研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

平野 佳男ヒラノ ヨシオ

所属部署医学研究科視覚科学分野
職名講師
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/09/19

研究者基本情報

学位

  • 医学博士, 名古屋市立大学

所属学協会

  • International Ocular Circulation Society
  • American Academy of Ophthalmology
  • The Association for Research in Vision and Ophthalmology
  • 日本微小循環学会
  • 日本眼循環学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本眼科学会

委員歴

  •   2019年01月 - 現在, 関西眼科画像研究会, 世話人
  •   2017年04月 - 現在, 名古屋市立大学病院 臨床研究開発支援センター, 教育・啓発担当

経歴

  •   2015年04月 - 現在, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 視覚科学, 講師
  •   2014年04月 - 2015年03月, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 視覚科学, 助教
  •   2012年07月 - 2014年03月, 名古屋市立西部医療センター, 眼科, 副部長
  •   2010年04月 - 2012年06月, 米国ケンタッキー大学, 博士研究員
  •   2007年04月 - 2010年03月, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 視覚科学, 助教
  •   2005年05月 - 2007年03月, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 視覚科学, 助手
  •   2003年04月 - 2005年04月, 亀山市立医療センター, 眼科, 眼科医員
  •   2001年04月 - 2003年03月, 常滑市民病院, 眼科, 眼科医員
  •   2000年04月 - 2001年03月, 名古屋市立大学, 眼科, 研修医

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 免疫学
  • 基礎医学, 病態医化学
  • 外科系臨床医学, 眼科学

研究キーワード

    アポトーシス, 炎症, 加齢黄斑変性, 網膜静脈閉塞症, イメージング, 硝子体手術, 黄斑浮腫, 網膜

論文

  • Surgical Outcomes of Vitrectomy for Macular Hole Retinal Detachment in Highly Myopic Eyes: A Multicenter Study, Kakinoki M, Araki T, Iwasaki T, Ueda T, Sano H, Hirano Y, Moriya Y, Sawada O, Takamura Y, Sakamoto T, Kanda T, Ohji M, Ophthalmology Retina,   2019年05月, 査読有り
  • Fundus autofluorescence and retinal sensitivity in fellow eyes of age-related macular degeneration in Japan., Yasukawa T, Mori R, Sawa M, Shinojima A, Hara C, Sekiryu T, Oshima Y, Saito M, Sugano Y, Kato A, Ashikari M, Hirano Y, Asato H, Nakamura M, Matsuno K, Kuno N, Kimura E, Nishiyama T, Yuzawa M, Ishibashi T, Ogura Y, Iida T, Gomi F, PloS one, 14, (2) ,   2019年02月28日, 査読有り
  • Author response to "Collaterals or telangiectasias?", Suzuki N, Hirano Y, Tomiyasu T, Kurobe R, Yasuda Y, Esaki Y, Yasukawa T, Yoshida M, Ogura Y, The British Journal of Ophthalmology,   2019年01月
  • Structural and Functional Analyses of Retinal Ischemia in Eyes with Retinal Vein Occlusion: Relationship with Macular Edema or Microaneurysm Formation., Tomiyasu T, Hirano Y, Suzuki N, Esaki Y, Yasuda Y, Uemura A, Yasukawa T, Yoshida M, Ogura Y, Ophthalmic research, 61, (4) 218 - 225,   2019年, 査読有り
  • Peripheral Microvascular Abnormalities Detected by Wide-Field Fluorescein Angiography in Eyes with Branch Retinal Vein Occlusion., Yasuda Y, Hirano Y, Esaki Y, Tomiyasu T, Suzuki N, Yasukawa T, Yoshida M, Ogura Y, Ophthalmic research, 61, (2) 107 - 114,   2019年, 査読有り
  • Clinical characteristics and visual outcomes of sport-related open globe injuries., Morikawa S, Okamoto F, Okamoto Y, Inomoto N, Ishikawa H, Ueda T, Sakamoto T, Hirano Y, Sawada O, Mori J, Takamura Y, Oshika T., Acta Ophthalmologica, 96, (7) e898 - e899,   2018年11月, 査読有り
  • Collateral vessels on optical coherence tomography angiography in eyes with branch retinal vein occlusion., Suzuki N, Hirano Y, Tomiyasu T, Kurobe R, Yasuda Y, Esaki Y, Yasukawa T, Yoshida M, Ogura Y, The British journal of ophthalmology,   2018年11月, 査読有り
  • Flattening of retinal pigment epithelial detachments after pneumatic displacement of submacular hemorrhages secondary to age-related macular degeneration., Kimura M, Yasukawa T, Shibata Y, Kato A, Hirano Y, Uemura A, Yoshida M, Ogura Y, Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie, 256, (10) 1823 - 1829,   2018年10月, 査読有り
  • Multimodal Imaging in a Case of Idiopathic Neuroretinitis., Esaki Y, Hirano Y, Yasuda Y, Tomiyasu T, Suzuki N, Yasukawa T, Ogura Y, Case reports in ophthalmology, 9, (3) 487 - 492,   2018年09月, 査読有り
  • Clinical characteristics and outcomes of fall-related open globe injuries in Japan., Morikawa S, Okamoto Y, Okamoto F, Inomoto N, Ishikawa H, Harimoto K, Ueda T, Sakamoto T, Oshika T, Japan-Clinical Research of Study (J-CREST) group. Collaborators. Mitamura Y, Gomi F, Takeuchi M, Ogat N, Yamashita T, Otsuka H, Sameshima S, Shiihara H, Sugitani K, Hirano Y, Yasukawa T, Sawada O, Ohji M, Mori J, Kinoshita T, Takamura Y., Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol, 256, (7) 1347 - 1352,   2018年07月, 査読有り
  • Flattening of retinal pigment epithelial detachments after pneumatic displacement of submacular hemorrhages secondary to age-related macular degeneration., Kimura M, Yasukawa T, Shibata Y, Kato A, Hirano Y, Uemura A, Yoshida M, Ogura Y., Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol,   2018年07月, 査読有り
  • Peripheral Microvascular Abnormalities Detected by Wide-Field Fluorescein Angiography in Eyes with Branch Retinal Vein Occlusion., Yasuda Y, Hirano Y, Esaki Y, Tomiyasu T, Suzuki N, Yasukawa T, Yoshida M, Ogura Y., Ophthalmic Research, 1 - 8,   2018年05月, 査読有り
  • cGAS drives noncanonical-inflammasome activation in age-related macular degeneration., Kerur N, Fukuda S, Banerjee D, Kim Y, Fu D, Apicella I, Varshney A, Yasuma R, Fowler BJ, Baghdasaryan E, Marion KM, Huang X, Yasuma T, Hirano Y, Serbulea V, Ambati M, Ambati VL, Kajiwara Y, Ambati K, Hirahara S, Bastos-Carvalho A, Ogura Y, Terasaki H, Oshika T, Kim KB, Hinton DR, Leitinger N, Cambier JC, Buxbaum JD, Kenney MC, Jazwinski SM, Nagai H, Hara I, West AP, Fitzgerald KA, Sadda SR, Gelfand BD, Ambati J., Nature Medicine, 24, (1) 50 - 61,   2018年01月, 査読有り
  • Six-month results of intravitreal ranibizumab for macular edema after branch retinal vein occlusion in a single-center prospective study: visual outcomes and microaneurysm formation., Kawamura M, Hirano Y, Yoshida M, Mizutani T, Sugitani K, Yasukawa T, Ogura Y, Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.), 12, 1487 - 1494,   2018年, 査読有り
  • Wide-field fluorescein and indocyanine green angiography findings in the eyes with Vogt-Koyanagi-Harada disease., Kurobe R, Hirano Y, Niwa N, Sugitani K, Yasukawa T, Yoshida M, Ogura Y, Journal of ophthalmic inflammation and infection, 7, (1) ,   2017年12月, 査読有り
  • Retinal Hemodynamics Seen on Optical Coherence Tomography Angiography Before and After Treatment of Retinal Vein Occlusion., Suzuki N, Hirano Y, Tomiyasu T, Esaki Y, Uemura A, Yasukawa T, Yoshida M, Ogura Y, Investigative ophthalmology & visual science, 57, (13) 5681 - 5687,   2016年10月, 査読有り
  • Microvascular abnormalities on optical coherence tomography angiography in macular edema associated with branch retinal vein occlusion, Suzuki Norihiro, Hirano Yoshio, Yoshida Munenori, Tomiyasu Taneto, Uemura Akiyoshi, Yasukawa Tsutomu, Ogura Yuichiro, INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 57, (12) ,   2016年09月, 査読有り
  • Preoperative Optical Coherence Tomography Findings in Macular Epiretinal Membrane, Ichida Miyu, Hirano Yoshio, Suzuki Norihiro, Tomiyasu Taneto, Yasukawa Tsutomu, Ogura Yuichiro, INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 57, (12) ,   2016年09月, 査読有り
  • Predictive factors for visual outcome and risk factors for persistent macular edema in patients with branch retinal vein occlusion, Tomiyasu Taneto, Hirano Yoshio, Suzuki Norihiro, Yoshida Munenori, Uemura Akiyoshi, Yasukawa Tsutomu, Ogura Yuichiro, INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 57, (12) ,   2016年09月, 査読有り
  • Microaneurysms cause refractory macular edema in branch retinal vein occlusion., Tomiyasu T, Hirano Y, Yoshida M, Suzuki N, Nishiyama T, Uemura A, Yasukawa T, Ogura Y, Scientific reports, 6,   2016年07月08日, 査読有り
  • Combination therapy with intravitreal tissue plasminogen activator and ranibizumab for subfoveal type 2 choroidal neovascularization., Kachi I, Yasukawa T, Kato A, Takase N, Morita H, Kubota A, Hirano Y, Uemura A, Ogura Y, Japanese journal of ophthalmology, 60, (3) 179 - 186,   2016年05月, 査読有り
  • Microvascular Abnormalities on Optical Coherence Tomography Angiography in Macular Edema Associated With Branch Retinal Vein Occlusion., Suzuki N, Hirano Y, Yoshida M, Tomiyasu T, Uemura A, Yasukawa T, Ogura Y, American journal of ophthalmology, 161, 126 - 32.e1,   2016年01月, 査読有り
  • Human IgG1 antibodies suppress angiogenesis in a target-independent manner., Bogdanovich S, Kim Y, Mizutani T, Yasuma R, Tudisco L, Cicatiello V, Bastos-Carvalho A, Kerur N, Hirano Y, Baffi JZ, Tarallo V, Li S, Yasuma T, Arpitha P, Fowler BJ, Wright CB, Apicella I, Greco A, Brunetti A, Ruvo M, Sandomenico A, Nozaki M, Ijima R, Kaneko H, Ogura Y, Terasaki H, Ambati BK, Leusen JH, Langdon WY, Clark MR, Armour KL, Bruhns P, Verbeek JS, Gelfand BD, De Falco S, Ambati J, Signal transduction and targeted therapy, 1,   2016年, 査読有り
  • Preoperative optical coherence tomography visualization of epiretinal membranes enhances surgical strategies., Suzuki N, Hirano Y, Ichida M, Tomiyasu T, Esaki Y, Yasukawa T, Ogura Y, Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.), 10, 2297 - 2302,   2016年, 査読有り
  • Intravenous immune globulin suppresses angiogenesis in mice and humans., Yasuma R, Cicatiello V, Mizutani T, Tudisco L, Kim Y, Tarallo V, Bogdanovich S, Hirano Y, Kerur N, Li S, Yasuma T, Fowler BJ, Wright CB, Apicella I, Greco A, Brunetti A, Ambati BK, Helmers SB, Lundberg IE, Viklicky O, Leusen JH, Verbeek JS, Gelfand BD, Bastos-Carvalho A, De Falco S, Ambati J, Signal transduction and targeted therapy, 1,   2016年, 査読有り
  • Prevention of increased abnormal fundus autofluorescence with blue light-filtering intraocular lenses., Nagai H, Hirano Y, Yasukawa T, Morita H, Nozaki M, Wolf-Schnurrbusch U, Wolf S, Ogura Y, Journal of cataract and refractive surgery, 41, (9) 1855 - 1859,   2015年09月, 査読有り
  • Superiority of indocyanine green angiography to fluorescein angiography for detection of leaking spots in diffuse diabetic macular edema, Hamada Satoshi, Yasukawa Tsutomu, Kato Aki, Ogura Shuntaro, Hirano Yoshio, Ohta Satoshi, Yoshida Munenori, Ogura Yuichiro, INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 56, (7) ,   2015年06月, 査読有り
  • Resolution of exudative changes refractory to ranibizumab after aflibercept injections at the margin of inferior staphyloma in tilted disc syndrome., Hirano Y, Yasukawa T, Tsukada A, Yokoyama S, Ito Y, Nakazawa Y, Ophthalmic surgery, lasers & imaging retina, 46, (3) 384 - 386,   2015年03月, 査読有り
  • Vitrectomy without gas tamponade for macular retinoschisis associated with normal-tension glaucoma., Orazbekov L, Yasukawa T, Hirano Y, Ogura S, Usui H, Nozaki M, Ogura Y, Ophthalmic surgery, lasers & imaging retina, 46, (1) 107 - 110,   2015年01月, 査読有り
  • Indocyanine Green Angiography-Guided Focal Laser Photocoagulation for Diabetic Macular Edema., Ogura S, Yasukawa T, Kato A, Kuwayama S, Hamada S, Hirano Y, Uemura A, Yoshida M, Ogura Y, Ophthalmologica. Journal international d'ophtalmologie. International journal of ophthalmology. Zeitschrift fur Augenheilkunde, 234, (3) 139 - 150,   2015年, 査読有り
  • Short pulse laser induces less inflammatory cytokines in the murine retina after laser photocoagulation., Ito A, Hirano Y, Nozaki M, Ashikari M, Sugitani K, Ogura Y, Ophthalmic research, 53, (2) 65 - 73,   2015年, 査読有り
  • Intravitreal ranibizumab for patients with neovascular age-related macular degeneration with good baseline visual acuity., Kato A, Yasukawa T, Suga K, Hirano Y, Nozaki M, Yoshida M, Ogura Y, Ophthalmologica. Journal international d'ophtalmologie. International journal of ophthalmology. Zeitschrift fur Augenheilkunde, 233, (1) 27 - 34,   2015年, 査読有り
  • IL-18 is not therapeutic for neovascular age-related macular degeneration., Hirano Y, Yasuma T, Mizutani T, Fowler BJ, Tarallo V, Yasuma R, Kim Y, Bastos-Carvalho A, Kerur N, Gelfand BD, Bogdanovich S, He S, Zhang X, Nozaki M, Ijima R, Kaneko H, Ogura Y, Terasaki H, Nagai H, Haro I, Núñez G, Ambati BK, Hinton DR, Ambati J, Nature medicine, 20, (12) 1372 - 1375,   2014年12月, 査読有り
  • Nucleoside reverse transcriptase inhibitors possess intrinsic anti-inflammatory activity., Fowler BJ, Gelfand BD, Kim Y, Kerur N, Tarallo V, Hirano Y, Amarnath S, Fowler DH, Radwan M, Young MT, Pittman K, Kubes P, Agarwal HK, Parang K, Hinton DR, Bastos-Carvalho A, Li S, Yasuma T, Mizutani T, Yasuma R, Wright C, Ambati J, Science (New York, N.Y.), 346, (6212) 1000 - 1003,   2014年11月21日, 査読有り
  • DICER1/Alu RNA dysmetabolism induces Caspase-8-mediated cell death in age-related macular degeneration., Kim Y, Tarallo V, Kerur N, Yasuma T, Gelfand BD, Bastos-Carvalho A, Hirano Y, Yasuma R, Mizutani T, Fowler BJ, Li S, Kaneko H, Bogdanovich S, Ambati BK, Hinton DR, Hauswirth WW, Hakem R, Wright C, Ambati J, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 111, (45) 16082 - 16087,   2014年11月11日, 査読有り
  • Wide-field fundus autofluorescence imaging to evaluate retinal function in patients with retinitis pigmentosa., Ogura S, Yasukawa T, Kato A, Usui H, Hirano Y, Yoshida M, Ogura Y, American journal of ophthalmology, 158, (5) 1093 - 1098,   2014年11月, 査読有り
  • Recovery of retinal pigment epithelium correlating with restoration of retinal sensitivity in eyes with a retinal pigment epithelial tear., Hirano Y, Yasukawa T, Mizutani T, Yoshida M, Ogura Y, Acta ophthalmologica, 92, (1) 94 - 97,   2014年02月, 査読有り
  • TLR-independent and P2X7-dependent signaling mediate Alu RNA-induced NLRP3 inflammasome activation in geographic atrophy., Kerur N, Hirano Y, Tarallo V, Fowler BJ, Bastos-Carvalho A, Yasuma T, Yasuma R, Kim Y, Hinton DR, Kirschning CJ, Gelfand BD, Ambati J, Investigative ophthalmology & visual science, 54, (12) 7395 - 7401,   2013年11月, 査読有り
  • Targeted intraceptor nanoparticle therapy reduces angiogenesis and fibrosis in primate and murine macular degeneration., Luo L, Zhang X, Hirano Y, Tyagi P, Barabás P, Uehara H, Miya TR, Singh N, Archer B, Qazi Y, Jackman K, Das SK, Olsen T, Chennamaneni SR, Stagg BC, Ahmed F, Emerson L, Zygmunt K, Whitaker R, Mamalis C, Huang W, Gao G, Srinivas SP, Krizaj D, Baffi J, Ambati J, Kompella UB, Ambati BK, ACS nano, 7, (4) 3264 - 3275,   2013年04月, 査読有り
  • Comparative study of the effects of room air and sulfur hexafluoride gas tamponade on functional and morphological recovery after macular hole surgery: a retrospective study., Usui H, Yasukawa T, Hirano Y, Morita H, Yoshida M, Ogura Y, Ophthalmic research, 50, (4) 227 - 230,   2013年, 査読有り
  • Efficient delivery of siRNA by atelocollagen in a murine laser-induced choroidal neovascularization model., Ito Y, Nozaki M, Sugitani K, Ashikari M, Hirano Y, Ogura Y, Ophthalmologica. Journal international d'ophtalmologie. International journal of ophthalmology. Zeitschrift fur Augenheilkunde, 230, (4) 215 - 221,   2013年, 査読有り
  • Inhibition of choroidal and corneal pathologic neovascularization by Plgf1-de gene transfer., Tarallo V, Bogdanovich S, Hirano Y, Tudisco L, Zentilin L, Giacca M, Ambati J, De Falco S, Investigative ophthalmology & visual science, 53, (13) 7989 - 7996,   2012年12月, 査読有り
  • ERK1/2 activation is a therapeutic target in age-related macular degeneration., Dridi S, Hirano Y, Tarallo V, Kim Y, Fowler BJ, Ambati BK, Bogdanovich S, Chiodo VA, Hauswirth WW, Kugel JF, Goodrich JA, Ponicsan SL, Hinton DR, Kleinman ME, Baffi JZ, Gelfand BD, Ambati J, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 109, (34) 13781 - 13786,   2012年08月21日, 査読有り
  • Spatio-temporal understanding of the pathology of acute posterior multifocal placoid pigment epitheliopathy., Hirano Y, Yasukawa T, Nagai H, Ogura Y, Japanese journal of ophthalmology, 56, (4) 371 - 374,   2012年07月, 査読有り
  • DICER1 loss and Alu RNA induce age-related macular degeneration via the NLRP3 inflammasome and MyD88., Tarallo V, Hirano Y, Gelfand BD, Dridi S, Kerur N, Kim Y, Cho WG, Kaneko H, Fowler BJ, Bogdanovich S, Albuquerque RJ, Hauswirth WW, Chiodo VA, Kugel JF, Goodrich JA, Ponicsan SL, Chaudhuri G, Murphy MP, Dunaief JL, Ambati BK, Ogura Y, Yoo JW, Lee DK, Provost P, Hinton DR, Núñez G, Baffi JZ, Kleinman ME, Ambati J, Cell, 149, (4) 847 - 859,   2012年05月11日, 査読有り
  • Short-interfering RNAs induce retinal degeneration via TLR3 and IRF3., Kleinman ME, Kaneko H, Cho WG, Dridi S, Fowler BJ, Blandford AD, Albuquerque RJ, Hirano Y, Terasaki H, Kondo M, Fujita T, Ambati BK, Tarallo V, Gelfand BD, Bogdanovich S, Baffi JZ, Ambati J, Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy, 20, (1) 101 - 108,   2012年01月, 査読有り
  • Pneumatic displacement of submacular hemorrhage with or without tissue plasminogen activator., Mizutani T, Yasukawa T, Ito Y, Takase A, Hirano Y, Yoshida M, Ogura Y, Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie, 249, (8) 1153 - 1157,   2011年08月, 査読有り
  • Visual outcome after intravitreal triamcinolone acetonide depends on optical coherence tomographic patterns in patients with diffuse diabetic macular edema., Shimura M, Yasuda K, Nakazawa T, Hirano Y, Sakamoto T, Ogura Y, Shiono T, Retina (Philadelphia, Pa.), 31, (4) 748 - 754,   2011年04月, 査読有り
  • DICER1 deficit induces Alu RNA toxicity in age-related macular degeneration., Kaneko H, Dridi S, Tarallo V, Gelfand BD, Fowler BJ, Cho WG, Kleinman ME, Ponicsan SL, Hauswirth WW, Chiodo VA, Karikó K, Yoo JW, Lee DK, Hadziahmetovic M, Song Y, Misra S, Chaudhuri G, Buaas FW, Braun RE, Hinton DR, Zhang Q, Grossniklaus HE, Provis JM, Madigan MC, Milam AH, Justice NL, Albuquerque RJ, Blandford AD, Bogdanovich S, Hirano Y, Witta J, Fuchs E, Littman DR, Ambati BK, Rudin CM, Chong MM, Provost P, Kugel JF, Goodrich JA, Dunaief JL, Baffi JZ, Ambati J, Nature, 471, (7338) 325 - 330,   2011年03月17日, 査読有り
  • Outcomes and complications of 25-gauge transconjunctival sutureless vitrectomy for proliferative diabetic retinopathy., Ozone D, Hirano Y, Ueda J, Yasukawa T, Yoshida M, Ogura Y, Ophthalmologica. Journal international d'ophtalmologie. International journal of ophthalmology. Zeitschrift fur Augenheilkunde, 226, (2) 76 - 80,   2011年, 査読有り
  • Optical coherence tomography guided peeling of macular epiretinal membrane., Hirano Y, Yasukawa T, Ogura Y, Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.), 5, 27 - 29,   2010年12月, 査読有り
  • Transient tractional retinal detachment in an eye with retinitis pigmentosa., Hirahara S, Hirano Y, Yasukawa T, Ogura Y, Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.), 4, 1115 - 1118,   2010年10月, 査読有り
  • Bilateral serous retinal detachments associated with accelerated hypertensive choroidopathy., Hirano Y, Yasukawa T, Ogura Y, International journal of hypertension, 2010,   2010年09月, 査読有り
  • Indocyanine green angiography-guided laser photocoagulation combined with sub-Tenon's capsule injection of triamcinolone acetonide for idiopathic macular telangiectasia., Hirano Y, Yasukawa T, Usui Y, Nozaki M, Ogura Y, The British journal of ophthalmology, 94, (5) 600 - 605,   2010年05月, 査読有り
  • Unilateral Acute Retinal Necrosis 2 Months After Herpes Simplex Encephalitis., Sugitani K, Hirano Y, Yasukawa T, Yoshida M, Ogura Y, Ophthalmic surgery, lasers & imaging : the official journal of the International Society for Imaging in the Eye, 1 - 5,   2010年03月, 査読有り
  • Suppression of ICAM-1 in retinal and choroidal endothelial cells by plasmid small-interfering RNAs in vivo., Hirano Y, Sakurai E, Matsubara A, Ogura Y, Investigative ophthalmology & visual science, 51, (1) 508 - 515,   2010年01月, 査読有り
  • Intraocular pressure elevation following triamcinolone acetonide administration as related to administration routes., Hirano Y, Ito T, Nozaki M, Yasukawa T, Sakurai E, Yoshida M, Ogura Y, Japanese journal of ophthalmology, 53, (5) 519 - 522,   2009年09月, 査読有り
  • Early-onset macular holes following ruptured retinal arterial macroaneurysms., Sato R, Yasukawa T, Hirano Y, Ogura Y, Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie, 246, (12) 1779 - 1782,   2008年12月, 査読有り
  • [Incidence of posterior subcapsular cataract progression after triamcinolone acetonide administration]., Yoshimura M, Hirano Y, Nozaki M, Yoshida M, Ogura Y, Nippon Ganka Gakkai zasshi, 112, (9) 786 - 789,   2008年09月, 査読有り
  • Intraocular pressure elevation after injection of triamcinolone acetonide: a multicenter retrospective case-control study., Inatani M, Iwao K, Kawaji T, Hirano Y, Ogura Y, Hirooka K, Shiraga F, Nakanishi Y, Yamamoto H, Negi A, Shimonagano Y, Sakamoto T, Shima C, Matsumura M, Tanihara H, American journal of ophthalmology, 145, (4) 676 - 681,   2008年04月, 査読有り
  • Comparative study on efficacy of a combination therapy of triamcinolone acetonide administration with and without vitrectomy for macular edema associated with branch retinal vein occlusion., Hirano Y, Sakurai E, Yoshida M, Ogura Y, Ophthalmic research, 39, (4) 207 - 212,   2007年, 査読有り

MISC

  • 【あなたの知識をアップデート!おさらい 眼科の解剖・疾患・検査】 目の解剖のおさらい 網膜, 黒部 亮, 平野 佳男, 眼科ケア, 21, (3) 218 - 220,   2019年03月
  • 【あなたの知識をアップデート!おさらい 眼科の解剖・疾患・検査】 目の解剖のおさらい 硝子体, 黒部 亮, 平野 佳男, 眼科ケア, 21, (3) 221 - 222,   2019年03月
  • 【あなたの知識をアップデート!おさらい 眼科の解剖・疾患・検査】 目の解剖のおさらい 水晶体, 黒部 亮, 平野 佳男, 眼科ケア, 21, (3) 223 - 225,   2019年03月
  • 抗VEGF治療セミナー 網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する抗VEGF療法の早期導入の有用性, 安田 優介, 平野 佳男, あたらしい眼科, 35, (9) 1249 - 1250,   2018年09月, 網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)における視力低下の主因は黄斑浮腫である。抗VEGF療法の登場で劇的な治療効果が得られているが、再発例、遷延例などでたびたび苦渋する。本稿では、BRVOの黄斑浮腫遷延の原因解明とそれに対する治療への応用に関して、筆者らの見解を概説する。(著者抄録)
  • 【OCT angiography 読影すご技マニュアル】 網膜静脈閉塞症(RVO)の読影すご技マニュアル, 富安 胤太, 平野 佳男, 眼科グラフィック, 7, (3) 324 - 331,   2018年06月
  • 深在性アスペルギルス症による動眼神経不全麻痺の1例, 塚田 明世, 平野 佳男, 横山 佐知子, 伊藤 祐也, 中沢 陽子, 眼科臨床紀要, 11, (4) 257 - 260,   2018年04月, 背景:深在性アルペルギルス症により動眼神経不全麻痺をきたした症例を報告する。症例:66歳男性、17歳時に副鼻腔炎で上顎洞手術歴がある。両眼複視と右眼窩深部痛があり受診。右上眼瞼下垂、外斜視、上転障害が認められたが、矯正視力は両眼1.0、限界フリッカ値は右眼36Hz、左眼37Hzと正常であった。眼窩部MRI、頭部MRAに異常所見はなかった。副鼻腔の手術歴、血清アスペルギルス抗原陽性から、アスペルギルス感染を疑い、ボリコナゾールの全身投与を行った。投与2週間後に眼窩深部痛の軽減、右上眼瞼下垂と外斜視の消失および上転障害が改善し、深在性アスペルギルス症による動眼窩裂症候群と診断した。結論:上眼窩裂症候群による動眼神経不全麻痺の原因として、深在性アスペルギルス症が報告されている。ステロイド投与による眼症状の増悪、全身状態の悪化があり、眼球運動障害においても、真菌感染を疑って慎重に診断し、治療することが必要である。(著者抄録)
  • 【進化するOCT活用術-基礎から最新まで-】 網膜疾患に対するOCT angiography, 平野 佳男, OCULISTA, (60) 112 - 118,   2018年03月, 光干渉断層血管撮影(optical coherence tomography angiography:OCT angiography)は、OCTを使って網脈絡膜の血管構造を層別に検出する新しい技術である。造影剤を使用しない非侵襲的な検査ゆえ、頻回の撮影も可能で経時変化の評価にも有用である。アーチファクト、血管透過性亢進を評価できない。撮影画像が狭いなどの問題はあるが、血管構造の層別評価など今まで知り得なかった情報を提供している。また、中心窩無血管域(foveal avascular zone:FAZ)の評価に関しても、OCT angiographyの登場で注目されることとなった。このように、OCT angiographyのメリットは計り知れない。本稿では、OCT angiographyのメリット・デメリットを説明し、その後、各網膜疾患におけるOCT angiographyに関して、文献的考察を中心に述べる。(著者抄録)
  • 加齢黄斑変性における自然免疫の関与解明, 平野 佳男, 医科学応用研究財団研究報告, 35,   2018年02月
  • 【網膜静脈閉塞症の最新のとらえ方】 OCT angiographyによる虚血の評価, 平野 佳男, 小椋 祐一郎, 眼科, 59, (12) 1431 - 1437,   2017年11月
  • 【OCTで血管を斬る!】 網膜静脈閉塞症(RVO), 鈴木 識裕, 平野 佳男, Retina Medicine, 6, (2) 110 - 115,   2017年10月, 光干渉断層血管撮影(OCT angiography)は造影剤を使用せず、網脈絡膜の血管構造を層別に表示することができる新しい眼循環評価法である。非侵襲的な検査ゆえ、診察ごとの撮影も可能で、経時変化の評価にも有用である。網膜静脈閉塞症(RVO)への応用では、網膜無灌流領域の正確な評価や、さまざまな微小血管異常の層別評価を可能とし、今まで知り得なかった情報を提供している。この新しい技術の有用性、課題について述べる。(著者抄録)
  • 眼循環 わかりやすい臨床講座 網膜静脈閉塞症と網膜循環障害, 平野 佳男, 日本の眼科, 88, (9) 1149 - 1154,   2017年09月, 網膜静脈閉塞症(retinal vein occlusion:RVO)は、静脈血栓症である。血栓形成の成因としては、Virchowの三徴、すなわち「血管内皮障害」、「血液凝固能亢進」、「血流障害」が重要であると考えられているが、RVOの病態を考える際に、これら三要因がいかに本症に密接に関与しているかがわかる。またRVOは発症後からさまざまな網膜微小血管異常を呈するが、近年の検査機器の進歩により、これら微小循環障害が多角的に解明されつつある。本稿ではそれらについて解説する。(著者抄録)
  • 【光干渉断層血管撮影(OCT angiography)のすべて】 光干渉断層血管撮影の網膜静脈閉塞症への応用, 平野 佳男, あたらしい眼科, 34, (6) 809 - 813,   2017年06月
  • 【新人スタッフのための めめ子と学ぶ!眼科のキーワード50これだけ】処置・手術のキーワード 網膜硝子体手術, 江崎 雄也, 平野 佳男, 眼科ケア, 19, (4) 358 - 359,   2017年04月
  • 【新人スタッフのための めめ子と学ぶ!眼科のキーワード50これだけ】処置・手術のキーワード 角膜移植術, 江崎 雄也, 平野 佳男, 眼科ケア, 19, (4) 360 - 361,   2017年04月
  • 抗VEGF治療セミナー 抗VEGF療法後の眼内炎の1例, 江崎 雄也, 平野 佳男, あたらしい眼科, 34, (3) 391 - 392,   2017年03月, 抗VEGF薬硝子体内注射は視機能改善、あるいは維持を目的として施行され、通常複数回の治療が必要となる。注射による合併症としては、結膜下出血のような軽微なものから眼内炎などの重篤なものもある。今回筆者らは、抗VEGF療法後に眼内炎を発症した症例を経験したので報告する。(著者抄録)
  • 網脈絡膜疾患の病態解明 網脈絡膜循環障害評価 網膜静脈閉塞症における網脈絡膜循環障害評価, 平野 佳男, 日本眼科学会雑誌, 121, (臨増) 51 - 51,   2017年03月
  • 難治性糖尿病黄斑浮腫に対するアフリベルセプト硝子体内投与の短期成績, 石田 琴弓, 加藤 亜紀, 太田 聡, 平野 佳男, 野崎 実穂, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, あたらしい眼科, 34, (2) 264 - 267,   2017年02月, 目的:糖尿病黄斑浮腫に対するアフリベルセプト硝子体内投与の治療効果を検討した。対象および方法:糖尿病黄斑浮腫に対しアフリベルセプト硝子体内投与を行い、6ヵ月以上経過観察できた11例15眼(非増殖糖尿病網膜症7例9眼、増殖糖尿病網膜症4例6眼)を対象とした。平均年齢は58.3歳、平均観察期間は8.7ヵ月であった。必要に応じて追加投与を行い、矯正視力、中心網膜厚、黄斑体積を検討した。結果:平均投与回数は2.9回であった。最終受診時において、投与前と比較して平均視力はlogMAR視力で0.49から0.38(p<0.05)に、中心網膜厚は526μmから433μmに(p<0.05)、黄斑体積は13.6mm3から12.3mm3(p<0.01)にいずれも有意に改善を示した。結論:糖尿病黄斑浮腫に対するアフリベルセプト硝子体内投与は、視力および黄斑浮腫の改善に有効であった。(著者抄録)
  • 【OCTアンギオグラフィーのすべて】 網膜静脈閉塞症への応用, 平野 佳男, 眼科グラフィック, 5, (4) 341 - 347,   2016年08月
  • 【黄斑上膜のすべて】 黄斑上膜の硝子体手術, 平野 佳男, あたらしい眼科, 32, (11) 1535 - 1539,   2015年11月
  • 後眼部 急性および慢性炎症性後眼部疾患, 平野 佳男, 安川 力, 別冊Bio Clinica: 慢性炎症と疾患, 4, (3) np5 - np8,   2015年08月
  • 眼科医のための先端医療(第176回) 萎縮型加齢黄斑変性の発症メカニズムと治療の可能性, 平野 佳男, あたらしい眼科, 32, (8) 1155 - 1157,   2015年08月
  • 【知識が広がる!業務に生かせる!めめ子とトライ まるごと眼科クイズ230】 (4章)眼科の疾患 よく出会う外眼部の疾患, 平野 佳男, 眼科ケア, (2014夏季増刊) 159 - 168,   2014年06月
  • 患者さんの声をヒントに解明せよ! 目を見て当てよう!疾患クイズ, 平野 佳男, 眼科ケア, 15, (4) 313,401 - 313,401,   2013年04月
  • 【スタッフだって知っておかなきゃ!これ1冊で解剖・術式・ケアがわかる みんなで学ぶ眼科の手術】(5章)網膜硝子体手術 テノン嚢下注射, 平野 佳男, 眼科ケア, (2012冬季増刊) 118 - 124,   2012年12月
  • 硝子体黄斑牽引症候群を合併した網膜色素変性の1例, 平原 修一郎, 平野 佳男, 安川 力, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, あたらしい眼科, 28, (4) 593 - 596,   2011年04月, 目的:網膜色素変性に硝子体黄斑牽引症候群を合併した症例を経験したので報告する。症例:症例は57歳、女性で、右眼視力低下を主訴で近医を受診し、両眼網膜色素変性および右眼網膜前膜を指摘された。初診時視力は右眼(0.3)、左眼(0.4)で、右眼には網膜前膜、硝子体黄斑牽引症候群を認めた。白内障手術併用25ゲージ硝子体手術を行い、網膜前膜を剥離した。術後、黄斑部の牽引は解除され、網膜前膜の再発は認められず、術後最高視力は右眼(0.5)であった。結論:網膜色素変性にはさまざまな黄斑病変を伴うが、硝子体黄斑牽引症候群を合併することはまれである。本症例では、小切開硝子体手術により良好な術後経過を得ているが、硝子体手術後の再増殖や視野狭窄の進展などの報告もあるため、今後の長期的な経過観察が必要である。(著者抄録)
  • 硝子体内薬物注射に伴う合併症の検討, 永井 博之, 平野 佳男, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 臨床眼科, 64, (7) 1099 - 1102,   2010年07月, 目的:薬物の硝子体内注射の合併症の頻度とその内容の報告。対象と方法:過去5年7ヵ月間に硝子体注射を行った227例371眼を検索した。疾患の内容は,加齢黄斑変性122眼,網膜静脈分枝閉塞症87眼,糖尿病網膜症74眼,網膜中心静脈閉塞症42眼などである。注射をした薬物は,トリアムシノロンアセトニド242眼,ペガプタニブ51眼,ラニビズマブ78眼である。結果:眼圧上昇は359眼中51眼(14%),白内障の進行が185眼中35眼(19%),硝子体出血が371眼中1眼(0.3%)にあった。水晶体損傷,網膜裂孔または剥離,眼内炎はなかった。眼圧上昇または白内障の進行は,1眼を除きトリアムシノロンアセトニドの投与眼であった。結論:硝子体内薬物注射の合併症として,眼圧上昇,白内障の進行を認めたが,1眼を除きトリアムシノロンアセトニド投与眼であった。硝子体注射は比較的安全な治療手段である。(著者抄録)
  • 25G硝子体手術後に術後眼内炎をきたした2例, 臼井 嘉, 森田 裕, 伊藤 翠, 平原 修一郎, 平野 佳男, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 眼科手術, 23, (2) 297 - 300,   2010年04月, 背景:最近、小切開硝子体手術が普及してきているが、20Gに比べ25G硝子体手術後眼内炎の発生頻度が高いという報告がある。今回、当施設において25G硝子体手術後の眼内炎を2例経験したので報告する。症例:症例1は60歳、女性。左眼黄斑上膜に対し、白内障手術および25G硝子体手術(液-空気置換併用)を施行した。術後2日目に前房蓄膿を認めたため、術後眼内炎の診断のもと硝子体手術を同日施行した。術後経過は良好で、術後2ヵ月の矯正視力は1.0であった。症例2は64歳、女性。糖尿病網膜症の既往あり。右眼黄斑上膜に対し、25G硝子体手術およびトリアムシノロン硝子体内投与を施行。術後2日目に前房蓄膿を認めたため、術後眼内炎の診断のもと硝子体手術を同日施行した。術後経過は良好で、術後4ヵ月の矯正視力は1.0であった。結果:術開始時に採取した硝子体液の培養結果は2例とも陰性であった。当院で2005年9月1日から2008年7月31日までに施行した25G硝子体手術601件中2件(0.33%)で術後眼内炎を発症した。結論:今後、25G硝子体手術における眼内炎発症の危険因子を検討し予防の対策が必要であると考えられた。(著者抄録)
  • シングルピースアクリルレンズのIOL Master用のA定数の検討, 菅 啓治, 平野 佳男, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 臨床眼科, 63, (7) 1113 - 1118,   2009年07月, 目的:単独または硝子体手術と同時に行う白内障手術で,シングルピースアクリルレンズ用に設定されたIOL MasterのA定数の検討。対象と方法:眼内レンズとしてSN60WF(Alcon社)を挿入した94眼を対象とした。60眼には白内障単独手術,34眼には硝子体手術を同時に行った。34眼中9眼にはガスを注入した。眼軸長をIOL Masterで測定し,A定数を119.2に設定し,SRK/T式で度数を算出した。目標度数からのずれを術後3ヵ月まで測定した。結果:白内障単独手術群では術後1日目に若干の近視化が生じ,最終的には目標屈折度数に近似した。硝子体同時手術群では約0.5Dの近視化があった。両群とも術後屈折は全期間を通じ安定していた。結論:SN60WFに対するIOL Master用のA定数119.2は適正である。硝子体手術を同時に行う場合には,近視化があるのでA定数の変更が必要である。(著者抄録)
  • 【光干渉断層計(OCT)はこう読む!】 黄斑上膜はこう読む, 平野 佳男, あたらしい眼科, 26, (5) 591 - 595,   2009年05月
  • トリアムシノロン局所投与後の後嚢下白内障の発症頻度, 吉村 将典, 平野 佳男, 野崎 実穂, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 日本眼科学会雑誌, 112, (9) 786 - 789,   2008年09月, 目的:トリアムシノロン局所投与後の後のう下白内障の発症頻度について検討すること.対象と方法:対象は名古屋市立大学病院眼科でトリアムシノロンを局所投与した有水晶体眼38例44眼,平均年齢は64±10.4(平均値±標準偏差,以下同様)(39〜89)歳であった.投与法は後部テノンのう下投与のみとした.後のう下白内障の評価は細隙灯顕微鏡検査により行い,白内障発症の危険因子についても検討した.結果:投与後12ヵ月での後のう下白内障の発症は8眼(18%)であり,5眼(11%)に白内障手術が施行された.白内障発症までの期間は平均8.8±3.7ヵ月であった.投与回数,疾患,年齢と白内障発症との間には有意な相関関係は認めなかった(p=0.3806,0.6561,0.7470).結論:トリアムシノロン局所投与の長期合併症として後のう下白内障は重要な合併症の一つである.(著者抄録)
  • 網膜下にシリコーンオイルが迷入したピット黄斑症候群の1例, 小原 浩, 平野 佳男, 小椋 祐一郎, 眼科臨床医報, 101, (9) 909 - 912,   2007年09月, 65歳女性。患者は近医にて左眼のピット黄斑症候群に対し光凝固術を施行するも、寛解・増悪を繰り返し、徐々に視力低下を認めたため、著者らの施設へ紹介となった。入院にてピット黄斑症候群に対し硝子体術を施行したが、網膜が復位せず、術後15日目に2回目の手術が行なわれた。しかし、網膜剥離、黄斑剥離を呈し、3回目の手術を行ない、術中にタンポナーデ物質としてシリコーンオイルを注入した。その結果、術後4日目にシリコーンオイルが網膜下へ迷入するのが認められた。大きさは約0.5乳頭径で、光干渉断層計所見では感覚網膜下にシリコーンオイルを認めたが、左眼視力は(0.3)であった。3回目術後44日目には感覚網膜下のシリコーンオイルは約2乳頭径に増大し、中心部はオイルの乳化を認め、術後48日目にシリコーンオイル抜去が行なわれた。現在、網膜は復位しているが、左眼黄斑部には網膜色素上皮の萎縮を認め、視力は(0.15)である。
  • アクリソフシングルピースとスリーピースの術後安定性の比較, 平野 佳男, 小椋 祐一郎, 服部 知明, 眼科手術, 19, (3) 415 - 417,   2006年07月, 目的:ループ材質の違いによる,術後等価球面度数の差を,シングルピース(1-P)(SA60AT,Alcon)とスリーピース(3-P)(MA60AC,Alcon)を用いて比較したので報告する.方法:平成16年4月から平成17年3月に亀山市立医療センターで両眼の超音波乳化吸引術および眼内レンズ挿入術を施行した14例28眼を対象とした.手術は同一術者により3.5mm強角膜切開にて超音波乳化吸引術を施行し,同一患者の一眼に1-P,他眼に3-Pを嚢内挿入した.検討項目として視力,等価球面度数,等価球面度数誤差量(等価球面度数-目標等価球面度数)を術後1日,1週,2週,1ヵ月,2ヵ月,3ヵ月に測定した.結果:視力は術後全期間において1-P群と3-P群で有意差はなかった.等価球面度数誤差量は術後全期間において1-P群のほうが少なく,術後1日目で有意差があった(p=0.0186).等価球面度数は1-P群では変動は少なかったが(p=0.7609),3-P群では約0.6D近視化した(p=0.0370).結論:1-Pは3-Pに比べ,術翌日で度数誤差量が少なく,術後屈折値の予測がたてやすい安定した眼内レンズである(著者抄録)
  • 【眼科器械 完全マニュアル】 手術・処置に関する器械 手術用顕微鏡 手術用顕微鏡 M841(ライカ), 平野 佳男, 眼科ケア, (2004冬季増刊) 119 - 120,   2004年12月
  • 白血病により視神経乳頭腫脹をきたした2例, 平野 佳男, 滝 昌弘, 高木 規夫, 臨床眼科, 57, (5) 691 - 695,   2003年05月, 症例1:44歳男.3年前に急性骨髄性白血病を発症し,二度の化学療法で緩解していた.3週間前に両眼の視力障害を自覚し,受診時の視力は,右手動弁,左眼0.04であり,乳頭腫脹が両眼にあった.急性骨髄性白血病の中枢神経再発と白血病細胞浸潤による視神経症と診断し,化学療法と放射線照射を行った.乳頭腫脹は緩解し,視力は右0.4,左0.6に回復した.症例2:16歳男.1ヵ月前に風邪様の症状があり,右眼の眼瞼腫脹と複視が続発した.急性リンパ性白血病であり,近見視力は右0.3,左0.6で,右眼に乳頭腫脹があり,両眼に網膜出血があった.磁気共鳴画像検査(MRI)で右の副鼻腔と眼窩に腫瘤があり,視神経が鼻側に圧排されていた.抗白血病薬の全身投与と髄腔内注入で,眼窩腫瘍と乳頭腫脹は緩解した.視神経乳頭腫脹の原因は,症例1では浸潤性視神経症,症例2では圧迫性視神経症と考えられた
  • 発症早期に硝子体手術を施行し良好な視力を維持できた急性網膜壊死の1例, 平野 佳男, 加藤 亜紀, 小島 麻由, 木村 英也, 小椋 祐一郎, 眼科手術, 16, (2) 255 - 258,   2003年04月, 68歳男.初診時,右眼は視神経症を合併しすでに失明していた.アシクロビルの全身投与にも拘わらず,約1ヵ月後に左眼にも発症した.左眼の硝子体混濁や血管炎は急速に増悪してきたため,発症3日目に硝子体切除術を施行した.術中,周辺部網膜に網膜壊死を認め,硝子体が網膜に強固に付着していて容易に網膜裂孔が形成された.眼内光凝固,シリコーンオイルタンポナーデおよび輪状締結術の併用により網膜剥離を防ぐことが出来た.1ヵ月後にシリコーンオイルを除去したが,網膜剥離は出現せず,左眼視力は0.8に改善した.早期の硝子体手術は,良好な視力予後を得るのに有効であると考えられた
  • 急激な視力低下をきたした貧血による眼窩内血腫の1例, 平野 佳男, 松永 紀子, 玉井 一司, 小椋 祐一郎, 臨床眼科, 56, (6) 1089 - 1093,   2002年06月, 79歳女.右眼の眼球突出と視力低下を主訴とした.右眼は矯正視力0.01で,著明な突出がみられ,眼球運動は全方向で制限されており,眼底にRoth斑を伴う網膜出血が散在性に存在していた.血液検査にて著明な鉄欠乏性貧血を認め,CT及びMRI所見から眼窩内血腫が最も疑われた.貧血に対して濃厚赤血球輸血と鉄剤の投与を行い,血腫周囲の浮腫軽減を目的としてプレドニゾロンの漸減投与を行った.詳細な既往歴聴取により,発症1週間前に右前頸部を軽度打撲していたことが判明した.保存的経過観察にて症状は改善し,その後も腫瘍の拡大はみられていない.以上より,患者自身が忘れている程度の小さな外傷を契機としても眼窩内血腫が起こる可能性が示唆された

講演・口頭発表等

  • 網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するラニビズマブ硝子体内投与の24ヵ月成績, 稲垣 美保, 平野 佳男, 鈴木 識裕, 安田 優介, 川村 美穂子, 安川 力, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 日本眼科学会雑誌,   2019年03月
  • 網膜静脈閉塞症, 平野 佳男, 日本眼科学会雑誌,   2019年03月, 招待あり
  • OCT Angiography Imaging of Retinal Vein Occlusion, Hirano Yoshio, The 12th Asia-Pacific Vitreo-Retina Society Meeting,   2018年12月, 招待あり
  • Retinal Microcirculation in Retinal Vein Occlusion, Hirano Yoshio, Nagoya City University - Hallym University International Joint Symposium,   2018年10月, 招待あり
  • 広角インドシアニングリーン蛍光眼底造影を用いた原田病の脈絡膜血管密度解析, 杉谷 和彦, 平野 佳男, 安川 力, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 眼科臨床紀要,   2018年09月
  • 滲出型加齢黄斑変性のラニビズマブTreat and Extend療法の効果と精神面への影響, 加藤 亜紀, 安川 力, 杉田 威一郎, 吉田 宗徳, 野崎 実穂, 平野 佳男, 近藤 順子, 阿部 知博, 杉田 公子, 大喜多 隆秀, 森田 裕, 杉谷 和彦, 臼井 英晶, 丹羽 奈緒美, 高瀬 範明, 加藤 房枝, 小椋 祐一郎, 日本眼科学会雑誌,   2018年03月
  • 網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するラニビズマブ硝子体内投与の12ヵ月成績, 安田 優介, 平野 佳男, 川村 美穂子, 高瀬 範明, 安川 力, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 日本眼科学会雑誌,   2018年03月
  • Vogt-小柳-原田病の広角インドシアニングリーン蛍光眼底造影所見, 黒部 亮, 中山 奈緒美, 杉谷 和彦, 平野 佳男, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 眼科臨床紀要,   2017年11月
  • Retinal Sensitivity in Nonperfused Areas: Correlation with Macular Edema and Microaneurysm Formation in Retinal Vein Occlusion, Hirano Yoshio, Yoshida Munenori, Ogura Yuichiro, American Academy of Ophthalmology,   2017年10月
  • フォークト-小柳-原田病の広角インドシアニングリーン蛍光眼底造影所見, 黒部 亮, 丹羽 奈緒美, 杉谷 和彦, 平野 佳男, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 眼科臨床紀要,   2017年08月
  • 網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するラニビズマブ硝子体内注射の6ヵ月成績, 川村 美穂子, 平野 佳男, 吉田 宗徳, 水谷 武史, 杉谷 和彦, 小椋 祐一郎, 眼科臨床紀要,   2017年08月
  • 網膜静脈閉塞症における網脈絡膜循環障害評価, 平野 佳男, 日本眼科学会総会,   2017年04月, 招待あり
  • 網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するラニビズマブ硝子体内投与の6ヵ月成績, 川村 美穂子, 平野 佳男, 吉田 宗徳, 水谷 武史, 杉谷 和彦, 小椋 祐一郎, 日本眼科学会雑誌,   2017年03月
  • 黄斑上膜における術前評価としての光干渉断層計の有用性, 鈴木 識裕, 平野 佳男, 富安 胤太, 安川 力, 小椋 祐一郎, 日本眼科学会雑誌,   2016年03月
  • びまん性糖尿病黄斑浮腫に対するICG蛍光眼底造影ガイド下網膜光凝固の有用性, 濱田 怜, 安川 力, 加藤 亜紀, 小椋 俊太郎, 平野 佳男, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 日本糖尿病眼学会誌,   2016年03月
  • 難治性糖尿病黄斑浮腫に対するラニビズマブ硝子体内投与の効果, 加藤 亜紀, 平野 佳男, 野崎 実穂, 安川 力, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 日本糖尿病眼学会誌,   2016年03月
  • 萎縮型加齢黄斑変性の分子メカニズム, 平野 佳男, 眼科臨床紀要,   2016年02月
  • 糖尿病黄斑浮腫に対するアフリベルセプト硝子体内投与の短期成績, 鈴木 琴弓, 加藤 亜紀, 太田 聡, 平野 佳男, 野崎 実穂, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 糖尿病合併症,   2015年11月
  • ラニビズマブからアフリベルセプトへの切り替えが有効であった傾斜乳頭症候群の1例, 鈴木 識裕, 平野 佳男, 安川 力, 中沢 陽子, 小椋 祐一郎, 日本眼科学会雑誌,   2015年03月
  • 硝子体手術が著効した正常眼圧緑内障に合併した中心窩網膜分離症の一例, 小椋 俊太郎, 太田 聡, 安川 力, 平野 佳男, 野崎 実穂, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 眼科臨床紀要,   2015年01月
  • Alu RNAによる網膜色素上皮変性はRNA sensorではなくMyd88を介する, 平野 佳男, 兼子 裕規, 小椋 祐一郎, Jakakrishna Ambati, 日本眼科学会雑誌,   2013年03月
  • TLR3を介した網膜色素上皮変性はultra-short dsRNAによって抑制される, 兼子 裕規, 平野 佳男, 近藤 峰生, 寺崎 浩子, Ambati Jayakrishna, 日本眼科学会雑誌,   2013年03月
  • 未熟児網膜症重症化因子としての生後血中サイトカインの検討, 中沢 陽子, 平野 佳男, 植田 次郎, 横山 佐知子, 後藤 玄夫, 日本眼科学会雑誌,   2013年03月
  • 網膜光凝固後のVEGF発現量の比較 PASCAL vs.通常凝固, 平野 佳男, 伊藤 愛子, 野崎 実穂, 小椋 祐一郎, 眼科臨床紀要,   2010年10月
  • 傍中心窩毛細血管拡張症に対するトリアムシノロン併用網膜光凝固術の治療成績, 平野 佳男, 野崎 実穂, 安川 力, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 眼科臨床紀要,   2009年11月
  • 両眼黄斑部漿液性網膜剥離を伴った高血圧性脈絡膜症, 石神 裕子, 臼井 嘉, 平野 佳男, 小椋 祐一郎, 眼科臨床紀要,   2009年11月
  • 網膜へのsmall interfering RNAプラスミド導入によるICAM-1の抑制, 平野 佳男, 櫻井 英二, 松原 明久, 小椋 祐一郎, 日本糖尿病眼学会誌,   2009年11月
  • 未熟児網膜症重症度と出生体重標準偏差値の関係 在胎期間別出生時身体発育基準値表を用いた検討, 中沢 陽子, 平野 佳男, 福田 純男, 鈴木 悟, 日本未熟児新生児学会雑誌,   2009年10月
  • 25G硝子体手術後眼内炎の一例, 伊藤 翠, 森田 裕, 平原 修一郎, 平野 佳男, 小椋 祐一郎, 眼科臨床紀要,   2008年11月
  • 黄斑浮腫に対するトリアムシノロン投与の有効性と再発率の評価, 平野 佳男, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 眼科臨床紀要,   2008年10月
  • ヘルペス脳炎後に発症した急性網膜壊死, 杉谷 和彦, 平野 佳男, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 眼科臨床紀要,   2008年08月
  • 糖尿病黄斑浮腫に対するトリアムシノロンアセトニドの治療効果, 森田 裕, 平野 佳男, 太田 聡, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 日本糖尿病眼学会誌,   2008年04月
  • ストレプトゾトシン誘発糖尿病マウスにおける脈絡膜新生血管の検討, 伊藤 愛子, 櫻井 英二, 平野 佳男, 板谷 正博, 小椋 祐一郎, 日本眼科学会雑誌,   2008年03月
  • 硝子体網膜牽引がみられた網膜色素変性の2例, 平原 修一郎, 平野 佳男, 安川 力, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 眼科臨床紀要,   2008年01月
  • トリアムシノロン投与後の眼圧上昇に対して行った選択的レーザー線維柱帯形成術, 伊藤 愛子, 高瀬 綾恵, 菅 啓治, 平野 佳男, 松原 明久, 野崎 実穂, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 日本緑内障学会抄録集,   2007年09月
  • トリアムシノロン局所投与後の後嚢下白内障の発症頻度, 吉村 将典, 平野 佳男, 野崎 実穂, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 眼科臨床医報,   2007年08月
  • 特発性黄斑上膜の術前光干渉断層計所見と術後視力の関係, 植田 次郎, 平野 佳男, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 眼科臨床医報,   2007年08月
  • 自然寛解した超低出生体重児(290g)の未熟児網膜症, 徐 道人, 平野 佳男, 高瀬 綾恵, 小椋 祐一郎, 眼科臨床医報,   2007年05月
  • トリアムシノロン局所投与後の後嚢下白内障の発症頻度, 吉村 将典, 平野 佳男, 野崎 実穂, 吉田 宗徳, 小椋 祐一郎, 日本眼科学会雑誌,   2007年03月
  • トリアムシノロン眼投与に伴う眼圧上昇, 岩尾 圭一郎, 稲谷 大, 平野 佳男, 小椋 祐一郎, 白神 史雄, 廣岡 一行, 中西 頼子, 山本 博之, 下長野 由佳, 坂本 泰二, 嶋 千絵子, 松村 美代, 谷原 秀信, 緑内障,   2006年08月
  • 急速に失明に至った両眼性急性網膜壊死の1例, 平野 佳男, 加藤 亜紀, 小島 麻由, 木村 英也, 小椋 祐一郎, 眼科臨床医報,   2002年05月

受賞

  •   2018年10月, 名古屋市立大学, 高インパクト論文表彰
  •   2017年10月, 名古屋市立大学, 論文プラスワン運動表彰
  •   2010年01月, 日本微小循環学会, 優秀賞
  •   2009年10月, Alcon Japan Hida Memorial Award
  •   2008年05月, ARVO, Alcon ARVO Early Career Clinician Research Award

競争的資金

  • ガス封入中空デバイスによる抗体医薬の眼内徐放システムの開発, 日本学術振興会, 科研費補助金 基盤(C),   2019年04月 - 2022年03月, 安川 力
  • 加齢黄斑変性における脈絡膜新生血管発生と網膜細胞障害の機序解明と臨床への応用, 日本学術振興会, 科研費補助金 基盤(C),   2018年04月 - 2021年03月, 平野 佳男
  • 糖尿病網膜症における線維血管増殖膜の形成機構の解明, 日本学術振興会, 科研費補助金 基盤(B),   2018年04月 - 2021年03月, 小椋 祐一郎
  • 加齢黄斑変性におけるHMGB1の関与解明と臨床への応用, アルコン ファーマ株式会社, 2019年度 ノバルティス研究助成 Novartis Research Grants,   2017年04月 - 2020年03月, 平野 佳男
  • Fasリガンドを介したアポトーシス制御による加齢黄斑変性の新規治療法開発, バイエル薬品株式会社, アカデミックサポート,   2016年04月 - 2020年03月, 小椋 祐一郎、平野 佳男
  • 網膜静脈閉塞症の病態解明, 名古屋市立大学, 特別研究奨励費 論文発表活性化事業,   2019年04月, 平野 佳男
  • 加齢黄斑変性の病態におけるブルッフ膜の加齢性沈着脂質の役割の解明, 日本学術振興会, 科研費補助金 基盤(C),   2016年04月 - 2019年03月, 安川 力
  • 加齢黄斑変性の病態解明に関する研究, 日本アルコン株式会社,   2014年04月 - 2019年03月, 小椋 祐一郎、平野 佳男
  • 網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫におけるアンジオポエチンの関与解明と臨床への応用, 高齢者眼疾患研究財団, 2017年度高齢者眼疾患研究助成,   2018年02月 - 2019年01月, 平野 佳男
  • 加齢黄斑変性における自然免疫の関与解明と臨床への応用, 愛知健康増進財団, 医学研究・健康増進活動等,   2017年08月 - 2018年07月, 平野 佳男
  • 加齢黄斑変性における炎症とアポトーシスの関与解明と新規治療法開発, 日本学術振興会, 科研費補助金 基盤(C),   2015年04月 - 2018年03月, 平野 佳男
  • 新規糖尿病網膜症モデルマウスの開発と創薬コンセプトの確立, 日本学術振興会, 科研費補助金 基盤(B),   2015年04月 - 2018年03月, 小椋 祐一郎
  • 加齢黄斑変性における非ヒストン核タンパク質の関与解明, 参天製薬創業者記念眼科医学研究基金,   2016年12月 - 2017年11月, 平野 佳男
  • 加齢黄斑変性における自然免疫の関与解明, ノバルティスファーマ株式会社, ノバルティスファーマ眼疾患研究助成,   2016年04月 - 2017年03月, 平野 佳男
  • 加齢黄斑変性における炎症とアポトーシスの関与解明, 持田記念医学薬学振興財団, 免疫/アレルギー/炎症の治療ならびに制御に関する研究,   2015年09月 - 2016年08月, 平野 佳男
  • 加齢黄斑変性における自然免疫の関与解明, 鈴木謙三記念医科学応用研究財団, 平成27年度調査研究助成金,   2015年08月 - 2016年07月, 平野 佳男
  • Fasリガンドを介したアポトーシス制御による加齢黄斑変性の新規治療法開発, 武田科学振興財団, 医学系研究奨励(臨床),   2015年07月 - 2016年06月, 平野 佳男
  • 脈絡膜新生血管におけるMyD88 signalingの関与解明と新規治療法開発, 名古屋市立大学, 特別研究奨励費,   2014年04月 - 2015年03月, 平野 佳男
  • 白血球接着分子発現抑制のsiRNA発現ベクターによる脈絡膜新生血管の治療の開発, 日本学術振興会, 科研費補助金 若手(B),   2009年04月 - 2011年03月, 平野 佳男
  • 脈絡膜血管新生におけるインターロイキン10発現動態の解明と治療への応用, 日本学術振興会, 科研費補助金 若手(B),   2007年04月 - 2009年03月, 平野 佳男

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 眼科学, 名古屋市立大学教養学部
  • 眼科学, 名古屋市立大学医学部

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 網膜静脈分枝閉塞症の病態とVEGFの関与, 講師,   2019年06月
  • 白内障手術の進歩, 講師, 愛知県医師会,   2019年01月
  • 網膜中心静脈閉塞症に対する大規模臨床試験の結果と当院の診療指針, 出演,   2018年10月
  • 網膜静脈閉塞症における網膜循環障害評価法の進歩, 出演,   2018年08月
  • 網膜静脈閉塞症における網膜循環障害評価法の進歩, 講師,   2018年05月
  • 網膜静脈分枝閉塞症における早期VEGF阻害療法の有用性, 出演,   2018年03月
  • 加齢に伴う眼疾患 ー白内障、緑内障、眼底疾患を中心にー, 講師, 名古屋市立大学病院 地域医療連携センター,   2018年01月
  • 網膜静脈閉塞症における網膜虚血の評価とその病的意義, 出演,   2017年12月
  • 網膜静脈閉塞症における網膜循環障害評価法の進歩, 講師,   2017年11月
  • OCT Angiography -網膜パート-, パネリスト,   2017年09月
  • OCT Angiography -網膜パート-, パネリスト,   2017年08月
  • 特別講演『網膜静脈閉塞症における網膜循環障害評価法の進歩』, 講師, 名古屋市立大学 眼科同窓会,   2017年05月
  • RVO Round Table Discussion for Treatment, パネリスト,   2016年11月
  • OCT AngiographyとMP3を組み合わせた網膜静脈閉塞症の局所機能評価, 出演,   2016年11月
  • 網膜静脈分枝閉塞症に対する早期VEGF阻害療法の有用性, 出演,   2016年11月
  • 網膜静脈分枝閉塞症に対する早期VEGF阻害療法の有用性, 出演,   2016年09月
  • 当院の網膜静脈閉塞症に対する治療の現状, 講師,   2016年02月
  • 当院の網膜静脈閉塞症に対する治療の現状, コメンテーター,   2016年01月
  • 当院の網膜静脈閉塞症に対する治療, 出演,   2015年11月
  • 高齢者に多い目の病気, 講師, 名古屋市立大学病院,   2015年10月
  • 特別講演『網膜へのsmall-interfering RNAプラスミド導入によるICAM-1の抑制』, 講師, 名古屋市立大学 眼科同窓会,   2009年05月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.