研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

栗原 康行クリハラ ヤスユキ

所属部署芸術工学研究科情報環境デザイン領域
職名教授
メールアドレスykuriharsda.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURLhttp://www.sda.nagoya-cu.ac.jp/ykurihar/
生年月日
Last Updated :2019/08/02

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:栗原 康行(くりはら やすゆき)

     現在 名古屋市立大学大学院 芸術工学研究科 教授
     大学卒業後、アメリカ・シカゴの大学へ進学。在学中に「留学生日記」を一年間にわたって月間イメージ・フォーラムに執筆・連載。
     帰国後、番組制作会社日本衛星放送(WOWOW)、科学技術振興機構勤務などを経て現在に至る。スポーツ番組の中継から科学教育番組の制作まで幅広い映像制作に関わる傍ら個人で実験映画作品も手がける。

     主な受賞歴はWorld Wide Video Fes 入選、イメージ・フォーラムフェスティバル入選、北京映像際招待、Us International Film Fes 入選、The NewYork Fes 入選 など。
     映画のメディアとしての歴史をテーマにした「動画の科学」が近代美術館フィルムセンターにて常設展示中。出身 東京

    1991年4月―1995年3月 東京コミュニケーションアート専門学校非常勤講師
    1994年4月―2000年3月 東京造形大学非常勤講師 (専門第三課程・映像表現A)
    1995年4月―1998年6月 社団法人 日本農村情報システム協会(映像情報部グリーンチャンネル・アグリネットプロデューサー)
    1998年7月―1999年7月 日本衛星放送株式会社(放送本部 編成局CSデジタル放送プロダクション所属)
    1999年8月―2004年3月 科学技術振興機構(科学技術理解増進部 映像事業課 サイエンス・チャンネル プロデューサー)
    2004年4月 名古屋市立大学大学院 芸術工学研究科 映像専攻 准教授(学部担当講義  映像コンテンツ論・芸術工学実習)
    2015年1月 – 現在 名古屋市立大学大学院 芸術工学研究科 映像専攻 教授(学部担当講義  映像コンテンツ論・芸術工学実習)
    その他 – フリーランスとして東京電力ビデオ、マルチスクリーン、映画の制作。

    1988年5月―12月 シカゴ美術館付属アーカイブ(フィルムテクニシャン、メンテナンス技術者、所蔵フィルムの管理、修復)
    1989年1月―5月 シカゴ美術館付属美術大学映画学部( ティーチング・アシスタント-授業助手-)
    1989年10月 ウィスコンシン州立大学ミルウォーキー校客員講師(ビジティングアーティスト、自作の上映及び解説)
    1996年 農林水産省畜産地域情報発信整備事業審議委員
    1997年 農林水産省畜産地域情報発信整備事業集中研究 ブロック研修指導員
    2005年6月 科学技術振興機構 科学技術理解増進部 映像事業課 番組選考委員

学歴

  • 1988年09月 - 1990年05月, シカゴ美術館付属大学, 芸術, 映画学科
  • 1984年04月 - 1988年03月, 東京造形大学, デザイン学部, デザインⅠ類

学位

  • M.F.A.

所属学協会

  • 日本映像学会
  • 日本映画テレビ技術協会

委員歴

  •   2017年10月 - 2017年11月, 名古屋市, 名古屋市広報テレビ番組・ラジオ番組の制作および放送業務委託事業者選定に関わる企画コンペ評価委員

研究活動情報

研究分野

  • 科学教育・教育工学, 科学教育, 映像教育
  • デザイン学, デザイン学, 映像 映像制作

研究キーワード

    映像教育, デザイン教育, 教育, アニメーション, 映像, 科学, 医学, ドラマ

論文

  • ビデオα 巻頭カラー特集記事 「Keiko2001」,   2001年

書籍等出版物

  • 芸術工学への誘い, 栗原 康行, 分担執筆, 英語教材コンテンツ 脚本, 名古屋市立大学大学院芸術工学研究科紀要,   2018年03月
  • 芸術工学への誘い Vol21, 栗原 康行, 分担執筆, New translation/Seven deadly Sins, 名古屋市立大学大学院芸術工学研究科紀要,   2017年03月

講演・口頭発表等

  • 映像教材による英語の研究授業, 栗原 康行, 名古屋市立工芸高校 研究授業,   2018年02月
  • エコパル 名古屋市環境教育施設でのコンテンツの制作と発表, 栗原 康行, 名古屋市環境教育施設でのコンテンツの制作と発表,   2017年11月

作品

  • 女の子ごっこ, 栗原 康行, 教材,   2014年03月 - 現在, 性同一性障がいをテーマにした映画の制作と上映
  • Inner Child, 栗原 康行, 芸術活動,   2013年03月 - 現在, Inner childの症状を抱えた主人公を描く映画の制作と上映
  • Angel 〜車椅子の夏〜, 栗原 康行, 教材,   2012年03月 - 現在
  • 動画の科学, 栗原 康行, 芸術活動,   2001年03月 - 現在
  • Online Friend, 栗原 康行, 教材,   2015年03月 - 2015年03月, 携帯依存症をテーマした映画の制作と発表およびリサーチ。今井雅之氏が出演する最後の映画となった。

受賞

  •   2006年03月, World Media Festival Hamburg 2006, Intermedia-globe Silver, Imaging The Brain
  •   2005年03月, US International Film and Video Festival, Silver Screen Award, The sleeping cat
  •   2001年03月, The New York Festivals, 最終選抜, Science of Moving Image

競争的資金

  • 地域貢献 地域連携, 名古屋市立大学, 特別研究奨励予算,   2018年04月 - 2019年03月, 栗原 康行

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 教養科目 デザインと情報, 名古屋市立大学
  • 教養科目 大学生になる, 名古屋市立大学
  • 芸術工学概論, 名古屋市立大学
  • ゼミナール, 名古屋市立大学
  • 造形Ⅲ, 名古屋市立大学
  • 芸術工学実習2.4.5, 名古屋市立大学
  • 映像表現, 東京造形大学
  • 映像特講, 北海道教育大学
  • 映像表現論, 名古屋市立大学
  • 映像プロデュース論, 名古屋市立大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 環境問題啓発映像コンテンツ上映, 企画, 名古屋市立大学 映像研究室,   2018年03月 - 2018年03月
  • なごや環境デー 123R上映会, 企画, 名古屋市環境局,   2016年09月13日 - 2016年09月13日
  • 科学技術振興機構科学ドラマ審査委員, 行政,   2012年10月 - 2012年11月, JST主催科学ドラマ大賞においては全国から科学ドラマの脚本が寄せられ、そのうちの5本あまりの入選作と最優秀作品を選考し表彰した。授賞式では審査員としての意見を求められ、具体的な選考のポイントなどについて説明させていただいた。
  • 映画「Inner child」制作と上映, 大学,   2012年04月 - 2013年03月, 現代の心の問題であるアダルトチルドレンやインナーチャイルドを扱い、社会的な問題提起に挑んだ作品の制作と上映。医学部との恊働制作


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.