研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

川北 大介カワキタ ダイスケ

所属部署医学研究科耳鼻咽喉・頭頸部外科学分野
職名講師
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

学位

  • 医学博士, 名古屋市立大学

所属学協会

  • 日本疫学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 耳鼻咽喉科臨床学会
  • 日本頭頸部外科学会
  • 日本頭頸部癌学会
  • 日本耳鼻咽喉科学会

委員歴

  •   2018年09月 - 現在, 日本頭頸部癌学会, 代議員
  •   2018年09月 - 現在, 日本頭頸部癌学会, 教育委員会委員
  •   2018年09月 - 現在, 日本頭頸部癌学会, 頭頸部がん登録委員会委員

経歴

  •   2018年04月 - 現在, 名古屋市立大学大学院, 耳鼻咽喉・頭頸部外科, 講師
  •   2017年04月 - 2018年03月, 名古屋市立大学大学院, 耳鼻咽喉・頭頸部外科, 助教
  •   2016年07月 - 2017年03月, ユタ大学, ハンツマン癌研究所, 訪問研究員
  •   2016年04月 - 2016年06月, ミラノ大学, 医療統計学分野, 訪問研究員
  •   2013年04月 - 2016年03月, 名古屋市立大学大学院, 耳鼻咽喉・頭頸部外科, 助教
  •   2012年04月 - 2013年03月, 名古屋市立大学大学院, 耳鼻咽喉・頭頸部外科, 臨床研究医
  •   2010年04月 - 2012年03月, 愛知県がんセンター研究所, 疫学・予防部, リサーチレジデント
  •   2009年04月 - 2012年03月, 名古屋市立大学大学院医学研究科, 耳鼻咽喉・頭頸部外科, 大学院生
  •   2008年04月 - 2010年03月, 愛知県がんセンター中央病院, 頭頸部外科, レジデント
  •   2003年04月 - 2008年03月, 豊橋市民病院, 耳鼻咽喉科, 医師

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 耳鼻咽喉科学, 頭頸部外科

研究キーワード

    腺様嚢胞癌, 唾液腺導管癌, 唾液腺癌, がん疫学, 頭頸部癌

論文

  • Regulatory T cells expressing abundant CTLA-4 on the cell surface with a proliferative gene profile are key features of human head and neck cancer., Matoba T, Imai M, Ohkura N, Kawakita D, Ijichi K, Toyama T, Morita A, Murakami S, Sakaguchi S, Yamazaki S, International journal of cancer,   2018年11月, 査読有り
  • A prospective phase II study of combined androgen blockade in patients with androgen receptor-positive metastatic or locally advanced unresectable salivary gland carcinoma., Fushimi C, Tada Y, Takahashi H, Nagao T, Ojiri H, Masubuchi T, Matsuki T, Miura K, Kawakita D, Hirai H, Hoshino E, Kamata S, Saotome T, Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology, 29, (4) 979 - 984,   2018年04月, 査読有り
  • Phase II Trial of Trastuzumab and Docetaxel in Patients With Human Epidermal Growth Factor Receptor 2-Positive Salivary Duct Carcinoma., Takahashi H, Tada Y, Saotome T, Akazawa K, Ojiri H, Fushimi C, Masubuchi T, Matsuki T, Tani K, Osamura RY, Hirai H, Yamada S, Kawakita D, Miura K, Kamata SE, Nagao T, Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology,   2018年11月, 査読有り
  • The high expression of FOXA1 is correlated with a favourable prognosis in salivary duct carcinomas: a study of 142 cases., Urano M, Hirai H, Tada Y, Kawakita D, Shimura T, Tsukahara K, Kano S, Ozawa H, Okami K, Sato Y, Fushimi C, Shimizu A, Takase S, Okada T, Sato H, Imanishi Y, Otsuka K, Watanabe Y, Sakai A, Ebisumoto K, Togashi T, Ueki Y, Ota H, Sato Y, Saigusa N, Nakaguro M, Hanazawa T, Nagao T, Histopathology, 73, (6) 943 - 952,   2018年07月, 査読有り
  • Processed meat and risk of selected digestive tract and laryngeal cancers., Rosato V, Kawakita D, Negri E, Serraino D, Garavello W, Montella M, Decarli A, La Vecchia C, Ferraroni M, European journal of clinical nutrition,   2018年04月, 査読有り
  • Mutation analysis of the EGFR pathway genes, EGFR, RAS, PIK3CA, BRAF, and AKT1, in salivary gland adenoid cystic carcinoma., Saida K, Murase T, Ito M, Fujii K, Takino H, Masaki A, Kawakita D, Ijichi K, Tada Y, Kusafuka K, Iida Y, Onitsuka T, Yatabe Y, Hanai N, Hasegawa Y, Shinomiya H, Nibu KI, Shimozato K, Inagaki H, Oncotarget, 9, (24) 17043 - 17055,   2018年03月, 査読有り
  • Heterogeneous impact of smoking on major salivary gland cancer according to histopathological subtype: A case-control study., Sawabe M, Ito H, Takahara T, Oze I, Kawakita D, Yatabe Y, Hasegawa Y, Murakami S, Matsuo K, Cancer, 124, (1) 118 - 124,   2018年01月, 査読有り
  • The impact of folate intake on the risk of head and neck cancer in the prostate, lung, colorectal, and ovarian cancer screening trial (PLCO) cohort., Kawakita D, Lee YA, Gren LH, Buys SS, La Vecchia C, Hashibe M, British journal of cancer, 118, (2) 299 - 306,   2018年01月, 査読有り
  • Prognostic and histogenetic roles of gene alteration and the expression of key potentially actionable targets in salivary duct carcinomas., Shimura T, Tada Y, Hirai H, Kawakita D, Kano S, Tsukahara K, Shimizu A, Takase S, Imanishi Y, Ozawa H, Okami K, Sato Y, Sato Y, Fushimi C, Takahashi H, Okada T, Sato H, Otsuka K, Watanabe Y, Sakai A, Ebisumoto K, Togashi T, Ueki Y, Ota H, Ando M, Kohsaka S, Hanazawa T, Chazono H, Kadokura Y, Kobayashi H, Nagao T, Oncotarget, 9, (2) 1852 - 1867,   2018年01月, 査読有り
  • Impact of oral hygiene on head and neck cancer risk in a Chinese population., Kawakita D, Lee YA, Li Q, Chen Y, Chen CJ, Hsu WL, Lou PJ, Zhu C, Pan J, Shen H, Ma H, Cai L, He B, Wang Y, Zhou X, Ji Q, Zhou B, Wu W, Ma J, Boffetta P, Zhang ZF, Dai M, Hashibe M, Head & neck, 39, (12) 2549 - 2557,   2017年12月, 査読有り
  • Dietary fiber intake and head and neck cancer risk: A pooled analysis in the International Head and Neck Cancer Epidemiology consortium., Kawakita D, Lee YA, Turati F, Parpinel M, Decarli A, Serraino D, Matsuo K, Olshan AF, Zevallos JP, Winn DM, Moysich K, Zhang ZF, Morgenstern H, Levi F, Kelsey K, McClean M, Bosetti C, Garavello W, Schantz S, Yu GP, Boffetta P, Chuang SC, Hashibe M, Ferraroni M, La Vecchia C, Edefonti V, International journal of cancer, 141, (9) 1811 - 1821,   2017年11月, 査読有り
  • Chemo-selection with docetaxel, cisplatin and 5-fluorouracil (TPF) regimen followed by radiation therapy or surgery for pharyngeal and laryngeal carcinoma., Matoba T, Ijichi K, Yanagi T, Kabaya K, Kawakita D, Beppu S, Torii J, Murakami S, Japanese journal of clinical oncology, 47, (11) 1031 - 1037,   2017年11月, 査読有り
  • Alcohol and head and neck cancer., Kawakita D, Matsuo K, Cancer metastasis reviews, 36, (3) 425 - 434,   2017年09月, 査読有り
  • Biomarker immunoprofile in salivary duct carcinomas: clinicopathological and prognostic implications with evaluation of the revised classification., Takase S, Kano S, Tada Y, Kawakita D, Shimura T, Hirai H, Tsukahara K, Shimizu A, Imanishi Y, Ozawa H, Okami K, Sato Y, Sato Y, Fushimi C, Okada T, Sato H, Otsuka K, Watanabe Y, Sakai A, Ebisumoto K, Togashi T, Ueki Y, Ota H, Hanazawa T, Chazono H, Osamura RY, Nagao T, Oncotarget, 8, (35) 59023 - 59035,   2017年08月, 査読有り
  • Striated duct adenoma presenting with intra-tumoral hematoma and papillary thyroid carcinoma-like histology., Ito Y, Fujii K, Murase T, Saida K, Okumura Y, Takino H, Masaki A, Beppu S, Kawakita D, Ijichi K, Inagaki H, Pathology international, 67, (6) 316 - 321,   2017年06月, 査読有り
  • Global trends in nasopharyngeal cancer mortality since 1970 and predictions for 2020: Focus on low-risk areas., Carioli G, Negri E, Kawakita D, Garavello W, La Vecchia C, Malvezzi M, International journal of cancer, 140, (10) 2256 - 2264,   2017年05月, 査読有り
  • Heterogeneous impact of alcohol consumption according to treatment method on survival in head and neck cancer: A prospective study., Sawabe M, Ito H, Oze I, Hosono S, Kawakita D, Tanaka H, Hasegawa Y, Murakami S, Matsuo K, Cancer science, 108, (1) 91 - 100,   2017年01月, 査読有り
  • Impact of hematological inflammatory markers on clinical outcome in patients with salivary duct carcinoma: a multi-institutional study in Japan., Kawakita D, Tada Y, Imanishi Y, Beppu S, Tsukahara K, Kano S, Ozawa H, Okami K, Sato Y, Shimizu A, Sato Y, Fushimi C, Takase S, Okada T, Sato H, Otsuka K, Watanabe Y, Sakai A, Ebisumoto K, Togashi T, Ueki Y, Ota H, Shimura T, Hanazawa T, Murakami S, Nagao T, Oncotarget, 8, (1) 1083 - 1091,   2017年01月, 査読有り
  • Dermopathy associated with cetuximab and panitumumab: investigation of the usefulness of moisturizers in its management., Watanabe S, Nakamura M, Takahashi H, Hara M, Ijichi K, Kawakita D, Morita A, Clinical, cosmetic and investigational dermatology, 10, 353 - 361,   2017年, 査読有り
  • Clinical Outcomes and Prognostic Factors for Salivary Duct Carcinoma: A Multi-Institutional Analysis of 141 Patients., Otsuka K, Imanishi Y, Tada Y, Kawakita D, Kano S, Tsukahara K, Shimizu A, Ozawa H, Okami K, Sakai A, Sato Y, Ueki Y, Sato Y, Hanazawa T, Chazono H, Ogawa K, Nagao T, Annals of surgical oncology, 23, (6) 2038 - 2045,   2016年06月, 査読有り
  • Prognostic Value of Drinking Status and Aldehyde Dehydrogenase 2 Polymorphism in Patients With Head and Neck Squamous Cell Carcinoma., Kawakita D, Oze I, Hosono S, Ito H, Watanabe M, Yatabe Y, Hasegawa Y, Murakami S, Tanaka H, Matsuo K, Journal of epidemiology, 26, (6) 292 - 299,   2016年06月, 査読有り
  • Functional Nerve Preservation in Extracranial Head and Neck Schwannoma Surgery., Ijichi K, Kawakita D, Maseki S, Beppu S, Takano G, Murakami S, JAMA otolaryngology-- head & neck surgery, 142, (5) 479 - 483,   2016年05月, 査読有り
  • Androgen receptor-positive mucoepidermoid carcinoma: case report and literature review., Ishibashi K, Ito Y, Fujii K, Masaki A, Beppu S, Kawakita D, Ijichi K, Shimozato K, Inagaki H, International journal of surgical pathology, 23, (3) 243 - 247,   2015年05月, 査読有り
  • Mammary analogue secretory carcinoma of salivary glands: a clinicopathologic and molecular study including 2 cases harboring ETV6-X fusion., Ito Y, Ishibashi K, Masaki A, Fujii K, Fujiyoshi Y, Hattori H, Kawakita D, Matsumoto M, Miyabe S, Shimozato K, Nagao T, Inagaki H, The American journal of surgical pathology, 39, (5) 602 - 610,   2015年05月, 査読有り
  • Clinicopathological significance of androgen receptor, HER2, Ki-67 and EGFR expressions in salivary duct carcinoma., Masubuchi T, Tada Y, Maruya S, Osamura Y, Kamata SE, Miura K, Fushimi C, Takahashi H, Kawakita D, Kishimoto S, Nagao T, International journal of clinical oncology, 20, (1) 35 - 44,   2015年02月, 査読有り
  • Selection of therapeutic treatment with alternating chemoradiotherapy for larynx preservation in laryngeal carcinoma patients., Ijichi K, Hanai N, Kawakita D, Ozawa T, Suzuki H, Hirakawa H, Kodaira T, Murakami S, Hasegawa Y, Japanese journal of clinical oncology, 44, (11) 1063 - 1069,   2014年11月, 査読有り
  • Coffee and green tea consumption is associated with upper aerodigestive tract cancer in Japan., Oze I, Matsuo K, Kawakita D, Hosono S, Ito H, Watanabe M, Hatooka S, Hasegawa Y, Shinoda M, Tajima K, Tanaka H, International journal of cancer, 135, (2) 391 - 400,   2014年07月, 査読有り
  • Neck dissection after chemoradiotherapy for oropharyngeal and hypopharyngeal cancer: the correlation between cervical lymph node metastasis and prognosis., Hanai N, Kawakita D, Ozawa T, Hirakawa H, Kodaira T, Hasegawa Y, International journal of clinical oncology, 19, (1) 30 - 37,   2014年02月, 査読有り
  • The contribution of neck dissection for residual neck disease after chemoradiotherapy in advanced oropharyngeal and hypopharyngeal squamous cell carcinoma patients., Suzuki M, Kawakita D, Hanai N, Hirakawa H, Ozawa T, Terada A, Omori K, Hasegawa Y, International journal of clinical oncology, 18, (4) 578 - 584,   2013年08月, 査読有り
  • Impact of positron emission tomography with the use of fluorodeoxyglucose on response to induction chemotherapy in patients with oropharyngeal and hypopharyngeal squamous cell carcinoma., Kawakita D, Masui T, Hanai N, Ozawa T, Hirakawa H, Terada A, Nishio M, Hosoi H, Hasegawa Y, Acta oto-laryngologica, 133, (5) 523 - 530,   2013年05月, 査読有り
  • Intraoperative molecular assessment for lymph node metastasis in head and neck squamous cell carcinoma using one-step nucleic acid amplification (OSNA) assay., Matsuzuka T, Takahashi K, Kawakita D, Kohno N, Nagafuji H, Yamauchi K, Suzuki M, Miura T, Furuya N, Yatabe Y, Matsuo K, Omori K, Hasegawa Y, Annals of surgical oncology, 19, (12) 3865 - 3870,   2012年11月, 査読有り
  • Time to first cigarette and upper aerodigestive tract cancer risk in Japan., Matsuo K, Gallus S, Negri E, Kawakita D, Oze I, Hosono S, Ito H, Hatooka S, Hasegawa Y, Shinoda M, Tajima K, La Vecchia C, Tanaka H, Cancer epidemiology, biomarkers & prevention : a publication of the American Association for Cancer Research, cosponsored by the American Society of Preventive Oncology, 21, (11) 1986 - 1992,   2012年11月, 査読有り
  • Inverse association between yoghurt intake and upper aerodigestive tract cancer risk in a Japanese population., Kawakita D, Sato F, Hosono S, Ito H, Oze I, Watanabe M, Hanai N, Hatooka S, Hasegawa Y, Shinoda M, Tajima K, Murakami S, Tanaka H, Matsuo K, European journal of cancer prevention : the official journal of the European Cancer Prevention Organisation (ECP), 21, (5) 453 - 459,   2012年09月, 査読有り
  • Impact of smoking status on clinical outcome in oral cavity cancer patients., Kawakita D, Hosono S, Ito H, Oze I, Watanabe M, Hanai N, Hasegawa Y, Tajima K, Murakami S, Tanaka H, Matsuo K, Oral oncology, 48, (2) 186 - 191,   2012年02月, 査読有り
  • Association between dietary folate intake and clinical outcome in head and neck squamous cell carcinoma., Kawakita D, Matsuo K, Sato F, Oze I, Hosono S, Ito H, Watanabe M, Yatabe Y, Hanai N, Hasegawa Y, Tajima K, Murakami S, Tanaka H, Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology, 23, (1) 186 - 192,   2012年01月, 査読有り
  • Inverse association between toothbrushing and upper aerodigestive tract cancer risk in a Japanese population., Sato F, Oze I, Kawakita D, Yamamoto N, Ito H, Hosono S, Suzuki T, Kawase T, Furue H, Watanabe M, Hatooka S, Yatabe Y, Hasegawa Y, Shinoda M, Ueda M, Tajima K, Tanaka H, Matsuo K, Head & neck, 33, (11) 1628 - 1637,   2011年11月, 査読有り
  • Follow-up after intraoperative sentinel node biopsy of N0 neck oral cancer patients., Terada A, Hasegawa Y, Yatabe Y, Hanai N, Ozawa T, Hirakawa H, Maruo T, Kawakita D, Mikami S, Suzuki A, Miyazaki T, Nakashima T, European archives of oto-rhino-laryngology : official journal of the European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (EUFOS) : affiliated with the German Society for Oto-Rhino-Laryngology - Head and Neck Surgery, 268, (3) 429 - 435,   2011年03月, 査読有り

MISC

  • 【アルコールと気管食道科】 アルコールと頭頸部癌, 川北 大介, 澤部 倫, 松尾 恵太郎, 日本気管食道科学会会報, 69, (5) 282 - 289,   2018年10月, 本論文では、アルコールの頭頸部癌への影響について、既存の報告を参考にまとめを行った。まずアルコールは頭頸部癌の確立した発症因子であり、部位別では中下咽頭癌への影響が強いとされている。また短期間でのアルコールの高用量摂取が、少量・長期摂取よりも発症リスクを上げるとの報告がある。禁酒による頭頸部癌発症リスクへの影響については、20年以上の禁酒で非飲酒者と同程度まで軽減できるとするが、重要な点として喫煙との交互作用を考慮する必要がある。アルコールの頭頸部癌発症リスクを考える上では、人種ごとのアルコール・アルデヒド脱水素酵素遺伝子多型の保有率の違いについて考慮する必要がある。最後にアルコールの頭頸部癌生存への影響は、現段階では不明確であり喫煙・飲酒関連疾患による他病死の影響を考慮する必要がある。(著者抄録)
  • small round cell tumorが疑われた乳児耳下部石灰化上皮腫例, 三好 晋平, 川北 大介, 波多野 克, 村上 信五, 耳鼻咽喉科臨床, 110, (12) 823 - 826,   2017年12月, 症例は1歳1ヵ月男児で、生後7ヵ月頃に右耳下部の腫脹に母親が気付いた。その後腫脹の増大を認めた。単純CTにて右耳下腺を圧排する15mm大の皮下腫瘤影を認めた。内部は充実性で、一部に高吸収域を認め、造影CTでは腫瘤影に明らかな造影効果を認めなかった。エコーガイド下に穿刺吸引細胞診を施行し、small round cell tumorと診断した。細胞診の結果から悪性腫瘍の可能性が高いと考え、腫瘍マーカーを含む血液検査、骨髄穿刺、PET-CTおよび腫瘍生検を行った。良性腫瘍である石灰化上皮腫の診断で摘出術を行った。病理診断は腫瘍生検における所見と同様、石灰化上皮腫に矛盾しない結果であった。顔面神経麻痺など重篤な術後合併症を認めず、経過は良好で術後3日目に軽快退院した。
  • 高齢者頭頸部癌におけるセツキシマブ併用IMRT療法の有効性と安全性に関する検討, 高野 学, 川北 大介, 伊地知 圭, 別府 慎太郎, 村上 信五, 頭頸部外科, 25, (3) 395 - 401,   2016年02月, 高齢者頭頸部癌に対しセツキシマブ併用強度変調放射線療法(IMRT)を施行した症例を検討した。セツキシマブ併用IMRTを施行した75歳以上の6例を対象とした。年齢中央値は80.5歳(76〜88)。IMRTの照射線量の中央値は66Gy(66〜70)であり、セツキシマブ6コース併用した。全例で放射線療法は休止なく施行でき、4例(66%)でセツキシマブ投与を完遂できた。一次治療効果は全例でCRであった。粘膜炎や嚥下機能障害が遷延し、入院期間が長期化する症例を認めた。せん妄・認知機能障害を2例に認めた。高齢者に対しての治療では他職種の介入も含めた積極的な支持療法が治療完遂のために重要であると考えられた。(著者抄録)
  • 甲状腺手術におけるAirwayscope、顔面神経刺激装置を用いた神経モニタリング, 伊地知 圭, 川北 大介, 村上 信五, 播磨 恵, 笹野 寛, 耳鼻咽喉科展望, 56, (5) 326 - 329,   2013年10月
  • 頭頸部再建におけるオトガイ下皮弁の有用性, 川北 大介, 花井 信広, 寺田 聡広, 小澤 泰次郎, 平川 仁, 丸尾 貴志, 三上 慎司, 鈴木 淳志, 宮崎 拓也, 村上 信五, 長谷川 泰久, 頭頸部外科, 22, (2) 215 - 220,   2012年10月, オトガイ下皮弁は1990年にMartinらによって報告された顔面動静脈の分枝であるオトガイ下動静脈を栄養血管にもつ頸部有茎筋皮弁である。当院では2008年12月-2009年12月までに19例でオトガイ下皮弁を施行した。原発部位は口腔13例、中咽頭1例、喉頭1例、頸部皮膚欠損2例に施行した。1例において部分壊死を認めたが、その他の症例は経過良好であり再発を認めていない。オトガイ下・顎下リンパ節に明らかな転移を認めない例、軟口蓋〜下咽頭までの範囲の欠損例、長時間手術・侵襲を避けたい高齢者・基礎疾患を有する例(糖尿病など)、比較的小範囲の欠損例(舌半切、喉頭半切程度)ではオトガイ下皮弁はよい適応と考える。(著者抄録)
  • 【頭頸部扁平上皮癌の最新情報】 頭頸部扁平上皮癌の疫学と発癌因子 タバコ・アルコールと頭頸部扁平上皮癌, 川北 大介, 村上 信五, 長谷川 泰久, 田中 英夫, 松尾 恵太郎, JOHNS, 28, (8) 1155 - 1159,   2012年08月
  • 当院における遊離皮弁を用いた頭頸部再建の術後安静度に関する検討, 神山 圭史, 兵藤 伊久夫, 長谷川 泰久, 寺田 聡広, 花井 信広, 小澤 泰次郎, 平川 仁, 川北 大介, 丸尾 貴志, 三上 慎司, 亀井 譲, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 23, (4) 336 - 340,   2010年12月, 遊離皮弁を用いた頭頸部再建を行い、安静度制限の緩和を含む術後管理を行った39例(男25例・女14例・平均58.9歳)について報告した。原発腫瘍部位は口腔・口唇15例、下咽頭7例、中咽頭7例、その他10例で、用いた遊離皮弁は腹直筋21例、前外側大腿8例、その他10例であった。術直後より1日目の朝まではプロポフォール、ベクロニウムの経静脈投与下に人工呼吸器管理を行い、その後は安静度制限なしとして早期離床を図った。術後ADLの経過は坐位が平均1.2日、立位が2.3日、歩行が2.5日で、全例4日以内に歩行を開始し、2例は1日目より歩行可能であった。術後合併症として吻合部血栓や肺炎・深部静脈血栓症はなく、創感染9例、皮弁部分壊死4例、瘻孔3例などが生じた。術後出血を1例で認めたが、術当日の鎮静下に発生したものであり、安静度制限緩和との関係はなかった。部分壊死の3例と出血1例には再手術を行い、他の症例は保存的に治癒に至った。
  • 中下咽頭癌における計画的頸部郭清術の検討, 花井 信広, 長谷川 泰久, 寺田 聡広, 小澤 泰次郎, 平川 仁, 川北 大介, 丸尾 貴志, 三上 慎司, 頭頸部癌, 36, (3) 354 - 358,   2010年10月, 近年、頭頸部癌治療において、臓器温存を目的とした化学放射線療法の役割は増加している。しかし化学放射線療後の頸部リンパ節転移の制御法については意見が分かれる。計画的頸部郭清の効果と適応を明らかにするために、当科での過去の中・下咽頭癌に対するCRT施行の119例についてレトロスペクティブな検討を行った。頸部郭清例で頸部制御率、および生存率が非郭清例を上回っていた。そして画像診断上CRが達成されていない場合には、PNDが有意に頸部制御を改善した。この場合、経過を観察するよりも、すみやかにPNDをおこなうべきと考えた。また画像診断上でCRであれば仮に再発しても救済率が高く、PNDを省略できる可能性があるが、慎重な経過観察が必要である。更に病理学的転移の有無が予後因子となることが示された。画像診断では、PET-CTが最も正診率に優れ、有力な手段であることが判った。(著者抄録)
  • 頸部郭清の基本手技 全頸部郭清術, 寺田 聡広, 花井 信広, 小澤 泰次郎, 平川 仁, 川北 大介, 丸尾 貴志, 三上 慎司, 長谷川 泰久, 頭頸部外科, 19, (1) 33 - 37,   2009年06月, 全頸部郭清術は頭頸部外科医にとって必ず習得するべき基本的な手術手技である。下顎下縁、顎二腹筋後腹を上縁、鎖骨上縁を下縁、僧帽筋前縁を後縁、頸動脈鞘、前頸筋を前縁としこれを深頸筋膜の深層と浅層で包んだ状態で切除する。筆者らは先に郭清の上縁の処理をした後、下縁を処理し、郭清組織を後方から前方へ向かって、深頸筋面から剥離する。温存すべき神経、脈管を確実に同定温存することが肝要である。頸部解剖を理解し正しい剥離面を正確に進む技術が必要である。(著者抄録)
  • 中咽頭悪性腫瘍の手術の適応とその術式 中咽頭側壁癌の切除と再建, 花井 信広, 寺田 聡広, 小澤 泰次郎, 平川 仁, 川北 大介, 丸尾 貴志, 三上 慎司, 長谷川 泰久, 口腔・咽頭科, 22, (1) 11 - 15,   2009年03月, 中咽頭側壁癌の切除における1)lip splitting approach、2)下顎骨離断法、3)下顎骨区域切除について供覧した。中でも下顎骨離断法は上咽頭や頭蓋底にまで操作が及ぶ場合、ルビエールリンパ節転移を伴う場合、病変を直視下に一塊切除するのに有用である。非侵襲的な術式とはいえないが、術後の下顎形態、咬合・知覚ともに温存できる機能保存術式であることは強調されるべきことである。より安全、確実な切除を行うことは中咽頭癌に限らず、癌の治癒切除に不可欠な要素である。中咽頭側壁進行癌の切除における下顎骨離断法はそのための基本的かつ優れた術式だといってよい。(著者抄録)
  • 切除と再建 QOL向上を目指したseamless collaboration 脈管温存に留意した頸部郭清, 寺田 聡広, 兵藤 伊久夫, 長谷川 泰久, 花井 信広, 小澤 泰次郎, 平川 仁, 川北 大介, 三上 慎司, 丸尾 貴志, 神山 圭史, 頭頸部癌, 34, (3) 241 - 244,   2008年10月, 頭頸部癌の手術は局所切除と頸部郭清および再建からなり、切除医と再建外科医の共同作業である。局所切除において術後機能を重視することは当然であるが、これは根治性が担保されなければ成立しない。郭清においても根治性を損なうことなくリンパ組織を切除しなければならないが、N0における選択清郭は言うまでもなく、N+例においても転移リンパ節の癒着のない脈管の温存は可能である。再建外科医に再建をゆだねるにあたって可能な限り脈管を温存することで、遊離皮弁再建における血管吻合部位選択の幅が広がり、自由度の高い皮弁縫着を可能とすることで手術時間の短縮、周術期合併症の減少に寄与し、ひいては頭頸部癌患者の術後QOL向上に貢献することができると考える。(著者抄録)
  • ボリコナゾールが著効した蝶形骨洞侵襲型アスペルギルス症の2例, 川北 大介, 近藤 雅幸, 佐原 紀子, 波多野 克, 小山 新一郎, 吉田 梨帆, 村上 信五, 耳鼻咽喉科臨床, 100, (12) 973 - 978,   2007年12月, 症例1(78歳男性)。左眼痛、左視野狭窄を主訴とした。症例2(80歳男性)。両開眼困難を主訴とした。両症例ともCTで左蝶形骨洞内に内部不均一なモザイク像、周囲骨肥厚、骨欠損が認められ、左鼻内蝶形骨洞開放術を行なったところ、病理組織学的に蝶形骨洞侵襲型アスペルギルス症と診断された。症例1はMCFGにて初期治療を行うも症状が再燃し、ボリコナゾール(VCZ)に変更後、症状は軽快した。現在もVCZ内服中であるが副作用や再燃はみられていない。症例2は初期よりVCZを開始し、経過中に鼻内癒着除去術を要したが、その後はVCZの増量にて症状の改善が得られた。尚、いずれの症例も術後はアムホテリシンBを用いた局所洗浄処置ならびにステロイドパルス療法を併用し行なわれた。
  • アサガオ種子気管支異物の1例, 小山 新一郎, 川北 大介, 近藤 雅幸, 吉岡 正展, 村上 信五, 吉田 梨帆, 喉頭, 18, (2) 146 - 148,   2006年12月, 生後5ヵ月男児。アサガオの種子が入った容器を倒して複数の種子が口に入った。その後、咳、喘鳴の出現で受診したが、呼吸雑音なく胸部X線検査にも異常を認めなかったが、2日後のレントゲン検査で左肺の気腫状変化と縦隔の右異物を確認した。全身麻酔下で硬性気管支鏡検査を施行し、左主気管支に膿汁貯留を認め吸引除去したが、白色綿状の異物が存在し左主気管支を閉塞しておりこれを摘出した。異物は発芽して増大したアサガオ種子で、さらに深部に白色と黒褐色異物が複数存在しており、複数回の気管支鏡と挿管チューブの挿入で異物を摘出した。正常な気管支を確認し、呼吸音の左右差は消失し胸部レントゲン検査でも左肺透過性亢進、縦隔の右偏位所見も消失した。術後プレドニゾロンとセフォチアム投与、メプテン吸入を行い退院となった。

受賞

  •   2018年10月, 名古屋市立大学医学部同窓会, 瑞友会賞(学術部門)
  •   2016年, 日本癌治療学会, 最優秀演題
  •   2015年, 日本唾液腺学会, 奨励賞
  •   2014年, 日本唾液腺学会, 奨励賞
  •   2013年, 日本唾液腺学会, 奨励賞
  •   2012年03月, 名古屋市立大学大学院, 名古屋市立大学大学院優秀論文賞
  •   2012年, 名古屋市立大学医学部公衆衛生学教室, 奥谷賞
  •   2011年, 名古屋大学医学部予防医学教室, 甕哲司賞

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 頭頸部腫瘍, 名古屋市立大学医学部


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.