Researchers Database

NAKAYAMA Noriyoshi

    Graduate School of Economics Department of Economics Professor
Last Updated :2021/10/07

Researcher Information

J-Global ID

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Economic policy

Education

  •        - 1995  Tokyo Metropolitan University  Graduate School of Social Sciences  経済政策専攻
  •        - 1990  Rikkyo University  College of Economics

Association Memberships

  • JAPAN ASSOCIATION OF LOCAL PUBLIC FINANCE   日本交通学会   日本地域学会   公益事業学会   日本経済政策学会   日本経済学会   

Published Papers

Books etc

MISC

Awards & Honors

  • 2004 公益事業学会奨励賞
     JPN

Research Grants & Projects

  • Estimating the price elasticity of water demand
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2020/04 -2023/03 
    Author : 中山 徳良
  • 地方公営企業における広域的事業統合効果の検証
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2017/04 -2020/03 
    Author : 浦上 拓也; 中山 徳良
     
    平成30年度は、地方公営企業である水道事業および下水道事業の長期パネルデータを構築する作業を完了し、計量経済学的手法による実証分析に着手しているところである。平成30年度は6月に一橋大学で開催された公益事業学会全国大会において成果発表を行い、5月には英国ラフバラー大学において日本の上下水道事業の政策の方向性について報告を行い、8月にはチェコ・プラハのAC-EMMにおいて研究成果の報告を行った。また9月には下水道ワークショップを近畿大学において実施し、国土交通省、各自治体の下水道担当者、民間企業の下水道関係者に多数集まっていただき、下水道事業における実証分析について活発な意見交換を行った。さらには11月に英国において海外研究協力者とともに、実証分析のモデル開発について共同作業を行い、今後の研究の方向性について打ち合わせを完了したところである。 平成31年2月には日本の下水道事業に関する英文ペーパーを作成し、現在近畿大学経営学部ワーキングペーパーとして出版を準備しているところである。また、2月初旬に研究分担者の名古屋市立大学中山徳良と共に、将来の水道事業の広域的統合の潜在的な経済性を計測した共同研究を2019年8月に開催されるヨーロッパ地域学会(ERSA)にて発表申請し、3月下旬において無事アクセプトされたところである。 以上、本研究の目的である、日本の地方公営企業の広域的な事業統合の効果の検証のうち、主に定量的な評価についての研究が順調に進められているところである。
  • 効率性に影響を与える要因を用いたわが国の水道事業者の新しい分類の開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2017/04 -2020/03 
    Author : 中山 徳良
  • 水道の料金規制へのヤードスティック競争導入の効果に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2013/04 -2016/03 
    Author : 中山 徳良
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2012/04 -2015/03 
    Author : URANISHI SHUJI; MIZUTANI Fumitoshi; NAKAYAMA Noriyoshi; TANAKA Tomoyasu
     
    In this study, we focus on the structural separation policy as a new regulatory policy alternative to traditional natural monopoly regulation for the network industry has been introduced in developed countries. From the results of empirical analysis for the railway and electricity in OECD countries, we obtained the following conclusions. 1) Certain conditions are required on the train density in the vertical separation of the railway will bring the cost reduction effect, 2) In OECD countries, the impact on economic growth due to the structural separation of the electricity is small. In addition, as issues related to introduction of competition, we conducted the following analysis of the postal service. 3) International comparison of postal operators by the governance structure and management strategy.
  • 公営地下鉄の経営の効率化と健全化-効率性と生産性によるアプローチ-
    日本学術振興会:科学研究費助成事業(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2009/04 -2012/03 
    Author : 中山 徳良


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.