研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

加藤 大香士カトウ タカシ

所属部署芸術工学研究科産業イノベーションデザイン領域
職名准教授
メールアドレスkatosda.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURLhttp://www.nagoya-cu.ac.jp/sda/1128.htm
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:90362285

学歴

  •  - 2007年, 名古屋大学, 工学部, 電子機械工学科

学位

  • 博士(工学), 名古屋大学

所属学協会

  • 日本コンピュータ外科学会
  • 日本生体医工学会
  • 日本デザイン学会
  • 日本ロボット学会
  • 日本設計工学会

委員歴

  • 第12回日本コンピュータ外科学会大会実行委員(2003)
  • 日本生体医工学会専門別研究会「未来MEデザイン研究会」委員
  • 生命生活支援医療福祉工学系学会連合大会2012(LIFE2012)実行委員
  •   2016年11月 - 2019年11月, 日本コンピュータ外科学会, 評議員
  • 日本生体医工学会 ME技術教育委員(2010年?現在)
  •   2018年06月 - 2019年06月, 日本デザイン学会, 理事

経歴

  • 名古屋大学大学院工学研究科マイクロシステム工学専攻助手(平成15年-平成19年)
  • 名古屋大学大学院工学研究科マイクロシステム工学専攻助教(平成19年-平成24年)
  • 名古屋市立大学大学院芸術工学研究科准教授(平成24年9月-現在)

研究活動情報

研究分野

  • 人間医工学, 医用システム
  • 人間医工学, 生体医工学・生体材料学
  • 機械工学, 知能機械学・機械システム

研究キーワード

    メディカルデザイン, 制御

論文

  • 操作自由度を超える自由度を持つ手術ロボットの制御手法, 馬場祐太朗、加藤大香士、内藤久資、社本英二、林衆治, 平成30年度SICE関西支部研究発表会予稿集(発表予定),   2019年01月
  • Palpation Device for Preventive Healthcare, 加藤 大香士, Proc. of IASDR2015 interplay, 2684 - 2692,   2015年11月, 査読有り
  • 眼内網膜手術用ファイバースコープ付きマイクロ能動鉗子の開発, 生田幸士,加藤大香士, 日本ロボット学会誌, 17, (8) 82 - 88,   1999年, 査読有り
  • Development of Micro-Active Forceps for Future Microsurgery, K. Ikuta, T. Kato, S. Nagata, Minimally Invasive Therapy and Allied Technology (MITAT), 10, (4-5) 209 - 213,   2001年, 査読有り
  • サージェリレコーディングシステムの提案と試作, 生田幸士,加藤大香士,吉山博章, 日本コンピュータ外科学会誌, 4, (2) 67 - 74,   2002年, 査読有り
  • 低侵襲手術用サージェリレコーダの開発と動物実験による機能検証, 生田幸士,加藤大香士,大栄広樹,篠原一彦, 生体医工学, 45, (1) 78 - 83,   2007年, 査読有り
  • ハイブリッド光造形法による能動マイクロ手術ツールの開発(第1報,ハイブリッド光造形試験片の作製と引抜き試験), 加藤大香士,生田幸士, 日本設計工学会, 45, (1) 46 - 51,   2010年, 査読有り
  • パイこね変換に基づく量産対応・高速ミキサの開発, 尾本悠輔,加藤大香士,鈴木教和,安井隆雄,大里恵子,加地範匡,渡慶次学,馬場嘉信,酒井康彦,社本英二, 機械学会論文集B1編, 78, (788) 762 - 768,   2012年, 査読有り
  • A Novel tool path/posture optimization concept to avoid chatter vibration in machining - Proposed concept and its verification in turning, Eiji Shamoto, Shunsuke Fujimaki, Burak Sencer, Norikazu, Suzuki, Takashi Kato, and Rei Hino, CIRP Annals - Manufacturing Technology, 61, (1) 331 - 334,   2012年, 査読有り
  • Identification of Transfer Function by Inverse Analysis of Self-Excited Chatter Vibration in Milling Operations, Norikazu Suzuki, Yusuke Kurata, Takashi Kato, Rei Hino, and Eiji Shamoto, Journal of the International Societies for Precision Engineering and Nanotechnology, 36, (4) 568 - 575,   2012年, 査読有り
  • Influence of material composition on ductile machining of tungsten carbide in elliptical vibration cutting, J. Zhang, N. Suzuki, T. Kato, R. Hino, and E. Shamoto, Key Engineering Materials XIV, 523-524, 113 - 118,   2012年, Print ISBN: 0-7803-2985-6
  • Micro Active Forceps with Optical Fiber Scope for Intra-Ocular Microsurgery, K. Ikuta, T. Kato, S. Nagata, Proc. of IEEE International Workshop on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS '96), 456 - 461,   1996年, 査読有り, Print ISBN: 0-7803-3596-1
  • Development and Experimental Verification of Micro Active Forceps for Microsurgery, K. Ikuta, T. Kato, S. Nagata, Proc. of the Seventh International Symposium on Micro Machine and Human Science (MHS '96), 229 - 234,   1996年, 査読有り
  • Development of Micro Active Forceps with Built-in Fiber Scope for Intra-Ocular Microsurgery, K. Ikuta, T. Kato, S. Nagata, Proc. of Eleventh International Symposium and Exhibition on Computer Assisted Radiology and Surgery (CAR '97), ICS 1134, 914 - 919,   1997年, 査読有り, Print ISBN: 978-3-540-65136-9Online ISBN: 978-3-540-49563-5
  • Optimum Designed Micro Active Forceps with Built-in Fiberscope for Retinal Microsurgery, K. Ikuta, T. Kato, S. Nagata, Lecture Notes in Computer Science (Proc. First International Conference on Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention (MICCAI '98)), LNCS 1496, 411 - 420,   1998年, 査読有り
  • The Surgery Recorder System for Minimally Invavsive Surgery ?Concept, Prototype and Experimental Evaluation In-Vivo, K. Ikuta, T. Kato, Proc. 6th Asian-Pacific Conference on Medical and Biological Engineering (APCMBE2005), (Proceeding CD-ROM) PA - 2-19 (4 pages),   2005年, 査読有り
  • Development of the Surgery Recorder System, K. Ikuta, T. Kato, Proc. 2005 ASME International Mechanical Engineering Congress and Exposition (IMECE2005), (Proceeding CD-ROM) IMECE2005 - 22832 (4 pages),   2005年, 査読有り
  • Development of Surgery Recorder System for Minimally Invasive Surgery, K. Ikuta, T. Kato, S. Ando, H. Ooe, Proc. World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006 (WC2006), IFMBE Proceedings, Vol.14, 2955 - 2958,   2006年, 査読有り
  • Surgery Recorder System for Recording Position/Force of Forceps during Laparoscopic Surgery, K. Ikuta, T. Kato, H. Ooe, and S. Ando, Proc. The 13th International Conference on Advanced Robotics (ICAR2007), 94 - 99,   2007年, 査読有り
  • “Surgery Recorder System” for Recording Position and Force of Forceps during Laparoscopic Surgery, K. Ikuta, T. Kato, H. Ooe, and S. Ando, Proc. of 2007 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM2007), IEEE07TH8961D, (Proceeding CD-ROM) ,   2007年, 査読有り
  • Surgery Recorder System Aquiring Position/force Information of Surgical Forceps, K. Ikuta, T. Kato, and H. Ooe, Proc. of World Automation Congress (WAC 2008), Congress CD-ROM, (Proceeding CD-ROM) ISIAC - 349 (6 pages),   2008年, 査読有り
  • Pullout Test of Hybrid Miniature Test Bars for the Development of Microsurgical Tools Utilizing Hybrid Stereolithography, T. Kato and K. Ikuta, Proc. of the 6th International Conference on Micro Manufacturing (ICOMM 2011), (Proceeding CD-ROM) ,   2011年, 査読有り
  • Development of novel anisotropic boring tool for chatter suppression, N. Suzuki, K. Nishimura, R. Watanabe, T. Kato, and E. Shamoto, Proc. of The 5th CIRP Conference on High Performance Cutting 2012, Procedia CIRP 1, pp 56 - 59,   2012年, 査読有り
  • Modeling and analysis of chatter stability in double-sided milling of flexible plates utilizing speed difference method, E. Shamoto, T. Mori, B. Sencer, T. Kato, N. Suzuki, and R. Hino, Proc. of The 1st International Conference on Virtual Machining Process Technology, (Proceeding CD-ROM) 10 pages (CD - ROM),   2012年, 査読有り

書籍等出版物

  • Micro-Nano Mechatronics - New Trends in Material, Measurement, Control, Manufacturing and Their Applications in Biomecical Engineering, InTech,   2013年, ISBN:978-953-51-1104-7, 分担執筆 (Part Writing)

講演・口頭発表等

  • 進行波を利用した非接触流体軸受に関する研究?モジュール式の進行波圧電アクチュエータ及び精密スライダの開発?, 2012年度精密工学会春季大会,   2012年
  • Pullout Test of Hybrid Miniature Test Bars for the Development of Microsurgical Tools Utilizing Hybrid Stereolithography, 6th International Conference on Micro Manufacturing (ICOMM 2011),   2011年
  • SPAS用手術ツール導入のための多自由度ガイドチューブの開発, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,   2011年
  • 次世代統合医療のための上腹部柔軟度計測システムの開発, 生体医工学シンポジウム2011,   2011年
  • 腹腔鏡手術用体内組立式多自由度ツールの開発, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010,   2010年
  • Development of the Internally Reconstructable Tool for Laparoscopic Surgery, 第49回日本生体医工学会大会,   2010年
  • Pullout Test of Hybrid Stereolithographic Bars for Development of Microsurgical Tool by Rapid Manufacturing, 第49回日本生体医工学会大会,   2010年
  • 体内組立式腹腔内手術システムの開発, 第28回日本ロボット学会学術講演会,   2010年
  • ハイブリッド光造形によるマイクロ手術ツールの開発 ?ハイブリッド光造形片の引抜き試験と最適設計の検討?, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’09,   2009年
  • 生体適合化処理後の光造形物の機械的強度および形状変化の評価, 第18回日本コンピュータ外科学会大会,   2009年
  • 腹腔鏡下手術用体内組立式ガイドツールの開発, 第18回日本コンピュータ外科学会大会,   2009年
  • 次世代マイクロ手術ツール開発をめざしたハイブリッド光造形片の引抜き試験, 第18回日本コンピュータ外科学会大会,   2009年
  • Surgery Recorder System Aquiring Position/force Information of Surgical Forceps, World Automation Congress (WAC 2008),   2008年
  • Surgery Recorder System for Recording Position/Force of Forceps during Laparoscopic Surgery, The 13th International Conference on Advanced Robotics (ICAR2007),   2007年
  • “Surgery Recorder System” for Recording Position and Force of Forcepsduring Laparoscopic Surgery, 2007 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM2007),   2007年
  • 腹腔鏡下手術用サージェリレコーダの開発と動物実験による機能検証, 日本機械学会創立110周年記念2007年度年次大会,   2007年
  • Development of Surgery Recorder System for Minimally Invasive Surgery, World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006 (WC2006),   2006年
  • 低侵襲手術用サージェリレコーダの開発と動物実験による機能検証, 日本生体医工学会生体医工学シンポジウム2006,   2006年
  • The Surgery Recorder System for Minimally Invavsive Surgery ?Concept, Prototype and Experimental Evaluation In-Vivo, 6th Asian-Pacific Conference on Medical and Biological Engineering (APCMBE2005),   2005年
  • Development of the Surgery Recorder System, 2005 ASME International Mechanical Engineering Congress and Exposition (IMECE2005),   2005年
  • Surgery Recorder for Minimally Invasive Surgery, International Converence on Bio-Nano-Information (BNI),   2005年
  • 低侵襲手術用サージェリレコーダの提案と開発, 第17回バイオエンジニアリング講演会,   2005年
  • サージェリレコーダの研究(第2報)手術手技データ収集鉗子の最適化と模擬手術実験, 第44回日本生体医工学会大会,   2005年
  • サージェリレコーダ用手術手技データ収集鉗子の最適化, ロボティクス・メカトロニクス講演会’05,   2005年
  • サージェリレコーダの研究(第1報)基本コンセプトと腹腔鏡下手術への適用, 第43回日本エム・イー学会大会,   2004年
  • サージェリレコーダの開発と腹腔内手術事故への適用, ロボティクス・メカトロニクス講演会’04,   2004年
  • サージェリレコーダの研究(第2報)動物実験による臨床データ収集と解析, 第22回日本ロボット学会学術講演会,   2004年
  • サージェリレコーディングシステムの提案と試作, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2003,   2003年
  • サージェリレコーダの研究(第1報)コンセプトと腹腔内手術への応用, 第21回日本ロボット学会学術講演会,   2003年
  • サージェリレコーダの研究(第1報)コンセプトと腹腔内手術への適用, 第12回日本コンピュータ外科学会大会,   2003年
  • Optimum Designed Micro Active Forceps with Built-in Fiberscope for Retinal Microsurgery, First International Conference on Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention (MICCAI '98),   1998年
  • Development of Micro Active Forceps with Built-in Fiber Scope for Intra-Ocular Microsurgery, Eleventh International Symposium and Exhibition on Computer Assisted Radiology and Surgery (CAR '97),   1997年
  • 眼底網膜手術用マイクロ能動鉗子の開発と動物実験, 第36回日本ME学会大会,   1997年
  • Micro Active Forceps with Optical Fiber Scope for Intra-Ocular Microsurgery, IEEE International Workshop on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS '96),   1996年
  • Development and Experimental Verification of Micro Active Forceps for Microsurgery, Seventh International Symposium on Micro Machine and Human Science (MHS '96),   1996年
  • 眼球内手術用ファイバスコープ付マイクロ能動鉗子の開発, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 '96,   1996年
  • 眼底網膜手術用マイクロ能動鉗子の開発, 第5回日本コンピュータ外科学会大会,   1996年
  • 眼内マイクロサージェリシステムの研究(第2報 側方モニタ用マイクロファイバスコープの導入と動物実験), 第14回日本ロボット学会学術講演会,   1996年
  • 眼内マイクロサージェリシステムの研究(第1報 現状の問題点と眼内手術用能動マイクロ鉗子の試作), 第13回日本ロボット学会学術講演会,   1995年

特許

  • 手術用器具制御装置および手術用器具制御方法, 加藤大香士、馬場祐太郎、社本英二、林衆治, 特願2018-008700

受賞

  •   2012年, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門賞ベストプレゼンテーション賞
  •   2006年, 日本生体医工学会生体医工学シンポジウムベストリサーチアワード
  •   1997年, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門賞ベストポスター賞
  •   1997年, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門賞ROBOMEC賞

競争的資金

  • 上腹部柔軟度を主要指標とする次世代ヘルスケアシステムのデザイン開発,   2016年04月 - 2019年03月, 加藤 大香士
  • 低侵襲手術用新方式バーチャル訓練システムの開発, 名古屋大学, 加藤大香士
  • 低侵襲手術の記録システムと新方式バーチャル手術訓練システムの開発, 名古屋大学, 加藤大香士
  • 低侵襲手術の記録システムと定量解析・提示手法の開発, 名古屋大学, 加藤大香士
  • 低侵襲手術デバイス装着型位置・力センサと手術データ解析システムの開発, 名古屋大学/名古屋市立大学, 加藤大香士, 内視鏡下手術をデジタル記録する「サージェリレコーダ」の開発を推進する.従来,視覚を内視鏡像のみに依存し,手術自由度が大きく制限された腹腔鏡下手術においては,客観的な手術解析が難しく,手術ミスの見落としや思い込みによる誤判断から生じる重篤な合併症などを効果的に検証,回避するための手法が存在しなかった.そこで手術事故の客観的な原因究明を目的とし,基礎システムの構築と,動物実験による有用性の検証を行った.本研究ではさらに,臨床との整合性を高めたハードウェア開発と,解析・提示システムの研究開発を目的とする.具体的には,手術鉗子に装着する位置・力センサの抜本的な小型スマート化のための基盤研究開発と実証実験,蓄積した手術データのシームレスな自動データ抽出・提示システムの提案開発を行う.低侵襲手術の透明化と情報共有の促進のみならず,未来の外科手術教育,熟練手技の伝承技術への拡張性についても研究する.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.