Researchers Database

SAWADA Masato

    Graduate School of Medical Sciences Department of Developmental and Regenerative Biology Lecturer
Last Updated :2024/05/25

Researcher Information

URL

Research funding number

  • 20645288

ORCID ID

J-Global ID

Research Interests

  • 成体脳のニューロン新生   脳室下帯   ニューロン移動   ニューロン-グリア相互作用   神経幹細胞   ニューロン成熟   神経発生   神経再生   光操作   ライブイメージング   ケミカルバイオロジー   がん遊走   

Research Areas

  • Life sciences / Neuroscience - general

Academic & Professional Experience

  • 2018/10 - Today  Nagoya City UniversityGraduate School of Medical Sciences, Department of Developmental and Regenerative Biology講師
  • 2014/04 - 2018/10  Nagoya City UniversityGraduate School of Medical Sciences, Department of Developmental and Regenerative Biology助教
  • 2017/12 - 2018/02  Universitat de València, Instituto Cavanilles,Laboratorio de Neurobiología Comparada,Visiting Scientist
  • 2013/04 - 2014/03  Nagoya City UniversityGraduate School of Medical Sciences, Department of Developmental and Regenerative Biology特任助教
  • 2012/04 - 2013/03  日本学術振興会特別研究員PD
  • 2011/04 - 2012/03  日本学術振興会特別研究員DC2

Education

  • 2008/04 - 2012/03  Nagoya City University  Graduate School of Medical Sciences  生体防御・総合医学専攻 博士(医学)
  • 2006/04 - 2008/03  Keio University  理工学研究科  基礎理工学専攻 修士(理学)
  • 2002/04 - 2006/03  Keio University  Faculty of Science and Technology  Department of Biosciences and Infomatics

Association Memberships

  • Society for Neuroscience   THE JAPANESE SOCIETY FOR NEUROCHEMISTRY   THE JAPAN NEUROSCIENCE SOCIETY   

Published Papers

Books etc

Conference Activities & Talks

  • 脳傷害部への新生ニューロンの移動促進による機能回復  [Invited]
    中嶋智佳子; 大野雄也; 澤田雅人; 金子奈穂子; 澤本和延
    第64回日本神経病理学会総会学術研究会/第66回日本神経化学会大会合同大会  2023/07
  • 光操作技術を用いたニューロンの移動・形態制御機構の解析  [Invited]
    澤田雅人; 澤本和延
    第128回日本解剖学会総会・全国学術集会  2023/03
  • 成体脳のニューロン新生における死細胞の貪食過程と意義  [Invited]
    澤田雅人; 澤本和延
    第64回日本神経化学会大会  2021/09
  • Mechanisms for maintenance and termination of neuronal migration in the postnatal brain.  [Invited]
    Sawada M; Sawamoto K
    第126 回日本解剖学会総会・全国学術集会 / 第98 回日本生理学会大会 合同大会  2021/03
  • 基礎研究者が患者として経験した新生児脳疾患医療から得たもの  [Invited]
    澤田 雅人
    第61回 日本小児神経学会学術集会  2019/05
  • Morphological changes and migration termination in newborn neurons controlled by Sema3E-PlexinD1 signaling  [Invited]
    Masato Sawada, Kazunobu Sawamoto
    The 3rd NCU&HALLYM International Joint Symposium  2018/11
  • Mechanisms for proper migration and positioning of newborn neurons in the postnatal brain circuits.  [Invited]
    Sawada M; Sawamoto K
    The 21st Annual Meeting of the Korean Society for Brain and Neural Sciences  2018/08
  • PlexinD1 signaling controls morphological changes and migration termination in newborn neurons  [Invited]
    Masato Sawada; Kazunobu Sawamoto
    日韓神経発生学共同シンポジウム2018  2018/06
  • Mechanisms for migration and maturation of new neurons in the adult brain.  [Invited]
    Sawada M; Sawamoto K
    The 8th Research Conference of Developmental Neurobiologists in South Korea  2016
  • 成体脳における新生ニューロンの移動・成熟機構と嗅覚入力の役割  [Invited]
    澤田雅人
    生理学研究所研究会「シナプス機能の普遍性と多様性」  2014
  • 嗅覚入力による成体嗅球新生ニューロンの種類と位置の決定機構  [Invited]
    澤田雅人
    第479回 衛生学研究会  2012
  • Sensory input regulates spatial and subtype-specific patterns of neuronal turnover in the adult olfactory bulb glomeruli  [Invited]
    Masato Sawada; Kazunobu Sawamoto
    The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society  2011

MISC

Industrial Property Rights

  • PCT/JP2020/47678:脳疾患治療剤及びその利用  2020年/12/21
    澤本和延, 澤田雅人, 五十嵐道弘, 中嶋智佳子  名古屋市立大学
  • 特開2020-018796:脳障害の治療用材料、脳障害の治療方法、脳の神経細胞の再生用材料、及び、脳の神経細胞の再生方法  2020/02/06
    澤本 和延, 神農 英雄, 澤田 雅人, 味岡 逸樹, 赤池 敏宏  公立大学法人名古屋市立大学, 国立大学法人 東京医科歯科大学, 赤池 敏宏, ソマール株式会社
  • 特願2019-231442:脳疾患治療剤及びその利用  2019年/12/23
    澤本和延, 澤田雅人, 五十嵐道弘  公立大学法人 名古屋市立大学、 国立大学法人 新潟大学
  • 特開2007-204380:新規化合物及びその医薬用途  2007/08/16
    渡邉 秀典, 久保 伸一郎, 井本 正哉, 澤田 雅人  株式会社Pharmish , 国立大学法人 東京大学

Awards & Honors

  • 2018/10 名古屋市立大学 平成30年度 学長表彰
     
    受賞者: 澤田雅人
  • 2017/02 第12回 成体脳のニューロン新生懇談会 優秀演題賞
     
    受賞者: 澤田雅人
  • 2016/03 第9回神経発生討論会 Developmental Neuroscience Award
     
    受賞者: 澤田雅人
  • 2015/03 第8回神経発生討論会 Developmental Neuroscience Award
     
    受賞者: Masato Sawada
  • 2012/12 名古屋市立大学医学会賞
     
    受賞者: 澤田雅人
  • 2012/03 名古屋市立大学大学院医学研究科 名古屋市立大学大学院医学研究科最優秀論文賞
     
    受賞者: 澤田雅人

Research Grants & Projects

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    Date (from‐to) : 2024/04 -2027/03 
    Author : 澤田 雅人
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2021/04 -2024/03 
    Author : 澤田 雅人
     
    近年の研究で、成体哺乳類の脳においても、ニューロン移動が観察されることが明らかになった。脳室下帯の神経幹細胞から産生された新生ニューロンは、吻側移動流(RMS)と呼ばれる特殊な移動経路を通って、嗅覚の一次中枢である嗅球へと移動する。RMSでは、 新生ニューロンは鎖状に連なり、アストロサイトが形成するトンネルの中を高速で移動する。 最近では、ヒト新生児脳においても、脳室下帯の新生ニューロンが嗅球や大脳皮質へと移動することが報告され、新生ニューロンの移動は生後脳の機能発達に極めて重要と考えられている。 細胞外マトリックス分子群は、生後の神経回路の維持に必須である。細胞外マトリックス分子群は、発達期には成熟した神経回路の構築に関与するほか、傷害脳では、軸索の再生過程を正または負に制御することが報告されている。しかし、生後脳のニューロン移動における役割は不明である。 2021年度は、マウス脳や霊長類モデルであるコモンマーモセット脳における局在および発現細胞を解析した。また、新生ニューロンの鎖状移動や周囲の細胞群との相互作用について、透過型電子顕微鏡・連続ブロック表面走査型電子顕微鏡を用いた微細形態解析や共焦点顕微鏡を用いた組織学的解析、培養した新生ニューロンのタイムラプスイメージング解析を実施した。さらに、生後脳のRMSを移動する新生ニューロンを採取し、新生ニューロンに発現する移動関連タンパク質を網羅的に同定した。
  • 成体脳のニューロン移動における成長円錐制御の意義
    堀科学芸術振興財団:研究助成
    Date (from‐to) : 2021/04 -2023/03 
    Author : 澤田雅人
  • 成体脳のニューロン移動を制御する細胞外環境
    名古屋市立大学:特別研究奨励費
    Date (from‐to) : 2021 -2023/03 
    Author : 澤田雅人
  • バイオマテリアルを用いた脳傷害後の新生細胞の移動・成熟・機能再生の促進
    日本医療研究開発機構:戦略的国際共同研究プログラム(SICORP) 日・スペイン共同研究
    Date (from‐to) : 2018 -2022 
    Author : 金子奈穂子; 澤田雅人; 澤本和延; 味岡逸樹
  • 糖鎖による脳傷害後のニューロン移動・再生過程の制御機構
    テルモ生命科学振興財団:研究開発助成
    Date (from‐to) : 2022
  • 光操作による移動するニューロンの成長円錐制御機構の解明
    日東学術振興財団:第38回 研究助成
    Date (from‐to) : 2021/12 
    Author : 澤田雅人
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Fund for the Promotion of Joint International Research (Fostering Joint International Research (B))
    Date (from‐to) : 2018/10 -2021/03 
    Author : 澤本 和延; 金子 奈穂子; 澤田 雅人
     
    生後の脳において神経幹細胞から生まれる新生ニューロンは、脳機能の維持および脳傷害後の神経再生・機能回復に関わっている。我々はこれまでに、様々なモデル動物を用いて、正常脳および傷害脳における新生ニューロンの移動メカニズムおよび周囲の細胞との相互作用を明らかにしてきた。本課題は、海外の研究室と共同で、移動する新生ニューロンと周囲の細胞の接着および細胞形態変化のメカニズムと、その意義を明らかにすることを目的としている。さらに、応募者の研究室に所属する若手研究者を参画させ、国際的に活躍できる研究者として養成する。本年度は、以下の研究を実施した。 (1)新生ニューロンの構造の解析:脳内を移動するニューロンの微細構造や他の細胞との関係について、名古屋市立大学および海外の研究機関で解析を行った。(2)傷害脳における新生ニューロンと血管の接着の解析:我々はこれまでに、ニューロンが血管を足場にして移動することを明らかにしてきた。ニューロンと足場としての血管の相互作用の詳細を理解するため、その微細構造等について海外の研究機関と共同で解析した。(3) 神経幹細胞の分化・移動調節因子の解析:新生ニューロンの移動・分化の分子メカニズムを明らかにするため、新生ニューロンの移動や分化調節に関わる遺伝子について、名古屋市立大学および海外の研究機関で解析を行った。 本研究の成果は、脳可塑性の未知のメカニズムの解明と、新たな神経再生技術の提供につながる可能性がある。
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Early-Career Scientists
    Date (from‐to) : 2018/04 -2021/03 
    Author : Sawada Masato
     
    In the adult olfactory bulb, olfactory interneurons are constantly replaced throughout life. However, the cellular and molecular mechanisms for neuronal turnover in the adult olfactory bulb remain largely unknown. We have studied 1) the ultrastructural features of dead cells and microglia in the adult olfactory bulb, 2) the dynamics of microglia-new neuron interaction in vivo, 3) the molecular mechanisms for survival and differentiation processes of new neurons in the adult olfactory bulb, and 4) olfactory behaviors.
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research
    Date (from‐to) : 2016/04 -2018/03 
    Author : Miyake Mio; KAMIJIMA Michihiro; SAKAMOTO Tatsuo; ITO Yuki; SAWAMOTO Kazunobu; SAWADA Masato; OYA Naoko; WAKAYAMA Takanari; SATO Hirotaka
     
    Details of the results will be described later.
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A)
    Date (from‐to) : 2014/04 -2018/03 
    Author : Sawamoto Kazunobu; KANEKO Naoko; SAWADA Masato; JINNOU Hideo; FUJIKAKE Kazuma; FUJIOKA Teppei
     
    We have studied 1) the expression and function ofβ1integrin in migrating neuroblasts for their efficient chain migration along the blood vessel scaffolds, 2) morphological changes of neuroblasts during migration termination and their molecular mechanisms, 3) olfactory-input dependent mechanisms for neuronal integration and maturation, and 4) neuronal regeneration and functional recovery promoted by neuronal migration.
  • 移動する新生ニューロンの先導突起に局在する分子群の機能解析
    武田科学振興財団研究助成(医学系研究継続助成):
    Date (from‐to) : 2018 
    Author : 澤田 雅人
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B)
    Date (from‐to) : 2014/04 -2017/03 
    Author : SAWADA Masato
     
    In the postnatal brain, newly born neurons continue to migrate toward their final destinations, where they terminate their migration and differentiate into mature neurons. Migrating neurons show immature morphology with a single leading process, and maintain their migration in a saltatory manner. In contrast, the neuronal morphology during termination process of migration is still unknown. Here we studied the role of Sema3E-PlexinD1 signaling in the regulation of neuronal morphology during termination process of migration in the postnatal olfactory bulb (OB). During the termination process of migration, new neurons formed cellular protrusions branched from the leading process. Furthermore, Sema3E-PlexinD1 signaling controls migratory potential of new neurons by regulating protrusion formation, thereby contributing to their final positioning and function in the OB. Results indicate the importance of morphological regulation in migrating new neurons in OB development and function.
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research
    Date (from‐to) : 2014/04 -2016/03 
    Author : Sawamoto Kazunobu; KANEKO Naoko; SAWADA Masato
     
    To study the relationship between neuronal regeneration and blood flow, we performed in vivo live imaging using a two-photon laser microscope. Using transgenic mice that express a fluorescent protein in a subtype of neurons, we observed the same new neurons in the olfactory bulbs twice with an interval of four weeks. Simultaneously, we injected a green fluorescent dye intravenously to image and measure blood flow. Our results suggest that blood flow correlates with the neuronal regeneration efficiency.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 研究活動スタート支援
    Date (from‐to) : 2013/08 -2015/03 
    Author : 澤田 雅人
     
    成体脳の脳室下帯では、生涯を通じて新生ニューロンが産生され、嗅球へと移動して神経回路へ組み込まれる。これまでに研究代表者は、二光子顕微鏡を用いた生体イメージング法を確立し、嗅球新生ニューロンの成熟場所を決定するメカニズムを明らかにした(Sawada et al., J. Neurosci., 2011)。この結果にもとづき現在は、新生ニューロンを嗅球内で適切に配置するメカニズムを研究しており、Sema3E-PlexinD1による制御の可能性を見いだしている。本研究では、Sema3E-PlexinD1シグナルの新生ニューロンにおける役割を解明し、新生ニューロンの嗅球内配置機構を明らかにすることを目的とした。 新生ニューロンは分化・成熟過程でleading processから分岐したlateral processを形成する。Lateral processの役割を解析するため、スライス培養法および固定組織を用いて観察した結果、嗅球に到着した新生ニューロンがアクチンを豊富に含むlateral processを形成し、形態が複雑になるにつれて移動が遅くなることを明らかにした。また、二光子顕微鏡下で新生ニューロンの分化・成熟過程を観察するため、細胞移植およびエレクトロポレーションを用いた新生ニューロンの形態観察法を確立した。 Lateral process形成の分子メカニズムについて、Sema3Eの効果とアクチン重合の関係を調べるため、EGFP-UtrCHを新生ニューロンに導入し経時観察を行った。その結果、Sema3Eは新生ニューロンのアクチン重合を抑制することが示唆された。また、lateral process形成に重要な分子を新生ニューロンのFRETイメージングで探索し、アクチン制御因子Rac1を同定した。このRac1の活性化はSema3E添加で抑制されることを明らかにした。
  • 光操作技術を用いた新生ニューロンの移動形態制御メカニズムの解析
    堀科学芸術振興財団研究助成:
    Date (from‐to) : 2014 -2015 
    Author : 澤田 雅人
  • Sema3E-PlexinD1シグナルによる新生ニューロンの移動停止位置の制御機構
    第27回ノバルティス研究奨励金:
    Date (from‐to) : 2014 -2015 
    Author : 澤田 雅人
  • 移動する新生ニューロンの停止位置調節における嗅覚入力の役割
    武田科学振興財団研究助成:
    Date (from‐to) : 2015 
    Author : 澤田 雅人
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for JSPS Fellows
    Date (from‐to) : 2011 -2012 
    Author : 澤田 雅人
     
    個体の発生期において、神経系及び血管系の発生メカニズムは多くの点で共通である。一方、成体脳では神経系及び血管系が完成しているが、神経幹細胞から産生される新生ニューロンは血管と相互作用することが報告されており、成体脳における神経血管相互作用の重要性が示唆されている。我々は嗅球ニューロンのターンオーバーが血管近傍で生じることを見いだしたので、嗅球ニューロンのターンオーバーの場所を規定する血管性ニッチの分子基盤を解明することを本研究の目的とした。前年度に、嗅球ニューロンの移動がSema3E-PlexinD1シグナルで制御されることを示唆するデータを得たため、本年度はその分子メカニズムと血管との相互作用について解析した。 1.FACSで分取した細胞種で候補分子の発現をRT-PCR法で確認する。 FACSの代わりに、細胞種特異的な発現を明らかにすることができる免疫染色法で発現パターンを調べた結果、Sema3Eは表層の嗅球介在ニューロンの一部に発現することを明らかにした。 2.shRNAを用いて候補分子をノックダウンする。 PlexinD1のshRNAもしくはcDNAを発現するレンチウィルスを作製し、in vivoにおけるPlexinD1ノックダウン実験および過剰発現実験を行った結果、PlexinD1が新生ニューロンの移動を促進することを明らかにした。次に、Sema3Eが新生ニューロンに与える影響をin vitroで検討した結果、Sema3Eは新生ニューロンの移動形態を制御していることが分かった。この効果はPlexinD1のノックダウンでキャンセルされることも確認した。 3.In vivoイメージング法で候補分子欠損の影響を明らかにする。 二光子顕微鏡を用いてin vivoで新生ニューロンの形態を解析するために、Dcx-GFPマウスを用いた移植法を確立し、固定脳で二光子顕微鏡観察できることを確認した。また、新生ニューロンの定着および細胞死が血管近傍で生じていることを定量的に解析した。 以上より、Sema3E-PlexinD1による新生ニューロンの移動形態の制御が、新生ニューロンの血管近傍での定着の過程に関与する可能性がある。

Social Contribution

  • 大学丸ごと研究室体験
    Date (from-to) : 2014-Today
    Role : Organizing member
    Sponser, Organizer, Publisher  : 名古屋市立大学
  • 桜台高校研究室体験
    Date (from-to) : 2014
    Role : Organizing member
    Sponser, Organizer, Publisher  : 名古屋市立大学

Academic Contribution

  • 成体脳のニューロン新生懇談会 運営委員
    Date (from-to) :2022-Today
    Role: Planning etc
  • 名古屋大学 脳とこころの研究センター 東海地区連携拡大ワークショップ(名古屋市立大学 幹事)
    Date (from-to) :2022-Today
    Role: Planning etc
    Type: Academic society etc
  • 日本神経化学会 第3回若手KYOUEN 開催担当幹事
    Date (from-to) :2024/05/18
    Role: Planning etc
  • 第17回神経発生討論会・第20回成体脳のニューロン新生懇談会 合同大会事務局
    Date (from-to) :2024/03/08-2024/03/09
    Role: Planning etc

Other link

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.