研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

鳥山 和宏トリヤマ カズヒロ

所属部署医学研究科形成外科学分野
職名教授(診療担当)
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2020/06/02

研究者基本情報

学歴

  • 1994年04月 - 1998年03月, 名古屋大学大学院, 医学系研究科
  •  - 1998年, 名古屋大学
  •  - 1989年, 名古屋市立大学
  • 名古屋市立大学, 医学部

学位

  • 博士(医学), 名古屋大学

所属学協会

  • 形成外科手術手技学会
  • 日本頭蓋底外科学会
  • 日本再生医療学会
  • 日本マイクロサージャリー学会
  • 日本手外科学会
  • 日本創傷外科学会
  • 日本形成外科学会

委員歴

  •   2007年04月 - 現在, 日本形成外科学会, 評議員
  •  - 現在, 日本創傷外科学会, 広報委員
  •  - 現在, 日本形成学会, 社保委員
  •  - 現在, 日本褥瘡学会, 評議員
  •  - 現在, 日本手外科学会, 代議員
  •  - 現在, 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会, 評議員
  •  - 現在, 日本創傷外科学会, 評議員

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 名古屋市立大学医学部, 形成外科, 教授・部長
  •   2016年04月 - 現在, 名古屋市立大病院 乳がん治療・乳房再建センター, 副部長(兼務)
  •   2015年03月 - 2017年03月, 名古屋市立大学医学部, 形成外科, 准教授・部長
  •   2009年11月 - 2015年02月, 名古屋大学医学部, 形成外科, 准教授

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 形成外科学

研究キーワード

    再建, 創傷治癒, 培養表皮, 軟骨, 骨, 脂肪, 再生医療, 大網, cartilage, bone, adipose tissue, regenerative medicine

論文

  • Effect of postoperative doxorubicin administration on ischemic wound healing., Morishita T, Toriyama K, Takanari K, Yagi S, Ebisawa K, Hishida M, Narita Y, Osaga S, Nishida Y, Kamei Y, Nagoya journal of medical science, 80, (3) 357 - 366,   2018年08月, 査読有り
  • A 45-year-old Woman with Ehlers-Danlos Syndrome Caused by Dermatan 4-O-sulfotransferase-1 Deficiency: Implications for Early Ageing, Michihiro Kono, Yoshie Hasegawa-Murakami, Kazumitsu Sugiura, Masashi Ono, Kazuhiro Toriyama, Noriko Miyake, Atsushi Hatamochi, Yuzuru Kamei, Tomoki Kosho, Masashi Akiyama, ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA, 96, (6) 830 - 831,   2016年, 査読有り
  • 再建外科で初心者がマスターすべき10皮弁 広背筋皮弁, 鳥山和宏, 亀井譲, PEPARS, 118, 18 - 25,   2016年, 査読有り
  • 眼瞼欠損の再建, 鳥山和宏, 高成啓介, 佐藤秀吉, 亀井譲, 形成外科, 59, (1) 651 - 656,   2016年, 査読有り
  • 神経線維症の外科的治療 巨大神経線維症切除時にLigaSureが有用であった1例, 中村優, 鳥山和宏, 高成啓介, 蛯沢克己, 神戸未来, 亀井譲, リックリングハウゼン病学会雑誌, 7, (1) 18 - 23,   2016年, 査読有り
  • Does a muscle flap accelerate wound healing of gastric all defedts compared with an omental flap?, Hsihda M, Toriyama K, yagi S, Ebishawa K, Morishita T, Takanari K, Kamei Y, Int J Surg, 18, 41 - 47,   2015年, 査読有り
  • Post-operative pulmonary and shoulder function after sternal reconstruction for patients with chest wall sarcomas., Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Toriyama K, Kamei Y, Yokoi K, Ishiguro N, Int J Clin Oncol., 20, 1218 - 1225,   2015年, 査読有り
  • Operative wound-related complications after cranial revascularization surgeries., Takanari K, Araki Y, Okamoto S, Sato H, Yagi S, Toriyama K, Yokoyama K, Murotani K, Matsui S, Wakabayashi T, Kamei Y, J Neurosurg., 3, 1 - 6,   2015年, 査読有り
  • 感染症治療 遊離大網移植による骨髄炎治療, 鳥山和宏, 高成啓介, 八木俊路朗, 亀井譲, 整形・災害外科, 58, (5) 651 - 656,   2015年, 査読有り

MISC

  • 白斑に対する外科的治療の実際とメラノサイト含有培養表皮を用いた白斑治療, 加藤 裕史, 鳥山 和宏, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 129, (5) 1075 - 1075,   2019年05月
  • 尋常性白斑に対する自家培養メラノサイト含有培養表皮移植, 加藤 裕史, 鳥山 和宏, 中村 元樹, 森田 明理, 日本皮膚科学会雑誌, 129, (5) 1180 - 1180,   2019年05月
  • Effect of postoperative doxorubicin administration on ischemic wound healing, Morishita Tsuyoshi, Toriyama Kazuhiro, Takanari Keisuke, Yagi Shunjiro, Ebisawa Katsumi, Hishida Masashi, Narita Yuji, Osaga Satoshi, Nishida Yoshihiro, Kamei Yuzuru, NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE, 80,   2018年08月
  • Long-term functional outcome of tibial osteomyelitis reconstruction with free tissue transfer., Takanari K, Toriyama K, Kambe M, Nakamura R, Nakamura Y, Sato H, Ebisawa K, Tsukushi S, Nishida Y, Kamei Y, Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS,   2017年11月28日
  • 再生医療の応用 再生医療による創傷治癒学の未来 自家培養表皮による尋常性白斑の治療 色調も含めた表皮の再生を目指して, 鳥山 和宏, 加藤 裕史, 西田 絵美, 森田 明理, 村瀬 貴也, 比留間 愛一郎, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集, 47回,   2017年11月
  • 膝周囲の原発性骨悪性腫瘍切除後の腓腹筋弁による再建, 鳥山和宏, 八木俊路朗, 高成啓介, 小野昌史, 筑紫聡, 西田佳弘, 亀井譲, 創傷, 5,   2014年10月
  • 【Free Flapと有茎皮弁の使い分け】 四肢悪性骨軟部腫瘍切除後の皮弁による再建術の経験 遊離皮弁の適応について, 鳥山和宏, 八木俊路朗, 高成啓介, 筑紫聡, 西田佳弘, 亀井譲, 創傷, 5,   2014年10月
  • Negative pressure wound therapy for a large skin ulcer following repair of huge myeloschisis with kyphosis in a newborn, Hiroyuki Katano, Kazuhiro Toriyama, Yusuke Nishikawa, Koichi Ito, Akimichi Morita, Yuzuru Kamei, Kazuo Yamada, Child's Nervous System, 29, (12) 2295 - 2299,   2013年12月, 査読有り, Background: In surgery of repair for spina bifida, various skin plastic techniques are sometimes necessary due to large skin defect or subsequent ulcers in cases when approximation on the midline is difficult. Case report: A baby was born with a large skin defect due to huge lumbar myeloschisis and kyphosis, which was repaired 2 days after birth using Limberg's skin flap at the peak of kyphosis. Skin ischemia around the tip of the flap gradually enlarged and resulted in a large skin ulcer. We performed negative pressure wound therapy (NPWT) using a Vacuum Assisted Closure (V.A.C.®) therapy system for 4 weeks which shrank the ulcer remarkably. Subsequently, a pedicle skin flap without graft was performed to cover the rest of the ulcer, which adapted well without CSF leakage postoperatively. Conclusion: A combination treatment of NPWT and skin plastic surgery was successfully performed for a very young infant with spina bifida. NPWT could be another useful option for the treatment of ulcer following spina bifida repair surgery, though surgeons should carefully confirm that there is no CSF leakage before and during the procedure. © 2013 Springer-Verlag Berlin Heidelberg.
  • 脊髄披裂修復術後皮膚潰瘍に対するVAC療法の試み, 片野 広之, 鳥山 和宏, 西川 祐介, 伊藤 孝一, 森田 明理, 山田 和雄, 小児の脳神経, 38, (1) 129 - 129,   2013年04月
  • *Reconstruction of the proximal humerus after extensive extraarticular resection for osteosarcoma: a report of two cases with clavicula pro humero reconstruction., Nishida Y, Tsukushi S, Yamada Y, Kamei Y, Toriyama K, Ishiguro N, Oncol Rep, 20,   2008年, 査読有り, 本論文では、上腕骨近位発生骨肉腫の中でも、広範囲浸潤のため、腫瘍切除の際に関節包外切除が必要となり、大きな欠損を生じた2例に対して、鎖骨を有茎で回旋して上腕骨欠損に使用するclavicula-pro-humero法の有用性を明らかにしている。本法は、肩関節包外切除例に対しても合併症の少ない再建法であり、また加温処理骨を併用することで欠損上腕骨の補填に使用し、長さを維持できることも報告している。
  • * Analysis of 13 cases with gastroepiploic vessels used as grafts, Kamei Y, Toriyama K, Yagi S, Takanari K, Torii S, J Reconstr Microsurg, 24,   2008年, 査読有り, Free flaps are used increasingly in reconstructive surgery. However, many patients lack a satisfactory recipient vessel near the defect, because of radiotherapy, posttraumatic infection, or treatment for recurrent tumor. We usually use a venous graft in such cases, but when both long arterial and venous segments are needed, we use the gastroepiploic vessels because they include extensive, viable arterial and venous segments. Between 1998 and 2006 we used gastroepiploic vessels as grafts in the 13 cases analyzed here. All defects lacked satisfactory recipient vessels nearby. Patients included 10 men and 3 women; mean age was 51.2 years (range, 14 to 82). Demographic and clinical backgrand, results, and complications were analyzed retrospectively. Mean length of gastroepiploic vessels was 13.3 cm (range, 10 to 17). All outcomes were satisfactory. A complication, abdominal wound infection secondary to harvesting of the gastroepiploic vessels, occurred in 1 case. Although the number of gastroepiploic vessels used as grafts analyzed here is relatively small, this experience confirms their clinical utility.
  • * 肝動脈吻合の経験, 亀井譲, 鳥山和宏, 八木俊路朗, 高成啓介, 鳥居修平, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 20,   2007年, 査読有り, Hepatic artery reconstruction is the most difficult and most important procedure in liver transplantation and locally advanced hilar cholangiocarcinoma. In this paper, we describe our microsurgical technique for hepatic artery anastomosis.
    Between 1999 and 2006, we performed 102 hepatic artery reconstruction at our hospital. The indication for hepatic artery reconstruction was liver transplantation, n=89; locally advanced hilar cholangioma, n=12; and pancreatic cancer, n=1. The average age was 52.5 years, (range, 6 months to 79 years ).Twenty-three cases were children. All patients underwent Doppler ultrasound for evaluation. There was no thrombosis in any patient.
    In cases in which the diameter of the recipient artery differs from that of the donor hepatic artery, we use a fish-mouth incision and funnelization technique. When the given artery is short, we use a back wall technique without turning the vessel over. Appropriate setting of reconstructed artery produces fine results.
    Reconstruction of hepatic artery is very difficult because these arteries are short and small, and because the surgical field is deep and mobile. Therefore, thrombosis of the reconstructed hepatic artery
  • 【聞き慣れない症候群】 臨床例 Goltz症候群の男児例, 澤田 啓生, 森田 明理, 側島 久典, 鳥山 和宏, 皮膚病診療, 28, (12) 1459 - 1462,   2006年12月, 9ヵ月男児。出生時より頭部を中心とした全身のびらん・潰瘍、爪の低形成、左手足の合指趾を認めた。初診時は脱毛斑、黄色調の柔らかい隆起性結節、斑状の萎縮性局面、線状の血管拡張と色素沈着など多彩な皮膚症状を認め、歯牙形成異常、エナメル質低形成も認めたことからGoltz症候群と診断した。出生後1年で左III、IV指合指症の手術を施行し、その際鼠径部の萎縮性局面より皮膚生検を行った結果、表皮は乳頭状に変化し表皮突起の消失を認め、真皮は菲薄化し脂肪組織の突出を認めた。その後、左II、III趾の合趾症の手術を行い、他の症状については経過観察中である。
  • ゴルツ症候群の男児例, 澤田 啓生, 森田 明理, 側島 久典, 鳥山 和宏, 日本皮膚科学会雑誌, 115, (3) 506 - 506,   2005年03月

講演・口頭発表等

  • 局所陰圧閉鎖療法の適応と正しいやり方, 鳥山 和宏, 第30回日本外科感染症学会,   2017年11月29日, 招待あり
  • 自家培養表皮による尋常性白斑の治療 -色調も含めた表皮の再生を目指してー, 鳥山和宏, 森田明理, 加藤裕史, 西田絵美, 比留間愛一郎, 第47回日本創傷治癒学会,   2017年11月28日
  • 先天性外鼻腔内腫瘤の1例, 恒川幸代, 鳥山和宏, 佐藤秀吉, 第70回東海形成外科学会,   2017年11月22日
  • 生体親和性マテリアルを用いた筋弁作成に関する研究, 佐藤秀吉, 鳥山和宏, 高成啓介, 亀井譲, A D’Amore, WR Wagner, 第26回日本形成外科学会基礎学術集会,   2017年10月20日
  • 腹圧性尿失禁に対する脂肪組織由来再生幹細胞の臨床応用と臨床検体解析, 鳥山和宏, 高成啓介, 山本徳則, 後藤百万, 清水忍, 水野正明, 亀井譲, 佐藤秀吉, 第26回日本形成外科学会基礎学術集会,   2017年10月20日
  • 乳輪乳頭温存全乳房切除およびエキスパンダー挿入時の切開と術後皮膚合併症について, 佐藤秀吉, 鳥山和宏, 内堀貴文, 恒川幸代, 遠山竜也, 第5回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会,   2017年09月21日
  • 当院での遊離空腸移植術における術後合併症の検討, 佐藤秀吉, 恒川幸代, 川北大介, 鳥山和宏, 第52回中部形成外科学会学術集会,   2017年07月29日
  • 乳頭乳輪温存乳房全切除およびエキスパンダー挿入時のアプローチ(切開), 内堀貴文, 鳥山和宏, 第9回日本創傷外科学会総会・学術集会,   2017年07月07日
  • Cadaverを用いた解剖学的解析と術前CT画像解析を応用した広背筋弁による胸部感染性大動脈瘤の治療経験, 内堀貴文, 鳥山和宏, 三島晃, 須田久雄, 神谷信次, 中井洋祐, 小川辰士, 第60回日本形成外科学会総会・学術集会,   2017年04月13日
  • 人工物による乳房再建術後におけるサポートバンドの改良の経験, 内堀貴文, 鳥山和宏, 第69回東海形成外科学会,   2017年03月11日
  • 腹圧性尿失禁に対して旁尿道部に注入する脂肪由来再生(幹)細胞(ADRCs)の特性解析, 清水忍, 岡部塚越由香, 末竹幸広, 阿部譲, 谷口香織, 行方千華, 加瀬仁美, 浅井三千代, 長谷川静香, 中山忍, 高成啓介, 鳥山和宏, 亀井譲, 舟橋康人, 山本徳則, 後藤百万, 水野正明, 第16回日本再生医療学会総会,   2017年03月07日
  • 頭部皮膚腫瘍および頭部瘢痕性禿頭の切除後における瘢痕拡大予防の一工夫, 内堀貴文, 鳥山和宏, 第22回日本形成外科手術手技学会,   2017年02月18日
  • Cadaverを用いたサージカルトレーニングの経験, 内堀貴文, 鳥山和宏, 第43回日本マイクロサージャリー学会,   2016年11月17日
  • 左眼瞼・左眼球摘出後の欠損に対してscalping forehead flapにて救済しえた1例, 内堀貴文, 鳥山和宏, 第68回東海形成外科学会,   2016年10月15日
  • 乳房人工物1次再建時における先が鈍なドレーントロッカー針の使用経験について, 内堀貴文, 鳥山和宏, 第4回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会,   2016年10月06日
  • Cadaverを用いた形成外科サージカルトレーニングの経験, 内堀貴文, 鳥山和宏, 第51回中部形成外科学会,   2016年07月09日
  • 耳鼻咽喉科領域の形成手術, 鳥山 和宏, 第117回日本耳鼻咽喉科学会,   2016年05月21日, 招待あり
  • A case of the aortic graft was wrapped with a latissimus dorsi muscle flap against infected descending aortic aneurysm, Takafumi Uchibori, Kazuhiro Toriyama, Hisao Suda, 第13回日韓形成外科学会,   2016年05月17日
  • エキスパンダーによる体幹巨大色素性母斑の治療の限界, 内堀貴文, 鳥山和宏, 亀井譲, 第59回日本形成外科学会総会,   2016年04月13日
  • 脊髄髄膜瘤の脊椎後弯合併症症例における閉創についての考察, 内堀貴文, 鳥山和宏, 片野広之, 第59回日本形成外科学会総会,   2016年04月13日
  • 鼡径部異所性陰嚢に対する横転皮弁を用い治療した1例, 内堀貴文, 鳥山和宏, 落合奈美, 亀井譲, 辻克和, 第67回東海形成外科学会,   2016年02月20日
  • 先が鈍なシリコンドレーントロッカー針の使用経験について, 内堀貴文, 鳥山和宏, 第21回日本形成外科手術手技学会,   2016年02月13日
  • 局所陰圧閉鎖療法 -原点に立ち戻り-, 鳥山 和宏, 第28回日本外科感染症学会,   2015年12月02日, 招待あり
  • 巨大神経腺維腫切除時に LigaSureTM の使用が有用であった1例, 中村優, 高成啓介, 蛯沢克己, 神戸未来, 中村亮太, 亀井護, 鳥山和宏, 第7回レックリングハウゼン病学会,   2015年11月29日
  • 外頸静脈へ吻合した遊離前外側大腿皮弁が内頸静脈血栓症により鬱血を生じた1例, 内堀貴文, 鳥山和宏, 亀井譲, 第42回日本マイクロサージャリー学会,   2015年11月26日
  • 感染性下行大動脈瘤に対して置換した人工血管を広背筋弁で被覆した1例, 内堀貴文, 鳥山和宏, 須田久雄, 第66回東海形成外科学会,   2015年10月24日
  • 術後化学療法が皮膚創傷治癒に及ぼす影響, 森下剛, 鳥山和宏, 亀井護, 八木俊路朗, 蛯沢克己, 高成啓介, 西田佳弘鳥山, 第24回日本形成外科学会基礎学術集会,   2015年10月08日
  • Piezosurgery in orthognathic surgery, Toriyama K, Takanari K, Ebisawa K, Sawamura H, Kambe M, Nakamura Y, Hattroi H, Yamanouchi T, Kamei Y, the 16th congress of international society of craniofacial surgery,   2015年09月14日
  • 顎顔面手術における低侵襲治療, 鳥山和宏, 内堀貴文, 高成啓介, 蛯沢克己, 神戸未来, 中村亮太, 中村優, 亀井譲, 服部宇, 山之内哲治, 第7回日本創傷外科学会総会,   2015年07月25日
  • 当院における放射線障害に対する遊離皮弁を用いた再建, 高成啓介, 鳥山和宏, 八木俊路朗, 蛯沢克己, 神戸未来, 中村亮太, 中村優, 亀井護, 第7回日本創傷外科学会,   2015年07月25日
  • 大胸筋弁を用いた術中気管模様部損傷の治療経験, 神戸未来, 亀井護, 高成啓介, 鳥山和宏, 蛯沢克己, 中村亮太, 中村優, 第7回日本創傷外科学会,   2015年07月25日
  • 強度の脊椎後弯を伴う脊髄髄膜瘤の皮膚欠損に対し横転皮弁により再建した2例, 内堀貴文, 鳥山和宏, 第50回中部形成外科学会,   2015年07月18日
  • 進歩する形成外科医療, 鳥山 和宏, 稲沢市医師会講演,   2015年07月14日
  • ピエロサージャリーTM システムを応用した上下顎骨骨切り術, 鳥山和宏, 高成啓介, 蛯沢克己, 澤村尚, 神戸未来, 中村優, 亀井護, 服部宇, 第58回日本形成外科学会総会・学術集会,   2015年04月08日
  • 新しい治療材料-脂肪組織由来幹細胞の腹圧性尿失禁に対する臨床研究-, 鳥山和宏, 高成啓介, 蛯沢克己, 神戸未来, 中村優, 亀井護, 山本徳則, 後藤百万, 第58回日本形成外科学会総会・学術集会,   2015年04月08日
  • 上肢リンパ浮腫を伴う腋窩瘢痕拘縮に対して有茎大網弁を利用した1例, 中村優, 鳥山和宏, 高成啓介, 蛯沢克己, 澤村尚, 神戸未来, 亀井譲, 第65回東海形成外科学会,   2015年03月28日

作品

  • Omentum-derived stem cells,   2007年04月 - 2009年03月

競争的資金

  • 細菌感染による吻合部血栓形成:機序の解明と対策, 科学研究費補助金,   2016年04月 - 2019年03月
  • 術後化学療法の皮膚創傷治癒に与える影響, 科学研究費補助金,   2012年 - 2014年
  • 大網による感染創に対する細胞治療, 科学研究費補助金,   2008年 - 2011年, 大網からリンパ系組織を分離して、予め作成しておいた感染創に移植して、大網由来の細胞の抗菌作用を検討する
  • Omentum-derived cell therapy for infected wound, Grant-in-Aid for Scientific Research,   2008年 - 2011年
  • 遊離頭蓋骨膜の大網上移植に対する骨形成, 科学研究費補助金,   2006年 - 2010年, ラット頭蓋骨から骨膜を採取して、開腹後に大網上に移植すると骨が形成される過程を病理組織標本、軟X線及び骨密度から解析する
  • Osteogenic potential of free calvarial periosteum graft on the greater omentum in rat model, Grant-in-Aid for Scientific Research,   2006年 - 2010年
  • 大網由来幹細胞の展開, 保健医療分野における基礎研究推進事業,   2007年 - 2009年, 脂肪組織から確立する間葉系幹細胞の分離道程方法に準じて、大網より間葉系幹細胞を確立する。この幹細胞の脂肪、骨、軟骨への分化能をin vitro及びin vivoで検討する
  • Omentum-derived stem cells, Basic Research Promotion Service for Health and Medical Field,   2007年 - 2009年

その他

  •   2017年03月, 第2回形成外科サージカルトレーニング 名古屋, ‐顔面‐ 顔面の皮弁の挙上 顔面神経の解剖とトレース 眼瞼の解剖
  •   2016年03月, 第1回形成外科サージカルトレーニング 名古屋, ‐体幹‐ 大胸筋皮弁・広背筋皮弁・腹直筋皮弁の解剖と挙上 漏斗胸手術 Nuss法

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 生涯健康と医学, 顔と頭の先天異常
  • 形成外科, 名古屋大学医学部
  • 形成外科, 名古屋市立大学医学部

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 乳がんなんて怖くない! 乳房再建, 講師, 名古屋市立大学病院,   2016年10月15日


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.