Researcher Database


Freeword

ESAKI Shinichi

FacultyGraduate School of Medical Sciences Department of Otolaryngology, Head and Neck Surgery
PositionLecturer
Mail
HomepageURL
Birthday
Last Updated :2018/12/01

Research Activities

Research Interests

    facial nerve regeneration, herpes simpex virus, oncolytic virotherapy

Published Papers

  • An improved system for grading and treating tinnitus., Takahashi M, Kabaya K, Sekiya K, Matsuda F, Sekiya Y, Esaki S, Sato Y, Inagaki A, Murakami S, Auris, nasus, larynx, 45, (4) 711 - 717, 08 , Refereed
  • Blockade of transforming growth factor-β signaling enhances oncolytic herpes simplex virus efficacy in patient-derived recurrent glioblastoma models., Esaki S, Nigim F, Moon E, Luk S, Kiyokawa J, Curry W Jr, Cahill DP, Chi AS, Iafrate AJ, Martuza RL, Rabkin SD, Wakimoto H, International journal of cancer, 141, (11) 2348 - 2358, 12 , Refereed
  • The efficacy of combination therapy with oncolytic herpes simplex virus HF10 and dacarbazine in a mouse melanoma model., Tanaka R, Goshima F, Esaki S, Sato Y, Murata T, Nishiyama Y, Watanabe D, Kimura H, American journal of cancer research, 7, (8) 1693 - 1703, Refereed
  • A new patient-derived orthotopic malignant meningioma model treated with oncolytic herpes simplex virus., Nigim F, Esaki S, Hood M, Lelic N, James MF, Ramesh V, Stemmer-Rachamimov A, Cahill DP, Brastianos PK, Rabkin SD, Martuza RL, Wakimoto H, Neuro-oncology, 18, (9) 1278 - 1287, 09 , Refereed
  • The effect of the leukotriene antagonist pranlukast on pediatric acute otitis media., Nakamura Y, Hamajima Y, Suzuki M, Esaki S, Yokota M, Oshika M, Takagi I, Yasui K, Miyamoto N, Sugiyama K, Nakayama M, Murakami S, International journal of pediatric otorhinolaryngology, 87, 34 - 38, 08 , Refereed
  • Transient fasting enhances replication of oncolytic herpes simplex virus in glioblastoma., Esaki S, Rabkin SD, Martuza RL, Wakimoto H, American journal of cancer research, 6, (2) 300 - 311, Refereed
  • Quantitative analysis of facial palsy using a three-dimensional facial motion measurement system., Katsumi S, Esaki S, Hattori K, Yamano K, Umezaki T, Murakami S, Auris, nasus, larynx, 42, (4) 275 - 283, 08 , Refereed
  • Targeting Hypoxia-Inducible Factor 1α in a New Orthotopic Model of Glioblastoma Recapitulating the Hypoxic Tumor Microenvironment., Nigim F, Cavanaugh J, Patel AP, Curry WT Jr, Esaki S, Kasper EM, Chi AS, Louis DN, Martuza RL, Rabkin SD, Wakimoto H, Journal of neuropathology and experimental neurology, 74, (7) 710 - 722, 07 , Refereed
  • Facial nerve palsy after reactivation of herpes simplex virus type 1 in diabetic mice., Esaki S, Yamano K, Katsumi S, Minakata T, Murakami S, The Laryngoscope, 125, (4) E143 - 8, 04 , Refereed
  • Oncolytic viral therapy with a combination of HF10, a herpes simplex virus type 1 variant and granulocyte-macrophage colony-stimulating factor for murine ovarian cancer., Goshima F, Esaki S, Luo C, Kamakura M, Kimura H, Nishiyama Y, International journal of cancer, 134, (12) 2865 - 2877, 06 , Refereed
  • Enhanced antitumoral activity of oncolytic herpes simplex virus with gemcitabine using colorectal tumor models., Esaki S, Goshima F, Kimura H, Murakami S, Nishiyama Y, International journal of cancer, 132, (7) 1592 - 1601, 04 , Refereed
  • Diabetic mice show an aggravated course of herpes-simplex virus-induced facial nerve paralysis., Esaki S, Yamano K, Kiguchi J, Katsumi S, Keceli S, Okamoto H, Goshima F, Kimura H, Nishiyama Y, Murakami S, Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology, 33, (8) 1452 - 1457, 10 , Refereed
  • EBV-associated T/NK-cell lymphoproliferative diseases in nonimmunocompromised hosts: prospective analysis of 108 cases., Kimura H, Ito Y, Kawabe S, Gotoh K, Takahashi Y, Kojima S, Naoe T, Esaki S, Kikuta A, Sawada A, Kawa K, Ohshima K, Nakamura S, Blood, 119, (3) 673 - 686, 01 , Refereed
  • Hepatocyte growth factor incorporated into herpes simplex virus vector accelerates facial nerve regeneration after crush injury., Esaki S, Kitoh J, Katsumi S, Goshima F, Kimura H, Safwat M, Yamano K, Watanabe N, Nonoguchi N, Nakamura T, Coffin RS, Miyatake SI, Nishiyama Y, Murakami S, Gene therapy, 18, (11) 1063 - 1069, 11 , Refereed
  • Auditory and vestibular defects induced by experimental labyrinthitis following herpes simplex virus in mice., Esaki S, Goshima F, Kimura H, Ikeda S, Katsumi S, Kabaya K, Watanabe N, Hashiba M, Nishiyama Y, Murakami S, Acta oto-laryngologica, 131, (7) 684 - 691, 07 , Refereed
  • Apoptosis induction after herpes simplex virus infection differs according to cell type in vivo., Esaki S, Goshima F, Katsumi S, Watanabe D, Ozaki N, Murakami S, Nishiyama Y, Archives of virology, 155, (8) 1235 - 1245, 08 , Refereed

Misc

  • 先端医学講座 単純ヘルペスウイルスHF10を用いた腫瘍溶解ウイルス療法, 江崎 伸一, アレルギーの臨床, 38, (9) 867 - 870,   2018 09 , 腫瘍溶解ウイルス療法とは、増殖可能なウイルスを癌細胞に感染させて腫瘍を破壊し、増殖したウイルスが周囲の癌細胞に感染してさらに腫瘍を破壊するという治療法である。従来の治療法と作用機序が異なるため、各治療に抵抗性な腫瘍にも抗腫瘍効果を示すことが期待できる。腫瘍溶解ウイルス療法はウイルスを直接腫瘍内に接種して治療を行うが、頭頸部癌は粘膜や皮下に発生することが多く、腫瘍内接種が容易である。本稿では腫瘍溶解ウイルスの歴史を紹介し、名古屋大学ウイルス学教室でクローニングされたHF10を用いた研究につき紹介する。(著者抄録)
  • チーム外科治療によりCPAP離脱した重症OSAおよび超肥満の一症例, 三原 丈直, 佐藤 慎太郎, 有馬 菜千枝, 江崎 伸一, 中山 明峰, 村上 信吾, 口腔・咽頭科, 31, (3) 336 - 336,   2018 08
  • 閉塞性睡眠時無呼吸に対する咽頭および鼻腔の計画的手術施行例の検討, 佐藤 慎太郎, 有馬 菜千枝, 三原 丈直, 江崎 伸一, 中山 明峰, 村上 信五, 口腔・咽頭科, 31, (3) 337 - 337,   2018 08
  • 小児睡眠時無呼吸症の術後CAI値の変化について, 有馬 菜千枝, 佐藤 慎太郎, 三原 丈直, 江崎 伸一, 中山 明峰, 村上 信五, 口腔・咽頭科, 31, (3) 376 - 376,   2018 08
  • 顎下腺移行部の唾石摘出術における検討, 江崎 伸一, 濱島 有喜, 南方 寿哉, 村上 信五, 口腔・咽頭科, 31, (3) 386 - 386,   2018 08
  • 名古屋市立大学病院における唾石摘出術の検討, 南方 寿哉, 江崎 伸一, 濱島 有喜, 村上 信五, 口腔・咽頭科, 31, (3) 387 - 387,   2018 08
  • マウス扁平上皮癌における腫瘍溶解ウイルスHF10とIL2搭載アンプリコンの抗腫瘍効果, 江崎 伸一, 五島 典, 尾崎 慎哉, 中村 善久, 鈴木 元彦, 村上 信五, 耳鼻咽喉科免疫アレルギー, 36, (2) 125 - 125,   2018 06
  • マウス扁平上皮癌における腫瘍溶解ウイルスHF10とIL2搭載アンプリコンの抗腫瘍効果, 高野 学, 江崎 伸一, 五島 典, 波多野 芳美, 川北 大介, 伊地知 圭, 村上 信五, 頭頸部癌, 44, (2) 152 - 152,   2018 05
  • 唾液腺癌モデルマウスにおける腫瘍溶解ウイルスHF10とTS-1の併用療法の効果, 江崎 伸一, 五島 典, 高野 学, 波多野 芳美, 伊地知 圭, 川北 大介, 村上 信五, 頭頸部癌, 44, (2) 153 - 153,   2018 05
  • 薬剤耐性頭頸部扁平上皮癌におけるシグナル伝達経路の変化の検討, 波多野 芳美, 江崎 伸一, 五島 典, 高野 学, 伊地知 圭, 川北 大介, 足立 誠, 小川 徹也, 村上 信五, 頭頸部癌, 44, (2) 156 - 156,   2018 05
  • 【唾液腺とその周辺】 唾液腺の非腫瘍性疾患 唾石症, 濱島 有喜, 江崎 伸一, JOHNS, 34, (4) 479 - 482,   2018 04
  • 顔面神経減荷術後の予後診断, 村上 信五, 江崎 伸一, 勝見 さち代, 南方 寿哉, 稲垣 彰, Facial Nerve Research, 37,   2018 02
  • 20年前に顎下腺摘出した後に唾石再発し、頸部膿瘍を形成した顎下腺唾石の一例, 濱島 有喜, 江崎 伸一, 村上 信五, 口腔・咽頭科, 30, (3) 377 - 377,   2017 08
  • IgA腎症における口蓋扁桃、咽頭扁桃細菌叢の検討, 江崎 伸一, 濱島 有喜, 佐藤 慎太郎, 有馬 菜千枝, 中山 明峰, 村上 信五, 口腔・咽頭科, 30, (3) 442 - 442,   2017 08
  • 小児睡眠時無呼吸に対する睡眠改善手術が閉塞性・中枢性の各要素に及ぼす影響の検討, 有馬 菜千枝, 佐藤 慎太郎, 中山 明峰, 江崎 伸一, 村上 信五, 口腔・咽頭科, 30, (3) 461 - 461,   2017 08
  • 50歳以上の睡眠呼吸障害改善手術についての検討, 佐藤 慎太郎, 中山 明峰, 有馬 菜千枝, 江崎 伸一, 村上 信五, 口腔・咽頭科, 30, (3) 463 - 463,   2017 08
  • 頭頸部癌に対する抗腫瘍ウイルスHF10の抗腫瘍効果, 江崎 伸一, 五島 典, 中村 善久, 鈴木 元彦, 村上 信五, 耳鼻咽喉科免疫アレルギー, 35, (2) 38 - 38,   2017 08
  • 腎移植後IgA腎症再発予防に対する扁摘および予防的扁摘後再発例の検討, 竹本 直樹, 江崎 伸一, 中村 善久, 村上 信五, 耳鼻咽喉科免疫アレルギー, 35, (2) 95 - 96,   2017 08
  • IL2搭載HSVアンプリコンベクターによる抗腫瘍効果の検討, 江崎 伸一, 五島 典, 中村 善久, 鈴木 元彦, 村上 信五, 耳鼻咽喉科免疫アレルギー, 35, (2) 107 - 107,   2017 08
  • ベジタリアンに発症した両側声帯麻痺の1例, 石田 愛, 永井 世里, 小山 新一郎, 江崎 伸一, 濱島 有喜, 村上 信五, 喉頭, 29, (1) 14 - 16,   2017 06 , 65歳男。呼吸苦を主訴とした。2、3日前より嗄声を認めていた。就寝後に呼吸苦が出現し、救急搬送時には著明な上気道狭窄音を聴取したが、意識は清明でその他の神経学的異常所見は認めなかった。喉頭ファイバースコープにて両側声帯麻痺を認めたが、頸胸部造影CT検査では占拠性病変や麻痺の原因となる所見はみられず、緊急気道確保後の頭部MRI検査でも明らかな中枢性病変は認めなかった。原因精査にてビタミンB12と血清鉄が低値を示し、ベジタリアンという偏食歴が明らかとなったため、ビタミンB12内服を開始したところ、声帯運動は早期に回復した。本症例では声帯麻痺の原因としてビタミンB12欠乏症が推察され、原因不明の声帯麻痺例、特にベジタリアンにおいては積極的にビタミンB12値を測定し、欠乏症例に対しては早期にメコバラミン投与を行うべきと考えられた。
  • IL2搭載HSVアンプリコンベクターによる抗腫瘍効果の検討, 江崎 伸一, 五島 典, 鈴木 亮大, 波多野 芳美, 澤部 倫, 別府 慎太郎, 川北 大介, 伊地 知圭, 村上 信五, 頭頸部癌, 43, (2) 206 - 206,   2017 05
  • 薬剤耐性頭頸部扁平上皮癌細胞株に対する腫瘍溶解ウイルスHF10の抗腫瘍効果, 波多野 芳美, 江崎 伸一, 五島 典, 伊地知 圭, 尾崎 遥, 足立 誠, 小川 徹也, 村上 信五, 頭頸部癌, 43, (2) 207 - 207,   2017 05
  • 唾石患者における咀嚼習慣、唾液分泌能の検討, 江崎 伸一, 濱島 有喜, 村上 信五, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 120, (4) 582 - 582,   2017 04
  • 両側顔面神経麻痺にて発症した神経変性疾患, 茂木 雅臣, 江崎 伸一, 勝見 さち代, 村上 信五, Facial Nerve Research, 36,   2017 02
  • 急速に進行する難聴、顔面神経麻痺で発症した両側小脳橋角部腫瘍の一例, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 茂木 雅臣, 稲垣 彰, 村上 信五, Facial Nerve Research, 36,   2017 02
  • 生体吸収性ハイドロゲルを用いた嗅神経幹細胞による顔面神経麻痺モデルマウスへの神経再生促進効果の検討, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 村上 信五, Facial Nerve Research, 36,   2017 02
  • 顔面神経麻痺の自動予後診断システムの予後予測の試み, 江崎 伸一, 勝見 さち代, 服部 公央亮, 茂木 雅臣, 梅崎 太造, 村上 信五, Facial Nerve Research, 36,   2017 02
  • 喉頭病変で発症した再発性多発軟骨炎の2例, 鳥居 淳一, 森部 一穂, 江崎 伸一, 濱島 有喜, 村上 信五, 喉頭, 28, (2) 109 - 114,   2016 12 , 症例1は59歳女で呼吸困難を主訴とした。喉頭ファイバースコープでは左披裂部〜仮声帯の腫脹、声門下の浮腫状腫脹に加え声帯の可動域制限も認めたが、喉頭生検で腫瘍性病変は認めなかった。喉頭截開術および生検術を施行し、最終病理で軟骨周囲に強い炎症細胞浸潤を認め、初診から39日目に再発性多発軟骨炎(RP)と診断した。問診により耳介軟骨からも過去の炎症を示唆する所見を得られ、プレドニゾロン内服により回復した。症例2は79歳女で呼吸困難を主訴とした。喉頭ファイバースコープでは両側声門下粘膜の腫脹を認め、緊急気管切開を施行したが、耳介軟骨生検で炎症所見は認めなかった。初診から8ヵ月後に呼吸困難で救急搬送されたが、ステロイド投与により著明に改善した。初診から10ヵ月後に左耳介・右耳介がそれぞれ腫脹し、これまでの経過から臨床的にRPと診断した。プレドニゾロン漸減投与開始となり、発症16ヵ月の時点で再発は認めていない。
  • PUVA療法と扁桃摘出術が奏効した急性痘瘡状苔癬状粃糠疹の1例, 的屋 真美, 村松 伸之介, 井汲 今日子, 加藤 裕史, 西田 絵美, 江崎 伸一, 村嶋 明大, 森田 明理, 西日本皮膚科, 78, (5) 546 - 546,   2016 10
  • 神経回復促進因子を用いた顔面神経麻痺モデルマウスへの効果, 茂木 雅臣, 江崎 伸一, 勝見 さち代, 村上 信五, Otology Japan, 26, (4) 488 - 488,   2016 09
  • IgA腎症における上咽頭細菌叢の解析, 江崎 伸一, 濱島 有喜, 伊地知 圭, 永井 世里, 村上 信五, 口腔・咽頭科, 29, (3) 343 - 343,   2016 08
  • 唾石患者における生活習慣(咀嚼)の影響、唾液分泌能の検討, 濱島 有喜, 江崎 伸一, 村上 信五, 口腔・咽頭科, 29, (3) 368 - 368,   2016 08
  • 【顔面神経麻痺-新たな展開】 顔面神経麻痺の診断, 江崎 伸一, 村上 信五, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 88, (7) 456 - 460,   2016 06 , <POINT>中枢性顔面神経麻痺では前頭筋の麻痺を認めない。末梢性顔面神経麻痺はBell麻痺とHunt症候群が約2/3を占める。耳介,耳内だけでなく口腔・咽頭にも生じることがあるので,注意深く観察することが重要である。進行性,治療抵抗性,反復性の顔面神経麻痺は腫瘍性麻痺を疑う。ガドリニウム造影MRIはBell麻痺やHunt症候群と他の麻痺との鑑別に有用である。(著者抄録)
  • 顔面神経麻痺への加齢の影響, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 村上 信五, 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 16回,   2016 06
  • IgA腎症における腎移植後予防的扁桃摘出術, 永井 世里, 竹本 直樹, 江崎 伸一, 濱島 有喜, 村上 信五, 口腔・咽頭科, 29, (2) 189 - 193,   2016 06 , IgA腎症では腎移植後の原病再発が平均6-8年までに約40%と高率に生じ移植腎の生着率を下げることが問題となっている。腎移植後に再発したIgA腎症に対しても扁摘ステロイドパルス療法の有効性が示唆されており、当院ではIgA腎症で腎移植をうけた後の扁摘未施行患者に対しては予防扁摘を施行している。これまでに39例、最長経過観察期間5年を経過したが、全例で、臨床的・病理学的に再発を認めていない。術後出血・術後感染の頻度についても、通常の扁摘と比較して有意差は認められなかった。(著者抄録)
  • 扁摘後、出血を反復した紫斑病性腎炎の治療経験, 中村 由紀, 江崎 伸一, 濱島 有喜, 村上 信五, 口腔・咽頭科, 29, (2) 257 - 261,   2016 06 , 紫斑病性腎炎の治療として扁摘を行い、後出血を繰り返した症例を経験したので報告する。患者は29歳、男性。扁摘後、一次性後出血および二次性後出血を計7回繰り返し、全身麻酔下での止血を2回施行。残りの5回は3時間以内に自然止血した。いずれも静脈性であったが、通常の後出血とは異なる病態であった。腎生検で半月体形成があったことを考えると、出血の原因は、紫斑病による活動性の高い血管炎であると強く考えられた。ステロイドパルス療法を開始し、後出血は生じなくなった。(著者抄録)
  • 生体吸収性ハイドロゲルを用いた嗅神経幹細胞による顔面神経麻痺モデルマウスへの神経再生促進効果, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 五島 典, 中村 善久, 鈴木 元彦, 村上 信五, 耳鼻咽喉科免疫アレルギー, 34, (2) 41 - 42,   2016 06
  • ゲムシタビン併用による腫瘍溶解ウイルスHF10の抗腫瘍効果の増強, 江崎 伸一, 五島 典, 勝見 さち代, 中村 善久, 鈴木 元彦, 村上 信五, 耳鼻咽喉科免疫アレルギー, 34, (2) 116 - 117,   2016 06
  • 頭頸部がん細胞株の抗がん剤耐性獲得による転移浸潤能に関する検討, 伊地知 圭, 波多野 芳美, 江崎 伸一, 足立 誠, 小川 徹也, 川北 大介, 別府 慎太郎, 澤部 倫, 村上 信五, 頭頸部癌, 42, (2) 217 - 217,   2016 05
  • 頭頸部扁平上皮癌における薬剤耐性と放射線耐性, 波多野 芳美, 江崎 伸一, 伊地知 圭, 足立 誠, 川北 大介, 別府 慎太郎, 澤部 倫, 小川 徹也, 村上 信五, 頭頸部癌, 42, (2) 217 - 217,   2016 05
  • 頭頸部扁平上皮癌における抗腫瘍ウイルスHF10の抗腫瘍効果, 江崎 伸一, 五島 典, 伊地知 圭, 波多野 芳美, 川北 大介, 別府 慎太郎, 澤部 倫, 村上 信五, 頭頸部癌, 42, (2) 218 - 218,   2016 05
  • ソフトウェアを用いたベル麻痺の自動予後診断, 江崎 伸一, 勝見 さち代, 服部 弘央亮, 梅崎 太造, 村上 信五, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 119, (4) 589 - 589,   2016 04
  • 耳小骨連鎖を保存した顔面神経減荷術 その適応と術後聴力, 稲垣 彰, 南方 寿哉, 関谷 真二, 江崎 伸一, 勝見 さち代, 村上 信五, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 119, (4) 589 - 589,   2016 04
  • 嗅神経幹細胞と生体吸収性ハイドロゲルを用いた顔面神経麻痺モデルマウスへの効果, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 濱島 有喜, 中村 善久, 村上 信五, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 119, (4) 605 - 605,   2016 04
  • 顔面神経鞘腫が疑われたIgG4関連疾患の1例, 三好 晋平, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 高橋 眞理子, 村上 信五, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 119, (4) 653 - 653,   2016 04
  • 【帯状疱疹のトータルケアと合併症対策】 Ramsay Hunt症候群のマネジメント, 江崎 伸一, Derma., (241) 39 - 44,   2016 03 , Ramsay Hunt症候群は耳介帯状疱疹と顔面神経麻痺、内耳障害を三主徴とする疾患であり、末梢性顔面神経麻痺のうちBell麻痺に次いで多い、James Ramsay Huntは顔面神経膝神経節で生じたヘルペス性炎症が引き起こすと推測し、現在では初感染時に膝神経節に潜伏感染した水痘-帯状疱疹ウイルスの再活性化による顔面神経障害と考えられている。しかし自験例では三主徴ともそろう完全型Hunt症候群は決して多くなく、また症状が時間差をおいて出現する症例も多く存在した。ステロイドと抗ウイルス剤が治療の骨子となるが、我々の施設では重症な患者に限定してプレドニゾロンを倍増することにより、良好な治癒率を得ている。(著者抄録)
  • 【耳鼻咽喉科における高齢者への投薬】 高齢者における顔面神経麻痺と突発性難聴に対する投薬治療, 江崎 伸一, 中山 明峰, ENTONI, (190) 14 - 19,   2016 03 , 近年、平均寿命の増加により顔面神経麻痺や突発性難聴を訴える高齢者は増加している。両者とも致死的疾患ではないが、不全治癒に終わると生活の質を下げる疾患である。顔面神経麻痺と突発性難聴はこれまで同様の末梢神経障害として、類似した治療が行われてきた。近年、顔面神経麻痺の原因がより明確になり、また、その障害程度で予後が異なることも知られ、突発性難聴と異なる治療法として、抗ウイルス薬のアシクロビルが投与されるようになった。一方、突発性難聴の原因については未だ不明である。両疾患に共通する効果的な薬物は副腎皮質ホルモンである。副腎皮質ホルモンについてはその副作用が高齢者に不利益を与える可能性があるため、その投与には慎重になるべきである。未だ原因不明の突発性難聴について、高齢者への利益・不利益を考慮すると、副腎皮質ホルモンの鼓室内投与を勧める。(著者抄録)
  • 糖尿病を合併したBell麻痺の予後, 江崎 伸一, 勝見 さち代, 南方 寿哉, 村嶋 明大, 山野 耕嗣, 村上 信五, Facial Nerve Research, 35,   2016 02 , Bell麻痺患者967例のうち糖尿病を合併した201例(20.8%、糖尿病群)を対象に、その背景、治療成績について検討した。背景因子の検討では、糖尿病合併例は女性が男性よりやや多く、年齢とHbA1cは糖尿病群で有意に高かった。糖尿病群と非糖尿病群の麻痺スコアに有意な差は認められなかった。ステロイド治療を行った糖尿病群の治癒率は95.3%で、非糖尿病群と有意差を認めなったが、ステロイドを用いなかった糖尿病患者では72.7%と有意に低い治癒率であった。軽度・中等度麻痺ではステロイド無しでも治癒率は100%と良好であったが、高度・完全麻痺ではステロイド無しで62.5%と有意に低い治癒率であった。糖尿病群は非糖尿病群に比べ有意に治癒が遷延した。回帰分析の結果、高度・完全麻痺である場合、高年齢層である場合、糖尿病がある場合に治癒期間が延長することが示された。
  • 重症度に応じたBell麻痺の実践的薬物治療, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 南方 寿哉, 村上 信五, Facial Nerve Research, 35,   2016 02 , Bell麻痺と診断され発症7日以内に治療を開始した1293例を対象に、初診時麻痺スコア(柳原法)が24点以上の場合にはプレドニゾロン(PSL)30mg/日の内服治療を3日間、22点以下の場合はPSL 60mg/日にバラシクロビル3000mg/日の併用療法を3日間行った。再評価時に16点以上の場合はPSL 30mg/日を4日間で漸減、14点以下の場合はPSL 60mg/日を7日間投与後漸減した。初診時24点以上で再評価時16点以上が204例(Aa群)、14点以下が31例(Ab群)、初診時22点以下で再評価時16点以上が465例(Ba群)、14点以下が554例(Bb群)、再評価時Hunt症候群と診断したのが39例(C群)であった。全体の治癒率は95.1%で、Bell麻痺では95.3%、Hunt症候群では87.2%であった。Bell麻痺1254例のうちAa、Ba群の治癒率は98.1%、Ab、Bb群の治癒率は92.0%であった。血清学的診断を施行したBell麻痺790例のうち、無疱疹性帯状疱疹を70例、8.9%に認め、その治癒率は92.9%であった。
  • Bell麻痺、Hunt症候群におけるGd造影MRIの意義, 南方 寿哉, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 稲垣 彰, 山野 耕嗣, 村上 信五, Otology Japan, 25, (4) 734 - 734,   2015 09
  • 名古屋市立大学における唾液腺内視鏡手術の検討, 江崎 伸一, 濱島 有喜, 村上 信五, 永井 世里, 口腔・咽頭科, 28, (3) 330 - 330,   2015 08
  • マウス悪性黒色腫両側皮下モデルにおけるHF10とダカルバジン併用療法の検討, 田中 るい, 五島 典, 江崎 伸一, 村田 貴之, 木村 宏, 秋田 洋一, 渡辺 大輔, 日本皮膚科学会雑誌, 125, (4) 892 - 892,   2015 04
  • 空間コード化法三次元計測装置を用いた顔面神経麻痺の客観的評価法の開発, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 服部 公央亮, 山野 耕嗣, 梅崎 太造, 村上 信五, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 118, (4) 547 - 547,   2015 04
  • 糖尿病を合併したベル麻痺の予後, 江崎 伸一, 勝見 さち代, 川北 大介, 山野 耕嗣, 高橋 真理子, 村上 信五, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 118, (4) 548 - 548,   2015 04
  • 重症度に応じたBell麻痺の実践的治療, 川北 大介, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 山野 耕嗣, 村上 信五, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 118, (4) 549 - 549,   2015 04
  • 麻痺発症後長期経過例に対する神経再建術 名古屋市立大学における麻痺発症後長期経過例に対する神経再建術 Jump graft型舌下神経・顔面神経吻合術の検討, 稲垣 彰, 勝見 さち代, 南方 寿哉, 江崎 伸一, 山野 耕嗣, 村上 信五, Facial Nerve Research, 34,   2014 12 , 2004年1月〜2013年12月に大耳介神経を用いたjump graft型舌下神経・顔面神経端側吻合術を施行した末梢性顔面神経麻痺の8例(男3名、女5名、平均年齢45.1歳)を対象に、手術時期と効果を検討した。顔面麻痺スコア(柳原法)の平均は術前7.5点であり、術後は6ヵ月6.3点、1年11.0点、1年6ヵ月15.8点、2年18.8点と時間の経過とともにスコアが改善する傾向を認めた。麻痺発症後1年以内に再建を行った3例の術後1年6ヵ月経過後の顔面麻痺スコアは平均19.3点であるのに対し、麻痺発症後1年以上経過後に再建を行った5例は13.6点であり、麻痺発症後長期経過例の結果が不良となる傾向を認めた。
  • 末梢性顔面神経麻痺のインドメタシン投与による治癒過程の解析, 亀井 大輔, 佐久間 莉乃, 竹本 伊織, 江崎 伸一, 村上 信吾, 小島 章嗣, 増田 豊, 岩井 信市, 日本薬学会年会要旨集, 134年会, (3) 155 - 155,   2014 03
  • メニエール病として治療されていたが、画像にて蝸牛内神経鞘腫と診断された2例, 高橋 真理子, 江崎 伸一, 村上 信五, Otology Japan, 23, (5) 861 - 867,   2013 12 , 蝸牛内神経鞘腫(intracochlear schwannoma:ICS)は迷路内神経鞘腫(intralabyrinthine schwannoma:ILS)の一つの稀な腫瘍であり、一側性感音難聴、耳鳴、めまいを呈することからメニエール病と診断されることがある。今回我々は、耳鳴と難聴にて受診しMRI検査を施行するも診断できず、メニエール病として治療され、経過中に再度MRIを施行してICSと診断した2例を経験したため報告する。症例1は37歳男性で、右拍動性耳鳴、右難聴を主訴に受診した。精査目的でMRI検査を複数回施行するも腫瘍は指摘されなかった。しかし、難聴は徐々に進行し、42歳時に施行したMRI検査にてICSと診断された。症例2は59歳女性で、右耳鳴、右難聴を主訴に受診した。他院にてメニエール病として治療をうけ、MRI検査を施行されるも異常を指摘されていなかった。難聴が進行したため62歳時にMRI検査施行したところICSと診断された。難聴が進行する場合にはILSも念頭におき、MRIによる再検査も検討すべきであると考えられた。(著者抄録)
  • Bell麻痺として治療が行われていた耳下腺悪性腫瘍の3例, 山野 耕嗣, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 村上 信五, Facial Nerve Research, 33,   2013 12 , 症例1は71歳男性、症例2は56歳男性、症例3は65歳男性で、いずれも顔面神経麻痺を発症し、他院にてBell麻痺と初期診断されて保存的治療を受けるも改善せず、当科紹介となった。いずれの症例もMRIにて耳下腺内に腫瘍性病変が確認され、手術治療を行い、病理組織学的に耳下腺唾液腺導管癌の診断に至った。
  • 顔面神経の再建における側頭筋Cable Graftの有用性, 村上 信五, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 山野 耕嗣, Facial Nerve Research, 33,   2013 12 , 症例は22歳女性で、右顔面神経麻痺を主訴に、近医にてBell麻痺として治療を受けるも改善せず、他院のCT・造影MRIにて顔面神経膝部の神経鞘腫を指摘され、当科紹介となった。CT・MRI所見より、顔面神経膝部に発生した小血管腫と診断し、経中頭蓋窩法にて腫瘍摘出術を行い、神経欠損部には側頭骨筋を用いてcable graftを施行した。術後1年6ヵ月経過した現在、麻痺スコアは術前10/40点から術後20/40点に改善した。
  • Bell麻痺・Hunt症候群の新しい治療戦略 ワクチンによるHunt症候群の予防 文献レビューと将来展望, 勝見 さち代, 羽藤 直人, 江崎 伸一, 山野 耕嗣, 村上 信五, Facial Nerve Research, 33,   2013 12 , 高齢者における帯状疱疹ワクチンによる帯状疱疹の予防効果に関して文献的考察を述べ、小児でのHunt症候群の経年的な発症率と、本邦における水痘ワクチン接種率との関係について、また水痘ワクチン接種とHunt症候群の罹患の関係に関し、自験例について検討し、ワクチンによるHunt症候群の予防の可能性について文献的考察を加えた。水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)ワクチンによりVZV感染の流行を抑えられ、Hunt症候群の発症や重症化を抑制できる可能性がある。小児においてはワクチンの定期接種化を、高齢者においては啓蒙によりワクチン接種率を向上させることが大切であると考えられた。
  • 空間コード化法三次元計測装置を用いた顔面神経麻痺の客観的評価法の開発, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 山野 耕嗣, 村上 信五, 服部 公央亮, 梅崎 太造, Facial Nerve Research, 32,   2012 11 , 著者等は顔面神経麻痺の客観的評価法の確立を試みており、昨年は眼瞼運動の評価について報告した。今回、眼瞼運動のさらなる評価(弱閉眼運動)と口運動について検討した。本評価法における撮影方法は、被験者を三次元計測装置に正対して座らせ、室内光下に撮影する。撮影時間は1表情ごとに2秒弱で、安静時と各表情における最大運動時の2時点で静止画像を撮影する。解析方法は、撮影装置で得られたカラー写真と三次元形状を合成し、カラー三次元画像を作成する。そして、この画像に特徴点検出ソフトを用いて、特徴点を手動で検出し、安静時と各表情における最大運動時との特徴点間の三次元での距離を比較することにより麻痺運動を評価する。弱閉眼運動の検討では、各上眼瞼・下眼瞼辺縁が描く曲線の最頂点を特徴点として解析を行った。口運動の検討では、安静時と口運動(イーと歯を見せる、口笛)時に、口唇点と左右の口角点を特徴点として解析を行った。解析により算出された値と柳原スコアとの相関を調べたところ、弱閉眼運動、口運動とも良好な相関が認められた。
  • ハント症候群に対する薬物治療, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 村上 信五, 耳鼻咽喉科臨床 補冊, (補冊133) 132 - 132,   2012 07
  • 単純ヘルペスウイルス内耳炎モデルマウスにおける聴覚・平衡機能障害, 江崎 伸一, 竹村 景史, 蒲谷 嘉代子, 勝見 さち代, 山野 耕嗣, 渡邉 暢浩, 村上 信五, 頭頸部自律神経, 26,   2012 04 , 単純ヘルペスウイルス(HSV)をマウスの中耳に注入し、ウイルス内耳炎が幻暈、難聴を引き起こすか検討し、HSV感染とアポトーシス誘導の有無を検討した。HSV-1、HSV-2接種5日後から体重が減少し、8日後に死亡した。聴覚は4〜6日後で陰性、平衡機能は5日後から障害され、7日後に重度障害となった。軽度障害マウスは尻尾を持ち上げたときに姿勢が不安定になり、重度障害マウスは空中で姿勢を保てなかった。また、重度障害マウスは右側の頭部を上にして生活するようになった。一方、PBSを注入したマウスは聴覚障害、平衡機能障害などを示さなかった。内耳、神経系でも宿主細胞によりアポトーシス誘導の違いを認めたが、HSV-1、HSV-2の間では明らかな差は認めなかった。
  • マウス顔面神経麻痺モデルの樹立と解析, 竹本 伊織, 亀井 大輔, 丸山 梨詠, 江崎 伸一, 村上 信吾, 増田 豊, 日本薬学会年会要旨集, 132年会, (3) 171 - 171,   2012 03
  • NSAIDs投与によるマウス顔面神経麻痺モデル回復過程の解析, 佐久間 莉乃, 亀井 大輔, 竹本 伊織, 丸山 梨詠, 江崎 伸一, 村上 信吾, 増田 豊, 日本薬学会年会要旨集, 132年会, (3) 171 - 171,   2012 03
  • 前庭器の加速の定量的評価(QUANTITATIVE EVALUATION OF ACCELERATION IN THE VESTIBULAR ORGAN), 蒲谷 嘉代子, 竹村 景史, 渡邉 暢浩, 江崎 伸一, 佐藤 雄二, 田中 史子, 中山 明峰, 羽柴 基之, 服部 公央亮, 梅崎 太造, 村上 信五, Nagoya Medical Journal, 52, (2) 99 - 116,   2012 02 , 前庭機能を調べる過去の研究では大多数が頭の加速または速度を検討しているが、いずれも前庭器への実際のインプットを表していない。身体と頭が動いているときの前庭器官における実際の加速値を簡単に計測する方法を開発した。被験者の頭上に三軸のジャイロスコープと三軸の線形加速度計からなる装置を置き、この装置の信号から前庭器へのインプットを直接的に算出する式を引き出した。更に、前庭器官から収集されたデータと被験者の頭に付けられたセンサーからのデータの一致を検証するため、フレームをデザインした。3タイプの頭の動きにおいて前庭器へのインプットを計測し、全ての被験者で同じ傾向を観察した。作成した式を用いると、前庭器の加速は数値的かつ客観的に表すことができる。この方法は前庭器のリハビリの客観的評価や日常生活動作における個人的関与の特徴を理解する上で有用である。平衡異常の患者の治療においても手助けとなる。
  • 様々な成長因子を用いた顔面神経再生, 江崎 伸一, Facial Nerve Research, 31,   2011 12 , 様々な成長因子を徐放化投与することで、顔面神経麻痺からの回復が促されるのか比較検討した。成長因子の徐放化にゼラチンハイドロゲルであるMedgelを用い、PBS単独群、HGF単独群、PBSgel群、HGFgel群の4群に分類した。PBSgel群、HGF単独群はPBS単独群と同様に回復し、MedgelやHGFの単独投与による神経再生効果は認めなかった。HGFgel群は他の3群に比べて明らかに回復が促進された。各栄養因子の神経再生効果では、HGF群、bFGF群、GDNF群、NTN群、NGF群はPBS群に比べて明らかに回復が促進され、特にHGF群、bFGF群は他の群に比して回復が促進される傾向にあった。各群のマウスの顔面神経を組織学的に検討し、HGF群、bFGF群はPBS群に比べて明らかに新生髄鞘の増多を認め、同様にGDNF群、NTN群、NGF群のいずれもPBS群に比して新生髄鞘が増多した。
  • 名古屋市立大学における顔面神経減荷術の検討, 山野 耕嗣, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 村上 信五, Facial Nerve Research, 31,   2011 12 , 顔面神経減荷術を行ったBell麻痺、Hunt症候群症例に対して、術前の評価とその予後、また手術アプローチや手術時期等にいてretrospectiveに検討した。Bell麻痺26例、Hunt症候群14例、外傷性顔面神経麻痺12例を対象とした。20歳未満では75%の麻痺改善率がみられ、20歳代から40歳代では43%であったが、50歳以上では麻痺改善率が20%であった。経乳突法に経中頭蓋窩法を併用した改善率はBell麻痺100%、Hunt症候群50%であったが、経乳突法ではBell麻痺45%、Hunt症候群25%で、経乳突法に経中頭蓋窩法を併用した群で改善率が高かった。麻痺発症から14日以内に手術を行った群では79%の改善率で、30日以内の手術群では53%、31日目以降に手術を行った群では43%であった。対象37例中、26例ではMeatal portionより中枢にGd造影効果を認めた。
  • 空間コード化法三次元計測装置を用いた顔面神経麻痺の客観的評価法の確立, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 山野 耕嗣, 村上 信五, 服部 公央亮, 梅崎 太造, Facial Nerve Research, 31,   2011 12 , 空間コード化法三次元計測装置を用いた顔面神経麻痺の客観的評価法について検討した。レーザースキャナーから17種類のストライプパターン光を順次照射し、計測空間をパターン光があたるか否かで2進数でコード化した。投影角度と画像上の照射パターンにより三角測量の原理に基づいて各点の距離を計測し、カラーCCDカメラで撮影した写真と合成し三次元画像を作成した。顔面神経麻痺22例を対象とした。患側の安静時と弱閉眼時の距離値の差と健側の安静時の距離値の比を求め、柳原法スコアとの相関関係について検討した。一部重複を認めるものの、0、2、4点におおむね一致しており、比較的良好な相関関係を得られた。同様に2次元データと柳原法の相関関係を検討した。スコア2点の症例の中に0点と重複する症例が多く、3次元データに比べてばらつき大きくなる傾向を認めた。
  • 耳下腺多形腺腫の診断にて手術を施行し、術中に顔面神経鞘腫と判明した症例, 村上 信五, 山野 耕嗣, 江崎 伸一, 勝見 さち代, Facial Nerve Research, 31,   2011 12 , 40歳女。2年前より右耳下腺部の腫脹を自覚し、穿刺吸引細胞診、MRIより右耳下腺深葉に発生した多形腺腫と診断された。手術における顔面神経麻痺を危惧して紹介受診した。MRIにおいてT1強調画像で低信号、T2強調画像で高信号、低信号の混在した分葉状の腫瘤を認めた。また、紹介病院で施行した穿刺吸引細胞診の検査結果は多形腺腫であった。右耳下腺深葉多形腺腫の診断で、右耳下腺深葉腫瘍摘出術を施行した。永久病理組織所見で、良性の神経鞘腫と診断した。術直後に眼瞼、口唇周囲の軽い麻痺を認め、プレドニゾロンを漸減投与した。術後3ヵ月で麻痺は完治した。術後のMRIで側頭枝と頬骨枝の分岐部と思われる部位に約1cm大の腫瘤を認めたが、その後、増大傾向は認めていない。
  • 【耳鼻咽喉科領域のウイルス・細菌・真菌感染症治療戦略】 顔面神経麻痺, 江崎 伸一, 村上 信五, ENTONI, (131) 47 - 52,   2011 09 , Bell麻痺やRamsay Hunt症候群(以下、Hunt症候群)を代表とするウイルス性末梢性顔面神経麻痺の多くは、適切な薬物治療により高率に完治させることが可能である。薬物治療は顔面神経麻痺に対して施行する初期治療であり、重要なことは麻痺の原因と程度、神経障害を正確に診断し、早期に適切な薬物を投与することである。顔面神経麻痺の予後は発症1〜2週間に生じる神経変性の程度で決定するといっても過言ではない。すなわち、神経変性が髄梢にとどまるか、軸索にまで及ぶかで麻痺の予後は大きく左右される。したがって、病態に即した薬剤を選択し、適切な時期に投与することが大切である。また、顔面神経麻痺は急性中耳炎、慢性化膿性中耳炎、真珠腫性中耳炎など細菌感染によっても発症する。これらは原因となる中耳病変の治療とともに顔面神経の変性予防が肝要である。(著者抄録)
  • 【口腔内ウイルス感染の診断と治療】 ウイルスの診断, 江崎 伸一, 木村 宏, 村上 信五, ENTONI, (129) 1 - 8,   2011 07 , ウイルス感染症の診断はウイルス分離が基本であるが、ウイルス分離は特殊な設備や技術を必要とするため、病院検査室で施行するのは困難であった。しかし近年では、一部ウイルスで抗原の有無を簡単かつ迅速に診断できる試薬が開発され、ベッドサイドでの診断が可能となってきた。また、血清中のウイルス抗体検査は既往感染の判断をする検査であるが、様々な種類の検査法があり、検体と目的に応じて選択することが必要である。また、インフルエンザは伝染性の強い感染症であるが、イムノクロマトグラフィー法を用いた迅速診断法を用いることで、治療法を迅速に決定できるのみならず、早期に伝播防止策を講じ、流行を未然に防ぐことができるようになった。(著者抄録)
  • ラット顔面神経核における顔面神経軸索切断によるNF-κBの活性化(Facial Nerve Axotomy Promotes Activation of NF-κB in Rat Facial Nucleus), マジット・サファット, 稲垣 彰, ドゥア・フセイン・ゼナルディーン, 鈴木 元彦, 江崎 伸一, 村上 信五, Nagoya Medical Journal, 52, (1) 25 - 38,   2011 06 , 顔面神経傷害とこれに関連する転写因子NF-κB活性の変化、およびその役割を明らかにする目的で、ラット顔面神経核のNF-κB活性化における顔面神経軸索切断の影響について検討した。顔面神経軸索切断1時間後および1ヵ月後のNF-κB細胞核転位はそのサブユニットp65/RelAを免疫組織化学的に検出することによって、またNF-κBの活性化はウエスタンブロット法によるIκBα値の減少によって確認した。顔面神経軸索切断により傷害側の顔面神経核でNF-κB活性が増加、受傷後12時間でピークに達した後漸減を示し、1ヵ月後には通常レベルに回復した。NF-κB活性は切断側と非切断側で異なっていた。顔面神経傷害後のNF-κBシグナリングは神経保護の役割を担う可能性があると考えられた。
  • 【耳鼻咽喉科感染症の完全マスター】 耳鼻咽喉科感染症の基本をマスターする 抗ウイルス薬の使い方, 江崎 伸一, 木村 宏, 村上 信五, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 83, (5) 41 - 46,   2011 04
  • マウス顔面神経麻痺モデルの樹立と解析, 竹本 伊織, 亀井 大輔, 丸山 梨詠, 江崎 伸一, 村上 信吾, 増田 豊, 日本薬学会年会要旨集, 131年会, (3) 184 - 184,   2011 03
  • 名古屋市立大学における外傷性顔面神経麻痺の検討, 山野 耕嗣, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 渡邉 暢浩, 村上 信五, Facial Nerve Research, 30,   2010 12 , 1999〜2010年に名古屋市立大学病院耳鼻咽喉科で診察した外傷性顔面神経麻痺35例を対象に、受傷原因、麻痺出現時期、骨折型、耳小骨離断の有無、治療法、予後などについて検討した。受傷原因は交通事故が最も多く71%、次いで転倒・転落が29%であった。麻痺出現時期は、受傷直後に出現した即時性が54%、受傷翌日以降に出現した遅発性が40%、受傷直後から意識障害があり評価できなかったものが6%であった。骨折型は縦骨折が91%、混合骨折が3%、ヘリカルCTで骨折線を認めなかったものが6%であった。CTまたは手術所見で耳小骨離断を認めた患者は34%であった。即時性麻痺例のうち顔面神経減荷術を施行されたのは86%であった、即時性麻痺例のうち麻痺スコアが40点満点に回復したのは14%、30点以上に回復したのは67%であった。遅発性麻痺例のうち顔面神経減荷術を施行されたのは21%であった。遅発性麻痺例のうち麻痺スコアが40点に回復したのは71%、30点以上に回復したのは93%であった。
  • 再発性顔面神経麻痺・両側性顔面神経麻痺の検討, 江崎 伸一, 勝見 さち代, 山野 耕嗣, 渡邉 暢浩, 村上 信五, Facial Nerve Research, 30,   2010 12 , 2001〜2010年に当科受診した顔面神経麻痺患者1134例のうち、再発性・両側性などの特異型例をYanagiharaらの分類に従い「一側再発性麻痺(28例)」「両側交代性麻痺(35例)」「両側再発性麻痺(8例)」「両側同時性麻痺(6例)」の4型に分類し、各タイプの特徴について検討した。結果、再発性麻痺は男性の占める割合が有意に高く、解剖学的異常などが関与している可能性が示唆された。交代性麻痺は糖尿病の有病率が高く、全身合併症による神経の脆弱性などが関与している可能性が示唆された。Gd造影MRIにおける膝神経節のGd造影効果陽性率は、一般的なBell麻痺患者群に比べて特異型麻痺は4タイプとも有意に低かった。Gd造影効果の有無と単純ヘルペスウイルス(HSV)抗体価との関係について検討した結果、HSV抗体陰性例はすべて造影効果陰性であった。
  • 顔面神経麻痺で発症した側頭骨軟骨肉腫の2症例, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 山野 耕嗣, 渡邉 暢浩, 村上 信五, Facial Nerve Research, 30,   2010 12 , 症例は32歳と20歳の女性、いずれも顔面神経麻痺以外の症状はなく、両例とも当初Bell麻痺と診断した。症例1では顔面痙攣を伴っていたことが腫瘍性顔面麻痺を疑わせる重要なポイントとなり、症例2では麻痺が緩徐進行性であったことが腫瘍性を疑わせるポイントとなった。軟骨肉腫のCT像は一般に石灰化を伴う陰影像と骨破壊像が特徴的所見であるが、2例とも骨破壊像のみで石灰化像は認められず、これは軟骨肉腫が粘液型であったためと考えられた。術中所見では粘液状の脆い腫瘍が特徴的であった。2例とも重要臓器への進展はなく、顔面神経以外の機能障害をきたすことなく腫瘍摘出が可能であった。術後経過は、それぞれ10年後、1年後の現在まで再発なく、顔面神経麻痺スコア(40点法)は症例1が初診時の4点から24点に改善、症例2が初診時の10点から18点に改善している。
  • 知っておきたい生理・病態の基礎 顔面運動, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 村上 信五, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 82, (6) 399 - 404,   2010 05
  • 顔面神経鞘腫のマネジメント 側頭骨内顔面神経鞘腫のマネージメント, 村上 信五, 江崎 伸一, 勝見 さち代, Facial Nerve Research, 29,   2010 01
  • 当院における顔面神経鞘腫27症例の検討, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 山野 耕嗣, 村上 信五, Facial Nerve Research, 29,   2010 01 , 過去5年間に経験した顔面神経鞘腫27症例(46±13.3歳)を対象とし、腫瘍の部位、症状、術式、術後麻痺スコアの推移等を検討した。腫瘍の占拠部位は迷路部・膝部が26%と最多であり、主症状は顔面神経麻痺が74%と最も多かったが、発症形式はさまざまであった。治療は腫瘍の大きさ、部位、麻痺の程度、年齢、全身状態などを考慮して13例に手術治療、1例に放射線治療、13例に経過観察が行われたが、神経再建術を行った場合でも術後麻痺スコアは20点前後にとどまった。術後麻痺スコアの結果から、麻痺がないもしくは軽度の症例では経過観察を、高度麻痺症例では手術治療をそれぞれ選択すべきと考えるが、顔面神経鞘腫に対するマネージメントに未だ統一見解はなく、より良い方法を検討していく必要があると考えられた。
  • 肝細胞増殖因子(HGF)を用いた顔面神経再生の研究(その2), 江崎 伸一, 勝見 さち代, 山野 耕嗣, 渡邉 暢浩, 村上 信五, Facial Nerve Research, 29,   2010 01 , 4週齢の雄Balb/cマウスを用いて顔面神経圧迫挫滅モデルマウスを作成し、ウイルスベクターを用いて挫滅部位に肝細胞増殖因子(HGF)を導入し、電気生理学的に神経回復を検討した。モデルマウスを、圧迫後に何も処置しないNone群、圧迫部位上にHGFベクターを塗布したHGF群、HSV-LacZを10μl塗布・5分間保持して閉創したLacZ群の3群に分け検討した。HGF群の治癒日数は、None群およびLacZ群に比較して有意に短かった。全マウスで顔面神経麻痺は14日以内に完治した。頬筋から導出した二峰性の筋電位のpeak-to-peakを振幅として経時的に神経の機能回復を検討したところ、圧迫7日後にHGF群で圧迫前の53%、LacZ群で44%、14日後に各々70%、53%の回復を認めた。ELISA法により顔面神経本幹から抽出されたHGF量を測定したところ、LacZ群では一過性にHGFの増加を認め、HFG群では恒常的にHGFの増加を認めた。また、顔面神経、顔面神経核における組織学的検討では、3日、7日、14日後とも顔面神経とその周囲にKT3を認め、強拡大で顔面神経内のKT3を確認した。なお、顔面神経核にはKT3発現は認めなかった。更に、神経の変性再生効果を検討するため、顔面神経のKB染色を評価・検討したところ、3日後の神経変性時期ではHGF群でLacZ群より髄鞘の変性抑制効果を認め、また再生時期の7日、14日後にはHGF群でLacZ群より髄鞘の再生効果を認めた。Bodian染色にて14日後の軸索を検討したところ、新生髄鞘内に再生した軸索を観察できた。
  • 重症度に応じたBell麻痺の実践的治療, 山野 耕嗣, 勝見 さち代, 江崎 伸一, 渡邉 暢浩, 村上 信五, Facial Nerve Research, 29,   2010 01 , 発症3日以内に治療開始し、治癒までの期間および最低6ヵ月間経過追跡可能であったBell麻痺376例を対象として、治療プロトコルおよび治療成績を検討した。治療プロトコルは、初診時の顔面神経麻痺スコア(柳原法)が24点以上の場合はプレドニゾロン(PSL)30mg/日の内服を3日間、22点以上の場合はPSL 60mg/日+バラシクロビル3000mg/日の併用を3日間行った。4日目に再評価を行い、その際に16点以上の場合(A群)はPSL 30mg/日を4日間で漸減する計7日間の治療、14点以下の場合(B群)はPSL 60mg/日を11日間で漸減する計14日間の治療を行った。また、再評価時に耳介帯状疱疹などが出現しHunt症候群と診断した場合(C群)は、バラシクロビル3000mg/日を4日間投与+PSL 60mg/日を11日間で漸減する計14日間の治療を行った。その結果、治癒率はA群99%、B群95%で、両群を併せると97%の治癒率であった。また、C群の治癒率は84%で、血清学的にzoster sine herpeteと診断した20例の治癒率は90%であった。
  • 肝細胞増殖因子(HGF)を用いた顔面神経再生の研究, 江崎 伸一, 山野 耕嗣, 中村 善久, 中山 明峰, 渡邉 暢浩, 村上 信五, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 112, (4) 378 - 378,   2009 04
  • 【耳鼻咽喉科ウイルス感染症】 ウイルス性顔面神経麻痺, 村上 信五, 江崎 伸一, ENTONI, (99) 24 - 30,   2009 03 , 末梢性顔面神経麻痺におけるウイルスの関与は大きく、特にヘルペス科のウイルスである単純ヘルペスウイルス1型と水痘-帯状疱疹ウイルスが重要である。前者は最も高頻度のBell麻痺の主病因で、後者は2番目に多いRamsay Hunt症候群の病因である。また、EBウイルスやサイトメガロウイルス、Human Herpes Virus 6、7などのヘルペス科ウイルス、さらにヘルペス科以外でもムンプスウイルスやヒト免疫不全ウイルス、ヒトT細胞白血病ウイルス1型なども顔面神経麻痺をきたすことが報告されている。診断は早期に原因ウイルスを同定する診断が確立されていない現状では、麻痺の経過や随伴する臨床症状および所見が重要である。治療はステロイド薬と抗ウイルス薬が主体になるが、重要度に応じた早期治療が麻痺の予後を大きく左右する。(著者抄録)
  • 肝細胞増殖因子(HGF)を用いた顔面神経再生の研究(その1), 江崎 伸一, 山野 耕嗣, 渡邉 暢浩, 村上 信五, Facial Nerve Research, 28,   2009 02 , 顔面神経圧迫挫滅モデルマウスを作成し、非増殖型単純ヘルペスウイルスベクターを用いて肝細胞増殖因子(HGF)を導入し、顔面神経麻痺の回復が促進されるかについて検討した。雄Balb/cマウスを用い、顔面神経本幹を剖出して止血鉗子で圧迫挫滅し、圧迫後に閉創した圧迫群、圧迫部位の周囲にHSV1764/4-/pR19HGFKT3(HSV-HGF)を塗布して閉創したHSV-HGF塗布群、リン酸緩衝生理食塩水(PBS)を圧迫部位の周囲に塗布して閉創したPBS塗布群、顔面神経を剖出剥離したが圧迫せずにHSV-HGFを塗布して閉創した偽手術群を作成した。圧迫群は平均11.5±0.9日で治癒し、PBS塗布群は平均11.6±1.0日で治癒した。無投与群とPBS塗布群で麻痺回復日数に有意差はなかった。一方、HSV-HGF塗布群の治癒日数は平均10.3±0.5日で、無投与群およびPBS塗布群に比して有意に短かった。マーカー蛋白発現について検討した結果、免疫染色にてHSV-HGF塗布群では、術後3日目に挫滅した部位の神経内部とその周囲にKT3が発現し、挫滅部より末梢では神経周囲にのみにKT3が発現した。中枢の顔面神経核にKT3発現はなかった。偽手術群では神経周囲のみにKT3が発現した。
  • 糖尿病を合併したBell麻痺の治療, 山野 耕嗣, 江崎 伸一, 渡邉 暢浩, 村上 信五, Facial Nerve Research, 28,   2009 02 , 糖尿病合併のBell麻痺例115例のうち、経過フォローが可能であった、ステロイド-抗ウイルス剤併用療法を行った80例と、ステロイド投与を行わなかった7例について比較検討した。ステロイド使用量は経口もしくは静注ステロイド(プレドニゾロン換算:1mg/kg/day)を7日間以上、抗ウイルス剤は経口或いは静注でHSV-1に対する至適量以上の投与とした。治療効果に関しては、麻痺の評価には顔面神経麻痺スコア(柳原法)を用い、発症6ヵ月以内で36点以上に回復し、中等度以上の後遺症がないものを治癒とした。その結果、糖尿病合併のBell麻痺115例のうち、初診時のHbA1c値のスクリーニング検査で、初めて糖尿病を指摘された患者は19%であった。ステロイド非投与群の治癒率は43%で、ステロイド-抗ウイルス剤併用療法群の治癒率は93%と高い治癒率であった。ステロイド-抗ウイルス剤併用療法群のうち、最悪時スコア10点以下であった高度麻痺例でも83%の治癒率であった。
  • ニンテンドーDS「大人のDS 顔トレーニング」を用いた顔面神経麻痺のリハビリテーション, 江崎 伸一, 村上 信五, Facial Nerve Research, 28,   2009 02 , 携帯ゲーム機器ニンテンドーDS(DS)のソフトウェア「大人のDS顔トレーニング」(顔トレ)が、顔面神経麻痺のリハビリとして活用できるかどうか検討した。対象は58歳女性で、左顔面麻痺を発症し、ベル麻痺を疑われ、アシクロビル、プレドニゾロンを投与したが麻痺の改善はなかった。当院紹介受診され、以後は経過観察を行い、今回、「顔トレ」を説明してDSによるリハビリを開始した。トレーニング開始時、顔面神経麻痺スコアは30/40点で、中等度の拘縮や共同運動を認めた。トレーニング開始3ヵ月後、顔面神経麻痺スコアは32点であったが、拘縮、共同運動は軽減した。また、普段から麻痺側を伸展し、健側を収縮して左右の釣り合いをとった表情を無意識に保てるようになった。患者が指摘した最も重要なDSの長所は、トレーニングに意欲が出て継続がしやすい、ゲーム機の携帯性がよく、場所時間を問わずにトレーニングが行える、トレーニングを行った日がカレンダーに表示され、毎日続けることへの達成感が得られる、「顔履歴」で以前の顔と比べて回復が実感できる、「今日の表情測定」で高得点を出し更に継続する意欲がわく、などであった。
  • 慢性副鼻腔炎における起因菌の検討 内視鏡手術症例についての検討, 江崎 伸一, 大野 伸晃, 村上 信五, 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌, 26, (1) 75 - 75,   2008 05
  • 小児鼻性眼窩内合併症の一症例, 大野 伸晃, 江崎 伸一, 村上 信五, 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌, 26, (1) 97 - 97,   2008 05
  • ストレプトゾトシン誘発糖尿病マウスにおけるHSV-1再活性化について Bell麻痺と糖尿病(第2報), 江崎 伸一, 山野 耕嗣, 渡邉 暢浩, 村上 信五, Facial Nerve Research, 27,   2008 01 , ストレプトゾトシン誘発糖尿病マウスに単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)を接種し、初感染時に顔面神経麻痺が高率に発症し、耳介を擦過刺激することにより再び顔面神経麻痺を生じることを報告した。今回、組織学的に検討した。糖尿病状態に耳介刺激を併せたマウスでは、13.3%に麻痺が発症し、さらに40%では脳炎様の症状で死亡した。耳介刺激のみ、または糖尿病状態のみではHSV-1 DNAでは検出しなかったが、糖尿病状態に耳介刺激を併せたマウスでは40%にHSV-1 DNAを検出した。糖尿病状態に耳介刺激を併せたマウスでは、側頭骨内顔面神経のSchwann細胞の空胞変性、髄鞘の変性を認めた。膝神経節で、粗面小胞体付近にHSV-1の粒子を認めた。リンパ球に占めるCD3+T細胞割合は、健常マウスでは平均31.7%であったのに対し、糖尿病マウスでは平均22.9%であった。
  • ストレプトゾトシン誘発糖尿病マウスにおけるHSV-1再活性化について Bell麻痺と糖尿病, 山野 耕嗣, 江崎 伸一, 渡邉 暢浩, 村上 信五, Facial Nerve Research, 26,   2007 03 , 糖尿病状態におけるHSV-1の再活性化と顔面神経麻痺発症について検討するため、マウスの耳介を針で擦過した後にHSV-1を接種して顔面神経麻痺モデルを作成し、麻痺回復1週間後にストレプトゾトシン(STZ)を腹腔内投与して糖尿病状態とし、8週後に再擦過して再活性化誘導を行った。顔面神経麻痺の評価は瞬目反射および髭の動きをスコア化し、計4点満点中2点以下を麻痺ありと判定した。その結果、耳介刺激のみ、あるいは糖尿病状態のみのマウス(対照群)では顔面神経麻痺、死亡ともなかったが、糖尿病状態に耳介刺激を併せたマウス(実験群)では8%に麻痺が発症し、20%が脳炎様の症状で死亡した。側頭骨内顔面神経を採取してHSV-1 DNAの発現を検討したところ、対照群では検出されなかったが、実験群では33%に検出され、8%では非接種側からも検出された。糖尿病状態ではHSV-1の再活性化が生じやすく、Bell麻痺発症要因となる可能性が示唆された。
  • Bell麻痺における耳痛とウイルスの関連性, 江崎 伸一, 山野 耕嗣, 渡邊 暢浩, 村上 信五, Facial Nerve Research, 26,   2007 03 , Bell麻痺患者92名を対象に、単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)の血清抗体価を測定し、臨床症状との関連を検討した。抗体価4倍をカットオフとした抗HSV抗体陽性は80名(A群)、陰性は12名(B群)、陽性率は87%であり、健常者100名の51%と比較して有意に高率であった。耳痛を訴えたのはA群27%、B群31%、後頭部痛は各々35%、23%、痛みなしは44%、54%で、いずれも有意差はなかった。また抗HSV抗体価と疼痛の頻度および麻痺の程度との間にも関連を認めなかった。
  • めまいを初発症状とし内耳道腫瘍が疑われたRamsay Hunt症候群の一例, 渡邉 暢浩, 江崎 伸一, 山野 耕嗣, 村上 信五, Facial Nerve Research, 26,   2007 03 , 38歳男。左難聴・浮遊感が出現し、めまいを伴う急性感音難聴と考えプレドニゾロン(PSL)30mg/日内服を開始したが、発症1週間後に左顔面神経麻痺を来たした。Ramsay Hunt症候群非典型例を疑い、バラシクロビル3000mg/日を追加したが、その後めまい感が増悪し、入院治療となった。眼振は入院時左向き水平回旋混合性であったが、2日目より右向きに変化した。頭蓋内病変を除外する目的でMRIを施行したところ、左内耳道内に占拠性病変を認め、Gd造影で内耳道内の神経走行に沿って造影効果を示した。PSL 60mg/日から点滴で漸減投与を行い、徐々にめまい感は改善し退院となり、顔面神経麻痺も改善傾向を認めたが、1ヵ月後に再度左難聴を来たした。Hunt症候群の再燃と考え、PSL 60mg/日からの漸減投与およびアシクロビル750mg/日点滴を行い退院となったが、聴力は不変であった。現在、聴力は退院時と変わらず、顔面神経麻痺、めまいの増悪はない。内耳道病変の造影効果は経時的に減弱した。
  • 【中耳真珠腫の治療 私はこうしている】 中耳真珠腫手術における顔面神経の処理, 村上 信五, 江崎 伸一, ENTONI, (66) 127 - 131,   2006 09 , 中耳真珠腫では顔面神経管が破壊され、神経と真珠腫が直に接していることを念頭に摘出操作を施行することが肝要である。弛緩部型真珠腫では鼓室部から膝部の、また、緊張部型真珠腫では錐体部から鼓室部の顔面神経が露出していることが多い。真珠腫の摘出は、まず母膜を開放して真珠腫を内減量し、母膜は骨面に残す。母膜は辺縁部から剥離するが、剥離面にはセレシートを敷き、その上から血液や滲出液を細い吸引管で吸引する。剥離面をしっかり捕らえ、テラメッサーを骨面と母膜の間隙に挿入し、連続的に剥離を進める。母膜の剥離が外側半規管や乳突洞口付近まで進むと顔面神経の鼓室部を同定する。手術顕微鏡下に顔面神経が同定できない場合は電気刺激装置を用いて確認する。顔面神経が同定できれば、母膜と神経の間隙にテラメッサーを挿入して、神経の長軸方向に鋭的に剥離する。膝部方向には顔面神経以外、特に注意する構造物はないが、錐体部に向かってはアブミ骨に注意して摘出する。(著者抄録)
  • 咽頭ジスキネジアの1例, 中野 文子, 江崎 伸一, 濱島 有喜, 村上 信五, 耳鼻咽喉科臨床 補冊, (補冊118) 49 - 49,   2006 06
  • 一側聴神経腫瘍術後の健側聴力に関する検討, 渡邉 暢浩, 江崎 伸一, 高橋 真理子, 濱島 有喜, 村上 信五, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 109, (4) 334 - 334,   2006 04
  • エビデンスに基づいたベル麻痺,ハント症候群の実践的治療, 村上 信五, 山野 耕嗣, 江崎 伸一, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 109, (4) 404 - 404,   2006 04
  • 【耳鼻咽喉科救急医療マニュアル】 症状からみた救急疾患の診断手順 顔面神経麻痺, 村上 信五, 江崎 伸一, JOHNS, 22, (3) 291 - 297,   2006 03
  • 【ヘルペスウイルス学 基礎・臨床研究の進歩】 αヘルペスウイルス-単純ヘルペスウイルス(HSV)と水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV) αヘルペスウイルス感染症 特発性顔面神経麻痺(Bell麻痺), 村上 信五, 濱島 有喜, 江崎 伸一, 日本臨床, 64, (増刊3 ヘルペスウイルス学) 276 - 280,   2006 03
  • 【耳鼻咽喉科とウイルス】 ウイルス性顔面神経麻痺, 村上 信五, 江崎 伸一, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 78, (1) 31 - 37,   2006 01
  • 舌放線菌症の1例, 櫻井 舞, 江崎 伸一, 丹羽 美子, 菅沼 良規, 羽柴 基之, 日本嫌気性菌感染症研究, 35,   2005 12
  • 放射線治療に長期間を経て咽頭狭窄を発症した1例, 江崎 伸一, 羽柴 基之, 山賀 康祐, 丹羽 美子, 櫻井 舞, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 108, (9増刊) 914 - 914,   2005 09
  • 舌放線菌症の1例, 櫻井 舞, 江崎 伸一, 丹羽 美子, 山賀 康祐, 羽柴 基之, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 108, (9増刊) 918 - 918,   2005 09
  • 耳下腺唾石症の1症例, 江崎 伸一, 櫻井 舞, 丹羽 美子, 山賀 康祐, 羽柴 基之, 間宮 敦, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 108, (5増刊) 586 - 586,   2005 05
  • 排膿術直後に呼吸不全をきたした深頸部膿瘍の1例, 丹羽 美子, 江崎 伸一, 櫛田 嘉代子, 山賀 康祐, 羽柴 基之, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 108, (1増刊) 81 - 81,   2005 01
  • 原因不明の左頸部乳び瘻と考えられる1例, 山賀 康祐, 江崎 伸一, 櫛田 嘉代子, 丹羽 美子, 羽柴 基之, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 108, (1増刊) 81 - 81,   2005 01
  • 呼吸困難をきたしたレックリングハウゼン病の1例, 丹羽 美子, 江崎 伸一, 櫛田 嘉代子, 山賀 康祐, 羽柴 基之, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 107, (9増刊) 830 - 830,   2004 09
  • 篩骨洞原発の髄膜腫の1例, 櫛田 嘉代子, 江崎 伸一, 丹羽 美子, 山賀 康祐, 羽柴 基之, 小島 若菜, 本堂 潤, 水谷 信彦, 齋藤 清, 兵藤 伊久夫, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 107, (9増刊) 905 - 905,   2004 09
  • 摂食障害に伴う耳下腺腫脹, 山賀 康祐, 江崎 伸一, 櫛田 嘉代子, 丹羽 美子, 羽柴 基之, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 107, (9増刊) 908 - 908,   2004 09
  • Fournier症候群の5例, 深見 保之, 長谷川 洋, 小木曽 清二, 坂本 英至, 伊神 剛, 森 俊治, 服部 弘太郎, 水野 隆史, 杉本 昌之, 江崎 伸一, 日本臨床外科学会雑誌, 63, (12) 3096 - 3096,   2002 12
  • 腹腔鏡下に切除した陶器様胆嚢の一例, 江崎 伸一, 長谷川 洋, 小木曽 清二, 坂本 英至, 伊神 剛, 森 俊治, 服部 弘太郎, 水野 隆史, 杉本 昌之, 深見 保之, 日本臨床外科学会雑誌, 63, (12) 3098 - 3098,   2002 12


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.