研究者データベース

田中 正彦 (タナカ マサヒコ)

  • 薬学研究科生体超分子システム解析学分野 准教授
Last Updated :2020/08/07

研究者情報

学位

  • 博士(薬学)(東京大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 60267953

ORCID ID

J-Global ID

研究キーワード

  • 器官培養   神経回路形成   プルキンエ細胞   腸管神経系   切片培養   グリア細胞   イメージング   情報伝達システム   

研究分野

  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学
  • ライフサイエンス / 実験病理学
  • ライフサイエンス / 薬系分析、物理化学
  • ライフサイエンス / 神経科学一般
  • ライフサイエンス / 神経形態学

経歴

  • 2007年 - 現在  名古屋市立大学大学院薬学研究科 生体超分子システム解析学分野准教授
  • 1998年 - 2006年  藤田保健衛生大学総合医科学研究所 応用細胞学研究部門講師
  • 2006年  名古屋市立大学大学院薬学研究科 生体超分子システム解析学分野助教授
  • 1994年 - 1998年  藤田保健衛生大学総合医科学研究所 応用細胞学研究部門助手

学歴

  • 1989年 - 1994年   東京大学大学院   薬学系研究科   製薬化学専攻 薬品製造工学・神経生物物理学教室
  • 1985年 - 1989年   東京大学   薬学部   製薬化学科 薬品製造工学教室

所属学協会

  • 日本分子生物学会   日本薬学会   日本生物物理学会   Society for Neuroscience   日本神経化学会   日本神経科学学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • Single-cell electroporation of siRNA in primary neuronal cultures
    Springer, New York 2012年 
    In: Controlled Genetic Manipulations (Morozov ed.), Neuromethods, Volume 65, pp. 129-139
  • Role of a chondroitin sulfate proteoglycan PTPz in dendrite development of cerebellar Purkinje cells
    Research Signpost, Kerala, India 2007年 
    In: Neural Proteoglycans (Maeda ed.), pp. 153-166

受賞

  • 2001年10月 日本神経化学会 最優秀奨励賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 消化器官のグリア細胞・星細胞におけるカルシニューリンと細胞間相互作用の役割
    日本学術振興会:科研費(基盤C)
    研究期間 : 2019年 -2021年 
    代表者 : 田中正彦
  • 小腸の機能制御と恒常性維持における腸管グリア細胞とカルシニューリンの役割
    日本学術振興会:科研費(基盤C)
    研究期間 : 2016年 -2018年 
    代表者 : 田中正彦
  • 小脳プルキンエ細胞におけるリアノジン受容体を介した樹状突起形成制御機構の解明
    日本学術振興会:科研費(基盤C)
    研究期間 : 2013年 -2015年 
    代表者 : 田中正彦
  • 小脳プルキンエ細胞が複雑かつ秩序立った形態の樹状突起を形成する分子機構の解析
    日本学術振興会:科研費(基盤C)
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 田中正彦
  • 神経幹細胞の最終細胞分裂に及ぼす細胞内外因子の効果
    日本学術振興会:科研費(基盤B)
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 丸野内棣
  • PTPz及びバーグマン・グリア細胞によるプルキンエ細胞樹状突起の形態形成制御機構
    日本学術振興会:科研費(若手B)
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 田中正彦
  • 切片培養系を用いた小脳形成における生細胞動的観察系の開発と応用
    日本学術振興会:科研費(奨励A)
    研究期間 : 1999年 -2000年 
    代表者 : 田中正彦
  • 脊椎動物の神経発生におけるNotch2の機能解析
    日本学術振興会:科研費(基盤C)
    研究期間 : 1998年 -1999年 
    代表者 : 角川裕造
  • 小脳顆粒細胞のアポトーシスにおけるICEファミリープロテアーゼの関与と活性化機構
    日本学術振興会:科研費(奨励A)
    研究期間 : 1997年 -1998年 
    代表者 : 田中正彦
  • ラット小脳における発生段階特異的な神経細胞死の機構
    日本学術振興会:科研費(奨励A)
    研究期間 : 1996年 -1996年 
    代表者 : 田中正彦

委員歴

  • 2003年10月 - 現在   日本神経化学会   評議員

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.