Shuhei Terada, Dai Hanawa, Proc. of 4th Int. Conf. on Commun. and Electron.,   2012年08月, 査読有り
  • Nasal Cavity Detection in Facial Thermal Image for Non-contact Measurement of Breathing, Dai Hanawa, Toshiki Morimoto, Shuhei Tearda, Tomoki Sakai, Shota Shimazaki, Katsuhiro Igarashi, Ryuichi Tsuchiya, Kazuki Mochiduki, Masaya Furusato, Kimio Oguchi, Proc. of 35th Int. Conf. on Telecommun. and Signal Process., 586 - 590,   2012年07月, 査読有り
  • Simulation Environment based on Smartphones for Cloud Computing Robots, Ryuichi Tsuchiya, Shota Shimazaki, Tomoki Sakai, Katsuhiro Igarashi, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 35th Int. Conf. on Telecommun. and Signal Process., 96 - 100,   2012年07月, 査読有り
  • Proposal of Service Depend QoS Control in the Next-generation Home Network, Kazuki Mochiduki, Shota Shimazaki, Tomoki Sakai, Shuhei Terada, Katsuhiro Igarashi, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 35th Int. Conf. on Telecommun. and Signal Process., 169 - 172,   2012年07月, 査読有り
  • Nose Detection on Far infrared Image for Non-contact Measurement of Breathing, Dai Hanawa, Toshiki Morimoto, Shuhei Terada, Tomoki Sakai, Shota Shimazaki, Katsuhiro Igarashi, Kimio Oguchi, IEEE-EMBS Proc. of Int. Conf. on Biomedical and Health Informatics 2012, 878 - 881,   2012年01月, 査読有り
  • Relationship between Fatigue and Foot Pressure while Walking, Shuhei Terada, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, IEEE-EMBS Proc. of Int. Conf. on Bimedical and Health Informatics 2012, 483 - 486,   2012年01月, 査読有り
  • Measured Loss Characteristics of 1 x 2 Splitters for Figuring Double Star Topology, Shota Shimazaki, Tomoki Sakai, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of Int. Conf. on Opt. Commun. and Networks, 597, 71 - 72,   2011年12月, 査読有り
  • Optical Crosstalk Calculation Technique for Novel Photonic Network Simulator, Tomoki Sakai, Dai Hanawa, Kazuto Noguchi, Tadashi Sakamoto, Kimio Oguchi, Proc. of Int. Conf. on Opt. Commun. and Networks, 597, 15 - 16,   2011年12月, 査読有り
  • Sensor-based e-Healthcare in a Next Generation Convergence Home Network, Kimio Oguchi, Yusuke Enomoto, Shuhei Terada, Dai Hanawa, Proc. of 4th Int. Sympo. on Applied Sci. in Biomedical and Commun. Tech.,   2011年10月, 招待有り
  • Measured Loss Characteristics of Multi-Mode 1×N Splitter, Shota Shimazaki, Tomoki Sakai, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 20th Int. Conf. on Plastic Opt. Fibers, 185 - 188,   2011年08月, 査読有り
  • Double Star Feasibility in a Home Backbone Network, Kimio Oguchi, Shota Shimazaki, Tomoki Sakai, Dai Hanawa, Proc. of 20th Int. Conf. on Plastic Opt. Fibers, 519 - 523,   2011年08月, 査読有り
  • Basic Experimental Study on Visibility Dependence on the Signal Sign Pattern for Low Vision People, Kimio Oguchi, Kaoru Harasaki, Shuhei Terada, Dai Hanawa, Proc. of the 34th Int. Conf. on Telecommun. and Signal Process., 31 - 33,   2011年08月, 査読有り
  • Estimation for Spatial Distribution of Temperature and Humidity by Using Sensor Networks, Katsuhiro Igarashi, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of the 34th Int. Conf. on Telecommun. and Signal Process., 227 - 230,   2011年08月, 査読有り
  • Performance of Gait Authentication Using an Acceleration Sensor, Shuhei Terada, Yusuke Enomoto, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of the 34th Int. Conf. on Telecommun. and Signal Process., 34 - 36,   2011年08月, 査読有り
  • Feasibility of Assessing Rehabilitation Status by using Foot Pressure Sensor While Walking, Kimio Oguchi, Kasumi Miyazawa, Shuhei Terada, Dai Hanawa, Proc. of 3rd Int. Conf. on Biomedical & Pharmaceutical Eng.,   2011年08月, 査読有り
  • Gait Authentication using a Wearable Sensor, Shuhei Terada, Yusuke Enomoto, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 3rd Int. Conf. on Biomedical & Pharmaceutical Eng.,   2011年08月, 査読有り
  • Relationship between Shoe Heel Shape and Foot Pressure while Walking, Yurika Morinaga, Shuhei Terada, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 3rd Int. Conf. on Biomedical & Pharmaceutical Eng.,   2011年08月, 査読有り
  • ホームヘルスケアシステムにおける遠赤外線画像を用いた鼻呼吸検出法の提案(研究速報,ヒューマン情報処理,<特集>ヒューマンコミュニケーション〜人間中心の情報環境構築のための要素技術〜論文), 塙 大, 小出 泰介, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム, 94, (1) 260 - 263,   2011年01月, 査読有り, 本論文では,遠赤外線画像より取得した鼻部領域の温度変化から,人の鼻呼吸を非侵襲に検出する手法を提案する.実験の結果鼻部の正確な追跡が可能であれば,呼吸検出が可能であることを示す.
  • Low Power Consumption Enterprise/Campus Network that Realizes Wavelength VPN with AWG Loopback Connection, Tomoki Sakai, Shingo Yamakawa, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of Photonics Global Conf. 2010,   2010年12月, 査読有り
  • Automation of Non-intrusive Nasal Breathing Detection by using Far-Infrared Imaging, Dai Hanawa, Yohei Yaginuma, Yusuke Enomoto, Taisuke Koide, Shuhei Terada, Kimio Oguchi, Proc. of 7th Int. Conf. on Ubiquitous Healthcare, 47 - 48,   2010年10月, 査読有り
  • WDM Feasibility in a Home Backbone Network, Kimio Oguchi, Tomoki Sakai, Dai Hanawa, Proc. of the 19th Int. Conf. on Plastic Optical Fibers,   2010年10月, 査読有り
  • Software Simulator Prototype for Wavelength Routing Network Design, Tomoki Sakai, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Kazuto Noguchi, Tadashi Sakamoto, Proc. of 33th Int. Conf. on Telecommunications and Signal Processing, 363 - 366,   2010年08月, 査読有り
  • WDM Passive Netwroks Design for Small Wavelength-count in Local Area / Home Applications, Kimio Oguchi, Tomoki Sakai, Dai Hanawa, Proc. of 33th Int. Conf. on Telecommunications and Signal Processing, 367 - 371,   2010年08月, 査読有り
  • User Localization by a Wearable Sensor, Shuhei Terada, Yusuke Enomoto, Hisayoshi Endo, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 14th Int. Conf. on Biomedical Engineering,   2010年08月, 査読有り
  • Fall Detection System using Templete Approach, Hisayoshi Endo, Yusuke Enomoto, Shuhei Terada, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 14th Int. Conf. on Biomedical Engineering,   2010年08月, 査読有り
  • Novel Fall Detection Method with a Wearable Hybrid-type Sensor, Yusuke Enomoto, Hisayoshi Endo, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 14th Int. Conf. on Biomedical Engineering,   2010年08月, 査読有り
  • Using Motion Capture System to Analyze Side Arm Form in the Flying Disc Throw, Masataka Takeuchi, Hisayoshi Endo, Yusuke Enomoto, Shuhei Terada, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 14th Int. Conf. on Biomedical Engineering,   2010年08月, 査読有り
  • Wavelength VPN in the Enterprise Network with Loop Back AWG, Shingo Yamakawa, Tomoki Sakai, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of the 15th OptoElectronics and Communication Conf.,   2010年07月, 査読有り
  • Sensor Network for Creating Comfortable Environment in University Libraries, Dai Hanawa, Hideharu Yamamoto, Taisuke Koide, Tetsuya Shoji, Kei Suzuki, Shingo Yamakawa, Ichie Watanabe, Kimio Oguchi, Journal of the Chinese Institute of Engineers, 33, (5) 645 - 652,   2010年07月, 査読有り
  • Network Design for Wavelength Routing Netwroks, Kimio Oguchi, Tomoki Sakai, Dai Hanawa, Proc. of Int. Conf. on High Speed Intelligent Communication Forum,   2010年05月, 査読有り
  • Fall Detection Method based on Acceleration Sensor, Hisayoshi Endo, Yusuke Enomoto, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, IEEE Proc. of 2009 Int. Sympo. on Bioelectronics and Bioinfomatics, 120 - 123,   2009年12月, 査読有り
  • Breathing Detection by Far Infrared (FIR) Imaging in a Home Health Care System, Taisuke Koide, Shingo Yamakawa, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, IEEE Proc. of 2009 Int. Sympo. on Bioelectronics and Bioinfomatics, 206 - 209,   2009年12月, 査読有り
  • Vital Information Transfer and Supporting Technology in a Home Environment, Kimio Oguchi, Dai Hanawa, Shingo Yamakawa, Taisuke Koide, Shohei Terada, Proc. of 2nd Int. Sympo. on Applied Sciences in Biomedical and Communication Technologies,   2009年11月, 招待有り
  • A Basic Evaluation of Power Line Communication Based Infrastructure for Sensor Network in University Library, Dai Hanawa, Tetsuya Shoji, Kei Suzuki, Hideharu Yamamoto, Taisuke Koide, Shingo Yamakawa, Kimio Oguchi, Proc. of Intelligent Buildings and Smart Homes Conf. 2009, 95 - 97,   2009年11月, 査読有り
  • Sensor Network Test-bed Creating Comfortable Environment in University Library, Hideharu Yamamoto, Taisuke Koide, Shingo Yamakawa, Kei Suzuki, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of Intelligent Buildings and Smart Homes Conf. 2009, 98 - 100,   2009年11月, 査読有り
  • Breathing Detection by Far Infrared (FIR) Imaging in a Home Healthcare System, Taisuke Koide, Shingo Yamakawa, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of Intelligent Buildings and Smart Homes Conf. 2009, 144 - 147,   2009年11月, 査読有り
  • Investigation on an Air-conditioning System for the Library in Japan, Hideharu Yamamoto, Kei Suzuki, Taisuke Koide, Shingo Yamakawa, Dai Hanawa, Ichie Watanabe, Kimio Oguchi, Proc. of 10th Int. Conf. on Computers, Communications and System, 112 - 115,   2009年11月, 査読有り
  • Data Processing for Fall Detection Using an Acceleration Sensor, Yusuke Enomoto, Hisayoshi Endo, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 10th Int. Conf. on Computers, Communications and System, 128 - 131,   2009年11月, 査読有り
  • Application of WDM Technologies in Home Network Environment, Kimio Oguchi, Shohei Terada, Yu Kakishima, Shingo Yamakawa, Dai Hanawa, Proc. of the 18th Int. Conf. on Plastic Optical Fibers,   2009年09月, 査読有り
  • A Study on the Network Traffic of Communication Environment in the Next Generation Convergence Home Network, Dai Hanawa , Tetsuya Shoji, Shingo Yamakawa, Tomoki Sakai, Taisuke Koide, Shuhei Terada, Yuki Saito, Kimio Oguchi, Proc. of the 18th Int. Conf. on Plastic Optical Fibers,   2009年09月, 査読有り
  • POF for Fiber To The Desk (FTTD) in the Enterprise/Campus Area, Shingo Yamakawa, Tomoki Sakai, Tetsuya Shoji, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of the 18th Int. Conf. on Plastic Optical Fibers,   2009年09月, 査読有り
  • Breathing Detection by Far Infrared (FIR) Imaging in a Home Healthcare System, Taisuke Koide, Shohei Terada, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 3rd Int. Sympo. on Medical Information and Communication Technologies,   2009年02月, 査読有り
  • Dead Reckoningを用いたリアルタイムWebゲームの設計と評価(応用,<特集>サイバーワールド論文), 河野義広, 宮田昌廣, 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム, 91, (12) 2833 - 2843,   2008年12月, 査読有り, 近年,インターネット上で動作するオンラインゲームの市場が急速に普及してきている.特に,アクションゲームやスポーツゲームなどのように高いリアルタイム性が要求されるアプリケーションにおいては,通信遅延,通信帯域の問題が顕著である.本論文では,現在広く普及しているWeb上のAjaxシステムに着目し,ユーザがWebブラウザを通して簡単に利用できるリアルタイムWebゲームの実現可能性を考察する.筆者らは既にこの種の分散仮想環境の要素技術として,独自のDead Reckoning (DR)手法を提案している.そこで,リアルタイムWebゲームにおけるHTTP通信の制限を克服するため,DRを導入しその実現性を評価した.その結果,提案手法は様々な種類のリアルタイムWebアプリケーションに適用可能であることが確認された.
  • Double-star Type Wavelength Division Multiplexing (WDM) Core Network in a Next generation Convergence Home Network, Yu Kakishima, Shohei Terada, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 9th Int. Conf. on Computers, Communications and System, 149 - 154,   2008年11月, 査読有り
  • Sensor Network Installation Architecture for the Next Generation Home Network with POF, Shohei Terada, Shingo Yamakawa, Yu Kakishima, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of the 17th Int. Conf. on Plastic Optical Fibers,   2008年08月, 査読有り
  • Wavelength Routing Network Testbed with POF link for Large Contents Distribution Applications, Kimio Oguchi, Shohei Terada, Yu Kakishima, Shingo Yamakawa, Dai Hanawa, Teruyuki Taniguchi, Takashi Kawakami, Proc. of the 17th Int. Conf. on Plastic Optical Fibers, 225 - 226,   2008年08月, 査読有り
  • A Prototype of the Test-bed for Networked Real-time Communication with High Sense of Presence in the Next generation Convergence Home Network, Dai Hanawa, Shohei Terada, Yu Kakishima, Shingo Yamakawa, Teruyuki Taniguchi, Takashi Kawakami, Kimio Oguchi, Proc. of the 17th Int. Conf. on Plastic Optical Fibers,   2008年08月, 査読有り
  • Architecture of Full-Mesh WDM-PON with Protection, Shohei Terada, Masaki Hamada, Satoru Makise, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc of Joint Conf. of the Opto-Electronics and Communications Conf. and the Australian Conf. on Optical Fibre Technology, 632 - 633,   2008年07月, 査読有り
  • Dynamic Traffic Control Method for QoS Improvement in the Next generation Convergence Home Network, Shohei Terada, Yu Kakishima, Shingo Yamakawa, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of 13th European Conf. on Networks and Optical Communications, 182 - 187,   2008年07月, 査読有り
  • Physical Configuration of the Next Generation Home Network, Shohei Terada, Yu Kakishima, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, IEICE Transactions on Communications, E91-B, (7) 2169 - 2177,   2008年07月, 査読有り
  • A New Concept for Real-Time Web Games - Developing Highly Real-Time Web Games, Yoshihiro Kawano, Masahiro Miyata, Dai Hanawa, Tatsuhiro Yonekura, Proc. of 6th Int. Conf. on Web Information Systems and Technologies, 171 - 177,   2008年05月, 査読有り
  • Vital Information Sensing System Technologies and Experiments in the Next Generation Convergence Home Network, Kimio Oguchi, Yasuhiro Okazaki, Shohei Terada, Yu Kakishima, Shingo Yamakawa, Dai Hanawa, Proc. of the 2nd Int. Sympo. on Medical Information and Communication Technology 2007,   2007年12月, 査読有り
  • A Multiuser Communication Environment with High Sense of Presence in the Next Generation Home Network, Dai Hanawa, Akira Kohno, Shingo Yamakawa, Shohei Terada, Kimio Oguchi, Proc. of Taiwan-Japan Joint Conf. on Communications Technology, 16 - 18,   2007年11月, 査読有り
  • Wiring the Physical Network of the Next Generation Home Network, Yu Kakishima, Kohei Okada, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of Taiwan-Japan Joint Conf. on Communications Technology, 11 - 15,   2007年11月, 査読有り
  • On an Analysis of Pass Play in a Virtual Ball Game, Kazufumi Osato, Tatsuhiro Yonekura, Yoshihiro Kawano, Dai Hanawa, IEEE Proc. of 2007 Int. Conf. on Cyberworlds, 187 - 193,   2007年11月, 査読有り
  • Traffic Management for Prioritized Information in the Next Generation Home Network, Shingo Yamakawa, Shohei Terada, Yu Kakishima, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of the Asia-Pacific Optical Communication Conf. 2007, 6784, (Pt.2) 1 - 67842,   2007年11月, 査読有り
  • Two Educational Simulators for Basic Technologies of High Performance Computing, Masatoshi Ishikawa, Dai Hanawa, Norihide Shinagawa, Takaya Fujita, Keichi Kaneko, Proc. of 8th Int. Conf. on Information Technology Based Higher Education and Training,   2007年07月, 査読有り
  • Improvement on the Accuracy of the Polynomial Form Extrapolation Model in Distributed Virtual Environment, Dai Hanawa, Tatsuhiro Yonekura, The Visual Computer, 23, (5) 369 - 379,   2007年05月, 査読有り
  • A Proposal of Dead Reckoning Protocol in Distributed Virtual Environment Based on the Taylor Expansion, Dai Hanawa, Tatsuhiro Yonekura, IEEE Proc. of 2006 Int. Conf. on Cyberworlds, 107 - 114,   2006年11月, 査読有り
  • On the Error Modeling of Dead Reckoned Data in a Distributed Virtual Environment, Dai Hanawa, Tatsuhiro Yonekura, IEEE Proc. of 2005 Int. Conf. on Cyberworlds, 279 - 286,   2005年11月, 査読有り
  • An Error Analysis of Polynomial Form Dead Reckoning Model Based on a Numerical Analysis, Dai Hanawa, Tatsuhiro Yonekura, Yoshiki Kishi, The Electronic International Journal of Advanced Modeling and Optimization, 7, (1) 85 - 98,   2005年04月, 査読有り
  • 通信遅延を伴う分散仮想環境データのテイラー展開による予測手法(マルチメディア処理), 米倉達広, 塙大, 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理, 87, (12) 2209 - 2220,   2004年12月, 査読有り, 本論文では,まず遅延のある仮想空間上において離散時刻にのみ観測される仮想ユーザ(アバタ)の動きを精度良く推定し,現在の相手アバタの動きを予測する一般的な考え方と実現方法を導出する.次にその手法に基づいて,従来から広く用いられていた予測手法により生ずる予測誤差を理論的に解析する.この解析手法の開発は,これまでad.hocに提案されていたアバタ間の予測型インタラクションプロトコルモデルのもつ性能に対して理論的根拠を与えると同時にその適応範囲を示唆するものであることを示す.本論文の対象は遅延を伴って観測される仮想オブジェクトやアバタの属性情報である.これらは本来,時間的に連続な空間ベクトルの動きとみなせるため,これに対する時間軸上でのテイラー展開の適用は,精度の良い予測や補間を可能にすると考えられる.本論文ではこの具体的なアルゴリズムの導出とその性質の解明により,アバタ属性に対する予測の際の平均予測誤差の算出法を導出する.これら一連の手法により,アバタに対する予測の精度が,それに用いる予測式や入力データ(時刻印や更新間隔)にどう依存するかが明らかとなり,その結果急増する遠隔操作型アプリケーション設計時の操作性への指標を与えることが可能となろう.テイラー展開の次数をパラメータとする実データの平均予測誤差,並びにこの予測誤差と提案手法による予測誤差モデルとのずれ,すなわち理論モデルの近...
  • Peer-to-Peer Networked Field-type Virtual Environment by Using AtoZ, Tatsuhiro Yonekura, Yoshihiro Kawano, Dai Hanawa, IEEE Proc. of 2004 Int. Conf. on Cyberworlds, 241 - 248,   2004年11月, 査読有り
  • 相補予測と AtoZ(Allocated Topographical Zone) によるP2P型ネットワーク仮想球技へのアプローチ, 河野義広, 塙大, 米倉達広, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌 = Transactions of the Virtual Reality Society of Japan, 9, (2) 141 - 150,   2004年06月, 査読有り
  • Relationship Between Network Latency and Information Quality in a Synchronized Distributed Virtual Environment, Dai Hanawa, Tatsuhiro Yonekura, IEEE Proc. of Virtual Reality 2004, 227 - 228,   2004年03月, 査読有り
  • 遅延のあるネットワークを介した仮想空間上の複数アバタのための適応型動作予測フィルタ(研究速報), 米倉達広, 塙大, 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界, 86, (11) 1231 - 1234,   2003年11月, 査読有り, 共有仮想空間(DVE)におけるネットワーク遅延の問題が表面化している.我々は本論文で,ネットワーク遅延補償を目的とした,複数利用者間の相互行動予測のための共有仮想空間の構築方法を提案する.具体的には,複数アバタ同士の,遅延による実体とのずれを誤差とし,これを適宜修正する適応型フィルタを提案する.
  • 分散仮想環境上の協調型タスクモデルにおける遅延による情報損失とパフォーマンス劣化の関連について, 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界, 86, (6) 718 - 722,   2003年06月, 査読有り, 本論文では,分散仮想環境上で行われる協調型タスクにおける効率のモデル化を試みる.具体的には,遅延量や更新間隔などの遅延属性によるタスクパフォーマンスの劣化を,条件付きエントロピーの積分範囲の観点からモデル化した.その結果,更新間隔と遅延の変動がパフォ-マンスの劣化に大きく寄与していることが知られた.
  • The Relationship Between Performance Degradation and Loss of Information Caused by Lag Attributes on Collaborative Task Models in a DVE, Dai Hanawa, Tatsuhiro Yonekura, Proc. of Int. Conf. on Artificial Reality and Tele-Existence 2002, 133 - 140,   2002年12月, 査読有り
  • 遅延を伴う分散仮想環境での状態予測を用いた協調型タスクのパフォーマンス劣化補償, 米倉達広, 塙大, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌 = Transactions of the Virtual Reality Society of Japan, 7, (4) 543 - 554,   2002年12月, 査読有り
  • A Basic Estimation of Predictive Feedback Loop (PFL) in a Distributed Virtual Environment (DVE) with Lag, Dai Hanawa, Tatsuhiro Yonekura, IFIP Proc. of Human-Computer Interaction INTERACT '01, 696 - 697,   2001年07月, 査読有り

MISC

  • Multiple Users Simultaneous Measurement of Human Breathing by using Far Infrared Imaging, Dai Hanawa, Ryohei Takatori, Riana Uchima, Kimio Oguchi, Proc. of the 7th Int. Multi-Conf. on Eng. and Technol. Innovation 2018,   2018年11月, 査読有り
  • Basic Study on Building Energy Visualization System Encouraging to Energy Saving Activities by Using Gamified Interaction in a University Campus, Riana Uchima, Kenta Maruyama, Dai Hanawa, Gyuyoung Yoon, Proc. of the 7th Int. Multi-Conf. on Eng. and Technol. Innovation 2018,   2018年11月, 査読有り
  • Visibility of Low-visions under LED Lighting, Takayuki Hirayama, Dai Hanawa and Kimio Oguchi, Proc. of the 7th Int. Multi-Conf. on Eng. and Technol. Innovation 2018,   2018年11月, 査読有り
  • 大学施設における省エネ行動を誘発するための建物エネルギー可視化システムに関する基礎検討, 内間理亜奈,丸山健太,塙大,尹奎英, 平成30年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会 講演論文集,   2018年09月
  • 遠赤外線画像を用いた複数ユーザの非接触計測法の検討, 高取陵平,塙大,小口喜美夫, 電子情報通信学会総合大会 情報・システムソサイエティ特別企画 学生ポスターセッション予稿集, ISS-SP-098,   2018年03月
  • アニメーション制作における「おばけ」表現を生成する自動中割りシステムの検討, 野口勇気,塙大, 電子情報通信学会総合大会 情報・システムソサイエティ特別企画 学生ポスターセッション予稿集, ISS-SP-098,   2018年03月
  • 重症心身障がい児者施設における映像投影型エンタテイメントシステム, 服部祐季,塙大,鈴木賢一,高野真悟, 電子情報通信学会技術研究報告, 117, (485(MVE2017-90)) 129 - 132,   2018年03月
  • Graphy: 係り受け解析を用いた成長する概念グラフを生成するチャットボット, 土井麻未,塙大, インタラクション2018論文集, 2P07,   2018年03月
  • 重症心身障がい児者施設における映像投影型エンタテイメントシステムの検討, 服部祐季,塙大,鈴木賢一,高野真悟, インタラクション2018論文集, 1P07,   2018年03月
  • Non-contact estimation of the strength of human nasal airflow by using Far Infrared Imaging, Dai Hanawa, Rohei Takatori, Kimio Oguchi, Proc. of the 6th Int. Multi-Conf. on Eng. and Technol. Innovation,   2017年10月, 査読有り
  • Kinectを用いたイラスト制作時のポーズ決定支援システムの基礎検討, 梅野愛彩華,塙大, 電子情報通信学会技術研究報告, 116, (496(MVE2016-68)) 155 - 158,   2017年03月
  • 快適な起床をサポートする生活支援アプリケーションの検討, 松本和馬,塙大, 電子情報通信学会技術研究報告, 116, (496(MVE2016-51)) 47 - 50,   2017年03月
  • 遠赤外線画像を用いた口呼吸の非接触計測手法の検討, 大口朋美,塙大,小口喜美夫, 電子情報通信学会技術研究報告, 115, (495) 245 - 246,   2016年03月
  • 家庭におけるセンサネットワークを用いた遠隔共同植物栽培システムの検討, 野田万岐子,塙大, 電子情報通信学会技術研究報告, 115, (495(MVE2015-64)) 57 - 58,   2016年03月
  • Nasal Cavity Detection for Non-contact Nasal Airflow Estimation using Far Infrared Imaging, Dai Hanawa, Akiko Murakami, Kimio Oguchi, IEEE Proc. of EMBC2015,   2015年08月, 査読有り
  • Non-contact Estimation of Nasal Airflow Velocity using Far Infrared Imaging, Dai Hanawa, Akiko Murakami, Kimio Oguchi, IEEE Proc. of EMBC2015,   2015年08月, 査読有り
  • 遠赤外線画像を用いた鼻呼吸の非接触流速推定に関する一検討, 村上亜希子,塙大,小口喜美夫, 電子情報通信学会技術研究報告, 114, (487) 211 - 212,   2015年03月
  • ライブ映像と連動する無線制御ペントシステムの提案, 内山萌,塙大, インタラクション2015論文集, C21,   2015年03月
  • ゲームニクス理論に基づく健康的な生活を促進するための仮想ペットアプリケーションの提案, 市川真菜,塙大, インタラクション2015論文集, B36,   2015年03月
  • マッサージの効果と顔面熱分布の関連性の検討, 高橋明秀,島崎翔太,五十嵐勝洋,寺田周平,塙大,小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2013,   2013年03月
  • 足裏圧力センサを用いた歩行時の疲労推定法の検討, 田中勇武,寺田周平,土屋竜一,古里昌也,望月一輝,五十嵐勝洋,島崎翔太,塙大,小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2013,   2013年03月
  • デビルスティックの熟達度に関する定量的評価, 古里昌也,塚田善貴,寺田周平,塙大,小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2013,   2013年03月
  • クラウドロボットシミュレーション環境におけるロボット端末数の拡張に関する検討, 土屋竜一,島崎翔太,塙大,小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2013,   2013年03月
  • 大学図書館におけるRSSIを利用した人物位置推定手法の検討, 丸田祥,望月一輝,土屋竜一,古里昌也,五十嵐勝洋,島崎翔太,寺田周平,塙大,小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2013,   2013年03月
  • 次世代ROADM構成におけるコスト評価, 島崎翔太,田村吉宏,塙大,渡辺俊夫,高橋哲夫,小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2013,   2013年03月
  • DIYによる取付を考慮したPOFマルチモードのコネクタ損失測定, 島崎翔太,塙大,小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2013,   2013年03月
  • デビルスティックにおけるセンタースティックの動作解析, 塚田善貴,古里昌也,土屋竜一,島崎翔太,塙大,小口喜美夫, 平成24年度電子情報通信学会東京支部学生研究発表会講演論文集,   2013年03月
  • 住環境における電磁場と心拍変動の関係性, 井口涼太,土屋竜一,望月一輝,古里昌也,五十嵐勝洋,島崎翔太,寺田周平,塙大,小口喜美夫, 平成24年度電子情報通信学会東京支部学生研究発表会講演論文集,   2013年03月
  • ソフトウェアルータを用いた次世代ホームネットワークにおけるバーストトラヒック衝突の回避法の性能実験, 望月一輝,島崎翔太,寺田周平,塙大,小口喜美夫, 平成24年度電子情報通信学会東京支部学生研究発表会,   2013年03月
  • 次世代光ホームバックボーンネットワーク構成, 小口喜美夫, 島崎翔太, 塙大, 成けい大学理工学研究報告, 49, (2) 97 - 100,   2012年12月01日
  • 大学生の腰痛・肩こり等の身体症状と,歩行動作・重心バランスの関係について, 万年宏美, 宮澤かすみ, 法性玲子, 古川幸意, 寺田周平, 塙大, 小口喜美夫, Campus Health, 49,   2012年09月
  • スマートフォンを用いたクラウドロボット動作のためのシミュレーション環境の提案, 土屋竜一, 島崎翔太, 坂井智紀, 寺田周平, 五十嵐勝洋, 塙大, 小口喜美夫, 小口喜美夫, 電子情報通信学会技術研究報告, 112,   2012年04月
  • 歩行中の足圧分析による疲労の特徴量の検討, 寺田周平, 塙大, 小口喜美夫, 小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2012,   2012年03月06日
  • センサネットワークを用いた大学図書館内の温湿度分布推定手法の実験的評価, 五十嵐勝洋, 坂井智紀, 寺田周平, 塙大, 小口喜美夫, 小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2012,   2012年03月06日
  • スマートフォンを用いたクラウドロボット動作のためのシミュレーション環境の検討, 土屋竜一, 島崎翔太, 五十嵐勝洋, 坂井智紀, 寺田周平, 塙大, 小口喜美夫, 小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2012,   2012年03月06日
  • モーションキャプチャによるデビルスティックの動作解析, 古里昌也, 五十嵐勝洋, 島崎翔太, 坂井智紀, 寺田周平, 塙大, 小口喜美夫, 小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2012,   2012年03月06日
  • 波長ルーティングネットワークにおけるクロストーク算出法の検討, 坂井智紀, 塙大, 野口一人, 阪本匡, 高橋哲夫, 小口喜美夫, 小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2012,   2012年03月06日
  • 遠赤外線画像を用いた非接触型呼吸計測における鼻部領域検出の精度向上に関する検討, 森元俊樹, 寺田周平, 坂井智紀, 五十嵐勝洋, 島崎翔太, 塙大, 小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2012,   2012年03月06日
  • 剣道における面打ち動作時の竹刀の中心支配に関する検討, 藤田光博, 寺田周平, 坂井智紀, 五十嵐勝洋, 島崎翔太, 塙大, 小口喜美夫, 小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2012,   2012年03月06日
  • LED照明下での屋内における弱視者の視認性の検討, 平山貴之, 坂井智紀, 寺田周平, 塙大, 小口喜美夫, 小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2012,   2012年03月06日
  • 音楽の拍子が自律神経系に与える影響に関する検討, 畔見直樹, 寺田周平, 坂井智紀, 五十嵐勝洋, 島崎翔太, 塙大, 小口喜美夫, 小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2012,   2012年03月06日
  • POFマルチモード1xNスプリッタの損失特性, 島崎翔太, 坂井智紀, 寺田周平, 塙大, 小口喜美夫, 小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2012,   2012年03月06日
  • 次世代ホームネットワークにおける有効的な帯域使用の検討, 望月一輝, 島崎翔太, 坂井智紀, 寺田周平, 塙大, 小口喜美夫, 小口喜美夫, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2012,   2012年03月06日
  • 顔面熱画像を用いた非接触型呼吸計測における鼻部領域自動検出機能の考察, 塙大,森元俊樹,寺田周平,坂井智紀,島崎翔太,五十嵐勝洋,小口喜美夫, 2011年度HCGシンポジウム予稿集, I-9,   2011年12月
  • 遠赤外線画像を用いた非接触型呼吸計測における鼻部領域検出法の検討, 森元俊樹,柳沼洋平,寺田周平,坂井智紀,五十嵐勝洋,島崎翔太,塙大,小口喜美夫, 電子情報通信学会技術研究報告, MVE2011-40,   2011年10月
  • A-16-5 遠赤外線画像を用いた鼻呼吸計測における鼻部領域検出法の検討(A-16.マルチメディア・仮想環境基礎,一般セッション), 柳沼 洋平, 榎本 裕亮, 寺田 周平, 坂井 智紀, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011,   2011年02月28日
  • B-12-24 波長ルーティングネットワークにおけるWTM法を用いたクロストーク算出モデルの一般化(B-12.フォトニックネットワーク,一般セッション), 坂井 智紀, 塙 大, 野口 一人, 阪本 匡, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011,   2011年02月28日
  • B-20-34 センサネットワークを用いた大学図書館内の温湿度分布推定法の検討(B-20.ユビキタス・センサネットワーク,一般セッション), 五十嵐 勝洋, 坂井 智紀, 寺田 周平, 榎本 裕亮, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011,   2011年02月28日
  • B-21-10 加速度センサを用いた果樹園防犯システムに関する基礎的検討(B-21.アドホックネットワーク,一般セッション), 山下 修司, 寺田 周平, 榎本 裕亮, 坂井 智紀, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011,   2011年02月28日
  • B-21-13 ホップ数に応じた複数エリア対応型ジオキャストルーチング(B-21.アドホックネットワーク,一般セッション), 島崎 翔太, 坂井 智紀, 寺田 周平, 榎本 裕亮, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011,   2011年02月28日
  • D-7-3 足圧力センサを用いたテンプレート法による転倒検出法の検討(D-7.MEとバイオサイバネティックスB,一般セッション), 榎本 裕亮, 寺田 周平, 坂井 智紀, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011,   2011年02月28日
  • D-7-4 歩行動作におけるストレッチング効果の検討(D-7.MEとバイオサイバネティックスB,一般セッション), 松屋 翔大, 榎本 裕亮, 寺田 周平, 坂井 智紀, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011,   2011年02月28日
  • D-7-5 ヒール形状と歩行時の足圧の関係(D-7.MEとバイオサイバネティックスB,一般セッション), 森永 百合香, 寺田 周平, 榎本 裕亮, 坂井 智紀, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011,   2011年02月28日
  • D-7-6 ジョギング中における時間とフォームとの関連性の実験的検討(D-7.MEとバイオサイバネティックスB,一般セッション), 古川 昌司, 榎本 裕亮, 坂井 智紀, 寺田 周平, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011,   2011年02月28日
  • D-7-7 光の質が学習環境に与える影響に関する検討(D-7.MEとバイオサイバネティックスB,一般セッション), 矢吹 拓也, 寺田 周平, 坂井 智紀, 榎本 裕亮, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011,   2011年02月28日
  • D-7-8 運動時の音楽聴取による身体への影響についての検討(D-7.MEとバイオサイバネティックスB,一般セッション), 石村 友紀, 寺田 周平, 坂井 智紀, 榎本 裕亮, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011,   2011年02月28日
  • センサネットワークを用いた大学図書館内の温湿度分布推定法の提案(五感メディアの品質,コミュニケーションデザイン,画像符号化,食メディア,一般), 五十嵐 勝洋, 坂井 智紀, 寺田 周平, 榎本 裕亮, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 110, (457) 1 - 2,   2011年02月, 本稿では,大学図書館内に設置されたセンサネットワークの各ノードより取得されるデータから,任意地点の温湿度を推定する手法を提案する.予備実験の結果より,提案手法は温度,湿度ともに概ね良好な精度で推定可能であることを示す.
  • B-18-1 ウェアラブルセンサを用いた歩行認証方法の検討(B-18. バイオメトリックシステムセキュリティ), 寺田 周平,榎本 裕亮,塙 大,小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011,   2011年02月
  • User Localization by a Wearable Sensor, Shuhei Terada, Yusuke Enomoto, Hisayoshi Endo, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, 成蹊大学理工学部研究報告, 47, (2) 49 - 51,   2010年12月
  • 遠赤外線画像を用いた鼻呼吸検出の自動化に関する一検討, 塙 大,柳沼 洋平,榎本 裕亮,小出 泰介,小口 喜美夫, FIT2010 第9回情報科学技術フォーラム講演論文集, 2009, (3) 693 - 696,   2010年09月
  • Traffic Pattern Variation in Video Streaming Application via Power Line Communication, Dai Hanawa, Tetsuya Shoji, Shingo Yamakawa, Kimio Oguchi, Proc. of Int. Conf. on Advanced Infocomm Technology,   2010年07月, 査読有り
  • B-7-36 次世代ホームネットワークにおける様々なトラヒックパターンを考慮した帯域制御法の検討(B-7.情報ネットワーク,一般セッション), 庄司 哲也, 山川 真悟, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010,   2010年03月02日
  • B-12-1 アクセスネットワークにおける帯域使用効率向上の一検討(B-12.フォトニックネットワーク,一般セッション), 斉藤 友樹, 山川 真悟, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010,   2010年03月02日
  • B-12-2 キャンパスネットワークにおける低消費電力化FTTD実現性の検討(B-12.フォトニックネットワーク,一般セッション), 山川 真悟, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010,   2010年03月02日
  • B-12-7 伝送制限を考慮した波長ルーティングネットワークシミュレーションツールの検討(B-12.フォトニックネットワーク,一般セッション), 坂井 智紀, 山川 真悟, 塙 大, 野口 一人, 阪本 匡, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010,   2010年03月02日
  • A-16-3 図書館の空調管理における温湿度情報取得のためのセンサ配置法の検討(A-16.マルチメディア・仮想環境基礎,一般セッション), 鈴木 慧, 山本 秀春, 小出 泰介, 塙 大, 渡邊 一衛, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010,   2010年03月02日
  • D-7-2 フライングディスクにおけるモーションキャプチャシステムを用いたサイドアームスローフォームの考察(D-7.MEとバイオサイバネティックスA,一般セッション), 竹内 將貴, 遠藤 久慶, 榎本 裕亮, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010,   2010年03月02日
  • D-7-3 遠赤外線画像を用いた鼻呼吸検出法におけるデータ量の検討(D-7.MEとバイオサイバネティックスA,一般セッション), 小出 泰介, 鈴木 慧, 山川 真悟, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010,   2010年03月02日
  • D-7-4 ウェアラブルセンサを用いた転倒検出法の検討(D-7.MEとバイオサイバネティックスA,一般セッション), 榎本 裕亮, 遠藤 久慶, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010,   2010年03月02日
  • D-7-5 テンプレート法を用いた転倒検出法の検討(D-7.MEとバイオサイバネティックスA,一般セッション), 遠藤 久慶, 榎本 裕亮, 塙 大, 小口 喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010,   2010年03月02日
  • ウェアラブルセンサを用いた自己位置取得方法の検討, 寺田周平,榎本裕亮,遠藤久慶,塙大,小口喜美夫, 平成21年度電子情報通信学会東京支部学生研究発表会講演論文集,   2010年03月
  • 大学図書館におけるセンサネットワークを用いた空調管理システムの検討, 山本 秀春,鈴木 慧,小出 泰介,山川 真悟,塙 大,渡邉 一衛,小口 喜美夫, 2009年度HCGシンポジウム論文集,   2009年12月
  • 遠赤外線カメラを用いた鼻呼吸検出法における頭部の回旋角度と撮影距離の考察(萌芽セッション,生活メディア), 小出泰介, 山川真悟, 山本秀春, 鈴木慧, 塙大, 小口喜美夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 109, (281) 23 - 24,   2009年11月05日, 近年,日常の健康管理,高齢者や乳幼児の安否確認へのニーズが高まっており,次世代のホームヘルスケアシステムの開発が求められている.この中で,生体情報のセンシングは重要課題の一つであり,現在筆者らは,遠赤外線カメラを用いた非侵襲での呼吸検出法を検討している.本稿では,頭部の回旋角度,及びカメラと被験者間の撮影距離に対する鼻部温度変化特性ついて考察する.
  • 大学図書館の吹き抜け空間における遠赤外線カメラを用いた温度分布取得法の検討(萌芽セッション,生活メディア), 山本秀春, 鈴木慧, 小出泰介, 山川真吾, 塙大, 渡邉一衛, 小口喜美夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 109, (281) 25 - 26,   2009年11月05日, 著者らは大学図書館を対象とした省電力で,かつ人と蔵書に快適な環境を提供する空調管理システムの研究を行っている.本稿では,吹き抜けを有する図書館において,遠赤外線カメラにより館内の温度分布の変化をリアルタイムで取得する方法の検討を行った.
  • ホームヘルスケアシステムにおける遠赤外線画像を用いた鼻呼吸検出法の検討, 小出泰介, 山川真悟, 鈴木慧, 塙大, 小口喜美夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 109, (149) 49 - 52,   2009年07月16日, 近年の高齢化社会の進展に伴い,次世代のホームヘルスケアシステムの開発が求められている.その中で,生体情報のセンシングはシステム実現への重要な課題であり,特にウェアラブルセンサを用いた方法が各種提案されている.しかし,これらのセンサは継続的な装着を必要としてしまうため,非拘束でかつ遠隔(例えば家庭内等)でのセンシング技術望ましい.そこで本研究では,遠赤外線カメラにより撮影した顔画像から鼻部を追跡し,周辺の温度変化を測定することで,非拘束での呼吸検出法として提案し,その性能を評価した.実験結果より,呼吸をほぼ正確に検出できることを確認した.更に,実用化に向けて頭部が動いたときへの対応について検討した.
  • Gait Analysis on Stairs Using a Template Method, Hisayoshi Endo, Yusuke Enomoto, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Porc. of the 1st Biennial Conf. of the Society for Ambulatory Assessment,   2009年06月, 査読有り
  • Processing Acceleration Sensor Data to Detect Falls, Yusuke Enomoto, Hisayoshi Endo, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of the 1st Biennial Conf. of the Society for Ambulatory Assessment,   2009年06月, 査読有り
  • A-19-17 視覚障害者に最適な音声ナビゲーション距離の検討(A-19.福祉情報工学,一般セッション), 大藤彬成, 小出泰介, 寺田昌平, 塙大, 小口喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2009,   2009年03月04日
  • B-7-18 次世代ホームネットワークにおける動的トラヒック制御法の提案(B-7.情報ネットワーク,一般セッション), 寺田昌平, 山川真吾, 塙大, 小口喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2009,   2009年03月04日
  • B-12-10 WDMを用いた次世代ホームネットワーク物理網構成の検討(B-12.フォトニックネットワーク,一般セッション), 柿島悠, 遠藤久慶, 小出泰介, 塙大, 小口喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2009,   2009年03月04日
  • B-12-11 複数のWDM-PONを収容したネットワーク構成におけるマルチキャスト実現法の比較検討(B-12.フォトニックネットワーク,一般セッション), 遠藤大輔, 寺田昌平, 塙大, 小口喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2009,   2009年03月04日
  • D-7-14 ホームヘルスケアシステムにおける遠赤外線画像を用いた鼻呼吸の検出法の検討(D-7. MEとバイオサイバネティックス,一般セッション), 小出泰介, 塙大, 小口喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2009,   2009年03月04日
  • D-7-13 動作解析におけるフィードバック法の検討(D-7. MEとバイオサイバネティックス,一般セッション), 遠藤久慶, 寺田昌平, 塙大, 小口喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2009,   2009年03月04日
  • D-7-8 加速度センサを用いた転倒検出法の検討(D-7. MEとバイオサイバネティックス,一般セッション), 榎本裕亮, 遠藤久慶, 寺田昌平, 塙大, 小口喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2009,   2009年03月04日
  • 次世代ホームネットワークにおけるトラヒック特性を考慮した動的トラヒックコントロール法の提案, 寺田昌平, 塙大, 小口喜美夫, 成蹊大学理工学研究報告, 45, (2) 63 - 67,   2008年12月
  • 次世代ホームネットワークと食生活への応用(生活メディア), 寺田昌平, 塙大, 小口喜美夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 107, (454) 19 - 22,   2008年11月70日, 近年、FTTH(Fiber To The Home)の普及や家電品のディジタル化、ネットワーク化などにより次世代ホームネットワークへの期待が高まりつつある。本報告では、次世代ホームネットワークに導入される端末群のイメージと、外部ネットワークと通信を行うためのアーキテクチャを示す。また、次世代ホームネットワークと食生活の関係を、具体例を用いて検討する。
  • Foot-wear Depend Acceleration Measurements of a Fall Prevention System Based on a Wearable Sensor, Hisayoshi Endo, Yasuhiro Okazaki, Yu Kakishima, Shohei Terada, Dai Hanawa, Kimio Oguchi, Proc. of Int. Conf. on Ambulatory Monitoring of Physical Activity and Movement,   2008年05月, 査読有り
  • B-12-30 波長ルーティングネットワーク用シミュレーションツールの検討(B-12. フォトニックネットワーク,一般セッション), 牧瀬聖, 毛利元一, 寺田昌平, 塙大, 小口喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2008,   2008年03月05日
  • B-12-29 迂回路を有するフルメッシュ型WDM-PONの検討(B-12. フォトニックネットワーク,一般セッション), 浜田真樹, 寺田昌平, 塙大, 小口喜美夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2008,   2008年03月05日
  • ウェアラブルセンサを用いた高齢者の状態推定の検討, 石坂淳,小出泰介,寺田昌平,塙大,小口喜美夫, 平成19年度電子情報通信学会東京支部学生研究発表会講演論文集,   2008年03月
  • 光損失機能を考慮した波長ルーティングネットワークシミュレーションツールの検討, 吉村武朗,寺田昌平,塙大,小口喜美夫, 平成19年度電子情報通信学会東京支部学生研究発表会講演論文集,   2008年03月
  • 音声提示を用いた視覚障害者に対する歩行支援の検討, 大藤彬成,小出泰介,寺田昌平,塙大,小口喜美夫, 平成19年度電子情報通信学会東京支部学生研究発表会講演論文集,   2008年03月
  • データ送信間隔の変動を伴う分散仮想環境における多項式型外挿モデルの考察(ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム), 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 106, (611) 35 - 40,   2007年03月16日, 本稿では,分散仮想環境(DVE)における更新間隔間のデータ外挿法と更新間隔変動の関連性について考察する.筆者らは既に,従来より有効とされている多項式型外挿モデルの理論解析を行い,同モデルにおける外挿誤差を定式化している.本稿ではこれまでの分析法に基き,多項式型外挿モデルにおいて,データ送信間隔の変動を考慮した外挿誤差の定式化を試みる.はじめにDVE上の外挿を実現する2種類のプロトコルモデルを取り上げ,各プロトコルモデルにおける外挿誤差を定式化し,属性値の変化,及び更新間隔の平均,ばらつき等から事前に推定可能な理論モデルを導入する.次に,手指動作を用いたシミュレーション実験を行い,理論モデルの有効性を評価する.その結果,理論モデルが実験結果の良い近似となることが知られた.
  • 仮想球技におけるパス可能領域の自動生成手法, 大里 和史,河野 義広,米倉 達広,塙 大, インタラクション2007 論文集, 2007,   2007年03月
  • 予測誤差が推定可能な分散仮想環境上のDead Reckoningプロトコルの提案(複合現実感,仮想都市,及び一般), 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 106, (234) 85 - 90,   2006年09月05日, 本稿では,分散仮想環境(DVE)の構築における更新間隔間のデータ外挿法,すなわちdead reckoningの新手法を提案する.筆者らは既に,従来より有効とされている多項式型のdead reckoningモデルの理論解析を行い,同モデルにおける外挿誤差を定式化している.本稿ではこれまでの知見に基き,多項式型のdead reckoningモデルにおいて,外挿精度を向上させる方法,並びに外挿誤差を推定する方法について検討する.はじめにdead reckoningに用いる速度,加速度等の差分を細かい時間間隔で計算する場合の誤差を導出し,これらの差分データが精度の向上,並びに誤差推定に有用となることを示す.次にDVE上の個々の端末において,精度のよい差分データを用いたdead reckoning及び誤差推定を行うためのプロトコルモデルを提案する.最後にシミュレーション実験により提案プロトコルの性能評価を行う.その結果,提案手法による外挿誤差は従来法と比較して平均で5分の2程度以下に軽減できることが知られた.さらに従来法並びに提案手法における誤差が理論モデルにより推定可能であることが知られた.
  • 情報システムに関するシミュレータ教材の開発, 石川正敏,塙大,品川徳秀,金子敬一,藤田孝弥, 教育情報システム学会 第31回全国大会講演論文集,   2006年08月
  • 環境適応型資源配置を用いた動的分散オーバレイネットワークの提案, 平山 宗介,塙 大, 米倉 達広,岡本 秀輔, インタラクション2005 論文集, 2005,   2005年03月
  • Xcastを用いたマルチサーバ大規模DVEプロトコルの提案, 山河 旬之介, 塙 大, 米倉 達広, 野口 宏, インタラクション2005 論文集, 2005,   2005年03月
  • 導関数の精度に着目したDVE上のDead Reckoningプロトコルの提案(分散仮想環境)(仮想環境の応用事例集), 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 104, (489) 1 - 6,   2004年11月29日, 本稿では,分散仮想環境(DVE)における情報の更新間隔間の補間精度について考察する.具体的には,離散時刻で受信されるDVE上のアバタ(仮想ユーザ)の属性データに対して,Taylor展開の適用とその性質の利用によるデータ補開法,すなわちdead reckoningの新手法を提案する.本稿で補間の対象とする属性とは,DVEにおける仮想オブジェクトやアバタの物理属性である.DVE上のこれらの属性は時間的に連続に変化する時系列パターンとみなせるため,これに対する多項式型の予測や補間は,Taylor展開の手法が適用できることを既に筆者らは示している,そこでその考え方に基いて精度の良いdead reckoning法を提案する.更に複数の条件下でのシミュレーション実験により,従来法との比較を補間誤差の観点から行い,提案するdead reckoning法の有効性ならびにその有効範囲を評価する.その結果,提案手法による補間誤差は従来法と比較して平均で3分の1程度以下に軽減できることが知られた.
  • AtoZを用いたP2P型ネットワーク対戦球技におけるクリティカル・ケースの評価(ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム), 河野義広, 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 103, (745) 25 - 30,   2004年03月18日, 我々はピアツーピア(P2P)のフィールド型DVEにおいて,通信遅延による端末間の情報提示の差異を緩和する方法,および共有オブジェクトの厳密な扱い方を与えるアルゴリズムについて研究している.P2P型DVEでの欠点であったDVE状態のコンシステンシに関して相補予測とAtoZを用いた方法を既に提案している.共有オブジェクトの所有権に関してクリティカル・ケースの問題を厳密に検討した.更にそれらの機能を用いた応用例としてネットワーク対戦型フィールド競技を試作し実験的に評価したので報告する.
  • 相補予測を用いたサーバ・クライアント型DVE上でのインタラクション(エンターテイメントと仮想環境,一般), 久貝俊悟, 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 103, (352) 7 - 10,   2003年09月30日, 本報告では,サーバ・クライアント型分散仮想環境(DVE)上の協調型タスクにおいて,DVE状態予測の概念を用いることによる対話性の向上について検討する.ここで,DVE状態とはDVE上の全アバタ(DVE上の仮想ユーザ)と共有オブジェクトの状態を意味する.本報告では,このDVE状態をサーバ上で予測する手法,及びこれをサーバ・クライアント間で相互に予測・提示する手法(相補予測:Mutual Auxiliary Prediction)を導入する.さらに,この機能を用いて遠隔協調型タスクによる被験者実験を行い,提案手法の有効性を評価する.
  • マルコフモデルによる同期更新型DVE上の情報品質劣化モデルの解析(エンターテイメントと仮想環境,一般), 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 103, (352) 11 - 16,   2003年09月30日, 本稿では,遅延を有する分散仮想環境(DVE)における対話性能の理論的なモデル化を試みる.具体的には,サーバクライアント型DVE上での一般化されたタスクモデルにおいて,通信遅延により生じる情報品質の劣化をマルコフモデルにより推定する方法について検討する.その過程で,通信遅延に関わるパラメータにより,情報品質の劣化度合いを近似する理論モデルを提案する.マルコフモデルの厳密な数値シミュレーションの結果,提案する理論モデルがその結果の良い近似となることが知られた.また,被験者実験の結果,被験者の推測は最大で1次と2次のマルコフモデルの中間的な精度であることが知られた.
  • 相補予測機能を用いたP2P型ネットワーク対戦エアホッケーの試作(エンターテイメントと仮想環境,一般), 河野義広, 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 103, (352) 17 - 22,   2003年09月30日, 近年,インターネット等を利用したオンラインゲームが急増している.ネットワークを介したピアツーピア型実時間対戦ゲームにおいて,通信遅延による端末間の情報提示の差異を緩和する方法,および共有オブジェクトの厳密な扱い方を与えるアルゴリズムについて検討する.具体的には,各端末上で対戦相手の状態を予測するとともに,自己アバタの状態が相手にどう予測されているかを相互に予測する機能,即ち相補予測機能を導入する.また,共有オブジェクトを制御できる唯一の端末を識別するために,共有オブジェクトを優先的に制御するアバタ毎の領域を動的に割り当てる.本機能を用いた応用例として,ネットワーク対戦型エアホッケーを試作し,相補予測機能がゲーム性に与える影響について評価する.
  • マルコフモデルによる同期更新型分散仮想環境上の情報品質推定, 塙大, 米倉達広, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集 = Proceedings of the Virtual Reality Society of Japan annual conference, 8,   2003年09月17日
  • 相補予測機能を用いたネットワーク対戦型エアホッケーの試作, 河野義広, 塙大, 米倉達広, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集 = Proceedings of the Virtual Reality Society of Japan annual conference, 8,   2003年09月17日
  • 相補予測を用いたDVE上のインタラクション, 久貝俊悟, 塙大, 米倉達広, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集 = Proceedings of the Virtual Reality Society of Japan annual conference, 8,   2003年09月17日
  • 適応型予測フィルタを用いた分散仮想空間のインタラクション(マルチメディア,仮想環境及び一般), 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 102, (737) 41 - 44,   2003年03月11日, 本稿では,複数アバタの状態予測機能を導入した分散仮想環境(DVE)における,実時間対話の有効性について検討する.具体的には,今回提案する適応型予測フィルタによるDVEの対話効率を調査する.すなわち複数アバタどうしで,前回の予測で遅延により生じた実体とのずれを検出し,これを反復的に修正して現在の予測に反映させるものである.こうすることで,次回以降の予測誤差を時々刻々軽減するものである.またその拡張として,アバタどうしのみた日の差異を軽減する予測フィルタを考案する.
  • SA-4-1 インターネット上の仮想空間における「時間の壁」, 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2003,   2003年03月03日
  • 分散仮想環境上の協調型タスクモデルにおける遅延属性と情報損失の関連について, 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 102, (354) 17 - 20,   2002年09月24日, 本稿では,分散仮想環境上で行われる協調型タスクにおける,効率のモデル化を試みる.具体的には,遅延量や更新間隔などの遅延属性によるタスクパフォーマンスの劣化を,相手アバタに関する条件付きエントロピーの観点からモデル化した.その結果,遅延量の増加に伴い,条件付き自己情報量の最大値ならびに条件付きエントロピーは,共に増加することが知られた.また,更新間隔と遅延の変動がパフォーマンスの劣化に大きくかつ同等に寄与していることが知られた.
  • A-16-22 遅延を有する分散仮想環境における予測機能の検討, 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2002,   2002年03月07日
  • 遅延のある分散仮想環境における予測機能の検討とゲーム応用, 塙大, 笹本綾子, 米倉達広, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 101, (700) 25 - 30,   2002年02月28日, 本稿では,遅延のある分散仮想環境(DVE)における,相手アバタ(仮想空間における利用者の分身)の状態予測機能について検討する.はじめに,ネットワークを介して複数の利用者が参加するDVEにおける,遅延による対話品質の劣化について考察する.具体的には,DVE上の協調型タスクにおいて,予測機能の有無によるパフォーマンス劣化の比較を行う.次に,予測機能が付加されたDVE上のヒューマンファクタについて考察する.具体的には,予測機能の有無による「慣れ」の影響を考察する.最後に予測機能の現実的な応用事例として,レーシングゲーム環境を試作する.
  • A-16-57 遅延を有する分散仮想環境におけるPFL(Predictive Feedback Loop)の提案, 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2001,   2001年03月07日
  • A-15-4 ニューラルネットを用いた音声の情緒判別システムの設計, 塙大, 米倉達広, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1999,   1999年03月08日

講演・口頭発表等

  • 遠赤外線画像を用いたヒトの呼吸の非接触計測, 塙大, 電気学会「分散環境のためのマルチメディア情報処理と信号処理」平成25年度第2回若手セミナー,   2014年03月03日, 招待あり

特許

  • 植物育成方法及び装置, 小口 喜美夫, 塙 大, 宮川 紘輔, 土屋 竜一, 特願2012-194185, 特開2014-045757
  • 防犯システム及び防犯プログラム, 小口 喜美夫, 山下 修司, 塙 大, 特願2011-040908, 特開2012-178059, 特許第5615736号
  • 転倒検出システム、転倒検出装置、転倒検出方法およびプログラム, 小口 喜美夫, 榎本 裕亮, 塙 大, 遠藤 久慶, 特願2010-042454, 特開2011-177234, 特許第5594724号
  • 呼吸計測方法及び呼吸計測装置, 小口 喜美夫, 小出 泰介, 塙 大, 特願2009-040514, 特開2010-194005, 特許第5323532号
  • 光ネットワークシステム、光ルータ、および光ネットワークの障害修復方法、およびプログラム, 小口 喜美夫, 寺田 昌平, 塙 大, 特願2008-228718, 特開2010-063009, 特許第5120892号
  • 遅延データ予測プログラム, 米倉 達広, 塙 大, 加来 徹也, 伊藤 広明, 高柳 重伸, 特願2003-071526, 特開2004-280507

受賞

  •   2013年06月, 電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ, 編集活動感謝状
  •   2013年06月, 電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ, シニア会員
  •   2009年11月, 電子情報通信学会 マルティメディア・仮想環境基礎研究会, MVE賞
  •   2004年03月, 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ, 第1回ヒューマンコミュニケーション賞

競争的資金

  • 遠赤外線画像を用いた呼吸気流の非接触計測に関する検討, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)),   2012年04月 - 2014年03月, 塙大
  • インターネット上のエデュテインメントコンテンツ制作基盤, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)),   2006年04月 - 2008年03月, 米倉達広, 本研究では, インターネット上で楽しみながら学び, 学びながら楽しめるというエデュテインメントコンテンツの制作支援環境の整備とその評価を進めてきた.具体的には, エデュテインメントのコンテンツを作成できるソフトウェア基盤環境の構築と, コンテンツを作成する過程自体が学べるための手法の開発を行い, 併せてこれらを教育現場などで広く普及するための検討とソフトウェア環境の整備を行った.

教育活動情報

担当経験のある科目

  • デザインと情報, 名古屋市立大学
  • 臨床医療デザイン学概論, 名古屋市立大学 大学院医学研究科
  • 人間性の探求2(デザインと情報), 名古屋市立大学
  • 芸術工学実習D6, 名古屋市立大学 芸術工学部 情報環境デザイン学科
  • 情報検索基礎, 名古屋市立大学 芸術工学部 情報環境デザイン学科
  • 情報処理, 名古屋市立大学 芸術工学部 情報環境デザイン学科
  • 芸術工学概論B, 名古屋市立大学 芸術工学部
  • 情報通信工学特論, 名古屋市立大学 大学院芸術工学研究科
  • 情報通信論, 名古屋市立大学 芸術工学部 産業イノベーションデザイン学科
  • 芸術工学実習D4, 名古屋市立大学 芸術工学部 情報環境デザイン学科
  • 芸術工学実習D3, 名古屋市立大学 芸術工学部 情報環境デザイン学科
  • 芸術工学概論, 名古屋市立大学 芸術工学部
  • 特色科目8, 名古屋市立大学
  • 情報通信工学, 名古屋市立大学 芸術工学部 情報環境デザイン学科
  • 情報通信工学演習, 名古屋市立大学 芸術工学部 情報環境デザイン学科
  • 情報工学基礎, 名古屋市立大学 芸術工学部 情報環境デザイン学科
  • 代数離散数学Ⅱ, 成蹊大学 理工学部 情報科学科
  • マルチメディア概論, 宇都宮大学 工学部 情報工学科
  • 情報理論演習, 東京農工大学 工学部 情報工学科
  • ハードウェア実験, 成蹊大学 理工学部 情報科学科
  • Javaプログラミング実験, 成蹊大学 理工学部 情報科学科
  • 応用プログラミング実験, 成蹊大学 理工学部 情報科学科
  • 応用プログラミング, 成蹊大学 理工学部 情報科学科
  • 基本プログラミング実験, 成蹊大学 理工学部 情報科学科
  • 基本プログラミング, 成蹊大学 理工学 部情報科学科
  • 基盤情報システム技術演習, 東京農工大学 工学府 情報工学専攻 ユビキタス&ユニバーサル情報環境専修
  • 情報シスアド演習, 茨城キリスト教大学 短期大学部
  • データベース論, 茨城キリスト教大学 短期大学部

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 「Webとインターネットのしくみ」, 講師, 名古屋市,   2016年11月04日 - 2016年11月25日
  • 「呼吸の非接触センシング ~サーモグラフィでヒトの呼吸をみる~」, 講師, 中部経済連合会,   2016年01月19日 - 2016年01月19日
  • 「情報社会における身体 ~コンピュータと身体はいかにしてつながるか?~」, 講師, 名古屋市立大学,   2014年10月25日 - 2014年10月25日


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.