研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

田中 智洋タナカ トモヒロ

所属部署医学研究科消化器・代謝内科学分野
職名准教授
メールアドレスtttanakamed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURLhttp://ncu-shotai.sakura.ne.jp/
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

学歴

  •  - 2005年, 京都大学, 医学研究科, 内科学(内分泌・代謝学)
  •  - 1998年, 京都大学, 医学部, 医学科

学位

  • Ph.D., 京都大学
  • M.D., 京都大学

所属学協会

  • The Obesity Society
  • European Association for the Study of Obesity
  • 日本動脈硬化学会
  • 日本神経内分泌学会
  • 日本生理学会
  • 日本アロマ環境協会
  • 日本甲状腺学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本病態栄養学会
  • 日本肥満症治療学会
  • 国際内分泌学会
  • 国際肥満学会
  • 米国糖尿病学会
  • 米国内分泌学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本内分泌学会
  • 日本肥満学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本内科学会
  • 日本臨床分子医学会
  • 日本心血管内分泌代謝学会
  • 日本糖尿病合併症学会
  • 日本超音波医学会

委員歴

  •   2018年, 日本肥満症治療学会, 評議員
  •   2017年, 日本内科学会, 内科指導医
  •   2016年, 日本内分泌学会, 内分泌代謝科指導医
  •   2015年, 日本バイオインフォマティクス学会, 認定技術者
  •   2013年, 日本肥満学会, 肥満症専門医、肥満症指導医
  •   2012年, 日本心血管内分泌代謝学会, 評議員
  •   2008年, 日本内分泌学会, 代議員、内分泌代謝科専門医
  •   2007年, 日本肥満学会, 評議員
  • 日本糖尿病学会, 糖尿病専門医
  • 日本内科学会, 認定総合内科専門医

経歴

  •   2018年01月 - 現在, 名古屋市立大学病院, 内分泌・糖尿病内科, 部長
  •   2017年04月 - 現在, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 消化器・代謝内科学, 准教授
  •   2015年 - 現在, 認定NPO法人 日本ホルモンステーション, 脂肪萎縮症委員会, 協力委員
  •   2012年04月 - 2017年03月, 京都大学大学院医学研究科 , メディカルイノベーションセンター, 特定准教授
  •   2012年 - 2017年, 公益財団法人 先端医療振興財団 , 先端医療センター, 主任研究員
  •   2008年 - 2011年03月,  京都大学大学院医学研究科 助教(腫瘍生物学講座)
  •   2008年 - 2008年,  日本学術振興会 特別研究員(PD)
  •   2007年 - 2008年,  京都大学COEプログラム“病態解明を目指す基礎医学研究拠点”ポストドクター
  •   2005年 - 2007年,  京都大学医学部附属病院 医員(内分泌代謝内科)
  •   1999年 - 2001年,  財団法人田附興風会医学研究所北野病院 研修医
  •   1998年 - 1999年,  京都大学医学部附属病院 研修医

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 病態医化学
  • 内科系臨床医学, 代謝学
  • 内科系臨床医学, 内分泌学

研究キーワード

    エネルギー代謝制御, 肥満症, メタボリックシンドローム, レプチン, クロトー, エイジング

論文

  • 免疫と代謝の接点:イムノメタボリズム, 田中 智洋, The Lipid, 30, (2) 55 - 60,   2019年04月, 査読有り
  • CRISPR/Cas9-mediated Angpt18 knockout wuppresses plasma triglyceride concentrations and adiposity in rats, R.Iaumi, T.Kusakabe, M.Noguchi, H.Iwakura, T.Tanaka, T Miyazawa, D.Aotani, K.Hosoda, K.Kangawa, K.Nakao, J.Lipid Res., 59, (9) 1575 - 1585,   2018年07月, 査読有り
  • Switching of other dipeptidyl peptidase 4 inhibitors to alogliptin improves glycemic control in Japanese patients with type2 diabetes mellitus., T. Yagi, T. Tanaka, Y. Hayashi, T. Mizuno, K. Ogawa, H. Koyama, K. Imaeda, T. Joh., Nagoya Medical Journal,   2018年01月, 査読有り
  • A Case of Euthyroid Graves’ Ophthalmopathy in a Patient Sero-Negative for TSH Receptor Autoantibody, A. Hotta, T. Tanaka, H. Kato, S. Kakoi, Y. Shimizu, C. Hasegawa, A. Hayakawa, S. Yasuda, K. Ogawa, S. Ito, H. Ohguchi, T. Yagi, H. Koyama, M. Kawamura, K. Sugitani, Y. Ogura, T. Joh, and K. Imaeda. (Corresponding author), Case Rep Endocrinol,   2018年, 査読有り
  • CLICK: one-step generation of conditional knockout mice, Y. Miyasaka, Y. Uno, K. Yoshimi, Y. Kunihiro, T. Yoshimura, T. Tanaka, H. Ishikubo, Y. Hiraoka, N. Takemoto, T. Tanaka, Y. Ooguchi, P. Skehel, T. Aida, J. Takeda, T. Mashimo. , BMC Genomics, 19, (1) ,   2018年, 査読有り
  • Glucagon promotes colon cancer cell growth via regulating AMPK and MAPK pathways., T. Yagi, E. Kubota, H. Koyama, T. Tanaka, H. Kataoka, K. Imaeda, T. Joh., Oncotarget, 9, (12) 10650 - 10664,   2018年, 査読有り
  • Babinski-Fröhlich症候群, 田中 智洋, 別冊 日本臨牀 領域別症候群シリーズ, No.1, 17 - 19,   2018年, 査読有り
  • 健康長寿の基盤としてのホルモン-栄養素間相互作用の研究, 田中 智洋, 最新醫学, 73, (6) 849 - 854,   2018年, 査読有り
  • An Autopsy Case of Pulmonary Tumor Thrombotic Microangiopathy Due to Rapidly Progressing Colon Cancer in a Patient with Type 2 Diabetes., H. Ohguchi, K. Imaeda, A. Hotta, S. Kakoi, S. Yasuda, Y. Shimizu, A. Hayakawa, H. Mishima, C. Hasegawa, S. Ito, K. Ogawa, Y. Yagi, H. Koyama, T. Tanaka, H. Kato, S.Takahashi, T. Joh., Internal Medicine,   2018年, 査読有り
  • Suspected case of lipoedema in Japanese woman with a characteristic histology in skin biopsy., Koyama H, Tanaka T, Imaeda K, BMJ case reports, 2017,   2017年08月, 査読有り
  • Fgf21 regulates T-cell development in the neonatal and juvenile thymus., Nakayama Y, Masuda Y, Ohta H, Tanaka T, Washida M, Nabeshima YI, Miyake A, Itoh N, Konishi M, Scientific reports, 7, (1) ,   2017年03月, 査読有り
  • Development of ghrelin transgenic mice for elucidation of clinical implication of ghrelin., Aotani D, Ariyasu H, Shimazu-Kuwahara S, Shimizu Y, Nomura H, Murofushi Y, Kaneko K, Izumi R, Matsubara M, Kanda H, Noguchi M, Tanaka T, Kusakabe T, Miyazawa T, Nakao K, Endocrine journal, 64, (Suppl.) S31 - S33,   2017年, 査読有り
  • 血液脳関門を介した栄養情報伝達による食欲の制御, 田中 智洋, 実験医学, 35, (6) 926 - 932,   2017年, 査読有り
  • 日本人の2型糖尿病の特徴-病態の変遷に関する考察, 田中智洋、今枝憲郎、城卓志、中尾一和, BIO Clinica, 32, (3) 21 - 26,   2017年, 査読有り
  • 日本人の糖尿病の薬物治療の特殊性-SGLT2-阻害薬とDPPⅣ阻害薬の位置付け-, 小山博之、田中智洋、今枝憲郎、城 卓志、中尾一和, BIO Clinica, 32, (3) 37 - 43,   2017年, 査読有り
  • Reevaluation of anti-obesity action of mazindol and elucidation of its effect on the reward system., Aotani D, Son C, Shimizu Y, Nomura H, Hikida T, Kusakabe T, Tanaka T, Miyazawa T, Hosoda K, Nakao K, Neuroscience letters, 633, 141 - 145,   2016年10月, 査読有り
  • Hepatocyte β-Klotho regulates lipid homeostasis but not body weight in mice., Kobayashi K, Tanaka T, Okada S, Morimoto Y, Matsumura S, Manio MC, Inoue K, Kimura K, Yagi T, Saito Y, Fushiki T, Inoue H, Matsumoto M, Nabeshima Y, FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 30, (2) 849 - 862,   2016年02月, 査読有り
  • Fr öhlich症候群, 田中 智洋, 小児科診療, 79 Suppl,   2016年, 査読有り
  • 肥満の分子機構-摂食調節機構破綻の病態生理学とレプチン抵抗性-, 田中 智洋, 腎と透析, 78, (4) 485 - 491,   2015年, 査読有り
  • わが国発の心不全における利尿薬研究の最前線, 田中 智洋, Fluid Management Renaissance, 5, (4) 60 - 64,   2015年, 査読有り
  • FGF21, 田中 智洋, 医学のあゆみ, 250, (9) 829 - 830,   2014年, 査読有り
  • Ⅱ.肥満と肥満症基礎研究の進歩 レプチン抵抗性の概念と分子基盤, 井上雅文、田中 智洋, 日本臨牀, 72, (増刊4) 47 - 56,   2014年, 査読有り
  • Reduced Renal α-Klotho Expression in CKD Patients and Its Effect on Renal Phosphate Handling and Vitamin D Metabolism, 田中 智洋, PLOS ONE, 9, (1) doi:10.1371 - j.p.0086301,   2014年, 査読有り
  • Overexpression of leptin reduces the ratio of glycolytic to oxidative enzymatic activities without changing muscle fiber types in mouse skeletal muscle., Masuda S, Tanaka T, Masuzaki H, Nakao K, Taguchi S, Biological & pharmaceutical bulletin, 37, (1) 169 - 173,   2014年, 査読有り
  • 老化関連疾患におけるαKlothoの病態的意義と診断・治療への展望, 田中 智洋、鍋島陽一, 内分泌・糖尿病・代謝内科, 37, (2) 148 - 155,   2013年, 査読有り
  • βKlothoによる代謝恒常性制御, 田中 智洋、鍋島陽一, 実験医学, 31, (5) 76 - 82,   2013年, 査読有り
  • Decreased renal α-Klotho expression in early diabetic nephropathy in humans and mice and its possible role in urinary calcium excretion., Asai O, Nakatani K, Tanaka T, Sakan H, Imura A, Yoshimoto S, Samejima K, Yamaguchi Y, Matsui M, Akai Y, Konishi N, Iwano M, Nabeshima Y, Saito Y, Kidney international, 81, (6) 539 - 547,   2012年03月, 査読有り
  • 心腎連関解明の新しい分子標的αKlotho, 田中 智洋, Cardiovascular Frontier Vol.3 No.1:30-37,   2012年, 査読有り
  • メタボリック症候群と病理  Klothoファミリーによる代謝の統合的制御, 田中智洋、鍋島陽一, 病理と臨床, 28, (9) 924 - 931,   2010年09月, 査読有り
  • Adipose tissue-specific dysregulation of angiotensinogen by oxidative stress in obesity., Okada S, Kozuka C, Masuzaki H, Yasue S, Ishii-Yonemoto T, Tanaka T, Yamamoto Y, Noguchi M, Kusakabe T, Tomita T, Fujikura J, Ebihara K, Hosoda K, Sakaue H, Kobori H, Ham M, Lee YS, Kim JB, Saito Y, Nakao K, Metabolism: clinical and experimental, 59, (9) 1241 - 1251,   2010年09月, 査読有り
  • Glucocorticoid reamplification within cells intensifies NF-kappaB and MAPK signaling and reinforces inflammation in activated preadipocytes., Ishii-Yonemoto T, Masuzaki H, Yasue S, Okada S, Kozuka C, Tanaka T, Noguchi M, Tomita T, Fujikura J, Yamamoto Y, Ebihara K, Hosoda K, Nakao K, American journal of physiology. Endocrinology and metabolism, 298, (5) E930 - 40,   2010年05月, 査読有り
  • Adipose tissue-specific regulation of angiotensinogen in obese humans and mice: impact of nutritional status and adipocyte hypertrophy., Yasue S, Masuzaki H, Okada S, Ishii T, Kozuka C, Tanaka T, Fujikura J, Ebihara K, Hosoda K, Katsurada A, Ohashi N, Urushihara M, Kobori H, Morimoto N, Kawazoe T, Naitoh M, Okada M, Sakaue H, Suzuki S, Nakao K, American journal of hypertension, 23, (4) 425 - 431,   2010年04月, 査読有り
  • [Critical roles of PPARgamma in every aspect of the metabolic syndrome]., Tanaka T, Masuzaki H, Hosoda K, Nakao K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 68, (2) 203 - 209,   2010年02月, 査読有り
  • メタボリックシンドロームのマスターレギュレーターとしてのPPARγ(共著), 田中 智洋, 日本臨牀68: 203-209,   2010年, 査読有り
  • 中枢メラノコルチン系(POMC/α-MSH)(共著), 田中 智洋, 日本臨牀68(Suppl.2):75-82,   2010年, 査読有り
  • Relevant use of Klotho in FGF19 subfamily signaling in vivo, 田中 智洋, Proc Natl.Acad.Sci U.S.A, 107, (4) 1666 - 1671,   2010年, 査読有り
  • Klothoから考える生体恒常性と老化, 田中智洋;鍋島陽一, 月刊内分泌・糖尿病科, 29, (6) 561 - 569,   2009年12月28日, 査読有り
  • Hypothalamic melanocortin signaling and leptin resistance--perspective of therapeutic application for obesity-diabetes syndrome., Masuzaki H, Tanaka T, Ebihara K, Hosoda K, Nakao K, Peptides, 30, (7) 1383 - 1386,   2009年07月, 査読有り
  • Index of the systemic balance of end products of glucocorticoid metabolism in fresh urine from humans., Kobayashi N, Masuzaki H, Tanaka T, Yasue S, Ishii T, Tomita T, Miyawaki T, Komeda T, Fukuda Y, Kusakabe T, Noguchi M, Fujikura J, Ebihara K, Hirata M, Hosoda K, Satoh N, Nakajima M, Okabayashi Y, Shun Sato T, Nakao K, Obesity research & clinical practice, 3, (2) I - II,   2009年05月, 査読有り
  • 脂肪細胞由来ホルモンによる統合的エネルギー代謝制御--レプチン抵抗性のメカニズムとメラノコルチン受容体系の役割 (特集 肥満--最新の基礎・臨床研究) -- (肥満の成因と病態生理), 益崎 裕章;田中 智洋;海老原 健, 日本臨床, 67, (2) 287 - 296,   2009年02月, 査読有り
  • [Energy homeostasis regulated by an adipocyte-derived hormone--mechanism of leptin resistance and role of hypothalamic melanocortin signaling]., Masuzaki H, Tanaka T, Ebihara K, Hosoda K, Nakao K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 67, (2) 287 - 296,   2009年02月, 査読有り
  • 遺伝性肥満をめぐる最近の進歩 最新医学 別冊 新しい診断と治療のABC, 田中 智洋, 肥満症:102-109,   2009年, 査読有り
  • メタボリック症候群におけるグルココルチコイドの作用調節 (代謝) -- (基礎分野での進歩), 益崎 裕章;田中 智洋;中尾 一和, Annual review 糖尿病・代謝・内分泌, 2009, 71 - 77,   2009年, 査読有り
  • Nampt/PBEF/Visfatin: a new player in beta cell physiology and in metabolic diseases?, Tanaka T, Nabeshima Y, Cell metabolism, 6, (5) 341 - 343,   2007年11月, 査読有り
  • Central melanocortin signaling restores skeletal muscle AMP-activated protein kinase phosphorylation in mice fed a high-fat diet., Tanaka T, Masuzaki H, Yasue S, Ebihara K, Shiuchi T, Ishii T, Arai N, Hirata M, Yamamoto H, Hayashi T, Hosoda K, Minokoshi Y, Nakao K, Cell metabolism, 5, (5) 395 - 402,   2007年05月, 査読有り
  • Bezafibrate regulates the expression and enzyme activity of 11beta-hydroxysteroid dehydrogenase type 1 in murine adipose tissue and 3T3-L1 adipocytes., Nakano S, Inada Y, Masuzaki H, Tanaka T, Yasue S, Ishii T, Arai N, Ebihara K, Hosoda K, Maruyama K, Yamazaki Y, Shibata N, Nakao K, American journal of physiology. Endocrinology and metabolism, 292, (4) E1213 - 22,   2007年04月, 査読有り
  • Augmentation of 11beta-hydroxysteroid dehydrogenase type 1 in LPS-activated J774.1 macrophages--role of 11beta-HSD1 in pro-inflammatory properties in macrophages., Ishii T, Masuzaki H, Tanaka T, Arai N, Yasue S, Kobayashi N, Tomita T, Noguchi M, Fujikura J, Ebihara K, Hosoda K, Nakao K, FEBS letters, 581, (3) 349 - 354,   2007年02月, 査読有り
  • Efficacy and safety of leptin-replacement therapy and possible mechanisms of leptin actions in patients with generalized lipodystrophy., Ebihara K, Kusakabe T, Hirata M, Masuzaki H, Miyanaga F, Kobayashi N, Tanaka T, Chusho H, Miyazawa T, Hayashi T, Hosoda K, Ogawa Y, DePaoli AM, Fukushima M, Nakao K, The Journal of clinical endocrinology and metabolism, 92, (2) 532 - 541,   2007年02月, 査読有り
  • [The urinary index of intracellular glucocorticoid reactivation--a novel marker of metabolic syndrome and type 2 diabetes]., Kobayashi N, Masuzaki H, Tanaka T, Nakao K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 64 Suppl 9, 544 - 550,   2006年12月, 査読有り
  • [Adipocyte dysfunction and insulin resistance]., Tanaka T, Masuzaki H, Nakao K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 64 Suppl 9, 149 - 157,   2006年12月, 査読有り
  • [Metabolic syndrome: convergence of metabolic diseases based on obesity and dysfunction of adipose tissue]., Masuzaki H, Tanaka T, Nakao K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 64 Suppl 9, 17 - 22,   2006年12月, 査読有り
  • [Clinical and biological consequences of leptin receptor mutation]., Tanaka T, Masuzaki H, Ebihara K, Nakao K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, Suppl 3, 241 - 248,   2006年09月, 査読有り
  • GPR40 gene expression in human pancreas and insulinoma., Tomita T, Masuzaki H, Noguchi M, Iwakura H, Fujikura J, Tanaka T, Ebihara K, Kawamura J, Komoto I, Kawaguchi Y, Fujimoto K, Doi R, Shimada Y, Hosoda K, Imamura M, Nakao K, Biochemical and biophysical research communications, 338, (4) 1788 - 1790,   2005年12月, 査読有り
  • Transgenic expression of mutant peroxisome proliferator-activated receptor gamma in liver precipitates fasting-induced steatosis but protects against high-fat diet-induced steatosis in mice., Tanaka T, Masuzaki H, Ebihara K, Ogawa Y, Yasue S, Yukioka H, Chusho H, Miyanaga F, Miyazawa T, Fujimoto M, Kusakabe T, Kobayashi N, Hayashi T, Hosoda K, Nakao K, Metabolism: clinical and experimental, 54, (11) 1490 - 1498,   2005年11月, 査読有り
  • CCAAT/enhancer binding protein alpha maintains the ability of insulin-stimulated GLUT4 translocation in 3T3-C2 fibroblastic cells., Fujimoto M, Masuzaki H, Yamamoto Y, Norisada N, Imori M, Yoshimoto M, Tomita T, Tanaka T, Okazawa K, Fujikura J, Chusho H, Ebihara K, Hayashi T, Hosoda K, Inoue G, Nakao K, Biochimica et biophysica acta, 1745, (1) 38 - 47,   2005年08月, 査読有り
  • Skeletal muscle AMP-activated protein kinase phosphorylation parallels metabolic phenotype in leptin transgenic mice under dietary modification., Tanaka T, Hidaka S, Masuzaki H, Yasue S, Minokoshi Y, Ebihara K, Chusho H, Ogawa Y, Toyoda T, Sato K, Miyanaga F, Fujimoto M, Tomita T, Kusakabe T, Kobayashi N, Tanioka H, Hayashi T, Hosoda K, Yoshimatsu H, Sakata T, Nakao K, Diabetes, 54, (8) 2365 - 2374,   2005年08月, 査読有り
  • [Role of PPARs in the pathophysiology of nonalcoholoic fatty liver disease]., Tanaka T, Masuzaki H, Nakao K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 63, (4) 700 - 706,   2005年04月, 査読有り
  • Prevention and reversal of renal injury by leptin in a new mouse model of diabetic nephropathy., Suganami T, Mukoyama M, Mori K, Yokoi H, Koshikawa M, Sawai K, Hidaka S, Ebihara K, Tanaka T, Sugawara A, Kawachi H, Vinson C, Ogawa Y, Nakao K, FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 19, (1) 127 - 129,   2005年01月, 査読有り
  • An angiotensin II AT1 receptor antagonist, telmisartan augments glucose uptake and GLUT4 protein expression in 3T3-L1 adipocytes., Fujimoto M, Masuzaki H, Tanaka T, Yasue S, Tomita T, Okazawa K, Fujikura J, Chusho H, Ebihara K, Hayashi T, Hosoda K, Nakao K, FEBS letters, 576, (3) 492 - 497,   2004年10月, 査読有り
  • [Novel transgenic mouse model of the metabolic syndrome]., Masuzaki H, Tanaka T, Nakao K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 62, (6) 1059 - 1065,   2004年06月, 査読有り
  • Gene and phenotype analysis of congenital generalized lipodystrophy in Japanese: a novel homozygous nonsense mutation in seipin gene., Ebihara K, Kusakabe T, Masuzaki H, Kobayashi N, Tanaka T, Chusho H, Miyanaga F, Miyazawa T, Hayashi T, Hosoda K, Ogawa Y, Nakao K, The Journal of clinical endocrinology and metabolism, 89, (5) 2360 - 2364,   2004年05月, 査読有り
  • 「解明」から「制御」へ 肥満症のメディカルサイエンス, 細田公則、青谷大介、日下部徹、田中智洋、孫 徹、中尾一和, 実験医学, 34, (2) 115 - 119,   2016年, 査読有り

MISC

  • Omics-based molecular pathology of the hypothalamus in murine models of obesity, Kyoto Conferebce of Young Lions in Obesity Research,   2015年10月
  • 遺伝性肥満ob/obマウスと高脂肪食による肥満マウスの視床下部リピドームの比較, 田中智洋、園山拓洋、井上雅文、里見佳典、荻野洋平、Tingting Guo、中尾一和, 第36回日本肥満学会(名古屋),   2015年10月
  • 脂質恒常性制御における肝細胞のβKlothoの役割, 田中 智洋、小林加奈子、鷲田美和、鍋島陽一, 第88回日本内分泌学会学術総会,   2015年04月
  • 脂質恒常性におけるβKlotho依存的胆汁酸制御の意義, 小林加奈子、田中 智洋, 第4回Metabolism Scientific Forum,   2014年12月
  • 体重と脂質恒常性におけるβ-Klotho依存性胆汁酸制御の意義, 小林加奈子、田中智洋、鷲田美和、鍋島陽一, 第35回日本肥満学会,   2014年10月
  • 高脂肪食負荷マウス視床下部弓状核のトランスクリプトーム解析, 園山拓洋、田中智洋、沢田啓、井上雅文、城孝尚、河野裕翔、中尾一和, 第87回日本内分泌学会学術総会,   2014年04月
  • マウス視床下部におけるFGF15・FGF受容体の発現解析, 河野裕翔、田中智洋、園山拓洋、井上雅文、城孝尚、中尾一和, 第34回日本肥満学会,   2013年10月
  • 血中脂質レベルと体重の制御における肝臓・肝臓外のβ-Klothoの役割, 小林加奈子、田中智洋、鍋島陽一, 第34回日本肥満学会,   2013年10月
  • ベータクロトーによる代謝制御の全貌解明を目指して, 田中 智洋, 第1回 AAA (Academy of Aging and Cardiovascular-Diabetes Research),   2013年06月
  • 生活習慣病におけるβKlothoの意義 -脂質代謝に着目した新たな展開-, 田中 智洋、鍋島陽一, 第14回 糖尿病と生活習慣病治療研究会,   2013年06月
  • 脂肪細胞におけるβKlotho機能の探索, 田中 智洋, THE 4th Brainstorming Medical Conference(東京),   2012年, 査読有り
  • βKlotho結合分子の同定と脂肪細胞機能制御における意義の探索, 田中 智洋, 第32回日本肥満学会(淡路島),   2011年, 査読有り
  • βKlothoによる代謝制御の全貌解明を目指して, 田中 智洋, 第1回Metabolism Scientific Forum(東京),   2011年, 査読有り
  • 脂肪細胞によるエネルギー代謝のセンシング&コントロール -その分子機構の解明を目指して-, 田中 智洋, Cardiovascular Diabetology Conference 第6回学術集会(山口),   2009年, 査読有り
  • Distinct Roles of Intra-and Extrahepatic β-Klotho in Regulating Plasma Triglyceride Level and Body Weight in Mice, 田中 智洋, International Congress of Endocrinology,Chicago,   2014年06月

書籍等出版物

  • こんな時どうすれば? 内分泌・脂質・尿酸コンサルタント, 今枝憲郎、田中智洋, 分担執筆, コンサルト28 二次性高血圧はどのような症例で疑えばよいですか?,   2018年
  • Q&A 生活習慣病の科学Neo, 田中 智洋, 分担執筆, 第1章 肥満症、第2章 糖尿病、第6章 肝臓病, 京都大学学術出版会,   2016年
  • 第7章 肥満症とやせ 摂食調節, 田中 智洋, 分担執筆, 診断と治療社 最新内分泌代謝学,   2013年
  • 第5章 レプチンのトランスレーショナルサイエンス-レプチンの実用化に向けて- 1)レプチンの発見―意義とその特徴, 田中 智洋, 分担執筆, メタボリックシンドロームシリーズ レプチンのトランスレーショナルサイエンス メタボリックシンドロームの治療戦略,   2012年
  • 第Ⅶ章 内分泌・代謝 フレーリッヒ症候群症候群, 田中 智洋, 分担執筆, 中山書店 症候群ハンドブック,   2011年
  • 肥満の遺伝素因(共著), 田中 智洋, カラー版糖尿病学 基礎と臨床(西村書店),第3章第6節p453-459,   2007年
  • 内臓肥満と代謝症候群(共著), 田中 智洋, 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)(メディカルレビュー社),pp27-30,   2005年
  • UCP1~3,beta3AR, leptin –エネルギー消費系を担う遺伝子と糖尿病-(共著), 田中 智洋, 糖尿病カレントライブラリー 糖尿病と遺伝子(文光堂),④pp168-174,   2005年

講演・口頭発表等

  • メトホルミンの作用機序2019-妙薬の効果を解剖する, 田中 智洋, Vivid Conference for Diabetes,   2019年03月07日
  • メトホルミンの作用機序2019-妙薬の効果を解剖する, 田中 智洋, 名古屋市南部・内分泌講演会,   2019年02月28日
  • 肥満症にアクセスして糖尿病の寛解・NASHの克服を目指す, 田中 智洋, 第386回蒲郡市医師会学術懇談会,   2019年02月25日
  • 実臨床から学ぶSGLT2阻害薬の有用性, 田中 智洋, Meet the Expert in Kyoto,   2019年02月24日
  • 肥満症を克服して糖尿病の寛解を目指す, 田中 智洋, 瑞穂薬剤師会学術講演会,   2019年02月23日
  • 肥満症を克服して糖尿病の寛解をめざす, 田中 智洋, DM治療を考える会 in春日井,   2019年02月09日
  • 糖、脂質、そして肥満 メタボリックリスクの最上流に挑む, 田中 智洋,   2019年02月02日
  • システム内分泌・代謝学の構築と実践を目指して, 田中 智洋, 第1回さくらやま代謝・糖尿病研究会,   2019年01月24日
  • 源流に迫る糖尿病治療を目指して ―食欲中枢の分子病理学研究の進展―, 田中 智洋, 第8回Circulation Forum in Hiroshima,   2019年01月19日
  • 肥満症を克服して糖尿病の寛解を目指す, 田中 智洋,   2019年01月17日
  • 糖、脂質、そして肥満 メタボリックリスクの最上流に挑む, 田中 智洋, 修医会学術講演会,   2019年01月12日
  • 体重を減らして糖尿病と腎臓病の改善を目指そう!, 田中 智洋, 第2回糖尿病性腎症透析予防勉強会,   2018年12月05日
  • 肥満の報酬系異常におけるレプチンの意義, 青谷大介、野村英生、清水彬礼、孫徹、田中智洋、細田公則、中尾一和, 第30回分子糖尿病学シンポジウム,   2018年12月01日
  • 肥満にアクセスして糖尿病や代謝合併症の克服を目指す, 田中智洋, 北武会 ,   2018年11月06日
  • バセドウ病へのMMI・KI併用療法における尿中総ヨウ素(UI)測定, 小川健人、八木崇志、小山博之、青谷大介、田中智洋、吉江彩子、伊勢村昌也、久我祐介、中根慶太、室井紀恵子、服部麗、水野達央、林良成, 第28回臨床内分泌代謝Update,   2018年11月03日, 日本内分泌学会
  • ペムプロリズマブ投与後に甲状腺クリーゼを発症した1例, 伊藤峻介、青谷大介、清水優希、早川暁子、加藤春佳、栫昭太、長谷川千恵、堀田明沙美、小川健人、八木崇志、小山博之、田中智洋, 第28回臨床内分泌代謝Update,   2018年11月03日, 日本内分泌学会
  • 代謝性アルカローシスを呈した糖尿病性ケトーシスの1例, 早川暁子、田中智洋、青谷大介、小山博之、八木崇志、伊藤峻介、堀田明沙美、栫昭太、清水優希、長谷川千恵、加藤春佳, 第28回臨床内分泌代謝Update,   2018年11月02日, 日本内分泌学会
  • 今、源流にアクセスする糖尿病診療を目指して, 田中智洋, 第490回高岡市内科医会 糖尿病治療のUp to date,   2018年10月30日
  • メタボリックリスク克服のための中性脂肪のお話, 田中智洋, 名東区月例区会・学術講演会,   2018年10月27日
  • 今、源流にアクセスする糖尿病診療を目指して, 田中智洋, 第4回 秋田生活習慣病と肝疾患を考える会,   2018年10月25日
  • 今、変革期にある糖尿病診療−その現状と展望, 田中智洋, 第2回名古屋南部Diabetes Conference,   2018年10月20日
  • 視床下部レプチン抵抗性関連分子SerpinA3の同定, 田中智洋、金子賢太朗、園山拓洋、雲財知、Guo Tingting、八木崇志、小山博之、青谷大介、中尾一和, 第39回日本肥満学会,   2018年10月08日, 日本肥満学会
  • 視床下部セリンプロテアーゼ阻害分子SerpinA3によるレプチン抵抗性の誘導, 金子賢太朗、雲財知、荻野陽平、Guo Tingting、園山拓洋、田中智洋、鍋島陽一、中尾一和, 第39回日本肥満学会,   2018年10月08日, 日本肥満学会
  • 高脂肪食を負荷したレプチン過剰発現マウスは早期にレプチン抵抗性を生じる, 青谷大介、野村英生、孫徹、田中智洋、細田公則、中尾一和, 第39回日本肥満学会,   2018年10月08日, 日本肥満学会
  • レプチン感受性における細胞内糖質コルチコイド活性調節の意義, Guo Tingting、田中智洋、園山拓洋、金子賢太朗、荻野陽平、小川健人、八木崇志、小山博之、青谷大介、細井徹、小澤孝一郎、中尾一和, 第39回日本肥満学会,   2018年10月07日, 日本肥満学会
  • 肥満症糖尿病治療について 〜内科医の立場から〜, 田中智洋, 〜METABOLIC SURGERYのこれから〜,   2018年10月03日
  • 今、源流にアクセスする糖尿病診療を目指して, 田中智洋, Next Symposium ,   2018年09月29日
  • 著明な低アルブミン血症と糖尿病性ケトアシドーシスを合併した1型糖尿病の一例, 清水優希、小山博之、伊藤峻介、早川暁子、長谷川千恵、栫昭太、加藤春佳、堀田明沙美、八木崇志、青谷大介、田中智洋, 第92回日本糖尿病学会中部地方会,   2018年09月23日, 日本糖尿病学会中部地方会
  • 大量のインスリン投与を要した肝性糖尿病にインスリン分泌促進剤が有効であった症例, 栫昭太、加藤春佳、清水優希、早川暁子、長谷川千恵、堀田明沙美、伊藤峻介、八木崇志、小山博之、青谷大介、田中智洋, 第92回日本糖尿病学会中部地方会,   2018年09月23日, 日本糖尿病学会中部地方会
  • フラッシュグルコースモニタリングが低血糖の発生に有用であった高齢糖尿病患者の1例, 八木崇志、早川暁子、長谷川千恵、清水優希、栫昭太、堀田明沙美、伊藤峻介、小山博之、青谷大介、田中智洋, 第92回日本糖尿病学会中部地方会,   2018年09月22日, 日本糖尿病学会中部地方会
  • メトホルミンの作用機序2018―妙薬の効果を解剖する, 田中智洋, メトホルミンを再考する―血管内皮機能障害とメトホルミンの話題を中心に―,   2018年09月19日
  • 内分泌代謝診療UPDATE2018:肥満症を中心に, 田中智洋, 桜山地域連携勉強会,   2018年09月05日
  • 肥満合併糖尿病の中心的治療薬となるか? −GLP-1受容体作動薬への期待, 田中智洋, サテライトダイアログ,   2018年08月23日
  • 認知機能から考える肥満症と糖尿病, 田中智洋, 第14回 川澄会,   2018年07月28日
  • 肥満症における脳機能異常の解明と、肥満症治療による糖尿病の寛解を目指して, 田中智洋, 愛知県保険医協会・内科臨床研究会,   2018年07月07日
  • 変革期にある糖尿病診療―その現状と展望, 田中智洋, 名市大内科Annual Convocation 2018 ,   2018年07月01日
  • 糖尿病における尿カルシウム喪失と腎αKlotho発現低下の関連, 田中智洋, 第53回 骨Ca代謝研究会,   2018年06月23日
  • 筋肉と脂肪と脳から糖尿病を考える, 田中智洋, 桜山生活習慣病フォーラム2018,   2018年06月20日
  • 過栄養が炎症に至る時 ―源流にアクセスする糖尿病治療を目指して―, 田中智洋, 糖尿病・内分泌セミナー2018,   2018年06月01日
  • 糖尿病治療薬の使い分けUPDATE 2018, 田中智洋, 第5回瑞穂区糖尿病地域医療連携を考える会,   2018年05月29日
  • Adipobiology研究の最前線, 田中智洋、鍋島陽一, 第61回日本糖尿病学会年次学術集会,   2018年05月26日, 日本糖尿病学会
  • 腸管ホルモンFGF19による肝脂質代謝制御のメカニズム, 田中智洋、小林加奈子、金子賢太朗、八木崇志、小山博之、青谷大介、今枝憲郎、中尾一和、鍋島陽一, 第61回日本糖尿病学会年次学術集会,   2018年05月25日, 日本糖尿病学会
  • 肥満症を克服して糖尿病の寛解を目指す, 田中智洋, DIABETES & MANAGEMENT SEMINAR,   2018年05月19日
  • 肥満合併糖尿病時代に“糖尿病の寛解”を目指す, 田中智洋, 第3回 糖尿病治療におけるパラダイムシフト,   2018年05月16日
  • 糖尿病病態の時代的変容とこれからの治療戦略, 田中智洋, 桜山 Pharmacist Workshop 〜スペシャリストに学ぶ〜,   2018年05月11日
  • 高峰譲吉研究奨励賞受賞講演, 田中智洋, 第22回日本心血管内分泌代謝学会学術総会,   2018年04月29日, 日本心血管内分泌代謝学会
  • ニューロンとマイクログリアを標的とした脂肪酸のレプチン感受性調節作用の解析, 田中智洋、荻野陽平、金子賢太朗、Guo Tingting、小山博之、青谷大介、園山拓洋、細井徹、小澤孝一郎、中尾一和, 第22回日本心血管内分泌代謝学会学術総会,   2018年04月29日, 日本心血管内分泌代謝学会
  • 酵素補充療法により筋力低下や易疲労感が劇的に改善した成人低ホスファターゼ症の一例, 小山博之、田中智洋、三品春佳、栫昭太、清水優希、長谷川千恵、早川暁子、堀田明沙美、安田聡史、伊藤峻介、小川健人、大口英臣、八木崇志、今枝憲郎, 第91回日本内分泌学会学術総会,   2018年04月27日, 日本内分泌学会
  • 当科で経験した低ナトリウム血症26例の臨床的検討, 伊藤峻介、三品春佳、栫昭太、清水優希、長谷川千恵、早川暁子、堀田明沙美、安田聡史、小川健人、大口英臣、八木崇志、小山博之、田中智洋、今枝憲郎, 第91回日本内分泌学会学術総会,   2018年04月26日, 日本内分泌学会
  • 腸−脳連関に基づく新しいレプチン感受性モデュレート機構の発見(YIA選考対象口演), 金子賢太朗、Pingwen、Cordonier Elizabeth、Xu Yong、田中智洋、中尾一和、福田真, 第91回日本内分泌学会学術総会,   2018年04月26日, 日本内分泌学会
  • 肥満症を克服して2型糖尿病の寛解を目指す, 田中智洋, 昭和区医師会学術講演会,   2018年04月21日
  • 講演会座長, 田中智洋, 第5回内分泌代謝トランスレーショナル医学塾,   2018年03月09日
  • 肥満症の克服によるメタボリックリスクの包括的管理を目指して, 田中智洋, 糖尿病フォーラム in 長崎 ,   2018年02月28日
  • 今、動脈硬化症を考える―糖尿病・代謝内科医の立場から―, 田中智洋, 動脈硬化性疾患学術講演会,   2018年02月15日
  • 肥満症の脳を科学する―肥満症克服による糖尿病の寛解を目指して―, 田中智洋, 第5回JKT DM CONFERENCE,   2018年02月14日
  • 腸重積解除後にリフィーディング症候群を発症した特発性甲状腺機能低下症の症例, 栫昭太、早川暁子、清水優希、堀田明沙美、伊藤峻介、八木崇志、小山博之、田中智洋、今枝憲郎, 第234回東海地方会,   2018年02月11日, 日本内科学会東海支部
  • 高齢で急性発症1型糖尿病・糖尿病性ケトアシドーシスを発症した多腺性自己免疫症候群(Autoimmune polyendocrine syndrome: APS )3型の1例, 早川暁子、今枝憲郎、伊藤峻介、清水優希、堀田明沙美、安田聡史、大口英臣、八木崇志、小山博之、田中智洋, 第234回東海地方会,   2018年02月11日, 日本内科学会東海支部
  • 肺腺癌に対するニボルマブ投与後、遅発性に劇症1型糖尿病を発症した1例, 長谷川千恵、三品春佳、栫昭太、安田聡史、大口英臣、八木崇志、小山博之、田中智洋、今枝憲郎, 第234回東海地方会,   2018年02月11日, 日本内科学会東海支部
  • 講演会座長, 田中智洋, 第4回桜山糖尿病セミナー,   2018年02月09日
  • ワークショップ12:消化管ホルモンを学ぶ, 田中智洋、小林加奈子、小山博之、今枝憲郎、中尾一和、鍋島陽一、城卓志, 第14回日本消化管学会総会学術集会,   2018年02月09日, 日本消化管学会
  • Spatio-Temporal Signatures of Hypothalamic Transcriptome/Metabolome in Obesity, T Tanaka, T Sonoyama, K Kaneko, H Koyama, D Aotani, Y Nabeshima, K Nakao, 2nd International Syomposium of Kyoto Biomolecular Mass Spectrometry Society,   2018年02月03日
  • 肥満症を克服して2型糖尿病の寛解を目指す, 田中智洋, 第3回病棟薬剤師・薬剤師 スキルアップNOW ,   2018年02月02日
  • 代謝内科医から見たNASHの病態とこれからの治療戦略, 田中智洋, 糖尿病と脂肪肝について考える会,   2018年02月01日
  • 核内受容体を制御して生命現象を操る―SPPARMαによる脂質制御とその先なる挑戦, 田中智洋, エネルギー代謝と生活習慣病講演会,   2018年01月29日
  • 肥満症を克服して2型糖尿病の寛解を目指す, 田中智洋, 第4回北部名古屋糖尿病連携の会 ,   2018年01月18日
  • NASHの病態とこれからの治療戦略 −内分泌糖尿病内科医の立場からー, 田中智洋, 第19回名古屋市立緑市民病院地域医療研究会,   2017年12月13日
  • 第29回分子糖尿病学シンポジウム 大阪 2017/12/2, 八木崇志、田中智洋、田中智洋、小山博之、久保田英嗣、今枝憲郎, 第29回分子糖尿病学シンポジウム,   2017年12月02日
  • 糖尿病ケアからメタボリックリスクの包括的管理の時代へ―核内受容体制御薬SPPARMαの挑戦―, 田中智洋, 桜山糖尿病講演会,   2017年11月29日
  • 肥満症を克服して2型糖尿病の寛解を目指す, 田中智洋, Internal Medical Caf? in Diabetes and Ovesity,   2017年11月27日
  • ベキサロテンにより甲状腺機能低下症をきたした症例の検討(優秀演題賞選考対象演題), 八木崇志、三品春佳、早川暁子、長谷川千恵、清水優希、栫 昭太、安田聡史、堀田明沙美、小川健人、伊藤峻介、大口英臣、小山博之、田中智洋、今枝憲郎, 第27回臨床内分泌代謝Update,   2017年11月25日, 日本内分泌学会
  • 週1回DPP4阻害薬が招く新時代の糖尿病治療, 田中智洋, 第45回糖尿病薬物療法研究会,   2017年11月18日
  • 肥満症のシステム医学的理解を目指して, 田中智洋, 心血管・代謝学セミナー,   2017年11月14日
  • 日本消化器病学会 東海支部第127回例会 アフタヌーンランチセミナー 名古屋 2017/11/11, 田中智洋, 日本消化器病学会 東海支部第127回例会 アフタヌーンランチセミナー,   2017年11月11日, 日本消化器病学会
  • SPPARMαによる新時代のメタボリックリスク管理, 田中智洋, 第2回愛知県病院薬剤師会第?領域セミナー,   2017年11月10日
  • Spatio-Temporal Signatures of Hypothalamic Transcriptome/Metabolome in Obesity, T. Tanaka, T. Sonoyama, K.Kaneko, T. Unzai, Y.Ogino, T. Guo, K.Kobayashi, H. Koyama, D. Aotani, K. Imada, K.Nakao., 35th Annual Scientific Meeting of the Obesity Society,   2017年11月01日
  • 消化管ホルモンによる視床下部GPCR-Rap1経路を介したレプチン感受性モデュレート機構の発見(YIA受賞講演), 金子賢太朗、Pingwen Xu、Elizabeth Cordonier、Yong Xu、青谷大介、田中智洋、中尾一和、福田真, 第44回日本神経内分泌学会学術集会,   2017年10月21日, 日本神経内分泌学会
  • 絶食試験でインスリノーマが疑われたが、局在診断困難により内服治療を行った1例, 伊藤峻介、小山博之、清水優希、大口英臣、八木崇志、栫昭太、長谷川千恵、堀田明沙美、安田聡史、田中智洋、今枝憲郎, 第91回日本糖尿病学会中部地方会,   2017年10月15日, 日本糖尿病学会中部地方会
  • 1型糖尿病透析例におけるSAPの有効性, 小川健人、田中智洋、今枝憲郎、吉江彩子、久我祐介、伊勢村昌也、中根慶太、室井紀恵子、服部麗、水野達央、林良成, 第91回日本糖尿病学会中部地方会,   2017年10月14日, 日本糖尿病学会中部地方会
  • 脂肪酸によるレプチン応答性変化の系統的解析, 荻野陽平、田中智洋、金子賢太朗、園山拓洋、Tingting Guo、雲財知、小山博之、青谷大介、今枝憲郎、細井徹、小澤孝一郎、中尾一和, 第38回日本肥満学会,   2017年10月08日, 日本肥満学会
  • 弓状核特異的遺伝子としてのセリンプロテアーゼ阻害分子の同定と発現解析, 雲財知、田中智洋、金子賢太朗、園山拓洋、荻野陽平、Tingting Guo、小山博之、青谷大介、中尾一和, 第38回日本肥満学会,   2017年10月08日, 日本肥満学会
  • 比較トランスクリプトーム解析による視床下部摂食関連神経核の機能的特徴抽出のこころみ, 田中智洋、園山拓洋、金子賢太朗、雲財知、小林加奈子、小山博之、青谷大介、荻野陽平、Tingting Guo、今枝憲郎、中尾一和, 第38回日本肥満学会,   2017年10月08日, 日本肥満学会
  • 内因性消化管ホルモン―視床下部GPCR− Rap1経路によるレプチン感受性の制御 (YIA選考対象口演), 金子賢太朗、Pingwen Xu、Elizabeth Cordonier、Yong Xu、青谷大介、田中智洋、中尾一和、福田真, 第38回日本肥満学会,   2017年10月07日, 日本肥満学会
  • 第38回日本肥満学会 大阪 2017/10/7-8, 田中智洋、鍋島陽一, 第38回日本肥満学会,   2017年10月07日, 日本肥満学会
  • 抗TSH受容抗体陰性のEuthyroid Graves’ Ophthalmopathyと考え治療した一例, 堀田明紗美、田中智洋、三品春佳、栫昭太、清水優希、長谷川千恵、早川暁子、安田聡史、小川建人、伊藤峻介、大口英臣、八木崇志、小山博之、今枝憲郎、杉谷和彦、川村美穂子, 第17回日本内分泌学会東海支部学術集会,   2017年09月30日, 日本内分泌学会東海支部
  • 糖尿病ケアからメタボリックリスクの包括的管理の時代へ―核内受容体制御薬SPPARMαの挑戦, 田中智洋, 東区医師会学術講演会,   2017年09月22日
  • 肥満症治療から2型糖尿病の寛解を目指す, 田中智洋, 第6回HPC研究会,   2017年08月24日
  • 化学療法を契機に逆たこつぼ型心筋症を発症した多発性褐色細胞腫の1例, 栫 昭太、堀田明沙美、小山博之、田中智洋、今枝憲郎、山本惇貴、市橋 拓、守時良演、濱本周造、安井孝周, 第232回日本内科学会東海地方会,   2017年06月11日, 日本内科学会東海支部
  • これからの肥満合併糖尿病の診療にどう取り組むか, 田中智洋, 糖尿病イブニングセミナー春 学術講演会2017,   2017年06月01日
  • 講演会座長, 田中智洋, 第3回瑞穂区糖尿病地域医療連携を考える会,   2017年05月30日
  • これからの肥満合併症診療にどう取り組むか−システム医学的理解と新しい治療に向けて, 田中智洋, 第10回静岡インクレチン研究会,   2017年05月27日
  • 多治療オプション時代の糖尿病診療にどう取り組むか, 田中智洋, 西三河糖尿病研究会学術講演会,   2017年05月25日
  • 2型糖尿病患者を対象としたSGLT2阻害薬カナグリフロジンの食欲関連ホルモンへの影響に関する多施設共同施設臨床試験 第1報, 今枝憲郎、蜂谷真代、小山博之、田中智洋、水野達央、服部 麗、小川健人、赤尾雅也、木村了介、丹村敏則、岡山直司, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月19日, 日本糖尿病学会
  • 肥満発症における視床下部低分子量GPCR-Rap1経路の病態生理的意義の解明(YIA選考対象口演), 金子賢太朗、Pingwen Xu、Elizabeth Cordonier、Amy Ng、Siyu Chen、Yong Xu、田中智洋、中尾一和、福田 真, 第54回日本臨床分子医学会学術集会,   2017年04月14日, 日本臨床分子医学会
  • 肥満症のシステム医学的理解を目指して, 田中智洋, 第3回内分泌代謝トランスレーショナル医学塾,   2017年03月24日
  • 余った栄養を捨てる−糖尿病薬SGLT2阻害剤の挑戦, 田中智洋, 中区医師会学術講演会,   2017年02月23日
  • 食品由来脂質による脳食欲・代謝中枢のリモデリング−リピドミクス研究からのアプローチ, 田中智洋, 生産開発科学研究所 創立70周年記念シンポジウム −カロテノイドと植物脂質成分による健康−,   2017年01月27日
  • 栄養分子の流れを制御する内分泌代謝学を目指して, 田中智洋, 第11回名市大消化器・代謝内科フォーラム,   2016年11月24日
  • 余った栄養を捨てる−糖尿病薬SGLT2阻害薬の挑戦, 田中智洋, 第15回ほりかわフォーラム,   2016年11月19日
  • シンポジウム 20 脂肪組織 アディポサイエンスの展開, 田中智洋、鷲田美和、小林加奈子、鍋島陽一, 第89回日本内分泌学会学術総会,   2016年11月18日, 日本内分泌学会学会学会
  • 診断・治療に難渋した症例 難渋症例1 甲状腺, 伊藤峻介、今枝憲郎、安田聡史、田中智洋、小山博之、蜂谷真代、八木崇志、大口英臣、堀田明沙美、栫 昭太、清水優希、長谷川千恵、林 良敬, 第26回臨床内分泌代謝Update,   2016年11月18日, 日本内分泌学会学会
  • Update1 肥満・糖尿病, 田中智洋, 第26回臨床内分泌代謝Update,   2016年11月18日, 日本内分泌学会学会
  • 内分泌代謝内科学の新潮流―ホルモン補充からシステム制御へ, 田中智洋, 第3回桜和会開業医会学術講演会 名古屋クレストンホテル9F シャイン・ブライト 2016/11/12 18時,   2016年11月12日
  • Role of Dietary Linoleic Acid in the Development of Obesity--A Multiomics Analysis, T Tanaka, M Inoue, T Sonoyama, Y Ogino, T Guo, H Koyama, K Nakao, 34th Annual Scientific Meeting of The Obesity Society,   2016年11月03日
  • グレリン分泌細胞におけるGPCR発現解析および新規調節因子の探索(YIA選考対象口演), 小山博之、岩倉 浩、坂東美佳、田中智洋、今枝憲郎、中尾一和, 第43回日本神経内分泌学会学術集会,   2016年10月14日, 日本神経内分泌学会
  • Key role of dietary linoleic acid excess in obesity ? a lipidomics-based analysis, T Tanaka, M Inoue, T Sonoyama, Y Ogino, T Guo, H Koyama, T Unzai, K Imaeda, K Nakao, 第37回日本肥満学会,   2016年10月08日
  • AGPAT2遺伝子変異による脂肪萎縮症〜我が国における先天性全身性脂肪萎縮症の遺伝子解析, 日下部徹、田中智洋、宮澤 崇、青谷大介、野口倫生、阿部 恵、海老原健、中尾一和, 第37回日本肥満学会,   2016年10月08日, 日本肥満学会
  • グレリン分泌細胞の網羅的GPCR発現解析による新規グレリン分泌調節因子の探索, 小山博之、岩倉 浩、坂東美佳、田中智洋、今枝憲郎、寒川賢治、中尾一和, 第37回日本肥満学会,   2016年10月08日, 日本肥満学会
  • 肥満状態におけるAngpt18/Betatrophinの糖脂質代謝調節作用の検討, 泉 諒太、日下部徹、野口倫生、岩倉 浩、小山博之、坂東美佳、宮澤 崇、田中智洋、寒川賢治、中尾一和, 第37回日本肥満学会,   2016年10月07日, 日本肥満学会
  • 高脂肪食による視床下部リピドーム変化の病態生理的意義, 田中智洋、井上雅文、園山拓洋、荻野陽平、Tingting Guo、小山博之、今枝憲郎、中尾一和, 第37回日本肥満学会,   2016年10月07日, 日本肥満学会
  • 脂質異常症治療新時代2016, 田中智洋, Area Lipid Forum 名古屋 ,   2016年08月27日
  • 食べ過ぎの脳を科学する−栄養分子の動態と生体応答の実相, 田中智洋, 第3回桜山糖尿病セミナー,   2016年07月21日
  • 統合オミクス解析から迫る肥満の視床下部障害の分子実態, 第89回日本内分泌学会学術総会 Late Breaking Science Series 招請講演,   2016年04月23日, 招待あり
  • 肥満や生活習慣病発症の分子メカニズム, 田中智洋, 第90回日本内分泌学会学術総会,   2016年04月20日, 日本内分泌学会
  • 生活習慣病領域におけるSGLT2阻害薬の意義, 田中智洋, 第31回近畿MMC研究会 ,   2016年02月13日
  • シンポジウム?:ステロイド・脂溶性物質と代謝, 田中智洋, 第23回日本ステロイドホルモン学会学術集会,   2016年01月15日, 日本ステロイドホルモン学会
  • Diet-Induced Obesity is Amenable to Leptin in Conditions of Relative Leptin Deficiency in Mice, T Tanaka, T Sonoyama, M Inoue, Y Ogino, T Guo, K Nakao, 33rd Annual Scientific Meeting of The Obesity Society,   2015年11月05日
  • Hypothalamic lipidome reveals a role of dietary linoleic acid and n-6 fatty acylester accumulation in the development of obesity and leptin resistance, T Tanaka, M Inoue, T Sonoyama, M Hirayama, Y Satomi, Y Ogino, T Guo, K Nakao, 33rd Annual Scientific Meeting of The Obesity Society,   2015年11月04日
  • Dynamism of the Hypothalamic transcriptome uncovers “stages” during the development of diet-induced obesity in mice, T Sonoyama, T Tanaka, H Sawada, M Inoue, Y Ogino, T Guo, K Nakao. , Keystone Symposia (T2, Diabetes : New Insight into Molecular Mechanisms and Therapeutic Strategies) ,   2015年10月28日
  • Omics-based molecular pathology of the hypothalamus in murine models of obesity , T Tanaka, T Sonoyama, M Inoue, H Sawada, Y Satomi, Y Ogino, T Guo, K Nakao. , Keystone Symposia (T2, Diabetes : New Insight into Molecular Mechanisms and Therapeutic Strategies) ,   2015年10月28日
  • Metabolomic changes of the hypothalamus associated with high fat diet-induced obesity in mice, T Tanaka, T Sonoyama, M Inoue, Y Ogino, T Guo, K Nakao, The 8th Asia-Oceania Conference on Obesity,   2015年10月02日
  • ホルモンと栄養素がかたちづくる物質の流れの生理と病態, Clinical Seminar for Diabetes 招請講演,   2014年12月02日, 招待あり
  • Hepatocyte βKlotho Regulates Lipid Homeostasis but not Body Weight in Mice, T Tanaka, K Kobayashi, M Washida, Y Nabeshima, 32th Annual Scientific Meeting of The Obesity Society,   2014年11月04日
  • Contribution of dietary linoleic acid intake to the pathogenesis of obesity;in vivo evidence in mice and potential,mechanisms, M Inoue, T Tanaka, T Sonoyama, K Nakao, The Conference on Bioactive Peptides for Cell-Cell Communication 2014,   2014年09月10日
  • Transcriptome analysis of arcuate nucleus from mice fed a high-fat diet, T Sonoyama, T Tanaka, M Inoue, Y Ogino, T Guo, K Nakao, The Conference on Bioactive Peptides for Cell-Cell Communication 2014,   2014年09月10日
  • A trade-off between cholesterol and triglyceride biosynthesis ? a study using βklotho knockout & transgenic mice, T.Tanaka, K.Kobayashi, M.Washida, Y.Nabeshima, Keystone Symposia (C3, Lipid Pathways in Biology and Disease),   2014年03月22日
  • A combination of dietary fat and nicotine administration enhances endocannabinoid CB1 receptor expression in hypothalamic nuclei in mice, T.Tanaka, H Masuzaki, K Hosoda, K Nakao, 31th Annual Scientific Meeting of The Obesity Society,   2013年11月
  • βKlothoによる栄養代謝制御の全貌解明を目指して, 第22回糖尿病セミナーUP-TO-DATE 招請講演,   2012年09月13日, 招待あり
  • 脂肪細胞は何を感じ、どう変化するのか -βクロトー分子の機能解析からのこころみ-, 文部科学省特別経費プロジェクト学術講演会 招請講演,   2012年02月09日, 招待あり
  • High fat diet and nicotine administration in combination augments endocannabinoid CB1 receptor expression in hypothalamic nuclei in mice, T Tanaka, H Masuzaki, S Yasue, T Ishii-Yonemoto, N Arai, H Chusho, T Tomita, J Fujikura, K Ebihara, Y Minokoshi, K Hosoda, K Nakao, International congress of endocrinology,   2010年03月30日
  • センサーとしての脂肪細胞、エフェクターとしての脂肪細胞, 第3回 山陽若手内分泌・代謝フォーラム 特別講演,   2009年07月11日, 招待あり
  • 「Regulation of internal milleu by Klotho proteins: FGF signaling and beyond」, METABO-AGING Lecture Meeting,   2009年05月11日, 招待あり
  • 「脂肪細胞を起点とするエネルギー代謝のSensing & Control, −その分子基盤の解明を目指して−」, 糖尿病・メタボリックシンドロームリサーチSpecial Meeting 特別講演,   2008年12月19日, 招待あり
  • 脂肪細胞を起点とするエネルギー代謝のSensing & Control-その分子基盤の解明を目指して-, 糖尿病・メタボリックシンドロームリサーチSecial Meting 特別講演,   2008年12月19日
  • Central melanocortin signaling restores skelelal muscle AMP kinase phosphorylation in mice fed a high fat diet, T Tanaka, H Masuzaki, Y Nabeshima, K Nakao., COE International Symposium, 2007.(COE Formation for Genomic Analysis of Disease Model Animals with Multiple Genetic Alterations),   2007年06月01日
  • Role of central melanocortin pathway in leptin-induced skeletal muscle AMP-activated protein kinase activation. , T Tanaka, H Masuzaki, S Yasue, T Ishii, N Arai, N Kobayashi, T Tomita, J Fujikura, K Ebihara, M Hirata, T Hayashi, K Hosoda, Y Minokoshi, K Nakao. , International Congress of Obesity,   2006年09月
  • Activated AMP kinase in skeletal muscle from transgenic skinny mouse overexpressing leptin. , T Tanaka, H Masuzaki, S Yasue, K Ebihara, H Chusho, Y Ogawa, F Miyanaga, T Miyazawa, T Kusakabe, N Kobayashi, T Hayashi, K Hosoda, Y Minokoshi, K Nakao. , American Diabetes Association Scientific Sessions, Orlando,   2004年06月07日
  • Distinct roles of liver PPARα and PPARγ in murine steatosis ?A novel transgenic model with simultaneously suppressed liver PPARα and γactivities. , T Tanaka, H Masuzaki, K Ebihara, Y Ogawa, S Yasue, H Yukioka, H Chusho, T Miyazawa, F Miyanaga, T Kusakabe, N Kobayashi, T Hayashi, K Hosoda, K Nakao. , American Diabetes Association Scientific Sessions, Orlando,   2004年06月06日
  • Distinct roles of liver PPARα and PPARγ in murine steatosis ?Generation and analysis of a novel transgenic model with simultaneously suppressed liver PPARα and γ activities-. , T Tanaka, H Masuzaki, K Ebihara, Y Ogawa, S Yasue, H Yukioka, H Chusho, T Miyazawa, F Miyanaga, T Kusakabe, N Kobayashi, T Hayashi, K Hosoda, G Inoue, K Nakao. , Keystone Symposia (X2), Banff,   2004年03月08日

特許

  • メタボリックシンドローム予防又は治療薬, 特開2007-112720(P2007-112720A)

受賞

  •   2018年, 日本心血管内分泌代謝学会, 高峰譲吉研究奨励賞
  •   2017年, 公益財団法人 健康加齢医学振興財団, 井村臨床研究奨励賞
  •   2015年, 日本内分泌学会, 第33会内分泌代謝学サマーセミナー 優秀ポスター賞
  •   2007年, 日本心血管内分泌代謝学会若手研究奨励賞
  •   2007年, 臨床医科学フォーラム 井村特別賞
  •   2007年, 日本臨床分子医学会 学術奨励賞
  •   2006年, 日本内分泌学会若手研究奨励賞
  •   2005年, キーストーンシンポジウムスカラーシップ
  •   2005年, 臨床病態医科学フォーラム 三宅記念賞
  •   2005年, メタボリックシンドロームカンファレンス若手研究奨励賞
  •   2004年, 日本肥満学会 若手研究奨励賞

競争的資金

  • 代謝異常とエイジングを結ぶ新たな分子機序の解明-Klotho研究からのアプローチ,   2008年 - 2010年
  • メタボリックシンドローム病態における脂肪細胞―脳シグナル伝達破綻の分子メカニズム,   2006年 - 2007年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.