研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

片岡 洋望カタオカ ヒロミ

所属部署医学研究科消化器・代謝内科学分野
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://ncu-shotai.ac/
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

学歴

  •  - 2000年03月, 名古屋市立大学大学院医学研究科
  •  - 1989年03月, 名古屋市立大学, 医学部, 医学科

学位

  • 名古屋市立大学大学院医学研究科/博士(医学)

所属学協会

  • 日本消化器病学会
  • 日本消化管学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化器癌発生学会
  • 日本潰瘍学会
  • 日本レーザー医学会
  • 日本カプセル内視鏡学会
  • 日本光線力学学会
  • 日本癌学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本癌治療学会
  • ESMO (European Society for Medical Oncology)
  • 米国臨床消化器病学会
  • 日本内科学会
  • 国際消化器発癌学会(ISGC)

委員歴

  • 愛知県生活習慣病対策協議会 胃がん・大腸がん検診精度管理委員会委員
  • 日本消化管学会総務委員
  • 日本レーザー医学会選奨委員
  • 日本カプセル内視鏡学会読影トレーニング委員

研究活動情報

研究キーワード

    消化器内視鏡, 化学療法, 大腸癌, 胃癌, 食道癌, 転写因子, 分子標的治療, 光線力学療法

論文

  • Maltotriose conjugation to a chlorin derivative enhances the antitumor effects of photodynamic therapy in peritoneal dissemination of pancreatic cancer., Kato A, Kataoka H, Yano S, Hayashi K, Hayashi N, Tanaka M, Naitoh I, Ban T, Miyabe K, Kondo H, Yoshida M, Fujita Y, Hori Y, Natsume M, Murakami T, Narumi A, Nomoto A, Naiki-Ito A, Takahashi S, Joh T., Mol Cancer Ther.,   2017年
  • A next-generation bifunctional photosensitizer with improved water-solubility for photodynamic therapy and diagnosis., Nishie H, Kataoka H, Yano S, Kikuchi JI, Hayashi N, Narumi A, Nomoto A, Kubota E, Joh T., Oncotarget, 8; 7(45), 74259 - 74268,   2016年
  • Immunogenic cell death due to a new photodynamic therapy (PDT) with glycoconjugated chlorin (G-chlorin)., Tanaka M, Kataoka H, Yano S, Sawada T, Akashi H, Inoue M, Suzuki S, Inagaki Y, Hayashi N, Nishie H, Shimura T, Mizoshita T, Mori Y, Kubota E, Tanida S, Takahashi S, Joh T., Oncotarget, 26;7(30), 47242 - 47251,   2016年
  • A phase II prospective study of the trastuzumab combined with 5-weekly S-1 and CDDP therapy for HER2-positive advanced gastric cancer. , Kataoka H, Mori Y, Shimura T, Nishie H, Natsume M, Mochizuki H, Hirata Y, Sobue S, Mizushima T, Sano H, Mizuno Y, Nakamura M, Hirano A, Tsuchida K, Adachi K, Seno K, Kitagawa M, Kawai T, Joh T. , Cancer Chemother Pharmacol, 77(5), 957 - 62,   2016年
  • A novel photodynamic therapy targeting cancer cells and tumor-associated macrophages., Hayashi N, Kataoka H, Yano S, Tanaka M, Moriwaki K, Akashi H, Suzuki S, Mori Y, Kubota E, Tanida S, Takahashi S, Joh T., Mol Cancer Ther., 14(2), 452 - 60,   2015年
  • Antitumor effects in gastrointestinal stromal tumors using photodynamic therapy with a novel glucose-conjugated chlorin., Tanaka M, Kataoka H, Yano S, Ohi H, Moriwaki K, Akashi H, Taguchi T, Hayashi N, Hamano S, Mori Y, Kubota E, Tanida S, Joh T, Mol Cancer Ther., /13(4), 767 - 75,   2014年
  • Telmisartan Inhibits Cell Proliferation by Blocking Nuclear Translocation of ProHB-EGF C-Terminal Fragment in Colon Cancer Cells., Ozeki K, Tanida S, Morimoto C, Inoue Y, Mizoshita T, Tsukamoto H, ShimuraT, KataokaH, Kamiya T, Nishiwaki E, Ishiguro H, Higashiyama S, Joh T., PLoS One, /8 (2),   2013年
  • Aberrant DNA methylation associated with aggressiveness of gastrointestinal stromal tumour., Okamoto Y, SawakiA, Ito S, Nishida T, Takahashi T, Toyota M, Suzuki H, Shinomura Y, Takeuchi I, Shinjo K, An B, Ito H, Yamao K, FujiiM, Murakami H, Osada H, Kataoka H, Joh T, Sekido Y, Kondo Y., Gut, /61(3), 392 - 401,   2011年
  • Role of ES cell-expressed Ras, ERas in tumorigenicity of gastric cancer., Kubota E, Kataoka H, Aoyama M, Mizoshita T, Mori Y, Shimura T, Tanaka M, Sasaki M, Takahashi S, Asai K, Joh T., Am J Pathol.,, /177(2),, 955 - 63,   2010年
  • ING2 as a novel mediator of TGF-beta -dependent responses in epithelial cells., Sarker KP*, Kataoka H*, Chan A*, (*These authors contributed equally to this work) Netherton SJ, Pot I, Huynh MA, Feng X, Bonni A, Riabowol K, Bonni S., J Biol Chem., /283(19),, 13269 - 79,   2008年
  • Suppression of proHB-EGF carboxy-terminal fragment nuclear translocation: a new molecular target therapy for gastric cancer., Shimura T, Kataoka H, Ogasawara N, Kubota E, Sasaki M, Tanida S, Joh T., Clin Cancer Res., /14(12),, 3956 - 65,   2008年
  • Subcellular localization of ATBF1 regulates MUC5AC transcription in gastric cancer., Mori Y, Kataoka H, Miura Y, Kawaguchi M, Kubota E, Ogasawara N, Oshima T, Tanida S, Sasaki M, Ohara H, Mizoshita T, Tatematsu M, Asai K, Joh T., Int J Cancer, /15 121(2), 241 - 7,   2007年
  • The mechanism of cleavage of EGFR ligands induced by inflammatory cytokines in gastric cancer cells., Tanida S, Joh T, Itoh K, Kataoka H, Sasaki M, Ohara H,Nakazawa T, Nomura T, Kinugasa Y, Ohmoto H, Ishiguro H, Yoshino K, Higashiyama S, Itoh M., Gastroenterology, /127,, 559 - 569,   2004年
  • ING1 Represses Transcription by Direct DNA Binding and through Effects on p53., Kataoka H, Bonnefin P, Vieyra D, Feng X, Hara Y, Miura Y, Joh T, Nakabayashi H, Vaziri H, Harris CC, Riabowol K., Cancer Research, /63,, 5785 - 5792,   2003年
  • Alpha-fetoprotein producing gastric cancer lacks transcription factor ATBF1., Kataoka H, Miura Y, Joh T, Seno K, Tada T, Tamaoki T, Nakabayashi H, Kawaguchi M, Asai K, Kato T, Itoh M., Oncogene, /20,, 869 - 873,   2001年

特許

  • グリコシル化クロリンe6誘導体,または,その薬学的に許容される塩,医薬組成物標的を破壊する方法,および,グリコシル化クロリンe6誘導体,またはその薬学的に許容される塩の製造方法, 矢野重信,片岡洋望,西江裕忠,城 卓志,福本圭介,仲野靖浩, 特願PCT/JP2017/43144
  • 光線力学療法のための新規糖連結光感受性物質, 片岡洋望,林 則之,城 卓志,矢野重信, 特願2013-161518, 特開2015-030703, 特許6177044

受賞

  •   2015年, 消化器とフリーラジカル研究会, Best Panelist賞
  •   2011年, 平成23年度 日本消化器内視鏡学会学会賞
  •   2002年, Alberta Cancer Board Award, Canada.
  •   2001年, 名古屋市立大学医学会賞

競争的資金

  • 癌細胞超選択的光線力学診断法・治療法の開発, 日本医療研究開発機構, 産学連携医療イノベーション創出プロジェクト,   2018年10月 - 2020年03月, 片岡 洋望
  • 糖鎖結合光感受性物質による癌細胞超選択的光線力療法の開発, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤C),   2017年04月 - 2020年03月, 片岡洋望
  • 臨床応用のための新規光感受性糖鎖連結クロリンを用いた癌細胞超選択的次世代光線力学療法の開発, 日本医療研究開発機構, 日本医療研究開発機構革新的医療技術創出拠点プロジェクト,   2015年04月 - 2017年03月, 片岡 洋望
  • 癌間質の腫瘍会合性マクロファージを標的とした糖連結光機能分子による光治療法の開発, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤C),   2014年04月 - 2017年03月, 片岡洋望
  • 大腸癌に対する PARP 阻害剤による抗癌剤 増感の関連遺伝子の 解明と治療への応用,   2017年04月 - 2020年03月, 田中 守
  • DNA修復機構を標的とした新規消化器癌治療の開発,   2016年04月 - 2019年03月, 久保田英嗣
  • 消化管腫瘍に対する腫瘍溶解性レオウイルスによる新規内視鏡的治療法の開発, 森 義徳
  • ヘテロ原子の廃位特性を利用した抗癌性糖連結キノリノール白金・パラジウム錯体の合成, 野元昭宏
  • 癌診断と治療の両機能を有する先端医療用バイファンクショナル糖連結光機能分子の創出, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤B),   2013年04月 - 2016年03月, 矢野重信
  • 胃癌,GISTに対する糖鎖連結クロリンを用いた新規光線力学的治療法の開発, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤C),   2011年04月 - 2014年03月, 片岡 洋望 名古屋市立大学・医学(系)研究科(研究院)・准教授 (40381785)
  • 胃癌の悪性度における転写因子型癌抑制因子ATBF1の核・細胞質移行の意義, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤C),   2008年04月 - 2011年03月, 片岡 洋望(KATAOKA, Hiromi) 名古屋市立大学・大学院・医学研究科・准教授 (40381785)
  • 胃癌におけるES細胞特異的Ras,ERasの機能解析および新規抗癌剤治療への応用, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤C),   2005年04月 - 2007年03月, 片岡 洋望(KATAOKA, Hiromi) 名古屋市立大学・大学院医学研究科・助手 (40381785)
  • 腫瘍溶解性ウイルスによる新規消化管癌治療法の開発, 名古屋市立大学, 森 義徳 名古屋市立大学・医学(系)研究科(研究院)・その他 (80468248)
  • ES細胞特異的Ras、ERasを標的とした新規胃癌治療の基礎的解析, 名古屋市立大学, 久保田 英嗣 名古屋市立大学・医学(系)研究科(研究院)・研究員 (30405188)
  • 消化器癌におけるEGF様増殖因子の放出に連動した核内転写抑制の解除機構, 名古屋市立大学, 城 卓志 名古屋市立大学・医学(系)研究科(研究院)・教授 (30231369)
  • 上皮増殖因子前駆体細胞内ドメインをターゲットとした新規薬剤開発, 名古屋市立大学, 谷田 諭史 名古屋市立大学・医学(系)研究科(研究院)・助教 (30528782)
  • 胃癌の新規診断,化学療法を目指したES細胞特異的Ras,Erasの機能解析, 名古屋市立大学, 久保田 英嗣 名古屋市立大学・大学院・医学研究科・臨床研究医 (30405188)
  • 胃癌の胃型腸型形質,抗癌剤感受性におけるATBF1の核・細胞質移行の意義, 名古屋市立大学, 城 卓志(JOH, Takashi) 名古屋市立大学・大学院・医学研究科・教授 (30231369)
  • 消化器癌におけるATM発現とPARP阻害剤感受性の検討, 名古屋市立大学, 久保田英嗣

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 愛知県生活習慣病対策協議がん対策部会 胃がん検診精度管理委員会委員として検討会参加, 行政,   2012年04月01日 - 現在, 愛知県生活習慣病対策協議がん対策部会 胃がん検診精度管理委員会委員として検討会参加
  • 日本カプセル内視鏡学会読影トレーニング委員, 一般社団法人日本カプセル内視鏡学会, 日本カプセル内視鏡学会読影トレーニング活動


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.